メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

スタートはドロップ化からも



 ドロップ化の要請が止まりません・・・。というほどのパニックではありませんが、少なくとも当店周りでは、新車選択と同じくらいの立派な選択肢の一つとして、定着したような気がします。

 老若・・・というと、やはり若い方、学生さんがその多くを占める、という傾向です。

 20141216_115505_748_convert_20141219160645.jpg

 特に大きな不自由はないと思うんですが、ドロップというハンドルに交換することは、パーツ交換した以上に車種が変わる、というくらいのエキサイティングな改造のようであります。やっているこちらとしては、いつものヤツね、と思いますが、納車の時のお客さんの反応はスゴイですね。

 まさに新車が来た!という感じなんですね。

 20141217_155316_667_convert_20141219160521.jpg

 ドロップ化であります。

 20141217_155325_856_convert_20141219160509.jpg

 シマノSTI、ソラがついてます。これも最近の特徴で、かつては安くあげるために、バーコンを使用することも多かったんですが、このところはこのブレーキ・シフター一体型のSTI一発希望の方が増えましたね。ちょっとした自分にボーナス・・・現象なのでしょうか。

 20141216_115510_802_convert_20141219160625.jpg

 で、いつもながらのドミノです。フロントディレーラーが引きシロの関係で、STI用のものに変わります。

20141217_155255_658_convert_20141219160543.jpg

 ソラの純正フロントディレーラーです。やはりコンポですね、こういうときにわかります。

20141216_115459_129_convert_20141219160657.jpg

 あと前後ブレーキのリーチが変わります。これはロング系なんですが。

 20141217_155308_835_convert_20141219160532.jpg

 ショートのものに変わります。これもソラVというもので、STIの引きシロに沿って開発されたものだと思いますが、相性は非常にいいですね。

 ブレーキ自体の剛性もいいですねえ、であるのにこの値段・・・、シマノさんすごすぎですわ。

20141216_115518_417_convert_20141219160610.jpg

 ディレーラーはそのままながら、8速を9速にします。

20141217_155247_342_convert_20141219160555.jpg

 これにて完成!

20141217_155238_852_convert_20141219160441.jpg

 ドロップ化クロスのできあがりであります。

 納車の際には、感慨深げのご様子、といってもまだ若い学生さんですが、乗って納得、しばらくこれで乗り倒す!ということでした。

 ポジションを出すというのもいいですね、ヘッド周りのスペーサーも随分ありますし、ステムもあと20ミリは前に出せます。
最近の若いかたはより腕が長くなってきているので、大きくゆったり乗れるようなると、オ!いけてる!と思われますな。

 あとは、クランク周りをソラトリプルにしてやるとか、リアディレーラーをソラでそろえるとか・・・。

 そして最終兵器として、ホイール交換の選択肢もあるよと、悪魔のささやきを入れておきました。

 その他パンク修理は当たり前、ちょっとしたメンテの話や、輪行バッグ使い方などは徐々に覚えて、残り2年の学生生活をこの相棒と豊かに過ごしてオクレ!と願をかける。

 学生なんだから、金は潤沢にはない、それは当たり前。金使えないなら、頭や関係を使いなさい。そういう工夫の中で、人車が一緒になって成長していく過程なんていうものは、なまじ銭もらえるようになった社会人からでは、なかなか出来ない貴重な時期でもあるではないか?

 本当はレーサーほしいんだが・・・、でもお前がいてくれるからいいか・・・、という愛着の原点のようなもの。
 
 ある意味一番懐かしかった時期となるかもしれません。そういう時期をコイツと一緒に駆け抜けてほしい。いい一台なんじゃないか?替える背中は納得してくれていたように、店主には見えました。

遊んで働いて 次はトレーニングだ!!!



 くどいということは重々承知の上で、今年も申し上げます!

 ロード乗りこそ、固定に乗りましょう!

 車体が動けば勝手に回っていくクランクペダルから、円運動というものを、ペダリングというものを、教えてもらうのです。

 丸く回すのというのはこういうことだよ。そう、ペダルが静かに円運動するのを、邪魔しないように、回るペダルに寄り添うように、足を回していくんです。決して、俺が回しているんだ!という意識を持たないように。

 徐々に回転が速くなってくる、ペダルの方から、さてどこまで回せますか?と来る。ダメダメ、汚く回さないで、つらいかもしれないけど、きれいに円運動で回すよう、心がけて。

 ロードでは、自分が回していた、自分が踏んでいたはずなのに。今度は自分がペダル・クランクの方から逆にペダリングを教わるような感覚になっていきます。

 縦踏みの癖が付いていると、ペダルが下死点に行ったとき、ほんの、ほんの一瞬足を止める癖があることをペダルが教えてくれます。向こうの方から止めるな!回せ!といってきます。

 回転をあげるときのイメージはモーターがブレもせずにただ単に高回転になるように、上半身がしっかり固定されて、足だけがキューンと回っているイメージで。踏んでしまうと車体が上下して、不安定になりますし、力が前に進む以外の方向へ、つまり無駄な方向へ拡散している証拠なんですね。そして、汚いペダリングは、早くは回せない、という条件を表裏に持っていることに気づくでしょう。

 今もがくでしょ?スピード上がるでしょう、そのとき腰が上下に微動してるでしょ?その微動を無くすように回すんです、ひたすらに。それが出来るようになるまで、数千キロでも回してみてください。

 20141218_153445_500_convert_20141218164750.jpg

 そして、クタクタになって、ボロボロになって、街道練習から返ってきたと思います。

 そのとき、すぐに風呂には入らないで、いつも乗っているロードを引っ張り出して、数キロ乗ってみてください。頭のどこかに円運動がリフレインしている回路が休まないうちに、ロードに乗ってみてください。

 固定ギアから教わった円運動を今度はいつものロードにそっと移すようにして、クランクに伝えてみてください。

 アレ?!と気づくはずです。今までのペダリングって、何だったんだろう?って。

 春から、ロードレースで勝負を打ちたい方は、この冬固定で四千キロは回してみてください。

 そこまでストイックでなくとも、なんかロードで自分のスキルアップをどうにか、かっこよく、乗りこなしたい!とお考えになっておられる方がいましたら、まずもって、固定ギアをお試しください。

 自分の中から、強く、うまくなっていく、そういう希有な実感を得られる、唯一とまでは申し上げませんが、まれに見る効果のあるトレーニングとなりましょう。お約束しますよ。

 このギア比は前ギア48t。

 20141218_153452_246_convert_20141218164717.jpg

 リアの子ギアは17t、ギア比は2.82、いいんじゃないの?

 20141218_153514_600_convert_20141218164651.jpg

 フレームはもと、NJSだったビバロ。これはもちろんNJS時代のビバロです。ある意味、ガチピストレーサーであります。

 20141218_153430_626_convert_20141218164604.jpg

 もちろんしっかり、いいブレーキが、前後に付いていますよ。

20141218_153500_866_convert_20141218164703.jpg

 キャリパーのアーチのスケルトンもありまして、逆側に付いています。これがまたクール・・・とでもいいましょうか?

 20141218_153419_593_convert_20141218164843.jpg

 ブレーキレバーはあの、奇跡のディズナ!近年まれに見るブレーキレバーの傑作中の傑作であります。といくら書いてもわからないでしょうな、でも、握れば一発でわかる、これ何・・・と、大体の方は驚きますね。どこから握っても、死角がない、どこからでも効いてくる、こんなエアロブレーキレバー、まあ、そうそうでないでしょうね。実際に体験してもらいたいですわ。

20141218_153532_856_convert_20141218164807.jpg

 ハンドルは380ミリのこれもNJSものであります。下ハン持って・・・というとガチの街道練習機とでもいいましょうかね。

 20141218_153438_714_convert_20141218164830.jpg

 足回りも手抜きなし。グランコンペですぜ!回転もいい!

 20141218_153507_766_convert_20141218164819.jpg

 パーツ類は、基本黒で統一。ハンドルくらいか?ポリッシュなのは。

 20141218_153521_469_convert_20141218164640.jpg

 ステムも80ミリなんてところが、いかにもピストらしいなあ。

 20141218_153410_559_convert_20141218164618.jpg

 見た目も統一感があって、内容はNJSのフレームに、手抜きなしのパーツらで組まれています。もちろん街道仕様。

 街道をガシガシ走るために組み直した、体の中から強く、きれいに、そしてかっこよく乗りたいと思っている、ロード乗りのために作った、街道ピストなんであります。

 今お乗りのロードレーサーに、高い完組ホイールを履かせると、それはもう別次元の走りになります。

 カーボンフレームだってピンキリで、そこそこのスペックのものに組み直して乗れば、これまたもう別次元の走りをすぐにでも体感できるでしょう。

 でもそれらの感覚は、体の外環境がよくなっただけのことで、実力という厳しい視点から見ると、錯覚の部類なんであります。金かけて、機材よくして強くなったような気になっているだけ・・・なんであります。

 時にそういうことも大切で、そういうあり方をすべて否定する気はありませんが、強くなる、強くなりたい!というのは、あくまでもエンジンである身体の出力と効率というスキルを上げること以上以下でもない、とするのであれば、金のかけどころは、間違わない方がいい、と思いますな。

 高級機材に使おうという予算を少し回すだけで、固定に乗れるとするならば、それも非常に大切な効果的な選択肢ですよ、ということを強く申し上げたい・・・。

 相変わらずくどいのであります。申し訳ない!

 というわけで、コイツ!売り出します!

 ロード乗りこそ、固定に乗ろう!目の黒いうちは・・・、そのように言い続けるでしょうな、うるさくて申し訳ないが・・・。

働く自転車・・・板板板!



 自転車で働いたと思ったら、今度は雪で遊んでと、まあ忙しいわけですが、今回もまた働いてもらいましょうか?

 当店で大ブームを起こしている・・・、といっても熱いのは店主だけですが、このフリーラジカルには、オプションでこうした黒い板なんかが付いているんであります。

 これはプラスチックの厚めの板と、取り付け金具なんですね。

 ある意味こいつが無いと、思うようには使えない、というのがこのフリーラジカルなんですが、だったらデフォにしろよ!とも言いたくはなる。

 ただし、この板にも色々種類があるらしく、オプションにしているらしいんだが・・・。

 ただ、ここは少し慎重になってもいいところ。ある意味こんなプラ板に一万弱を出して、積載面積が限られてしまうなんてことでいいのだろうか?

 他に出来ること、あるんじゃない?と。

 そういうときにはホームセンターで、時間をつぶすに限るということでした。

20141210_160042_900_convert_20141218114722.jpg

 たとえば、こんなこと。厚めのコンパネを自分のもくろむ仕事にあわせてちょうせいしながら、かつ自転車に併せて、切るなんてどう?

 店主の場合、元々付いていた頑丈なモロ実用車の荷台幅が50センチなので、その幅で切り出して、四隅の角を落とす。

20141212_141851_700_convert_20141218114641.jpg

 そんでもって、ひっくり返して、そこに金具でもって、フリーラジカルのスタンダードラックを固定するということで、どうだ?

 20141212_141324_661_convert_20141218114656.jpg

 四つの厚板金具と六つの薄板金具でとめてみる。

 20141211_155958_554_convert_20141218114806.jpg

 載るじゃないの・・・。なんか路上畳屋さんも出来そうね、この広さは・・・。板の裏に蝶番なんかを付けて折りたたみ式にすればもっと広いものが付くかもしれません。

 走行時の幅はあまり広くしない方がいいかもしれませんし、広くするなら、その分固定金具を頑丈にする、とか工夫は必要でしょう。

 20141211_155939_579_convert_20141218114821.jpg

 なんか仕事しそうな気合いが入ってこないか?さあ、起業を考える君、出来る仕事をより具体化して、いこうじゃないの!

 20141212_155241_890_convert_20141218114756.jpg

 ラジカルのダボにダブルナットで、ボルトを付けて、チューブ止めなどを作りますと。

 20141212_155407_560_convert_20141218114746.jpg

 こういうことができます。つまり今まで実用車に使っていた後ろカゴをチューブで取り付ける。

 20141212_155513_788_convert_20141218114630.jpg

 こんな感じね。これはカゴを縦につけているので、これを横にしてつけると、取り付けた自家製板の上には、この手のカゴは三つは載りますね。スゴイ積載量です。これぞ相撲部屋の買い物号なのね。

 そして、暫定的解決法としてのスタンド。

 20141215_155401_853_convert_20141218114710.jpg

 一本足スタンド二本での、二本足スタンド。ヤクルトお姉様達の使っているあの極太はしばらくは手に入らないとすれば、通常の一本足を二本または付け所によっては三本で対応する・・・なんていう手はありかもしれません。またこれが意外に使い勝手がいいんです。

 20141212_164634_197_convert_20141218114736.jpg

 先日のイベントでの大量買い物で実験してみましたが、使えますね。わざわざ後ろに行って、両足スタンドを倒すくらいだったら、車体を立てて、片足で、祓う感じが、動きやすいんです。

 でも、途中での一時的な作用用のこうしたスタンドとは別に、もう少し恒常性のある両足スタンド取り付け実験も、もちろんして参りますよ!

 ということで、一部の方々より、大変注目されている、働く自転車企画、これからも出来るところまで発展を考えて参ります。実験車お持ちの方は、あつまれー!そして、起業を知恵寄せ集めて考えようぜ!

自転車で遊ぼうぜ!それも雪上でだ!



 今年の冬というと今の寒さのこと・・・ではなくて、この二月の大雪のあとに作った自転車でした。

 詳細はこちらですね。

 00002-22@16-48-13-337_convert_20140222181846.jpg

 内装三段に何気なくやっています。やはりギアがあった方がいい。というのもちょっとしたレース・・・の車体にしようかなあ、と思っているからなのであります。

 そして!目玉はここ!

00002-22@16-48-19-959_convert_20140222181956.jpg

 ある意味スタッドレスタイヤ・・・だと思います。スパイクは打ってません。自転車の雪用タイヤなんであります。作ったときには、東京での大雪も消えかかっていたんで、その効果を実感することは出来ませんでした。

 そこで、これを軸にどうやって遊ぶことが出来るか?ということですが、まあ、年に数度降るか降らないかの東京でやるよりも・・・。

 20141206_083302_150_convert_20141207194909.jpg

 こういうところでやるべきでしょうな。豪雪地帯、そう、新潟の田麦山・・・とかね。

 すでに車社会が定着している、地方のしかも雪国に、実用には自転車を!なんて言うのは、まあほぼ無理・・・でしょう。

 イヤ、別にいいんですよ。自転車版スタッドレスタイヤで、通学するぶっ飛び高校生が出てきてもね。ただ、車はうろたえるでしょうなあ、なんだアレ?どこのセガレだ?危ねえなあ、フラフラと・・・。早々に雪の季節の自転車通学禁止が出るんじゃないか?

 ではどうするか?実用はもう車・・・で仕方ない、なれば・・・遊びますか・・・?

 わざわざ雪の季節に自転車で遊ぶ?

 手っ取り早くはレース・・でしょう。そんでもって、一番単純なのがオーバルのコースをちょいと圧雪してつくる。一周200メートルもあれば十分かな?そこを6車体ぐらいで、競輪を模したレースをやる・・・とか。

 ヘルメットに毛糸でゼッケンつきヘルメットカバーを作って走ると、銀世界に一気にカラフルな玉が飛び散りはじけるでしょう。

 中越から電話が来ました。ついに降り始めたかあ・・・というため息が聞こえてきそうであります。雪など見るのもイヤだ・・・。

 確かに、ちょこっとお邪魔するだけの店主らにはわからない、雪という存在の重みがあるんでしょう。

 でも・・・。

 逆手に取れば、たかが雪合戦ですら、国際イベントになるじゃないですか!

 雪の季節には自転車は無理だ・・・と思っても。もし、魚沼市堀之内町で雪上自転車レースが開催されるようになれば、その練習も含めて、雪の季節でも、イヤ、雪の季節だからこその自転車練習が出来たら・・・。そのオーバルコースは、大会以外は練習場として使える・・とかね。

 とりあえずは、自転車用雪用タイヤがどこまで使えるか?これにかかっているわけなんであります。

 もちろん仕込みましたぜ!そして・・・、その途中のレポートが舞い込んできました!

 これです!



 見ると、後半しっかりダンシングしています。ということは?グリップはかなりいいと見て、いいのかしら?

 なんか楽しそうでしょう?彼は、当店のかなり古いお客さんの一人で、かつて自転車の貧乏神様がついていると言われていた、方なんですね。

 そういう、おもしろがり屋さんに渡すと、今後どうなるか?こんな自転車一台で、とある地域が盛り上がるきっかけになるんだとしたら、自転車も雪も捨てたものじゃない。

 数年の内に、形式が決まって、プロモーションできるようになったら、「堀之内国際雪上自転車レース」なんていうのが実現するかもしれませんね。

 なんたって、この自転車用雪用タイヤは実用車の26インチ、27インチ、24インチいわゆるWOというタイプであって、通常の実用車に取り付けが可能なんです。つまりは、雪上レースをやるのに、わざわざマウンテンバイクなんかを購入しなくていいんです。

 夏使っている通常の実用車の泥よけ外して、タイヤをこいつに履き替えればいい・・・。敷居が低いでしょ?ある意味誰でも参加できるというレギュレーションというのがいい。

 寒いがウチの地方は雪はあまり降らないなあ・・・というところだったら、こうした雪用のブロックタイヤに穴開けて、ボルトナットを通せばスパイクタイヤが出来ますね。

 雪がないなら、スパイクタイヤ履かせて、今度は氷上レースも出来るんじゃないかな?夕方の内にコースとおぼしきところに、水をたくさんまいて、立ち入り禁止にしておいて、夜の間に凍らせて、早朝の氷上レース・・・。

 色々出来そうですね。

 まだまだあるであろう、自転車の潜在的可能性をどこまで引き出していけるか?そういう潜在力なんていうのは、東京のような平凡な地域でよりも、田麦山のような豪雪地帯だったりする、極端な地方の方が現れやすいんじゃないか?

 あとは人!最後は人!

 人さえよければ、あとは何とかなる・・・、自転車屋として出来ることを投入して、あとは地域独自の発酵を待つ!

 さて、数年内に一体何が醸し出てくるやら・・・、楽しみなのであります!

 頼んだよ!森下君よ!

たかがカゴなんだが・・・カゴにはカゴの世界がある



 なんかウッディーな雰囲気ですね。

 泥よけが木製?木製プリントというのは見たことありますが、これは正真正銘木のようであります。

20141108_160842_346_convert_20141216205142.jpg

 前輪も同じく木の泥よけ。

 間のマットグリーンといい響きあいをしています。ちなみに塗装は当店でありますよ。

20141108_160801_276_convert_20141216205215.jpg

 こうした木のぬくもりのある車体には、こういう革ものは合いますね。

 で、今回の目玉は何かといいますと、これなのね。

20141108_160811_756_convert_20141216205204.jpg

 木製のカゴ・・・なんです。

 20141108_160816_183_convert_20141216205116.jpg

 手で組み付けたもので、自転車全体のプロデュースは、当店内ショップといいますか、あのリノなのであります。

 リノ君は、相変わらず、一台を丁寧に、依頼者とじっくり作るという姿勢をしっかり守りながら、着実に前進しているようでありますな。

 このカゴ、愛犬を乗せたいというご希望に応えたもので、そうか・・・、ここまでして木工で組んでしまったか・・・という感慨がありますね。

 20141108_160824_468_convert_20141216205052.jpg

 箱自体が重いので、こうした太めの新聞カゴの支えを角度を曲げて、利用します。

20141108_160831_278_convert_20141216205153.jpg

 相手が木であろうとなんであろうと、付けたい!というご希望があれば、大抵は自転車に付けてしまいますよ!

 大事な愛犬を乗せて走るには・・・ということで、強度も考えるとこれくらい作り込めば、大丈夫かと思います。

 しかしカゴを作ってしまったか・・・。

 いつもながらに、無いんだったら、作る!といっていながらも、カゴを自作するなんて、ちょいと店主の頭の片隅探しても無かった発想だったと思います。

 コロンブスの卵といえばそうで、確かにねえ、カゴ作れば、それを取り付けるノウハウはあるんで・・・。しかしながら、なんでそんな単純なこと思いつかなかったんだろう?

 ある意味自転車につけるカゴはいくつかの条件をクリアすれば、あとはすべていいわけで、何も自転車の業者が持っている範囲のものから、絶対に選ばなければならないなんてことは全くないんですよ。

 改めて思うに、世の中にカゴといえば、まあそれは一つの世界というか星の数ほど種類はある・・・。取り付けノウハウのある当店がなんで、自転車カゴの範疇だけで今まで仕事をしていたのか?

 我ながら唖然とするような、体たらくだった、といえるかと思います。

 ノコとビスとインパクトがあれば、木製のカゴなんか、凝らなければ出来てしまう。それにペンキでいろ塗って、ニスかければ、それまた広がりは無限・・・?

 それ以外でも、世にあるカゴというカゴの中から選んできて、あとはどうしてらうまく頑丈に取り付けできるか?を研究すれば、まあカゴ取り付けの世界で五本指には入れるんじゃないの?

 とまあ、何が面白いって、自転車製作だったら、当店の方が長くやっていたって、新しくきたリノさんから習うことだって、まだまだ十分にある、ということは展開の仕方、伸びしろだってまだあると言うことなんでありましょうな。

 ある意味負うた子から浅瀬を教わる、ということでしょう。これから自転車につけるカゴだからといって、自転車業者の持ちもんもからだけではなく、ほぼ無限のカゴの世界が、目の前に開かれている・・・、これぞまさしく、オッフェンハイト、世界の開示性ということなんだろうと思います。

 リノさん一本いただきましたぜ!今後ともよろしく!

※なにやら本日東京新聞に、リノさんの紹介が出たようで、当店もついでにご相伴にあずかっているようであります。そういえば、五、六年前、東京新聞に当店が掲載されたことを思い出しました。新聞といえば、この東京新聞と東スポ・・・。ある意味スゴイ二紙から、取材を受けたもんだと、今更ながらに感慨が深い。今やこの二紙は二大ジャーナリズムじゃないですか!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター