メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |軒先 自作自転車 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

娘の自転車 地元映像作家の巻



 いつ見てもルイガノのフレームは最強なんじゃないか?と思う。特に子供に近い三角形の小さいものはね。

 アルミでも太いパイプ、溶接シロが太いし、しっかりロウが盛られている、弱いわけがない。

 DSC_0233_convert_20180619234416.jpg

 アチコチ汚れたり、錆びたりしている車体をお父さんがきっちり磨いてメンテします。

 なんで?娘さんのためだって・・・。

 誕生日に。

 クリームクレンザーをつかって、汚れを丹念に落とす。そこまでやるか?というくらいに。

DSC_0234_convert_20180619234427.jpg

 そして消耗品を交換などして、娘さんに送るんだろうな。

 DSC_0235_convert_20180619234437.jpg

 お父さんはがんばった。丸一日かけてね。

 DSC_2421_convert_20180619234455.jpg

 通学用のために、鞄を置くための籠は必需。大きめのカゴを取り付けた。

 DSC_2424_convert_20180619234516.jpg

 別にそうしなければいけない必然性は全くなかったんだが、店主の口が滑って、このエンドならシングルもできますよ、といったのがきっかけかどうか知らないが、シングルになってしまった。

 DSC_2425_convert_20180619234525.jpg

 確かにスッキリ見えてしまう、このシンプル感に感応する人は必ずいる。

 DSC_2426_convert_20180619234534.jpg

 太いパイプに、溶接がしっかりしていて、三角が小さい。まさに最強の強度を誇るんじゃないか?と思う。

 DSC_2420_convert_20180619234446.jpg

 丸一日かけて、がんばったお父さんの最高のプレゼントになった自転車。

 実はこのお父さん、大変な曲者でありました。職業は動画作家。しかも富士町という完全な地元。ちょっと試しに当店のPVなどもみていただきご感想もいただきました。

 つまり、今後内外の活動に関わらず、動画の制作は最も重要な広報戦略と位置づけるとするならば、この手の技術屋さんは重要この上ない。

 既に、彼とのコラボ・・・、素人・玄人的発想含めて、色々出ているわけであります。北京的展開も、そして、何よりも地元的展開の色んなアイデアありでありあります。

 コチラが、このお方のhpでありますので、まだ作りかけ・・・とも聞きますが、まあ、映像のセンスは抜群だね。

 それと、英語の字幕を入れるのも得意という才の持ち主でもある。世界に向けての動画作りでは、地元という中で、尤も頼りになりそうな人物でもあるということです。

 映像は最強に近い。それを使ってなにかアピールを考えている方、まずは話だけでもきいてみないか?という。その話だけというのが、すごい、切り土半端ない、既に見せ場に関する手法のほぼすべてをもっておられるようである。大いに紹介しますぜ!

 という事で、今後当店の動画的展開も楽しみに!まあ、イメージから何から何まで、変わっていくぞー!

スポンサーサイト

例の彼のあれがああなって・・・物語は続く・・・



 ちょいと前ですが、ご紹介した、保育園の用務をやりながら、彼女の自転車を夜組みに来る男の子がいるんであります。

 もとはバイクの方のメカだったというので、作業勘はいいですね。あれ?

 この写真の段ボールに人影が・・・。

 そう、この作業に熱い視線を送っているのが、彼女さんなんであります。そう思って見直すと、彼の背中にはちょっとした緊張感が走っているようにも見える・・・。

 連休はさんで、色々やって、徐々に完成に近づいていきます。

DSC_2308_convert_20180509233335.jpg

 タイヤを入れ替えて、ほぼ完成!

 さて、どんなできかしら?

DSC_2322_convert_20180509224833.jpg

 元ネタは、ジャイアントのエスケイプ。アルミのボリュームゾーン真ん真ん中の自転車で、良くこの値段でここまでできるわね、という大手を象徴するような自転車なんだが、それに色々と入れ替えて、できあがった。

DSC_2320_convert_20180509224825.jpg

 コンポはクラリスでほぼ決まり。

DSC_2319_convert_20180509224816.jpg

 これが、まあいいできだわな。安価でもレーサーを模している、このリアディレラーだってよくできている。変則も申し分ないね。

 DSC_2323_convert_20180509224842.jpg

 前後にショートリーチのVブレーキをが付きます、これもソラもので、この値段でこの作り・・・という驚きのでき。

DSC_2316_convert_20180509224755.jpg

 このスキンサイドのタイヤに。

 DSC_2317_convert_20180509224807.jpg

 バックスキンサドルを合わせ。

 DSC_2314_convert_20180509224736.jpg

 グリップの色を合わせるなんて、技も使っています。このピンクのアウター・・・?

DSC_2315_convert_20180509224745.jpg

 グリップどめにまたピンクと、色合わせをなんとかやっているところも凝っていますね。

 DSC_2311_convert_20180509224729.jpg

 一台目にしては上出来!なんじゃないの?!といえますね、背の低い彼女さんのために、よく頑張りました!

 やっぱりこの佇まい、気持ちこもっているよねえ・・・。

 と、それでは待ちに待った試乗と行きましょう!

DSC_2310_convert_20180509233409.jpg

 レレレ・・・。

 サドルから前に降りると、かなり背伸びをしない限り、トップチューブとの干渉というところが避けられないことが発覚。まだ慣れていないスポーツ系自転車でこれは、あまり良くはありませんね・・・。

 うーん・・・。と店主が悩むほど、ご本人らは意外と明るい・・・。エエ?待ちに待った・・・じゃないの?

 もちろん乗ることを意識して組み付けたことは確かなんだが、どうも組み上がっていく過程自身も面白かったみたいだね。だから、結果はどうであろうと、過程が楽しめたんで、それはそれで良かった・・・という感じみたい。

 でも、乗れない自転車ができあがったぜ!といっても、この手のエマージェンシーは得意中の得意な当店からすれば・・・、なら、ホイールを650cにして、なんちゃってレーサー系式にして、男の子が乗りなさい!

 そして、そのフレームからパーツ・ホイールを別のフレームに移植しましょう。実用車、ママチャリ基体でもいい、それでも相当走るよ。

 で、どうせなら、エスケープ再塗装しちゃえば?そうして、105かなんかで、650cだと最高に走るよ、きっとね。

 そんでもって、彼女さんはまずは軽めのママチャリフレームにクラリスとホイールを乗せて、暫く走る。そして頃合いを見て、フレーム再塗装する・・・。

 塗装の経験って、きっと保育士の仕事に役立つよ!

 園にある古くなった、三輪車や乗り物を、パーツ外して、下地作って、色を塗ったり絵を描いたりする。そして大事に使い続けることもできるよね。子供とやってもいいし、若い保育士さん達とやってもいい、情操教育ともいう、リサイクル教育ともね、ものを大切に使い続ける教育にもなる。何よりも自分たちで塗った遊具に乗るなんて、最高だろうね。

 という事で、話は決まった!

 この二人の愛の物語、自転車純情編はまだまだ続くという事になった。そう、それも保育園を巻き込んでの一大展開に発展するかも知れない!いよいよ面白くなってきたぞー!

 

自作?学校?開業準備?



 彼女の自転車を組みたいんで、取ってほしいと頼まれた、パーツ類。これをフレームにつけることぐらいは、誰でもできる。

 でも、それらパーツ類を連動させるという事になると、これはちょっと異なってくる。組付けのことですね。

 自分で組みたい・・・というのもありだが・・・。誰にでも場所を提供できるほどは広くはない。もう少し何かない?

 ホホー、そうか、ならそこの隅ででやんなよ・・・とコチラが思えるようななんかない?

 和菓子屋の若旦那・・・といっても継いでいるわけではない。元々は、バイクのメカニックだった・・・。ホホー、それは腕に覚えがあるな?仮にだ、当店が輪業としてモーターバイクなんかを取り扱い始めたら、部門長もんだな・・・。まあ、当店では、バイクにまでは手は出さないがね。

 そんで、自転車をいじっていきたい?今は学校の用務を担当していると・・・、手に職系だな。

 なら、その隅つかいなよ・・・。

 DSC_2184_convert_20180315192038.jpg

 隣で大森先生が組付けをやるんで、それを質問なんかしながら、まずは仕事をよく見ることかな?

 DSC_2182_convert_20180315192021.jpg
 
 セミインテグラルだから難しいかもなあ・・・。

DSC_2181_convert_20180315192009.jpg

ヘッドパーツは難しいんで付けてあげようか?お願いします・・・。 

 とこんな感じで、やっていた。自転車の作業を覚えるには、できる人と組んで、組み付けるの一番勉強になる。こんなことを何回か繰り返していくうちに、その内色んなものが組めるようになるだろう。そんなことが半年続いたら・・・。

DSC_2185_convert_20180315220820.jpg

 生き生きしているねえ。まずは彼女の一台を組んでからだ、もしその先まで行きたいなら・・・・なんかあるかもな。

 そんでもって、それが自分の開業につながるんだとしたら・・・、面白いかもね・・・。

 店主はもうある意味歳なわけで、もうこれから一人でできることは限られている。次の世代に流せることは流していかないと、と思うようになった。

 ある意味、当店なりの芯に当たる部分に共感できるようであれば、あとはその人なりのどんな展開になろうと、それはそれで喜ばしく思えるようになるだろう。

 もうそんな時期に来ているんだろうなあ、と思うようになった。

 なので、開いていく方向になるかと思うが、大事なことは琴線に触れる、という事かと思う、これが難しいようで簡単、簡単なようで難しい・・・。

 この若者の今後の展開、お楽しみに!

お母さんの手柄だな・・・



 元々は、これをマットブラックに塗ってもらえないか?という依頼のつもりでご来店したらしい。

 その前に自前で塗ろうかしら?という電話をいただいていたんで、このお客さんかな?と店主が勝手に勘違いしていたんですね。どうも違ったらしい。なわけで、当然自分で塗りますよね・・・という方向で話を進めていったんですが、どこか怪訝な顔をしていたんで、アレ?おかしいなあ・・・なんても思っていたんですが。

 勘違いから出た真・・・てやつ?

 モロ乗る気・・・というほどでないながらも、お母さん、セガレっ子と自家塗装をすることになりました。

DSC_0137_convert_20161118170051.jpg

 自転車ばらして、ステッカー剥がしや洗浄、足付けのやり方を教えます。スタートは順調でした・・・。

 ところが、ほんの二十分ほどしてみると・・・

DSC_0133_convert_20161118170128.jpg

 アレ?ガキンチョがいない!?

 フォークがほったらかしになっている・・・、どこだ?と脇を見ると・・・

DSC_0134_convert_20161118170115.jpg

 ギャー!!!!ばれたー!!!とばかり、すでに作業に飽きたガキンチョ君が縄跳びをやっていた・・・。

 まあ、読めた展開ですね。男の子なんてこの手の作業十分もったらいい方で・・・、大抵はほったらかしで遊び始めるのが常なのであります。

 5歳児・・・、外に出てきた子狸とも遊びまくって、全く作業に戻る気配なし・・・。いいぞ、くそガキ・・・。

DSC_0135_convert_20161118170103.jpg

 こんな感じで、お母さんの作業が黙々と続きます。こうなってくると、ちょっとコチラも手助けしたくなりますね。親子和気アイアイでやっている場合は、よほどのことがない限り、手出しはしませんがね。

 この自転車ツートーンで決めるので、今回フォークはマットブラックにしてね。

DSC_0139_convert_20161118170039.jpg

 本体には、緑をかけて、なんとか終了です。

DSC_0140_convert_20161118170026.jpg

 全く、自分の手柄のような顔して・・・いい気なもんだぜ・・・。これはお母さんの功績だよ。

 で、二日目は本体にマットブラックをかけるんだが、緑の部分は文字で抜きたいという・・・。これがまあ、面白く行った。

DSC_0164_convert_20161118170016.jpg

 完成に近くなると寄ってくるという、ガキンチョの法則・・・。マスキングテープ外しは神妙にやっていた。

 で、お母さんの力作の完成!

DSC_0165_convert_20161118170006.jpg

 かっこいいでしょ?ってなんの文字なんだ?

 DSC_0183_convert_20161118165911.jpg


 こう見るのね、一見Aにも見えますが・・・、実はRなんですね。それを上下のパイプに分けて書いてみた。ある意味チネリの方式をとりました。

 なぜRなのか?それはこのガキンチョ君の名前にリュウというのがあるので、そこからRを取ったということなんです。

DSC_0179_convert_20161118165945.jpg

 反対から見ても、Rです。おみごとでしょ?

 そして上から見ると・・・、

DSC_0182_convert_20161118165923.jpg

 Xなんですね、だからなんだ・・・なのですが・・・。

DSC_0180_convert_20161118165934.jpg

 ガキンチョの希望で、緑の部分をシートステーで塗る、これはやってあげました。

 で、完成だ!

DSC_0177_convert_20161118165955.jpg

 オオ!お母さん頑張ったねー!!!パチパチパチ!!!という感じ。

 それほど、自分からやりたかったわけではなかったらしいが、塗り終わったあとの充実感はあったんじゃないかな?と思います。完成車を見たらどう思うかな?

 まあ、ガキンチョの作業に関しては、五歳なんてこんなもんだ・・・。あとは、しっかり乗れよ!ってなもんで。

 もしまた、数年後に来たりしたら、もっと自分から作業に没頭するようになるだろう・・・、どうなるかわからないが、人の成長というものは楽しみなもんだ。

 また来いよ!

軒先貸して 母屋で学ぶ



 子供が率先して、自分の自転車の塗装をするという企画。もう何回やってんだろう?

 システムはこう、自転車を持ってくる、コチラが解体しておく、好きな色のペイントを持ち込む。足付けの仕方を教える。自分で足付けをして、塗装する。それをコチラがまた組み付ける、以上!

 簡単にいうと、こうなります。まあ、システム自体は簡単なんだが。それを親子でやる、子供が大きいと、大方自分でやることになりますが、逆に子供が小さいと、親が実質やることになる、というのが通例ですね。

 今回は・・・、実に親子が大変協力的にことが進んでいったんであります・・・、おみごと!というくらいにね。

DSC_0103_convert_20161114180731.jpg

 ばらしたフレームを洗浄して、ステッカー等を剥がして、足付けをしていきます。結構寒い中での水仕事、娘さんですが、テキパキとやっています。

DSC_0104_convert_20161114180718.jpg

 今回、この軒先企画で初めてだったのが、なんとスプレー缶ではなかったことかな?

DSC_0105_convert_20161114180705.jpg

 刷毛塗りだったんですね・・・。自転車は工業製品、なのでどうしても均一的に塗装することになっている・・・んであります。冷静に考えれば、別にそうしなくてもいいのにね。均一的に塗装する場合には、刷毛では刷毛ムラができてしまうので、スプレー缶でやるというのが定番になってきていたんですが・・・。

 今回はあえて刷毛に。しかもちょっと変わったペイントを使用しています・・・、家具にいいんじゃないの?というような雰囲気なやつです。

 DSC_0107_convert_20161114180652.jpg

 刷毛を選んだ時点で、ムラの問題はなくなったも同然、そういう選択もありだなあ・・・。こういう自分では積極的にやらないことを目の前で見られるというのも、軒先貸しはやめられません。

 DSC_0167_convert_20161114180627.jpg

 今回はフレームだけでなく、泥よけ、チェーンカバーなどの小物にまで塗りが入っています。本物の籐のカゴ、これも入念にクリアをしみこませるようにとご指導。でないと、紫外線や雨などで劣化されやすくなって、すぐにカビや変形してしまいます。

DSC_0166_convert_20161114180639.jpg

 塗っては乾かし、塗っては日向で乾かし、それを何度か続けます。

 作業二日目にて、終了。集中力とセンスの勝利だよね、本当よくやりました!!!

 組み上がった自転車です!

DSC_0171_convert_20161114180551.jpg

 接写で撮れているかな?ちょっとゴワゴワした感じ、見えますか?温かみがあるよ・・・。

DSC_0173_convert_20161114180529.jpg

 これはよく見えるよね。刷毛ムラをうまく利用している。

DSC_0170_convert_20161114180602.jpg

 丁寧に塗り分けた、その色の組み合わせも大変いいですね。暖かく、どこか落ち着きます。

DSC_0174_convert_20161114180517.jpg

 ライトにまで、細かい配慮塗り・・・、これ確かお父さんが頑張っていたなあ・・・。お母さんはお昼ご飯を持ってきたり、いい連携していましたね。

 DSC_0172_convert_20161114180539.jpg

 クリアコーティングをしたカゴもしっかり付いていますね。

 DSC_0169_convert_20161114180616.jpg

 いい自転車になったでしょ?思わず乗ってみたくなる・・・、欲しくなるような温かい自転車だよね。

 塗料が、アメリカの古い家具をイメージして作られているらしいので、それを利用したところでもうセンスの上で、勝負は決まっていたわけであります。

DSC_0175_convert_20161114180506.jpg

 まさに家具のような落ち着きのある自転車ですね。なるほど・・・。

 今回も大いに学びますなあ・・・。実用自転車の分野にこういうテイストは大いにありです。いかにも手で塗ったような(今回は実際に塗っていますが)一台。

 自分が乗るか乗らないかは別として、一つの世界を暗示しているようなもの、ジャンルを確立する質量のあるものなどに、大いに反応すべきなんだと思います。

 イヤー、勉強になるわ・・・、本当に作りたいものを作る!という上では、採算を考えない素人が一番怖い・・・、今回はそれに子供というのが付いた・・・という意味で最強だよね。

 素人さんから、しかも子供さんから教えてもらうこと、この軒先企画はそのための出店のようなもんであります。だから、常に開いておく。ご希望の方は、いつでもどうぞ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター