メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ご老体トーエイ 大改造計画 最終章



 コイツが来たのが、春だったかな?まあ、だいぶお待たせしてしまったということです。いやいや、大がかりなこと。本日がいよいよ最終の巻!

 DSC_0934_convert_20170817224116.jpg

 この辺の台座移動など、柳さんの功績であります。

 DSC_0929_convert_20170817224054.jpg

 上引きにしたことで、滑車が必要になる、この辺の小技の応酬も柳さんの技。

DSC_0926_convert_20170817224046.jpg

 そうそう電装系の復活もあったなあ。これはその手の専門家に。泥よけの内部の溝にケーブルを這わすなど、まあ小技の連続だったようだ。

 DSC_0933_convert_20170817224109.jpg

 この砲弾ライトも、リアのバックライトも、しっかり点灯するようになった。

 DSC_0923_convert_20170817224031.jpg

 消耗品のマファック系ブレーキシューも現行品があるんだよー・・・。

 DSC_0924_convert_20170817224039.jpg

 タイヤも、パナレーサーのツーリングものが現行品であり、助かっています。

 でこの辺で終わりかと思いきや・・・、まだまだ。最後の柳さんの大技小技が効いているんだ。

 DSC_0943_convert_20170817224156.jpg

 これ!用途と車体に合わせて特注で作った、後ろかご。メッキせいで気品が大いにありときた。

 DSC_0940_convert_20170817224132.jpg

 各所、細かく繊細な技で満ちあふれている。

 DSC_0939_convert_20170817224124.jpg

 上下の取り付け金具の部分であります。品のある曲線。

 曲線といえば・・・、

 DSC_0942_convert_20170817224148.jpg

 ここも・・・、そして

 DSC_0941_convert_20170817224140.jpg

 ここもと、品良く凝って作られているが決して嫌みは無い。

 DSC_0944_convert_20170817224204.jpg

 そして、これが蘇った、再生トーエイの姿なのであります。

 イヤー、道のりは遠かったが、ようやく到着と行った感じ。携わってくれたすべての方々に感謝なのだ!

 お互い年は取ったが、再開したときはどんな感じだろう?多少照れつつも、またよろしくな・・・てなものかもしれない。

 こう見えても俺もまだまだ行けるんだぞ・・・、私もでサー!

 こういう仕事がしたいがために、自転車屋をやっているようなもの・・・といっても過言ではないかな?

 再生待ちの自転車よ、集まれ!
 
スポンサーサイト

ご老体トーエイ 大改造計画! その2



 続きであります。

 このトーエイ大改造計画、前日のハンドルとブレーキレバーの件ですが、内径広げで決着でした。

 DSC_0920_convert_20170816211835.jpg

 このように、プロムナードハンドルにカマキリ型の旧タイプのブレーキレバーがしっかりつきました。

 DSC_0921_convert_20170816211845.jpg

 バッチリ根元まで入っていますね。ヘリサートまでして、ボルトで留まっています。手間かけさせやがって・・・。

 この自転車は、当店回りの総力戦だったわけですが・・・、再塗装もしています。

 DSC_0931_convert_20170816211916.jpg

 こんな風に、ヘッドバッチを残して、濃紺に塗り直しております。

 DSC_0932_convert_20170816211924.jpg

 ぱっと見は黒・・・、よく見ると紺がいい、というご注文。

 フレームだけならまだしも・・・、

DSC_0922_convert_20170816211852.jpg

 マッドガード、泥よけにも青いライン二本というご注文。最初は研ぎでいこうかと思いましたが、泥よけのくぼみのエッジがシャープでないので、どうもきれいなラインが出ない・・・。という事で、マスキング方式でやり直したという手間もの。

DSC_0927_convert_20170816211908.jpg

 パーツ類は持ち込みものと洗浄再調整もので大体あわせました。

 DSC_0925_convert_20170816211901.jpg

 この手のクランク、もう少し入手しやすくなればなあ・・・と思いますね。フォーアーム物になると、あまりにもスポーティーすぎるんです・・・、ツーリング車の雰囲気では無いんですよねえ・・・。

 という事で、実はまだ続くんであります。次は柳さんの大技、小技がさえるというところ、本当当店回りの総力戦という事の意味がわかると思います。

 今店主が乗っているレーサーなんか、十五年後とかに、その時の嗜好に合わせて、こうした改造するかな?なんて考えてみるんですが、今のところ、今のところですが、全くそのイメージが湧かないんです。

 でも、そういう日が突然来るのかな?かつては登りの練習や、ジムでの筋トレなんかをガシガシしていた時期が合って、レースや記録会に出ないなんて事は全く考えられなかったが・・・、今はこの通りの体たらく・・・というか、嗜好が全く変わってしまった。

 今の動体視力でレースなんかに出たら、後ろの車にすべて迷惑がかかる・・・、巻き込んでしまうでしょうな・・・。

 なんてことが起こるんだから、ある日突然、ハンドルを替えて、鉄フレームならちょいとした加工なんかを柳さんに頼んだりして、レーサーとはまた別の自転車に変身させることが全くない、とは言い切れませんね。

 どう変わるんだろう?という意味でも老いは楽しみでもある。その頃もまだこんな風にブログとか書いているのかな?

 おーい!どうなんだ?お前?!
 

ご老体のトーエイ 大改造計画!その1



 背景がゴチャゴチャでごめんなさいよ。

 こんな自転車が入ってきたんです。

 DSC_0379_convert_20170815212514.jpg

 名だたるトーエイ、今このフレーム手に入れようとすると何ヶ月?何年待ちになることやら・・・ネ。

 そいつの何年前の奴でしょうか?これを持ち込んだのはヤフオクなどで落とした方でなく、正真正銘若いときに乗っていたトーエイを自分が年取ってからも、今のご自分の体と嗜好の変化に合わせて、改造して乗り続けよう・・・という、すこぶる当店の大切にするドンピシャ路線通りのあり方で持ってきてくれたわけであります。

 これは総力を挙げて、ことに対して行かねば・・・となります。

 DSC_0380_convert_20170815212529.jpg

 しかし、まあ、このまま使えるもの・・・、洗浄して使えるもの、交換してやるものなど、年代物なんで、それはそれは色々ありそうであります。

 DSC_0381_convert_20170815212538.jpg

 こんなダイナモなんかも、できる限り使っていきたい・・・という事で。

 DSC_0382_convert_20170815212546.jpg

 この辺は・・・ちょっと使えるかな???

DSC_0383_convert_20170815212554.jpg

 これはどうにかしても使わないとね、このパーツの持っているポテンシャルはまだまだ深いものがある・・・。

 こいつの完成までには前途多難なんだが・・・、その一例。

 基本ほぼ持ち込みパーツで組み付けるんだが、すべてのパーツが予定調和的であるとは限らない。その最たるものといえるのがこれ。

 DSC_0423_convert_20170815212654.jpg

 持ち込みのプロムナードハンドルに、このカマキリブレーキが入らない・・・。でも使いたい・・・と。

 どうしようね。単純にはこのハンドルの内径を広げるか?ブレーキレバーを削るか?なんだが・・・。今当店にある工具類で、どちらが高精度にできるか?を検討する・・・。

 その結果、ハンドルの内径をざぐることに・・・。ただ、どうしたら垂直に降りてくるボール盤の刃に、ハンドルも垂直に立たせることができるか?という大問題が浮上する。これが垂直に立たないと、ハンドルの内を破って刃が飛び出してしまうことに。

 DSC_0417_convert_20170815212603.jpg

 じっとボール盤の台を見る。この台の下からハンドルをくぐらせて頭をのぞかせ、上から垂直を保証する治具で固定すれば、ハンドルの垂直が確保される・・・。

 そのためには・・・、ハンドルの外径以上に、このボール盤の穴を拡大しないといけない・・・。加工一つのために、この大がかりなボール盤自体の加工すべきか?

 でも、しないとできない・・・ならするしかない。多少穴がでかくなっても、今後の施工に支障は出まいという判断だ。

 DSC_0418_convert_20170815212612.jpg

 しかしノス型の野太いドリルがよく当店にあったもんだ・・・。

 DSC_0419_convert_20170815212620.jpg

 第一関門通過・・・。やっちまったよ・・・。

 DSC_0420_convert_20170815212629.jpg

 下からハンドルを通し、22.2の治具に挟んで、それを万力で固定するとこうなります。これがハンドルの垂直を確保する方法です。

 そして、上のドリルをゆっくり降ろしていく。

 DSC_0424_convert_20170815212703.jpg

 日東さんとかなら、日常の光景なんでしょうが・・・、当店ではたぶん・・・はじめてかな?

 DSC_0421_convert_20170815212637.jpg

 さて、できた、深さも含め何度か確認すると・・・。

DSC_0422_convert_20170815212646.jpg

 よし!入った!曲がってもいないし、大丈夫そうだ・・・。

 まあ、このあとも、ハンドル側に穴を開けてヘリサート加工なんかしたりして、すったもんだしたんだが・・・。

 このあと、柳さんのフレームへの加工が入ってから、再塗装して、持ち込みパーツの予定調和のないものを少しずつ、だましだまし加工しつつ、組み付けていったんであります、まさに総力戦・・・、その続きはまた、次回以降に・・・ということで!

みそぎのメンテ 盗難帰り



 よくあるルイガノクロスなんであります。これ盗難にあったそうですよ。それが出てきた。

 それはそれでよかったんだが、賊の手に渡って帰ってきた自転車だけに・・・、機能的にちゃんとしているかどうか?ちゃんと診てもらいたいという事でやってきたんだが、その気持ちは多少わかりますね。

 みそぎメンテといいましょうか、それを機に邪らしきものまで祓って、浄化というか、清める意味なんかも込めたんじゃないか?と思います。

 そういえば、今を去るかなり前・・・。こんな記事がありましたな。

 まあ、ひどい話で、盗んだ後、即乗り捨て・・・とはいかず、どうもその賊は、盗難車を我が物にしようとした痕跡があった、それが適当な黒塗りだったんですな。

 盗まれただけでも怒り心頭なのに、愛車に適当なペイントかけられていたんだから、それはもうトサカに来たはず・・・。そんなこんなで、帰ってきた後、全面再塗装なんて依頼をいただいたことがありましたな。

 懐かしい・・・。

 それほどまでないとしても、どこでどう使われて、どこかに悪戯されていないとも限らない、そこで全体を診てもらいたいというのは、ある意味まっとうな要求ではないかと思いまして、お引き受け。

 DSC_0919_convert_20170813224208.jpg

 形式上、ワイヤーはすべて交換。これでシフトと制動が確認できます。

 DSC_0920_convert_20170813224216.jpg

 特にひどい劣化はありませんでしたが、駆動の要のチェーンも交換いたしました。こういうので大体わかりますね。

 DSC_0923_convert_20170813224233.jpg

 あとはBB回りのガタなどを点検して。

DSC_0922_convert_20170813224224.jpg

 前後ハブの点検と、前後ホイールを診て、点検終了とないました。

 DSC_0918_convert_20170813224200.jpg

 賊は、盗んで、乗っていただけで、本体に何か仕掛けたり、カスタムしたような形跡はありませんでしたので、これにて安心して乗り戻すことができます。

 しかし、まあ、自転車なんてもんはそこに乗り手の形跡を満載しているものなんで、ちょっとでも霊力があったら、乗り続けたりする事はできない・・・と思うんだが、まだまだ引っかける奴らがいるそうだ。

 むやみやたらに停めないこと、乗ったら降りないこと・・・などが盗難防止だろうが、まあそうはなかなかうまくはいかないだろう。

 そこで、対策をちょっと。

 最強の盗難防止グッズは何だ?高額の鍵・・・と思われがちだが、たぶん輪行袋なんじゃないか?と思う。輪行袋に入れて、室内に持ち込む、これがたぶん一番安全のはずだ。

 後は、自分の愛車の写真を撮っておく、特に改造したりした後はチョクチョク撮っておくことかと思います。やられた際に、最大の味方になるのは、その自転車の最新の姿と、パーツ類の写った写真だと思いますんでね。これだけは百聞は一見にしかずだ、数百行の説明文よりも、一枚の写真!これが最強の味方になる。

 そんなところかね?まずは盗難に遭わないように!

君の夢は?ランドナーになること!?



 これはすでにメンテ後の姿なのであるが、つまり、普通に走れるようにはなっているのだが、コイツにはデカイ夢があった。

 この特徴のある、ちょっと優雅なミキストを思わせるフレーム、将来はランドナーになりたい、変身したいのだそうだ。

 んんん?とも一瞬思うが、コイツにドロップ付けるだろう?カゴとって、多段なんかにして、荷台をそれらしくしたりしたら・・・、もしやしゃれたランドナーに変身するかもしれない・・・と思えてきた。

 DSC_0688_convert_20170812223714.jpg

 この内装三段を8段前後にしてやる、たぶん可能でしょうな。

 今回は、その前段階で終わり。

 DSC_0691_convert_20170812223739.jpg

 すべてのワイヤーを交換して、神経を張り直し、制動駆動ピキピキ動くようになります。

 DSC_0690_convert_20170812223731.jpg

 がったがただったクランク、BB回りも、今回は内部メンテで、次回ランドナー変身までしっかり持つようにしておく。

 DSC_0689_convert_20170812223723.jpg

 穴開けのぼろぼろサドルも交換、コイツはランドナーになった際に、しっかりサドルとしての位置を占めることとなるだろう。

 DSC_0686_convert_20170812223704.jpg

 とにかく、持ち主の方がユニーク、この柳沢で駄菓子屋を経営しているデザイナーさん。その名もヤギサワベースという。先日のフリマでもかき氷などで大変お世話になった。生ビールが来て、駄菓子が来たら、まさに老若男女すべてカバーできる出店なのよ。

 いずれコイツをツーリング車にして、関東ほぼ全域を回れるようにしたいという。関東限定というのが、ある意味現実的で面白い。いい大人がいきなり日本一周とかぶちかますと、どうも嘘くさくていけない。せいぜい関東付近をウロウロする・・・でいいんじゃない?

 しかし、コイツを基体に、ツーリング車ができるとなると、これまた、まあ見たことないような、一台になるでしょうな。そしてそんなもんでツーリングなど始めたら、アチコチで会う自転車野郎共に印象深く残るでしょう、まあ、行方不明にはなれないな。

 いいよ、やるなら協力しますよ!いいじゃない、人生の夏休みってなもんでね・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター