メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

どうしてくれようものぞ?



 ミズノが自転車を作っていた?フォークは知っているが、フレームまでも・・・とは。

DSC_1681_convert_20200806195500.jpg

 そうそう、こいつは知っていた。店主も短い期間だが使っていたわ。最初に持ったときには正直驚いた。フォークって、食器のフォーク並みに軽い・・・、コラムも当時は珍しかったフルカーボンものだったね。

 ただ、それつけて下りに入ったときには、ちょっとたわみ、以来別物に交換したがね。

 で、フォーク事業に取り組んだミズノはその後早々に撤退していった印象がある。そして、堂々と残ったのが、タイムであり、ルックであった。

 前者は決して軽くはなかったが、やはりいい。店主は念願のこいつを、ストレートフォークをネオコットにつけていた時代があったが、安心できたねえ、鉄フレームとの相性も大変良かったように思う。

 アルミ全盛のころ、決して軽くはなかったタイムが支持されたのもよくわかったね。ルックは直で使ったことはなかったが、悪い噂はきいていない。

 で、フレームに戻ると、ミズノがフレーム???

 DSC_1683_convert_20200806195430.jpg

 フムフム、この手の感じは見たことあるね、スペシャライズドも当時同じようなビードだったよね。たぶん、ほとんど同じ工場で作られたOEMものなんじゃないかな?

 DSC_1688_convert_20200806195238.jpg

 うん、今から二十五年くらい前のものだろうね。

DSC_1689_convert_20200806195219.jpg

 これは7000系アルミってことかしら?その辺はわからないが。主流は6000系なんでありましょうな。

 DSC_1684_convert_20200806195419.jpg

 すでにこの頃は手元変速トップは、74デュラだったかな?

DSC_1686_convert_20200806195410.jpg

 コンポ類はお見事!と言うくらい揃っていますね、RX100というと、今で言うとティアグラグレードですね。店主も部分的に使っていましたな。

 DSC_1687_convert_20200806195400.jpg

 コンポとしてしっかり揃っているということで、こいつを外して、しっかり磨いて、コンポはコンポで再生という手もありでしょうな。

 さて、こんな車体がやってきたんでありますが。

DSC_1678_convert_20200806195509.jpg

 こう見ると、ホリゾンである一時代を背負った車体というように見ると、こいつもなかなかのもんだよね、と見えてくる。

 これは、これを基体にどう再生するか?ということは店主ら任せということになっている。さて、どうしてくれようものか?

 先のように、コンポはコンポとして、徹底洗浄なんかして、これはまた別に使ってみる。そして、このフレームだが・・・、大森社長に預けて、別磨き系の雰囲気にして、クリアに少し色混ぜて、疑似なるチタン仕上げてしてもいいかもね。コンポは・・・あの深センの謎の黒コンポ・・・というのも面白い。

 なんとか形になりましたら、セールということで、公表いたしますぞ!

 チョッコリお楽しみに!
スポンサーサイト



柳流 季節外れのタケノコ掘り 夢の一台へ大きな一歩



 今まで随分抜けないシートポストで泣かされてきたが、泣いてばかりいたわけではない、泣きながら最後は笑うこともだいぶできていたんだが・・・。

 ついに、泣きながら泣き寝入りになるか?という事態に遭遇したわけだ。

 一般に焼き付け・サビ付は大いに迷惑なんだが、それだけに仕事にはなってきた。ただ、それは最後に抜けたら・・・という条件付きで、やってもやってもできない場合は、どんなにそれに時間や労力を投入しても、抜けなきゃ、請求なんぞできやしない・・・。

 抜けないけど、頑張ったんで、五千円ください・・・とは言いにくいね。やっぱり抜けてなんぼでしょ。

 しかし、こいつは強敵だった。そして抜けなきゃ抜けないでいいや、と開き直るには実にもったいない、一台だったんだな。

 こいつは、もしかして小径の典型になるかもしれない、画期的な一台への第一歩になるかもしれないやつなんだが、それがポストが抜けない、で頓挫するにはもったいない、実にもったいなさすぎる。

 なんとか抜きたい。幸いにも長いポストすべてが焼き付いているようではない、一部に強烈な焼付きがあるようだ。それは外からの薄物での調査で解っている。

DSC_1705_convert_20200806124325.jpg

 ポストを一本潰すつもりで、露出部分を潰し、万力にかけて、回してみたが徒労に終わる。ラスペネも大分使ったが、全く動く気配がない。

 さて、こうなると、最後の手としては、ポスト自身を砕くと言う荒療治しか残されていないのか?

 砕くにもいくつか方法があるが、柳サイクル参考案の、タケノコ掘りという方法を試してみた。

DSC_1707_convert_20200806124314.jpg

 まず露出部分を掴んで回すという作戦はすべて頓挫なんで、それは諦める、そして余分の露出部分を切り取る。上から見た抜けないポスト部分。

 ここのタケノコを掘ることに。

DSC_1708_convert_20200806124304.jpg

 俗にいわれるタケノコドリル。こいつを使います。

DSC_1711_convert_20200806124254.jpg

 こんな感じで差し込んで、こいつを回していくと、中からポストが削られて、その内外径まで刃が届くと自ずとポスト自身が消滅していってくれる、という作戦。

 気長にやっていくしかないが、タケノコの段差がピラー内部に食いついてガイドをしてくれるので、さしてシートチューブ内部を傷つけないという優れた作戦でもある。

 では行くぞよ!

DSC_1714_convert_20200806124245.jpg

 いざ!

 回すと、流石にアルミのポストだけに気持ちよく削れてくれる。回りにアルミの切子が飛び散る飛び散る。

DSC_1717_convert_20200806124236.jpg

 こんな感じで徐々にポストが内側から痩せていく、そして最後は外壁も飛ばされてなくなっていく、しめしめ。

DSC_1721_convert_20200806124228.jpg

 でもまあ、気長な仕事だよね。ときに、ドリルが食いついて、動かなくなることも、またドリルがもって行かれて、手首をやられそうになることも・・・。なので、単純作業ながら、気は抜けない。

 途中で、スプレーオイルを十分にかけてやる、一本以上使ったかな?

 そして、熱くなるピラーを覚ますのに、ディグリーザーをかけてやる、これも一本以上使う。

 徐々に掘れていくと、タケノコが奥まで届かなくなってきた、そうした場合には・・・、

DSC_1722_convert_20200806124220.jpg

 この延長棒を使う。

DSC_1725_convert_20200806124211.jpg

 イヤー、大分置くまで届くぞ!とはいえ、ドリルも相当熱持って、苦しそうになるので、何度も休憩を入れる。

 DSC_1727_convert_20200806124203.jpg

 そして、焼き付いている部分が全て飛ばされたのか?いきなりスポン!とピラーが抜けよった!

DSC_1728_convert_20200806124154.jpg

 イヤー、手間かけさせやがって・・・。

DSC_1730_convert_20200806124146.jpg

 中に、ピラーとシートチューブの間のブッシュのようなもの残っていた。これが今回の焼付の原因かもしれない、しかし本当に頑固なやつだった・・・。

 一度、ポストだか炙って、このブッシュを溶かし落とそうとしたんだが、無理だった、一体今回の抜けなかった原因は本当のところなんだったんだろう?今でもわからない。

DSC_1732_convert_20200806124136.jpg

 工房内に積もった、アルミの切子・・・、全部で二時間くらいかかったかしら?

 汗だく、非常に疲れた。

 しかし、これで、このフレームを取り出すことができたわけだ、これを使って、画期的な実験を十五年に渡る、実験を起こしていこうと思うわけだ・・・。

 その展開は、また徐々に。

 このタケノコ掘り・・・、今後のピラー抜き等に応用されていくかもしれないね・・・、タケノコ自体のかいりょうも・・・していくかな?

クロスバイクのドロップ化なんだが 通り越してグラベル化



 ジャイアントのクロスバイクがやってきたんだが、もうこの際大幅に大改造してやろうということで、塗装から仕様から車種から何から何まで、大変更の大魔改造大会にまでなってしまった。

 元々の色は・・・もう覚えていない。

 シック系メタリックグリーンで塗装。艶有りクリアで仕上げる。

DSC_1659_convert_20200806012908.jpg

 もうこれだけでも、相当の変身なんだが、もちろんそんなとこでは済まない。

 今回車種変更となったのは、ある意味ドロップ化なんだが、今までのドロップ化とはちょいと訳が違うんだな。

DSC_1675_convert_20200806012735.jpg

 これね、今回はこれなのだ・・・・といってもわかりませんかね、この角度では。

 DSC_1669_convert_20200806012809.jpg

 後ろから見るとこれ、かなり開いたドロップハンドルでしょ?

DSC_1670_convert_20200806012801.jpg

 この開き方は、フロントバッグ前提とした、ランドナーハンドルなんかよりもずっと開ききっているハンドルね。そう、いわゆる昨今流行りのグラベル系のハンドルなんでありますよ。

 今まで散々やってきたような、単なるレーサーのドロップハンドルではなくて、グラベルドロップ仕様という、初めての展開ということになりますね。

 なので、必然的に、クロスバイクでグラベルロードもどきに改造、というこれまた新たなシリーズとなりそうなんですねえ、困ったもんだ。

DSC_1677_convert_20200806012725.jpg

 昨年シマノがグラベル系のコンポをわざわざ公表したんだが、あれ売れているのかね?ギア比の問題さえクリアできれば、グラベル専用コンポってものはいるのか?と思っているんだが、どうなんだろうな、こいつは旧式のティアグラのSTIなんだが、まあ普通に使えると思うね。

 DSC_1662_convert_20200806012843.jpg

 これは元々付いていた、ディレーラーを洗浄調整して流用している。スプロケは昨今仕様のデカイギア比のやつを付けた。

 DSC_1664_convert_20200806012835.jpg

 クランクも流用もんなんだが・・・、これもリアのスプロケをワイドにしたんで、クロスバイクにありがちなフロント3枚だったもんを

 DSC_1666_convert_20200806012826.jpg

 インナーを外してしまい、フロント二枚にしてしまった。時流にのったわけね。珍しく・・・。

 DSC_1660_convert_20200806012900.jpg

 そして、これで済んだらただのグラベル化なんだが、それには輪に輪がかかっていた。

DSC_1661_convert_20200806012851.jpg

 ご依頼の方の世代からすると、ギリギリ、ロードマン・・・といってもいいのかな?ランドナーに対してもいやらしくない郷愁を持っているんだな、なので、この手のキャリアなんかもどうしても付けたくてしょうがないらしい。

 少年時代の夢ってなもんか?

 DSC_1671_convert_20200806012753.jpg

 フロントにもしっかりキャリアを付けてほしいというご要望、フムフムわかるわかる・・・、でもそれだけじゃあ物足りない、もう少ししっかり荷物を積めるように・・・と。

 しかし、いい大人だしね、しっかり働いているし、家族だって養っているし、そんなにチョロチョロツーリングだの自転車旅行だのに行ける立場ではないんだが・・・、

DSC_1674_convert_20200806012744.jpg

 こんなS字のフロントバッグキャリアまで付けて、なんともゴッツクしてほしいというご要望んんだが。

DSC_1653_convert_20200806012929.jpg

 ということで、単なるジャイアントのクロスバイクが、グラベル系のツーリング自転車に大化けに化けてしまった、という展開だったんであります。

 これはまた、当店初のクロスバイクのグラベル化?なんていう、ちょっとしたモードになるかもしれませんね。もうロードのキリッとした走りとは違って、なんか別のマウンテンでもないなんか・・・がほしいという人が出てきた時に、なら舗装路もダートもどちらも行けるよってなもんで登場したのがグラベルというカテゴリー。

 こうした車種も仮に薄くとも一つの嗜好の層となってくれれば、改造等のモードとなって確立してくれるんじゃないか?と思ったりしてな。

 しかし、ある種新ジャンルへの魔改造が完成してしまったということだ。なので、中にはこれだ!と膝を叩いた人もいるんじゃないか?と期待したいね。

 しかし、家族がいて、フルタイムで働いている、お父さんがなんでこんな遊び系自転車にしたがるのか?一体こんな自転車に改造して、年に何回ツーリングに行くつもりなんですか?なんて聞いちゃいけないよ。

 いいの、いつ?どこへ?行く行かないか?という具体性よりも、日常の日々の業務に押しつぶされていきながらも、こうした車種を見るにつけ、旅情を掻き立てられ、より自分にあった車種へのさらなる改造に心を踊らせ、夜中に、関連サイトを閲覧しながら興奮し、電卓叩いてはまたよからぬことを考え、まあ、こいつがあるだけで、いつでもどこにでも俺はいけるんだ!という全能感に支えられつつ、日々をくぐっている多くのお父さんたちの、心の支えでもあるんでありましょうな。

 実際には忙しいお父さんたち、行けて一年に一回やそこらの夢のツーリングに向けて、具体的に夢想できるだけだって、幸福なんだろうね。少年が抜け切らない、オヤジたちに向けて、夢を与える車種になってしまった。もうこうなったら、ジャンルもカテゴリーも関係ない、自転車自体が心の支えとなっているんだろうなあ・・・。

 お疲れ様!

早大 アメフト部 主将の気合の一台



 この春から、早大の運動部の若い子たち訪問が続く。それまで当店は、早大の準硬式野球部の学生たちは多かったが、このところ、アメフト部、アイスホッケー部、硬式野球部、ハンドボール部などの学生が来てくれるようになってきている。

 特にアメフト部とアイスホッケー部、寮が一緒のようで、だいぶ自転車で盛り上がっているようだ、シメシメ。

 先日などはアメフト部の監督までパンク修理でやってきて、この店主のクロストレーニングとしての自転車の話なんかも、なんかジーッとよく聞いてくれましたね。

  そんなこんなで、練習も再開・・・といったところ、ソロソロ全体練習も・・・というこの頃になって、本当に大丈夫かよ・・・という疑いもちらほら出ているようだ。

 アメフト、ホッケーもコンタクトスポーツなんで、その辺慎重になるのはわかります。

 そして秋の最終戦も、もしかしたらできないかも・・・という空気も流れているようです。

 四年生なんかはもうある種覚悟ができているのかもしれません、過度な期待は、大いなる落胆に転化してしまうのでね。

 なら、卒業してOBとして再度ぶつかるとかできないの?なんて素人の問を挟むと、

 アメフトは、練習期間を二ヶ月以上取らないと試合してはならないという規則があるんです、なので、みんな就職してしまったりしたら、それもできません。

 なるほど、確かににそうだよね、練習しないであんな激しいぶつかり合いなどしたら、殊によっては死者を出してしまうかもしれない・・・。

 いい状態で、学生最後の大会が開催されることを・・・祈るしかないだろう。

 ということで、今回はそのアメフト部の主将であり、部の中で、一番自転車に造形の深い真打ちに近い学生さんが、自転車総メンテということで、置いていった。

 トレックのクロスバイク。いやーフロントメカなんかも破れていて、よく乗り倒したもんだ、という状態で持ってこられた。

 まあ、総とっかえに近いだろうね。

 DSC_1632_convert_20200804214055.jpg

 スプロケ交換・・・、

DSC_1633_convert_20200804214047.jpg

 チェーン交換、ディレーラー洗浄と調整、フレーム洗浄も。

 DSC_1634_convert_20200804214039.jpg

 クランクも洗浄、へし折れたフロントメカは交換だ。

 DSC_1635_convert_20200804214029.jpg

 ちょうどほぼ同型ものがあったので、それを使う。

DSC_1639_convert_20200804213954.jpg

 神経であるワイヤーも四本すべて交換。

 DSC_1636_convert_20200804214020.jpg

 ブレーキ調整、シュー交換、タイヤも交換。

DSC_1645_convert_20200804213945.jpg

 前後ホイールの振れ取りも、やはり体重があるねえ、アメフトの選手だからな。

 DSC_1638_convert_20200804214003.jpg

 グリップも交換して、ついでに角も付けた、前から付けたかったようだね。

 DSC_1637_convert_20200804214011.jpg

 サドルも交換し、ピラーもしっかり出せるように、リーマーかけて、グリスを入れ替えた。

 DSC_1628_convert_20200804214104.jpg

 キャプテンの自転車だけに、こちらも気合い入れてやったぜ。

 これで、酷暑を避けつつ、トレーニングにも利用してもらえたら、嬉しいね。そして、その流れが、一四年生の習慣にとどまらず、今後の部の方針という形で、自転車がアメフト部のクロストレーニングになってくれたら、もっといいんだがなあ。

 望みを捨てずに、アメフト、ホッケー部だけでなく、早大体育会全体にまで影響が広まるよう・・・尽力できればねえ・・・。

謎のベアリング・・・



 この車体、先日後輪のベアリング交換をしたしました。こちらになりますね。つい最近ですが。

 後輪のベアリングが片方死んでいた、そしてフリーの中を大洗浄して、回転がすこぶる良くなった。

 それでお返ししたんだが・・・。後ろが絶好調になってしまった分、前輪のゴリゴリに気づいてしまったらしい。そこで気になって仕方なくなり、もう無理!ということで、前輪のベアリングの交換の依頼にまたやってきたわけだ。

 はい、シールドベアリングだと思いますし、要領は大体わかりますんで、と引き受ける。

 ただ、変な勘が働いたのか、外したベアリングを手元に置いて計測してから発注することにした。

 というのは、前輪と後輪、若干規格の違うものがあるからだ、そっくりそのままのものだけではない。

 外して、計測し、その数値の元、いつものベアリングサイトを検索したんだが・・・。案の定、後輪とは二ミリ祭具が異なっていた。

 24ミリと28ミリものはいくつも見つかったんだが、肝心の26ミリものが見つからない・・・。あってもおかしくはないサイズと思うんだが、それが見つからない。

 別のサイトにも検索をかけたが、見つからない、全く見つからない。

 レレレ?

 専門業者のサイトを開けてみて、メールを入れてみたんだが、「珍しいサイズです、必要なら個数をいっていたければ、世界中から探します」という丁寧なお返事が。専門店でも珍しいということか・・・。

 別の海外祭を見ると、いくつか見つかったが、取り寄せには一月以上掛かる・・・、時間かかりすぎ。

 さて、困った・・・。

 再度別検索をかけたんだが、国内のあるサイトにヒット。やった!とばかり覗いてみると、あるある、そして値段も高くないし、送料込み。よし!と思って、会社概要を覗いてみたんだが・・・。

 なんか電話番号がないぞ・・・。そして、会社の名前が株式会社○○&○○雑貨店という名前。そもそも電話番号がないというのが怪しい。そして、会社名もこれで検索かけても、似たようなサイトは引っかかるが、ドンピシャのものがない、わざとだな・・・これは。

 そこでメールを出してみた、まず電話番号を教えてほしい、直接質問したいからという内容を送ったが、梨の礫・・。

 住所を入れてグーグルで見たんだが、工業団地のようなところで、店舗らしきものが確認できない。

 このサイト、例えばひと月後など覗いてみると、多分なくなっているかもしれない。品揃えもなんとも怪しい・・・。

 多分釣りサイトだね。皆さん気をつけましょう、変に静かで、電話番号のないショップサイトはあまり信用しないほうがいいかもしれません。

 さて、そんなことよりブツが入らないでこまってしまった。最後の望みの検索結果から、そのものが見つかった、一月は待たない、一か八かだな・・・。

 ということで、ようやく見つかったものを発注すると、やってきたぞ。

 DSC_1616_convert_20200803203323.jpg

 ムムム、なんか来た、大丈夫か?

DSC_1617_convert_20200803202537.jpg

 計測してみるとドンピシャ、回転もいい、まあ使えますね。

DSC_1618_convert_20200803202528.jpg

 はい、上に据えて、圧入しますと、
DSC_1619_convert_20200803202517.jpg

 入ります!回転も滑らかです。

DSC_1620_convert_20200803202508.jpg

 もう片側にも入れます、完了。

 この中に、クイックシャフトのキャップ上のものをかぶせます。なんで、こんなに内径の太いベアリングをわざわざ使うのか?というと、スルーアクスルへの対応を先取りしているってことでしょうね。大は小を兼ねるので、そのキャップのサイズを変えることで、いか用にも対応できるようにするという考えなんでしょうね。

DSC_1622_convert_20200803202439.jpg

 この内径十五ミリのキャップを左右から被せるように装着する。

DSC_1623_convert_20200803202429.jpg

 これにて完了!

DSC_1627_convert_20200803202409.jpg

 さて、前後ともにクルックルになったベアリングなんだが、試乗してもらうと・・・。

 だいぶ気に入ってもらったようだ。よかった・・・。

 しかし、同じミリの単位のものだが、これほど探すのに苦労したベアリングは、今までになかったなあ・・・。

 一見、一般規格のようだが、実は特殊自転車規格だったのかもしれないね。

 シールだもそうだが、ベアング調整やグリス再充填などは、意外と効果はあると思いますね。そこそこの水準のハブだと、かなりの確率で新品に近くなるんじゃないか?と思いますね。

 これで暫くはこのサーリー、通勤等に活躍するだろうね、ある意味回りにある自転車で、ここまで丁寧に面倒を見ている車体も珍しいよね。相当持ち主の方から愛されているんだろうねえ・・・、こちらもそれ応えていかないとね。


117110891_3242524162493396_4943573895523881096_o_convert_20200803225903.jpg
※8月になりまして、夏休みの期間ですが、どこにもいけない・・・という昨今の事情から、当店回りをちょっとした散歩で行ける少レジャー場にしようと思います。ほぼ毎日?よる10時まで?鉄箱の狸市が展開していきますので、どうぞ遊びにおいでください!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター