メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

完組折れた・・・ぎりぎりセーフ



 結構長いこと使っていた、ホイールのスポークが折れたんだが、修復できないか?ときた。メーカーはシマノ、なら・・・・大丈夫じゃない?と思っていた。

 そうシマノのスモールパーツの管理と提供能力は他を追随させないシステムを持っている。これは何度言ってもいいことだが、これに関しては、シマノには頭が上がらない。

 こんなスモールパーツの詳細な提供したって、手間ばかりかかって、収益などほぼないようなもんだろう、煩雑で、最も最初に切り離したい分野なのではないか?

 まさに、そのスモールパーツはないんで買い換えてください!を連発すればすむ話なんであります。それをまあ、ワッシャー一個から発注できるようにするなんて・・・。

 自転車コンポメーカーの社会的な責任というのを採算度返しで果たしている・・・という意味で、高邁な企業であることがうかがえると思う。まさに、自転車小売店としては感謝、感謝なのである。

 そんなこんなで、探してみるに・・・なんと十年くらい前のホイールであることがわかる。ネットの画面から、スモールパーツに入っていくと、相変わらず、細かいパーツ一個一個に番号を振り、その在庫状況に×、○、△などをあてて管理している。

 目当てのホイールが見つかり、スモールパーツに入っていくと、ニップルは数個確保できる・・・、問題はスポークである。

 あったよ・・・、あと何本手配するか?五本くらいあってもいいかもなあ・・・。

 なんて、数打ち込んで最終出荷指示を出すと、なんとご希望の数のスポークは確保できませんと来た。

 そこから一本一本ひいては、指示を出すが、最終のこりの一本・・・となるまで、それが続いた。

 ということは、こいつが最後の一本なの?駆け込み一本ってわけ?ラッキー・・・じゃない。

 とりあえず、関係するスモールパーツ類をとれるだけ取って待つ。

 DSC_0683_convert_20180811231656.jpg

 来たよ・・・時に神々しくも見える、この光景。だって十年前の完組ホイールのスモールパーツが手に入るんだぜ・・・。在庫してあっただけでも奇跡だよね。

 DSC_2564_convert_20180811231713.jpg

 こういう特殊形状のスポーク・・・。

 そいつをリムから通して、今度はハブ側に取り付ける特殊ニップルをかぶせてみる。

DSC_2566_convert_20180811231727.jpg

 一般パーツのスポークニップルとは似ても似つかない・・・。特殊スポークなんですね。完組を購入されるとき、できれば購入と同時に、スペアスポークニップルを購入しておくのはお勧めできますね。ついでに、それを管理する工具が特殊であればあるほど、自分で持っておくというのが理であります。それを渡して、メンテしてもらう・・・というぐらいならないとね。

 時が変わって、製造中止になった後でスポーク損傷が起きても、もう手も足も出なくなりますからな。

 DSC_2567_convert_20180811231744.jpg

 通常ニップルはリム側に来るが、こいつはハブ側にもうけているのが、特殊設計らしい。

 慣れの問題は大いにあると思うが、ハブサイドで振れ取りなどするのは、やはり難しい。

DSC_2568_convert_20180811231800.jpg

 この手の特殊向き工具を使って、スポーク管理をしていく。

 DSC_2570_convert_20180811231821.jpg

 リム側のニップル設定であれば、一直線に調整できるが、このようにハブ側から二本線となっていると、ニップル回しをその都度左右に振りながら持って行かねばならない、なかなか面倒である。

 ただ、利点があるとすれば、ニップルという抵抗のある素材が、リム側という最も空気抵抗のあるところにはなく、むしろ回転の遅いハブ側=空気抵抗の低い所に置いたという点は、大変評価できると思うが。

 ある意味それだけ・・・かな?慣れの問題もあるが、調整はしにくい・・・といえる。

DSC_2571_convert_2018<br />0811231846.jpg

 かくして、十年くらい前ながら、一本のスポークというスモールパーツがとれたため、この完組のホイールの寿命は多少延びたと言うことができる。レーサーに関わるすべてのパーツ類は、かくあるべし、と思う。

 なんであれ、それなりに工夫されて、試行錯誤を経て開発されたものは、それなりの値段はし、かつその継続使用とメンテナンスのためには、それなりのコストはかかるというのが当たり前なのだ。

 それを支えるサポート体制が、大変高いレベルで整っているシマノという会社は・・・、冗談じゃなく、世界に冠たるものだろう・・・。

 まあ、今回はたたえておこうか?別に言いたいことは山ほどあるが・・・。
スポンサーサイト

無駄に金使わず 要所に使い後は頭を使った学生自転車


 
 雪国出身でもないのに競技スキーなんかをやっていたんだが、それが大学に入学した。頑張ってなー、なんて言っていたらもう三年生になっていた・・・、早いもんだ。

 その学生がホイールを組んでほしいと持ってきた。

 その前にこの丸石のフレーム・・・いかにも学生らしい、しかしよく考えられて作られている。所々ボロはあるが、工夫があり、よくぞ此処までやったもんだと感心できる一台でもある。

 DSC_0679_convert_20180811221734.jpg

 このホイールの組直しを頼まれたんだが・・・。

DSC_0681_convert_20180811221750.jpg

 何だよ・・・、名作585じゃないの・・・。もうリムがすれすぎて、違うリムにて組み替え直したいと。そういうリーズナブルな発想は、学生だけになかなかなり。こうでなくちゃな。

 DSC_0694_convert_20180811221945.jpg

 持ち込みリムは同じくDTの411、名作じゃないの、そしてこれはアイシンメトリーという構造になっている。

DSC_0695_convert_20180811222007.jpg

 わかりにくいが、通常リアホイールはフリーと反フリーで側でオチョコ構造になるんだが、それをリムの段階で少しでも吸収するためにリムの方が左右で非対称になっている構造のリムを差すんですね。

 かつてはリッチーがこいつを作っていた。あれも名作だったように思うね。軽量リムで・・・、通常2ミリの差の出る左右のスポークをできるだけ均等になるようにリム形状が工夫してあった。

 そいつの、メーカー越えのリバイバル版と言っていいかもしれない。

 当然、DTで精度もいいんで、申し分はない・・・でしょう。金の使いどころがいいね。

DSC_0692_convert_20180811221847.jpg

 ちなみにこやつ、前輪は同じくDTの完組を利用していた。

DSC_0691_convert_20180811221823.jpg

 DTのハブ自体も独特なところがあって、良さそうなんだが、いかんせん高額すぎる・・・いずれはそんなものふんだんに使った、半永久型の手組ホイールなんてのも、組んでみたいもんだが・・・。

 その他、各所が工夫の跡がありなんだな。

DSC_0696_convert_20180811222027.jpg

 今流行のワイドレシオのスプロケを使用。当然マウンテン系のリアディレーラーで引くことにしたらしい。

 DSC_0697_convert_20180811222049.jpg

 そして、こんなこと言っちゃなんだが、ありもの風のシングルギアをつけている。前シングルの、後ろワイドレシオなんて、なんか今日型のスペックを狙っているようだ。

 シフターは?

DSC_0699_convert_20180811222107.jpg

 なんと、片レバーのない、アームストロング形式でやんのね。でもこちらの方が、左右の形状を似せているせいか、アームストロングのヤッチャッタ感以上にかっこいい。

 ありものの・・・鉄フレームで、なんとも今日的なスペックの自転車に仕上げてしまっている。しかも、ホイールにはちゃんと金使って・・・、わかっているじゃん、こいつ!と思わせる一台だ。

DSC_0700_convert_20180811222131.jpg

 この辺なんかちょっとやっつけ感があるが、基本よくできました!とやってもいいだろう。このアウター通しの外側は、もう少しつぶした方がいいね、アウターがずれてしまったら、ブレーキの引きに大変悪い影響になってしまうので。

 DSC_0690_convert_20180811221806.jpg

 まあ、こんな一台なんだが、なんとも好感の持てる学生号なんだよね、ちゃんと考えられている、しかもホイールという要所まで押さえている・・・、こういうライダーが老若男女に出てくると、その国の自転車文化の成熟度は高い・・・といえるんじゃないか?

 今を去る2年半前か?高校生の頃から来ていた。できた若いもん、というイメージは当時からあったが、なかなか順調だ。

 後は二三度で彼方此方にぶつかって、五六度こけたり起き上がったりを繰り返せば、相当になるね。

 なかなか気に入った!褒めて使わす一台だ、学生だったら、これくらいの一台を頭と縁を使って完成させよ。

 ますます将来が楽しみに見えてくる・・・といいつつ、全く期待してはいけない、と思っておこう。

リアのみ交換

DSC_0435_convert_20180720221814.jpg

 コナというと、どちらかというとゴッツイ系が得意、ちょっとやそっと落車したぐらいで、フレームにはほとんどダメージがない、シクロ向き、探検系ツーリング向き・・・というイメージがありましたが、この車体もどちらかというと、ゴッツイ系ですね。

 DSC_0429_convert_20180720221725.jpg

 リアホイールのみ組み替えてほしいということで、持ってこられました。このリムも、ここからみてもわかるとおりディープ系と言っていいでしょう。

 DSC_0430_convert_20180720221734.jpg

 アンブロシオ、あまり当店リムとしてはメジャーじゃないかもしれませんが、しっかり目はつけています。チューブラーも作っていますしね、一本一本に個性があるといえば、確かにあります。精度もいいですし・・・。

 考えてみれば、もっと使っていいかもしれませんね・・・。アンブロシオ・・・。

 このリムもディープということで、試しに取ってみましたが、もちろん精度もよく申し分なし。ただ、リムの横幅が広め。ということは、ロード用というよりも、シクロ用に作られている様でありますね。

 アレックスにも同じようなラインナップがありますが、やはり幅広・・・。ただいまロードでも25ミリなどという幅のタイヤが主流になりつつありますから、シクロロード兼用なんていう発想かもしれませんね。

 DSC_0431_convert_20180720221742.jpg

 35ミリはあるタイヤをはいています。ちなみにかつての名リムDT585だって、正真正銘ロードリムでありましたが、実験の結果38ミリのタイヤまでははけました。

 シクロはホイール自身が悪路で沈むことがあり得ますし、強度が必要だとするとどうしても金属のディープリムが選ばれるのか?と思います。競技では平気でカーボンなんか使われているようですが、支給される選手と自前では天と地との差が出ますんでね。

 DSC_0432_convert_20180720221750.jpg

 ハブのクラスはティアグラレベル。決して悪くはありません、28ホールなんていうラインナップもありです。少量でもいいんでアルテで28ホール作れよ!と思いますが、コンポメーカーが完組作る様になると、ハブへの愛情は薄れてくるんでありましょう・・・。

 28ホールの丈夫で軽いハブってないかなあ・・・。

DSC_0438_convert_20180720221835.jpg

 ちなみに今回手付けずのフロントハブは、デオーレでありました。マウンテン・クロス系の際にはお世話になりますが・・・、手頃な奴らで重宝します。

 XTあたりが、ちょっとグレード的にはすかしている・・・という感じでしょうかね。まあ何のかんのと、ハブ単体を作り続けてくれるシマノさんには感謝かな?

DSC_0433_convert_20180720221800.jpg

 三つほど昔かな?ティアグラが付いています、

DSC_0434_convert_20180720221807.jpg

 クランクは、例えばFSAさんとかかな?ある意味典型的な市販車かもしれませんね。

DSC_0437_convert_20180720221822.jpg

 市販の状態で乗っていて、そのうち、あちこちガタが出てくることで、パーツを交換せざるを得なくなる。それまではそれほど意識して乗っていなかった愛車のポンテンシャルというものに気づくことでもありますね。そもそもスポーツ自転車って、構成物で、パーツの寄せ集まりでできている、ということは・・・、交換可能なの?とすると交換可能と不可能を分けるのってどこ?どんな規格があるの?

 こういう感覚を持つことで、自転車に対する考え方が一気に変わることってあります。完成車から、パーツ類に目が移っていくきっかけになってきます。

 何で、ショップに行くとフレームだけがぶら下がっていたり、各パーツ類が個々別々に展示されているのか?ということの意味がわかり、段々深みに入っていく・・・。

 頭の中で自転車を構成する様になってくると、まあこちらに来た・・・という感じですね。スポーツ自転車に乗っているからって、こちらかというと、単純にいってそうではないのかもしれません。むしろ実用車に乗りながら、パーツ交換を考えいてる人の方に、すでにこちら側の人となっていることもある。

DSC_0428_convert_20180720221716.jpg

 順序からいうと、次は前輪かな?チェーンやワイヤーはパーツ交換には違いないが、それらはタイヤチューブと同じ消耗品交換というカテゴリーなんで・・・、それから堰を切った様にパーツ交換・・・というところにいくかもしれませんね。

 トライアンドエラーってんで、部屋に何本もハンドルステム系が・・・、サドルがピラーが散乱する様になるかもしれません・・・。

 さあ、知らねー!

重いインター8から シングルへ



 インター8という内装ギアがありまして、内装だけにほとんどトラブルなく使えます。外装はその分ワイヤーのトラブルなどから、チョコチョコ起きうる、ただし修復は難しくはない、だいたいはね。

仮にインター8の内部で何かが起きたらまあ、手の施しようがない。まあ、ほぼ起きないが。だから考え方だよね、どちらを使うべきか?ということについては。

 ただ、インター8は重い・・・。げっそりするほど重い・・・。

 もしこれが軽かったら・・・ピストフレームに載せて、前二枚のテンショナーで、内装ロード!とかやって遊んでもいいんだが、この重さはその意欲をそぎますね。

 そんなこんなで、ローラーブレーキ付きの内装ギアを、通常のシングルにしてほしいという、ご依頼を受けました。八枚から一枚へ・・・不便になりますが、いいんですね。

DSC_2475_convert_20180708194318.jpg

 ロードエンドだったら、テンショナーいらずなんだが・・・。

 DSC_2487_convert_20180708194417.jpg

元々、シートステーにはブレーキは付いていませんでしたので、此処にキャリパーを載せることになります。

 DSC_2485_convert_20180708194402.jpg

 バンドブレーキ付きのホイールをハブごと変えたので、ブレーキがなくなります。代わりにキャリパーを載せます。

DSC_2486_convert_20180708194410.jpg

 この手のラインではよくやる、入れ替えなんだが、上引きを下引きに変えると、ワイヤーの取り回しに無理がなくなります。キャリパーブレーキによっては、この入れ替えのできないものがあります・・・というか大半入れ替え不可能ですね。

DSC_2471_convert_20180708194304.jpg

 フロントにもバンドブレーキが付いています。此処にわざわざバンドブレーキを取り付けることのメリットって、何でしょう?実用車系なら、ちょっとの雨でも少しの間なら効く、というメリットはわかりますが、それ以外の車種に、わざわざこれを取り付ける意味がよくわかりません。

単に、前後でそろえてるだけか?

DSC_2473_convert_20180708194310.jpg

 一般のフォークを流用しているんでしょう、キャリパーを載せる穴は付いています。

 DSC_2481_convert_20180708194340.jpg

 ピスト系のハブに交換したんで、バンドブレーキは載せられません。シャフト交換してクイックを入れています。一端のかつてのツーリングハブの様な顔しています。

 DSC_2480_convert_20180708194332.jpg

 発注があって、やってみて初めて気づくことってよくありますが・・・。少なくともそんなに高額ではないピストハブをかつてツーリング用ラージフランジハブに偽装することは、そんなに難しくはないですね。問題はリアか・・・。

 リアも、少なめのボスフリー形式で、この手の偽装は・・・できないかな?135ミリだったらできたりしてなあ・・・。

 DSC_2483_convert_20180708194347.jpg

 ほぼ無加工で取り付け完了。最初からこのようにあったかのごとく・・・。

DSC_2484_convert_20180708194354.jpg

 レバーは同じ形式のものを流用、一部ワイヤー交換して完成!

DSC_2477_convert_20180708194325.jpg

八枚が一枚になったとはいえ、重量が相当軽くなったのは・・・、もしかしてそれ以上のメリットになるかもしれませんね。本当に軽い、踏み出しの初速が全く異なりますな。

 改めて、内装8段・・・その存在意義は問えるかもしれませんね。よほどの理由がない限り・・・、積極的に選択するほどのものではない・・・のかもしれません。ただ、世の中重い自転車の持っているメリットはありますんで、荷物系や電動系には・・・、ありかもしれませんな。

 そうか!店主の持っている、相撲部屋の買い物ができる特大買い物号があります。

20141226_093937_520_convert_20141226233003_20180708233536519.jpg

 先日こいつの後輪のスポークが一本折れていた。内装三段のやつなんだが・・・。こいつにはかなり過酷な重いものを載せるんだが、そのたびに、もう少しこの車体が重ければ・・・と思うこともあった、正直。車体が重いとその分、載せる重さに負けずにどっしりしてくれるんで、フラフラしないという大メリットがある。

 それ以外は、やはり重いのはデメリットでしかないが・・・。

 ここで折れたのも、五六年目・・・、内装8段の劇重ハブと、ぶっといリムで、デカ目の重いホイールでも組むか・・・な?重ければ重いなりの使い方を見つけてやらないと、このインター8も不憫でならない・・・、よし、近いうちに!
 



旧車をどう活かすか?ホイールは要かも・・・



 BSのグランベロなんて、こいつも縁ありの車体でしょうね、今まで何台見てきたことか?

 こいつを新たに走り出したい・・・というね。どうもかなり走るランナーさんらしい。自転車がトレーニングに加わることで、マラソンの向上につながると、これまた自転車の向上にもつながってくるという、相乗効果はかなり認められるんじゃないか?と、今とある人物を中心に画策中なんでありますが・・・。

 さて、こいつどうしましょうか?

 DSC_0167_convert_20180531210453.jpg

 一定の古さの車体となると、ついて回るのが、チューブラータイヤのホイールということね。

 DSC_0168_convert_20180531210501.jpg

 はい、旧車に良くあるパターンなんです。こいつをしっかりメンテして、チューブラーのまま走るという選択肢はある。ただ、手間や費用、パンク対策などを考えると、クリンチャーの方がなにかと有利なんであります。

DSC_0169_convert_20180531210509.jpg


 まずリムテープというかなり扱いやすくなったとはいえ、両面テープで貼るという手間がある。でないとリムセメントという接着剤で貼り付けることになる。後者の手間は群を抜いている・・・。貼るためのその前後がまた大変なのだ。

 そして費用というと、一回のパンクにチューブラータイヤ一本の値段がのしかかってくる。ピンキリとはいえ、一本3千円前後は確実にかかる。

 一方、クリンチャーの場合はチューブ一本交換で千円程度・・・。

 そして、サイクリングに出る際チューブを持って出るのと、チューブラータイヤ持って出るのとでは荷物の量、かさが違ってくる・・・。どちらも軍配はクリンチャーに上がってしまう。

 じゃあ、チューブラーにいいとこなしか?というと・・・、一定以上の質の物となると乗り心地はほぼチューブラーに上がるといって言い、と思う。クリンチャーもいいタイヤは、チューブラーに近づいてきたという感はあるが、チューブラーの高級タイヤに高圧空気を入れたあの・・・感じに追いつけるもんは・・・、今でも無いんじゃないかな?と思います。

 さあ、どうか・・・な?

 さて、これから再度こいつに乗り続けようと言う時に・・・、やはりお薦めするのは、クリンチャー化という事だろうなあ。という事で、前後ホイールの組み替えをいたします。

 DSC_0218_convert_20180531210525.jpg

 特にご指定は無かったんですが、何かシルバーを付けたくなりますね。自転車は銀輪なんですから・・・てわけでもないが。

 DSC_0220_convert_20180531210533.jpg

 まあ、ハブがレトロ系のシェイプもんが入手できるようになれば、躊躇なくそいつらを使いますが、今はこんなので我慢・・・。

 DSC_0223_convert_20180531210557.jpg

 当然リアも、シルバーで。リムハイトは22ミリ・・・チューブラー並みの薄いものがジビエンメかなにかであったようですが、高額すぎて手が出ない・・・。

 DSC_0221_convert_20180531210541.jpg

 同じくハブはガンメタ・・・。今回この辺に細かい方でなかったんですが、この手に細かい方が見えた際には、しっかり用意しておきたいハブ類は確かにあります!

 DSC_0222_convert_20180531210549.jpg

 今回の足回り交換にあわせて、8速スプロケとチェーン交換をいたしました。イヤー、8速あれば、まあ十分ですねえ・・・。

 DSC_0217_convert_20180531210516.jpg

 まあ、こんな感じで、最初のイメージを損なうことなく、足回りおよび、全体の再生完了という事になりました。タイヤもチューブも、手頃価格で交換が可能になり、今後乗り続けていくことに関しては、不自由はなくなりましたね。

 そして、試乗してみたんでありますが・・・。この手の鉄フレーム・・・。一定以上の歳の人には、全体的に優しい自転車として、超距離なんかに向いたものとして、最適な自転車・・・といえるんじゃないかもしれませんね。

 鉄の中古フレーム、自分のサイズに合ったものが手に入りましたら、40才以上という事にしましょうかね?この手の自転車一本持っておくと、大変いい相棒として、ほぼ一生付き合って乗り続けていける自転車になると思いますね。

 何か命名のうまい人が名付けたら・・・、こいつはジャンルになるね・・・きっと。

 眠っている鉄フレームは、クリンチャー化して、起こして街道を走らせてみませんか?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター