メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ただのフォーク交換のはずが・・・インチダウン!!!



 ちょいとマシなマウンテンバイクと、かなりボロボロのマウンテンバイク二台を持ってきて、いいとこ取りって出来ないか?ということで、できる範囲でやるということで。

 DSC_8274_convert_20210624200957.jpg

 ハンドルはこういう、ライザーバーを選んで付けてきた。乗って楽しく遊べる自転車にしたいようだなあ。

 ワッパの付いているものならミニカーから車、バイク、自転車に至るまで、何でも好きそうな、少年おやじ・・・であります。

 一番の問題は、フォーク、しかもサスペンションフォークの交換・・・ということなんだが・・・。

 DSC_8291_convert_20210624201113.jpg

 元々付いていたのが、こんなおもちゃに近いようなもんなんだが、それを別のマジマウンテンのロックショックのサスフォークものに交換したいというご希望でありました。

 DSC_8277_convert_20210624201015.jpg

 しかも、SIDだって、いいもんじゃないの・・・。ただし大問題があった・・・。このマジマウンテンは当たり前だが、26インチもんね。

 ところが・・・、GTのおもちゃに近いマウンテンは24インチ、少年マウンテンじゃないの・・・。そうなるとディスクブレーキだったら、ブレーキ問題は発生しませんが、ホイールの径が違うと、Vぶれーきだと、とどいていたブレーキシューが届かなくなるという弊害が起こります。

 実際起こりました・・・。

DSC_8275_convert_20210624201006.jpg

 イヒヒヒ、でも付いちゃった・・・。ブレーキは飾りではありませんぞ!実際問題Vブレーキ台座の位置が高すぎて、そこに取り付けたら、シューが上に行き過ぎて、リムをキャッチできません。つまりブレーキとして機能しないんですね。

 ところが・・・、魔窟のような細かいパーツ類が作られているサイトなんかを除いてみると、まあ、いろんな抜け道パーツというものがあるんですねえ・・・。

 まさかこんな所に使えるとは思わなかったなあ。

DSC_8279_convert_20210624201025.jpg

 これですよ!わかります?ブレーキとその赤い台座が明らかにズレているでしょ?そのズレの間に黒いアダプターが有ります、それが今回救世主となったというわけなんですね。

 今回とは逆に、26インチ系のリムを700C化してアップサイズ化する際は、逆にシューを上に持っていかないといけないんだが、元々はそのために作られたパーツだったのをひっくり返すことで、26インチを24インチのダウンサイズ用のパーツとして流用したということなのね。

 発想としては共有されるのかしら?まあ各自勝手にやってみてください・・・。

 DSC_8283_convert_20210624201044.jpg

 あとは基本メンテをしておしまいかな?

DSC_8284_convert_20210624201053.jpg

 洗浄と調整で全ギアにはいるようにしましたよ。

 DSC_8286_convert_20210624201104.jpg

 リアはいじらなかったので、24インチの台座に、24インチのホイールなので、そのまんま。

 DSC_8272_convert_20210624200948.jpg

 少年用マウンテンが、サスが付いてなんか変チョコなBMXになったようで、この半端感が何とも少年用自転車の様相を演出して、それにまた少年おやじが乗って遊ぶという、微笑ましい状況が見えてきますね。

 しかし、今回もまた偶然、目的外使用のスモールパーツが発見されましたな・・・。なんか勘が働くんですよ、変なスモールパーツを見ると、何か入手せずにはいられない、目的使用と同時に、角度を変えると目的外使用が見えてくる・・・、そうすることでせこうの可能性も増えてくるというものなんだろうね・・・。

 訓練としてはまず、シマノの分厚いスモールパーツ図鑑をよーく見て、頭でシュミレーションをしてみることかな?作った人の発想を超える、使い方ができれば、中間者としては面目躍如だろうね、まあ、外さない程度ではあるが・・・。
スポンサーサイト



この日曜日 久々のイベントです!



 もう見え見えの、オリンピック事前緊急事態解除ってなもんでしょ?マンボウ・・・とかいうの?高止まりしていて、しかも増えているじゃないの・・・。

 でもまあ、解除というなら、解除させてもらいましょう。でも、各自気をつけるべきことは気をつけて、やっていきますか?ということで、いかが詳細な内容となっています。

★6/27 (日) 「狸市ライブ 螢宴(仮)」
@西東京市 狸サイクル
◆LIVE
RIA+ノリシゲ
ヤマザキヤマト(世界の民族打楽器叩き歌い)
HIROYUKI(カリンバ)×澤渡なおこ(二胡)×げん(植木鉢)
◆DJ おこわ
☆14時ライブスタート予定
投げ銭よろしくお願いします
☆昼13時より狸市BARフードドリンク開店予定!
スペシャルごはん乞うご期待!
○感染予防対策のご協力お願いします。
※感染状況によってはライブ中止の場合もあります。
@狸サイクル/響き床 西東京市富士町6-6-13
狸サイクルは自転車工房敷地にある常設BARを備えた半野外の会場です。東伏見公園そば
西武新宿線西武柳沢駅北口より徒歩8分ほど
https://m.facebook.com/profile.php?id=281204782617160
◆狸サイクルライブ模様 (2020 9/6 LIVE)
https://youtu.be/zw-225Xgtns


 ということで、本当久々の開催ですね。表現の場を失っている表現者のみなさんが少し弾けるかもしれませんね。

 天気予報では、雨っぽい・・・、でもまああと4日ありますから、天気のズレもあるかもしれませんね。そして、多少の雨でも決行です。少ない人数でもやる・・・。後日配信もあると思います。

 156884187_141966394473631_7352702957643968899_n_convert_20210623163103.jpg
 
 狸野音ということで、もう何回か外回りでライブをやっていますね。来たお客はまばらで、遠巻きに見るという形式。かつては店内の、響床でのライブでありましたが、ここ一年半は開かずじまい、まあ、密閉の極なんで、コロナ禍では無理でしょう。

 でも、表現者の知り合いの方々はいる、場を探している、少しで出来ないか?どうしたらできるか?ということで、思い立ったのがこの野音の形式でありました。

 173213015_162110259125911_5033543356817181672_n_convert_20210623163111.jpg

 冬などは、演者が寒い・・・ということで、薪ストーブ全開でやったりと、換気などはしなくとも、空気の流通はいいということなんでしょうな。

 なので、何を優先すべきか?ということにいくつ仮説もあるようですが、その中でも「換気こそ!」という説を活かしつつ、大型扇風機とサーキュレーターを動かしつつ、イベントを再開していこう思います。けっして、五輪やるなら、イベントもやらせてもらうぜ!的なバカに付き合って自分たちもバカになりきるのではなくて・・・ね。

 154072866_137110184959252_4232625848499103797_n_convert_20210623163055.jpg
 
 当日は昼前から、リハも含めて狸市は開いております、カレーの先生タラさんも出店いたします。

 そして・・・、

 198335213_198949455441991_1333144159560938527_n_convert_20210623163119.jpg

 店主も特性ローストビーフに、秘伝ソースをかけたローストビーフ丼なんかも出そうかと考えています。

 政府がどうの、国がどうのという以前に、自分たちで情報を集めて、吟味して、できるところから対策取りながら、コロナ禍を生き抜いていくしかないね。

 ある意味バカな政府に感謝しなきゃ?もちろん逆説的な意味でね、おかげで自分たちで自治しながらやっていく決意が固まったというわけだ、自粛系の警察もどきも当店回りではそこそこいてくれるようで、それなりに注目を集めているらしいが、心配ご無用です。こちらでやりますので・・・。

 もっと大枠の方へご感心を向けたらいかがです?それには事欠かない、ひどい国になってしまっているのでね、こんなん吹けば飛ぶような小店舗など通り越して、よりデカイ所に鉄槌をお向けになってはいかがですか?

 さて、日曜日、多少の悪天候をものともせず、換気と人-間を守りつつ、イベント再開です!ぜひ覗きに来てください!

シフターとディレーラー やっぱり手元ですね



 華美ではなくて、これはいいよねえ。モロイタリアンフレーム狂ではない店主からすると、まあそんなに騒ぎすぎることはないだろう・・・と思ったりするデローザなんだが・・・。

DSC_8251_convert_20210622190333.jpg

 これは地味というか渋くていい、これなら乗ってもいいかも・・・なんて思ったり。

 で、今回コイツもシフター問題でやってきた。逆にいうと今までよく我慢してきたね、ということかもしれないね。

 DSC_8234_convert_20210622190048.jpg

 最初の取り付けが、Wレバーというシフター。変速には、ハンドルから手を反して、ダウンチューブのここまで持ってこないと出来ません。

 そういう自転車はあってもいいんだが、例えば店主がかつて子狸を保育園に送っていた自転車がそうだった。Wレバーのシフターだったんだが、いつしか、やはり手元変速のSTIに変えてしまったことがあった。

 とっさの変速の時など、やはり手元にあるに越したことはなかったからね。

DSC_8236_convert_20210622190107.jpg

 なので、この600のブレーキレバーごと、STIに交換ということになった。

DSC_8241_convert_20210622190143.jpg

 はい変更!

DSC_8243_convert_20210622190221.jpg

 勿論中古ですが、それなりの状態のものを持ってこられました。

DSC_8244_convert_20210622190231.jpg

 ただ、シフトは硬い・・・。それは古いからというのではなく、この時代のシフトはそんなもんなんだろう、ということだろうな。それでもハンドルから手を離さないで、シフトができるのは安全でいい。

 と、このSTIには縛りがある!

DSC_8249_convert_20210622190316.jpg

 このSTIにはこの74デュラエースのリアディレーラーしか使えない・・・。シマノ600のディレーラーをあてがっても、シフト外れる形式になっている。

 この頃からあとのSTIはグレードが違ってもかなりシンクロしてくれて、互換性が強かったんだが、この74デュラだけは頑固もんで、他を寄せ付けなかった。

 でもねえ、先日もシフターとディレーラーの互換性の問題について愚痴ったようなことを書いたが、昨今本当にこの二つの関係が複雑になってきているんだよね。

 同じメーカーでも、グレードによって、分断のような引きシロの違いがでてきたり、ギア枚数増やしたりして、それがまたサードパーティーものとも絡んで、もう訳がわからなくなってきている。

 繰り返すが、手元変速はやはり重要だ。安全ということでも、また普及という面でもどう考えても重要だ。実際今回の改造以来だって、初心者に最初はWレバーであてがったものが、使い勝手と安全性の観点から、手元変速に替えざるを得なかった。

 そうでなければ、せっかく乗ったレーサーだって、途中で諦めてしまうかもしれない可能性だってあったのだ。

 そういう意味でも手元変速は重要なのだ!!!

 というところが基本なんだが、手元変速=シフターとディレーラーの相性が複雑になってくると、もう純正のもの通ししか使えなくなってしまうという問題が出る。

 純正同士で使えばいいじゃない、どこが問題なんだ?と思う人もいるかもしれないが、長年、例えば今回のように鉄フレームで74デュラエースで乗っていた人が、コンポを替えざるを得なくなった時、今のマウンテンチックな黒いアルテグラにストレートで交換します・・・ということになるんだろうか?

 勿論なる人がいてもいいわけだが、中には見た目や雰囲気を非常に大事にするこだわりの人というのも大分いるもんなのだ。

 まじかよ・・・、何付けりゃいいんだ?ということで、中古の海を渡るしか他に選択肢はないのだろうか?もっとこの辺の互換性がゆるく作られていたら、その他の選択肢の幅は相当広がったんじゃないか?とは思うんだが・・・。

 まあ、今後もし店主が積極的にやるべきことがあるとすれば、複雑になったシフターとディレーラーの関係をアダプターのような仕掛けを一つ噛ますことで、互換性をゆるく出来ないか?そして、それぞれのパーツの組み合わせにもう少し自由度を増やすことが出来ないか?ということの探求ではないか?と勝手に思っているんだがね。

 純正メーカーには大分嫌われるだろう・・・、シマニョーロや、スラノなんてことも、もっと自由に正確に簡単にできるようになれば・・・、いいんだがねえ。

 その実験になるような、六十年代レーサーの手元変速化・・・とギア比軽減から、より長く見た目もそれなりに、乗り続けられるビンテージを作り変えられる施工をすることかもしれないと、画策中なのである。

DSC_8247_convert_20210622190304.jpg

 うん、様子がいいクランクだ。スギノやその辺があるので、まだ希望は持てるかな?

DSC_8254_convert_20210622190448.jpg

 そうそう、こんかい改めて思ったのが、シマノのフロントの変速効率の良さだね。ほんの少しのSTIのひねりで、カチャとフロントのシフトが行われる。これは当時としては驚きだったろう、と2021年の今でも思うね。この辺は流石だわ。

 DSC_8245_convert_20210622190242.jpg

 ホイールも、シルバーのロープロファイルのWOタイプに組み替えた、そういう下地は作ってきたんで、ビンテージレーサーを雰囲気壊さず、手元変速で山にも行けるギア比の搭載・・・なんてことやってみたいよね。

 DSC_8239_convert_20210622190127.jpg

 ということで、より安全で高機能な74コンポになりました。これでまた、距離や時間が延びるでしょうね、二児のお母さんなのに、本当体型が変わるくらい、よく乗っているよなあ・・・。

母になったポートランドの自転車娘



 興味津々でいろんな質問をしてくる旦那氏よりも、実は奥さんのほうがずっと自転車娘だったようだ。オレゴン出身の奥さんらしい。

 確かポートランドだったっけ?住民の意思で高速道路を廃止してしまったところと聞いた。じゃあなんで移動するんだ?となると、自転車なんだって。

 市民の足として、あの車大国のアメリカで自転車が主流だという、変わった都市らしいよ。かつてのヒッピー系の人たちが作った街とかもいわれている。オレゴン州・・・そのすぐ上はカナダだな。

 あの名作といわれた「スタンドバイミー」の舞台もたしかその辺付近だったな。最近見たんだが、ちょっとライ麦がはいっているかな?

 思春期ちょい前の少年時代にあった、なんてことないが何かあったような二日間を描いた映画だね。思春期もんになれば、異性だの、初恋だの、青春だの腐るほど盛り上げられたわざとらしいテーマに事欠かないが・・・、その手前のその時期って・・・非常に難しい。テーマにするには中途半端だよね・・・、明確な物語にするのは難しいんだが・・・。

 そういう点からすると、よく作ったなと思う映画であった。

 そういえば、この映画を見て店主にもちょっと重なる経験があった。いま大工仕事で世話になっている同級生の小林君、彼と星君と店主の三人で、善福寺川を下ったらどこへ行けるか?ということで、とある暮れの昼頃、突然実行に移したことがあった。

 映画では線路を伝わってガキどもは歩いていったが、店主らは川を伝わって下っていった。本当子供らしい発想だ。そして最終的には新宿の高層ビル、KDDだったかのビルに三人で同時にタッチして帰ってくるなんてことやったんだな。

 帰りに腹減って、そりゃそうだよね、数時間ずーっと自転車に乗っているんだから・・・、そしたら交差点で百円を拾ったのだ。それで何を買うかで喧嘩寸前になり、結局かっぱえびせんとガムを買って三人で食べて、帰ってきたという半日だったのだ。

 本当になんてことない出来事だったが、何とも忘れがたい思い出でもある。

 その星くんはそれから七年後バイクの事故で亡くなってしまった・・・。

 

 当店の自転車に対する考え方など、えらく気に入ってくれたらしく、色々質問してくる旦那さんに対して、まあ言葉も通じないからだろうが、微笑ましくも後ろにいるこの奥さんこそが、実はガチの自転車娘だったらしい。その自転車娘が一時の母になった。

 そうしたら・・・、上のような典型的な日本の子育てママチャリに興味を持ったらしい。まずはファニーバイク、前輪が小さいということが面白かったらしい。

 自転車娘だったらマウンテンバイクか何かに子載せを付けたりしたがるか?とも思ったが、いえいえ、どうも異文化の自転車の様式の方に興味を持ったようだ。それはそれでありだな・・・。

DSC_8231_convert_20210622101332.jpg

 通常当店では打ち首なんて言って、この頭でっかちの子載せかごはハンドルもろとも切り落として交換してしまうんだが、自転車娘はこのカゴはそのまま使いたい・・・という、彼女にとっての異文化体験なんだろうな。

 DSC_8216_convert_20210622101155.jpg

 まだ生まれた娘っ子は八ヶ月なんで、後ろに載せるにははやいんで、コイツは成長してからのお楽しみ、ということで、コイツは撤去、

DSC_8227_convert_20210622101248.jpg

 そしてかわりにカゴを載せる。最初は自転車娘らしく両サイドにサイドバッグのようなことを言っていたが、カゴの便利さは半端でねーよ、というこちらの提案に、異文化体験を選んだようだ。

 DSC_8217_convert_20210622101208.jpg

 流石にこのサドルは低すぎるということで、ピラーからまるっと交換だ。

DSC_8225_convert_20210622101235.jpg

 やっぱりオレゴン自転車娘は足は長い・・・。

DSC_8228_convert_20210622101259.jpg

 そうそう、これはジモティーで受け継いだようだが、ブレーキまわりは少し気を入れてメンテ、ワイヤーは二本とも交換ね。

DSC_8230_convert_20210622101312.jpg

 ブレーキシューもVものを入れて、がっちり効くように。そうなると、今度はヘッドの緩みなんかも気になったもんで、その辺含めての総メンテと相成った。

DSC_8223_convert_20210622101219.jpg

 こんな感じで出すなんて、ある意味当店らしくはないが、紛れもなく、これがこの国の自転車文化の象徴でもあるな。せいぜい異国の自転車文化を楽しんでもらいたい。

 で、その先もありそうだ、子育てが一段落したら、打ち首にして、ブルホーンバーを低い位置に取り付ければ、これはまた面白い自転車になるね、なんて話をしたら、破顔するなり、また目が光っていた・・・。

 相当の自転車娘とお見受けします!

一寸の自転車にも五分の魂



 乗っていなくて良かったねえ〜。

 車をバックしていたら、自転車にこすってしまったらしい。

DSC_8205_convert_20210622093202.jpg

 こすっただけでも、ハンドルがこんなになってしまう・・・、恐るべし車の威力。しかし、子供が乗っていなくてよかったよね・・・。

 他はほとんど無傷なんだが、ハンドルだけが曲がってしまった。

DSC_8214_convert_20210622093301.jpg

 こんな曲線見ると結構凝っているつくりですよ、ブリジストンの名車ロココにもにている、色は渋い頃のビアンキ調、子供の自転車だってチェレステブルーときている。ガキチャリとて侮れないな。

 ハンドルだけどうにかなりませんか?と。

 子供用のハンドルとなると、細い・・・なんかあるかな?

 DSC_8210_convert_20210622093222.jpg
 
 探してみたら、ありました!なので、スッカリ交換で無事終了!

DSC_8211_convert_20210622093232.jpg

 元々付いていたのがこれも少し凝ったタイプの弓状のハンドルだったが、コイツはごく普通の子供自転車のハンドルだわね。

 子供の自転車にも五分の魂・・・、と同時にどんなパーツも五分の魂が宿っているんだろうなあ・・・。見事に再生してしまった。

 そして・・・

DSC_8212_convert_20210622093240.jpg

 新たにライトが付いた!このライトは、店主お気に入りのライト。珍しくライトに惚れたね。どこが?

DSC_8213_convert_20210622093250.jpg

 コイツはパナソニックのもので、電池式。単3四つで済むもの。何がいいかというと、コイツにスイッチはない。暗くなるとセンサーで自然点灯してくれるんだが、それだけじゃあない。

 自転車の振動にも反応する。つまり、暗くなって一定の振動が加わると勝手に点灯してくれる。そして暗かろうが、振動が一定時間亡くなると勝手に消灯してくれるという機能を持つ。

 つまり消し忘れがない・・・という高機能ものなのだ!よくあるのが駐輪したんだが消灯忘れて一晩じゅう点灯させて電池切れ・・・なんてこと結構あるんだが、それがない。

 後付ハブダイナモがなくなってがっくりしていたんだが・・・、まあコイツがその埋め合わせをしてくれるかな?と思っている。

 DSC_8206_convert_20210622093212.jpg

 うん、何か新車みたいな顔して再生できたね。五分の魂のあるパーツが、子供自転車を再生させた・・・。もしかして曲がって壊れた自転車見た子供はだいぶ心が折れたかもしれない・・・。

 伝染するように親御さんもちょっと落ち込んでいるようにも見えた。再生自転車を見た子供の笑顔ってどんなもんかな?ライトも付いて高機能化したしね・・・。

 自転車と人との関係に車種や値段の高低なし!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター