メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

アーマーは悪くはない 施工注意



 作成計画「鳴門」の名前で作られた、三桁から二桁へ!という、ダイエット車体。元力士という体格をせめて二桁に戻していこうとする際、自転車頑丈にしてかないと・・・という事で作られた自転車。

 DSC_7317_convert_20191109233216.jpg

 通常当たり前に付いているようなトップチューブ、コイツは補強としてあとから取り付けたんですね。ということは?

そう、こいつはトップチューブがなくても十分一般人が使うには強度が確保されるタイプのフレームなんですね。そいつに1本トップを取り付けたんですから、強度は抜群に上がる。

 DSC_7319_convert_20191109233230.jpg

 そして、多分現行の中でも最強の固さを誇るアレックスのcx30に、ラージフランジのハブに13のスポークで組んだ、これまた最強クラスのホイールをあてがったわけであります。

 素人が乗っても、思わず固い、という一台になったんですね。

 DSC_7316_convert_20191109233201.jpg

 そして、タイヤの中には体重に耐えるよう、最新のアーマーなる商品をタイヤとチューブの間に挟んで、パンクのしにくくなるような仕様にしたんであります。

 ところが・・・、このリアのタイヤからパンクが起きる。

 DSC_7322_convert_20191109233248.jpg

 しかも三度目ときている。これは何らか最新のアーマーとの関係があるだろうと、調べざるを得ないわけであります。

 パンクが大変起きにくくなる、という触れ込みで売り出して、原因不明なパンクが続出したら、これは信用問題であります。と同時に、勝手にアーマーのせいにしてもいけません。現に前輪には全くその兆候がないんですから。

 で、腰を落ち着けて調べてみました。

 結論から言いますと、全くアーマーには欠陥はありませんでした、当店による施工ミスという事が判明。以後は施工に関して要注意の中で進めていくことで、このアーマーという商品はパンクを防止するパーツとして、大いに役立っていくことになると思います。

 と、同時に、このアーマーはタンナスとは異なり、商品自体を単体で売り出しています、つまり施工は購入した人の責任という事になるので、気をつけるに越したことはない、今回の例がそうした施工ミスをなくす一助となればと思います。

 三回とも起きたパンクはこのようになっていました、場所は外側ではありません、という事は外からの侵入物によるものではありません。

 しかも穴は、何らかのライン上の1箇所に空いていた、これも特徴です。

DSC_7324_convert_20191109233301.jpg

 再度確認すると、アーマーというのは、このような円状をしており、チューブとタイヤの間に収まるようにできています。チューブをいれて空気が入るというところが、タンナスとは異なる路面からの感触となります。

 このヒダヒダの中にスッポリとチューブを収めていく。

 DSC_7326_convert_20191109233318.jpg

 このように収めて、下でヒダが重なるような状態が理想だと思いますが、これをタイヤの中にさらに収めて、タイヤをリム内に装着していくんですが、その際に収めたはずのヒダが、開いてしまったり、折れてしまったりすることは大いにあり得ると思います。

 今回続いたパンクも、折り目の付いてしまったアーマーからチューブが飛び出て、アーマーのエッジとの摩擦からパンクへと至ったのではないか?と思われるんですね。

 DSC_7327_convert_20191109233336.jpg

 ここが患部の折癖の付いたアーマー。チューブやアーマーなどは、走行中に実は大変な力によってもまれていると考えられます、空気の少ないチューブがバルブ付近で折り重なっている現象などしょっちゅう起きていることからも分かりますが、今回もこの折れたエッジとチューブとのもみ合いによって起きたんだろうと。

 という事なので、まずはしっかりチューブをアーマーないに収め、タイヤ装着時にそれがほどけないよう細心の注意をしながら、施工していかねばならない、という教訓なんであります。

 アーマーは悪くはない、今回は当店の施工ミスでありました、再度対策考えて、出直します!
スポンサーサイト



長くて効かないブレーキは交換



 これは見る人が見れば、アアあれね、とうんざり系のブレーキなんだよな。

 多くが、子載せの電動自転車の前についているやつで、ソコソコのメーカー車のものなんだが、いったい何を考えて、このブレーキを選択したんだか皆目見当が付かない、なんか一つでもいいことがあるんだろうか?

 そのくらい何もいいとこが見つからない。効かない氏メンテもしにくい、なんだこれりゃ?ってなやつだ。

 まあ・・・

 DSC_7006_convert_20191010001028.jpg

 この先端を引っ張ると・・・

DSC_7007_convert_20191010001038.jpg

 こうなって・・・

DSC_7008_convert_20191010001047.jpg

 こうなることぐらいかな?強いて言えば、コミカル・・・ってなぐらい?まあブレーキが特段コミカルであるか否かを問われることはほとんど無いでしょうな。

 つまりセンタープルのあのカンパの失敗作を思い出す、もっと単純な動きをすればいいのに、作り込みすぎ?あちらはまあ、今でも伝説の失敗作ということで、それなりの話題にはなるが、こいつはそんなレジェンドは作りそうに無い。

 なんでただ複雑なだけで、わざわざ効かないブレーキ作って、子供のせの重い電動自転車の、よりによってのフロントに付ける必要性があるの?という疑問しか残らない。

 これもまた強いて言えば、こいつの利点というのはただ・・・、

 DSC_7014_convert_20191010001121.jpg

 長いこと・・・。通常市販のロングアーチなんて比べられないほど長い、ただそれだけなんだが。

 DSC_7011_convert_20191010001101.jpg

 例えば、これが市販のロングアーチもの。これでも結構長いんだが・・・、

DSC_7013_convert_20191010001111.jpg

 こんなもんだ。だから元々効かないブレーキの付いていた車体にこいつを移植しようとしても、ブレーキシューがリムに届かないなんてことが起こる。

 ちなみに市販ブレーキで同じくらいの超ロングものがあるんだが、

 DSC_7015_convert_20191010001131.jpg

 ネ、ギョギョッとするぐらい長いでしょ?でもこいつは

 DSC_7016_convert_20191010001142.jpg

 BMX経過何かの見世物ブレーキなだけなんで、こいつも悲劇的に効かない。大体アーチが長いということは効きが惚けることを意味するわけだ、これだけ長いとね。

 そこで、市販もんのロングアーチを、下駄を履かせて、装着することになる。

 DSC_7020_convert_20191010001208.jpg

 こういう感じに、当て金を付けるんだが穴を二個空けて、下の穴にブレーキを移植させて、リムにまで届かせるという逆下駄を履かせているとも言っていいだろう。

 DSC_7019_convert_20191010001154.jpg

 横から見ると、上穴を従来のフォークの穴に通してまずは金具二枚を固定して、その下にブレーキアーチ取り付け用の穴を空けて、そこにブレーキを装着する。

 DSC_7024_convert_20191010001218.jpg

 そうすると、こんな感じで、強度と効きの両者を確保することが出来るということになる。

 まあ、実に手間のかかる仕事なんだが、例えば、こうしたことも施工例となるので、ご参考までとしておきましょう。

 エヘンプイプイ

ディスク化 もろもろ 次はフォーク?



  これはある意味当店おなじみの、エクストラサイクルの車体です、今まで何度当店のドックに入ってきたことか。

 内装11段にしたり、なんせ特殊な車体で、重い荷物を載せたりするんで、アチコチ出てくるのは当たり前かも知れませんが、もう何年ほどのお付き合いになるんだろう?

 そんなわけで、内装11段内部のオイル交換なんかしたりしてね。

 DSC_3257_convert_20190727220937.jpg

 そうしたら、二本ほどスポーク折れが発覚、後ろに子供乗せたり、荷物載せたりして走る駆動輪なんで、そういうことは珍しくないわけですが、常に専用バッグがかかっていて確認しにくいんでしょう。スポーク折れは早く見つけて、早く対処するに越したことはない、リムのゆがみまでいったら、ホイール交換しないといけなくなるんでね。

 で、今回の市大改造はリアではなくフロントなんであります。なんと今まで使ってきたVブレーキを交換するということに。

 DSC_3269_convert_20190727220957.jpg

 イヤーお疲れ様でした・・・。そして次は・・・、なんとディスクブレーキにという事なんですが・・・。ブレーキの種類が変わるということで、それだけで終わり?ではないんですね、そこがディスク化のちょっと大変なところなんでありますよ。

 DSC_3256_convert_20190727220928.jpg

 油圧ブレーキのレバーです、なかなか洗練されていますね。単純にいうと、まあ水鉄砲ならぬ、油鉄砲なんですがね、閉じられた。

 閉じられた中で一定のオイルを押し出すと、押し出されたオイルがピストンを押し出す、そして押し出されたピストンが今度はブレーキパッドを押し出して、ローターを圧迫してその回転を止めようとする、それがオイルブレーキの構造となっています。

 かつて、店主はその押し出しまでは理解出来たんですが、ではなんで押し出されたピストンが自然と元に戻るのか?わからなかったんであります。押されたら押された位置で止まっているはずなのに、なんで元に戻るの?

 一つにはパッド側に、二枚のパッドを開かせる機構はあります。ただそんな小さな金具だけで戻るとは考えられません。

 またブレーキレバーの中には、レバー自身をスプリングで戻すものもあるようです・・・、それなら分かりますが、ただそうした機構の無いブレーキが戻るのが分からなかった・・・。

 答えはピストンまわりのシーリングの中にあったんですね。ピストンはシリンダーにピッタリと隙間無くくっついていないといけない。そうしないとオイルがそこから漏れてしまいますからね。その漏れを防止するために鉄のピストンのまわりにシーリングがなされているんですが、それが押し出されたピストンを一定量戻す機構になっている・・・わけであります。

 メカニカルディスク、ワイヤーで引くディスクブレーキは、パッドの減りによって、ブレーキの引きシロが増えてきてしまうんですが、油圧ブレーキにはそれが無い・・・というのが不思議だったんですが、このシーリングの性質を聞いて納得したわけであります。

 ピストンまわりのシーリング材の性質によってどんなに押されても、一定戻る量が決まっているということ。つまり、パッドが減った分ピストンは前に押し出されますが、押し出されたところから一定量戻るので、引きシロに変化がない・・・。

 なるほど・・・と思いつつも待てよ?でも減ってその分ピストンが前に出たら、出た分のオイルが足りなくなったりしなくはないか?そうなるとシーリングの戻り以上に、オイル不足による戻りが加わって、引きシロがでかくならないか?

 色々考えて、再度オイルブレーキを解体したりして、やっと分かったり・・・。

 つまり減った分のオイルは、外から補充されなくても、リザーバータンク内にある、牛乳の皮のようなダイヤフラムというシートがオイルの表面に貼り付いていて、そいつが必要な分オイルとともに空気の隙間を作らずに沈んでくれるんで、補充の必要が無い・・・。

 DSC_3255_convert_20190727220919.jpg

 今回、実は荷物用の自転車なので、それに適したTRPのものを用意して組み付けたかったんですが・・・、なんか随分待った中で、より一月以上下手すると待つことになりそうなんで、涙をのんでシマノデオーレを取り付けたんですが・・・。

 エントリーモデルにも手抜きのないシマノだけあって、実によく効きますわ・・・。悔しー・・・、TRPテクニカルサポート点としては、一点でもTRPを取り付けて、その性能を世間に知らしめねば・・・と思っているんですが・・・、シマノも恐るべしー。

 DSC_3252_convert_20190727220900.jpg

 他のブレーキのように、ブレーキ本体を交換すればいいというわけではない、というのがディスク化の問題で、このようにホイール全体をディスクローターの搭載出来るハブで組み替えないといけない・・・という大事業が伴う、というのが他のブレーキと異なることなのであります。

 で、ここで、当店ならではイタズラです。ローターのつく側のスポーク組を

 DSC_3253_convert_20190727220909.jpg

 通常の6本取りではない、ダブルクロスという組み方でやったことかな?通常のクロスは1箇所なんだが、ダブルクロスはその名の通り2点にてクロスさせる方法・・・、で一体何が違うの?だが。

 2点でクロスさせることで、スポークの絡みが1点ものより複雑になって締まったときの強度が上がる、固く組み上がるということなんですね。

 手組ホイールにローター載せるとやはりディスクブレーキの強さが分かります。緩く組むと制動にタイムラグが確実に来るんです。ブレーキ引いてからヨッコラショ!と制動になる。

 このスポークの強度を上げていくほどに、制動は当たり前だが、締まってくる。なので、ハブまわりが特に固くなるダブルクロスは、ディスクの制動にはかなり影響与えてくるでしょう、確信しますね。

 DSC_3250_convert_20190727220851.jpg

 新しく組まれたフロントホイール、単純に見えて、仕掛けあるんだぜ!

DSC_3261_convert_20190727220946.jpg

 デオーレ、ばかに出来ない制動で、ガツン!と効きますよぞー!ただし、このヘッドチューブ内のサスペンションがあって、ブレーキかけると、ズコーン!と車体は沈みます。船こいでいるみたい、車体が上下します。

 と、またこの一体型のサス自身に緩みのようなものが生じていて・・・、ちょっとガタがあるように思えますね。

  いつの間にやら、当店はキャノンデールにはなんの義理もないのに、特殊系キャノンデールの修理屋になっているような感覚ありですね。

 コイツだって、もしも修理出来ない状態になったら、キャノンデールショップに持っていって、この型の内蔵型サスフォークありませんか?と聞かざるを得なくなるでしょう?

 そして予想出来る答えというのは、型番調べて・・・ウーム古いですねえ、もうこの型のものは製造されていません・・・で終わりになると思います。そして、新しいキャノンデールを薦められるというパターン・・・もう見え見えでしょう。

 でも、当店ならまずアダプターで1.5を修正して通常のサスフォークに差し替えてもいいし、リジッドにしてもいい、色々遊べると思います、キャノンデールにはなんの義理もありませんが・・・。

 DSC_3247_convert_20190727220840.jpg

 変則機構も新しいオイルでスムースに、そして鬼効きフロントディスクブレーキで、また暫く働く自転車として、後輩達にビール1ケース運んだりするのに活躍するでしょう。

 年を取る程に、後輩達がかわいくなってくる・・・、先輩の大盤振る舞い、しっかり働けよ!

ミドルをショートに?TRPいじり



 今セッティング中のレーサーにシルバーのブレーキを!ということで色々探したんですが、テクニカルサポートやってんなら、まずは本命をTRPにしないと・・・と思い発注してみたのがこれでした。

 様子はいいんだが、実はこれ、ショートゲージでなくミドルもの、なので、どんなにシューを高い位置に引き上げても、レーサーのホイールのブレーキ位置には届かなかった・・・という落ちだったわけです。

 ある意味最悪・・・。今テクトロも混迷しているのか、キャリパーブレーキよりもディスクへと移行しているようで、キャリパーのスペック整理に取りかかっているようですね・・・、そして一見あるのは、黒ばっかり。

 時にグレーなんかはあったんですが・・・、その前には白なんかも作っていたんだが・・・、悉くデフォルトは黒になってしまったようでシルバーに飢える当店としては、現行品のホープとしてこのブレーキに大変期待を掛けていたんだが・・・。

 リムに届かなければ、キャリパーブレーキとしての役に立たない・・・、仕方が無い・・・。

 と諦めるわけにはいかないんですねえ。そうなると、またシルバーパーツの火が消えてしまう・・・、それはなんとか阻止したい。

 DSC_3185_convert_20190725101325.jpg

 じっとパーツを観察する・・・。すると現行のシューを挟むスリットの上の部分がかなり空いていることに気づく。

 あれ?もしもっと上の方までスリットが伸びていたら、もしかしてショートゲージのブレーキとして利用できんじゃないか?と思ったんですね。

 では、どうやってスリットを伸ばすか?スリット幅が七ミリ・・・。七ミリのヤスリを回転させて徐々に削っていくなんて・・・効率が悪い。

 フライスと使って・・・、でも形が複雑なもんで、固定するのも難しかろう・・・。などと色々考える。

 よし!当店にある工具でやるとしたら、ボール盤と鉄やすりだ、こいつらでなんとかやっていくべー、ということに。

DSC_3187_convert_20190725101340.jpg

 スリットの中心線より3.5ミリ上にポンチを打ち込む。そう、分かる人は何やるかピント来ましたね・・・、ククク。

 DSC_3191_convert_20190725101354.jpg

 はい、そうです、そのポイントめがけて七ミリのドリルをボール盤にて空けていきます。そうすると、スリットの上に同幅の七ミリの穴が空くことになる。

 DSC_3192_convert_20190725101410.jpg

 こんな風にね。

 DSC_3196_convert_20190725101436.jpg

 それをこうして、万力に固定し、

 DSC_3198_convert_20190725101451.jpg

 穴状に残った、いらない部分をてで削っていく。鍛造アルミでもアルミはアルミ、鉄やすりでは比較的サクサク削れたんで助かった。

 DSC_3199_convert_20190725101506.jpg

 まあ、ざっとこんな感じかな?もう少し丁寧にてヤスリ入れて完成。そこのシューを取り付けて、再度レーサーに装着、お願い、リム部分にガッツリ接触してちょうだい!

 DSC_3200_convert_20190725101536.jpg

 ドキドキ・・・、これで付かなかったら・・・、再度七ミリ・・・は無理ですね、母材が厚くなるのでたとえスリットが入ったとしても、シューを思い通りの角度では取り付けられなくなる・・・、これが最終が最終加工だ、イザ勝負!

DSC_3201_convert_20190725101549.jpg

 オ!!!!セーフ!やったわ・・・。

 DSC_3202_convert_20190725101604.jpg

 反対側もセーフ!ということでとりあえず、そんなに難しくない加工で、ミドルもショートにすることができると確認。

 そして、周りを走ってみると、さすがブレーキの専門メーカー・・・、ちょっとの握りでドキュン!と止まる、相当の制動力と見たよ!

 まあ、後は課題としては・・・、これを当店通過の販売の場合、全部こちらで引き受けるか?CNC加工専門業者に50個とか100個単位で発注するか?なんてことかと思いますが・・・。

 まあ、テクニカルサポートセンターが率先してやることかどうかは分かりませんが、ショートになったことで、制動力は上がったはずですし、この加工によって、製品自体の強度が落ちる・・・ということも無いと思いますんで、許容範囲の加工ではないかと思います。

 そんなこんなで、シルバーパーツ欠乏症故に、どうしたら選択肢を増やせるか?奔走する日々が続きそうですわい!

レーサーへのカゴ付け ハンドル替え等



 三昔前?くらいの鉄のレーサーがやって来た。通勤で使っている自転車ということだが、こいつにどうにかカゴが付かないか?という要望でありました。

 レーサーなんてダボないし、こいつにも付いていない・・・。そういうカゴやキャリアのようなものが付けにくい自転車ということが言える。

 そもそもカゴ付けというのは、思われている以上にクリエイティブな仕事で、どうやって、その車体とカゴを合わせるか?または、用途とカゴ、仕様とカゴを合わせるか?など、突っ込んでいくとかなり深い世界に入り込む。

 ただ付けるだけなら・・・、それも工夫がいる場合が多い、ましてやレーサーとなるとねえ。

 でも引き受けてしまう。ノウハウの蓄積のために・・・。

 DSC_3002_convert_20190711214337.jpg

 今回、カゴを付けるタイミングに合わせて、ハンドルも交換しようか?という話にもなった。ドロップはちょうどカゴを取り付けるところに、その形状から幅の制限をしてくるものだ。そうなるとハンドル幅に収まるものでないと、取り付けることは出来ない。

 載せる荷物は、通勤用のリュック、中にはパソコンが入っている。条件でいうと幅450ミリ前後、縦350ミリ前後という、かなりの大きさを要求してくる。この条件がピッタリと収まるものを探すとなると・・・これは大変だ、バイクのほうにまで手を伸ばさないとダメかもしれない。

 とはいえ、まずはハンドルを交換することで、第一条件である縦と幅の問題を解消しないといけない。

 ハンドルはドロップから、プロムナードハンドルへ交換。

 DSC_3038_convert_20190711214543.jpg

 これでハンドル幅を考慮することなく、カゴを選べることとなった・・・後、そうだ、シフターをどうしようか?元々はSTIというブレーキとシフトの同体ものが付いていた。

 そして思いついたのが大胆だった・・・。

 DSC_3037_convert_20190711214528.jpg

 普段からそんなにシフトを積極的にする方ではなかったということで、なんと時代をさかのぼる、Wレバーの様式に替えてしまった。

  さて調べてみると450*350がずっぽりはいるカゴというものが少ない・・・というか、ほぼないに近い。大体カゴの形状は逆台形になっているので、上方では入るものの、底に付こうとすると大抵が狭くなってしまう。ドッシリ底に荷物が腰を下ろす感じが取れない。

 それではダメだ・・・、そこで、市販のものを使ってなんとかその大きさのものを再現できないか?と考える。

 まずフロントキャリアのでかい物を探す・・・、昨今あるねえ・・・。

DSC_3005_convert_20190711214412.jpg

 この部分に取り付けるわけだが・・・。取り寄せたフロントキャリアでかさはまずまずだったんだが、どうも製品自身に欠陥があったらしい。

DSC_3008_convert_20190711214427.jpg

このように、無加工の場合に、下支えの穴と、本体の穴がこのようにズレていることを発見。これじゃあ、ボルトナットで止めることは出来ない、どうすんの?

DSC_3009_convert_20190711214439.jpg

 このように切り欠きを入れない限り、荷台と下支えの穴の位置が合わないのだ・・・。まあ切り欠きでどうにかなりそうだがね。

 DSC_3016_convert_20190711214451.jpg
 
 こんな感じで取り付けられた・・・が。

 このキャリだけでは指定の面積までには届かない、なんとかしないと・・・ということで思いついたのが、カゴよりもキャリアに近いものを加工して、取り付ける。

 DSC_3042_convert_20190711214619.jpg

 こんな感じね。依頼主さんはどうもただ平面だけの荷台だけでは心許なかったらしい、低くてもいいのでこうした枠状のものを付けて欲しいという希望だったので、拡大型の荷台の一辺を切り取って加工して、キャリアの上に固定した、というわけだ。

 DSC_3044_convert_20190711214632.jpg

 大体このくらいの高さが最低でもあれば、安心されるんじゃないかな?そしてチューブなどのゴムを利用して、しっかり縛り固定すれば問題はないだろう。

 DSC_3041_convert_20190711214609.jpg

 ハンドルもスッキリ変わって、全く異なる車種になってしまった。

 DSC_3032_convert_20190711214516.jpg

 頑丈系のキャリア二本分のだけの、正直重い感じはある。特に止まっている時にはね。ただ、走り出すと、プロムナードという幅の広いハンドルを使っているために、その重さはほとんど感じない。

 ここに、パソコン入りのリュックが取り付けられる、何も前にしなくとも、後ろに荷台という選択肢だって有ったはずなんだが、どうしても後ろだと不安で、常に前で確認しながら乗りたいという要望も強かった。

 確かにパソコンは重要な機器だしね。

 まあ、そんなこんなで、ただのカゴをレーサーに取り付けるだけでもちょっと大変なところに、色々要望が重なってくると、それはそれは大変ながら、やりがいは大分あったわけだ。カゴつけこそクリエイティブだ、というゆえんである。

 ちなみにプロムナードにしての走り心地だが、大分いい!イヤ、最高に近いくらいいいね。やはりプロムナードハンドルにはなんか魔力があるな・・・。縦で持てるから?その分引く力が確保できるから?原因は分からないが、なんとも魅力的な通勤自転車の完成だ。

 これで不安もなく、荷物の大きさにピッタリのカゴ?荷台が付いて、通勤がさらに快適になってくれたらうれしい限り。

 これらすべて、積極的な要望と、消極的な不快を取り去ったところから来るものだったら、まさに自転車屋冥利につきるよね。

 ということで、一人一人に合った、自転車を作るという意味でも、ここは重要、譲れないところである。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター