メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 実用車・ママチャリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

新生活のための再生号 自転車は人なり!



 色々あって、今までの生活とをリセットして、新たに一人暮らしを始める、一人の女性の決意が、それまでほったらかしだった自転車を持ち出させたようだ。

 腐れ縁も切れて、晴れて一人暮らしに戻る。楽しいこのばかりではない、不安ありの、悲しみありの、色々だろう。

 住まいも変わった。それまでほとんど自転車とは無縁の生活だった、そのため持ってはいたが、一瞥もくれることなく、手入れもなし。

 新しい生活が駅までの自転車使用を必需にした、とそれだけでなく、もっと自転車を見直して、自転車を取り込んだ生活もしてみたいという希望が湧いてきたようだ。

 なれば、車体からその気にさせねばね。まあ、どうしてくれようか?やはり快走化だろう・・・となればまずは軽量化・・・ですな。

 DSC_1063_convert_20170914224836.jpg

 BSの小径車・・・、軽量化するとなれば、まずは使わないもの外しから。

 DSC_1059_convert_20170914224806.jpg

 この荷台とカゴは・・・つかわない・・・そうだ。なら外そう。

 DSC_1113_convert_20170914224909.jpg

 いや実にスッキリ、もし使うとなれば戻せばよし。

 DSC_1060_convert_20170914224814.jpg

 あとは乗車ポジションもいじっちゃおう、より前傾を取れる形にして、上半身も動員して、グイグイ前に出られるようにしてやらないとね。

 DSC_1111_convert_20170914224852.jpg

 ハンドルのグリップポジションをかなり下げた。たぶんこんな前傾とったことないだろうな。まあ、慣れればやみつきになる、はず。

 DSC_1112_convert_20170914224900.jpg

 見た目もワイルドだよね、そういうのも大事なポイントだ。見た目からその気にさせる・・・ネ。

 DSC_1062_convert_20170914224824.jpg

 駆動の要になる、チェーンの張り替えもしよう。

 DSC_1114_convert_20170914224918.jpg

 そこそこのオイルを差してやると、全く違う動きをするのがチェーン。

 DSC_1118_convert_20170914224947.jpg

 内装三段もしっかりメンテして、使えるように。あるのに使わない、女性に多いよね。踏み出しは軽く、スピードやコースによってギアは替えるものだよ、と。

 DSC_1116_convert_20170914224926.jpg

 ロードレーサーのレディースサドルに交換・・・この交換も重量に関してはかなりデカイ・・・。


 軽量化とポジションと駆動系整備でかなり踏めるようになった。車体も片手で持ち上げられます。

 DSC_1100_convert_20170914230731.jpg

 これだけ外して交換したものがあるんだから、当たり前といえば当たり前か・・・。

DSC_1109_convert_20170914224844.jpg

 で、こうなった。

 なんか新生活を始める彼女を象徴するような一台でもある。

 見せて、試乗させてみた。今までこんなにこの自転車に愛着を感じたことがなかった・・・。かっこいいし、なんか泣きそう・・・、とかいってたな。

 まあ、色々あったんだろうと思う。

 しかし、それはそれ、すでに新生活が始まりつつある、その際に、彼女の横には、今度はこいつが付き添う。色々こいつから教わることがあるはず、今後すごい変化をもたらす起爆剤を積んでいる一台でもある。

 人とその状況を象徴するかのような一台、まさに自転車は人なり!なのである!

 健闘を祈るぞ!
スポンサーサイト

変な自転車ができちゃった・・・



 これだけでも相当手を入れた実用車であるに違いない。このスッキリ感がなんともね。

 これに輪に輪をかけたいと来る・・・、困ったもんだが面白い。

 DSC_0951_convert_20170827194436.jpg

 なんと・・・、このフラットハンドルをドロップ化して欲しいときた・・・。誰がそんなことを教唆したんだ?!

 DSC_0965_convert_20170827194612.jpg

 当然規格を合わせれば、このように付いてしまうんだが。

 DSC_0968_convert_20170827194639.jpg

 この旧式タイプ、フラットハンドルから変更するには、この機構はありがたいはず。

 DSC_0952_convert_20170827194444.jpg

 そんでもって、付いていたデカイカゴは放棄する、その代わりにちっこいのをということに。

DSC_0964_convert_20170827194559.jpg

 子供用自転車にうってつけの小さいカゴを取り付ける。

 DSC_0966_convert_20170827194620.jpg

 ハンドルに邪魔にならないように、長い金具で前に突き出す。

 DSC_0953_convert_20170827194452.jpg

 それだけでは終わらない、かなり筋金入りの変態さんということだ。

 DSC_0962_convert_20170827194536.jpg

 このハブダイナモ活かして、700cにしてくれ・・・とのこと。

DSC_0960_convert_20170827194526.jpg

 36hのリムが少なくなっているが、なんとかまだあるものから選択。

 DSC_0954_convert_20170827194459.jpg

 リアも内装三段ハブを利用して、これまた36hのリムで組み付ける。

 DSC_0959_convert_20170827194518.jpg

 これで足回りはかなり完璧な状態まで来た。しかし、・・・ここまでやるとは・・・。

 DSC_0963_convert_20170827194545.jpg

 スピードも当然出るようになったので、この手のダブルピポットブレーキに変更。

 DSC_0967_convert_20170827194629.jpg

 そして、ハンドルにどうにかシフターが付かないか?というご希望通り、バンドを広げて取り付け完了。

 DSC_0958_convert_20170827194510.jpg

 実に変な自転車のできあがり、なのであります。

 本当に困ったことに、これに乗ると、かなり乗れてしまう・・・という事。つまり結構快適・・・、くやしいが快適なんであります。長距離も残念ながら走れてしまうだろうなあ。マジで困ったもんだ・・・。

 高速快走買い物号・・・とでもいうのかな?いや、もう少し修飾語句が付きそうだ、長距離向き高速快走買い物号・・・とでもいうのかな?

 車離れが進んでくると、こうしたヘンテコカテゴリーの自転車の存在意義なんかも出てくるかもしれない。こういう自転車が欲しかった!なんていう人も少数であろうが、たぶんいるだろうなあ・・・。

 やはり自転車自身が面白いという以前に、人が、社会が、そしてその変化が、面白い、というのであろうと思う。そういう時代の変化の兆しのようなものが、当店のような十年先を行っているところから、ポツンと出てくるんだろう・・・。

 よーく見てください、このヘンテコな一台が、この国の近未来の何かを象徴しているのかもしれませんぜ!それが成熟化というのであれば、言うことないんだが・・・。はなして、何の象徴なのやら・・・?

本当に欲しい自転車・・・かも



 毎度、改造ママチャリでございます。こいつらを主力商品として推していこうというね、そんな事も考えています。

 これがまたねえ、乗りやすいんだわ。

 DSC_0637_convert_20170623182605.jpg

 ピスト系のハブとしては安価に属するものでありますが、原価数百円の実用車のハブから比べたら、天国ですよ!ちゃーんとお手入れもできますしね。

 それにステンレススポークですよ!

DSC_0636_convert_20170623182559.jpg

 リムだって、精度の出ているもの使っていますしね、つまり足回りはお墨付きなんですよ。

 DSC_0640_convert_20170623182629.jpg

 今回は、というか今回も固定ギアです。もちろんフリーを入れればフリーになります、当たり前ですが。

DSC_0641_convert_20170623182638.jpg

 前ギアがこれなんで、ギア比は2.・・・前半です、クルクル回りますね。

DSC_0638_convert_20170623182613.jpg

 ブレーキに手抜きなし!

DSC_0639_convert_20170623182621.jpg

 リアブレーキのワイヤーのライン・・・、ちょいと見にくいですが、スタッカートというフレームに沿うようにワイヤーを張ると、このように迂回させて、ワイヤーの取り付けを下から引いてやる形式にする方が無理がないんですね。

 DSC_0642_convert_20170623182645.jpg

 そしてこのプロムナード系のハンドルもバッチリ!

 DSC_0634_convert_20170623182550.jpg

 何回妻でも乗っていたい、自転車となりました。これに、前カゴなんかが付いたら、たぶん最強クラスの欲しい!かつ役立つ!自転車なんじゃないか?と思います。

 改めて足回りは重要だ・・・。走りを犠牲にしないとなると、やはり足回り。たぶん、練習やツーリングから長距離乗って帰ってきた後、近所のご用なんかをこれに乗り換えてするとしたら、たぶんホッとすると思います。

 そう、多くの日本人の自転車の原体験というのは、実用車系なんでね、なんか原点を回復したような気になるんじゃないか?と思います。でも、下に進む鈍重な実用車ではダメ、走りの快適さを知ってしまった足には、走りを犠牲にはしたくない。

 なれば?となると、この手の車種が理想的な一台になる、という予想はたぶん当たると思います。そういうわけで、この手の車種を作り溜めして、主力化していきましょうか。

000 090626

 なつかしいね、杉並時代の、二店舗前の狸サイクルガレージはこんな様子でした・・・、これをまた現在の店の一角にしていこうか?と思っています。さあ、作り溜めだ!

やっぱりこれだな!



 一見してなんだこりゃ?っていう人もいるだろうし、意外とかっこいいじゃん!という人もいるかな?

 DSC_0587_convert_20170603114726.jpg

 手組ホイールです。この手の改造で、既設のホイールを使うバージョンもありますが、やはりホイールの影響は大きいですねえ。このハブだってモロ競技系のものから比べれば、緩いですよ。

 でも、実用車に通常使われているハブから比べれば月とすっぽんです。ですから、それで組んだホイールを実用フレームに適用すれば、その意識のギャップもあって、すごく走る!という印象操作ができるんですねえ・・・。ケケケ

 今年の流行語大賞は、忖度か印象操作だな。しかし、いつまでモリだのカケだのやってるんだ?さっさと出すもの出して、喚問して、決着付けろ!実に簡単な話だろーが?

 DSC_0589_convert_20170603114743.jpg

 リアもなんだが、ここにいたずらが・・・。

 DSC_0594_convert_20170603114829.jpg

 競技系のハブなんだが、ダブルコグの片方に、バンドブレーキが付いた。・・・パンク修理が多少面倒になるが・・・。

 DSC_0593_convert_20170603114820.jpg

 踏めばスピード出るんで、この手のブレーキは付けておく。

 DSC_0588_convert_20170603114735.jpg

 実用系にもこの手のクランクはあります、48tとかね、ちょいとガチだわ。

 DSC_0592_convert_20170603114809.jpg

 ブルホーンにギドネット。前傾いけて、スリーポジションくらいは取れる。

 DSC_0591_convert_20170603114800.jpg

 オプションだが、荷台を付けている。この上にカゴ乗せれば、高速買い物号。かつてあったなあ・・・。

 これはどちらかというと店主の希望なんですね、あのエクストラを付けた荷物車、相撲部屋の買い物もできる例のやつですが、あれは車重自体が重いので、よほどのことがない限り、使わなくなってきたんだな。

 でも遠出の買い物も必要なんで・・・こうなった。普段使いは機敏に、遠くの買い物対応に後ろかご、ブルホーンと干渉しないような低いカゴなら、前にも付くな。

 DSC_0585_convert_20170603114718.jpg

 ホイールは値打ちだが・・・あとは実用車。盗難の心配も軽減して、かつ機敏に動ける。

 スポーツ自転車の走りを知ってしまったものなら、この手の高速実用車が、たぶんベスト・・・なんじゃない?

 ということで、経営方針として、常にこの手の車体をいくつか置いて、すぐに出荷できるようにしておこうかな?と。

 当店発の主力商品というのもあっていいかな?少しこういう形で、撃って出て行かないとな、まだまだまとめて畳んでいくわけにはいかないのだ!

巨人君 大いに歌う!



 天を突き刺すような、長い物干し竿、ピラーです。その先にサドルが・・・。

 相当高い天空に、腰の位置が来るということは・・・、かなりの長さを誇る。

 DSC_0409_convert_20170413192351.jpg

 体が縦に長ければ、幅もそれなりにあるだろう、ということで、幅の広いフラットハンドルがついた。

DSC_0411_convert_20170413192420.jpg

 後は全く飾りがない。クランクも一枚。

 DSC_0412_convert_20170413192410.jpg

 内装ギアもない、本当にただのシングルフリー。

DSC_0410_convert_20170413192402.jpg

 27インチのタイヤに、フロントフォークとフロントブレーキはしっかり新しい。

 而して、その実態は?

 DSC_0406_convert_20170413192333.jpg

 実用車改造で、巨人仕様にしたシンプルな一台なんだな。

 乗るのは190センチ以上・・・。元日体大のバスケ選手。

 実際に乗ってみると、足をたたんで乗っていない・・・。ねらいどおり!

 これで、長身の方々を対象にした、観光サイクリングの実現化に向けてだな・・・、動き出すこともできそうだ。

 で、このバスケ選手は今はボールは持っていない。その長く太い胴体から、涼風のごとくの声を出している。



 保谷に住む、デビュー前の修行中のシンガーのロビン君なのであった。まずは保谷で一番有名なシンガーになる!という身の丈目標があるんだが。

 今後どう化けるかはわからないが、何でもやってみないとね。型に入って、いつ型を破るか?なんていうのも個人的には楽しみjなんだな。

 まあ、過酷なコースでなければ、これでアチコチいけると思うんで、しっかり走って、しっかり歌ってくれ。

 保谷のシンガー、廣島君=ロビン君、ヨーク覚えておいてね!よろしく!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター