メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ウーバー対策 その二かな?



 後一週間で梅雨があけるとして、後は推して知るべし酷暑と来るのがこの最近の東京なんであります。外出たくない人が出前を頼む、持っていく方は炎天下汗だくで行く、これから見る光景だと思います、ウーバーの配達ね。

 少しでも装備にて、労働条件を良くすることを考える、自転車屋としてね。

 暑い夏、ライダーにとっての放熱板となる背中にあの仏壇バッグがあっては、熱は出ていかない。汗もバッグに染み込むだろう。塩の結晶がバッグの裏に白くつくだろうね。そこまでして背負わないといけないのか?

 という基本的疑問に対して、装備で応えるということで、ならバッグを背中から話して、自転車のどこかに取り付ければいい、至極単純な結論なのであります。ではどうするか?荷台を拡充して、バッグのすっぽりはいる、箱を取り付けてしまおうという発想。

 箱持ち込みでやってみよう!

この箱を支えるための荷台をまずは設置する。

 DSC_1198_convert_20200712195102.jpg

 25キロまで大丈夫という荷台を取り付ける、アルミ製なのでかるいね。

DSC_1199_convert_20200712195050.jpg

 まあ、このようにね。そしてその上に先の箱を載せるか?と思いきやまだ早い。

 この荷台の上に、再度三倍ほどある延長荷台を取り付ける。

DSC_1201_convert_20200712195040.jpg

 これなんだが・・・、見えにくいので、現物を見せるとだ。

 DSC_1211_convert_20200712195000.jpg

 これね、これは本来バイクの荷台を延長するのに作られたらしいが、まあそれを使わしてもらう。

 DSC_1195_convert_20200712195110.jpg

 そして乗っけた箱の四隅を切って、水を逃す穴をつける。箱自体がプラスチックのケースのため、そして一度取り付けたら容易に外せないので、こうした工夫は必要、まあ真夏のゲリラ豪雨対策だろうな。

DSC_1210_convert_20200712195010.jpg

 箱の枠自体の高さがそこそこあるので、すっぽり入っている。チューブ等で固定しなくてもいいだろう。

 DSC_1204_convert_20200712195029.jpg

 荷物自体はそんなに重くはないだろうが、坂の多いところに行くことも想定すると、ギア枚数を上げておく。

 DSC_1205_convert_20200712195019.jpg

 一本足スタンドを二本足にする、一本よりは安定するだろうということで。

 DSC_1192_convert_20200712195130.jpg

 宅配の際に、自転車から離れることがあります。その際に、この高級サドルは盗難の危険がありますね。絶対に危ないか?ということよりも、盗難につながる可能性のあるこうした高級パーツ、取り外しが比較的簡単なものは、取り付けないほうがいいとおもいますね。

 DSC_1190_convert_20200712195140.jpg

 これだと背中に仏壇を背負うことがなくて、背中は放熱板として使える。使いながら、もし下からの振動が、運ぶものに影響を与えるのであるとすれば、厚めのタオルなどをカバンの底に敷くなどの工夫すればいい。

 また、面積の大きいピザのようなものを運ぶときには、カバンのファスナーを外すことによって底の面積を増やす工夫もこのバッグにはあるんですが、そうすると、この箱には収まらない・・・。

 そうした場合には、この箱の下にプラ板のようなものを忍ばしておけば、それを取り出して箱に対して十字になるように設置すればバッグの設置位置は高くはなるが、運べなくはない。

 使いながら工夫して使っていく、見切り発車で、改良は後から・・・ということですね。

 さあ、後一週間したら酷暑が来るでしょう・・・、その際のウーバー応援・・・、参考になるという方は、ドシドシパクって改良してください!!!!

 

 
スポンサーサイト



重いギアが欲しかった・・・



 ビアンキがやってきたんだが・・・、なんかどうも、締まらない。

 どこだ?

DSC_1105_convert_20200708234923.jpg

 なんか軽い、軽すぎる。

 原因は・・・?

 DSC_1106_convert_20200708234958.jpg

 ここだ・・・、クランク周り。3枚付いている、かつてというか、クロスバイクに前3枚はある意味スタンダードとさえ言えるだろう。

 しかし、軽すぎる。

 DSC_1107_convert_20200708235024.jpg

 別に日本一周をするでもなし、3枚はいらないな・・・、シフター含めて交換しましょうか?

 いいえ、変えるところはほぼ一点で大丈夫じゃない?

 DSC_1125_convert_20200708235737.jpg

 一気にでかくなります。52*39なんて、男ギアに交換しました。あとは・・・?

 DSC_1128_convert_20200708235201.jpg

 3枚用のフロントディレーラーはそのままに、インデックス調整で乗り切る、ある意味3枚殺しともいうか。

 DSC_1129_convert_20200708235222.jpg

 そして、3枚殺しは、シフターにまで影響を・・・与えていません。これも同じく単なる3枚殺しをしただけで、そのまま・・・というと語弊がありますが、ちょっとした加工にて、同じものを流用できます。

 DSC_1131_convert_20200708235245.jpg

 後は、振れなどを直し、再調整して、非常に走りやすくして、終了。

 DSC_1122_convert_20200708235048.jpg

 フロントにサスのある、クロス・・・バイク?かな?それが、前ギアをデカくして・・・、でもクロスバイクか・・・な?

 いまフロントが一枚というところまで来ていて、3枚という仕様がもうすでに絶滅危惧種となっている中で、ロードの男ギアの付いているクロスって・・・時代についていっているのか?時代の先をいっているのか?それともいわゆる時代とは別個の道をいっているのか?よくわからないが・・・。

 ちょっとした高齢者は、ギア比が高いほうが足の周りには優しいというので、膝に負担のかからない範囲で、でかくするというのは、ありなのかもしれない。

 時代云々よりも、その人個人に合わせることなんだろうな。

ピラー抜き くっつくと厄介中の厄介



 背景がゴチャゴチャしてわかりづらいですね。これ写真だからなんで、肉眼で見るとフレームのほうが浮いて見える、背景を意識でぼかしているからなんでしょうね、網膜に写っているだけじゃあ認識とは言えない、そこから選択的に絞ることによって、「見る」という行為が成立する・・・んでしょうな。

 まあいい、そう読んでから見ると、ちょっと手前にフレームがあることに気づくでしょう。そして向こうに当店最強万力がおります。

 この万力も五年当店で使われていますが、どうも噛み合わせがいいとは言えず、かなり強く締め込んでも、最初力でずれることがある・・・。まだまだより強い万力の必要が出てきそうな感じもなくはない。只今の万力が作業の最中に割れるなんてことはまあないだろうから、その辺は難しい。

 DSC_1064_convert_20200704222925.jpg

 さて、ピラーの先端が、万力に挟まれて、後はフレームを回すんだが、どこの力がまさるか?だ。焼付が強くピラーが回らないと、万力に挟まれているピラーがネジ切れてしまう。

 かつて焼き付きも強く、ピラーの先端も強かった時、シートチューブが抜けて回ってしまったことがあった。後にも先にもそれが一回きりだったが。

 最近はピラーがネジ切れることも多く、なんともやりにくい作業でもある。

 これにも伏線がある。2月ぐらいからか、もう少しピラーを下げたいんだが・・・焼き付いている。なら・・・、当店前を通るたびに、ラスペネなどを差しながら、浸透を待ちましょうと、何回やったかな?

 どうもダメだ、どうしても出来きない、ということで本日持ち込まれた。さて・・・、もしダメなら、ねじ切れたら、掘るしかないか・・・、でもパイプは薄いし・・・やりたくないなあ・・・。

 DSC_1065_convert_20200704222917.jpg

 でも、ありがたいことに、何度かセッティングをし直して、力を逃さないようにして、フレームを捻ってみると、ガキッという手応えがあった。

 まずは良かったんだが、問題は、ここから、少し動いたところから、それを徐々にデカくしていきながら、一周できたらいいんだが、フレームがデカイので、一周回すことはできない。

 左右に振るように回しながら、なじませる。

 多少馴染んできたか?というところを見計らって、今度は、左右揺さぶりだけではなく、引っ張る方に力を入れていく。引っ張りながらフレームを左右に振る。

 少しずつ動くが、これが本当に少しずつ。触るとシートチューブは摩擦で熱くなっている。それにディグリーザーをかけて、冷やす。できるだけピラーの方にかけて、こちらを縮めて、チューブは熱く膨張したままに。そうすることで少しでも隙間ができれば、動きやすいのではないか?

 両手でフレームを持って、足を万力台にかけて、引っこ抜くように、再度フレームを左右に振る。少しずつ、少しずつ抜けてくる感じはあるが、まだ道は遠い。

 DSC_1066_convert_20200704222907.jpg

 ついに抜けたぜ。途中で何度も休みを取りながら、結局半日近くかかったかな?

 もう焼付きはゴメンだよね、ということで、徹底してシートチューブの手入れをしないと。

 DSC_1068_convert_20200704222859.jpg

 27.2のリーマーを使う。

 DSC_1069_convert_20200704222850.jpg

 こいつをシートチューブにツッコミ、回しながら、サビや焼付きの元になるようなものをこそげ取っておく。

 DSC_1073_convert_20200704222842.jpg

 随分サビのカスっぽいものが取れた。そして、

DSC_1075_convert_20200704222832.jpg

 後はシートチューブの内部にグリスを充填していく。

 DSC_1078_convert_20200704222824.jpg

 親の敵のようにグリスを絞り出し、後は指で伸ばしていく。

 DSC_1081_convert_20200704222814.jpg

 もう焼き付くなよ、二度とな。

 DSC_1088_convert_20200704222748.jpg

 はい、これで上下ともにかなり自由に動くピラーに変わりました!

DSC_1084_convert_20200704222801.jpg

 パッと見た目は変わらないが、乗った時に、ほんのちょっとした融通も効かないものと、そうでないものの差というのは、すごい違いなのだ!

 春から準備していたピラー抜き、最期の死闘は大変だったが、何とかベストな形で終結を迎えられた。

 またまた、朝の通勤の足に戻る。

 なんだか、コロナが収まっているんだかどうだかよくわからんね。まあ、無症状の比較的若い人たちが移動しながら、感染をデカくしているんだろう、無自覚なだけに、発覚しても感染経路不明というのが多いのかな?

 まあ、そんな中で電車での通勤は避けたい、では・・・という際、通勤自転車をおすすめしますよ。

 当店内にも、通勤自転車応援号が各種ありますので、試乗方々ご来店待ちしています!!!

割れハンガー外し・・・



 タイムカーボン車体がやってきた。カーボン車体でも色々あるが、ドキッとしたいくつかの中で、タイムは白眉の一つであるね。

 なんか後ろから押していない?と思われる走行感は刺激的だった。約十年近く前だろう?それで思わず、当時ダイナソアだったっけな?タイムを扱っている業者に取引の問い合わせをしたことがあった・・・。

 まあ、タイムの他、チネリ等の大ブランドを扱うので、それなりの格のある店構えでないとダメだ・・・という連絡で持って、諦めた。

 後はルックもの・・・。クランクからして、ビーチクルーザーかよ!という左右だけじゃない、中心も含めて一体成型しているオリジナルものが付いていたな・・・、ルックもそれなりのものを作っている。独自規格なんかは迷惑なんだが、意欲は感じるよね。

 後は、サーベロ・・・これも開発費かけているなあ、と思うね、カーボン車体だけじゃあない、アルミもそこまでやるか?という感じで、好感はモテる。古くなった金型安く買い取って回して、オリジナルフレームでゴザーイ!なんてとこよりずっといいよね。

 後はスコットもいいとか聞いたが、これは伝聞。後店主の足では全く理解できないのが、トレック。北京郊外のサイクリングで用意されたんだが、アッソ・・・という感じでしたね。

 
 後そうそう、宣伝しておこう。当店在庫のカーボン車体、俗に金斗雲という車体がある。

000 DSC_1679_convert_20190124214751

 これなんだが・・・。れっきとしたカーボン車体ね、ある意味当店では珍しい。こいつの狙いは、塗装、

000 DSC_1670_convert_20190124214727

 陶器の釉薬のような塗装、一定以上の歳の方も、はばかることなくカーボン車体に乗れますように・・・という工夫だったんだが、十数年先を行っている当店の発想は、まあそう簡単に受け入れられないもんだ。

 もうそろそろ、こうした視点に反応してくれる人が出てきそうもんなんだが。そう、ただこのカーボン車体も実に不思議で快適な乗り味を持っている。

 それを称して、金斗雲とよんでいるんだが・・・、まるで雲に乗っているようにフワフワと流れるように、走ってくれるのだ。体には優しいなあ・・・。これなら高齢者にもいいかもしれない、もちろん若い人にも。

 そして、舐めちゃいけないのは、これも現役レーサーに乗らせたんだが、マジ踏みするとそれなりの反応を返してくる一定のレースでは使える、というお墨付きをもらっている。

 まあ無名なカーボンだが、隠れた名車・・・だと密かに思っている、もちろん試乗ありなので、希望の方はその旨、お伝えください。

 DSC_0987_convert_20200629233240.jpg

 話を戻すと、この持ち主の方は、トライアスリート・・・。ちょっと古めのパーツでも、しっかり管理して使っている感じがしますね、トライアスリートにしては珍しいかもしれないな。

 で持ち込まれた案件が、これまたヘビーなやつがやってきた・・・。

DSC_0988_convert_20200629233230.jpg

 一見してハンガーがへし折れている・・・ということは、交換?ええ、もしかして・・・、千以上あるハンガーから探してこい?なんてまあ、無くはないヘビーな依頼もあるが・・・、今回はそうではない。ハンガーはすでに持っているという・・・では何?やな予感・・・。

 DSC_0989_convert_20200629233215.jpg

 スペアのハンガーは持っているが、それをつけるためには、へし折れたハンガーの残骸を取り除かなければならないんだが、二本あるうちの右のネジは外れたものの、左のネジが外せない・・・、付きましては、外してほしいということなんであります。

 来たよ、三ミリのネジ山のなくなったネジをどうやって外せばいいんだ?

 DSC_0990_convert_20200629233205.jpg

 手持ちの最も小さいエキストラクターを取り出して、当てて回してみるが、まあビクともしない、それよりも太すぎ・・・。

 DSC_0991_convert_20200629233148.jpg

 こういうケミカル系ネジ山立て直し剤なんかもあり、今回初めて使ってみたが、もう少し山が残っといないと話しにならないようだ、なんか砂のようなジャリジャリのものが、工具と壊れたネジ山の間に入り込んで、摩擦係数を上げてくれるというものらしい・・・が、今回はこれも無駄に終わった。

 DSC_1012_convert_20200629233139.jpg

 精密ドライバーを刃物以上にといで、両角先端を鋭く尖らせる。

 手持ちの小さいドリルで1.5ミリのドリルの葉を取り付け、ボルトの頭に当てて、ひたすら掘り始める。何を目的に?というよりもこうして、引っ掛かりに関する場所を確保して、できたら、そこに先の鋭い工具を打ち込んで、回して外すという、かなり荒いやり方に出る。

 DSC_1015_convert_20200629233130.jpg

 適度に掘られたネジ山の溝に、鋭く研いだ精密ドライバーを小さい金槌でコンコンと打ち込んでいく。ガツッと初めて食いついた感触があって、ゆっくり回してみると・・・、

 DSC_1017_convert_20200629233122.jpg

 なんと、やっとこさで、ネジが外れた・・・。

 DSC_1018_convert_20200629233113.jpg

 ネジが外れたんで、折れたハンガーの残骸も外すことが出いた。

DSC_1019_convert_20200629233055.jpg

 年のため、外した後のネジ山にタップを立てておく3ミリ0.5ピッチのやつね。

 これで、新しいハンガーも入りやすくなるでしょう。

 まあ、こんなちっぽけな施工でも、一本のフレームが救われた・・・と思うと、決して小さい仕事ではないな、と思うことにしている・・・。この手の依頼が殺到したらこれもまいるが、本当に困っている方は、もしかしたら外せるかもしれない、程度で良ければ、ぜひ依頼の一つでもしてみてください。

 外せる外せないは事前にわかりませんが、まずは外せるよう努力はいたしますので・・・。

まだまだ建材 大森研魔 お時間いただきます!



 もとは・・・、ブリジストンアンカーのアルミフレームだったようですね。

 久々の大森社長の腕の見せ所であります、じっくり見ましょう・・・。

 DSC_0751_convert_20200618215657.jpg

 剥離から始まって、ヤスリの番手を上げていく、最後はコンパウンドで仕上げていきます。この仕上げにはヘアラインから鏡面までいろんな段階があります。

 そして、これはアルミフレームなので、無塗装、磨きっぱなしとなります。鉄でそれは無理ですね。

 と言っても、アルミもサビは発生します。それらに対しては、定期的なメンテが必要になります、その仕上げに使った番手のコンパウンド等で再磨きを繰り返す・・・しかないですね。なので、この手の作業を厭う方は、クリアの塗装をして塗膜で磨きを守るということが必要になるでしょう。

 DSC_0752_convert_20200618215648.jpg

 ただ、磨きは下地と素材にもよりますが、基本時間がかかるといいますので、依頼をご希望される方は、時間の余裕を持ってご依頼ください、とのことでした。

DSC_0761_convert_20200618215551.jpg

 この依頼した方も、かなりのこだわりのある方と存じますね、こうしたボトルケージにもバランスを考えたものが使われている、そう、今回の磨きはフレームだけではなかったんですね。

 DSC_0762_convert_20200618215540.jpg
 
 クランクも磨きの対象となりました。正確には、大森社長の指導に従い、依頼者ご自身がある程度までやってきたという連携型の作品となっています。

 DSC_0754_convert_20200618215639.jpg


 元アルテグラのクランクかな?アイスのガリガリ君並みの太さなので、まあ、磨きの見せ所としては面白いですね。

DSC_0755_convert_20200618215631.jpg

 シートステー、チェーンステーもしっかり磨かれています。

 パーツはもとに戻していきます。

DSC_0758_convert_20200618215613.jpg

 ブレーキだけはなぜか、カンパレコードのスケルトン、今はないねえ、スラムみたいになっちまった。全くカンパは何を考えているんだか・・・。

 DSC_0757_convert_20200618215622.jpg

 リアはシングルピボット、ある種のカンパのこだわりがあった時期かな?しかし、十年近く前の世界選手権、パオロ・ベッティーニが世界チャンピオンをとった時、支給されたスケルトンブレーキを使わなかったという噂を聞いたことがあった、あくまで噂だが。

 となると・・・、久々のデルタブレーキ的な「逸品」となるか?と思ったが、その後改良されたのかどうか知らないが、最も効くキャリパーブレーキに選ばれたこともあったなあ・・・。

 この後、色々と使うことになったが、このスケルトンはクラシカルな鉄フレームにもよく似合っていた・・・、さすがカンパと思った最後の作品かもしれない・・・、悲しい話だよね。

 DSC_0759_convert_20200618215602.jpg

 磨きでおしゃれにはなったが、走りは堅実、実にブリジストンらしい。いい車体かもしれないね。

 DSC_0747_convert_20200618215716.jpg

 おしゃれにハイセンスになりつつも、要所はしっかり固めた、走る車体、ありそうでほぼない、珍しい一台になったと思いますね。ご依頼者の満足感は、なんか伝わってきます。

 現行品に近いもので、走りを犠牲にしない、そしてどこにもない、自分の一台・・・なんて理想的な自転車なんじゃないか?と思うね。

 大森社長も、色々忙しい、磨きはいつでも開いてはいるが、時間は掛かる、その点だけ抑えていただければ、いつでもご依頼ください、ということであります。

 鉄フレームの場合は、また当店の塗装ともコラボになる・・・、どこにもない一台を作るために・・・、時間の余裕を持って、ご依頼待っています!



 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター