メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

一気に理想へと

000 DSC_8202_convert_20200115223344

 完成車を購入しながら、徐々にパーツ類を入れ替えて、自分色にしていこうという車体がありまして、泥よけを雪平にしただけで、かなり変わってしまった、元シック系クロスなんだが、今回もハンドル等を変えて、どこまでやろうか?

000 DSC_8214_convert_20200115223543

 まず、このカシメ系のクランク、大体街乗りで3枚はいらない、ということで、変えることに。
DSC_8614_convert_20200216194253.jpg

 スギノのクランクで、シングルに交換。何かとシングル流行りですね。

DSC_8615_convert_20200216194245.jpg

 そして長めだったBBシャフトも短いものに交換です。

000 DSC_8184_convert_20200115223328

 そして、Vブレーキも機能的に問題は無かったが、見た目問題として、交換。

DSC_8616_convert_20200216194236.jpg

 こいつは見た目ほど高くはない割りに、効きも決して悪くはない、こうした改造にはある種欠かせないね。

000 DSC_8208_convert_20200115223428

 そうなると、このブレーキレバー兼シフターも交換したくなる。

 DSC_8624_convert_20200216194130.jpg

 はい、この手のレバーに交換してしまうとなると、シフターも兼ねていた分、代わりのシフターを考えないといけません。一気にドミノ倒しのように、この辺がゴロッと変わってきてしまいます。

DSC_8621_convert_20200216194205.jpg

 ハンドルに直でのせられるWレバーをシフターとしました。

 DSC_8620_convert_20200216194214.jpg

 ついでにフラットだったハンドルの形状も交換、実はここまでやる予定ではなく、もう少しゆっくりと・・・というはずだったんだが、やれるときに一気にやってしまうという、改造のドミノが起きてしまった。パーツの組み合わせ上、こうしたことも起こり得るわけで、それが起きた。

 DSC_8613_convert_20200216194304.jpg

 イヤ一気にここまで来てしまったので、月一で半年ぐらいかけて・・・が、ほとんど終わりということに、なりそうですねえ。

 あとは、このフレームと同じような色のクロモリフレームでも見つかれば、パーツの載せ替えで、ハイ!完成!ということになりますかね?

 いやいや、この車体自体がすでに暖めてきたセンスを体現しているようなものなので、十分に乗ってやって、実感していって欲しいものですね。

 ここまでいじって、自分のものとしていけば、まあ、自転車が生活の中に入り込んできた、という次元なんじゃないかな?こういう方々を一人でも増やすことが、当店の重要な任務なんじゃないか?とも思います。まあこれがもし時代遅れの発想で、すでに用がないとするならば、老害になる前に撤退すべきなんでしょうが、さて、正念場・・・だね・・・。

スポンサーサイト



これからは牽引を牽引していく!



 先日ひょんな事から頼まれた、カートを引く自転車を考案したんだが、あれをあれだけで終わらせるのはもったいない。むしろ、重い荷物を自転車に載せて合わせて重心を取るよりも、後ろに置いて別車両として引く方が絶対的に安全なのだ。

 これは今まで30キロ以上の飲料を載せて走行した店主が言うんだから、間違いは無い。荷物を後ろ、または前に載せると、スピードにのるまでフラフラして危険でしょうがない。狭い道など制御出来ないことだって何度もあった。

 それから比べると、牽引はそれこそ昔はリアカーを引いていた時代もあったわけで100キロだってふらつかずに運ぶことができる、まあ、再度これからは牽引の時代が来てもいいんじゃないか?

 当店を起点にまず柳沢・東伏見近辺の高齢者の自転車をすべて・・・とはいはないまでも、牽引を流行らせたいね。

 そんなこんなでまずは形にして、見てもらおうということで、こうして店の前で展示している。

DSC_8567_convert_20200210221622.jpg

 このようにポップもつけたりしてね。

 DSC_8565_convert_20200210221601.jpg

 まず荷台にこのような金具を設置して、そこにカートを取り付ける、至って簡単なわけであります。

DSC_8564_convert_20200210221552.jpg

 こんな感じですね。これが付いていれば、後は走るだけ。どんなに蛇行しても、8の字に走行しても、カートは全く問題なくついてくる。

 DSC_8568_convert_20200210221631.jpg

 例えば、ここに20リットルの灯油を入れて、走ってみる。通常自転車の荷台に括ろうものなら、まずは重い、ふらつくし、中が液体だとチャップンチャップンと中で暴れるんですねえ、それがまた運びにくいんであります。

 ところが、こうしてはこぶと、走り出しが重いくらいで、後は全く問題は無い。これはいいわ。

 DSC_8566_convert_20200210221612.jpg

 このつなぐ金具がもちろん専用のモノでないので、ちょっと弱かったなあ・・・。牽引は前に引くのはいいんだが、後ろに下がるとなると、ちょっとヤッカイなんだな。金具が柔いとこうなってしまう、この辺はまだまだ研究課題と言ってもいい。

 ただし、基本の発想はこれでいいだろうと思う。

 DSC_8576_convert_20200210221642.jpg

 上の蝶ねじを外すと、簡単にカートと自転車の切り離すことができる、そして・・・、

DSC_8578_convert_20200210221653.jpg

 このままカートを手で引いて運ぶこともできます。

 そう、このカートにカゴつけて、引いたままスーパーに入って、そこの買い物をいれて、カゴをレジに出して、それをまたカートに積んで、自転車のあるところまでカートを引いて、自転車にくっつけて家に帰る。また自転車からカートを外して、家の中まで引いていく・・・。こうした使い方ができるようになります。

基本この路線でやっていきますが、もう少しジョイントのところに関しては改良の余地はあるということで、また試作が必要でしょう。でも完成すれば、これは大変便利で、安全だと思います!

 後もう数歩・・・かな?

TRPならぬシマノブレーキのブリーディング 応用編



 もうこうした一般の方々が普通に乗る自転車にも油圧ブレーキが浸透してきているようです。

 もちろん十万を大分下回るクロスバイクにも、油圧の波が来ている・・・。下手すると高校生の通学用に乗る自転車がもう普通に油圧になっていることもあります。各ショップはこうした傾向に、油圧ブレーキ対策出来ているのかな?とちょっと心配になりますね。

 ワイヤー引き一筋できたショップが、当店のように多少の高齢者で、油圧のすごい波がやって来たとします・・・。そう、今年は新デュラエースの発表でしょ?もしも、デュラエースのラインナップからリムブレーキキャリパーが外されたとしたら、よほど自分が支流というか、傍流(暴流?)にならない限り、油圧の大波に押しつぶされてしまうでしょう。

 もうできるでいないとか、好きとか嫌いとかいっていられない・・・、やらなければ、プロショップとして、成り立たなくなってしまうことだって起こり得ます。

 もう油圧の流れを機にショップを閉じるなんていう動きだって出てこないとも限らない・・・。そういう問題が目の前にあって、何らかの対策を取っていらっしゃるのかしら?と人の店の心配などしている余裕のない店主出さえも、フトそんなことを考えてしまいますな。

 そういう流れの中で、2年以上前か、TRPからサポート店を命ぜられ、それを機にオイル圧送機などを使い始めた今となっては、まあ、二本の注射器で押し問答はないわ・・・、カップを設置して、上からチョボチョボ、途中でホースをカンカンカン・・・もないわね、圧送機を使って、ホイホイとやれる身分になっています。

 とはいえ、TRP、テクトロ系ではちゃんとしたアダプターをつけて、しっかりボルト状のモノを絞めて、圧送と空気抜きをしていくわけですが、シマノではちょっと様相が違って参ります。

 DSC_8348_convert_20200126225941.jpg

 今回のケースは、ハンドル形状の関係で、自転車が倒れると一番最初にブレーキればとホースのあたりを直撃する、というところから折れてオイル漏れという現象が起きてきたようですね。そこで、レバーとはホースを交換して、ブレーディングし直すという事になります。

 DSC_8356_convert_20200126230015.jpg

 レバーはシマノもので交換します。

 DSC_8359_convert_20200126230024.jpg

 ホースに、オリーブ等を装着して、

DSC_8360_convert_20200126230033.jpg

 レバーにねじ込んでいきます。この過程でつぶれるところがつぶれて、ホースとレバーとの間に隙間がなくなるという過程を経ます。

 そして、オイルを入れていく。

DSC_8364_convert_20200126230042.jpg

 シマノのキャリパーはオイルの入り口がちょっとしたゴムのキャップで止まっているだけ、それを外すと、簡素な入り口だけが見えます。

 通常TRPものですと、タップの切られた入り口が出てきて、圧送機のアダプターをそこにねじ込んで、接続するので、その結合は強化されるのですが、ここは単なる入り口だけ、そこに・・・

DSC_8368_convert_20200126230053.jpg

 そこに市販のホースを差し込みます、ただ差し込むだけ、ネジ類等による固定はなし・・・。空気を抜く際にレバーを握りますが、その際当然圧力がかかります、その圧力で抜けてしまうと・・・、

DSC_8377_convert_20200126230145.jpg

 このように地べたがミネラルオイルまみれになるので、気をつけましょう。圧をかける祭には、ホースは手でしっかりと押さえておくことですね。

 後は、基本同じ。

 DSC_8374_convert_20200126230127.jpg

 オイルを回しながら、時々レーバーを握って、タンク内に空気が残っていないかを確認する、それを5分ほど続けることで、エアはほとんど抜けていきますね。

 ドコをどう握ろうが叩こうが、一切気泡が出てこなくなったら、ホースの近くの弁を閉めて、ホースを外して、レバー方面のアダプターも外し、その穴に少しオイルが盛り上がるくらい垂らしてから、オイルを溢れさせながら蓋を閉めれば完了です。

DSC_8372_convert_20200126230113.jpg

 左右日本のレバーと、ホース交換、ブレーディング完了ということでした。

 DSC_8376_convert_20200126230136.jpg

 キャリパー側にももちろんホースとつなぎますよ。

 DSC_8370_convert_20200126230103.jpg

 ハンドルの角度や、ブレーキレバーの一などは前と同じなので、また同じような倒し方から、ホースオイル漏れという事を起こさないとも限らないので、倒れても大丈夫なように、ブレーキレバータンクのまわりにプロテクターとかがあればなあ・・・という話だったが。どうするかねえ・・・。

 とにもかくにも、オイルブレーキの波は既に来ているわけで、ショップを継続のためには、このブリーディングという施工は避けて通れません。

000 DSC_1242_convert_20171031182432

こちらの圧送機の方も販売しています、大変使いやすいですね、お問い合わせください!

月に一度の改造 目指す道は・・・



 この車体を持ち込む前に、泥よけを塗装できないか?というご相談をいただいた。

 正直店主は泥よけ嫌いなもんで、できるがそれが何か?的対応。ところが段々話を聞く内に、どうも自転車にある種の美学を持っているらしいことが分かってくる、なれば持ち込んでくださいということに。

 そういうかなで、来たのがこの一台。ホホー・・・・、なるほど・・・。

 DSC_8183_convert_20200115223308.jpg

 この黒い泥よけを銀系に出来ないか?当然そういう展開になるでしょうね、ここまでやって来たなら。

 もちろん、メタリック系シルバーなら塗装できますが・・・。そういえば、台湾から引っ張ってきた泥よけのサンプルがいくつかあったぞ。そいつはホンジョほどではないが、亀甲が入っていた。ステンレスで輝いている。

 そいつを見せてみようか?

 DSC_8210_convert_20200115223454.jpg

 一気に気に入ってみたようで、取り付けることに。

 DSC_8184_convert_20200115223328.jpg

 ここも同じく・・・

DSC_8211_convert_20200115223506.jpg

 こうなってしまった・・・。美意識の届くところは分かる。それは泥よけ好き嫌いとは関係はない。店主は泥よけつきは乗らないが、乗りたい人の気持ちは分かるし、年に数度なら、細めのフェンダーを700Cに取り付けたりすることはしてもいいとは思っている。

 この自転車をどこに持っていきたいか?ということは話しながらも伝わってきたからだ。

DSC_8205_convert_20200115223400.jpg

 このサドルはご自分で取り替えた。なるほど、でしょ?

 DSC_8207_convert_20200115223415.jpg

 このグリップや、ミラーなんかもなんとなく拘りが分かりますね。

 この写真から見られる、浅めのカゴも、わざわざこの形状を選んでタイラップで止めている。拘っているわけだ、大分。

 どうも、購入してから一月に一度の割に、パーツの交換をしていたようだ。ドンドン理想に近づけていきたいと。なるほど、では課題というか、宿題を出してみようか?

 DSC_8208_convert_20200115223428.jpg

 まずこのシフターはないよな・・・。

 DSC_8209_convert_20200115223441.jpg

 こういうシフターは、この自転車だから、という以前にちょっとかっこわるすぎ、もう少しどうにかならないの?という形状だと思うなあ、誰か自分の自転車にこいつを取り付けたいと本気で思う人いる?まあ自転車に全く関心の無い、乗るだけの人にならいいかもしれないが・・・。

 この辺はWレバーのフラットバー台座なんかにするかな?

 DSC_8213_convert_20200115223524.jpg
 
 このディレーラーも・・・、機能を取るかもう少し形状を取るか?シルバー少ねーなあ・・・。

 DSC_8214_convert_20200115223543.jpg

 このペダルとトークリップからも、この持ち主さんの拘りと、大々的に展開できないもどかしさと、美意識が現れている、ように思えるね。

 このクランクは三枚で、カシメ・・・。これはない・・・。

 サンエクシードまでとはいわないが、もう少しなんとかできないか?と店主は台湾を徘徊する・・・・。

 DSC_8202_convert_20200115223344.jpg

 というわけで、課題と宿題を残しつつ、今回はここまで。されに変化していくでしょうね。

 そして、その先の一台なんかも想像してしまうなあ・・・。ゆっくりでいい半生かけて、理想の一台似鳥つくというのだって、大いにありだ、そういう境地にいける依頼者でありました。

タンクローリーを作る



 何の変哲も無い、実用自転車なんだが、ご近所の高齢方より切実な依頼が飛び込んできたのでありました。

 今や冬至手前の冬の最中となりました、暖房の確保は大切で、その中でも石油ストーブは何かと最強・・・でしょうかね。

 特にアラジン系の灯油ストーブは、囲むように立てば多くの人が暖を取れます。そしてその上には薬缶や鍋類など調理等にも使えます。灯油は炭などから比べると扱いやすい燃料ですので、この手のストーブを日常生活に織り込んでおくと、災害対策にもなる。そういう意味でも最強の暖房器具ともいえるでしょう。

 ところが、その石油、つまり灯油というものは蛇口をひねって出てくるものではありません。コンセントからひくことも出来ません。そこが唯一の難点とも言えるんだと思いますよ。

 つまりは、配達をしてくれるところに頼むか、自分で買いに行くかのいずれなんですが、最近前者がなかなか無い。かつては御用聞きがありましたがね。

 そうなると大変なのが、重さということになります。最低20リットルは買いたいんじゃないか?となると重さは約二十キロ。そんな重い買い物、昨今あまりない。車だったまだしも、それがなかったら、暖房器具の変更を考えないといけないくらい、かなり重い問題ともなる。

 そこで、こいつを自転車に取り付けられないか?という必死のご依頼がやって来たんだな。

DSC_7883_convert_20191215222848.jpg

 いわゆるカートというやつなんだが、これに灯油タンクを載せて、自転車で引っ張れないか?というご依頼。

 ちょいと自分で試したようなんだが、逆にガッチリと自転車の荷台に留めてしまったために、コーナーの際に柔軟に動かなくなってなんとも調子が悪いということだった。

 そういえば・・・。店主は自転車の後ろに、リアカーを取り付けては自分や上さんの引っ越しをやっていたくらい。牽引についてのちょっとした内容は了解している。

 通常は自転車のピラーにアヘッドステムをかましてリアカーの横棒と接続してやると、難なく引っ張ることができる。

 この手の牽引は接続面は小さく、左右はもちろんのこと路面の凹凸を考えると、多少上下に動くくらいの適当な接触の方がむいているのだ。

 あとカートの着脱が比較的簡単にできることだね。自転車からカートごと切りはなして、ストーブまで運べないと、やはり不便に違いない。ということで、以上の条件を満たす形式を考えることに。

 DSC_7885_convert_20191215222901.jpg

 新聞カゴを取り付けるありもの金具を使おうか?10ミリの太さのボルトナットを通せるように、穴をでかく空ける。

 DSC_7887_convert_20191215222913.jpg

 10ミリのボルトを写真のように突き上げナットで締める、もう片方を6ミリのボルトで挟んで固定して、これで自転車側の取り付け柱は完成だ。

 そしてこの柱に、今度はカートの方に雌穴を取り付ける工夫をしてやらないといけない。

 DSC_7890_convert_20191215222925.jpg

 あまり記憶にはないが、多分塩ビ管か何かを留めるクランプが出てきたんで、こいつを使う。合わせのところの穴を13ミリのデカ穴を空ける。この穴に先の10ミリのボルトに引っかける。なぜ10ミリちょっきりの穴にせず、3ミリもデカイ穴を空けるのか?

 これはさっきの、この手の接続は前の自転車と後ろのカートが、接触面を少なく、しかも左右上下ともに緩く動いてくれるぐらいの方が都合がいいからなのだ。

 そしてその対角に4ミリの穴を空ける、ここに同じく4ミリのボルトナットを入れて、二枚の金具を平行に固定するために。

 DSC_7891_convert_20191215222935.jpg

 そしてできあがった金具を、カートのとってのところに巻くようにして取り付ける。ほぼこれで完了。

 DSC_7893_convert_20191215222946.jpg

 ハイ自転車側の雄ねじと、カート側の雌穴が完成したんで、貫通させましょうか?その前に、

 DSC_7895_convert_20191215222958.jpg

 貫通後にすぐに外れないよう、このような喋ねじでこれまた緩く固定してやればいいんだが、如何せん喋ねじは小さいので、このままだったら、すぐに無くすな・・・と漠然と思ったわけであった。

 そこでネジの耳に穴を空けて、水糸を通して、それでもってカートの方に結びつけたわけだ。

DSC_7900_convert_20191215223042.jpg

 すると、こうして上に突き立てた雄ねじに、カートの雌穴を上から被せ、先の喋ねじで軽めに閉めておけば、普通に自転車のスピードでほぼ不自由なく走ることが出来ますね。8の字走行も可能でした。

 DSC_7899_convert_20191215223031.jpg

 実際20リットルくらい入れて近所を走行実験したが、何のトラブルもない、どころか、むしろこっちの方がいいんじゃない?荷台などに積み込むよりもね。

 というのは荷台に積み込んでしまうと、その荷物の重量とのバランスを取らねばならないのがとても大変なのだ。重いものほど、グラグラして運転の安全も確保しにくくなる。

 ところがこうした牽引だと、引くのは重いが、その荷の重さまでの重心を取らなくてもいいので、運転自体は実に楽に安全にできる、ということなんだな。

 DSC_7898_convert_20191215223021.jpg

 ということで、着脱をより簡単にした形でのこの手の牽引カートは、今しばらく続く高齢社会での自転車の利用を長引かせるに、一つの鍵になるかもしれない・・・と思ったね。

 ということは、ビジネスチャンス?

 まずはご近所の高齢者の自転車すべてに、この手の着脱式カートを取り付けて、その利便性のアピール・・・と行こうかな?

 しっかし、どこにチャンスが落ちているか?わかんねーね。
 
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター