メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

再生と継続



 この状態で持ってこられたんであります。

 DSC_2544_convert_20180729232851.jpg

 シューインですね。鉄のフレームで頑丈にできています。武骨ですが、手は抜かれていません。大事に乗れば、相当持つでしょうね。

 そいつをもってこられたんですが・・・、

DSC_2545_convert_20180729232909.jpg

 まあ、使い倒している・・・というか、もうこのBBなんかは完全に死んでいます。緩んでグズグズの状態、外れるかも・・・という勢いです。

 他も、まあ同様に緩みっぱなし。

 DSC_2549_convert_20180729232957.jpg

 ほとんど付いているだけのフロントブレーキ。途方に暮れていますね。

 DSC_2546_convert_20180729232926.jpg

 フリー側もまあ、ガタガタ・・・、これでよく走ってきたよなあ・・・と感心します。
DSC_2547_convert_20180729232941.jpg

 リアはコースターブレーキのようなんですが、逆踏みした際に、ホイール人が踏ん張るための台座に、ちゃんとレバーが固定されていない・・・、なので、裏踏みが非常にやりにくい。

 そんな恒常的欠陥車に近いものがやってきて、これを再生したいということで、予算の範囲から、優先順位の高いところから手をつけることに、あいなった。

 DSC_0484_convert_20180729221254.jpg

 まずはクランク周り、特殊工具も使うので、ショップのやることとして、優先順位は非常に高い。

DSC_0486_convert_20180729221306.jpg

 元々付いていた、BBを外し、新しいBBを装着して、シンクランクを入れる、クラシカルなイメージの黒銀のクランクね。

 DSC_0487_convert_20180729221315.jpg

 そして駆動の伝達周りのチェーンも交換。

 DSC_0488_convert_20180729221324.jpg

 フロントブレーキも、ダブルピポッドという、より効くタイプのブレーキに交換。

DSC_0482_convert_20180729221244.jpg

 後はグリップ、サドルなどの周辺パーツも交換して、なんとか予算内に納めることができた、というわけ何であります。

 乗り慣れるとコースターは癖になる。制動にいちいちブレーキを握らず、足で操作できるというのは、かなりのアドバンテージだな?と感じることは合いますな。

 依頼主は、当店近くの美容室の方、そういえば、店の前に、シングルおいていたのが、これだったか・・・と納得。

 まあピストだからといって、すべてガチで再生する必要もない、予算とセンス似合わせて、少しずつ・・・というのも大いにありでしょうな。

 いずれにせよ、自転車を再生して、街道に戻すというのは、どうもたいしたことでもあるらしい・・・・とも考えられますね。
スポンサーサイト

薄いが層となっている



 BSのピストフレームであります、中古ですが、大変いい状態でありますね。いい歳の紳士の持ち込み・・・、いるんだねえ、その際から乗っていたんじゃないか?雰囲気バッチリ、スタイルびっしり・・・であります。

 DSC_0413_convert_20180718220540.jpg

 フォーミュラのハブで、アレックスで組んでいます、台湾コンビだ・・・。

DSC_0410_convert_20180718220517.jpg

 フレームになれるために、まずはフリーを付けていますが・・・、反対側にはその後のための固定ギアが付いています。いつ交換するかな?さすれば、フリーが浮く・・・。当時は浮いたフリーはほぼその後使われることはなかったんだが、時が経って、また復活することもあったかもなあ・・・。

 ピストブームも去来して随分経ちましたね。

 DSC_0409_convert_20180718220509.jpg

 今回の一点豪華主義は、ここですね。もろNJSのスギノ75を取りました。久しぶりだなあ・・・。しかしよくできてますね。格が違います・・・。なぜここにこいつが来たか?ですが・・・。

 このBSのフレームに75のBBが付いていたんですね、たまたま。そうなるとフレーム側から、相棒呼んでよね・・・と来る、これは断れない・・・。

 ここを頂点にパーツ類を選んだ・・・といっていいでしょう。予算は無限ではないのでね。

 DSC_0412_convert_20180718220532.jpg

 フォークに穴を開けて、105のフロントを付けました。

 DSC_0411_convert_20180718220525.jpg

 リアも色々考えましたが、まずはこれで、黒あわせですね。105と101、後者はロングアーチです、シートステーの上からとめるのでこうなります。ステー自身に穴開けても・・・良かったかも知れませんが・・・ね。

 DSC_0414_convert_20180718220548.jpg

 ブルホーンを選択しました、この辺がブームの申し子だったのかも知れませんね。ただトップが長くなったので、腹筋鍛えて、順応するよう努力が必要です、そのくらいしてもいい車体ですし、ステムだって、そんじょそこらじゃない、日東さんですし。

 DSC_0415_convert_20180718220557.jpg

 いや、今回驚いたのが、26.8の系のピラーでシルバーがなかった・・・。当然在庫していると思ったが・・・、ピストブームから時間が経ったことを思い知る。かつては、26.8、27.0、27.2のピラーなど切らしたことは無かったんだがね・・・。

 DSC_0406_convert_20180718220501.jpg

 やっぱりシンプルで、是に惚れる人が一定以上いるのは良く理解できますね。薄くなっても層は残るというのは、こういう意味なんですね、ある種の美の形式をピストは確実に持っている。

 本当前後ブレーキ外した、ガチのピストが競輪場の金網にハンドルかけて置かれているのなんて、ゾクッとしますもんね。

 そう・・・、がちピストで夕涼みかねて、川崎競輪場で走りたいですねえ・・・。

 また、静かな波がピスト車には来るでしょう。多分この写真、記事読んで、ゾクッて来た人、一人や二人じゃ済まないでしょうね・・・。

足回りを変えて完全街道モード



 まだいる、というか、薄くなっても層が残ったというのがピストで、またも置き土産のような車体が持ち込まれました。

 ヨレヨレ状態ですが、こいつをビシッとしていきます。

DSC_0329_convert_20180630204546.jpg

 ブレーキがもうぶらぶらで、こいつをちゃんと街道用に整えることです。

 DSC_0330_convert_20180630204554.jpg

 そしてチューブラータイヤも、クリンチャーへ交換。一度のパンクでタイヤ一本交換は確かにきつい、そしてよほど好きでなければ手入れも大変です。

 DSC_2458_convert_20180630204634.jpg

 まあ、ちゃんとした位置にセッティングして、新しいワイヤー張ってやると、こうして凜と見えるもんですね。

 DSC_2457_convert_20180630204626.jpg

 ハブは磨かれてキレイですね。こいつにクリンチャーリムで組み付けます。

 DSC_2456_convert_20180630204618.jpg

 赤いニップルで・・・というご指定。まあ色抜けは時間の問題ですが、ルージュ・・・ではあります。

DSC_2455_convert_20180630204609.jpg

 はい、クリンチャータイヤを履いて、街道モード一直線です。

 DSC_2460_convert_20180630204643.jpg

 リアも同じくなんだが、固定ギア、ここはフリーにしていない、生き残ったピスト乗りであります。こういうのがまた、小ブームを巻き起こす、必ずいつか・・・。ピストにも人類の美の形式のようなものがある・・・からかと思う。

 DSC_2461_convert_20180630204651.jpg

 ちょっとデカイフレームをここで調整しているのだろうか?

DSC_2462_convert_20180630204701.jpg

 謎のセッティングといえばそうだが、競技ピストでないんで、何でもありなんだろうね。あのダッチューノ的な乗り方ってなんだろう、と最初は怪訝に思ったもんだが、今はもうどうでもよし・・・。

 そういうジャンルができてしまったということで。学生時代散々解釈学の書を読み散らかした中に、誤読も徹底すると学派ができる・・・というような指摘があった、誤読学派に指定された派は気の毒だが・・・、神の視点を放棄せざるを得ないものとしては、ある形式から分派して、別形式を作っていくことについては、正統、異端という排除はやめることとするしかない。

 そういう意味で、ご勝手に・・・なんだが、楽しく安全であれば、何でもよし・・・なのだ。

DSC_2453_convert_20180630204602.jpg

 オオ、そのジャンルで、乗る気満々だろう?ヘイ、コッチはコッチジャンルで楽しみまっせ!と言っているように見える、いいじゃないか!

あのナガサワのマイナーチェンジ



 今を去る四年ほど前に、再塗装依頼でやって来たナガサワ君なのでありました。

 本当ちょうど四年前に、当店から巣立っていきました。

 それ以前の状態思い出せませんが・・・。

DSC_2364_convert_20180528185756.jpg

 この手のステッカーから持ち込みで、気合いの入った、再塗装依頼でありましたね。

 DSC_2365_convert_20180528185805.jpg

 ラメ塗装ですからねえ・・・。カスタム自動車などでは良くあるようですが、アレは平面、こちらは曲面、表面に散らすといっても、こちらは均等にパイプを回すか、ガンを回さないといけません。それが難しい。

 全部そう、多くのペイント技術もほとんど平面を前提として開発されてきたもので、こうしたどの角度においても、必ず上下のある曲面を前提としていないものがほとんどです。

 仕掛けを打つのも、上下が必ずあるので、たれる・・・。平面のように、静かにおいて乾くのを待つことができない・・・なので濃度を濃いめにしないといけない・・・、色々大変です。

 この頃は、クリアに混ぜてラメ吹きをしたんで、無駄も多く出ました、余ったら、捨てるしかない・・・。大体どのくらいの密度で吹くときに、どのくらいラメが一台の自転車に必要か?なんてやってみないとわからない・・・。

 当店でも、最近はクリアに閉じ込めずに吹くやり方に変えましたが・・・、こいつは余ったら、また瓶に戻せばいいという・・・、非常に合理的な対応ができる、考えてくれた人には感謝だな。

 このステッカーも作り直しでした。理由は忘れましたが、もとあったものを参考にコピーして、抽出して、アニーさんに作ってもらったっけ?代わりに後輪のチューブ交換だったなあ・・・。

 DSC_2358_convert_20180528185659.jpg

 しかし、キレイに乗ってもらっていますね、大変うれしいですわ。

 今回はちょっとハンドルまわりの変更・・・らしいです。この黒ハンドルをメッキ系のハンドルにする。

DSC_2361_convert_20180528185715.jpg

 DSC_2362_convert_20180528185735.jpg

 ブレーキレバーも・・・二本引きに交換。この手のレバーでも二本引きを作っていたんだ?しかし、強度がどうだ?大丈夫か?一本引くのも弱っちいのに、二本鬼引きして大丈夫かな?

 元々の組み合わせに戻すので、だからどうした・・・という感じですね。

 この手の簡易ブレーキに各色、丁寧に塗って、販売しておられますが、簡易ブレーキは・・・簡易なんじゃないか?なんて思いますが、使う方色々なんでしょうな。

 DSC_2367_convert_20180528185815.jpg

 しかしまあメッキの魅力っていうのは、こんなもんでしょうかね?トロッとしていますねその他の金属部と比べると・・・。

 DSC_2360_convert_20180528185707.jpg

 ある種ピストブームの置き土産のような車体ですが、こいつはまたブーム再来するでしょうな。それがいつかはわからないが・・・、こうした車体を好む層は絶対いるだろうという勘によりますがね。

 しかし、四年経ってもほとんど劣化が見られない。よほど丁寧に乗って、キレイに保管してくれているんでしょうな。

 通常レーサー思考であれば、前バトンでリアがDT。ちょっと緊張するくらいのスペックなんですが、これを街道で走ろうなんていう、たわけたことを考えている、という別の意味で、緊張するんじゃないだろうか?

 一度バンク走ってみる、なんていうのはどうなんだろう?川崎競輪場での走行会とか、まだやっているのかな?臼井さん、お元気かしら?

宮古の潮風より



 宮古といっても、東北ではありません。

 琉球弧の宮古島のことであります。ここの島も歌の島でね、すごい数と質を誇る歌舞音曲があるんです、奇跡の島といってもいい。

 トウガニー・・・なんて最高峰の歌かも知れない、なんて思う。

 その宮古の潮風に乗ってやって来た、フレーム。

DSC_2045_convert_20180330211151.jpg

 もとは京都の出身、岩井さんのガンウェルではありませんか。

 宮古の隣の島から・・・といっても相当離れているが、石垣島出身で世界的な足を持つ新城君がでたが・・・。この八重山も歌舞音曲の宝庫・・・といっていいところ。あまり好きないい方ではないが、日本が最も世界に誇れる地方である、と思いますよ。

 もし、離れ小島に一冊の本と音楽を持って行けるとしたら?なんて下らない質問には、阿含経典と八重山の歌だろうなあ・・・と店主は応えるかも知れないなあ。

 話を戻すと、宮古島出身の競輪選手がいたらしい・・・。旭という沖縄出身の強い足がいたのは知っていたが・・・、ナークンチュでいたとは。

 DSC_2046_convert_20180330211159.jpg

 何の縁があってか、そこから潮風に乗ってきたんだな。潮風だけあって、サビはすさまじい、そして島は懐かしい。

DSC_2047_convert_20180330211211.jpg

 ここで乗り続けるとしたら・・・、言ってみればプロ野球の選手からバットをもらって、それを草野球で使うのと同じだぜ!なんて名言残したパンチサイクルの北島さんがいらしたが、お元気かな?

 DSC_2048_convert_20180330211220.jpg

 すごいのがフレームだけじゃあない、潮風の影響はすさまじい。それだけにすさまじく懐かしい。

DSC_2049_convert_20180330211238.jpg

 鉄は錆びるよね・・・って、鉄だけじゃあない・・・。

DSC_2052_convert_20180330211259.jpg

 今でも最高の回転を誇るが、外側はアルミの白カビならぬ、白さびが湧いている。なるほどかように島は懐かさん。

DSC_2053_convert_20180330211317.jpg

 おお、フリーがついている・・・、でも錆びている・・・。どうしよう、固定に乗る?

 フレームは、再塗装・・・といきましょうか。

 エエ?乗るだけじゃあダメ?

DSC_2055_convert_20180331104433.jpg

 大森さんの仕事に貼り付いて、質問飛ばす方。この方こそ、あの一世を風靡した名曲宮古の風のウタサー、西東京の歌姫、サットコドッコイ、さんではありませんか!

 貴女ともあろうお方が、元プロ競輪選手のピストフレームを受け継ぐとは・・・。

 何がどうしたか、ここ最近自転車にはまり込んでしまい、実用自転車で一日に多摩湖2往復したり、羽田まだ走ってみたりと、その内側の質量の多さを予感させる方。それがまたどこに向かうかわからない、というのが、このお方の本当に面白いところ。

 チラ見せすると、自転車一台くらい、自分で組んでみたい・・・とね。

 ここだけの話、苦労ばかりかけているという、ご亭主に秘密プレゼントを狙いそうであります。

 どうぞ、当店をお使いくださいませ・・・。また一人出入り人が増えそうだ・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター