メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

最初の一台 上出来



 グレーでまとめられた、ちょいとハイセンスなレーサーがやって来た。
 
 といっても、このパターンは最近定着しつつあるのか?学生入手のパターンであります。

DSC_6527_convert_20190926233733.jpg

 ミヤタものですね、細いパイプなんで鉄かと思いきや・・・、

DSC_6528_convert_20190926233747.jpg

 初期型アルミの接着ものでありました。三十年・・・はいかないかな?でもそのくらいの年代物でしょう。

 驚いたのが、コンポ類

DSC_6530_convert_20190926233905.jpg

 RSXが付いている、何に驚いたかというのは、どちらかというとエントリーモデルのコンポでありましたが、今からあげる写真をじっくりご覧ください。どう見えます?

DSC_6529_convert_20190926233759.jpg

 これブレーキなんですね、見れば分かると思いますが。どうでしょう?これシール剥がして、大森社長の磨きなんかをしっかり入れて、銀スプーンの背中のようにして、イタリア車体に取り付けたら・・・。

 この母材のちょっとした加工や形状、デザイン・・・結構よくありません?この曲線の感じがかのカンパをリスペクトしていた頃のシマノ?なんて邪推したりして。

DSC_6531_convert_20190926233917.jpg

 こんなクランクどうでしょう?決して悪くないと思いますね。どこか工芸色が入っている感じがいいなあ、と思うんであります。

 店主のかつて乗っていたツーリング車体にはこのコンポが付いていたんですが、今見ると、気づくこと多いです。

 この曲線・・・、物作りで多くをいただいています、金属工房錬の長島師匠の言葉だと「こういう曲線・・・セクシーなんだよなあ」と工芸家特有の殺し文句を持っています、最近はしゃぎすぎだか、混乱してんだか、正体バレバレの環境大臣?によって相当手垢の付けられる語となってしまっているようですが。

 しかし、問題に対してセクシーにというのもいいが、ならもっと徹底してやれ!文化庁だの、東電裁判だの、NHK経営委員だのと、どこにセクシーさの片鱗がある?義に背を向けた、姑息で臆病な忖度やろうどもの暗躍にしか見えないんだがねえ、なんとも裏でジメジメと気分悪い。

 ということで、かつてのエントリーコンポであるRSXについて思いをはせるんであります。ここで丁度いい対比があるんだな。

 この自転車一部のみ、パーツ交換の形跡がある。

 DSC_6533_convert_20190926233931.jpg

 リアディレーラーね、これ現行品のアルタスなんですが、ここに工芸調のみじんもないですね・・・単なる工業製品・・・、チャンチャン。

 DSC_6537_convert_20190926234002.jpg

 かつての定番のステムハンドルが普通に付いています。いいんでねーの?

DSC_6536_convert_20190926233950.jpg

 相変わらず写真ベタなんだが、こいつはグレー系で統一されている、元の持ち主にそれなりに拘りがあった感がある。

 そう、もう学生君入手のパターンとなってきている、セコハン市場からの引っ張りもん。よくその値段で、引っ張ってきましたね・・・という代物です。

 ちょっとした年代物なんだが、カンパCレコ!というような過剰なもんではなく、今自分の持っている車体の価値に気づくのは多分数年先になるだろうなあ、そういう無自覚な仕込みもいい。

 もちろん、整備してみたが、基本問題なし。最初の一台としては、スペックも、値段も、秘める内容にしても、申し分の無い一台と言える。いいスタート切りやがったなあ・・・。

 ただ、一点・・・今後の課題はなくはない。

DSC_6538_convert_20190926234018.jpg

 車種の年代からすると、よくある話なんだが、チューブラー。このタイヤ自身はまだまだ走れるので、暫くはこれでいいかもしれない。もしパンクをすると、それなりに大変なんだが、まあそれも体験かな?

 長く使い続けるなら、WOホイールに組み替えるのも一つの手かもしれない。いやいや、僕はチューブラーで乗り続ける!というのであれば、まあ根性のある学生とも言えるかもね、それなりにうれしくもあるが・・・、伝授する人がいなくなると、いずれチューブラーは絶滅するだろうなあ、この勢いじゃ。

 DSC_6525_convert_20190926233720.jpg

 まあ、考えられる限り、最良の一歩を踏めたんじゃないか?と思う一台、この学生入手は定着しそうだし、もしかすると・・・、後押ししていく展開になっていくかもしれない・・・ね。


スポンサーサイト



車は体を表す 愚直にて候・・・



 レーサーなのにちょっとした重厚感がある。

 DSC_6070_convert_20190909214758.jpg

 いつも思うが、チューブにパナソニックのロゴは、なんとも電池を彷彿とさせられる。長持ちの高級電池・・・。

 チタンフレームながら、激軽ではない。むしろ重厚感がある。ホイールはデュラエースというロゴが貼ってあるものだから、それなりの軽量は図られているわけだが、持ち上げて、思わずオオ!という声の出るほど軽さは全くない。

 で、乗ってみると・・・。柳さんが一言言ったように「いい自転車ですねえ」という感覚なのだ。全く派手さはない、むしろ愚直である、君それでもレーサーか?と思えるような落ち着きがある、逆に言えば走りへの渇望感がないともいえるが、いいじゃないの焦らなくても・・・と逆に説得される感じかな?
 
 もちろん今回が初めてではなく、ありがたいことに何度か当店にはドックとして利用していただいている。今回のミッションの典型がこれ、

 DSC_6065_convert_20190909214723.jpg

 あるイベントに参加する際求められている、ショップにより診断書の作成なのだ。

 もちろん、書くだけ書いて、終わりではない。メンテも含めての診断なんだが。

 DSC_6069_convert_20190909214749.jpg

 お決まりだが、ワイヤーの交換。ということは、シフターと末端であるディレーラーを丸ごと診ること意味します。何に、張り替えるだけじゃあないんだな・・・。

 DSC_6074_convert_20190909214827.jpg

 歯飛びする前のチェーン交換。飛ぶ前が重要、いや正確には、伸び前の交換が重要って事ですね。新しいチェーンにして、スプロケが歯飛びするようでしたら、時すでに遅し、であります。スプロケも、下手をするとチェーンリンクの交換にも食い込んできてしまいます。

 DSC_6077_convert_20190909214837.jpg

 後はベタベタだった、ブラケットカバーの交換も・・・。かつてはそういうことあまりなかったんだが、最近ではチラホラそういうことが起きる、夏が灼熱化してきたからか・・・?カバーゴムの組成が変わってしまったからか分からないが・・・。

 DSC_6071_convert_20190909214808.jpg

 体の大きなライダーを支える革サドル。こいつの調整は普通のサドルとは異なります。通常のサドルだったら、ピラーとの角度か前後移動くらいなんですが、この革サドルにはもう一つ調整ポイントが付いている。

 DSC_6073_convert_20190909214818.jpg

 革の張りを調整するボルトです。革なので当然伸びますね、その伸びてたるんだ分を伸ばす機構がここなんです。当然伸びればその分サドルは低くなることを意味しますので、ポジションへの影響も。と同時に、そのたるんだフィット感との相性が重要ということもあるので、この辺は難しいですね。

 ちょっとだけたるみを取って、お返ししつつ、後はまた乗りながら、ご自身で調整されることをおすすめしました。

 DSC_6066_convert_20190909214738.jpg

 しかし、まあ、名は体を表すと言いますが、車も体を表しますな、そういう一台です。派手さなく、傾いてもいない、愚直にて候、しっかり走ります、そして今も走っています、という質実剛健とでもいいますかね。
 
 かつて横浜の押さえピッチャー、今も大活躍だそうですが、その選手の乗っているトレックを持ってきてくれたことがありました。メンテしてお返ししたんですが・・・。

 本人は自転車好きなようなんですけど、球団から乗るのは禁止されたようです。

 まあ、落車して大事な肩でも怪我したら、何億円の損失・・・にもなりかねない。

 しかし球団関係者でもないにもかかわらず、選手から高級自転車メンテをまかせられるなんて、その選手との信頼感、人柄の分厚さが忍ばれる話でもある。

 忙しい合間を縫っての、ウナギを求めての孤独楽なサイクリング、まさに人車一体、今後とも陰ながらサポートさせていただきたいですわ。

入門以上 アルミシルク



 この自転車で、一気にはまって、ヒルクライムレースにまで出てもいいかなあ、と思っているという。すごく若いわけではないながら、こういうことが起きることはよくあることだ。

 なれば、この車体を磨き上げて、自分の競技自転車としていこう、というわけだ。

 DSC_4788_convert_20190825230200.jpg

 その前に、大問題を片付けないと、リアディレーラーが巻き上がってしまい、ハンガーごとへしおれてしまった。

 たまにこんなことも起きたなあ、というちょっと珍しいケース、珍しいが起こりうるというやつね。こういう場合、コイツのそのもののハンガーがあるかないかがデカイ。

 幸運なことに、シルクのアルミということがわかり、シルクは鳩山の荒井さんの所から取り寄せればいいという事で、解決。なければまた型紙作って、サイトの画面とにらめっことなりますな。ヤダヤダ・・・。

 DSC_4789_convert_20190825230217.jpg

 とはいえ、派手に折れている、なんでこんなことが起きたのか?もちろんディレーラーも大破、丸ごと交換ということで。

 DSC_4791_convert_20190825230228.jpg

 二世代前の105ね・・・。

 DSC_4798_convert_20190825230318.jpg

お見事ー!!!!というくらい完璧に元に戻っている。105の旧式がたまたまあったという事だ。

 あとは、磨いて、神経系などをしっかり整えていく。

 DSC_4802_convert_20190825230342.jpg

 自転車の横の顔といえばクランクまわり。コイツも綺麗になりましたな。

 DSC_4807_convert_20190825230404.jpg

 ブレーキもシュー交換までいかないまでも、関節にはオイルを染ませる。

 DSC_4805_convert_20190825230353.jpg

 リアも同じく・・・。このくらいからブレーキが効き始めてきた記憶ありだな。

 DSC_4814_convert_20190825230437.jpg

 アルミフレームながらも、嫌みでない固さ、ただこの固さは競技系で通用するでしょう。入門車体としては、いいんじゃないの?と言うところですね。いや、それ以上だな。

 DSC_4812_convert_20190825230424.jpg

 コンポ類にはほとんど問題はありません、チェーン・ワイヤー交換で快適に使えます。

 とちょいと難を言うと、ホイール・・・かな?

 DSC_4809_convert_20190825230414.jpg

 まともに踏んだら半年持てばいいかも知れませんな、といっても即変える必要もなしなので、次の目標の一つとして、みてもいいかもしれません。

 DSC_4801_convert_20190825230330.jpg

 あとは、スプロケもヒルクライムを狙うなら、もう少しワイドレシオの方がいいんじゃないか?という事も憶えておいて欲しいですね。

 DSC_4796_convert_20190825230308.jpg

 いい歳からの自転車へのはまり方、面白い、という事。同時にどうせなら、競技系にも・・・という意欲も出ている。申し分の無い一台かともいますよ、今のところ、過不足なし、あとは踏むべし!というところでしょう。

 一定の年齢を経て、それまでやって来たことのスライドから、自転車競技の入門編のところにまで立っている、俄然応援したくなりますな・・・、その気になればどんな車体だって踏めるはず・・・、何もカーボン車体だけが競技自転車ではない・・・、といっても、コイツ入門編にしては、けっこういい意味で手強いですぞ、そういう意味で、いい車体とのデッドヒートが起きれば面白い!再考に面白いはず!

左前の修正



 カーボン車体だとすれば、ルックとタイム・・・どちらにしますか?なんて対比で語られるメーカーなのかも知れませんね。

 ペダルのイメージもあるかな?タイム派?ルック派?

 そうそう、カーボンフォークのイメージも大分あるでしょう、タイム派・・・ルック派・・・。

 店主はカーボンフォークから来ますね、どうしても、なればタイム派・・・でしょうな。そんなことはどうでもいいとして、独自規格を出して困らせてくれるというのもこの二社はやってくれますね。

 タイムのこまいヘッドパーツでもまれたことあり、ルックの一体型?ビーチクルーザータイプ?クランクが来たときはまさか・・・という事で、着脱には悩ましてもらいました・・・。

 で今回来たのがルックカーボン。

 DSC_4575_convert_20190823222532.jpg

 多分戦闘機だと思いますよ。確かご購入が海外サイトから・・・という事なんだが、このメーカー品で、そんな値段で?!という展開だったそうだ。

 ところが、問題が一つ・・・。

 DSC_4566_convert_20190823222429.jpg

 今を流行ること、ディスクブレーキ仕様のレーサーなのだ。ちなみに今年のツールなどほとんどがディスク化していると聞きますね。

 ホイール交換の時どうすんの?と思っていたが、ある筋からの話、メカニックがインパクト持ってくるそうだ、なるほどレンチ差し込んで、ダダダダってなもんで外すのかな?

 まあ、機能がどうこう言う前に、一部メーカーの思惑で、装備はこのようにして変わってきてしまう・・・。来年は東京五輪だそうで、シマノさんは今頃大忙しで新デュラの開発、仕上げに取りかかってんだろうなあ・・・、ユーザーそっちのけで・・・。

 ちなみに予言をもう一度。2020年には、10000番と言うきり番号をつけて、新デュラエース・XTRという統一コンポを出すんじゃないか?という予想をしています。もうここまでロードコンポがマウンテンライクになってしまったんなら、ロードコンポとマウンテンコンポを両極において、あとはグラデーションで対応すればいいんじゃない?と言うところ、さてどうなることやら。

 DSC_4573_convert_20190823222523.jpg

 でもって、国内では考えられない値段でやって来たコイツだったんだが、なんと・・・というか、もしかしてこれって常識なのかな?ブレーキが左前で来たという事なんですね。

 日本でのセッティングは右前がほぼ常識。ところが、大陸の中国では左前がスタンダード、そして台湾の貸し出し自転車のレベルでも左前がスタンダードだった。

 欧州でも、そうなのかしら?というより、右前って、もしかして日本だけ?なんて疑問が出てくるくらい、海外物に左前は多い。

 そんな状態でやってきたもんで、これを日本スタンダードにしたいという事だったんだが、ワイヤー引きならなんとかなったものの、オイルブレーキではなんともならない・・・という事で、やって来たわけ。つまり右左の前後ブレーキのセッティングを反対にしてもらいたい、という事なんですね。

DSC_4567_convert_20190823222440.jpg

 前後ブレーキのホースを外して差し替え、オイルを入れ直すという意味では、インナーワイヤーを抜かなくてもいいという意味で、簡単なんだが・・・。右はすんなりできました。この写真のワイヤー辿っていくとフォークの脇からフロントに行ってますね。

 と、ところが・・・。左のSTIが・・・、

 DSC_4577_convert_20190823222542.jpg

 この部分ね、ダイアフラムとい薄皮のようなオイルの増減にピッタリ隙間無く貼り付くものが、破れているのか?上から注油すると、この脇当たりからションベン小僧のようにピーと漏れて出てしまう。最初キャリパー側の栓を開け忘れたか?と思ったんだが、そうでは無い。

 再度セッティングして、やってもションベン小僧・・・。

 工房床まわりが油浸し、近松もん状態になってしまった・・・。最近シマノさんは紙のマニュアルをつけなくなった、確かに大半は読まずに捨てられるものだったんで、その紙の無駄をなくし、それをすべてサイトに変えたという事だ、なのでそこを開いて、オイル横漏れを調べるが記載が無い。

 そこで、カスタマーサービスに連絡。症状を告げると、再度型番を確認し、代わりを送るという対応。

 これぞシマノ対応!クレーム口封じ。でも助かるね、二日後に左STIが到着し、再設定。ただし、思った以上にシフトワイヤーのインナー交換に手間取った。

 DSC_4565_convert_20190823222420.jpg

 オイル充填、下を絞め、上からくぼみ部分に空気を噛まさず、不足分をスポイト垂らしをし、蓋を閉める、完了。

 DSC_4571_convert_20190823222513.jpg

 当然前後ディスクなんで、シートステーブリッジすらない。

DSC_4570_convert_20190823222502.jpg

 アルテグラのリアディレーラー、不足なしだね、シルバーがないマウンテンライクということ以外は・・・。

 DSC_4569_convert_20190823222452.jpg

 ガリガリ君ライクな太いクランク・・・。かつて、サエコチームが赤いキャノンデールを使っていた際、シートチューブの太さをコーラの空き缶と呼んでいたが、今のシマノクランクはガリガリ君なみの太さだわね。でも・・・

 DSC_4559_convert_20190823222334.jpg

 こうして全体を見ると、なかなかバランスが取れているというのが不思議でもある、もう店主などは古い人間なんでしょうな。邪魔にならない程度に、脇で静かに仕事してろ・・・という事かも知れませんね。

 そして、乗ったらまた、コイツもすごいはずです・・・。なーるほど・・・てなもんでしょう。でも・・・、これ以外の選択肢もというところで、踏ん張るところは踏ん張っていこうとも思うわけで、でもこうした新機種をも同時にいじれることを今後とも喜びとしていきたいですね。

10年目にして出動!FUJI SST

000 100418


 調べてみると約十年前に、やって来た決戦用フレーム、二本の内の一本なのでありました。記事はこちら、2010年4月のものです。

 このときの衝撃というのはなかったな・・・、大丈夫かよという軽さ。BBソケットまですべてオールカーボン製。86.5なる規格があることも始めて知った。

 そして、この時、カーボンフレームのどん詰まり、詰まるところ、開発の終わりなのではないか?ということを感じたもんだ。まあ多少の変化はあれ、よほどの素材の変化が無い限り、カーボンではこれが行き着くところなのではないか?と。

 実際、この頃にはディスクロードなど出ていないし、電動ものだって、今日のものとは違う。そういう細かい違いはあれど、このフレームの完成度の高さは向こう十年は変わらないだろうと思ったもんだが、まあそんなところのようだ。

 当店まわりで一番東京五輪に近い男、古潤。こいつが落車して、スペシャから、かつてのウィリエールに乗り換えた経緯は何度か触れてきた。

 そのウィリエールもどうもトップ長が長いようで、なんとかならないか?というのが今回の発端。

 なら、落ちたスペシャに戻すか?落ちてんだぜ、一回・・・。

 そういえば、十年近く前に購入しておいたFUJIsstは、まあ、走るやつに貸与ということは決めていた。そうなると・・・。

 トップ長に悩んでいたというより、いつもにないほどに不安を感じている古潤。珍しいねえ、いい意味でもっと適当だったんだが。そういう時期もあるんだろうな。ホームページで、各フレームのトップ長を調べるなど、彼なりの安定剤を求めたいたようだ。

 それはそれで、やるべきことはやっておく方がいい。ただし、実際の走り、コースでの走りにもっと集中できるようになれば、そんなもの杞憂に終わることもある。杞憂に終わるにしても、重要な過程でもあるので、そこは通っておいた方がいい。

 こちらは、あまり巻き込まれることなく、淡々と事実と、把握している限りの過去の傾向などを吹き込んでいくことぐらいだろう。

 そんなこんなで、FUJIに決まった。

 そして載せ替える。

 DSC_4545_convert_20190821212955.jpg

 ウィリエールに付いていたパーツ類を、戻すように。

 DSC_4547_convert_20190821213011.jpg

 付いていたものを整備して取り付けて再度連動を見る。

 DSC_4542_convert_20190821212944.jpg

 たっての希望で、少し長めだった、スペシャのステムを外して取り付ける。当初心配して短め、110ミリのステムで組み付けたが120のステムを自ら選択。一晩で心因性のもの、回復傾向か、やはりいい意味で適当でよろしい。

 DSC_4529_convert_20190821212820.jpg

 そしてSSTには唯一こういう欠点があった。ポジション出しに、フレームを切り取るという・・・、支給ものならいざ知らず・・・、これはないだろうというもんなんだが、あの頃ちょこっとこうした傾向が流行ったもんだ。店主も仏壇号、で痛い思いをした。

 これ短く切りすぎた時のこと・・・考えているのか?

DSC_4548_convert_20190821213028.jpg

 30ミリほど切り取った。そして大切なことは、この切り取ったあとのもの、

DSC_4552_convert_20190821213057.jpg

 こいつなんだが、これは取っておくこと。万が一切りすぎた時、こいつを輪切りにして、切りすぎた分を切り出してスペーサーとして使わないといけないからね。もちろんそれにだって、限界はあるだろうが。

 DSC_4549_convert_20190821213044.jpg

 気になっていた、トップ長だが、なんとかこれで走ってみるという積極的な気分にまで持って行けたようだ。

 DSC_4535_convert_20190821212906.jpg

 何度か試乗も繰り返す。

 DSC_4533_convert_20190821212854.jpg

 まあ、店主ごときだが、試乗してみて、一グラムもこちらの力を無駄にしない、貯めない、固いフレームということがいえるでしょうね。

 試乗している最後のほうで疲れ始める。五十キロくらいのクリテリウムなんかに最適かもね。

 DSC_4540_convert_20190821212926.jpg

 十年近く当店に暖められていた、フレームがついに日の目を見始めるか・・・。まあ理想的な展開かもしれない。

 DSC_4539_convert_20190821212917.jpg

 もう固いフレームであることは、どうしようもない、出来れば、ホイールで逃すか、補強するか?調整するか・・・かもしれないね。

 長距離の練習にはロープロファイルのリムに、ネジリで組むのもいいかもね。短い距離のレースには激固リムで組んだもの・・・、まあ色々出来そうだ。

 まずは九月七日が群馬が、最短の本番、久々にプロツアーと走るらしい。そこまでの間で、細かい設定、できるだけやっていこうか・・・。

ということで、相変わらず、古潤、内輪で最もオリンピックに近い青年、応援よろしくね!



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター