メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

フラットハンドルからプロムナード系ハンドルへなんだが 色々あるんだな



 クロスバイクというよりもマウンテンに近いかな?当然フラットバーでありますね。それを日常に使っていたんだが、どうもその前傾が辛くなってきたという。
 
 そんな歳でもないんだが・・・、でももっと体を起こして乗りたいということなんですね。はい、では交換・・・と、その前に・・・・

270461177_4799022020176928_2481669781034779452_n_convert_20220111195707.jpg

 このサドルは裂けまくりで、すごいよね。こいつも変えないと・・・ね。ということで、そういう目でこの車体を見るとまあ、アチコチに調整または交換の必要なところが多いんだな・・・。といっても無尽蔵に施工するわけにもいかないので、まあご要望と、メカ的に重要な部分の優先順位の高いところからやっていくことに。

 270679824_4799022233510240_4946638611287577201_n_convert_20220111195719.jpg

 結構マジ系の細いサドルで、ちょっと女性には・・・とういところでもあるが、この女性は結構ゴッツイ革サドルなどにも適応しているようなので、ひょっとしてこれでも大丈夫かもね・・・、ということで、とりあえず交換してみた。

 269975088_4799022356843561_3732199105706131183_n_convert_20220111195421.jpg

 ハンドルはフラットから丸みを帯びたプロムナード系のハンドルに・・・。これは上下をひっくり返すと、セミドロップになりますな。

 271241512_4799022710176859_8554380112131812138_n_convert_20220111195746.jpg

 これは依頼外だったんだが、フロントメカのシフトで重要なパンタグラフの部分がガッツリ欠けている、ある意味こんなの見たの初めてだ。

 交換するか、外して、前シングルにしてしまうか?とも思ったんだが・・・

271763335_4799022546843542_7363787733459115593_n_convert_20220111195817.jpg

 クランクがカシメ方式なので、一枚にするには相当大変となる・・・なれば、そのママにして、フロントメカを交換しようということだな。

271721882_4799022636843533_7870728515879867850_n_convert_20220111195804.jpg

 ワイヤーだのチェーンだのも交換して・・・単なるハンドル交換超えて、結構大掛かりなメンテも含まれる施工となってしまった。ハブシャフトもへし折れていたぞ・・・。

 270437616_4799022803510183_1438695241457790588_n_convert_20220111195653.jpg

 やはりハンドル交換の影響は見た目にも強烈だよね、かなりおしとやかになったような印象だ。牙は抜かれて、行儀のいい街乗り仕様・・・となったかな?機能も見た目もね。

 この手のマウンテンバイクは相当数が世に出ただろうから、今あちこちの物置や、ベランダや、納戸などに眠っている台数は相当のもんじゃないか?と思うわけで。

 それを昔の乗り方をしないといけない、というようなことは一切ないのであります。古いレーサーなんかもそう、かつてのポジションやかつてのギア比などで乘らないといけないなんてことはない。

 今の自分の志向や利用範囲、身体的な条件などを組み入れた改造してやればいいんですよ、かつて乗っていた自転車に、新車じゃなく、改造して乗りやすくして、乗り続ける、また再度乗り始めるなんて、いいんじゃないかな?と思います。

 その改造パターンは、相当の内容があるんじゃないか?と思いますよ、そういうわけで、まずは相談だけでも構いませんので、何なりとご質問等ください、お待ちしています。
スポンサーサイト



よく折るなあ・・・次は組み換えかな?



 まあ、よく当店にやって来る方の車体だろうな、今回は・・・またかよ、というスポーク折れ、しかも四本ときた。
271428406_4779014142177716_6394492230148100490_n_convert_20220104193453.jpg

 それも全てフリー側、本人によると、チェーンがスプロケ内に落ちて、4本折れたということだったが、それにしてもちょっと折れ過ぎなような気もする。

 走行中に枝のようなものがホイールに入ることでドサッと折れることはなくもないが・・・、そうだと大抵両側から折れてもおかしくはないんだが、片側だけ、しかも一箇所に固まってはいないところなどを見ると、そうでもないらしい。

 前からこの子は、事故車らしき車体をもってきてはその原因には口をつむぐ癖があるようで、その辺よくわからないのだ。

 とにかく折れた、スポークが四本一気に折れたということだ。

271387474_4779014072177723_1967800348601625556_n_convert_20220104193401.jpg

 車輪を外して、振れ取り台に。フリー側なので、スプロケも外して計測すると、268ミリ・・・。在庫あり、なければ切手ネジ山建てて作るのみ。

271394067_4779014305511033_7618003433074509462_n_convert_20220104193434.jpg

 なんとも説明しにくいが、全体的なバランスが悪い。思ったほど狂ってはいない、一見見た目にはね。ただバランスが悪い、テンションにバラツキがある、こういうのが一番困る。

 全体として、テンション上げ気味に、たとえ狂っていなくとも締める方向で全体の強度を上げていくと、不思議となんとかバランスの取れるような地点というか、域のようなものを超えていく手応えというものがあるんだが・・・。

 なんともそれが掴みにくいホイールだ・・・。

271235261_4779013995511064_4841485147177908853_n_convert_20220104193103.jpg

 とりあえず形は整ったが、スッキリ感がない・・・。なんだろうな、この腑抜けたような感覚は?

271428406_4779014142177716_6394492230148100490_n_convert_20220104193453.jpg

 基本黒スポークにシルバーが混じってメッシュのようになっている、これはこれなんだが・・・、次以降は組み直しと行きたいもんだ。

271386229_4779013828844414_178378749470718636_n_convert_20220104193248.jpg

 できれば、リムは勿論のこと、このハブも使いたくはない、すべて一新にして、組み上げたいもんだ。そう、そして、今回チェーン落ちがスポーク折れの原因だとすると、シフトの調整をしっかりしておかないといけない。

 これが・・また・・・

271237412_4779013908844406_6064695883885805366_n_convert_20220104193148.jpg

 今や主流ハズレの前三枚というやつね。今後このタイプのものはどんどんなくなっていくんだろうな。たしかに、セッティングに面倒な点があるのも事実だしね。

 今回、インナーにした際、チェーンをローにかけるとチェーン落ちすることを発見。ほとんどインナーは使わずに、センターで走っていたらしいが、間違って左シフトをしてしまうとインナーに変わり、その影響でチェーン落ちしたのではないか?と推測できる。

 なので、ほとんど使わないインナーロー(軽すぎだよね)の調整を細かくやって、とりあえず戻すことに。

271183078_4779013468844450_5737322510525630183_n_convert_20220104193044.jpg

 高校生の生物部だったっけな?いいねえ、こいつでの山を駆け回って、生物の採集やら観察やらするのかしらん?そのスペックとしては、前サスに、激軽ギアのマウンテンはもってこいかもしれないね。

 次折れたら、ホイール交換と行こう!と告げておいたが、ご両親はできる限りそうならないように、ということだった、まあそれなりにかかるからね・・・、ということは、それなりにかけてやるに値する車体ということでもある。高校卒業後だって、大事故などしなければ、暫く乗れるだろうな。

 しかし、なぜ一気に4本ものスポークが折れたのか?未だにわからず、スッキリしない施工に終わったなあ。

左内装という特殊ハブの故障・・・



 内装三段のギアというのはよく実用車などに使われていますが、ほとんど右側にシフトの機構が付いているんですね。

 それが短い期間かなんか知らんが、その機構が左に付いているものがあるんです。それが単なる右左の違いだけではないようなんですね。

 そこの故障ということで、持ち込まれたんだが、規格が古いのか違っているために、簡単な修理ができない。
 
 いろいろ調べてみたんだが、分解図すら見つからなかった。

 270042579_4758207137591750_5213279759710261228_n_convert_20211228214155.jpg

 なので、分解を基本とするが。中身外すとこうなっているんだが、シフトの構造がちょっと主流の右シフトとは異なっているようだな。

270255093_4758207354258395_8036258454914590896_n_convert_20211228214323.jpg

 もともと、押し込み棒の長さが全く違う。そもそも、内部にこの棒が入って取れなくなっていたんだが、では外したら解決か?というと、そうはいかなかった。そして新たなパーツも見つからなかった。

 なので・・・

270242958_4758207590925038_4059585610052394043_n_convert_20211228214309.jpg

 直すこともできないので、同じような機構のホイール、しかも26インチだったんだが、700Cものに交換することに。

 270052043_4758207664258364_2286658110602364590_n_convert_20211228214209.jpg

 前輪と比較すると、やはりリムの径は当たり前だが、700Cの方がデカイ。それを超えるタイヤの太さなどで、行って来いの状態になる・・・、とはいえ・・・、

 270985678_4758208477591616_2744370652154198888_n_convert_20211228214351.jpg

 泥除けを止める内側のナットなどとタイヤが干渉するので、それを外して、タイラップで止めてみた。

270177783_4758208354258295_1068305898030067508_n_convert_20211228214236.jpg

 泥除けに穴を空けて、タイラップで止めると、ボルトナットのように内部に飛び出ず、タイヤと干渉することもなくなるわけだ。典型的なドミノだね・・・泥除けは面倒がかかる・・・。

 270088998_4758207470925050_2210606716724793259_n_convert_20211228214223.jpg

 後は、よりサドルを柔らかくするために、交換してみましたよ。

 介護の仕事で自転車は欠かせない・・・というのを聞くと責任感を感じます。足ですからね。

 裏から介護を支える・・・、ある意味自転車やって、そういう側面もありますな。

 今では深夜で稼ぐ、ウーバー系の子たちの自転車も結構面倒見ますんで・・・。

270278307_4758207994258331_178251195149365098_n_convert_20211228214337.jpg

 リアが軽くなりましたね、これで暫く乗ってください。超高齢社会、自転車で即時介護など自らがしなくても、こうしたことが何らかの支えになっていたらこの上ないね。

 のんきに自転車屋をやっているが、こうした介護や、宅配や、子育てに使われている自転車の緊急性というのは結構緊張させられる事案ではある・・・、こうした仕事に引きずられるように、たまには緊張感もってやるのもいいかな?それなりに緩く、且つ締まってやっているつもりだが・・・。

ナローワイドでチェーン落ち・・・どうかな?



 エスケイプの改造をしたんだが、前シングル化寝、今風の改造をしたんだな。

270231530_4754975681248229_5970652299601818776_n_convert_20211227215743.jpg

 そうなるとチェーンライン問題がなんかでてきます、実際にチェーン落ちしますもんね、なので

270284935_4754975804581550_3929227853694995498_n_convert_20211227215836.jpg

 このようなフロントメカのようなチェーンウォッチャーが必要なのでありました。これを外してなんとかならないか?ということで、あのナローワイドというチェーンリンクに交換しようということになりました。

270076496_4754976777914786_6390586787835211925_n_convert_20211227215656.jpg

 これね、こいつも最小ロットを全く違う業者から取ってきたものね、とにかく気づくとパーツがない・・・、特にシマノの基幹部品がないね、この春までどうなるんだろう?

 小回り活かして、小さい店は踏ん張るしかない。

270121375_4754977851248012_8037570811719305735_n_convert_20211227215710.jpg

 これがナローワイドというチェーンリンク。狭いところと広いところが交互に来るチェーンリンク。この構造が一体同チェーン落ちに効くのか?というと。

270279175_4754976954581435_7424142795067918252_n_convert_20211227215817.jpg

 チェーンというのは、狭い間隔と広い間隔が交互に来る、このチェーンの構造に着目したのがナローワイドです。しっかりお互いが食い込むので、外れにくい、確かに外れにくいです。

 では、これを前二枚にして、フロントメカで動かすとどうなるか?というと、多少の時間差はできるものの、ちゃんと使えます、ただその時間差を考えるとレースには使用しないほうがいいでしょうね。

270297775_4754977201248077_3962267914723241252_n_convert_20211227215850.jpg

 リアは多段のままで安定して使いたい場合には、ナローワイドは使えるでしょうな、ただしこのチェーンリンクで奇数は・・・ないでしょうな。

270258247_4754977391248058_6281799312410431453_n_convert_20211227215803.jpg

 ジャイアントのエスケイプを単なるレトロ風ではない、何処かにもっていこうという発想。

270496436_4754976281248169_8285478221611459424_n_convert_20211227215907.jpg

 革サドルに、革系のグリップなんかにして、リアディレーラーや、ハンドル周りをいじったりすると、どうなるんだろうね。

 なんかニューレトロ・・・なんてジャンルができるのかな?もう少し静かに、この後の展開を見ていきたいね。まずはナローワイドの安定性を体験してくださいよ!

寄せ集めてできたものが 実はかっこいいかもよ



 実はこいつは懐かしい、当店とは付き合いの古い車体なんであります。探せばこいつの施工記事はあると思いますが、五千記事から探すのが大変だ・・・。

 Wレバーで走る、クロモリフレームなんだな。

267744931_4696296797116118_7466457240552533713_n_convert_20211214195442.jpg

 ブレーキレバーがついている、こいつはブレーキのみの何だが、この車体に変なものを持ってきた・・・。

267404504_4696297007116097_6005788852559459063_n_convert_20211214195345.jpg

 なんとカンパのエルゴパワー、9速のベローチェなんであります。こういうの地道に作り続けてくれるといいんだが、今はもう、サード系のところに望みを託すしかないね。まあダメだろうね、あの会社はもう・・・。

 で、何でもいいからこいつを取り付けて、乗れるようにしてほしいという依頼、やってみましょうかね。

 267376665_4696297693782695_1743387430043735233_n_convert_20211214195325.jpg

 はい、取り付けましたよ。って取り付けるだけだったら中学生でもできる。

 まあ、色々大変だわね。

 なんせ、その他のパーツはほとんど元のままなんだからさ。

268074688_4696298147115983_7335710768370562298_n_convert_20211214195601.jpg

 今や懐かしいシルバーパーツだねえ・・・、なんじゃ?

267847297_4696298250449306_1098701061999004686_n_convert_20211214195526.jpg

 スギノ75・・・競輪クランクがついているの?へえ・・・。

268003068_4696298017115996_8115713681722817457_n_convert_20211214195542.jpg

 リアディレーラーはなんとサンツアーのスプリントがついている。こいつとカンパのエルゴだって・・・難問、難問。

 さてここにも、実は色々詰まっている。

 まずこの奥に見えるスプロケだが・・・、こいつはスプロケではない、ボスフリーなのだ。それもただのボスフリーじゃないなんとこいつは8速のボスフリーなのだ。もっというと、9速のボスフリーもなるんだぞ!

 この辺のものも、自転車もの不足になってから、アチコチのサイトを探している内に、見つけたものだった。世界にはまだまだ変なパーツがあるもんだね。これがなかったら、リアのホイールを組み直しているね。

 それをしないですんだが、7速のボスフリーを8速のボスフリーに変えるだけでもホイールのシャフトをいじったりセンター出ししたりと実は地味に大変なのだ。

 268259443_4696297417116056_3268736671482602267_n_convert_20211214195618.jpg

 しかもでかくなったボスフリーのために、スプリントのリアディレーラーを交換しないで使い続けるためには、下駄が必要になります。この黒いパーツがその下駄になります。

 ただ、この下駄を履かせる時の注意。下に長くなるだけに、曲がり等をしっかり取っておくということね。ちょっとした曲がりだって、距離を置くとひどい曲がりになってしまいます。海図で一度間違えたら、到着点は数十キロズレちゃうのとにていますね。

 なんのかんのとノウハウ詰まっているだろう?

 267626875_4696297923782672_8993892497040701682_n_convert_20211214195428.jpg

 前後共々、シングルピポッドのサンツアーのブレーキ。普通にいいね、何気にいいね、そしてそんなパーツが今はなくなりつつあることにがっかりすんなー。

267847126_4696297807116017_778694074709461193_n_convert_20211214195512.jpg
 
 さて付いた、9速のエルゴパワーなんだが、色々癖は残るが、8速のスプロケ全てにしっかり入ってくれます!これってどうやんの?とたまにブログを読んだ人から電話などで尋ねられますが・・・、

 そんなこと知るかよ!!!取り付けたものを動かしながら、観察して、それなりの対策を取っていくことでしか解決なんてしないわね。公式のやり方なぞないし、同じやり方でできるという保証なんかない。つまり臨機応変に、その現物合わせの条件の中で少しずつ調整して鎮めていくしかないのだ。

 267826075_4696297343782730_532068304511435751_n_convert_20211214195457.jpg

 イヒヒ、当店の理想的な再生例となる一台だよね。持ち前のありあわせ、シルバー系の雑多パーツで、手元変速できませんか?なんてクロモリレーサーが来たら、なんとかがんばりますよ!

 まだまだ五十代以上の方々が、物置などにもっているであろう、レーサー・・・、イヤーもう年だから・・・、あんなギヤはもう踏めないよ・・・、Wレバーは危ないからなあ・・・、というような悩みは一気に解決いたしますぞ!

 出てこい!クロモリレーサー!出てこい!かつてのレーサー乗り!みんな合わせて再生だ!

 ゴッツいカーボンだけが自転車じゃない、レーサーじゃないんだよ!と知らしめてほしいもんだな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター