メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

ジオスの小径 総メンテに近い では乗ろう!



 ジオスのブルーといえば、トレードカラーですね。最近色への傾向が多少変わったのか?かつてはこの手のブルーはちょいと苦手な部類だったが、白との組み合わせとなると、見直してもいいなあ、と思うようになってきている。

 で、これは小径車、というよりミニベロといったほうがいいね。

 DSC_6709_convert_20210417201600.jpg

 チェーンは切れて、ズタズタの状態でやってきたんだが。元がいいから、コイツはかなりのレベルで再生できると踏んだ。

 DSC_6834_convert_20210417201626.jpg

 リアディレーラーは磨いて調整して、チェーン交換、スプロケも交換しておいた。

 DSC_6712_convert_20210417201609.jpg

 ワイヤー系が破損、まあそっくり取り替えるしかないね。

DSC_6842_convert_20210417201705.jpg

 ミニベロにドロップハンドルというと、本気で走ると、かなり行けるやつだよね。足のあるやつだったら、ギア比等セッティングして、700Cのロードレースに入ってもそこそこ踏めるんじゃない?という車種だろうな。

 DSC_6839_convert_20210417201657.jpg

 タイヤ交換はしました、サイズは20インチのWO。ちょっと珍しいサイズで、タイヤの種類も同じ20インチのHEから比べると少ないが、一回り大きいので、使えるとは思うんだがね。

DSC_6836_convert_20210417201635.jpg

 ブレーキシューも交換キャリパーも調整。

DSC_6707_convert_20210417201550.jpg

 このフロントディレーラーの位置がなんだろう?聞く所によると、この状態で売られていて、いじっていない。何でフロントディレーラーを後ろにオフセットしたんだろう?其の理由がわからない。

 これによって、かからないところがある・・・。イヤ、これが原因なのかもわからない?ただ・・・、

DSC_6844_convert_20210417201724.jpg

  このように外してみて、フロントメカをもんだりしている内に、なんの過不足なくすべてのギアにかかるようになる。ということは・・・?あってもなくてもよかったパーツ?なのでは?ということで、外してやることに。

 DSC_6838_convert_20210417201645.jpg

 モロ高速で走るとするなら、チェーンリンクの歯数を替えてもいいかもねえ、というくらい、ポテンシャルある車体だよね。

 DSC_6831_convert_20210417201618.jpg

 乗ってみても元気はいい。この硬さは・・・・ホイールの影響もかなりありそうだな。リムにもっと種類があれば、この手の車体はかなり面白くなりそうだ・・・と思うがね。

 小径で38ミリのリムとかが簡単に手に入ったら・・・、またこのサイズでディスクホイールとかあったら、相当面白いことになりそうなんだが・・・、そこまでやるショップというかメーカーはないのかな?

 なんて珍しく、店主にしては小径車、ミニベロに目のいった、一台であった・・・。次の店主にとって、未知なる車体は小径かな?さあ、どうかな?
スポンサーサイト



工事だ!工事だ!窓枠だ!



 昨年の今頃ですかね、ここでマスクなんかを売り出したのは。

DSC_9797_convert_20200425224234_20210415201130017.jpg

 こんな感じで見切り発車したんであります。

 回りで、店を閉じた人、働いていた店が休業した人などがワンサカいたわけで、そうした方々の技を集めて、なんとか小銭を回していこう、ということで、走りながら変化していったわけだ。

98341906_3083358658387719_894064259468623872_o_convert_20200521151045_2021041520170411a.jpg

 外に開こうということで、着脱式のカウンターを作ったりね。そうそう製造許可や、販売許可や、営業許可なんかも真面目に取っていったねえ。ネット上のとある箇所で、推測で営業妨害してくるバカどもがいるようだが、しっかり許可取ってんだよ!

101001384_3067744936637987_7592930755404103680_n_2021041520170632b.jpg

 食べ物だけではなく、得意技であれば何でも自分で作って持ってきては売る場を作っていった。

DSC_0645_convert_20200613191241_20210415201707bf7.jpg

 そして、ついにこれまた開閉式のヒサシもできていって、今日の形になってきたわけだ。ところが、嵌め殺しの戸を外して、脇に避けて、カウンターを設置するというのが、すごい力がいる・・・。これどうにかならないの?と前から言われていたんだが・・・。

 ついに山が動く事態となった!なら開け閉めの簡単な戸をつけよう!ということの大改造をすることに。

 そこで、まずは鉄箱横の鉄柵を外した。

DSC_6795_convert_20210415195900.jpg

 そして、必要な窓を残し、あとは外して施工へと進む。

DSC_6798_convert_20210415195908.jpg

 といっても、もちろん店主一人でできるわけもなく、同級生の力を借りることに。頼りになるのだ!彼は大工系なんで木工を担当、コチラは鉄系なんで鉄部を担当。

 DSC_6799_convert_20210415195917.jpg

 仮店舗で櫓を作ったÇチャン鋼、これ大分あるんだが、コイツを土台に使うことに。しかしアレ以来、コイツに穴あけ加工、久々だなあ。

 硬くはないが厚い分、根気がいるね。

DSC_6805_convert_20210415195934.jpg

 ちょん切っては、鉄骨にかけて、下穴開けて皿ネジを打ち込んでいくという作業。

 DSC_6801_convert_20210415195925.jpg

 ヌヌヌ?店主らの作業を横に、何か塗装している人がいる・・・。基本放っておく。

 DSC_6808_convert_20210415195944.jpg

 鉄の土台ができると、其の周りで木枠を作っていく、これは同級生の出番・・・。

 DSC_6809_convert_20210415195952.jpg

 オオ!木枠ができた。コチラは外に面しているので防犯上の観点でもって、本日一日で突貫でやらなければならない、手は自然と早くなるね。

 DSC_6811_convert_20210415200001.jpg

 下にはアルミの板を貼っていく。薄いやつだが。

 DSC_6818_convert_20210415200018.jpg

 なんとか順調に作業が進んで、夕方前に、ようやく冊子のレールがはいることに。このレールはまあ、強度がない。四角という形状もあるが、軽く華奢に作られている。なので、木枠が大切なのだ。

 しかも、緩い坂の傾斜に作られている鉄箱、一体どこが平坦で、どこが垂直なのかわからない・・・。まあ基本となるところを取っては隙きを埋めていくなんてことも。

 DSC_6815_convert_20210415200009.jpg

 もちろんサッシ枠は上下左右にある、自身で支える構造部はなんとボルト8本という・・・。最近のサッシのいくつかはこうなんだ・・・と。

 DSC_6819_convert_20210415200028.jpg

 やった!窓が入った!

 DSC_6823_convert_20210415200037.jpg

 当たり前だが、もちろん開く、指一本で・・・。これが木枠が歪だと、窓が動かないなんてこともあり得たわけだ。

 DSC_6824_convert_20210415200047.jpg

 これからまたこんなバージョンで、ここが使われていくことになる。もちろんまた外向けの着脱式カウンターも時に設置したりもするよ。

 DSC_6828_convert_20210415200057.jpg

 鉄箱部、一部の改築を残し、再度鉄柵を元に戻す。この鉄柵も今後は、着脱を楽にして、時に大きなイベントのときなどには、外してもいいかな?なんても考えている。

 まだ、もう少し、変わっていくでしょう、というかはどういう変わり方していくかは、またこの店主にも見えていない。常に見切り発車、走りながら考えるのだ!


再生のためのお手伝い・・・



 この手の青は苦手な方だったんだが、何故か最近やってみようかな?とすら思うようになってきた、青だけでなく白との組み合わせならいいのかな?とも思うんだが。

 プジョーのフレームですね。

 先日とあるマウンテンバイクを見てほしいと、見るとアルミフレームの二箇所だったかな?ヒビが入っていたため、これ以上乗ることは危険ということで、引導をお渡ししたんだが。

 なれば、ということで、これまた旧車の鉄フレームを組み付けて、お子さんに乗せたいということで、またお持ちのパーツ類、調整しにくいところも含め、持ってこられた。

 基本やりたがり屋さんらしく、できるところは自分でということなんだが、やはり込み入ったところや、専門工具が必要なところはこちら任せということだ。

 一番はここ!
DSC_6776_convert_20210414120713.jpg

 フォークがぶつかって曲がってしまったため、なんと一インチのカーボンフォークを探して、これに取り替えてほしいということなのだ。

 よくもまあ、こんな古典的なフォークを探したね。キネシス・・・懐かしい名前のメーカーだ。

 見ると、コラムが長い、これはいい傾向だ。短いとヘッドチューブとの相性で使えないこともある。ながければ切ればいいんで。

 ところがネジ山が少なすぎる!足してねじ山を切らねばならない、これは難しい。ネジ山修正ダイスはあるが、ガチ出切るのは難しい、刃がすぐにダメになるからだ。

 イヤー、どうしよ。ダイスも手に入りにくい中・・・、まあでも一から切るんじゃなし、せいぜい15ミリぐらいなら大丈夫かな?

 DSC_6706_convert_20210414120705.jpg

 ウワ!当ててみるとこりゃ結構掘らないとダメじゃん・・・。騙し騙しやるしかないか?

DSC_6777_convert_20210414120721.jpg

 カーボンがあると締める際潰れないようにしないとね。

 さて修正工具で、どこまでできるやら。これが疲れる・・・体力的にも、心理的にもね。

DSC_6779_convert_20210414120730.jpg

 2日ぐらいかけましたかな。

 DSC_6781_convert_20210414120739.jpg

 溝は切れたが、ダイスは疲弊していることだろう。一個三万くらいするだろう?それも入手が難しい昨今。よくやったなあ。

 DSC_6784_convert_20210414120747.jpg

 そして足りない溝をフライスで刻んでいく。横滑りが良くないなあ・・・、そろそろ入れ替えの時期かしら?

 DSC_6785_convert_20210414120754.jpg

 装着!ヘッドパーツはミケとあった。リテナーから玉が一個なかったが、まあ回るしなんとかなりそうだ。

 DSC_6786_convert_20210414120804.jpg

 カーボンフォーク事態の歴史は浅い方だが、この形状にはちょっとした歴史を感じるね、そして鉄フレームとの相性も良さそうだ。

 DSC_6788_convert_20210414120822.jpg

 前後ホイールも持ち込まれ、グリス充填、玉押し調整、振れ取りなどを行った。

 173772527_3966182416794230_3158870247295116686_n_convert_20210414191816.jpg
 
 ということで、これでお渡しすると、またどういう組付けをされるんだろう?と楽しみなのだ。

 というのも・・・、
  
 DSC_6497_convert_20210331170813.jpg

 先日直したカンパのディレーラーが装着される予定なんだそうだ。うん、結構いいんじゃない?様子のいい自転車が再生されそうだよね。

 完成したら、見てみたいもんだよね。

 という、再生のお手伝いなんかも普通にやってしまう当店、走れる自転車を入手するためにはいろんな選択肢がある、できるだけ広い選択肢に合わせられるよう、努力する。

 そうすることで、多様な自転車が街道を走っていくだろうね、はい!

着陸のお手伝い 尻拭いともいう



 オ!あれだな・・・。

 半年くらい前か、ピラーが外せませんといって持ってこられた、あれだ。確かブルーノ・・・だったと思う。フレーム自身全体はいいものなんで、どうしても再生させたい。なるほど!ということで請け負ったが、まあ大変だったわね。

 たけのこドリルで結局は掘って掘って、ピラーが最低折れないところ、というかフレームにダメージを与えないところまで掘って、終了してお出ししたんだが。

 DSC_6722_convert_20210414094310.jpg

 その時の残渣がシートチューブから確認できますね。

 フム、そうやって掘れたフレームを一度持ち帰って、自分で塗装して、できるとこ自分で組み付けてもってきたんだが、まあ、アチコチ寄せ集めと中古パーツということもあって、欠損スモールパーツの嵐!

 詰めもアラアラで、それはもう仕方がない、プロじゃないんだから。そんでもう自分では限界!ということでもってこられたわけだ。

 アマチュアパイロットが、着陸したいんで、手ほどきを・・・と言われているようなもんか?別な言い方すれば尻拭いなんだが、こうした過程を経ない限り人は絶対に自転車組付けなんてできるわけがないんで・・・、そして店主自身もさんざん通ってきて道ということもあって、お引き受けしますよ、もうね。

 DSC_6715_convert_20210414094252.jpg
 
 ホイールのセンターが出ていない・・・、ハイハイ・・・。

DSC_6719_convert_20210414094301.jpg

 あとシフターの調整ができないので、ワイヤー持ち込みで、お願い・・・、ハイハイ。

 DSC_6726_convert_20210414094327.jpg

 あと、ちょっと特殊なサドルを使いたい。上見ると解るが、サドルのレールが二重になっている、通常は一本だがコイツは昔あった二本レール、コイツを支える櫓が特殊なんで、この櫓が使えるピラーを探さないといけない。

 ピラーといえば、コイツのとの因縁の一番深いとこなんで、どうしても最後まで面倒見てやらないとね。

 ということで、径をはかる。

DSC_6724_convert_20210414094318.jpg

 こじったんで開いているということもあるが、どうもコイツは27.2でいいね、ということは標準もんだ。さて、上のタイプの差し込み式櫓といえば25.4、つまり実用車系の得意分野なんだが27.2はあるかな?ないならシムで行くしかないが・・・。

 DSC_6728_convert_20210414094336.jpg

エヘヘヘ、ちょうど奇跡的に有りやがった・・・、長くやっていると無駄だと思うもんが、こうして生かされる瞬間がある、たまらんねえぜ。

 DSC_6740_convert_20210414094403.jpg

 ちゃんとついだぜ!これで本当の面目躍如だ、ピラー掘りから次のピラー差し込んでの再生だもんな。これができないとなったら、立ち漕ぎ自転車しかないぜ・・・。

 DSC_6750_convert_20210414094441.jpg

 あとはセンター出しやってだな。

 DSC_6746_convert_20210414094431.jpg

 シフトワイヤーを張ってやるんだが、まあ内部のコロが大部減っているのか、カチッと音がするところと微妙なところがある、半分SISそして半分が硬いフリクション状態。一定の平均を取れたんで、あとは操作で慣れてもらうしかない。

 DSC_6742_convert_20210414094413.jpg

 このディレーラーも、アチコチスモールパーツがなかったな。でもそうしたものを付け加えて、一つ一つの機能を回復していく過程を再度経験することは、店主にとっても無駄ではない。通常無意識に通過している所に立ち止まる、ということはできるようでできなからだ。そして、そこから発見というものも実に豊かなものでもある。

 DSC_6744_convert_20210414094421.jpg

 このフロントメカもちょいと苦労させてもらいましたが、なんとかなだめて機能回復してもらいました。

DSC_6752_convert_20210414094451.jpg

 ドロップハンドルを選択したようですね。いいと思いますよ。でも・・・

DSC_6753_convert_20210414094501.jpg

 ワイヤーの取り回しがちょっと余裕なさすぎですね、これでは。でもバーテープ巻かなければ、暫く走れるでしょうから、次の自主メンテの課題として、取っておきましょうか。

DSC_6736_convert_20210414094345.jpg

 全体として、大変様子のいい一台に仕上がっています。着陸はお手伝いしましたが、全体のイメージ設計は依頼者のもんなんで、もう大したもんですね。ゆったり乗るには大変いい一台でもあります!

 ねばってピラー対策した甲斐がありました!

 実はこれ、近所に住むベトナム人の方の作品なんですね。日本に来てから、あれこれ自転車のことについて調べて勉強したんですかね、大したものであります。

 そして、ベトナムといえば、唯一アジアでアメリカに勝った国、そして古より大国中国と対峙してながらも一歩も引かない、たいへん誇り高い国でもありますな。

 と同時に、いま日本はこのベトナムの人たちに対してどのような対応をしているのか?あの悪名高い技能実習制度という中で、なんと二百人近いベトナムの方々が亡くなっているという、二百人近い人が・・・。

 少なくとも国の敷いた制度に従って、海外から人を招き入れたならば、それは国が責任を持って預かるという姿勢がなければならないはず、一人労災で死者を出しても大変な事態だと思わるのに、それが二百人近い死者を出しているなんて。

 これをして国家的な恥と言わずして、なんというのだろうか?

 今すぐ欺瞞的な実習制度なるものを撤廃して、この国の現実を鑑み、制度設計の見直しの中で労働市場を公正に開放しなければならないんじゃないのか?すべての人に労働者としての正当な権利を認めた上での、公平公正な労働市場の開放、それが求められると思いますがね。

 今、当店の損害保険等でお世話になっているHさんが、実はベトナムの実習生の方々の面倒を見る仕事も兼業されている。そこから聞く話は、もう映画になってもおかしくはないものばかりだ。

 七十年代、八十年代で、当時中国人の留学生を世話していた八百屋の親父さんを題材にした映画があった、「北京的西瓜」という題目の映画だったが。それを地で行く生活をそのHさんは今なされている。

 一般人ということで上流での仕事はできないながらも、下流で一人ひとりに向き合う姿は、感服に値する。制度も、状況もひどくとも、そこで踏ん張る一人がいることで救われることは決して少なくないと考えたい。

 二代先の同胞が、貧しい日本から豊かになったベトナムに出稼ぎに行かないとは限らない。そうした際に、「私の祖父が日本で働いていた時、一人の日本人に大変親切にされていた」ということを理由に厚遇されるかもしれない、という希望を捨てたくはない。

 イラク戦争の際、取り残された日本人救済のためにトルコ航空が飛行機を出してくれたことがあった。それは1890年トルコの軍艦が和歌山沖で沈没した際に、日本人の尽力で六十名以上のトルコ人を救ったことへの恩義、そのお返しだったという。

 下らんかもしれぬ人類にも、こうした希望はまだ持てるということなんだろうな。この路線は引き継ぎたいものであるな。

パーツ不足の最中 謎の黒新コンポ こっそり登場



 突然、箱が届いたんであります。ちょいと前、このパーツのない現在、暫くこないはずのものが小ロット大阪港に着いたという情報をいただき、二セットサンプルを頼んだとこ。それかな?

DSC_6758_convert_20210413220920.jpg

 開けてみると、見たことあるような緩衝材・・・、やはりアレだ・・・アレ。

 DSC_6759_convert_20210413220929.jpg

 いいねえ、この簡素な包装。当店のように、ものとして売ることの少ないパーツ類はこれでよし。いちいち箱なんかに入れられていたら、場所取られて仕方がない。

 では、開いて、噂取りの検品をしようか。

 DSC_6760_convert_20210413220939.jpg

 リフレックス・・・?コイツはまずシフトをすべて巻き取って、そこから一つ一つ落としていく。カチッカチッカチッ・・・と数えなら押して行くと、ちょうど7つめでとまった。つまり、8速用のシフターなのだ!

 今まで来ていたのが、11速、そして先日調整したのが12速、まだ確実性が取れない10速、それは見てきたんだが、これは8速用だとよ。

 DSC_6763_convert_20210413220949.jpg

 これ読めないが、コイツも同じく、巻き取らせてから、一つ一つ戻していくと、8つ目のカチッで止まった、そう、こいつは9速用のシフターね・・・。続々出てくるねえ。

 元々はこの辺は潤沢にあったようだが、今のこの品不足に、完成車に取られて、ほとんどコチラには回ってこなくなってしまったという。今回は奇跡的にほんの小ロットだけやってきたということね。

DSC_6767_convert_20210413220957.jpg

 そしてそれぞれにシフター前後が付いている。こいつは9速用のリアディレーラー。

DSC_6768_convert_20210413221007.jpg

 ロングアーチというのが今風だわね。

 DSC_6769_convert_20210413221017.jpg

 そしてこれは8速用のリアディレーラー。プリントが違うだけだろうね、あとはほとんど同じ。意地悪に量りに置いて見たところ、ちょうど同じ重さでありました。

 DSC_6773_convert_20210413221027.jpg

 これもそれぞれのプリントのあるフロントメカだが、ほとんど同じだね。しかも、フロントメカは苦手です、というところを全く隠そうとしない。

 DSC_6774_convert_20210413221037.jpg

 全くエッジの一つにサラリとヤスリの一つでもかけて仕上げすればいいのに、と思うが、これはスラム譲り何だろうなあ。

 さて、いつこれをどう発動するかは未定だが、手頃なフレームが手に入ったら、面白いかもね。あとクランクとブレーキをこちらが用意すれば・・・一台できる。

 だが・・・、このままパーツ不足が続くとあると、これがまたいつどんなことで使えるかわかったもんじゃない、その時のために、少し寝かしておくのもいいかもしれないし、すぐに起こされるかもしれない。

 ただ、これに続いて続々と8速9速コンポが入ってくる・・・というようなことは、ほとんど起きそうになり、そんなことだけが確実という、お寒い現状なのだ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター