メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

将来を見越しての ホイールいじり



 自転車店ではなくて、別の量販店かどこかで購入したらしいですね。

 ちょっと見ウワーッてな奴なんですが、こいつをちょいと時間をかけててなづけていこうというわけで、まずはここから直していこうという・・・ことです。

 20150303_143802_111_convert_20150304190415.jpg

 まあ車体の値段からいったら、仕方ねーか・・・というものですが、まずクイックにしてやろうという・・・。ただしこのハブでシャフト交換はないだろう、ということで、組み直し。

 20150304_151537_820_convert_20150304190353.jpg

 クイック完成!

 20150304_151542_225_convert_20150304190341.jpg

 というほどではないが・・・、一気に高級感が増しますね。いい選択かも・・・。

 そして、本番はむしろコチラ、リアであります。

 20150303_143814_439_convert_20150304190404.jpg

 まあ、これもねえ、車体の値段そのものなんだが・・・、こいつもクイックシャフトだけを交換するには及ばない・・・。

 20150304_151619_862_convert_20150304190157.jpg

 クイック化、組み替え完了です。

 で鍵はここ。

 20150304_151555_135_convert_20150304190331.jpg

 元々6速だったものを、8速ものに交換です。

 その心は・・・。

 今後こいつのグレードをパーツ単位で上げていくときのための、布石のようなものであります。ここを押さえておけば、チョコマカと機能を上げていくことができる、ということなんですね。

 将来を見据えての、要所改造・・・ということで、8速にしたものの、今回シフトからいうと・・・6速のまま。

 20150304_151640_743_convert_20150304190147.jpg

 シフター自体は交換しませんでしたからね。ではどうやるか?

 20150304_151624_643_convert_20150304190321.jpg

 例えば、トップを捨てて・・・。

 20150304_151657_203_convert_20150304190223.jpg
 
 ローを捨てての8速スプロケの6速使い・・・なんてことも・・・できなくはない。実際には偶然性に頼るとこもありますが、何とか、部分的二つ飛ばしのところかなんかに慣れれば乗りこなせます。

 20150304_151519_632_convert_20150304190207.jpg

 よくあるパターンなんですが、ご主人が自転車大好き。で、奥さんにも気を使ったりしながら、何とか自転車好きになってもらいたいという気持ちもありながらも、見た目重視の奥様の好みも無視できず、まあ、コレで良いかあ・・・とは思いつつも、将来的に機能にも目覚めて欲しい!そのための布石として今回の改造に踏み切った!という地味ながら、涙ぐましい作戦行動なんであります。

 そう、コレでシフターとリアディレーラーをチョチョイといじると、不足ない8速もできますし・・・、10速までの拡張も可能。

 何なら、フロント二枚で・・・など、この車体が作られた当初全く想定外の展開にもこの車体を引きずり込むことも可能、という、ところまで仕掛けた、というわけです。

 さて、これをもって、どこまで奥様をはめられるか?コレはひとえに旦那師の導き方にかかっている、ということになりましょう。

 奥さんがはまってくれれば、財政的に大盤振る舞いになる可能性なきにしもあらず・・・、世の自転車好き旦那衆が、落とし込みたい観点なのであります。
 
 さて、がんばってよ!ハード面ではしっかり支えますんで、ソフトはそちらで、仲むつまじく!
110928_20150304202409fd0.jpg
※小柄な奥さんをはめたいなら、こいつだね。コレは150センチ前後の方向けの入門ロードと言ってよし。クランクとハンドル幅まで小柄向き、そうそう無いよ!
スポンサーサイト

暦としてはママ狸んなんだがね



 今三月になりまして、来月から新年度ということで、人によって、色々と生活が変わっていく事もあるかと思いますが、入園、卒園の季節でもありますな。

 ママ狸ん部門といえば、こうした卒入園にモロ関係するか?と思った時期がありますが、まあ、あまり関係の無いことがわかりました。

 入園まで一切自転車に子供を乗せず、入園をキッカケに自転車に子供を乗せる・・・、などということは、まあ無いわけでありますね。

 それより、何より、あの乳母車、ベビーカーというやつは、機動力という面では、たいしたことの無い代物でありますな。歩くことを前提としているので、少なくとも当店周辺に住んでおられる方にとっては、駅に行くのも、買い物に行くのもすべて徒歩で行かなくてはならない。

 それまでは自転車だったのを徒歩・・・。まさに両足もがれたような状態でしょう。

 当店の子狸は、首が据わってからの七ヶ月目から、自転車の前のせに乗せていました。まあ、動ける距離が全く違う!羽がはえたようでした。

 それまで抱っこひもでやっていたのが、ベビーシートに乗せたら楽の何のって・・・。あれでまた距離が伸びるんですね。

 で、何の話かというと、入園するまで自転車を使わない、ということはないということ。つまり、ママ狸んの活躍は、ご両親が思い立ったときがその時で、卒入園とはほぼ関係が無い、といっていいでしょう。

 という訳なので、三月だからといって、ママ狸んが流行る・・・というわけではない、ということなんであります。

 であるからして、平均的にそういう話がやって来る。上の自転車を子のせにしようか・・・というご相談。

 最近では、多くのご両親が、子のせ=電動?という選択肢をお持ちのようであります。宣伝がうまくいっているのでしょうか?それも悪くはありませんが、いつも申し上げているように、電動に関しては、バッテリー単体の値段というのも、事前にしっかり聞いて、ランニングコストとして勘定に入れておく、ということが大切だと思いますよ。

 どうもこのバッテリー最近すぐに抜けてしまう・・・、交換に38000円かかる、と聞いたら、まずは驚くでしょう?

 なんでそんなに高いの?と思っても、後の祭り。それがないとアシストがきかないなら、買わざるを得ない・・・。これを二回繰り返すと、七万以上のコストがかかる、しかもそのバッテリーの寿命は、どうやってアシスト機能を使っているか?という個人差に相当依存してくるんですね。

 うまく、優しく、丁寧にアシストを使っている人のバッテリーは長持ちするでしょう。その逆だと速く消費してしまう。エエ?じゃあ乗り方ってあるの?って。もちろんありますよ!

 冷たいようですが、アシストに過度に頼りすぎないということと、バッテリーは使い切る寸前に、ゆっくりと充電する・・・こんな事かな?コレでも大分違うようですよ。

 そういうわけで、今回のお客さんも、電動との間でお悩みのようでした。

20150302_164503_402_convert_20150303190851.jpg

 元々内装三段がついていたギアですが。これを14tから、このように18tとか20tとかに交換する。それだけでも踏み出しは軽くなりますので、全く異なった自転車のように感じられるはずです。

 当然坂になったとき、一番軽いギアに切り替えれば良いだけのこと。そもそも女性で三段ギアをうまく使っている方って、なかなかいない。何年乗っても内装ですら使わない人がいるようです。

 そこを何とかすれば、よほどの丘陵地帯で無い限り、この辺のギア比変更で何とかなるんじゃ無いのか?というのが店主らの見立てなんであります。

 そういう意味で、ランニングコストの高い電動車を焦って購入する必要は無い・・・と思いますね。

 20150301_100936_372_convert_20150303190953.jpg

 あとは子供を乗せるに当たっては、この一本スタンドを両足にする。

 20150302_164456_404_convert_20150303190902.jpg

 多少でも安定感は増します。過信は禁物ですが。

20150301_100926_532_convert_20150303191004.jpg

 それからここに子のせを付けます。

20150302_164436_836_convert_20150303190939.jpg

 旧価格イェップの最後の品。これからイェップは、受注をいただいてからの発注になりますので、時間的にも色々とご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 20150301_100920_425_convert_20150303191017.jpg

 足の突き出しが前に来るイェップでは、このカゴの位置では干渉してしまいます。

 そこで伸ばすんですが・・・、これもまあ、定着してきましたね。お客さんの方から、「カゴは前出しですよね」なんて言ってきてくれます。今までの施工例のお陰・・・。

 20150302_164441_838_convert_20150303190924.jpg

 相当前に出ましたねえ・・・。

 20150302_164448_726_convert_20150303190914.jpg

 ただでさえ長い取り付け金具の先にまた、延長金具がついています。あまり重い荷物を載せてハンドルを切りすぎると、荷物に振られるということも起きるかもしれませんね。ハンドルで自転車を操作するのではなくて、サドルで自転車を制御しましょう!自転車は腕でなくて、腰で乗るものです。

 20150302_164430_737_convert_20150303190830.jpg

 とりあえず、第一弾はここまで。これに実際に子供を乗せて、ギアなどを点検しながら走ってもらいます。そして、ハンドルの握りの位置と、間に来る子のせとの調整なんかも、これからかと思いますね。

 もう少しステムを長く前に突き出さないと、ハンドルと子のせの間隔が狭いので、子供の足を通す間隔も狭くなってしまいます。

 あと運転する人の腕の長さとの関係など・・・、この辺のフィッティングは当店は丁寧にやってきましたんで、今後の展開とご相談も十分にお受けいたします。

 色々やらせていただいている仕事の中で、ママ狸んも重要な位置を占める仕事なので、地味であろうが、派手であろうが、今後ともしつこく続けていこうかと、思っています!

 暦関係なく、ご相談お待ちしています!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※働く自転車です。こいつの後に双子を乗せる、という強者もいるようですよ!

お花から戦闘機と来て磨きへと はじけるオリジナル



 イヤー、ドンピシャ!と言っていただける方が居る、という実感のもと、オリジナルフレーム第三弾、大森研魔とのコラボ磨き系レーサーの登場となりました。

 20150302_164823_748_convert_20150302182620.jpg

 疑似チタン系の磨きといたしました。

20150302_164828_108_convert_20150302182608.jpg
 
 手とペーパーで、ヘヤラインを入れていきます。

 20150302_164833_736_convert_20150302182557.jpg

 その上から、防さび処理を入れて、クリアを厚めにかける。

 20150302_164844_549_convert_20150302182444.jpg

 シートステーも手抜きなし!

 20150302_164838_637_convert_20150302182543.jpg

 オリジナルフォークのデフォルトはストレートかベントの選択ができて、且つメッキもの、ということなのですが、せっかくのコラボということで、フォークにもヘヤラインを付けてもらいました。メッキを落としての作業・・・結構手間仕事です。
※レーサー中のレーサーにはカーボンという選択肢もあり!

 フレームがこんな感じできたので、今回は無印コンポで参ります。

 20150302_164658_539_convert_20150302182519.jpg

 無印!といってもわかる人にはアレね・・・と来るでしょうね。

20150302_164705_130_convert_20150302182740.jpg

 ホラ、来たと思っている方もいると思います。過去にこの手は何度かやったことありですからね。

 20150302_164654_320_convert_20150302182755.jpg

 一体どこのクランクか?まあどこでもいいか・・・50*38という男クランクです。

 20150302_164748_102_convert_20150302182716.jpg

 テーマは疑似クラシカルということなので、ブレーキはセンタープルものに。

 20150302_164753_458_convert_20150302182705.jpg

 ただしシューは、それなりの最新版のものを利用。

 20150302_164800_202_convert_20150302182655.jpg

 低めのシンプル系ホイール。ディープ系は競争・スポーツタイプにとっておこうかと思います。

 20150302_164742_142_convert_20150302182454.jpg

 シフトは、Wレバークラシカルということで、値段を抑えてみました。

 20150302_164709_593_convert_20150302182507.jpg

 とはいえ、8速のギアがついていますので、10速までの進化は可能。

 20150302_164808_812_convert_20150302182644.jpg

 ハンドルは丸ハン、浅曲がりですが、ちょいとクラシカルへの意識はしています。

 20150302_164818_161_convert_20150302182631.jpg

 上引きのブレーキレバー。これもクラシカルを狙ってみました。下ハンからのブレーキングは完璧。ブラケットからのものは、まあ、わるくはない・・・という程度。もちろんしっかり止まりますよ!

20150302_164726_846_convert_20150302182727.jpg

 サドルも古典のコンコール系、合いますな。

 ということで、当店オリジナルフレーム第三弾ということで、大森研魔とのコラボ!「オリジナル磨き現行クラシカル号」の完成であります!

 20150302_164647_450_convert_20150302182532.jpg

 さて、ポップなお花号。ガチなレーサー。そして磨き号。三種のオリジナルを見ていただいたわけですが、今後の展開としては、工芸変わり塗り系、いわゆるオーソドックス系・・・などと続くんじゃないか?と思う次第です。

 発注ものでないと、予算の関係で、フレームのみのお引き合わせとなるかもしれませんが、ニコニコギラギラとオリジナルの幅を広げて参りますので、ゆるりとご期待ください!

変態自転車の陰のフィクサー・・・登場!

000 07-20@11-44-19-991_convert_20140721181109

 この自転車にもいきさつがありまして・・・。確かちょうど四年前ですね、普通の実用車がこんな姿になりました、ということでした。

 で、この遊び系軟派自転車が、昨年七月にちょいとまじめ系になったんであります。

 000 07-20@15-38-38-459_convert_20140721180804

 それがこれ。

 多段にして、奥様も乗りやすくということで、ハンドルをより高くした・・・ということなんでありますが、どうもこれに飽き足らない・・・。

 今度なんですか?

 20150228_121132_548_convert_20150228194755.jpg

 なんかフォークを交換して欲しいということなんであります。別に正面衝突から曲がってしまった・・・というわけでは無いんだが。

 変な予感がします。フォーク交換をしたら・・・。

 20150228_121113_790_convert_20150228194808.jpg

 こうなっていたんであります。・・・だから何?って感じですか?では、カメラをそのままスライドさせて、後輪へと行きましょう。

 20150228_121121_428_convert_20150228194711.jpg

 んん?

 これで気づいた方は、アレ?また?と思ったんじゃないでしょうか?

 また?

 そう、またなんであります。

 20150225_160646_662_convert_20150225185014.jpg

 数日前のこいつ・・・。前が700cで後が24インチというキメラだるま号・・・。

 当店ブログもありがたいことに多くの方々に、読んでいただいているようですが、こうした変態系が出ると、一気にざわつきますね・・・。その手のお方が、モニターの前でのたうち回っていたり、膝たたいていたり、というのが聞こえてくるんですよね。

 そう、変に評判がよかったキメラだるま号。こいつの再登場ということなんであります。再登場するには速すぎませんか?当店周りは変態だらけ?

 20150228_121052_309_convert_20150228195242.jpg

 なんか・・・締まらない変な自転車・・・。乗ってみても、その変な感じがその手の方々には、たまらないかもしれませんね。一言言って良いですか?もう意味不明!!!!ってやつですわ。

 何が楽しいの?と、冷ややかな視線を送られそう・・・、でもそれも含めて楽しいのよ・・・、やっぱり変態君たちだわね。

 20150228_121214_512_convert_20150228194741.jpg

 まじめなミッションをいうと、前ギアをデカくして、スピードアップを狙ったというもの。どうも前シンプルが好きなようで、できればシングルに・・・したいようでありましたが、シングル用の5ピンがいるとわかると、まあ銭ができたときに・・・ということで、今回はこのまま。

 20150228_121155_691_convert_20150228194638.jpg

 まあいいでしょう、坂がきつくなったら、指でチェーンを掛け替えれば良い、金とギアはあっても邪魔にならない・・・というからな。

 今回のこれは、実は前回のキメラだるまとつながっていたんであります。

 ということは・・・前回といい、今回といい、このキメラだるま号を画策した陰のフィクサーがいるということなんであります。

 まず自分の知り合いをたきつけて、先行させてから、具合が良さそうだと、番手からまくる、という典型的なひっつき虫走法なんでありますが、どうも従えている仲間連中も豊富なようで、ちょっとアレやってこい!、今度はコレやってこい!と大田区辺りで陰の黒幕として、変態自転車普及に一役も二役もかっているような、そういう人物なんであります。

 20150228_125641_470_convert_20150228194724.jpg

 こやつだ!
 
 名前をSとだけ名乗り、変態自転車・組み替え載せ替え自転車の普及を画策するこの男・・・、アイデア豊富!仲間豊富!、資金不足!という、今後変なものを作っていく、好条件が三つも揃っておる。

 イヤー、実に楽しみな男じゃ!!!!

 なんかまた持ってくると思ったら、すでに工房に置いてあった・・・、こうご期待・・・。

00005-31@17-54-08-832_convert_20140601183819_20150228201824c51.jpg
※変態には変態ぶつけておこうか?フラットクロスをチョッパーバナナに変えたこれ。乗ったら必ず虜になるこの車体。こいつは次世代のツーリング車になる。ランドナーを越えるポテンシャルあり!

今度はダウンヒラー?まあいろんな車種が来るねえ



 マウンテンバイクというよりもダウンヒルに使う、その手のバイクかな?

20141207_130610_821_convert_20150228184124.jpg

 詳しくは知りませんが、サスペンションフォークのストロークが非常にでかいということは、前輪の方が上に持ち上がっている、ということは、坂になるほど、平地での通常自転車の条件に合ってくる、ということなんでしょう。平地ではのけぞっているのが、下り坂になるとちょうどよくなる・・・。

 セッティングにもよると思いますが、サスを柔らかくするとグニャングニャンになりまして、その辺の段差など、意識させなくなりますね。

 これを通常の足として使っていて、まあよくあるメンテ、街道仕様でいいよ、というやつですね。

 しかしまあ、いろんな車種が、集まっては散っていってくれますねえ。ちょっと前には子供自転車が来たと思っていたのに、変態系が来たり、ガチレーサーが来たりとね、本当面白い、というかありがたいであります。

 20141207_130536_257_convert_20150228184019.jpg

 高速で急坂を下るという競技から来てるせいか、まあ頑丈にできてますね。

 20141207_130511_637_convert_20150228184147.jpg

 ブレーキも油圧。ヘコヘコ・・・スゴイ軽い引きですね、お見事。これも近い内にロードの主流になるのかな?

 20141207_130458_224_convert_20150228184159.jpg

 チェーンまわりと駆動の調整して、修正したりします。

20141207_130503_851_convert_20150228184040.jpg

 シフトワイヤーなんかも交換して、シフトが機嫌よくなってくるのがわかります。

 まあ色々いじって、完成か?と思いきや。

20150228_121402_288_convert_20150228190521.jpg

 タイヤのサイドに、破裂寸前の箇所が・・・。

20150228_121424_668_convert_20150228190511.jpg

 しかも前後に一箇所ずつ。これ放って置いて、ダート遊びなんかすると数時間で、ドカン!ということもあり得るなあ・・・ということで、交換!

 20150228_133727_863_convert_20150228184102.jpg

 ブッテイタイヤだこと・・・。まず前輪なんかはクイックなんてもんじゃない、アクスルなんていうバイクの形式だよ。太いシャフトがガッチリと前輪を支えている、まあ、それだけ前輪の衝撃はでかいということかもしれないが、それを受けてもあまりあるようなシャフトを抜いて、タイヤ交換・・・。

 しかし、太いタイヤ交換はまあ、別料金ものだな。握力が吹っ飛ぶくらいもんで、力かけてと、大騒ぎではめていく・・・。

 20150228_133742_608_convert_20150228184051.jpg

 後輪はクイックで、着脱は簡単ながら、はめるのはやはり大変でありました。手の代わりにはさみの親方みたいので、タイヤを挟み込む工具もあるそうだが・・・、今度この手のバイクがいつ来るか?導入はその頻度によるなあ・・・。

 そういえば、ロードはちょっと前まで空前のブームだったそうだ・・・、なぜか人ごと。そう、その波とやらは、当店には来なかったようで・・・。

 その随分と前がこの手のダウンヒルバイクがたいそう流行った時代があった。

 確かにあちこちに、アレ?なんでオフロードバイクなのに、ペダルがついているの?と思うような自転車が走っていましたわ。

 ダウンヒルバイクが、街道の陸橋を上っている姿は、まあご苦労様な事・・・と思って背中を見ていました。

 安くない・・・というより、高価なダウンヒルバイクを坂もろくに無い街道走ってどうすんの?とも思いましたが・・・。

 20150228_133716_564_convert_20150228184113.jpg

 まあ、それからするとおとなしめかな?ダブルサスでもないしね。人助けに、お金と交換したとか、こいつで街道およびその付近を走る・・・まあ、それそれなりに面白いとは・・・思いますよ。

 たまに下ると、専用車だけあって、格別だろうなあ・・・、たまにやってみてね。この自転車が作られた理由、工夫されている構造などがわかって、惚れ直すと思うよ。
 
 しかし、本当いろんな自転車が来るなあ・・・、当店は、ありがたや、ありがたや・・・。

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※自転車で遊んでばかりいないで、これで働こう!後ろに看板付けて、新店舗の回りをビラ配りしながら、走る静かなちんどん屋なんてどうだろう?看板作って、自転車に立てて、その看板は店の看板としても利用する。看板屋さんとタイアップでどうかな?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター