メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

巨頭会談 と その先にあるもの・・・



 何やら、若いふたりが、真剣に話し合っているようであります。

 この両者の顔に見覚えありますか?

 そう、あの高等高専の二人なのであります。

 片方は三年生、ママチャリ同好会の頭。

 もう一方は、一年生自転車同好会の言いだしっぺ君なのであります。

 前者のハチャメチャぶりは、当ブログではちょっとした名物になっておりまして、他の読者の方々に、実際お会いすると「イヤー、面白い展開になっていますねえ」と目を細められます。

 後者はどちらかというと、米作りの方での活躍がありまして、自転車に関してはこれからが大展開となりそうな感じ。

 この両者が、当店の地下室で何やら密会?しておったわけなのでありますが・・・。

 単純に言えば、自転車に関する集まりとして、統一していこうという動きなんであります。

 学校側とすれば、たまたま気のあった同学年の連中だけで部なるものを認めてしまったら、その子達の卒業で一気に消滅してしまいます。それでは部活とは呼べず、仲良し友達だけのまさに同好会で終わってしまいます。

 学年縦断的な活動がないとダメ!というのは至極まともな規定かと思いますな。

 そこで三年生主体のママチャリ同好会と、一年生主体の自転車同好会がなんとか一緒になれば、縦断という条件は満たすという意味で、両者にとっては渡りに船なんでありましょう。

 ただ、店主のようなオヤジからすれば、一年生や三年生の違いなんて、カスみたいなもんですが、当人らにとっては、この差は小さくはない。

 まあ、その辺、上手く合わせてだね、当初それぞれの持ち味なんかも殺さずに、統一できたらいいかと思うんだが・・・。

 あのふたりを見る限りでは、大丈夫でしょ?

 学校に届出をしてから、一年くらい審査がかかるんでしょうか?その間にまた実績を積んで、泊をつけていく・・・出来ることをやっていこうなあ・・・。

 と堅苦しい会合も終わったようで、外に出てみると、団長の方がサドルのトラブルを言ってきた。

 どうも台風で自転車が倒れて、サドルを破ってしまったらしい。あ〜、よくあることねえ。

 破れるとそこから水が入って、完全に乾くまでに時間がかかる。その間中ずっとズボンが濡れてしまう。

 どうします?新しいもの購入しますか?

 なーんてことさせるわけがない!

 持ってきな・・・ということで、表側をバリバリとはがさせる・・・。

20141019_153223_889_convert_20141023083755.jpg
 
 高分子のクッションを外して・・・、さらには皮を止めていた金具類も全て外す。

20141019_153308_418_convert_20141023083708.jpg

 すると・・・どうなるか?

20141019_153242_429_convert_20141023083743.jpg
 
 こうなるのであります。プラスチックの板一枚。ホッチキスのあとは、気になればヤスリかければよい。

 これで濡れても、手や息でで水滴をはらえばよし、そして倒れても、多少傷がつくくらいでこれ以上の損傷はなし。いいことだらけ、しかもただ・・・。

 そして、それ以上に、解体している時の奴らの好奇の声といったら・・・。

 へえーこうなっているんですか?ええ?ここも外せる?・・・出来た・・・。

店主らから見ると、当たり前のことが、この子達にはそうではない・・・。では、もう一個あるんで、やってみるか?と渡すとなんとかやっていましたね。

 手つきは、なんともお淑やかなのであります。あんまり解体なれしていないなあ。

 でも、解体しながら、逆に作られてきた工程を読んでみたり、大量生産させるためには、ここまでは同じものを使って、ここに穴留めをつけて、別物に変えていくんだ・・・など、分かることが非常に多い・・・ということが分かる。

 特に団長は、生産管理という学科にいるらしく、こうした具体的なものを前にそういうことができるなんていうのは、ある意味すごいことなんだよね。

20141019_153256_871_convert_20141023083730.jpg


 大体、店主はもちろんのこと、ポキさん、大森さんも、ガキの頃から解体のオンパレードなのであります。そして、出入りする方々も多方そうですね。子供の頃から、分解、解体しては壊して、怒られて・・・を繰り返し、高学年くらいになると段々ものを直せるようになってきて、という過程をたどってきています。

 解体、分解というのは大切なんだよねえ、思われている以上にね。

 ということは・・・、解体部なんていう部活を作ってもいいんじゃないの?なんてことすら思えてきましたよ。

 学校では、物ができていく過程を体験して、部活ではその逆、ものが分解されて一つ一つのバーツになっていく様を体験する。行儀のいい授業を受けて、それを行儀悪くひっくり返す・・・イヒヒヒヒ。

 そしてことはそれでは終わらない・・・、解体したものを素材ごとに分類していく、鉄、ステンレス、アルミ、真鍮と。

 それをその筋の方に買い取ってもらったら・・・活動資金源になる・・・・。しかも時給なんてものに縛られない、行儀の悪い勉強も兼ねての解体作業・・・。

 もちろん現実的には、未成年から買取る業者などはない・・・、ということで、モロこんなやり方ではできませんが。

 ものが捨てられている現場というものを、これから物を作る若い子達が見ておくというのは、非常に重要なことじゃない?

 そして、解体のことまでも考えてものを作るなんてことも大事でしょ?

 まあ、いいことだらけなんだわさ。

 ということで、自転車部の成立・・・、以前からかな?こうしたことの一端に触れられるような体験をさせていこうかな?なんて、頼まれてもしないのに、考える店主なのでありました・・・。

 まあ、手と頭と足を動かして、いろいろやってみよ。これからの世の中は・・・などと大上段なことは言えないが、もう飼い殺しの時代は終わった・・・と思ってよし。

 機転を利かせて、隙間を見つける眼を養って、仲間集めて・・・技磨いて、関係作って・・・、一人以上のものを作っていく、という動きだろう?手足の縛られた、つまらん仕事をあえてしたいならいいが、そうして得られるかもしれない「安定」なんてものは、まあほとんど幻想になっていくだろうな。

  対して伝える程のものはない店主ではあるが、吸収する意味があると思えば、いくらでも持っていけ、と思う。

 若い子達には全く期待しない店主は、だからこそ無責任に色々と提案するのだ!もっと仕掛けてやるから、見ていろ、コノヤロー!

05-08@16-26-52-136_convert_20140508192810_20141023101148689.jpg
※こいつも、解体と組み付けを繰り返してこうなった、という代物。乗ってもいじっても面白ぞ!
FC2 Management

新旧交えての持ち込み天国 ヘッドは持ち込んでほしい・・・

※復帰したといっても、慣れない変換ソフトでイライラ、書き手にとって変換スピードや効率は、妥協できないなあ、と思いつつも、歯軋りの日々が続きそうなのであります。



 ウィリエールのカーボンフレームの持ち込み、後手持ちパーツの持込でj組み付けることに。

 その辺はかなり臨機応変な当店ですが、持ってきてもらわないと、ちょいと困るパーツがありまして。

20141009_115114_256_convert_20141022200745.jpg

 こいつなんであります。ヘッドパーツ。

 こうしたカーボン系フレームのヘッドパーツって、まだ確立途上なのでは?思えるほど、種類があるんですねえ、イタリアンとジスしかない一インチからすると、本当面倒くさいんです。

 大体似たような・・・とは思っても、ちょっとした角度のちがいなどがありまして、大方互換性などないんでしょうね。

 しかも、信じられないのがカーボンのヘッドチューブに直接にシールドを置くものがあって、カーボンが硬いといっても、金属部との接触からすれ・・・ば。

 完全にメーカーさんたちは、フレームまでも消耗品として、考えているのかしら?

 こんなフレームのがたを放っておいたら、フレーム自身がだめになる、それでいいのかしら?

あと下ワンの形状によっては、ワン外し工具で外せないものもあります。ではどうするか?曲線のあるノミのようは工具で叩く、なんて・・・。フォークのクラウンレースがダメになる可能性もあるものを、平気で設計して売り出すなんていう神経も理解に苦しみます。

 そんなこんなで、種類の多さと、設計思想のちぐはぐもあって、カーボン車のヘッドパーツはできればいじりたくはない、というところなのであります。

 大体、フレームフォーク一体型となっている今では、ヘッドパーツがついていないほうが珍しいくらいで、だいたいはあるんですよ!

 でも、今回はありませんでした・・・。

 はっきり言って、あせったねえ。結果から言うと探せたのでよかったが、ヘッドパーツを計る計測板にも入っていなかったくらいのモダンなもので、ノギスでいろいろ大変でした。探し出せて、よかった・・・。

 20141018_151956_868_convert_20141022200658.jpg

 基本手持ちの57系105なので、ありますが。

20141018_152046_745_convert_20141022200445.jpg

 一つ前のものなので、10速コンポ。まあ、十分じゃない?という中でも、ないものは新生105にて、引っ張ります。

20141018_151948_780_convert_20141022200709.jpg

 フォーアームの新生105クランクなのであります。まあ105だから、フォーアームでもいいか。さして見た目に違和感なし,というところでしょうか。

 来年のフォーアームのカンパがどうなることやら・・・、といっても高級コンポなので、しばらく当店には関係ありそうにないですが。

 20141018_152018_683_convert_20141022200559.jpg

 ホイールが、・・・うれしいねえDT585リムに黒スポークでのワンペア。

 思わず、こうこなくっちゃ!という感じであります。

20141018_152001_138_convert_20141022200620.jpg

 後輪のハブには新生105のハブを入れておきました。今後この車体で、11速化をする際に、ホイールが適用できるか田舎はでかい違いですからね。

 あとそうそう、クロスポークが高騰しました!円安なのか?何なのか?アベノ何チャラだかなんかは知りませんが、この辺はだいぶよくありません。

 一本黒ニップルとあわせると100円以上します・・・。この辺もまいりましたが、見た目は黒スポーク・・・やはりなんともいえない高級感がありますな。

 20141018_151933_529_convert_20141022200722.jpg

 走りを求めて川の付近まで引っ越されたとのこと。車体になれて、ホイールも馴染んできた頃には、すげえ・・・と、思わず独り言が飛び出るほどの、加速感が実感できるかと思いますよ。

 まあ、こんな持込であっても、常識の範囲であれば、当店はお受けいたします!
 
 やっぱりレーサーは、メンテができるところが近いところにあるに越したことはない。目先の安さだけで購入して、一度もベストなセッティングで乗られないロードがあるとすれば、一言、不幸なのであります。

 施工関係も含めて、いい状態で乗り続けたいと思うのであれば、どうぞ、この持ち込みシステムをご利用ください!

こんなもん盗むか?普通?

※ちょっとだけ復旧・・・というか、まだまだ本調子とはいえませんが、何とかできるところから、戻していけたらとおもいます。
00020140909_155634_413_convert_20140913131739s.jpg

多少は落ち着いたかと思いきや、まだまだあるんですねえ、自転車の盗難。

ある意味、自転車が盗品として定着してしまったということなのかな?それも突っかけようではなくて、 所有としての盗品ということにかな?

 まあ目的は なんにせよ、むかつくやつ等であるには違わない。

 今回の車体は、先日出来上がったばっかりのこれだもんな。

00020140909_155715_283_convert_20140913131835s.jpg

 手で切り取って作った紙を入念にフレームに貼り付けて、固定して・・・、というやつ。

00020140909_155720_680_convert_20140913131847s.jpg

 店主はその上から、クリアをかけただけで、手間をかけたのは所有者のsさんなんですよねえ。
00020140909_15579_921_convert_20140913131724s.jpg

 ほんのちょっと前、川崎の新丸子近くの自宅の駐輪場から、盗まれた・・・ということなんですねえ。

 しかし、馬鹿だよね、この犯人。

 これほどまでに手をかけて、目立つ車体に手を出して・・・。

 これは時間の問題で見つかるでしょう。

 ね!そうだよね!

 そうでないと、本当にかわいそうなのよ、このsちゃん。手塩にかけて育てた、一台が、乗って数日でぱくられるなんてね。

 そんなわけで、この度派手な紙貼り細工の自転車を見かけた方は、当店まで、to.ke@mx1.ttcn.ne.jpか、
 03-5313-8443まで、ご一報いただけると、大変うれしい限りなんであります。

 しかし、ブログ明けの最初が、盗難情報だなんて、いやだよねえ。

 皆さんご協力お願いいたします!

パソコンが!

記事のネタはたくさんあれど、

どうやら手持ちのパソコンがクラッシュし、修復のためにディスクが必要なのだそうです、取り寄せに時間がかかりますので、本格ブログ復帰まで、ちょいとお待ちいただきたいと思います。

こういうことも想定して、二台体制を築かないと・・・ともおもいますな。

これは、タブレットから打ってますが、打ちにくい!

やはり、なんとかエマージェンシーの為に、もう一台、何とか確保、しないといけませんな。

復帰し次第、まともな記事の更新いたします。

いいものできたしなあ、早く公表したい内容があるんです!

おたのしみに!

なんでわざわざ不便に?スタイルというのは・・・



  ピストブームという時期がかつてありまして、その時は猫も杓子もシングル化か、固定化でしたね。

 なんでシングルがいいんですか?というと、十中八九が、シンプルだから、とお答えになっていましたね。

 ウン、シンプルね、確かに。

 そんなもんで、今日のように当店はテンショナーを極力使わない方向へと、来たわけであります。本当のシンプルというと、テンショナーすら邪魔に見えてしまうんですね。

 しかし、それにも増して、機能としては低下する・・・わけなんでありますが・・・。

 ある意味、わざわざ不便にするというわけで、やせ我慢の美学のようなところもあるかな?

20140930_142215_305_convert_20141015212129.jpg


 今回の車体も、キャノンデールで、ブレーキがキャリパーと来ているのよ・・・だったら、断然ドロップ化の方が・・・、どう考えても機能からしても、車体のポテンシャルからしても、引き出せると思うんだが・・・。

 わざわざ不便にする・・・、シンプルさという、スタイルの拘りによって・・・、うん、やはり面白い。

 20141015_152902_401_convert_20141015212539.jpg

 こうなるんですよね。スッキリ!とも言えますし、ヤケに殺風景な・・・とも言えなくもない。これがまあ、スタイル!ということなんでしょうな。

 20140930_142223_220_convert_20141015212118.jpg

 この辺のドッチャリ感も、

20141015_152908_834_convert_20141015211745.jpg

 センターへ一枚残しということで、これまたスッキリ。確かにこれはこれで、まさにスタイル!なのであります。

 20140930_142158_778_convert_20141015212005.jpg

 シフター類がなくなるというのも、またスッキリ。

20141015_152914_681_convert_20141015211915.jpg

 ボッサボサの植木の類をシャキッとスッキリという感じは作業しながらもしますね、これいらない・・・、これもいらない・・・、なんと身軽な。

 この角度可変式のステム、コイツは重いんですねえ。

 20140930_142234_300_convert_20141015212054.jpg

 このサス付きピラーも、無駄に重い・・・。

 この辺のものを仕掛けなしの軽量のものに交換してやって・・・、最新の105で組み付けてやる・・・なんて事も、このフレームのポテンシャルなら、十分に可能なんですが・・・、くどいか・・・。

 20141015_152856_900_convert_20141015211812.jpg

 当店は自転車の床屋さんか?まあ、逆の依頼もありますんで・・・、しかも最強の依頼をいただいているんですねえ、近い内に公表しますので、こうご期待かな。

 電話一つ取っても、日本のそれは高機能・多機能すぎるという悪評もあるそうですな。確かに、新しもん好きの店主もスマホ使って一年になりますが、まあ、いらないいらない・・・、電気だけ食うということで、後一年半使ったら、シンプルガラ系に戻してやろうか?なんて思うくらい、いらない多機能が多すぎる。

 電話なんだから電話と+αでいいとも思う。

 仮に、高機能、多機能というのであれば、そのソフトの使い方を伝授するより高次のソフトが必要になるのであります。そういうマニュアルってあるのかな?まず、こういうことができればなあ・・・というところから、遡及してソフトを選ぶという方が、ただだから取りあえず、インストール・・・というより健全な気がしますね。

 バイキング形式になると、その人の意地汚さが出たりでなかったりといいますが、スマホのフリーソフトのばらまきも、結局食いきれなくて、食傷しているのと同じなのかも知れませんね。

 さーて、レーサーの11速化・・・、世は11速ですぞ・・・。これもまあ、段々素人には無駄な高機能化となりつつあるんでしょうか?

 チェーンの強度からいっても、8速、9速ぐらいでもう十分なはず・・・。

 とはいえ、この流れは日本のガラパゴス化だけではなく、むしろイタリアが引っ張って行っていると言えなくもない。

 さすれば、ロードレーサー自体がガラパゴス化していくんでしょうか?

 そうだとすれば・・・それも悪くはなしです。選手は12速、13速、14速といきなさい、素人は8、9速での文化を創っていけばいい、いい意味での二極分化なのでは?とも思います。

 新しい技術や発想は重要で素敵なんであります、だからといって普通に使える「低機能」を笑うのもまたどうか?と思いますな。この先百キロ人里なし、こういうところを走り続けるのに、電動デュラで行くのと、ワイヤー式wレバーで走るのとどっちがいいの?

 震災になって暫く電源の確保ができないというとき、電動デュラはその機能を発揮できません・・・、残念ながら。

 自転車は、最新機能を横目で見つつ、足を知る。「足を知る」は「たるをしる」と読みますが、いかにも自転車には示唆的なのであります、「足を知る」まさに、自らの「あしをしる」ところから、自転車を考え直す・・・、いい視点なんじゃないでしょうか?

000IMG_20131221_164722_convert_20131221194828_2014101612283712e.jpg
※本記事に反発するように、電動だ!レースに徹せられる!このロケットというフレームも神懸かり!クリテリウム系なんか最強のポテンシャルだぜ!落車にも強い!これで勝てる足を作ることだよ!カーボンは落車で一発、お釈迦です!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター