メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |店の所在地 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

次回の裏狸の表化サイクリングは5月19日だ!

399241326_10160115410653089_4942559693496476604_n_convert_20240115224526 (1)

 工房飲みと双璧でもって、盛り上がりつつある裏狸の表化サイクリングの会ですが、次回の予定が決まりましたので

 お知らせいたします!

439272937_455602836826833_6609642997434911156_n_convert_20240502232253.jpg

 前回は京王閣競輪場でのフリマにお邪魔したようですが、今回もまたフリマらしいですね。

413838592_311901515161904_8260462924846553571_n.jpg

「 今月の通常ライドですが🚴

19日に荒川サイクルフリーマーケットへ行きたいと思います。

集合場所は板橋区赤塚蓮池公園

に9時半でよろしくお願いします。」

 ということなんですが・・・。

 その赤塚溜池公園ですが、コチラのようですね。

Screenshot_from_2024-05-15_00-00-30_convert_20240515000741.jpg


 ちいさいかな?東上線の成増にちかいですね。

428598154_10160260458348089_688160610120193123_n_convert_20240220233854.jpg

 バリバリ乗るというよりも、結構観光の要素も強いようなサイクリングですね。

 もちろん一番弱い方に合わせて動くということをモットーにしている、サイクリングイベントですね。

409564576_6853701141383436_5892179383768259585_n_convert_20240115224616.jpg

 走れば食も美味しいということで、楽しく走りましょう!

 ということで、今月5月、19日に裏狸の表化サイクリングを行いますので、気になる方は是非ご参加ください!!!
スポンサーサイト



お転婆子ちゃん ようやっと落ち着くかな?



 これもいじり好きの人が色々やってきたような一台ですね。たまに来ては、難しいとこだけやってお返しする、やりたがり屋さんだから、他の作業を残しておく、なんてことをやって、騙し騙し乗っていたようだったんだが、ついに抜本的な手入れをすることになった。

 415687433_7071525369593237_9111458668787579486_n_convert_20231230221056.jpg

 このブレーキレバーなんて、実用車にしてはちょっと洒落ているものを使っていますね。

415372294_7071525199593254_2294804476343338977_n_convert_20231230221004.jpg

 こういうピラーやサドルだって、実用車のものではない。使用者の強めのこだわりが伝わってきますな。

 415446748_7071536866258754_107459853461597829_n_convert_20231230221021.jpg

 荷台もピラーにかます形式なんぞは、完全にスポーツ車のものから取っています。実用車なんだが使われているパーツが違いますね、大分。

415688655_7071525136259927_1944538749462651807_n_convert_20231230221104.jpg

 で今回問題が山積していた、後輪のハブの内部を徹底的に直した、シャフト交換等したりガタ取りの調整したりとね。

 そして、多段のボスフリーをシングルフリーに交換して、単純化した。このクイック、手締め用の古い蝶ネジだ、ここなんかもパーツのこだわりが出ていますなあ。

 415683720_7071536986258742_3102761207460435725_n_convert_20231230221047.jpg

 これもレーサーのクランクを使っています、シングル同士で、単純化した分走りは締まってきました。もうフレームも含めご老体だったために、アチコチの緩みのようなものがあったが、ここ一点単純化して、しっかり管理し直すことで、またシャキッとなった感じだね。

 415675833_7071537246258716_7547625244656194855_n_convert_20231230221038.jpg

 あれ、これは当店お仕事かな?チェーンステー裏にブレーキが付いている。ホイールの着脱が楽になるので、自己管理もし安くなる。

 415671559_7071525416259899_5510033720642244596_n_convert_20231230221029.jpg

 当店がこの西東京に移転して9年目、移転して最初に声をかけてくれたのが近所の、この自転車いじりの好きな方だったんですねえ。

 子狸の親友もその系統だったんだが(なんか今夜も泊まっているようだぞ)、まあ、自分で工夫して色々やっているところがわかって、それを尊重しながら手前手前で時たま面倒見てきたんだが・・・、今回は相当介入してしまったな。

 うん、このシャキッとした感じを維持していくメンテは定期的にやっていきましょう、基本は自分で、手の届かないところは持ってきてもらえれば何とかいたします。

 色々問題もありながら走っていたお転婆子ちゃんだったんだが、暫くはお行儀のいい子に収まりそうだ!


来月 6月のイベント公表! またあの西成から軍団がやってくるぞ!



 来月6月のイベント情報を流すよ!場所は勿論、当店内野音でのことで、もう上の写真見たら、説明はいらないよね。

 ハイ、そうです、あの大阪の西成から、パフォーマンス集団がやってまいります!西成の大臣と神様です!

 この店主が恒久応援すると決めたユニットでもありますね。もう説明するのも何なんで、とにかくおいでください。

 舞台に自信があるので、投げ銭ですよ!ダメだと思った方は無料でお帰りください!という潔さ。

 それだけに、引き込んで、笑わせて、納得させて、泣かせて、感動させるものを持っています!騙されたと思っておいでくださいね。

 6月21日水曜日夜!こういう日は店主も、ちょっと凝ったものを作りますので、そちらもお楽しみに!

 334110803_1261026081436499_1723704917800776947_n_convert_20230227233928.jpg

 そして同日パフォーマンスをしてくれるのが、京都から来る、小竹親(ちかし)さん。こちらも当店三回目のライブです。なんと京都の先斗町を中心に、三十年間ストリートライブで勝負している、筋金入りの歌い手です。

 通り過ぎる人の足を止めて、最終的には財布開かせる歌唱力があるんだから、こちらも半端ではないパフォーマーであります。

 前回ライブでも、親さんファンが確実にできたようで、これもまた一聴の価値おおありなシンガーでございます!お楽しみに。

 20230227000.jpg

 で、こちらはお馴染み菊ちゃんです。昨年3月、初めて当店で歌ったのが、ツアー童貞筆おろしだったという、当店とは因縁の関係にあるシンガーさん。

 大役目は大臣・神様を大阪から連れてくるというドライバー役でもあるんだが、ただの運転手ではない。

 歌う毎に、回を重ねる毎に、まず確実にうまくなっていく。そして、彼の持ち味は歌だけでなく、歌作り・曲作りの名手でもあるということね。曲の構成や、歌詞の展開なんかも、そんじょそこらではない非凡さがある。

 その内楽曲提供者として有名になるかもしれない、と勝手に店主は思っているんだが、是非注目して欲しい人物でもある。

 ということで、また大阪から賑やかになるよるが、6月21日水曜夜!ということなので、是非おぼえて、おいでくださいませ!

 また、当店内イベント何かが決まり次第、ここにて公表してまいります!

 では来月!

あの男が一時帰国 野心にて候・・・



 何度か本ブログにも登場した、山田氏緊急帰国中なのだ!

 どこからって?メキシコからだ。ウーン、一回りどころではない、三回りほど太くなって帰ってきた。デブになってきたわけではない。今30になったという・・・。彼と知り合ったのが明治の学生の頃なんで、10年近くになりますな。

 当時から、こいつは面白い・・・、その頃からもう化け始めていたようだが、将来は相当大化けするだろうという予感があったが、まあ今も常におばけの連続中で、もう大変なことにすでになりつつあるね。

 学生の頃、卒業論文のテーマが「日本におけるバルの研究」という内容だったと思う。日本にバルなるものが出現して、さして時間は経っていないところから、研究所のたぐいはほぼでていない、紙でないなら、歩いて集めるしかないという研究。

 学生というよりもジャーナリスト的なセンスが必要だと言うことで、こいつは将来スゲー筆者になるかも、そんじょそこらのフリーライターなる雑文書きにしては勿体ないと思ったもんだった。

 卒業の際、進路にちょっと悩んでいた。片山右京の自転車チームに直に掛け合って、スペイン人選手の通訳に抜擢されそうだったが、その話はチャラになった。

 そうそう、学生時代にスペインのパンプローナというところに留学していて、スペイン語ペラペラだっだな。

 その後メーカーとラジオ番組製作と、そしてメキシコでの通訳の仕事、どれにしようかという時、ちょっと相談に乗ったことがあった。

 勿論店主としては、人間いたる所の青山あり!ってなもんで、メキシコ行きをすすめたね。それで本当にメキシコ行くことに。

 今はメキシコに土地もかって、永住権も得て、八面六臂の活躍をしているということだ。

 262049694_4647815975297534_1643016296717732677_n_convert_20211130000358.jpg

 薪ストーブを前に、まあ、色々話してもらったわ。一言面白い!講演会でもやりたいね。メキシコ話のあれこれだ。

 マフィアの話、クソのメキシコ警察の話、治安の話、メキシコ人気質、メキシコアメリカ間行き来の現状、メキシコ自転車事情などなどなどなど・・・。

 幾晩あっても足りないほどの話の質量だ。

 そんな彼が、ある世界的イベントの日本担当になったという話を持ってきた。グラン・フォンド・ニュー・ヨークという自転車イベントがあるのだそうだ。

 一言でいうと自転車レース、しかも100キロ超えのもの。参加資格は自由。マジ勝負しても、グループ参加しても、足がなくても、参加して可能。一筆書きのできるコースレイアウトできれば、そこが会場となりうる。

 色々と条件はあるが、その本体との関係は良好で、後は日本の何処で開催するか?というところ。今の所、花巻、大子町当たりから交渉を始めるという。

 抜き身でいって何処だけ相手にされるか?なんだが、まあ男30歳、どんどん失敗しなさい!早ければ来年秋ごろ開催予定なんだが、どうなることやらだ。

 そして、目はその先を見ている。グランフォンドニューヨークはロードレースなんだが、彼の目は、グラベルの方にしっかり向いている。

 というのは、メキシコ・・・、日本から比べるとかなりいい意味でも、悪い意味でもかなりハチャメチャな所、土地の所有?ハア?ってなもんで、なんかあったら、すぐ地権者が口出ししてくるどこぞの国とは全く異なって、だだっ広い土地に適当な杭と鉄条網なんかが貼ってあるんだが、そんなもん引っこ抜いて自転車で入り込んで走っている内に、地権者らしきおじさんに鉢合わせしても、ヤア!で済んでしまうお国柄。

 そんな国でのグラベルが面白くないわけがない。実際今年、仲間と開催して、ちょっとした黒字を出した、開催者としても今ん所優れた腕をも持っている。

 そのへんの彼のメキシコでの活躍は、こちらの記事に大変詳しい、写真もいっぱい、動画もありもで、是非見てほしいですね。

こちらも動画も、すごいねえ、臨場感!西部劇でそのまま使えそうなロケーション、ソンブレロの山賊がでてきそうなところもある、サボテンも・・・。

262019406_4647826738629791_73415844987111479_n_convert_20211130000343.jpg

 そうそう、冒頭の度肝抜き自転車だが、これは日本帰国時の彼の足だったんだが、致命的な割れが発生、これからどうします?形が面白いから、看板にでもしましすか?

 261994404_4647829455296186_8299739582081671177_n_convert_20211130000330.jpg

 薪ストーブの炎を見ながら、話は尽きない。講演会というのも仰々しいので、忘年会と称した宴会続きで、色々喋ってもらおうかな?なんてね。

 ちょっと、ゆっくり、注目してほしい青年です、山田くんといいます、座布団は運ばないよ。

 もし、自転車も、メキシコもありとあらゆる所が頓挫したら、僕はモンゴルに行きます!と豪語する。何だそりゃ?!日本に数少ない馬頭琴奏者でもある、そんな話を聞くと、頓挫しても面白そうだね。

 時代は決して明るくはない・・・と思っていたが、こうした若者が溢れてくるところを見ると、将来悪くないかもな、とも思う。店主のような年寄りは、まず決して邪魔しないこと、何処まで協力できるか知らんが、それよりもむしろ機を見て、さっさと引退することだろう・・・、そのくらい老害は問題なのではないか?と思う最近である。

 励め、若造!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター