メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

お父ちゃんの本気 子供自転車



 そもそもから大人向きに設計されてないところからくる、外見のアンバランスさが、逆になんとも魅力的だよね。

 子供用として作られた自転車を子供用にリニューアルしているんだが、大人も乗れてしまう・・・。置いておくと、いくら?なんて聞かれたり・・・。

 でもこいつは、お父さんが本気で子供のために自転車を再生させたものなんだな。

 DSC_3170_convert_20190720110900.jpg

 まず再塗装、通常子供自転車は軒先系で自分でやる人が多いんだが、これは当店がやった。色の指定もしっかりしていたね。

 DSC_3175_convert_20190720114113.jpg

 荷台も据え付けのフレーム、こういう細かいところが意外と難しいんだな、再塗装。

DSC_3177_convert_20190720114422.jpg

 リアホイールは組み直した、シングル指定。

 DSC_3171_convert_20190720112243.jpg

 フロントはそのままだが、タイヤを入れ替えた、このタイヤがソコソコいいものだ。走って分かるね、グリップが違う・・・。

 DSC_3176_convert_20190720114324.jpg

 前後とも、ダブルピボットのいいブレーキをそれなりつけている、このリアは、例によって下からワイヤーで。

 DSC_3178_convert_20190720114528.jpg

 このクランクもありものではない、ちゃんと歯数とクランクの長さも指定されいてる。

 その長さが134ミリ・・・。これ予言します。街乗りというよりも、突っかけ的なチョイ乗り自転車の短いクランクは最適、流行るというか潜在的なニーズであることは分かる。

 なんか快適なんだよね。短い距離をチョコマカ走るのるには、本当にいいよ。

DSC_3172_convert_20190720113655.jpg
 
 お父さん持ち込みのハンドル。このタイプは探せなかった・・・。BMXのものかな?このくらいのライザーか・・・。

DSC_3173_convert_20190720113928.jpg

 これも持ち込みサドル。タイオガのスパイダー・・・。軽くてしなって人気あるようだが、落車で崩れているのを見たことがある。決して安いものではない、お父さんやるなあ・・・。

 DSC_3169_convert_20190720110231.jpg

 店主も何度も試乗したんで、大人も乗れる自転車であることは請け合い。なるほど、そういう仕掛けをしておけば、子供自転車に手間と金を掛けても、無駄にはならない。

 子供自転車を数台乗り換えて、大人用の自転車も購入・・・なんてことを考えたら、単純な比較は出来ないが、ある側面から見るとうまい金の使い方なのかもしれない。

 それより何より、子供自転車にこれだけ本気になれるお父さんはスゴイよね、店主もそこまでは絶対に行かないなあ・・・。

 スゴイ親父がいたもんだ!


 
スポンサーサイト

中学生に渡す どこまでやるか?



 ダブルサスのなんちゃってじゃない、マウンテンバイクがやって来た。部分的にクリーム色の手塗りのあとがあった。そして全体が大分疲れ気味な車体だったな。

 これを、来年中学生になる子供に託したいんだが・・・、どこまでやろうか?というご相談から。

 全塗装・・・してもいいが、この自転車の保管場所の問題等を考えると、もっと管理能力が出来てからでも遅くはなかろうということになった。

 DSC_3100_convert_20190717220946.jpg

 ワイヤーなどは操作に関わるので、この辺はしっかり交換してもいいが、錆びたサスペンションなんかはどうしましょう?

 これも全塗装の時と同じく、もう少し管理能力が出来てから、愛着が湧いて、乗り続けたいという希望が出てきたら、似たようなサスペンションフォークに交換してもいいし、メッキ系のリジッドフォークにしてもいい。

 DSC_3096_convert_20190717220913.jpg

 まあ、このパンクは直しましょう、というよりタイヤ交換だが。

 DSC_3153_convert_20190717221016.jpg

 街道走るんなら、何もブロックタイヤでなくていいでしょう?と尋ねたら、前輪がブロックタイヤなんで、その辺はそろえておいてやらないと、うるさい・・・。なるほど少年の拘りどころはそこか・・・。

 しかし、かつてあれだけあった26インチのタイヤが、もう激減・・・どこへ行っちゃったの?っていうくらい・・・。潮目が変わると速いもんだ、驚いたよ・・・。

DSC_3097_convert_20190717220924.jpg

 駆動系、制動系の点検もちろんするが、これらもどこまで交換メンテをするか?というのが問題だ。最低限?それよりもプラスαでやるか?

 DSC_3154_convert_20190717221027.jpg

 基本は、まだ管理能力の無い中学生手前に預けるので、安全第一はもちろんだが、といって、新品パーツ交換までしないで、できるだけ付いているものをどう活かすか?という観点から点検するしかないだろう、ということに。

 しかし、ダブルサスということになると、点検の際のガタ取りが、実に紛らわしいことに驚く。サスなんで、アチコチきしむんだよね、それも同じ方向、例えば縦方向のみ・・・というのではなく、横も縦も下手したら斜めまできしみうるので、取るべきガタを特定するまでに時間が相当かかる。

 特にヘッド周りのガタが、どこに由来しているのか?対策はどう取るか?なんてことに大分時間を割かれてしまった。店の周りを何度も試乗して、少しずつだが、気に入らないところを取っていくと、まあ、なんとかざっと予算の範囲で、機嫌よくなってきてもらえるんでありますがね。

 そうなると、各ギアへのシフトと、体重掛けて踏んでもガタ・キシミが出ないこと。ブレーキ引けばちゃんと止まること・・・、この三点を
キッチリ整えておけば、中学生前に渡す条件としては上出来かもしれないというところに、話はまとまってくる。

 そして、渡す時は、これが今この車体でのほぼベストコンディションで、乗ったそばから徐々に劣化してくるから、よくこの状態を覚えておきなさい。あと保管も、自分のできる限りのベストな状態で、自転車を扱ってやってくれ・・・とでも言っておこうかな?

 DSC_3098_convert_20190717220936.jpg

 そうそう、サドルがボコボコだったんで、これは新品ものに交換しておいた。

DSC_3157_convert_20190717221037.jpg

 まあ、こんな所かな?この辺で十分でしょう・・・。

DSC_3148_convert_20190717220956.jpg

 子供にものを管理させるというのも、立派な教育だね、そういう意味で自転車は教材でもあるのだ

 この子が中学三年間、自分なりこの自転車を管理して、もし愛着が湧いたら、自分で足付けさせて、再塗装というのもいいね。その際にはスペックも変えてもいい、もし山に行きたいなら、それなりのものにしたって、まだまだ使えるだろう。

 願わくば、そういう展開になってもらいたいもんだが・・・、相変わらず、若い者には期待はしないで、渡して待ってみるか・・・。
 
 

左右の振れから慣れの固定に

000 DSC_1737_convert_20190423225959

ちょっと前扱った車体ですね、こうした三輪車は、二輪と基本的に異なって、サドルを左右に振るように車体を倒して走る走り方と、その左右の振れを固定した状態で走る走り方の二種類が選べるようになっています。

 二輪の通常の自転車に慣れている人はサドルを左右に振りながら走るのが向いているでしょう。腰を中心に体全体を使ってバランスを取りながら走るやり方ですね。この乗り方の人に、サドルを固定してしまうと、コーナーに入る時など、つい体を使って回ってしまうので、その勢いで三輪の内の一輪が浮いて不安定になるという現象が発生します。

 その逆に、二輪の乗り方に慣れていない人が、サドルが左右に振れる状態で跨がってしまうと、自分でバランスを取ることをしないので、通常の椅子に座る感覚で座ってしまい、体重のかけ方や、その時の路面のちょっとした傾斜などでサドルが傾き、そのまま転倒してしまう、という危険性があります。

 そういう方には、普通の椅子に座る時の安堵感をまず体験してもらうことでしょう。つまりサドルの左右の振れを固定してしまうことです。そして、ほとんどハンドルのみで、自転車を操る、四輪の車のような感覚で運転してもらうところから始めないといけません。

 ではサドルはどう固定するか?

 000 DSC_1742_convert_20190423230021

 かつては、ワンタッチで固定とその解除をできるものがありましたが、昨今では、このような金具を装着することによって、サドルの振れを固定するものが主流なんでしょうか?

 こいつを・・・

000 DSC_1741_convert_20190423230011

 このようにサドルの可動部と二輪の接合部に取り付けることで、サドルの振れを制御するというわけです。この写真の装着は、完全固定ではなく、ほんの少し左右の揺れを少なくするという取り付けの仕方でした。

 さて、似たような三輪車が納車されてきたんですが、そいつと来たら、完全フリーの左右振れ振れ状態だったんでありますね。もちろん二輪に慣れている人なら、全く問題なく乗れます。むしろ快適なくらい。

 ところが、ここ10年以上二輪に乗っていない人が乗るということになると、これはちょっと心配だよね。普通の椅子のように座ったら、いきなり椅子が左右どちらかに倒れて、そのまま体ごと、車体ごとひっくり返りかねないわけであります。

 では、その振れを固定するための金具は・・・もうないようであります・・・。
 
 なら作るしかない・・・。

 DSC_2716_convert_20190627004612.jpg

 カゴつけだなんだの金属板などは多少あるので、そいつらを利用するとするか・・・。3ミリほどの鉄板に13ミリの穴を開ける。自転車本体の取り付け穴の径は8ミリなんだが、5ミリほどでかい13ミリを空けた、このバカ穴で、多少の左右の振れを確保するためね。

 5ミリ程度の振れでは、椅子のようにどっかり座っても倒れない。と同時に、実際のコーナーの際には、どうしても遠心力にて上体は振られるので全くの固定だと、その力が吸収されずに、ちょっと危ないとも言える。そのための5ミリ・・・ということね。

 DSC_2714_convert_20190627004558.jpg

 そして、40ミリのステンレスボルトに、1本に付きナット3個。

 DSC_2719_convert_20190627004624.jpg

 まあ非常にわかりにくいんだが、先の金具とほぼ同じ機能で、サドルの可動部と両輪の接合部をこれらの金具とボルトナットで軽く固定した、というわけだ。

 DSC_2727_convert_20190627004714.jpg

 とりあえず、バターンと左右に倒れていたサドルは、コトコトくらいの振り幅に収まった。

 DSC_2725_convert_20190627004700.jpg

 後は、まあ通常のハンドルで、かつて自転車に乗っていた人なら、特に目新しいこともないだろうね。

 DSC_2728_convert_20190627004732.jpg

 内装三段ギアも付いていて、踏み出しがえらく軽く出来ているのもいいかも。

 DSC_2722_convert_20190627004642.jpg

 後ろのカゴと前カゴ合わせると相当の荷物が載せられる。手で持って歩くのはつらいと言う時もこれなら重宝するかもしれない。

 そして、固定した状態で乗ってみる。自転車になれている身からすれば、サドルが振れないのは、逆に乗りにくい。腕とハンドルだけで、操作しないといけないからね。

 ある意味おしとやかにのることになるが・・・。

 車椅子の時も感じたんだが、通常の道は雨水の水はけを考えて、緩いかまぼこ形に舗装されているわけだ。自転車や車椅子はどうしても道の脇を通るので、かまぼこ傾斜の影響を受けざるを得ない。

 正確には二輪の自転車はほとんど受けないが、車椅子や、三輪車のように、横に平行に二輪の付いている車体は、その影響をもろに受けることになる。

 車椅子の場合は、その影響でまっすぐ走るのが難しくなる。常に傾斜による左折状態を打ち消しながら走らないといけなくなる。三輪車も同じく、サドルが固定になればなるほど、腕でこの傾斜の左折状態を回避するか、道の中心側に上体を少し倒すように重心をかけながら走らないと、なんか思うようには操作できない。

 まあ、これも慣れなんだろうが、まあスピードは出さないで、できるだけおしとやかに上体を起こしつつ、静かに走るに越したことはないだろう。

 その内車体になれれば、サドルの左右の振れを自然と欲するかもしれない、その際には、さらに可動5ミリから10ミリ、20ミリと増やしていくということも可能だろうね。

 一定の年齢以上になると、その対応力や意欲、運動能力や反射などの条件に細かく合わせていくための、調整が必要になってくる、自転車は最後は一人につき一台、という調整なんだろうな。

 世は超高齢社会、暫くはこの辺のノウハウを深めていかないとね・・・。そう、当店のお客さんには九十代の長までいる、店主もまだまだ老け込んでいられないのだ。

手垢を付ける 自分のものにする



 これで走れなくはないんだが・・・、どうもこのままで走るのはいやだ・・・、なんか自分の色を載せたい、もっと言えば自分の手垢を付けたい、ということらしいんですねえ。

 その気持ち大分分かります、店主もそういう人なんでありますわ。

 なんか買った状態そのままにしておくのがイヤ、どうにかいじりたい、なんか付ける、またはなんか外したりして、自分の手垢を付ける。そうしないと、いつまでも自分のものにならないという性癖がある。

 なので、大変共感してしまうんだな・・・。

 では手垢を付けるんだが、どこをどうやって?

 DSC_2682_convert_20190625233249.jpg

 どうもこのハンドル回りの黒さがいやらしい。その辺をシルバーものと交換したいという。

 DSC_2684_convert_20190625233258.jpg

 なるほど、この手のステムをシルバーにか・・・。

DSC_2699_convert_20190625233342.jpg

 例えば、こんな風に?これはなんちゃってアヘッドのためのコンバーターですね。ただの臼あり無垢棒を、フォークのコラムにさすだけ。そこにアヘッドステムをかますというもの。

DSC_2702_convert_20190625233352.jpg

  上向きの角度は大体同じくらいのものを選択。

DSC_2685_convert_20190625233306.jpg
 
 この黒で、ちょっとライズしたハンドルをフラットの形状のものにということでもあった。もちろんシルバーでね。

 DSC_2705_convert_20190625233401.jpg

 フラットのもの。ハンドルの形状を変えると、持ち方も変わるので、慣れが必要な場合がある、特にフラットは入りやすいというイメージの割には、手の角度にあまり優しくはないので、意外と後でしまった!と思うことも多いようだ。

 ただ、この持ち主の方の主たる自転車はフラットの形状なので、この手の角度にはもう慣れている、ということだった。ちょっとしたことだが、意外と大切なことだったりもする。

 DSC_2686_convert_20190625233315.jpg

 ハンドル回りがシルバーになると、上物として、ピラーだけが黒いのがちょいと気にかかるということで、ここも思い切ってシルバーものに交換することになった。

 DSC_2698_convert_20190625233334.jpg

 25.4のシルバーのピラー、最近実用車系の改造も進んでいるので、あると思っていたはずのこの径のピラーを欠品させてしまうことがよくあるんだな、気をつけないと・・・。

 DSC_2706_convert_20190625233410.jpg

 上物三点がシルバーになった、それだけでもかなり雰囲気が変わるよね。

 ちょっと高級になった感はある。

 DSC_2695_convert_20190625233324.jpg

 ネ!なんかシャッキッとしまった感じがしませんか?これで、多分ようやく自分の物になったと思えるようになるでしょう。それからこの状態でしばらく乗って、自分の目を肥やして、足を肥やしてくると、見た目のもの交換やら、機能向上やらとまた、第二第三の改造意欲が湧いてくるんじゃないか?と思う。

 そうして身の丈に合った自転車が徐々に仕上がってくると、まさに人車一体、車体見ただけでも乗り手が想像でき、乗り手見ただけでも、自転車を想像することができる様になるんじゃないか?とおもう。

 何もすべてが速く、レースに勝つだけが自転車じゃない、その人なりの人となりを写し取ったような自転車との組み合わせが、人の心を動かすことだって大いにあるだろう。そういう所まで、自転車というものを持って行けたら、なんて思うと、すぐに買い換えろ!なんて軽薄な「助言」なんて、そう簡単に吐けるものじゃないだろうね。

 とことんつきあう、でまだ暫く行くだろうなあ・・・。

単独事故車



 人からぶつけられたり、人にぶつかったりと、他を巻き込むと事故は面倒でありますな。警察呼んで事故証明とって、保険会社に連絡して手続きとって、その他、領収書、診断書、見積書、証拠写真などありとあらゆるものが行き来しますね。

 そして、もめたり、サボられたり、公的なにがしに頼ったりと、何かと時間がかかるものでもあります。いろんな局面で消耗しますね、なので事故は起こしても、もらってもダメ、近づかないことですな。

 といっても起こってしまうのが事故というもの、なかなか不条理なのであります。

 ただ、今回の事故は、自損事故のみ。レースでいう自落、自分で勝手に落ちて、他には及ばないというもの。車体の損傷は起きたりしますが、単に直せばいいだけなので、心理的には大変楽なんであります。

 他があるのと、ないのとで、こんなに違うものか?と思うほど、異なりますね。

 どうもフォークが曲がっている、自分でガードレールにぶつかっただけ、以上、ということなんですね。

 DSC_2610_convert_20190624233532.jpg

 まあ、ここまで、曲がるともう交換した方がいいでしょう。そこで、フォーク箱をあさると、こんなん出てきました。

 DSC_2616_convert_20190624233612.jpg

 色は違いますが、橙と銅の色ですから、ある意味同系の色ともいえるんじゃないか?なんてね。たまたまながら、タイヤのブラウンサイドの色とよく響き合っています、という意味でマッチしているということはいえるでしょうね。

 DSC_2618_convert_20190624233624.jpg

 ヘッドパーツの取り外しや、際打ち込みなどをいたします。小さいパーツなのに、一体何種類の工具が必要なんだ?今回で、五種類くらいの工具を使った・・・こんなパーツは他にはないね。

 これで件の施工内容はおわりなんだが・・・、

 それだけではどうも済みそうにないくらい、アチコチ整備不良なところがある、ついでにやってしまうおうか?

 DSC_2625_convert_20190624233703.jpg

 よくある、シフトとブレーキ、この辺の調整は重要で、

 DSC_2626_convert_20190624233719.jpg

 残念ながら、バンドブレーキの音なりを、完全に取り去ることは出来なかった。

 シフトの調整もこの際ちゃんとしておいた。まあ剛性のないディレーラーなこと、頻繁にメカニックが調整しないこうしたパーツ類は、大体の所を合わせればよく、しかも多少前後に振ることで、変速できてしまう。この辺の適当さが、この手の実用車には丁度良いのかもしれないが、中にはその適当さをも凌駕してしまう整備不良が起きていることもよくあることだ。

 DSC_2624_convert_20190624233644.jpg

 あとよくあるのがクランク回り。

 踏み込むと、ガタがある、そのガタがBB由来なのか?ペダル由来なのか?その両方か?ちゃんと見極めないといけませんね。

 DSC_2644_convert_20190624233735.jpg

 左クランクを外して、ロックリング外して、左ワンを締め付けながら、ガタを取っていきます。力のかかるところなんで、十分なグリスも必要ですね、時には。

 DSC_2645_convert_20190624233753.jpg

 実用車の典型形状のBBワン回す工具、これがなかなか入手が出来ず、他の代替工具でやっていた時期も長かったが、これは専用工具ね。

 DSC_2611_convert_20190624233558.jpg

 パッと見て、フォークの濃いめの茶系は特に問題にはなりそうにないね。実に自然・・・とも言えるかもしれないな。

 本命はフォーク単体、多少前輪の振れはあったが取れる範囲でのもの、あとはシフト、ブレーキ、BB調整とけっこう色々なこと手を出してしまったな。

 それらほとんどは、今回の自損事故だけが原因じゃない、前々から経年などで内包していたものがほとんどだろう。

 そういう意味で今回の整備はデトックスのようなもんだ、実際今回の事故がなければ、こんな点検しなかっただろうから、そういう意味で事故から出た真であるに違いない。

 返って、車体自体の状態は良くなった方だとおもう。転んでもただで起きませんように、よりよいものをつかんで起き上がることですね。そして、自損であろうが、他損であろうが、事故はこれで終わりにしましょう!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター