メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ドッペルを少しでも軽くドロップ化?それがなんと・・・



 ドッペルゲンガーの車体。重いですねえ。折りたたみになっています。だから通常のパイプじゃない、そんなところも重さの一因かも知れませんが、とにかく重い。

 こいつをドロップ化・・・して欲しいと。もちろんやりますが、軽くもできれば・・・という事で。

 ドロップ化は可能だが、どのくらい軽くできるか?はまあ、多少・・・という程度だと思いますよ、と最初に断っておく。

 DSC_1259_convert_20171017223839.jpg

 このフラットバーをドロップにね。毎度同じだが、ハンドルの形状が変わるだけではない。それに伴って変わるところも多数ある、それを称してドミノ倒しという。

 DSC_1207_convert_20171017223627.jpg

 はい、ステムからハンドルから変わってドロップ化完了です。

 DSC_1208_convert_20171017223638.jpg

 これが意外と似合うんだよね、この車体に。ハンドルもステムもアルミにしてます、軽量化。後は手元変則、7速のSTIこれが不足無し。さすがシマノ。

 DSC_1261_convert_20171017223901.jpg

 引きシロが変わりますから、まずリアのVブレーキはショートに変えないとね。

 DSC_1210_convert_20171017223704.jpg

 これがまたよく効くこと。ソラV最高だわ。

 DSC_1260_convert_20171017223849.jpg

 前はディスクなんだが、これも引きソロが違うので、ロード系のキャリパーへ変更。効くのは圧倒的にリア、というアンバランスになったが・・・。

 DSC_1209_convert_20171017223652.jpg

 なんか最近、同じようなことはやったな。大体、ある改造が公表されると、俺も俺もという、続きが出て来るという傾向は大いにある。

 DSC_1256_convert_20171017223801.jpg

 後フロントが二枚になったので、こいつじゃまずい・・・、重いしね。

 DSC_1212_convert_20171017223725.jpg

 フロントメカもSTI仕様にして、

 DSC_1211_convert_20171017223714.jpg

 前クランクをターニーの二枚へ。これが見た目そんなに悪くないでしょ?あまり近づかないことを条件に・・・。

DSC_1257_convert_20171017223815.jpg

 リアは主な変更はないものの・・・。

 DSC_1213_convert_20171017223736.jpg

 ワイヤーと変な鉄柵は外しておいた。

 DSC_1258_convert_20171017223828.jpg

 この荷台と、荷台の付いているサドルとピラーも重そうだ、外して交換!

DSC_1206_convert_20171017223616.jpg

 ちょっとスッキリするねえ・・・。驚くほどは軽くはならないものの、チッター軽くはなったかな?という感じ。

DSC_1204_convert_20171017223607.jpg

 でできたのがこれなんだが・・・決して見た目悪くないでしょ?

 むしろ変にかっこいい・・・。

 そして、驚いたことに、乗り味も悪くねーんだよね・・・。ある種重さがいい、登りはしたくはないが、平地で踏むにはいい、小さいフレームが好みだからかな?

 理由はわからないが、こいつは改造して良かったわね。同じ値段のクロスバイクには絶対にない、独特な自転車ができあがったといってもいいだろうな。

 ドッペルといえば、メチャメチャ評判のいい自転車とは言い難い、むしろ・・・。なんだが、この改造は大成功だと思う。多分だが、相当・・・はまるよ、きっとね。

 この手の改造は一体何台やったか知らんが、まだまだ、実はわからないことだらけだよね。奥深い・・・、自分たちでやっていながら、そう思う・・・。
スポンサーサイト

ブル兵衛さん達へ



 ホイールの組み替えのご依頼です。よくあるご依頼なんだが、今回は出所が違う。

 なんと、ブルベ参加者、通称ブル兵衛による依頼なのであります。

 まあ、いろんな考え方があると思いますが、よくやるよ・・・の一言であります。店主は参加経験ありませんが、どうも300キロ前後で、その様相はガラリと変わるのではないか?と思います。

 それは睡眠時間との関わり・・・ではないか?なんて思います。300キロまでは勢いでなんとかいけても、それ以上になると、どうしても睡眠管理の問題が出てくるでしょ?

 自転車で居眠り運転がある・・・というのも、ブル兵衛達の証言でありますな。

 DSC_1195_convert_20171017182246.jpg

 彼らにとっての優先順位は何か?というと、軽さ・・・ではない、耐久性しかり、強度しかり・・・つまりはトラブルフリーであることだと思いますね。まず頑丈で長持ち、これが一番なのでは無いかな?

 ということで、そんなブル兵衛達の要望にどう答えられるか?なんてトライアルも、手組屋としてやりがいはありますな。例えば、これは六本取りという組み方がされています。

 あるスポークを取って、そのスポークの6本目と交叉させるというやり方です。裾野が開くために直でリムに取り付けられる、ラジアル組よりも強度は上がるでしょう。

なれば・・・、ここを変えて組めば6本取りよりも、強度が上がる組み方もあるんじゃないのか?それすなわち、8本取りというやつね。

 こいつは8本目と交叉するので、より裾野が広がります、その分スポークは長くなるので、重量は増しますが、先の定義からして、重量よりも強度と耐久性ということを考えたら、こちらの方が向いているんじゃないか?なんて思いますね。

 DSC_1197_convert_20171017182255.jpg

 ハブだけ摘出します。ハブダイナモでやんの・・・。ハブダイナモは通常のハブよりも回転に抵抗があるため、振れ取りには向かない・・・。自然回転になろうとするとピタリと止まってしまう・・・、ある意味やっかいなんだが・・・。

 DSC_1198_convert_20171017182304.jpg

 さて、耐久性のあるホイールを組む、トラブルフリーのホイールにする工夫として考えたのが、こいつ。二種類のニップルがあります。

 左は通常のニップル、右はロングニップルと言われるものです。

 DSC_1199_convert_20171017182313.jpg

 通常ニップルは測ると12ミリ。

 DSC_1200_convert_20171017182328.jpg

 一方ロングニップルは16ミリある。4ミリロングニップルの方が長い。

 内部構造は、通常ニップルは約7ミリのねじ山、ロングは10ミリと3ミリほど長いことが判明・・・という事は?この長さを利用して、トラブルフリーにつなげることはできないか?と考えるわけであります。

 7ミリでスポークを固定するのと10ミリで固定するのでは、強度は後者が上がるはず。そのために?

 DSC_1201_convert_20171017182336.jpg

 スポークのねじ山を長く設定する、というのはありだよね。これはスポークカッターなんだが、ここでねじ山の長さを調整できるんですね。

DSC_1202_convert_20171017182343.jpg

 このスポーク。このロング部分を、できればしっかりニップルに潜り込ませたいわけであります。

 DSC_1237_convert_20171017183715.jpg

 ロングニップルになると外周は重くなりますが、先の定義上、重さよりも強度、耐久性、そしてトラブルフリーなんであります。

 DSC_1238_convert_20171017183724.jpg

 組み終わった後上からのぞくと、しっかりニップルよりスポークの頭が飛び出ています。つまりねじ山部分ほぼすべてニップルに収まっているというわけで、これが強度と耐久性に結びつくんじゃないのか?と思いますね。

 DSC_1303_convert_20171017183748.jpg

 それと組み方も8本取り、ある一本のスポークから、8本目と交叉している、よーく見るとわかります。ほぼ、ハブの真西と真東で交叉されていますね。

 DSC_1236_convert_20171017182354.jpg

 長い交叉をなじみを出しながら組んだので、交差点の黒スポーク部分がはげています。走る前から、鍛えられています。

 DSC_1241_convert_20171017183733.jpg

 回転に抵抗があるので、ケッパなら取るような極小の振れは取り切れませんが、レースの精度よりも耐久性!という事ではこれでいいのではないか?などと思いますね。

 後は実戦投入で、どのような結果をもたらすか?であります。今までの経験上これなら、丈夫でトラブルは起きにくいであろう、という推測で作っているので、試されるのは、これからであります。

 本番が10月の終わりというので、それまで試走して、振れなどを見ながら、本番へという事になるでありましょう。いい緊張感ですねえ・・・、こういうことを通じて、ブル兵衛達から、信任を得られるよう、努力しないと・・・ね。

クランク交換 工具作りから・・・



 この自転車のクランク、BBの交換の依頼が来たんですが。

 DSC_1283_convert_20171015183424.jpg

 ラバネロですか・・・、柳さんと店主の共通の師匠にあたる方の作ですね。ちょいと緊張・・・。

 DSC_1284_convert_20171015183432.jpg

 このアルテグラクランク、BBはの形式。まあ外して交換して・・・という段取りのはずだったのだが。

 DSC_1285_convert_20171015183440.jpg

 さて、このBBを外しましょうと、工具をはめると、これが動かない・・・。こんなことはよくあることですね。

 そういう場合は、別のセレーションにある鍛造工具を突っ込んで、モンキーレンチを引っかけてこじ開ける・・・というのが定番ですが。

 このBBのどこを見ても、これ以外の工具が使える引っかけ部分がない・・・、ということは。この工具で外すしかないという事なんであります。

 実は、正確にはあったんですが、上のように複数爪を一度に引っかけるのではなく、その中の1つの爪にかける形式のものしか無かったんであります。そんな1つ爪のところに過大なトルクをかけたりしたら、その引っかけ部分だけが崩れたり割れたりと破損することは目に見えていますので、それはやりません。

 であれば、延長かまして・・・という手もあるが・・・。

 DSC_1287_convert_20171015183450.jpg

 つまりこのような延長棒をこの工具にはめて、テコを利用して外すというやり方なんだが、どう見てもいつも使うこの延長棒に、この工具を適応することはできない・・・。他の手を考えないと・・・。

 DSC_1289_convert_20171015183501.jpg

 当店のアチコチに置いてある、単管パイプの一部をつぶします。あれ建材だけに強いし固いよねえ・・・。それでもめげずに、万力でつぶしていいきます。

 万力自体は頑丈だが、それを締めていく鉄棒が弱いので、既に緩いS字状態になってしまっています。

 このようにできる限りつぶして、先の工具を当ててみると、やはり入らない・・・残念。ここが入れば、これを延長として使えるんだが・・・。

 でも元元この32ミリのレンチ部分はヘッドパーツを固定するための専用工具なんであります。同じ径のレンチを上下に仕掛けてダブルナット形式でエイヤ、と締める、そのためだけの工具なんであります。

 ということは?

 そう、あまりトルクのかからない、工具、レンチということも言えるんであります、という事は?

 DSC_1290_convert_20171015183511.jpg

 出っ張り部分の少々を削っても、今後の施工にはほとんど問題が無い!ということでしょう!なれば、削りましょう!

DSC_1291_convert_20171015183519.jpg

 イエーイ!できたぜ!これだけでもいいんだが、このBB回りのようなトルクのかかる施工に関しては、多少力に余裕が合った方が、着脱しやすいんだよね。ちょっとの力をテコで数倍化して、それを微妙に行使する・・・というイメージかな?

 DSC_1292_convert_20171015183528.jpg

 とまあ、こんないつもの延長棒も接続できる、という事ね。それで早速外しにかかったんですが・・・。

 本当少量の力で、しかも静かにスーッルと回ってくれました、イメージ通り!

 スクエアテーパーものは昔から、今でもありまして、時代は変わって今の主流はホローテックⅡ。こいつも登場してもうかなり長い時間が経ちましたが、その間にあったオクタリンクものは77デュラ時代のみで、装着期間が大変短く、従って、施工例も少ないので、こうしたエマージェンシーの際の特殊工具なんていうのは今まで作る必要が無かったんですね。なんとか着脱できていたんであります。

 でも内心、もし外せないときには・・・と思っていたのが、今回のこれで、ついであったとしても、体制は整ったので、ちょっとうれしいねえ、というかだいぶうれしい・・・。

 店としては、できれば何でも来なさい!というところにいたいよね、現状ではまだまだなんだが・・・。

 DSC_1293_convert_20171015183539.jpg

 外れた後をタッピングします。これはもう儀式のようなものね。次の施工を楽にするために保険のようなもんだ。

 DSC_1294_convert_20171015183547.jpg

 次のものがホローテックⅡなので、フェイシングしておこう。

 DSC_1296_convert_20171015183555.jpg

 フィルウッズという、高級パーツメーカーといっていいだろうね、そこでもこのタイプのBB作っているのね。やっぱり持った感じなどもいいしっとり感というかズッシリ感といいますかね、素材が違うわ・・・と思います。

 DSC_1297_convert_20171015183608.jpg

 そいつをつけて、後に78デュラのとりつけ完了となったわけであります。この頃まではアルミの地金が良かったよね、その後から何というか、ミラーマンやシルバー仮面の戦隊もののイメージがデュラには付いているように感じますね、そして今もそれが続いている。

 DSC_1299_convert_20171015183617.jpg

 一見何が変わったの?という見立てだが・・・、そうあまり大したことはしていない。

 ただし、それまで確立していなかった対策に対して、対処法ができたという意味では、ショップとしてはデカイ仕事だ、という事は言えますね・・・、これでもなんだがな。

小技・・・だな でも誇っていいかも・・・



 文鎮のような左クランク、アルテグラね。でもこいつが軽い・・・。自転車の高級パーツというのはまあ、奇跡的だよな、と思います。

 軽いのに耐久性がある・・・。軽いのに固い・・・。頑丈なものは耐久性があり、頑丈だけに重い・・・という事は通常でありましょう。

 また重くても柔らかい鉛のようなものはあれど、一定の固さにはそれなりの重量が必要のように思われるが、その予想を遙かに超えて軽い・・・。各社、上位クラスのものはすごいもん作っているなあ・・・と思いますね。

 そんな左クランクだけの持ち込みということは?

 DSC_1196_convert_20171014204308.jpg

 ペダルのねじ山が崩れている。聞いてみると、ちゃんとメダルをはめ込んでない状態で、長いこと使っていたという事だった。

 さしものアルテのネジ土手も人の体重がかかってこじられた日には、ひとたまりも無かったということだろう。ある意味よくあるはなしだ。ちなみに七千円くらい出せば、即左クランクのみの購入もできるところが、シマノの偉大なところ。

※他のメーカーも多分可能かと思うが、「即」できるか?ショップとして発注しやすいかどうか?という点シマノは抜きんでている、と思われる。

 まあ、それで一件落着なんだが、他に修理する方法はあるのか?というと、あるんで、あります!

 DSC_1197_convert_20171014204318.jpg

 修正用のタップがこの世にあるんですから、うれしいねえ。もちろんマイナー中のマイナー工具なんだが・・・。クランクをしっかり固定して、こいつを使って、まずはねじ山を平らにするところから始めます。

 これが時間かかる。さすがアルテアルミだから、固いんだろうと思うがね。これが安いアルミクランクだと、スルスル・・・と回る分、立ったネジ山にエッジのない、二三回ねじ込めば、すぐにボロボロ状態になってしまうだろうな。

 そういう点では安心なんだが、背中に汗がにじみ出るほど、上から圧をかけながらの回し作業が続く。

DSC_1198_convert_20171014204329.jpg

 先端のリーマーによって、ねじ山の崩れたラインが粉となって、内部をツルツルの無垢の状態にしていくようだ。ようやくそれが終わると、リーマーの後に待機しているタップがゆっくりと回り込んでいく。

 DSC_1199_convert_20171014204340.jpg

 筋状の切り子が見えていると思うが、いい素材にタップを切るというのは実にいい気分なのだ、シュルといういい抵抗感、よく研いだ包丁でリンゴの皮がスルスルむけていく感じかな?リーマーで辛抱した甲斐があるというもんだ。

DSC_1200_convert_20171014204351.jpg

 ヨーシ!キレイに切れたぞ!

 っと・・・まてよ。元のペダルのネジ山を更地にして、その上から再度ネジ山切ったとすると、ネジの径が一回りデカくなっているはず・・・。そうなのだ!これではもう一般規格のペダルは装着できなくなる・・・というわけだ。確かにね。

 DSC_1202_convert_20171014204403.jpg

 そこでこういうものを使う。リコイルというやつだ。先程切った一回り大きなねじ山は、このリコイルと入れるためのねじ山だったのだよ。

 DSC_1204_convert_20171014204415.jpg

 このように回し入れていくと・・・。

DSC_1208_convert_20171014204442.jpg

 これが次のねじ山となって、ペダルを迎え入れることとなる。

 DSC_1207_convert_20171014204426.jpg

 これが裏ね。ペダルを入れるときには、後ろから指で固定しながらゆっくり回していけば、まったく問題なくついた。もちろんガタもない、これでまた普通に使えるようになる。

 片側クランクを買い換えるより半値以下で治すことができる、というわけだ!

 こんな小技も、愛着のあるパーツに対しては、非常に重要な再生技術といえるだろうね、ちょいと珍しい工具と、根気・体力があれば可能である、という事はいえますがね。

 と、こんな作業を工房でしている脇に、こんなものが・・・

DSC_1210_convert_20171014204518.jpg

 ジャポニカ学習帳!懐かしい・・・。店主がガキの頃からあった。ちょっと高いが、作りが頑丈で糸がほつれて、紙がバラバラになったことがない、これと当時一本百円もした三菱鉛筆のユニとハイユニというのがあったが、子供でもその使い勝手の良さがわかったもんだ。でもなんでこんなもんが工房にあるの?

 DSC_1212_convert_20171014204533.jpg

 その脇に宿題をする子狸がいた。母、祖母が外で働いていたりすると、二階に人がいない。さみしいんだか、怖いんだかで、下に降りてきては、アチコチで宿題をやっている。

 店主は心の底で、密かにいいぞ子狸!と思っている。

 机がないから、自分の部屋がないから勉強しない、なんていうのはそれ以前の問題でそうなっているに過ぎない。だから後から机を与えても、自分の部屋を与えても、当然勉強などしないのだ。勉強をしない=親のいやがることわざとする、この構図がわからない親は、さらに勉強しろ!塾に行け!と小言と無駄な投資をすることになる。

 問題なのはなぜ、子供がわざと親のいやがることをするのか?その理由のはずなのにね。

 親としてやらねばならぬことをしっかりやりぬくこと、そして、親として絶対にしてはならないことを絶対にやらないこと、これが二大鉄則なのだと思う。この2つの鉄則の間には、親としてやってもいいし、やらなくてもいいことが無数にあるようだが。

 だから、この2つの鉄則を守っていれば、子供はいつどこでだって、どんな条件だって勉学するはずだ。そして勉学自身の論理を身につけた奴らから、自ら率先して学問していくだろう・・・と思う。

 反転するに、お前こそ、その二大鉄則とやらをしっかりまもってくれよ!とこの小さい背中は語っているように、見える。

 緊張するぜ、父ちゃんもどうしようもない大人の一人なんだがな・・・。
 
 「子供は黙って人権宣言」藤原新也

すさまじい伸びしろ・・・かもしれない・・・



 用件は、自落してしまい(自分でこけること、人を巻き込まない、最も健全な落車でもある)、フロントホイールを曲げてしまった、どうにかならないか?という事だったんだが。

 聞いてみると、とにかく中古値段と折り合いが付いたんで、購入。走るのも実に楽しい、そして装備に関する仕事の関係上、自転車自体に対しても、大変関心があるようだった。

 乗ることといじることの両立、つまり両方好きというのは、ロード乗りにはかつては珍しくなかったが、今はどうか知らない。

 ホホー・・・来たか。

 まずは、ホイール治さないと走ることもできない。

 DSC_1154_convert_20171013203758.jpg

 ボントレガーの変則組ホイールだったんだが、ハブは使えそうなので、摘出。それをもとに組み付けるが、なんとホール数が20という、手組にはなかなかありそうにないリムなんだが、しっかりそういうものも確保しております!

DSC_1176_convert_20171013203929.jpg

 TNIが出しているホイールに20hなんていうのがある。それで組み直すが、その際・・・、

 DSC_1177_convert_20171013203938.jpg

 強度のことを考えて、ラジアル組にするのはやめた。4本取り(交叉)で組み直す。ただ、元々変則組用の専用ハブなので、ホールの位置が均等間隔に無いことが発覚・・・、まあ結局調整でなんとか行けたが、世話のかかる完組用ハブだよね。

 後は、これでも街道に戻せるんだが・・・。

 DSC_1157_convert_20171013203827.jpg

 きたねーぞ・・・。装備に関心があるだけに注油などはしているようだが、洗浄の仕方がわからないらしく、オイルが埃を呼び、さらにかけたオイルがさらにさらに埃を呼び既にグリス化しているではないか・・・。まあよくある話なんだが。

 装備好きなら、この辺徹底洗浄して、洗浄前後の乗り味の違いなんかをしっかり体感してもらおうじゃない・・・という事で、洗浄開始!

DSC_1159_convert_20171013203835.jpg

 これでも風呂上がりに見えるから、それはそれはひどかった・・・。

 DSC_1160_convert_20171013203843.jpg

 このスプロケはスラム製だったな、バラけが緩い、毛足の長いブラシが必要だわな。

 DSC_1161_convert_20171013203852.jpg

 クランクからリアディレーラーのプーリーまで・・・、自分の自転車だってやらねえぞ!というくらい、大変洗い甲斐のあるはパーツ類なのであった。

 DSC_1183_convert_20171013204002.jpg

 新車とまでは行かないが、それに準ずるきれいさだぞ!

DSC_1184_convert_20171013204010.jpg

 お互いキレイもの同士になって、食いつきもいい。ちょっといいチェーンオイルを垂らすと、回りがまるっきり違う、ギア二枚は軽くなる。

 とまあ、通常なら、これでお返しするが・・・。少しポジションをいじる。

 DSC_1162_convert_20171013203901.jpg

 なんじゃこのサドル位置は?もしマジでこうせざるを得ないなら、フレームを二回り小さいのにしないとダメじゃない?

 DSC_1182_convert_20171013203953.jpg

 まずはこの位置で、ドッシリと乗ってみよう!

 DSC_1163_convert_20171013203910.jpg

 まあ、これでハンドル位置は高いくはないが、まあ男の子だし、ちょっとこの辺もトライしてみよう!

DSC_1180_convert_20171013203945.jpg

 大体、購入してから、そのまま乗っていただけなら、つまりギリギリ行くまでのポジションを試していないのだとすれば、このくらいの変化はもしかして、何のことはないかもしれない。今まだ大半がそうだった。多くは、アア、この方が乗りやすい・・・という展開だね。

 なので、ポジションをいじったが、ちょいとこれで試してみてくれ。

 と、普通なら、ここで返して終わりなんだが・・・。

 DSC_1185_convert_20171013204019.jpg

 2つ宿題を出しておこうか?マジで踏んでみると、このブレーキの制動ではたぶん足りないんじゃないか?と思う。見通しのいい下りで60キロは出して、ブレーキングしてみてくれ・・・。

 DSC_1186_convert_20171013204028.jpg

 あと、この型のSTI、ツーリングにならなんの不自由もないが、ひとたびレースを意識するような走りをするなら、使い続けてはいけません。

 こいつの最大の欠点を言いましょう。下ハンドル握ってからの、シフトアップができない、という致命的欠陥があります。まあ、新しい型には入っていないので、これからの人は心配することはありませんが、旧型のこれを使っている方、そういう欠陥のあるSTIですので、競技系に入るときには交換すべきか?と思います。

 という事で、この2点、検討してみてください。

 DSC_1156_convert_20171013203819.jpg

 天下のトレックのアルミですんで、組付けによってはかなりいける。なので、イロイロ調べて勉強してみてください。

 DSC_1173_convert_20171013203920.jpg

 この自転車も、乗る人も、まだまだ伸びしろがある。今後の展開は楽しみであります。どう変化していくんだろうね?元柔道選手、強靱な上半身を使った走り・・・なんて言うのもありだろうなあ・・・、ウンウン・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター