メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

手組の暖かみ



 年代物のXTRの箱がやって来た。この頃のマウンテンコンポはむしろロードに近かったのかもしれませんな。

 そう今でこそねじくれたようになっていますが、元々スポーツ自転車のパーツのはロードがメインだったんですよね、これ重要。ズーッとロードパーツだった、そこについ最近になって、アメリカ辺りでビーチクルーザーを改造してできたのマウンテンバイクのもとで、そこにはロード系のパーツが付いていたんでしょうな、当然のこと。

 だから、最初のマウンテンバイクのパーツはロードパーツを参考に作られたに違いないですな。考えてみれば、当たり前ですがね。

 DSC_8380_convert_20200127222121.jpg

 この持ち込まれた年代物のXTRでもって、ホイールを組んで欲しい・・・というご依頼。当店ではよくある話なんですが、完組が主流となっている現代、その内ホイールというものがリムハブスポークからできてる構成物だという事すら分からない人たちが出てくるのかもしれないですね、いや、すでにいるのかもなあ。

 だから、ホイールを組んで欲しい、という要望すら出てこなくなる、ホイールはもう完成してあるものと頭からきめこんでいるわけだから。

 それをそうじゃなくて、三つのパーツから組み方まで含めて自分で思いの通り組めるんだよ、ということの火を絶やさないようにしないとね。まさに風前の灯火だよね。

 DSC_8383_convert_20200127222058.jpg

 しかし、この頃のハブはたとえマウンテンのものであっても、なんか光っているように見える。もう店主が年寄りだからかな?そして、今は黒パーツがあふれかえっている、作る方は黒しか売れないからというだろうが、買う方からしてみると、黒しかないからとしか言い様がないんじゃないか?まあ、その辺鶏卵論争になるのかもしれないが。

 懐かしのXTRのハブがやって来て、さて隠し持っていたリムを持ってきたのがこれ。

DSC_8379_convert_20200127222139.jpg

 アラヤものだわ。ロゴも凝っている、札に使われている、偽造できにくいあれのようだ。そして、リム幅も結構あるねえ。

DSC_8386_convert_20200127222025.jpg
 
 アラヤにしては、ジョイントが雑に見えるが、これもまた初期ものをどこからか持ってきたのかな?こうしたものをどこからか集めて持ってくるのは、あのニシキのアキラさんなのだ。知らない人は、検索してみると多分当店のブログでヒットするだろうな。当ブログ内では地味な有名人。あと少しでサブスリーに届くランナーなんだが、フルタイムの堅い仕事をしている。

 将来絶対に自転車屋にしてやろうと店主が狙っている、人物でもある。しかし、よくまあ、どこからか、年代物の面白いものをいつも探してくるよね・・・。

 DSC_8384_convert_20200127222048.jpg

 スポークはDTものをあちらからご指定。少量で発注できるようになったのは、マルイさんのおかげ。星なら在庫できるが、DTは高いのと百本単位でなんともやりにくかったんだが・・・。

 そしてもう一つご指定が、八本取りという指定。八本というと交差するスポークの裾野が広がるので、長くなる分重くはなるが、頑丈になるという組み方。

 競輪用のホイールは、八本取りということでレギュレーションとして決められているほどだ。

 DSC_8385_convert_20200127222039.jpg

 内がけのスポークがハブのフランジを抱えるようにして、捉えている。これ数年使って、ハブだけを摘出しようとすると、フランジの穴にそうように、スポークによってもまれた溝のようなものができるんだが・・・。

 これすなわち、ハブの穴つまり、スポークの首だけで支えているのではなく、フランジ全体でつまりスポークの首下10ミリくらいでもって、強度を支えているということの証左なのだ・・・と昔聞いたことがる。

 スポークの組み方は色々あって、それらの説それぞれにそれなりの理屈があると思うが。店主は進行方向に内がけをするいわゆる井上組というのを試みている。その理論的信念というのがまさによじれる方向に対して、スポーク一点、フランジホール一点で支えないように、という理屈からなんだがね。

 ただ、じゃあ、逆に組んだからといって何か支障があるのか?というと、師匠クラスで店主とは逆に組んで、かつてはすべて手組ホイールでロードのチームを支えていたかたがいるんだが、その実績から言っても、そこに決定的な間違いなどは無い、とおもいますな。

 大体世界中で一体何億本の自転車のホイールが1日回って走っているのか知らないが、そのほとんどがトラブルっていないということを考えると、手組ホイールの理論的主張の緩さというものがまた、多少手前勝手で面白い。

 完組からすれば、手組は緩いのだ、それぞれがそれぞれの理屈に酔いながら、なんとか作って走らせているわけだから。

DSC_8389_convert_20200127221856.jpg

 リムの色もいいね、胴のような色をしている。しぶいなあ。こいつに今風の太いタイヤを履かせるという。年代的にチグハグになるのかな?それをまた喜ぶ、まさにニシキのさんらしい展開だ。

 手組ホイールは、当店が閉めるまで続けるでしょう。その内、左官業のように珍しい技術として細々でも生き続けるのかもしれないね。そこに連なる流れをそれこそ細々ながら作っていこうと思います。
スポンサーサイト



超々超!軽量ホイール組みあがったよ! 早いもの勝ち



 ちょいと軽量のリムが手に入ったので、組み上げてみたんですね。それも軽量をだいぶ意識して、なので、これご希望の方全てに送るというわけには行きません。

 限定六十キロ台の方のみ、ということにしておきます。

 DSC_8260_convert_20200118190636.jpg

 リムハイト21ミリのカーボンです。

 DSC_8248_convert_20200118190504.jpg

 ブレーキシューの接触部分以外は、ツアやりのクリアが塗ってあります。

 DSC_8250_convert_20200118190529.jpg

 ハブは前後ともにTNI、前が二十本、後ろが二十四本のスポークです。はい、ここから軽量にすでに入っていますね。スポーク本数が少ないとそれだけ軽くなるからね。

 かつてホイールは、リム、ハブ、スポークという三点部品の一つ一つを選んで組み合わせて組んでいた、しかも、組み方も色々あって、一本のホイールが組み上がるには上記4つの要素が絡み合ってできていた、ということだったんですね。

 なので、21ミリのカーボンリム、ハブはTNIの軽量ハブ、そして、スポークと組み方は・・・と進みます。

DSC_8258_convert_20200118190627.jpg

 スポークはDTのバテッド、中央部分が薄くなっている分軽量化と、強度を両立させているとも言えるでしょう。

 そして、前輪ですが、最短のスポークを使うために、交差のないラジアル組にいたします。ハブを中心に放射線状にスポークを組むやり方です。もちろん裏表ともにね。

 DSC_8252_convert_20200118190551.jpg

 そして、リアはまずフリー側。スポークは同じDTのもの、そしてこちらはフリーを使って自転車を推進させる力のかかる側なので、四本取りにいたしました。

 このハブは二十四ホールなので、ホール一つ一つの穴の間隔が広いんで、四本取りでも、通常三十二ホールの六本取りに匹敵するでしょう。

 交差する端と端は広いほうが、スポークは長くなって重くなる分、強度が上がる、と言われています。チェーンによって力のかかる部分ですから、こちらは交差させることに。

 DSC_8251_convert_20200118190541.jpg

 そしてフリー側ほど力のかからないとされている方は上のように放射線状に、つまりラジアルで組むことに。この交差ありと交差なしでは、スポーク長はかなり異なってきてしまいます。十ミリ、二十ミリ違うことだってありえますね。

 ステンレススポークの二センチはかなり重い、それがスポーク本数部あるんですから、ちょっとズッシリとなります。

 スポークの組み方が、強度や重さに影響する・・・、完組しかオーダーしたことのない方々には、ほとんど思いつかない話なんじゃないか?と思います.

さて、超超超!軽量といった限りはどのくらい、軽量なのか?量ってみましょうか?

 まずはフロント、

DSC_8254_convert_20200118190610.jpg

 ハブスポーク入れて、なんと五百グラム切り!ウッソーって軽さです!

DSC_8256_convert_20200118190618.jpg

 そして、リアがフリーの機構が入って、なんと六百グラム強の重さですから、やっぱり驚異的に軽いでしょ?超が三つつくだけのことはあるでしょうな。

 オット、そうそう忘れていた、このホイールの最大の特徴の一つが・・・、

 DSC_8253_convert_20200118190601.jpg

 チューブラー対応ということです。流石WOの返しがない分軽いですね、驚異的に・・・。

 こいつに軽量チューブラーをリムテープ等で履かせたら、管理は比較的楽かと。あと、こいつを常用するというよりも、イベントやここぞ!という上りのときに使うという限定もんにするとなると、チューブラーでも決して悪くはないと思いますね。

 そして、今や一部以外は絶滅種に近いチューブラーですが、この領域ですがいいタイヤがあるんですよ・・・。奇跡的にいいタイヤがあります、何よこれ!と思わず瞠目してしまうようなね。

 そうしたタイヤを知らずして、スポーツ自転車!!!もネーだろうという気もしなくはない。知っときましょう、これを機にワンペアチューブラーにしてみませんか?とね。

 DSC_8261_convert_20200118190646.jpg

 クイックなしで、このまま渡しで税抜きたったの62000円ポッキリ、限定ワンペアのみ!

 売れるまで当店にありますんで、手にとって見るもよし、回してみるのもよしと言うことで、見学お待ちしています。

 六十キロ台限定、早いもんがちだよ、正月は終わったが、お年玉セールということで!

 ※チューブラーのタイヤ貼り指南や、定期的なフレ取りなどは無料ということです・・・。

手組最軽量のホイールを組んでみる その助走

DSC_8028_convert_20191226234151.jpg

 カーボンリムを取ってみた。ハイトは21ミリ、軽量ものを組もうとしている。

 DSC_8030_convert_20191226234202.jpg

 今まで何本かカーボンリムは組んできたが、今回初めて、クリンチャーリムを組んでみたのだ。チューブラーと違って返しがある、その分重くはなるんだが、これだけでも十分軽い。

 DSC_8031_convert_20191226234212.jpg

 ハブはTNIのこれまた軽量ハブ、それをスポーク20本でフロントを組んだ。二本取り、ラジアルよりも少し長くなるが10ミリくらいか?それに強度を出すために、今回またも一ネジリ。

 DSC_8036_convert_20191226234223.jpg

 リアもTNIの軽量ハブで駆動輪だけに24本、フリー側は4本取りの一ネジリ、反フリー側は少し強度を落としても軽量化を狙って二本取り。少し凝っているが、こうした組数で遊んでみるのも手組の面白いところ。

DSC_8041_convert_20191226234243.jpg

 フロントが600グラム強に

DSC_8043_convert_20191226234253.jpg

 リアが800グラム切り。両者合わせて1.4キロチョイ・・・。重さだけ見たらシャマルよりも軽く、ボーラになみ・・・。

 スポークはDTのバテッドを使用しています。

 ちょいとこいつは、試乗用にして・・・次の策を練る。

DSC_8038_convert_20191226234233.jpg

 これよりもより軽いホイールの隠し球あり。制限体重60キロ台なんて限定したりしてね。

 完成すれば、こんな手組ホイールをなんと六万円台でワンペア提供できればいいなあ、なんて考える・・・。

 年明け早々に、一発かまします、お年玉セールとかいってね!

輪泡 余ったホイールの使い方



 相当なんだが余ったホイールがイッパイ出てきた。今新装開店に向けて店作りをしているところだが、その分使わないもの、ゴミ系統のものも出てくることは大分ある。

 その中でも嵩張るのがこのホイール群。収納にも場所を取ります、リム単体ならいいんだが、ホイールはマジかよこんなに?と思うほど、場所を取られてしまいます。

 なので、使わないであろうホイールは廃棄しかない・・・のでしょうか?

 ちょっくらイタズラで、細工してみました。

DSC_7713_convert_20191208001652.jpg

 長めのタイラップを用意しましてね、

 DSC_7714_convert_20191208001703.jpg

 こんなことしてみるとどうなるか?なんてね。

DSC_7717_convert_20191208001746.jpg

 単管パイプにタイラップで止めて重ねては止めて、ホイールどうしをまた結束し・・・。

 DSC_7715_convert_20191208001713.jpg

 やっていく内に、なんかこんな感じになっていった。

 DSC_7718_convert_20191208001756.jpg

 なんかワッパであるホイールが泡のように見えてくる、名付けて輪泡とでもいいましょうか?

DSC_7719_convert_20191208001809.jpg

 なんかブクブクっとでも聞こえてきそうですな。

 もう少し見た目の工夫はいるかも知れませんが、単に横につなげるだけでなく、重ねたり、下に敷いたりをすることで、躍動感が出てくるようですね、さながら彫刻だ、嫌いではないなあ・・・。

 そして日が暮れると、

79238518_10157089054158089_4184270544079683584_o_convert_20191208001629.jpg

 こんな風に見える様になる・・・。

 捨てる予定だったホイールはほぼこの辺に収まった。捜せば、この輪泡を吹かせるところは、当店敷地内にもまだまだ多くありそうだ、今後この手のゴミが出てきても問題なく、オブジェとして再生出来そうだ。

 新装開店に向けて、一歩一歩のろいが確実に。

ロードエンド対策 ホイール替え



 小柄な方が乗る、650Cのレーサーですね。これもまたフランケンのような寄せ集め。クランクがミケ、ディレーラーがシマノ、そしてシフターが、

DSC_7594_convert_20191128174235.jpg

 今は亡きカンパのゼノンです。よくこんなの組んだよね。当店由来のホンダ劇場さんの産物。うん、なんとなく彼らしい感じはプンプンするな。

 で、何が問題かというと。

DSC_7579_convert_20191128174042.jpg

 リアホイール全体。もうスポークも折れてはいるが・・・、それ以上には

DSC_7580_convert_20191128174059.jpg

 この一見万能名はずのロードエンド、これが強く踏み出すときにホイール全体がクイッと曲がってしまい、タイヤがチェーンステーに干渉し、車体が急停車してしまう、ということが起きてしまう。

 店主も経験ありです。クイック自体をかなりきつく締めても、マジ踏みするとホイールが曲がって同じ現象で車体が止まってしまう。下りでの踏み出しなどは怖いね。

 そこで、それを動かなくすることの対策と含めてホイール組みの依頼が飛んできた。

 さて、どうするか?クイックだと動くとすると、同じ中空シャフトを六角で締めるやつもなくはない。ただ、それが動かないという保証が無い。

 さすれば、シャフト交換して、ナット締めにするという手は有効だろう。出来ればそこまで大仰にしなくてチェーン引きのような金具でもあればいいが、ロードエンドには取り付けは不可能だ。

 では、シャフト交換で?

 DSC_7589_convert_20191128174125.jpg

 こんな感じかな?

 DSC_7593_convert_20191128174213.jpg

 リムの種類が極端に少ないという弱点が650cには存在する。日本人、アジア系の体格からいうと650cはもっと普及、定着していいサイズだと思うんだが、どうしても長いものに巻かれがちな状況では700Cの天下がでかすぎる。

 タイヤからリム、ホイールに至るまで700Cの我が世の春だ。もう少しなんとかならないか?といつも思うが、小さい店がほざいても仕方が無いくらい、650cのその辺は弱すぎる。

 アレクシア、マビック・・・あとは怪しげな・・・メーカーしか作っていないんじゃないか?

 DSC_7590_convert_20191128174138.jpg

 スプロケ、タイヤ等継続して使えるものは戻してやる。

 DSC_7591_convert_20191128174149.jpg

 そしてお約束がこれ、中空シャフトを外して、通常の無垢のシャフトに入れ替える。そしてナットで鬼締めする。

 DSC_7592_convert_20191128174202.jpg

 まあ、これでズレることはないだろうね。その分、15ミリのレンチは携行しないとパンク修理などが出来なくなる、そこが面倒と言えば面倒だ。

 自分に合った、携行に便利な工具が見つかるといいですねえ。

 DSC_7588_convert_20191128174113.jpg

 はい、完成。装備なんか見ると、かなり走るお方らしい。調布で小料理屋さんをやっているのだそうだ、多摩川の近くかな?

 ちょっとこれでちょうきょり走ってみながら、様子を見てください!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター