メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

普通ありえないツーリング車・・・だね



 まあ、そんじょそこらでは絶対に走っていない、ツーリング車がやって来た。ある種の名物おじさまの作なんだが・・・、その輪に輪がかかった感じがまたすごい。

 317797859_5749125388499915_8023364974756984189_n_convert_20221205224823.jpg

 26インチの、完組みホイール。シマノものなんだが、ハブは優秀、そしてデザインも斬新だったと思うが、このスポークとスポークの間の空いたホイールは、調整が大変なのね。リムが頑丈なので、こういう組み方も可能なんだろうが、一度狂うとまあ調整が大変だ。

 わざわざそんなものを選ぶ、しかもご自分で組み直したとか・・・よくやるわな・・・。ツーリング車なので、泥除けも付いている。

 318095073_5749126055166515_7348782351833680083_n_convert_20221205224853.jpg

 リアも同じ形式なんだが、このフレ取り依頼でやってきた。折れたスポークも、同種の別ホイールから外して流用、よほどお気に入りなのね。

 318601117_5749124925166628_158414847181163933_n_convert_20221205224756.jpg

 そして一番の驚きがこれ・・・。ただのドロップハンドルではない・・・、シフターをよーくご覧あれ、オオ!と思うわず声を上げた人は5人ぐらいいるんじゃないか?

 318110797_5749125115166609_4501764562554475335_n_convert_20221205224809.jpg

 そう、10速時代のカンパエルゴパワーをシフター兼ブレーキレバーとして選択しているということ。そしてこれでもしかして?と訝っている人がいれば、あなたも同類ね・・・。

317999925_5749125861833201_497986011144030251_n_convert_20221205225033.jpg

 やっぱり・・・と当たっていた方、あなた同類です。そう、シマノのXTRのリアディレーラーを仕様、シマニョーロでやっているわけです。

 このリアディレーラーって、ロートップという通常のものとは逆の動きをするんですね。それでも使っている・・・。確かに引きシロの間隔は動きは逆であっても同じなんで・・・冷静に考えればそうだと分かるんだが、実際に実行に移すとなると・・・まあよくやりましたねえ。

 何言っているかわからない人もいるかと思いますが、シマノとカンパの間の互換性はほぼ皆無、それをわざわざ取り付けようというんですから、曲者に決まっています・・・。

 ある種店主も同じことしているんですが・・・。

 この調整も結構癖があって、ハンガーの角度を変えてみたり、ワイヤーの固定位置をずらしたりと・・・やれることすべてやって、やっとできる・・・というのがこれなんですね。小細工パーツを取り付けてやり抜けるという手もあるんだが、何もそれらを使わずにやるというのがちょっと醍醐味・・・手間はかかるが・・・。

 317996046_5749126271833160_4717900733201981327_n_convert_20221205225008.jpg

 フロントブレーキが、これまた調整しにくいギロチン系のカンチブレーキ。シューの向き・・・、これも経験のある方の判断なので、このままに。

 317883550_5749126401833147_6442833654233175757_n_convert_20221205224911.jpg

 リアブレーキがXTRのVブレーキ。これに馬蹄が付いている・・・。その理由は、

317994711_5749125518499902_4762767849406335326_n_convert_20221205224838.jpg

 一見細いが、アルミフレームなんですね。アルミだとたわむので、馬蹄を使って強度を上げる、ということなんです。

317844759_5749125721833215_8667162160104739571_n_convert_20221205224932.jpg

 何か余っていたクランク・・・という感じがしますね、あるから使おう・・・。まあ、今までいじった数十台の自転車とパーツがありそうなんで、こういうパーツも唸っているのかも知れませんね。その中から、一番バランスのいいものを選んだのが、これだったのかな?

 317615415_5749124705166650_2114636476659675291_n_convert_20221205224950.jpg

 また、市販では絶対に登場しないある種変態スペックとも言えますね。何かあっても自分で対応できるんなら、これでもいいんです。

 乗り手としても、いじり手としても、自分でなんとかできる・・・というのであれば、こんな自転車も登場することができる・・・。そういう「手」が生じ得る条件と環境を守ること、作ることも、当店の有り様と深く関係があることなんでありしょうな。

 まだまだやるべきことはありそうです・・・。
スポンサーサイト



固定に乗ってみない?



 もってこいの固定ができたぜ!

 318336058_5749130808499373_5541899970192248504_n_convert_20221205221159.jpg

 トップチューブが曲がっているが、これは正面衝突してできたものでなく、最初からこういう形なのだ!

 318334439_5749128731832914_2796782743683593723_n_convert_20221205221036.jpg

 ハブダイナモなんで、街道上では非常に便利なのだ。もちろん、

317933492_5749129251832862_2949753271029341202_n_convert_20221205221052.jpg

 ライト付きなので、日の短くなった今頃からは非常に役に立ちます。何故って、電池や充電の手間がかからない、LEDが壊れない限り、延々使えるという優れもの。

 318424565_5749129661832821_4964487444555162828_n_convert_20221205221109.jpg

 前シングルで、チェーンガードが二重に付いている、だから何だ?というもんだが。ズボンの裾を締めずに済みます。

317890870_5749130121832775_6943961096204720891_n_convert_20221205221126.jpg

 そして何を思ったのか?固定ギアで仕上げました。通常の街道自転車を固定にする意味は?というのは物好きだから。と同時に、通常使いしながら、自転車に近づくため・・・。ペダリングを自転車から習うため、オートマよりもマニュアルが好きな人のため・・・、理由は色々ありますがね。

 このハブをよくよく見るとだな、

317954468_5749130378499416_1004018804628777426_n_convert_20221205221143.jpg

 固定専用ではない・・・、なので、シングルフリーに交換することもできる、これは当たり前なんだが・・・。ちょっと手間をかければ、多段のボスフリーに戻すこともできるだろうね・・・。

 スペーサーを移動して、ホイールのセンター出しをして・・・などかなり大変だがなんとかなりそうだ。

 そういう意味で、変幻自在の基体ではありますな。

318230423_5749128415166279_6629089452608262369_n_convert_20221205221019.jpg

 今回は、この少ししなったフラットバーを付けています。店主もこのくらいなら許容はんいかな?ガチのフラットバーでは十五分持たないんだが・・・。

 318001171_5749128135166307_3285407192905653272_n_convert_20221205220955.jpg

 とにかく、シンプル!シンプルなんです。車体がシンプルだけに、乗り手のセンスが問われます!!!!とか言うとプレッシャーかな?

 トラブルも起こりにくいし、盗難もされにくいし、なんかポリシーなんかもありそうだ・・・。こういう車体を求めていた!という人物は多くはないかも知れないが、必ずいる!

 そういう人向きのピリッとした一台です!

 試乗してみなされ!

足回り全とっかえ!



 当店から出た中で、かなり過激な改造実用車ですね。アチコチ色々あったんですが、今回前後ともにホイールにガタが出たということで、持ってこられました。

 勿論、買い替えなどすすめない当店としては、中古のホイールをあてがうとかして、乗り続けをすすめますね、元々かなり愛着を感じてるようなので、買い替えの選択肢はなかったようですね。

 そんなことが分かると、なんとかしてやりたくなりますな。

317293807_5743866929025761_735910130809046265_n_convert_20221203202155.jpg

 ハブダイナモで組んだホイールを取り付けました。ここでダイナモライトを付けないと、無駄に発電していることになりますね。ただ重いだけなんだが・・・。

317430249_5743857929026661_857875584794190167_n_convert_20221203202127.jpg

 コイツはまだまだ使えるダイナモなんで、しかるべきライトをつけると電池いらずの大変便利な機構なので、いずれ採用してもいいでしょうな。

 318046940_5743848085694312_1800579681291852422_n_convert_20221203202212.jpg

 リアのシャフトが折れてました。相当乗っていたのかな?なので、単なるガタ取りでは直りません、コイツも交換となりました。

 317618359_5743853582360429_1775861106173781416_n_convert_20221203202045.jpg

 このクランクぐらいかな・・・?元々付いていたのは。ホイール前後も交換した、あとはフレーム以外は後付ものだけとなったかな。

 317679755_5743856222360165_2171988128928684437_n_convert_20221203202103.jpg

 腕が長いので、前に伸ばすようブルホーンがついている。大体体の大きな方がこの車体の持ち主であります。

317919060_5743848409027613_51751795795170244_n_convert_20221203201940.jpg

 この突先のアイスクリームのコーンのようなものは、フラットハンドルに取り付けるシフターを、先端に取り付けてみたんですね。これが意外と使いやすい。

317374191_5743852565693864_6699667863367448186_n_convert_20221203202030.jpg

 450ミリのピラーも足の長いライダーの膝を気遣ってのもの。この高さを見ると、誰も盗もうとする出来心は起きないでしょう。

 318087073_5743849579027496_8396865799119303856_n_convert_20221203201954.jpg

 こんな自転車が普通に走っている街は、やはり面白いと思いますね。衣服も、車の見た目も、建物も、そしてそこの住人の相貌も、全て街の顔なんでしょうな。

 それぞれの思い思いの自転車を各自が好きに乗りこなす・・・、そういう街の顔を静かに作っていく・・・というのもいいですな。

自分のギア比と仕様は用途と足で自ら決めよ!!!



 ちょっとゴッツメのツーリング車か?と思われるかも知れないが、これはかなり骨太の車体ということが言える。

fc2blog_20221130224251cc3.jpg


 ディスクブレーキを使用しているから骨太というのではない。

fc2blog_2022113022424968f.jpg


 今やディスクブレーキは、スポーツ自転車としては当たり前になってきてるんでね。

 317497315_5734666146612506_3511952097111130966_n_convert_20221130220223.jpg

 オ!TRPだ!!!TRPといえば、当店が一推しするパーツでもあるし、テクニカルサポートをしているメーカーなんだが・・・、だからといって、この車体が骨太というのでもない。

 317354482_5734666659945788_6433502483175890974_n_convert_20221130220254.jpg

 そのハンドルが、裾野が広がったかつてのツーリングドロップ、今風でいうとグラベルドロップだから!骨太というのでもない・・・。

 317462729_5734666363279151_5033596937658503158_n_convert_20221130220326.jpg

 そして、27.5のホイールをハイているから、骨太いうのでもない。ないないづくしだな・・・。

 では一体どこが骨太!!!というのであろうか?さあ、どこでしょう・・・?

 316685547_5734666316612489_4552579569216277680_n_convert_20221130220151.jpg

 答えはここだ・・・。

 わかるかな?

 このクロスレシオ・・・以下のスプロケたったの6枚で13Tー23Tというスプロケにロードのリアディレーラー・・・。
ここが店主が骨太と思う一番の特徴なんだな。

 ついでにいうと、

317392805_5734666069945847_9155134504476002958_n_convert_20221130220135.jpg

 ナンジャコリりゃ?というクランクね。

 これ何を意味していると思います?これは自分の自転車の用途とその使用範囲と限界と、そして自分自身の足を知り尽くしている奴だからこそできるスペック!という意味で、骨太といっているのであります!

 今通常売られているスプロケって・・・ご存知でしょ?最大で50台のバカでかいスプロケですよ。遠くから見るとそのデカさに電動アシスト車の電動部分かと思うくらい・・・。

 そして、それに合わせて、下に伸び切ったリアディレーラー・・・。

 この傾向はスラムが火をつけて、あのシマノすらも追随せざるをえない流れとなっていますね。マウンテンバイクの中でならいざ知らず、それが今のロード車体にまで影響を与えている・・・。

 かつてはよほどでない限り、ロードで23T以上の歯が付くことなんてなかったように思いますな。それが今は・・・。

 そうした傾向に対して、この骨太号というと、最小のスプロケで対応している、それをフロントのクランクの歯数でカバーしているということも考えられる。今手頃に購入できるパーツ類などには目もくれず、この自転車で行くべきコース、そして自らの脚力との相関関係を熟知して、これで良し!!!と自ら判断して組み付け、そして実際にアチコチこれでいっては無事帰ってくる・・・。

 かっこよくない?

 ある意味ロードのショートリーチのリアディレーラーは、岩場などを走るのには向いているかも知れない。長いとアチコチぶつける可能性も高くなるからね。

 そして、古い店主のような人間はあのデカイスプロケの傾向にはちょっと辟易気味・・・。むしろ絶滅危惧種であるトリプルクランク・・・、あのQファクターには目をつぶって、スプロケを美しいクロスレシオのものにして走りたい・・・、とすら思うくらいだね。

 そんな中で、時代遅れも何のその、自分の経験を信じて、わざと古いものを有効利用してる姿勢には共感できるものが非常に多くある!

 こういう骨太の自転車乗りが増えることが・・・、自転車界自体を面白くする、ある意味それ以外にないだろうな。メーカー都合でものが開発され、それを池の鯉のごとく口をパクパクして、唯々諾々と消費するしかないとしたら、こんなつまらないことはない。

 オ!ちなみに、シフターは・・・

fc2blog_2022113022424827a.jpg

 フリクション系のWレバーを利用したもの。そう、この手のレバーなら、大抵の歯数・・・9枚くらいなら対応できるでしょうね。

 316958218_5734666446612476_6455907762273792833_n_convert_20221130220310.jpg

 敵を知り己を知れば百戦危うからず・・・というらしいが、コースや環境という自然を知り、自らの経験と脚力総合力を知れば、このような自転車も組み付けることができる・・・、まさに百戦危うからずどころか、また楽しからずや・・・であろうな。

ペダル穴がグズグズ ペダル穴ヘリサート修理



 ザスカ!という車体があるそうで、カーボンフレームのマウンテンなんだそうだ。

 これが大きなトラブルに見舞われた。

317682584_5735642709848183_6494586924437411757_n_convert_20221130210739.jpg

 装着のゆるい状態のペダルで踏んでいたら、このようにペダル穴のネジ山がグズグズになってしまった、ということだ。

 317086798_5735643013181486_1187904721519915005_n_convert_20221130210757.jpg

 ペダルはもう普通に装着はできない。そうなるともうクランク交換しかないか?ということになる、大方そうだろうな。

 ものにもよるが、クランクというパーツは自転車パーツの中でも相対的に高価なものだ、なので、こうしたトラブルでお釈迦にするというのは、殊に高級コンポということになると大変つらいだろうね・・・。シマノならまだ片方だけとかでも出してくれるだろうがね・・・。

 通常なら、クランクを諦めて、新品やら、スモールパーツやら、中古パーツを探すことになるだろうな。

 ところが、なんと当店がかつてこの大問題を修復させていたと、店主はすっかり忘れていたんだが、その持ち主の方がいう。ええ?当店がやったって?

 ホレ!と見せられたのが、本当だこれは紛れもない当店のブログであります。。本当だ・・・すっかり忘れているわ・・・。

 なるほど・・・それはあれを使ったんだ・・・。

316831571_5735643813181406_7242538241568995235_n_convert_20221130210832.jpg

 桐箱・・・ではないが、この中には相当高価で高精度工具が入っている!!!当店の秘密兵器のようなもんだ。

 317081534_5735644399848014_3712465616403478250_n_convert_20221130210853.jpg
 
 これなんだが、開いてみるのも久しぶりだ。

 317383093_5735643419848112_2531852766713029901_n_convert_20221130210815.jpg

 改めて、外してみるともうツルツルだね。で、こいつをどうするというのか?

317602000_5735644763181311_7179899768981281387_n_convert_20221130210912.jpg

 このならしネジ山タップを使います。

317084352_5735645199847934_4922218557232972308_n_convert_20221130210931.jpg

 まず、緩いペダルと体重以上の力でほじられたペダル穴の内部をならします。

 316963996_5735645566514564_5014910346301174847_n_convert_20221130210956.jpg

 なれたらそれに続く、タップがネジ山を刻んでいきます。相手がアルミなんで基本柔らかいんだが、でもまあ、手回しなんで大変といえば、大変です。

 316943893_5735645936514527_5310688956182748532_n_convert_20221130211015.jpg

 できた!新しいネジ山が切れたかな?

313441087_5735646283181159_2073792361866340891_n_convert_20221130211034.jpg

 流石にアルミだけにきれいに削れたね、ただし、このネジ穴は、元のペダル穴よりもならされた分、だいぶ大きくなってしまっている。当然、元のペダルをはめることは不可能であります。

 そこで・・・

317383908_5735646623181125_8779090508953066950_n_convert_20221130211050.jpg

 この隙間を埋めるためのリコイル、ヘリサートというネジ山が切られている金具(コイルのような)を手回しで入れていきます。

 317565915_5735646953181092_1319490968688558473_n_convert_20221130211106.jpg

 はい!これで元のペダル穴と同じ大きさのネジ穴ができたということであります。当然ここには、

316804613_5735647439847710_8574642878161258158_n_convert_20221130211122.jpg

 ハイ、装着完了・・・、出来ちゃったよ・・・。

316956349_5735647846514336_8485898335874395264_n_convert_20221130211138.jpg

 クランクごとザスカに戻してやる。これにて一件落着。

 イヤー、こんなことが当店でもできるんだ・・・と、改めて思い出した。これって意外と重要な修正じゃないかな?レース用の高級コンポを思わずしくじって、ネジ穴グズグズなんてこと、起こりうるよね。

 そして、捨てるに捨てられなくて、見てはため息・・・なんて言うパーツ日本全国に50個はあるんじゃないかな?なんてね。

 するとこうした施工例を公表すると、我も我も・・・という展開もありそうだなあ・・・。問題はヘリサートそのものではなくて、左クランクの逆ネジようのヘリサートが、潤沢に入手できるか?ということが勝負になりそうだ。

 ドイツの工具屋に問い合わせるか、国内のネジ屋等を虱潰し探すか・・・だな。

 迷えるペダル穴グズグズクランクよ!ゆっくりおいでなさい、なんとかなるかもよ!!!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター