メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 再塗装 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ミキスト再塗装 再組付け



 何かあるタイプ乗っ車体には、次の車体を呼んでくる力のあるものがあるようで、このフレームをみると、本ブログの熱心な読者の方は・・・あれ?最近ミキスト多くない?と思うんじゃないでしょうか?

 そう、近々で三台扱っていますからね。

 DSC_9291_convert_20200331191308.jpg

 今回の火付け役となったのは、このケルビム赤でありましょうな。

 そしてそれに続いたのが、

 DSC_9819_convert_20200427171313.jpg

 こいつですね、サツマイモ子が化けた、ミドリムシグリーン号ね。

 こんなのがちょっと続くと、そういえば、何か似たようなフレームがどっかにあったなあ・・・ということになるのかもしれませんが。

 このミキストは、今ちょっと何か来ているんじゃないでしょうか?まあ、当店周りでブームといっても、超マイナーには違いありませんが・・・。

 とにかく施工途中のこんな車体が置いてあると、あるタイプの見る人をときめかせるような展開になるんでしょうね。今度もってきますよ、としてきたのが、冒頭の写真だったわけですね。

 さて、どんな色に?ケルビムを見た影響か、赤にしてくださいと。

 そして、コンポは黒で、赤黒で行きましょう!ということになりました。

 で、問題発生といっても大したことはありませんが、エンド幅が135ミリなんだそうだ。

 五ミリ増やせばいいわけだが・・・。

DSC_9838_convert_20200430180301.jpg

 たしかに五ミリ、両サイドだから片方2.5ミリ増やせばいいんだが、それを馬鹿正直に勢い135ミリ用のシャフトそのものに交換してしまうと、ちょっと面倒なことになる、というのはもう経験済みなんであります。

 というのは、これ見てわかりますかね?わかる人は、かなりエンド周りでハブ調整で苦労された方とお見受けします。

 目の付け所は、エンド金具の厚みであります。一定のツーリング車体等のこの手の金具であったら、135ミリ用のシャフトに交換して問題ありませんが、薄いエンド金具でそれをやってしまうと、シャフトがエンド内に収まらないで、飛び出てしまうことがあるんですね。

 これがクリックボルトで吸収できるレベルであればいいんですが、それができないといくらクイックを締めても、ホイールは固定されない。

 ではどうすればよいか?飛び出たシャフトをまた削らないといけなくなるんですねえ、面倒くさい・・・。

 そんなこんなで、目検討でちょうどよい長さのシャフトに交換してスペーサー調整で、ホイール問題は解決であります。

 あとは、赤以外は黒ということなんで、パーツで組み付けれ行けばいいんですが・・・。このフレーム、エンド金具は薄いながら・・・。

 DSC_9836_convert_20200430180321.jpg

 斜めに来るトップチューブが、一本でないんです。

 DSC_9837_convert_20200430180311.jpg

 真上から見ると細めのパイプ二本が伸びている、このタイプもいいですねえ。いってこい、って感じ。

 DSC_9834_convert_20200430180339.jpg

 赤以外は黒ということで徹底します。因みに元はVブレーキ台座がついていましたが、切り落として、キャリパーを取り付けています。

 DSC_9833_convert_20200430180348.jpg

 ソラの9速です、ソラまで真っ黒ですね。

 DSC_9832_convert_20200430180359.jpg

 クランクもバッテンです、フォーアームというの?見事にね、フロントメカも黒・・・クロクロクロ。

 DSC_9835_convert_20200430180330.jpg

 380幅の黒ハンドルに、黒バーテープ、黒ステム。STIも黒で、でもこのソラの完成度は高いと思いますね。ある意味十分です、これで・・・。

 DSC_9831_convert_20200430180408.jpg

 と言いつつも、黒赤で統一感があって、これはまたこれで・・・という立派な一台に変身しました。

 ちょっと年を召された男性が乗る車体、乗り降りの関係もあって、ミキストにだいぶ前から注目していたということです、誰もある意味考えることは一緒かな?と思える、この頃の展開です。

 このミキストの流れがまたほそぼそでもいいので、続かないかな?かつては女性用の車体ということで、風靡した車体ですがこれからは初老の方の性別を超えた車体として、また再ブレイク・・・なんて言うのだったら、大歓迎ですね。

 自転車寿命・・・ということばをしっかり作って、定義して、それに合わせた商品開発なり、ポジション開発なりをやっていく、それで人生少しでも長くサドルに座っていられるようにする。

 外に出る、それで活動する、軽い運動を習慣づける、成人病を予防する、膝や腰などの負担を減らす、そして免疫力を上げていく。どうせ生きるなら、健康であり続けるに越したことはない・・・というね。

 まあ、このミキストなんかもそうしたことへの良い提案となるんじゃないか?と思いますが。

 古きを温めて新しくを知る、ヒントや答えは過去にある、もっと掘らねば、安っぽい思いつき企画に終止しまいかねませんな。
スポンサーサイト



さつまいも子は アオミドロに変身の巻



 毎度思うのが、色の撮影はこの店主には無理だな・・・。一向に写真を真面目に勉強する気が起きない、対象に向けて、シャッターを切るだけ。あとはできたもの勝負。

 余程向いてないと見える。よし!一念発起して、最低限の用語と操作ぐらいは身につけようという気すら起きない・・・。まあ写真や動画は、人任せ・・・だな。

 前回のさつまいも子は、このようにミドリムシ号に変身した。

 そして、フレーム以外、まあどう見ても使えそうもないもんは総とっかえ・・・。結構ゴネられたが、なんとか面白い自転車になったぞ。

 DSC_9828_convert_20200427171152.jpg

 もともとは、多分だが650Aだったはずだが、今回は店主の趣味を無理やり載せて650cにしてやった、ザマミロ!

DSC_9820_convert_20200427171302.jpg

 今回の値打ちは、このクランクだな。ラクランクという東京サンエスさんの規格品。この長さ130ミリという短いもの、短いどころじゃない、超短いというやつだ。

 それがまた・・・、乗りやすいときている。まあ、当店周りだけの現象に過ぎない・・・と高をくくってはいけない。

 この短いクランクの威力は、相当のものだ。身長の十分の一を持ってクランク長とせよ、なんてもんは多分欧州の経験からきたもんで、それをそのままアジアに横滑りさせて、務まるものか・・・。

 この辺、総とっかえの時期が来ているのではないか?とすら思うぞ。

 まあ、この辺については、またいずれ展開しないといけないだろう。色々ポジションで悩んでいる方、まあ悪いことは言わない、短いクランクに、いや、言い換えると思い切って短いクランクに交換してみることをおすすめするよ。

DSC_9821_convert_20200427171252.jpg

 コンポ類は、謎の11速コンポがついている。

 DSC_9824_convert_20200427171232.jpg
 
 シフターの形式は、スラムそのもの。よく訴えられないねえ・・・と思う。もしかして下請けの反乱?

 DSC_9827_convert_20200427171201.jpg

 380ミリのドロップハンドルに、金のワイヤーを少し施す。ワンポイントね、それ以上やると成金になっちまう。

 DSC_9822_convert_20200427171241.jpg

 このサドルは、選びに選んだもの。大抵尻のうるさい者共も、これで黙る。

 DSC_9825_convert_20200427171220.jpg

 一番今回苦労したのが、こいつらブレーキまわり。そもそもブレーキ台座がつているが、これがvブレーキのつくものとは違う位置についている。つまりこのようなセンタープルブレーキのつくところに角が出ている。

 ざっと、塗装前にそれを確認したんで、このついているセンタープルをポン付けすればいいと、単純に思っていたんだが。

 それが全くの的外れ・・・。いやー苦労した。

 まず台座の角の距離と、このそもそも付いているセンタープルの土台の幅が異なったところから、すべてが狂ってしまった。

 つまり全くのポン付けができないどころじゃない、そもそもの台座に、このセンタープルに付いている土台を切って両サイドに分けて取り付けなければならない羽目に。

 そうなると一点度目となってしまうので、鬼じめして止めても動いてしまう。動いてしまっては、ブレーキが効かなくなる。それは自転車としては許されない・・・。

 二重三重の工夫から、ようやく取り付けることはできた。

 で、事はそれだけでは済まなかった。なんともブレーキが硬い、女性の握力じゃろくに引けないだろう・・・。今までいろんな施工はしてきたつもりだが、ブレーキの引きを弱くするなんて加工はしたことなかった。なので、なれないもんだから、たいへん時間がかかってしまった。

DSC_9826_convert_20200427171210.jpg

 それにリアブレーキは、このシートチューブをまたがないと取り付けができない。そのためには長いアーチワイヤーを使わないといけないが、これは自作・・・。もともとには二種類の長さのものがあったが、いずれも中途半端、長さを調整して作るしかなかったが、片方を確実にボルトナットで止めないといけなかった。なかなか神経を使う仕事である。

ブレーキであるだけにね。

 DSC_9819_convert_20200427171313.jpg


 ということで、前回のさつまいも子は、このように大変身して、また街道に戻るんだとさ。

 フルマラソンをする足で回されて、どんな風景を乗りての人に見せるんだろう?色々役立てよ。あの魔窟から、救い出されたんだ、思う存分、外の街道を走っておいでな!


マークローザ 再生 再塗装



 当店の因縁の車体でもあるマークローザ。

 DSC_9707_convert_20200421194209.jpg

 こいつは再塗装もの。店主・・・ではなく、清水さんの再塗装。この文字も再生したものであります。

 二色刷りでやったんですね。通常なら、黒の地にピンクのカッティングシートで切り抜いて貼って、クリア出しめるというパターンなんだが。

 これは違うんですね。ピンクい塗装し、マスキング用のカッティングシートを切り抜いて、それを貼る。その上から黒塗装して、剥がすというちょっと手が込んでいます。

 今まで、こうしたことも試したんですが、マスキング用でないカッティングシートだったんで、粘着力が強く、下地が剥がれてしまうなんてことがあったんだな。

 今回清水さんのリサーチ力で、そうした新素材を探してもらい、試しっところ、うまくいった。

 店主も別の仕事でやってみたが、うまくいった・・・。今までの苦労なんだったんだ?と思ったなあ。と同時に、新たな施工への道も開かれる。

DSC_9708_convert_20200421194158.jpg

 今回は、珍しく再塗装のみで、あとは比較的おとなしくもとに戻したという展開。

 たまにはこういうのもありなんです。

 ハブダイナモがある、便利だよ。

DSC_9710_convert_20200421194149.jpg

 フラットバーは、元通り。グリップは幅広で、長い間握っていられる。と、シフターはこれほぼ最強。何が最強かというと、単純な構造のため、壊れにくい。自転車が倒れたても、ハンドルが守ってくれるので、壊れにくい。

 DSC_9711_convert_20200421194138.jpg

 通常では、当店では外してしまいがちなチェーンガードでありますが、今回は戻した。一般の人が欲しがるものをたまには放置しておいてもいいかも、という逆張り。

 DSC_9712_convert_20200421194129.jpg

 七速のスプロケ。ある意味これで十分という考えもありです。今では十二速・・・通常昨日からすれば、ありすぎ?かな?

 DSC_9715_convert_20200421194104.jpg

 カゴはオプションとして、フロントキャリアは残しておく。必要なら、ほぼここにポン付けできる、というわけです。

 部分的にというと、

DSC_9714_convert_20200421194112.jpg

 このサドルは、後付の別物です。

 DSC_9716_convert_20200421194055.jpg

 これも珍しく泥除けを外していない。はい、通勤に使ってもらってもいいかな・・・。あとここにも荷台を取り付けることは可能です。

 DSC_9704_convert_20200421194218.jpg

 今回は再塗装を施して、再生というよりは、復刻・・・、復元に近い感覚ですね。

 たまには、おとなしい復元もいいですね。スタッカートで乗りやすう、昨日も通常使いなら申し分のない、骨太の実用自転車とも言えるでしょうね。

 当店前を通る人が、そもそも当店を自転車屋と認知しているか怪しい中、飛び込んできた人が並べてある自転車を見て・・・レレレ?となることもなくはない。意外と面白がってくれている感じもありながら、頭の上に???がついている人ももちろんいる。

 そういう人は、普通の自転車屋に行きなさい・・・とだけでは芸がなさすぎる。たまには普通の自転車も作るのよ・・・、という、そういうパターンもたまにはいいよね、という展開であります。

 スイッチは押して見ないと、わからない。今後どうなるともわからない中で、スイッチは押せるものは押しておく。もちろんすべて確信犯的にな。
 

元サーリーの大変身!



 どこかに行ってしまったのが残念なんだが、こいつが昨年暮れに持ち込まれたときの写真。

 乗りこなされて、乗り潰される寸前のようなくたびれたサーリー君だった。

 まあ、よく乗りましたねえ・・・。で、これを?

 どうしましょうか?と。

 ここまで乗ったから、新車?それともここまで乗ったんだから、リニューアル?

 当店に来られるような方は、どうも後者が圧倒的ですね。ただし、あまりに乗り込まれているんで、さてどうやって再生していくか?ということについては、イメージがすぐに整わない。

 無理もありません。慣れ親しんだものの文脈が強いので、その路線で再生するか?どうせするならガラリと変えるか?まあ、楽しくゆっくり悩んでください、ということで、当然年をまたいで、春まで引っ張ってしまった。

 段階を経て、こうしていきましょうか?そうそう、アレって使えます?最低の条件はこれですねえ・・・と、徐々に、好みと条件と、現実的選択を重ねて出来上がったのが、これなのでありました。

DSC_9655_convert_20200421192159.jpg

 大森社長による、磨きを施し、その上から薄い金を入れたつや消しクリアをかける・・・という仕様に。

DSC_9654_convert_20200421192208.jpg

 ちょいと暗いところに持っていくと、この金の様相は代わります。仕上げの磨きはヘアライン。

 DSC_9653_convert_20200421192217.jpg

 黄色にオリーブの緑が入っている、ロックペイントの黄色はいつも悩まされる。顔料の鉱物?の性質なのかな?見た目の原色と、内容とは違うんだろうな。

 DSC_9645_convert_20200421192323.jpg

 今回の譲れないポイントは、ディスク化。柳さんの火入れによる台座づくりと、TRPのハイドロ、つまり油圧ながらワイヤー引きと言うやつですね。

 DSC_9647_convert_20200421192304.jpg

 前後ともにね。オール油圧にすると、STIがゴッツイんだよね。まあリザーバータンクを抱えないといけないということになると、それは致し方ないのかもしれないが、握りの感覚は大事ですねえ。

 なので、ワイヤー引きのSTIはこれも妥協したくはなかった。

 DSC_9651_convert_20200421193803.jpg

 変速効率はさすがのシマノ、色々いじってますと、比較からしても、お見事・・・です。

 DSC_9643_convert_20200421193814.jpg

 コンポはシルバー!ということですよ。

 DSC_9642_convert_20200421192343.jpg

 フロントもというか、フロントこそといいますかね、変速効率、ここ一段と良くなりましたね。

DSC_9641_convert_20200421193824.jpg

 クランクは純正ではないながら、よく入りますねフロントメカが。こいつがまたクラシカルな顔しているもんで、この自転車の不思議な雰囲気の立役者でもあります。

 DSC_9648_convert_20200421192255.jpg

 ホイールは、できればもう少しハイトの低いものが良かったんだが、幅広のシルバーとなると、一気に通学用のリムとなってしまうので、様子見を兼ねてまずは30ミリものに。

 DSC_9646_convert_20200421192312.jpg

 チューブレスレディ−のリムも探したんだが、一本シルバーであったが、手がでない値段。もう少し地道に探しましょうか?ね。

 しかし、シルバーパーツがなんで?というくらい駆逐されている、売れる売れないの問題というよりも、選択肢として残しておけよ、と強く思うがなあ。

 自転車の別名ってなんだと思ってんだ?銀輪・・・だろう?黒輪じゃねーよ・・・全く。

DSC_9650_convert_20200421192245.jpg

 ハンドルは、もともとついていたものを戻す。握った時に「お帰り」となるんだろうなあ。見た目が違っても、接触部分はかわらない。そして・・・、


 DSC_9652_convert_20200421193753.jpg

 こいつも「お帰り」パーツの最たるものかもしれない。

DSC_9640_convert_20200421192406.jpg

 しかし、加工前の写真が見つからないのが悔し−・・・。この変わり果てた姿との比較ができない・・・。

 でも、鉄フレームの中では比較的走っている、濃い色のサーリーだったよ、踏み込まれて、ちょっとヨレヨレになっていたサーリー。想像つくかな?

 見た目もかわって、ディスクになって、コンポも効率良くなっても、ちょいと今風ではない、???な自転車。数カ月掛けてこうなったそんじょそこらにはない自転車。

 これにまた、そんじょそこらにいない人が乗る。街を走る。

 それは街の顔であり、街の風景であり、多少風呂敷広げさせてもらえば、生きつつある・構築されつつある「文化の体現」でもある・・・。たかが自転車の再生がよ・・・。やめられんわけだ。

プリンスの紫に?



 再塗装の依頼、それも単なる再塗装でなく、その際に新しいパーツへ載せ替える、というご依頼も含めて、ということであります。

 テスタッチのクロモリフレームなんだが、これをプリンスの紫にして欲しいということであった。プリンスの紫・・・。

 このプリンスというのが出てきたとき、店主は単なるマイケルジャクソンの当て馬か?程度に思っていた。ちょうどビートルズに対して、アメリカがモンキーズをでっち上げたようなもんでね。

 そうしたら、その筋の方々によると、全くそんなことはない、ということですね。まあ、両者ともにお亡くなりになりましたがね。

 そのプリンスの紫。ジャケットをいくつか見たんだが、コレ!というのが見つからなかったが、どうも店主好みの赤の強い、紫ではないようだった。

 DSC_9165_convert_20200325235445.jpg

 ここで何度も繰り返しているが、色を写真で撮るのは難しい、これでは単なるネイビーにしか見えないが、これは正真正銘紫なんだなあ、困ったなあ。

 DSC_8923_convert_20200325235343.jpg

 今回は、フレームの色替えだけでなく、パーツのほぼ全とっかえという全面的な入れ替えも入っている。

 DSC_9170_convert_20200325235535.jpg
  
 スラムの黒ものがついた。アペックスというやつね、随分と変身したもんだね。

 DSC_9171_convert_20200325235548.jpg

 そしてスプロケが異様にデカイ物になった。ある意味今風?

 DSC_8924_convert_20200325235400.jpg

 前二枚の付いていた、クランクも交換、察しは付くと思うが、前が一枚になる。

 DSC_9172_convert_20200325235559.jpg

 確かにシンプルだね。

 DSC_9173_convert_20200325235613.jpg

 フロントディレーラーも付いていない。ある意味潔い。

 DSC_8926_convert_20200325235415.jpg

 となると、シフト周りも変わることになる。

 DSC_9178_convert_20200325235652.jpg

 意外と人気のあるダブルタップという形式。一本のレバーで、シフトアップとダウンができる。さすがに開発がシマノ、カンパのあとに来ただけあって、後出しじゃんけん的な形式でもあるかも。

 DSC_9179_convert_20200325235705.jpg

 左のレバーは、ブレーキレバーのみ、シフトはない、フロントがないからね。

 DSC_9169_convert_20200325235522.jpg

 フロントフォークはそのまま、カーボン地のまま、それからホイールもタイヤが黒に変わっただけで、他に変化はない。

 DSC_9174_convert_20200325235626.jpg

 ブレーキも、そのままここがシルバーといって、違和感はない。

 DSC_9176_convert_20200325235640.jpg

 革サドルもまま。黒いメカニカルなコンポに、ポツンと革のぬくもりがある、という感じ。

 DSC_9166_convert_20200325235500.jpg

 逆光気味で、これでも色は分からない・・・、全く写真の上達の兆しのない店主。再塗装、再度また気合いを入れつつやっていきたい分野でもある。もう少しものが動いてくれれば、試したきものもあるが、今は構想を練りつつ、力を貯めるか。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター