メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイール tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ホイールメンテ 8速ボスフリーのための調整

000 DSC_9868_convert_20200428235211

 チューブラーホイールがやってきた・・・。すべてのタイヤは、このチューブラーの乗り心地を目指す、といっても過言ではないかもなあ。

 今主流になりつつある25cなんかも、サイドの潰れの良さ、グリップ重視なんだそうだ。チューブレスっていうのもそうなんじゃないか?なんてね。

 あれほど高圧を入れても、グリップがいい。いいチューブラーは接地面に吸い付くように安心して車体を倒せるがタイヤの全角度に偏りがない・・・。アウターチューブラー???とか言ったかな?WOなんだが、チューブラーの外側のようなタイヤがあって、あれは確かに、薄手の軽量チューブを入れ込むと、ちょっとしたチューブラーライクになるかも、なんて思ったりして。

 自転車乗っているなら、一度はチューブラーの体験はしてもらいたいと思いますね。

 000 DSC_9871_convert_20200428235139

 アンブロシオのチューブラーリム。

000 DSC_9870_convert_20200428235148

 カンパのボスフリーハブ、シルバーで、こうしたかつては普通の形状のもの、今も普通に作っているといいんだがねえ。

 DSC_9876_convert_20200511232143.jpg

 このホイールに、通常なら、5速、6速、7速のボスフリーが付いていたらしいが、珍しいねえ、なんと8速のボスフリーがあるようですね、そいつを取り付けたら、なんと一枚歯が増えた分、ハブナットよりもボスフリーのほうが外部に飛び出てしまったということらしい。

 もちろんこのまま放っておくと、クイックを占めた瞬間に、フレームとハブナットではなく、ボスフリーが干渉してしまい、ホイールは回転しなくなります。

 これは困った、ということになります。

 さてどうするか?

DSC_9877_convert_20200511232134.jpg

 ボスフリーを外すと、こうなっています。このシャフト部分が8速ボスフリーよりも背が低いので、ハブナットが外に出ない、なので、下駄はかせましょう。

 ボスフリーよりも外側に出るようにスペーサーを入れます。

DSC_9878_convert_20200511232123.jpg

 今回は、たまたま反対側にあったスペーサーを、ボスフリー側に移動した、ということです。たまたまそのスペーサー分を足すことで、ハブナットがボスフリーよりも外側に出ることができた。

 で、終わりか?というとそう甘くはない。

DSC_9879_convert_20200511232110.jpg

 当然、スペーサーを動かし多分、センター外れてしまいます。そうなると、ホイールがフレームのシートチューブの真後ろに来なくあります。ズレてしまっては、抵抗等いいことはないでしょう。

DSC_9881_convert_20200511232050.jpg

 振れ取りをしながら、センター出しをしていきます。その際、このホイールはもうすでに古いということに注意をしないといけません。

 ニップルが各所経年の劣化が出ている。

 DSC_9882_convert_20200511232040.jpg

 こういう場合は、各所によって、ニップル回しを変えてやることに。ちなみに、通常の場合は、真ん中のものを使います。

 少し、トルクが必要だったり、またはニップルに潰れか何かを少し生じているときには右のものを使います。こいつは単なる三面を捉えるものと違って、もう少し、ニップルを囲う形状になっています。なので、前者のものよりもちょっと変改したニップルには優しいということが言えます。

 更に変形の進んだニップルには左のひし形上のものを使います。これはニップルの四面を等しく扱うという意味で、多少変形の入ったニップルや、トルクの必要なニップルを壊さないで、回すことができます。

 片側を緩め、もう片側を締めるながら、気長に調整を取っていくと。

DSC_9883_convert_20200511232029.jpg

 なんとか、センターが出てきました。これで、降臨にはめても、シートチューブの真後ろにこのホイールがつくことになります。

 ちょっとメンテと調整をすることで、また二昔前以上もつホイールが街道を走ることになる。いいじゃないの、ちょっと古めのホイールが街道蹴って走っていたってさ・・・。

スポンサーサイト



二ネジリ徹底!



 クロスポークで、オール二ネジリだと、離れても目立ちますね。これは見た目の効果は絶大・・・かもしれないね。

 DSC_9236_convert_20200328195853.jpg

 幾何学的にも面白ラインになっていますね、これは一ネジリでは現れない状態かと思います。

 DSC_9237_convert_20200328195845.jpg

 交差させてから二回ネジって、ニップルで止める、作業としては単純なんだが、久々の二ネジリ、意外と苦戦させていただきました。

DSC_9238_convert_20200328195837.jpg

 リアも同じく二ネジリ。この少し前にネジリをやった施工内容を書きました、底ではフリーのみ六本取りの一ネジリで、強度を優先しましたが、今回は左右ともに二ネジリ。

 締めていくごとに、強度は出るようですね。

DSC_9239_convert_20200328195829.jpg

 四本取りで、交差する二本のスポークの裾野は狭いですが、まあ、これでなんとか、というところまで。

DSC_9225_convert_20200328195920.jpg

 テンションをかける前の綾取りの状態ですが、二ネジリとなると、やはりスポーク同士の戻りの力が強く、綾取りも実に大変です。

 DSC_9226_convert_20200328195910.jpg

 ねじったスポークに指を通して、戻らないようにし、それをニップルで結んでいくんだが、この指挟みが非常に痛い。そして、、理論上の長さを計算しているが、少しの誤差で、ニップル結びが出来なくなってしまうこともある。よくもんで、反対側のニップルを緩めたり、まあ、ありとあらゆることをしながら、ニップル結びをしていきます。

 終わったあと、手は真っ赤っかです、鞭にでもあったよう・・・。

 DSC_9240_convert_20200328195821.jpg

 この車体はピナレロとどこかのコラボ自転車だと聞きましたが、各所、特徴のあるアルミフレームですね。

DSC_9241_convert_20200328195813.jpg

 ロードではこんな形のフレームあったっけなあ?なんかゴッツくていいなあ。

 こういうフレームは、ハンドルをドロップにして、ロードに改造したくなりますね。

 DSC_9234_convert_20200328195902.jpg

 これをドロップにして、ロード化したら、目立つ一台になりそうですねえ、是非やってみたいなあ・・・。フォークをピナレロの雷土形状のものにしたら、ゴッツイ鬼のようなロードになるでしょうね。

 コレならロードでも、オール四本取りの二ネジリでいいね・・・、いずれ・・・また!
 
 

久々の二ネジリ



 見るからにイタリア車ですね。こんな自転車が普通に走っている街というのは、悪くはない。大量でなくていいんで、普通に走っていることであります。

 この車体、通常であれならメンテ依頼で来るところかと思いますが・・・、今回はたいへん変わったご依頼でした。

 DSC_9204_convert_20200326124941.jpg

 これです!

 なんかヒビの入ったような模様のホイールですね。みると・・・、

DSC_9205_convert_20200326124930.jpg

 当店のよくやる・・・というか、店主一人ででやっているネジリホイール組なんですね。ところこれは、久々ですね、一ネジリはしょっちゅうやっていますが、こいつは二ネジリ。久々の二ネジリです。

 一ネジリは、ソルダリングの代わりになるんじゃないか?と勝手に考えているんでよくやりますが、二ネジリ以降は見た目と話題・・・を重視という感じです。というか、二ネジリのこれぞ!という効用がまだお伝えできない、といっていいでしょうね。

 ただ、狂いにくいということは言えると思います。強度は・・・色々やり方と考え方があると思います。

 このフロントホイールは、左右二ネジリでやっています。

 DSC_9206_convert_20200326124920.jpg

 リアもネジリで組んでいますが、ちょっと変わっています。

 DSC_9207_convert_20200326124903.jpg

 リアホイールは、反フリー側については四本取りの二ネジリでやっています。ネジリを入れる際には、取る本数は少ないほうがスポークに与える負担は少ない。裾野が広くなると、ネジリ部分にかかる負担が増える、これは考えておわかりかと思います。

 なので、二回ネジル場合には四本取りのほうがスポークにとってはいいでしょう。ただし、ホイールの強度という面では、裾野が狭くなるので落ちるともいえる。

 仮に六本取りで、二ネジリをやったら、それなりにホイール自体は固くなるでしょう、ただし耐久性は落ちるかもしれません。

 DSC_9216_convert_20200326124748.jpg

 そして、同じリアホイールのフリー側。フリーによって力をかけられる側については、強度を重視するということで、裾野を広く六本取りで、一ネジリにしたということ。この辺手組みでできる、変なこだわり、ともいえるでしょうね。

 まあ、やったことはありますが、八本取りで一ネジリ、これもスポークに負担はかけますが、かなり固くなります。選手クラスの練習用ホイールにはいいかもしれませんね。

 因みに店主は、最高三回ネジリというホイールをやったことがあります。

071031fornt_convert_20200326150508.jpg

 これです・・・って、古いなあ・・・。この店舗は今から三店舗前の阿佐ヶ谷団地時代の狸サイクルだ。こいつが三ネジリホイールですね。

 なんと、二本取りというやり方、計算式も特別にやらないとでてきません。

 071031nejire_convert_20200326150457.jpg

 別名ネジリラジアルとかいってたな。これはまあ奇をてらう以上の意味は・・・あまりないかもしれませんね。かなり固く組む必要があったと思います。こんなこともやっていたんだ、十年以上前のことですね。

 ということで、ここまで歌舞かない二本取りでありました。

 DSC_9209_convert_20200326124854.jpg

 こうしたクランクも、男ギアのまま使える方法については、先日紹介しましたが、ビンテージの様子を残しながら、機能は優しく・・・という方法が、今眠っているビンテージバイクを再度街道に戻す、いいきっかけになれば、と思いますね。

 DSC_9210_convert_20200326124844.jpg

 このモドロのブレーキも、イタリアンですねえ。いい曲線しています。こういうデザイン的余裕というものが、日本の工業製品にはないところかな?と思います。このモドロというところも、まあ発想豊かで長続きしない、という愛すべきブランドかもしれないな。

DSC_9212_convert_20200326124826.jpg

 ちょいと調整の必要だったブレーキ、なんとか十分に引けるようになりました。

 DSC_9211_convert_20200326124835.jpg

 wレバーはそのまんま。

DSC_9214_convert_20200326124807.jpg

 これも補助ブレーキ付きのブレーキですが、現行品もありますので、こうしたところからいい影響を得た人も、まだまだ自分の自転車に乗せることは可能になります。

DSC_9215_convert_20200326124758.jpg

 引きも軽めで、もちろん使えます。

 DSC_9213_convert_20200326124817.jpg

 バックスキン?ちょっとやそっとではでない質感です。

 自転車全体としては、かなり落ち着き気味のクラシック車ですが、ホイールが傾いている、ちょいと持ち主さんの遊び心が、他と同じじゃイヤ!心が現れていますね。

DSC_9203_convert_20200326124951.jpg

 クラシカル車体をいたずらする・・・、これもおもしろくて、そした新しいコンセプトかもしれませんな、また隙間が見つかった・・・。

手組の暖かみ



 年代物のXTRの箱がやって来た。この頃のマウンテンコンポはむしろロードに近かったのかもしれませんな。

 そう今でこそねじくれたようになっていますが、元々スポーツ自転車のパーツのはロードがメインだったんですよね、これ重要。ズーッとロードパーツだった、そこについ最近になって、アメリカ辺りでビーチクルーザーを改造してできたのマウンテンバイクのもとで、そこにはロード系のパーツが付いていたんでしょうな、当然のこと。

 だから、最初のマウンテンバイクのパーツはロードパーツを参考に作られたに違いないですな。考えてみれば、当たり前ですがね。

 DSC_8380_convert_20200127222121.jpg

 この持ち込まれた年代物のXTRでもって、ホイールを組んで欲しい・・・というご依頼。当店ではよくある話なんですが、完組が主流となっている現代、その内ホイールというものがリムハブスポークからできてる構成物だという事すら分からない人たちが出てくるのかもしれないですね、いや、すでにいるのかもなあ。

 だから、ホイールを組んで欲しい、という要望すら出てこなくなる、ホイールはもう完成してあるものと頭からきめこんでいるわけだから。

 それをそうじゃなくて、三つのパーツから組み方まで含めて自分で思いの通り組めるんだよ、ということの火を絶やさないようにしないとね。まさに風前の灯火だよね。

 DSC_8383_convert_20200127222058.jpg

 しかし、この頃のハブはたとえマウンテンのものであっても、なんか光っているように見える。もう店主が年寄りだからかな?そして、今は黒パーツがあふれかえっている、作る方は黒しか売れないからというだろうが、買う方からしてみると、黒しかないからとしか言い様がないんじゃないか?まあ、その辺鶏卵論争になるのかもしれないが。

 懐かしのXTRのハブがやって来て、さて隠し持っていたリムを持ってきたのがこれ。

DSC_8379_convert_20200127222139.jpg

 アラヤものだわ。ロゴも凝っている、札に使われている、偽造できにくいあれのようだ。そして、リム幅も結構あるねえ。

DSC_8386_convert_20200127222025.jpg
 
 アラヤにしては、ジョイントが雑に見えるが、これもまた初期ものをどこからか持ってきたのかな?こうしたものをどこからか集めて持ってくるのは、あのニシキのアキラさんなのだ。知らない人は、検索してみると多分当店のブログでヒットするだろうな。当ブログ内では地味な有名人。あと少しでサブスリーに届くランナーなんだが、フルタイムの堅い仕事をしている。

 将来絶対に自転車屋にしてやろうと店主が狙っている、人物でもある。しかし、よくまあ、どこからか、年代物の面白いものをいつも探してくるよね・・・。

 DSC_8384_convert_20200127222048.jpg

 スポークはDTものをあちらからご指定。少量で発注できるようになったのは、マルイさんのおかげ。星なら在庫できるが、DTは高いのと百本単位でなんともやりにくかったんだが・・・。

 そしてもう一つご指定が、八本取りという指定。八本というと交差するスポークの裾野が広がるので、長くなる分重くはなるが、頑丈になるという組み方。

 競輪用のホイールは、八本取りということでレギュレーションとして決められているほどだ。

 DSC_8385_convert_20200127222039.jpg

 内がけのスポークがハブのフランジを抱えるようにして、捉えている。これ数年使って、ハブだけを摘出しようとすると、フランジの穴にそうように、スポークによってもまれた溝のようなものができるんだが・・・。

 これすなわち、ハブの穴つまり、スポークの首だけで支えているのではなく、フランジ全体でつまりスポークの首下10ミリくらいでもって、強度を支えているということの証左なのだ・・・と昔聞いたことがる。

 スポークの組み方は色々あって、それらの説それぞれにそれなりの理屈があると思うが。店主は進行方向に内がけをするいわゆる井上組というのを試みている。その理論的信念というのがまさによじれる方向に対して、スポーク一点、フランジホール一点で支えないように、という理屈からなんだがね。

 ただ、じゃあ、逆に組んだからといって何か支障があるのか?というと、師匠クラスで店主とは逆に組んで、かつてはすべて手組ホイールでロードのチームを支えていたかたがいるんだが、その実績から言っても、そこに決定的な間違いなどは無い、とおもいますな。

 大体世界中で一体何億本の自転車のホイールが1日回って走っているのか知らないが、そのほとんどがトラブルっていないということを考えると、手組ホイールの理論的主張の緩さというものがまた、多少手前勝手で面白い。

 完組からすれば、手組は緩いのだ、それぞれがそれぞれの理屈に酔いながら、なんとか作って走らせているわけだから。

DSC_8389_convert_20200127221856.jpg

 リムの色もいいね、胴のような色をしている。しぶいなあ。こいつに今風の太いタイヤを履かせるという。年代的にチグハグになるのかな?それをまた喜ぶ、まさにニシキのさんらしい展開だ。

 手組ホイールは、当店が閉めるまで続けるでしょう。その内、左官業のように珍しい技術として細々でも生き続けるのかもしれないね。そこに連なる流れをそれこそ細々ながら作っていこうと思います。

超々超!軽量ホイール組みあがったよ! 早いもの勝ち



 ちょいと軽量のリムが手に入ったので、組み上げてみたんですね。それも軽量をだいぶ意識して、なので、これご希望の方全てに送るというわけには行きません。

 限定六十キロ台の方のみ、ということにしておきます。

 DSC_8260_convert_20200118190636.jpg

 リムハイト21ミリのカーボンです。

 DSC_8248_convert_20200118190504.jpg

 ブレーキシューの接触部分以外は、ツアやりのクリアが塗ってあります。

 DSC_8250_convert_20200118190529.jpg

 ハブは前後ともにTNI、前が二十本、後ろが二十四本のスポークです。はい、ここから軽量にすでに入っていますね。スポーク本数が少ないとそれだけ軽くなるからね。

 かつてホイールは、リム、ハブ、スポークという三点部品の一つ一つを選んで組み合わせて組んでいた、しかも、組み方も色々あって、一本のホイールが組み上がるには上記4つの要素が絡み合ってできていた、ということだったんですね。

 なので、21ミリのカーボンリム、ハブはTNIの軽量ハブ、そして、スポークと組み方は・・・と進みます。

DSC_8258_convert_20200118190627.jpg

 スポークはDTのバテッド、中央部分が薄くなっている分軽量化と、強度を両立させているとも言えるでしょう。

 そして、前輪ですが、最短のスポークを使うために、交差のないラジアル組にいたします。ハブを中心に放射線状にスポークを組むやり方です。もちろん裏表ともにね。

 DSC_8252_convert_20200118190551.jpg

 そして、リアはまずフリー側。スポークは同じDTのもの、そしてこちらはフリーを使って自転車を推進させる力のかかる側なので、四本取りにいたしました。

 このハブは二十四ホールなので、ホール一つ一つの穴の間隔が広いんで、四本取りでも、通常三十二ホールの六本取りに匹敵するでしょう。

 交差する端と端は広いほうが、スポークは長くなって重くなる分、強度が上がる、と言われています。チェーンによって力のかかる部分ですから、こちらは交差させることに。

 DSC_8251_convert_20200118190541.jpg

 そしてフリー側ほど力のかからないとされている方は上のように放射線状に、つまりラジアルで組むことに。この交差ありと交差なしでは、スポーク長はかなり異なってきてしまいます。十ミリ、二十ミリ違うことだってありえますね。

 ステンレススポークの二センチはかなり重い、それがスポーク本数部あるんですから、ちょっとズッシリとなります。

 スポークの組み方が、強度や重さに影響する・・・、完組しかオーダーしたことのない方々には、ほとんど思いつかない話なんじゃないか?と思います.

さて、超超超!軽量といった限りはどのくらい、軽量なのか?量ってみましょうか?

 まずはフロント、

DSC_8254_convert_20200118190610.jpg

 ハブスポーク入れて、なんと五百グラム切り!ウッソーって軽さです!

DSC_8256_convert_20200118190618.jpg

 そして、リアがフリーの機構が入って、なんと六百グラム強の重さですから、やっぱり驚異的に軽いでしょ?超が三つつくだけのことはあるでしょうな。

 オット、そうそう忘れていた、このホイールの最大の特徴の一つが・・・、

 DSC_8253_convert_20200118190601.jpg

 チューブラー対応ということです。流石WOの返しがない分軽いですね、驚異的に・・・。

 こいつに軽量チューブラーをリムテープ等で履かせたら、管理は比較的楽かと。あと、こいつを常用するというよりも、イベントやここぞ!という上りのときに使うという限定もんにするとなると、チューブラーでも決して悪くはないと思いますね。

 そして、今や一部以外は絶滅種に近いチューブラーですが、この領域ですがいいタイヤがあるんですよ・・・。奇跡的にいいタイヤがあります、何よこれ!と思わず瞠目してしまうようなね。

 そうしたタイヤを知らずして、スポーツ自転車!!!もネーだろうという気もしなくはない。知っときましょう、これを機にワンペアチューブラーにしてみませんか?とね。

 DSC_8261_convert_20200118190646.jpg

 クイックなしで、このまま渡しで税抜きたったの62000円ポッキリ、限定ワンペアのみ!

 売れるまで当店にありますんで、手にとって見るもよし、回してみるのもよしと言うことで、見学お待ちしています。

 六十キロ台限定、早いもんがちだよ、正月は終わったが、お年玉セールということで!

 ※チューブラーのタイヤ貼り指南や、定期的なフレ取りなどは無料ということです・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター