メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

自分の自転車とは・・・購入とは別の面で考える



 確かこれとほぼ同じだったと思います。それを引き継いだかして、乗り継いでいこうと思うのだが・・・。

 単に移動手段でのみ考えるとするならば、乗れさえすればいいわけで、そこには色もパーツも何もいらず、そこそこの機能のみが求められているわけで、交換可能なものでありましょう。

 それが移動手段だけではなく、そこに別のものをも載せて走ろうとするとなると、これはまた奥行きのある世界が開かれているわけなのであります。

 どちらかというと、レース系の若い系統の方々は単純で、最先端のレース機材、つまりブランドと高機能というところにすでに惚れておるわけで、自分の位置を確認してそれに下駄を履かせたコンポ類とフレームを選択したがるわけで、面白いように炭系がお好きなようでありますな。書道部でもあるまいし。

 一方ガチのツーリング系となると、丈夫で頑丈、壊れにくさと、メンテしやすさ、直しやすさなどから選んでいくので、落車一発で壊れる可能性のあるものは、例え高額で最先端の高機能ものであっても、あげるといっても欲しがらないでしょう。

 そして、元々、他分野でもすでにハイセンスのお方となると、自転車という新分野に関しても、最初からそのハイセンスを横滑りさせるようにもってやってきますな。
 
 こういう方々も、イヤ、こういう方々こそ、また面白い。自転車文化の成熟化をそれとは意識せずに、より高い方向へ押し上げていただけるタイプの方々ともお見受けいたします。

 今回は、まさにそういう静かなハイセンス、成金とは全く逆で、且つ物欲的ビンテージパーツマニアとも異なり、静かであっても芯のある美意識をお持ちの方とおもわれます、そういう方が、この自転車を受け継いだはいいものの、ちょっとこれでは、移動はできるが・・・、愛着を持って乗るには、どうも手を掛けていきたいとおっしゃいます。

 よく分かります。ちょっとそこのコンビニまでヨーグルト買いに行くならいいとしても・・・乗り続けるなら、もっと自分に近い、自転車に変えて乗りたい・・・、その気持ちよく理解いたします。

 そこで、条件をいただきまして、できる限りその条件内で、どこまで静かなハイセンスを実現できるか?やってみることにしました。お題であります、自転車屋にとっては。

 再塗装、グレー系、ライトグレーでないもの・・・あとはお任せ。パーツも・・・落ち着いたシルバー系のもので。クラシカルをイメージしていると思われますな、さてどこまでできるか?

 07-31@17-53-41-164_convert_20140731182350_20140731185446a8e.jpg

 グレー・・・。まさにグレーゾーンというように、白と黒の間には、男と女よりも深いグレーの世界がある。さて、むずかしい。
 お題のグレーに青みはいはいらない・・・。ガチとなると、白と黒との配合で見せるしかない。

 最初の塗装では、まあ、ねずみ色にしたんですが、これはグレーではありません。なんで、グレーと指定して、ねずみ色といわなかったのか?

 それをまた考え直して、別細工で再度再々塗装。フォレストブラック・・・とか、いろんな言い方が、車塗装にはあるようですが、さすがに高級車を抱えている車塗装には、深いものがありますな。

 そして、手元変則の、まあありがちなクロスバイクシフターですが、コイツをこれに交換。

07-31@17-53-01-570_convert_20140731182458_convert_20140731183804.jpg

 この時、ステムも交換しています。デフォのステムは、水色のフレームと同じ色がしていたんですね。

 07-31@17-53-13-411_convert_20140731182434_convert_20140731183624.jpg

 ブレーキもクロスバイクによくありがちな、Vブレーキをカンチブレーキに交換しました。これは見た目もそうなんですが、コイツを使いたかったかであります。

07-31@17-53-07-881_convert_20140731182447_20140731185426ef7.jpg

 そして、もうばれていますが、ハンドルはフラットからプロムナードに変えています。

07-31@17-52-53-879_convert_20140731182510_20140731185424eee.jpg

 大幅な変更点はこのくらいで、あとは目をつぶる。

07-31@17-53-53-341_convert_20140731182338_201407311854486fe.jpg

 クラシカルではないが、派手でもプラスチックっぽくもないという意味で。

07-31@17-53-21-517_convert_20140731182423_20140731185443b8d.jpg

 クランクも、もっとあったものを選ぼうと思えば、あることはある。

 ただ、ブラスチックのバッシュガードは外してメタリックにしてみると、我慢はできる。うん。

 オット!あと一箇所。

07-31@17-53-27-866_convert_20140731182412_201407311854452b7.jpg

 シンプル系アルミの荷台を取り付けます。カメラを載せるらしい・・・。

 そんなわけで、
9702634_800_convert_20140731182308.jpg

 これから、

07-31@17-52-39-748_convert_20140731182535_20140731185423c54.jpg

 まあ、ざっとこんなもんへ!もちろんまだ完成形ではありませんが、とりあえずここまで。

 多分こういう自転車は、大手がデフォルトで作られることはないと思います。ある意味特殊、だからで、まあ、それはそれでいい。

 ワンオフで作るのは、それは別でやればいい・・・。問題は、まだまだ自転車というもののワンオフ感が、殆ど浸透していないということなのかも知れません。

 多くの方が実は違和感を持ちつつも、半分諦めて自転車に乗っておられるのではないか?それは、見た目からしても、機能からしても、考え方からしても。

 そうした違和感を、どこでどうやったら解消することができるか?

 ある意味、髪型と同じかな?この人!と思えるようなセンスのあった美容師さんに巡り会うまで、結構皆さん苦労するんじゃないかな?

 そう、大事なことは、そういう美容師さんがいるかいないか?ということ以前に、それ以前に、そういう美容師さんを理想として探す!という髪型に関しては、極当たり前の選択行動が、自転車には殆ど取られにくい・・・という現状なんであります。

 多くの車体がディスプレイされている自転車屋に行って、気に入ったものがあればいいとして、多くがその中から、マシな一台を選ぶ・・・。殆どそれしかない、それがほぼ主流だとすると、自転車界はまだまだなのだ、と思うしかない。

 自転車を購入する際、デフォルトはこうですが、あとはある一定の範囲内で、お好みに・・・という選択肢でもできていけば・・・と思うのは、店主だけではないと思います。

 箸は飯が食えればいい、食ったあとは捨ててしまえば、洗わなくて済む。

 自転車の割り箸化・・・と、せいぜいそのバリエーションだけしかないとすれば、ものはあっても魂なし。

 単なる消費行動を超えること、作り手もそれ以上に、生産行動とそのしくみを変えていくこと・・・、答えはもう見えている。あとはどうやっていくかなのだよね。

※コイツも実は粋がった、自転車だよね。さて、乗りこなせる自信のある方のみ!だ!
 06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20140731204740f4d.jpg

FC2 Management

当店因縁の車種 ですね マークローザ



 いろんな車種をいじっていると、あれまた来たよ・・・と思われるような車体というのがありまして、モロ頻繁ではないが、要所をしめてくれる因縁のような車種というのでしょうか、そういうのがあるんですねえ。

 その一つが、このマークローザ。実用車然としていながらも、フレームの作りはしっかりしていて、各種改造に非常に向いている・・・、というか改造して手間かけてやるに値する車種ともいえるでしょう。

 今まで何台か、それぞれ異なった手入れなんかをしてきましたが、それぞれがそれぞれの味を出してくれています。

 そういう改造例をご覧になったマールローザ所有者がまた・・・、ではコイツも・・・という連鎖を産んでくれるのでしょうか?忘れた頃に来る、今回もそうですねえ。

 今回の改造も、かなり気合いが入っています。ただその分費用もかさむので、上半身、下半身を分けてとのこと、激変というよりは、ジックリ責めていく感じ。

 最初は上半身、つまりは前輪から固めていこうということでしたが、色々気がかわって下半身から責めることに。

 そもそもは、持っている105パーツをどうやって移植できるか?というトライアルも兼ねています。

07-24@12-31-12-130_convert_20140731092209.jpg

 さて、コイツをどうしてくれようものか?

07-24@12-31-24-416_convert_20140731092235.jpg

 この7速ギアを10速にする・・・。

07-30@15-49-46-641_convert_20140731092409.jpg

 そのために、リアディレーラーを105にしたい。台座がいります。
07-30@15-49-40-455_convert_20140731092357.jpg

 後付金具で台座を作って、そこに・・・
07-30@15-49-36-84_convert_20140731092339.jpg

 105のリアディレーラーを付けます。ということは・・・。

07-30@15-49-27-5_convert_20140731092326.jpg

 後輪そのものを組み替えています。

07-30@15-49-51-56_convert_20140731092421.jpg

 リムは30ミリでは当店2番手DT520。精度や剛性では585に落ちるとはいえ、そんじょそこらには負けません。

 07-24@12-31-17-241_convert_20140731092222.jpg

 ブレーキも手持ちの105にしたい、ということで、ホイールも700Cになったことなので、板式で取り付けます。

07-30@15-50-02-404_convert_20140731092447.jpg

 黒アルミの厚い板でシートステーを挟みます。これを埋め込みナットでしっかりとめれば、大丈夫!

07-30@15-49-56-389_convert_20140731092434.jpg


 ローラーブレーキの実用車から、一気にスポーツ系に変身します。

07-24@12-31-30-486_convert_20140731092248.jpg

 この7速用のシフターが、10速用に交換。

07-30@15-50-11-225_convert_20140731092500.jpg

 こいつが以外と高い・・・、9速のフラットバーシフターとは値段が違うんだよねえ。開発上難しいのかしら?

 07-24@12-31-41-418_convert_20140731092301.jpg

 で、上半身の方は今回はお休み。次回、ホイール交換にブレーキ交換、そしてフォークも交換するというので、まあ、走りは別車種に変身だね。

 マークローザ、どういう企画会議を経て、このような車種が誕生したのか分からないが、いじる価値は十分にある車体、今後の展開、非常に楽しみですね。

07-31@15-52-05-533_convert_20140731155824.jpg

 新しくなったマークローザ下半身!

07-31@15-52-17-856_convert_20140731155845.jpg

 まるで新旧入り交じるキメラ、ケンタウロのようですね。

 次はいつだろう?秋頃かな?それまでは、後の新ホイールから、オラオラつつかれながら、アンバランスを楽しみに乗り続け見てください。

※ある意味コイツなんかも変幻自在で、どうにでもなるんですけどねえ。
 05-29@16-43-35-861_20140731160323030.jpg
 今は紳士的におとなしく、この味を生かして、アクティブ紳士なんていう展開もありなんです。

ファニーな再塗装



 なんで前輪の小さい車種をファニーというのだか、分かりませんが、これは競技から来たもので、小さいものでは前輪24インチ、後輪700cなんてものまで在りましたね。

 下りでブレーキなんて、自殺行為。

 トラックで走るときも、ヨッコラショと下ハン持ったら、鼻を地面にこするか?と思うくらい前傾とらされますね。

 今は競技規定が変わって、ファニーは使われなくなりましたが、今思えば面白かったともいえますな。

 それがピストブームでチョコッと外に出てきたときには、正直驚いた。

 それこそ、こんなもの街道で走るの?下りでどうなんの?24インチのタイヤの在庫が切れたらどうすんだろう?なんて時もありましたね。

 そして、ずーっとファニーは見なくなりました。ロックバイクスの例のヤツをのぞいてはね。

 で、久々飛び込んで参りました、ファニーなのであります。

 前輪650cのものですが。

 塗装前の状態を撮影し忘れてしまい、相変わらずの再塗装後のものになります。

07-30@15-47-03-427_convert_20140730181511.jpg

 マットブラックの再塗装。ある意味当店の定番なんでありまして、珍しくはないですね。

 で、前輪がチューブラーだったものを、前だけWOに組み替えました。

07-30@18-10-22-41_convert_20140730181743.jpg
 日本人の体型からすれば、650cの車体などもっとあってもいいと思いますが、いまや完全に700c全盛期なのであります。

 トライアスロン初期ではあれほどあった650cが今や絶滅種。随分前に、ジロの山岳コースで650cが出て、登りで有利?もしかしてこれからトレンド?なんて話もありましたが、翌年からは姿を消しました。

 店主も数年前変な650cをかなり足として使っていましたが、コイツも姿を消してから、650cとは縁遠くなっていましたね。

 タイヤの数も少なく、リムも本当種類がない。アレクシアさんありがとう!君が居なければ、あとはマビックくらいしか思いつかないわ。タイヤも天下のパナレーサー・・・助かる!

 それ以外は、もう完全フランケン状態の寄せ集め号です。相当こちらのお客様がイジリ好きのようでありますな。

 07-30@15-47-31-784_convert_20140730181731.jpg

 旧105ブレーキが使われています。

 と、その前に、後輪ですが。

07-30@15-47-26-75_convert_20140730181720.jpg

 チューブラー状態のまんま。チンバですね。

 07-30@15-47-19-525_convert_20140730181709.jpg

 キー懐かしー、ってくらいのシール時代のソラディレーラー。

07-30@15-47-14-183_convert_20140730181543.jpg

 同じくシール時代のフロントディレーラー。クランクは少しおごってシマノ600。

 本当ありもの組みっていうわけですね。これでも安全に乗れればいい、自転車の自由度はスゴイねえ。

 07-30@15-47-08-534_convert_20140730181530.jpg

 このWレバーというのもいいんですね。ワイヤー引くだけなんで、弛みさえ取ってあればいいわけで、あとは乗り手が操作で決めて!という発想。

 07-30@15-46-46-802_convert_20140730181456.jpg

 正直、乗りやすいかと言えば、つんのめってしまって、お世辞にもいいとは言えませんが、とんがった感じがいいですね。

 やせ我慢して乗り続ける・・・、あるタイプの人の美学なのかも知れません。

 美学は大事です、やせ我慢もね・・・。

 それがない方が、要所につきすぎです。交付金目当てに、再稼働賛成、等その見本のような方々です。

 目先の銭に目がくらんだがために、地域をどうしてしまうのか?ジックリ染み出てくるような、内発的な何かではなく、外からうえられた分不相応な箱物が並んでしまうわけです。

 どうにか踏ん張って、そこにあるもの、すでにあるもの、すでに蒔かれているもの、そして今いる仲間達の中から時間を掛けつつも中から何かを作り出すことをしなかったがために、まるでジャンキーのように目の前にぶら下げられた銭に抗することができない。

 それで、フクシマが一体どうなったのか?その経過も、暫定的結末もしっかり見ようともせず、自らの故郷の最大級の危険物をまたしても、たらい回し無責任構造の中で、再稼働を望む?正気の沙汰ではありませんな。

 美学がありません。どこもかしこも、美学がありません。ないどころか醜学をもって、開き直っている輩どもが、多すぎます。

 かくして、店主も含めファニーバイクにでも乗ろうか?などと思うわけなのであります。例え今はつらくとも、信念を貫いて、今はやせ我慢をするとき、なのかも知れません・・・。

 なんのこっちゃ?ファニーなお話しなのでありました・・・。

※フランケンといえば、コイツもつぎはぎだらけのレーサーです。走るの好き、いじるのも好き!という人にはおすすめですねえ。
05-08@16-26-52-136_convert_20140508192810_20140730221502c18.jpg
これは学生限定ではありません。どんどんいじって教材にしながら走りたい!なんていうのにもってこいの一台であります!レーサー組み付け実習、パーツ入れ替え実習なんかに最適なレーサーかも知れないなあ。
社会人の皆さん!この夏休み、手・足の趣味としてどうです?

課題中の課題だね マウンテンママ狸ん



 結構ガチ系のマウンテンバイクをママ狸んにして欲しい・・・なんてご要望たまーにありますが、そういうのって言うのは、当店にとっても課題中の課題なんであります。

 昨年暮れに、やり遂げた感最大の、マウンテンママ狸んのほぼ最高峰といえば、これですかね?

 今画面見ても、よくやったわい・・・と思うほどでありますが、ある意味そのような仕事を発注頂ける方というのが、すごいわけで、そういう意味で、当店は仙人様御用達の店でもあるのかも知れません。

 で、今回も、これもガチ系ですよね、ただピンクというところぐらいかな?ママ狸んの片鱗なんてものは・・・。

 これを子育て仕様・・・に、チョコッと変えていきたいということなんですね。

 07-29@15-23-50-600_convert_20140729231507.jpg

 この後に、まずは子のせを付けます。

 07-29@18-24-32-643_convert_20140729231630.jpg

 今回はシートチューブに余裕がありますので、フレーム型で行けます!

 07-29@18-24-45-918_convert_20140729231647.jpg

 まあ、こんなのは素人さんでもできるわけですが、問題は、ここなんであります。

07-29@15-23-43-754_convert_20140729231453.jpg

 元々は一本足スタンドがついていましたが、コイツを両足スタンドにして、少しでも安定を確保したい。

 ところが、ここがむずかしい。まずシャフトを交換して、クイックレバー式からナット式に変えないとダメ、まあ、こんなことは両足を付ける上での常識なのでありますが、問題はフレーム、特にこのエンド形状なんであります。

 理想的にはエンドの板とシートステー、またはチェーンステーのパイプがほぼ平らな関係であることが望ましいわけです。

 エンドの真下に両足スタンドが来て、且つスタンドの引っかけ爪が両ステーのいずれかにかかってくれるというのが、構造上望ましいからね。

 07-29@15-23-36-89_convert_20140729231441.jpg

  ところが、エンドのところでナット締めしようとしても、引っかけたいステーとの間に落差があると、両足スタンドの取り付け部分が曲がってしまったり、逆にスタンドの引っかけ板がフレームを傷めたり、いいことはありません。

 今までこういう形状のものは、両足スタンド取り付けを諦めていたんですが、やはり・・・、困ったときのシマノスモールパーツカタログなんであります。

 ナット用のシャフトの最長のものってなんだろう・・・とページをくくっていると・・・、なんと最長200ミリのものがあったんです。ということは、両サイド約30ミリ以上飛び出てくれるということなのであります。

 それだけシャフトに余裕が出てくると、この段差を克服しつつ、丈夫に且つ、ステーに爪を引っかけて、固定することができるはず・・・ということなんでありますね。

 07-29@18-23-36-696_convert_20140729231531.jpg

 こうやって、横から見ると普通に着いているように見えるでしょ?

 07-29@18-23-45-190_convert_20140729231541.jpg

 でも後ろから見ると、このポイントに注目!段差の間に何かが見えますね、チラリとですが。

07-29@18-24-04-637_convert_20140729231602.jpg

 反対サイドにも、しっかりスペーサーのようなものがあります。

 段差の部分をこのスペーサーで埋めてエンド板、スペーサー、両足スタンド、ワッシャー、ナットという順で挟み込んでいるわけです。

 で、段差が埋められているので、フレームにダメージ無く、スタンドの爪がステーにかかります。

07-29@18-23-56-825_convert_20140729231552.jpg

 しっかり食い込んでいますね。この爪と、ナットの締め込みで、当分緩んで角度が変わったりすることはないと思います。

 07-29@18-24-25-600_convert_20140729231613.jpg

 と同時に、前三枚のギア、ワイドレシオを動かすリアディレーラーですが、すべてのギアにはいるよう、このスペーサーは厚みを調整されています。

 イヒヒヒ、すごいだろう・・・!

 まあ、通常なら、これだけ入り組んだところにスタンドとディレーラーを同居させるなんて、使えないギアを設定せざるを得ずに、ギヤ制限するのもいたしかたない、と思われがちですが、そこがまた踏ん張りどころなんであります。

 07-29@18-25-02-725_convert_20140729231659.jpg

 で、今回はカゴは見送ります。サスペンションにカゴ付けはむずかしい。特にコイツは、センター穴がないと来ている。

 どうしてもカゴが・・・という場合には、フォーク交換という選択肢もありかもね。

 とまあ、たかが両足スタンドなのでありますが、それだけでも記事になるほどの、難解な施工なのでありました。

 多分・・・というか、絶対に、最新フレームに最新コンポを載せて作る、スポーツ車組なんかよりも、ずーっと難しいぜ!

 一体どっちがプロショップなんだ?なんてね。

 ということで、季節の流れの読めない、ママ狸んは続く、なのであります!

※質問も多い、フラットレーサー。コイツは走る・・・、フラットハンドルのぶんざいでね。
00005-24@11-30-02-152_convert_20140524154327_2014073000102970e.jpg

 これならいつでもドロップ化も可能だよ!

進化するママ狸ん しかも季節無しときた



 1年半前後かな?ママ狸ん化した自転車なのであります。

07-28@12-16-34-630_convert_20140729092302.jpg

 明らかに前用のカゴが、後に付いています。前イェップを取り付けるために、足置きと干渉する前カゴを一時的に後に載せ替えた格好になっています。

 07-28@12-16-45-17_convert_20140729092329.jpg

 こうでした、やはり足のせが少し前に出ていますね。台座はかなりしっかりしているようですが、それ故に前ズラしたりとかは手間がかかるということで、後ろに乗せたんだと思います。

 で、子供さんも成長して、そろそろ前載せから、後のせに変えたい、ということですので、今度は後ろに乗せていたカゴを前に戻して、あいた後に後子のせを付けるという作業になりますね。

 07-28@12-46-18-418_convert_20140729092406.jpg

 カゴが前に戻りました。

 では後のせを付けますが、フレームタイプと、台座タイプどちらがいいか?荷台があるので台座タイプもいいかと思いますが、ちょっと荷台の形状からして・・・取り付けには加工が必要と判断しまして、では、フレーム型は?とシートチューブを観察。計測なんであります。

 07-28@12-16-39-716_convert_20140729092318.jpg

 これだけズドーンとありますと、フレーム型も取り付け可能です。手間からしてこちらが楽ということで、フレームタイプに決まり!

 ということと、昨年七月よりイェップの高騰に関し、一括大量仕入れをしたものに関しては、値段据え置きという措置をとりましたが、もう殆どその低価格在庫が切れておりまして、仮に今回黒の台座型を取り付けるとすれば、3千円の値上がり・・・ということにもなりましたのでね。今回は旧価格で取り付け可能なのであります、ラッキー。

 07-28@12-46-10-596_convert_20140729092354.jpg

 問題なく付いていますね・・・。

 07-28@12-16-51-520_convert_20140729092343.jpg

 そして、下を見ると、アリャリャ・・・、サビサビ・・・。

 たっぷり注油しては、拭き取り、注油しては拭き取りを繰り返しますと、きしみもなくなり、サビもそこそこ落ちますよ。

 07-28@12-49-43-931_convert_20140729092417.jpg

 ミシン油でもいいので、注油は大切です!世のお母さま方よ!

 07-28@12-49-59-295_convert_20140729092429.jpg

 で、完成した、お姿です。

 ただ、前子載せを取り外すカギをお忘れだったようで、今回の施工では子乗せ自身は外せませんでした。その分足置きや取っ手などが、カゴを前付ける便宜上はずしましたが。

 元々前に付いていたカゴが、第一子育て号になって、後ろカゴになりました。それが第二子育て号で、また前カゴに戻り、あいた後に今度は後子のせが付いて、前子載せの撤去・・・と。

 一人の女性が、一台の自転車を選択する。その方に子供ができる。そして、その子供が徐々に成長していく・・・。もしかして、第二子ができたり、第三子ができたり・・・と。若い女性の生きていく環境は、新しい生命らとの出会いとともに短い期間で、どんどん変わっていったりもします。

 それに合わせて、一々自転車を購入するなどとは、大変でしょうな。

 であればこそ、生きる状況に合わせて、自転車をどこまで快適にかえていくことができるか?こういうところがポイントになるんじゃないか?

 そして、子育てが一段落したときに、また無用であるはずの新車一台を購入する必要は無いかと思うんです、そもそも独身時代に購入した自転車なら、その時代の形式+お買い物号に戻してやればいいんですから。

 とまあ、身近な自伝車だけに、使用状況が変わる度に微調整してやれば、ドンピシャの快適さなんかも確保できるかも、なのであります。

 我慢ばかりしないで、もう少し、こう・・・どうにかならないかしら?なんていう疑問が、世界とより深く繋がるための、入り口のようなもんなんです、まずは相談からどうぞ!!!

 しかし・・・。ママ狸んというのは季節感がない・・・、全くない・・・といってもいいかもしれませんな。卒入園の前後に需要が高まるか?なんて思いがちですが、イエイエどうだか。

 むしろ、子供の成長に合わせて、そろそろ自転車に乗せたいんだけど・・・というのが専らで、それは子供の生まれた月や成長の度合いによりますので、各家庭バラバラなんであります。

 アー、暑い・・・乳母車に日傘で歩くなんてやってられないわー・・・、と思って子供を見ると首が据わっている・・・、もしかして自転車・・・OK?これなんでしょうね。

 なるほど、季節が関係ないなら、いつでも来なさい!旧価格在庫、あと少々ながらも、ママ狸んは開いてお待ちしていますよ!

※ホラ!夏休みだろ?コイツで出かけよ!学生限定だよ!
 00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_20140729101352a42.jpg


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて五年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒166-0015
東京都杉並区成田東3-13-26
TEL・fax03-5913-8443
携帯070-5083-6962
080-4333-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
to.ke@wcm.ne.jp

カテゴリー
リンク
店主も書いたり!書かれたり!
月別アーカイブ

カウンター