メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

チューブレスマイスターを目指してやる!その2



 エヘヘヘイ。チューブレスレディーのタイヤをはめた車体だぜ!転がりがやはり軽いわ・・・。これ癖になりそうだなあ・・・まいったわ。

 もう、ディスクも、グラベルも、チューブレスも無視して、伝統的なクロモリロード枠から出ない!と誓ったわけでもないが、本当にそれらって必要から来てんのか?それとも売るものを作るためにメーカーがでっち上げているのか?という後者を考えがちだったんだが・・・。

 ディスクブレーキはいつの間にやらTRPのテクニカルサポートとかやっているし・・・。グラベルは積極的には関わっていないながらも、来たら対応できてるしね・・・。まあ、自分から手は出さないだろうと思っていた、チューブレスが、こんな形で入ってきやがった・・・。

 しかも不覚にも・・・気に入っている自分に気づく・・・。タイヤはチューブラーを超えるものはないだろう、と思ってはいるが、なんだろうなあ、嫌いでないんだよね、チューブレス・・・。いやいや、参った・・・、60代で20代の小娘に惚れてしまったような心境・・・。

 まだ五十キロ以上走ってはいないが・・・。

 そして、ついに自分所有のピスト車にチューブレスレディーを付けてしまっている。しかもコイツスゲー曲者で、この車体の歴史的意味を理解するにはまだ十年は掛かりそうだ・・・と勝手に思っている、そういう車体にチューブレスレディーだもんな。

324307647_531760232244648_6499864137161149516_n_convert_20230106205710.jpg

 アア、やっちゃったなあ・・・。

 で、このフレームなんだが、正真正銘のNJSピスト車なんだよね。パナソニックNJSなのであります、八王子のシマザキさんで購入したものだ、再塗装してしまったんで、ロゴはないんだがな。

324140877_1952812155062269_2331147580434282623_n_convert_20230106205728.jpg

 ディスク台座をつけて、ディスクピストにしてしまったのであります、もう何年経つかな?まあ前輪はなんてことなかったんだが、後輪はしかし、非常にまいった・・・。なぜここまでして、やれねばならないのか?とやっている途中に思ったくらいだもんな。

 323894401_539678898188950_4662817946738645937_n_convert_20230106205852.jpg

 横から見るとこうなっています。正爪のエンドでしょ?ここにもディスク台座を溶接して取り付けたものの、他は何も加工していません。

 324234414_1479850592504681_7563462890041449500_n_convert_20230106205754.jpg

 つまり、エンド幅も120エンドのまま・・・なのであります。といって、ええ?マジですか?!という人も少ないだろうな。ええ?何が問題なの?ってなもんだろう。

 いやいや120エンドなんて狭いのよ、超狭いのよ。そこに小ギアを入れて、反対側にディスクのローターを入れる、そしてそれを挟むキャリパーとスポーク等が干渉しないようにセッティングするのって、まあ髪の毛一本の幅に拘らざるを得なくなる技という意味で、髪技なんだよね。

 そもそも120エンド幅のディスクローターのつくシングルハブなんて、多分ほぼないと思いますよ。135ミリ幅だったりするとありますが、120はほぼないでしょう・・・。

 ないところでなんでこんなことが可能になったのか?というと、目的外使用でありますね、完全に。

 324024354_1126170244934123_1089258612420330251_n_convert_20230106205815.jpg

 このハブで組み付ける時スポークがキャリパーに干渉したんで、こう組まざるをえなかった・・・という経緯もあったのです。

 勿論できたときには小躍りでしたが、だから何だ・・・ということの意味がまだ理解されていないだろうな。

 NJSピストのフレームを持っている人が、それでディスクブレーキのついたピストに変身させたい!という人、なかなかいないと思うが、発想としては間違っていないだろうな、と思います。通常では絶対にありえない組み合わせだからね。

 いい意味でも鈍くさいNJSピストフレームに、今風のディスクに、なんと25ミリのチューブレスレディーハイているんですぜ!

 新しもん好きな人!珍しもん好きな人!集まれー!と言いたいわな。

 324142710_3072963719671969_5817962872775604281_n_convert_20230106205836.jpg

 この混み具合が、まさに髪技なのであります。

324259051_862919534942229_2445283127919758176_n_convert_20230106205909.jpg

 地味なんだけど・・・結構こっているんだよね・・・これでも。ツイッターにハッシュタグで「多分私しかやっていない」というのがあるんだが、それをつけて出してみた・・・。

 でもまあ、共感者を得るには、多分十年近く早いんだろうよ、どうせ・・・。

 さてチューブレスレディーの次の目標が決まった・・・まだまだ続くぞ!
スポンサーサイト



ピストの載せ替え



 ピンストライパーといったっけな?エナメル系の塗料で手でかく、一時店主も練習してそこそこの線を書けるようになったんだが・・・。これはプリントというかデカールかな?

 321283035_1118299502166365_6800331436721890762_n_convert_20221222011001.jpg

 ここ見るとわかりますな、パナソニックのクロモリフレームであります。

321420626_559422612296780_8206841590204510432_n_convert_20221222011155.jpg

 元々リーダーというアルミの太めのピストに付いていたものをこちらのクロモリに移植してほしいということで、お引き受け。

 321409966_3074948782802531_2102179958873357709_n_convert_20221222011210.jpg

 どこかのショップのオリジナル系のブレーキ板でしょう。これ移動が難しいのか、太めのタイヤとかに対応するのが難しいらしいですね。

 321153681_875252496930043_926447385256217897_n_convert_20221222011124.jpg

 ケンタウロのカンパブレーキ、スケルトンにする前に加工をやめてしまったようです、かつてベローチェがそうでしたが、本当やる気あんの?と難癖つけたくなりますな・・・。この辺スケルトンでシルバーなんか普通につくってくれていたら、それでいいのにな。

 321328147_542972074371834_5991541287592171838_n_convert_20221222011018.jpg

 セライタのフライトといえば、かつての名作、一時店主も使っていたな。

321278195_704918237902410_6517919058248847957_n_convert_20221222011049.jpg

 攻めているステムでありますな・・・。NJSのほんまもんです。

321243302_1254037671824360_8571305503819000046_n_convert_20221222011034.jpg

 ドロップではなくて、ブルホーン系を付けています。かつての典型的街道ピスト仕様ですな。

321091915_536868291686161_3451014160465136672_n_convert_20221222011106.jpg

 一つのブレーキレバーで、一気に前後引くという曲者ですね。このレバー、作りに関して強度がないね。この一本にすべてのブレーキの命運をかける・・・というにはちょっと危険な気がしますね。

 レバーの軸が外れたり破損したりした場合、回避する方法があるのかな?ちょっと心配です。

321450449_624059166186586_8841664656485345414_n_convert_20221222011140.jpg

 デュラエースの持ち込みハブで、組んだもの。リムは20ミリのものでクラシカルな見た目を狙ったものでしょうな、なので、今回太いアルミから、細いクロモリになったということで、待った甲斐ありです。

321328042_1560859617698729_6891708443700117928_n_convert_20221222011228.jpg

 リアもデュラエースで、固定ギアで勝負!ってやつですね。

 かつて・・・と言ってももう15年以上前かな?こんなのが多かったんですが、今では薄い層にはなっていながらも、もう少しこの痩せ我慢系美学というか、何というかね?このへんもう少し分厚くなってもいいと思うんだがな。

 321291080_5863156630393800_8557186055550335558_n_convert_20221222010919.jpg

 まあ、いいね、こういうのも・・・。うんもっと流行るというか、選択するものが増えていいと思うね、特に中年!刺激のねえ毎日送るには人生は短い、固定でも乗って少し緊張して、カッコつけて、痩せ我慢してみてもいいんでね?

 勿論見かけはどうやってもかっこよくはないだろうが、かっこよくない事を十分知りながらも敢えてやる所やり続ける所が、かっこいいんだよ!

迷い犬ならぬ 毎夜ピストが当店にいますよ!どなたの?



 ここ数日、このピスト自転車がなぜか無言のまま当店前に放置されています。

319333647_1112437286085035_1137094299295810279_n_convert_20221215200331.jpg

 車体はFUJIのフェザーですね、黒です。

 318904701_1236240083983306_6587728852895651738_n_convert_20221215200315.jpg

 パタゴニア?のデカールが貼ってありますね。

319663179_724129105753421_2906507584952506619_n_convert_20221215200412.jpg

 その他の特徴とすれば、このホイールね。前後ホイールともに、

319558320_1200499807568821_4660898233018990438_n_convert_20221215200433.jpg

 ハブがデュラエースなんですね。この車体にしては珍しい。こういうところを見ると以前当店を通過していますね。なんか記憶にありますよ、この車体。

 320227183_3404623549817947_3254921147630330035_n_convert_20221215200543.jpg

 リアも同じく、デュラエースのハブで組まれています。

 319044026_557313216238223_6201734366675223151_n_convert_20221215200506.jpg

 付いているコグはフリーですね、固定ではありません。

319399632_1105425076822776_6375526207826386971_n_convert_20221215200450.jpg

 この黒のクランクはフェザーに元々付いていたやつじゃないかな?

318777586_1411300059401421_3986017081436873496_n_convert_20221215200352.jpg

 この辺のハンドルも、元々のものかな?ステムはほぼ確実だね。ブレーキレバーは・・・ちょっとわからない。

320002440_875714326798730_7245009860301920032_n_convert_20221215200525.jpg

 このサドルも元々のものかな?基本元々で揃えておきながら、

320163317_823168202272201_7057098938363604990_n_convert_20221215200156.jpg

 足回り、ホイールのハブだけは相当こだわっているという、かなり偏りのある車体なんじゃないか?思われるわけであります。

 さて、なんで、当店前に放置されていたんでしょう?ご本人がそうして、忘れてしまっている?借りた誰かが、置いていってしまった?それとも賊がもう逃げ切れないと思って、当店前に?

 ちょっとその辺わかりませんが、とにかく、お預かりしていますので、この迷い自転車・・・、心当たりのある方は、ご連絡・・・というより、直接ご来店いただければと思います。

 しかし、一体誰なんだ?


 迷い犬ならぬ、迷っている自転車があった!

317565889_10225095411365145_6207988872099652686_n_convert_20221129191424.jpg

277102413_5022666971145764_8686644597122047530_n_convert_20220320222858.jpg

317546218_10225095412325169_3775902104441981642_n.jpg

11月の下旬に滋賀県で起きた、3台自転車まるごと盗難事件も、まだ未解決である!こちらはどこかに迷っていってしまった自転車だ。何か情報がありましたら、こちらもお忘れなく、ご連絡いただきたく存じます!


BB受難のその克服



 当店オリジナル系のガチ街道ピストなのでありますが・・・。コイツには問題があった。

 319741987_554530313154790_2254029898572677481_n_convert_20221213211248.jpg

 クランクをミケにしたところ、BBの欠品が大問題となった。互換性のあるものとしては・・・、シマノのロードクランク、ホローテックⅡのBBで替えられる・・・というんだが。

 確かにねえ、でもなんかキツイんだよね。ちょっとずつプラハンマーで叩いて入れると、グラついたのが第一回。

 それがダメだとわかったんで、一気にコーン!!!とばかり叩き入れたのが二回目。なんとか入ったが、気持ち悪い。なんかキツイのか?回転がいまいちだったんだな。

 なので、やはり純正ものを使うしかないということで、なんとドイツから引っ張ってきたという。ミケの本国じゃない。

 日本の代理店からは・・・、未だに入荷の目処がたっていないようだ。物不足はまだ深刻なり。

319152241_6171474542877035_9114603240277356184_n_convert_20221213211444.jpg

 これね。ドイツから送料入れても、日本で買うより安い・・・、なんのこっちゃ・

319029994_877882053631541_7700813095781868140_n_convert_20221213211121.jpg

 うん、基本の構造は一緒だよね。シャフトがコンマミリの違いがあるのかな?なんで互換性を保たないんだろう?特許とか?

 318579169_656004002935473_8297227117539536156_n_convert_20221213211153.jpg

 スペーサーも付いていますが、なんともぎこちない物でした。

318497430_374156818258817_2768297353315589850_n_convert_20221213211137.jpg

 多分この径にほんの少しの違いがあるんでしょうな。

319766663_1294998104624956_6597354749877935344_n_convert_20221213211211.jpg

 無事装着して、クランクを通しますが、純正だけにスルリであります。

318763796_1105710233447292_2232441434097149749_n_convert_20221213211231.jpg

 反対の方面。ただし、このクランクを取りつけるに当たっては、クランクの先がフレームのチェーンステーに干渉するんで、BBソケットそれ自身をだいぶいじったんでありますね。

319207159_817190666250127_6767731779425405516_n_convert_20221213211305.jpg

 他のフレームでも同じようなことがあった、一体ミケはどのタイプのフレームを想定して作られているんでしょうね、ドンピシャのフレームったあるのかな?

 319741987_554530313154790_2254029898572677481_n_convert_20221213211248.jpg

 まあ本来のものの中に収まって、メデタシメデタシだ。

318772653_1053124592190603_3632477365944056700_n_convert_20221213211403.jpg

 このクロモリフレームは走るね、とことん走るよ。

318867673_547126943960451_7073695199532901590_n_convert_20221213211421.jpg

 そして軽い・・・。この持ち主の方が、納車の時に何度も軽い!軽い!と連発していました。改めて持ってみると、確かに軽いね。

 319024411_411263474467719_5767677774451274868_n_convert_20221213211549.jpg

 このクロモリフレームに、カーボンフォークの相性がいい。元々付いていたのは激重でちょっとそれはないだろう・・・というレベルのもの。

 318634850_671398637995103_7541220179914483486_n_convert_20221213211502.jpg

 ティアグラレベルのブレーキをノーブランドとして取り付けています。

319182132_1407912202946795_2626866510456498433_n_convert_20221213211523.jpg

 もちろん、固定ギアであります。少し軽いようですので、そろそろギア比が変わるかも知れませんね。

319194855_736387793990331_4156970861280156257_n_convert_20221213211338.jpg

 ハンドルは少し手前にオフセットした形状のフラット系ハンドルですね。通勤にも使われるようですね。

319528490_1058886211644964_440717733539886469_n_convert_20221213211321.jpg

 さて、意外と名車、隠れた名車である、この当店オリジナル系のピストフレーム、完成車。あと数本ありますね、大事に適所に持っていきたいと思います!

事故かららの生還・・・



 マージのピストがやって来た。地味なようで、細かいところにこだわりがあるような車体。

 ことに、ホイールが粋である。

317078700_5721875471224907_3596227571520213610_n_convert_20221125220949.jpg

 細身の銀リムを使っている。

317238903_5721875187891602_6072535281591247985_n_convert_20221125220919.jpg

 デュラエースのロードハブだろうな。77に見えますが、それをシャフトを交換したか、スモールフランジの競輪用なのかな?それに32ホールとかあったっけな?

 316666350_5721875347891586_195358027548127824_n_convert_20221125220934.jpg

 しかもラジアル組なんかしている。これもちょっとやそっとのところではやっていないんじゃない?そういう意味で、地味ながら、凝っているんですよ。

 そいつがなんと交通事故に巻き込まれた。

317072771_5721875417891579_5270740619003160198_n_convert_20221125221120.jpg

 シルバーのリムで組まれたホイールがポテトチップ状態になっている。外からの力で曲がったホイールを内からのスポークの力で直すことはほぼ不可能、やめたほうがいい。

 一見振れが取れたとしても、走ればすぐに歪んでしまうのが落ちだ。

 なので、コイツからハブを摘出して、ホイールを組み直さなければならないんだが、できれば地味に凝ったホイールに近いイメージで組み直してやりたいんだが・・・。まあその辺は不得意ではない。

 316967065_5721875071224947_4806215650303026104_n_convert_20221125220902.jpg

 この青のハブが摘出ハブを使った、後はスポーク、リムと新品で組み直す。

317087406_5721874881224966_5849353896155291241_n_convert_20221125220849.jpg

 ほぼ前輪と同じような外見のリムがあったので、それで組み直して一件落着・・・。まあその他歪みなどは、簡易の孔雀という工具などで計測して修正も。

317095654_5721875897891531_4090273913627467813_n_convert_20221125221024.jpg

 ここで、ミケを使うというのも、ちょっとしたこだわりを感じますね。

 317073455_5721876114558176_5559319118844868549_n_convert_20221125221302.jpg

 まあ、定番のブレーキなんだが、もう少しこの手のブレーキの選択肢が増えてほしいね。シマノはもういいんで、ダイアコンペももう少し別系統のものなんか出してもらいたいし、内輪のtrpもキャリパーブレーキ・・・あまりやる気ないのかな?テクトロでももうちょっと形状が良くて、仕上げのいい選択肢をくれると、マジでありがたいんだが・・・。

 317071010_5721876524558135_1603524874893085465_n_convert_20221125221046.jpg

 ハンドルはブルホーン。このスペックやパーツ類だと、結構マジで踏んでいたようにも思えますね。実用としても使えそうだわな。

 317070600_5721876664558121_7208550143717599066_n_convert_20221125221104.jpg

 こんなところにギドネット使っているとこなんか、あれれ???フロントホイールのラジアルにしろ、ミケにしろ、なんか当店が組んだのかな?と思えるようなスペックでもある。

 317085937_5721875764558211_1669253798878361464_n_convert_20221125221007.jpg

 これで、街道には戻せるようになったが、あとは・・・、被害者の方の心的障害などが心配ですね。怪我は今のところは大したことはないとは聞いていますが、これもまた寒暖差、湿気の夥多などの変化を見るために一年は慎重に様子を見るべきかと思うし、フラッシュバックなど突然襲ってくるかもしれない恐怖心など、長引かないことを祈るしかない。

 いくつか小さい事故が続いているが、一つだけ言っておくと、小さい事故でも急いでいても、警察呼んで事故証明は取っておくことが重要かと思います・・・。まあ、事故は起こさない、巻き込まれないことが第一ですが・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター