メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ベアリング流行 ミスミ様々



 ウィッシュボーンというのだそうで、調べてみると相当高額ですね。これを使ってクランクを取り付けてほしいということで渡されたんですが・・・。

 なんか高額な割には、かなり回転が固い。というかしない・・・といっていいんだな。セラミックのベアリングが使われているという事なんだが、回らなすぎ。

 ゴリゴリなんていうもんじゃない、回らないんだから・・・。

 こういう時は分解、分解。

 DSC_2601_convert_20190625151645.jpg

 外してみると、こちらは問題ない、ベアリングをひっくり返すと・・・、

DSC_2602_convert_20190625151656.jpg

 裏がこうなっていた。あれ、コッチが表じゃね?そうこの黒いウィッシュボーンという金具もベアリングと同期するものなので、それが本体裏に押しつけられていたら、回転に支障が来るよね。でもなんでわざわざ裏向きで付いていたんだ?

 謎だ、謎すぎる。

※この記事を執筆中に元の持ち主と電話で話したところ、購入して手渡して、最初からこの状態でつけられていたと思うという証言・・・。という事は、ほとんど回転しない、というハンデーのある中で、コイツ四年間プロツアーで転戦していたんだということが分かる・・・。もし正規の取り付けがされていたなら・・・、今頃ツールのステージ優勝・・・・???

DSC_2603_convert_20190625151705.jpg

 外してみるとこんな感じ、シーリングを外すと黒いベアリングが出てくる、これがセラミックということなのね。ただ・・・、クランクの回転なんてせいぜい200でしょ?そこにセラミックの必要があるのか?

 万単位の回転なら、熱を持ち鉄系が膨張するなどの問題は出てくるだろうが、200ぐらいでねえ・・・。

 でもって、改めてみると、このベアリングに既にゴリゴリがでている。

DSC_2605_convert_20190625151714.jpg

 キャップを正規の位置に戻して、再度圧入してみると、まあこれが本来の面なんでしょうね、ただしこうした正規の状態でもベアリングにゴリゴリがあるんじゃ、回転はいいとはいえない。

 なれば、交換・・・と行くか?

 丸々交換なら、2万弱の材料費が取れるんだが・・・、外側はなんにも問題は無いので、ベアリングのみの交換で行こう。

DSC_2661_convert_20190625151724.jpg

 最近三連ちゃんでお世話になっているミスミさん、いっぺんに発注しろよ!いわれそうだが、少ないロットでもやな顔しないで、送料なしという事で、送ってくれます。

 DSC_2662_convert_20190625151734.jpg

 コイツね、中身のセラミックというのは、見つからなかったが、金属素材部分は少し高いがステンレス製のものを購入、BBといえば自転車の下部に取り付けるので、下からの雨水対策としてステンレス、多分間違っていないでしょう。

 DSC_2667_convert_20190625151743.jpg

 こうして新しいベアリングを圧入し直します。

DSC_2669_convert_20190625151753.jpg

 そして、このキャップを再度このベアリングに被せます。

DSC_2671_convert_20190625151803.jpg

 これが正式な面なのだと思います。新しいベアリングですのでスルスル回りますし、キャップも外向きなので、二重のシーリングと回転の邪魔にはなりません。

 DSC_2673_convert_20190625151814.jpg

 回転に寄与するのはベアリング、そのベアリングを一定の精度で収めるのがこの外側。こうしたものを高精度のものを削り出すのって、相当経費がかかるんでしょうか?

 ウーン・・・これが2万弱のものなのねえ・・・。

 DSC_2678_convert_20190625151834.jpg

 なぜか当店に、このウィッシュボーン専用工具があった・・・、そういえば過去一回施工依頼があったなあ・・・。そういう意味で工具は宝なのだ。

 DSC_2674_convert_20190625151825.jpg

 ホラよ!とばかり付いた。

 さて、ここから再度このフレームへの搭載が始まり、レーサーとなる道を歩むのであった・・・、何事も下地が大切、目立たない仕事こそ裏方的な重みがある・・・だな。


スポンサーサイト

単独事故車



 人からぶつけられたり、人にぶつかったりと、他を巻き込むと事故は面倒でありますな。警察呼んで事故証明とって、保険会社に連絡して手続きとって、その他、領収書、診断書、見積書、証拠写真などありとあらゆるものが行き来しますね。

 そして、もめたり、サボられたり、公的なにがしに頼ったりと、何かと時間がかかるものでもあります。いろんな局面で消耗しますね、なので事故は起こしても、もらってもダメ、近づかないことですな。

 といっても起こってしまうのが事故というもの、なかなか不条理なのであります。

 ただ、今回の事故は、自損事故のみ。レースでいう自落、自分で勝手に落ちて、他には及ばないというもの。車体の損傷は起きたりしますが、単に直せばいいだけなので、心理的には大変楽なんであります。

 他があるのと、ないのとで、こんなに違うものか?と思うほど、異なりますね。

 どうもフォークが曲がっている、自分でガードレールにぶつかっただけ、以上、ということなんですね。

 DSC_2610_convert_20190624233532.jpg

 まあ、ここまで、曲がるともう交換した方がいいでしょう。そこで、フォーク箱をあさると、こんなん出てきました。

 DSC_2616_convert_20190624233612.jpg

 色は違いますが、橙と銅の色ですから、ある意味同系の色ともいえるんじゃないか?なんてね。たまたまながら、タイヤのブラウンサイドの色とよく響き合っています、という意味でマッチしているということはいえるでしょうね。

 DSC_2618_convert_20190624233624.jpg

 ヘッドパーツの取り外しや、際打ち込みなどをいたします。小さいパーツなのに、一体何種類の工具が必要なんだ?今回で、五種類くらいの工具を使った・・・こんなパーツは他にはないね。

 これで件の施工内容はおわりなんだが・・・、

 それだけではどうも済みそうにないくらい、アチコチ整備不良なところがある、ついでにやってしまうおうか?

 DSC_2625_convert_20190624233703.jpg

 よくある、シフトとブレーキ、この辺の調整は重要で、

 DSC_2626_convert_20190624233719.jpg

 残念ながら、バンドブレーキの音なりを、完全に取り去ることは出来なかった。

 シフトの調整もこの際ちゃんとしておいた。まあ剛性のないディレーラーなこと、頻繁にメカニックが調整しないこうしたパーツ類は、大体の所を合わせればよく、しかも多少前後に振ることで、変速できてしまう。この辺の適当さが、この手の実用車には丁度良いのかもしれないが、中にはその適当さをも凌駕してしまう整備不良が起きていることもよくあることだ。

 DSC_2624_convert_20190624233644.jpg

 あとよくあるのがクランク回り。

 踏み込むと、ガタがある、そのガタがBB由来なのか?ペダル由来なのか?その両方か?ちゃんと見極めないといけませんね。

 DSC_2644_convert_20190624233735.jpg

 左クランクを外して、ロックリング外して、左ワンを締め付けながら、ガタを取っていきます。力のかかるところなんで、十分なグリスも必要ですね、時には。

 DSC_2645_convert_20190624233753.jpg

 実用車の典型形状のBBワン回す工具、これがなかなか入手が出来ず、他の代替工具でやっていた時期も長かったが、これは専用工具ね。

 DSC_2611_convert_20190624233558.jpg

 パッと見て、フォークの濃いめの茶系は特に問題にはなりそうにないね。実に自然・・・とも言えるかもしれないな。

 本命はフォーク単体、多少前輪の振れはあったが取れる範囲でのもの、あとはシフト、ブレーキ、BB調整とけっこう色々なこと手を出してしまったな。

 それらほとんどは、今回の自損事故だけが原因じゃない、前々から経年などで内包していたものがほとんどだろう。

 そういう意味で今回の整備はデトックスのようなもんだ、実際今回の事故がなければ、こんな点検しなかっただろうから、そういう意味で事故から出た真であるに違いない。

 返って、車体自体の状態は良くなった方だとおもう。転んでもただで起きませんように、よりよいものをつかんで起き上がることですね。そして、自損であろうが、他損であろうが、事故はこれで終わりにしましょう!

二台目にして独走?独創?

※6月23日予定だった狸祭ですが、雨の予報のため、今回は中止といたします。次回は7月28日ですので、お楽しみに!




 多少時間がかかっても、理想を形にして載っけてだな、走らせようなんて大したもんだな、多少時間がかかってもだ。

 完成に近づくにつれて、ペースは落ちてくる、それはそうだ着陸に失敗はできない、それは墜落を意味するからね、だから何周も空港上空を旋回して、確実に降りられる状態を模索する、誰でもそうだ。

 定番を作っているなら即着陸でも、独創でやっているとなると、完成に近づけば近づくほど、後回しにされてきた問題が詰まって出てくるもんだ、だからもの作りは面白い。通常の過程の仕事がいかに大切かもわかる。
 
 しかも・・・、決まったロードレーサーのフレームに既存のロードコンポを載せるというのではない。あんなものは五台もやれば、大体身につくだろう。もちろんレースの精度を出すのは大変かと思うし、非統一のコンポを時代を超えたフレームに取り付けるとかいうこととかは別な話として・・・ね。

 それがこちらは、実用車として作られている車体に、コチラが勝手にい選んだものを載せていくという暴挙に近い所存なんだな。全く予定調和などがない世界、進む先進む先に番人がいて、無理難題を課してくるような感じだよね。だから、できあがったときの感慨はひとしお、と同時に、フレームにパーツが付いて走行が可能にする、という状態の本質に直結してしまうんですね。

 直にそれを体感できるし、ぶち当たらざるを得ないわけだ・・・、こんなに修行になることは、なかなか無い・・・ともいえるかもな。

 それに輪を掛けるようにほとんどのっけから、二台目にして独創をはじめてきているから恐れ入ったもんだ。

 その箇所をご紹介。

 DSC_2577_convert_20190622152846.jpg

 ブルホーンハンドルを選択肢、ギドネットブレーキをつけているんだが・・・、シフターに注目。あれ?バーコンでネーの?

 DSC_2575_convert_20190622152834.jpg

 こうなっています・・・。よく見ると・・・Wレバーがバンド式でも無くハンドルに直付け、おまけにアウター受けが、その真後ろに付いている・・・。

 ナニー?一体どうなってんの?

 DSC_2594_convert_20190622153002.jpg

 ハンドルに直穴開けてのこの暴挙、どうやってやったか知らんが、台座のナットをハンドル内に仕込んで、ボルトで留まっている。もちろん普通にシフトが可能なのだ。

 DSC_2580_convert_20190622152857.jpg

 この魔改造からすれば、他はもう見慣れたもんだよ、でしょ?

 DSC_2584_convert_20190622152908.jpg

 クランクもどこから引っ張ってきたんだが、スギノを磨いて取り付けていますね、前二枚。

 DSC_2587_convert_20190622152931.jpg

 チェーンステー裏にリアのキャリパーを持ってきています・・・。

 DSC_2589_convert_20190622152942.jpg

 スラムのディレーラーに、8速のスプロケをい選んでいます。という事は前後ろあわせて16速、前回はシングル固定だったが、今回は本気の多段、なんなら奥多摩湖まで行って来い、という勢い。

 DSC_2585_convert_20190622152920.jpg

 ロードレーサーフレームのように最初からそのように作られていない実用車フレームだけに、ワイヤーワークは大変なんだが、なんとかやっていたよ。もちろんサポートは各所に付いたが、彼の深読みの深度はまずまずですねえ・・・。

DSC_2592_convert_20190622152952.jpg

 そこまでコンポ系に気合いを入れたんで、サドルに手抜きなし。

 完成だ。

 DSC_2559_convert_20190622152746.jpg

 ちょうど折しも、当ブログ内の名物兄弟の兄、小林兄が遊びに来ておられました。小径に肉薄する小林兄ですが、もちろんこの車体に注目しないわけはありません。

 最初は欲しくなるからなあ・・・、乗るのはなあ・・・、と言ってましたが、店主の無理矢理サドルおろしで、暫く遊んでいただきまして、さらには値付けに対するアドバイスまでいただきました。

 DSC_2569_convert_20190622152824.jpg

 700Cのホイールを前後に履いて、パーツ各所に手抜きなし、シフトは独創長距離向きのシルバー改造号の完成です。

 ブランド名は清水(キヨミズ)にしようかな・・・。

 まさに飛び降りない限り、こんな車体はできなかったはずだ・・・。二台目にしてお見事!といっていいだろうな。

 店主のその成り行きから、清水から足滑らせて落っこちたと言ってもいい、まあ果敢に飛び込んだわけではないが、とにかく滑って落ちてそれなりの体験はさせてもらいましたな。

 この清水さんの場合は確実に飛び降りたね、まあどこに落ち着くかはいいとして、この飛び降りたという経験は決して無駄にはならない、むしろ何らかの自信につながって行くんじゃないか?と思いますがね。

 DSC_2565_convert_20190622152759.jpg

 自転車にできることってまだまだあるだろうと、思うね。

 第二、第三の清水からの落下生、静かに待っていようかな。

64258052_495949037877208_3101009294435287040_n_convert_20190622005000.jpg
6月23日予定の狸祭は雨の予報のため中止いたします!

六月二十三日 プチ狸祭だよ!



 五月五日には、今年の第一回狸祭を行いまして、多くの方々のご参加をいただきました。ありがとうございました。

 折角、そうした機会を作るなら、イベント慣れをしながら、よりいいものをいい状態でお出しできるようになりたいもんだということで、八月の大祭をにらんで、この六月と、来月七月にも狸祭をやろうといことになりました。

 65389611_2084444138333987_8709772073708290048_n_convert_20190622005130.jpg

 プチ狸祭といっても、けっこうソコソコやりますよー。ただ雨が心配ですね、世は梅雨まっただ中ですからな。

 64884366_2084444075000660_3032588197667274752_n_convert_20190622005029.jpg

 タブカフェさんも来てくれます、といっても店主のアレックスさんは今母国フィリピンに帰っていらっしゃるので、もう一人の店主あゆみさんにやっていただくことになります。

 64833518_2084443901667344_2239706358305783808_n_convert_20190622005011.jpg

 あと前回好評だった、藤木亭の麻婆ご飯もでます、どのくらいの量を作ればいいか?ちょっと悩んでいそうですがね。

 で、今回初めての登場がこれ。

 65112516_2084443971667337_5768147628353126400_n.jpg

 うるち米、餅米をついて割り箸に付けて焼き、その上から甘味噌、クルミ味噌などを塗って、さらに焼いて香ばしくして出します、五平餅であります。長野名物ということですね。

 前膣に、よく練習して、当日は格別においしくしてお出しする、とのことです。

 さて、この店主は何にしようかな・・・?

 64878808_2084444055000662_7223021461470969856_n_convert_20190622005020.jpg

 今回試作してみた、蒸しパンです。強力粉が多かったなあ、オール博力でもいいかもと、今思案中。もう少し小ぶりにしてもいいなあ・・・と形も検討中、そしてゴマが大量に入っていますが、この辺も検討中、もしかしてフェンネルも参入するかもしれません。

 で、もちろん蒸しパンだけではありません、これにあるものを挟んで出そうかと思います。

 そいつは・・・、

 64922737_2084444001667334_990784818440568832_n_convert_20190622005037.jpg

 改めてみるとうまそうだなあ・・・、豚の三枚肉を蒸しパンに挟んでお出しすることを考えています。

 試作して、一個食べたら、基本大変おいしいですね、あとは詳細を検討して、当日向きに値段と味のバランスや、出し方そのものなどもしっかりやっていきたいと思いますので、お楽しみに。

 さて、あとは雨が降らないのを祈るだけかな?

 今月23日、プチ狸祭!お待ちしています!

小三自転車教室



 今日、子狸の小学校で、三年生のための自転車教室というのがあった、警視庁から指導に来ていたんだが、可能な親はボランティア参加ということでの募集もかかっていた。

 そんなわけで、小用を済ませた店主は、後半の校庭内実走の際にボランティアかたがた見に行ったのだった。

 校庭には石灰で道がかかれ、各所にこのような信号機や踏切などが設置され、そのコースに従って実走しながら、自転車のマナーを学ぶということらしい。

 まずは解説に従って、模範走行が行われる。車道側から乗らない、右足から踏む、左右後方確認、車道から歩道へ、再度確認してから車道に、そして最後に踏み切り渡って、終了。

 各所要所に、ボランティアの親が配置され、左右後方確認等の指示をしながら、こども達を順繰りに送っていく。

 IMG_0688_convert_20190620212036.jpg

 生徒全員が自分の自転車を持って参加していたわけだ。

 左右後方確認・・・と。

 まあ、全体としてお決まりの面白くもおかしくもない指導なんであります、まあ警察がやることだからある意味無難で、こんなもんだろうと容易に想像が付く内容なんでありますわ。

 ただ、もう少しなんとかならないのか?と思いますがねえ。

 左右後方確認・・・、全体見てると、そうやれといわれているから、各所のボランティアにそうしろと言われるから、ただやっている、という完全に形骸化した状態なんだよなあ・・・。

 そうした形骸化した状態から、もっとなんとかならないか?思うんであります。

 ただし、この自転車教室内にいいヒントがあったことも確かだった。

IMG_0689_convert_20190620212115.jpg

 この写真、ボランティアから指導を受けている生徒の前を警察官が横切ろうとしているんですね。この警察官は模範走行をしていたんだが、それが終わると、単体で、校庭内の「車道」を普通車として走っていたんだな。

 なので、この普通車が近づくと、必然的に生徒達は注意せざるを得ないわけだ・・・。

 これだよね・・・、これ。

 ボランティアを配置を換えるべきかと思いますな。各所への配置は最低一人でいい、あとはボランティアを自転車に乗せ、普通車として「車道」をドンドン走らせることだ、中には荒い運転、暴走車もいてもいいと思う。

 そういう、実際の交通状況に似た状態を作ることで、「ホラ、後方確認!」「左から来るぞ!」「これが車だったら大けがだ!」という中で、左右後方確認の本来持っている意味を実感させてやる、それがあっての実走教室なんじゃないか?と思うのだ。

 「ホラ、危ない!」「ちゃんと後ろ見て!」と、実走内でどれだけドキッとさせるか?気づかせるか?が、単なるお題目で終わらない、左右後方確認の持っている重要な意味であり、体験なのだ。

 まあ、大変だろうが、もっと工夫が必要だろうね。

 そしてあと一点、多くのこども達がヘルメットを着用していた。そして、警察官の指導の中でも、ヘルメットの着用は重要であるという指摘もあったんだが・・・。

 ただ店主が見るに、7割のヘルメット着用が完全不適切だったんだな。そして、その不適切な装着に対する警察側からの指摘はゼロ、これもヘルメットの努力義務が形骸化している事の証左であろうな、残念ながら。

 具体的には、あごひもが緩すぎ、額丸出し装着、後ろ止め不使用・・・などなど。警察側も知ってか知らずか、全く注意なし・・・。

 気持ちも分かるが・・・。というのは、一人一人のヘルメット装着を完璧にやることが大変手間がかかり難しいからだ。ヘルメットだって複数種類がある、それらをすべて網羅するのはやはり難しいだろうね、現実的には。

 とはいえ、注意喚起くらいしないと、ヘルメットを頭に載せているだけの子達が増えるだけだろうなあ。

 そもそも、ヘルメットのきちんとした装着は、保育園からが必要だ。保護者にその方法を徹底させることから始めないとダメだと思うんだな。

 ただし、やはりとても難しいことだろうねえ。

 自転車安全整備士とかいう資格があるらしいが、OGKカブトら、自転車ヘルメット製造、輸入・販売会社が音頭を取って、行政とタイアップして「ヘルメット安全装着指導師」なる資格でもでっち上げたらどうだろう?

 数時間の講習と、五種類以上のヘルメット装着実習で取れるようにする。以後そうした指導師のいない店での販売は許可しない、ネット販売などもってのほか・・・なんて形式にしたら、この現状のヘルメット載せてるだけ状況から克服できるんじゃないだろうか?なんて夢想するんだが・・・。

 逆にそのくらいしないとダメだろうね。

 まあ、行政のやる事なんて、この程度の形骸化の上塗り、やってます感満載なのは最初から分かってはいるが、工夫できる点が多くあるなら、その辺からまずはできる範囲で改革していくしかあるまい・・・、そして、「ぶっちゃけ」のできる民間(といっても小賢しい民間も多いが)とのタイアップもありかもしれない・・・、いやいや、まだまだ・・・だなあ。アア、歯がゆい。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター