メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

街道にするか?それともトラック用にするか?



 イヤー、久々にゴッツいトラックレーサーが来たぞー!!!と思いきや、詳しい人には、アレレレレ?という仕様にも見えるでしょうな。

  その一番は多分ここでしょう、

DSC_7326_convert_20210510195054.jpg

 クランクですね・・・、デュラエースと出ていますので、レース機材であることに疑いはありませんが・・・。

DSC_7327_convert_20210510195139.jpg

 これシングルですぜ・・・、ということは先のクランクはロードもんなんで・・・、アレ?いったいなんだ?という事になるわけですよ。

 勿論トラック用のデュラエースもありますが、コイツはそうではありません、ロード用のしかも三世代くらい前のモデルですんで、何だこりゃ?ということになりますね。

 たしかに何だこりゃ?なんであります。

 DSC_7324_convert_20210510195045.jpg

 50ミリのカーボンホイールが前後に付いていて、シングル固定ギアであります。そしてクランクロード用のクランクの型落ちがシングルとして付いている・・・。

DSC_7330_convert_20210510195157.jpg

 何だブレーキがついているじゃない、ということは?街道用のシングルということですか?

DSC_7332_convert_20210510195206.jpg

 これもデュラエース、やる気の大変あるブレーキが前後に付いていますんで、やはり街道用だ・・・。

 DSC_7323_convert_20210510195034.jpg

 と思いきや・・・、ピストハンドルのクロモリが付いています。しかもブレーキレバーがない。ということは、街道は走れません、今ん所。

 なれば、前後のキャリパーブレーキを外して、トラックにもっていけばいいですね。でもそんな人いるかな?いまトラック内で走っている人って、どのくらいいるんでしょう?

 この総カーボン車体に、クロモリハンドルだけが露骨に付いているなんていうのは今から二十年ほど前の競技会にはよく見られた傾向でした。

 もう大半はカーボンで出来ていても、ハンドル周りは剛性がなかったらしく、相変わらずクロモリハンドルが多くの選手に使われてきた。トラック選手にとっては、軽さよりも剛性を重視する傾向は今でもあるんだろうな。流石に今の現役選手で、競輪選手を除いてクロモリハンドルを使っている人はいないと思うが・・・。

 DSC_7321_convert_20210510195025.jpg

 フレーム自身は実は、ロード系のものであります。

 DSC_7320_convert_20210510195017.jpg

 スペインだっけね、オルベアというロードではおなじみのメーカーなんだが、街道用のTTバイクだったんでありますよ。ただそのまま置いておいて、いつはけるだろう?と考えると、ガチのトライアスリートさん以外には響かないだろうということになった。

 だったら・・・

DSC_7319_convert_20210510195007.jpg
 
 少しヤンチャにして、ピストシングルにしてしまおうということになった。なので、これにブレーキレバーをつければ、街道用の一見マジ系ピスト車ということになる。

 あとはハンガーの問題で、前後ブレーキ外して、DHバーなんか付けたら、トラック用のTT車としても使えるのかもしれないね。

 そして朗報は、勿論ハンガーも付いているので、ロードレーサーに戻すことも可能なのであります。

 どういう仕様で使おうが、どれもかなりのレベルに行けるものなので、先まで楽しめる車体になることでありましょうな。

 ただ、まだ完成していないので、形を決めて完成した際には、まずは公表と行きましょう。驚く値付けで面白い人のところに届いたらいいと思いますな。オプションも大いに考えておきましょう!

スポンサーサイト



連休塗り 頑張ったねー!!!



 先週の連休から、狸市を毎日開いたり、自転車屋も勿論毎日開けて、まあドタバタ色々やってきたわけですが、その中で並行されていたのが、軒先塗装であります。

 しかもあの兄弟による自家塗装でありました。お兄ちゃんの自家塗装は、昨年秋に大々的に行われましたな。

DSC_3874_convert_20201222220838_20210217185447c40_20210509220319b81.jpg

 まだ記憶に新しいですねえ、ユーラシアをたいへん凝った塗装でもって、回りを驚かせた。

DSC_4556_convert_20201224201224_2021050922032090c.jpg

 そのお兄ちゃんが、またこの連休に更に凝った自家塗装を行うことになったんだが、事はこれに終わらなかった。なんと、自分の妹さんを巻き込んで、兄弟揃っての自家塗装と相成った。

 流石に一日の長だけあって、お兄ちゃんの指導は的確でありました。そして、当の妹さんなんだが、なんか自分の黒の自転車だけじゃあ、つまらない、お兄ちゃんがやるなら自分もやりたいと、漠然と思っていたらしい。

 では実際どうやろうか?ということになると、アチコチから来る提案に、それもいい、これもいい、アレもいいと、優柔不断、付和雷同という状態なんでありましたな。

 まあ、そんなかでも見切り発車で始めたところは、臨機応変、感覚の赴くところに従ってとにかく、始めたという感じだった。

 カラカラカラと、スプレー缶を振って、足付けしたフレームに吹きつけようとするんだが・・・。

 DSC_7172_convert_20210509190416.jpg

 若い娘っ子というのもあったが、まあ、周りのオジサンたちのいいオモチャになっていた。
 
 お嬢さん、殺虫剤じゃないんだから・・・。もっと腰入れて吹かないと!恐る恐るやっちゃダメだ、もっと思い切ってやらないと!

 とまあ、激励やらチョッカイやらが飛び交った。

DSC_7175_convert_20210509190424.jpg

 ノズルが飛んでしまったらしく、その代わりにキリを刺して吹いているようだが、まあ明後日の方に吹いている・・・、オイオイ、何やってんの?大丈夫?

 と、いじられまくっていたんだが。

 この後の立て直しが凄まじかった。慣れというか、飲み込みが早いというか。

 最初は恐る恐る吹いていたのが、母材に対してちゃんと吹きかけるコツを掴んだんだろうね、途中から見違えるような手さばきで、バリバリ吹き進んでいった。

 DSC_7179_convert_20210509190433.jpg

 なんと一日目の後半なんだが、このようにあの黒いフレームを虹色に吹き分けていけるようになったのだ。きれいじゃん・・・。その頃、あの冷やかしおじさんたちはすでに帰宅していたのであった。

 DSC_7215_convert_20210509190441.jpg

 虹色フォークに、レースの生地をかけて・・・、

DSC_7216_convert_20210509190450.jpg

 こんなことまでやり始めたのには驚いた。もしかして塗装の才能が秀でているんじゃない?と、そんなこんなで、塗装第一日目が終わったのでありました。

 一日の長で付き合ったお兄ちゃんは自分の塗装の手が止まり、連休中に塗り終わりを諦めたようだった。

 二日目は、ほとんどコチラのアドバイスも必要もないくらい、黙々と自分だけ吹き込んでいた。

DSC_7217_convert_20210509190500.jpg

 一時だけチラッと見たが、アレ?黒く吹き込んでいる・・・もしかして色々、やったがやっぱり黒に戻してしまうのか?それともまた最初からやり直し?

 なんてハラハラもしたが・・・やりたいように任しておいた。

 そして、完成したみたいだった・・・。どう?見たい?

 DSC_7304_convert_20210509190633.jpg

 出来上がったのを見て、大分驚いたわ。

 しっかり自分の名前を張り込んでいた・・・アレはマスキングだったん?

 DSC_7305_convert_20210509190643.jpg

 これって・・・、あの虹色フレームにちぎり紙を貼り付けて黒塗って、剥いた・・・の?スゲー凝ってるじゃん・・・。

DSC_7296_convert_20210509190538.jpg

 なるほど、虹色をこうして見せていこうと考えたわけだ、これは見事だね。

DSC_7297_convert_20210509190548.jpg

 ダウンチューブは虹色グラデーションをそのまま残したんだが、サイドは黒塗装で隠した・・・。

DSC_7298_convert_20210509190557.jpg

 なぬ?後三角も内側だけ虹色グラデーションを見せている・・・、そして外回りは黒に。

 DSC_7302_convert_20210509190621.jpg

 ここもフォークの内側の虹色グラデーションを残して、外側は黒。その統一感が見事だね。・・・もしかして・・・これって傑作か?

 しかも第一回目の自家塗装で、シレッとここまでやっている?もしかして天才・・・?

 DSC_7300_convert_20210509190608.jpg

 ヘッドチューブもとある国宝級の建物を張り込んでいた。

 DSC_7292_convert_20210509190527.jpg

 離れてみるとおとなしいように見えるが、近づくと、コントラストがかなり鮮やかで、すごい出来だ・・・、これが初めてなんて・・・。すごい才能だね、まさかこれで終わるとは思っていなかった・・・。

 まあ、第一回目にしてはいいんじゃない?また塗り直せばいいんだし・・・程度で終わると思っていたんだが・・・これは嬉しい大誤算だ・・・。

 勿論、当時の外野のチョッカイおじさんたちは、この完成車を見て・・・

DSC_7284_convert_20210509190509.jpg

 驚きの余り・・・腰を抜かしていた・・・、

DSC_7288_convert_20210509190518.jpg

 たしかに、ありゃダメだろう・・・と高くくって家に帰ったおじさんたち、一週間後にやってきたら、こんな完成度の高い自転車に仕上がっていたんだから・・・そりゃ驚くだろうな・・・。

 当の店主も驚いたよ、全く今度はね。

 ということで、すごい鬼才が近所にいるもんだね。ナイスフォローしたお兄ちゃんはそのためにだいぶ自家塗装を遅れてしまったようだが、これを遥かに上回る、細かい作業の途中で、後二週間以内に完成を目指すだろうと思います。

 そちらの方も楽しみにしておいてくださいよ!

 次はお兄ちゃんだ!とプレッシャーをかけておく!

どうしてくれようものぞ コルナゴマスター



 この写真でもわかりますかな?タダの輪切り円形のパイプではないね。くぼみがライン状になってついている。パイプの曲がり強度?というものを上げるためなんでしょうね。

 一枚の紙を端をもって上げても、ダランと下に垂れるだけ。それをV字に折り目をつけるだけで、ピンと張りがでてくる。パイプもタダのパイプよりこうしたくぼみを入れるほうが、曲がる力に対する強度は確実に上がるだろうね。

DSC_7273_convert_20210508212232.jpg

 ダウンチューブにもシッカリくぼみが入っている。当店にはあのマスターエックスが静かに、次の主人を待っている・・・。

DSC_1702_convert_20190128214819_202105091145018ab.jpg

 こいつね。これはもう時間が立てば経つほど値打ちというか、その意義はでてくるので、あさらず展示しておきます・・・。

DSC_7274_convert_20210508212243.jpg

 シートチューブもまたくぼみ入り。こんなパイプなんかも競輪のNJSで認可がおりたら、また面白い展開になっていくんだろうなあ、と思いますがコルナゴが特許とかもっているのかな?鉄フレームの可能性という意味では、競輪主導でパイプ使用の幅を広げてくれたら、それはそれは面白いことになるだろうと思いますな、どうせ一部でしょうが・・・。

DSC_7283_convert_20210508212344.jpg

 ステムまでコルナゴ。これを手でフライスでやったらすごいな・・・。

DSC_7275_convert_20210508212253.jpg

 カンパのクランクにまでクローバーマーク・・・。ある意味ブリジストンの自転車に自社刻印入りクランクをスギノに作らせるようなもんか。

 いずれがいずれに飲み込まれない、そういうメーカー同士のコラボっていやつ?

 DSC_7277_convert_20210508212303.jpg

 あくまでも機能だけではなく、見た目、仕様、センスというところにもこだわり抜いた感じがしますね。店主が感じられないだけで、国内メーカーなんかも見た目のデザインなんかにじつは拘っていたりしてね。

 DSC_7279_convert_20210508212323.jpg

 エルゴ以前に、こうした形状のブレーキレバーだったんですね。子象のような顔しています。ただこれが特段引きやすかったという記憶はありませんが。

 DSC_7281_convert_20210508212333.jpg

 トラックレーサーの前輪だけによく使われていましたね、シャマルですか。店主も古いゾンダもっていますが、大事に、大事にしていますわ。

 DSC_7278_convert_20210508212313.jpg

 さて、あのブレーキは!!!ここまで来たらあのブレーキでしょ!と思った方、今それを入院させているんですわ。

 そいつが完成したら、まあ乗れる、ということですかね。

DSC_7271_convert_20210508212205.jpg

 デリケートな仕事なんで、慎重に焦らず、ゆっくりやっています。

 しかしまあ、どうしてくれようものぞ!という車体でありますね。ここまで整わなくとも、こうした系統の車体が普通に確保できるように、出来ないか?とこの史上最悪のパーツ欠乏状況の中で考えるわけであります。

 隙間程度の小さい流れなら・・・できそうな予感はする、あくまでも予感に過ぎないが。

根っからのチネリ野郎の 総メンテ?



 一時この車体のデザインは、輪界をアッと言わせたか?もしれませんな、まあ、チネリは今は知らんが、かつてはちょっとそんなセンセーショナルなことを仕掛けるような会社だった。

 何が驚かせたか?というと、これ!

DSC_7263_convert_20210508191639.jpg

 通常ロゴといえば、ダウンチューブにドーン!と入れるものなんだが、なんとチネリは、ロゴを横で上下に切って、トップチューブとダウンチューブに振り分けてしまった、ある種画期的な字の配置をやってしまったということなんだな。

 何がすごいか?と言うと、斬新さ・・・というよりも、自転車のフレームの持っている特質をうまく活かしてしまった、ということなのかもしれない。

 自転車フレームの特色というのは、なにか?それは平面でないということ、所詮はパイプの組み合わせにしか過ぎないフレーム、それは骨組みであって壁のような平面ではないということ。

 当たり前といえば当たり前なんだが、この当たり前のことが、何かをやらかそうとする時、平面に慣れきった頭の脳には、そこをうまく活かしきれないというところに持って行かれていってしまうんだな。

 まあ、パイプとパイプの間がない・・・、これが平面脳にとってはいかんともしがたい・・・、今まで培ってきたであろう平面での構図に関するセンスがここでズタズタになる。

 平面センスでやろうとすると、パイプを平面として捉えてしまうため絵なり何なりが、非常に狭く小さくなってしまう。例えば蛇の絵をフレームに書こうとすると、ミミズになってしまう・・・みたいなね。

 これでは台無し・・・少なくとも店主にとっては台無しなんだな。そうならない、構図の取り方ってないか?というのが今までの課題であり、それがまだ克服されていない課題でもあるんだが・・・。

 その一つのセンスが、このチネリのロゴにある・・・、パイプとパイプの間・・・この空間といういかんともしがたいフレームの条件を逆手に取っているように見えるのだ。

 パイプの間がなんだ?、それがどうした?という構図に見えるんであります・・・。まあ、そこが少なくともこの店主にとっては瞠目に値する構図であった・・・ということがいえるんであります。

 で、コイツは面白いコンポが付いていた。

DSC_7254_convert_20210508191510.jpg

 スラムと描いている、今やスラムは普通のコンポになりつつある、イヤ、立派な三大コンポの一角をなしているともいえるな。で、コイツは・・・?

DSC_7255_convert_20210508191530.jpg

 アペックスと書いてある。何だこりゃ?だが今あるのかな?かつての最下層のコンポ、言い換えるとエントリーモデルだった。ものはいいようだ。

 コイツがなんとアルテグラより値段の高い設定がされていた、誰が買うかよ!というスラムの売り方・・・というか、日本の代理店の値付け?の仕方?そもそもスラムは日本なんてみていない?という企業戦略?

 何がどうだか知らんが、まあどこも本気でスラムを日本に広めようとはしていない、ということはわかる。

 いまロードコンポは、インターマックスさんがやっているようだが・・・。ちょっと前、こちらからわざわざ営業の電話を頂いたことがあった。

 こちらも言いたいこといって、まあちょっと言いすぎかな?と反省した矢先、「マ、これからもよろしくお願いします、今中大介でした・・・」と会長直々だった事に驚いた。

 最初から知ってれば、もう少しいい方もあったが・・・。まあ、今中さんは大変気さくなで、フレンドリーな方だと思います、その際は失礼いたしました・・・。

 で、なんだっけ?

 そうか、もう数年前のこと、チッター扱ってみるか?というのでスラムを取ってくっつけてみたのが、この車体だったわけだ。

 DSC_7256_convert_20210508191545.jpg

 ブレーキも効くよね、これでシルバーものがあったら、大いに使ってもいい形状をしていますね。

DSC_7258_convert_20210508191555.jpg

 なんか、FSAに似ていますねえ・・・、ただ似ているだけかもしれないが・・・。

 DSC_7260_convert_20210508191604.jpg

 さすが!リアディレーラーのスラム!これもシルバーだったら、大いに使いたいもんだよね・・・。

DSC_7262_convert_20210508191628.jpg

 ンン?!何だこれは、このホイールは?

 DSC_7261_convert_20210508191614.jpg

 オオ、あの名リムのDT585の前身だよね、コイツの頃から良かったわ。名リムだったよ。

DSC_7261_convert_20210508191614.jpg

 久々に走ってみたが、もうホイールの精度というか、ホイール自体の持っている性能に、引っ張られて走っている感じですよ、この車体は。

 DSC_7265_convert_20210508191650.jpg

 あとは、ワイズから仕入れたという持ち込みのステム・ハンドルを交換して、

 DSC_7268_convert_20210508191700.jpg

 いかにもチネリ野郎の好きそうな、チネリのロゴ入りのバーテープを巻いてみたわけだ。

DSC_7251_convert_20210508191520.jpg

 シフトもブレーキもほぼ完璧、アルミだがまだまだ行けそうなチネリ、しっかり走っておくんなマシ!


カンパってわけで ヘッドパーツはすかす!



 これを高校生の時に購入したというんだから・・・、そういう時代だった・・・んでしょうね。相当お年玉貯めたのかな?その自転車をご自分の高校生の子どもに乗せようということなんだが。

DSC_7229_convert_20210508170626.jpg

 プジョー!の鉄フレーム。今作っているのか?かつてはツールに出場するチームにも提供していたメーカーですね。

 これ始めてきた車体ではなく、何度か来てもらっている車体なのだ。

DSC_7226_convert_20210508170609.jpg

 このディレーラーなんかは、覚えておられる方も多いかと思う、ちょいと前の本ブログで、ワイヤー調整ボルトを直した経緯を公表したもので、本当にこういうパーツが普通にあってくれればいいなあ・・・と切に思っているんだが。

 DSC_7227_convert_20210508170617.jpg

 こんなクランクも付いていますよ。これが数十年前の高校生が乗っていた?やっぱりお年玉とアルバイト代を相当貯めたんじゃないのかな?とどうしても想像してしまうが、そうやっても頑張れば手が届いた時代だったんですね、勿論値段だけでなく、そういうものがあったという意味でもね。

 DSC_7240_convert_20210508170702.jpg

 そしてちょいと吹き出したのが、ここ。年齢からいって、高校生の時代にこのエルゴパワーはなかったんじゃない?と思いまして、

 DSC_7236_convert_20210508170652.jpg

 この象さんのようなエルゴパワーですが、これは後年オークションにて手に入れたということですね。

 このエルゴパワーもまた人間工学的に優れている。あのちょうど扇形のあたりに指がかかると、スルッとブレーキがかかると言うね・・・。

 店主はそういうレトリックは使わないが、鋳物の師匠なんぞは、こういうときにいう。この曲線がセクシーなんだよって・・・。

 機能的に優れていながら、セクシー・・・だって。機能とセクシーをリードしていたんだから、それはもう日本の工業製品メーカーは色々と太刀打ちできなかっただろうか?いえいえ、なぜカンパがエルゴに走ったかについては、それこそ日本のメーカーの手元変速という高機能の実現があったことは事実なんだが。

 では、カンパがタダの手元変速として後追い対応しただけか?というと、そんなことはまったくなかった。

 なんとセクシーな機能にしてしまったところ、あとブレーキの引きは、暫くカンパだったが・・・、その辺が抜かれても、ただ抜き返すにとどまらない余力どころか、底力があった時代のカンパだったなあ、今思うわね。

 そういうカンパが好きだった者共からすると・・・翻って今のカンパは・・・、語りたくもなし、寒波の如き寒気と虫唾の走る迷走会社となってしまったように見える。一体どこに向けて、何を作ろうとしているのか?話題といえば、13速・・・。

 それまで培われてきた社の伝統というものは一体どこへ消滅していってしまったのやら。もしかして、乗っ取られてはいませんか?今の日本のように。明治あたりを「伝統」と勘違いした、無教養の垂れ流す目先だけのビジョンと、ブランドか安値以外に無関心を鍛錬された消費者による、二重の乗っ取り・・・。

 カンパも日本も自治を忘れていないか?

 DSC_7222_convert_20210508170550.jpg

 そうそう、でここでの本番はここ、ヘッドパーツが馬鹿になっていたということ。ちょっとした調整どころではどうにもならなかったということだったので、ヘッドパーツ交換が必要になった。

 でもねえ、タダの交換じゃ・・・ね、別に緊張するほどではないが、それなりのものを付けてやりたい・・・とは思うんで、アレを使うしかないな。

 DSC_7232_convert_20210508170634.jpg

 タンゲには感謝です、いま生産に追われてほぼ全くといっていいほど相手にされていませんが、こういうものを作り続けてくれていることに感謝ですよ。

 なんと言っても、

DSC_7234_convert_20210508170643.jpg

 こういう刻印なんか入れてくれていてね、クラシカル、ちょっとすかしたもんなんかにも現行品として、しっかりあってくれる、レビンでも悪くはないが・・・、やはりこのくらいの小細工は欲しいもんだよんね。

 DSC_7223_convert_20210508170601.jpg

 こういう自転車が普通に走っていける、そういう環境を小さい店長も確保していけたらと・・・切に思う。

 何も、プレミア、ビンテージなどという高値だけに振られている状態ではなく、そして別にカンパだけではなくて、普通に、あるいわ頑張った高校生であっても、こうした車体に触れることが可能な環境をちょいと育てていけること、そんなことも目標の一つであるのかもしれないな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター