メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

例のお騒がせタイヤサイズ君 なんとか走るぜ!



 イギリスの古物市かどこかで入手して、これ乗れるようにしてください、と置いて行かれた一台で、どうも本式モールトンのようなんだが、これじゃあ読めないねえ・・・と思っていたら。

242828442_4437157649696702_9179557199027822063_n_convert_20210926171511.jpg

 なんかステムに刻印があったぞ!やっぱりモールトンなのね。そのモールトンといえば、国内のブリジストンモノもあって、確か数年前にタイヤ交換したときも大分苦労したんだが、今回のこいつには海を超えての本当の苦労をさせてもらったわ。

 242783607_4437156816363452_1403248097643417901_n_convert_20210926171455.jpg

 なんとか、海の向こう・・・というか、地球の裏に近いところから引っ張ってきたんだが、その送料がタイヤ代よりも高いと来ているんで、今回はまたまたおったまげたわけだ・・・。

 コロナ前などは、確か人様が台湾に行くので一万ちょっとで行けたと思うが、なんだこのちっこいタイヤワンペアでいくら取るつもりなんだ?しかも、その送料が事前には知らせられずにだ、着払いということで、郵便局員が回収していった。

 文句言いたくても、末端の職員さんに言っても仕方ないよね・・・ということで、もし次以降頼むんだったら、数ペア一緒に頼まないと合わないね・・・ということで、今回再生して乗れるようになったわいいが、パンクや、タイヤ交換になるようなことは極力避けてほしいもんだよね。

 242647391_4437157096363424_6450816429071711030_n_convert_20210926171337.jpg

 あとは、もうこのサスはとっくにご臨終だね、エストラマーとかいう高分子系のユベシのようなものでも入れるのかな?まあなくても、静かに走るにはほぼ問題はないだろうな。

242908782_4437158016363332_2037875014336250529_n_convert_20210926171549.jpg

 スターメーの内装ギアがついているが、これもコツがいる。引きすぎると、完全フリーなところがある、ある意味鍵の代わりに使えるかね。盗もうとして乗って漕いでも、空回りして進まないんで、ヤーメタ・・・となるか。

242621001_4437157343030066_6809486244345147155_n_convert_20210926171321.jpg

 引きは、ハンドル取り付けようのフリクション系シフターでなんとかね。これも使い慣れて、この辺・・・・とか探っている内に、入るところに入るでしょ。もちろんシフトしますよ・・・。

242751762_4437157229696744_1821187977471880838_n_convert_20210926171424.jpg

 フラットハンドルに、鉄板曲げて作ったようなレバーがついている。それはそのまま使った。

242615414_4437157013030099_8632272326356494347_n_convert_20210926171307.jpg

 前ブレーキは新しいものロングアーチがたまたまあったんでこれでいいわ。

242666597_4437158193029981_1919793960485195442_n_convert_20210926171410.jpg

 リアは板を使って、チェーンステー裏に取り付けた。いかにも当店がやりそうな仕掛けだね、古い再生号に狸臭プンプン。

 242659569_4437157763030024_1379750640705994770_n_convert_20210926171351.jpg

 ここもまあ、再生してどう活かしていくか?という方向性が決まってから、正式採用してもいいようなパーツで止めておいた。もし、丁寧に本格始動させるんなら、より凝った作りのクランクでもいいだろう、BBは現行品になったので、この辺は乗りながらゆっくり考えてもいいだろうね。

 242852747_4437157499696717_4349181794250515499_n_convert_20210926171529.jpg

 年季の入ったベルですね。こういうのはこのまま使いましょう。

242603338_4437157899696677_8838281750769342676_n_convert_20210926171256.jpg

 フレーム一体型の荷台です。こういう発想も新車開発のデザイナーさんなんか大いに参考になるかもしれませんね。まさにこういうのこそ温故知新でありましょう。

242770662_4437156606363473_8098320080358827782_n_convert_20210926171438.jpg

 ヘッドチューブが長すぎて、補強もないので、ガシガシハンドル引いたり、急ブレーキかけまくったりしないでくださいよ、ご老体なんだから。

 でも、長い眠りから醒めたように、ゆっくり自転車のほうが景色をかみしめて走っているようです。静かに散歩するようなポダリングなら、最適な自転車として再生できたかもしれませんね。

 タイヤを減らさないよう、パンクもしないように、静かにヨローっと余生を走ってくださいよ!
スポンサーサイト



生物クラブ?採集自転車?



 その子は母の前ではほとんど口を利かない子だった。いつもだんまり・・・、何を聞いてもだんまり、その代わりに肝っ玉系の母さんが大いに代弁する。

 いつもそうだ。小学生の頃か、いつものように無言で自転車を持ってきた。

 なんか変な音がするっていうから・・・とお母さん。

 変な音?うーん・・・・。観察するになんちゃってマウンテンだったな、そいつの前輪がかなりフレーム側にオフセットしている。んん?これは事故だな・・・。

 これ何かと正面衝突したんじゃね?それも相当スピード出していたな・・・。

 だんまり・・・・。エエ!!!事故?!事故って、あんた!事故起こしたの!?

 だんまり・・・。何とかいいなさい!事故起こしたんなら正直にいいなさい!怒らないから!

 だんまり・・・。この子の気持ちは少し分かる、怒らないから、というお母さんの剣幕がもうすでに怒っている、ここに「はい事故起こしました」なんて言おうもんなら、燃料投下とするようなもんだ。

 ったく!危ないったらありゃしない!どうにかなりますか?

 このなんちゃってサスフォークを取り替えれば、何とかなるかな?ホイールは無事なようだし・・・。

 そんなこんなで印象深い少年なんだが、声を聞いたことがない、何を聞いても喋らないからなあ。途中何度も来ては、パンク修理や、タイヤ交換なんかもしたんだが、常にお母さん同伴なので、話す必要がない、全部お母さんが代弁してくれるからね。

 240842069_4352861558126312_1858024171805515517_n_convert_20210827230253.jpg

 その少年が、高校生になったというから早いもんだ。ジャイアントの新車を購入して、通学などしているらしいが、一度タイヤ交換にやってきた、もちろん母同伴で。

 通学だけじゃなくて、何かこの子、生物部とかいうクラブに入って、野山駆け回って、何か生き物観察とか採集とかしているらしいのね、だからタイヤもすぐ減っちゃって。交換してほしいけど、いいタイヤにしてくれない。とんでもないところ行くみたいなんでね。

 どんなところへ行くのかい?

 だんまり・・・。なんかこの前、ええと・・・なんていったっけ?何とか渓谷とか行ってたわ。相変わらずお母さんのマシンガンのような代弁が・・・。

 ホウ・・・、じゃあ、ガチのマウンテンタイヤにしよう。ということでマキシスなんて、取ったことのないタイヤを取り寄せてつけたやった。

 で、今回は、何か一人でやってきた・・・。「スミマセーン」と声がしたんで、行ってみるとその子だった。何だお前喋れんじゃねえか・・・と内心。

 「あ、あの、前が変わらなくなっちゃって・・・」どうもフロントメカの不具合らしい。変速しないのかい?

 「はい」。腕を見ると相当でかい擦過傷のあと。

 落車した?その時、フロントもおかしくなった?

 頷く。

 明日来な。

240826762_4352861461459655_6246724122426652259_n_convert_20210827230139.jpg

 なんちゃってじゃない車体だな、このサスは生きているだろう、野山駆けているらしいから。

240680598_4352861858126282_7021464700159308462_n_convert_20210827230115.jpg

 ターニーだって、馬鹿にできない、謎コンポよりもずっと剛性があって、設定も楽だわね。

240890288_4352861511459650_7704891523748626500_n_convert_20210827230307.jpg

 まさにいっちょ前、でも通学と実習で使われているなんていいなあ。どんなところへ行くんだろう?どうせ聞いても答えないだろうが。

 240832741_4352861648126303_3959056498816754869_n_convert_20210827230218.jpg

 メカニカルディスクが付いている。これも野山駆けるんなら、オイルにしたほうがいいかもな。そんな提案もしてみていいかもな、いずれ。

 240846154_4352861911459610_2638470473448471990_n_convert_20210827230242.jpg

 フロントメカを治して、変速可能に。

 240836376_4352861394792995_5866286032301906428_n_convert_20210827230230.jpg

 特にいじったところはないね。自転車そのものよりも、野山での観察とかのほうがこの子にとっては興味のあることなんだろう。自転車はそのための道具に過ぎないが、でもしっかり乗って利用している感じがなんとも好感がもてる。

 240828097_4352861724792962_128460720011740372_n_convert_20210827230151.jpg

 科学技術高校?へえ、そんな学校あるんだねえ。そして部活に生物部・・・。

 かつて仮店舗の際、同居していた娘が高校受験だった。その際に都内の高校受験ガイドのような分厚い本を見たんだが、店主らのときとは公教育の様相が全く異なっていたのに驚いたことがあった。

 とにかく受け入れ先や、指導法が非常に細かく丁寧になっているのに、本当に驚いた。かつてだったら、ハイ、落ちこぼれ!で済まされていたような学生が、その性癖、症状やそれまでの教育環境、家庭環境など含めてとても良く考えられた施設や制度やプログラムが配置されていた。

 老人介護の制度に触れた時も思ったが、しっかり仕事をして成果を出している人たちって、本当にいるんだなあ、と思ったもんだ。

 それから比べると、店主らの時の、教育だの指導だのって・・・、人数も多かったせいもあるかもしれないが、実に雑駁に放り投げられていたようなもんだったなあ。

 ともあれ、自転車のフロントメカは直った。これで、黙々と野山を走ればいい。何観察するんだか、何採集しているんだかは知らんが、自転車がそうした若者に、とても役立っているというのが嬉しい限りである。

 別に自転車を意識的に好きでなくてもいい、その内、ふとコイツがなければこんなことはできないんだ、と思ったときに何か気づくだろう。

 自転車は寡黙な君よりもまして寡黙な仲間なのだ。

240828915_4352861341459667_4225777343969944293_n_convert_20210827230205.jpg

抜いたり折りたたんだり・・・

236623647_4325699374175864_8013052198692516571_n_convert_20210818211137.jpg

 先日暫定的完成を遂げた、台湾一周号なんだが、あれからまあアチコチ走っては少しずつ直したり調整したりを繰り返しています



 そして一部交換いたしました、このリアディレーラーであります。こいつはセンサーもんだったんだが・・・、

236497167_4325699914175810_3308494174450451860_n_convert_20210818211119.jpg

 より謎の深いコンポもんのリアディレーラーを使いました。もともと付けていたのが剛性がなかったなあ、ボディーもブラだったし、作りからしても弱そうだったよね。それに対して、この大いなる謎コンポはしっかりと金属でできている分剛性は高いといえる。

 もちろん、センサーものでも金属・カーボンで作られているリアディレーラーはちゃんと剛性があるので、安価バージョンだろうな、この辺はもっと工夫して使わないといけませんな。

 結果、この大いなる謎コンポの方が、チェーンが暴れずに安定してシフトしてくれるね。シメシメ・・・。ちなみにこれで分かると思うが、かつての謎の黒コンポのシフターと、より謎の深い黒コンポのリアディレーラーとの相性は決して悪くはない。互換性あり、と考えていいね。

 さて、この台湾一周号、ばらしてみようか?

 237320772_4325699814175820_280900989082624716_n_convert_20210818211210.jpg

 サドルピラーのクランプを緩めて、落とすだけ落としてみる。ピラーの先端が地面に付いている、ここまで小さくなります。

 236631031_4325699747509160_2135789791124890361_n_convert_20210818211144.jpg

 そして、このフレームの真ん中にあるジョイント部分を緩めて折る!

239793036_4325699877509147_5406013512258133881_n_convert_20210818211217.jpg

 流石にダホンだ!相当コンパクトになるねえ、これがまだ途上なんだが。

 今度はハンドル周りなんだが、デフォルトはレバー倒して、T型のハンドルステムを手前に折るようにたたむという形式なんだが、店主はそれが苦手ということで、差し込み式のピラーハンドルにしている。

 237214802_4325699670842501_4390872800140823375_n_convert_20210818211152.jpg

 コイツを手で緩めると、中に仕掛けた臼が落とされていく、それに従いハンドル周りがユルユルになる。そして引っ張ると、

239908882_4325699430842525_8281126515556586713_n_convert_20210818211233.jpg

 このようにスッポリ抜けます。このしたのアルミ臼は、削って作ったもの。そこにねじ山切って、

 237272225_4325699547509180_6024532621077424995_n_convert_20210818211200.jpg

 この覗いて見える、全ネジはなんと8ミリ。通常この辺のシャフトは6ミリなんだが、強度を増すために、店主は8ミリものを選んだ。万が一ピラーの外部が折れても、一瞬でもこの8ミリシャフトが踏ん張ってくれれば、何とか無事に止まれる余裕が生まれるんじゃないか?なんて夢想したからな。

 239849466_4325699514175850_4969594144775237566_n_convert_20210818211225.jpg

ハイ、外したハンドルピラーは、折りたたみフレームの中央部分に持っていってそこに挿して、何かで固定すればいいだろう。

236551178_4325699640842504_1869035115635782886_n_convert_20210818211128.jpg

 縦も横も、このくらいに収まります。あとは専用の復路を作るかな?あとは、各パーツ類を固定したり、シフターやリアディレーラーも、緩めて内側に折ることで、安全に保存することができるでしょうね。

 飛行機の荷物室は、結構荒く投げる・・・って言うからなあ・・・・。重さは量っていないが、軽い方だよね、量販店で売られている小径の折りたたみってなんであんなに重たいの?と言うくらいだが、こいつは軽い、なので、肩からかけて歩くのもさほど苦にはならない。

 236623647_4325699374175864_8013052198692516571_n_convert_20210818211137.jpg

 ハイ、折りたたみに工具は一切いりません。これにてほぼ完了‥・と言っていいかな?細かいところはまだある、大部ある、無限大にあると言っていい!

さて、車体はできたぞ!ではいつになったら日本から台湾に行けるのだろうか?‥・五年後とか?

ダホンを生涯乗る?



 オ!ダホンが続くね。もちろんコイツも折りたたみ号なんだが‥・。

237242212_4325466624199139_543003682846434488_n_convert_20210818192256.jpg

 サドルが低いねえ・・・。そうこれは小学生高学年の子だったかな?中学生だったかな?まだ成長期前後の子が乗っている車体なんであります。

 237218930_4325466400865828_8938808410882543981_n_convert_20210818192247.jpg

 小径と言っても大人設計なもんなんで、トップが長いんですよね。それを子供用にするには、ハンドルを手前にもってこないといけません、ということで、プロムナードハンドルを取り付けたということなんだが、こうすると小学生にも小径車は乗れてしまうということなんだな。

 そうやって乗っていた大人用小径車だったんだが、子供も大部成長してきて、腕を少し折りたたんで乗るようになったという、少しその辺変えられないか?ということだった。

 まだ子供の面影が強いが、足の大きさを聞いたら27.0あるということだ。つまりでかくなるぞ、こいつは・・・。この成長期の子供の扱いは難しいよね、自転車だけでなく。

 成長の途中に金かけてしまうよりも、大きくなって伸び切った時に時にかけるべし、なんてことも親の気持ちとしては分かるわね。イヤー難しい‥・、この車体は大人になっても使えるどころか、大人になってからが真骨頂なんで、どうしようね?

 整備はしっかりと、サイズに関しては最小限にいじってみるか?

 236615073_4325466497532485_8296306910066607145_n_convert_20210818192240.jpg

 この付いていた、いかにも子供用のステムなんだが、コイツを少し長めのものに変えて、もう少しでかくなるのを様子見かな。

 239867041_4325466367532498_6068304627029754232_n_convert_20210818192327.jpg

 ちょいと上向きで30ミリほど前に突き出してみた。

 とはいえ、プロムナードで行って来いなんで、どこまで効果を感じられるか?それもあって、ステムを低くしてみるという手も有りだろうと、いくつか提案してみようね、そうやって時間稼ぎしながら、成長を待つという作戦だな。

 238618680_4325466700865798_3219975850249061264_n_convert_20210818192311.jpg

 イヒヒ、こいつは前一枚だ・・・。将来前二枚にしたければ、ご相談くださいよ、イヒヒ。

 237250883_4325466590865809_4412788030421686739_n_convert_20210818192304.jpg

 まあ、この辺は調整でいいか、そのうち遠出でもしたくなってきたら、バイトして自分で交換すればよし‥・。

 236581154_4325466530865815_2808887169267239965_n_convert_20210818192231.jpg

 ハイ、まだサドル余裕ありまくり、ハンドルは将来お好きなやつで、ドロップでもいいよ、折りたたみなんで飛行機にも載せやすいよ、ということで、今後この車体はいま少年の彼と一体どんな風景の中を走っていくことになるんだろうね・・・。

 もちろん将来この一台でなければいけないなんてことはない、ただ、多感な少年の頃からずっと乗ってきた車体は絶対に忘れられないはずだよね、それを大人に乗っても乗り続けられるなんて、最高だろうなあ‥・。

 長編物語に向けてゆっくりいこうぜ!先は長いんだ・・・。

夢の台湾一周号 暫定完成の巻 迷える子羊企画



 取り掛かって、途中サボりや諦めもありながら半年ぐらい、ダラダラかけていた、夢の台湾一周号が暫定的に完成ということにいたしました。

 暫定的というのも、まあ、まだまだあちこち検討の余地ありということと、あとは実際に乗りながらギア比なんかを変更していくのもありか?というまあ、なにをもって完成!と言うべきか、どうも切りがないので、いつまでもぶら下げた状態というのも何なんで、取り敢えず一区切り、「完成」ということにいたします。

 今回のテーマはいくつかありまして、それらを設定しながら、ハードルをどのレベルで越えられるか?というのがまあトライアルと言えばトライアルだったかな?ということであります。

 第一目標は、何故か台湾一周!!!もうすでに一年半以上行ってませんな。昨年の年の始め、台湾では春節前の今思えば最後に海外に動けたギリギリの時期でありましたな‥・、以来東京監禁ですわね。

 だいたい九州と一緒の大きさという、東は山がありまして、走行環境は悪くなさそうなので、是非台湾を自転車で一周したい。亡くなられた鬼海さんがもしお元気でしたら、マジでご一緒したかも知れない企画なんでありますよ。

 店主が代わりに実現しますよ!その際、LCCの機内はさすがに無理か・・・、最小荷物で台湾にいくためにはやはり折りたたみがいいだろうということで、夢想した一台であります。ただし!折りたたむからといって、走りを犠牲にしたくはない!
 
 そういうところから、単なる折りたたみではない、走りを犠牲にしない!という2つめの目標を掲げ、普段から折りたたみに関して抱いていた違和感なるものをここで一大克服してみようという、小径車無視モードの店主としては珍しく小径車に燃えた企画でもありますね。

 途中なんで、こんなに盛り上がってんの?と店主自ら俯瞰したほどだ。

 238992400_4319021434843658_5656840081425905162_n_convert_20210816161628.jpg

 突然飛び込んできたダホンのフレーム、実は完成車だったんだが、フレーム以外のパーツは全て他のダホンに載せ替えてしまい、フレームのみが残ったわけだ。

 意外と軽くて、頑丈そうだったので、もったいないからコイツを使おうということに。

238850889_4319021788176956_7684338722861265986_n_convert_20210816161609.jpg

 メトロ・・・他に聞いたことがある名前だが、とりあえずダホンのメトロという車体を基体とした。

236463214_4319021674843634_5261377775758473018_n_convert_20210816161535.jpg

 しっかり真ん中にジョイントがある、これも頑丈そうなので合格だな!

 さて始めっか・・・。

 まず折りたたみの一番の気がかりが、ハンドル周りなのね。あのバタンと倒れる、長いT字のハンドル。あれが苦手なのだ!なんかブレーキのたびにグラグラして剛性がない。走っていると、何かの拍子でバタンと倒れやしないだろうか?という妄想もありであります。

 なんとかしないと・・・ということで、変えたのがこちら。

 239139999_4319022334843568_1139249845324243983_n_convert_20210816161650.jpg

 オーバーサイズのヘッドパーツに変えて、折りたたみ式から、引っこ抜き式にしたということであります。これなら物理的にフォークのコラムに差し込んであるので、よほどの力をかけない限り、ここが自然と倒れることはなくなります。

 ただ引っこ抜くことに関してわざわざ工具と使うというのも折りたたみの趣旨からいうとうまくはない。そこで、手回し式の工夫をしたわけだ。

239153295_4319022211510247_6730953094183201377_n_convert_20210816161659.jpg

 長ナットに穴を開けて、6ミリのボルトを通して、手回しで着脱できるようにしたわけね。この辺の詳細はまた別の機会に。

 そしてここを見ると分かるように、ハンドルの高低はステムのボルト二本で自由に無段階で調整することができます。これ特許は取れないが‥・、小径の設計者の皆さん、どうぞパクっていいですよ!

 239130942_4319021548176980_1154593531353627181_n_convert_20210816161638.jpg

 T字が苦手、フラットハンドルが苦手ということで、やはり台湾一周するなら、ドロップでしょうということで、ここは当初からドロップハンドル取り付け予定でありました。

 236347651_4319021871510281_3268865200960138029_n_convert_20210816161440.jpg

 コンポはもうすでに謎コンポではなくなってきました、センサーを店主も使ってみようということで今回採用です。エントリーモデルは、やはりアチコチゆるい感じはしますね、アレ?さっきまでちゃんとセッティングできたのに、何サボってんだよ!といいたくなるようなこともありますな。

 236353890_4319021771510291_8589657835973178438_n_convert_20210816161448.jpg

 まあ、そこそこ動きますが、小径はチェーンの間隔が短いからなのか?ちょっとセッティングはレーサーと比べるとデリケートというか、難しいかな?それともこのセンサーの癖なのか?ちょっとわからないが。

 238783366_4319022028176932_8104252469381782250_n_convert_20210816161600.jpg

 そして、このフレーム自身は前シングルの設計で、それ以上の小物なんかも付いていなかったんだが。台湾一周するなら、前二枚は欲しいですね、ということでダブルにこだわった。しかもチェーンを指つまんでシフトするというのではなく、敢えてここにフロントメカ付けて、手元で変速できるようにこだわった。

 実はここが今回一番手がかかったところかな?と同時に、暫定ということの意味が、ここに集中しているともいえるんだよね。

 236347398_4319022374843564_7911479615982978355_n_convert_20210816161431.jpg

 本当ここ‥・、とっつけては外して、外してはまたとっつけて‥・、要は剛性ということだったんだよね。見ると分かるが、フロントメカが付くためになんと二種類のアルミ削り出し金具が使われているんだが・・・。

 フロントメカはというか、リアメカもなんだが、ワイヤーで決行な力で引っ張られるわけで、取り付けにはそれ相応の剛性が必要になります‥・、なので、最初の試行の時は、フロントメカの角度や位置はそこそこ良かったんだが、剛性がなくて、引くたびにフロントメカが動いてしまい、まあコレは使えないということで、何度も外して、金具一個で取り付けを考えてやってきたんだが。

 そうなると、今度はフロントメカの付いて欲しい位置につかなくなる、チェーンの干渉がすごい、カラカラいって使い物にならない。

 ギア板の歯数を替えて、音のしない所にチェーンをもっていく工夫をするか‥・?または昔のフロントメカを探して、より長い範囲をカバーできるものはないか?なんて色々やってみたんで見つかるわけもなく。

 再度この二個の金具を挟むことに。さて剛性出すためには頑丈なネジを使って鬼じめをする、緩みどめなど使ってできることをやってみた結果、剛性の度合いはかなり上がってきたかな?
 
 取り敢えず、ほぼすべての組み合わせにチェーンがかかり、音鳴りもかなり少ない状態で回せるようになってきた。

236439007_4319022281510240_4589878534669733682_n_convert_20210816161522.jpg

 インナーの歯数は38Tで130ピッチでは最小のチェーンリングであります。

 236370731_4319021638176971_2880180848733092447_n_convert_20210816161504.jpg

 そしてアウターは58Tというかなりでかいチェーンリンク。小径車なんでこうした遊びは面白い、700Cだったら絶対に考えられない歯数だよね、アワーレコードでも出るの?なんてからかわれそうだ。

 238957680_4319022071510261_6503153313377084564_n_convert_20210816161619.jpg

 ホイールは20インチのHEなので、タイヤは選び放題だ!このサイズは700Cに次ぐ種類を誇るサイズだろうね。

 236472940_4319021488176986_763166183658771456_n_convert_20210816161543.jpg

 ブレーキはショートリーチ!相当効くね、なんとTRPを使用、まあテクニカルサポートやっているんで宣伝兼ねて使わないとね・・・。

236382289_4319021904843611_7311730795502936572_n_convert_20210816161514.jpg

 削り出しの見た目でちょっと高級感ありだね‥・、効きは申し分ない、いいブレーキです!

236497234_4319021574843644_2946006161429978639_n_convert_20210816161552.jpg

 サドルの高さに妥協はない!ということで、これはこれで満足であります。ただここまで長いとしなるね・・・。これはハンドル周りについても、しなりはあります。

 この辺もどうやって克服していくか?という課題はまだありでありますな。

 236354156_4319022161510252_7641089344107616958_n_convert_20210816161456.jpg

 ということで、自分でかなりハードルを上げたつもりのダホン、メトロの大改造号。殊にハンドル周りと、フロントダブル化、フロントメカ設置というところにこだわった施工例であります。

 このどれかを実現したくて、ウズウズしていたダホンファンの方々には、少しは参考になったかな?ということで、これもまた迷える子羊企画ということでもありましたね。

 さて、取り敢えず走りますし、そこそこ変速もします、スピードもそこそこでますね、フルブレーキすると長いステム部分が撓むので、この辺もまた次の課題だな・・・ということで、少し自走をすることで、様子を見ていきたいと思いますね。

 ただ、ちゃんと走るのは当たり前として、本当に折りたためるの?という疑問はありでしょうな、次回はその実演をしてきたいと思います!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター