メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

NJSピスト 120エンドディスク化 再燃!



 まあ、今からちょいと前に挙げた内容なんですが、だいぶ時代から先行っていたみたいで、その意味がピンときていないんじゃないか?ということで、再度掲載することにした。

 店に置いておくと、その内容に食いつく人は決して少なくないんだが、食いつくことでやっとその意味について理解してもらえる、という展開がまあ、一般的かな?

 ということは、ほとんど知れ渡っていない・・・ということか。時が経って、もう少しこの辺への潜在的欲求のようなものが高まってきたかもしれないので、再度挑戦だ。

 DSC_1667_convert_20190210221040.jpg

 こいつは再塗装してしまって、素性がわかりにくくなっているいるが、パナソニックのNJS認定ピスト車体なのであります。店主が若い頃、競輪場といえば、こいつで走っていた。

 八王子のシマザキという店で作って、できあがってから、そいつに乗って八王子から阿佐ヶ谷まで帰ってきた思い出がある。正真正銘のNJSものね。

 ということは、エンド幅は120ミリ。ここはいじってません!誓って広げていません。

 さて、こいつに、油圧のディスクブレーキを装着したいと考えた。

 油圧といえば、当店TRPのサポート店なんであります。油圧ブレーキの施工例はそれまでほとんどありませんでしたが、こんなことをきっかけに、少しずつ施工例を増やし、中身、構造の研究もだいぶさせていただき、いたずらの一つもできるようになってきたわけであります。

 なれば、今は主流として乗っていない、ピスト車があるんで、こいつを油圧ディスクにしてしまえ・・・と簡単に思いついてしまった。

 そう思いつくのは簡単だ、やるのはそうはいかない。そしてこいつはかなりゴネられた。

 まずシングル用のハブでディスク付くものを探してみると、なんでかみんな135ミリとかになっている。なんで?こんなマウンテン規格に飛んでしまうの?と不思議で不思議で・・・。

 新しいトレンドとかいうものに頓着があまりない、店主にとっては不思議だったんだが、今はそうなんだそうだ。マウンテンフレームみたいなのに、シングル、またはシングル固定を履かせて走る輩がいるんだそうだ。

 そうした輩向きにディスク台座付きシングルハブがあるんだそうだ。135ミリのやつね・・・。
 
 ハブ改造は、格好やってきたんで、とはいっても両サイド7.5ミリ削るのは、かなり大変だろうと想像する。まず、そのハブを取り寄せて、それも安くないんだよねえ・・・、バラして、中身を見ないとね・・・、そしてどうしたら両端を詰められるか?を考える。

 もちろんできない可能性も大ありだろう・・・。そうしたリスクを考えるとき、このハブを取り寄せるにはリスク高すぎ・・・ということになった。

 別の方法でできないか?

 確かに、片方がシングルだとして、もう片方にディスクを載せるとなると、120ミリではどう考えても狭すぎるんだろう、ということは推測できる。

 しかし、やってみたい!120エンドのままで、NJSピストをディスク化してみたい、しかも油圧で・・・。

 DSC_1684_convert_20190210221239.jpg

 まあ、結論から先いうと、なんとかできた。しかし、やはり120エンドにコグと片方にディスクを装着するには、狭すぎるのはこう見てもわかるね。

 DSC_1668_convert_20190210221049.jpg

 前輪は比較的簡単だ。ディスク台座付きハブで前輪組んでやる。そして・・・、

DSC_1675_convert_20190210221132.jpg

 NJSフォークに柳さんに頼んで、ディスク台座を溶接してもらう。

 DSC_1673_convert_20190210221122.jpg

 フォークとローターギリギリだが、干渉せずに付く。まあこれで、前輪はいいので、比較的この辺は簡単だ。
 
 DSC_1670_convert_20190210221101.jpg

 取り付けるのは、TRPの油圧ディスクね。いわゆる油デッポウ、引きが軽いし、まあ色々あってやってみたかったわけであります。

DSC_1671_convert_20190210221113.jpg

 TRPのブラケットはこのように、長い。ポジションにも影響出るような長さだね。でも引きは軽い・・・、ウソーと思えるくらいに軽いし、スーッと制動が効く、たまらんねえ・・・。

 さて、問題は、やはり後輪ね、120エンドを守ってどうやって、ディスク車体にしていくか?

DSC_1676_convert_20190210221142.jpg

 まずダメ元で、こちらもリアエンドに近いところに、柳さんにディスク台座を溶接してもらう。と同時に・・・、

DSC_1677_convert_20190210221152.jpg

 両ステーにつっかえるように強度を増すために、パイプで補強してもらいます。

 こうして、取り付け台座の条件はすべてそろったんだが、問題は120エンドにどうやってディスクを滑り込ませるか?ということ・・・、とそれ以前に、大体が120エンドのディスク台座を載せたピストハブがあんのか?というのが大問題だった。

 でも、目をよーく開いて、耳も開いて、あらゆる可能性を考慮しつつものを探すと、見つかることもあるもんだね。それも意外と近いところにあった。そいつには、別用途でセレーションが刻んであったんだが、そのセレーションになんと、シマノのセンターロックのディスクローターが装着できたということだ・・・。

 もちろん狭い中でやるんで、削るところは削り落とします・・・。

 それで装着可能か?と思いきや、組んだホイールのスポークと干渉することがわかった・・・。さてどうするか?

 干渉するところは、組み替えるしかない・・・という結論に。どう組み替えるか?

DSC_1680_convert_20190210221210.jpg

 手前が標準の組み方です。ハブのヘリ、つまりフランジを挟んで、あっち側(外がけ)とこっち側(内がけ)交互に組み合わせて、スポークを組んでいくんですが・・・、この外側のスポークがディスクブレーキのキャリパーと干渉するので、どうしても引っ込めないといけなくなる、では引っ込めるか・・・。

 DSC_1681_convert_20190210221219.jpg

 このように、手前側だけ、外から入れてかける、内掛けだけでディスク側を組み直したんであります。

DSC_1679_convert_20190210221201.jpg

  こうすることで、ディスクキャリパーがスポークと干渉しなくなったわけでありますわ。

 DSC_1683_convert_20190210221228.jpg

 そして、ディスクローターをロックリングで固定してなんとか完成!

DSC_1666_convert_20190210221028.jpg

 120エンドのディスクピストの完成じゃ!別の方法なんかもあるかもしれないが、まずはこれが第一弾。

 柳さんとの合わせ技で、これは可能ですんで、遊んでいるNJSピストを別のテイストにして、ピスト車のままディスク化してみたいと考える方、是非、相談からご一報お待ちしておりやんす!

 これは新たな分野になるんじゃないか?と勝手に考えているんだが・・・どうだろう?
スポンサーサイト

薄くても層がある 第何次?ピストブーム?



 この手の車体が流行っていた時期が約10年以上前にありましたな、俗にいうピストブームというやつです。フレームはNJSに、ハンドル加工、バトン系のホイールや、中にはディスクホイールなんかをはいているものもあった。

 基本固定ギアで、単純な構造、壊れにくい、自分でメンテがしやすい、などが理由で平地の多い異国の都市にて、メッセンジャーなる運び屋さんの中でブレイクしたようだ。

 ただ、車体だけではない、生活全般、生き方をも含んだ、スタイルの一環としてピスト車をおいたというのが、ある種画期的だったのかもしれない。

 スポーツ自転車が行き渡った今日、こうしたスタイルとの関連での自転車の見せ方が、より重要になってくるだろう、自転車の車体だけ見ていては、全くものが動かなくなっている時代こそ、それは今、まさに今だからこそ、なのだ。

 この自転車は茶系のピストフレーム単体として、持ち込まれた。それに色を差してほしいという。

 DSC_1596_convert_20190131190730.jpg

 このように茶から薄緑へ・・・。

 DSC_1598_convert_20190131190747.jpg

 そして薄緑から、ブルーメタリックへ・・・と。

 DSC_1597_convert_20190131190738.jpg

 ダウンチューブは、同じく茶からブルーメタリックへというながれ、かなり凝っている。

 DSC_1599_convert_20190131190758.jpg

 そのフロントホイールに、古いねえ・・・、かつてロードレースで禁止になったすピナジー、回るカミソリといわれていたか・・・。それもサイズが650cのものを選択。ペダルがコーナーリングの時、床に擦らないよう、フリーで乗るようだ。

 こういう、ピスト車体もあった。当時ですらオークションを利用しない限り、手に入らなかった。

 DSC_1600_convert_20190131190806.jpg

 リアは、プラスチックのバトン。中にはHEDなどの高級バトンを利用しているものもいた。車体はわざと汚くして、足回りにドッカリ金を使う・・・というタイプ。

 DSC_1601_convert_20190131190815.jpg

 しゃれた台座に、ベローチェのブレーキ。

 DSC_1602_convert_20190131190822.jpg

 八田のBBにシルバークランク。

 DSC_1603_convert_20190131190842.jpg

 デカイフリーが付いている、固定ではないが、ピストには違いない。

 DSC_1604_convert_20190131190850.jpg

 ピストブームが持ってきたものにはいくつか特徴が有ったが、ハンドル、こいつも色々あったものだった。競技系から行くと、ピスト車にドロップハンドル以外がつくなど想像だにできなかったが・・・。

 この手のライザー、加工ドロップハンドル、ブルホーン、プロムナード、フラットなど、あらゆるハンドルが付いたものだった。

 この自由なハンドル選択については、店主は今でも踏襲している。ハンドル変われば、車種が変わる、ほぼ店主の格言になっているこの内容は、ピストブームからの流れをくんでいる。

 DSC_1606_convert_20190131190859.jpg

 簡易ブレーキに二本のワイヤーをつなげていることに関しては、近いうちに改良は必要だ。簡易でない二本引きにするか、1本ずつに分けるか・・・だろう。

 この車体、パーツ類もピストブームの置き土産のような選択、理由を聞いてみると。

 ピスト車にはここ数年ぴんとくるものがあった、そこでピストブームの歴史をたどってみて、その中で更にぴんとくるものを集め、この形になったという。

 DSC_1593_convert_20190131190721.jpg

 今年はピストの年じゃないか?と店主は勝手に考えているが・・・。こうしたかつてのブームの置き土産から、更にたどって継承していく人が現れている、なんて言うのも、薄いが層として、一定のセンスとして、存在、定着していることの証左なのではないか?と思っている。

 デカイブームなど、どうでもいい、当店回りでの細かいマイナーブレイクをプツプツと起こすこと、スタイル含めて自転車をどう見せていくか?ということを軸に考えていく、ことなんだろう。

 ピストのマイナーブーム、静かに起きつつある・・・多分。

やっぱり今年はピストかな?



 毎度おなじみ・・・といっていいでしょうね、本ブログでは、また出たよ・・・という因縁のおなじみ車体というものがいくつかあると思いますが、こいつもまごう事なきそうした中の一台であります。

 DSC_1645_convert_20190106233513.jpg

 押しも押されぬ、NJSピストである、サムソンであります。このフレームを多段化してしまった。

 DSC_1649_convert_20190106233611.jpg

 ロードハブを120エンドに改造し・・・、

 DSC_1648_convert_20190106233556.jpg

 後付け台座でもってリアディレーラーを取り付けた。

 DSC_1647_convert_20190106233542.jpg

 フロントメカも付いてるよ。リアはオールアウターでやったが、フロントはそういうわけにはいかないので・・・、

DSC_1646_convert_20190106233527.jpg

 ダウンチューブにアウター受けパーツ、こいつは元々は全く違う用途で作られたものだと思うが・・・、それを取り付けて、フロントディレーラーだけ、インナーをむき出しにする。

 各所に相当手のかかっている、ピストロードなんだが・・・。その理由は?

 乗り手の方がそう希望したから、としかいえない・・・。それまではマークローザにそこまでするか?というくらい手間と金かけていじり倒していたが、あるときNJSピストフレームを手に入れてからというもの、そいつにできるものを移植して、以来この一台に専心している、といっていいでしょうね。

 しかし、昨年暮れ、今年はピストなんじゃないか?と思っていたほぼ初仕事が、ピストロードだとは、やはり勘がさえているのだろうか?

 今店主が持っているフレームでやりたいことがあるんだが・・・、それがまさにこいつなんであります。つまりピストフレームでロードを作りたいということね。

 ラバネロピストフレームが一台ある。それも250メートルバンク走れるような高いハンガーの車体なのね。そこが狙いなんだな。どうも高いハンガーの車体、店主は好きみたいです・・・。

 ズーッと、何年も乗らずじまいのピストフレームがあり、アイツをどうにかして・・・と思っているんですが、問題はコンポですね。

 なにを載せるか?なんですが・・・。シフターをどうするか・・・とか、そこが問題なんであります。それにめどが付くようでしたら、すぐにでも組み付けたいですねえ・・・。

 あ、そうだ・・・。なんで、このサムソンが来たか?ということですが・・・。肝心なことを書き忘れていました。

 それは、異音・・・対策ということです。峠で音が出た・・・、これをどうにかできないか?というね。

 異音はもう毎度言ってますが、締めるところ締めて、あとは雨乞いをするように静まってもらうのを待つしかない・・・というところまで、最悪行くときには行きます。

 新年早々来たか、異音が・・・。

 ただ、一番怪しいのがBB周りと見当が付いたようで、明けてみる。

 DSC_1639_convert_20190106233442.jpg

 確かに、相当網荒れているようですね。シールドベアリングなんで、もう交換しかない・・・。

 DSC_1640_convert_20190106233453.jpg

 一カ所にくぼみが・・・、

 DSC_1638_convert_20190106233426.jpg

 ハンガー裏のアウター通しを止めるボルトのあとらしい。これが唯一の原因ではないと思うが、変形から来るものの可能性もなくはないので、交換して走ってみることに・・・。

 とりあえず、らしき音はなくなった・・・。と同時に、ハブ周り、ホイール周りの緩みの点検と場所による増し締めなどを行った。

 組み上がって、走ってみるが・・・、やはりピストロードはいいね・・・。ますます、組み付けたくなってきた・・・、なんかシフターないかなあ・・・、あの台湾の台中で見た、あのカンパもどき、アイツが稼働してくれたら、サンプルでも使ってみたいんだが・・・、そうするとシルバーパーツの寄せ集めコンポができるんだが・・・ね。

 今年の早々には、店主のピストロードの完成をいたします。

 こいつも直ったことだし、裏ピストのブームの年としましょうか・・・。
 

ドタバターっと 前兆かな?



 やっぱりピストはシンプルで、スッキリ、走るためだけの形状で美しい。

 競輪場の金網に、ハンドルをかけたピスト数台を見たとき、ちょっと釘付けになったことを思い出す。

 この形式は永遠のものだろうと直感、だからまたその大波小波は必ず来るものでありましょうな。

DSC_1401_convert_20181231095026.jpg

 国産のNJSものが、飛び込んできた。なんでだろう?

DSC_1404_convert_20181231095045.jpg

 フリーを履いているが、そんなものいくらでも固定化できる。

DSC_1402_convert_20181231095035.jpg

 肩のない、競技ハンドル。この形状もいいねえ。深曲がりなんて、絶滅危惧種だよ。特に何の依頼もなく迷い込んできた、このピスト、一体どう育てて、再度街道へ戻すか?

 と考えている内に、また一台やってきた。

DSC_1409_convert_20181231095120.jpg

 アヘッドながら、メッキラグ・・・一体何という組み合わせ?でも嫌いでないね・・・。

DSC_1413_convert_20181231095136.jpg

 ここにもメッキラグがある。洒落ものメ!

 DSC_1415_convert_20181231095151.jpg

 こいつはガチの固定歯だ・・・。各所を見るに、本気で踏んでいた形跡が随所に見られる。

DSC_1408_convert_20181231095106.jpg

 ホイールといい、ピストにエアロバーが付いている、その本気度は半端ではない。

 こいつも依頼抜きで、迷い込んできた。120エンドのロードにしてやるのもいいなあ・・・。

 しかし、この二台、ここにきての迷い込み、一体何を意味しているんだろう?と、考える。

 こんな発想を持つのは人間だけだろうね、AIにはできない処理だ。全く無関係と見える二つの事象から、メッセージらしきものを読もうなんていうのは、完全に無理な話なんだが、人間はそれを予兆とかいって、関係づけて「納得」した気分になる。

 さて、店主の「納得」は・・・。

 来年はピストの年・・・なのか?固定の普及、名実ともにのピストの普及の年にしたいのかもしれない。

 だって、美しいじゃないか?そして固定ギアは楽しいんだよ・・・。

 ちょいと単なる偶然を、あたかも必然化のようにこじつけてみようか?と思う年の瀬であった。

 この二台を見て、そう感じる人は・・・少ないかもしれないが、確実にいるはずだ・・・。

昔の人気者カラビンカ?

DSC_1313_convert_20181209101931.jpg

これ花札ではありません。

DSC_1329_convert_20181209102126.jpg

 ここにも有りますね。これだけ見てわかる方はマニアだろうな。一時は大変な人気だった。

DSC_1312_convert_20181209101914.jpg

 目黒のカラビンカ。一時はマニア垂涎の的でありました。見た目?ブランド?理由はわかりませんがとにかくすごかった。
 
 ピスト車体で、走りですごいと思ったのは、マキノ。アレは触れずに切れる妖刀村正・・・のように、自ら前に出たがる、車体でありましたね。街道で踏んでもブルッと反応よく前に出る、フレーム自体が走りたがっているように思われる、神がかったフレーム、それがマキノだったように記憶しています。

 に、比べると、その手の妖気は感じられませんでしたが、理由は横おいて、人気車体であるには違いありませんでしたね。

 DSC_1322_convert_20181209102016.jpg

 このがちピストを街道仕様に、ということで持ち込まれてきました。ブレーキをつけなければいけませんが、フォークに直に穴開けして・・・という最初の注文。

 フレームとしての価値はあるので、外付けの方がいいですよ、そちらをおすすめしておいた。

 DSC_1323_convert_20181209102029.jpg

 フォークに台座をつけて、そこにブレーキが付いているので、フレーム本体に何の加工もしていません。

 DSC_1324_convert_20181209102043.jpg

 リアも板ブレーキです。まあフレームとしての価値はしばらくありましょうから、まずはこの辺で乗っておきましょう。その内、こいつをがちな街道仕様にというのであれば、フレーム加工などしてもいいかと思いますがね。

 DSC_1331_convert_20181209102158.jpg

 金のハンドルに、簡易ブレーキ。こいつも本気に使用する際になったら、まともなものにいたしましょうね。

 DSC_1330_convert_20181209102144.jpg

 パーツは、悉くNJSであります。

 DSC_1327_convert_20181209102111.jpg

 クランクくらいかな?マイティコンペか何かで、NJSでないのは・・・。

DSC_1321_convert_20181209102001.jpg

 ホイールも、すべてNJS。シマノラージフランジハブ、リムはアラヤ16Bゴールドですね。タイヤはチューブラー。

DSC_1326_convert_20181209102055.jpg

 この黒と金のチェーン、オロというやつですね。この車体には合います!

DSC_1320_convert_20181209101948.jpg

 先のハンドル、金でふざけていますが、これもNJS仕様ですね。つまりやる気満々の車体ということがいえるんです。

DSC_1319_convert_20181209101939.jpg

 さて、完成・・・のはずですが、サドルが規格違い。通常四十ミリのレール幅が、こいつは特殊ピラーということでなんと、30ミリ幅の競輪独自規格なんですね。

 納車の際に持ち込まれるとか。なので、このカラビンカの実際の乗り心地は全くわかりません、惜しいですけど・・・。多分、決して悪くは内でしょうね、多分。

 ガチのピスト系自転車なんて、久しぶりだわ。でもまあ、この薄くなった層は層として残っていけばいい、その内また、くすぶる出すだろう、シンプルさに美学を感じる人は、必ず一定数はいるからだ、そんなに遠くないうちにアチコチでピストマイナーブームが、断続するんじゃないか?と期待はしている。

 ピストはフレームとしても、ハンガー高めで、面白いし、固定ギアというのも自転車乗りなら、一度は数ヶ月試してみたら?とお誘いしたいね。そろそろ来いよ、マイナーブレイク!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター