メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

メカニカルディスクのセンター



 実用車をもとに改造して出来た、まあ、そんじょそこらにはない自転車に仕上がりました。形状から、ギア比、乗り方から使い方に至るまでに、地味でも静かに拘って作られています。

 最近後輪にディスクブレーキを取り付けて、ギドネットレバーで引いているんですが、なんか巡航速度が落ちている、というんですね。

 確かに、ホイールの回転が鈍い、回しても止まるときは途切れるように止まる、これは玉押し内の圧が高いか、またはローターとパッドとの干渉か?

 調べてみると、後者だった。

 ではなんで干渉するに至ったか?これは推測なんだが、事実をあげると、

 DSC_8740_convert_20200225203746.jpg

このバンド式の後付けディスクブレーキ台座が当初の取り付け位置より少しズレたらしいのだ。まあ後付けボルトでてとめるので、そういうこともおきないとも限らない。

 DSC_8742_convert_20200225203737.jpg

 上から見るに、ローターとブレーキパッドに干渉がある。そもそも論を言うと、ワイヤーで引っ張るメカニカルディスクのある種の宿命のようなものかもしれない、そうも読み取れる。

 DSC_8739_convert_20200225203755.jpg

 同じディスクブレーキでもその構造というか、何で引くかによって大体二種類に分類ができる。一つはワイヤーで引くメカニカルディスク、もう一つはオイルで引くタイプ、この二つに分類できる。

 上の自転車には前者がついている。そしてこの両者の違いは引くものだけではない。
 
 シマノのメカニカルディスクは、簡単に言うと片効きの構造となっている。ディスクを片方からピストンが一方的にもう片方へ向かって押しつけて結果的に夾んで、制動する。

 それに対して、オイル引きのブレーキは、左右から同じ距離ずつせり出てきて、ローターを両側から夾む、という構造をしている。

 後者であれば、常にローターを左右から均等に夾むために、、キャリパーは止まったところで安定する。

 ところが、シマノのメカニカルディスクは、片効き状態なので、ローターを挟んでいる際には、必ず歪みを生じさせてしまうことになる。この歪みが、もしかしたら後付けディスク台座をずらしてしまう力になっているんじゃないのか?と推測する。

 さすれば、後付けディスク台座を取りやめて、柳サイクルさんに頼んで、フレームに直接ディスク台座を溶接してもらうという手が考えられる。

 あとは・・・、TRPのメカニカルディスクブレーキに交換するというてもある。というのは、TRPのメカニカルディスクは、シマノのような片ぎぎ構造ではなく、オイル引きと同じように、左右からローターを均等に夾むように制動できるものがある。

 TRPのものだと、左右から均等にヒストンが出るので、ブレーキをかけた状態で安定します。

 ギドネットレバーを使い続けたいということから、端からオールのオイル引きディスクを取り付けることは出来ない。

 となれば・・・、TRPのハイドロを使うか、TRPのメカニカルディスクにするしかないかな?

 または柳さんの溶接台座に、シマノの片効きメカニカルディスクでやるか・・・。

DSC_8745_convert_20200225203728.jpg

 シングル用のディスクハブで組み替えると回転はよりよくなるかもという推論もなされたが、そもそもフリーの中での最小の11Tからのギア比が好きでこの形を取ったので、ここをシングルフリー最小の16Tにかえるには、前のチェーンリンクも合わせてデカくしないとバランスが取れなくなるので却下・・・。

 ということで、手は限られてくるが、こうした縛りの隙間を縫って完成させることがショップの誉れでもあるので、、ちょっと経過を見つつ、次の施工として、何が可能か?ということをもう少し提案できるよう、考えないといけない。

 まさに世界に一台しかない珍車だな、それだけこちらはいい意味で緊張させられ刺激をもらうことになるだろう。一般的な自転車ばかりを言われるがままにいじるだけでは確実に老人ぼけしてしまう。

 こういう案件は大事にないとね。
スポンサーサイト



探しも探したり 短いクランク



 この車体、一見650c のレーサーなんだが・・・、

 DSC_8517_convert_20200209222144.jpg

 この伸び縮みピラーと・・・、

DSC_8516_convert_20200209222133.jpg

 このコックピットのような、ハンドル回りを見ると・・・、ア!当店のご意見番のお一人でもあります、あのマッドサイエンティストさんなのであります。

 DSC_8521_convert_20200209222204.jpg

 あれ?こんな所に、当店非公認のステッカーが貼ってあります・・・。この手の発展系を公認化する動きもなくはないようですが。

 このマッドサイエンティスト、略してMSさんですが、先日当店のお着物号を試乗して、127ミリクランクを体験してもらい、大分気に入ったその翌日、改造電動号を持って、127ミリ化したんでありますが、それで終わるほど浅くは無かったようですね。

 短いクランクによって、シッティングとダンシングの区別がつきにくくなった、ということは常にダンシング的なトルクが可能なんだろう、と読みをすすめ、さらに短いクランクを試したら、その区別は一体どうなるか?なんて、かつての研究者としての血が騒いだようでありますね。

 そして、ネットとにらめっこということで、とんでもないものを見つけては、それを取り付けて当店までやって来てくれました。

 そのとんでもないものとは・・・。

 DSC_8514_convert_20200209222108.jpg
 
 これなんですねえ、このクランク。一見普通のクランクに見えますが、こいつこんなスポーツ系の見た目をしながら、なんと120ミリという長さ。あのサンエスさんが推している、ラクランクの10ミリ下をいく代物なんですね。

 DSC_8515_convert_20200209222119.jpg

 計ってはいないが、目視でいうと若干のQファクターは広くなったかもしれないが、いやいや、短いです、とことん短い。

 一体どこから探したんですか?という問いに

 オーストラリアのBMXの店から取り寄せたという、送料はそこそこかかっても、本体自体はそんなに高くなかったようです。BMX用だけにシングル用なんだが、どうもそれを加工してダブルとして使っているようですね。

 やるなあ・・。

 乗ってみましたが、サドルをより店主用にセッティングすれば、その効果は絶大だったかもしれませんが、それでもダンシングとシッティングの区別がぼやけてくる感じはしますね。

 これは、実際の足の長さと、大腿骨とその下との比率、全体的脚力とクランク長によるトルク、回転効率などの、パラメーターをすべて入力すると、一体何ミリのクランクがその人にとっての最適なのか?なんていう数値を出すシステムなんか作れたとしたら、それも目的別に出せたとしたら、それはそれは、自転車のポジショニングのちょっとした革命になるかもしれませんな・・・。

 そんなことなんかも夢見ながら、MSさんは、これからも走り続けるでありましょうし、また貴重なアドバイスなんかもいただけるんじゃないか?なんてこと、期待していますがね。

 事故なく乗り続けてください!

 こちらもパーツ探し、負けちゃいらねーわ・・・。

鼻なしサドル 静かにブレイクの可能性



 これなんでしょう?

 スポーツ自転車愛好者には、わかった!DHハンドルバーの肘置きだろうと思う人いると思いますが、違います!

 
 実はこれサドルなんです。従来のものとはだいぶ形が違いますが、サドルです。お尻を乗せる場所はありますが、いわゆる前への突き出し部分、通称鼻の部分がありません。

DSC_8499_convert_20200204111732.jpg

 具体的に取り付けるとこう見えます。まだ見慣れませんね。変なのーって感じですが。

 こいつのメリットは何か?というと。膝まであるコート、ロングスカート、着物のようにお尻を一帯包むような衣類を着ているときに、サドルの鼻によって食い込まれなくて済む、という形状なんですね。

 そして、角度を変えてみると

DSC_8501_convert_20200204112834.jpg

 本当に鼻の部分がへし折れている分、自転車自身にまたがりやすいんですね。

 もちろん、今まで普通に鼻ありサドルを乗っていたところから、急に乗り換えたりすると、違和感はなくはありません。ペダルを回すために無意識の内にサドルの鼻を挟んで安定を図っていたんだ、なんてことにも気付かされます。

 でも、自転車にまたがる際に、無意識に鼻を避けて、下半身を一瞬でも前に突き出していた作業の必要がなくなります。もちろんこれも無意識の内の作業なので、このサドルに変えたからといって、一気にそれがなくなるわけではないかもしれませんが。

 でも、またがる際に鼻の突き出しとのちょっとした接触によって、体をずらしていた場合には、その接触がなくなるだけで、乗りやすい!と一気に感じられる人もいると思います。

 こうした長年の使用による保守的な傾向(多少何かあっても基本問題なし)というものも、新しいものが来ることによる、逆慣れ?等によって、一気に情勢が変わってしまうことだってありえるんですが、この鼻なしサドルもそうした可能性を秘めているように思えますね。

 これは着物号のためにいま試行中なのですが、当然洋服ほどの自由はなく、そこそこの縛りのある和服に向いているということは、それはそのまま体の動きに縛りのある高齢者のための自転車にスライドできると信じてやってもいます。

 DSC_8503_convert_20200204111702.jpg

 こんな形状のサドルもありますね。鼻の突き出しが極端に短いので、いかにも跨りやすそうにみえませんか?後は慣れることで、この小さい形状のサドルに腰を乗せるポイントが見つかれば、常用に耐えるものであると思いますね。

 と、そんな提案をしようかと考えているときに・・・

83891626_2859919794053965_832455165515661312_o_convert_20200204111753.jpg

 なんと店先に、このお着物自転車の指南役の一人でもある、トウキョウジョウ城主、お殿様がチラリと当店の前を通りかかりましたので、早速試乗の感想をいただきました。

 83673518_2859919864053958_7711275568473309184_o_convert_20200204111807.jpg

 慣れは必要かもしれないが、ハマったらやめられないサドルになるかもしれない・・・というご感想。

 良かった、打ち首にされないで・・・・。

 DSC_8500_convert_20200204111723.jpg

 そんなわけで、まだまだ秘策のあるお着物自転車≒高齢者向き自転車の施策はまだまだまだまだ続きますが、世は高齢社会真っ只中、そしてお隣はもう少しで三億以上の高齢者抱えるお国が控えておりますので、ちょっとした使命と勘違いしまして、やり続けましょう!



 

短クランク ブレイク予感 着物だけではなかった・・・



 この車体自体、解析不明かと思いますので、そこは流してくださいませ。

 当店にとっての技術的ご意見番、現マッドサイエンティストの登場です。最近当店で出しました、着物用自転車ですが、あの短いクランクがなんかこれからどうも・・・、ブレイクするんじゃないのか?という展開ですね。

 まず、公表してから即このご意見番が反応してくれました。一定の年齢による、股関節等の硬化、身長その他身体的条件を勘案すると、短いクランクが有利ではないか?とどうも思っていらしたようですね。

 まあ、あてがわれたモノを唯々諾々と口開いて使う・・・というのとは真逆の、積極的改良(時に結果的に改悪?)、とにかく試行錯誤を通じてよりよきモノを求める探究心とその高い意欲でもって、感度の高いアンテナを張っておられるところから、ピンと来られたんじゃないか?と。そして来るところはしっかり自分で確かめなければいられない・・・ではないか?と思います。

 早速着物自転車の試乗されて、即これは言い!という結論に達したらしいです。それは早かった、求めていたイメージと身体感覚がピタリとくると結論早いですね。

 何と翌日、この電動系改造自転車を持ってきて、あの120ミリ台のクランクが付かないか?という展開、本当早い。

 ただし、詳細は省きますが、電動クランクって実はクランクとチェーンリンクが独立していることが多く、着物号に付いていたクランクそのものが付くことはほとんど無いんです・・・、困ったね。

 でも大丈夫・・・。自転車カタログ、実用車から子供自転車、はたまた三輪車までじっくり見ていると、アイデアを補強してもらうモノってあるんですねえ・・・。

 DSC_8265_convert_20200121161109.jpg

 これが元々ついていた152㎜のクランク。これでもかなり短い方ですが・・・、それよりももっともっと!短いクランクをご所望です。

 で、電動クランクというのは、実はこの棒状のものが2本左右に付いているだけなんです、通常の自転車のクランクは左はこのように棒状の文鎮が付いていますが、右はチェーンリンクが付いています。

 ところがですね、自転車の車種によって、電動以外でも同じ形式のものがあるんですねえ・・・。

 それは!

DSC_8263_convert_20200121161056.jpg

 これなんです、左右共に無垢の棒状で、ペダルのねじ切りは通常クランクと同じしかも、127㎜ってやつがあるんです!

 何のことはない一輪車のクランクです。なるほどでしょ?一輪車にチェーンリンクはいりませんから、あの子ども達がくるくる回しているクランクは左右共にこのような文鎮無垢棒なのであります。

 コイツを利用して、電動自転車のクランクを短くします。

 DSC_8266_convert_20200121161119.jpg

 付いた・・・。当たり前だが、工夫もいります。テーパー角の問題?

DSC_8271_convert_20200121161140.jpg

 持って短し、見て短し、そして乗ってもも当然短しと。

DSC_8274_convert_20200121161314.jpg

 これハンドルです、いかにいじくっているか分かるでしょ?マッドサイエンス号。

 DSC_8276_convert_20200121161325.jpg

 700Cのマビックオープンプロに、内装11段で組んだホイールをつけています・・・マッド!

DSC_8279_convert_20200121161347.jpg

 そしてサドルにも仕掛け。

 DSC_8277_convert_20200121161337.jpg

 ススーっと伸びるダウンヒル用ピラーを使用しています。ある種こうした発想の先駆的なところを走っていますね。

 DSC_8268_convert_20200121161129.jpg

 一方で、軽量化にも少し熱心で、黄色いテープで偽装していますが、マニアからすれば噴飯物の、タイムカーボンフォークを使ってます。まあバレないでしょうが、見つかったらこれだけでも引っこ抜かれる価値はあるものですねえ。

 そして、後日の感想、踏み出しが圧倒的に軽くなったので、ストップアンドゴーに不安がなくなり、安全の確保もできるようになったと絶賛です。多分これから、この短いクランクについての思考を深めて独自の自転車理論なんかも構築しそうですね。

 元々は、バトミントンの選手。その後ゴルフに独自の理論を持ち込んで栄耀栄華を極めたようですね、今度は短いクランク理論で一本建てそうであります。

 着物号から、思わぬ展開になりそうな、短いクランク、もしかしたら、今までのスポーツ自転車の常識が崩されることも起きるかもよ、欧州の自転車文化から、アジア系の真の自転車文化の成熟化・・・なんてとこにいかないとも限らない。

 短いクランク!ちょっと当分キーワードになるかもね。

チューブ 外周を舐めてはいけないね



 レースなんてもんから二十年近く離れていると、色々と疎くなることが多く、かつてはこだわっていたことが嘘のように感じられることがある。

 今回のチューブもすっかり忘れていたことを思い出した一件だ。というのは・・・、

DSC_8247_convert_20200117175446.jpg

 店主自らが試している、カーボンクリンチャーホイール、これがなかなか悪くない。こいつの持っている性能を引き出してやるためには?つまり軽量ということを手助けしてやるためには?と考えたとき、外周を軽くする方法としてのチューブの軽量化なんてことを思い出した.

 当時はラテックス系の軽量チューブを使っていたこともあった。最初その軽さと、回転の反応の良さに驚いたりもした。空気抜けの速さには閉口もしたが・・・。中には、少々値ははるが、奇跡の履き心地のチューブもあったねえ。一瞬チューブラー?と勘違いしてしまうほどの柔らかいものもあった。

 そんな時代が過ぎて走れればいい、トラブルフリーでパンクしにくいものがいいとなってからもう久しい。

 こんな軽量ホイールが来るなんてね、またあのへんに関する周辺情報をちょっと集めてみようか?と思ってみたんだな。

 マルイさんがいいもの持っていた、これなら提供も楽だよね、というのが先の四種類比較。

DSC_8242_convert_20200117184920.jpg

 画面が横ですみません、色々不慣れなもので・・・。

 こいつは通常何気なく使っているものです。85.5グラムですね。

 そこで少し軽量を意識して選んでみたのが、同じタイオガで、

DSC_8243_convert_20200117175413.jpg

 こっちは縦に処理できていますね・・・。同メーカーで20g減・・・。この20グラム舐めちゃいけない重さですね。因みにホイールバランスで5グラムほうってくなんていうのは考えられない重さですね。車ですらね・・・。

 なので、自転車のホイール回転系で20グラムの違いは見逃せないでしょう、はっきり走りにも影響が出ると思います。特に軽量ホイールだと、そんな違いがビシビシ伝わってきますよ。


DSC_8245_convert_20200117175426.jpg

 別メーカーのマキシスのウルトラライト、三グラム重いですね、タイオガに比べて。重さだけの比較だとタイオガ、もちろんチューブの良し悪しは重さだけではありませんが・・・。

 そして、同じマキシムで、こんなものがありました。

 DSC_8246_convert_20200117175436.jpg

 フライウェイト・・・、脅威の軽さだわ、なんと先のタイオガ軽量よりも10グラム以上軽い・・・。これは軽すぎと言ってもいいものでしょうね。でも、実験は極端なものでしてみるのも面白い。

 DSC_8201_convert_20200117175326.jpg

 すごいね薄さ0.45ミリだって・・・。

 まあ軽けりゃいいってものでないのは、いろんな状態の街道を走るものとしては気をつけなければならない点であると思います。

 練習だったり、距離を走りたいなら、冒頭のスタンダード版タイオガで十分でしょう。

 ただ、軽量にこだわるなら、この辺の魅力はなくもない。ので、やめろとは言いませんが、注意を一つだけしておこうかと思います。

 推測はついていると思いますが、薄いんでね、とにかく薄いんで、デリケートな奴らでありましょう。なので、

 DSC_8200_convert_20200117175312.jpg

 リムテームや、内部の状況にはひときは気を使ってやることであります。さて上の状態、どう思われますか?通常のチューブならも全く問題はないじょうたいだとおもいますが、極薄チューブだと、注意が必要です。

 まずリムテープの穴がでかすぎ、ホイールのバルブ口とに段差がついています。こういうのいけません。気をつけたほうがいい。

 そして穴の上部に、ちょうどこのリムテープを輪にするための結節しているところがあります、その文厚くなっていますね。こうした段差が高圧をかける極薄チューブには致命傷になることもあるんです。

 お前、こんな段差で穴アクの?ひ弱すぎない?と思わず天を仰いだ経験のあるひとは少なくないはずです。

 そりゃそうだよ、極薄なんだから・・・。

 なので、そういうときには、襟巻作戦なのだ。

 DSC_8197_convert_20200117175218.jpg

 別の廃チューブなどから一部を切り取って、背中を割いて一箇所穴開けたものを取り付けるチューブのバルブ穴に通して、ちょうど床屋でかけられるシート状にして、バルブの首周りを守ってやるという仕掛けです。

 これは別に極薄者だけでなく、通常のチューブにもやってやると耐久性が上がる可能性のある方法だと思います。ツーリングの方も、ブルベの方も、通常使いの方もぜひ真似してみてください。かなり効果があると思います。

 ということで、店主実験台の軽量カーボンホイール、プラス極薄チューブの実験でどんな結論が飛び出るか?ということです。

 実は、こいつに極秘で、パッチで治す、パンク修理の実験も並行しています・・・。

 経過をいうと、今のところ悪くはない・・・と申し上げておきましょう。

 さて、チューブ、意外と影響の出るパーツなのであります、というオチでありました!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター