メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |軒先 自作自転車 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

頑張りました!お父さん



 ちょっと店内で、自家塗装相乗という現象が起きているんですね。

 このお父さんもかなり自家塗装頑張りましたよ!その影響は、この一つ前の自家塗装。

DSC_3874_convert_20201222220838_20210217185447c40.jpg

 Bさんの力作、これを見て大部影響を受けて、じゃあ、私も!!!と始まったのが今回なんですねえ。

 一回や二回の通いでできたもんではない、長々とその過程状態のフレームが置かれていると、時々来店するBさんもこれまた大いに影響を受けた。

 リモートでお互いを称え合っている様子が面白かった。なので、両者ともに次の自家塗装に向けてどうも深々といい意味でのライバル心に火がついているようでありますな。

 さて、自分で自分の仕事にダメ出しをして、アア・・・アア・・・とため息の連続の割に、回りの受けが大変いい。
 
 店主もまあ、そんなに細かいところにこだわり過ぎないで、デカイとこ見て進みましょうと何度励ましたことか・・・。

 それでも、部分的に剥離しては塗り直したり・・・、家に帰ってから、やっぱりまた一からやり直そうと決意をしてきては、店主にへし折られを繰り返しながらも、なんとかしっかりと仕上げたんであります。

DSC_5747_convert_20210217183607.jpg

 赤を基調に三色で頑張りましたよ。

DSC_5751_convert_20210217183546.jpg

 フォークにも三色で。斜め塗りは難しいと、ここは平行に。

DSC_5752_convert_20210217183537.jpg

 自分の主催する会社名も入れました、これはデカールではなくて、塗り分けでやっています。何の会社だっけなあ・・・、イタリア物産総合商社・・・だったっけ???

 DSC_5738_convert_20210217183735.jpg

 ピストを組み付けるという夢を自家塗装含めて実現、要所にやはり拘ったパーツを迎えています。このホイールは当店手組みもの。ノバッテックの赤ハブに黒リム。

 DSC_5744_convert_20210217183639.jpg

 前後共に手組にて揃える。

DSC_5740_convert_20210217183701.jpg

 ハンドルはブルホーンと決めていたようですね。それにギドネットを付けている。

 DSC_5739_convert_20210217183722.jpg

 ブレーキはカンパもの、途中でスケルトン加工やめた?とも見えなくもないベローチェのブレーキ、今はこんなものすらないな。

 DSC_5745_convert_20210217183628.jpg

 まだ探せばシルバーのスケルトンブレーキはありそうですね。しかしなんで、こんな中途半端なものをカンパはわざわざ作るんだろう?イヤ、作ったんだろう?エントリーコンポを取り付ける人に嫌がらせしているのか?とすら思えるくらい、だったら多少値上げしてもいいんで、ちゃんとしたもん作れよといいたいね、というか言いたかったと、過去形にしておこう。

 そして今回よくぞ、これに決めてくれました!というパーツがあります、白眉なんだなこいつが・・・。

DSC_5742_convert_20210217183652.jpg

 かつてのピスト乗りたちの垂涎の的だった、カンパピスタのクランクだ!一時はNJSとして認められていた時期もあったもの。この人手型クランク、暫く見ていなかったもんで、ちょっと興奮気味だったんだな。

 イヤー、どこ隠れていたんだ?今まで、久しぶり!ってなもんだった。

 しかし・・・、同じカンパもので、先のブレーキアーチと比べるとこの雲泥の差は一体なんだ?片方半端者もう片方は千両役者じゃないか、この違い・・・、この違いを付けてしまい且つ上昇傾向の見えないカンパよ、一体君はどこへ行きたいんだ?

DSC_5753_convert_20210217183527.jpg

 単純だが、イヤ単純だからこそ素朴に溢れ出るこの機能美と工芸美の一体感・・・?というのか?多分象並みの脚力で踏んでもたわまないだろう・・・。

 DSC_5746_convert_20210217183619.jpg

 運・・・こんなバックスキン系のサドルをつけたりしたら、バーテープはいずれ本革でまとめてもらいたいですね。

 ということで、初めての自家塗装ながら、三色も入れ、リモートワークの合間を縫って、じっくり時間をかけながら仕上げた貴重な記念の一台になりそうですねえ。

DSC_5733_convert_20210217183749.jpg

 これが全体像であります、カッコイイでしょ!!!ここまでアッサリとカッコがいいのに、細かいところにこだわるな!!!という周りの声がいかに正しかったか、ということでしょうな。

 イタリアのスポーツカーは、走っている姿がハッとするほどカッコイイ。この車体も遠景で見て、走っている姿がカッコイイんです!!!

 美術館でじっくり足を止めて見る工芸品じゃないんだから、これでいいんです!

 ということで、これで一旦終了。と言って、もう一台あるロードにも手を出して、塗り替えたいと早くも言い出しているようです。

 そしてもう一人のライバル、Bさんも実は次のピスト車を射程に入れて、まずはそれにて乗りながら、自家塗装の構想を練っていくという展開で、どうも自家塗装合戦第二弾が静かにまた始まりそうな予感なんであります。

 さて、店主は彼らの仕事を横目でみつつだ、やっぱそれに専念しているやつは格が違うわ!と思わせるような仕事をしていかないとなあ、とちょっといい意味でケツに火がつきそうでありますよ。

 今後の展開はまた静かに楽しみにしておいたいただきたいと思います、始まり次第、今度は実況してやろうかな?

そこまで凝るか?!のユーラシア その2



 さて、なんのかんのと凝りまくって、やれそうなこと全部盛ってみて、ここらあたりで完成ということにしようと、組付け作業に入るわけであります。

 DSC_4520_convert_20201224201439.jpg

 ヘッドパーツを新しくします、まあこの際きれいに行きましょうよ、ほぼ新車なんで。

 DSC_4523_convert_20201224201430.jpg

 BBソケット、タップをしてグリスを充填して、クランクを取り付けていきますが、なんとも塗装の肌が面白いですねえ、陶器のようです。

DSC_4524_convert_20201224201417.jpg

 赤いラインが入っていますね。

DSC_4526_convert_20201224201336.jpg

 今回再塗装に当たって、機能的な向上を上げるとすると、ビンディングペダルにする!という決断です。これで走りは全く変わってきますね。

 DSC_4530_convert_20201224201325.jpg

 シマノ600のディレーラーを取り付けます、何かこれ自転車組付けの教科書のようですなあ。

 DSC_4531_convert_20201224201316.jpg

 そして後輪を嵌めます。ディレーラーにスプロケが加わる、あとはチェーン、ワイヤーなんかでてくると、自転車は徐々に出来上がってくる。

 DSC_4534_convert_20201224201307.jpg

 シフターは、ちょっとの不便をもう少し楽しむということで、Wレバーものを継続使用する。

 DSC_4539_convert_20201224201249.jpg

 フロントディレーラーを取り付けて、ワイヤーを張っていく。

 DSC_4537_convert_20201224201258.jpg

 バラすと意外と大変な、センタープルブレーキを元に戻す。

 DSC_4564_convert_20201224201158.jpg

 そして、平たい方のサドルにかえる、これでサドルの前後を使ったペダリングができるようになる。


DSC_4544_convert_20201224201241.jpg

 ワイヤー張って、チェーンも付けて、バーテープ巻いて・・・、オオット!一月ぶりの再会となるか?

 DSC_4556_convert_20201224201224.jpg

 しかし、最初にしては手のこんだ塗装をよくやったもんだ。

 DSC_4562_convert_20201224201207.jpg

 本人はあとで、色を統一すればよかった・・・とちょっと後悔気味だったが、フレームが青で、フォークが緑という土台の色を二色している。

 そして、今回仕掛け打ちもさることながら、本当よく頑張りました!というのがこれ。

DSC_4552_convert_20201224201232.jpg

 篆書体から、わざわざ起こして、手切りでマスキングをして、浮き上がらせた文字、これなんだな。これは彼の名字を取って「辺」=「邊」の篆書体。

 DSC_4558_convert_20201224201215.jpg
 
 もしかして、この手切りに一番時間がかかったんじゃない?というくらい、アチコチに文字を配置していた。

 DSC_4581_convert_20201224201150.jpg

 この辺の文字は、篆書体よりも古い甲骨文字などから起こしている。

 DSC_4582_convert_20201224201141.jpg

 この車体はユーラシアなので、それの漢字表記は欧亜大陸、それの甲骨文字ということらしい。

 いやー、半分以上焚き付けたのはこの店主なんだが、素人にこの精度まで出されると、まいるねえ。もしかして、篆書体でのロゴ制作なんて、アルバイトやってくれないかな?

 まあ、自転車のロゴは圧倒的にアルファベットで、もう飽き飽き。カラビンカがシートチューブに篆書体を入れている以外に、この手のものは見たことがない、というところから、この辺を開拓してみるのもありか?とも思えますね。

 ということで、相当手間と時間をかけた、これでも素人か?!思わせる出来で終了いたしました!

DSC_4556_convert_20201224201224.jpg

 これで、自家塗装熱に火が付きやしないだろうか?そうそうに、フォーク塗り替えます!なんて来そうだぞ!

 お疲れ!
 

そこまで凝るか?!のユーラシア その1



 おじさんたちの郷愁を誘うであろう、ブリジストンユーラシア、こいつを組み込んで待つこと数年、おじさんにではなく、若い男子が引き取っていったのが、今年の三月でありました。

DSC_2013_convert_20200822232444.jpeg

 それから自転車通勤が始まり、ひときわ体も締り、日常の中に自転車が大分食い込んできた。

 そして、ポジションへの言及もこの夏行われたんでありました。

 DSC_2140_convert_20200831092040.jpeg

 このエイドアーム付きブレーキレバーをやめて、ディズナのあのどこからでもつかめるエアロブレーキに替え、ステムを下げと、自転車で変わった肉体にまた、自転車を合わすように丁寧にポジショニングをしてきたんであります。

 DSC_2181_convert_20200831135818.jpeg

 このようになってまた三ヶ月、今度は外回りを替えたいということになりました。

 しかも自分でやりたいと!

 まあ、当店には自分でやるための軒先貸しプログラムというものがあって、パーツ外しと、場所がし、小物がし、そして組み付けだけ当店が担当し、途中の塗は希望者がやるという形式なんであります。

 歴代どのくらいの人たちがこれをやってきたかな?中々面白い企画だと、今でも思います。結構塗料のことなんかも教えてもらったりしてね。

 そんなこんなで、11月の後半の三連休をまるまる使っての、結構手間を掛けた自家塗装が始まりました。

DSC_3874_convert_20201222220838.jpg

 なんかどちらかというと重めの、自転車専用に開発されたというスプレーを数本持参し、まあ、好きなように、色々やっていましたね。もう放っておくしかない、明らかに間違っている工程などがない限り、やらせておく。

 DSC_3875_convert_20201222220829.jpg

 今回は、数色を使うことや、文字を入れたりしたいなどといくつか要望があった、そこに篆書体の文字なんかどう?なんていって、かつて篆刻師だった店主は、篆書体辞典や模刻集などを貸してしまったところから、大分展開が変わった。

 本人相当本気になって、詩文や自数を考え、それを辞書で引き、甲骨文字辺りから引っ張って、それを手で切り出してと、それはそれは大変な手間と時間をかけることに、結果なってしまったんだな。

 でも最後までやりきったぞ!

DSC_3878_convert_20201222220818.jpg

 全体は赤でやるのかな?と思ったところ、別の色をかけ始めた・・・、そうそう、口出しはしない、したいに任せておく・・・、ぐっと我慢我慢。

 DSC_3879_convert_20201222220809.jpg

 色をかけたり、仕舞には仕掛けまで打ち始める、そ、そんなことやったら三連休あっても足りないよ!といっても、いいです!ちゃんと時間をかけていいものにしますという、その決意は固いようだった。

 ペイントが乾く間、外したパーツ類を丹念に磨く、働きもんだし、こいつ本気だ・・・。

 DSC_3880_convert_20201222220757.jpg

 パーツの汚れが凝縮されたような、灯油。そりゃ、フレームが新車になるんだったら、パーツだってきれいにしてやらないとね。

 ということで、結局かかった時間は、この三連休からプラス一ヶ月!といっても毎週やっていたわけではないが、それだけ時間をかけただけの仕上がりにはなったようだ。

 さて、どうなったか?

 第二弾ということで、次回以降にいたしましょう、それがまあ、スゲーことになってしまいましたとさ!

 つづく

タイ風自転車?



 実用系の自転車が出来上がった。スッキリとした印象だな。

DSC_3280_convert_20201023191027.jpg

 街道走るには十分な多段、新しいチェーンが付いている。

DSC_3284_convert_20201023191008.jpg

 まだ10月だというのに、五時にはもう薄暗い、そうあと二月で冬至だよね。釣瓶落としに、ツイ写真を撮る光を逃してしまう。

 そういう時に、オートライトは有り難い。もう点灯するんだ、という時間がどんどん早まってくる。ハブダイナモで700cを組めばレーサーにも付く、ハブダイナモは実用車のイメージが強いが、実は地方走るレーサーやツーリング車にももってこいなんだな。

 電池交換の必要がなくて、明るい、長持ちする。

DSC_3285_convert_20201023190959.jpg

 ブレーキもちょいと気合を入れたよ。しっかりした前ブレーキね。

DSC_3281_convert_20201023191018.jpg

 サドルも新調したし、

DSC_3290_convert_20201023190911.jpg

 カゴも付いた、街道仕様、日常仕様にはほぼ完璧と言ってもいいね、はいよくできました!

 といってもこの車体の値打ちはこれらではない・・・。

DSC_3286_convert_20201023190951.jpg

 ここであり、

DSC_3288_convert_20201023190941.jpg

 ここでもある・・・。

 ンンン?なんだ、フレームってことか?と思われる方もいるだろうね、違います・・・、その表面です。

 はい、この自転車の一番の値打ちは、塗装なんであります。

 まだまだやっていますよ、自家塗装!

 やった方はといいますと、

DSC_3132_convert_20201023104029.jpg

 このお嬢様。来ている服もどちらかというと地味で、好きなペイントの色を持ってきてといったら、とても渋い系統の色を選択、もちろんそれもありであります。女の子だからといって、ピンクだ、オレンジだでなくても全く問題はありません。

 DSC_3133_convert_20201023104020.jpg

 仕上げは一人でやっていましたが、数名友達も来て、三人くらいでワイワイやっていました。彼女はタイ出身、友達はニュージーランド人で、その男子がペイントの経験があったのか、テキパキと段取り良くやっていました。

 でも、かなり見事な仕上がりでした、本当よくできました!というところですね。

 八月に、ちょっとしたイベントを当店でやった時、シェアハウスの一段がどっとやってきた、万国から集まった色とりどりの方々が楽しんでいったんだが、その中で自転車が欲しいということで、今回の展開になったというわけ。

 まず値段いって、車体の好みなどを聞いたんだが、それだけじゃあ面白くない。

 シェアハウスだろう?所有者不明の自転車ないの?

 ア!あるある、じゃあ管理の人に許可もらって、使わせてもらう!

 話はトントン拍子だった。

 彼らが楽しそうにキャピキャピと作業している隣の棟では、休日フィリピンから来た大工見習いの若い人たちが、自転車整備しては出かけたり・・・。

 当店も海外からのお客も大分いる、ネパール人、ナイジェリア人、中国人、タイ人、韓国人、アメリカ人、イギリス人イタリア人、ドイツ人、フランス人、そうそう南米からもいたなあ。

 子狸の小学校にももう普通に、海外と有縁の子たちや家族たちがもう普通に混ざっている、店主の子供の頃には考えられなかった展開だ。

 しかし考えても見よう、言葉の通じない異国で暮らすことの勇気と不安。先のタイの女の子も、日本語はほとんど不自由なく喋る、ニュージーランドの友達とは英語、そして母国語のタイ語はもちろんだろう、店主が感じただけでも三ヶ国語操ることになる。それだけでもすごいわけだ。

 海外からの実習生という名目で、大分日本の現場で彼らにひどいことをしている実態が明らかになってきていますね。 
 入国管理局内で、不法滞在者、移民申請者に対して虐待的なことをやっていることも明らかになっていますね。

 日本人でないという理由だけで(いやそこに欧米人も加わるか?)、そういう対応していいはずはない。

 アベノミクス・・・などと言って無責任に礼賛してたって、基幹統計いじられて、パラメーター替えてごまかされている内に、韓国にGDP抜かれちゃったってよ。

 この展開だと、あと数年もすれば、日本から海外に出稼ぎに行くことだってありうることだ。その際同胞が行った先で、これまで日本が行ってきたような扱いされて、それは郷に行ったんだからそこの郷に従え、自己責任!でいいのだろうか?

 そんな展開は絶対に望まない。

 「昔私の祖父が日本に出稼ぎに行った時、そこの近くの日本人に大変良くしてもらったから、お返しにいま日本からの出稼ぎ者にできることやっているんです」という人を増やさないで、一体何をしているんだ?

 コンビニで外国人労働者を怒鳴りつけている小心者のお前だよ!

 イチローの引退記者会見の最後、イチロー自身がアメリカに行って外国人になったことで、人の痛みがわかり、人間としての厚みができた、という旨を語っていた。

 それからして、この国では、厚みのない、薄っぺらい人間の声がやたらでかくなってきたようだ。建て直さねば。



  彼女が住んでいるシェアハウスが今年をもって解散ということだ。彼女は職場の近くの北千住にでもこそうかということで、この自転車と連れ立って西東京を離れてしまうのかな?

 なんかちょっとした思い出になったかな?ただの二万円出して買った自転車じゃないからね、帰国する時もって帰れなかったら、誰かその意味が解る人に託していくかな?

 日本生活の一つの思い出にでもなってくれればね、それだけでも意味はあったかもしれない。

奥さんのための自家塗装 



 一見地味なんだが、実用自転車としてはちょっと高機能、不足はないという意味ね、そしてこの自転車の塗装は、自分でやったということ、当店の前でね・・・・。

 解体したフレームとフォークに足付けをして、自分で中塗りと外塗りをしてしかも・・・、


DSC_2071_convert_20200827213429.jpg

 自作のステッカーまで作って、貼ってから、更にクリアをかけたもの。もともと仕事が写真とデザイン関係らしく、この手を作るのなんて、チョチョイのチョイってなもんなんでしょうね。

 そして、グレーに再塗装したのも、ちょっと時間をかけつつ、丁寧に、丁寧に、仕上げました。

 DSC_2072_convert_20200827213419.jpg

 ご希望のハブダイナモライト付きの前輪にしました。

 DSC_2073_convert_20200827213409.jpg

 このカゴもでかいものをご希望。取付金具なんかもコチラで自作しながら、取り付けた。

DSC_2074_convert_20200827213358.jpg

 ハンドルはプロムナードハンドル、これも強くご希望どおり。

DSC_2077_convert_20200827213331.jpg

 リアは外装の多段をご希望、

 DSC_2076_convert_20200827213340.jpg

 フロントはシングル、

DSC_2082_convert_20200827213313.jpg

 リアに子乗せを置く、これイェップの新作のようだ。しかし、子乗せ加工もだいぶ遠くに成りにけりだなあ。

DSC_2083_convert_20200827213304.jpg

 そして、サドル選びは実際に乗りながら、慎重に決めた、といっても本来なら十キロ以上継続して乗らないと正確なことはつかめないと思うが。

 DSC_2085_convert_20200827213243.jpg

 スカートでも乗るというので、着物号のものをすすめてみた。実際乗って見るに、慣れが必要。股で挟まない感じがどうも不安定とか、ただ腰掛けているだけというのが、自転車の動きではちょっとというか、大分違和感はある。

 ただし、これも慣れなのだ。ちょっとやそっと乗っただけで、変だ・・・と言うには、もったいなさすぎる。着物も、スカートもコートもほとんど皺にならずに乗れる、そのメリットだけでも相当だとおもうんだがねえ。

 むしろ多少時間をかけても、慣れるに値するサドルだとは思いますよ。

DSC_2084_convert_20200827213256.jpg

 あと、これなんかも面白い、突き出しの鼻に当たるところが短くて、かつ真ん中にでかい穴があいている、便座とまでは言わないが、異形であるサドルには違いない。

 とまあ、それぞれ当店周りを何周か乗っては、どれにしようか・・・と楽しく悩んでもらった。結果・・・、

DSC_2075_convert_20200827213349.jpg

 見た目重視でこの茶色の鋲打ちサドルに決定、角度なんかを調整して、様子を見ることに。

DSC_2068_convert_20200827213439.jpg

 頑張ったお父さんが、奥様にプレゼント・・・という感じでしょうか?まだまだ現役で走れる自転車があるのに、わざわざ電動なしのこの自転車を作ってあげたのには、なにか深い思いがあったのかしら?と思ったりする。

 自動系のロックなど、この車体には多少不便なところの指摘もあったが、ハードで万全だと、使う側のソフトが全く育たなくなるという弊害はあるだろう。全てハード任せ・・・スマフォじゃないんだから・・・。

 旦那さんの思いが伝わって、この自転車に愛着を持ってもらえると、店主も嬉しい・・・とはいえ、サドル選びでも、ちょっとはしゃいでいるように見えた奥様、すでに思いは伝わっているんだろうなあ、犬も食わない邪推はやめておこう・・・。
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター