メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ただのフォーク交換のはずが・・・インチダウン!!!



 ちょいとマシなマウンテンバイクと、かなりボロボロのマウンテンバイク二台を持ってきて、いいとこ取りって出来ないか?ということで、できる範囲でやるということで。

 DSC_8274_convert_20210624200957.jpg

 ハンドルはこういう、ライザーバーを選んで付けてきた。乗って楽しく遊べる自転車にしたいようだなあ。

 ワッパの付いているものならミニカーから車、バイク、自転車に至るまで、何でも好きそうな、少年おやじ・・・であります。

 一番の問題は、フォーク、しかもサスペンションフォークの交換・・・ということなんだが・・・。

 DSC_8291_convert_20210624201113.jpg

 元々付いていたのが、こんなおもちゃに近いようなもんなんだが、それを別のマジマウンテンのロックショックのサスフォークものに交換したいというご希望でありました。

 DSC_8277_convert_20210624201015.jpg

 しかも、SIDだって、いいもんじゃないの・・・。ただし大問題があった・・・。このマジマウンテンは当たり前だが、26インチもんね。

 ところが・・・、GTのおもちゃに近いマウンテンは24インチ、少年マウンテンじゃないの・・・。そうなるとディスクブレーキだったら、ブレーキ問題は発生しませんが、ホイールの径が違うと、Vぶれーきだと、とどいていたブレーキシューが届かなくなるという弊害が起こります。

 実際起こりました・・・。

DSC_8275_convert_20210624201006.jpg

 イヒヒヒ、でも付いちゃった・・・。ブレーキは飾りではありませんぞ!実際問題Vブレーキ台座の位置が高すぎて、そこに取り付けたら、シューが上に行き過ぎて、リムをキャッチできません。つまりブレーキとして機能しないんですね。

 ところが・・・、魔窟のような細かいパーツ類が作られているサイトなんかを除いてみると、まあ、いろんな抜け道パーツというものがあるんですねえ・・・。

 まさかこんな所に使えるとは思わなかったなあ。

DSC_8279_convert_20210624201025.jpg

 これですよ!わかります?ブレーキとその赤い台座が明らかにズレているでしょ?そのズレの間に黒いアダプターが有ります、それが今回救世主となったというわけなんですね。

 今回とは逆に、26インチ系のリムを700C化してアップサイズ化する際は、逆にシューを上に持っていかないといけないんだが、元々はそのために作られたパーツだったのをひっくり返すことで、26インチを24インチのダウンサイズ用のパーツとして流用したということなのね。

 発想としては共有されるのかしら?まあ各自勝手にやってみてください・・・。

 DSC_8283_convert_20210624201044.jpg

 あとは基本メンテをしておしまいかな?

DSC_8284_convert_20210624201053.jpg

 洗浄と調整で全ギアにはいるようにしましたよ。

 DSC_8286_convert_20210624201104.jpg

 リアはいじらなかったので、24インチの台座に、24インチのホイールなので、そのまんま。

 DSC_8272_convert_20210624200948.jpg

 少年用マウンテンが、サスが付いてなんか変チョコなBMXになったようで、この半端感が何とも少年用自転車の様相を演出して、それにまた少年おやじが乗って遊ぶという、微笑ましい状況が見えてきますね。

 しかし、今回もまた偶然、目的外使用のスモールパーツが発見されましたな・・・。なんか勘が働くんですよ、変なスモールパーツを見ると、何か入手せずにはいられない、目的使用と同時に、角度を変えると目的外使用が見えてくる・・・、そうすることでせこうの可能性も増えてくるというものなんだろうね・・・。

 訓練としてはまず、シマノの分厚いスモールパーツ図鑑をよーく見て、頭でシュミレーションをしてみることかな?作った人の発想を超える、使い方ができれば、中間者としては面目躍如だろうね、まあ、外さない程度ではあるが・・・。
スポンサーサイト



10スピードから11スピードへ



 当店オリジナルの650Cの車体であります。650Cはフルトライアスロンの時代には結構用いられていたんですが、オリンピックディスタンスが登場し、自転車部門でのドラフティングが許可されてから、ロードレースの様相をきたし、700Cが主流になってしまって・・・、何故かそれがまたフルトライアスロンにも広がっていった。

 また、650Cに戻らないかな?と思いつつもその傾向は見当たらない。盛んな競技で用いられると、フレームも、ホイールもタイヤの種類も増えるという利点があるが、そうでないとまあ、縮んでいくばかりである・・・。

 アジア系の人間には650Cは選択肢としてあって、絶対にいいと思いながらも、風前の灯に近い状態・・・、160センチ台に運動神経のいいやつが多いアジア系になんで?・・・と思うが、仕方がない。

 そこに追い打ちをかける、世界的パーツ不足が650Cのリムに向いてしまった・・・。今や650Cのリムがほぼ欠品・・・、フレームはあってもホイールがないなら話にならないよね・・・、ということで650cにいい話がない・・・。残念だなあ・・・本当に残ねん。

 そうなる前に、当店から出ていった、650Cオリジナル、いいよこいつは・・・。

DSC_8152_convert_20210616211422.jpg

 出ていってから、アチコチかえられているなあ。革サドル・・・。

DSC_8150_convert_20210616211401.jpg

 ステムが日東になった。元々革バーテープをつけていたんで、革サドルとの相性はいいね。

DSC_8151_convert_20210616211412.jpg

 ボトルケイジにも革系が使われていて、大部可愛がられているようですね、いいことです。

DSC_8128_convert_20210616211215.jpg

 で、今回は10速で出ていったコイツを11速にしたいという、ご要望・・・。スプロケを一枚増やせばいいんだが・・・構造上そうかんたんには行かない。

 なので、フリーを加工しないと。

DSC_8129_convert_20210616211224.jpg

 旋盤に取り付けて、刃を研いでアチコチセッティング!

DSC_8131_convert_20210616211234.jpg

 それ!回転!加工開始!ってもんで二十分以上かかったかな?途中で刃物研ぎ直したり・・・。

 DSC_8133_convert_20210616211244.jpg

 で、こうなった・・・。わかりづらいだろうなあ、でも良い子の皆さんは真似しないほうがいいので、まあこんなもんか程度に見ていてください。

 DSC_8134_convert_20210616211253.jpg

 そのままでは十一枚の最後の一枚が遊んでしまうので、削っては外して装着して、これを何度か繰り返して、トップギアの遊びがなくなったところで、終了!

DSC_8135_convert_20210616211302.jpg

 フリーをホイールに戻して、再度11速スプロケを装着する。

 DSC_8136_convert_20210616211314.jpg

 ロックリングが、ハブナットの内側に来ていることを確認・・・、これロックリングの厚みによって、内側に入ってしまうことがある・・・。そうなったら、面倒だよ・・・。反対側のスペーサーを薄くして、その分こちら側にスペーサーを移さないといけない、それでハブナットの内側に来たら、今度はズラした分ホイールのセンターを出してやらないといけない・・・。


 まあやらずに済んだけど。

 DSC_8145_convert_20210616211333.jpg

 はい、車体に装着!ちょっとした調整をしたら、機嫌よくくっついたよ。元々謎コンポの11速用を10速用にしていたんで、余った1速分が曖昧な展開になっていたことがあったが、それが全くなくなって、一捻りにつき1速シフトという当たり前の安定感に戻ったわけだ。

 DSC_8146_convert_20210616211342.jpg

 謎コンポ・・・といってももう謎でもなくなってきているが、健在である!

DSC_8148_convert_20210616211351.jpg

 150ミリのディズナのクランク!

 DSC_8155_convert_20210616211442.jpg

 ブレーキだけカンパのスケルトンが付いている、これはどうもいずれ・・・遠い将来、シルバー計画があるようだな。74デュラエースを持っているとか言ってたし・・・。

 でも待てよ、今回は10速を11速にしているという意味では逆行だよね。

DSC_8153_convert_20210616211432.jpg

 でもまあ、アッチ行き、コッチ行きしながらも、自分の色と好みに少しずつ染めていく感じは、その先がちょっと楽しみになるね・・・。

 買っておしまいじゃない・・・自転車は買ってからなのだ!

迷える子羊企画 自己犠牲より



 これ見てパッとわかる人は、マニアの域かな?と言っても答を言ったらすぐわかるかも。こいつは、折りたたみ自転車によくついている、折りたためるステムハンドルなんですよ。

 折りたたみ自転車の多くはだいたい真ん中辺りからフレームが2つ折にできる構造をしています。

 サドルを縮めて、二つ折にしてもステムハンドルが立っていたんではコンパクトにはならない。そこでステムハンドルの根本でパタンと倒すことができるようにしたんでありましょう。アイデアとしては至極当然、折りたたみの利便性という意味でもそれは正しいと思われますが。

 ただ、乗り手としてこの手の自転車を乗る際に常に感じていたのが、可動部分はたわむ・・・という原則ですね。ブレーキごとに、または登りなどの引きハンドルごとに、グラグラとはいわないまでもハンドル周りがたわむんですね・・・。
 
 そのたわみを利用して登りのリズムを取るなんていう人もいるかもしれませんが、どうも店主にはそのたわみが気持ち悪い。それだけでなく、折れやしないか?というちょっとした恐怖心もなくはないんですね。

 まあ、所詮は折りたたみ、収納と走りを完全に両立することは出来ないだろうから、その両者の間で妥協するしかないんでしょうね。そう言う意味で、ブロンプトンや、ダホンのような本気系小径・折りたたみを乗っておられる方も、心の奥底で妥協しているんじゃないか?と思いますが・・・。

 でももしも、その辺の妥協を少しで解消していくことが出来たら・・・なんても考えます。店主の場合は、収納よりもより走りの方を取るという方向なんですがね。

 そう言う意味で、あの折りたたみ部分のたわみを内心では苦手にしている迷える子羊たちもいるはず!

 そう言う子羊たちへの、もしかしてこれってヒントになるかもしれないね、という実験をしてみようと思います。実験台は、勿論店主、嫌いな言葉のNo.10に入るかもしれない「自己責任」でもってやっていこうと思いますわ。

 さて、ではそもそものハンドルステムの入る、ヘッド周りがどうなっているか?でありますな。

 DSC_7601_convert_20210610222358.jpg

 その折れるハンドルステムを外してみると、なんのことはない、スレッドレス式になっていましたよ。

 DSC_7604_convert_20210610222407.jpg

 バラしてみると、一見変わって見れるが、実はほぼ一般車とかわりはない、ただオーバーサイズというだけ。オーバーサイズのスレッドレスヘッドパーツもあるし・・・これは結構思った以上の汎用性ありだな・・・。

 ただ、洒落てインテグラルなんかが出てくると、改造等には面倒になるだろう。

 DSC_7605_convert_20210610222417.jpg

 化粧ナットとして、オーバーサイズものをのっけて締めておいた。見た目もいいね。

 さて、そうなると、25.4ミリ、一インチ径の長いステムが必要になる。日東から280ミリ長のノーマルステムはあって、あれにシム噛ませばいい、という選択肢はあるが・・・まだ短いな。

 他にないか?と探したら、こんなものが飛び込んできた。

DSC_8020_convert_20210610222427.jpg

 これは25.4の径のあるシートピラーね。しかも超ロングもので450ミリある!ピラーだったら縦の力で体重支えられる強度のあるパーツだから、多少腕でもんだところで折れるものではないだろう、ではコイツを使おう。

 DSC_8021_convert_20210610222436.jpg

 もったいないが、使えるピラーの櫓の部分を切り落とす、内径も太いね、これならより大丈夫だろうな。

 DSC_8032_convert_20210610222625.jpg

 ここは強度の補強として市販の8ミリ径(通常は6ミリ)の全ネジを購入して、アルミも無垢棒の中心にねじ山立てて、斜めに加工したりする。

 DSC_8031_convert_20210610222605.jpg

 こうしてダブルナット方式で全ネジに固定して、先のピラーを同じ角度に切ってあてがってみる。

DSC_8028_convert_20210610222528.jpg

 こう見ると、なんのことはないスレッドレスステムの臼の部分に過ぎませんな、そう長いアヘッドコンバーターを作ったようなもんなんですわ。

 そうなると、今度は折りたたみ、収納の利便性にも配慮しないといけません。折りたたみ式ステムハンドルをやめて、今度は刺し抜き式コンバーターになったんで、いかにその刺し抜きを楽にできるか?というところに焦点を絞っていきます。

 できれば工具は使いたくない・・・。と言って、その締め付けに蝶ネジを使おうかとも思ったんだが、8ミリネジの蝶ネジなんてチッコイものしかない。チッコイとトルクをかけて締め付けることが出来ないわけで、ハンドル周りがそれでは困ります。そこで、長ナットを利用だな。

 DSC_8033_convert_20210610222643.jpg

 長ナットに穴開けて、長めのボルトを弥次郎兵衛のように差し込む。こうすると高いトルクでしかも手で締めることが出来ます、工具いらずね。

 DSC_8027_convert_20210610222518.jpg

 こうしてテッペンにおいて、

DSC_8026_convert_20210610222507.jpg

 手で回すと、下の臼が引き上げられて、ステム自身が太くなるため、コラム内で固定されるという仕組みであります。

 DSC_8025_convert_20210610222457.jpg

 全体図としてはこんな感じですね。

 DSC_8038_convert_20210610222713.jpg

 450ミリのピラーは流石に長いね。上への突き出しのデカイステムを利用すると、もう少し短く切ることもできるかもしれないな。短くなれば、それなりに剛性も上がるでしょう。

 まあ、しかし、長いピラーは途中で折りたたみ機構がなくとも、テコの原理で、多少はたわむよね・・・、これは致し方ないのかな?一定以上のスピードでフルブレーキかけた時、どうなるか?実験はまだ続きますが・・・。

 この後またデカイ山が一つあるんだなあ・・・頑張ろう、潜在的子羊のために・・・。

ウーバーあれこれ



 昨年のコロナから、時間の余裕のでた方や、その他色々な事情で、ウーバーに参画する人が増えたようでありますね。

 今やこのウーバーか、出前館真っ盛りの感じ。

 あの仏壇のようなバッグは、通常背負う人が多いようですが、これから暑くなっていく中で排熱板である背中に仏壇があるのは良くはない。

 そうなると、

DSC_1210_convert_20200712195010_2021060420291830f.jpg

 このような荷台をおいて、その上にプラのボックスのようなものを置いて、その中に仏壇を収納する・・・というような人も出てきましたし、当店もそうした方向で技術的な強力をしてきたんであります。

 こいつは・・・

DSC_7915_convert_20210604202845.jpg

 トレックのオシャレ自転車なんだが、コイツをウーバー仕様にしていたわけであります。ところが、倒れたかなんかで、後ろのボックスが壊れてしまったらしい。

 なので、

DSC_7913_convert_20210604202833.jpg

 撤去をして、今度は前に置くことにした。

 DSC_7909_convert_20210604202813.jpg

 このカゴがどうかは知らないが、いくつかのカゴ専用メーカーからウーバーの仏壇ピッタリのカゴも売り出されているらしいね。

 低いデカイカゴが前に付いた。

 DSC_7908_convert_20210604202748.jpg

 今度はここに置くことにしたんだが、そうなるとハンドルを取られるということなので、より幅の広いハンドルに取り替えたい・・・ということで、

DSC_7910_convert_20210604202822.jpg

 今回こうした形状のフラットより、少し引き気味の幅広ハンドルに交換した、ということなんだな。

 DSC_7916_convert_20210604202855.jpg

 そもそものおしゃれ系のトレッククロスバイクを更におしゃれにした経緯があって、それはそれで終わったのかな?と思ったら、今度はウーバー仕様として稼ぎ始めた。

 そして、工夫を経て・・・

 DSC_7907_convert_20210604202759.jpg

 こういう形に変貌したというわけだ。変貌してもおしゃれ基本ラインは変わらないね・・・。

 コロナで自宅に滞在する人が外にでないように家で出前を頼んで、コロナで時間の出来た人が出前をする・・・。全てはコロナによる展開にも見えるが、これはコロナのあとも残るな・・・、というか、そもそも出前なんて昭和では当たり前だった、それが新たに形を替えて出て来なおしてきたものに過ぎないのかもしれないね。

 日本がまだ貧しかった頃、「個室あり、共同玄関、共同炊事場、共同トイレ、共同風呂」が当たり前だったのが、また貧しくなりはじめてそれが「シェアハウス」と名前を替えてのに似ているのかもしれない。

 その内、かつての御用聞きが、「訪問コンシェルジェ」なんて肩書でまた流行り始めたりしてな・・・。

 今まで、店主は既存の産業と産業のその間に存在しうるであろう「隙間産業」について、その隙間を発見して、奥まで潜り込め!!!なんて垂れ流すように書き流してきたが、これからはそれに加えて、かつての当たり前だった産業が見せ方を替えて再登場する、「焼き直し産業」についても言及していこうかなあ、なんても考えたりしてな・・・。

これからのウーバー 夏のウーバー 背中の開放



 アルミのクロスバイクを購入したという、その目的は、ウーバーをやるため。

 でもね、あの仏壇のようなカバン、これからの時期に背負っていたら、暑くないか?

 DSC_7810_convert_20210530204831.jpg

 この背中に背負って、炎天下マジで踏んで、配達すると当然汗をかきますね。自転車乗りにとって背中は排熱板なので、そこが鞄でふさがれると、それは暑い・・・。

 DSC_7811_convert_20210530204841.jpg
 
 しかも暑いと通常の反応として、汗が吹き出ます。汗は水と塩ですね。その水が蒸発すると、塩の結晶がカバンの裏のメッシュにビッシリつくかもしれません。

 「おまちどう様!」とお客の前で、さっそうとカバンを外して、中から飲食部と手渡そうとした時、そのカバンの背中がびっしりと白い汗の結晶が付いていたら・・・、人によっては、大丈夫かよ?と思うんじゃないかな。

 運んでいるのは、あくまでも食品という口にするものなので、その辺の衛生、清潔に関して気をつけるに越したことはない。

 であるからして、暑くなってきたら、カバンを下ろして、身体と離したところで自転車の活動ができるとすれば、それはそれで大変いいだろうということで、荷台を取り付けることにした。

DSC_7798_convert_20210530204743.jpg

 スポーツ車体なので、ダボなどはアチコチ付いているから、その辺専用の荷台を探して取り付ける。

 DSC_7800_convert_20210530204751.jpg

 今回は、真下にフレームのダボがあるので、まずはそこに取り付け、荷台の並行を出してから、

DSC_7801_convert_20210530204758.jpg

 通常はクランプの下にダボがついえいるものがあるが、今回はそのへんも見当たらなかったので、通常金具をシートステーに取り付けて締め込むことに。

DSC_7803_convert_20210530204806.jpg

 その取り付けた荷台に、更にバイク用の延長荷台を載せることに。相当でかいね・・・。

 DSC_7805_convert_20210530204815.jpg

 この二台に、更にウーバーというかほぼデカさの同じの二台カゴ、丈の低いのをかまして完成。

 これが付くと
DSC_7807_convert_20210530204823.jpg

 その上に、あのウーバーの仏壇を置いて、ベルト等で固定すれば、背中はフリーとなって、排熱版として使えることになります。

 そうなるとカバンの後ろに白い汗の結晶が付くこともなくなり、めでたしめでたし。

 DSC_7797_convert_20210530204734.jpg

 こうしたものをうまく利用することで、これから暑くなり夏の配達も、少しは楽になるでしょう。

 あとは汚れた手を隠すための手袋を複数もって、また自転車で仕事中の自己もカバーしてくれる保険等にもシッカリ入ったりしながら、プロとして飲食の運び手を自分で演出していけるようにすることでありましょう。

 自転車に関することは、ご相談から実際の取り付け等まで、なんとか工夫してサポートいたします!!!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター