メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

シングルちょっと変態系自転車



 こういうタイプの自転車や、似たような車体に車のハンドルをつけて走って喜んでいる人が、当店周りにいるんですねえ。

 特徴はまあ、変態系ということと、

318242801_5752182048194249_8835154024107078235_n_convert_20221206211231.jpg

 必ずシングルギアであるということ。ただし、フリーか固定の二種類のみ・・・です。

 多段組まないんですか?と聞いても、美学なんでしょうね、シングルしか組まない。確かに美学的な方であるには違わない、別名オシャンティー大学学長なんて名前もあるくらいですから。

 そんなおじさんが組んだ自転車をその息子さんが持ってきた。オヤジさんにパンク直してもらったんですが、翌日空気が抜けているんです・・・。

 つまり直っていなかった・・・ということですね。なので、

317924758_5752182158194238_5840044999549188821_n_convert_20221206211215.jpg

 チューブの穴を塞いで、パンク修理してあげました。しかしこのタイヤ、26インチなんですね。

318201114_5752182234860897_6042033007051547369_n_convert_20221206211157.jpg

  勿論前後とも26インチ・・・、なので、今や珍しい鉄のホリゾンマウンテンのフレームをシングル化したということなんでしょうな。

 こんなのを見ると、正統の鉄マウンテンにして乗りたい!という希望者も出てくるでしょうな。そんな要望には目もくれず、シングルにして、ハンドルはなんと・・・

317753495_5752182301527557_7447009136419419333_n_convert_20221206211136.jpg

 すっとぼけたチョッパーにしているんですね・・・、いかにも変態系、ただしリラックスして乗れるという点も確かにある。変にセンスがあるんだよなあ・・・。

 318205726_5752182364860884_3035345318619105058_n_convert_20221206211118.jpg

 たまにこうしたハンドルに乗ってみるのもいい、自転車の可能性の広さというか深さを感じるからね。なるほどこういうのもありだなあ・・・と。

 ただ、ステムから高い位置にあるのでその分テコの原理が働いてしまうらしい。それりゃそうだ、ブレーキかけて止まる時、この高いところから止まることの反作用の力を受けることになると、

318221412_5752182451527542_3718419244724000740_n_convert_20221206211056.jpg

 このステムの固定やヘッド周りが通常の自転車の、通常のハンドルから受けるよりも、強い力の影響を受けるでしょうね。

 実際に、ヘッドパーツは緩んでガタが出ていました。定期的にこの辺の増し締め点検しないと、急ブレーキかけたらハンドルがパタンと前に倒れて不安定になってしまうこともありうるでしょうね、気をつけてねー。

 318616063_5752182524860868_2107495477091820927_n_convert_20221206210934.jpg

 正直なんて角度にサドルつけたんだよ・・・と思っていましたが、乗ってビックリ。チョッパーな分、体が少し後ろにのけぞりますので、このサドルの角度が絶妙というか、これはこれでもあり・・・と思えるんですね。やはり自転車のポジショニングは深いね・・・。

 318532392_5752182398194214_224752981382023113_n_convert_20221206211037.jpg

 ほとんどお父さんの余りパーツで作られているような自転車なんだが、このクランクだけはちょっと決まっていた。なんかどこかで見たことあるなあ・・・。

 317958549_5752181954860925_3324263911801416425_n_convert_20221206211312.jpg

 しかし、高校生ぐらいの子たちがこんな自転車にのん気で乗っているって、なんか余裕があっていいね。何を急ぐでもなく、ゆっくり生きていこう!という感じだ。

 さて18歳だろ!進路はどうする?!進路は?!なんて制度的な詰問が来てもおかしくはない年齢で、まあ、こんな自転車乗ってゆっくり考えますわ・・・でいいんでねえ?

 そう、もう店主らが強迫されてきたような、学歴に職歴に生涯賃金に年功序列に・・・なんて構造はもうとっくのとうざに崩壊している。今はボーナスなんて言葉ですらもう死語だろう?国会議員と公務員、大手企業のほんのひと握りのものにしか支給されない特権となってきているようだな。

 そんなもう別の国に成り下がってしまった中で、どう生きていくか?頭をフル回転させて、関係作って、体を鍛えて、ゆっくり考えるしかないだろう・・・。

 次を開いていくのは君らだろう、もう殊にこの国のオヤジ連中は、あれば既得権益を手放して、もう黙って任せたほうがいい、あとは余生を碌な状況しか若い子たちに残せなかったことを猛省しながら死んでいくしかない・・・。

 ゆっくり考えよ、先は長い・・・。
スポンサーサイト



普通ありえないツーリング車・・・だね



 まあ、そんじょそこらでは絶対に走っていない、ツーリング車がやって来た。ある種の名物おじさまの作なんだが・・・、その輪に輪がかかった感じがまたすごい。

 317797859_5749125388499915_8023364974756984189_n_convert_20221205224823.jpg

 26インチの、完組みホイール。シマノものなんだが、ハブは優秀、そしてデザインも斬新だったと思うが、このスポークとスポークの間の空いたホイールは、調整が大変なのね。リムが頑丈なので、こういう組み方も可能なんだろうが、一度狂うとまあ調整が大変だ。

 わざわざそんなものを選ぶ、しかもご自分で組み直したとか・・・よくやるわな・・・。ツーリング車なので、泥除けも付いている。

 318095073_5749126055166515_7348782351833680083_n_convert_20221205224853.jpg

 リアも同じ形式なんだが、このフレ取り依頼でやってきた。折れたスポークも、同種の別ホイールから外して流用、よほどお気に入りなのね。

 318601117_5749124925166628_158414847181163933_n_convert_20221205224756.jpg

 そして一番の驚きがこれ・・・。ただのドロップハンドルではない・・・、シフターをよーくご覧あれ、オオ!と思うわず声を上げた人は5人ぐらいいるんじゃないか?

 318110797_5749125115166609_4501764562554475335_n_convert_20221205224809.jpg

 そう、10速時代のカンパエルゴパワーをシフター兼ブレーキレバーとして選択しているということ。そしてこれでもしかして?と訝っている人がいれば、あなたも同類ね・・・。

317999925_5749125861833201_497986011144030251_n_convert_20221205225033.jpg

 やっぱり・・・と当たっていた方、あなた同類です。そう、シマノのXTRのリアディレーラーを仕様、シマニョーロでやっているわけです。

 このリアディレーラーって、ロートップという通常のものとは逆の動きをするんですね。それでも使っている・・・。確かに引きシロの間隔は動きは逆であっても同じなんで・・・冷静に考えればそうだと分かるんだが、実際に実行に移すとなると・・・まあよくやりましたねえ。

 何言っているかわからない人もいるかと思いますが、シマノとカンパの間の互換性はほぼ皆無、それをわざわざ取り付けようというんですから、曲者に決まっています・・・。

 ある種店主も同じことしているんですが・・・。

 この調整も結構癖があって、ハンガーの角度を変えてみたり、ワイヤーの固定位置をずらしたりと・・・やれることすべてやって、やっとできる・・・というのがこれなんですね。小細工パーツを取り付けてやり抜けるという手もあるんだが、何もそれらを使わずにやるというのがちょっと醍醐味・・・手間はかかるが・・・。

 317996046_5749126271833160_4717900733201981327_n_convert_20221205225008.jpg

 フロントブレーキが、これまた調整しにくいギロチン系のカンチブレーキ。シューの向き・・・、これも経験のある方の判断なので、このままに。

 317883550_5749126401833147_6442833654233175757_n_convert_20221205224911.jpg

 リアブレーキがXTRのVブレーキ。これに馬蹄が付いている・・・。その理由は、

317994711_5749125518499902_4762767849406335326_n_convert_20221205224838.jpg

 一見細いが、アルミフレームなんですね。アルミだとたわむので、馬蹄を使って強度を上げる、ということなんです。

317844759_5749125721833215_8667162160104739571_n_convert_20221205224932.jpg

 何か余っていたクランク・・・という感じがしますね、あるから使おう・・・。まあ、今までいじった数十台の自転車とパーツがありそうなんで、こういうパーツも唸っているのかも知れませんね。その中から、一番バランスのいいものを選んだのが、これだったのかな?

 317615415_5749124705166650_2114636476659675291_n_convert_20221205224950.jpg

 また、市販では絶対に登場しないある種変態スペックとも言えますね。何かあっても自分で対応できるんなら、これでもいいんです。

 乗り手としても、いじり手としても、自分でなんとかできる・・・というのであれば、こんな自転車も登場することができる・・・。そういう「手」が生じ得る条件と環境を守ること、作ることも、当店の有り様と深く関係があることなんでありしょうな。

 まだまだやるべきことはありそうです・・・。

置き自転車という考え方



 自転車があるんですが、それに子載せをつけてほしいんです。

 なんて依頼は今まで多くあったんですが・・・、できるだけ安く・・・というご依頼。

 まあ、ご時世ということもあろうかと思いながらも、聞いてみるると。移動と、保育園の関係で短い期間駅に置く、という選択肢を取らざるをえないということらしいですね。
 
 つまり、新居から駅、電車に乗って下車して、そこの駅からこの置き自転車に乗って、保育園まで子供を送る、という使い方をするらしいですね。

 新居の近くに保育園が見つかれば、そんなことする必要もないのに、この国の子育て支援の底の浅さが見え隠れしますね。

 人口減少が深刻なら、いくらでも打つ手はあっただろうし、それも打たずにこの様だとしたら・・・、なんで誰がどんな理由で支持しているのこの政権?となるんですが、まあ、なんともな人民ですな。

 316807525_5724812274264560_3531747232942503918_n_convert_20221126232705.jpg

 元々が内装3段なんで、まあ通常の使い方では遜色ないでしょうな。

 316314651_5724812550931199_6195496748620693494_n_convert_20221126232620.jpg

 子供を乗せることでギア等が重くなるなんてことがあっても、買い替えの必要などありません。ここのギア板を交換すればいいだけです。あとはチェーン交換すれば、なんとかギア比はなるでしょうな。

 317095634_5724812230931231_8791884903447799498_n_convert_20221126232526.jpg

 一本足スタンドから、両足スタンド、しかもより安定感のあるものに交換ですね。またこのスタイルの両足スタンドは、外装の多段にしても対応できるというスグレモノであります。

 317235542_5724846517594469_8822682120857242945_n_convert_20221126232724.jpg

 子載せカゴを載せるための、荷台を取り付けます。学齢に近いと聞きましたんで27キロ系のものでも大丈夫なものを取り付けました。まあその警告の倍くらいの重さには実際に対応するんでしょうがね。

 316278289_5724812617597859_7373031907620753356_n_convert_20221126232550.jpg

 期間も短いし、中古でいいですよ、ということでこいつを取り付けました。まあ、本来なら、大事な子供を乗せるものをということなんですが、保育園の最寄りの駅に置くための自転車、つまり置き自転車という発想から、あまり手間と銭をかけられない、ということなんでしょうな。

316806878_5724812787597842_170388671187713897_n_convert_20221126232448.jpg

 そうした、地域的な縛りが取れるようなことがありましたら、また次の新天地で、しっかり走ってくれたらと思いますしかし、一台の自転車にも、いろいろな、用途というものがあるんですえ。

 一台でも多く大事に長く乗られるような状況になることを少し祈るかな・・・。

その方はあの・・・



 娘の乗っている自転車なんですが、パンクしちゃって・・・と持ってこられたこの自転車。

 ルイガノなんだが、コイツはいわゆる普通の娘さんが購入して乗っているような自転車じゃないな、と。普通というのは一般的な、という意味で、特に自転車好きの方でなければ、このような自転車に乗るはずはない・・・、スポーツ自転車と言ってももっとあてがいぶちの買ったそのままで乗リ続けるはずだからである。

 316110616_5707383609340760_2574018719666893372_n_convert_20221120214328.jpg

 ティアグラベースで作られているこの車体、娘さんが購入されたんですか?と尋ねると、

 315854091_5707381209341000_2982621842262559602_n_convert_20221120214302.jpg

 いえ、そうではありません、お父さんが娘さんにあげたものだという。そのお父さんって、自転車好きの方・・・ですよね?

 315729091_5707379936007794_5173054549889323794_n_convert_20221120214247.jpg

 このブルホーンはわざわざハンドル交換したものだろう。市販ではほぼありえない。

 316177795_5707375852674869_5522306499922939083_n_convert_20221120214215.jpg

 こんなシフターをわざわざ選択するところなど、嫌いな人の所業ではない。

316239857_5707375082674946_7425144744917423082_n_convert_20221120214146.jpg

 それに、多分娘さんの体にも合わせるよう努力した形跡も見受けられる。

 315883124_5707384096007378_6374620619697059625_n_convert_20221120214346.jpg

 ここにわざわざディズナのステムを選択しているところなど、自転車が好き、いじるのも好き、マニアックレベルにまで達しておられる方・・・なんじゃないのかな?と想像します。

 そして、そうして組まれた自転車を娘さんが大事に乗っている・・・、実にいい話だなあ、と思って聞いていたんだな。

 316251905_5707375436008244_4792919552568608666_n_convert_20221120214200.jpg

 余ったか、たまたま空いていたか、使いみちが決まってなかったか、ミケのピラーをあしらっている。こんなところも凝っています。

315536567_5707377549341366_4240553381938338981_n_convert_20221120214231.jpg

 アルミフレームにカーボンフォーク申し分のない、娘さんへの愛情も感じられる、セッティング・・・いいねえ。

 そして、ちょっとお名前を尋ねてみたんだが、その特別珍しいお名前で、ある記憶が蘇ったのだ。

 二年ほど前か、改造実用車を試乗しに来た背の高い70は過ぎているがテニスボーイ然たる、紳士がやって来た。試乗して、たいへん気に入ったということで、テニスクラブに通うにも適しているということで、購入が決まったその夕方・・・。

 その方の奥さんという方が見えて、実は・・・と話をし始めたんだが。

 実は、痴呆の症状が出て、ちょっと変にお金を使いたがる傾向があって、先日も無意味な折りたたみ自転車を買ってきて、結局は乗らないで困っているので、今回の購入契約はないことにできないか?ということだった。

 店主との会話の中では、そうした症状や傾向というものは見えなかったが、そういう事情があるなら仕方ない、ということで、話は立ち消えになった。

 ただ、名前がとても珍しいので憶えていたんだな。

 あれから二年近く経って、症状はだいぶ進んでおられると・・・。まだあちらは歳は若いが、店主の父親と重なった。

 一時、買ってあげる、奢ってあげる、ごちそうしてあげる、という行為を喜んでやっていたことを思い出した。もう欲もなく、ひたすら若い子らに買ってあげご馳走してあげることに自分を言い出していたのかな?とも思った。

 このお父さんも、そうした気持ちで娘さんに自転車を組んでいたのかな?と思ったら、二年前のその方の顔が浮かんできた。

 認知症は、その人となりが薄皮が向けるように剥がれて行くようだった。最後のその人のその人なりって・・・、身体?その空間を占めているということ?と思うくらいに。

 だから、話す、とか聞くとかいうことよりも、最後は触れることしかできなくなる。店主が親父その人なりとした最後の会話は多分、5月の病院で待っている時「何の本を読んでいるんだ?」「これ?昭和史の本だよ。ちょっとこの辺抜けているんで・・・」。親父らしい質問してくるなあ、とちょっと感動したことで憶えている。

 その後の言葉のやり取りは単なる情報伝達以上以下でもなかった・・・。最後は触れることしかできなくなる、そこにその人の同一性とは?ということを考える重要なヒントが、この接触というイベントに隠されているのかも知れない、と思うようにもなった。

316431253_5707741105971677_8598765079032582531_n_convert_20221120224109.jpg

 斑の中で、その人なりが垣間見えた時、有意義な会話を!この自転車を通じて、この自転車がその方の安寧な便りを運んできてくれたら、と思う。

高校生の直してくださ〜い!!!



 高校生が四五人やって来て、この自転車調子が悪くて、直してください、という。

 何かやったの?

 イエ別に、特にしていないんですけど、なんか変なんで、直してください。

 どこがどうしたの?

 ココ(ヘッド周りをさして)とですね、あとココ(リアホイール)ですね。あとブレーキも効くんですけど変なんでお願いします。

 まあ、大雑把な言い方で何がどうなってどう変なのか?までは把握していない、なんか変だ・・・と。

 ヘッドパーツは自分でいじったあと、なんか変と。

 リアホイールはもう随分乗っていて、なんかギシギシするというか・・・。

 こんなもんだろうね、高校生は、そしてあり得るのが、気づいている以上に不具合はアチコチにあるはずだ。

 316167562_5701709723241482_7452488348595962788_n_convert_20221118205003.jpg

 BMXのように、コラムの中心からワイヤーが入って下のディスクにまで届く、この引きが悪い。まあ、ワイヤーだろうな。取り回しもいいとはいえないので、ワイヤー交換の際にその辺を一新しよう。

 315642945_5701710103241444_3976233076783009004_n_convert_20221118205027.jpg

 このチェーンリンクのガイドなんか、分厚くて、これを縁石に乗せて技をやるとか聞いたことがあるが、真偽の程はわからない。

 315691125_5701709079908213_3859961196719682607_n_convert_20221118204934.jpg

 フロントホイールはほぼ何もなかったんだが、問題は・・・いえ、大問題はリアホイールにあった。

 315872762_5701709396574848_3793330244671868458_n_convert_20221118204948.jpg

 ハブ自体がズクズクで、もうハブ軸の体をなさない。外して点検すると、片側のシールドベアリングが完全に、破損していた。それじゃあ、ズクズクのはずだわね。まともに動かないはずだ。

 そこで、シャフトを叩き出すと片方のシールドベアリングを撤去、問題はその片側の方だったね。もうすでに走行によってベアリングの外側が潰れて飛んで、ベアリングがバラバラだった。軸を取った際に、シールドベアリングが前後で分裂し、後のほうがハブのベアリングソケットにハマったままという状態。

 コイツを外すのが難儀だったわね。ちょうどいい叩き出しの道具がない。できれば叩くので、その軸は木製のほうが母材には優しいので、それを作るか探すかだな・・・。

 探したらあったので、そいつを使って内部から静かに叩き出す、静かと言っても・・・そこそこ叩くが。

 そんなこんなで、抜けたあと、新しいベアリングを装着してアチコチ調整して元に戻したのが、コイツなわけね。

 涼しいかして、元の位置にこそっといるが、大変だったんだぞ!!!!

 315715448_5701710759908045_3310289099722848061_n_convert_20221118205042.jpg

 イヤー、ど派手な車体だね。BMXとマウンテンバイクの間のような自転車で、どうも技系の遊びをしているらしいね。

 しかし、まあ、高校生というものはこんなもんだろうね、ほとんど反射神経でさばいているので、よほど車体が悪くならないと気づかないし、気づいたとしても脅威の適応力で整備不良車にもなれてしまう・・・。

 そういう意味では、よく原因も何もわからないが、なんか変なようなんで、みてください・・・というのは結構優秀な高校生なのかもしれないね???

314063132_8262296440511595_6893724254622152787_n.jpg

この19日土曜日は、店主が恒久応援を決めている、西成パフォーマンス軍団による当店ライブが行われます。是非おいでください。笑うぞ!そして泣くぞ!投げ銭なんで、気に入らなければタダで帰ってよし!さあ勝負だ!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター