メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

元サイクリング少女の夢



 元はといえば、24インチの少年型マウンテンバイクのフレームを基体に組み上げたものであります。

 DSC_7339_convert_20191112082841.jpg

 狙いはここ。トップチューブが大分低いところに付いている、つまり跨がりやすいという特徴を持ちます。ということは・・・。

 これは元サイクリング少女のための自転車なんですねえ・・・。

 今となっては、どこかの元気が溢れるおばあちゃん・・・といったら言いすぎか?大変活発な高齢者さんと言い換えてもいいかもしれない。

 その方が、日頃の実用車のメンテにやって来たんだな、何やったか覚えていないが、そのくらいごく普通に実用車に起きるトラブルを治したんだと思う。

 特になんと言うことの無い、メンテ内容の説明が終わると、ちょっと顔がポワッと明るくなったと思うと、実は私若い頃自転車乗っていたんです・・・、と語り始めてきたんだな。

 学生の頃、西荻にある大学のサイクリング部に所属していて、いろんな所に行ったわ・・・と、その時にはなんか少女のような顔に戻っていた。

 そして、また自転車に乗りたいんだけど・・・、昔乗っていたような自転車は、もう無理だと思うんです
 今を去ること何十年前か?多分その頃ツーリングと言えば、ランドナーであったと思います。またはミキストかな?マウンテンツーリングの出てくる大分前でしょう。

その後、世は猫も杓子ものマウンテンブーム、ドロップハンドルは消え失せて、大学等のサイクリング部もマウンテンバイクにてのツーリング、その世代前のサイクリストはちょっと嘆き気味でありましたな。ドロップ派の店主も、自転車店をのぞくと、隅っこに投げ置かれているような埃のかぶったドロップ車を見ては、嘆息。

 その後、逆のネコ杓子のロードブームで、こんなにドロップ車があふれかえるなんて、想像も出来なかったなあ。そのくらい、その頃のドロップの衰退ぶりはすごかった。

 で、高齢になってから、また自転車に乗りたいという。今現に乗っている自転車ではなくて、多分旅情を刺激されるようなかつてのような自転車に。ただ、昔乗っていたタイプの自転車そのものにはもう乗れなくなっているとすれば、一体どんな自転車が理想型として考えられるか?

 いいお題をいただいた。

 そんな話をしているとき、少年マウンテンが置かれていき、24インチという、小柄な高齢者には向いているサイズのホイールなんかが目にとまったときもあったが・・・。

 22インチ、24インチいずれも過渡期のサイズ的扱いを受けているために、ホイールやリム、タイヤ等の選択肢が著しく少ない、ある意味体格と自転車のポジショニングを考えるとき、この辺の問題は重要かとも思う。

 と同時に、それらが等しく700Cクラスの選択肢があったとしたら、これまた扱うメーカー、業者等が大変だ・・・。

 なればサイズ変更・・・。実はこの辺あの噂の清水さんの発案と提案、そして実地組も。

 DSC_7332_convert_20191112082734.jpg

 絶滅危惧種ではあるが、まあ絶滅には時間のかかりそうな26インチ、こいつは24陰萎の次の大きさで、タイヤのサイズによってはこのフレームにも収まるということで、

 DSC_7333_convert_20191112082744.jpg

 26*1のサイズのタイヤを履かせてみた、ピッタリ入る。

 DSC_7338_convert_20191112082831.jpg

 そして、前はシングル!このスラム的発想は実はギアを上げるか下げるかという、実に単純な操作が実現するので、高齢者にとっても大変いいかと思うね。

 その代わりに・・・

DSC_7331_convert_20191112082724.jpg

 リアを超ワイドにしてやればいい。重くなったギアを徐々に下げて丁度いいところで回せばいい、前ギアの掛け替えなんて無いわけだから、これで良ければいいし、ダメならスプロケ周りの交換で解決する。実に単純明快だ。

 DSC_7336_convert_20191112082812.jpg

 シフターは、バーコンに。ハンドルづたいに手を外さすにシフトができる。

 DSC_7335_convert_20191112082802.jpg

 浅めのハンドルを送り気味にセッティング、ブラケットも高めに設定、何ならステムをより首長のものに交換してもいいかもしれない。

 ブレーキレバーはディズナの人間工学バッチリもん。

 DSC_7337_convert_20191112082821.jpg
 ブレーキキャリパーはロングながら、これで十分でしょうという効きは確保。

 
DSC_7334_convert_20191112082753.jpg

 サドルは女子の定番もの、少なくとも当店でのね。サドルにうるさい女子もこれで大抵は黙る・・・といわれているサドル。

 今回高齢者の方にはどう通じるかは分からないが、試してみる価値はあるだろうね。その辺のアフターケアはしっかりしていこうと思います・・・。

 DSC_7329_convert_20191112082713.jpg

 さてと、どんな反応が返ってくるか?ですね。

 試乗車として提供して、様子と感想を見るかな?

 DSC_7329_convert_20191112082713.jpg

 サイクリング少女再び・・・を期待したいところですね。

 しかし、先日ある記事に、フランスで前八十代後半の亭主と後ろ九十代前半の女房のタンデム旅行の紹介があった、動画も上がっていたが、両者ともに低回転ながらも膝がしっかり上がっていて、昨日今日のサイクリストでは無い、スゴイものを見せてもらったんだが・・・。

 この国でも70を機に再度ツーリングの世界に舞い戻ってくるサイクリストがいるということは、これまた一朝一夕の現象では無い、ということがいえるだろう。

 文化やジャンルの成熟度はその世界でいかに高齢者にまで配慮された仕組みが残っているか、単に速くてアクロバティックなものだけで無く、なんとも言えない味が出ているか?というところにかかってくるだろうと思う。

 すでにロックンロールも、スケボーも、サーフィンにだって、かっこいい高齢の愛好者たちがいる、そういう所にどこまで届かせるか?いや、そのもっと先までも・・・かもしれないね。

 自転車界も頑張らねば・・・。
スポンサーサイト



リノの改造

DSC_7159_convert_20191030225434.jpg

 リノと言えば、リノちゃんの改造自転車ということで、展示会やらなんやらと、一時話題をさらっていきました、リノベーション自転車のブランドですね。

 最近のリノさんと言えば、とある明るい食品会社に入りまして、食品パッケージなどのデザインをやっているようで、大変お忙しいらしい。

 そんなわけで、自転車リノには時間を割く余裕が無いということなんだが、かつて買ってくれて支援してくれたお客さんは忘れない、自分はいじれなくとも、お客が何か改造したいという場合には、当店を介して関わり続けるという姿勢は一貫している。

 そんなわけでやって来た旧リノを新リノにして戻してやろうという企画。

 DSC_7162_convert_20191030225736.jpg

 まあ、この辺の消耗品等の交換は当たり前。

 DSC_7163_convert_20191030225847.jpg

 なんかシングルのまま、スピードにもっと拘りたいということらしい。シングルでスピードを上げるためには・・・、

 DSC_7160_convert_20191030225518.jpg

 ホイールを変えるのが手っ取り早い。

 DSC_7161_convert_20191030225628.jpg

 ちょっといいハブで、固めに組んだホイールをあてがうだけでも、相当滑るように走る、と感じられるだろうね。

 なわけで、やろう。

 DSC_7193_convert_20191030230355.jpg

 ハブはノバテックのシールドを使っているものに交換、こいつがよく回るんだな。

 DSC_7195_convert_20191030230406.jpg

 固めに組むというのも、このネジリを採用。もっとネジリは注目されていいんじゃないか?と思いますね。スポークが折れにくくなって、これをしない手はないぞ、とすら思うんだがね。

 まず狂いがおきにくいといこと、そして手軽に剛性が上がる。かつて交点を針金で縛って、ロウを落とすなんていうソルダリングというテクニックがあったが、あれは手間がかかる。ネジリは文字通り、あやとりの際に一ネジリするだけ。

 そして、これからいやも応も無くディスクへの意向が増えていくだろう、いやも応も無くそういう流れになっていくはずだ、いやも応も無く・・・。

 その際に、ディスク側の剛性を出す際にも、このネジリは有効だ、大分有効だと思う、おすすめするよ。

 DSC_7186_convert_20191030230306.jpg

 そしてもう一つスピードというところに関係していくる、ギア比の問題も、固定にしてやることで、実現してみる。

 DSC_7185_convert_20191030230230.jpg

 歯数を小さくすることでギア比を上げる、同じ脚力だったらある程度ギア比が高い方がスピードには乗れるだろう。

 DSC_7190_convert_20191030230345.jpg

 そして回転の肝、BBも交換に。ホイールをピスト用にしたために、チェーンラインが変わってしまい、BBの突き出しも少し引っ込めざるを得なかった、傾向としては大変いいんだが。

 DSC_7187_convert_20191030230316.jpg

 そのため内側に引っ込んだクランクとチェーンステーについていたリアのブレーキが干渉をし始めた。そこでチェーンステーからシートステーの方にブレーキを移植。

 DSC_7196_convert_20191030230434.jpg

 そうそう、あと、フラットバーから、ブルホーンバーへとこれまたハンドル交換。これで試乗ポジションも前傾になり、上半身の力を走りに載せることも可能になる。

 ホイールを交換し、ベアリングの周りをよくし、ギア比を上げる、BBの回転も上げ、チェーン交換して伝達をなめらかにし、ハンドルを交換して試乗ポジションを変えた。

 まあ、これだけやって走りに影響が出ないはずが無い、まあ出来ることほぼヤッタ感あり。

 DSC_7182_convert_20191030230216.jpg

 この充実した姿に、文句は無し!まあ、大分走るでしょうね、驚くだろうなあ、ホイールが、試乗ポジションが、回転系がそれぞれ向上しそれらが連動し始めるとここまで、走るようになるのか?!と。

 こういうのが自転車の持っている隠れた可能性、潜在力なのだ、もっと多くの人に、この自転車の潜在力のすごさを知ってもらいたいね、みんな本当に驚くはずだ・・・、そして今まで何乗っていたんだろう?と思うんじゃないか?

 リノちゃんへの接ぎ木、次はどんな果実がなるのやら、楽しみなり。

載せ替えタンナス号



 一見普通の実用系の自転車なんだが、その通りの何の変哲も無い実用自転車なんであります。どこにでもあるような。

 ところがこうなるまでのいきさつというのがあるんですね。

 元々コイツ、こうなる前はこんなフレームだったんです。

DSC_7177_convert_20191029164755.jpg

 ミキスト系に見えるかも知れませんが、ミキストを模したちょっとおしゃれ系の実用車だった訳ね。たまにこんなのを見ると取っておきたくなって、いずれ貴婦人風に組んでやろうという気持ちなるわけなんだが。

 コイツでもって通勤をしていたある日。

 DSC_7176_convert_20191029164739.jpg

 こんなことが起きたということだ。ダウンチューブが折れていますね、それに従って、トップの二本のパイプも少しおしゃれに曲がっています。

 こうなると完全ビルダー領域なんで、柳さんに聞いてみるしかない。

 パイプ差し替えるか?フレーム乗り換えるか?どうしましょう?

 あと通常なら新車購入という選択肢がトップに来るでしょうな。でも、当店ではあまりそういう展開にはならない。それも理由があります。この方、この自転車を通勤用と割り切ったため、パンクが起きては困るという判断の下、

 DSC_7170_convert_20191029164459.jpg

 タイヤをタンナス(ノーパンクタイヤ)に前後とも交換していたという事だったんです、アア、確かそうだった。で、このタンナスの現状の方はご覧の通り、スポーク折れ等が起きなければ、まだまだ向こう五年は行けそうな感じ。

 前後入れ替えて、そこそこ経費も掛けた、この前後ホイールはなんとか活かしたいと考えるのは人情といえば人情でしょうな。まあ、当店はそうした選択肢を持ってくる店としては、ほぼ最適に近いであろうから、フレーム修正するか、他のフレームに載せ替えるか?なんてスポーツ車体にはよくある選択肢が、なんと実用車にまで摘要できちゃうというね、ことなんだわな。

 常識的に考えれば、およそ実用車のパーツ類を別の実用車のフレームに載せ替えるなんてことしないよね。そんな時間があったら、新車買え!と来るのが通常の店なんだろうから。

 このお客さんは当店近くにお住まいで、何かと交流があったりもするせいか、通常では考えられない実用自転車の選択肢を予感することができる・・・、まあ当店がいていい意味がこんなところにもあったのだとしたら、よかったわ。

 DSC_7175_convert_20191029164659.jpg

 ハンドルやカゴはそのまんま載せ替え。

 DSC_7169_convert_20191029164359.jpg

 ワイヤーはこの際には交換です。古い外したワイヤーを再利用するというのは、色んなリスクがあるので、よほどで無い限りやりません。
 
 DSC_7168_convert_20191029164254.jpg

 規格は同じだからポン付けできるだろう?というのがこれが色々と難しいんだな。実用自転車は少し気をつけてみるとその種類の多さには辟易するほど、星の数ほどあるといってもいい。そこに一々合わせないと動かないという意味で、結構大変なんだよね。

 DSC_7172_convert_20191029164544.jpg

 チェーンステー裏にキャリパーブレーキを忍ばせる。これだけでタイヤ交換、パンク修理が断然楽になるんだが・・・、まあタンナスなんで、そんなことは暫く起きない・・・でしょう。

 DSC_7174_convert_20191029164622.jpg

 この際破れたサドルは交換した、これを機にサイドポジション出して、毎朝の通勤を快適にしていきたいですね。

 DSC_7166_convert_20191029164156.jpg

 何の変哲も無いように見えて実用車なんだが、実は相当手間がかかっている、という風に見ると、そう見えなくもないでしょう?なんかちょっと力作に見えてくるなあ、最初の写真と同じなんだけど・・・。

 

チビレーサーのブルホーン化



 なんともカテゴライズしにくい車体のできあがりであります。

 小径というにはホイールはデカイ、といって大人のレーサーからすると、完全にチビ。本当その中間というか、ある意味ないところにあるような自転車なんでありますが、意外とこの手のサイズというか仕様というか・・・、何というか分からないが、そもそもがないだけに、できあがると大変重要な位置を占めているようにも思えてくる。そういうサイズ・・・なんでありますね。

 というのも、日本人、アジア系には150台の人はゴロゴロいます、その手前の人もね。そういう人のための車体というのがきわめて少ない、何でもスポーツ車はすぐに700Cにしてしまう。

 そうなると、ホイールだけでかい、丸めがねのような車体になり、乗り手はその車体にしがみついて乗るようになってしまう。650Cのスポーツ車も選択肢としてしっかり置いておけばいいのに・・・、その定着が見られない。

 大変残念なんであります。

 この上に車体なんかもあれば、それなりに活躍すると思いますね。

 24インチの元はフラットバー、いつでも少年・少女用のドロップ車に変身出来るということで、作られた自転車らしい。

 この作られ方が、いかにも中間的というか、成長過程のみの、というところがもったいない、実際に150センチ前後の人にしてみれば、大変いいサイズの車体だと思うんだが・・・。そういうものとして、通過されるサイズではなくて、ジャンルとしてのサイズという観点から捉え直して、作られればいいのにねえ。

 とまあ、今回は、フラットバーだったこの車体を、中学生になって成長中の娘さんが、こいつを継続的に乗り続けたいということらしいんだな。

 いいねえ、ここで成長中のサイズに合わせたりすれば、それこそ一生もんの足がかりにもなり得るかもしれない。頑張らないとね。

 ただ成長中、そして現代っ子ということでなんか手足が長いんだ・・・。なので最近折りたたんだ手足をしっかり伸ばすことが出来れば、こいつに乗り続けるのはむしろやりたいということで、ハンドル形状をより遠くということで、ブルホーン化にすることにした。

 DSC_7145_convert_20191027204630.jpg

その前に、ステムを長くし、その先にブルホーンを取り付ける。今までのフラットの位置よりも大分前に手の位置が突き出る形となる。

DSC_7146_convert_20191027204641.jpg

 フリクションだけど、まあ慣れてください。その内すぐシフティング出来るようになるでしょう、なんでもワイヤーを引くだけなんでね。

 DSC_7147_convert_20191027204651.jpg

 ギドネットは、ブルホーンに沿ってくれているので、大抵どの箇所からでも、ブレーキレバーに手が届くことになります。これはいいコンビだ。

 DSC_7148_convert_20191027204702.jpg

 チェーン交換や、ワイヤーの調整などをしっかりやって、新車と見まごう機能回復。

DSC_7149_convert_20191027204817.jpg

 後は、伸びた足のために、350ミリのピラーに交換。これで腕も前に出て、足もしっかりポジションが出た。

 DSC_7142_convert_20191027204602.jpg

 確かに改めてみるに、中途半端感はありありながらも、こいつにしか出来ない役割というのも強固にありそうな気がする。

 まあ、なかなか無い走行感で、こういうの1台あっても大分いいねと言うことになる。大変高い確率で、娘さんが乗らなくなった後にお父さんがシレッと乗り続けるなんていうのに大変いいかもしれませんね。多分そういう展開になるでしょう。

 そのお父さんは漕艇競技で全日本クラスの元選手。なので、マスターズのような大会に出て、大会荒らしをしているらしいが。

 この車体、ボートの練習の際、岸からボートと併走して、指示を送ったりするのにも、早すぎず、遅すぎないで丁度いい車体として、生き残り続けるのかもしれない。

 大きなラインを引いてしまって、売れなければ大変ということにビクビクしすぎかな?とも思えるくらい、実際にはつくるの難しいかもしれないが、定着したらあるタイプの人にとっては絶対に欠かせないサイズ、という展開もあるだろうなあ・・・。

 あとは、24*1のリム単体が手に入ってくれれば、いうことなし・・・なんだが。なんかもっとあっていいよねえ、この手のサイズ、特にアジアでは・・・と思うのは店主だけじゃあ、ないだろう・・・と思うんだがね。

そこまで本気で?!



 店主にとっては全くの分野外なんだが、これはもう、サドルを伸ばしたBMXに見えるかもしれませんね。

 あれはなぜか低いサドルをよしとするスタイルがあるらしいね。かつて仮店舗時代、近所に絵描きスペースがあって、シータスさんという190センチ越えのアメリカ人がいた。

 その彼が、材木のような長い足を折りたたんで、BMXで杉並から渋谷まで走ったとか・・・もう苦行としか言い様がないが、それがスタイルだとかいう、そんなもんか・・・と感心半分呆れたんだが。

 でも、これその筋の人から見るとすぐにバレバレですね。これもとは単なる少年幼児用自転車・・・なんですわ。

 DSC_7138_convert_20191025201911.jpg

 そいつに450ミリのピラーを差し込んで、いい大人が乗れるようにしたという。なんか当店の発想と似通ったものがある・・・。

 そして、こいつで以ていい大人のレースがあるんだそうだ・・・。場所は関西・・・らしい。

 DSC_7139_convert_20191025202008.jpg

 レースに出る車体が、レーサーなんで、一見無駄に立派なブレーキとも思え無くないが、よくぞ付けたもんだと、半分感心半分呆れる。

 DSC_7140_convert_20191025202027.jpg

 そして今回こいつが意外とホンマもんのBMXに見えたのはここに特徴があるかもしれない。子供用ステムの突き出し20ミリくらいなものを80ミリの大人ステムに交換してヤッタわけなんだな。それなりの見栄えもあって、一気に子供幼児自転車から卒業してしまった感じ。

 DSC_7137_convert_20191025201902.jpg

 そして、ミッションはもう一つ。こいつもちびながらレーサーなんもんで、やはりギア比というものを調整したくなったということだ。それはまあ、当然だ、スピード競うのにギア比に無頓着はあり得ない。

 付けうる限りの一番小さい歯数をということで依頼が来た。こいつはコースターブレーキで、競輪用の小ギアは使えない。あれ使えれば、入手可能な最小として13T(ごくまれに12T)を取り付けてやったんだが・・・。

 コースターブレーキのものは内装式などと共通で、Cリングによる固定もの。そいつを外して取り付けられるものの最小は16Tだったか。まあ二枚少なくなるので、多少走りには影響するでしょうということで、18Tから交換。

 以前はこのタイプ外すのも装着するのも手がかかったが、その理由は専門工具があるということを知らなかったということ。単純すぎるんで、Cリングをドライバーで広げて外したり、入れたりと単純なだけに無駄な苦労をしてしまっていたんだが・・・。

 今や着脱の専用工具があるので、比較的簡単に施工出来るようになった。

 DSC_7141_convert_20191025202103.jpg

 こんな用事車体を基体に作った、まあレーサーというかね、いい大人がヤルには面白い、なんとも言えない一台が完成したわけだが。

 意外とこんな自転車が、乗りやすいもんなんだよね。気軽にサンダルのように乗り降り出来て、盗難の心配も無く、使い勝手がいい。こいつにどんぴしゃの走りや、働きがあるだろうね、そいつが見つかれば、マイナーブレイクは来そうだわ。

 と、ちびでもレーサー、関西方面でまたレースで大いに活躍してくれ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター