メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 実用車・ママチャリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

あっぱれ!進化形!このつぎは・・・?



 つい最近の改造例で、こいつが・・・

DSC_1253_convert_20171105203916_201711132235581e1.jpg

 こんな風に変身したという、話はちょっと前ですが、やりました、覚えておられる方もいるかと思います。

 まあ、暫くはこれで行くか?次はホイール・・・あたりかな?半年後?なんて考えていたんでありますが・・・。

 DSC_1260_convert_20171105204038_201711132235593aa.jpg

 レレレてなもんで、もうすでに交換の要求がやってきました。それまでと同じギア比だったのに、この形に改造してから、距離を乗るようになった。

 西荻から、浅草まで・・・。途中であまりの軽さに、足が疲れたと・・・。

 なるほどね、回りすぎた訳か。回転技が身につくまでにちょっと時間がかかるが、それまで待てない・・・というのであれば、クランク交換かな?という事で話が進んでいたんだが。

 後日こんなものを持ってきた。

 DSC_1266_convert_20171113223336.jpg

 ジャイアントをシングルで乗っていたらしいが、こいつに付いている、クランク。

 DSC_1267_convert_20171113223346.jpg

 これを移植できないか?と相談にやってきた。いやいや、すごい進化形だよね。自転車パーツの移植という発想は、自転車を完成物ではなく、構成物としてみられるようになったということを意味します。これからの伸びしろが楽しみだよね。

 なので、その発想を体感させるため、改造実用車のクランクと、こいつを入れ替えてやった。

 つまりジャイアントに実用車のちっさいクランクが付けてだ・・・、

 DSC_1272_convert_20171113223414.jpg

  こうなったという訳なのね。材料費がほぼかからないという、掛かるのは手間代だけ・・・。いいぞ!いいぞ!その調子だよね。

 DSC_1273_convert_20171113223424.jpg

 ただ、クランク形状が変わったことで、リアブレーキと干渉を起こしたので、別物に交換です。

 DSC_1274_convert_20171113223438.jpg

 後はチェーンをちょいと長くしないとダメでした。

 DSC_1269_convert_20171113223403.jpg

 中心に金のクランクなんて、ちょっとかっこいいよね。

 これで、一踏みで前に出る距離はグーンと増えるんで、進む!という感覚は得られると思いますよ。

 西荻から浅草まで、少林寺拳法の修行にどうぞ使ってください!

 やっぱり、異分野であっても体を使っている人に、自転車を伝えるのは、非常にやりやすい。

 乗り手としても、いじり手としても、改造主としても、今後この人は伸びていくよー、すさまじい展開をしそうだわ。そう、こういう方をどんどん増やしていけば、自ずと自転車も成熟化していくだろう、店主一人がどうこうではない、人を増やすこと、人が増えていくこと・・・だな、これからは・・・。
スポンサーサイト

カゴの先延ばし 金具を越えて



 ハイディービーという、電動ではかなり流通している車種ではないでしょうか?当店では、子のせ、ママ狸ん系の加工でよく会うような気がします。

 今回もまた、そうでした。今カゴが付いていますが。

DSC_1308_convert_20171026171556.jpg

 そのカゴは、一般の自転車に比べると、ハンドルから少し離れた、前方に取り付けられています。

 ところが、

DSC_1309_convert_20171026171605.jpg

 イェップの前子のせを取り付けるとなると、問題が生じます。

 DSC_1310_convert_20171026171615.jpg

 二本の足を真下に持っていくタイプとは違い、イェップは前方斜め前に足を突き出すようになっています、つまりカゴが近いと、カゴとの干渉のため、取り付けができない、という結論になるんですが。

 なんとか、カゴをより前に出せば、イェップ取り付けは可能になります、でもどうやって前に出す?

 DSC_1311_convert_20171026171623.jpg

 例えばですが、先程の金具からカゴを外して、前に子のせの足と干渉しないところまで、カゴを持っていくとなるとこのくらい離れることになります。

DSC_1312_convert_20171026171633.jpg

 相当離れていますね。これを埋めるものってあるんでしょうか?実はあるんです!

DSC_1225_convert_20171026204701.jpg

 ほらね、当狸サイクルなどで、延長のために作っていた金具が、このように市販される時代になったんであります。だからいったでしょ?当店は数年進んでいるんです!

 しかし、このさしもの市販の金具も今回の離れ具合では、一つでは届きそうにありません。何なら二つつなげます?そうだと遠くなりすぎなんだよな。

 帯に短したすきに長し・・・。なれば作るしかない。

 DSC_1323_convert_20171026171649.jpg

 イェップを最大伸ばした状態で、これだけ前に足が突き出るということです。イェップが他と比べて、特別といえるでしょうね。

 そういう意味で、取り付けには鍛えられました。

 DSC_1324_convert_20171026171708.jpg

 これが自作金具となります、やはりでかいし、距離も半端ないですね。
DSC_1325_convert_20171026171721.jpg

 あとは普通にカゴ止め金具で取り付けします。重さは下に行きますから極度な強さはいりません。

 DSC_1326_convert_20171026171731.jpg

 カゴを取り付けるのはクリエイティブ、何度も申し上げていますが。そのために各種金具も相当種類用意していますが、こうして加工できるための無垢に近い棒状のもの板状のものも、なんかいっぱいありますね。

 DSC_1322_convert_20171026171641.jpg

 とりあえず、これにて完了です。

 しかしママ狸んを始めてから、この手の加工一体どのくらいやったのかな?金具作りも含めて。そうした当店の成果とかとは別なところからも含めて、似たような金具が市販されるようになったというのは、ちょっと感慨深いものがありますが。

 しかし、それがそのまま使えるほど甘くもない・・・ということでもあるので、時に市販ものも試すことあると思いますが、基本は現物合わせ、ちょっとの手間かければ、その車体ドンピシャの金具は作れますんでね、この路線があくまでも基本なんであります!

ロケハン号にしましょう!



 重いしアチコチ気に入らないんで、買い換えようかなあ・・・ときた。

 話を聞くと、重いのはまあ実用車でよくある話。気に入らない点を聞いてみると、鍵とライトが・・・という二点のみ・・・、雑然とした感想を整理してみると、意外と込み入ってなかったという事もあるね。

 なれば、いらないもん外して・・・、気に入らないとこ交換すればいいだけの話、それで行きますか?ってことに。

DSC_1139_convert_20170926201038.jpg

 ちょいとズボンの裾に気をつければ、こんなものいりません。

 DSC_1049_convert_20170926200934.jpg

 これでチェーンの様子も常に見えるので、メンテのきっかけを知ることにつながります。

 DSC_1140_convert_20170926201046.jpg

 走る方向に、マストのように立ちはだかる、泥よけ。

 DSC_1047_convert_20170926200919.jpg

 取りましょうね、そんなに雨の中気合い入れて走らないし。

DSC_1048_convert_20170926200926.jpg

 リアは泥よけと、荷台も取りました。スッキリです。もし雨の際・・・というのであれば、着脱可能な靴べらのようなやつがありますんでね。

 DSC_1142_convert_20170926201103.jpg

 あと体の力をできる限り効率よく使いましょう。それには前傾・・・、という事は、ハンドルをかえてみよう。

DSC_1051_convert_20170926200948.jpg

 フラットに、これで少々前傾になれば、肩から背中の筋肉も推進のために動員できます。

 DSC_1055_convert_20170926201004.jpg

 スタンドも一本足にして、軽量化。

 DSC_1054_convert_20170926200956.jpg

 サドルの適正位置に持っていくことで、足のトルク力を上げます。

 DSC_1141_convert_20170926201055.jpg

 このメッシュの手抜きカゴ、曲がっていて、かっこも悪いので、交換。

 DSC_1050_convert_20170926200941.jpg

 エッジのしっかりしたやつに交換です。さてここに何を載せるか?

 この方、日本の重要産業である、アニメを支えておられる方であります。聞くところによると、彼女だけでなく、劣悪で低賃金で働かされているらしいです。先端の一番仕事をしているところに制作費が届いていない・・・。ゆゆしき状況だよね。一体どこに行っているんだ?

 この手の仕事をしている方に自転車は優しいはずだ。机の前で,行き詰まったら、散歩に出るか、自転車に乗ろうぜ!

 気分転換で、血を回そう!いや、こうしたソフトに携わる人ほど遊ばないといけないんだよ!ささやかでもいいから遊ぼう。

 自転車はいいぞ!

 例えば、どこにも目指さずに、ロケハンしないか?自転車で。前カゴに二台くらいカメラ積んで、心の行くままペダルを回そう。止まって、周りを見て、また走ろう。行きたい道があったら躊躇なく入っていこう。そこにいい建物や庭や石仏があったら、写真撮ろう。何に使えるかなんてどうでもいい、きみのストックにしなよ。

 途中でお茶飲んで、人と話して、また、デローッと自転車に乗って夕焼け撮って、家路に急ぐ人の後ろ姿、夕方賑わう商店街、立ち飲み屋なんかを撮影してみれば?

 そしてゆっくり夜になっていく風景をまた撮って、夜の街を撮って、1日ダラーッとサイクリングして英気を養おう。

 血も回って、いい運動になって、うまいもの食べて、シャワー浴びてグッスリ布団で寝よう。ものを作る人間はそうでないとダメ!

 DSC_1046_convert_20170926200911.jpg

 ほらちょいと、魔女のほうきのようになっただろう?君の新しい愛車だよ。これにカメラ積んで、肩にクロネコ載せて、出発だよ!

 激務かも知れないが、隙間に肩入れて、取れた時間にリフレッシュしておくれ、そして、いずれ自転車で集めた風景を動かして、たおやかな自転車のアニメを作って欲しいなあ・・・。

新生活のための再生号 自転車は人なり!



 色々あって、今までの生活とをリセットして、新たに一人暮らしを始める、一人の女性の決意が、それまでほったらかしだった自転車を持ち出させたようだ。

 腐れ縁も切れて、晴れて一人暮らしに戻る。楽しいこのばかりではない、不安ありの、悲しみありの、色々だろう。

 住まいも変わった。それまでほとんど自転車とは無縁の生活だった、そのため持ってはいたが、一瞥もくれることなく、手入れもなし。

 新しい生活が駅までの自転車使用を必需にした、とそれだけでなく、もっと自転車を見直して、自転車を取り込んだ生活もしてみたいという希望が湧いてきたようだ。

 なれば、車体からその気にさせねばね。まあ、どうしてくれようか?やはり快走化だろう・・・となればまずは軽量化・・・ですな。

 DSC_1063_convert_20170914224836.jpg

 BSの小径車・・・、軽量化するとなれば、まずは使わないもの外しから。

 DSC_1059_convert_20170914224806.jpg

 この荷台とカゴは・・・つかわない・・・そうだ。なら外そう。

 DSC_1113_convert_20170914224909.jpg

 いや実にスッキリ、もし使うとなれば戻せばよし。

 DSC_1060_convert_20170914224814.jpg

 あとは乗車ポジションもいじっちゃおう、より前傾を取れる形にして、上半身も動員して、グイグイ前に出られるようにしてやらないとね。

 DSC_1111_convert_20170914224852.jpg

 ハンドルのグリップポジションをかなり下げた。たぶんこんな前傾とったことないだろうな。まあ、慣れればやみつきになる、はず。

 DSC_1112_convert_20170914224900.jpg

 見た目もワイルドだよね、そういうのも大事なポイントだ。見た目からその気にさせる・・・ネ。

 DSC_1062_convert_20170914224824.jpg

 駆動の要になる、チェーンの張り替えもしよう。

 DSC_1114_convert_20170914224918.jpg

 そこそこのオイルを差してやると、全く違う動きをするのがチェーン。

 DSC_1118_convert_20170914224947.jpg

 内装三段もしっかりメンテして、使えるように。あるのに使わない、女性に多いよね。踏み出しは軽く、スピードやコースによってギアは替えるものだよ、と。

 DSC_1116_convert_20170914224926.jpg

 ロードレーサーのレディースサドルに交換・・・この交換も重量に関してはかなりデカイ・・・。


 軽量化とポジションと駆動系整備でかなり踏めるようになった。車体も片手で持ち上げられます。

 DSC_1100_convert_20170914230731.jpg

 これだけ外して交換したものがあるんだから、当たり前といえば当たり前か・・・。

DSC_1109_convert_20170914224844.jpg

 で、こうなった。

 なんか新生活を始める彼女を象徴するような一台でもある。

 見せて、試乗させてみた。今までこんなにこの自転車に愛着を感じたことがなかった・・・。かっこいいし、なんか泣きそう・・・、とかいってたな。

 まあ、色々あったんだろうと思う。

 しかし、それはそれ、すでに新生活が始まりつつある、その際に、彼女の横には、今度はこいつが付き添う。色々こいつから教わることがあるはず、今後すごい変化をもたらす起爆剤を積んでいる一台でもある。

 人とその状況を象徴するかのような一台、まさに自転車は人なり!なのである!

 健闘を祈るぞ!

変な自転車ができちゃった・・・



 これだけでも相当手を入れた実用車であるに違いない。このスッキリ感がなんともね。

 これに輪に輪をかけたいと来る・・・、困ったもんだが面白い。

 DSC_0951_convert_20170827194436.jpg

 なんと・・・、このフラットハンドルをドロップ化して欲しいときた・・・。誰がそんなことを教唆したんだ?!

 DSC_0965_convert_20170827194612.jpg

 当然規格を合わせれば、このように付いてしまうんだが。

 DSC_0968_convert_20170827194639.jpg

 この旧式タイプ、フラットハンドルから変更するには、この機構はありがたいはず。

 DSC_0952_convert_20170827194444.jpg

 そんでもって、付いていたデカイカゴは放棄する、その代わりにちっこいのをということに。

DSC_0964_convert_20170827194559.jpg

 子供用自転車にうってつけの小さいカゴを取り付ける。

 DSC_0966_convert_20170827194620.jpg

 ハンドルに邪魔にならないように、長い金具で前に突き出す。

 DSC_0953_convert_20170827194452.jpg

 それだけでは終わらない、かなり筋金入りの変態さんということだ。

 DSC_0962_convert_20170827194536.jpg

 このハブダイナモ活かして、700cにしてくれ・・・とのこと。

DSC_0960_convert_20170827194526.jpg

 36hのリムが少なくなっているが、なんとかまだあるものから選択。

 DSC_0954_convert_20170827194459.jpg

 リアも内装三段ハブを利用して、これまた36hのリムで組み付ける。

 DSC_0959_convert_20170827194518.jpg

 これで足回りはかなり完璧な状態まで来た。しかし、・・・ここまでやるとは・・・。

 DSC_0963_convert_20170827194545.jpg

 スピードも当然出るようになったので、この手のダブルピポットブレーキに変更。

 DSC_0967_convert_20170827194629.jpg

 そして、ハンドルにどうにかシフターが付かないか?というご希望通り、バンドを広げて取り付け完了。

 DSC_0958_convert_20170827194510.jpg

 実に変な自転車のできあがり、なのであります。

 本当に困ったことに、これに乗ると、かなり乗れてしまう・・・という事。つまり結構快適・・・、くやしいが快適なんであります。長距離も残念ながら走れてしまうだろうなあ。マジで困ったもんだ・・・。

 高速快走買い物号・・・とでもいうのかな?いや、もう少し修飾語句が付きそうだ、長距離向き高速快走買い物号・・・とでもいうのかな?

 車離れが進んでくると、こうしたヘンテコカテゴリーの自転車の存在意義なんかも出てくるかもしれない。こういう自転車が欲しかった!なんていう人も少数であろうが、たぶんいるだろうなあ・・・。

 やはり自転車自身が面白いという以前に、人が、社会が、そしてその変化が、面白い、というのであろうと思う。そういう時代の変化の兆しのようなものが、当店のような十年先を行っているところから、ポツンと出てくるんだろう・・・。

 よーく見てください、このヘンテコな一台が、この国の近未来の何かを象徴しているのかもしれませんぜ!それが成熟化というのであれば、言うことないんだが・・・。はなして、何の象徴なのやら・・・?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター