メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ヨポ?なんじゃそりゃ? でも売り出す!

 ある自転車のプロモートが・・・来たんだが。

 20160629_185707_701_convert_20160629221632.jpg

 ヨポと読むらしい。で出所は?

 20160629_185700_821_convert_20160629221644.jpg

 フィンランド製と来ている。一時は正直台湾あたりで作らせていた時期もあったのだそうだが、今は正真正銘のフィンランド製ということ。中国製に辟易している諸氏からすると、これだけでもなんかヘエ・・・と思うかも知れない。

 20160629_185731_892_convert_20160629221603.jpg

 こいつはシリーズ物の中で24インチ。パーツ類はシマノ製なんかが普通に使われている。面白くはないがある意味安心。

20160629_185643_764_convert_20160629221734.jpg

 坂のないフィンランドというらしく、シングルギアで、コースターブレーキ、慣れるといいんだよね。

 20160629_185649_616_convert_20160629221656.jpg

 かんじき型の荷台が付いている。

 20160629_185724_490_convert_20160629221621.jpg

 チョッパーハンドルというもの。

20160629_185622_861_convert_20160629221710.jpg

 全貌はコチラ。マア、なんてことは無い・・・見た目で驚くほどのことはない。

 マア、もって来たヤツが、元選手で、コイツを輸入するらしいんだが・・・、選手だけあって自転車には小うるさい、そんなヤツがもって来たものだから、キット何かあるんだろう・・・と思って、跨がった。






 一言、楽しい・・・。





 コイツは乗って楽しい自転車。ちょっと持論いえば、次世代のツーリング車の典型はチョッパーハンドルであると公言してはばからない店主からすれば、その路線に則って、よくまあ作っているよな、この店主の予言を裏打ちしてくれるような自転車であるともいえる。

 で、構造上なんでこんなに楽しいのかが・・・またよく分からないところがいい。

 その場にいた、柳さんにも、大森さんにも試乗してもらったが、みんな顔がほころんで帰ってきては、一言、楽しいわ、これは・・・。

 平地の観光地に置いて、レンタルやったら喜ばれるだろうなあ・・・というくらい楽しい。

 色の展開も、10色以上。詳しくはコチラのホームページをご覧ください。

 また、この手の自転車にご興味の方は、まだ詳細は決まっていないようですが、輸入元が知り合いの、カンピスというまた謎の会社・・・なんですね。これもまた良い。

 もちろんカスタムもバンバンできそうな車体なので、当店も受け具合によっては大いにかかわるかも知れませんねえ。

 この自転車で子育て・・・なんて思っただけでもワクワクするような車体だからなあ。
 
 来月より、まず試験的な輸入が始まるらしい、値段なんだが、今レートが不安定なので、確実なことはいえないということだが、6から7万くらいということだ。

 謎の会社、カンピスが来月より輸入を開始するこのヨポという謎の快走車・・・、当店も展開によっては、大いにかかわるかも知れない、謎の自転車・・・謎だらけでまずは見切り発車と参ります!

 試乗自転車が来たら、またお知らせしようかなあ・・・。
スポンサーサイト

子供にだって希望はある!


 
 こう見ると、ただのちょっと凝っただけの子供用なんちゃってマウンテン?って感じなんだが。

 これがあるパーツを替えることで劇的な変化をする、ということがこの後すぐに分かるでしょう。

 体も大きくなると、アチコチ調整しないと乗りにくくなる。まずはサドル回り、そしてハンドル回りってとこでしょう。マアお馴染みですね。その辺をいじるだけで、同じフレームでもまだまだ乗れるようになる、そしてもっと悪のりすれば、子供が乗らなくなったその車体をそのお父さんが、その後もずっと乗り続けられる、なんてことだって起きるんですね。

 すべての子供自転車でそれができるわけではないが、頑丈なフレームであったら、そういうこともできてしまう、自転車なんてアイデアとそれを支える技さえあれば、そして安全でさえあれば、何したっていいんです。

 20160628_095231_691_convert_20160629173429.jpg

 コイツを成長しつつある子供が乗り続けられるようにする、一つの秘訣がここにあります。

 20160629_162949_516_convert_20160629173412.jpg

 こんなハンドルにしてみたんですね、たってのご希望で。

20160629_162956_274_convert_20160629173514.jpg

 なんとこれBMXのハンドルなんですね。最初のうちは、ライザーでお願いします・・・という乗りだったんだが、実際のBMX車体を見つけると、これ!こんなハンドル!ということになった。

20160629_163013_727_convert_20160629173502.jpg

 既設のステムに合うように、スペーサーをわざわざ作り、ハンドルを固定。

20160628_095318_783_convert_20160629173537.jpg

 調子の悪かった、シフトの状態も、ハンドルが上に上がったことで、すべてワイヤー交換になったことで、完璧となった。

20160629_162937_240_convert_20160629173526.jpg

 なんか一気に大人のBMXになったように見えます。もちろんサス付きBMXなんてありませんがね。

 で乗ってみると・・・。

20160629_163130_836_convert_20160629173451.jpg

 これが店主でも乗れてしまう。しかもサドルをさほど上げなくとも、膝とハンドルが干渉しないので、いわゆるBMX乗りというのができる。

 もちろん子供も大喜びだろうが・・・、こいつが乗り飽きた頃には、俺が代わって乗ってやろう・・・というお父さんの野望にもしっかり応えられそうです。

 こういう展開って、今までの自転車に無かったと思うんですね。つまり子供の乗っていた自転車にその親が乗ってやろうなんていう展開・・・、ほとんどあり得ないでしょ?

 体の小さい子供に買ってやった自転車、いくら年とって自分が縮んだからといって、その子供の自転車に乗れるなんて、やっぱり考えない。

 でも、車体によっては、こういうこともできるんだ!といういい例かと思いますよ。

 で、なにがいいかというと、自転車買いに行くとき、「お前の好きな自転車選んでいいぞ、これか?アレか?勝手に選べよ。」なんて白けた買い物でなくなるという点。

 コイツの後には俺が乗る自転車なんだから・・・、頑丈なやつを選ばないとな・・・色なんかは後からどうにでもなるだろう?まずは頑丈なヤツだ・・・。

 父ちゃんこれが良い・・・、ダメだよこんな柔なヤツ、すぐぶっ壊れるよ!

 あなたいいじゃない!どうせ二三年しか乗らないんだし、好きなの選ばしてやったら?

 なにいってんだ!コイツの後には俺が・・・、こういうのは頑丈なのに越したことはない、中国製のフレームが折れたりなんて危険でしょうがない!頑丈なヤツだ!頑丈な!

 でも、全部中国製じゃない・・・。

 自転車屋の隅で熱いオヤジが率先して子供の自転車を選んでいるとしたら、多分同類さんでありましょう。なんてね。

 フト、「子供」自転車なるものを見ていて思うのが、これって本当、子供が好むものなのかね?確かに、子供には具体的な選択肢はないかもしれないし、明確な意志のようなものだって未だ形になっていないかもしれないが・・・、でも余りにも大人サイドの思い込みによる「子供」過ぎやしないんだろうか?と思う。

 皆さんも記憶ありませんか?大人が「これ欲しい?」と言ってくるものが、ことごとく当時の子供であった自分にとって「ガキ扱いするんじゃネーよ」だったということ。くそませガキだった店主にはそんなことは常で、仕方なく、うなずいてやってました。

 もっと、コチラが引きつつも、向こうの出方をじっくりゆっくりと聞くことができたら、今とは全く別の「子供」自転車ができるんじゃないか?と思うんだがね。それはもう「子供」自転車ではない、ただのその子の自転車なんだが・・・。

どのように見せていこうか?オリジナルフレーム



 お忘れの方も多々あるかと思いますが、実は当店にはオリジナルフレームっていうやつらが控えているんであります。

 この一年のドッタバッタで、そんなやつらのひもを解くのを忘れていたんであります。

 20160628_130948_222_convert_20160628175235.jpg

 クロモリフレームでデフォルトでよければ、マットブラック。

20160628_130859_740_convert_20160628175407.jpg

 フォークはクロモリメッキの一インチもの、このようなストレートと、曲線のベントの2種類、プラスカーボンフォークという3種類から選択できるという形式。

 しかも!ヘッド形式もスレッド型、アヘッド型の2種類から選べるという、余り他にはない形式を揃えています。ウシシ痒いとこに手が届く・・・

 サイズですが500、530、550、の三つだったのが、よく調べてみたら、650c様のフレームが数本あるという、面白いオチまで付いている。

 余り宣伝はしていないながら、すでに十台は当店より出ているんであります。

 で、これから、こいつらをどうやって世に出していこうか?ということをそろそろマジで考えていかないとね、というところにやって来た。

 塗り師としては、磨き等のコラボを含めて仕掛けていきたい、なんてことは画策しています。

 あと、コンポ類の組み合わせだよね。

 多分最低コンポと合わせるとすれば、新ソラかな?と思う。その辺乗せて完成車で15万・・・で出せれば。

 あとはもうちょいホイールと105の組み合わせで、20を切るような設定。105はシルバーと黒があるので、その取り合わせから、面白いものが作れるようにも思うんですね、過去の陰影というシリーズ物がそれなんであります。

 あとまだやりたいことがあるんだが・・・、こうしたクロモリフレームには、是非に

20160628_130914_587_convert_20160628175340.jpg

 この手のカンパのコンポ類が付いたら・・・良いよね。なんて思ったりね。

 20160628_130852_680_convert_20160628175420.jpg

 エルゴパワーのカッコウも、鉄系には似合うよね。

20160628_130919_477_convert_20160628175321.jpg

 今回は持ち込み等で組んでいるのでバラバラではありますが、カンパ・・・という感じです。マア、贅沢いわないで、ベローチェで組んだとして、20前後で出せれば、最高!

20160628_130931_457_convert_20160628175256.jpg

 この辺なんかはふざけてごめんなさいですが、持っていながら使うタイミングを逸したパーツ類があったら、この際つけるなんていういい加減さなんかも当店らしい。

 20160628_130905_150_convert_20160628175354.jpg

 TNIのハブで組んでみた。こいつはカンパでも大丈夫だからね。
 
 20160628_130927_344_convert_20160628175308.jpg

 このリアハブなんかも、シルバーなどは大森研魔に外注すれば良いかな?なんてね。

 20160628_130833_607_convert_20160628175453.jpg

 とりあえず、固いよ!フレッシュな鉄で、ギョギョッと前に出る、ハンドリングもやり方によってはクイックでもある。

 マア、手前味噌ながら、面白いフレームだね。足のあるヤツなら、勝負もできるよ。

 そんなこんなで、接近の仕方については、色んな選択肢を想定しておこうと思いますわ。

 ゆっくりだけど、少しずつ出していこう、変なことばかり考えているんで、どうも時間がかかるんだが・・・、あのー、当店も完成車やってますんで・・・ってなもんで、再出発だな。

「魔女のほうき」その2 



 前回の魔女のほうきの時には、暫く出荷まで時間があったせいか、試乗者が大変多く、驚嘆の声にあふれたんであります。

 なに???これ・・・?

 実用車のイメージ、鈍重で、ゴロゴロノソノソ走るイメージと、魔女のほうきに跨がったように、フワッと浮いて風のようにスルスルッと前でていく実際の走行感のギャップに、暫く鳩が豆鉄砲くらったような、反応・・・してやったりなんであります。

 事前のイメージや想定と実際とが外れると、人間は狼狽えるものであります。終わったと思った階段がもう一段あった・・・、たったの二十センチにも満たない落差さに下手をすると大けがをしてしまいます。

 ケガはダメですが、良い意味で既成の想定やイメージを壊すというのは、楽しい仕事であります。

 そうしている内に、またロココが来たのであります。

20160626_185813_417_convert_20160627185133.jpg

 何とも妖艶なラインであります。

 20160626_185700_461_convert_20160627185224.jpg

 なぜか今回は珍しく、珍しく泥よけなんかが付いてます・・・。メンテの的だと思っている店主にとって泥よけは目の敵なんですが、このステンの輝きが、たまにはいいか・・・と思わせた。

 もちろん、泥よけ外してください!というご要望には五千円引きいたしますが・・・(ウソ)

20160626_185711_897_convert_20160627185314.jpg

 内装三段だし、ローラーブレーキでしょ?一本足スタンドも付いているという意味では、実用を意識していますが、ある意味スポーツ自転車への階梯という意味なんで、裾野を広くして登ってくるべき人を多くするという意味でも、たまにはこういうのもいい。

20160626_185743_391_convert_20160627185248.jpg

 実用という意味ではこのハブダイナモも、ものスゲー助かるね。勝手に暗くなると点灯してくれるし、それがまた明るい。かつてのリムの回転を利用するダイナモは重かったが、ハブダイナモに旧に重くなるようなギャップはない。電池もいらないと来ている、良いこと尽くめだね。

 20160626_185758_227_convert_20160627185236.jpg

 ちょっと年代を感じさせるブレーキ。これくらい効けば良いいでしょ。

20160626_185723_528_convert_20160627185201.jpg

 プロムナードハンドル。これは意味不明に走る、形状は横置いておいて、好みのハンドルなんだなあ・・・・。

20160626_185737_681_convert_20160627185302.jpg

 エンジンである人体との接触を調整する一番のパーツといえば、サドルとピラー・・・、長いは短いを兼ねる、長すぎたら切れば良いんでね。

 20160626_185803_586_convert_20160627185147.jpg
 
 カゴの取り付け金具は付けておく。カゴが必要な時にはご利用ください。

 20160626_185653_590_convert_20160627185118.jpg

 魔女のほうき第二弾、完成!

 街乗り仕様としては、これで十分なんじゃない?と思う一台であります。

君は誰だ?



 コンニチワ!ときたので、出てみたら、この小型ロボットのようなヤツが立っていた。

 アチコチ固いなあ・・・、まずは洗浄の意味を込めて、オイルスプレー漬けにする。

 頑固と思いきや、意外と早く動きが良くなったんだが、でも君は一体誰なんだい?

20160627_153845_545_convert_20160627162802_convert_20160627163706.jpg

 実にゴッツイ、重さも相当あります。

20160627_153819_459_convert_20160627162813_convert_20160627163636.jpg

 木の板でこんな物を作っていました。

20160627_154124_398_convert_20160627162652_convert_20160627163841.jpg

 それをこんな感じで、設置しますね。

20160627_153944_271_convert_20160627162752_convert_20160627163744.jpg

 ここにシールドベアリングのハブを置くことにいたします。そして・・・

20160627_153959_525_convert_20160627162740_convert_20160627163755.jpg

 左脇にあるレバーをゆっくりと一周させると、上から鉄の軸が静かに下りてきます、そしてちょっと力をかけると・・・

20160627_154012_870_convert_20160627162728_convert_20160627163805.jpg

 ハブ軸がストン!と落ちてしまいます。エ?こんな小さな力で?と思うほどに・・・。

20160627_154028_811_convert_20160627162715_convert_20160627163817.jpg

 外れたシャフトとシールドベアリング、こんなに簡単にしかも優しく外すことができるなんてね。

 20160627_154037_346_convert_20160627162705_convert_20160627163829.jpg

 なかなか見ない、ベアリングなしのハブであります。

 今までは、プラハンマーなどで叩くようなことをして外していたこともあり、精度の必要なところに叩きを入れるのがどうもいやで、シールドの交換は余り好きではありませんでしたが、こんなに静かに少しの力でできるなら・・・、これは使わない手はない・・・。

 あとは各ハブ類のの形状に合わせて治具類をどのくらい作るか?って事ですね。単純にベアリング・シャフト外ししかできないように見えるが、コイツの本質は、静かにゆっくりとそして優しく圧をかけることのできる機械なので、圧出ができれば、治具を替えれば圧入だってできるはずなんであります。

 カップ式の治具、筒状の治具など、木で簡単に作れます、そして木の方が金属のハブ類にはあたりが優しい、良いことずくめであります。

 ベアリングだけではない、圧をかける仕事であれば、それなりに使えますでしょ。ビルダーにとって、徐々にパイプに圧をかけてつぶしを入れていくなんて作業にも、万力よりは微妙な操作ができると思いますね。

 ただし、最大の問題が・・・。この工具の形状から、ハブ単体のベアリング交換は優しくすることができるが、ホイールとなると・・・、径がデカすぎて、軸が下りてくるところに、ハブを持って行くことができない・・・ということになりますが・・・。

 しかも、ハブ単体でシールド交換してください、なんていう依頼よりも、完組ホイールのシールドベアリングを交換して欲しいという需要の方が圧倒的に多いでしょうからね。

 これは困ったもんだ・・・・。

 と、この小型ロボット君を見る。コイツを半分に上と下に分けてちょん切る・・・なんてことも考えたり。

 どうしたら、ホイール全体を収める容量を、どういう形式で整えていくか?

 店主は外で、この小型ロボット君を見ながら、色々話しかけていたんですねえ・・・。

 そして、ついに秘策を思いついたのであります!

 マア、完組ホイールのシールド交換のご依頼が来た際に、ご披露いたします!それまでお楽しみに!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター