メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ブルベ トラブルフリー・・・



 稲城から、新潟通って日本海に出て、長野を回って返ってくるという600キロブルベなんてもんがあるらしいじゃないですか。

 ブルベ狂というと当店回りにもおりますが、聞くところによると、300キロの手前と向こうで、だいぶ様相が変わってきそうですな。つまりは睡眠・・・をどう織り交ぜていけるか否かがたぶんこの距離の前後で変わってくる、という事だと思います。

 確かに300キロまでだったら、不眠でなんとか走りきれる距離ではないか?と思いますね。

 よくブルベの写真など見せてもらいますが、それ以上の距離となると、道ばたで参加者が寝ている・・・のか、ぶっ倒れているのか?気を失っているのか?落車して伸びているのか?一見してわからない、なんてのがありますね。

 出血していないから、落車じゃないんだろう・・・てくらい。この辺を自分という存在を熟知している連中が、経験を重ねて、時間内でどうやって走破するか?なんてとこにはまっているんでしょうな。ある意味立派なアスリートでありますよ、こういう限界に挑んでいるという意味ではね。

 でも、300キロを越えると、やはり疲労と睡眠時間のバランスが崩れてくるので、一瞬自分が何やっているんだか、意識が飛んでいる状態もあるそうだよ。ある種1000日業みたいなもんで、幻聴、幻覚もあるそうだ・・・。

 なので、距離走れるから、持久力はあるからだけでブルベに手を出すというか、足を出すのには、慎重に・・・という事かと思いますね。300キロ以上は特に・・・ね。

 こちらの方も魚沼あたりで側道にはまったか何かで、ホイールがごらんのようにポテチになってしまったらしい。ちょっと意識飛んでいたかも・・・という事だった。

 DSC_1039_convert_20170919085748.jpg

 ご自分で組んでいたらしいんだが、これではもうリムはダメだな・・・。組み直しであります。

 DSC_1040_convert_20170919085756.jpg

 手前のスポークは二度ねじり、対岸は一度ねじりと随分凝った組み方をされていました。

 ねじりスポークに関しては、店主は自分で乗る車体のホイールを結構ねじりでやっています。利点は、一定の堅さと、狂いにくさからですね。あとは2000年以降、なんか知らんがスポークが折れないようになってきている、それに乗じてなんだがね。

 ただ、基本にしていることがいくつかある。

 ねじる際に、交差するスポークの間隔は狭いに越したことはない。つまりスポーク本数の多い32ホールとかの6本取り、なんかでやるのが好ましいという持論がある。8本取りでは基本やらない。もちろんそのハブのフランジでデカさにもよりまして、単純には言い切れませんが、同じフランジだとすれば、8本取りではやらない、ということね。

 マニアックな話だが、スポークの組み方だけで固さを出せ!という至上命令が下ったならば、まず8本取りでダブルクロス、という、ハブ回りを固くする組み方で借り組みする。

 そして仮組みしたものをさらに、一ねじりしてやるという、手の込んだ組み方はある。これやるとガッチガチの手組ホイールができる。かつて、タンデム練習のものでやったとき、固さだけではディスクか?と思いました・・・といった選手がいた。

 多分だが、ホイールの剛性がスポークのような線によるものではなくて、面の強度を感じたからではないか?と想像するんだが・・・。面まで行かなくとも、線からネット状の強度にはなったかもしれない、と思う。

 そういう特殊組以外で8本取り、つまりねじるスポークの間隔を広く取ることはしない、というのが店主の鉄則・・・なのだ。

 理由はね、ねじりスポークの交点は、スポーク側の論理で決めて欲しいというもの。緩く弓状になった状態で、ねじりの仮組みができるのが理想。そこの徐々にテンションをかけていくと、スポークの自身の都合で自然と交点が決まってくる、それを理想としたいわけだ。

 それに対して、裾野が広がるとどうしても組み手がねじるところが仮交点になってしまい、テンション上げてできるスポーク都合の交点とズレやしないか?という恐怖感がある。

 手で強くねじると、その部分は「くの字」になる、そこから真の交点がズレたりしたら、「くの字」が二箇所になる・・・というのがいやなんでありますな。

 なわけで、二本のスポークの離れたものについて、ねじりはあまりおすすめしない・・・という持論なのであります。で、このホイールというか、ハブも含めてなんと24ホールなんですな。スポーク数少ない・・・。

 なので、際組付けの際にねじりはしないことに・・・。

DSC_1042_convert_20170919085804.jpg

 しかし、TNIさんのお陰で、たまたま当店に24ホールのリムがあったんで、こうしてくみ上げることができました。

DSC_1043_convert_20170919085814.jpg

 今回はやはりねじりはしませんでした・・・、その代わりに。

 DSC_1044_convert_20170919085823.jpg

 スポークはアルミニップルの赤で・・・。こういうところに一点盛りなんていうのも、いいですね。色ニップルか・・・、今後も積極的に入れていくのもありだよね。完組風になる・・・。こういうのをお客さんに教わるセンスというのがある。

 ところでなんだが・・・、

 DSC_1045_convert_20170919085830.jpg

 600キロブルベを目指した、この車体。リアはカーボンリムだ!って、待てよ・・・・・、よく見ると・・・。

DSC_1046_convert_20170919085839.jpg

 ねじりスポークはいいとして・・・、なんとシングルじゃない!
 
 この山国、日本の600キロブルベに、シングルで参戦?!

DSC_1047_convert_20170919085848.jpg

 前一枚だし・・・。

 せめて前二枚して、リアも二枚で、ひっくり返し仕様にすればいいのに・・・って、本州の山をなめすぎ!!!

 聞いてみると、北海道からご参加で・・・、ご当地でも相当走っていらっしゃるようで・・・。ただ、北海道に10%を越える坂があまりない・・・というところから、この仕様にしてしまったとか・・・。ファンキー・・・。

 かつて、今やエチオピアで消息を絶っている、小僧共が高校生になったとき、自転車部作りたいが、顧問になってくれる先生がいない!と泣きつかれたことがあった・・・。

 その時、ママチャリ改造車を固定で組んで、北海道一周でもしてこい!その過程をしっかりレポートという形にして、先生方に提出してみろ!それで動かない先公なんか相手にするな!と言ったことがあったが・・・、もしかして実現可能だったかも知れないのね。

 DSC_1050_convert_20170919085905.jpg

 まあ、この辺はブルベ仕様といってもいいが・・・。

 DSC_1049_convert_20170919085857.jpg

 ダホン・・・だし。

 DSC_1051_convert_20170919085913.jpg

 幻の700cダホン・・・、これで600キロを夢見た道産子さん・・・。まあ十分変態・・・というか、静かなド変態・・・といった感じで、次なにやらかしてくれるのか?が実に楽しみなんでありますな。
 
 イヤー、これからのこの国を担うのはどう考えても・・・老若男女問わず、こうした「おバカ」な面々でありましょうな。小利口は、キレイな維持しかできない。

 「おバカ」な才能の無い店主のような人間は、そこからのおこぼれ、またはその実現のために尽力するしかない・・・。

 実にうらやましきは「おバカ」さんたちなり!
スポンサーサイト

中空にしてやる!



 サンツアーのかつてのNJS用のラージハブ、店主もどこかに持っていたなあ・・・。名作ですが・・・、コイツで組んであるホイールが持ち込まれた。

 遠近法の割にもワッパが小さく見えませんか?

 それもしかり!なんと24インチのホイールなんであります。

 DSC_0989_convert_20170830192606.jpg

 しかもアラヤエアロ1と言えば、名作中の名作リムだよ。登り用にかつて700cで組んだなあ・・・。不得意な修善寺もそれで行ったっけね。下りも安定するという意味では、信頼の置けるリムであります。

 で、コイツの24インチといえば・・・もう競技車体バリバリのフロント24インチ、リア700cのかつてのファニーバイクじゃないの!

 またがって、ハンドルを握ったそばから、前転しそうなくらい前後車輪の落差があるやつ・・・。

 もうそうした前後車輪の規格違い車両は競技車体として使用禁止になりまして随分時間が経ちましたな・・・。そしてなんで今頃、こんなやつが、なんで当店に、そして何のようなんだ?

 どうもこのリムを落としたのは、日常的にファニーバイクを乗り回している品行方正な変態さんらしい。その方が、自分でも珍しい車体を所有しているところから、管理は自分でしようということで、交換用のホイールをヤフオクか何かで落としてきたと言うんですね。

 結構リムの状態がいいので気に入ったところ・・・、街乗りなのに、ナット締めは不便・・・という事で、このリムを使ってロード用のホイールに組み直そうか?と思って、このハブのシャフトに触れた瞬間・・・。

 何だこのなめらかな回転は・・・?という事で、このハブ自体の回転に惚れ込んでしまったということ。なればこのハブをも生かしつつ、どうやったらクイック仕様にできるのか?と考えるようになったというから、変態さんに磨きがかかるというもんだ。

 そういう場合は、クイックの通る中空シャフトに軸を交換すればいい・・・というある意味目立たないながらも定番な改造というものがあるので、それを行うことになった。

 DSC_0982_convert_20170830192528.jpg

 まずは、既存のハブのシャフトを抜く。ベアリングが見えるね。

 DSC_0983_convert_20170830192535.jpg

 ダストキャップを外すと、リテナーで固定されたベアリングが見えた。ここからディグリーザーで、親の敵のように吹き付けて、それまでのグリスを引っぱがして飛ばす・・・。これを繰り返した。

 そうする内に、回すとギシギシ感が出てくる、ようやっと脱脂されたのね?という事で、今度は新しい新鮮なグリスを入れていく。

 DSC_0985_convert_20170830192551.jpg

 そんなに開けるところでもないので、こういう際には多めに入れておく。

 DSC_0986_convert_20170830192559.jpg

 そして、玉押し調整をしながら、ゆっくりとWナットを締めていく。締めすぎると回転は重く、その逆はガタが出る。ガタの出ないギリギリの落としどころを見つけて、固定する。

 完成!

DSC_0971_convert_20170830192512.jpg

 ご所望の中空シャフトに交換し、その中空にクイックシャフトを通してみた。これで普通にロードの工具なしで着脱できるようになる!シメシメ・・・。

DSC_0990_convert_20170830192617.jpg

 こういうのはシンナーでふやかして、汚れを落とす・・・なんてことは通常依頼されるんだが・・・、イエ!いいです、自分でやります・・・と。これは筋金入りの変態二十八号さんだわな、まいったわ。

スモールパーツでメンテはほぼ完璧!手組の強さ



 この写真じゃ見えにくいですが、引っ張り出したシャフトに、埃のようなヒゲが出ていますね。

 これは何かと言いますが、どうもシャフトの切り子らしいんです。というのも、この玉押しのナットがほとんど動かない、という事から始まっています。その状態で持ち込まれてきた。

 原因はわからぬまま、下を固定して、ハブナットで回していくんですが、回らなくもないながら、大汗。回している最中にこの手の切り子が出てくる。ナットがダイス状態でねじ山「修正」かよ・・・という感じです。

 外したあとシャフトを触ると熱い。そのくらい抵抗があったという事です。

 もしこれしか無いなら、9ミリ1ピッチのダイスで本当の修正をするところなんだが、10ミリは持っていても、9ミリはない。仮にあっても、すでに切り子が出ているので、ガタガタになる可能性ありだよね。つぶれたねじ山にはいいが・・・。

 そういう時にありがたい、ものがある。

 DSC_0675_convert_20170702190701.jpg

 これね。このハブはなんとプロも使うデュラエースの競輪用ラージフランジなんですよ。という事は、スモールパーツ類はワッシャー一枚から、シマノさんより取り寄せができるということ。

 毎回、この制度に関しては、本当すごいと思います。もちろんカンパさんもやっていますが、その取り寄せ安さといい、値段の安さといい、まあどんなに逆立ちしてもカンパサンは勝てないね・・・。スラムは知らんが・・・。

 そんなわけで、中身一式取り寄せてみた。

DSC_0677_convert_20170702190718.jpg

 ちょっとズッシリ・・・なんだが、重さというより威厳と言った方がいいかな、作りもいいね。

 DSC_0678_convert_20170702190726.jpg

 フランジ内をきれいにしてから、グリス、ボールベアリング[新品)、グリスというように重ねておく。

 DSC_0680_convert_20170702190736.jpg

 そして、ここに、シャフトを戻してやるが、最後に玉押し調整をする。ちょいとコツはあるが、何度かやって見るしかない、という奴。

 ちょっと締め気味にして、増し締めで戻すして、ベストを狙うといっておきます。

 DSC_0695_convert_20170702190744.jpg

 こいつでフロントはライジアル組します。テンション高め。

 DSC_0697_convert_20170702190752.jpg

 ものはアラヤのSA730、DT585がなくなっていく中で、がんばって欲しいリムでありますな。ポリッシュ、ですが同じ種類でブラックものものあります。

 アラヤは柔いが精度はよし、というのが定番で、こいつもちょいとテンション高めで組んであるので意外と使い勝手はいいんじゃないか?と思います。

 相変わらず手組ホイールはやってます!特殊パーツがないので、スポーク折れなど、メンテが楽!ハーツの組み合わせ、スポークの組み方も自由と、面白みもありますわね。リム単体は少なくなってきたとはいえ、まだまだがんばってくれているところがある。クラシカルに耐える完組も無くはないが、その辺は、まあお任せを!という事で、手組ホイール、しぶとくやって参ります!

もっと速くできないか?足以外の足回りで・・・



 ブルーノというの、ちょっと異彩を放っている・・・といっていい方かな?決してモロ今風のものは作らず、落ち着いた感じのレトロ風のものを作っているというイメージはありますね。

 なので、車体全体がおとなしい、優雅にのるタイプ・・・といってもいいかな?そういう自転車がやってきたんでありますが。

 今回のメインの依頼は・・・、なんとこれ速くできないですかね?ということ。

 速くする?といっても車でないんで・・・なんてとぼけてもいられない。まあ手っ取り早くはだ、自分の足を鍛える事だよ!という鉄則を言ったとしても、自転車屋に来ているわけで、トレーナーのもとに来ているわけではない・・・。
 
 という事は、自転車そのものの中で、同じ力だとしたら、より速く走れるような状況を装備として整えられないか?という事なんでありましょうな。

 こういうとき、コンポの入れ替えなんてしても・・・まあダメでしょうな。多少は軽くなっても、それが速くなる事に直結する・・・とは言い難い。

 少なくとも主観的な感覚として、ソラをデュラエースに変えても、オオスゲー!という速さの体感を得る事はできないでありましょうな。

 機能的な違いは多少あるかもしれませんがね、・・・でも昨今のソラもよくできているからなあ・・・。

 フレーム変えるという手も無くはないが、自転車の同一性を何で見るか?というとやはりフレームな訳で、そのフレームを変えるとなったら車体が変わるということを意味するので、「この自転車で、もう少し速くなりませんかね?」という問いに答えた事にはならないでしょうね。

 となると、残りはホイール・・・という事になりますな。確かにホイール交換は、速さの体感としては、一番感じられるものかもしれません。

DSC_0650_convert_20170622215154.jpg

 クラシカルなイメージを重要視したのか?銀輪ですねえ。

 ガラッと変えてしまいましょう・・・。それも今は無き・・・あのリムで・・・ね。

 DSC_0626_convert_20170622215120.jpg

 DTですよ、DT・・・。これは585よりもさらに前に消えてしまいましたね。585程の予算を取れない人に、よく勧めていましたな。

 DSC_0625_convert_20170622215112.jpg

 こうなるともうクラシカルもレトロも吹っ飛びます。ひたすらまっすぐ剛性で引っ張るこのDTホイールの存在感はありますな。

 DSC_0627_convert_20170622215128.jpg

 前後DTのディープ系に挟まれたブルーノ君は、さぞや威圧感にさらされている事でしょう。前後のホイールがパキッと決まると、今度はフレーム自身の剛性感が問われてくる・・・という展開にもつながるかもしれませんね。

 まあ、暫くこれで走ってもらいましょうか?

 DSC_0652_convert_20170622215212.jpg

 くたびれたバーテープを交換します。これがいい雰囲気のものが来ましたよ。

 DSC_0624_convert_20170622215103.jpg

 渋いでしょ?この手も今後はささやかに広めていこうか?と思います。

 DSC_0628_convert_20170622215137.jpg

 あとは点検もかねて、ワイヤー類の交換もして、内的な連携を見る。外回りが決まっても、内側が整っていないと、ギアが暴れる、ブレーキが不安とあっては、集中しての速さの体感はできません。

 DSC_0622_convert_20170622215054.jpg

 あとはポジションも重要なので、納車の際に見ましょうかね。

 しかし、前後ともにDTにてガッチリ固められたブルーノ君・・・徐々に、速さの自信が出てくるといいね。最初は堅いホイールに転がされる感じがするかもしれないが、鉄フレームには踏みどころのようなものがあるから、そこを軸にいい連携が取れると、鉄特有の粘りのある突進力が生まれてくるでありましょう。

 もちろん踏み手の技術にもよりますがね、そういう意味で自転車の基本は本人の足が一番!そして自転車自身=フレームと足回り=ホイールとのの連携が第二・・・といっていいかもしれませんね。

 いずれにしろ足は大事だ、それ以外のエンジン=動力が無いんだから・・・、当たり前か。

ホイールの修正可能か不可能か?



 実用自転車に700cのホイールをはめた、改造車。最初は既設のホイールのままいらないものをとって、ハンドル回りを変えて作ったのが、改造ママチャリ。

 人間、カテゴリーに収まらないものがあると、それに対してどう対処していいのかわからなくなる。

 子どもの頃、チーズをあめ玉大に切って、それをキャンディーのように、両端をねじってくるんだチーズキッスというのがあった。

 食べるとチーズのようなんだが、なんで飴のような形なんだ?と不思議で仕方ない。今ならそういう形の「チーズなんだ」と思うだろうが、当時はなんで飴の形をしていなければならないのか?全く理解できない。しまいにはチーズなのか飴なのかすらわからず、その理由を親に聞いたんだが、「食べやすいじゃない」という・・・。でもなんで飴の形にして何がしたいんだ?何を食わせたいんだ?

 この幼少の頃の混乱は、たぶんその目の前のものが、飴のようなチーズなのか?チーズのような飴なのか?がわからない、お菓子系なのか?食事系なのか?すらわからないカテゴリカルな混乱状態にあったんじゃないか?と思うんだが・・・。

 同じくこんな自転車が出てくると、まあ、上のような自転車はカゴもあって実用車よりではあるが、サドルが高く、ホイールがスマートで・・・こいつ一体・・・何なんだ?というカテゴリーの混乱を起こすんじゃないか?と思うんですね。

 今でこそ改造ママチャリなんていってますが、それがそういうもんなんだとカテゴリカルに安定するまで多少時間がかかったんじゃないか?と思います。

 パパチャリとか名前付けてつるしてみたものの、なんともまわりの反応の鈍さがあったように記憶しています。そんなわけで十年先に行っている当店は・・・というマクラを使い始めたんでありました。

 そういう流れの中で、自分で改造して出てきたこいつですが、なにやらホイールがおかしいらしい・・・。

 DSC_0625_convert_20170617222240.jpg

 ブレーキシューとリムの間を見ると、ピッタリくっついています。

 DSC_0626_convert_20170617222250.jpg

 わかりにくいですが、こっちの写真ではシューとリムの間がかなり開いています。つまり大振れを起こしているんですね。

 原因を聞いてみますと・・・、大人げなく二人乗りをしてしまった・・・と。つい荷台があったので・・・。その出来心わからなくもない。たぶん夜道でしょうな・・・、「足が痛い!」とか甘えられたんじゃないのかな?知らんがね。

 「エエ?これ700cだからなあ・・・」

 「なにそれ?」

 「レーサーのホイールなんだよ・・・」

 「だから何よ」

 「何よって・・・、微妙なんだよ・・・」

 「微妙って何がよ・・・」

 「微妙は・・・微妙ってことだよ・・・」

 「イタタタタ!もう歩けない・・・」
 
 「仕方ねーな・・・、じゃあ軽く乗れよ」

 「軽くって何、あたし六〇キロは無いわよ・・・」

 「ウ・・・重てえ・・・」

 その後どこにしけ込んだか知らないが、その結果ホイールは曲がってしまった。いっとくがね、外からの力で曲がったリムをスポークで直すことはできません。

 もちろん一見直るようなことは起きますが、その際力ずくでスポークが曲がったリムを引っ張っているところとそうでは無いところがある、つまりテンションがばらけているわけで、その状態でまた体重をかけるとホイールはぐんにゃりとポテチとなる。

 これは何度やっても同じ結果になりますので、外からの力による変形をスポークで直すことはできません。

 なれば?

 DSC_0635_convert_20170617222315.jpg

 別のリムで組み替えとなります!

 DSC_0636_convert_20170617222324.jpg

 手組で丁寧に組む、ハブは元のものを使います。

 DSC_0637_convert_20170617222333.jpg

 振れもないので、シューをこれくらいぎりぎりまでリムにくっつけても問題は無い!

 事故によるホイールの振れは、状態にもよりますが、おおくは組み替えをおすすめします!

DSC_0634_convert_20170617222306.jpg

 しかし、日常使いにはこの手の自転車が一番使い勝手がいいかもしれない・・・と最近つとに思うようになった。

 ポジションが出ていると疲れず、力を最大限車体に載せられる、つまり長距離乗れるようになる、決して走りを犠牲にしていない。

 そしてカゴ・・・、これは付けたら最後、外せなくなる。

 そして、盗難の危険性が低い。走るし、荷物も載せられて、かつ盗まれにくい・・・なんて夢のような自転車でしょ?

 これからは、当店に常設して置いてもいいような車種です、通勤用にもいいよね。すべて五万以内でバリエーションが取れたら・・・ねえ、そんなことを考えながら、ボチボチ作っておこうかな?というね。

 と同時に、またカテゴリカルに不安定な車種を作っていきたいもんだ、その不安定の間に十年先に行く・・・、そうすればまた十年は安泰?なわけねーか・・・。

000 18595182_1384692071609957_3099710968166207545_o_convert_20170613182744
※18日日曜日はフリマも開催します!お待ちしています!

000 DSC_0583_convert_20170606212850
※19日月曜日、夜七時より、ラテン娘、マヤ太郎の悶絶南米お話会を行います。事前に参加の意思表示お願いします!飲み食いあり!会費制!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター