メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

迷える子羊企画なんだが



 もとはこんな色違いの小径車だった。ダホンものね。こいつをより快適・・・に、というか店主にとって快適にしていこうとする企画が裏で少し動いています。

 ゆくゆくは、完成したこいつでもって、台湾一周してやろう・・・と思っているんですが、半年しか持たないワクチン頼りで、ろくな対策をしていない日本からの人間を台湾が受け入れてくれるようになるのは、一体いつのことやら・・・ということですね。

 検査と隔離で徹底していた台湾が、一人の感染者から広がったのが、この春だったっけ?その一人を追えるというのがすごいが、その時、なまじ押さえ込んでいたものだから、ワクチンをやっていなかった・・・ということで、日本が寄付したとかいう話があったな、アストラゼネカ製だったか?

 さて、今やまた台湾は押さえ込みがうまく行きつつあるようで、ワクチンでやるべきか?どうか・・・というところなんだろうが。

 基本は、検査と隔離なんだろうと思われますね。ワクチンは永遠に効くものではない・・・。半年といわれているよね、年明け頃には、またただの人になってしまうことを見ると、ワクチン頼みは油断を誘うね。

 ただ、検査と隔離というのはその体制と人民との信頼関係が大切だということになると、まあ日本ではしばらくは無理だな。ほぼボロボロ‥・状態だわね。

 まあいつになることか知らんが、台湾一周が実現するまで、ダホンを快適に‥・していこうと思うんだが。ここでやることが、同じような発想を持っている小径ファンの役に立てば・・・とも考えているんで、試行錯誤、紆余曲折でもってやっていこうかと思うわけであります。

 DSC_8038_convert_20210610222713_202107282311418bf.jpg

 本体はコイツだった。6月だったか、折りたたみ用の、倒れるハンドルが嫌いな店主は、シートピラーを改造して差込式、工具いらずのハンドル周りの実験にまあ、成功したといところまで来たわけだ。

 次はフロントを二枚にしたい・・・ということ。小レが結構強敵なわけだ。

 219194422_4264455623633573_3919505967396243561_n_convert_20210728231043.jpg

 こういう小径車のための特殊フロントメカ台座と言うようなものがある。コイツを浸かってフロントメカを取り付けたが、どうも理想の位置に行ってくれない。

 そこで、さらなる助っ人金具なんかを探してきたわけだ。

 191740372_4264455653633570_1269372632833614180_n_convert_20210728231035.jpg

 それがこれ。これもアルミの削り出しもんだ。コイツを先の特殊台座に取り付けながらフロントメカを取り付けて見るんだが。

 226145928_4264455780300224_1194675306375294279_n_convert_20210728231100.jpg

 台座をフレームに取り付け、

 222431728_4264455866966882_6738464863529511276_n_convert_20210728231052.jpg

 その台座にさらに先のシルバーの金具を取り付ける‥・、するとどうなるか?

 190841112_4264455743633561_1982362922508029448_n_convert_20210728231027.jpg

 このように、ギア板の差をカバーしてくれる理想的と思われる位置にフロントメカを持っていってくれた!

 これは、また迷える子羊たちを救える、大いなるヒントになるか!!!と思ったんだが‥・。

 これも想像付くと思うが、金具が二個も介在してしまうと、フロントメカの剛性がダダ落ちしてしまう。

 リアもそうだがディレーラーというのは意外と強い力で、ワイヤー経由で引かれるという宿命を持つ。意外と強い力‥・これが味噌なんだな‥・。

 なので、一見良さそうだが、これがググっと引くとなると、台座自身が動く・・・か撓み誘発してしまう、そうなるとシフトがうまく決まらない・・・ということが起こる・・・。

 そうなると、また位置から出直しか‥・、取り付けの各所の点検・・・とか、課題はまだまだありそうだ。

 再度考え直します!

 まあ、台湾一周できるようになるまでに完成していればいいわけで‥・、本日コロナ三千人超え、と同時に運動会も大いに盛んに動いているというシュールな東京・・・四五年は無理かしらん???


スポンサーサイト



サイクリングキャンプで食べてきました 鹿肉オンパレード!



 エゾジカ完全片身17キロなんて購入してしまうと、まあいろんな部位が入ってくるわけなのであります。

 スネ肉がそこそこ入っていました、あとは首周りかな?それは炙っても硬いので、煮込むに越したことはない。と同時に肉の味のあるところなんで、使い方次第なんですね。

 で、そこを浸かってコンビーフならぬ、コンディア・・・というのかな?

223015594_1049594728906413_8749841152435890216_n_convert_20210727174741.jpg

 冷菜として出したんだが、もっとスネだけを集めて、それをスパイシーに煮込んでいくと、一定時間を超えると、もうお玉で肉の繊維がバラバラになります。肉汁と分けて、肉だけ取り出して潰すように繊維状にします。そしてバットに並べて冷やしたら、そこに再度味を整えた肉汁ゼラチン質いっぱいのものを流しかけて、低温保存しておく。

 すると、ゼリー状に固まった状態ででてきたものを切って、キュウリやクラッカーのようなものの上において食べるなんていうのがいいでしょうな。

 218867580_863429784259243_7971533104321381110_n_convert_20210727174643.jpg

 二品目はローストもの。これはすでに火の入った状態。中心温度65度!通常な薄く切るのがこの手の定番だが、店主は集めに切って、短冊状態にしたほうが、肉の味がモロ分かる感じがして好きなのだ。

219596765_879317959341657_3961666002354525831_n_convert_20210727174701.jpg

 さて、これでもすでにうまいのだ。塩なくても、肉の味がシッカリある、鹿肉ってうまいね・・・。ちょっと塩かけてもいいが。肉を切って、ソースができるのを待っているところ。

 砂糖をもっていかなかったので、子供が飲んでてたリンゴジュースのよう甘酸っぱいものを加えて完成。

 218922994_350421363204635_4718103428721145708_n_convert_20210727174652.jpg

 そのソースをかけて、腹減り軍団に出すと、一気になくなっていく・・・。非常に鉄分が多いためか、モモの中心部分なんかは精肉というよりも、むしろレバーに近いくらいのコクのある味がしたな。鹿肉は思った以上に、大部うまいことがわかる。

 221748734_2991881361075650_4530002841090717846_n_convert_20210727174720.jpg

 これはすでに家で仕込んでいたもの。赤ワインで基本に詰めて作ったもの。アバラあたりが、豚肉でいう三枚肉状態だったので、その油を利用して、酸味と甘味で煮込んだものであります。

 次回は、こいつにマッシュポテトかなんかを添える‥・、そこまで手をかけなくても、粉吹き芋くらいは付けると、外でできる中ではほぼ完璧かも知れないね。

 221552301_1093076334555409_63611439895797619_n_convert_20210727174711.jpg

 それからこれは生肉としてもっていった無加工なもの。そいつにニンニクオイルで火を入れて・・・、

223909166_4145423912217110_3735642633934316663_n_convert_20210727174750.jpg

 バターと醤油と手元にあった酒で作ったソースで和えた、ミニトマトが大部余っていたんで、それを添えて出してみた。

 炭水化物は殆どなかったので、かなりの勢いで肉は売れていきましたよ。

 鹿肉はいいよね‥・エゾシカ。

 シャレで、これに馬肉も合わせて、馬鹿喰おう!サイクリングキャンプ!というのもいいかもね。

 やはり夏のこの手は食中毒のことを考えると、結構管理がきつかったです、またやるなら秋以降だね、少し肌寒いくらいがちょうどいいかもね、とも思いました。

 とはいえ、このサイクリングキャンプの評判がいいようでしたら、またやるでしょうね‥・、次は秋?そしてまた来年夏にやりますかね?

 往路復路で事故がなく、パンク数回のメカトラくらい。そして食中毒のようなものもなかったですね。そして多くの方々がいい休日を過ごせたのではないか?と思います。

 ウスイサイクルさんの大イベントから比べると、比べ物にならない内容ですが、これを少しずつ育てていけば、当店なりの何かになるかも知れませんね・・・。

 ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。またスケジュール等で参加できなかった方々、申し訳ありませんでした。

 またの機会が有りましたら、ご一緒しましょう!


サイクリングキャンプ 川遊び等!



 到着するなり、子豚軍団は即コビトカバに変身、水に浸かって遊ぶのでありました。サイクリングして、キャンプして、川遊びをするのが夢だったと、コビトカバの一人は張り切っていた。

 時間差で到着する人たちは、まずはビール!から、川遊びと皆さん思い思い楽しんでいたようでありましたな。

224427022_176145537840823_4204424447474819600_n_convert_20210727135741.jpg

 おもしろ写真はいつもこの方より、拝借しています!当店イベント等では宣伝記録その他を担当してもらっている小原先生。早速子供らとじゃれ始めます。

 219385751_509878860302469_7361623611789590240_n_convert_20210727135618.jpg

 見たことある面々が‥・冷たい川の水で、炎天からためた熱を放出中!

221896567_624813381733986_2842320065631564714_n_convert_20210727135724.jpg

 題名「二人とおじさんと二体の水死体」という写真。

220158054_852842442278659_3351547629083447832_n_convert_20210727135650.jpg

 水中カメラ?ハヤか何かが見えますね‥・。でも取れても佃煮だな・・・。

220482614_1727983980923673_5331695190282089938_n_convert_20210727135707.jpg

 まあ、一直線にこちらに行った人もいますね!ただ本当に疲れると酒よりも水、という原則もありますな。

221119875_1018880918922606_6496230793514023935_n_convert_20210727135715.jpg

 中には酒よりもコーヒーという方もいますね、トリプレットさんもバイクで参加していただきまして、

222416711_349405410014989_7298080421029162347_n_convert_20210727135732.jpg

 コーヒー談義に華が咲いていました。

219312618_332337001683591_5123898305373277894_n_convert_20210727135603.jpg

 こちらもサイクリングと温泉とコーヒーとタバコをこよなく愛する、孤高のサイクリストさんですね。自転車が自分の部屋という引きこもり型サイクリスト・・・。年々スタイルに磨きがかかり、完成度が上がっていきます、一体どこまで行くんだろう?

 219652721_496806854748177_8493990865572171070_n_convert_20210727135626.jpg

 さて、夕方も近づいて、そろそろビールだなんだが効いてきたかな?

220088568_375648287295535_7867464463946576015_n_convert_20210727135641.jpg

 ヌンチャク遊びをしだすSさん!裸足派。

220465941_2952866564929755_960282971990959735_n_convert_20210727135659.jpg

 さあ、夜も暮れてきますと、キャンプといえばアレとアレですな。

225159908_179076024147832_4805109795294410709_n_convert_20210727135759.jpg

 花火ね!まあ、定番といえば、定番ですね。

 そして・・・

219699744_335706981378819_4905154711126051904_n_convert_20210727135634.jpg

 スイカ割り!ですね。なんか盛り上がるよねえ・・・。店主は昔からスイカ割りの意味がわからず、きれいに切って分けて食べればいいのに・・・とずっと思っているんですが。不思議だなあ‥・。

219352938_532991717919398_3026175179334907552_n_convert_20210727135610.jpg

 疲れた人から寝ていきました。一泊しないで車で帰っていったご家族もいましたね。一旦寝て途中から起きてくる人、深夜に帰った人、早朝に帰って仕事に戻った人など、皆さんご自分のスケジュールに合わせて、キャンプを楽しんでいってくれたようです。

 こちらは、本体よりも二時間ほど早く帰った面々、暑くなる前に・・・という選択で、十時半には帰宅できていたとか。

 キャンプと言っても、東京の奥地なんで、その辺が融通聞きますね。

 オット!なんか抜けていますね‥・、飲んで遊んで‥・食べてないじゃん!ということで、食に関しては・・・。

 続く!

無事行って帰ってきました!サイクリングキャンプでした!



 総勢はもう少しいたでしょう、25日の朝九時当店前に集合して、出発となりました。車組も二台あったかな。

219434904_518106372859780_7223968448376409063_n_convert_20210727003120.jpg

 乗り込まれた自転車が20台以上集まりましたが、車種も形状も千差万別。この光景気に入りましたね。そう色んな方々が参加してくれた、ということなんですね。

 今回のサイクリングキャンプのイメージは‥・、まだまだ足元にも及びませんが、大変世話になった川崎のウスイサイクルさんの影響・・・といえますね。

 もう規模も内容も本当足元にも及びませんがね。

 大師サイクリングクラブというのが有りまして、川崎大師に近いからかな?そこに店主が三十代の時、大変世話になったわけであります。

 そこがすごいんだよねえ・・・。川崎にあるので、つまり多摩川の河口にあるわけです。そして夏のサイクリングキャンプのときには、その河口から、それこそ老若男女合わせて四十名以上が、多摩川を遡上していくるわけです。

 参加者が老若男女なので、車種も様々、小学生も大分いたなあ、なので、なんちゃってマウンテン、少年自転車、お母さんも参加していたんでママチャリももちろん、子供背負ってお母さんがママチャリで多摩川走ったいたんだよね・・・、それに伝統ある神奈川サイクリングクラブの七十以上のサイクリストが、ここぞ!とばかりのランドナーとニッカで参加していたり、バリバリレーサー、固定ギアもあった・・・。

 店主は当時杉並に住んでいたので、登戸大橋辺りで待ち合わせすると、遠くの方から長ーい自転車の車列が、炎天下の揺れる熱風に晒されてノロノロ近づいてくる、その姿はもう圧巻だったなあ・・・。

 年によっては、出発から雨・・・。小学生から何から何まで足にビニール巻いて、文句一ついわないで、走ってきたときもあった‥・。

 あのイメージを自分の甲斐性でどこまで実現できるかな?という、ちょっと今回そういう感慨が店主の中にはあった。

 219155329_352821343084945_6491025325144024553_n_convert_20210727003107.jpg

 出発早々‥・なんと店主の前輪がパンク・・・。そういえば、出発前、二人が空気入れの最中にパンクしていたなあ。

 なんか踏んだようだ。ポンプを借りて早々に戻して、再出発!

218872277_522219562370878_4517506814370940610_n_convert_20210727003052.jpg

 小狸子豚組が二名参加。今回のような長距離は初めてということで、前日の車検なんかもしたが、こいつら往復ともにほぼメカトラなしだったよ。

 店主が道を把握していたので先頭取って、そのすぐ後ろに子豚軍団という布陣で進む。

224106373_351169756584278_4339171454030958613_n_convert_20210727003225.jpg

 シンガリは荷物牽引のSさん、全日本クラスの漕艇の足が光る・・・。

221635182_501355690931365_5074895691355130973_n_convert_20210727003145.jpg

 とにかく信号待ちのたびに、水を飲め!なんてことをよく守っていた。

 208023214_1127142747793770_8465724051950645365_n_convert_20210727002955.jpg

 途中何度も休憩したかな?一時間に一度くらい・・・。段々と後半になっていくと、水分量と運動量の加減がわかってくるようで、その頻度は少し落ちていったかな?しかし、想像付くと思いますが、暑かったよ。

222938363_528508521698480_2790530832102221830_n_convert_20210727003157.jpg

 しかし雨など一度も降らず、風邪も強くはなかった。ひたすら日光が強い。そしてほぼ常に蝉の声が聞こえてきた。
 
 わざとらしいほどの夏の午後であった。

 218863742_4234145896640717_1025468553357561898_n_convert_20210727003037.jpg

 途中に再度パンクが発生。店主の女房・・・。店主は子豚の引率で先に行っていたんで、その他の方々の強力で復帰ということであった。

 睦橋通りのどんつき、武蔵五日市駅についたときには、子豚軍団も何とかあと少し!と言い聞かせる。

 ゴールが近い時に事故は起きる、気を引き締めてな!と最後まで、最新の注意の中、落合キャンプ場に到着!

 車組、バイク組はすでに到着していて、荷物の運搬なんかもしてくれていた。

 パンク組も無事到着、気づけば店主周りのパンクがメカトラの主なもの、基本全員無事で到着したということでありました。

 二時頃だったかな?

 つづく!

さあ!鹿肉に仕込みは済んだぞ!トリャー!



 マジで始まったらしいね、東京五輪。ブレーキのない五輪。トヨタ四輪はブレーキはあったようだが、五輪のブレーキは最後までなかったようだ。

 しかし、始まる前日に、イベントの総合責任者が解任になったとか。もうかなり前の反ユダヤ的ギャグが、国際問題化したことらしい。

 だとすれば、2013だったか、今でも副総理としている、口の曲がったエテコウが「ナチスの手口に学んだら」と口にしたよな。あれ大丈夫なの?

 これよりずっと以前のコント内容が問題化されて、なんで十年も経っていない、しかも芸人以上に倫理観や国際感覚を要求されうる政治家、それも副総理で財務大臣だろ?!それがなぜ問題化されないのか?

 垂れ込んだ防衛副大臣とやら、ついでにもう一人告発してみれくれや!

 さぞやあの口の曲がったチンピラもどきはビクビクしてんのかね?まあ、記者会見の態度なんかもひどいもんだ‥・なんであんなのが十年近く、役職をやってられるんだ?この国の劣化を象徴しているようなクソッタレだ。

 今回の五輪は、その手の矛盾が大いに吹き出しているようにも見えるな。

 なんで同性婚どころか、夫婦別姓にすら踏み込めない現政権が、lgbtをイメージにしたドレスを着せた歌い手に国歌を歌わせるんだ?

 既存の利権団体のみに利益配分することしか考えていない、薄っぺらい政権が表向きのテーマ、多様性と調和だそうだが、心にもないことの看板に、中抜き行事で取り繕うから、何もかにも惨めなもんだわね。

 当店二階、響床でお世話になった、セネガル人のジャンベの名手、ラティール氏が当初このイベントに出演する予定だったそうだが、途中から「なんでアフリカ人が?」ということで切られてしまったというツイートを呼んだ。

 確認したところ、どうも差別的な扱いだったらしい・・・。

 薄々予感していたが、これでもう確信だな。有縁の人物がそういう目にあって、黙っているわけにはいかんわね。

 もう第二の敗戦として、これを機に国を建て直さないといけないな。


 と、言うことで、五輪に背を向けながらのサイクリングキャンプだよ!

224380088_4252794428133026_4844090031040146170_n_convert_20210724225613.jpg

 さすがに17キロの鹿肉は大変だったぞ!そのまま持っていって、ハイ焼いて食え!というわけにはいかない。いろんな部位があって、それぞれの火の入れ方があるからだ・・・。

 そこで、前日の今日‥・自転車片手に火入れの日々であった。

223339414_4252794271466375_745441222302573577_n_convert_20210724225549.jpg

 これはスネあたりの肉を煮込んで、繊維で割いて、コンビーフ状態になったもの。その煮込んだ肉汁にはゼラチン質が大量にあるだろうから、明日にはこの形でゼリー状態になっているはず。

 これを短冊に切って、冷えた状態でもって冷菜として出そうと思うよ。

 223803393_4252794301466372_6400508222807104289_n_convert_20210724225558.jpg

 アバラの部分が、豚でいう三枚肉、その分量も相当多いので、半量はこのように赤ワインで煮込んでみた。現地で、ソース部分に再度味を付けて、肉を戻してなじませて、出す予定!

223972164_4252866248125844_7928024095877197661_n_convert_20210724225605.jpg

 もう片方のアバラ部分は、醤油基本で煮込んでラフティーに。これもまたタレを向こうで仕上げて、なじませてからの給仕となるでしょう。

 あと、モモ部分は相当あるが、これも低温65度を入れておいて、ローストビーフ状態でソースとあえる予定。

 そして、本番サーロイン部分やヒレ部分は、常温に戻して、ステーキにでもしようかしら?淡白なんでバターとニンニク醤油で料理しようかな?と思っています。

 まあ、はじめての食材なんでどこまで行けるか知らんが、まずもってこいつらをもっていって、残さず、全ていただいて、戻ってこようと思います。

 月曜昼過ぎには戻っているかな?で行って参りやんす!

 ※日曜に店内で作業している人物もいるかと思いますが、自転車の施工については応じることは出来ませんので、悪しからず!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター