メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

そのまま乗る?イエイエ それとも・・・



 なんかちょいと最近、当店内、実用車小ブームというのが来ているのか?実用車ばやりのようにも見える・・・。
 
 こいつは、当店所有の実用車なんだが、前三角ではない、というのが見た目を重視するガチな実用車ファンからすると、ちょいと残念かもしれないが・・・、しかし本当に実用を考えると、こちらの方が断然いい。

 再度繰り返しておこう、こちらの方が、断然!断然!いい!

 前三角のフレーム実用車で、洒落にならないくらいの重い荷物をしょったとしよう、多くの人は下車できないよ。自転車から降りられない、立ち往生ならぬ、座り往生になる。

 これは店主経験済み。

 というのは、当店所有のあの後ろ長の実用車、買い物号なんだが、あの後ろに飲料8ケースなんて載せて、車体、フレームが踏むごとに左右によじれるのを確実に感じるような重量を乗せて走るとき、停まった際、スタッカートで良かった(つまり三角フレームでなく)・・・と心底思うもんな。

 三角フレームでは、停止したのはいいが、ほぼ絶対に降りられない。誰かの介助がなければ、または丈夫な壁際などを利用しない限り、下りることは不可能であろうと思うよ。

 ちなみに、マジで重い荷物を載せるとき両足スタンドも無理だね。アレは車体を両足スタンドをテコに、持ち上げるという形式を使うが、マジで重い場合、持ち上げることは不可能です・・・。仮に持ち上げられても、今度は前輪が浮いたりして、大変なことになりかねません。

 ではなどんなスタンドが向いているか?ハーレーのように横棒の一本足スタンド、それ数本を静かに出して、ゆっくりと少しだけ車体を傾けるようにして止めることだろうな。そうでないと、今度は下りたはいいが、車体から離れることができなくなります、丈夫な壁などに立てかけない限りは・・・。

 ということで、前三角の実用車は見た目ほど、頑丈にできている割には、重い荷物を運ぶことができない。むしろリアカーなどを牽引するための自転車として使う方がいいのかもしれないね。その方が自立できるし・・・。

 でも時代を感じるあの独特な重厚感のあるあの車体には、確実に惹かれる何かがあるようにも思う・・・。なので、実用車ファンの気持ちは大いにわかるとしても、荷物を運ぶ実用車として使用するのであれば、前三角はやめた方がいい、上の写真のようなスタッカート形式にした方がいいよ、と思うんだがね。

 ではこのスタッカート系の実用車なら、まさに実用として使えるか?といえば、使えないこともはない・・・。

 が、今度は使い続けられるか?ということになると、結構ハードル高いぞ、ということは申し上げておこうか。

 どうしてハードルが高いか?というと、その理由は、一言パーツ不足だ・・・ということだ、なんだ当たり前なんだが・・・。

 DSC_1846_convert_20190218220615.jpg

 まず、このタイヤ、そしてリム・・・。

 タイヤは、このブログでも何度か紹介した、リヤカーなどのタイヤと同じく、タイヤ自身にベロと呼ばれる余分部分が左右に付いていて、それにチューブを抱き込んで装着するという、縫い目なしのチューブラータイヤのようなもんなんだな。当然そんなベロ付きタイヤなんて、特殊なところでしか売っていないと思う。なので、消耗品としてのタイヤと考えるならば、本気でこの手の自転車を乗り続けるなら、自分でベロ付きタイヤを数本は確保しておかなければならない、わけだ。

 そしてこのリム・・・。単なるステンレスリムじゃん・・・と思われがちだが、全く違う。このリムのサイドは薄すぎて、今一般のブレーキシューでは、十分な制動力はでないだろうね。

 このリムはサイドを挟んで制動するのではなく、リム内部を押し上げるようにして制動するタイプなんだな。次のブレーキを見ると一目瞭然だろうね。

 DSC_1847_convert_20190218220622.jpg

 いわゆるロッドブレーキというやつね。一定の年齢の人はわかっていると思う。店主の子供も時代の自転車も、この形式だった。

 ところが、この手のレトロ車にあこがれるかもしれないロッドブレーキ以降の世代となると、この辺については、ほとんど把握も理解もしてないだろう。

 つまりこのリムで組んだホイールを、今主流のブレーキキャリパーで止めることは、不可能とは言わないが、完全に不向きであるということはいえると思う。

 そもそもこのタイプのリムって・・・あるのかな?

 まあ、それでもどちらかというと無理難題何でも相談型の当店からすれば、前後ともディスク用のハブで組めば・・・とか、前後ともローラーブレーキの形式にする、リアをコースタータイプのハブで組めばなんとか行くかも・・・とか思うが。

 それにしても、スポーク13が、ディスクだ、コースターだといったハブ連中に通るかな?とか、まあいろんな問題は出てくるだろうなあ・・・。

 となると、じゃあ、このロッドブレーキをはじめから使用すれば良かろうとなるが、まあ、こいつの入手は大変だ・・・。歴史のある問屋に問い合わせたが、もうないとのことだった。つまり苦労して探すか、作るしかない、といことだ。

 なので、古い実用車のまま乗り続けたいという面々は、消耗品だけでなく、この手のパーツ類の自己在庫も必要ということになる。ちなみに、こいつのシューだって向きが特殊なんだぜ・・・特殊だらけだわ。

 DSC_1848_convert_20190218220632.jpg

 そんでもって、でも!どうしてもロットブレーキがいいとなると、それ自身の在庫だけでは当然済まなくなる、在庫ドミノが起こるぞ。

 というのは、ロットブレーキ自身には引いて、今度緩めた際、自分で元に戻るという形式を持っていない。つまり今のキャリパーブレーキが内部に持っているような戻りの形式をブレーキ自身に内蔵していないということなんだな。

 それがどうしたかということだが、こうしたハンドルに沿わしたロッドの中に、戻すためのバネが仕込まれてあり、ブレーキ自身ではなく、ハンドルロッドの中にその形式があるわけだ。なので、ロッドブレーキだけ在庫しているだけではダメで、この手のハンドル、または最低でもバネのスペアなんかも在庫していないと、ダメなんじゃない?ということなんだわな。

 こいつに乗る続けるためには・・・。

 DSC_1849_convert_20190218220642.jpg

 後は、この手のコッタードクランク。これも絶滅種です。ダメになるまで使って、後は・・・運を天に任すか?

 DSC_1851_convert_20190218220651.jpg

 感心なことに、このデカイバンドブレーキはまだ製造されています。これ先日の展示会で、バンドブレーキ屋さんが来ていたが、現役で作っていますということだった。

 でもそれって、実用車外で、使われているってことなのか?でないとおかしいよね、他のパーツが絶滅種なのに、こいつだけ作り続けられている理由がないからな。

 DSC_1852_convert_20190218220700.jpg

 大きさだけだったら、この手の荷台は確保できるが、四点止めではなくて、この手は六点止め、問屋在庫は見たことあるが、それがなくなったら、どうなるのかはわからない・・・

 そんなわけで、この手の実用車を乗るだけなら簡単だが、乗り続けるとなると、だいぶ困難が伴うこと。しかも、こいつを仕事で使おうとなると、これはまあ、大変だよね、何かあっても、数日以内で復帰できないと、仕事にならないからね。

 DSC_1845_convert_20190218220605.jpg

 でも、趣味で乗るだけなんで、いいんですというのなら、いいのかもしれないが・・・。

 ただ、フレームは頑丈だろうし、このホイールベースや、その他工夫の結晶でもあるんじゃないか?と思ったりもする。

 さて、どうしたものか?このまま乗る?それとも・・・、仕事でも使えるくらいのメンテ性のいい現行品で、現代版再生実用車を作る・・・か?

 まあ、答えは自ずと出ているでしょうな・・・、このブログを読み続けていただいている方も、ウスウスわかるでしょう、当店がどう出るか?ということくらいは・・・。

 まあ、多分、大変高い確率で、後者となるでありましょう。待った!この自転車二十万で即決!なんて奇特な方が現れない限り・・・はね。
スポンサーサイト

どうしてくれようか?実用自転車の制動法・・・



 どこからか持ってこられた、古い実用自転車。これだけ見ても味があります。

DSC_1713_convert_20190214233731.jpg

 トップチューブの下にアーチのチューブがある。デザインとしても、いいが、おそらく強度を上げるための工夫なんだろうと思う。それにしてもセンスはいいね。

 DSC_1714_convert_20190214233741.jpg

 シートチューブにもそれに沿うように、アーチ型パイプが配置されている。

 どうもかつて、リアカーとか、サイドカーを引っ張っていた自転車らしい。そりゃ強度は必要だわな。

 DSC_1715_convert_20190214233752.jpg

 ヘッドチューブのヘッドバッチには、カワムラと書いてある。

 DSC_1716_convert_20190214233802.jpg

 一体何年前の車体なんだろう?

DSC_1725_convert_20190214233950.jpg

 こうなるとなにもかも・・・といえるかもしれないくらい、味があるものだらけだね。こういうのを、倉庫中だけに置いておくとか、人目の付かないところに保管するとか、況んや捨ててしまうなんていうのはもったいない話である。

 今どう逆立ちしても作れない、こうした車体をどうしたら、乗り続けられるか?を考える方が遙かに面白いし、それこそ成熟化という名にふさわしい。

 活かし方は何通りもあるが、今回この車体についてはできれば原型をできるだけとどめての再生、というミッションが付いた。

 DSC_1720_convert_20190214233841.jpg

 年代物のクランクだが、これも様子がいいね。

DSC_1721_convert_20190214233853.jpg

 どうも固定らしい・・・となると、一つ謎が解けた。

 DSC_1726_convert_20190214234007.jpg

 この車体、どこを見渡しても、ブレーキらしきものが見当たらない。もっといえば、取り付けられる、形式すらないように見える。

 DSC_1718_convert_20190214233825.jpg

 フロントフォーク回りにもブレーキを取り付けている、気配がない。

DSC_1717_convert_20190214233812.jpg

 このホイールのセンターもかなりいい加減なようだ。だから言わんこっちゃないじゃないが、この手の古い自転車のメンテの際には適度に整えつつも、突き詰めすぎないことが重要です、きりなくなりますし、別ドミノの発生することもありますからね。

 DSC_1723_convert_20190214233921.jpg

 さてさて、ブレーキの痕跡を探すが、この自転車にはなかなか見当たりません。このホイールにはバンドブレーキはつきませんしね。

 といって、ホイール組み直したら、原型から離れてしまいます。

 DSC_1722_convert_20190214233909.jpg

 シートステーにも取り付けにくい構造になっています、先のアーチのやつが邪魔してきます、そしてここにも付いていた形跡がない。

 DSC_1724_convert_20190214233934.jpg

 チェーンステーにもブレーキの痕跡は見つからない。もしかして固定だったから、マジでブレーキいらなかったのかな?

 でも、仮にリアカー引いていたなら、下りにはいったりしたとき、固定だけで制御するのは大変だろうなあ。

 またこのホイールも、旧車そのもので、リムサイドを挟んで制動することができないタイプのリムを使っている。つまりリムのサイドでなく、内部を引き上げて止めるタイプのものだ。

 なので、今主流のリムブレーキのたぐいはつかいにくい。かといって、ホイール組み直してしまうと、味は全く変わったものになってしまう。

 DSC_1727_convert_20190214234023.jpg

 まあ、こんなやつを加工して、前後ともリムに当てて、制動させるしかない。

 しかし、コレそのものがポン付けできるわけではないので、こいつにも相当の加工が必要だろう。

 課題はいくつか見えてきた・・・後は試作を繰り返していくしかないかな?

 DSC_1711_convert_20190214233719.jpg

 結論からすれば、最低限の手を入れるとするものは、前後ホイールにブレーキを取り付けること・・・しかない。

 ホイールを組み直してサイドブレーキをあてがう、なんてことも可能だが、できるだけこのテイストを残したい。

 ちょいと、工作が必要そうだ、でも完成したら、これまた目をひく一台になるにちがいない。

 昔の実用自転車改造・・・数日前に言っていたことが、こうして現実化してくるということの驚きたるや。いえいえ、もっと自覚的に、実用自転車の今日的活用による改造の数々を今後お見せしていかないといけませんね。


 そのために、この車体は、絶対に超えないといけないハードルであるに過ぎない、こいつを克服して、新ジャンルに・・・、あってもいい展開だな。


実用自転車という車体 面白いかも



 この角度から・・・、ちょいと確認できるかもしれませんが、ブレーキシューがちょいとタイヤに干渉気味・・・?

 DSC_1820_convert_20190212231445.jpg

 閉じると、若干干渉している。最初はしていなかったが、最近スキンサイドの削れた粉があるのを発見、ということでありました。

 原因はわからずとも、対策は取れる。
 
 ブレーキシューはこれ以上下がらないとなると、ブレーキ自体を少し下げることはできるかもしれない・・・が。このブレーキは泥よけをかんでいるので、その泥よけにドミノ倒し的施工が起きると面倒だ。

 あとは逆に・・・。ホイール全体を上げてやるという方法もなくはない。これだと、泥よけ、ブレーキ等には直接手を下す必要はない・・・。なれば後者で行こうか?

 DSC_1824_convert_20190212231458.jpg

 ホイール全体を上げるためには、フォークの加工が必要になる。万力に固定する。

 DSC_1826_convert_20190212231511.jpg

 後はひたすら削ることになる。2ミリから3ミリかさ上げしてやればいい、とはいえ、古めの棒ヤスリで削るには、随分根気がいる。

 最初は下から、ノギスで計って後退した分を計ろうとしたが・・・。古いフォークだけあって、どうもその辺の精度がきちっと出ていないようだ。こうなったら、削っては、ホイールを当て、ブレーキの当たりを見て、後はホイールが大体センターを通っていることの二点を確認できればいい、ということになる。

 しっかり設計され、その通りにできあがった精度のいいレーサーなどであれば、センター出しなどはシビアにやらねばならないが、そもそもの作りがあって、経年の変形があって、レーサーほどの精度を求めなくともいい車体ということになると、あまり厳密にやる過ぎると、また不測のドミノを起こしかねない・・・、であるから、この手の古さと精度のものにはほどほど対応がいい・・・というのが、今までの経験からいえる。

 DSC_1828_convert_20190212231523.jpg

 ヨッシャ!シューはしっかりとリムをキャッチ!

 そして、今度は左右の削りをほぼ同程度にしつつセンターをざっと出す。

 DSC_1829_convert_20190212231534.jpg

 まあ、この辺でいいだろう・・・ということで、その他、各所を点検して、終了!

DSC_1692_convert_20190212231403.jpg

 リアブレーキの位置も、再度調整して、まし締めする。

 DSC_1688_convert_20190212231316.jpg

 当然フロントブレーキは、調整完了。

DSC_1689_convert_20190212231337.jpg

 施工後のフォークだが・・・、外見からの変化はほぼなし・・・ですな。

DSC_1690_convert_20190212231350.jpg

 伸びたのと緩みが両方来たか?チェーンも再度後ろに引き直して、メンテ終了。

DSC_1693_convert_20190212231416.jpg

 ブルックスでない革サドルがまたなんとも味を出しています・・・。

DSC_1686_convert_20190212231259.jpg

 実用車を基体に、前後ホイールを組み直した。でないと元々の実用車というのは、今一般に使われているブレーキ、つまりリムサイドを挟んで制動する形式を取らないため、ブレーキ問題が発生してしまう。つまりもうほとんど作られていないかつてのロッドブレーキを採用しないといけなくなるわけだ。

 とても入手が大変なため、乗り続けるのであれば、おすすめはできない・・・。

 なので、長く乗り続けるために、現行品を各所に使って、お客の好みに合わせて、組み上げてできたのが、この車体なのであります。

 なんか、昔の実用車って・・・、こうしていじっても、味が消えてない、独特の味がありますね・・・。

 この手のファンも必ず一定層はいそうだなあ・・・と、考えますわ。もろ昔のままの実用車で乗るだけなら、今でも探せば、この手のレトロ系実用車を売っていたりするところに行けばいいわけで・・・。

 相変わらず、当店は当店なりの、なんとか手を入れ、新たな命を吹き込むことから、別の再生を考えていきたいなあ、と思うのであります。

 ウン・・・、当店にいじれるレトロ系実用車が何台かありそうだ・・・、何かの基体にして、期待に応えないとねえ・・・。
 

大修繕!  なんだが・・・治せば治る

DSC_1695_convert_20190130223208.jpg

 いい年の方が持ってきました、しっかり乗っている、と主張しているツーリング車であります。

DSC_1731_convert_20190130223310.jpg

 少年系ツーリング車のエンペラー。そいつをだいぶ乗り継いでいるんでしょうね。ここで一丁オーバーホールということなんだが。

DSC_1696_convert_20190130223221.jpg

 エイド付きのブレーキレバーが外れている。

 DSC_1699_convert_20190130223232.jpg

 ディレーラー周りも大変疲れている。疲れのしみこんだ車体といえるだろう。

DSC_1737_convert_20190130223521.jpg

 後でわかったことだが、リアハブのシャフトも折れている、アチコチ傷だらけ・・・でしょうね、このくらい古くなると。

 DSC_1734_convert_20190130223407.jpg

 まず、ありもので、ディレーラーは交換、サンツアーXCなんて貴重かな?とも思ったが・・・。

 DSC_1732_convert_20190130223328.jpg

 復刻版エイド付きブレーキレバー、見た目以上に機能の向上もあって、使いやすい。

DSC_1733_convert_20190130223341.jpg

 店主も将来使う可能性あり・・・かも。逆にこのレバーに合わせた、丁度いい一台なんかを構想するかもしれないなあ・・・。

 DSC_1701_convert_20190130223244.jpg

 疲れたブレーキを

DSC_1736_convert_20190130223457.jpg

 洗浄と調整で、スッキリさせる。

 DSC_1735_convert_20190130223426.jpg

 定番中の定番、自転車の神経、ことワイヤーチェーン類はすべて交換だな。これで大変機能向上するもんだ、普通。

  後は前輪と、ヘッド周りのグリスの洗浄と新グリス充填など、基本中の基本で再生させる。

 DSC_1729_convert_20190130223256.jpg

 そんなこんなで、現行のツーリング車になりましたね。こいつに乗って、ゆっくりめで流すなんて乗り方、今後重要になってきそうでありますな。レーサーにはレーサーの、ツーリング車にはツーリング車のテンポというか、呼吸手もんがある。

 これはこれで大変よろしい。再度調整して、メンテした少年からのエンペラー、少しは見直してほしいよね。まだいけるじゃない、そう、メンテしてくれれば、もっとその先以上にまで行きますよ。

 少年にも合っている車体は、実は一定以上の年齢層にもピッタシ合うもんだね、不思議と・・・ね。老舗旅館のような、どっしりした定番ランドナーなどよりも、少年くささの残る、青っくさいランドナー・・・、ツーリング車の方が、なんかいいなあ。

 年を取っても少年的な側面が残っている人って面白い、というのと同じかな?

合わせ技復活 柳狸連携・・・



 この状態でやってきた。一見何てことはなさそうなんだが、前輪の泥よけが、ダウンチューブに接触している。

 DSC_1402_convert_20190127232234.jpg

 通常こういう場合、フォークが前からの衝撃でコラムのところで曲がってしまう、という症状なんだが、どうも今回は違うぞ。

 トップチューブの下に波打った跡が見える。

DSC_1403_convert_20190127232243.jpg

 そう、結果的に見ると、フォークが強くて、ヘッドチューブから伸びる、トップチューブとダウンチューブの両者が下向きに曲がってしまい、前輪の泥よけがダウンチューブに干渉するまでになってしまったという。

 一人でくぼみに落ち込んでしまったらしい。

 DSC_1401_convert_20190127232224.jpg

 ゼファーといえば・・・、今は亡き吉祥寺の名店?一通り能書き聞いて、色々あるお店であったんですが、もう閉店して何年経つんだろう?

 そこから来たわけなんで、どうしても、こいつを再生させたいということだったわけだ。まずは柳さんに渡して、トップチューブとダウンチューブの差し替えをしてもらった。

 多分、詳細は、柳さんのブログにて逐次公開されるんじゃないか?と思う。

 こちらは、差し替えられたものを受け取って、再塗装し、基本元のコンポでくみ上げるという連携なのである。

 DSC_1555_convert_20190127232343.jpg

 無事だった奇跡のフォーク。こいつのコラムに残っていた塗料から、ほぼ色は復元。

DSC_1554_convert_20190127232331.jpg

 差し替えられたので、へこみもゆがみも変形もありません。

DSC_1551_convert_20190127232307.jpg

 柳さんの仕事の要点はわかりませんが、とにかく何か大変苦労していた印象でした。ただの差し替えロウ流しだけではなかったみたいですね。
DSC_1553_convert_20190127232318.jpg

 しかし、差し替えてみたら、元々なにも亡かったような顔していますね。あちこちに火が入っていますので、完全剥離をしてから、プラサフ、中塗り、そして上塗りとやっていきました。

 DSC_1558_convert_20190127232436.jpg

 また、ランドナーの復活パーツ類も、そんなプレミアム価格とかではなくて、結構いいものも手に入るので、あくまでも現行品で、より雰囲気のある、走れるランドナーのためのパーツ選択を今後ともしてきたいですね。

 DSC_1557_convert_20190127232423.jpg

 ここにもブルックス、一点豪華主義なのかな?DSC_1556_convert_20190127232405.jpg

 とにかく古めの自転車だったので、愛着はあったが、今回のような形と予算で、このような復元に近いことができたことを大変喜んでおられましたね。

 DSC_1549_convert_20190127232256.jpg

 後ろの影があって、見えにくくて大変申し訳ありませんが、ほぼ元通り、ワイヤーやチェーン類は再出発の調子を上げるために交換しておきました。

 いろんな意味で走りやすくなったと、喜んでいただけたようで、大変よかったです。今後のことはわからなくとも、まだまだ若い乗り手の方、もし一生乗り続けたいなんて思うようなら、当店もどこまで残れるかはわかりませんが、踏ん張れるところまで、とことん面倒を見て参りますので、今後ともチョコマカよろしくお願いいたします。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター