メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |持ち込み天国! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ご要望に合わせて その二


 
 このフレームの出処は知らないが、確か素人から素人へという流れじゃなかったかな?フレーム自身の状態は決して悪くはなかったんだが、まあ、色々と規格もあり、BBが86.5とかね、まあ今では一般的にはなってきましたが、かつてこれが出てきた時には驚きましたわ。

 そして、ヘッドパーツも上がオーバーサイズの41.9の下が1.5インチの51.8,アンギュラ角45度なんていう、面倒くさいもの、通常はフレームフォークセットってなもんで、大抵はついてくるが、こうした素人対素人のものでは、ないことも想定しておかないとね。

 一律に安く買ってヤッホー!!!なんて、糠喜びしていると、走れるようにするまでに、大変苦労することもあるからな。

 あと、組付けの際に気づいたんだが、この手のカーボンフレームはたいていワイヤー類は内蔵型、フレーム内を通すことが多いが、これがオールアウターでやるばかりとは限らない。

 フレームによっては、アウター受けを用意して、フレーム内部はインナーのみなんてのもある。こいつもそうしたやつだったんだが、こいつ独自のアウター受けってものがついていない・・・、これないとワイヤーワークできないよ・・・ということに普通ならなる。

 まあ、そのへんはショップなもんで、ないものは探すか作るかして対応するしかないよね。

DSC_8690_convert_20200219211156.jpg

 シフトワイヤーのアウターを受けるものを作って、フレームの入り口に装着、なんとかね。

 と入り口があれば出口も作ってやらないといけません・・・。


DSC_8692_convert_20200219211146.jpg

 このように、ブレーキキャリパーの埋め込みナットを使って、加工して、今回は対応。

 実にこうした細かいことまで実現してやらないと、自転車にはならない、こんなちっぽけな?マジで?と思えるようなケチなパーツですら、一つおろそかにはできないのよね。そうしたものに対して、すべて対応してやろうという気概がなければ、こうしたバラから組み付けるなんてことを、すべて自分だけでしようとしないほうがいいでしょうね。

 ましてや、氏素性のわからない素人さん同士でやり取りする場合は、その辺はしっかりリスク!と思って、行動しましょう。後でこんなことならメーカーや、ショップから買えばよかった・・・と思うことも大分あるかと思いますが。

 でも、それも勉強だ!と達観できる方は、やってもいいかもね。中古市場がこれだけオープンになっているんだから、そうした苦い経験も通じて、成長するというのもありでしょう、特に学生なんかはね。

 こうした、細かい対応ができればあとはパーツをくっつけて連動していくだけ、この辺はちょっと場数をこなせばできるようになるでしょう。

 DSC_8658_convert_20200218233549.jpg

 ホイールはカンパのゾンダを持ってきた。実に変わり果てた姿になってしまった・・・。私のゾンダは、よりシャープでエアロで美しいんだが・・・。

 DSC_8659_convert_20200218233539.jpg

 届いたフレームがディスクだよ、と聞いて、依頼者はそのへん細かく確認していなかったんだろうね、最初は焦っていましたな。

 ディスクなら・・・。

DSC_8660_convert_20200218233529.jpg

 TRPのハイドロをおすすめして、半ば強行的につけてしまう。こいつは内部は油圧、それをワイヤーで引くもんで、シフターがごっつくなくていいのだ。

 DSC_8663_convert_20200218233501.jpg

 もちろんリアもTRPで揃える。こいつを選択することでシフターの自由度が増える。

 内々でもこいつは過渡期のディスクキャリパーかと思っていたんだが・・・、イヤイヤ、まだまだ勝算はあるね。

 それというのも、油圧のSTIはどれをとってもごっつい印象があるんですね。それもそうだよね、シフター内にタンクを抱えるわけだから、それはごっつくなる。

 それが嫌なら、ワイヤー引きのスリムなSTIにすればいい、その際のディスクキャリパーはこのTRPハイドにすればいいのだ!

 DSC_8661_convert_20200218233520.jpg

 クランクはアルテ、ここまでは持ち込み品、なんとか理解できるんだが・・・。

 ここからが少々、というか、大分へんてこになります。

 DSC_8657_convert_20200218233559.jpg

 握りはいいね、操作はまるでスラム。少し使った感じでは、まるで遜色なしの、謎コンポ。

 DSC_8662_convert_20200218233510.jpg

 リアディレーラーの形もモロスラムで、遜色がない、そしてスプロケは十二速・・・。マウンテンコンポは出ていたが、ロード系コンポではカンパ・・・だったか?でも、こいつはカンパではありません、謎コンポなんであります。

 DSC_8668_convert_20200218233441.jpg

 塗り分け、フレーム。

 DSC_8665_convert_20200218233451.jpg

 ブランド名、ヨーソロー・・・。船の掛け声?ヨットか?

 DSC_8655_convert_20200218233609.jpg

 これが完成車。まあ、指示通りできたかな?

design_blue_0121_convert_20200218234259.jpg

 いかにも、モロカーボンだったものが、徐々に商品と化してくるその過程は楽しかったなあ。

 当店も数本、目のつけたフレームに、色違い等で、こうした限定「オリジナル」車体なんて作ってもいいのかもしれないね。

 そのためにはもう少し形としてのブランディングというものを作っていかないといけないのかもな。

 まずは、ブランド名と、ロゴ・・・。そして、スイカのシールのように、商品化を決めるデカール、ステッカー類。

 置いておけば自然と売れていった時代は、もう来ないと覚悟して、こうしたことを企画するのもありなのかもしれないね。そんなきっかけになった、自他作ハチャメチャ系自転車でありました。
スポンサーサイト



ご要望に合わせて その一



 こんな自転車作れませんか?ときた。

 まあ、自転車屋だから、作れと言えば作れますが、どこから作ります?またはどこまで作ります?てなところから、ミーティングが始まります。

 お客さんも色々といるようで、まあ、全部お任せー!という人から、長年温めた構想に基づいて、パーツを集めては所蔵しておいて、条件がそろってから、一気に組み付けたい、という人もいますね。

 今回は、というと好奇心より集めた、得体の知れないパーツ類を基本持ち込むので、それらを合わせて、なんとか組み付けられないか?という展開でしたね。

 基本やりたがり屋さんなんだが、自分の限界も分かっている。あとは、あまり人と同じものを持ちたくはない・・・というタイプかもしれませんね。

 では、パーツ持ち込んで・・・と、肝心なフレームは?となると・・・、なんとかどこからか探して、当店に送ってくるという・・・、ハイ、ではそれを待ちますということだった。

 大陸系からやって来たフレームは素のカーボンロードフレームでしたね、もう真っ黒。そのままでももちろん乗れる訳なんだが、どうせならなんとか塗りたい、なら、自分でデザイン画を仕上げますんで、それに合わせて、ということだった。

 そして送られてきたのが、上のpdf。

 二色の塗り分けなんだが、黒い部分はカーボン地そのままでよし、もちろんクリアはかけてね・・・・ということで。そんでもって青い部分は、チネリブルーを意識して、メタリックもんで塗って欲しい、ということでありました。その色なら、まあ得意な方かな?

 あとは、なんとロゴも入れたいので、そのデザインも自分でやって来ますということだった。本業はデザイナー関係?と思ったが実際は違うらしい。

 ただ、ガンプラの名人なんだと・・・。なので、色ややはりデザイン、見た目にはそれなりの拘りはありそうだ。

 なんかこの二色の塗り分けや、色使いなんかは、あのニュージーランドの名車?なのかどうか知らんが、現れては消えたり、また現れる、ニールプライドなんかを思い起こされますな。

 mark_yotto.jpg

 ビットマップファイルなら、エッジをカッティングマシンで切り抜くこと出来ますんで、それでお願いしますと言ったら、データで送ってきたよ。

 このヨットマークと、ロゴ二種類・・・。メインが長かったなあ。通常20センチぐらいが貼るのも見た目も適当なんだが、その倍近い
40センチくらいの字の数でやって来た。カーボンフレームは太いので、まあ・・・と思ったが、レイアウトからそれより50ミリほど短く切り出して、なんとかね、貼ったりしてみたんだな。

DSC_8554_convert_20200218233629.jpg

 誰が撮ったか知らないが、塗装あとのロゴ貼り。一回やり直したり、結構大変だったわい。

 でも、しっかり塗装したり、ロゴ貼ったりすると、単なる素材のフレームに過ぎなかったものが、段々と商品化、ブランド化されていくようなもんだから、面白いと言えば、面白い。

 今まで、当店もんはその辺大分無頓着もので、無印であることを適度によしとしてきたわけだ。まあ、それはそれなんだが、こうした商品化というのもやってみると、あらためて面白いね。

 塗装だけでも、かなりの商品化の過程なんだが、またロゴとかになると、あの畑の収穫物に過ぎなかったスイカに、金のシールが着くことで、千疋屋の果物になる・・・、そんな激変の感じが来るところが、やっていながら面白いんだな。

 こいつらをキッチリ貼った後、空気を抜いて、今度はクリアをかけていく。

 DSC_8560_convert_20200218233619.jpg

 フーン・・・。こうして塗装の済んだフレームを置いて、アチコチ色々やりながら、またこいつを見かけると、「はて、どこのフレームだ?」とちょっとよそよそしく見てくる瞬間がある、商品化へと一歩離れていった感じかな?

 なんかどこかのブランドのフレームみたいじゃんかよ・・・と見直すんだが・・・。

 まあ、この世にはないブランドのフレームなんだがこのギミック感が、また面白い。こういうイタズラもまたいいだろうなあ・・・。

 こうした、ことに楽しい!という感覚がまた、新たな展開への火付け役になるということもある。

 さて、フレームができあがった・・・、足りないパーツ類や、小物なんかを加工したりと、こいつが走れるようになるまで、まだまだ、細かいハードルを越えていかないといけません・・・、これぞ自転車屋、自転車工房ってとこ見せてやろうじゃない?

 ということで、へんてこな持ち込みパーツ類と、その間や隙間を埋める小物類を組み付けて、走れる自転車にして参りましょう。

 つづく

ジオスがやって来た



 自転車を始めたい、というご要望。予算からいうと、持ち込み系でないと叶わない。そうなると、この店主は売り手から、コンサルに変わって、外売り物の相談を受けることになる。

 今では、ネット検索ですぐ探せますね。かつては・・・、自転車雑誌の隅から隅までよーく探して、一番怪しそうな店を訪ねていく、もちろんサイトなんて無いからなあ・・・、雑誌広告を頼りに訪ねていくというのが基本だった。

 翻って現在は、メールに内容を添付して送られてくるのを、色々とアドバイスを行い、決まったらこちらあてに送付してもらう、なんて段取りが取れてしまう。
 
 そして届いたのが、これ。

 開けてみる

 DSC_6271_convert_20190919230418.jpg

 もちろんですが、入っています。さてどんな状態か・・・?

 DSC_6273_convert_20190919230427.jpg

 あれま、シフターやブレーキは付いていない・・・。

 DSC_6274_convert_20190919230437.jpg

 クランク周り、チェーン、ディレラー類は付いていますが、肝心のワイヤー類は付いていませんね、神経がつながっていない状態で送られてきたわけですね。

 ショップに送りつけるなら、これでもかまいませんが、これをずぶの素人さんに送りつけるのはないでしょう・・・。

 シフトとブレーキという大事な二仕事が残っていますんでね。

 DSC_6487_convert_20190919230516.jpg

 ステムにハンドルをくっつけ、STIを設置し、バーテープも巻きます。

 DSC_6489_convert_20190919230537.jpg

 そして各所に神経をつなげて調整をしていきます、ソラが付いていますね、もはや不足のないコンポです。多少の硬さなどをのぞけば、勝てるやつはこのコンポでも勝てるんじゃないか?とすら思います。

 DSC_6488_convert_20190919230527.jpg

 フロントの変速効率も素晴らしいわ、この値段で。

 DSC_6490_convert_20190919230550.jpg

 難がもしあるとしたら、ブレーキかな?これは抜きのために、テクトロの格安モデルのキャリパーが付いていますね。効きは今一でしょうね。いずれは交換・・・かな?

 DSC_6485_convert_20190919230457.jpg

 ホイールも・・・半年から一年持てばいいかな?まあどのくらい乗るか?によりますが。

 DSC_6486_convert_20190919230507.jpg

 エントリーモデルでよく見るホイールですね。

 しかし、落とした価格を聞いて大驚きでしたわ。さすが大手!まあ、当店などには到底真似の出来ない値段です。もう勝負所が違うんで、喧嘩にならないくらい。

 なら張り合っても仕方が無い、分業と行きましょう。棲み分けです。

 こちらは組み付け完成とフィッティング、その後の改造や維持のメンテを担当いたします・・・とね。

DSC_6493_convert_20190919230609.jpg

 ペダルは、まず標準のものを付けておいた。こうしたレーサーにはペダルの付随は珍しい、ないのが普通かな?

 DSC_6491_convert_20190919230559.jpg

 ステムはあてがい扶持の110ミリが付いているが、ちょっとサイズが小さめなので、120交換でもいいかと提案してみる。

 後は乗るだけ・・・かな?


 DSC_6482_convert_20190919230445.jpg

 よく締まって見えますね。ジオスの鉄です、その値段でよくここまで軽くしましたね・・・とも言えなくはない。だから大手はすごいんだな。

 元バスケットの選手で、近くの大学で教鞭を執るらしい、これは渡りに船だわ。

 というのは、最近とある会合で、自転車と健康について、なんていう講演を聴いたんだが・・・、確か二十年近く前か?教育テレビでバイコロジーとか銘打って、自転車と健康の話はすでに体系化されていると思いますね。なにを今更・・・という感じなんだな。

 時が経っているんだから、漠然とした「自転車と健康」から、もう一歩も二歩も踏み込まないでどうするんだ?と思った次第なんだがね。

 具体的には、トレーニング機器としての自転車、リハビリ機器としての自転車というような、より踏み込んだ内容の取り組みと研究が必要なんじゃないか?と思っているんだな。

 自転車を自転車だけでなく、各種スポーツ、競技のトレーニング機器として、もっとアピールすることは出来るはず。

 受け売りだが、漕艇競技で武田さんという四国の選手が、世界選手権で優勝しているレベルらしいんだが、その人が自転車をトレーニングに取り入れている・・・と聞きます。だったら、他の競艇選手がなんで、そうした情報を収拾し、自らの練習に積極的に取り入れていかないのか?その理由は色々あるんだろうなあ・・・。

 その一つに、トレーニング機器としての自転車の効果というものの研究が足りなさすぎるからではないか?とも考えられるんですよね。それだけの実績がありながら、まだその練習方法が広がっていないということの背景には、その効果の科学的裏付けが確立されていないところから、取り込みや、応用が利かない・・・となっているんじゃないか?想像します。

 そして、サッカーから、野球、バレー、バスケット、ハンドボール、バトミントン・・・と上げれば切りがない競技でありますが、これらは膝を痛めやすい・・・。では痛めたら、どうやってリハビリしながら、競技復帰を目指すのか?ということが大問題になっているはずだ。

 膝が使えない時期のトレーニングはどのようなものか?ランニングが出来ない中で心肺機能を維持または発展させることは出来ないのか?

 それって適切ポジションの、軽いギアの自転車が、ランニングに取って代わって出来るんじゃない?少なくとも完治する間に、心肺機能の低下を防ぎ、あわよくば心肺機能の向上だって狙える可能性のあるものが、自転車じゃないの?

 こういうことを実現していくためには、乗る人を造って、直にそうした効果を体感してもらうしかないかな?と思うんだが。

 そういう展開としては、今回は最適なのかもしれない。大学も近い、何ならタイアップだって可能だ、メンテから何から何まで出来ることをやることで、少しでもクロストレーニングの機器として、自転車が見直される時が来るんじゃないか?と思う。

 そしてそれが、大学内の各種競技で科学的検証を受けながら、競技能力の向上が裏付けられたら、自転車のトレーニング機器としての地位が確定されていく・・・可能性が高いし、一度そうした効果が科学的検証を受けたら、他大学等に飛び火していくのは、油紙に火なんじゃないか?と勝手に思って楽しくなる。

 そういう重要人物が自らの生活に自転車を取り入れるという、この後の展開がすごく楽しみ!

 応援しまっせ!

これも新年度だね 



 新年度になると、生活様式の変わる人が多い、それに合わせて、自転車が必要になる人もいれば、逆に不必要になる人もいる。いずれにしろ、自転車が動く季節には違わない。

 先日、滋賀から来た子の話を書いた。当初当店にて、東京用の自転車購入を考えていたが、商売上手の店主の口車に乗って、六年乗っていた自転車を滋賀から持ってきて、整備して乗ることになった。

 この子は東京での就職だったなあ・・・。

 その他また親子がやって来た。地方から隣の東伏見に下宿、そこからちょいと離れた大学に四年間通う、そのための自転車がないか?ということだった。

 何かと物入りだったんだと思う、当店の提示した自転車にはお母さんは難色を示していたようだった。もっと安いのないかしら?とね。

 値段で来られると、製品の選択肢の弱い当店からすると、よわいね。改造およびその他の選択肢は実に広いんだが、実用車系の完成車の選択肢は、サイクルベースサンケイ?らから比べると、著しく狭くなる。

 そんなこんなで、どんな自転車も見てやるんで、その内おいで・・・といったら、やって来た。

 この上の自転車を持ってきてね。ネットで購入したとか・・・。

 店によっては、蛇蠍のごとく嫌うだろうな、こういうの。ネットで購入したんなら、自己責任!とね。まあ、完成車売ってナンボのところは、死活問題だよねだから、敵対したくなる気持ちも分からなくはない。

 その点商売上手の店主からすれば、完成車売ってナンボでもないので、その辺は寛容なんだな。むしろ、ほらね、だからこういうものはネットで購入しない方がいいよ・・・なんて、諭しながらメンテしてやる方が、その後の伸びしろがつくというもんだよね。

 DSC_1421_convert_20190416212329.jpg

 まずクイックのなんたるかも知らないようで、ブラブラの状態で持ってきた、乗ってこなかっただけ上等かもね。

 でもまあ、こんな見た目のソコソコのものが、そんな値段で売っているんだ・・・と、感心はしないが、多少驚くね。

DSC_1422_convert_20190416212339.jpg

 ブレーキ等の片効きは、当たり前ですね、このあたりは。ホイールもちょっとセンターズレ。

 DSC_1424_convert_20190416212405.jpg

 ただ、Vだけに調整すれば効きますね。

 DSC_1429_convert_20190416212427.jpg

 でも一発調整ではむりですわ。どうも、左右のスプリングの精度がまちまちで、ボルトの締めもこれまたまちまちで、一度や二度調整しても、すぐ狂ってしまう傾向ありです。

 センター出して、スプリングの調整をして、何度か走っては、急ブレーキ掛けて・・・などを繰り返し、安定していくるのを待つ、という感じですね。

 DSC_1423_convert_20190416212356.jpg

 大抵ワイヤーの調整も必要です、使えなくはないが、しっかり決まっていない。工場出荷から初期伸びなんて考えられますね。

 DSC_1431_convert_20190416212448.jpg

 また、レーサーのような正確な調整はむしろ必要なく、乗りながら操作しながら、大体の所を出す・・・というかなり適当なところがあります。ディレーラー自身の剛性もありませんし、ある種どうにかなる、どうにか出来る・・・という緩いメカの組み合わせと考えていいでしょう。

 ある意味プロのメカニックのメンテが始終付いているのではない、実用自転車の考え方としては、ありかと思いますね。

 DSC_1430_convert_20190416212437.jpg

 ちょっと振れなども点検して、あるならとって、タイヤの空気を入れて、まあ完成かな?

 DSC_1433_convert_20190416212458.jpg

 まあ、今回の一番の点検といったら、ここ、サドルの高さを出来るだけ、本人に合わせたというとこでしょうか?

 大分乗りやすくなったと思います。

DSC_1426_convert_20190416212416.jpg

 かつてはヘッドパーツが逆に付いていて、ハンドルの回りが辺だった物もありましたが、まあ今回は大幅なミスはなく、適当に乗れるように八分組は出来ていたんだと思います。

 四年乗れればいいから・・・とはなから四年後乗り捨てます的なニュアンスのこと行っていたが、まあ今後とも当店に通ってくるような傾向がありましたら、是非、愛着なんてものをこの自転車に感じてくれるようになるよう、手間掛けてやろうかな?と思います。

 まあ、こういう展開も考えられるのが、この新年度。

 自転車一つに対しても、人色々な展開がありますね。やはり、面白いのは自転車じゃなくて、その背後の人間が面白いんでしょうね、多分きっと・・・。

ヤフオク メルカリ 何でもこいの巻



 この状態で持ち込まれました。地方の個人から購入したものらしいです。

 ヤフオクは、もうずいぶんな歴史がありますが、メルカリなんてもんは、最近?なんですか?ジモティとかいうのもあるそうで、適材を適所に配置するシステムとして、よくできているそうですね。

 そうした複数のシステムを使って、アチコチからパーツ類を集めては一台を作っていくなんていう動きは、当店回りでは既にあるようですね。

 面白いかも知れませんね、縛りはヤフオク、メルカリ等から集めてきたものだけで作る、ヤフカリ展なんてやったら。

 何人の出展者からパーツを集め、総額いくらで、どこをどう工夫して作ったか?苦労話・裏話つき、なんてやったら、結構面白い展示会になるかも知れませんね。ムフフフ

 DSC_1949_convert_20180204221517.jpg

 開いてみると、あるある・・・。

 通常こういうものを預かった場合、原則すべて解体してから、再度組み付けます、その際消耗品などにチェックを入れて、交換するものは交換し・・・というパターン。

 つまり、出所不明に近いものの施工責任を今後取っていきますよ、という意味でもある。

 逆のパターンなんかもあるんですよ、つまり人に売り出す、売り渡す際に、一度当店をくぐって、チェックを受けてから、というのもね。

 DSC_1707_convert_20180204221404.jpg

 ラレーの鉄フレームでしたね。

 DSC_1709_convert_20180204221412.jpg

 ヘッドバッチなんか凝っていますね。

 DSC_1715_convert_20180204221459.jpg

 白の胴抜きなんかもありましてね。

 DSC_1713_convert_20180204221448.jpg

 この辺が鉄でも今風でありますな。アヘッドステムね。フォークのコラムもオーバーサイズ、今風だわ。

 DSC_1711_convert_20180204221428.jpg

 105が基本載っています。サラッと見るに、まあ・・・仕方ねーか・・・とね。まあ、105なんかはシルバーと黒の二展開あって、鉄フレームにとっても使い方かな?とは思う。何でもかんでも駄目出しでは息が詰まる・・・。

 さらなる陰影1陰影2のシリーズなども画策中なのだ。

 DSC_1712_convert_20180204221437.jpg

 今回は拍子抜けするくらい普通。フレームも普通、コンポも普通。

 DSC_1710_convert_20180204221420.jpg

 実に堅実に集められたものによって、組み付けられていた。

 DSC_1706_convert_20180204221353.jpg

 それでも、当店を通過したことで、施工責任は当店持ちになりますんで、静かに気合いはこもっております。

 今が一番寒い時期とは言え、春もすぐ、蝋梅は既に咲いている。そろそろ目などもかゆくなってくるかな?極寒のように見えても薄皮一枚向こうには、春というやつが待っている・・・。

 多少の花粉は我慢しながら、春うららのサイクリングはもうすぐだ・・・、サーテ、この手の適所を待つ適材達もうごめき始めてくる・・・、二月は忙しくなりそうだ・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター