メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

風を切る 軽量実用



 一見よくあるように見えるんだが、この佇まいはちょっとないんだな。どこか上品さが漂う一台なんだ。

 なので、迷わず・・・

 DSC_3073_convert_20190714230523.jpg

 プロムナードにしてみた。イメージ通り!

 未だに理由が分からずに、なんで走る感覚がいいのか分からない、プロムナードバー。似たようなハンドルはちまたに溢れているが、似て非なるものというのもプロムナードハンドルで。

 ちょっと上品さがあって、縦握りだかなんだか知らんが、走りにマイナスにはならない、むしろ理由が分からず、プラスになっていると感じられるんだな、不思議。

 DSC_3074_convert_20190714230539.jpg

 ブレーキをダブルピボッドにする。

 DSC_3075_convert_20190714230559.jpg

 リアはシートステーに板で取り付けた。この板も加工してもいいか・・・と。

 DSC_3076_convert_20190714230613.jpg

 バンドブレーキがないため、車輪の着脱は簡単だ。リアは最初音なりが出たために、わざわざ組み直した経緯がある、その後全く音はしないし、回転も最高となった、このハブでは。

 DSC_3077_convert_20190714230627.jpg

 BBの手入れもすんで、シングルのクランクが付く。とてもシンプルな、走って止まる意外に何の仕掛けもない一台となっている。

 DSC_3071_convert_20190714230121.jpg

 一点豪華主義と言えば、革サドルを使っているところ・・・くらいかな?ここでもって自転車自身がビシッとしまってくる印象が持てる。といって、成金趣味にも見えないでしょ?

DSC_3069_convert_20190714230047.jpg

 走って、止まることしか出来ない分、その分だけに特化しているせいか、ずっと乗っていたくなる一台・・・といえるかもな。

 もちろん街乗りなんだが、街乗り以上・・・といっておこうか。

 後は、籐風のカゴを付けるもよし、一本足スタンドを付けるもよしだが、それらはオプションとしましょうか。

 走りとおしゃれがちょっと同居する、シンプルな一台、どうかな?
 
スポンサーサイト

モゼール デュラエース 鉄



 フレンチェスコ・モゼールといえば、ディスクホイールで始めて、アワーレコード(1時間内で距離を競う)を50キロ台似乗せた、イタリアのチャンピオンの名前であります。

 選手の名前を冠したフレームは他にも、エディ・メルクス、ジオス、フォンドリエストなどありますが、このモゼールも偉大な選手名から取られています。
 
 このモゼールのクロモリフレームに付いているのが、7400時代のデュラエース。

 DSC_2976_convert_20190708221053.jpg

 なかなか状態もいいですね、これはシュパーブプロもそうでしたが、内部にデカイスプリングのない形式をとっています。

 DSC_2972_convert_20190708221031.jpg

 今のフロントディレーラーの剛性から比べると、劣るところはありますが、まあよく出来ているといえるでしょうね。

 DSC_2971_convert_20190708221015.jpg

 男ギア中の男ギア。52*42でかくて踏めないというのは、選手レベルの回転数でいうとの話で、実は、回らなくなった足には、意外とこのくらいでいいのかも・・・と、最近思うようにもなった。後はスプロケのほうの調整・・・カナ?でもあまりデカイとこの頃のディレーラーでは扱えなくもなる、難しい問題と言えば、難しい。

 あとこのBBはJISなんで、楽ですわ。先日のISOで大変苦労したことを思えば、天国ですね。

 DSC_2962_convert_20190708220855.jpg

 癖ありのSTI、これとは先のリアディレーラーとしか相性が合わない。こいつはまだ現役で使えますね。シフトもブレーキも全く問題なしであります。

 DSC_2969_convert_20190708220948.jpg

 普通に使うなら、これでもいいかな?昨今の効くブレーキを手にしてしまうと、物足りなさは確かにありますが・・・。でも当時この効きを始めて体験した時には、正直驚いた記憶があります。それまでのブレーキって一体何だったんだ?と。

 先ほども30年以上前の車体の持ち込みがありましたが、ブレーキのききの悪さに持ち主の方は驚いていましたね。そりゃそうでしょう、最近のブレーキのききを基準に考えれば、かつてのブレーキは制動というより、減速機・・・レベルのものでしたから。

 DSC_2956_convert_20190708220827.jpg

 組んでいて思い出したのが、当時のコンポというのはまさに統一コンポで、隅々まで統一されていました。

DSC_2964_convert_20190708220904.jpg

 ヘッドパーツもこのように統一。しかもそれらすべてに手抜きがない。

DSC_2952_convert_20190708220756.jpg

 手組のホイールだって、そのハブは統一コンポでありました。

DSC_2955_convert_20190708220816.jpg

 よく出来ていますわ。この頃の鉄のデュラエースが耐久性にも一番優れていたんじゃないか?と思いますね。これは32ホールですが、この手で36ホール、定番のリムで組んだホイールが一番トラブルフリーなんじゃないか?といまでも思えてしまいます。

 DSC_2953_convert_20190708220806.jpg

 このリムはアンブロシオの今は絶滅しました、黒のエクスカージョン、ブレーキの当たりの所も黒で、なんともクロヒョウ的な精悍な感じが好きなリムなんですが、もう終了ということで、非常に惜しいですね・・・。後数本しか残っていませんが・・・。

 DSC_2961_convert_20190708220845.jpg

 ハンドルは昔ながらの丸ハンです。今では探すのが難しい、浅曲がりの丸ハンはありますがねえ・・・。

 DSC_2967_convert_20190708220926.jpg

 ピラーまでが統一コンポだった時代・・・、もう遠くなりにけりですな。

DSC_2959_convert_20190708220836.jpg

 メッキのクロモリフォーク。安心できます、下りのコーナー・・・。

 DSC_2974_convert_20190708221042.jpg

 そして、真銀のチェーンを結びましたとさ。

 DSC_2949_convert_20190708220746.jpg

 540のクロモリフレーム。実にいい乗り味です。店主が乗りたいくらい・・・。持っているのもいいが、乗ってもらいたいですね、自転車は乗ってナンボ・・・、見てるだけじゃあもったいない。

 一時代を築いた正真正銘のレーサーです。

こんどはこれだ!



 省いた自転車は快走出来る。あとポジションね。

 1馬力ない人間の力を有効に使えるようなポジションにすると、また驚くほど走ります。

 省きとポジション、これが快走車への道なのであります。

DSC_2881_convert_20190707213720.jpg

 コイツを700Cにしたらそりゃすごいんだが、泥よけ取るだけでも違うよー。泥よけって、フロントのものは進行方向に向けて付いている。ヨットが進行方向に垂直に帆をつけたら進みませんよね。

 DSC_2884_convert_20190707213731.jpg

 フラット系のハンドルにすると、多少上体が前傾いたします。そこがポイントなんだな。ところが店主の嫌いでないプロムナードハンドル、あれは前傾とはちょっと違うが、なぜか進む・・・、不思議。

 DSC_2886_convert_20190707213752.jpg

 チェーンカバーなし。ちょっと裾系に気をつけてもらえば、これでいいんですねえ。じゃあ、スカートの人は?

 ウーン・・・乗るなとは言いませんが、軽くジョギングする、または健康のためウォーキングをするなんて時は、それなりの靴とそれなりのズボン履きますよね。

 スカートに前掛けのまま走れるというのが、実用車なんだろうが、まあそれよりも少しだけのる事の意識をあげていただければ幸いなんだよな。


 DSC_2887_convert_20190707213801.jpg

 毎度おなじみの、チェーンステーしたの、取り付けブレーキです。板は加工しないまま・・・、まあ経費を抑えるため・・・。ブレーキ派がここに移ることで、ホイールの着脱がものすごく楽になります。

 自分でタイヤ交換、チューブ交換、パンク修理が楽に出来るようになります。

DSC_2889_convert_20190707213814.jpg

 見えにくいが、対岸にもコグがある。という事は、そう、ダブルコグなんですね。

 何の意味があるか?手前のコグが実は固定ギアなんです。固定ギア者を体験したい人、何もピスト車を購入しなくてもいいんだよ、コイツでためしてみて、面白ければ、深めればいい。

 もちろんホイールをひっくり返すと普通のフリーのギアになりますんで・・・、でも固定を体験してもらいたい人向けに、やっています。
 試乗はもちろん受け付けます!

DSC_2891_convert_20190707213825.jpg

 普通は外すんだが、なぜかコイツのは取っておくことに。軽量に拘るなら外せばいい。意外と便利かも・・・なんて日和ってみる。

 DSC_2885_convert_20190707213742.jpg

 ここは妥協出来ませんので、ちゃんとしたピラーとサドルをつけました。

DSC_2879_convert_20190707213706.jpg

 いつもながら走ります!もっと世間様に知らしめてもいい車体かと思いますね。はじめて乗る人が、驚きますもん。

 なんで?これって、ママチャリ?マジで?ってなもんです。

 はい、もとは実用車です、いらないもの省いて、ポジション出しをすると、自転車はここまで変身いたします!

 未体験の方は、一度試乗を!ちょっと世界が変わる、という体験です、是非に!

 18000円也!

シンプルにやってみる 原点かも・・・



 外すもん外して作ってしまった・・・。
 
 もとは実用車でありますよ、分かる人には分かるはず。

 DSC_2829_convert_20190703213826.jpg

  ホイールはそのまんまで、どこかにスゴイ手を入れたわけではない。今から十年くらい前かな?最初に改造実用車で、パパチャリとかいうもを作った時と大体同じものができたかな?

 DSC_2828_convert_20190703213816.jpg

 ギアなしで、フラットハンドル。本当シンプルだよね。

DSC_2830_convert_20190703213835.jpg

 いらないチェーンカバー外して、チェーンはむき出し、管理が楽だよね。後は靴下にズボンの裾を入れればよし、ソフト対応で十分だ。
 DSC_2832_convert_20190703213853.jpg

 リアはフリーでシングル。単純!単純!

DSC_2833_convert_20190703213904.jpg

 バンドブレーキも外してしまった、これだけで、後輪を外すのが簡単になる、素人でもタイヤ交換チューブ交換が、自分で楽々にできるという訳ね。自分の自転車としてかなり踏み込めるわけだ。

 でブレーキがない・・・というのも困るので、

DSC_2831_convert_20190703213844.jpg

 チェーンステーの裏側に、キャリパーブレーキをつけておいた。これもホイールの着脱を全く邪魔しない。自分で一通りやりたいという人にも向いているでしょうね。

 大いにやってください。

 DSC_2834_convert_20190703213913.jpg

 走ることに対していらないものを外してみると、かなり軽くなります。そして、走りは絶対に犠牲にしたくはない、ということで、エンジンである人体と、車体を直に位置づける最も重要なパーツ、サドル高をちゃんと確保できるように、作っています。

 なので、体に合わせてサドルをセッティングすると、驚くよ・・・。

 これがもとママチャリなの?あの便利だが、中途半端で鈍重な妥協の産物にすぎなかった、自転車だったの?とね。

 DSC_2826_convert_20190703213801.jpg

 と、相当驚くこと請け合いであります。

 一定の身長のある人でももちろん大丈夫、この軽さとサドルのセッティングの潜在性があれば、この辺を走るならシングルでも十分です。むしろクランクをもっとデカイのに出来ませんか?なんて来るかもしれませんね。

 さーて、もちろん販売いたします!
  
 今まであまり当ブログでは値段を露骨に出すことはしませんでしたが、今後は差し支えのないものから、値段の公表を当ブログ内でやっていこうと思います。

 この一台、試乗も可能で、税抜き18000円なり!現状引き渡しとなりますので、実際に試乗してみて、決めてみてください。

 まあ、この手は色々乗ってきたが、さすがに原点、店主が欲しくなったくらい・・・です!

そう来たか・・・ まずはの第一号・・・だな



 スタッカートで、曲線。実用車によくあるパターンなんだが、こいつを見て、そう来たかと思わせるのは、やはりハンドルの選択だろうなあ。まさか、それを選ぶとはねえ・・・。

 DSC_2407_convert_20190610220946.jpg

 ドロップでやるかねえ・・・、店主は考えつかなかったなあ。

 DSC_2408_convert_20190610220955.jpg
 この角度から見ると分かるのは、こいつただのドロップというより、左右に開いているので、ツーリング車に突いている羊型のドロップか、深めのセミドロップといった所なんだが。

 店内にあった、なにを目的に仕入れたのかおぼえていないが、見つけられ、今回表舞台に引っ張り出されたわけだ。ブレーキはエイドものが付いている。

 乗ってみると、下ハンも捨てがたいんであります。ただ下ハン用のブレーキがないんで、よほど安全確認が出来るところ以外は、握って走り続けることが出来ない。

 提案としては、下ハン用のカマキリブレーキ?タガメブレーキだっけ?でもつけていいんじゃないか?なんても思うが、まあデビュー作でもあるので、まずは原型にて紹介しようかな。

 
DSC_2409_convert_20190610221006.jpg

 ハブダイナモの付いている700Cのホイールを選択。形の良いライトが見つかれば、採用したい・・・が、いいのがあるかな?

 DSC_2410_convert_20190610221018.jpg

 46のシンプル系のクランクを選択。実用車改造には、予算としてはもってこいだね、拘りたい人には・・・まあ競輪クランクはさすがにもったいないと思うが・・・、もう少し筋金入りのものでもいいかもしれないね。

 DSC_2411_convert_20190610221029.jpg

 そしてシングル固定を選択。このデビュー作前に、自分の自転車も固定化して、何かと具合がいいらしい、楽しいみたいだな。そんな経験を自分だけでなく、他の人にもお裾分け・・・という所なんだろうな。

 DSC_2412_convert_20190610221040.jpg

 板ブレーキで、下からワイヤー、もう定番だな。

 DSC_2413_convert_20190610221050.jpg

 ポジションということを理解すると、これは妥協できなくなる。サドルとペダルの距離は大事だよね。

 DSC_2406_convert_20190610220931.jpg

 最初にしては、素晴らしいできだと思うぞ。今まで見たことのない、なんとも分類できない、美しい自転車に仕上がったじゃないか・・・。

 まさか、曲線のスタッカートにセミ系ドロップを使うとはねえ・・・。

 ということで、デビュー戦を果たしました、いいスタートだと思う。

 DSC_2402_convert_20190610220915.jpg

 もちろん当店もそうだが、先行き過ぎると、全く受けないこともあるが、最初の一台としては、今後の展開を深慮させるに十分な作品だと思うよ。

 二台目以降が楽しみだね、よろしくな!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター