メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

アサヒ子のせ



 アサヒ自転車が出している、なんちゃって系クロスバイクですね。そいつに、ハマックス子のせを付けてみました。

 この写真だけ見ても、随分高い位置に着いている、という印象を受けます。確かにね。トップチューブに子供が立っているように見えますもんね。

 というのが・・・、

 DSC_1424_convert_20181231175040.jpg

 どうも取り付け位置を従来のものから変えているようですねえ、急にこういうことをやるというのはけしからん・・・。まあ店主だけが知らなかっただけなのかも知れないが。

 実はこいつ、従来のステム噛ませ形式じゃなく、なんとヘッドチューブに噛ませる形式となっているんですね。どうりでステムに取り付けると、高いと思った。

 ヘッドチューブはステムのささっている、その土台のチューブなんで、どうしても位置的には低くなる、そこに取り付ける設計をしているんで、こうなったということなんですね。という事は、ハドルと同期しないという事が起こるよね、大丈夫なのかな?

 ただし、クロモリのスッキリ形状のステムならポン付けはできるんだが、あいにくこのぶっといアルミフレームのヘッドチューブにこいつを挟める余裕は全くなかった。

 ステムの太さには一体の範囲が決まっているんで、取り付けは簡単だが、ヘッドチューブとなると、何も自転車は鉄フレームだけじゃあない、アルミチューブだと太かったり、鉄より変形系が多い。そして、サイズの影響をもろに受けるのもヘッドチューブなので、小柄な人向けの自転車だと、例え鉄フレームであっても、アダプターを挟む十分なスペースが無いことも考えられる。

 そういう意味で、ヘッドチューブ噛ませというのは、汎用性という重要な要素から遠のいてしまうという意味で、ダメだと思うぞ・・・。

 でも来ちまったんで、こいつをステムに噛ませることにした。

 当然、ステムとヘッドチューブでは太さが違うので、シムを二重にして取り付けることに。

 DSC_1423_convert_20181231175028.jpg

 微妙な角度は取り付けてから多少は調整できるはず・・・。そして乗ってみるに、見た目ほど、不安定ではない。むしろ膝が子のせと全く干渉しないんで、いいとさえいえる。

 あとは腕の長さなんかで、もしもう少し手前に握りが欲しいという事になれば、ハンドル形状を変えてやればよし。

DSC_1421_convert_20181231175010.jpg

 錆びていた、チェーンスプロケ交換し、子のせ仕様には欠かせない両足スタンドを取り付ける。

 DSC_1420_convert_20181231175002.jpg

 なんかアサヒでは、両足スタンドは付きませんと断られたそうだ。つくじゃんヨー・・・、ポン付け屋メ。

 そして、機能的なご相談と同時に、カラフルにして欲しいという事だったので・・・、

 DSC_1422_convert_20181231175018.jpg

 こんなことにしてシマッタ・・・。

 DSC_1417_convert_20181231174951.jpg

 まあ、多少はカラフルでありましょう?

 駅や大きな駐輪場ですぐに見つかるのはいいもんだよね。

 これが今年最後のママ狸んかな?もちろん少なくなってきても、ママ狸んという主流の一つは、絶対に外さない、少子化対策・・・、この国は何もやっていないようだが、自転車屋ができるところで、踏ん張りましょう。

 来年当店にもなんか新しい子なんかが、来ないかな?

 
スポンサーサイト

打ち首絶賛中!



 見るからに重い、機関車のように重そうだ、黒だしね。

 通常なら、このままでのるんだから、それなりの覚悟ができているのか?そもそもそんなもんだと思っているのか?

 そんなもんじゃないんだけどね。

 DSC_0960_convert_20180930231533.jpg

 アチコチ重いんだが、非機能的で重いだけというのが、ここ。ここに子供を乗せるんだが、ものを置く前カゴがつけられないので、不便なんだよね、重い割には。

 重くても便利ならまだ我慢できるが、重くて不便なものなんかは交換してしまえばいいのにね。

 なれば、打ち首だな・・・。

 DSC_0009_convert_20180930231330.jpg

 こんなでかい前カゴがいた。コレなら使えるよね。

 DSC_0008_convert_20180930231315.jpg

 ドンビシャの下支えがなければ、曲げて合わせる、力尽く・・だな。

DSC_0007_convert_20180930231258.jpg

 ハブダイナモが付いていて、これは機能的。ハブダイナモと違い、重くならないのでこれから暗くなっていく中で、重くないライトはうれしい電池交換もいらないし・・・。

 DSC_0011_convert_20180930231356.jpg

 といって、子のせ号なので、代わりにこういうものをつけないといけませんね。あまり歴史はありませんが、ハマックスで作っている、前子のせです。

DSC_0012_convert_20180930231409.jpg

 ハンドル形状も考えてあるので、上から子供を椅子に座らせるのに、足がハンドルとの間に楽に入るように、セッティングされています。

 DSC_0010_convert_20180930231342.jpg

 小さいし、無防備に見えますが、その方が親御さんを油断させないという意味で、いいです。コレにしっかりヘルメット被せて、安全ベルトも着けさせること、どんなに近くても・・・です。

 DSC_0015_convert_20180930231449.jpg

 このしっかりスタンドは比較的安心ですが、過信してはいけません。子供がほんとにごねたら、展開によっては自転車は倒れます。

 DSC_0014_convert_20180930231436.jpg

 後ろに頑丈な荷台が付いていますので、成長したら、今度は後ろに子の背を移動する、といっても連続使用はできませんが、後ろ専用子の背をつけるという意味です。

 あとギア比を少しいじります。電動付いていないので・・・このギアの設定は重要だよね。

 DSC_0013_convert_20180930231422.jpg

 元々付いていた後ろの小ギアをよりでかいものに交換。そうすることで内装変速にも全体的にギア比が下がって、多少遅くはなるが、坂道などは断然に楽になるということが起こる。

 DSC_0005_convert_20180930231246.jpg

 打ち首以外は目立たないが、しっかり整備もできたことだし・・・。

 あと微調整は親子が来てからだな・・・。

 打ち首励行中、物々しい言い方だが、本当にそう、わざわざ重くて機能阻害を超す自転車に我慢しながら乗る必要は・・・ないと思います。
 

 

子育て自転車のマイブーム?



 世は少子化社会というのに、ちょっとだけでありますが、当店周りでは子育て自転車、ママ狸んが続いていますね。確か近々で三台目ですかね。

 しかし、この少子社会、超高齢社会というのは、いかに先を見て政策を打ってこなかったのか?ということの如実な実態なんじゃないか?と思いますな。

 長期的に国の展望を見るのはいったい誰なのだろうか?

 かつては、日本の官僚は優秀だといわれていましたが、人事権を握られるといとも簡単に腰を折る所を見ると、そこが本当の急所だったのか?元々からしてその程度の動機で動いていたに過ぎないのか?わかりませんな。

 70年代は、人口増加を危惧していたらしいが、その反転はアッという間に来たようだ。確か、今を去る三十年くらい前のこと、専門学校の方針を決める際にも、18才人口の低減の話がその頃から出ていた。

 政策的に打つ手はいくらでもあったはずだが、この様だ。そして今度は子供を生まないやつは無責任だの、三人産めば表彰だのと、個人の資質や価値観にまで踏み込むような発言を政治屋はし始めている。

 打つ手がないのではない、君らにつける薬がないのだ。

 さて、確かに子供が少ない中で、久々三連発に近い子育て号の依頼、大事にしたいですね。

DSC_2676_convert_20180905220508.jpg

 生まれてまだ間もないので、前のせね。

 DSC_2677_convert_20180905220516.jpg

 ハンドルとの距離もあるので、載せおろしには楽だと思いますぞ。

 DSC_2679_convert_20180905220533.jpg

 子育て自転車にカゴは必需!カゴなしの自転車など考えられないんだが、現実にそんなのばかりで、S字フックで荷物をぶら下げていますね。ある役所は自転車の安全走行だけが確保されていればいいわけで、それ以外の実用性や利便性などは全く捨象して考えてしまう、安全で事故が起きさえしなければ、あとは自分の部署には関係ないとばかりにね。

 警察のことですが、カゴのない三輪自転車がなんで誕生し、今でも走り続けているのか?追随したメーカーがあるとすれば、あまりにも、お粗末でありますな。いったいどこ見てものを作っているんでしょうかね?

 DSC_2680_convert_20180905220541.jpg

 ハブダイナモのオートライト付き。暗くなると勝手に明かりが付いてくれる、止まれば勝手に消えてくれるというやつね。しかも、リムのダイナモでないので、回転を邪魔しません、ペダルが重くならないんですね。

 DSC_2681_convert_20180905220550.jpg

 幅の広いスタンド、油断してはいけませんが、安定しているに越したことはない。

 DSC_2682_convert_20180905220602.jpg

 電動機能はありませんが、内装三段のギアを備えています。とりあえず、こいつに子供を乗せて、日々のコースは走ってもらう。その際どうしてもこのギア比では、上れない坂がある・・・というようなことが起きれば、中のギアをより大きなものに交換する、そうすれば、同じ三段でもギア比がかせげて、より軽いギアも、逆により重いギアにもシフトすることができる。

 DSC_2684_convert_20180905220625.jpg

 そして先手もうっておく。どうも来春に二人目が生まれるとのこと・・・。

 そうなると、今度は前後で子供を乗せることになるでありましょうな。そのための準備として、荷台もつけておく。十分重さに耐えられる荷台をつけてね。

 DSC_2683_convert_20180905220613.jpg

 ここに子のせが付くといらなくなるのが、この泥よけなんだが・・・。付く前なんで、取りあえず取り付けておこうかと思う。保育園の送迎となると、雨も雪も関係ないんでね、前はダウンチューブがあるのでほぼ問題はないが、後ろだとはねるからな。

 DSC_2674_convert_20180905220459.jpg

 そんなわけで、子育て号を知り尽くした当店よりほぼほぼ完璧に近い形での、ご提供となります。こういう記事が増えていくと、またママ狸んへの需要も、増えていくこともある。

 より便利で、効率的で、子供運搬ではない、子供とサイクリングのできる車体を目指すのが、ママ狸ん誕生の理由でありましたが、その精神はまだまだ生き続けていますぜ!

 店主もまだ、子のせをつけて、孫ではないガキンチョと走りたいんだが・・・なあ・・・。

電動ママ狸ん化



 パナソニックの電動。かなり使い込まれています。こいつをちょいと手間かけて、子育て号にしたい。

 電池あるのかな?と乗ってみたが、少なくともこの電池には蓄電されていなかった。でも走れるがね・・・。制動部分など大丈夫なのかな?とちょいと心配でもあるが、まあ依頼を果たしてまいりましょう。

 DSC_0909_convert_20180904084538.jpg

 このがら空き部分に、荷台を載せて、かつその上に子のせを乗せるということですね、まずは。

 DSC_2672_convert_20180904084629.jpg

 色々探しても、小径車専用の重心の低い荷台は、どうもほぼない・・・らしいです。大は小を兼ねるといえば、長いものはちょん切ればいいんだが・・・。止めるところをプレスして穴開けしなければならない・・・。プレス機なんてないもんね。なれば炙って、アンビラの上で刀匠のごとくにハンマーで叩かないといけません。

 それりゃ大変だ・・・。あとは、間をちょん切って、溶接する・・・。いずれも大変な手間なんだな。

 なので、角度で勝負するしかない・・・かも。

 通常よりも、つぶすように急角度を出して、後ろにずらすように取り付ける。

 DSC_2673_convert_20180904084648.jpg

 そして、多分これはこの車体専用の荷台取り付け台かな?そこの取り付けることにします。もう一つ、こいつをシートピンの方まで引っ張って、つまりサドルに近いところまで引っ張り、荷台全体を起こして取り付ける方法もあった。

 荷物を載せるだけならそれで良かったかも知れないが、今回は子のせ。子供を乗せ降ろししないといけないので、サドルと子のせとの距離はある程度ないとつらい。子供の足置きと、ペダルが干渉することもあるんでね。

 なのでかなり変則的な付け方となった。

 DSC_2676_convert_20180904084705.jpg

 後ろに引いて付けた荷台に対して、前側の方に子のせを取り付ける。もちろん前輪が浮かない程度に子のせ全体を後ろにずらすことも可能。

 DSC_2681_convert_20180904084806.jpg

 このくらいのスペースが荷台にある。

 DSC_2678_convert_20180904084720.jpg

 この子のせは、これにて打ち切り。売り込みで持ってこられたもの。多分有名ものが作られている工場と同じものだと思う。三点止めね。

DSC_0911_convert_20180904084550.jpg

 子供の乗せ降ろしのために、スタンドはより安定感のあるものがよい、という事で・・・、

DSC_2670_convert_20180904084615.jpg

 この手の物に交換するが・・・。こういうものには癖のあるものが多い、荷台にしかり、スタンドにしかりである。

 DSC_2689_convert_20180904084919.jpg

 スタンドをしっかり奥までかけると、その角度の影響で、なんと幅広の枠の前方が浮いてしまうという・・・珍現象が起こる。これでは幅広にした意味が無い、だって、地に着いている部分はごく一部になってしまうからね。

 DSC_2683_convert_20180904084826.jpg

 原因は、金具どうしの干渉なんですね。もう少し手前のところで安定して止まって欲しい。そうすれば、幅広のスタンドが安定感を発揮するわけであります。

 DSC_2685_convert_20180904084845.jpg

 グラインダーで、余分な部分を削りをとします。削り落としすぎると、また別の意味で面倒なんだ、慎重にね。

 DSC_2686_convert_20180904084906.jpg

 これにて完了。安定感はある程度確保されます。

DSC_2679_convert_20180904084737.jpg

 前後のタイヤ交換、インチアップ・・・というよりも、1.5から1.75にアップして、完成。

DSC_2668_convert_20180904084602.jpg

 相変わらず、電動部、駆動系が心配ではありますが、子のせ環境につきましては、微調整をのぞいてほぼ完璧なんで、両者あわせて、暫く働ければ、最高でありましょうな。

 少子化なんでしょうな、ママ狸んへの依頼は減ってはおりますが、このように、いつでも対応できるように準備はしておりますぞ!

電動を乗り続ける



 これは珍しい症状ですね。店主は一度だけ、自らのホイールがこのように陥没したことがありました。

 とにかく乗って乗って乗り倒したホイール。プラス、ブレーキシューをけちってやっているウチにシューを通り越してその枠の船の部分、つまり金属がリムに干渉していたこともあった、そういうホイールだったんですが・・・。

 まだ大丈夫だろう、まだ大丈夫だろうとある日見たとき、亀裂の入ったリムの一部がこのようにまくり上がる寸前だったということ・・・、気づいて良かった・・・。

 下りのブレーキングで、ブレーキがリムに食い込んでロックしたら・・・とぞーっとしたことがありましたが・・・。

 それを彷彿とするリムであります。

 DSC_2663_convert_20180831171722.jpg

 毎日八キロ往復六年・・・でこうなったとあります。

 DSC_2678_convert_20180831171814.jpg

 電池も最近さえないという・・・。さて買い換え?

 大変悩んでいたようですが、どうもどこからか電池は格安で入手ができるということらしいですね。あと二年は持ってくれるとうれしい・・・、さて。

 前輪はどうやってもリム交換でしょう。後輪も・・・相当やれています。

 悩んだ末の結論は、電池交換してあと二年、どうしても持たそう、前後ホイールの交換ということに決定。

 DSC_2674_convert_20180831171740.jpg

 確かに組み直すと、普通に走ります・・・、当たり前すぎですが、実際にこうして組み付けてみると、やっぱり直してよかったと思いますね。捨てるのは簡単です。

 DSC_2676_convert_20180831171758.jpg

 後輪も内装三段で、小径という事もあり、電動と合わせると、いい組み合わせですね。

 DSC_2677_convert_20180831171805.jpg

 パナソニック、フレームは頑丈で、やはり電池の値段が肝になるようですね。だから高くされている。買替え需要を増やすために・・・じゃないか?と思いますがね。

 どこだかは知りませんが、どうも取り替えバッテリーが、安いところがあるようです。自己責任・・・という覚悟が必要なようですが、そのくらいの値段だと、継続して乗ろうという判断ができる。ウーンなかなか複雑な問題ですねえ。

 DSC_2675_convert_20180831171749.jpg

 ブレーキシュー交換で、前ブレーキの効きもアップ。

DSC_0903_convert_20180831180952.jpg

 試乗してみるに、やはり既にパワーが無い。アシスト・・・オオ、ちょっとアシスト効いているかな?というくらい。蚊の鳴くようなアシスト・・・。これが電池が新しくなることで、息が吹き替えるのか?

 代わったホイール類はよく回るんだが・・・。

 DSC_0902_convert_20180831181006.jpg

 とりあえず、自転車としての走る条件は整えたんで、あとは電動内部の問題として、そちらにお返しいたします。

 このなんとも切なさが・・・、手の出しようのなさが、電動に対して積極的に動けない要因であることの自覚はあるんだがね・・・。



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター