メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

十年ぶりかな?



 今を去る十年前にやってきて、当店でドロップ化をしたという自転車です。

100805_20201125214407da5.jpg

 でもって、施工内容を記したブログの記事はコチラになります。

DSC_3927_convert_20201125212721.jpg

 ジャイアントの名作というか、大ボリュームゾーンとして作られました車体、
DSC_3925_convert_20201125212734.jpg

 エスケイプであります。この車種のドロップ化はよくやった・・・と思います。

 DSC_3929_convert_20201125212711.jpg

 ほぼ十年目にしての総メンテの依頼、ワイヤー交換しましたよ。しかしドロップ化していながらも、

DSC_3936_convert_20201125212625.jpg

 カゴが付いていて、世帯ずれしている感じがまた面白い。

DSC_3931_convert_20201125212700.jpg

 ブレーキもほとんど効かなかったが、シューを交換。

DSC_3933_convert_20201125212647.jpg

 8速のチェーン交換、十年変えていないとなると、スプロケも心配ということで、

DSC_3934_convert_20201125212636.jpg

 これも交換、少し最近の傾向を入れて、大きめの歯を入れましょう。

DSC_3921_convert_20201125212744.jpg

 最初はわからなかったんですが、いかにも当店がやりそうな施工だなあ・・・とは思っていたんですが、持ってこられた方には気づかなかったんですね。

 お名前を伺って、はじめてわかった。十年の月日は、長い髪をショートカットにしてしまい、マスク越しの面影では気づかなくさせていたということだった。

 そういえば・・・と、格闘家だった旦那さんの最近のご様子、ストレスフルだった仕事からの解放と今、なんて話も聞かせていただきましたね。

 とりあえずは、お元気で何よりでした。

 あれから店も二回移動して、それでも覚えていていただき、来て、仕事の依頼までいただける・・・、ありがたいことであります。

 これでまた直ったんで、次の十年?・・・より手前でまたおいでください!
スポンサーサイト



随分手を入れている・・・なあ



 この距離から見ても随分いじっている感が伝わってくる。

DSC_3904_convert_20201124232053.jpg

 どこかの大手のオリジナル自転車でしょ?通常可もなく不可もなく・・・というのがこの手なんだが。

 DSC_3912_convert_20201124231958.jpg

 通常この手のアルミ自転車には、Vブレーキがついているが、まさかのカンチブレーキ。後ろブレーキがこれなのに、

 更に前は

DSC_3903_convert_20201124232103.jpg

 いかにも弄りました、というようにディスクブレーキで攻めています。多分フォーク交換もしたんでしょう。複雑なヘッド周り、仮に偶然合ったとしても、大したもんだよね。

DSC_3917_convert_20201124231938.jpg

 なんちゃってだが、スパイダーもどきが付いている、

DSC_3915_convert_20201124231949.jpg

 この古いぶっ飛び系の完組も、もちろん最初から付いていたもんでは、ないだろうね。

 DSC_3907_convert_20201124232034.jpg

 で、今回の依頼は、このシフトワイヤーの角度をより下の方へ向けられないか?という依頼。

DSC_3909_convert_20201124232026.jpg

 通常ならバナナという金具を流用するんだが、これは別金具をちょっといじって取り付けてある。別のものなんかはよりフレキシブルに使えそうなものもありそうだよね。開発の余地はある。

 で、なんでこんな改造が必要か?というと、

DSC_3910_convert_20201124232018.jpg

 これ、真ん中の四角がアダプターになっていて、ここにカメラを入れるバッグを取り付けるという。

 DSC_3906_convert_20201124232043.jpg

 そのままでは左右から出ているシフトワイヤーを折るようにカメラバッグが装着されてしまうので、それではシフトに影響が出るだろうということで、こうしたバッグを避けるための下向け作戦のために、バナナ風の金具を使ったというわけなのだ。

 DSC_3911_convert_20201124232007.jpg

 これで極端なシフトワイヤーへの負荷はかからないと思われますね。

 というわけで、しっかりロケハンやって、いい写真を撮って欲しいですね。自転車だから撮れる写真てあるんだろうなあ、かつて、その話を先日亡くなった鬼海さんにそんな話をむけてみたことがあった。

 イヤイヤ、僕の場合、写真ていうのは歩いての速度なんだよね、だから自転車じゃない・・・。

 ある種そっけない返事ではあった。いや、でも退院してきたら、この話は継続案件だ・・・と密かに思っていたんだが
、それも叶わぬこととなった。

 なれば、さしたる身勝手な期待は横において、自転車で写真を撮りに行く方の支援を静かにやるしかない。そこからまた何かが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないからね。

今月末 28日土曜日 狸八化け際 やるんだって!



 コロナがひどくなっているんだか、人が緩んでいるんだか、なんだかわからん状態が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 コロナをきっかけに同じ敷地内に開いた狸市は、近所の一部の通報などにより、より鍛えられ、ブラッシュアップの日々となっています。

 薪ストーブが全くついていなのに、臭いと通報され、警察がやってくる。このとおり何も火の気ありませんよね、おかえりください・・・てなもんで、ご近所の警官とは顔見知りになってしまった。

 まあ、夜になっても人気があるなんて、防犯上は決して悪くはないであろう、ブラックリストからちょっとさし引いてグレーリストには入っているだろうなあと、でもまあ、何をやらかすにも、こういうことは起きるもんなので、通報よろしく、より良き状況目指していくしかないわけで・・・。

 そんな中でのイベント情報です。

 当方出入りの芸人さんたちで、そちら主導で色々持ちかけてきてくれて、賑やかな限り、てなもんで11月の28日昼から緩っと、こんなイベントをやりますので、皆さん適度な距離を保ちながら、楽しんでいただけましたら、嬉しいですわ。

 六種の芸人さんたちと、模擬店など、小声で賑やかにやりましょう。外あけで、風通し良くしてね。

 ちょいと一人ばかり紹介しておくか?

 招待芸人さんの候補を上げられている時、ちょいと動画を見せてもらってぶったまげたのが、

123437709_1300995146902241_758450011048117599_n_convert_20201123231504.jpg

 このお方、タブレット純さんではありません。大阪からわざわざ来てくれるジョンソンツーさんという方。

 こいつはヤバイです。

こkRE彼自身のサイトなので、のぞいてみてください。
 

 子どもがまだ言葉もおぼえないうちに、メチャクチャな歌詞で歌っている、アレってもう歌わざるを得ない、音楽への、歌への内発的な渇望というか欲求に近いもんだと、思うんだが、それをいい大人がやっている。

 もうメチャクチャな言葉で・・・音楽に絡んでいくその様は、もう人間という動物が音楽というものに出逢わざるを得なかったその必然の瞬間というものを彼を通じて感じることになる、と思うよ。

 ということで、他にも癖あり芸人たちが、楽しい時間を彩ってくれるはず・・・、ぜひ、御用とお急ぎでない方は、お寄りください!

 

マイナーブレイクの予兆か?内装三段固定ギア



 こんな形で入ってきたのが、3月頃だったか?

 どうにかのれるように・・・ということで、

DSC_9097_convert_20200322203325_20201123103650fe9.jpg

 ホイールのWO化なんかしたり、似たような古めのパーツを使ったりしながら、なんとか形にしたのこれ。

 そして、今回こいつの大々的な改造依頼となったのだ。

 DSC_3856_convert_20201122230441.jpg

 これだ!

 やけにシンプルになっている・・・。そう、固定化ね。でもタダの固定化ではない・・・。

DSC_3857_convert_20201122230432.jpg

 ジャーン!!!!ようやく時代が付いてきたのか?スターメーアーチャーの内装三段固定ギアへの大大改造であったのである。

 もちろん、

DSC_3859_convert_20201122230422.jpg

 別リムで、一本このハブでホイールを組まないといけない・・・、そこが面倒といえば面倒なんだが、逆にそれさえできれば、あとはワイヤーを引くだけ。

 そもそも、

DSC_3864_convert_20201122230355.jpg

 この車体自体はロードなので、ワイヤーを張りやすくできている。純正ピストは、それは大変だ・・・、NJSなんてワイヤーを想定していないので、なんのダボも付けられていない。その点、ロードエンドのロードフレームは楽だよね。ある種変幻自在のフレームとも言える。ただ、踏み込む力によってホイールが曲がったりもするが。

 理想的には正爪にディレーラーハンガーがあるタイプが最強かもな。物理的にホイールずれないしね。

 そんでもって、このスターメーの三段は、このもともとついていたWレバーを利用している。フリクションというのも最強だ、乗り手が慣れればほぼなんでも可だからね。

 DSC_3860_convert_20201122230414.jpg

 クランクはインナーだけ抜いて流用。ギア比だが、2.4、1.8、1.5となる。

 住んでいるところが、盆地なんで、どこ行くにも上りがあるということで、低め設定。

 あと実はもう一つ二つひねりを加えようともしたんだが・・・、まずは固定初心者ということで、右も左もわからない、まずはシングルで固定に慣れることを主目的として、一台組もうということになった。

 前二枚の後ろ一枚でテンショナーつけようか?なんて話も、また前後とも二枚のあの例の形式も考えたんだがねえ。

 DSC_3867_convert_20201122230346.jpg

 ハンドル周りは当然そのまんま、流用。

DSC_3868_convert_20201122230321.jpg

 フロントホイールも、そのまんま、しかし

DSC_3869_convert_20201122230309.jpg

 ラージフランジ・・・見た目もいいねえ、強度もいいんだろうな。

DSC_3870_convert_20201122230300.jpg

 サドルは持ち込みでこれに交換。

 でできたのがこいつ!

DSC_3855_convert_20201122230451.jpg

 シンプルながら、ちょっと仕掛けがある、いいんじゃないの?これでちょっとした山岳を登ったり下ったりもできる。そしてだ、それに基づいて、より山岳向きだったり汎用向きだったりと、ギア比の設定を考えて仕掛けることもできる、まずはそのための試乗車のようでもある。

 先日も名だたるカーボン軍団がドドッと店前を通り過ぎていったが、アレなんか見ると当店は時代に逆行しているのかな?とフト思うこともなくはないが、イエイエ、逆行だなんてそんな強固な信念などございません、時代脇目に遊んでいるだけなのかもしれませんな。

 そういう不真面目な視点から見ると、メーカー主導の既製品だけでなく、もっと遊んでもいいんじゃない?なんてね、自転車なんて車検ないんだぜ・・・、もっと自由に発想豊かに遊べばいいのに、とも思わなくもない。

 こんな自転車で山岳踏んでいたら、カーボン車体に乗り換えていた時その真価が解るんじゃないかな?なんて思いますな。機材という外部で強くなった気になるのではなく、自分の中からうまく、強くなること、これも重要ではないか?と思うんですがね。

 とまあ、そんなことなんかより、また一台変な自転車ができてしまったことで、それが面白い!それ乗る人がまたその面白さをどこかで振りまいてくれるだろうな、とも思えるわけで、この静かな内装三段固定ギアブーム?がほそぼそでも続いてくれればいいなあ、と仕掛け人としては思うわけであります。

クロスは「ロード」化よりもグラベル化?



 今を去る五年ほど前に持ってこられたクロスバイクのフレーム、こいつを自力で加工してある自転車に改造したとういことなんだな。

 20151030_154849_772_convert_20151031005844_20201121184019ac8.jpg

 当店の電気回りでお世話になったYさん。流石に手の仕事だけあって、自力でかなり自転車に接近できる。あと、裏技が折り紙という別の隠し技も持っているそうだ。

 このちょっと凝ってはいるが、まあどこにでもありそうなクロスバイクを自分なりに改造してしまった。

 DSC_3839_convert_20201121175453.jpg

 まず、剥離して磨いていしまった。反省点は色々有るようだが、かなり大したもんだよね。

DSC_3840_convert_20201121175445.jpg

 アルミの金属感が満々と出ている、インゴットのようだ。

DSC_3850_convert_20201121175352.jpg

 金属好きにはたまんないだろうなあ。でもよくここまで剥いて、磨いたよね。

 でもこの方、磨きは剥きから始まるということはわかっているようだ。確かに塗装は下地がものをいうように、磨きは剥きをごまかすことはできない。なので、大森社長も剥きに大変こだわる。ちなみに、大森社長、酸性の剥離剤をたいへん嫌う・・・ということは付け加えていいことだろうな。

 で、磨いたあと、アリモノで組んだそうだが、それがとても面白かったとか。そういう自転車組みの面白さをもっと伝えて行ければいいと思う。

 統一コンポでポン組みだけじゃあ、面白くない。せっかくオークションやメルカリなんかで、中古品が縦横無尽に飛び交う世の中になってきたんだから、アリモノ組み、偶然の組み合わせの妙のような楽しみもぜひ堪能してもらいたいもんだ。

 そのための尻拭いなら、いつでも来い!なのだ!

DSC_3842_convert_20201121175436.jpg

 こいつは乗っていた、ロードのクランクを取り替えて余ったもんを付けたな。

DSC_3849_convert_20201121175401.jpg

 よくやったと思うのが、これ、フォークね。これはフェルトと書かれているので全く別の車体から持ってきたものに違いない。それにしてもよくヘッドパーツを合わせたね・・・。この辺は偶然なのかどうかはわからないが、玄人でもちょっと大変なとこだよね。

 DSC_3845_convert_20201121175419.jpg

 いかにもアリモノ的なテクトロブレーキ。そのまんまって感じ。

 DSC_3847_convert_20201121175410.jpg

 この角度からだとわかりにくいが、STIを見ると外に開いたドロップであることが解る、つまり昔でいうランドナー・・・というよリは、今風のグラベルロードをイメージして作られているとも言えるようだ。

 実際秦野あたりを走れば、林道なんてあちこちに有る、そうなると、入ってみたくもなるよね、そこでもどきながら作ったのが、これだという、いいねえ、買うんじゃなくて、作る!

DSC_3843_convert_20201121175427.jpg

 これはほぼ唯一グラベル専用ディレーラーだな。

 もちろんこういう一台を乗ることによって、専用に作られた専門車体のグラベルの良さというのも解るだろう。

 DSC_3835_convert_20201121175503.jpg

 なんか、無骨にカッコイイ寄せ集め号だよね。スケルトンなんかもグラベルに向いているんじゃない?

 ということで、高額の銭を出して買ったロードよりも、何かこっちに愛着を感じてしまう、なんていう気持ちも実によく解るというもんだ。

 ここまで自分で作らなくても、自分が考えて、手持ちのパーツ類プラスαで、イメージ通りの自転車を作るということ自体、大変夢の有ることだよね、とおもう。

 そういう、アリモノ車体を作る愛好者がドンドン増えていく、それもまた、自転車文化自体の成熟化に繋がっていくだろう、と思うねえ、そういう意味で尻拭い大歓迎なのだ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター