メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

名車中の名車・・・かも



 こんなところに無造作に置いてあると、ただの小径車なんだが・・・、

 DSC_1452_convert_20171119213802.jpg

 ラベルにはしっかりと、アレックスモールトンと書かれてある、しかもイングランド。お城製じゃない?

 ある意味一財産だよね。

 DSC_1302_convert_20171119213552.jpg

 ワイヤーがダメになったのと・・・、

DSC_1304_convert_20171119213610.jpg

 ここ暫く放っておいたんで、メンテもかねて・・・という事だった。この名車は、いつもピカピカにしておかないとね。

 店主は正直小径車には興味は無い・・・が、折りたたみの雄が、ハンドル回りを除いたブロンプトンだとすれば、デモンタの小径の名車といえば、一も二もなくこれ、モールトンしかないだろう、と思う。

 DSC_1447_convert_20171119213658.jpg

 まずはキレイに面倒見てやろうじゃないか?という事でワイヤー類は交換。ブレーキから、シフトから、スゲー動くようになったよ、当たり前だが・・・。

 DSC_1449_convert_20171119213723.jpg

 チェーン交換に、スプロケその他も洗浄、名車なんだからもっときれいにしてやんな!

 DSC_1448_convert_20171119213710.jpg

 ブレーキシューとその他の汚れで真っ黒だったリム、大森社長が見過ごすわけには行かない、頼まれなくても、やってしまう。

 あとはBBも交換したよ。

 DSC_1445_convert_20171119213632.jpg

 トップチューブの中心あたりに、幅を取ったトラス構造がある、これがヨジレを完全に阻止している。そして・・・、

 DSC_1446_convert_20171119213645.jpg

 そして角度をかえて下から見るに先の幅広の横棒はなんと三角構造、強度が上がるわけだ。まるでクレーンのよう。まさにトラス構造というもんだわな。

 そういう意味で、自転車屋と建築屋、設計屋がコラボしたら、さらなる面白い自転車もできるかも知れませんな。

 DSC_1451_convert_20171119213747.jpg

 そうした剛性設計があるせいか、この辺のフロントフォークには弱いサスがある。このサスは神経に障らない・・・、微妙な良さがある。

 そして

 DSC_1450_convert_20171119213735.jpg

 サドルの裏にもエストラマー・・・とか言ったか?高分子か?の素材が噛んであり、これも超剛性をいい程度に緩和してくれているようである。

 これをドロップにして、本気モードにでもしたら、そんじょそこらのレーサーとは互角に走る・・・そうだ。

 DSC_1444_convert_20171119213618.jpg

 それにこれらが、本当か嘘か?イギリスの古城のなかで作られているという物語まで付いている。

 なるほど自転車を設計して、世に出すという一つのあり方が、ここに示されているんだろう。なるほど・・・、自転車を作るというのはこういうことか・・・とね。

 なんか変に納得しながらの、モールトンであった。これに続く、より画期的な、小径車の雄は、どうも当店回りから出ることになりそうだ・・・、数年以内に、世界をあっと驚かせる、そういう一台ができる、多分だが、その確率は大分高い。

 それこそ百年、二百年をにらんでデカイ、計画のうちのなかでの話ね、その完結にもちろん店主は立ち会うことはできないが、デカイビジョンと骨太の方針は、既に練りつつある・・・、気長にお楽しみを!
スポンサーサイト

自分のにおいをつけていく



 購入した状態で乗っていたものが、使っている内に、より自分の用途に合わせて自転車を変えていきたくなることが起きてくる、至極まっとうな展開だと思います。

 大半は機能的だったりもしますが、ブランド的だったり、非常に趣味的だったりなど色々あるでしょうな。

 今回は機能的な展開が主なもの。もう少し山に行きたいがもっと楽にできませんかね?という。

 DSC_1268_convert_20171118212953.jpg

 このコンパクトクランクをトリプルにできないか?ということでありました。着眼点をギア比に置くのは間違いではありませんが、トリプルですか・・・。

 かつては立派な選択肢でありましたが、今やトリプルは風前の灯火のような状態。

 フレームの中心からペダルまでの距離をQファクターなんていいますが、これは基本狭い方がいい。真下に踏む方が効率いいんでしょうな。

 そういう意味で、ツーリング車で使っていた経験は店主にはありますが、それ以外ではあまりおすすめはしたくはない・・・ものであります。

 そのためのコンパクトクランクなんですからね。とすれば・・・、

 DSC_1269_convert_20171118213004.jpg

 コチラをいじる方が、今や現実的な選択と言えるでしょうね。

 12-25のスプロケを交換する方向。今は遠目にホイール電動車かよ!と思えるほど、スプロケの巨大化は止められない傾向にあるようです。先月の台湾でも40台のスプロケがありましたよ。お盆並だよね・・・。

 前シングルのリアスプロケの巨大化というのが流れらしいね。その流れは好きか?と言われれば、好きではないが、その路線でいいものがで始めてくると、使わざるを得なくなる・・・。

 5枚上げるか・・・。

 DSC_1448_convert_20171118213118.jpg

 12-30なんていうのに交換。かつてはせいぜい27くらいまでだっただろう?ロードコンポとしてその上もまだあるって言うんだか、スゲー時代になったもんだ。

 DSC_1449_convert_20171118213131.jpg

 この流れで、よりデカイスプロケに交換する可能性もあるので、ロングゲージのリアディレーラーに交換。

 DSC_1271_convert_20171118213023.jpg

 この調子で登りがうまく行けるようになると、峠行きが多くなる、登るということは、同時に下るということもつきまとってくる。下りで重要なのはブレーキ。

 こいつは、お客さんの要求通り、グレードを上げた。

 DSC_1446_convert_20171118213100.jpg

 現行105に交換であります。

 DSC_1270_convert_20171118213015.jpg

 このブロンズのブレーキってどこから来てんのかな?わからないが効かないわ。

DSC_1447_convert_20171118213108.jpg

 交換します。まあキャリパーでもこのくらい効くようになると、メカニカルディスクの必要はまあ当分はない。レーサーにはキャリパーで十分であります。

 DSC_1272_convert_20171118213033.jpg

 あとはご本人は、下ハンドルはあまり握らないとおっしゃってはいたが・・・。下りを安全に下るとなると、どうしても下ハンは重要なポイントになる。下ハン握っていれば、下りの段差などで手が外れることはない、ブラケットだとヒヤッとすることあるからなあ。

 下ハンから、このSTIはシフトアップができない構造になっている。ブラケットポジションしかできないツーリング仕様といってもいいんだな。これはある意味ドロップハンドルの性能を引き出すには今一だよね。だからか、この形はなくなりつつある。

 なので、今回山登り、そして下りに向けて、この辺を交換してみた。

 DSC_1445_convert_20171118213050.jpg

 このタイプのSTIなら、どこからでもシフトアップ・ダウンが可能であります。より距離が伸びて、乗る時間も延びるようになると、こういう細かいところが重要になってくる。たぶん早々にその意味がわかってくれるんじゃないか?と思いますがね。

 DSC_1443_convert_20171118213042.jpg

 より機能を上げて、再生完了!

 あとはポジション・・・かな?機材は整ったので、今度はエンジン=人体の取り付け角度としてのポジショニングだね。持っている力をどういう角度から入力したら、効率がいいか?最初は乗ることで精一杯で、そんなこと考える余裕もないかも知れないが、最後はそれがすべて・・・というくらい重要になってくる。

  一定乗れるようになってくるとしよう、もし自分の自転車以外の車体で長距離を乗らざるを得なくなったとき、車体選択の基準は、一体何が優先するだろうか?コンポか?フレームの素材か?ブランドか?ポジションか?といったら、乗れるやつはほとんどポジション優先するだろうね。

 ポジションのでないデュラエースのカーボン車体なら、ポジションの出る、ハイテン、ソラコンポだろう・・・極端なことをいうとそういうものではないか?とすら思えてしまうのであります。

 なので次は、その辺を軸に少しずつ調整して行けたらなあ、と思いますね。

 車体は整えた、次は乗り手のポジションだ、その両者がピタリとはまって、距離が伸びる。足もできてくる、自分の自転車のポテンシャルに気づいていくる。その内ポテンシャルを超える領域に人体が移行することがある。そうなると、また車体を整える必要が出てくる・・・。

 こういう車体とエンジンである人体のデットヒート状態なんていうのが、自転車の理想的な展開なんじゃないか?なんて思ったりもする。もちろんそのデッドヒートも、その人なり、自転車なりなんだがね。

音がする 音が鳴る



 もらった自転車なんだが音がするんだ。確かにする・・・。

 その異音をとって欲しいという依頼。来たよ・・・。しかもどこからか?というと。

 同級生の青山君からなのだ。彼は知る人ぞ知る、青山自動車工業という、非常にマニアックな施工依頼も断らない、非常の希有な自動車屋さんなんだよね。

 引っ越しの時も軽トラ貸してもらったりと大変世話になっている古い友人なのだ。

 二人とも杉二小出身。なんと親同士も同じ小学校の同級生同士という仲なのだ。青山君は、小さいときから絵が上手、歯と歯の間からスーヒー音出しながら、サッサッサと描く絵がもう学年を越えていたね。

 絵だけじゃない、冗談のセンスもあったなあ。お絵かき帳をもじった「とえたぴ帳」というのを作っては、連載で学校での出来事をパロって描いた漫画は大受けだったのを思い出す。

 なかでも、星ピュン(星雄一君)と音楽教師木山先生とのからみをいじった作品は最高だった・・・。

 そんな側面を持つ彼だったが、お父さんの家業を継いでエンジン・機械の方に行ったというので、最初は驚いたよ。てっきりイラストとか漫画家になるかと思っていたからね・・・。

 そんなこんなで、結構年いってからまた絡むようになって、彼は彼で、店主が自転車屋をやっていること自体が不思議でならなかったようだ。確かにねえ・・・、末はサオ師かエロ作家・・・のはずだったが。

 でも分野もレベルも、向こうは車でこっちは自転車で違うんだが、ちょっとした機械の話なんかで今結構盛り上がるし、彼から学ぶところは非常に多いんだが、まさかこんな話をできるようになるなんて、お互い驚いているとろこはあるなあ。

 先日も、例の油圧ブレーキの件では、随分時間を使わせてしまった。ペーパーロックの話なんてすべて彼からのパクリなのだ。

 彼がフェイスブックなどで上げている仕事ぶりは、既に板金では超人的だわ。車というより、カエルの遊具の修理かと主ったら、イタリアのなんとかっていうスクーターだったかの修理とか。アチコチ回って結局杉並の青山自動車に来るということらしい。

 そんな彼から音鳴りの依頼ときたら、コチラもなんとか沽券をかけてと気合いは入る。なんとかより良くして戻してやらないとな、と。

 DSC_1276_convert_20171117223557.jpg


 しかし何度も書いてきたが、音鳴りというのは難しい。まずどこから出ているか?というのを走りながら特定するのが難しいのだ。大体はわかるが、押さえるのが難しい。走りながらだしね。車体はつながっているしね。

 そういう時は、締めるところを締めて。交換できるもんは交換するに限る。チェーン交換。音鳴りは少し収まるが・・・なれば・・・。

 DSC_1277_convert_20171117223608.jpg

 ボスフリーか?この手の柔らかいボスフリーを変速しないで使い続けるとピッチの関係で歯飛びや音鳴りの原因になり得る。高くもないので、交換してみると。なんか静かになったような・・・・ね。

 今回はクランク回りのBBのグリスなんかも入れ替えてみた。そうしたら、静かになったような・・・・。。踏み方によっても、体重によっても音鳴りは変わる・・・、厳密にいえばなんだが、でも普通に乗る人にはほとんど関係ない、音鳴りはしないに超したことはない。
 DSC_1278_convert_20171117223618.jpg

 シフターもリアディレーラーも緩いといえば緩いんで、その間のワイヤー交換して、両サイドを締めてみる・・・。音鳴りはまあ多少は・・・。

 ちょっとした原因がアチコチに点在している場合には、一気に激的に解消するのではなく、徐々に徐々に静かになっていく様な場合もある。

 そうした場合困るのが、どこで落としどころとするか?ということ。通常なら、まあこんなもんか?で済むもんも、青山君のものとなると・・・。誤解を避けると、彼がクレーマーのようにうるさいやつでは全くないということ。むしろ受け入れタイプ。

 だからこそ、有無を言わさない解決を見たいところなんだが・・・。

 DSC_1273_convert_20171117223549.jpg

 仕上がって、何度も乗る。急ブレーキかけたり、荒めにシフトしたり、体重かけて踏んでみたりと色々やってみて、まあ、合格ラインかな?というところで、終了。

 彼が乗って帰って、「調子よかったよ!」というメールでホッとする。いわゆるクレーマーなどの対応なんかよりも、機械を知り尽くしているやつの無言や、OK!の方が数倍脅威であり、うれしいもんだ。

 本当良かった・・・、車でお困りの時には、杉並の青山自動車へ、自転車でちょっと困っている人は、西東京の狸サイクルへ、これを称して、杉二連携!といいましょうか?

思えばヘイズ・・・から



 ヘイズ、なんかハーレーのブレーキを作っているんだそうだ。

 油圧ブレーキネタが続きますが・・・。このヘイズの調整から始まりました、今回の油圧騒動、まあ一台で終わるかと思いきや、いきなり台湾のテクトロ工場見学までやってしまい、テクトロテクニカルサービスセンター(仮名)にまで一気に上り詰めるに至るとは・・・。

 マウンテンどうでもいい派の典型的な店主。ディスクブレーキ?な・・・なんで?ってなもんでしたよ、今でも半分・・・かもね。

 それが今は、いくつかの油圧コンポで何組もうか?と画策している、しかもそれ楽しんでいるのだから、その変わり身が自分でも面白い・・・。

 まあ、できなかったことが、できるようになるになるというのが一番刺激的か?その内、サスペンションの調整にまで手を出したりしてね・・・。

 まあ、あんまり好きじゃあねえけど、やってやるよ・・・なんてちょっとかっこいい・・・かも。

 DSC_1446_convert_20171116224251.jpg

 パッドの交換はメカニカルも同じ・・・、油圧のデメリットと言われるように、調整がきかない・・・とか、その辺にもっと食い込んでいきたいね。

 DSC_1448_convert_20171116224259.jpg

 ディスクは使っている内にキャリパー自身が高温になる、摩擦でね。そうなるとオイルが沸騰して気泡ができる、ブレーキが甘くなり、聞かなくなることもある、ペーパーロックというのだそうだ。

 車で下りの峠で、エンジンブレーキかけないで、ブレーキ踏んでいると起きる現象なのだそうだ。となれば、沸点の高いオイルが高級という事になる。

 そういうことがあるとすると、例え、止まった状態で最高の引き調整をしたとしても、下りに入るやいなや、ブレーキが甘くなってしまうのはどうしても避けたいわけだ。

 となると、空気を絶対に噛まさないというやり方が、王道となるのはわかる。だから、調整がきかない・・・というのだろうか?

 他にやり方無いのか?しつこく考察は続くのであった・・・。

 DSC_1449_convert_20171116224308.jpg

 チェーンの交換・・・。

 DSC_1450_convert_20171116224315.jpg

 スプロケの掃除など、ドライブトレインをちょっと調整。

 DSC_1451_convert_20171116224333.jpg

 シフトワイヤーの交換・・・。もし油圧ブレーキと、電動シフトになるとワイヤー類は一切いらなくなるんだね。

 まあ最先端はそうなるんだろうが、自転車が身近な乗り物である限りワイヤーが滅びることはないな。

 DSC_1455_convert_20171116224353.jpg

 今回は小技があった。最初に言っておくが、これはアンテナじゃないよ。

 これはクランクの部分なんだが、ペダルと共締めになっている。

 こいつを下ろすとどうなるか?

DSC_1453_convert_20171116224343.jpg

 はい、スタンドに早変わり!という事です。でもあくまでもこれは簡易ものですね。ちょっと力をかけたりすれば、即破損になりかねないくらいに、華奢であります。だから、粋に見えるということもありますが。

 DSC_1443_convert_20171116224233.jpg

 パープルならぬ、グレーンヘイズのクラインなのであった。ちょっと、フロントブレーキなんかの調整の実験もさせてもらいました。原理は一緒でも、細かいところが違う、それをいくつ消化したかで、今後のキャリアが変わってくる・・・、ありがとう!その分最初より大分良くなったよ!

一進一退とはこのことね・・・



 相変わらず、楽しく油圧ブレーキに忙殺される毎日です。

これはテクトロ工場から解体用に持ってきたブレーキとレバー。しつこく内容を聞くもんで、自分でバラしたいと言ったら、快諾してくれた。

 なので、内部を知るためにバラす。構造を知らないと、本当に応用というものができない。ブラックボックスは嫌いなのだ。だから電動はいじらない・・・。

 いやも応もなしに、これからはロードだって油圧式になるだろうな、キャリパーブレーキだって油圧になるかも・・・。なので、構造はどうしても押さえておきたい。

 DSC_1292_convert_20171115190954.jpg

 こいつがレバーで・・・、

 DSC_1293_convert_20171115191002.jpg

 その反対がディスクのキャリパー、こいつがディスクを挟んで制動するというしくみ。

 まずは、キャリパーをバラそう。

 DSC_1294_convert_20171115191009.jpg

 ブレーキパッドを外してみた。これに関してはメカニカルも油圧も同じだね。真ん中にあるやせた金具は、多少ともこの二枚のパッドを開く様に作用しているが、いかんせんその力は小さい。

 DSC_1299_convert_20171115191037.jpg

 高級なものにはワンピース構造のものがあるようだが、こいつはツーピース、二本のボルトを外すとこんな具合に簡単に二個に分解される。この銀のピストンが裏からオイルで押されパッドを通じてディスクを挟むという構造だ。実に単純。

 DSC_1306_convert_20171115191148.jpg

 ピストンを抜いてみる・・・といっても簡単に抜けるものではない、半端のない密着なもんでね。キャリパー本体にブルーのシーリングのようなものが見える、この間からオイルが漏れたら、ブレーキは効かないのと同じなので、その密着は厳密なのだ。

 因みにこのピストンなんだが・・・、

DSC_1304_convert_20171115191130.jpg

 直径22ミリ程度・・・。そして、

DSC_1305_convert_20171115191139.jpg

 ホースの穴が直径2ミリほど、面積の差は約120倍なのだ。正確にこのホース穴と比較すべきか否かは別に、この断面積の差と、オイルの移動距離との間に、あたかもテコの原理のような法則がある、つまり小さい力で、大きな力を生む形式ね、それを称してパスカルの原理というそうだ。

 パンセのパスカルなら多少はわかるが、あのパスカルはホモ・ウニベルシタスの典型のような人、つまり普遍人、超人的何でも屋なんで、店主のまったく預かり知らん側面があってもまったく不思議でない。ほぼ同時代のデカルトしかり、ライプニッツしかり、ニュートンしかりなのだ。

 かつて気圧の単位をミリバールと言った、今でも自転車の空気圧にはバールが使われているのもあるが、最近の天気予報なんかでは、ヘクトパスカルという言いますね、こんなところにも生きてますな。

 人間は考える葦である、という名言を残している、それを言ったら、自転車乗りは考える足を持っている・・・。

 話を戻すと100キロ近い速度で下っている自転車を指一本で止めることができるのは、このパスカルの原理を応用した、油圧ディスクのお陰という事になる。何トンというトラックを足一本でとめるのも同じ・・・。

 キャリパーは意外に単純な構造をしていることがわかる。では今度はレバー側と行こう。しかし、バラすには新しいものに限る・・・。古いものはどうも、ねじ類やブッシュらがさび付いたり劣化しているため、一度外すと、以後元に戻らない、から、そもそも外せない、などと言うことも起こる。

 ここで一つ変なことに気づく。オイルを抜いているはずなんだが、つまりブレーキ内部や、ホース、レバー内部に圧はかかっていない状態なのだが・・・。

 DSC_1297_convert_20171115191017.jpg

 このように、レバーを引いて・・・離すと

 DSC_1298_convert_20171115191028.jpg

 レバーが戻るという現象が起きている。これは最近悩まされている、AVIDとはまったく異なっている、あいつはオイル抜いたら、空気の抜けた風船のように、押したら押しっぱなし、引いたら引いたっぱなしなんだが・・・。

 よし、分解を進めよう!

DSC_1300_convert_20171115191045.jpg

 イモねじを外すと、レバーは簡単に外れた。中にレバーを押していたピストンが見える。その奥にはCリングがあって、それを外さないとその奥にはいけない。

 DSC_1301_convert_20171115191053.jpg

 なんとかCリングを外すとピストンを押す棒と皿が出てきた。

 さらに外すと・・・

DSC_1302_convert_20171115191114.jpg

 小さいピストンの本体が出てきた・・・そして・・・、

 DSC_1303_convert_20171115191121.jpg

 そしてその奥から出てきたのが、このスプリング・・・やはり、オイルの無い状態でもレバーが戻っていたのはこいつのお陰だったわけだ・・・、一つわかってスッキリ!

 ただし、このスプリングがないと、油圧ブレーキは機能しないのか?というと、どうもavidはそうじゃないんじゃないか?とも思えるんだが・・・。

 このバネ外して実験してみるか?

 水の入った風船を外から押せばそこだけへこみ、へこんだ部分はその他の容積に加算される、つまり中の量は変わらない分、へこんだ分、他へ移動しているはずだ。このように加圧されているものは、押した分、他に作用するが、押すのをやめると、元に戻るという性質はあるだろう。

 テクトロはそれプラスバネの力で戻している元の考えられるが。それがなくても戻る・・・じゃないか?とすら思えてくる。

 そしてまだ疑問は残る。油圧ブレーキはパッドが減っても、調整いらずという。確かに、挟む物の厚みに応じて(反転するに、挟む方の厚み(パッドの減り)に応じて)、一定程度後退してくれる性質があるようだ。

 実際、挟む物の厚みを変えてやってみると、薄くなったらなったに応じて、ピストンが追いかけてくる様に見える。そして最初の厚みの物を挟もうとしても、ドライバーなどで広げてやらない限り、挟むことはできない。ある意味薄くなるものに応じて、自動的に、ブレーキをオープンにした際の、パッドのとどまる距離まで狭まってくるようだ。

 しかし、中に入っているオイルの量が変わらないのに、ブレーキをオープンにした際、なんで最初にセットした位置より前で、とまる様になるのかわからない・・・。オイルが増えたのならわかる、その分ピストンも前に出ざるを得ないからね。増えてもいないのに、なんでピストンがより前に出た状態で、とどまることがができるのか?

 リザーバータンクというところに秘密があるのかな?ダイヤフラムという風船のようなものが、加圧時、ぬけたオイルの空間を埋めるという働きがあるようなんだが・・・。

 または戻りに自体に一定の距離を決める構造があるとか?とか?

 基本を知らないと、応用が利かない、ましてやブレーキなんて勘所中の勘所なんで、この独り言、八つ当たりは、当分続くかも知れないが・・・、退屈しないでね!

 それなりに辿っていくんで・・・。

 何より老化防止じゃ!

DSC_1290_convert_20171115190937.jpg

 しかしこぼしたオイル、捨てたオイルの上をサンダルで行き来するものだから、床はまあ、こんな調子。暫く続くぞ、潤って悪くない!と思おう・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター