メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

少年時代の友達を 生涯の友達に



 ロードマンといえば、店主の年齢前後の者なら、揺さぶられたタイプの自転車でありましょう。

 小学校の高学年から、中学生になったら乗ってやろう・・・と一度は思う車体であったはず。

 低学年の時、道っぱたに道具広げて、輪行の準備をする中学生の兄ちゃん達を横目で見つつ、もう当然中学になったら、この道に行くだろう・・・と思っていたはずなんでありますが・・・。

 中学生になったとき、それがまたウルトラひねくれた中学生だったもので、実際には全くそれとは真逆の、FUJIの実用車に乗ることになった・・・。

 それを6年以上メンテしながら乗り続けたかな?途中二回パクられましたが、自分で探して乗り続けた。

 実際に、店主は乗らなかったものの、ある意味かすったロードマン、四十年を超える時間を越えて、コイツがやってくる・・・。

 当時の兄ちゃん達より、コイツをもっと大胆にいじってやるわい、で御用のむきは?

 ホイール交換・・・プラスアルファ・・・ですね。ハイ、了解!

 ホイールという足回りは、走りには圧倒的な影響力を持つものであります。なので、そこそこのベアリングで回る、そこそこの精度のリムでホイール組んでやることで、自転車は生き返る・・・といっても良いかもしれません。

 20150730_150237_845_convert_20150801150034.jpg

 かなりくたびれた、ホイールですが・・・。

 20150801_132224_362_convert_20150801145840.jpg

 イキの良い奴に交換、タイヤも替えるだけでかなり若返る印象であります。

 20150730_150245_270_convert_20150801150021.jpg

 こちらも同じくですな、スプロケまでも6段、お疲れレトロ・・・であります。

 20150801_132232_366_convert_20150801145828.jpg

 となると、ホイール交換だけではチョイトすまなくなる、ドミノが起きまして・・・。

 20150730_150304_347_convert_20150801145959.jpg

 スプロケが8速になりましたして、可動域が増えたんで・・・、チョイトこちらに交換・・・。

 20150801_132216_800_convert_20150801145851.jpg

 ターニー・・・というような、使い方によっては使えちゃう・・・そういう奴なんか当ててみる。

 20150730_150251_853_convert_20150801145805.jpg

 8速になりましたので、この独特でんでん虫型Wレバーですが、コイツを8速のSISに替えてみます。

20150801_132152_536_convert_20150801145817.jpg

 台座をよけて、バンド式のものを使い8速用のWレバーを使います!

20150801_132211_255_convert_20150801145902.jpg

 今回クランクまわりは、調整のみ。フロントディレーラーは交換しておきました。

 これで前後ともシフティングは、バッチリ決まってくれます。

 チョイトスピードにも乗れるようになりましたんで、

20150730_150312_605_convert_20150801145754.jpg

 まあ、止まれないことはないかな?式の古めのブレーキは、替えた方が良いでしょうな。

20150801_132203_400_convert_20150801145920.jpg

 ブレーキも、ロングアーチもの、ダブルピポットものに交換しておきました。カッチリ停まりましょう!

 20150730_150327_462_convert_20150801145729.jpg

 ポジションも、もう少し前傾になれる物に替えます。

 20150801_132148_842_convert_20150801145931.jpg

 これで乗ってみて、もしつらいようだったら、元に戻せばよし・・・。

20150730_150320_839_convert_20150801145744.jpg

 このオヤジ殺し系、補助アーム付きブレーキレバーは、このまま整備して流用ということで。

 しめて、こんな感じになりましたか・・・。

20150801_132142_534_convert_20150801145941.jpg

 まあ、結構変わりましたが、走行性能は一段と上がりつつも、テイストは同じ・・・。

 乗っていると、ずっと乗っていたくなるような、相棒的な一台になりますよ、絶対に。

 少年時代の憧れの友達が、形を変えて、これからの生涯の友達に変身してよみがえっているような感覚で、これはどんなに優れたメーカーが、新車投入!として、メカ系を工夫しても、何をどう工夫してすべてに機能的アドバンテージを取ったとしても、それには全く代えがたい、全く別次元での人と自転車の関係というものが成り立っているんであります。

 そういう人と自転車の関係・・・、当店が新天地でも目指したい、第一級のものであること、これにブレは全くありません。他の自転車屋になんと言われようとも、その自転車と特異な関係であり続けたい!と願う気持ちがあるのであれば、全力でご協力いたします!

 20150705_185154_249_convert_20150801194237.jpg

 今新店舗の内装系を担当してくれている大工は、小林君といって、店主の小学校二年生寄りの同級生、いわゆる親友なんであります。

 子供の頃といえば、阿佐ヶ谷は相撲の街でありました。花籠部屋があり、二子山部屋があり、しかも強い力士を育てていたんで、かなりの確率で優勝パレードが、青梅街道を通って帰ってきたもんで、それに熱狂しない子供はいない・・・。

 当然校庭では足で円を描いての、土俵を作っては相撲三昧の毎日。彼は地元の英雄輪島を名乗り、店主はなぜか美男子の長谷川を名乗っては、よく相撲を取っていた。

 彼と善福寺側を下って、暮れだったか、新宿にあった第二電電、今ではKDDのビルをさわりに行ったこともある。

 ありとあらゆる少年時代の思い出を共有している小林君・・・。それが齢五十を過ぎて、今は店主の新店舗の土台作りをしていてくれるんであります・・・。

もっと手軽に、安くこの手の業務をチョチョイと引き受けてくれる工務店・・・のようなものが、ネット上なんかではたくさんあるかもしれませんね。

 何をいうか・・・、そんなんじゃねーんだよ・・・。知り合って四十年以上のときたって、今こうして、奴に頼んでいるんだ・・・。

 ということなんであります。人と人がいろんな関係があるように、人と自転車にだって、いろんな関係があっていい。まあ、お軽い関係の方は横行しているようですが、当店としては重めの方面に行きたいですねえ、その方が、お客さんとのおつきあいも、ちょっとやそっとでない、そういうところに仕上がっていくからであります。

 自転車と人との関係、を通じて、より高次の人と人との関係を目指して参ります!

 新店舗にてもブレずに、イエイエ、より気合いを入れつつであります!
スポンサーサイト

二年間ありがとう! 仮店舗へのお別れ

000 20150710_091525_425_convert_20150710222001

 何のかんのと、二年間世話になりました、現店舗・・・、今後はここを仮店舗と呼ぶことにしますが、本日7月いっぱいをもって、契約終了となりました。

 短い期間でしたが、いろいろなご縁の交差点にもなりましたこの店舗、まずはありがとう!と申し上げましょう。

 大変いじくり倒した物件ですので、それを元に戻してやらねばいけません。それに一月ほどかかりましたかね。主に大活躍の富新さんには感謝、感謝であります。

 20150730_091559_783_convert_20150730175159.jpg

 灰色から、クリーム系の白に塗り替え・・・。新築みたいです。

000 20150723_121250_347_convert_20150723211818

 鏡を貼ってスタジオ化してしまった響き床、コイツを・・・

000 20150724_213239_674_convert_20150726193136

 鏡を外して運んだというのは今週あたまの話でありました。

 この壁が・・・、

20150730_092611_135_convert_20150730175042.jpg

 イッヒッヒ・・・。

000 20150714_102239_319_convert_20150714180031

 自販機を入れていたために、ちょん切った鴨居ですが・・・これも、

20150730_091614_349_convert_20150730175148.jpg

 元に戻しました・・・、曲がっていた分、もとよりよくなったかな?

 20150730_092416_634_convert_20150730175102.jpg

 パーツ棚も塗り直し、すべて・・・。

 20150730_092513_379_convert_20150730175052.jpg

 店主がよく鎮座していた、穴蔵ですが、ここも塗り直し。内装に関してはすべて塗り直しです。

 20150730_092647_457_convert_20150730175032.jpg

 屋上分にあたるところ、洗濯機や物干しをしていたところですが、ヒビを修正して防水対策をうっての塗り直し。

 20150730_092233_342_convert_20150730175122.jpg

 一見、古寺の石庭のようにも見えてきます・・・。ここは大森研魔の社長がショコショコしていたところ・・・。

 20150730_092303_853_convert_20150730175112.jpg

 ここも石庭の小宇宙のようですね。ここでは工作機器がうなっていたところであります。

 20150730_091740_119_convert_20150730175137.jpg

 徹底洗浄の上に、塗り直された入り口部分・・・。ここでも簡易な施工が行われていましたなあ・・・。タイヤとチューブ類の散乱と・・・あの喧噪が嘘のようであります。

 富新さんをはじめとする、原状回復にご尽力いただきました、皆さまに、心より感謝いたします!
 
 そのお返しは、新店舗にて、理想的な店舗展開を通じて、お返ししていくしかないでありましょう。ありがとうございました。

 

 でもまあ、建物などはこのように、どうにでもなるものであります。

 そんなことよりも、1年半一緒に暮らした、あの子はどうなるのやら、一体どうなったのやら・・・。

 確かに店ではあったが、あの子の家でもあったこの家、少しは救いになったのだろうか?それとも・・・。

 この1年半については・・・、今後とも重い宿題として、店主の肩にのしかかってくることでありましょう。

 一緒に居た1年半というもの、これがあの子にとってどういう意味になり得え、なり得るのか?

 今の段階で確実に言えること・・・、あの1年半という時間の中で、店主という人間がいかに小さくせこい人間であるか?ということを思い知った1年半であったということ。まだまだ、修行が足りない・・・全く足りていない、ということがわかったということ。

 あと一つ、幼年より、しっかり向き合って、要所を整えておくこと・・・、これ無きにして、いきなりぐれる中学生などなし、高校生などなし・・・ということ。子育てを一朝一夕で片付けようとする時、その発言はすべて小言となり、大言となることは一切無く、いわんや金言をや。

 この仮店舗を出る際の、何とも後味の悪さといえば、実は建物のことなのではなく、ひとえに、このことなり、といえそうであります。かつて有縁であった子が、その後どうなっていくのか?細くなった有縁の糸をたぐるべきか?また新縁となって結ばれるのその時を待つべきか?

 ほんの心の片隅のそのまた片隅に過ぎないんだが、みんな心配してるぞ・・・とだけ、記しておくか。

 二年間お世話になりました、ありがとう!

高速を目指すなら・・・やはり手元変速でしょうな



 新店舗に移転して依頼、大活躍のクロモリレーサーなんでありますの。

 20150730_150514_224_convert_20150731215559.jpg

 自慢といえば、このクランクまわりくらいかしら?サンツアーシュパーブが付いてます。以上!

 あとはありものなんでありますが、まあよく走ってくれるんであります。

 20150730_150525_742_convert_20150731215545.jpg

 Wレバー仕様というのは、安く上げるためで、元々は特殊なトレーニング車として作ったんで、Wレバーで十分なんでありました。

 ところが・・・。

 20150730_150519_210_convert_20150731215641.jpg

 ハマックス台座なんかを付けて、高速子育て号に仕様にしたくなると、どうしてもハンドルから手を放すWレバーという形式は、鈍いんであります。危険とまでいわなくとも、変速に躊躇するところが多い、つまりギア倍数に我慢が加わるという意味で、快走にはならない、と判断したんであります。

 20150731_214823_498_convert_20150731215433.jpg

 Wレバー台座にアウター受けを付けて・・・、もうわかりますね・・・、STIを取り付ける・・・ということにいたしました。

 20150730_150538_671_convert_20150731215532.jpg

 結構引きのよかったエアロブレーキですが、お疲れさん!とばかりに手元変速ものに交換することにいたします。

 20150731_214812_548_convert_20150731215453.jpg

 グループ外のシフターですが、これがすこぶる良いんであります。

 使い勝手も申し分なし、下りで重くし、登りの位置により少しずつギアをシフトできることの快適さ・・・、しばらく忘れていましたが、そのありがたみ、噛みしめている次第なんであります。

 手元変速ありがたや!

 20150731_214806_664_convert_20150731215520.jpg

 てなわけで、集に何度かの高速子育て号、より快適になって、再登場!今更ながら乗るのが楽しい・・・、あとガキンチョ載せてのサイクリングも二年・・・か?

 コイツで行ってやる!

20150728_151829_444_convert_20150729120023.jpg

今外装塗装のために足場がかかっている、新店舗。

 その一角を開けているわけであります。

 何のため?

 20150728_151819_558_convert_20150729120035.jpg

 設置理由のわからないコンクリ台座を砕いて移動して待っているんですよ。

 なにを?

20150728_151556_778_convert_20150729120046.jpg

 これを・・・、です。

 つまり井戸をここに掘るんでありますわ。

20150728_152510_526_convert_20150729120012.jpg

 ここ四年ほどお世話になっています、伊藤園さん。仮店舗時代は小さいものを置いていましたが、本心店舗には置く場所が確保できましたので、一つデカいのを置かせていただくことにいたしました。

 20150728_153638_436_convert_20150729115950.jpg

 販売機の内側からハッチを開けて、コンクリにアンカーを打ち込んでいきます。このアンカーは、先日撤去の時にご紹介した外せるアンカーであります。

 しかし、なんで内側から止めるのか?外側からガッチリ止めた方が強度は出るでしょう。

 設置屋さんの言い分としては、見た目でいきますということでした。なるほど・・・、多少の強度の違いであれば、見た目を重視する。こういう設備屋さんの中には、置けばいいんでしょ?設置すればいいんでしょ?レベルで仕事している方も少なくはないと思いますね。

 その点設置、取り付けに美的センス・・・いいお仕事しています。

20150728_153231_125_convert_20150729120000.jpg

 これに中身を入れて設置完了であります。この井戸は、もちろん来られるお客さんのためでもありますよ。今なら、暑い中到着してのどを潤す、冬なら寒い中まずは温かい飲料で手を温めてから・・・とね。

 と、もう一つ。飲料備蓄のためにやっております。ある意味これは日常に織り込んだ防災対策なんであります。防災対策を防災に特化させると、忘れたときに起こる災害に対応できないことって、色々あるでしょう。

 3.11の時に防災を意識して買いだめしたもの・・・、その後どうなっていますか?

 それではダメだ・・・と思いました。防災対策は日常に織り込んでこそだと、確信したんであります。もし電気が止まっても、鍵で扉を開いて、内側から手を入れてシャッターをこじ開ければ、飲料は出てきます。

 その他、多少の在庫もしております。少しの間ですが、飲料に困ることもないでしょう。そして、日々売り物として新陳代謝しているので、賞味期限等心配する必要はありません。

 そういう意味で、防災対策として販売機を設置するというのは一つの考え方かと、思いますがどうでしょうね?設置のご検討いかがでしょうか?伊藤園なれば、いい営業をご紹介しますんで、ご一報ください!

20150728_173345_703_convert_20150729115934.jpg

 まあ、最初はおとなしめにしておきましょう。当店管理のものにしては珍しくオール伊藤園さんでありますね。これになにが加わるか?

 水のクリスタルカイザー・・・、甘味を抑えたミルク系飲料・・・、この季節ですからスポーツ飲料もねえ・・・、そんでもってノンアルコールのいくつか・・・なんか考えてます。

 外装のついでに、この井戸にも色が塗れたら・・・色々できそうであります・・・。

 まずは井戸が掘れましたよ!

 と、もう一つ・・・。

20150729_150130_460_convert_20150729151226.jpg

 幟をいただきました!引越祝いということで、これもまたうれしいですなあ・・・。

 20150729_150138_462_convert_20150729151208.jpg

 新展開のロゴ入りまでも。

 ゆっくりですが、徐々に、徐々に設備も整いつつあります当店、8月中の工房開きを目指して、カタツムリは走る、走る、走る!

内装多段のママ狸ん化



内装多段をママ狸ん化してみようかな?

20150728_104152_483_convert_20150729072738.jpg

内装多段7段あるので、かなり機動力あります。これを利用して、ママ狸ん化だな。

20150728_173637_307_convert_20150729072631.jpg

 両足スタンドに変えまして。

 20150728_104203_636_convert_20150729072725.jpg

 子のせは後ですね、このガラッと空いているところにハマックス!

20150728_173649_823_convert_20150729072616.jpg

 ハマックスは振動吸収のために鉄の棒に載せてあるだけなので、子供の重みで上下いたします。取り付けたとき、大丈夫でも、子供を乗せたときタイヤや泥よけに干渉する事があるので、要注意。

 20150728_104209_719_convert_20150729072712.jpg

 ママ狸んといえば、カゴがねえ、ないとやはり不便ですね。保育園て、昼寝のタオル・シーツ類、今だとプール道具など、結構荷物居るんです。

 それをこの暑い時期にリュックでというのはつらい。背中は放熱板としてあけておかないと、熱中症になりかねないよ。

 夏のリュックサイクリングには、背中との間にメッシュがあるものとか、背中との設置に関しては工夫が必要かと思います。

20150728_173628_271_convert_20150729072644.jpg

 チョイト大きめのを付けておきます。これで十分かな?

20150728_104215_354_convert_20150729072700.jpg

 あとこれもおすすめ。ハブダイナモね。今はまだ日が長いので、あまり意識はしませんが。秋から冬にかけて、暗さに応じて勝手に点灯してくれるこいつは助かります。まず明るいことね。そして電池いらず。電球もLEDになったので、長持ち・・・。そして、ダイナモとしての抵抗も少ない、と良いとこずくめであります。

20150728_173708_832_convert_20150729072604.jpg

 かなり高機能なママ狸ん号として復活。これなら10キロ近いサイクリングだって、なんて事は無いでしょうな。

 一般自転車を基体に、子育てママ狸ん号に変身させる、もう一つの改造ジャンルとして、当店では欠くことのできない地位をかくりつしたママ狸ん。これから最寄りでかく、大展開してきます!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-455-8503
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター