メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

パーツ不足の中を ついに完成!!!



 コイツはカーボン車体で、元々はタイムトライアル車として組まれていた車体でありました。

 これをなんとシングル固定に変えてしまい、再出発を図ろうということで、組み付けた車体でありますよ。

DSC_7465_convert_20210516223128.jpg

 スペインだったか、オルベアというメーカーで、確かオルカと言うような車体が一時大変目に付いたメーカーでもありますね。

 察しは着くと思いますが、フルカーボンなので、大丈夫か?と思うくらい軽いです。遠目に見てガチのトラックピスト車にも一見は見えますが、コイツは街道用として組み上げました。

 DSC_7453_convert_20210516222954.jpg

 その証拠にブレーキを前後につけています。

DSC_7454_convert_20210516223004.jpg

 しかもデュラエースの効きのいいやつが付いています。元々タイムトライアル車体だったんで、この辺は当たり前につきますね。

 問題はブレーキレバーだったんですわ。できれば変なものは付けたくはない、バランス上ね。なので、テクニカルサポート店とすれば、是非ともTRPのエアロブレーキレバーを取り付けたかったんでありますわ。

 ところが、欠品続きの世の中・・・。まずは正統路線をつついて・・・次はいつ出せるかわからない・・・という返事。日本の他の代理店といえば、あさひか読売かサッポロか?というところ。早速取引申請し、取引開始!というその初日に、長期欠品ということを思い知らされる・・・。

 マジでないんだね・・・。メジャーなメーカーとはいえないため、それは大量在庫はしていないだろうことはわかっていたが、まあ、この有様だ・・・。

 そうすると、あれしかないかな?かつて1p、いくらと聞いて、意外とメーカーの割には安いなあと、4ペア発注したんだが・・・届いてみたら2ペアしか入っていない・・・。

 代理店が間違いたな、ということであと2ペア急ぎでないので送ってね、といったら帰ってきた答えに驚いた。

 あのー・・・、1pってペアじゃなくて、ピースなんですど・・・。

 ・・・・・・・・・。はあ?

 エエ・・・、そういうことなんで、今回はこれで間違いありません。

 あのなあ・・・、あんたらは確かオートバイのパーツ売専門だったかもしれない、そこが自転車パーツを売り始めたことから来る誤解かもしれないが、自転車界ではブレーキレバーはペア売りだぞ!何がピース売りだ!

 そんなわけでどうも、あのメーカーにしては安いというのは半額だったというオチだったというわけだ。なので、当分見るのもやだったブレーキレバーだったんだが、かつてビッグボーイとかいうキャノンデールのヤンチャ系を改造した時にワンペア出したことがあった、ということは、もうワンペアがどこかにあったはず、こういうときでないともう出番はなさそうだ・・・。

 DSC_7456_convert_20210516223014.jpg

 ホイ!パーツ収納箱から出ておいで!ということで、久々に日の目を見ただろう?

DSC_7458_convert_20210516223026.jpg

 コイツもフルカーボンだったか?たしかに軽いし、握りも悪くはない、値段・・・だけのことはある。

 はい、もうこれで列記として街道ピストとしてデビューできるぞ!コロナ禍で高速通勤をとんがってピスト車体でやりたいという人いませんか?

 DSC_7461_convert_20210516223046.jpg

 50ミリハイトのカーボンクリンチャーリムを取り寄せ手組みしたホイールが前後に付いている。

DSC_7464_convert_20210516223116.jpg

 ハブ派のバッテックのシールドベアリングもの、よく回るし意外とタフなんだぞ!タンデム練習機用のホイールをこれで組んだがビクともしなかった。

 DSC_7462_convert_20210516223055.jpg
 
 そしてクランクはこれもデュラエース165ミリもののクランクだよ、チェーンリンクを50tに交換してある、薄歯用だが柿の種のように中空でもシッカリ作らている。

 DSC_7463_convert_20210516223106.jpg

 通常はダブル用なんだが、インナーは外してある、勿論。

 で、コイツの特典は、もう一つ。このクランクにインナーを取り付けて・・・、後輪を多段に交換して、

DSC_7468_convert_20210516223153.jpg

 残っているハンガーにリアディレーラーを取り付け、

DSC_7469_convert_20210516223206.jpg

 この台座にフロントディレーラーを取り付ければ、かなりいいスペックのロード車体に変身させることもできる!!!ということなのね。

 一台で二度美味しいというやつだな。

 DSC_7466_convert_20210516223139.jpg

 ハンドル交換もしやすい形式だし、乗っても、いじっても楽しい、車体ということがいえるな。

 DSC_7452_convert_20210516222944.jpg

 このピラーあたりが唯一・・・、エアロ形状でもとタイムトライアル車体であることが忍ばれるが、そこそこ知識のある人が、数分間あれ?何だコレりゃ?と混乱するかもしれないところも面白い。

 DSC_7448_convert_20210516222934.jpg

 これ一台あれば、あとカラダひとつで、食いもんと休息があればどこまで行けるんだぜ!しかも高速でね。税金も燃料代もかからずね。自由に走ってほしいね!
スポンサーサイト



あの謎すぎるコンポが素敵にクソすぎた話!



 あの先日公表しました第五の選択?あの謎の黒コンポだったセンサーがかなり一般化してきた中で、さらにその奥にいた謎すぎる黒コンポについて、紹介したんだが・・・。

 そもそもパーツ単体で紹介しても、余り意味がない、実際に組み付けてどうか?ということが本来だからね。

 なわけで、売り物も増やさないとということで、実際の完成車につけてみた。

 フレームは総メッキ。あのズノウの復刻版、多分・・・たぶん今、日本全国広しといえども、多分・・・当店しかないんじゃない?詳細はまあいずれ、もしかして係争中かもしれないので。


 DSC_7016_convert_20210425192359.jpg

 10速コンポなんだが、実際組みやすかった。かつてはシマノ、カンパの専売のようなシフトとディレーラーの組み合わせだが、スラムが出て、センサーが出てきた今、その第五、またもしかして第六、第七となっていくと、もう大手の専売ではなくなってきているのかも、と思えるようになった。

 稚拙だが、ディレーラーなんかを作るメーカーも相当出てきているんでね・・・。

 DSC_7017_convert_20210425192408.jpg

 このクランクは良さそうだ、ローターのパクリ系なんだが・・・、もしかしてOEMで作っている工場だったりしてね。

 DSC_7019_convert_20210425192417.jpg

 センサーはフロントメカに、苦手意識があるのか?それがスラムからきている流れなのかは別として・・・、この謎過ぎるコンポはフロントメカに余り苦手意識がなさそうだ。

 DSC_7022_convert_20210425192427.jpg

 まあ黒のコンポなんで、コイツにはカンパポテンザなんてものを付けてやった。

 DSC_7023_convert_20210425192435.jpg

 まあ、こいつらは他のどんなコンポにも合うといえば合う・・・かもね。

 DSC_7026_convert_20210425192445.jpg

 で、エルゴそっくりのこのシフター、ブレーキの引きもよく、この形状なら、古めの鉄フレームの自転車を手元変速したいという希望があれば、うまく行けば使えるかもなあ・・・と言う下心があったんだが・・・。

DSC_7028_convert_20210425192453.jpg

 それが、一つシフトアップに対して、クソすぎる問題が持ち上がった・・・。もうどうしようもないような、クソ的な問題・・・、もうトホホしかないなあ。

 大体パクるなら、ちゃんとパクって怒られて、和解してなんぼじゃないのか?この程度のパクリなら、いないほうがマシ!とでも言い切っていいかな?とも思えなくもない・・・。

 なんだよ、全く・・・というものだ。

DSC_7030_convert_20210425192502.jpg

 ブラケットを上から掴んだポジションだと、シフトアップもダウンも自由自在にできる、これ当たり前か・・・。

 ところが、クソすぎるのはここからね・・・なんと、

DSC_7032_convert_20210425192515.jpg

 下ハンから握ると、シフトダウンはできるんだが、どう伸ばしても、親指がシフトのスイッチの届かない・・・つまり、下ハンからシフトアップができない!!!!!!というクソすぎる条件なんであります。

 下りで踏み込もうとする時、下ハンからシフトアップができないなんて・・・クソ以外何者でもないでしょ?そうなんです、このシフターはクソなんであります!!!

 そう、数世代前のソラと一緒ですね・・・・、何だよ、ガックリという作り。これじゃあ、まあレースでに使えないね、ツーリング車・・・ぐらいだわ。

 まあそれでいいなら、それなりに・・・かもしれないが。

 もう少し詰めてからパクれよ!もうこの位置でいいから、レバーだけもう少し後ろに伸ばして、親指の先ぐらいはかかるようにするとかできるだろう!

 とまあ、でも、これはこれなりの使い方はできそうだ、すべての自転車乗りが、下りを攻めているわけでもないんでね。

 DSC_7012_convert_20210425192349.jpg

 まあ、見た目は、鉄フレームを崩さないので、もう少しどうにかなるかもしれないね・・・。ただ、シフトの感じや、ブレーキの引きなどは、決して悪くはない。むしろセンサーよりもいいかも・・・とすら思えるくらいの出来だ・・・。

 世界的品薄の中で、どこがまた第何次かの覇権を取るか走らんが、この辺が台風の・・・というか旋風の程度かもしれないが、目になるかもしれない。

 そういう意味で、春秋戦国時代に入ったのかもしれないね。そうした状況については、当店は弱くはない・・・、やってやろうじゃないの!

最後のFUJI バラクーダだよ!



 元はFUJIの名車バラクーダなのであります。といっても、そろそろ十年経ちますかね。

 当初もカーボン車が主流になっていたと思いますが、その中で、アルミの復権ということで、逆張りコンビ、今はロックバイクスを主催していますが、当時FUJIの若手ホープの二人が企画した、画期的なロードレーサーだったわけであります。

 期待したわー、思わず展示会で6台くらい発注したと思いますよ。

 ところが、2つの不幸に見舞われた。あの3.11が起きて、そのシーズンのレースがほぼキャンセルになったこと。と、よくある生産の遅延でもって、当初の計画は木っ端微塵となったわけでありますな。

 いい車体だと思います、その後も少し改良されたり、コンポを下げて中級クラスを作ったりとあったんですが、最初の不幸が祟ったのか?余りパッとしない中で、消えていった幻の名車なのであります。

 それにまた、凝った仕掛け打ちの塗をしたわけで、今に至る、というわけなのだ。

DSC_5933_convert_20210225213510.jpg

 青と黒のツートーン。手触りもわざと残した塗。

DSC_5934_convert_20210225213502.jpg

 触るとザラッとします。

DSC_5935_convert_20210225213452.jpg

 これにクリアをかけては研ぎ、かけては研ぎを繰り返すと、平面になりまるでレジンに閉じ込めたような感じになる、そういう見せ方もありでしたがね。

 DSC_5936_convert_20210225213441.jpg

 元は、ポリッシュ系でしたね、でもポリッシュ状態で出したバラクーダは、ほぼ一台くらいか?あとは皆色をかけたり仕掛けをしたりで、一体何台売ったかな?

 で、とうとうコイツが最後になりました。

 DSC_5930_convert_20210225213536.jpg

 57の105が基本付いています。まあ、不足はないよね別に。

DSC_5931_convert_20210225213527.jpg

 10速だし、全く不自由はありませんわね。

DSC_5932_convert_20210225213518.jpg

 ホイールは手で組んだもの。回転のいいハブが手に入りまして、そいつで組みましたよ、黒リムで。

DSC_5927_convert_20210225213545.jpg

 これがいつの間にか擬似クラシックになることもないかもしれない。アルミの雄としてね。でもまあ、しっかり街道を走るのもありだし、コンポやホイールを変えれば、まだまだ最前線の現役レーサーとしても使用はできるでしょう。

 というわけで、十年後にはほぼプレミアもんになるやもしれないFUJIバラクーダ、といっても街道で乗ってやるのに越したことはないでしょうな。

たぶん完成形?カーボン車体



 こんな車体を預かりました。当店にしては珍しい、フルカーボンのレーサーです。

DSC_5871_convert_20210223215119.jpg

 ダッコルディというイタリアのメーカーですかね。かつて、このメーカーの鉄フレームを扱ったことがあった。暑かったというか、フレームを預けられて、確かピスト系のシングルに組み付けたような記憶がある。

071226hon_convert_20210224090250.jpg

 あった、あった!これだわな。今を去る13年前のこと。店も今の店舗から遡ること三店舗前、今は無き阿佐ヶ谷団地の一画でやっていた頃の話であるな。

 確か、関戸橋で購入してきたものを持てこられたような記憶がある。見るにピストブームの真っ最中、シングル、固定ばやりだった、当然ピストフレーム自身が足りなくなり、ロードエンドのロードフレームから何から何まで、固定シングル化の要請が多かった。

 シングルのハブもまた品薄で、ボスフリー用のハブなども利用して組み付けていたっけね。

 しかしセンスのいい鉄フレームだな。

 DSC_5872_convert_20210223215110.jpg

 同じダッコルディでも、こちらはデダのフルカーボンににているなあ、と個人的には思ってしまった。

DSC_5885_convert_20210223214957.jpg

 ヘッド周りの剛性もあり、

DSC_5887_convert_20210223214939.jpg

 BB回りの剛性もあり、ある意味いうことないんじゃない?とも思う。

DSC_5886_convert_20210223214949.jpg

 一見、アルミフレームのカーボンバック?と思いきや、これはフルカーボンフレームなので、一体成型もんじゃないことはわかりますね。

 なんかこうして分けるには理由があったのかな?ここは接着者だよね。

 で、乗ってみると、過不足はない。好みの問題は別に、集団内での四十キロ走行なんかは問題なくできるだろう、という乗り味。そしてそこからまた駈けられるんだろうなあ、という予感はある。

 DSC_5873_convert_20210223215100.jpg

 付いているコンポはふた昔前のアルテグラ10速時代のもの、アルテグラSLという、ちょっと高級バージョンのもの。ということは、この車体自体は十年ちょっと前のものであることがいえますが。

 DSC_5874_convert_20210223215050.jpg

 勿論変速効率には全く問題はない。強いていえば・・・、

DSC_5879_convert_20210223215024.jpg

 昨今のものよりブレーキの効きは少し劣るかな?という程度でしょう。

 あとフレームに関して言うと、好みの問題は別として、もうほぼこの頃からロードレーサーのカーボン仕様というのは決まっていたんじゃないか?という気すらしますね。

 この後でてきた、FUJIのSSTなんかももう十年近く前のものですが、まあ完成度は高かった。

 ということは・・・。もうカーボンフレーム自体を理屈付けて改良していくということに限界があったんじゃないか?なんて邪推もできますね。

 あとはデザインとブランド力?と言っても、コルナゴもデローザもなんか余り違いが見えなくなってきたぞーどうする?なんてところに、業界が行き詰まったのかもしれないね。

 なら、いっそう、いつ部機構を変えちゃわない?ということで、ディスクブレーキが登場してきたんじゃないか?なんて、これまた邪推してしまいます。

 ディスクブレーキにすれば、フレームを変えないといけません。ホイールだって変えないといけませんよね、クイックからスルーアクスルにしないといけません、タイヤもまた変えないとねえ・・・とまあ、需要を喚起しますよね。

 勿論性能も上がるんだろうから、それ自体は問題ないんじゃないか?とも・・・。

DSC_5877_convert_20210223215032.jpg

 ホイールが堅実なんですねえ、ここが唯一時代を感じさせてくれます。マビック、オープンプロ!いまアメヤから入手できるのかな?

 DSC_5875_convert_20210223215041.jpg

 ハブはデュラエース、最強だよね。メンテしながらだったら、一体何万キロ走るんだい?というくらいよくできていますな。

 DSC_5881_convert_20210223215015.jpg

 練習用ホイールとすれば、地味だがトラブルフリーで持ってこいといえば、持ってこいだろうね。

DSC_5883_convert_20210223215006.jpg

 カーボンピラーも、最初、もう随分前だが取り替えた時、一瞬サス?なんてちょっと思ったことがあった。

DSC_5867_convert_20210223215128.jpg

 練習にも、レースにも使える、本気のレーサーでありますわ。試乗したい方、募集と行きましょう!
 

メッキズノウ!



 やっぱり肉眼とカメラ、写真とは大部違いますな。西日に光るメッキズノウを狙って、見た目は確かにそう写ったように見えたんだが、こうして見ると、全く狙いが外れている・・・。

 まいいか。

 復刻ズノウフレームにフルメッキがかかっている完成車なのであります。

DSC_5831_convert_20210219233847.jpg

 メッキなんだが、説明抜きでメッキには見えないね。なんかブルーキャンディーでもかけたように見える。まあ、写真家じゃないんで、これにて勘弁。

 言葉による説明だと、ズノウという大阪の名車なんだが、コイツが色々あって復刻したフレームが出てきたわけだ、それにメッキをかけて、どうせなら、全てメッキ調でやっちまえ!ということで組み上げたのがこれ。

 DSC_5832_convert_20210219233838.jpg

 ホイールもポリッシュのディープでやってます、ハブも勿論シルバーなんだが、これじゃなんだかわからない。

 DSC_5829_convert_20210219233906.jpg

 105の最新版、これはあのガリガリ君レベルの太さなんだが、そのシルバーを磨いてみた。イメージ以上に、鉄フレームにあってしまったよ。

 DSC_5830_convert_20210219233857.jpg

 リアディレーラーも105なんだが、これも一見出処わからなくなっている。

 DSC_5835_convert_20210219233821.jpg

 ステムもスレッドで、これもデダもんを磨いたもの、手はかかっているね。

 DSC_5833_convert_20210219233830.jpg

 バーテープもポリッシュ、やり過ぎという説もなくはないが、まあやるならここまで・・・という感じでやってみたわ。

 DSC_5825_convert_20210219233916.jpg

 と、まあ、訥々と説明を受けると、何かそれなりに見えてきたかしら?これは復刻ズノウのオールメッキ、オールポリッシュ磨きバージョン、というわけなのであります!

 そして乗り味は、とある選手の足によると、大変いい!ということでした。平レースなら、これでカーボンの連中に勝てますよ!とまで言っていた。本当に自転車がいいのか、やつがタダの自信家なのか?わからんが、まあ、一定の足のあるやつが褒めていた、ということは事実としてあげておきます。

 サイズ530!一台のみだよ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター