メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

まだまだ夏休み!その後秋のサイクリングシーズンだよ!



 こういう自転車が舞い込んで参りました。どうにか活かして欲しい。と同時に、活かした者は適材へ・・・というありがたいお申し出をいただきました。

 なるほど、こいつをねえ。

07-29@11-05-07-848_convert_20140823003113.jpg

 ビアンキですねえ。こいつをツーリング車に変えて、学生君の長距離ツーリングのための一台として、再生させようかな?

 07-29@11-05-36-899_convert_20140823003046.jpg

 サスペンションがあります、通常なら、当店のセンス上、コイツはリジット系のものに替える傾向がありますが、試乗してみると感じ悪くないので、このまま活かします。

 07-29@11-05-17-274_convert_20140823003100.jpg

 チェーンや、ワイヤーなど消耗品のところはしっかり変えていきます。

 08-21@17-18-42-132_convert_20140823003006.jpg

 こうやって、洗浄と交換できれいにしていきます、当然機能も回復です。

08-21@17-18-33-375_convert_20140823003018.jpg

 三枚あるので、でかいクランクにしてみました。スゴイワイドです、激軽から激重までなんでも。そういう意味でどんなコースでも行けますね。

 08-21@17-18-47-207_convert_20140823002953.jpg

 ホイールの点検、ハブの調整などぬかりなし!

07-29@11-05-42-452_convert_20140823003126.jpg

 フラットバーが着いていましたが、この辺はツーリング車の王道、ドロップでしょう、やはり。

08-21@17-18-53-345_convert_20140823002928.jpg

 やはり、しっくり来ます、ツーリング車としては。
 
 08-21@17-18-58-708_convert_20140823002941.jpg

 バーコンにて、シフター。定番ですな。ただし弱点を一つ、自転車が倒れたときに、ここを損傷しがちなこと。だからどんな僻地を通るかも知れない世界旅行などにはオススメしません。

08-21@17-18-19-307_convert_20140823003032.jpg

 結構タフなツーリング車になりましたね。まだ夏休みもありますし、秋のツーリングシーズンも間近!

 これも学生限定かな?基本、原則では・・・。これで走りたい!という方、ご一報を!





23日は、なぜか狸サイクル移転一周年記念の汗だくコンサートです。是非おいでください!

00008-22@18-59-20-182_convert_20140823004747.jpg
汗だくでも大丈夫!
08-22@18-59-01-923_convert_20140823004759.jpg
こんなもの仕込んでいます!
FC2 Management

地味だがこれこそマイナーブレイク ブルホーン化!



 まあ、言うのも野暮ですが、暑いですねえ。

 当店は地下があって、一階二階とあります。仕事のほとんどは地下でやります。

 冷気は下に来るという法則上、多少助かります・・・と同時に、冷気だけでなく湿気も下に来るので、換気と乾燥剤の配置は欠かせません。

 その涼しいはずの地下ですら、暑いヨー、なのであります。

 その上の、一階、ここは通常の居住スペースなのでありますが、ある方向以外の風の通りがあまり良くない、ここも悲劇的に暑いです。

 ならエアコン入れれば?と当然思われるでしょうな。確かにハードはついているのでありますが、配電盤のところで切っているので使えません。使おうと思えば、使えなくもないと思いますが・・・。

 未だに原子力緊急事態宣言発令中なんでしょ?そんな中で呑気にクーラーなんか使ってられません・・・。確かにグッタリしますが、死にはしない・・・、ということで、つい出る愚痴を押さえつつ、お仕事なのであります。

 んで、二階ここは温風のたまる最上階というというところなので、暑いなんてもんじゃない、もうここまで来ると喜劇的に暑い!としか言えなくなります。そして、ここにあるのが、あの響き床!

 会話していても、途中で何言ってんだか分からなくなるくらい、楽しい・・・。

 だから、ビールがうまい!!!!!

 そう、この土曜日23日には、昨年からの当店移転記念一周年ということで、汗だくコンサートを開きます。詳細はこちらを参考にしてください。

 予報によると、少し暑さは退くようですが・・・、まあ期待しないで、開き直りましょう。ビールサーバーなど用意して、お待ちしていますので、しっかり汗かいて、音楽聞いて、食べて語っていってください。もちろん自転車で来られた方は、帰りは自転車を引いて帰ること!

 ある意味、自転車はこれができるからいいね!

 と、本題であります!

 この自転車、フレームが面白い形していますね。

08-19@14-56-52-105_convert_20140821120701.jpg

 こんな茶目っ気・・・なんかチネリのファニーバイクにありましたね。

 08-19@14-56-58-500_convert_20140821120649.jpg

 しなりのあるパイプで組まれた三角なんであります。こんなフレームあのリノちゃんが見つけたら、大変だろうなあ・・・。

 で、こいつをぶるホーン化して欲しいということなんであります。

08-19@14-57-04-255_convert_20140821120638.jpg

 このどこにでもあるフラットバーをブルホーンにということ、ほとんど連続してご依頼いただいていますね。

 ただし、ここでもまたミッションがあります。

08-19@14-56-46-635_convert_20140821120713.jpg

 このミラーを移植するというミッションであります。

 あとは何でも可という。

 08-20@14-22-55-425_convert_20140821120601.jpg

 ホレよ!ミッション完成!

 あとは・・・。

08-20@14-23-02-367_convert_20140821120550.jpg

 シフターはいつものバーコン。ちょっと前に大量に取ったはずが、これでなくなったとか・・・いかに重宝か?ということね。

 でもまあ、世の中の流れは10sに確実に行ってます。フリクションで引けるのって、まあ9sまでとすると、以降はあのデュラ10のバーコンになっていきます。今後、アイツを作り続けてくれるのかな?

 Wレバーは既に11sからは外されていますしね。さすがにタイムトライアルがあるので、バーコンは残していますが。

 11sなんてまだまだなんて思っていましたが105がそうなってしまうと、イヤー焦りますわ。世は捲るようにして、11sの世界に突入なんですね。

08-20@14-22-49-569_convert_20140821120533.jpg

 ブレーキレバーもエイド系のものを応用。これだとワイヤーと、挿入口がケンカしないのでこれは使いようであります。

 08-20@14-22-40-439_convert_20140821120614.jpg

 ついた!

08-20@14-22-21-356_convert_20140821120626.jpg

 やっぱりこうして乗ってみると、確実に車種は変わったなという感じです。走りが違うんだよねえ。エンジンの機嫌が良くなります。

 ハンドルは大事です。バリバリ行くのも、余生のように優雅に行くのも、ハンドル次第・・・といえるぐらいに、影響大ですね。

 影響大ですぞ!ということは?

 そう、今持っている自転車のハンドルを変えてみると、全く違った車種に変身するという感じですよ、置く場所や色々と事情がある方は、ハンドルを変えてみるに限る!これは自転車改造の重要な選択肢なんであります。

 ご相談より・・・。

 では、土曜日、汗だくコンサートにて!


00005-24@11-30-02-152_convert_20140524154327_20140821194421987.jpg
コイツもハンドル交換組ですよ。元はドロップのレーサー、今やレーサークロスに変身です。
コイツの醍醐味は、フラットなんだが、自分はまだまだ走れる気でいるので、ちょいと自転車からイライラ感がで手いるんですよ、なのでか?時にヤケクソ加速なんかもしてくれます。オレはもっと走れるんだよ!と叫びつつ、一台前のクロスバイクを蹴散らしていくでしょう!

夏休み自由研究号 



 ルイガノの子供用自転車なのであります。

 別にこれで乗れなくはありません。イエイエ、立派に乗れるのであります。

 ただ・・・これでは・・・という色好みの問題で、塗装して欲しいなあ・・・ということらしいんですねえ。

 なら、自分でやれ!手助けしてやるから、自分でやれー!

 世の中、夏休み!時間はいっぱいあるはずだー!

08-03@17-22-15-810_convert_20140820171834.jpg

白で塗られてパイプ類。コイツの2色で塗装するという。最初から2色・・・結構大変だぞー、というこちらの忠告も何のその、2色で行く!ということなので、そこまでいうのなら、こちらも了解。

08-07@10-21-21-51_convert_20140820171849.jpg

 こうして外して待っていると。とある休みの午前中、弁当と水筒もってやってきた。

 まずは足付けだ!

08-07@13-51-51-425_convert_20140820172018.jpg

 水研ぎようのサンドペーパーでかなり丁寧に、足付けをしていく。黙々と、なかなか集中力あり。

 08-07@13-18-53-899_convert_20140820172029.jpg

 どうだ?楽しいか?という質問に、この笑顔・・・。まあ、・・・そういうことか。

 フォークとフレームに念入りに足付けをして、昼過ぎまでがんばりました。1日目終了。

 お盆に信州だったかな?に帰って、お盆のあと、東京に戻ってきた。

 サーテ、炎天下・・・、ペイントの乾きはいい・・・。細かいことを言わなければ、作業の展開は早いんだよねえ。

 08-07@10-22-17-95_convert_20140820172042.jpg

 やっぱり2色のペイント缶を買ってきた。でもどう塗るんだろう?ちなみにもう一缶はクリア。これで仕上げをします。

 どう塗り分ける?マスキングする?ボカシにする?なんていってもなかなか分からない。まだぼんやりとしたイメージしかないようなので、まあ、とにかく始めるか?とばかりシューとやり始めた。

08-19@12-36-12-295_convert_20140820171823.jpg

 ちょっとした失敗もありましたが、かなりいい筋しています、この子は。一度の修正だけで、フォークをブルーに染めて、その上からクリアをかける・・・。では本体の方へ。

 さて、どう塗り分けるか?まずは淡色の黄色から行こうか?あとから濃色をかける、とするとまずは両サイドと、中心を黄色にしたいとか、はいなら塗ってみな・・・。

 08-19@12-41-15-851_convert_20140820171809.jpg

 と思っていやって見たら、白いフレームに、黄色を差してみたら・・・なんかこれでいい!ということになりまして、フォークのみブルー。フレームは白と黄色のボカシということになりました。

 なんと一日で終わったのよ、合計二日間のみ、なかなかできないペースだよ!

08-20@14-26-24-819_convert_20140820171659.jpg

 こういう塗り分けをしたんですね。黄色の淡色がルイガノを可読にしています。いいんじゃない?

 08-20@14-26-19-821_convert_20140820171711.jpg

 ヘッドチューブは黄色、フォークはブルー。

 08-20@14-26-29-119_convert_20140820171641.jpg

 チェーンステーはオール黄色になりました。これはちょっとかけ過ぎちゃったんで、じゃあ、いっそのことぬっちまえ!ということになったわけです、シートステーは、ちゃんと塗り分けができています。

 でも、こちらの方がいいよなあ、と店主も思います。

 もし、かりに2色の塗り分け、黄色とブルーだけだったら、なんかスウェーデン号になってしまいますからねえ。

08-20@14-25-57-562_convert_20140820171734.jpg

 お見事二日で完成!両日ともに、非常に暑くて、ペイント乾きにはもってこいだったというのもありますが、ミスが少なかったというのが一番かな?

 中々筋がよろしい!

08-19@14-03-03-671_convert_20140820171757.jpg

 こうやって、こまめに記録に取っていたので、もしかして、自由研究のネタにでもなるのかな?

 ばらしと、組み付けはこちらでやったが、その間の塗りはほとんどアドバイスだけでできたという意味では、大変立派なのであります!
 
 ソリッドカラーとクリアでは塗り方違ったよね、そういうところをしっかりレポートすると、先生もヘエ・・・と思うはず、自由研究ができて、新しい自転車にも乗れる、いい夏休みであったと、思ってくれれば最高だね!

※自転車は作るもよし、乗るのもよしだ。さあ、学生限定、鉄のよく走るツーリング車だよ!まだ夏休み真っ最中、これで書を持ち野に出よ!
00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_20140820185335e24.jpg


 ※※あと、今週末23日は、当店移転一周年をかこつけての汗だくコンサートを行います。是非是非、おいでください!詳細はここを読んでね!

高速化・高機能化の逆・・・という手もあり



 当店のほとんどの仕事が、今ある自転車を高機能化して行くという方向性を持ちます。

 まあそうですね、自転車にお金をかけていくということで、わざわざ低機能化させる・・・ということはあまり合理的ではありません。

 シングル化というのはある種の低機能化ですが、愛好のレベルでいうと、車種がガラリと変わるわけで、意味を変えて、新たな気持ちで・・・ということを考えると、別の意味での高機能化といえるかも知れませんな、いささかこじつけですが。

 でも、突然ですが、逆の方向性に行く改造というのもあってしかるべし、とも思うんですが。

 つまり、車種としての現役を引退して、よりソフトに、今後は余生としての自転車利用という観点から考えられる改造、そういうのも本当あるべきだ・・・と思うのであります。

 ロードレーサーという車種でも、もう古いフレームだし、町乗りとして、牙や角外して、ゆっくり静かに乗りたいんだが・・・、乗るこっちも年取ったしね・・・、というもう一つの使い方、これも大いにありかと思いますよ。

 今回は、まさにそのタイプの改造といっても良いかもしれませんな。結果的にさして機能は落としていませんが、見た目にしても、角は外して、牙も丸くしている・・・という感じでしょうか。

 マウンテン形状の自転車ですが、これを限りなくのんびり乗れる、街乗り仕様っぽくできないか?というご依頼です。

 08-13@13-31-50-4_convert_20140819194051.jpg

 ハンドル形状の過激度?をもう少し落とす・・・。前傾からの開放とでもいいましょうか?もう少し体を立てて、まさにママチャリモードにしてやる、というのも一つの手でありましょう。

08-19@15-00-57-127_convert_20140819194025.jpg

 プロムナード化・・・といいますな。ママチャリ化というよりも、ちょっと気品があります。そして、町乗りでそんなに神経質にシフティングをしないであろう・・・と勝手に想定して、シフターは内側に入れ込みました。

 08-19@15-00-49-865_convert_20140819194038.jpg

 プロムナードハンドルの握りシロからいって、このシフターでは幅取りすぎということもあったのですが、チョイ内側に入れて、シフティングの時だけ、手をそちらに持って行く・・・というやり方で対応する・・・、どうでしょう?

 08-13@13-31-55-395_convert_20140819194116.jpg

 そして、あろう事か・・・当店としては珍しい展開です。

 08-19@15-01-02-129_convert_20140819193945.jpg

 実用車仕様というのであれば、タイヤを小さめに変えて、泥よけも付けますよ・・・と。今までの当店からすれば、例外のような施工ですが、まあ、そういう方面へも船出してみましょう・・・ということなんであります。

 08-13@13-31-43-162_convert_20140819194132.jpg

 もちろん後輪もネ!

08-19@15-01-07-378_convert_20140819193931.jpg

 アーア、これでパンク修理時など、タイヤ管理がちょいと手間掛かるなあ・・・と思ってしまったとしても、でも正爪なら真後ろにホイールを引く際に、泥よけが邪魔になりますが、逆爪ならホイールは下に落ちてくれるので、思った以上の障害にはならない・・・としよう。

08-14@11-54-42-725_convert_20140819194102.jpg
ブレーキはちょっとグレード上げておきました。

 08-19@15-01-12-774_convert_20140819194413.jpg

 プラスチックの枠はないよねえ・・・、余生といっても止まらなければいけないので、こういうところはしっかり整える。

 08-19@15-00-36-735_convert_20140819193957.jpg

 なんかとても頑丈な町乗り自転車が出来上がりましたね。

 余生というよりも、なんかバリバリと働いてくれそうな、印象も持てますね。それなりに、働いてくれるでしょう。

 しかし、プロムナードバーというのは不思議なところがありまして、上体を立てるという意味では、通常のママチャリハンドルと同じような形状とも言えなくはありませんが、なんか乗ってみると違うんですね。

 ある意味だいぶ違う印象です。主観的すぎるかもしれませんが、なんかやる気が出てくるハンドルなんであります。いい意味でがんばれるハンドル・・・。これは通常上体起こし系ハンドルにはありませんな。

 今までいくつか付けたプロムナード改造号、そのどれもがやる気満々の、シュコー!!!という走りをするんですねえ。もちろんこの改造マウンテンもなんであります。

 ある意味ママチャリ感覚でなめて乗ってみると、もともとハンガーの高いスポーツ系自転車などに取り付けると、いい意味でそれが裏切られるのかも知れませんな。

 その原因が、通常のポジションにあるのか?心理的なものに起因しているか分かりませんが、どれもまあ、余生とはいえ、かなり走る気満々という意味でいい傾向かと思います。

 とはいえ、自転車をクソ元気にして走るだけではなくて、むしろ静かにシットリ乗り続けられるようにする、別ベクトルを持つ改造・・・というのもまた、施工例などを出しながらも、大展開して行ければなあなんて思うわけであります。

 人間誰しも老いをしていくわけで、同じ車体とつきあい続けるというのであれば、老いに合わせての自転車改造というのもあってしかるべきだと思うんですわ。

 本当に、お前とは・・・三十路の頃より・・・五十年近いつきあいがあるなあ、しかし・・・お互い年取ったわ。

 こういう展開にはしびれます。そういう展開に自転車を持って行くこと・・・、あと何年当店がが続くか分かりませんが、行けるところまで・・・と思う次第であります!

ドロップ化のと同じ波状の波でしょうな ブルホーン化



 立て続けに、ドロップ化の依頼が来たのが・・・つい先頃でした。

 ハンドルを変えると、車種が変わったような効果を得られるというので、一台買い換えることを考えると、いろんな事情で、ハンドル形状のみ変更という選択肢が効いてきたんでしょうな。

 それと同じ流れになると思われるのが、ブルホーン化。

 ブルホーンも、水平のグリップ位置が移動できるので、これでもかなりの前傾が可能となります。ドロップのような上下の移動はできなくとも、フラットバーの肩身の狭い試乗ポジションからすると、ずっーっと戦闘的且つ、体の自由度の増えての長距離向きということがいえると思うのであります。

 08-16@17-31-33-513_convert_20140818223720.jpg

 確かに抵抗はないでしょうな、一般の自転車からフラット系のスポーツバイクに乗り換えたとき、まあ多少の前傾ではあるが、行けそうだ・・・と。

 ただし、その方に伸びシロがあるとしたら、多分大きな確率で物足りなくなる・・・ということは言えるんだと思いますな。

 そうなったとき、新車一台購入するか、今あるフラットをいじることができるのか?このに車に別れるのでありましょう。

08-16@17-31-47-208_convert_20140818223708.jpg

 ただフラットバーの径とドロップ・ブルホーンバーの径が若干ことなることが、ハンドル交換に伴うドミノ倒しなのであります。

 08-18@13-33-11-437_convert_20140818223610.jpg

 今回のミッションは、この持ち込みのブレーキレバーを使用して欲しい、絶対にコイツを使ってみたい!という優先順位の第一として、こちらを持ってこられたわけなのであります。

 別に突先に取り付けること自体は難しくはない、問題はではシフターをどういう形式のものにするか?というとなのであります。

 ブルホーンの突先の穴をコイツに占領されたとすれば、もうバーコンという選択肢は消え失せます。

 あとは・・・これがかなりシビアなのであります。

 というのも先ほどの径の話、フラットハンドルのみ不当に細いので、そこについているシフターなどの移植がとてもしにくい、時にできないということになるのであります。

 サーテ、この車体のシフターは?ステムの首根っこに移植・・・・。ブルホーンバーのフラット部分に何かを持ってくるか?

 色々考えてみたんですが、シフターの径をドライバーでいじって広げてはめてみたら・・・はまりました。

 最初はブレーキレーバの先につけて、例の伊勢エビにしようかと思いましたが、なんともレバーの引きと気持ちよく動いてはくれない・・・なら、元の位置に戻してみたら?

 08-18@13-33-18-969_convert_20140818223547.jpg

 ほとんどフラット時代と同じ位置に戻してやりました。

08-18@13-33-29-599_convert_20140818223646.jpg

 この方がわかりやすいですよね。

 つまり、通常はフラット部分に手を置いて、のんびり走行しつつ、シフターを操作しますが、気合いを入れるときだけハンドル先部分を握り、少し状態を倒して、空気抵抗の下をくぐって黙々と踏む・・・、まあツーリングスタイルとしては、これでもいいのではないか?ということで、とりあえずは施工完了といたしました。


 08-18@13-32-50-228_convert_20140818223621.jpg

 本当カマキリですね、これからは秋だし、カマキリスタイルもいいかもしれませんぞ!

 とにかく、ハンドルを変えると車種を変えたと同じような走行感の変化がもたらされるので、マンネリしている自分と自転車との関係を激変してやろう!とおもわれるなら、思い切って、ハンドルをかえてしまう!ついでにホイールまで変えたら、ほとんど新車の気分ですね、あと再塗装・・・。

 まあ、一気にやらなくても、そうした見た目と機能を変えてやる方法はいくらでもありますので、この一台でどうにか・・・という方は是非ご検討ください。

 この手の、改造はブレイクはしないまでも、永遠でしょう!

※こちらは逆を行きました、ドロップからフラットに。元々レーサーですからレーサークロス。ということは?そうですすぐにまたドロップに戻れます。フラットで慣れたら、いずれドロップに・・・、ありありです!
00005-24@11-30-02-152_convert_20140524154327_2014081823392266e.jpg



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター