メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

柳号小径車出る!



 同敷地内で頑張っている柳サイクルさんです。ぼちぼち新作自転車フレームが出て行きますね。細かい修理から、事故の検分、ディスク台座付けなどの改造まで、引き受ける仕事は様々です。

 後数ヶ月ほどで、ビルダー本業1本でいけるんじゃないか?なんて思っています。

 事情があって、しばらく当店にあった、小径フレームが嫁入りしますよ!

DSC_0789_convert_20180817214613.jpg

 このヘッドチューブの長さが小径車であることを物語っていますね。もちろんこの長さ対応のヘッド圧入工具はありませんので、別の方法でやります。小径専門店なら、専用工具でも作るでしょうねえ・・・。

 DSC_0786_convert_20180817214537.jpg

 通常のスタッカート型のフレームより一本多くある、というのがこのフレームの特徴かもしれませんね。

DSC_0788_convert_20180817214603.jpg

 これが全貌となります。柳さんにとってこのフレームはほんの数本目だったらしいので、作ったはいいが、どんな乗り味か?というイメージが付いていなかったようです。

 今回完成車となって、もちろん最初に試乗したのは柳さんでした。

 さて、こいつに何を載せて完成車にするか?

 DSC_0782_convert_20180817214450.jpg

 基本コンポはソラ、小径なんで男ギア52*39でいきました。もっとあってもいいかもという裏計画あり・・・。

DSC_0783_convert_20180817214505.jpg

 コンポとしてソラはもうかなり十分といっていいでしょうね。よくできています。

 DSC_0781_convert_20180817214427.jpg

 このSTIも、9速で、ブレーキの引きもいい。・・・もうこれで十分なんじゃないか?と思う内容です、ある意味おすすめ。

 DSC_0779_convert_20180817214415.jpg

 ブレーキだけは、ロングアーチが必要でした。でも、同じ黒、ダイアコンペの101、名作ですね。

 DSC_0784_convert_20180817214524.jpg

 リアもです。

 DSC_0778_convert_20180817214405.jpg

 小径の20インチといっても、451というタイプなんで、一回りでかい22インチといってもいいくらい。

 そして、小径の良さはここというのが、踏み出しが軽い。なので、信号の多い都心を走るにはもってこい、ともいえる車体であると思います。

 後は小径の場合、前ギアをでかくすることが可能なので、ドギモ系自転車にするのも面白いかもしれませんな。

DSC_0777_convert_20180817214355.jpg

 まあ、これは比較的おとなしいですが、この持ち主になる方・・・ちょっとそんじょそこらの方ではありません・・・。

 実は、とあるスポーツ、競技の全日本クラスを張っていたお方なんですねえ・・・。この九月にも、OB大会に出る、マスターズみたいなもんでしょうか?

 そんな準現役アスリート気質な方なので、たぶん、この小径で走っていて、後ろからレーサーなんかに抜かれたら、だいぶ高い確率でカチン!と来るんじゃないか?と想像が付くんですよ・・・。

 そこで機材的は秘策がある・・・。クランクをトリプルにして、アウターにロード殺しとして60Tぐらいの本気チェーンリンクをつけておく。センターに50前後、インナーに39かなにかをつけておく・・・という手もありかなと。

 ダブルのクランクのインナーに延長ボルトでトリプルにする・・・というのもできるかな?

 抜かれた瞬間、アウターにチェンジして、レーサーに直づけ・・・、頃合い見てトップに入れて、ぶち抜く!なんてやりそうだ・・・。
 勝負師の性のようなもんだ。 

 体もまた変幻自在だろうから、ポジションなんかも多様に対応できるようにしておく必要もあり・・・。

 ということでこの車体につき、変化は続くだろうと思いますね・・・、よーくこの後の変化など憶えておいてくださいよ!


スポンサーサイト

老婆と天使



 これは焦げかな?と一瞬思えるほどの定着した錆とでもいえるものでありましょう。きれいかといえば、お世辞でもきれいとはいえませんが・・・、汚らしくはない・・・。この自転車の歩んできた軌跡のようなものも感じられる。

 DSC_2580_convert_20180815230830.jpg

 デモンタブルなのか?それより錆びた鉄管のようにも見えますね。自転車のパイプというより、ここだけ見るとなんか建材のようでもある。

 DSC_2577_convert_20180815230735.jpg

 決して手入れはいいとはいえないが、革サドルで、気に入られてはいる。だからもう少し手入れ法を憶えれば、これも生き返るんだろうなあとも思う。ただ、これはこれでなんとも悪くはない。

 DSC_2575_convert_20180815230659.jpg

 ハンドルもこの自転車の雰囲気の一つである。素っ気ないカーブ、最低限のブレーキ・・・。ということは?

DSC_2576_convert_20180815230718.jpg

 リアはコースターブレーキ。もちろん合法ですぞ。足を反回転すると、リアホイールがロックされるという形式。チェーンの強さに依存しますが。

 DSC_2579_convert_20180815230810.jpg

 そういえば、今回は制動周りの交換などが依頼だったか。小ギア、チェーンと・・・、

 DSC_2578_convert_20180815230751.jpg

 一体型のチェーンリンククランクとでも言うかな?アチコチ古いが、制動が新しくなったので、走りも回復で、見た目は古いが意外と快適な一台ということになった。

 しかし、この錆と全体の緩さと素っ気なさが、実は総合されると、意外と美しかったりするから、面白い。

 しわが深くアチコチにシミがある老婆も、時折天使のように見えることがある・・・という記述がある。実際にそういうことってあるでしょ?子供が天使なのは当たり前だ。老婆が実は天使なので、驚く。分析できないので、さらに驚きが長続きする。こいつがまさにそうした一台なんだと思う。

 だから、持ち主はそれをどこか意識して乗っているし、今回の依頼も持ち主がこの自転車にだいぶ気を配っている証拠なんだとも思う。

 ではその老婆が天使に見えるその瞬間・・・、この自転車はこんな天使なんであります。

 DSC_2572_convert_20180815230621.jpg

 ネ!だから言ったでしょ?

おおまた君か・・・あれからどうだい?



 久々ですね、もう二年過ぎになりますが、あれからいかがです?ダイブトンチンカンな質問をしているのかもしれません、虚空に向かってなのか?

 レトリックがさして好きではない作家が、イワシという名の猫を飼っていた、そいつは大変手のかかるネコだったようだ。それが亡くなったとき、紀伊國屋の袋に入れて、近くの山に埋めてやったという。
 そして家に飼ってきてから、今頃イワシは何しているんだろう?とふと思ったらしい。

 死んでしまって、先ほど近くの山に埋めたネコが、今何しているのか?を問うことの虚無感というのか?また無性に問いたくなったのか?問うことの意味までは問わずに、ふと思ってしまったのか?それとも問わざるを得なかったのか?

 亡くなったものは亡くなったきりで、生きているものだけがジタバタしている・・・、ジタバタしながらもそう問わざるを得ないことの永遠の独り相撲、妙に印象に残っている描写なのであったが、ただただ、細かいレトリックが嫌いな作家なのである・・・、何度もノーベル賞を取り損なっているらしいが・・・。

 この車体を見ると、どうもその虚空へのといがわいてくる?何かどこか、元気でやっているかな?店主の全く関知できないどっかの次元で・・・と思ったりする。

DSC_2551_convert_20180805231221.jpg

 このサンスターの取り付け式電導ユニットを探してきたとき、ネコがネズミを捕ったがごとくにはしゃいでいたな。

DSC_2553_convert_20180805231239.jpg

 このいかにも跡づけ式電導のようなサンスターのユニット、当初サンスターは、一般の自転車に後付けできるようにと開発したらしい。当の開発部長らしき人と電話で話して確認したもんな。

 高齢社会で、乗っていたそれまでの自転車がいろんな意味できつくなってきたら、これを後から取り付けることで、電動アシスト車に変身することが可能となれば、まさに夢の電導ユニットと言うことになる、はずだった・・・。

DSC_2555_convert_20180805231319.jpg

 アイデア自体は大変素晴らしいが、法律というか、業界の規約か何か知らないが、とにかく阻まれて、単体売りができなくなったそうだ・・・。つぶされた形だな。

 こいつをどこからか引っ張ってくるや、これにいくつ以上のギア比を取り付けて、誤動作させましょうよ・・・、60キロくらいは机上の計算によると出ますよ・・・と。

 例えば、前60T、後ろ13Tなんかでもいいの?そう!その乗りで、しかも前に出る頑丈な鉄フレームで、剛性のあるホイールで組んだら、計算上は60キロオーバーにはなると思います!

 コツはですね、このシリーズの一番小さいホイールに付いているユニットを外して、700Cをはかせたフレームに載せることです、そのホイールのでかさのギャップで、誤動作を誘発する、ギャップはでかければでかいほど誤動作もでかくなる、60キロも夢じゃない、ということだった。

 そんなことができたら、バンクに持って行って、牽引の練習とかにも使える?使えるかもしれませんね!!!

 まあ、大人のバカ遊びだった、計画で終わってしまったが、あの話は面白かった・・・。

 もし可能だったら、日本全国のトラッククラブをリストアップして、そこに一台ずつ営業かける・・・なんてこと夢想したもんなあ・・・。

DSC_0530_convert_20180805231003.jpg

 それから比べれば、今回の依頼なんておとなしいもんだ。

 どうもこのギア比では、家の周りの山岳コースには絶えられない・・・、もう少し全体を軽くはできないか?というね。

DSC_0533_convert_20180805231127.jpg

 シマノは、この辺のギアも単体で何種類か用意してくれている。そうさなあ・・・、

DSC_0534_convert_20180805231150.jpg

 誰がいつ、どんな車体に取り付けるのかわからないが、23Tなんていうのがあったので、こいつを取り付けてみたよ。

DSC_2557_convert_20180805231336.jpg

 それでチェーンも長くしてね。

DSC_2550_convert_20180805231206.jpg

 そんなことしたら、大変なことになった。一番軽くした状態で踏み出そうとしても、小径車で劇軽ギアだと、底が抜けて様で、バランスが取りづらく、何度も足をついて、発進できない・・・。

 一番重いギアにして、ようやく前に出てくれる感じ。ちょっとした丘陵だったら、こいつら使えるかも・・・と思えるようになったんで、依頼主には返すことにする。試乗してもらって、もしもっと軽いものをと来たら・・・、君じゃないが、今の前ギアの取り付け穴などを利用して、二回り小さい前ギアでも作るかな?

 しかし、お役人は面白くもおかしくもない、ある意味それでいいのかもしれないが・・・つぶすことは亡い・・・。たぶん大手をかばってのことなんだろう・・・な。

 こいつが来ると、思い出すよ、そして虚空に、今頃何してんだ?と、思えてならない。そしてまた店主自身は自分が何してんだろう?と思うことがあるよ、重要な指針を示してくれる、君の声が最近聞こえてこないからな・・・。

 

ロバの完成



 先日の、馬からロバ化したレーサーですが、こいつよりロバへと近づける、ロバ完成形への道なのであります。

 ロバといえば、あの小さい体に、虐待かよ!と思えるくらいの荷物を背負わせます・・・ね。なので、ロバ化にはどうしても荷物を背負えるようにする、わけであります。

 DSC_0498_convert_20180729220947.jpg

 元々レーサーなので、荷台、キャリアなどが大変付きにくい構造になっています。だぼがない・・・、抱かせるパイプが細い・・・などね。

 なので、荷物は5キロ以内ということでしたので、ピラーに直接かますタイプのもの、これなら着脱も簡単なので、今回はこいつを取り付けることに。

 ただし、上をご覧になってわかるように、大きさがあります。この小さい方なんて、本当に載せるものを限定したい人には向いているかもしれませんね。

 しかし便利な世の中になった、こんな荷台にも、選択肢が増えてますね。

 DSC_0495_convert_20180729220921.jpg

 こんな感じにがっちりピラーにかませます。なので、カーボンピラーとかには向かないでしょう、やめましょう。

 そして、これだけ・・・では物足りない、カゴがあるといいといっていましたね・・・。後ろカゴ・・・ですか。ただし、通常実用車に取り付ける後ろカゴは大体がでかい。

 それをもしのぐよりデカカゴなんていうのはありますが、なかなか小さいカゴがありません。となると、前カゴの小さいものを取り付けるしかない?

 しかし、それはみっともない・・・ですね。

 ただ、当店の裏の趣味が実はカゴ収集というのはあまり知られていないことかと思います。でも、カゴ付けはクリエイティブだ、と公言してやまない当店なんで、どんな自転車にもカゴを取り付けようとするところはあります。

 いろんなノウハウ、変なノウハウがあるもんで、それを生かそうということになると、どうしてもカゴの種類はあった方がいい。新年度のカタログなど・・・かなりスルーする方ですが、カゴに面白いものがあると、ちょっと見本だけでも取ってみたくなる。

 スタンダードなカゴ・・・だけじゃあ、面白くない、また子供自転車のカゴ・・・と決めつけるのもよくない。小さいカゴは、小さい荷物には最適で、それ限定で取り付けるものに大人物も子供物もないのである。

  なので、変わった形状のもの、なかなかないようなものが飛び込んでくると、在庫しておきたくなるんであります。

 そこで、今回・・・。荷物は5キロ以内、ちょっとした買い物使い。相手は今はロバとはいえ、かつては馬のレーサー。すぐに馬に戻れるような要素もあって・・・、さてさて、何が最適か?

DSC_0494_convert_20180729220913.jpg

 ジャン!ともったいぶるほどのものではないながら・・・。小型の後ろカゴがあるんでございます。いかにも当店らしい品揃え・・・。ほとんど品ぞろなどということには、無縁な当店なんでありますが。

 ただ、今回ポン付けというわけにはいかなかった・・・、これもよくある話だよね。

 DSC_0493_convert_20180729220905.jpg

 ごらんのように、黒い他の二つの穴がデフォルトで開いている穴なんだが、そのどれにも下の荷台のパイプや板部分に当たってしまい、そのままでは付かなかった訳なのね。

 なので黒板と、荷台を挟む銀板に穴を開け直して、ねじ山切ってという二手間がかかっています。

DSC_0496_convert_20180729220930.jpg

 この小ぶりさがなんともバランスいいでしょ?こういう紹介って、当店ならではの、マイナーブレイクが大抵起こる、大体半年で五本くらい出るかもなあ・・・。レーサー、またはそれに準じた自転車に乗っている人が、オオいいなあ、このくらいの大きさ・・・ときっと思ってくれるに違いない・・・、たぶん。

 DSC_0491_convert_20180729220855.jpg

 まあ、ここから見てもソコソコバランスのとれたロバ化レーサー・・・というかフラットレーサーというか、クロスレーサー・・・と見えますでしょ?

 DSC_0499_convert_20180729221000.jpg

 そして、納車時には、この馬の頭をそっくりそのままお渡ししようかな?馬頭であります。

 DSC_0501_convert_20180729221009.jpg

 こうやって取り付けて、ワイヤー結んでやれば、元の馬に戻るよ。ロバで乗り込んでいれば、馬に戻ったときの馬は、今まで感じていた馬とは数段違っているでしょう・・・、楽しみにね。

 まずは、元ソフトボールの選手、どこかにアスリートが残るその体で、まずは片道20キロの通勤をしてみてください・・・。何かが変わるよ、きっと、すごい何かがね・・・。

 それまで頑張れロバ君!



ドッペル 不思議な組み合わせ



 ドッペルといえば、ウン・・・まあ・・・、気をつけて乗りなよ・・・というタイプの自転車かと思いますが、ちょいと不思議な組み合わせというか、そんなパーツあるんだ・・・ということを知らせてくれる車体でもある。

 今回はタイヤ交換を中心にのメンテなんですが。

DSC_2550_convert_20180724211320.jpg

 ありがちな白タイヤ。やはりタイヤは黒に限るというの持論なんだが、色物はそこから劣化が始まる、黒は紫外線等に強いよね、だからタイヤはオールブラックがおすすめね。

 まあ実用車よりはタイヤ交換は簡単だ。

DSC_2539_convert_20180724211204.jpg

 白から、オールブラックものに変身。

DSC_2540_convert_20180724211213.jpg

 パナレーサーミニッツものに、値段はそこそこ、その割に悪くはない。

DSC_2544_convert_20180724211238.jpg

 車体はいかにも鉄、でもって重い。トップチューブの真ん中に折りたたみのためのジョイントがある、この辺がまた重い。なので、機動力ある小径車のイメージなんだが、チト重い・・・。

DSC_2542_convert_20180724211222.jpg

 ただ、コンポの一部にカプレオなんて、小径車専用コンポなんかが付いている、・・・やるじゃん・・・。

DSC_2543_convert_20180724211230.jpg

 クランクは無印、フロントディレーラーもそこそこ付いていますね。

 DSC_2545_convert_20180724211246.jpg

 そして、今回ちょっといい意味で引っかかったのが、このシフター。マイクロシフトなんて、使っている方だったが、フラットのシフターについては、そんなには知らなかった。

DSC_2546_convert_20180724211254.jpg

 左右に付いていて、そのタッチの感じが悪くはない。安っぽくない、ちょっとした重厚感がある。

DSC_2548_convert_20180724211311.jpg

 シフトレバーの一部が、なんか大森さんが磨いた様な質感がある。

 へえ、何でか知らんが、ドッペルはこうした隠れた「名品」を使っているのか?とちょっと不思議に思うところあり。だからドッペルはなめられない。

 マイクロシフトもロード用のシフターを作っている、そんなに悪くはない、と聞いている。そう、後シフターさえそろえば、シマノに変わる、寄せ集め、フランケン的不統一コンポ?ができるんだがね。

 なので、このシフトに関して、センスがよく、機能もソコソコのものを作ったところが、一気に持って行くんじゃないか?なんて思ってはいるが。

 シマノが実現してきた、オールシマノによる統一コンポに対して、それとは別の寄せ集め、調整に次ぐ、調整をしながら、セッティングする、旧式のコンポなんてもんも出てくるかもしれないね。

 そうした動きに当店も絡んでいけたら・・・と思ってはいる。

DSC_2538_convert_20180724211155.jpg

 まさに一長一短ではあるが、重くてどうしようもない車体に、一点だけでも光るものがあるだけで、愛着はわく。小メーカーの細かな物作りの片鱗が見えるとき、シマノらとは全く違った、組み合わせのコンポも可能かもしれない・・・なんて光明が見える。

 この秋めどに・・・、キラッと光るパーツ類のお披露目なんかもしていいかもしれない・・・。



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター