メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

打ち首・・・一般名詞化をめざして・・・



 イヤー頭でっかちな自転車。「安全性」のみを考慮して、官民一体で作成した三人乗り自転車というのが、こういうヤツなんでしょうね。

 前に子供、後ろに子供、間にお母さん・・・はいいが、荷物はどうすんだ?カゴがないだろう?そんなことすら考えなかったのか?という付け焼き刃な車体なんでしょうね。

 何年か前、二人までの子のせを禁止しようとした際、大反対にあった、当たり前だ。そこで振り上げた拳をどこに持って行こうか?と、ご丁寧にも三人乗り推奨車だかなんだかをメーカーと開発してできた内の一台がこれ・・・なんだそうだ。

 ステアリングの真上に子供を載せるから、安全?あとは強度のあるパイプでしっかり組むとか?でも何度も繰り返すが、荷物はどうすんの?お母さんにリュックで行けと?

 中には後子のせのヘリに、荷物をブラブラぶら下げている車体も多いね。一体何やってんだか?

 20160504_113821_623_convert_20160505215527.jpg

 このデッカチ君、子供を載せているのならまだいざ知らず、成長して後子のせに移っても、このままの状態で今度はカゴとして使われる・・・、しかしカゴだけの用途としたら、重すぎやしないか?

 それ用のアダプターカゴもあるようだがね。

 でも、こんな極端なハンドルを維持し続けなければいけない必然性なんてどこにもないはず、なればこの頭でっかちをたたき落としてしまえ!というので、この手の改造を「打ち首」と名付けたわけなんであります。

 20160504_113810_732_convert_20160505215512.jpg

 その前に、とっくにシフトワイヤーがいかれています・・・。つまり、変速出来ない・・・、機能低下も著しい。

 さらに

20160504_113816_245_convert_20160505215645.jpg

 ブレーキワイヤーも切れていた。というより、ブレーキワイヤーが切れたんで、仕方なくもって来たのが今回で、もう少し頻繁に見てやる必要がありますね。

 でも日々、仕事や家事育児で追われているお母さん方、もう忙しくて忙しくて、その合間にある自転車のことなどかまっていられない、とにかくなんとか走ってなんとか止まってくれたらいい・・・くらいにしか考えていない。

 いやいや、すさまじい車体に乗っている人種第一が高校生のニーちゃん達とすれば、第二はお母さん達・・・といってもいいと思うよ。

 すさまじいのが、前後に子供を乗せて、懐に乳飲み子を抱えながら、横向きでおしゃべりしながら走っているお母さん達のタイヤには空気がほとんど入っていない・・・なんて、よくある光景でしょ?メカに関するお母さん達の一般的な無頓着さには、心配を通り越して、アッパレ!と言いたくなるほどの徹底ぶりなんであります。

 その辺から攻めていく・・・というのもありかな?

 で、トリャ!

20160505_153216_163_convert_20160505215618.jpg

 大きめの普通のカゴだ!こちらの方が自重は軽くて容量もはいるぞよ!

20160505_153220_121_convert_20160505215606.jpg

 スッキリと、普通のハンドルトステム、そこにシフトのできるシフターと、しっかり止まるブレーキを付けた。当たり前のことだが、それまでの惨状と比べると、天国のようになったに違いない。

 20160505_153337_561_convert_20160505215555.jpg

 打ち首にしてくれたわ!

 20160505_153209_471_convert_20160505215632.jpg

 ネ、生まれ変わったような、ファニーバイクに変身だ。来年は後の子のせが取れるので、そこにカゴをつけて、野菜収穫号に変身させてもいい。

 自転車は変わるし、変わるべき時には変わってよろしい、何も一々買い換える必要は無いのだ!

 そこで、保育園、幼稚園に通っているお母さん達のなかで、この「打ち首」というのが、一つの一般名詞として定着しないかな?なんて思ったりしてね。

 「ああ、来年になれば全員小学校以上になるから、この自転車も早く打ち首にしたいわね!」とか。

「なんだ、二人子供乗せて、カゴもつけられるのかしら?ならわたしも打ち首して欲しいかも・・・」なんてね。

 とりあえず、自転車って、あんなことも出来る、こんなことも出来るっていう施工例をしっかり示して、選択肢を増やしておくことかと思いますな。利口な利用者さんが増えれば、無駄なものを作る必要もなくなります、工夫して、大事に自転車を乗り続けること、まだまだ、知ってもらわなければならない方々がいますな、仕事のし甲斐があるってもんです!
スポンサーサイト

ハンドボールのクロストレーニングだ!



 新店舗の近くには、早稲田の体育寮があるらしい。サッカー場はラクロスなんかと共用しているようだな。馬も飼っている、乗馬クラブでしょ。

 その隣にはブルペンから一際デカイや球場がありましてね、しかし野球場というのは野球しか出来ないね・・・、雪の降った日は苦労していたなあ。

 なんて調子で、えび茶のスクールカラーの学生君たちが、なんとかやっている。

 その中からまた来たよ、今度はハンドボール部の女子学生。さすがに現役の選手体格よし!

 でも自転車最低・・・。やっぱり選手達にとって、自転車は下駄履きくらいの意味しか無いらしい・・・。ハンドボールって聞いたところ、三十分を二回やる、かなりハードな競技らしいね。

 オフのリカバーの時に自転車で五十キロ軽いサイクリングとか、すればいいのにね。自転車を下駄履き以上の、トレーニングの方法としてなんで取り入れないのか?一人でもそういうことに気づいてくれるように、自転車に細工してやろう。

 用件は、リアのタイヤ交換だった。それだけで終えるものか・・・。

20160502_104310_130_convert_20160505103234.jpg

 もっと前傾行こうぜ!立派な上半身があるんだからな。

20160504_114218_837_convert_20160505102925.jpg

あと外すものリスト。聞くところによると、結構リュック派らしいんで、取るぞこれ!

20160502_104316_804_convert_20160505103219.jpg

荷台も使わないらしい、外して持つと結構重いんだよね、あと泥よけ・・・空気抵抗なんかね。
20160502_104325_780_convert_20160505103027.jpg

スッキリしたいよね、スッキリ。

20160504_114204_284_convert_20160505102951.jpg

 やればできるじゃん!

20160502_104300_392_convert_20160505103039.jpg

 これも乗るようになると、色々と調整が必要になるチェーン周り、外す・・・。

20160504_114156_606_convert_20160505103002.jpg

 床屋でバリカン使っている気分だね。

20160502_104305_178_convert_20160505103246.jpg

 サドルなんだが・・・、今回はこれ流用、もしこのおせっかいバリカン号にはまったら、実費で交換してやる!

20160504_114147_332_convert_20160505103117.jpg

 埋もれていたところが抜き出て光っている。あともう5センチは欲しいところ・・・。
 ある意味ね、そのくらい一般の自転車のピラーというのは、適当に考えられているといっていいと思う。自転車を下駄履きにしか考えていない、というのは自転車メーカーが率先しているんだ、ということが分かる・・・。

 そんなこんなで、試乗してみたんだが、なんかステアリングがおかしい。見るとフォークが・・・。

20160504_114407_652_convert_20160505103051.jpg

 コラムから下が曲がっている。なるほどね。ならフォーク交換か・・・。探してみたらあった・・・。

20160504_114152_184_convert_20160505103104.jpg

 たまたま、店の天井に同じ色で同じ汚れ具合のフォークが見つかったので、交換。

 20160504_114140_479_convert_20160505103013.jpg

 これで完成。さて乗ってもらってみたが・・・。

 カゴがないだけで、これほどスルスル走るんですねえと。もっと驚くかと思ったが・・・。しかし、リアのタイヤ交換の依頼して、戻ってきた自転車がこの変わり果てた姿なんだが。

 とりあえず、これは彼女の足になってくるはず。そしてその中で、ちょっとでも自転車に関する意識が変わってきたら、まあ、いいかとくらいに考えよう。

と思いつつ・・・、「なんかみんな息が上がっている時、わたしだけ平気なんだよねえ・・・、これってもしかして自転車の効果?」なんて気づき始めて、それがチーム全体に伝播していったら・・・なんていらんことを考えては、地道に行くしかないとも思う。

 潔癖症の内田百閒が、札入れの札がすべて揃っていないと気が済まないと思ったら、今度は夜間に世にある銀行に忍び入っては、すべての札の向きを統一したい、なんて妄想に駆られたとか・・・。

 店主も体育寮に忍び込んで、その自転車のいらんものすべて外して、サドルを適正位置に上げておいたら・・・などと夢想してみるんであります、ムフフフ。

ガラスコーティングをやってみる



たまにですが、こうしたカーボン戦闘機が来ることがあります。

サーベロだよ。このサーベロは、さぞや開発費に金かけているんだろうなあ・・・と思います。どことは申しませんが、共同金型でメーカー跨いでフレーム作ってでカールだけが違う・・・とか、古い金型買ってきて、エッジの切れのないカーボンフレーム作ったりしているところとは、違いましょうな。

 20160430_165256_674_convert_20160503200705.jpg

 攻めてますよね。下のベアリングのデカさ・・・、下り百キロのフルブレーキング可能・・・みたいな。

20160430_165324_893_convert_20160503200604.jpg

 この写真ではあまり分からないかも知れませんが、このBB回りだって、スズメバチに刺されて腫れた太もものような質感ですからね。

 20160430_165302_267_convert_20160503200654.jpg

 TT車か?と思うくらいのエアロ形状のチューブであります。

 20160430_165309_616_convert_20160503200957.jpg

 ほとんど紙一枚の隙間・・・戦闘機だわな。

 ただ、聞いたところによると、これがそれほどゲキ固ではないんというんですね・・・、イヤー、もうカーボンわからんですわ。

 曰く、この一つ前に選手用のゲキ固を乗っていたので、つかれて仕方が無いので、これに乗り換えたら、なんとかうまく乗れているということなんですね。

 先日も、ちょっと年配の方がトライアスロンしたいのでカーボンフレームで適当なものはないか?と言われたんですが、これが困った。

 予算はそこそこあるので、選択肢はいっぱい在るようなんだが、軽ければ良いというものではない・・・。固ければ良いというものではない・・・。年と、競技歴、その人自身の脚質等にあったカーボンフレームを選ぶのって・・・、何を基準にしていけば良いんでしょうか?とちょっと真剣に悩んだものでありました。

 メーカーのクレジットを信用するしかない?・・・さて、どうなんでしょうね。

 とこんな戦闘機がなんできたか?というと。

 20160430_171726_592_convert_20160503200522.jpg

 これです!

 20160430_173841_511_convert_20160503200513.jpg

 洗浄?まあ、それも一部。ガラスコーティングを施しに来たということなんですね。こうした細かい泡でまずは外側の油汚れなどをしっかり落とします。

 20160430_175012_189_convert_20160503200333.jpg

 理想的には、フレーム単体にしてやれば一番コーティングしやすいんですが、そこまで手間を掛けることはない・・・とすれば、クランクぐらい抜いておけば良いかな?と思っています。

 が、このローターというところのクランクを抜くには、専用工具がいりそうですね。

 20160430_175036_729_convert_20160503200551.jpg

 後で調べてみると、シマノのスプロケット外しで抜けるということが分かりましたが、この時点では分からなかったので、クランクはそのままで、チェーンリンクのみ外すということで、手を打ちました。

 20160502_144155_630_convert_20160503200423.jpg

 アルコールで車体を拭いて、完全脱脂をして、その上からガラスコーティング剤を薄くのばしていきます。このフレームはアチコチが太いので、いつもより大目に使いました。

 その後、水気の多い布でコーティング剤を伸ばして、最後から拭きするという・・・そういう工程です。

 20160502_144542_298_convert_20160503200412.jpg

 フレームがきれいになると、何ともスプロケとかチェーンの汚さが目立てきますので、その辺も徹底洗浄したくなりますね。

 20160503_110533_477_convert_20160503200400.jpg

 施工後のフレームですが・・・、この写真ではわかりにくいですね。まあ、こうしたガラスコーティングをするにあたっては、保存状態が良い物、または購入してすぐのものがいいとおもいます。

 そうでないと、ガラスコーティングができるまで手間がかかって、しまいますからね。

 20160503_110523_339_convert_20160503200350.jpg

 相変わらずの戦闘機ですが、一枚薄い硝子繊維がまとわりついたという、ガラスコーティングの巻であります。もちろん今後のサービスの一環として、組み込んでいきたいと思っています。

 ご希望の方は、ご一報ください。

クランクが抜けない!コッタレスのネジ溝が浅すぎる場合には



 クランクが抜けないということです。中のネジ溝を見ると、軽くなめられているようですね。原因は推測出来ます。

 このクランクを抜こうとして、フィキシングボルトを外し、そこにコッタレス抜き工具を装着してから、回し抜こうとした・・・。

 通常なら抜けるところが、いくら締めたところで、クランクはビクともしない。おかしいなあ・・・、延長なんか使って、エイヤ!まわった!と思ったら、なぜかコッタレスが抜けて、クランクがそのまま・・・、アレレレ?

 よく見ると、フィキシングボルトは抜いたものの、その下にあるワッシャーを抜くのを忘れていて、そのワッシャーバウンドに耐えられなくなったクランクのねじ山が削れてコッタレスだけが抜けた・・・多分そういう展開だと思います。

 店主も二回くらいやってますからね、かつて。どうしても奥になると暗いので、黒いワッシャーが目立ちにくい・・・というのがあるんでしょうな。

 こうして残ってしまったクランクにまたコッタレスを入れても、もうダメであります。なれば・・・、クランク自体を砕くか、BBシャフトを切るか?なんて荒療治しかない?今まで多くはそうして、解決してきざるをえなかったかも知れませんね。

 ただ、クランク・BBともに高級なものであると、それはつらい・・・。どうにかして、再利用出来る状態で、抜くことはできないか?

 ここにこういう工具があります。

 20160430_225959_231_convert_20160502193404.jpg

 こいつが、まあ特殊工具中の特殊ものなんで、察しは付くと思いますが、非常に高額・・・なんであります。ある意味高級クランク・BBを摘出するというのだから、そのくらい投資しろ!とでも言いたげで、またこうした事故はそんなに起きないので、こうした工具自体が頻繁に出回らないんでしょう、色んな事情が高額にしてるんだと思います。まあ、こうした刃物は作りがいい・・・というのもあるか。

 でも今まさに出動なんであります。

 20160430_230402_716_convert_20160502193353.jpg

 まず、BBシャフトの中心にガイドを差し込みます。

20160430_230417_605_convert_20160502193341.jpg

 そこにこの歯を当てて回転させる・・・。

 20160430_230516_463_convert_20160502193328.jpg

 浅くなったクランクの内溝がサクサクと削れて参ります。

 20160430_230833_488_convert_20160502193315.jpg

 このようにして、まずは内側をさらいます。そして次に取り出すは?

20160430_230851_348_convert_20160502193303.jpg

 タップであります。これで新たな溝を掘っていくという考え。すでに掘れている穴以下に加工することは、原理状不可能なので、掘れている穴よりも一回りでかくして、デカイねじ山を切っていくという考え方であります。

20160430_230929_249_convert_20160502193251.jpg

 細い切り子が見えてますね。

 20160430_231104_859_convert_20160502193238.jpg

 新たな溝がきれいに切れてます。・・・でも待てよ、この直径は冒頭の写真の直径よりもデカイよね・・・ということは、それまで使っていたコッタレスでは抜けない?ということになるの?

 はい、ご名答であります。これより使用するコッタレス抜きは、従来のものではなくて、一回りデカイものを使用することになります。

 20160430_231204_723_convert_20160502193228.jpg

 これですね、一見普通に見えますが、これも特殊中の特殊工具であります。

 20160430_231309_650_convert_20160502193204.jpg

 やった、抜けた・・・。荒療治をしないで、こうしてスクッと抜く方法なんであります。

 まあ、内容が内容なんで、なかなかご依頼はありませんが、中には遠方よりお問い合わせをいただくこともあります。また旧車などをオークションなどで購入してみたら、中がなめていて外せなかった、という例も多くあります。

 まあ、年に数度の依頼ではありますが、そのためにでもこいつはちゃんとキープして、施工内容を忘れないようにしないといけません、こうして記録に残すのも、忘れないためであります。

 抜けないスクエアテーパーのクランクあったらもっといで。抜いた後再利用するなら、一回りデカイコッタレス抜きも、同時のご購入出来るようにしております!

 燃えるぜ!無理難題!
 

基本既設の組み直し・・・



 こういう形で持ち込まれた一台です。随分と乗っていなかったものを、引っ張り出してきて、これからまた乗ろうとする。

 何事も遅すぎることはない、というのであれば、この段階から再メンテしまくって、乗ればいいんです。

 20160412_104649_829_convert_20160430151308.jpg

 皮膚病のような表皮になったタイヤ。これはクリンチャーですが、まあどうやったら、こんなになるんだろう?と思いますが、なる時にはなるんですね。

 20160412_104655_792_convert_20160430151256.jpg

 パーツ類は、基本使えるものは使い続けたいとのこと。こうした一定以上古いもので作られたものというのは、それなりのバランスというものがあって、それを崩すようなパーツ選択はしたくはない。ものとものが使えれば、それがベストなんだが、イエイエ、それが古くなると難しい・・・というよくある条件なんですね。

 これだって、今のハブで組み直して8速以上に?という事もできなくはない。

 20160412_104718_633_convert_20160430151351.jpg

 リアディレーラーもシュパーブと来ています。当時の最高級のグレードなんですがね、これ使えるように、徹底洗浄と、各所調整をやると・・・。

 20160421_112724_746_convert_20160430151121.jpg

 まあ、なんとかこんな風になるんであります。まあ、中身をまた徹底して、メンテしてやるんですが、こうすると元が良い物はまた戻るんですね。

20160412_104700_401_convert_20160430151244.jpg

 これもう諦める人もいるんでしょうね、でもやはり戻るものは戻る・・・。

20160421_112705_157_convert_20160430151146.jpg

 ハブを直して、リムを摘出して、新しいスポークで組み直すと、こうなります。白いタイヤというのは、依頼者さんのご希望です。

 20160421_112715_461_convert_20160430151042.jpg

 後輪も同じくハブを磨いて、リムを摘出して組み直す。

 20160412_104740_316_convert_20160430151320.jpg

 これもまあ、通常なら、交換でしょうが、コイツを磨いてどこまで使えるか?をやってみると、

20160421_112659_646_convert_20160430151156.jpg

 こうなるんですねえ、良い物使うと後で得でもありますな。

20160412_104732_706_convert_20160430151233.jpg

 これも、まあ根気で、要所を交換してやると。

20160421_112750_234_convert_20160430151105.jpg

 新品のようでしょ?一見ね。

20160412_104725_746_convert_20160430151336.jpg

 横の顔でもあるクランクですが、これもてっていしてやると。

20160421_112720_629_convert_20160430151132.jpg

 もちろんワイヤー、チェーンは交換してやりますよ。

20160412_104747_362_convert_20160430151220.jpg

 ハンドル回りも、こうなります。

20160421_112808_184_convert_20160430151053.jpg

 ヘッドパーツ類は新たなものを付けましたが、基本既設のものがよければ、こうして再生出来るんですね。

 20160421_112645_819_convert_20160430151208.jpg

 往年のアトランティスが、渋めのパーツ類をひっさげて、再登場ときた。

 これが街道を走る。頭の白くなった利用者は、またよろしくな、と。

 しかし、こういう自転車は1日にしてできるものではない。ある意味歴史が走っているともいえるかな?もっと出てこい!と思う。

もっと出てこい!物置や実家の片隅、屋根裏、軒下に眠っている、磨けば光る車体達、もっと出てこい!


20160430_182340_338_convert_20160430210215.jpg
※5月1日、狸サイクルフリマ 黒カレー着々とできあがり中・・・なり。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-455-8503
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター