メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

色々あったピスト車だね

422867373_7166036120142161_6194784259396882085_n_convert_20240125211459.jpg

 もう今を去ること十数年前になるかな?浜田山のメキシコ系の店のオッサンから譲り受けたんじゃないか?と記憶していますが、どうでしたかね?

 ウノピスタと書かれています。こいつがあの訳あり・・・というか癖ありの110ミリエンドのピストでありますね。これは今でも競輪公認の規格だと思いますが、一般のピストフレームよりも10ミリエンドが狭いだけじゃあない、というところが癖ありなんですね。

 ホイールのシャフト幅が8ミリといういわゆる、輪切りにすると小判型のシャフトなんですね。なので、ホイールについては全く互換性がありません、前後ともに。

 なので、特殊加工が必要になるという意味で、癖ありピストフレームと言っているわけですが・・・。幅が狭い分空気抵抗も少ないだろうとか、小判型のシャフトがエンドのスリットにピッタリはいるので、シャフトの空回りがしないとか、それなりの利点はあると思いますが・・・ね。

 422797957_7166036270142146_7099512739238591697_n_convert_20240125211418.jpg

 今回前輪を盗まれたということで持ち込まれてきたんだが、癖あり車体なので、通常のフロントホイールのシャフトを一ミリ削るという加工をした・・・、数日前の記事にあるようにね。

422357732_7166036313475475_2983288141104266554_n_convert_20240125211239.jpg

 ここなんですが、フォークにしっかり収まっているので加工部分は見えませんが。

 422798268_7166036343475472_8346202569462684003_n_convert_20240125211426.jpg

 シングルフリーで走っているようですね。

422419988_7166035743475532_8682648508436453336_n_convert_20240125211401.jpg

 チェーン交換はご自分でなさるということなので、このままに・・・。交換したらオイルは頻繁に打ったほうがいいね、ピストって部品点数も少ないので、管理が楽。固定であろうがフリーであろうが、シングルであるので、誤魔化しが効かないところも潔い。

 なので、タイヤに空気を適切に入れる以外・・・、チェーンをきれいに保っていいオイルを差すということ意外、他にメンテする点がない・・・とすら言えるかも知れないね。

 なので、金かけるところは、まずタイヤ!チェーン!そしてチェーンに差すケミカル!という三点をちょいと贅沢してやれば、かなり機嫌良く走り続けるんじゃないか?というのがピスト車体なのであります。

 422402662_7166035696808870_3534695048611451293_n_convert_20240125211346.jpg

 フロントブレーキも台座で取り付けるくらいのガチピストフレームだね。

422444082_7166036190142154_8502879658729166796_n_convert_20240125211409.jpg

 板ブレーキにロングアーチものの後付ブレーキもガチピストの証拠。かつてはリアだけ蝶ネジ(手で着脱可能)でつけて、ワイヤー一本ヘナヘナのアルミ簡易レバーで街道練習していたもんだが・・・、今は昔だね。

 最近あまりすれ違わないが、今はしっかり選手も前後ブレーキつけて走っているんだろうね。

 422893943_7166035920142181_6789486730181655223_n_convert_20240125211511.jpg

 当時は、このようなピストにBMXのブレーキレバーを取り付けるのが何故か流行ったんだな、多分ニューヨーク辺りのメッセンジャーがやっていた発想を輸入したんだろうな。

 当時のヨシガイさんも、ハンドルの経の違いをものともしないスペーサーなんかも取り付けて、作っては売り切れ、作っては売り切れのなかで、とても忙しかったんじゃないか?と思います。

 あのブームは今思うと、輪界にちょっとした起爆剤を与えたかも知れないね。自転車本道から来るというよりも、傍らにあった別のセンスを持った人との間に生まれたブームだったよね。

 自転車一筋からではほぼ絶対に生まれてこないセンスであった、という意味では、やはり隣接の他分野とコラボというのがいかに閉塞状況を打破するために大切か?ということが分かる。

 さて次はどことのコラボかな?・・・店主の大の苦手な衣料系とのコラボなんて本格的に始まったら、これはすごいことになる・・・だろう。果たしてついていける業界人はどれだけいるんだろうか?しらんが・・・。

 店主は着物というか、新和装とのコラボなんて面白いかもなんて思ったりね・・・独り言。

 422817387_7166035980142175_7334565704657132917_n_convert_20240125211435.jpg

 ピストハンドルを使っていますね。バーテープは鱗状態になっていますが、これも自分で取り替えるでしょう。ハンドルは自転車の立て正面の顔なんで・・・例えば本皮のバーテープをまいてそれが使い込まれていい脂で茶色くピカピカだったりしたら、これはもう高級車にも間違えられます。

 そのくらい角度によっては存在感を表すのが、このバーテープというものだ。なので抜かりなく巻くように。

 422409484_7166035786808861_5315899486544877083_n_convert_20240125211353.jpg

 このサドルも手入れ・・・というよりも、雨ざらしにしないとかの基本を守れば、惨めにはならないでしょう。今更革サドル・・・、いや革バーテープとのコラボなら、高級車偽装でやっても面白いかもね。

 422156561_7166036070142166_2324389859206779663_n_convert_20240125211230.jpg

 こいつは・・・そうそう、今まで何度も盗難されながら、戻ってきている強運のピストでもある。杉並あたりで、夜な夜なご主人様を待っている時酔っ払いとかに拉致されたこと数度・・・。毎度もうダメだ・・・と思ってもヒョコッと戻ってくる・・・。そういう意味で牛のようなやつかも知れないね。

 こいつだって、もうちょいと銭と手間を掛けてやったら、ちょっとした高級車に株あげできるだろうなあ、と思う。そうなると盗難の危険も高まるが、危ないところに長時間停めなければ問題はない・・・。

 お互い生きていくだけで大変な時期で、これがいずれより良くなるとも、にわかに信じられないが、終わらない坂はない!という自転車の鉄則ってなもんで、それを願いつつ、動かすところ動かして、待つ!または呼び寄せる!だな。
スポンサーサイト



ドロップをフラットに云々・・・



 サーリーというメーカー。鉄で意欲的な自転車を作っているようでファットバイクなんてあったよね。

 でこいつは、その中で・・・、

410605129_7009842752428166_5478388125260675847_n_convert_20231213230405.jpg

 スティームローラーというやつなんですね。なんとハードオフなんてとこで売っていたそうです。オーディオや楽器だけじゃないんですね。

 八王子の店で購入して乗って帰ってきたという。ドロップハンドルだったようだが、それが辛かったらしく、フラットハンドルに交換してくれ、ということだった。

 410636081_7009849395760835_517547433315686388_n_convert_20231213230458.jpg

 二三本の中からこれを選ばれました。ブレーキレバー等はこちら任せで・・・。

410626963_7009842932428148_4225347407504710337_n_convert_20231213230436.jpg

 幅の広めのグリップも疲れませんね。

 410604919_7009843102428131_7567201045172994662_n_convert_20231213230356.jpg

 ブレーキが効きにくいという、聞くとVブレーキとの比較らしいので、シューをVブレーキように変えて調整。

 410606328_7009842849094823_2041882481619094072_n_convert_20231213230413.jpg

 付いているブレーキが101とあります。ショート系で100というのが有りますが、これはロングアーチということですね。

 410626980_7009843219094786_7086703992771448472_n_convert_20231213230443.jpg

 DA22というリムに35ミリのタイヤをはいている。つまりロングゲージにすることで、太めのタイヤを履けるようにしてるということらしいですね。

 410701266_7009843372428104_436648920811139106_n_convert_20231213230515.jpg

 ガタがあったので、調整しました。ハードオフは自転車の中古専門店ではないんでしょうな、これがインテグラルだったら、返品の要件にもなりえますね。

 410632160_7009842685761506_555043271368521664_n_convert_20231213230451.jpg

 ハードオフを出たときには、フリーだったんですが、思い切って固定にしてみませんか?というこちらの提案に乗っていただき、固定にしたんです。運動強度も上がって体も温まる、冬なんでいいんでないの?まずは、清水から飛び降りよう!

 410574862_7009842645761510_6092349489699477302_n_convert_20231213230347.jpg

 乗ってみたんだが、ツーリング車以来35ミリなんてなかなか乗らなかったんで新鮮です、これも有りかな?と思うちょっとした安心感のようなものはあります。あとはやはり固定、静かです・・・。チェーンの音も微細で、フリーのラチェット音が全く無いので、しずか・・・。獲物を探しているヒョウのような錯覚に陥ります・・・。

 これはこれでいいかも・・・。

足回りが安定の謎ピスト!



 灰色のピストが一台あります。

 出処のわからないフレームであります、クロモリであることはわかりますが。

 401100659_6884510448294731_220238317099072383_n_convert_20231109232634.jpg

 このクロモリフレームに対して、ちょいと剛性ありそうなカーボンフォークが選択されている。この組み合わせは嫌いではありませんが。

 401088581_6884510764961366_3394008985516880398_n_convert_20231109232555.jpg

 ステムはアヘッドだが、これもかなりポジションにこだわっているように見えますね。

400796249_6884510484961394_3342834501096807847_n_convert_20231109232547.jpg

 ロード系のドロップハンドルがついていますので、街道ピストとして最初から組まれたものでしょうな。

 401153107_6884510714961371_3859465023698159889_n_convert_20231109232650.jpg

 それを証明するように、ど真ん中のロードブレーキがついています。台座もいらないので、完全ロード仕様に取り付けられている。

399866645_6884510868294689_6815653995751677916_n_convert_20231109232527.jpg

 チェーンリンクは作りから見てかなりガチもんだが、このクランク自体は出処不明だね。

 401105511_6884510208294755_4533746028651664735_n_convert_20231109232642.jpg

 このサドルもセライタもんだね。しかしこの枠のデカさは便座ものだな。

399958781_6884510631628046_7338062211243402779_n_convert_20231109232536.jpg

 トップチューブに謎の革ものがくくりつけてあった。これハンドルが直撃した時のカバーということなんだろうな、少しすかしているが・・・。

401089785_6884511028294673_7918308836418193464_n_convert_20231109232604.jpg

 と分かるところと謎とが織り交ざっている車体なんだが、何がすごいってこいつの凄さは足回りなのだ。このホイールね。こいつは・・・

401286879_6884510341628075_6449272068035384970_n_convert_20231109232658.jpg

 77系のデュラエースのハブだと思うが、もう25年以上前のものなんだが、作りがいいねえ。当然回転もいい。ハブの回転の良さというのは、単なる回転の良さではない、ある種の粘りのようなものが必要だと思われるんだが、それが実現かつ維持されている。

 401095178_6884509748294801_53030665464814199_n_convert_20231109232613.jpg

 リアホイールもなかなかのものだ。

399850640_6884510581628051_3598560544037570938_n_convert_20231109232517.jpg

 これカーボン素材というよリも、カーボン地のフィルムが貼られているようだね。あとハブはスモールフランジものなんだが、多分ノバテックものだろうと思う。そこそこ大分使えるものだ。

 それが前後ホイールとして、この車体を支えている。

401097655_6884510141628095_6506808384273950136_n_convert_20231109232624.jpg

 乗ってみると、ホイール主導で真っ直ぐに安定してスーッと滑らかに走る、その推進感は見事なものだ。

 本当風を切って、スーッと走る。回転もいいし、全てが安定している、フレームを忘れるくらいに・・・。

 車体によっては、フレーム主導ものもある。スゲー!と思えるフレームがいくつかある。乗り味というときには、こちらの影響のことかと思うが、ホイール主導車体とはホイールにばかり気がとられてしまうもの、ホイールの主張がうるさいほど強いものなんかもあるね、レース用完組ホイールなんて、モロだ。

 もちろんその走りの裏には、フレームの影響はあるはずだ、それが邪魔をしていたら、そうした快走感はないだろうがそれが感じられないくらいホイールの走りに気が取られる。

 そしてもちろん、その両者ともにダメなものも、その両者が競うようにアピールしてくるものも、その両者のバランスが取れて一体になっているようなものもあるんだが・・・、そういう車体はラッキーだろうなあ。

 この車体の乗り心地というのは、実に難しい感覚かも知れないね。乗り手の成熟度や体調なんかにも影響するだろうから、話半分に聞いていたほうがいいだろう。

 しかし、こいつはホイールが走っている、それは分かる車体である!

本当好きなんだねえ・・・NJSに近い街道ピスト車体



 すでに結構マジ踏みできるピスト車体をお持ちなんだが、またフレームパーツ一式持ってこられましたな。

 今回はパナソニックの鉄ピスト。多分NJSもんだろうと思いますね。でもこの円柱にパナソの文字って、どうしても乾電池を思い出してしまうので、店主だけだろうか。

 パーツ類と言ってもピストのパーツ点数は少ないので大した量ではないが、ご自分の好きな、かなりこだわりのものを持ち寄ってきたようだ。

 396697283_6866081310137645_4290020279819442391_n_convert_20231106164148.jpg

 ピストパーツの頂点というと、やはりクランクだろうね。もうマジ競争用のデュラエースなんか持ってきている。これもまた珍しいのがスクエアテーパーもんのデュラエースだ。今はもうほぼオクタリンクものになっているはずなんだが。

 で、持ち込まれたBBが八田もの・・・。スギノ75との互換は聞いたことがあったが、かつてのデュラエースのクランクと、テーパー角は大丈夫だったか?そうか7600はISOものだったな・・・。

 ちょっとチェーンラインに微妙なものを感じたんで・・・。

 398210021_6866081136804329_4619658007980563679_n_convert_20231106164218.jpg

 ステムハンドルもの全てNJSって、相当憧れているのかな?この角度・・・。

 398799474_6866081270137649_3016174853564801470_n_convert_20231106164254.jpg

 ホイールは流石にNJSの16Bゴールドというわけには行かないので、当店手組みのシルバーロープロファイルもので組んでみた。ハブはデュラエース・・・。

 398230600_6866080943471015_4549765545317748122_n_convert_20231106164237.jpg

 で、街道仕様なのでこうしたブレーキレバーが付いている。こいつはTRPのもので、これも引き具合がいいブレーキレバーだね。形もいいな。で、持ち込みブレーキを見ると105のロードレーサーのものを持ってきたようだった。

 ロードレーサー用のキャリパーというとこれは必ずショートリーチと決まっているが。通常競輪車両に取り付ける着脱ブレーキは、着脱用のブレーキ板や、ブレーキ台座のようなものがあるので、直でフレームに取り付けるものではない。

 そのため、多少の余裕を考慮してか、ギリギリのショートリーチものではなく、ロングアーチものが使われているのが通例なのでありますが。

 持ち込みがショートときましたか・・・。

 そこで・・・

398202458_6866080880137688_750891595090688927_n_convert_20231106164208.jpg

 黒い板二枚を選んで、そこにショートリーチを挟んで取り付けるんだが、フレームの構造上シートステーブリッジの上に設置せざる得ないのだ。となるから、ロングアーチものが必要になるんだが、ショートしかない。

 そこでちょいとブレーキシューをいじることに。

399326319_6866080770137699_70123569401627072_n_convert_20231106164347.jpg

 これなんだが・・・わかるかな?

 この船付きシューをよく見てください。こいつオフセットシューと言って、通常なら取り付けネジのすぐ横にシューがあるはずなんだが、下にズレてますでしょ。これがオフセットということで、ショートでは届きにくい微妙な距離を埋めてくれる便利なシューというか舟なのであります。

 安くないのが玉にキズなんだが、まあショートが使えるということで、良しとしましょう。

 そしてフロント、

398197250_6866080830137693_5319370937798789660_n_convert_20231106164159.jpg

 なんか普通に付いているような顔していますが、こいつもショートなので、出来る限りシューとリムサイドを合わせようと近づけるんだが。近づけるとやっぱりいろんなことが起こるんだがね。

 398816906_6866081060137670_3338558053034545366_n_convert_20231106164330.jpg

 これは修正した後で問題解消後なんだが、ブレーキ台座にブレーキを取り付けるネジが、通常のままだとフレームのヘッドパーツに干渉してしまい、ステアリングに問題が出てきた。ギシギシとハンドルの周りが悪くなったんだな。

 そこで、台座に色々細工して、ブレーキ本体とヘッドパーツが干渉しないように離したというわけだ。

 持ち込みパーツで起こるいろいろなことって、面倒には違いないが、勉強にはなって・・・結果的にはいいと言えますね。ヤッパリあらゆる組み合わせにどう対応できるか?ということって、大切だと思う。

 398586465_6866080723471037_1954830400881158867_n_convert_20231106164245.jpg

 競輪用のサドルは別名鰹節と言われるくらい硬いんだが、流石にそれは採用していないな、しかしこれもまた古いシリーズ持ってきたもんだ、こんなのまだ売っているのかね?

 396688956_6866081016804341_7395122311550913280_n_convert_20231106164137.jpg

 ハンドル周りの角度なんか見るとビビるくらい、本格仕様なんだが、こいつを街道で乗りこなしてしまおうというのは、よほど好きでないと出来ないね。

 店主はピストも大好きな車種ではあるが、最近の店主のハンドルは情けないほど上がってきてる、上向きでスミマセーンというくらい上がっているが・・・、まあ、もう仕方なしだ。

 できる内、やりたい内は、色々やってみてくれ!あとは微調整なり!

ヒネリが入っているフジバイク もしかして・・・



 センスのない変なロゴ・・・。FUJIといえば、一時はだいぶ深い付き合いのあったメーカーであった・・・。なんてもんじゃないな・・・、当店のスタート時、FUJIの協力がなければ上昇気流には乗れていなかっただろう・・・な。

 アキボウというと、じつはコルナゴの代理店でもあった。その同じ会社内で先鋭三人・・・たったの三人がより抜かれて、FUJI担当しろ!ということになったそうだ。相当狼狽えたらしい・・・あんな自転車売れるのか?って。

 当時のラインナップは、まあエキゾチズムでか?アメリカではそこそこ人気があったそうだが、日本ではからっきし・・・。なんともデザインが野暮、恥ずかしいからやめてよ、的な自転車でどうしようもなかったね。

 そいつをなんとか起こして、引き上げて、一般の客の選択肢にまで食い込ませたその実力は、その先鋭三人の力量そのものであったなあ、と今でも思う。

 その立ち上げと同時に、当店も取引させてもらったのだ。取引条件は?うん、ウチは簡単ですよ、最初に二台購入していただければ、それでいいんで・・。

 マジか?と思ったね。当時当店のように駆け出しの店に、そんな条件で自転車出してくれるところなんか無かったんで、飛びついたわ。

 しかも、事情わからぬピストブームというのがあって、FUJIトラックを入れては自家塗装して、店に並べ始めたんだが、それが置いておくと売れていった・・・ということで、当店の土台になったとも言えると思うね。

 その後は、知る人ぞ知る展開になります、自転車に業界初めてのパステルカラーを使ってクロスバイクを作ったのも、この三人の先鋭達。

 それはバカ売れしたようだ。その色使いはあのジャイアントも真似したくらいだ。

 その後も続々、業界を揺さぶるような車体の提案をして、それはそれは面白かったわね。そういう思い出のある、FUJIバイクがやってきたぞ。

 379527111_6685654371513674_1232875907903330953_n_convert_20230919223253.jpg

 ヴェノムというんだそうだ。こいつが要所でヒネリが効いている。

 379933958_6685654881513623_1833590309697075082_n_convert_20230919223322.jpg

 フロントフォークのエンドがなんかわざと安っぽく、ストリート系のイメージを掻き立てるでしょ?

 380287225_6685654431513668_3742668767122549418_n_convert_20230919223336.jpg

 そしてこれがフォーク全体なんだが、気づきましたか?変でしょ?

 そう、ブレーキがないんですよ!!!

 379927098_6685654568180321_6901992770386084091_n_convert_20230919223353.jpg

 と思ったら、通常の位置の裏側に設置しているんですね、わざわざ・・・。設計者の遊び心とでもいうんでしょうか?

 しかもキャリパーブレーキじゃないし。

 379935564_6685654638180314_3957260516160598231_n_convert_20230919223408.jpg

 クランクに色物を使っている、日の丸の赤のイメージなのかね?赤い日の丸に緑の地なんて、バングラディッシュの国旗のようだよね。

 379671998_6685655001513611_2159493631921787409_n_convert_20230919223458.jpg

 フラットハンドルを使用、ステムもゴッツイ・・・そしてフロントフォークのエンドの形状といい、ブレーキの形式といい、ということは、700CのピストながらBMXをイメージしてヤンチャぶった形にしたのかもしれませんな。

 381151853_6685654714846973_8423124109572041464_n_convert_20230919223423.jpg

 700Cなんだが太めのタイヤを履いている、いち早く太めのトレンドを掴んだのかね?

 380351746_6685655084846936_1372980334439726908_n_convert_20230919223519.jpg

 シングルギアだが、これはシングルフリーのようだね・・・、固定にしないのかな?すればいいのに・・・。

 379665226_6685654744846970_3607754490171628685_n_convert_20230919223439.jpg

 で、今回の要件はなかったサドルを取り付けるということ、黄色いこいつが選ばれました!

 先の文字の黄色と合わせて、センスよくまとまったんじゃないかしら?

 380660725_6686034798142298_1072834047990050379_n_convert_20230919225339.jpg

 良し・・・という感じ。目立たないが、それなりに仕掛けられた自転車で、事前にこの車体に対するコンセプトで喧々囂々やりあったんじゃないか?と想像できますね。

 もしかしたら、あの先鋭三人がいた頃の一台かもしれませんね?今頃どうしているんだろう、あのお三方・・・、元気だろう、元気に決まっています!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター