メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

子供自転車 から夢想すること



 ご近所さんの子供自転車。チェーン周りからキリキリ音がしますが・・・という依頼、ハイ何とかしましょう!といういつもの流れなんであります。

 20140910_14559_529_convert_20141031104916.jpg

 まあ、見れば一目ってやつでチェーン周りがさびさびなんであります。しかし・・・。

 子供たちが乗っている、一見マウンテンバイクってありますよね。一見なんであります。よく見ると、注意書きなどに、マウンテンバイク的な乗り方はするな、というような正直なことを書いているものすらありますね。

 見た目だけまねたマウンテンバイクなんでありましょう。んで、この車体もチェーンリンクの上に、チェーンの脱線防止のコロがついていますね。

 これって、ダウンヒルバイクライクってことなのかしら?なら、まあいいんではありますが、メンテしづらいとい事となによりも、ダウンヒルしない子にとって、チェーン周りの抵抗がバカにならないんですねえ・・・、というわけで、この辺をちょいと一新してやると。

 20140910_145516_242_convert_20141031104850.jpg

 おう!まあよくあることも自転車の典型のさびだらけ、雨ざらし。この辺を変えてやると、走りが変わる、走りが変わると、自転車に対する思いも変わって、ついには雨ざらししなくなるっていう自然な流れが身についてくれるといいなあ。

 20140910_155137_505_convert_20141031104819.jpg
 
 抵抗になる防止システムは外して、たっぷりと油のしみこんでチェーンをつけてやる。
 
 20140910_155141_899_convert_20141031104809.jpg

 スプロケにも油を加えて、磨いてやる。干からびてキューキューいっていた鉄パーツが、徐々に潤いとともに本来の動きを取り戻してくる。

 旦那ー、ほらねえ、おいらはまだしっかり働けるんだってば・・・とでも言っているようなんであります。

 20140910_155146_84_convert_20141031104743.jpg

 これぞチューンナップ!できる奴!って感じでしょ?

 こういう感覚を、言葉でなくて、子供の内からもので、そのものの迫力で体感してもらいたいんだよね。

 そして、乗ってみて、確かに回る!と実感してもらいたい、子供の内から・・・。

 で、この子なんだが、すぐご近所の子。

 まずは先発隊でお母さんが来店してきた。子供の自転車でも見てもらえますか?って。主人が自転車が好きで、以前伊集院さんの番組でこちらのお店を知っていたと。ある意味マニア!

 そして、実車が登場。その翌日、当の持ち主の子が現れて、「自転車よろしくお願いします!」と小さい頭をペコリと下げた。 ハイよ!

 その翌日、恐る恐る・・・、あのー自転車・・・できましたか?と。

 ごめん、ごめん!やっておくわ、できたら家に置いておくから・・・。

 その翌日、家の前を通るとき、ちらっと一瞥を食らわすと、軽く会釈して通り過ぎる。さすがにあの年で、催促はできなかったようだ。実はまだやっていなかった、ごめん!今日中に!

 すると、背中がピクッと動いた。

 その翌日、できあがった自転車でスーッと風を切って通り過ぎていった。

 その背中がすべてを物語っていたように店主には見えましたな。

 背中はものを言いますわ。何も子供だけではなくて、大人もみんな。

 背中で演技ができる役者なんてほんの一握り、みんな表でのみ芝居をしている。

 プロの役者がそうなんだ、況んや背中で芝居のできる素人なんて皆無だと思いますよ。だから、ヨーク現れているんだと思います。少なくとも店主にはそう見える。

 乗ってスーッと帰る人、乗らずにワクワク感をたぎらせたまま自転車を引いて帰る人、実に色々です。

 ふと、あんな子にも、材料代と工賃を請求することの、ある種の理不尽さを思い知ることがある。

 あんな背中を見たんだから、ただでもいいんじゃないか?なんてね。

 そして、店主得意の瞑想夢想にはいるわけであります。

 本当に日本銀行券がなければ、経済活動はできないのか?と。

 店主が自転車に関する、実車やサービスをただで提供した分、肉や魚や野菜、その他生活の物資をただで入手できれば、店主は本当にただで提供できるじゃないか?もちろん自転車のフレームもパーツもただで手には入ったら。

 それがなぜできないか?

 銭は天下の回りものだとするならば、ものも天下の回りものにすればいいだけのこと・・・では済まないの?

 そうなると、ある意味すべて万引き社会みたいになって、品薄にならないか?働くものが馬鹿を見ないか?それに、たとえば高級レーサーのような高いものと、大根一本のような安いものの交換なんて言うのも不公平なんじゃないか?

 うんなるほどねえ・・・、でもたくさん万引きしても、そもそも銭に換金できない社会なんだから、必要最低限のものしか持ってこなくなるんじゃないのか?だから、最初は品薄になっても、たくさん持って行った奴が、その先で配るしかない・・・。

 最初は、やったー!働かなくてもいいや!と働かされていた人たちは思うかもしれないし、しばらくは遊んでいるかもしれないが・・・、そのうち退屈してきて、何かをし始めるんじゃないの?

 そして、高いも安いも、そもそもそれを決める貨幣というスケールがないんだから、貨幣経済の習慣がなくなってくると、そもそもそういう比較がばかばかしくなってこないか?

 それに、ただで持って行っていいとはいえ、そこには何らかの許可がないとやはり盗みにはなるので、「お互い様」だという意識がない人に勝手に持って行っていいよ、とはならないでしょう。

 となると、あんたは一体何してこの社会なり地域なりに貢献しているのか?ということが、重要になってくるわけで、そこに貢献していないんじゃダメ!とある意味貨幣社会よりも厳しくなるかもね。

 直接的な「お互い様」、それより抽象的なつながりを予感する「お陰様」と言うことが共有できない方には、ただでは差し上げません・・・。なるほど、ただより高いものはない・・・とはよく言ったものであります。

 ただ、何のために働くのか?生きていくって事は、裏や表で協働しながら生きる場をともに作っていく場なんだ、ということが体感してわかる・・・逆に言えば、貨幣というものが、そうしたものをうまくも悪くも覆い隠しているんだって事が、わかるんじゃないかしら?

 なーんて、静かに時間をかけつつも世代を超えて、ゆっくりと周りの世の中を変えてければなあ、などと夢想する店主、本日は子狸四年目の午後なのでありました。

 なにより、お陰様で・・・!
FC2 Management

ご老体ながら しっかり子育て!



 ビンテージ自転車といってもいいでしょうな。

 何でしょうね、こういう雰囲気。時代の持っていたなにか?なのでしょうか?

 当時はどう感じられたのやら。今となっては、このレトロな感覚が、なんともいえず、いいですね。

 家なんか特に思いませんか?店主は、古い日本の木造家屋が好きで、古いながらも丁寧に手入れされながら住まわれている家など見ると、しばらく足を止めてしまいます。

 多少古くとも、高度成長期に乱立された家などには、ほとんど郷愁を感じません。

 況んや、今の建て売りと言われる建物、どれを見ても、ダメです。

 しかし、いずれ、こうした建て売りも、先の人たちは郷愁の目を持って、足を止めることがあるのだろうか?と自問することがあります。

 そんなことあるか!というのは簡単ですが。もしかしたら、こうした建物たちにも、店主らには気づかない何らかの美の形式を内包しているのであれば、いずれそれに気づく子孫たちもいてもおかしくはない。と、冷静に考えてみることはできますが・・・、心の底では、やっぱり、そんなことあるか!なのであります。

 さーて、入手のいきさつも何もわかりませんが、とにかくこのレトロ号があって、これを子育て系に変身させたいというご希望。ご老体ながら、もう一肌脱いでもらおうという、企画なのであります。

 20141026_164056_790_convert_20141030224613.jpg

 レトロな荷台が似合いますが、ここにカゴをつけましょう。

 20141030_124621_738_convert_20141030224504.jpg

 これは自転車専用のものではなくて、実は給食の食器を収めるカゴなのでありました。逆に雰囲気あります。

 先日も話したカゴの話。カゴはカゴで、これまた一大展開できそうですね。ただ、木工にまで手を出さないといけなくはなりそうです。

 20141026_164100_141_convert_20141030224601.jpg

 スッキリとした首回りなんですが、子育て号としての変身してもらいます!

20141030_124648_474_convert_20141030224437.jpg
がら空きの前輪上ですが、ここも子育て号としての補助として、前カゴ・・・

20141026_164107_253_convert_20141030224548.jpg

つけましょうか?

20141030_124653_810_convert_20141030224425.jpg

つきましたね。ただし、イェップの前は足の蹴り出しが来るので、カゴをその外にまで持って行ってやらないといけません。

 20141030_124701_122_convert_20141030224412.jpg

 通常より長めの取り付け金具を使いますが・・・まだ届きません。

 20141030_124707_294_convert_20141030224354.jpg

 その先に、こうした再度延長の四角い枠を作ります。これで干渉しなくなります。

 こう考えると、イェップの足の突き出しが、前にではなくて、下に来るようになると、最強なんですがねえ。

 20141030_124627_477_convert_20141030224451.jpg

子のせとなると、スタンドもしっかりとしたものに越したことはありませんが、過信も禁物です。

 車体が華奢なので、取り付けも慎重になります。その車体に合わせた、折り曲げ加工をしていきます。まあ、普通の自転車屋は、つかないよ、で終わってしまうらしいですが・・・。

 20141030_124615_607_convert_20141030224517.jpg

 車体はご老体ながらも、シャンと矍鑠とした感じになりましたね。

 あっしだって、これからまだまだ役に立つことよ!って。

 タイムスリップしたような、車体。こんな風合いの自転車が、走っていたら、きっと乗っているお母さんは頭にスカーフ巻いて、乗っていることどもは坊ちゃん刈りか、ワカメちゃんカットの刈り上げかもしれないなあ・・・。

 同じような車体ばかりでなく、いろんな車体の自転車が、それぞれに走ってほしいよね・・・。何でも来い!の巻き!


06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20141030232555880.jpg
※セミドロップで、ちょっとレトロ・・・に見えない?よく走るよ!

残り四枚!サイクルモードのチケットいる方 いますか?



 来月の7、8、9に、今年もサイクルモードがあるんだそうです。

 ここ店主は二年ほど行ってませんが、律儀にチケット送ってくれます。

 一般者用のですが、残り四枚ほどありますので、早い者勝ちというのも下品ですが、ご希望の方は取りにおいでください。

 同業と言いますか・・・、正確にはほんの数店しかないと思いますが、いわゆる同業の方々の中で、問屋さんの展示会に足繁く通われるかたっているようで、その仕事の熱心さに脱帽なんであります。

 元々出不精なのもあるかと思いますが、店主なんぞは、新しいカタログ送ってくれりゃあいいや・・・とばかりの体たらく、レーシングチームでも作れば何でしょうが、ここぞとばかりの最新レース機器なんぞ、当店から出るわけがない・・・と決めつけているのはよくないとしても、情熱を持って、最新のレース機材をこの手にとって・・・というところではないですねえ。

 況んや、年間のノルマのあるような「高級」フレーム、完成車の展示なんて、その見方は一般のユーザーさんとほとんど同じなんじゃないかな?商売の目では見ていない、へえ、よくやるわ・・・という物見遊山になるでしょう。

 買うより作る方がおもしろい、断然おもしろい。完組ホイールのいいものは否定しませんが、当店の手組DTだって値段で張ったら、完組のそれらには絶対に負けていない、と思っていますし・・・。だから完組ホイールよりも、リム単体の方が興味ありなんですねえ。そういう意味で、岩井さんの展示会はおもしろい!

 サイクルモードでおもしろかったのがデローザの展示かな?製作過程がビデオになって、流されているの。

 チタンの工房は、別口にあるとか。鉄は気さくに作られていたり、塗装は塗料によって、マスクつけてなかったりとか・・・そういうのは見ていておもしろい。

 まあ、自転車屋なんだが、そういう大きな流れからはだいぶ外れているところにいるんでしょうな。

 今年はどうしますか?店主、気が向いたら行くでしょう・・・。

 ということで、先着・・・四名様。お待ちしています。

 では、五名様以降は?

 はい、店主のミッションを持って行っていただける方にのみ、裏技入場の奥義を伝授いたしますので、まあ、焦らないで!

 ということで、ご希望者の皆さん、いらっしゃい!

※この場を借りての業務連絡、リムセメント入荷しました!!!!

ママチャリ改造ではなく・・・ママチャリ化もありだよね


 
 ジャイアントのエスケイプといえば、クロスバイクの代表のような車種だと思います。

 スポーツバイクへの入り口としては、大手マーケティング上では定番なんだとおもいます。

 中途半端だからクロスバイクはイヤだ、という説に対して、中途半端こそがクロスバイクの真骨頂なのだ!という、コインの表裏のような主張がありますが、いずれにしろ中途半端ということには違いない。

 この中途半端ということの内容をマウンテンバイクとロードバイクの間ととらえるか、スポーツバイクと実用車の間ととらえるかによって・・・またその後の発想も変わってくるような気もします。

 今回は後者、スポーツバイクと実用車の間としてのクロスバイク、そしてその行く末を考えてみたい・・・、まあ、というほどのことはないんですが・・・チト、大げさかな?

 単純に言えばですな、このクロスバイクをお母さん用の実用車にできないか?というご依頼なんであります。

 答えはもちろん、yes!であります。

20141025_165315_853_convert_20141029112918.jpg

 スポーツバイクですので、この辺はガランとしています。

 そこにお母さん自転車の象徴、かごを取り付けます!

20141028_155458_527_convert_20141029112801.jpg

 実用車につけるのとは多少違いますが、基本は同じ。

 20141028_155507_849_convert_20141029112748.jpg

 通常ならブレーキ台座にフロントキャリアを載せて、そこにカゴをつけるというのが、クロスバイクなどの定番なんですが、それよりこうして下支えした方が、強度があがります。

 ただし、利用しているダボは泥よけ用なので、直接ストレートの状態で取り付けることはできません。そこで、こうした曲線を描いて、多少の強度は落ちるものの、隙間を縫って下から支える形式を取ってみます、これを称して華麗なる大森ラインと呼んでいます。

20141025_165310_109_convert_20141029112931.jpg

 お母さん自転車と言えば、前だけでなく、後ろもでしょう・・・ということで、ここにも荷台を取り付けて、カゴをしつらえます。

 20141028_155435_525_convert_20141029112843.jpg

 通常の実用車につけられているカゴがそのまま乗っています。カゴの選択肢が、自転車用のものと限られると、こうなりますが、それを一歩も二歩も進められないか?というのもチャレンジングな話ですね。

 ある意味、カゴ一般から自転車に持ってくる、またはカゴ自身を作ってしまう・・・、これもまた一つ分野になりそうであります。

 20141025_165320_107_convert_20141029112907.jpg

 クロスバイクの定番と言えば、フラットハンドル。スポーツバイクとしては中途半端に前傾なのですが、実用車からするとこれでもかなり前傾・・・。というのであれば、プロムナードに交換。

 20141028_155451_850_convert_20141029112815.jpg

 イヤー、これで前傾から、上体起こしの実用ママチャリへと言う大転換・・・になりそうですね。

 20141025_165306_213_convert_20141029112945.jpg

 機能面からして、さびたチェーンはダメですね。

20141028_155441_885_convert_20141029112828.jpg

 これで、駆動も確保、その他ワイヤーも交換して生き返りであります。

20141028_155423_114_convert_20141029112856.jpg

 ホイ!なんか機動力のある、二三個先の駅までも買い物に行きそうな、元気な実用車に変身しました。

 できあがった、自転車からまた発想をいただくようなものですね。クロスバイクを実用化する、これってまた一つ分野になりそうな展開かと思います。

 子供が乗り捨てた自転車を、アクティブなお母さんがもったいないから、あたしが乗るわ!でもカゴがないと・・・、というような状況、結構あちこちにいあるんじゃないかしら?

 中途半端なら、その中途半端さを逆手にとっての、変幻自在な潜在力を認めて、後は発想を柔らかく、柔軟性を持ってみる目を養っていけば、これまた、どうなることやら楽しみなんであります。

 これおもしろいと思うなあ、クロスバイクの実用車化、ママチャリ化・・・。

 ママチャリのスポーツ車化、スポーツ自転車のママチャリ化、双方向的な展開、ある意味何でもありで!

00020140909_155634_413_convert_20140913131739s_2014102917312936c.jpg
※この紙細工ハリハリ自転車だが、まだ見つかったという情報なし!あきらめないぞ!


やれるとこまで自分でやるんじゃ!



 さて!年はいくつだ?

 年齢不詳ではあるが、年寄りではない・・・。

 28歳!

 ウソ、中学生です、しかも三年生・・・。受験生じゃない!

 自転車なんかに現を抜かしていていいの?

 しかし・・・。

20140920_170631_926_convert_20141028102137.jpg

 チェーンにまで赤を使うなんていうのは、かなりのカラーコーディネーター。自分でけっこう組み付けているという意味では、おもしろいやつではある。

 20140920_17062_334_convert_20141028102208.jpg

 ハンドルはドロップ・・・のように見えるが、これはエンドバーのドロップ風のもの。しかしここにもフラットバーと同じように、赤のバーテープを先端まで巻いているとうところが、凝り性の片鱗が見える。

 まあ、自転車に限らず、こういう子は独特なものをこれから作っていくんじゃないのかな?というようにも見えます。

 ということになると、こういう子は放っておく・・・、これ当店の流儀なんであります。

 20140923_131548_844_convert_20141028102120.jpg

 ハンドル交換したいんだってー・・・アッソ、なら自分でやんな。どうでもいいが、後輪の空気抜けてるぜ・・・。

 そこ、邪魔なんで、移動しなさい!

20140923_163346_93_convert_20141028102107.jpg

 付けたり外したり、角度いじったりなんやかんややってましたわ。

 ところで中三・・・、こんな事していていいのか?と、いわゆる通常のプレッシャーをかけてみる。答えがすごかった・・・。先日偏差値70越え、親から休暇を勝ち取った・・・という言い分。かっこいい・・・。

 店主の同居の娘っこも、確か中三なんだが、こいつは打って変わってこの期に及んで受験勉強も何にもしていないという、ある種の才能の持ち主なんだが。

 ただ、親との駆け引きはうまいとはいえないな。冷静に合理的に、自分の利を取る以前に、親に対するデモンストレーションの方がどうしても先行して、損ばかりしている・・・。そういう頭は使えよな、とはいっているが・・・。

 まあ、いろん奴がいるわいな。店主はかつてまじめに教師をしていた時期があって、そこでの最大の教訓というのがこれ。いろんな若い子を見てきた・・・ということ。だから型に収めようとすることのばかばかしさについては、痛感している次第。

 多少の大人には、時には型にはつきあうもんだ、とまではいうが、まあできて、そいつなりの型・・・?を作る手助けをしてやる・・・ということぐらいじゃないか?

 偏差値70越え・・・日比谷高校だな・・・。ここまで来れば、放置プレー。勝手にしろ!でいい。

 20140923_181034_911_convert_20141028102056.jpg

 ったく・・・、ハンドル一本取り替えるのに、一体何時間かかってんだ?すっかり日も暮れちまった・・・。

 でも、この年の、トライアンドエラーは決して無駄ではないはず、イヤ、この年だけではない、今の店主であっても、無駄ではないのよね。ただし、仕事となるとある程度までは確立された技術というものが必要なので、トライアンドエラーのレベルが高くないとダメだ、という違いに過ぎない。

 まあ色々やってみれば?自己管理は今のところできてそうだからな。

20140923_181047_483_convert_20141028102035.jpg

 例によって、闇夜のわざとらしいポーズ!

 手の込んだ改造は、日比谷に入ってからな。

05-08@16-26-52-136_convert_20140508192810_20141028113255dd9.jpg
※こういう自転車もまたすぐにいじれるようになるだろうな?でも高校に入ってから・・・。いじってもいい、乗ってもいい、ロードレーサーだよ!学生から、いじり好きのお父さんまで!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター