メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

名前は伊達じゃあなかった・・・もしかして本気?



 五輪マークにピナレロの刻印のあるヘッドバッチ。いくら何でもチト大袈裟でしょう・・・と思ったが、それがそうでもなさそうだ、という話。

 DSC_0395_convert_20170411000558.jpg

 元々はホイールの振れのことできただけのピストなんだが・・・、所有者はなんと中学生。

 中学生が遊びで乗っているだけのピストか?と思ったが・・・。

 DSC_0396_convert_20170411000625.jpg

 グランコンペのハブなんか使っている。ちょいと贅沢・・・だよね。といっても、当の中学生がアッセンブルしたものではないそうで、それこそ中古市場とかから引っ張ってきた・・・ようなものかもしれない。

 リムなんかはちょいとおしゃれ系のものだったりね。

 DSC_0392_convert_20170411000534.jpg

 もちろんブレーキは前後ともについてます!ただ、さびの具合なんか見ると、丁寧に保管しているとは言いがたい。

 DSC_0391_convert_20170411000525.jpg
 
 ギアは関心にも固定ギアとしている。ただし・・・、

 DSC_0390_convert_20170411000517.jpg

 付きものクランクをそのまんま使っているようで、なんとも重い・・・。

 DSC_0393_convert_20170411000549.jpg

 こういうところはお父さんからの譲りものかな?

 DSC_0394_convert_20170411000608.jpg

 こんなところで攻めてどうすんだ?肩落ちのブルホーン・・・、競技するわけでもないのにねえ・・・。それなりに流して乗っているに過ぎない、保管だっていいとはいえないんだが・・・。

 DSC_0398_convert_20170411000636.jpg

 ただし、リアホイールはシートチューブとの間がこんぐらい、スゲー攻めているレーシングスタイル。

 クランクのハンガー下がりも50ミリ、競輪車体と同じ、まさしくバンク仕様なんだなあ。本気車体である。

 DSC_0388_convert_20170411000447.jpg

 こんな中学生のおもちゃ仕様で扱いもいいとは言い難いながらも、乗ってみると、驚くほど走る。グングン加速する・・・。こいつは・・・バンクに行きたがっている・・・。

 前後ホイールをそれなりのものにしてやって、バンクに連れて行ったら、砂浜でのたうっていたイルカが、海に戻ったがごとくにピョーンズーンと突っ走っていくだろうなあ・・・と想像した。

 一番驚くのは、当の中学生だろうなあ・・・。

 こ、これ俺の自転車・・・ですか?おまえ・・・こんなにすごい自転車だったの?としばらく当惑するだろう。

 抜けていた牙が生え替わるとき、その真価がわかるだろうなあ・・・。

 どうせなら、いずれそういう瞬間が来てほしいよね。今回は前輪の振れ取りだけのメンテだったが、四五年以内に、クランク交換やホイール交換してやったら、ぶったまげるはず、絶対に。

 まあ、こんなに緩く街道走らされている車体の中にも、鷹はいる、虎はいる、名馬もいるということだ。

 いずれ気付よ、中学生!こいつもお前の足も、未知の可能性に満ちている、その二つがそろったとき、それまでにないスピード域に行くだろう・・・、行くんだよ、楽しみにしておけ!

スポンサーサイト

ピストももちろんやってんだよ!



 NJSものなんて久々だよね。

 DSC_0131_convert_20170216163013.jpg

 荒川の松田さんの作、レベルでありますな。ワイヤー類をすべてチューブ内に収めるなんて画期的なことをいち早くやっていた方ですね。

 こいつを持ってきたパーツでくみ上げるという、一昔前なら、当たり前の依頼なんですね。

 まあブームはとっくに去ったとはいえ、ピスト、固定車という自転車は層として残っている。これをいじって、見せ方を変えるとまた小ブームは来るんじゃないか?と思いますね。柳さんが今何か考えているようだなあ。

 DSC_0132_convert_20170216162923.jpg

 パーツとホイールほぼすべて持ち込み、という。ただし・・・、ホイールに関してはハブ摘出で、別リムで組み直すということ。

 DSC_0147_convert_20170216162815.jpg

 フィルウッズのいいハブが使われているんですね。

DSC_0151_convert_20170216162731.jpg

 フランジが肉厚なんで、スポークとのなじみもいいと思います。

 DSC_0146_convert_20170216162845.jpg

 選んだリムがアラヤのSA730のポリッシュです。ちょっとした定番になってきましたな。

 DSC_0149_convert_20170216162755.jpg

 よい子の皆さんは、前後に取り付け式のブレーキ。台座を組んでそこに置く。

DSC_0148_convert_20170216162804.jpg

 ピストハンドルに、ディズナのブレーキ。操作性抜群。ライザーバーからピストハンドルに、やっぱりねえ、これでないとなあ。

 DSC_0150_convert_20170216162743.jpg

 律儀に、カシマックス。堅いよね、通称が鰹節ですから。でも太い足で真下に踏もうとするには、いいかもしれません。

 DSC_0152_convert_20170216162720.jpg

 オット!忘れちゃいけない、今回の目玉もの。カンパピスタのクランクだ。ヒトデっていうやつね。BBなんかも、これでもか!ってくらいちゃんと手入れしてやっているんで、プロが踏んでもいいくらだわ。

 DSC_0143_convert_20170216162856.jpg

 目覚めたピスト!という感じ。シンプルで美しい、それだけだね。

 もっと普通に、力抜いて流す人が増えればいいんだが・・・。そんなこと嘆いているくらいなら自分がかっこよく乗って、まわりを感化するくらいしないとね。そろそろ暖かくなってきたことだし。

 しかし、この単純な形、走って止まるだけのこの自転車には、やはり魔が潜んでいる。見せ方を変えつつも、こいつらの存続には一肌脱がないとなあ、やはりこいつらわ、自転車の中の典型中の典型なんだからな・・・。

 000 16684012_1351091794965318_1763950937493751950_n_convert_20170216125957
※さていよいよ18日の土曜日だ!本格ジャズライブ!狸サイクル上の響き床にて開催。予約だと500円安い!当日でも、事前予約できます!是非!目の前にて、名人の共演を目撃してくれ!



シングルがんばれよ!



 ある意味ガッタガタの状態できたんですね、このシングル。

 DSC_0255_convert_20170125191232.jpg

 シューウィンですから、それなりのコンセプチャルな一台だと思いますが、まあガッタガタ。

 どこがかというと、

DSC_0250_convert_20170125191257.jpg

 この後輪自体がもうほぼお釈迦状態ですね。

 あとは・・・

DSC_0251_convert_20170125191248.jpg

 チェーンも、それから・・・とあげればキリのないくらいに全体的にガタガタといっていいでしょうな。

 ただ無尽蔵に予算が組めるほど現実は甘くはない、原子力産業のズブズブトは違うのだ。だから優先順位がある。

 まずは、修正では直りそうのないリアホイールは組み直しだろう・・・。

 DSC_0092_convert_20170125191959.jpg

 前輪と似たような雰囲気のリムを選んで再調整。ハブだってシールドで結構いいやつだよ!

 DSC_0257_convert_20170125191209.jpg

 アレクシアのまあ、そこそこのヤツ。ピストブームの頃には、ディープ系と真逆な幅広系でやる時にはこいつでよく組んでいましたな。

 DSC_0093_convert_20170125191950.jpg

 チェーンもまあ、交換というやつで、今回は予算重視ということで、ここで終わったんだが・・・。まあ、少々時間をかけて、徐々に、交換もかねてよくしてやっていく必要はこの車体にはありだ。

 まずは、足としてよく乗られているということ、なればちゃんともっとメンテしてやろうぜ!という提案。

 大体シングルなんていうのは部品点数が少ないので、その分一点の持つ比重はでかい。ということは、一点を思い切って交換してやると、劇的によくなるようなことも起こりうるということなのだ。

 次回はBB回り、ペダルまで交換できたら、かなり調子よくなると思うんだがね。

 DSC_0091_convert_20170125192008.jpg

  まだ不十分ながらも、黒々と威勢を増した感じのシングル君。かつては、シンプルなヤツがいい、ということで多くの人の選択肢として採用されたんだが、今はまあ、あまりパッとはしないよな。

 でもブームということの語源て聞いたことある?確か虫が近寄ってきて、また離れて、そしてまた近寄ってくる羽音から来たという説がある、なるほどブーンと来て、また去ってまたどこからかブーンとくる・・・。でブーム・・・なるほど。

 ということは、今はパッとしなくとも、または音を立てながらコチラに近寄ってくるもの、ということなのかもしれません。

 一度層になったものは、薄くなってもまた層として再来する・・・ということなんでしょうか?

 DSC_0094_convert_20170125191941.jpg

 業者の一部では、またピストブームに火を付けようとしているところもあるようですね。完成車で十万くらいのものがラインナップされています。さあ・・・売れるかどうか?よほどのブランド力でもないとダメなんでないの?なんてみたら・・・、

DSC_0095_convert_20170125191932.jpg

 コチラでした・・・、老舗中の老舗、チネリであります・・・。

 ということは、当店もチネリのピストフレームを扱えるようになった?ということ?

 どうもそうらしいんですねえ・・・、すごい展開だ、これは。

 聞くところによると、ロード系の店に、いくら営業かけても、ピストフレームは見向きもされないらしい・・・。まあ、かつての浅薄に見えたピストブームとは一線を画したいというプロショップもあるんだろうと、推測しますがね。

 でも、マジなペダリングを身につけたいならやっぱり固定なんだよね・・・ということを予感すらしないロードの「プロショップ」も多いということなんでありましょう。だあるとすれば、まだ開発の余地ありだね。

 固定に乗らないロード乗りなど、もったいなさ過ぎであります・・・。ロード乗りこそ、特に冬などは固定でしょ?固定ギアの自転車にペダリングを教えてもらって、今度は教えてもらったペダリングをロードの車体に移し込む・・・それだよね、のはずなんだが。

 まあ、シングル・固定ギアの極寒期でありますが、また明けない冬はない、必ず春が来ますんで、シングル、特に固定系はしっかり用意して、来たるべき春に備えるのであります!

 まずは、形だけでシングル、少しは頑張れよ!

お疲れさまー 琵琶湖参り



 これ一見して、どういった車種だろう?と思われますかね?

 ピストフレームです。

 DSC_0231_convert_20170121160338.jpg

 シングルですが・・・、よく見るとフリーですねえ・・・。

 固定ギアではない、ということは、この冬にこれで乗り込んで、ペダリングスキルを上げよう・・・といった、トレーニング目的の街道ピスト車ではない・・・。

 DSC_0230_convert_20170121160348.jpg

 各所、パーツ類は気合いが入っている。これだって競輪仕様のデュラクランクに、49tのチェーンリングは入っています。

 DSC_0235_convert_20170121160310.jpg

 ガチのデュラハブに、軽量で高精度のアラヤRC540のワッパ。まさに軽いし精度のいいホイールであります。

 DSC_0234_convert_20170121160320.jpg

 街道用ということで、これもいいブレーキが付いていますね。あとからではなく最初から、街道ピストとして作られたフレームなんでしょうな。

 DSC_0236_convert_20170121160300.jpg

 このブレーキレバーも握りやすい、本当非の打ち所のない街道仕様車なんですが・・・、ただ、ここからが怪奇・・・。

 DSC_0233_convert_20170121160329.jpg

 これガチの競輪仕様のカシマのサドル。これ別名なんていうかご存じですか?

 またの名を鰹節・・・というのです。それくらい硬い・・・。まあ大体残り200メートルに命と賞金をかける競輪レーサー用ですから、踏み込むことで腰の軸がぶれるようなヤワラケーサドルなんかより、不動の腰から像の脚力でペダルを回す方を取る・・・、そのための鰹節なんでしょうが。

 これをわざわざ街道用に選びますか?

 ただ、かくいう店主も自分のツーリング車にこれ付けて走っていた時期はありました・・・。硬いサドルにはうるさくない店主、柔らかいサドルに我慢ならないクチ。

 まあ、ということで、サドルはいいとして・・・。

 DSC_0237_convert_20170121160250.jpg

 これは一体なんじゃ?!ステムには違いないが、NJSじゃないの・・・しかも、58度・・・といえば、競輪の中でもガチ過ぎる角度のステムでしょうが・・・。

 これをわざわざ街道に選ぶというのは・・・、よほど競輪のスタイルが好きなのかしら?

 しかし、街道というと、そこそこの距離を踏むことになるでしょ?それなのに、あのサドルにこのステムのポジションかい?

 まあ、どうだい、おいらオール競輪仕様だぜ!!!スゲーだろう!とやせ我慢してチョロッと街道走っているのかな?なんて思いますよね。大体こんなポジションで長距離なんて踏めないでしょうから・・・普通は・・・。

 で、持ち主の方に聞いてみたんですが・・・。

 「エエ、この秋、東京から滋賀県の琵琶湖まで行ってきました、もったいないので、順回りと、逆回りして、東京に戻ってきたんですよ」とシレッとお話しになりました。

 という方もこの世にはいるということですな。店主だったら、東海道に出る前に、ウルリッヒのごとく車体を多摩川に投げ捨てるね・・・。
 という話を知ったあと再度写真を見てみましょう!

DSC_0228_convert_20170121160359.jpg

 ・・・・・・・。

 ヤッパこの仕様で、琵琶湖はないわ・・・、滋賀県もなし。多摩湖だってなしだ・・・。

 でも、いるんだよねえ、そういう猛者というか気合い入りの変態さんというのがね。あまりの超常識な話に、何の施工依頼だったか忘れたわ・・・。

 確か・・・、木の実か銀杏かを踏んでその樹液で、フレームに点状のシミが付いたんでそこを再塗装だったかな・・・。

 まあ、そんなことより、これで琵琶湖・・・。ド変態さん参上の巻き!ということだな、今回は。

名付けて NJSロードとでも言おうか?



 鉄フレームのロードレーサー・・・ですね。一見は・・・。

 DSC_0206_convert_20161228215307.jpg

 サムソンと言えば、NJSでも有名ですね。今はどうか知りませんが・・・。

 DSC_0207_convert_20161228215256.jpg

 外装の十段ギアがつています。しかし、そのフレームエンドはなんと120エンド・・・ということは、そう、こいつは正真正銘のピストフレーム、しかもNJS時代のフレームなんでありますよ!!!

 今更わざとらしいですが、130ミリのロードハブを改造して、120エンドにしてしまう・・・、さすがにそれで組んだホイールのおちょこ具合はすごいが、でもなんとかなる。

 DSC_0208_convert_20161228215238.jpg

 秘密はこの部分をいかに短くすることができるか?といっても10ミリだけどね・・・そこにかかっております。

 DSC_0209_convert_20161228215225.jpg

 あとはまあ、なんとか・・・なるんじゃない?これも台座を付ければディレーラーも乗るしね。

 DSC_0213_convert_20161228215147.jpg

 48*38のクランク。その上にはしっかりフロントメカが付いています。

 DSC_0210_convert_20161228215216.jpg

 問題はワイヤーの取り回しなんだが、リアはオールアウターでやってみる。フロントだけ、ダウンチューブにアウター受けをもうけて、BB下を通して、フロントメカに取り付ける。

 DSC_0211_convert_20161228215206.jpg

 シフターはバーコン。フリクションで10速を引くには、ちょっとコツがいりそうだわな。あまりに面倒なら、デュラエースのバーコンに変えるかな?

 DSC_0214_convert_20161228215136.jpg

 この辺も正真正銘のピストフレームだよね。板挟みでリアブレーキがついているところなんてね。

DSC_0215_convert_20161228215125.jpg

 フロントもフォークに台座をかまして、そこに付けている。だから効きはいいとは言えない。

 そして、ホイールだが・・・、
DSC_0212_convert_20161228215157.jpg

 DTの585のシルバー、今やなき名リムであります。

DSC_0205_convert_20161228215320.jpg

  でもまあ、こんなことまでしなくとも、ロードフレーム購入すればいいのに・・・と普通は思うんでしょうな。

 でも、あるものを有効利用して、強くなりたい。元がNJSですから、それ自体言い訳のできないフレームということで、こいつで街道練習を積んで、来年の勝負にかける、ということなんであります。

 ピストフレームでロードを組むなんていうのはもう何度もやっていますが・・・、その真の狙いは、現役の競輪選手が街道用のピスト練習に、ロード化してくれませんか?という依頼が来ないかなあ・・・ということ。

 これが来れば、天にも昇る気分なんだがねえ・・・。

 カンパの11速化もできるんで、スーレコで組んでくれ・・・なんていう選手はいない・・・よなあ・・・たぶん。重賞レースで賞金獲得したら・・・どう?三十日はグランプリだしねえ、立川か?

 あとはやたらと、ピストフレームばかり持っている人。一台くらいは多段があってもいいんじゃね?という人いないかな?シングルにはシングルの良さがあるが、多段には多段の良さがある・・・んだよ。

 問い合わせ来るんだがね。

 まあいい、今回この手の改造を名付けて「NJSロード」というカテゴリーを作ったんで、それに反応してくれる人が出てくるのを待つとしようか?

 実際面白いと思うよね、トラック用に作られたピストレーサーを多段化するっていうのって、これまた乗ることで、いろんなことがわかるだろうなあ、と思いますよ。

 まあ、そんなことで、チャレンジャー求む・・・であります!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター