メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

自転車そのものもさることながら・・・



 メンテの依頼が来たんであります。小径車・・・しかも・・・

20160926_100511_130_convert_20160926201101.jpg

 折りたたみなんですね。小径で折りたたみというと、店主の嗜好からいうと逆にあるような車体でありますが、そんなことはどうでも良い、これをちゃんと走れるようにして欲しいということと、折りたたみ機構が硬くきついのでそれを使いやすいように、折りたたみやすいように、ということなんであります。

 あまりにハッキリしたご要望なので、用途や使用目的なんかを聞いてみたりしました。

 定年後、これに乗りつつ、江戸の古い地図片手に、各所確認しながら乗りたいということらしいんですね。

 イヤー、面白そう!自転車は単に乗るだけでも面白いが、そこに用途というかテーマが付くとこれまた一段と輝くものであります。

 かつて、ツーリングクラブHG、どうも会長さんは一人で走るのに忙しく、とても若い子らの面倒見ていられる状態ではなかったり、有力メンバーの一人が自転車よりもバンドの方へ行ってしまったりと、色々あって活動はソロになっているんでありますが・・・。

 折角文学部卒業の会長がツーリングを主催するなら、単にコースを走るだけでなく、そこにそこに歴史的なテーマなり何なりを設けたらいいよね、なんて話が出ていたんであります。

 単に日本一周ではなくて、芭蕉の奥の細道のあとを辿っていく・・・とかね。

 古い地図や、浮世絵を頼りに自転車で現代の東海道をうろつくなんて、なんとまあ、酔狂かつある意味ロマンチックなポダリングなわけであります。

 そうなったら、自転車など小径であろうと、折りたたみであろうと、安全かつ快適に乗れればいいわけで、ではそのようにいたしましょう!ということになった。

 20160926_100506_877_convert_20160926201116.jpg

 ハンドルも倒せるようになっている。これはある意味小径の常識的形式のようですが、この辺ステアリングに影響のある所が可動式であることに、違和感はありますな、もし緩んだりした場合走りながらハンドルが倒れたら・・・とか変なことを考えてしまう。

 ブロンプトンもいい小径車だと思うが、ハンドルに折りたたみ機構があるので、ぐらつくんでありますが、あれどうにかならないか?なんてイツモ思うんであります。

 20160926_100458_364_convert_20160926201128.jpg
 
 洗浄と交換をメインに、メンテをしていきます。

20160926_172327_425_convert_20160926201026.jpg

 チェーンも交換、BBの内部もグリス入れて点検。

20160926_100452_322_convert_20160926201139.jpg

 タイヤ交換したり、リアメカ、ボスフリーなどを洗浄注油。

20160926_172332_583_convert_20160926201015.jpg

 普通に動くようになるんだから、また面白い。ダメなら交換してもいいグレードではありますが。
 20160926_100541_379_convert_20160926200906.jpg

 ワイヤー類の交換。ことにシフト点検は・・・しつこくね。
20160926_172345_862_convert_20160926201003.jpg

 動きは劇的に良くなります。ワイヤー内部が錆びたりしていたら、それは力の伝達はできませんね。ことにグリップ式のシフトはある意味曖昧なんで、特にシフトダウンについては、納車時にコツというか、癖を伝授しないといけませんね。

 20160926_172321_230_convert_20160926201037.jpg

 ブレーキのシュー交換と、ブレーキアーチ自体には手間をかけてやるべきポイントが多い。それでかなり良くなりますからね。

 20160926_172338_777_convert_20160926200941.jpg

 ここになぜかサスペンションがつている。ダウンヒルをやるはずもない車体になんで?下からのショック吸収?

 まあ、理由は分かりませんし、特にないのかも知れませんが、このサスは走っている際、車体を上下に揺らすという、気持ちの良いものではないんですね、踏む力が吸収されているわけですから・・・。

 とその時にひらめいたんであります!もしかしたら、この手のサスあり自転車には大変な効能があるんじゃないか?とね。

 つまり、このサスがあるにもかかわらず、車体が上下運動しないのだとすれば、それは踏むペダルではなく、回すペダルに徹底されているとも取れるからであります。

 うまくきれいに回せるペダリングができる人は、このサスがあろうが無かろうが、そんなこととは無縁に車体をまっすぐ前に出すことができるというわけ。

 ある意味三本ローラーでのモガキにもちょいと似ているかも知れないが、縦踏みのペダリングで踏んだら、三本ローローからはじかれてしまいます。

 はじかれないように、車体の上下運動を起こさないように、どうしたらペダリングできるか?それを高速に持って行けるか?ということを常に考えて、足の入力の位置や具合を調整して、あれこれやりながら、一番安定する所へ持って行く、これが三本ローラーの本質的な練習課題なんじゃないか?と思っているんですが。

 それと同じようなものかも知れませんね、車体の真ん中付近にあるサスは、回転練習のいい練習機になるかも知れません。そうなると・・・、今後はサス入りフレームを大事にしないといけませんね。

 そうしたフレームを基軸にレーサー組んで、貸しだして、「どうです?踏む癖克服できましたか?それとも相変わらず、上下にグニャングニャンなんですか?」なんていう、気づきの自転車として世に問えないかな?なんて考えたりもしてね。

 20160926_172540_673_convert_20160926200952.jpg

 折りたたみも簡単に、比較的楽にできるようになりました。これをこれ独自の袋に入れて、電車内に持ち込み・・・、その袋をどうするか?問題といえば、問題なんだが・・・。そういえば当店には業容ミシンが三台ある・・・、これ使ってまた自転車関連の縫製工業なんかも起こしたりしてね。

20160926_172310_131_convert_20160926201049.jpg


 とりあえず、これでどうでしょ?まあ、自転車はこんなもんで、あとはじっくり江戸文献との検証ポダリングをやってください。

 自転車も面白いながら、それを何のために、どう使うか?なんていうのも実に面白いものであります。そのおもしろさは、時に自転車自身のおもしろさを凌駕するくらいのものだって、当然あるわけであります。

 現代の風景と広重とのポイントがピタッと合ったら・・・、なんて考えるだけでもゾクゾクするね。

 自転車だけでなく、それをどう使っていくか?、その背後に、やはり人間というのが面白いんであります、何よりも面白いんであります。何度も言いましょう、人間が面白いから、自転車が面白いんです、その逆ではどうもない、これは言えそうだわ。
スポンサーサイト

自転車も二年経てばねえ・・・自分でやれ!



 変な自転車が置いてあった。
 
 確かに見たことはある、しかも、頗る当店通過の仕様、どうせメンテか何かを頼むとかいう内容だろうと、放って置いた。

 しかし、あるのは自転車だけ・・・、誰がもって来たんだ?薄々分かってはいたが・・・、でも周りを見渡しても、見当たらない。

 この日は、パンクやタイヤ交換の依頼が異常に多くて、なんか当店は自転車屋さんみたいになっていた。そういえば、みるみるパンク修理用のパッチが減ってきている。あんなもの一箱購入すると、すさまじい量のパッチが入っているんだが、それが何箱か?パッチのサイズに合わせて8箱ぐらいあって、それを購入した2、3年前には、廃業するまで使い切れないだろう・・・と高をくくっていたんだが・・・・、そろそろサイズによっては再購入となりそうなのだ。

 狸サイクルって、自転車屋もやっているんですね・・・と最近ようやく納得し始めてきた。

 実用車系のタイヤ交換も、随分と依頼を受けることになった。亀田輪業さんからの引き継ぎもあると思いますな、有難いことなんですが、あそこがブリジストン系を主に扱っていたんで、タイヤもブリジストンという名のイノアックなんですわ。

 かつてはそんなにまじめに実用車はやっておらず、扱いの量も少なかった、扱っているメーカーもキョーワ・・・とかでしたが、亀田さんの流れができて以来、当店もイノアックものを使うようになった・・・んであります。

 その減りがまた、目に見えるもので・・・、この前取ったばかりがもうワンペアしかない?なんてね。完全に自転車屋じゃない・・・。

 雨が続いて、自転車に乗らなくなって、不具合なんかも放って置かれたやつが、晴れの一日にその手の修理系が殺到することがありますが、その日もちょっとそんなゴタゴタの日なんでありました。

 なので、先ほどの自転車などには一瞥くれただけで、放って置いたんでありますが・・・。

20160925_154929_285_convert_20160926111220.jpg

 その前を通る度に、なんか自転車に変化が・・・生じているんですね。チェーンがないよ・・・。

20160925_154940_477_convert_20160926111206.jpg

 ダイナモライトの交換の依頼もあったなあ・・・、本当自転車屋だ。そんなこんなでまた前を通ると、今度はブレーキワイヤが抜かれている・・・。この日は、柳さんは来ない日であった・・・。大森社長は夕方以降のおいでだし・・・、店主以外にもだれかがいるな・・・。

20160925_173100_423_convert_20160926111254.jpg

 んんん?!今度はバーテープもない・・・、誰だあ・・・?あいつかなあ・・・。

20160925_155010_143_convert_20160926111431.jpg

 んん?!何やつ?

 後ろ姿発見!

 まあ、そんなことはどうでも良いか・・・。

 それよりも、こんなものができました!

20160925_165844_630_convert_20160926111338.jpg

 外の鉄箱の上に何とも壮観な手すりというか柵ができました!

20160925_165918_249_convert_20160926111324.jpg

 柳サイクルさんの工房の上にもしっかりと柵ができています。

20160925_170055_283_convert_20160926111306.jpg

 夕涼みしながら、この上で缶ビール片手で・・・なんて良いでしょ?で、これは人が乗るためというよりも、ここに長らくお待たせしました!とばかりに念願の狸サイクル看板が付くんであります、あくまで予定。

 隣には二回のイベントスペースの響き床の看板もね。

 未だになんですが、「あのーここは何屋さんなんですか?」という質問が来るんですね、これだけ自転車が置いてあってもそう訊ねてくるんですから、本当一体何屋に見えているんでありましょうか?でもまあ、当の店主自身が自分の店を時に「自転車屋みたい・・・」に感じるんですから、外部の人が何屋か分からんというのもわからなくもない。

20160925_173228_415_convert_20160926111242.jpg

 なんだまだいたんだ、やっぱ君だったか・・・。2年前に改造した自転車のメンテに来たんだとか、一日ではできないんで置いておくって。福祉実習とかもある変わった学校にいるらしい・・・。

 「今日は自転車のメンテとですねえ・・・、後うちの学校って、論文があるんですよ・・・ですんでその相談に・・・」

 自転車のメンテで来るのは分かるが、なんで学校の論文の相談に、当店にやって来るんだよ?

 「あのなー、うちは自転車屋なんだよ!・・・やっぱり自転車屋・・・だったんだ・・・・」

どこから見つけてきたんやら・・・



 ホイールの調整ということできた、この一台なんだが・・・。一体どこから引っ張ってきことやら・・・。

 20160922_151205_238_convert_20160924223517.jpg

 この複雑に入り組んだフレーム。初期のダウンヒル?かどうだかは知りませんが、硬いね、形状見るからに、硬い。

 20160922_151256_753_convert_20160924223423.jpg

 自転車というより構造物だわな。建物の一部みたい。

 なぜか?どっからか、この手の謎の自転車を引っ張ってくる方が、当店にいらっしゃいましてね。これもある種の自転車の神様が付いてる、方ではないか?と思います。

 いつもながら、この方が持ってくる自転車には、よく出所が分からない・・・、どこから探してきたんですか?と見当が付かない。

 その辺の嗅覚がいいというか・・・、何というか・・・、トリュフという高級食材の木の子を探す専門のブタがいると聞きますが、ただ単に鼻がきくだけなら、警察犬でも良い所、なんでトリュフだけはブタなんだ?なんて思うんですね。

 単に嗅覚がいいだけではない、あるタイプの匂いに異常に感応するタイプの鼻とでもいいますか、そういうものををお持ちなんだと思います。そして、自分をよく知っている、分かってる。持ってくる自転車に、頗る似合うんであります。つまり自分の映える、自分タイプの変な車種をどこからともなく探してくることの天才、自転車が集まってくる収斂点、とでもいえる方かもしれません。

 20160922_151221_753_convert_20160924223500.jpg

 ハンドルがまたこのヤロ!何ですな、持ち心地がいい、これはつまりは自分の乗り方をまた熟知しているとでも言いましょう。自分と自転車の関係をも熟知している。

 20160922_151228_765_convert_20160924223440.jpg

 このセミドロというやつですか。こいつは店主も次点で仕掛けると予告していたもので、マイナーブームの旋風を巻き起こしたい、と思っているんでありますが、すでに先取りされています。

 セミドロというやつは、ドロップハンドルを当時のうるさ型PTA系対応のために、カムフラージュとして、妥協的に流行っていたハンドルだったと記憶しておりますが、とんでもない、セミドロにはセミドロ独自の乗り味と形というものがあって、それはドロップとはまた別物なんだと思います、なによりスタイルが違う、ここが次のポイントになりそうな所なんでありますがね。

20160922_151153_409_convert_20160924223530.jpg

 しかしまあ、このスタイルというか、モードというか・・・、自転車を知っている人でなければ、乗ることさえできないものがありますよね。やはり神様がついている、ついているということですよ!

合わせ技 V台座をつける



 元は実用車中の実用車なんですが、Vブレーキの台座を付けて欲しいという依頼が飛び込んできたんです。かつてはそういう依頼が来ても、当方はメカニックなんで、ビルダーさんのところで依頼してください、と断っていたんでありますが、今や柳サイクルさんと協働している当店としては、そういう依頼も何のその、なんであります。

 ただ、なんでVブレーキをそこまでして欲するのか?それが分からない。

20160921_140151_892_convert_20160923210032.jpg

 こんな立派なリアブレーキが付いているのにねえ。そこまで制動力が欲しい理由が分からない。でも、それでもやりたいというのであれば、お引き受けするまで。

 というのもかなり、自転車に思い入れがあるようでありますよ。それは自転車の随所を見ると分かる。

20160923_103417_248_convert_20160923205822.jpg

 こういうステッカーなんかをわざわざ付けているなんて、メカメカしいものに関心が高いような気がします。

20160923_103409_884_convert_20160923205928.jpg

 両サイドにミラーを付けてます。キット慎重に自転車に乗るのが好きなんでしょうね。スマホのキャッチャーもあります。

20160923_103516_523_convert_20160923205901.jpg

 ドリンクホルダーが二つ・・・、レーサーでもないのに・・・、でもこの方にとって自転車はちょっとした居住空間なのかも知れませんね。

20160923_103547_241_convert_20160923205721.jpg

 ヤクルトおばさん御用達の強力一本足スタンド。ちょっとついでの時にはこちらを使用し、本格的にとまる際には両足スタンドを利用します。用途による使い分けですね。この自転車を使い込んでいる・・・、仕事に使っている可能性も大いに高いですね。

 で、理由は分からないが、とにかくVブレーキの台座を柳さんに付けてもらいました。

 ロウ付けなので、当然火を使います、すると塗装面は焼けて、焦げたようになります。放っておけば錆びるでしょうね。ですんで、そうした箇所には部分塗装または、全塗装してやる必要があります。

 今回は部分塗装で対応。

20160921_140921_869_convert_20160923210017.jpg

 下地をならして、同色のシルバーをかけて参ります。

 20160921_141459_197_convert_20160923210006.jpg

 もちろんクリアも欠けますよ。箇所が小さいから楽かと思われがちですが、そのために少量の塗料を用意するというのが、意外と面倒なんですよ。

 それにエアブラシを使うと、これも硬化剤なんかが入ってしまうと、一々分解掃除・・・スゲー細かいパーツがあるんだが、それら全部外して、ちゃんと洗浄してやらないと、中で固まったら、下手すればお釈迦になってしまいますんでね。

 20160921_141904_419_convert_20160923205954.jpg

 ヨーシ、これで他と区別が付かなくなったぞ!乾くのを待ちましょう。

 20160923_103322_848_convert_20160923205835.jpg

 ホラ付いたよ!夢のVブレーキがね。

20160923_103311_177_convert_20160923205849.jpg

 Vブレーキ自体は力がかかるので、シートステーが開かないように、馬蹄形の補強金具があるくらいなんですが、今回は鍵をつけるブリッジを補強金具として位置づけて決行です。その分鍵は別のものを付けないとね。

 20160923_103444_328_convert_20160923205915.jpg

 ブレーキやレバー、鍵など外したもの。

20160923_103254_379_convert_20160923205942.jpg

 やはり新聞配達用と同じくらいゴッツイ車体なんでありました。それに電動ユニットが付いて、後にデカイボックス、どんな荷物を入れるんでしょうか?

 重い自転車を止めるにはVブレーキが必要なのかも知れませんね。少なくともそうお考えになったのかしら?しかしまあ、城のような一台、かなりの思い入れがある一台であるとお見受けいたします。

 これで構想面で、完璧になったのかしら?

 本当、人の思惑というものはわからないものであります、だから面白いんでしょうな・・・。

フリーラジカル一端終了!来年新型で再登場!らしい・・・

20160920_101257_784_convert_20160922175615.jpg

 派手な塗装のGTのマウンテンバイクなんでありますが、塗装の勉強になります・・・。小細工や小技ではなくて陰影に関する勉強ね。

 まあ詳しいことは置くとして、このマウンテンバイクに、あの車輪を半車身分後に持って行くことで、車体を長くしその分に荷物を多く積んでしまえ!という、例の奴を取り付けようかと。

 完車状態で売っていたんですが、車体を増やしたくはないが、フリーラジカルには惹かれる・・・ということで、完車よりフリーラジカルを外して、このGTのマウンテンに装着できないか?という事でありました。

 まあ、できている状態の完車で購入してくれるにこしたことはないながら、必要とされている人の所へ行く、という事は悪いことでは無いので、そうすることにいたしました。

 20160920_101350_177_convert_20160922175637.jpg

 フリーラジカルなんてもの付けたら、その分当然荷物も増えるでありましょうし、重くなることを考えるとカンチじゃあねえ・・・ということで、コイツを持ち込みVブレーキに交換。

20160921_142445_303_convert_20160921182002.jpg

 効きは抜群によくなるのであります。

20160920_101345_877_convert_20160922175551.jpg

 この手のブレーキもかっこは良いながらも、効かないとねえ。ということで

20160921_142456_135_convert_20160921181946.jpg

 こちらもVなんであります。

20160921_142440_342_convert_20160921182019.jpg

 どんな心境の変化があったかはわかりませんが、ライザーバーからプロムナードバーを選択。これはこれでまた、面白い。

 ではフリーラジカルを三点止めで付けていきます。
20160921_142535_395_convert_20160921181725.jpg

 まずはチェーンステーブリッジ付近を一点止め。そして

20160921_142542_341_convert_20160921181905.jpg

 左右のエンドの箇所で二点止めをして、計三点止めなんですね。大丈夫か?と思われるかも知れませんが、店主ここ数年使っていますが、全くトラブルなしであります。

20160921_142451_401_convert_20160921181759.jpg

 これにて取り付け完了。リアホイールは遙か半車身後ろに移動したんであります、その分荷物がドカッと載せられる空間が開くのであります!

20160921_142526_533_convert_20160921181742.jpg

 今回はなんと、シングルギアにて挑戦ということなので、こうしたテンショナーが必要になります。本来ならコンポ屋のシマノ製のテンショナーを使いたい所なんでありますが、チェーンラインの関係でこいつを使わざる得ない、ことに。こういうこともあるので、一種類だけの対応ではダメなんですねえ。

 20160921_142558_823_convert_20160921181844.jpg

 ホイールが半車身後ろに行くので、その分長いチェーンが必要になります、二倍というか二箱分使いますね。

 20160921_142520_490_convert_20160921181916.jpg

 今回26*2.5なんてブットイタイヤを装着して、フリーラジカルと干渉しないか?ちょいと心配でありましたが、なんとか大丈夫でした。

 20160921_142502_768_convert_20160921181931.jpg

 こんな感じで独立したような屋台が一つ、後ろにくっついたようになります。使い方、応用の仕方のよって、これは面白い!と思いませんか?

 20160921_142431_777_convert_20160921181812.jpg

 全体はこれであります。この上についているスケボーの板のようなものは、別のもので代用すると、それは三倍から四倍の荷物も載せれるようになりますね。

 実際、フリーラジカルの接合部の上(本来荷台のあるとこ)がガラッと開いているので、見る人によってはすでにもったいない!という事でもあります。

 こいつを使って、まずは仕事始めない?ということで提案しているんですがね。仕事といえば、アルバイト情報、や求人欄を見るだけでなく、自分で現に社会が必要としているもの、潜在的に社会が必要とするものを開発して、提案するという起業。こういうやり方でも、社会に自分の居場所を見つけることができるぞ!まずは身近な自転車を使ってどうだい?というね。

 御用聞き代行業、今のメッセンジャーではカバーしていない所をカバーする新メッセンジャー、これを土台に物売り号として改造し売り歩くなんてどう?

 まあ、そんなことなんですが、実はこのフリーラジカル自身は、これにて終了らしいんです。取引先にもスモールパーツの在庫ぐらいしかないとのこと、エエ?!マジで?!ウッソー!!!なんでありますが。

 ご安心を、形を変えて、商品名を変えて、来年春前頃に再登場するとのことであります。どんな形なのか?まあ、少し辛抱強く待ってみよう、出次第、ここにてご紹介します!

 自転車で老若男女の起業支援します!あいかわらずに・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター