メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

音なり対策



 またビアンキかよ!というくらいビアンキもんが続きますね。

 ただこいつは珍しい・・・。

DSC_6434_convert_20190916230636.jpg

 なんと幻のカーボンバックもの。まあ過渡期の過渡期、彗星のように現れては消えていった、アルミとカーボンのハイブリッドでありますね。前後にカーボンフォークを付けているようなもん、ということで売り出されたが、そんなケチらなくたって、オールカーボンで・・・なんてもんが流通し始めたら、潮を引くように消えていった。

 そういう意味では、博物館もんだよね、まず復刻はない、ほとんど考えられない・・・、やるとすれば・・・、アルミに拘るキャノンデールか、裏張りの名手ロックバイクス、この二社くらいしか思いつかない。

 そういう意味で、責任もってのってください!何なら徹底して再生してドロップ化なんてどうでしょう?なんて口説きを入れたりしてね。

 と、今回の重要案件は音なり・・・。来たよ。アア、困った・・・、永遠のテーマになりそうな音なり。軽微で済んでくれればいいんだが・・・分からない時には徹底して分からない、対策取れない音なりなんであります。

 クランク回すたびに音がします・・・、そこまで特定出来ていれば、これは十中八九BBかな?と推測がつきます。コリャいいかも・・・とお引き受け。

 DSC_6428_convert_20190916230534.jpg

 外しに一苦労。BBソケット内には、泥状の錆が積もっている始末。アルミなのになんで鉄さびの色なんだろう?多分シャフトが鉄だからかな?毎日通勤で使っているために、水がしたたり落ちる。雨にも負けず、風にも負けず、自転車通勤なんでしょうね。

 DSC_6429_convert_20190916230547.jpg

 タップも立てて、113ミリのBBを入れ替える。トリプルものにしてはシャフトが短いですね。

 そんでもって、自信を持って乗ってみると・・・。音の軽減は確認出来るが、完全に消えてはいない、しかも・・・。

 なんとハンドル周りからパキパキ音が出てくる。ぐいっと踏み込む反作用をハンドルで受ける時に、パキパキと。

 大抵増し締めすれば音なりは解消するが、今回はどうもそれが効かない。

 DSC_6430_convert_20190916230557.jpg

 クランプ部分を締め付けても、なんとも乾いたパキパキ音が消えない。この特有とも思えるほどの乾いた音・・・。

 これは潤いが足りないんじゃないか?と、スプレーオイルを吹いてまた増し締め。悪くはないがまだ音がする。しかもステレオだ。

 DSC_6431_convert_20190916230609.jpg

 こういう可動箇所が怪しい。ここもバラして、今度はスプレーグリスを充填する。そして増し締め・・・。

 結果はドンピシャ!音なり完全解消・・・。つまり接触部分の潤いと増し締めが重要・・・というある種初歩的な、原点的なメンテの自覚をすることに。やはり基本は大事ですねえ、同業及び隣接業界の皆々様よ、接触部分は潤いと増し締めにて、音なり解消!と参りましょう。

 そんでもって、自信持って乗ってみるが・・・大事なポイントを忘れていた。

 つまりクランクを回すごとにする音、これはハンドルと全く無縁ではない(踏み込むと反作用としてのハンドル引きがセットになるので)が、完全直結でもないわけだ。

 やはり静かに乗っても、音は小さいがするんだな・・・。サク・・・サク・・・サクと。

 いつものように音なりは乗りながら、走りながら確かめることになるので、注意しながらやらないと事故になる。なので、集中するのが難しい。自走で音がするのに、ローラー台にかけるとしなくなる例など山ほどある・・・、この辺が困ったことなのだ。

 注意しながら踏んでみると、どうも右足トルクの時に音が顕著なんだな・・・。そうすると考えられるのはBBの右側の緩みか、ペダル。

 BBに関しては取り替えたばかりなので、しっかり止まっているはず、となればペダル・・・か?

 三ヶ島のソコソコのもの。手でガタを確認しても、ない・・・・。ガタがないのに音なるか?いや困った・・・・。

 ところがよく考えてみる。手と足の力の差って、どのくらいだ?8倍とか言うね・・・。そう、手や腕を使ってガタを調べても出てこないのが、足だと若干出るなんていう例はあってもおかしくはない、なんたって8倍なんだから・・・。

 そこで外して、ここでも立った今実感確認しました「潤いと増し締め」を実践すべく、グリスと増し締めを励行。

 DSC_6433_convert_20190916230625.jpg

 結果は音なり完全解消!

 潤いと増し締めの二連発!イヤー勉強になったわ。

 DSC_6425_convert_20190916230520.jpg

 まだまだメンテべき場所はあれど、ダンシングしても、踏み込んでも、全く各所から音が出なくなった。グイッとため込んだ力をグン!と静かに前に出してくれるスポーツ自転車に戻ってくれたわけだ。

 踏むたびに四の五の言ってくる自転車は小うるさい・・・、しっかり乗る人ほど、こういう所に拘っていいんだが、やはりショップにとっては音なりの特定とその解消は難しい・・・。積み重ねること、忘れた基本を再確認することを怠っちゃいけないね。

 これからより、一台の自転車を大事に乗り続けることが増えてくると思う、自分の自転車を乗り続ける、人から譲り受けた自転車を乗り続ける、そういう要望が増えてくるんじゃないか?

 ある意味世の中に自転車は溢れている。そして世は未曾有不景気に突入するやに思えます。ますますこうして小難しい、細心の注意と繊細なメンテを要求される要素が増えてくるんじゃないか?と勝手に思っているんだが・・・。

 まあ、一台を乗り続けることのサポートはある種当店の変わらない店是のようなもの、この路線は譲れませんな。いや、時代がついに当店に追いついてきた?と思うようにしよう。

スポンサーサイト



学生入手のパターンか?



 おじさんから譲り受けまして・・・、ダメなところ直して乗りたい、ということでした。学生さんです。ただでもらったものだけど、ものは悪くないから、しっかり管理して乗れば、大分乗れるよ、大事にしなさい。

 DSC_6284_convert_20190915231005.jpg

 チェレステブルーじゃないが、ビアンキもの。しかも・・・

 DSC_6283_convert_20190915230953.jpg

 当店で何度か過去に施工例のあるローマ・・・。すでにかなり手が入っているようにも思えますな。

 DSC_6278_convert_20190915230839.jpg

 まあ、こんなハンドル、市販車にはまずはないね。これはそのおじさんが自分で付け替えたようですね。肩の下がったやる気のあるハンドル、ただし流して乗るにはチトせわしない。ただ、まずは乗れるように・・・ということなので、このハンドルでワイヤー交換や、シフトの調整をやっていくことに。

 DSC_6279_convert_20190915230851.jpg

  ブルホーンに変速付けされている、STI本来の角度とかとは全く違うものであります。ワイヤーの取り回しも独特と言えば独特。

 DSC_6280_convert_20190915230901.jpg

 STIで引くだけに、しっかりとショートリーチもののVブレーキが付いています。相当前の持ち主さんはいじり好きだったのではないか?と思われますね。

 DSC_6281_convert_20190915230923.jpg

 予算に縛りがありますから、それに従いつつ・・・、まあ褒められたタイヤではございませんが、タイヤチューブ交換ということに。

 DSC_6282_convert_20190915230942.jpg

 チェーンの交換に、ホイールの振れ取りなどもして、ほぼ万全にして、受け継ぎましょう。

 DSC_6277_convert_20190915230827.jpg

 こいつはハンドル形状をドロップに変えれば、ほぼ瞬時に改造が可能です、元々はフラットだったんでしょうね、それをブルホーンにして、次はドロップのような予感がしますな。

 昔から・・・といえばそうかもしれません。学生は昔から銭のないのが当たり前、金使えない分頭使うのが学生だったんだが・・・。それにしても、最近ではアルバイト代で遊べず、それを生活費に回しているなんていう、かつての苦学生のようlな学生が本当に増えているらしいですね。

 まあ、大昔と、その昔、と単なる昔・・・ていうのも変ですが、今の学生さんは大昔の学生さんのようなのかもしれません、少なくとも店主らの世代の昔とは異なります。

 そういう中では、情報収集して、手持ちの予算をどのくらい効率的に展開出来るか?俗に言うコスパっていうんですか?そんな方向に動きつつあるようですね。

 オークションなどの中古市場も充実してきている。親類縁者からの譲渡、中古市場を駆使した資材集めなど、この手の入手法に今の学生はドンドン手慣れていくのかもしれませんね。

 当店でもすでにそういう事態なんだろうな、という動きはあります。もう、店に行ってつるしの自転車をそのまま買う、買えるなんていう時代じゃないのかもしれない。

 ちょっと前までは、銭のない学生のために・・・なんて用意した格安プランものに、当の学生よりも、小遣いギリギリでやって来ているお父さん達が食いつくなんて現象が多々あったんですが・・・。その頃くらいまでは、バイトの銭を趣味や遊びに費やせたんでしょうなあ。

 ここ数年で、また学生さん達の対応が変わってきたように思いますね。

 なので、学生が来店してくると、最近ではサイズを教えてあげて、後はアプリ等で自分で探して、ここにとどけなさい。なんて展開になっています。

 ご来店されると、店の片隅で学生君がスマホにらめっこでオークションサイトを閲覧してる絵とも、バッティングするかもしれません。

 善し悪しは別として、どうもそういう時代に突入したみたいだな。当店もある角度から時代に対応していかないと・・・と強く思う次第であります。

ドミノの末のほぼ総取っ替え

DSC_6086_convert_20190911203355.jpg

 今を去る・・・8年以上前かな?アルミで組み付けた一台なんであります。

 通勤でほぼ毎日使っているのか?ほぼ毎日の利用であれば、半年に1度、最低でも一年に一度は、メンテに来てもらいたいもんだが、なかなかそうはいかないようだ。まあ、ツイ・・・というやつなんだろうな。

 そんな長い年月、全体が平均的に劣化しているもんで、なんか一つ飛び抜けて調子が悪いところが出現し、それをこちらが見ようもんなら・・・、それだけじゃあ、済まないよー、ということになる。

 今回もその典型的な例。

 DSC_6096_convert_20190911203603.jpg

 案件はタイヤ、正確にはパンクで来たんだが、もう当然そんな小細工では済まないところまできていることが判明。安全に走って、止まれるようになるまで、こいつは見てやらないといけません。危ないので、そうしましょう・・・ということで預かり。

 DSC_6090_convert_20190911203435.jpg

 さてと、交換の嵐が吹き荒れるぞ。

DSC_6094_convert_20190911203527.jpg

 よくまあここまですり切れていて、切れずにいたよなあ、と思うチェーン。

DSC_6087_convert_20190911203406.jpg

 見た目も含めて交換したが、もうここまで伸びているものだけを交換しても、他がもうダメダメだ。

DSC_6097_convert_20190911203623.jpg

 床のコンクリと保護色になっている・・・。

DSC_6088_convert_20190911203416.jpg

 ほぼ、平地使用なのだそうで、クロスレシオのものだった。

 チェーン周りが締まってくると、今度はBBの緩みがより目立つようになってきた。ので、交換・・・。

DSC_6093_convert_20190911203514.jpg

 シールドベアリングの内径部分がすり減っていた、まあ使い倒したわけだ。

 DSC_6092_convert_20190911203455.jpg

 113ミリのシャフトのスクエアテーパーものをしよう、毎度思うがタンゲさんが6種類ぐらいのBBを作り続けていてくれる、これは再生ものを扱う当店としては実にありがたいものだ。

 DSC_6095_convert_20190911203546.jpg

 ブレーキも片ぎぎそのまま使っていたようなので、左右四つとも交換。

DSC_6089_convert_20190911203426.jpg

 というわけで、消耗品に関するところはほとんど交換でありました。

DSC_6086_convert_20190911203355.jpg

 ほぼ一年前に亡くなった、お父さんから受け継いだ一台で、一生のりたい・・・というようなことを言っていた。なれば、ご指導いたしましょう、毎年一年に一度は持ってくること・・・だね。

 そして、掃除、洗浄のやり方を覚えてもらおうかな?それだけでも全く違ってくるんでね。


 

度肝系?軍用自転車?



 なんじゃこりゃ?とすれ違ったら、思わず振り向きそうだわね。

DSC_4999_convert_20190831201431.jpg

 自家塗装で頑張って、マットブラックで塗った。もとは青・・・だったかな?

DSC_4990_convert_20190831201314.jpg

 実は市販車で88チャリとかいう名前で売られている自転車を、ちょいと改造したということなんだが、まあ大半の人が見たことのない自転車という印象受けるでしょうね。

 目的はそれ、まずは目立つこと、こんな自転車に乗っているんだぜー!という所なんだな。

 しかし驚くのが、このタイヤ・・・

DSC_4988_convert_20190831201255.jpg

 リアのこのぶっとさには圧倒されるね。なんと24インチの4インチという太さだ。

 DSC_4998_convert_20190831201410.jpg

 前だって、24インチの2.1インチというかなり堂々としたタイヤなんだが、あまりの後ろの太さに、普通に見えてしまう。

 そもそもこの車体の目的すら不明だ。実用的にこれがいいというところでもあるのかな?砂浜でも潜らずに走れるとか・・・?

DSC_4993_convert_20190831201334.jpg

 ハンドルをこの幅広のドロップ系にしたというのも製作者のアイデアこれがバイクのようなごっつさを産んでいるともいえる。

 DSC_4994_convert_20190831201347.jpg

 ブレーキは、最初悩んだが、エイド系一発をハンドルの根もとにとりつけた。通常乗る際には、この辺に手が来る、間違っても下ハンにはいかない、それを考えると、ここがベストだろうね。

DSC_4989_convert_20190831201304.jpg

そしてブレーキ自身はワイヤー引きのディスクなんだが、このエイドでバッチリ引ける。

 DSC_4997_convert_20190831201358.jpg

 シフターはバーコンをドロップハンドルの突先につけた。ちょっと遠い印象はあるが、見た目重視で、これでいいんでネーの?

DSC_4985_convert_20190831201244.jpg

 まずは第一弾終了ということか。はじめて、自転車という形になった。来店したのは?もう何年も前だろう。乗りたい自転車のイメージは強烈にあって、それをこちらが触診しながらパーツを集めて、加工したりしながら、作っていくという流れだった。

 元美大生だけに、イメージは豊富。ただ、自転車はイメージだけでは作れない、そこで当店の協力なんだが。当店とて乗れるものは作れても、豊かなイメージとなると、また話が異なってくる。両者合わせて、はじめて乗れるイメージ豊かな自転車となる。

 実はまだ一台ある・・・。大丈夫かよ?と思われるようなパーツ類も転がっている・・・?あと何年先になるか知らんが、次からはその第二弾に取りかかることになろう。

 大変だろが、そういう過程を経てこないかぎりできない自転車というのはある、そういう自転車の作り方があっても大いにいいはずだ。
 

ルイガノ総メンテ



 来た時にはハンドルが動かなかったですが、あとはまあ何とかなるだろうということで、総メンテのお引き受け。何しろフレームが頑丈そうなので、こういうのは生き返る。

 DSC_4979_convert_20190830211951.jpg

 長いこと手入れがなかったようなので、それは見た目は大変だったが、そういう車体はほとんどどうにかなる。

 リアのタイヤは比較的新しかったが、フロントはタイヤ交換。

 DSC_4977_convert_20190830211924.jpg

 各所の洗浄と、消耗品の交換で、大抵は機嫌良くなります。

 DSC_4975_convert_20190830211913.jpg

 チェーン交換やワイヤー交換は、単なる交換だけではなくて、中核的な調整が入るので、それは良くならないわけがない。

 DSC_4970_convert_20190830211837.jpg

 ブレーキも注油と、シュー交換、ワイヤー交換に調整で、ほとんど性能は新車と同じになりますね。

 DSC_4968_convert_20190830211824.jpg

 オールワイヤーと、グリップ交換などして、整えていく。

 DSC_4971_convert_20190830211851.jpg

 機能面だけでなく、見た目も少し気を遣ってやる、ディグリーサーや、シンナーなどを使って汚れ落としね、そうするとちょっと年季が入った感じ、と同時に大事にしている感が出てき来るね、そういうのを別の言葉で味とかいうんだろうな。

 DSC_4974_convert_20190830211903.jpg

 サドルもひどかったんで、交換なんだが、持ち主は女性ってなもんで、このようなスリット系のスポーツ車体用としては、ちょっとだけ肉厚のものを選んでみた。

 このタイプは当店では女性に勧める定番となっている。

 DSC_4981_convert_20190830212003.jpg

 で、今回の一番の苦労は、ここ、ヘッドパーツなのでありました。インテグラル系のヘッドなんだが、こいつはワンを打ち込む、セミインテグラルという形式。

 直接ヘッドチューブにワンの形状を彫り込んでいるものと違って、打ち込み式の

 DSC_4982_convert_20190830212014.jpg

 このようなワンが入るんだが。発想としては、こちらの方がずっと健全だと思います。ガタが出たら、ここを交換すればいいわけで・・・、フレームが直にダメになる可能性のあるインテグラルという発想のほうが、不健全だと思いますね。

 むしろこちらの方が主流になるべきだと思いますが・・・。

 DSC_4983_convert_20190830212026.jpg

 ところが、このワンにもいくつか種類があるようです、今回初めて体験したんですがね。こいつは44ミリの直径なんですが、なんと41.5ミリなんていうのも有るようで、これまた探すのに苦労した。

 購入先の画面から細かい寸法が出ていないものが多くあり、それをまた検索かけて、展開図などを見てサイズを、購入のための判断をしないといけない・・・、まあ、絶滅危惧種なんで、今後はそんなサイズ展開は無いと思うが、このヘッド周りと、BB周りの規格の多さには、自転車屋ながら、併行する。もう少し絞る方向に進まないか?

 もう走りは、新車同様・・・

 DSC_4965_convert_20190830211806.jpg

 といってもいいね。そんなもんです・・・、大抵のおんぼろと思われている車体は見事に近く、再生出来るんですね、それもかなり高いレベルまでね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター