メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

進めアニメ号!



 この車体、ちょっと前にご紹介したもんであります。

DSC_0067_convert_20180423214349.jpg


 車輪を20インチのHEから、WOへとサイズアップした車体であります。そのために、ブレーキシューの位置を大分上にしないといけなかったんだが、広範囲をスライドできるブレーキがあったんだな。

 そんなこんなで、一踏みでの距離が変わり、より乗り込められるようになったという事です。

 アニメ製作でお忙しい方なので、自転車に乗る時間は充実してもらいたいですね。

 で、今回は?

DSC_0026_convert_20180423214225.jpg

 このフラットハンドルを、交換したいということです。

 DSC_0027_convert_20180423214245.jpg

 職業柄かなにかは知らねど、物事にすごい勢いで沈潜して、調べまくって行く凝り性が多いのか?それを称してお宅というのかどうかもわからねど、ブルホーンバーにして欲しいという事だった。そしてそれに関するパーツ類は自分で調べて、自分で用意してきた。

 この集中力たるや・・・、さすが業界人というのか?な?

 DSC_0065_convert_20180423214329.jpg

 テクトロのエアロブレーキを持ってきた。

 DSC_0066_convert_20180423214339.jpg

 シフターはアルフィーネの内装用のを持ってきたせいで、引きシロが異なって使えなかったが、元々付いていたシフターを移動。という事は、このブルホーンバーは、フラットバーの径と同じ、という奴だったのね。

 本来は伊勢エビ方式で、ハンドルの先端の方に付けたかったようだが、ブレーキレバーの関係でできなかった。片チンバで良ければ・・・可能かも知れないが・・・ね。

 DSC_0063_convert_20180423214321.jpg

 ハンドルにもっと凝った細工をすれば、もしかしたら、ケーブル内蔵式という片手でできないこともないかもしれないが。あまりアウターをタイトに曲げると、中のインナーの抵抗が増えてしまい、快適な引きは実現しない・・・んだよね。

 DSC_0062_convert_20180423214310.jpg

 ハンドルのグリップの範囲が広がるだけで、相当自転車の上での上半身の状態は良くなる。正直、最近つくづく思うのは、フラットバーって・・・、相当の悪路でない限り、店主にとっては苦痛・・・の部類に入るハンドルだわな。特に最近そういう思いが強くなってきた。

 また無理に横づかみというのも、店主にはあっていないようだ、手首に違和感を感じるなあ・・・。

 なわけで、横から縦から、その中間から持てるブルホーンというのは、大変素晴らしい、ハンドルの一つかと思う。

 DSC_0061_convert_20180423214255.jpg

 店にて、ポンと一台買った時点からすると、随分変化した、でしょう。乗り手の変化に乗じて、自転車も変化。業界の人だから、また集中してなにかを学び取っては、こいつに添加していくんじゃないか?と思いますね。

 最近は寝ていますか?という問いに、ちょっと前までは連日連夜の徹夜に泊まり込みなんていうのが当たり前だったようだが、最近は締め切り間近にほんの数日止まる程度で良くなってきた・・・と。

 クロネコさん達も、ほんの少しながら、労働条件は良くなってきた、と言っていたが、アニメ業界にもそういういい影響が来つつあるとすれば、それは良かった。

 もう国としての対策は、真逆に進んでいくんだろうから、そうでは無いところで、働く人たちを保護していかないとね。10億以上の企業人に言わせると、この内閣が続いて欲しいというのが70%を越えるんだそうだ。こういう数値を見ると、この国には既に分断が起きていると言わざるを得ない。形だけでも総火の玉とか言いそうなんだが・・・、その実分断が起きている。

 ものを作る人、想像する人たちはもっと遊ばないといけない、そう教育者達もね、もっともっと遊ばないといけない。

 こういう一台が、少しでも心を躍らせて、いい作品の土台になってくれればね、そうもの作りには健康も大事だしね。

 CG系のウルトラマンという、ちょっとロボット風味の作品・・・なんだそうだ。

 この新生ブルホーンバーで、ジョワッチュ!だ!

 
スポンサーサイト

新学期だねえ・・・



 やはり四月は新学期、新年度なんですねえ。新しい学校や職場に向けて、色んな準備が必要な時期、自転車にもその波は来るようで、例外ではないようです。

 これは・・・、子供用のなんちゃってマウンテンなんですね。

 DSC_2244_convert_20180420221442.jpg

 すごい事が描かれています。マジでなんちゃってなんですねえ・・・。

 今年高校一年生になった、高校の途中までこの自転車を使っていきたい。ただ・・・サッカー部に入ってしまった。スパイクやその他で、リュック一つではどうも行かなくなってきたらしい。なので、カゴが欲しくなったということだ。

 DSC_0021_convert_20180420221314.jpg

 見た目だけの、悪路に入ってはいけないサスペンション・・・、リジッドフォークにすれば、前カゴ簡単につくんだが。サスで上下するとなるとステムからフォークのエンドにまでまたがる取り付けはできないということだ。

 なれば、サスフォークの下で完結できるまずは台座を取り付けよう。

 DSC_2240_convert_20180420221402.jpg

 こういうカンチブレーキ台座に載るタイプの台座を付ける。

 ただこれだけだと、取り付け位置が中心に集まってしまい、強度という面ではちょっと心配になる。補強が必要だ。

DSC_0022_convert_20180420221322.jpg
 
 フロントホイールがナット付けなんで、ここからした支えを取り付けるという手はある。

DSC_2241_convert_20180420221414.jpg

 このようにね。取り付けポイントは広い範囲にすることに越したことはない。

DSC_2242_convert_20180420221424.jpg

 そうすると、こんな感じになります。下からしっかり支えるという考え方ですね。

 DSC_2243_convert_20180420221433.jpg

 通常は、ヘッドパーツの上部から、取り付け金具が伸びて固定するという形式を取りますが、何度も言いますように、このフォークの下半分は力のかかり方によって、上下する機構があるので、ここからの取り付け金具で固定すると、その上下の機構が使えなくなる、または上下機構がその金具を金属疲労に持っていく可能性が出てきます。

 なので、絶対につなげない、その分下からの補強をしてやるという考えです。

DSC_2239_convert_20180420221354.jpg

 かなりデカイのが付いた。ここなら、リュックやスパイまではいるだろうね。これからはリュックは暑くなる、背かなの放熱ができなくなる、汗が引かないので、リュックの背面や着るものに塩の結晶が付くようになる。冬はいいが、夏のリュックはつらい。

 DSC_2238_convert_20180420221340.jpg

 小学校の頃から乗っていた自転車に、この四月高校生になっても乗り続ける、その際に、カバンや荷物用のカゴを取り付けた。

 まさに四月の新学期ならではだ。こんなやりとりをしているときに、同じ案件の質問が来た。白髪のご婦人から、孫が高校生になって、自転車にカゴ付けたいんで、買ったとこに持っていったら、カゴが付かないと言われた・・・どうしよう?と。

 ちょうどこの自転車を見せると、そうそう、こんな感じの自転車!孫呼んでくるわ!と手応えを得たように、喜んで帰って行った。


 今年の四月は、実に新年度な四月だね・・・。ピカピカの一年生どもめ・・・、めでてーなあ・・・。

自転車遊びの達人 毎度登場・・・



 イヤー、ようやくこれが見つかったから、持ってきたんですよ・・・・!

 これというのは?

 このアルミフォークです、ディスク台座だけでなく、Vブレーキの台座の付いた、アルミフォーク・・・。ヘエ、そんなの探していたの?

 カーボンフォークじゃやだったみたい、独自の美意識を持つ、自転車遊びの達人でもある、毎度あり!

 そんでもって、塩漬けしていたフレームが起き上がる。

 DSC_0018_convert_20180419225520.jpg

 ジャイアントのカーボンフレーム?どっかで落としてきたな。しかし、ようやっとカーボンに行きましたか・・・、時間の問題かと思っていましたが、しかし入り方が、あまりにこの方特有、アルミフォークで入るとはねえ・・・。

 カーボンフレームというと、ヘッドは?

 DSC_0009_convert_20180419225420.jpg

 当然インテグラル?かと思いきや、オーバーサイズの普通のヘッドパーツ。なんとも完成途上のフレームのように見えます。

 DSC_0010_convert_20180419225429.jpg

 ダイアコンペのヘッドパーツが普通に圧入されていますが、ある意味これが、安心ですね。インテグラルは、カーボンヘッドチューブに直に台座を整形しているんで・・・、そこがもしダメになるということは、フレーム自体がダメになる事と同じなんだよね。

 おっかないね、そういうのは。

 こんな風に、ヘッドパーツはヘッドパーツとして完結しているものは、なにかあってもヘッドパーツ交換で解決が付きますんで、これこそが健在、と思いますね。

 DSC_0011_convert_20180419225437.jpg

 ワイヤー類を取り付けて、自転車に神経を張るような感じですね。

 DSC_0015_convert_20180419225455.jpg

 今回は、リアだけ多段ギア・・・。この辺もしっかり昨今のモードを試そうとする、高い意欲が感じられますね。もちろん古い自転車でも大いに遊ぶ方なんですが、あくまでも自分流のやり方で、トレンドも試そうとする・・・、とらわれてないところが自由なんであります。

 もちろんチェーンも張り直し。

DSC_0016_convert_20180419225503.jpg

 前シングルで、チェーンリンクは内側に移動しました。でないと、外れますね。

 DSC_0014_convert_20180419225447.jpg

 どこでせしめたやら?ちょっとカーボン系をシレッと利用、多分中古市場から、落としてきたのかな?

 DSC_0017_convert_20180419225512.jpg

 Vブレーキが好きなのかな?・・・・という事は、数ヶ月以内に、ディスク系一式もって、やって来そうな予感・・・。

 いや、今やディスクばやりなんで、ちょっと体験したいと、落っことしてきた奴(どっさり袋からパーツ類を取り出して・・・)を例によって持ってきたんで・・・、いや、でもこれらメカニカルだから・・・、できれば油圧にしてだきないですかねえ・・・とかきそうだなあ・・・。

 そう、融通無碍なんであります、しっかりした芯はありながら、それを軸に、大いに遊ぶ心が豊かなんだなあ・・・。

 ある種自転車仙人・・・のひとりだろうなあ。当店で見かけても、すぐわかります!長ーいあごひげを伸ばして、霞喰ってますねえ・・・。

 DSC_0005_convert_20180419225403.jpg

 もう既に、こいつで行くところ、何して遊ぶか?なんてことももしっかり、押さえているんだろうなあ・・・。仕事も本作りなんで、この手の仕事をしている人は、遊ばないといけません!歩かないといけません、自転車のらないといけないんだよ!

 当分続くよ、この自転車仙人の自転車遊びは・・・。そして次は、ディスク化に渋々なふりをしていく、一気に油圧・・・かもしれないなあ、こちらも受け手として、予想しておこう!

 

ワンポイントルージュ君 その後



 先日、ご紹介したワンポイントルージュ君ですが、サドルやペダルを足したら、完成するか?と思っていたんですが、甘かった・・・。

 問題があったんです、でかくはないんだが、放っておけない状況でした。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 ここなんですね、ヘッドにガタが出ているんです。そんなものは取らないといけません、絶対に取らないとね。

 通常ならステムを緩めて、ヘッドキャップを締め上げれば、ガタは止まるんですが・・・。こいつはそのステムに当たるところが、被せ型のもので、それも長いときている。

 DSC_2323_convert_20180415193847.jpg

 スターナットは遙か下に埋め込まれていながら、この白い煙突状の被せステムがあるため、通常のネジでは、その下のスターナットを捉えきれないので、締め込みが不十分で、ガタが出てしまう・・・、そもそも元の状態はどうだったんだろう?と聞いてみても詳細わからず・・・でして、どうしましょう?

 長い6ミリのボルト、200ミリくらいのを探せば・・・といっても、すぐにはない・・・。

 DSC_2313_convert_20180415193750.jpg

 右が6ミリなんだが、短くて話にならない、左は8ミリで、こいつは十分長いので・・・、これを利用して、引き上げボルトを作るしかないか?

DSC_2314_convert_20180415193759.jpg

 8ミリのボルトの角を落として、サンダーで母材を回しながら斜めに落としていくんだが・・・、こういう作業をするたびに、卓上旋盤があればなあ・・・とつくづく思うんだが・・・。

 誰か使っていないのないかな?

 DSC_2316_convert_20180415193806.jpg

 落とした角にダイスを食い込ませて、ソロソログリグリ回していくと、こんな感じで6ミリ1.0ピッチのねじ山ができる・・・。まあこの辺までが限界だね、それ以上やるとダイスがバカになりそうだ。

 DSC_2317_convert_20180415193815.jpg

 フォークのコラムに、被せステムを置いて、その長い中に今作った超長ボルトを入れて、キャップを通して、締め上げる・・・。うまくいったかな?

 DSC_2318_convert_20180415193823.jpg

 前ブレーキをかけて、車体を揺すぶ利ながら、ボルトを締めていくと、ガタがピタリと止まるところが来る。やった・・・!

 その段階で、被せステムのボルトを締め込んで、緩まない状態にして完了。

 DSC_2326_convert_20180415193913.jpg

 あとは完成へとひた走る。グリップを付ける。

DSC_2325_convert_20180415193903.jpg

 26.8のピラーにサドルを載っけて、これで座れます。

DSC_2324_convert_20180415193855.jpg

 ワンポイントルージュにあわせて、赤メタリック的なペダルを付けます。

 DSC_2319_convert_20180415193831.jpg

 事故でフロントフォークがダメになり、ヘッドまわりのパーツ類も散逸してしまった自転車だったが、これでなんとか完成であります。乗ってみると、フレームはカッチリしているし、フォークとのバランスも取れています。ミニベロ恐るべし・・・といってもいい。もっと本気で走らせることもできますが、まずはお嬢さん、お母さんに気に入ってもらうことかな?

 ある種事故からの生還車体であるに違いない、捨てられずに、これから第二の人生ならぬ車生が待っている、実にスリリングだよね、しっかり走れよ、お前はまだまだ行けるんだから・・・。

合わせ技にて再生

DSC_2151_convert_20180413215335.jpg

 この小径車、正面衝突か何かは知らないが、フォークが完全に後ろにずれてしまっていた。なので、作り直し。

 柳さんの作品です。そこの赤いルージュ系の色を配しましてね、以後はお母さん、娘さんの自転車になるようであります。

 DSC_2153_convert_20180413215343.jpg

 このようにポイントを合わせると、なんともいいですね。女の子らしくなりました、その分店主らしくはありませんが。

 元々はドロップが付いていたようですが、娘さん達が乗るので、より親しみやすい、わかりやすいハンドルにということで。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 フラットハンドルにして、シフターもさして癖のあるものでない、普通のものにして欲しいと。なんか愛情たっぷりで、娘さんやお母さんに自転車を好きになってもらいたい、そういうお父さんの心遣いのようなものが感じられましたね。

 DSC_2150_convert_20180413215325.jpg

 当面のサドルもありますが、その辺なんかもちょっと考えてもいいかもしれませんね。

 ペダルの色なんかも、ちょっとポイントにしそうです、あとグリップもかな?

 そこそこでいい、大体誰かが強烈に何かにはまると、大抵その反動を食らう家人が出てくるのは当然だ。なれば、シレッとしつつ、裏で目立たずも、ちょっとした粋な配慮をしていた方が、円満に結ばれることの方が多いかも知れないね。

 どうだ!いい自転車だろう?高かったんだぞ!今のお前にはもったいないくらいだ!さあ、乗れ、せっかく買ってやったんだから、大事に乗れよ、いいか、乗るんだぞ!!!

 こんなこと言われて、ハイハイ、などと乗る子供なんていうのは、今や星飛雄馬くらいなもんだ・・・って古すぎ。

 どうせ、乗れ!乗れ!といった数だけ、子供なんぞはほぼ確実に遠ざかる。嫁さんなんかもそうかも知れないね。

 サイクリングしようぜ!なんていうよりも、天気もいいから、自転車でアイスクリームでも食いに行かないか?うまい店見つけたんだ・・・、という方がいいかもね。

 とにかく、強烈な感染力でもって、人に伝染させて、腕力でもって、広められる人もいるが・・・、それは例外に近いかも知れないし、またそれも相性の問題もまたある・・・だろうなあ。

 そうでは無い、急がば回れ式の、遠隔からの静かな伝染というのもあるんだろうなあ・・・。特に親とは反対に行きがちな子供などには、こちらの方が絶対に有効でありましょうな。

 そういう意味で、店主も自分から、子狸に自転車乗れ!とは言わない。次に貸す自転車も、向こうが言い出したら、考えるが、よほど実験的な意味でも無い限り、こちらから自転車を渡すことは、たぶんないだろう・・・。

 しかし、フォークの塗り分けというのもいいもんだわな・・・。または、折りたたみものや、デモンタブルものなんかの分割塗り、というのも、ちょっと面白いようにも思えてきたこの頃。

 あわせはこちらではなく、お客好みに任せることにして、色んな色のフレームとフォークを置いておく、好きな組み合わせで組んでみて、というのもあってもいいかもしれませんね。
 
 塗り分けね・・・、また考えることが増えたわ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター