メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

あるのはある大きさの体と用途のみ・・・子供用自転車というカテゴリー越え



 色もピンクで、子供、特に女の子向けの子供自転車・・・・、として作られたんでしょうね。

 しかし、子供自転車なんてあるのか?というと、子供を想定して作られた自転車のこと以上以下でもない。そこに大人が乗れない、乗ってはいけないなどという決まりなど本来はないのだ。

 なれば、子供自転車と大人自転車という線引きパーテーションを取っ払うとどうなるか?

 残るは、ある体のサイズに対応した自転車がある、という事になる。そして、そこにはその人がどういう用途で乗りたいか?という要望に合わせた装備が付けばいいだけのことなのだ。

 年齢は七十を超えて、もう自転車には十数年乗っていない、150センチ台の女性が来た。

 やはり、自転車がないと不便なんだが、暫く乗っていないから、怖い・・・という。

 そこで、あるものをご紹介した。

先日、本ブログでもご紹介した、大人用の補助輪ね。作りもいいし、機能も悪くは無い、それでおすすめしてみたんだが。

 どうも、補助輪は子供のイメージらしく、恥ずかしいということだった。わからないことはない。

 ではという事で、小さい体で暫く乗っていなかった自転車をどう制御できるか?というちょっと仰々しいイメージを抱いていたようなので、例えば、と子供自転車にふざけてまたがって乗っているイメージはどうでしょう?というと、それまで恐怖心と隣り合わせであったような顔が、ちょっと晴れやかになって、それなら乗れそう・・・という事になった。

 一定の年齢の大人に、子ども用に組まれた自転車でそれなりに組みなおしたらどうなるか?

 DSC_1130_convert_20171011172245.jpg

 大人が使うには、小さいかご、という事で、もう少しデカイカゴに変えてみる。

 DSC_1268_convert_20171011172353.jpg

 1つで足りますか?と聞くと、はやり主婦、・・・できればもう一つ、ときた。

 DSC_1132_convert_20171011172300.jpg

 リアが丸あきなんで、ここにカゴを取り付けることに。

 DSC_1266_convert_20171011172335.jpg

 イヤー、立派なカゴだねえ、さすが主婦。

 DSC_1271_convert_20171011172418.jpg

 これだけカゴが立派になったんだったら、一本足スタンドでは、足りないという事で、両足スタンドに交換。

 DSC_1133_convert_20171011172308.jpg

 いかにもお嬢さん用サドル・・・、小さい穴も開いているし、この際交換。

 DSC_1267_convert_20171011172344.jpg

 こんなのに交換するだけでも、なんか貫禄が出てきます。上のこの写真だけ見たら、自転車の子供、大人の判別なんかつきませんね。

 DSC_1131_convert_20171011172252.jpg

 22インチのタイヤですが、この辺は交換しましょう。

 DSC_1269_convert_20171011172400.jpg

 あとは、そうねえ・・・、

 DSC_1134_convert_20171011172317.jpg

 これから、大人の距離を乗るとなると、この辺も変えておきましょう。

DSC_1270_convert_20171011172409.jpg

 チェーンもキレイになりました。

 こんな感じで、全体を起こしてみると・・・。

 DSC_1264_convert_20171011172327.jpg

 こうなります。チェーンカバーにまだ子供自転車の面影が残っていますが、ピンクという色が藤色にも見えてきて、なんかちょうど体の小さい高齢者にもフィットして見える体裁になってきたように感じますね。

 後は、乗ることで恐怖心を払拭して、愛着の域まで持って行ってくれれば、こちらの狙い通りなんですがね。

 そんなわけで、子供を意識して作られた自転車はあれど、モロそのものの子供自転車などない、といっていいでしょうな。あるのは、ある体型に対応し、ある用途に合わせて作られる自転車のみなのであります。

 体が小さくとも、大人だからといって、大人の平均値に合わせて作られた自転車に無理矢理乗る必要など無いんです。であれば子供用に作られた自転車を利用して作り直せばいい。

 そのように、観念上のパーテーション、カテゴリーというものを取っ払ってみると、また別の色々な景色が見えてくるんじゃないか?と思いますね。

 観念上の区分けであるパーテーションをずらしてみたり、ある2つの観念の間の隙間をこじ開けて見たり、ある観念を別の観念の隣接分野ということで関連づけたりと、既にあるものを使って、その諸関係を変えることでまた生き生きすることってありますな。

 既存を越えて、まったく新しい価値へ!!!!なんていうのは一見かっこいいですが・・・。年を取ってから温故知新が身にしみるようになりました。

 なんと言っても、人類という単位が既に試みた中で残ってきている形式、これを伝統というとして、それを学ぶだけでも大変なのに、それを越えた、まったく新しい何か?なんてまあ、無理だろうなあ・・・なんて、この店主に関しては思います。

 自分も随分保守的になったなあ・・・と思います。若い頃は、何かといえば、古典を読めと言ってきた老教授を「頭固い」と思って軽んじてましたが、三十後半から、やっぱりそうだ、何が近道って、古典ほどの近道はないんだ・・・と思うようになりましてね。

 いつの間にか伝統だなんて、かつては口が裂けても言わなかったものまでこうして書き連ねている・・・。

 それは、かつては自分が人類初を仕掛けてやるぜ!と息巻いていたその我が身の小ささを思い知った・・・という事でありましょうな。よく練られた伝統の一部を習得するのも大変な自分が、何が人類初だ?とね。

 卒業時のある高名な先生の言葉を思い出す。「君らの書いたもので、もしそれが価値のあるものだとすれば、それは既に誰かによって問題化され議論しつくされているだろう。仮に、もし新しい側面があったとしたら、それらはすべて間違っているはずだ。しかし、若い者には失敗を犯す権利がある、これから励みなさい・・・」

 そういうことだったんだ、と三十後半になってわかったような気がしました。

 新しいものなど、古典の土台からしか産まれない・・・。既にあるもののとらえ方を変えるだけでも大変だ、頭を柔らかく、常に柔軟に考えられるようにしておくこと・・・、難しいけどなあ・・・。
スポンサーサイト

アローズ 元祖おしゃれ自転車かな?



 このチェーンカバーの形状見て、わかる人はちょいと通・・・かもしれない。

 カバーというよりもフレームに溶接されているこれは、西荻のアローズさんの特徴といってもいいでしょうな。

 店主も、もう随分前、自転車というものに目が行くようになってからと言うもの、まず引っかかったのが、このアローズさんのものだったと記憶しています。

 もう一つの特徴は・・・、

DSC_1141_convert_20171004204438.jpg

 これ、ブレーキが一つしか無いこと・・・では無くて・・・。

 DSC_1143_convert_20171004204446.jpg

 リアのブレーキがコースターというタイプになっている、これもアローズさんの特徴といえると思いますね。

 DSC_1144_convert_20171004204453.jpg

 リアハブの内部にブレーキの構造を持っています。ペダルを逆回転させると、リアブレーキがかかるという仕組み。これが慣れるとなかなかいいんです。足の回りもあるので、強くかかるところとそうで無いところなどブレーキングにムラはありますが、急ブレーキでない限り、いちいちブレーキレバーを握らなくてもいいというのは、それなりのアドバンテージといえるでしょう。

 DSC_1146_convert_20171004204511.jpg

 アローズさんの話をかつて聞いたところでは、青梅かどこかにオリジナルフレーム工場があるとか。そこで作られて塗装されて店にまでやってくる。

 そこから、いくつかの選択肢からパーツを集めて自転車を組んでいく、という今考えると大変先駆的な売り方をされていたと思いました。

 こういうシンプルで、他にない自転車なら乗ってもいいなあ、と考えたことが一瞬あったと思います。

 それから、どう紆余曲折したことやら、自分でピストフレームなんかを引っ張っては、シンプル系の自転車を自分で組むようになって、とある日、アローズさんを訪れたら・・・。

 DSC_1145_convert_20171004204501.jpg

 なんでー・・・、ママチャリの数百円のハブ使ってたのか?なんて生意気なことを思ったりもしてね。

 あの値段出すくらいなら、こちらはピストフレームでもっと丈夫で高級でその割に安い自転車なんかいくらでも組める、と思ってましたね、ピストブームの来る随分前のことだったんで、それこそ110エンドのピストフレームなんて、ただみたいな値段で出ていた時代でしたからね・・・。

 ただ、オリジナルのフレームを考案して、それを作る工場建てて、それをもとに自転車を組んで売る・・・という事の大変さを微塵にも感じていなかった、ただの世間知らずでありました。

 DSC_1147_convert_20171004204520.jpg

 アローズさんの車体を見ると、フトそういうことを思い出し、恥ずかしくなることもあります。今回持ち込まれた車体は、この辺のBBが緩んでいましたんで、洗浄とグリスを入れて、調整しておきます。

 DSC_1138_convert_20171004204408.jpg

 フレームにBB取り付けて、その両サイドにクランクペダルをつける。前後車輪をはめて、後輪にチェーンかけて、あとはブレーキ前後取り付けワイヤー結べば、シンプルな自転車はそれでできてしまう。

 今思うと、当店の改造ママチャリなんていうのも、アローズさんの極限までそぎ落とした一つの美学のようなものから派生していたんだ、と思いますわね。

 DSC_1139_convert_20171004204419.jpg

 足としての自転車なので、タイヤ前後交換して。

 DSC_1140_convert_20171004204428.jpg

 革サドルが使われている、この持ち主の方は、革職人さんなんで、この辺はお任せときましょう。

DSC_1135_convert_20171004204350.jpg

 改めてみても、なんかあるなあ・・・先駆的な何かが・・・と思います。あの白髪を束ねた、尾崎紀世彦のような店長さんは元氣なのかな?

 仕事を形にするというのはこういうことなんでしょうな・・・。これも形、さて店主はどんな形を描いているんだろう?自分のことは無明なり・・・。

ブードゥーチャイルド 風を吹かす男



 この自転車はまあ、何度か当ブログにも登場しているはずです。

 よく乗るんだよねえ、どこに行くにもこいつで出向いているはず。いっそ自転車じゃなくて、カラスのタクシーにすればいいのに・・・、えさ代がかかるか?

 カラスのタクシーといえば、鬼太郎ちゃん、鬼太郎ちゃんといえば妖怪・・・。そうこの持ち主は、妖怪博士・・・といっていいかな?妖怪DJともいうが、なんと店を出したというから驚いた。

 場所は阿佐ヶ谷のアニメストリートとかいうところ、ガード下のことだろう?企画自体がドッチラケてしまっているらしく、なかなか店を出すにはいい環境なんだそうだ。

 開店して一年になるとか・・・、すごいよね。店の名前は大怪店。察しは付くと思うが、妖怪博士だけに、妖怪に関するものが出入りしているといっていいだろうなあ。

 当店の気まぐれフリマにも、一度来てもらったことがある。この博士、折り紙の天才でもあって、妖怪系の折り紙をチョチョイと折ってはレジンでかためて、ピアスにしちまったり・・・とアイデアがまたぶっ飛んでいる。

 こちらのサイトからも買い物ができるそうなので、どうぞまずはご覧になってください。

 お店の情報はこちらのサイトかな?まだ正式なサイトはできていないらしいが・・・。

 この博士が、どこにいくにも乗っているのブードゥー、当店で何度もメンテしているんだが、こいつもうダメーとなるまで乗る癖が直らない、その手前で来れば、もっといい調子で戻せるのに、グダグダの状態になるまで乗り倒すから、困ったもんだ。

 DSC_1091_convert_20171002212748.jpg

 ご覧のように、BBが悲鳴を上げている。交換なんだが、ちょいと一般から外れた規格のBBなのだ。

 DSC_1094_convert_20171002212812.jpg

 外したのがこれ、ISISというマイナーな規格といっていいでしょうね。着脱工具も色々あって、癖のあるBB。なんと今回抜く工具とはめる工具が違う。

 そのはめる工具もシマノ式が使えるか?と思いきや・・・

DSC_1140_convert_20171002212827.jpg

 シャフトの関係で、工具のセレーションが本体のそれに届かない・・・、つまりこれでは取り付けできない。実に細かいからくりがこれにはある。

 DSC_1143_convert_20171002212834.jpg

 ほとんど一緒に見えるが、よーく見ると円状になっている部分の肉厚が違うでしょ?この違いで使える使えないが分かれます。

DSC_1093_convert_20171002212804.jpg

 ワイヤー引き、メカニカルディスクのパッドも交換・・・。よくここまで使ってたねえ、という減り具合。

 DSC_1152_convert_20171002212853.jpg

 メカニカルディスクは、左右のパッドの調整ができるのはいいが・・・。しかしシビアだよね。新しいローターなら問題ないんだろうが、これだけ使い込まれていると、減りの癖や曲がりなんかもあるんだろうな。

 DSC_1153_convert_20171002212904.jpg

 暫く走って、当たりが出ると、シャンシャンいってた音がなくなって、しめた!と思って、急ブレーキなんかをかけた瞬間に、またシャンシャンと戻ってきたりね。

 最大に開いたところから、調整して、音の出る手前で止めて、そして乗っている内にまた音が出たりとか・・・。

 ・・・・ったく・・・、それでも効けばいいものの、あえてメカニカルにする必要はあまりない・・・こいつの場合もいえそうだ、まあ止まるからいいがね。

 DSC_1154_convert_20171002212911.jpg

 ギアからのぞく、新品のBB、まあ暫くこれでいいだろうな。

 それにしても、スプロケから、ギアから何から何まで・・・、灯油が真っ黒けになる汚れ具合・・・、もう少しなんとかしろよ・・・と思っても、部屋もそうだが自転車も片付けられないやつに何を言っても無駄というのは、検証済み。

 部屋に関しては、この店主、自慢じゃないが整理ができない。掃除というものができない、やる気も無い・・・。掃除の才能が他にとられている・・・という事にしておいている。だって、できないんだもん・・・。

 それと同じ、当店の歴代きたねー自転車野郎共にいくら言っても、きたねー自転車がキレイになったためしはない、一度も無い!

 野郎共には言うだけ無駄だ、この店主に掃除しろというのと同じだ、よくわかる・・・。回路自体がないんだもんね。

 DSC_1155_convert_20171002212919.jpg

 チェーン取っ替えて・・・。

 DSC_1156_convert_20171002212928.jpg

 今回はペダルも変えた。あの体重を支えるには・・・定期的交換が必要だろう。

 DSC_1151_convert_20171002212843.jpg

 妙にスッキリした顔してんね。今4時くらいに撮るのが一番いいかもしれないな。秋の日はつるべ落としといったもので、本当日の落ちる時間が早くなってきた。なんたって、三ヶ月もしないうちに、冬至なんだからな。

 さて、ゲゲゲの足ができたぜ、という事は下駄かな?妖怪の足だ。

 また走って、ドロドロになって持ってくるんだろうが、もうそういうものとして諦めよう、言っても無駄だしね。

 ところで、この大怪店なんだが、よくもまあ、一年もったと本人もいっておった。小売りの難しい今の世の中に、こんな際物だけを集めた店がよく生き残っている、そのコツを聞いた。

 自分で風を吹かせるって言うんですかね・・・と。

 うん、物を売る=人が買う、この当たり前のことが景気という風に左右される・・・とごく自然にそう思い込んでいる節はないだろうか?確かに、景気に左右される・・・フムフム。されば、景気を良くせよ!と政治だなんだに訴えようとする、ちょうど意味不明の選挙が行われるんで、まさに景気対策・・・という事なんだろうか?

 今の体制で、消費税上げるなんて言うのは無理。だって信用されていないからな。5から3パーセント上がったんだぜ!一体何が良くなった?まったく良くなっていないじゃない・・・。目に見える何か一つでもよくすれば、いいものの、その辺のセンスはないようだ。そんなセンスの連中に消費税あげるといわれて、ハイそうですか、といくわけがない。

 まあ、そんなこんなで、公的な機関による風向きを見て、景気がいいの、わるいのとばかり言っていては、すべて公的任せになってしまう。

 奴が言うのはそこだ、公的な風に頼らない、自分で風を吹かせること、自分で吹かせた風に自分で乗ること・・・なのだそうだ。

 そういえば、こいつ店を出す前の、宮使い時代に、まあ月に何度もイベント起こしてはチラシ配っていた。イベント依存症、と言われるくらい、これでもかのイベント主催の数々。

 それが今回生きているようだ。ほぼ月一のイベントをしかけ、プラスに何万種あるのかしらんが各種妖怪の特別展をやる、これ一巡するのに人生一つでは足りないらしい・・・。

 そうやって、手を変え品を変えて、生き延びているやつなのである、いや・・・妖怪なのである・・・。

 こういうところにヒントはあるよね。個人店は小回りが効く分、こういう展開に持ち込んでいかないとな、どうせ補助金や財務省による値引きなんてもんは、こちとらにはかすりもしないんだろうからな・・・。自民や絶望にはゼッテー入れねーからな、何が国難だ!いつまで再稼働とかいってんだ?!ゲゲゲ・・・。

糟糠の妻・・・?



 フレームがいいんですわ・・・、でもその価値は横目で見つつ、普段乗り・・・、金かける気も無いし・・・ネ。と。

 DSC_1127_convert_20170930192136.jpg

 旦那、キャノンデールですぜ・・・、しかも劣化ほとんどしてませんしね・・・、

 DSC_1126_convert_20170930192128.jpg

 キャド2・・・なんて、もう歴史的なフレーム・・・ですよね。確かレーサーだったんですがね、店主もキャド3あたり乗っていたと思うんですよ、それを山形の若い子に貸して、戻しの催促も無視され、今どこにあるのやら・・・、まったく・・・。

 旦那はグリーンであることは気に入っているようだったが、他にはあまり関心が無いようだ・・・。もうちょっと手入れしてやったらどうです?相当走りますよ・・・。

 イヤー・・・俺は・・・いいんだよ・・・。旦那は良くても、自転車がまだまだいけるし・・・もったいないよ・・・。

 なんてやりとり、意外とスッキリやっていたんだが、決断してくれたらしく、一定予算内で古女房の手入れをしてやることにした。

 DSC_1041_convert_20170930192037.jpg

 駆動系を中心に、ちょいと入れ替えと調整してやることにね。

 DSC_1124_convert_20170930192112.jpg

 シマノはこの辺バカ高くはないが、そこそこのものを作っていてくれます、センスは横おいて、なにぶん再生にはありがたい・・・と申し上げておきましょう。

 DSC_1042_convert_20170930192046.jpg

 スプロケやスラムのリアディレーラー、ちょいとぼけていたんで、この辺一式交換ね。

 DSC_1125_convert_20170930192121.jpg

 黒で揃えてみたんですが、それがまた良かったみたいですね。

 DSC_1123_convert_20170930192102.jpg

 シフターやワイヤー、ブレーキシューなんかも交換してやると、内部機関はもうほぼ完璧となります。

 フレーム自身には損傷どころか、まだまだいける強靱なアルミフレームなんで、まあ、すっかり生き返ってしまったわけなんでありますよ。思惑通り。

 DSC_1122_convert_20170930192054.jpg

 黒とグリーンの組み合わせも本当良かったみたいで、嬉々として乗って帰って行きました。

 良かった、糟糠の妻を厚化粧・・・とまで行かなくてもちょっと、手入れして写真館で撮影したら、惚れ直した・・・という感じかな?

 そうしたら、翌日、当店前を通りかかって、わざわざ自転車から降りて、最敬礼のようにお礼を言っていただいた。

 イヤー、全く別の自転車に変身したんで、乗るのがうれしくてね、今日も掃除してやったんですよ。あまりうれしかったんで、報告に来ました・・・。

 ほうら・・・やっぱり、そうでしょ?惚れ直したでしょ?元々いい物乗っていたのに、それに気づいていなかっただけ、それなりの手入れをしてやると、それ以上の答えが返ってくる、というわけなんですよ。

 今回のことで知らないで乗っていたこの十数年含めて、この自転車との関係すべて肯定できるという、位置に立てたってことが何よりですよね。新車購入することよりも、ずっとうれしだろうし、意義あることかと思います。

 女房と畳は新しい方がいい。その横に、女房と味噌は古い方がいい、とある。人間なんぞがいい加減な存在であることを反映してか、ことわざ・故事成語もいい意味でいい加減にできているように思われるんだが。

 そのどこ取って、どう解釈することが絶対的に正しいか?なんてことの正統性なんかを言い出したら、それこそグロテスクな異端審問に発展しかねない。

 元々人間なんぞがいい加減なもんなんだから、その反転した神のような完璧な存在にあこがれて、そこを極めたいとする「弱さ」もわからないことでもない。

 しかし、だからといってそれを「極めた」としても、時に極めたのが当のいい加減な人間であることを忘れてしまっていては、もともこもなかろう。

 もし人間に一つの「強さ」が求めれるとすれば、それは自らがいい加減な存在であるということの自覚を徹底してやり抜くことを通じてしか、得られまい。絶対的な権威のないところで、いい加減なもの同士が、どう落としどころを見つけることができるか?この果てしないトライアルに対して、諦めずに挑んでいく根気と勇気無くして、それに近づくことすらできないだろう。

 はて?なんの話だったか・・・。

 そう女房の話・・・。イ草の匂いかぐわしき新しい女房も決して悪くはなかろうが、年数重ねてきた糟糠の妻とその関係を何のかんのといいながらも、大方肯定できる事があるとすれば、それもけっして悪くはなかろう。

 新しい女房か・・・、イヤイヤ女は豹変する・・・男子もまたしかり・・・、糟糠の妻か・・・・、なるほど、自戒を込めつつ・・・だな。

マウンテン・・・クロス化計画・・・



 サスペンションフォーク付きのマウンテンバイクだったんだが・・・、ちょこっと細工して、平地により向くようにやった結果、どうもちょっと火が付いたらしい。

DSC_1013_convert_20170913191458.jpg

 その細工というのが、前三枚を二枚にして、かつギア板を少しデカくしたんであります。

 そうしたら、踏み込んで前に出る!という快感を覚えてしまったらしい・・・。ムフフフ、いいぞ、いいぞ。

 DSC_1012_convert_20170913191450.jpg

 そうなると、もっと!もっと!前に出るギア比って何なの?!と、まあ、当然そうなりますわな・・・。イヒヒヒ・・・。

 いっそのこと・・・どうです?ロードのクランクなんかに交換しちゃうなんていうのは?

 こちらのそそのかしにそっくり乗っていただいた。ロードのコンパクトクランクに交換する、しかもBBもホローテックⅡにしてやったら、それはそれは剛性上がった感はある、今ノリノリのこの方にとっては、渡りに船だよね・・・。

 順風が吹いている内に、いざ出陣だ!

DSC_1070_convert_20170913191533.jpg

 今から何年前だろう?十年近くなるんでしょうかね?これが出たときには驚いた・・・。

 当時は中古の鉄フレームに塗装して、出たての105、ホローテックⅡを取り付けたわけだ・・・。

 当時の剥離は薬品と、バーナーで焼いて真鍮ブラシではぎ取るなんてことしてたんですわ。これがよくなかった・・・、今考えれば当たり前なんだが、完全な焼き鈍し状態にフレームがなってしまっていたんだな。

 定盤に取り付けるとグニャングニャンであることがわかる・・・。

 原因もよくわからず、当時柔らかいフレームだなあ・・・と思っていた矢先、このホローテックⅡが現れたんで、もしやと思ってつけてみた。

 シールドベアリングを、BBソケットの両サイドに出す・・・なんてぶっ飛んだことをやったせいかどうかは知らんが、クランク回りの剛性が増した感じがしたね。

 それまでのスクエアテーパーなんていうのは、フレームのBBソケットにしっかり収まって、その中でのベアリングの範囲で、踏まれていたわけだ。フレームが柔ければ、そのしなりもダイレクトに伝わるでしょうな。

 そこに、ソケットのサイドにシールドを持ってきたこの形式は多少のフレームへの補強と、パーツ自身の持っている剛性にて、ダブルで効くんじゃないか?とすら思ったんだが・・・。

 実際剛性が上がった感じがしたなあ・・・。

 今全盛を極めているカーボンフレームのソケットの形式は、様々あれど・・・、ほぼそれらはホローテック形式に向いていますね。

 その中で旧式の68ミリのソケットだとして・・・、かつカーボンフレームが固すぎる・・・という方は、スクエアテーパー形式のBBとクランクに交換してみるのもありかも知れませんね。

 気鋭のショップで売られている完成車は何から何まで固い、フレームが固い、クランク回りが固い、おまけにホイールまで固い、それらのどれかまたは部分的にでも柔らかくできたら・・・、まだ乗り続けられるんじゃないか?なんて考えますがね。

 まあ、今カーボンにもいろんは種類があるだろうから、杞憂かもしれんがね。

DSC_1069_convert_20170913191524.jpg

 そんでもって入れちまったぞ!近年まれに見る、名作のソラ。本当こいついいわ。ティアグラに、なんで君いるの?と言いたくなるくらい、いいと思うよ。足のあるやつなら、このソラでレースで絡めるはずだよ。

 DSC_1071_convert_20170913191544.jpg

 ついでにペダルも頑丈なやつに替えておいた。実際試乗してみると・・・、やっぱりグーンと前に出る感じだと思うよ。

 もう、こちらが言わなくとも体自身が求めているんで、ちょいと添えるだけで、みんなわかってしまうんだと思うな・・・、伸びている途中の自転車乗りはそういう意味で手間がかからない。

 あとは・・・、

 DSC_1072_convert_20170913191553.jpg

 何だ、お前・・・まだそんなとこにぶら下がってたんか?サスはサスで、その持ち味はわからなくはないが・・・、この持ち主さんからすれば・・・、ちょっと少しの間休養なんじゃないか?君は?

 ここにメッキのリジッドフォークが付けば・・・、もう言うことないくらいのクロスバイク化の完成だね・・・。

 まあ、ここも伸びしろということで取っておこう・・・一言自転車といっても大変多面的なもんで、一体どのどこに誰がどう反応するかなんてことは一概には言えないことだが・・・、一つに快走というもの、風を切って、スーッと進んでいくことの快に感応する人たちは決して少なくはない・・・、というよりほとんどだといってもいいくらいなんじゃないか?

 自転車の快走ということの麻薬にはまる人、この麻薬は悪いが体にいいぜ!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター