メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

娘の自転車 地元映像作家の巻



 いつ見てもルイガノのフレームは最強なんじゃないか?と思う。特に子供に近い三角形の小さいものはね。

 アルミでも太いパイプ、溶接シロが太いし、しっかりロウが盛られている、弱いわけがない。

 DSC_0233_convert_20180619234416.jpg

 アチコチ汚れたり、錆びたりしている車体をお父さんがきっちり磨いてメンテします。

 なんで?娘さんのためだって・・・。

 誕生日に。

 クリームクレンザーをつかって、汚れを丹念に落とす。そこまでやるか?というくらいに。

DSC_0234_convert_20180619234427.jpg

 そして消耗品を交換などして、娘さんに送るんだろうな。

 DSC_0235_convert_20180619234437.jpg

 お父さんはがんばった。丸一日かけてね。

 DSC_2421_convert_20180619234455.jpg

 通学用のために、鞄を置くための籠は必需。大きめのカゴを取り付けた。

 DSC_2424_convert_20180619234516.jpg

 別にそうしなければいけない必然性は全くなかったんだが、店主の口が滑って、このエンドならシングルもできますよ、といったのがきっかけかどうか知らないが、シングルになってしまった。

 DSC_2425_convert_20180619234525.jpg

 確かにスッキリ見えてしまう、このシンプル感に感応する人は必ずいる。

 DSC_2426_convert_20180619234534.jpg

 太いパイプに、溶接がしっかりしていて、三角が小さい。まさに最強の強度を誇るんじゃないか?と思う。

 DSC_2420_convert_20180619234446.jpg

 丸一日かけて、がんばったお父さんの最高のプレゼントになった自転車。

 実はこのお父さん、大変な曲者でありました。職業は動画作家。しかも富士町という完全な地元。ちょっと試しに当店のPVなどもみていただきご感想もいただきました。

 つまり、今後内外の活動に関わらず、動画の制作は最も重要な広報戦略と位置づけるとするならば、この手の技術屋さんは重要この上ない。

 既に、彼とのコラボ・・・、素人・玄人的発想含めて、色々出ているわけであります。北京的展開も、そして、何よりも地元的展開の色んなアイデアありでありあります。

 コチラが、このお方のhpでありますので、まだ作りかけ・・・とも聞きますが、まあ、映像のセンスは抜群だね。

 それと、英語の字幕を入れるのも得意という才の持ち主でもある。世界に向けての動画作りでは、地元という中で、尤も頼りになりそうな人物でもあるということです。

 映像は最強に近い。それを使ってなにかアピールを考えている方、まずは話だけでもきいてみないか?という。その話だけというのが、すごい、切り土半端ない、既に見せ場に関する手法のほぼすべてをもっておられるようである。大いに紹介しますぜ!

 という事で、今後当店の動画的展開も楽しみに!まあ、イメージから何から何まで、変わっていくぞー!

スポンサーサイト

海から鬼が狸山にやって来た・・・



 この冬でしたか、その道では相当の大家でおられる、鬼海 弘雄さんが、自転車メンテに当店においでになった。

 全く無知とは最強でありますな、ため口ききつつ、自転車メンテしてお渡ししたんだが・・・。

 その後何度も調子がいい!というお電話を直々にくださったりして、その内遊びに行くよ!がついに実現したんであります。

 とくいの当店二階の、飲食会合だったんであります。

 35285813_10155890871323089_6201881514989322240_n_convert_20180618201611.jpg

 各会の著名な方、著名に値する方々が集まって、鬼海さんを囲う会が始まった。

 35297832_10155890868198089_2820528868941627392_n_convert_20180618201621.jpg

 うれしかったのが、大分リラックスして、楽しんでいっていただけたようだ、本当に良かった。

 「写真は一瞬に永遠を閉じ込めること」動画や、報道との、様々な差異を縦横無尽に語れる、そう、語れる写真作家でもあられるお方なんですな。

 ちょっと、作品見てみます?

 大変失礼ながら、鬼海写真をそのままトレースしたものでござい。普段言葉の多い当ブログでありますが、しばし、沈黙しつつ、鬼海ワールドを堪能召され。

 DSC_2407_convert_20180618201718.jpg
DSC_2408_convert_20180618201729.jpg
DSC_2409_convert_20180618201738.jpg
DSC_2410_convert_20180618201747.jpg
DSC_2411_convert_20180618201755.jpg


DSC_2412_convert_20180618201804.jpg
DSC_2413_convert_20180618201812.jpg
DSC_2414_convert_20180618201827.jpg
DSC_2415_convert_20180618201835.jpg
DSC_2416_convert_20180618201845.jpg
DSC_2418_convert_20180618201907.jpg
DSC_2417_convert_20180618201856.jpg

 藤原新也なら「子供は黙って人権宣言」と一行記したかも知れない。

 この迫力は写真の写真では通じないだろうが、その気配らしきものは感じられたか?

 店主は写真集としては、藤原新也依頼の衝撃だ。

 実際のページは、あまりの泥臭さにむせるくらい。

 しかし、写真を写し取りながらフと感じたことがある。文章の上達は、名文の模写以外にはない。これ鉄則ね。もし筆で身を立てたいと思ったら、永井荷風全集全部原稿用紙に模写したら、なれるぜ。

 これと同じく、写真を技術的に・・・とはちょっと違った視点からうまくなるためには、名写真を撮影することなのではないか?と思ったんだが・・・、以外と当たっていないだろうか?今回ちょっと泉鏡花本などを模写しているときと似たような感覚があった・・・ぞ。

 全く無知とは最強で、恐ろしいものだ、これだけの才人を自宅に招き入れるなんて。

 その無知が、五十年の人生から習得した手法を、ちょっとまじかつ静かにつぎ込んでみたのがこれ。

 35423273_10155890869123089_4999134605882687488_n_convert_20180618201649.jpg

 当店に琉球イノシシ、西表島からのものだが、その肩ロースが皮付きのまま、三キロ送られてきた。売られたケンカは、静かにお返しする・・・。

 こいつは、革と三枚肉を切り離した、純肩ロースの低温冷菜。味は塩と内部から肉汁のジュレ。徹底した血抜きで、今までに食べたことはない、と言わせる・・・。

 35349107_10155890869738089_9135949412063772672_n_convert_20180618201641.jpg

 切り離された皮と油の短冊と、西東京産キュウリのラー油黒酢・リンゴ酢和え、青山椒振りかけ。北京の影響がモロ出た一品。

35328862_10155890871658089_4481822687185862656_n_convert_20180618201630.jpg

 煮詰めた黒酢で皮ごとに込んだイノシシの肩ロースと、ゴボウ・ニンニクの芽炒め。

 35432875_10155890870588089_429131206408273920_n_convert_20180618201657.jpg

 イノシシの三枚肉・肩ロースのラフテー風の煮込みとアシタバ炒め。
35496481_10155890868218089_8145339987202670592_n_convert_20180618201707.jpg

 最後は、三枚肉のはすっぱと、にんじん、ゴボウと餅米でつくったおこわ、以上。

 写真の横綱からすれば、十両に満たないもてなしだったかも知れないが、同じ土俵で相撲が取れたこと自体がうれしからずや。

 出入りのある人が言ってくれたことがある、ここ世界一料理のうまい自転車屋と。本当か嘘かはわからないが、それを目指すのも面白い。どなたが見えてもいいように、この辺の研鑽も常にしておかないとね。

 皆様お出入りありがとうございます!

柳さんとの合わせ技 ピナレロ救出作戦!

DSC_2164_convert_20180618212706.jpg

 ピナレロの轍フレームが来たんですよ。カンパミラージュがついている。イタリアコンビね。

DSC_2165_convert_20180618212718.jpg

 でもね、こいつは・・・。



 これトップチューブとダウンチューブ、よく見ると、下側にしわが入っています。

 正面衝突の事故を起こしたみたいですね。クロモリ車体の事故では良くあるパターンですね。こうなったら通常なら、廃車にするという選択でしょうが、鉄フレームの良さは、ここから再生可能であるということです。

 あぶって、トップ、ダウンチューブを外して、新たなパイプに差し替えるという芸当が可能なんですね。

 DSC_2433_convert_20180618212842.jpg

 そして差し替えられたフレームに再塗装して、送り出します。

DSC_2429_convert_20180618212757.jpg

 ちゃんとしっかり治っているでしょ?ただピンぼけ・・・すぎ。これは弘法も筆の誤り・・・なんです。というのは店主の撮影ではない。実は相当写真には造詣の深いお方によるものなんですが、慣れない機種での撮影ということで、この弘法さんは筆は少し選ぶようでありますね。

 DSC_2430_convert_20180618212814.jpg

 ちょっと前まで普通だったこんなクランクが妙に懐かしく感じられる。新しいコンポの形状を嘆いてばかりいてもしょうが無い、そいつらにはそいつらに合う車種っていうのが多分あるんでしょうから、それはそれでやればいい。だからこっちの形状も何らかの状態でのこり続けないか?現行品として、と思うのだ・・・。そろそろ実行の時期だなこりゃ・・・。忙しくなりそうだ。

 DSC_2431_convert_20180618212824.jpg

 すごいピンぼけ・・・。でもわかるよね、ロードコンポはこうじゃなきゃ・・・と。イヤ今風のマウンテンもどきコンポも使い方なんだと思うが・・・。

 DSC_2432_convert_20180618212833.jpg

 サドル、バーテープ、デカールと色を青に統一して、黄色とのツートーンというのはなかなかの組み合わせだと思う。

DSC_2427_convert_20180618212726.jpg

 ぼけすぎて、ピナレロの新デカールも見えませんが、心眼にて見てください。色も赤の少ない切れのいい黄色で決めました。

 鉄フレームはこのように、トコトン再生が可能ということ、柳サイクルと狸サイクルは結託して、満身創痍の鉄フレームの生成をトコトン追究いたしますぞ!

 事故ったからって諦めんな!

柳さん ストライダーを始めたよ!



 スイッチは押してみないとわからない・・・。といって、むやみに押してもダメなのはわかるが、狙ったところのスイッチはやはり押してみないとわからない。

 そこで柳さんが押してみることに。そのスイッチの名前はストライダー。

 DSC_0218_convert_20180617211025.jpg

 このピンクの車体がそれ。クランクがない、そもそもクランクをはめるBBソケットすらない。ブレーキもないね。

 この車体に対する当店の対応は、どちらかというと、わざわざこんな車体作らなくとも、通常の子供自転車のBB外しておけばいいんじゃない?ブレーキもついているし、というものだった。どちらかと言えば、否定的な方だったかも知れない。

 このブレーキについては、下りになると、二輪は速いんで、大丈夫か?という心配も無くはないが。

 ところが、このような特殊な車体を作って、そしてソフトと同時に、大事なのはソフトと同時に売り出すことの圧倒的な意味というのは、やはり認めざるを得ない所も、確かにはある。その辺の仕組みは、すごいものなんだろう・・・ね。

 基本路線は違えど、まあ、イタズラもできなくはない・・・という事で、柳さんを中心にまず、こいつらを当店回りで見せていこうという事になった。

 DSC_0219_convert_20180617211033.jpg

 こんな子狸に店番させていればちょうどいい。脇で宿題やりながら、ちょこんと座っていれば、通お客はさぞや取っつきやすいだろう。

 では、試乗してみましょ!

DSC_0223_convert_20180617211040.jpg

 五歳までが公式大会に出られるという事で、二歳上となると既に小さいね。

 DSC_0224_convert_20180617211048.jpg

 でも、自前の子供自転車のBBなし状態でも乗っていた子狸は、勘を取り戻したような感じだ。

DSC_0226_convert_20180617211056.jpg

 コーナーリングをして、あっという間に一周して帰ってきた。

DSC_0227_convert_20180617211105.jpg

 コースといえば、当店近くに坂のあるいい公園がある、車も来ないので、十分そこで遊ぶことができる。その手前に、U字のここも車の来ないコースがあるので、コーンポストなんかを置いたら、いい練習コースにもなるね。

 さて、まあ、何も手を加えない状態のストライダーを置くのも、まあいいんだが・・・その内どうせ当店なんだから、イタズラし始めるに違いない・・・。

 まずは塗装から・・・。こんな小さい車体は、まさに落書き帳のようなもんだ。

 その内ピラーも長くして、六歳以上のストライダーなんてやろうか?これ行けるかも知れないね。径が22.2なんで鋼材購入して、横穴開けてねじ通しができれば、もう小さくなったストライダを復活できる!そうすれば、OB、OG達の大会もローカルルールでできるかもしれない。

 その内、柳さんのことだから、大人用ストライダなんてもの拵えるかも知れませんな。コーチ用のもの・・・として。その内、大会の余興でお父さん達のストライダーなんてのもやり出すかも知れないね。

 いやいや、嘘から出た誠じゃないが、そんなのが近くの福祉会館でご老人用のストライダが実用として役に立つかも知れない。簡単な買い物荷物くらいを収納できルようにしておくと、より便利かも知れないね。

 元々こいつらはドライジーネといって、馬の代わり、自転車の原型から来ているんだよね。

 やはり温故知新、過去にこそ、未来への発想は詰まっている・・・。

 まあ、当店回りがやるんだ、当たり前の展開にだけは、ならないだろう・・・ね、絶対に。

ロード・・・ピスト化されて またロードに戻るの巻

000 20160712_142417_393_convert_20160722195724

 この状態で来たのが約2年前。ロードエンドなもんで、これを再塗装して、ピスト化して練習したいということでした。

 ピスト、固定自転車の重要性は何度も言い続けていますが、それを真に受けていただけたんですね。そして実際強くなり、いきなりの宮古島古トライアスロン見事完走!店主のピスト理論が裏付けられました・・・なんちゃって・・・。

 そうして、こうなりました。

000 20160722_173050_475_convert_20160722195659

 再塗装をネイビーでし直して、金リムでちょっと抑えめの派手さを演出、前2段の固定、小ギアも左右二枚の組み合わせの完全な練習機として作り出したんですが・・・。

 下のお子さんが大きくなって、お父さんのお兄ちゃんの乗っている自転車に、自分も乗りたくなってきた・・・という。といって、まだ成長期の子にレーサー買うのはねえ・・・。

 そうだ、あれがあった!という事で、こいつにまた白羽の矢が立った。できれば、元々ロードレーサーだったんで、こいつを戻して、子供に貸してやろうか?と。いいアイデア。

 DSC_0239_convert_20180616225042.jpg

 リアホイールは組み直しました。同じく金リム出です。

 DSC_0240_convert_20180616225049.jpg

 8速のありもの組。

DSC_0241_convert_20180616225058.jpg

 この頃もののは、74デュラさえ気をつければ、なんとか寄せ集めでも動いてくれますね。

 DSC_0245_convert_20180616225214.jpg

 もう何世代前だろう?かなり前のガンメタ105。またありがたいことに、しぶとく動いてくれます。さすがシマノ。

DSC_0242_convert_20180616225107.jpg

 クランクは元々付いていたバイオベースかよ!っていうのが戻ります、出戻りね。しかし、今またこの手のゆがみ系、楕円系クランクがはやって来つつある。時代が巡るね、ただし巧妙になってきていることは確か。脚質に合った楕円曲線が重要なんだろうが、そうした足の傾向を測るセンサーとか測定器とかあるのかね?

 DSC_0243_convert_20180616225135.jpg

 前輪はそのまま流用なんだが・・・。

DSC_0244_convert_20180616225154.jpg

 ロード的長距離も乗るであろうから、クイックに交換。シャフトを中空にしてからクイックを入れる。

 DSC_0238_convert_20180616225032.jpg

 これにて、寄せ集めならがの新生ロードの完成です。元々のっぽさん一家なんで下の弟君もこのくらい乗りこなせるらしいですね。いいんじゃないかな?最初の一台が鉄で、こんな感じなのって。

 これで前に出せる踏み方覚えれば、何に乗っても強くなれるでしょう。最初はテッチンでよし、そして最後また鉄に戻るというのが、人類の逡巡なんじゃないか?なんて勝手に思っています。

 これにてのっぽの親子三人が、相模原辺りをサイクリングするんだね、きっといい絵でしょう、かっこいいだろうね。

 しかし、強トルクにはホイールが横ずれ起こす可能性は高いながら、ロード・ピスト、フリーと固定両方に対応できるロードエンドはやはり偉大だ。

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター