メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車椅子部門  tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

リベンジ 車椅子



 先日、車椅子のタイヤ交換なんかをやってみて、大と小の中間的なタイヤレバーなんか作れば楽かなあ、なんてことなど書いてましたが・・・。

 各方面から、アドバイスをいただき、やり直すことを決意、早速発注などから仕切り直しであります。

DSC_0353_convert_20190227213451.jpg

 届いたー。自転車部門でも取引のあるリンエイさんに、車椅子のタイヤ各種があると発見、そこから引っ張ってきたんであります。

 DSC_0358_convert_20190227213516.jpg

 自転車と完全に一致している径であります。それもあって、前回はその自転車用タイヤを代用したんでありますが・・・。

 同業・・・、といっても通常の自転車店は、あまり当店とは同業・・・といえんのかな?まあ、自転車扱っているだけが「同」ってことで、その仕事の内容はかなり違うと思いますんで、当店の同業者って数少ないだろう、と思いますが。

 その数少ない中の、大阪の同業者、清水屋さん。車椅子は当店よりもずっと施工例が多いのかしら?そこの清水さんより貴重なアドバイスをいただきました。

 車椅子に、自転車用タイヤはまずいです!と。

 理由は黒潮ですって。なるほど、黒潮とはタイヤの跡ですね。家や室内の廊下や床に、あの黒潮はまずいでしょう、そうですね。隣接しているようでも、似て非なるものとはこのことか・・・と。

 早速、グレータイヤを仕入れたわけであります。また他の方面からですと、黒潮のでないタイプのタイヤもあるとか、その辺もう少し調べてみる必要ありですね。車椅子だってカラフルタイヤありでしょう、その内・・・。

 そしてもう一つ、清水屋さんから目から鱗のアドバイス。車椅子のタイヤ交換は、ホイール外せ・・・。

 これは痛いとこつかれました。タイヤ外さず楽にできることを考えて、かえって大変だったというのが前回ですからね・・・反省、反省。
 これについてもまた別方面から、情報いただきまして、取っ手の付いている表側からじゃなく、裏からやるべし・・・と、確かに言われてみれば当たり前のことも、実際に実行するには固定観念というものがいかに邪魔してくるか、ということです。そうした固定観念については、固定しないようにしているつもりですが、でも固定している・・・、人の話は聞くもんだ。

 DSC_0359_convert_20190227213527.jpg

 観察すると、ホイールを取り付けているフレームの内側にナットがある、孤立を19ミリレンチで外す。

DSC_0361_convert_20190227213539.jpg

 そういえば、このレンチの工具も、元車椅子業をやっていた方からもらったものだった。業務用の鉄のしっかり中身のしまったいい工具だ、これは17ミリの単管パイプのジョイント専門に今までは使っていたんだが・・・、使いながら、ちょっとした因縁を感じるね。

 DSC_0362_convert_20190227213551.jpg

 そして、今度はホイール側に付いているキャップを外して、そちらの側のボルトを緩めていくと。

 DSC_0365_convert_20190227213611.jpg

 このように、長いボルトが抜けます、と同時にホイールはフレームから外れる、という仕組み。簡単すぎ。

 DSC_0366_convert_20190227213624.jpg

 簡単に見ると、こういう構造です。すべてが・・・とは言わないが・・・、ほぼこの手の介護系車椅子は、このような構造しているんでしょうね。

 亡くなった石井社長の作った車椅子は、ワンタッチで外せたが・・・。

 丁度最近、老人介護の関係者の話を聞いた。その系統の車椅子は、単なる移動手段という扱いで、使用時間も短いところからか、使う人との調整やメンテという所からだいぶ離れた扱いをされているということなんだそうだ。

 確かに病人を運ぶストレッチャーの下車に注油されることなどないのかもしれない、それと同じ扱いなんだと。ということは、施設等にある車椅子は、細かく見ればだいぶ荒れているのかもしれない・・・、そういう所に気づけるようになるまで、やってみたいよね。

 DSC_0370_convert_20190227213638.jpg

 ホイールが外せれば、タイヤ交換などルーティーンなもんで、たいしたことはない。前回の五分の一くらいの時間で終了した。外さないでいいと思って、かえって時間がかかり、外してあっという間の作業終了というわけだ。急がば回れ・・・。

 清水先生を始め、アドバイスいただきました皆様に完車です!ありがとうございました!

スポンサーサイト

タイヤ交換 中間工具必要かな?



 ワッパもんなら何でもやりますよ、なんて張り紙してあるからか、ポツンポツンと車椅子の案件が来ることがあります。

 前回はホイールのテンション上げ・・・なんて、結構重厚な依頼が来たんだが、なんとかやり抜けた。

 IMG_0528_convert_20190225220730.jpg

 ホイール自体の構造は自転車と同じ、つまりスポークでリムを真円に引っ張るだけなんだが。車椅子特有の、この片持ちハブ、こいつが自転車用の振れ取り台にちゃんと乗るか?ということが課題になった。

 確かスルーアクスル用の、心棒を通して、なんとか精度が出せたと記憶している。

 この手の車椅子を本格的にやるとなると、パーツ類の確保ということかな、後は福祉関連の関係各所と事務的な連携など取れれば、なんとかやっていけるのかな?とも思う。

 ちょっとした、締め込みなどは、誰でもできても、ホイールの調整などは難しいだろうね、それに、足の長い日と、体重の重い人、逆に極々痩せた人、特殊な障害がある場合など、そうした案件にどれだけ細かく答えられるか?ということなんかが、課題になるのかな?

 新たな世界だけに、当店への需要はどうであれ、挑戦してみたい分野ではある。

 IMG_0526_convert_20190225220713.jpg

 今回はタイヤ交換ということで、簡単に引き受けたんだが、思った以上に結構大変・・・だった。

 思った以上というのは、自転車のように、フレームに挟まれていない車椅子は、タイヤの着脱が楽だ、ということで、ちょいと油断してしまった・・・ということかな?

 見た目はまだつかえそうながら、空気が漏れるのが速いそうだ、いっそのことタイヤ交換、ということで持ってこられた。

 DSC_0300_convert_20190225214813.jpg

 外してみると、思った以上に、中身の劣化が激しかったね。多分室内で、きれいに使っていたようだが、幸いパンクしなかったことが災いしてか、ほとんど外された痕跡がなく、リムに硬化したゴムがびっしり圧着されてくっついているようだった、その硬化したゴムがチューブを圧迫して・・・という感じかな?

 まあ、こいつを外して、新しい24*1 3/8のタイヤ・チューブをはめるんだが・・・。

 ちょいと苦労したのが、ここ。

DSC_0302_convert_20190225214849.jpg

 リムに沿ってある輪っか、正式名は知りませんが、ここをもって自分で回すことで車椅子のホイールと同期させる、あの輪っかが付いているんです。

 これに邪魔されると、タイヤレバーが理想の角度で入っていかない・・・という齟齬が発生。

 DSC_0301_convert_20190225214838.jpg

 通常なら、ここから、外へレバーを倒して、タイヤを外したいんだが、ワッパに邪魔されてこれ以上倒せない。まあ、こんなのを二本使って、なんとか外そうとするが、意外に効率が悪い。

 より長いバイク用のタイヤレバーを使ったりもして、いろいろやってみた結果・・・。

DSC_0311_convert_20190225214939.jpg

 この間の長さが有れば、なんとか効率よくできそうだ、ということが分かった。今後の展開を予想して、鉄の無垢棒から削り出して作るのもいいかも・・・なんて思ったりしたね。

 DSC_0308_convert_20190225214914.jpg

 黒いタイヤで、なんか野外感満載になってしまったが・・・。逆にあの灰色のタイヤは、室内にあって、野外感をなくすためだったのかな?とすら思えてくる。

 タイヤの性能は黒に限る。今のところは、か、暫くは・・・、黒が耐久性でもグリップでも一番優れているとおもいますが。室内用というイメージ作りのため、白系、灰色系もあっていいのかもしれませんな。

 もっといえば、よりカラフルな色があってもいい。福祉だって、成熟すれば、遊びやエロ気も含めて多様になるべきでありましょうからね。

 DSC_0307_convert_20190225214901.jpg

 もう昨年十一月には、覚悟を決めた店主の父も、お陰様で回復し、なんとか在宅医療に切り替えができそうな気配。

 DSC_0309_convert_20190225214926.jpg

 となれば、こうした車椅子と杖とを使い分けて、アチコチ移動することになるでありましょう。もう人ごとではありません。自分たちの身の回りの問題として、車椅子が入って参ります。

 これぞタイミングでありましょうな。転んでもただでは起きません・・・、車椅子が縁あって身近になるんだったら、取り込みましょう、そして自転車の仕事の応用でもって、変な車椅子なども手がけていくのかもしれませんな、普通の車椅子のホイールをカーボンに変えて、スポーツ系に・・・なんてね、さあ、知らねーぞ!


車いすホイール締め込み



 当然の顔して、車いすを持ち込まれ、なんかいい気になってお引き受け。

 お宅なら大丈夫だろ?って、こんな褒め言葉というか、信用してもらっているなんてね・・・。

 まあ、全体が怪しい感じなんで、やるかもなあ・・・と思ってくれたか、手書きの張り紙に「ワッパの付いたものなら、とりあえずやってみます・・・」とか書いているのを読んできたのか知らんが、燃えないわけがない・・・。

 ところが、ほとんど扱っていない分、一体その訴えが何を意味するのかがわからない。右のホイールから音するんだよ、だからよろしく!とそれだけ。エエ?油ぎれってこと?差せばいいの?

 持ってこられた本人は、当然使っておらず、そのお母さんだかが日常使っている車椅子のようだ、なので、内容も伝言ゲームにならざるを得ない・・・。

 なんか、お袋が右から音するっているから、よろしく・・・。

 さて、何のこっちゃ・・・。

 こういうときには、乗って確かめるしかない。そうか・・・今を去る7、8年前か?確か預かった車椅子の試乗をしたことがあった。

 DSC_2811_convert_20180922234041.jpg

 車の少ない夜を選んで、深夜の車椅子散歩としゃれてみた。しかし・・・、乳母車のように剛性がない・・・。腕で押すと、フレームの関節が開くようで、ショック吸収性といえばいいんだが、たわみまくりで、前に出ないなあ・・・。

 それに、かつてやったの経験を思い出した。道路は、水はけのために、緩いがかまぼこ状に作られている。ということは、道の端を通る車椅子としては、常に左に傾いた状態、ある意味バンクを走っていることになる。

 自然と車体も左に落ちていくので、特に左手に力を入れて、落ちないように回さねばならない、時に止めて方向転換しながら、乗らないと進まない。

 実に不便である。公道用の車椅子の左右のホイールはサイズを変えるというのはどうか?とかキャスター角をつけてやるのもいいんじゃないか?なんて色々思うところがある。

 上腕がこるねえ・・・。腹筋の使うわ。しかしまだなんともとりあえず感が強いね。もっと使う人の特性に合わせて、工夫すべき点は大いにあるとおもう。

 ちょいとつらかったが、1時間夜の町を徘徊した。そして右ホイールから音がするということの意味がわかった。

 つまり、ホイールが緩く、そのきしみが出ているということなのだ。

 では、テンション出せばいいだけのこと・・・なんだが。さてどうするか?まずは解体するしかないね。

 DSC_2812_convert_20180922234049.jpg

 自転車とは違って、左右から挟むタイプのホイールではない。・・・さてどうやって振れ取り台に乗せるか?だよね。

 DSC_2813_convert_20180922234102.jpg

 まあ、こうやって外せるもの外していくしかないね。

 DSC_2815_convert_20180922234110.jpg

 どんどん外していきましょう。

 DSC_2818_convert_20180922234122.jpg
 
 なんとシールドベアリング・・・管理は楽そうだ。そしてスポークの頭が浮いている・・・、緩い証拠だ。こいつらを真円出しながら、締め直していけばいいんだろう?

 DSC_2819_convert_20180922234131.jpg

 シールドなので、たたけばシャフトは外せますが・・・。

 DSC_2820_convert_20180922234141.jpg

 何だよ、左右の太さが違うじゃないか・・・。これじゃあ、こいつを中心に振れ取り台においても、ホイールが偏ってしまう・・・。困ったもんだ。

 十五ミリの無垢棒があればいいんだが、今はない・・・どうする?

 DSC_2821_convert_20180922234156.jpg

 周りを見ると、いいもの発見。スルーアクスル用のシャフトだ。挟む金具がちゃんとテーパーになっているので、ここを左右のシールドに挟んで固定すれば、精度でるじゃん!やった・・・。

 DSC_2822_convert_20180922234208.jpg

 こうやって、シャフトを通して、左右からテーパーをしつけた状態で、ホイールを振れ取り台に置いたところ・・・。なんと幅が広すぎて、この写真だと左側がちゃんと振れ取り台に乗れなくなっている。

 どんなに開いても、ここが限界・・・せっかくいい案が浮かんでそこまで行ったのに・・・。

 でもくじけない・・・、そうだ、この振れ取り台には29インチとかいうバカでかいホイールをタイヤをつけたままで振れ取りできる、振れ取り延長金具というのがあったんだな。

 もちろんほとんど使わないと思ったが、万が一そんなのが来た際にと思ってその金具を購入していたんだわ。

 振れ取りは左右に開いた状態、ちょうど万歳の状態で開くので、そこに延長金具をつけたら、その開きが当然助長され、もしかしたら、このスルーアクスル用のシャフトが乗っかるかもしれない・・・。

 やってみよ。

DSC_2823_convert_20180922234223.jpg

 こうやって継ぎ足すように被せて取り付ける。これで左右、相当広がると思うんだが・・・。

 DSC_2824_convert_20180922234237.jpg

 右の上にも冠つけて、固定して、さて乗るかな・・・?

 DSC_2825_convert_20180922234250.jpg

 神は都合よくいてくれるようだ・・・、乗りました!ハイ、もうこうなったらテンションかけて、精度出していくという普通の作業となります。

 DSC_2826_convert_20180922234259.jpg

 特になにも外すことなく、センサーも作動します。

 DSC_2827_convert_20180922234314.jpg

 レーサーの振れ取りからするとかなり緩いが・・・、それまでが緩すぎたんだろうな。そういえば、人力車のホイールのテンションを手で計った見たとき結構緩いので驚いた。車屋さん疲れないのかな?それより客の乗り心地優先なのかな?

 DSC_2828_convert_20180922234324.jpg

 ニップル回しもこの通り、通常使えます。

 こうやって、テンション上げて、振れもとって、戻してやる。

 そして再度、車椅子夜の散歩に出かけてみることに。さっきの緩みから来るきしみ音は一切なくなる・・・、まあ、今回はこれにて・・・いいのかな?

 DSC_0003_convert_20180922234022.jpg

 もしかしたら、人が最後に乗る乗り物かもしれない・・・と思うと気は自ずと引き締まる。

 最後の最後まで、フィッティング、ポジショニング、症状の変化、老化の変化に対応した、その人一人一人の車椅子の展開が、実は相当の潜在需要かもしれない・・・とまで思ってきた。

 まあ、自転車とは親戚みたいなもんだ、あとはちょっと特殊パーツの仕入れができれば、また車椅子で大いに遊んでやりたい気もしてきたのだ。

 福祉に必要なのは、遊びとエロ・・・というのが店主の持論。そういう意味で、遊ぶ車椅子、エロい車椅子こそが今求められているのかもしれないね・・・。

 乗りによっては、キャンディー塗装してやろうじゃないの!ちょっとマジで取り組むか?車椅子・・・。

事業拡大! 自転車から車椅子へ そして競技車椅子のその先まで!

100921 (4)

 教科書として、お借りしたOxさんの車椅子です。
 
 よく病院にあるような、重くて万人向きのものではなく、完全なワンオフ、活動的で個別的な味を持つ高機能車椅子なんです。

 これより当店、この車椅子の解体と組み立てを勉強しながら、今年中に車椅子メンテと販売の方まで手を伸ばしていこうか?と画策中です。

 本当やる気満々です!

 リュウくんという、錬の長島さんのお弟子さんからのご縁で、今回こういう方向へも展開していこうということになりました。

 いろんな意味で、自転車と似ているんです。

例えばホイール・・・、
100921 (2)

スリーバトンのものです。他にノーマルのものもあります。
100921 (7)

ものによってはサスペンションもあります・・・、
100921 (6)

 細かい違いはあれ、工具も共通していますし、今後のワンオフ世界の準備と勉強のためにも、大いに参考になりそうです。

 というのも、障害というのは本当にワンオフの世界なんですね。皆さん1人1人ぜーんぶ、障害のあり方が違うんです。

 ですから、その1人1人に合わせる調整の細かなこと・・・こんなところでしょうか、
100921 (10)

 これだけ細かく座席を前後にできるんです、前後だけではありません、
100921 (5)

 上下もこんなに細かく・・・。

 こういう決めの細かな視点は、必ず一回りして自転車の方にも返ってくるでしょう。

 調整の要が、ここ!
100921 (3)

 この傾きを調整することによって、まっすぐに進む・・・か否かなどが決まってくるとか、さあ、勉強、勉強です!

 とその前に、自らがとことん乗らないとね!
100921.jpg

 自分で乗って、とことん体感していかないといけません!

 外に行く、そして室内にも行きながら!

100921 (9)

 1人少なくとも、十キロは走破しましょう!ちょっと店の回りを走っただけでも、色々わかってきます。道路はかまぼこ型に舗装されています、排水のことを考えてね、となると真っ平らで調整した車椅子では、まっすぐに走らなくなります・・・、なるほど・・・。

 スーパーなんかにも行かないとね・・・、色々鱗が落ちるだろうなあ、新世界です!

 そしてゆくゆくは、バスケット、テニス、マラソンといった競技車椅子の調整や開発などにも伸びていきたい!なんて考えていきます。

 その前でもできることはいっぱいあります!例えば、黒一色の塗装部品を他の色にするだけでも、ちょっと潤ってくるのではないかしら?変わり塗り、ピンストライプ・・・いろいろできるでしょう。

 まずは乗って、バラして、組み立てて、いろんな設定でまた乗ってを繰り返します!そして早くは今年の終わり頃、当店の看板には「OX車椅子取扱店」というステッカーが付け加わりますか?

 やっちゃうよ!

 それまで少々お待ちください!

100921 (8)
 お前はイイの!

ツイッターで車椅子もやります!とつぶやくんじゃなく、叫んでみました!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター