メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 Aヘッドのスレッド化 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

やらないはずのスレッド化・・・なんだが・・・



 茨城だったかな、やってきたんですね、開けてみるか。

428297139_7250890131656759_2738137556772070603_n_convert_20240216003253.jpg

 クロモリのピストフレームとフォークが入っている。形式はアヘッド系なんだが、それをスレッド化フォークに出来ないか?という依頼なんですね。

 これは基本やらないことにしている加工なんですね。なぜか?というと、フォークコラムの修正ダイスはありますが、無垢コラムにネジ山を立てる工具はないからであります。

 ただ・・・工具自身が減ったり、ヘタったりすることを早めることを厭わないのであれば、やっても構わないかもしれませんが・・・。この手のダイスは高額なのだ!ダメになったら交換すればいいんだが、それが高い!だいたい刃物は高い!

 なのでやらないことになっているんだが、店主の気まぐれってなもんで、今回はやることに。

428275127_7250890488323390_4929225863550078500_n_convert_20240216003118.jpg

 まずフレームの方にスレッド系のワンを打ち込みます。

428286464_7250889844990121_5580246436445160727_n_convert_20240216003220.jpg

 オオ入りましたな、収まっています。

 428275141_7250890588323380_1917832359764436797_n_convert_20240216003126.jpg

 それではフォークを万力にかけて、ネジ山を切っていきます。

428286850_7250890684990037_5061748185466745872_n_convert_20240216003229.jpg

 曲がらないようにダイスを置いて、床と平行に静かに回していきながら、入り口を探っていきます。入り口が見つかると、ズレないように、回しながらガイドになる線を切っていく。

 数回りするとダイスは安定するんだが、その分抵抗が増える、これが大変だ。頑張って回すと熱くなってしまうので、膨張起こさないように、時間をかけて、切削オイルを垂らしながら、騙し騙し回していく。

 ダイスを外して、ちゃんとワンが回るか?確かめる。

428270490_7250890244990081_4563094506336548185_n_convert_20240216003110.jpg

 おお、ちゃんと入ります。そして手で回るくらいスルスルと。こんな調子で深めに掘っていきます。

 一定ネジ山切って、実際のスレッドヘッドパーツとの間で、余分な箇所を切り取ります。

428281589_7250890624990043_4599616311053785182_n_convert_20240216003210.jpg

 なかなかきれいに切れていますね。あと二回くらいこのダイスでやれるかな?その後はまた交換・・・数万円・・・。

 428269714_7250889981656774_2024806678138887240_n_convert_20240216003102.jpg

 そして、緩みどめとして、このベロ付きのワッシャーを入れないといけないので、先のコラムに筋をつけていかないといけません。

 428277566_7250890324990073_6256911646699477313_n_convert_20240216003153.jpg

 フライス盤にフォークを固定して、3ミリのハイスでもって削っていきます。

 428288577_7250907868321652_2793381260153791154_n_convert_20240216003245.jpg

 はい、切れました、これでねじ山立ては完成です。ではフレームに装着していきましょう。

428302690_7250889938323445_5915692616151339169_n_convert_20240216003328.jpg

 上下のベアリングにグリスをもる。そしてワンを締めていく・・・。

428297725_7250889798323459_5143583251420669167_n_convert_20240216003317.jpg

 はい、装着完了です!まるで違った雰囲気というか、クラシカルな予感満々ですな。

428287614_7250890424990063_4993157983368410696_n_convert_20240216003237.jpg

 これで、NJSに見まごうピストフレームが完成ということですね。あのかつてのピストブームの際には、とにかく競輪フレームに代表されるかつての素朴な車体が典型とされていたんですね。

 ただ、時代はアヘッドだったんで、ピスト系を当時のメーカーが作るとなると、どうしても定番の形式であるアヘッドでということが続出した。

 これはスレッド化したいが、競輪フレームには手は届かない・・・、アヘッドをスレッド化出来ないか?というのは一部で切実な望みに高まっていったんだな。

 ただ、加工は大変。ダイスが持たない・・・。そこで何度かやってから、基本やめることにしたんだが、たまにはこうしてやることもある。気まぐれね・・・。

 次いつやる気になるかは?わからない・・・。
スポンサーサイト



高額フォークはやらないが・・・



 この二本のフォークを持ってこられ、黒いフォークのコラム切りと、ねじ山立ての依頼がやってきた。

 このフォークのねじ山立ては、基本やらないことになっている。特にデローザ、チネリなんていう高級車のフォークなどにはほぼ絶対にやらない。

 過去にいくつか施工例はあって、失敗もしていないが、それは今のところしていないだけであって、いつしないとも限らない。もしやらかしたら、ごめんじゃ済まない、そういう施工はお引き受けできない、という建前だ。

 かつて大阪の方が念書と一緒にフレームフォークごと送りつけてきたことがあった、応じましたが・・・。

 そのくらい依頼する方も覚悟がないと、できないお仕事なんであります。

 後は、アルミコラムのものは基本できませんね。ねじ山がしっかり立たない、ダメだった場合修正が効かないということで。

 で、今回は、何があっても、何が起きても大丈夫という条件の下でお引き受け、鉄コラムで、見た感じいけそうだったからね。今までの勘に過ぎませんがね。

 DSC_1440_convert_20181208001929.jpg


 こちらは1インチで、すでにねじ山が入っている。このコラムの長さに合わせて、切るようにというお達し。

 DSC_1441_convert_20181208001937.jpg

 アヘッドコラム用なので、こちらにはねじ山がない、こいつを先のフォークコラムと同じ、21センチに切ってから、ねじ山を立てることになる。

 DSC_1443_convert_20181208001948.jpg

 まずは切る・・・、これはお茶の子さいさい。そして内部のバリを取って、切り口の外回りは、ダイスが立ちやすいようにアンギュラ角を45度にできるように、ベルトサンダーにかける。

 DSC_1444_convert_20181208001957.jpg

 これがダイス、ねじ山修正工具であります、あくまでも修正用。こいつは1インチコラム様なんで、オーバーサイズように交換しないといけない。

 DSC_1445_convert_20181208002008.jpg

 ダイスと、1インチ用のガイドを外す。そこに・・・

DSC_1446_convert_20181208002026.jpg

 オーバーサイズ用のダイスを取り付ける。しかし、昨今オーバサイズのコラムにねじ山が付いているものなんて、ほぼ絶滅種なもんで、このダイス使用は何年ぶりかな?

 DSC_1448_convert_20181208002039.jpg

 緊張の一瞬は、このダイスが、しっかりコラムに噛みつくか?ということ。このきっかけ作りが実に大変なのだ。

 ズレると、コラムに対して垂直に入っていかないので、二階ほど回すとそれ以下に行かなくなってしまう。ねじ山当然使い物にならないので、最初からやり直しなんだが、いらない横線が入ってしまうので、たとえ垂直に入っても、その先端部分はなんか痩せた感じになってしまう。

 そうならないよう、垂直のままダイスを回していきたいんだが、これが難しい。
 
 理想的には、360度ダイスを持ったまま体を回すことができる万力の設置なんだが、通常の工房でそれは贅沢な空間使用となるので難しいだろうね。

 当然当店もせいぜい回って220度くらいか?あとはその範囲で体がぶれないよう、ダイスと一緒に回っていくとになる。

 このコラムの鉄は比較的、削りやすい部類だっただろう。

 DSC_1449_convert_20181208002057.jpg

 まずはこのくらいでいいんだが、そういう意味で第一関門突破だな。

 関門はもう一つある。それはこのコラムの裏に、ベロ付きワッシャーを通すための溝を刻まないといけないからだ。

 DSC_1451_convert_20181208002111.jpg

 3ミリ幅のこのハイスをつかいますが・・・。このコラムをフライスにどう固定するか?それが実に大変なんだな・・・。こうした工作機器は、そのセッティングにほぼ9割近い労力をさくことになる。それが大変なんだが・・・、いざセッティング完了となると、ものの数分で加工はできてしまう。

 DSC_1452_convert_20181208002126.jpg

 この溝通しを三度くらいやって完了。もし深すぎたら、コラムが縦に割れてしまう、ここも第二の緊張の場なのだ。やはり、もっとしっかり剛性のあるフライス、小型でもいいから購入したいもんだ・・・。

 DSC_1455_convert_20181208002142.jpg

 とりあえず、コラムカットとネジ山たて、溝きりの三つが完了。もちろん溝きりしたあと、再度コラムのねじ山を修正したことはいうまでもない、それも二回・・・。

 今まで切ってきたねじ山で、どのメーカーのコラム一番きりやすかったか?というと。それはパナソニックレーサーの鉄コラムだったと記憶している。いい具合に焼きも入っているんだろうね。

 ダメなコラムは粉々に、砂のようになってしまい、ねじ山がしっかり立たなくなる。ヘッドを入れてもガタガタ・・・。だからその辺も見極めないと、安易に引き受けはできない。

 そして問題は、中にもあった。スレッドステムをコラム内に差し込むため、内径がちゃんと確保できていないとそれができない。アヘッド用に開発されたものは、強度を出すためかコラム内の肉厚が一定でないものも多い。つまり厚い部分に阻まれて、せっかく外部にねじ山が刻めても、ステムが装着できないという場合も、高い確率で出てきてしまう。

 もちろん、その内径を削る技術はあるが、これも大事なのだ・・・。

 ということなわけで、一口にコラムねじ切りといっても、施工内容は千差万別になる。今回は比較的簡単な方だった・・・といえるでしょうね。まあ、基本はやらない施工なんでありますが・・・。

他店とのコラボ クリキンにベロなし・・・



 基本公にはやらないことになっているアヘッド加工ですが、たまーに、来るんですね。イタリアの貴婦人のごとき高級車には、何かあっても一切で帰任は問いません!という念書があっても、やらないことになっているんですが・・・。

 そこまで力を入れなくても、できるのであればやってください・・・というレベルの依頼でしたら、やらないこともない。

 そうしたら、渋谷なんておしゃれなところにあるある自転車屋さんから運ばれてきた。

 003_convert_20161227212619.jpg

 見るとクリキンのヘッドパーツが・・・。まあ当店でも扱えなくはない高級パーツですが、まあ出ないね。そんなのが圧入されています。

 オーバーサイズのヘッドパーツで、スレッドものの高級なものなんてやっぱりクリキンくらい?でもよく作っているよね、他の車種でも共通に使えることもあるのかな?

 004_convert_20161227212608.jpg

 立派なフォークも付いてきた。

 005_convert_20161227212555.jpg

 コラムを見ると、ああ、やっぱリアヘッド用の無垢状態・・・、やっぱりねじ切れってことか・・・。

006_convert_20161227212542.jpg

 ねじ山を切るのは大変体力がいるので、できるだけ短いねじ切りにしたいので、こういうところはマメに事前に切っておく。

007_convert_20161227212530.jpg

 完成!アヘッドのスターナットが見えますが、もうスレッドになるのだから関係なし。

008_convert_20161227212519.jpg

 オーバーサイズ用のコラムダイス。この1発目が大変なんだよね。ちょっとの刃が地面と平行にいかにコラムに噛みつくか?なんですよ。

009_convert_20161227212507.jpg<

 あとは体力勝負なんだが、腕で回してはいけません、体で回すんですね・・・。そうするとブレない。

010_convert_20161227212458.jpg

 無駄だと思いつつも、少し深めに切る。そしてあてがって、調整だな。

011_convert_20161227212447.jpg

 さてコラムの先端がこれだけ顔を出します。そこにヘッドパーツを取り付けていく。

012_convert_20161227212438.jpg

 5ミリほど長かったな。クリキンのヘッドパーツには、ベロ付きワッシャーがない・・・。スペーサー入れて手を抜いてもいいんだが・・・、見た目が大事な自転車ということで。

013_convert_20161227212322.jpg

 よし!これでぴったり!完了。

 まあ、たまだからいいわな。これをまた段ボールに戻して、出荷した他店に送り返すことに。

 よその店に仕事を見られるので、緊張しますが・・・、まあこれならいい方か?でも一台組み付けるのに身内でない他店とやるなんていうのは、ある意味初めてかな?

 でもどんな一台になるんだろう?最終過程が見られないというのは、なんか変な感じだよね・・・、やっぱり・・・ね。

高級車のスレッド可はしないんだが・・・



 アヘッドステムのスレッド可はしない!というのを基本にしておりますが、超高級車でなければ・・・と、たまにあるごとに、依頼者の方と車体を見て決める・・・なんてこともしています。

DSC_0156_convert_20161128174835.jpg

 今回はオーバーサイズか・・・。久々にやってみるか。

DSC_0080_convert_20161128175246.jpg

 フォークを外して、スレッド用のヘッドパーツに合うように、コラムを切ります。そして面取りをします。これをしないとダイスが地面と平行に立たないんであります。まあ、やっても立たない時は立たないんだが・・・。

 DSC_0082_convert_20161128175223.jpg

 最初の入りが大切、これが食いつかないと苦労します。椅子を持ってきて、体を上に持って、そこから回すなんてことも時にはします。

 ギリギリとねじ山を削って参ります。どちらかというと、柔らかいコラムで楽でしたが・・・。楽だけど、大変・・・。

 DSC_0084_convert_20161128175202.jpg

 そのあと、ねじ山の上を溝を切っていきます。こう見ると少しずつでも、できることが増えてきたもんだと思います。この簡易フライスだって、随分前から持っていたんですが、こうして使えるようになるまで、いろいろありましたわね。

 こういう工作機械というのは、セッティングが大切で、それに時間がかかることが多い。それさえできてしまえば、作業時間自体は十分で終わったりしてね。昔のコンピューターみたいですね、半年かけてプログラム組んで、実際はものの三十秒で計算終了・・・とかね。

DSC_0085_convert_20161128175145.jpg

 ベロ付きワッシャーも通って・・・

DSC_0087_convert_20161128175135.jpg

 スレッド可完了!

 で元に戻すんですが、まあ、たぶん仮の取り付けでしょうね・・・。

DSC_0091_convert_20161128174848.jpg

 でしょうよ、コンバーター入れて、元のステム付けてんだから、もしこれで乗るんだったら、わざわざスレッド可にする必要はない訳ですからね。

DSC_0088_convert_20161128175126.jpg

 これからどんな、スレッドステムが使われるんでしょうかね?開いたドロップに、革サドル、浅いカゴなんかを付けて、前後はディスク・・・、本当に自分の好きな、趣味に合ったパーツを自分で選んで、アッセンブルしては楽しんでいるのがわかる車体ですね。

 だからこそ、どんなスレッドステムが付くのやら?コチラも楽しみになるわけです。

 こういう文脈状の、スレッド化なら、なんかやりたくなってしまいますな・・・。デローザ、チネリなんかのそれは怖いけどね・・・。

やらないと誓ったはずなのに・・・



 大阪より届きました、荷をほどきますとね。

 20160301_134800_383_convert_20160302120408.jpg

 中からは、デローザのネオプリマートというクロモリフレーム。スレッドステムに、スレッド用のヘッドパーツが入っていました。

 ごらんのようにフォークのコラムが異様に長い・・・ということは、これ自身はアヘッドということだ、それにスレッドステムに・・・ということは、そう、スレッド化のご要望なんですねえ。

 実は、この送付の前にご丁寧な電話をいただきましてね、その際にも、扱うものが高額のため、万が一のことがありましても、補償ができませんので・・・とお断りしていたんでありますが・・・。

 こんなものが同封されていたんであります。

20160302_115001_427_convert_20160302120059.jpg

 イヤー、これには根負け・・・。もちろんこちらもなら気楽にやれるわ!というより、余計引き締まるというものです。ここまでして、スレッド化したい!というご要望の強さに・・・ですね。

20160301_135357_425_convert_20160302120351.jpg

 アヘッド用ステムを外し、フェイシングしたヘッドチューブにスレッド用のヘッドパーツを打ち込みます。
20160301_175124_426_convert_20160302120249.jpg

 適切な長さにコラムカットして、ダイスを回していきます。緊張するよねえ、・・・三回くらいに分けてねえ。

 でもこれができたからといって、スレッド化完成ではありません。

 20160301_141900_643_convert_20160302120338.jpg

 大概はこのように、折角ねじ山切っても、スレッドステムがコラムの中に十分に収まらない、というのがほとんどだからです。

 まあ、そうだよね、同じコラムであってもスレッド用のものとアヘッド用のもの、内部の加工は大分違うようでありますね。それはそうです、内部を積極的に使うスレッドとそうでないアヘッド、一緒のわけがありません。

 またアヘッドが強度を出すために、コラム内の一部を肉厚にするなんてことだって、大いに考えられるわけなんであります。

 ここからなんであります、内部を掘らないとね・・・、実はこの作業が大変なんですな。

 20160301_142153_698_convert_20160302120323.jpg

 こうしたアジャスタブルリーマという道具で少しずつ、少しずつ、掘っていくわけであります。

 20160301_144003_848_convert_20160302120313.jpg

  こうした切り子を何度も何度も吹き飛ばしながら、進めていきます。一部の刃に損傷も・・・。あっちこもこっちも大変だ。

 20160301_182311_736_convert_20160302120136.jpg

 スレッド用のヘッドパーツが付いたぜ!そんでもって・・・、

20160301_182749_783_convert_20160302120124.jpg

 コレなんですね、極力根元まで入れられるようにする・・・、そうでないとスレッドの無段階調整に大きな制限をかけることになってしまいますからね。

 20160301_183444_136_convert_20160302120236.jpg

 あとは、BB周りの加工ということでね。

20160301_184251_248_convert_20160302120224.jpg

 タッピングのあとにフェイシング。

 20160301_185358_323_convert_20160302120210.jpg

 しっかりそれらができると大抵BBは、手で締め付けが可能になります。

 20160301_185740_842_convert_20160302120200.jpg

 そして最後はトルクレンチでね!

 ということで、ご要望通りの施工が完成・・・となりました。

20160301_191241_811_convert_20160302120115.jpg

 基本、この手の高額商品に関するスレッド化は、お断りいたしております。それは今後も変わりはありません。ですので、安易には絶対にお引き受けはいたしませんよ!

 でもまあ、本山のデローザさんはネオぷりをスレッドデフォで作り始めているんで、こうしたご依頼もほとんど来なくなるでありましょうな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター