メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

母になったポートランドの自転車娘



 興味津々でいろんな質問をしてくる旦那氏よりも、実は奥さんのほうがずっと自転車娘だったようだ。オレゴン出身の奥さんらしい。

 確かポートランドだったっけ?住民の意思で高速道路を廃止してしまったところと聞いた。じゃあなんで移動するんだ?となると、自転車なんだって。

 市民の足として、あの車大国のアメリカで自転車が主流だという、変わった都市らしいよ。かつてのヒッピー系の人たちが作った街とかもいわれている。オレゴン州・・・そのすぐ上はカナダだな。

 あの名作といわれた「スタンドバイミー」の舞台もたしかその辺付近だったな。最近見たんだが、ちょっとライ麦がはいっているかな?

 思春期ちょい前の少年時代にあった、なんてことないが何かあったような二日間を描いた映画だね。思春期もんになれば、異性だの、初恋だの、青春だの腐るほど盛り上げられたわざとらしいテーマに事欠かないが・・・、その手前のその時期って・・・非常に難しい。テーマにするには中途半端だよね・・・、明確な物語にするのは難しいんだが・・・。

 そういう点からすると、よく作ったなと思う映画であった。

 そういえば、この映画を見て店主にもちょっと重なる経験があった。いま大工仕事で世話になっている同級生の小林君、彼と星君と店主の三人で、善福寺川を下ったらどこへ行けるか?ということで、とある暮れの昼頃、突然実行に移したことがあった。

 映画では線路を伝わってガキどもは歩いていったが、店主らは川を伝わって下っていった。本当子供らしい発想だ。そして最終的には新宿の高層ビル、KDDだったかのビルに三人で同時にタッチして帰ってくるなんてことやったんだな。

 帰りに腹減って、そりゃそうだよね、数時間ずーっと自転車に乗っているんだから・・・、そしたら交差点で百円を拾ったのだ。それで何を買うかで喧嘩寸前になり、結局かっぱえびせんとガムを買って三人で食べて、帰ってきたという半日だったのだ。

 本当になんてことない出来事だったが、何とも忘れがたい思い出でもある。

 その星くんはそれから七年後バイクの事故で亡くなってしまった・・・。

 

 当店の自転車に対する考え方など、えらく気に入ってくれたらしく、色々質問してくる旦那さんに対して、まあ言葉も通じないからだろうが、微笑ましくも後ろにいるこの奥さんこそが、実はガチの自転車娘だったらしい。その自転車娘が一時の母になった。

 そうしたら・・・、上のような典型的な日本の子育てママチャリに興味を持ったらしい。まずはファニーバイク、前輪が小さいということが面白かったらしい。

 自転車娘だったらマウンテンバイクか何かに子載せを付けたりしたがるか?とも思ったが、いえいえ、どうも異文化の自転車の様式の方に興味を持ったようだ。それはそれでありだな・・・。

DSC_8231_convert_20210622101332.jpg

 通常当店では打ち首なんて言って、この頭でっかちの子載せかごはハンドルもろとも切り落として交換してしまうんだが、自転車娘はこのカゴはそのまま使いたい・・・という、彼女にとっての異文化体験なんだろうな。

 DSC_8216_convert_20210622101155.jpg

 まだ生まれた娘っ子は八ヶ月なんで、後ろに載せるにははやいんで、コイツは成長してからのお楽しみ、ということで、コイツは撤去、

DSC_8227_convert_20210622101248.jpg

 そしてかわりにカゴを載せる。最初は自転車娘らしく両サイドにサイドバッグのようなことを言っていたが、カゴの便利さは半端でねーよ、というこちらの提案に、異文化体験を選んだようだ。

 DSC_8217_convert_20210622101208.jpg

 流石にこのサドルは低すぎるということで、ピラーからまるっと交換だ。

DSC_8225_convert_20210622101235.jpg

 やっぱりオレゴン自転車娘は足は長い・・・。

DSC_8228_convert_20210622101259.jpg

 そうそう、これはジモティーで受け継いだようだが、ブレーキまわりは少し気を入れてメンテ、ワイヤーは二本とも交換ね。

DSC_8230_convert_20210622101312.jpg

 ブレーキシューもVものを入れて、がっちり効くように。そうなると、今度はヘッドの緩みなんかも気になったもんで、その辺含めての総メンテと相成った。

DSC_8223_convert_20210622101219.jpg

 こんな感じで出すなんて、ある意味当店らしくはないが、紛れもなく、これがこの国の自転車文化の象徴でもあるな。せいぜい異国の自転車文化を楽しんでもらいたい。

 で、その先もありそうだ、子育てが一段落したら、打ち首にして、ブルホーンバーを低い位置に取り付ければ、これはまた面白い自転車になるね、なんて話をしたら、破顔するなり、また目が光っていた・・・。

 相当の自転車娘とお見受けします!
スポンサーサイト



メイトとやらを子育て仕様にする その3



 エエと、どこまで言ったっけね・・・。コイツであります。

DSC_7638_(コピー)_convert_20210522222744

 デンマーク産のメイトという電動バイクでありますね。欧州ではスクーターのようなバイクがないようで、この手のEバイクというのがその代わり+αなもんで、爆発的に売れたということなんだが、その中の一種なのかな?でもコイツ、よく見ると折りたたみ機構を持っているね。

 DSC_7639_(コピー)_convert_20210522222753

 ハンドルも倒せる機構が付いている。折立めても重いけどねえ、大分な。

 で、スタンドをつけた、しかも築地自転車のような四足スタンドを取り付けて、リアディレーラーもディスクも活かした、というところまで進んできたと思うが。

 まだミッションは2つばかりある。

 一つは子のせをつけてくれ!

DSC_7628_(コピー)_convert_20210522222718

 どうもこの型の子乗せが好きならしく、とにかくコイツを購入、そして好きなステッカーをバシバシ張ってしまったらしい、あとは取り付けるだけだ・・・ということ。趣味が先行するという、いい傾向だ。

 荷台のパイプも分厚く、タイヤに合わせて開いているので、それはすぐには付かないよね。

 DSC_7633_(コピー)_convert_20210522222727

 わかりにくいが、ホームセンターで長い金具を二本購入して、長さを切って、穴開けて、取り付けたわけであります。

 DSC_7643_(コピー)_convert_20210522222818

 うん、絵になっているなあ。物理的にも後ろに落ちないように工夫もしてあります、ハイ。

DSC_7620_convert_20210522222642.jpg

 そして、最後のミッション。これも持ち込みのこのプラのボックスを取り付けて欲しい、方向もご指定で。これについては、サスペンションフォークのため可動部を避けてまずはキャリアを取り付ける。

 その際に・・・、

DSC_7623_convert_20210522222700.jpg

 サスペンションの太さがもうバイクと一緒で40ミリ〜41ミリ。なので、これはもう自転車の部品を探してもでてこない。なれば餅は餅屋を尋ねてみると、バイクショップにはこの径のクリップがあった、安くはないが、4つ取り寄せる。

 このクリップに下支えを、二本取り付けてしたから支える。これで強度は出るでしょう。

 DSC_7622_convert_20210522222650.jpg

 そして、正規のキャリアに、拡張型の外付けキャリアを取り杖けて、その上に黒ボックスと置いて、

 DSC_7619_convert_20210522222632.jpg

 金具で、三点どめをするわけだ。強度はもう十分だろうね。イヤー、3ミッションすべて通過!かな?

DSC_7625_convert_20210522222710.jpg

 かごの下にライトを移植したので、荷物等で遮られることもない。

 DSC_7641_(コピー)_convert_20210522222802

 そして復習です、四足スタンドを取り付けて、立てた後にシフトワイヤーがスタンドと干渉して折れないように、柔めのアウターを取り付けたということでしたね。

 これにて、完了かな?

 DSC_7637_(コピー)_convert_20210522222736

 はい、こんな感じで完成・・・したということにしましょうか。

 人によってはこのド派手自転車を外で見かける・・・とも聞きます、ちょっとしたマイナーブレイクでもおきているのかしら?

 さて、もしもそうしたブレイクがあったとして、今後のこの手の改造依頼が来た場合・・・受けまします、これと同じようにするか?できるか?ということは別問題となりそうなので、その辺は要相談となりそうですな。

 さて、どうなるやら、どんといらっしゃい!

 これにて3ミッション終了。

年に何度かの打ち首だ!



 あくまでも狭い当店回りの話なんだが、「打ち首」なんていう禍々しい言葉が、ある種の施工内容を示していおり、かつ「打ち首してください」という一般名詞化しているのは。

 電動車体なもんで、無駄に思い・・・。電動だから重くてもいいというのは、ありえませんな。アチコチで駐輪するときなんか思いと何かと不便ですね。

 子どもが憤っても倒れにくい・・・という重さのめリットは一つくらいかな?あとはひたすら重くて、なんとかならないか?と思っている人は少なくないでしょうな。

 で、打ち首って、どこ切り落とすの?まあ首に決まっているんだが、首ってどこだ?

DSC_7085_convert_20210429221012.jpg

 ハンドルの真上に前子載せがある。子載せ自身がまた重い。しかも前に子供を載せなくなっても、まだそのまま籠として使い続けている人が大半・・・、わざわざ重いのにねえ。

 だったら、外して、一般ハンドルにしてカゴをつければいいんですよ。ということで、この頭でっかちを切り取ることをもって打ち首ということなんですな。

 DSC_7099_convert_20210429221044.jpg

 で今回は、指定が少し厳しかった。付けるパーツは全て黒で!ということ、機関車みたいになりますよ、というとそれでいいです、ということだった。

 ステム黒。

DSC_7101_convert_20210429221054.jpg

 当然ハンドルも黒。スポーツ自転車では黒とシルバーがデフォルトですが、実用自転車だと大概はシルバーもんなんだが、なんとか探して取り付けた。

 そして当然カゴも黒。

DSC_7104_convert_20210429221117.jpg

 しかもカゴのそこはきめの細かいものという、ハイ!全てご希望は叶えました。

DSC_7103_convert_20210429221108.jpg

 一般のハンドルとステムに、一般のデカ目のカゴがとりつきました。通常殆どの自転車屋で、形式が違うんでこうした改造は出来ないと言われるそうなんだが、これは明らかに嘘であります!!!

DSC_7096_convert_20210429221032.jpg
 
 はい、最初からこうした自転車作ればいいのにと本当に思う。この状態でも前この背を付けることは可能なのに・・・なんでそれで売り出さないんだろう?大手の考えていることは不思議だね。

 はい、頭でっかちのでかい首は落としました!

DSC_7108_convert_20210429221128.jpg

 トリャ!!!!

打ち首・・・の手前 首の挿げ替え



 これ見ると床屋の椅子を思い出すのは、多分店主だけなんだろうと思いますが、まあでかい、必要以上にデカくて重い。これを打ち落として、通常のハンドルとカゴをつけるというのが、禍々しい施工名打ち首!なんであります。

 数日前にやりましたね。

 で、そこまで大胆にやらなくても、カゴ部分だけすげ替えることもできるというソフトな改造をちょっと紹介します。

 本来なら、全部、打ち首してやりたいんですが・・・、まあこんなのもありか?と参考になるやもしれませんので。

 DSC_5706_convert_20210213234513.jpg

 あの床屋の椅子をも彷彿とさせる頭でっかちの子乗せカゴを外して、コイツを変わりにはめる、という至って単純な改造です。

 なので、コイツをはめる前に、元の子乗せを外さないといけませんが、これが・・・

DSC_5704_convert_20210213234523.jpg

 大変でしたよ。ピンぼけで見えにくいんですが、実はご自分でやろうとした方が、十字のネジ山を半舐めを起こしている。多分サイズのことのなる+ドライバーで回してしまったんだろうと思いますが、こういうところは六角出やれよ!と声を大にしていいたい。

 +ドライバーではかけられるトルクに限りが出てしまう。多少噛んでも六角レンチなら、それなりのトルクで回すことができるが、+ドライバーだと、やはり難しいところは有る、今回はこれがモロに出た。

 そういう時には・・・、


DSC_5710_convert_20210213234453.jpg

 コイツ、頼りになるコイツにまずは先発隊として出動してもらうことにしている。ラスペネ!!!しかも業務用だ!!!

 コイツをあらゆる角度から浸透しそうなところに打ち込んでいく、ムダもあるかなあ・・・と思いつつも差して、時間を置く。

 そして

DSC_5711_convert_20210213234445.jpg

 ガッツリ上から力をかけながら、ゆっくり回していく、ラスペネ差しながらね。

 そうすると

DSC_5713_convert_20210213234437.jpg

 三点の最後のボルトが外れたということなので、子乗せカゴをを上にずらすことができた。この調子で外して、先程のカゴを変わりに設置して、固定する。

DSC_5714_convert_20210213234428.jpg

 なんかボッサボサのヒッピー系の髪の毛を短く切って七三に整えたように見えますね、大部見た目も軽くなりました。

 DSC_5718_convert_20210213234410.jpg

 ハンドル自体に変化はありません。打ち首はハンドル自体をも交換するので、かなり手のこんだ改造ともいえますが、挿げ替えはそう大したことはありませんね。

DSC_5722_convert_20210213234401.jpg

 カゴの量としてもそこそこ入りますね、そういう意味で使えるカゴとは思います。

 DSC_5715_convert_20210213234419.jpg

 外したカゴを後ろにつけていますが、質量共に、すごい量感がありますね。こんなことも、専用カゴをお持ちなら、持ち込みで施工は可能になります。予算も打ち首ほどはかかりません、それほどドラスチックに変わるわけではありません。

 ハンドル形状はそれが変わるだけで、車種が変わってしまうほど運転に影響を与えるものです。なので、せっかく金かけて、しっかりハンドル周りから何まで変えたいという方には、打ち首をおすすめします!

 マ、似たような目的を果たすための施工はいくつか選択肢があったほうがいい、その内の一つかな?面白くもおかしくもない挿げ替えだが、低予算での機能向上を目指すなら、これもありかもね。

 

二人目の打ち首



 なんと一家で二人目の打ち首になった車体・・・。当店回り、ご近所近辺ではこの禍々しい打ち首なんて表現がちょっとだけ通じるようになってきた。

 アノー、例の打ち首ってやつ?ウチもやってもらえません?なんて主婦の方に依頼される・・・。

 DSC_5670_convert_20210211214622.jpg

 コイツはヤマハの電動車体だね。前後にでかい子乗せを載せて、子供二人と保護者が乗って、電動のモーターだの電池だのが載っているんで、まあ重い・・・。

 すごい重い。まあ、載せるものが重いと、車重もそれなりにないと負けてしまうという観点から一定の重さは必要なんだろうが、でも、まあ重い。重すぎる。

 その重さをちょっとでも軽くして、快適に使ってもらおう、という企画が打ち首なんであります。

 DSC_5663_convert_20210211214712.jpg

 もう通常のハンドルでありましょ?何の変哲もないね。

DSC_5666_convert_20210211214659.jpg

 それも当たり前で、通常の実用自転車に付いていたハンドルを取り付けているからであります、もう当たり前すぎです。

DSC_5662_convert_20210211214724.jpg

 当店が意外と強いというか、弱くはない分野がカゴ。変わったカゴ、用途を指名してくるカゴなどがあると、思わず試してみたくなる。コイツも相当でかいカゴでありますよ。

DSC_5660_convert_20210211220455.jpg

 後ろにもカゴを付けたんですが、よく見ると、前カゴのほうがでかい。通常逆なんだがね。

 ということで、これだけ見ると、通常の電動実用車にしか見えないわけで、これでなんで打ち首なんて物騒な名前がついているか?というと。

 これなんでありますよ!

 トリャ!!!

DSC_5668_convert_20210211214636.jpg

 はい、自転車のハンドルと子乗せかごを一体にさせた、あのデカくて重いだけの、買い物も荷物も専用に積むことのできない、頭でっかちを切り落としたわけであります、すげ替えたわけであります。

 なので、打ち首!

 物騒ながらも、今後とも切りまくります!!!


 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター