メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

あのナガサワのマイナーチェンジ



 今を去る四年ほど前に、再塗装依頼でやって来たナガサワ君なのでありました。

 本当ちょうど四年前に、当店から巣立っていきました。

 それ以前の状態思い出せませんが・・・。

DSC_2364_convert_20180528185756.jpg

 この手のステッカーから持ち込みで、気合いの入った、再塗装依頼でありましたね。

 DSC_2365_convert_20180528185805.jpg

 ラメ塗装ですからねえ・・・。カスタム自動車などでは良くあるようですが、アレは平面、こちらは曲面、表面に散らすといっても、こちらは均等にパイプを回すか、ガンを回さないといけません。それが難しい。

 全部そう、多くのペイント技術もほとんど平面を前提として開発されてきたもので、こうしたどの角度においても、必ず上下のある曲面を前提としていないものがほとんどです。

 仕掛けを打つのも、上下が必ずあるので、たれる・・・。平面のように、静かにおいて乾くのを待つことができない・・・なので濃度を濃いめにしないといけない・・・、色々大変です。

 この頃は、クリアに混ぜてラメ吹きをしたんで、無駄も多く出ました、余ったら、捨てるしかない・・・。大体どのくらいの密度で吹くときに、どのくらいラメが一台の自転車に必要か?なんてやってみないとわからない・・・。

 当店でも、最近はクリアに閉じ込めずに吹くやり方に変えましたが・・・、こいつは余ったら、また瓶に戻せばいいという・・・、非常に合理的な対応ができる、考えてくれた人には感謝だな。

 このステッカーも作り直しでした。理由は忘れましたが、もとあったものを参考にコピーして、抽出して、アニーさんに作ってもらったっけ?代わりに後輪のチューブ交換だったなあ・・・。

 DSC_2358_convert_20180528185659.jpg

 しかし、キレイに乗ってもらっていますね、大変うれしいですわ。

 今回はちょっとハンドルまわりの変更・・・らしいです。この黒ハンドルをメッキ系のハンドルにする。

DSC_2361_convert_20180528185715.jpg

 DSC_2362_convert_20180528185735.jpg

 ブレーキレバーも・・・二本引きに交換。この手のレバーでも二本引きを作っていたんだ?しかし、強度がどうだ?大丈夫か?一本引くのも弱っちいのに、二本鬼引きして大丈夫かな?

 元々の組み合わせに戻すので、だからどうした・・・という感じですね。

 この手の簡易ブレーキに各色、丁寧に塗って、販売しておられますが、簡易ブレーキは・・・簡易なんじゃないか?なんて思いますが、使う方色々なんでしょうな。

 DSC_2367_convert_20180528185815.jpg

 しかしまあメッキの魅力っていうのは、こんなもんでしょうかね?トロッとしていますねその他の金属部と比べると・・・。

 DSC_2360_convert_20180528185707.jpg

 ある種ピストブームの置き土産のような車体ですが、こいつはまたブーム再来するでしょうな。それがいつかはわからないが・・・、こうした車体を好む層は絶対いるだろうという勘によりますがね。

 しかし、四年経ってもほとんど劣化が見られない。よほど丁寧に乗って、キレイに保管してくれているんでしょうな。

 通常レーサー思考であれば、前バトンでリアがDT。ちょっと緊張するくらいのスペックなんですが、これを街道で走ろうなんていう、たわけたことを考えている、という別の意味で、緊張するんじゃないだろうか?

 一度バンク走ってみる、なんていうのはどうなんだろう?川崎競輪場での走行会とか、まだやっているのかな?臼井さん、お元気かしら?
スポンサーサイト

宮古の潮風より



 宮古といっても、東北ではありません。

 琉球弧の宮古島のことであります。ここの島も歌の島でね、すごい数と質を誇る歌舞音曲があるんです、奇跡の島といってもいい。

 トウガニー・・・なんて最高峰の歌かも知れない、なんて思う。

 その宮古の潮風に乗ってやって来た、フレーム。

DSC_2045_convert_20180330211151.jpg

 もとは京都の出身、岩井さんのガンウェルではありませんか。

 宮古の隣の島から・・・といっても相当離れているが、石垣島出身で世界的な足を持つ新城君がでたが・・・。この八重山も歌舞音曲の宝庫・・・といっていいところ。あまり好きないい方ではないが、日本が最も世界に誇れる地方である、と思いますよ。

 もし、離れ小島に一冊の本と音楽を持って行けるとしたら?なんて下らない質問には、阿含経典と八重山の歌だろうなあ・・・と店主は応えるかも知れないなあ。

 話を戻すと、宮古島出身の競輪選手がいたらしい・・・。旭という沖縄出身の強い足がいたのは知っていたが・・・、ナークンチュでいたとは。

 DSC_2046_convert_20180330211159.jpg

 何の縁があってか、そこから潮風に乗ってきたんだな。潮風だけあって、サビはすさまじい、そして島は懐かしい。

DSC_2047_convert_20180330211211.jpg

 ここで乗り続けるとしたら・・・、言ってみればプロ野球の選手からバットをもらって、それを草野球で使うのと同じだぜ!なんて名言残したパンチサイクルの北島さんがいらしたが、お元気かな?

 DSC_2048_convert_20180330211220.jpg

 すごいのがフレームだけじゃあない、潮風の影響はすさまじい。それだけにすさまじく懐かしい。

DSC_2049_convert_20180330211238.jpg

 鉄は錆びるよね・・・って、鉄だけじゃあない・・・。

DSC_2052_convert_20180330211259.jpg

 今でも最高の回転を誇るが、外側はアルミの白カビならぬ、白さびが湧いている。なるほどかように島は懐かさん。

DSC_2053_convert_20180330211317.jpg

 おお、フリーがついている・・・、でも錆びている・・・。どうしよう、固定に乗る?

 フレームは、再塗装・・・といきましょうか。

 エエ?乗るだけじゃあダメ?

DSC_2055_convert_20180331104433.jpg

 大森さんの仕事に貼り付いて、質問飛ばす方。この方こそ、あの一世を風靡した名曲宮古の風のウタサー、西東京の歌姫、サットコドッコイ、さんではありませんか!

 貴女ともあろうお方が、元プロ競輪選手のピストフレームを受け継ぐとは・・・。

 何がどうしたか、ここ最近自転車にはまり込んでしまい、実用自転車で一日に多摩湖2往復したり、羽田まだ走ってみたりと、その内側の質量の多さを予感させる方。それがまたどこに向かうかわからない、というのが、このお方の本当に面白いところ。

 チラ見せすると、自転車一台くらい、自分で組んでみたい・・・とね。

 ここだけの話、苦労ばかりかけているという、ご亭主に秘密プレゼントを狙いそうであります。

 どうぞ、当店をお使いくださいませ・・・。また一人出入り人が増えそうだ・・・。

さあ、中身をいじるぞー



 アルミのピスト車が来た。磨きの痕跡がある。
 
 前後の車輪のデカさが違う、26インチと700cでしょう。今回は両ホイールの中身をいじることに。地味だぞー!

 まずはなんちゃってバトンの前輪から。

 DSC_1798_convert_20180223221501.jpg

 ガタがあるというので、ベアリング交換か?しかし、かなり作り込まれているんで、シールド取り出すまでが大変だろう・・・。

 DSC_2035_convert_20180223221509.jpg

 案の定、ここまで取り出すまでが、非常に大変だった。立体パズル解きのような、入り組んだものを剥がしていく感じかな?戻せんのかよ、とも思ったり・・・。

 内径10ミリのありがちなシールドベアリングなら在庫しているが、こいつは内径15ミリときた。こうしたオリジナル系にはありがちな自前勝手な規格だわ。ないから取るしかない・・・。

 DSC_2038_convert_20180223221536.jpg

 二日もすれば、現物が届く。便利な世の中になったもんだ。こいつに打ち替えていくが、内径15ミリ用の専用工具はない、あるものを利用して、のがしつつ装着していくこととなる。

 DSC_2039_convert_20180223221546.jpg

 こういうのを曲げずに入れるのは慎重にやらないとね、無理矢理やろうもんなら、シャフトに傷が付いて、今度はシールドが垂直に、平行に入らなくなるからね。

DSC_2041_convert_20180223221556.jpg

 ハブの中心システムに戻し返してやる。当然新品のシールドにガタはない。

 DSC_2042_convert_20180223221607.jpg

 こいつに、外リングをはめて、ゆっくり回していけば、前輪のベアリング交換は完了だ。

DSC_1796_convert_20180223221445.jpg

 後輪はより面倒なことが発覚・・・。

 DSC_2036_convert_20180223221517.jpg

 後輪は、この前輪に輪をかけたくらい扱いにくい。スターメーの、キックシフトという、逆回転で内装ギアがチェンジするという、それでいてコースターという、不思議なハブだ。

 毎回いうが、スターメーのアイデア最高なんだが、作りが今一緩い・・・。アイデア無き日本企業にこういうもの作らせたら、もしかしたら、几帳面というか、カッチリしたもの作るかも知れないね・・・。

 イヤ、・・・待てよ。

 ちょっとこのところのこの国、日本、大丈夫か?と本気で思うところないか?店主は真剣に思うところあるんだが・・・。

 名だたる企業の不祥事・・・、検査のいい加減、手続きのいい加減さ・・・。大丈夫かよ?というよりもうダメなんじゃないか?とすら思えるね。

 それに加えるところの、官のクソいい加減さだ。昨今の労働に関する資料のでたらめさ・・・。一体この国を誰にどう指図されて、何を見て、どこに引っ張っていこうとする気なんだ?官庁よ、官僚達よ。

 政治がダメなのは色んな意味で、もう既にわかっている、それをマシな位置に保っていたのは、少なくとも今までの官僚制度のあり方だったはずではないのか?

 それを、どこに忖度したんだか、誰の指示のおびえたんだか知らないが、数年間でたらめな資料でもって、国民の労働に関する制度を完全に改悪に持っていく事に荷担している。

 税金の季節だが、そのトップには、逃げ回っている最も醜い、ゲスで野暮な国税庁長官が居座っているという。今年は白色で申告することにする。今後も白でいいかとも思う。大した収入にもならない中で、控除目当てに、細かい作業するのがばかばかしくなった。

 週空けには、税務署に領主書など廃棄した場合の罰則の有無を聞いてみることにする。罰則ないなら、即刻適切に廃棄させていただくことにする。

 ちょっとマジで怒っていいね。こんだけぶったるんだ政官なんぞ、ここ最近見たこと無いわ。最悪だな。

 元に戻ると、後輪のハブ、ガタ取りがあるが、コースターの完璧なガタ取りって難しい。コースターそもそもの構造が緩い・・・といえるんじゃないか?

 DSC_2037_convert_20180223221526.jpg

 玉押しはキレイだった。あとは親の敵のごとく、グリスを入れて、ゆっくり元に戻す。

DSC_2046_convert_20180223221632.jpg

 さすがに新しいシールドだけに、隙なくしっかりしっとり回ってくれる。

DSC_2047_convert_20180223221650.jpg

 このフォークは一体何用なんだろう、今は26インチが付いている。もとは700c用なのか?だとするとなんでショートリーチのアーチがちゃんと機能しているんだろう?謎だ、そもそもがマジで作られたファニーなのか?な?

 DSC_2049_convert_20180223221700.jpg

 多少の洗浄と、グリス入れの調整とで、動きはよりよくなったが、やはりコースターは緩い・・・。トラックレーサーのハブをいじっていると、じれったくてしょうが無い・・・。


 DSC_1797_convert_20180223221454.jpg

 元々ついていた30ミリのタイヤがいいという。そんなの聞いたことない、28ミリや32ミリなどはあるが・・・。


 DSC_2050_convert_20180223221710.jpg

 しかし、探してみるとあるもんだ、存在理由わからねど、入手可能な業者の中で持っていたというわけだ。そういう意味で多少の難題もいいもんだね、日頃の点検になるには違いない。
 
 DSC_2044_convert_20180223221616.jpg

 かつては、こんなのが行くとこ行けば、ゴッソリ走っていたっけね。最近この手のリーダーという会社が消えたと聞いた。層は残すが、入れ替わりは激しいもんだ。こだわることと、立ち止まることと同時に、流してみる、日和ってみるというのも、大事かも知れないね。

 大分店主も古くなってきたようだ、それが自覚できる内はまだいい・・・としておこう、それくらい自己を肯定できないとやってられないからな・・・。

  まあ、今回は地味ながらやりきった感はある・・・、しかし今時の官の者どもは、一体どんな指針で生きているんだろう?本当にそれでいいのだろうか?本当にそれでいいのか?お・ま・え・らの事だ。

柳さんの力作 変幻自在のまずはピスト車・・・



 カチッとまとまっているねえ、いい車体というのはそういうもんだ。

DSC_1966_convert_20180203194728.jpg

 柳サイクルの新しいヘッドバッチ。柳の葉のイメージあり。

DSC_1953_convert_20180203194612.jpg

 部品点数の少ないピストだけに、パーツの選択はしっかりしている。競輪用のハブです。

 DSC_1955_convert_20180203194620.jpg

 DTの450のリムで君で街道仕様のホイール。

DSC_1960_convert_20180203194703.jpg

 ピスト最高級のクランクに、ちょっとズレものチェーンリンク、といってもいいリンクだよ。

DSC_1962_convert_20180203194712.jpg

 リアだって、競輪用のハブ。

 DSC_1956_convert_20180203194628.jpg

 前後にはカンパのスケルトンブレーキを付けました。

DSC_1963_convert_20180203194719.jpg

 ポテンザというよくコンセプトのわからないコンポですが、ブレーキだけは、まあつかえそう・・・かな?

 DSC_1957_convert_20180203194637.jpg

 ブレーキレバーが変わり種。一本で二方向から、引けるレバーです。元々はステムに近いところに据え付けるというのがその設計の主旨だったようですが、わざとここではハンドルチョイ手前に付けてます。

 DSC_1958_convert_20180203194645.jpg

 反対も同じく。本来の取り付けではないので、たぶん乗りながら少しずつ変更されていくんじゃないか?と思います。

 DSC_1959_convert_20180203194654.jpg

 全体で見るとやはりまだ、途上な感じですが、まあ、やってみるがいいわな。

 そして、このピストフレーム、やはり柳さんだけあって、伸びしろも考えられています。

 DSC_1969_convert_20180203194747.jpg

 ピストエンドの下にリアディレーラー台座がついています。という事は、そうこのピストエンドは130ミリの設定で、この台座があるということは、多段化可能なフレームとしてもあるということなんですね。

 DSC_1968_convert_20180203194737.jpg

 ここにアウター受けの台座も、Wレバーの片割れ付けてもいいかもしれませんね。

 前シングルはそのままらしいんですが、シングル・多段両方可能なこの車体、ビルダーさんに頼む楽しみとして、こういうのもありか・・・という事の見本のような仕事であります。

 DSC_1951_convert_20180203194604.jpg

 この車体を依頼された方も、実は昨日今日のおつきあいではありません。この方は、アチコチからもらってきたフレームを自分で手直ししては、丁寧に乗っていた方なんですね。でもすべてお古、仕事先の方からも、これ大丈夫かよ?なんていう古いものをもらってきては、真夏に麦わら帽しかぶって、二店舗前、旧店舗の隅で手入れしていましたっけね。

 それが、今回はフレームから、パーツ選びから、一から十まで新品もので、妥協することなく、自分のための一台を組み付けたということでありまして、店主としても感慨深い一台なんであります。

 ちなみに、この塗装は店主によるもの、お題はフラミンゴみたいなピンク・・・ということでした。もう少し凝れば、ピンクの濃淡なんかも、そして黄色さして部分的に・・・とも考えたんでありますが、そこまで凝らずに、通常のブタ系ピンクにアセロラレッドをかけるという二重の重ね塗りにて・・・。

 もし、漠然としていても、車体に関する全体的なイメージのようなものがあるのであれば、それをビルダーさんとまずは土台を形にしていく作業というのも、実に面白いダイナミズムがあると思いますし、できたフレームにどんなパーツで組付け完成させるか?に関しても一つ山を越える、。

 一台二山あって、完成しては、今度はどこをどう走るか?という第三の山がある。

 二人の子育ても一段落したんだろう?次のステージとして、どうこいつと過ごしていくのか?

 たかが自転車なのかも知れないが、一人の男の人生に食い込みそうな、貴重な一台として出発なのだ!

自転車展開 あれからこうして、こうなった・・・

000 DSC_1236_convert_20171105203746_201711132235561f5

 何の変哲も無い、自転車が持ち込まれて、こいつがだな・・・、

 000 DSC_1269_convert_20171113223403

 こんな風に化けただけで、大ショックを受けてくれた方がいたわけなんです。同じフレームなのに、来たときと帰るとが格段に違ったと、静かに興奮していましたね。

 自転車がこのように変身してから、西荻から浅草の道場まで自転車で通い始めるようにもなった。そんなこと今まで考えたこともないのに、やってみて、できてしまった・・・、ギア比への関心も一気に爆発。

 もう目はその先をずーっと見つめていたと思う。次はホイール・・・でしょうね。というコチラの提案には、もうそうすることは決めて、問題はいつするか?だけだという状況だったようだ。

 そうしたら・・・、いきなりピストフレームを持ち込んできたわけだ。かなりの飛び級とはいえ、まあ、足もできて、気持ちも整ったんだと思いますな。

 DSC_1872_convert_20180131181020.jpg

 フロントフォークにブレーキの穴がない、街道用なんで穴を開けることに。罫書きは柳さんに頼み、ポンチ一発、場所を定める。

 DSC_1873_convert_20180131181030.jpg

 ドリルで穴開け開始。

 DSC_1876_convert_20180131181046.jpg

 6ミリの穴は表用。

 DSC_1875_convert_20180131181038.jpg

 裏には、埋め込みナット用の8ミリと、10ミリのザグリを入れる。

 DSC_1915_convert_20180131181131.jpg

 ロード用のショートリーチのブレーキを取り付ける。

 DSC_1914_convert_20180131181124.jpg

 リアは、とりあえず板挟みの形式で。とりあえず・・・ね、シートステーブリッジの上から止めるので、こいつはロングリーチのブレーキです。いずれもヨシガイの同型のもの。

 DSC_1911_convert_20180131181100.jpg

 ホイールは、フォーミュラのハブに、シルバーの22ミリのリム。ちょいとクラシカルな臭いもなくはない。

 DSC_1912_convert_20180131181109.jpg

 リアのリムはご指定の赤いもの、同じくフォーミュラーのハブで組んだものであります。

 DSC_1913_convert_20180131181117.jpg

 クランクはメッセンジャー・・・、もっと選択肢があっていいと思うが・・・。フタバの持っていた、ジモンティーだが、いつの間にか、入れなくなってしまったらしい、もったいない・・・。

 DSC_1916_convert_20180131181140.jpg

 ハンドル回りは、実用車改造ものから移植。ギドネットが見えますね。

 DSC_1917_convert_20180131181149.jpg

 27.2のピラーを付けて、完成!

 DSC_1909_convert_20180131181053.jpg

 シートが立っていて、かっこいいね、ピストという車体は、シンプルっていうのもあるな。

 かつてはこんな仕事ばかりだったが、今は本当少なくなった。もっとあっていいんだよ、もっとあってね!ブームでどうこうするよりも、層となって、永続することの方が大事、それがジャンルであり、選択肢でもあるわけだ。

 だから、もっと普通に、固定ギア乗りたい、固定ギア車組み付けて!という需要があってもいいはずなんだが・・・。ブームに弱いだけじゃあ、ポリシーどこ行った?って感じだぜ。

 固定ギアは、自転車愛好者にもっと普通の選択肢として、普通の選択肢として、もう一度繰り返すと、普通の選択肢としてあっていい車体なのだ。

 固定に乗ったことのない、ロード乗りなんて、もったいないぜ、本当に。固定に乗ることでフリーの意味がわかる、いや、固定に乗ることによってのみ、体感できるんだとまでいってもいいかもしれない。

 ちょっとペダリングが荒れてきたなあ、と思ったら固定・・・。固定を知らないと自分のペダリングが荒れてきているのすら気づかない、そのくらい重要な車体なんだけどな。

 という事で、真剣に乗るやつほど、固定ギアを知って欲しいですね。

 そんなわけで、固定ギア車、ピスト車、もっと層になるべく、広報していきたいと思っております!

 乗れよ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター