メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

アルミの悲劇ブリッジが取れた・・・



 おしゃれ系で名だたるメーカーのアルミ号なんですが、チェーンステーブリッジが折れてしまったという。

 元々はもろ構造というよりも、一本足スタンドを付ける台もかねているので、これはなくとも、強度にはさして問題は無いだろう・・・という事で継続使用を決めた。ただし、ホイールの緩みの際などには注意!

 その前に、この辺のアフターケアなどどのような対応があるか?業者に問い合わせてみたら?と提案。

 案の定だが、何もなし・・・。

 スタンドがなくなってしまうと困る自転車、なれば、付けるしかあるまい。

 DSC_0753_convert_20170717200440.jpg

 できれば幅広の安定感のある物に越したことはない。という事で、通常の実用車になら問題なくほぼポン付けできるものながら、海外のおしゃれ系の物にはそうはいかない。

 DSC_0752_convert_20170717200431.jpg

 以前、BMXのエンド板に溝を切ってスタンドの爪を食い込ませた施工があったが、あのアルミエンド番。

 アルミだけに穴開け加工は楽だったが、アチコチ小物や形状の相性が大変で、かなり時間はかかったが・・・。

 DSC_0751_convert_20170717200418.jpg

 両サイドつめの溝を刻んで、後はエンドの形状に合わせて、曲がりを強制したり、伸ばすところ伸ばしたり、切るとこ切ったりと、なんやかんややりましたが、無事取り付け完了。

 DSC_0750_convert_20170717200406.jpg

 そうなんです、保育園の送迎に使う自転車なんで、スタンドは必需、できれば安定感のあるもの、ということでこいつはドンピシャだったわけであります。

 トップチューブがヘッドチューブを貫通していて、そこにライトが付いているなんて、凝った作りしてあるんだが、こういうおしゃれ系は何かあった時大変なんだよね。

 なので、ものを選ぶ時には、トラブルフリーを重視するなら、面白くないものを選ぶ、見た目最優先なら、それなりの準備(スモールパーツや消耗パーツを多めに取っておくとか)と覚悟(どうしてもダメな時諦める・・・)が必要だという事であります。

 もちろん、当店としては後者にならないよう、できる限りのことは努力させていただきます!
スポンサーサイト

持ち込みも頭の体操だ!ダブル移動ってことで!



 電動がついてもいいような車体なんだが、それはなし。この状態で持ち込まれてきました。さてどうするか?

 DSC_0627_convert_20170608200953.jpg

 まず、このカゴを前に移動する。・・・といってもこれまた容易ではないわな。

 そしてあいた後ろに、

 DSC_0628_convert_20170608201001.jpg

 これを付けたいというね。知り合いからただでもらったというんだが・・・。二人の子持ちなので、前後に子のせを付けて、前にカゴを移動する、きわめて自然な発想なんだが・・・、ハードルはいくつかあるぞー。

 とその前に、この子のせは、フレームタイプといって、荷台に直接取り付けるタイプでは無くてだな、自転車のフレームにまずはアダプターを取り付けて、そこにこいつを噛ますというやり方なのね。

 これはハマックスという、有名な子のせなんだが、このメーカーで荷台直接載せるタイプのものがある。それだったら、チョチョイのチョイで取り付けは可能なんですよ。

 ただ、こいつとなると、まずアダプターがどこに付くか?ということが問題になります。

 DSC_0629_convert_20170608201010.jpg

 元々、欧米系の自転車で発達してきた発想なんで、ハマックスのこのタイプは、シートチューブが長い自転車を想定して作られている、この自転車のように取り付け箇所が限られている場合にはあまり向かない・・・といってもいいでしょうね。

 だったら、荷台にポン!の方が楽に決まっている。

 と、アダプターの取り付け位置が決まったんで、では取り付け完了か?というと、次のハードルを越えないといけなかった。

 というのは、この利用者さんは、これ以上サドルをあげられないという、絶対条件というものがあるんですね。アダプターの位置から、ハマックスを差し込むと、約五センチほどサドルをあげないと取り付けはできないことになります。

 さあ、どうする?お友達からただでもらったもんで、これが付いたら何よりなんだが、やはりただほど高いものはない・・・のかもしれません。

 実はまだ救世主は無くはない。このアダプターと子のせ本体をつなぐ、金属棒なんだが、実はこれにはいくつか種類があるんです。いろんは車体に合わせて、作られたもので、もっと角度のきついものや、そうでないものなんか確か五種類くらいあるんじゃない?かと思いますが。

 それらから、適切なやつを選べばいい・・・確かにね。

 でも、やはり問題は現物合わせなんで、もし本気でやるなら全種類、および近似の種類を取り寄せて、実際に合わせてやらないと行けなくなります。

 これは、利用者さんにも、当店にもリスクは高い。かつてのようにママ狸ん最盛期だったら、全種類当然在庫していたんで、そこから選べばよかった。

 それが、少子社会だかなんだかで、そう潤沢に在庫できなくなってきた今、いくつか選択して発注かけるのは結構、無駄が出るリスクがあるのだ。

 それに、既存の金具ドンピシャというのも、存外無いことも多い、多少の修正なんかもする必要があるしね。

 だったらよう、今ある金属棒の方を加工して、この自転車に合わせて作り直すっていうのはどうだい?ということで、万力君との格闘が始まった。

 DSC_0636_convert_20170608201018.jpg

 この金属棒の強度からいって、一度曲げ直すことくらいなんてこと無いことはわかる、それは触ればわかるというやつです。それに対して、「あんた責任とれんのか?」と不安ぶつけてくるのであれば、荷台式のを買い直せばいい。こちらも店の存続の命運かけてやっているので、その辺の強度などについて、適当に判断しているのではない。

 今までの様々な経験を重ねて判断しているんでね。それなりの自信があってやっている。それが信じられないなら、適切な既製品を購入して、行儀のいい店で施工頼めばいいだけのこと。

 サドルを五センチあげないために、曲げる位置を五センチ下げることにする。

 DSC_0637_convert_20170608201028.jpg

 もし曲げ戻したところ、曲げ直したところに亀裂でも入ったら、それはもうおじゃんであります。全くそのようなものは見当たりません。このタイプの鉄はこのくらいの加工にはびくともしない。

 DSC_0622_convert_20170608200937.jpg

 取り付け完了。かなり過程を省いています・・・。途中で、なかなか頑固な鉄であることも判明。ちょっと大変だったことが、またこの鉄の強度にも自信を持てたことにつながります。

 DSC_0612_convert_20170608200821.jpg

 カゴも前に移動しました。これもまたすごい仕掛けですよ。デカイカゴなんで、つい重いものも載せるであろう、ということで、しつこいくらい頑丈に取り付けしました。

 DSC_0613_convert_20170608200830.jpg

 まずカゴの前にライトを持っていく。主婦のカゴは荷物でごったがえるので、ハンドルにライトを付けてはいけません。荷物でライトが見えなくなるからです。このようにカゴの前か、その下のフォーク付近、ハブ付近にライトを持っていくことが定石です。

 DSC_0614_convert_20170608200840.jpg

 ライトともに、三点止めします。

 DSC_0615_convert_20170608200851.jpg

 下から、支えます。小径車なので、この下支えは曲げ加工したものです。

 DSC_0617_convert_20170608200900.jpg

 それだけで無く、フロントキャリアを付けて、またしたから支えています。

 DSC_0618_convert_20170608200908.jpg

 上方からは、カゴが前に移動しないように、コラムより後ろに引っ張ります。当然この金具もポン付けではありません。角度を変えて二カ所曲げを入れて、本体をひっくり返して使っています。

 DSC_0621_convert_20170608200928.jpg

 カゴのエッジ自体は柔らかいので、こうした長めの金具で、広く止めるようにします。力を分散するためにね。

 DSC_0620_convert_20170608200916.jpg

 フロントキャリアにも、このような長い金具二本でしっかり止めます。これだけデカイと主婦は何かと買い込んでしまうからです。

 DSC_0610_convert_20170608200808.jpg

 これにて、ようやっと・・・、完成。

 持ち込みと、元々付いていたものを移動しただけでありますが、ある意味当店のノウハウが非常に詰め込まれております。小物類はだいぶ出ましたが、ほとんどが手間と発想ということになりますね。

 元々から、この車体に合わせて、こちらが用意すれば、こんな苦労しなくてすむんでありましょうが、それがまた接ぎ木の勉強といいますか、自分たちでは絶対やらない組み合わせに、あえて取り組むことから学べることは大変多い。
 
 他流試合というのかな?そういうのがやはり面白いね。

 仕事というものを、はたまた人間の労働というものを、真剣な道楽として、やることができるとするなら、そこには一つの、とあるシステムが完成しているんじゃないか?と思う。

 この辺をもし大展開していったら、一冊の本にまとめられるかもしれないくらいの質量がここにはある。それは何か?自転車屋は今日も手を動かしながら、その答えを求めていくのであった・・・。

スーパーオーバーサイズにイェップをつける



 ゲイリー・フィッシャーと書いてあります、マウンテンバイク正確にはオールテレインバイクをビーチクルーザーから製作した人、といわれています。

 この方が作った規格、スーパーオーバーサイズというのが合って、まあ絶滅種であります。でも、それに乗っている人がいる。しかもそのステムにイェップの前子のせをつけたい、ということだった。

 ただ、このステム、イェップのアダプターをつけるにはコラム部分が短すぎる、どうしようね?

 ヤフオクなんかで、このサイズのステムを永遠探す・・・。そうなると運を天に任せるようなもんだ。後はシムを作る・・・という手もなくはない。

 または柳サイクルさんに、オーバーサイズのステムを作ってもらう・・・。

 このステムのコラム径を計ると、28.6。ということは・・・、オーバーサイズのフォークコラムを使って、なんちゃってアヘッドコンバーターを作れば、対応できるじゃん・・・。

 DSC_0391_convert_20170422194803.jpg

 こんな感じでね。臼と同じ角度でコラムを切って、長ネジ入れてコラムキャップで引き上げれば、コンバーターができる。そこにアヘッドステムを噛ませると、こうなるわけだ。

 DSC_0434_convert_20170422194829.jpg

 こうなれば、ここにイェップの前子のせを取り付ける。これでオーケー。

 DSC_0433_convert_20170422194821.jpg

 しっかりついていますな。

 DSC_0435_convert_20170422194837.jpg

 この自転車、かなりかわいがられていますね。シングルフリーでつかわれています。テンショナーが使われています。

 DSC_0436_convert_20170422194845.jpg

 前はシングル。潔いですね。これしかないから、これで踏むしかない・・・。

 DSC_0437_convert_20170422194853.jpg

 わざわざ、カンチを選んでいる感じが伝わってきます。

 DSC_0438_convert_20170422194900.jpg

 気に入って乗っているんだろうなあ・・・、だからこそ、これにどうにか子のせをつけて、お子さんとサイクリングしたい!と思ったんでありましょうな。

 DSC_0431_convert_20170422194812.jpg

 スタンドもなし、カゴもない、お父さん仕様だわな。壁のあるところで乗せ降ろしをする、万が一カゴが必要になったら、荷台つけてリアに置いてもいいよね。

 自分の気に入った自転車だからこそ、子供と一緒にサイクリングしたい!痛いほど伝わってくるよね、難しい条件になればなるほど、付くかどうかわからないが、そのための努力はする!その向こうにある、その人と自転車の関係を強めるためにね!

パパ狸ん?オヤジ狸ん?



 ダウンヒルで派手な落車をして、フォークの片側がヘシ折れたんではない・・・。

 元々こういうフォークなの。いわゆるレフティーとかいうんだが、まあこれがいい!という合理的な理由はわからない。

 ただ、見た目の脆弱さの話にうなると、飛行機の車輪ってこのように片側のものがあるんで、強度的には大丈夫だ!説が浮上してくるんだが。

 でも二本両サイドから支えるのと、一本ワンサイドから止めるのどちらが、強度はどちらが上?という問いには、止めの強度が同じなら、前者の勝ちっていうことになるでありましょう。

 それ以上、わざわざ片側がないということのメリットって・・・たぶんあるんでしょうねえ・・・。荒めのコースをドッシンバッタン走っていたら、前輪が外れる・・・なんてこと・・・起きないんでありましょうなあ、たぶん。

 DSC_0400_convert_20170411180246.jpg

 確かに縦棒は太いが、それを支える横金具が・・・大丈夫なんだろうなあ、何度も実験の結果なんだろうから・・・。

 DSC_0401_convert_20170411180254.jpg

 こういうことやらせたら、とことんやりまくりそうなキャノンデール。その名もバッドボーイと来た・・・。

 遊び自転車なんだよね、それもちょいとワル的なイメージを持ったね。

 DSC_0402_convert_20170411180303.jpg

 今の状況で三枚。今後激変していくんだろうなあ・・・。まあ、三枚あれば、どこでも行ける!

DSC_0403_convert_20170411180311.jpg

 リアも余裕綽々だ。壁のような急坂も、スピードさえ気にしなければ、いけそうだ。ダートも舗装路も何でも来い!どこにでも行くぜ!と遊ぶ気満々の自転車なんでありますが・・・。

 DSC_0389_convert_20170411180217.jpg

 荷台を取り付けて、その上に何やらのアダプターを取り付けると・・・。

 な、なんと・・・、

 DSC_0404_convert_20170411180319.jpg

 こんなことになってしまった・・・訳なんでありますな。つまり子育て号に変身したのだ、バッドボーイがね・・・。

 DSC_0405_convert_20170411180326.jpg

 といってもワルは残る。スタンドは両足は使わない。センターにある二本足スタンドのまま。

 当然使用するのはお父さんなんで、その辺はぬかりない。店主も鉄レーサーに子のせつけて、子狸乗せていました。もちろんスタンドなし、一切なしであります。

 どうやって、乗せ降ろしするのか?って?壁際に止まって、車体共々壁に押さえつけるようにして、乗せ降ろしをする、全くトラブルなしだ。ハードはなくても、ソフトでカバーってやつね。

 だから、降りる場所も決めてから止める、バックで子の背が壁につく角度がわかるんで、それで押しつけてはまず自分が降りて、片手でベルトを外してやると、子狸は自分から立って、こちらに抱きついてくる、そして降ろす、という形式ができていた。全く問題なし。

 まあ、こういう風に説明しても、なんか危なっかしいと思う人は安定感のある両足スタンドをつければよし。あくまでも一般車を作っているわけでない場合は、これでいいかと思う。利用者との間でやりとりが、しっかりできるからね。

 DSC_0397_convert_20170411180228.jpg

 バッドボーイが、しばらく子育て号。今は仕事に行く途中に、子供を保育園に送っていくなんていうお父さんも増えてきている。いいんじゃない?オヤジらしくって・・・。これでまた颯爽と職場に行くっていうのもね。

 少子社会が問題だとしたら、自転車屋でもできることはあるだろうなと思う、すでに臣民でもないものに対して、「教育勅語」を学校でそらんじることを肯定するような、このバカな政権に代わってな・・・。

シーズンとは無関係ながらシーズン的ママ狸んの巻き



 新年度ってやつで、子狸も無事一年生になりました。お陰様です。

 体育館での式がありましてね、まあ、それぞれ無難なことばかりで、オオ!と思うようなスピーチはなかったなあ。校長先生が子供と向き合うような姿勢が、言葉の端々には見えていたかな。ただ教育委員会から来た来賓とやらは、まあどこでしゃべっても同じ台詞を言ってたんじゃないか?

 全く響かない・・・、そんなスピーチしていて面白いんかね?

 「みんなの生まれた2010年度には、千年に一度というくらいの大きな災害があったんだ、そう東日本大震災です。」

 こんな切り口の話もなく、お話は大方が退屈でありました。

 それに引き替え、二年生の合奏と合唱は面白かった。と、お世話に来てくれていた六年生、今の時代を象徴してか、いろんな国から来た子供たちも混ざっていた。子狸の教室にも、たぶんアフリカからなんだろうな、そういう子がいる。

 この世の中にはいろんな人がいる、それを実感できるだけでもいい、そして子供の頃から普通に交流できるというのがなによりだ。

 後親御さんたちの中にも面白そうな人がいたよ。髪型から、風体からして、こいつら絶対フリーだわ・・・というね、まあ、子供を機縁にどう展開していくのか?どんな出会いがあるのか?静かに楽しみにしておこう。

 で、年度初めということで、自転車通園など、ママ狸んは大忙し!とはならない、イメージ的にはそうなんだが、イエイエ、乳母車なんていうのは徒歩なんで、首が据わったら即自転車!という方が大半なんだな、なもんで、個別バラバラに子載せ自転車を作るので、シーズンとはほぼ無関係といっていい。

 何だが、それに合わせるような車体がやってきた。アローズという西荻の老舗の自転車。

 DSC_0348_convert_20170406184944.jpg

 早い段階から、いわゆるママチャリとは違うシンプル路線のちょい高級感的な自転車をほぼオリジナルとして、作り出していたように思う。
 
 このコースターブレーキというのも特徴の一つ。

 こいつを子育て仕様にするというね、展開です。

 
DSC_0387_convert_20170406184904.jpg

 一本足スタンドが基本のこの自転車にも両足の安定系のものを取り付けます。これはまあ難しくはない。

 DSC_0391_convert_20170406184827.jpg

 ただし、一本足スタンドも、とらずにとっておきます。子供を乗せていないときの簡易止めには、こちらの方が便利ということもいえますんでね。

 DSC_0349_convert_20170406184933.jpg

 そして、お母さんの自転車といったら一も二もなくカゴであります。カゴのないお母さん自転車など、まあ信じられないね。リュックという手もなくはないが、夏のリュックは、わざわざクーラーの室外機の前にものを積んどくようなもんだ。

 気づいたらリュックが塩の結晶だらけ・・・となるよね。

 DSC_0389_convert_20170406184845.jpg

 デカ目のカゴをつける。浅いが面積が広いのね。

 DSC_0390_convert_20170406184838.jpg

 ライトは先頭に持って行く。でないと、荷物によってライトが遮られることがあるからね。これ気をつけてね。ハンドルあたりに小さいのをつけていると、本人はつけている気になっても、うずたかい荷物で相手には見えなかった、なんてこともあるからね。

 DSC_0350_convert_20170406184923.jpg

 そして、この長いステムに、前この背を取り付けます。

 久々のイェップミニだよ。まあかつてはさんざん取り扱ったが、他がやるようになったのか、値上げの効果もあったのか、取扱量は減ったよね。

 かつての在庫量はすさまじかったもんね、二畳分くらいの天井に隙間ないくらいにぶら下げていたっけね・・・。

 DSC_0388_convert_20170406184856.jpg

 ところが何だ・・・、ずいぶんヤレているねえ。そう、黒のイェップミニを頼んだところ、今メーカーに発注の最中だそうだ。新年度前ということもあったんだろうか、品薄状態だった。

 やっぱりシーズンと関係あるのかな?

 とりあえず、子狸が使っていたやつを取り出して、掃除、ベルトなどのスモールパーツを補給して、まずは本体が来るまでのお貸し出しということで、仮付けすることにした。

 DSC_0386_convert_20170406184912.jpg

 元々シンプル系で一歩出ていたアローズだけに、様子はいいよね。こういう形式を作り出して、一つの層としてイメージづけるというのは、大変なことだったと思うわ。

 車体を見るだけで、アローズとわかるなんていう特徴を定着させることが、どれほど大変か?そのご苦労はおもんばかってもあまりある。

 店主はあと何年、自転車屋をやっているかわからねど、狸サイクルといったら・・・というようなもの・・・作ってはおきたいよね。

 と、後は、実際に子供を乗せて、ギア比の過不足を見てもらうことも大切だね。一人だったらよかったものの、日に日の大きくなる子供と、その荷物を載せての走行となると、このギア比ではちょっときついかもしれないしね。

 卒入園、卒入学の季節。いろんな意味でも引き締まったりするもんで、決して悪くはない。

 それにつけてもこの店主、自ら区切りをつけない限りなかなか引き締まらないねえ、なんかまたイベント組んで、外環境から引き締めを狙っていくかな?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター