メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

新学期だねえ・・・



 やはり四月は新学期、新年度なんですねえ。新しい学校や職場に向けて、色んな準備が必要な時期、自転車にもその波は来るようで、例外ではないようです。

 これは・・・、子供用のなんちゃってマウンテンなんですね。

 DSC_2244_convert_20180420221442.jpg

 すごい事が描かれています。マジでなんちゃってなんですねえ・・・。

 今年高校一年生になった、高校の途中までこの自転車を使っていきたい。ただ・・・サッカー部に入ってしまった。スパイクやその他で、リュック一つではどうも行かなくなってきたらしい。なので、カゴが欲しくなったということだ。

 DSC_0021_convert_20180420221314.jpg

 見た目だけの、悪路に入ってはいけないサスペンション・・・、リジッドフォークにすれば、前カゴ簡単につくんだが。サスで上下するとなるとステムからフォークのエンドにまでまたがる取り付けはできないということだ。

 なれば、サスフォークの下で完結できるまずは台座を取り付けよう。

 DSC_2240_convert_20180420221402.jpg

 こういうカンチブレーキ台座に載るタイプの台座を付ける。

 ただこれだけだと、取り付け位置が中心に集まってしまい、強度という面ではちょっと心配になる。補強が必要だ。

DSC_0022_convert_20180420221322.jpg
 
 フロントホイールがナット付けなんで、ここからした支えを取り付けるという手はある。

DSC_2241_convert_20180420221414.jpg

 このようにね。取り付けポイントは広い範囲にすることに越したことはない。

DSC_2242_convert_20180420221424.jpg

 そうすると、こんな感じになります。下からしっかり支えるという考え方ですね。

 DSC_2243_convert_20180420221433.jpg

 通常は、ヘッドパーツの上部から、取り付け金具が伸びて固定するという形式を取りますが、何度も言いますように、このフォークの下半分は力のかかり方によって、上下する機構があるので、ここからの取り付け金具で固定すると、その上下の機構が使えなくなる、または上下機構がその金具を金属疲労に持っていく可能性が出てきます。

 なので、絶対につなげない、その分下からの補強をしてやるという考えです。

DSC_2239_convert_20180420221354.jpg

 かなりデカイのが付いた。ここなら、リュックやスパイまではいるだろうね。これからはリュックは暑くなる、背かなの放熱ができなくなる、汗が引かないので、リュックの背面や着るものに塩の結晶が付くようになる。冬はいいが、夏のリュックはつらい。

 DSC_2238_convert_20180420221340.jpg

 小学校の頃から乗っていた自転車に、この四月高校生になっても乗り続ける、その際に、カバンや荷物用のカゴを取り付けた。

 まさに四月の新学期ならではだ。こんなやりとりをしているときに、同じ案件の質問が来た。白髪のご婦人から、孫が高校生になって、自転車にカゴ付けたいんで、買ったとこに持っていったら、カゴが付かないと言われた・・・どうしよう?と。

 ちょうどこの自転車を見せると、そうそう、こんな感じの自転車!孫呼んでくるわ!と手応えを得たように、喜んで帰って行った。


 今年の四月は、実に新年度な四月だね・・・。ピカピカの一年生どもめ・・・、めでてーなあ・・・。
スポンサーサイト

自転車遊びの達人 毎度登場・・・



 イヤー、ようやくこれが見つかったから、持ってきたんですよ・・・・!

 これというのは?

 このアルミフォークです、ディスク台座だけでなく、Vブレーキの台座の付いた、アルミフォーク・・・。ヘエ、そんなの探していたの?

 カーボンフォークじゃやだったみたい、独自の美意識を持つ、自転車遊びの達人でもある、毎度あり!

 そんでもって、塩漬けしていたフレームが起き上がる。

 DSC_0018_convert_20180419225520.jpg

 ジャイアントのカーボンフレーム?どっかで落としてきたな。しかし、ようやっとカーボンに行きましたか・・・、時間の問題かと思っていましたが、しかし入り方が、あまりにこの方特有、アルミフォークで入るとはねえ・・・。

 カーボンフレームというと、ヘッドは?

 DSC_0009_convert_20180419225420.jpg

 当然インテグラル?かと思いきや、オーバーサイズの普通のヘッドパーツ。なんとも完成途上のフレームのように見えます。

 DSC_0010_convert_20180419225429.jpg

 ダイアコンペのヘッドパーツが普通に圧入されていますが、ある意味これが、安心ですね。インテグラルは、カーボンヘッドチューブに直に台座を整形しているんで・・・、そこがもしダメになるということは、フレーム自体がダメになる事と同じなんだよね。

 おっかないね、そういうのは。

 こんな風に、ヘッドパーツはヘッドパーツとして完結しているものは、なにかあってもヘッドパーツ交換で解決が付きますんで、これこそが健在、と思いますね。

 DSC_0011_convert_20180419225437.jpg

 ワイヤー類を取り付けて、自転車に神経を張るような感じですね。

 DSC_0015_convert_20180419225455.jpg

 今回は、リアだけ多段ギア・・・。この辺もしっかり昨今のモードを試そうとする、高い意欲が感じられますね。もちろん古い自転車でも大いに遊ぶ方なんですが、あくまでも自分流のやり方で、トレンドも試そうとする・・・、とらわれてないところが自由なんであります。

 もちろんチェーンも張り直し。

DSC_0016_convert_20180419225503.jpg

 前シングルで、チェーンリンクは内側に移動しました。でないと、外れますね。

 DSC_0014_convert_20180419225447.jpg

 どこでせしめたやら?ちょっとカーボン系をシレッと利用、多分中古市場から、落としてきたのかな?

 DSC_0017_convert_20180419225512.jpg

 Vブレーキが好きなのかな?・・・・という事は、数ヶ月以内に、ディスク系一式もって、やって来そうな予感・・・。

 いや、今やディスクばやりなんで、ちょっと体験したいと、落っことしてきた奴(どっさり袋からパーツ類を取り出して・・・)を例によって持ってきたんで・・・、いや、でもこれらメカニカルだから・・・、できれば油圧にしてだきないですかねえ・・・とかきそうだなあ・・・。

 そう、融通無碍なんであります、しっかりした芯はありながら、それを軸に、大いに遊ぶ心が豊かなんだなあ・・・。

 ある種自転車仙人・・・のひとりだろうなあ。当店で見かけても、すぐわかります!長ーいあごひげを伸ばして、霞喰ってますねえ・・・。

 DSC_0005_convert_20180419225403.jpg

 もう既に、こいつで行くところ、何して遊ぶか?なんてことももしっかり、押さえているんだろうなあ・・・。仕事も本作りなんで、この手の仕事をしている人は、遊ばないといけません!歩かないといけません、自転車のらないといけないんだよ!

 当分続くよ、この自転車仙人の自転車遊びは・・・。そして次は、ディスク化に渋々なふりをしていく、一気に油圧・・・かもしれないなあ、こちらも受け手として、予想しておこう!

 

ケッタくんな!君も新入生かい?



 アレー・・・・これどこかで見たこと・・・あるでしょうな・・・、バレたか・・・。

 DSC_2100_convert_20180406220759.jpg

 数日前の、この車体・・・が基体となっています。そういえば、この車体は近所に住む、背格好は店主と変わらないながら、足の長さが尋常ではない、足長おじさんのために、試作してみたんであります。

 多分これで合格だろう・・・と思っていたんですが。確かに車体としては合格。ただ・・・、購入のタイミングがずれましたな、2週間待ってくれというのが、待てなかったようで、別の自転車もってご来店。

 そして、このピラーのみ、いたく気に入って、買っていきましたわ。まあ、こちらとしては改造車一台、それも結構相手方のことを考えて作ったんで、ドンピシャだと思っていたんだが・・・、当てが外れた・・・。でもまあ、「ここは天国だよ」と言ってたんで、よほどうれしかったんだろう・・・という事で、この話は終わり。

 さて、一台残っちまった・・・。

 そしたら、拾う神が現れた・・・。この春、新入学で、こちらの方にやって来た。愛知県の子。自転車がほしいということだったが、そっちではケッタ?言わないか?と聞いたら、いきなりニッコリして、ハイいいます!と。

 できれば、自転車で、どこまでも行くなんてどうだい?電車代かからないぞ。それに地べたを這うようにして、東京中を移動するから、土地勘がつく、自転車でしか会えない風景や縁があるよ、とすすめると。走れる奴一台お願いします!と帰って行った。

 そうか!あのケッタの青年に作り替えればいいんだよね!

 DSC_2233_convert_20180418234536.jpg

 若いし、前傾でも大丈夫だろうということで、フラットバーにした。

 DSC_2234_convert_20180418234546.jpg

 籠はほしいというので、付けたまんま。泥よけなんかもそのまんま。

 DSC_2237_convert_20180418234555.jpg

 700cのホイールにしているので、走りには自信ありだよ。23cに7気圧を入れて、試乗させてみた。

 スゲー!!!と驚くタイプではないが、静かに燃えてくる感じが伝わってくる。

 とにかくホイールの回転の良さや、剛性があって、前に進む感じを実によく楽しんでいた。イヤ、驚いていたといった方がいいかもしれないな。

 多分これからの四年間、こいつに振り回される学生生活が始まるんじゃないかな?フレンチバルブの空気入れがないというので、チョコマカ空気入れに、当店に来るんじゃないか?

 まだまだ、アチコチに伸びしろのある自転車、ゆっくり、彼のペースで人車ともに変化していけばいい。四年あるんだしね・・・。

 本当、入れ替わりの四月、出会いの四月だね。君もおめでとう!

入学おめでとう!

DSC_2329_convert_20180418092357.jpg

 何かまたへんてこりんなのが来たなあ・・・。

 何々?

DSC_2331_convert_20180418092412.jpg

 なぜにブルホーン?という問いには、見た目です・・・と、いうことだった。

 DSC_2332_convert_20180418092421.jpg

 これ当店内にしか通用しない俗語で、伊勢エビというんだが・・・。フラットバー用のシフター・ブレーキを縦にして使う、これが意外と人間工学上優れているんですね、シマノは多分それに気づいていない・・・でしょう。

DSC_2334_convert_20180418092430.jpg

 BB見ればわかりますが、これ元々なんちゃって系少年マウンテンバイクだったそうだ。それを700c化している・・・、君は何物だい?

 DSC_2330_convert_20180418092404.jpg

 このあと付けフェンダーは自作ものなんだって。

DSC_2335_convert_20180418092442.jpg

 板で挟んで、ブレーキを取り付けている・・・、やるなあ。

 何だ?もう一台あるのか?



 こちらの方はまともなんだが・・・、

 
DSC_2337_convert_20180418092459.jpg

 Vブレーキをカンチに自分で交換したらしい・・・、何?TRP!!! 

 と、当店は!TRPの関東テクニカルショップなるぞ!頭が高い!!!!金貯めて購入して、エイヤ!とばかり取り付けたんだろうなあ・・・。

 そういえば、昨日も来ていたぞ・・・。

 保谷高校・・・なんだって?

 昨日の子は「ボク将来メカニックになりたいんです!」と言っていた。将来の自転車メカニック・・・。

 店主の考えが口から飛び出てしまった。今後のレース機材の展開は、電動にシフトしていくだろう、難しい調整だったものがどんどん簡素になっていく。壊れたら直すのではなく、交換。つまりチェンジニアだ。

 あとは・・・、自転車の洗浄だな、主な仕事は・・・。つまり、下手すれば、中学生でもできる仕事にどんどんなっていきかねない。むしろ選手のケアの方に重きが変わってくるかも知れないね・・・。

 そういう仕事に未来はあるか?という事を考えないとな。

 目先の仕事だけでなく、長い目で色んな状況を考えて、何をどうやって、どうしていきたいか?こういうことをも同時に考えていかねばならない、そのためには一体何が必要か?と問うてみた。

 本当の意味での教養だ。ひけらかし、人を見下すためのものではない、本当の教養を身につけることが大切なんだよね。つまらないことをいうようだが、基礎学力、基礎体力だよ。

 で、今日来たのは?

 同じく保谷高校のこの二人。

DSC_0002_convert_20180418092339.jpg
※掲載許可あり・・・

 いい顔しているね。今年入学の一年生。自転車部を作りたいと言っていた。一人国語の先生を顧問候補にしているとか。その先生、自転車好きなの?いえ・・・、あまり・・・多分。

 部活の顧問がその道に精通しているとは限らない・・・。世に部活というものがあって、最近ではブラック部活といういい方も出てきている。

 ハッキリ言おう、たかが課外活動だろう?と。高校野球に典型的だが、アレはやり過ぎだ・・・、もう一度いう、たかが課外活動だろう?徐々になのかも知れないが、クラブ活動は、その道の専門家を要した、地域のクラブチームなどが外郭として、担当していく方向に向かっているのではないか?と感じるが、その方がずっと健全だと思うわね。

 知りもしない、完全に専門外の先生が、若いからという理由だけで陸上部の顧問、ボート部の顧問、自転車競技部の顧問とかやるべきではない、と思うな。危ねーよ第一。

 それに学校の先生には自分の専門をもっと高めていく必要もあるし、何より、子ども達と関わる、学生達と関わるんだったら、先生達にはもっと外で遊ぶ時間が必要だ、もっと先生達を遊ばせないとダメだ、学校から外に出すことだよ。

 自転車競技部を作りたい・・・。なら、レースなり何なりの実情を知るために、立川にある、名クラブチームの東京ヴェントスを尋ねるといいよ。本当に、レースを知っている、機材を知っている、クラブ運営を知っていル、池田さんという方がいるから、そこから学びな。

 まずは自分たちの小ささをよーく実感してから、そんな自分たちでもできる、ヒヨコの一歩が大切だ!

 アピールするために、夏休み長距離行くのもよし、テーマを設けてい走るのもよし、できる一歩を確実に踏んでいくことが大切だし、面白いことだと思う。

 メンテその他は、近いんで、当店担当でもいいし、さっさと覚えて自分たちでやれ!

 という事で、相変わらず、店主は若いもんには一切期待しないんで、適度に励め、出入りは自由とする、しかし、学問をおろそかにしては絶対にダメ、それが鉄則、イヤ、それのみを鉄則としよう!

 以上

 入学、心より、おめでとう!

両足をどう付けるか? 工房行ったり来たり



 トレックのクロスバイクがやって来た。

 DSC_2231_convert_20180416201138.jpg

 ディスクブレーキなんかを取り付けている。

 DSC_2234_convert_20180416201154.jpg

 ある種、新世代のクロスバイクで、アクティブなんだろうなあ・・・。Vブレーキ仕様は、ちょっと古い・・・というところに押しやられるのかね?

 DSC_2233_convert_20180416201146.jpg

 前三枚、どこにでも行ける自転車として、大変汎用性の高い自転車として、従って、多くの人たちに買ってもらえるボリュームゾーンの車体として、設計され、コスト計算されて、発売された自転車なんでありましょうな。

 DSC_2227_convert_20180416201117.jpg

 こいつにトゥピークの荷台が付いています。こいつの縦筋には、溝が付いていまして、その溝にうまく合わせるように、トゥピーク専用の子のせカゴが乗せられるんですね。

 そう、こいつを一時、子育て仕様にしてほしいということ、単純には、両足スタンドを付けて欲しいという、依頼なんでありますね。少子化なのか?一般化したのか?理由はわかりませんが、かつてのママ狸ん系の仕事は、今は随分減ってきています。

 たまには、こうしたことについてやらないと、作業勘が鈍ってしまうよね。

 ではどのようにして付けるか?なんだが、これが複雑だ。

DSC_2218_convert_20180416201106.jpg

 これが付ける前・・・、ただでさえ立体構造しているクロスバイクのエンドまわり・・・、これに比べれば、一般の自転車なんて、のっぺらぼうのようなもんだな。平面でつるっとしてる、だから両足スタンドがすんなり入って縁に引っかかりがつく、あとはナットで締めるのみ・・・、いわゆるポン付けなんでありますが。

 ご覧のように、シートステーとチェーンステーがエンド金具にがっつり溶接されています、しかも溶接のビードあともしっかり盛り上がっている・・・、ただでさえ立体的なのに・・・。

 DSC_2216_convert_20180416201040.jpg

 それに輪をかけて、外枠に飛び出るように、荷台の下支えまでが取り付けられている。首都高じゃないが、完全立体交差状態、こんな所に両足スタンドが取り付けられるのか?

 それを取り付けるのがママ狸んの技なんだが・・・。その前に、取り付ける足場を作らねばならないわけ。上見るとわかるように、クロスバイクというだけあって、クイックレバー方式になっています。

 まさか両足スタンドをクイックで止めるわけにはいかない。

 なれば、中空シャフトを交換して、やらないといけませんね。

 シマノさんのありがたいことに、各種長さの異なる鈍重なシャフトを用意してくれているんでありますね。ガッチリ鬼締めしてもビクともしないような、文鎮のごとき、重いシャフトね・・・。

DSC_2236_convert_20180416201212.jpg

 ハイこうして、クイックでなくナットでガッチリ締めるタイプにしてしまう。これではじめて両足スタンドの足場ができるというものであります。

 DSC_2237_convert_20180416201222.jpg

 あとは、エンド金具にあわせて、折るところ折って、伸ばす所を伸ばして、切り取るところを切り落とすなどの加工を繰り返します。

 現物に当てては、削り、当てては削りを繰り返す。

DSC_2238_convert_20180416201232.jpg

 大変見にくいですが、ちゃんと荷台の下支えの分の所を回避、この場合ダボにあわせてえぐっていますね。

DSC_2239_convert_20180416201243.jpg

 取り付け部分など、大分加工しているので、強度については、製品当初のものではありません。その辺なんかの説明もしっかりして、よーく理解していただける方でないと、こうしたことは施工できません。常に乗り降りのときに、確認して、加重によって、金具等に破損はないか?チェックするくらいの、慎重な方でないと、施工はお断りします。

 DSC_2235_convert_20180416201203.jpg

 これにて、子供の乗せ降ろしについては、今までの二本足スタンドなどよりも、安定感が増したという事で、やりやすくはなったかと思いますが。

 これもまた、絶対に油断してもらってはいけません。できるだけ壁と親の間に、自転車が来るようにセッティングして、そこで、子供の乗せ降ろしをすること。そしてまた、子供を乗せたまま絶対に親は自転車から離れないこと。

 どんなに安定感があるといっても、親が見えなくなったパニック状態の子供のむずかりに勝てるスタンドなどない!と考えた方がいいでしょう。

DSC_2229_convert_20180416201125.jpg

 お父さんが子供を乗せて、保育園等に連れて行くのかな?それもいい時間ですね。店主はよく子狸を乗せて、しりとりやりながら通ったことを覚えています。「リンゴ!」「ゴ・・・ゴか・・・、ゴーマンかましてよかですか?なんてどう?」「なに?だめー!」「そうか・・・ゴ・・・ゴ・・・、ゴスロリ!」「何それ?」「知らない・・・」

 こんな会話していたなあ・・・。「タニシ!」「タニシ?お前タニシなんて知ってんの?」「貝だよ」「そう、知ってんだ・・・、シか・・・、シね・・・・うーん・・・、紳士協定!」なんてわざと二つの言葉の連なりや、難しい言葉を使っていたんだが、その二日後・・・。

 「うるうどし!ハイ、今度はお前の番、シだよ・・・シだぞ」「シ・・・、シか・・・、紳士協定!」と四歳児が叫んでた。

 子供に言葉で手加減しないこと・・・。わからないならわからないなり、奴らなりの精一杯、背伸びして子ども達は言葉というものを捉えに来るものだ、その背伸びによって、ふくらはぎが鍛えられるのと同じ、あいつらの言語感覚の何かが鍛えられていくはずなんだな。文脈解釈力・・・なんかもね。

 子供を運搬するんじゃなくて、子供とサイクリングをするために誕生したママ狸ん、多少需要は減ったといえ、その精神はしっかり受け継ぎつつ、地味ながらもこうした施工を理解力のある親御さんと確保していくこと。

 もちろん最後の一台まで、続けて参ります!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター