メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 再塗装 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

事故からの生還・・・匠のソウルレッド?



 青の鉄レーサーが持ち込まれています。

 DSC_1105_convert_20171006173017.jpg

 パナソニックの鉄レーサー。ブリジストンにしろパナソニックにしろ、華はないながら実直な自転車を作っていると思います。面白くもおかしくも、色気もないが、ひたすら実直な自転車・・・といっていいかな?

 だから好きな人は地味に好き・・・という自転車です。

 DSC_1103_convert_20171006172959.jpg

 それにまた105が付いている。実直なフレームに実直なコンポが付いている、面白くもおかしくもないが、ひたすら乗るには十分すぎるスペックです・・・。これ褒めているんですけどね・・・。

 こいつがちょっとした事故に遭った。本当ちょっとしたね。フレームの構造そのものには影響与えなかったが・・・。

 DSC_1108_convert_20171006173035.jpg

 ペイントに少し傷が入り、板金的に直せないか?と、自動車屋に駆け込んだらしい。それが同級生の青山自動車工業所。そこから、自転車のことはそっちで!という紹介からこうなった。杉二小学校連携・・・だね。

DSC_1104_convert_20171006173008.jpg

 そんなわけできたんだが、板金は難しい。元色再現というのは、まあこの車体は新しいからなんとかできないこともないが、古く塗装が焼けているものとなると、まあ、難しいね。

 どうせやるなら、全塗装した方がいい、というのも、調色で神経すり減らすよりも、ドーンとやり直す方が、ずっと精神衛生上いいからなのだ。どうしても!!!という以外には、そちらをおすすめしている。

 そんなわけで、全塗装になった。どうせやるなら正反対の好きな色ということで、マツダの匠、ソウルレッドにしてくれない・・・と来たんだが。まあ大変なわけだ。

 DSC_1140_convert_20171006173112.jpg

 やはり、赤系統が嫌いでないので、調色には気合いが入る・・・。

 ただ、ネットで色見ても、各種写真の光の違いで、あてにはならない。そこから総合的に判断するしかない。

 DSC_1139_convert_20171006173101.jpg

 こんな感じかな?と、できるだけ自然光に近いであろう写真の中から判断する。

 DSC_1144_convert_20171006173128.jpg

 ただ、車は面が広くて、へこみは影で色濃く見える、その濃淡をうまく利用しているように見える。同じ色に塗っても形状による光の影響をデザイナーは狙っているに違いない・・・と思う。

なればあの手を使うか・・・、アイシャドウ・・・ね。

 DSC_1141_convert_20171006173120.jpg

 この手前のフォークの対岸のフォーク、同じ色か?という問いに、確実に答えられることは不可能かと思う。だって、見た目の色は違っているもんね。でも同じ色が場所と光によって異なって見えるなんていう経験は、日常茶飯事。あくまでもここから見るとそう見える・・・という以上以下でもない。

 アイシャドウとはそういう人の色認識と光の関係を逆手に取ったやり方といっていいね。

 正解は、見た目の色は違うと同時に、実は地の色も違います。対岸にはシャドウを入れているんです。

DSC_1138_convert_20171006173053.jpg

 そうそうパナソニックのロゴは入れてくれと言うご要望でしたね・・・。

 DSC_1137_convert_20171006173044.jpg

 これが完成ですが、この写真でどこにシャドウがかかっているのか?を明確に指摘することができないでしょ?実質の色のむらと、光の濃淡が重なっているので、それはわかりにくい。と同時に、アイシャドウした女性の顔がのっぺらではなく、彫りの深い顔に顔に見えるように、この自転車もより彫りが深く見えるというようになっています。

 気に入ってくれるといいなあ・・・。

 再塗装は、新車を購入したような気分転換を味わえる。しかも下は慣れ親しんだフレームとなると、新車よりもうれしい、という方がほとんどだ。そして、色の力は実に強い・・・というのが実感だ。

 好きな車体でも、嫌いな色だったら乗りたくはない、あのネオコットだって、ピンクにされたら一瞥もくれたくもない・・・、この店主はね。絶対に塗り替える・・・。

 という事で、新車は欲しいが、難しいという場合、再塗装はいけます!おすすめです!
スポンサーサイト

新潟からやってきた 再塗装再組付け



 突然新潟からやってきたんです。しっかり段ボールにはいって・・・というかアチコチ飛び出しつつ、なんとか当店までやってきたという感じでした。

 メールにて仕様書と、電話にての確認・・・。

 毎回思うんだが、新潟と西東京の当店の間には一体何軒の自転車屋があるか知らないが、なぜか当店にやってきてくれる。ありがたいに尽きる・・・。

 DSC_0701_convert_20170930205904.jpg

 まあ、相当来ていると言っていいでしょうな。こいつを再塗装して、パーツ類も取り替えての大事業になりそうだ。

 このダウンチューブに見えるスパイダーというロゴにはどうも、思い入れがあるらしく再現・・・似たようなものでもよし、という注文付き。

 DSC_1103_convert_20170930210039.jpg

 シルバーで再塗装です。

 DSC_1102_convert_20170930210031.jpg

 まあ、この辺で許してください!と。これだって、黒と白二枚カッティングして、それをあたかも影のように二重に貼りつけて、クリアがけをしたという、ちょっと小技ものなのだ。

 DSC_0704_convert_20170930205928.jpg

 あとは怒濤の組み替えじゃ!かなりごっついクランク回りなんだが。

 DSC_1100_convert_20170930210015.jpg

 シンプル系のシングルにしました。

DSC_0705_convert_20170930205935.jpg

 ガチャゴチョ使い込んだ感ありですね・・・。


 DSC_1099_convert_20170930210008.jpg

 8速のものに交換、つまりホイールの延命を図りました。

 DSC_0703_convert_20170930205919.jpg

 26インチのごっつい系ホイールを・・・

 DSC_1098_convert_20170930205959.jpg

 ありゃー、スマートな700cにやってしまった・・・、まあ予想は付くだろうが・・・。

 DSC_0706_convert_20170930205944.jpg

 相当下足の長い、キャリパーが付いていた。これ効かないんだよねえ・・・。

 DSC_1101_convert_20170930210023.jpg

 ホイールが700cになったので、ブレーキもロードものがつきました。これでガツン!と効きますよ。

 DSC_0702_convert_20170930205911.jpg

 このハンドルまわりは使い続けたい・・・という事なので、ご希望通りに。

 DSC_1104_convert_20170930210047.jpg

 といっても、ブレーキレバーやシフターは変わっていますがね。

 DSC_1097_convert_20170930205951.jpg

 ごっつい熊五郎が、ほっそりバンビちゃんに変身したみたいですね・・・。

 どうせ手を入れるなら、劇的な方がいいんじゃないか?というね。

 問題は、こいつをどうやって、新潟まで運ぶか?という事なんだが・・・。すでにクロネコでは無理そうで・・・、飛脚に頼むしかなさそうですね。

 そして、これを入れるだけので階段ボール・・・、これをどこで確保するか?です。随分初歩的な話だなあ。

 エエ?自転車屋なのに?完成車が入ってくるときの段ボール利用すればいいじゃない・・・。いえいえ、それだけ今の世の中・・・、完成車が出ないんです・・・。当店にも、ここ何ヶ月、完成車など呼んでいません・・・、なので段ボールなしであります。

 業者に送るときは、自転車をバラバラに解体しても、向こうは仕事で組付けできますので、小さめの段ボールでもいいんですが、お客さんにお届けする際には、できるだけ完成車に近い方がいい・・・という事は、それだけ完成車に近い大きさであるということ、つまりデカイ段ボールがどうしても必要になる、という事なんであります。

 どっかから調達してこないとなあ・・・。

 ということで、ふるい自転車の再生!なんてことに関しては、日本全国津々浦々からの発注にお答えできるよう、日々努力して参ります!

あれがこうしてこうなった・・・

000 DSC_0569_convert_20170809175950

 先日、この赤系ピストが、白系ピストに再塗装という記事を掲載いたしましたが。

 000 DSC_0914_convert_20170809180041

 こうなった内容であります。ただ、ご希望の色の写真を何枚か送っていただきながら、なんともご希望の色にはしっくりきていないんじゃないか?と思うようになり・・・、一度みてもらうことにしたんであります。

 その前に、今回の依頼は、再塗装だけではありません。

 DSC_0939_convert_20170825201118.jpg

 このように、シートステーブリッジに穴を開けて、ブレーキを直接通すこと。

 そして

 DSC_0942_convert_20170825201126.jpg

 このような、柳さんによる、アウター受けの取り付けもご依頼の内だったんであります。

 DSC_0943_(2)_convert_20170825201138.jpg

 そんでもって、実際にお呼びして、室内、室外でみてもらい、再々塗装にすることになりました。

 DSC_0947_convert_20170825201219.jpg

 メタリックシルバーに、何の細工もしない、愚直なシルバー・・・でよかったみたいですね。

 DSC_0946_convert_20170825201211.jpg

 色見本として、写真を送ってくれた依頼者さんもやっぱり写真じゃ、色は伝わらない・・・とね、言っておりました。

 そうなんです、写真や、色見本では大体の方向性はわかりますが、それが絶対ではない、ということです。むしろその色使って、どんなイメージの自転車にしたいか?というすこぶる言語化されている内容の方が大事だったりします。

 色見本ご指定で、実際その色に塗って渡してみると、???という依頼者さんはかつては多かった。同じ色でもパイプに塗るのと、平面の板に塗るのとでは全く異なってしまうんですね、大抵の色見本は平面ですから。

 ※中にはパイプでの見本なんかもありますが、それもせいぜい二十センチに満たない・・・、とても一本のフレームからすれば短い、この色見本として、短い、面積が狭い、という状況も、実は色を決める際に、混乱させる、一原因ではないか?とすら思っているんだがね。

 ちなみにパイプは通常細い、そして表面は曲面をしているので、その頂点には大抵光の筋が付いています、普段は意識していませんが、人はそこのある黒そのものを見ているのではありません、印象派的なその都度の光の影響、反射の影響を受けた多面的な色と光の構成物を見ているんですね、実際は。

 ところが、黒い自転車だから黒い、というのは頭による、情報として納得であって、それに従ってその自転車を黒として把握しているだけで、決してそこに黒そのものは見ていない・・・という事なんじゃないかな?と思います。

 頭で把握しているものと、実際の光と色の構成物とにはずれが生じますので、そこで、その自転車に、どういうイメージを抱いているから、黒を選択するのか?という色とイメージの相補性ということを店主は重要視します。

 そんなわけで、イメージ抜きの色見本や、いわんや基本照明を当てていない写真そのもの、しかも解像度もバックライトの設定もマチマチなスマホなどから、この色にして欲しい、というのは非常に難しいと言わざるを得ないわけであります。ある意味スマホに頼りすぎだぞ!

 今回もまた、勉強になりました。

 DSC_0948_convert_20170825201227.jpg

 この刻印も、改めて彫り直し。

 DSC_0945_convert_20170825201203.jpg
 
 ヘッドバッチも、マスキングして、掘り出しました。

 DSC_0943_convert_20170825201151.jpg

 ネ、やっぱり写真じゃ色ってわからないでしょ?特に写真ベタの店主の写真なんて、全く信用に値しないんです!

 という事で、色決めはざっとの色見本とあとはイメージによる補足でもって、十分となす、という路線で参ります、今後とも。

 ※つまり色見本は作らないよ、という事です!

なんたる色に・・・再塗装



 これでいいと思うんですけどねえ・・・。

 DSC_0570_convert_20170809175959.jpg

 店主にとってはいい色の、部類に入るんだけどなあ・・・。

 あそうそう、コイツは・・・
DSC_0572_convert_20170809180014.jpg

 カラビンカです。かつて大人気のといいますかね。

 DSC_0573_convert_20170809180032.jpg

 この特徴あるヘッドバッチも有名で、コイツは地味な方で、派手なやつは七宝焼きのような、カラフルものもありましたな。

DSC_0571_convert_20170809180007.jpg

 この塗装も大して荒れていないオリジナルカラーを再塗装したいという。

 基本シルバーなんだが・・・、イメージらしきシルバーの自転車写真を何枚も送ってもらった割に、わからない。イメージそのものの色というよりもイメージを言葉にしてくれる方が、落ち着きやすいという、当店のある種特徴か?店主の障害かはわからないが、まあ、そういうものなのだ。

 シルバーなんだが、白との基調もということで・・・。

 DSC_0920_convert_20170809180123.jpg

 イカン、写真では全く色が出ていない。写真は光り物であって、色物ではないという事がわかるなあ。

 DSC_0919_convert_20170809180114.jpg

 これもわからないなあ・・・。

 DSC_0918_convert_20170809180104.jpg

 メーカー文字に差し色。

 DSC_0917_convert_20170809180056.jpg

 こういう小細工も結構面倒なのよ。

 DSC_0916_convert_20170809180049.jpg

 このヘッドバッチはそのままに。

 DSC_0914_convert_20170809180041.jpg

 これでいいのかなあ・・・と思いつつも、まずは見てもらうしかない。

 最近暑いせいもあるが、なかなか集中効かせた、塗装ができにくい。こういうときにはまず、すべての塗装用具の徹底的な洗浄から再出発だな。あとは四十度以上の塗装ブースでは吹かないこと・・・。

 熱い時は本当クラクラするもんな・・・なんて言っていられない、まず足下から再点検しつつ、足場を固めていくしかない・・・。

 慣れを排除して、もう一度マニュアルをしっかり読むとかも重要だよね。こうした技術書なんていうものは、自分の技術水準に合わせてしか読めていないというのが通常なんだよね。多少熟練してから再度マニュアルなんか読んでみると驚くことがある、すでに書いてあったのを読めてなかっただけ・・・という事に気づくことが多い。

 再度再点検!再洗浄から出直します!

再塗装 ついでにアチコチ改造まで



 カラミータのロードがやってきた。ホイールやブレーキなどが入れ替えられていたり、かなり自分の自転車に関心のある方のようであります。

 そんなお方が再塗装とそのついでに各所改造まですることになった。

 DSC_0710_convert_20170726190454.jpg

 元々は、銅のような色ですね、こいつをブルーにしたいという。

 DSC_0764_convert_20170726190643.jpg

 こんな感じに一気に変わるもんだ。

 剥離してみると、きれいなオールメッキのフレームになった。その上からメタリックシルバーをかけるのがもったいないくらいのメッキ状態。なれば・・・、そのメッキ地を活かしたほうがいいなあ、脱脂したあと、そこに密着系を挟んで、直にキャンディーブルーをかけることにした。

 DSC_0711_convert_20170726190504.jpg

 再塗装のついでに、ハンドルも交換したい。形状も、そして機能もね。

 DSC_0758_convert_20170726190605.jpg

 ブルホーンバーに交換。

 DSC_0760_convert_20170726190615.jpg

 ブレーキはギドネットでという事になった。

 DSC_0762_convert_20170726190634.jpg

 フロントシングルのシンプル化も改造内容だったので、シフターは・・・。

 DSC_0713_convert_20170726190542.jpg

 この空きスペースに・・・
 
 DSC_0761_convert_20170726190625.jpg

 Wレバーの片割れが付いた。

 色といい、機能といい、ある意味激変ともいえるかもしれないなあ。

 DSC_0757_convert_20170726190551.jpg

 手元変速前後にディレーラーという、ある意味せわしない高機能車体から、前一枚のゆったり流し自転車に変身したという事でしょうな。

 たぶん、時間かけて、予算組みつつ、希望を整理して、色味も併せて、一大決意でもって持ってこられたんだと思う。

 自転車にもカスタムという文化があるんだということ、徐々にではあるが浸透してきたのかな?あるある、ありますよ、用途や好みに合わせた自転車の作り替えという文化が、あるんですよ!ここにもね!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター