メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

チタンかよ!パッソー二かよ!



 ダウンチューブの肌なんですが、細かいヘアラインが入っています。大森社長のお仕事・・・ではありません。地金で勝負していると言うところからすると、もしかして、チタン?なんて思う人もありましょう。

IMG_0118_convert_20181130154116.jpg

溶接部はTIGですね。この具合を見ると、ここで鉄フレームということがわかりますね。しかし、大森研魔か疑似チタンかわからないくらいの完成度、これは低くはない。

 IMG_0116_convert_20181130153018.jpg

 各所というか要所要所が締まっているんですね。どこかに手抜きはないか?と探しますが、なかなか見つからない。

 IMG_0112_convert_20181130112630.jpg

 驚いたのが、なんとテーパーヘッドというやつですね。下が1.5インチというやつ・・・、いやまずい、先超された感、満載なのだ。実は企画はしていたんだが・・・。

 IMG_0113_convert_20181130112754.jpg

 このトレックというヘッドバッチは、ふざけてつけているもので、実はノーブランドもの。値段はこの出来にして、そこまで安いの?と驚くほど。

 まあ、多分、向こうも玄人相手ということと、5本一気に取ったということで、この価格になったのか?と思うが、それにしても安い。

 IMG_0114_convert_20181130150813.jpg

 カーボンフォークが付いているが、日本でいえば、高級カーボンフォークの値段でフレーム一式が手に入る・・・。

 今時こんなことがあるのかね?

 IMG_0115_convert_20181130152134.jpg

 この仕上げでねえ・・・、大したもんなんだが・・・。

 IMG_0117_convert_20181130154002.jpg

 こいつに105フルで乗せて走っているのは、北京REのメカニックの李さん。

000DSC_1976_convert_20180324184403.jpg

 この若者なんですが、彼がこの秋に出た、ツーリングのイベントで追突か何かをされ、フレームが曲がってしまった。フレーム交換しないとと、ネットと知己を訪ねて探し出したのがこの、疑似チタンかよ、というこのフレームだんったんだそうだ。

 中国にある深圳という、所から5本取り寄せて、仲間内で分けて乗ってみたという。その値段と仕上げとスペックと走りに驚いたというんだな。

 実際店主も短い距離だが、ロックバイクスさんのシックスコンポーネントのカーボンリムを前後に履かせたバージョンのものを試乗したが、もちろんホイールが最高なのはいうまでもないながら、素材とスケルトンの出す、前に出る感じには正直驚いた。

 あるいみこれでいいじゃない?という。

 フレームフォークでおこれだけ押さえられるとしたら、コンポとホイールで、下駄履かせたら、スペック的にも値段的にも、丁度いいものができるんじゃないか?と思ったね。

 もし1本余っていたら、東京に持ち帰って、スケルトンなどの内容分析なんかもしてみたいと思ったよ。

 IMG_0109_convert_20181130112436.jpg

 スローピングなんだが、なんかこいつには、未知の何かが詰まっているようにも感じる。もちろん彼らの人脈から出てきた所をきっかけにたどり着いたものなんで、それなりに中国でも沈潜していないと、この深圳ものには近づくことはできそうにもないが・・・。

 なかなかいい嗅覚持っているじゃないか?と感心した1本、台湾だけでなく、本土の方でも探せばまだ何かあるんだろうなあ・・・。そうもう明日から来月だ・・・、来月というと十二月。十二月といえば、今年九月に台湾で知り合った、シフターの工場のサンプルができてくるという時期だった・・・、あいつが使えるようになれば、これまたちょっと変わるところも出てくるだろうという展開、その予感である。

 池の鯉のように、投げられる餌を口を開けて待っているだけじゃあダメだ・・・、積極的に探し出さないとね。

 この場合のように、人脈等からの協力を得ると、一体どこに何が隠れているかわからない、ネットだけじゃあダメなんだね。

 このフレーム1本ほしいなあ・・・、聞いてみよう、余っていないか?または次入荷の予定はないか?なんてね。

 さて自転車部門の本腰の時期が来たぞ、アチコチ整いつつある、今からだろうね、今から。

スポンサーサイト

階段は一段ずつ 徐々に乗っていきましょう



 先日、紹介しました、シルクものでございます。 自転車に関してそれほど詳しくはなかったものの、これを落札して、当店に引っかかり、ムクムクと自転車熱が上がってきた様子。

 いい傾向です・・・。といってもドカッと一気に自転車に予算を割くことはできず・・・、なれば、徐々にやっていくということで、優先順位の高いところから、ということになりますな。

 まず・・・、
000DSC_1245_convert_20181114232209.jpg

 ここです。ピラーなんですが、ここが最上地点・・・、これ以上伸びません。乗り手は背が高い、足をたたんで乗ることになる。それじゃあ、距離を走れませんね。

 径は26.8という、あって当たり前のサイズ、なのでここが優先順位一番でしょう。

DSC_1282_convert_20181127091458.jpg

 現行品のシルバーです。乗り方などに慣れてから、ここより更に更に上に伸びるはずです。今もまだ土踏まずで踏んでますんでね、ストップアンドゴーを繰り返していけば、慣れます、確実に。

000DSC_1148_convert_20181114232025.jpg

 次はブレーキでしょう。なんせ効かない・・・。効かないなら、効かないなりの乗り方はありまして、今その実践中なんですが、それでもまあ効かないね。

 000DSC_1244_convert_20181114232157.jpg

 ああ、見るからに昔のカンチというやつです。雨の下りだとフルブレーキをしてもエンジンブレーキレベルでしょうね。

 ただし、だからといって、シクロに使うような競技系カンチだとちょっと景観を壊してしまいがち・・・。効きながらかつ、見た目も・・・というやつは。

 DSC_1278_convert_20181127091432.jpg

 プロマックスのこれ・・・かな?最高に効く、とまでは行かないが・・・。あとはシューが厚みがありすぎて、このクリアランスで、全面リムキャッチはできないが、前のものに比べると当然効きます。

 DSC_1280_convert_20181127091445.jpg

 そして使い込む内に、リム設置角度に合わせて削れてくれば、より効くようになっていくでしょう。

 DSC_1286_convert_20181127091539.jpg

 長い間ご苦労さん。

 ということで、今回の階段一段はここまで。

 さらなる課題はもちろん残りますが・・・。忘れないうちに上げておこう。

DSC_1283_convert_20181127091511.jpg

 腕も長いので、こいつは120ミリまで伸ばしていいでしょうね。

 DSC_1284_convert_20181127091525.jpg

 そして、肩幅も結構あるんで外々440ミリくらいでいいんじゃないか?とね。

 このハンドル周りを次回は攻めていくことになるかな?あとこのバーテープなんですが、セラック(ニス)で自作したらしいですね。交換となるとブレーキレバーを摘出するのに、こいつを剥がさないといけないんだが、それは心苦しい・・・。

 次も布テープを巻いて、残ったセラックでまたチャレンジしてほしいですね。このセラックというニスは、エジプトのミイラ製造の際から使われてきた、もしかしたら漆に次ぐ最古に近いくらいの塗料なんじゃないかな?

 布テープをきっちり巻いて、このニスをしみこませて固めるというのが、ツーリング系の人の工作として、かなり流行っていたらしいが、薄いバーテープ好みの店主からすると、かなり好みに近い握りなんで、一度やってみるのもいいかもしれない・・・。

 オフザフロントという名バーテープがなくなって以来、未だに自分のバーテープが探せていない・・・。やるしかないか・・・。

 DSC_1273_convert_20181127091418.jpg

 そして、さらなる階段は続くのである、もちろん上るか上らないかは、ご本人が決めることなんだが、もう店主の頭の中には、しっかりできあがっているんですね。

 シルクのステッカーを手配しての再塗装、木の泥よけ、革サドル・・・、できあがった自転車はもう、自分のためにだけある一台に昇格でしょう!体に張り付いて剥がれない、そういう一体感をもって自転車と走っている人って、いますよね、アレですよアレ!

 目指すは人車一体の成熟サイクリストなり!

 またねー!

 

偶然手にした中古車体から広がる何か・・・



 へえ、そんな値段で、落とせたんですねえ・・・と。中古市場からやってきた。ネット上ではかつてはヤフオクが圧倒的でしたが、今そこにメルカリなんてものも入ってきて、ジモティーなんてのもね・・・、ある意味、この社会にはすでにものが溢れていて、それを回しながらの小遣い稼ぎ、断捨離と称するお片付け、サイト内ポイントで中古品回しなど、いろんな意味がそこにはあるんでしょうね。

 ものと小銭は回っても、賃金も売り上げも回らない、今のこの社会をどこか写し出しているようにも思えます。

 とはいえ、適材がそれを欲している適所に行くこと自体はいいことで、今後さらに回って行くであろうこの手の市場については、賛否はあれど、当店としては特に古いものに関して、バックアップ、サポート体制を敷いておこうかとも思っています。

 さして自転車には詳しくはないながらも直感というやつでか、落としたこの自転車、それを何段階かに分けて、整えていきたいということで、話が決まりました。

 DSC_1147_convert_20181114232014.jpg

 しかし、一体何年前のシルクだ?いずれは新井さんよりステッカー取り寄せて、再塗装するなんていうことも念頭に置いておいていいかもね。琥珀系の渋い再塗装・・・なんていいだろうなあ・・・。

 DSC_1150_convert_20181114232038.jpg

 まずはここのブラケットカバーがない。これでは手が痛いが、全くのドンピシャものもないことから、多少は妥協していただくことにした。この手の最強のサポーターはやはりヨシガイさんでありましょうな。

DSC_1249_convert_20181114232245.jpg

 ちょっと浮いた感じはありますが、まあ握りの部分はしっかり締まっているので、操作には悪い影響はないでしょう。

DSC_1148_convert_20181114232025.jpg

 ヘッドパーツにギシギシ感はありましてね、グリスでどうこうできる問題でもないので、ここもメッキ調のものに打ち替えます。

DSC_1243_convert_20181114232143.jpg

 今やスポーツ自転車では絶滅危惧種の一インチのヘッドパーツはタンゲさん頼みですね、これからも継続していってほしいです。

 DSC_1151_convert_20181114232048.jpg

 タイヤもダメですんで、交換。できればスキンサイドものにということなんですがね。間違えると通学自転車になってしまう恐れのあるスキンサイド、やっぱりいいものを使わないとね。

DSC_1242_convert_20181114232128.jpg

 ということで、チャレンジの例の定番を使用。こいつはクリンチャー系のタイヤなんだが、別名オープンチューブラーともいわれる。

 チューブラータイヤは、通常は蛇のように筒状になっていてチューブを内蔵しているんだが、その筒状が開いているという意味なんでしょうね、オープンチューブラー。もちろんこのタイヤ自身にチューブは付いていません、正真正銘のクリンチャータイヤでございます。ではなんで、わざわざそんな言い方するのか?ですね。

 多分サイドの柔らかさを強調したかったのではないか?と思います。チューブラータイヤ、すでに乗ったことのない方の方が大多数でありましょうが、最近ではよくなってきたとはいえ、クリンチャータイヤとの乗り心地は、同じ高圧をかけている場合、もちろんチューブラータイヤにもピンキリなんですが、ソコソコ同士を比べた場合には、まあチューブラの乗り心地のよさはなんともいえませんね。

 かくゆう店主も、かつての決戦用のワッパ以外にはチューブラーは付いてませんが、数年前撮影のために、その決戦ワッパに履き替えて走ったところ、目がハートになったのを憶えています。

 やっぱり・・・、やっぱりチューブラー・・・いいわ!大変いいぞ!と。

 特にコーナーリングがいいんですね、いい意味でつぶれてくれるのか?グリップに安心できるんです、もちろんタイヤとの接着がきちんと確保されていればですが・・・。

 なので、もし万が一・・・、何かがとち狂ってレースに出ようか?なんてことになったら、多分、チューブラータイヤを整えて高圧かけて出たい・・・ですねえ。

 で話を戻すと、このわざわざオープンチューブラーと言い換えられているチャレンジですが、ちょっとそのチューブラーでのコーナーリングを彷彿とさせられるところは有りますね、サイドの柔らかさ・・・からでしょうかね。なので、単なる見た目がサイドスキン=レトロ風なのではない、ということはお伝えしておかないとね。つまりソコソコいいタイヤなんでありますよ。

 以上、今回はブラケット、ヘッド、タイヤの三つの限ったんですが、当然まだ次の手入れの課題は残っています。

 まず近々にやるべきなのは・・・、

DSC_1247_convert_20181114232234.jpg

 ブレーキでしょうな。見ればおわかりと思いますが、まあ効かない。シューの交換・・・もさることながら、今後のことを考えると、レトロ風味の現行カンチに交換する・・・も大いにありかと思います。

 DSC_1245_convert_20181114232209.jpg

 あとはポジション、結構身長のある方なんで、ピラーの交換はまず第一でしょう。

 DSC_1246_convert_20181114232221.jpg

 そしてステムも400ミリは前に出してもいいかな・・・。

DSC_1244_convert_20181114232157.jpg

 あとは、多少後回しにしてもいいのが、この泥よけ。外してもかまわないんだが、ある木の板を丸めた古い泥よけを見せたら、ちょっと目の色が変わった。

 そのちょっと荒れた感じが、自分の持っている古いボンゴと風合いがとても似ているというのであります。ボンゴ?ってあのタイコの?

 はい、あのタイコのボンゴです・・・?

 一体何者で?

 パーカッションやってます、キューバ系・・・、他イタリアンシェフ・・・。

来たよ・・・。多才人。なるほどこれは早いわ。楽器なら楽器の深い世界を知っている人は、ジャンルを超えて、自転車車なら自転車を見る目も実は相当できている・・・、といってほとんど差し支えない。ある種の深いところを見る視点を、ジャンル飛び越えればいいんだから・・・。

 なのでこの方、話は早いだろう。そして、一年以内には当店二階の響き床で、ポコポコやっているかもしれない。すでに響き床で数度やっているミュージシャンの追っかけもしていたというくらい、間接的・潜在的関わりがあったわけだから。

 DSC_1241_convert_20181114232114.jpg

 まずは第一回、完成。次は間髪入れずに、ブレーキとポジションまわりですね。徐々にいい自転車にしていきましょう。誰がなんと言おうと、自分のための一台の自転車を作り、乗り続ける・・・。そこに流行も古さも新しさもない、タイムレス・・・なんだな。

 こういう出会いがあると、目指すは不特定多数という大海ではなく、潜在的関係、間接的関係というところかな?とも思う。まだまだ会うべき方々もいよう、どこの自転車屋でもいいというのではない、すでに何らかの関係を潜在的、間接的にもっておられる方々との邂逅、あと何年できるか知らないが、目指すはそこ・・・なんだと、再確認した次第、でありますな。
 

ロックバイクスがやってきた



 色使いといい、スペックといい、一見して特定できる自転車など、そんなに多くはない中で、まあロックバイクスは数少ないその手の自転車の中でも異彩を放っている、といえるでしょうね。

 DSC_1228_convert_20181111213717.jpg
 
 そんなロックなやつがやってきた。

 DSC_1155_convert_20181111213617.jpg

 前後輪の振れと、リアブレーキのセッティングということで。

 DSC_1231_convert_20181111213834.jpg

 リアブレーキ・・・?アレ一体どこへ・・・・?

DSC_1157_convert_20181111213628.jpg

 まさか、フロントだけ?なんてそんな・・・。

 自転車ひっくり返したら・・・、見つかった。

DSC_1158_convert_20181111213642.jpg

 クランクの裏、正確にはチェーンステーの裏に隠れるように付いている。

 実際この場所については、地面に近いところから、石やゴミ、埃をつかみやすく、走り終わったら、ディグリーザーなどで、できれば毎回払い落とす様なことも必要だと思います・・・、そういう意味で手間がかかりますが、一見ないように見えるというのは、実にスッキリした印象を与えますね。

 当店の実用車改造なんかも、車体によっては同じ箇所につけますが、ロックバイクスのシートステー裏ブレーキはもうアイコンといってもいいかもしれませんね。
 
 DSC_1227_convert_20181111213706.jpg

 ロックバイクスといえば、また色の使い方、塗装がまた独特といえる。当店のように、一台をどうこうするというのであれば、その色使いについてはある意味どうにでもなるんだが・・・。ロックバイクスはメーカーとしてロットを抱えているわけで、そうした条件下で、ここまでやるか?という実に大胆かつアグレッシブな色の使い方、組み合わせ方をしてくるから、参ったもんだ。

 ここだって、ステム、フレーム、フォークを同一色にしている。フレーム、フォークはよくあることだが、ステムまで同一にしていることでその一体感が色の表面積以上に圧倒的になる。それが、自転車そのもののしつこいような存在感を演出しているのか?とすら思えてくる。

 DSC_1229_convert_20181111213757.jpg

 そして、ハンドルはデフォルトからブルホーンバーを使用している。多分22.2のブルホーンか?シフターやブレーキ類が、フラット用のもので、無理がない。

 完成車として、ブルホーンで作ってしまうというのも、ロットを抱えたメーカーとしては、冒険的といえるんじゃないか?

 DSC_1230_convert_20181111213818.jpg

 そして、この攻めたリアバック。これが高じてか、せっつかれるような、締まった走りが実現される。色使いといい、ハンドル回りといい、一見ふざけているようだが、何ならレースに出てみます?と走りに手抜きは見いだせない。

 ドロップハンドルに、手元シフター、STIなどと交換すれば、即レース車体として投入されてもおかしくはない。一見カッコつけヤロウ?かと思ったやつが、選手としてもすごかった・・・かつての日ハムの新庄のようなやつ・・・。

 ストリート系だろう?バカにしてたら、スペックをちょっと整えただけで、一線のレース車体に変身もできる・・・、でも表だっては絶対にひけらかさない・・・、そういう仕掛けが随所にあるのがロックバイクスの特徴・・・ともいえるかもしれないね。

 だから、とことんロックバイクスを知りながらも爪かくして乗っている人もいれば、その隠した爪の存在に全く気づかないで、独自に乗っている人もいるだろう・・・。まあ、どうとでもなるので、各自それぞれ楽しんでくださいな・・・という製作者サイドの思惑が見え隠れする。

 DSC_1235_convert_20181111213850.jpg

 振れも取り終わり、リアブレーキのセッティングも終了。

 DSC_1224_convert_20181111213655.jpg

 さて、とことんスピードにこだわって走るのもよし、ストリートで遊ぶのもよし、おのおの方、おのおの楽しんでくださいよ!

 今ロックバイクスの在庫はありませんが、当店でも、取り扱っています!お取り寄せもいたしますぜ!

同じケーブル交換でも ぶち切れは違う・・・



 スペイン語と英語が混ざっているような名前のフレームですね。

 DSC_1118_convert_20181105220134.jpg

 本体はアルミなんですが、リア三角の一部がカーボン、いわゆるカーボンバックというやつですね。正確にはバックだけではない。

 DSC_1119_convert_20181105220149.jpg

 フロントフォークもカーボンなので、前後ホイールがカーボンによって支えられているという構造でしょう。まあ、過渡期中の過渡期の車体でしょうね、今この手が復活する兆しはないんじゃないか?

 この頃だったかな?前三角をカーボンで作って、後ろ三角をアルミという逆張りをやったメーカーが確かあった。

 キャノンデール・・・。アルミへの信仰というか自信がみなぎっていたのかね?今はエントリープラスアルファで、堅実なアルミフレームは作っていると思うが・・・、トップクラスはカーボンに譲ったかな?さしものキャノンデールも・・・。

 DSC_1116_convert_20181105220106.jpg

 この車体、当店で組んだっけ?と錯覚してしまう、ホイールの近似。キンリンのリムなんて使って、本当当店風だよね。

DSC_1117_convert_20181105220118.jpg

 何かこの堅実な感じにやたらと好感持てたりしてね・・・。

 で、今回の依頼は、ちょっと大変だった。シフトワイヤー交換・・・ということだったが、単なる交換ではないのね。

 なんと、シフトワイヤーを切ってしまった・・・ということなんであります。

DSC_1086_convert_20181105215918.jpg

 どの辺で切るか?ということが死活問題になるほど、このワイヤー切れの問題は時には重症になってしまう。真ん中あたりで切れました・・・あまりない例だが・・・そうで有れば、何のことはない通常のケーブル交換で済む・・・。

 ところが最悪なことに、そしてこれが圧倒的に多いことなんだが、なんとシフターの中で切れてしまっているという状況・・・。

 なんで最悪か?というと、当然シフターの中にはワイヤの先端であるタイコが残っているんだが、そのタイコを外さないと、当然のことながらケーブル交換はできない。問題は、そのタイコの撤去がどのくらい難しいか?否かにかかってくるということ、そして今までの経験上、シフター内で切れたワイヤーの処理は地獄・・・といってもいい所まで行くことがある。

 DSC_1088_convert_20181105215930.jpg

 まずシフターの内部を観察する。この四角の穴からタイコを通すが、今その通す先端が見えていない。これはシフトアップをしていけば、いずれは現れるものなんだが・・・。これがなんどやっても現れない・・・。

 原因は推測が付く。ワイヤーというものは、数本の針金がねじられて束ねられて作られている。それが途中で切れるとどうなるか?ワイヤーが束ねられる力がなくなり、一気にばらばらに開いてしまう性質がある。

 タイコがあって、それ以下の束ねられていたワイヤーがばらけるのだから、ちょうどシラス干しに混入している、指先大の小ダコのように、タイコ頭に足を開いたタコ状態に、なっているということが、想像つく。

 開いてしまったワイヤーは、通常ワイヤーのラインを超えて、シフターの回転に対して突っ張るように足を広げ、その結果シフト全体が中で動かなくなってしまうことになる、実際そうなっていた。

 なので、タイコの頭が見えないので、そいつを引き抜くことすらできない・・・、つまり簡単に交換できない状態になっているという意味で、最悪な事態に近い状態ということがいえるんじゃないか?

 さて、どうするか?

 DSC_1090_convert_20181105215942.jpg

 なんとかだましだまし、内部のシフターを回転させると、このようにばらけたワイヤーの一部が顔を出してきた。これらがシフター内部で足を広げるために、シフター自身が回らなくなる=タイコが出ない、という状況にあるということだ。

  この飛び出た部分が、再度中で突っ張らないように、よーく研がれたニッパーで余分を切り取っていく。

 すると、切り取られた分、またシフターが回転してくれる。そんなことを繰り返す・・・。

 DSC_1091_convert_20181105215951.jpg

 ようやく引き抜くべきタイコが顔を出してくれた・・・、ここまでに四〇分・・・。

 さてこいつを引き出すんだが、まだ短い強敵なワイヤーが開いて突っ張っているために、簡単に引き抜くことはできない。

 DSC_1094_convert_20181105220013.jpg

 千枚通しを一部曲げて作った、自作工具を入れて、タイコの首に引っかけて、こちらに引っ張り出す。

DSC_1095_convert_20181105220028.jpg

 出てき来たのがこいつ・・・。ね、シラス干しにちゃっかり入っている小ダコのようなもんでしょ?推測通り。10ミリくらいであれだけ開いているんだから、シフターが動かないはずだ・・・。

 ここまで来ると、後は通常のシフトワイヤー交換で済むということになる。

 DSC_1121_convert_20181105220222.jpg

 三世代くらい前の、105かな?

DSC_1120_convert_20181105220203.jpg

 今から比べれば、アチコチ・・・という印象はあれど、いつも頑張っている、105という印象は変わらない。

DSC_1123_convert_20181105220241.jpg

 モロビンテージではないながらも、まかり間違えれば、ビンテージ・・・風にもなるかもね・・・。そのためには、懐かしがる人が居ないとダメなんだろうな・・・。それには過渡期過ぎて、人が足りないかもしれない。


 DSC_1112_convert_20181105220040.jpg

 とりあえず、まあ、しっかり乗れるようになりましたんで、街道へお戻りください。

 大体レーサーのワイヤーが切れるということは、珍しいこととみてもいいが、やはりブレーキワイヤーから比べると圧倒的にシフトワイヤーが切れる。まあ、それは健全だね。逆なら怖くてしょうがない・・・。

 ただ、シフトワイヤーがシフター内で切れたら、まあこんなものくらいに面倒になることもある・・・、といって対策・・といってもねえ。

 もう少しこまめにシフトワイヤーを交換する・・・とか、タイコや先端部分にも、注油は怠らないとかまあ、色々あるだろうなあ。

 もっとシフター自体を単純にという要求もありかもしれないが、各社やりあってこれなんだとしたら、それも難しい。結局、こうして手作業でやるしかない。特殊工具はイッパイ作っておかないとね・・・、ということか・・・。
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター