メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ミヤタのピックアップ  エレキじゃないよ!



 ブリジストンにピクニカという、古典的折りたたみ小径車がありましたが、これはそのピクニカに対する、ミヤタのカウンターかな?と思われる自転車が出てまいりました。

 ミヤタのピックアップと言うやつですね。

281791347_5177827445629715_4826696477975395722_n_convert_20220517200835.jpg

 折りたたみらしいねというジョイントにボルトナットという形式です。

281791809_5177827292296397_1268235336346643989_n_convert_20220517200631.jpg

 この辺のジョイントもボルトナットですね。

282519947_5177827072296419_1829342119394784426_n_convert_20220517200616.jpg

 小径中の小径であるので、ホイールが14インチ、形式はHEタイプなので、入手は比較的楽です。これがWO形式だと、地球の裏まで取りに行かないとありませんね、そういう意味でセーフ。

 281636538_5177827708963022_8062790737544914243_n_convert_20220517200704.jpg

 こちらも14インチ、そしてシングルフリーですね、対岸にはバンドブレーキが見えますね、シンプルです。

281632418_5177828018962991_2695491082275122355_n_convert_20220517200756.jpg

 ハンドルはチョッパー的ですね、これも折りたたみのの構造を持っています。

282061945_5177827925629667_3953740001038881202_n_convert_20220517200739.jpg

 この左右をつなぐ橋を外すと、ハンドルは左右に倒れてコンパクトになります。

 新しいものではありませんが、この辺の各所はまだまだしっかりしているので、折れるとか、ヒビが入るとか強度に関する不安は一切ありませんね。

 281684963_5177826812296445_6350504361901455327_n_convert_20220517200542.jpg

 これはエアロ?を狙ったのかな?と。まさか・・・。タイムライアル車の中にはこのようなチェーンリンクのものがかつてはありましたね。でもどうなんだろう?クランクレベルの回転に、空気抵抗を抑えるほうがいいのか?それとも重量が軽いほうがいいのか?わかりませんね。

 281701363_5177827552296371_9158072506732584375_n_convert_20220517200648.jpg

 荷台の形も手が込んでいますね。この直角に曲がった箇所は、そこでこの自転車を立たすことが可能となります。

 281807155_5177827842296342_9028847134678153599_n_convert_20220517200721.jpg

 これは鼻なしサドルなんで、現代もんなんですが、黒と赤のツートーンが、このピックアップの色とよく有っていて、とても後から取り付けられたとは思えないくらいマッチしていますね。

 281691592_5177828825629577_5448503701448168963_n_convert_20220517200812.jpg

 実は数年前まで普通に使われていたんだが、この2、3年乗っておらず、捨ててもいいかな?ということで持ってきていただいたんだが、いえいえ、かなり立派になって再生できましたね。

 タイヤ、ワイヤー、チェーンという三大消耗品を交換して調整してやれば、自転車はなんとかなる。なんとかなるどころじゃなくて、なんともこのように、矍鑠たる姿となって再生されるんですね。

 乗ってみると、近くをコロコロ回るにはいい自転車です。まだまだ、お役に立てますね、ご関心のある方に、売出し開始であります!

 試乗可能です、是非お試しください!

スポンサーサイト



万国の学問の徒 技術屋の徒よ 団結せよ!



 千葉工大といえば、津田沼だっけね、店主もよく非常勤で講義に行った大学であった、そういう意味で思い入れの強い大学の一つであったが、やってくれたね・・・。

 これほどまでに気骨に溢れた学府であるとは知らなかった。

 惚れ惚れする・・・というより、こうした愚直なまでの踏ん張りが、今すべての学問に求められているように思われる。

 もっとしっかりしようぜ!もっとちゃんとやろうぜ!学問の徒よ!

 いや、諸氏の大半がしっかりやって、ちゃんとやっていることはわかる。そういう意味での敬意は心より評したい。

 そう、ただ望むべくは、こうした表明に自ら進んで愚直に、愚直なまに連帯して欲しい!痩せ我慢でいい、照れることなく、気負うことなく連帯せよ!と申し上げたい。

 この店主に技術なるものがあるか?といえば心もとないが、ひとたび自転車をいじるに際して、仮にそれが人を死に至らしめること繋がっていると分かっていたら、一切協力することはしない!絶対にしない!

 まあ、軍用自転車?仮にスイスの自転車部隊のような車体のメンテ?なんて依頼が来たとしたら、万が一、億が一、そんなものが来たとしても、一切協力はしない!

 それがこの国の「国防」を担うものだ、とされても一切加担はしない。その代わりに命を活かす活動につながる依頼は、その数倍あるであであろう、であれば、それらこそ自分の命をかけても協力をしていこうと思う。

 そもそもが究極の選択を迫るような質問内容には要注意だ。

 もし攻められたらどうすんだ!!!と勇ましい連中は鬼の首をとったかの如くに「主張」するが、そもそもどういう歴史的、事実的経緯があって、攻められざるえを得ないのか?という非常に重要で繊細な、それが故にそこにこそ対策のヒントの詰まった細部が、全くかけている性急な議論以下の展開を迫るものがほとんどである。

 武器さえ強ければ戦に勝てる・・・という理屈は、旧日本軍の幻の戦闘機「烈風」の開発がもし当時間に合っていれば、日本は先の日米開戦に勝てたかも、と言っていた店主のかつての同級生と同じレベルという事が言えるだろう。

 防衛費を仮に二倍にしても、エネルギーと、食料の自給の出来ない国、国内に何か起きたら制御できない原発を五十機以上を抱えるこの国が、まともな戦をして勝てる・・・など、幻想もいいとこだ。

 しっかり、現状を捉えよう!

 そして、より重要なことは、現状以上に、上に掲げられたような一つのしっかりした理念!というものを軸に学問にブレることなく専心することなのだ、と思う。

 すべての学府はこの千葉工大の理念に賛同せんことを!

 更には、すべての哲学の徒よ!その理念となっている最重要の項目について、きちんと濃く分厚い議論の展開の中から定義し監視せよ!

 幸福とは平和とは何か?何が幸福で、どういう状態が平和なのか?それらを揺るぎなき議論の過程を経て定義していって欲しい。

 すべての学問の存在理由はそれだ!人間を幸福にし!世界の平和に寄与すること!このことをおいて、学問や研究の存在する価値はない!そのことを愚直に認めて専心すべきなのだ!

 すべての学問の徒、すべての技術屋たちよ、この点にて団結しよう!照れも負い目もなく!

ホワイトインダストリーのクランクキャップが抜けない!工具を作る!



 この金のクランクキャップを別色のものに変えたい、という事で持ってこられました。交換するなら、まずこいつを外さないといけないんだが・・・、

281281416_5172433299502463_7042947795368419951_n_convert_20220515215637.jpg

 通常、手持ちのこの工具で外れるんだが、これが外れない・・・。焼き付いているのか?と思うくらい動かない、手持ちの工具がひん曲がるほど・・・、なので別工具を作らないとこれは絶対に外せない、外せないといことは、交換できない、ということね。

 じゃあ、どうやって作るか?

281431156_5172433416169118_6613000085963591337_n_convert_20220515215654.jpg

 カニ目系の工具が必要だ、そのためにはこうした3ミリのボルトや、

281400697_5172433519502441_8798869731513439471_n_convert_20220515215712.jpg

 その土台となるものなんかが必要で、該当するキャップの幅等を正確にはかって、それ専用の工具を作っていくことになる。大変なんだけどなあ・・・

281399737_5172433629502430_1632714366347991698_n_convert_20220515215729.jpg

 穴開けるか・・・、3ミリのネジ入れるんで2.5ミリでね。

281432364_5172433792835747_2422244148933132723_n_convert_20220515215750.jpg

 2.5ミリの穴を2つ、そしてそのちょうど真ん中に10ミリの穴を開ける。その理由はトルクを安心してかけられるようにするため・・・ナンノコッチャ・・・?

 281269925_5172433939502399_5987805057946376567_n_convert_20220515215807.jpg

 こんな感じで、左右に3ミリのボルトを入れて、徐々に形作っていきます。

281414547_5172434186169041_207387865267915999_n_convert_20220515215823.jpg

 こうして余分なところを切り取って、

 281330302_5172434049502388_7463614440229100593_n_convert_20220515220140.jpg

 外すべきキャップを抱いているクランクを万力で固定します、力を逃さないようにするためにね。とにかく力を逃さない、というのが、こうした作業の鉄則であります。

 281536975_5172434306169029_4651216876865977303_n_convert_20220515215855.jpg

 キャップには着脱他のための窪みが2つあいています、その空いている2つの首味の距離を測って、穴を空けて、そこにボルトを打ち込んだわけであります。そして、今その窪みに鉄板に取り付けた2つのボルトを押し付けます、これで回してもいいんですが・・・、それでは力が逃げてしまいます。

 そこで、この中心の10ミリの穴に

281373556_5172434472835679_7182741159844609640_n_convert_20220515215916.jpg

 10ミリのボルトナットを通して、そこで固定して、回すという戦略をとっていきます。

281406813_5172434596169000_4832743389471191218_n_convert_20220515215934.jpg

 こうして、ボルトを締め込むことで、先の二本の細いネジがキャップの窪みに食い込んでいきます。そこでエイヤ!とばかり回してみる・・・んですが・・・、

281509125_5172434726168987_4376503496910077662_n_convert_20220515215952.jpg

 回した力で細いネジが曲がってしまいました。ネジの素材が弱かったようですね・・リベンジ!

 今度は、もっと短くネジを削って、強度を増し、そしてまたエイヤ!とばかり回したんですが。

 281438771_5172434869502306_8207311350181913690_n_convert_20220515220009.jpg

 窪みの中で折れてしまっています・・・。ネジの素材が弱いのか・・・、キャップの焼付きがつよいのか?あきらめるか?どうしようか?

 というところで、また別素材のネジが見つかった。これで再度二本立てて、カニ目を作り直せば、もしかしたらできるかも・・・。

 281389749_5172434952835631_2856563169541720595_n_convert_20220515220029.jpg

 少し静かに気合を入れて、ボルト以上にトルクを上からかけて、しずかにまわしてみると・・・・・・、

 回った・・・。やった・・・

281074914_5172435072835619_7379525082918581269_n_convert_20220515220053.jpg

 なんとか外れたようです。たしかこの手のBB周りの着脱で、工具を作ったのは何度かありましたが・・・、今回は寸法等はそうとうまく行きました・・・とはいえ、このキャップにしか使えない特殊中の特殊工具でありましょうな。

 281534887_5172435219502271_3730343777372959165_n_convert_20220515220121.jpg

 外せれば、取り付けなんて大したもんではない・・・。施工、特に中古車体のメンテ等の要は取り付けでなくて、外すこと、外すことができれば、なんとかなりうる。

 逆に外せなければ、何も始まらない。あたかもキャッチャーがミットを構えない限り、野球が始まらないようなもんかもね。

二年にてここまでやって来た・・・



 二年前、3月からいきなり小中学校の一斉登校禁止が始まり、エエ?!そんなにコロナって深刻なの?と戸惑っているうちに、志村けん氏が亡くなってから、一気に火がついたようで、狸が狐につままれたまま、状況だけが動いていったように思います。

 周りで雇留が始まり、自分の店を閉めざるを得ない人たちが続出してきたわけでした。

 マスクがなくなることもありましたね、それでもって他にやることがないので始めたのが、これ。

 マスク屋でありました。

95121845_2997144233698058_8460878645890646016_n_convert_20200501232430_20220514202430074.jpg

 もう上からミシンを下ろしてきて、もうここで作っているところから見せて売ってしまえ!と焼けのヤンパチ作戦開始!

DSC_9797_convert_20200425224234_202205142024238d2.jpg

 もともと自転車置き場と作業予定場だったこの鉄箱で、得意の見切り発車が始まった。

DSC_9796_convert_20200425224244_20220514202424d70.jpg

 もう布なんかで仕切ったりして、売れるものなら何でも売ってしまえ!元気な失業者たちはそうするしかないだろう!とばかり開き直り、やれることをやっていこう!色々始めていったわけなのでありました。

98341906_3083358658387719_894064259468623872_o_convert_20200521151045_20220514202429545.jpg

 売るための設備を後から後から追加していく、もう見切り発車なので、当然そうなります。

 99111145_3067744926637988_3088828591090171904_n_20220514202427006.jpg

 販売許可のあるものから、どんどん出していく、その内、当店内も製造販売許可を取ろうか?ということで保健所に通い、教示を受けるなんてこともし始めていきましたね。

 101001384_3067744936637987_7592930755404103680_n_20220514202426faa.jpg

 仕事失った人もそうでない人も、ここを起点に、売れるもの全部持ち寄って、とにかく売る!日銭を稼いで、身内や地域で回す!これをやっていこうとして始まったのがこの狸市なのでありました。

 その年の6月には、製造許可、販売許可、営業許可を取っていったという経緯がありました。

 それから二年、懸案だった許可がもう一つありました。それは・・・

 この鉄箱内で、簡易調理が出来ないか?という許可なのであります。それがとれなかったので調理行為が出来ませんでした。ビールも栓を抜くことすら出来ない、お客にしてもらうなんてことしていたわけであります。

 なので、注文が入ると、母屋の製造許可のある調理場で作って持ってくる、ということをしないとダメだったわけです。できたものをかけるなんてことすら出来ない、一々、母屋に入っていくということをせざるを得なかったのでした。

 それがもし鉄箱内で簡易な調理が出来たら、手間も省けるし、匂い等も周りに広がったり、調理の臨場感がまたちょっとした演出になったりするわけで、是非それを出来るよう、また許可を取ろうということになった。

 それが今年の初春のころだったかな?そのためには、この鉄箱に上下水道を通さないとだめということで、どうしたらここに水道を通せるかを研究し、プロに相談しながら、なんとかこの初夏に完成!ということになったわけです。

 やった!!!!

 ということで、その象徴たる案件が実現できるようになりました。

 それは・・・

280739393_5169485033130623_3654949665922609124_n_convert_20220514201126.jpg

 ハートランド?これってビールでしょ?ハイ、ビールですが・・・。

281026438_5169485246463935_3541286071933916376_n_convert_20220514201158.jpg

 ビールが売れるようになりました!なんてことではありません、そんなの二年前から売るだけは出来ましたので・・・。瓶ビール販売が可能になったのではありません!

 ということは?

 281015723_5169485143130612_7059926420472392873_n_convert_20220514201144.jpg

 空のコップがありますね、そう、アレです!アレの販売が可能になったんであります!

281091404_5169485499797243_5153790912792109218_n_convert_20220514201214.jpg

 オオ!生缶!そうなんです!

281161005_5169485643130562_8597614093252864796_n_convert_20220514201230.jpg

 なんと困ったことに生ビール販売が可能になったということです。いやー、困ったなあ・・・・。店主も自分のうちの蛇口と勘違いしないように、しっかり自己管理しないとね。

281168541_5169530466459413_3538327535404323016_n_convert_20220514205547.jpg

 冷やしたグラスを少し傾けて、レバーを引くと本体が注がれていきます、8分目来ると逆にレバーを押すと、こんどは泡が注がれて完成となります。

 280920325_5169485796463880_3537207468479603808_n_convert_20220514201247.jpg

 いけませんね、目に毒であります・・・。いけません・・・いけません・・・。

 自転車を引いて帰る方にはお出ししますが、乗って帰る方にはお出しできませんので、念の為!

 来月には出す出す詐欺と言われそうな、念願の自転車屋を開店いたします!生ビールには負けていられませんから!

ステムの焼き付き 色々やったが 最後は焼いた・・・


 
 ブリジストンのフレームが入ってきました、それもネオコットという名作もん・・・。

 280783137_5166364880109305_1502853922626174287_n_convert_20220513201115.jpg

 油圧で持ってラッパ状に加工したパイプ、相当の技術を使っての加工だと思いますね。溶接しろを増やすことで何を狙っているのか?それともそれ以外の目的があるのか?

 281008919_5166364770109316_7676033420841182397_n_convert_20220513201057.jpg

 この名作のはずのネオコットが製造中止になってしまったらしい。なんでだろう?カーボンに専念するため?売れないから?なんでだろう?

 そういう意味で、もう作られない貴重なフレームとなってしまったんだが、どんなトラブルか?

280951874_5166362853442841_2230692037150699387_n_convert_20220513200524.jpg

 この状態で持ってこられたんだが・・・。

280803564_5166362956776164_6369964943480804491_n_convert_20220513200544.jpg

 ここが問題なんです、嫌な予感・・・、そうステムが外れない・・・ということで持ってこられたんであります。これを外して、再度貴重なネオコットに乗りたいということで。

 焼き付いたステムを抜く・・・、できればステムは抜きたいが、ダメなら壊しても良い、という言質をいただき、施工開始。

 まずは穏便に抜けるよう努力するそれには

281086474_5166363063442820_5647481790879040745_n_convert_20220513200605.jpg

 これ!業務用の浸透性最高のラスペネを差すこと。

280652110_5166363170109476_6186065958039098442_n_convert_20220513200623.jpg

 フォークをひっくり返して、裏から浸透させます。スレッドレスだと、差せるところが少ない・・・というか、裏からホークを傾けて、そこに貯まるようにラスペネをさして、時間を置いて、また角度を変えて試させて浸透させると、もしかして外れるかも・・・という作戦です。

 約一週間近くこれを繰り返して・・・そろそろやるか?ということで、

280867416_5166363283442798_1250831311771866790_n_convert_20220513200705.jpg

 万力に設置します。そのままだと潰れたり傷がつくので、木の板を挟んで、それなりに力を入れて締め付けます。

 しっかり固定できたかな?

280744883_5166363386776121_8767289668409564702_n_convert_20220513200725.jpg

 そして、一定の鉄棒をステムに噛ませて固定します。そこにまた延長棒をかぶせて、ゆっくり回す。驚いたことに、万力が動く・・・。

 設置してもう五年以上なるんだろうな、台に万力を固定しているボルト三本を締め直す。まじで全体が固定された。それで再度、鉄棒を持ってゆっくり回していく。

 ゴキ!という音!やった、外れた!?かと思いきや・・・、よく見ると、

280713554_5166363490109444_2902449134671278551_n_convert_20220513200746.jpg

 あらー・・・、ステムの溶接部分が外れたは・・・、溶接よりも強い、焼付現象ですね・・・、ラスペネも浸透しきれなかったみたいです、恐るべし。

 ということで、完全に壊して外すことに専念できます。

280946080_5166363610109432_3839936342616110834_n_convert_20220513200805.jpg

 壊れたステムの上部を切り取って、フォークを外します。

 280682673_5166363706776089_7462414771564195606_n_convert_20220513200824.jpg

 外したフォークを再度万力にかけて固定し、その上からガスバーナーで炙る・・・炙って溶かす勢いで炙る。そうするとアルミのステムの表面に何らかの変化が起きて、それを利用して外していくということね。

 280920920_5166363830109410_7432834305309246847_n_convert_20220513200841.jpg


 炙りながら、でかいレンチで突き出し部分を掴んで、ゆっくり回していく。回らないが潰れて変形していく、それを繰り返すことで、ステムが部分的にコラム内から剥がれていっている間隔が伝わってきます。

 最悪なのが、中に残してステムが折れてしまうこと、それが起きないように、ゆっくり回しながら引っ張り出していく。
 
 そしてとうとう、

280861547_5166363976776062_5230099772830812225_n_convert_20220513200902.jpg

 抜けました・・・。自転車の親知らずが抜けたような感じ。

280869151_5166364090109384_6506697932275563228_n_convert_20220513200922.jpg

 きれいに抜けましたね、めでたしめでたし!

 280691981_5166364290109364_8018564057782925692_n_convert_20220513200941.jpg

 炙ったこともあって、コラムが荒れています・・・、なので、ここを整えます。

280818622_5166364390109354_2773383112519416629_n_convert_20220513201000.jpg

 ダイスを回してカス類を除去します、せっかく戻すんですから、きれいにしましょ。

280951936_5166364490109344_7580386619676813059_n_convert_20220513201019.jpg

 戻すヘッド類もきれいにしましょうね、中々こじ開けるところでもないので。再度グリスを入れてもとに戻していきます。

 281135900_5166364640109329_8534750093018852404_n_convert_20220513201038.jpg

 なんとか再生のための準備完了ということであります。この状態で持ち主の方にお戻しします。これからどんなコンポで組むんでしょうか?

 もはや作られることのないネオコット、大事に一台に組み上げてくださいな。

 そういえば、店主もネオコットあったわ、再塗装して、組み付けようか?大事に乗りましょうね。もう作られないネオコットなんですからな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター