メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

マニアックなシールドベアリング・・・



 今から20年以上前でしょうか?彗星のように現れて、すぐに使用禁止されて消えていった、スピナジーのバトンホイール。

 DSC_1306_convert_20171105185029.jpg

 角度を変えるとこうなっているんですね。一体型のバトンではなく、帯状の薄い板状のものが裏と表の二枚構造になっている。当然当時のエアロ効果から、この板自身はもうカミソリか?と思うほど薄い。

 それが高速で回っているから穏やかではない、集団で走るロードレースで落車が起こると選手も自転車もゴッソリ絡み合うことになる、高速回転しているカミソリに頭ごと突っ込んだら?考えるだに恐ろしい。

 実際に事故が起きたと記憶してる、それをきっかけに使用禁止なったと思う。同じ時期にスピナッチという似たような名前の、取り付け系のハンドルがあって、短い期間だが、逃げ屋がドロップハンドルにつけて、腕を折りたたんで使っていたんだが、こいつもすぐに使用禁止になった。スピナッチにスピナジー・・・。

 すでにプロレスレベルとしてしか見ていないロードレースなんだが、最近ディスクロードも出ているのかしら?

 ちょっと前、やはり集団落車があって、ディスクのローターが落ちた選手にけがを負わせたという事があってから、確か使用に関して制限か何か付いたんじゃなかったか?その後どうなったかは知らないが、ロードとマウンテンの競技の違い、使用状況が異なるところでの応用的スライドは、よほど気をつけないとなと思うね。

 複数のスペアホイールを持ち歩いて転戦するロードレース、そのホイールにすべてローターが付いているとすれば、移動や何かで接触しては曲がって、音なりとか・・・あり得るんじゃないか?

 懐かしいスピナジーのホイールなんだが、どこかから落としてきてみたものの、ガタがあるのでベアリング交換という依頼をいただいた。
DSC_1320_convert_20171105185048.jpg

 交換するにはまず外さないといけない。ベアリングプルハンマーというので、叩き出すが、できれば一気に出したいね、ソケットに傷をつけないためにもね。

 そんでもって、左右外したシールドベアリング、外径、内径測って、探して取ってくれば、あとは装着のみだったんだが・・・。

 なんとはなしに重ねてみると、微妙なんだが、大きさが異なる、実に微妙なんだがね。試しに逆に入れてみると、片方がガタが、もう片方は入りもしない・・・。内径もなんと異なっている・・・。

 どういうことだ?測ってみると一方は外径28ミリの内径12ミリという端数なし、もう片方がなんとコンマミリの端数あり・・・。どういうこと?

 なんで同じ内径・外径にしないの?テーパヘッドのように露骨に径の違うものには、それなりの設計思想というものは理解できるが、コンマミリの違いをわざわざもうけることの合理性って一体どこになるの?

 そんなことより、そもそもだ、端数のあるベアリングなんかあるのか?

 ベアリングの種類と検索が優れている、ミスミを訪ねていった。

DSC_1266_convert_20171105184924.jpg

 当然ながら、端数のない径のものは、すぐに見つかった。が・・・、端数ありは、開けど開けど、出てこない・・・。もしや、インチ系の単位なのか?と思ったが、見当たらない。

 天下のミスミにないものが、モノタロウにあるだろうか?と見たが、ページは山ほどあるが検索機能がダメなので、これ本気にやったら一週間かかるかも???

 諦めかけていたときに、なんと海外にあることを発見・・・なんで?もクソもない、すぐ送って!と、二週間待ってやってきた。こういう場合、期待半分にしておくのに限る。大体が際物だし、万が一のことがが多いからね、海外物は・・・。

 DSC_1267_convert_20171105184933.jpg

 恐る恐る測る・・・、ちゃんと端数ある・・・。

 DSC_1268_convert_20171105184941.jpg

 このシールド専用の圧入工具はないが(当たり前だ!コンマミリまで精度を出した治具など通常は必要ない!)ので、応用工具でゆっくり圧入。曲がらずに・・・。

 DSC_1269_convert_20171105184949.jpg

 入った・・・。

 DSC_1270_convert_20171105184957.jpg

 大した施工でないが、驚かされて、考えさせられて、大分探して、諦めかけて、待たされた分、ちょっと感慨にふける。

 シールドだからといって、調整は侮るなかれ!いいよ、というまで正直に締めていったら、回りは緩くなる。グリスを入れてのそれではないので、これは締め付けすぎ以外の何物でも無い。

 店主は本来の(シマノ的?)ボールベアリング的な、ちょっと粘りのある回転が、ハブには最適かと思っているが、シールドの回転は素っ気ないほどよく回る、重厚感がまるでない、回るに越したことはないのかもしれないが、なんとも安っぽい・・・。

 故に、この回転もまた好き嫌いは別として、安っぽくスルスル回るようにしないといけませんね。なので、調整、調整!

 DSC_1272_convert_20171105185010.jpg

 この写真で気づかれる方もいると思われますが、こいつピストのホイールだったんです!ロードでは何度も見たが、ピストホイールも作っていたのね・・・。でも集団落車の怖さは、ロードの比でない、トラックレーサーでよくこれが一時的ではあれ、使われていたなあ、と思うな。

 若干だが、センターが出ているのか?120エンドよりちょいと広いなあ・・・、という事で、これを物好きにも落としてきた子の自転車見てから、修正してもいいかもしれないね。なんか全体が緩いなあ、もしかしてパチモン?まさかねえ・・・。

 しかし、コンマミリのシールドベアリング・・・、それをあえて使うということの合理的な理由・・・、スピナジーの謎だね。今更解明されなくてもいいが・・・。
スポンサーサイト

ブル兵衛さん達へ



 ホイールの組み替えのご依頼です。よくあるご依頼なんだが、今回は出所が違う。

 なんと、ブルベ参加者、通称ブル兵衛による依頼なのであります。

 まあ、いろんな考え方があると思いますが、よくやるよ・・・の一言であります。店主は参加経験ありませんが、どうも300キロ前後で、その様相はガラリと変わるのではないか?と思います。

 それは睡眠時間との関わり・・・ではないか?なんて思います。300キロまでは勢いでなんとかいけても、それ以上になると、どうしても睡眠管理の問題が出てくるでしょ?

 自転車で居眠り運転がある・・・というのも、ブル兵衛達の証言でありますな。

 DSC_1195_convert_20171017182246.jpg

 彼らにとっての優先順位は何か?というと、軽さ・・・ではない、耐久性しかり、強度しかり・・・つまりはトラブルフリーであることだと思いますね。まず頑丈で長持ち、これが一番なのでは無いかな?

 ということで、そんなブル兵衛達の要望にどう答えられるか?なんてトライアルも、手組屋としてやりがいはありますな。例えば、これは六本取りという組み方がされています。

 あるスポークを取って、そのスポークの6本目と交叉させるというやり方です。裾野が開くために直でリムに取り付けられる、ラジアル組よりも強度は上がるでしょう。

なれば・・・、ここを変えて組めば6本取りよりも、強度が上がる組み方もあるんじゃないのか?それすなわち、8本取りというやつね。

 こいつは8本目と交叉するので、より裾野が広がります、その分スポークは長くなるので、重量は増しますが、先の定義からして、重量よりも強度と耐久性ということを考えたら、こちらの方が向いているんじゃないか?なんて思いますね。

 DSC_1197_convert_20171017182255.jpg

 ハブだけ摘出します。ハブダイナモでやんの・・・。ハブダイナモは通常のハブよりも回転に抵抗があるため、振れ取りには向かない・・・。自然回転になろうとするとピタリと止まってしまう・・・、ある意味やっかいなんだが・・・。

 DSC_1198_convert_20171017182304.jpg

 さて、耐久性のあるホイールを組む、トラブルフリーのホイールにする工夫として考えたのが、こいつ。二種類のニップルがあります。

 左は通常のニップル、右はロングニップルと言われるものです。

 DSC_1199_convert_20171017182313.jpg

 通常ニップルは測ると12ミリ。

 DSC_1200_convert_20171017182328.jpg

 一方ロングニップルは16ミリある。4ミリロングニップルの方が長い。

 内部構造は、通常ニップルは約7ミリのねじ山、ロングは10ミリと3ミリほど長いことが判明・・・という事は?この長さを利用して、トラブルフリーにつなげることはできないか?と考えるわけであります。

 7ミリでスポークを固定するのと10ミリで固定するのでは、強度は後者が上がるはず。そのために?

 DSC_1201_convert_20171017182336.jpg

 スポークのねじ山を長く設定する、というのはありだよね。これはスポークカッターなんだが、ここでねじ山の長さを調整できるんですね。

DSC_1202_convert_20171017182343.jpg

 このスポーク。このロング部分を、できればしっかりニップルに潜り込ませたいわけであります。

 DSC_1237_convert_20171017183715.jpg

 ロングニップルになると外周は重くなりますが、先の定義上、重さよりも強度、耐久性、そしてトラブルフリーなんであります。

 DSC_1238_convert_20171017183724.jpg

 組み終わった後上からのぞくと、しっかりニップルよりスポークの頭が飛び出ています。つまりねじ山部分ほぼすべてニップルに収まっているというわけで、これが強度と耐久性に結びつくんじゃないのか?と思いますね。

 DSC_1303_convert_20171017183748.jpg

 それと組み方も8本取り、ある一本のスポークから、8本目と交叉している、よーく見るとわかります。ほぼ、ハブの真西と真東で交叉されていますね。

 DSC_1236_convert_20171017182354.jpg

 長い交叉をなじみを出しながら組んだので、交差点の黒スポーク部分がはげています。走る前から、鍛えられています。

 DSC_1241_convert_20171017183733.jpg

 回転に抵抗があるので、ケッパなら取るような極小の振れは取り切れませんが、レースの精度よりも耐久性!という事ではこれでいいのではないか?などと思いますね。

 後は実戦投入で、どのような結果をもたらすか?であります。今までの経験上これなら、丈夫でトラブルは起きにくいであろう、という推測で作っているので、試されるのは、これからであります。

 本番が10月の終わりというので、それまで試走して、振れなどを見ながら、本番へという事になるでありましょう。いい緊張感ですねえ・・・、こういうことを通じて、ブル兵衛達から、信任を得られるよう、努力しないと・・・ね。

また君か?組み替えよう・・・



 タイレルという非常に固いフレームの自転車がまたやってきた。ちょっと前来たばかりだったのにね・・・。そのご用内容は、前回と同じ。

 DSC_1086_convert_20170929182157.jpg

 これなんだが・・・、この写真じゃわからないかな?このラジアル組、交差しない組み方で組まれているホイールなんだが。

 DSC_1088_convert_20170929182206.jpg

 スポーク折れでやってきた。ほんの一月前に、同じ症状できて、一本入れ替えて、バランスを取ったばかりなんだが、また折れたという事だった。

 もちろんその際交換したものが、今回折れたのではない。

 原因は・・・?わからないといった方がいい。リム自体は小径で小さいので、強度はそこそこあるんだろうと思われます。というと、リムの強度とスポークの強度のアンバランスさから来ているのか?とも思われなくはない、が、やはりわからないものはわからない。

 このラジアル組というのも、衝撃がストレートにスポークに伝わるという意味で、うまくないのかも知れない。

 この秋、この自転車で、ジロデ信州という、とある業界の方々で行うサイクリングイベントに出場するということなので、トラブルはないに越したことはない・・・とすれば。すべて張り替えで行きましょうかね?

 前回から一月経たずで折れたという事は、スポーク全体の強度が落ちているのかも知れないんでね。

 DSC_1107_convert_20170929182225.jpg

 そういう時は一気に組み直した方がいい。クロスポークのプレーンを190ミリでカットして、ねじ山を立てます。

 それを前20本なので、4本取りで交差して組み直しました。

 DSC_1109_convert_20170929182233.jpg

 こうね。やはり組んでみてもラジアルより強度と柔軟性が出るだろうな?という事は伝わってきますね。二本のスポークが、裾野を介して交差する、それだけでも強度は出るでしょう。おまけに、その交差も浮いておらず、互いに押しつけ合っている、つまり横テンションもかかっている状態なんで、クッション性もいいだろうなあと思いますね。

 もしスポークの強度が原因で折れたとすれば、ちょいとこの4本取りで試して欲しいですね。

 次は・・・。実はリアも同じ、エアロスポークで組んであって、なんと反フリー側がラジアルとなっている・・・。シャレてはいるし、通常なら小径だからいいのかも知れないが、前輪のラジアルが折れたことを考えると、ちょいと心配だよね・・・、地雷をもって走るようなものかな?

 なので、よく観察しながら乗って欲しいですね。今度もし一本でも折れ始めたら、即4本取りで組み直し!にした方がいいだろうなあ。そのためにも、新生フロントホイールよ、踏ん張って回ってくれよ!

DSC_1106_convert_20170929182216.jpg

 しかし、固くてよく走る車体だよなあ・・・。

貴重になるなり 銀輪の



 かつて自転車といえば、銀輪・・・というのが定番中の定番だったんだが、いつの間にやら黒ばやり。何もかんも黒・・・。それでなければ、別な方面でカラフルになってきてはいる。カラフルなのはそれなりにいいとして、基本の銀、シルバーを忘れてはいけないよね。

 ここにある銀輪ホイールなんかは、もうかつてなら振り向きもされないくらいに、当たり前すぎるホイールだったんだが、今この手の新品探せ、となると結構大変なんじゃないかな?

 ことに、かつてなら当たり前の手組の風合いのあるオールシルバーなんて・・・もうすでに絶滅種?なんじゃない?

 DSC_1117_convert_20170921232051.jpg

 リムハイト22ミリのロープロファイルものなんて、何度も言うが、かつては当たり前・・・、そして今や貴重になりつつある。

 完組ホイール全盛だもんね・・・。

 そしてハブも・・・。

 DSC_1118_convert_20170921232101.jpg

 こんなきれいなシルバーハブなんて・・・そうないでしょ?シルバーであっても、梨地系だったり、パール系だからね。こうした金属感満々のハブなんていうのも貴重になりつつある。大森社長の魔の手は伸びています、当然・・・。

 鉄フレーム愛好者からすると・・・、こいつにあうホイールって・・・と悩みどころだったりしてね。完組でシルバーの鉄フレームに合いそうなホイールって・・・何だろう?完組詳しくないので、わかんない。

 DSC_1119_convert_20170921232109.jpg
 
 この辺の素朴系ハブもだんだんなくなりつつある。一様にスポーティーになっていくよね。その多くが黒・・・。

 ノバッテック回りだと思うが、TNIさんなんて黒しかないし、ミケはシルバーあるが、やはりスポーティーで角張っている・・・。クラシカルな車体に合うようなシルバーハブがなかなか無い。

 深刻なのは当のシマノなんかよりも、イタリアのカンパものだよね。

 カンパはもうとうにハブを作ること自体に、全くといっていいほど熱意はない。レjコードグレードに黒の前後ハブがあるようだが、値段ばかり高くて、モロスポーティーなもんで、なんか使う気が起きない。

 仮に鉄フレームに、カンパで組みたいと思っても、まあ大変なのがホイールのないこと。鉄フレームにピッタリの、かつカンパ版スプロケに対応したリアハブって・・・見たことある?

 なんかアクションスポーツが持っていたようだが、小ロットで作ったのか?一つ一つのパーツ値段がそこそこになってしまう。

 なので、なかなか・・・

 DSC_1120_convert_20170921232118.jpg

 こういうカンパものでの、クラシカル組が非常に難しくなっている・・・というのが現状なんだと思います。

 あって当たり前のはずのものが、静かに退場していったようで、気づいたら何もなくなっている、せいぜい中古市場を探すだけ・・・なんてことが、すでにロードクラシカルに起こっているのかな?という感じであります。

 スラムはシマノとスプロケを同じくした、なので、ホイールの互換性がある、その辺後出しじゃんけんのスラムは非常にうまい展開に持ち込んだ。

  ホイールはシマノ互換性。ある種ホイールはシマノに任せる。その他駆動系でスラム自身の見せ場を作るという戦略が功を奏したようだ。

 問題はカンパだ。当然自らをイタリアの老舗ということで、カンパはシマノとの互換性を全く模索してこなかった、むしろ裏を張っていたといっていいだろう。

 なので、カンパにはカンパ専用のホイール・・・厳密にはハブが必要になるという厳しい条件を自らに課したといってもいいんじゃないか?

 という事は、ホイールの資産の流用ができないということになり、ますますシマノからカンパ移りという道が閉ざされていったんじゃないか?と思う。結果シマノの一人勝ち・・・というか、カンパの一人負け・・・となったんじゃないか?と思っていますが。

 しかし、そこに一つ朗報が飛び込んできた。

 シマノホイールに、カンパ互換のスプロケが入るという、代物が開発された・・・。と言おうか、とっくに開発されていたのでありまして、かつての何度も当店はそれを使って、シマノホイールをカンパコンポにあてがっていたんだが・・・。

 その互換スプロケを作る会社が、なんとマレーシアから、ベトナムに移転した・・・という情報が入った。

 当店も生産現場から直で引こうと思って、お手紙書いたら・・・、当分移転のため、生産できません。数ヶ月後に連絡しますという返事が来ていたんだが・・・。

 なんとも、移転は終了し、生産開始という情報が来た。

 日本の代理店も、再度気合いを入れて、アピールしてもらいたいもんだ。

 その手のカンパ互換スプロケが来るとなると、鉄フレーム、手組ホイール、カンパ仕様という三拍子が復活できるようになる、という意味でも、すごい展開なんだが・・・。

 これがなかなかピンと来てはもらえないもんだ。まあ、時間をかけて、ゆっくり納得してもらえればいいかということで、地道にアピールしていこうと思いますわ。
 

ブルベ トラブルフリー・・・



 稲城から、新潟通って日本海に出て、長野を回って返ってくるという600キロブルベなんてもんがあるらしいじゃないですか。

 ブルベ狂というと当店回りにもおりますが、聞くところによると、300キロの手前と向こうで、だいぶ様相が変わってきそうですな。つまりは睡眠・・・をどう織り交ぜていけるか否かがたぶんこの距離の前後で変わってくる、という事だと思います。

 確かに300キロまでだったら、不眠でなんとか走りきれる距離ではないか?と思いますね。

 よくブルベの写真など見せてもらいますが、それ以上の距離となると、道ばたで参加者が寝ている・・・のか、ぶっ倒れているのか?気を失っているのか?落車して伸びているのか?一見してわからない、なんてのがありますね。

 出血していないから、落車じゃないんだろう・・・てくらい。この辺を自分という存在を熟知している連中が、経験を重ねて、時間内でどうやって走破するか?なんてとこにはまっているんでしょうな。ある意味立派なアスリートでありますよ、こういう限界に挑んでいるという意味ではね。

 でも、300キロを越えると、やはり疲労と睡眠時間のバランスが崩れてくるので、一瞬自分が何やっているんだか、意識が飛んでいる状態もあるそうだよ。ある種1000日業みたいなもんで、幻聴、幻覚もあるそうだ・・・。

 なので、距離走れるから、持久力はあるからだけでブルベに手を出すというか、足を出すのには、慎重に・・・という事かと思いますね。300キロ以上は特に・・・ね。

 こちらの方も魚沼あたりで側道にはまったか何かで、ホイールがごらんのようにポテチになってしまったらしい。ちょっと意識飛んでいたかも・・・という事だった。

 DSC_1039_convert_20170919085748.jpg

 ご自分で組んでいたらしいんだが、これではもうリムはダメだな・・・。組み直しであります。

 DSC_1040_convert_20170919085756.jpg

 手前のスポークは二度ねじり、対岸は一度ねじりと随分凝った組み方をされていました。

 ねじりスポークに関しては、店主は自分で乗る車体のホイールを結構ねじりでやっています。利点は、一定の堅さと、狂いにくさからですね。あとは2000年以降、なんか知らんがスポークが折れないようになってきている、それに乗じてなんだがね。

 ただ、基本にしていることがいくつかある。

 ねじる際に、交差するスポークの間隔は狭いに越したことはない。つまりスポーク本数の多い32ホールとかの6本取り、なんかでやるのが好ましいという持論がある。8本取りでは基本やらない。もちろんそのハブのフランジでデカさにもよりまして、単純には言い切れませんが、同じフランジだとすれば、8本取りではやらない、ということね。

 マニアックな話だが、スポークの組み方だけで固さを出せ!という至上命令が下ったならば、まず8本取りでダブルクロス、という、ハブ回りを固くする組み方で借り組みする。

 そして仮組みしたものをさらに、一ねじりしてやるという、手の込んだ組み方はある。これやるとガッチガチの手組ホイールができる。かつて、タンデム練習のものでやったとき、固さだけではディスクか?と思いました・・・といった選手がいた。

 多分だが、ホイールの剛性がスポークのような線によるものではなくて、面の強度を感じたからではないか?と想像するんだが・・・。面まで行かなくとも、線からネット状の強度にはなったかもしれない、と思う。

 そういう特殊組以外で8本取り、つまりねじるスポークの間隔を広く取ることはしない、というのが店主の鉄則・・・なのだ。

 理由はね、ねじりスポークの交点は、スポーク側の論理で決めて欲しいというもの。緩く弓状になった状態で、ねじりの仮組みができるのが理想。そこの徐々にテンションをかけていくと、スポークの自身の都合で自然と交点が決まってくる、それを理想としたいわけだ。

 それに対して、裾野が広がるとどうしても組み手がねじるところが仮交点になってしまい、テンション上げてできるスポーク都合の交点とズレやしないか?という恐怖感がある。

 手で強くねじると、その部分は「くの字」になる、そこから真の交点がズレたりしたら、「くの字」が二箇所になる・・・というのがいやなんでありますな。

 なわけで、二本のスポークの離れたものについて、ねじりはあまりおすすめしない・・・という持論なのであります。で、このホイールというか、ハブも含めてなんと24ホールなんですな。スポーク数少ない・・・。

 なので、際組付けの際にねじりはしないことに・・・。

DSC_1042_convert_20170919085804.jpg

 しかし、TNIさんのお陰で、たまたま当店に24ホールのリムがあったんで、こうしてくみ上げることができました。

DSC_1043_convert_20170919085814.jpg

 今回はやはりねじりはしませんでした・・・、その代わりに。

 DSC_1044_convert_20170919085823.jpg

 スポークはアルミニップルの赤で・・・。こういうところに一点盛りなんていうのも、いいですね。色ニップルか・・・、今後も積極的に入れていくのもありだよね。完組風になる・・・。こういうのをお客さんに教わるセンスというのがある。

 ところでなんだが・・・、

 DSC_1045_convert_20170919085830.jpg

 600キロブルベを目指した、この車体。リアはカーボンリムだ!って、待てよ・・・・・、よく見ると・・・。

DSC_1046_convert_20170919085839.jpg

 ねじりスポークはいいとして・・・、なんとシングルじゃない!
 
 この山国、日本の600キロブルベに、シングルで参戦?!

DSC_1047_convert_20170919085848.jpg

 前一枚だし・・・。

 せめて前二枚して、リアも二枚で、ひっくり返し仕様にすればいいのに・・・って、本州の山をなめすぎ!!!

 聞いてみると、北海道からご参加で・・・、ご当地でも相当走っていらっしゃるようで・・・。ただ、北海道に10%を越える坂があまりない・・・というところから、この仕様にしてしまったとか・・・。ファンキー・・・。

 かつて、今やエチオピアで消息を絶っている、小僧共が高校生になったとき、自転車部作りたいが、顧問になってくれる先生がいない!と泣きつかれたことがあった・・・。

 その時、ママチャリ改造車を固定で組んで、北海道一周でもしてこい!その過程をしっかりレポートという形にして、先生方に提出してみろ!それで動かない先公なんか相手にするな!と言ったことがあったが・・・、もしかして実現可能だったかも知れないのね。

 DSC_1050_convert_20170919085905.jpg

 まあ、この辺はブルベ仕様といってもいいが・・・。

 DSC_1049_convert_20170919085857.jpg

 ダホン・・・だし。

 DSC_1051_convert_20170919085913.jpg

 幻の700cダホン・・・、これで600キロを夢見た道産子さん・・・。まあ十分変態・・・というか、静かなド変態・・・といった感じで、次なにやらかしてくれるのか?が実に楽しみなんでありますな。
 
 イヤー、これからのこの国を担うのはどう考えても・・・老若男女問わず、こうした「おバカ」な面々でありましょうな。小利口は、キレイな維持しかできない。

 「おバカ」な才能の無い店主のような人間は、そこからのおこぼれ、またはその実現のために尽力するしかない・・・。

 実にうらやましきは「おバカ」さんたちなり!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター