メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

丁寧に乗っている ロードメンテ



 三年前に購入して、かなり丁寧に乗っていたクロモリレーサーですね。特にここが変ということはないながら、気づかないところで何かあるかも知れないので、メンテしてほしいと持ち込まれました。

 ジオスのクロモリレーサーですね。

242402199_4419625974783203_8763535408505311927_n_convert_20210918131955.jpg

 フルボ?ジオス自体は元レーサーが立ち上げたブランドだったかな?ジオスブルーというこのブルーはこのメーカーを象徴する色でありますね。アルミレーサーも作っていたが、もちろんカーボン車体も作っているんでしょうね、ほとんど記憶に残っていませんが、あるようですね。

 ただジオスブルーの車体といえば、圧倒的にクロモリ車体のレーサーだなあ・・・、こいつもそうですが。

242302310_4419626041449863_8396966986539208570_n_convert_20210918131930.jpg

 カーボンフォークが付いていますね。クロモリ車体とカーボンフォークの組み合わせも、相性がいいと悪くはないなあ。クロモリフォーク自身も安心でほぼ一番信頼できるんだが。

 242342282_4419678728111261_3408924607320629856_n_convert_20210918134158.jpg

 丁寧に乗っていると、際立った劣化がみられない・・・。こういう際のメンテって、一体どこに基準を置くべきか?なんてね。

 242430466_4419626104783190_640989080713217133_n_convert_20210918132012.jpg

 まあ、素人では届きにくい汚れを取るとか、細かいところに気を配ったメンテということが基本になるかな。

 242294207_4419626161449851_3488031486551884426_n_convert_20210918131913.jpg

 多分このまま使い続けても、積極的に気づくような不快感はない・・・と言えるでしょうね。最高度にメンテされたものは、事故とかがなければ、日々の仕様で徐々に劣化していきます。丁寧に乗っている場合には、その劣化は非常に気づきにくいでしょう。

 そうなるとそうした徐々に来る劣化にも慣れて、そういうもんだ・・・と思いながら乗ることになると思います。そこに積極的な不快はほぼないといえるでしょう。

 勝負はそこでありますな。この積極的に気づかない不快よりも、消極的に気づいていない不快をどう総メンテ後に感じてもらえるか?というところ、ここなんだろうなあ、とこういう依頼が来たとき思うわけであります。

 もちろんそれは、こちら側の技の問題だけではなく、その消極的不快感に気づくことによって、利用者自身の自転車に対する精度が上がっていく・・・ということも意味します。つまり細かい差異に気づくようになるライダーが増えていく、ということでもあります。

 242175384_4419626301449837_7093299530525185485_n_convert_20210918131905.jpg

 ブレーキの引き・・・、この辺は店主は割とうるさい方で、このSTIでどこまで引きを軽く、引きシロをその人の好みに近づけていけるか?なんてことを細かにセッティングすることで、少なくともなんか違う・・・、メンテしてもらって良かった・・・と思ってもらえるようになりたいですね。

242395227_4419625811449886_8661526801547090422_n_convert_20210918131946.jpg

 今回目立たないながら、ホイールの修正なんてこともやりましたね。振れ取りは当たり前ですが、テンションを少しあげたりしておいて、「なんか違いますねえ」でもいい、そんなことに気づいてもらえるようになったら、いい意味で自転車により近づいていくライダーが増えたということを意味しますね。

 242405527_4419626364783164_5219058475874734773_n_convert_20210918132003.jpg

 まあ、地味な点検ですが・・・、ちょっとばかり玄人好みというか・・・、そういう機微にまで手を伸ばせられるよう、精進しないとな。

 242313798_4419626228116511_2964773983716937905_n_convert_20210918131938.jpg

 まずはこんな感じかな?

 なんかちょっとした変化に気づいてもらえたら、いいなあ〜
スポンサーサイト



レイダックの予算内再生号 保育士の足たれ!



 暫くこないなあ、と思った当店の因縁車体ブリジストンレイダックなんでありますね。ヨー、久しぶりだよねえ・・・。

 で、今回は一体なんの用だい?

 臨時保育士になるやつの足になろうということなんだが、まあ数年ほったらかしで、どうしようもないんで、そこそこ走れるようになるよう頼んだよ。

 何だ、そのそこそこってーのは?

 まあ、大金はたくまで、まだこのレイダック様のことを信用していなんだな、だから予算にも限りはある。その範囲で頼むということになると思うぞ。

 わかった、じゃあ、予算内でそこそこ止めでやってやるわ。

 242152119_4413080195437781_4750045399322527661_n_convert_20210916123541.jpg

 タイヤは前後ともひどいね、こいつは交換だな。

 242174714_4413079752104492_4944794345155890304_n_convert_20210916123628.jpg

 チェーンはこれまた交換だな。

 242166444_4413079552104512_8990500088139749656_n_convert_20210916123558.jpg

 チェーン交換すると、座りが悪くなる可能性のある、

 242157862_4413080438771090_700872020246725166_n_convert_20210916123549.jpg

 スプロケも交換しようか?エエとこいつは・・・8速?あれ?お前さんの時代8速って・・・なかっただろう?

 242059987_4413079685437832_7102731938243204810_n_convert_20210916123449.jpg

 なるほど、ホイールだけが少し新しいわけだ。前の持ち主がお前さんの足回りだけ別モンにしたんだな。なるほど、エンドの幅なんかも無視して、最近の完組放り込んだもんだから、センターがズレている・・・。

 こいつは修正しないとね、振れでているしね。こうしたことは実に地味な作業だが、やっておかないと、後々うまくいかないもんだぞ。

 242256737_4413079805437820_6659686812057992900_n_convert_20210916123724.jpg

 ブレーキシューも新しくしないと、ゴムも硬化しているしね。

242196559_4413080048771129_932409190274487611_n_convert_20210916123658.jpg

 こいつはまた新しいロングアーチが付いているね。交換したんだな、元の持ち主さんは。

242196559_4413080048771129_932409190274487611_n_convert_20210916123658.jpg

 リアのアーチはシングルピポットで、旧式のものをそのままつけているが、シューは新しく、そしてワイヤーも新しくして引きを軽くしてやったよね。

 242148518_4413080322104435_4452584850020172222_n_convert_20210916123516.jpg

 どういうわけか知らないが、フロント二枚なのに、何故かフロントメカが付いていないね。どうしよう?ちゃんとつける?それとも予算と相談?ということで、まずは平地全般の職場=保育園への道対応ということで、フロントのシフトはつけないことに。

 その内、こいつの走りに魅了されて、より山奥へなんてことが起きたら、そこで考えればいいわけだ。それまで封印。

242174304_4413080275437773_8489134147898283263_n_convert_20210916123618.jpg

 なので、Wレバーはそのまま残すが、リアだけワイヤー結んで、フロントは中身を抜いてあります。

 242168739_4413080398771094_2702084168304552425_n_convert_20210916123609.jpg

 新生車体にもフロントメカは付いていません。付けようと思えば、すぐに付きますし、手でチェーンつまんで落とせば、インナーへのシフトもできますからね。可能性というか発展性を敢えて残しているというわけであります。

 242208602_4413079568771177_5952046036674875889_n_convert_20210916123708.jpg

 ピラーも動くし、再生準備受け渡しは着々だよね。

242151990_4413080158771118_8385329167400668345_n_convert_20210916123528.jpg

 ハンドル周りはバーテープが破れていたが、ハンドルステムは無事。ブレーキブラケットも調整で済みましたね。

242213117_4413079912104476_5017271746226537017_n_convert_20210916123827.jpg

 バーテープも後で自分で巻きなさい。こちらはビニールテープをきれいに巻いて、ブレーキワイヤーを固定しておいたからね。

 242144408_4413079412104526_248073885346697946_n_convert_20210916123506.jpg

 ブラッケットカバーはゆるいが、何とかこれで使えるでしょう。

 241878887_4413079972104470_7711346702626659844_n_convert_20210916123441.jpg

 ということで、課題は少し残したが、これでしっかり走って、止まれるようになりましたんで、これにて第一次再生計画は終了ということだな。

 あとは、こいつの可能性を信じられるようになった時、フロントメカ付けて、ワイヤー貼ってやれば、また大部違ってくるし、なんなら、発足の手元シフトなんてもんにしたら、それはそれですごい進化だよね。

 古い車体が、五年くらい進んだ後をたどることになる。

 そして、走ってみたんだが、驚いた!まだまだ行けるぜ!グングン進むよ!特に実用車しか乗ったことないやつが乗ったら、ちょっと驚くだろうね・・・。

 ということで、小平の臨時保育士が、これで通勤することになる。ちょっと目立つからな?見かけたら、声かけてやってください!

正真正銘カーボンバックがやってきた!



 アルミフレームながら、コルナゴ特有のチュービングという感じですね。

241933744_4401454699933664_2942303217957201353_n_convert_20210912183627.jpg

 まあ、長くやっていると、たまにこういうメーカー車体がやってくるわけです。

241893470_4401454193267048_3777954622234134775_n_convert_20210912183618.jpg

 コルニャーゴとかパロった製品?とかあるらしく、このクローバーが猫の肉球になっているんだそうだ。

 それはいいとして、暫く放っておいたら、フロント周りの調子がおかしくなっていたそうで、それを相方さんがいじったもんで、何か全体が締まらなくなってしまったということで、お持ちになりました。

 ちょっと年代物・・・といっても、そんなに驚くほどは古くはない、なんだが・・・

241890255_4401454583267009_6540089515046252824_n_convert_20210912183735.jpg

 もはや絶滅種であります、アルミフレームのカーボンバックという車体なのであります。多分、・・・多分もう本格的には作られないでしょうな、このアルミとカーボンのハイブリッドもの。やるとしたら、いたずら好きなロックバイクスさんが50本限定とか言ってやらかすかもしれないが・・・。

 まあ、もう金輪際主流として作られることも、レースを走ることもないでしょうな。

 そういう意味で、貴重な自転車なのであります。

 しかも驚いたのが、さすがコルナゴ・・・というか、通常のカーボンバックはシートステーのみカーボンというのがほとんどだと思うが、

 241755091_4401454393267028_9004209176232806239_n_convert_20210912183533.jpg

 チェーンステーまでカーボンなので、本当の意味でのカーボンバックなんでありますね。後三角がカーボン・・・。

 へえ、まさに今思えば過渡期の車体ですね、それなりに一生懸命設計されて、作られたんじゃないか?と思いますが実売期間は三年とかあったのかな?

 大切にしてもらいたい一台ですね。

241962105_4401454683266999_6062839175342823364_n_convert_20210912183651.jpg

 フロント中心の調整でしたが、まあ、なんとも・・・、シフト調整にはまず、各メカごとの調整をして、そしてあとはほぼワイヤーの調整なんだが・・・、人が介入したものの調整にはまずその癖を見抜いて、修正するところから始めねばならないので、平地からの調整というわけにはいかない。

 まず歪な岡を取って、まず平地に整地してから始めないとね。

 241956453_4401454043267063_5105209270436182035_n_convert_20210912183643.jpg

 今オールアウターでフレーム内に収めるのが主流になっているために、ワイヤー調整などやりにくくてしょうがない。それから比べるとインナー露出系はやりやすい。

241888682_4401454276600373_2133285158059124819_n_convert_20210912183557.jpg

 それとフロントのワイヤー調整に、こうした調整ボルトがあるのもやりやすいにはやりやすいが、逆にすぐにいじれてしまうところから、修正するよりも狂わせる方に使われてしまうこともある。

 241779747_4401454509933683_8491928825853216294_n_convert_20210912183541.jpg

 コンポは三世代くらい前のものだが、レースコンポなもんで、ちゃんと調整するとレースレベルの精度は出るね、さすがシマノ・・・。

 241889491_4401454473267020_7495258012675162378_n_convert_20210912183605.jpg

 最近は特にフロントのシフトがシャープだが、いじってみるとこの頃だって、かなりいい線いっているよね。この後か?逆にちょっと変になった時期もあったが・・・。

 241698046_4401454333267034_1442849008714345695_n_convert_20210912183517.jpg

 持ち主の方はレース志向では全く無い方だが、やろうと思えば、参加もできるものだよね。

241947162_4401454143267053_2933360545208062188_n_convert_20210912183635.jpg

 ちょっと幅広のサドルを端下げして、かなり乗りこなしている様子は伺えます。

 あとは・・・

241884413_4401454219933712_6991745927543474995_n_convert_20210912183549.jpg

 クランクは170ミリ、あと10ミリ15ミリ短くてもいいかもなあ・・・なんて思ったりして。

 241731777_4401454369933697_8584782977831773451_n_convert_20210912183525.jpg

 本格的カーボンバックのコルナゴ、アルミだがマスターを連想するチュービングに、ストレートフォーク。

 末永く大事に乗ってくれそうなライダーさんでありました。そう、末永く!




思い入れのチネリ 事前に十五キロ減



 実にカチッとした、懐かしいくらいカチッとしたアルミのチネリが入ってきた。いい車体だ、反応がいいよ、レーサーだよね、正真正銘な。

 でも持ってきたのが、主婦の方。なんとクロスバイクから、ロードレーサーに乗りたい!と思って購入前になんと15キロ減量したんだって!ズブの初心者さん。

 購入して乗って15キロ減量してもよかったのにね。そのくらいロードレーサーに乗りたいという意欲が高かったということ。しかもチネリ!狙っていた車体が手に入った‥・メルカリから・・・ということで持ってこられたわけだ。

 身長・・・、150センチちょっと。

240664855_4343825742363227_6169149661368968824_n_convert_20210825213408.jpg

 105コンポを付けていて、申し分のないスペックなんだが、如何せんアチコチが長い。まずこのクランク、信じられないくらいに長い!170ミリもある。145ミリで十分だろう・・・。

 240650543_4343825709029897_4218055238700594064_n_convert_20210825213400.jpg

 ステムも長い・・・、110ミリ。事前にワイズでフィッティングをやったカルテをもらったが、40ミリは長い。ハンドル幅も広い・・・。420が付いている。

239345556_4343825335696601_7043886293463282226_n_convert_20210825213343.jpg

 腕立て伏せしている感じ・・・。

 その辺含めて、直していかないとね。

 フレーム自身はさしてデカくはないながら、一体前任者はどんな体型していたんだ?低身長のズングリムックリ系オヤジ?だったのかな?なかなか想像がつかない。

 ハンドルわまりは交換しないと、これは持たないね。

 240668472_4343825365696598_5073263592452206058_n_convert_20210825213425.jpg

 ちょっとこんな感じね。

240713349_4343825425696592_1513643545385842121_n_convert_20210825213441.jpg

 70ミリのステムに変更。そしてハンドルを360ミリものに変える。

 239441658_4343825615696573_1712645114812902164_n_convert_20210825213352.jpg

 ピラーも、ボトルケージ留に引っかかっていたのを、数センチ切って、そこも合わせる。

 240665762_4343825552363246_4317607303934243295_n_convert_20210825213416.jpg

 このあと、サドルの端を下げる、女性なんでね。

 この状態で、お呼びして、試乗を何回もさせる。大部気に入っていただいたようだ。あとはクランクだよね・・・こいつをもう少し短いものにできたら、もう全く違う自転車にかわるだろうな。

 ただ、こうした小型レーサーを見るにつけ思うのが・・・、なんでこの国で650Cのフレームを選択肢のひとつとして残しておかないのか?

 この方にしても650Cでフィッティングしたら、どれほど気に入られるだろうか?と思うと、本当に何とかならないか?と思う。

 今はもうすぐに手にはいる650Cのリムがない・・・。いつ入手できることやらだ。そもそもが手組用のリムがない中で、650Cはもう外されていく運命のようなのだ、アチコチの業者が入荷を取りやめている・・・。

 うーん・・・まいったもんだ‥・。

 日本一国で考えるのではなく、アジア全体で企画していくことを考えればその体格からいって、そして潜在的需要から言っても、650Cは絶対に大アリだと思うんだがね。

 と苦虫を噛み締めつつも、700cでもできることをしていく!この主婦様の今後の展開も楽しみですよ!伸びるぞー三年以内にレースにでたりして・・・。

 

折れたフレームに載せ替え?それとも・・・



 二台の自転車を引き連れてショボンとやってこられました。一台がこれ‥・、そしてもう一台もコーダブルームのレーサーなんだが、実はダウンチューブが折れてしまっている、それはガッカリするわね。

 235956494_4314385571973911_2497112924153625932_n_convert_20210815112457.jpg

 写真のレーサーはキャリパーブレーキなんですが、折れてしまっているレーサーのブレーキはディスクブレーキなんですねえ。

 同じ105でも、片方はキャリパーブレーキ、もう片方は最新のオイル式ディスクブレーキ、まあ全く別もんだよね。

 で、折れてしまったフレームを前に、その方は考えた・・・。キャリパーブレーキがついているかつて乗っていた古いコーダブルームの自転車を引っ張り出して・・・、そこにフレームだけが折れてしまった最新コンポつきの新コーダブルームのコンポを載せ替えられないか?と。

 ムムム?キャリパーブレーキ用のフレームに、ディスクブレーキコンポを載せ替える?そりゃ、気持ちはわからなくはないが、フレームの構造上それは無理ですねえ・・・。

 ディスクブレーキですと、まずブレーキを取り付ける台座がフレームとフォークに必要です、この上の写真のコーダブルームにはありません。

 それから、ホイールが全く異なります。ホイールにローターが付いていますね、当たり前ですが。なので、ローター付きのホイールをキャリパー式のレーサーに取り付けることは、エンドの構造のよっては不可能だったり、仮にそこが可能であっても、ディスク用のリムはキャリパーで挟まれることを前提としていないので、これもまた不可となります。

 なので、この持ち主さんがフレーム折れのショックから、早急に考えたこのコンポ載せ替え案は、かなり無理筋であると言えるわけであります。

 なれば、どうするか?

 まずは、暫く乗っていなかった、この古いキャリパー用のコーダブルームを取り敢えず乗れるようにすることかと。

238360639_4314385798640555_3719360801525912057_n_convert_20210815115107.jpg

 それなりに工夫されている、アルミフレームですね。それに・・・

238554427_4314385991973869_4287031971690359166_n_convert_20210815112512.jpg

 付いているコンポだって、思っている以上に古くもないんですよ。

235884645_4314385625307239_4480199418674770215_n_convert_20210815112439.jpg

 すでにフォーアームのクランクじゃないですか・・・。なので、ワイヤー系の交換、ブレーキシューなど、あとブラケットカバーなどの消耗品を徹底して交換して、メンテしてやれば、通常の使用に戻ることはできるでしょう。

238590370_4314385965307205_4957446109721419522_n_convert_20210815112528.jpg

 普通にガンガン使えますね。暫く放っておいたから、ご老体に見えたのかも知れないが‥・、いえいえ、交換するもの交換したら、元気でピンピンしていますな。

 238718224_4314385845307217_6294419324444419397_n_convert_20210815112537.jpg

 ホイールも、問題ないですね。

238862446_4314385465307255_3102256354093300057_n_convert_20210815112546.jpg

 取り敢えず、総メンテでもって、普通に乗れるように再生する。これが典型的なアルミフレームのギンギン感‥・全く嫌いではないが、長くは乗りたくはないあの感じですね、なので、現役ですよこいつは。

 取り敢えず、急場のしのぎ方として、これで完了。

 さて、問題は折れてしまったアルミのコーダブルームだよね。これはもうフレーム単体でディスク仕様のものを少し時間をかけて探すことじゃないかな?

 実際こいつと折れた二台を持ってきた時、隣に奥さんもいたんだな。通常ありがちな、「体一つなのになんで自転車二台あんの?」的な奥様だったら、なかなかその前で今後の自転車展開話はやりにくい。「何いってんだよ!お前だって二本の足しかないくせに、何足の靴もんてんだ?!エエ?タコじゃあるまいしよ!」なんてことになったら、犬も食いたくはない。

 ところが、この奥様。思慮深いところがありありの方で、そもそもご亭主が考えた、構造の違うフレームにコンポを載せ替えることの不合理さについての店主の説明内容を聞いて、それはそうかも、なれば‥・的な話にも結構理解を示してくれているようなんだよね。

 少し、時間をかけて、素材も鉄、アルミ、カーボン等から、オイル式ディスクコンポに適応したフレームを探して、できれば奥さんを巻き込んで公明正大にやればいいんでないの?なんて展開の中で、古コーダブルームを置いてお帰りになっていった。

 奥さんには内緒で!奥さん提示用の偽造領収書切って!暫く奥様のほとぼりが冷めるまでそちらで隠してくれませんか?など、今まで自転車とご亭主と奥様にの三角関係については、ネタは山ほどあるが、今回のまとまりは、今んとこうまくいっていますね、そういう意味ではレアケース、セーフ!であります。

 是非とも三角関係解消の成功例になってくれないかな?と祈っております!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター