メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

次はカバン屋?まさか・・・



 自転車を入れる丈夫なケースを譲り受けたんだが、両サイドの四点の留め金がこわれている、という。

 それを直さなければ、飛行機などで転戦する際には、セキュリティーに問題が出てきそうだ。といって設置する位置を見るとわず30ミリの幅に留め金をつけなければならない。

 しかも引っかける方と高さの位置が異なるという・・・どうすればいいんだ?という状況なんですね。

 この写真でもわかるとおり、留め金が取り付けレールより10ミリほど余分に出ていますね。なれば、加工するしかあるまい・・・。その前に30ミリで収まる留め金探しましたが、見つかりませんでした。

 DSC_0426_convert_20170427174219.jpg

すぐ切るのではなくて、横に亀裂を入れて、折り曲げます。

DSC_0428_convert_20170427174227.jpg

 曲げることで板の強度が出ますんで、その曲げを込みにして、切ることにします。

DSC_0429_convert_20170427174239.jpg

 そして切ることによって失った穴二つを、再度開けて完成。

 DSC_0430_convert_20170427174249.jpg

 よし!これでピッタリ!後は簡単・・・のはずだったんだが。

 その後が大変でした。こういうのは、カシメるためリベットを打つんですが、材料とヘッジの厚みとの関係で何度かやり直すことに・・・。いったんカシメルと、ボルトナットのように、反対に回して外すことができないので、壊さなくてはいけません、その手間が大変なんだなあ・・・。

 あと、引っかけるところとの、取り付け位置の高さがズレる、この辺も調整が必要でしたね。その部分の取り付けには、シリコン系の緩衝ラインを挟むので、カシメルとつぶれてしまい、調整した位置よりも低くなってしまう・・・、カシメじゃあダメだとすると・・・。そこだけに関してはボルトナットを利用して、使い込むことによって、つぶれて沈み込む可能性のあるところに対応・・・ということで、なんとか付いた。

 DSC_0447_convert_20170427174306 - コピー

 下はカシメ、上はボルトナットこういう状態ですね。これを四カ所に取り付けて完了。

 DSC_0448_convert_20170427174315 - コピー

  高級自転車一台を運ぶんで、容積もある。なので一辺も長いので、こうして二カ所は必要になりますな。

 DSC_0446_convert_20170427174258 - コピー

 これです。海外はもちろんのこと、自転車を飛行機に乗せる際には、この手のものは必要でしょう。中には、段ボールで工夫されたものもあるようですがね。

 そういえば、こいつキャスターも直していましたね。これで安心して使えるようになりました!こいつに自転車入れて、トライアスロンの転戦に行かれるようです、五島だったかな?

 しかし、トライアスロンの皆さんは本当よく頑張るよね、これで宮古島、佐渡、北海道、ハワイと行くんだから。お金も大変だろうなあ・・・。
スポンサーサイト

磨きの便り・・・



 この辺は道具を見てもわかるかと思いますが、大森研魔の作業場といっていいですね。

 000 DSC_0289_convert_20170314194704

 このように、大森社長はここに座って黙々と磨いているんですね。

 DSC_0415_convert_20170419205954.jpg

 その頭上には、磨き途上のアルミマウンテンフレームがあります。

 DSC_0418_convert_20170419210009.jpg

 妖しく光る、アルミチューブ。無塗装だと、維持するにも手間はかかりますが、金属の地の好きな方は、是非にとおすすめの形式であります。

 DSC_0416_convert_20170419210002.jpg

 これぞ金属!そもそも磨くこと自体に魔物がいるというのに、金属には各種それぞれの魔物がいる、とイメージいたします。

 こうして、日々磨きに磨きのかかる大森研魔の社長さんなのですが、うれしい便りがやって参りました。

 beat1 111 (478x850)

 先日磨いた、クランプを早速取り付けてみたという、ご報告。

 beat1 118 (478x850)

 うれしいですね、パーツは単体より、こうして総合的な位置を占めるとよりいっそうの見栄えを得る・・・ように見えます。

 beat1_113_(850x478)_convert_20170419205912.jpg

 このボトルケージの輝きも、大森研魔の仕事であります。

 beat1_114_(850x478)_convert_20170419205924.jpg

 このビアンキアルミにカンパのついたコンポ。今度のアズミノの大会にもこの車体で出られるとのことであります。探すのは大変かな?
 でも、会場でお見かけした方は、大森社長の仕事が現に生きている姿を見ることができるでしょう。「あの狸サイクルのブログ・・・で・・・」なんてことで話も通じるかもしれませんね。

 大森社長もいい励みになると思います。磨きは常時受けていますんで、塗るのとは違う、磨きの妙にも感応していただければとおもいますよ!



※このユーラシアを当店に預けていって行かれた方が、もし本ブログをご覧になりましたら、ご連絡お待ちしています。正確に何をどこまでどうするか?ということの最終確認ができれば、と思います。
DSC_0406_convert_20170419205945.jpg

ごめんよサンツアー・・・



 サンツアーのボスフリーが焼きついたようだ、ということで持ち込まれてきた。まあ、当店にはよくある依頼なんだが、今回はちょいと戸惑った。

 と同時に、道具のメンテもしていかないと、という反省にもつながったなあ。

 こいつを外すというのであれば、二つ爪のボスフリー抜きをあてがって、回してやればいい。その回し方に力が足りないようだったら、延長棒・てこなどを駆使して、力が最大限に発揮されるような場を作ってやればよい。

 ただ、持ち主の方がかなり自力で試みたんでしょうね、部分の摩耗から、外すことができないんです。回そうとすると、フリー抜きがずれて爪が外れてしまう。

 ボルトで固定すればいいだろうと、やってみると、力がかかると爪が外れる。

DSC_0391_convert_20170407193808.jpg

 よく見ると、爪のかかるところの土手が崩れ気味。これじゃあフリー抜きがずれてしまうのも無理はないかな?

DSC_0393_convert_20170407193759.jpg

 対岸の土手も崩れている。ということはまずは、この土手を修復してやらないとだめだということだ。

 000DSC_0394_convert_20170407193750.jpg

 ルーターをあてがってやって、土手を修復。シャープに爪がかかるように加工して、再度試すが・・・なんとダメ。

 DSC_0397_convert_20170407193742.jpg

 見ると、工具の爪の土手も崩れかけ・・・。これは酷使してきたからだなあ・・・反省。両方ともシャープな切り口でないと、互いに引っかかりが悪いため、トルクをかけると横にずれてしまう・・・、そういうことだったんだ。

 DSC_0399_convert_20170407193733.jpg

 そこで、フリー抜きを固定して、鉄ヤスリで表面を出してやる。ここまで出してやれば、、先のさらったフリーの溝に爪は食い込むだろう、ということでやってみるが・・・ダメだった・・・。

 あそこまで平面出したのに・・・。できるだけサンツアーのボスフリーを無傷のまま摘出してやりたかったんだが。

 他にあれば、フリー抜きがずれないようなスペーサーを作ってやれば、まあ、できたかもなあ・・・。でもそれを作るとなると、それはそれは大変だ・・・。

 仕方ねー・・・やるか。

 DSC_0401_convert_20170407193726.jpg

 本当ならやりたくはなかったが、フリー自体に溝を刻んで・・・。

 DSC_0402_convert_20170407193717.jpg

 万力に挟んで、後はバスやトラックの運転手さんのように、ホイールをハンドルのように、グイッときることに。

 DSC_0403_convert_20170407193709.jpg

 まあ、外すには外したが・・・。サンツアーのボスフリーはお釈迦となった・・・。依頼主からの承認は得ているので、問題はないんだが・・・。

 DSC_0404_convert_20170407193701.jpg

 ごめんな・・・。外すには外したが・・・なんだこの敗北感は・・・。

 やればいいってもんじゃあない・・・、できるだけきれいにできないか?これからの課題があるとしたら、いかにきれいにやるか・・・だな。

 そう、あと工具もなにげに使っているばかりではなくてね、たまには、日頃のねぎらいもかねて、工具自体のメンテなんかも、やってやらないとダメだね。やっている方だとは思っていたが、甘かった・・・。

 地味な仕事だが・・・今回またいろいろわかったわ・・・色々とね。

ボトルケージを付ける・・・あの車体に

000 DSC_0198_convert_20170308174218

 この一瞬ホイールが三本あるのか?と思えるくらいの、70Tのどでかいチェーンリンク。まだまだご記憶の方も多いかと思いますが、こいつにまたミッションがやってきました。

 ボトルケージを付けてほしいというね。

 DSC_0384_convert_20170330195404.jpg

 ダウンチューブのここに、取り付けます。ただパイプに穴を開けてねじ山立てて終わり、とは行かない。

 そのくらい自転車のチューブは薄い、といっておきましょうか。レーサーなんかは特にね・・・。

 そこでこういうものを使います。

DSC_0386_convert_20170330195322.jpg

 こういうかしめて取り付けるナットを使うんであります。

 DSC_0385_convert_20170330195348.jpg

 取り付ける位置を決めて、マーキング。

 DSC_0388_convert_20170330195304.jpg

 ポンチで後を付けたあと、周りを養生します。これはかなり厚くしていいですね。というのは、このダウンチューブに穴を開けるのというのが実は難しいんです。

 パイプに穴を開けるだけなら、ボール盤を使えばいい。ただ、すでに自転車のフレームになっているとなると、ボール盤は使えない。手で持ってドリルを使うしかない。

 ただし、前三角の中で使うので、刃を短くしてもパイプに垂直に入らないこともある。斜めから入れるとなると、これはパイプの上なので、滑る。ポンチで穴を開けても滑りうる。ドリルが滑ると周りに傷を付ける、そのための養生ということなんですね。これやらないと周りは傷だらけ。自家製をお考えの方は是非、採用してください。

 DSC_0389_convert_20170330195240.jpg

 小さい穴を開けて、徐々にデカくしていくんでありますが、最後の七ミリを空けるまでが相当大変です。ばたばたドリルがパイプの上で踊る踊る・・・。

 DSC_0390_convert_20170330195225.jpg

 ようやく七ミリ、三本の細さの違うドリルを使いました。

 DSC_0391_convert_20170330195210.jpg

 このように先ほどのナットをかしめて取り付けます。

 DSC_0392_convert_20170330195156.jpg

 なんとか付いたね・・・。結構な重労働です、神経使う重労働ということにしておこう。

 DSC_0393_convert_20170330195140.jpg

 これにて完了!

 今当店の井戸、自販機ですが半年に一度の、入れ替え時期に来つつあります。これから暑い季節に向けて、ホット系を減らして、コールドを増やす。その間に、ホットでもコールドでもいいやつを集めておかないといけません。

 三寒四温で、暖かくなったなあ・・・という翌日が寒かったりね。ホット系は四月いっぱいはあってもいいか・・・な?

 ということで、これからのサイクリングでは、飲料は欠かせなくなってくる。時々止まってコンビニで冷たいもの・・・というのも悪くはないが、集中して走る際には、定期的に水分補給しないと、知らず知らずのうちに足がなまってきますな。

 こういう依頼なんかがちょっとした季節を感じさせてくれます。

 本当陽気のいい時には、自転車の季節到来だなと思う。あと花粉が少し落ち着いてきたら、梅雨までは、最高のシーズン到来ですね!皆さん!色々と準備しないと・・・ね!

大森研魔の魔の手は パーツに伸びる・・・の巻



 とある遠い地方から、こういう荷物が届いた・・・。

 空けてみると、ボトルケージと、シートクランプが入っていた。メールには、雪国なので、ゆっくり磨いてくれませんか?と。

 そうか、雪国で冬の間は自転車に乗れないので、ゆっくり工期をとって磨いてください、ということだったらしい。

 DSC_0289_convert_20170314194704.jpg

 工房の片隅で、早速無言で磨きを始める大森社長。こうなると、普段から無口系が、全く口をきかなくなる。背中で磨く男とも言われる・・・。

 DSC_0290_convert_20170314194655.jpg

 まずは外側の塗膜、皮膜をはいで、素材そのものを出していたようだったが・・・、その細かい過程は、堅い口からは聞くことはできなかった・・・。

 DSC_0331_convert_20170314194634.jpg

 そして「できました」と差し出されたお盆には、銀の指輪が・・・。

 DSC_0330_convert_20170314194644.jpg

 と思ったら、磨き上げられたクランプが。

 DSC_0333_convert_20170314194552.jpg

 王冠と見間違うくらいの、ボトルケージ。

DSC_0332_convert_20170314194610.jpg

 実にシンプルに、丁寧に磨きがかかっていますね。

 DSC_0334_convert_20170314194542.jpg

 これが二つつく、自転車ってどんな姿なんだろう?と思ってしまいました。

 もうすでに、大森社長の中には、磨きに区別なし、の心境なんじゃないか?何でも磨きます、自転車に関するすべて、いえ、自転車以外のすべてに磨きがかかっていきそうです。

 口数少ない大森社長が言います。

 「磨きもの募集・・・・」

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター