メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

一歩下がって二歩前に出る!古潤事故車その後



 まあ、ガチの戦闘機なんだが、先日レース中の落車で、損傷を負った。

DSC_2483_convert_20190614231312.jpg

 電動のSTIが両方ともへし折れるという事故。目立った損傷はそのくらいなんだが、カーボン車体でのことなので、内部に何が起きているか?分からないということで、検査をするとかしないうちに、乗るものではない、少なくともレースには・・・。

 DSC_2494_convert_20190614231423.jpg

 困った古田君なのであった・・・。

 そこで思い出したのが、そういえば・・・、この手の足の奴らへということで一台戦闘機があったことを思いだした。

 000 100418

 これね、FUJIのsstという完全なオールアラウンダー的戦闘フレームというものだ、プロチームがガシガシ使ってもいい代物だ。

 これがあったんだ・・・、なら、先の落車したターマックから使えるパーツすべて移植して、こいつを次期主力戦闘機にしてもいいだろう、という話も持ち上がったんだが・・・。

 性能的には全く問題のない、このFUJIsst、しかし一つ問題が起きた。ターマックに付いていた、最近の電動システムが、非常に載せにくいという事が発覚したのだ。シートチューブがBBで抜けていない、つまりダウンチューブから来たケーブルをシートチューブに逃がすすべがないということなのだ。

 つまり現行の電動コンポの移植は大変難しいという結論に落ちついたんだが・・・、ではどうするか?という問題が起きた。
 
 チーム移籍前に乗っていた、フレームがあったと思い出す。ダメージ等はないという、ならそれに移植するか?

 とやってきたのが、かつて乗っていたウィリエールという車体。

 しかし、そいつも適度に古く、現行の電動コンポは載らないということに・・・。なら・・・、ターマックの電動以外のものを載せ替えて、不足のコンポをアルテグラで入れ替え・・・というのはどうか?ということで、早く自分の車体で練習したい古潤君は、そのオーダーでということで、依頼を受けた。

 DSC_2514_convert_20190616221212.jpg

 さすがブレーキは電動とは無関係だね。ということで移植・・・。

 DSC_2511_convert_20190616221143.jpg

 ブレーキアーチは、しっかり効かないとレース車体なもんで・・・・。

 それと、ここを電動にしてしまってはさすがに違反になるだろうというパーツ、

 DSC_2510_convert_20190616221133.jpg

 これも一世代前のものとはいえ、作りはすごいようだ・・・、桁違いの軽さ、なんか石膏でも焼いて固く軽くしたのか?と思うくらい。

 DSC_2513_convert_20190616221203.jpg

 あとは、105の付いていたフロントディレーラーを現行アルテグラのものに交換。ワイヤーの取り回しなどがかなり変わって、変則効率もだいぶよくなった様に思いますね、一世代前の手長より大分いいです。

 最近格パーツの中の取り付けマニュアルのようなものがなくなり、すべてウェブからその手の情報を取り出すようになってきた。まあカミの無駄は大分減らせるだろうね、前なんか同じ内容を相当数の外国語で綴った冊子状態のものだったが、あれは無駄といえば無駄だった。

 今回、ウェブのページから、ワイヤーの取り回しを確認しながら取り付ける。

 DSC_2512_convert_20190616221153.jpg

 リアディレーラーも同じくウェブ等を参考に。これになってから、テンションボルトが実にさえまくっている、それまでのテンションボルトが、実際設定中効いているのか?いないのかがわかりにくかった、今回のこの形式はいいね、目の前でちゃんと動きながら、チェーンとスプロケの適正位置まで持って行けるからなあ・・・。

 たまにシマノさんはこうした、一気にすごいとこまで持っていくようなモデルチェンジをしてくれますね。

DSC_2515_convert_20190616221225.jpg

 あと、今回気づいたのは、このリアのホイールのホイールバランスが取れていないこと。これじゃあ、下りは暴れるだろう。もちろん、積極的に気づかなくとも、バランスが取れた状態で乗った瞬間分かるはずだ、日本でも公道レースなら、80キロ以上の下りがあるはずだ、そうした再ホイールバランスが取れているか?否かの違いは大分大きいだろう。

 次回、タイヤ交換の差異に、前後ともバランスを取ることを約束。

 DSC_2508_convert_20190616221118.jpg

  とりあえず、最強練習機の完成、これで一月後の石川でのレースのための練習開始だ。

  そしてsstを本番用スペアとして、どうやって組み付けるかを考えないとねえ。

 何かいい知恵、いいパーツ類がありましたら、お貸しください!まだまだ現役で走らせてやりたい、そのくらいの足はしっかりと持っている選手なんでありますから・・・。

 よろしく!
スポンサーサイト

吉祥寺カレーの名店 ピワンさんから もう一台・・・



 、三月だったかな?この手の実用車のノーブレーキ車体に、フロントブレーキをつけた経緯を公表したと思いますがご依頼主は、吉祥寺のカレーの名店、ピワンさんなのでありました。

 以後、その続きとして、リアブレーキに取りかかっているんですが、ざっとの計画は出来ても、細かい細部の連携がうまくいかず、今も検討中という所なんであります。

 そんな中でやって来たのが、これ。こいつももう三年くらい前か、当店にてメンテして出て行った車体なのでありました。ということはまた再度メンテ?

 と思いきや・・・。

 DSC_2447_convert_20190615213553.jpg

 なんかちょっと様子が変だよね。ちょっとやそっとのメンテでどうにかなる?まさか・・・というような、いやな予感が・・・。

DSC_2449_convert_20190615213603.jpg

 このステムとハンドルがまた抜けないという、大丈夫か?本当に・・・という状況です。

DSC_2452_convert_20190615213613.jpg

 外せるものを外してから、様子を見ようとした矢先・・・、

 DSC_2454_convert_20190615213623.jpg

 ガランと、下フォークがコラムから抜け落ちた・・・。予想は付いたが、ここまで潔く下が落ちるとは・・・、ちょいと驚いたねえ。

 溶接というよりもはめ込み式のようにも見えるが、如何せん全体が古いので、こいつを元に戻して、再度強力溶接・・・というような代物じゃないだろう・・・ね。

 ということで、ここは今回キッパリと交換することにしました。

 DSC_2500_convert_20190615213655.jpg

 これが今度の新しいフォークなのであります。今の規格ものとほとんどがあったことが幸いしたんですね。

DSC_2501_convert_20190615213704.jpg

 さすがに色は異なりますが、今の現行フォークと互換性がありました。仕事用の一台なので、エイジング塗装などして、長引かせるよりも、早く仕事に戻してやった方がいいかと思います。

 DSC_2499_convert_20190615213645.jpg

 抜けなかったハンドルステムは、もう交換。大体似たような形状のものがあったので、ほとんど違和感なく交換できましたわ。

 DSC_2502_convert_20190615213714.jpg

 ブレーキもロット式の昔のものでなく、古いといっても、現行品と互換性のあるもの、共通するものが多かったので、大変ながらも、なんとか出来たということですかね。

 DSC_2503_convert_20190615213725.jpg

 ここがロットだったら、いろんな意味で複数ドミノが倒れ始めて、さぞや大変だったろう・・・と思いますね。

 DSC_2496_convert_20190615213633.jpg

 まあ、ぱっと見、違和感なし、これでまたうまい神がかったカレーを自宅から、吉祥寺のピワンさんのお店まで運ぶことも出来ますね。
 それと、ハイハイ、あちらの方もリアブレーキし上げて、お知らせできるよう頑張ります!!!

 

古潤 新たな兆し!



 ヨー、久しぶり!ってんで、三年くらい前か?洗車したりしに来たよなあ。当ブログを掘っていけば、中学生の頃、旧店舗にも来ていたわけだ。

 その次の仮店舗では、街道トラック練習機を乗りに来た記事が確かあったはずだ。今大学生だって。

 落車が続き、トップのプロツアーから降格し、昇格のためのレースのあと400メートル、いい位置取りでの展開に、また引っかけられ落ちてしまった・・・。

 直後のフェイスブックで、その無念がよく伝わってきたんだが、自転車もやられて、金もないしどうしよう・・・なんてね。

 あれほどの足をもつ子が、金ごときで選手を諦めるなんてことはもったいなさ過ぎる・・・。そういえば、FUJIのSSTが、コイツのためにあったんだっけ?と思いだし、急遽呼びつける。

 DSC_2488_convert_20190614231343.jpg

 落車の体へのダメージは、急速に回復にあるという、まずは良かった。あと一月後のレースのための車体だな。

 所属が、東京ベントスから、群馬グリフィンに移籍、そこでのエース返り咲きのためには、競走得点(競輪的ないい方だが)をあげて、まずはプロツアーに戻らないとね、そのための勝利、そのための練習・・・だよな。

 そこでまた色々と問題が、当店手持ちの戦闘機FUJISSTには、今の電動ユニットが乗りにくいことが発覚・・・。なんとかならないか?と考えている時間がもったいない、ということで・・・、

 DSC_2491_convert_20190614231402.jpg

 店主所有の俗に言う、仏壇号を貸すことに。

DSC_2493_convert_20190614231413.jpg

 コイツはカーボン車体なんだが、フォークをのぞいて、実はタキザワカーボン車体とほぼ同じ・・・という事がわかっている。入手先は別からなんだが・・・。こういうことは良くあることだ・・・。

 群馬グリフィンといえば、タキザワ傘下という事で、いずれこの手の車体が支給されるのではないか?という事の先取りでもある。

 なので、クランクがコンパクトなのをのぞき、練習機としては申し分ないということで、貸し出した。

 あとは、
DSC_2484_convert_20190614231325.jpg

 このスペシャの落車号をどうスッか?という問題。

 DSC_2483_convert_20190614231312.jpg

 STIが、日本ともポッキリ、あとはカーボンフレームなので、非破壊検査か何かして、大丈夫であれば、再利用だが・・・、それがわかるまでは、使用は控えた方がいい、況んやこれにてレース出場はダメダメ・・・。

 かつて使っていた、ウィリエールの車体など持ち込み、移植できるものは移植し、車体を整える。または初心に戻って、SSTをワイヤー引きで戦闘機として使う・・・、ウン・・・いくつかの選択肢から起こしていかないとなあ・・・。

 とはいえ、フェイスブックの落ち込んだ記事からすると、意外と明るく、

 DSC_2489_convert_20190614231353.jpg

 実用車の改造号を数台乗った見たり、

 DSC_2486_convert_20190614231334.jpg

 650cを乗ったり、当店オリジナルを乗って「これレースにも使えますよ!」なんて感想、または売り出し中のズノウ、総メッキ号を試乗して、「なんかカーボン車体のようで・・・」などと、選手ならではの感想が色々と参考になったなあ。

 やっぱり根は自転車少年だわ。

 現役選手からのインプレなんていうのも、こちらとしてはありがたい、また彼くらいの素朴な感想というのがいいね。恐れ多いご意見という事になると・・・こちらも恐縮し、縮んでしまいかねないんでね。

 フと、彼から今後の話なんかが出る。

 プロツアー四年の経験活かして、今後は、自転車を愛好していく人に何か伝えられたら・・・なんてこと言ってます。

 一人で自転車乗っている人、いつかレースに出てみたいと思っている人、伸び悩んでいる人、極度の苦手がある人、レースの裏話なんかを聞きたい人・・・、彼が持っている情報を欲している人たちだって、多くいるはずだ・・・。

 ちょっとしたアドバイスから、学校のような展開まで、彼にできることをやってもらうというイベントがあってもいいと思うね。

 古田潤 レーサー教室 入門者編、初心者編、中級者、上級を狙う人編なんて、分けてもいいかもな。東京の練習コース紹介、レクチャー、実走会、そして食事会も含めてのイベントとかね、あってもいいよね。

 年齢的には、やれば十年走れる可能性だってある中、現実的な選択肢の中で悩むことも多いだろう、練習や勝負にもっと集中できる環境を整えてやりたいのは山々だが。

 なあ、何があっても、この子は自転車からはつかず離れずだろう・・・という気もする、思ったような自転車を活かした仕事なんてあと二十年、四十になってくらいから実現するかも知れない、いや、するとしたらそんなもんだろう。

 なので、そのための下地になりそうなことは、できるところで協働していきたいもんだと考える。またしても若い可能性に触れた日であった。

 さあ、勝負車体、何で組み付けようか・・・?

当たり前だの自己責任 その2 ビジネスパートナー募集



 一人関戸箱を開けると、まあ、出てくるものはある。それぞれ思いであるねえ・・・。それぞれが付いていた、車体を思い出すわ。
 車体思い出すと、どこへ行ったという記憶もよみがえってくる。といっても練習コースだったり、天候、季節の感触だったりなんだが・・・。

 DSC_2459_convert_20190614230927.jpg

 随分前のパーツなんだが、いいものはいい。本当によく出来ている。今のものとの違いは、剛性ばやりの昨今、ジョイント部分などが幅広に作られている感はある。そういう意味で、昔のものは華奢といえば華奢なんだが、では不自由か?といわれれば、それはそれなりに機能的なのだ。

 アルコールを掛けて、磨いたり、エアでゴミを吹き飛ばしたり、コンパウンドをかけたりしていると、かつての輝きを取り戻す、そういうところはシルバーならではかもしれないね。

 黒が大半となってしまった昨今、逆にシルバーパーツへの希求は増えてはいないのだろうか?なぜ、こぞって黒に流れていってしまっているのだろうか?

 もっと自分の自転車のための自由度が欲しくないのだろうか?選択肢を広げたくはないのだろうか?

 先日、書いたこの手の記事について、いろんな意見をよ競られた、まさしくその通り、もっと自由を!という賛同型や、個人的にはシルバーが好きなんだが、大手が作っている主流にほとんどが流されて、シルバーの復刻は難しいんじゃないか?など。

 なるほどねえ、主流はそうだとしても、自転車に関しては、シルバーパーツを中心に、寄せ集め、つぎはぎパーツを統一して、動かしていく醍醐味や楽しみはあることに越したことはないだろう、と思うんだがね。

 DSC_2461_convert_20190614230937.jpg

 使いつぶしたかに見える、これはかつてのアルテグラだろうなあ・・・。こいつにも随分と助けてもらったと思うぞ。

 DSC_2476_convert_20190614230946.jpg

 大森社長には全く及びもしないが、ちょいと磨きの手を入れてみました。もう少しやって、スプーンの背中のように出来たらなあ。

 シルバーだからこそだ・・・、黒パーツにこういう芸当は出来ない。

DSC_2479_convert_20190614230956.jpg

 輝くシルバーパーツで何組もうか?新旧パーツの統合にもなる、いいお手本になるといいなあ・・・。

 DSC_2481_convert_20190614231006.jpg

 アリャー・・・・目の毒だわ。

 こいつで何組もうか?28穴といえば、まああれくらいだろうか?

 たまたま店主の関戸箱なもんで、この辺のものが湧いてくるんだが・・・、現行では、シマノ105のシルバーか、カンパのポテンザ、ケンタウロのシルバーぐらいしかないだろうね、しかも同一コンポの一揃えだな。

 でも行くとこ行けば、統一コンポではないが、なかなか魅力的なシルバーパーツ類があることも事実なのだ。ある意味、日本の水際まで来ているんだが・・・、なかなか上陸させて、定着させるには大変な手間やビジョンが必要になるだろうなあ。

 到底、1店舗をやっている店主にはそれらすべてやるには、荷が重すぎる。

 分担せねば・・・と思うんだが・・・、それがまた難しいだろうなとは思うが、なかなか興味深くもある。

 シルバーパーツを探して、試して、交渉して持ってくるところまではできるが、その後の見せ方の工夫、広報、実際の販売となると、これはまあ自分の仕事の主流を替えるくらいの覚悟がないと出来まい。

 そこで・・・、考え方、価値観などを共有しつつ、レトロなものに鋭く新しい感覚を持ちつつ、幅広い視野から捉え直し、一商品、商売という枠を超えて、文化を再生させることの意義も感じつつ、広報実務などに長けたセンスある方々・・・・とのコラボなどが出来れば、この手の実現は夢ではなくなる・・・・とも思っている。

 技術的なこと、応用的なことはこちらにお任せ、それとはまた違った見せ方、違った意義の着せ方などができる人たちと力が合わされば、単なる一商売を超えて、どえらい文化活動にもなって展開していくんじゃないか?なんて思っている訳なんだが・・・ね。

 近いうちに、そんなことを象徴できる一台が組み上がるかもしれない。

 そんなことを切っ掛けに、新たな方向性に向けて、ちょっとずつでも動いてみるのも悪くはなかろう・・・、なんてな。

八ヶ岳号 完成!



 この遠景から見ると、一体この自転車の車種はなんでしょう?

 ドロップハンドルであることは確実・・・だな・・・。

 近くに寄って見てみようか?

 DSC_2475_convert_20190613010232.jpg

 ・・・なんだ普通の実用車・・・か、と思われるかも知れませんな。まあ、このパーツはモロその手の物を使っていますからね。

DSC_2474_convert_20190613010219.jpg

 ギアは・・・ついていますねえ、なんと八枚も・・・。最大ギアが32かな?かなりデカイですね。

 DSC_2473_convert_20190613010209.jpg

 スラムのリアディレーラーがついています。前が、通常の実用車34だとすると、相当軽いギア比が用意されているということが言えます。この辺の街道走るには、軽すぎます・・・。

DSC_2469_convert_20190613010137.jpg

 やはり遠景で確認できたように、ハンドルはドロップです。ブレーキレバーが・・・、どの位置からでも引ける、優れたやつです、ディズナのエアロブレーキ・・・コイツはお薦めなんだな、なのでコイツをつけてみましたわ。

 で、シフターは?なんだろう?

 DSC_2471_convert_20190613010148.jpg

 バーコンでありますな。ただ、無加工のコイツではこの8速は引けなかったんですね。引きシロが足りなかった、ローが引けない・・・、この車体のミッションからすると、その激軽ギアが引けないのは致命的・・・なんでありますな、そこでシフター加工して、意地でも最大ギアを引けるようにしたんです。

 DSC_2472_convert_20190613010159.jpg

 この角度からではわからないかな?ちょいときれいに出来過ぎたからかも・・・。台座の一部を二ミリ以上かな削りまして、レバーをほぼ天井真上に向かって引けるようにしています。

 そうすることで、ようやく最大ギア32に届くことになります。ちなみにその際にギア比は1.06なんていうまさに激軽ギアなんであります。

 もちろん、この辺の街道で使おうものなら、底が抜けたようにペダルが空回りしたり、チェーンが外れたか?と思う、そのくらい軽いギアなんですね、自覚的に使わないと、むしろ危ないくらい軽いんです。

 DSC_2465_convert_20190613010127.jpg

 そこまで軽いギアが必要なのには、もちろんちゃんとした理由があります。走り回る場所として、想定されているのが、八ヶ岳近辺ということ。そう、まわりには登りか下りしかない、平地がほぼなしという過酷な地形なのであります。

 そうした場において、日常的な足として使うとなると、まずはこのくらいのギアがないと・・・という事で作られたわけであります。

 今はカゴも荷台もありませんが、その内、下手の町にビールと葡萄酒でも購入しに行くとなると、ピラーに噛ませる荷台なんかもつけていいでしょうね。

 最大14%、平均勾配率9%なんてとこに滞在するとなると、このくらいの保険は合った方がいい。あとは実際に持ち込んで、乗り込んで、取捨選択しながら、実際の使用に合わせていくということかな?

 しかし見慣れているドロップハンドルからすると、ホイールベースが長くて自転車本体の外側に日本のホイールがあるように見えますが・・・。ブレーキもキャリパーダブルピポッドが前後についていますし、下りの方も大丈夫かと。

 あとは実戦投入とフィードバックと言うとこかな?でもこれが使えるとなると、改造実用車の面目躍如に違いありません。こういう使い方もできるとなると、実用車恐るべしとなりますね。

 この路線から、暫くは、自転車の異化作用を狙っていきたいですね。改造実用車、今後ともパワーアップかと思います!
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター