メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 110ミリ用改造ハブ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

かつては盛んだった110ミリハブ



 たぶん十年は経ったかな?ピストブームというやつです。その際、それまでは一万円を割っていたような110ミリのピストフレームが、なんで?というくらいの高値で落とされていきましたね。

 本当、落としたはいいが、あとどうすんだろう?とコチラが心配になったくらいです。エンド幅が120ミリなのが一般的、それに対して110ミリというのはプロでも利用者は少なかったはずであります。

 で、問題は十ミリの幅の違いだけではないところがミソでしてね。通常なら、十ミリのシャフトを使っているんですが、この110ミリ用となるとなんと八ミリのフレームのエンドスリットに入るように加工しないと駄目なんであります・・・。

 駆け出しの頃は、意気揚々と110幅に加工したハブで、さあ、フレームにホイールを履かせようとした瞬間に、スリットが狭すぎて入らない・・・なんてことで、大ショック・・・でしたね。

 そして当時どうしたか?

 なんとやったのは、フレームをもう一度万力に固定して、両方のエンドスリットのところに鉄やすりかまして、メッキされているエンド金具を、あたかも書道の墨をするかのように、前後に根気よく動かして、左右を均等に削っていった・・・んでありますね、二ミリだぜ二ミリ・・・。よくやったわな、他の仕事しながら二日ぐらいかけたかもしれません・・・。大変だった・・・。

 そして、納車の日、引き渡す人が来る前に、完成しようと思った矢先、今度は前輪のフォークのエンドスリットに、前輪が入らない・・・。
 レレレ・・・、なんで?うろたえる店主・・・。よく見ると、エンドの方も八ミリにしないとダメのようでした・・・。通常は九ミリ・・・、従って、またフォークを外して、万力に固定して、リアと同じく、鉄やすりをエンドにかまして、今度は一ミリ分墨をすりました・・・。

 そんな苦労があったので、もう、二度と110エンドのピストフレームは扱わねーぞ!!!と固く誓ったんでありましたが。

 その数年後、ピストブームとやらで・・・これは被害者増えるぞー・・・と思いきや、その推測はドンピシャだったわけですね。

 もうその頃から、手組みするショップが少なくなっている中で、ピスト用のホイール組んでくれー・・・という、依頼が殺到・・・、あのベロなんチャラっていう、ゼリービーンズのような色彩のホイール、一体何本組んだことか。

 その中に、110ミリエンドの持ち込みが現れ始めたんでありますねえ・・・。まあ、諦めるしかないね・・・、と最初は断っていたんでありますが・・・。そのさみしそうな様子が・・・なんともかわいそうで・・・なんとかならないか?と加工を考え始め、ついに110ミリエンド用のハブを工作し、全国津々浦々の110ミリエンドをつかまされた、被害者救済に動いたという訳なんですね・・・。

 DSC_0101_convert_20161205190309.jpg

 ボールベアリングものは、簡単にシャフトを外せるが、シールドとなるとねえ・・・。当時は、ハブそのものの状態に、厚い木枠で治具作って、それで加工してたんですが、それはあくまでも、ハブの段階ね。

 このように、すでにホイールになっている状態からではできなかったんです・・・。

 DSC_0110_convert_20161205190211.jpg

 まあ、こんなことができるようになって・・・。

 DSC_0104_convert_20161205190258.jpg

 シャフトを単体で抜き出すことを覚えてから、加工の仕方は変わりましたね。

 DSC_0105_convert_20161205190246.jpg

 こうして横万力に挟んで、フライスチックな加工します。

DSC_0106_convert_20161205190231.jpg

 まあ、簡単そうに見えるでしょ?でもねえ、これ、ここまで持って行くセッティングの方にえらく時間を取られます。しかもフロントのシャフトとリアのそれとは、長さも太さ持ちナウので、同じやり方では止まりません。

 そういうところがスゲー面倒くさい・・・。

DSC_0111_convert_20161205190201.jpg

 しかもリアは裏と表をやれねばならないので、垂直出すのにまた手間が・・・。

 DSC_0109_convert_20161205190223.jpg

 こうして、全五輪ともホイールの状態から110ミリエンド化が完了・・・。

 かつては、定期的とは言わないまでも、アチコチからこの手の依頼がきたものでしたが、ブームが去ってからは、懐かしい改造となりました。

 「110エンドのピストを落札してしまった愚か者です・・・」なんてメールで、依頼が来ていた。本当全国各地にホイール状態にしたり、ハブ単体でよく送付したよなあ・・・。

 そして、ようやくブームが去ったので、冷静な選択肢として、ピスト、固定ギアものが残ったというのに、なんなんでしょ?この静けさは・・・。なんで固定ギア乗ろうと思わないんだろうね、最近のロード乗り達って。ワットだなんだで、計測しては、PC管理で練習するのもいいが、固定だと一発なんだけどなあ・・・。

 ローターとかいうまた不均一な楕円クランク流行りつつあるので、円運動のペダリングは倦厭されているのかしら?

 まあ、どうでもいいが、ロードはハードに装備のある洋弓のようなもの、ピストはハードは簡素な分、ソフトに重きを置く和弓、弓道のようなものと、卓越な比喩を荒れた方がいましたが・・・・・、この二つを使い分けて初めて、スポーツ自転車のなんたるかがわかったような気がしている店主なんだが・・・、もう古いのかね?

 固定フレーム、しかもかなり走るんだけど、ありますぜ!もちろん120エンドのものね!
スポンサーサイト

南米よりやって来た 久々の110ミリフレーム



 名前はナンベイなんだが、九州にあるビルダーさんのフレームかと思います。それが何をどう経由してか、当店にやって来た。

 20160613_160412_257_convert_20160617201841.jpg

 エンド幅が110ミリ・・・、非常に癖のあるフレームなんですね。ピストブームとやらが来る前は、この手の中古フレームは一万しないでやりとりされていたような気がします。

 それがブーム到来で、何でもかんでもピストフレームなら取引されるようになり、紛れていい値段で落とされてましたね。ところが落とし物を拾った人は、大慌て。

 予定していたホイールが使えない・・・、どうしていいやら・・・、当時、自転車屋が専業に成りたての当店がいつの間にやら駆け込み寺になっていた。

 なんとかして、110ミリ用のハブを作らねば・・・、もちろんデュラエース並みの銭払えば市販品でもいいんですがね。それでも、32ホールのハブがない・・・など、色々問題は尽きなかった。

 20160613_160440_182_convert_20160617201816.jpg

 一般的な120ミリのハブですと、このようにはまらない・・・。左右五ミリずつ広いんでね、当たり前なんですが・・・。

 では幅を詰めて110ミリにすれば問題ないか?というと・・・。

 20160613_160459_605_convert_20160617201757.jpg

 このように、十ミリのシャフトでは、八ミリのエンドスリットに入っていかない・・・。そういう意味で二重苦の状態なんです。

 いえいえ、二重苦プラスにあるのが・・・。

 20160614_161033_364_convert_20160617201704.jpg

 前輪も八ミリのシャフトを要求してきます、通常九ミリなんで、一ミリシャフトを横に削ってやらないと、前輪すら入らない・・・、つまり三重苦といっていいんですね。

 そこで、前後ともにシャフトを八ミリに削ります。

 前輪はそれで調整して、ホイール組みをすれば・・・装着可能。

20160617_171100_273_convert_20160617201648.jpg

 これにて使用可能になります。やれやれ・・・。

 そして後輪なんですが、シャフトを削って、今度は玉押しを五ミリずつ削りまして、幅を詰めなければなりません。

 古いシマノのスモールパーツカタログには、その手の幅の短い玉押しはあるんですが、今は在庫が一個限り・・・なれば作るしかない・・・。

 20160614_190431_288_convert_20160617201744.jpg

 調整中のなんちゃってフライス盤を使って、五ミリずつ削っていくんですが。

 書くほど簡単じゃない、かなり根詰めた仕事になります。しかも、切り子が針のように細かいので、これがアチコチに飛び火して、痛いのなんの・・・。水で洗い流しても、見えない鉄粉が手のアチコチに飛散してか、手を動かすとピリッと痛くなる・・・、これが2日ほど続きます・・・。

 20160614_190449_899_convert_20160617201731.jpg

 手作りの治具・・・のようなものでとりあえず高さを揃えて・・・なんとかかんとか。

 20160617_162712_626_convert_20160617201619.jpg

 それでできあがったハブで、ホイールを組んで装着・・・。110ミリであってもチェーン引きを入れるので正確には112ミリ幅のエンドになります。

 その辺をピッタシスペーサー等で調整し、びったりのホイールにします。

 20160617_162704_852_convert_20160617201633.jpg

 ホラ!手間かけさせやがって・・・!入手可能なハブも年々変わっていき、入手できたはずのスモールパーツ類ができなくなったり、また新たな選択肢が見つかったり・・・、マア、特殊な改造はいつもスリリングなんであります、だから面白い!

  とりあえず、ここまでやったので、あとは何をどう付けて走らせるか?ゆっくり楽しくご検討ください!

 ある中古ショップから、とある値段で購入して・・・、それが高いか安いかは、今後コイツとどういう関係を結んでいくかによりますので、末永くしっかりメンテしながら乗ってやることかと思います。その際の肝は常にホイールにあります、それ以外は一般部品で何とかなります、ハブを含んだホイールが癖ありなんですね。

 そこさえしっかり押さえてやれば、あとは大丈夫!

 眠っている110幅のピストフレームありませんか?起こして街道に戻してやれますよ!

どちらも健在! シルクに改造110ミリハブ!



 これを置いておくと、ご来店のお客さんの目を引いていました。

 シルクって、ピスト作っていたの?

 エエもちろん!

 お持ちになったwさん、元選手で神奈川のカシマサイクルから入手したという、涙もののエンド110ミリフレームです。

100731 (2)

 片倉シルク・・・。今は鳩山の絹サイクル、荒井さんが多分一手に引き受けて、作成からメンテまでやっているでしょう。ああいう、巨人が後ろに付いていてくれると、心配なく走れますね。

 ただ、110ミリのハブがなく、探しておられたところ、当店の昔の記事にヒットされたとのこと。そういえば、かつてのピストブームの時には、この改造110ミリハブがよく出ました。

「知らずに110ミリをつかまされた、愚か者です、どうか貴店の改造110ミリハブを送ってください!」というような、藁をもすがるようなメールを、特に地方の方からお受けしましたね。

 ちょっとした通販業者の気分でした・・・、懐かしいなあ。

 もちろん、今でもやっていますよ!といっても、受注製作なので、ご来店してすぐお渡しすることはできませんが・・・。

 そんなハブで組み付けた街道練習用のホイールを付けて、記念写真です!

100731 (3)

 久々に足が付いたなあ~、と満足げなシルク。

 あとはピストは簡単ですわ。ハンドル付けて、サドル付けて、クランク付けてチェーンを張れば、あとはタイヤ履かせて、ペダル付ければ、もちろんブレーキも装着しておけば、スルッと乗れてしまいます。

 これでかつての勘を取り戻していただければ、もう川崎競輪場に行ってもいいじゃないでしょうか?

 ライダー、フレーム共にノビをするように、ゆっくりとかつての勘と今のギャップを折り合い付けながら、徐々にスピードが上がってくる・・・、あれ?ノビが・・・、ライダー・フレーム共に感じたりして・・・。

 それは仕方がないですよ、ピスト的な乗りについて、ライダーもフレーム共に長期睡眠から醒めたばかりなんですから・・・。

 多分高校時代の友に再開した感じかな?お互い年取ったなあ・・・、でも行けるとこまでいこうぜ!まだまだ行けるなあ・・・、お前もな!

 荒唐無稽に聞こえるこんな会話も、自転車乗りなら・・・あるあると納得してくれますかね・・・。

 とにかく、また街道にもピストにも出られます!眠っているフレーム、自転車があるようでしたら、起こしましょう!そういうお手伝いも当店の重要な仕事です!!!
 

110ミリ用 改造ハブ

もう二度目になりますが、最近メールや電話にてご要望の増えてきました、ピストフレーム110ミリエンド用の改造ハブの宣伝です。DSCF0030.jpg



ピストフレームがヤフオクなんかで高値で売れる!という情報が流れているんでしょうか?ピンからキリまで、ヨーこんな値段で売れんなー?!というものが続出していますね。

フレームのブランド化が一層進んでいるようで、それはそれで手作りの良さというか、価値が見直されるという意味では大変良いことなんですが、過度のブランド化はある意味自転車の本質を見失わせてしまうかも知れない、なんて思うことがあります。

まあ、自転車にも多角的な興味の持ち方ができますので、プレミアムフレームに、しっかり磨いたレアオールドパーツかなんか付けて、ウットリ見つめながら酒を飲む、なーんていうもの一興でしょう、その気持ちたいへんよく分かります!

しかし、自転車は人車一体となって走ることが、やはり本質でしょう。

人車一体、この意味は軽くありません。
車体だけでなく、人の方もとても大切なんです。
その、人というのも多角的でしょう。

レースをご覧になったことありますか?
もし機会があったらレース会場に足を運んでください。
その時、選手の体、なんと美しいことか!ということに目を奪われるのではないでしょうか?

その美しい体の選手が、ミリ単位で調整されたピシッとした自転車にまたがって、シャーッとクランクを高回転で回しながら目の前を通り過ぎる、一陣の風ですな。

イヤそれだけじゃない。ちょっと年配でその貫禄を品の良い衣装でまとって、シックなピストに乗っているK島さんのような紳士。着こなしと乗りこなしの両立のできている人、これにもホレますね。

まさに人車一体、車体だけでなく、人の方も合わせて磨かないと究極のアンバランスになってしまいますね。

政治家やマフィアはデカイ外車に乗っていても別に不自然ではない。イヤむしろ、彼らにこそそれらは合っているのかも知れない。それは彼らも外車も共に○○で、ある意味バランスが取れているからなんでしょう。

しかし、自転車はそうはいかない。貴奴らに自転車は似合わない、なぜなら自転車は○○だから。全くバランスとれないんです。そういう意味で自転車は人を選ぶんです。

でなんだっけ?
そうか!ピストフレームの過度のブランド化の話だった。

で、何から何まで出てくる中で110ミリエンドのピストフレームもかなり出品されるようになりました。
出品されれば、買い手も付きましょう。

それで勇んでフレームを手に入れて、さて、ヴェロシティーのきれいなホイールで・・・と思いきや、ハブが合わなーい!と困惑している方々も続出しているようです。

乗ってみたい一心でフレーム購入したはいいが、対応する部品がない、というのは悲劇です。

そこで、110ミリ対応の32H ・36H改造ハブを作りました。
kiridasi.jpg


削り出しの機械が高かったので、ノバテックですが工賃含めましてワンペア13000円となります。
といっても、ハブ自体が品薄なので、ほんの数ペアしかご用意できていませんが、よろしかったらご利用ください。
では!

110ミリピストフレームのための改造ハブ

 まだまだピストフレームの高騰が続いているようですが、皆様いかがお過ごしですか?
 このブログを立ち上げて二ヶ月強、ありがたいことにお客さんが切れることがありません。毎日ご来店か電話またはメールでのお問い合わせが続いています。ありがたいことです。
 ただ、申し上げ続けているように、適正価格でのピストフレーム入手がまだ困難なため、多くのお客さんにはご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。
 
 フレーム持ち込みのお客さんも数名おられます。これは楽です。その他のパーツさえ用意しておけば、うまくすればその場で組めますからね。当店としては大歓迎です!

 ただ・・・、中には110ミリのフレームをお持ちのお客さんも何名かおられます。もちろん対応させていただきますが、ピストフレームには120ミリと110ミリの二種類があることをご存じない方がほとんどです。そこでちょっとお節介、両フレームの違いをここで明記しておきましょう。

 この両フレームの違いをごく簡単に言えば、後輪をはめるフレームのエンド幅が120ミリと110ミリという違いなのです。ほぼそれだけ。だから両者を一見して見分けることは困難です。 ですから、ヤフオクなどでピストフレームを落札される方は、出品者のコメントをよく読むしかありません。書かれていなかった場合は、出品者に質問して聞いてください。

 なんでたった10ミリの違いで、そんなに騒ぐんだい?と思われるかも知れませんが、エンド幅の違いは、そのまま後輪のホイールの違い、正確には後輪ホイールの中心部であるハブの違いを反映しているからなのです。

 通常、フレームとして多く流通しているのは120ミリです。従って、ハブも120ミリのハブのほうが種類もあり、安定供給されている訳なんです。こういう際にはながいものに巻かれろで、120ミリのフレームを購入したほうが無難です。

 では、110ミリを購入した場合はどうなるのか?ということですが、これは110ミリ専用のハブを買わないといけません。120ミリのハブと110ミリのハブとは互換性が全くありませんから。
 写真をご覧ください、10ミリの違いは結構ありますでしょう?
DSCF0017.jpg


 これだけなら、スペーサーで調整すればいいと思われる、猛者もおられると思いますが、ことはもっと複雑なんです。
DSCF0018.jpg


 この写真でおわかりのように、エンド幅だけの違いではなく、エンドのスリット幅の違いでもあるんです。
 
 そしてまだこれだけでないんです!前輪を収めるフォークもエンド幅は同じ100ミリですが、スリットは1ミリほど狭くなっているんです。
 全く互換性がないということの意味は、ここまで徹底されているということなんです。
 
 じゃあ、110ミリのハブを買えば問題ないわけ?となりますが、ある意味ではそうですが・・・。
 問題があるとすれば、この110ミリのマイナーなハブには、36Hの種類しかありません。少なくとも私は見たことがない。36Hしかないということは、当然36Hのリムを探さねばならないということになります。

 では、今36Hのリムはどのくらい種類があるだろうか?ということになりますが、これがほとんど無い、というのが現状です。せいぜいあってアラヤのRC540ぐらいでしょう、あとはほとんどがクロスバイクのタイヤ幅の若干太い仕様になってしまいます。 

 当然、様子のいいディープリムなんかはありませんし、いわんや今流行のヴェロシティーなんて夢の又夢、ということになってしまいます。

 これではピストに乗りたいがため、高いお金を出して110ミリのピストフレーム落札した方が、あまりにもかわいそうですね。そこで、こんなの作ってみました。
DSCF0019.jpg



 ただのハブじゃんか!と思うには早い。
 これ下の120ミリのハブと比べてみてください、そうなんです!110ミリなんですよ!
DSCF0020.jpg

 しかも!

 ちゃんとスリットにも入っているでしょう?ハブシャフトをスリット幅に合わせて削ったんですよ。
しかもこれは32H!
DSCF0026.jpg
 
 つまり110ミリのピストフレームにも、手に入ればヴェロシティーのディープリムのホイールがはける!ということなんです。

 改造費を込みにして、13000円にて販売します!

 なんだ!思い切って110ミリの36Hのハブを買っちまったゼイ!というお客さん、あなたにも朗報です。
DSCF0031.jpg


 どうでしょう?ディープリムとまではいきませんが、このタイプのミドルプロファイルでよければ、WOで36Hを入荷しました。価格はご一報ください。

 というわけで、痒いところに手の届く改造パーツ等を今後も考えて世に出していきたいと思います!よろしく!



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター