メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

直そうか?買い換えようか?その前に・・・



 どうも後輪自体がすごいことになっているんですね、スポーク折れ、それを放って置いた所からする車輪の振れ。

 プラス全体の不具合・・・というか、劣化といいましょうか?

 そこでとりあえずは、持ってくる。そして、不良箇所を示して、修理にいくらかかるか?その値段によっては、新車購入を考える・・・という。

 ある意味まっとうな経済的感覚かと思います。直すべきか?新車購入すべきか?それが問題だ・・・。

 ただいずれにしろ銭がかかるわけで、このようになったいきさつ、例えば、雨ざらし、多少の整備不良に無関心などを変えない限り、また極短期間で同じハムレット的悩みが生じるわけであります。

 色んな事情で、雨ざらしが避けられなかったら、シートを被せてやるとか、注油を小まめにしてやるなど、少し手を掛けてやる・・・とかね。それができなかったら、小まめに自転車屋による・・・とか。

 あと、通勤に使っているなんていう方は、どこか荒い使い方に後ろめたさがあるような気がします、少なくともご来店の方々にそうした気配のようなものを感じるんです。

 コチラが、自転車への気のかけ方や手のかけ方などの話をすると、じっーと聞いてくださる方が多い。

 そうか・・・、そうだったか・・・と。

 そうすると、先ほどの新車購入という選択肢をとらずに、修理します!と来る。この方もそうでした。

 20160823_102331_446_convert_20160824184912.jpg

 この写真では、わかりにくいですが、後輪がもうそれ自体、タイヤも含んでガタガタです。張替え、を試みますがスポーク折れを交換すると、次のスポーク折れ候補が見つかるという具合・・・、つーことはオール張替?

 20160823_174946_190_convert_20160824184806.jpg

 たまたまあった、同レベルのホイールを調整して、いれかえることに。

 20160823_175022_825_convert_20160824184928.jpg

 予算制限もあるため、通常なら、交換する部分も洗浄や調整で済ませます。

 20160823_102344_122_convert_20160824184858.jpg

 火事にでもあったか?タバコでも落としたか?というタダレ具合、余り見たことないなあ・・・。

20160823_175008_876_convert_20160824184845.jpg

 単純に交換ということで。

20160823_174937_186_convert_20160824184831.jpg

 こちらから見ると、まだまだなんだが・・・、もう少し乗り手が大事にしてくれるようであれば、まだまだ、お前は向上するし、高機能化だってできるし、乗り手を驚かすことだってできるんだよね。

 その旨はよくコチラからよーく伝えておくから、もう少し辛抱してな・・・。
 
 しかし、愛着というものは、経済的原則だか法則のようなものをいとも簡単に越えてしまうものだ、ということはこんな店をやっていると、実によく感じることであります。

 そういう意味で、人間というものは、非合理で不条理なものでもあるようで・・・。でも、いいんじゃないのか?もし人間が完璧に「合理的」、しかも短期的な「合理的」存在だとしたら、すべてが目先の金勘定だけで動くことになる・・・、さすれば町には一体どんな自転車どもが跋扈するのか?想像するに、寒気がするわな。

 自由な愛着をかけられることなき自転車、せいぜい合理性の範囲でのみ許された愛着をかけられた自転車のみが走る世の中。

 イヤー、窮屈でつまらん世の中であるには違いない。自転車だけではない、世の中の趨勢がそういう方向へ移行しつつあるのではないか?

 なれば、それでいい人はそちらへながされればいい、店主は参りません・・・。
スポンサーサイト

おおきくなった子供と・・・



 店主とほぼ歳の同じお客さんが、高校生の頃から、乗っていたツーリング車であります。後の荷台にミカン箱が付いて、今でも現役の実用車の様相でありますが、しかし35年もきれいに乗っていますわ、感心です。

 この要所を手入れして、この自転車で何かを・・・考えているようであります。

20160804_112537_122_convert_20160823201824.jpg

 フロントハブのグリス入れは、自分でやったようです、もちろんできないことではありませんが、玉当たりの調整など、慣れが必要な作業ではありますね。

 20160804_112518_414_convert_20160823201839.jpg

 BB回りもご自分でとのこと。すごいといえばすごいんですが、かつての自転車少年達はやっていたように思います。使っている使っていないかの個人差はだいぶありましたが、一巻き一式自転車工具はみんな持っていたものでした。

 その中にコッタレス系の特殊工具ももちろん、ニップル回しから、チェーン切りまで・・・、だから古いサイクリストを誘ってツーリングに行くと大変便利なんですよ、その手の工具一式持って走る癖が付いているので、何かあっても、まさかアレある・・・?さすが・・・!という具合に、まさにドラえもんのポケットかわりなんですね。

 それに、かつてのメンテ本はまさに一台組み付けのノウハウがしっかり書かれていましたし、今ではウッソー!と思わずうなるような、エマージェンシー回避方法・・・なんていう裏技まで、惜しげもなく書かれてありましたね。

 そう、実にワイルドであったんです。ちょっと田舎行けば舗装路なんて、なくなるんですから、砂利道どかどか走っていかないといけない。その振動たるや、なにが起きてもおかしくはないんです。だから起こりうることに対応できるような技はイレギュラーでも身につけていたんでありましょうな。

 いや、実際、先日の日本一周の方のように、道が良くなろうが、長距離走れば色々起こるんですね、信じられないことも含めて色々起こります、だからそれに臨機応変に対応していく能力が無いと・・・大変なんだよね。

 ただ、そうしたノウハウを高らかにいえる媒体というか、場が意外となくなってきているんじゃないか?

 そんなこと公表して、まねされて事故でも起きたらどうすんの?ってな具合でしょう。メーカーがPL法だ、補償だ、訴訟だに、ビクビクしているんでしょうか?トドのつまりがビクついているんだから、間の業者も執筆者もみんなビクついて、表現できなくなってきている・・・んでしょうか?

 かつて来ていた自転車雑誌の編集者の口癖「イヤ、ちょっと・・・それ書けないッス・・・」・・・でした。

 ぶっちゃけどうなのよ・・・、というのが聞こえてこなくなってきているんじゃないでしょうかね?

 たしかに、前後が面倒くさいので、書くのは控えめに・・・なんてこともあるか、当ブログでもね。

 でもまあ、ツーリストだったら、自分で一から自転車組めるにこしたことはない・・・、そうしたノウハウは共有していくべきでありましょう・・・な。

 と、前輪と、BBまわりはやったが・・・、

20160804_112459_135_convert_20160823201853.jpg

 リア回りが複雑なもんで、お願いしたいということでありました。まあ、基本そんなに変わりはしないんだが・・・、お引き受け。

 その他、アチコチも点検して、まだまだ乗れる!の太鼓判を押したんであります。

 まあ、自転車自身については、こんなもんなんだが・・・、こうやって自転車のメンテをしていったい何をされたいのか?

 聞くに、店主とあまり年の変わらないこの方、高校生になる息子さんがいるということ・・・です。

 子狸はまだチビながら、店主ももっと早く生んでいれば、高校生は愚か・・・、20代半ばの子がいてもおかしくはない・・・。

 「それで、自分は先日のレイダックに乗って、このツーリング車に高校生の子を乗せて、一緒にサイクリングをするんです」ということだった。

 もうセーノ!で踏んだら、息子の体力には勝てないので、「ツーリング車に乗せるんです!」と、なんかどこかうれしそうなんですね。

 そういえば、店主の同級生も、この夏高校生のセガレと山行って、散々ぶっちぎられながらも、楽しかったという記事をフェイスブックかなんかで読んだんだが・・・、同じだね。

 自分が同じ歳ぐらいから乗っていた自転車に、成長した倅を乗せていっしょにサイクリングに行く・・・、どんな気持ちなんだろうな。

 あの穏やかな笑顔がすべてを語っていたのかも知れない。

 あと十年。ぶら下がっているレーサーみて「どれか一台、くれない?」なんて子狸が言い出さないか?

 「これは父ちゃんの、お前にはやらないよ・・・、一台作ってやろうか?あ、自分で組むか?」なんてなるか・・・。

 そういえば、店主が勤め人の頃、紳士服を作っていた父が店主を見る度に「それ季節が違うぞ、いつまで夏物着ているんだ?」などとよく小言を言われたものだった。「学校ってところは若い奴がギッシリいてだな、世間以上に暑い所なのだから夏服でいい」というと、「お前持っていないのか?いいの作ってやるぞ・・・」というのが常だった・・・。もちろんその都度断っていたんだが・・・。

 若い甥っ子や、セガレ達がうろついている度に、「その辺のフレームで自転車組むか?」なんていうのが口癖になりそうだな。

 はかなさを感じながらも、人生面白くなってきたもんだ・・・。

 人がいて、自転車がある、その逆ではないだな、これが。

Aバイク パチモンか?本物か?



 こう見ると確かにアルファベットのAの字に見えますね。確か随分前に、一度ほど扱ったことがありました。委託販売か何かだったと思いますが、タイヤがキャスター並みに小さくて、その交換に取り寄せた際、えらく高額だったのを覚えています。

 特殊なものだから仕方ないといえばそうなんですが、普及の具合によっては数年後になくなるかも知れないものだから・・・、ちょっと乗り続けるにはリスクはありかな?とも思ったんですが。

 とにかく折りたたんだら、小さくなるというのが売りなんでしょうね、一定数普及して、層にでもなってくれたらしめたものですがね。

 こいつが来たんでありますが、とにかく普通に走れるように・・・というご依頼。

 乗ってみたんですが・・・、確かにあちこちが撓んで、締まりが無い。

 20160821_125726_727_convert_20160821214621.jpg

 見るとジョイントになっている部分が、プラスチックで、柔なんですねえ。乳母車並みの撓み、乳母車の方はそれでショック吸収するんでありましょうが、自転車がこれでは困る。しかも大人が乗るんだぜ・・・。

 あっちウロウロ、こっちウロウロなんですな。

 20160821_124856_149_convert_20160821214658.jpg

 どこもかしこも、ジョイントはプラスチック。タイヤに空気は入れたものの、何とも締まらない。

 20160821_124924_826_convert_20160821214642.jpg

 ちなみに、この手のキャスタークラスの小さい径のタイヤに、ジェル状のパンク防止剤を入れてはいけないということでした。経験者から直接聞いた話なんですが、小さい径のタイヤだと、路面との摩擦で熱がたまり、小さい径故に放熱できずに中で高熱になり、タイヤからあふれ出てしまう現象が起きるということなんであります。

 昔のチューブラータイヤみたいな話ですね、暑い夏に下りでブレーキングしながら下ると、路面の熱と、ブレーキングの摩擦熱で、リムセメントが解けて緩くなってしまい、コーナーリングした際にタイヤごと外れて落車してしまう、なんてことかつてはあったんですが、そんな感じですね。

20160821_125739_423_convert_20160821214447.jpg

 本体とサドルを支える部分の橋渡しをする部分が、見事にプラスチック。

 20160821_125755_699_convert_20160821214427.jpg

 裏見ると、何の補強もない・・・、通常なら、プラスチックであってもいくつかの筋を入れたりしながら、強度を確保する構造があってもおかしくはないのにねえ・・・。

 よってジョイント部分のすべてのネジをマシ締めして、何度も乗ってみるが、根本的な撓みを取り切ることはできずじまい・・・。

 もちろんAバイクの名誉のためにいうと、ユーチューブとかで見るそれは、実に快適そうに走っていますし、かつて預かったAバイクも走り出しは小径のため多少ふらつきますが、その後の走りに関して、このような違和感は全くありませんでした・・・。

 ひょっとしてコイツ・・・、パチモンか?

 持ち主の方も、京都にあるという製作会社に連絡を取って、色々と相談したそうです、京都には正真正銘の本物があるので、是非乗りに来て欲しい、と自信満々の社長だったそうです。今や、電動もあるそうで、電動となるとこの辺の構造体はしっかりしていないと、公的許可は下りないことを考えると、ますます、この車体・・・はもしかして・・・と。

 近くには千葉県に正規代理店があるそうなので、そこへ持って行って、検証するというのも良いかもしれませんね。

 「イヤー、この自転車はネットで購入したんでねえ・・・・」と、ちょっと後悔し気味の持ち主さん。

 確かに自転車にかかわらず、使い続けるものを、しかも自らがそのものについて明るくないものをネットで購入することのリスクというのは、こういうところにあるかもなあ・・・と思う次第であります。

 とりあえず、当店からは出て行きましたが、今後の展開についても、後日談で良いので、分かればうれしいですね。何よりも、Aバイクの名誉のために・・・ね。

 もしかして、当店の図抜けた技術のなさが、正規Aバイクだったにもかかわらず、その力を発揮させていなかったかも知れませんしね・・・。

 さて、どうでるか?であります。

チビレーサーがやって来た

20160818_160047_730_convert_20160820194105.jpg

 チビレーサーがやって来た・・・。まあ、子供のレーサーを想定して作られたと思うが、大人だって体の小さい人はいるという意味では、あまり子供用という形で限定しない方がいいかも知れない。

20160820_141631_872_convert_20160820193904.jpg

 出所はピナレロであります。FUJIもやっていたんじゃないか?と思いますがね。ピナレロの子供系はちょっと有名。

 20160820_141609_514_convert_20160820194006.jpg

 正確には24インチレーサーと言った方がいいかも知れませんね。例えば、大人でも148センチの女性なんかには、これピッタリだと思います。そういう意味で子供に限定してはいけない・・・・、はい。

20160820_141600_392_convert_20160820194020.jpg

 クランクはミケの152ミリ。いいねえ・・・。
20160820_141613_707_convert_20160820193948.jpg

 クランク以外のコンポは通常のもの。旧ソラか2300かな?STIということなので、手元変速なんだが・・・、シフトアップが下ハンからできないツーリングタイプなんで、競技系に嵌まってきたら、これは現行のクラリスに変えた方がいいかもね。

 あとハンドルは360ミリくらいかな?

 20160820_141621_545_convert_20160820193934.jpg

 サドルは一切のフェルト類はなし、板であります。カーボンなのかな?と想像しますが、指ではじくと金属音にも聞こえます・・・、もしかしてブリキ?なんてね・・・。
 
 基本メンテやホイールの振れ取り、その他をやって、ポジション出しに。

20160820_133538_553_convert_20160820194051.jpg

 小学生の男の子。来月立川のトライアスロン大会に、初出場。まずは偵察かねての、乾燥を目標に・・・ということになった。

 筋は良く、体もレーサーに対して怖がっていない。あとは子供特有の褒め過ぎると油断する・・・、これには気をつけないとね。あと慣れた頃、正確には本人が「慣れたと思った頃」が一番危ない、事故が起きる時期なのだ。

 まずは車体になれて、これで距離走ろう、走りに余裕ができたら、ちょっとロング系のインターバル・・・とかね。しかし見るからに、上りが強くなりそうな体型・・・といっても、まだ成長期前だからあんまり騒いでもうるさいね。

 20160820_141541_476_convert_20160820194034.jpg

 とりあえず、ポジションへの違和感、メカの調整なんか、練習ついでにいつでもお寄りなさいな。

 若い子達には期待しないんだが・・・、ついねえ・・・、やっぱりねえ・・・。

 そうそう、あとこの24インチレーサーなんだが、子供という所に引っ張られないように、小柄な方向きのレーサーでもあるので、子供という枠を取っ払って、選択肢として、しっかりその枠に入れて考えてもいいと思います。例えば、150センチ以下の方は、24インチレーサー!前に54tぐらいのデカイ男前ギア付けて、グングン踏むなんていうのも、カッコいいかも・・・ですね。24インチレーサーですよ、24インチ!

新ソラロックに磨きに塗装



 なんかこんなのができちゃったなあ・・・。

 20160819_183116_873_convert_20160819192416.jpg

 マットな黒塗装の二本立て。

20160819_183205_450_convert_20160819192349.jpg

 すごいパイプも凝っている、作りなんですが、見覚えある人居るだろうなあ、これロックバイクスのロケットというヤツですよ。

000 IMG_20131221_164722_convert_20131221194828

 元はコイツでありました。電動アルテなんかが付いていて、試乗させると、人を夢中にする走りをするんですが、なんか残っていたんですね。

 なら、イタズラして形変えちゃえという乗りです。

 縦黒コラム二本立てその間は・・・、

20160819_183143_816_convert_20160819192303.jpg

 磨きであります。アルミの質は磨きには良かったようです。

 20160819_183133_112_convert_20160819192402.jpg

 ダウンチューブなんて、青竜刀かよというくらい、太いし鋭い。

 20160819_183159_833_convert_20160819192250.jpg

 ただの磨きだけではなく、クリアがけには、ほんの少しスーパーブラックという顔料が入っていますので、若干ですが、薄い黒のスモークが入っています。

 それがちょっとした重厚感・・・のようなものを出しているかな?

 20160819_183051_765_convert_20160819192441.jpg

 コンポはおすすめの新ソラ、黒コンポであります。しかし、最近こぞって黒ばかりだね・・・、シルバーが貴重に見えてくるよ、どうしたんだろうなあ・・・、輪界に何か起こっているのかな?

 20160819_183057_404_convert_20160819192429.jpg

 ソラだけに9速なんだが、だからなんだの9速なんだよね。十分じゃない・・・と思う。

 20160819_183107_378_convert_20160819192336.jpg

 新ソラのブレーキもおっそろしく効くなあ、別の調整しないと危なくてね・・・。

 20160819_183036_542_convert_20160819192232.jpg

  ということで、フレーム加工には手間が掛かっています。でも新ソラがのっています、なので20万なんてしませんわよ!

 多少の試乗も可ということで、アルミのカッチリした自転車お探しの方は、是非試乗にお越しください!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター