メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

謎の黒コンポ載せ替えました!



 アルミメガチューブといえば、こいつですが、こいつも長いこといますねえ・・・。

 載せ替えコンポして、何回目か?ある意味泣かず飛ばずなんだが、ものはいい。なので、見せ方変えて・・・と、今回も載せ替えなんだが、それがまた謎コンポ、しかも悪くないと来ているから困ったもんだ。

 それが、11速に格が上がるんで、ヨッシャ!とばかり載せ替えなんだが、フリーに問題があった。11速のスプロケが載らないフリーだったんだよね。

 でも大丈夫!最近仲間入りした旋盤くん、だいたい使い方というか、癖というか、容量というか、馬力というか・・・がわかってきたんで、段々と扱いやすくなっている。

 なので、フリーを外して、旋盤に据えてだね、バイトを近づければ楽勝!!!と言うはずだったんだが・・・。

 なんとフリーが抜けない・・・。いつもの十ミリレンチの形式とは違うんだな。まあ、ホイールをいくつか扱っていれば、そう一筋縄には行かないのはわかるが・・・。

DSC_0285_convert_20200522150034.jpg

 こうなってるんだな。ということは、一番上にある、切り欠きの入っている金具を回して外せば、これは取れそうだ、ということまではわかる。

 あとは工具ね・・・。専用工具はなし、もちろんなし。なので、代替できそうな金具なんかをはめては、レンチで掴んで、そのレンチに棒を通して、回そうとするが、力が直に伝わらない、伝わったと思ったら、金具が曲がる・・・。

 これは、モヒカン形式の専用抜き工具を作らないと・・・だめなんじゃない?

 直径30ミリの無垢丸棒をちょん切って・・・、まずこのフリーにピッタリ入るよう削る。

DSC_0283_convert_20200522150044.jpg

 これは旋盤でできますね。

 そして、あとは、あの切り欠きに引っかかるように出っ張りを作らないといけない。ということは、周りを落として、モヒカンのようにすべし。

DSC_0286_convert_20200522150025.jpg

 こいつは、老骨フライス盤を使って、削っていく。細かい切子が熱い・・・。

 それが終わると、今度は工具を引っ掛ける並行がほしい、そうでないと、元が丸棒なんで工具が掴みきれないね。

DSC_0288_convert_20200522150016.jpg

 こうして削って、面を出す。

DSC_0290_convert_20200522150007.jpg

 何か見た目は本気の工具のようだ・・・。

 DSC_0291_convert_20200522145957.jpg

 はい、そして、こいつを差し込んで、工具で回す!

 見事失敗でした・・・。ということは、この載せ替えも失敗?ということになるんだが・・・。

 裏から観察していた大森社長が、別の12ミリのレンチで、簡単に外してしまった・・・。自作工具製作にに三時間お以上・・・まあ、いい勉強だ、と思おう。

 で、無事ついた謎コンポだが。

DSC_0301_convert_20200522150537.jpg

 鳥の巣クランク。これは、台湾いったら必ず寄るクランク工場が作っていることが判明、ジャノメの立派なCNCがあったから、さすがいいもの作っているが・・・。

DSC_0302_convert_20200522150528.jpg

 おなじみ・・・というほど頻発してはいないが、このスラムをひねったこのリアディレーラー。作りもいいんだな。動きもいい。

DSC_0306_convert_20200522145837.jpg

 そして、このシフターとの相性が抜群ですよ。耐久性だけは使い続けないとわからないが、動きは悪くない、というか、いい!といってもいいですね。

 特にシフトアップがいいです、みじん切りの包丁のように、トトトトトッ!とできます。レースでも通用するでしょうね、セッティングによりますが。

 DSC_0304_convert_20200522150519.jpg

 ここだけは謎ではありません、でしょ?わかりますよね、こいつ。

DSC_0303_convert_20200522145905.jpg

 上位コンポはこのスケルトンではなくなり、ひたすらスラム化してしまった、カンパですがポテンザにはまだこのスケルトンが残っている・・・、ただ、シルバー切りやがったが・・・、というかカワシマは持っていない。

 ある意味唯一、ブランドがたっているのが、このブレーキのみ、そして残りは謎コンポなんです。

DSC_0298_convert_20200522145939.jpg

 フロントフォークはカーボンです、そこそこディープなホイールはいてます。

DSC_0305_convert_20200522150509.jpg

 こうしたカットはアルミならではですね、レース機材としての血も流れています、マジで踏むと、喜んで前に進み出ますよ。

DSC_0293_convert_20200522145948.jpg

 磨きと、つや消し黒のツートーン。水墨画にも見える。陰影というシリーズがあったが、アレのアルミフレーム版といってもいいかもしれないね。

 ということで、早いもんがちだ!20万をだいぶ下回って、再発売としよう!


スポンサーサイト



自転車通勤応援 またできたよ



実用車改造から、通勤自転車を作る、この先は一つの本線として、残していこうということで。

今の流れとしてあるのは、ちょっと前まで乗っていて、最近暫く乗っていなかった自転車をメンテして、再度自分の足として乗ろう、という動き。

もう一つが、ちょっと長距離を意識して、クロスバイクあたりのものを購入したい・・・という動き、でしょうか。

 ならクロスバイクを仕入れて並べれば?と来るかもしれませんが、ただのクロスバイクだったら、面白くない、他の店でもやっていることをやってもつまらないよね。

 ということで、実用車をいじってクロスバイク並み?の走行性能にして、あとは通勤に合うスペックを取り付けて公表したらどうだ?という路線で行くことにしています。

DSC_9693_convert_20200419200012.jpg

 荷物はどうしても通勤にはつきもの、ということで、このような荷台や、カゴのようなものは、あえて取らない、むしろ取り付ける。

 DSC_9692_convert_20200419200022.jpg
 
 できれば多段。東京の都心は意外と坂だらけ、あればいいのが多段。

 DSC_9691_convert_20200419200032.jpg

 前は多段である必要は、あってもなくてもいい、むしろ単純にシングルでも十分ではないか?ということね。

 DSC_9690_convert_20200419200042.jpg

 シフターは、変わればいい・・・というものが今回。

 DSC_9687_convert_20200419200051.jpg
 
 ハブダイナモがあるといいですね。暗くなったら勝手にライトがつきます。通勤ですから、帰りは夜になることが多いということですね。それへの備えです。電池はいらない、という意味で経費がかからない。

 DSC_9684_convert_20200419200108.jpg

ハンドルはブルホーンにしました。クロスバイクの殆どは、フラットですね。理由はとっつきやすいからなのかもしれませんが、ハンドル形状は、車種を変えるくらい影響も多いので、全てフラットにするんじゃ面白くない。

 DSC_9685_convert_20200419200100.jpg

 ギドネットレバーをつけています。ブルホーンのどこからでもほぼブレーキを握れる、ある種初心者に優しくもある、ということであります。

 DSC_9682_convert_20200419200127.jpg

 トップチューブがないので、またがりやすい。

 DSC_9683_convert_20200419200117.jpg

 と同時に、サドル高に妥協はないので、適正サドルから踏み降ろされる自転車の進む力は最大限利用する、という考えです。

 DSC_9681_convert_20200419200144.jpg

 ホイールはそのままなので、実質サドル高と、前傾を取れるブルホーン・・・くらいしか実は大した変化はないんだが、それがまたよく走る・・・要素のようであります。

 通常の実用車を乗っている人からすると、驚くレベルかと。走っているうちに、物足りなくなったら、700cのカチンと組んだホイールに交換すれば、また走りはよりシャープになったと感じられるでしょう。

 そう、装備としての伸びしろもある・・・んです。改良の余地ですよね。

 思いつきから、それを継続していくのが大変なんです。その継続のもととなるものって何だろう?と考えるわけであります。一体なんでしょうか?

 乗ること自体が面白い、愛着を感じられる・・・というようなことなんかも重要な要素なんじゃないか?なんて思うと、こうした変な改造を施して、乗ること自体の興味を持ち続けるようにする、なんていうのも手かもしれない、と思うわけであります。

 基体となる車体を見てから、閃いたものを、実用と重ね合わせて、自転車通勤を応援していく。一つの流れとしていきたいですね。


通勤応援 何台目だっけ?



 自転車関連のイベント、ことごとく潰れていますね。7月に行われる予定のものでさえ、すでにキャンセル。

 大陸では最も厳しい状況だった武漢が、ようやく閉鎖を説かれたらしいが、津波ではないが、第二波、第三波が心配だよね。治ったと称される人の血液を調べても、半数に抗体がない・・・とかなんとか。

 まあその辺は全くわからねど、専門家という方々にとっても、まだまだ未知なウィルスらしい。

 当初言われてきたことを反証するような症例も出てきてる・・・、もう少し慎重に対するべきなんでしょうな。

 そうそう、店主らは作業場の怪我などに気を付けよう!と店内キャンペーンをはっています。もちろん有縁の皆様も十分お気をつけください。怪我、コロナ以外の病気についても、十分注意してくださいよ。

 何かあっても、救急車が来てくれない、来てくれても受け入れてくれる病院が見つからない・・・、いろんなことが起こりえますんで、身の回りについては、ちょっと神経質か?ぐらいでちょうどいいかもしれませんね。

 最近、気をつけて手を洗っているせいか、ちょっと手の甲がカサカサだわな。油性のクリームとかつけたほうがいいのかな?このカサカサ感は子供の頃の冬の手を思い出す。

 何やら宣言が出されているようだが、都心の方はどうなんだろう?西東京市、当店周り、まあ、仕事といえばほぼ店内でやっている身からすれば、外の状況はわからない。ラジオとネットからのみ。

 意外と車は走っているようですね、そうか、電車は公共交通の利用を控える人が増えているせいかな。

 制限前と後とで、目に見える街の様相の違いはあるのだろうか?電車などは、相当ずらさないと、人の多さはさして変わらない、とも聞く。

 密閉、密集、密接の三密は控えろと言うそうだが、通勤の電車などはまさに三拍子揃っていそうで心配だね。

 そうそう上の三密に加え、政治家や官僚の「密会」や、データや客観情勢に関する「秘密」の2つも加えて、五密で勘弁してもらいたいよ。

 ピークはまだのようだし、ピーク後の第二、第三の波についても、何から何までよくわからないコロナ、これは長期戦になるというのであれば、やはり自転車でできることを、自転車で協力できることを考えて、行動しないといけないだろう。

 ということで、しばらくは通勤快速号応援、ということで、自転車通勤を意識した自転車を提案していこうか?と思いますな。

 上の、一見クロスバイク、フレームは実用車のものなんだが・・・、

DSC_9502_convert_20200410235355.jpg

 ホイールはかなり本格派の、なんと40ミリのもの、その幅だけあって、硬いよね、つまり車輪が妥協しない、車輪から力が逃げないので、フレームは多少のヨレやたわみがあっても、ホイールで走ってくれるという印象。

 ちょいと面白い、走行感、とも言える。

 DSC_9492_convert_20200410235500.jpg

 オット、銀黒の洒落たチェーンがついているねえ。前シングル、多段ながら単純化。後ろは八段、都心は意外と坂があるということでね。

 DSC_9495_convert_20200410235441.jpg

 実用車の車体に、なんかしら、ディスクブレーキをつけてみたかったんだが、それを実現。これはメカニカルといって、ワイヤーで引くもの。

 オイルで引くよりも制動力は落ちるというが、まあ効くね。雨の日なんて、無敵だろうな。

 DSC_9493_convert_20200410235451.jpg

 フロントにも、ディスクをつけている。台座はなかったが、後付で台座をねじ止めしているんだよね。使い続けると、ちょっとよれたり、ズレたりがあるかもしれないが、その都度直していこう。

 DSC_9498_convert_20200410235423.jpg

 ハンドルは、フラット。店主は手首がつかれるので、フラットハンドルに好んで乗ることはない。好みは、プロムナードかな?縦に握れるんでね。ただ、フラットのファンも多い、クロスバイクをご所望の方は、フラットがお好きだね、安心するのかな?なんでだろう?

 DSC_9499_convert_20200410235414.jpg

 まあ、ハンドルも好みの分かれるところだし、ハンドル形状が変わるだけでも車種が変わってしまうほどの影響を与えるね。

 とりあえず、この車体はフラットでまずは出していこうということで。

 DSC_9496_convert_20200410235433.jpg

 目立たせるために、革サドルなんかを使ってみたが、これはまあ、値段を下げるために、他のものに交換でもいいかな?大事なところではない、コンセプチャルにね。

 DSC_9500_convert_20200410235405.jpg

 テーマが、通勤自転車応援なので、どうしても荷物を置けるところを考えてしまう。まあこのままでもここに縛って運べるものもあるし、多少でかいのであれば、こいつに延長荷台を取り付けてやればいいわけで、この荷台自身単純に外すことも取り付けることもできる。

 このシリーズ、つまり通勤自転車応援では、基本荷物を置けるカゴや荷台のいずれかは取り付けようかと考えている。

 通勤に、リュックと考えておられる方もいるかと思うが、あと一月もしないうちに、夏日がオンパレードになるでしょう。そうなると、排熱版としての背中がリュックで覆われるのは、色んな意味で損失なんだな。

 暑くなってきたら、背中は開けよ、リュックは秋以降・・・がいいよ、ということで。

 DSC_9491_convert_20200410235510.jpg

 フレームは、多少形状から、たわむが、ホイールが固くて、しっかり進む、そして疲れすぎないんじゃないか?と。

 今後とも、続々と通勤自転車応援はやっていこうと思います・・・、よろしくね!!!

 

応援通勤自転車!



 通学通勤・・・といっても通学は暫くありそうにありませんね、となると通勤用自転車応援!ということで、チョコマカ作り始めています。といってもこの見た目はちょっと通勤というお堅いイメージからするとちょいと遊び感覚かな?とも思えなくもないが。

 まあ、でもこのポジションだとかなりの前傾がとれるんで、それなりの体力のある人は、グイグイと進んでいくでしょうね、つまり高速通勤号、とでも言いますかね。

 DSC_9408_convert_20200405220748.jpg

 前シングルで、まずはいいかな?

 DSC_9407_convert_20200405221115.jpg

 リアは多段にしています、都心に近くなると山坂は結構ありますからね。

 DSC_9411_convert_20200405220707.jpg

 泥よけなしの、オートライト、勝手に暗くなると点灯してくれます。

 DSC_9409_convert_20200405220739.jpg

 ブレーキがシートステー裏についているので、ホイールの着脱が楽になっています。

 DSC_9410_convert_20200405220729.jpg

 通常、スプロケットの対岸にバンドブレーキなんてもんが付いていて、そいつがホイールの着脱の際に、一手間かけさせてくれる、それがなくなるだけで、相当楽になる。

DSC_9413_convert_20200405220642.jpg

 そしてハンドルは、通勤自転車でブレイクさせたいとかねがね思っていた、セミドロップを使用。セミドロップは、姿勢をスポイルしないので、前傾としての走りは保証すると同時に、カジュアルなスタイルにもかなり対応するんじゃないか?と思っている。

 秋頃にツイードのジャケットにセミドロップ・・・なんて結構いいんじゃない?

DSC_9415_convert_20200405220631.jpg

 シフターは、フラット用のが付いている、1箇所から指一本でシフトアップ・ダウンができる。

 DSC_9416_convert_20200405220619.jpg

 しかし、面白い形状のフレーム・・・、オットよく見ると・・・、

DSC_9417_convert_20200405220606.jpg

 おお!懐かしのリノ。そう、リノさんの作った自転車の中で、何台かが循環してきた。本来なら、リノさんがまた再循環したい所だろうが、今は本業は大変忙しくなったようなので、当店で引き継いだ形だ。

 こいつを通勤自転車にするわけだが、これではあまりに荷物を引き受けるところがなさ過ぎる。

 よく始める人は、元気よくリュックで!というんだが、多分そんなものはあと一月したら、かなり厳しくなるんじゃないか?と思うんだがね。つまり走ると体が発熱するわけだが、その最大の放熱板が背中というんだが、そこがリュックで邪魔されると、大変なんだな。リュックにも塩の結晶が付いてしまうことにもなる。

 そうなると、やはり荷物は体から離した方がいい・・・ということになる、真冬以外は。

 DSC_9435_convert_20200405220513.jpg

 こんなものを付けてみる。低めのカゴというか、枠状の物ね。

 DSC_9436_convert_20200405220500.jpg

 荷台をつけて、その上に枠を付ける。正直この二つが付くと、軽くは無くなる・・・。ただ、

 DSC_9438_convert_20200405220449.jpg

 大きさの異なる荷物類を乗せて、ひもなどで固定できれば、様々な形の荷物も載せることができるだろう。そして・・・、

DSC_9432_convert_20200405220556.jpg

 低めの枠なので、重くはなったが、見た目は意外とスッキリして、スポーティーな外見は損なわれていない。

 こいつでちょいと高速の通勤、密閉された公共交通機関とは違って、外をこいつで風切って走る、多分だが免疫力なんかも上がるんじゃないか?な?

 準備万端・・・というよりも、常に自転車操業なのだが、出来るところからやっていかないとね。

 コロナという大山火事が今、真っ最中、このコロナの後、いくつかのことが激変していくだろう、そこへの想像力と対応力、適応力はどのように付くのだろうか?イヤすでに付いているのか?まだまだなのか?

 そんなことすら闇の中、ただかならず夜明けは来るんだ・・・!
 
 

通勤自転車 その・・・いくつか?



 シマウマのようなシロクロの自転車ができあがりました。といっても、ちょいと前に作っておいた、自転車にまた手を入れ直したということかな?

 とにかく思うままに、作って乗れる状態にしておくと、ここをこうできない?という要望を引き出せるのがいいようだ。

 最初はドロップ系のハンドルを付けていたが、それを

DSC_9351_convert_20200403221245.jpg

 もう少し、乗りやすいように、プロムナード系のハンドルに交換して、

DSC_9352_convert_20200403221235.jpg

 要望通り、カゴを付けてあげる。そのカゴも、この車体とシロクロコンセプトに合わせて、黒の低めのカゴを付ける。

 DSC_9353_convert_20200403221218.jpg

 大分、親しみやすくなって、自転車としての敷居が下がるが、センスは重視!

DSC_9354_convert_20200403221205.jpg

 通勤に大いに使うのであれば、こうしたハブダイナモのライトはうれしい。電池切れしないし、LEDなので・・・といっても色々あるが、まあすぐに切れるという事も無いだろうしね。

 DSC_9350_convert_20200403221258.jpg

 白黒自転車の内の、鋲付き黒サドル。

DSC_9349_convert_20200403221311.jpg

 黒の荷台。

 DSC_9347_convert_20200403221341.jpg

 使うところが平地ならば、シングルで十分でしょうね。

 DSC_9348_convert_20200403221322.jpg

 ちょいと傾いて、固定にも出来ますよ・・・。

 DSC_9346_convert_20200403221353.jpg

 そして乗り降りしやすい、スタッカートフレーム。

 DSC_9346_convert_20200403221353.jpg

 使い方を限定し、白黒コンセプトがいいと思う方には、かなり向いている車体といえましょう。

DSC_9345_convert_20200403221411.jpg

 どうしても自転車を組み付ける側となると、よほどの好みでない限り、見た目もさることながら、どうしても機能方面に偏ってしまう傾向がある、と思いますね。まあ、役割として、最低限走って、止まる機能という、機能を司るのがメカニックなもんで、どうしても仕事となると機能重視となってしまうのは仕方の無い事かもしれません。

 ただ、人は機能のみに乗るにあらず・・・という視点も大変重要なようで、かわいいから乗りたい、かっこいいから乗りたいという動機として、優先順位の高い方もかなりいらっしゃるということでもあると思います。

 じゃあ、センスあるのか?という質問には、胸を張るほどの物はないかもしれませんが、寄せ集めるパーツ類については、そこそこ知っているという中で、より外部のハイセンスな方々より、吸収しつつ、日々修行と勉強を重ね、精進するしかありませんね。

 しかし、全く先の見えないウィルス騒動。補償についても、マスクから、肉魚・・・、条件付き貸付、申告制支給、金額の右往左往と、まあ腹の据わっていない政策サイドなこと。

 あれは、まあ、お仲間内しか見えない決断力と、現実との乖離感覚、そしてたぶん気が小さいんだろうなあ、決断後の評判によるブレなどから、落としどころを探しているのか?狼狽えているのか?どうなってんだ?

 少なくともマスク二枚に関しては、世界の真ん中で輝いてしまったようですな・・・。某国の知人・友人連中から「お前んとこマスク二枚だってな・・・・」というからかいがアチコチで起きてしまっている、そしてメディアまで・・・。

 この災禍には外部がない・・・、自分のハエは自分で追うしかない、もちろん個人のよる自己責任なんて話ではない、自国が自国民に対してどう対処するか?ということで、災禍の程度が決まってしまうのだ。

 早く自粛要請などという形容矛盾の呼びかけなどやめて、他粛補償という観点から、早急に、早急に、回すものを回すしかないだろうと思うんだが・・・。小出しにしては引っ込めて、引っ込めてはちょっと出し方変えて、また出して・・・と、さっさとやんな・・・。

 そして、自転車屋は、通勤・通学用に、そして健康維持の一助にならんがための一台を作り上げることに精進していく次第である。
 
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター