メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

柳さん ストライダーを始めたよ!



 スイッチは押してみないとわからない・・・。といって、むやみに押してもダメなのはわかるが、狙ったところのスイッチはやはり押してみないとわからない。

 そこで柳さんが押してみることに。そのスイッチの名前はストライダー。

 DSC_0218_convert_20180617211025.jpg

 このピンクの車体がそれ。クランクがない、そもそもクランクをはめるBBソケットすらない。ブレーキもないね。

 この車体に対する当店の対応は、どちらかというと、わざわざこんな車体作らなくとも、通常の子供自転車のBB外しておけばいいんじゃない?ブレーキもついているし、というものだった。どちらかと言えば、否定的な方だったかも知れない。

 このブレーキについては、下りになると、二輪は速いんで、大丈夫か?という心配も無くはないが。

 ところが、このような特殊な車体を作って、そしてソフトと同時に、大事なのはソフトと同時に売り出すことの圧倒的な意味というのは、やはり認めざるを得ない所も、確かにはある。その辺の仕組みは、すごいものなんだろう・・・ね。

 基本路線は違えど、まあ、イタズラもできなくはない・・・という事で、柳さんを中心にまず、こいつらを当店回りで見せていこうという事になった。

 DSC_0219_convert_20180617211033.jpg

 こんな子狸に店番させていればちょうどいい。脇で宿題やりながら、ちょこんと座っていれば、通お客はさぞや取っつきやすいだろう。

 では、試乗してみましょ!

DSC_0223_convert_20180617211040.jpg

 五歳までが公式大会に出られるという事で、二歳上となると既に小さいね。

 DSC_0224_convert_20180617211048.jpg

 でも、自前の子供自転車のBBなし状態でも乗っていた子狸は、勘を取り戻したような感じだ。

DSC_0226_convert_20180617211056.jpg

 コーナーリングをして、あっという間に一周して帰ってきた。

DSC_0227_convert_20180617211105.jpg

 コースといえば、当店近くに坂のあるいい公園がある、車も来ないので、十分そこで遊ぶことができる。その手前に、U字のここも車の来ないコースがあるので、コーンポストなんかを置いたら、いい練習コースにもなるね。

 さて、まあ、何も手を加えない状態のストライダーを置くのも、まあいいんだが・・・その内どうせ当店なんだから、イタズラし始めるに違いない・・・。

 まずは塗装から・・・。こんな小さい車体は、まさに落書き帳のようなもんだ。

 その内ピラーも長くして、六歳以上のストライダーなんてやろうか?これ行けるかも知れないね。径が22.2なんで鋼材購入して、横穴開けてねじ通しができれば、もう小さくなったストライダを復活できる!そうすれば、OB、OG達の大会もローカルルールでできるかもしれない。

 その内、柳さんのことだから、大人用ストライダなんてもの拵えるかも知れませんな。コーチ用のもの・・・として。その内、大会の余興でお父さん達のストライダーなんてのもやり出すかも知れないね。

 いやいや、嘘から出た誠じゃないが、そんなのが近くの福祉会館でご老人用のストライダが実用として役に立つかも知れない。簡単な買い物荷物くらいを収納できルようにしておくと、より便利かも知れないね。

 元々こいつらはドライジーネといって、馬の代わり、自転車の原型から来ているんだよね。

 やはり温故知新、過去にこそ、未来への発想は詰まっている・・・。

 まあ、当店回りがやるんだ、当たり前の展開にだけは、ならないだろう・・・ね、絶対に。
スポンサーサイト

どうせやるならトコトン



 8分組の自転車をネットで購入したもんで、ちょっと自分の仕上げが自信なく、見てもらえないでしょうか?ともってきた一台でありました。

 ネットから自転車を買う時代に入って、もうどのくらいなんだろう?なんとかなるんじゃない?という人が多いのか?ほぼ完成していると信じ込んでいる人がいるのか?只単に知らないだけなのか?

 まあ、その手はやることになっていますんで、了解して期待もせずに待つ。するとやって来た・・・。

 スターメーの内装ハブなんか使ってシャレてんなあ、と思いつつ、全体を見ると・・・ちょっとだけだが驚いた。

 DSC_0194_convert_20180519231142.jpg

 フレームはマットのベージュとでもいうのか?ある意味どこにでもありそうなものなんだが・・・。

 DSC_0195_convert_20180519231151.jpg

 ハンドル回り、を見てもほぼベージュ・・・。

 DSC_0196_convert_20180519231158.jpg

 ブレーキアーチまで同系色・・・というか同じ色で塗っている?

 DSC_0199_convert_20180519231220.jpg

 リムも同じ色の塗装・・・。

 DSC_0197_convert_20180519231204.jpg

 リアブレーキだって、チェーンまでが同色で塗られている。

 まさか自分で塗ったんじゃ・・・ない。こういう完成車だったというのだ・・・。

 DSC_0192_convert_20180519231133.jpg

 アチコチ、調整する必要のある車体、所に良ってっは初期段階から交換も?なんていう自転車なんだが、この同色での徹底してまでのこの塗り、ちょっと驚いた。

 リム塗装は実験の結果、ほぼ確率あとはリムに合わせた治具・・・だけだったんだが。

 ブレーキアーチまでやるか?すべてバラして、エアブラシで?

 コンポ系に統一色で・・・と考えたことはあったが、まだ実行にまで至らず・・・、ちょっくら先こされた感じ。

 もちろんコチラがやるにはもっと渋めにやるんだが・・・、でも同じ発想する人はいるもんだね。いやいや、参ったなあ。

 こちらも形にしていかないと、だめだね。
 
 ミロの構想なんかもあり、構想段階では、自分は天才かな?なんて思うこともあるんだが・・・、形にしないと話にならないね。


 というわけで、こいつの調整、ケチつけそっちのけで、やられてしまった一日であった・・・。反省というか・・・、ちゃんとやろう・・・、と思ったなあ。

こいつもどうしてくれようぞ?どうしよ・・・



 まあ、古いということですが、このメーカーはある意味最初からぶっ飛んでいたかと思いますね。

 この写真じゃわかりにくいんですが、このパイプはまあ、自転車のものとは思えない・・・。なんかの建材か土木に使う杭のようなものに見えてしまう。さすがにアルミメガチューブを売りに登場したようですが、このマウンテンのメガさ加減は半端じゃない。

 そういう意味でファンはいるだろうと思います。

 DSC_2345_convert_20180518220613.jpg

 どちらかといえば、初期の下り系・・・かな?

 DSC_2344_convert_20180518220605.jpg

 ヘッドチューブ直下に、サスペンションがある。ここが古くて調子が悪くなっていたのが、かつて来たことがあった。まあ純正じゃないとどうにもならないだろう、当時は考え、施工はお断りしたことを思い出した。

 只、その後調べると1.5インチなら、市販のアダプターでどうにかなりそうなんだよね。当時からとんでもないもの作ってきた・・・というか、当時のぶっ飛んだ規格が今でも現前してるということなんで、ある意味先駆的な企画力があるということなのかな?

 というわけで、ここをノーマル系にしたいというのであれば、アダプター1.5インチでもって、通常のオーバーサイズのリジッドフォーク、または堅気系のサスフォークなんかも装着することができる・・・、これで長生きするね。

 DSC_2349_convert_20180518220648.jpg

 下半身が赤で、別体のようだ。相当の力がかかっても、車体がエビそりに制度的になるため、やはり初期の下り系の自転車なのかも知れないね。

 DSC_2348_convert_20180518220639.jpg

 この上半身と下半身のジョイントになる部分にまたサスがある。つまりダブルサスっていうやつね。

 ここがどうもいかれているらしい。この形式で使い続けるなら、ここの交換はやった方がいいらしい。どうする?

 DSC_2347_convert_20180518220631.jpg

 パーツはまあ、でオレーレ系でしっかり使えます。

 DSC_2341_convert_20180518220554.jpg

 これが全貌、好きな人は必ずいそうですね。なもんで、これを受け継ごうという方は、どこまで何が必要か?これは当店との間での交渉ごとになるでしょうな。

 まあレーサー系とうからすると燃える店主が、この手は、まあお好きな人、ご希望あったらなにやらおっしゃって・・・ぐらいの乗り。

 でも、ある種記念碑的な一台のような気もしなくはない、なんとかこいつを飼い慣らす!という人がいるようでしたら、なんとかしましょう・・・。

 一体何をやりたい人が、着目するんだろうな?全く見当が付かない・・・。
 

タイヤ交換から ボルダリング・・・



 今はコースがわかってしまったらしい。以前は風のように当店前を通過して職場へ走って行かれていた自転車なんだが・・・。その姿は目を引いた、普通じゃない、選手か?なにかやっている人に違いない。

 最近では、東伏見の方を通っていくらしい。

 マウンテンバイクの選手かな?と思うくらい、乗り方がキレイでかっこいい女性。何か違うなあ・・・と思って、大分前でしたが、パンクかなにかで来られたとき、選手ですか?と思わず聞いてしまった。

 自転車選手ではなかったが、ボルダリングという競技のアスリートでありました、当たらずとも遠からず、やっぱりねえ。蜘蛛女か・・・。

 今回もパンクをきっかけに、タイヤ交換ということでやってきた。

DSC_2331_convert_20180510224222.jpg

 さて、このタイヤの大きさは?

 26インチなんですが、HEであります。細めですから1.25と思われるでしょうね。

 DSC_2329_convert_20180510224206.jpg

 なんと、それより細い、1.00というサイズ。ミリ換算すると25.4ミリという事なんで、相当細いタイヤということが言えますね。タイオガが作っていたんですね、通勤用の26インチなんて、これでもいいかもね。街道だったら・・・。

DSC_2330_convert_20180510224214.jpg

 25ミリといえば、昨今のレーサーの主流になりつつあるようで、確かに細いよね。

 より、早く風を切っての通勤となるんでありましょう。

 DSC_2327_convert_20180510224157.jpg

 しかし、このクラインのフレーム・・・塗装が面白いね。近いうちに、マジョーラもどきなんていうのもやってもいいなあ、と思いつつも、こうしたものを見るとその先駆を感じることがありますね。

 一体、紫外線で焼けたものか?意図的に塗り分けられたものなのか?まあ、後者だと思いますが・・・。

 こんなのも、次への塗装の勉強になります。

 この風切る女性、ボルダリングに関してはかなりの方とお見受けしました。ご自分でやることはもちろんのこと、既に若手の指導などにも乗り出していて、業界を引っ張っていく方でもあるようです。

 握力は?大切でなくはありませんが、むしろ背中の筋肉・・・かな?と。

 体重は軽い方が有利?いえ、その人の潜在的に持っている力との関係かと思います・・・と。

 こちらの素人質問に、実に丁寧に答えていただきます。

 どこの競技も若い子がほしい、それはどこも同じ。そして、若い子達の育成に悩み、トレーニングの体系を作っていく。これは本当に大変なことであります。

 強くなるために、減量をする・・・、同じ力だったら、体が軽い方が、登りには有利。自転車も同じかな?

 でも過度な減量は競技力を落とすと。また成長期の減量は、その後の人生に悪影響を与えうる。目先の勝利のために、若いうちに体をボロボロにしてしまう基礎を作ってしまうのは、指導者として認めるわけにはいかない。しかし、若い子達は無理な減量をしてしまう・・・。

 すごいなあ・・・。こんなこと、たかが高校生に人生のピークであるかのごとく過度な演出をしている、毎度の甲子園物語。このために、一体どのくらいの若者が体を壊し、意欲の面でもその後の人生に悪影響を与えうるか?高野連をはじめとする、高校野球至上派の方々には反省してもらいたいね、もちろん朝日新聞も!

 高校野球は、高等学校の課外活動ですからね。

 勝ちたいがために、目先の勝利のために、子ども達のその後の人生に禍根を残しかねない、心身の傷というものから、いかに遠ざけるか、ということを指導者は考えなければならない。

 成長期の体は、個人個人バラバラなんだな、「みんな十七才だからできる!」、だからやっていい、とは限らない。また、早熟でできてしまう奴もいれば、晩熟でピークが五年先という子だっているはずだ。それらに、どのような個別対応していきながら、競技力を上げて強くしていくか?トレーナーの指導の責任は重い。

 と、もうひとつ。自転車競技もそうだが、ボルダリングもしかり・・・、マイナー競技であることの弊害というものも共通しているようなところがある。

 競技人口が少ないところからくる勘違い、これも選手を育てる際の大敵であるには違いない。

 たまたまやったら、勝ってしまった・・・、続けてみたら勝ちが続いた・・・、たまたまね。それで一気に頂点気分に舞い上がり、その競技の盛んなところに行ったとき、自分のイメージと競技成績のギャップに一気に折れてしまう・・・。

 ちょっと金ある親が、小さいときからレーサー与えて、中学生頃勝ちが続いて、夢はツールドフランス?なんて行くうちに高校あたりで、もと陸上部、長距離選手などに負けて、ガックリ・・・。

 もう少し長持ちしても、ヨーロッパ留学でガックリ・・・。

 スポーツ指導そのものに関しても、マイナースポーツ特有な状況に関しても、本当色々なところがわかったお方と、心底感心いたしました・・・。

 この方なら、この年齢で女子マウンテンバイク大会に出たりしても、年齢別だったら、圧倒的につよいだろうなあ・・・と。たぶん、アチラも、別競技の子など見ながら、この子本気でボルダリングやったら強いだろうなあ・・・と、思っているんじゃないかな?なんてね。

父から娘へ 愛車だから愛娘へ



 まだ旧店舗の頃でした、トレックのこの自転車を持ち込んでは、自分のイメージにどうしたら近づけられるか?という事を延々やっていただきました。

 縛りが多いんですね・・・、そんな縛り外してやれば、もっと気楽で快適な自転車はできるのに・・・、でもその過程が楽しかったのかも知れません。確かに、こちらも苦労はしたが、楽しかった・・・。今回はこの辺にてご勘弁を・・・なんて時もあったしね。

 パーツの選定から、施工例の収集まで、これはまたすごい意欲で勉強されていましたね。

 いくつものパーツ持ち込んで、組み合わせを考えて、多少無理してでも、どうにかなりませんか?と。

 そういう依頼に燃えない訳のない当店・・・、色んな実験をやらせていただきました。そういう意味でも、思い出深い一台と言えます。

 DSC_2288_convert_20180503221805.jpg

 こだわりの頂点は、多分このクランクだと思います。まずはXTRというグレード。こんなのあまりいじったことがないので、間近で見るとその作りの良さに驚きますね、ロードのものとはまた違う頑丈さ感など・・・。

 このクランクのチェーンリング、一見二枚に見えるでしょ?よく見ると三枚なんですね。・・・そう見えましたか?

 別に山の荒れ道行くわけではないので、いわゆるマウンテンのようなぶっ飛びギア比はいらない。街乗りなんだから・・・。

 だったら、シングル、ダブルにすればいいものを、イヤ、ここを三枚のままXTR使い続けるためには?とここで踏ん張るもんだから、こちらの勉強になってしまう。

 そうそう、再度こいつが持ち込まれた理由なんですが、もうお父さんとしては、仕事の関係もあり、乗りたくても、乗れない状態なんだそうです。

 そこで、今年高校生になる娘さんに、通学用に・・・譲ろうという事になった。通学用に・・・、XTR・・・ですか?

 もうその辺は決着付いているようです。あとはメンテと、クランクを短くしてやったので、各所の調整なんかをという事で持ってこられたんであります。

 だったら、もう少しメンテしやすい形にしてやろう・・・と思いつつも、ここまでやったもんだから、その辺のニュアンスは残した方が良かろうと・・・、再度また苦労することに。

 DSC_2289_convert_20180503221813.jpg

 この前三枚、こんなにクロスしているんですぜ・・・、そう、止め方だって、正規の止め方ではできません・・・。工夫工夫・・・。

 ここまで歯数が近いと、今度は、歯数の差を乗り越えるために設計されたフロントディレーラーがたまったもんじゃなくなった・・・、そのままでは、内側のプレートが、チェーンリンクに接触してしまい、アウターにまで届かない、なんてもう設計外の事案が飛び出して参ります、まあ、当たり前ですが。

 DSC_2290_convert_20180503221822.jpg

 そんな状況を克服するために、シマノさんのテクニカルサポートからすると発狂しそうな、高い位置にフロントディレーラーをセッティングすることになります。

 あり得ないよね、自分でやっていても、そう思う。でもこれで3速行ってしまうんだから・・・、シマノさんの設計思想は、想定外の所でもしっかり動くということだ。

 そういう意味で、今後原発の設計はシマノに任せるべきじゃない?なんてな。

 で問題はもっと深いとこにあったんだよね。現象だけしか言えません、それしか説明しようがない。だってそうだったし、それに対策取ったら、なんとか克服されたんで、それはそれでよかったという事でしょう?って・・・、なんのこっちゃ?ですよね。

 DSC_2281_convert_20180503221720.jpg

 このフロントディレーラー、加工する前までは、どんなにインデックス調整ボルトを緩めても、十分にアウターにまで、チェーンを持って行ってくれない・・・、なんでか?それはわからないまでも、そのパンタグラフの移動をより外に持っていけば、その問題は解決する・・・。

 なれば、内部観察。

DSC_2282_convert_20180503221731.jpg

 よーく内部を観察すると、調整ボルトのより下で、調整ボルト以前に、プレートの移動を決めているところがあった・・・。そいつが邪魔して、外に行けない。

 それまでは、そのように使えていたんだかどうかは知らないが・・・、今できなくなっているんで、目下そのできない理由を撤去するしかないだろう?なら撤去しよう・・・。

 DSC_2284_convert_20180503221740.jpg

 棒ヤスリで削っています・・・、XTRということで緊張したが、これしないと、構造上プレートが外に行かないので、仕方ない。

 DSC_2285_convert_20180503221747.jpg

 結果こうなったんだが・・・、といっても何がどうなったかわからないだろうな。中央に見える彫刻刀の刃のようなものが、削ったあとだ。これによって、劇的にプレートが動くようになり、前三枚のクロスレシオ対応・・・が可能となった。

 インナーにチェーンを戻すための工夫もしたよ、チェーンひっぱたき作戦・・・。非常識な発想には、非常識な対応しかない・・・よね。

 DSC_2291_convert_20180503221836.jpg

 しかし、通学にはもったいなさ過ぎるパーツがあふれている。校内でのイタズラや、盗難に気をつけようね。

 DSC_2292_convert_20180503221845.jpg

 もちろん油圧だよ、ヒョイヒョイ効くよ。

DSC_2293_convert_20180503221853.jpg

 ホイールもすごく凝っている、はじめて見るよ、こんな形状のもの。

 DSC_2295_convert_20180503221900.jpg

 どうやらスポークの途中で、調整するらしい。

DSC_2296_convert_20180503221909.jpg

 このシフターも一時現れて、消えていった。レース時の落車には一発破損しそうだが、ツーリングに最高のタッチだよね。

 DSC_2287_convert_20180503221756.jpg

 たっぷりと遊び心と予算と発想を積み込まれたこの自転車が、今度は娘さんへと受け継がれる・・・。オーバースペックであるに違いないが、あのお父さんの娘さんなら・・・受け継いで数年後にまたこいつで何かしでかすんじゃないか?・・・、イヤこの自転車は別としても、何か受け継ぐんじゃないか?と思いますね。

 通学用として、こんな酔狂な自転車に乗るんですぜ、そこにはそういう親父さんとこういう店なんかが絡んでいるわけで・・・、そんなのが、まさに新婚夫婦の乗るオープンカーの空き缶のように、ガラガラぶら下がってんだから・・・、間接的にも影響受けないわけがない、でしょう。

 まさに因縁の車体となりましょう。その因縁というのが悪く出ると呪いになり、良い出方をすると祈りになる。もちろん娘を思う親父さん、後者しかあり得ない。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター