メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

こりゃ当たりだ・・・



 ホイール組みの依頼が来ましてね。しかもピストホイール。

 今年はなんかピストの年、などと昨年暮れ頃、適当なこと言いましたが、それを追ってくるような依頼。スポーク以外すべて持ち込みです。

 しかしこのリム・・・、

DSC_1527_convert_20190123221716.jpg

 アンブロシオのクリンチャー。もう廃盤だろうねえ・・・、いいなあ、このロープロファイルが。

DSC_1528_convert_20190123221727.jpg

 これでシルバーなんてあったら、眠っている鉄フレーム、みんな起きて街道に出よ!と号令かけたくなりますね。こんなやつに知り合えるのも、持ち込み解禁の当店ならでは・・・なんであります。

 幅広く興味を持って、なんて言っても人一人のできることなんて、限界ありあり、こうして開いては多の力なりを借りることでもしないと本来の意味での広がりなど、持てませんからな。

 そして、今回・・・、

 DSC_1529_convert_20190123221738.jpg

 このハブ・・・、ある意味おなじみさんなんでありますね、デュラエースのラージフランジ、NJS仕様なんでありますが・・・。今まで何十個・・・いや、百何個といってもいいかもしれないなあ、いろんなデュラハブを触ってきましたが・・・。

 それはそれは、もうプロ仕様まっただ中ということで文句の付けようのない代物なんでありますが・・・。

DSC_1530_convert_20190123221750.jpg

 その中でも、こいつはちょっと違う・・・。

 何がって絶妙なんでありますな。回転が。グリスの粘度もいい。

 DSC_1531_convert_20190123221800.jpg

 しかも前後そろって、一段といい・・・わけで有ります。一体どうして?といいたいくらい、いい回転具合なんですね。

 一時回転の軽さに凝ったことがあって、下玉ワンと玉押しを鏡面仕上げにして、セラミックはさすがに使わなかったか・・・、それでも俗に言うA玉というものに入れ替えて、エンジンオイルとグリスを調合して粘度を下げて詰め替えては、いつまでも回るホイールをうっとり見ていた時期があったんだが・・・。

 でもまあ、そんな精度のホイールなんて、どこまで持つのやら。もちろん1試合持ってくれれば、これぞケッパ!優勝目指して一直線!てなもんだろうが・・・。

 しかし、一定の体重を支えつつも高速でコーナーを回るときにかかる恐ろしいGに、本当にどこまで耐えられるのか?そうした実際の力にとって、そうした精度が実質的にプラスに転化し続けてくれるのか?なんてことの最終確認まで取れてなかった。

 確かにチョー回転するホイールはできたがね・・・。

 まあ、そんなこんなで、回ればいいだけではない・・・ということと、適度な粘度の重要性なんてもんにも、再考の余地はだいぶあるというところで、店主の場合とまっているんだが・・・。

 今回のこのグリスの粘度・・・。絶妙・・・。

 当然開けて中を見たくなるものの、やめた・・・。この精度で戻せる自信がないからだ。何弱気が刺してんだ?絶妙な調整今まで何度もしてきただろう?・・・といい聞かせつつも、はやり、中開けは今回やめる。

 まあ、そういう意味で、このハブは当たりだろう・・・。そもそもシマノで当たり外れなんて、さしてなかったんだが・・・。それだけ製品が安定している。対してカンパではよくあったが・・・、当たったときの喜びたるや・・・、殊にリムなんかはね・・・。

 まあ、神がかかった制度と絶妙な、グリスと調整に、ちょいと驚いた、今回の手組ホイールなのであった。

DSC_1525_convert_20190123221706.jpg

 たまにはこうした、静かな感動っていうのも・・・いいよね。
スポンサーサイト

お疲れさん交代 次の嫁ぎ先



 当店の荷物車の前輪です。大変よく働いてくれました。初期タンナスの実験機として採用してから六年以上は経っているかしら?

 もちろん一度もパンクなし・・・当たり前か、パンクの原因の空気が入っていないんだから。

 トラブルも基本なしといっていいかな?あったとすれば、時たま急に出てくるキュルキュルといった音。水が入って、ということもあったし、原因不明のことの方が多かった。

 いつの間にか、音が出てきて、いつの間にか音がやむ。最後の一週間は音なりっぱなし、なので、交換に踏み切ったんだが。

 DSC_1313_convert_20181121184811.jpg

 まあ、減りも減ったんもんだが、音なりがしなければ、まだまだ使えるともいえる。少なくとも23Cのこのタイプはタイヤ自身の耐久性はあるね。これが太くなってくると、もちろん太くなった分、より持つとも思えると同時に、素材がちょっとした組成の違いか、減りが早いなあ、とも感じられなくもない・・・。そのへんどうなんでしょうかね。まあタンナスの内部でも、いくつか種類があるんでしょうが。

 DSC_1301_convert_20181121184639.jpg

 そして新しく来たのが、これ。組み直し、これもまた実験機として使っていきます。

 DSC_1307_convert_20181121184728.jpg

 タイヤは同じくタンナス、サイズを23Cから32Cに上げました。先日交換したリアと一緒のものです。フォークに干渉しないか、心配でしたが、なんとかクリア。

 DSC_1302_convert_20181121184648.jpg

 ハブダイナモです、シマノの新しいものですが、ずいぶんとコンパクトになっています。こいつは使えそうですぞ。

 そして、タンナスといえば、今や店内ブームの一ヒネリ実験ということでやっています。

DSC_1303_convert_20181121184657.jpg

 これ見たわかる人は、相当のホイールー目利き。交差しているスポークの間隔を数えるとなんと、八本取り。

 通常店主はヒネリ組の際には、八本取りはいたしません。大抵は六本取り、中には四本取りや、すごいのは二本取りで三ヒネリなんてやったこともありますが。

 その理由は、八本取りのように裾野が広がると、ねじりの際にスポークに負荷がかかる、という予想の元、六本取りをしているのでありますが。

 このタンナス32ミリは実験機であること、そして、スポークテンションをそれほど上げないということを理由に、あえて八本取りでやってみたわけであります。

 通常八本取りの方が六本取りよりも強度は上がると言われます、そのバーターに長くなる分、重くなるということも起きます。

 今回は裾野を広く、低テンションでひねることで、ホイール自体の柔軟性をあがるんじゃないか?という発想から、このように組んでいます。

  実際ですが、ちょっとした段差などは、あまり通常の空気タイヤと遜色はない・・・というところに来ているように感じます。

DSC_1305_convert_20181121184705.jpg

 スポークのテンションは通常高めの当店なんですが、こいつは低い・・・。

DSC_1306_convert_20181121184713.jpg

 クニャンクニャンであります。これって、荷物を積むランドナーなんかには向いているかもなあ・・・と感じたりしてね。これで狂いがどんくらい出るか出ないか、なんて所もしっかりモニターして参ります。

 DSC_1308_convert_20181121184744.jpg

 リムはアラヤを選択。一様に柔らかくて、精度がいいというアラヤ。こいつもそれに違わず、柔らかくて、精度はよかったですね。といってもダブルウォールという丈夫なタイプ、タンナスの場合はシングルウォールが向いているのではないか?という貴重なご意見もいただいておりますが。

 DSC_1311_convert_20181121184757.jpg

 とりあえず、生まれ変わりました、荷物車、買い物号であります。

 ちょいと酷使しまして、ホイール周り、タンナスの感触などをしっかり監視しながら、今後により生かして生きたいと思っています。

 パンクしなくてもスポーク折れていたんでは話になりませんからね・・・。

 と、交換されたホイールなんですが・・・。実はまだハブダイナモなんかも含めて、まだまだ使えるんですねえ・・・。どうしようか・・・と考えているところに、仙人現る・・・。

 DSC_1317_convert_20181121184845.jpg

 スウェーデンの名器ハッセルブラッドを操る、写真の鬼才・・・、まさに鬼才だな・・・、鬼海先生が突然現れた。

 あの「ペルソナ」シリーズ、その他、インド、トルコの重厚な写真で有名な大家でもあられるんでしょうねえ・・・。

 その方が、次回のペルソナ原稿を持ってこられたんであります。お住まいが登戸。どうしても多摩川を通ります。多摩川河川敷というと、夜は漆黒の闇・・・。なんかもっと明るいライトはないかね?と。

 渡りに船とはこのことなり・・・。

 DSC_1318_convert_20181121184856.jpg

 キュルキュルタイヤを外して、タイヤを履き替えて装着。

 DSC_1319_convert_20181121184904.jpg

 クイックではないながらも明るいライトも付いて、次の嫁入り先が決まってしまった・・・。

 いいタイミングなり。

DSC_1315_convert_20181121184838.jpg 

 そんなに遠くないうちに、台湾を一回りされたいと。できますとも。

 
 この先生と話をしているのが、なぜが懐かしい。出会って一年も経っていないのに。



 先月なくなられた、我が恩師と鬼海先生はほぼ年が一緒だった。そのせいか?

 鬼海先生のそのまた恩師の奥様が先日亡くなられたと聞いた、九十いくつで。

 あれ?これって・・・。もしかして繰り返されるのか?

 その夜、新潟の師匠の夢を見た。奥の院で就寝されていた、そして夢の中で思った、このご尊顔あと何回見られるやらと、涙した。覚醒するに、すでに亡く、深く落ちる。

 これも晩秋のせいなりや?

 生老病死の理、未だ修行足らず・・・・。

一ひねり 店内ブームとするか?



 この車体とのつきあいももうずいぶんとなりますかね。三店舗を通じての改造・・・かもしれませんな。

DSC_1254_convert_20181116001715.jpg

 スペシャのシラスといえば、代表的なクロスバイクだったんじゃないかな?これとジャイアントのなんとか・・・。この車体を機にか、ドロップ化の依頼が増えてきたと思いますね。
 
 大体、予算と用途でもって、なんとなくスポーツバイク・・・という人が引っかかる車体だったんでしょうね。それで満足する人から、より早いスポーツ系を目指す人なんかが、レーサー行ったり、ドロップ化の改造を選択したりと、まあ、入り口であるには違いない。

 で、こいつはそんだけの話では収まらない戦績をもつ。といってもレースではないが、乗っているにとが尋常でない大人の多動くん。まあ、じっとしていられない、止まったら死ぬんや、といわんばかりの活動をしている方で、もう当店ではおなじみさん。

DSC_1260_convert_20181116001822.jpg

特になんてことのないコンポが付いていますが、これがまあトラブルフリーというやつですね。
 
DSC_1262_convert_20181116001836.jpg

 特にトラブルは避けたいという車体・・・、

DSC_1263_convert_20181116001847.jpg

 というには理由がありますな。

 この車体で、結構なブルベなんかを走破してきた。国内はもちろんのこと、ロンドンエジンバラ・・・なんかも走ったんじゃないか?こいつとカーボンの車体二台を使い分けるようだが、こちらは金属フレームということもあって何かと安心なんじゃないか?と思います。

 で、かなり乗り込んでいる車体なんだが、今度は足回りを変えても乗り続けてみたいという。頑丈なホイールをご所望。リムまで指定してきましたよ。

DSC_1256_convert_20181116001735.jpg

 アレックスに頑丈リム、CX30というリムです。700Cでリムハイトは30ミリ、なんだが、太いタイヤ、シクロ練習用?なんかがしっかり入るもんで幅がまた厚い。なので、見るからに頑丈という印象を受けうけます。そういう意味でブルベなんかに持ってこいかもしれませんね。

 で、それをただでは組まない・・・。

DSC_1257_convert_20181116001744.jpg

 一ねじり、一ひねりで組んでいる。これはある意味、店内ブーム、もっと局所化すれば店主一人のブームなのかもしれない・・・。

 今流行っているんです、店主の一人の手元では。今、この一ひねりの効用を見直しているんですね。まず、今まで何人かに提供してきたひねりホイールなんですが、一様に狂いがない、という報告を受けています。

 2000年以降、スポークが折れなくなってきたことを機に、このヒネリなんかを殊に自分周りのものには多用してきたんでありますが、確かに狂わない、狂いにくいで有ります。

 そしてスポークの交点を半田付けするソルダリングと同じような効果はあると思いますね、何それより手間が楽。

 固く組もうとすれば、いくらでもできますし、カンカンになります。大変マニアックな組み付けですが、根元ダブルクロスで、一ねじりなんていったら、極端な話、ディスクホイールかよ、といくらいの強度が出ます・・・極端ですが・・・。

 DSC_1255_convert_20181116001725.jpg

 狂いにくい理由は、単なる交差よりも複雑だからといえるかもしれません。また交点にも力はかかりますが、ねじりに比べるとその影響は少ないでしょう、となると、スポークには引っかけ側とニップル側という二点に主に力がかかりますが、ここでねじりを入れることで第三の力のかかるポイントができ、スポークへの影響が分散されるのではないか?とも考えられます。

 なので、固く組み付けることも可能であると同時に、逆に緩く組み付けることでホイール自体のクッション性を上げて、かつ狂いにくいホイールができるのではないか?とも期待している次第であります。

DSC_1258_convert_20181116001754.jpg

 この手のリムに、シュワルベマラソンといった最強のタイヤの組み合わせが、最強中の最強になれるよう、彼のブルベに投入していこうと思いますね。

 DSC_1259_convert_20181116001810.jpg

 早々に、暮れ頃か?冬のサハリン行くんじゃないかな?相変わらずの多動君なんであります。

 DSC_1252_convert_20181116001656.jpg

 ある意味、当店ではおなじみの車体かな?スペシャのシラス、ドロップ化が意外とブルベに向いていた。それがまた、最強?になるべくホイールをつけて、完全トラブルフリーにて、冬のサハリンへとなる。

 この一ヒネリ路線は、しばし、店内ブームとなるでしょう・・・、たぶん。

110ミリエンドにディスクホイール?????!!!!!



 競輪系のフレームには二種類あって、スタンダードが後輪を嵌めるエンドの幅が120ミリとなっている。トラックレーサーはシングルギアなので、その幅があれば十分なのでありましょう。

 公営ギャンブルとしての競輪だけでなく、世界選手権やオリンピックのような競技としてのトラックレーサーもほとんどは、この形式に従っているんであります。

 なので、当然トラックレーサーに使用されるホイール類もほぼすべて、120エンド幅ように調整され、シャフトの厚みが10ミリという定番の中で作られ、販売されているわけだ。

 上のディスクホイールも当然その規格で作られている。

 ところが、冒頭にも断ったように、実はもう一種類のトラックレーサーというのがこの世に存在する。その特徴が、エンド幅120にたいしてなんと110ミリという狭さ。それだけでない、シャフトも10ミリでなく8ミリ・・・という特殊中の特殊規格と言ってもいいかもしれないね。

 そうなると、ホイールが、正確にはハブの規格が全く違ってしまうわけだ。ただ、これも公営ギャンブル競輪用フレームとして、レギュレーション内なので、シマノはちゃんとそれ専用のハブを作っています。

 なら、そのハブでホイールを組み付ければいいでしょ?となります、はいそうなんですが・・・。

 ただ、あまりにマイナーな規格だと思いますね、パーセンテージはわからないまでも二十ないんじゃない?というくらい?本当のところわかりませんが・・・。マイナーな規格のものにはバリエーションは生まれない・・・、世の常であります。

 そしてこのハブも36ホールという、モロローカルな競輪規格のホール数しかない・・・。今主流が32ホールなんで、リムを探すのが大変だ・・・、決まったリムしか使えなくなってしまう、という縛りが出てくるわけであります。

 今は、ほとんどその勢いを潜めましたがかつてピストブームの際、知らないでこの110エンド規格のフレームをつかまされた人を救済するために、当店はフロントシャフト8ミリ幅100ミリ、リアシャフト8ミリ110エンドのハブを作って、通販したことがありました。

 いや、ちょこっとですが、売れるときには、売れましたねえ・・・。「私地方に住みますもので、知らずに110エンドのピストフレームを手に入れてしまった愚か者です、どうかお宅の改造ハブでお助けを・・・」というようなメールも来ていましたね。

 32ホールのハブが使えるとなると、リムの選択肢がドーン!とふえるので、ご機嫌なのでありましょう。

 それくらい、一見同じように見える120エンド、110エンドのフレームをつかむことの天国と地獄の分かれ目のような、状況があったんですねえ。まあ、それも今は昔で、ピストフレームは今は安定供給で、わざわざ探さないと・・・探しても110エンドのフレームを手に入れることはなくなってきているんじゃないか?と思いますがね。

 ただ、10ミリ狭い110フレーム自体は、店主は嫌いではありませんね。多分それなりの良さはどこかにあるんじゃないか?と思います。また、スリットに挟み込む小判形状のシャフトは、それ自身がエンドスリットに挟まれて、回転しないという良さがあります。装着の時、楽ですね。

 転戦したりすると、シャフトに傷がついたりで、ナットが回りにくくなることもある、反対側から押さえないとナット場締まらなくなるようなことなんかもあるんですが、110エンドではそれはおこりません。

 DSC_1086_convert_20181027231419.jpg

 一般のホイールだって、条件が狭すぎて作りにくいのに、況んやディスクホイールの110エンドなんてもんはこの世には存在しない・・・といいきれるでしょうね。その必要性が全くないからであります。

 ヨーロッパあたりにどうしても110エンドで!という超人クラスのやつが登場して、数年間勝ちまくるというようなことが起きない限り、プロトタイプはもちろんのこと、一般パーツとして110エンドのディスクホイールなんて作られるわけがない。

 でも、ご自分の110エンドのピストフレームに、どうしてもこのディスクホイールをはかせたいと。なればできるところを見て、改造するしかない。

DSC_1087_convert_20181027231435.jpg

 左右のシャフト周りはこのようになっています。よーく観察するしかない・・・。ただね、ディスクホイールなんでノギスでシャフト幅を計ることができないわけです・・・、その辺が微妙に不便、やりにくい。

 そうなると、実際にトラックレーサーに嵌めてみないといけない。

DSC_1106_convert_20181027231911.jpg

 嵌めてみると、120エンド用に作られているようですね。ちょっと慎重にならざるを得ないのは、こうした持ち込みディスクが、実は相当昔のボスフリー時代のディスクホイールをつかまされていることがあり得るということなんですね。そうなると126エンドだったりする、10ミリだって縮めるのが大変だっていうのに、16ミリはそれはないだろう!ということになるんですが・・・。

 DSC_1090_convert_20181027231513.jpg

 しっかり120エンドに作られているディスクホイールであることを確認。まあロックリング用の逆ネジは切られていたんで大丈夫だとは思っていたんでありますが・・・。

 というと、左右で5ミリずつ詰めてやればいいということになりますね。単に10ミリ詰めるだけでは簡単です、特にギア側の反対進行方向左側のスペーサーはデカイので、ここから10ミリ削ればいいわけで・・・。

 でもそんなことしたら、ホイールのセンターが左に10ミリ寄ってしまう。ホイールがセンターについていないことぐらい走りにくいものもないでしょうな。

 なので、大原則として、左右から5ミリずつを抜かないとダメなんでありますね。

DSC_1092_convert_20181027231530.jpg

 外せるところ外して、一体どこを削れるか?を徹底して観察するしかない、もちろんできないこともありますよ。

DSC_1093_convert_20181027231553.jpg

 難しかったのは、小ギアを嵌めるための台座のある右側であります。その台座自体は削れませんので、それを止めているナット類をあらを探すように、縮めていかないといけません。

 今その部分のをフライスで削っています。

DSC_1094_convert_20181027231611.jpg

 第一弾ですが、まだ削れます、このパーツはシールドベアリングのスペーサーでもあるので、ほんの少し1ミリ以下でも頭を残して薄くしてやる必要があります。

 DSC_1095_convert_20181027231629.jpg

 これで完成、この上に向いている、シルクハットのつばに当たる部分ですが、加工前には5ミリ有りました。それをここまで削ったということです。

DSC_1097_convert_20181027231652.jpg

 1ミリ薄い、水道用の特殊ナットを嵌めて120エンドフレームに嵌めると、ほぼ5ミリ削れています!やった・・・。

DSC_1100_convert_20181027231715.jpg

 110エンド化は成功したんで、今度はシャフトを8ミリ以下にします。先ほどのナットはアルミなんで比較的容易に削れましたが、鉄のシャフトなので、一気に固くなります。

 フライス・・・もう少し剛性のあるものがほしいなあ・・・。

 DSC_1101_convert_20181027231739.jpg
 
 こうして、シャフト自身を加工しないとエンドのスリットに入っていかないんですね、手間はかかります。

 DSC_1104_convert_20181027231819.jpg

 わかりにくいですが、これで左右5ミリずつ落としの加工終了です。後は持ち込みのフレームに合わせて、微調整すれば本当の完成です。

 この手の改造は、定番の形式がなく、もの見て観察して、持ち手のものと持ち手の工具とを組み合わせてできることもあるし、できないこともあるという手のものであります。

 なので、今お持ちのディスクを同じく110ミリにできるか否か?については、同じくものみて、観察して試行錯誤するしかない。ということなんで、事前見積もりなどもできませんし、電話だけでの問い合わせでもはっきりお答えできません・・・、というような改造となっています、ご理解お願いいたします。

 まあ、またピストブームの小さいものが巡ってくるようになったら、こうした110エンドに関する問い合わせも増えるだろうなあ・・・、なんてことを気長に待っていよう・・・、でもフライスは新調したい・・・が。

また来たぜ!その内リアカーエキスパート・・・?



 先日、リアカーのパンク修理の記事を上げましたが、それに誘われるようにまた、今度はリアカーのチューブ交換の依頼が入って参りました。

 このブログもかつてから比べると読者は減っているようですが、まだまだ発信力はあるということなんでしょうな。

 こういうことって、今までやっていてよくあることなんです。ある施工が、思い出されたようにポコッと出てくると、それに誘われて依頼が二三続くことがある、大森社長の磨きの記事なんかも典型的。写真がいいと、覿面ですね、やはり施工依頼が続くことがありますね。

 そんなこんなで、リアカーホイールなんですが。もしかして、ちょっとした地殻変動が起きているのか?という予感ありですね。またリアカーなどを多用した、小商いの時代が来るんじゃないか?ってね。

 今若い子達に銭が回っていっていないようだ。とても店舗を借りての起業なんていうのは、夢のまた夢。なれば、その何十分の一の出資でできる、移動店舗なんてものを考えてもいいはずだ。リアカー・・・、じっ来るゆっくりブレイクするのもいい。

 そんな時到来のために、この手を研究しておいてもいいかもなあ・・・と思い引き受ける。

 DSC_1067_convert_20181026210735.jpg

 タイヤが太いのでつかみにくい、ここからまずハンデがある。タイヤレバーはバイク用を使います。自転車のでは力が入らない。

 そして、今回の研究ポイント、一人でやる際には、こじ開けドライバーは固定に限るで有ります。

 DSC_1069_convert_20181026210743.jpg

 こんな風に、第一陣でタイヤをこじ開ける、そして戻さないよう、マスキングテープなんかでスポークに固定する。

 後は根気だよね・・・、ただ、縁の内部に手を入れて、ゆっくり引きずり出すという感覚も大事だね。リムのエッジ自体はそんなに深いものではないので、手でなんとかできなくもない・・・という感じ。

DSC_1070_convert_20181026210753.jpg

 今回は前回の半分くらいの時間でなんとかできたかな?

 DSC_1072_convert_20181026210801.jpg

 これも前回紹介した、ベロ付きのタイヤ。タイヤ全体で、チューブをくるむような構造をしている、縫い合わされていないチューブラーを思ってもらっていいかもね。

 なので、チューブはタイヤに守られているから、リムテープというものは・・・

 DSC_1074_convert_20181026210809.jpg

 このホイールにはなんとリムテープがついていた。まあ、大事を取ればつけていた方がいいだろうと思う。タイヤを嵌める際にだいぶタイヤをもむことになるので、時に部分的にタイヤからチューブが飛び出た状態で、またはちょっとした隙間などができることもあろうかと思う。

 その時に、リムテープが歩かないかは、かなり大きな違いとなるだろう。ものにもよるが、リアカーには100キロからその倍くらい載せることもある。相当の力がタイヤにかかると考えていい、そういう場合には少しの隙も与えない方がいいと思うわけだ。

 DSC_1075_convert_20181026210817.jpg

 そして、こいつにも前回と同じくリムテープをガムテープで固定しておいた。大事を取ること・・・働く自転車には重要かもしれないね。

 DSC_1064_convert_20181026210717.jpg

 で、今回はチューブ交換というミッションがある。探してみると数件、取り扱っている問屋があった。これも地殻変動を予感してのことなのか?もちろんタイヤもあったぞ!

 DSC_1066_convert_20181026210727.jpg

 広げると昆布さながらだ。相当太い・・・。

 DSC_1080_convert_20181026210852.jpg

 ちなみに古いチューブはバルブの所からダメになっている。これはもう手の施しようがない・・・。ゴム糊ではどうにもならないからね。

 DSC_1077_convert_20181026210827.jpg

 新しいチューブをちょっと空気を入れて膨らませて、こうやって、タイヤの内部にしまい込む。こいつをリムにはかせるというわけだ。できた後、どうして嵌めたかが説明できない。

 まだまだ偶然に頼っているということだと思うが・・・。

DSC_1079_convert_20181026210844.jpg

 空気をめいイッパイ入れると、こうして部分的に外れてくるところが出てきた。タイヤのその部分に集中的に横亀裂が入っている。

 チューブーの膨らみを押さえるにはちょっと弱くなっているのかもしれない。できればタイヤ交換に越したことはないが、空気圧を上げすぎなければ、使えないこともない、いえ、十分に使えます。

 DSC_1078_convert_20181026210836.jpg

 完成!なんか前回より、要領を得てきているようにも思える。もう少しやると、嵌める際のコツなんかも言語下できるかもしれない、今できるとしたら・・・、機嫌を損ねないように、タイヤをゆっくりこまめに入れていく・・・という感じかな?

 さて、リアカーブレイクの予感はする、またはリアカー的なもの・・・。自転車を使っての企業なんていうのもすこぶる現代的かもしれない・・・。こういう方面にも、大いに興味あり!

 ただいま大検討中!リアカー施工、働く自転車施工歓迎します!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター