メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

またまた来たよ!メイト mate 両足スタンド付け



 このメイトって覚えています?一見バイクだよね、何がって全部が。

 サスペンションは自転車にもあるが、このぶっといタイヤは、まあほとんどありえないんだが、それを実現してしまった車体が、このメイト。

 このタイヤ、多分通常の自転車屋の工具では着脱はできないだろうね、バイク屋の工具でないとね。

261643768_4641607829251682_4474706838776643933_n_convert_20211128012102.jpg

 ダブルサスですね、自転車にもあるが、うん、何もかもが太い、太すぎる。

261643864_4641607939251671_4280831384467607839_n_convert_20211128012116.jpg

 これなんかはモロ自転車です、前シングルですね。ただ、こいつのBBは特殊だったはず、幅が広かったよ、確か。この辺の特殊パーツは多めにとって置くことをおすすめします。長く乗りたいのならね。

 突然販売を中止する、なんてことだって、多いにあるんじゃない?

261300612_4641607139251751_1161900924769829902_n_convert_20211128012002.jpg

 ハンドルはT字型。車体自身が折りたたみなので、このT字ハンドルも倒れるようにできている。店主が観念的に怖がるタイプなんだなあ・・・、走っている時突然パタンときたらどうしよう・・・と。

261755832_4641607275918404_1214068931078081311_n_convert_20211128012207.jpg

 で、今回も両足スタンドを付けてほしいというご要望。何台目だっけね?改造するような店は他にもありそうなんだが、アチコと断られるということらしい。

 261398569_4641607412585057_3566979801012894186_n_convert_20211128012018.jpg

 メインのナットと、ダボ穴を使っての二重どめ、重い車体だがこれで持つのではないか?と。

そして、なんで両足スタンドなど取り付けようとしたのか?というと、

261793606_4641607595918372_3140690259260133764_n_convert_20211128012244.jpg

 子育て号にするためです。今回は久々のイェップがつきますね。ただし、このメイトの特殊な太いパイプの荷台に取り付けるためには、ちょっと工夫も。

 261629514_4641607732585025_2559308348552725761_n_convert_20211128012046.jpg

 元の金具で届きにくい場合は、他の金具を加工して使う、多少シート自身を開くことになるが、まあ、それは許容範囲ということだ。

 261435228_4641608179251647_6757035516583673289_n_convert_20211128012033.jpg

 これは送られてきたらしいが、七部組を自分で組み立てるということです。ウーン・・・自転車屋でも嫌がる人はいるだろうなあという車体、これを素人さんに最終段階の組付けを要求するというのも、強気なメーカー・・・という感じがしますね。

 実際に、手に終えていないところもいくつかありましたからね。ことにこのヘッド周りはちょいと修正が必要でしたわね。

 261256165_4641608065918325_2535844510134919051_n_convert_20211128011948.jpg

 両足スタンドは付けたものの、当初から付いているこの一本足スタンドは残すことに。簡易に止める際に、車体全部を引張上げる両足スタンドよりも、一本立てるだけで、自転車を自立させられるこいつを残しておくと、何かと便利でありましょうな。

 261710357_4641606419251823_4495113100897776112_n_convert_20211128012149.jpg

 はい、なんとか完成しました!別に当店は、この車体を扱っているわけでもありませんし、スモールパーツを取り寄せられる店でもありませんが、まあ、できることはやりますし、できそうなことも、できるよう努力しますので、この手の車体をいじるというのは勉強という感じで嫌いではないなあ・・・。



 

スポンサーサイト



トライアスロン号の牙を抜く ただ抜くだけじゃあねえ・・・



 これもパナソニックの鉄レーサーですね。元トライアスロンで使用されていたということです。あれ?最近同じような記事がありましたね・・・。

 そう、出処は同じところからといっていいでしょうね。ご夫婦・・・だったかな?

 前回の車体、旦那氏の方はゴチゴチのトライアスロン号を、セミドロップの車体に変えたのでありました。ドロップハンドルにDHバーなんて、戦闘モードがセミドロップの街乗り快走モードへ、という変化でありましたね。

 牙の抜き方にも色々ある、今回もその例になるかもしれませんな。

 260812320_4634930639919401_1106407013243088953_n_convert_20211125230537.jpg

 どちらかというと、旦那さんのほうがトライアスロンに関してはかなりやる気があったらしく、それに付き合う形で王様もやっていた、ということらしいんですがね。

 260839738_4634929863252812_1833257452776565189_n_convert_20211125230551.jpg

 これも同じくかつての決戦輪っぱといえばチューブラーだったので、街乗りにするには、クリンチャー化をしたというわけであります。

 できれば、使っていたハブで組み付けたかったんですが、ホール数にズレがあったので、今回はすべて新品で組むことに。

 261454227_4634929959919469_1184158825940597583_n_convert_20211125230726.jpg

 そして、このクランクのチェーンリンクをみても、元ガチのトライアスロン号だったことの片鱗が見えますな。アウター53T、インナー42Tなんて、正真正銘の男ギアであります。まあ、車体が650Cなので、700Cとは単純には比べられませんが、イヤー、頑張って踏んでいたんだなあ・・・ということは忍ばれますな。

 このクランクとチェーンリンクはそのままに、12−23なんていう鬼のスプロケを交換していく方向になりました。

 261219742_4634930396586092_257770112568548295_n_convert_20211125230615.jpg

 ディレーラーはもともと付いていた、ショートゲージものを使います、見た目もいいんでね。そうなると、スプロケの歯数制限がかなり狭まれますが。

260779537_4634930133252785_1394049563669474424_n_convert_20211125230523.jpg

 このスプロケはワイドレシオだよ、12−32T、こんなのかつてはレーサー系のコンポで取り付けるなんて双方無理があったわけですが・・・

261303901_4634930506586081_7840785082190102832_n_convert_20211125230657.jpg

 このディレーラーハンガーの下に、下駄を履かせるという手でもって、ショートゲージのディレーラーをロングゲージと同じ機能にさせてしまうというマジックをかけてやりますと、可能となります。

 かつての自転車にはやはりかつてのコンポ類が似合うとすると、できるだけ使い続けてやるといい。ただし、ギア比などで、かつてのものが踏めなくなると、チェーンリンクを小さくしたり、スプロケを逆にでかくする必要がでてくるでしょう。

 見た目も重要だが、ギア比等の中身も重要ということなんですね。

 かっこよくないアンバランスな自転車には乗りたくはない、と言って、若い時に踏めたギア比やポジションがそのまま時間を経て使い続けられるわけでもない。

 前者を取ったら、乗るのが辛い。後者を取ったら、見た目を諦めなければならない。両者ともに辛いというのであれば、こうした妥協、許せる妥協案を模索するしかない・・・。

 こんなことで眠っているレーサー類が、再度高齢になった利用者と再会できるのであれば、こんなに嬉しいことはない。当店の大事にしたい仕事でもあります・・・。具体的な形で近い内に、例示させていきましょうかね。

 261300779_4634929719919493_4656040868374400346_n_convert_20211125230641.jpg

 そして、これも女性である奥様からのご希望で、前カゴを付けてほしいという。よくある話ですね。

261256296_4634929303252868_8557047189080702627_n_convert_20211125230630.jpg

 ハンドルはプロムナード系・・・なんだが、これはよく見ると、ひっくり返すとセミドロップになる形状、つまり旦那氏の改造車のハンドルと上下が逆さになっているということなんであります。

261002624_4634929499919515_3778820069174015590_n_convert_20211125230604.jpg

 上体を起こして、ゆったり走れますね。と同時に縦ハンドルのためか?原因はわかりませんが、引くと結構走るんですね、不思議なりプロムナードハンドル・・・。

 260709211_4634929193252879_2363968815927753313_n_convert_20211125230510.jpg

 もとがガチのレーサーのせいか、ある意味ガチの快走車になっています!踏んでも隙きがない、踏めば舞に出る。それが快走なら、本当ガチの快走車ですね、いい自転車でありますね・・・。

 ハンドルが変わって、カゴが付いても、レーサーの血は流れている、それは乗ればすぐにわかりますね、さすがれレーサー・・・だわな。


ピストのハンドルは 帽子か?



 まずはWレバーのツーリング車だったのだ。ところがこいつのエンドがロードエンドという、引きシロを取れる形状のエンドだったため、これをシングル、しかも固定ギアに変身させた、というの前回までのお話です。

 240935568_4358742610871540_2519660186287722468_n_convert_20210829200554_20211125222623288.jpg

 ドロップのマースバーというタイプのハンドルから始まったんであります。ただ、よく店主も言っていることですが、ピストのハンドルにはブレーキレバーとワイヤーしか付いていません、当たり前ですがシフト系のものは一切付いていないんですね。
 
 ですから、取り外す時は、ブレーキワイヤー前後二本を抜けば、ハンドルは即取り外すことができるというわけであります。つまり、ハンドル交換する際の手間が、シフトのある自転車に比べれば、非常に簡単にできてしまう、ということを意味します。

 ちょっと極端な言い方ですが、帽子を取り替える感覚で、ハンドルを交換することができる、といってもいいくらいね。

 しかもハンドル形状が変わると車種が変わるというくらい、その影響力は強いので、自分でブレーキワイヤーの処置ができるようになると、この車種をも飛び越えるかに思えるハンドル交換を自分でできてしまう、ということでもありますね。

 そんでもって、この車体、その帽子を今回取り替えたんであります。

260787417_4634807869931678_8505540532257224475_n_convert_20211125222258.jpg

 ブルホーンに交換したみたいだぞ。ただ、ブレーキレバーは同じものを使っている、取り付けの向きが変わってしまったが、勿論これは使えなくはない、ある意味ブルホーンの典型的な取り付け方、といってもいいかもね。

 260692590_4634808039931661_220512682741078241_n_convert_20211125221805.jpg

 ブルホーンはフラットバーと違って、縦の握りができ、上体の前後運動も可能なため、フラットハンドルよりも疲れにくいかもしれない。

 ただドロップハンドルのような、上下の運動がない、という点はあるが、形の特殊性なんかも含めて、非常に人気のあるハンドルでもあるわね。

 多段に戻す際、ブルホーンの先端にバーコンを取り付ければ、シフトもできるようになるね、ハイハイ。

 260687497_4634808499931615_1171480769884818283_n_convert_20211125221750.jpg

 うん、見た目もまずまずですね。この冬はこいつでブヒブヒいわせて走るんだろうなあ・・・、ニューヨークのメッセンジャーなんかも意識しながら・・・?

 ただ、まだこの方には今年いっぱい不吉な店主の予言が生きている・・・んであります。

DSC_7999_convert_20210609202531_20210829201211114_20211125222628a15.jpg

 今年の夏前頃だったか、タクシーの後方にぶつかり落車を起こして、鎖骨を折るという大怪我をしたんだが、その不吉な予感というのは、今年中に再度もう一回鎖骨を折りそうだ・・・という予言なんであります。

 後一月とちょっとの間、この不吉予言には効果がるので、非常に気をつけて、慎重の上にも慎重に、新しいハンドルで乗り回してもらいたい、と思うわけです。ぜひとも杞憂で終わらせてもらいたいのであります。

 今年の当店周りでの受難は、1月3日の頭蓋骨骨折から始まった・・・、もういい、今年はもうこれ以上何も起きないよう願うのみだ。

 鎖骨折だけは勘弁しておくんなまし!

バリバリのトライアスロン車体をサイクリング車に



 パナソニックの鉄フレーム、こいつでなんとトライアスロンをマジでやっていた車体が持ち込まれてきた。聞くところによると、これを街乗り使用にしたいという。なるほど牙を抜くということですね。色々やり方はあるだろうが、ちょっと工夫してやってみた。

260322902_4631706906908441_4660300927309889544_n_convert_20211124233444.jpg

 まず、ホイールが650C・・・、当初のトライアスロン車の標準は650Cだった・・・。もちろん当時の決戦用の輪っぱはチューブラー・・・、街乗り使用にしたいというのなら、クリンチャーリムで組み直さないと、不便であります。

 ようやく、資材が回り始めた、650Cリムが入手できたんで、1ペア組み付けましたよ。

261063473_4631707010241764_7162270557719659234_n_convert_20211124233645.jpg

 そして、ハンドルをドロップにDHバーの付いていたものを取り外して、セミドロップものに交換。のんびり乗ってください。

 調子の悪かったSTIを直して、再度取り付けましたんで、シフター代、ブレーキレバー台の必要はなくなりました。

 そしてさてお立ち会い!街乗り使用にするのにちょっと重要になるポイントを提案してみたよ!

 もともと付いていたスプロケが、かつての決戦使用だと12−23とかの、非常に詰めたクロスレシオもの。ストイックに乗っていたんだねえ。でも、引退して街乗りにするのに、この競争ギアではつかれるでありましょう、ではこの辺を取り替えましょう。

 ただし!単なる取り替えでないので、よーくご覧あれ・・・。

 260437073_4631707270241738_8123563315800242716_n_convert_20211124233537.jpg

 これで見ると、何だ!なんかスプロケヲでかいものに交換しただけじゃね?と思うだろうな・・・、リアディレーラーを見ると、かつてのクロスレシおのショートゲージのディレーラーが付いています。

260829029_4631707393575059_5135418049728974843_n_convert_20211124233612.jpg

 デカイだろう?このスプロケ、なんと12−33何ていう、すこぶる今日的なワイドレシオに交換している。でもそうなると、ショートゲージのリアディレーラーでは当然引くことはできません・・・、ではどうするか?

 260419083_4631707503575048_7719360488365793309_n_convert_20211124233521.jpg

 そうした場合は、このようにディレーラーハンガーとディレーラーの間に下駄を履かせるのです。こうすることで、ショートゲージでも、ロングゲージと同じような働きをしてくれることになりますね。

 いわれてみれば当たり前のことですが、なかなか気づかないポイントじゃないかな?店主の一台もこれを実践しています。世は超高齢社会、こうした小物を利用して、より快適なサイクルライフ実現のために、日夜研鑽!!!!

 260656985_4631707966908335_248576596026056527_n_convert_20211124233557.jpg

 街乗りしようと言っても、元はレーサー、その片鱗はどこかにのこしたい。そして、そんな片鱗の残る車体に乗っている内に、また車体にそそのかされて、思っていた以上の距離を走ってしまうことだって大いにあり得る。

 その滝、相当の峠だってより楽に超えられたら・・・、そんな可能性もどこかに残しておきたい・・・、また乗り手がやる気になった時、車体も待ってました!とばかり第二、第三のスパークが起きたら、また楽しからずや!

13年ぶりにやってきたソーマ



 もう二店舗前の旧店舗時代の写真ですねえ、懐かしい。13年まえのものです。この時に組み付けたこの一台が、ちょこっと戻ってきたんであります。

 260460211_4631162753629523_967767046946341652_n_convert_20211124225747.jpg

 東京サンエスがやっているアメリカかな?ソーマというブランドの鉄フレームですね。

260681077_4631163010296164_262375893420099117_n_convert_20211124225808.jpg

 時間は経っていますが、メッキラグなんておしゃれなフレームですね。この車体のあちこちがガタが来ていたんで、入院と来たわけです。

 特にひどかったのは・・・。

260389949_4631163133629485_8509003261252077831_n_convert_20211124225736.jpg

 リアディレーラーの取り付けネジがへし折れるなんてことが起きました。いまカンパのリアディレーラーで、いいのある?シルバーのいいのある?

 まあ、聞くまでもない。となると、別モンで代替するか、直すか・・・。

 たまたま、あったシマノの取り付けボルトが使えたんでそれを利用して、なんとか戻す。でもまあ、正真正銘の本調子ではないでしょうね、元も手大変疲れたリアディレーラーでありましたし、今も躯体のプレートに少しヒビのようなものが観察されますんで、まあ、今少し持たす・・・という程度でありましょうかね。

260951200_4631163256962806_7377654918217249618_n_convert_20211124225908.jpg

 チェーンも様子のいい最近のシルバーチェーンを張ります。

 260825768_4631163393629459_6343660252616118646_n_convert_20211124225843.jpg

 ファイブピンに少しサビがありますが、13年経ってもまだ基本きれいでありますね。

 260857344_4631163730296092_5546701985457034167_n_convert_20211124225855.jpg

 10速のエルゴパワー、ケンタウロでもカーボンレバー・・・。

 260732574_4631163816962750_7802836105958332315_n_convert_20211124225821.jpg

 今のメトロン星人でないエルゴ、形はこっちがかっこいいな・・・。機能的にはメトロン星人かな?

 かつてのいいものが随所に残っているな。

 260779528_4631163513629447_8961291541353901985_n_convert_20211124225831.jpg

 ブレーキだけはカンパは使えなかった。ショートリーチはフレームのクリアランス上、使えなかったんですね、惜しい・・・。

 261013729_4631163963629402_7812543370237339633_n_convert_20211124230133.jpg

 いまカンパのハブなんか手に入るのか?当時は手に入ったわけだ。そして、

260358208_4631164190296046_1016394899844082608_n_convert_20211124225725.jpg

 当時ぐらいまではもう定番中の定番だったかな?マビックオープンプロですね。実にオーソドックス・・・。

 261013352_4631163640296101_1192709139877887758_n_convert_20211124225918.jpg

 ブルックスのサドルは、古くなるほど味が出るというものです。いい革はかすれませんな。

 260584320_4631164610296004_4083193570414369127_n_convert_20211124225758.jpg

 13年経ってもまだこのくらい、まだまだこの先も行けるでしょう。多少のパーツの交換の必要はあるかもしれませんが。

 まだまだ乗る気であるなら、乗せましょう。今回保留にしたところもありますが、ゆっくり乗り始めから、徐々に整えていくのもありでしょう。年も経ちましたし、再度乗り手と車体の調整なんてところもあるかもしれませんね。

 店主が自転車屋を続けられる限り、見続けますぞ!



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター