メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ありがとう!売れた完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

用途に合わせて アコーディオン



 まあ、当店名物ということでいいな。改造実用車というやつだ。

 DSC_7828_convert_20191214010049.jpg

 フレームはグンニャリとした、よくある実用車なのだが・・・。

 DSC_7827_convert_20191214010036.jpg

 前後に700Cのホイールを履いている。この利点はすごいんだが、なかなか普通の人=普通自転車を買いに来た人には通じない。

 タイヤの種類が豊富なこと、ホイールの種類が豊富なことの意味を知る機会があれば、いいんだが・・・。

 DSC_7829_convert_20191214010102.jpg

 日常使いにも多段はいいね。最近じゃないと何かと大変だ。ただ、まだ店主も軽いギヤはそこそこ回せるので、そこだけは満足しているんだが・・・。

DSC_7832_convert_20191214010133.jpg

 一般人を想定したフラット系ハンドル。まあ入門としてはいいかもね。

 DSC_7834_convert_20191214010153.jpg

 そして、かなり立派なキャリパーブレーキが付いている。実はこの快走車、かなり踏めばスピードに乗るんだな・・・。このくらいブレーキが付いているとありがたいのだ。

 そして、もう一つありがたいのがリアブレーキ。

 DSC_7833_convert_20191214010143.jpg

 台座を付けてのキャリパーブレーキ。こいつの利点を知るにも、それなりの時間が必要になるかもね。今回は女性の乗り手に引き取られるんだが、どうもまだまだ自転車を自分で直すとかいうところまでには、全くいっていない。

 パンクくらいは自分で直したい、というようになってきたら、このキャリパーブレーキのおかげで、いかにホイールの着脱が楽になるか?ということを体感するだろうね。いつになることやら・・・なんだが。

 DSC_7830_convert_20191214010113.jpg

 そして、これはオプションのカゴ・・・というか、台座というか・・・。

 実はこれ結構店主は推しています。こいつは深いカゴのように、その形に載せるものを依存させないという最大の利点がある。特にこの引き取り手は、なんとアコーディオンの名手ときている。

 あとの七キロものかなりの容量のある楽器を完璧に収納できるカゴなんて・・・あるのか?だったら、こうした低い枠のものがいい。チューブなどでしっかり縛ってやれば、この手の方がほぼ万能に近いといってもいいでしょうな。

 最近はレジ袋有料というところが増えてくる、その代わりに搬入時に使われた段ボールを袋代わりに使っていい所が増えてきている。あの段ボールの大きさのも実にマチマチで、カゴを選んでくるものが多い。その点、この枠的な台座だと多少はみ出ようと、しっかりとめておけば、ほぼ万能ということがいえる。

 DSC_7831_convert_20191214010123.jpg

 そして、面白いのが、こいつは今は縦についているが、もちろん横に付けるのもあり・・・という、その辺の自由度もいいね。ということで、こいつはおすすめなのだ。

 部活の荷物なんかも、この手の方が大分いいんでないかい?と思うんだがね。

DSC_7825_convert_20191214010009.jpg

 原型は、走ることに特化した考え方で貫かれているが、実際にはオプションとして、こうして付けたり外したりも出来るということでもある。

 この形、今後発展的に、伸ばしていきたいわな・・・。

 新装開店まで、道半ば・・・。



スポンサーサイト



オプション付けてお嫁入り

000 DSC_1630_convert_20190203221310

 先日できあがった、改造実用車ですが、必要最低限のものしか付いていません。何か欲しければ、オプションということで、後から付ければいい、と思っているからです。その分安く済みますしね。

 とある方の目にとまったので、必要なものだけ付けて、お出しする。

 DSC_0343_convert_20190226211549.jpg

 カゴを付けて欲しいということだった、ただし、ステムがこんなに長いものは実用車にはほとんどいないので、これがこの自転車の癖となっている。

 なのでカゴつけには、かなり前に出る留め金が必要になる。

DSC_0342_convert_20190226211540.jpg

 この突き出しくらい前に出さないと、この自転車にはカゴは付かない。

DSC_0341_convert_20190226211530.jpg

 こうつきますね。当然下にも・・・。

DSC_0344_convert_20190226211559.jpg

 通常の下支えがつきます、まあ、ごく普通のカゴつけであります。あとは・・・

DSC_0345_convert_20190226211610.jpg

 これもオプションで、一本棒のスタンドが付きました。

 後は、防犯登録なんていうのもオプションになりますね・・・。とりあえずは完成。

DSC_0340_convert_20190226211519.jpg

 普通の快走車になりました。試乗してもらったら、なんかハンドルがゆらゆらするというご指摘。もちろんヘッドパーツに緩みはありません。それは試乗ポジションとの関係でしょうね、と思います。

 まだ腕で運転していて、腰が据わっていない、腰が据わって、腰で自転車を捌けるようになると、ハンドルのゆらゆら感覚はなくなるでしょう。

 シンプルで、見た目もいいと気に入っていただいたようです、良かった・・・。

 あと乗りながらの調整の話。

 DSC_0348_convert_20190226211622.jpg

 ここのギア比を今後どう感じるようになるのか?ということですね。日頃の走るコースで、一本でも激坂あるか?否か?とか。子供も含めて重いものを乗せるお母さん自転車なら、この小ギアはできる限りデカくして、ギア比を落とすなんてことは重要ですが。

 一定の年齢を超えると、足の周りが良くなくなるので、軽いギアを使えない高齢者の方は、結構いる。長年の癖や思い込みなども入ってギア比は軽ければいいってもんじゃない、ということが分かってきた。

 なので、まずスタートはこいつらで・・・。

 DSC_0349_convert_20190226211632.jpg

 かなり立派な歯数が付いています。ちょっと重いかな?とも思いますが、回転ができなくなると、今度はギア比に頼るようになります。そういう中から、その人の年齢と、用途と、よく走るコースなどから、今後決めていけばいいと思います。

 事前に、こうしたところはすべて変更が効きますんで、お気軽に!ということをしっかり伝えておかないとね。

 情報は公開が原則、隠蔽や改竄なんて最低だわな、ギア比は乗り味に相当影響しますので、もう少し軽いギアがないか?またはその逆に重くできないか?などというご相談はご遠慮なく、お申し付けください!ということだ。

 まずは、オプションもついて、第一の再生自転車生活の始まりだ!

一台去って、また一台



 フェザーCX・・・懐かしい車体ですが、それにプラスが付いている。

DSC_1019_convert_20170919223042.jpg

 メーカーはFUJI・・・、当店がFUJIとの交流の盛んだった時期に入ってきた車体ですね。今富士町に店を移してから・・・、ほとんど一台も出ていない。業態が変わったもんだと、つくづく思います。

 長年置いてあった、このFUJI、CXプラスが、嫁に行った。

 DSC_1020_convert_20170919223054.jpg

 エンドに特殊金具なんかが使われていて、確かに変わった一台だったよな。そのせいか、すぐに市場から消えた様に記憶している。

 DSC_1021_convert_20170919223101.jpg

 極めつけがこれだよね。対岸のエンドにディスクブレーキの台座があった。そう、ディスクの出たての頃に、現れた一台・・・という意味では先駆的なんだが、あまりに早すぎたためか、認知の前に消えてしまった。

 当店にポコッと一台だけ、残ってたんだな。

 こいつにやはり細工した。

 DSC_1022_convert_20170919223109.jpg

 フロントフォークにも台座があるが、ディスクは使わずに、代わりに・・・。

 DSC_1023_convert_20170919223117.jpg

 センタープルを付けてやった、ザマミロ!こんなものつけてしまうとだな、

 DSC_1025_convert_20170919223136.jpg

 なんともクラシカルな面持ちになってきている。なれば・・・、

 DSC_1024_convert_20170919223125.jpg

 ギドネットに、ハンドレフトなんていう、かつてのミキスト仕様に悪のりしてやってしまった。

 DSC_1026_convert_20170919223145.jpg

 シフトはバーコンでやる。

 DSC_1017_convert_20170919223020.jpg

 これがなんとも、全体的な雰囲気を醸し出していたんだよね。今様クラシカルツーリング車、アヘッドステムでもなんとなく見せてしまう・・・というね。

 こいつがなんとも、これから、じっくり自転車で独自の世界に入っていきそうな方の元へ、嫁いでいったという事であります。イヤー、あの人なら、君を敬意を持ってかわいがってくれるだろう・・・と実感したよ。

 購入して一週間してから、やってきて、「あのー・・・、前輪の外し方・・・教えてください」と来た。輪行も考えているようだ、という事は、あちこち連れて行ってもらえるだろうな。という事は、ご主人をお前もあちこち連れて行けよ・・・。

 機が熟すというのはこういうことなんだろうと思う。いい人に巡り会えたよね。何度か縁談の話もなくはなかったが・・・、今回の方は最高な気がするよ。よかったな。

 あるときは、いつでもお前はさばけていいんだが・・・、なんで行き遅れてんだよ、なんとかなんねーのか?とも思ったが・・・、イザいってしまうと、こいつも当展の顔として、展示場で異彩を放ってくれていたんだと懐かしくなる・・・。

 売れないと困るが、売れればいいってもんじゃない・・・、という店主の複雑な思いがあるんだが、今回はよかった・・・。

 そんなこんなで、フェザーCXが行ってしまったあと・・・、ちょっと途方に暮れていたんだが・・・。

 DSC_1110_convert_20170919223157.jpg

 フト、見ると・・・、置き土産のようなやつが、また来て加工を待っていやがった・・・。誰だ?君は?

 DSC_1112_convert_20170919223215.jpg

 FUJI・・・?ここは富士町だが?で、FUJIの誰なんだい?

 DSC_1111_convert_20170919223206.jpg

 ・・・・、プラスはないが・・・、またお前か・・・。

 だいぶ肌が荒れちまったんで、厚化粧的塗装か大森社長にゆだねようかね?また、今様クラシカルで再生するか?

 一台去って、また一台がやってきた、これって、何台かある当店因縁のフレーム達の一人ってことかな?総量は相当少ないと思うが・・・だからこそ因縁の一台なのかも知れないね・・・。

 変身の日を・・・楽しみにな!

バイバイ銀太郎君!



 これを見ても、色や素材の表面の状態を写真で伝えることは難しい。果たして何色の自転車でしょう?といっても、大半の方はわからないでしょうね。

 もしかして、二色塗り?ダウンチューブとシートチューブが緑?とか?

 DSC_0980_convert_20170829193421.jpg

 これ見てもまたわからなくなりますね、藍色・・・かな?ってね。

 これは大森研魔の社長の磨きフレームなんです、全くもって銀のヘアラインだけなんですが、写真だとそうは見えませんな。

 DSC_0979_convert_20170829193412.jpg
 
 セミドロップタイプ、マイナーブレイクを狙っていきたいタイプですね。今回ドロップハンドルに替えるという選択肢もあったんだが、試乗した結果、このハンドルで!という事で、この形で卒業。できあがって、一体何年、当店につるされていたことでありましょうか?

 DSC_0987_convert_20170829193455.jpg

 磨きフレームに、シルバー基調のパーツ類。ある意味統一感満載。よく今まで売れなかった・・・と改めて思うね。

 売り方が下手なんだろうなあ・・・。

 DSC_0984_convert_20170829193446.jpg

 このWレバーは今回、いい売り文句になった。ここにシフトワイヤーが来るので、ハンドルにはブレーキワイヤーしか来ない。ということは、ブレーキワイヤーの通し方止め方を覚えれば、ハンドルは帽子を選ぶように簡単に交換できる!という売り。

 これには、新しい持ち主さんは大いに反応していたなあ。

 DSC_0983_convert_20170829193438.jpg

 本当見事なくらいにシルバーだらけ。

 DSC_0977_convert_20170829193403.jpg

 改めてみると、なんで今までつるされていたのか?がわからなくなるような隠れた名車なのであった。

 新しい持ち主さんが現れてよかった・・・、今度の彼のセンスでどう変身していくことやら・・・、そういう意味で、卒業後のつきあいも楽しみなのである!

高校生のはずが年配者へ

000 20160728_103359_818_convert_20160728113255_convert_20160728114714

 当初は、高校生あたりの子のために、夏休み前に組み付けた一台だったんだが・・・。

 どうもそうやって対象を限定してしまうと、全く外れてしまうこともよくあることなんだよね。そうなると、最近の高校生は金持っているのか?なんて勘ぐったり・・・。

 イヤイヤ、ギリギリの小遣い銭でやりくりしているお父さん達の方に受けたりと、狭いながらの縮図のようなものが見えて来るような気にもなります。

 カーボンペアのホイールを組んだときも、学生向きに組んだはずが、みんなお父さん達に持って行かれた・・・こともあったなあ。

 そんなこんなで、高校生の夏休みのハチャメチャツーリングのために組んだものが、とある年配の方のもとに行くことになった。

 さて、そうなると、再調整!とばかりに気合いが入る。

 000 20160728_103505_417_convert_20160728113452

 当初付いていた、このフロントメカが気にかかる。これ使えないわけはないが・・・、なんとも癖があって、使いこなすにはそれなりの年期がいることがわかった。

 ウーン、この細かな違いを指先で調整するとなると、これは入門者にはチト重いかもなあ・・・。

 000 20160728_103458_836_convert_20160728113342

 このランクのディレーラー類は良くも悪くも緩くできているんだよね。キチッと決まらない分、多少の融通というかが効いて、なんとか使えてしまうようなね。

 キチッと整備すれば、カチッと決まるものは、それはそれで重要だよね、特にレースなんかではな。でも、あくまでもキチッと整備しなければ、ダメなのね。

 適度に調整しておけば、多少のズレなどはもうその自転車の癖ということで、使い手がなんとか工夫して走らせる。乗り手も常に、メカのことを気にしつつ操作するので、そこですでに多少の作業感のようなものができている。だから、ちょっとした不具合でも、乗り手自身にすぐに見当が付いたりするもんだ。

 世界一周とまで行かなくとも、かなりの長距離をひたすら走るような場合には、メカニックなどほぼいないと想定した方がいい。なれば、適度な調整を適宜に動かして、だましだまし走りきれる方がいいだろう。
 
 そういうものとして、この手のゆるめのメカというのは、十分に有用性はあると思うんだがね。

 ただ、こいつは癖ありすぎなので・・・交換としましょう。初心者をメカで悩ませて、自転車嫌いになってもらっては大変だしな。

 DSC_0473_convert_20170508200310.jpg

 ちょいとおごって、ソラの三段変速用を付けてみた。ただ、付けただけじゃあ、うまくいかないのが、特に三枚ギアだよね。このシフターは優れていて、三段の合間にトリムのできるものだったが、それでもアウターのかかりがなんとも悪い。

 アウタートップで音が出るなんて、最も無粋だよね。それで悩んで、上下と左右に振りながら、適正取り付け位置なんかを決めるんだが、なかなかうまく行かない。

 DSC_0474_convert_20170508200319.jpg

 で、最後はこれだ!わかる人にはわかる絵だと思う。シュパーブをかつてデュラに付ける際に、プレートをいじって色々やった世代なら、まあ、これで音なりがなくなるならねえ・・・と納得だろうな。

 DSC_0478_convert_20170508200343.jpg

 リアディレーラーはこいつで文句なく動く、ヨシヨシいいぞ!という感じ、ナデナデ。

 DSC_0475_convert_20170508200326.jpg

 先ほど言った、優れたSTI。ティアグラレベルだが、なかなかよくできている。もうその内には、前トリプルはなくなるんでありましょうな、そうなるとこの手のものも絶滅種になっていく。せめて残るなら、このレベルのトリムを残しつつ有終の美を飾って欲しいもんだ。

 DSC_0476_convert_20170508200335.jpg

 こんな素っ気なくできていながらも、このカンチ結構剛性ありで、バカにできない効きがある。プロマックスも値段度返しのものあるよね、不思議なメーカーだ。

 DSC_0480_convert_20170508200354.jpg

 あとこの年配のお客様のたっての願いで、なんとタイヤを23cにした。元々付いていたのが32cだったかな?

 ちょいとスピードにこだわるところがあって、スポーツ歴を聞いたら、空手だって・・・、関係なかった・・・。

DSC_0471_convert_20170508200301.jpg

 とこれが、最新の嫁入り姿。年配ながら、ズシンと気合いが入った対応で、これはゆっくり確実にはまって、一年後ぐらいにはブルベとか・・・言い出すかもしれないなあ。

 まあ、正確なところどう出るかはわからないが、自転車の他に、当店のアチコチに置いてあるギターにえらく関心を持っておられた・・・。古賀政男を多少弾くとのこと。そのほか、不定期でやっている響き床ウクレレ教室にも興味津々。

 そして響き寄席にも・・・。

 どうも多面的に当店に合うような予感が楽しい、何も自転車だけじゃあない・・・、これって強みかな?まあ、強みということにしましょう。よっしゃ!本業にも気合い入れていかないとなあ・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター