メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 Aヘッドのスレッド化 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

他店とのコラボ クリキンにベロなし・・・



 基本公にはやらないことになっているアヘッド加工ですが、たまーに、来るんですね。イタリアの貴婦人のごとき高級車には、何かあっても一切で帰任は問いません!という念書があっても、やらないことになっているんですが・・・。

 そこまで力を入れなくても、できるのであればやってください・・・というレベルの依頼でしたら、やらないこともない。

 そうしたら、渋谷なんておしゃれなところにあるある自転車屋さんから運ばれてきた。

 003_convert_20161227212619.jpg

 見るとクリキンのヘッドパーツが・・・。まあ当店でも扱えなくはない高級パーツですが、まあ出ないね。そんなのが圧入されています。

 オーバーサイズのヘッドパーツで、スレッドものの高級なものなんてやっぱりクリキンくらい?でもよく作っているよね、他の車種でも共通に使えることもあるのかな?

 004_convert_20161227212608.jpg

 立派なフォークも付いてきた。

 005_convert_20161227212555.jpg

 コラムを見ると、ああ、やっぱリアヘッド用の無垢状態・・・、やっぱりねじ切れってことか・・・。

006_convert_20161227212542.jpg

 ねじ山を切るのは大変体力がいるので、できるだけ短いねじ切りにしたいので、こういうところはマメに事前に切っておく。

007_convert_20161227212530.jpg

 完成!アヘッドのスターナットが見えますが、もうスレッドになるのだから関係なし。

008_convert_20161227212519.jpg

 オーバーサイズ用のコラムダイス。この1発目が大変なんだよね。ちょっとの刃が地面と平行にいかにコラムに噛みつくか?なんですよ。

009_convert_20161227212507.jpg<

 あとは体力勝負なんだが、腕で回してはいけません、体で回すんですね・・・。そうするとブレない。

010_convert_20161227212458.jpg

 無駄だと思いつつも、少し深めに切る。そしてあてがって、調整だな。

011_convert_20161227212447.jpg

 さてコラムの先端がこれだけ顔を出します。そこにヘッドパーツを取り付けていく。

012_convert_20161227212438.jpg

 5ミリほど長かったな。クリキンのヘッドパーツには、ベロ付きワッシャーがない・・・。スペーサー入れて手を抜いてもいいんだが・・・、見た目が大事な自転車ということで。

013_convert_20161227212322.jpg

 よし!これでぴったり!完了。

 まあ、たまだからいいわな。これをまた段ボールに戻して、出荷した他店に送り返すことに。

 よその店に仕事を見られるので、緊張しますが・・・、まあこれならいい方か?でも一台組み付けるのに身内でない他店とやるなんていうのは、ある意味初めてかな?

 でもどんな一台になるんだろう?最終過程が見られないというのは、なんか変な感じだよね・・・、やっぱり・・・ね。
スポンサーサイト

高級車のスレッド可はしないんだが・・・



 アヘッドステムのスレッド可はしない!というのを基本にしておりますが、超高級車でなければ・・・と、たまにあるごとに、依頼者の方と車体を見て決める・・・なんてこともしています。

DSC_0156_convert_20161128174835.jpg

 今回はオーバーサイズか・・・。久々にやってみるか。

DSC_0080_convert_20161128175246.jpg

 フォークを外して、スレッド用のヘッドパーツに合うように、コラムを切ります。そして面取りをします。これをしないとダイスが地面と平行に立たないんであります。まあ、やっても立たない時は立たないんだが・・・。

 DSC_0082_convert_20161128175223.jpg

 最初の入りが大切、これが食いつかないと苦労します。椅子を持ってきて、体を上に持って、そこから回すなんてことも時にはします。

 ギリギリとねじ山を削って参ります。どちらかというと、柔らかいコラムで楽でしたが・・・。楽だけど、大変・・・。

 DSC_0084_convert_20161128175202.jpg

 そのあと、ねじ山の上を溝を切っていきます。こう見ると少しずつでも、できることが増えてきたもんだと思います。この簡易フライスだって、随分前から持っていたんですが、こうして使えるようになるまで、いろいろありましたわね。

 こういう工作機械というのは、セッティングが大切で、それに時間がかかることが多い。それさえできてしまえば、作業時間自体は十分で終わったりしてね。昔のコンピューターみたいですね、半年かけてプログラム組んで、実際はものの三十秒で計算終了・・・とかね。

DSC_0085_convert_20161128175145.jpg

 ベロ付きワッシャーも通って・・・

DSC_0087_convert_20161128175135.jpg

 スレッド可完了!

 で元に戻すんですが、まあ、たぶん仮の取り付けでしょうね・・・。

DSC_0091_convert_20161128174848.jpg

 でしょうよ、コンバーター入れて、元のステム付けてんだから、もしこれで乗るんだったら、わざわざスレッド可にする必要はない訳ですからね。

DSC_0088_convert_20161128175126.jpg

 これからどんな、スレッドステムが使われるんでしょうかね?開いたドロップに、革サドル、浅いカゴなんかを付けて、前後はディスク・・・、本当に自分の好きな、趣味に合ったパーツを自分で選んで、アッセンブルしては楽しんでいるのがわかる車体ですね。

 だからこそ、どんなスレッドステムが付くのやら?コチラも楽しみになるわけです。

 こういう文脈状の、スレッド化なら、なんかやりたくなってしまいますな・・・。デローザ、チネリなんかのそれは怖いけどね・・・。

やらないと誓ったはずなのに・・・



 大阪より届きました、荷をほどきますとね。

 20160301_134800_383_convert_20160302120408.jpg

 中からは、デローザのネオプリマートというクロモリフレーム。スレッドステムに、スレッド用のヘッドパーツが入っていました。

 ごらんのようにフォークのコラムが異様に長い・・・ということは、これ自身はアヘッドということだ、それにスレッドステムに・・・ということは、そう、スレッド化のご要望なんですねえ。

 実は、この送付の前にご丁寧な電話をいただきましてね、その際にも、扱うものが高額のため、万が一のことがありましても、補償ができませんので・・・とお断りしていたんでありますが・・・。

 こんなものが同封されていたんであります。

20160302_115001_427_convert_20160302120059.jpg

 イヤー、これには根負け・・・。もちろんこちらもなら気楽にやれるわ!というより、余計引き締まるというものです。ここまでして、スレッド化したい!というご要望の強さに・・・ですね。

20160301_135357_425_convert_20160302120351.jpg

 アヘッド用ステムを外し、フェイシングしたヘッドチューブにスレッド用のヘッドパーツを打ち込みます。
20160301_175124_426_convert_20160302120249.jpg

 適切な長さにコラムカットして、ダイスを回していきます。緊張するよねえ、・・・三回くらいに分けてねえ。

 でもこれができたからといって、スレッド化完成ではありません。

 20160301_141900_643_convert_20160302120338.jpg

 大概はこのように、折角ねじ山切っても、スレッドステムがコラムの中に十分に収まらない、というのがほとんどだからです。

 まあ、そうだよね、同じコラムであってもスレッド用のものとアヘッド用のもの、内部の加工は大分違うようでありますね。それはそうです、内部を積極的に使うスレッドとそうでないアヘッド、一緒のわけがありません。

 またアヘッドが強度を出すために、コラム内の一部を肉厚にするなんてことだって、大いに考えられるわけなんであります。

 ここからなんであります、内部を掘らないとね・・・、実はこの作業が大変なんですな。

 20160301_142153_698_convert_20160302120323.jpg

 こうしたアジャスタブルリーマという道具で少しずつ、少しずつ、掘っていくわけであります。

 20160301_144003_848_convert_20160302120313.jpg

  こうした切り子を何度も何度も吹き飛ばしながら、進めていきます。一部の刃に損傷も・・・。あっちこもこっちも大変だ。

 20160301_182311_736_convert_20160302120136.jpg

 スレッド用のヘッドパーツが付いたぜ!そんでもって・・・、

20160301_182749_783_convert_20160302120124.jpg

 コレなんですね、極力根元まで入れられるようにする・・・、そうでないとスレッドの無段階調整に大きな制限をかけることになってしまいますからね。

 20160301_183444_136_convert_20160302120236.jpg

 あとは、BB周りの加工ということでね。

20160301_184251_248_convert_20160302120224.jpg

 タッピングのあとにフェイシング。

 20160301_185358_323_convert_20160302120210.jpg

 しっかりそれらができると大抵BBは、手で締め付けが可能になります。

 20160301_185740_842_convert_20160302120200.jpg

 そして最後はトルクレンチでね!

 ということで、ご要望通りの施工が完成・・・となりました。

20160301_191241_811_convert_20160302120115.jpg

 基本、この手の高額商品に関するスレッド化は、お断りいたしております。それは今後も変わりはありません。ですので、安易には絶対にお引き受けはいたしませんよ!

 でもまあ、本山のデローザさんはネオぷりをスレッドデフォで作り始めているんで、こうしたご依頼もほとんど来なくなるでありましょうな。

たまにはやったり スレッド化



 自転車好きのちっちゃなこだわりなんだと思いますが。まあ、走りには直接影響はない・・・、ポジションのことは別にすると、ほとんど影響がないが、どうもこれではダメで、何とかかえられませんかねえ・・・というご相談を受ける、スレッド化の施工なんであります。

 基本やりません!この施工は終わりました!と、いうことなんですが、いくつかの条件が満たされれば、まあ、全くやらないことはない・・・というスタンスでおります。

 デローザのネオプリマートなんていうような、超高級車過ぎるようなものの施工は、まあ、失敗の危険性もありますんで、基本やらない。失敗しても、お咎めなしなら・・・でもまあ、それもあまり気持ちのいいものでないので、基本やらない・・・。

 今回はFUJIのフェザーCX、知らない車種でもないので、久々にやってみるか、とお引き受け。

 20141202_122403_642_convert_20141210181938.jpg

 確かにメカニカルな感じはしますが・・・、モロクラシカルな風合いをお好みの方は違和感をお持ちになる・・・わかりますなあ。

 でもわからない人にはわからない。別にいいじゃない、どっちだって・・・と。

20141202_122414_651_convert_20141210181911.jpg

 あとはこのハンドル直づけのシフターを移動したい、今回はこの二つのミッションということで、施工開始。

 20141210_121309_431_convert_20141210181747.jpg

 スレッド化をする前に、必要なものは、スレッド用のヘッドパーツなのであります。

 しかし今回はちょいと難題なのが、こいつはオーバーサイズの車体なんであります。ある意味、オーバーサイズは今の自転車の主流になっています、それに併せるようにアヘッドのヘッドパーツもオーバーサイズように作られているので、アヘッド・オーバーサイズの組み合わせは最強です。

 ところがスレッド・オーバーサイズというのと、アヘッド・1インチという組み合わせは非常に難しい状況になっております。

 まず昔の主流であった1インチですが、これはこれまた昔の主流であったスレッドには強い。今でも強いです。パーツの安定供給は可能です。

 ところが今主流のオーバーサイズとスレッドとの相性は、まあほとんどダメと言っていいでしょう。

 と同時に、かつての主流の1インチと今主流のアヘッドとの相性もまた壊滅的にダメなわけなんであります。

 でも、まあ、捨てる神あれば拾う神ありということで、オーバーサイズのスレッド用ヘッドパーツというのが存在するんですねえ、しかもシルバーと黒という2種類・・・。

 当店以外、一体誰が使用するんだろう?とマジで疑問持ちますよ。

 というのもね、オーバーサイズのスレッドステムがこれまた絶滅種だからなんであります。

 当店はまあ、その辺ネタの宝庫でありますから、何とかしますが、マジで年間どのくらいの業者がオーバーサイズ・スレッド用ヘッドパーツを使うんでしょうか?全く想像尽きません。

 で、そのあるヘッドパーツを打ち込んで・・・。

 20141210_121301_406_convert_20141210181759.jpg

 スレッド用ステムを装着する・・・、ある種完成なんであります。途中の手間は省きます。やはり、コラムは鉄じゃないとダメですねえ、よほど堅いいいアルミコラムなら何とかなるかもしれませんが、ものによっては、ねじ山がボロボロになりかねません。

 20141210_121339_750_convert_20141210181716.jpg

 ハンドルシフターを外して、ステムに移動させます。

 20141210_121327_524_convert_20141210181736.jpg

 これはスペーサーで何とか移せました。

 20141210_121229_120_convert_20141210181843.jpg
 
 あちこちチョコチョコいじった形跡ありですね。

 20141210_121235_101_convert_20141210181832.jpg

 競技用ブレーキがしっかり付いていますし。

 20141210_121213_349_convert_20141210181855.jpg

 パッと見はあまり変わらないようですが、こだわる人にとっては、オオ!スッキリ!とか、かっこよくなった!ということでちょいと騒がれます。

 今年のヴィトンのこのカットの形がいいのよ~、というブランドおばちゃんと、まあ同じようなものかな?イヤ、形式に踏み込んでいるので、もう少し・・・、まあいいか。

 といことで、条件がそろえば、やらないこともない、スレッド化・・・でありました!




20141207_162218_694_convert_20141209115110.jpg
※この値段でこの見た目のスペックはないよなあ・・・。サイズ500で一台のみ!

パナソニックのスレッド化・・・最初から無いの?



 相変わらず、地道な仕事していますねえ、パナソニックさん。クロモリレーサーです、こいつに105を載せて、ホイールは適当なものをつけて・・・、二十万ぐらいですか?

 イヤー、地道であります。店主らの新車売りに関しても、参考にしたい水準でもありますな。

 でコイツをどうしたいか?

04-15@16-31-42-151_convert_20140416161918.jpg

 ここなんだそうです。ラグ付きの鉄フレームでありながら・・・、

04-15@16-31-50-546_convert_20140416161905.jpg

 なんでアヘッドなの?という作りですね。イヤ、別にアヘッドでもいいんですが、スレッドもオプションでないのかな?それともあるにもかかわらず、こちらを選択して、あとからスレッドという形式があった・・・という展開か?

 まあ、細かいところはよく分かりませんが、スレッド化をご要望されてきたということです。

 エエ、基本!スレッド化の改造はやりません。もしやるとしたら、失敗しても責任は問わない・・・などというきつめの条件をのんでいただいてから・・・ということ、その後こちらでできるか否かの判断をさせていただく、ということになります。

 04-16@12-30-34-969_convert_20140416161840.jpg

 まず、ヘッドパーツを抜いて、スレッドのためのヘッドパーツに打ち変えます。

04-16@12-30-26-771_convert_20140416161852.jpg

 フォークのコラムに加工をして、スレッドステムを埋め込んで終了。

 簡単に書いてますが、大変です。失敗覚悟ですから・・・。

 それともう一つ、今回はハンドル形状にも一つ注文が。

04-15@16-31-57-740_convert_20140416161748.jpg

 アナトミック系のハンドルを、通常の丸ハンドルにしたい。しかも黒の・・・。

 銀系の丸ハンドルはありますが、黒といえば・・・。

 ちょっとリーチが短いか?とおも思えますが、こんなのを付けてみました。

04-16@12-30-47-621_convert_20140416161824.jpg

 マルハンの良さは、どこを掴んでもいいというもの。あとはアナトミックは比較的新しい形状で、伝統的にはマルハン、マースバーというのがクラシカルということになっていますね。

04-16@12-30-12-585_convert_20140416161738.jpg

 確かに、スレッド化は一つの完成形でありますな。これはこれで自然であります。

 ヘッドパーツも、ステムもハンドルもすべて黒があってよかった・・・。

 そして、パナソニック自体が、スレッドアヘッド兼用のコラムを使っているように思えました。加工の調子も良かったです!

 とはいっても、原則としてスレッド化はやっておりませんので、念のため・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター