メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ハンドル変えますか?!

DSC_2483_convert_20200920012324.jpg

この状態で、引き取ったということで、これはもうこれで完成形・・・とも思えますが・・・。

DSC_2484_convert_20200920012315.jpg

控えめのブルホーンが付いていました。簡素なブルホーンというか。競技性のまったく感じない形ですね。これはこれでこの車体にあってはいると思いますな。

DSC_2486_convert_20200920012306.jpg

 ギドネットも付いて、なんか当店がやってもおかしくはない施工にも思えます。既視感というかね。

 ただ、ハンドルの形状というだけでなく、乗っている方のポジション感にちょっと合わない、なんか違和感があるというので、この辺を弄ることに。

 ご自分のポジションはだいぶご存知のようですね。と言っても厳密には時々刻々変わっていくのがポジションなんですが、大まかの好み、それ以上についての知見をもっておられるように感じます。

 その他自己独自の身体感覚というか、身体イメージを強くお持ちの方もいるようです、中には、んん?と思う方もいらっしゃいますが、そういう方には、そういう方主導で、ポジション出しをしていただくのがいいかと。

 DSC_2565_convert_20200920012240.jpg

 今回の一番の肝がここ。ステム10ミリ出し。エエ?たったの10ミリ?なら我慢できんじゃない?と思う人もいると思うし、実際そのくらいの長さなんて、どうにでも吸収できてしまうという方も多くおられるでしょう。

 ただ、この辺を極めて、細かくセッティングしていくと、この10ミリの差はデカイ、と思える方もいるんですねえ。

 まあ、そうなって来ると、先のように指摘した、実はポジションは時々刻々変わる、というのが極端ではあるが、なんとなく理解してもらえる域にいる方々ともいえる。

DSC_2563_convert_20200920012249.jpg

 そしてハンドルは完全フラットタイプ。全くどこにも曲線がない、鉄棒のようなフラットバー。日東さんです、こういうものを愚直に作り続けるなんてとこも、老舗の強さとでもいいましょうか、と同時に、旧式形状と斬新な規格を取り混ぜる、例えば31.8のランドナーバーとかもシレッと作ってしまう、生き残り戦略としてやっているように思えます。

 自転車始めた人には、斬新なものだけで別にいいんです。ところが十年とかやり始め継続してくると、もっているパーツ、使っているパーツ類に規格のズレなどが起きてきたり、好みなどもちょっと定着しながらも、新しい形状や規格ものなんかにも興味を持ってみたり、試してみたくなったりと・・・。

 とまあ、色々あるわけです。つまり新旧の間にいるという人が、実は大半なんだな。そして新には厚みがないが、旧にはすごい分厚さがあるというこのアンバランス。それこそ五十年前の規格を後生大事に乗っている人から、その十分の一、五年前の規格で乗っているの人もいる。

 ね、実はほぼ大半のサイクリストというのは、それまで温めてきたポジションや、長年の好みや、ゆっくり変わっていく嗜好や、乗り方の変化、ジャンル横断的変化、そして老化や健康状態の変化などの晒されており、それらをゴソッと引きずりながら、自転車に乗り続けている、といっていいでしょうね。

 そういう人にとっては、新参メーカーが斬新なものをポッと作って、業界の話題を一気にさらい、一時ブームを作って、そして短期間に雲散霧消してしまうなんて現象には、仮に表面上の興味は取られることはあっても、深入りもできず、人によっては自分は切り捨てられているように感じるではないかしら?まあ、どうせ古いよ、俺には関係ねーな・・・と。

 それからすると日東さんなんて会社は、考えれば、ありがたいよね。旧式のスタイルはしっかり持っています、イヤ、今は彼らが守っている、とすらいえるかもしれませんな。日東さんが作らなくなったら、絶滅する・・・、そうしてものだらけ・・・ともいえるでしょうし。

 と同時に、新規格ものとのコラボ、ハイブリッドなんてもんも作ったり自ら企画したりしているようですね。

 これは、企画会議でも揉めただろうなあ・・・とか、これは思い切って断行したなあ、こういう形で旧式の継続を狙っているのか?と、作られている製品からその成立過程が溢れ出てきているような感じられるのは、店主だけではないはず。

 他のハンドル、ステム屋にそんなものづくり感じられます?皆さん新規開発、次世代規格先取りゲット!にはだいぶご熱心であられると思いますが・・・。

 話をフラットハンドルに戻します。

 DSC_2574_convert_20200920012143.jpg

 店主の好み・・・というよりも、多分身体的特徴・・・からなのか?長い間フラットバーを握るのは不得意なんであります。つまりフラットバーでの長距離はダメ・・・。

 でも、そんなに長くないなら、もちろん大丈夫。なので、車種によるますね。どうも手が横ものを握るのが苦手で、縦ものを握るように店主の体はできているんだと思います。

 懸垂も横棒一本でやるよりも、縦棒二本でやるほうが断然やりやすいですし。

 なので、好みと身体的特徴と、用途によってハンドル形状は選択できるということであります。

DSC_2567_convert_20200920012232.jpg

 テクトロのちょっとおしゃれな、ブレーキレバー。一見華奢ですが、使えます!


 DSC_2571_convert_20200920012202.jpg

 ビリオンというブランドの、ローフィニッシュものですね。

DSC_2569_convert_20200920012211.jpg

 前シングル、

DSC_2568_convert_20200920012221.jpg

 リアもシングルの完全シングル仕様です。

 DSC_2572_convert_20200920012153.jpg

 あれ?このサドルは?

 ア、あったのを使っています。なるほど、10ミリのステムにこだわるわけだ。

 DSC_2559_convert_20200920012258.jpg

 フラット化完成。

 これはこれでの一つの完成形でもある、というスタイルに落ち着いた。暫しこれにて。
スポンサーサイト



持ち込みピストフレーム 組み付け



 ポツンポツンと来ているということは・・・?ちょっとしたシングルへのより戻しなのか?単なる単発なのか?まあ、そんなことはどうでも良い。

 来たなー・・・。

 DSC_2546_convert_20200918230137.jpg

 ジロというメーカーのピストフレーム。再塗装だそうだ。

 中には、こうしたラグのあるフレームでは、そのカットをしっかり浮き出してほしいということで塗装を薄くするという選択肢もあるんですが、こいつはかなり厚目にかけているようですね。

 DSC_2547_convert_20200918230128.jpg

 ハンドルはプロムナード系、ちょっと重いなあ・・・、鉄のハンドルですね。でも走るフレームであれば、プロムナードでも相当走りますね。

 DSC_2548_convert_20200918230119.jpg

 今や貴重な天返しステム。これにドロップハンドルをつけていると、ステムを外してひっくり返すことができる。ドロップハンドルをひ繰り返すので、持ちての部分が相当高くなる、ちょっと間抜けな印象にもね。

 かつて、川崎競輪で走らせてもらっていた時、走行会が終わると、グランドの近くの選手などは、この天返しをひっくり返して、そのハンドルに決ッパを左右にかけて、ノーブレーキのままゆっくり帰宅していた光景を思い出しますね。

 のんびりしていたなあ・・・。

 DSC_2549_convert_20200918230109.jpg

 フォークに穴は開けずに、取り付け台座を使ったフロントブレーキ。

 DSC_2558_convert_20200918230017.jpg

 これも前は選手のためにしか作っていなかったんじゃないかな?と言っても、かつてのプロはフロントにはほとんどブレーキは取り付けなかったね。リアのみ、しかも蝶ネジで取り付けるタイプ。それだけで百キロ以上の街道練習に出てきたんですねえ・・・、今やったらもう大変ですが・・・。

 DSC_2551_convert_20200918230052.jpg

 リアブレーキ。最近リニューアルした強度を上げたアルミ板。まあ色々ご意見はあるでしょうな。

 DSC_2550_convert_20200918230100.jpg

 持ち込みホイールは、あったものを持ってこられたようで、ちょっとスポークの組み方なんかはおしゃれというか、すかしものですね。

 DSC_2556_convert_20200918230027.jpg

 このスポークだと、これは前後ペアだね。まあ、少し時間をかけて、後々変えていってもいいところかもしれません。

 DSC_2555_convert_20200918230035.jpg

 持ち込みの小ギアを付けます。もちろん固定ね、ただ少しというか、だいぶ重いかもしれないなあ・・・。これもまた乗りながら足とコースとを相談して、決めていくしかないね。

 渋谷に住んでいるというと、あそこは谷でしょ?どこ行くにも坂を登らないといけませんね。しかもダラダラの結構消耗するかもしれない坂。そもそも東京都内は坂が多い、これは憶えていたほうがいいでしょうね。

 山の手は坂で、下町は橋で道をおぼえよ、というのはタクシーの運転手の鉄則なんだとか。

 DSC_2554_convert_20200918230043.jpg

 チェーンはシルバー。クランクはプロ用デュラエース、BBもしっかりメンテのできる、カップアンドコーン式。

 DSC_2543_convert_20200918230146.jpg

 これが一台目ではないようなので、お好きなスタイルでお乗りなさいな、という感じ。一度はドロップハンドルに・・・なんていう、独りよがりのアドバイスは邪魔でしょうからね。

 シンプルなものに振れていくということは、ないことではないかもしれないが、だからといって、これが今後の何かの流れを象徴している・・・ともいいにくいだろう。

 まあ、どうでもいいが、自転車に対して幅広い嗜好性が確保されて、それが乗る人達の選択肢になっていければいいんだな。

 ピストもいいよ、本当何もないので、踏むしかない。その潔さはなんともいいもんだ。あとペダリング技術の向上にはもってこいだよ。いいホイールを購入して速くなったと錯覚するよりも、固定ギアを踏むことで得られる、ペダリング技術向上による、上達!こっちが本物なんだがね。

 ことに、ロードしか乗っていない方には、固定ギアは是非体験してほしい車体であります!

 固定に乗らないで、自転車乗った気になるなよ!なんてことはまでは、さすがに言わないが、まあ、乗ってみることは強力におすすめしますがね。

 

謎の黒コンポ グラベル版の使い方



 アルミフレームの、内装式かな?そんな自転車が持ち込まれましたね。通常のメンテかと思いきや。

 大改造の依頼でありました。

 DSC_2288_convert_20200918015623.jpg

 この内装をまずは外装に。ということになれば、ホイールを変えないといけませんぜ。それにまあドミノ的に色々出てきますねえ。

 DSC_2291_convert_20200918015612.jpg

 どうせなら、このフラットバーから、ドロップに変えましょうか?とどんどん嗜好が変わっていく。まあ、こちらも相当焚付もしたんでね。もちろん予算に縛りはあっても、こちらにはアレがありますんで・・・イヒヒヒヒ。

 DSC_2537_convert_20200918015440.jpg

 まずは後輪を組み直す。外装式のハブにしてね。そして、ディレーラーは何にしましょうかね?なんちゃって

DSC_2533_convert_20200918015507.jpg

 はい、最近入ってきました、あの謎の黒コンポを使っています。形がカクカクしていて、好きな人には響く形でしょうね。

 こいつはグラベル、マウンテン系のコンポなんで、

DSC_2534_convert_20200918015457.jpg

 ディレーラーのテンション調整が付いています。つまりすごいダートにいって、チェーンの暴れを防止したいときには、キツめに、そうでないときにはミドル、ローと三段階に調整ができる、こういう芸の細かいこともできるという意味では、ちょっと恐るべしなんだよね。

 代理店の方によると、この会社、ベンチャーであるためもあるんだが、実に意欲的だそうです、そして一番評価できるところが、仕事の速さということでした。

 通常、いいですねえ形にしましょう、となって実際に形になるのは三年後以降・・・なんてことは輪界ではアタリマエのことなんだが、この会社、メーカーは数ヶ月以内にちゃんと形にしてしまう。

 しかも新開発、リニューアル、マイナーチェンジもどれも速いとか。なので、コチラも何がどうしてどう変わったのか?ということをしっかり抑えないと、なにがなんだかわからなくなってしまう、そのくらい迅速対応なのだそうですよ、期待できますね。

 その内、シルバーもんでお願いします!なんて希望も叶えてくれるかもしれませんな。

 さて、この改造、一番手の混んだところは、ここ

DSC_2536_convert_20200918015448.jpg

 ディスク化したことでしょうね。もちろん台座はありませんので、後付でね。

 DSC_2538_convert_20200918015431.jpg

 こんな感じでね。台座は鉄で作られた、ハブとシートステーに巻きつける二点どめの金具。

 DSC_2540_convert_20200918015421.jpg

 巻きつけ金具にはブッシュを入れてきつくして、ボルト二個で鬼じめ。試乗ではたわむことなし。

DSC_2522_convert_20200918015551.jpg

 前はシングル一枚で、今風に。ということは?

DSC_2524_convert_20200918015543.jpg

 シフターは?総右のみシフト可能な状態になっています。

DSC_2525_convert_20200918015534.jpg

 コチラがシフトも兼ねているもの、タッチはスラムものそのもの。特にシフトアップは気に入るほど速く、コンコンコンとできる。シフトダウンはその分以上に押し込むので、ちょいと時間はかかるが、慣れると何でもない。

DSC_2527_convert_20200918015525.jpg

 コチラは、ブレーキレバーのみ、シフトの機構はありません。ところが・・・

DSC_2530_convert_20200918015516.jpg

 シフターとしての名残のバネなどが付いています。これ全く意味ありません。だったら外せばいいのに・・・。なんかシフター製造の過程で、途中からブレーキ専門ラインに持っていくんでしょうね、なので、途中まではシフターと同じ工程なんで、残っている、最初からブレーキ専門ラインを引くよりも、安くできるんじゃないのかな?たぶん。

 だからこの辺も見ておくといいですね、いつまでもこの調子で、無駄なシフター名残パーツを残してのブレーキレバーなのか?

 それとも、グラベルコンポが出ていく中で、専門ラインを引いても十分採算が取れるようになったら、もう少し中身空っぽな、ブレーキ専用レバーに変わるかもしれませんね、それも数ヶ月以内に・・・。

 なんてことを考えながら、この謎のコンポを載せていく。ブレーキはシマノ製のディスクにしたんで、縛りなし。

 クランクも元々付いていたチェーンリンクを薄歯に変えただけ。お手軽・・・とはいえないが、まあ、臨機応変に、パーツの入れ替えをせざるを得ない改造には、またよく向いた駆動系コンポともいえるかもしれませんね。

 DSC_2520_convert_20200918015601.jpg

 途中で、ロード系に近づけたほうがいいかな?とこの依頼者さん、一回ぶれたようですが、まあ、このフレームでロードも何もない、グラベル系というぐらいがちょうどいいんじゃないか?ということで、まずは一回この形になった。

 フロントのディスク化も、もしかしたら今後行われるかもしれないが、まずはこれまで。

 今回は公表していませんが、このセッティングで、謎の黒コンポの別の可能性も見えてきました。今や総コンポ・統一コンポが当たり前の時代になりましたが、ちょっと前までは、各パーツは得意な各メーカーが作っていて、それをどれをどう選択して、どう取り付けるか?なんてことやっていたんですね。

 今思えば、実に頭と手を使う施工の連続だったともいえます、それがちょっとまた戻ってきたような感じがしますね。もちろん黒コンポの中では、一定の統一性はありますが、実はそこにもちょっと揺さぶりをかけてみているんですが、なんとも反応が悪くない・・・。

 確実性が増しましたら、そんな内容の公表なんかもしれいいかもしれませんな。

 まずは、はじめてでしたね、謎の黒コンポグラベルバージョンの使い方、遊び方・・・でしょうか。ジャンジャン、いたずらしていきましょう!!!
 

謎の黒コンポ 東京初の展示会



 浅草橋の先の柳橋まで、ちょっと行ってきました。展示会ですよ、あの黒コンポの展示会。先日展示車体を作ったので、これはもっていかない手はないな、ということで西東京から自転車乗って、はるばる柳橋まで行きましたよ。

 ちょうど隅田川を挟んで、すぐそこに両国国技館が見えるところですね。

 当店を出て、ひたすら新青梅街道をまっしぐら、目白を通って、小石川、後楽園裏から御茶ノ水、秋葉原を超えていくと浅草橋駅ですね・・・。

 あの辺に行くと、昨日今日ではないような古めの店があったりして、いいですえ。もって街作りという意味でも、そうした保護なりをやっておくべきだったんじゃない?とも思いますがね。

 会場、東商センターという建物ですね、到着です、一時間半ちょっと・・・という感じですね。

119273149_3377663025646175_3304566730955715820_n_convert_20200916210230.jpg

 そこの三階で、展示会がやっていました。

 119586005_3377664112312733_7941016755954193137_n_convert_20200916210048.jpg

 イヤーすごい種類がありすぎて、もう、細かいところをつついてもしょうがないということで、まず全体を見るという感じですかね。

 119634260_3377663395646138_3379527942854811919_n_convert_20200916210026.jpg

 フラット系のためのリアディレーラー、このコンポには、ロード、グラベル、マウンテンとすべてに対応する商品がありますね。

119182161_3377663318979479_6083207747840436451_n_convert_20200916210250.jpg

 
 今や珍しいショートゲージのリアディレーラーもある。

119449989_3377664315646046_7268403955601471379_n_convert_20200916210203.jpg

 代理店の方によると、とにかくものメーカーの動きが早い。通常この業界では、やりますか!となってから実現するのに三年はかかるのが、このメーカーは数カ月で、しっかり形にしてしまう。

 メンバーも少数精鋭のようで、人柄もなかなか、スラム系から来ているようなので、その影響は相当あるということですね。

 119445615_3377663935646084_449795798315274480_n_convert_20200916210213.jpg

 
 かなり凝ったリアディレーラーに比べると、フロントディレーラーの作りは・・・、というところ。これもスラムの流れから来ていますね。どうも前シングルにしていく臭がする。

 119598751_3377664228979388_4839544274468185015_n_convert_20200916210038.jpg

 その実、3速用のフロントディレーラーもしっかり作っている・・・。

 ちなみに作っている多段は、12速、11速、10速、9速、8速、7速は作っている、驚くのが13速を独自に作っているというのがすごい、そのやる気というのかな?チェーンは12速用のもので流用、独自に13速のスプロケを作っているところもやる気は買える。

 ただ、スプロケづくりの完成度は道遠しのようだ。

 119517499_3377664265646051_1123964380023614383_n_convert_20200916210114.jpg

 このメーカーの現在、そして近未来の話なんかも十分聞けまして、面白かったですね。

 電動コンポも、ウソ!という値段ですでにできているとか。この3月の台北ショーで華々しくデビューをしようとしていた矢先、コロナで潰された・・・。

 そう、今まで二年以上台湾の展示会に参加してきたが、このメーカーを見たことがない。別のコンポメーカーのWOOというところは、複数回あったことがあって、ものづくりも面白いんだが、ロットでかすぎて、手が出せなかった。

 それがいきなりこんなメーカーが飛び出てきた・・・、驚きだ。

 後は、今後のものづくりの要望ということの話も、シルバー・・・、謎の黒コンポというこいつが、謎の銀コンポにもなってくれれば、これは申し分ないんんだが・・・ね。

 後はブラケットや、プーリーといったもののスモールパーツ展開の要望なんかもすでに出しているようだ。

 そして、すごいのはメーカー名を消すこと、別名をつけることの可能性なんかの話もすでに出ているということで、かなり小回りがききそうだ。

 すごい可能性がありますな・・・。

 ということなので、今後この謎メーカーを少し追いかけていこうかと思う次第、実用車改造なんて、全てコイツでやってやろうかしら?

 119456651_3377663042312840_2545333713187326304_n_convert_20200916210147.jpg

 その他、ついでにあった、おもしろパーツがあった。超軽量サドル・・・、

 119547121_3377663225646155_2364285686080653425_n_convert_20200916210105.jpg

 もちろん百グラムは切っている、そして体重制限もある。元々、腰に問題のある選手のため、その状況条件にあった一個を作る手作りサドル屋さんなんだそうだが、メジャーデビュー?を果たすようだ。

 119458294_3377664165646061_950310710317516449_n_convert_20200916210139.jpg

 ケブラーよりも軽くて、強度の高い繊維。こいつで何を作るか?

 119577562_3377663502312794_5255124717855316349_n_convert_20200916210057.jpg

 なんとスポーク代わりに使うということで、こいつは面白かったねえ。

 119391458_3377663872312757_7869371884895684976_n_convert_20200916210222.jpg

 片側を結んでいるのか?して固定し、こいつがねじれないようにニップルを回していく、ということで、もってみると非常に軽い。そしてこの繊維のテンションはビンビンだわ。

 119472706_3377664202312724_5782143499241779862_n_convert_20200916210129.jpg

 後は、名前を入れられるホイールですね。本の小ロットから作れるということです、特徴出したい店などは面白いかもしれませんね。

 119506018_3377663998979411_1483639065269878739_n_convert_20200916210121.jpg

 会場もそこそこ広かったので、乗っていった謎コンポ車体を試乗しながら、その感触を確かめてくれる人も出て、まあ持っていった甲斐があったというものです。

 暫くだべって戻ってきました。今後シマノの欠品が一年以上続くという予想が出ているとか、その煽りを受けて、このメーカーにも完成車メーカーから相当のオファーが来て、今現在実はテンテコ舞の状態なんだそうだ。

 たしかに今後シマノの欠品は現実問題となって、店主らの仕事にも影響を与えていくものと、推測できる。

 そういう意味で、イヤ、それ以外の意味でも、イヤイヤ、それ以上の意味でも、このコンポには直付けで、色々遊んでいきたいですね、折角できた、第四の選択肢なんですからな。

舐めんじゃねーよ!



 一つちょっと特殊目の施工をして公表すると、依頼が続くことがあります、ちょっと物珍しかったり、画期的だったりすると、なんでまた・・・と思うくらいに断続的に来ることもある。

 潜在的に必要とされている施工なのかもしれませんが・・・。

 で、やってきたのが、舐めたネジ回し・・・、またかよ・・・、そういえば数日前にやったよな・・・あれの残響かな?

 000 DSC_2489_convert_20200915232457

 今度はアヘッドステムの下ネジが舐めているという。四ミリの六角であけるネジ、小さいわ。最初電話で問い合わせが来た時、まあほぼ諦めてください、でも何もしないで諦めるより何とか接近してみたいというのであれば、どうぞ。

 ちょっと突き放したような言い方で電話を切ったんでありますね。話の様子ではほぼできそうにないので・・・。ところがその日の内にやってこられた。諦めきれなかったんでしょうね・・・。

 とまあ、逆ネジ回しだのいくつか取り出し工具のようなものも持参してきたが、そんなものネジの中心に垂直に穴を開けないと使えない代物なんで、旋盤で回転させることもできないようなこんなところに使える望みは少ないね、ということで、お返しした。

 店主の中でも、今回は無理だろう・・・、多少傷が付いてもいいなら、裏切断で・・・なんとか回せないものか?とも考えたが、なんともどう考えても望み薄なのだ・・・。

DSC_2517_convert_20200915232247.jpg

 先日紹介した、ジャリジャリ入りの抵抗増やしケミカル・・・。今回こいつを投入しましたが、なんとも締まらない。未だこいつで成功した試しなし・・・、まだまだ期待したいところなんだが。

 いろいろ考えて、色々試したんだが・・・、なんともうまくいかない。

 でもまあ、光明というものは見えてくるときもある。

 DSC_2490_convert_20200915232448.jpg

 こういう工具は、その場に応じて作るもの・・・、既存のものを利用する手もあるが、あまりに特殊な場面だと、そうしたものが全く手も足も出ないことがある。

 そういう場合には、何らかを自作するしかない。そんでもって、自作した工具で
DSC_2491_convert_20200915232438.jpg

 なんとか回すことができた。

 DSC_2496_convert_20200915232427.jpg

 これが抜けたネジ、六角部分が完全に舐めている、本当舐めてんじゃねーよ・・・。

 DSC_2497_convert_20200915232418.jpg

 この持ち主の方は、関心なことに、自分の車体に相当愛着をもっているようだし、それなりの手も自ら入れているようだ。ところが、このネジ見て気づきませんか?

 どうもオーバートルクの施工グセがあるようですね。必要以上に、回してしまう、しかもしっかり工具しかるべき位置から?と思わせるようなところからなのか?

 ちょっとというか、だいぶその辺は気をつけたほうがいいでしょうね、低トルクのトルクレンチでも購入して、その辺を身につけたらいかがでしょうかね?

 DSC_2500_convert_20200915232409.jpg

 その後ついでに、ヘッドパーツの打ち替えもやりました。

DSC_2502_convert_20200915232401.jpg

 これで依頼内容はほぼ完了かな?

 オット、舐めたネジは取り替えないといけませんね。

 000 DSC_2504_convert_20200915232351

 このように、ちょっと長いものしかなかったんで、後はご自分で切ってくださいな。仕事残しておきます。

 DSC_2510_convert_20200915232325.jpg

 完成車から、だいぶ自分でいじっているようですね。アルテが付いていました、取り替えたそうです。

 DSC_2511_convert_20200915232316.jpg

 クランクがXTの3枚もの、なので今のシフターでは対応できないので、

DSC_2515_convert_20200915232306.jpg

 このように、3枚対応のWレバーを付けています、ということは・・・

DSC_2516_convert_20200915232257.jpg

 左のアルテグラSTIは、なんとも贅沢なブレーキレバーとしてのみの仕様となっているようですね。

 DSC_2505_convert_20200915232343.jpg

 ご自分で弄るのもだいぶお好きなようで、失敗を恐れず、どんどん弄りながら、色々と覚えていってもらいたいですが、もう少し詰めてやってやったらいいだろうという箇所も散見します・・・。

 まあ、そんなことも含め、めげずに愛車に対していってください。ちゃんといじれるようになるのって、必ずそういう過程を踏むわけで、ここを踏まないメカニックなんていませんからね、絶対に。

 とはいえ・・・、暫く舐めネジはやりたくないですね。

 ですから、一言言っておきます、舐めんじゃねーよ!!!!!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター