メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

すごいのが来たぞー



 カーボンフレームの雄といえば、タイム・・・は鉄板だよね。ちょっと神がかっている感じがしている。まあトレックも、スペシャもそれなりなんだろうと思うが・・・。

DSC_0630_convert_20170624190958.jpg

 ホイールも、ボーラをはいている。エースクラスがあてがわれるもの・・・でしょ?それに・・・

DSC_0632_convert_20170624191006.jpg

 ス、ス、スーレコが付いている・・・。

 DSC_0633_convert_20170624191014.jpg

 来たよ・・・これがクランクのマーブル調だったらスゲーんだが・・・。なんでこの柄なんだ・・・もったいねー。

 で、この状態で持ち込まれて、チェーンとワイヤーを張って欲しいというご依頼でやってきた。ある意味腕の見せ所・・・になるといいんだが。

 仮付けしてみると・・・やってくれますなあ・・・。

 例によって、直づけなので、直づけ台座が付いています。そこに固定すると、あとほんのコンマ何ミリ内側に寄ってくれないと、チェーンとの干渉が起きる・・・。初っぱなから来やがった・・・、だからカンパ・・・。

 どうやって、どう取り付けても・・・、もう少し内側に欲しい。観察してみるに、インデックス調整の手前に、パーツの部分同士が干渉して、それ以上内側に入らなくなってる。

 DSC_0662_convert_20170624191022.jpg

 わかりにくいんだが、ここね。原因が特定できて、克服方法も確定。ただ、カンパスーレコでしょ?頂点ですよ、頂点・・・。なので持ち主の方に連絡を入れて、手入れの許可を取る。

 その中で、他のショップに持っていった際に、この音なりについて「こんなもんでしょう」という対応だったそうだ。

 スーレコだろ?スーレコ。頂点だろう?頂点・・・。それがそんなわけねーだろ!

 かつてもあった・・・、それもスーレコだったなあ、ヘッドにガタがあったが、あるショップはそんなもんでしょうだった。そんなわけねーだろ!大体カーボン車体にヘッドのガタなんてコンマ何ミリでもあってはならん!!!

 という事で、スペーサー調整かなんかで直した記憶がある・・・。今回もまた、絶対こんなもんじゃない・・・。

 DSC_0666_convert_20170624191029.jpg

 よい子の皆さんはまねしませんように。プレートの内側をヤスリで削っています・・・。シマノじゃ考えられんが、これがカンパだとすれば、愛しちゃうね。こうでないと・・・。まあ、タイムの台座の癖なんかと色々あるんだろうがね、今回は持ち主さんの許可にて、加工してます。

 これにて、内側に関するインデックスは整ったんですが・・・。

 今度は、アウターにかけたときの、またフロントメカの内側プレートがなんか狭い・・・。

 DSC_0667_convert_20170624191037.jpg

 ひっくり返すと、こうなっている。赤い線が内側に折れているでしょ?これが狭いんだわな・・・。ここも加工・・・、あまりの荒療治なので、写真なし・・・。さすがにフロントメカのプレートだけあって、堅かった・・・とだけ言っておく。サンツアーなんかこれが当たり前だったんだが・・・。

 ちなみに、この持ち主の方は、このフロントメカをヤフオクより入手したということだった。なので出所はわからない。なので、すべてのスーレコがこれとは限らない・・・絶対に、なので勘違いしないようにね。

 DSC_0672_convert_20170624191056.jpg

 手間かけさせやがって・・・。だからカンパ。

 いや、ホイールにしろ何にしろ、カンパに対しては言いたい事は山ほどあるんだが・・・、それでもカンパはあってくれ!と思う。

 時に薄めて展開していきます・・・。
 
DSC_0674_convert_20170624191118.jpg

 トーイン派の店主としては、このセッティング。

 DSC_0673_convert_20170624191108.jpg

 もちろんリアも。これにて試乗してみるに、スピードコントロールという本来のブレーキの意味からして、ベスト!・・・というより店主好みというだけなんだがな、「ベスト」セッティングにしあげる。真綿で締め付けるイメージなのだ。

 DSC_0677_convert_20170624191126.jpg

 やはりこのメトロン星人はの操作感はいいね。イメージ通りに行く、下りでドロッとアップして、登りですらっとダウンする。シマノにはねえよ、シマノには・・・。スラム?知らねーし・・・。

 DSC_0679_convert_20170624191133.jpg

 タイムはこの辺の形式が独特なんで、正規代理店から購入する事をお勧めします。もし海外サイトから購入して、ここになんかあっても、日本の代理店は全く相手にしてくれません。エンド金具とか、こうした特殊のパーツ類を使うフレームを海外サイトで購入する際には、その手のものを一個から二個程度、先に購入しておく事も考えて置いていいと思います。

 DSC_0670_convert_20170624191047.jpg

 ツールのエースクラスの車体じゃない?盗まれませんように・・・。

 と同時に・・・、カンパ!締めるとこ、締めていこうな!
スポンサーサイト

本当に欲しい自転車・・・かも



 毎度、改造ママチャリでございます。こいつらを主力商品として推していこうというね、そんな事も考えています。

 これがまたねえ、乗りやすいんだわ。

 DSC_0637_convert_20170623182605.jpg

 ピスト系のハブとしては安価に属するものでありますが、原価数百円の実用車のハブから比べたら、天国ですよ!ちゃーんとお手入れもできますしね。

 それにステンレススポークですよ!

DSC_0636_convert_20170623182559.jpg

 リムだって、精度の出ているもの使っていますしね、つまり足回りはお墨付きなんですよ。

 DSC_0640_convert_20170623182629.jpg

 今回は、というか今回も固定ギアです。もちろんフリーを入れればフリーになります、当たり前ですが。

DSC_0641_convert_20170623182638.jpg

 前ギアがこれなんで、ギア比は2.・・・前半です、クルクル回りますね。

DSC_0638_convert_20170623182613.jpg

 ブレーキに手抜きなし!

DSC_0639_convert_20170623182621.jpg

 リアブレーキのワイヤーのライン・・・、ちょいと見にくいですが、スタッカートというフレームに沿うようにワイヤーを張ると、このように迂回させて、ワイヤーの取り付けを下から引いてやる形式にする方が無理がないんですね。

 DSC_0642_convert_20170623182645.jpg

 そしてこのプロムナード系のハンドルもバッチリ!

 DSC_0634_convert_20170623182550.jpg

 何回妻でも乗っていたい、自転車となりました。これに、前カゴなんかが付いたら、たぶん最強クラスの欲しい!かつ役立つ!自転車なんじゃないか?と思います。

 改めて足回りは重要だ・・・。走りを犠牲にしないとなると、やはり足回り。たぶん、練習やツーリングから長距離乗って帰ってきた後、近所のご用なんかをこれに乗り換えてするとしたら、たぶんホッとすると思います。

 そう、多くの日本人の自転車の原体験というのは、実用車系なんでね、なんか原点を回復したような気になるんじゃないか?と思います。でも、下に進む鈍重な実用車ではダメ、走りの快適さを知ってしまった足には、走りを犠牲にはしたくない。

 なれば?となると、この手の車種が理想的な一台になる、という予想はたぶん当たると思います。そういうわけで、この手の車種を作り溜めして、主力化していきましょうか。

000 090626

 なつかしいね、杉並時代の、二店舗前の狸サイクルガレージはこんな様子でした・・・、これをまた現在の店の一角にしていこうか?と思っています。さあ、作り溜めだ!

もっと速くできないか?足以外の足回りで・・・



 ブルーノというの、ちょっと異彩を放っている・・・といっていい方かな?決してモロ今風のものは作らず、落ち着いた感じのレトロ風のものを作っているというイメージはありますね。

 なので、車体全体がおとなしい、優雅にのるタイプ・・・といってもいいかな?そういう自転車がやってきたんでありますが。

 今回のメインの依頼は・・・、なんとこれ速くできないですかね?ということ。

 速くする?といっても車でないんで・・・なんてとぼけてもいられない。まあ手っ取り早くはだ、自分の足を鍛える事だよ!という鉄則を言ったとしても、自転車屋に来ているわけで、トレーナーのもとに来ているわけではない・・・。
 
 という事は、自転車そのものの中で、同じ力だとしたら、より速く走れるような状況を装備として整えられないか?という事なんでありましょうな。

 こういうとき、コンポの入れ替えなんてしても・・・まあダメでしょうな。多少は軽くなっても、それが速くなる事に直結する・・・とは言い難い。

 少なくとも主観的な感覚として、ソラをデュラエースに変えても、オオスゲー!という速さの体感を得る事はできないでありましょうな。

 機能的な違いは多少あるかもしれませんがね、・・・でも昨今のソラもよくできているからなあ・・・。

 フレーム変えるという手も無くはないが、自転車の同一性を何で見るか?というとやはりフレームな訳で、そのフレームを変えるとなったら車体が変わるということを意味するので、「この自転車で、もう少し速くなりませんかね?」という問いに答えた事にはならないでしょうね。

 となると、残りはホイール・・・という事になりますな。確かにホイール交換は、速さの体感としては、一番感じられるものかもしれません。

DSC_0650_convert_20170622215154.jpg

 クラシカルなイメージを重要視したのか?銀輪ですねえ。

 ガラッと変えてしまいましょう・・・。それも今は無き・・・あのリムで・・・ね。

 DSC_0626_convert_20170622215120.jpg

 DTですよ、DT・・・。これは585よりもさらに前に消えてしまいましたね。585程の予算を取れない人に、よく勧めていましたな。

 DSC_0625_convert_20170622215112.jpg

 こうなるともうクラシカルもレトロも吹っ飛びます。ひたすらまっすぐ剛性で引っ張るこのDTホイールの存在感はありますな。

 DSC_0627_convert_20170622215128.jpg

 前後DTのディープ系に挟まれたブルーノ君は、さぞや威圧感にさらされている事でしょう。前後のホイールがパキッと決まると、今度はフレーム自身の剛性感が問われてくる・・・という展開にもつながるかもしれませんね。

 まあ、暫くこれで走ってもらいましょうか?

 DSC_0652_convert_20170622215212.jpg

 くたびれたバーテープを交換します。これがいい雰囲気のものが来ましたよ。

 DSC_0624_convert_20170622215103.jpg

 渋いでしょ?この手も今後はささやかに広めていこうか?と思います。

 DSC_0628_convert_20170622215137.jpg

 あとは点検もかねて、ワイヤー類の交換もして、内的な連携を見る。外回りが決まっても、内側が整っていないと、ギアが暴れる、ブレーキが不安とあっては、集中しての速さの体感はできません。

 DSC_0622_convert_20170622215054.jpg

 あとはポジションも重要なので、納車の際に見ましょうかね。

 しかし、前後ともにDTにてガッチリ固められたブルーノ君・・・徐々に、速さの自信が出てくるといいね。最初は堅いホイールに転がされる感じがするかもしれないが、鉄フレームには踏みどころのようなものがあるから、そこを軸にいい連携が取れると、鉄特有の粘りのある突進力が生まれてくるでありましょう。

 もちろん踏み手の技術にもよりますがね、そういう意味で自転車の基本は本人の足が一番!そして自転車自身=フレームと足回り=ホイールとのの連携が第二・・・といっていいかもしれませんね。

 いずれにしろ足は大事だ、それ以外のエンジン=動力が無いんだから・・・、当たり前か。

接ぎ木メンテ



 コルナゴのシクロ車ですね。毎度おなじみの自転車長者の方です。外したパーツ類がごっそり残っていると、そいつらが次の車体は?としつこく言ってくるので、じゃあ、今度はコルナゴに付けてやるよと、と約束したらしい。

 さていつ付けるか?なんて考えていたんだが、ことのほかパーツ共が「早く付けロー!!!」とうるさかったらしく、なればということで、とりあえずは載っけてワイヤー類を張ったはいいが、最終的な調整は詰められず・・・こちらに回ってきたということ。

 そうなると、これを基礎に、細かいとこセッティングをやっていこうということになります。いわゆる接ぎ木というやつだ。

 DSC_0653_convert_20170621192102.jpg

 天気もよかったんで、外に出して、作業台に設置します。サーテ、ディレーラー等のインデックスから拝見。

 DSC_0657_convert_20170621192141.jpg

 なんとかローに持っていく。リアディレーラーの可動域が狭かった。それを適切なところに持っていく。

 DSC_0654_convert_20170621192116.jpg

 セッティングの好みはあるが、ローのインデックスは若干左にゆるめに決める。STIでの操作の際、多少もたれるようになる。プロレスでのロープのように、過ぎた域からゆるりと戻る方が、アチコチに無理はないんじゃないか?と思う。

 これをきっちり真下にセッティングすると、STIが壁にぶち当たったようにすげないのだ。それよりも若干内側に入りながら、ゆるりと戻される方が感覚的にいいんだな。好みの問題・・・なのかもしれないが。

DSC_0655_convert_20170621192129.jpg

 ローの状態で、フロントはインナーにかけると、今度はフロントディレーラーの調整ができるというわけです。これはギリギリチェーンに触れないところにパンタグラフを持っていく。これで回してチェーンの鳴りを確認する。こすりが無ければ、まずはそれでよし。

DSC_0659_convert_20170621192211.jpg

 今度はトップに持っていく。もちろんその間のワイヤー調整しながらね。ここでも、リアディレーラーのインの調整をすることになります。ここでリアディレーラーの可動範囲が決まるといっていいです。

 これに関しては目視もさることながら、実際に回しながら、チェーンの音で判断するのがいいかと思います。インナーを引っ張りながら、一番抵抗の少ない箇所=音の少ないところを探しながら、そこにボルトで持っていく。

DSC_0658_convert_20170621192155.jpg

 そしてフロントを今度はアウターに持っていきながら、調整。リアの調整はアウターにかけてやるのがいいですね。トリムを計算しながら、ワイヤーの引きも入れていく。緩過ぎるとワイヤーは無反応になるし、強すぎるとトリムを取り込めなくなる。そのちょうど中間プラスそれぞれの癖を考慮に入れながら、ということになる。

 シクロでもレーサーである限りは、このアウタートップと、インナーローの極端な組み合わせでの音なりは絶対にさせてはいけない。実際使うかどうかが問題なのではない、それが異音無く設定できるというのが、レーサーとしての最低限の条件だと思われますがね。

 DSC_0667_convert_20170621192309.jpg

 仮止めのSTIを本止めして。

 DSC_0666_convert_20170621192300.jpg

 この競技カンチ、横から出ている棒が太いね、いかにも競技用だ・・・。

DSC_0665_convert_20170621192251.jpg

 こいつを若干トーインさてておいた。好みの問題かもしれないが・・・、シクロにはそぐわないのかもしれないが、まずやってみたんで、まずはお試しください!ということでね。シューの面でバッチリ押さえたい人は、シューは平行に。

DSC_0662_convert_20170621192224.jpg

 見た目はほとんど変わらないが、ワイヤー系を中心としたセッティングは、まあいい具合にできたと思います。イメージ通りにね。

 シマノ系はむこうの論理でおわることが多いが、やはりそこは個体差というものがあって、そこが自転車の面白いところなんだが。STIの持っているトリムの位置、フレームのスケルトンの個体差、それらが各パーツ類、フレーム各所で違ってくるところから起こるであろう、セッティングの着地点。まさに落としどころというにふさわしい現象かと思います。

 このコルナゴシクロで、どこを走るんだろう?狭山湖周辺かな?

 まあ、この自転車長者さんの泉のようにわき出る、次の自転車へのアイデアというのが楽しみですね。数台持っていても、そこに決して物欲を感じさせない、物欲じゃ無いんだな、事欲といった方がいいのかもしれないね、だからこちらも惹きつけられる。

 単なる物欲だけなら、ありがたいお客であっても、どこか疲弊してしまう。お互い無理やめましょうよ・・・ってな感じでね。

 それに対して事欲は違うね、なんせ面白い「事」なもんで、だから面白い。これも立派な成熟のあり方かと思いますな。

発展性あり!ラテン娘のお話会 今後・・・



 19日、あのラテン娘の南米自転車旅行のお話会がありまして、ご参加いただきました皆様、またあえなくご参加できずじまいの皆様も、ありがとうございました。

 19239834_10154966515478089_2016787296_n_convert_20170620225157.jpg

 こんな感じでこぢんまりでしたが、濃厚なお話会ができましたわ。

 後ろにスクリーンがありますでしょ?これにパソコンつないで、数万枚にも及ぶ写真を次から次へと持ってきては、思い出を語る。途中の突っ込みはいつでも何でも可!ということなんで、進んではとまり、止まっては進み、進んでは横道に入り、斜めを介してまた戻り・・・、ご参加の皆さん達も、色々と各方面博学な方々そろいでしたので、話はより濃いほうへと渦を巻き・・・と。

 まあ、事前打ち合わせもないながら、ラテン娘こと、麻耶さんのひょうひょうとした語り口と、体験自体のクオリティーの高さでもって、そして、事実は小説よりも奇なり珍なりまた不思議なり・・・を地で行くお話会でありました。

 なんかこれ一回で終わりにするのももったいないねえ・・・と主催側は仕掛けを考えることに。

 一年にわたっての南米を中心とした旅。そして、帰国後まだ二ヶ月経っていないというね。

 ある意味まだ、それらの体験がなんであったのか?という総括・・・までは行かなくともまとまりが付いていない、ということ、これは当たり前のことであります。その面白さもまた大ありなんだが・・・。

 様々な体験が、それぞれを腑に落ちていくことにはそれなりの時間がかかるということで、多少置いてもいいかな?とも思う。

 それと、今回は省いた中での時系列と概要ということが中心になったんだが、その中から、テーマ別に話を絞っていくという手もありかな?とも思ったな。

 例えば、店主などは食を中心に体験をまとめてもらったら、これ楽しい!この路線でやるとしたら、ペルーの典型的な炒め物やアルゼンチンの肉・・・もどきなどを提供しながらの、お話会になる。もちろん事前打ち合わせで、試食をしてからね。ちょっと珍しいものなんかを出してもいいかな?

 「この、そうこの写真のこいつ、よく覚えておいてね!あとで出ます!食べ方も見ておいてよ!」なんてね。

 あと、染め物バージョンというのも大変面白そうだ。やはりペルーの回りの自然のものから染料を取って、それをどう活用するか?この辺なんかも、実地のワークショップと組み合わせてやるのもいいねえ。

 織物なんかも沢山あったし・・・。

 過酷なコース別、ツーリング講座!悪路にしか燃えない変態君達に送る、マヤ太郎の体験した地獄のコース!水はどう確保するか?

 なんてね。これは一台体験記なんで、練って、付加情報なども加えると、冒険野郎どものセキュリティーの共有にもなるな。

 今後彼女は、暫くは関東付近をうろつくんだそうだ。どうも染め物織物なんか、国内の事情にも触れたくなってきているらしい。そうなると、また日本とペルーの比較・・・なんて展開にもなるかもしれないね。イヤイヤ・・・面白い。

 その後関西あたりを回って・・・あとは未定だということだ。

 回りながら、自分のやるべきことを探る。いいんじゃないの?

 そういうことで、帰国後の様々な体験との比較なども含めて、南米体験をより分厚くして、また皆さんにご披露できる日もそんなに遠くないかもしれない!ということで、今後の展開もゆるりと楽しみにしてほしいものであります。

 がんばれ、マヤ太郎!だな。

 それとまた、いいこと聞いた・・・。

ウォームシャワーというのだそうだ。自転車旅行者を中心とした、民泊のようなものらしい。

 当店は、自転車屋だっけ・・・だから工具はあるよね。寝袋があれば寝るとこもある・・・。ある意味向いているかもしれないなあ、とちょいとウキウキなのだ。内容よく読んで、登録してもいいかもね。

 固まった頭を酷使する、外国語習得なんていうのもいいかもなあ・・・。

 いずれにしろ、今後の展開は、面白くしないと、いや、面白くなるでしょう・・・ね。人が面白いことがすべて、それが基本だ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター