メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

新学期・・・関係ないか?打ち首の季節?



 また打首してしまった・・・。あの頭でっかちの、安全第一もいいんだが、使い勝手を考えていない、警察官僚の思いつきから始まって、短い期間でメーカーに作らせたんじゃないか、と思われる出来。

 子供を前後に乗せたら荷物が置けない。カゴがないから。保育園等にはシーツだの着替えだの、途中で買い物など、カゴは必要不可欠のはずなんだが、安全性さえ確保されればいい・・・のか?カゴがないのだ。

 中には工夫として、袋に入れた荷物を、後ろ子乗せの頭の部分や背中の部分にぶら下げるなんてことをしている人もいたが、安定性はない。

 少なからずの利用者が、このハンドル周り変えられないのか?と思うと思う。そして自転車店に相談すると、多分、出来ない、またはしないといことで、断られるだろうな。

 なれば、当店はやる!この頭デッカチの子乗せ兼ハンドルを打ち落として、普通のハンドルに、前子乗せ、そしてカゴを取り付けて軽量化すること、やります!

435349118_7444776952268075_835614281275484149_n_convert_20240403225449.jpg

 こうなるのであります。

435265255_7444776635601440_3188689542619748825_n_convert_20240403225353.jpg

 イェップという機能的な前子乗せをとりつけて、普通のステムにどこにでもあるようなハンドルがついています。

 435316901_7444776735601430_2905738443489421151_n_convert_20240403225416.jpg

 イェップの足置きが、他のものよりも前に突き出ていて、角度も異なるので、これとカゴを干渉させないように工夫しないといけない。

 435323154_7444776898934747_7268925206713132037_n_convert_20240403225439.jpg

 かごを一般のものよりも相当前に出すために、最長の金具を使い、かつその延長金具も取り付けて、前に出します。そうすることによって初めて、子乗せに干渉しないカゴが取り付けられるのだ。

 435321350_7444776802268090_8017703250196668774_n_convert_20240403225425.jpg

 子供の成長によって子育て自転車の環境は変えるべきで、今一歳の小さい子が一人の場合には、後ろはカゴにしておいていい。そのうちその子が三歳以上になったりすれば、今度子乗せを後ろに取り付けて、前を外せば良い。使わない子乗せをいつまでも取り付けておく必要はない。

 成長によって、条件によって自転車の方を変える、それで良いのだ。

 435369380_7444777365601367_2622967189348050006_n_convert_20240403225502.jpg

 これでスッキリするし、何よりも軽くなる。駐輪場などで、前輪を上げて止めないといけない場合、重い自転車はこたえるだろう。

 そういうわけで、軽量化と高機能化のためにこれからも打ち首、首の挿げ替えはこれからもやっていくぞよ!

435288085_7444777092268061_6340181071691225246_n_convert_20240403225402.jpg

 トリャッ!!!
スポンサーサイト



久々の打ち首だぞ!!!



 前子乗せがでかい!頭でっかちな、よく走っているあれであります。

 前子乗せは、子供が少し大きくなると、後ろ子乗せに移りますので意外と早く空き家になりますが、もう自転車の一部だと思いこんでいるので、どうしようも出来ない、そのまま状態が続きます。

 普通のハンドルにして、普通のカゴに変えればかなり軽くなるのに、誰もしようとしない。相談された自転車屋も多分買い替えをすすめるんじゃないか?と思いますが。

 そんなもの交換すればいいだけの話で、面倒だがちっとも難しい改造ではないんだな。

 431783607_7336260483119723_804554420411917910_n_convert_20240308152739.jpg

 まあ、子供一人を乗せるので、頑丈であることに越したことはないとはいえ、重い。そしてカゴがない・・・。子供を乗せなくなった後は重いカゴとして使っている人が大半だろうな。

 そんな我慢する必要はありません。交換するだけでいいんです交換。

431794186_7336259656453139_8908493674451167412_n_convert_20240308152749.jpg

 こんなカゴに交換すればいいんですよ。もう普通の自転車と何ら変わりないので、カゴも選び放題です。

431047978_7336259946453110_3701053044805995063_n_convert_20240308152621.jpg

 後ハンドルも好きな形状のハンドルに交換すれば良し。今回は、クロスバイク的なフラットハンドルにしてほしいというので、やりました。ドロップでもいいんですよ。

431215767_7336260299786408_8421067029886390997_n_convert_20240308152630.jpg

 フラットにしました。ブレーキも電動キッドもすべて移植できます。

 431583224_7336259849786453_7707514607303947384_n_convert_20240308152640.jpg

 見た目は独特のようでしたが、実際は普通の自転車と同じ構造なんで、こういうことができるのは当たり前なんですよ。

 431737075_7336260443119727_5092994518277733409_n_convert_20240308152714.jpg

 正確にはステムとハンドルを交換したんです、それにカゴをつけた、ただそれだけです。

 431771126_7336260203119751_6218961001957634942_n_convert_20240308152730.jpg

 お父さん専用の電動自転車です。

 431758251_7336260083119763_482447311944861331_n_convert_20240308152722.jpg

 このサドルの高さが、いかにもお父さん号ですね。

431711268_7336260346453070_3714404797541973238_n_convert_20240308152706.jpg

 後ろにはしっかり子乗せが付いていますね、まだまだ数年保育園等の送り迎えに使われるようですね。

431594862_7336259793119792_6960473952960357037_n_convert_20240308152649.jpg

 ハイ、あの頭でっかちの自転車が、少なくともフロント周りは一般自転車と同じようなスッキリ構造になりました。できるんですよ、実際の構造は同じなんだから!

 子供を乗せなくなった重い子乗せを我慢して、カゴ代わりに使い続ける必要なんかないんです。交換すればいい、ただそれだけです。

 変わり果てた自転車にお父さんは興奮気味だったかな?軽い!何もかにも軽い!と連呼していました。

 やっぱり打ち首してよかった!

431887577_7336259586453146_230195354865641465_n_convert_20240308152758.jpg

 トリャ!!!!!

ベトナム流子育て号?イエイエ万国型かな?



 今国に帰っているんですけど、2月に戻ってくるので、なんか自転車ありませんか?とやってきた。

 ベトナムの人だった。

 技能実習生などというイカサマ制度で、多くのベトナム人やその他の外国人に対して、非道なことをしていたなんてことが暴露されていますね、恥ずかしい。

 人を人とも思わない、使い捨てにしてなんとも思わないような恥知らずの制度、それを利用して非道な扱いをしていた方々には猛省を促したいね。もちろんそういう制度の中で精一杯彼らに対していた方々もいるということは自覚しているがね。

 ベトナムといえば、世界最強と言われる米軍を実力で追い出した、アジアの誇りではないか。大敗帰して、未だに占領の辱めをなんとも思わないどこぞの国とは大違いである・・・。

 さて、中古車でもいいということで、約束をしてしまった店主。となると、基体となる車体がほしい・・・とじっと待っていると、やってくるもんだねえ。

 あのー、この自転車急遽いらなくなったんだけど・・・。通常なら、引取期間がありまして、あと一月待ってもらいます?それでしたら引き取り致します・・・となるんだが。

 今回このベトナム人との約束があったので、仕方ねえなあ・・・特別だよ!とちょっと勿体つけて、内心やった・・・と思いつつ引き取ったのがこの基体。

 417712827_7107397839339323_7898860942099191377_n_convert_20240110001254.jpg

 小径車なので、重心が低くていいんじゃないの?

 417712281_7107398226005951_6778187639664070193_n_convert_20240110001245.jpg

 フレームも下まで曲がっていてまたがりやすいね。これポイント高いよね。荷物を載せる自転車のトップチューブが高いと、マジで降りられないよね。

 418274577_7107397979339309_5206178789819502128_n_convert_20240110001342.jpg

 高額は出せないので、シングルでもいい、ということだったが、やはり子供を乗せて走るならギアはあったほうがいい。内装三段でも十分だね。

 スタンドもかなり安定感のあるものにした。

418483772_7107397909339316_9044192514156250136_n_convert_20240110001354.jpg

 フラット系のハンドルに、レバーツイスト系のシフターが付いている。捻じればOK!

417726347_7107397616006012_8994296131215729555_n_convert_20240110001322.jpg

 そして子育て号としてはデカメのカゴをつけました。保育編にもタオルや着替えや何やら結構荷物が多いからな。

 こうした小径車にカゴを取り付ける際には、

417722215_7107398162672624_8761928733215794834_n_convert_20240110001313.jpg

 下支えには、こうした加工も必要になることもある。もちろんドンピシャサイズの下支えもあるんだが、無い場合にはこうして加工する。

 417711204_7107398059339301_6085859774574661588_n_convert_20240110001237.jpg

 そして、誰かが置いていった子のせかごを載せる!ベルトも効くし、各所まだまだ使えることを確認!

 418131382_7107398102672630_8139915933316411573_n_convert_20240110001331.jpg

 来月でも良かったんだが、思いの外、早く出来てしまったな。縁の運びがうまくいったんだな。そうでなければ、待っても待ってもドンピシャの基体が見つからない。そうなると、廃車ばかりが溜まって景観が悪くなってしまう。

 あとそうだ・・・、今店の片隅にはスリランカのお嬢さんのための自転車も一台あるなあ。年明けに取りに来るというから、そろそろ来る頃かな?

 色んな国の人がいろんな文化を持ち込んで、賑やかになってくる。郷に入らば郷に従え・・・などという、学ぶ気の全くないアホな格言があるようだが、郷にいながら異郷を学べる絶好のチャンスを居丈高に蹴散らすなど賢者からして真逆の対応としか思えんね。

 これからこの国は、かつて欧州より文明を学んだがごとく、近隣及び世界各国から学ぶべき時代に突入したことに早く気付こう。もうこの国に他国を指導できるなどというものなどなし、謙虚に学ぶところから再出発しなければならない時期に入った、ということだと思う。

 学んで時に習う またよろこばしからざるや・・・だ!

子育て応援とは・・・



 アレ?これって・・・ちょっと前に出ていた自転車だぞ!そうそう、シャフトを長いものに交換して両足スタンドを取り付けた、あれですよあれ。

 まさかボケて、再度掲載しようとしているわけではありません。

 子乗せカゴが付いている自転車に、比較的安定感のある両足スタンドを取り付けた、ということで施工終了ということではなかったのか?というと、どうも気にかかっていたことがあった。

 それは

366896554_6554713564607756_5094025348883816884_n_convert_20230812211454.jpg

 子乗せの位置なんですねえ・・・、どう思います?高すぎやしませんか?

 子乗せがこの位置にしか付かないとなると、まずサドルの調整がこれ以上低くすることができません。サドルの位置を調整できない自転車は最低です。特に子供を乗せているにも関わらず、もう少し低くしたい、という調整ができない車体は欠陥でしょうね。

 そして大体の位置が高いので、子供の乗せ降ろしのが大変・・・ということなんですね。

 では、こいつを下に下げることはできないか?

366899329_6554713641274415_4416183882326661562_n_convert_20230812211431.jpg

 シートチューブの上部に付いている子乗せのアダプターを下部に下げられれば、子乗せ全体の位置も低くなる当理屈なんだが・・・。さて実際に可能かどうかは、細々とした条件をクリアしないと難しいことも多い。

 まず外さないとなあ・・・、鍵かかってらー。

 366983747_6557615920984187_840094028554693814_n_convert_20230813201814.jpg

 はい、色々ありましたが、シートチューブ上部から外し、下部への取り付けは結果的にはできました。

 367059721_6557615700984209_6362553031901400266_n_convert_20230813201832.jpg

 こんな感じに、でもポン付けではありません。

367010663_6557615964317516_2079677149756410650_n_convert_20230813201852.jpg

 裏から当てる金具に通す穴を少し上にずらさねばなりませんでした。そうしないと、その金具がクランクに干渉してしまうからです。

 367376918_6557616014317511_1283992476990923252_n_convert_20230813201937.jpg

 クランク、チェーンとの干渉もアダプターの一部を潰すことで回避、これってチェーンウォッチャーの代わりにもなりますね。

 367422199_6557615567650889_3706146570494506968_n_convert_20230813201921.jpg

 後アダプターとフレームのシートステーとの間隔もギリギリ紙一枚に近い間隔で、まあ、ラッキーとしか言いようがないでしょうな。これぞまさに紙技なのだ!

 367010873_6557615827650863_8856567207219644589_n_convert_20230813201752.jpg

 ハイ、これで大分下がったことがわかりますね、サドルと子乗せの距離が大分開きました、サドルをもし少し下げたかったとしたら、これで可能になりますね。

 367440974_6557615510984228_3577743387212414983_n_convert_20230813201737.jpg

 こんなこと一つ直すだけで、毎日使う自転車の、毎日行う子供の乗せ降ろし際のストレスは大分軽減されると思いますね。

 今までどうせ気にしてもしょうがいないだろうから、無視に近い状態にしていたものが、今回のこうしたちょっとした直しでグーンと使い勝手が上がるとすれば、日々の生活にまで好影響が来るといっても過言ではないかもしれません。

 これからのサービス業は、利用者の気づかない無自覚なストレスをいかに先回りして取り去るか?なんてとこに行くかもしれませんな。

子育て 実用には両足スタンド なんとかつけようぞ!



 スゲー名前だねえ、クレイジーシープだった。相当やんちゃな自転車なのか?と思いきや。

366916308_6554713867941059_8992000229162518595_n_convert_20230812214733.jpg

 プロムナードハンドルなど付けていて、実におとなしいですね。

 366904333_6554713804607732_6938860357732172745_n_convert_20230812214716.jpg

 20インチの小径自転車だし・・・。

 そう大分おとなしいんですが・・・、それ以外になんと!

366899329_6554713641274415_4416183882326661562_n_convert_20230812211431.jpg

 こんなものが付いています。ちょっと懐かしいですねえ、黎明期の頃こいつしか無かったんですね。

 366896554_6554713564607756_5094025348883816884_n_convert_20230812211454.jpg

 そう、フレーム取り付けタイプのイェップなんですよ。子のせね。オランダで生まれただけあって、シートチューブの長いスポーツ系自転車に取り付けることを前提に設計されたんでしょうね。

 ところが、日本の事情となるとシートチューブの短い実用車ですから、これが取り付けられない車体がいくつか出てきた。そこで、荷台に乗せるタイプを輸入し直したんでしょうね、以降そちらのほうが主流となり、ついに黎明期の頃主流であったシートチューブものが無くなってしまいましたね。

 なので、こいつは珍しいです・・・。

 さてこういう子乗せカゴなどがついた場合には、スタンドは安定しているものに越したことはない。なので、両足スタンドをどうしても取り付けたいですね。

 では付けましょう!ということに。

364098702_6554713421274437_4445481139970623782_n_convert_20230812211248.jpg

 こんな感じですね。取り付けます。

366909061_6554713451274434_4473940551919318685_n_convert_20230812211308.jpg

 シャフトを長いものに交換して、スタンドの金具部分をフレームに合わせて整形し直す。ボルトともう一箇所最低二点で止めないとどうしても動いてしまいますからね。

 366829023_6554713997941046_1517811163206615830_n_convert_20230812214825.jpg

 それとリアディレーラーが付いているので、それを迂回する形状の両足スタンドを選ばないといけませんね。ある事自体がありがたいです。

 363769331_6554713531274426_3600982002003717493_n_convert_20230812214749.jpg

 これは反対側、対岸の内容です。ボルトと金具の爪がフレームにかかっていますね。これが二点となります。

 366897538_6554713954607717_4144350217924988230_n_convert_20230812214806.jpg

 こんな感じで取り付け完了です。足で扱うものなので、ボルトの緩みなどは使っている内に出てきますので、定期的な増し締めが必要になりますね。

 366958810_6554713691274410_5659210169366470657_n_convert_20230812211324.jpg

 ハイ、これで少し安心しながら子供の乗せ降ろしができるようになると思います。なぜ少し安心か?というとこれで完璧ではないからです。子供が真剣に暴れたりしたら、このスタンドでも倒れる可能性がゼロではない・・・。

 なので、壁などとの間に自転車を置いて、慎重に乗せ降ろしをしてほしいですね。油断大敵ですぞ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター