メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

たかがコルナゴ リニューアルしてやった!どうだ!



 数ヶ月前にから、ちょこっと小出しにしてきたコルナゴ。さわぐでない!と。

 20160523_184058_275_convert_20160524200646.jpg

 くどいね、コルナゴ。クロモリフレームのコルナゴであります。再塗装はいたしませんでしたが、しっかり磨いて、ガラスのコーティングはしておきました。

20160523_184102_661_convert_20160524200632.jpg

 マスターライト。非常に固いフレームだと、聞きました。鉄フレームなのに固い・・・。

 これに大分手を入れまして、なんとか完成車となりましたので、お好きな方、とくとご覧くださいませ。

 20160523_183857_686_convert_20160524201151.jpg

 今回一番遅れた原因はこれ。サドルなんであります。こいつに合う、それなりのスペックと時代とスタイルを載せたサドルって、一体何だろう・・・とズーッと考えていたんであります。

 第一候補が、コンコールのバックスキン系のもの。これが入手できない、なかなかね。ちょいとクラシカルに引っ張ろうかな?という路線だったんでありますが。

 このコルナゴマスターライト・・・、モロクラシカル・・・というのもなあ・・・と色々悩みましてね。

 20160523_184031_259_convert_20160524200728.jpg

 例えば、ハンドルなんかは早々にアナトミックで行こうって決めたんであります。深曲がりのマースバーがあれば一番だったんですが、これもまた今やクラシカルなアナトミックとこのフレームとの同時期めいた相性というか、無くはないだろうと付けてみると、意外と悪くない。

 なれば、サドルもアスピデで・・・とね。そこが決まると、あとはまあ、なんとか。

20160523_183946_763_convert_20160524201039.jpg

 癖ありといえば、スレッド化してしまったことかな?元々はアヘッドでありました。

 20160523_183958_255_convert_20160524201025.jpg

 一インチだしなあ・・・と、スレッド化してしまいました。

 20160523_184004_338_convert_20160524201011.jpg

 名作タイムのカーボンフォーク一インチがついている。これは自分のやつで、スレッド化の経緯があったので、再度挑戦。なんか、まあこの頃の一インチであれば、こうしたあり方が、まあベストかな?とね。

 それではコンポの紹介で。

20160523_183907_804_convert_20160524201136.jpg

 カンパレコード、チタニウム、コンポであります。

 これが当たり前で無くなった今からすれば、なんとまあ、いい時代のコンポだったんだろう、と思いますね。

 20160523_183912_332_convert_20160524200814.jpg

 9速でまとまっている。レコードが9速の時代なんて、千代の富士の大関時代のように記憶が無い・・・といってもいいくらいのレアなコンポでありますな。

 20160523_184128_833_convert_20160524200854.jpg

 当然アルミクランクで、男ギア。見ていて良いね、乗るには、鍛えないといけませんが。

 20160523_184139_242_convert_20160524200621.jpg

 カンパの刻印が入っていますね。だからなんなんだ?でもありますがね。

 20160523_183927_717_convert_20160524200802.jpg

 このポテッとしたブレーキ。こういうのがカンパの持ち味だったんですがねえ。

 20160523_184011_428_convert_20160524200933.jpg

 といってもしっかり効きますよ、古くて効かないブレーキでは全くありません。この後今のスケルトンという、肉抜き形式になっていったんですが、あの世界選手権のチャンピオンのパウロ・ベッティーニでしたか、スケルトンを支給された年にもかかわらず、世界選手権にはこのタイプを密かに使っていた・・・という話も聞いたことがあります、確かね。

 20160523_183921_215_convert_20160524201123.jpg

 ハブも徹底洗浄して、しっかりグリスも入れ替えて、ホイール組みしました。こんなハブが今なぜないのか?本当不思議であります。

 20160523_184018_580_convert_20160524200751.jpg

 別に凝って無くていいので、このタイプのシルバーハブ・・・作ってくださいよ!と思います。贅沢いわないから・・・、ってこれが一番の贅沢なのかしら?

 20160523_183912_332_convert_20160524200814.jpg

 実は、ここも随分と悩んだんでありますが、やはり・・・。

20160523_184024_848_convert_20160524200740.jpg

 定番ということで、新たなオープンプロで組み直したということです。

 20160523_184048_482_convert_20160524200717.jpg

 タイヤはチャレンジのブラックを付けました。

 20160523_184156_341_convert_20160524200608.jpg

 チェーン再生!

 20160523_184040_107_convert_20160524200916.jpg

 このブラケットカバーも、新調しました、スモールパーツでから引っ張ってきましてね。もちろん中身の動きは完璧であります。

 20160523_183849_772_convert_20160524200827.jpg

 そんでもって、ようやく完成!ということで、コイツを心から望む、しっかり乗りこなす方を募集だね。

 フレームは560なので、180センチ前後・・・の方かな。

 20160523_184459_239_convert_20160524201251.jpg

 適切なところに行くまで、当店の展示室におります、是非実車を見においでください!

 やっぱり、それなりの存在感というものが、悔しいかな、在りますな、このコルナゴ野郎め!!!!
スポンサーサイト

足がないなら、知識とパーツで補え!



 スルッとやって来た、ロード、といってもゆるめのローでありますな。

 20160523_102333_569_convert_20160523191706.jpg

 もはやWレバーは、戦闘機たるロードレーサーではあり得なくなってしまいました。かつてはみんなこれだったのにね。

 でも・・・、今ジロとかやっているんでしょ?個人タイムトライアルなんかには、専用のTT車が用意されると思うんですがね。例えば、クラシカルなものを大切にする欧州にあって、ツールやジロのようなデカイレースでは最低二日は、鉄フレームのWレバーという車体縛りの日があっても面白いと思いませんか?

 まあ、チームのメカニック達は良い迷惑でしょうが・・・、面白いと思うなあ。別にウールジャージまで着ろとはいいませんが、車体だけ、前二枚、後八枚以下のクロモリレーサーということでやる。

 戸惑いもあると思いますが、展開がガラリと変わって、得意なヤツなんかが出てくると面白いですね。

 ディスクが入り込もうとしている昨今、夢想に過ぎませんがね、でも、ツールとかに混ぜなくても、そうしたレギュレーションを設けたクラシックレースがあってもいいと思います。

 かつて、アワーレコードといって、一時間どのくらいの距離を走れるか?を競うタイムトライアルなんだが、これがレース機材が良くなると、当然それに併せて記録も伸びる。ですから参考記録ってことではいいとして。

 世代を超えて本当に強い選手って誰?なんて言う時は、機材を一緒にしないといけませんよね。それで一時期は、エディー・メルクス時代のクロモリ自転車を基準にしていたんじゃないかな?それでやっても、クリス・ボードマンの方がつよかった・・・とかね。

 てなわけなんで、機材がメーカーサイドの思惑でドンドン替えざるをえなくなる中で、そうした昔からのレギュレーションを守ったレースなんかがあっても、いいと思うし、欧州なんて、率先してそうしたことをやってもいいんじゃないのか?なんてね。

 素人では、クロモリレーサーのツーリング大会のようなものはありますがね。

 で、なんでしたっけ?

 クロモリ車体のWレバーの話ね。まあ、今や絶滅危惧種のWレバーですが、ツーリング気分であるなら、これもまた面白い。

 このWレバー車で、この5月に奥多摩まで行ってきたそうだ。

 20160523_102320_420_convert_20160523191833.jpg

 とりあえずは、コンパクトクランクを入れていったものの、どうもある坂で歩かざるをえなくなった。これは何とも情けない・・・。

 自転車乗りたるもの、歩行者に抜かれても、自転車からは降りない・・・そのくらいのプライドは持っている。そこで、どうしようか?ということで、当店にやって来た。

 20160523_102326_391_convert_20160523191718.jpg

 見た目は良いが、この7速のタイトなフリーをいっそのこと、デカくしない?という方向に話は始まったんだが。

 そうなると、ハブをそれようにして、再度ホイールを組み直さなければならなくなる。それは、実に手間が掛かるということで、家に帰って、手持ちのパーツを探してきたらしい。

 20160523_183356_295_convert_20160523191753.jpg

 ジャーン、これもまあ絶滅危惧種のトリプルクランクだわ。これがまた42.32.22とチッコイトリプルと来ている。このインナーを使うとなんとギア比が一に設定できる・・・、なれば後輪を組み直さなくとも、コイツで行けるんじゃないのか?ということになった。

 手持ちパーツに助けられる・・・、これは乗り込んで、アチコチいじって、やりたい放題やって来た後に、その帰結として結果として散在せざるを得ないパーツ類がたまってくるんでありますな。大抵は、奥さんの目の敵にされ・・・、価値の分からないセガレどもに食い散らかされて、散々な目に遭うパーツ類なんだが・・・、たまにはこうして、旦那を助けてくれることもある・・・。

 イヤイヤ、そうしたパーツ類がないと助けられようがない!といってもいいでありましょう。そんなこと、そうした種族の者どもはみんな経験済み。ああ・・・あって良かった・・・、捨てないで良かった・・・、こいつがこんなところで役立つとは・・・・、という経験まみれになっているのが普通であって、またそうした経験がガラクタパーツ類を処分できずに、そいつらがドンドンたまってくる・・・という好循環?を促してくる、というカラクリなのだ。

 困った時には道具箱・・・困った時にはパーツ箱・・・、困った時には図書館・・・、これらは鉄則だわな。

 そんなこんなで、旧式の今や絶滅種に認定一歩手前のトリプルクランクが、何のことはない、一番手間かけずに、その後主人を救ったという、お話しなんであります。

 20160523_183401_292_convert_20160523191742.jpg

 なんだか仕様の分からないフロントディレーラーが付いて、それをまたWレバーが引く。

 20160523_183406_256_convert_20160523191641.jpg

 アウタートップでこんなに開くなんて、まあ余り見ないよね。でも、セッティングという意味ではWレバーは激楽だはな。ワイヤー結ぶだけであとはライダー任せね。

 多少の癖はありますが、それを覚えていけば、これはまた楽しいのんびりサイクリングになるなあ。人と競わない、自分のペースでのんびり山なんか行くには、最高の車体になりそうであります。

 20160523_102338_200_convert_20160523191818.jpg

 ハイハイ、この辺はそのままで、そのシンプルさが何ともいいですね。

 20160523_183333_499_convert_20160523191805.jpg

 いいんじゃないの?速いだけが自転車じゃあ、ない。分類はロードレーサーであっても、常に戦闘モードでなくてもいい。緩いロードがあってもいい。

 そう、緩いロード・・・、これは一つのジャンルになりそうですね。快走はしたい、無駄なものは付けなくない、でもそうバリバリ、人を蹴散らして乗りたくはない、さてどうするか?カジュアルレーサーという言い方もありかな?

 ただいま、高齢社会のまっただ中、緩いロード・・・、これはまた頭一つ取りそうだわさ!
 

高麗屋あらわる!徹底メンテ来る!



 五年ほど前に、行くべき所に行った君。

 元はといえば、この一台を大事に慈しみながら育てて乗って方が、父の死をキッカケにほとんど出家するような覚悟で消えていった際、置いていった一台なのでありました。

 それが旧店舗の天井からぶら下げられて、数年経って、渡っていった。



 あれから二回の移転をして、何ともドタバタしたもんであります。

 そして新店舗になってから、共々一気に現れた!その進化といったら・・・。ハード、ソフトともに大変充実しておられましてね、やはり行くべきところに行ったという感慨にふけることとなる。

 さて、今回は・・・。フルメンテ、徹底メンテで行きたいというご希望。なれば、力を借りてやって参りましょう。

 20160504_115702_619_convert_20160522183024.jpg

 こんなになりましたか。チューブラータイヤの取り替えとなりますが・・・、単なる取り替えでは済みませんでした。

 まずタイヤをはずす。そして、こびりついてセメントをすべてふやかしておとす。その後足付けをする。そしてまたこそげ落とす、これを繰り返し、今後のメンテのことも考えて、リムテープにて貼り付け。

 20160515_135803_186_convert_20160522182926.jpg

 そんじょそこら以上のタイヤを貼り付けます。10気圧を上げて圧着。

 20160504_115719_708_convert_20160522183000.jpg

 もちろんハブのメンテも徹底的にします。中を洗浄して、ベアリング、玉押し等をピカピカに磨き上げて、再度高級グリスを充填して、ベアリングを戻し、玉押し調整します。これほとんどコチラの指導の下、持ち主の方が率先してやっていきます。

 20160515_135809_467_convert_20160522182833.jpg

 こうした作業は中のことなので、外見からは分かりません。ただ、よーく上下の写真を見比べてみてください。

 おわかりですか?

 スポークの組み替えが起きています。JISからITAに組み替えてあります。理由は、その方が精神的に安定するからか?まあ、見た目も好みであるならば、それもまた一興。

 20160504_115710_779_convert_20160522183012.jpg

 リアも内部を同じく徹底洗浄とメンテをしてから・・・。

 20160515_135815_212_convert_20160522182916.jpg

 井上組みとして組み替えています。まあこだわりでしょうか。

 20160515_135754_589_convert_20160522182938.jpg

 ヘッドパーツは、刻印のある疑似系でありますが、見た目も回りもいい国産ヘッドパーツに打ち替え・・・。こいつが様子がいいんであります。在庫しておかないとなあ・・・。

 20160515_135829_407_convert_20160522182843.jpg

 もちろんBBの方もしっかりやりましたよ。シャフトにちょっと虫食いが、右の方です、利き足の力が強いからかな?今回は大目のグリスで対応しましたが、当店の箱をひっくり返しますと、ISOテーパーものが一本出て参りました。中古ですが、傷なしもの。なれば、またいつぞやの時にでも交換いたしましょう。

 ISOのカップアンドコーン式のものは、絶滅危惧種で、かつシャフトの長さが一定以上のもの出ないと、フレームと干渉するという癖のある車体であるので、この辺はしっかりと確保しておかないといけません。

 20160515_135822_556_convert_20160522182855.jpg

 チェーンは交換ですが、パーツ類はもう徹底して洗いました。灯油何リットル使ったかな?日にちも五日くらいかけて、丁寧に、丁寧にやっておられましたね。

 20160504_115654_642_convert_20160522183042.jpg

 焼けた革テープでしたが、今回は思い切って交換に。

 20160515_135844_356_convert_20160522183248.jpg

 もちろん革であります。

20160515_135745_486_convert_20160522182905.jpg

 里子に出した子が、里親から実の親以上の寵愛を受けて、すくすくと独自の展開を遂げているのを見て、本当感慨深いものを感じますわ。

 適材が適所のところで育っていく。すべては借り物、預かっているものは、それなりの責任と返礼の気持ちとともに、次へと貸し渡していく。

 君、末永く適所にて、持ち味を発揮せよ!

ジワジワ来い マイナーブレイク ピスト



 固定固定って、うるさいんだよ!とかいうクレーム?でもないか、なんかそんなのが来たことがあったなあ。もちろん匿名でしたがね。

 単純に言って、自転車をかっこよく乗るのと、かっこいい自転車とは別だ!

 これ読んで、ハッと思ったあなた・・・、次のステージに来ましょう。

 エエ?どこが違うの?と思った方、かっこいい自転車を追求ください。

 ハッと思ったあなたは、かっこよく乗る方の追求に行きましょう。

 ポジションをしっかり出して、リラックスしながらも、シャープできれいな回転のペダリングを目指す、それですね。

 ではシャープできれいな回転のペダリングとは?それはね・・・、とそういう動き全般を文章にて表現するというのはできなくはないが、余り生産的なはたらきではないでしょう、でなら一言。

 固定踏む・・・、以上ですかね。

 もうワンポイント付け加えると、固定で三本ローラーでもがけるようになること。

 これができるようになると、自転車をかっこよく乗ることの基礎ができる・・・といってもいいんじゃないか?と思います。

 そういうことをよそで聞いて、実践してみたくなった方がいた、いい年です。いいんです、気づいた時が最も若いんだから。

 そこで、落としてきたのがこの車体、コイツで街道ピストを作って欲しい。お安いご用と来たもんだ。

 20160518_172451_528_convert_20160521202608.jpg

 このふざけたハンドルは替えましょう!

20160521_124401_529_convert_20160521202339.jpg

 幅400ミリの丸ハンと、エアロブレーキ付けて、ちょっと戦闘モードに。

20160521_124348_434_convert_20160521202411.jpg

 前輪は持っていた、ロードのフロントホイールを流用、フロントに関してはこれができる、つまり、経費節減、覚えておいてね。

20160521_124334_737_convert_20160521202547.jpg

 マビックで、こういうホイールがあるのね。まああるもの使いましょう。

 20160521_124341_814_convert_20160521202535.jpg

 130ピッチのクランクに、44Tの歯が付いています。これを基準にリアの小ギアを決めて、トレーニングのギア比を決める。リアの小ギヤの管理を覚えれば、そんなことは自在にできます。

 またこのチェーンもすべて半コマでできてるのでチェーンの管理も楽ですね。

 20160521_124355_740_convert_20160521202359.jpg

 当然ながら、街道用ピストなので、前後にブレーキしっかり付けて、あとは乗るべし!

20160521_124327_366_convert_20160521202558.jpg

 機会があれば、積極的に三本ローラーにも乗って、ペダリングのスキルアップにしっかり役立ててください!

 こういうのがしっかり乗れるようになった時、始めて自転車をかっこよく乗れることができるようになるのであります、しかも効率から何からすべて兼ね備えた乗り手になる。

 それが固定なんであります。

 かっこいい自転車に乗るのは簡単です、でも自転車をかっこよく乗るにはそれなりの技がいる、一朝一夕ではできないから、できるようになることは尊いんです。

 かっこいい自転車にかっこよく乗ること、目指すべきはここかと思います!固定、おすすめするんだよなあ。

ゲイリー君の軌跡を辿る 変態さんいらっしゃい!



 マウンテンバイクの発祥にはいくつか説があるらしく、その有力説の一つがゲイリー・フィッシャーさんという方が、ビーチクルーザーという車体を原型に考案したという説が最も有名かしら?

 まあ、マウンテンバイクの発祥などどうでもいいと思っている店主からすれば、史実などは横おいて、でもちょっと新しいトレンドができる原点というのは、ドッカーン!というような大爆発から来るよりも、意外と半端でヘンテコリンな中間みたいなところから現れるのかな?なんていうのがごく自然に感じられるのであります。

 デカいことやってやる!なんて自意識満々にやっている奴らよりも、アレやったら面白い、これやったら面白いなんて、ヘラヘラとイタズラの連続のような中から、フト後から考えれば、何か新たな起点になっているようなものが発祥する・・・、ありうることだと思うのね。

 そんなことなので、そうしたゲイリーさんの奇跡を自転車変態のI氏が、追体験しようという企画で、車体が持ち込まれた。

 まあ、くそ重いビーチクルーザー・・・。もちろんこんな車種好きな人がいることは重々承知の上、なんで選んでこんな車体に乗りたいのかね?と店主などは思ってしまう、単なるロード・ピストバカなんであります。

 20160517_102252_500_convert_20160520212649.jpg

 当然ビーチクルーザーなので、リアシングル。

 20160517_102258_309_convert_20160520212639.jpg

 フロントもシングルなんでありますが・・・。

 コイツをどうにかして、マウンテン系に近づけていく。リア多段・・・ホイール組み替えなければならない・・・面倒だなあ・・・。なんか他にないかよ!もっと楽に多段にできる方法。

 内装は?内装三段、五段、八段・・・余り面白くない・・・。市販でありそうだしね。どうするよ?

 と、さすが変態さん、なら、前三枚、以上ってことで!とトリプルクランクを置いていった。

 かつて、ママチャリ改造で、前二枚後一枚の自転車を組み付けて、非常に重宝していたのを思い出した。なればあのトリプル版を作れば良いのね、ということで。

 20160520_162033_756_convert_20160520211856.jpg

 ビーチクルーザーはバカなので、BBソケットの規格が違います、アメリカン?とかいうのか?勝手に野太くしやがって・・・。

 そんな中に、鼓状のコンバーターを差し込んでやる!そこに、通常のボトムブラケットシールドベアリングものを装着する。

 こうすることで、クランクは星の数ほどの選択肢にまみれることができるようになる!で取り付けたのが、トリプルもの。

 20160520_162004_524_convert_20160520212549.jpg

 そして、フロントディレーラーを取り付ける。足でチェーン替えてもいいんだが・・・。

 20160520_161956_595_convert_20160520212609.jpg

 上引きのフロントディレーラーを取り付けるんだが・・・、上からまるで蜘蛛の糸様に垂れ下がっている。

 20160520_161952_409_convert_20160520212619.jpg

 付け根には、アウター受けがぶら下がっている。こういう細かいところは、通常はショップ側がなんとかやるもんだが、変態さんゆえ、自分で付けてきた。さすが・・・。

 20160520_161945_765_convert_20160520212629.jpg

 そいつを手元にWレバーの傍らをもって来て、引いてやる、これが実に引きやすい!

20160520_162009_591_convert_20160520211918.jpg

 三枚のギアを引くとなると、当然チェーンもたるむので、通常ではリアディレーラーがその弛みをとってくれる。後一枚なら、普通ならテンショナーで十分なのだが、前が三枚あると、テンショナーでは不十分。そこで、横には動かさないようにした、リアディレーラーをテンショナー代わりに使うことに。まあ、なんとか引けるわさ。

 20160520_162018_564_convert_20160520212741.jpg

 そこでドミノ問題発生。リアがビーチクルーザー特有のコースターブレーキというもの。ペダル逆回転で止まるようになっているブレーキなんだが。

 テンショナーや、ディレーラーがあると反対回しにしようとしても、それで生じる弛みをギリギリまでテンショナー類がとろうとするので、なかなかチェーンがぴーんと張らない、つまりコースターブレーキが効くまで相当の時間が掛かってしまうことになる。

 また毎回毎回、ブレーキングの際に極限までチェーンで引っ張られるディレーラーもたまったもんじゃない、そんな使い方していたら、すぐに壊れる。なので、こうした形式ではコースターブレーキはブレーキとしては有効ではない、と判断。

 じゃあ、どうする、タイヤも太いし、ステーとリムとには距離がある・・・どうしよう。

20160520_162026_283_convert_20160520211906.jpg

 そこで、色々やった結果、キャリパーをこのように、ステーの裏からリムを掴む形式にしてやると、過不足無く、シューがリムに届くようになった・・・ということなんであります、メデタシメデタシ。

 20160520_161939_731_convert_20160520211831.jpg

 前トリプル、後シングルの変態系、黎明期マウンテンの完成となりました。

 こういうのが、意外と実用では使い勝手が良い・・・なんてことになるのよね。気兼ねなく、シンプルで、でも三段はあるから、大典のコースは大丈夫で、頑丈で重いから、長年の使用に耐え、かつ盗難の危険性も低い・・・。そういう意味で、良いとこだらけなんであります。

 これで気が済んだかな?黎明マウンテン完成!

 気が済むわけないか?湯水のように湧いてくる企画力で食っている男の子なので、イタズラ心を忘れない限り、また変な自転車の製作依頼がキット来るんじゃないか?って思っています。
 
 いつでも、どっからでも来い!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター