メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

未完ながらのお手入れ・・・か?



 やはり、固定ファンというのは少なくなっても、薄くなってもすでに層が出来ている、と思える状況ですね。

 こうして不定期ながら、来る時は来るんです・・・。

 まあ、あのピストブームはちょいと異常だったかもしれません、功罪はあるでしょう、どうも罪ばかりいわれがちですが、いえいえ、功だって十分あったと思います。

 そんなこんなからすでに十年以上が経って、まあ、薄くても固定ファンというのが確実にいる、居続けている、ということの確認は出来ますね。

 DSC_2147_convert_20190520214503.jpg

 すでに何台か扱ったブランドですが・・・。まあ、店主好みでいうと、ピスト、固定車はマジなロード乗りの練習機として定着していく、またはバンカラ風なフリーは軟弱で乗ってらんねー・・・的な展開として定着してくれるといいなあ、なんて思います。

 まあ、いずれにしろツウですな、自転車のツウとして、あえて固定ギアが好き・・・という大人が少しでも増えてくれるとかっこいいでしょう。裸足に革靴で乗ってくれてもいいし・・・。

 DSC_2150_convert_20190520214534.jpg

 今回の最大の依頼はここ、ブレーキレバー。店主一押しのディズナのエアロブレーキ。こいつはどこから引いても、引けちゃう、人間工学を大変意識した、優れたエアロブレーキと言えると思いますね。形の好き嫌いはあると思います、まあ、欲を言えば、旧カンパ系の形状で、この引きだったら最高かな?と思いますがね。

 DSC_2153_convert_20190520214605.jpg

 あとは使われているもの自体はかなりいいもの、こいつもデュラエースですしね。

 DSC_2154_convert_20190520214616.jpg

 このチェーンも凝ってますね・・・。

 そして、何よりもホイールがけっこう贅沢なんだが・・・、途上の選択も見え隠れしている。

 DSC_2151_convert_20190520214544.jpg

 重厚で、頑丈、高級感で知られるフィルウッズのハブですね。回転も安っぽいスルスル回りではなくて、少し粘りのあるヌルヌル回転で、高級感を演出しているのかしら?

 DSC_2152_convert_20190520214555.jpg

 リムはまあ、あの一時期なんでか理由が分からず、流行っていた40ミリくらいのディープですね、まあこれはどうでもいいんだが・・・。あとタイヤもまあ、通学用と揶揄されがちな、パナレーサーの・・・・ってやつであります。

 DSC_2149_convert_20190520214523.jpg

 前輪のハブがまたプロ仕様というのがいいんだが・・・。

 DSC_2148_convert_20190520214514.jpg

 リムがチューブラー用途、チンバな状態となっている・・・。どうせなら、リアもチューブラー・・・という選択肢もありかと思いますが・・・。昨今ピスト車を固定として好んで乗っている人で、且つ前後輪ともチューブラータイヤなんて履いている人がいたら、マジ酔狂な人物と思われること確実でありましょうな。

 その不便さをあえて選択しているのだとしたら、渋い、渋臭い、渋すぎであります。尊敬に値するくらいの好事家でありましょう。

 そんなバンカラピストオヤジなんて出没したら応援するねえ・・・。別にオヤジじゃなくてもいい、お姉ちゃんでも、熟女でも、自らピスト選んで乗ろうなんてものは、今やなんか孤高の雰囲気が漂っていていいように思うんだがねえ。どうです?

 まあ、前がチューブラーで、後ろがクリンチャー・・・、まだどうやって完成させようか?という途上のような気もするが、徐々に完成の持っていくというのでも十分いいもんだ。時間をかけてね。

 DSC_2155_convert_20190520214625.jpg

 この手の物なら、サンダルでも革靴でも、履き物は問わないでしょうね。普及にはこうしたセンスは必要でしょう、何も自転車屋だけが自転車を扱うべしということもない。いやむしろ、自転車を自転車屋に任せてきたことが、今日のあり方の一つの答えなんじゃないか?とも思うわけだ。

 反省点は大いにあるだろう。そして先のピストブームの功罪の功については、そんなところにも感ずるものがある。つまり、自転車を巡るあり方に、自転車屋だけでなく、あらゆる業界の美的センス、スタイルのセンスというものが、一気に輪界に流れ込んできた・・・ということでもあるんじゃないか?と。

 自転車を自転車としてだけでなく、生活のスタイル、もっといえば、人生のスタイル、生き方に通じる選択肢として、自転車というものを予感させたということが、最大級の功なのではないか?と思っているんだが・・・、相変わらず的外れかな?

 DSC_2146_convert_20190520214450.jpg

 まあ、車体が単純で、シンプルで簡素な美というピスト車だけに、車体による限定がきわめて少ないとも思えるのがこのピストなんであります。だから、今までの文脈と切り離された、新たなピスト乗りが現れうるし、予想を超えて現れてくるかもしれないのもピストの持っている潜在的な魅力なのかもしれない。

 そういう意味で、根強く、次回のピストブームとやらをしつこくそっぽ向きながら待っている・・・というのが店主の現状なのかな?もちろん指をくわえて待っているだけではないんだが・・・・ね。
 
スポンサーサイト

疲れたピストをシャキッとします



 見るからに疲れていますね、このピスト。

 DSC_1992_convert_20190513215912.jpg

 パナソニックです。このロゴが円柱の上に描かれているのを見て、電池を連想するのは店主だけかな?そんなことはいいとして、申し訳なさそうな顔して持ってこられたんです。

 ちゃんと乗れるようにお願いします。
 
 ちゃんと・・・ね。どこまでちゃんとしましょうか?どこまでもちゃんと出来ますよ・・・などと意地悪なことは言いません。大分反省しているようで、これからちゃんと乗っていきたい、自分の足として復活させたいということらしいですね。なら、その願いでちゃんとしましょうか。

 DSC_1989_convert_20190513215852.jpg

 クランクにいいものみっけ!かなりいいものとお見受けしますよ。なのにこのチェーンはないわ・・・。

 DSC_2073_convert_20190513215950.jpg

 クランクがいいと、BBだって悪くはない。

DSC_2074_convert_20190513220000.jpg

 グリスアップのできるBBですね。今は珍しいんですが、やはり長く使うものであったら、半年に一度、最低一年に一度は中開けて洗浄とグリス充填はやったほうがいい。かつてはこのカップアンドコーン式というのが当たり前だったが、今やシールド系のガタが来たらハイ交換式のものが圧倒的増えてしまった・・・。

 DSC_2076_convert_20190513220010.jpg

 グリスの四点セットは、先のBBと、フロントハブ。

 DSC_1990_convert_20190513215902.jpg

 リアハブね、そして

DSC_2077_convert_20190513220019.jpg

 ヘッドセットもですね。ここもシールドが多くなってきたんで、お手入れの率が少なくなってきたところ。単にガタ見て、確認して、あったら取る・・・ってとこで終わってしまう事が多くなった。

 確か一インチのデュラエースのヘッドが出た時、どんなに締め込んでもスルスル回るのには驚いた記憶がある・・・。シールド恐るべし・・・と思った。

 DSC_2072_convert_20190513215941.jpg

 あとは前後のタイヤも取り替えて、基本的にちゃんと走ることが出来るようになった。

 DSC_2071_convert_20190513215931.jpg

 うん、やっぱりシャキッとした。乗ってみても、隙がないのがわかる。無駄のない、逃しのない力の連動が推進力に変わる時、自転車の機嫌がいいという感じが伝わってくる。
 
 特にこのクラスの自転車の手入れはする価値は大だと、乗った瞬間に分かるもんだ。もちろんどんな自転車も力の連動をしっかりつなげてやれば、それはそれは走るようになるんだが・・・。

 いい自転車のそれは、各々のパーツ連動の総計・・・、それ以上の大化け感がある・・・ということかな?やっているこっちでも、アレ?なんだコリャ!?というくらい総合された時の力の倍増を感じることがある。

 料理でもそうだ。一つ一つの素材にちょっとだけ丁寧に気を使って対処し、ちょっとずついいものを重ねていくと、あるところでその総計以上の成果となって、ドーン!と一皿としての存在感が増す時があるんだが、自転車のそれと共通したイメージがある。

 それらのどこかの行程にちょっとでも手を抜くと、そうした大化けは起きない・・・。

 今回もちょっとその大化けが来たみたいだ。試乗してもらって、それが伝わったらしい。

 これから大いに乗るそうだ・・・、そうでしょう、人車一体でやる気満々なんだからね。

事故からの生還



 事故に遭ってから、その補償の対応に時間がかかり・・・、もう直すところ直して、乗ってしまおうということになった。

 補償交渉というのは、時に忍耐力のいるものですね、持ち込まれて店として見積もりなどを出すという関わりをするということは、その忍耐を共有するという覚悟がなければできませんし、なければするものではありません。

 この事故車を預かった時、相手の保険会社の方の声と対応を聞いた瞬間から、これは長丁場だ・・・と覚悟したわけであります。実際まだ、遅々として交渉は進んでいません。

 でも、体も回復したし、このまま乗らずにずっと待たされていては、心も落ち込むので、まずは自腹でやるしかない、ということで作戦開始というわけであります。

 フレームはリアの三角がかなり曲がっていたのを、柳さんに修復してもらい、あとはパーツとしてクランク回りと、ホイールに損傷があるということなので、その辺は新しくという展開で話が始まりました。

 続々と、依頼の方からパーツ類が送られてきます、共同作成のようだな。

 DSC_1754_convert_20190506235014.jpg

 パーツを悩んで選んでは送られてくる中に、被害者の心的回復が見えるようです・・・、ちょっとホッとします。

 事故は事故、起きてしまったことは起きてしまった。あとは交渉でまだまだ続きそうだが、心機一転、乗れるところから乗り始めて、気分だけでも一新したい、そのためのパーツ選びを実に楽しそうにやっているようだった。中にはもう怖くて二度と自転車には近寄りたくない、という人も出てもおかしくはない、事故とはそういうものだ。

 DSC_1793_convert_20190506235027.jpg

 クランクはおごったねえ、ミケものだ。ホローテックの構造しているんだが・・・、ちょいとここに問題があった・・・。詳細を説明するのは大変だが、少しBBソケットを削って、1ミリほど右クランクを外にオフセット、そうしないとクランクの干渉があったのだ。

 DSC_1893_convert_20190506235107.jpg

 そして、ホイールは手組・・・。もう絶滅種だが、当店はやり続けますぞ。

 DSC_1894_convert_20190506235121.jpg

 一ねじりで今回も組んでます、ちょっとしたトレンドですね。

 DSC_1901_convert_20190506235220.jpg

 リアも同然。

 DSC_1895_convert_20190506235134.jpg

 ちょっと手が込んだのも、ニップルを金にしたんですね。この金、結構品のいい金でした、今までのものは山吹色的な金でしたが、このDTの金ニップルは真鍮的な金でいいですね、色抜けしないことを願いますが。

 真っ黒リムに黒ハブ、クロスポークに金ニップルとなかなか重厚感のあるいいリムに仕上がりましたね、これぞ手組ならではというやつで、完組とはそもそも、根の違うもの・・・といっていいでしょう、これからの手組の強みとして、完組とは別物・・・ということで売り出していこうかと思いますね。

 DSC_1899_convert_20190506235203.jpg

 クロ金チェーンを使ってみたんですが、もちろん成金手前でやらないと、下卑ちゃいますね・・・、これは成功。

 DSC_1892_convert_20190506235054.jpg

 このバーテープも、きっと夢中になって、探して選んだんだろうなあ・・・という思いが伝わってくるようです、事故で心身共に痛い思いをした事からの回復が、こうしたパーツ類を通じて見えてくるようですね、・・・良かった。

 DSC_1891_convert_20190506235041.jpg

 もう事故は二度と起こさない、二度ともらわない、という強い気持ちと決意で、走っていただきたいと思いますね。

 消耗な交渉はもう少しばかり続くかもしれませんが、やっぱり走りながら・・・だよね。

 

デローザピスト ブームの置き土産



 譲り受けたピスト車体。

DSC_1526_convert_20190417214315.jpg

 デローザだと。ピストブームの時は、こいつが原宿の店に飾られて、とても今では信じられない値段が付いていた、ということだ。

 この信じられないということの意味は二重ね。一つは、ブームという熱病の中で付いた値段ということ。そして、もう一つは、もし現在同じようなブームがあったとしても、およそ付かない値段であろうということ。

 この十年、どこに行ったのか、潮が引くように、銭というものが回りから消えていっている。多くの方々が持っていない・・・ようだ、もちろん店主もね・・・。

 今、ふと自分の仕入れの仕方を見ると、レレレと思う程度の仕入れしか出来ていない、もうギリギリのギリギリ。細かい段ボールだけが貯まっていく。かつてのように完成車のドカーンとした段ボールなどほとんどあり得ない。

 ある二十数年前のドラマで女性にもてない男が、僕はダメな男で、ボーナスも八十万くらいしか出ないケチな男ですが・・・という台詞に一同が驚いたという・・・、そういえば、店主も勤め人だった時、ショボイボーナスがそんなもんだったということを思い出した。

 ゆっくりだが確実に沈んでいっているね、この国は・・・。

 その二重の意味で信じられない値段の付いたピスト車が、回り回って、やって来たという。こいつを街道仕様にして走りたい、ただ、かなりほったらかしだったもんで、総メンテをしてもらいたいという依頼だ。

 DSC_1528_convert_20190417214325.jpg

 カンパがリム単体で出していた時代の手組ホイール。

 DSC_1529_convert_20190417214334.jpg

 ハブもカンパ、こうしたかつては普通にあったものが今全くなくなっているのが、進化という積極的な意味ではとれないところが、もう古い人間なんだろうなあ、と思う。

 この辺もグリス充填し直して、振れ取りなんかをやる、普通によみがえる。

 DSC_1531_convert_20190417214353.jpg

 チェーンには、厚い埃が積もっている。埃の下のチェーンの状態は、再生可能に見えた。

DSC_1596_convert_20190417214541.jpg

 洗浄で、今回は使い続けることにする。

DSC_1533_convert_20190417214403.jpg

 街道仕様なんで、ブレーキ付けないとね。そもそも、こいつはトラック仕様なのか?な?その割りに美しいが、殺気が感じられない車体なんだわ。

 DSC_1599_convert_20190417214609.jpg

 もちろん前にもブレーキは取り付けますよ。これにて街道仕様。

 DSC_1530_convert_20190417214344.jpg

 クランク自体には問題はなかったんだが、中に入っていた、BBがなぜかシマノ製のテーパー角の違う物、幅が110ミリ・・・。

 これをカンパのテーパーに変えないとね、ということで、クリアランス等を見て、ちょっと一かバチかだったんだよね。

DSC_1549_convert_20190417214413.jpg

 この幅が、102ミリ。こいつに入れ替えて、クランク等が、フレーム、チェーンステーとかに干渉しないか?ということが問題だったんだが、事前に計っておいたクリアランスから割り出して、ギリギリ大丈夫じゃないか?ということになった。

 DSC_1595_convert_20190417214530.jpg

 もちろん嵌まることは嵌まります。問題は、フレームとのクリアランス。

DSC_1598_convert_20190417214552.jpg

 大丈夫、セーフという感じ。ただ、問題はこちらじゃないんですね、反対側なんですが、もちろんそちらも無事クリアなんですが、1ミリあるかないか?本当ギリギリセーフの安堵の巻なんであります。あまりに少ないクリアランスと難しい角度だったもんで、撮影を諦める。

 DSC_1589_convert_20190417214443.jpg

ヘッドパーツも、重厚に出来ていますね。工芸ですね。今の先端の自転車作りが忘れているところじゃないか?と思いますね、こうした余裕というのか、美意識の発露というものが今の先端の物作りには感じられませんね、強いて機能美・・・があるかないか・・・ということかな?

 DSC_1591_convert_20190417214501.jpg

 デローザの刻印入りステム。ただハンドルには、競輪用の日東ものが付いているので、25.4ミリ、ステムが26ミリなので、その状態でどんなに締めても、ハンドルは回ってしまいます。もちろん見えませんが、この中に薄いシムを仕込んでいます。

 DSC_1592_convert_20190417214518.jpg

 ブレーキレバーは名作ディズナのエアロブレーキ。これは一度体験してもらいたいですね。

 DSC_1584_convert_20190417214433.jpg

 スキンサイドのチャレンジのタイヤを履いて、完成。それなりの車体には、それなりのもので・・・ということだな。

 DSC_1578_convert_20190417214423.jpg

 趣味よく仕上がったなあ・・・。マットなネイビーもいいですねえ、ということで、ブームという熱病によるもてはやしからも解放されて、ブランド香りを少し残して、乗りたい人が乗るための、自由な自転車として、投資の対象からも外れ、思う存分街道を走ってもらいたいもんでありますわ。

 乗っても、カッチリしているながら、ピストの持っている殺気だったような走りはないように思えますね、街道用としては最適なのではないか?なんて思います。

 解放されたピスト、後は走るのみ・・・。

小ブームを起こそう!内装三段固定ギア!



 ブリジストンの固定ギア車、ピストなんだが、ついに、あいつが戻ってきた、というやつね。

 アイツ?そう、アイツが・・・。

 そいつはどいつのこと?

 そのそいつってやつは、このこいつってやつのことだ。

DSC_1406_convert_20190409232149.jpg

 固定ギアだがそんじょそこらの固定ギアとはちょっと違うよ!

 この脇から出ている鎖が意味するものは?固定は固定なんだが、内装三段の付いている固定ギアなんだな。今まで何度か、紹介してきたが、それが今回お客さんからの発注によって、はじめて誕生したと言っていい。

 三段というのは、設定したギア比が、1と0.75と0.62という状態に変化するというもの。

 固定ギアながら、ギア比を変えることが出来るなんて、まあ、ぶっ飛んだ発想を形にしたもんだよね。スターメーアーチャーは。

DSC_1409_convert_20190409232210.jpg

 脇の鎖を引っ張るワイヤーは、シートステーを駆け上がり・・・、


 DSC_1410_convert_20190409232219.jpg

 キャリパーブレーキの裏当たりの金具のところで、アウターに潜り込むことになる。そして・・・

DSC_1411_convert_20190409232228.jpg

 そして入り込まれたアウターはトップチューブを伝わって、

 DSC_1412_convert_20190409232239.jpg

 ヘッドチューブを経由して・・・、

 DSC_1414_convert_20190409232250.jpg

 
 ハンドルに潜って、そしてついにハンドルの先に付いているバーエンドシフターにつながれるという構造をしているんであります。

 ここを握って、シフターを倒すだけで、内装三段固定ギアを楽しむことが出来るという、仕掛けになっています。

ただ、このバーコンはただ者ではありません。

 DSC_1376_convert_20190409232031.jpg

 元々、このハブには、上のようなシフターが付いていました。ただ見ると分かるように、こいつはフラットハンドルなどに付けるにはいいが、ドロップハンドルとなると径が違って、つかえません。

 そこで・・・、

 DSC_1378_convert_20190409232042.jpg

 そこで、現行品のバーコンの台座に移植することになります。しかし、もちろんただでは済みません。

 一見移植はできそうなんですが・・・、

 DSC_1382_convert_20190409232101.jpg

 このように、一部のヘリを削り落とさないと、レバーがしっかり立たずに、せっかくの内装三段のいい所をダメにしてしまうでしょう。それではもったいない、フルに三段階使えるようにしておかないといけません。

DSC_1384_convert_20190409232121.jpg

 こうやって、レバーが立てるように、台座の余分なところを切り取ります、これにて、シフターとしての用をなす、それ以前ならせっかくの内装三段固定ギアが内装二段ギアになってしまうます、もったいなさ過ぎ。

 DSC_1402_convert_20190409232131.jpg

 まあ、いろんな困難もありましたが、まずは内装三段固定ギアという自転車ができあがりました。

 ご依頼いただいた方の勇気は敬服に値するでしょう。ありがとうございます。

 これより、内装三段固定ギアの小ブーム、マイナーブレイクが始まります。また秘策の内装三段固定ギア車体を企画しています。

 そんなのも含め、そろそろ固定ギアに対する、よりもどしが来るでしょう、きっとね。そんなときに、従来のものだけではつまらない、ヘンテコリンで、どこか間抜けながら、新しく、真剣なやつが求められるとすると、こんな内装三段固定ハブなんてものが出てこないわけがない。

 そんな来もしないかもしれない、次の時代なんかをにらみつつ、面白い!を原動力に次なる変な自転車作りを目指します。

 まあ、次の内装三段固定ギアには、多分多くの皆さんがのたうち回ることでしょう。請うご期待でございます!

 さあ、内装三段固定ギアの時代が、静かにやってくるぞよ!



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター