メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 実用車・ママチャリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

イヤー手間かかった・・・



 家にある自転車を子育てように・・・ともってこられました。しばらく乗っていない・・・、雨ざらしに近い・・・というような状況、ちょっといやな予感が走ります

 まあ、的中でしょうね。シートピラーが外れない・・・。ある意味こいつが一番困るんだが・・・、それがまあなんとかBBを外して裏からも浸透性のいいケミカルを入れて、なんとかかんとか外れたんだが・・・。

 一難去って、また一難。今度はピラーが抜けないときた。

 どうやっても抜けないとき、溶かすという方法がある。

DSC_1270_convert_20181126084047.jpg

 このように、ステムのカエシの部分を切り取って、フォークを抜き、固定してバーナーであぶって、残っているステムのアルミ部分を溶かすというやり方なんだが・・・。

 この一本のバーナーでは、火力が弱かったらしい。一時間以上やったが成果上がらずだ。

 DSC_1344_convert_20181126084057.jpg

 というのも、このように、深いところまでアルミ部分が残ってしまっているからなんだろうと思う。一本のバーナーで溶かすには、火力は少ない・・・納得。

 DSC_1346_convert_20181126084107.jpg

 二本のバーナーを投入して、裏からたたきながら、溶けた部分からコラムの外に掻き出す作戦だ。これがまた一時間でなんとか・・・終了。

 1本のクランク、多少ヨレヨレになりながらも、救出・・・という。こういう所に時間が取られますが、「自転車は外せれば、再生できる!」この格言?は憶えておいてくださいね。

 もう一度、「自転車は外せれば、再生できる!」であります。なので、中古の車体を利用して、何か展開しようとしている方は、自転車の組み付け技術はもちろんのこと、その前に、解体技術をとことん学ぶことかと思いますね、外せないと再組み付けできませんからね、リサイクルもくそもないんです・・・、ハイ。

 DSC_1375_convert_20181126084222.jpg

 これさえできれば、あとはトントン拍子・・・ってなところかな?細かいところは大変なんだが・・・。

 子育て号なんで、子載せは必需だね。これはハマックスの荷台載せ専用。かつては、イェップなんてのがドンドン出ていましたが、値上げと同時に、パッタリだね・・・。まさに不景気と少子化のダブルできているように思えますな。

 その前は、20個とか大量仕入れできていた、資金がどうこう以前に、捌ける気配があったからね・・・、ところが・・・。

 ただ、あの立ち上げの際より、培ってきた、その他の技はいろんなところで生きてはいる、世の中変わるし、嗜好も変わる、時代も変わるし、変わるところだらけだわ。なので、基本に裏打ちされた応用を振るっていくしかないんだろうね・・・。変わることに躊躇していてはダメなんだろう、といって、軽薄に風見鶏であってもダメ・・・、軸をもって変わること・・・かな?

 DSC_1378_convert_20181126084236.jpg

 子載せといえば、頑丈なスタンド・・・、もうこいつらはペアのような関係だね。なので、スタンド取り付けも、ずいぶん研究させてもらいました。

 DSC_1379_convert_20181126084249.jpg

 その自転車のエンド金具に合わせて、加工しながらつけていく。ダボ穴を逃がして、最低ナットともう一点、計二点については物理的にエンドに固定できる状況を作る。伸ばして、削って、再度曲げて・・・なんてことを繰り返す。

DSC_1369_convert_20181126084129.jpg

 子育て仕様に、これまたなくてはならないのが、このカゴというやつね。子供だけ乗せて遊びに行くだけじゃあない、それだって遊具を入れたりと、何かと荷物は発生するものだ。

 況んや保育園の送り迎えに出勤退勤、その途中での買い物なんかを考慮に入れたら、カゴがないなんてまあ、考えられないね。

DSC_1371_convert_20181126084141.jpg

 サイズに関しては26インチものが圧倒的なんで、小径となると、こうしてほんの少しの曲げ加工してやるという手もありなんだな。

DSC_1373_convert_20181126084206.jpg

 あとはチェーンワイヤーの交換や、駆動系の調整をします、後ろの子供が乗るだけで、ギアのありがたみが大変増してくる訳で、しっかり使えるようにしないとね。

 DSC_1372_convert_20181126084152.jpg

 そして特に前ブレーキはしっかりと効くものへ交換。子載せ、子供、荷物と車重は重くなる一方、そうなるとより制動力のあるブレーキに交換しておく方がいい。

 DSC_1367_convert_20181126084117.jpg

 固着もあって、小技も効かせて、大変だったができあがった。ヘルメットをもってご来店。何度か試走を重ねて、帰って行かれた。

 多少、最初は手間取ることもあるかとおもうが、子供もその内、乗り方などを憶えてくると、楽になってくる、いいタッグを組んで、楽しいサイクリングをしてください。

 そう、ママ狸んは、子供運搬ではなく、子供とサイクリングする車体を目指して始まったし、今も継続しているんです・・・、初心は大切だ、と親子の背中を見送るわけだ・・・。
スポンサーサイト

ハンドル交換じゃないよ 打ち首だぜ!



 またものこのこ切られに来たぜ。しかし、まあ、いつ見てもデカイね・・・。これを二本とはいえ、腕だけで操作するっていうんだから、大変なもんだ。

 DSC_1331_convert_20181122214031.jpg

 エエ?ナニって?これよ、これ。

 前ハンドルに付いている、こいつよ。これ自身重いのに、さらにここに子供を乗せるというんで、すごい発想だよね。軸の丁度上に載せるから、まだいいという判断なんでしょうか?しかし、ここに子供が乗ることで・・・、

 DSC_1335_convert_20181122214052.jpg

 おっとリアにも子のせが付いている所から、カゴがないというおよそ実用レベルからすると考えられないスペックになっている、というわけなんですねえ。でもこんなのしかないから、購入せざるを得ない。仕方ないので後ろ子のせの、裏側にS字フックをつけてそこに荷物をぶら下げているなんていう人見ます。

 DSC_1332_convert_20181122214041.jpg

 像の顔に見えてきた・・・。しかし、役所の都合も相まって、まあ使いにくい自転車ができたもんだ子育て自転車にカゴがないなんて、どう考えても信じられんがね。

 ということで、愚痴はこの辺で、もう使えない自転車は使えるようにするしかない。そのためには、打ち首しかない。

 当店界隈のお母さん方には、この物々しい打ち首なんて言い方がかなり浸透しているようでありますが、当然一般には、そんな用語は通用しません。

 でも、同じようなことを考える方はいるようで、他の自転車屋で打ち首を依頼しても、大抵は断られるそうだ。次につけるハンドルが、だいぶ下がって、乗りにくい・・・という理屈らしいが・・・、なんとも訳のわからない理屈で、断るもんだよね。

 断られても、もっと食い下がればいいんだが・・・、そんなことするよりも、当店に持ってこられたようだ。

 DSC_1347_convert_20181122214150.jpg

 もちろんスポン!と首切りますよ!そして普通のハンドルつけます。これ本当普通のハンドルに、普通のステムですよ。なんで、ハンドルが低くなるのでやらないとかいう、理屈になるんだか・・・店主はさっぱり理解できません。

 DSC_1344_convert_20181122214113.jpg

 そしてカゴつけます。普通に付くでしょう?どう考えたって、普通の自転車になるんだから、付くに決まっている、どう考えてもね。

DSC_1346_convert_20181122214137.jpg

 長めのカゴ固定金具。

 DSC_1345_convert_20181122214125.jpg

 カゴの下支え、ホイールの大きさに合わせて、曲げて、カゴを水平に保つようにいたします。

 DSC_1342_convert_20181122214103.jpg

 ほら、スッキリ。打ち首完了というわけで有ります。この状態から前後に子のせをつけられるので、二人の子供を乗せて、カゴを確保することだって全く問題なく、できる。これぞ正真正銘子育て号というわけだ。

 DSC_1348_convert_20181122214203.jpg

 トリャ!切られた首が転がっている・・・。これぞ打ち首なり!

 これがかっこよかったら、近所に宣伝してくれるそうだ・・・、打ち首、飛び地にて、多少のブームになるやいなや・・・?

 どんどん切りましょうね!

少年熟女ってご存じか?



 最近感じることなのだが、このところ、とある変わった種族が出没し始め居ているように思われるのだ。

 その種族は、一定以上の年の女性・・・。つまり熟女の系統に入るんだが・・・。今まで熟女の典型であったような、機械やメカにはほとんど無頓着・・・なタイプ・・・ではないということ。

 といって、マニアックな展開にはまあ、行かないだろうということは、わかる、そういう意味で普通の女性でもあるんだが。

 なんか機械やメカに対して、それなりの距離を取りたがる女性・・・、愛着プラスアルファのような位置にいる女性ということもいえるんですね。

 その機械やメカとの距離が、マニアックではないけれど、でも常に手の届く範囲の中では気にかかる・・・、そう普通の少年のそれに似ているのかもしれないね。少年みんながみんな、メカや機械をすぐに分解して、改造して・・・とはならないが・・・、でも少年それぞれに、ある一定の射程内にはそれらを配置しつつ、それなりに気にとめている・・・、そういう状態ともいえるかもしれませんね。

 そういう意味で、その種族のことを少年熟女と呼ぶことにします。

 先日の少年熟女は、言われてみても全くそんな高齢には見えない、という75才の方でした。二十年前に出会っていたら、どうなっていたかわからない・・・。多分大変高い確率で、駆け落ち半分はしていたんじゃないか?と思える方でありました・・・。どういうこっちゃ?

 自転車の細かいことは全くわからないけど、自転車が好き。この自転車に乗り続けたい!という強い希望はヒシヒシと伝わってきます。なにをどう直すかは、お任せするんで、とにかく、直してくれたらうれしい!

 ということで、錆の部品を交換して、駆動制動を見て、タイヤ交換してあげただけで、小躍りしていました。通常の熟女の方は、そういう喜び方はしないものです。ああ、走りやすくなってよかった・・・。くらいです。

 なんかどこか、自転車のことでワクワクしている、それも少年熟女の特徴かもしれませんね。

 そして、また新たな少年熟女がやってきた。このまあ、すごい状態の自転車を恥ずかしそうに持ってくる。

 家族は買い換えろ、というんですが・・・・。どうも、このまま乗り続けなさい、といってもらいたげ。まあ、自転車なんて外せれば、大抵再生しますんで、いかようにも・・・。

 というと、なんかうれしそう。家族の反対押し切って新車を購入する値段よりチョイ安でいいんで、しっかりメンテし直してください、とワクワク帰って行った。

 こういう仕事していると、自転車に対してワクワクしながらそんな依頼をしに来る女性が一握りはいたもんだが、今、またそういう傾向が強まってきたようにも思えますね。

 じゃあ、どちらかと言えば、思いっきり気味に、変えていきましょうか?

 DSC_1259_convert_20181120230621.jpg

 シングルを多段にしてほしいという、大胆な願望をお持ちのようだ。

 DSC_1289_convert_20181120230930.jpg

 はいよー。

 内装にしようとおもったが、今回は予算の関係上外装に。

DSC_1287_convert_20181120230912.jpg

 こんなもんは朝飯前なんだが、どうも素人からすると脅威に見えるらしいぞ・・・。

 DSC_1262_convert_20181120230638.jpg

 このダイナモライトもペダルが重くなるから、いやだよね。

 DSC_1279_convert_20181120230737.jpg

 ここでは、思い切って、ハブダイナモで組み直しに。

 DSC_1280_convert_20181120230752.jpg

 こいつは暗くなったら勝手に付いてくれるし、点灯したからといって、重くなることはない。これから夜が長くなる半年では大変重宝するでしょうね。電池交換も入らないし。

 DSC_1270_convert_20181120230706.jpg

 もう骨盤の形があと付いている、使い込んだサドル、こいつは交換。

 DSC_1283_convert_20181120230819.jpg

 まあ、実用車のものをここではつけましょう。スポーツ系のものはどんなに分厚くても、通常の利用者には薄く感じられるそうだから・・・。

 DSC_1268_convert_20181120230652.jpg

 荷台が折れるのも珍しい。ハードな子育てをしていたんだろうねえ・・・。

 DSC_1293_convert_20181120230945.jpg

 そして、そう、色々あってクランクも。

 DSC_1285_convert_20181120230856.jpg

 交換することにした。そんなこんなで、大改造、入れ替え合戦となったが、まあ乗りやすく、機能的になったこと。

 DSC_1278_convert_20181120230719.jpg
 
 多分新車を購入するときよりも、ワクワクするだろうねえ。それこそ小躍りしている様子が浮かんでくる。

 かくも、新種ながら、ラベリング可能な種族が登場してきている、名付けて少年熟女たち。多分、こんな自転車に変身したんだから、納車のその日は、多分枕元に自転車おいて寝るんじゃないか?

 熟女でありながら、自転車とそんな距離にいる少年熟女、すでにジャンルとして成立、なれば、今後続くであろう、彼女たちの詳細なレポートについては、こうご期待だね・・・。

 もっと、来い来い、少年熟女~・・・・・・。

やっぱり原点の一つ・・・かもね



 もう見飽きている人もいるかもしれませんし、意外と新鮮に見える人もいるかもしれませんし、何じゃこりゃ!という人もいると思います、当店のオリジナル系改造実用車でございます。

 フレームは26インチの、普通の実用車のものであります。

 DSC_1004_convert_20181009192438.jpg

 そこに700Cのホイールをはかせる。ここがポイントなんでありますが、経費を下げるとするなら、ここは26インチのホイールのママにします。それでも軽くするだけで自転車は生き返るんだが・・・。

 この足回りを変えるというのが、劇的改造感を演出してくれる。実際に走りへの影響も多大なものがありますね。

DSC_1006_convert_20181009192451.jpg

 実用車でも、普通に外装の多段車なんかもありますんで、そういう機構をそのままにする。まあ、実用車と一言言っても、実は色々ありまして、単なるシングル、内装三段、四段、五段、外装六段、七段とね。なのでそれをどう生かすか?なんて言うのも吟味の内。

 あるものはそのままにということは多いが、シングルを多段に、なんてことだってできる。縦横無尽にどこまでできるか?なんて言うのが定式のない改造実用車の面白いところでもある、そこに考え方や、センスなんてもんが入ってくる。

 DSC_1010_convert_20181009192527.jpg

 今回はそのまんまの方なので、すごく手を入れているわけでもない、コレでもね。

DSC_1008_convert_20181009192518.jpg

 この辺もどちらかというとそのまんま。BBの点検グリス入れなど、ついでにやるが、そんなのは改造とまでは言わない。ただ、よく走るためには重要ですね。

 DSC_1007_convert_20181009192459.jpg

 リアブレーキはキャリパー化しています。これは見た目・・・もいいが、それ以上に、メンテ性をだいぶ向上させているんですね。実用車の何が大変て・・・、後輪外すだけで一体何分かかるんだ?というあの共締め地獄なんでありますね。

 なので、ホイール外してタイヤ交換するのに手間がかかる。レーサーのほんの数秒でできる機構をすべてとは言わないが、なんで取り入れようとしないのか?

 自転車いじり始めてからの謎が、未だに解けない・・・。重い子育て号の一部に、荷台を共締めから解放し、エンドのプレートに取り付ける形式のものが現れ始めた。

 そんな工夫がどれだけ助かるか・・・、開発者に店主らのような中間者の声が届くには時間がかかるんだろう。

 共締めの何がいけないか?というと、そこに荷台、スタンド、泥よけ、ホイールなどがすべて固定されているわけで、その固定を解くわけだから、解かれている間自転車は自立しないし、重い子乗せつき荷台は片手で押さえないと下がってくる、ホイールを引いて外そうとしても、今度は泥よけに邪魔される・・・。

 本当おまえいい加減にしろよ!言いたくなるくらい自転車がわがままになる。

 その中で、重い荷台を片手で押さえなくなるだけでも、作業効率はだいぶ違うのだ。

 これで、スタンドが共締めから開放されれば、どれほどタイヤ交換の手間が省けるか・・・?まあ、そんな日は遠いだろうな。

 とまあ、こうした改造実用車に手を染め始めたきっかけは、やはりスポーツ自転車の利点を実用自転車にも生かしていきましょう、という発想が元だ。

 メンテ性を楽にする、こうしたキャリパー化一つとっても作業効率にとっては革命的なのだ!

 そして、スポーツ自転車の利点その二は、ポジションね。1馬力に満たない人間の力をどう効率よく、車体に乗せるか?というポイントね。

 DSC_1003_convert_20181009192424.jpg

 今回はフラットバーにした。普通の実用車よりハンドルを低くすることで、体の前傾を確保する、まさにポジションだ。

DSC_1012_convert_20181009192539.jpg

 サドルの位置は妥協しないこと。膝に負担を掛けずに、上半身の力を動員して、快適に長く、そしてちょっと早く快走するためだ。

 DSC_1001_convert_20181009192413.jpg

 まあ、今後手が空いているときに、この手の快走車を作ってはストックし、希望者がいれば出していこうか?ともう少し積極的に商売というものを考えていこうとしていきます。

 お宅何屋なの?から、お宅は自転車売ってるの?というまあ何度も浴びせかけられた質問がありまして、気軽に売れる完成車を用意しておけば、いいだけの話、なかなかできなかった・・・。

 今後はこの手をそうねえ・・・月五台ぐらいは作れればいいね・・・なんて考えたりしています!

 ちょっとがんばろうっかなあ・・・・。

打ち首・・・当店界隈では通じるが・・・



 この手の子育て号、よく走っていますね。頭でっかちですよ。既に子のせしていなくても付けたまんまというのもよーく見かけます。

 DSC_0252_convert_20180628200257.jpg

 実際測ったことはありませんが、これだけで相当重いでしょうね。

 DSC_0255_convert_20180628200316.jpg

 イヤイヤ、実にごっつい、そこに意味があるのかは不明なんでありますが、一見特殊なタイプの車体に見えますがね、

DSC_0253_convert_20180628200306.jpg

 実は車体としての形式は、一般車と全く同じです、全く・・・。なので、逆にこの子のせ付きのハンドルを一般の車体に取り付けられるか?というと、完全に取り付けられます。かつて、ルイガノに付けた覚えがあります、ブログ掘ると出てくると思います。

 だから、この子のせつきハンドルという頭でっかちを切り離して、一般ハンドルを取り付けることは、手間はかかるが全く難しいものではありません。

 この頭でっかちを落とすという意味で、当店では打ち首というマガマガしい施工名を付けています。そして、なんと当店界隈のお母さん達には多少流布している感じです、特に保育園関係では・・・。「もうそろそろ打ち首しない?」「そうね、もう・・・用なしだしね・・・」という怖い会話も聞けますよ。

DSC_2447_convert_20180628200343.jpg

 フラット系のハンドルに付け変わりました。ね、できるでしょ?

DSC_2446_convert_20180628200334.jpg

 そしてカゴがつきます。普通につきますね。

DSC_2448_convert_20180628200352.jpg

 どこから見ても普通の自転車ですね。買い換える必要はほとんどありません!

 DSC_2450_convert_20180628200401.jpg

 トリャ!

DSC_2443_convert_20180628200324.jpg

 はい首回りをスッキリさせて、次の用途に軽やかに移れ!
 
 もう子供を乗せなくても良くなっているのに、あんな頭でっかちくっつけて、走り続ける必然性なし。当店回り、富士町界隈を越えてこの打ち首!もっと伝播すべし!

 暫くさらし首・・・にでもするか?



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター