メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

牙を付ける ママ狸んからパパ狸んへ



 前後に子載せシートがあって、雨よけまでかけられている、典型的な子育てママ狸ん号と見えますね。一見。

 ところがこれ、お父さんが子供を送るための自転車なんです。そのために、わざと牙をはやらかせた。牙を?一体どこに?

 それは、

DSC_7114_convert_20191023230940.jpg

 ここにであります。

 エ?どこに?って方まだいるでしょうね、よーく見てください。ハンドルが・・・、ブルホーンになっています。まあ牙じゃなくて角・・・なんだが。

 通常この手は、フラット系、少し後ろにそっているか、あってプロムナード系ですよね。

 デフォルトでブルホーンなんてあり得ません。名のデカ?なんでか?ブルホーンに拘った。これはお母さんの子育て号じゃない、お父さんの子育て号なんだ!と主張したいのでしょうか?

 DSC_7111_convert_20191023230912.jpg

 肩落ちのタイプではないブルホーン。そこに

DSC_7112_convert_20191023230922.jpg

 ギドネットのブレーキレバーを付けました。これならほぼ全方向からはブレーキが握れます。ブルホーンなんで、下のカゴとの相性がかなりシビアです。なぜなら、下手するとブルホーンの形状がモロカゴの形状をなぞってしまい、最悪干渉したりしないとも限らないから。

 そうならないように、カゴは前に出しておこう。

DSC_7117_convert_20191023230949.jpg

 取り付け金具を最大に伸ばして、カゴを前に押し出す。ブレーキギドネットとして、では内装ギアにシフターは?というと・・・、

 DSC_7113_convert_20191023230931.jpg

 ブルホーンバーの径はフラットのものより少し太いので、フラット系のシフターとの相性が大変悪い。なので、その先端にバーエンドバーを取り付け、そこにシフターを取り付けた。

 使い勝手は決して悪くはない。極端にハンドルから手を離さずシフトが出来るしね。

 どうしてここまでして、ブルホーンバーに拘ったか、実際のところは分からない。でもそのために、わざわざ小岩から、この自転車を走らせてやって来た。もちろん帰りも乗って小岩まで帰ることになる。

 取り付けたはいいが、前子載せがある。ハンドルが遠くなった分、上体が前傾せねばならないが、この子載せとの間がちゃんと適切な距離をたもてるか?などはかなり走りに影響してくるかもしれない。子供はでかくなるだけ、子載せから頭が出てくるようになりその上にヘルメットがかぶっているとしたら、お父さんは遠くのブルホーンバーを握り、顔を横に向けて走らなくならないとも限らない。

 実際どうなるか?は子供を乗せて乗ってみないと分からない。体格や腕の長さなど、そして子供の今後の成長などを考えて、先手先手で対策を取っておく必要があるだろう。その辺なんかもしっかり話し合ってからの納車ということになる。

 そしてもう一つミッションがある。

 それは後ろ子載せのその後ろに、お父さんの鞄載せのスペースが出来ないか?できれば作って欲しいという要望があった。

 もちろん意地でも作りたい・・・。

 DSC_7085_convert_20191023230813.jpg

 子載せを外すと通常の荷台の延長として、このような拡大後付け荷台のようなパーツが出ている、こいつを利用しようか・・・。と考えるが、幅が広すぎる。

 設置した後再度子載せを載せるんで、この幅はまずい。なれば切り取るか?とも考えたが、強度が保てないということでこの延長拡大に代を取り付けることはやめた。

DSC_7087_convert_20191023230834.jpg

 通常の荷台を加工して、取り付けることにする、幅が子載せも取り付けられる幅のものね。

 こいつの前取り付け部分を着ろ落として、

 DSC_7089_convert_20191023230843.jpg

 元々付いている荷台の半分より後ろに金具で以て取り付ける。

 DSC_7091_convert_20191023230853.jpg

 下の荷台が意外と厚いパイプでできてるので、通常のネジでは届かない、この手の設置用の長ネジを使うことにする。

 DSC_7119_convert_20191023231008.jpg

 そして、下支えをハブに共締めをする、この三点止めで荷台はほぼ固定される。さらにその上に子載せで以て再度固定されるので、強度には全く問題は無かろう。

DSC_7118_convert_20191023230958.jpg

 このように小スペースながら、お父さんの鞄を置いて、ゴムなどで固定出来る場所を確保。意外と手のかかった施工であった。

 DSC_7109_convert_20191023230903.jpg

 以上、すべての要望に応えて終了、後は実地で、ポジション出しや微調整を行う必要があろう。それらが一通り、出来たら、また小岩まで自転車で帰ってもらうことになる。

 まあパパチャリ構想なんてもんもなくはないが、わざわざ牙をはやらかせて、車体とともにお父さんがやる気を出してくれればまたそれもよろしい。出来れば、疲れなども何のそので、わざと寄り道して遠回りして、子供の運搬を超えた、気に入った自転車で子供とのサイクリングを楽しんで欲しいですね。
スポンサーサイト



理想の一台 クロモリシルバー



 今主流のレーサーからすると、対極にあるかな?という一台です。まずフレームは

DSC_6542_convert_20190925234659.jpg

 クロモリフレームですねえ、カーボンからすると、対極かな?しかもこのパイプの形状・・・。ラッパのように広がって、溶接シロが増えています。そう、ブリジストンアンカーの名車、ネオコットであります。

 このクロモリフレームに、

 DSC_6554_convert_20190925234816.jpg

 シルバーのブレーキが付いています。コイツはシマノの105だな。

DSC_6547_convert_20190925234738.jpg

 マイクロシフトのシルバーディレーラーが付いています。いい形状だこと。

DSC_6546_convert_20190925234728.jpg

 フロントディレーラーもマイクロシフトのシルバーものです。そして、

DSC_6545_convert_20190925234718.jpg

 クランクはこれ、分かるかな?ベロオレンジというところのシルバーのレトロ系のクランクであります。

 今のところコンポはオールシルバー、黒主流の昨今のコンポからするとこれまた対極にあるような内容ですね。

 さてシフターは?

 DSC_6436_convert_20190925234618.jpg

 デュラーエースのWレバー・・・仕様ね。これはわざとか、この形式が大分好きか、トラブルフリーを避けたいか?どれかかな?

 DSC_6440_convert_20190925234628.jpg

 ブレーキがディズナものです。まあ、ちょっと形式が古くても、手堅く使い勝手のいいものであるに違いない、確かにそうなんだが、やはり、ブレーキレバーの手元にシフトの機構のあるSTIなどの利便性にはとてもかなわない・・・。

 利用者の1人が悩むんであります、コイツを手元変則にできないか?と。

 確かにねえ、そう考えるのも無理はありません。変則時にわざわざハンドルから手を離して、Wレバーに持っていくことの難儀さとちょっとした危険性はこれは無視はできません。

 そろそろ、Wレバーから手元変則にしていくという選択肢は大いにありかと思います。ハイ、では、そうしましょう。と言うときでは一体このコンポ、シルバーの寄せ集めコンポにドンピシャの手元変則ものは見つかるのでしょうか?

 DSC_6548_convert_20190925234747.jpg

 ちなみに、スプロケットはシマノ式の10速ものが入っています。さて、シマノ式の10速にマイクロシフトの前後ディレーラーが付いています、而してその手元変則のできるものは何か?

 単純には、シマノ系だとすると、現行の10速なので、ティアグラのSTIを選択するという手はありかも知れませんが。確か、現行の10速もののSTIのワイヤーの引きシロと、旧シマノタイプのディレーラーとの互換性はなかった・・・ように思います。コンポの見た目がマウンテンに近いほど、旧型との引きシロの差異があるように思います。

 なので、ティアグラ断念・・・。

 といって、現行のシルバー105にすべて載せ替えるか?このこだわり?のシルバーコンポを、手元変則を交換するために、すべて総取っ替えする?もったいなさ過ぎない?

 できれば、今のコンポのまま、手元変則になったらいいですよね、ハイならそうしましょう!

DSC_6551_convert_20190925234757.jpg

 これですね、コイツをシフターとして、手元変則ものとして選んだんです。

DSC_6552_convert_20190925234807.jpg

 はい、久々登場のメトロン星人・・・、ことカンパのエルゴパワー君なんであります。ちなみに店主のほとんどの自転車にはこの手が付いています。店主は相当のエルゴファン・・・です。

 コイツは現行品なんで、11速です。つまりカンパ引く一で、シマノ系の引きシロを調整するという、古典的シマニョーロの施工法を復活させたというわけであります。

 ちょっと久々でしたが、なん・・・・とか・・・癖あり調整ですが、まあ、なんとか使えるくらいの変則精度は出せたかな?というところであります。

 実際相当ごねられましたが・・・。

 DSC_6544_convert_20190925234709.jpg

 赤いスエードのサドル、さすがデザイナーさんの一台だけはありますね。

 DSC_6539_convert_20190925234649.jpg

 鉄フレームとシルバーパーツを大事にする当店にとっては、かなり理想的な展開なんであります。このシマノのエルゴパワーを使った、手元変則可能な寄せ集めシルバーコンポ・・・、ブームには絶対ならなくとも必ず一定層の支持は、獲得出来るんじゃないか?と捕らぬ狸の皮算用をしているところでございます!

 エルゴがシマノのようにワイヤーの引きシロを度合いを新旧という形で変更しない限りは、この形式でなんとかやっていけるのかも知れませんね。まだまだ希望を捨ててはいけません!

スライムの今後 チューブ交換!



 スライムって、元々おもちゃの名前じゃなかったっけ?スライムカエル入り、なんていうのがあったように憶えていますね。

 今から四十年くらい前、くずきりと寒天、ゼラチンを混ぜたような、ドロッとしていながら付きすぎず、切れては離れて・・・の変な感触、それが売りだったんでしょうね。

 と思っていたら、自転車の方にもそんなものがあるということで、こちらはパンク防止剤のようですね。

 コイツがとあるチェーン店だかのキャンペーンか、売りか何か知りませんがしりませんが、チューブ内に注入されていることがあるんです、それもちょっとばかり頻繁にね。

 パンク防止剤だから、本当にパンク防止してくれればいいんですが、パンク修理にくるんだから世話ないよね。防止してないじゃん・・・という事なんだ。

 製品そのものというよりも、コイツを注入してどう完成させるか?という施工に問題があるんじゃないか?という説も聞いたことがあるが。

 コイツが入っていながら、パンクした場合、ちょっと面倒くさい。

 IMG_0966_convert_20190823124750.jpg

 防止し切れていないスライムが、パンク穴からこうして漏れてくる。拭いても拭いてもあるだけ漏れる・・・。パンク箇所を特定するために空気を入れると、コイツが吹き出して、工房の床を汚してくれる・・・。

 できるだけ、患部を高くして、チューブ内のスライムをしごき落としてから、アルコール等でまわりをよーく拭いて、脱脂してパッチを貼るんだが・・・。どうも圧着がうまくいっていないようだ。

 IMG_0967_convert_20190823124802.jpg

 コイツはあとで分かるが、小さいパッチを貼って、その上からLサイズのパッチを被せるようにハッタものだ。

IMG_0974_convert_20190823124850.jpg

 この大小を小を下に、完全に被せるように貼ったものね。

 さすがにこうして施工した箇所からの漏れはなかったが、というか、そのくらいしないとダメな場合があるということなのね。

 IMG_0968_convert_20190823124819.jpg

 剥がしてみると、やはり、パンク穴のまわりからあれだけ拭いたのにスライムがじわっと漏れているようだ。完全に撤去してないから、仕方ないのかも知れないが、なかなか面倒だわね。

 ちなみに、このチューブに関しては、色々やったが、最後はチューブ交換ということにした。子供を乗せて走る重い電動自転車で、課題の残る状態でお渡ししたくはない・・・ということね。

 ただ、今回確認出来たことは、パッチの上にパッチを貼るということの効用であります。厳密にはその分分厚くなってしまうので、ホイールのバランスが崩れる・・・等はレーサーでないので、無視しましょう。

 パッチの上からヤスリを当てて、足付けをして、ゴムのりを薄く塗って、更にパッチを貼る、その効果は?

 IMG_0969_convert_20190823124830.jpg

 完全に剥がして、裏から見たところですが、二枚のパッチがほとんど一体となって、同化しているようです。これではわかりにくいので、合体した二枚を剥がそうとしましたが、それがもう大変・・・、という事はパッチの上からパッチを貼るということの有効性が証明されたようなもんですね。

 IMG_0973_convert_20190823124840.jpg

 半分に斜めに切って、ようやく離したところ、わかりにくいですが、大小二枚、これがほとんど一体状態だったということです。

 パッチ貼りは、完全な脱脂と、完全な圧着が条件で、けっこう難しいものであります。1回目の施工で漏れが出た場合、通常は漏れたパッチは外して、再度足付けして、ゴムのりと新しいパッチを貼り直すというのが通常ですが。

 状態によっては、パッチの上から、パッチを貼るということもかなり有効であるいう事の確認ができましたね、そういう意味で良かったですわ。

 と同時に、今後はスライムステッカーありのパンクの場合には、パッチではなく・・・、チューブ交換ということにいたしましょうか。

 今回スゲー時間取られちまったんでね・・・。

何年ぶりだろう?柴田式



 このBBのワンを外して、こいつで再生自転車作って欲しいと言われましてね。

 で患部をよく見るわけですよ。これほとんど円状態で、引っかけるところがないね。通常なら小判型しているのでそこに工具を引っかけて、力尽くで開けるんだが、こいつは・・・・何だろう?角が取れてしまったのか?なんだかよく分からない。

 まあ、このままではほぼ絶対に外せないので、再生は諦めてください、というのが一番手っ取り早い。

 だが、こんなワン一個のために、他はなんともないフレームが使えないというのも、なんか情けない。さて、どうやったら外せるんだろう?

 引っかけがなければ、この穴の内部を使うしかないだろう・・・、ということは・・・、柴田式・・・しかない。

 この柴田式というので検索しても何も出てこないでしょう、当店だけのローカル工法というか、符丁の一種ですね。

 もとを話すと、昔々有るところに柴田さんというお客さんがいました。その方も方ワン付きの古いツーリング車のフレームを持ってきて、再生して欲しいということだったんだが。

 そのワンがどうしても外れない。さて困ってやったことが、功を奏して、なんと外すことが出来たということで、それを記念してその工法をそれ以後、当店では柴田式と呼ぶことになった。

 この柴田さんというお方は、マルイか何かのデザイナーさんだったかな、非常にユニークな方だった。そういえば、そのツーリング車になんと、当時は絶滅種だった650Bのタイヤを履かせたいということで、持参してきたことがあった。

 今でこそ27.5とかいって、いつの間にか主流のような顔していますが、当時はそうだった、まさか650Bこんなにまで発展するとは、当時だって思いも寄らないことだったなあ。

 では、数年ぶりの柴田式の手順を公開しようかな?というほどの工法では亡いんだが・・・。

DSC_2160_convert_20190519220915.jpg

 まずはこの引っかけのない円状態のワンに、十字に亀裂を入れます。BBソケットにまで刃を届かさないように、慎重にやります。

 そこにだなあ・・・

DSC_2161_convert_20190519220926.jpg

 こんなやつらの内のどれかを打ち込むんだが、極太系のタガネだな、さてどいつにするか?

 選んだそれを加工する。

DSC_2163_convert_20190519220935.jpg

 このようにサンダーにかけて、エッジを出す・・・ことだな。かなりキンキンに立てる。

 DSC_2164_convert_20190519220949.jpg

 こいつをさっきの十字の亀裂の角に合わせて、力で打ち込むんだな。タガネはもちろん焼を入れていないので素材が少し柔らかい、見た目は大仰だが意外とチョロいんだな。なので、その柔らかいぶん、素材のワンに食い込んでくれるという利点があるというわけだ。

 かなり奥まで打ち込むと、タガネとワンが一体になる、

DSC_2166_convert_20190519220959.jpg

 裏から見るとこんな感じだかな?タガネの食い込みがかなりの所まで・・・きている。


DSC_2167_convert_20190519221011.jpg

 タガネの幅のあるところをこうして万力に、鬼挟みをする、もちろん延長棒で回して親の敵のように固定する。

 そして、フレームをつかんで、外す方向に回していくということを繰り返す。

 何度かフレームを動かそうとすると、打ち込んだはずのタガネから、フレームが外れそうになる。そのたびに、再度タガネを取り出し、エッジを立ててからさらに、ハンマーでワンにまで打ち込んでは、数回を繰り返すんだが・・・・。

DSC_2168_convert_20190519221039.jpg

 なんと外れてくれた・・・。まあ、外れなかったら、ワンをダメにして、フレームの再利用が不可になるという、最悪の結末になる所だった・・・セーフ!

DSC_2169_convert_20190519221050.jpg

 しかし外しても、この外周、ほとんど円じゃないか?どこを引っかけろっているんだろう?


 DSC_2170_convert_20190519221101.jpg

 でも本当外れて良かった。このワンが外れなかったら、こいつを使わざるを得なくなる?でも亀裂入れたしねえ・・・やはりダメか。

 外れてからだが、責任重大だったことに気がついた。

 DSC_2171_convert_20190519221112.jpg

 次使う時はまたエッジを立ててやっていかないと、当分ないだろうなあ、それまでお休みだな。

 DSC_2158_convert_20190519220903.jpg

 この名前のフレーム?聞いたことはないが、とりあえず、すべて外せた訳なんで、思うような改造が出来ればいいなあ、と思います。どんな自転車になるんだろう?

 また追って、ご紹介すると思います。静かに期待しておいてください。

四十年乗ってきて これから多段に



 中学生か高校生の頃から乗っている自転車と聞きました。四十年乗っておられるとか。

 そうなると店主の年齢とあまり変わりはないか?と思うこの頃なんでありますが、モロレトロではなくとも、今では絶対に作られていないという意味で年代物であるとはいえるでしょう。

 もちろんのこと、四十年も乗り継いでいる自転車を買い換えろ!なんてクソ野暮なことは絶対に申し上げません。口が裂けてもね。

 最初、どんなことができるか?ということをとことん話まして、予算と内容についてはまたゆっくり考えて、おいでくださいという事になった。急いで焦って決めてもね、あとで本当に良かったと思えなければ意味はありませんから。

 そして後日お見えになった。シングルだった自転車を多段にして欲しいんだが・・・、三段くらいでいいということに。

 あとは・・・、何分古いのでできる範囲で今後乗り続けられるように・・・ということだった。

 三段ギアといえば、こちらでスペーサーでもって作るアレだな。ということは、ホイールは組み替えないと。

 DSC_2112_convert_20190518215647.jpg

 七段クラスのフリーハブを持ってきて、それに15、17、19、の三枚を載せて、アルミパイプから切り出して作ったスペーサーを入れて完成。

 といってもパイプカッターはつぶして切っていくので、幅が細くなるに付けて、形がいびつになるんで、それをまたノギスでは借りながら、サンダーで調整など・・・けっこう手間だわ。

 DSC_2111_convert_20190518215638.jpg

 大森社長の手を借りて、ちょいと磨いた、無名のディレーラー・・・まあ、見当は付きますが謎のリアメカとしておきましょう。

 まあ、ミッションはこれにて完了なんだが、さすがに四十年乗っているところから、交換した方がいいものは、替えてみた。

DSC_2108_convert_20190518215607.jpg

 クランクとBBは交換。BBソケットの中は大分荒れていた。もちろんタップはしっかり切って、迫り出ていた錆の山はすべて削り出した。さすが四十年の齢は感じたな。

 DSC_2110_convert_20190518215628.jpg

 ここぞとレトロ系のペダルを使う。

 DSC_2109_convert_20190518215618.jpg

 チェーンカバーも欲しいというので、珍しく当店としては取り付けた。このチェーンカバーは一般パーツのものなので、もちろんポン付けは出来ない、大分工夫させられた。あとカバーにもかかわらず、上部にスリットが見えるが、こいつはどうもフロントディレーラーを取り付けるためなのか?

 そう、今回宿題も用意していたんだな。

DSC_2124_convert_20190518215743.jpg

 シフターは、ダウンチューブのバンド式のものにした。レーサーでないので、そう頻繁にシフトはしないだろうということでね。元々四十年シングルで乗っていたんでね。

 で、その対岸にあるフロント用の台座部分が欠番となっている。万が一フロントを二枚にしたいという時のため。

 そして

 DSC_2127_convert_20190518215755.jpg

 その際に必要になる、アウター受けなんかもちょいとレトロ系を取り付けておく。こいつも前二枚にしたい時のため。まあいつになるか分からないし、ならないかもしれないがね。

 DSC_2120_convert_20190518215722.jpg
 
 こんなハンドル、今はないよね。プロムナード系だが、幅が狭い。足を中に入れるとペダリングにいい癖が付くかもしれない。逆にこのハンドルより開いてしまうと悪い癖が付く。

DSC_2122_convert_20190518215732.jpg

 これはブルックスだった。四十年物かどうかは分からないが、大分使い込んでいる、座り込んでいるとでもいうのかな?多分持ち主の方の腰にピッタリと収まって一体化するんだろうね。

 DSC_2114_convert_20190518215659.jpg

 あとはダイナモライトを取り外して、このなんちゃって系ハブダイナモを取り付けた。やはりこいつはいいね、後付けでハブダイナモのような働きをしてくれるのでね、全く回転は重くはありませんよ、いいねえ、明るいし。

DSC_2115_convert_20190518215711.jpg

 ライトも自然とつく設定と常燈の設定どちらも出来ます。砲弾型のライトもあっていいね・・・、欲を言えば。

 DSC_2107_convert_20190518215549.jpg

 これから三十年とか乗られるのかな?出来るところまでおつきあいしたいですね。そういえば、店主も12歳の時今から四十年以上前だが、FUJIの実用車を中古車で購入してもらったことがあった。

 二回盗まれたが、二回とも自力で探し出し、二十歳過ぎまで乗っていたが、姉に貸して、区に持って行かれ、回収しに行かなかったことから別れ別れにあってしまった。

 アイツ今頃どうなっているんだろう?とこいつを見た時思い出した、防犯登録番号が51352だった・・・。

 もし今も近くにあったら、どんな形で乗り続けていたんだろう?それはそれは誇らしく乗っていたに違いない。なので、当然それなりの思いと敬意を込めての施工となる。

 間違っても、口が裂けても、買い換えを勧めることなんて出来ない、そんなクソ野暮なことが出来るようになったらおしまいだ、そうまでして自転車屋などやっている意味などない、少なくとも店主には。

 こういう自転車が来てくれることで、引き締まる。なんと絵になる自転車だ、それも人車一体で。それを街の顔といってもいいだろう。それは歴史の一部であり、分厚い文化そのものにまで昇華しうるやもしれない。

 家を作ること、衣服を作ること、車を設計すること、それらすべて街の顔であり、歴史の顔であり、ひいては文化のそのものでもあり得るんだが・・・、少しはそんなことでも考えて、新車でも売ってみやがれってんだ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター