メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

またも打ち首にしてくれるわ!



 20インチの電動子育て号です。実に重いねえ・・・、重すぎる。まあ車重が一定以上有るということは、それなりに安全性の理由もなくはないが、ちょっとした段差を上げたりする、日常の中の動きを考えても、もう少し軽くてもいいんじゃないか?とすら思う。

 そのくらい重いよね。とくに・・・、

 DSC_2749_convert_20190630201738.jpg

 特にこいつね。子供を載せるのになんで?と思うくらい壁が厚い、そのもの自体が重すぎる。子供を載せなくなっているのに、カゴがわりと称して、いつまでも付けている人いるね。

 何我慢してんの?普通のカゴに代えれいいのに・・・。人の固定観念というのがいかに保守的で、人を考えさせないか?ということだろう。

 そういう発想の人は実は少なくないと思いますが、一般の自転車店にそのことを話すと、ほとんど買い換えろ、という展開になると言います。いいなあ、そんな自転車屋にでもなりたいわ・・・、オット・・・。

 ヨミウリだか、サッポロだか、マイニチだか、キリンだか知らないが、その辺の名前の付いた大手の自転車店に聞くと、構造上出来ないとか言われた・・・という話も聞いた。

 DSC_2815_convert_20190630201814.jpg


 私らには出来ないのはいいが、構造上出来ないというのは、明らかに嘘、詐欺とは言わないが、嘘であります。むしろ1インチのヘッドチューブなど、構造上はその辺の一般自転車と同じであります。

 ホラね、普通のステムにハンドルが付いているでしょう?フレーム自身には全く加工加えていませんので、構造上無理ということのほうが無理であります。

 DSC_2816_convert_20190630201825.jpg

 頭でっかちのシートを外して、その上から、通常のステムハンドルを取り付ければいいだけのことで、構造上の問題など一切ありません。
 
 ここだけ見ても、見慣れた一般自転車のヘッドチューブ回りでしょう。

DSC_2818_convert_20190630201837.jpg

 普通の一般のカゴを取り付けましょう、全く問題なくつきます。何が構造上不可能なんでしょう?嘘はいけねーよ。

DSC_2819_convert_20190630201848.jpg

 多少ケーブル類の長いのは、ご愛敬、実にスッキリしましたね。

 そして開放感と、ハンドル回りの圧倒的な軽さを実現、これぞ自転車だよね・・・と。それまでがなんで?というくらい重すぎたんだよね、しかも、前後に子供を載せると、ものを乗せるカゴがないという、いかにもお役人が考えそうな、ちんけなアイデアなこと、使う人の立場や気持ち、便宜を図ろうとは全くしていない。こういうときこそ忖度だろうが・・・。

 DSC_2822_convert_20190630201859.jpg

 
 イザ打ち首!ばっさり!

 子育ての区切りに是非!もっと広まって欲しいねえ!打ち首
 
スポンサーサイト

これも因縁の車体かな?



 これも当店の因縁の車体の一つかと思いますね。EZという電動車体であります。いかにものお母さん風の電動自転車でないところから、一部に人気の出た、スクーター、バイクライクな一台だと思います。

 ちょっと普通のお母さん達とは一線を画したい・・・というタイプのお母さんに多かったような気がします。それをこのように、子育て仕様にということで、相当施工を承りましたね。

 こういうのを公表すると、また、ア!ここがこんなことやっている、じゃあ依頼しよう!となるんじゃないか?と思いますよ。

 でも、ひょいとすぐに子育て仕様にできるほど甘くはない、いや大分辛いといっていいでしょう、大辛です。

 DSC_2054_convert_20190512220548.jpg

 まず、こんな一本足スタンドが付いているんですよ。これで子供載せともどもを支えるのは、無理というモノです。なので、こいつを両足スタンドに代えていくわけでありますが。

 DSC_2051_convert_20190512220513.jpg

 こんな頑丈そうで、安定感のあるスタンドに交換ですが、もちろんポン付けなんかできるわけがない。

DSC_2052_convert_20190512220527.jpg

 取り付けるエンドの形状に合わせて、スタンドを削るなどの加工して、必ず二点以上の物理的な固定点を作って15ミリのナットで締め付けます。

 DSC_2056_convert_20190512220612.jpg

 これはフレームに直に取り付けられていた、フロントの荷台・・・といっていいでしょうね、フレームに付けられているので、ハンドルを切っても、こいつは動きません。デフォルトの状態でならかまいませんが、そこに子載せを付けるとなると、ハンドルと連動して動かない荷台は、邪魔でしかありませんので、撤去するしかありません。

 そして取り去った後に、カゴを付けます。

 DSC_2048_convert_20190512220442.jpg

 このカゴはハンドル子載せと連動しますので、何ら邪魔になりません。

 ただ取り付け金具は、もう加工品使うしかありません、なかなか説明も難しいので、写真でご覧ください。

 DSC_2049_convert_20190512220452.jpg

 こうして上からつるしつつ、下からハブからの下支えで固定しますので、強度は保てますね。

 DSC_2057_convert_20190512220624.jpg

 オフセットゼロの、ステムとハンドルです。前子載せは、このハンドル部部に取り付けますので、この形状のままでは当然子載せを付けることが出来ません。なので、一式交換して、アヘッドタイプのステム等に変更してから、そこにアダプターを取り付けて、子載せを載せることにします

 DSC_2050_convert_20190512220501.jpg

 この辺のものはイェップが天下を取っていますね。他の子載せでの取り付けは大変難しいか、不可能か?というくらい困難かと思います。このアヘッドタイプに順応させたというのがイェップの強みかと思います、なのであの強気値段なのか?とさえ、思えるんですが・・・。

 DSC_2055_convert_20190512220601.jpg

 この辺のチューブガードも、ハンドルの可動域に対して、ちょいと影響有りそうなので、外します。

 DSC_2053_convert_20190512220537.jpg

 むしろスッキリしていいと思うんだけどなあ・・・、こっちの方が。

 DSC_2047_convert_20190512220432.jpg

 そんなこんなで、完成したやつがこいつ。なかなか乞う見ていくると感慨深いものがあるもんだ。よくぞまあここまでやったもんだよねえ、とわれながら感ずるところありだ。

 メーカーは決して、こんな使われ方は想定していなかったんだと思う、なんかスタイリッシュに電動をちょいと引っかけるようなイメージだったんじゃないか?なんて勝手に想像する。

 でも、この手の電動で子育てしたいという方々は少量だがいるということだ。確かに、五台も並べれば、ほとんど代わり映えのしない電動自転車しかないところに、こんなのが紛れ込んできたら、目を引くだろうねえ、そしてなんとかして子育て号に出来ないかしら?と考えるんじゃないか?

 今思えば、このあえて使いにくいEZをわざわざ購入して、当店に持ってこられた方々のこだわりは、並々ならぬモノだったようにも思えますね。だから、知コラも必死になって、それに応えるようにやって来た。

 リアに子載せを付けたこともあった。幸いエンド金具が分厚いので、それを構造として、穴開けタップなどして取り付けたりもしたもんだ、それもこれも、どうにかこの一台でなんとか改造できないか?という強い熱意に動かされたんじゃないか?と思われますね。

 ものの選択に個性なんて事、言われなくもないが、そもそも有限の中で、用途も限られたモノなんて、どうしても似たり寄ったりしてくるモノだ、しかもそこに官製の号令がかかっていたりしたら、とにかく安全性だけを異常に重視した、面白くも、おかしくもない、利便性さえ後退させる自転車ばかりになるのが手に取るように分かる。

 よくもまあ、どいつもこいつも似たような電動自転車しか乗ってないもんだね・・・、それに一矢を報いたいという、少量だが強い思いが、こうした大胆な改造を切り開いていいったんじゃないか?と思いますね。

 ママ狸んだけじゃない、他の分野にだって、多分同じような潜在的な可能性があるに違いない。

 それがどこからの指摘であれ、そうしたモノへの感受性は磨いていきたいと思うね、もうつまらない仕事なんてやりたくもない、ドンドンそんな年齢になってきているんだと、思いますわ。

新規事業を求めて・・・



 電動システムを入れる空間はあるが、入れていない子育て自転車がやってきた。見るからに重そうで、この頭でっかちは、本当よく見るが、機能的とは言い難いね。

 専用のカゴがないなんて、よくそんなことを思いつくもんだ。多くお母さんが使用する自転車にカゴがない、一体どんなマーケティングした結果なんでしょうね、本当よく理解できません。

 そしてそれに消極的な不便さを感じつつも、大して動きのない使用者達・・・。

 誰かが改良してくれる・・・というだけでなく、自分たちから声を上げる、ということをしないと、日常使わない人間が設計していたんでは、いつまで経ってもいいものができないでしょうね。

 勇気を持って、使用者が声を上げる、弱者が声を上げる、こうしたことを通じてしか、悲しいかな人類の本当の意味での進歩はない、というのが現実らしい。

 なので、相対的に強者の位置にいる人間は、どこまでそうした声を聞き入れることができるのか?ということが、人類の進歩に関わってくるということだろうね。仕事断ってばかりいないで、引き受けてはその対策を練る、使用者、利用者、弱者にとって何が有益たり得るか?ということを考えながらねえ。

 そういう意味で、この前ハンドル子載せは全くもっての失敗作だと思いますよ、皆さん声を上げましょう!ね。
 
 ということだが、今回はそういうことではない。

 DSC_0663_convert_20190312214257.jpg

 フレーム式のハマックスをもらったんで、取り付けできないか?というご依頼です。子供の成長なんて早いもんだから、こうしたものを使い回しにするということはある意味合理的かもしれませんね。

 ただ、荷台にポンと行かないところが、この手の難点。シートチューブの長い、欧米系の自転車を想定して開発されたものなので、そこが短い日本の女性仕様の自転車などには取り付けができないことだってある。

 DSC_0664_convert_20190312214307.jpg

 まあ、この自転車には、このくらいシートチューブに余裕があるので、なんとか大丈夫でしょう。

 DSC_0665_convert_20190312214317.jpg

 となると、この荷台は・・・邪魔になりそうだ。

 DSC_0666_convert_20190312214330.jpg

 本当に手で締めたのか?ってくらい固く止まっていたネジ3本を抜いて、取り外す。なんで外すかというと・・・。

DSC_0667_convert_20190312214340.jpg

 このように障害物を外しておかないと・・・。

DSC_0673_convert_20190312235743.jpg

 装着後が、こうなるんですね。なので、振動によって、子供のシートが上下に揺れるんであります。今ここには誰も乗っていませんが、二十五キロまでなら乗れるこのシートに、そこそこ成長した子が乗りますと、それだけでシート部分が下がってしまいます。

 DSC_0675_convert_20190312235823.jpg

 なので、ざっとの目安ですが、拳骨ぐらいの隙は確保していたいんですね。なので、荷台を外したということです。

 以前大丈夫か?と荷台を外さずにいたところ、シートと接触し、シート裏に少しヒビが入ったことがありました、なので、慎重にこういう場合にはまずは外すことを優先にした方がいいかと思います。

 この上下にバウンドする形式は、荷台式と違って、フレーム式といって、アダプターを

 DSC_0668_convert_20190312214349.jpg

 このようにシートチューブに取り付け、そこから斜め上に棒状のものを伸ばし、その上に、子載せのシートを固定するという形式を取ります。

 まあ、今ではかなり普及して、街道で目撃する機会も増えたかと思いますが、どの自転車にも荷台は当たり前のように付いている、日本のママチャリ文化とは異なる、スポーツとしてのサイクリング文化である欧州型自転車で発達してきた子載せシートだからでありましょう。

 DSC_0674_convert_20190312235800.jpg

 アダプターと、シートの設定はできるだけ固定部分より離して取り付けたつもりですが、車体自体が大変長い、この自転車では、一見子載せシートとサドルとの間が短いように錯覚してしまいますね。

 このくらいあれば、載せおろしには十分なんですがね。

 DSC_0669_convert_20190312235258.jpg

 前後のパンクの修理も終えて、しばらく眠っていた自転車を起こして、ハマックスを付けて、これから十分に働いてもらうことにします、ということです。

 しかし、少子社会なんでしょうか?それともいろんな意味で普及してきたからなんでしょうか?こうした子育てに関する自転車の問い合わせが、減っていますねえ。

 一時、当店でのママ狸んの占める量は、半端ない時期がありまして、当店の経営の柱の一つでありましたね。なので、強気で大量のイェップなんてシートを在庫していました。

 本当に売れたんでね。ところが、今イェップの在庫なんて、二個ぐらいかな?ここ半年全く動かない。

 少子社会に、不景気の影響かしら?なんて思わなくもないながら、このまま沈むわけにも行かず・・・、新規の開拓なんかを細々でも、探しながら、なんとかやっていかないといけませんね。

 テクトロブレーキの高級ブランドTRPなんかも、仕事の範囲に入ってきましたんで、そちらの方などにも力を入れつつ・・・、いくつかのパーツの卸・・・、北京での事業の後押しなど・・・、新しくて、見込みのありそうな所へ向けて、投企していかないといけませんね。

 もちろん、しっかりノウハウの貯まっている、ママ狸んだって、今後続けますし、政権変わって少しは少子社会対策をやるような国になったら、自転車でもって、バックアップだって大いにしていきたい!とは思っていますが・・・ね。

アサヒ子のせ



 アサヒ自転車が出している、なんちゃって系クロスバイクですね。そいつに、ハマックス子のせを付けてみました。

 この写真だけ見ても、随分高い位置に着いている、という印象を受けます。確かにね。トップチューブに子供が立っているように見えますもんね。

 というのが・・・、

 DSC_1424_convert_20181231175040.jpg

 どうも取り付け位置を従来のものから変えているようですねえ、急にこういうことをやるというのはけしからん・・・。まあ店主だけが知らなかっただけなのかも知れないが。

 実はこいつ、従来のステム噛ませ形式じゃなく、なんとヘッドチューブに噛ませる形式となっているんですね。どうりでステムに取り付けると、高いと思った。

 ヘッドチューブはステムのささっている、その土台のチューブなんで、どうしても位置的には低くなる、そこに取り付ける設計をしているんで、こうなったということなんですね。という事は、ハドルと同期しないという事が起こるよね、大丈夫なのかな?

 ただし、クロモリのスッキリ形状のステムならポン付けはできるんだが、あいにくこのぶっといアルミフレームのヘッドチューブにこいつを挟める余裕は全くなかった。

 ステムの太さには一体の範囲が決まっているんで、取り付けは簡単だが、ヘッドチューブとなると、何も自転車は鉄フレームだけじゃあない、アルミチューブだと太かったり、鉄より変形系が多い。そして、サイズの影響をもろに受けるのもヘッドチューブなので、小柄な人向けの自転車だと、例え鉄フレームであっても、アダプターを挟む十分なスペースが無いことも考えられる。

 そういう意味で、ヘッドチューブ噛ませというのは、汎用性という重要な要素から遠のいてしまうという意味で、ダメだと思うぞ・・・。

 でも来ちまったんで、こいつをステムに噛ませることにした。

 当然、ステムとヘッドチューブでは太さが違うので、シムを二重にして取り付けることに。

 DSC_1423_convert_20181231175028.jpg

 微妙な角度は取り付けてから多少は調整できるはず・・・。そして乗ってみるに、見た目ほど、不安定ではない。むしろ膝が子のせと全く干渉しないんで、いいとさえいえる。

 あとは腕の長さなんかで、もしもう少し手前に握りが欲しいという事になれば、ハンドル形状を変えてやればよし。

DSC_1421_convert_20181231175010.jpg

 錆びていた、チェーンスプロケ交換し、子のせ仕様には欠かせない両足スタンドを取り付ける。

 DSC_1420_convert_20181231175002.jpg

 なんかアサヒでは、両足スタンドは付きませんと断られたそうだ。つくじゃんヨー・・・、ポン付け屋メ。

 そして、機能的なご相談と同時に、カラフルにして欲しいという事だったので・・・、

 DSC_1422_convert_20181231175018.jpg

 こんなことにしてシマッタ・・・。

 DSC_1417_convert_20181231174951.jpg

 まあ、多少はカラフルでありましょう?

 駅や大きな駐輪場ですぐに見つかるのはいいもんだよね。

 これが今年最後のママ狸んかな?もちろん少なくなってきても、ママ狸んという主流の一つは、絶対に外さない、少子化対策・・・、この国は何もやっていないようだが、自転車屋ができるところで、踏ん張りましょう。

 来年当店にもなんか新しい子なんかが、来ないかな?

 

打ち首絶賛中!



 見るからに重い、機関車のように重そうだ、黒だしね。

 通常なら、このままでのるんだから、それなりの覚悟ができているのか?そもそもそんなもんだと思っているのか?

 そんなもんじゃないんだけどね。

 DSC_0960_convert_20180930231533.jpg

 アチコチ重いんだが、非機能的で重いだけというのが、ここ。ここに子供を乗せるんだが、ものを置く前カゴがつけられないので、不便なんだよね、重い割には。

 重くても便利ならまだ我慢できるが、重くて不便なものなんかは交換してしまえばいいのにね。

 なれば、打ち首だな・・・。

 DSC_0009_convert_20180930231330.jpg

 こんなでかい前カゴがいた。コレなら使えるよね。

 DSC_0008_convert_20180930231315.jpg

 ドンビシャの下支えがなければ、曲げて合わせる、力尽く・・だな。

DSC_0007_convert_20180930231258.jpg

 ハブダイナモが付いていて、これは機能的。ハブダイナモと違い、重くならないのでこれから暗くなっていく中で、重くないライトはうれしい電池交換もいらないし・・・。

 DSC_0011_convert_20180930231356.jpg

 といって、子のせ号なので、代わりにこういうものをつけないといけませんね。あまり歴史はありませんが、ハマックスで作っている、前子のせです。

DSC_0012_convert_20180930231409.jpg

 ハンドル形状も考えてあるので、上から子供を椅子に座らせるのに、足がハンドルとの間に楽に入るように、セッティングされています。

 DSC_0010_convert_20180930231342.jpg

 小さいし、無防備に見えますが、その方が親御さんを油断させないという意味で、いいです。コレにしっかりヘルメット被せて、安全ベルトも着けさせること、どんなに近くても・・・です。

 DSC_0015_convert_20180930231449.jpg

 このしっかりスタンドは比較的安心ですが、過信してはいけません。子供がほんとにごねたら、展開によっては自転車は倒れます。

 DSC_0014_convert_20180930231436.jpg

 後ろに頑丈な荷台が付いていますので、成長したら、今度は後ろに子の背を移動する、といっても連続使用はできませんが、後ろ専用子の背をつけるという意味です。

 あとギア比を少しいじります。電動付いていないので・・・このギアの設定は重要だよね。

 DSC_0013_convert_20180930231422.jpg

 元々付いていた後ろの小ギアをよりでかいものに交換。そうすることで内装変速にも全体的にギア比が下がって、多少遅くはなるが、坂道などは断然に楽になるということが起こる。

 DSC_0005_convert_20180930231246.jpg

 打ち首以外は目立たないが、しっかり整備もできたことだし・・・。

 あと微調整は親子が来てからだな・・・。

 打ち首励行中、物々しい言い方だが、本当にそう、わざわざ重くて機能阻害を超す自転車に我慢しながら乗る必要は・・・ないと思います。
 

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター