メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

スーパーオーバーサイズにイェップをつける



 ゲイリー・フィッシャーと書いてあります、マウンテンバイク正確にはオールテレインバイクをビーチクルーザーから製作した人、といわれています。

 この方が作った規格、スーパーオーバーサイズというのが合って、まあ絶滅種であります。でも、それに乗っている人がいる。しかもそのステムにイェップの前子のせをつけたい、ということだった。

 ただ、このステム、イェップのアダプターをつけるにはコラム部分が短すぎる、どうしようね?

 ヤフオクなんかで、このサイズのステムを永遠探す・・・。そうなると運を天に任せるようなもんだ。後はシムを作る・・・という手もなくはない。

 または柳サイクルさんに、オーバーサイズのステムを作ってもらう・・・。

 このステムのコラム径を計ると、28.6。ということは・・・、オーバーサイズのフォークコラムを使って、なんちゃってアヘッドコンバーターを作れば、対応できるじゃん・・・。

 DSC_0391_convert_20170422194803.jpg

 こんな感じでね。臼と同じ角度でコラムを切って、長ネジ入れてコラムキャップで引き上げれば、コンバーターができる。そこにアヘッドステムを噛ませると、こうなるわけだ。

 DSC_0434_convert_20170422194829.jpg

 こうなれば、ここにイェップの前子のせを取り付ける。これでオーケー。

 DSC_0433_convert_20170422194821.jpg

 しっかりついていますな。

 DSC_0435_convert_20170422194837.jpg

 この自転車、かなりかわいがられていますね。シングルフリーでつかわれています。テンショナーが使われています。

 DSC_0436_convert_20170422194845.jpg

 前はシングル。潔いですね。これしかないから、これで踏むしかない・・・。

 DSC_0437_convert_20170422194853.jpg

 わざわざ、カンチを選んでいる感じが伝わってきます。

 DSC_0438_convert_20170422194900.jpg

 気に入って乗っているんだろうなあ・・・、だからこそ、これにどうにか子のせをつけて、お子さんとサイクリングしたい!と思ったんでありましょうな。

 DSC_0431_convert_20170422194812.jpg

 スタンドもなし、カゴもない、お父さん仕様だわな。壁のあるところで乗せ降ろしをする、万が一カゴが必要になったら、荷台つけてリアに置いてもいいよね。

 自分の気に入った自転車だからこそ、子供と一緒にサイクリングしたい!痛いほど伝わってくるよね、難しい条件になればなるほど、付くかどうかわからないが、そのための努力はする!その向こうにある、その人と自転車の関係を強めるためにね!
スポンサーサイト

パパ狸ん?オヤジ狸ん?



 ダウンヒルで派手な落車をして、フォークの片側がヘシ折れたんではない・・・。

 元々こういうフォークなの。いわゆるレフティーとかいうんだが、まあこれがいい!という合理的な理由はわからない。

 ただ、見た目の脆弱さの話にうなると、飛行機の車輪ってこのように片側のものがあるんで、強度的には大丈夫だ!説が浮上してくるんだが。

 でも二本両サイドから支えるのと、一本ワンサイドから止めるのどちらが、強度はどちらが上?という問いには、止めの強度が同じなら、前者の勝ちっていうことになるでありましょう。

 それ以上、わざわざ片側がないということのメリットって・・・たぶんあるんでしょうねえ・・・。荒めのコースをドッシンバッタン走っていたら、前輪が外れる・・・なんてこと・・・起きないんでありましょうなあ、たぶん。

 DSC_0400_convert_20170411180246.jpg

 確かに縦棒は太いが、それを支える横金具が・・・大丈夫なんだろうなあ、何度も実験の結果なんだろうから・・・。

 DSC_0401_convert_20170411180254.jpg

 こういうことやらせたら、とことんやりまくりそうなキャノンデール。その名もバッドボーイと来た・・・。

 遊び自転車なんだよね、それもちょいとワル的なイメージを持ったね。

 DSC_0402_convert_20170411180303.jpg

 今の状況で三枚。今後激変していくんだろうなあ・・・。まあ、三枚あれば、どこでも行ける!

DSC_0403_convert_20170411180311.jpg

 リアも余裕綽々だ。壁のような急坂も、スピードさえ気にしなければ、いけそうだ。ダートも舗装路も何でも来い!どこにでも行くぜ!と遊ぶ気満々の自転車なんでありますが・・・。

 DSC_0389_convert_20170411180217.jpg

 荷台を取り付けて、その上に何やらのアダプターを取り付けると・・・。

 な、なんと・・・、

 DSC_0404_convert_20170411180319.jpg

 こんなことになってしまった・・・訳なんでありますな。つまり子育て号に変身したのだ、バッドボーイがね・・・。

 DSC_0405_convert_20170411180326.jpg

 といってもワルは残る。スタンドは両足は使わない。センターにある二本足スタンドのまま。

 当然使用するのはお父さんなんで、その辺はぬかりない。店主も鉄レーサーに子のせつけて、子狸乗せていました。もちろんスタンドなし、一切なしであります。

 どうやって、乗せ降ろしするのか?って?壁際に止まって、車体共々壁に押さえつけるようにして、乗せ降ろしをする、全くトラブルなしだ。ハードはなくても、ソフトでカバーってやつね。

 だから、降りる場所も決めてから止める、バックで子の背が壁につく角度がわかるんで、それで押しつけてはまず自分が降りて、片手でベルトを外してやると、子狸は自分から立って、こちらに抱きついてくる、そして降ろす、という形式ができていた。全く問題なし。

 まあ、こういう風に説明しても、なんか危なっかしいと思う人は安定感のある両足スタンドをつければよし。あくまでも一般車を作っているわけでない場合は、これでいいかと思う。利用者との間でやりとりが、しっかりできるからね。

 DSC_0397_convert_20170411180228.jpg

 バッドボーイが、しばらく子育て号。今は仕事に行く途中に、子供を保育園に送っていくなんていうお父さんも増えてきている。いいんじゃない?オヤジらしくって・・・。これでまた颯爽と職場に行くっていうのもね。

 少子社会が問題だとしたら、自転車屋でもできることはあるだろうなと思う、すでに臣民でもないものに対して、「教育勅語」を学校でそらんじることを肯定するような、このバカな政権に代わってな・・・。

シーズンとは無関係ながらシーズン的ママ狸んの巻き



 新年度ってやつで、子狸も無事一年生になりました。お陰様です。

 体育館での式がありましてね、まあ、それぞれ無難なことばかりで、オオ!と思うようなスピーチはなかったなあ。校長先生が子供と向き合うような姿勢が、言葉の端々には見えていたかな。ただ教育委員会から来た来賓とやらは、まあどこでしゃべっても同じ台詞を言ってたんじゃないか?

 全く響かない・・・、そんなスピーチしていて面白いんかね?

 「みんなの生まれた2010年度には、千年に一度というくらいの大きな災害があったんだ、そう東日本大震災です。」

 こんな切り口の話もなく、お話は大方が退屈でありました。

 それに引き替え、二年生の合奏と合唱は面白かった。と、お世話に来てくれていた六年生、今の時代を象徴してか、いろんな国から来た子供たちも混ざっていた。子狸の教室にも、たぶんアフリカからなんだろうな、そういう子がいる。

 この世の中にはいろんな人がいる、それを実感できるだけでもいい、そして子供の頃から普通に交流できるというのがなによりだ。

 後親御さんたちの中にも面白そうな人がいたよ。髪型から、風体からして、こいつら絶対フリーだわ・・・というね、まあ、子供を機縁にどう展開していくのか?どんな出会いがあるのか?静かに楽しみにしておこう。

 で、年度初めということで、自転車通園など、ママ狸んは大忙し!とはならない、イメージ的にはそうなんだが、イエイエ、乳母車なんていうのは徒歩なんで、首が据わったら即自転車!という方が大半なんだな、なもんで、個別バラバラに子載せ自転車を作るので、シーズンとはほぼ無関係といっていい。

 何だが、それに合わせるような車体がやってきた。アローズという西荻の老舗の自転車。

 DSC_0348_convert_20170406184944.jpg

 早い段階から、いわゆるママチャリとは違うシンプル路線のちょい高級感的な自転車をほぼオリジナルとして、作り出していたように思う。
 
 このコースターブレーキというのも特徴の一つ。

 こいつを子育て仕様にするというね、展開です。

 
DSC_0387_convert_20170406184904.jpg

 一本足スタンドが基本のこの自転車にも両足の安定系のものを取り付けます。これはまあ難しくはない。

 DSC_0391_convert_20170406184827.jpg

 ただし、一本足スタンドも、とらずにとっておきます。子供を乗せていないときの簡易止めには、こちらの方が便利ということもいえますんでね。

 DSC_0349_convert_20170406184933.jpg

 そして、お母さんの自転車といったら一も二もなくカゴであります。カゴのないお母さん自転車など、まあ信じられないね。リュックという手もなくはないが、夏のリュックは、わざわざクーラーの室外機の前にものを積んどくようなもんだ。

 気づいたらリュックが塩の結晶だらけ・・・となるよね。

 DSC_0389_convert_20170406184845.jpg

 デカ目のカゴをつける。浅いが面積が広いのね。

 DSC_0390_convert_20170406184838.jpg

 ライトは先頭に持って行く。でないと、荷物によってライトが遮られることがあるからね。これ気をつけてね。ハンドルあたりに小さいのをつけていると、本人はつけている気になっても、うずたかい荷物で相手には見えなかった、なんてこともあるからね。

 DSC_0350_convert_20170406184923.jpg

 そして、この長いステムに、前この背を取り付けます。

 久々のイェップミニだよ。まあかつてはさんざん取り扱ったが、他がやるようになったのか、値上げの効果もあったのか、取扱量は減ったよね。

 かつての在庫量はすさまじかったもんね、二畳分くらいの天井に隙間ないくらいにぶら下げていたっけね・・・。

 DSC_0388_convert_20170406184856.jpg

 ところが何だ・・・、ずいぶんヤレているねえ。そう、黒のイェップミニを頼んだところ、今メーカーに発注の最中だそうだ。新年度前ということもあったんだろうか、品薄状態だった。

 やっぱりシーズンと関係あるのかな?

 とりあえず、子狸が使っていたやつを取り出して、掃除、ベルトなどのスモールパーツを補給して、まずは本体が来るまでのお貸し出しということで、仮付けすることにした。

 DSC_0386_convert_20170406184912.jpg

 元々シンプル系で一歩出ていたアローズだけに、様子はいいよね。こういう形式を作り出して、一つの層としてイメージづけるというのは、大変なことだったと思うわ。

 車体を見るだけで、アローズとわかるなんていう特徴を定着させることが、どれほど大変か?そのご苦労はおもんばかってもあまりある。

 店主はあと何年、自転車屋をやっているかわからねど、狸サイクルといったら・・・というようなもの・・・作ってはおきたいよね。

 と、後は、実際に子供を乗せて、ギア比の過不足を見てもらうことも大切だね。一人だったらよかったものの、日に日の大きくなる子供と、その荷物を載せての走行となると、このギア比ではちょっときついかもしれないしね。

 卒入園、卒入学の季節。いろんな意味でも引き締まったりするもんで、決して悪くはない。

 それにつけてもこの店主、自ら区切りをつけない限りなかなか引き締まらないねえ、なんかまたイベント組んで、外環境から引き締めを狙っていくかな?

ありものドッチャリと!自転車も人生も!



 自転車がお好きなようで・・・。当店の非公式グループ、マークローザ友の会の会員のような方。

 いいんですか?そこまでいじっちゃって?

 なんて質問何度もしましたが、笑みを浮かべてはまたなんか持て来て、ちょっと申し訳なさそうな顔しながらも、これ付きますかね?と来る。そう言われて、付きませんとは簡単には言いたくはない、そういう意味で宿題をくれる方でもあるんですね。

 当時の仕事はホテルマンだったかな。観光業系のお仕事の中で飲食もやっておられたんで、これは渡りに船だなあ・・・と店主は密かに思っていたんであります。

 そう、当狸サイクルは行く行くは観光業へと事業拡大を考えているんであります!!!一大発表か?過去やったかな?ちょいと記憶が曖昧で、言ったかもしれないと推測できる(ケッ!)・・・。

 今エアビーアンドビーというような、一般宅宿泊のような動きも盛んになっているようで。狸サイクルも海外からの主にサイクリストに温かい宿・・・のような展開も・・・、そうではなくて・・・。

 観光手段として、ハトバス・・・の自転車版かな?なんてことを考えている訳なんですわ。自転車からしか見えない東京を見てもらおう!ということでもある。自立型の旅人向きがいいな、手取り足取りはやらない。

 自転車貸すから行ってきな、というね。丁寧な人がいたら、東京自転車観光ツアーのためのマップでも用意してやってもいい。利用者の情報集めて外国語でのHP作成なんかもいいよね、そうすると外国人から見た東京の自転車事情なんていう感想が、いい意味で外圧になってくれることもあるかもしれない。

 で、具体的なやりとりなんだが、ここで観光業の人たちとの連携が重要になってくるんじゃないか?と思うんであります。宿ごとに希望者を集めて、集金等を含めた管理をしてもらう。

 コチラは自転車屋として、希望者の体型や好みに近い自転車を用意して運ぶ。基本実用車の改造号で行きたいね。捨てられる寸前の自転車を再生して観光利用に転じるなんて、成熟した国の方々なら、そこからしてすでに面白いはず!

 パンクのアクシデントをなくすためにタンナスで統一。気に入ってくれたら、売ってあげるよ!というのもあり・・・。劇的に流行らなくても、東京観光の一つの柱として定着してくれればいいよね。

 そうすると、例えばカヌー系から、今度は水路から見る東京観光なんていうのが出てくるかもね。多角的に東京を見ていただきましょう、どの角度からでも堂々とね。

 あの、コチラから日本すごい!だの、クールジャパン!だの・・・ていうのだけはやめようぜ!実にみっともない、そもそも謙譲を美徳とするはずの我らからして恥ずかしい。即やめたほうがいい。

 むしろ、多角的に重層的に見てもらえるように状況を整えて、彼らに彼ら自身から探求してもらいましょうよ。そしてそれをフィードバックしてもらいつつ今度はコチラがそれから学ぶ、ということなくして何の進歩もないだろう!

 内輪の自画自賛と愛国ポルノ、ひいては他国への侮蔑と罵倒に明け暮れているものになど、何の光明もないでしょうな、残念なことに。

 かには甲羅に合わせて穴を掘るといいますが、人もそうですね。自らの器に合わせて他人を見切った気でいる・・・。「あいつらは・・・」という実に傲慢なステロタイプは、その方の認識の器の軽重レベルを物語っているに過ぎない。実に単純な理屈なんであります。

 その辺、もっとオープンクエスチョンにしておく方が人間は多くを学べるのにね・・・オット、そうか・・・、学びたくない人達なのかもしれないね、そういう人たちは・・・。

 そんなこんなで、観光業の方々とタイアップすることで、自転車の持っている可能性もまた、ドーンと開いて行くんでありましょう、実にいいことであります。

 そうそう、で、何の話かというと、この依頼者の方は観光業から、なんと自転車屋に転身し数年そこで働いてから、今はパン屋という飲食に戻っておられる。

 もちろん、適当に転職しているわけではありません!観光業、飲食、自転車屋・・・、これらが将来どのような形で、彼の下でそれらが結実されていくか?大変見物なんであります!ありとあらゆる可能性を考えるだけでも楽しくなりますな。

 彼の下で、観光も、飲食も、自転車も実に多角的な相貌を見せていくんでありましょう、楽しみです。

 そういうわけで、彼の持っているものをすべて寄せ集めて、子のせ号を作りたいということだ。

 DSC_0302_convert_20170316200009.jpg

 このクランクも是非使いたいとね・・・。

 DSC_0208_convert_20170316200058.jpg

 はい、お望み通り!

 ただし、フロントディレーラーはなし。手で暫くはチェーン移動するようです。

 DSC_0209_convert_20170316200049.jpg

 今回はここが入り組んでいる。シャフトを入れ替えて、両足スタンドなんだが・・・。この車体にはディレーラーハンガーが付いていないので、外付けをしなければならないという意味で、この辺がやたらと重層的に入り組んでしまっている。

 DSC_0211_convert_20170316200029.jpg

 できればもっと密着させたいんだが、工夫の余地は納車するまで続くであろう・・・。

 DSC_0210_convert_20170316200039.jpg

 ポリスポートが付いた。なんか大分窮屈のようではあるが・・・。

 DSC_0207_convert_20170316200112.jpg

 こんな感じ。お父さんはデカい人で、腕も長いからこれでも大丈夫・・・だと思うが、奥さんもということになると、プロムナード系で、ニギリをもっと手前に持ってこないと子供の頭があごにささる結果になるかも・・・ね。

 まあ、一時であっても自転車経験があるので、あとは調整よろしく・・・かな?

 自転車もありもの集めて、ただそれだけでは組み付かないが、ある種の全体的アイデアとそれを実現していくためのちょっとした技術や道具があれば、実に面白い一台に仕上がっていくようにだ・・・・。

 人生だって、ありもの経験と出会いと関係・・・ただそれだけでは収拾付かないが、人生全体を貫く生きる原理をしっかり持つことで関係をより強靱にし、それを前提にそれまでの経験や技術が結集していくことで、より数階上の段階にいけるのではないか?と夢想するんだがな。

 バラバラのパーツが、自転車という形にまとまって走れるようになった瞬間というのは今でも、ハッとするほどの驚きがあるものだが、人生だって、たぶん・・・ハッとするほどの驚きの連続なんだろうと思う、走っている限りはな・・・。

前もやったなあ BMXのママ狸ん



 もう随分経つと思いますが、BMXの車体で子育て仕様にしたことありました。

 DSC_0302_convert_20170221212954.jpg

 大体フレームが小さい上に、ドタバタを想定しているので、こうした補強が入っている。

 DSC_0301_convert_20170221213004.jpg

 そういう意味で、そんじょそこらの自転車なんかよりも車体としての強度は高いといえるでしょう。

 ただし、遊ぶために作られた自転車だけに、子育て号にするには、まあアチコチいじらないとダメ・・・ですね。

 DSC_0139_convert_20170221213204.jpg

 ここにカゴを付けたいと。お母さんの自転車にカゴがないのは、まずありえん・・・。

 DSC_0290_convert_20170221213137.jpg

 デカイカゴがついたが。

 DSC_0291_convert_20170221213127.jpg

 こういう短いステーが中々ない・・・。

 DSC_0292_convert_20170221213118.jpg

 アヘッドのコラムに金具を付ける、加工しないでは付かない。

 DSC_0138_convert_20170221213214.jpg

 遊びの自転車、アクロバティックを得意とする自転車に、まさかスタンドなどあるわけない。でも子のせするわけで、両足スタンドが必要になる。

 DSC_0140_convert_20170221213155.jpg

 簡易に付いていたこいつを外してね。

 DSC_0293_convert_20170221213106.jpg

 こういうがっちり系の両足スタンドを付けるというね。エンドに噛ますところなども、加工につぐ加工でありますな。

 DSC_0294_convert_20170221213054.jpg

 後ろ子のせを固定するために荷台を付ける。この優雅なカーブはデザインではない。取り付けるために曲げて長さを調整したんだよね。

 DSC_0295_convert_20170221213044.jpg

 リアのホイールに共締めする際も、ぶっといシートステーを避けるように、オフセットしてやる、それを両者にして、荷台取り付け完了。

 その荷台に、子のせを付ける。

DSC_0297_convert_20170221213034.jpg

 付いた!ただそれだけじゃあない、

DSC_0299_convert_20170221213024.jpg

 こうやって、ピラーに物理的にも固定する。

DSC_0300_convert_20170221213014.jpg

 このように前後はベルトで車体に固定して、子のせ本体がさらに荷台に噛みつくという三点止めの形を取ることになりました。まあ、落ちないな。

 DSC_0288_convert_20170221213146.jpg

 なんか、お母さんらしくなったよね、BMXのママ狸ん化であります。

 専門設計ではないので、ペダリングの際かかとを上げたままにしないと、子供とかかとが干渉するかもしれないね。そういう一般車では起こりそうにないことも起こるので、その都度対応ということだな。

 全部が全部、電動に乗る必要もないし、お母さんだからといって、かわいい自転車にばかり乗らなくてもいい。こういう自転車が保育園なんかに入ってきてもいいよね。それがお父さんでも最高だな。

 基本、たいていの自転車のたいていの場合に、子育て仕様にはできるので、各人各様面白い子育てを試みてくださいね!

 ご協力いたします!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター