メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

一台の自転車が組み上がる 奇縁の結節点として



 一台の自転車が組み上がる。フレームとパーツ類と、それを合わせる技があれば、まあ組み上がるんでありますが・・・。

 ただ、組み上がった自転車を見るに付け、依頼主の方と、組み付け側のこちらと、あと寄せ集まってくるパーツ類などが、実は複雑に重なり合ったその結節点、もっといえば集積点の上に、はじめて一台の自転車が組み上がる・・・と考えると、実はそこには並々ならぬ何らかの力が働いているかに、感じられることもしばしあるんであります。

 自転車のいうのは、そこに組み上がってあるという意味では単なるモノであるに過ぎませんが、考え方、見方を変えれば、実に数奇な関係の中に、成り立っているモノ・・・とも思えるわけであります。

 もちろんそれは、自転車だけでは無く、ありとあらゆるものがそのような視点から眺めると、そのように見えてくる・・・、ともいえるかと思います。

 単なるモノから、様々な関係が重なり合った、奥行きのあるものとして、見えるようになる、そういう場に立ち会えるというのは、店主にとっては代えがたい重要な価値のように思えるんですね。

 それは例えば、どこの自転車店でも大抵購入できる大手の自転車に対して、他にはない、当店唯一のオリジナル自転車!という対立とはまた別に、当店だけでもまた成り立ち得ない、依頼主の方の好みや志向性、それらに基づく様々なパーツ類の行き来などあって、それらがまた複雑に絡み合ってはじめて組み上がる一台・・・という感慨に満ちたモノの成立とも申しましょうかね。

 今回、やってきたズノウのフレーム、それがまた実によくできている、今はもう作られることのない、鉄フレームがよくこちらにやってこられた。

 出所は、ヤフオクらしいですね。決して全面肯定する気はありませんが、このオークションのおかげで、それまでは押し入れや物置の奥にいるしか無かったもの達が、適所に行くことのできるキッカケとなっていることは望ましい一面といえるかと思います。

 そして、今回も適材が適所にやってきた。

 いくつかのパーツ類とね。

 20150522_123500_706_convert_20150524200412.jpg

 まだ一部の露出ですが、こんなシートステーなんて、今あります?塗りの色も影響してか、祭りの山車とか神輿か何かの一部に見えてきますね。

 そんなところに付いている、シマノ600。これできたか・・・・。

 確かに鉄のズノウにナニを載せるか?というのは、これは現行コンポを見渡しても、なかなか困難な選択になるはずであります。

 ところが、鴨がネギしょってやってきた・・・わけで、これはスゲーラッキー!

20150522_123450_861_convert_20150524200423.jpg

 ディレーラーも非常に良い状態です。これもラッキー!

20150522_123525_356_convert_20150524200349.jpg

 一番複雑なSTIも、中を執念のごとくよーく洗浄して、・・・というのもポキさんは無類の600ファンなのであります・・・、注油と動作確認などをしたら、これもラッキー!

20150522_123520_685_convert_20150524200455.jpg

 ハンドルステムもこれまたクラシカルで、そのままコイツに使えます!ラッキーすぎ!

 ただし、そこまで!クランクがない!さてどうするか?

20150522_123428_453_convert_20150524200526.jpg

 ところが、これまた捨てる神あれば、拾う神ありで、600クランクをゲット!右クランクの表面はちょいとわざとらしいほどの鏡面仕上げ・・・。

 それに対して左クランクがちょっとねえ、これりゃだめだ!という状態。

 で、あれば・・・と、大森社長が「ちょっとお借りしますね・・・」と。

 20150522_123538_652_convert_20150524200339.jpg
  
 同程度に、磨き上げ・・・、これもラッキー!

 それでもまだ困難は続くのであった・・・。

20150524_164552_563_convert_20150524200444.jpg

 ズノウに付いてきた、非純正フォーク。これは正直に純正じゃありません、という断りがありましたらが、まあダボ付きのなんで?というヤボフォーク。

 さて、どうするか?

 20150522_123551_795_convert_20150524200329.jpg

 当店オリジナルのメッキベントフォークがたまたまありますんで・・・、コイツを付けましょうということで、見た目はこれでOK!

 20150522_123415_577_convert_20150524200551.jpg

 次にホイールは、ちょいとモダンでいきましょうということで、アラヤポリッシュ!先日、ホイールだけご紹介したんですが、このズノウに付くものでした。

 20150522_123420_786_convert_20150524200537.jpg

 このハブも、現行品でありながら、大森研魔の一手間が効いています!

 20150522_123445_819_convert_20150524200512.jpg

 リアも磨きハブでのアラヤ組。ちょいとディープも、味の内でしょう。

 20150522_123509_350_convert_20150524200400.jpg

 コンコールのバックスキンを付けまして、完成であります!

20150522_123404_441_convert_20150524200318.jpg

 店主の写真べたによりますが、実車を見ると、ちょいとため息もんです・・・。よくまあ、この形で再生いたしました・・・と思います。
 
 間違いなく、この自転車はここでしか成り立ち得なかった一台でありましょう!その「ここ」というのは、当店という意味ではありません。ご依頼主の方を含め、集まってきたパーツ、志向性のある施工、その他が「ここ」に結集してこその、成り立ちという意味であります。

 まさに奇縁の結節点としての自転車なんであります。

 まあ、そんなところに拘るのは、当店とご依頼主でありますとあるバラモン様との関係というのがありまして、今までの短くはないやりとりの中で、お互いを触診しあって、ともすれば右往左往するような案件一つ一つに「いや、それだったら・・・」「多分、ご性格からいうと・・・」「ちょっとこういう形に今回は拘ってみたいと思いまして・・・」「まさか、バラモン様がこういう方向性に行こうとは思いもよらず、これもまた観音様のお導きかと・・・」なんていう、問答が一日繰り返されてきた経緯もありまして・・・。

 お住まいの宇都宮と東京の当店との間には、それこそ何百件という自転車店があるかと思いますが、ありがたいことにご縁によって、今回の一台に結びついたというわけでございます・・・。

 20150522_141655_510_convert_20150524200259.jpg

 せっかく組み上がったことですし、天気も良いし、ちょいと宗派は別ですが深大寺まで・・・。

 000+11354913_10153349771297612_121907264_n_convert_20150524200636.jpg

 おそばなどをたぐりにいった、次第であります。

 元々、固定ピスト、フレームはズノウ!に乗って折られた方なので、ポジションはかなり攻め攻め、もっとリラックスして乗っていいんですよーと。またシングルから、一気に16枚増えたギア比によって、かなり戸惑い気味でありましたが、まあ、乗り慣れることで何とかなると思いますよ!

 000+1304234_10153350350997612_800667345_n_convert_20150524200646.jpg

 ご自宅のお写真が送れてきました。

 ロードズノウとピストズノウ。

 まさに、当店からすれば、理想的な展開・・・でありますな!

 まあ、この二台ともに・・・、奇縁のたまもの、ありがたい!の一言に尽きます!

000 20141207_142100_147_convert_20150224194022
※この当店独断のオリジナルですが・・・、走ります!

ロックバイクス 入門にしてはすごすぎる テイスト載せていっといで!



 このスペックで十万を切る。しかも走る・・・というのがロックバイクスのエンビー。

 もうこの価格帯での勝負は辞める・・・ことにしました。

 上のフレームは500。で、ステムを見ると・・・。

20141230_132554_442_convert_20150524171444.jpg

 ちょいと色々ありまして、120のステムを付けていたんであります。となると、170センチくらいまで、のれる。

 しかも、小さいフレームをデカく乗るのがこのみな店主としては、結構これでいけてたんでありますが・・・。

 適正サイズの方がいらっしゃいました。

 20150523_174252_427_convert_20150524171357.jpg

 な、わけでステムを短くします。60ミリ・・・。

 20150523_174259_893_convert_20150524171344.jpg

 ハンドル幅も390ミリへサイズダウン。

 体に合わせて、もう一つ。荷台が必要だとか・・・。ただ、コイツは意外トレーサーの血が濃いようで、元々のダボがありません。

 ということは・・・。

  20150523_174317_198_convert_20150524171322.jpg

 こうして後付けダボで、対応します。

 20150523_174323_829_convert_20150524171311.jpg

 あとは、フレームサイズに合わせて、荷台が地面と平行に来るように調整、そしてシートピンを交換して、クランプと共締め・・・というようにします。

 20150523_174310_446_convert_20150524171334.jpg

 何か、こうしてみると最初からついているようにも見えますね。

 20150523_174244_655_convert_20150524171407.jpg

 本来の背丈の方へ向けて、再調整と荷台取り付けて、用途使用に合わせたということになります。

 これで十万前後とは・・・恐れ入りますな・・・。

000DSCN0959_convert_20121110005627_20150524173457121.jpg
※当店最後のバラクーダ、540!

小物にも手は抜きません!!!招き猫再生計画!



 横から見ると、随分とアグレッシブでやる気のある招き猫ですこと。

 ジャガーという自転車の突先に付いているそうであります。

 ちゃんとした鉄の鋳物で、手抜きなしです。プラスチックにメッキ調の塗装だったらがっかりですが、意外と重いし、いい質感しているんですねえ。流石に招き猫だけのことはある・・・、こういう小物にも手抜きがないなんて、すごいですねえ。


 でこれがどうしたか?というと、付いている土台になっているものがプラスチックの泥よけ・・・、これが割れてしまった・・・ということなんですねえ。

 20150521_152333_260_convert_20150521172446.jpg

 このように、穴の空くほどの割れが入っています。ですので、新しい土台が必要になります。

 隣がその新しい土台になるものですが、デカすぎますねえ・・・。コイツの方も加工が必要かな?

 20150521_152351_448_convert_20150521172313.jpg

 まずは引っぱがします。ウーン、重々しい、手抜きなーし!小さくてもなかなか立派な招き猫君であります。

 20150521_152415_614_convert_20150521172434.jpg

 でも正面から見ると、トカゲ・・・だね。

 別に移植しなくても、泥よけ変えれば良いじゃない・・・なんて言ってはいけません。どうもネコ科がお好きな方のようであります。

 町ネコ救済のような団体に所属しておられるようですね。近所にもネコのマザー・テレサと呼ばれている方もいますが、活動を聞いていると、頭が下がります。

 先日も、この団体の方が背中にネコを乗っけて、訪ねていただきましたが、「これは福島の被爆ネコです・・・」とのことでした。

 人も被災しましたが、動物たちも被災したんだ、イヤ、このネコの場合は人災による被災といえるでしょう。

 大きな災害が起きると人も動物も被災します。避難所に動物たちは連れて行かれるのでしょうか?動物を連れ込める避難所なんていうものもあるんでしょうね。

 多くのボランティアの皆さんが、動物たちのために動いた、または今でも動いているなどという話を聞きますと、店主の主な関心の外とはいえ、頭が下がる思いです。

 「福島のカラスは元気ですよ」と都知事選で嘯いたバカがいた。爪の垢でも煎じて飲みやがれ・・・。

 そういう団体のメンバーさんだから、ネコ科のこの鋳物は捨て置けないんでありましょう。なれば、移植作戦へ!

20150521_152611_354_convert_20150521172422.jpg

 まずはダウンサイジングだね、デカすぎる新しい土台泥よけを、切ります。確か元付いていたい自転車が小径車なので、26インチ用の泥よけではデカすぎますね。

 20150521_153350_480_convert_20150521172410.jpg

 ほんでもって、角を落として、線対称にします。よーし!

20150521_153850_441_convert_20150521172354.jpg

 穴開けて・・・。

 20150521_183830_533_convert_20150521184050.jpg

 移植完了!

 20150521_155354_539_convert_20150521172343.jpg

 やっぱり正面から見るとトカゲ君だね。

 ちっこいパーツにも五分の魂、ネコ系のボランティアお疲れ様でございます!何かお互い活動の接点がありましたら、何なりと!

20150520_123357_900_convert_20150521172507.jpg
※今日の物件探し 近所にシャッターのかかったストアーがあります。こういうところを全面で借りられたら・・・なんて思うだけで楽しくなりますな!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※ネコカゴなんて重ねれば何台乗るだろうな?働くボランティア号としても使えます!

銀ピカハブに銀ピカリム



 ハブがない・・・。あるんですけどねえ。

 でも、様子のいいハブがない。機能の良いハブはあるんですけどねえ。ついでにいうと、値段のいいハブもあるんですけど・・・。

 そこそこの値段で、見栄えと機能を両立してくれるようなレベルのハブがない・・・。

 そこでこんなものを作ってみたんであります。

 出所は・・・まあ、いいわな。大体わかるでしょ?

 そう、厳密にはくびれていない、ハイ、今風なんですがね、それは認めます。

 ただし、ここには、大森研魔の一仕事が入っています。

 20150519_135627_866_convert_20150520172101.jpg

 こうした一磨きが、パーツをかくも高級感にあふれさせますね。もちろんくびれのしっかりあった、かつてのそれとは異なりますが、まあ、この辺でお許しを・・・ということで。

 で、こいつらをナニで合わせるか?

 ハブが銀ピカなら、リムも銀ピカでしょう?ということであれば、久しく見ていなかった・・・あいつしかない。

 20150520_160529_619_convert_20150520172041.jpg

 アラヤのSA730ね!

 ちょっと前に、アッと出て!しばらく雲隠れしていたんでありますが、再登場!多分仕上げの関係なのかしら?そんじょそこらのリムとは手間が違うんだと思います。

 20150520_160522_566_convert_20150520172051.jpg
 
 うーん、なんかあるでしょ?もちろん大の一推しは、DT585でありますが・・・、これはこれでまた、推したいホイールであります。

 20150520_160546_250_convert_20150520172030.jpg

 ここから見ても、大森研魔の仕事は光っています!

20150520_160556_848_convert_20150520172019.jpg

 フロントも光っております!

 さーて、コイツがどんなフレームについて、走ることになるのかは、また後日!

20150520_123142_704_convert_20150520172005.jpg
※今日の物件探し。二階がアパートだと、夜のしゃべりも気にしないとなあ・・・。空いているようだが、不動産の掲示なし・・・だ、明日もがんばろう・・・。(各所から本ブログを通じて、いろいろと情報をいただいています、今後ともお願いします!)

06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20150520175549618.jpg
※セミドロップ、大森研魔の仕事も入っている、渋い一台です!

もう二ヶ月・・・ないだろう・・・



 三ヶ月前、今から思えばのんびりと物件探しの旅などとやっておりました。

 この七月末日をもって、現店舗を引き払う当店でありますが、三ヶ月を切った今になっても、引っ越し先が決まっておりません。もっといえば、めどさえ立っていない状態です。

 そうなってくると、立つものは立ってきて、それなりに引き締まってくる感じもしますが・・・、とか何とかのんきなことを言っている場合じゃなんですがね。

 四月いっぱい、意中のところに6割ほど入れるか?という基体が消えてしまい、少々中だるみが、今思えばもったいなかった・・・と思いますが、それも仕方が無い・・・。

 最近もまた、組み付けた固定車に乗りつつ、物件探しの旅を再開しているんであります。

 上にあるのは、これ空き家でしょうな。北烏山・・・、この回りを走りましたが、いい空気が流れていますねえ。

 これだけ敷地があれば、屋根かけて作業場作りや、展示スペース、保管場所なども確保できるでしょう・・・。良いなあ、こういうとこrないかしら?

 今、物件回りをするのも自転車でやっていますが、もちろん車の免許なしの店主では仕方ないんでありますが、それは別に良い。

 自転車で、その土地の空気に触れることって、多分思っている以上に大切なことだなあ、と感じつつ、動いているんであります。土地に呼ばれるというのでしょうか?そういうところが、所々にあるというのが、うれしいことであります。

 相変わらず、ネット上の物件情報の7割はガセでありますな、もうちょっと何とかしろよ・・・と思うくらいです。店主の運がないだけなのか?

 多少こちらの焦りも入っていますが、もう少しちゃんと物件管理しないと、不動産屋としての信憑性もなくなるよ・・・とさえ申し上げたいところもありますね。

 そういう意味で、ガセであることを承知の上で、当たりを付けた土地を走るんであります。

 20150518_154511_200_convert_20150519223447.jpg

 給田というところにある物件で、ネット上では空き物件のはずが、しっかりどこかの作業所になっていました。

 当初は、移転は杉並区内!などと力んでおりましたが、今となっては、隣接地域も悪くはない・・・なんて思うようになりましたね。

 武蔵野市、三鷹市、調布市、練馬や世田谷の一部などまで。

 前は住まいと一体と思っていましたが、もうこうなったら分けるのも致し方ないか?なんて思うようにも。

 自分の主義主張が溶解してくるという内部の現象もどこか楽しく感じられます。もっと解き放てば良いんだよねえ。

 その内、あきる野辺りに移転決定!!!なんて、それは解き放ちすぎだろう!といわれるようになったりして・・・。

 そうして、ある程度解き放った目で、かつて紹介された杉並区内の物件を再度眺めてみると、それまた結構いいじゃないですか!なんて思えたりもしますんで、やはり認識というものは面白いものであります。

 20150518_163220_518_convert_20150519223436.jpg

 杉並の桃井にある・・・、正確にはあったはずの空き物件ですが、こちらもしっかりどこかの作業所に。

 上の二つなんぞは、今でもネット上では空き物件ということになっています、いいかげんにしろよ!なにがアットホームだ・・・管理が杜撰すぎ!

 まあ、お世話になっている不動産屋さん各社が、またいろいろと情報を送ってくださいます。

 それ以外でも、足で物件情報をもって来てくれる方もいらして、ありがたや!

 でも、一体どういう物件が理想なのか?ということはわかりづらいと思いますな。一つ、こんなのだったら・・・というのがあります。

 moku+gen_convert_20150519214322.jpg

 烏山手前の旧甲州街道沿いにある木工屋さん・・・。古い民家改造で、作業場と店、展示場があるところなんですが・・・・。

 ある程度の敷地と、いじってもいい古民家のようなところが理想といえば、理想・・・なんでありますね。

 さーて、どうなることやらであります。そろそろ出る準備もと、せかされるようなこの頃、といっても出る先が未定なもんでねえ・・・。

 まあ、そういう時に、力が集まってきて、一気にどうにかなるかもしれない可能性にかけるしかないですな。

 人間到る処に青山あり、というように、もっと解き放てば、人間骨を埋める場所はそこかしこにある・・・のだそうです。そういう意味で、どうにかなってくれるのであれば、どうにでもなってくれ・・・と、力が抜けてまいりました。

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※引っ越しの際には、こうした車体は役に立つだろうなあ・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター