メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 再塗装 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ムキムキのラメラメという再塗装



 この一見シンプルなフレームからすると、NJSかな?と思うかもしれませんが、

DSC_4415_convert_20201217214508.jpg

 まあ、ここまで凝ったチェーンステーはないでしょう・・・ということで、こいつの正体は

DSC_4410_convert_20201217214549.jpg

 サーリーのピストであったわけでありますが。

DSC_4405_convert_20201217214632.jpg

 なんとアナクロな、チューブラーでホイール組んでくれ・・・という奇特なお方。リムは新屋のエアロワン、名リムであります。

 DSC_4406_convert_20201217214621.jpg

 シュパーブのラージフランジを使ってくれなんてところを見ると、実は競輪ファンであったりするようです。

DSC_4407_convert_20201217214611.jpg

 といいつつも、DTのプレーンでアルミニップルで一ネジリしてくれというところなんかは、サーリー的?とも思えなくもない。

 DSC_4408_convert_20201217214600.jpg

 前輪も同じく競輪的なものとサーリー的なものとが混在している。しかし!やはり競輪ファンだなあと思うところは、なんと再塗装の際に、

DSC_4411_convert_20201217214539.jpg

 なんとラメラメをクリアに混ぜてくれ、という。

DSC_4413_convert_20201217214529.jpg

 出たよ!これぞ競輪ファンというか、なんで競輪選手ってあんなにラメが好きなんだ?謎だわな。

DSC_4414_convert_20201217214518.jpg

 ここのラメには、当初シルバー系だけにしようと思ったんだな。ラメを使いも渋く・・・と思っていたんだが、実際シルバーだけをロウフィニッシュに吹いてみても、よく目立たない、ゴミみたいに見えてしまう。

 そこで、金も混ぜてやってみると、ようやくラメ的なお茶目な雰囲気になってきた。創価・・・、ラメはお茶目的でないとらしく見えないのね。

DSC_4426_convert_20201217214405.jpg


 このラメ塗装は、かつてはとても大変だった。それこそクリアに混ぜて、吹いていたんでね。何が大変かというと、まずクリアに対して、どのくらいラメを混ぜるか?ということ。

 そして、ノズルからラメを吹く出すので、いつも使っているノズルではダメで、より太いノズルのガンを使用することになる。

 そうなると、一回で吹き出るクリアの量も多く、通常の二倍以上の量が必要になってしまう。もったいないので、風量を抑えると、ラメが詰まる・・・。

 そして、そんなに発注があるわけでないので、毎回が初心的な試みをすることになるので、まあ、本当手間がかかって大変だったのだ。

 そして、無駄が多い・・・。一度クリアに入れてしまったラメを回収することはできない。そのまま吹くか、捨てるか?のいずれかになってしまう。

 そこに登場してきた救世主がいる。

DSC_4430_convert_20201217214354.jpg

 これね、これはラメ専用のガン。クリアを入れず、ラメだけを入れて吹くことができるので、多めに入れて、吹いては残ったものは戻せば良いという、これはありがたいねえ。

DSC_4423_convert_20201217214414.jpg

 通常、ラメ塗装すると塗装ブースはプラネタリウムのようにキラキラするんだが、それもちょっとは抑えることができる。

 DSC_4418_convert_20201217214457.jpg

 あとは持ち込みのパーツで組んでいく。

DSC_4421_convert_20201217214435.jpg

 競輪ハンドルにギドネット、この組み合わせはやったことがない。

 DSC_4419_convert_20201217214445.jpg

 7700系のフロントブレーキに

DSC_4422_convert_20201217214423.jpg

 7400系のリアブレーキ、シングルピボットにこだわったからかな?

DSC_4401_convert_20201217214643.jpg

 まだタイヤは付いていないが、納車の際に、持ち込みかな?

 ストリート系と競輪系のハイブリッドとも言えるね。まあ、すこぶる今日的仕様とも言えるかもしれない、戦後からの競技歴のある競輪と、この十数年のピストブームが産んだハイブリッド・・・、こういう展開も悪くはないね。

赤から・・・金というか・・・なんというか?



 この前の色は・・・探せばこのブログから出てくるでしょうが・・・、ちょっと時間がかかりますんで、まずもって、このキャンディー系の赤にして組み直したのがこれでありました。

 これをまた、色を塗り直したいということで持ってこられてんですね。

 金にして欲しい・・・金?

 いや、なんというか・・・、渋めの・・・。と、置いてあったカーゴバイクを指した。

 金というより黄土色、渋めだねえ・・・、はい渋めでお願いします・・・と。

 渋め塗装はどちらかというと、得意な方かな?なら渋くやってやろう・・・。

DSC_3985_convert_20201128004423.jpg

 黄土を基本に、キャンディーグラデーション、オレンジ系から黄色まで・・・、持ち論スーパーブラックという青みがかった黒も入っています。

 DSC_3984_convert_20201128004431.jpg

 濃淡を付けて、アイライン効果、平らな顔に凹凸ができるように、フレームが立体に見えてくる。

DSC_3983_convert_20201128004440.jpg

 パイプの集まっているところを濃いめにすると、立体視についてはより効果的とも言える。

DSC_3981_convert_20201128004458.jpg

 バーテープも渋め、同系の革もどきを巻くと、より一層渋くなりますね。そもそも、ブレーキが上引きだし。

 DSC_3982_convert_20201128004450.jpg

 クランクは男ギア、チェーンもシルバーと黒の交互と少し凝る。

 DSC_3986_convert_20201128004413.jpg

 Wレバー形式に、ボスフリーで古めのコンポをそのまま戻します。まだわかいので、これでいいか・・・。もう少し無理ができなくなってきたら・・・、男ギアは変えずに、リアのギアと下駄で、乗り続けられるようにセッティングしますぞ!

DSC_3987_convert_20201128004404.jpg

 今風といえば、ここぐらいかな?

DSC_3988_convert_20201128004354.jpg

 ちょいとコケたとはいえ、カンパのこの手のブレーキは近年のものでも鉄フレームにだと自然にくっつきますね。こういうパーツが時代を越えて作り続けられることを祈るよね、どこかにネーかな?

 DSC_3978_convert_20201128004507.jpg

 ということで、再塗装と、消耗品交換、総メンテでもって再生です。しかし渋い、見方によっては老人の杖のようだ、という人もいるくらいだ。

 でもまあ、いずれ江戸の和竿を再現しようとする店主にとっては、実に示唆的な木製もどきの自転車となった・・・。まだ落書き帳はいっぱいあるんだし、もっと遊んでもいいよなあ、とも思うんだが・・・。

見せに来たニャー



 二年越しだったか三年越しだったか忘れたくらいに引き伸ばして、ようやく仕上がったということで出した、豹柄号でありました。

 コチラは塗装してお渡しすると、持ち主の方はそれに組み付けて、持ってきて見せていただける。

 そろそろかな?と思っていた時、ニャー!とばかりやってきた。

 ありもの組なんだが、まあ、面白い。

DSC_3499_convert_20201105235057.jpg

 元々はピナレロのアルミフレームだったんですね。

DSC_3498_convert_20201105235107.jpg

 こんなヘッドバッチもしっかり戻っていますね。

DSC_3496_convert_20201105235117.jpg

 周辺パーツから見ると、こんなトークリップもあるんですねえ。

DSC_3490_convert_20201105235147.jpg

 基本ありもの組ということで、なるほど・・・というホイール。

DSC_3482_convert_20201105235206.jpg

 参考にさせてもらった、ヒョウ革サドル、プリントもんで手触りはビニール。

DSC_3488_convert_20201105235156.jpg

 バーテーテープもヒョウ柄、これは地が白いのでユキヒョウ的ですね。と、これって・・・エルゴじゃない?

DSC_3491_convert_20201105235137.jpg

 ベローチェですねえ、カンパ仕様か・・・。

DSC_3479_convert_20201105235226.jpg

 ありものという割には、揃っていたりして・・・、

DSC_3480_convert_20201105235216.jpg

 と、裏をかかれる、ブレーキですね。これはディズナものアルミ削り出し。決して安くはないが、バカ高くもない。

 シルバーもあることを考えると、選択肢の一つとして考えても良いかもしれないね。

DSC_3477_convert_20201105235235.jpg

 目玉はここかな?出たての頃は、なさの技術と言われたカンパカーボンクランク。マーブル模様で今のディレーラーなどに使われているものからすると品がある実に。形もいいですねえ、コーラスです。

 しかも!

DSC_3493_convert_20201105235127.jpg

 なんと貴重な!スクエアテーバーもののカーボンクランクですよ。ということは2005年以前のものですかね。ホローテックに刺激される前の型というわけです。

 ということで、まぜこぜレーサーのニャンとも面白い豹柄号の完成です。

DSC_3475_convert_20201105235246.jpg

 すれ違ったと同時に、なんだ?今のは?と思わず振り返ってしまう、様相でございます。

 これを作成する際に、動画や図鑑のヒョウやジャガーの毛皮を観まくったわけであります。最初はフォークを両手に後三角を足に・・・なんてヒョウ全体のイメージで柄を配置を考えていたんですが・・・、それがまあ、難しい。

 そこで、布などにあるアニマルプリントなるものをまた参考に観ていたんでありますが、これが本体のヒョウやジャガー画から見るに、見れば見るほどちゃちなんでありますね。

 こんなのに、ヒョウ柄でござい、なんてごまかされているのね・・・てなもんで、人間の認識能力のいい加減さを織り込んだフェイクものの王道なんてものを感じたりもした。しかし、比べるまでもなく、事前は手が込んでいる。

 このもの合わせや、変わった塗装の発注なんかを観ても、このご依頼者の方はただもんじゃないなあ、と思って、仕事を聞いてみたんだが、印刷関係ということだった。

 なるほど、色についてはかなりのこだわりがある・・・と見ましたね。

 動物シリーズも面白いといえば面白い。ただ、いつも思うが、自転車はフレーム、見せ所の中心がポッカリと空いている、カンバスを念頭に絵を描いている人にとって、またそれを見慣れている人にとっては、完全に裏をかかれる構図となるわけだ。

 だから模様はかけても、絵は描けない・・・というのが輪画の特色なんだが、それでも、その先に空間を想像させる絵の力というのはまだあるはずだ、そう、人間の持っている認識能力をフェイクものとは別に利用して、空間に絵を見せることは可能だろう、とは思う。

 それがいつになることかは、わからないが。

リッチー化ける化ける

00 IMG_20131214_132936_convert_20131231162406

 この写真の背景ということは、仮店舗時代の話ですね、五年以上前ということになります。

 もうこの西東京に来て、六年目・・・。青年すでに老い学全くなりがたし・・・、大した探求もしているわけでもないのに、人生の速さを感じます。

 これを磨きと塗装を合わせて仕上げたのが、

IMG_20131231_123858_convert_20131231162035_20200922223233e12.jpg

 車体前を黒に、残りを磨きにという仕様でした。これには理由がありまして、トップチューブの脛に傷がある、その傷隠すためにパテ盛りするしかないので、流石にそこを磨きで見せることはないだろう、ということで、塗を入れたということです。

 さてこいつが六年ぶりかな?やってきて、また厚化粧をということで・・・、再度パテ盛りなんかもして、再塗装ということになりました。ただ、組付けパーツも大幅に交換するということもあったなあ。

DSC_2341_convert_20200922223137.jpg

 今度は、濃いめのキャンディー仕上げ。

 この写真では、黒にしか見えませんが。

DSC_2342_convert_20200922223128.jpg

 最近日の入りが早くなり、まさに釣瓶落としですな、気づくと薄暗い、色の出は悪い。そもそも写真自体に諦めている店主にとっては、光の云々などは関心に入ってこないんだが・・・。

 DSC_2347_convert_20200922223044.jpg

 光の下にもってくると、このように、うっすらと下がわかるというか、上塗りの深度がわかるという仕掛け。

DSC_2349_convert_20200922223030.jpg

 という意味で、パッと見と、陽光下では違って見えるという塗装にしたんだが。

 その完成したフレームに

DSC_2338_convert_20200922223155.jpg

 今流行りの、グラベル系にしたようですぞ。スプロケがでかいねえ。

DSC_2345_convert_20200922223102.jpg
com/t/a/n/tanukicycle/DSC_2340_convert_20200922223146.jpg" alt="DSC_2340_convert_20200922223146.jpg" border="0" width="512" height="768" />

 前ギアはシングル、今風!

DSC_2344_convert_20200922223119.jpg

 右はSTI、グラベルコンポのものですね。使い勝手が悪いわけがない。天下のシマノなんですから・・・。

DSC_2345_convert_20200922223102.jpg

 そして反対がテクトロ。ブレーキレバーのみの仕様。よくこのテクトロ選びましたね。シマノのエアロブレーキではどうもバランスが良くない、今後この手の左右アンバランスはでてくると思いますが、左のブレーキレバーについてはよーく吟味したほうがいいですね。

 アームストロングの山岳用自転車以来、シマノ同士のそれは本当センスよくない印象ありです。

DSC_2346_convert_20200922223053.jpg

 そしてまあ、今回はショートVにしておきましょうってことね。

 次回は、柳さんに台座作ってもらって、ディスク化、ホイール組などして大改造?って何年後かな?

DSC_2337_convert_20200922223204.jpg

 しかし、五六年ごとに、自分の自転車を再塗装しては中身を変えて乗り続けるなんて、こんな選択肢もじつはあるんですねえ。

 それごとに写真を撮って保管して、これで七回目だ・・・なんて言う乗り方、楽しみ方、馴染み方・・・。これも新しい・・・と言えるかどうか?しらんが、自転車との関係の作り方として、大いにやってほしい、一つのあり方かと思います。

再塗装三部作 何とか終了・・・?



 今を去る二年半以上前、三本のフレームを持ち込まれて、迷彩三部作の依頼を受けたんですが、それが多大の時間をかけて、ようやく収束に向かう兆しが出てまいりました。

 まずはおしゃれ迷彩と言うやつ。

 DSC_1979_convert_20180209221518_20200815224321ee3.jpg

 こいつですね、迷彩なんですが、なんかお歳暮の海苔の缶のようですね。もうどうやってやったか、覚えていませんが、大変手間がかかったという記憶はありますね。

 DSC_1981_convert_20180209221534_20200815224319213.jpg

 四色だったかな?実際にはありえない、迷彩ということで、マスキングテープを色んな形に切っては貼って、塗料をかけて、乾かしては、またマスキングをしての何度も繰り返して、このような形にしたと思います。基本直線でしたので、太めのマスキングテープをカッターマットにダダーッと貼って、その上からカッターで三角基本に切っては、その場で貼っていく。

 最後の出来は、途中からでは全く推測できなかった、記憶がありますね。

 そして出来上がった、フレームで組み付けたのが、

DSC_1802_convert_20180226154212_20200815224327b22.jpg

 これなのでありました。

 次の迷彩リクエストは、今度はガチもの、ジャングル迷彩と砂漠迷彩どちら?という質問には後者という要望、はい、早速色選びから、吹付けを行いまして。

 DSC_2135_convert_20180312152719_2020081522431880d.jpg

 最後のクリアでは、思い切ったマットクリアでもうザラザラ、手触りまで砂漠の砂のようで、そこに何重かスモークもかけたもんだから、怖いくらいの実践仕様になりましたな。

 そして、これを渡して組み付けたのが、

DSC_0097_convert_20180501200347_20200815224330b2a.jpg

 その後のステッカー貼りなどは、持ち主の方のセンス、ちょっとマジになりすぎた迷彩を、逆にホイールやその他のデザインで、緩和してコミカルにしている。相当組み付けのセンスのあるお方でありましょうな。

 そして、最後の最後まで残ってしまった、迷彩。

 これは動物迷彩といいますか、最初はトラ文様でということだったんだが、どうも縦長のトラ模様は自転車のフレームにはなかなか向かない、または難しいということで、ヒョウ柄ではどうか?ということで、始まったんだが。

 これが進まない。

 子狸の図鑑数冊を持ってきて、ネット上の画面等でも研究しても、一部はいいんだが、全体となるとなんとも納得のいかない展開で、何度も書き直した。

 そして、下地の色を三色ほど塗り分けして、そしてまた、背中のでかい模様、腹にうつっていく中くらいの模様、そして、末端にひろがっていくブチ模様と三種類をどう配置していくか?

 フォークが前足なら、胴体はどこで、どういう模様の配置を・・・などと考えて書いては消し、書いては消しを繰り返し、二年半かかってしまった。

 そして最後はもうわからない、ざっとの配置と形式を書いたところで、これは店主に取り憑いてしまっている、外せない何らかの配置があって、それによって、妨害されて一切前に進まなくなってきているんだ、と思い、あっさりと選手交代。

 交代先は、一緒に猫族と暮らしている、本人もネコ科の清水さんに交代してもらった。その後の描き続けをしてほしいということ、もし配置がイメージを邪魔するようだったら、再度下地塗装して、消すからそう言ってくれ、と言って渡す。

 そして、完成したのがこれ。

 DSC_1882_convert_20200815224249.jpg

 もうこれ以上できない、というところまで行ったので、これで納車することに。細かく見れば色々とあるが・・・まあ、これにて。

 下地の三色グラデーションに、手書きの模様を入れて、こいつもこれでもか?!のつや消し剤を入れたクリアをかけて、そして最後に、オレンジと黒のスモークを混ぜたつや消しクリアで、全体を汚し、濃淡を付けてみたということだ。

 はい、もうこれ以上、できません・・・。

 しかし、この動物迷彩、こいつも良くできている。例えば、置くところを

 DSC_1885_convert_20200815224240.jpg

 こうした影の中に置くと、スーッと消えていく・・・。

 忍者の暗闇仕様の着物は決して真っ黒ではない、黒だと真っ暗の中で黒だとわかってしまう、無地ろ禿げた小豆色っぽいほうが完全に消えるようだ。

 同じく、迷彩も色が点在し、全体を分散するような働きをするのだろうか、こんなのが影に潜んでいても、一瞬なんだか把握できないだろうな。

 そして、こいつらは、何でも木の上が得意という、ヒョウにしてもジャガーにしても、木の上からの攻撃が得意なんだろうからね。

 なので、こいつを木漏れ日の中に置くと・・・。

 DSC_1887_convert_20200815224230.jpg
 
 これもまた、面白いようにすっと消える、そして分散しているので、そこで動いても、全体としてのまとまりとして見えないため、隠れながら獲物に近づけるという、恐ろしい迷彩ということがいえるね。

 身を守るための迷彩から、より近くまで忍び寄って獲物を襲うための迷彩・・・まあ、色々あるようです。

 こんな感じで、実際の迷彩度を確かめるに、まあ、合格ということにしていただこうかしら?

 さて、こいつで、どういう一台として組み付けるのか?わからないが、まあ楽しみに待つことにしましょうか。

 しかし、二年半以上ぶりの納期延長・・・、できたもの以上に、勉強になりました。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター