メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

落車と修理と外注と



 こいつは、以前当ブログでも紹介した一台であります。この前に、普段乗っていた実用自転車に乗り直す。というのは距離だとか、行き先とか、今までこの自転車ではこの辺まで、と勝手に決めていた範疇を取り払ったようですね。

 そしたら、自転車の持っている機動力に腰抜かすほど驚いたという事らしい。翻ってエンジンとしての自分も決行いけている、と。

 そんなこんなで、昨年初夏にレーサーがやって来たようだ。実はまた、この歌姫、宮古島の元競輪選手から練習用ピスト車体も預かっている。ある種自転車わらしべ長者のようなところがあるな。

 来たレーサーもじゃんじゃか乗っている。といって、実用車も乗る。そして今年は固定の年なんじゃない?なんて店主を喜ばすようなこともいう・・・。

 今後の展開が、面白そうだな。

 で、こいつでもってしょっちゅう、多摩湖周辺を走っているらしい。行く時は一日二回だって行くことがあるそうだ。

 そのルーティンの中で、初めての落車の事故に遭ったらしい。といってもごくごく軽度のね。本人にも相手にも怪我はほぼなし。ところが自転車には、目立たないが、けっこう手を焼く状態の障害が残ってきてしまっていた。

 症状からいうと、右のSTIがダメになっている、ろくにブレーキも引けず、シフトダウンがまったくできない状態になっている。

 フルスピードから前面直撃状態になると、さしものSTIだって、相当破損する。そのためだと思うが、シマノセールスでは、左右別々に購入できるようになっている。

 ところが、事故の状況を聞いても、さしたる力が一瞬にしてかかったような所はない。実際に破損箇所が大して見当たらない。にもかかわらず、シフトができず、しっかり手前にブレーキも引くことはできない・・・。

 一体何が起きたの?

 こうなったら、観察しかない、徹底したね。

51933377_458120044724938_5614239472460759040_n_convert_20190215172216.jpg

 よく見る、とにかくよく見る。そして、何がシフトをブレーキングを邪魔しているのかよーく見ることしかない。

 すると、あった・・・。

  この写真でもわかりにくいだろうが、丸で囲ってあるところ。ここに、通常では出張ってはいない金具が飛び出ている。原因はこいつだ。

 この金具が、通常はレバーの内側にあることで、レバーを倒せば、この金具も一緒に倒れ、それがシフトに影響するということ、つまりシフトの本体を司る金具であるということがわかった。

 そしてそれが正規の位置に無いことで、ブレーキの引きを同時に邪魔していたということだ。

 原因は以上、という事は、この金具を正規の位置に戻すこと、という事になるわけだが・・・。

 事故の弾みで飛び出てしまったものなので、また反対に逆の大きな力を掛けないと戻らないことになる。

 ご存じの方も多いと思うが、シマノのSTIって、実にカッチリできていて、バラしてパーツ交換して戻すなんてことができないようになっている、その辺はカンパとは真逆なんだな。

 だから、バラしてさらなるスモールパーツの取れないシマノとなれば、ちょっとした落車でも交換という事になりかねない。

 で、今回のこれとなると、やるだけやってみて、ダメなら交換・・・という事かという状況で始める。

51895300_318976142062346_99299248746528768_n_convert_20190215172204.jpg

 事故の瞬時にかかったそこそこの力で曲げられた小さい金具、こいつを元の位置に戻すんだが、常識的には、事故にかかったときと同じ力を真反対からかけなければなおらない、ということなのだ。どこかを緩めればシフターの角度が開いて、金具をお仕込むようにして元に戻すなんてことはできない。

 その金具の大本を曲げて、それでできた隙間に押し込んでいくような荒療治にならざるを得ない。

 そして、そして万が一、押し込めたらまた再度金具を立てなおして、事故時にできたような位置に戻らないようにすること、目指す内容は単純ながら、金具が折れないように、ゆっくり静かに荒療治を続けていく。

 で、なんとか戻ったんだが、今度は、戻したつもりでも微妙に変わってしまったであろう、金具の角度による、シフトの癖を何度も何度もやりながら、確かめていく。

51493008_987724608092410_1522695708933619712_n_convert_20190215172118.jpg

 普段は、自分で写真を撮りながら、作業の記録を取っていくが、今回は持ち主の歌姫による撮影、外注だな、なのでいつもの本ブログとはちょっと異なった感じになっている。

 たまには外注もいいもんだが、雰囲気が変わってね、なるほど・・・。

 癖は今回の荒療治で少し出たようだね、外側に向かってシフターを倒すように押し込む・・・、なんていう感じかな?

 通常使用レベルには回復、シフトが直ったと同時にブレーキも普通に引けるようになる。

 今回の事故は、人身にもほとんど怪我もなく、自転車もなんとか元に近い状態に戻ったもので、不幸中の幸い、ということでいいのではないか?と思う。

51715784_377165633113868_4872013027144105984_n_convert_20190215172130.jpg

 まさに外注したが故の写真、今までこんなタイプのものはなかったね。フーン、面白いもんだ。

 今までなにかと、一人でやって来たわけだが、こうして時に分担したりすると、違った角度から当店を見ることができるね。

 そろそろ番頭さんをおいて、少し後ろに引きながら、それとはまた別の世界を豊かにするなんて言うのもありなのかも知れない、とも思うことあり。

 いい意味で変わり続けなければいけない、そのための外注なら今後ともありなのかも知れないね。
 
 
スポンサーサイト

メンテ 特殊パーツにご注意を!



 こういうガチのカーボンレーサーなんかも来るんですねえ。

DSC_1713_convert_20190214012550.jpg

 ドイツのレーサー、フォーカスです。今までの所、あまり思い出なし・・・、いいに決まってんでしょうがね。

 今までほとんど放っておいた分、ここでメンテをという事でやって来たわけだ。

DSC_1710_convert_20190214012519.jpg

 チェーンの交換をしました。10速チェーンなんで、6600アルテのものを使ったかな?とうぜん・・・、

DSC_1720_convert_20190214012640.jpg

 いいケミカルを一コマ一コマに染ませる、音がなくなる・・・、でもってムオンとなるわけでありますな。

DSC_1712_convert_20190214012540.jpg


 ワイヤー類すべて交換。当然ブレーキ、シフトの具合をすべて見ることになります、自転車の神経にあたりますね。

DSC_1716_convert_20190214012609.jpg

 ワイヤーを張るときの注意。このようにバーテープ下に配置することになりますが、このワイヤーがハンドルのどこを這わせるか?という事で、結局はハンドルの形状が変わってしまうということなのであります。最悪なのが、左右のワイヤーの這わせ方が異なるもの。同じハンドルでありながら左右の形状が違うハンドルになってしまうのであります。

これは気持ち悪い・・・。

DSC_1711_convert_20190214012531.jpg

 ワイヤーを張り直すとことはシフトを見直すことなので、スプロケなどの洗浄もやることになります。

DSC_1717_convert_20190214012620.jpg

 ちょいと問題ありだったのが、ローターのクランク。これは最近人気なの?確かにこのごっつさで、軽いんで、すごいできのいいものなんだろうなあ、という事はわかる。

 今回このクランクの横振れ取るパーツに破損が見つかった。

DSC_1785_convert_20190214012650.jpg

 こんな小さな華奢なパーツなのであります。まあ割れることもあるよねえ・・・。

 この辺のものはシマノでどうこうできるものではない、一般部品ではないからね。となると、ローターの取扱店から、引っ張ってこないといけない。

 今回はこのお客さんが、取扱店舗から取り寄せて、再度持ってきてくれた。

DSC_1718_convert_20190214012631.jpg

 取り付けクランクのガタをこのパーツがねじ山を滑って外に広がり、ガタがとれた段階で、六角で締め込んで、完成。

 この手のいいパーツのスモールパーツは、できればスペアとして持っているにこしたことはないね。もし今回こいつが手に入らなければ、このローターのクランクを適正に使い続けるのは難しい・・・、もったいないですよね。

 これは特殊系のパーツをあえて使う際には気をつけておきたいところですね。

DSC_1714_convert_20190214012559.jpg

 今回、それまで使っていたフルクラムのホイールをDTのホイールに交換した。これはチューブレスのホイールなので、近日中にチューブレスタイヤに交換するということだ。


DSC_1708_convert_20190214012509.jpg

  乗ってみたら、走るね。

 いくつかあるカーボンの特徴に、孫悟空のキント雲のように、フワッとワワッと走るタイプのカーボンフレームですね・・・、ってわかんないか?

 まあ、機嫌が相当良くなったという感じは伝わってくる、レースに出るんだったら、ホイールバランスだとか、他に見ることはあるが、まずはこれにて!

 新車以上に持っていくメンテ、レーサーには必需だよ!
 

事故からの生還車



 事故が起きてから半年以上たっぷり時間がかかって、ようやっと生還した一台です。

 自転車として戻すのが大変だったというよりも、先方との交渉が長引いたということらしいですね。見積もりも提出しましたが、ずいぶんのいろんな思いをさせられたようであります。

 こちらとしては依頼者の立場から、ふっかける、ぼったくると言ったことは差し引いて、粛々と書類等を作って、時には保険会社との折半、保険会社が依頼してくる業者との間に入って、状況説明をするということもあります。

 事故検分に来る業者さんも、最近ではスポーツ自転車に得意な方が居るようで、そういう方が来ると話が早いです。こちらが誠心誠意、安全に街道に戻すための内容を説明すると、それを端折らせたり、値切ったりしてくることはありません。

 あと困る質問が、事故車の原価はいくらか?という質問。これは答えようはありません。数日前に有名メーカーの決まったモデルを購入したというのであれば、調べることもできるでしょう。
 
 いつ、フレーム、パーツ、ホイール類をバラで購入して組み付けて、途中で再塗装もしたりしたような車体の値段など、わかるはずもありません。

 いつもそうやって、この手の質問には答えないようにしています、実際答えられないからね。

 多分車の補償で定着しているであろう、車体の値段と、経年とから、現在の価格を割り出して、修理費がそれを上回るようだったら、全損扱いにするという習慣に基づいているのかな?と思いますが。

 何度もメールをいただいて、こちらからの意見や提案などのやり取りをして、あとはひたすら待つことでしょうね。この事故車対応の基本は待つことかと思います。根気よく待つこと。

 まあ、事故なんてあってはならないことが起きてしまったわけです。そこでは、命を賭けたギリギリのやり取りや、時に多額の金が動くわけであります、人心も時には荒れますよ、今までもいろんなことがありました。

 すべては時が解決するとまではいいませんが、一定の時間というのは、どうも必要なようですね。なので、待つことのできない人は、この手の案件を仕事にしてはいけませんね、ひたすら疲れるだけです。

 そして、保険会社等の補償が終わったあとからがまた、これが大変なこともあります。限られた予算の中で、なにをどう直していくか?満額回答ばかりとは限りませんからね。事故の比率などで、色々と差し引かれることもあるようです。

 なにをいかして、どう安全に走れるようにするか?こと古くて、愛着があって、車体そのもの自体にさほどの金銭的価値のない自転車だったりすると、これはまた困ることも多かった・・・。

 とまあ、色々ありまして、今回はこの形で組み付け、再度街道に戻ってきたわけであります。

 DSC_1366_convert_20181218010157.jpg

 ブラックメタリックで、再塗装されています。もちろんその前に、治具に当てて、フレームの精度を見て修正が終わった後であります。

 このブラケットの位置は上過ぎにも見えますが、乗ってみると、意外といいです。

 DSC_1369_convert_20181218010230.jpg

 基本シマノ600が付いてました、それを戻す。

 DSC_1370_convert_20181218010242.jpg

 なんともシンプルでいいねえ。

 DSC_1371_convert_20181218010255.jpg

 このブレーキだって、しっかり効きます。クランクをコンパクトものさえ用意してくれれば、復刻版のシマノ600結構人気出ると思うんだけどなあ・・・。

 DSC_1367_convert_20181218010209.jpg

 セカセカ乗らなかったら、このWレバーでもいいという人は多いだろうなあ、もちろん手元変速と選択できるようにしてもらいたいが・・・、とまあ復刻はされないだろう・・・・が。

 DSC_1368_convert_20181218010219.jpg

 オーソドックスな鉄フレームに、オーソドックスなコンポが付いていた割には、ちょっとモダンなホイールが付いている。モダンといってももう古いが完組だが、オーソドックスな32Hの手組とは全く趣を異にしている。

 意外とだが、鉄フレームにディープリムとか、この手のちょっとモダンなホイールが付いているのは嫌いではない。

 むしろ、ちょいと柔らかめのフレームに、固めのホイールが付いているくらいが丁度いいのかもしれないとすら思える。両者が固いと、今はも踏み切れないだろうが、ホイールの緩いのはまあ横置くとすれば、適度のリズムの取れるくらいのしなりのある鉄フレームに、ワッパ感のしっかりあるホイールを履かせる・・・なんて結構理想的かもしれない・・・、と試乗しながら思ったりした。

 DSC_1365_convert_20181218010145.jpg

 色々あったし、時間もかかったが、なんと加工して、結構凜として街道に戻ってきたじゃないか。乗り心地も決して悪くはないぞ、これはこれで一つの世界を持っている、そういう一台として、再生した。

 次はもう、絶対に事故には遭わないように、絶対にだよ。
 

チタンかよ!パッソー二かよ!



 ダウンチューブの肌なんですが、細かいヘアラインが入っています。大森社長のお仕事・・・ではありません。地金で勝負していると言うところからすると、もしかして、チタン?なんて思う人もありましょう。

IMG_0118_convert_20181130154116.jpg

溶接部はTIGですね。この具合を見ると、ここで鉄フレームということがわかりますね。しかし、大森研魔か疑似チタンかわからないくらいの完成度、これは低くはない。

 IMG_0116_convert_20181130153018.jpg

 各所というか要所要所が締まっているんですね。どこかに手抜きはないか?と探しますが、なかなか見つからない。

 IMG_0112_convert_20181130112630.jpg

 驚いたのが、なんとテーパーヘッドというやつですね。下が1.5インチというやつ・・・、いやまずい、先超された感、満載なのだ。実は企画はしていたんだが・・・。

 IMG_0113_convert_20181130112754.jpg

 このトレックというヘッドバッチは、ふざけてつけているもので、実はノーブランドもの。値段はこの出来にして、そこまで安いの?と驚くほど。

 まあ、多分、向こうも玄人相手ということと、5本一気に取ったということで、この価格になったのか?と思うが、それにしても安い。

 IMG_0114_convert_20181130150813.jpg

 カーボンフォークが付いているが、日本でいえば、高級カーボンフォークの値段でフレーム一式が手に入る・・・。

 今時こんなことがあるのかね?

 IMG_0115_convert_20181130152134.jpg

 この仕上げでねえ・・・、大したもんなんだが・・・。

 IMG_0117_convert_20181130154002.jpg

 こいつに105フルで乗せて走っているのは、北京REのメカニックの李さん。

000DSC_1976_convert_20180324184403.jpg

 この若者なんですが、彼がこの秋に出た、ツーリングのイベントで追突か何かをされ、フレームが曲がってしまった。フレーム交換しないとと、ネットと知己を訪ねて探し出したのがこの、疑似チタンかよ、というこのフレームだんったんだそうだ。

 中国にある深圳という、所から5本取り寄せて、仲間内で分けて乗ってみたという。その値段と仕上げとスペックと走りに驚いたというんだな。

 実際店主も短い距離だが、ロックバイクスさんのシックスコンポーネントのカーボンリムを前後に履かせたバージョンのものを試乗したが、もちろんホイールが最高なのはいうまでもないながら、素材とスケルトンの出す、前に出る感じには正直驚いた。

 あるいみこれでいいじゃない?という。

 フレームフォークでおこれだけ押さえられるとしたら、コンポとホイールで、下駄履かせたら、スペック的にも値段的にも、丁度いいものができるんじゃないか?と思ったね。

 もし1本余っていたら、東京に持ち帰って、スケルトンなどの内容分析なんかもしてみたいと思ったよ。

 IMG_0109_convert_20181130112436.jpg

 スローピングなんだが、なんかこいつには、未知の何かが詰まっているようにも感じる。もちろん彼らの人脈から出てきた所をきっかけにたどり着いたものなんで、それなりに中国でも沈潜していないと、この深圳ものには近づくことはできそうにもないが・・・。

 なかなかいい嗅覚持っているじゃないか?と感心した1本、台湾だけでなく、本土の方でも探せばまだ何かあるんだろうなあ・・・。そうもう明日から来月だ・・・、来月というと十二月。十二月といえば、今年九月に台湾で知り合った、シフターの工場のサンプルができてくるという時期だった・・・、あいつが使えるようになれば、これまたちょっと変わるところも出てくるだろうという展開、その予感である。

 池の鯉のように、投げられる餌を口を開けて待っているだけじゃあダメだ・・・、積極的に探し出さないとね。

 この場合のように、人脈等からの協力を得ると、一体どこに何が隠れているかわからない、ネットだけじゃあダメなんだね。

 このフレーム1本ほしいなあ・・・、聞いてみよう、余っていないか?または次入荷の予定はないか?なんてね。

 さて自転車部門の本腰の時期が来たぞ、アチコチ整いつつある、今からだろうね、今から。

階段は一段ずつ 徐々に乗っていきましょう



 先日、紹介しました、シルクものでございます。 自転車に関してそれほど詳しくはなかったものの、これを落札して、当店に引っかかり、ムクムクと自転車熱が上がってきた様子。

 いい傾向です・・・。といってもドカッと一気に自転車に予算を割くことはできず・・・、なれば、徐々にやっていくということで、優先順位の高いところから、ということになりますな。

 まず・・・、
000DSC_1245_convert_20181114232209.jpg

 ここです。ピラーなんですが、ここが最上地点・・・、これ以上伸びません。乗り手は背が高い、足をたたんで乗ることになる。それじゃあ、距離を走れませんね。

 径は26.8という、あって当たり前のサイズ、なのでここが優先順位一番でしょう。

DSC_1282_convert_20181127091458.jpg

 現行品のシルバーです。乗り方などに慣れてから、ここより更に更に上に伸びるはずです。今もまだ土踏まずで踏んでますんでね、ストップアンドゴーを繰り返していけば、慣れます、確実に。

000DSC_1148_convert_20181114232025.jpg

 次はブレーキでしょう。なんせ効かない・・・。効かないなら、効かないなりの乗り方はありまして、今その実践中なんですが、それでもまあ効かないね。

 000DSC_1244_convert_20181114232157.jpg

 ああ、見るからに昔のカンチというやつです。雨の下りだとフルブレーキをしてもエンジンブレーキレベルでしょうね。

 ただし、だからといって、シクロに使うような競技系カンチだとちょっと景観を壊してしまいがち・・・。効きながらかつ、見た目も・・・というやつは。

 DSC_1278_convert_20181127091432.jpg

 プロマックスのこれ・・・かな?最高に効く、とまでは行かないが・・・。あとはシューが厚みがありすぎて、このクリアランスで、全面リムキャッチはできないが、前のものに比べると当然効きます。

 DSC_1280_convert_20181127091445.jpg

 そして使い込む内に、リム設置角度に合わせて削れてくれば、より効くようになっていくでしょう。

 DSC_1286_convert_20181127091539.jpg

 長い間ご苦労さん。

 ということで、今回の階段一段はここまで。

 さらなる課題はもちろん残りますが・・・。忘れないうちに上げておこう。

DSC_1283_convert_20181127091511.jpg

 腕も長いので、こいつは120ミリまで伸ばしていいでしょうね。

 DSC_1284_convert_20181127091525.jpg

 そして、肩幅も結構あるんで外々440ミリくらいでいいんじゃないか?とね。

 このハンドル周りを次回は攻めていくことになるかな?あとこのバーテープなんですが、セラック(ニス)で自作したらしいですね。交換となるとブレーキレバーを摘出するのに、こいつを剥がさないといけないんだが、それは心苦しい・・・。

 次も布テープを巻いて、残ったセラックでまたチャレンジしてほしいですね。このセラックというニスは、エジプトのミイラ製造の際から使われてきた、もしかしたら漆に次ぐ最古に近いくらいの塗料なんじゃないかな?

 布テープをきっちり巻いて、このニスをしみこませて固めるというのが、ツーリング系の人の工作として、かなり流行っていたらしいが、薄いバーテープ好みの店主からすると、かなり好みに近い握りなんで、一度やってみるのもいいかもしれない・・・。

 オフザフロントという名バーテープがなくなって以来、未だに自分のバーテープが探せていない・・・。やるしかないか・・・。

 DSC_1273_convert_20181127091418.jpg

 そして、さらなる階段は続くのである、もちろん上るか上らないかは、ご本人が決めることなんだが、もう店主の頭の中には、しっかりできあがっているんですね。

 シルクのステッカーを手配しての再塗装、木の泥よけ、革サドル・・・、できあがった自転車はもう、自分のためにだけある一台に昇格でしょう!体に張り付いて剥がれない、そういう一体感をもって自転車と走っている人って、いますよね、アレですよアレ!

 目指すは人車一体の成熟サイクリストなり!

 またねー!

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター