メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

試乗車完成 データ取るぞー



 店主自分の自転車ながら、やっぱり自画自賛じゃないが、いいねえ、この無愛想な出所不明感が。

 多分当店作のものに反応してくださる方々は、出所不明、仕様不明・・・というところではないか?なんて勝手に思っているんですね。

 ブランドの好きな方はそれはそれで。そのメーカーのデカールが付いているから(宣伝している)といって、決して安くなるわけではないが、そのブランドに乗りたくなるように、選択をしてもらうようにする、というのがまさにブランドが引いた線路のようなもんですな。

 ブランドはモノ+線路が付いている、だから売るのが比較的楽・・・といっても線路から色々指示が来たりと大変なこともあるようですがね。

 一方真の無印、出所不明、仕様不明車体は、線路のようなものは一切付いていないんです、だから単独でたどり着いて、単独で乗りつつ温めていかないといけない、その人なりの温め方というのが、やっぱりできてくるといい訳で、まあ何というかその人なりの味といいますか?そういう所を応援していきたいなあ、などとも思うわけであります。

 なもんで、コイツもそんな車体の典型のようなヤツですね。

DSC_8126_convert_20200103172507.jpg

 もう25年以上乗っているかな?チタンフレームです。多分パイプは住金ものかと。

 DSC_8127_convert_20200103172520.jpg

 この状態で酸化しているのでこれ以上は錆びません。無愛想だが塗装もないので、輪行などで傷が付くなんていう心配もありません。

 DSC_8123_convert_20200103172423.jpg

 古い時代のレコード、10速が付いています、このエルゴ好きなんですわ、使い勝手もぜんぜん落ちませんね。いい時代のカンパの象徴するようなパーツだわ。

 DSC_8124_convert_20200103172439.jpg

 昔は男ギアが付いていたんですが、年寄りになってから、コンパクトに。その頃からシルバーが袖にされていたんで、最後のアテナだったかな?駆け込み状態。

 DSC_8125_convert_20200103172454.jpg

 そして予想は付くと思いますが、この辺がまたメチャクチャなシマノ77デュラのリアディレーラーなもんで、コイツは9速。いわゆる典型的なシマニョーロってやつですね。

 もうこの仕様で・・・、10年以上乗っていると思う。

 で、コイツに気合いを入れたのが、自分を人体実験ということで、前段ご紹介したカーボンリムでもって組んでみたやつを履かせてみたわけです。

 DSC_8121_convert_20200103172400.jpg

 軽量ながら、WOです、コイツの兄弟のチューブラーはもっと軽量・・・。

 リムハイト21㎜、最近やたら厚いリムが流行っているんで(88㎜とかもある)、わざと逆張りをして、21㎜に。

 DSC_8128_convert_20200103172532.jpg

 前輪二本取り、一ねじり。

DSC_8129_convert_20200103172543.jpg

 後輪フリー側四本取り一ねじり、反フリー側は二本取り一ねじりという仕様です、ハブはTNIの軽量系、面白くないくらい回転もいい。多分出所はノバッテックでしょうね、そっくりだし。

 DSC_8122_convert_20200103172409.jpg

 手頃でスキンサイドといえば、かつてはチャレンジもんだったんですが、カワシマさんがやめてしまったらしく、大変困っていたところ、ヴェロフレックスさんでもって、手頃なスキンサイドを出してきた。

 捨てる神あれば拾う神あるだね。そして、このタイヤがまたいい、サイドが柔らかいしね、グリップいいし、軽量だし・・・。これが五千円台で購入出来るというのはありがたい!

 ほんでもって短い距離だが乗ってみた感じは、やはり登りはいいね。体重減らせばもっといいだろうということは分かるが、今の体重でも、神社脇などの劇坂なんて事無くスイスイといけます。

 そして、組んでいたときに感じていたことだが、完組カーボンの嫌らしい固さがない。今回の件で分かったこと、店主はスポークのテンションのある程度高いいわゆる「固い」ホイールは好きなんだが、リムの固いホイールは嫌いであることが判明。走っていて、芯のある円がイメージされる、たまにある完璧に近い完組ホイールは、ダメだね、あれは勘違いしてしまう。

 リム自体は多少柔らかくとも、それをスポークテンションを高めに取るというのがいいですね。あの狂いまくったDTの585だって、恐ろしい完組のリムの固さからすれば、かわいいもんだという事も再確認だな。

 あのくらいのリムなら、どんなにスポークテンション上げても、好みの範囲は変わらない・・・。そういうことだったのね。

 ただ、後輪から踏み回すと音がすることが判明、これはクランクの回転には関係なく起こるので、コイツを乗りながら解明していくというのが、この手組ホイールの試乗の意味となりそうだ。

 薄々、ここかな?という見当はつき始めているので、今後そいつを追い込んで、、見つけては、対策を取りましょうということね。

 DSC_8120_convert_20200103172350.jpg

 うん、なかなかよしということに、いたしましょう!
スポンサーサイト



名車なのでありますから ちゃんとしましょ



 カーボンのデローザ、学生さんがお持ちです。

 ちょっくら自分で弄ることもあるそうで、乗りながら弄っている、という感じですね。

 で、弄る本人がなぜが当店に持ってきた。なんかちょっと違和感があるということだった。

 DSC_8049_convert_20191227222743.jpg

 まずこの前輪、フルクラムものなんだが、なんかガタがあるようだと。左右に揺すってみると、若干だがガタがあった。これは放っておいてはいけません。フルクラムのほとんどはシールドベアリングなんだろうから、マジガタがとれなくなったら、調整できません、ベアリング交換しないとね。

 なので、空けてみます。

DSC_8052_convert_20191227222754.jpg

 ハブの脇に六角のボルトがある、こいつを緩めるとキャップが回って外れるんだろう。

 DSC_8053_convert_20191227222815.jpg

 その前に、外側のクイックシャフト受けが外れた。こんな所も、スルーアクスルとの兼用を狙っているんだろうか?メーカーによっては顕著にそのような発想のところがある。クイック受けは今やキャップ状態だわ。

 DSC_8055_convert_20191227222837.jpg

 この銀のシャフトも・・・、

 DSC_8054_convert_20191227222825.jpg

 六角を緩めて回しながら外すと、シャフトも外れ、シールドベアリングが出てきた。やはりシールドだね。

DSC_8056_convert_20191227222848.jpg

 幸いなことにシールドベアリング自身にまでガタは及んでいなかったので、このシールドの内外とシャフトにグリスを付けて、元に戻してやる。先のガタは、締め付けによるものだった、そこが緩むことによって発生する、もちろん放っておいてはいけない。

 そしてもう一つ、厄介があった。フロントディレーラーだ。

 DSC_8059_convert_20191227222900.jpg

 カンパポテンザの腕長フロントディレーラー。こいつの調整がなんともうまく決まらないというj事だった。自分で弄ったらしい、よくあることだ。

 ここで怒ってはいけない、所詮弄らないと何も覚えないからだ。弄って失敗して憶える、この繰り返ししか、メンテの上達はあり得ない。だから、自分で弄ってしまって整備不良にしてしまったことを怒っちゃいけない、黙って直してやることだ。

 DSC_8060_convert_20191227222911.jpg

 カーボン車によくある直づけ台座式のフロントディレーラー。いやいや、実はバンド式が好きな店主、微妙な調整がやりにくいという欠点があるように思うし、ものによってなんだが、この台座自身に剛性が足りないんじゃないか?と思うこともあるんだな。

 最近のフロントメカの剛性はそこそこあるものの、台座に剛性が足りない場合は元の木阿弥である。

 DSC_8061_convert_20191227222921.jpg

 案の定、締め込んでフロントメカを固定したところが、チェーンリンクとの平行が出ていない・・・。こういう所がやり直さないと、この手の調整は堂々巡りということになる。

 かなりの素人の調整にありがちなのは、この堂々巡りの妥協もの、それでもシフティングがなんとかできてしまうので、それで乗り続けて、こんなもんかと思っている、そういう状況が往々にしてあるように思いますね。

 この場合も、インナーローはあまり使わないから・・・といって、アチコチユルユル状態。

 でもね、レースに出なくてもレーサーだから、意地でも合わせないといけないところが二箇所ある。

 それは、インナーローと、アウタートップ。この両極はレーサーであれば絶対にしっかりと調整し出さないといけないところ。どちらかを犠牲にして、合わせたつもりというのは一番よくありません。

 なので、意地でもこの両極の調整はキッチリやりましょう。逆に言えば、この両極が出来ていれば、あとはその間なわけで、ワイヤー調整を厳密にやればどうにかなる、それでもどうにもならないときは、エンドやハンガーの曲がりを検討する。

 シフトとメカによって多少の癖はあるが、そんなもんはご愛敬、レースならコースも念頭に入れての調整もありだが、ほとんどはライダーの癖や好みに従えばよし、というもんだ。

 しかし鉄などを弄り慣れている身からすれば、インナーむき出しがあることが大変微妙な調整には必要なんだが、この手のカーボン系は、オールアウターだったり、フレーム内にワイヤーを通したりと、インナーを直接引っ張ったり、テンションを見たりすることが出来ないのが、ちょっとやりにくい。

 DSC_8045_convert_20191227222733.jpg

 とまあ、できたぞ。折角のデローザなんで、ちゃんとした状態で乗ろうぜ!そんじょそこらの車体じゃないんだから。

 でも自分から弄って調整しようという気は持ち続けること、なんかあったら、尻ぬぐいはしてやるから、自分の車体はいずれ自分ですべてちゃんと面倒見えるようにする、それがレーサーを乗るものの心意気と心得よ!若者よ!

チネリからチネリへ載せ替えの巻



 アルミのレーサーがやって来た。

DSC_7922_convert_20191219235742.jpg

 チネリね。チネリというと、フレームもさることながら、衣類も含んだ周辺パーツのイメージ強いですね。フレームは名だたるものもなくはないんですが、定番以外はついでに作っているという感じがします。

  まあ、ガチでフレームで勝負するメーカーと比べてですが。

 とはいうものの、10年ほど前に載せ替え施工した、鉄のチネリは走ったなあ・・・。パイプもちょっと独特だった。あの走りは実直で、こういう自転車が増えるといいなあと思ったものだったが。

 ということで、こいつからパーツ類を外して、持ち込みパーツ合わせて、再度新フレームに移植、という施工を承る。

 DSC_7928_convert_20191219235808.jpg

 次もまたチネリなんだが、素材がアルミからカーボンにかわっている。

 その前に、

DSC_7924_convert_20191219235756.jpg

 このフレームにはディレーラーハンガーがこれ一個しか付いていなかった。特にカーボンフレームの場合、ここがわざとだと思うが華奢に作られている。本体を守るために、わざと壊れるように・・・と思われるほどね。

 なので、極端な話、風で倒れただけで、このハンガーがまがっってしまうことだってある。

 ということなので、このハンガー自体は二個以上は持っておかないと、心配ですよ。ここが折れただけで、このフレームは使えなくなる・・・、そういうことなんであります。

 正規ルートで取れればいいんですが、海外サイトからや、ヤフオクなど個人から引き継いだものには、この辺は自己責任ということなので、しっかりと自分で確保しなければいけません。

 DSC_7943_convert_20191219235829.jpg

 元々付いていたクランクの移植だったんだが、新フレームのBB規格が異なっていたので、取り直し。86.5というソケットが必要だった。

 このBB規格と、ヘッドの規格はちゃんとメモしておくとかして、しっかり把握しておかないといけません。いろんな形式があるので、それに合わせてちゃんと対応しないとダメなんですね。面倒で、ショップの店主ですら、一瞬分からなくなることがあるくらい。

 DSC_7944_convert_20191219235837.jpg

 腕上げフロントメカ、一世代前の形式ですね。この角度にばらつきを設けてセッティングするなんて、やりにくいことこの上ない。そんなわけでか、早々に今の形式に変更されてしまった。

 DSC_7945_convert_20191219235848.jpg

 一昔前なら、ワイドレシオ・・・・と思っただろうが、今日のワイドレシをの目で見ると、まだまだおとなしいわね。

DSC_7947_convert_20191219235900.jpg

 STIをちょっと内向きにする、この辺は前の車体からのものをできるだけ踏襲することです。

 DSC_7948_convert_20191219235913.jpg

 この辺のスペーサーの数や、フレームサイズの異なったフレームへの移植となれば、実質的な量の割合などで、ざっと合わしていく。

 DSC_7951_convert_20191219235934.jpg

 シートスレーブリッジが、妙に反っている。形もチネリの狙い通りなのかな?

 DSC_7950_convert_20191219235924.jpg

 トップチューブの流線型とでもいいましょうか?

DSC_7952_convert_20191219235945.jpg

 BB付近のこうした膨らみ等は、走るための効率を考慮してなのか?それとも、見た目重視なのか?イタリアもんはこの辺がよく読めない。

 DSC_7938_convert_20191219235819.jpg
 
  そう言い忘れたが、色はまさにチネリ!というカラーをしている。

 そう念願のカーボンにしたいということだった。確かに、このフレームは走りますね。スイスイと走ります、それなりに快適ですが・・・、なんか鉄のような粘りというか、ねじ込んで伸びていくようなスピード感とはちがいますが・・・。

 乗られる方にしてみたら、カーボンにして良かった・・・と思えるだろうなあ、きっと。

カーボンロード 事故車 見積もり どう作るか?



 かなり本気系か?と思われるレーサーが入ってきたんだな。

 DSC_7564_convert_20191127230105.jpg

 グスト?ギュスト?名前は知らないが、高校生が乗っていた車体で、つい先日青梅街道で事故に遭ったという。

 交差点で右折車にぶつかり体はボンネットに乗っかり、左半身を強打したという。まだ足は引きずっていた。

 さて、当店に持ってこられるのは自転車なんだが、この車体で以て見積書を作って欲しいという。

 DSC_7545_convert_20191127225952.jpg

 左に車体ごとぶつかったということで、事故の形跡は証言通りとなってはいる。手元変速も左の方が内側に曲がっている。

 バーテープも外れているね。

 DSC_7546_convert_20191127230008.jpg

 多分今回の事故のものともわれる破れが見つかっている。

DSC_7548_convert_20191127230019.jpg

 ハンドルに傷も見つかっている。

 DSC_7557_convert_20191127230053.jpg

 クランクの先端にも傷はあるが、これが今回起きた傷かどうかは分からない。

 そして、フレーム・・・。

 DSC_7550_convert_20191127230035.jpg

 やはりフォークの左側に、ちょっとした傷の跡が残っている。

 スピードは20キロぐらいだったという。さしたるスピードでは無い、平地ということもある。ホイールにも前後の振れは観測できるが、それが今回のものかどうかは分からない。つまり明らかに事故のものと思われるほどの損傷は無い。見た目ではね。

 また、証言の一つに、リアのホイールが車に軽く踏まれたということもあったが、重いものでつぶされた跡のようなものは確認できなかった。

 カーボンフレーム、カーボンホイールの事故車体・・・。

 これが鉄フレームだったら、手続きは簡単だ。まずすべてのパーツを外して、柳さんに渡し、治具にかけて計測してもらう。狂いがあれば、修正をしてもらい。火入れをするような施工が必要なら、その旨を見積書に書けば良い。

 修正等が終わったら、今度は使えるパーツは再組み付けし、そうで無いパーツは交換するなりして、対応する。そう、かくして鉄フレームに関しては、対処法がほぼ確立できているのだ。

 翻って、カーボン車体・・・。

 ここまで見た感じでは、言われない限り事故車であることは分からない・・・、そこが難しいカーボン車体なのだ。

 ところが、1箇所、確実に事故による損傷と思われるものを発見。

 DSC_7543_convert_20191127225943.jpg

 サドルの背後のフレームに当たるところが大分曲がっているのが分かる。この曲がり具合と言えば、一瞬にちょっとした・・・というか相当の力がかかったことが推測できる。

 ただでさえ、カーボン車体は落車後には乗るな、ということが言われている中で、この手の損傷を見ると、たとえ目視では大した被害はないようだが、フレーム内部の積層の剥離などの可能性を考えると、今後安全に乗ることを希望するなら、少なくともこのフレームとリムは別物を使うことをおすすめするという結論にせざるを得ない。

 非破壊系の検査ができる施設があれば、そこに出すのがベストであろうが・・・。

 当店のようなそうした設備の無い店などは、使えるパーツは流用し、相応の値段のカーボンフレームを購入して、載せ替えることすすめるのが精一杯ということになろう。

 まあ、いろんなことを勘案しながらも、この車体を持ち込まれた場合、当店なら、いくらでどうすれば、安全に乗ってもいいでしょうと言えるか?ということの見積もりを正直に書くしか無いだろうね。

 されば、完成車の値段を聞き、そこからコンポ類、パーツ類、ホイール類を差し引いた、推定から、カーボンフレームの代金を算出して、それに使えるパーツを割り出し、新規に交換するものをを足して、再組み付け工賃を載せたものを提出することにしようか。

 今まで事故車体の色々やって来たが、その大半は鉄だった。なので確立された対処の仕方を発動すれば良かったんだが、今回はカーボン車体・・・、勝手が違うね全く・・・。

 まずは店印の入った、上記見積書を作成して、提出するか・・・。これがまた手間仕事なんだが、痛い思いをした高校生がいることを思えばなんてこと無いか、奴の顔を思い浮かべつつ、双方が歩み寄れるであろう、最良の見積書を作るとするか。

 施工はその跡だ・・・、大分先かもしれない・・・。そういえばまだ解決してない案件もあったなあ・・・。

 

スポルティーフだな・・・



 間、隙間にしかも早なにもないのかもしれない。いや、間や隙間にこそ何かがある、と考えた方がいいかな?もちろんその間や隙間というものは思われているほど単純なものでは無いだろうね。

 隣接分野というのが立体的にも多面的であるように、その間や隙間なのだとしたら、それは相当複雑な状態であろうということは予感出来る。それだけ奥深いし、だからこそ「新しい」と錯覚させてしまうのかもしれないな。

 こいつは・・・、

 DSC_7426_convert_20191118232134.jpg

 700Cに泥よけを付けているところなんか見ると、いわゆるスポルティーフっていう車種なんだろうね。厳密ではないが、ロードとランドナーの間のような存在。

 高速でツーリングをするというイメージかな?

 店主は根っからの泥よけ嫌いなんだが、この手はもちろんあっていいと思う。多分自分は乗らないが、あっていいし、こういう所にこそ新たな分野と見える萌芽のようなもんが潜んでいるように思えるんだな。

 もちろん、このスポルティーフは確立されて相当の時間が経っているはず、なのでいわゆる新しさはそこには無い。しかし、新しさなんてもんはそのほとんどが過去の焼き直しに過ぎない、と思ったほぼ間違いは無い。

 古いものに新たな意味を持ち込むこと、もっと乱暴にはちょうど忘れた頃に引っ張り出す・・・ことで、新しく感じられるのかもしれないね。

 店主の次のターゲットとしては、この手のスポルティーフなんてもんが響いている。隙間、間にあるこの中途半端さが、次への起爆剤になるんじゃないか?とね。

 という話は横置いて、

 DSC_7435_convert_20191118232258.jpg

 このヒロセのスポルティーフ。もちろんビルダーさんにフルオーダーしたもの、ということだ。

 DSC_7427_convert_20191118232144.jpg

 フレームの色から、パーツまで渋いねえ。いずれウイスキーのような自転車を作ってみたいと思っている店主には、スゲーヒントになりますね。

 DSC_7428_convert_20191118232156.jpg

 上引きブレーキ、あまり効かないだろうから、通常使いには遠慮したいところだが、まあ、持っている雰囲気というものはそれなりものもがある。これをどう効かすか?ってとこが、この手を乗るときの鍵となる、少なくとも店主にとってはね。

 DSC_7429_convert_20191118232206.jpg

 クランク、ギアは元々付いていたデカイものから、こうしたコンパクトものに交換したようだ。

 DSC_7430_convert_20191118232215.jpg

 パーツもクラシカルだ、こいつはというと・・・、

DSC_7432_convert_20191118232237.jpg

 カンパのヌーボレコードのようでありますな。ただしっかり乗られているだけあって、嫌みな感じは一切無い。完全に乗り手が乗りこなしている自転車、まあ、昨日今日のライダーさんではありません。

 DSC_7431_convert_20191118232227.jpg

 で、今回のミッションは、というと・・・。ヘッドパーツのガタ取り、またはヘッドパーツの打ち直しのご依頼でした。

 DSC_7434_convert_20191118232248.jpg

 見栄などよりも実質を取るお方ということで、メッキのレビンで打ち替え、終了ということに。

 また普通に街道に戻れます。

 この持ち主の方は、相当のジャズギターの弾き手。いとも簡単に、パット・メセニー、ロベン・フォード、時にはジョンスコなんかもサラッと弾いてしまう。フュージョン系なんかも難なく弾きこなしてしまう、ギターの鬼才でしょうね。

 その上、自転車にも造詣が深い・・・。ということで、いつも話も尽きないんであります。

DSC_7424_convert_20191118232123.jpg

 チョロッと試乗させてもらったが、まあ鉄フレームのよさ満載という感じですね。いいねえ、鉄フレーム。

 そういえば・・・、

 この度、1箇所に店主の自転車を集めてみたんだが・・・

 0dc9ae46e6e458aad60a4a6fb35bed3_convert_20191118235453.jpg

 そのほとんどが鉄フレーム・・・やったぜ!まあ、そんなこった・・・。

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター