メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ヘンテコ ディスクキット・・・の登場



 ピクニカ・・・ですね、さらにドロップ化しているなんぞ、自転車遊び人以外に、こんなことする人はいないだろうな。

 毎回に近いんだが、このお方、自転車遊びの自適の領域には行っておられる方で、見つけるもの、持ってくるもの、まあ、そのほとんどすべてが、ネジ外れています・・・。

 別ないい方すると、静かにぶっ飛んでいる。・・・どっから探してきたの?ってなもんばっか・・・。

 今回も腰抜け、変態、ヘンテコキットを持参してきた。

 DSC_1761_convert_20180222220736.jpg

 これだけ見て、ア!あれだ!とわかるあなたも大分ぶっ飛んでいる。六つの穴だろう?ねじ山が立っている・・・。これでわかるあたなも相当だ。

 実はこれ、バンドブレーキをディスクブレーキ仕様にするという、変態・ヘンテコキットなんであります。

 DSC_1756_convert_20180222220720.jpg

 向こう側に、バンドブレーキ付いていますよね、こいつをディスクに変える・・・と。まあ、理由聞いても仕方ないんで、聞きませんがね、そういう自転車に乗りたいから・・・以上でありましょう。

 ある意味自転車仙人、やりたいように乗って、霞のごとしで・・・。

 バンドブレーキ外すと、ハブにねじ山が切られていて、そこにはピストの小ギアなんかもしっかりはまるんですよ、なので、ボスフリーもね。さっきの六つ穴の、星形金具をそこに回して取り付けて、後はディスクをとめる。

 ここまではできるんだが、さて、キャリパー本体はどうすんの?

DSC_2012_convert_20180222220808.jpg

 どうすんのも、こうすんのもあるか?という取り付け方。当然ポン付けなどできませんで、小径なんで、何でもタイトだね。幅がない、スペースがない、パイプも短い・・・。

 DSC_2013_convert_20180222220827.jpg

 外から金具足して、チェーンステーの太いところにようやくとめる、こうでもしないと、手前の平たいところ・・・幅が無駄にあって、固定力も弱くなりそうなんでね。後は、ブレーキがかかったとき、キャリパーが前に押されることを利用して、ピクニカの構造一部にも預けて・・・。

 DSC_2014_convert_20180222220835.jpg

 上から見ると、こんな感じね。大森社長の時間との格闘中で工夫の勝利であります。

DSC_2016_convert_20180222220853.jpg

 前ブレーキは、こんなもんなんで、あまり効かない。まあ、スピードの出る車体でもないが・・・。

 DSC_2010_convert_20180222220800.jpg

 その分後ろが効き過ぎ・・・。小径なもんで、ホイールベースも短いところだと、後ろが鬼効きすると、前につんのめりそうになるという不思議な体験ができます。

 前ブレーキ効いて、ジャックナイフはよくある話だが、こいつは後ろが効いても、しっかりジャックナイフしてくれそうで面白い・・・というか気をつけてのらないとね。

 あまりの後ろの効きに、フレームがゆがむんじゃないか?下りでは徐々に効かせましょう。

DSC_2015_convert_20180222220844.jpg

 最初は心配だったが、ギドネットでも、このディスクは引けたんだよね。

DSC_1757_convert_20180222220728.jpg

 あとそうそう、ヘンテコキットついでに、この盛り上がりすぎの泥よけも修正。

 DSC_1800_convert_20180222220744.jpg

 まあ、こんなもんだろう?

 DSC_2009_convert_20180222220751.jpg

 ディスクピクニカの誕生、そんなに効かせてどうすんの?という副題が付きそうだ・・・。

 調べてみると、こんなヘンテコキットにチャレンジしている、奇特な方々も多いらしい。

 でもね、通常のバンドブレーキの自転車を、子のせ仕様にして、荷物載せて、ガンガン走らせようという目論見には、朗報かも知れないね。まあ、そんなに流行りそうなキットとは思わないが、そういう応用なら、ヘンテコ上等!しっかり役立ってもらおうじゃネーの!と、コッチは燃えるがね。

 どこが卸しているんだろう・・・・?ちょっと真剣に探したりして・・・・な。
スポンサーサイト

自転車の貴婦人・・・と言えばミキストだねえ・・・



 ヘッドチューブからエンドまで対角線状に貫かれたパイプが特徴的なんだが、それより何より、品があるわ。好きな言葉ではないが、貴婦人的な気品・・・とでも言っておこう、わかりやすいからな。

 直線には違いない、変に女性性に媚びてないのがまたいいのかも知れない。

 DSC_2019_convert_20180221232035.jpg

 この斜め下まで伸びている、このパイプが特徴的だが。

 DSC_2020_convert_20180221232051.jpg

 上から見ると、実は一本ではなく、細い二本のパイプが、シートチューブを迂回して挟むように斜めに伸びていることがわかる。

 このフレームの歴史はそこそこあるよね、女性用のツーリング車としてそれなりの位置を占めてきた。こいつにドロップハンドル、ハンドレストを付けて、走るなんて光景、かつてはあったんだがね。

 DSC_2021_convert_20180221232102.jpg

 この手のクラシカルなフレームには、やはりそれなりのパーツが似合うもんだ。

 DSC_2022_convert_20180221232615.jpg

 これシマノのアルタスですぜ・・・。こんなパーツ類を復刻してくれたら、小躍りして喜ぶのは店主だけではあるまいな・・・。

 DSC_2023_convert_20180221232627.jpg

 いいクランク作っていたんだよねえ。金型まだあるんじゃね?

 まあ、エントリーモデルにも手抜きなしの、まじめシマノさんが、自転車というものにどのくらい貢献しているんだろうかと考えると、それはまあ、すごい!の一言だ。

 よくぞここまで!やってきたもんだ・・・。

 もちろんレースにおいても、最先端のものも作ってくださいよ。まあ、店主らはついてはいけないと思いますがね。

 ただ、そろそろだな、自転車の文化的、工芸的な、趣味的な側面にも目を向けてくれませんかね?シマノクラシコなんて別会社つくって、歴代の粋なパーツ類を、機能あげて復刻してくれないか?

 絶対に、マーケットはあると思うよ。むしろ、先端のもの作りがいかに、先走っていたか、気づくと思う。まあ、レースは速く、軽く、強く、高機能!なんだろうから、その原理に従えば、自ずとそうなるかも知れないが・・・。

  だからって、別に火星に行くんじゃネーよ、たかだか地球上のレースだろう?そこそこのものをそこそこのペースで、少しは歴史や文化意識して作ればいいんだよ!

 DSC_2025_convert_20180221232143.jpg

 どのパーツ見てもいいよねえ、なんかホッとするぜ。

 DSC_2024_convert_20180221232132.jpg

 今や高級タイヤの仲間入りとなった、ラリー・・・、かつては一本千円・・・近いレベルだったのに・・・ね。チューブラータイヤも似合う。まあ、別にこれでないとダメということはないが。

 DSC_2018_convert_20180221232022.jpg

 ウーン、こういう自転車が、選択肢として現行品で残っているということも、重要だと思うんだがね。

 まあ、大手頼みは甘いかな?小回り小回り・・・・、小回りできる店だからこそ、やれることは、たぶんあるだろうなあ・・・。

 一月くらい自転車もって台湾うろつきたいわん!

屋根直し 開発者もびっくり!たぶん・・・

000 DSC_1315_convert_20171028190912

こいつに屋根がつきまして、

 000 DSC_1328_convert_20171028190939

 こうなったのは、十月のことでありました。屋根キッドが持ち込まれて、それを取り付けたんだが・・・、マニュアル通りね・・・。でもまあ、付けてはみたものの、長持ちはしねーな・・・とは思っていた。

 000 DSC_1330_convert_20171028190956

 ハンドリングでもまれて、風圧も受けるであろう、この屋根を前面で支える形式がこれなんだよね。カゴに挟んでボルトでとめる。

000 DSC_1329_convert_20171028190948

 これじゃあ、カゴの強度に依存しすぎ・・・。こんな網のようなカゴなんで、まあ、長持ちはしないだろう・・・と送り出したんだが。

 ちょいと車より後ろから引っかけられたこともあり、やはりというか、まあ時間の問題でもあったんじゃないかな?という事で、こんなになって、戻って来たわけだ。

 000 25990660_1524293564332897_1139940569_n

 だかーらー言ったじゃないの・・・。想定通りなんであります。

 こういう各種あるような既存自転車に取り付けるように、普遍性を意識してものを作るのは、非常に大変なことだということは、わかります。各所に工夫のご苦労が忍ばれますね。

 ただし、そのエネルギーは持続するのが難しいんでしょうな、前面止めに関しては、これは改良が必要です!そのヒントとなるような施工を当店では大森さん筆頭に考えましたので、あくまでもご参考まで!

 まずは、カゴの強度に依存するような形式は一切やめることにする。そしてできれば、自転車一般の形式に沿わせた形での取り付けができるように考えました。

DSC_1765_convert_20180214121656.jpg

 カゴに依存しないように注目したのは、前輪ハブへの共締め形式。こいつのない自転車ないでしょう・・・。

 DSC_1764_convert_20180214121648.jpg

 ここから鉄棒を上に伸ばして、そこにパイプを差すんだが・・・。このパイプは内径13ミリの塩ビ管であることが判明。さすがありもの利用で、屋根作ったわけだ。そこで、屋根構造全体の強度を上げるためにも、ホームセンターで購入した塩ビ管とジョイント(チーズというらしい)を使って、横渡をやってみた。

 DSC_1767_convert_20180214121704.jpg

 塩ビ用の接着剤も協力なんだが、かつてその大半を寒天状態にさせてしまった苦い経験から、今回はビスどめ。

 この横渡で、パキッと締まるようになる。店主はこれでもう十分かと思っていたんだが・・・、大森さんは一歩進んでいた。ハンドルを切るときに、どうしても屋根がばたつく感じ合ったのか?補強を入れる。

 DSC_1769_convert_20180214121723.jpg

 この自転車のハンドルとの渡し金具を作成、実はこれフラットハンドルに端に取り付けるバーエンドの先に、金具を取り付けて補足する。あくまで補足、しっかり止めない、というのもこの屋根自体が、ハンドルによるステアリングの影響を受けるもの、つまりもまれるものなので、各所を固定しない方がいい、緩くジョイントされいてるのが理想ということだ、ベビーカーのように・・・かな。

DSC_1762_convert_20180214121640.jpg

 開発時よりもより完成度を上げて完成、としておこう。

 まあ、あくまでも一般車を想定して作る場合には、色々考えた結果、カゴ止めという結論に至ったんだろう、と思いますが、やはり施工完了まで面倒見ないと、この手の後付け品を単体で販売して完成度を上げるというのは、大変難しい、中途半端にならざるを得ない、んじゃないかな?なんて思います。

 多くの方々が思っている以上に、実用自転車の種類というかパターンというものは、多様性にあふれているんであります。

 開発の方々さぞや大変だったと思いますが、こんな施工例が何か参考にでもなれば・・・ね。

すぐ済むはずが・・・旧車とはこういうもの・・・だ



 数年前、当店より出て行きました、旧車であります。トーエイのフレームにプロムナードハンドル付けてね、まあ、ありがちなアレンジであります。

 やること自体は、そんなに難しくはない依頼だったはずなんだが・・・。

 DSC_1989_convert_20180212130312.jpg

 まずタイヤ交換ということ、何のことはない。

 DSC_1737_convert_20180212130247.jpg

 スキンサイドということで、チャレンジのタイヤに交換。こいつクリンチャーなんだが、別の呼び方がある。

 なんと、オープンチューブラーと言うんだな。自称だけど。つまり開いたチューブラー、チューブ内蔵していない、チューブラーという意味か?一瞬何のことか?と思いがちなんだが・・・、実際に使ってみると、納得する。

 つまり、チューブラータイヤのようなサイドの柔らかさがある。確かに・・・そうなんだな。柔らかいんです。それがいやかというと、いいんだな・・・。

 チャレンジは面白いタイヤ・・・でありますね。

 DSC_1990_convert_20180212130320.jpg

 それともう一つ、これよく数えると3段ギアなんです。ボスフリーで3段なんて、遺物中の遺物なんでありますが、どこかで探してきて、装着していたんですが・・・。

 どうも減りがすごくて、チェーンとの相性も合わなくなってきたんです、そこで、交換なんですが・・・。

 遺物なもんで、あるのかな?と思ったところ、どこから探してきたのか?持ち込んできたんであります。

 DSC_1999_convert_20180212130329.jpg

 よくどこで探してきたんだか・・・。右がシマノで、左がサンツアー。それで着脱工具の関係でサンツアーを付けようとしたんでありますが、なんとボスフリーの径が合わない・・・。そんなこともあるんですねえ。

 なもんで、右のシマノもの、着脱工具は今は無い・・・、外すとき作るしかない・・・、そいつを今回使うことにしたんだが・・・。

 DSC_2004_convert_20180212130344.jpg

 この3段自体が大変分厚いもんで、取り付けてみると、シャフトのエンドナットがボスフリーから飛び出ない。これでは、取り付けても、回転しません・・・。

 まあ旧車、旧パーツというのはこんなもんだよね。なもんで、2段、3段、4段と回避の選択肢を持つべし、考えるべし、という事になる。

 DSC_2005_convert_20180212130353.jpg

 幸い、反対側ではこれだけスペースがあるんで・・・。シャフト抜いてんだな・・・色々やると、

 DSC_2008_convert_20180212130402.jpg

 こうなったわけだ。これなら装着可!となるんだが・・・。

 シャフトをいじると大抵はセンターが狂う。ホイールがフレームの真ん中に来ないなんていう状態になる。

 DSC_1732_convert_20180212130230.jpg

 ホイール全体を右寄せする・・・。ドミノだよな・・・、ボスフリー交換だけなら、チョチョイでできるんだが・・・。

 DSC_1738_convert_20180212130255.jpg

 なんとか付いたぜ!

 ただ、こいつの3年後以降が心配だ。なんせ、外せないからね。今の手持ち工具では、こいつには対応できない、作れば話は別だ・・・、その基体になるものもあるんでな・・・、まあ、その時が来たら、その時だ。

 ちなみに、当店では、現行品で3段、4段、5段、自由に作ることが可能である!

DSC_1849_convert_20180128220517.jpg

 今は無いパーツを探すのは面白いと同時に、見つからないと大変だよね、そういう時のために、こうした選択肢も用意していますよ。
 DSC_1734_convert_20180212130238.jpg

 こんな昨日今日では醸し出せない自転車、つまり旧車の雰囲気のいいものを走らせるには、それなりの知見と技がいる。

 その分手間がかかり、銭も時間もかかっている、だからコソの旧車なんだよね。大分いいんじゃない?毎日が刺激的だわ、お陰様で。パンク修理一日五回とかだけだったら、自転車屋やめたくなるだろうな、仕事を面白くするなら、この手の旧車を相手にする、老化防止にももってこいなり!

子猫二匹とサイクリング



 ルイガノの、おしとやか系クロスバイクといいましょうか。買い物などを中心に使っていたこの自転車を、近いうちにやってくる子猫二匹とサイクリングできる様にしたいということで、持ってこられました。

 DSC_1920_convert_20180207191145.jpg

 この付いているカゴがもすでにヨレヨレ。新しい猫たちを迎えることだし・・・、いっそのこと交換・・・ということらしいです。
DSC_1921_convert_20180207191152.jpg

 もちろんこのカゴに直接に置きを入れるのではないらしい。直接は、なんか底のある袋のようなものを持っていて、そこに二匹を入れて、上を軽く閉じて、その袋自体が不足なく載せられるカゴがほしいということでした。

DSC_1922_convert_20180207191200.jpg

 ただ、台座にかごを取り付けているという、典型的なスポーツタイプのやり方ですね。これだと、止めている箇所が近いので、強度という面では、ちょいと劣るところはある。

 今は子猫だが、あいつらは半年もすると大人になっちまうんで、餌の状況によってブタ猫にでもなろうもんなら、二匹といえば、決して軽くないわけで、仮にブタ猫になっても、ちゃんと安全に乗せるためには、ちょいと取り付けの形式を変えてもいいなあ、なんて考えた。

DSC_1930_convert_20180207191242.jpg

 カゴは、事前に底付きネコ袋を当ててちょうどいい大きさのものを選んでいたわけだ。

DSC_1931_convert_20180207191300.jpg
 イメージ映像の様なもんだが、こんな感じでカゴに袋を乗せ、その中に子猫が二匹座る・・・ということになるんだが。

 強度を出すために、

DSC_1923_convert_20180207191208.jpg

 このクイックレバーではない、ナット止めと共締めして、下から支えるという形式でやることにした。

DSC_1934_convert_20180207191309.jpg

 暗くて見えにくいが、ハブナットの中心から上に一本棒が、正確には左右二本棒が上に突き出て、カゴを下から支える形式を取った。

DSC_1919_convert_20180207191137.jpg

 そうなると、カゴはしばらく二匹の猫たち専用になるだろう。そうなると他の荷物はどうしよう?ということで、この荷台を少し大ぶりのものに交換・・・・・じゃないんだな。

DSC_1927_convert_20180207191224.jpg

 こんな感じの延長というか、アダプターで従来の荷台の面積の約三倍近くを確保。

DSC_1929_convert_20180207191233.jpg

 相当広くなるでしょ?これは元々はバイクのパーツだったものを自転車に転用したもの。これで荷台を拡大することで、より面積のあるものを楽に運べる様になります、何より後から取り付けというのがいい。

DSC_1925_convert_20180207191216.jpg

 そんなわけで、ネコとサイクリング仕様の自転車の完成です。いつまでおとなしく奴らが乗るかはわかりませんが、ちょっとの間は、袋からキョトンとした顔出して、町中を走るんじゃないかしら?

 そういえば、この猫たちは、どこかのNPOからもらうとかいってましたね。なにもペットショップから購入するだけが、動物たちのとの出会いであるわけではない。

 むしろ・・・、保健所などに収容されている子たちから優先的に、次の飼手に引き渡されるなんていう制度ってないのかね?

 ペットショップにガラス越しにいる子猫や子犬たち、あれみてかわいいか?まあ、かわいくもあろうが。店主などは、小さいうちから、親と引き離されて、ちょっとかわいそう・・・という風にまずは見えてしまうんだな。

 先進国の中では、法律で生まれて数ヶ月は親と離してはいけない、という規定のあるところもあるときく。至極まっとうだ、なぜってワシらはほ乳類なんだぜ・・・、それが答えのすべてだな。

 でも、小さくないと売れない・・・という事情で、この国では小さい内より、親から引き離されて一匹でガラス箱にディスプレイされるんだろうか?今もそうなのかな?多少は変わったかな?よくなったのか?

 それより何より、故あって保健所に保護されている子たちを、処分の前に、新たな飼い主へ・・・という運動をやっているところもあるんだろう、殺処分ゼロの自治体もあるやにきく、そういう循環をもって活性化させることで、救われる命が増えることを祈るしかない。

 ペットと自転車・・・、老ペットの散歩と自転車の関わりなど、彼らに対して、自転車屋でもできることはあるんだろう、と思うと、そこにまたジャンルができるんだろうな、なんて考える。飼い主も年寄り、犬も老犬・・・。お互い散歩も大変だ。

 なら、公園まで自転車に乗せてやろうか?これからよくある風景なんじゃないかな?

 ちょうど当店の前には東伏見の公園に散歩に行く犬たちがよく通るところだな・・・、まずは犬たちから習うこと多そうだ。

 そうそうネコどもからもな・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター