メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

すごいのが来たぞー



 カーボンフレームの雄といえば、タイム・・・は鉄板だよね。ちょっと神がかっている感じがしている。まあトレックも、スペシャもそれなりなんだろうと思うが・・・。

DSC_0630_convert_20170624190958.jpg

 ホイールも、ボーラをはいている。エースクラスがあてがわれるもの・・・でしょ?それに・・・

DSC_0632_convert_20170624191006.jpg

 ス、ス、スーレコが付いている・・・。

 DSC_0633_convert_20170624191014.jpg

 来たよ・・・これがクランクのマーブル調だったらスゲーんだが・・・。なんでこの柄なんだ・・・もったいねー。

 で、この状態で持ち込まれて、チェーンとワイヤーを張って欲しいというご依頼でやってきた。ある意味腕の見せ所・・・になるといいんだが。

 仮付けしてみると・・・やってくれますなあ・・・。

 例によって、直づけなので、直づけ台座が付いています。そこに固定すると、あとほんのコンマ何ミリ内側に寄ってくれないと、チェーンとの干渉が起きる・・・。初っぱなから来やがった・・・、だからカンパ・・・。

 どうやって、どう取り付けても・・・、もう少し内側に欲しい。観察してみるに、インデックス調整の手前に、パーツの部分同士が干渉して、それ以上内側に入らなくなってる。

 DSC_0662_convert_20170624191022.jpg

 わかりにくいんだが、ここね。原因が特定できて、克服方法も確定。ただ、カンパスーレコでしょ?頂点ですよ、頂点・・・。なので持ち主の方に連絡を入れて、手入れの許可を取る。

 その中で、他のショップに持っていった際に、この音なりについて「こんなもんでしょう」という対応だったそうだ。

 スーレコだろ?スーレコ。頂点だろう?頂点・・・。それがそんなわけねーだろ!

 かつてもあった・・・、それもスーレコだったなあ、ヘッドにガタがあったが、あるショップはそんなもんでしょうだった。そんなわけねーだろ!大体カーボン車体にヘッドのガタなんてコンマ何ミリでもあってはならん!!!

 という事で、スペーサー調整かなんかで直した記憶がある・・・。今回もまた、絶対こんなもんじゃない・・・。

 DSC_0666_convert_20170624191029.jpg

 よい子の皆さんはまねしませんように。プレートの内側をヤスリで削っています・・・。シマノじゃ考えられんが、これがカンパだとすれば、愛しちゃうね。こうでないと・・・。まあ、タイムの台座の癖なんかと色々あるんだろうがね、今回は持ち主さんの許可にて、加工してます。

 これにて、内側に関するインデックスは整ったんですが・・・。

 今度は、アウターにかけたときの、またフロントメカの内側プレートがなんか狭い・・・。

 DSC_0667_convert_20170624191037.jpg

 ひっくり返すと、こうなっている。赤い線が内側に折れているでしょ?これが狭いんだわな・・・。ここも加工・・・、あまりの荒療治なので、写真なし・・・。さすがにフロントメカのプレートだけあって、堅かった・・・とだけ言っておく。サンツアーなんかこれが当たり前だったんだが・・・。

 ちなみに、この持ち主の方は、このフロントメカをヤフオクより入手したということだった。なので出所はわからない。なので、すべてのスーレコがこれとは限らない・・・絶対に、なので勘違いしないようにね。

 DSC_0672_convert_20170624191056.jpg

 手間かけさせやがって・・・。だからカンパ。

 いや、ホイールにしろ何にしろ、カンパに対しては言いたい事は山ほどあるんだが・・・、それでもカンパはあってくれ!と思う。

 時に薄めて展開していきます・・・。
 
DSC_0674_convert_20170624191118.jpg

 トーイン派の店主としては、このセッティング。

 DSC_0673_convert_20170624191108.jpg

 もちろんリアも。これにて試乗してみるに、スピードコントロールという本来のブレーキの意味からして、ベスト!・・・というより店主好みというだけなんだがな、「ベスト」セッティングにしあげる。真綿で締め付けるイメージなのだ。

 DSC_0677_convert_20170624191126.jpg

 やはりこのメトロン星人はの操作感はいいね。イメージ通りに行く、下りでドロッとアップして、登りですらっとダウンする。シマノにはねえよ、シマノには・・・。スラム?知らねーし・・・。

 DSC_0679_convert_20170624191133.jpg

 タイムはこの辺の形式が独特なんで、正規代理店から購入する事をお勧めします。もし海外サイトから購入して、ここになんかあっても、日本の代理店は全く相手にしてくれません。エンド金具とか、こうした特殊のパーツ類を使うフレームを海外サイトで購入する際には、その手のものを一個から二個程度、先に購入しておく事も考えて置いていいと思います。

 DSC_0670_convert_20170624191047.jpg

 ツールのエースクラスの車体じゃない?盗まれませんように・・・。

 と同時に・・・、カンパ!締めるとこ、締めていこうな!
スポンサーサイト

あの名車のメンテ



 衝撃的なデビューをしたはずのFUJIバラクーダ。2010年、展示会で始めた会ったとき、こいつは来てる!と直感した覚えがあります。

 その場で十台近くを購入して、入荷を待っていた。

 その翌年が2011年、これから自転車のレースシーズン到来!というその手前に、大震災が起きた。もうレースどころではない、ほぼすべての催しが自粛となった。

 と同時に、このバラクーダの生産とデリバリーに何かが起きたようだった。ほんの一部しか入荷してこなかったが・・・、2011年は、レースどころではない、そういう意味で結果的にはよかったといえたかもしれない。

 しかし、展示会の衝撃のチラ見せから、すると出鼻は一気にくじかれたといってもよかっただろう。

 かつてのアルミの瀬戸物のような堅さではない、なんともいえない粘りと前に出る感じは、次世代のアルミフレームか?とも思ったなあ。

 これを購入してから、暫くほったらかし。心を入れ替えて乗り直すので、メンテというご依頼でありました。

 DSC_0634_convert_20170614211025.jpg
 
 保管は悪くはないが、ほったらかしはその通り。基礎的なメンテしていきます。

 DSC_0599_convert_20170614210904.jpg

 ワイヤーのすべてを交換。

 DSC_0601_convert_20170614210920.jpg

 チェーンの交換、基本ですな。

 DSC_0600_convert_20170614210912.jpg

 ホイールの振れ取りと、タイヤ類の交換も。

DSC_0602_convert_20170614210932.jpg

 ブレーキも洗浄と注油。まあでも使っていないだけあって、まだまだ、これからの様子だ。

 DSC_0606_convert_20170614210957.jpg

 今ここまでシルバーづくしだと、珍しい、とすら思ってしまう。ある意味シルバーの意味が再認されつつあるようにも思う。アッチもコッチもブラックだらけ・・・。これは自転車だけじゃあない、国会も今の内閣も、ブラックだらけ・・・。

 本当大丈夫か?今の内閣?民主党時代の政権運営もひどかったが、今の内閣は史上相当ヤベーよ・・・、残念ながら。

 どこをどう支持するかという以前の問題で、権力の行使、政権運営というものは、緊張感を持ってやってもらわなければならない。それはどの政党が政権を取ろうと、どの役所が権限・権力を行使をしようと、この大原則は変わらない。

 では、どうしたら緊張感を保たせることができるか?一ついえるのは、一権力を大勝させてはいけない、集中させてはならない、ということだ。衆参はねじれ結構。簡単に決められない政治で結構なのだ。

 大きな変革、本当の変革というものは劇的では無く、ゆっくり変わっていくものなのだ。

 今のブラック状況を許してしまったことは、有権者がほぼ無自覚なかたちで与えてしまった一党に対する大勝であろう。この大勝と一強というあり方が、今の緊張感のない主権者をなめきったような運営となっていくのだ。

 自転車のブラック化に関しては利用者をなめている・・・というわけではないでしょうな。

DSC_0607_convert_20170614211007.jpg

 せめてバーテープは白をまいた。

 DSC_0605_convert_20170614210949.jpg

 バラクーダの鬼門と言えば、このピラー回り。後期のバラクーダはここに通常のピラーが付くことになった。それは正解。きしみのようなものは、それにてなくなった。この形式だと、ピラーの形状が特殊で、かつ金属によってカーボンが食い込まれることで、微妙な高さが出しにくくなることもある。

 そのフレームの特殊性というのは、長く乗り続けるに当たって、将来支障になることもあるので、その辺のチェックは慎重に、目先のかっこよさだけに惑わされないように、といっておきましょう。

 DSC_0598_convert_20170614210855.jpg

 試乗したけど、いい自転車だね。ただ、もう製造されていないので・・・残念ではあります。

000 DSCN0959_convert_20121110005627

 そういえば、特殊な塗装を施したバラクーダが一台あります!最後のバラクーダです、540。これが無くなったら、本当に終わり!珍しく、アピールします、名車バラクーダは残りこの一台のみ!であります。

 これ以来、驚くようなアルミ自転車ってできたかな?みんな一定以上のレベルはあって、それなりだと思いますが、オオ!という驚きはない・・・。

 またぶっちぎれたようなアルミレーサーが出てこないかな?

またまた旧車がやってきた!メンテいろいろだねえ・・・



 ベルギーなのか、ドイツなのか?わかりませんが、その辺の国を意識したカラーリングなのかしら?今は無き、サンレンショウのロードレーサーがやってきました。

 どうやら老舗の自転車屋さんが廃業したとかで、そこの在庫で組んだらしいですね。なのでタイムマシンで持ってきたような感じ。古いパーツが、新しく付いています・・・?まあ、新古品というのでしょうかね?

 チューブラータイヤがついています。こいつをどうするか?もちろんそのままで走れます。ただ、今後乗り続けることのメンテのことなどを考えると、多くの方々はクリンチャー系のホイールに組み替える、という選択肢が有力なんですがね。

 こちらは、このままチューブラーで乗り続ける!というのであります。雄々しい選択だね。

 ただ、ホイールの状態が、中途半端で、このまま乗るには貼り付けの意味でも危険なので、きちんとスッキリ掃除して貼り直さないといけません。

 DSC_0606_convert_20170609160459.jpg

 タイヤをまず外して、こびりついている、リムセメントという接着剤をすべて取り除くという作業を行います。この接着剤は古くなると、ガチガチに固まりますので、こうなると金属製のへらなどでこそぎ落としたりします。それはそれは大変です。

 で、この状態はというと、まだ生乾きの状態。ということは、とりあえず貼ってみた・・・ということかな?この状態で乗るとしたら、ちょいと危ないね、下りのコーナーでずっこけかねない・・・。

 リムセメントリムーバーなんてもんがありますが、まあラッカーシンナーで十分だ。布に含ませて、セメントの上に付着させて、ふやかせる。それをこうして、地道にとっていくということ。接着剤の玉に、巻き付けるようにして取っていく。

 DSC_0608_convert_20170609160508.jpg

 ホイール二本分やって、このくらいの玉に成長いたしました。

 DSC_0609_convert_20170609160516.jpg

 それが終わったら、またシンナーでしっかり残りをぬぐって、今度は足付けのためにヤスリをかけます。塗装と同じだね。

 DSC_0618_convert_20170609160523.jpg

 そんでもって、再度下地を作ってリムセメントを塗る・・・というのは昔のこと・・・。またはトラックレースの場合は今でもそうかもね。

 最近では、手も汚れず、待ち時間も無いという意味で、こうした両面テープが使われます。こいつをまずリム全体に貼り付けます。

 DSC_0620_convert_20170609160531.jpg

 こんな感じにね。このとき上側のセロハンはまだ取らない。

DSC_0621_convert_20170609160539.jpg

 このようにほんの少しセロハンを剥いておく、これコツね。

 DSC_0622_convert_20170609160549.jpg

 そのセロハンの上にまずはタイヤをはめる。これはセンター出しというのが、チューブラータイヤ貼りで、かなり重要な要素になるからであります。

 いいタイヤは、単にはめて、そして高圧空気を入れるだけで、ちゃんとセンターが出た状態で貼り付けができます。多くの場合ね。

 ところが、そうではないタイヤのセンター出しは結構面倒なのだ。タイヤは常時接地する面とコーナーリングなどで接地する面によって、材料の質や厚みなどが異なることがありまして、それがある意味そのタイヤの性能を物語っているんですが。

 センターが出ないということは、常時接地すべき面がそうでないところにあたり、その逆も起こるということであります。つまりはそのタイヤの持っている性能を活かすことができないということなんで、タイヤ貼りでは重要なポイントなのね。

 このセロハンの上では、タイヤはかなり自由に向きを変えられるので、そこでしっかりセンターを出して、出たところを

DSC_0624_convert_20170609160557.jpg

 先程、少し脇から出してていたセロハンを引っ張り抜く。それを一周抜くと、上側の接着面が露出するので、そうしたら、再度規定の気圧まで空気を入れることで、圧着完了となります。

 このリムテープは管理は楽でありますが、トライアスロンなどの競技中での、パンク修理を想定するとなるとこのリムテープを再度貼っている時間が無駄かもしれない・・・。

 その際には、一週間前くらい経った生乾き状態のリムセメントの方が、より時間を短くレース復帰できるんじゃないか?と思いますがね。

 または、タイヤの方に両面のリムテープを貼っておく・・・という手もあるなあ・・・。その際、タイヤを剥がすときにリムテープがタイヤの方に付いていることが望ましいよね。そうでないとその部分が二重のテープによっていびつになってしまう・・・。こういうことは、実験しながらやらないとね・・・。課題として残しておこう・・・。

 DSC_0595_convert_20170609160442.jpg

 もうひとつは、600のSTIが壊れている・・・、中が開けられないので、どうしようもない。その辺カンパのエルゴは公開していますね。

 なので、こいつを交換します。

 DSC_0629_convert_20170609160624.jpg

 なんと先祖帰り・・・、wレバーに戻すという選択・・・。

 DSC_0628_convert_20170609160616.jpg

 で、ブレーキレバーはディズナの名作に交換。ほんと先祖返りです。

 DSC_0632_convert_20170609160650.jpg

 ならば、バーテープも布製にしてみました。

 DSC_0630_convert_20170609160634.jpg

 タイムマシンから、来たようなパーツというのはこの様子。きれいだね。

 DSC_0631_convert_20170609160642.jpg

 箱から出てきた、ような感じだよね。

 ということで、今回のテーマは先祖返りかな?

 DSC_0626_convert_20170609160605.jpg

 堂々としていますね。これぞ鉄フレームという感じで。

 ただ、実際に乗り続けるとなると、男ギアだし、Wレバーだし、チューブラーだしと・・・結構ハードル高いかもしれません。それはそれとして、そういうものとして楽しめればそれはそれでいいんですがね。

 でもちょっと前まで、こんな感じだった・・・、ある意味隔世の感だよね。

 まあ、こんな感じで、レトロ系自転車を再生させるということもありだということです。

 今の流れだったら、ホイールはクリンチャー化して、クランクはコンパクト、そして手元変速系・・・というのがありますが、そうとは逆の再生というのもありだ、、ということの例になりますね。

 まあ、いずれにせよ、こいつが街道を走ると来ている、いいよねえ・・・。

 再生のバリエーションは色々ありだ!ということで!

ギアいくつはいる?入れてみれば?



 アルミのロードがやってきた。

 DSC_0623_convert_20170603212650.jpg

 ティアグラコンポをのせてやってきた。

DSC_0624_convert_20170603212658.jpg

 今やティアグラというコンポはなんであるの?というくらいの位置だと思うんだが。その下のソラのできがよく、部分的に105より高いティアグラの存在価値とはこれいかに?なんだが。この頃のティアグラは、もう少し独立然としていたように思う。

DSC_0622_convert_20170603212641.jpg

 さて、今回のミッションというのは、こいつにどのくらいの歯数がのせられるか?という実験みたいなもん。

DSC_0619_convert_20170603212625.jpg


 12-34Tとかいう、ロードにはかつてはあり得ないスプロケを他のパーツを入れ替えず、装着した際、何がどうなるか?というね。

 確かに、今のスプロケって、なんか訳わかんなくなってきていますね。特にマウンテン系なんて、四十を超える歯数があるんだと。

 そういう流れから来る、少しでもデカイスプロケをはかすという発想は、これから続々出てくるんだろうなあ・・・ともいます。

 かつてタンデム組んだとき、このレベルのデカイギア入れたんですが、さすがにデオーレーのディレーラーにしたんですがね。

 今回はティアグラのショート系のディレーラーでどこまで対応できて、注意点は何か?ってね。

 これでいうと、インナートップは・・・使えなくはないが、あまり使わない方がいい。

DSC_0619_convert_20170603212625.jpg

 二枚目、セカンドに入った状態、まあ使えなくはない・・・。

 逆を見てみましょ?

DSC_0617_convert_20170603212609.jpg

 アウターロー、まあディレーラーが前に引っ張られ、悲鳴を上げています。でも変速できているというのがすごいよね。

 DSC_0618_convert_20170603212617.jpg

 上から三枚目・・・ぐらいからだと大丈夫そうだわね。まあ、こういう状態を利用者に見せて、注意点の説明をする。

 DSC_0622_convert_20170603212641.jpg

 なんかが変わりつつあるね。かつて店主は56*38なんて前ギアを入れてトレーニング車として使っていたんだが、インナーのトップ系はチェーンがタルタルになっていた。それが今ではなんとかなっているもんね。

 これからデカイスプロケ付けてのロードが増えるんでしょうね。見た目は・・・なんていっていられない・・・のかもしれませんね。高齢社会なんですから。

 さて、このギア比で、渋峠に行くそうだ。ご感想をお伺いいたしましょ。

 ギアも、BBも許容範囲やそれなりの定義は色々あれど、実際はあてがってみたいとわからないよ、というのが店主の結論なんであります。確かにマニュアルの性能は殺すかもしれないが、どこまで何をどう使うか?という自由くらいは利用者にあってもいいかと思う。そういう意味で、利用者サイドで、やるだけやってみる!これは続けて参るぞ!

試行錯誤で今度はこれか・・・



 これも当店常連さん、自転車長者のお一人からお預かりしたんですが、山登り用に組み付けた一台だったんですが。

 これにて何度も山を登っている内に、なんか足りない・・・と感じられたらしいです。

 DSC_0565_convert_20170529225355.jpg

 このように、ローギアが飛んでいる・・・、ある意味一気に軽くなる・・・ということなんですが、そういうことがちょいと戸惑いとなって、もう少し細かいギア設定ができないか?というね。

 そもそもこのローギアも・・・、

DSC_0566_convert_20170529225404.jpg

 この謎の出所のダブルクランクだから、ということで選択したんだと思われますが、どうもちぐはぐだったらしいですねえ。

 そこでまたも、次の企画に合わせた、パーツ類をドカッと持ってこられまして、載せ替え!ということのご依頼をいただいたわけであります。

 DSC_0583_convert_20170529225432.jpg

 まず、ダブルをトリプルに交換します!これが傑作、右クランクはアルテグラ。

 DSC_0587_convert_20170529225509.jpg

 左クランクが、ティアグラ・・・、チンバ状態。でもまあ、踏めればいいやというところが、自転車長者らしい。

 DSC_0584_convert_20170529225441.jpg

 前が三枚と余裕が出てきましたんで、リアはクロスレシオに交換、10速ですね。

 前が二枚から三枚へ、後ろが八枚から十枚へということなんで、当然シフターも替えないとということです。

 DSC_0567_convert_20170529225416.jpg

 クラリスの2*8のシフターを交換します。これもまた傑作・・・。

DSC_0585_convert_20170529225449.jpg

 右シフターが、105。

DSC_0586_convert_20170529225458.jpg

 左シフターがティアグラ・・・、でもまあなんとか変速は可能です。シフターもチンバです。

 DSC_0580_convert_20170529225425.jpg

 寄せ集めパーツで、またも理想的な山登り号の完成ということにいたしましょう。あとは、これにて何度も山登って、細かいところを決めていく。理想を求めての、山登りです。

 トリプルというのは癖があるなあ、トリムもあるやつとないものがあるのでね。それとQファクターが開くということもある。

 ただ、三枚はもう絶滅していかな?そうなると、ちょいと肩入れしたくはなるもので、相変わらずのへそ曲がりだな。

 前一枚で、後ろが40いくつとかはちょっとなあ、リアディレーラーがロングスケールというのもなあ・・・。

 でも今後の展開で、そういうパーツ類を持ち込まれることもあるかもしれませんがね、その時はその時だ。

 ということで、いつもありがとうございます!納得のいくまで、いじり倒してください、とことんおつきあいさせていただきます!

 ※このブログも多くの方に相手にしていただき、誠にありがとうございます。立ち上げて、約十年ちょっとですが、たぶんですが、近日中に、累積読者が500万人を超えるかと思います。今後とも精進いたしますので、よろしくお願いいたします!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター