メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 実用車・ママチャリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

今回は固定だぜ!手加減しねーよ・・・



 実用車だって、全く、全く捨てたもんじゃない。むしろなんで、よってたかって、高機能?あれもこれもと持ち込んで、結局走りを犠牲にしてんじゃないの?ということが、こんなものを作ると立証されてしまうようなんだな。

 カッコもシャープでしょ?走る気満々に見えるんじゃないかな?

 これは依頼をうけて、載せ替え等をして作り直したやつなのでありますが、このご依頼の方も、人生の楽しみ方を知っておられるようにお見受けしますね。

 年?そんなもの関係ない、面白い!と思った感覚に年なんて関係ない。
 
 一定のイメージがある、それに対して面白い!と思うものに対しては、とりあえず邁進してみる・・・。そういう生きる意欲満々で、力をいただきますねえ・・・全く。

 最近、自らの老ということで、より疲れていた店主にもちょっとした勢いをいただいたような思い・・・でありますな。

 まあ、そこまでやろうとするなら・・・、こちらも悪のりさせていただきまして・・・、

 DSC_1953_convert_20190507232211.jpg

 固定ギアにて、拵えましたよ!

 今ちょこっと当店回りに固定が来ていますねえ・・・。生き残ったのか、静かな再生か・・・。変ないい方ですが、一台は持っていてもいい車体であると思います。

 複数台お持ちであるなら、一台は固定を持っている方がいい・・・。そういう自転車の存在を知り、出来れば乗った体験とか、乗れる技なんかも身につけておくと、一層自転車の奥行きが深まると思います。

 アイツは、別格だよ・・・、といっておこうか。

 DSC_1956_convert_20190507232248.jpg

 小ギアには18の歯がついています、前が46T。ギア比2.55555・・・・街道仕様としては、まあいいかな?

 走りながら、もう少し重く、または軽くと、自分のわざとコースで折り合いを付けていく・・・、本当に身でのギア比、直に感じるギア比の意味というのは、まあ固定によってはじめて意識されるんじゃないかな?なんて思う、そういう意味でも別格なんですわ。

 DSC_1957_convert_20190507232301.jpg

 白フレームに白リム、700Cなんで、何かといいです、今後とも。

 DSC_1954_convert_20190507232226.jpg

 持ち込みのセミドロップハンドル、こいつは、もっとジャンルとして、多くの人の選択肢の中に入ってきていいハンドルだと思いますがね、前傾とりながらも戦闘的でないという意味で守備範囲は広いと思いますが・・・。

 DSC_1955_convert_20190507232237.jpg

 持ち込みサドル、デカイ猛禽類の頭のようなデザイン・・・意外と乗っかるところ自体は柔らかそうだが・・・。

 DSC_1950_convert_20190507232158.jpg

 乗っても面白いよー、大分面白い。まず走るしね。ピストフレームでなくても、固定ギアで走れますんで、まず固定ギア自身を試したいという方は、こうした実用車の改造で、かなり事が足りる。

 ホイールをソコソコのものにしておいて、まずは乗ってみる。ホイールがソコソコだと、フレームのソコソコのものが手に入った時、クランクをソコソコにすれば、エイヤ!とばかり載せ替えもできるよね・・・。そうすればソコソコのピスト車が一台出来ちゃうと言うわけだ・・・。

 家人をだますこともけっこう出来るかも・・・。

 なんて悪知恵でありますが。

 でも、固定ギアは別格名一台となりますので、今後とも当店は静かに、しつこく推していこうと思います。いろんな選択肢の中から、固定ギア車体を実現化させましょう。そして行き着くは、固定三段とかあのスターメーのなんかもまた静かに、確実に流行らせていきたいと思います!
スポンサーサイト

改造手前 これからだよね



 本ブログもお陰様で4000記事を越え、多くの方々にご愛顧いただいているようで、誠にありがたい限りであります。

 ありがとうございます。

 どのくらい期待に応えているのかわかりませんが・・・、まあ本人としては書きたいことを書いているだけなんですがね、それが何らかの役に立つようなことがあれば、幸いです。

 今回もそんなブログを読んでくださいつつ、できるところは自分でやって来たということで、改造・・・というほどではありませんが、その接ぎ木をしようかと思います。

 かなり手前で止めておいて、あとはご自分で、または今後の展開に、というところで今回は止めることにします。

 DSC_1713_convert_20190422231910.jpg

 今後ともこの愛着のある自転車を自分を中心にいじっていきながら、色々試していきたいといいますね。今回はそんな中での最小限で、メンテしてもらいたいということでした。

 ハンドルまわりが特にダメでしたんで、交換ですね。

DSC_1714_convert_20190422231921.jpg

 ブレーキレバーにワイヤー交換。

 bDSC_1694_convert_20190422231805.jpg

 汚れたグリップも交換となります。

 DSC_1715_convert_20190422231930.jpg

 あとは普段乗りに使う割には、

DSC_1695_convert_20190422231815.jpg

 泥よけを外して欲しい、なんて成熟したことをご依頼。

 DSC_1711_convert_20190422231848.jpg

 進行方向による、マスト状態の空気抵抗を外すためにも、有効なのではないか?と思いますね。

 DSC_1712_convert_20190422231859.jpg

 特にフロントの方が、抵抗は強烈なんじゃないか?思いますんで、スッキリ外します。

 DSC_1697_convert_20190422231825.jpg

 チェーンを交換しましょう、映っている以上に汚いです。
  
 DSC_1716_convert_20190422231942.jpg

 最近スプロケ、ボスフリー、チェーンの減りが激しいですねえ。そういうご依頼が多いんだろうなあ・・・。

  今回のミッションはここまで、あとはご自分で、という事になります。もう数年以上乗って、愛着のある車体、どうしても捨てたくはない、もっと軽快に快走車にしたいという思いはあるんでしょうな。

 オーバーフィーリングもっと、色々面白そうなことを自転車にもってやりたいようなんだが、それは時と実力と縁が整うまで待つことに。

 しかし伸びしろのありそうな、過多ではある。今後どんな展開をこの自転車で見せてくれるんだろう?

DSC_1709_convert_20190422231835.jpg

 壊れたブレーキレバーを直して、ブレーキと直結させ、グリップをつけて、チェーン交換しただけでも、生き返る感じ大分します。別にどうと言うことがなくても、締まった車体といってもいいかもしれません。なので走りも堂々としています。

 なかなかの、隠れた名車かも知れないね。乗ってみるとよくわかりますよ。

 新車をばんばん売る、自転車屋に今年はなろうとしながらも、もう四月も後半に入ってしまった・・・。もちろんそっちの夢も捨ててはいないが、こうして持ち自転車をメンテして、再生させたり、改造させたりするのが、やはり当店の本文なのかも知れないね、ともやはり思う。

 いやいや、事業はもっと拡大しなければいけませんでしょう、店は広げてしまったんだし・・・。やるべきことはありながらも、なかなか毎日に押されてしまってね。

 いやいや、言い訳、もっと関係を強固に、アイデアをそこから呼び起こし、もう少しの間強かにやっていかないとね、と思う。

 踏ん張り所だよね、少し休みたいんだが・・・、50半ば、色々ありそうだ・・・。

 

人間再生号 つづき タイヤ交換とブレーキ交換

000 DSC_1853_convert_20190219214956

 自分でここまでやってきたんだが、当店を介して、ついに・・・、

000 DSC_1865_convert_20190219215057

 改めて上と見比べるとハンドル回りとサドル回りが変わっただけなのに、なんとまあ変わり果てた姿なことか・・・。これでホイールまで変わったらねえ、もう別物だよね。

 とまあ、多分消耗した仕事をいったん辞めて、充電期に入っている青年が、こいつに乗って自己再生を図っている、実にいいことだ。

 そして、いくつか宿題を出しておいたんだが、早速やってきた。

 まずは自分が購入したタイヤを交換してみたいと。

DSC_0539_convert_20190308213635.jpg

 黙々と、ホイール、タイヤに向き合う。決して筋は悪くない。

 DSC_0589_convert_20190308213727.jpg

 パセラのスキンサイドのものに交換。このスキンサイドというのは不思議と値段の高低が如実に表れてしまうタイヤで、通学仕様から、レース仕様の高級品まで、同じスキンサイドなのに、なんでそこまで差が出てしまうのだろうと、見分けながらも、どうして見分けられているのかが分からない、不思議なタイヤなんであります。

 そして今回の改造の核となるのが、ブレーキ交換なんですね。

 DSC_0540_convert_20190308213647.jpg

 元々付いていた、鉄板の安い前ブレーキを外し、ダブルピボットの鍛造アルミ製に交換。

 DSC_0588_convert_20190308213717.jpg
 
 そして今回はリアもキャリパーブレーキに交換。その方がホイールの着脱が断然楽になる、これだけで数歩スポーツ自転車に近くなる。

 DSC_0584_convert_20190308213657.jpg

 チェーンステーの、さらにその裏に今回は取り付けることになった。

 DSC_0590_convert_20190308213738.jpg

 前後のキャリパー化で、その効きは断然によくなったと、試乗で驚いていた。これからもドンドン驚くことがあるはずだ。

 そして、このキャリパー化にはもう一つ特典が付いてくる。

 DSC_0593_convert_20190308213808.jpg

 バンドブレーキを外したあとのここ、ここにはシングルフリーから、固定ギアまでしっかり載せることが可能なのだ。これがまた次の宿題になりそうだなあ。

DSC_0591_convert_20190308213748.jpg

 今回のブレーキ交換はまた二三歩前に進んだ感じだね、自転車の奥行きをいじって走って体感する。そういうところから芽生えてくるものも少なくはないはずだ。

 多分店主も君と同じ年の頃、ちょっとばかり同じような経験をしたことがあった。もちろん自転車通じてね。そしてなんかいまという時と続いている感じがする。それが最良かは分からないが、決して悪くはない・・・、そのくらいは断言できるよ。

 オット、ハンドルになんか付いているね。

 DSC_0592_convert_20190308213758.jpg

 なるほどサイコンだな。単なる移動手段に、こんなものはいらない。君にとって、自転車は移動手段であることを超えてきているようだ。さてどこまで行くかな?

 行きたいと思う深みまで、自転車は連れて行ってくれるだろう。その深みというのは自転車自身の深みでもあるが、それがまた人生の深みでもあることに気づくと思うよ、意外と早くね。

DSC_0587_convert_20190308213707.jpg

 暫定的ながら、完成だ!

新入学ってことに・・・



 スポーツの素養のある一家に生まれて、そろそろ体も変わり始めること、つまり中学生ぐらいになろうかな、なんか部活もやるだろうし、体も動かせちゃう。

 たまたま乗っていた自転車から、ちょっと意識しても乗れる自転車、なんかスポーツ系ーも意識しつつ、といって盗難されにくく、高価な自転車じゃなくて、でも踏めばソコソコ出るような自転車ないかな?なんて言う時、この手の改造実用車はもってこいかもしれませんね。

 今を去る10年以上前かな?元々は、スポーツ自転車へのハシゴとして、この手の自転車を作ったはずだったんだが、まず当初は理解されず、分類できない変な自転車ということでほとんど反応がなかった、と思います。

 その内面白がる人は出てきた・・・、そして、一般自転車からスポーツ自転車へのハシゴとして作ったんだが、登りハシゴというよりも、下りハシゴとして受け入れられていったといっていいでしょう。

 これは意外だったが、面白かった。

 スポーツ自転車の入り口として作ったはずが、すでにスポーツ自転車の愛好者が、走りは犠牲にしたくなく、安くて盗難されにくい自転車が欲しい、ということで需要が始まったんであります。思えばなるほどなんですが、それは思いつかなかった。

 今では、両方います、登りも下りもね。もう少しメジャーにしてから、次の展開を考えようかな?

 で、こいつは、高い確率でスポーツ系に入る中学生のための一台となります。

 成長期、ポジションの重要なレーサーに乗せるにはまだ早すぎる。まずは上半身込みで走り込みのできる一台を与えて、それではまれば、しばらく引っ張って、体が決まってから、本人が希望すればレーサーに乗せればよし。機材スポーツは、機材で勝たしてはダメよ。足で勝たせなければね。あと競技人口の少ない競技で少し勝ったくらいで、有頂天にならないことだね。

 さてと、そんな背景のある子には、まあこなんでスタートでどうでしょう?

DSC_0418_convert_20190302231743.jpg

 これからは少しギアというものを意識して乗りましょう。まずは六段で。今はこの倍あるそうだが、最初からそんなもの付いていても使いこなせないので、これでよし。

 DSC_0421_convert_20190302231809.jpg

 ピラーはしっかり伸ばして、ペダルとの正確な位置を探していこう。成長期っていうのは朝と夜とでは身長が違うことがあるくらい伸びるんで、ピラーの管理は大事だよ。

 DSC_0422_convert_20190302231822.jpg

 今までの自転車は、サドルよりハンドルが高かったと思うが、今回くらいから、サドルとハンドルの高さはほぼ一緒、行く行くはサドルの方が高くなる傾向で行くよ。前傾とって上半身の力をうまくペダルに乗せるようにする・・・ね。

 DSC_0424_convert_20190302231838.jpg

 通学のことも考えて、ハブダイナモ、これは最強ね。

 あとは・・・
DSC_0427_convert_20190302231910.jpg

 ここは開けておく、カゴを付けるなら付けてもいいが、闇雲には付けないよ。なにを載せるのか?日々決まったものを載せるのか?それが鞄か?リュックかそれとも他のものか?入れるものを決めてから、カゴも決めよう。

 DSC_0426_convert_20190302231858.jpg

 そして荷台も開けておく。部活で使うかもしれないし、そうでもないかもしれない。入る部活で荷物が変わってくるかもしれない。陸上以外の運動部だと、荷物は多くなるかもしれないね。

 DSC_0428_convert_20190302231925.jpg

 荷物が多い場合は、深いカゴよりも、こうした薄いカゴの方が、多くを収納できるよ。まあ、参考にしてみてください。

 DSC_0417_convert_20190302231722.jpg
 
 まあ、こいつはホイールは実用車のなので、走りはソコソコなんだが・・・、もう少し距離だとかスピードとかを意識するなら、カッチリ組んだホイールに履き替えると、驚くほど変わるよ。

 クロストレーニングで自転車を使いたいと思う時、そうした選択肢もありだ。

 これ土台に、意外と変幻自在だ、君の成長と道筋に合わせてね!

自転車再生が人間再生に?



 フーン・・・という自転車がやってきている。泥よけがないね・・・、自分で外したな・・・。

DSC_1859_convert_20190219215033.jpg
 
 共締めブレーキと、ハブナットを外せば前輪の泥よけは取れる。

DSC_1858_convert_20190219215025.jpg

 リアはもう少し厄介だが、六角レンチ数本を駆使して、外したんだろうなあ・・・。

DSC_1857_convert_20190219215017.jpg

 これもよくあるパターンで、チェーンガードまでは外したが、BB本体を外せないと、ガード止めまでは外せない、地味なんだがこういう所に、生業とそうでないものの差が出てくる、まあ大した差ではないが・・・。

 なんか当店ブログにそそのかされて、自分でできるところまで、外してみたんだと。

 若者だった。ただ、目の奥に、少しばかりの疲労がまだ解消されずに残っているような・・・。

 へえ、本業が手仕事とか?

 いえ、今本業がないんです・・・。

 かつて手作業だったとか?

 イエ、IT系です・・・。

 ハハーン・・・・・・。なんか彼の目の底に鉛のように重く横たわっていそうな、疲労感は、かの業界からのものだったのか・・・。

 なんかちょっとわかったような気がしてきた。

 と、それに反するように、重い体を縦にして、自分の最近購入した実用車を、自分でできるところまで外して、快走車にしようとしている、それが今楽しいんだとか、そこにはウソはない、、生き生きと、今自転車がとても楽しいらしい。

 なれば、暫し、自転車を通じて本人改造をしてけばいいんじゃないか?いじることも楽しい、世界が開かれている(開示性)の感覚がなんともいい、その内自転車だけでなく、世界の各所でその開示性が起きてくる、目が開き、色々な機微に気づくようになる、感覚が鋭敏に、思考は健全により深く。

 そして、自らのもう一つの秩序としての身体がまた起きてくる。悩み苦しんでいる頭や意識とは別に、走ればはしるほど、走れることが楽になっていくような、うもう一つの秩序としての身体という存在に気づくようになる。気づくどころか、その起きた身体に引っ張られるように、思考も意識も起き上がってくるようになる。

 そんな幾重にも重なった体験が、自転車一台を通じて起きてきうるんだ・・・、いい所にいるじゃないか?

 なれば、自転車通じての再生、お手伝いしようか・・・。

DSC_1856_convert_20190219215007.jpg

 ちょっとポジションだし、少し過激気味にやってみるか?

 この椅子はネーよな・・・。ピラーもここまでしか上がらないし。だったらまるきり交換だ。

 DSC_1868_convert_20190219215106.jpg
 
 イヒヒヒ。これで、足からの出力を最大限にできるポジションが稼げるぜ。

 DSC_1861_convert_20190219215041.jpg

 まあフラットハンドルでも悪くはないが・・・。もう少し前傾でいかないか?ということで、ハンドルを変える。

 DSC_1871_convert_20190219215123.jpg

 ステムを100ミリ前に突き出す。その先に・・・

 DSC_1872_convert_20190219215131.jpg

 ブルホーンバーだ。そしてブレーキは、ハンドルの各ポジションがほぼ平均的に使える・・・

DSC_1873_convert_20190219215141.jpg

 ギドネットを使用、これでかなりの前傾が可能になるよ。

 DSC_1869_convert_20190219215114.jpg
 
 後は、ちゃんと宿題は残しておこう。取ってやるのは簡単だが、いずれ自分でやりましょう、当店でな。

 DSC_1862_convert_20190219215049.jpg

 ここもまんまだ。シングルフリーのまま。ここを固定にすることもできる、ドミノとして、キャリパーを付けるがね。このホイールでの多段はちょいと無理だが、まずはシングルでどこまで行けるか乗ってみて、そして、いろんな坂を経験してな、そこからギアの世界が開かれていけばいい・・・、それまでシングルで乗りなさい。

 君の思考のいかなる変化にも対応できるように、しておくよ。

 DSC_1865_convert_20190219215057.jpg

 思い通り、最初にしては、ちょいと過激気味だが、このくらいでいい。本人に見せたら、、なんともうれしそうな顔をしていた。

 早速乗ってみなよ・・・。はい・・・。

 しばらく帰ってこなかったような・・・。いろんな重層的な驚きの中に浸ってたんだろう、その驚きを一枚一枚剥がしては、自分の中で整理して、後は身体とともに自転車を大いに堪能してみてほしい。

 そうした中で、体の中から、やってみたいことなんかが湧いてくるようだったら、就活なんかもそれに合わせて、再出発してもいいんじゃないか?なんて思う。

 三十の前半という彼。店主もその頃、今を形作るいろんなことがこの身に降りかかってきた頃だった。ちょっとしたカオスだったな。社会に出て一端のことをやっていながらも、これで終わりじゃない・・・と、第二の思春期のような時期でもあった。

 めちゃくちゃだったが、やってきたことは良きにつけ悪しきにつけ、この身に付いてきたことは、ほぼ確実だった。それがなんだか分からず、何のまとまりもなにも付かなかったが・・・。

 それから四十にして、それらめちゃくちゃの、収拾のつかなさが、徐々に集積していくると、何か一つの連動をするような、動きに変わってきた。そして、無駄なものはなかったと、気づいた瞬間に、消極的ながらも自己肯定がホッと、できるようになってきたのかもしれない。

 それは紛れもなく、ほぼ等身大の、大したことのない、しょぼくれながらも、中身のソコソコ詰まった、隠しようも否定のしようもない自分だった・・・という感じかな?

 まあ、こんなもんだ、しょうがねえよ・・・と、自己を肯定できるようになると、自然と動けるような感じもしなくはない。今まで学んできたことよりも、まだまだ学ぶべきことの多さに改めて驚く・・・。自分の小ささにも気づくということ・・・かな。

 そんなこんなの寄り道だらけ店主だが、自転車通じて役に立てることもあるかもな。宿題あるから、またやりに来なさい!

 三十だろうと、不登校だろうと、五十代だろうと何だろうと、自転車通じて、自分を再生させたいという人がいたら、一度やってきてみたらどうだろう?人間同士相性もあろうが、まあ、そんなことも自転車が緩和してくれるかもしれねーよ!

 自転車再生!自分再生!いつでも来い!




プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター