メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

もっと頑丈に作れよな!!!



 これ自転車のスタンドの一部です。拡大するとなんだかわかりにくくなりますね。スタンドの中で、コイツ掛けることでスタンドがロックされる、あそこであります。

 もう折れて何もありませんが、ここにバネを引っ掛ける突起があったんですね。

343422124_1297831774449353_7476332618207104773_n_convert_20230428221544.jpg

 こんな感じのね。その突起が金属疲労で持って折れてしまったといいます。これって本当よくあることなんですね。ここだけ折れちゃうっていう現象。

 そうなるとどうなるか?というと・・・。まるごとスタンドを交換するしか・・・ほぼ打つ手なしなんですよ。

 折れる前で、バネが外れることも起こりますが、そうした場合にはバネをかけ直せばいいんですが、折れてしまったら本体ごと交換するしかない。

 343438545_961723605035803_356152796708778381_n_convert_20230428221615.jpg

 別物に交換です。

343563427_789646102265950_5239650245670440490_n_convert_20230428221633.jpg

 実は上も下も作りが弱いように思います。もともとの板から切り取って突起を作るんじゃなくて、溶接や圧入などして別パーツを取り付けるくらいしてもバチは当たらないと思うんだがね。

 電動自転車のような思い自転車を支えるスタンドなんで、全体的には頑丈に作られているんだが、一部この辺が脆弱過ぎる。なので、ここが折れると全とっかえ・・・もったいないね。

 まあ、直す方法を当店で確立すればいいだけなのかもしれんな。

 343412858_1665334037230759_6014725630803541300_n_convert_20230428221706.jpg

 そういえばこのスタンドを取り付けた、EZという車種も相当の癖があるせいか、当店がよくいじったもんだったが、コイツもそのうちの一つ。デカイカゴを付けるために、下支えをいれて、

343429786_166897402987378_8114555738969596314_n_convert_20230428221736.jpg

 特殊金具を作って、カゴを置く。もともとはカゴがつきにくい構造になっている。ちなみにこの黒板状の金具はイェップという前子載せを取り付けるアダプターなのであります。

 342886250_766127491579429_1695677042674844160_n_convert_20230428221721.jpg

 EZで、これほどのデカイかごつけている車体はなかなかないだろうね。

 343407897_903803424037327_7663753883909653961_n_convert_20230428221751.jpg

 後ろ子載せが乗っていますね。これもイェップってやつですね。コイツは荷台式なんですが、そもそもEZについている荷台には重量制限が付いていて、イェップは載せられません。なので、そのもともとの荷台は取り外して、

343572187_162952913397352_3884463077498488887_n_convert_20230428221813.jpg

 実用車用の荷台が付いていますね。これもものを選んで加工しないとそのままでは当然付きませんよ。

343419814_1412978016187153_1852272763626447929_n_convert_20230428221832.jpg

 しっかり付いていますね、そこにイェップのアダプターを取り付けて、さらにそこにイェップを取り付けるという、ちょいと面倒ですが、一旦付いたら、使い勝手はいいですね。

 343574327_1323728981519790_8034530256326824792_n_convert_20230428221650.jpg

 一見してバイクだよね。だからこそ、一般のお母さんが使っているようないかにもママチャリタイプの自転車は苦手!!!という、かっこいいお母さんに人気が出たんでしょうな・・・。今もつくられているのかね?こうした尖った車体もっと作ればいいのにね。

 もとい!スタンドのバネかけ突起、もっと頑丈に作りましょう!

やっぱり続くね エンドが折れたって・・・



 ちょいと前もエンドが折れたということで、結構苦心して、何とか戻したんだが。そういう施工を公表すると続く傾向があるな・・・と思っていると、ほらまた来たよ。

 コイツもエンドが折れたということだ。

 結構この自転車気に入って手をかけて乗っていたそうだ。

 それは一見してわかった・・・、

343559919_2188574228006787_7238166336572809505_n_convert_20230426232949.jpg

 クロスバイクなのに、こんなブルホーン付けていんだぜ、よほど拘らない限り、こんなことはしない。いろいろ考えてこれに辿り着いたはずだ。

 なので、この自転車は好きでアチコチ乗っていたんだが、学業等で暫く家を空けていて、乗っていなかったと。

 そして実家に帰ってその姿を見ると見るも無残だった・・・ということだ。詳細はわからないが、確かにひどい状態になっていた。

 コイツを走れるようにして欲しい、ということなんだが、身分が学生ということで、予算制限の凄いこと・・・。

 なら、最低の施工で何とか走れればいい・・・?ハイ、なんとか走れれば・・・。

 多少腕がありそうなんで、自分でできるところもあるだろうということで、お預かりする。

 343558620_1341418186791983_1033619291380858383_n.jpg

 きれいに折れていますな。このおかげでフレームが守られたと思えば、ヒューズのような役目。特にカーボン車体なんかは早々に折れてくれますので安心です・・・。

 スペアを持っていれば・・・ね。なので、ハンガーのスペアは自分でお持ちになることをおすすめします。コイツの入手が難しくなると、こんなチンケなパーツがないだけで、フレーム全体が使えなくなりますからな。

 343520528_248962677601773_5213845636338741871_n_convert_20230426233021.jpg

 ものはルイガノ・・・なら、かなり高い確率で確保は簡単だ。

 と!いうことで、

342987662_1695003737623214_3526161777722537643_n_convert_20230426232933.jpg

 無事交換・・・。

343438438_6109926179075148_4827218590739420620_n_convert_20230426232839.jpg

 このハンガーなんかも特にそうなんだが、物理的に止めているのが一箇所、形状で動かなくしている工夫があるのと、やはりクイックレバーのナットで抑える、というのも固定の重要な力の内なんですよね。

 だからこの手のハンガーには、ピッタリとクイックナットがくっついて固定してくれたほうがいい、でしょうな。

 342716805_1563476204147205_3927609641134188749_n_convert_20230426233144.jpg

 あとは最低限とされているパーツ類の交換となりましょう。チェーン・・・これはひどかったんで交換です。

 343444195_915285489748787_2629208624279146443_n_convert_20230426233038.jpg

 シフト・ブレーキ系の自転車の神経ともいえるケーブル類をすべて交換。これでシフトと、制動の中間が開けてまいります。

 343426852_683223933607932_3969196030214624376_n_convert_20230426233005.jpg

 ほぼなくなっていたシューも交換。

 343555789_258694069948055_1305538297828803449_n_convert_20230426232911.jpg

 勿論前後ともにね。チェーンでもって駆動がなんとか、本来ならスプロケも行きたいところだが、それは次の機会に。そして中間のケーブルという神経系を交換することでシフトが復活、そして先端のシューも交換されたんで制動も復活・・・最低限・・・なんでまあここで止めとくか?

 342719550_1014956466552730_3914688622915457428_n_convert_20230426232857.jpg

 タイヤなんかもアチコチから繊維がバラけて、前後交換したら、さぞや快適だろう・・・と思いつつも、この辺は自分でも交換可能か、ということで抑えることに。

 343559919_2188574228006787_7238166336572809505_n_convert_20230426232949.jpg

 このブルホーンハンドルだが、ブレーキはフラット用ものがついている、ということは細めのブルホーンバーを探してきたんでしょうね。

 試乗してみると、意外と乗り味がいい。

 342727546_764727245211113_5488234887356319113_n_convert_20230426233128.jpg

 このように、狭いフラットバーのように持ってもいいし。

 店主なんかはこれだと辛いんで、どうしても縦ハンドルにしたくなる、でも・・・

343562544_500797342132150_5619370374090140299_n_convert_20230426233112.jpg

 こうやって持つと、今度は親指がブレーキレバーにかかるので、不便ではない。ソコソコ考えられた車体なんだろうし、実際相当コイツと過ごした時間は長いんだろう・・・ということが推し量れるな。

343562539_986432645852942_2102876156405442957_n_convert_20230426233054.jpg

 フレームも丈夫そうだし、前三枚というのがどんな坂だって行ける、荷物も積めるし、日本一周だってコイツでなら行けそうだ。学生か・・・、みんながみんなそうでなくてもいいんだが、少なくともこのくらいのグレードの自転車に乗っているなら、日本一周とまでいかなくとも、長距離走ってもらいたいと思うんだよね。

 金がないなら、自力で踏め!!!と言いたいところだが、その自力を任せる自転車すらも今の若い子の手が届かないとしたら・・・、やはり政策の問題と言い切ってもいいだろうな。

 店主らの若い時には、学生共は学生の分際で車で遊んでいたんだぜ!無論店主は免許持っていなかったが・・・。

ハンガーが折れる・・・



 ネストという名前の車体らしい。有名な店でも売っているとか。

 342703267_795232595454302_697371601331773124_n_convert_20230421221554.jpg

 アルミのパイプでガッチリできているんで、うまく乗ればかなり長い期間乗れるでしょうな。ところが・・・

342678987_953178559154150_6739994488538899948_n_convert_20230421221110.jpg

 ハンガーが折れてしまったという。単に交換すればいいんだが、それがなかなか見つからなかったりする。メーカーに問い合わせてすんなり来ることもあるが、型が古いともうない・・・なんてことにもなりうる。

 いわんや中古で手に入れた謎系ものなどのハンガーが折れたら、どうしていいやらわからなくなることも。しかも・・・、このハンガーの形が多様なんだよね。

 イヤ、多様過ぎる。千種類はあるんじゃないのかな?こんなものせいぜい20〜30種類で協定作って、数抑えればいいのにこんなちっこいパーツに振り回される状況はあまり健全とはいえないんじゃないか?

 ただ、ちっこいパーツであってもへし折れたら、フレームまたは自転車自身が使用できなくなるということなので、ことは深刻なんだよね。

 ハンガードクターとか、この辺を確保している業者はいるんだが・・・、それにしても探すのも大変だ、在庫しておくのもね・・・。なのでフレームメーカーは協定作ってなんとかしろ!と思うんだが・・・だめかね?

 さて、当店にも手持ちのハンガーはあるんだが、スペシャのシラス、ジャイアントのエスケイプのような定番モノは何とかなりそうだが、ちょいとズレると、探すのに難儀なんだよね。

 そしたら、

342706754_5495731657193134_1692806848680946594_n_convert_20230421221652.jpg

 この形状とボルト位置に合うものが見つかった!!!ラッキー!と思ったら・・・。

 あるはずのネジ山がハンガー内には切られていなかった・・・。さて、どうするか・・・。ナットを使って止めるしかない、加工しないと・・・な。

 342732191_1911200509258586_9064666447567159704_n_convert_20230421220959.jpg

 フライス盤でナットを置く箇所を削り出す。

342705387_3489702541308205_2831267241510636366_n_convert_20230421221018.jpg

 こんな感じで固定ができました。まあ、これだけでもいいんだろうが・・・。これだとボルトナット二点だけで止められていることになる。

 できれば、クリックレバーのナットによっても圧着されると強度はより上がるんじゃないか?と思う。ただ、ナットの部分が盛り上がっているので、そのままではクイックナットによる圧着はできない。

 そこで、

342725805_985788152791312_6252327811176351877_n_convert_20230421221033.jpg

 ワッシャーの二箇所を削って、ナットの逃しを作って当てることにした。

 342662706_262708702772938_2231647837194697474_n_convert_20230421221049.jpg

 このように加工したワッシャーを被せて、

342692032_780885303377605_1351362385148567624_n_convert_20230421221128.jpg

 クイックナットで締め付ける。ハンガー自身をボルトナット二本とクイックナットの三点で抑えることに、これで強度と耐久性も上がるだろう、と予想できます。

 342693851_594776702604708_1092431956754425517_n_convert_20230421221459.jpg

 台座にリアディレーラーを戻して装着する。

 342659228_1432694147568467_3839528782726309792_n_convert_20230421221519.jpg

 しっかり付いていますね。

 342709820_203373635791296_6876719855540838481_n_convert_20230421221536.jpg

 難をいえば、ここを着脱する時ワッシャーの向きをしっかり合わせないとむしろナットとハンガーの間に隙間ができてしまい、不安定になりかねない、ということですね。

 342709073_913331943276735_2812656620868960178_n_convert_20230421221209.jpg

 今回ついでにシフト前後二本と、ブレーキ前後二本の四本のワイヤーをすべて交換いたしました。

342185313_1642514229543711_978365581748069345_n_convert_20230421221346.jpg

 ブレーキシューも交換して、ほぼ万全な状態になりましたな。

 342703978_755240002924212_4189758111020881946_n_convert_20230421221634.jpg

 ハンドルはフラット系にライザーを利用しています、日常使いでしょうね。

 342682687_154724734216236_3934842479401473739_n_convert_20230421221615.jpg

 もうほとんど性能機能は新車とほぼ同じくらいに戻りましたよ。でも良かった、あんなアルミ板1枚が折れただけで、この車体としての運命が左右されるなんて、ちょっとありえない。

 なので、再度繰り返します。フレームメーカーは協定を結んで、ハンガーの形状は少なくとも百種類以下にしてほしいもんであります、できないのかな?そんなことはないと思うんだが・・・ね。

お題をいただく その2



 先日いただきました、お題・・・、変わりハブのベアリング交換の依頼ですが、前回分解、外しを試みて、交換するベアリングの計測までやったわけでありました。

 そしてサイズのわかったベアリングをベアリング屋から引っ張ってきた、というところから今回始まります。

342206426_1420618052039657_465628956508559444_n_convert_20230419232151.jpg

 シェル内の軸にベアリングを当てて、

342205797_3479580648954263_1218264515394429581_n_convert_20230419232212.jpg

 前回ホールソーで作った木枠を使います。コイツを当てて叩いても、木が柔らかいからベアリングには絶対に傷は付きません。

 342204229_1164977754898616_1722883624273979909_n_convert_20230419232229.jpg

 そしてベアリングを装着した軸を今度はハブのシェル内に装着するんだが、このときも同じく木枠を使って圧入いたします。

 342011613_175261202075561_6485444533218859903_n_convert_20230419232244.jpg

 そして対岸のハブシェルにも新しいベアリングを装着します。

 342370924_639866421285007_4702468162928915461_n_convert_20230419232300.jpg

 はい、ベアリングに二枠装着完了であります。あとは組み付けだ!

342188189_6156110981119254_1903663023533946372_n_convert_20230419232315.jpg

 この細かい中抜きシルクハットのようなパーツをはめていきます。

342331039_514868317332689_8188467875046184716_n_convert_20230419232332.jpg

 このパーツの意味ですが、この後閉じる蓋と本体との間を作るスペーサーのようなもんかな?

342177322_209995698400738_2091054145226416048_n_convert_20230417210342.jpg

 この蓋付き二軸を戻します。

342206180_963003538388133_1950457448662354391_n_convert_20230419232348.jpg

 はい、もどりました。ここにもう一方の蓋をあてがって、

342046811_1067452801309475_8777872664386891187_n_convert_20230419232422.jpg

 外れないように、六角ボルトを締めて固定します!

342205742_1556983321490319_1859307330311720938_n_convert_20230419232403.jpg

 ハイ、これで元に戻ったかな?ベアリングが新しくなったので、心なしか滑らかになったような・・・気がします。

 341467088_1329330550962521_910648368803677955_n_convert_20230417210430.jpg

 イヤー、癖ありのハブでありましたが・・・、でも何とかパターンのようなものがあるようで、店主レベルの作業勘でも対応ができたわけであります。

 いろんなパーツをいじっておかないとね・・・、手組ホイールもやっておかないとね、結局完組だって直す時には手組ホイールのできるショップに行くかメーカーに戻すしかないだろう、右から左にものを移しているだけでは、その辺の技も作業勘も付きやしないからね・・・。

 こういうお題は大歓迎であります、感謝です!

お題をいただく ハブベアリング摘出と交換



 本ブログで取り扱うと、暫く類似の依頼が続くことがある。随分昔の施工を見て依頼というのもあるが、やはり日時が浅いほうが依頼は多いかな?

 ハブベアリングの交換をやった記事内容が影響したのかどうかはわからないが、ちょっと特殊ハブのベアリング交換のご依頼をいただいた。

 342189867_1252020258761292_8704605160356295407_n_convert_20230417210310.jpg

 ムムム?通常ハブの中心に軸があるが、こうしてズレいているのって、もしかしてエキセントリックハブ?と疑いたくなう。

 342192805_967993794213832_6598756293469710153_n_convert_20230417210325.jpg

 どうもサスペンションの機能が付いているハブなのかな?パンサーというのだそうだ。

 さてコイツを外して、解体して、まずベアリングを摘出しないといけない。前者の方に緩めるボルトがあるので、こちらを外して、後者を外すんだろうということに見当がついた。

 342177001_606594648038021_4596670928156779153_n_convert_20230417210447.jpg

 隙間に研いだマイナスドライバーなどを入れて、少しずつ剥がすように外していく。

 342175443_920879959115314_6923516095705583841_n_convert_20230417210504.jpg

 軸の脇にエストラマーのような緩衝材が入っているので、やはりサスペンション機能付きのハブなんだろうね。

 さらにもう片方を抜くか・・・

342177322_209995698400738_2091054145226416048_n_convert_20230417210342.jpg

 ハイ、こういう二つの軸が付いている、よほど変わったハブなんですな。お題として望むところであります。

 さて次はどうするんだ?一皮一皮向いていく感じが面白い。

 342182071_758744828946643_6859834787604139639_n_convert_20230417210357.jpg

 多分叩き出しが必要になりそうだ。本来なら万力のようなものでゆっくり抜きたいんだが、逃し構造のない万力では簡単にそれができないんだな・・・、なので前回切り出した木の板からこうした叩き出しの土台になるものを利用していく。

 342057743_946342713062484_3648558979411559784_n_convert_20230417210520.jpg

 極単純には、こうしてホイールを仮固定して、抜くべき対象に抜いた木を置いて、それをプラハンマーで叩きながら抜いていく・・・という戦略を取ります。

 より外すものなども外して、力が逃れないように固定する所固定して、時に静かに時に大胆に対応していくと・・・

 342201345_1392842838136524_6275118529118902765_n_convert_20230417210413.jpg

 ハブのシェルからベアリング機構の部分が外れた。ここからさらにベアリング単体を外していく。

 342063613_194094100062804_3686353740498505425_n_convert_20230417210536.jpg

 ハイ、外れました・・・。そして今度は対岸にあるハブシェルに嵌っているベアリングを外します。

342202233_1263374824610882_820110722379264611_n_convert_20230417210552.jpg

 ベアリングプーラーを使って外す・・・。何とか外れたぜ!

342174248_1057904785185431_5068283766810215328_n_convert_20230417210608.jpg

同じサイズのシールドベアリングが二個抜けました。

 サイズは外径42ミリ、内径35ミリ、厚み7ミリという特殊ではない、一般的なサイズのものであります。

 二本取り寄せ、この逆の行程でもってベアリング交換をいたします!

 まずはお題の半分まで、終了の巻!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター