メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

変な自転車欲しい人!!!



 タルタルーガという変な自転車ご存知ですか?のけぞって乗るタイプの自転車ね、リカンベントほどではないが、こいつものけぞり型の自転車です。

 おもしろ自転車博物館の館長さんから、譲り受けたこのタルタルーガですが、より変な自転車に変えて、変な自転車好きな変な人へ渡そうということになりました。

 272154833_4837036643042132_8514773778352271113_n_convert_20220120215342.jpg

 16インチのWOなんてまたマイナーなタイヤを使っています・・・。入手できないことはありませんがね。でもまあ変な自転車だからいいか。

 272221828_4837036893042107_9132156317851776553_n_convert_20220120215425.jpg

 車輪が小さいから、チェーンリンクはデカイ、しかも一枚。チェーンが三台分かよ!というくらい長い。これものけぞり系なんで、車体が喜劇的に長いからだな。

 272273183_4837037416375388_5936428784308333863_n_convert_20220120215454.jpg

 7速のボスフリーが見えますね、と手前にワイヤーがむき出しでありますが・・・、実は車体が長い分、ワイヤーもタンデム級のものが必要で、いま在庫切れニ三日中に入手しますんで・・・。

 とそのもっと手前に、黒い棒が見えますね・・・、勘のいい方は、あれかな?と思うかな?

 はい、

272215346_4837037646375365_5941776122618899428_n_convert_20220120215408.jpg

 それでした、バナナシートね・・・。となると、もうもっと勘のいい方は、ハンドルを特定できるんじゃないかしら?いかにも当店がやりそうな・・・ハンドル・・・ね。

 はい、そうです!

272306264_4837037906375339_3768747337361287858_n_convert_20220120215511.jpg

 なんちゃってチョッパーハンドルですね。なんでなんちゃってというか?というと、本物はバイク用で、多分いくつ加工すると自転車にも付きそうなんだが・・・、そこまでしないでできるというと、実用車を横目で見て作ったような、中途半端なチョッパーハンドルありますね、あいつでいいか・・・となりまして、そいつがついています。

 272150331_4837038086375321_2338952771050527347_n_convert_20220120215320.jpg

 3メートル級のタンデム用のワイヤーでもないとリアディレーラーまで届きませんので、今それ入荷待ちということで、もう少しお待ちください。すぐ来ますんで・・・。

 で、これが全貌です。

272184693_4837036013042195_6641023765628060822_n_convert_20220120215355.jpg

 イヤー実に馬鹿っぽくていいだろう!

 乗り方にもよるが、しっかりバナナシートの背中にもたれて乗るためには190センチぐらいの身長が必要かもしれない。

 勿論座る位置によって、店主もしっかり乗れる。最初はフラフラだが、体感鍛えられそうな感じで、面白い。暫く寒風の中を乗っていたよ・・・。

 ただ、今まで培われてきた、サドルと尻の位置についての知見というか、経験、見解は木っ端微塵、なんの役にも立たないでしょう、それは変な感じだが・・・。

 足は伸びるので膝の負担は少ない、それでいてサドルの位置は低いので、何時でもどこでもベタ足が地面につくという意味で安全だ。

 将来の高齢者自転車に最適かもしれないね。後は走り出しのフラフラ・・・、これは小径ということもあるが、それだけでなくヘッド角など要因も大分あるだろうね、なのでその辺でバランスのいい車体ができたら、これから世界各国で迎える高齢社会時代の、高齢者健康安全自転車の典型になるかもしれないね・・・。

 そんなビジョンも何処かで持ちつつ、まあ遊び自転車としてほしい方、予約受付だよ!

 長いシフトワイヤーが来たら、完成!一週間以内で実現、さあ!速いもんがちだ!
スポンサーサイト



実は自転車作ってないと死んじゃう病なんです・・・



 この頃はまだアンカーのブランドがなかった頃なのかな?

272063964_4819621744783622_891885386955237007_n_convert_20220117115313.jpg

 マイル112というシリーズもんなのかね?これ見て郷愁を感じる人が購入してくれるんじゃないかって?

 これ持ち込みです・・・、しかもここで売れませんか?というね。

 これが初めてじゃないんで、オオ、来たか・・・という感じですが。このお方、ちょこまか自分の車体と称して組みあわせて作っては、「もうこれが最後の一台だから」と一言残していく割には、中々本当の最後の一台にはならなかった。

 作っては、ちょい売りして、売れてはまたなんか買込んでは組み上げて、チョロっと乗ってはまた売って・・・?

 そして先日ついに白状したんであります。

 「あの、僕・・・、自転車作らないと死んじゃう病・・・なんです。」

 まあ、薄々気づいていたが、やっぱりそうだ。と、店主は医者じゃございませんので、診断下せる権限ありませんし、治す術も持ち合わせていません。まあ、適当に脇に立っていますんで、多少の相談には乗れるかな?という感じで行くしかないですね、こうした「病人」に対してはね。

 そんでこいつを売れないか?と値段聞くと・・・。ウーン・・・。

 そもそも持ち込まれた時の完組ホイールが、それだけ飛び抜けていいもんだったんですわ。バランス悪すぎ・・・。まあ、素人考えでホイールの部品取りだけのやつに売れてもいいかも、と思ったのかもしれない、そのご本人相当の目利きではあるためね。

 ただ、ちょっとこの鉄フレームにはねえ、どうも合わない。そこで有りもの当ててみた・・・、すでにコラボしてんじゃん・・・。

271956073_4819622821450181_8522540162786709061_n_convert_20220117115246.jpg
 
 ケー、何の変哲もない手組みホールだ。こんぐらいでいいんじゃないの?

271936914_4819622604783536_7251432298985638137_n_convert_20220117115122.jpg

 いいでしょ、これで!これで部品取り下心連中を駆逐できるでしょ!後は、このやれた鉄フレームに郷愁と同情を載せて愛着もって乗りそうなおじさんたち刺激できればいいんである。

 272073905_4819622998116830_2364722160225587269_n_convert_20220117115328.jpg

 いいだろ!止まるんだから文句いわない!というブレーキが前後についているね。

 そうそう、もしブレーキに凝りたいなら、ショート系のかっこいいアーチにオフセットシューとか付けられれば、もしかしたら使えるかもしれねーし。

 271934709_4819622341450229_9131725219939102496_n_convert_20220117115109.jpg

 もう、分相応・・・、そんなに足があるわけじゃないんだから、シフトしてくれればもう御の字、御の字!という人向きだよね。

 商売最前線にすると、そういうハンパもんがどんどん作れなくなる・・・、腹の出たIT長者?知らんが金ありそうなおじさんにカーボンフレームにスーレコでどうです?なんていわないと家賃払えないからな・・・知らんが。

 その体で、それに乗るの?なんて方、たまに街で見かけるが、ショップもメーカーも広告屋もみんな頑張っているなあ・・・、でもなんのため? まあ、皆さんそれぞれ、苦しい条件のもと生きているから、それが家賃のため、従業員の給与のためといろいろあるんだと思いますね、フムフム。

 当店も家賃やその他経費に追われてはいますが・・・、でも当店存立の第一の建前は、「自転車文化の成熟化のため」に、ある・・・と思っていますんで、オヤジにはオヤジの、おばさんにはおばさんの、少年には少年の、高齢者には高齢者の、そして最後はその人の一台、内から湧き出てくる、生き方を体現した一台とはなんだ?

 なんてとこに届く一台を一緒に作っていければ・・・なんて思うわけです。そんなことばかりしていたら、来月閉店かもしれんがね・・・。

 なんか持ち込まれた、この一台見て、その半端感が当店よくわかってんなーという一台なんでありますよ。

272055598_4819622021450261_5655544562889580891_n_convert_20220117115259.jpg

 基本ありもので組んでくるので、着地点でずっこけたりしている、まあそのぐらいはありだろう・・・というね。こいつはトリプルクランクで持ち込まれて、センターとインナーだけ使えばいいよ・・・あとはご自由にという調子であったんだが。

 買う人間が自分のようにいじりたい人だったらそれでも構わないが、まあそうでないとすると、なんで前ギア三枚あるのにシフターは二枚用なんですか?なんていう素朴な質問に答えられない。

 ので、ここは、インナーを抜いて、センターアウターを残したよ。となるとトリプル用のBBシャフトでは長すぎなんで、BBは交換したじょ!

 ということで、知らぬ間に術中に嵌められたようにコラボしちまったぜ!

271942821_4819623441450119_4712648148964261034_n_convert_20220117115135.jpg

 シフター兼ブレーキは、謎コンポ系のシルバーバージョンを採用、これも持ち込みなんで、変なパーツを探すのも得意らしい・・・。こういう人を周りにおくと、「これ知ってます?使ったことあります?便利でっせ」てな情報にも困らなくなるといもんだ。

 272112647_4819620854783711_2630441142159994815_n_convert_20220117115411.jpg

 イヤー、こんな感じだぞ!中年オヤジ向き、または勘違い系レトロ好き若もん向き、街乗りの快走車体というのはこういうもんだ!ろうな・・・。

 175センチ前後ならいいと思うよ、値段はまただ親方とスッキリ決めていないが、残念なことに10万は下回りそうだ・・・。当店内にあるんで、試乗希望者募集と行こう!

さて 初売り?ボチボチ売っていくぜ!復刻ズノウに謎だらけコンポ



 総メッキの鉄フレームです、それに黒パーツで組んだんだが、これまたまあ、バラバラの謎だらけなのだ。

271804266_4799262556819541_6703763256479298154_n_convert_20220111210947.jpg

 ラグが洒落ていますね、総メッキです、あのズノウの復刻フレームですね。

271794594_4799262663486197_6960002103934886051_n_convert_20220111210917.jpg

 シートステーがズノウの特徴でもありますね、ここね、ここ。

 伸びのあるいいフレームです、ある選手がこれだったら、カーボンフレームいらないなあ・・・と。

271806798_4799261970152933_7859940897368545401_n_convert_20220111211048.jpg

 謎の黒クランク、結構出来がいいんだよね、アルミの削り出しですねえ。中空三本のパイプがクランクの本体に内蔵、軽さと剛性のいずれも実現!とかいってな。

271777398_4799262290152901_4310591570012782480_n_convert_20220111210841.jpg

 駆動系はLTWOOという謎中の謎コンポ。耐久性は使い続けないとわかりませんが、それ以外については、そこそこいいんじゃないの?という程度。乗って、使い続けてみなければわかりません。

271804724_4799262156819581_4544068859306495215_n_convert_20220111211002.jpg

 このブレーキもよくわからん、ちょっと重いが止まる、止まることはそこそこ以上に止まります。

 271723421_4799262446819552_8973137188294375138_n_convert_20220111210742.jpg

 ホイールは手組み、前20本、後ろ24本で組んだもの。かつてのアルミの名車に付いていた、よく回るハブを流用。

271754587_4799261840152946_6988149457781241836_n_convert_20220111210803.jpg

 サイズは530という、この国では平均的なサイズだね。こいつを初売りといきますか?

 鉄フレームのちょっと変わったやつに、仕様のわからないコンポとい、ある意味パーツ不足の今日ならではのスペックでありましょうな。

271777869_4799262750152855_6268750597576693381_n_convert_20220111210901.jpg

 この外の展示場に飾られると、結構いいペースで出ていくという因縁?があるようです。試乗も検討します!

 初売りか・・・、是非に!

オヤジエスケイプ号第二弾!これで逃げろ!トコトン逃げろ!気分だけでも・・・



 前回、クロスバイク車体でツーリング車を作った。ランドナーというと、かなり凝った世界もあって、アレはあれでいいんだが、人によってはやり過ぎ感満載で、何もそこまで・・・という見方もありましょうな。

 そうした中で、あくまでも乗ることを主軸に、しかも気軽にね、乗ること!そして基本レトロ風なんだがすべてが現行品というメカとしても気軽なところを取って、とにかくオヤジ世代、色々ある日常から何時でも逃げられるぜ!という車体を近くに置いておく、それだけでも立派な逃げだ!とばかり勢いで仕上げた車体であった。

 逃げというのは、日常の使い方ではどちらかというと否定的な響きであるが、ロードレースではむしろ積極的な仕掛けを意味するわけで、逃げるときも積極的に行こうぜ!とばかり、店主がご同輩に送る一台だったわけだが・・・。

 まあ、もちろん、青年や熟女がほしい!といえば、融通しないこともないが・・・。

 ということで初めたオヤジエスケイプ企画何だが一台で終わっては何なので、その第二弾と行きましょう!

270032662_4745774408835023_6412844050377373523_n_convert_20211225200035.jpg

 今回の元車体がマーリンというのだそうだ。名前は知ってはいるが、それだけね。知っているだけ・・・。

269931495_4745788855500245_4884909576764023530_n_convert_20211225195948.jpg

 それが結構整っている、面白みはないが、それでそこそこ行けそうなのだ。例えばフォークはカーボンだぞ!

269922409_4745774555501675_1653758321517516140_n_convert_20211225195916.jpg

 クランクも遜色なし、消耗品はあちこち変えているので、まるで新車並に動くよ・・・いや、それ以上かも・・・。

270036272_4745774665501664_4300122308914135038_n_convert_20211225200050.jpg

 実にトラブルからは程遠い実直なパーツが付いていますね。

269948306_4745788658833598_2340326121342186154_n_convert_20211225200021.jpg

 これは当店のちょっといたずらに近い選択だね、ゴッツゴツのラジアルタイヤだ。泥の中、雪の中でも走れるよー、是非そういうところも走っておいで!という思いを込めている。

270052772_4745774902168307_8577532894585294050_n_convert_20211225200104.jpg
 
 カンチにしてやろうか?という案もあったが、効きのいいVをそのまま採用した。

270058602_4745775042168293_5554966893288937214_n_convert_20211225200138.jpg

 勿論ドロップハンドルにしようと最初から決めていたが、そこに妥協はない、ただなぜ今回また、オヤジエスケイプ号にしたかというと、ここね!

269924803_4745775215501609_3697854355476340773_n_convert_20211225195931.jpg

 前後共にバーコンであったということ。ハンドルから手を離さずシフトができる。単純な構造だけにそれ自身壊れにくいという面がある。ただ場所によって倒れた時に破損する可能性もあるが・・・。

 この無骨でちょっと鈍重な感じが、オヤジエスケイプには向いているように思えてならないね。

269933351_4745775418834922_6402407638172674582_n_convert_20211225200005.jpg

 うん、まずは過不足なし・・・。この車体でまずはピッタリという人は絶対にいるだろうね。そういう適所に、ぜひとも行ってもらいたいもんだよね。

 勿論ダボもあちこちにあるので、荷台だキャリアなどもしっかり付けられる。荷台を買って、パニアバッグも買ってそれらを装着して、何時でも逃げられるようにしてホッと安心してしまうオヤジもいるだろう。

 と同時に「俺一体何処に行けばいいんだ?」と戸惑うオヤジもいるかもな・・・。でもまあ、足ができたのなら、ゆっくり逃げ場を決めればいいし、女房子供に体を焼いているオヤジは勿論、亭主子供に手を焼いているお袋さんたちでも、うるさい親にどやどや言われれている若者でもいい、まずは逃げろ!積極的に逃げろ!

 活路はそこからしか開けてこないかもしれないぞ!

 逃げろ!滝澤!


親父エスケイプ号 これでとりあえず逃げろ!!!



 逃げませんか?逃げましょうよ・・・。

 逃げる、危ない状況から逃げるという以外は、対峙すべき事柄から逃げる、というような余り評価のされない動詞かもしれませんね。

 でも、自転車レースではこれは積極的に攻める、という逆の意味で非常に評価の高い言葉となっていますな。

 逃げる・・・、仕事や、義務や、立場から逃げたい!と思う諸氏は多いかもしれませんな。そんな諸氏に捧げる、逃げる自転車、エスケイプ?なんてもん作ったんで、ご紹介しましょうか。

 263675875_4660486240697174_5901698074338370015_n_convert_20211203204725.jpg

 ジャイアントのアルミフレーム、クロスバイクかな?スラムのディレーラーが付いてますね。

 263300752_4660486130697185_3466155805343341402_n_convert_20211203204551.jpg

 フロントは、今流行りのシングルではないな、ダブルだ・・・。

 263563565_4660486314030500_8410947851155248628_n_convert_20211203204653.jpg

 ホイールは700Cの結構ディープが付いていますね、フォークはアルミらしいねえ。

 263516055_4660487164030415_2570737278111616579_n_convert_20211203204638.jpg

 ア、これも主流のアヘッド型のステムが付いていますね。といことは今風のクロスバイクということかな?まあ、乗りやすいし、多段だし、手頃だしといいとこづくめの自転車といえば、やっぱりクロスバイクだろう・・・。

 263160012_4660486610697137_1841029242122458760_n_convert_20211203204511.jpg

 なわけねえよ!フラットバーの自転車で逃げられるかよ!やっぱドロップだろ!

 263156116_4660487414030390_4792630810966410227_n_convert_20211203204455.jpg

 エイドバー付きブレーキレバー、いいねえ、レトロっぽくて、オヤジ向きじゃない?

263613401_4660487307363734_1475463863509368928_n_convert_20211203204709.jpg

 変速はバーエンドコントローラーだから、完全にハンドルから手を離さなくてもいいわけで、安全だな。

 263831897_4660486490697149_4196398635806448259_n_convert_20211203204742.jpg

 バーテープも擬似革だったが、サドルもそれっぽくて、ちょっと遠目では安っぽくなくていい。そのうち、本当に気に入ったら、革サドルでも付け替えてもいいね。

 263321199_4660487057363759_4303147102775023826_n_convert_20211203204623.jpg

 ということで、下半身は今風のクロスバイクっぽいが、ハンドル以上が、レトロ系のツーリング車というキメラ。

 今風ランドナーといってもいいかもしれないね・・・。

 今風ランドナー・・・、実質走るし、荷物も積める、頑丈そうだ。これなら逃げられる、何処までも逃げられるぞ!

 といっても現実的には逃げられない・・・。でもこいつがあれば、何時でも逃げられる!ガソリンなくても逃げられる!足さえあれば逃げられる、飯という補給と、睡眠という休息さえあれば、何処までも逃げられる!

 そういう条件が揃っただけで、もう逃げたも同然だ!!!!と思うしかない・・・というのも現実かもしれないな。

 でもそこに希望がある、逃げられるという具体的な装備があるだけで、もう逃げたも同然だ!

 逃げろ!逃げろ!自分だけのゴールに向かって逃げれるだけ逃げろ!そうすれば、その「逃げ」は自転車レースの「逃げ」と同じに、積極的な意味合いを持つ言葉として輝くだろう・・・。

 だから、逃げろ!この今風ランドナーと一緒にな!




 


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター