メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

スモールパーツでメンテはほぼ完璧!手組の強さ



 この写真じゃ見えにくいですが、引っ張り出したシャフトに、埃のようなヒゲが出ていますね。

 これは何かと言いますが、どうもシャフトの切り子らしいんです。というのも、この玉押しのナットがほとんど動かない、という事から始まっています。その状態で持ち込まれてきた。

 原因はわからぬまま、下を固定して、ハブナットで回していくんですが、回らなくもないながら、大汗。回している最中にこの手の切り子が出てくる。ナットがダイス状態でねじ山「修正」かよ・・・という感じです。

 外したあとシャフトを触ると熱い。そのくらい抵抗があったという事です。

 もしこれしか無いなら、9ミリ1ピッチのダイスで本当の修正をするところなんだが、10ミリは持っていても、9ミリはない。仮にあっても、すでに切り子が出ているので、ガタガタになる可能性ありだよね。つぶれたねじ山にはいいが・・・。

 そういう時にありがたい、ものがある。

 DSC_0675_convert_20170702190701.jpg

 これね。このハブはなんとプロも使うデュラエースの競輪用ラージフランジなんですよ。という事は、スモールパーツ類はワッシャー一枚から、シマノさんより取り寄せができるということ。

 毎回、この制度に関しては、本当すごいと思います。もちろんカンパさんもやっていますが、その取り寄せ安さといい、値段の安さといい、まあどんなに逆立ちしてもカンパサンは勝てないね・・・。スラムは知らんが・・・。

 そんなわけで、中身一式取り寄せてみた。

DSC_0677_convert_20170702190718.jpg

 ちょっとズッシリ・・・なんだが、重さというより威厳と言った方がいいかな、作りもいいね。

 DSC_0678_convert_20170702190726.jpg

 フランジ内をきれいにしてから、グリス、ボールベアリング[新品)、グリスというように重ねておく。

 DSC_0680_convert_20170702190736.jpg

 そして、ここに、シャフトを戻してやるが、最後に玉押し調整をする。ちょいとコツはあるが、何度かやって見るしかない、という奴。

 ちょっと締め気味にして、増し締めで戻すして、ベストを狙うといっておきます。

 DSC_0695_convert_20170702190744.jpg

 こいつでフロントはライジアル組します。テンション高め。

 DSC_0697_convert_20170702190752.jpg

 ものはアラヤのSA730、DT585がなくなっていく中で、がんばって欲しいリムでありますな。ポリッシュ、ですが同じ種類でブラックものものあります。

 アラヤは柔いが精度はよし、というのが定番で、こいつもちょいとテンション高めで組んであるので意外と使い勝手はいいんじゃないか?と思います。

 相変わらず手組ホイールはやってます!特殊パーツがないので、スポーク折れなど、メンテが楽!ハーツの組み合わせ、スポークの組み方も自由と、面白みもありますわね。リム単体は少なくなってきたとはいえ、まだまだがんばってくれているところがある。クラシカルに耐える完組も無くはないが、その辺は、まあお任せを!という事で、手組ホイール、しぶとくやって参ります!
スポンサーサイト

もっと速くできないか?足以外の足回りで・・・



 ブルーノというの、ちょっと異彩を放っている・・・といっていい方かな?決してモロ今風のものは作らず、落ち着いた感じのレトロ風のものを作っているというイメージはありますね。

 なので、車体全体がおとなしい、優雅にのるタイプ・・・といってもいいかな?そういう自転車がやってきたんでありますが。

 今回のメインの依頼は・・・、なんとこれ速くできないですかね?ということ。

 速くする?といっても車でないんで・・・なんてとぼけてもいられない。まあ手っ取り早くはだ、自分の足を鍛える事だよ!という鉄則を言ったとしても、自転車屋に来ているわけで、トレーナーのもとに来ているわけではない・・・。
 
 という事は、自転車そのものの中で、同じ力だとしたら、より速く走れるような状況を装備として整えられないか?という事なんでありましょうな。

 こういうとき、コンポの入れ替えなんてしても・・・まあダメでしょうな。多少は軽くなっても、それが速くなる事に直結する・・・とは言い難い。

 少なくとも主観的な感覚として、ソラをデュラエースに変えても、オオスゲー!という速さの体感を得る事はできないでありましょうな。

 機能的な違いは多少あるかもしれませんがね、・・・でも昨今のソラもよくできているからなあ・・・。

 フレーム変えるという手も無くはないが、自転車の同一性を何で見るか?というとやはりフレームな訳で、そのフレームを変えるとなったら車体が変わるということを意味するので、「この自転車で、もう少し速くなりませんかね?」という問いに答えた事にはならないでしょうね。

 となると、残りはホイール・・・という事になりますな。確かにホイール交換は、速さの体感としては、一番感じられるものかもしれません。

DSC_0650_convert_20170622215154.jpg

 クラシカルなイメージを重要視したのか?銀輪ですねえ。

 ガラッと変えてしまいましょう・・・。それも今は無き・・・あのリムで・・・ね。

 DSC_0626_convert_20170622215120.jpg

 DTですよ、DT・・・。これは585よりもさらに前に消えてしまいましたね。585程の予算を取れない人に、よく勧めていましたな。

 DSC_0625_convert_20170622215112.jpg

 こうなるともうクラシカルもレトロも吹っ飛びます。ひたすらまっすぐ剛性で引っ張るこのDTホイールの存在感はありますな。

 DSC_0627_convert_20170622215128.jpg

 前後DTのディープ系に挟まれたブルーノ君は、さぞや威圧感にさらされている事でしょう。前後のホイールがパキッと決まると、今度はフレーム自身の剛性感が問われてくる・・・という展開にもつながるかもしれませんね。

 まあ、暫くこれで走ってもらいましょうか?

 DSC_0652_convert_20170622215212.jpg

 くたびれたバーテープを交換します。これがいい雰囲気のものが来ましたよ。

 DSC_0624_convert_20170622215103.jpg

 渋いでしょ?この手も今後はささやかに広めていこうか?と思います。

 DSC_0628_convert_20170622215137.jpg

 あとは点検もかねて、ワイヤー類の交換もして、内的な連携を見る。外回りが決まっても、内側が整っていないと、ギアが暴れる、ブレーキが不安とあっては、集中しての速さの体感はできません。

 DSC_0622_convert_20170622215054.jpg

 あとはポジションも重要なので、納車の際に見ましょうかね。

 しかし、前後ともにDTにてガッチリ固められたブルーノ君・・・徐々に、速さの自信が出てくるといいね。最初は堅いホイールに転がされる感じがするかもしれないが、鉄フレームには踏みどころのようなものがあるから、そこを軸にいい連携が取れると、鉄特有の粘りのある突進力が生まれてくるでありましょう。

 もちろん踏み手の技術にもよりますがね、そういう意味で自転車の基本は本人の足が一番!そして自転車自身=フレームと足回り=ホイールとのの連携が第二・・・といっていいかもしれませんね。

 いずれにしろ足は大事だ、それ以外のエンジン=動力が無いんだから・・・、当たり前か。

ホイールの修正可能か不可能か?



 実用自転車に700cのホイールをはめた、改造車。最初は既設のホイールのままいらないものをとって、ハンドル回りを変えて作ったのが、改造ママチャリ。

 人間、カテゴリーに収まらないものがあると、それに対してどう対処していいのかわからなくなる。

 子どもの頃、チーズをあめ玉大に切って、それをキャンディーのように、両端をねじってくるんだチーズキッスというのがあった。

 食べるとチーズのようなんだが、なんで飴のような形なんだ?と不思議で仕方ない。今ならそういう形の「チーズなんだ」と思うだろうが、当時はなんで飴の形をしていなければならないのか?全く理解できない。しまいにはチーズなのか飴なのかすらわからず、その理由を親に聞いたんだが、「食べやすいじゃない」という・・・。でもなんで飴の形にして何がしたいんだ?何を食わせたいんだ?

 この幼少の頃の混乱は、たぶんその目の前のものが、飴のようなチーズなのか?チーズのような飴なのか?がわからない、お菓子系なのか?食事系なのか?すらわからないカテゴリカルな混乱状態にあったんじゃないか?と思うんだが・・・。

 同じくこんな自転車が出てくると、まあ、上のような自転車はカゴもあって実用車よりではあるが、サドルが高く、ホイールがスマートで・・・こいつ一体・・・何なんだ?というカテゴリーの混乱を起こすんじゃないか?と思うんですね。

 今でこそ改造ママチャリなんていってますが、それがそういうもんなんだとカテゴリカルに安定するまで多少時間がかかったんじゃないか?と思います。

 パパチャリとか名前付けてつるしてみたものの、なんともまわりの反応の鈍さがあったように記憶しています。そんなわけで十年先に行っている当店は・・・というマクラを使い始めたんでありました。

 そういう流れの中で、自分で改造して出てきたこいつですが、なにやらホイールがおかしいらしい・・・。

 DSC_0625_convert_20170617222240.jpg

 ブレーキシューとリムの間を見ると、ピッタリくっついています。

 DSC_0626_convert_20170617222250.jpg

 わかりにくいですが、こっちの写真ではシューとリムの間がかなり開いています。つまり大振れを起こしているんですね。

 原因を聞いてみますと・・・、大人げなく二人乗りをしてしまった・・・と。つい荷台があったので・・・。その出来心わからなくもない。たぶん夜道でしょうな・・・、「足が痛い!」とか甘えられたんじゃないのかな?知らんがね。

 「エエ?これ700cだからなあ・・・」

 「なにそれ?」

 「レーサーのホイールなんだよ・・・」

 「だから何よ」

 「何よって・・・、微妙なんだよ・・・」

 「微妙って何がよ・・・」

 「微妙は・・・微妙ってことだよ・・・」

 「イタタタタ!もう歩けない・・・」
 
 「仕方ねーな・・・、じゃあ軽く乗れよ」

 「軽くって何、あたし六〇キロは無いわよ・・・」

 「ウ・・・重てえ・・・」

 その後どこにしけ込んだか知らないが、その結果ホイールは曲がってしまった。いっとくがね、外からの力で曲がったリムをスポークで直すことはできません。

 もちろん一見直るようなことは起きますが、その際力ずくでスポークが曲がったリムを引っ張っているところとそうでは無いところがある、つまりテンションがばらけているわけで、その状態でまた体重をかけるとホイールはぐんにゃりとポテチとなる。

 これは何度やっても同じ結果になりますので、外からの力による変形をスポークで直すことはできません。

 なれば?

 DSC_0635_convert_20170617222315.jpg

 別のリムで組み替えとなります!

 DSC_0636_convert_20170617222324.jpg

 手組で丁寧に組む、ハブは元のものを使います。

 DSC_0637_convert_20170617222333.jpg

 振れもないので、シューをこれくらいぎりぎりまでリムにくっつけても問題は無い!

 事故によるホイールの振れは、状態にもよりますが、おおくは組み替えをおすすめします!

DSC_0634_convert_20170617222306.jpg

 しかし、日常使いにはこの手の自転車が一番使い勝手がいいかもしれない・・・と最近つとに思うようになった。

 ポジションが出ていると疲れず、力を最大限車体に載せられる、つまり長距離乗れるようになる、決して走りを犠牲にしていない。

 そしてカゴ・・・、これは付けたら最後、外せなくなる。

 そして、盗難の危険性が低い。走るし、荷物も載せられて、かつ盗まれにくい・・・なんて夢のような自転車でしょ?

 これからは、当店に常設して置いてもいいような車種です、通勤用にもいいよね。すべて五万以内でバリエーションが取れたら・・・ねえ、そんなことを考えながら、ボチボチ作っておこうかな?というね。

 と同時に、またカテゴリカルに不安定な車種を作っていきたいもんだ、その不安定の間に十年先に行く・・・、そうすればまた十年は安泰?なわけねーか・・・。

000 18595182_1384692071609957_3099710968166207545_o_convert_20170613182744
※18日日曜日はフリマも開催します!お待ちしています!

000 DSC_0583_convert_20170606212850
※19日月曜日、夜七時より、ラテン娘、マヤ太郎の悶絶南米お話会を行います。事前に参加の意思表示お願いします!飲み食いあり!会費制!

完組を手組で直す!



 マビックの名作だろうなあ2013年のキシリウムなんでありますね。

 確か登場してから十年はたっていないかな?フリー側をわざわざラジアルにしたという、挑発的な組み付けに驚いた記憶がありましたが・・・。

 DSC_0386_convert_20170415224613.jpg

 何から何まで、独特の設計で作られているようで、ハブも回りがいいし、スポークだって、非常に変わった形をしています。まあ乾麺のきしめんを思わせるような太さのスポークですから、ラジアルも故なきことではないんでしょうな。

 この完全無欠のキシリウムが事故のあってしまい、フロントのリム一本を駄目にしてしまった。と同時に、衝撃でスポークにヒビでも入っていたんだと思うが、外す際にポキンと折れた。

 ハブは十分に生きているが、リムとスポーク一本・・・どうしようか?

 ダメ元で、マビックに問い合わせてみたところ・・・。

 
DSC_0356_convert_20170415224554.jpg

 なんとリム単体でやってきた・・・。これにはちょっと驚いたなあ、まさか・・・ねえ、と思ったよ。

 そんでスポークの方は?というと。

 DSC_0399_convert_20170415224631.jpg

 特殊形状のものがやっぱり来た。ただ、片側一式ということで九本届いた、一本でよかったんだが・・・。

 想像はつくと思うが、材料費単体としては、決して安くはない・・・。ただ、ただでさえ高額の完組ホイールがよみがえるのだとすれば、安い・・・ともいえる値段だわな。

 DSC_0400_convert_20170415224640.jpg

 これが特殊スポークの構造、ニップルも特殊、太い部分に分散して力がかかる、いいんじゃないの?

 材料がそろったところで、後はいつものように、振れ取り台において組み付ける。

 DSC_0401_convert_20170415224652.jpg

 これが特殊ニップル回し、何から何まで特殊だわ。
 
 安心して、トルクをかけられる、かなり堅いホイールに仕上がったかな。

 当店は手組を大事にやってきているので、必然的に完組の出荷はほとんどない。でもやろうと思えば、シマノだの、カンパだの、フルクラムだの、ジップ、コリマどこからでもとれるんだぜ。

 でも手組をやっていると、面白いことに、こうした完組のメンテの依頼が来るんだよね。なんでだろうね?完組買ったショップに持って行けばいいのにね。

 どうでもいい話、古い手組などやめて、コスパのいい完組にしたら?なんて頼んでもいないコンサルが来たりするんだが、こういうことなんだよ。

 完組だけをあてがて、手組ができないとすれば、完組のメンテも明るくはないだろう、ということね。

 自転車の、ひいてはレーサーの肝は売ることだけではなく、メンテにもウェイトがかかっているはずね。直しながら乗る、調整しながら乗る。

 そういう意味で、手組は完組を内包している。なので、見据えている地平が全くもって違うので、つまらんコンサルは無用ということだ。

 DSC_0397_convert_20170415224622.jpg

 そんなわけで、手組によって再生した完組君。また前後で仲良く走れるね。よかった、本当によかったね。


DSC_0397_convert_20170414230345.jpg
※16日日曜日は、柳沢駅南口で、フリマをやっています!店番もいますが、是非遊びに来てください!

DSC_0401_convert_20170414230412.jpg
※謎のこいつがお待ちしています!

完組ホイールのベアリング交換 レーシング7?

000 17159301_10154645045513089_318636259546752512_o_convert_20170307175643

 こういう写真は通常載らない、いつも店主本人が下手なシャッターを切っているんでね。たまたまプロ級が撮るとこういうことになる、なんとも仕事している感満載だな。

 ある意味いつものやつでありますよ、完組ホイールのベアリング交換。当店は言わずと知れた手組ホイールの拠点なんですが、だからといって完組ホイールに冷たくつらく当たるようなことは基本いたしません。

 たぶんですが、完組しか置かない店は、ホイール自身をいじる機会が非常に少ないんじゃないか?とね。そうなると売っていながら、ベアリング交換やスポーク交換といったスモールパーツ交換もあまり積極的にやらないんじゃないかしら?

 まあ、それぞれの店の考え方があるので、いいんだが、そのせいか、どのせいか?そうした仕事の依頼が来る・・・ということですわ。

 持ってきたのは、旧店舗・仮店舗近くの常連さん。じっとしていられない人。民俗学的冒険家兼カメラマン、登山家ブルベマンといったら、知る人ぞ知る彼しかいませんね。

 DSC_0223_convert_20170307174952.jpg

 ベアリングはすべて持ち込み。二種類必要です。ハブ本体とフリー本体の二種類。このフリー本体の交換に手を焼いたわいな。

 DSC_0225_convert_20170307174943.jpg

 これフリー本体です、裏側から見ているんだが、中心にシールドベアリングがありますでしょ?これを手前に出すわけには行かない。ラチェット構造は取り外すことができないのでね。

 DSC_0226_convert_20170307174933.jpg

 だからコチラから取り出すしかない。手前に見えるのがCリング。こいつを外さないと行けないようだが、奥にあるので、手持ちの工具では届かない。こじるしかない・・・。

DSC_0222_convert_20170307175002.jpg

 なんとかとれた・・・。あとは中を掃除して、新しいベアリングを戻して、グリス充填してという手順なんだが、あまりベアリングは叩きたくはない。

 DSC_0228_convert_20170307174924.jpg

 なのでできるところは、こうしてシャコマン圧入。ゆっくり確実に入っていく感じは悪くはない。ただ、すべてそれでできるとは限らないというのが、難しいところ何だよね。ハブ単体ならまだ万力等が使えるんだが、ホイールとなると、そもそもが挟めないですね。

 DSC_0231_convert_20170307174915.jpg

 各所新品ベアリングを圧入していきます。

 DSC_0232_convert_20170307174902.jpg

 トラブルフリーの過酷なブルベに出るんだから、シーリングはしっかりしているものの方がいい。

 DSC_0234_convert_20170307174852.jpg

 こうしてシャフトを通してね。中にはスルーアクスルという、新規格・・・といってもマウンテンの方では相当出ているようですが、ロードにとってはまだ今一な規格が一般化してもいいような、仕掛けがすでにしてあるものなんかもありますね。

 ディスクブレーキになったら、ハブの中心回りに力がかかるので、絶対に外れないよう、スルーアクスルは合理的かもしれませんが、ただそもそもロードにディスクブレーキって・・・どうなの?

 レース中のホイール交換はほぼ確実に遅くなるでしょうな、またフォークのエンド先が虫眼鏡のように丸くなっているので、ホイールなしの状態で落としたりしたら、その丸いエンドが楕円につぶれてしまい、スルーアクスルが通らなくなるということも考えられますな。

 DSC_0235_convert_20170307175014.jpg

 ま、そうなった時考えよう、暫くはクイックでありましょうか?

 とりあえず、元に戻して、軸の周りを見ると、確かにスルスルとよく回ります。変えた甲斐はありました。

 これで今月中に行われる300キロのブルベに出るんだとか・・・、本当にじっとしていられないお方なんだ。五月にはチェルノブイリ、七月にはロンドンエジンバラ・・・と、まあ多動だな、土産話の上澄みをかっさらうのはまた楽しい。

 本当いろんな人が来てくれるなあ・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター