メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

フラット化 実用化?



 こいつは少年車体の典型かもしれませんね、ロードマンを受け継いだ、後継車ともいえるかもなあ。ダボス、値段も手頃で、どこでも行ける、そういう車体なんでありますなあ。

 こいつが来たのは今を去る・・・十五六年前かなあ。

 やはりこの手の少年自転車のあこがれを持っている青年に頼まれて、発注。

 とある朝六分組状態で搬入されてきた。ほほー、きたか・・・と思い、まずは荷物をほどいて、ゆっくり組み付けようかなあ・・・と思っている手が止まらない・・・。どんどん手が勝手に動いてしまう。

 意外と込み入ったところなんかもあったように記憶しているが、どんどん、どんどん手が進み、一気に組み上がってしまったという、ちょっと不思議体験をしたことを憶えている。

 どこが不思議なの?と思われるかもしれないが、少年の所にあこがれの自転車が届いたとき、多分その少年の手は止まらないと思う、そういう感触だった。お客のために組んでいるとかいうのではない、冷静なメカニックの視点から組んだというよりも、友達から頼まれた自転車に詳しい少年が組んでいる・・・・という感覚といってもいいかもしれない。

 組み上がったら、試乗を称して、相当乗り込んだ。搬入したよ、完成したよというのを遅らせて、しばらく「試乗」していたもんだ。生粋のロード好きなんだが、少年の頃横目で見つつも、たどり着けなかった、何かを取り戻しているような感覚だったなあ。

 そういう意味で懐かしい車体なのでもある。

 こいつが、その持ち主の結婚を機に、少年系自転車から、一緒に買い物つきあいます、嫁さんだけにものは持たせません、ということでこんな姿になってしまった。

 別に批判しているんじゃない、人生のそれぞれの転機に合わせて、自転車を変える。自転車にあわすのではなくて、人に自転車を合わせるという視点、いいんじゃないの?と快諾したわけだ。

 それが、新婚・・・まだ新婚か?での状況が変わったのか気だけが変わったのか、また改造依頼が来た。

 DSC_0100_convert_20181020013535.jpg

 この少年自転車の基本のような(かつ親父自転車の基本でもあるような)補助付きブレーキのドロップハンドル、これを何が悲しいのか知らんが、フラットバーにしてくれ・・・というね、そういう依頼なんだわな。

 DSC_0101_convert_20181020013547.jpg

 ついでに、この荷台と後ろカゴ、こいつを撤去してほしい。ツーことは買い物自転車から卒業?と思いきや・・・。

 DSC_0102_convert_20181020013601.jpg

 前カゴにしてほしい・・・という。うん、町乗り専用車仕様、つまりコミューター化?ということか?

 ならわかるなあ・・・少年自転車から、所帯持ち自転車に、それがまともなコミューターになる・・・、意外とこいつの考えることって、多少の紆余曲折はあるが、筋が通っているのかもしれないなあと。

DSC_1030_convert_20181020013655.jpg

 アーア、ヤッチャッタ・・・という感じはあるが、軽く乗るには、これでもいいかも・・・ね。

 DSC_1032_convert_20181020013710.jpg

 でも、イメージほど楽ではないと思うのがこのフラットバーのような気もしている。真横に握るこのスタイルが、どうも人間工学上適切とは言いがたい・・・とも感じてはいる。

 長いことこのハンドルで乗ると、手首痛くならない?店主だけかな?どうも、プロムナードのような縦持ちの方が断然楽なんだが、皆さんはどうかな?

DSC_1029_convert_20181020013641.jpg

 ステム自体の縦の長さがないので・・・、これもまあスポーツ車の一種ですからね、カゴは平たい系を選びました。そのぶん横に広いね。この系統のカゴは、当店は比較的よく使います。スポーツ車にソコソコ容量のカゴをつけるとなると、縦にデカイカゴはつけにくいので、どうしても平たい系のこの手になります。元々こいつは、ビーチクルーザーに取り付けるタイプのもの。

DSC_1028_convert_20181020013629.jpg

 荷台と後ろカゴを取り去ると、泥よけがほしいという。まあ取り付けはしたが、雨の中走る根性もないくせに・・・ね。

 DSC_1027_convert_20181020013618.jpg

 言われて、わかったよーってなもんで作り替えてはみたが、意外といけてるコミューターになっちまった・・・。

 そう、素人さんの発想に、四の五の言わずしたがってみることで、学ぶことは実は少なくはない・・・。こちとらプロでござあい~というのも、その実、やり慣れているだけの固着した使い古しアイデアに成り下がっていることだって、多々あることだと思う。
 
 へえ・・・、そんなことやってみたいんだ・・・、おすすめしませんがねえ・・・、でもやれってーならやりますよ、ヘヘ。

 なんて、なめてかかって実際やってみると・・・、悪くねえなあ・・・ということもあるものだ。やはり、間口は広げておくに限ると思います。

 まあ、あんまり褒めると図に乗りそうなんで、この辺にしておきますが・・・、しかし・・・、悪くねえなあ・・・。

スポンサーサイト

BBいじりと集合工具



 できれば自分で、自転車はいじってみたい、自分で管理できたらいい、と思っている方は多いと思います。店主もその路線まっしぐらで、最後にて組ホイールを覚えたとき、コレで一通り・・・と思ったことがありました。

 まさに自己管理ということなので、ものを扱うことに際しては、基本といえば基本でしょう。

 なので、そういう方はまずは全体をいじれる特殊工具セットらしきものを購入する。よくある話です。

 そのセット工具でいじりはじめる、そして専門性の高い箇所といえば、まあ、BB周りか?ということになると思います。

 ここを自分で開けて、BB交換したいということで、まず一番最初に来たときはBBの軸長を知りたいということだった。できれば自分で交換したいので、そのBB本体を分けてほしい、ということだった。

 クランクを外して計ると110ミリ、その軸長のBBを用意して待って、取りに来たときパーツをお渡しし、自転車をお返しした。もしダメだったら、また持ってきてください!と。

 その数日後、やっぱりダメでした、お願いしますときた。

 どうも上のBBがどうしても手持ちの工具では外せないという。セット工具は焼きが入っていないものも多いので、強度が心配なんだよね。

 段々、自転車いじりが高じてくると、今度は一個一個自分で気に入った工具を単体で購入するようになる。そして早い人は数ヶ月の内で、そのセット工具の内容がガラリと変わることになる。

 DSC_0115_convert_20181018223051.jpg

 このやり方がこの手には有効、と長年の蓄積から判断。

 DSC_0116_convert_20181018223100.jpg

 外すことはできた。

 DSC_0118_convert_20181018223108.jpg

 次回以降のことを考えて、おまじないでタッピングをしておく。

 DSC_0119_convert_20181018223121.jpg

 グリス混じりのアルミ粉がねじ山には詰まっているようだった。これが外しにくさの原因だったのか?

 DSC_0121_convert_20181018223129.jpg

 タッピングの後を洗浄します、まあ新車だね。

DSC_0122_convert_20181018223138.jpg

 そして縁に、たっぷりとグリスを盛ります、それを指でネジ溝にすり込みます。

 DSC_0124_convert_20181018223146.jpg
 
 それから、新BBを指で回しながら、装着して行くんだが・・・これ自体は難しい仕事じゃあない。

 今回の一番の難関はコレだった・・・。

DSC_0126_convert_20181018223155.jpg

 これも自分でやったと言っていたが。セット工具のコッタレス抜きをクランクに嵌めて抜いたはいいが、今度はそのコッタレスがクランクから抜けなくなってしまったという・・・。

 まあ、セット工具ならではなのか?通常スギノでも、シマノでも作っているコッタレス抜き工具の素材は鍛造だろうな、固いんだな。その他、○○外しなんていう奴らはすべて固い!そもそも工具類は堅さが命・・・的なところもあると思うよ。

 モンキーやレンチでがっちり挟んで回されることに耐えなければならないので、それ自体が固く丈夫に作られている。いや、固く丈夫に作られているものでないと、ダメなのだ。

 ところがセット工具とかになると、こうした中に柔らかな素材で作られているものも混入してくるんだろうね。

 そもそもが柔らかいクランクに、柔らかい工具を高いトルクで締め込むんだから、お互いが食い込み合って、抜けにくくなる・・・あり得る展開だな。

DSC_0128_convert_20181018223204.jpg

 工具の方を万力に挟み、クランクの手持ち部分に延長をかまして、ゆっくりひねっていく内に、今回は抜けた・・・ようです。

 DSC_0129_convert_20181018223212.jpg

 でもクランク内のねじ山などには、ちょっとした損傷が出ている・・・。

DSC_0131_convert_20181018223221.jpg

 左クランクも思いのほか、傷だらけというか、専門以外の工具でこじった形式あり。こうなる前に持ち込んでいただければ・・・と思う。

 DSC_0154_convert_20181018223249.jpg

 まずはなんとか、取り付けるか?早々に交換した方がいいね。

 DSC_0151_convert_20181018223240.jpg

 こちらは新BBにて、上機嫌に見える。

 DSC_0150_convert_1018223230.jpg

 まあ結論じみた内容になるかもしれないが、いじり好きなら、セット工具を購入したら、それぞれの使い方を覚える程度で、それを実際に使い続けるというのは避けた方がいいかもしれないね。

  そのセット工具にあるものを、シマノ、スギノ、パークツール、VAL、などの専門工具を作っているメーカーのものと、交換していく、というのも大切なことだろうと思う。

 そして後失敗を恐れないことだ。仮に状態を変にしても、当店はそのことでは怒らない。それは失敗しないと上達しない、という人類の格言に基づいているからだ。

 まあ、そういう姿勢でいるためか、こうした尻ぬぐい的施工依頼が多々来ることがあるが、そういうものもできる範囲で、対応していきたいですな。今まで通り!


リアカータイヤ パンク直し



 先日ちょっとしたことで、抗議を受けたことがあった。まあその動機は実に吝嗇な所から来ているんだろうということは、手に取るようにわかったんだが。

 事前の正確な見積もりがないというのがその一つだった。

 まあ、決まった車体に、決まったパーツを取り付けるだけなら、ほぼ正確な見積もりはできるだろうが、星の数ほどある自転車に、星の数ほどあるパーツを取り付ける場合には、正直やってみなければわからない、場合がほとんどだ。

 なので、当店は決まり切った施工以外には、大体いくら前後とか、○○円から○○円くらい・・・というようなゆるめの概算をいうことにしているんだが、それが気に入らなかったようだ。

 車屋さんでも見積もりは出しますよ!といわれてもねえ・・・。

 逆の例もあった、これは完全に向こうの聞き違いだったんだが、当店はいつもの通り値段に幅を持たせて言っているんだが、向こうはそれをある金額きっちりと受け取ってようで、オーバー部分について「口頭でも契約は契約なんで、そちらに瑕疵がある・・・消費者センターに・・・」なんてこと言ってたかな?

 ずいぶん難しい言葉をお使いになられる、どこのア法学部なの?ってなもんですね。

 当店は、ポン付けしかやらない普通の店じゃないんで・・・、「エエ?普通の自転車屋じゃないんですか?」何を今更とも思うが、まあちっぽけな当店など知らない人の方が大半なのでそれも仕方ない。

 はい、普通の店じゃあないでしょう・・・なあ。

 まあ、こういう客というか消費者は、行儀のいいアサヒだかヨミウリだかサッポロに、まずは行けばいいんだよね。そこらでさんざん断られてから、おいでください。当店は、やはり普通の店じゃありませんので・・・。

 まあ、その前後、当店の接客の態度やその他にご指導いただきまして、ありがとうございましたわ。そんなに神様扱いされたいなら、神社でもおゆきなさい。少なくとも「傲慢」な当店は、お客様のお役に立とうという気持ちは満々ですが、神様などとは思っていませんので、悪しからず。

 ということで、普通でない当店ならではの、やめときゃいいのに引き受ける、リアカータイヤのパンク修理の巻となります。

 この夏、近くの農家のリアカータイヤを直したことがある、その噂を聞いてか、当店に依頼にやってきた。当然普通でない当店ですから、お役に立とう精神満々でお引き受けする。

 ざっとの構造はわかっていながら、まあ、通常のタイヤとは違い分厚くて、太くてデカイ、とても取り扱いにくいんだよね、想像付くと思うが。

 DSC_0134_convert_20181017221004.jpg

 まず外すのに一苦労・・・どころではない三苦労くらいか?もうバイクのタイヤを扱う、タイヤレバーと長いマイナスドライバーを挟み込んで、必死にリムのエッジからタイヤの縁を外し出す・・・。完全に取れるまで二十分はかかった。

 DSC_0135_convert_20181017221013.jpg

 長いタイヤレバーのてこを利用して、縁を浮かせて、少しずつ手でエッジを引っ張り出していく・・・、指先に力はいるね。ただ、太いんで実に疲れる。

 DSC_0136_convert_20181017221021.jpg

 26インチの2 1/2というリアカー専用チューブだね。ちなみに探せばこのサイズ、新品も売ってます。

 DSC_0138_convert_20181017221030.jpg

 まず一カ所、釘踏んだという証言通り、チューブの外側に穴が空いていた。この修理は他のチューブと同じ、ゴム糊パッチによるもので、別段変わりはない。

 コレで済んだか?と思いきや・・・まだ漏れがある・・・。

DSC_0140_convert_20181017221042.jpg

 なんとこのように二カ所も他にあったのだ・・・。しかも、よく見るとチューブ内っかわ。先のが外から釘を踏んだので、チューブは外に穴があった、こいつらは内側に穴がある。ということはパンクの原因が、外からの侵入物ではない、ということの証拠なわけである。

 ということは?リムに問題がある?

 ところがだ、そんなはずはない、というのがこの手のリアカータイヤなのに・・・。

 というのは、この手のタイヤを実はベロ付きタイヤというんですね。リムにリムテープをしなくても、タイヤ自身がチューブをくるんでくれる構造をしているので、ニップル等による損傷は受けないことになっているんだが・・・、確実に二個の穴がある。

 なんでだろう?

DSC_0146_convert_20181017221127.jpg

 原因はコレね。つまりベロでチューブを包んで入るが、隙間も多いということだろうと思う。この隙間から、チューブに損傷が加えられたと思うのが自然である。

 リムを見てみよう。

DSC_0141_convert_20181017221051.jpg

 このように、ニップルが直に飛び出ているが、基本ニップルの頭の出っ張りが、ルーター等で削り取られた形跡があった・・・が、すべて取り去っているわけではなかったようだ。

 DSC_0142_convert_20181017221100.jpg

 その取り去っていないところに、、実用車用のリムテープ接着タイプを、切っては乗せていった。

 DSC_0143_convert_20181017221109.jpg

 リム一周で、十五カ所ほど、このようなテープ類による養生を行ったが・・・。タイヤをはめる際、相当もまれるだろうから、またズレちゃあいけないな・・・と思うと、コレで放っておけなかった・・・。

 DSC_0144_convert_20181017221118.jpg

 その上から、ちょうどリム幅に合うガムテープを貼って、その下の養生テープを安定させることにした。

 さて、これから嵌め返そう・・・、ということで、また格闘を始める。

 DSC_0147_convert_20181017221135.jpg

 なんとか完成!やったー!重い荷物を載せることもあるリアカーだけに、パンクの原因になり得るところはすべて取り去った方がいいわけで、こんなことになったのであった。

 で、わかったか?

 パンク修理千五百円でやりますって!って断言できない理由が。

 こういうことなんだよ!当店は普通の店じゃないんで、開けてみてからしかわからないことも想定しているの、その用途に合わせて、その後できるだけ故障しにくいように、万全を期そうともするんだよ。

 持ち主にだって変わらない、内部事情ってものがあんの!だから、事前に正確な見積もりなんか出そうともしないし、出さないんだよ。

 あなたは神様の割には、すべてお見通しなんじゃないんだ?一体どんな神様なんだい?

 まあ、普通の常識的なお店がよければ、アサヒでもマイニチでもエビスにでも行けばいい、いやむしろそっちに行ってください。何度も言いますが、当店は普通の店ではありません、普通の自転車屋ではないことは繰り返しておきますわ。

 やっぱり結界は張っておく必要はありますね、お客様は大切ですが、単なる消費者はネットやチェーンの方がずっと向いているでしょうから、そちらへどうぞ!

 とたまに、とんがってみる・・・振りをする日もありです。実のところ別段なんとも思っていませんので・・・。


ちょっとしたブームかな?リジッド化



 いろんなことをやっている当店ですが、ある改造なりを紹介すると、どどっと続くことがあります。といっても三つも続けばすごいような、マニアックなものもありますが・・・。

 こいつも改造の難易度は別として、そんなに多くもない内容、といっても潜在需要はあるだろうなあ、とも思える改造なんですね。

DSC_0949_convert_20181002001129.jpg

 サスペンションフォークの交換ですよ。そういえば最近もあったでしょ?見ればわかるとおり、弾む分のシロが取られているので、拳骨一個は軽く入るくらいのクリアランスがあります。こいつをリジッドフォークに交換するんですから、車体は前にガクンと下がります。

 ポジション変わっちゃうよね。それでもやりたいという気持ちはわかります、街道ほぼ専用に走る際、サスは踏むたびに前に出る力を上下に吸収してしまうので、歯がゆいよね。

 都会の段差を気にせずにというが、そんな一瞬のことのために、大部分の走りを犠牲にするのは利口な選択なんでしょうかね?あのバウンド感好きなら別ですが・・・。

 あとまあ、たまにあるクロスバイクにサスがついているのが、よく理解できませんが・・・、バリエーションとしてあってもいいかぐらいには思いますがね。

 では交換しますか・・・。

DSC_0045_convert_20181002001046.jpg

 相手はこいつです。簡素ですね・・・何にもない。フォーク単体で考えると、ロード基準からして重いんだが、サスペンションフォークのあの仕掛けだらけのものから比べれば、軽いもんだ。それにメッキは透明とほぼ同義なのでどんな車体にも合います。

 DSC_0950_convert_20181002001142.jpg

 ポイと交換できないのは、このヘッドパーツの移植があるからであります。ものによっては、この際にヘッドパーツごとに交換ということもある。ヘッドパーツは小さいパーツながら、交換工具の種類を要求してくる素人にとってはいやなところ。この辺をそろえるとセミプロになることを決意せねばならない・・・。

DSC_0042_convert_20181002001036.jpg

 最近のフォーク下玉推しは外しにくいものが多い。ノミで下から打ち込んで隙間を空けていく・・・なんてことさせるものがある、アレはいかん。カーボンフォークであんなもの使っている場合は自己否定しているようなもんだよね。やはり、下玉推しは富士山のような裾野形式ではなく、引っかけめくり部分がないといけません・・・

 DSC_0951_convert_20181002001157.jpg
 
 もちろんVブレーキも移植。前回のものはディスクであったが、まあやることは同じだな。

 DSC_0040_convert_20181002001024.jpg

 イヤー軽いし実にスッキリだ・・・。小声ながら街道はこうでないと!なんて思います。

 でもクリアランスの違いはすごいでしょ、ここでもう一つドミノ的に変えないといけないところが出てきます。

DSC_0050_convert_20181002001106.jpg

 ここです、社交がガクンと下がるので、ここもそれに合わせてちょん切ってやらないといけない・・・。

 DSC_0048_convert_20181002001056.jpg

 ちょっとした店内ブームの到来か・・・。こういうものがたまってくると、逆にコレでなんかいたずらできないかな?と思う・・・。ただ1インチだったら、実用車に取り付けて、お父さん用子育て号なんかにしてしまいたいね。

 というのも、前サスフォークつけて、前子乗せカゴつけて、舗装路から外れてダートを走ると子供はキャーキャー言って喜ぶはずだ・・・、柳さんに相談して、実用車フレームのヘッドチューブをオーバーサイズにしてもらうか?

 創造というものの原初はいたずらかもしれないね。

DSC_0037_convert_20181002001013.jpg

 街道走ったが、やっぱりコレだ・・・と思った。

 ちょっとした店内ブーム、店内ブレイクの予感ありだ。

また仕掛けるぞ!



 これは今や少なくなっているクイルステム。かつてはピンからキリまで色々ありましたが・・・。

 今は少ないですねえ・・・。

 デダのもの、アレですが、大森社長の魔の手が伸びたものです。

DSC_0028_convert_20180930221305.jpg

 これは105、最新のものです、マウンテンの形状していますね。でもなにも書かれていませんね。オール銀にできないかという社長への要望からこうなりました。

DSC_0026_convert_20180930225004.jpg

 これは前後ブレーキ、コレもロゴ外しから、手によるアルマイト剥がしまで、ただ分解できにくい構造なので、今んところはここまでで許してやろうか?と。

 ある絵だった、できるんだが・・・とちょっと悔しそうな大森社長。

DSC_0032_convert_20180930221319.jpg

 これは手製ではありませんがポリッシュで頭一つ出る仕上げのアラヤSA730。これはいじりようがないので、このまんまで行きます。しかし、いい仕上げだね。

 

DSC_0022_convert_20180930221223.jpg

 真骨頂はここ。クランク周りは自転車の横の顔でもあるので、見せ所中の見せ所なんだが。
 
 当然大森社長は、もっと他にも手がありそうだ・・・とさらなる上に目指して、磨きに磨きを掛ける訳であります。

DSC_0024_convert_20180930221236.jpg

 しかし、まあ初めてのコンポをよくここまでやりました。

 さて、コレをどう使うか・・・ですが、もうチョイお待ちください。いろんな意味で画期的な展開の中に置こうと思っています。

 そして、大森社長の魔の手なんですが、より上の、そのまたさらに上にものへと手が伸びそうなんであります。

 それほど遠くないうちに、オールシルバー・・・部分シルバー、シルバー抜きかはわかりませんが、今までにない、シルバーテイストのデュラエースが登場したりしてね・・・。

 なんてことも言っておこう、予定は未定ながら・・・。

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター