メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |カーゴバイク tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

機動力は最高のカーゴバイク オムニアム

000 DSC_4136_convert_20190810205530

 前二輪、後ろ一輪、合計三輪で動く当店発のカーゴバイクであります。今バック機構を考案中・・・、これが出来れば頭取るねと、勝手に思っているんだが・・・。

 ただ、ものをはこぶというのも用途というのがありまして、ただ運んでいればいいってもんじゃない・・・。運び方にも色々あると思います。

 当店発のものは百キロは全く問題なく運べます、前の箱の木枠を工夫すればちょっとした長物、車椅子等も運べます、もう工夫次第ですね。ドッシリしているので、止まればちょっとした店舗としての機能もはたします。

 ただ、難を言えば、三輪という意味では二輪ほど機動力が無い。動きが鈍重であります。俊敏、機敏といったところからすると対局にありますね。まあ、それはこいつ持ち味として活かせばいい。

 ただし、輸送にスピードの要素が必要だというものに関しては、これまたスゴイカーゴバイクが登場していますな。



 こいつであります。デンマーク製なんだと。

DSC_6111_convert_20190911102152.jpg

 オムニアムという名前が付いています。デンマークのメッセンジャーから発祥しているということで、スピードと機動力に関しては、こいつはほぼ最高なんじゃないか?と思いましたね。

 DSC_6106_convert_20190911102050.jpg

 車体は二輪、前に荷物を置くということで、アレックスさんのカーゴバイクと構造はほとんど同じといえます。ただ、こいつは重心が高い、その分機動力は飛び抜けている。

 この前輪とハンドルの間が長く造ってある。この台をはぐると、

DSC_6172_convert_20190911102230.jpg

 こうなっています。ほとんど特殊パーツは使っていませんね。

 DSC_6173_convert_20190911102246.jpg

 このロットぐらいかな?後はほとんど既存の自転車パーツで組み付けられます、そういう意味でありがたいですね。特殊パーツだらけだとメンテの際大変ですからね。

 DSC_6177_convert_20190911102301.jpg

 この辺も自転車のヘッドパーツですね。

 ここに、台を取り付けているのが、このカーゴバイクの特徴です、

DSC_6099_convert_20190911102011.jpg

 サドルの上から見るとこんな感じ。重心が高くて、前に付いていると、大した重さは運べないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、お荷物を載せて試乗してみました。

 DSC_6101_convert_20190911102024.jpg

 この台に子狸荷物、約30キロ、米袋一袋の重さがありますが、こいつを乗せて走り回りましたが、全く問題なし、さしたる重さを感じないし、ステアリングにも影響がない、倍くらいでも大丈夫じゃないか?と思えるほど。

 ただ、あまり縦の丈のある荷物は苦手のようで、その重心が崩れると、車体自体持って行かれる可能性もなくはない。なので、荷物をしっかり選べば、問題は無い。

 DSC_6107_convert_20190911102104.jpg

前輪は二十インチ、油圧のディスクブレーキが付いている、申し分ない。

 DSC_6112_convert_20190911102206.jpg

 前シングルで、リアのスプロケが仰々しいが、試乗してみると、このくらいは必要だね。実に快適、多少の坂もスイスイと、前シングル・・・・シマノの思惑とは逆に行ってしまったと思うが、何も考えずに、単に重く、単に軽くしたいというだけの乗り手になら、前シングルは悔しいほど優れている、と思うね。

DSC_6108_convert_20190911102117.jpg

 ハンドルはフラット系のものが付いているが、これはもう少し後ろに引いてもいい、プロムナード系のハンドルでもむしろいいかもしれない、そんなものは後からでも何とでもできる。

 そして、この手のカーゴバイク最大の難点と言えば、保管場所をどうするか?ということだ。それについても、こいつは頭一つ出ている。

 DSC_6169_convert_20190911102218.jpg

 一般自転車と同じとまではいかないが、このように立てて、ちょっとした治具で固定してやれば、驚くほどの場所は取らない、一般家庭、または集合駐輪場に置くことは可能・・・と思われますね。

 この世界でも、まあ、色々な工夫があるなあ、と感じさせられました、一台であります。

 DSC_6104_convert_20190911102036.jpg

 今流行のウーバーなんて、最適かもしれませんね。メッセンジャーには色々縛りがあったらしいですが、もっと立体的なものまで含めて総合的なもの運びということを想定すると、この手の選択肢はありがたい展開になるでしょうね。

 路上店舗としてドッシリ構えるなら、当店型三輪カーゴバイク、スピードと機動力を活かしたいなら、オムニアム・・・と棲み分けも出来そうですね。

 残念ながら、当店にサンプル号は置いてありませんが、希望者がいるようでしたら、試乗会など催しますので、ご連絡お待ちしています。

 これからのスタートを切る仕事は、この手の自転車からかもよ!
スポンサーサイト



二台そろってネバダへ



 先日の省きバージョンのカーゴバイクですが、この路線でカーゴタクシーとして、この8月の下旬にネバダ砂漠のバーニングマンイベントに出かけることになりました。

 省けるもの省いて、構造強化して、できるだけ重量を下げて、飛行機に追加料金なしで積んでいくこと、色々工夫いりますね。

 69126434_2174761342635599_2282909546005397504_n_convert_20190819222208.jpg

 このバーニングマンの模型、革で作られているようです、こんなのもついていくんでしょうな。

 そして今回はこれだけではありません。こいつも連れて行くことになりました。

67434946_2137752609669806_8893111312607870976_n_convert_20190817014348_20190819222756eae.jpg

 これです、アレックスさんの自作、二輪カーゴバイクです。これとの比較をいうと、荷物は当店のもんが積めますが、三輪と二輪での走行性能の差をいうと、アレックスさんのバイクは抜群に乗り心地と機動力はいいですね。

 ですから、少量荷物であれば、アレックス号をおすすめします。

 今回当店のカーゴバイクは人を乗せ、アレックスさんのバイクはものの移動またはコーヒーの給仕に使われるということです。

 さて、こいつもそのままでは飛行機に積めませんので、解体していきます。その解体指南にアレックスさんも登場。

DSC_4356_convert_20190819222222.jpg

 解体しての収納性や持ち運びの良さは、アレックス号は徹底して出来ます。それだけに、解体も細かく、組み付けもソコソコ技術がいりますね。

 ネバダで組み付けないといけない、吉沢さんはしっかり覚えようと必死ですね。

 DSC_4358_convert_20190819222249.jpg

 こちらも前輪がハブダイナモだったり工夫されていますが、今回は軽量優先ということで、通常のホイールに交換、ライトなど外していきます。

 しかし・・・、ここ数年、アレックスさんと店主が非常に似てきています・・・。この5月アレックスさんの実の弟さんがフィリピンから来日したんですが、実の弟さんよりも、店主のほうが兄弟みたいでした。

 DSC_4357_convert_20190819222233.jpg

 カーボバイクのカゴを回避するために、ワイヤー類が長い、そのワイヤーワークなどをしっかり指南しています。

 DSC_4361_convert_20190819222259.jpg

 この箱もすべてバラして五枚の板にできる、その外し方とばらし方を徹底的に仕込まれる。

DSC_4364_convert_20190819222312.jpg

 いよいよ、後輪を外しに、これはローラーブレーキだが、この辺のことを考えると、Vブレーキ等にして置く方が楽かもしれない。

 DSC_4367_convert_20190819222332.jpg

 そして、最後フレームの二分割、デモンタブルなのでありました。

DSC_4370_convert_20190819222412.jpg

 ここまで徹底して、バラすと、これだけコンパクトになる。

DSC_4371_convert_20190819222432.jpg

 ばらしの過程も、かなり綿密に写真に撮り、頭に徹底的にたたき込む。

 この後、それらの写真を資料に、今度は吉沢さん一人で、アレックス号を組み立てるなんてことやっていました。

 やはり、ワイヤーワークとその取り付けの際のワイヤーのほつれなどが、いかに大変かなんてことも、期せずして学んでいたようです。こちらは近くで、よほどで無い限り、口を出さずに見ている、これもまた別の指南でありました。

 23日に出立、其れまでに二回ぐらいは解体組み付けを繰り返しておくといいんじゃないかな?いくらやっても、現地ではいろんな事が起こるからね。

 さて、二台のカーゴバイクがどのようにご当地で使われ、どんな評価を得られるのか?ちょっと楽しみだね。

 無事終了して、お帰りの際には反省会含めて、ミーティングだな・・・これは。いいプロモートにもなりそうだ!

 カーゴバイクは、当店にありますので、試乗したい方はその旨お伝えください!

これが完成の全貌だ・・・



 先日仮組みの完成したネバダバージョン。とあるアメリカイベント内使用ということで、こいつに人を乗せて走るという企画に一乗りした感じ。

 これなら乗り降りは楽だよね。ドッカリした椅子を置くのもよし、絨毯敷いてその上に座らせるのもよし、ということで、この形状にしてみた。

 また、こうした簡易な形のほうが、ものによって、場合によっては都合がいいことも大いにあるだろうということで、このカーゴバイクの持っている可能性をどこまで広げられるか?ということを試してみることこそ、当店の役割なんじゃないか?と思う訳ね。

 まあ、購入してきたものを右から左へというだけじゃあ、他でもやっていそうだし、何より面白くはないからね。

 ただ、、こいつのこうなる以前の、典型ということについては、その設計思想を知るという意味でも重要なんで、今回再現してみることにする、当店としては珍しく・・・。

 DSC_4136_convert_20190810205530.jpg

 一言で言うと、こういうことなんだが。先のやつが、ワゴンと背=ハンドルだけだったのにたいし、プラス三面が囲われた、完全な箱が前に付いている、これがこの自転車の完成形なのだ。

 DSC_4113_convert_20190810205347.jpg

 見方によってはかなりデカイ箱だ。ただし、台も引き出しも敷居も何も付いていないただの箱なのね。ある意味ここを基体に、どんな使い方をするか?によって本当応用が利く、というように捉えていいわけだ。

とりあえず、内部の具体的な長さだけでも測っておこうか?

 DSC_4105_convert_20190810205311.jpg

 まずは横幅、狭いほうね、この長さはちょうど610ミリ。

 DSC_4107_convert_20190810205321.jpg

 そして縦幅は、875ミリ・・・と、相当デカイと言えますね、ただし、それより長いものをという時には、冒頭の三編枠なしのほうが都合がいいこともあるということだな。

 あとは高さ、

DSC_4109_convert_20190810205329.jpg

 低いところで400ミリ、

 DSC_4111_convert_20190810205338.jpg

 高いところで500ミリ。ということで、具体的な幅や高さがわかったところで、再度ご覧ください。

 DSC_4113_convert_20190810205347.jpg

 この箱ですが、この箱自体に機密性はありません。なので、防水性のシートのようなもの、例えば大きめのブルーシートのようなものをざっと箱に合うように敷き詰めると、その上から水を張ることも出来るようになります。

 そうすれば、金魚屋さん、その水にデカイ氷を入れて浮かべて、その中に飲料を入れて売り歩く、または豆腐屋なんてことだってできるようになりますな。

 でもまあ、メイいっぱい仮に水を入れたとしたら、それだけで200キロは超えてしまう。それに急ブレーキなどを掛けたら、スピードによっては大量の水が前面にドバーッとこぼれて、引き波で乗り手がずぶ濡れ・・・、なんてことなども計算して、蓋なども工夫しなければならなくなるだろうが・・・。

 その他の機構としては、

 DSC_4119_convert_20190810205406.jpg

 箱を支える二十インチのホイール、ディスクブレーキが装着。

 DSC_4123_convert_20190810205435.jpg

 同じものが左右に付いています。つまり前二輪がダブルディスクブレーキという構造、重いものを止める際の必要な装備なんでありましょう。

 DSC_4120_convert_20190810205415.jpg

 リアは6段ギアが付いています。

 DSC_4121_convert_20190810205425.jpg

  ブレーキはVが付いています。

 DSC_4117_convert_20190810205357.jpg

 両方のブレーキレバーにはストッパーが付いていて、それを押しておくと、常時ブレーキのかかった状態になります。つまり車でいうサイドブレーキのようなものですね。

 このブレーキの機構についても、ちょっと店主なりの考えがありまして、車体を左右に進ませる時、腕だけで箱全体を回すというのではなく、曲がる方だけに軽くブレーキを当てることによって、左右のスピードをずらし、その力を利用して曲がる、というアイデアもありだろうなあ・・・なんて考えています。

 そのための改造なんかも・・・ねえ。

 DSC_4129_convert_20190810205453.jpg

 あと、今は何もありませんが、これで商売なんかをしようと思ったら店名や、商品名や絵なんかもあっていいはずですね。レンタルにするなら、外付けの看板なんかも取り付けられるようにしておきたいですね。

 DSC_4130_convert_20190810205503.jpg

 この正面なんかも見せ所ですねえ・・・、写真、イラスト、文字などいろんなアピールが出来そうです。知り合いの看板屋さんなどと作戦練るのもいいなあ・・・。

 そして、店などにするつもりなら、屋根や、パラソルなんていうものあっていいでしょうな。

 DSC_4131_convert_20190810205512.jpg

 こうした四隅に細工して、長い柱を立てて、そこに布を張る、なんてこともありでしょうね。

 DSC_4134_convert_20190810205521.jpg

 または、これはワイヤーをまとめるための筒ですが、そんなものを取り付けて、そこに傘を差してもいい・・・。

DSC_4136_convert_20190810205530.jpg

 とりあえず、これが完成形ということを今回お知らせしておきまして、こいつらをどう今後使っていくか?などルールや、決まりなどを作っていきたいと思っています。

 こうした自転車で起業したいという人、購入する前にレンタルをまずはしてみたいという人、継続的な仕事ではなく、デカイ荷物を運びたいという人、まあ色々用途は考えられますが、徐々に具体的使用として、展開していこうと思うわけであります!

 自転車で起業しよう!

 

進化するカーゴバイク



 台湾から届いてものをまずはどこまで省けるか?でもって、組み付けてみたのがこれでありました。

 通常、このカーゴバイクの設計は四面があって、箱の形をしているんですが、もちろんそれもありながら、より機能的な形を求めて、実験中ということかな?まあ、同じカーゴバイクでも色々と載せる荷物によって、選択肢がある方がいいよね。

 ということで、箱形からワゴン型で展開してみたんだが、やはり設計の想定外なもんで、色々問題があった。
  
 その一番が、強度の問題。L字だけではハンドルの部分が前後してしまい、ちょっと使い込んだら、根元から金属疲労でへし折れるのが分かるくらいグラグラする、こいつは早急にどうにかしなければならない、ということでやってみた。

 DSC_3988_convert_20190804220438.jpg

 強度をモロ補うなら、鉄に越したことはないが、今んところ実験もかねてなんで、アルミ材のL字棒を使うことにした。

 DSC_3989_convert_20190804220449.jpg

 単なるアルミ板よりもL字の分強度は上がるだろう、ということで。

 DSC_3990_convert_20190804220459.jpg

 左右に同じL在を使って三角を作ることに、これで特段強度が上がりますね。グラグラしていたのがピタリと止まります、三角は偉大だ・・・。

DSC_3991_convert_20190804220510.jpg

 既存の穴を利用したんで、材料には穴空けたが、車体には穴空けずに済んだのだ。

 では、強度実験と行きましょう。

 DSC_3992_convert_20190804220519.jpg

 前に子狸、約30キロを載せて、走ってみる・・・。ブレーキをかけても、ハンドルまわりのたわみはない、なかなかいいぞ!

 DSC_3993_convert_20190804220530.jpg

 オ!いつの間にか二匹に増えている・・・。でも、ブレーキングによるたわみもなし、アルミ板けっこういけてます、まあ耐久性はちょいと落ちるかもしれませんが・・・。極端な坂などがなければ、100キロ越えの荷物なども、ほとんど問題は無い・・・と思われますね。

 DSC_3999_convert_20190804220540.jpg

 ちなみにですが、あの枠内に、ほぼピッタリと車椅子が載せられるんですね。ということは、少なくとも機能上は車椅子カーゴタクシーが出来るということであります。

 DSC_4000_convert_20190804220550.jpg

 ちょっとずつですが、課題を克服していきながら、より使い勝手が良くなっていくんでありましょう。今回の強度実験により、試乗希望の方に、本車体の解禁ということにいたします。ご希望の方は気軽に声を掛けてください。

 究極は、座ったままでバックのできる車体にすること、重い荷物の時、いちいち車体から下りて、ハンドルの切り返しするのが大変面倒なんですね、バックさえ出来れば、多少時間がかかっても、体重をうまく利用して、車体の処理として、かなり複雑な操縦も可能となりましょうからね。

 バック可能にする実験などもボチボチ始めていこうかと思います、こんなものができあがったら、このカーゴバイク業界では頭一つ出るかな?

 ちょいと頑張ります!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター