メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

定期検診ははやり重要かも・・・



 今ある自転車の中で、最も単純な構造と思われるのが、ブレーキなしのピスト車(つまり競技ピスト)でありましょう。

 フレーム、前後車輪、BB、クランク、ペダル、チェーン、サドル・ピラー、ステム・ハンドル・・・あとはヘッドパーツくらいか?そんなもんで組めてしまう。

 シフトがないので、その調整もいらない。

 公道走るには前後ブレーキをつけて、レバーとワイヤーを張らねばならないが、でもそんなことぐらいで走れてしまう。

 なので、少しの専門工具と知識と経験を持てば誰でも、解体組付けできるようになる・・・はず。

 なんだが、組付けはできて、乗れるようになったからといって、それがベストセッティングであることとは違う。大体でも乗れてしまう・・・というのも自転車なんだなあ。

 単純なこともあって、自分でいじる人が大半のピスト車なんだが、たまには定期点検に出した方がいいんじゃない?というお話であります。

 今回いくつかあったんだが、ヘッド回りがちょっと変・・・、ある角度に来ると勝手にゴリンっと動いてしまう・・・と。

 あしますね、リテナーが曲がったり、ヘッドの締め付けが強すぎたりです。そういう時は、外して、洗浄して、新鮮グリスを入れて、調整してみる。

 やってやって、それでもダメなら、スモールパーツの交換か、それでもダメなら、本体自身の交換・・・という事になる。

 DSC_1235_convert_20171109211709.jpg

 灯油入りの風呂に入れて、汚れをしっかり取ってやる。

 DSC_1236_convert_20171109211717.jpg

 グリスの敷き布団に寝かせ、グリスの掛け布団を掛けて、ガタ取りと、なめらか調整を行う。今回はこれで解決した。

 DSC_1250_convert_20171109211822.jpg

 リアホイールから異音が出る・・・。出た、最大級難しい異音問題・・・。何が原因でどこから音が出ているのか?特定するのが大変難しい場合が大半なんだが、こいつは、異音以前に回転に大いに問題があることが判明。ちょっとほっとした・・・。

 自分でコグを何度か交換してから、音が鳴るようになった・・・と。

 コグ問題だとしたら、コグとチェーンのピッチやライン上の問題が大半だが、まずハブが回らないのでは話にならないので、開けることに。

 DSC_1238_convert_20171109211726.jpg

 デュラエースという、初期投資がでかかったが、こういうときいいものを使っておくと、いいことはある。はい、ダメだ、全交換・・・という事にはまずはならない。

DSC_1239_convert_20171109211734.jpg

 オオ大分、ベアリングが疲れている・・・ようだ。グリスの形跡が消えている。

 DSC_1244_convert_20171109211741.jpg

 まずは床を洗浄する。

 DSC_1245_convert_20171109211749.jpg

 最大の問題はここ、玉押しに虫食い傷がある。これでは回転はダメで、ことによっては音は出るだろう。しかし、設計上よくできている。

 つまり、玉押しのみに傷がつけば、玉押しのみの交換で事は済む。もしハブ本体に虫食いができたら、これはもうハブ交換をするか異音をごまかすしかない・・・。

 DSC_1246_convert_20171109211757.jpg

 こういう時、シマノさんはありがたい。右はスモールパーツで取り寄せた、新品玉押し。これ単体で購入ができる。そして、当然ボールベアリングも交換した。

 DSC_1247_convert_20171109211805.jpg

 リア三角の塗装を剥がして、磨きをかけクリアをしたが、多少さびが出たという事で、今回再度磨きをかけた、もちろん大森社長のお仕事です。

 DSC_1248_convert_20171109211814.jpg

 そこにクリアをかけて、さらにさらにガラスコーティングをしてみた・・・、どうなることやらでありますが。

 DSC_1254_convert_20171109211837.jpg

 基本、自分でいじれるほど単純なピスト車、なので、自分でいじりたい人は、自分でいじるべきかと思う。できれば、自分の車体は自分で管理できるに越したことはないからね。

 ホイールの調整・・・くらいかな?難しいといえば・・・。

 ただし、多少の自己流なんかが徐々に、徐々に集積されていったり、乗り続けることによる劣化に気づかなかったりが重なると、やはり車体は徐々にダメになっていく。乗れなくなるほどでないと、そのまま乗り続けることになる・・・、そうすると、ある日あることをきっかけに、ドッと症状が吹き出すことになる。

 音が出たり、最悪動かなくなったり・・・と。

 まあ、そんなこんなで、たまには生業にしているところに出してみるのも、いいんじゃないか?と思うんだが、ね。

 そういうわけでお待ちしています!
スポンサーサイト

足は足 



 適度に汚れて、気軽にどこにでも・・・というのはあるタイプの自転車にとっては必然的条件とでもいえるでしょうな。

 日常使いの自転車、もう下駄履きといった自転車、履き慣れたスニーカーのような自転車なんかは、まさにそんなようなもんでしょうね。

 もうすでに汚れているので、汚れること自体に無関心でいられる。盗難もまあ、されないだろう、という意味で安心。乗り慣れているのでこれもまた安心。スニーカーみたいなもんなんで、歩くのもスピード出して走るのもできる・・・、ある意味万能な一台なんだよね。

でも、乗っていれば、もちろん劣化してきます、その劣化が許容を越えると、治してまた乗りたい、ハイ、では治しましょう。

 DSC_1047_convert_20170928183120.jpg

 ピスト車体でシングルギアなんで、部品点数が非常に少ない。

 DSC_1050_convert_20170928183130.jpg

 裏はもうこんな・・・、よくまあここまで汚したね、というか乗ったもんだ。

DSC_1059_convert_20170928183237.jpg

 新品かよ!というくらい磨きます。

DSC_1051_convert_20170928183142.jpg

 奥にあるBB・・・、こいつもまた取り出しにくいパーツだよね。まあ、工具があっても通常抜けない、抜けにくいところでもある。

DSC_1052_convert_20170928183151.jpg

 案の定・・・であります。アチコチから浸入した水はここに集まりますんで、まあこういうことにもなります。

 DSC_1053_convert_20170928183204.jpg

 次のなんかのために、数年後の何かのために、こういうことをしておきます。

 DSC_1055_convert_20170928183214.jpg

 フリーもまあ、使い込まれたもんだ。

 DSC_1058_convert_20170928183227.jpg

 こうして外さないと掃除できない箇所もありますね。

 DSC_1106_convert_20170928183329.jpg

 フリー入れ替えですね。この古いフリーは柔なんで、外す際エッジが割れるんですね、よく。

 DSC_1108_convert_20170928183338.jpg

 もちろんチェーンも交換です、ちょっといいオイルを差しました。でもあまり良すぎるのは差しません、なんといっても履き古したスニーカーですから。

 DSC_1110_convert_20170928183346.jpg

 クランクからのぞくBBも交換されています。

DSC_1068_convert_20170928183320.jpg

 このFUJIフェザーが、ホイールを前に詰める際に、このチェーンステーブリッジに干渉することを思い出しました。実際干渉します。なのでチェーン管理はどうしても緩くなります・・・、仕方なし。

 DSC_1060_convert_20170928183310.jpg

 駆動系を中心にメンテ終了。スニーカーを洗濯し、靴の裏のゴムなどを張り替えた・・・という感じかな?

 もう少し頻繁にとは思うが・・・、まあ、それも仕方ない、こうして時にこうしてメンテしてやれば、たぶん靴のスニーカーより、だいぶ長持ちするだろうなあ、こっちのスニーカーは・・・。

柳サイクルさんのお手伝い



 名古屋からフラット、いらしたのがこの春だったかな?ちょっと年配で地味なイメージなんだが、実は山ガール。自転車についても、しらん振りして、しっかりオーダーをしていったようです。

 名古屋から東京までの間にビルダーさんはどのくらいいるのか知らないが、柳さんを指名して、東名高速をすっ飛ばしてきたというんだから何かあるんでしょうな。

 DSC_1051_convert_20170916210331.jpg

 この車体の、塗装担当をさせていただきました。一部メッキあり。

 DSC_1052_convert_20170916210339.jpg

 ラグ回りをマスキングして、塗装。二回やったかな?ラグの厚みの部分がしっかり隠れていたかったので・・・。

 DSC_1054_convert_20170916210355.jpg

 チェーンステーもメッキを出した塗装。

 DSC_1053_convert_20170916210347.jpg

 そしてデカールを貼ってからの厚いクリアがけ、と研ぎ出しね。

DSC_1055_convert_20170916210403.jpg

 面白いのが、ホイール650cということ。依頼者はこちらが思っている以上に、自転車に詳しいのかも知れません。

DSC_1056_convert_20170916210414.jpg

 アンブロのこのリムを自分で組み付けて持ってきた。技あり・・・ですね。爪隠すタイプなのかな?

 DSC_1050_convert_20170916210321.jpg

 東名を飛ばして、納車の日。柳さんは半日以上かけて、最終調整を何度もやっていた。

 地味な技ありお姉様、小声で、かっこいい・・・・と。ビルダー冥利につきたんじゃないか?な。

 長良川の河川敷をこいつで走るそうだ・・・。未だ謎多きお姉様・・・、もしかして天使だったんじゃないか?と、ふと思うところあり。

 仕事をさせてくれるお客さんというのがいる。単に依頼してくるだけでなく・・・、こちらに仕事させてくれるお客さんね。そういうお客さんて、本当に大事なんだよね・・・。とでもいおうか?というくらい捕らえどころは無いが、芯のしっかりした不思議なお客さんだったとしか言い様がない・・・、地味ながらどこか天晴れ・・・、なかなかいないよね、あんな不思議なお客さんっていうのはサ・・・。

当店一推し オリジナルピスト 青鬼サン故郷に戻る・・・



 あと数台はあるが、結構・・・というか、かなり走る謎のピストフレームを所蔵しているのだ。

 こいつに、

 DSC_1062_convert_20170910185711.jpg

 カーボンフォークをつけル、そして手組のいいホイールをあてがうと・・・、これが驚くほど走る・・・、驚くほど・・・といっていい。

 インターハイなど走りまくった足のある小僧が言った、今まで借りてきた鉄フレームでこんなに走るやつはいなかった・・・。

 たぶん店主もそう思うね、フレームに妖気がある、前に出よう出ようとする意志でも持っているようだ・・・、ピストフレームではマキノにしか感じたことのない妖気・・・。

 DSC_1060_convert_20170910185656.jpg

 こいつに雲竜型の文様を描いて、青鬼とした。久々の帰郷にて、ホイール点検などを行った。

 DSC_1059_convert_20170910185648.jpg

 こいつの赤バージョンなんかもあって、そいつは赤鬼と言ったっけね。

 DSC_1061_convert_20170910185703.jpg

 もう今はなきDT585で組んだホイール。こいつの調整ね、前後とも。ちょっと縦ぶれが出ていた・・・。

 DSC_1064_convert_20170910185727.jpg

 シューの交換と調整、ブレーキ調整は面白いねえ、やるとやらないとでは、全く違うね・・・。

 DSC_1063_convert_20170910185719.jpg

 いいクランクが付いているなあ。ピストは部品点数が少ないので、こういう一点豪華もんが光るんだな。

 DSC_1065_convert_20170910185736.jpg

 ディズナの名ブレーキレバーも付いていて、まあ非の打ち所がない・・・。当たり前か・・・、当店から出て行ったやつだもんな。

 DSC_1057_convert_20170910185640.jpg

 うん、ブームもクソも越えての名車だな・・・、そろそろ新たな手組で、走る隠れた名車でも組み付けておくか?完成車として置いておかないと、知る人にも知れず・・・だからな。

 前後にしっかりしたホイールつけて、ちょっと贅沢なクランクをつけてやる・・・それだけで走るんだから、ピストは潔い。スピード出すには足回すしかない・・・当たり前だが、それを地で行く固定ギア・・・、そろそろ野武士のごときバンカラの自転車乗りが出てきてもいいなあ、そうか、呼び出さないとダメか・・・。

 なれば組んで並べる・・・かな?そろそろ・・・。

心機一転大事にしましょう!



 ピスト車だ・・・。ちょっとどよめきます。もっと乗る人いてもいいのにね、と思うんだが、特にロード乗る人たちになんかね。

 固定とフリーを使い分ける、踏み分けるとでもいいましょうか?乗る前に一発、今日は固定!と頭のスイッチ入れると、普通に何の不自由なく乗れるようになるんですがね。

 さて、持ってこられたコイツですが・・・すさまじい・・・。

 DSC_0895_convert_20170804213428.jpg

 カビじゃ無いんだよね、タイヤから繊維が出てきてなおかつそれがケバケバになっている、どうしたこうなるの?

 当然交換ね。

 DSC_0896_convert_20170804213436.jpg

 チェーンには泥のパックがなされている・・・。これを外せばチェーン肌はツルツル・・・のわけないわな。

 DSC_0916_convert_20170804213547.jpg

 ちょっとかっこつけて乗ることを誇りにもってもらいたい思いを込めて金のチェーンに。

 DSC_0898_convert_20170804213445.jpg

 ブレーキシューもほぼなし、というか硬化して効かない。

 DSC_0917_convert_20170804213557.jpg

 シューも問答無用で交換だな。

 DSC_0915_convert_20170804213533.jpg

 もちろんフロントも、であります。

 DSC_0899_convert_20170804213458.jpg

 サドルもこれりゃダメだ・・・。

 DSC_0913_convert_20170804213514.jpg

 交換なんだが、その際にピラーも固着していることが発覚・・・。

 DSC_0914_convert_20170804213523.jpg

 このピラー抜きについては、なんか工房をウロチョロしていた子狸に手伝わせ、なんとか抜いて、交換。

 DSC_0918_convert_20170804213606.jpg

 多少の振れ取りなどもしたが、限界ありだな・・・ここまで来ると。適度のところで止めないと、組み直しか、きりが無くなる。

 DSC_0912_convert_20170804213506.jpg

 とりあえずは、第一弾として、終了ということに。もっと調整してもいいところは多々あれど、まずは安全に乗れるところから、優先順位を付けてという、やり方でね。

 まあ、これでホイール前後入れ替えて、再塗装なんかしたら、ほぼ別ピストに変身だけどな。

 この手の荒れものピストも、かのピストブームからの置き土産かな?という事は、潜在的にこうした車体はアチコチにあるんでありましょうな。

 時間が経ったけどまた乗ってみたいなあ・・・というのもよし、フリーにして人に譲ってもいいかも・・・、とにかく寝ている自転車起こして、街道に戻しましょう!だったらピストに限らず、ロードであろうと、実用車であろうと、何でもかまわないんだがね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター