メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自転車の顔としてのサドル



 正真正銘の実用車ですね。最近このタイプの自転車を極めて愛する方が店によっていただけるようになり、気合の入った戦前もの?などを見せてもらうと、これはこれでまた一つ趣きありまくりだなあ、と思ったりもしますね。

 重厚で丈夫そう、そして何よりもレトロ感満載というところでしょうか。もちろん車重は重いです、見ておわかりと思いますが。

 DSC_8756_convert_20200226182552.jpg

 で、そのマニアの方に、このスタンドをいただきました。全く違和感なしですね。もともとついていたスタンドを・・・

DSC_8067_convert_20191228230204_20200226193812a04.jpg

 先日施工したピワン号の方に取り付けてしまい、しばらくスタンド無しだったんですね。重い自転車なのでスタンド無しの立てかけはかなりきついですね。

 そしてようやっと、足が戻ってきたので一安心。

 DSC_8757_convert_20200226182542.jpg

 整備済みのコッタードクランクがついています。

DSC_8754_convert_20200226182612.jpg

 弄りたがり屋の店主としても、まあこのハンドルはそのままに。ロッドブレーキそのまま使うことに。意外と効きますね、ロッド同士の連携はまだいいようです。

DSC_8753_convert_20200226182624.jpg

 で、今回の顔となるのが、このサドル。このサドルも、そのマニアの方からいただきました。使いこなされて、なめされたのか?座り心地は最高にいいです。

 そして見た目も、ブルックスのように、これでもか!的なわざとらしい「待ってました!」感はなく、長年この自転車にお使いしてきましたサドルでございます、と控えめながら、かくべからざる存在感を醸し出している、相当格の高いサドルなんであります。

 こんなのもらってしまっていいんですか?というこちらの問に、快諾、とても恐縮しておる次第であります。ありがとうございます。

 そして、試乗を何度も試みる。

 なんかいい、重さを除いてはね。車重が重いというのは踏み出しが重かったりと、まあ色々なくはないが。

 ただ用途や、走りを限定するとこれはこれで大変いいことに気がつくね。

 何だろう?この走り心地の良さは?と観察して見るに・・・どうも・・・ここらしいね。

DSC_8755_convert_20200226182602.jpg

 ここだよ、ここ。フォークね。

 このオフセットの効いたフォークが、どうもこいつの走りを決めているんじゃないか?とね。まあ、フォークは恐ろしく大切なところとも言える。

 もっとフォークの選択肢を!!!!!!!!!と店主は声高に叫びたいくらいだな。

 とくに、フレームフォークがセットで売られていることがあまりにも自明になりすぎている今こそ、声高に叫ぶ価値はあるんじゃないか?とすら思うんだな。

 フォークがステアリングを決める、その大半を決めるのだとすれば、フォークがその自転車の要となる、といっても決して言いすぎじゃないと思うんだがな。

 そのくらいフォークは大切、と思う・・・。

 で、こいつを乗っているとあまりのオフセットに、なんか前輪が外れて先走っているのか?と思うくらいなんだが・・・、その走りの感じが悪くないんだな。なるほど、ツーリング車の走りを決めているのも、フォークのゆるさ・・・というかオフセットね、たぶん。

 アルミの時代にはフレームとフォークは別々に選択できた。あれはあれで面白かったんだな。今となっては、それこそビルダーさんのところで誂えるくらいしか殆どのそんな選択肢は残されていない・・・。

 実にもったいない話なんだな。

 オットット、そんな現状で一社だけ・・・店主が知っている範囲では一社だけ頑張っているところがある。

 ワンバイエス、そう、東京サンエスさんなんだな。あそこの開発者はすごい!このフォークにしても、クランクにしてもサドルピラーにしても、そう、かつては拘れたところをよりマニアックに、先進的にこだわったものづくりを展開し、それをまた営業ベースで展開しているという意味では、まあ奇跡的な会社であるとも言えるね。

 相当ヨイショしているが、これは事実であると思う。130ミリのロードクランク作ってんだぜ!シマノで160がせいぜいそれよりも30ミリ短いんだ・・・。

 そして、思い出したのが、フォークのオフセットもの、その影響を体感してもらうために開発したものがあったんだ、もちろんその姿勢に店主も大賛同して、購入しているんだが、まだそのための代車を作っていない・・・。

 DSC_8760_convert_20200226182513.jpg

 これなのだ、ただのカーボンフォークではないぞ!先端を見よ!

DSC_8759_convert_20200226182522.jpg

 なんと進行方向に溝が切られている・・・、ということは?

 この溝にスペーサーを挟むことで、オフセット43ミリ、45ミリ、47ミリ、50ミリ、52ミリ・・・という五種類の乗り心地が体験できる、というものをつくっているんだよね。

 もちろんこれは市販されていません、ショップ専用品として売っているもの。

 どうよ、この姿勢・・・、この思想。海外のちょっとシャレたものを販権取って日本に持ってきて売るだけが能じゃない。しかも、すべてのショップが採用するとは思えないかなりマニアックな視点を体現するためのキッドを作って、売ってんだぜ、市販じゃないが・・・。

 驚きだよね。なので、店主も大いに反省して、このオフセット体験フォークを載せた、自転車を早急に作ろうかと思う、そして試乗していただいて、大いに試乗していただいて、フォークのなんたるか?フレームとフォークは如何にあるべきか?という本質に迫る体験を多くのサイクリストにしてもらえるよう、精進する・・・ことにいたします。

 まあ入り口は、実用自転車だが、出口はフォークの話になってしまったが、とりあえずそういうことだ。

 この実用自転車も販売します!

 そして、オフセットフォーク体験号もシングルギアものを作成いたします!
スポンサーサイト



第四の選択?格安にて チャレンジャー募集



 当店オリジナルの、クロモリフレーム+カーボンフォークのレーサーであります。なんと十一速。

 そしてこちらについているコンポというのが謎のもの、カンパ、シマノ、スラムに次ぐ第四コンポといってもいいかもしれませんね。

 まあ、どんなもんかと入手してみて驚いた。まず全然安っぽくない・・・、という見た目。

 そして組んでみて驚いた。意外と隙きのないコンポなんであります、短時間ですが使ってみて驚いた、これでも全くありじゃない!!!!という感じでね。

 DSC_8525_convert_20200205233603.jpg

 まあ、結論からいうと、スラムのパクリコンポといっても過言ではないが、作りがめちゃめちゃいいんだな、値段の割には。

 このリアディレーラーも、なかなかでしょ?かつてのエントリーモデルについていた激安コンポは見た目からして、激安だったが、こいつはなんともメカニカルである。

 DSC_8526_convert_20200205233553.jpg

 このクランクも、そこそこの作りをしている、決して柔らかくはない、付いてきたBBも半年後交換・・・というようなものではなくて、そこそこ使っていけそうなもの。

 まあ実際には使ってみないと厳密なことはいえない。ただ長年の勘からして、使い続けそうなものと、そうでないものの区別はなんとかできるかと思う、そういう観点から使えそうな感じがするというわけだ。


 DSC_8527_convert_20200205233544.jpg

 今回ブレーキは、ちょっとサポートしていることもあって、テクトロを使ったが、ちょっとミドルで加工が必要だった。もう少し一発使いのできる、ショートでちゃんと効くブレーキをテクトロには作ってもらいたいもんだ、もちろんシルバーものもね。

 DSC_8505_convert_20200205234951.jpg

 なんか知らんが中途半端に長いアーチが沢山あるのがテクトロなんですよ。もっとちゃんとしたショートもの作ればいいのに、時代遅れのダイレクトマウントなんてものにこだわっているのか?なんかやることが明後日のような気がするな。

 DSC_8509_convert_20200205234940.jpg

 こいつを万力固定して、ボール盤で穴の延長を掘る。

 DSC_8510_convert_20200205234931.jpg

 最後は七ミリのものでこじって、その分だけブレーキシュー着用のためのスリットを長くする。

 DSC_8511_convert_20200205234921.jpg

 こうやって拡張した穴の周辺などにヤスリ等を施して、やっとショートリーチ化とした。

DSC_8531_convert_20200205233516.jpg

 削るとわかるが、意外と切子が柔らかい、ということは意外とやわなアルミを使っている、ということも言えそうだ。

DSC_8528_convert_20200205233535.jpg

そして、それらの性能が一発でわかる、このシフター兼ブレーキレバーなんだが・・・、これがなかなか良いのだ。

 形式はスラムと一緒。ほぼパクリ。ところが、スパスパとよく決まるんだよね。操作感も決して安っぽくない。ブレーキのテコ比なんかは少し考えてもいいかもしれないが、それ以外にはほとんど文句のつけようがない。

 まあスモールパーツとかの期待はできないし半年以上、耐久性のことなどはわからないが・・・、少なことも組んでみて、近所をサイクリングするくらいではバレない精度の良さのようなものは伝わってくる。

 こいつは店内ブレークさせるかな?かつては変速周り、つまりシフター周りが複雑で、難しくちょっとやそっとではできない、という代物だった、それが故の高さではあったと思う。

 ところが、この値段で、これだけのもんを作っていしまうというのはすごい!としか言いようがない。

 第四の選択といっても、カンパはもろ元気ないんで、実質第三の・・・に取って代わるかもしれないね。

 この車体は売り物です、値段は128900円税込みです、ちょっと早いものがちかもしれませんが、保証等を求めないのりかただったりすれば、これは試す価値は大いにあるかも、とおもいます。

 試乗も兼ねてぜひ、ご覧になりにご来店ください。!お待ちしています。
 

着物号 殿・姫による試乗

000 DSC_8187_convert_20200114001048


 先日公表した着物に適した自転車の話、跨がりやすく回しやすいということを考えると、この形になった。

 000 DSC_8190_convert_20200114001141

 元々前後に子供を乗せて走る自転車をりよう。ダウンチューブ一本で、しかも下を通してあるので、跨がりやすい。

 そして一番の売りはここ!

000 DSC_8189_convert_20200114001131

 超短いクランク!というところ。その長さ127ミリ。まあ子供用の、しかも幼児用の自転車に付けてあるような短いクランクを移植してつくったものね。あとは体を起こして乗れるようにチョッパー型にしてみた。

 まあ、多分乗りやすいだろうね、ということで作ってみたんだが、店主の試乗はあくまでも普段着。特に足回りはズボンということで、本当にこの車体が着物向きかどうかは分からない・・・。

 そこで、店主らの着物の師匠格に当たる、小平のトウキョウジョウの城主とその姫君に来ていただき、実際の乗り心地ということのご意見をいただくことと相成った。

 まずは殿!

DSC_8305_convert_20200121010316.jpg

 なんとも月代が板に付いてきたとのだが、寒くはないか?まずは持った感じ、なんかいいんじゃないか?という1発目のご感想。

 DSC_8308_convert_20200121010328.jpg

 そして、鉄馬に跨がる。うむ、跨がりやすい・・・、そりゃ低いからね。

 そして、遠くを見るような目で以て、一気に手綱を引いて、ヒヒーン!とばかり鉄馬を蹴った!!!!

DSC_8312_convert_20200121010337.jpg

 スルーッと当店前の緩斜面と滑るように走り出すと、短いクランクを回し始めた、と同時に!オオ!これいい!すごくいい!と絶賛の嵐!

 もう少し四の五のあるかと思いきや、拍子抜けするくらいの一発合格的賛頌・・・。そ、そんなに?

 まあ、狙っていたところが思った以上に正鵠とついていたんでしょう、良かった!良かった!

 と、ところが殿の足回りを見ると袴であった・・・、元々女物などをうまく羽織る殿だけに、着物も短かろう・・・、短い着物に袴とくれば、もしかして一般のいわゆる着物から比べると、乗りやすいんじゃないか?という疑問が湧いてきた。

 もっと乗りにくい、いわゆる着物!ってやつで試してもらわないと、その真価の評価としては緩くなってしまうんじゃないか?と思った矢先・・・、目の前に姫君もおはしたわけだ・・・。

 DSC_8314_convert_20200121010355.jpg

 オ!これはある意味試乗としては理想的な、典型的着物じゃなりませんか!いかにも乗りぬくそうだ・・・。

 DSC_8313_convert_20200121010345.jpg

 ネ、前から見ても、両足を束ねんばかりの不自由を絵に描いたような、着物じゃありませんか。これは相手にとって不足無し!というところ、では姫君、是非試乗をそしてできるなら辛辣なご批判でも浴びましょうか・・・。

 DSC_8315_convert_20200121010407.jpg

 ところがどっこい、スルッとペダルに足を掛けてのサドルに腰掛けるや、短いクランクを殿同様にクルクルと回し始めましたよ。

 DSC_8316_convert_20200121010416.jpg

 アア、これならいいわ・・・・と

 DSC_8317_convert_20200121010426.jpg

 中の襦袢は多少の見え隠れはするものの、みっともなくもなく、さして乱れた感じもなく、そして何よりも姫君本人がやはり乗りやすい!ということで、気に入っていただいたようなのであります。

 ホッとしました。

 それまでは推測として、あくまでも自転車屋として、多分乗りやすいだろうという程度でありましたが、殿姫ご両人のお墨付きをいただいたということで、今後の励みにもなります。

 トウキョウジョウは同じ小平市内に、藩邸(店)を設けそこの営業準備中ということで、そうした店の前などにこいつを試乗車として置いておけば、着物愛好者の方々の目にもとまり、試乗もしていただくこともできる、という展開になりますな。

 当店だけに置いておくよりも、その方がずっと作成目的に即していると思われますね。

 まさに着物と自転車のコラボの第一歩ということになりそうです。

 もちろん、貴重なアドバイスもいただきましたので、そんなことも織り込みながら、よりよき改造車を作っていこうというてんかいになります。

 今年のキーワードはコラボ、共存共栄って事になりますかね。互いに店として付いていただいているお客さんを回して、いい流れを作っていくということ、いつまで経っても道半ばというクソノミクスなど横置いて、下流で出来ることをやっていきたいですな。

 上流から下水を流してくるバカどもがいる、下流はわきに流れなど掘りつつ、アマゾンのような独自のネットワークを作っていくなんてことも可能かもしれない。

 死活をかけたコラボ、本気だぜ!

目的はあとから付いてくる



 このところ、この手の自転車が出来つつあるところから、その一台か?と思いきやなんだがな。

DSC_8168_convert_20200107230530.jpg

 このようなスタッカートのフレーム、実用車のフレームを利用して

DSC_8166_convert_20200107230450.jpg

 ドロップハンドルで組んでしまう。通常ドロップハンドルは前三角のしっかりしたものだ。それを逆張りで以てやってしまう、新進気鋭の自転車作家、清水さんのセンスにまかせたものだが、これが単に奇をてらってばかりではないらしいことが分かってきた。
DSC_8163_convert_20200107230416.jpg

 リアをシングルにしているのだ。ということは・・・シングルピストのスタッカート版を想定したのか?と思えてくるんだがね。

DSC_8162_convert_20200107230406.jpg

 確かに、フロントシングルなもんで、まあ、これで決まりかな?こいつは跨がりやすいピストとして、こうさくされた?のか?

DSC_8164_convert_20200107230426.jpg

 ところが、リアに荷台がしっかり付いている。

DSC_8167_convert_20200107230509.jpg

 リアどころかフロントにも荷台が付いている。ということは・・・、こいつは時に寝袋等を積んで走るツーリング車を想定して作られたのかな?とも思えてくる。

 しかし、ツーリング車として作るのなら、前後ともシングルというのは、ちょっとあり得ないんじゃない?多少の荷物に、山国の日本を移動するのに、シングルだとコースが限定されてしまうだろうねえ・・・。

 一体どんな状況を想定して作られた自転車なんだ?

DSC_8165_convert_20200107230437.jpg

 サドル高はしっかり出るので、それなりに走るんだが・・・。

DSC_8161_convert_20200107230356.jpg

 一体君は何者なんだ?ピスト系なのか?ツーリング系なのか?

 なこと考えながら、試乗していると・・・。これってルーティーンのように、行くコースが決まっているところで、限定された荷物を積んで走って行くのには向いている・・・というより、そういう走り方、使い方しか、思い浮かばないんだけど。

 でもまあいい、ものはもうこのように組み上げられて具現がされているんだ。もちろんしっかり過不足なく走る。

 そう、走りながら後ろを振り向くと、なんと目的があとから付いてきそうな車体なのだ。通常は、目的を追いかけて、手段として走るというのが圧倒的に多いはずなのに、こいつはあとから目的が付いてくるというやつ、という訳か。

 まあ、そうであれば、そうとして面白い。

 目的や、理由なんてあとから付いてくる、それよりも目の前にあるパーツ群に呼ばれながら、嬉々として組み付けていく清水さんという気鋭の作家がいる、ということかもしれない。

 目的や、理由を跡づけて考えてくれる方、お待ちしていますわよ!

フラットから牛の角へ



 大手の実力はすごいねえ、このクロスバイク・・・と実用車の間?といえるような自転車を作っている。

 DSC_7462_convert_20191122160952.jpg

 週末自転車というのだそうだ。これがそこそこの値段で作られる。プレカットの材木と、インパクト、合板、接着剤で耐震構造のしっかりした新築の家が安価でできてしまう・・・、そういう展開と同じかな?

 かつての大工はもうほとんど廃業、組み立て屋さんで大体ことが足りてしまう。では自転車屋は?

 1から図面を起こして、一台を作って行くような展開に生き残りを賭けるか、もう建て売り屋的な商人になりきるか。この二つに一つという考え方はあまりに偏狭すぎるだろうなあ、むしろその間のグレーがいかに豊かであるか?という事を示していくというありかたもありだろう。

 ツーバイフォーで建てられた家の改築は大変らしい、確かにそのために強度を保証していた壁は剥がさないといけないわけだから・・・。各所にブラックボックスと作りやすいが直しにくい構造のものを配置されると、まあやりにくいことはこの上ない。

 自転車でいうと、重い電動車のとあるタイプがまあ腹の立つくらいメンテがしにくくできている、大手による作りっぱなし。

 ある意味、作るよりも直すのが難しいというのは、自転車も建築も似ているのかも知れないね。その辺をほってより深いところをまで下りていくことと、そもそもそうした豊かなグレーの領域が存在するんだ!ということを広く広めていくこと、なんかが重要だろうねえ。

 毒を持つことと、烏合ではない徒党を組むこと、これはテーマになっていきそうだわ。

 で、この週末自転車、そのままで出したら、普通の自転車屋だな。

DSC_7460_convert_20191122160929.jpg

 前シングルに、チェーンリンクカバーが。

DSC_7461_convert_20191122160942.jpg

 エンドまわりの溶接なんてしっかりしてあるよね。7速かな?まあ普段使いには全く支障は無い。

DSC_7464_convert_20191122161002.jpg

 せっかく当店から出すんなら、ハンドル回り変えちまえ!ということで、ブルホーンにした。

 DSC_7466_convert_20191122161015.jpg

 通常ブルホーンとなると24㎜となるので、フラットバーのこうしたブレーキは交換しないと行けないんだが、このブルホーンは22.0なので、こうした変則的な使い方もできちゃう。フラットバー用のブレーキレバーをひっくり返してしまった。

 DSC_7467_convert_20191122161025.jpg

 当然シフターも、そのまま移植。そういえば、かつて伊勢エビというなの、この手の改造があった。ブルホーンの先端に、フラット用のシフターをそのままつけてしまうというね。ワイヤーがドカーッと4本伸びるその姿が、伊勢エビの触覚の賑やかこととシンクロしてそんな名前が付いたが・・・。

 コイツも、見た目以上にシフトがしやすいときている。

 DSC_7468_convert_20191122161035.jpg

 普通にできちゃう・・・。

 まあ、これが豊かなグレー・・・かどうかは別として、よその企画品をそのままどうぞとはいかない、という意味では、一つの抵抗であるといえる、まあちょっとした毒?にはなっているかな?

 DSC_7457_convert_20191122160910.jpg

 といっても普通に乗れる、自転車でもある。試乗もできますよ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター