メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

イヤー、コッタード祭りだね・・・



 一つの施工例が、また同じような施工の依頼を持って来る・・・事はよくありますが、三連ちゃんレベルで、続いていますのがコッタードクランクの施工依頼・・・。

 まさにコッタード祭りというくらいに・・・。

 20160727_134851_569_convert_20160730212910.jpg

 イヤーデカイねえ・・・このリンク。どうもクランクが回らなくなったといいます。

 20160730_173541_633_convert_20160730212931.jpg

 カバー外して、例によってクランク外して中を見るが・・・回らないような異常は無い・・・。

 20160727_134859_669_convert_20160730213111.jpg

 この手前の金具・・・なんか見たことあるような・・・。そうなんです、こいつは初期型の内装三段ハブなんですね。どうもこの中が問題になっての、クランク不良だったということなんですね。

 バラして、掃除して、調整して戻す・・・。

 そしてなんとか三段は行けるようにはなる、ただし、摩耗などでシャープにシフトできるわけではない。その辺癖のある車体として、つきあっていかねばならないでしょう、旧車にはよくあるパターンであります。

 あまり気になるようだったら、この辺を変えるというのもありかと思います。

 20160730_173454_441_convert_20160730213037.jpg

 というのも現役で働く自転車としてバリバリ動いているんですねえ。吉祥寺にあるカレー屋さんです、ピワンさんというお店です。

 厨房からお店へ、大量のカレーを運ぶ自転車。

20160730_173503_617_convert_20160730213026.jpg

 ダイナモにライトも現役ですね、味がある。

20160730_173520_628_convert_20160730213006.jpg

 ワイヤーブレーキですが、実用車のハンドル・・・って感じですね。

 20160730_173527_237_convert_20160730212942.jpg

 このサドルも、貫禄もの。ちゃんと座れますよ、暫くいじらないでいいですわね。

 20160730_173556_797_convert_20160730212801.jpg

 ペダルは新品ながら、ザッツ実用車もの。こういうコッタード祭りの際には、こうしたペダルは重要だよねとばかり、いくつか仕入れておいたものが、役に立ちました。

 20160727_134911_711_convert_20160730213100.jpg

 申し遅れましたが、ヒヅルというものでございます。前回のやつは確か・・・ヒドリ・・・だったかな?

20160712_101811_727_convert_20160713165456.jpg

 これこれ、似ているといえば・・・似ているかもね。系列かな?ヒヅルも戦前のもの・・・かな?

 20160730_173440_586_convert_20160730213048.jpg

 さすがに、すべての癖は抜けないまでも、クランクは回るし、内装三段もなんとか使えるようになりました。踏み込みに注意しながら、シフトのタイミングをはかっていけば、なんとか使えます。またこれを基体に、現行品で・・・というご要望にもお応えしますので、まあ末永く乗っていてください。

 吉祥寺のピワンさん、多分相当おいしい、カレー屋さんとお見受けします・・・、なんていっても自転車屋のカレーを自負する店主の見立てでありますから、話だけでも分かること・・・あります!

 またなんなりと!
スポンサーサイト

梅雨明け これまた洗車日和



 洗ったそばから乾いてくれる、梅雨が明けたらしく、大変暑いが洗車にはいいですねえ。日頃一緒に走っている自転車の徹底洗浄なんて、大切ですねえ。

 プロレーサーはプロのメカニック任せ・・・だけではダメだよね、自分でどこまで自分の自転車の面倒が見られるか?これも重要だと思うな。

 明日お台場で、クリテリウムに出るという、なれば、洗車だな、戦車だけに・・・。

 中性洗剤に細かい泡を立てて隅々まで、手早く洗って、汚れを落とす。

 さて、レースの先端を走る戦闘機というものを見せてもらおうか?

 20160730_110908_351_convert_20160730193944.jpg

 オオ、やはりその足なら、これも当たり前かもな・・・。

 20160730_110951_264_convert_20160730194040.jpg

 ブレーキの前後はデュラエースだったが・・・、アレ?まあ互換性はあるがリアディレーラーはアルテグラか・・・。まあそんなこともあろう・・・。

 20160730_110918_774_convert_20160730193752.jpg

 オウ・・・、STIが105・・・まあ互換性があるから・・・問題は無い・・・。意外とフランケンだった。もしかしたら、元々は105だったのが、入賞したり、レースを作るような働きをしたら、一つ一つグレードが上がっていく・・・なんてね、もしそうだとしたら面白い制度だなあ。

 20160730_111035_711_convert_20160730193932.jpg

 サドルが前下がりになっている・・・、ように見える。これも昨今のレーサーの乗り方なのかも知れないな。

 20160730_111040_672_convert_20160730193919.jpg

 なるほど、フロント回りが硬そうだ・・・ね。前乗り縦踏みでガシガシ走る・・・これがトレンドなんだろうなあ。

 まあ、この中性洗剤までは自分でできるだろうが、これからは・・・ちょいと技を見せてやろう・・・。

 20160730_111706_172_convert_20160730193908.jpg

 こういうケミカルがある、単純にいうと油分を乳化して落とすというやつです。

 20160730_112552_627_convert_20160730193834.jpg

 ハイしましてから、少しおいて水で流す。

 20160730_112533_209_convert_20160730193845.jpg

 乳化したあとが分かりますね、効果あり!

 20160730_112441_848_convert_20160730193857.jpg

 きれいになりますねえ、他にも洗浄に関しては、色んな手はありますが、複数台を短時間できれいにするには、こいつは使える!

 きれいになった、チェーン・・・そのままではダメ。オイルなし状態ですから。

 20160730_124936_198_convert_20160730193813.jpg

 秘密のこいつを使います!コイツをきれいなったチェーンの一コマ一コマに・・・、

 20160730_125233_183_convert_20160730193803.jpg

 点眼するように垂らしてはしませる・・・、これも少しおいて、余分を拭き取って終わり。音が変わる・・・、無音ではないが、オイルを含んだコロが機嫌良く力を連動させているのが、クランクを回している手に伝わってきます。

20160730_124554_661_convert_20160730193824.jpg

 あとはワックス・・・、こいつは自分でやろうな・・・。

 あともう一つ、タイヤに細工してみた・・・。そうしたこのレーサー、気付くんだよなあ・・・。かつても、黙って使って気付いたのは、コイツだけ。細工し甲斐のあるレーサーだよね。

 そんなこんなで、仕上がったレーサーで帰って行った。

 程なく電話がかかってきた。ちょっと感動したということだ・・・。まあそれだけ気付く繊細な足を持っているということだろう。コチラもうれしい、今後重要なレースの前にはもってきな。

 そうそう、昨日化した内装式固定のワイヤー調整は厳密でなく、悪かった・・・。膝が勝負に影響ないといいが・・・。しっかり調整した練習機にまた乗ってくれ。
 
 プロツアーに入っているといっても、食えるという状態からはまだほど遠い。他にもやるべき事はあるようにも思えるのは当然のこと、若いしな。日々逡巡しながらも、サドルに跨がり、踏む。

 一度は欧州には行け、そこでしっかり見聞して走ってから、具体的な選択肢の中で、決めること。悩まず、考えよ。

 今はとても大変なときかも知れない、でも、あとで分かるがそういう時にどんなことを考えて、どんなことをしてきたか?ということが一番といって良いほど身についていたりもするものだ。

 この店主だって、自転車屋が本業になる前、副業を束にして食いつないできたんだ、そして四十の時、全く展望がなかったんだが、近所の農園で援農して、田麦山で米を作っていたんだ。

 全く展望はなかった・・・が、今こうしてやっていることはけっして間違ってはない、ということの自信はあったものだ。いいか?四十の時だぞ・・・、今君はその半分・・・、色々あって当たり前なのよ・・・、常にサドルの上で考え、サドルの上で学ぶことだ、暫くは・・・だ。

ガラスがけ・・・だけではない ガラスコーティング



 来たねーカーボン。トレックだって。

 これにガラスコーティングをかけるというご依頼。なんとご依頼主は、昨年の新人王からです。

 ほう、クロストレーニングなのかな?膝に優しい自転車は他の競技選手にとっても利用価値は大いにあると思いますな。是非是非、新人王から率先して、トレーニング機器としての自転車、という門が開くよう、お願いいたしまーす!

 そんでもってのがラスコーティングだ。色々やり方はあると思いますが、フレーム全体にコーティングするということで、理想をいえば、フレーム単体にすること・・・なんだが、そうなると解体と再組み付けという、これまた大いなる手間が発生する・・・。

 でも、折角コーティングするなら・・・・ねえ。

 20160727_103755_129_convert_20160728173559.jpg

 まあ、こんな程度に外します、ワイヤーはそのまんまで、コーティングの際には片手でパーツを持ち上げたり、ひっかけたりして、避けながらやるので、この辺が妥協点かな?なんて思いますな。

 もちろんこの前に、中性洗剤による徹底洗浄を行いまして、それが乾いてから、アルコールにて完全脱脂をて、いざコーティング!となります。

 徐々にその内容が手に付いてきたようにも思います。コーティング剤は実によく伸びる・・・。厚くではなく、薄くのばしてフレーム各所の津々浦々まで。
 
 手早さは必要だが、焦る必要は無し。そして伸ばしたあとは水を含んだ目の細かい布で押さえるように・・・けっしてゴシゴシいたしません。今使用しているものは水との化学反応を利用しているみたいであります。他のものではこの工程のないものもあるようですね、調べてみると車の世界ではガラスコーティングはもう当たりまえ、星の数ほど薬剤があるといっても良いかもしれませんね。

 それからから拭きして、二十四時間おくようにしています。

 20160728_141427_226_convert_20160728173457.jpg

 今のフレーム太いところは太いね。

 20160728_141347_410_convert_20160728173529.jpg

 もっと照明当てたりすると、コーティング感が伝わるかも知れませんが・・・、相変わらず、写真下手であります。

20160728_141339_646_convert_20160728173518.jpg

 おっとなんじゃこの番号は?もしかして・・・背番号?この背番号で新人王っていったら、持ち主さんがすぐに分かってしまうかも・・・ね。

 20160725_135251_493_convert_20160728173549.jpg

 バーテープが汚れていたんで、これは交換しよう・・・かな?

 20160728_141355_360_convert_20160728173508.jpg

 バーテープは、自転車を縦から見た際の顔に当たる部分なんで、意外と印象保つには大事なところですよ。

 20160727_110339_524_convert_20160728173643.jpg

 そうそう、パーツを外すというのは、ある意味車体の点検になりますんで、一つ気づいたこと。

 これどこにでもあるボトルケージなんでありますが、ボルト自身がプラなんですね。

 20160727_110355_270_convert_20160728173631.jpg

 生シラスかよ?白魚かよ?クリオネかよ?・・・っていうボルトが出てきた。実はこれ外すの大変だったのよ。溝ギリギリまで頭があったので、工具が入っていかない・・・。なので

20160727_110526_417_convert_20160728173609.jpg

 なので、この二本を抜くためだけに、工具の一個を犠牲にして、その角を落とした・・・ということなのね。

 20160727_110516_473_convert_20160728173621.jpg

 これでようやく外せたということなんですが、こんなボルトにまで本気になる当店、工具一個を犠牲にして・・・、ってほどではない、別に以後使えなくなるわけでないし、今までにペダルの調整とかでも、結構この手の加工はしてますんでね。

 で、今回コーティングの際、邪魔なんで外したんだが、以後これ使いますか?ということなのね。軽いからいい・・・だから使ったんじゃないか?と思うんだが・・・。

 あのー、競技車両が6.8キロに決まってもう10年以上経っているんじゃない?その間にフレーム・ホイールがドンドン軽くなって、確か十年近く前も6.8キロを守るために、フレームにわざわざ分銅を載せていたシモーニなんていう選手もいたはず。

 そんだけ軽量オンパレードなんだから、こんなボルト一本に軽量をかけるようなことする必要は無いと思いますね。むしろ走行中こいつが緩んだ際、どうするの?っていうのが心配になります。まあ、締める工具を携帯するくらいなら、軽量化の観点からアルミのボルトをおすすめいたします、六角レンチで着脱できるヤツね。

 それに折れてねじ穴に残ったりしたら、また面倒・・・になるんじゃないかな?このボルトが特殊プラスチックで、一度締めたら緩まない折れない、高級ボルトでなければ、このまま使用し続けることはおすすめいたしません。ちっちゃいことだけどね。

 20160728_141322_212_convert_20160728173539.jpg

 ということで、ぶら下げたパーツ達をまた元に戻しつつ・・・ということは、当然調整が入ります・・・。それも半端じゃないよ!ブレーキなんて握った瞬間分かってくれたら、うれしいなあ。あとそう!ブレーキを完璧に近く調整するためには、実はホイールがちゃんとしていないとダメなんですね。

 ということで、前後のホイールの振れ取りなんかもしておきました。良い状態に仕上がっていますよ!

 まあ、点検ふくめてのガラスコーティング・・・というのもありかも知れませんね。

 それと再塗装の際とか、パーツ載せ替えの際とかのついでにもガラスコーティングは有効ですね、何せついでなんで安くできますしね。
 
 ということで、今後のガラスの経年なんかも見つつ、やって参ります!

何処行くの?今年の夏休み?



 ありもの組みでの高性能・・・ってやつができました。

 20160728_103514_433_convert_20160728113439.jpg

 激軽ではないがアルミでそこそこ頑丈そうなヤツ。それにクロモリのストレートフォーク。ちょっとやそっとでは壊れません。

20160728_103406_130_convert_20160728113523.jpg

 贅沢!!!手元変速のSTIが付いています、なんと9速・・・。

 20160728_103442_840_convert_20160728113508.jpg

 9速シフターにしっかりと9速のスプロケを入れています。正真正銘な使い方であります。まあ当たり前なんですが、9速のSTIで8速引いたりとか平気でしていましたんでね・・・、こうした寄せ集め感満載の自転車というとなるとつい強調したくなりますな。

 20160728_103505_417_convert_20160728113452.jpg

 前が三枚だよ、三枚!

20160728_103458_836_convert_20160728113342.jpg

 上から見てもしっかり三枚。今段々三枚の自転車がなくなりつつあるようですが・・・といっても、上のグレードからなくなっていくので、下位グレードには残り続けるかも知れませんがね。ともあれ、これだけギア数があれば、行けないところはない、といってもいいんじゃないかな?

 壁のような急坂に来ても、軽いギヤで撫でるように回せば、歩行者に抜かれようが、足を付かずに進むことができるでしょう。

 20160728_103543_466_convert_20160728113423.jpg

 ダボ穴もあるので、キャリアなども付きますよ。つまりは、荷物を積んでね、長距離のツーリングにも出かけられる・・・という車体。

 20160728_103413_779_convert_20160728113411.jpg

 前後に堅実なカンチが付いています。

 20160728_103448_769_convert_20160728113358.jpg

 そこそこシャレていながら、そこそこ効くというヤツね。イヤー、過不足ないねえ・・・この一台。

20160728_103359_818_convert_20160728113255_convert_20160728114714.jpg

 どうです、この夏休み、コイツで遠出しませんか?機能としてはもう十分、あとはキャリアと荷物を載せて出発!

 高校生なんかどうかな?あと一月以上休みなんだぜ!他の学生だっていい、書を持ち野に踏みに出よ!

 こうやって、若い子向けに用意していると、意外とそれとは真逆の方々の目にとまったりする。少子化なのか?店主の見立てがまちがっているのか分からないが、それでも全く問題は無い。

 六万しないんだから、できれば若い子に・・・なんて思っても、意外と若い子が高級志向だったり、一定以上の年齢の方が実を取るような選択をする。

 まあ、本当どちらでもいいんです。コイツに乗って、風を感じて、雨を感じて、自分の小ささを感じつつ、一踏み一踏みの重要さも分かりつつ、飯やビールがトコトンうまい!そういう人間にとっての原初的な感覚を体験してもらえればね・・・誰でもいいんでありますよ。

 もちろん、その手前の緩い乗りでもよし。スマホ・携帯を家において、文庫をポケットに入れて、ちょっと遠い木陰まで昼寝場を探しに行くのもいい。
 
 意外と高機能で、何処でも行けて走れちゃう、そんな一台を夏休みを意識して組んでみました、早い者勝ち・・・と言っておきましょうかね!

ガラスコーティングの果てに ケルビム観察



ガラスコーティング相変わらず、やっていますが、この車体・・・コーティングの後の祭りなんでありますが・・・。

20160727_150624_594_convert_20160727220722.jpg

 ケルビムなんでありますが、やはりハッとする物作りしている、と思いましたね。みてみましょ。

20160727_150630_688_convert_20160727220927.jpg

 ヘッドチューブには、パテ等によるものか?フィン加工がされています。

 20160727_150635_650_convert_20160727220916.jpg

 シートチューブにもフィン加工がなされています。ラグではないフレームに関してはこの手の加工もできる・・・ラグでやっても悪くはないが・・・ね、ちょっと不自然・・・かも知れない。

 20160727_150653_489_convert_20160727220859.jpg

 シートステーがベントになっている。この辺の風情を見て、セクシーという人がいてもおかしくはない。乗り味にも影響してくるんでありましょうな、さぞや。

 20160727_150726_440_convert_20160727220827.jpg

 シートピラーの回りもちょっとしゃれていますね。

20160727_150705_414_convert_20160727220847.jpg

 フォークはストレートのカーボンのようです。全体は軽い・・・、これ鉄ですか?というくらいに。

 20160727_150736_391_convert_20160727220811.jpg

 エンドの小物もしゃれているなあ・・・、細かいです。

 20160727_150854_134_convert_20160727220711.jpg

 アウターストッパーもメッキもの、行き届いていますね。
20160727_150827_635_convert_20160727220733.jpg

 凝っているのは、リアブレーキがチェーンステーの裏に付いていることかな?地面に近いところから、走行後は十分に洗浄することをおすすめしますね。埃や細かい砂利がついていると、アーチの動きを悪くしたり、無駄なシューの減りの原因になってしまいますからね。
 
 20160727_150913_113_convert_20160727220659.jpg

 フィジークは、後の長いサドルということは認識していましたが、レールまでがここまで長いとはしらなんだ。かなりの後乗りができますね。

 今のカーボンフレームは前乗りが通常のようなんですが、どうもそれに落ち着きが悪い方は、この手のサドルを選ぶ価値はあるかと思います。しかし、長いレールだこと・・・。

 20160727_150744_120_convert_20160727220759.jpg

 トライアスロンの勝負車体なので、コンポはカンパコーラスが付いています。本当実戦バイク、実戦鉄バイクです!

 とよく見ると・・・、

 20160727_150755_763_convert_20160727220746.jpg

 カンパさんよ、もっと隙の無い仕事しなさい!あなたの育てたファンは、こういう所に厳しい目を持っているのよ!まさに自業自得をいいことに、もっとしっかり仕事しようね!

 20160727_150612_353_convert_20160727220645.jpg

 しかし、フレーム自体に細かいおしゃれの集積のような伊達感がありながらも、塗装が良いよね、店主好みだこりゃ。渋い!家具のような重厚感があるね・・・。勉強しないとなあ・・・。

 これは勝負のできる鉄フレーム、こうした鉄フレームをどうやって増やしていこうか?課題はありながら、勝算も感じつつ、今後当店もやっていくんであります。

 今回はガラスコーティングのご依頼で、ほとんどパーツは外しの状態にして、フレーム全体にコーティングしてから、また戻す。戻すといっても、取り付けてワイヤー、チェーン張るだけじゃあない、ちゃんとセッティングするので、かなりの手間が掛かるんだが・・・、まあもう少し、このサービスは行っていこうと思っています!

 いい鉄フレーム見せてもらったなあ・・・、こういうのって刺激になります!ありがと!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター