メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

変な自転車にこそ愛着の跡が・・・



 フレーム自身はどこにでも走っていそうな、実用自転車の一種なんだが、これがまた実に変な自転車だった所、輪に輪をかけて変な自転車にしてしまったものなんだが・・・。

 312256410_5610951648983957_3915169304479754126_n_convert_20221018205020.jpg

 なんとブルホーンをつけてしまった・・・。しかし何だ?あの先端に付いている巻き貝のようなものは?

 312142362_5610952548983867_8325003670853889116_n_convert_20221018205039.jpg

 シフターなのであります。通常ならフラットバーに付いているシフターなんだが、予算と変な自転車製作の必然から、この突先に取り付けることになったんだが・・・。

 これが実に使いやすい・・・。まあ、設計したシマノすらこんなことは想定外だろうから、思いもつかないような使い方だと思うが、これが使いやすい・・・。なんか変なの・・・でも面白い・・・という使い勝手ね。

312061042_5610954568983665_1706796695251139229_n_convert_20221018205143.jpg

 エイド系のブレーキレバーが付いているが、これはハンドルの外側を掴みながら、親指で引けるという面があるという意味でも結構使い勝手もいい。

 312267914_5610952975650491_6475721022007500273_n_convert_20221018205054.jpg

 赤錆だらけだったボスフリーの交換。物不足のおかげで他所からシルバーのボスフリーを取り寄せることができたというわけだ。

 312265714_5610953795650409_7078354750862301305_n_convert_20221018205128.jpg

 ボスフリーだけが赤錆のわけがない・・・ということで、チェーンも交換・・・。

 312232119_5610953408983781_1800250882180447718_n_convert_20221018205111.jpg

 乗り手の背が高いところから、ピラーも物干し竿レベルの長さ。このサドルから踏み出される力を、ちょっと前傾のブルホーンバーで支えるというところから、結構走ってしまうんだよね。

 312221937_5610951235650665_4730595106941698864_n_convert_20221018205006.jpg

 見た目も変な自転車ながら、コイツはしっかり走る。ちょっとした長距離だって、しっかり走れるぞ!アチコチ変な自転車だけに、愛着も感じられるよね。銭も手間かけてなんでここまでするの?それは好きだからだろう。

 ニヤニヤしながら乗れる自転車というところかな?イヤー、本当乗っていて楽しいんだよね、そして踏めば速いんだよ、こうした変な自転車が静かに流行るようになってきたら、自転車文化の成熟化計画が動き始めてきたということなんだろうなあ・・・。
スポンサーサイト



因縁のマークローザ 片輪から徐々に・・・



 マークローザというと、当店因縁の車種ということが言えますね。一時はマークローザ改造友の会でもできそうな勢いがあった。

 ある人物がいじると、続くように、「私はそのー」と続いていく、当店はブログしか広報活動はしていないが、決して読みやすいとは言い難く、量も適量を越す当ブログをよーく読んでくれての依頼となると、まあ張り切りざるを得ないよね。

 そんな店とお客さんの相乗効果もあってか、凄いやつは旧コルナゴカラーにまで変身してしまった車体もあったよね。

 ということから、来たかどうか走らないが、久々のマークローザであります。しかも・・・、

300100677_5474295332649590_6369750464247820307_n_convert_20220831200211.jpg

 今はなき、ホリゾンタイプのマークローザですね、貴重でありますよ。今はスタッカード形状のものしかない、このホリゾンタイプは本当に貴重だと思いますね。

 なんちゃってレーサータイプから、モロ昔の実用車のような形にまで化けて、かつ走りがやはりいいよね。

302433544_5474294505983006_8264843515512973027_n_convert_20220831195955.jpg
 
 今回は、まず前輪はそのままという司令。なぜなら、ハブダイナモは便利で代え難いということなので。ただし・・・、

 300034425_5474295755982881_6834338081327378245_n_convert_20220831200322.jpg

 このハブダイナモ、28ホールというもので、探せばそのくらいのリムは手に入りそうです、いや在庫しているかもしれませんぞ。

 そうなると、このハブダイナモでホイールを組み直せば問題ない、ということになります。悪知恵ですが・・・。

 で、今回は後輪のみ700C化してみたんであります。

301963563_5474294622649661_4439606447397831442_n_convert_20220831200011.jpg

 30ミリハイトのリムで組み直しました。

 301709029_5474294715982985_5303933896656305865_n_convert_20220831200025.jpg

 持ち込みディレーラーを取り付けまして、

 300018236_5474294829316307_3547244905324766187_n_convert_20220831200104.jpg

 8速のスプロケを入れて11Tを殺して7速で使います、シフターは

302330048_5474572135955243_360975121065997094_n_convert_20220831203636.jpg

 ハンドル形状の関係で、このブレーキシフト一体型の7速シフトーを取り付けました。

 301508063_5474295102649613_9063341673252625472_n_convert_20220831200138.jpg
 
 30ミリキンリンリムで組みました、タイヤはグラベル系の太いタイヤを選択で、相当雰囲気が変わりますね。

 302704563_5474294945982962_4860923447654826790_n_convert_20220831200122.jpg

 バンドブレーキは外さなければならないので、代わりに板付きのキャリパーブレーキを取り付けます。これでホイールの着脱も大変楽になります。

 300586482_5474295225982934_3168255915406552697_n_convert_20220831200155.jpg

 フロントギアはいじらずです。チェーンは共通ですね。

300974387_5474295469316243_7949046742255900118_n_convert_20220831200227.jpg

 日常使いにカゴは必需品ですので、そのままに。

 300975270_5474295645982892_5826237816976011521_n_convert_20220831200305.jpg

 ハンドルは一見フラットなんですが、波打っているという特徴があって、単なる一本棒ではありませんね、この微妙な角度がちょっとした取り付けに影響したりします。

 302191104_5474295922649531_5259943347821292415_n_convert_20220831200338.jpg

 リアのホイールとフロントとは片ちんばですが、これがもし揃ったら、ちょっと見ない自転車になりますね。

 乗ってみると、やはりマークローザ、走り出しは少し重いが、一定行くとよく回る・・・。コミューターというのだろうか?うんそういう分野の自転車だと思いますわね。

 さて、これで戻して、いつフロントホイールを揃えるか?悪知恵であります・・・。

遅い自転車を速くする?ベルトからチェーンへ?



 なんかおそいのよねえ〜、もう少し速くなりませんか?という質問が飛んできた。

 イヤ、どう答えるのかが難しい・・・。速くっていったって、動力は人なんだから、前提はその動力は同じということだ、当たり前だが。

 なら動力の出力を上げる・・・というと、トレーニングやダイエットの話になり、直接自転車屋の領域ではなくなってしまう。

 ということは、当然、自転車自身をいじることで同じ動力でよりスピードを上げられるか?ということになる。そうなると、ギア周りをいじるか?ホイールの交換まで持っていくか?できる限りの軽量化を図るか?または動力と自転車のセッティング、いわゆるポジションを出すような所でやるか?などの複合的な取り組みとなりそうだ。

 もちろん予算というものもあるんで、さて、何処をどういじって、より効率よく人力をスピードに変えられるか?というところにも繋がってくる

 基体になる自転車が、上のマルイシの実用車だ・・・。これだけで限定されることも決まってくる。

 そしてこいつのドライブトレインが・・・、

 300609027_5441080229304434_7507562897899554953_n_convert_20220819202305.jpg

 ベルトドライブという形式のものだった。何台か扱ったことがあった。今は自転車のCMをテレビでやっているのかどうか知らないが、店主の一番新しい記憶が、アルミとベルトでアルベルトというBSの自転車の宣伝だったが、そんなこともあってか、多少普及したかもしれないな。ただもちろんチェーンからすると主流にはなっていない。

 どうもこれが遅い原因なのではないか?と、持ち主のご婦人はいいます。

 たしかにチェーンに比べると伸びる間隔はあるね、その分力が殺されている・・・ということも言えなくもない。

 それとこの手のベルトは、チェーンのように長さを切ったりつなげたりすることが出来ない。つまり出来合いのものを使うしかないのだ。

 となると、ギア比をチャッチャカチェーンのように変えることが出来ないのだ。

 300352968_5441411595937964_5822855112667319496_n_convert_20220819223304.jpg

 こいつが、チェーンの自転車で言う、シングルフリーギア、または小ギアに当たるもんなんだが、歯数を選べることができるのかね?カタログで見たことがないが、それというのも、もしこの歯数変えるとなると、増減の分を

300316790_5441080285971095_437843630595773569_n_convert_20220819202250.jpg

 これがベルトドライブのためのクランクなんだが、こいつの歯数でもって吸収してやらないといけなくなるわけだ。つまり4つ小ギアで減らしたら、4つ分クランクのギアの歯数を増やさないと、ベルトがたるんでしまうということが起きる。

 多少ホイールの前後で吸収できるとしても、ベルトドライブというのはチェーンのようなギア比の迅速な変更なんてことを考えては作られていないのではないか?ということが考えられます。

 もしかしたら、店主が知らないだけかもしれないが・・・。

 で、ギア比の選べることのできる・・・、かつベルとのような伸びの感覚のないチェーンのドライブトレインに交換することは出来ないか?しかもホイール等まで含む大げさな交換しないで・・・。

 その辺は得意な所で、

 300397072_5441080069304450_5638083110407364244_n_convert_20220819202147.jpg

 チェーン用の小ギアに交換します。そしてクランクも交換することになりますね。

300450389_5441079729304484_2355218010126424345_n_convert_20220819202235.jpg

 癖のあるBBもこの際交換して、クランクもチェーン用に交換します、

300179330_5441079775971146_5723287747707170297_n_convert_20220819202203.jpg

 ハイ、見慣れたクランクですね、少し安心します・・・なぜか。

 300426487_5441080195971104_1124386686758351032_n_convert_20220819202219.jpg

 小ギアと3段シフトで、適正なギア比選択と、ベルトドライブのような伸びの感覚のないチェーンでもって、スピードが上がった!というところまで持っていけるかな?これでね。

 300175121_5441079975971126_6082024635876491936_n_convert_20220819202132.jpg

 あとはまだ軽量化も可能ですね。泥除け、荷台、一本足スタンドへの変更など・・・、ただ利用者の方も一定の年齢ですので、あまり劇的に変えると、支障をきたすことにもなりかねない。

 あとは、また乗りながら決めていくということになると思いますな。

 さて、どう感じられることやら・・・。

ボトルケイジの台座を作る!まだ夏は続きそうだ・・・



 実用車改造をして、固定にしたんだが、もう一つミッションがあった。それはボトルケイジの台座を作って欲しいというご要望。

 今年は暑い夏の部類に確実にはいるでしょうね。この3月は、ここ百年の間で一番寒かった3月だったらしいですよ。確かにマイナス4度とか、張った氷が夕方になっても溶けといないとかありましたね。

 それに、6月の15日だったか、夜は薪ストーブ付けてましたが、その10日後には35度超えなんかありましたね。

 さて、この残暑・・・いつまで続くやらでありますな。かつては夏大好き少年だった店主も、今はもう夏は結構・・・という心境です。早くまともな秋がこないか・・・。

 若い頃店主は焚き火の匂いが大嫌いでした。それは秋を連想するからです。大好きな夏に終了を宣告する秋が大嫌いだったんですが、今は逆になりましたな。

 残暑がもうしばらく続くとなると、やはり飲料携行ということになるでしょう。リュックに入れたりすると、赤信号の間に飲むことは難しい。となれば、やはりボトルを直接自転車にくっつけたほうがいい、となるとボトルケイジ台座が必要になります。

 自転車のパイプは薄いので穴あけしてそこにねじ山を立てることはできません、ので・・・、

300150950_5434317849980672_7141297942529836084_n_convert_20220817120133.jpg

 こうしたナッターを埋め込むという作業をしなければなりません。そのためにはまずは穴あけですね。

 299983935_5434317309980726_4830397215390196492_n_convert_20220817120149.jpg

 穴あけといったら、ドリルですが、こういう小さい作業にはこいつが向いています。

 299817555_5434317893314001_5650721824017516032_n_convert_20220817120203.jpg

 通常ドリルは動力が刃に直接付いていますね、大きな作業であればそれでも構いませんが、小さい作業ですと、手元に動力があると振動等で、どうしても細かい繊細な作業で出来にくくなります。

 よって、動力から離れたところに刃がある、この手の道具が大変便利なわけなんですね。

299955177_5434317473314043_8117721898145722414_n_convert_20220817120221.jpg

 こいつを持つとなんか医者になったような気分になりますね・・・、注射器を連想しますな。

299772790_5434317603314030_2698879192839224125_n_convert_20220817120241.jpg

 下穴が通ったあと、ナッターの幅7ミリの本穴を開ける作業に入りますが、最近最も気に入っているドリルの刃を使います。これがいいんだなあ・・・月光というんですが、まあ、よく切れる。イヤ、ただ切れるだけじゃあない、安定して切れるとでもいいましょうか・・・なんとも形容しがたい良さがこいつにはあります、絶賛おすすめですよ!

299882358_5434317243314066_1005404689783550739_n_convert_20220817120259.jpg

 当たり前ですがドリルを入れるとパイプのなんたるかがよくわかりますね。こいつは柔らかい・・・。ホロホロ掘れていく、ただし、後半にはいると徐々にかける力を抜いていかないといけません。柔らかいパイプなんで、刃がパイプに食いつて、ドリルが停止してしまうからです。

 終わりい近づくに連れて押し付ける力を緩め、回転を上げてさらうようにバリを飛ばしていきます。

299988958_5434317816647342_4237017068023619516_n_convert_20220817120314.jpg

 穴がアキましたね、7ミリの穴であります。

299941348_5434317423314048_5966457512505408642_n_convert_20220817120330.jpg

 リベッターに装着したナッターを穴に装着して、カシメます。

299787302_5434317753314015_2542301551950991607_n_convert_20220817120351.jpg

 ハイ、台座一個の完成です。ではもう一個同じ工程を行きましょう!

300134171_5434317649980692_695641469688010171_n_convert_20220817120408.jpg

 もう完全現物合わせです、実際のケイジを下どめして、上穴を決めます。

299760851_5434317346647389_2011689417683202107_n_convert_20220817120425.jpg

 見た目は垂直がいいと思いますが、右利きでしたら、十中八九右手で取りますよね、ということは、垂直よりほんの少し右寄りのほうがいいのではないか?といつも考えながらちょいと分からないくらいずらしてみたりとちょっといたずらしてみることもあります。

 299306559_5434317713314019_4926943805898100148_n_convert_20220817120442.jpg

 ハイ短いシートチューブにケイジがが付きましたね。これをトップチューブの方にもやって、

 299989302_5434317786647345_1225247802822053813_n_convert_20220817120459.jpg

 なんと二本も装着できるようになりました。500ミリボトルとフルに二本入れたら、一キロの重要増しになります。軽量化に凝っていない人は全く問題はありませんが、軽量化に凝っている人が、上りの時間と機構を計算しないで、水をフルに入れているのみるとレレレと思うこともありました。

 パーツの数グラムの重さに拘っていながら、水の重さには無頓着かよ・・・とね。

 とまあ、まだまだ暑さは続くでしょう、ボトルの携行はしばらく必要でしょうね。ということで、台座がなければこうして後付でも取り付けられますので、ご相談ください!

 イヤ、言うだけ野暮だが、暑い!暑い!

電動自転車を700C化?!



 サドルは多少のやる気が見えますが、あとはほぼどこにでもありそうな電動自転車ですね。

 294599365_5357197357692722_6947095987096189479_n_convert_20220719220910.jpg

 26インチの実用車のホイールが前後に付いています。

294421876_5357197417692716_7968837146774078673_n_convert_20220719220929.jpg

 最初は前後タイヤを交換して欲しいということだったんだが、話し込んでいる内に、700cのホイールがはけないか?ということになり、多分できるんじゃないか?というコチラの答えに、ならやります!と急転直下に700c化が決まりました、なので、変えます!

 294723499_5357195384359586_5755347213736042271_n_convert_20220719220946.jpg

 ホイールが大きくなるので、泥除けは外すことに。

294978645_5357195561026235_8604456135565894885_n_convert_20220719221015.jpg

 28Cのタイヤ、パナレーサーのものなんだが、こいつは縦肉が厚そうでいいねえ、いずれ店主も試してみたい・・・と思ったりして。

 294690188_5357195414359583_515424762483857304_n_convert_20220719221032.jpg

 700Cはもちろん後輪も・・・ということはかなり大掛かりになった。

294920678_5357195491026242_4125312920755779536_n_convert_20220719221055.jpg

 元々は内装3段だったんだが、今度からは外装7段に。このディレーラーが、アシストがかかる時足だけでないので、チェーンを前に取られ、前方にプーリーが引っ張られる現象が起こる。

 その引っ張りが強すぎると一瞬だがペダルが止まることがあるが、その後すぐに回せるようになるが。

 さて、これをどうするか?ハード面、つまり機械部分をいじって調整等でこれを克服することができるか?それとも、そういう構造の自転車として、乗り方、踏み方というソフトで克服していくか?どうするかだね。

 これは後者に決まった。ディレーラーの構造はどれに変えても前に引かれるということは避けられない、なので、シフトをしてチェーン周りの速度が変わってアシストがはいる瞬間どう踏むか?という所で慣れてもらうしかないだろうね。

 たしかにちょっと時間はかかるかも知れないが、これが慣れて足回りの引っ掛かりが無くなったら、これは自分専用の可愛い自転車になるだろうね。

 294651226_5357195587692899_693560764161032461_n_convert_20220719221225.jpg

 シフターはフラット用の単純なものを選ぶ!まあ、これでいいだろう、他にカネがかかるからね。

 294839291_5357195521026239_2944846420629255793_n_convert_20220719221410.jpg

 チェーンも今までとは違う多段用のものになる。フロントのチェーンリングを少し削って、薄歯にも対応できるようにした結構手がかかるね。

 294658223_5357195267692931_5717542610942387477_n_convert_20220719221114.jpg

 ローラーブレーキは外されたんで、その代わりには、

294728277_5357195151026276_3676000600238807391_n_convert_20220719221352.jpg

 板ブレーキを付けたキャリパーブレーキに変更。

 それに伴い、リム位置が上がったフロントにも、

294672296_5357195807692877_8485644929767429545_n_convert_20220719221314.jpg

 新たなブレーキを!前後輪がともに軽くなって、一瞬のスピードも上がるだろうからブレーキはより効くものにしたほうがいいだろうね。

 294782745_5357195301026261_564735353769234596_n_convert_20220719221202.jpg

 フラットハンドルはそのまま。

 294656826_5357195714359553_5109591059843523408_n_convert_20220719221254.jpg

 カゴもそのままにしておいてほしいというご要望、なるほど、今回は許してやろう・・・。

 294747681_5357195667692891_3746727678333125810_n_convert_20220719221137.jpg

 サドル周りもそのまんま。そこそこの高さを実現できるので、しっかり踏めそうである。

294678104_5357502190995572_3547451341241291468_n_convert_20220719232047.jpg

 しかし、スピードが上がる似合わえせて、シフトチェンジをしながら、足の回転数を変えずに踏むとなかなか面白い。きっとマニュアルの車ってこんな感じなのかな?と思ったりしてね。

 こいつを引っ掛けずに、思うように操縦できるようになると、かなり楽しい・・・と思います。

 そもそも、ホイールが軽くなったんで、電動付けなくても、相当快適に走るようになりましたしね。こんな物好きに近いような改造も、今後少し注目されるんでしょうかね?

 さあ、どうなるか・・・

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター