メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

足回り全とっかえ!



 当店から出た中で、かなり過激な改造実用車ですね。アチコチ色々あったんですが、今回前後ともにホイールにガタが出たということで、持ってこられました。

 勿論、買い替えなどすすめない当店としては、中古のホイールをあてがうとかして、乗り続けをすすめますね、元々かなり愛着を感じてるようなので、買い替えの選択肢はなかったようですね。

 そんなことが分かると、なんとかしてやりたくなりますな。

317293807_5743866929025761_735910130809046265_n_convert_20221203202155.jpg

 ハブダイナモで組んだホイールを取り付けました。ここでダイナモライトを付けないと、無駄に発電していることになりますね。ただ重いだけなんだが・・・。

317430249_5743857929026661_857875584794190167_n_convert_20221203202127.jpg

 コイツはまだまだ使えるダイナモなんで、しかるべきライトをつけると電池いらずの大変便利な機構なので、いずれ採用してもいいでしょうな。

 318046940_5743848085694312_1800579681291852422_n_convert_20221203202212.jpg

 リアのシャフトが折れてました。相当乗っていたのかな?なので、単なるガタ取りでは直りません、コイツも交換となりました。

 317618359_5743853582360429_1775861106173781416_n_convert_20221203202045.jpg

 このクランクぐらいかな・・・?元々付いていたのは。ホイール前後も交換した、あとはフレーム以外は後付ものだけとなったかな。

 317679755_5743856222360165_2171988128928684437_n_convert_20221203202103.jpg

 腕が長いので、前に伸ばすようブルホーンがついている。大体体の大きな方がこの車体の持ち主であります。

317919060_5743848409027613_51751795795170244_n_convert_20221203201940.jpg

 この突先のアイスクリームのコーンのようなものは、フラットハンドルに取り付けるシフターを、先端に取り付けてみたんですね。これが意外と使いやすい。

317374191_5743852565693864_6699667863367448186_n_convert_20221203202030.jpg

 450ミリのピラーも足の長いライダーの膝を気遣ってのもの。この高さを見ると、誰も盗もうとする出来心は起きないでしょう。

 318087073_5743849579027496_8396865799119303856_n_convert_20221203201954.jpg

 こんな自転車が普通に走っている街は、やはり面白いと思いますね。衣服も、車の見た目も、建物も、そしてそこの住人の相貌も、全て街の顔なんでしょうな。

 それぞれの思い思いの自転車を各自が好きに乗りこなす・・・、そういう街の顔を静かに作っていく・・・というのもいいですな。

スポンサーサイト



やっぱりダメだった・・・交換!



 ついこの前の本ブログで、このトレックの後輪が完全フリーになってしまう・・・という症状を、どうやって抑えるか?なんてこと触れたんですな。

312586851_5666081603470961_6608524907398117476_n_convert_20221106140559.jpg

 コイツですねえ、高校生の所有しているトレックなんですが、フリーが前後完全フリーになってしまい、踏んでも空回りするという症状が出た。

 こういうやつは、シマノものだったら、まずフリーを外して、徹底洗浄するなりしてメンテします・・・が、

314670073_5666086436803811_335821668831262591_n_convert_20221106140821.jpg

 メンテしてもだめな場合は、このフリーだけの交換でなんとかなるというのが、シマノものの優れたところなんでありますが。

 コイツはシマノものではなかった・・・なので、10ミリのレンチでフリーが外せない、なんか別の特殊工具が必要なんだろうなあ・・・、ということで、徹底洗浄などができず、

313305915_5666109973468124_3765067474670073780_n_convert_20221106140839.jpg

 あくまでも外部から、できるだけのことをやった・・・。こうした洗浄とスプレー圧力による、グリスの注入ですね。そして、症状は良くなったはずだったんだが・・・。

 314413615_5666141580131630_4400787291133523248_n_convert_20221106140856.jpg

 ついでにベアリングの掃除なんかもしてね・・・、ハブとしての性能も上げたつもりだったんだが、引き渡して、数日乗ってもらったのがまた戻ってきた。

 空回り自体は大変少なくなっているんだが、まだ、たまにダンシングしたとき、踏み込んだ時に抜けることがあるという・・・。これはある意味危ない状態だ。

 ほとんど起きないがたまに起きるというのが特にいけない・・・、高速スピードが出ている中で、さらにスピードをあげようとダンシングいた際に、抜けるようなことがあったら、大転倒を起こし、大怪我しかねないからだ。

 クランク、ペダル周りは特に力のかかるところで、そこが抜けるということは非常に危ない。頻度が少なくとも、イヤ、頻度が少ないからこそ余計危ない・・・という判断をし、もうきっぱりこのハブ、つまりホイール全体を捨てて、新たなハブでリアホイールを一本組むことになった。

315556147_5705222162890238_3688896531391464166_n_convert_20221120005837.jpg

 今度はシマノものにこだわった・・・、もし万が一、数年先に似たようなことが起きても、しっかり対応できるようにだ。ただ・・・、未だに物不足は続いている。今回のも36ホールなんていうマイナーなものしかなく、32ホールがないという状況。たまたま物好きな当店が36ホールのリムを持っていたから、組付けができたという、半分奇跡のような状況であります。

 しかし、多少重いがラージフランジであることが気に入った、何より頑丈だよね。

 315860742_5705223012890153_5887920497478534769_n_convert_20221120005910.jpg

 そして、ディスクブレーキのところを見ると分かるが、今シマノを中心に伸びているセンターロック形式ではなく、ボルト6本じめのタイプなんだな。これも今探すと大変、カナカナ見つからない・・・、まあ今回はなんとか仕入れができたんで、完成!と相成った。

 316195085_5705221849556936_6888945021088034993_n_convert_20221120005822.jpg

 ディスクブレーキなのに、リムサイドにキャリパーブレーキ用のCNCの跡が見えるが、これはお愛想・・・。極度なもの不足の中では、奇跡的な組み合わせなのであります。

 316165215_5705222782890176_5696294451874581632_n_convert_20221120005853.jpg

 これでまた、暫く乗れることになります。まだ高校生だが、体の成長は多少とまったとすれば、大人になっても乗りたいと言っていた・・・、そうしてやろうじゃないの・・・。

 ということで、完全フリーは小手先メンテを諦めて、長く使えるしまのものでホイールを組み直して、解決を見た・・・ということでありました!

これにて完成形?前輪合わせて結局は大改造に!



 当店因縁の車体マークローザでしたね。

308394340_5532037270208729_1660456579136001830_n_convert_20220921233553.jpg

 BSの実用車の中では名車でしょうな。まあ、よく走るとうことでね。そこに目をつけて、アチコチいじり始め、極端に走った人を後追いしながら、一時はマークローザ友の会でもできるんじゃないか?という勢いがあった。

 そのくらいまあ、いじるに値する、土台としての車体だったんだろうな、このマークローザは。

 で前回はここまでだった。つまり!

307885410_5532035246875598_4351025070338290384_n_convert_20220921233459.jpg

 後輪をレーサーのハブで700C化したということだった。決してレーサーとしては高額ではないが、それでも腐っても鯛?実用車の走りとは全く違うということで、驚いたおれましたな。

 だったらそんなに遠くない内に、前も700Ç化しませんか?とそそのかしておいたんだが、どうもそれに乗っていただけたようだ。

 307984903_5532033456875777_6770202284403567408_n_convert_20220921233347.jpg

 ただ問題があったのは、ハブダイナモのハブはもったいないし、機能的だから残せないか?というご希望。数えてみると、スポーク数が28本のハブだった。ということはリムも28Hのリムを探さないといけない。

 なくはないが数が少ない・・・。

 308383105_5532033863542403_1170166396217763590_n_convert_20220921233403.jpg

 同じキンリンのもので25ミリハイト、28ホールが数本在庫していたんであります。運がいい、今取り扱いの業社のHPを見ると、なんと取扱終了となっている。32ホールはあるが、36ホールものも在庫がはけたら、やらないらしい。

 今まで、その業社さんは時代遅れのリム単体を結構やっていてくれていたんだが、ドンドン閉じる方向になっているようだ。これはまずい傾向だね・・・。

 このクソ円安さえなければ、台湾、大陸から草の根分けても探し出して引っ張ってくるんだが、かつての1.4倍とかの値段だぜ、どうにかしろ!

 全く7月に撃ち殺されてオッサンのミクスとやらの負の遺産だ、というかあいつは負の遺産しか残さなかったんじゃないか?やった振りと、公文書・基幹統計改ざん、虚偽答弁、身内への汚職、官僚機構の私物化と破壊・・・、国葬どころか容疑者不在のまま起訴とかの方じゃないか?できるか知らんが・・・。

 全く円安に対策が取れない・・・、黒田とかいうのも真っ黒田。

 リムは大事に使っていかないとな・・・、そして割高になっても、探しては在庫していかないといけない・・・。

 308158266_5532032796875843_2641597920771355745_n_convert_20220921233331.jpg

 そんなわけで、これにて前25ミリハイトの黒リム700C、

 307870079_5532035720208884_342727010982977400_n_convert_20220921233515.jpg

 リア、30ミリハイトの黒リム700Çにて、なんとか格好がついた!!!

 307842396_5532036116875511_2780889166147470562_n_convert_20220921233535.jpg

 ブレーキシューも取り替えて、

308559817_5532034803542309_714616561834400938_n_convert_20220921233443.jpg

 ヘッドパーツもグリス入れ替えて、調子をあげる。

 307767333_5532027813543008_5385084392361338952_n_convert_20220921233314.jpg

 これにて、内外ともに整った申請マークローザ700Ç号なのだ。

 実によく走る。できれば平地を高速移動するのに使いたい。コミューターというらしいな、こいつの分類は。

 また新たな意味で、街道を徘徊することでありましょう!700Ç化は大変オススメな改造で!

 新車買うより、面白い!自分の乗っていた自転車がなんてたって化けるんだからね。

クロモリカラビンカにふさわしい 足周り 38ミリ



 クロモリカラビンカ・・・もう頼んでも作ってもらえないのかな?滑り込みセーフという形で、作ってもらったというレーサーです。

 306282160_5501574316588358_5309244553769713059_n_convert_20220911000954.jpg

 このヘッドチューブにある、ヘッドバッチ・・・、七宝焼にも見える特徴あるものですね。このレーサーのホイールなんですが、これ!

306508043_5501574796588310_2521826483329243396_n_convert_20220911000852.jpg

 あの今や幻になってしまった名リム、DT585以来の驚き!とこの店主が太鼓判押したやつですね。

306574241_5501574266588363_9182131226953773514_n_convert_20220911000907.jpg

 アレックスのレース38。この数字の意味はリムハイトが38ミリというものなんですが、このリムはちょいと凄い。

 精度がいい、これはもう昨今のリムではほぼ当たり前となってきていますね。硬すぎない硬さがある。これをとあるハブと、なんとDTのこれまた幻のエアロスポーク・・・なんてもんで組んでみますと、

306403057_5501574363255020_2640150346038661931_n_convert_20220911000923.jpg

 フロントは2本取りという、当店以外ではあまり見たことのない特殊組ですが、ある種交差を最小にしてスポークを短く勝つ強度も・・・という考えのもとで組まれています。

 そしてこのホイールが、進むんですよ。それも非常によく進むんです。ホイールが率先して回っているように感じます、なかなか手組ホイールでこの感じを実現するのは難しいと思いますが、それができちゃうんですね。

 完組の凄さについては、先日本ブログ内でも触れましたが、そこまでとはいかないまでも、手組みでよくここまで走りと特徴づけられるね、というくらい、一種独特の走りを持つホイールということが言えるでしょう。

306354242_5501574409921682_43545423187369979_n_convert_20220911000938.jpg

 あとは旧アルテグラで組まれていますね。

306477775_5501574469921676_4756910504319250111_n_convert_20220911001011.jpg

 もう不足のないスペックですわ。

306517389_5501574726588317_1112410070361221619_n_convert_20220911001027.jpg

 あとは前輪のブレーキをディスク化?するか?と言うくらいかな?やったとしてもせいぜいね。

306309030_5501574679921655_2813986466073391986_n_convert_20220911000821.jpg

 まあ、このクロモリカラビンカにあっても、完組み以外の手組みとしては、全く過不足のないホイールといことが言えるでしょうね。乗っていて楽しくなるものな。

 何やらこの車体で、富士山周りのイベントに参加するらしい、かなり楽しいツーリングイベントになるでしょうね、特に下り・・・なんかにはねえ。

 まだまだ飛び抜けたリムが見つかれば、手組みでもかなりこなすやつが組める、ということの証左です、まだまだ負けてはいられません!!!



26インチのリム ホイールが絶滅危惧種とは・・・



 ちょっと前までは当たり前どころか、主流中の主流であったリム・ホイールが、ある日を境に激減し始め、今や絶滅危惧種になるなんてことってあるんですね。

 これは26インチのマウンテンバイクのリムから組んだ、ホイールなんですが、これを組むのに結構リムを探すことになる。

 300410676_5447072338705223_7593542917273604666_n_convert_20220821230527.jpg

 台湾製の聞いたことないメーカーのものがようやっと手に入ったんだが・・・。もの時代は悪くはない、ただ、なんでここまで探さないと無くなってしまったのか?主流から外れたとしてもなくなるのが早すぎだろう・・・。

 ジャイアントか?マウンテンのホイールを27.5にしてからというもの、26インチは凋落の一途のようですな。

 まあ、あまりマウンテンには愛情のない店主であるので、へえ、そうなの?くらいにしか思っていなかったんだが、たまに来る依頼から26インチに関わろうとするとあまりの引き潮の速さに驚くね。

 今でこそ27.5なんて言われますが、こちらこそ絶滅危惧種どころか・・・一度絶滅したんじゃない?と思われる650Bのサイズなんだよね。

 店主が自転車屋になってそこそこ時間も経っているが、いままで650Bを取り扱ったのは一度・・・二度くらいじゃない?あまりに珍しい規格だったんで、かなり凝ったランドナー派だったかな?もういい加減諦めたら?なんてノリでタイヤを探した記憶があったんだが、今やそれが主流だというから驚くね。

 ただまだ巷には26インチのマウンテン系ものが走っているんで、それらを長持ちさせるには、26インチホイールのカバーなんかも重要になってくるのかもしれないね、息長く考えると。

 それとも同じ車体で27.5に履き替えしていくんだろうかね?主流になったとはいえ、27.5のリムやタイヤについてはまだ本気で調べようとしていないため、今後どうなるかはわからないが、26インチに絞るというのも、多少の仕事になるかもしれませんな。

 300713661_5447072478705209_4048135438527167099_n_convert_20220821230546.jpg

 圧倒的に700Çが多かったが、それでもかつては26インチでこんなホイールはそこそこ組んでいたんだがね。

 300960245_5447072568705200_5575624620445264617_n_convert_20220821230601.jpg

 リム高なんかも大して選べないよね、今や32ホールのリムを探すのも大変だ、36ホールなんて何処にあるの?という感じだわな。

 300831703_5447072712038519_7999098508030109289_n_convert_20220821230616.jpg

 もうディスクローターのセレーションも付いていない、こうしたハブによる、こうしたホイールもドンドン絶滅に追い込まれていくんでありましょうな。

 で、このワンペアはしばらく生きどころがないんだが、保管しておけば、必ず出番はあるはずだ。

 300997007_5447071828705274_3381942642374138156_n_convert_20220821230512.jpg

 650Çのダウンサイズにも使えなくもないし、やれた昔のマウンテンで、どうしても26インチじゃないと・・・という要望が出てきたら、出動だろうな。

 捨てられていく規格やパーツや車体を再生させる!という重要なモットーを持つ当店としては26インチもんも少しストックしておく必要があるのかな?なんても考える。

 しかし、この店主が愛情の薄いマウンテンにも再生の手を差し伸べるようになるとはねえ・・・。かつては憎らしいくらい主流中の主流で、当店なんかが無視してもどこでも相手にされていたんだろうに、まさに栄枯盛衰だわね。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター