メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 実用車・ママチャリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

いろんな事の縮図 10%なんて大丈夫か?本当に?



 しばらく乗っていなかったんだが、最近腰が痛くなったもんで、やはり自転車かな?と75才の男性が、安い自転車がないか?とやってきた。

 70を超えて、自転車には乗らなくなったんだが、75歳にて、自転車に復帰。体が小さいもんで、それに合う自転車は?ということでこのこども自転車のフレームを利用することになった。

 元がこども車だけに、しかも男の子向けだったのか?青いパーツがアチコチにあって、子供っぽくてイヤだ・・・といっていた。

 なので、極力青いパーツはやめにして、変えられるところから、取り替えることにした。

 DSC_3056_convert_20190713213448.jpg

 荷台、チェーンカバー、グリップ、サドルなどすべて青。ただ、リムやステムには多少青は残ったが、かなり頑張って交換したんだな。

DSC_3050_convert_20190713213351.jpg

 カゴも黒。

 DSC_3051_convert_20190713213405.jpg

 グリップも黒。

DSC_3052_convert_20190713213417.jpg

 サドル黒ってんで、だいぶ大人らしくなってきた。

 どう?お父さん、これで?

 おお、だいぶ良くなったなあ・・・。提示された予算で、よくここまで頑張ったもんだ・・・と。

 何度かポジション出しをやって、最近ではハンドルの位置をもう少し高く設定した。暫くはこれでいいんじゃないか?

 これで、近所から、ひばりヶ丘までただでいける、と喜んでいたな。後ろ姿も、自転車に対しての恐怖心はないようだ、徐々に慣れていくんだと思う。

DSC_3049_convert_20190713213334.jpg

 まあ、それはそれで良かったんだが・・・。

 ただ、なんかこの頃ちょいとばかりある種の傾向のようなものが見えてくるような気がして、非常に気がかりなんだがねえ。

 まずは、高齢者が自転車を欲しがりに来る・・・ということ。商売繁盛でいいじゃないか?と思われるかもしれないが、なんか一つの傾向を示しているようにも思えてならない。

 自転車に乗り続けたい、これはこれでいいんだが、自転車に乗り続けないといけない・・・というちょっとした義務感のようなものが漂っているということかな?かなりの確率で外で働いているようで、これからも働き続けるんで・・・というニュアンスがどこかあるような。

 一度萎えかけたものが、息を吹き返してきた、といえば聞こえはいいが、どこか疲れているようにも見える・・・。
 
 そして、そうした自転車に掛ける予算が、低予算・・・。もう少し、用途に合わせて、体に合わせて・・・とか拘るかと思いきや、拘るは予算第一のような・・・。

 000 DSC_2361_convert_20190603225234

 そして、当店の一部が外に面しているところがこのようなんだが。これを見ると、中古自転車でも売っているのか?ということで、声を掛けられる事がよくあったんだが。

 当店の方針は、中古車を安く売り渡す、というやり方は基本やっていない。むしろ付加価値を付けて、再生車として、嗜好を載せ、センスを載せて、世に多少問う形で展開するというのが、基本のやり方なんだが・・・。

 もちろん例外はあった。例えば、当店の位置的な関係もあって、留学生の方々には、まだ日本に来たてで、金もなく、右も左も分からない、どうにか自転車分けてくれませんか?なんて来た時には、例外として、あくまでも例外として、低予算で分けていたこともあった。

 ところが、最近の傾向ではそれが留学生ではなくなってきているのである・・・、当の日本人が低予算自転車を求めてくるようになってきているんですね・・・。

 それもけっこう差し迫っているようなのだ、何でもいいからさあ、安い自転車ないの?ではない、予算がさけないんだけど、今どうしても自転車が必要・・・というような展開なんだよなあ。

 むしろ最近の留学生のほうが三万までなら出せます・・・なんて景気のいいことを言っていく。

 霞ヶ関回り、永田町近辺は知らないが、どうも当店回り西東京付近では、金が回っていないような感じが、ヒシヒシと伝わってくるぞ。仕事の単価も落ちてきている・・・と感じるね。

 仕入れの時なんかも、ドカッと取るような景気のいいようなことはしないね、最近。小分け、小分けでチョコマカ取る展開になってきている、必要最低限の仕入れ。

 小売りがそうなんだからか知らないが、当の業者のほうまで、受注発注の項目が大分増え的たように思う。そうなると物流が滞るね、有れば翌日に来ていたものが、一週間待ちなんて事もよく起きるようになった。みんなどこも在庫したくない雰囲気で溢れている。

 だからといって、家賃、人件費といった固定費まで安くなることはない。この七月でこの西東京地で、5年目となるが、二年おきに来る契約更新に契約料がどっと出て行く・・・。値上げはされなかったものの、もちろん値下げはない。

 こうした循環の悪さ?はもちろん当店周りだけの話なのかもしれない、そして自己責任なんだろう?まあ、そいう言いたいのであればそれはそれでいいが、頼んでもいない経営コンサルティングは御免被るよ。もちろん有益なアドバイスには傾聴いたしますが・・・。

 これに追い打ちを掛けるのが、十月からの消費税10%・・・だよ。あまり実感ない方多いのかしら?店主もまさかこの経済状態でまさか増税するとは思わなかったが、どうも本気でやるようだな。

 本気で十月から10%だってよ。ただでさえ、単価が下がっていく、そして細かいパーツ類の値上げが起きている状況で、その上2%の増税かい?

 大丈夫・・・なのかな?と本気で思うようになってきた・・・。まあ、次の選挙でその流れが一気に断ち切れるかどうかは分からないが、間違っても現政権与党が圧勝なんて事になったら、増税承認ということで、大々的にやってくるでしょう。

 その後の不景気については自己責任と来るぞ、きっと。まあ、そんなことも意識しつつ、当事者である市民として、やるべき事はやっていこうじゃないかと思うわけだ。

 当事者としての市民、という自覚のないものに、民主主義なんていうおもちゃを与えることは危険ですらある。それは無自覚に独裁なるものだって「承認」しかねないからだ。

 民度があっての民主主義、さもなくば優れた独裁、哲人政治でも望むしかないだろう。

 確実に言えるのは、今の独裁は全く優れてもおらず、哲人でもない、ただの無教養の恥知らずに、保身だけが原理の臆病者らに過ぎないということだ。
 
 少なくともアジアの後進国になりつつあるこの国を、少なくとも発展途上国にまで戻す義務が年寄りにはあるだろう・・・なんてな。
 
スポンサーサイト

少年自転車を少年のようなお姉さんへ



 これ26インチの、少年が乗っていた自転車でした。

 もう中学生かな?そろそろ中学生かな?ってんで、一回りデカイ自転車に乗り換えということで、やって来た。

 それを身長148センチの少年のような元気な女子看護師さんが乗る、ということで、改造することになった。

 DSC_2780_convert_20190630200622.jpg

 隅々まで磨いて、あった錆を落として、ディレーラー、スプロケ、チェーンを交換、もちろん新品に。

DSC_2787_convert_20190630200714.jpg

 前ギア三枚ものにして、かなり遠くに、どんなコースにも対応するようにということで作りかえ。気合い入っています。

 前にしても、後ろにしても、この手のギア、シフトはまあ、いい意味でも悪い意味でもいい加減。レーサー的な感覚ギアかけようとしてら、全くダメでしょうね。ディレーラーに尋ねるように、シフトして、その答えをちゃんと拾ってから、踏み直す。

 そのくらい丁寧で、気の長い扱いなら、全く問題ないんだが・・・。もちろんインデックスの調整も、ワイヤー調整もしますが、ライダーの引きの感覚もとても大事なんですね。ほとんどの人が意識していないでしょうが。

 無造作にガーっとかいってひねって、ガチャガチャチェーンがからんでどこかに落ち着いたことでよしとする、というような使い方でしょうね。そうした、荒い使い方にも適度に対応できるように出来ている、ある意味スゴイよね。

 でも、やはり基本は語りかけるようにシフトして、答えにまた応答しながら確かめ合って乗るというのが理想なんだがね。

 DSC_2785_convert_20190630200701.jpg

 実際ここまでギア増やしても、どれほどの意味があるかはわかりませんが、それはこちらが勝手に設定したもので、ギアと金はあっても邪魔にならない・・・という理屈から。

 それよりも、時期持ち主からミッションが出ていたのが、赤いパーツを使ってくれという要望。どうも話によるとボーイッシュで活発な肉弾看護師なんだが、赤をどこかに入れてくれという・・・、そこでまずグリップ。

 DSC_2784_convert_20190630200642.jpg

 そして、サドル。

 DSC_2783_convert_20190630200633.jpg

 最後はペダルということで、三点にしたんだが、シフトとブレーキのアウターまで赤にしたという徹底ぶり。考案は、最近噂のあの、清水さん。実にさえています。

 DSC_2777_convert_20190630200612.jpg

 少年から少年のような女子看護師さんへのバトンタッチ、なんか自転車自身が、次の乗り手にワクワクしているように見えるんですけど、また新しい展開が始まるんですねえ・・・、自転車ワクワク。
 

二台目にして独走?独創?

※6月23日予定だった狸祭ですが、雨の予報のため、今回は中止といたします。次回は7月28日ですので、お楽しみに!




 多少時間がかかっても、理想を形にして載っけてだな、走らせようなんて大したもんだな、多少時間がかかってもだ。

 完成に近づくにつれて、ペースは落ちてくる、それはそうだ着陸に失敗はできない、それは墜落を意味するからね、だから何周も空港上空を旋回して、確実に降りられる状態を模索する、誰でもそうだ。

 定番を作っているなら即着陸でも、独創でやっているとなると、完成に近づけば近づくほど、後回しにされてきた問題が詰まって出てくるもんだ、だからもの作りは面白い。通常の過程の仕事がいかに大切かもわかる。
 
 しかも・・・、決まったロードレーサーのフレームに既存のロードコンポを載せるというのではない。あんなものは五台もやれば、大体身につくだろう。もちろんレースの精度を出すのは大変かと思うし、非統一のコンポを時代を超えたフレームに取り付けるとかいうこととかは別な話として・・・ね。

 それがこちらは、実用車として作られている車体に、コチラが勝手にい選んだものを載せていくという暴挙に近い所存なんだな。全く予定調和などがない世界、進む先進む先に番人がいて、無理難題を課してくるような感じだよね。だから、できあがったときの感慨はひとしお、と同時に、フレームにパーツが付いて走行が可能にする、という状態の本質に直結してしまうんですね。

 直にそれを体感できるし、ぶち当たらざるを得ないわけだ・・・、こんなに修行になることは、なかなか無い・・・ともいえるかもな。

 それに輪を掛けるようにほとんどのっけから、二台目にして独創をはじめてきているから恐れ入ったもんだ。

 その箇所をご紹介。

 DSC_2577_convert_20190622152846.jpg

 ブルホーンハンドルを選択肢、ギドネットブレーキをつけているんだが・・・、シフターに注目。あれ?バーコンでネーの?

 DSC_2575_convert_20190622152834.jpg

 こうなっています・・・。よく見ると・・・Wレバーがバンド式でも無くハンドルに直付け、おまけにアウター受けが、その真後ろに付いている・・・。

 ナニー?一体どうなってんの?

 DSC_2594_convert_20190622153002.jpg

 ハンドルに直穴開けてのこの暴挙、どうやってやったか知らんが、台座のナットをハンドル内に仕込んで、ボルトで留まっている。もちろん普通にシフトが可能なのだ。

 DSC_2580_convert_20190622152857.jpg

 この魔改造からすれば、他はもう見慣れたもんだよ、でしょ?

 DSC_2584_convert_20190622152908.jpg

 クランクもどこから引っ張ってきたんだが、スギノを磨いて取り付けていますね、前二枚。

 DSC_2587_convert_20190622152931.jpg

 チェーンステー裏にリアのキャリパーを持ってきています・・・。

 DSC_2589_convert_20190622152942.jpg

 スラムのディレーラーに、8速のスプロケをい選んでいます。という事は前後ろあわせて16速、前回はシングル固定だったが、今回は本気の多段、なんなら奥多摩湖まで行って来い、という勢い。

 DSC_2585_convert_20190622152920.jpg

 ロードレーサーフレームのように最初からそのように作られていない実用車フレームだけに、ワイヤーワークは大変なんだが、なんとかやっていたよ。もちろんサポートは各所に付いたが、彼の深読みの深度はまずまずですねえ・・・。

DSC_2592_convert_20190622152952.jpg

 そこまでコンポ系に気合いを入れたんで、サドルに手抜きなし。

 完成だ。

 DSC_2559_convert_20190622152746.jpg

 ちょうど折しも、当ブログ内の名物兄弟の兄、小林兄が遊びに来ておられました。小径に肉薄する小林兄ですが、もちろんこの車体に注目しないわけはありません。

 最初は欲しくなるからなあ・・・、乗るのはなあ・・・、と言ってましたが、店主の無理矢理サドルおろしで、暫く遊んでいただきまして、さらには値付けに対するアドバイスまでいただきました。

 DSC_2569_convert_20190622152824.jpg

 700Cのホイールを前後に履いて、パーツ各所に手抜きなし、シフトは独創長距離向きのシルバー改造号の完成です。

 ブランド名は清水(キヨミズ)にしようかな・・・。

 まさに飛び降りない限り、こんな車体はできなかったはずだ・・・。二台目にしてお見事!といっていいだろうな。

 店主のその成り行きから、清水から足滑らせて落っこちたと言ってもいい、まあ果敢に飛び込んだわけではないが、とにかく滑って落ちてそれなりの体験はさせてもらいましたな。

 この清水さんの場合は確実に飛び降りたね、まあどこに落ち着くかはいいとして、この飛び降りたという経験は決して無駄にはならない、むしろ何らかの自信につながって行くんじゃないか?と思いますがね。

 DSC_2565_convert_20190622152759.jpg

 自転車にできることってまだまだあるだろうと、思うね。

 第二、第三の清水からの落下生、静かに待っていようかな。

64258052_495949037877208_3101009294435287040_n_convert_20190622005000.jpg
6月23日予定の狸祭は雨の予報のため中止いたします!

八ヶ岳号 完成!



 この遠景から見ると、一体この自転車の車種はなんでしょう?

 ドロップハンドルであることは確実・・・だな・・・。

 近くに寄って見てみようか?

 DSC_2475_convert_20190613010232.jpg

 ・・・なんだ普通の実用車・・・か、と思われるかも知れませんな。まあ、このパーツはモロその手の物を使っていますからね。

DSC_2474_convert_20190613010219.jpg

 ギアは・・・ついていますねえ、なんと八枚も・・・。最大ギアが32かな?かなりデカイですね。

 DSC_2473_convert_20190613010209.jpg

 スラムのリアディレーラーがついています。前が、通常の実用車34だとすると、相当軽いギア比が用意されているということが言えます。この辺の街道走るには、軽すぎます・・・。

DSC_2469_convert_20190613010137.jpg

 やはり遠景で確認できたように、ハンドルはドロップです。ブレーキレバーが・・・、どの位置からでも引ける、優れたやつです、ディズナのエアロブレーキ・・・コイツはお薦めなんだな、なのでコイツをつけてみましたわ。

 で、シフターは?なんだろう?

 DSC_2471_convert_20190613010148.jpg

 バーコンでありますな。ただ、無加工のコイツではこの8速は引けなかったんですね。引きシロが足りなかった、ローが引けない・・・、この車体のミッションからすると、その激軽ギアが引けないのは致命的・・・なんでありますな、そこでシフター加工して、意地でも最大ギアを引けるようにしたんです。

 DSC_2472_convert_20190613010159.jpg

 この角度からではわからないかな?ちょいときれいに出来過ぎたからかも・・・。台座の一部を二ミリ以上かな削りまして、レバーをほぼ天井真上に向かって引けるようにしています。

 そうすることで、ようやく最大ギア32に届くことになります。ちなみにその際にギア比は1.06なんていうまさに激軽ギアなんであります。

 もちろん、この辺の街道で使おうものなら、底が抜けたようにペダルが空回りしたり、チェーンが外れたか?と思う、そのくらい軽いギアなんですね、自覚的に使わないと、むしろ危ないくらい軽いんです。

 DSC_2465_convert_20190613010127.jpg

 そこまで軽いギアが必要なのには、もちろんちゃんとした理由があります。走り回る場所として、想定されているのが、八ヶ岳近辺ということ。そう、まわりには登りか下りしかない、平地がほぼなしという過酷な地形なのであります。

 そうした場において、日常的な足として使うとなると、まずはこのくらいのギアがないと・・・という事で作られたわけであります。

 今はカゴも荷台もありませんが、その内、下手の町にビールと葡萄酒でも購入しに行くとなると、ピラーに噛ませる荷台なんかもつけていいでしょうね。

 最大14%、平均勾配率9%なんてとこに滞在するとなると、このくらいの保険は合った方がいい。あとは実際に持ち込んで、乗り込んで、取捨選択しながら、実際の使用に合わせていくということかな?

 しかし見慣れているドロップハンドルからすると、ホイールベースが長くて自転車本体の外側に日本のホイールがあるように見えますが・・・。ブレーキもキャリパーダブルピポッドが前後についていますし、下りの方も大丈夫かと。

 あとは実戦投入とフィードバックと言うとこかな?でもこれが使えるとなると、改造実用車の面目躍如に違いありません。こういう使い方もできるとなると、実用車恐るべしとなりますね。

 この路線から、暫くは、自転車の異化作用を狙っていきたいですね。改造実用車、今後ともパワーアップかと思います!
 

多段化してよと言われました



 ちょいと体の大きな方に、こいつを多段化できないか?といわれました。

 もと柔道をやっていたと聞きます、骨格もしっかりしていますよ。三桁体重はあるらしく、それを二桁に徐々に持っていきたいということで・・・。

 通勤の事情で距離が伸びたので、こいつを使って・・・、出来れば愛着もあるのでこれを基体にしたいということでね。

 決まった予算枠を設定されて、いざ改造!

DSC_2365_convert_20190605175206.jpg

 まあ、本当どこにでもあるシングルも実用車のワッパなのである。多段にする、しかも一定以上の体重に対応させるなら、こいつを交換するということだ、頑丈なやつにね。

DSC_2367_convert_20190605175226.jpg

 しかも、いらないものは極力外して、だな。

DSC_2373_convert_20190605175246.jpg

このホイールを使ってみることに。

 DSC_2374_convert_20190605175255.jpg

 40ミリのリムハイト、かなりの剛性があると見た。これなら三桁強なら対応可能だろう・・・。

DSC_2375_convert_20190605175305.jpg

 ギアは頑張って8枚、シングルからすれば十分すぎだろうなあ、いや多すぎかもしれないが・・・。まあ金とギアはあっても邪魔にはならない・・・というからね。

 DSC_2376_convert_20190605175314.jpg

 後付けでリアディレーラーを付ける、オールアウターで引く、アウター受けなどの有無が、この手の改造にはと大意外きなポイントになってくる、リアディレーラーは最終的にはオールアウター、つまりアウター受けが全くなくとも引くことは可能だが、問題はフロントディレーラーの方だよね、こいつが意外と難しい。

 DSC_2379_convert_20190605175342.jpg

 シフターはこいつ、軽くて意外と安いんでこの手の改造には使いやすい。

 DSC_2377_convert_20190605175324.jpg

 見た目は一切変化のないチェーンリンクなんだが・・・。

 DSC_2366_convert_20190605175216.jpg

 もちろんいらないカバーを外し、なんと厚歯用のチェーンリンクを多段の薄歯用にそいでいるという、目立たないが手の込んだ、手間仕事を入れている。

 DSC_2378_convert_20190605175333.jpg

 ホイールを替えて、バンドブレーキの行方がなくなったので、板挟みでのキャリパーを取り付ける。これにて、ホイールの着脱が飛躍的に楽になる、自分でタイヤ交換も可能になるかもね。

 DSC_2370_convert_20190605175237.jpg

 前輪とハンドル回りが以前と同じだが、走りは確実に軽く、良くなっている・・・。楽しみは先に取っておこうか?ハンドルもブルホーンなんかいいと思うんだが・・・、まずはこれで乗ること、そして、少しでも体重の変化を体感して、よりよき方向に動き始めたら、あとは自転車がなんとかしていくだろう。
 
 その先の、改造もあるしね・・・。

 これとは別の三桁の過体重のための自転車計画は進行中、先日頑丈なホイールも出来た、あとはアーマーの安定供給かな?そろそろフレームの選定と補強なんかも考えていかないとね。

 コードネームは鳴門だった、この今回の多段化もただの多段化ではない、体重管理という目的も持っている、これが次のトレンドになっていく・・・かもしれない。

 こういう勘だけは働くんだな、当たる当たらないは別にして・・・。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター