メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

徐々に変化して行くであろうレーサー



トレックのクロスバイクをなにげに購入してから、ホンジョ擬きのフェンダーを付けたり、ブレーキやハンドルあれこれを変えて、自分好みにしながら、自転車に嵌まった方を本ブログでも数回に分けてご紹介しましたが。

 そのお方が人から譲り受けたということでこんなレーサーを引っ張って持ってきた。

 DSC_9262_convert_20200330232250.jpg

 ブリジストンアンカーのようですね。ガチ系レーサーです。いいもの作りしていると思いますよ、ブリジストンさんは。その頂点は勝手にネオコットだと思っていますが、それ以外でもかなり力作的な、地味だが質実剛健な自転車を作っている、といういい印象はあるんだが。

 しかし、ものづくりに花がない、という欠点・・・といいうか、いかにも日本企業らしいと思われるところがある。この着実な物作りの上に、遊び心というか、シャレ心というか、まあ花だな、そんなものが備わったら、結構いいと思うんだが・・・。

 手塩に掛けたクロスバイクがある中で、こうした型落ちであろうが、レーサーを手に入れて、乗ってみたと言うんだが。

 まあ、その走りの別次元に大変驚いたということだ。

 その気持ち分かります。店主も今から三十年近く前、自転車通勤をしていた中で、化学治療で中から体がボロボロになった経験があった。ドンドン調子が落ちてきて、もう自転車通勤も出来なくなるか?と思った矢先、入院見舞金なるものが共済保険からおりたことで、それを資本にミヤタのレーサーを購入したことがあった。

 そのレーサーの別次元の走りで、自転車通勤はその後も快適に続けられた訳なんだが、もしあの時乗っていたままのツーリング車だったら、自転車通勤も壊滅してただろうと、と思う。結果的ににはいい決断だった。

 多分それに似た感覚を得たんじゃないか?と想像しますね。

 そして例によって、また少しずつの改造の魔の手がこの自転車に掛かりそうですね。目指すは・・・、

DSC_1482_convert_20190110200549_2020033102210191f.jpg

 こんな感じ、銀というか、金属を前面に出すのもいいなあ、というように早々に楽しく悩み始めているようだった。

 まずは、消耗品を変えて、要所を締めましょう。ということでメンテ開始!
DSC_9264_convert_20200330232240.jpg

 ワイヤー類一式と、

DSC_9272_convert_20200330232205.jpg

 チェーン周りですな、それらの交換は基本中の基本です。しかし、古いディレーラーが付いていますね。この頃のソラは、これ実はステッカーで、もう何年前だろう、二十年以上は経っていますね。

 DSC_9267_convert_20200330232231.jpg

 これも今の優れたソラとは違う時代のものですね。このSTIは下半からシフトアップが出来ないという、致命的欠陥を持っていたんだが、レース以外の仕様であれば、問題はほぼない・・・かもしれない。

 DSC_9270_convert_20200330232214.jpg

 前の時代のコンポの割には、コンパクトがついているなんて、気がきている、前の持ち主さんが後々交換したのかな?

DSC_9276_convert_20200330232147.jpg

 サドルはまあ、特にコメントする必要も無い・・・、よければこのままだし、ダメなら交換。

 そういう中で、交換の優先順位の高いものは、

 DSC_9269_convert_20200330232222.jpg

 これ、テクトロ・・・だが、このテクトロは効かない。

DSC_9275_convert_20200330232156.jpg

 これはブレーキシューを変えたり、ワイヤーの引きの調整しても、効かないだろうね、アーチ自体の剛性の問題なんじゃないか?とすら思えますね。では何に?ブレーキ問題というのがあって、今現行品で是非取り付けたい、というサイドプルブレーキというのがなかなか無い、厳しいねえ、どこかにないかな?

DSC_9261_convert_20200330232259.jpg

 各所ガタ、振れなどを取って、まあ、最低限の手入れででしっかり走れるようにしておきました。

 あとはまた、乗りながら考えましょう。イメージは、地金系シルバーにするとしたら、コンポ類は銀でも、黒でもいいね。どこをどうやって、好みに変えていくか?その手順やタイミングはいかに?

 これで、レーサーというものに触れて、嵌まると、今度また今持っているクロスバイクや、ツーリング車体がどういう物で、どういう違いがあるのか?ということが明確にわかってくることになる、よりまた自転車の世界の奥に入っていくことになる。

 さて、どういう手順で、こいつが変わっていくのか、また本ブログで追跡して紹介していこうか?建築という異分野からの参戦、自転車を別の視点から、どう変えて、変わっていくのか?またしても、面白いとっかかりになりそうな案件だ。

 今後の展開を乞うご期待だ!
 

 
スポンサーサイト



実は事故からの生還車体



 おお、スポルティーフ?それとも・・・、ツーリング車?

 まあ、パッと目を引く自転車の一つだろうなあ、こんなの街中で止まっていたらね。

DSC_8990_convert_20200316222104.jpg

 ブリジストンの旧車でしょう、ラグ周りがちょっと少年ランドナーの面影を残しますね。

 DSC_8983_convert_20200316222211.jpg

 使っているものが贅沢・・・なものもあり、こいつはサンエクシードのクランク、クランク、チェーンリンク、ボルト系が別売りなんで合算すると三万超え・・・。

 DSC_8982_convert_20200316222223.jpg

 リアディレーラーは、偽装系セントス・・・、シルバーのパーツがない時白眉に見えてしまうのが困ったところなんだが・・・。

DSC_8984_convert_20200316222202.jpg

 フロントもマイクロシフトのもの、自然だねえ・・・この作り、これでいいんだけどね。

DSC_8985_convert_20200316222142.jpg

 ダイアコンペのセンタープル、これはその時代のものかと思うが、今も現行品としてこの手があるのが嬉しいよね、がんばれ!ヨシガイさん!

DSC_8987_convert_20200316222133.jpg

 バンド式のwレバー、これも持ち込みもの。後ろ何速になっても、大抵は対応可能という意味で、wレバーは最強ですな。

 DSC_8989_convert_20200316222113.jpg

 ラージフランジのハブにシルバーのホイール。普通に残って欲しいスペックですね。そして、大騒ぎしませんが、グランボアさんからの泥除けです、美しいん?でしょ?まあ、取り付けが大変ですがねえ・・・。

 DSC_8986_convert_20200316222151.jpg

 このリアハブのラージものもグランボアさんのもの。サンエクシードだけじゃあないんですねえ。そこに八速のスプロケがついているところが、新旧入り混じりです。

DSC_8988_convert_20200316222123.jpg

 ちょいと開き気味のツーリングドロップに、布バーテープ・・・。もうここまでやるか!という旧車の装い、よほどお好きなんですねえ。

 DSC_8981_convert_20200316222427.jpg

 たしかに、非の打ち所なし、ですん。完成されたものは、もういじる必要、進化する必要がない・・・。多分そういうことでしょう・・・。

 ただ、こいつ、実は大事故起こして今回再生されてきた一台だったんです・・・。

 DSC_8993_convert_20200316222046.jpg

 破損された後三角です、

DSC_8992_convert_20200316222054.jpg

 これでようやっと自転車のフレーム・・・と気づくかな?そのくらい下半身部分がぶっ潰れていたんですね。

DSC_8994_convert_20200316222037.jpg

 リアホイールもこのように大破。

 DSC_8995_convert_20200316222026.jpg

 リアハブが真ん中で折れています。今まで事故車はだいぶ見てきたんですが、これほどのものは珍しいですね。

 これが持ち込まれた時、全損の見積もりを書くものとばかり思っていたんですが、持ち主の方の執念と、柳さんの神業的フレーム修復能力が合わさって、再度、街道に戻ってくることになりました。

 関わっていた店主もまさかここまで再生なるか・・・と、感慨ひと塩だよね。

 DSC_8981_convert_20200316222427.jpg

 そう思って、再度見ると、ちょっと神々しくも見える。

 もう二度と事故は起こさない、さあ街道へ戻れ。

輪行には・・・スパッタリングかな?



こいつは、お帰りってなもんで、当店オリジナルのフレームの650cものなんだな。自転車に関しては初心者だったが、一つだけ拘りがあった。

 DSC_9040_convert_20200315230804.jpg

 今は無き、カンパのファイブアームクランクは付けたいということだった。確かにねえ、永遠の美的形式だと思うんだが・・・、ただカンパクランクはほとんどが170という長さ・・・、その選択肢のなさがなかなか広まらない原因でもあるかな?

 そして身長など考慮して650Cの前後ホイールを入れた。

DSC_9038_convert_20200315230740.jpg

 今回のメインも、このホイールの調整ということだった。振れを直す、所によってはスポーク交換もあり・・・ということだったが、そこまでのものは今回はなかった。

 DSC_9039_convert_20200315230753.jpg

 650cに関しては、アジア地域ではもっと普通に普及してもいいサイズだと思う。選択肢として普通にあることが望ましいんだが、残念ながら、ホイール、リム、タイヤと650cに選択肢は極端に狭くなってしまう、大変残念なことだがね。

 通勤自転車としても、赤信号の多い都心を走るなど、ホイール直径が短い分、走り出しが軽いので、おすすめなんだがなあ・・・。

 ということで、ホイール前後、シフト各所、ブレーキ調整など、一通りしてお返ししたんだが・・・。

 DSC_9034_convert_20200315230645.jpg

 フレームの各所に傷が目立つんんだよね。

DSC_9037_convert_20200315230708.jpg

 理由はというと、大学のサイクリング部に所属していることからだと。

 DSC_9036_convert_20200315230729.jpg

 サイクリング部はあちこちに走りに行く際、輪行をするからだという。

 DSC_9035_convert_20200315230657.jpg

 なるほど、スプロケのついたホイールを外して、同じ袋に同封する。持ってアチコチ歩く、時に走る・・・うまく縛って固定しても、やはりガチャンガチャンとアチコチぶつかることになる。そうなれば、傷が付くのも致し方ない・・・。

 でも・・・このままじゃ、なんか痛々しい。なんとかならないか?ということで、持ち上がった案が、これだ!

000 DSC_8884_convert_20200308191043

 先日ご紹介した、清水さんがやっていた、スパッタリングという塗装の技法を使うこと。これをすれば、輪行時に傷が付いたとしても、目立ちにくいのではないか?他のスパッタリング塗料とのあいだでね。

 ちょっとお茶目だし、女の子らしくかわいらしくもある、よし!それに決めた!ということだ。

 DSC_9041_convert_20200315230816.jpg

 元陸上部、現在農学バイオ技術を学ぶ学生サイクリスト、この八月、東京に戻ってきたから、当店まわりで自家塗装、スパッタリングをやる予定ということで約束。

 再度、まだ春浅き、東北に戻っていった。

 さて、八月と思っても、あっという間に来るだろう、暑い中、乾きも早いし、三回で出来れば、いい方だろう・・・。さらなる愛着をかけるために、自家塗装に入ります!当店も約束をした限りは、その時期までしっかり家業をつないでいかないと・・・。

クランク周り それだけじゃあ・・・ない



 ちょっと懐かしいかもしれないな、アルミのジオス。

 DSC_8873_convert_20200309200604.jpg

 アルミのメガチューブ、ジオスと言えば、当店のかつての副店長やっていた、真田さんの車体と同じものだった。彼はこのペイントを剥がして、錆塗装なんてものをしていた。そしてトップチューブカバーなんかを付けて、ふと見るとそこに直に座るスタイルでのっていたな。

 ということで、相当古めのアルミフレームだね。

DSC_8874_convert_20200309200554.jpg

 インテグラルヘッドで、カーボンフォーク。アルミロードが適正価格で売られていた時代のもののように思うね。乗っているのは、今年大学卒業の若者だった。

 DSC_8864_convert_20200309200650.jpg

 若いが10年以上乗っているらしい、もしかしてその時点で中古車を預かったのかもしれないね。

 DSC_8872_convert_20200309200613.jpg

 もうアチコチが疲れていた。引きもアチコチ重い。もちろん直せないこともないが・・・。ご本人も、まあ、そろそろ車体を新車に乗り換えても・・・と考えていたようだった。

 DSC_8871_convert_20200309200622.jpg

 全体が、ドーンと落ちている。さてどこから手を付けようか・・・と総メンテなら思っただろう。

 DSC_8869_convert_20200309200632.jpg

 STIの弱みは、落車の際いの一番に損傷を受けやすいところ、だろうな。これは完全に割れているが、こうしたSTIは実際少なくはない。

 DSC_8865_convert_20200309200641.jpg

 今回は左クランクが外れるというアクシデント。ウーバーをやっていたようだった。仕事用だったわけだ。どおりで、メンテの最中代車はないか?と聞いてきたわけだ。

 BBの入れ替えと、キャップ類のスモールパーツ交換で、しっかり締め直すという所止まりにして置いた。

 もちろんもっとやれるところだらけなんだが、さて、新車にするか?コンポ入れ替えにするか?と悩みたいところながら、一方で仕事の車体だから、最低走れるようにしておきたい、ということなんだな。

 もしコンポの入れかだとすれば・・・。

000 DSC_8522_convert_20200205233613

 今売り出し中のちょっと変わった、コンポを載せた当店オリジナルレーサー、129800円もの。ここで使ったヘンテココンポなんだが、こいつの耐久性さえクリアできれば、相当使えるとみたんだが。

 こいつに乗せたあと、このコンポで組み直すのは?というこちらの誘いに、まんざらでもない様子・・・。

DSC_8863_convert_20200309200700.jpg

 まあ、間接的に懐かしい自転車がやって来た。まあ乗りやすいとは言い難いが、営業で使える最低限のメンテは済んだ、あとは仕事しながら、じっくり考えることだろうね。

 ウーバーやっていれば、雨の日も出ないといけない。使い慣れた自転車を雨の日仕様にするというのも一つの手だしね。

 しかし、ウーバーはこれから増えこそすれ、減ることはないだろう。高齢者が一律スマホを使うようになり、アプリでアクセスが可能になれば、多少の銭払ってもいいので、飲食を取り寄せたい、という需要の潜在力はすさまじいものだろう。

 そういう中で、個人授業主たる彼らの働き方も、より成熟化して、ちゃんと仕事師として成り立つようになってもらいたいもんだ。

 ところで・・・、今後ずっとウーバーで行くのかな?まだ若いが・・・。

 実は・・・とゆっくり話し始めた。実は師範学校を出る予定・・・ということは、通常なら四月からどこかの学校の新任の先生として勤務してもおかしくはないということか?

 そう、ただ今考えている・・・ということだ。

 何という・・・。若い人が教師という仕事に、邁進できない事情がここにもあるなんて・・・。資源のないこの国、人材しか資源のないこの国に、その人材を育成する人材が完全に不足しているという、この状況・・・、なんと嘆かわしいことか。

 教員の倍率がなんと1.1倍だという。ほとんど競争が無いでは無いか。昨年十月、台風よりもショッキングだったニュース、教員採用の二次試験を台風のために、中止にし、全員合格としたと。

 30年前、店主が公立の高校教師になる、しかも倫社の先生になるなんて、駱駝が針の穴を通るほど難しいといわれたんだぞ!

 こちらはたかが自転車屋風情だが、こういう状況を国難というのではないか?

 この国、日本の教育の現場がすでに壊れつつある、ということ。

 これ黙ってみていられますか?微力だが、親として出来ることはないのか?と真剣に思うわけだ。

 先に挙げた、今回コロナによる前面休校に対する、意見書というのもある意味そんな動機というものが根底にあったという事かな。

 この教育現場の荒廃・疲弊に対して、親として、PTAとして出来ることはないか?ということの可能性を探りたいと思っているわけだ。今PTAという組織の意味がるとすれば、それはベルマークを集めることではなくて、こうした教育現場に対して、少しでも改善できることに尽力することではないのか?と強く思う。

 文科省という上流は、教育利権屋によって悲しいかな腐りきっているようで、もう何も期待は出来ない、上流から下水流して来やがる・・・。

 なれば、下流から立ち上がるしかない。

 アマゾンに年に二回、月の満ち引きの関係で河口から津波のように上流に向かってすさまじい勢いで川が逆流する現象があるらしい。

 ポロロッカとか言うそうだが。

 そんな話を若い師範学校の学生と話していると、そうか・・・、学校VSモンスターという二項対立ではなく、そこに学校内自身や、親たちという存在の多様性を持ち込んで、ちゃんと話し合えばいいだけのことか・・・・と、何かしら感じるところもあったらしい。

 そう、何のためのPTAか?それは親、保護者の多様性を担保する場として、機能すればいいだけのこと・・・なんじゃない?かな?と思ったりもする・・・。

 かつて、お父さんが働いていれば、なんとか食えていた時代は、終わってしまい、今はみんながカツカツで、とてもお母さん方が悠長にPTAに専念できる状況では無くなってきている。そういう意味で、かつての意味とは異なるPTAのあり方が、再検討されてしかるべき時かと思う。

 できる限り、スリムにしていくことが重要だろうし、逆に核となるところをに関しては、その意義を再確認した上で、しっかり運営できる形態を保っておくべきかと思う。その中に、是非とも学校VS保護者という陳腐な二項対立にならない、多様性の担保という条件は、確保しておいて欲しいと思う。

 そこから、上流に向かって、少しでも出来るところで改善を狙う、まずはそれだろうね。

 このジオスウーバ氏が、希望を持って教師として教室に迎えることを真に願う次第である。

頑張れ 中坊!



 一体どこからせしめてきたんだろう?中学生が、ボロボロの自転車を引っ張ってきたんだが、それがなかなかのものだったんだな。

 DSC_8833_convert_20200304222848.jpg

 パナソニック、乾電池号。クロモリのフレームね。仕様は小柄な人用のロードレーサー?という感じ。

 こいつを引っ張ってきて、タイヤだけ変えてほしいと来たんだが、もちろんそれだけで済むような状態ではなかった。

DSC_8836_convert_20200304222830.jpg

 なんとホイールが26インチのHEもの。足回りはマウンテン仕様なんだが、上モノはロードという。パナソニックはカスタマイズに応じるんで、もしかして客注かな?なんても思ったりしてね。

 相手が中学生だったもので、出処については何も言っていなかったな。

 で、こいつに乗りたい、ということなんだが、もちろんタイヤ交換だけでは済まない。こいつは手間かけてやるに値する車体なんでもう少し、ちゃんと整備したほうがいいということで、格安で請け負ったわけね。

DSC_8830_convert_20200304222916.jpg

 チェーン周りの交換と洗浄。

DSC_8831_convert_20200304222906.jpg

 フロントメカがもうグズグズだったのでありものながら交換。


DSC_8832_convert_20200304222857.jpg

 ブレーキはVブレーキ・・・。ということはマウンテンを、ドロップ仕様にしていたのか?

DSC_8835_convert_20200304222839.jpg

 バーテープ交換、STIの調整と、まっすぐにセッティング、ワイヤー交換など。こうすると動き出すのが、シマノもののすごいところだよね。まさに眠っているパーツが起きてくるような感じ。

DSC_8827_convert_20200304222926.jpg

 持ってきた時は、そのままごみ収集所においてあってもおかしくはない状態だったが、生き返った。そしてこれを見た中坊くんの目が光った。

 ゴミだと思ったものが宝ということに気づいた感じ。

 じゃあ、乗ってみよ・・・。しかし、昨今の中房は足が長い、腰の位置が違うね。サドル伸ばして、一周してこい!

 さっき光った目が、満面の光を放って戻ってきた。

 足長いなあ・・・、もう少し伸ばすぞ・・・。さあ、もう一周!右手のレバーを全体横倒してみな、変速するから。

 もうコチラのいうことの半分は耳に入らないほど、宝とわかった自分の自転車に関心が向かっていたね。足はすでに27センチ、もう少し背は伸びるし、手足も伸びるだろうね。

 そうしたら・・・、今のピラーでは届かなくなる、これはシム入れて450ミリものを投入かな?ステムは各種長さがあるんで、しばらく大丈夫かな?

 ただ、この車体では、厳密には体に合わなくなる日も来るだろうね。でも・・・、最初に影響もらった一台で、できるところまで体験させてやりたいとも思う。

 数年後、高校時代の夏休み、こいつに荷物を載せて、どこかに行きたいと来たとしたら、できる限りのフィッティングと旅仕様変更してやりたいとも思うねえ、すでに、どこをどうすれば、キャリアが詰めるか?なんてことも目検討完了だ。

 さて、あとは乗るべし!多分、この今の中房に、ピッタリの自転車があるとすれば、これしかないね、最高の出会いなんじゃないか?自転車とだけじゃねーぞ、物事との邂逅というのはかくあるべしなのだ、その意味がわかるのはもう少し先かも知れんがね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター