メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

レレレの出戻り君 これで最後だぞ!



 真っ黒ホイールに、ねじりのスポーク?アレ?どこかで見たなあ、と思われる方も多いかと思います。

 そうわずか十日近く前、この事故からの生還という記事で触れた車体なんであります。

 乗りかかった船は最後までってなわけで、事故車の対応は、自転車のある生活に戻れるまで、という当店基準に合わせて、とことんつきあう、という基本方針なんでありますが、事故車として持ち込まれて、実はまだ係争中ながらも、いろんな意味で回復し、もう直すところは直して、乗り始めたい、という強い希望から再生したという車でした。

 そしたら、その十日後、またやって来たんであります。

 DSC_2130_convert_20190517224858.jpg

 これね、見覚えあるでしょ?もう今は亡きアンブロシオのエクスペディアという名リムで組んだんであります、DTのクロスポークに、ノバテックの黒ハブでね。

 ところがこいつが曲がって帰ってきた。聞くところによるとガードレールに寄せられ、ぶつかってしまったことによる、ということなんですね。ちょっとした交通事故であります・・・。

 再生から十日でまた事故かよ!体の方は大丈夫なんだが・・・、

 DSC_2131_convert_20190517224909.jpg

 外してみたリムがこの通り・・・。わかりにくけりゃ、こう置くか?

 DSC_2134_convert_20190517224919.jpg

 平らなところに置くとこのように隙間が空いてしまうほど曲がっている。

 ホイールは、スポークによって振れている場合と、リム本体の曲がりによって振れている場合の二種類が単純には考えられるが・・・。前者なら修復可能、後者なら、少なくともスポークでの調整は不可能・・・といっていいでしょうね。

 一見振れ取りが出来たとしても、曲がったリムの矯正なので、スポークのテンションのばらつきがありすぎて、一度体重などがかかると、またすぐに振れてしまう、その繰り返しでしかない・・・、つまりリムを入れ替えるしかない、という結論なんだな。

 このリムは諦めて、同種類のもので組み直すことに。

DSC_2141_convert_20190517225002.jpg

 まあ、これでホイール問題は解決なんだが・・・。

 一緒にフレームの矯正もしてもらった、柳さんの目が光った・・・。これちゃんと見た方がいいね、元々の曲がりと、前回の事故による曲がり、そして矯正があったんで、万が一ということもあるので・・・、

DSC_2136_convert_20190517224940.jpg

 まずはクランクを外して、定盤の上での計測をすることになった。

 DSC_2135_convert_20190517224929.jpg

 シートステーのあちら側に、塗料の割れが見える、あれが前回の事故によるもの、そして矯正の跡でもある・・・、そして計測の結果、リアのホイールが曲がって付いていただけであって、フレーム自身には曲がりがなかったということだ。

 DSC_2142_convert_20190517225015.jpg

 うん、良かった・・・。前輪のホイールの組み替えと、リアホイールの振れ取りで今回は済んだということだ・・・。

DSC_2138_convert_20190517224950.jpg

 再再生号となってしまった・・・。

 事故というものは同じ人で続くことがある。また前回の事故で、心的な何かが影響したとも考えられなくもない。

 いずれにせよ、三度は絶対にないようにと、願を掛け、送り出す。

 次回は別案件で、この緑の出戻り君と会いたいもんだ、事故の世話はもうこれで終わりにしよう。
スポンサーサイト

絶滅種 手組の底力



 こんなの組んでみました。なんか見たことあるリム・・・。

DSC_1803_convert_20190427224612.jpg

 オオ!これぞ名リムの絶滅種、DT585ではないですか・・・、久しぶり。しかし、ちょいと様子が違うよ。

 DSC_1796_convert_20190427224527.jpg

 こんな風に組んでみたんだが、なんかスポークの間隔がありゃしないか・・・?そう、今まで当店定番のDT585といえば、32Hか28Hかだったんだが、こいつはなんと20H・・・。どうやら海外のサイトから持ってきたらしい。確かに丈夫な構造しているリムなんで、20Hでももつな。

 しかし、日本では手に入らなかった。もしこんなのが入っていたら、手組ならではのホイールが量産出来たのに、と思いますが。

 DSC_1797_convert_20190427224537.jpg

 今回こいつについては、ちょっとというかかなりの変則組をしています。まずは二本取り。通常6本が基本なんですが、こいつは二本取り、しかも通常左右交互にスポークを張るんだが、今回は二本右、次二本左というような組み方をしている。

 本リムが精度のいいことと、固いことから、こうした広範囲の引っ張り強度でも十分に真円は出ると判断してのこと。狙い通り真円達成!

 DSC_1795_convert_20190427224516.jpg

 スポークの本数が少ないので、ロングニップルを使いリム内の強度を上げることに。

 DSC_1800_convert_20190427224548.jpg

 ハブ近くのテンションはねじりが入っているので、非常に固い。妥協なきかたさ。

 DSC_1801_convert_20190427224601.jpg

 それに対して、リム側はしなりが出てくる仕組みとなっている。この二重構造が、踏み込んだ時のビューンという伸びの感覚につながるんじゃないか?と推測しますね。と同時に疲れない硬さというのかな?

 あの完組のいくつかで意地悪のほど固いホイールがありますが、あれは調子のいい時には、レース復帰しようかな?と勘違いさせるだけの威力はあると思うが、・・・個人的に200キロ超えるツーリングには履きたくはない、と思う。疲れそう・・・。

 その点こいつはその辺が違うんじゃないか?と思うんだよね。手組の固いのなんて、ある意味しれている、完組のそれに比べればね・・・。

 DSC_1810_convert_20190427224752.jpg

 さっきのはフロント、そしてこいつがリアとなります。

 DSC_1806_convert_20190427224707.jpg

 これも同じくDT585なんだが、これは見慣れた32Hもの。といっても、絶滅してしまっている・・・。

 こいつでどう組むか?だが・・・。

 DSC_1805_convert_20190427224656.jpg

 ハブはアルテグラを使っています。ただ、これじゃあ、よく組み方が分かりませんね・・・。

 DSC_1807_convert_20190427224724.jpg

 まずフリー側は強度を出すために、6本取りの一ねじりで組んでいます。フリーの側にはスプロケがつきまして、そこにチェーンがかかり、そのチェーンが後輪を回すことによって、自転車は前に進むことになります。

 推進力の元は実は、リアホイールのフリー側・・・ともいえるんですね。なのでリアホイールを組み付ける時には、フリー側のスポークと、反フリー側のスポークでは、オチョコの関係もあって、テンションが異なります。

 フリー側をより強く・・・という傾向になっていると思いますね。なので、二十年ほど前に出たキシリウムのフリー側をわざとラジアル(交差なし)で組んだのを見た時は驚いたわ、何無駄に挑発的なことやってんだと・・・と呆れもしましたが・・・。

 ですんで、こいつもフリー側は六本取りと裾野を広くとって、強度を上げて、それに一ねじりというテンション対応としたという訳なんですね。

 たいする反フリー側は・・・、

 DSC_1808_convert_20190427224740.jpg

 反フリーはフリー側から比べると、テンションの高さは要求されません。それをいいことに、軽量化を図って、こちらをラジアルに組むことはあります。ラジアルだと、スポーク長が最短になるので、その分軽量化が出来ます。ただし交差がないので、その分強度は少し落ちますね。

 そこで、ちょっと強度を上げつつ、且つ軽量化おも考慮とすれば・・・、このように二本取りというやり方がありますね。

 隣り合った二本を交差させて組み付けるやり方です。ここにもちょっと工夫があります、通常スポークは内がけと外がけと言って、フランジに対して両方向からスポークを刺していきますが、よくご覧になってください。

 この反フリー側のスポークは外からスポークを入れるオール内がけ方式でやっています。その理由は、二本取りの距離が近いので、内がけ外がけで交差させようとすると、無駄に強いテンションがスポークの短い部分にかかってしまうことになります。逆にそれを嫌って、素通り交差をさせると両者の間に隙間が空いてしまって、接触交差の強度が出ません。

 このように、オール内がけ方式だと、適度な接触交差の強度が出て、且つラジアルの次に短いスポークが使えますので、軽量化にも効果があるという考え方が成り立ちます。

 フリー側のスポークと、反フリー側のスポークの長さには12ミリの差があります、スポーク12ミリ分16本を集めて手に盛ると、思っている以上に重いものであります・・・、その分軽量化出来ているということなんですね。

 DSC_1812_convert_20190427224805.jpg

 ハイ、DTの前後リムで、面白手組のホイールがワンペア組み上がりました。

 だからなんだよ・・・かもしれませんが、上で並べた屁理屈も実際どのくらい効果があるのか?本当のところ分かりません。スポークも良くなり、リムも良くなっている中で、かつてとは比べものにならない、強度と耐久性を持っているだろう事は分かりますが・・・。

 でもまあ、ワンペア組み付けるだけでも、これだけの屁理屈を並べて、それを実現し、実際に組み上がってしまうわけで、その狙いが、実際に強度や、走りに影響されるように感じられるとするなら、これはもう、両者にとっては願ったり叶ったりなわけであります。

 この手作り感とこじつけ感にすぎないものが、体感され、実際にトラブルフリーだったりするわけですから、これら屁理屈込みで楽しめる方には、まさにうってつけの世界に珍しい変なホイール、として遊んでいただけるんじゃないか?と思えるわけであります。

 まあ、この手のもっともらしい理屈込みでこその手組、もうすでに絶滅種なもんで、そんな物語付きでない限りは希少性はないんでありましょうな、まあこちらとしてもせいぜい、遊ばせてもらいますわ。

 正直完組に負けると思われるのは、それこそを専用設計パーツ同士の高度な組み合わせによる、奇跡の走りを実現させるほんの一握りものだけでありますな・・・、あとは何でまあその値段でこの作りかよ・・・と思われたり、その粋の値段なら、いろんな基準を落とし込めば、どっこいどっこいでしょうと思えるものも多いし、もちろん劣る物だって相当ある・・・と見ています。

 しかし、もう時代の趨勢は完組なんで・・・主流はそちらでどうぞです。こちらは、傍流で楽しく遊んでいますんで、そんな余裕のある方は、是非当店と遊びましょう・・・・。

ホイールバランスをとる



 これ台久々だなあ・・・。ホイールバランスを取るためにつくったものだったんですが、昨今のリムや、完組はかなり高い確率でバランスが取られているので、あまり出番が無かったわけでしたが・・・、来たぞ、久々に。

 DSC_1648_convert_20190421194826.jpg

 何もバランス専用の台座を作らなくても、振れ取り台で十分じゃない?と思われるかも知れませんが、そうではありません。

 リアハブのフリーのラチェット抵抗というのは、それは思いの外強い。微妙なバランスを取りたくても、爪があるのでセンサーとして役に立たないというのが、現状なんですね。そこで、こうした専用台が必要になる。

 コイツはまわりのすごく軽いシールドベアリング四つをおいて、そこにアルミのシャフトを通して、ホイールを置くというやり方をします。シャフトは軽いシールドの上で、ラチェットよりも優先的にホイールのアンバランスを示すようにくるくると回ってくれて、重い箇所を真下に持っていってくれます、センサーとしては優秀なんですね。

 DSC_1652_convert_20190421194858.jpg

 ざっとのアンバランスの重さを量るために、このようにクリップ系を挟んで、静かに回す、それを繰り返します。

 DSC_1653_convert_20190421194909.jpg

 徐々にバランスが取れてくるほど、回転は止まりにくくなります、右へ静かに行ったと思ったら、静かにとまり、それでとまりかと思ったら、また静かに左に戻っていく・・・、気の長い作業になりますね。

DSC_1654_convert_20190421194933.jpg

 バランスは一箇所で取れるとは限りません、まずは振れ取りと同じく、大きな振れから摂っていくように、大きなアンバランスから取っていきます。

 大きなアンバランスが取れると、今度はその影に隠れていた小さいアンバランスが出てきます。それをまた取っていく・・・。

DSC_1656_convert_20190421194949.jpg

 これはざっとの目安なる重さなので、それをもとに重りを作っていく。この重さは1.3グラム、この秤はコンマ一グラムまでの精度があります。

 DSC_1657_convert_20190421195000.jpg

 一番大きなアンバランスは19.1グラム、すごいよね。ただこの数値は、ディープリムのスポークの先端の重さなので、実際の仕掛けの位置はより外側になるので、重すぎます、そこからマイナスした重りを、仕掛けの箇所近くに設置しては、修正を加えていく。

 DSC_1658_convert_20190421195010.jpg

 この黄色いテープでとめられているのが、実際の設置箇所に近い点、この状態で、静かに五回ほど、回し、制止の位置が分散されれば、ほぼバランスが取れたという事になります。

 ただ、コイツはチューブラータイヤだったんで、実際の仕掛けは難しい。クリンチャーだったら、リムテープの下に忍ばせるが、チューブラーだと簡単にそうはできない・・・、のであります。

 あまり盛りすぎると、タイヤに縦ブレが出てしまう、サイドにつけると、今度は別の空気抵抗になってしまうと、悩み所なんでありますな。

 DSC_1660_convert_20190421195020.jpg

 とりあえず、仕掛けて圧着12気圧!で一晩おくことに。それから試乗重ねて、安全確認だよね。

 今後チューブラータイヤの履き替えには、バランサーの仕掛けもあるので、緊急時以外はどうしても当店経由になってしまいがちだが、まあバランスの取れたホイールの安定した回転というのは、それにも代えがたい快適さがあるので、是非とも慣れていただきたいですね。

 という事で、最近は減りましたがホイールバランスですが、レース前など点検かねて、見る価値は大ありかと思います。

 今回やってみて、つくづく思ったなあ・・・。

尻ぬぐいという訓練



 元は完組だったんでしょうかね、それが部分的破損をしてきたのを自分で修復して、ここまでやって来たんだが、もうお手上げということで持ってこられた物だ。

 スポークが引っかけ方式でないもの、一般スポークではないが、それでも星スポークも作ってはいるので、そういう意味で一般部品としてみていいでしょうね、なので、そちらの方から持ってきたのか、色が違う。

 基本黒スポークの中で銀が入っている。それだけではない。

DSC_1623_convert_20190418093835.jpg

 この形を覚えて、次のを見ると・・・、

DSC_1624_convert_20190418093850.jpg

 こいつはただのクロスポークではなくて、細めのエアロスポークであることが分かる。元々は、エアロスポークで組まれた完組だったんでしょう、だから、精度が出てたら、それで終わりではなく、

DSC_1625_convert_20190418093911.jpg

 このように、スポークの向きを調整する工具が必要になる、でないとエアロが全くエアロでなくなって、むしろ空気抵抗のスポークへと変身してしまうからね。

 と、それだけでないのが、ここに一般のプレーンスポークが混じっている、それも半々?というくらい・・・。なので大変賑やかな修復型完組ホイールとなっている。

 DSC_1616_convert_20190418093738.jpg

 ハブは、勝手知ったるTNI、相変わらずいい回転している。この手のハブの内情は分かっているつもりなので、それなりの対応は出来るが、まあ今回はその外、つまりホイールの真円出しに苦労するだろうという予感がビシビシ伝わってくる。

 DSC_1619_convert_20190418093757.jpg

 反フリー側ラジアル、よくある完組であります。もちろん手組でもこれやりますが。最初に出たての頃のキシリウムだったか、これが逆だったことがあった、つまりフリー側に交差のないラジアルを持ってきたんだな、太いスポークだったが、挑発的な展開だと思ったわ。

 DSC_1622_convert_20190418093815.jpg

 相当、この完組がお気に入りと見えますね、このフリーにスプロケが食い込んだあと、ここまで使い倒して、さらに組み直して使い続けるという、ものの冥利というのかね・・・。

 DSC_1627_convert_20190418093929.jpg


 さて、点検なんだが、手回しの段階でコリャすげえ・・・と分かる。俗に言うポテチ状態、かなり緩めたんだが、すでにリムにまで及んでいるか?と思えるくらいの歪み。

DSC_1629_convert_20190418093946.jpg

 一回しで、このくらいの振れが出ています。そしてもっとすごかったのが・・・、

DSC_1630_convert_20190418094008.jpg

 縦ブレだったんですね・・・、この状態から、
DSC_1632_convert_20190418094026.jpg

 写真ではわかりにくいですが、5ミリはありましたね、落差が。そして、

DSC_1636_convert_20190418094047.jpg

 そして、この写真でもわかりにくいですが、リム自身が縁石か何かにぶつかってゆがんだあとがあります。

 いやいや、問題山積、満身創痍のホイールなんだが、こいつをなだめるように、緩ませることを基本に機嫌を取りつつ、真円を出していく。
 
 といっても土台が曲がっている可能性もあるので、頭の中で理想的な真円の線をイメージして、それに合わせる形の振れを取っていく。実際の振れではなく、あくまでの理想上の振れを取るという感じかな。

 ニップルによっては、角をなめて、これ以上トルクがかけられない物もある、それを最高トルクと想定しながら、緩ませて、緩ませながらのなだめて、精度が出てから、また少しずつトルクをかけていく。

 DSC_1639_convert_20190418094108.jpg

 結果として、目鼻の付くようなレベルにまで、荒ぶる魂は収まったように思えるが、これがまた、どのくらいの走行に、いつまで耐えられるか?というのが次の問題だろうね。経過を見るしかない・・・。

 時間はかかります、まず歪なホイールの状態をよーく観察する事から、始まって、力のかかりを想定しながら、緩め、当面のバランスを取ってから、再度トルクを上げてを繰り返しますんでね。行っては戻り、行っては戻り・・・・。

 まあ、手間はかかりますが、勉強になりますわ・・・。なんか自転車整備士の試験に、ホイール組みのものが有ると聞いたが、さらなる高度な試験を課すとすれば、こいつだな、素人の組んだトルクばらばらなホイールをどこまで精度を出せるか?なんてね。

 ワンペア合わせて三時間はかかったかな?でも、スゴイ修行を終えた感じです。もう暫くはやりたくはありませんが、たまにこういう荒行のようなものもいいですね。

 とにかく徹底した相手の観察、調整することで時々刻々変わっていく相手の観察を通じてしか、次の手が打てないこの緊張感は、やっている最中はピリピリしていますが、それが収束へ向かっていることが実感されるやいなや、その充実感たるや・・・半端ないもので有ります。

 そういう意味で、素人さんがここまでやったんですけど・・・と持ち込まれる車体にも、普段忘れている一つ一つの工程の大切さとその意味を感じることが有りまして、あれもまた勉強なんであります。

 これを他流試合というのか分かりませんが、少なくとも素人さんからの接ぎ木メンテは、実に刺激的で、勉強になることは確かですね、もう暫くはやりたくはありませんが・・・ね。
 

リム割れ?



 通勤等で使っている、アルミのトレックロード。かなり乗ったということで、気づいてみたら、リムに損傷が・・・ということだった。

 DSC_1457_convert_20190412213252.jpg

 ヒビが入って、持ち上がっています。今までマビックのリムでこういうことがありましたね。
 
 DSC_1460_convert_20190412213302.jpg

 こちらは陥没しています。まあよく乗りましたね。そんなにテンションは高くはないんですが・・・。こういうことも起きるんですね。

DSC_1461_convert_20190412213314.jpg

 ボントレガー、トレックといえば、これがほぼもれなく付いていますね。

 台湾でかなり長い時間こちらの工場にもお邪魔したんで、実に丁寧に作っているのを見てました。一般のものから、高級品まで、機械と人の手をうまく使い分けていましたね。カーボン物もかなり気合いを入れて作っていた、フォーミュラというメーカーなんだが、ボントレガーも手がけている、ほぼOEMでやるのが好きなようだ、ということだ。

 DSC_1466_convert_20190412213326.jpg

 このハブを流用するか?と悩んだが、まあこの疲れ具合を考えると、別の物に交換した方がいいようだった。

DSC_1445_convert_20190412213203.jpg

 まるまる新しい物に交換です。ハブは105の黒物に。

 DSC_1446_convert_20190412213212.jpg

 リムはアラヤのもので、精度のアラヤ。硬さは二の次、とはいえ、こいつで30ミリ、それなりの剛性はある。

 DSC_1447_convert_20190412213221.jpg

 このSA-730というリムは、銀というよりは、シルバーポリッシュ系の兄弟リムがある。向こうは、ポリッシュで、華やかだが、こちらは実直なイメージで、嫌いではないな。

 いや、むしろ縁の下の力持ち的な印象だ、困った時は君が行ってくれという感じ。精度もソコソコ、値段もソコソコ、頑張ってくれているリムであろう。

 DSC_1448_convert_20190412213231.jpg

 またこれは依頼外であったが、ブレーキのアジャスターが壊れていたんで、別の物に交換しておいた。通常ブレーキシューが減ってくると握りロが増えるので、これをワイヤーだけで調整している内に、そのアジャスターが持ち上がって強度が落ちるんだわな。そうするとそこの曲がりや破損が起こるというやつね。典型的な損傷の例でありますね

 DSC_1441_convert_20190412213147.jpg

 前輪も時間の問題かもしれないが、今回はとりあえず、後ろだけ交換ということになりました。かなり通勤を通常に、日常使いしているようで、定期的なメンテはした方がいいですね。快適に長く乗るためには、メンテは必要なんだが、悪くならない限りメンテはしない、でもその前に・・・、という原則だよね。

 そういえば、店主も暫し歯医者にいってない、痛くなる前に、定期的にいかないとね・・・。そういうことだ。 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター