メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

残ったこいつが お供します



故あって、一人になることになり、コイツが一台残った。

 であれば、しっかり働けるように、お供できるようにしないとな。

 いやー、随分乗っていないなあ・・・。置きっぱなしで何もしていない。タイヤも空気は抜けて、あちこち錆だらけ、本当に動くんだろうか?

 といっても、かつてはそこそこ値段もしたし、磨けばキレイになる気もするので、捨てるにはもったいないし、気が引ける。

 さて・・・。

 こういう状況の方って、結構いらっしゃると思いますな。ある種途方にくれている。で、近くの自転車に相談すると、新車購入をすすめられる、なんて・・・お決まりのコースなんであります。

 そういう際には、お持ち込みください。

 ワイヤーやチェーンを中心に交換とメンテをしてやれば、自転車はよほどのことがない限り、しっかり走るようになるんですね。

 今回も、全くその通りの展開です。

 20141014_114052_146_convert_20141016234210.jpg

 錆びているチェーン。磨く方法もありますが、伸びている可能性を考えると、交換ですね。

20141016_144136_582_convert_20141016234325.jpg

 シャンとしてくる感じですね。

20141016_144131_330_convert_20141016234337.jpg

 ディレーラーも磨いて、ワイヤーを交換します。

20141016_144144_471_convert_20141016234314.jpg

 シフター二本に、ブレーキ二本の合計四本です。

 ワイヤー取替といっても張替えの際に、調整が入りますので、それが再生の肝になっていくわけであります。

20141016_144229_792_convert_20141016234221.jpg

 軸の中心のbb、コイツは今回交換しました。スクエアテーパーの結構いいやつです。クランクはコロコロ回るようになります。

 20141016_144156_396_convert_20141016234245.jpg

 ヘッドパーツも洗浄して、グリスアップをいたします。

 20141016_144149_363_convert_20141016234259.jpg

 軽く振れをとったあとのホイールハブ、コイツもグリスアップね。こういうことを年に一度しっかりやってやると、長持ちします。

20141016_144204_207_convert_20141016234233.jpg

 後輪も同じ、グリスを入れて玉押し調整をします。放って置かれたこうした中の様子は、まあすごいですねえ。

 汚れ仕事ですが、ディグリーサーで汚れや古いグリスを洗い直して、ベアリングを一個一個磨いて、新しいグリスを充填しては、磨いたベアリングを綺麗に並べて、玉押しを調整しながら入れていく。

 最後に手で軸を回してみるとき、まあここに微妙な値段の差が出てくる・・・という感じでしょうかね。

 ですから、グレードに沿った調整・・・ということになります。

20141014_114119_334_convert_20141016234410.jpg

 溶けかかった、グリップ。握ると手のひらにコールターのような溶けた黒いゴムがこびりつきます。これは取り替えないとなあ。

20141016_144116_604_convert_20141016234351.jpg

 そんなこんなで、ほとんど問題なく、再生ができました。ある意味こんなことで、しっかり生き返るんであります。捨てる必要など一切なし!買い替えの必要もなし!なんであります。

 何はともあれ、君は再生して、しっかり乗せられるようになったのだ。独り身になる主人にしっかり寄り添って、お供してくれ。

 いろんな景色を見せてやりなさい、長い距離を一緒に走ってやりなさい。その内に、君のご主人はそれまで気付かなかった何かに気づくようになるでしょう。

 でも君は、知らん顔しつつも、一緒に走り続けてやってくれ。そういう時、君は単なる金属の乗り物を超えた何かになるんだよねえ・・・。

 で、そういう自転車をいじるとき、店主は自転車屋から獣医にでもなったような気になるのでありました。

000008-21@17-18-19-307_convert_20140823003032_20141024160652a14.jpg
※ドロップ化した、マウンテンバイク。ツーリングにいい。サスがあるから、のんびり派向きだね。
FC2 Management

シマノ11sを120エンドに入れました!



 これはなんでしょう?

 20141023_164305_344_convert_20141023231512.jpg

 メーカーはfujiですね。

20141023_164300_184_convert_20141023231524.jpg

 フジクラシック・・・ということは、ピストか。

20141023_164325_505_convert_20141023231428.jpg

 前シングルであります。

20141023_164319_807_convert_20141023231440.jpg

 ピストハンドルに、もうちょっといいブレーキレバーつければもっといいかと思いますが・・・。

20141023_164314_641_convert_20141023231456.jpg

 カンパベローチェがついてますね、一点変わり種主義といいましょうか?

 ところがなんであります!

20141023_164331_434_convert_20141023231416.jpg

 リアにディレーラーがついていますな・・・。

20141023_164407_589_convert_20141023231404.jpg

 スプロケットの枚数を数えてみると・・・。なんと11枚あります。といことは・・・。

20141023_164434_826_convert_20141023231352.jpg

 5800になった、シマノの105コンポのリアハブなんであります。

 で、先ほど、コイツはピスト車両だ、ということが分かっていますが、だとすると・・・。

 エンドは当然120エンド・・・、その120エンドに現行105が入る?11速がはいる?ということ?

 配送です、ついに5800になりました、105の11sハブを120エンドに収めること、成功したというわけです!

今までは5700のハブではやっておりましたが、内部の機構が大幅に変わった5800で果たしてできるのか?と、サンプル一個、失敗覚悟で、解体しては、入れ替え詰替を繰り返し、121ミリまでダウンサイズ成功!

 手持ちの機械を増やせば、もっと楽に綺麗に120エンド化は、可能かと思います。

20141023_164451_200_convert_20141023231340.jpg

 だから何?と言われれば・・・、別段大したことのない改造なんですが・・・。

 ところでシフターは・・・。

20141023_164502_265_convert_20141023231318.jpg

 Wレバーは11sでは作ってくれなくなりましたが、バーコんは健在ということで、コイツで引くことに。

 で、用途なんでありますが・・・。競輪選手が街道行く際に、手持ちのピストフレームに5800の105コンポを載せて、走ることが出来る!・・・ということぐらいかな?

 この話が、選手会などに伝われば、何人かは面白いと思う選手がいるかもしれない・・・が。

 あとは、眠っている120ミリエンドのフレームが、カンパ、シマノともに11sとして、走らせることが可能になった・・・ということぐらいかな?

 まあ、苦労した程の反応も別段ないことは、最初からわかっていながらも、数千人に一人いるかいないか?のご希望される方のために、ひとつやってみた・・・という訳なんで、あります。

20141023_164248_382_convert_20141023231542.jpg
 こうして見ると、最初から多段の自転車のようなツラしています。前を二枚にしてやれば、ほぼ完璧なロードに変身。

 こういうのもいいよね。かつてのピストブームで、フレームといえば、ピストばかりを集めていた人なんかには、朗報かもしれませんね。

 がっちりアルミの太いチューブピストなんてあったら、あんなのに新生105つけて走ってみるなんていうのは、面白いかもなあ・・・。

 まあ、いずれ酔狂な方であるには違いありませんな。

 そんなわけで、ゆっくりと、ピストフレームへの新生105載せ、ご希望者が来られるのを、首をなガーくしてお待ちしています!

稲刈り その後 脱穀なんかに行ってまいりました



 今年は、ゆえあって株数だけは多いんですが、各株の中身といえば、ポソっとしたもんで、ひとえに草取りが少なすぎということなんであります。

 もっと七月に足繁く・・・行くべきだった・・・、毎年思うことなんでもありますが。

 通常なら、十月はじめの稲刈りとこのハザがけが終わったら、今年の作業終わり!だったんですが、師匠の調子が万全ではない・・・といっても年相応なんだと思いますが、今までがサイボーグ過ぎたのかもしれませんね。

 しかも、カカなんぞは稲刈り後の工程も知らずということもあって、脱穀などの後処理を手伝いにちょっくら田麦山に行ってまいりました。

 まず行くと、芋ほりに行こう!と。

 大抵そうなんですよね、なんか遊びの仕掛けを用意してくれます。ひどい場合なんかは、作業そっちのけで、コスモス見に行こう!ですもんね。まあ、今年はさすがにそれはありませんでしたが。

 20141020_135735_513_convert_20141023102503_20141023103155067.jpg

 とれたサツマイモを洗いますが。

 20141020_135747_294_convert_20141023102451_2014102310315389f.jpg

 この鮮やかさは一体何だ?と思いませんか?

 こいつら地中にうもれているだけなのに、なんでこんな色のアピールが必要なんでしょう?ミミズ(目あるのか?)なんかでも呼ぼうという魂胆なのでしょうか?といっても、花粉もくそもないわけで、この色の自然学的な意味はわからない・・・ですよ。

 田んぼの真ん中で藁で焚き火をして、置き火を作って、そこに芋を投げてゆっくり加熱して、いただきました。

 20141020_173812_531_convert_20141023102437_20141023103129dba.jpg

 さて、作業に入りますが、まずは下ろした稲の束から、草取りでサボった分、ヒエが入っていますので、それを取り出して、縛り直します。

 それから脱穀して・・・と行きますが、まあ、そのサボった分の仕事は本来ならしなくてもいい無駄仕事・・・だったわけで、農作業の一つ一つの意味を再度噛み締めながらの作業でありました。

 手前に見える機械が、乾燥機。天日ぼしであらかた乾かした稲を再度乾燥機の中で、正確な水分のパーセントまで絞っていきます。

 この正確な・・・というのが大切で、数パーセントずれると、入梅のころカビが生えてしまうということになります。

 早めに食べる米は多め、そうでない米は少し少なめに調整する・・・のがいいかな?

20141021_145751_755_convert_20141023102426_201410231031273ec.jpg

 師匠が見守る中で、学生のバル山田君が脱穀をしています。構造は千歯漕ぎと一緒、それがモーター化しただけの脱穀機に、稲の束を二回ずつ通します。

 バラけた穂が、乾燥機の中に溜まっていきます。なかなか豪快な作業で、それも流れ作業にしていくと、効率いいですねえ。地元のムーミン谷の美容師、森下さんも手伝いに来てくれました、ありがとう!

 穂のなくなった稲の束は、ホウキのようになりまして、それをまた結束して、外へ保管。近くにある牛小屋が引き取りに来るそうです。

 農薬使ってない藁は貴重なんだそうですよ!

 20141021_152606_281_convert_20141023102415_20141023103126d66.jpg

 牛用の藁の手前、ヒエを外した際に出た藁を片付けます。今回子狸はなんやかんやと言いながら、まあ、手伝ってくれた方かな?

 20141021_152610_200_convert_20141023102403_20141023103124f27.jpg

 見よう見まねで、ネコに藁を積む子狸なのでありました。

 遊びと仕事があいまっている、これっていい状態なんじゃない?と思います。

 仕事を横目で見てのお遊び。子供の頃から・・・というのは、結構大事でしょ?藁で随分遊んでいたもんな。そのうち、地元の藁の業師なんかも立ち寄ってくれて、そうなると、一段上の藁遊びができるというわけで・・・。

20141021_153749_761_convert_20141023102343_201410231031235bc.jpg

 いつもだったら、師匠にお任せきりだった作業も完了して・・・とは言っても揉み割りと袋詰めはまだですが・・・。いやー、最後まで神経を使うといえば、使う、農作業を高度に収めようと思うと、やはり大変だ。

 これをきっかけに、もう少しずつ、米作りに近づいていかないと・・・と思います。さて・・・、来年はどうなるか?終わったそばからの会議になりそうですね。

 その辺の動向が決まってからですね、自転車と若者と米作り・・・は!

巨頭会談 と その先にあるもの・・・



 何やら、若いふたりが、真剣に話し合っているようであります。

 この両者の顔に見覚えありますか?

 そう、あの高等高専の二人なのであります。

 片方は三年生、ママチャリ同好会の頭。

 もう一方は、一年生自転車同好会の言いだしっぺ君なのであります。

 前者のハチャメチャぶりは、当ブログではちょっとした名物になっておりまして、他の読者の方々に、実際お会いすると「イヤー、面白い展開になっていますねえ」と目を細められます。

 後者はどちらかというと、米作りの方での活躍がありまして、自転車に関してはこれからが大展開となりそうな感じ。

 この両者が、当店の地下室で何やら密会?しておったわけなのでありますが・・・。

 単純に言えば、自転車に関する集まりとして、統一していこうという動きなんであります。

 学校側とすれば、たまたま気のあった同学年の連中だけで部なるものを認めてしまったら、その子達の卒業で一気に消滅してしまいます。それでは部活とは呼べず、仲良し友達だけのまさに同好会で終わってしまいます。

 学年縦断的な活動がないとダメ!というのは至極まともな規定かと思いますな。

 そこで三年生主体のママチャリ同好会と、一年生主体の自転車同好会がなんとか一緒になれば、縦断という条件は満たすという意味で、両者にとっては渡りに船なんでありましょう。

 ただ、店主のようなオヤジからすれば、一年生や三年生の違いなんて、カスみたいなもんですが、当人らにとっては、この差は小さくはない。

 まあ、その辺、上手く合わせてだね、当初それぞれの持ち味なんかも殺さずに、統一できたらいいかと思うんだが・・・。

 あのふたりを見る限りでは、大丈夫でしょ?

 学校に届出をしてから、一年くらい審査がかかるんでしょうか?その間にまた実績を積んで、泊をつけていく・・・出来ることをやっていこうなあ・・・。

 と堅苦しい会合も終わったようで、外に出てみると、団長の方がサドルのトラブルを言ってきた。

 どうも台風で自転車が倒れて、サドルを破ってしまったらしい。あ〜、よくあることねえ。

 破れるとそこから水が入って、完全に乾くまでに時間がかかる。その間中ずっとズボンが濡れてしまう。

 どうします?新しいもの購入しますか?

 なーんてことさせるわけがない!

 持ってきな・・・ということで、表側をバリバリとはがさせる・・・。

20141019_153223_889_convert_20141023083755.jpg
 
 高分子のクッションを外して・・・、さらには皮を止めていた金具類も全て外す。

20141019_153308_418_convert_20141023083708.jpg

 すると・・・どうなるか?

20141019_153242_429_convert_20141023083743.jpg
 
 こうなるのであります。プラスチックの板一枚。ホッチキスのあとは、気になればヤスリかければよい。

 これで濡れても、手や息でで水滴をはらえばよし、そして倒れても、多少傷がつくくらいでこれ以上の損傷はなし。いいことだらけ、しかもただ・・・。

 そして、それ以上に、解体している時の奴らの好奇の声といったら・・・。

 へえーこうなっているんですか?ええ?ここも外せる?・・・出来た・・・。

店主らから見ると、当たり前のことが、この子達にはそうではない・・・。では、もう一個あるんで、やってみるか?と渡すとなんとかやっていましたね。

 手つきは、なんともお淑やかなのであります。あんまり解体なれしていないなあ。

 でも、解体しながら、逆に作られてきた工程を読んでみたり、大量生産させるためには、ここまでは同じものを使って、ここに穴留めをつけて、別物に変えていくんだ・・・など、分かることが非常に多い・・・ということが分かる。

 特に団長は、生産管理という学科にいるらしく、こうした具体的なものを前にそういうことができるなんていうのは、ある意味すごいことなんだよね。

20141019_153256_871_convert_20141023083730.jpg


 大体、店主はもちろんのこと、ポキさん、大森さんも、ガキの頃から解体のオンパレードなのであります。そして、出入りする方々も多方そうですね。子供の頃から、分解、解体しては壊して、怒られて・・・を繰り返し、高学年くらいになると段々ものを直せるようになってきて、という過程をたどってきています。

 解体、分解というのは大切なんだよねえ、思われている以上にね。

 ということは・・・、解体部なんていう部活を作ってもいいんじゃないの?なんてことすら思えてきましたよ。

 学校では、物ができていく過程を体験して、部活ではその逆、ものが分解されて一つ一つのバーツになっていく様を体験する。行儀のいい授業を受けて、それを行儀悪くひっくり返す・・・イヒヒヒヒ。

 そしてことはそれでは終わらない・・・、解体したものを素材ごとに分類していく、鉄、ステンレス、アルミ、真鍮と。

 それをその筋の方に買い取ってもらったら・・・活動資金源になる・・・・。しかも時給なんてものに縛られない、行儀の悪い勉強も兼ねての解体作業・・・。

 もちろん現実的には、未成年から買取る業者などはない・・・、ということで、モロこんなやり方ではできませんが。

 ものが捨てられている現場というものを、これから物を作る若い子達が見ておくというのは、非常に重要なことじゃない?

 そして、解体のことまでも考えてものを作るなんてことも大事でしょ?

 まあ、いいことだらけなんだわさ。

 ということで、自転車部の成立・・・、以前からかな?こうしたことの一端に触れられるような体験をさせていこうかな?なんて、頼まれてもしないのに、考える店主なのでありました・・・。

 まあ、手と頭と足を動かして、いろいろやってみよ。これからの世の中は・・・などと大上段なことは言えないが、もう飼い殺しの時代は終わった・・・と思ってよし。

 機転を利かせて、隙間を見つける眼を養って、仲間集めて・・・技磨いて、関係作って・・・、一人以上のものを作っていく、という動きだろう?手足の縛られた、つまらん仕事をあえてしたいならいいが、そうして得られるかもしれない「安定」なんてものは、まあほとんど幻想になっていくだろうな。

  対して伝える程のものはない店主ではあるが、吸収する意味があると思えば、いくらでも持っていけ、と思う。

 若い子達には全く期待しない店主は、だからこそ無責任に色々と提案するのだ!もっと仕掛けてやるから、見ていろ、コノヤロー!

05-08@16-26-52-136_convert_20140508192810_20141023101148689.jpg
※こいつも、解体と組み付けを繰り返してこうなった、という代物。乗ってもいじっても面白ぞ!

新旧交えての持ち込み天国 ヘッドは持ち込んでほしい・・・

※復帰したといっても、慣れない変換ソフトでイライラ、書き手にとって変換スピードや効率は、妥協できないなあ、と思いつつも、歯軋りの日々が続きそうなのであります。



 ウィリエールのカーボンフレームの持ち込み、後手持ちパーツの持込でj組み付けることに。

 その辺はかなり臨機応変な当店ですが、持ってきてもらわないと、ちょいと困るパーツがありまして。

20141009_115114_256_convert_20141022200745.jpg

 こいつなんであります。ヘッドパーツ。

 こうしたカーボン系フレームのヘッドパーツって、まだ確立途上なのでは?思えるほど、種類があるんですねえ、イタリアンとジスしかない一インチからすると、本当面倒くさいんです。

 大体似たような・・・とは思っても、ちょっとした角度のちがいなどがありまして、大方互換性などないんでしょうね。

 しかも、信じられないのがカーボンのヘッドチューブに直接にシールドを置くものがあって、カーボンが硬いといっても、金属部との接触からすれ・・・ば。

 完全にメーカーさんたちは、フレームまでも消耗品として、考えているのかしら?

 こんなフレームのがたを放っておいたら、フレーム自身がだめになる、それでいいのかしら?

あと下ワンの形状によっては、ワン外し工具で外せないものもあります。ではどうするか?曲線のあるノミのようは工具で叩く、なんて・・・。フォークのクラウンレースがダメになる可能性もあるものを、平気で設計して売り出すなんていう神経も理解に苦しみます。

 そんなこんなで、種類の多さと、設計思想のちぐはぐもあって、カーボン車のヘッドパーツはできればいじりたくはない、というところなのであります。

 大体、フレームフォーク一体型となっている今では、ヘッドパーツがついていないほうが珍しいくらいで、だいたいはあるんですよ!

 でも、今回はありませんでした・・・。

 はっきり言って、あせったねえ。結果から言うと探せたのでよかったが、ヘッドパーツを計る計測板にも入っていなかったくらいのモダンなもので、ノギスでいろいろ大変でした。探し出せて、よかった・・・。

 20141018_151956_868_convert_20141022200658.jpg

 基本手持ちの57系105なので、ありますが。

20141018_152046_745_convert_20141022200445.jpg

 一つ前のものなので、10速コンポ。まあ、十分じゃない?という中でも、ないものは新生105にて、引っ張ります。

20141018_151948_780_convert_20141022200709.jpg

 フォーアームの新生105クランクなのであります。まあ105だから、フォーアームでもいいか。さして見た目に違和感なし,というところでしょうか。

 来年のフォーアームのカンパがどうなることやら・・・、といっても高級コンポなので、しばらく当店には関係ありそうにないですが。

 20141018_152018_683_convert_20141022200559.jpg

 ホイールが、・・・うれしいねえDT585リムに黒スポークでのワンペア。

 思わず、こうこなくっちゃ!という感じであります。

20141018_152001_138_convert_20141022200620.jpg

 後輪のハブには新生105のハブを入れておきました。今後この車体で、11速化をする際に、ホイールが適用できるか田舎はでかい違いですからね。

 あとそうそう、クロスポークが高騰しました!円安なのか?何なのか?アベノ何チャラだかなんかは知りませんが、この辺はだいぶよくありません。

 一本黒ニップルとあわせると100円以上します・・・。この辺もまいりましたが、見た目は黒スポーク・・・やはりなんともいえない高級感がありますな。

 20141018_151933_529_convert_20141022200722.jpg

 走りを求めて川の付近まで引っ越されたとのこと。車体になれて、ホイールも馴染んできた頃には、すげえ・・・と、思わず独り言が飛び出るほどの、加速感が実感できるかと思いますよ。

 まあ、こんな持込であっても、常識の範囲であれば、当店はお受けいたします!
 
 やっぱりレーサーは、メンテができるところが近いところにあるに越したことはない。目先の安さだけで購入して、一度もベストなセッティングで乗られないロードがあるとすれば、一言、不幸なのであります。

 施工関係も含めて、いい状態で乗り続けたいと思うのであれば、どうぞ、この持ち込みシステムをご利用ください!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター