メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

今年は気合い? サイクルモード チケット差し上げます!



 十一月というと前半には、例によってのサイクルモードがありますね。

 もう10年以上続いているイベントですが、最初は試乗車が豊富にあって、それなりの驚きと意義のあったイベントでしたが、もうかなりのマンネリ状態で、そろそろ役目を終えたんじゃないか?なんて店主は勝手に思っていたんであります。

 この数年、行かない年もありましたし、行ってもまあ、ハイハイ・・・というようなものしか発見出来ず、毎年チケットもらってはいますがどうしようかなあ・・・というため息の中で考え、しばらく行ってネーし、仕方ねえ、行くか・・・という感じ。

 行っても、アア、やっぱり・・・という諦めの中で戻ってくるといった状況でした。

 また今年も?似たような展示物、メーカーサイドの勝手な思惑展示物でも見に行くしか無い?

 いえいえ!なんか今年は少し様相が違うようなんですよ!!!イベント自体が少し変わってきていますぞ

 そして、なな、なんと!なんかちょっと変わった形で店主ら自身が、出展する展開となりましたぞ。

 DSC_7059_convert_20191014214535.jpg

 今回サイクルモードの場外で、幕張クロスというイベントも並行されるということです。そこで、当展が技術サポートしているテクトロの上位モデル、TRPが出展すると言います、なれば手伝わないわけにはいかない。今までは、単なるイベント参加者ということでしたが、今回は出展者という立場の変わった状態での参加ということになります。

 これはまあ、色々と勉強になるだろう・・・と思いますね。ちょっとばかり今から楽しみであります。

 展示車も一台以上出す予定、ざっとの構想ありであります、驚きの一台なんかもありかも・・・。是非お楽しみに!

 DSC_7060_convert_20191014214545.jpg

 その他、今年から変わった展示も出てきそうです。オフロードバイクエリアというのが登場します。まさしくオフロードでの試乗が可能となるという、大変意欲的な企画だと思います。

 シマノがグラベル用のコンポを出したことなどが影響しているんでしょうか?オンロードだけでなく、オフロードと兼用出来る車体なども用意されるんでしょうね、そしてそうした状況で実際に乗ってもらう、正直思い切ったことやるなあと思いました。

 サイクルモード自体が、終わりゆくイベントだと勝手に思っていたのが、いえいえどうして、新たな企画を練り込んで、巻き返しを図っている、そんなようにも見えますね。

 DSC_7061_convert_20191014214555.jpg

 そして、キャンプ・ツーリングの疑似体験も出来そうなエリアも作っています。これも意欲的。
 
 元々、あったものを見せ方を変えて、再度アピールしてみる。または、それぞれキャンプをやっていた人、ツーリングをやっていた人にその隣接分野を予感、体験させるという、いい企画じゃないですか!

 まあ、今年も例年と変わらないようであれば、あまり行くことを強くおすすめするようなことはいたしませんが、今年は、今後のサイクルモードの新たな展開記念する年になるかもしれませんね。

 そういう意味で、店主も少し楽しみなんであります。珍しく・・・。

 ということで、いつものように、早い者勝ちということで、招待券五枚、ご希望の方はわざわざ当店まで取りにおいでください!

 会場でお会いしましょ!
スポンサーサイト



台風一過



 超大型台風が過ぎていきました。各地に大規模災害をもたらしたようです、被災された方々にはお見舞い申し上げます。

 各方面から、ご心配をいただきました当店ですが、お陰様でこれと言った大きな被害もなく、今回はやり過ごせた形となりました。

 DSC_7050_convert_20191013174536.jpg

 諦めかけた看板ですが、吹き飛ばされずに無事付いています。

 000_72484463_2546934145385738_5874956077660897280_n_convert_20191013174512.jpg

 今回は停電は覚悟していたんで、保存食として一升分の米でおにぎりなんかを作りましたが、大分余ってしまいました、せっせと食べないと・・・。

 000_72107269_2546934202052399_4535532636201811968_n_convert_20191013174459.jpg

 ホットケーキなんかも数枚焼いていましたが、これもあとから細々と食べないと。台風で電線が切れて停電する、という事は分かりますが、地中のガスや水道が止まるということは、あまり考えられません。

 断水については、電気がダメになって、ポンプ類が使えなくなって断水という状況になるのだとすれば、水圧のきく三階くらいまでの建物なら、断水はしないそうです。ガスもね・・・。

 建築系の方から、そのような話を聞くと、当店の様は状況ではここまで保存食を作っておく必要は無かったのかも知れませんが・・・、被災するかもしれない心理というのは、混乱も引き込んで、ちょっと冷静な判断ができにくくなっているんでしょうね。

 でも、これからの気象状況が、この規模の台風を関東地方にももたらすとしたら、その辺は冷静に対策をちゃんと考えた方がいいでしょうね。

 当店は水害には強いところにありますが、風害には大変弱いところにあります。雨戸のない、数多くの窓を今後どうやって守っていくか?今回を機に真剣に検討しないといけません。

 DSC_7052_convert_20191013174547.jpg

 外に置かざるを得なかった荷物類。しっかりビニール等で蓋をして固定したつもりでしたが・・・、

 DSC_7053_convert_20191013174557.jpg

 何と、四分の三くらいまで水が浸入しておりました・・・、雨のすごさと、水の恐ろしさを垣間見た「被害」でありました。

 今回は、台風の最中に地震もありましたね・・・。桜島は噴火を始めたようです。

 しかし、災害大国日本。税金の使い方など、ちゃんと考えないといけませんな、いやも応もなく、政治的にならざるを得ないわけであります、市民としてね。

 そして、自助として、共助として、まじめに対策を練っていかないといけない、地震しかり、台風しかりであります。

 改めまして、被害された皆様、一刻も早い復興をお祈りしております。

本当に気をつけましょう!超大型台風接近中ですぞ!



 充電池をかき集めて、昨日から充電し、そして完了。

 DSC_7042_convert_20191011162709.jpg

 懐中電灯・・・実はまだあるようだが、かき集めるとかなりあるね。でも、当店のある西東京市の真上を今回の台風は通るようだ。停電地域という予想も出ている、まああっても邪魔じゃないので、いいか。

 DSC_7044_convert_20191011162725.jpg

 単三三本で動くラジオ、これも準備OK。そもそも店主はラジオっ子なもんで、ラジオの聴き方は知っている・・・。なんていうと、誰だって知っているよと言われそうだが、イヤ実は、そうでは無い。ラジオ脳というかラジオ耳のできている人とそうで無い人とでは、かなりの聞き取りに差がある、ということは今まで各所で確認している。

 テレビしか見ていない人は、ラジオの聴き方が分かっていない・・・ともいえるかも知れないな。

 DSC_7045_convert_20191011162736.jpg

 昨夜済んだ、ロープ内容に緩みはないようだ。
 
 DSC_7046_convert_20191011162747.jpg

 看板自転車も暫し、お休み。

DSC_7047_convert_20191011162757.jpg

 この辺はまた今夜にでも確認と、再縛りなども。

 DSC_7049_convert_20191011162829.jpg

 飲料の備蓄は、まさに売るほどある。常に新陳代謝しているために、賞味期限で怪しいものはない。ノンアルビールもあるよー。

 そして、その背後には・・・

DSC_7048_convert_20191011162813.jpg

 こんな感じで同じ量くらいの飲料がストックされている。これも3.11の際の教訓からやり始めたことで、固形物はないながら、水分さえあれば、人間なんとかなるというところね。

 とにかく、皆様ご無事であられますことを、お祈りしています。

 台風後、また!

最大級の台風が来るそうです 準備しましょう!



 この土曜日は、多分関東で今まで体験したことのない規模の、超大型台風が上陸するといってます。

 雨も風も、もう超ド級の台風だそうです。中心気圧が900ヘクトパスカル・・・1気圧から100ヘクトパスカル低い超低気圧です。これだけで1メートル海水位が上がってしまう・・・。それに高潮の影響。

 海水温が高いということで、これほどまでの化け物台風が発生してしまうでしょうか?

 因果関係は分からねど、もしこれが温暖化の影響だとしたら、あのスエーデンのオネーちゃんを冷笑していた向きは、大反省・・・はしねーな。冷笑の目的は冷笑だから・・・。まあいい。

 想定外のことが起こる、23区内の三割が水没するとさえいわれています。

 DSC_7027_convert_20191010230712.jpg

 焼け石に水かも知れないが、当店も台風対策しています。

 DSC_7028_convert_20191010230723.jpg

 地上にある自転車を集めます、明日この上に、重めのタンダムなどをおいて、ヒモで固定しようかと思います。

DSC_7032_convert_20191010230744.jpg

 柳さんの鉄箱の上の自転車は早々にかためて縛ります。

  DSC_7031_convert_20191010230734.jpg

 鉄箱の上のホイール類もこのように縦横無尽に縛り付けました。

 DSC_7035_convert_20191010230823.jpg

 もちろん張力を高めるために、カンヌキ縛り、南京縛りでキンキンに締め付けましたんで、大丈夫だといいんですが。

 DSC_7034_convert_20191010230811.jpg

 本来なら、新装開店のために屋根を貼る予定でしたが、このように資材も集めてヒモで固定しています。

 DSC_7036_convert_20191010230839.jpg

 看板自転車ですが、通常の台風ぐらいなら針金で固定しているので大丈夫なんですが、今回はたたむことにします。

 DSC_7038_convert_20191010230851.jpg
 
 はい、日曜日に起きられるといいね。

 DSC_7039_convert_20191010230904.jpg

 さて、これらの看板も今回大丈夫かな?

 とにかく、今回の台風の規模は、絶対に油断してはいけないレベルだそうです!

 水没の想定される地域の方はくれぐれも油断されませんように。

 皆様の無事を祈ります!

健康寿命 自転車寿命



 朝靄にけぶる、鉄のマウンテンバイクなんだな。

IMG_1076_convert_20191010093959.jpg

 ゴルディー?あまり聞いたことはないが、鉄フレームであるには違いない。

IMG_1083_convert_20191010094131.jpg

 マウンテンの業界のことはよく分からないが、今の主流は、やはりカーボンなの?マウンテンバイクという落車ありありの競技でもカーボンなのかしら?それとも金属のアルミ?

 シクロクロスレースに関しては、カーボンのようですが・・・。あまりマウンテンバイクに愛情の無い店主としては、その辺のリサーチが全く出来ていません、そもそも競技マウンテンなんてほとんど来ませんしね。

 しかし、絶滅危惧種としての鉄マウンテンの存在感のようなものはちょっと理解出来ます。やはり、鉄マウンテンなんて目にしますと、オーいるいる、と思いますもんね。

 こいつのメンテということでやって来た。

 IMG_1075_convert_20191010093922.jpg

 まずタイヤなんだが、太い物が好きということで、2.1インチ幅のものが付いていた。やはり太いんだが・・・。

 この手の鉄マウンテンにどのくらいのタイヤまではけるのか?なんて思ったら、ちょっと試してみたくなった、ので、なんと当店では珍しい、それよりも一回り太い2.3インチのタイヤを付けてみたんだが・・・。

 フレームとしてはまだ余裕がある、次回はまた、今度は二回り・・・かな?気に入ってくれるといいなあ。

 サスペンションの無い車体にこの手の太めを履くのは一つの選択肢だと思います、やっぱりサス代わりになる、いや、サスよりいいなあ・・・、個人的には。

 IMG_1077_convert_20191010094022.jpg

 まあ、いつものように、ワイヤー周りを交換して。

 IMG_1078_convert_20191010094039.jpg

 チェーン周りの点検と交換、この神経系のメンテでだいぶよくなる、ある意味この辺だけをちょくちょくやっていれば自転車なんてほぼ半永久的に乗れるじゃ無いの?高機能のままね。

 IMG_1087_convert_20191010094216.jpg

 前後にカンチブレーキが付いています、実はもう少しワイヤーの調整も必要かな?という感じですが、まあ、効かないですね。

 懐かしいくらい効かない。かつてのカンチはこんなもん、それを承知で乗っていれば、危なくはないんだが、今のブレーキの感覚だとしたら、危ない、確実に危ないんであります。

 で、みると・・・、

 IMG_1084_convert_20191010094144.jpg

 ディスク台座が付いていますよ、この鉄フレーム。
 
IMG_1085_convert_20191010094159.jpg

 形式は今は主流ではありませんが、台座ありです、なんか柳さんの仕事みたいに補強もついていますね。思っているほど古くは無いフレームなのかもしれませんな。

 まあ、フロントだけでもディスク化・・・という選択肢はありかもしれません。正直もう少し効いた方がいいかもしれないんでね。

 IMG_1081_convert_20191010094115.jpg

 バックスキンのサドルが付いています、攻める車体では無いんでしょうな、シックでいいですね。

 そうそう、もう一つミッションが、

 IMG_1079_convert_20191010094053.jpg

 黒の荷台付けというやつね、スッキリ系を付けておきます、ダボもあるし、まあ普通につきます。

 IMG_1088_convert_20191010094234.jpg

 こんな感じで完成したんでありますが・・・。少し気になる話であります。

 持ち主の方、私もう60なんで、後乗れて10年かと思うんですよね、なので、その10年もたすためにメンテをお願いしたい・・・。

 なるほどね、終活とは言わないまでも、ご自分のある種の限界を意識しての動きなのでありましょう。そういうことも大切なのかもしれませんし、店主もその手のことを意識することはあります。

 現実問題平均すると70ぐらいが自転車に関する分水量なのかもしれませんね、さすれば店主もあと15年か。15年・・・、15年前が40でほんのちょっと前だった印象がある、ということは70になるなんて後ほんの少しだろう、あと少しで来てしまう、仮に健康に問題が無いとしても。

 焦っても仕方ないが、来るものは来る。その前にお迎えなんてことだって大いにありうるが。

 60の方があと10年と決めてのメンテ、受けるこちらとして、イエイエまだまだ、70代だって!と励ましますわ。そうある意味健康寿命ということで言えば、70くらいからの個人差の開きというのはすさまじいかもしれない、ある人は完全隠居だったり、または病床に伏している方もいるだろうし、元気で商売!大活躍している人も、ソコソコやっている人もいるだろう、中にはヨット仕立てて世界一周なんてやらかす人だっている。

 本当死にそうな方から、ウルトラ元気な人までの格差、個人差のすごさは70代は圧倒的かもしれない。

 そして、底辺が元気であるなら、健康寿命ならぬ、自転車寿命というものをできるだけ長く保って欲しいと思うのは店主だけじゃないだろう。そのために自転車屋として出来ることを精一杯やっていかねばならない。
 
 と同時に、乗り手の方にも、乗り続けるという動機の確保と、実際に乗り続ける時間の確保を励行していただきたいと思いますね。

 やはり、色々あって、家族や周りの人たちから、自転車は危ないからそろそろやめて、なんて言われるのも70代でありましょう。そうか、それもそうだ、と一度やめてしまったとしたら、これは大事、本当にやめることになってしまいます。

 つまりは乗れなくなってしまうということですね、または再度乗れるようになるためには相当の時間と訓練が必要になるということを意味すると思います。

 当店のお客さんの最高齢者は94歳、未だに現役で自転車乗って当店の前を挨拶して通って行かれます。元マタギ、そんじょそこらの体力では無かったんでしょうな、そうした土台は個人差が出る高齢者、だとしても乗り続ければ90代でも乗ることが出来るということの確証でもあります。

 当店前の福祉会館でも高齢者の方が器用に自転車に乗っておられます、あの方々だって三ヶ月乗らなくするだけで、その大半の人が乗れなくなってしまうでしょう。

 ということは、それだけ自転車に乗っているということは、脳の刺激をしているということなんじゃないか?と思われる訳なんですね。

 自転車寿命・・・、こんな言葉を流行らせたい、あなたの自転車寿命はいくつですか?

 それを伸ばすために、供給側で出来ることはまだまだあるはずです、すでに超高齢者社会、社会政策のオペレイトを間違えてしまった結果としても、すでにそれが現実だとすれば、自転車屋は自転車寿命を延ばすべくやるべきことするしか無い。

 あと10年?いや、ご存命であれば30年乗りましょうよ、実際乗っている人もいるんですから・・・とその姿勢でやっていきたいですね、なんて言ってる店主自身も、あと何年だ?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター