メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

今度はどうやって遊ぶか?



 ピストブームの際に、何ちゃってを地で行く車体がいくつか作られましたが、多分そうした内の一つかと思います。

DSC_3117_convert_20190719232926.jpg

 ジミヘンじゃないが、フリーダムとか書いてある。なんか数度扱ったことがあった・・・ような。予想は付くと思うが、見た目細身の割に重いんだよね・・・。

 こいつをなんか弄りたい、こいつで遊びたいと考える方がいる。膨大な資金を掛けずにどこまで、弄れるか?なんて画策しているようだ。

 DSC_3114_convert_20190719232858.jpg

 最初はどうも、このエンドに加工して、ハンガー台座などを取り付けるようなことも考えていたようだった。台座が付くと、そこにディレーラーが付きます、そうなると、このシングル車体を多段化することができる。

 まあ、ピストの多段化は当店は不得意ではないので、受けて立ちましょう・・・というところだったんだが。

 でもハンガーの溶接工賃、エンド広げ、それに伴い多段用のホイールと、スプロケ、ディレーラー、そしてワイヤーとシフター・・・ということで、ドンドンパーツ類や施工内容が増えていくことになる、当然ドミノ倒しが起きるというわけです。

 そこまでしてやるほどの価値があるか?と、色々考えてみたようですね。

 DSC_3163_convert_20190719233112.jpg

 そこで発想をぐぐっと展開させたようです。
 
 そして、なにやらへんてこなハブを持ってこられた、スラムの・・・オートマチック?と書かれているいかにもの内装ギア付きハブという感じ。

 もちろん付随するシフターがない・・・、自動なんだからシフターはいらないといことだろう。スターメーでキックシフトというのがある、こいつもシフターいらずの内装ギアで、走りながら一度クランクを逆回しにするとカチッとギアがかわるという仕組みなんだがね。

 このスラムのオートマっていうのは・・・どういう仕組みなんだ?

 一定のスピードが出てくると、勝手にギアが重くなる・・・という設定なのかしら?

 まあ、それならわからなくもないが・・・。ただ、平地から急坂をのぼるに際して、少しでも勢いを付けようと加速すると、ギアが重くなってしまう・・・のだとしたら、つらいねえ。

 どういう仕組みなんだ?想像力をかき立てられるわけだ。

 そしてもの自体を見ると、なんとも試作品的な作りでありますな。フランジが薄くて安っぽい、強度は・・・まあ大丈夫かもねというていど。そしてやたらと重い。

 どうも市販されていたという情報もある、アチコチで施工例もあるらしいが・・・、本格的に販売されていたのか?は分からない。

 こいつがまた28ホールなんて言うんで探してみると、適当なリムがあったわけだ。

 DSC_3162_convert_20190719233050.jpg

 そいつで組み付けた感じだが・・・。リムがいいのか店主の腕がいいのか知らんが、この手の仕掛け付きのハブというのは、回転自体が重かったり、逆回しが出来なかったりと、今までさんざんな思いをさせてもらってきたんだが、意外とこいつはすんなりと組めた。

 ソコソコの精度が出ているところを見ると、試作品以上なのかもしれないとは思えます。少し見直した。ただ、機構はあいかわらず不明。

 DSC_3161_convert_20190719233026.jpg

 フロントはアンバランス組なんかされているが、リムの様子が似ているんで、まあいいか・・・。こいつには手は出しません。

 DSC_3116_convert_20190719232912.jpg

 ハンドルはそのまんまの、謎のオートマチックハブのみを堪能する改造車という事になった。

 DSC_3160_convert_20190719232956.jpg

 とりあえず、組み上がる。


 さて、どういうオートマチックなのか?チョロッとだけしか乗っていないので、なんとも言えないが、そのチョロッとの範囲ではそのオートマチックの意味が正直わからなかった・・・。

 店主が鈍感で、シフトに気づかないのか、シフトするまでのスピード域が出ていなかったのか?それともパーツとして、まだ冬眠状態で起きていなかったか?

 さあ、謎は深まるばかり・・・。

 解明されるまで、乗ってみるしかない・・・、何かは起きそうなんだがなあ・・・。
スポンサーサイト

フレーム持ち込み ピスト組



 ベルギーだったかな?そこのフレームなんだそうですよ。

 DSC_2712_convert_20190629194230.jpg

 日本人の平均身長からすると大分大きいので、海外のサイトから引っ張ってきたそうです、送料入れて、その値段ですか・・・というお買い物。

 今ヤフオクなどの多くは海外発送いたしません、なんてことになっていますが、今後はヤフオクにしても、メルカリにしても、海外発送サービスなんていうのが当たり前になってくるんじゃないか?と思いますな。

 とある集積場に送ると、ネットでつながっているところなら発送が可能になる、なんてことはもう夢でなくなるんじゃないか?と思いますね。中国やベトナムのサイトから通販で物を買い、気づけばウクライナの人が当店の自転車を購入してくれていた・・・なんてことだって五年以内くらいに、そのシステムなんかが完了するんじゃないか?なんて思いますが、どうでしょうかね?

 さて、フレームフォークを引っ張ってきて、コイツで自転車一台組むという依頼であります、たまにでもいいねピスト車の依頼が来るっていうのもね。

 DSC_2757_convert_20190629194301.jpg

 確かここと同じか分からないが、ベルギーのピストフレームを依頼されたことは過去にあったと思いますね、色なんかの佇まいが似ている・・・。

 DSC_2759_convert_20190629194326.jpg

 ピストといえば、ザマーミロってくらい、手組になる場合が多い。ARAYAのシルバーリム。

 DSC_2761_convert_20190629194341.jpg

 シルバーのラージフランジのハブで組むことに。そして・・・

 DSC_2763_convert_20190629194350.jpg

 もっと定着してもいいと思っている、ネジリ組。これマジで狂いにくいし、イメージほどスポーク折れはしない。今まで、店主の使っていたネジリホイールで折れたスポークは一本もないもんな。

 DSC_2773_convert_20190629194448.jpg

 もちろんリアも同じく一ねじり、そしてギアは固定、ガチの固定ギア。ビンテージ系のロードにも乗っているが、もう固定に乗ることを前提に、イメトレしているらしい。いい心がけです。

 DSC_2772_convert_20190629194439.jpg

 ワンポイントチェーンを金に。このくらいだと成金にならない、センスが光ります・・・なんてな。

 DSC_2770_convert_20190629194430.jpg

 クランクは形状のクラシカルなものを選択。無名であろうがなんであろうが、この手のクランクは重要だね。なんとか集めていかないとなあ・・・。

 DSC_2765_convert_20190629194359.jpg

 街道仕様なんで、もちろんブレーキもしっかり付けましょう。

 DSC_2775_convert_20190629194457.jpg

 定番の板ブレーキなんだが、この形状も少し工夫してもいいかと最近思い始めてきている。もう少し種類というか、それぞれのフレーム形状に合ったものを使用する・・・という配慮があってもいいかと・・・。

 決まった形状に加工してくれる機械があると楽しいなあ・・・。

 DSC_2769_convert_20190629194421.jpg

 サドルはコンコール形状のもの。どうもシートチューブを前の持ち主以前の人が加工した形跡があった、元々は26.8だったんじゃないか?という疑惑。途中が27.0で出口に近づくにつれて27.2となるという変則、逆バテットかい?と思わずいいたくなる形状だが・・・、27.2の部分がそこそこ深さがあるので、なんとかなります。

 DSC_2767_convert_20190629194409.jpg

 この肩下がりのブルホーンは、ご本人が敢えて選択したものであります。肩下がりの部分は意外と持ちにくいと進言したんですがお殿様に蹴られました。まあ慣れればなんとかなるでしょうな。

DSC_2756_convert_20190629194247.jpg

 イヤー、コイツが全体像、なんともシートチューブが立っているねえ、名工ナガサワさんが、中野浩一の脚質を考慮して、真下に踏み込むように設計したピスト車を思い出したよ。

 なんかちゃんとしたスタイル持っていますね。予算は大切なんだが、こうしたスタイルにまで持って行くには、それはちょっとやそっとではいかないもんだ。

 ただそのスタイルに値する人には、頑張ってもらうしかないよね、変なものに載せるわけにはいかない、今は大変でもその意味や価値は絶対に分かるはずだから、イヤ十分に分かっているが・・・。現実の条件や、奥さん・・・などの説得にはそれはそれはピスト以上にエネルギーがいるんだろうね。

 まあとにかく十分に乗れる車体ができたんで、まずはこれでしっかり乗ってください!

 やっぱり自転車はフレーム状態よりも、こうして完成車にしてやる方が断然いい、骨の標本が、実際の馬になった以上の躍動感がある、店主にはそう見える。家に骨は埋まっていないか?ぶら下がっていないか?

 馬にして、走らせてやろうじゃないの。

一年弱経ちまして・・・

000 DSC_0406_convert_20180718220501

 一年弱前、この形で出て行ったんであります。ブリジストンのガチものピスト車です。
 
 まあ、締まりの良い走りをします、隙がないんで常に進むという感じかな?さすが競輪車だけのことはある。

 そして乗り手の方もこの車体に大分慣れたようですね・・・そしてついにその時が来たようです。

 000 DSC_0410_convert_20180718220517

 フリーで乗っていたんだが、やはりそろそろ固定ギアが気になってきたのか?またしても店主に捕まり半ば強制的に、固定にされる運命なのか?

 DSC_2384_convert_20190609230955.jpg

 はい、どうもそのような運命の方のようでした。危なくはないですか?とは聞かれました。それは普通の焼きそばを食べていた人が、カタ焼きそば食べて口の中怪我しませんか?と聞いているのと同じ・・・・かな?

 確かに、それまでとの調子とはいささか違う、という意味で戸惑うことはありましょうが、それが元で大けが・・・ウン、まあ・・・、それも全くなくはないな・・・ということもありかもしれない。

 フリーと固定とのズレによって引き起こされかねない事故というのは、いくつかある。

 最高スピード出したその後すぐに足を止めてペダルに蹴り上げられること。これは最高スピードだけに、大けがになる可能性もある・・・。あとはコーナー・・・、やはり足を止める習慣が出てしまいペダルにしかられることも・・・、または縁石にペダルが接触してしむことも起こりえますね。

 つまり、フリーであるが故に付いている癖が由来の危険性ということも言えるかもなあ・・・。そういう意味で気をつけるべきことは確かにある。

 逆に、子供達、三輪車から二輪に移る際に固定ギアにするというのは、ほとんど危険はないといえるでしょうね。まずフリーの経験のない子は、上に上げたフリー由来の癖が付いていないので、固定ギアをそのものとして受け入れている。そして、三輪車からの癖を逆にいかせば、二輪への移行は固定の方がむしろ楽なのだろうとさえ思えますね、子狸で実証済み。

 とまあ、一年弱で車体には大分慣れたということなので、フリーから固定ギアへの転換としてはいい時期なんじゃないか?と思います。

 それとブレーキレバーの変更も。

 000 DSC_0414_convert_20180718220548

 このカマキリ君を

 DSC_2386_convert_20190609231005.jpg

 ずっと手前のエイドブレーキに変えたいということだった。なぜか?ヒントはこいつ・・・、

DSC_2388_convert_20190609231016.jpg

 なんだ?星?

DSC_2389_convert_20190609231026.jpg

 そうなのです、星なんです。・・・って意味分かりませんか?

 最近、この車体で二人の娘さん、自転車乗り始めた子もいるらしいんですが、その子達と一緒にサイクリングする機会が増えたらしいですねえ、うらやましい。

 そうなると、けっこうタラタラ走りをせざるを得ないらしいんですね、まあ想像つきますが。その際には、できるだけハンドルの手前を持って、体を起こして走りたいということ、さすればブレーキももっと手前有ればありがたい、ということで、ブレーキレバーの変更になったんだが・・・。

 DSC_2382_convert_20190609230944.jpg

 でもまあ、そんな心配は杞憂に終わるでしょう。それはもうブレーキレバーの種類を替えてまでした移動とかいう以前に、固定化した時に一気に解決されている問題なんです。

 タラタラ走りと、人混みと固定ギアというのは実に相性がいいんです、とてもとても。というのは、足でスピードコントロールができるようになるからなんですね、いちいち制動する際にブレーキレバーに頼る必要が全くない、むしろブレーキ無視して、足でバックを踏めば、制動がかかるんですねえ。

 これは体験して始めて分かることかもしれませんが、イヤー固定にして良かったと、心から思うことでありましょう。しかも娘さんとのほんわかサイクリングでの固定慣れなんで、最高の機会かもしれませんね。

 こういう固定入門も大いにありだな・・・。

 

未完ながらのお手入れ・・・か?



 やはり、固定ファンというのは少なくなっても、薄くなってもすでに層が出来ている、と思える状況ですね。

 こうして不定期ながら、来る時は来るんです・・・。

 まあ、あのピストブームはちょいと異常だったかもしれません、功罪はあるでしょう、どうも罪ばかりいわれがちですが、いえいえ、功だって十分あったと思います。

 そんなこんなからすでに十年以上が経って、まあ、薄くても固定ファンというのが確実にいる、居続けている、ということの確認は出来ますね。

 DSC_2147_convert_20190520214503.jpg

 すでに何台か扱ったブランドですが・・・。まあ、店主好みでいうと、ピスト、固定車はマジなロード乗りの練習機として定着していく、またはバンカラ風なフリーは軟弱で乗ってらんねー・・・的な展開として定着してくれるといいなあ、なんて思います。

 まあ、いずれにしろツウですな、自転車のツウとして、あえて固定ギアが好き・・・という大人が少しでも増えてくれるとかっこいいでしょう。裸足に革靴で乗ってくれてもいいし・・・。

 DSC_2150_convert_20190520214534.jpg

 今回の最大の依頼はここ、ブレーキレバー。店主一押しのディズナのエアロブレーキ。こいつはどこから引いても、引けちゃう、人間工学を大変意識した、優れたエアロブレーキと言えると思いますね。形の好き嫌いはあると思います、まあ、欲を言えば、旧カンパ系の形状で、この引きだったら最高かな?と思いますがね。

 DSC_2153_convert_20190520214605.jpg

 あとは使われているもの自体はかなりいいもの、こいつもデュラエースですしね。

 DSC_2154_convert_20190520214616.jpg

 このチェーンも凝ってますね・・・。

 そして、何よりもホイールがけっこう贅沢なんだが・・・、途上の選択も見え隠れしている。

 DSC_2151_convert_20190520214544.jpg

 重厚で、頑丈、高級感で知られるフィルウッズのハブですね。回転も安っぽいスルスル回りではなくて、少し粘りのあるヌルヌル回転で、高級感を演出しているのかしら?

 DSC_2152_convert_20190520214555.jpg

 リムはまあ、あの一時期なんでか理由が分からず、流行っていた40ミリくらいのディープですね、まあこれはどうでもいいんだが・・・。あとタイヤもまあ、通学用と揶揄されがちな、パナレーサーの・・・・ってやつであります。

 DSC_2149_convert_20190520214523.jpg

 前輪のハブがまたプロ仕様というのがいいんだが・・・。

 DSC_2148_convert_20190520214514.jpg

 リムがチューブラー用途、チンバな状態となっている・・・。どうせなら、リアもチューブラー・・・という選択肢もありかと思いますが・・・。昨今ピスト車を固定として好んで乗っている人で、且つ前後輪ともチューブラータイヤなんて履いている人がいたら、マジ酔狂な人物と思われること確実でありましょうな。

 その不便さをあえて選択しているのだとしたら、渋い、渋臭い、渋すぎであります。尊敬に値するくらいの好事家でありましょう。

 そんなバンカラピストオヤジなんて出没したら応援するねえ・・・。別にオヤジじゃなくてもいい、お姉ちゃんでも、熟女でも、自らピスト選んで乗ろうなんてものは、今やなんか孤高の雰囲気が漂っていていいように思うんだがねえ。どうです?

 まあ、前がチューブラーで、後ろがクリンチャー・・・、まだどうやって完成させようか?という途上のような気もするが、徐々に完成の持っていくというのでも十分いいもんだ。時間をかけてね。

 DSC_2155_convert_20190520214625.jpg

 この手の物なら、サンダルでも革靴でも、履き物は問わないでしょうね。普及にはこうしたセンスは必要でしょう、何も自転車屋だけが自転車を扱うべしということもない。いやむしろ、自転車を自転車屋に任せてきたことが、今日のあり方の一つの答えなんじゃないか?とも思うわけだ。

 反省点は大いにあるだろう。そして先のピストブームの功罪の功については、そんなところにも感ずるものがある。つまり、自転車を巡るあり方に、自転車屋だけでなく、あらゆる業界の美的センス、スタイルのセンスというものが、一気に輪界に流れ込んできた・・・ということでもあるんじゃないか?と。

 自転車を自転車としてだけでなく、生活のスタイル、もっといえば、人生のスタイル、生き方に通じる選択肢として、自転車というものを予感させたということが、最大級の功なのではないか?と思っているんだが・・・、相変わらず的外れかな?

 DSC_2146_convert_20190520214450.jpg

 まあ、車体が単純で、シンプルで簡素な美というピスト車だけに、車体による限定がきわめて少ないとも思えるのがこのピストなんであります。だから、今までの文脈と切り離された、新たなピスト乗りが現れうるし、予想を超えて現れてくるかもしれないのもピストの持っている潜在的な魅力なのかもしれない。

 そういう意味で、根強く、次回のピストブームとやらをしつこくそっぽ向きながら待っている・・・というのが店主の現状なのかな?もちろん指をくわえて待っているだけではないんだが・・・・ね。
 

疲れたピストをシャキッとします



 見るからに疲れていますね、このピスト。

 DSC_1992_convert_20190513215912.jpg

 パナソニックです。このロゴが円柱の上に描かれているのを見て、電池を連想するのは店主だけかな?そんなことはいいとして、申し訳なさそうな顔して持ってこられたんです。

 ちゃんと乗れるようにお願いします。
 
 ちゃんと・・・ね。どこまでちゃんとしましょうか?どこまでもちゃんと出来ますよ・・・などと意地悪なことは言いません。大分反省しているようで、これからちゃんと乗っていきたい、自分の足として復活させたいということらしいですね。なら、その願いでちゃんとしましょうか。

 DSC_1989_convert_20190513215852.jpg

 クランクにいいものみっけ!かなりいいものとお見受けしますよ。なのにこのチェーンはないわ・・・。

 DSC_2073_convert_20190513215950.jpg

 クランクがいいと、BBだって悪くはない。

DSC_2074_convert_20190513220000.jpg

 グリスアップのできるBBですね。今は珍しいんですが、やはり長く使うものであったら、半年に一度、最低一年に一度は中開けて洗浄とグリス充填はやったほうがいい。かつてはこのカップアンドコーン式というのが当たり前だったが、今やシールド系のガタが来たらハイ交換式のものが圧倒的増えてしまった・・・。

 DSC_2076_convert_20190513220010.jpg

 グリスの四点セットは、先のBBと、フロントハブ。

 DSC_1990_convert_20190513215902.jpg

 リアハブね、そして

DSC_2077_convert_20190513220019.jpg

 ヘッドセットもですね。ここもシールドが多くなってきたんで、お手入れの率が少なくなってきたところ。単にガタ見て、確認して、あったら取る・・・ってとこで終わってしまう事が多くなった。

 確か一インチのデュラエースのヘッドが出た時、どんなに締め込んでもスルスル回るのには驚いた記憶がある・・・。シールド恐るべし・・・と思った。

 DSC_2072_convert_20190513215941.jpg

 あとは前後のタイヤも取り替えて、基本的にちゃんと走ることが出来るようになった。

 DSC_2071_convert_20190513215931.jpg

 うん、やっぱりシャキッとした。乗ってみても、隙がないのがわかる。無駄のない、逃しのない力の連動が推進力に変わる時、自転車の機嫌がいいという感じが伝わってくる。
 
 特にこのクラスの自転車の手入れはする価値は大だと、乗った瞬間に分かるもんだ。もちろんどんな自転車も力の連動をしっかりつなげてやれば、それはそれは走るようになるんだが・・・。

 いい自転車のそれは、各々のパーツ連動の総計・・・、それ以上の大化け感がある・・・ということかな?やっているこっちでも、アレ?なんだコリャ!?というくらい総合された時の力の倍増を感じることがある。

 料理でもそうだ。一つ一つの素材にちょっとだけ丁寧に気を使って対処し、ちょっとずついいものを重ねていくと、あるところでその総計以上の成果となって、ドーン!と一皿としての存在感が増す時があるんだが、自転車のそれと共通したイメージがある。

 それらのどこかの行程にちょっとでも手を抜くと、そうした大化けは起きない・・・。

 今回もちょっとその大化けが来たみたいだ。試乗してもらって、それが伝わったらしい。

 これから大いに乗るそうだ・・・、そうでしょう、人車一体でやる気満々なんだからね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター