メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

シングル 少多段 多多段へ



 そもそもは委託で置いていた癖あり一台なんですが、それがこれを理想だ、とする方へ引き取られたんであります。

 それぞれお好みがあるんですねえ、こういう自転車を愛好される方を見るたびに思います。

 そもそもは、シングルだったんでした。

 000DSC_1178_convert_20171007172626.jpg
 
 135エンドにスペーサーでシングル化して、対岸にはディスクがついている。いつでも多段化できる、マウンテンから来たタイプの種類でしょうか?この辺の出所については、店主は詳しくはありません。もちろんその後起こっている展開なんかも、ほとんど知りません・・・。

 この状態で持って行かれたんですが、今度は、これをこれまたスペーサーを使って、四段という、少多段化して乗っていた。

 それはそれなりのスタイルがあったように思いますが、乗っている内に、しばらくはスタンダード的な自転車に乗ってトラブルフリーな感覚でいたい、と思ったんでしょうか。

 通常の多段化、今回は八段と、シフターのフリクションではない、引きしろ決まり型で行きたいということになりました。

 癖のある車体を楽しんで乗れている内はいいんでしょうが、それが段々と面倒になってくることだってあります・・・、別に我慢してまで乗り続けることもなかろう、ということなんでしょう。

 DSC_2562_convert_20180812224237.jpg

 8速のスプロケに交換です、今や珍しいかな?12-25の8速です。

 DSC_2561_convert_20180812224217.jpg

 それに二世代かな?もう少し前かもしれないティアグラをつけてみました。この頃のものは癖がない、この後ぐらいから、シフターと引きしろの工夫時代に入ってくる、フロントに至っては、後退したんじゃない?と思えるような展開もありましたが・・・今やまた次世代の安定期に入りつつあるんでしょうか?そうマウンテンコンポ化?

 DSC_2563_convert_20180812224253.jpg

 シフターは一見フリクションと思いきや、カチッカチッと引きしろの決まるタイプ、SISというタイプ。これなら、勘に頼らず、しっかりシフトできますね。

 DSC_2559_convert_20180812224155.jpg

 見た目や、特殊なスペックにこだわって乗るときもあると同時に・・・、乗り慣れるや実を取りたくなることもあるというのが、人の常かもしれません。

 やせ我慢で乗る自転車があってもいいと同時に、そうではないごく普通にトラブルフリーで気軽に乗れる自転車があってもいい。改造なんて、大体この間を行き来するようなものかもしれなせんな。

 またいたずらししたく、なりましたら、ご相談ください、悪のりするときはまた、輪に輪をかけて、おつきあいいたします。

 

スポンサーサイト

いささか荒技ながら・・・電動再生・・・その2になるか?

今を去る五年前以上、旧店舗にてこんな改造をやっていたんですね。電動自転車普通車計画・・・です。

 それなりに面白かったんですが、まああまりに先に行きすぎて、後が全く続きませんでした。そもそもそんなこと思いつく人がいない、つまりは依頼が来ない・・・なんでありましょう。

 当たり前といっては当たり前なのかもしれませんがね。

 しかし、五年以上の時を経て、なんと依頼がやってきました。ちょっとは世の中が当店に追いついて来たのかな?なんてな。
DSC_0465_convert_20180731221836.jpg

 第1回がブリジストンだったんですが、第2回目はパナソニック。またしても相手にとって不足なしであります。

 これをアダプターなどをつけずに普通自転車にできないか?というね、よくもまあ、そんなこと思いつくよね。一人の主婦らしき方がやってきて、ご依頼いただいたんであります。

 まあ、一見して、一般車のフレームに取り付けたものではないということはわかる。ということは電動ユニットを外して、一般のクランクを取り付けることはほぼ不可能。されば、どうやって、クランク機構を残すことができるか?

 そこに再生の鍵がかかっているといっていいかと思います。

 まずはどこまで解体できるか?でありましょうな。

 DSC_0491_convert_20180731221845.jpg

 まずはいらないもの外せるものは徹底して外していかないといけませんね。

 DSC_0493_convert_20180731221854.jpg

 いろいろやって、まずはやっとユニットをフレームから外すことができました。隠しねじというわけではないと思いますが、外からすぐに外せないねじなど、結構入り組んでいる構造でしたね。

 そして、全体が、重くて頑丈。外せたはいいが、今度はその中を見たいところなんだが、なかなか割れない・・・。

 DSC_0495_convert_20180731221904.jpg

 そしてようやく此処まで来た。此処まで来るのに一時間はかかりましたね。割るんだって、ハンマーでやるわけにはいかない。基本クランクの軸の部分は再生して使わないといけないので、金属ゴミを取り出せばいいという壊し方はできません。

 

 ようやく開くことができました。一番重いのは黒いカバーで覆われているコイルに当たる部分でしょうか?そこが劇重です。後はいろいろ検討してみたんですが、結論として、赤い斜線の部分は、電動の主な部分であるので、非電動化する際には、なくていいところと判断できます。

 ですから、斜線の部分をうまき切り取って併せれば、クランクだけを元に戻して生かすことができる、重い部分も切り落とせるということができる、ということであります。

DSC_0498_convert_20180731221922.jpg

 まずは黒い片面から。ここは基体がプラスチックなので比較的切るのは簡単です。そして、切り取られたところがコイル部分なんで、相当軽くなります。

 DSC_0500_convert_20180731221930.jpg

 そして、次はアルミの片割れのほう。アルミとはいえ、金属ですので、鉄ほどではないしても、プラとは比べものになりません。

 万力で固定して、いらない部分から切り落として、徐々に、重要な部部へと迫っていきます。

 DSC_0502_convert_20180731221940.jpg

 思った以上にきれいに切り取ることができました。

 さて、こいつをあわせて、元の位置に戻すことにします。

DSC_0504_convert_20180731221948.jpg

 これがプラの方の片割れ、ちゃんとBBソケットが残っている。ここに・・・

DSC_0507_convert_20180731221956.jpg

 電動専用のBBを戻してやる。そしてアルミ部分でふたをする・・・。

DSC_0509_convert_20180731222004.jpg

 はい、こうして合わせて、内部の接合用のボルト三本をしっかりと締め込む。これでBBクランクの完成です。

 DSC_0529_convert_20180731222011.jpg

 はい、これがいらなくなった、パーツ類。実証的理系的ブログなら、これを実測して、はい○○㎏とやるんでしょうが、計りが近くにないので、相当重い・・・と言っておくだけにします。

 DSC_0549_convert_20180731222053.jpg

 すでに電動用の電池ユニットが来るところはガラガラ、必要ないですからね。

 DSC_0548_convert_20180731222043.jpg

 元々重い電動ユニットをフレームに取り付けていたのが三本の長いボルトナット。今回それらをすべて使って、軽くなったBB・クランクユニットに取り付けます、強度は十分すぎるでしょう。

 DSC_0547_convert_20180731222035.jpg

 クランク周りが再生したんで、チェーンとボスフリーを新しくて、新生電動再生号の駆動を整えました。

DSC_0544_convert_20180731222027.jpg

 はい、ここから見ただけでは、普通車と見分けが付かないでしょ?重さも普通車と同じくらいです。

 これが忍法、電動返しの術!というものじゃ!

 まあ、今後この手の改造が劇的に増えるかどうかは知らないが・・・、依頼が来たら、電動号それ一台一台の対応しながら、非電動化への道を探らないといけませんでしょうな。

 まあ、購入、使用、故障または電池交換とうで、さらに買い換え・・・という大手の道とは違う、あり方が示せれば、店主ら小さい店の生きる道というのも自ずと開かれてくるかもしれない、という例にでもなればね。

 頑張ろうぜ、中小!大手とは違う土俵でな!

 何よりも、こちらは元気で生き生き、遊び心でやっていかないと、仕事は重くなるだけだよね。ただでさえ疲れるんだ、どうせ疲れるなら、楽しめた方がいい、ついでにエコ?できればエロ?にまでたどり着ければ、最高なのだ!

一難去って いくつ難が来た?出先でアリアリ何でも対応・・・



 北京での気合い入りレーサーのフォークはカーボンもんだろう?という事で、一インチのカーボンフォークに塗装して、一インチのアヘッドヘッドセットをもって、イザ大陸へ!今月二度目だぜ!

 ざっとこんなもんになる、あとは余分なコラムを切って、アンカー打ち込んで装着可能だろう?と、作業に入る。

 しかし・・・、これからがしかし、しかしの連続となる・・・。

 IMG_0302_convert_20180626204950.jpg

 まず、しかしその1・・・。持っていったアヘッドが、オーバーサイズ用だった・・・、つまりこの感じ、ガバガバなのだ。もちろん当店にはシムは山ほどあるが・・・、北京にはほぼなし・・・どうする?

 IMG_0306_convert_20180626205006.jpg

 しかし、その2・・・。なんとスターナット打ち込み工具がない・・・。まじで?購入漏れ?確かに今まで、金属コラムへのスターナット打ち込み自転車は一台としてなかった・・・。カーボンコラムならあったのに・・・。

 あれがないと、スターナット、つまりアンカーボルトをコラムに垂直に打ち込むことはできない、こいつが曲がるとフォークをまっすぐ引き上げができないので、ステアリングに影響が出る・・・。どうしよう・・・。

 という事で、考えたのが、切ったコラムの中にまずはスターナットを万力で圧入する。万力のようにゆっくり扱えるものなら、まず曲がらず入れることはできる・・・。

 でこいつを

IMG_0304_convert_20180626204958.jpg

 打ち込むコラムに重ね、ビニールテープでとめる。これだけで叩くと、絶対にビニールテープでは、耐えきらないので、これを万力に横に挟んで、ボルトを短く設定して、静かに叩いていく。

 IMG_0308_convert_20180626205015.jpg

 なんとか、まっすぐに入った・・・。ホッとして、あとは店内で見つけたシムを装着して完了か?!

 IMG_0309_convert_20180626205023.jpg

 よし、なかなか、様子もいいぞ!こいつにバトンホイールを・・・と思い合わせてみると・・・、

IMG_0310_convert_20180626205031.jpg

 目を疑った、声を殺してなんで!?なんでだー!!!!!?????と叫んだもんだ!なんと700cのバトンがはまらない・・・なんで?なんでだよ!?

 どうも650c用のカーボンフォークが混在していたようなのだ・・・。なんで?なんでなの?しかもなんで北京で気づく・・・。早速東京の大森さんに連絡して、当店所持のカーボンフォークを調べてもらうと、なんと四本・・・も650cのものがあった・・・。そういうこともあるんですねえ・・・・。しかも最初に築いたのがこの北京・・・なんと神様は意地悪なことか?

 これじゃあ、展示車にもならないじゃない!仕方ねー、まずは鉄フォークに戻すしかない・・・、リベンジで再度北京行き際に700cのカーボンフォークを持っていくしかない・・・。しかしその3・・・カーボンフォークのサイズが650cだった。

 気を取り直して、鉄フォークをもってくるが・・・、

 しかし!!!その4・・・、なんと余分なスターナットがない・・・。もちろん当店なら、それこそ星の数ほどあるぞ!!!しかし北京にはPM2.5かなんだか知らんが、星がない・・・。

 すると、新疆までツーリングした猛者の肖さんが、オーバーサイズのスターナットを探してきて、これを削ったらどうですか?という提案・・・。こいつらもエマージェンシーに強いなあ・・・と感心しながら・・・。

 IMG_0317_convert_20180626205041.jpg

 スターナットにボルトをはめて、万力固定して、棒ヤスリでシュコシュコと。これも均等の削らないと、ナットの穴が中心からズレてしまう、ちょっと緊張しつつ、削りかつ薄く馴らす・・・。

 IMG_0320_convert_20180626205050.jpg

 なんと削り終わった頃、どこからか一インチのスターナットを見つけてきた・・・。左がオーバーサイズのスターナット。真ん中が、1インチのスターナット。そして右が店主が削った1インチ加工スターナット・・・。

 IMG_0321_convert_20180626205059.jpg

 つくった意地もあったので、加工物ナットを先の方法で装着・・・、なんとか鉄フォークにて展示車が完成となった・・・。

 いや、場所が変わると、大変だわ。本当大変・・・。当店ならあって当たり前のものが、向こうではない、のも当たり前。こういう時の対応力というものが、実力というものを点線でつながっていくから、いいんだが・・・、まあ、なんとか形になる手前までやって来た!という事だ。

 まあ、今回の北京もドタバタ・・・でありましたわ。

片手ブレーキ応援するぜ!

000 DSC_0969_convert_20130327155016

 この車体が持ち込まれて、五年が経ちました。大分デカくなってね。詳しい記事はこちらです。

 DSC_0972_convert_20130327155058_201806251923310e4.jpg
 
 片手の握力が無く、今後も回復が見込めない場合、片手でブレーキを握ることはできないか?というご相談でした。

 もう既に、ヨシガイさんが作ってくれているのを装着すればいいので、お安いご用なんですよ。全く問題は無い、付けられないという理由などない、全くない。

 こういう記事を書くとかなり全国的な反響があって、先日は九州から、どうしましょう?とご相談があった。近くの自転車屋ができないって・・・、その理由がわかりません。何なら送ってください、という話で止まっている。

 意地でも付けてやろう、それで注意する点はどこか?改善すべき点はどこか?を使用者としっかり確認し合えばいいだけの話、片手のブレーキが取り付けられて、二本引きが取り付けられない理由がわからない。

 それから五年経って、新車を持ってこられた。

 DSC_0240_convert_20180625192138.jpg

 もちろんこちらも同じご依頼、片手、この場合は左手で前後二本のブレーキを引くことであります。

 DSC_0244_convert_20180625192212.jpg

 お安いご用ということで、二本引きを取り付ける。あとはワイヤーの調整ね。

 DSC_0242_convert_20180625192150.jpg

 リアはバンドブレーキ。

DSC_0243_convert_20180625192200.jpg

 多少の引きシロの違いはあれど・・・、それもなんとか調整してみる。

DSC_0246_convert_20180625192221.jpg

 結果、前後でこのくらいワイヤー比を付けて調整・・・完璧ではないがね。

 リアで減速しつつ、前後で停車・・・のイメージね。ブレーキの反作用が強すぎると、状態を片手で支えるのが大変だから、まずは減速からはいる・・・。


 今回はこれで終了なんだが、よりデカくなると、ギアなどが必要になる。それをすべて片手でやるとなると大変だ・・・でも不可能ではない!

 ちゃんと過去の施工例が示しているごとく、片手で前後ブレーキ、前後ディレーラーを操作することは、全く問題なくできる。こちらをご覧くださいね。

 ただ、最先端の11速ができるか?という事になると、それにはまだ対応できない場合もあるが、広く多段化を片手でできるか?という事になると、できる!と断言します。

06-29@17-35-15-84_convert_20140629182346_201806251923179e6.jpg

 同じく二本引きのブレーキレバーを付けて、

06-29@17-35-43-956_convert_20140629182303_20180625192319f36.jpg

 ちょいとわかりにくいかも知れないが、このように上下に前後用のシフターを付ければよし、ということだ。

 だから将来、多段の自転車を作りたいというのであれば、このように可能なんだよ、諦めんなよ!ということだ。

 このように障害というのは、技術や状況、社会的条件によって克服することもできるということなんだろう。多少とも技ごとに関わっているなら、できる時に、この手のことに寄与せずして、何が技術屋だ!端くれとして、そう強く思う。

 この子の成長が楽しみだね・・・。

ギア枚数くらい 乗り手が決める!

000 DSC_1174_convert_20171007172601

 昨年、代行で売り出しまして、ほんの一月で売れました、この車体、覚えている方も多いかと思います。

 こいつの特徴は・・・、

 000 DSC_1181_convert_20171007172700

 シングルであったこと、ただし、元々は多段で走れるにもかかわらず、あえてシングルフリーで乗られていたものなんであります。

 000 DSC_1178_convert_20171007172626

 よく見ると、金色のナットの下に、このフレームのディレーラー台座が見えますよね。なので、潜在的には多段用のフレームでもあるんですね、それをあえてシングルで乗っていた、というわけなんですわ。

 それが新しい乗り手に引き継がれましてね。暫くこの形で乗られていた訳なんですが・・・。どうも、やはりシングルだけでは、欲しいときのスピードがでない・・・という事で、持ってこられたんであります。

 なら、ギア比変えますか?

 いえ、通常ならこれで十分なんですが、ちょっとスピード出したいときがあるんですよ、ほんの少しでいいんでギア比が変わればな・・・と。

 ・・・、てことは、シングルより多段にしたいということですか?

 はい、ある意味で・・・。

 こうなると通常なら、8速以上11速まで・・・なんてことの提案になりますでしょうな。

 でも、店主はこのご近所の方の、これ見よがしのハイセンスではない、それとなしのハイセンスな方・・・なんだとお見受けしているんであります、、なので、その好みというか傾向といいますかを少しつかんでいるようなところがありましたんで、あまりゴッテリしたギア数とかはいやでしょ?と聞いてみたら、どうもそうらしい・・・。

 そうなんですよ、そう!特に大手に言いたい、11速がほしいなんていうのは、決して一般ユーザーからの声ではない!という事なんだよ。

 8速あれば十分、中には5速で十分・・・なんていう人はごまんといる。仕方ねーんで、大手の道楽につきあって、11速を付けてやっているんだよ!そんな餌しかネーから、それ喰うっきゃねえだろう!と、多くはこんな感じだ、恐れ入ったか?!

 自分たちの開発室に引きこもって、図面はしらせてばかりいないで、少しは外部の声、深部・細部まで届くマーケティングの一つでもやれってーの!

 そして、乗り手として、使い手としてもっと自由になれるなら、自由になろうぜ・・・。乗り手とメーカーの間にいる店主らは、その自由をどこまで実現できるか?というところが、まさに存在することの意味なんだろうと・・・、自分に課しているつもりではある。

 例えば、決まり切った段数を取っ払う。

 DSC_1700_convert_20180128220426.jpg

 こうすりゃ、できんじゃない?

 DSC_1702_convert_20180128220436.jpg

 ほらバラバラだ・・・。

 ここから、欲しいギア板と枚数を選んで組み付ける・・・。

 DSC_1704_convert_20180128220444.jpg

 このお方は、20T基準に、軽い方に一枚、重い方に二枚ほしい、計四枚あれば、自分の使うコースでは十分だと言っていた。そう来なくっちゃね。

 自分の足、自分の走るコース、これがわかれば必要最低限のギア数がわかるだろう、だったらそれでいいじゃないか?その前後に三枚ずつとか、使わないものはいらない、というのであれば、取ってしまえばいい。その方がシンプルで見た目もいい、という事になんの不自由もない、むしろそれを称して自由と言うんだろうな。

 さて、四枚ギアができたんで、戻すことにするが。このお方のディレーラーの好みって、たぶんやはりシンプル系・・・、一瞬テンショナー?と思えるくらいのものでいんじゃないか?と探してみたら、おあつらい向きのものがでてきた。

 DSC_1854_convert_20180128220537.jpg

 ユーレーの台座がついていた。それを外して、直にフレーム台座に取り付けてみると、なんとか付いた。あとは、ご老体故、注油とストレッチを繰り返す。

 DSC_1848_convert_20180128220510.jpg

 シンプルでいいよねえ・・・、何で今の時代にこんなものが普通に無いんだろう?元々5速とかの時代だもんで、インデックス調整も何のその。ただ、暫く寝たきりだったんで、少しショック療法で起こして、さあ、今からバリバリ働いてもらうぜ!と元気を注入。

DSC_1849_convert_20180128220517.jpg

 4速のスプロケで、しっかりシフトします。

 DSC_1852_convert_20180128220526.jpg

 シフターは台座を取り付けて、Wレバーの片割れを付けた。フリクションなんで、慣れればなんとかなる。

 DSC_1846_convert_20180128220500.jpg

 チェーンも銀黒で、けっこう高級感にあふれている。

 DSC_1844_convert_20180128220452.jpg

 はい、自らのコースに合わせて、自分でギア数を決め手の再出発。まずは4段で、もしまた何かあったら、一枚増やしたり、逆に減らしたり、ギア比を変えたりと・・・、まさに自分に合わせて、かえてくださいな。

 自転車は安全であれば、自由な乗り物なんだ!自由な!決して一メーカーの思惑だけで、左右されてはならないし、使い手自身もより自由を求めて、時に主張していかないとダメなのかも知れないね。

 誰か行きますか?堺のシマノの本社まえで、 少しはエンドユーザーの声を開発に活かしやがれ!このヤロ!とでも叫びに。

 いつの間にか、我ら不自由に対して、無頓着になりすぎてはいないか?見えないくびきにまずは気づかないと・・・な。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター