メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 ドロップ化 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

日本一周?したいの?



 突然三十ちょっと過ぎの青年がやってきて、自転車で日本一周したいです!と言われたらどんなアドバイスが可能か?なんてなかなか考えないでしょうね。

 そういう若者がやってきた。

 若者と言っても、学生とは違う、三十ちょっと過ぎ・・・。そうなると日本一周のやり方も色々あっていいはずだ。

 即車体も欲しがっていたが、まだどんな日本一周かイメージが決まっていないところに自転車だけが先に来たら、その自転車に縛られることにならないか?なんて問答を通じて、色々話したんだが。

 どうも日常の足があるらしいぞ、なら、それ持っておいで・・・と。

242705815_4433261640086303_2182836676719849023_n_convert_20210922222850.jpg

 こんなルイガノのクロスバイクを持ってきた。だいぶ前に購入して、放ったらかしにしていたようだが、これって、まずは使うことできないか?というと、立派に使うことができますね。

 むしろ、こいつで、日本一周に近いスペックにして、それを軸にハード・ソフト含めてゆっくり計画立てたら?ということになった。

242523421_4433261673419633_8757035357736490537_n_convert_20210922222706.jpg

 このフラットハンドルを、手元変速のドロップ化してみたら?ということに。

242712005_4433712013374599_4701894829351834608_n_convert_20210922224542.jpg

 はい、ドロップハンドルをつけまして、謎コンポ・・・今や周知のコンポとなりましたセンサーものの手元変速がついた。

242724363_4433621046717029_8927923837529440594_n_convert_20210922222909.jpg

 このシフターには、このリアディレーラーとの組み合わせなのだ。ちょっと小径のチェーンラインの短いときにはシャープな決めはなかったが、このくらいになると、普通に動くね。

 242704712_4433261763419624_7169230811672507849_n_convert_20210922222809.jpg

 前三枚の旧クロスバイクの形式なんだが、これは、今風のもの二枚に変えましょうね。スプロケも色々出てきているので、前二枚でいいでしょうな。

 242517520_4433620776717056_5616591676227970298_n_convert_20210922222650.jpg

 前二枚のクランクに交換。そうなると、小技を使わずに、左のシフター二枚用がそのままつきますね。

 242702884_4433621460050321_8408795799796938563_n_convert_20210922222741.jpg

 なんとフロントはラジアル組のホイールがついています。なんともルイガノっぽいですね。

 242704416_4433621170050350_8902547105501457910_n_convert_20210922222756.jpg

 ちょいと頑丈な、ビットリアのランドナーを前後につけて、先頭準備完了です!

 まずはこいつにて、小旅行を行いながら、自分の旅のイメージと、装備を除々に整えていくことだろうね。

 242704937_4433620196717114_4805476074551213256_n_convert_20210922222824.jpg

 小さめのクロスバイクをドロップ化したんで、ちょっと寸詰まり感はあるね。なんかフックラと達磨インコのような風情でありますね。

 なので、こいつは今後達磨インコ号と呼ぶことにします。まあ、他にも色々とその名に関する話もありますが、まあおいおいに。

 これをまずは渡してだ、まあ小旅行なり何なり数カ月やってもらおうか。そこで色々ハードソフトともに太くしていくことだよね。その結果、日本一周にはこいつじゃない、というのであれば、またその時はその時で考えればよいわけだ。

 まずは、こいつを軸に、色々やってみよう!ということなんで、今後このブログにも、その成長過程など含めて、チョコチョコ登場するかもしれないね。

 色んな意味で楽しみな人物なのであります。達磨インコ号・・・、ちょいと記憶の片隅に入れたおいてください。

 こちらで散々話題になってから、たまたま当店で偶然あったりすると、ちょっとしたタレントにあったような錯覚に陥るかもしれませんね。

 そういう意味で、もう一度繰り返しますが、達磨インコ号!覚えておいてくださいよ!
スポンサーサイト



マウンテンのドロップ化って 今風にグラベル化ってこと?



 鉄のマウンテンバイクが入ってましたよ。

 店主はマウンテンバイクにはあまり愛情はありませんが、鉄フレームとなると、ちょっと気にもなりますね。

DSC_6457_convert_20210402210004.jpg

 マディーフォックスだって、アルミもんもあったよね。でもコイツは鉄フレーム。で、コイツをどうしたいか?というとドロップ化したいというのであります。

 うん、マウンテンバイクをドロップ化していくと、かつてはツーリング車・・・。ある時期、ランドナーが一気になくなって、大学等のサイクリング部がみんなマウンテンバイクになってしまった時、ドロップマウンテン!ということで提案していたサイクリストはいたようだが、ほとんど黙殺されていた。

 みんなご苦労様に、前後にでかい荷物をつけて、フラットバーで日本一周とかやっていた。店主だったら五十キロ持たないよ、フラットバーじゃ、手首が痛くなる、すぐに。

 ようやく疑似ランドナーとして、ドロップマウンテンが流通するか?と思いきや、どうもグラベルという車種のイメージでやってきたようであります。

 まあ入り口が変わっただけで、中はほとんど同じようなもん・・・といっちゃおしまいかもしれないが。しかし、専用のコンポもできたし、ディスクがデフォルトだし、ジャンルとして確立されつつあるのだとしたら、それはそれでいいかもしれませんね。

 ものを売るって大変だ、ものそのものだけじゃなく、ジャンルというカテゴリーという外枠を作っていかないと、人間は意味としてそいつの分類ができない、つまりそいつが何であるか把握ができないということなんだろうな。

 把握ができたものに、その意義として金を払う・・・、少しそのへんも学んでいかないとね。

 そうしたら、今度はディスク仕様のランドナーでも作って見るなんていう手もあるかもね。

 さて、ドロップにするとしたら、シフターをどうするか?という問題はある。7速なんで微妙なんだよね。そのまま7速でやるなら、今ん所手元変速は中古パーツしかない・・・いやターニーとかあるか・・・。でもまあ、余り積極的に使いたいと思う人もいなくはないが多くはないだろう。

 そうすると・・・

DSC_6459_convert_20210402210012.jpg

 こういうクラシカルなタイプのWレバーもんをステムの首根っこに付けるという手は大いにあるだろう。

 コイツはフリクションなんで、

DSC_6460_convert_20210402210021.jpg

 ギアはまわりは全くいじらなくてもいい、偉大だよねフリクションは。

DSC_6461_convert_20210402210033.jpg

 リアも全くいじらなくていい。セッティングが楽、ということはメカニックが楽なもの(=Wレバー)は、ライダーにテクニックが必要になりますね。

 逆にメカニックによるセッティングが大変なもの(=STI・手元変速)は、今度はライダーが楽になります。これを敷衍していくと、メーカーの開発が大変なもの(電動シフト)は、メカニックとライダーが楽になります。

 ただ喜んでばかりはいられません、大変なところに技術と情報が集まっているんです。なので楽になればなるほど、技術と情報から遠くなっているということがいえるんですね。技術と情報が一部に独占されているということでもある。

 怖い怖い、全てがブラックボックスになる・・・、便利だがあずかり知らんものに取り囲まれている世界。何かあっても手も足も出ない世界に生きている、という訳ということになります。

 文明の方向性というものが、もう如何ともしがたくそちらに行っているんだとしたら、自転車くらい不便ながら技術と情報を自分のところにストックしておく、というあり方もあるんじゃない?とも思います、ハイ。

DSC_6464_convert_20210402210053.jpg

 そうすれば、ドロップ化もほとんど入れ替えで可能。

 DSC_6468_convert_20210402210112.jpg

 ブレーキもカンチだとしたら、

DSC_6463_convert_20210402210043.jpg

 ギロチン系でセッティングは面倒だが、カンチだとしたらそれほど引きシロを要求されないので、

DSC_6467_convert_20210402210102.jpg

 この人間工学考えまくられているディズナのエアロブレーキが使えます。これは名作です!どこからでも引ける!ちょっとやそっとでコイツの機能性を抜けるエアロブレーキは出てきそうにないね、TRPも頑張っているが、いかんせん高いんで、値段と機能とで行けばコイツは最強だ!

DSC_6470_convert_20210402210122.jpg

 今のグラベルはやたらとハンドルが開いていて、その機能的な意味はわからないが、これはランドナー式の開きで、これはこれでおしとやかでいい。車体が鉄のラグ付きフレームなんで、コイツのほうが断然いいだろう!と思うが。

DSC_6453_convert_20210402205955.jpg

 これが乗ってみると、いいんだな。老後だけじゃあない、実際に乗ったことはないがラクダってこんな感じかな?と思うくらい、ちょいとのんびりしていて、疲れないだろうなあ、と乗りながらヒシヒシと伝わってくるね。
 
 いいなあ、じゃあこんな自転車ほしい!といってもおいそれと手に入るもんじゃない、というところも持ち主さんにとってはいいんじゃないかな?長年乗ってきたマウンテンがドロップに変わっただけなんだが、それはもう車種が変わってしまったようなもんだから、古女房が美容院にいっておめかししてきたとき、ちょっとドキッとする・・・、それ以上かもしれないなあ。

 そんでは、乗って確かめてね!

十年ぶりかな?



 今を去る十年前にやってきて、当店でドロップ化をしたという自転車です。

100805_20201125214407da5.jpg

 でもって、施工内容を記したブログの記事はコチラになります。

DSC_3927_convert_20201125212721.jpg

 ジャイアントの名作というか、大ボリュームゾーンとして作られました車体、
DSC_3925_convert_20201125212734.jpg

 エスケイプであります。この車種のドロップ化はよくやった・・・と思います。

 DSC_3929_convert_20201125212711.jpg

 ほぼ十年目にしての総メンテの依頼、ワイヤー交換しましたよ。しかしドロップ化していながらも、

DSC_3936_convert_20201125212625.jpg

 カゴが付いていて、世帯ずれしている感じがまた面白い。

DSC_3931_convert_20201125212700.jpg

 ブレーキもほとんど効かなかったが、シューを交換。

DSC_3933_convert_20201125212647.jpg

 8速のチェーン交換、十年変えていないとなると、スプロケも心配ということで、

DSC_3934_convert_20201125212636.jpg

 これも交換、少し最近の傾向を入れて、大きめの歯を入れましょう。

DSC_3921_convert_20201125212744.jpg

 最初はわからなかったんですが、いかにも当店がやりそうな施工だなあ・・・とは思っていたんですが、持ってこられた方には気づかなかったんですね。

 お名前を伺って、はじめてわかった。十年の月日は、長い髪をショートカットにしてしまい、マスク越しの面影では気づかなくさせていたということだった。

 そういえば・・・と、格闘家だった旦那さんの最近のご様子、ストレスフルだった仕事からの解放と今、なんて話も聞かせていただきましたね。

 とりあえずは、お元気で何よりでした。

 あれから店も二回移動して、それでも覚えていていただき、来て、仕事の依頼までいただける・・・、ありがたいことであります。

 これでまた直ったんで、次の十年?・・・より手前でまたおいでください!

クロスは「ロード」化よりもグラベル化?



 今を去る五年ほど前に持ってこられたクロスバイクのフレーム、こいつを自力で加工してある自転車に改造したとういことなんだな。

 20151030_154849_772_convert_20151031005844_20201121184019ac8.jpg

 当店の電気回りでお世話になったYさん。流石に手の仕事だけあって、自力でかなり自転車に接近できる。あと、裏技が折り紙という別の隠し技も持っているそうだ。

 このちょっと凝ってはいるが、まあどこにでもありそうなクロスバイクを自分なりに改造してしまった。

 DSC_3839_convert_20201121175453.jpg

 まず、剥離して磨いていしまった。反省点は色々有るようだが、かなり大したもんだよね。

DSC_3840_convert_20201121175445.jpg

 アルミの金属感が満々と出ている、インゴットのようだ。

DSC_3850_convert_20201121175352.jpg

 金属好きにはたまんないだろうなあ。でもよくここまで剥いて、磨いたよね。

 でもこの方、磨きは剥きから始まるということはわかっているようだ。確かに塗装は下地がものをいうように、磨きは剥きをごまかすことはできない。なので、大森社長も剥きに大変こだわる。ちなみに、大森社長、酸性の剥離剤をたいへん嫌う・・・ということは付け加えていいことだろうな。

 で、磨いたあと、アリモノで組んだそうだが、それがとても面白かったとか。そういう自転車組みの面白さをもっと伝えて行ければいいと思う。

 統一コンポでポン組みだけじゃあ、面白くない。せっかくオークションやメルカリなんかで、中古品が縦横無尽に飛び交う世の中になってきたんだから、アリモノ組み、偶然の組み合わせの妙のような楽しみもぜひ堪能してもらいたいもんだ。

 そのための尻拭いなら、いつでも来い!なのだ!

DSC_3842_convert_20201121175436.jpg

 こいつは乗っていた、ロードのクランクを取り替えて余ったもんを付けたな。

DSC_3849_convert_20201121175401.jpg

 よくやったと思うのが、これ、フォークね。これはフェルトと書かれているので全く別の車体から持ってきたものに違いない。それにしてもよくヘッドパーツを合わせたね・・・。この辺は偶然なのかどうかはわからないが、玄人でもちょっと大変なとこだよね。

 DSC_3845_convert_20201121175419.jpg

 いかにもアリモノ的なテクトロブレーキ。そのまんまって感じ。

 DSC_3847_convert_20201121175410.jpg

 この角度からだとわかりにくいが、STIを見ると外に開いたドロップであることが解る、つまり昔でいうランドナー・・・というよリは、今風のグラベルロードをイメージして作られているとも言えるようだ。

 実際秦野あたりを走れば、林道なんてあちこちに有る、そうなると、入ってみたくもなるよね、そこでもどきながら作ったのが、これだという、いいねえ、買うんじゃなくて、作る!

DSC_3843_convert_20201121175427.jpg

 これはほぼ唯一グラベル専用ディレーラーだな。

 もちろんこういう一台を乗ることによって、専用に作られた専門車体のグラベルの良さというのも解るだろう。

 DSC_3835_convert_20201121175503.jpg

 なんか、無骨にカッコイイ寄せ集め号だよね。スケルトンなんかもグラベルに向いているんじゃない?

 ということで、高額の銭を出して買ったロードよりも、何かこっちに愛着を感じてしまう、なんていう気持ちも実によく解るというもんだ。

 ここまで自分で作らなくても、自分が考えて、手持ちのパーツ類プラスαで、イメージ通りの自転車を作るということ自体、大変夢の有ることだよね、とおもう。

 そういう、アリモノ車体を作る愛好者がドンドン増えていく、それもまた、自転車文化自体の成熟化に繋がっていくだろう、と思うねえ、そういう意味で尻拭い大歓迎なのだ!

謎の黒コンポでの改造 フラットのつもりがドロップに



 ブリジストンのオルディナっていう、クロスバイク系の車体なんだが、当初の予定を大分曲げて、8月以降に入ってくる謎の黒コンポフラットバージョンを乗せませんか?ということで動いていたんだが・・・。

 どうも、まだ謎コンポのフラットバージョンが入ってきていないようなのであります。シマノの欠品のアオリを受けているという話もありで、まあゆっくり待てばいい・・・、使い勝手はすでに把握しているもんでね。

 で、話はまたひっくり返って、ドロップバージョンの謎コンポならあるんですが・・・という展開に、ではそっちにしましょうということになった、急展開ね。

 ならお手のもの・・・のはず。

 DSC_3141_convert_20201018220709.jpg

 ちょいとばかりもめたのが、この後輪。78のデュラエースが入っていて、

DSC_3152_convert_20201018220605.jpg

 マビックのオープンプロという堅実中の堅実リムで組まれているんで、これは使えれば使ったほうがいいということで、エンドの調整・・・をしたんだが。

 その話については、後日また展開します。まあ、融通がきかないのがデュラエース、まあそれだけ頑張って日々開発しながら作っているんでしょうが。こいつを135ミリにはできたんだが・・・、まあ大変で。

 でもまあ、今回意地でも使いましたよ。

 DSC_3144_convert_20201018220701.jpg

 前もデュラエースだ・・・。前後にすごいはぶつかったもんだね。

 そして、例の黒コンポの登場と行きましょう。

 DSC_3139_convert_20201018220718.jpg

 作りは決して安っぽくない、むしろなんかメカメカしくていい。さすがスラムの系統だ。

 そして、スプロケは10速、これは78デュラエースなんで仕方なし。ただし、このコンポは11速、つまり一足消してシンクロさせているということ。このシンクロがどこまでできるか?ってことがかなり重要です、今後ね。

 DSC_3149_convert_20201018220625.jpg

 そしてリアメカからすると、ちょっと見劣りするのがフロントメカ。まあこれもスラムってかんじだよね。でも変速効率は悪くない。トリムができるところなんてのも、シマノ良いとこ取りをしている、さすが後出しジャンケンだ。

 DSC_3150_convert_20201018220615.jpg

 クランクは事故車から外したもの。まだまだ仕えますんで、部品取りでこちらに取り付けた。

 DSC_3145_convert_20201018220652.jpg

 同じVブレーキでもショートリーチを要求してうくるところは、ロードコンポだよね。シルバーを付けてみました。

 DSC_3147_convert_20201018220642.jpg

 そしてドロップ化成功!前2枚、後ろ11枚なんだが今回は10枚で使用というスペック。

 DSC_3148_convert_20201018220633.jpg

 なかなか評判の悪くないこのシフター。マイクロシフトよりは評価が高いようにも思いますね。上々のスタートじゃない?

 DSC_3136_convert_20201018220727.jpg

 ということで、最初からドロップハンドルのような顔をしているクロスバイクに変身しました。

 これなら気軽に相当乗れるという状態になりましたな。こういう自転車が盗難の心配が少ないといことも兼ねて、気がついたら一番乗られている車体になると云うもんだ。

 フラットバーコンポが入荷してきたら、速攻で、実用車改造に使ってやろうかと思っている。さっきまでただの実用車だったもんが、10速のコンポが付いて、快走してしまうんだとしたら、これはまた愉快だね。

 世の鈍重な実用自転車を、みんなこいつで、この謎の黒コンポで、快走車にしてやろう!

 後は、入荷を待つのみ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター