メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

巨人の逃亡 一体何代目なんだ?



 さすがに巨人はスゴイですねえ、五万前後でこのスペック実現してしまうんですから、大手中の大手なんだろうな。

 この車体全体の中で、やはりフレームの作りに外見からでは手抜きが見られない、チューブも変形系を使用していて、本当よくこの値段で作れるなあ、と思うんであります。

 そんなところで勝負したって、あまりに見当違いなんで、当然同じ土俵には立たないわけで、こちらはこちらで、ドロップ化などをわきでシュコシュコするしかない。棲み分け・・・といえばそうなのかもしれませんな。

 20141116_154938_804_convert_20141121164404.jpg

 ドロップ化する場合に、シフターを何にするか?ということが、コンポ全体に与える影響は大きいですね。今回はスラムと来ましたか。

 スラムと、シマノのSTIとの相性はいいとはいえませんので、ここはディレーラーを変えるしかない。

 ただ、8速のクラリスというのが、品薄状態で、多分完車メーカーに優先的に行ってしまうのかしら?なかなか、実物を手にできません。

20141119_162848_431_convert_20141121164130.jpg


 その入荷を待つより、ここを9速にして、まだ比較的手に入りやすいソラで組み付けることに。

 20141119_162843_255_convert_20141121164144.jpg

 これがつくとなると、STIもソラがつきます。

20141116_155002_528_convert_20141121164236.jpg

 こうしたフラットバーが、一気にドロップ化に。
20141119_162900_274_convert_20141121164049.jpg

 そしてフロントディレーラーですが、こちらも点検。

20141116_154949_581_convert_20141121164335_20141121165011e4d.jpg

 フラットバーシフト用のもので、引きシロが長いんですね。STIでは無理・・・。と同時に、ヨシガイのバーコンでも引き切ってしまうほど、デレーッと引きシロが長いです。

 20141116_154944_816_convert_20141121164349.jpg

 デフォのクランクが三枚なので、トリプル系のフロントディレーラーが必要になります。

20141119_162853_268_convert_20141121164101.jpg

 ソラフロントトリプル用ディレーラー装着完了!

20141116_154954_726_convert_20141121164250.jpg

 Vブレーキはショートリーチものなので、このままでしっかり引けます。

 
20141119_162911_443_convert_20141121164036.jpg

 駆動系は、クランクを除きソラに変わりまして、かなり大々的に変わりましたね。

20141119_162834_891_convert_20141121164159.jpg

 学生さん所有のこの一台。最初は予算をだいぶ気にしているようでしたが、コンポの説明をしているウチに、納得してくれたようでありました。

 それよりも、新生逃亡号で、どこまで行こうか?という夢の方が膨らんできているようで、彼のそういう希望にはしっかり添える改造であったかと思います。

 予算オーバーしたとしたら、今度は想定オーバーの楽しみ方をしてくれればうれしいですね。

 このドロップ化、定着を飛び越えて、主流になっていくんじゃないのか?という予感。

 シマノさん、クラリスの量産、お願いしますよ!

06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_201411211836225f7.jpg
※セミドロップは、いずれマイナーブレイクを狙っているハンドルなんですが、ドロップ化ならぬ、セミドロ化なんていいうのも、支流として、確立していきたいですね!

何を目指してどこまでやるか?



 乗り疲れている、クロスバイクがやって参りまました。

 ある意味、メンテしてやって、まだまだ乗っていこうという方向性・・・があります。

 20141117_142611_650_convert_20141120191154.jpg

 この辺もきれいにしようと思えば出来るところをわざとこのまんまで放っておく、ということ。

20141117_142617_736_convert_20141120191130.jpg

 シールベタベタ、塗装禿げ、焼け、汚れそのまま。こうしておけば、転売目的の盗難からは自由でありますな。または、ここまで汚れていれば、気を使わなくていいので管理も楽。

 確かにそういう意味でのメリットも多いはずなんであります。

 ただし、自転車の走る、という機能上、あちこちガタが出てきているので、それは直してほしい。

 なるほど、非常にまっとうな発想だと思います。かつて施工例にもありましたかと思いますが、ラットバイク構想というもの、見た目はひどいが、機能は最高!というもの。これも盗難からの自由が目的なのであります。

 ただ、ここまでコキ使ってきたということで、多少の罪悪感もある・・・ということで、いずれは再塗装でもしてやろうかなあ・・・という気持ちもあり、そうなると、新車に近くなってしまうので、今までのようなぞんざいな扱いは出来なくなる・・・。

 さーて、このまま高機能を回復させるか?見た目も含めて、一新してやるか?と悩んでおれる様でもあります。

 愛車とはいえ・・・、自転車一台にこれだけ向き合って、真剣に検討される姿というのは、そういうお客さんに巡り会えているというだけでも、自転車屋冥利に尽きるなあ、と思います。ありがたや。

 というわけで、さんざん悩んでいただいたあげく、やはりまずは機能回復をしたいと、それからまた考えるということで、いつもの機能中心部に関する二点、チェーン・ワイヤーなどを見て参ります。

20141111_144342_541_convert_20141120191406.jpg
 
 チェーンものびのびなので交換なんですがそうなると伸びたチェーンを受け入れていた、スプロケも怪しいということになります。

 チェーンが伸びると、その伸びたピッチでスプロケやチェーンリンクを削って行くことになるんですね。そういう意味でチェーンの伸びに併せるように、他の両者も歪になっていく訳なんですが。

 20141117_142514_352_convert_20141120191217.jpg

 そこでチェーンだけ交換してもダメなんですね。チェーンが正規のピッチに戻っても、スプロケ・チェーンリンクが伸びているようではまたピッチが合わずに歯飛びが起きてしまうという現象があります。

 今回もそうでした・・・。ですので、スプロケとチェーン交換を同時にしたわけであります。

 20141111_144354_294_convert_20141120191350.jpg

 その他こうした疲れたワイヤーは、外して取り替え、その際ブレーキや、シフトに調整をかけるので、物理的にワイヤーが変わっただけではないんですね・・・。

 20141117_142508_323_convert_20141120191248.jpg

 フロントブレーキのワイヤーも凜としています。他にブレーキシューの調整や、時には交換も、シューがリムからずれている場合が圧倒的に多いですぞ!それでは満足な制動力は効かせませんよ。

 そんなこんなで、走ることに関して、整ってきたわけでありますが・・・。

20141117_142529_574_convert_20141120191205.jpg

 聡明な読者の方は、当然気づくことかと思います・・・、先ほどのチェーン問題。今回のチェーン問題は、チェーンの単独交換では済まなくて、スプロケットまで交換することになりましたが、もう一つ肝心なチェーンリンク、およびクランクはそのままなのか?という疑問は当然残ると思います。

 そう、試してみると、リアのチェーンの位置によっては、クランクの方も歯飛びが起きることが確認できました。

 ということになりますと、やはりこの辺のことについては、まともに走ることを前提とするなら、交換を前提とすべきかと思いますが・・・。

 ただし、クランクやホイールといえば、自転車の横の顔に準ずる重要パーツでもあるので、チェーン交換のついでのスプロケもね!ってなノリで変えられるものではありません。

 そして、最初の問題が浮上して参ります。一体この自転車の用途と方向性はどちらの方を向いていて、それに対して、そのようなメンテおよび、どのくらいのレベルの手入れをしていくべきか?という問題にまた戻ってきたわけであります。

 ラットバイクということで、機能重視であれば、そこそこのものを付けてやってもいいでしょう。

 近い内に再塗装してやるなら、同じくなおさら、そこそこのもの、またはそれ以上のものだって付けてやってもいいかもしれません。

 いやいや、まともに走れさえすればいいので・・・、というのであれば、クランクはそのまま、チェーンリンクのみ取り替えればいい、ということになりでしょう。

 その辺の話をまた、再度説明させていただいて、大いに楽しく悩んでいただくことにいたしました。

 しかし、この自転車とご自分との関係を考えながらの、メンテと手入れといっても、まあ、あり得る関係の数ほどに、こちらもご提案が出来る・・・というわけでありまして、本来物と人との関係というのは、そういうものなのではないか?なんて思うわけであります。

 どちらかというと、スニーカー履きのような自転車の、紐の色をどうしようか?というような選択なのかもしれませんが、その人が、何をどのように使っているか?ということは、多少大げさに言えば、その方の人生観までもがにじみ出ていることもあるし、そう読まれることもあるという意味では、結構重要なポイントかもしれませんね。

 すべてに贅沢というのは、かえって無粋であったりしますが、一点に贅を何気なく載せているとなると、オッ?!と思ったりします。

 そこに人生の美学なんかが垣間見られますと、実に粋なのであります。

 汚かろうとなんであろうと、ある方針に則って、その原則に従って、しっかり管理している、というのであれば、またそれも大ありかと思います。

 各自転車に、それぞれの方針を割り振って、乗ってやる、自転車冥利に尽きるんではないか?と思いますね。


00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_2014112020175672a.jpg
※君は学生君を乗せて、この世のあちこちの風景を自分の足でたどり着け、自分の目で見られるようにするのが、ミッションだよ!という学生君、募集しています!


何もスピードだけが・・・郊外を走る快走車へ



 ちょいと懐かしい形をしています。

20141119_153308_469_convert_20141120113029.jpg

 懐かしさだけではないある種のエレガントさがあると思ったら・・・舶来品・・・プジョーさんでありましたか。

 これを東京の郊外で、快適に乗れるように・・・というご要望。丘陵多しの坂の問題や、街灯の問題などを先取りして盛り込んでみる・・・、さてどうなることやらです。

 20141118_100751_197_convert_20141120113303.jpg

 タイやサイドに接触して発電するダイナモ形式、トレーニングにはいい・・・くらい走行が重くなりますね。

 20141119_153240_306_convert_20141120113140.jpg

 ハブダイナモの付いた前輪に交換。東京郊外となると、街灯の多さは都心とは異なりますので、自ら路面を照らすという形式のものが必要になります、ハブ内に発電の形式を持つこの形は、さして重くもなく抵抗も少なくこの辺の問題解決には、最適化と思います。

 20141119_153248_597_convert_20141120113128.jpg

 ちょいと小さめのライトをカゴの前にチョコンと。といっても明るさは十分なものです。

 20141118_100803_882_convert_20141120113250.jpg

 東京郊外、やはり丘陵を含む地域となると、単なるシングルでは大変でしょう。

20141119_153319_562_convert_20141120113002.jpg

 内装算段ギアのハブでホイールを組んで、今カバーで見えなくなっていますが、16Tのギアを18Tのギアに変えます。20Tでもいいのですが、チェーンカバーに収まりきらなくなるので、今回はこれで様子見ということで。

 20141118_100823_576_convert_20141120113207.jpg

 後はさびたハンドル回り、プロムナード系を交換です。

20141119_153259_846_convert_20141120113055.jpg

 カマキリ系のブレーキ。
20141119_153414_649_convert_20141120112947.jpg

 クラシカルな風貌なので、前ブレーキはセンタープルものにしました。

 20141118_100813_345_convert_20141120113219.jpg

 プジョーの名前入りサドルでしたが、よれているので、交換。

20141119_153304_844_convert_20141120113044.jpg

 何でも磨けば光るのか?

20141118_100809_600_convert_20141120113234.jpg

 カバー外そうか?という話もありましたらが、まあ、様子も悪くないし・・・今回はこのまんまで・・・どう?ということで。

20141119_153313_404_convert_20141120113014.jpg

 マジックな薬品てあるんですねえ・・・。

20141119_153253_352_convert_20141120113114.jpg

 全くないのも何なので、小さめのカゴを一つ前につけてみました。

 20141119_153507_873_convert_20141120112932.jpg

 車体の真ん中に一本足スタンド。

 20141119_153233_660_convert_20141120113151.jpg

 で、完成です。今回は、元々のイメージを壊さないで、中身を知らん顔してすっかり高機能にちゃった、というものであります。

 多少の距離の続く登りが来ても、ギアとチョイ前傾で乗り越えられそうですし、暗くなれば勝手に明かりがついてくれる、抵抗の少ないハブダイナモ。いつもだったら、チェーンカバーと泥よけも外しているところでありますが、まあ全体として、こうしてあった方が落ち着くかな?ということで、今回は見た目はおとなしめに、中身はすっかり高機能ということで、おさめたというわけであります。

 こうすることで、またメンテしながらこいつは二十年以上走り続けることが出来ると思います。

 二十年・・・。こいつは決して、ちやほやされるビンテージにはならないでしょうが、多分、対向から来る自転車が、よけて道を空けてくれるような、年季の入った、貫禄と威厳を兼ね備えた実用車になってくれるんじゃないか?と思うんですね。

 どうでしょう?周りに思わずハッと振り返ってしまうような、威厳に満ちた自転車・・・なんてありますかね?

 時間をかけて、そういう自転車が出現できるような条件を整えていくこと・・・、こういうことも重要なのかもしれませんな。


06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20141120122655619.jpg
※こいつもいずれは、ハッとするような威厳を放つような、そういう一台に・・・なってくれるといいなあ・・・。


大阪にも・・・



 地方からも、よくお問い合わせのご連絡をいただくことがあります。

 一番遠くは石垣島からでしたかね。そして九州から、岡山から、そして大阪からもよくお問い合わせをいただきます。

 確かにウチしかやっていないんじゃないかな?と内容もありますが、そのほとんどは、お近くのどちらかでやっているんじゃないですか?という程度のこともあるんですねえ。

 ママ狸んなんかが顕著で、「周りでやってくれないっていったって、大阪って日本第二の都市でしょ?一軒ぐらいあるんじゃなりませんか?!」なんてこと、何度かお尋ねしたこともありましたね。

 確かに大阪は第二の都市ではありますが、規模でいえば、やはり東京とは比べものにならないくらい小さいらしいです。そして、坂も東京に比べて圧倒的に少ない割に、東京ほど自転車は走っていない・・・ということだそうですよ。

 そしてある大阪人曰く、関東からお越しのサイクリストさんへ、てな調子で「大阪のドライバーは無免許と思っていいです!」そのくらい大阪の車には気をつけてくださいね、なんてアドバイスをいただいたこともありました。きつい冗談でありますが・・・。

 そんなこんなで、自転車事情もかなり異なるのかも知れませんね。

 そんな大阪に、こんな自転車屋さんができたらしいです。

 阿佐田サイクルさん、とおっしゃる自転車屋さんです。

 メール上ですが、こちらの店主さんから丁寧なご挨拶をいただきまして、何とも自転車屋起業のキッカケが当店だったという、気恥ずかしくも大変光栄なお話でありました。

 阿佐田さんのブログを読ませていただいても、多少の違いはあれど、共通する点などが散見でき、いずれは東と西で何かコラボでも出来ればねえ、なんて勝手に思ったりもしています。

 阿佐田さんは、自転車事故を減らし、ものを大切にする心を育て、そして自分の独り立ちの成功で地域を元気に励ましていきたい!という三本柱をあげておられるようです。

 こういう信念が、今後とも仕事の中に反映されていくことだろうと、ゆっくり期待しながら、連携への道を探っていけたらと思います。

 人にはみんな、色々事情を抱えながら、様々条件に縛られながらも、目指す方向に向きつつ、手近なことをこなしながら、徐々にゆっくり関係を作りつつ進んでいく。

 その方向性や、やり方への気づきに関しては、決して遅すぎることはない。

 この店主とて、四十を過ぎて今の生業が専業になるまで、いろんなことをやりながら食いつないできています。そして、たとえ今専業となっている自転車屋だって、いつ何時どうなるかなんてことはわからない・・・。

 そういう中で、周りの関係を大切に、時に丁寧に、柔軟性を全開に、そして開いて開いて、やっていけば・・・、何とかなる!という実感だけは持てるようになりました。

 大阪およびその付近に在住の方で、もし当店のような店が近くにあればなあ・・・と、思われている方は、是非、まずは相談だけでも、阿佐田サイクルさんの門をたたいてみれば?と思います。

 すぐに出来なくとも、一緒に、知恵出し合って、試行錯誤を繰り返せば、何とかなる・・・かもしれませんよ!

 大阪にも、同業と呼べるような数少ない店が出来たのかもしれない・・・、もしかしたら、五十を迎えた店主に対する何らかの予兆のようなものなのかもしれない・・・なんて思ったりしてね。

本当の意味での足になる 自転車とは



 日曜の遅くでもないが、今は冬至の一月ちょっと前ということで、つるべ落とし、すぐに暗くなってしまいますな。もう五時になっては、撮影・・・微妙というかほぼダメ。かなり露出の修正入れて・・・何とかかな?いう感じ。

 年末までは、そういう日が続くのであります。かつてなら、ちょいと憂鬱になっていく季節なのでありますが、最近時の流れの速い店主としては、何のこともなくなりました。だって・・・、すぐ花見ですよ!真冬を突き抜けているんであります、すでに。

 そんなこんなで、昨日チョチョイと組み上がった、こいつなんでありますが、是非当ブログ掲載をしておきたい施工例の一つなので、本日また撮影のためだけに、来ていただいたんですね。

 そんなわけで、施工前の自転車の様子は撮れていません・・・、毎度。

 まあ大体想像はつくと思いますが、サドルが低く、かつハンドルが突き出しの逆になっているという奴ね。

 20141117_162815_347_convert_20141117224848.jpg

 ブルホーンと、ステムは今回新しく入れ替えましたが・・・。

 学生仕様ということなので、ブレーキやシフターはそのまま使用することにいたしました。

 20141117_162820_398_convert_20141117224836.jpg

 体の大きい学生さんだったので、当然手もデカい!なわけで、フラットバーに付いていたブレーキレバーをそのまま移植。かなり乱暴なやり方なのでありますが、ザッツ学生仕様!なのであります。

 ただし!ぽん付けは出来ないよ!

20141117_162828_458_convert_20141117224824.jpg

 フラットバーの径とブルホーンバーの径が違うので、そのままでは入りません・・・。ちなみにこの径の問題はこれから、色々と尾を引いていくことになると思います・・・予言ですが。

 これはプラスチックですので、広げて入れては、既設のネジを捨てて長めの6ミリで止めて、余分を切り取るという手間をかけましたが、これが金属系になってくるとなると、その辺の加工は、ちょいと考えていかないといけませんなあ。

 20141117_162837_183_convert_20141117224809.jpg

 シフターはワイヤーの長さの関係もあったので、適当にステムの首根っこに移動しておきました。使い勝手は、あまりよくはないかもしれませんが、まあいいか、学生仕様だし。

 20141117_162844_203_convert_20141117224747.jpg

 背の高い学生さんなので、ここは新調しました。400ミリの最長ピラーと軽量系のサドルであります。これでダンシングも楽だよ!

 ということで、完成した改造実用車なのであります。

20141117_162758_818_convert_20141117224901.jpg

 見た目も戦闘モードでかっこいいし!今日の投稿時間も普段より三分以上楽に早くなったと、言っておりました。交通安全には気をつけようね。

 楽に早くなったというのは、この前の車体だと相当踏んでくったくた、という状況のタイムと比べても、さして疲れていないのに、早くなった、ということだそうです。

 来月には、なんとBMCの高級レーサーができあがるということです。体格からいっても、いいんじゃない?しっかり練習すれば、強くなりそうな感じもします。

 ただし、そのBMCで、都内を自転車を降りるようなサイクリングはやめなさいよ、と何度も忠告。途中、古本屋に立ち寄ったり、2階席の喫茶店に寄ったりもダメ!

 BMCはとにかく、乗ったら降りるな、降りるなら乗るな!くらい気をつけなさいよ、盗難に!と申し上げたんであります。

 学生で高級自転車を油断原因で、盗まれた・・・なんて言ったら、多分その数ヶ月間は引きこもりになりますよ。

 となると・・・。多分上のこいつが最も身近で乗りやすい、最強の機動力を発揮するんではないか?と予言しますよ。

 やっぱりレーサーは切れが違いますが、こいつも結構走るしなあ、盗難のこと考えると、最近ほとんどこいつに乗っています・・・、なんて半年後に言っているんじゃないか?と予言します。

 そうなると、後はホイールを700Cにしてやると、ほとんど最強の実用改造車になりますね。そんなこともやりかねない、津々と燃えていそうな、物静かな青年なのでありました。

 今回は、ピラーとサドル、ステムとハンドル、この四点のみのパーツ交換と組付けだけで、経費もかなり抑えられています。二万はいってない、どころか・・・、まあ学割の意味も多少無くはないので、本当激安で出来ましたよ。

 これが、多分都内を盗難フリーで走る自転車としては、ほぼ最強なんじゃないかな?ということで、何度も提案させてもらいます!

 新車ほしいけど、不景気だし・・・というのであれば、今持っている自転車をよーく見てやってください!不必要なもの外して、走る機能に集中させて、試乗ポジションを変えてやれば、平均時速は上がる・・・。原理原則なんでありますよ!

 特に学生!金を持っていない、というこの時期は非常に大切なのよ!そうでなければ出来ないことを、とことんやっておきなさい!小銭くらいなら、社会人になれば持ててしまうのね、そうなると銭なし時代に出来たことが出来なくなるの!わかる?出来なくなるのよ!

 社会人になれば、金を持てるようになるから、それで出来るようになることばかりを考えるでしょ?夢見るでしょ?車に乗ってみたい、飛行機使って旅行してみたい、たまにはレストランで食事したい・・・。

 そうなると、野宿でツナ缶あぶって、熱々をつまみながら、飯ごうの飯なんても食えなくなるのよ!

 だから、銭がなければ、頭と仲間と関係使って、手間と時間をかけて、何とかバカをやるしかない、それが出来るときにとことんやっておく、それ大事ね。

 この自転車もある意味典型的な、そうした一台なんだろうと思います。ちょいと外れたかっこよさがあって、人をちょっと驚かす迫力もあって、走行性能もそこそこある・・・、そして盗難の心配も、非常に低い。何拍子だ?そろった、ちょうどいい一台だと思うんだが・・・ね!

00020140909_155634_413_convert_20140913131739s_201411161619077d9.jpg
※盗難フリーなどといっても、こんなに目立つ紙細工自転車が盗まれたんで、やっぱり油断大敵だよね!見かけた方はご一報ください!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター