メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

懸案の台湾一周号 フロントメカがどうにか決まってきたかな?



 先日この、台湾一周号を引っ張り出して、浅草の自転車パーツ合同展示会に行ってきたんだが、久々乗って、まだ課題のあることを実感。

 そもそもフロントメカのワイヤーを切っていなかったというのが、何時でもしっかり調整できるように、ということで懸案として残していたわけだが、やはりちゃんと走るとなると、フロントメカとチェーンの摩擦音は耳障りなもんで、こいつをやっぱりどうにかしないと、前にはすすめない・・・ということで、重い腰を上げて取り組もうということに。

 272624100_4854376414641488_3076263940682585341_n_convert_20220124191058.jpg

 そもそもどなたかが置いていったダホンのフレーム、もともと小径には興味のない店主からすれば、放って置いておいて、誰かがそれに気づくなりして、依頼されて不承不承何か手を付けるというのがパターンだったろうが、今回は違ってしまった。

 もし台湾を一周できるような状況が戻ってきたら、一体どんな自転車で行く?収納やその他も兼ねて、最も現実的な自転車は?となると、ダホン系の小径車って、マジで取り組めばそこそこ走るでしょ・・・。ブロンプトンは内装だったりして、ギア比が少ない・・・。

 モールトンなんて、盗難が怖くてオチオチ置いてけない。そんじょそこらの安い折りたたみなんて、車に積むこと前提で重くて、走行性のも大変低い・・・となると、ダホンぐらいしかないんじゃない?

 と、そんな思考実験していた時、ふと足元に置かれていたこのダホンフレームが目にとまった。こいつでやるか・・・ということなんだな。

 まあ、その際いろいろ課したことはあったが、まずはあのパタンと畳めるハンドルはダメ。あれ怖い、単純に怖い。勿論安全ではあるのはわかるが、店主は生理的にあれが苦手、なので折りたたみを意識した別機構でやりたい。

 そして、後は前一枚が主流の小径に、イエ!前は二枚で攻めます!と願をかけた。

 かけながらも面倒なこと課してしまったと・・・とこのあと暫く後悔することになるが、実現できればそれだけ腕が身につく、悪くはないだろう。

 ということで、暫定的完成を繰り替えしながら、なんとか形にしてきたわけなんだが・・・。

 272656771_4854376634641466_9171478826019465598_n_convert_20220124191154.jpg

 まず、前二枚用として設計されてはいないだろうダホンに、後から二枚にするなんていうのがもう無理な相談。でもやる。やってみることに。

 暫定的には、前二枚化は成功して、シフトも可能となったんだが、チェーンとフロントメカとの摩擦音がなんとも消えない・・・。これが神経に触るんだな・・・。

 なんとかしないと・・・と思いつつも、先延ばしにしたんだが、先日の浅草行でやはりなんとかする・・・、もし駄目なら、潔く負けを認めて前一枚にしてやる・・・という意気込みで、再調整。

 272629087_4854376304641499_939368279390476835_n_convert_20220124191112.jpg

 まずはそれまで付いていた、センサーのフロントメカだが、お前は剛性がないので、今回は降りてもらうことに。

 小径はロードと比べて、リアが狭く短くできているので、チェーンのラインがなだらかでない、大変癖のあるラインを取らざるを得ないので、剛性がなく、パンタグラフの狭いセンサーはどうやっても音鳴りの解消ができないと判断。

 降板へ。そして代わりにでてきたのが・・・、

272622211_4854376147974848_2740102082742290078_n_convert_20220124191044.jpg

 こいつ、旧105のフロントメカ・・・なんで?と思われるだろうが、これは単純、当店に在庫している中古のフロントメカの大半がバンド式のもの・・・、直付け台座に付けざるを得ない今回の場合には、そのバンドが不要なのわけで、そうなると結論からして、こいつしかなかったというわけ。

 剛性は上がったが・・・、やはりパンタグラフの幅が狭すぎる問題は解消できなかったので、こいつも却下・・・。

 そうなるともうお手上げ?

 いえ、パンタグラフの幅広のフロントメカは実はある!今や絶滅種に入りそうな勢いだが、確実にある。それは、前トリプル用のフロントメカ、それそのもののことだ。

 そうしたら、なんと新品で直付け用フロントメカトリプル用のものが二個も出てきたぞ!一体何考えて、店主が在庫したんだか、記憶にないが、まあ、ものが目の前にあるなら、使わないわけにはいかない。

 では、早速・・・。

 で、結論からいうとなんとか付いて、音鳴りもほぼ解消ということになったんだが・・・まあ、大変だったわね。

 272660575_4854376824641447_1759553073003102916_n_convert_20220124191209.jpg

 取り付け方によっては、クランクとフロントメカの肩が干渉するなんてことも起きた。狭い中にゴチャット詰め込むのでいろんなことが起きる。大体クラリスなんて、ロード向きに設計されているんだろうから。

 そういう課題を一つ一つすり抜けて・・・、

272653031_4854377867974676_5102195671354845075_n_convert_20220124191139.jpg

 怪しい外付け台座のアダプターをしっかり取り付けて、そのまま立ち上げると先のクランクとの干渉になるのと、フロントメカの位置の影響で、ギアがトップに近づくとチェーンとフロントメカが側面でないところで干渉するという致命的な状況になります。

 なので、

272574420_4854377577974705_3636717377699477687_n_convert_20220124190942.jpg

 更に一枚こんなアルミ金具を噛まして固定しないといけません。支点から遠ざかるとどうしても剛性が落ちる、それを鬼じめして、剛性を上げる。

 パンタグラフの幅があるので、調整は順調に進んだんだが、またしても弊害が・・・。なんと今度はフレームの一部とフロントメカの最上位が干渉、チェーンが下におちない・・・という事態に・・・。

 ま、最後まで揉めてくれるよね・・・。

272607848_4854378037974659_4964500917893508450_n_convert_20220124191031.jpg

 わかるかな?仕方ないので、フロントメカの干渉部分にヤスリがけをいて、削ることに。フレームを削るわけにはいかないので、影響でない程度にフロントメカの頭部にヤスリがけして、干渉を解消、これでやっとなんとか、音鳴りの解消・・・ということになりました。

272578290_4854377037974759_1282070465063875029_n_convert_20220124191001.jpg

 手間かけさせやがって・・・。これで実走して、足で体重かけてどうなるかなんて試して、再度調整なんかして、そろそろ完成かな?というところまでやってきた。

 これでハードとしての台湾一周号は実現に大分近づけた・・・。後は、このコロナってやつがどう転ぶか?というところにかかっている、一体何時実現できるやら。

 まあ、マジ手間がかかったんで、ダホンで前二枚にしたいという依頼がっても、どうしようかな・・・・と悩むかもしれないが、ここで公開した内容はいくらでもパクって頂いて構いませんから、各自頑張ってみてください、どうしてもダメ・・・というのであれば、なんとかしないとも限らない・・・。そんな程度にお考えください。

 やれやれ・・・
スポンサーサイト



簡単に組めると思うなよ その3



 昨年暮れだったか、持ち込まれたサーリーのフレームなんだが、今の壊滅的パーツ不足状況下で、ハイじゃあ105基準で適当に組みますか?なんてことはもう暫くできないだろうな。

 行儀のいい店だったら、そういう事情ですのでパーツ供給が安定化するまで、完成車組はお受け出来ません、とかいうのかな?

 その辺適当な当店としては、ならあるもんで組んでみるか・・・となる。そもそも、昨今の一メーカーによるコンポ組それはそれなりにちゃんとした秩序と安定感はあるが・・・、なんか方向性がなあ???と疑問符だらけなっている中で、是非組みましょう!!!とはならないんだが。

 パーツがあっても晴れ晴れと組みたいとは思わない状況だ、だからいずれにしたって、変なありもので工夫しながら組んでいく道を選んでいっただろうと思う、それこそメカニックの花道だ!なんてな、それがたまたま半分強制的に来たようなもんだ。

 じゃ、ありものの謎ものだらけで組んでやろうと、初めてなんとか形になった一台のお披露目と行こうか。

271905967_4806082379470892_5375342926768040279_n_convert_20220114184641.jpg

 知らないクランクだが、たしか台湾のかなり技術のあるクランク屋さん(スラムなんかも作ってんじゃない?)の展示で見たことがあったんで、大丈夫だろう・・・と、取り付けた。

271894798_4806082589470871_2226706365135353003_n_convert_20220114184608.jpg

 ディレーラーだって、ウーだってよ、知らねえけど意外と剛性があって、使えんだぜ!ということで取り付けてみる。

271802957_4806083829470747_5629384638925073059_n_convert_20220114184347.jpg

 スプロケはなんと8速だぜ!8速!今や12速の時代にざまあみろ!という感じで8速だ!なぜか?チェーンが安定しているからだ。チェーンが細くなっても強度が上がっている!という売り込みはあるが、でもまあ細くなっているんだぜ。

 それにもしチェーントラブルがあってもひとコマ外して、付いているピンでなんとかなるでしょう、そういう意味でツーリングのトラブルフリーを狙うなら、8速や9速でいいんじゃないの?と思いますな。

271877477_4806082156137581_3224198146602494149_n_convert_20220114184509.jpg


 このエルゴもどきが、8速対応、下ハンからシフトアップできないところはクソ(レースには使えないという意味で)なんだが、その他では問題ないね、むしろブレーキの引きがエルゴもどきで軽くてよし。

271897771_4806081556137641_684961995146497146_n_convert_20220114184626.jpg

 ホイールはちょっと気合入りのDTリムを使う、前輪はハブダイナモ、日本一周するには電池代など考えて、これがいいのではないか?

 271888423_4806081749470955_384425476989927340_n_convert_20220114184523.jpg

 ブレーキはTRP、いまテクトロも品薄なんだが、これはラッキーたまたま当店が在庫していたワンペアだった。これは中身が油圧、途中まではワイヤー引きという優れたもんで、油圧専用以外のシフター兼ブレーキレバーに対応し、かつ制動力は油圧並という、いいとこ取りだね。

271851254_4806082772804186_3144405298047006327_n_convert_20220114184416.jpg

 リアも同じく。ローターは前後共に140ミリ、荷物を載せての制動だとどうか?試乗しながら確かめてほしもんだね。

 271791552_4806082922804171_4285046367779958628_n_convert_20220114184316.jpg

 パンク回避にはほぼ最強と言われているマラソンを取り付けた。その他、タイヤベルトや、チューブにシーラントなんかも悪くはないかもしれないが、なんやかんやと仕込むと重くなるしね。

271890287_4806081156137681_4327001421037111636_n_convert_20220114184537.jpg

 後は試乗しながらの調整はここ、エルゴもどきの角度と、ハンドル自身の高さなどの調整かな?

271832224_4806081359470994_4189106341988711698_n_convert_20220114184402.jpg

 そもそもがヘッドチューブが一般のレーサーなどから比べると、上に飛び出ている。そのまた上に、フォークのコラムがこれでもか!と突き出ていて、一体何このスペーサーだよ!というくらいハンドルの位置が高くセッティングされている。

 これを山坂登りながら、荷物を載せながら、長時間乗ったりしながら、徐々に自分のポジションを決めていく、日本一周の本番は春からだそうで、それまで試乗の旅は続くことになるわけだ。

271894382_4806080909471039_8428668733490700043_n_convert_20220114184550.jpg

 かなり荒削りだが、なんとかありもの謎もので組めたよね、実際店主も乗ってみたが、決して悪くはない・・・。これで一定の耐久性があれば、そこそこ行けるんじゃない?とすら思える一台に仕上がった。

271877448_4806083202804143_8809157639984124364_n_convert_20220114184455.jpg

 この春から、この一台で日本一周を敢行するこの男、別名オカメインコ君という。面白い名前でしょ?ついこの前までオカメインコのブリーダーで荒稼ぎしていたというから面白い。色々事情があって、やめざるを得なくなったと。

 それで、まずは日本一周をこの自転車でやって、その後の進路を決めていくらしい。30過ぎてこの野郎!という感じがないところが人徳だね、こいつはなんとかなる、絶対に。

 今後旅の様子は、ブログを立ち上げて、更に得意の動画も上げながら、日本一周するそうだぞ。その辺の情報は、当ブログでも公表すると思うので、30過ぎて奔放なインコ君に励まされるやつ、開き直るやつもいるだろうな・・・、ということで、今後の展開も楽しみにしておいてほしいと思います。

 当店にもコロコロよく出入りしてますので、見かけたら声かけてみてください、まあ、面白いわね、この兄ちゃんは。

その内喋るよ ハイテク自転車



 まさに未来の自転車なんじゃないの?と思える、バンムーフというハイテク電動自転車なのであります。伝統ユニットのないバンムーフなどをいじったことがあるが、こいつは電動だ。

 271597752_4795253800553750_2169101858864561085_n_convert_20220110120404.jpg

 例えば、一体の手続きをしないで、自転車を移動しようとすると、こうしたドクロの絵がフレームに浮き出て、サイレンがなる・・・。

 もっとすごいのは、仮に盗難にあっても、GPSで後追いができて、このバンブムーフの社員さんが回収しに行ってくれるのだそうだ。なんかフェラーリの修理がヘリコプターで来てくれるみたいだね。

 そして、もし見つからなかった、または壊れて見つかったとしたら、新車と交換してくれるんだと。すごいサービスだね。

 271542844_4795253857220411_4866139592826645496_n_convert_20220110120308.jpg

  ライトがチューブに内蔵されている、これはリアだが、

271601035_4795253930553737_1177081866182733508_n_convert_20220110120419.jpg

 こちらはフロント。こういうの見るとスマートなんだが、もし故障したら、交換とかがすんなりできるんだろうか?と少し心配になる。

 271480706_4795253980553732_1076454440331176102_n_convert_20220110120226.jpg

 なんか前輪が電動ユニットになっているようだね。

271564938_4795254047220392_7903996301746895052_n_convert_20220110120336.jpg

 そして、油圧ブレーキだ、前後ともね。

271557143_4795254773886986_3011453163884737243_n_convert_20220110120323.jpg

 ハンドルはまあ、ノーマルに近いもんだよね。

271588468_4795254440553686_2535189054916726509_n_convert_20220110120351.jpg

 カゴは、ハンドルと同期しないタイプですね。慣れないとハンドル切った時、アレ?と思いますが、すぐなれるでしょう。

271750732_4795254123887051_6084431759518859180_n_convert_20220110120509.jpg

 駆動系は?という一見特殊な何か?ベルトドライブ・・・?または・・・?と思いますが、近づいてみると。

271532785_4795254303887033_773679291023151187_n_convert_20220110120255.jpg

 何のことはない、通常のチェーンに四角いプラスチックの覆いがしっかりかけられているだけで、クランクも小ギアも普通のものです。

271522514_4795254690553661_8251232014275485612_n_convert_20220110120241.jpg

 はい、かつて未来の自動車を先取りしたようなSFドラマのようなものがあった。乗り手が車と話してもうパートナー同然の関係となって、物語を編んでいくドラマだったと思うが。

 この自転車も、あと何回かモデルチェンジすれば、話すようになるかもしれませんね。「アナタは私の持ち主ではありません、規定のIDを入れない限りキーは外れません」とかね。

 ただ、自転車であるということは、電動アシストが付いたとしても、自力で踏む!という要素は外せない、どんなにハイテク、精巧になったとしても、自力の足で踏むという要素は絶対に外せない、それは自転車の根本的定義に関わるところだからだ。

 たとえ喋っても、自分で踏む、それが自転車であり、自転車の定義なのだ!

簡単に組めると思うなよ その2



 かつてはフレーム持ち込まれると、どんなコンポで組みますか?ホイールは?なんてことから始められたんだが、もう何度も申し上げているように、今や自転車パーツの品不足、しかもかなり深刻といってもいいかもしれない状況のため、持ち込まれても、少々お待ちください・・・としか言いようがない、という店も多いでしょうな。

 正当なシマノのコンポで組んでください!と言われても、半年待つ余裕あります?それ以上かかるかもしれませんが、それでもいいですか?てな状況でしょうな。

 271048105_4763785397033924_2329233913381773344_n_convert_20211230194829_202201061600123fa.jpg

 昨年暮れか、手持ちパーツで組めるところといったら、こんな感じだったなあ・・・。ヤバイよね。

271402850_4784452354967228_5574377006071714708_n_convert_20220106155439.jpg

 サーリーのディスクトラックと言うやつ、こいつでもって、来春日本一周したいというんだが、行儀のいいコンポにこだわるなら、まあ諦めたほうがいい、一年先延ばしだろうな。

 だったら、行儀の悪い寄せ集めでもいい・・・ということになると、多少融通がきくかもしれない。暮れに片付け名人によって、かなり整理された店内から、アチコチ使えそうなパーツがでてきたわけだ。

271525512_4784452181633912_2351687298905544561_n_convert_20220106155819.jpg

 変なクランクが出てきたぞ!なんかキャノンデールの完車に付いているような謎のクランクだ、なんか使えそうなんで、これで行こうか?

 271533419_4784452288300568_1777703451306622823_n_convert_20220106155845.jpg

 ウーってとこの謎中の謎コンポディレーラーをつけてみた。これは店主の台湾一周号に付いていて、それなりに動いているから、それでいいだろう・・・、多少投げやり、その実楽しみ。

 そうそう、このリアハブもどっかから忘れたが取り寄せたら、思いの外早く来たんで、リアホイール一本組み上げた。前後にホイールがつくと自転車らしくなるね。

 そして、見えるかな?ディスクブレーキは、TRP!ようやくまともなブレーキが出てきたな、こいつなら、ワイヤーで引ける油圧という、ある種最高のもんだ、止まれれば、後はなんとかかんとか走れればいんでないの?

 271551670_4784452414967222_4413077984166490679_n_convert_20220106155908.jpg

 ヘッドパーツがないんだよね、でもまあ、そんなに特殊な規格ではなさそうなんで、何処かの問屋が持っているんじゃないか?

271515635_4784452501633880_639035222825466507_n_convert_20220106155548.jpg

 タイヤもまだないが、なんとかなりそうだぞ!パンクしにくい重いアレだアレね。

271442401_4784452581633872_2086982753816244977_n_convert_20220106155507.jpg

 後は、ピラーとサドルだろうな、これもなんとかなりそうだ・・・。そして、あとは・・・、ハンドル周り・・・かな?

 271502734_4784452121633918_4213114496074377812_n_convert_20220106155526.jpg

 基幹部品がない中で、ここまでなんとか漕ぎ着けたぞ!後はもう少し時間くれれば、なんとかなるかもね。

 ただし!簡単に組めると思うなよ!組めてこの有様、寄せ集めの不統一なフランケン号なんだからな・・・。

 うまくいったら、今月中には踏める・・・かもよ。とはいえ、もし万が一大量発注・・・(そんなことはほぼありえないだろうが)なんてきたら、当店だって、対応できなくなるだろう・・・な。

 弾がないのが、かくも怖いことか・・・。実際手も足もでない。今や厳冬真っ最中ながら、給湯器が壊れたら春すぎまで直らないという、そちらの方もパーツ不足らしいんだな。海外からパーツがこない、ということはこういうことなんだ。極寒の中、風呂にも入れない・・・ということ、自転車にも乗れない・・・。

 それだけ、いま世界は繋がっている、否応なく物流という意味でも密接に繋がっているわけだ。

 何が敵地攻撃だ・・・、物流とまってメイチ困る国は何処なんだ?喧嘩している暇などないのだ・・・。

 今月内を目処に、こいつ完成・・・するかもなあ・・・というところだな。

壊れた 壊れちゃった・・・



 この元旦は何に始まったかというと、洗濯機の故障から始まった。前々から調子は悪かったんが、それをだましだまし使っていたんだが、ついに今年の元日、よりによって完全に壊れてしまったのだ。

 それも、すすぎが終わってこれから脱水!という時、こと切れた。なので満水状態のままで・・・。
 
 さて、そこから洗濯物を取り出して、一回絞って、一回りしてからまた、また二回目を絞って、そしてかけられるところにかけて、ディッピングというの?ポタポタ垂らす状態にして、あとはどうなったんだろうか?

 珍しくエアコンなるものをつけて乾燥室にすると、部屋に入るたびにメガネが曇る、ただその湿気は決して心地悪くはない。

 よりによって元日に完全死をむかえた洗濯機なんだが、それも昨年の三日に突然勃発した児童の頭蓋骨骨折よりもずっといいとも思えるわい。

 そしたら、事故によって壊れた自転車もやってきた。エックスロスというのか?ただのアルミのクロスバイクか?とおもったら、なんと・・・

271391482_4778877675524696_2092083743195778113_n_convert_20220104182024.jpg

 電動ユニットが付いていた。これってEバイクの走りのような車体なの?日本では電動アシスト車は、子育て応援を主に始まったようなもんだな。それに対して欧州では、小型バイクがないという隙間を縫うように一気に発展していったようだ。それもここ数年で。

 なので、日本のようにおしとやかでない、移動手段から、自転車スポーツの本場ということも手伝って、遊び、スポーツ系の車体として発達していったんだな。だから、日本の電動アシスト車というイメージよりも、最初からEバイクという車種で、使い方から何から何まで異なる、と思ったほうがいいだろうな。

 なので輸入業者さんは大変だろうね、もともとの電動アシスト車というイメージ払拭して、別モンとして入れていかないといけないからなあ・・・。

 この車体もむしろEバイクに近いものなんじゃないか?と思われるが。

271284990_4778877748858022_1581849330596243855_n_convert_20220104182008.jpg

 アルミのフォークに凹みが見える、と思っていたらんと、

270836898_4778877845524679_7780137735830538217_n_convert_20220104181847.jpg

 なんか全体に歪みがあるね。アルミフォークなんて単体で売ってはいないだろうな・・・。

271230452_4778877982191332_7397997632194979354_n_convert_20220104181903.jpg

 反対側はボッキリ折れている・・・。これはもう交換しかないが、単体ではカーボンものしかないだろうね。前輪のホイールも交換したほうがいい。

 後フレーム全体で歪み等はでていないか?簡易な検査も必要だろうな。相手はこれまた運がいいやら悪いやら、タクシーだったということだ。

271232456_4778878108857986_1974762139483795843_n_convert_20220104181936.jpg

 その他グリップ等にも損傷らしきものはあるのでカウントして見積もりなどを作る手はずとなっていくが、ただ難しいのが、残っている傷や損傷が、今回の事故で起きたものか?どうか?ということについては正確にはわからない、ということなのだ。

 例えばチェーンにサビがあるから交換しようとすると、これはどっち持ちなのか?事故で錆びたわけではないとすると、持ち主持ちとなるだろうが、事故が起きて暫く乗れない間(入院など等々)に錆びたのであれば、事故が遠因とも言えなくはない・・・。

 店主の見積もりの作り方は、当店を通して車体自身が安全に乗ることが可能となり、かつ事故前のその人の自転車生活が元に戻るために必要なこと、を念頭に作っていくというやり方である。

 それを元に、両者の間で話し合って決めてくれ、というスタンスである。基本どちら側につくということはない、その路線でやっていくだけだ。

271260089_4778877532191377_4599961732089582591_n_convert_20220104181954.jpg

 たいへん気に入って乗っていたようだった。それが今回の事故で、フォークと前輪の損傷、プラスαとなるだろうな。怪我も伴ったというから、こじれて行くとしたら、長時間かかるかもしれない。

 そういうものも見越して、こうした案件は引き受けなければならないだろうな。

 洗濯機が壊れ、電動自転車も壊れてしまった。年のはじめからなんだよ!ではない、嘆いても仕方ない、対処することだ、対処していけるようにすることだろうな。

 みんな壊れていく、人間関係も何もかも、みんな壊れていってしまうのだ。

 だから、嘆いている暇があったら、対処せねばならなくなる。非常に面倒でもあるが、それは仕方がない。ただし、もし対処する価値があれば・・・の話だが。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター