メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

小径とて舐めたらいかんよ



 なぜか知らんが、この手の車体がポツンポツンと当店を通過していくんです。

317752060_5754786764600444_6989058099881346177_n_convert_20221207200425.jpg

 なんとビアンキ小径・・・、なんでだろう?どちらかというとおしゃれ車体に属するこの手のものが、出ていったら、またポツンと入ってきては、また出ていく。

 318331889_5754786897933764_3857215928838443778_n_convert_20221207201101.jpg

 ビアンキのトレードカラーである、チェレステブルーなんだが、これも時代や車体や工場?によってかなりのばらつきがある。やはり、鮮やかの逆のすえたチェレステ、くすむちょい手前ぐらいのチェレステがいいね。

 コイツもその手の色としては良い方だと思うね。

 318159886_5754803671265420_3136477479611791903_n_convert_20221207200511.jpg

 そして、やはりこの手にはドロップを付けてしまう。ちょっとしたツーリング以上の走りができるんでね。小径と言っても、ミニベロはかなり走ると言っていいね。

318346601_5754804057932048_3683939387341337616_n_convert_20221207200527.jpg

 ドロップと言ってもちょいと裾野が広がっているやつ、フロントバッグを置いても下ハンが握れるように、少しひろがている。伝統的なツーリングドロップハンドルである、ちょっと出のグラベルなんちゃらとはだいぶ違う。

 318321876_5754804314598689_2853390686605153719_n_convert_20221207200548.jpg

 シフターはバーコン、なので、段数等の制限がゆるい。

317558326_5754781727934281_881289250976909382_n_convert_20221207200612.jpg

 リア多段、8速かな。街道では十分でしょうな。

318603784_5754781904600930_7000882865273390082_n_convert_20221207200647.jpg

 このクランクだけは、元々付いていたものかな?この辺もアウターインナーの二枚にしたら、格が上がるが、その分値も上がってしまうので、今回はこのまま。

 この車体の実力が分かって、より遠出をしたくなったら、そうした改造をやるのもよしだ。

 318211538_5754804297932024_4263642994988584578_n_convert_20221207201211.jpg

 ホイールは20インチのHEなので、太さの種類は多い。

 318511943_5754786964600424_293023664513720411_n_convert_20221207201233.jpg

 ブレーキはカンチだが、調整しやすいし、そこそこ効くから暫くこれでいいだろうね。荷物を載せて長距離を突っ走るようにでもなったらショートVに交換してもいいかもしれないね。

 318452332_5754804487932005_8271711224892410594_n_convert_20221207201121.jpg

 サドルの伸びるし、高身長の人でも対応は可能です。

317868334_5754781491267638_1845942236415490264_n_convert_20221207200405.jpg

 試乗したら、一発で分かる、そこそこ走る小径車、ミニベロなのであります。

 試乗したい方、募集します。小回りも効くし、ちょっとした距離などすぐに乗りこなせるでしょう・・・な。

スポンサーサイト



固定に乗ってみない?



 もってこいの固定ができたぜ!

 318336058_5749130808499373_5541899970192248504_n_convert_20221205221159.jpg

 トップチューブが曲がっているが、これは正面衝突してできたものでなく、最初からこういう形なのだ!

 318334439_5749128731832914_2796782743683593723_n_convert_20221205221036.jpg

 ハブダイナモなんで、街道上では非常に便利なのだ。もちろん、

317933492_5749129251832862_2949753271029341202_n_convert_20221205221052.jpg

 ライト付きなので、日の短くなった今頃からは非常に役に立ちます。何故って、電池や充電の手間がかからない、LEDが壊れない限り、延々使えるという優れもの。

 318424565_5749129661832821_4964487444555162828_n_convert_20221205221109.jpg

 前シングルで、チェーンガードが二重に付いている、だから何だ?というもんだが。ズボンの裾を締めずに済みます。

317890870_5749130121832775_6943961096204720891_n_convert_20221205221126.jpg

 そして何を思ったのか?固定ギアで仕上げました。通常の街道自転車を固定にする意味は?というのは物好きだから。と同時に、通常使いしながら、自転車に近づくため・・・。ペダリングを自転車から習うため、オートマよりもマニュアルが好きな人のため・・・、理由は色々ありますがね。

 このハブをよくよく見るとだな、

317954468_5749130378499416_1004018804628777426_n_convert_20221205221143.jpg

 固定専用ではない・・・、なので、シングルフリーに交換することもできる、これは当たり前なんだが・・・。ちょっと手間をかければ、多段のボスフリーに戻すこともできるだろうね・・・。

 スペーサーを移動して、ホイールのセンター出しをして・・・などかなり大変だがなんとかなりそうだ。

 そういう意味で、変幻自在の基体ではありますな。

318230423_5749128415166279_6629089452608262369_n_convert_20221205221019.jpg

 今回は、この少ししなったフラットバーを付けています。店主もこのくらいなら許容はんいかな?ガチのフラットバーでは十五分持たないんだが・・・。

 318001171_5749128135166307_3285407192905653272_n_convert_20221205220955.jpg

 とにかく、シンプル!シンプルなんです。車体がシンプルだけに、乗り手のセンスが問われます!!!!とか言うとプレッシャーかな?

 トラブルも起こりにくいし、盗難もされにくいし、なんかポリシーなんかもありそうだ・・・。こういう車体を求めていた!という人物は多くはないかも知れないが、必ずいる!

 そういう人向きのピリッとした一台です!

 試乗してみなされ!

オヤジエスケイプ号のはずだったんだが・・・



 マーリンのフレームが入ってきて、日常からオヤジたちが逃げるための自転車を作ろう、ということで組んだんだが。

 よくよく見ると青年エスケイプ号でもあるなあ・・・ということで、再確認しよう!

317080680_5732896646789456_5498677540008236483_n_convert_20221129220025.jpg

 フレームはアルミで、フォークがカーボン。まあ、よろしい。

316679612_5732896770122777_5946275223751236832_n_convert_20221129220042.jpg

 ラジアルタイヤをはかせてみた。ダートも行きたければいけばよし。ただし!

317449266_5732896720122782_7191064846802841193_n_convert_20221129220059.jpg

 ディスクブレーキではなく、前後ともにVブレーキでよろしい。

316544060_5732896373456150_2959098807319253982_n_convert_20221129221954.jpg

 クランクもちょっと今風のホローテックもの、二枚です。

316959414_5732896220122832_4469838348296756322_n_convert_20221129215842.jpg

 105レベルのものでちょいとまとまっていて、不足はないね、まったく。そしてシフターは・・・というと、

316955078_5732896580122796_6050161460562260417_n_convert_20221129215957.jpg

 このドロップハンドルにエアロブレーキレバーが付いて、バーコンという形式でのシフターであります。

317082770_5732896313456156_6071652312046579387_n_convert_20221129215912.jpg

 バーコンというのは、バーエンドコントロールの略で、ドロップハンドルの先に埋め込む形式のもの、仕組みが単純なものなので、壊れにくいね。

 ただ、この位置についていると、自転車が倒れたり、落車した時、アチコチにぶつかり壊れる可能性も低くはない、という弱点もある、ということは憶えておいていいだろうね。なので倒さない、そして落車しないことだ。

 316835160_5732896180122836_4033605711945607082_n_convert_20221129220117.jpg

 オヤジより、少年上がりの青年なんかのほうが向いているかも・・・なんて転向することもありだなと。

 とはいえ、昨日の間の自転車としてのマーリンじゃないが、ターゲットをこちらで設定したんだが、結局はその上を行くことなんてことも大いにあるんで、まあ、この自転車も縁のあった人のものに落ち着いて行くんだろうと思う。

 たとえば、山登りの好きなおばさまとか、絶賛引きこもり中の中学生とかのところにいかないとも限らない・・・。

 ということで、コイツ、よく見るとそこそこのスペックだ、そしてどこまでも行けるタイプの自転車なんだろうな。さて、試乗してみたい方大募集だ!

 今は公務員と大企業くらいしか適応されず、そのうち死語になるかも知れない「ボーナス」なる時期も、そろそろだったような気がするね・・・。

 不愉快?店主ももう三十年くらいもらっていないわね。だったら、年末セールとかにしましょうか?クリ○○スプレゼント・・・なんて言うのもあったか。

 でもまあ、そうじゃないよね、本質的には、時も場合も全て縁、ご縁なのでありましょう、そのほうがいい。

あの例のおじさんからの売り出し!!!



 当店周りの名物おじさんの一人、「自転車作ってないと死んじゃうおじさん」がもうこれ以上台数増やせない・・・と、奥様との攻防のあと、当店に売ることを決意して持ってきた一台です。

 316039060_5722095347869586_7888839779831786018_n_convert_20221125233759.jpg

 ジェイミスのクロモリフレームですね、スローピングです。古い人間の店主としては、クロモリは絶対にホリゾン・・・と思っているんですが、このスローピングは悪くないかも、と走って思いました。

 というか、スローピングも悪くはないな、と始めて思った一台と言ったほうがいいかもです。

316418231_5722099424535845_6864324829710620123_n_convert_20221125233915.jpg

 ホイールもイーストンもので、割と軽くて回転もいい。さすが本業ではないので、経費に縛られきれていない所が凄いね、エエそこにそんなの使っていいの?うん、余っているから・・・、という調子。素人は怖いね・・・。

 そして、このフォークですが、今や幻のミズノ。店主もかつて使っていましたが、ヤビツの下り行って、交換しました。まあ、普通に攻めずに走るには問題ないでしょうな。

 316284359_5722100597869061_2197091914437855089_n_convert_20221125233948.jpg

 前後ともにイーストンもの。うん・・・やるな。

 316537241_5722100021202452_1994569263124828764_n_convert_20221125233932.jpg

 ほら、これね、こんなところにこんなものが隠れている。デュラエースだって・・・。これも本人曰く「もうもと取ったんで余ってたから付けてみた」。確かコイツもアチコチ付いては外され、外しては付けられしていたのを店主は知っていたが、とうとうここに落ち着いたか・・・。

 316946266_5722101234535664_468098407023836351_n_convert_20221125234003.jpg

 クランクは105レベルだといってました、悪くない。手堅いね。

 316551405_5722096947869426_4115843070156003030_n_convert_20221125233844.jpg

 そしてブレーキはティアグラ、多分ティアグラレベルで組まれていたのをアチコチ外して入れ替えているうちに、こうなったのかな?とも想像します。

 316081552_5722097514536036_1895504370522539725_n_convert_20221125233859.jpg

 ハイ、そして、最後シフターなんですが・・・、これがまた膝から落ちるものが付いていた。

 316283906_5722095944536193_7035556416834437697_n_convert_20221125233813.jpg

 これです!これだけ見て分かる人は、ハズレものパーツのマニアとも言えるかも知れないね。

 316199947_5722096531202801_5489681336166728728_n_convert_20221125233829.jpg

 かつて、謎の黒コンポと名付けていたもののシルバーもの、謎のシルバーコンポのシフターを使っています、つまりセンサーね。

 タッチは、スラムと酷似しています、ダブルタップといってはいけないんだそうだ、でも内容は同じ。今のところ店主の使っている同じシフターに不具合はないので、まあそこそこ使えるだろうね。

 316141330_5722094821202972_951406381732987199_n_convert_20221125233745.jpg

 ね、アチコチ外しては入れ替えて、時にお宝がひっついていたり、謎ものがあったりと、段々と「自転車作っていないと死んじゃうおじさん」の生態という傾向というか性格と言うようなものが見えてくるようですね。

 もう置く場所がないからダメ!と自分でも言い聞かせているようですが、ヤフオクやメルカリ見るとついポチッとやってしまって、後から考えるのがやめられないようですね。自転車施工病なんだろうな。

 ということで、試乗してみてください。それが悪くないから、困ったもんだ・・・。

 人の作った自転車紹介している暇があったら、自分たちの自転車を売れ!という声も聞こえてこなくもないが、人様のものから学べるというところは外せません・・・はい。

大柄内装3段実用車 大柄の方へ



 そろそろものを動かすか・・・ということで、アチコチ交換しながら、出せる状況を作りたいということでマイナーチェンジをしてみました。

316094787_5710161472396307_906461365708969295_n_convert_20221121234709.jpg

 ハンドルをちょこっと・・・気質風にとはいっても、まあそんなに走行に影響はないが・・・、普通になりましたね。


316530620_5710186135727174_3774890996782919320_n_convert_20221121234543.jpg

 大柄の人が乗りやすいでしょうね、鷹揚な自転車ですね、ゆったりと街道を走るのに向いていますね。

 316257756_5710160435729744_7759663284549731838_n_convert_20221121234508.jpg

 なんかラクダをイメージするフレームで乗りやすいですね。実際ラクダが乗りやすいかどうかは知りませんが・・・。

 跨りやすいですね、そして、

315713677_5710161315729656_5637862887078226377_n_convert_20221121234557.jpg

 元々は電動自転車で、ここにデカイ電池があったんですが、今は伽藍としています。何か収納ものを仕掛けてもいいかも知れないね。

 316544935_5710160485729739_5922453197938780611_n_convert_20221121234528.jpg

 フレームの一環で荷台になっている自転車なんですね。

 316524250_5710160235729764_795627980296495699_n_convert_20221121234617.jpg

 内装3段という実に実用的な選択でありますね。

315903456_5710161185729669_6055503646512101867_n_convert_20221121234636.jpg

 フロントはシングルの一般的なクランクです、そういう意味で実用的ですな。

 316061678_5710160779063043_2802876913684533704_n_convert_20221121234653.jpg

 そして一点豪華主義なのがここ、革サドルであります。ブルックスではありませんが・・・。しかしなんでブルックスばかりあんなに持て囃されるんだろう?という感じはありますね。

 316097932_5710161102396344_38265244905295717_n_convert_20221121234727.jpg

 そうそう、ホイールは700Çでありますよ!

 ということで、このスペックで、出します!

316288712_5710186132393841_4445423056673327367_n_convert_20221121234743.jpg

 試乗などお受けしますので、興味ある方は是非どうぞ!

315527435_5690187674393687_3932107852511038830_n_convert_20221114230028.jpg
雨の予報ですが、天寿を祝う会を行います。肉食べに来る!それも供養ということで、是非おいでください。できる方は楽器をお持ちください。ドンチャン賑やかに送りたいと思います!昼からやりますよ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター