メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

接ぎ木メンテ



 コルナゴのシクロ車ですね。毎度おなじみの自転車長者の方です。外したパーツ類がごっそり残っていると、そいつらが次の車体は?としつこく言ってくるので、じゃあ、今度はコルナゴに付けてやるよと、と約束したらしい。

 さていつ付けるか?なんて考えていたんだが、ことのほかパーツ共が「早く付けロー!!!」とうるさかったらしく、なればということで、とりあえずは載っけてワイヤー類を張ったはいいが、最終的な調整は詰められず・・・こちらに回ってきたということ。

 そうなると、これを基礎に、細かいとこセッティングをやっていこうということになります。いわゆる接ぎ木というやつだ。

 DSC_0653_convert_20170621192102.jpg

 天気もよかったんで、外に出して、作業台に設置します。サーテ、ディレーラー等のインデックスから拝見。

 DSC_0657_convert_20170621192141.jpg

 なんとかローに持っていく。リアディレーラーの可動域が狭かった。それを適切なところに持っていく。

 DSC_0654_convert_20170621192116.jpg

 セッティングの好みはあるが、ローのインデックスは若干左にゆるめに決める。STIでの操作の際、多少もたれるようになる。プロレスでのロープのように、過ぎた域からゆるりと戻る方が、アチコチに無理はないんじゃないか?と思う。

 これをきっちり真下にセッティングすると、STIが壁にぶち当たったようにすげないのだ。それよりも若干内側に入りながら、ゆるりと戻される方が感覚的にいいんだな。好みの問題・・・なのかもしれないが。

DSC_0655_convert_20170621192129.jpg

 ローの状態で、フロントはインナーにかけると、今度はフロントディレーラーの調整ができるというわけです。これはギリギリチェーンに触れないところにパンタグラフを持っていく。これで回してチェーンの鳴りを確認する。こすりが無ければ、まずはそれでよし。

DSC_0659_convert_20170621192211.jpg

 今度はトップに持っていく。もちろんその間のワイヤー調整しながらね。ここでも、リアディレーラーのインの調整をすることになります。ここでリアディレーラーの可動範囲が決まるといっていいです。

 これに関しては目視もさることながら、実際に回しながら、チェーンの音で判断するのがいいかと思います。インナーを引っ張りながら、一番抵抗の少ない箇所=音の少ないところを探しながら、そこにボルトで持っていく。

DSC_0658_convert_20170621192155.jpg

 そしてフロントを今度はアウターに持っていきながら、調整。リアの調整はアウターにかけてやるのがいいですね。トリムを計算しながら、ワイヤーの引きも入れていく。緩過ぎるとワイヤーは無反応になるし、強すぎるとトリムを取り込めなくなる。そのちょうど中間プラスそれぞれの癖を考慮に入れながら、ということになる。

 シクロでもレーサーである限りは、このアウタートップと、インナーローの極端な組み合わせでの音なりは絶対にさせてはいけない。実際使うかどうかが問題なのではない、それが異音無く設定できるというのが、レーサーとしての最低限の条件だと思われますがね。

 DSC_0667_convert_20170621192309.jpg

 仮止めのSTIを本止めして。

 DSC_0666_convert_20170621192300.jpg

 この競技カンチ、横から出ている棒が太いね、いかにも競技用だ・・・。

DSC_0665_convert_20170621192251.jpg

 こいつを若干トーインさてておいた。好みの問題かもしれないが・・・、シクロにはそぐわないのかもしれないが、まずやってみたんで、まずはお試しください!ということでね。シューの面でバッチリ押さえたい人は、シューは平行に。

DSC_0662_convert_20170621192224.jpg

 見た目はほとんど変わらないが、ワイヤー系を中心としたセッティングは、まあいい具合にできたと思います。イメージ通りにね。

 シマノ系はむこうの論理でおわることが多いが、やはりそこは個体差というものがあって、そこが自転車の面白いところなんだが。STIの持っているトリムの位置、フレームのスケルトンの個体差、それらが各パーツ類、フレーム各所で違ってくるところから起こるであろう、セッティングの着地点。まさに落としどころというにふさわしい現象かと思います。

 このコルナゴシクロで、どこを走るんだろう?狭山湖周辺かな?

 まあ、この自転車長者さんの泉のようにわき出る、次の自転車へのアイデアというのが楽しみですね。数台持っていても、そこに決して物欲を感じさせない、物欲じゃ無いんだな、事欲といった方がいいのかもしれないね、だからこちらも惹きつけられる。

 単なる物欲だけなら、ありがたいお客であっても、どこか疲弊してしまう。お互い無理やめましょうよ・・・ってな感じでね。

 それに対して事欲は違うね、なんせ面白い「事」なもんで、だから面白い。これも立派な成熟のあり方かと思いますな。
スポンサーサイト

願いが叶うなら・・・



 重層的な意味でも、とんでもないものが飛び込んできた。

 DSC_0606_convert_20170616195130.jpg

 なんだこの幅は、100ミリはありそうだ。通常68ミリなんだが・・・。

 DSC_0603_convert_20170616195103.jpg

 土木で使う、一輪車、通称ネコというやつですね、あれを思い出すようなタイヤですが・・・実は太さがデカさが違います。

 DSC_0604_convert_20170616195113.jpg

 だんだんわかってきたかな?通常ではない太さのタイヤをはいています。しかも・・・、

DSC_0601_convert_20170616195056.jpg

 手前一ねじり、向こう二ねじりで組んでいます。手が凝っていますね。

 DSC_0607_convert_20170616195138.jpg

 あまりのタイヤの太さに、フレームがタイヤの外を回って、ハブをとらえています。

DSC_0599_convert_20170616195046.jpg

 改めて、タイヤがデカイ。雪の上や砂浜などでも潜らず走るファットバイクというものらしい。いかにもサリーって感じだね。

 こいつを組み付けて持って見せに来くれた人がいる。

 少年のように自転車に対する好奇心の強い青年だ。別の仕事をしていたが、それを辞めて自転車屋になりたい!という希望に燃えていたんだが。

 理不尽なこともあるもんだ。彼は自分の国に帰って数年の兵役に就かねばならなくなった、という。日本にまだ小さい二人の子を残しての強制帰国となるらしい。

 国にも色々と事情はあるんだろうが、二人の小さな子を残してまで、招集しなければならないのだろうか?しかも、再度日本への出国の保証もない・・・という。

 帰国の期限が迫っているという、もっと早く当店を知ればよかったとも言っていた。

 フラッと来ただけの人であろうと、ひとたび有縁となれば、この手の絶対的な理不尽を前に心が痛む、引き裂かれるようだ。

 彼は目をキラキラさせて、暫く当店の中を自由に徘徊していた。遠目に色々と刻み込んでいるんだろう・・・と思っていた。

 彼との会話の末尾には「無事帰ってきたら」・・・というマクラを付けて、「溶接覚えような」「ホイール組み仕込んでやる」「開業にはできるだけのことをしよう」と言っていた。「無事に帰ってきたら・・・」、なんて理不尽で残酷な条件文であろうか!

 一時間くらいか?静かに店内や作業場にたたずんでいた君。

 すると、彼は静かに口を開いた「僕・・・、もう少し日本にいられるような、工夫してきます・・・」と。

 この一時間に君の中に何が起きたのか?その決断に当店が深く絡んでいたであろうことをこの店主は重く受け止める、そして逃げることも、隠れることもしない。

 有縁となった君と君の家族のために、できる限りのことをしよう。ここは森山工業東京支部なのだ、天の師匠も深くうなずいているだろう。

 たぶん君は自転車を組むことの天才の一人だと思う、話の端々からそれはわかる。この世で、その路線で人の役に立てること、およそ天下一品となるであろう。それが実現するまで、できるだけのことはしよう・・・と思った。

 先の自転車は、実は帰国時に持って帰ろうと、すべてバラしたものだったらしい、ホイールから何からすべてバラしたものを一晩で、店主らに見せようとまた組み付けたということだ。

 それで十分じゃないか。

 人生何がどこでどう転機となるかわからない、もしそれが少しでもいい方向への転機であるとするならば、積極的に関わらないで、この店主の生きる意味など無い。

  お前が命がけなら、こちらの命をかけなければ、釣り合いが取れないからな。

 ミットは構えて待とう、いつでも全力投球してこい!受けて立つ。


 ※これは実話で、今後各方面の方々のお知恵とご縁と技術などをお借りすることもあるかと思いますが、その際には何卒よろしくお願いいたします!平に!

折りたたみは その8割が折りたたまないという原則



 やっぱり、購入時はしっかり折りたたんで使おう・・・と思ったり、さしてそこまで積極的に折りたたもうとは思わずとも、いずれ折りたためたらさぞや便利だろうということで、折りたたみ自転車を購入する方は多いと思います。

 しかし、その内、実際何割くらいの人がその折りたたみ機構を使っているのか?というと、しまい場所に本当に困っているとか、常にキャンピングカーに積んでいるとかいう場合を除いては、まあほとんど折りたたんでいない、または折りたたみ機構を使わない、ということなんじゃないかな?と思うんですね。

 意外と折りたたむのが大変・・・とか、折りたたんで持って歩こうと思っても思いの外重かった・・・とか、いちいち面倒・・・とか、理由は色々あるんでしょうね。

 自転車に乗ることにはまる人は、折りたたみ機構のために剛性が失われているなんてことに気づき始めると、折りたためない自転車の方を物色し始めたりね。

 そういう意味で、日常使いに折りたたみ機構を大変うまく取り入れているのって、やはりそのトップはブロンプトンなんじゃないか?って思います。

 あれはまさに傘のように、簡単に折れて、それがスタンド代わりになる。毎回止めるたびにスタンド代わりに折りたたむので、折りたたむこと自体に全く違和感がなくなる、しかも簡単だわね。見た目より重くない・・・。

 長いステムのハンドル回りをのぞくと、大変優れた折りたたみ自転車ということがいえるでしょうね。

 で、ブロンプトンの話ではなく、その8割に入る方、つまりとりあえず折りたたみを購入してみたわいいものの、一度も折りたたむこと無く、そのまま乗っている・・・という。

 ほぼ雨ざらしに近い使い方していて、修理してメンテして乗り続けるか?それとも、その代金分の新車購入するか?なんていうご相談ね。

 当店の自転車屋気質にも書いてあるように、よほどのことが無い限り、買った方がいいとはおすすめしない・・・。

 まあ、最後決めるのはお客さんだが、これに乗り続けたいというのであれば、その希望叶えます、といういつものスタンス。

 で、いくらくらいかかるか? 

 そんなのやってみなきゃわかんねーや!といいたいところだが、その前に、仮に金かけて直したとして、雨ざらしにしたら三ヶ月で元の木阿弥よ、ということは申し上げておく。

 せっかく金かけるなら、その後の管理も今までとは違った管理しないと無駄になりますよ、という一釘は刺しておく。

 そして、大体このくらいから、このくらい前後まで・・・と思ってください。バラしたら、よりとんでもないことが見つかって、それよりも大幅に足が出るようでしたら、ご連絡いたします・・・。こんな条件というか、その後あり得る状況に了解をいただければ、当店としては施工開始・・・なんであります。

 DSC_0597_convert_20170612223823.jpg

 ギア回りの調整、洗浄、錆落とし。手間かかるんだぜー・・・。

DSC_0599_convert_20170612223839.jpg

 ブレーキ回りも点検調整。シューの向きが変だと、その変な形でシューが変形してしまう。それをヤスリで直したり、直せなかったら、新品に交換したりね。

 DSC_0600_convert_20170612223852.jpg

 言わずと知れた、ワイヤー交換。シフターやブレーキレバーという指令元の力を、ディレーラーやブレーキアーチという指令先に伝えるいわば神経のような役割をしているのがワイヤー類なんですが。

 このワイヤーの途中、この途中はできるだけ抵抗少なくするための工夫が必要になりますね。ギアが変わらない・・・なんていうと、すぐディレーラーの方を見る人いますが、ディレーラーなんて壊れにくいもんなんですね。むしろその途中のワイヤーのトラブルというところが圧倒的に多い、といっていいでしょう。

 なもんで、ワイヤー交換すると劇的に動くようになる、というのはもう定説ですわね。といって、ワイヤー張るだけなら、中学生でもできる。ワイヤーを張って、ひたすら調整だよね。なのでワイヤー交換には、実はかなりの調整能力が必要になりますのよ。ある意味そこが技の見せ所、といってもいいかもね。

 DSC_0598_convert_20170612223831.jpg

 チェーンも前ギアから後ろギアに力を伝える、これは神経というよりも、筋みたいなもんかな?ここに錆や伸びのような、障害があると、伝達がうまくいかない。

 いいチェーンに、いいオイルをしまして、回してみましょうよ。別もんに思えますよ。ギア二枚は軽く感じます・・・。最近、ムオン、ケイテンのこの二点オイルはかなり気に入っています!おすすめ!

DSC_0595_convert_20170612223813.jpg

 すっかり機嫌よくなった自転車を渡して試乗してもらうと、人によっては乗った瞬間からワッすごい!と乗り手も機嫌がよくなりますね。

 多くは、事故などで劇的に乗れなくなるのでは無く、徐々に悪くなっていくので、乗り手の方もその悪さに徐々になれ対応していくようになってしまう、悪いなら悪いなりに乗ってしまうこともできるのが自転車というものだ。

 だから、それなりに乗ってはいるものの、いざ、それをほぼ完璧に近く調整・メンテしてやると、そのギャップもあってか、驚く人が大半です。

 機械系にはどちらかというと疎いお母さん方も、調整がうまくいくとのったそばから歓声が聞こえます。やっぱりわかるんじゃない・・・。そうだよね、四六時中乗ってんだから・・・。

 まあ、自転車屋自体がメンテを重要視しなくなってきているので、仕方ないのかもしれないが、もっとコツコツメンテした方がいいよ!ということは言っておく。まあ、自転車だけじゃあ、ないんだろうがな・・・。

小径車をこどもに・・・ありかも・・・



どういういきさつか知らないが、小径車が入ってきた。しっかりメンテして、欲しいというご要望だった。

 どちらかというと、小径車って、贅沢なイメージがありますね。絶対的なマニアがいますから・・・。あとは、まあ・・・小径・・・ね、というのも少なからずありますが・・・、そちらの方が大半かな・

 DSC_0600_convert_20170610190241.jpg

 予算もざっといわれて、なるほどね、と取りかかったときに、このフォーク。

 んんん?!

DSC_0609_convert_20170610190410.jpg

 ちょっと曲がってない?後ろにそってますねえ。

 DSC_0611_convert_20170610190429.jpg

 塗装を見ると細かいヒビが入っています。

 DSC_0610_convert_20170610190419.jpg

 そのヒビは、フォークの前後にはいています。たぶん、何かと正面衝突して、フォーク全体が後ろに反るような変形をしたんでありましょうな。

 ということは?このフォークは交換しないとねえ・・・。

 DSC_0603_convert_20170610190318.jpg
 
 色は違うが、たまたま、取ってあったフォークが使えるのでとりあえず、差し替えてみた。あとは・・・。

 DSC_0604_convert_20170610190327.jpg

 シュー交換したり、ブレーキ本体を調整。

 DSC_0605_convert_20170610190334.jpg

 ワイヤー系はすべて交換!

DSC_0606_convert_20170610190342.jpg

 チェーン交換、それとクランクの軸となる、ボトムブラケットの交換も。

 そうなると相当走るようになるよ!

DSC_0607_convert_20170610190350.jpg

 回るところを回るようにメンテしてやる、これで相当走るよ!

DSC_0601_convert_20170610190309.jpg

 フォークだけ色違いというのはご愛敬。でも一体ここまで手を入れてどうしようというのか?

 聞くところによると、これを子供小学生かな?その子に乗せたいと言うんですね。

 ウーン・・・・・、なーるほど!!!これはこれで実に腑に落ちる選択なんでありましょう。ちょいとこのハンドルには癖ありますが、それ以外だと、小さい子が乗れるようなセッティングは可能でしょう。

 となると・・・。こいつは一台で子供から、大人になるまで使える・・・ということを意味しているんじゃないか?ってね。

DSC_0608_convert_20170610190400.jpg

 このはなから、大人を想定して付けられているこのハンドルを、最初はもう少し低めに、またはサドルよりにグリップが来るようなセッティングにすると、子供だってバッチリ乗れるわけです。

 この辺をサドルを伸ばすとき、成長期の時に、どういう形状のハンドルにするか?なんてことを考えてやるだけで、下手すれば小学生の中学年から大人になるまで使える一台になりうる、というわけですねえ。

 この発想には目から鱗であります。

 なるほどこの手があったか・・・・。やはり素人さんが思いつくことのいくつかには、すごい発想というのがありますが、今回のもこれは頂き物でありますな。

 土台の頑丈な小径車一台を用意して、サドルとハンドルをセッティングして小学生を乗せてしまう。面白いのはハンドルの選択でありましょうな。

 それこそチョッパーやら、プロムナードや、フラット、ブルホーン・・・、何ならドロップなんていうのも大いにありだ!なんか総合的な自転車への発想だよね。

 店主一人で盛り上がっていますが、いやいや、近いうちにこれ実現しては公表してみましょうか?

 子どもから大人まで、一台でやり過ごすには小径・・・だな。試作してみよう・・・。さっそく・・・。

旧車のメンテ



 何十年ぶりかに引っ張り出してみたら、アチコチ色々あって、特に後輪にガタがすごいんで、なんとかなりませんか?

 お安いご用で、ということでお引き受け!

 ホイール外して、ハブをばらして、玉押し調整グリス入れなどしてやると、大抵は機嫌よくなります。中にはベアリング交換しないとダメなもの、またワンや玉押しが虫食いという状態になっている場合もあります。

 ガタを放っておくとベアリングがハブの内側を削っていく現象なんですが、玉押しなら交換できますがワンとなると、ハブの本体なので、ハブ自身の交換ということになります、つまりホイールの組み替え、入れ替えが起こるということ。

 今回はさほど重傷ではなかったんで、よかったですね。

 DSC_0645_convert_20170607204230.jpg

 あとは、チェーンリンクの曲がりなのか?チェーンのかかりがよくないというね。これも曲がりを修正などして、ダメなら、リンク自体の交換も視野に入れつつ・・・。

 どうもリンクが裏表に付いていたようです、激安ものには表面上裏表はありませんが、一定以上のものになると、チェーンを迎え入れるタメの形状が変わってきます、包丁で言えばちょっと片刃のようなイメージかしら?

 だからひっくり返されると、使えなくはないがシフトがちょいとしにくくなったり、角度によっては異音がするなどが起きます。

 DSC_0647_convert_20170607204238.jpg

 しかしこんなのが着いている、コマンドシフター。今は無きサンツアーもの。しかしこれはよくできている。内側にあるので、自転車が倒れても、被害は少ないね。

 DSC_0649_convert_20170607204246.jpg

 そして、ハンドルのどこを持っていても、意外とシフトがしやすい。シマノあたり・・・いや、ダイアコンペあたりかな?パクリ復刻してくれないかな?

 爆発的大ヒットはしなくても、ちょっと使ってみようかな?という人は確実にいると思います。長距離、長期間ツーリングにはいいと思うなあ。

 DSC_0651_convert_20170607204255.jpg

 イイェーイ!効かないカンチがついていますね。

 とりあえず、無事安全に走れるようになったので、まずは走って、旧友との旧交を温めてくださいな。それ以降、何か不自由でもありましたら、またご相談に乗ります。

 ちなみに、競技系のカンチなんて付けたら、驚くほど効きますよ!

DSC_0640_convert_20170607204213.jpg

 ピンクのペガサスくん。旧車ですね。こんなのがもっと出てくれば、街道は自転車の成熟度合いに酔えるでしょう。こういう自転車をかっこよく乗れる人が増えることも、当店の目指す方向性かな?

 そういえば物置に・・・、実家の倉庫に・・・、友達んとこに・・・と、眠っている旧車達いませんかな?起こしましょうよ!実際そうした旧交が一番、ご自分に合っているのかもしれませんよ。

 それをほぼそのまま、復元するかのように、乗れるようにするのもよし、車体の雰囲気を壊さない現行品と交換して管理しやすくするのもよし、その間でもまたよしです。

 旧車達よ、起きておいで!いかようにもいたしますぞ!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター