メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

シフターとディレーラー やっぱり手元ですね



 華美ではなくて、これはいいよねえ。モロイタリアンフレーム狂ではない店主からすると、まあそんなに騒ぎすぎることはないだろう・・・と思ったりするデローザなんだが・・・。

DSC_8251_convert_20210622190333.jpg

 これは地味というか渋くていい、これなら乗ってもいいかも・・・なんて思ったり。

 で、今回コイツもシフター問題でやってきた。逆にいうと今までよく我慢してきたね、ということかもしれないね。

 DSC_8234_convert_20210622190048.jpg

 最初の取り付けが、Wレバーというシフター。変速には、ハンドルから手を反して、ダウンチューブのここまで持ってこないと出来ません。

 そういう自転車はあってもいいんだが、例えば店主がかつて子狸を保育園に送っていた自転車がそうだった。Wレバーのシフターだったんだが、いつしか、やはり手元変速のSTIに変えてしまったことがあった。

 とっさの変速の時など、やはり手元にあるに越したことはなかったからね。

DSC_8236_convert_20210622190107.jpg

 なので、この600のブレーキレバーごと、STIに交換ということになった。

DSC_8241_convert_20210622190143.jpg

 はい変更!

DSC_8243_convert_20210622190221.jpg

 勿論中古ですが、それなりの状態のものを持ってこられました。

DSC_8244_convert_20210622190231.jpg

 ただ、シフトは硬い・・・。それは古いからというのではなく、この時代のシフトはそんなもんなんだろう、ということだろうな。それでもハンドルから手を離さないで、シフトができるのは安全でいい。

 と、このSTIには縛りがある!

DSC_8249_convert_20210622190316.jpg

 このSTIにはこの74デュラエースのリアディレーラーしか使えない・・・。シマノ600のディレーラーをあてがっても、シフト外れる形式になっている。

 この頃からあとのSTIはグレードが違ってもかなりシンクロしてくれて、互換性が強かったんだが、この74デュラだけは頑固もんで、他を寄せ付けなかった。

 でもねえ、先日もシフターとディレーラーの互換性の問題について愚痴ったようなことを書いたが、昨今本当にこの二つの関係が複雑になってきているんだよね。

 同じメーカーでも、グレードによって、分断のような引きシロの違いがでてきたり、ギア枚数増やしたりして、それがまたサードパーティーものとも絡んで、もう訳がわからなくなってきている。

 繰り返すが、手元変速はやはり重要だ。安全ということでも、また普及という面でもどう考えても重要だ。実際今回の改造以来だって、初心者に最初はWレバーであてがったものが、使い勝手と安全性の観点から、手元変速に替えざるを得なかった。

 そうでなければ、せっかく乗ったレーサーだって、途中で諦めてしまうかもしれない可能性だってあったのだ。

 そういう意味でも手元変速は重要なのだ!!!

 というところが基本なんだが、手元変速=シフターとディレーラーの相性が複雑になってくると、もう純正のもの通ししか使えなくなってしまうという問題が出る。

 純正同士で使えばいいじゃない、どこが問題なんだ?と思う人もいるかもしれないが、長年、例えば今回のように鉄フレームで74デュラエースで乗っていた人が、コンポを替えざるを得なくなった時、今のマウンテンチックな黒いアルテグラにストレートで交換します・・・ということになるんだろうか?

 勿論なる人がいてもいいわけだが、中には見た目や雰囲気を非常に大事にするこだわりの人というのも大分いるもんなのだ。

 まじかよ・・・、何付けりゃいいんだ?ということで、中古の海を渡るしか他に選択肢はないのだろうか?もっとこの辺の互換性がゆるく作られていたら、その他の選択肢の幅は相当広がったんじゃないか?とは思うんだが・・・。

 まあ、今後もし店主が積極的にやるべきことがあるとすれば、複雑になったシフターとディレーラーの関係をアダプターのような仕掛けを一つ噛ますことで、互換性をゆるく出来ないか?そして、それぞれのパーツの組み合わせにもう少し自由度を増やすことが出来ないか?ということの探求ではないか?と勝手に思っているんだがね。

 純正メーカーには大分嫌われるだろう・・・、シマニョーロや、スラノなんてことも、もっと自由に正確に簡単にできるようになれば・・・、いいんだがねえ。

 その実験になるような、六十年代レーサーの手元変速化・・・とギア比軽減から、より長く見た目もそれなりに、乗り続けられるビンテージを作り変えられる施工をすることかもしれないと、画策中なのである。

DSC_8247_convert_20210622190304.jpg

 うん、様子がいいクランクだ。スギノやその辺があるので、まだ希望は持てるかな?

DSC_8254_convert_20210622190448.jpg

 そうそう、こんかい改めて思ったのが、シマノのフロントの変速効率の良さだね。ほんの少しのSTIのひねりで、カチャとフロントのシフトが行われる。これは当時としては驚きだったろう、と2021年の今でも思うね。この辺は流石だわ。

 DSC_8245_convert_20210622190242.jpg

 ホイールも、シルバーのロープロファイルのWOタイプに組み替えた、そういう下地は作ってきたんで、ビンテージレーサーを雰囲気壊さず、手元変速で山にも行けるギア比の搭載・・・なんてことやってみたいよね。

 DSC_8239_convert_20210622190127.jpg

 ということで、より安全で高機能な74コンポになりました。これでまた、距離や時間が延びるでしょうね、二児のお母さんなのに、本当体型が変わるくらい、よく乗っているよなあ・・・。
スポンサーサイト



コンポなど解体してしまえ!



 この黒いガリガリ君クランクに、マウンテンライクなディレーラーに、スラムみてーなブレーキ・・・、こいつらがどんなに優れていても、高価であっても、シマノの社長に土下座されても、

 店主は使わねー!使いたくねー!ぜってーいやだ!

 まあ、せいぜい78ぐらいまでなら使ってもいいか・・・。

 そもそもレース機材の最高峰なもんで、選手でもない店主が使う必要もまったくないんだが。イヤ、選手であっても使いたくないが・・・。でも、そうなると・・・、横滑りでカンパのスーレコか?

 ヤダヤダ!今のカンパもヤダ!あんな黒いポリバケツの破片で作ったようなプラスチッキーなスーレコなんて御免こうむる!スケルトンブレーキも紆余曲折あったが、何だ今のスーレコのブレーキは?!効きゃいいってもんじゃない!

 じゃあ、残るはスラムか?ヤダよ!中学生の工作のようなフロントディレーラー・・・(今はもう少しマシになったか?)

 もう、「そこ」にはいない店主からすると、昨今のレースコンポでもって、レーサーに積み込んで走るなんてところにはいようがない、撤退だ、ほぼ完全撤退だ、カンパアテナがなくなって、カンパベローチェがなくなってしまってから、すでに店主用のコンポなどなくなってしまったんだよね、だから完全撤退だ!

 しかし、問題はどこへ撤退して何をするか?ということだ。一番簡単なのは、自転車やめること・・・。でもまあ、それはまた非現実的だ。まだ乗るし、求められているうちは乗るし、直すし、まだなんとか食いついていく。

 イヤ、食いついていきたい!こんな焼け野原のような状況になっても、まだレーサーだのツーリング車だのに、大手とは全く違う選択肢を用意して、もう少し踏ん張ってやっていきたいと思っている。

 待てよ・・・、何が焼け野原なのかわからない人もだいぶいるかもしれんな、なので、一体どんな状況を店主が嘆いているか、についてちょっとだけ触れておくか。

 単純にいうとだな、ロードレーサーの典型美というのは、クロモリレーサーだと勝手に思っているんだな。あいつらは永遠だ・・・、なぜって典型だから・・・。

 しかしだ、いまクロモリレーサーのそこそこのフレームが手に入ったとしよう、一体どんなパーツ類をつけて一台の車体として走るか?というと気に

 まさか・・・まさか・・・、

20170131-DSC_0405_convert_20210619180631.jpg

 最新のこいつらを乗せて一台にするか?!!!ということなんであります。

 なんでダメなの?という全く違和感のない方がいたら、それはそれで今後のロードレーサーの乗り手となっていくんでありましょうが、店主はダメだな・・・。

 勿論新しい形状のクロモリパイプを使って斬新なレーサーを組んだとした場合には、こいつらや、スラム赤なんかを載せてもいいやつもあるだろう、それはそれで頑張ってくれ・・・。

 でもな、別にイタリアの名だたるクロモリフレームを持ち出すでもなく、いわゆる典型であるクロモリレーサーに真っ黒デュラエースや、スラム赤・・・、今のスーレコなんぞ載せてたまるか!という感覚は強い。

 とにかくシルバーパーツがなさすぎ、なんでカンパはアテナを廃止してしまったのか?せめてシルバーのベローチェを残さないのか?

 クロモリフレーム所持者に一体どんなコンポを載せろというのか?!

 そんな時代遅れの感覚をもってんだよ!こっちは!

 なんか三大コンポメーカーという奴らは、最新の高機能レースコンポのみにしのぎを削って、文化財としてのロードレーサーという視点がなさすぎやしないか?と思うんだよね。

 大罪はカンパだぜ!スラムは近未来以降のイメージでよし、それで十分よくやっている、アチコチリードしている、それでよし!だ。

 シマノに工芸としてのセンスを求めるのは無理ってもんかもしれないよな。

 となると、カンパの凋落が伝統的クロモリレーサーにとっては致命的だったかもしれない・・・。

 じゃあ、どうするんだよ・・・ということに当然なるな。はい、そうなんですね。そうなると、三大コンポなんぞに頼って自転車が作れるか!クロモリレーサーが作れるか!?ということになる。

 そう、さらばコンポの時代が来たのだ!一社でクランク・BB・ブレーキ・Fメカ・Rメカ・シフターを作成して有機的に繋げるというコンポとは縁を切る、とい時代がやってきたのだ!

 ということは、昔への回帰だね、ブレーキはヨシガイ、クランクはスギノ、ペダルは三ヶ島、メカ類はシマノかサンツアー・・・という時代に戻る、ということだ、そしてそれらを有機的に繋げるのはコンポメーカーではなくて、メカニックが執り行うことになる、という時代に戻ってきたということが言える。

 ただし!問題はそう簡単にはいかない・・・。

 その最大の肝になるところが、シフターとメカ類との調整ということになる。

 この問題を一番簡単に飛び越えるとするならば、シフターをフリクション形式のWレバーにしてしまうことだろう、これにするだけで、問題は即解決してしまう。

 ところが・・・、STIが火を付けて、今もまた今後も燃え続けるであろう形式としての「手元変速」というもんを重要視するとなると、問題は一気に複雑になってしまうことになる。

 やはり、高速で走っている時に、片手をハンドルから外して、ダウンチューブのWレバーに持っていくのは、抵抗がある。一度でも手元変速を経験してしまうと、もうもとには戻れない・・・。

 となると、一気にクロモリに、今風のゴッツい真っ黒コンポを取り付けざるを得ないのか?Wレバーという不便と危険と隣り合わせの形式で、ネオクラシカルにくみつけるか?それとも実質と安全を取って、いまコンポで我慢するか?単純化するとこの二つの間で悩むことになる。

 いい年をして、複雑形状のカーボンフレームにアルテグラを載せて走る。機能的にはもったいないほどに高機能で全く問題はないんだが・・・、こちとらいいおじさんなんですが・・・・、レースに出る予定などまったくないんですが・・・と、違和感満載。

 逆に、革サドルに革のバーテープを巻いて、磨き上げたシルバーパーツに、たまにはニッカはいて、手にパイプなんかを持ちながらクロモリ自転車流して街を走りたいが、wレバーに手を持っていくのが億劫で、背中も股関節も硬いんで・・・、よほどでない限りシフトできません・・・てとこで痩せ我慢して乗り続けるか・・・。

 こうした問題に、どうしたら取り組んでいけるか?ということをここ数年、本当マジで考えてきたんだよね。

 たとえば・・・、

DSC_8178_convert_20210619180117.jpg

 コイツ憶えていますか?一見カンパのエルゴでしょ?でもコイツはあの有名になりつつある謎コンポのまた一歩奥にある謎々コンポの一種なんであります。

 この黒のレバーをシルバーにすると、ちょっとしたなんちゃってエルゴに変身します。エルゴはさすがカンパだけあって、伝統的クロモリレーサーのレバーとしてはもってこいですね。

でも・・・、このシフターの正規のペアであるディレーラーは・・・

DSC_8181_convert_20210619180126.jpg
 
 コイツなんであります。黒い折り紙で出来たようで、これはこれで面白いんだが、できればもっとシルバーで、もうすこしまるみがあってくれれば・・・、

 DSC_8177_convert_20210619180107.jpg

 例えばマイクロシフトのコイツみたいであってくれれば、なんとかクロモリレーサーに取り付けてもいいよね。あとは、スギノのシルバーのクランクに、ヨシガイやTRPのシルバーブレーキなんかを取り付ければ、結構疑似クラシカルで、クロモリレーサーにとっては違和感のない一台として成立しやしないか?

 それなら、革サドルや革バーテープなんかも付けてもいいよね。

 見た目がざっと伝統路線に乗っといておきながら、Wレバーのような不便のない、手元変速が実現されれば、救われる乗り手や、クロモリフレームが大量に出てきやしないだろうか?と思うわけだ。

 そのためには、すごい高いハードルがある・・・。
DSC_8198_convert_20210619180135.jpg

 例えば、イコールプーリーのような何かを使って、このエルゴもどきと、このマイクロシフトのディレーラーをシンクロさせることは出来ないだろうか?

 最近同一メーカー内でも引きシロの違うものが出てきて、この辺の互換性が非常に合わせにくくなっている・・・。非常事態なんだが・・・。

 イヤ、もっと踏み込むと、たまたまやってきた、

DSC_8199_convert_20210619180144.jpg

 こんな古いディレーラーを調整して、手元変速とシンクロさせることは出来ないだろうか?とすら考えてしまうんだが・・・。

 逆にいうと、この手のことが自在にできるようになったら、本当に救われるクロモリレーサー、後ろ5速とか6速とかの古いレーサーをギア比を豊かに、手元変速に変えることができるようになる。そうなると、同時に救われる高齢者の乗りても増えてくるんじゃないのか?という展開を考えているわけだ。

 そのためには・・・

DSC_8202_convert_20210619180153.jpg

 こんなガラクタのようなパーツをいじってできないか?なんて実験を行うようになる・・・。

 そんな成果が近い内に出てくるかもしれないね・・・。静かにだが、少量だが、コンポという主流とは無縁の、そして真逆の発想から、異なる流れが出来ていくかもしれない・・・。

 大河に対して大河で挑むのではなく・・・、大河には、横溝掘って別の子流を作っていくことなのではないか?と思う。大河はいずれ海という運命を迎えるだろうが、子流は海という運命とは別の所に行くかもしれないのだ、そうした横溝が各所に出来ていくことで、大河とは別の毛細血管のような全く別の流れが出来ていくかもしれないね。

 諦めるのまだ早い、寄生して規制から逃れて、別のところへと帰省する。

 ほんの少しだが、光が見えてきそうな兆しである。さて、実験・・・実験・・・


幻のカンパマウンテンコンポ マウンテンには手を出すな!



 ちょっとした修理できたんだが、これで当店二回目だったかな?付いているコンポがスゲーんだな。

DSC_8161_convert_20210616185619.jpg

 カンパね、しかもマウンテンコンポなんだな。幻に近いコンポとも思えます。今までほんの数回しか取り扱ったことはない、しかも全てが持ち込みもんでね。

 DSC_8165_convert_20210616185642.jpg

 マウンテンバイクにこんなクランクが付いているぜ!ちょっと・・・というか大部羨ましいね。

DSC_8166_convert_20210616185651.jpg

 ピスタほどヒトデ型はしていないが、でもいいねえこの曲線とシルバーが。

DSC_8163_convert_20210616185632.jpg

 たるみ止がついているぞ。

DSC_8168_convert_20210616185701.jpg

 このカンチも・・・、

DSC_8169_convert_20210616185713.jpg

 カンパだな。先日もツーリング車体に付いているカンチがカンパだったが、これはそこそこ効くブレーキだよね。

 DSC_8171_convert_20210616185729.jpg

 カンチが効くなんて、カンパにもそこそこの知見があったと思うんだが・・・。

 DSC_8172_convert_20210616185738.jpg

 意外と思うかもしれないが、このある意味子供っぽいカンパマウンテンシフターなんだが・・・と言ってもどこにシフターがあんの?と思うかもね。

DSC_8174_convert_20210616185748.jpg

 反対から見るとわかるが、ハンドルのグリップ全体がシフターになっているのだ。これって・・・店主には使い勝手いいんだな・・・。なんかバイクみたい・・・。

 ガキの頃、自分の自転車をバイクに見立てると、このグリップを動かないのに、ひねってみたりしたもんだが、それを思い出す操作ね。

DSC_8175_convert_20210616185759.jpg

 左右共々、少なくとも店主の流し用自転車としては、問題はない、どころか意外と快適で、嫌いでない。

 でもなんで?カンパのマウンテンコンポはほとんど定着しないで、廃盤になってしまい、その後再登場しなくなってしまったのか?

 出来が悪かったから?マウンテンバイクという競技には使えなかったから?シマノと比較して相手にならなかったから?やはり、ロードコンポのイメージを守りたかったからか?

 理由はわからないが、カンパのマウンテンコンポはほとんど伝説のものとなっている。

 かつて国内で、シマノとロードコンポを二分した・・・とは言っても内情はどうだったんだろう?実質3対7くらいかどうかは知らないが、サンツアーというコンポメーカーがあった。

 ここのシュパーブプロと言うやつは、今でもたまに見るが、いい出来なんだなあ。今の日本国内で、同じものつくれるのか?と悲しくもなるが・・・。

 このサンツアー、根強くファンもいたようだが、なんでシマノ一強になってしまったか?いくつの説もあるようだが、それはエクシープロというマウンテンコンポに手を出してしまい、それが失敗で会社がコケてしまったという・・・という説も有力だ。

 マウンテンコンポに下手に手を出してしまうと、ヤバイことになる・・・。カンパもこれはシマノにどう逆立ちしても追いつかない・・・と思ったからか・・・、更に深追いしなかったのかな?

 うん・・・。

 そういえば、今を去る・・・十数年前のシマノの展示会でのこと。技術系のシマノの社員に「マウンテンコンポはもうシマノさんの一人勝ちでしょ?敵なんかないよね・・・」といったところ、「イエ・・・、そんなことはないんですよ・・・、ダウンヒルものなんてウチよりもスラムさんのほうが・・・」と実に真面目に深刻そうな顔して言っていたのを印象深く思い出す。

 あの飛ぶ鳥を落とす勢いのシマノさんの技術系がなんで、スラムなんかを恐れているのか?その深刻さに、もしやこれってマジなのかも・・・と思ったことも思い出しますね。

 今やマウンテンコンポの主流はどこなんだろう?マウンテン業界のことはほとんど知りませんが・・・、いまロードも含むコンポ類の設計思想の主流は、その源がスラムからでているんじゃないの?ということ。シマノじゃないような。

 フロント一枚のリアの巨大化・・・、この路線・発想でどこまで行けるか?なんてことを各コンポが試作を含めて競い合っているような気がします。

 シマノの技術屋さんが、危惧していたことって、この辺のことも含まれていたのかな?とも今更ながら感じます。

 ということは・・・、マウンテンコンポに下手に手を出したらヤバイことになる・・・という「原則」は、実はシマノ自身にも通用する説だったりして、なんて思えなくもない。

 コンポの設計思想はカンパに始まり、シマノが継承し、そして最後はスラムにまとまっていくのだろうか?なんて夢想してみたくなる、マウンテンコンポの悲喜こもごもなのだ!

変なブレーキの変な調整



 この手の子乗せ自転車の前ブレーキに、ちょっと高い確率で変なブレーキがついているのです。何が変か?というと調整が面倒で、やりにくい。

 なんかカンパの失敗カエルブレーキの酷似している構造で、効かなくなるとトコトン効かなくなるブレーキなんだよね。

 通常のキャリパーブレーキで培われた調整法が全く通じない、困ったもんだよ。

DSC_8110_convert_20210614185934.jpg

 わかる人が見ると、アア、これね、ハイハイ、そう、大変調整しにくい糞ブレーキね・・・と思うだろうなあ。カバーが付いていたり、そのカバーを外そうと思っても、

DSC_8111_convert_20210614185944.jpg

 子載せの足置きとかに邪魔されるし、もうふんだりけったりという感じなんだな。

 ブレーキ内部の干渉で、引きが弱くなって、ほとんど効かなくなることもある。効く領域範囲が狭い、と言えるんじゃないかな?なので、その域を超えると、もう効かなくなる。効かなくなると通常のブレーキならば、ワイヤーの簡単な調整でなんとかなるんだが、コイツはなんとかならなくなる場合が多い。

 DSC_8113_convert_20210614185953.jpg

 これがカバーを外した状態、ネ、何かあのカンパの失敗ブレーキに似ているでしょ?センタープルなんだがな。

 で、効かなくなってからの調整というのができにくいので、こうした場合にはブレーキシューの交換を他のブレーキよりもこまめにやってやる必要があるようだ。

 で、今回も交換なんだが・・・、通常の似たようなブレーキシューに交換するの早めにする。もっと効くブレーキシューのしてやろう。

 DSC_8116_convert_20210614190003.jpg

 これじゃ!ブレーキシューの面積がデカイので、これは効く・・・。ただし、ポン付けは出来ない、加工が必要だ。

 DSC_8117_convert_20210614190011.jpg

 はい、このような加工が必要なんです・・・・てわからない?では、並べてみましょうか?一発でわかるでしょう。

DSC_8118_convert_20210614190020.jpg

 手前が加工後、その反対がデフォルト、見比べるとわかるよね。スペーサーの厚みが逆になっているでしょ?もともとはVブレーキ用に開発されたブレーキなので、開きはでかい想定で作らている。

 そこをチョボイセンタープルブレーキにするので、引きシロが少ない、そうなるとスペーサーが邪魔になるので、厚いやつと薄いやつを交換してやるということね。

 DSC_8119_convert_20210614190029.jpg

 取り付ける、あたりまえだが・・・左右にね。

DSC_8122_convert_20210614190041.jpg

 そしてこのシューは角度の設定もできるので、トーインにして、雑音がでないようにします。

 これをやったあと、ワイヤー調整ということになります。調整範囲が狭い・・・一定超えると調整不能で効かなくなる・・・、これがこのブレーキの特徴というところかな?

 なので、迷ったらシュー交換・・・をしたほうがいい、変に構造を見て工夫する時間がもったいない、シュー交換して、その範囲でワイヤー調整をしてやる・・・これでいいんじゃない?

 DSC_8123_convert_20210614190052.jpg

 ここに電池を入れられる設計なのかな?子載せ自転車なんだから、ブレーキはよく効く、調整の楽なものにしてほしいもんだよね・・・、いつまでつづくんだろう?各メーカー・・・まさか使い切ったあと、同じタイプのものを発注する気かね?だとしたら・・・、気が狂ってとるよ!

サイクルベースあさひ との連携?????!!!!!



 まあ、当店は大分時代遅れを地で行く店・・・でもないんだが、かつては当たり前だった施工やなんかが今となってはほとんど絶滅していても、なんならやってもいいよというくらいの意味かな?

 今風のこともやれることはやるし、かつての主流で今や消滅しつつあることなんかもやる時はやる、という感じですね。

 その代表かもしれない施工は、ホイール手組みね。今や完組が隆盛していて、業者からすでに組まれているホイールを購入してそれをあてがう、ということが主流になっています。

 リムと、ハブと、スポークという3つのパーツを組み合わせて、プラス組み方も入れて4つの要素を組み合わせて、組み付ける手組みホイールなんて、もう風前の灯だよね。

 その証拠に、リム単体が売られるというラインナップが本当に減ってきている。ハブももう少なくなってきたぞー。

 当然スポークを扱う業者も本当に少なくなってきている。どうすんの?ってくらいにね。

 DSC_7971_convert_20210608192312.jpg

 それでも手組みをする意味は相当、当店には有ります。旧車を走らせるには特に重要だよね。改造車や、再生車を扱う場合には、手組みホイールは必需だと、店主は考えますがね。

 DSC_7972_convert_20210608192323.jpg

 なので、リム単体を出荷してくれる業者は非常に重要なんであります、東京サンエスさんのアンブロシオ、マルイさんのDT、岩井さんのキンリン、各所のアレックス・・・、なんのかんのと助かっています!

 そんな中でまた頼もしい業者が現れたんであります。

 ある意味当店とは水と油・・・というより、両極にあるようなところかな?とも思えますがね。

DSC_7984_convert_20210608192347.jpg

 こういうリムを所蔵しているんですねえ。アレックスリムなんですが。元々相当のラインナップを誇るアレックスですが、その中で日本の各業者が、絞って業者それぞれのアレックスリムを売り出していたんですね。

 そして本社のある台湾に行くと、これがまあ、なんでこれ日本に入れないの?なんてもんも正直あったんですね。そうした中のリムのいくつかをこの業者さんは持っていた。

 DSC_7985_convert_20210608192358.jpg

 ディープ系のリムですがシルバー、ブラックともに持っているんですねえ、驚いた。

DSC_7986_convert_20210608192408.jpg

 30ミリハイトものは結構有りましたが、コイツは38ミリですよ。アルミでは、少なくとも国内では余り見ないですね。やたらと高額・・・、なんでこんなに吹っかけるんだ?というものはいくつか有りましたがね、これは珍しい。

DSC_7987_convert_20210608192418.jpg

 厚い分激軽ではないが、その割に激重でもない。

DSC_7988_convert_20210608192432.jpg

 28ミリのシルバーなんだが、ちょっとサンドブラスト的な仕上げのリムもあった。

DSC_7990_convert_20210608192446.jpg

 こういうのを見ると、何かまたこれらの足回りで、一台組みたくなってしまうね。

 そもそも、いま自転車界はパーツの欠品状態が深刻になってきています。本当、大丈夫か?と思うほどない。海外の細かいサイトから、引っ張ってこないと手に入リにくくなったものも少なくない。

 それがワイヤーなんてレベルにまで起きてきたら、もう最悪だ・・・、しかし、そうした状況もすでに部分的にでてきている、大変だ。

 そうした中で、国内の業者で取引できるところを探して確保しておくことは重要なんだな、そうした流れの中で、今回コチラの業者さんと取引ができるようになったということなんだな。

 まあ、リムをこんなに持っているなんが、驚いた。もっと驚いたのはスポークまでも持っている・・・。勿論昨今流行りものも持っているが、当店のような店としたら、派手なものだけでなく、地味で堅実なものをも取り扱っているというのは、非常にとくてんが高い。

 イヤー、実にいい業者さんだ・・・。

 DSC_7983_convert_20210608192334.jpg

 実店舗との付き合いは殆どないが・・・、こんな形で連携ができるなんて・・・、しかもチョイと深めの関係が持てそうなんていうのは、実に面白い展開だなあ、と思う。

 実際、そういえば・・・、台湾で熱心に各業者さんを渡り歩いていたのを散見していたんだが、そういうことだったのだ。

 ということで、ちょいとマニアックなパーツ類をも持っている、実店舗からすると意外な印象を持った業者さんと、取引開始!ということで、今後どんな展開になるやら・・・だな。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター