メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

地味ながらの基礎的なレストア



 建物なんかも同じなんだろうと思いますが、外装、再塗装なんかはどちらかというと派手な方のレストアで、引き渡しの際には、「オオ!」とばかり驚いてもらえます。

 うまくいけば、イメージ通り!うんまあ・・・慣れればいいか・・・までね。なかには・・・。

 それからすると基礎工事のようなものは、大変そうながら、終わったからといって、「オオ!」というようなこともなく、何かよくなったんだろうなあ・・・という反応しか引き出せないとすれば、地味なレストアに入ると思いますね。

 その分後効きなんていう効果もあって、やっぱりやってよかった・・・と、後から分かったり、ジワッと実感してもらったりすることもありましょうな。

 今回のレストアは、後者の典型のようなもの。使用前と使用後を見比べても、大して変わりは無い。建物の見えない土台や天井裏なんかを丁寧にメンテしても、外からは分からない、というのと同じなんでしょうな。

 20150831_085152_363_convert_20150831121915.jpg

 年代物のパーツがそのまま付いていて、さして劣化はしていないものの、全体として古くて、連動がいまいち・・・といってもよかったでしょうね。

 そういう時は、パーツ類の神経系とも言える部分ワイヤー類の交換などが有効。また見えないとこ、BBないだとか、前後ハブだとかヘッドパーツとか、全て地味ですが、それらが新しいグリスでよく動くようになると、自転車としてのパーツ類の連携がとれてくる。

20150825_101749_201_convert_20150831122006.jpg

 こういうところも、洗浄と注油で動きを刺激してやる

20150825_101749_201_convert_20150831122006.jpg

大して見た目は変わらないながら、ワイヤーなどの引きは確実に軽くなります。

20150825_101708_125_convert_20150831121904.jpg

 硬化したシューなどは交換。ギロチン系という、調整の面倒なタイプ。

20150831_085215_617_convert_20150831121841.jpg

 この新しいシュート角度によって、劇的に聞くようになりますが、絵としては地味でありますな。

20150825_101701_811_convert_20150831122040.jpg

 別にフラットハンドルも変わる事なく・・・。

20150825_101800_112_convert_20150831121954.jpg

 サドルも変わる事なく・・・、地味に地味に作業は進んでいくんでありますが。

20150831_085137_175_convert_20150831121938.jpg

 やはり、見た目もあまり変わる事のない地味なレストアなんでありますが。

 ひとたび跨がるやいなや、全パーツが走る事に向かって連動するのが分かる・・・っていう感じでしょうか。それまでのぎこちなさやとりとめのなさ・・・というような曖昧な余地が払拭されて、自転車自体がピタッと走るところに集中している・・・という感じでしょうか?

 納車の際の試乗で、分かる方は分かるはずであります。

 地味ながら、この辺のレストアも、地味に続けていこうと思います、ある意味、遠慮しないでね・・・、この地味な作業、意外とみんな好きなタイプのものなんでね!
スポンサーサイト

新ジャンルの予感 子供自転車でお困りの際は・・・



 まあ、一見しての子供用自転車なんでありますが。

 子供の成長は早い、日に日に重く長くなっていく・・・。

 それに併せて一々自転車を新調していたら、大変でありますな。

 この自転車にも、子供の成長に合わせての親の工夫が見られるんですね。
20150815_170548_710_convert_20150831111330.jpg

 このアヘッドステムは結構本気モードで作られています。長さも110ミリくらいと、通常レーサーのポジショニングに使われてもおかしくないものが使われている。

 上体を中心に腕や手がデカくなってきているところに合わせたんでありましょう。

 ぬぬぬ?子供用自転車にレーサーのパーツが使えるの?と疑問をお持ちになった方もいるかもしれませんね。すべてとは言いませんが、かなりの確率で使えるんですよ。一般自転車とレーサーなどのスポーツ車とのパーテーションをできる限り外して考えてみる、なんてこともいいカテゴリカルな訓練になると思います。

 そんでもって、今伸び盛りの子供が乗っているんでありますが、その子の伸びてきた実力に合わせて、車体を少し変えていきたいという。

 買い換えじゃなくて、いじり変えをしていきたいという。なるほど・・・、そういう発想断固支持いたします!

20150815_170538_481_convert_20150831111419.jpg

 このシングルの状態ですでに二十キロくらいは走るそうです、小学三年生・・・やるなあ。もっと距離も伸びるし、距離が伸びれば、必ず山坂があるのがこの国。そう、ギヤが必要になるんですね。では付けましょうか。

 20150831_085439_443_convert_20150831111320.jpg

 ちゃんと付くんですねえ。7速のスプロケもつきまして、かなり快適になるんじゃないか?

 20150815_170606_481_convert_20150831111403.jpg

 この街道を普通に走るには無意味なゴツゴツタイヤ、これをスリックに交換します。

 20150831_085459_268_convert_20150831111212.jpg

 当然後輪もスリックね!転がり抵抗が減りますんで、乗っている子にとっては滑るような感覚になるんじゃないか?

20150831_085446_276_convert_20150831111309.jpg

 ちなみに多段にするには、シングルギアよりもギアの枚数増えるので、ギアを取り付ける後輪の中心、つまりハブを交換しないといけませんが、これはリムとスポークで直結してホイールを形成しているので、ホイールを組み替えるという、多少面倒な作業は必要になります。

 そういうわけで多段にした後輪は組み直しましたが、前輪はどうします?というところなんですがなんと、張り替えます!というご発注。

 20150831_085503_199_convert_20150831111224.jpg

 ハブの玉当たり調整をよくして、ステンレススポークでラジアルに組み付けました。

 20150831_085454_333_convert_20150831111234.jpg

 生まれ変わった前輪。走る気がみなぎっていますなあ。

 20150831_085509_680_convert_20150831111152.jpg

 多段にしたので、シフターなんですが、蝶々型のシフターをハンドルの中心近くに設置。手を横にズラしして前後に倒すと、変速ができるというもの、単純なので壊れにくいでしょう。

 20150815_170615_338_convert_20150831111352.jpg

 サドルは親譲りのプレイボーイ・・・。体もデカイ方なので、これでいいか・・・。

 20150831_085433_267_convert_20150831111243.jpg

 完成!あらたに長距離も挑戦できるスペックに変身であります。二十キロから・・・、五十キロなんて伸びたら、逆にお父さんの方がぶっ倒れるかもしれませんねえ。

 で、これに試乗してみますと・・・。大人が乗っても別の意味で面白いんです!

 これはちょっと新ジャンルのニオイがするなあ、そんな可能性を秘めた自転車になります。それがまたどんなジャンルなのか?

 そのソフトの内容については、ボチボチ考えて参りますが・・・、街を見る、タウンウオッチャーのような方、密集地などでポスティングをする方、まあ、その他だな、究極のポダリング車ともいえるかしら?

 20150831_085517_502_convert_20150831111259.jpg

 このくらい分厚い鉄のチューブで小さい三角で組まれたフレームは逆に強度と耐久性はあるはずであります。それを使用年数の短い子供車で終わらせるにはもったいない・・・、是非とも新ジャンルの確立が重要となりそうですね。

 とまあ、成長著しいお子さんのお持ちの親御さん、タイヤのインチサイズ=自転車サイズとして売り続けている一般の自転車屋さんにつきあっていては、小学生の間に三台くらい必要になるんじゃないかしら?

 ここで一発頑丈はフレームの自転車を購入しておけば、なんなら中学生・高校生になっても乗り続ける事ができる・・・という事も夢でないかもしれませんよ!なんてことにもチャレンジして参ります!

子供の成長と生活の変化 自転車も変えましょう・・・

000 04-12@10-50-39-902_convert_20140419205553

 元々はビーチクルーザー。必要以上に重いのはなんでしょう?砂にめりこむ何かメリットでもあるのかな?

 まあ、頑丈さと、この重さが今回多少役立ちました。

 000 04-19@13-42-03-484_convert_20140419205512

 これを基体に、子育て号にしたわけです。スタンドを頑丈に、内装三段のホイールに交換して、子のせをリアに付けて、買い物用のデカイカゴを前に付けました。

 これで二年弱かな?子供さんが小学校へ上がってしまったので、学齢は二人乗りはできないという規定で、これを今度は買い物号にしたいというご希望。

 それは子供の成長というのは早いもんでありますな、そういえば来年オリンピックだそうですよ・・・って聞いて、エエ?もう?と思った方も多いかと思います。ついこの前ロンドンだったんじゃ?

 あれから四年・・・?アッという間に経ってしまったんですね。はやいでしょ?その間子供はグーンと成長してしまうんですから・・・。本当早いんでありますな。

 なれば、子供の成長に合わせて生活は変わります。もう送り迎えしなくて済む・・・ということに。子のせカゴはいらなくなります。送迎がなくなったので、次は買い物号を一台買い直しますか?

 電動の電池などがちょうど切れて、四万前後かかるように設定されていると、では一台新車購入・・・なんてなるんでしょうか?

 当店は乗れる限り、形を変えて、乗り続けていただこうというスタンスでやってきています。

 なので、こいつも外すもの外して、入れ替えるもの入れ替えて、買い物号にしていこうではありませんか。

 20150830_174212_580_convert_20150830183559.jpg

 リアの子のせ一式を下ろして、ちょっと仕掛けのある荷台に交換します。

 20150830_174220_619_convert_20150830183548.jpg

 これであります、コイツよく見るとレールがついているんです。

20150830_174320_117_convert_20150830183246.jpg

 この立ったエッジがそうなんですが、そこに・・・。

20150830_174240_242_convert_20150830183537.jpg

 このメッシュの買い物カゴをはめて、滑らせると・・・。

20150830_174302_865_convert_20150830183343.jpg

 こんな感じでスライドされて、
20150830_174314_453_convert_20150830183311.jpg

 ここで止まって、キャリアの縁を噛むという構造になっているんですね。

 20150830_174039_588_convert_20150830183610.jpg

 つまり、一般自転車の後ろカゴではなくて、着脱式の後ろカゴ・・・という事なんですね。

 最近レジ袋使わない人は二円引きなんていうのがありますが、わざわざ買い物カゴを持って行かなくても、この自転車で行けば、後ろカゴを外して、そのまんま買い物に使えるという代物なんであります。スーパーのカゴも使う必要が無いですね。かなり便利かと思いますよ。

 関西の方で、この手の物をいち早く開発していたメーカーもあって、似たような製品はすでに世に出ておりますが、何ともダサイ・・・・、おわかりの方は、アア・・・アレね・・・と納得するでしょう。

 今回、この手の物ならセンスも良いかと思いますが・・・ただ黒だけで色が選べない・・・。そういう時は。

20150830_173950_892_convert_20150830183621.jpg

 こんな物かぶせてみる・・・なんてどうでしょう?マリネッコ???的でしょ?

 20150830_174402_826_convert_20150830183300.jpg

 大きくなった長女さんとも兼用になりそうなので、ハンドルはビーチクルーザーの幅広のものから、このような通常自転車のハンドル幅にも変更。

 20150830_173957_899_convert_20150830183228.jpg

 角度を変えても、まあ普通の自転車に戻ったといっても良いかな?

 20150830_173937_172_convert_20150830183633.jpg

 まあ、これはこれで、おしゃれなママ用自転車に再変身かしら?

 子供が大きくなって、生活様式が変わって、足である自転車も変わらざるを得ないなら、変えて乗り続ければいい、単純な話なんであります。

 新車もやっておりますが、今ある自転車をどう使いつづけていけるか?一緒に考えてみませんか?

何か来たぞ!



 ユニックという、クレーンを積んだトラックがバックで入ってきて、なにやらデカイものをつり下げている。

 なんだ?これは?

 20150829_133142_240_convert_20150830103854.jpg

 すると、オペレーターが出てきて、リモコンで上げ下げ、竿伸ばしなどしながら、静かに下ろしていきます。

 重量を聞いたら、5、6百キロだそうだ。吊すと重量物も、指先で動くようになります、これが不思議であると同時に、重量を忘れてしまう危険性もあり・・・なんだと思う。

20150829_133304_400_convert_20150830103843.jpg

 後ろ向きのトラックから静かに、まずは下に下ろします。ゆっくりと、一見軽々となんですが、デカもののそこがコンクリートの床に着くときの摩擦音で、いかに重いかが思い出されます、ゴゴゴーォ。

20150829_135835_554_convert_20150830103731.jpg

 一端車体を外に出して、向きを変え、今度前向きに入ってきます。これは何を意味するか?というと。

 車上のクレーンは車体より前側に着いているので、ものをより前に出すときに、この方が車体およびクレーンに負担をかけないんですね。

 20150829_134101_222_convert_20150830103833.jpg

 こうしてものを吊すためには、車体脇についているがに股の足を引き出して、軽く車体を浮かします。タイヤサスなどのタイヤまわりを保護するためなんでありましょうかね?

20150829_134515_500_convert_20150830103822.jpg

 再度つり上げて、目的の場所までまたゆっくり着実に移動していきます。この状態で、車をチョイト前に出したい気分にもなりますが、もちろんそんな事はいたしません。やるとしたら、またゆっくり床に置いてから、がに股をたたんで、車を前に出して、またがに股を・・・を繰り返さないとね。

 重いものは重いというだけで危険なんだよね、それだけでも慎重に扱わないといけないんですねえ・・・。

 20150829_135801_436_convert_20150830103809.jpg

 となりの物置と面あわせて!というこちらの要望にピタッと!さすがプロ!

20150829_135811_720_convert_20150830103758.jpg

 この絶妙な隙間・・・。これをほぼ一人でねやってしまう技。おそろしや!

20150829_135823_690_convert_20150830103743.jpg

 これは裏から見たところですが、いいスペースができています!何置こうかしら?隠れ自販機でも持ってこようかな?

 この地味なスペースをどう活かすか?なんてことが効率にまた関わってくるんであります。

 さて、この箱一体何でありましょうか?という事は追々。といってもおわかりですよね、例のプシューであります。これがないと当店の仕事の三分の一は回復しないアレ。

 まずはまわりの掃除と点検と、コーキング等の補修かな?それからダクト取り付けや吸気口もつくって、照明付けて・・・やる事だらけ。

 そうそう、こいつ自身の色も塗ってやらないとね・・・。

 ナメクジの速度ながらも、こうして徐々に、徐々に整いつつある・・・当店なのであります!
 

自転車屋の沽券にかけて井戸を移す!



 実は、福利厚生を考えて、室内にも自動販売機を設置しているのだが、この位置は実にもったいないので、その奥のデッドスペースに移したいと考えた。

 20150829_094331_752_convert_20150829234215.jpg

 壁一枚裏のここ。このデッドスペースに置ければ、もういうことないんでありますが・・・。

 実際、この自販機が搬入されてきたとき、業者の方にはこちらには移せません・・・と断れたんでありますが、そう言われればいわれるほど、燃える性格。

 いやいや、まあ、どうにかなるはずだと。

 そこで、自販機の営業の方が、中身を全部外して、軽量化すれば入る事もあるんですよ、実際何度かやった事在りますしね・・・。

 そうか、それやってみよう!ということで、本日決行。

20150829_094841_535_convert_20150829233927.jpg

 中を開けると、ある意味おなじみの奴らが詰まっているのであります。

 飲料の缶が詰まったりしたとき、勝手に開けて外して取り除いて、戻すなんてこと何度かやっていたんで、外すだけならお手の物・・・なんですね。

 20150829_113156_305_convert_20150829234152.jpg

 まず扉を外しますが、これが重い・・・。外して正解ですわね。厚みも減るのでこれもまたよし。

 20150829_113202_303_convert_20150829234140.jpg

 中の棚を全て外して、並べます。配線も外すので、戻すときがまた面倒くさいなあ・・・。というより、ちゃんと戻るか心配。

 20150829_113145_811_convert_20150829234204.jpg

 こういう状態になります。スッカラカン。下の冷蔵システムが重いんですが、まあ、一人で動かせるようになります。
 これをまずは正当派でもって、中から入れていこうとしましたが・・・。

20150829_162112_304_convert_20150829234130.jpg

 この販売機の高さに対して、入り口の狭さ。横にしたり、斜めにしたりしましたが、まあ業者さんの言う事は当たりで、何とも入るわけがない・・・。確かにそうだわさ。

 でも、入り口はここだけではない、外からという手もあり、試す価値は大あり。

 20150829_162120_224_convert_20150829233953.jpg

 窓の格子を外して、サッシを外します。計ると余裕ありあり。では・・・。

 頭から入れる・・・これは頭が軽いので簡単なんだが、設置する場所には尻から入れる方が良い。だた冷蔵システムのある尻は重いので、どうしようか?

 ちょうど良い高さの脚立があるので、まずそこに載せて、それから四人の息を合わせて、一気にジャーク!

 まあ、何のことはない、毛布に養生された窓枠には載って、すんなり入りました。

 20150829_165452_465_convert_20150829234117.jpg

 この毛布に載せて、中に入りまして、あとは数人で寄りきりと上手出し投げを繰り返して、なんとか・・・。

20150829_165802_517_convert_20150829234107.jpg

 理想のデッドスペースに入りました!なんだ、やりゃーできるじゃない!

 販売機の営業の方が、これを見て、業者さんではやらないでしょうねと嘆息。そう仕事でこんな事なんか、やっていられない。こちらは、遊びだからできるんだ!遊びだからこそできる事、これは重要なんだよなあ。

 そう、よく匿名で当店の有り様を「自転車屋ごっこ」などと揶揄される方がいるようですが、お答えいたしましょうか?

 当たり前だ「仕事」でこんな事やってられるわけねーだろ!遊んでんだよ、こっちは。いい大人が集まって、自転車で真剣に遊んでるんだよ!だからこそできることもあるんだよ!

 さて、置くという意味でのセッティングができたとはいえ、中身がカラの状態なので、これを戻してやらないといけません・・・、今のままじゃあ、単なる鉄の枠にしか過ぎませんからねえ、しかしこれが大変。

20150829_202419_167_convert_20150829233942.jpg

 棚自体は、薄い鉄板で組まれてできてるので、自立できないくらいユラユラしています。それを販売機の上から引っかけて、ぶら下げる状態にするんですね。中の鉄板だけに、あまりバリがきれいにとられていなくて、手が傷だらけ・・・。

 20150829_202425_125_convert_20150829234047.jpg

 本体と扉をつなげる配線・・・。

 20150829_215137_868_convert_20150829234033.jpg

 とりあえず、中身を入れて、配線してから、どうかなあ・・・。コンセントに差してみる・・・。

 20150829_215201_336_convert_20150829234003.jpg

 やった!つながった!

 とまあ、今回のミッションは成功!姿見に続いて、またも自転車屋の沽券にかけての門外の大工事が完成したというわけであります。

 ただ、動作確認を各キャビネットごとででやると、出るところと引っかかるところが出てきたので、また開けては、組棚の調整をやって、その繰り返しを何度かやりまして、本当の完成!

 さーて、ここに何を入れるか?であります。

 第一には福利厚生目的なんでね、外の販売機にはないスペシャルなものを仕掛けておこうかと思います。販売するのもなんなんでねえ・・・、その辺も含めて、チョイト色々と仕掛けていこうと思います。

 店内移動のできた井戸、この端ではたして、どんな会議が起こるやらであります。
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-455-8503
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター