メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

両足をどう付けるか? 工房行ったり来たり



 トレックのクロスバイクがやって来た。

 DSC_2231_convert_20180416201138.jpg

 ディスクブレーキなんかを取り付けている。

 DSC_2234_convert_20180416201154.jpg

 ある種、新世代のクロスバイクで、アクティブなんだろうなあ・・・。Vブレーキ仕様は、ちょっと古い・・・というところに押しやられるのかね?

 DSC_2233_convert_20180416201146.jpg

 前三枚、どこにでも行ける自転車として、大変汎用性の高い自転車として、従って、多くの人たちに買ってもらえるボリュームゾーンの車体として、設計され、コスト計算されて、発売された自転車なんでありましょうな。

 DSC_2227_convert_20180416201117.jpg

 こいつにトゥピークの荷台が付いています。こいつの縦筋には、溝が付いていまして、その溝にうまく合わせるように、トゥピーク専用の子のせカゴが乗せられるんですね。

 そう、こいつを一時、子育て仕様にしてほしいということ、単純には、両足スタンドを付けて欲しいという、依頼なんでありますね。少子化なのか?一般化したのか?理由はわかりませんが、かつてのママ狸ん系の仕事は、今は随分減ってきています。

 たまには、こうしたことについてやらないと、作業勘が鈍ってしまうよね。

 ではどのようにして付けるか?なんだが、これが複雑だ。

DSC_2218_convert_20180416201106.jpg

 これが付ける前・・・、ただでさえ立体構造しているクロスバイクのエンドまわり・・・、これに比べれば、一般の自転車なんて、のっぺらぼうのようなもんだな。平面でつるっとしてる、だから両足スタンドがすんなり入って縁に引っかかりがつく、あとはナットで締めるのみ・・・、いわゆるポン付けなんでありますが。

 ご覧のように、シートステーとチェーンステーがエンド金具にがっつり溶接されています、しかも溶接のビードあともしっかり盛り上がっている・・・、ただでさえ立体的なのに・・・。

 DSC_2216_convert_20180416201040.jpg

 それに輪をかけて、外枠に飛び出るように、荷台の下支えまでが取り付けられている。首都高じゃないが、完全立体交差状態、こんな所に両足スタンドが取り付けられるのか?

 それを取り付けるのがママ狸んの技なんだが・・・。その前に、取り付ける足場を作らねばならないわけ。上見るとわかるように、クロスバイクというだけあって、クイックレバー方式になっています。

 まさか両足スタンドをクイックで止めるわけにはいかない。

 なれば、中空シャフトを交換して、やらないといけませんね。

 シマノさんのありがたいことに、各種長さの異なる鈍重なシャフトを用意してくれているんでありますね。ガッチリ鬼締めしてもビクともしないような、文鎮のごとき、重いシャフトね・・・。

DSC_2236_convert_20180416201212.jpg

 ハイこうして、クイックでなくナットでガッチリ締めるタイプにしてしまう。これではじめて両足スタンドの足場ができるというものであります。

 DSC_2237_convert_20180416201222.jpg

 あとは、エンド金具にあわせて、折るところ折って、伸ばす所を伸ばして、切り取るところを切り落とすなどの加工を繰り返します。

 現物に当てては、削り、当てては削りを繰り返す。

DSC_2238_convert_20180416201232.jpg

 大変見にくいですが、ちゃんと荷台の下支えの分の所を回避、この場合ダボにあわせてえぐっていますね。

DSC_2239_convert_20180416201243.jpg

 取り付け部分など、大分加工しているので、強度については、製品当初のものではありません。その辺なんかの説明もしっかりして、よーく理解していただける方でないと、こうしたことは施工できません。常に乗り降りのときに、確認して、加重によって、金具等に破損はないか?チェックするくらいの、慎重な方でないと、施工はお断りします。

 DSC_2235_convert_20180416201203.jpg

 これにて、子供の乗せ降ろしについては、今までの二本足スタンドなどよりも、安定感が増したという事で、やりやすくはなったかと思いますが。

 これもまた、絶対に油断してもらってはいけません。できるだけ壁と親の間に、自転車が来るようにセッティングして、そこで、子供の乗せ降ろしをすること。そしてまた、子供を乗せたまま絶対に親は自転車から離れないこと。

 どんなに安定感があるといっても、親が見えなくなったパニック状態の子供のむずかりに勝てるスタンドなどない!と考えた方がいいでしょう。

DSC_2229_convert_20180416201125.jpg

 お父さんが子供を乗せて、保育園等に連れて行くのかな?それもいい時間ですね。店主はよく子狸を乗せて、しりとりやりながら通ったことを覚えています。「リンゴ!」「ゴ・・・ゴか・・・、ゴーマンかましてよかですか?なんてどう?」「なに?だめー!」「そうか・・・ゴ・・・ゴ・・・、ゴスロリ!」「何それ?」「知らない・・・」

 こんな会話していたなあ・・・。「タニシ!」「タニシ?お前タニシなんて知ってんの?」「貝だよ」「そう、知ってんだ・・・、シか・・・、シね・・・・うーん・・・、紳士協定!」なんてわざと二つの言葉の連なりや、難しい言葉を使っていたんだが、その二日後・・・。

 「うるうどし!ハイ、今度はお前の番、シだよ・・・シだぞ」「シ・・・、シか・・・、紳士協定!」と四歳児が叫んでた。

 子供に言葉で手加減しないこと・・・。わからないならわからないなり、奴らなりの精一杯、背伸びして子ども達は言葉というものを捉えに来るものだ、その背伸びによって、ふくらはぎが鍛えられるのと同じ、あいつらの言語感覚の何かが鍛えられていくはずなんだな。文脈解釈力・・・なんかもね。

 子供を運搬するんじゃなくて、子供とサイクリングをするために誕生したママ狸ん、多少需要は減ったといえ、その精神はしっかり受け継ぎつつ、地味ながらもこうした施工を理解力のある親御さんと確保していくこと。

 もちろん最後の一台まで、続けて参ります!

スポンサーサイト

EZと言えば得意分野だった・・・け?



 一見してバイクですよね。その見た目が好きで購入する方も多いかと思います。普通に乗るならいいんだが、これを子育て仕様にするとなると、かなり癖のある自転車と言えるでしょうね。

 通常お母さん用の電動ママチャリを購入すれば、打ち首する必要がないなら、そのまま使えます。たぶん、あの形というか、あまりに普通すぎる自転車には乗りたくないなあ・・・という方が、この形を選択したんだと思います。

 まあ、それはそうでしょうな。使い勝手を考えると、メーカー越えて、似たような仕様に、どうしてもなってしまう・・・。そうなると、みんなと同じようなやつには、私は乗りたくないなあ・・・という方が一定以上、必ずできるというのは、世の常なんだろうと思います。

 そうしたタイプの方がこぞってこいつを選ぶ。そういう意味で裏当たりの自転車なんじゃないか?と思います。ただ、ちょっといかつい系で男性的とも思えるこの車体を男性が乗っているのは見たことない・・・。当然かも知れないが、子育て仕様に、ともってくるのは女性なんだよな。

 ただし、冒頭でもことわったように、こいつを子育て仕様にするには、ちょっと手がかかる。今まで、何台やってきたか覚えていないが、その施工例を見て、我も我もと来るらしい・・・、このブログも集客の役に立っているということなんだねえ。

 DSC_1327_convert_20171127085054.jpg

 色々癖ありの自転車なんだが、その真骨頂は荷台部分にある。見ると、このようにしっかり荷台が付いているんだが・・・。

 DSC_1328_convert_20171127085104.jpg

 最大重量10キロという限定付き。確かに取り付けから見ても、重量に耐えるようには見えない。こんなものがあるので、子供とあわせて15キロを超えてしまうものをここには載せられない、という条件が一番に付いてしまう。

 どこかで、まさにここに、子のせをつけているのを見たが、長期間やるもんじゃない、すぐには折れないとしても、過積載に走行振動が加わるとこの手のアルミは徐々にやられていくでしょうね。そんでどこかの段差にドン!と乗っかった瞬間、パキン!と子のせごと地面に落ちないとも限らない。

 つまり、この荷台には子のせを取り付けることはしない方がいい。なれば、撤去して、より重量に耐えられる、別形式のものを取り付けるしかない。

 DSC_1334_convert_20171127085146.jpg

 この手の荷台を取り付けるのだが、シャフトに共締めできる一般タイプのものでは、もう一点止めのところと相性が悪い。

 そういう場合様々な形状に取り付けることを前提としている、スポーツ系の荷台がいいが、今度はその手の荷台はシャフトに共締めをしないタイプという・・・、どちらも一長一短なのだ。

 なれば、どちらが加工しやすいか?という点を見るしかない。やはり後者だろう。通常ならダボに取り付けるところだが、このEZには、ダボがない。ないなら作るしかない。

 DSC_1331_convert_20171127085123.jpg

 幸いエンド金具が分厚いので、そこに穴を開けて、タップを切る。しかし、鋳物だわ・・・柔らかい。

 DSC_1332_convert_20171127085130.jpg

 このように、荷台の下支えを6ミリのボルトで取り付けたんだが、ちょっと心配になった。柔らかいので山がバカになったら、下支えがズクズクになってしまう。

 DSC_1333_convert_20171127085138.jpg

 裏からナットで補強。例えねじ山が崩れても、これで外れることはない。

 DSC_1488_convert_20171127085210.jpg

 この荷台に、アダプターを載せて・・・。

 DSC_1490_convert_20171127085219.jpg

 そこに子のせを取り付ける・・・ようやっと付いた・・・という感じだわ。

 DSC_1487_convert_20171127085202.jpg

 オヤ?イェップも所々進化しているようですわ。着脱が楽になっている。

 DSC_1329_convert_20171127085113.jpg

 子のせがついて、子供の乗せ降ろしをするようになると、この一本足スタンドではどうも危ない。より安定感のあるものに、となります。

 DSC_1491_convert_20171127085227.jpg

 両足スタンドというやつなんだが、こいつもポン付けはできない。通常の実用車にならほぼポン付けなんだが、この手の一般から外れた形式のものでは加工が必要になります。

 DSC_1492_convert_20171127085237.jpg

 ネジで締めるだけでは、ダメで、物理的な引っかかりを作らねばいけませんが、このようにエンドの形状にあわせて加工してやる・・・、両足スタンドは通常は実用車向けに作られているので、この手の加工は仕方ないのだ。

 DSC_1326_convert_20171127085045.jpg

 そして、最後はカゴ。この突き出しのキャリアに乗せればいい・・・と思いがちで、それも可能なんだが、このキャリアはハンドルと同期しないという取り付け方をされている。なので通常ハンドルと切ると、カゴも一緒に動くが、こいつは動かないので、ハンドル干渉が起きやすい。

 そもそのこのキャリアの形状には、お世辞にもカゴを取り付けやすいとは言い難い、というのもある。

 DSC_1493_convert_20171127085245.jpg

 大きめのカゴを取り付ける際には、

 DSC_1494_convert_20171127085256.jpg

 下支えと、

 DSC_1495_convert_20171127085304.jpg

 この手の金具が必要になるが、このフォークのコラムはオーバーサイズなので、一般自転車の取り付け金具では、径が合わない・・・、最後の最後までやってくれます。

 DSC_1496_convert_20171127085313.jpg

 癖ありの元凶である、こいつらが外れまして・・・、

 DSC_1486_convert_20171127085154.jpg

 なんとか、完成!確かに、どこにでも置いてある、子育て仕様車とは一味も二味も違う、ちょっと変わり物好きの人たちの趣味なんだろうなあ。

 こういうところにも小さい店、小さい小回り集団の生きる道は隠されている。爆発的ヒットなど、大手に任せておけばいい。そうではない、小回りが各地に、アチコチに点在していることの方が、その分野のバリエーションは増えて、よって個性も、成熟化も進むというもんだ。

 しかし、それもこれも大手ものの、主流のダサものがあってこそなのだ!ああ、やっぱり大手様々なのだ!ククク

打ち首にしてくれるわ!!!



 子どもが大きくなって、後ろに乗せたいが・・・、なんともこの自転車全体が重たい。このハンドルのまま、後ろに子のせをつけると、ハンドル回りが無駄に重い、カゴの代わりになるかも疑わしい・・・どうしよう?ということできた。

 打ち首しかない・・・。

 一般のハンドルに取り替えて、この頭でっかちを取り外す、そしてデカイカゴつけて・・・と。

DSC_0983_convert_20170902230030.jpg

 こいつをトリャ!とばかり切り落とす!

 すると・・・、

 DSC_0981_convert_20170902225907.jpg

 ちょいと浅めだが、相当デカイカゴがつきますよ。

 で、当のハンドルは?

DSC_0982_(2)_convert_20170902225921.jpg

 こんなのに、交換されます・・・、ごく普通のハンドルね。

DSC_0984_convert_20170902230059.jpg

 このカゴを取り外して、代わりに・・・、

 DSC_0986_convert_20170902230155.jpg

 こんな後ろ子のせがつきます。

 DSC_0984_(2)_convert_20170902230043.jpg

 せっかく付いているハブダイナモですが、これが残念ながら生きていない。

 DSC_0985_(2)_convert_20170902230122.jpg

 ちょいと重くなるので、臨時版かな?とりあえず、コイツをつけておく。

 DSC_0979_convert_20170902225858.jpg

 頭でっかち君が、ハンドル回りをスッキリと、軽快な子育て号パートツーに変身した。

 ピラーも動かなかったのを引っ張り出して、こちらでポジション出しをすると、持っている力を最大限活かせ、今回の打ち首改造と相まって、かなりの快走を実現できる・・・と思います。

 まだまだあと三年、コイツで幼稚園の送迎その他でがんばってね!

 そのあとは、後ろを外して、またデカイカゴつけて、買い物仕入れ号として再生させてやればいい。

 そうそう、この持ち主の方は、発酵食品の先生でもあって、あちらこちらで大活躍なんだが、その活動にも、この自転車が役立ってくれたら、またいいよね。

 という事で、このうち首、持っている自転車を長持ちさせる非常に有効な改造なので、重いなあ・・・で我慢せず、一度ご相談ください!

アルミの悲劇ブリッジが取れた・・・



 おしゃれ系で名だたるメーカーのアルミ号なんですが、チェーンステーブリッジが折れてしまったという。

 元々はもろ構造というよりも、一本足スタンドを付ける台もかねているので、これはなくとも、強度にはさして問題は無いだろう・・・という事で継続使用を決めた。ただし、ホイールの緩みの際などには注意!

 その前に、この辺のアフターケアなどどのような対応があるか?業者に問い合わせてみたら?と提案。

 案の定だが、何もなし・・・。

 スタンドがなくなってしまうと困る自転車、なれば、付けるしかあるまい。

 DSC_0753_convert_20170717200440.jpg

 できれば幅広の安定感のある物に越したことはない。という事で、通常の実用車になら問題なくほぼポン付けできるものながら、海外のおしゃれ系の物にはそうはいかない。

 DSC_0752_convert_20170717200431.jpg

 以前、BMXのエンド板に溝を切ってスタンドの爪を食い込ませた施工があったが、あのアルミエンド番。

 アルミだけに穴開け加工は楽だったが、アチコチ小物や形状の相性が大変で、かなり時間はかかったが・・・。

 DSC_0751_convert_20170717200418.jpg

 両サイドつめの溝を刻んで、後はエンドの形状に合わせて、曲がりを強制したり、伸ばすところ伸ばしたり、切るとこ切ったりと、なんやかんややりましたが、無事取り付け完了。

 DSC_0750_convert_20170717200406.jpg

 そうなんです、保育園の送迎に使う自転車なんで、スタンドは必需、できれば安定感のあるもの、ということでこいつはドンピシャだったわけであります。

 トップチューブがヘッドチューブを貫通していて、そこにライトが付いているなんて、凝った作りしてあるんだが、こういうおしゃれ系は何かあった時大変なんだよね。

 なので、ものを選ぶ時には、トラブルフリーを重視するなら、面白くないものを選ぶ、見た目最優先なら、それなりの準備(スモールパーツや消耗パーツを多めに取っておくとか)と覚悟(どうしてもダメな時諦める・・・)が必要だという事であります。

 もちろん、当店としては後者にならないよう、できる限りのことは努力させていただきます!

持ち込みも頭の体操だ!ダブル移動ってことで!



 電動がついてもいいような車体なんだが、それはなし。この状態で持ち込まれてきました。さてどうするか?

 DSC_0627_convert_20170608200953.jpg

 まず、このカゴを前に移動する。・・・といってもこれまた容易ではないわな。

 そしてあいた後ろに、

 DSC_0628_convert_20170608201001.jpg

 これを付けたいというね。知り合いからただでもらったというんだが・・・。二人の子持ちなので、前後に子のせを付けて、前にカゴを移動する、きわめて自然な発想なんだが・・・、ハードルはいくつかあるぞー。

 とその前に、この子のせは、フレームタイプといって、荷台に直接取り付けるタイプでは無くてだな、自転車のフレームにまずはアダプターを取り付けて、そこにこいつを噛ますというやり方なのね。

 これはハマックスという、有名な子のせなんだが、このメーカーで荷台直接載せるタイプのものがある。それだったら、チョチョイのチョイで取り付けは可能なんですよ。

 ただ、こいつとなると、まずアダプターがどこに付くか?ということが問題になります。

 DSC_0629_convert_20170608201010.jpg

 元々、欧米系の自転車で発達してきた発想なんで、ハマックスのこのタイプは、シートチューブが長い自転車を想定して作られている、この自転車のように取り付け箇所が限られている場合にはあまり向かない・・・といってもいいでしょうね。

 だったら、荷台にポン!の方が楽に決まっている。

 と、アダプターの取り付け位置が決まったんで、では取り付け完了か?というと、次のハードルを越えないといけなかった。

 というのは、この利用者さんは、これ以上サドルをあげられないという、絶対条件というものがあるんですね。アダプターの位置から、ハマックスを差し込むと、約五センチほどサドルをあげないと取り付けはできないことになります。

 さあ、どうする?お友達からただでもらったもんで、これが付いたら何よりなんだが、やはりただほど高いものはない・・・のかもしれません。

 実はまだ救世主は無くはない。このアダプターと子のせ本体をつなぐ、金属棒なんだが、実はこれにはいくつか種類があるんです。いろんは車体に合わせて、作られたもので、もっと角度のきついものや、そうでないものなんか確か五種類くらいあるんじゃない?かと思いますが。

 それらから、適切なやつを選べばいい・・・確かにね。

 でも、やはり問題は現物合わせなんで、もし本気でやるなら全種類、および近似の種類を取り寄せて、実際に合わせてやらないと行けなくなります。

 これは、利用者さんにも、当店にもリスクは高い。かつてのようにママ狸ん最盛期だったら、全種類当然在庫していたんで、そこから選べばよかった。

 それが、少子社会だかなんだかで、そう潤沢に在庫できなくなってきた今、いくつか選択して発注かけるのは結構、無駄が出るリスクがあるのだ。

 それに、既存の金具ドンピシャというのも、存外無いことも多い、多少の修正なんかもする必要があるしね。

 だったらよう、今ある金属棒の方を加工して、この自転車に合わせて作り直すっていうのはどうだい?ということで、万力君との格闘が始まった。

 DSC_0636_convert_20170608201018.jpg

 この金属棒の強度からいって、一度曲げ直すことくらいなんてこと無いことはわかる、それは触ればわかるというやつです。それに対して、「あんた責任とれんのか?」と不安ぶつけてくるのであれば、荷台式のを買い直せばいい。こちらも店の存続の命運かけてやっているので、その辺の強度などについて、適当に判断しているのではない。

 今までの様々な経験を重ねて判断しているんでね。それなりの自信があってやっている。それが信じられないなら、適切な既製品を購入して、行儀のいい店で施工頼めばいいだけのこと。

 サドルを五センチあげないために、曲げる位置を五センチ下げることにする。

 DSC_0637_convert_20170608201028.jpg

 もし曲げ戻したところ、曲げ直したところに亀裂でも入ったら、それはもうおじゃんであります。全くそのようなものは見当たりません。このタイプの鉄はこのくらいの加工にはびくともしない。

 DSC_0622_convert_20170608200937.jpg

 取り付け完了。かなり過程を省いています・・・。途中で、なかなか頑固な鉄であることも判明。ちょっと大変だったことが、またこの鉄の強度にも自信を持てたことにつながります。

 DSC_0612_convert_20170608200821.jpg

 カゴも前に移動しました。これもまたすごい仕掛けですよ。デカイカゴなんで、つい重いものも載せるであろう、ということで、しつこいくらい頑丈に取り付けしました。

 DSC_0613_convert_20170608200830.jpg

 まずカゴの前にライトを持っていく。主婦のカゴは荷物でごったがえるので、ハンドルにライトを付けてはいけません。荷物でライトが見えなくなるからです。このようにカゴの前か、その下のフォーク付近、ハブ付近にライトを持っていくことが定石です。

 DSC_0614_convert_20170608200840.jpg

 ライトともに、三点止めします。

 DSC_0615_convert_20170608200851.jpg

 下から、支えます。小径車なので、この下支えは曲げ加工したものです。

 DSC_0617_convert_20170608200900.jpg

 それだけで無く、フロントキャリアを付けて、またしたから支えています。

 DSC_0618_convert_20170608200908.jpg

 上方からは、カゴが前に移動しないように、コラムより後ろに引っ張ります。当然この金具もポン付けではありません。角度を変えて二カ所曲げを入れて、本体をひっくり返して使っています。

 DSC_0621_convert_20170608200928.jpg

 カゴのエッジ自体は柔らかいので、こうした長めの金具で、広く止めるようにします。力を分散するためにね。

 DSC_0620_convert_20170608200916.jpg

 フロントキャリアにも、このような長い金具二本でしっかり止めます。これだけデカイと主婦は何かと買い込んでしまうからです。

 DSC_0610_convert_20170608200808.jpg

 これにて、ようやっと・・・、完成。

 持ち込みと、元々付いていたものを移動しただけでありますが、ある意味当店のノウハウが非常に詰め込まれております。小物類はだいぶ出ましたが、ほとんどが手間と発想ということになりますね。

 元々から、この車体に合わせて、こちらが用意すれば、こんな苦労しなくてすむんでありましょうが、それがまた接ぎ木の勉強といいますか、自分たちでは絶対やらない組み合わせに、あえて取り組むことから学べることは大変多い。
 
 他流試合というのかな?そういうのがやはり面白いね。

 仕事というものを、はたまた人間の労働というものを、真剣な道楽として、やることができるとするなら、そこには一つの、とあるシステムが完成しているんじゃないか?と思う。

 この辺をもし大展開していったら、一冊の本にまとめられるかもしれないくらいの質量がここにはある。それは何か?自転車屋は今日も手を動かしながら、その答えを求めていくのであった・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター