メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ダウンヒルから通勤仕様に?



 ダブルサスのアルミマウンテンバイク。ダウンヒル的な荒めの乗り方をしていたこの車体も、十年近く倉庫の中で眠っていたんでありますが、この度目を覚まして再度街道に出ることになりました。

 もちろん、再度またダウンヒル的荒め・・・で行くか?と思いきや、イエイエ、今回からはもっとおとなしめに、通勤仕様にして、健康管理も含めて乗っていくことになりました。

 さて、どう手を入れて、通勤仕様にしていきましょうか?
DSC_0100_convert_20161208173307.jpg

 まずはドタンバタンすることはないので、フォークをリジッドにかえます。

DSC_0141_convert_20161208173148.jpg

 メッキ系の鉄フォークになりました、これでも軽量化に役立ちます。それと・・・、新しいブレーキレバーの引きシロの関係で、ブレーキはショートリーチに交換。

DSC_0140_convert_20161208173158.jpg

 リアも、ショートリーチね。

DSC_0103_convert_20161208173230.jpg

 それからフラットハンドルと、もう少し前傾のとれるようにと・・・

DSC_0143_convert_20161208173125.jpg

 なんとブルホーンに交換。

 DSC_0142_convert_20161208173135.jpg

 あと、通勤用の鞄を入れるためのカゴ・・・、完全に牙抜かれていますが、次の人生・・・ならぬ車生ですね。

DSC_0144_convert_20161208173110.jpg

 ブルホーンの先端に、バーコンシフターと、ブレーキを集めています。

DSC_0139_convert_20161208173210.jpg

 磨かれた、クランクがつきまして、トリプルですね、もちろんバーコンで操作可能です。

 DSC_0102_convert_20161208173240.jpg

 この辺のパーツも洗浄して、ワイヤー・チェーンの交換などして、なんとか楽しい通勤自転車仕様になりました!

DSC_0137_convert_20161208173219.jpg

 月日が経って、お互い変わったねえ・・・、と乗り手と自転車の再会となります。まあ、前ほど荒い乗り方はしないが、毎朝鶴見川の河川脇で通勤するんで、またよろしくな!合点で!

 通勤くらいだった、まだまだ行けるね!もちろんどこまでも行きますぜ!

 通勤のために新車を購入した方には全く味わえない、自転車との間の物語の奥行きを感じる話なんであります。こういうのいいよね、すべてとは言わないが、ものとの関係は物語を生むもの、そこが面白いところ、味のあるところなんだな・・・。
スポンサーサイト

あの夢をもう一度・・・ということか?

000 DSC_0782_convert_20130226153902

 今から3年以上前に、こんなことをしていたんであります。

 つまり、使わなくなった電動自転車を捨てる前に・・・、もし電動関連のものを外せたら、普通の自転車として乗り続けることはできないか?ということね。

 できたらできたで無駄にならないでいいでしょ?電動再生号、なんてちょっと話題になってもいいくらいだ。

 000 DSC_0787_convert_20130226153833

 電池を外して、電動の本体を外してみる。鍵になるのは、クランクを載せる場を確保できるか?ということ。ホイールに電動の本体がある自転車なら、ホイールを組み替えることで、普通の自転車として再生は可能です。

 問題は、クランク周りまでも電動本体に組み込んでいる・・・ある意味大半の電動自転車なんですね。

 この中を開けて、いらないものすべて取り外す。

000 DSC_0791_convert_20130226153755

 そうして単なる弁当箱状態にして、この場合はBB機能だけを活かして、クランクを付けて元に戻してやる・・・。

000 DSC_0797_convert_20130226153719

 これで、多少不格好ながらも、通常自転車として再生が可能になったんですね。もちろん普通の自転車とほぼ同じ重さになりました。

 これをもう一度・・・ということで持ってこられた車体があったんだな。

DSC_0088_convert_20161207171338.jpg

 古めの電動ですね。電池が異様に長い。

DSC_0089_convert_20161207171329.jpg

 カバーもデカいなあ・・・。これをはぐるともしかして、BBソケットのある車体かな?なんて希望的な展望を持ちながら、さらに進んでいくと・・・。

 DSC_0091_convert_20161207171319.jpg

 アッチャー・・・。BBソケットはないようですね。しっかりと電動ユニットの中からクランクが生えています・・・。

 このユニットを止めている三本のボルトナットを外しまして・・・、

DSC_0094_convert_20161207171310.jpg

 とここまでは前回と同じ展開であります。あとはこいつをこじ開けて、いらないものをすべて外して、軽量化して元に戻してやれば、普通の自転車として再生・・・なんですがね。

 DSC_0095_convert_20161207171300.jpg

 そもそもこんなことをやりたいなんていうのは、相当の物好きでしかねい。美大の学生君です。本来なら木彫、現実には仏像の修復をしていこうというんだから、店主並みに変わったやつには違いない。

 そいつが、この古い電動自転車を安価で落としてきた。それを解体して、電動抜いて・・・、どうも胴の長い自転車を作りたがっているんだよね。

 美大生だけあって、イメージが先行することはいいことだ。そんでもって規格も調べずイメージによるパーツ類を持ち込んできた、まあ、ほぼ使えないだろうなあ・・・。でも、それもまた勉強の内、自転車というか工業製品のなんたるかなんてことも体感していけばいい。

 また、コチラも規格だけに凝り固まったパーツ選びから頭を解放するためにも、こうした「素人」のパーツ選びから、学ぶことも実は多いのだ。

 さーてどう解体するか?しかし、ダイキャストで作られた外側も、かなり重いぞ・・・。

 DSC_0097_convert_20161207183449.jpg

 なんとか、レジン漬けの基板なんかを外したはいいんだが、あまり軽くない・・・。

 DSC_0096_convert_20161207183501.jpg
 
 こんな感じで、無意味なほど重い・・・。それにこのクランクの歯を抜くには、特殊工具が必要なようだ。仮にこの状態で戻したとしても、ほぼ確実にギア比に悩むのは、目に見えている・・・。

 ある意味、今回はここまでだね・・・。前回のように、中をスッカラカンの側だけにして、最大級の軽量化を図るという試みは、失敗のようであります。

 さて・・・どうしようか?一気に鉄の粗大ゴミが増えてしまったという訳か?

 クランクのない・・・大人のためのストライダとして復活させて、自転車に乗れない大人のための練習機として再生をするしかないか?

 なんてね・・・。

 さて、もし諦めずに、こいつの再生を試みるとすると、まずはBBソケットをどこにどうやって仕込むか?という問題にぶち当たる。それさえ克服されれば、ある意味再生は可能なんだよね。なので、その部分に問題を集中させればよいわけだ。

 では、どうやって?

 考えられるのは、この電動キッドが自転車本体とくっついていた、三点のボルトナットの部分、こいつを利用しない手はない。

 例えば八ミリくらいの鉄の板二枚を合わせて、この三点にボルトナットで取り付ける。その鉄板にもしBBソケットのようなザグリができて、BB本体を収められれば、それにて問題は一気に解決になる・・・というね。

 問題はどうやって、鉄の板に35ミリ程の穴を開けるか?ということであります。

 ボール盤・・・?ならそれなりの極太ドリルを購入しなければなりません、かなりの高額です。それに、相当の剛性がないとそんなでかい穴を鉄板に開けられないでしょうね。

 ホールソーのようなもの?ウーン・・・どうかな?

 そこで、美大君に、金属工芸の先生のところに行って、そうした加工機械類があるのか?または、実際に使えるのか?ってこと聞いておいでということになった。

 その答えを待ちつつ、別の作戦でも考えるかね?

 しかし、この電動を普通自転車に戻せたとしても、このイメージ先行の美大君の理想に近づけるには、これからもだいぶ山を越え谷を越えになりそうだね。なんかリアカーの車輪でもくっつけたい・・・とか寝言言っていたしなあ、実際にらしきホイールも持ってきていた・・・。

 でもね、そういうのに適度につきあうことって、あるていど凝り固まった「仕事」をせざるを得ない、日常の仕事というものから、全く違う視点や、アイデアなんかが与えられるやもしれない、そういう可能性があるんだと思うのね。

 例え不十分であっても、若い子がしてみたい!と強く希望することに寄り添ってみることっていうのは、何か意味があるんじゃないか、と思うよ。

 若いのはつぶすのではなく、育てる・・・、それも行き着く先は老若ではなく、最後は人だ。人と人同士となる時、どっちが育てる、育てられるというものでもなくなるだろうな。

 なんてことを考えつつ、次は何が来るか?じっくり待ちながらやっていこうと思います、そういう意味で、この電動自転車再生はシリーズ化するかもね・・・。

内装化三段 細かい仕事だわ・・・



 あの思い出の電動キットの付いた車体。サンスターね。

 これは元々、電動付きでありながら、山坂の多いところで使用すると、どうもアシストがあっても登り切れない、ということで持ち込まれたんであります。

 小径車で、電動機能がありながら・・・、それでも足りない坂ってどのくらいなんだ?

 どうも、埼玉の丘陵に囲まれた地域にお住まいのようで、まああまり平地がないということでした。そこで・・・、後ろシングルを多段化するという選択肢にたどり着きましたが。

 上の写真をよく見てください、前後の車輪のでかさが違うんですね。後ろ14インチ、多少ですが前輪が大きいだるま自転車なんですね。

 そこに外装多段は・・・、しかも大人仕様では厳しいかな?ということで、やはり内装三段に決定。

DSC_0114_convert_20161206182545.jpg

 内装ギア付きのハブを取り寄せての組み直し。

DSC_0115_convert_20161206182535.jpg

 あとは、通常の形式を取り付けますが・・・。ギアの歯数を元々が12Tがついていたのを18Tに変えて、かなり軽くできました。

 DSC_0116_convert_20161206182523.jpg

 試乗してみると・・・、これまた色々なことがわかりますね。

 近所の坂、できるだけ劇坂を上ってみたんですが・・・。ロードの癖が出て、後ろ乗りにしてトルクをかけた瞬間に、自転車が股をスルッと抜けて、おっ立ってしまった。劇坂の途中なんで、驚くは。

 そこで、今度は前重心にして、なでるようにペダルを回すと、まあかなりの坂も登坂できることを確認。マウンテンの基本ですか・・・?あとは三段にしてことで、電動アシストを使わなくても、普通に走れる自転車になりましたね。

 で、使用上、もし軽すぎたら、16Tにすればよし。重すぎたら逆に20Tにすればよし・・・、それはその地で使ってから決めてもらうことに。

 それと、あとはこれ。

DSC_0118_convert_20161206182514.jpg

 この自転車の折りたたみ機構を十分に利用して、この自転車をアチコチに持って行きたいというご希望もあるようなんです。やる気満々ですね・・・。

 DSC_0119_convert_20161206182504.jpg

 そのために、折りたたみペダルだったのを撓むということで、この取り外し形式のものに取り替えた、ということ。

 DSC_0111_convert_20161206182556.jpg

 これで、ご希望通りになった・・・はずです。なれば、より使われて、愛着も深くなって、いいことずくめであります。

 よかったな・・・。また不具合があったらおいでよ・・・。サンスターの電動君・・・・

かつては盛んだった110ミリハブ



 たぶん十年は経ったかな?ピストブームというやつです。その際、それまでは一万円を割っていたような110ミリのピストフレームが、なんで?というくらいの高値で落とされていきましたね。

 本当、落としたはいいが、あとどうすんだろう?とコチラが心配になったくらいです。エンド幅が120ミリなのが一般的、それに対して110ミリというのはプロでも利用者は少なかったはずであります。

 で、問題は十ミリの幅の違いだけではないところがミソでしてね。通常なら、十ミリのシャフトを使っているんですが、この110ミリ用となるとなんと八ミリのフレームのエンドスリットに入るように加工しないと駄目なんであります・・・。

 駆け出しの頃は、意気揚々と110幅に加工したハブで、さあ、フレームにホイールを履かせようとした瞬間に、スリットが狭すぎて入らない・・・なんてことで、大ショック・・・でしたね。

 そして当時どうしたか?

 なんとやったのは、フレームをもう一度万力に固定して、両方のエンドスリットのところに鉄やすりかまして、メッキされているエンド金具を、あたかも書道の墨をするかのように、前後に根気よく動かして、左右を均等に削っていった・・・んでありますね、二ミリだぜ二ミリ・・・。よくやったわな、他の仕事しながら二日ぐらいかけたかもしれません・・・。大変だった・・・。

 そして、納車の日、引き渡す人が来る前に、完成しようと思った矢先、今度は前輪のフォークのエンドスリットに、前輪が入らない・・・。
 レレレ・・・、なんで?うろたえる店主・・・。よく見ると、エンドの方も八ミリにしないとダメのようでした・・・。通常は九ミリ・・・、従って、またフォークを外して、万力に固定して、リアと同じく、鉄やすりをエンドにかまして、今度は一ミリ分墨をすりました・・・。

 そんな苦労があったので、もう、二度と110エンドのピストフレームは扱わねーぞ!!!と固く誓ったんでありましたが。

 その数年後、ピストブームとやらで・・・これは被害者増えるぞー・・・と思いきや、その推測はドンピシャだったわけですね。

 もうその頃から、手組みするショップが少なくなっている中で、ピスト用のホイール組んでくれー・・・という、依頼が殺到・・・、あのベロなんチャラっていう、ゼリービーンズのような色彩のホイール、一体何本組んだことか。

 その中に、110ミリエンドの持ち込みが現れ始めたんでありますねえ・・・。まあ、諦めるしかないね・・・、と最初は断っていたんでありますが・・・。そのさみしそうな様子が・・・なんともかわいそうで・・・なんとかならないか?と加工を考え始め、ついに110ミリエンド用のハブを工作し、全国津々浦々の110ミリエンドをつかまされた、被害者救済に動いたという訳なんですね・・・。

 DSC_0101_convert_20161205190309.jpg

 ボールベアリングものは、簡単にシャフトを外せるが、シールドとなるとねえ・・・。当時は、ハブそのものの状態に、厚い木枠で治具作って、それで加工してたんですが、それはあくまでも、ハブの段階ね。

 このように、すでにホイールになっている状態からではできなかったんです・・・。

 DSC_0110_convert_20161205190211.jpg

 まあ、こんなことができるようになって・・・。

 DSC_0104_convert_20161205190258.jpg

 シャフトを単体で抜き出すことを覚えてから、加工の仕方は変わりましたね。

 DSC_0105_convert_20161205190246.jpg

 こうして横万力に挟んで、フライスチックな加工します。

DSC_0106_convert_20161205190231.jpg

 まあ、簡単そうに見えるでしょ?でもねえ、これ、ここまで持って行くセッティングの方にえらく時間を取られます。しかもフロントのシャフトとリアのそれとは、長さも太さ持ちナウので、同じやり方では止まりません。

 そういうところがスゲー面倒くさい・・・。

DSC_0111_convert_20161205190201.jpg

 しかもリアは裏と表をやれねばならないので、垂直出すのにまた手間が・・・。

 DSC_0109_convert_20161205190223.jpg

 こうして、全五輪ともホイールの状態から110ミリエンド化が完了・・・。

 かつては、定期的とは言わないまでも、アチコチからこの手の依頼がきたものでしたが、ブームが去ってからは、懐かしい改造となりました。

 「110エンドのピストを落札してしまった愚か者です・・・」なんてメールで、依頼が来ていた。本当全国各地にホイール状態にしたり、ハブ単体でよく送付したよなあ・・・。

 そして、ようやくブームが去ったので、冷静な選択肢として、ピスト、固定ギアものが残ったというのに、なんなんでしょ?この静けさは・・・。なんで固定ギア乗ろうと思わないんだろうね、最近のロード乗り達って。ワットだなんだで、計測しては、PC管理で練習するのもいいが、固定だと一発なんだけどなあ・・・。

 ローターとかいうまた不均一な楕円クランク流行りつつあるので、円運動のペダリングは倦厭されているのかしら?

 まあ、どうでもいいが、ロードはハードに装備のある洋弓のようなもの、ピストはハードは簡素な分、ソフトに重きを置く和弓、弓道のようなものと、卓越な比喩を荒れた方がいましたが・・・・・、この二つを使い分けて初めて、スポーツ自転車のなんたるかがわかったような気がしている店主なんだが・・・、もう古いのかね?

 固定フレーム、しかもかなり走るんだけど、ありますぜ!もちろん120エンドのものね!

今年もやります リノバイシクルメイカーズ!展示会ね



 昨年は確か、当店の引っ越しとモロかぶったやに記憶している、リノバイシクルの展示会であります。

 これフライヤーというか、葉書ですね。センスよくできあがりました。

DSC_0101_convert_20161204190023.jpg

 コチラが詳細です、読める?

 12月16日金曜日から、12月18日日曜日まで。昼の12時から20時まで、終日は17時まで。

 会場は、HIGURE17-15cas、荒川区西日暮里3-17-15でということです。

 今回はどんな自転車が展示されるんでしょうねえ・・・?

 DSC_0085_convert_20161204190058.jpg

 んんんんん????

 DSC_0087_convert_20161204190045.jpg

 んん?

 なんか見たことがある・・・。

 そう、これって・・・、あの高専の奴らの改造車・・・なんじゃない?これで大阪まで行ったよね・・・あれ?

 DSC_0082_convert_20161204190108.jpg

 オ!団長じゃねーか・・・、久しぶりだよね。高専もう五年で、今年度で卒業だ・・・。

 で、聞いたら、日立に入社したとか・・・。すげーな・・・。

 そして、確か・・・、大阪には二人でも行ったんじゃない?

 DSC_0081_convert_20161204190119.jpg

 オ!そうそう、君だったよね。団長よりもより積極的にいじりたがっていたようなところもあったなあ・・・・。いや、待てよ・・・、団長は一見海藻のように、ユラユラしていながら、知らずに行動力がある・・・、気づいたらやっていたというタイプ。

 このほっぺたに汚れの付いたこの子は、ある意味副団長的で、自転車いじりはやりたいことを全面に出してやっていく、そういうタイプなんだよね・・・。

 お互いがお互いに対して、勝てない・・・と思っている、ある意味いいコンビなんだよね。

 で、聞いて驚いた・・・。団長が日立に入ったと思ったら、こいつ・・・、副団長はなんと・・・なんと・・・、なんと・・・なな、なんと・・・。

 シマノに入社した・・・っていうんだよね。

 もちろん嘘だろ?と思って、何度も聞き返したんだが、本当にシマノに入ったらしい・・・。来春から、大阪の堺市、シマノの本社近い工場勤務ということだ・・・。

 イヤー・・・、これで当店からの刺客を天下のシマノに送り込んだようなもんだ・・・、イヒヒヒヒヒ。

 早速指示を飛ばす。まず、入社式の前に、一定の荷物を抱えて自転車で堺市まで行け!これやったら、まあ、今年の新人で、バカがいるぞ!と話題はこれで持ちきりだ。

 工場長の方から、オーイ、バカはどこだ?お前か・・・、頼んだぞー、向こうから握手して来るんじゃないか?

 まあ二十代は死なない程度に、働けよ。簡単にやめるな、絶対に。

 こいつの性格からいったら、七割から生意気・・・と思われるかもしれないな、でも三割はそれを認めてくれるだろう、そういうものを持っている。

 仕事が腑に落ちてくるのは、三十代・・・半ばで感じたら、いい線行っていることになるかもな。そうすれば四十代は面白いはず・・・だと思う。

 なんて思って、来年五月、「チワー」なんて来て、「連休かい?」「いえ、やめました・・・」なんて展開も、こいつならありそうだよなあ・・・。
 そういう意味で、お前らには全く期待してないからな!そもそも若い奴に期待するなんて間違いだ、店主がそうだった、若い奴の大半は期待を裏切るものなんだ、だから、端から期待してはいけないんだよな。

 まあ、でもだ、大したアシストはしていないながらも、逃げ集団に刺客を送り込んだようなワクワク感はなくもない、コチラは一つ責任果たしたんで、大集団中、前引かずに足ためて走らせてもらうぜ!ウカウカしていたら、ためた足でゴールスプリントでぶち抜くからな!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター