メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ブレーキ交換 デモンタブル



だいぶ小径ですね。チェーンリンクと車輪の内径が一緒くらいに見えます。16インチ、これだけギアがでかいと、そこそこの距離はいけるでしょう。でもギアが小さければ、小さいなりの走りをする、歩行のチョイ延長程度なんだが、あのコロコロしたスピードとも移動ともなんともいえない感じもいいよね、と最近思うようになった。

 DSC_0434_convert_20170430195434.jpg

 ご依頼というのは、このカンチブレーキ・・・効かないので、キャリパーにできないか?という内容で。

 DSC_0433_convert_20170430195421.jpg

 確かにカンチは効きにくい方の部類に入るブレーキかとも思うが。

そんなにスピードの出るタイプの自転車でもない・・・。このまま調整でうまくいくかもと思わなくもないが、どうも効く効かないだけの話ではなさそうな気もする。

 この持ち主の方は、ある意味自転車長者で、あらゆるタイプの自転車を乗っておられるんじゃないかな?来るたびに、新旧様々な車体にまたがっているんだよね。

 効かないだけでなく、何かワンポイント盛りたいんじゃないか?この自転車でさらっと遊びたいんじゃないか?なんて思ったんですね。

 だって効くだけなら、台座にVブレーキ入れればいいんだし・・・。キャリパーだってロングになればそれだけ剛性も落ちるので・・・ね。

 ということでみるに・・・。

 DSC_0490_convert_20170430195552.jpg

 当たり前だが、こうしてアウター受けが付いているんですよ。

 DSC_0491_convert_20170430195606.jpg

 リアなんか、フレームの構造として付いている。なら・・・、これを生かして、チョイ効かせるという選択肢もあり・・・されば・・・。

DSC_0488_convert_20170430195523.jpg

 こういうのはどうでしょう?ということでセンタープルを付けてみた。ロングものがあって、なんとも品がある。そんなにこいつは馬鹿高くはない。中には馬鹿高いのもあるが・・・。

 DSC_0489_convert_20170430195541.jpg

 ちょっとエレガントに見えるから面白。ブレーキ本体も主張するときは主張するね。そう、泥よけ取ったんで、シートステーブリッジが台座として使えたわけだ。

DSC_0435_convert_20170430195445.jpg

 後こいつ、ここから半分に分解できる構造になっている。折りたたみとはいわずに、デモンタブルというのだそうだ。典型的なデモンタブルと言えば、モールトンね。たぶん折りたたみよりも剛性があるので、ある意味小径ではモールトン最強だと思います。

 ただ、二分割できるといっても、ワイヤーが付いていると、ぶら下がりになってしまう。そこで・・・。

 DSC_0462_convert_20170430195458.jpg

 こういうワイヤージョイントを使うと、手でワイヤーも分割できるので本当の意味での自転車二分割が可能となるのです。

 ただ・・・、このワイヤージョイントなんだが、最近のミズタニさんやめてしまったらしい・・・。たまたま一個持っていたので使えたが・・・、ある意味これあるとタンデムなんかの長いワイヤーが必要な時も便利なわけで、どこか作っていないかな?とちょいと真剣に探したい。

 この状態で納車したんだが、その足で杉並の小径専門店和田サイクルによって、ブレーキ用のジョイントを持ってこられたんで、再度取り付け。

 これで正真正銘、デモンタブル可能な状態になったということです。

 DSC_0486_convert_20170430195515.jpg

 ノートンと言えば、ランドナーや、変わった小径車作っていたよね。業者としては好きな部類に入るノートンさんなんだが、いかんせん、カタログや、ネットでの展開がほぼない。かつては、毎年の値段表などをCDで焼いて持ってきたんだが、最近はそれすらない。何をどのくらいの値段で出してるのか?在庫の有無すらわからない・・・そんなこんなで、今は遠くになってしまった。

 サンエクシードなんかをどうしても使いたい!というようなお客さんが来ないと、なかなかつながらないだろうなあ。

 なんか変なこと思い出した。

 さあ、これでデモンタブル可能となったので、これをもって電車旅でもしそうだなあ・・・。よく、フェイスブックで走っている景色や、大盛り食堂の話題を提供してくれるんだが・・・、さて、どこへ行って何を見せてくれるんでしょうか?小回りは最高にいいと思う!旅のお供だな・・・。

スポンサーサイト

DHクローザーの実力 実証!

000 20170117171905434

 今年に入ってから、地味ではありますが、画期的なパーツが登場したんであります。

 それがこれ、DHクローザーというやつね。一見してスマホかカメラかなんかの固定台座に見えますが、こいつはれっきとしたDHバー台座なんであります。

 000 DSC_0248_convert_20170117171700
 
 例えばこういう具合に付くんですね。これで言葉の意味が了解されたと思います。DHバーをより身近に持ってくるという台座なんですね。
 
 トライアスロン、ことに長距離のトライアスロンに、ガチなTTバイクを利用することは、よほどでない限り間違いなんじゃないの?と以前から指摘してきたんであります。一時間前後で攻めたポジションから、少しでも空気抵抗を減らして踏み抜くタイムトライアルと、その後フルマラソンを控えているトライアスロンとで同じはずでいいわけがない、という持論であります。

 もちろん鍛え抜かれたエリート選手らは別です。ただ、趣味として、社会人としてトライアスロンをやっておられる方々のその大半に当てはまる仮説ではないか?と思っています。

 そういう中、知ってしまったこのパーツ!おすすめしないわけがない!ある意味最高のパーツ!とすら言い切ります!

 000 DSC_0234_convert_20170115224935
 
 このDHクローザーの良さはいろいろありますが、リーズナブルという点でいうと、通常のロードレーサーの車体の上に取り付けができて、しかも無理のないエアロポジションが取れるということですね、これは最高です!

 000 DSC_0236_convert_20170115224924

 こういう形で、体をある程度立てつつ、体をたたむとでもいうのでしょうか?上半身にタメもできるので、とっさの横風などに対応も可能となります。

 何より、ロードレーサー一台で無理のないエアロポジションが取れてしまうというのがいい、TTバイクもどきをもう一台購入する必要はないんですから・・・ね。

 とまあ、ここまでは、理想的なパーツが出てきまして、よかったね、ということなんですが、うれしいことにこれを実戦投入されて、大変な成果を得たというご連絡をいただいたんであります。

 この写真でポジションだしをしているお方。

 image1_(4)_convert_20170428191346.jpg

 リラックスポジションで裁いていますね。なんと宮古島のロングトライアスロンです。

 初出場にて見事完走・・・・、しかも時間内での完走ですから、これはもう大したものであります。そして、投入されたDHクローザーへの感想なども送っていただいております。

 以下、引用です!


お世話になります。
おかげさまで一昨日行われた、全日本トライアスロン宮古島大会で完走できました!

スイム3km バイク157km ラン42km
制限時間 13時間30分
のところ13時間19分(制限時間11分前)になんとか完走できました^_^
遠山さんからDHバーについてのアドバイスがなければ完走は難しかったと思います。
ありがとうございました。

初めてのロングディスタンス トライアスロンでいろいろと試行錯誤がありましたが、何歳になっても新しい事にチャレンジするワクワク感はたまりませんね。
サクラ製DHバーについてその後気がついた点をあげます。

● ポジションがラク
従来のハンドル直付けのDHバーでは練習時に20分程度で腰と首が悲鳴をあげていましたが、今回 バイクラップ6時間31分のなかで7割ぐらいはDHバーを握っていました。
前回も書きましが、ダラダラ登りで上体を起こしてDHバーの根本を握ることも非常に有効です。
またさらに疲れたときは肘乗せのパッド部分を握るとラクです(速くは走れませんが、、)

● 輸送がラク
トライアスロンは遠方での大会が多いのでバイクケースに入れて送ることが多々あります。
サクラ製DHバーのジョイントは4本の六角ナットで簡単に脱着ができます。
さらに良い点として、通常のDHバーのようにバーの確度や間隔の微調整に苦労せずに済む事があげられます。

● 感想
今回初めてロングディスタンスのトライアスロンに参加して思った事
トップクラスの選手は最新鋭のカーボンTTバイクで信じられないようなポジションで闘っています。 極限を追求するとそうなるのでしょう。
しかし新しくトライアスロンを初める人や私のようなミドルエイジの人間が最新鋭のカーボンTTバイクを乗りこなす事は絶対にできません。
トライアスロンの専門店でも店によっては、ロードレーサーにも乗った事がない人にも「トライアスロンをするならTTバイク、どうせ買うならハイスペックな上位機種を買っておけば後で後悔しませんよ」なんて勧め方をしてます。
そう言われれば予算の許す限りハイスペックな高級モデルを買わされてしまいます。
トライアスロンがお金持ちのスポーツになってしまい、大会の自転車ラックは高級モデルの自慢大会のようです。

話しがそれましたが、サクラ製DHバージョイントはロードレーサーを一台持っていてトライアスロンにトライ(笑)したい人には是非勧めたいものです。



 ということです。これはすべて実践をくぐっての言葉なので、大変貴重なアドバイスにもなっていくかと思います。装備であるので、多角的な恩恵があるというのはうれしいことですね。仮にポジションがよくても、着脱に特別な工具や技術がいるというのであれば、それは時には使えない、という判断を含んでしまいます。

 そして、大金をかけずにして、ショートからロングトライアスロンに架け橋となる。つまりロードレーサー一台と、DHクローザーがあれば、この長短両トライアスロン参加可能ということね。これも、競技者の裾野を伸ばしていくという意味でも大切なことでありましょう。

 金持ちしか続けられない、というのであれば、その競技はそこまでで終わってしまいます。

image1_(2)_convert_20170428191325.jpg

 このケルビムの鉄車体出参加されたようですが・・・、これまたもう一つ重要なご指摘もいただきました。

以下引用です、



私の勝手な思い込みですが、クロモリロードバイクにDHクローザーでカーボンフレーム、ディープリムのTTバイクをさりげなく抜き去っていくのがとっても粋かな、、、と
カーボンフレームのバイクは息子の自転車を少し乗った程度ですが、速いけど疲れる気がします。
今回の宮古島でも100kmを越えたあたりから失速したTTバイクをだいぶ抜きました。
ロードレーサーとDHクローザーの組み合わせは長距離レースの後半に強い!なんてね!


これは貴重なご感想だと思います。疲労が蓄積していくブルベなどに参加する方にも、一聞に値する話ではないか?と思います。店主などはとっくに経験済み、鉄は後半に強い・・・というか、後半でもフレームと一緒になって走り続けられる、というのでしょうかね。

 あるタイプのカーボンフレームなどは、足が切れたら、一気に非協力的になります。意地悪くらい前に出なくなりますもんね・・・。それに比べて、鉄はエッホエッホと、フレームと足が補い合いながら前に出て行くような感触を体験したことあります。

image1_convert_20170428191355.jpg

 なんかこのポジションなら、続けられそう!と思う方も多いんじゃないかしら?しかも足の合ったお気に入りの鉄フレームでね!

 金をかければ、それはそれはすごい仕組みの自転車に乗ることはできますが、ただ果たして乗り手と合っているか?という重要なところが抜けがちなんじゃないか?と思うこともあります。

 カーボンは軽いからいい・・・というわかりやすい単純な話よりも、フォークのオフセットやシート角や素材の強度硬度などが総合的に自分の用途と脚質に合っている方が、ずっと快適なんじゃないかと思いますが。

 多少重くても、それらをミリ単位で作成できる鉄フレームが今も作られ続けているには、そうした理由があるんだと思います。柳さんなどと、じっくり話し合いながら、自分に合った一台を作るなんていうのも、時間をかけた自転車とのつきあいになると思います。

 非常に高い確率で、多くが鉄フレームに戻っていくというのには、やはりそれなりの理由があるんでしょうな。

 DHクローザーと鉄フレームにて、宮古島のロングトライアスロン見事に時間内完走!おめでとうございます!

 お陰様でいろんなことが実証されました、そしてそれが今度共有されていくんでありましょう!

 お疲れ様です!!!

お遊びトリック自転車が働く自転車へ カゴらしきもの

000 DSC_0194_convert_20170307143804

 これはトリックなどをやる、BMXという車体なんですが。しっかりスタンドなんかついています。

 これに後ろ子のせをつけて乗りたいというね、まあ普通の自転車に乗るのに抵抗のある方なんでしょうな。その気持ちなど、ある意味よくわかります。

 ただ、元が遊び系なんで、スタンドにしても、子のせにしても、そしてカゴなんかにしても、普通車用に作られているので、すぐにつくとは限らない・・・、よくあることであります。

 今回はこれにカゴをつけるんだが、カゴ自体はお客さんが持ち込みもの・・・。こういうのは練習問題として、受けて立つ!というのが当店の姿勢なんだな。

 どっからでも来い!なんてね。

 DSC_0415_convert_20170412192208.jpg

 持ち込まれたのがこれ。なんか普通のプラスチックケースのように見えます。こういうの確か・・・OGK何かもだしていたかな?とも思うがね。でも今まで、牛乳を運ぶプラケースのようなものや、ワインの木箱なんていうのもつけていたから、別に驚きませんが。

 ただ、自転車のカゴというのは、その手のパーツ屋さんからとってくると、まあそんなもんでありますわ。多少のでかさの違いや、形の違いがあっても、自転車のカゴは自転車のカゴ・・・。

 もっと自由に選んでもいいんじゃないか?まあ取り付けられればの話だがね。

 たとえば、センスのいいプランターとか、別分野から引っ張ってくるカゴなんかもね、別につけちゃいけないということはない。

 外仕様であること、雨風、紫外線に触れる機会が多い、というようなところを考慮すれば、ある意味何でもいいわけです。

 DSC_0414_convert_20170412192158.jpg

 新聞かご用の下支え金具。取り付け角度がありますから、特に小さい車輪のものはこの辺は少しシビアになるかもね。

 DSC_0417_convert_20170412192255.jpg

 これらの金具は、作ったり、それ専用として、とっておいたりね。カゴの方にも強度が落ちない程度に穴開け加工などをして、取り付けていきますよ。

 DSC_0418_convert_20170412192245.jpg

 大きいかごだと、既存の金具では強度が心配の場合も大いにあります。でかいカゴだと入るものも大きく重い可能性ありですので、ハンドルを振ったりすると、取り付け箇所に力がかかって、折れたり割れたりしますんで、こうした補強なんかも入れてね。

 DSC_0416_convert_20170412192235.jpg

 これでいいかな?よし!ついたぞ。

 これに子のせがついたら、完全に働く自転車に変身だね。

 DSC_0413_convert_20170412192148.jpg

 元々競技の性質上、頑丈に作られているので、多少のことではへこたれないでしょうね。むしろ駆動系なんかで、乗り手がまいる可能性の方が高いかもです。

DSC_0419_convert_20170412192306.jpg

 ついでに、鍵もつけますが、これもチューブの太さに合わせて金具を選択するというやつね。鍵がついたら、通常の自転車の用件がほぼそろった・・・かな?

 なんか普通の自転車には乗りたくないなあ・・・というその気持ち、大事にね。そうしたモヤモヤが晴れたとき、面白い自転車ができてるかもしれない。パーツ一切の持ち込みも、あるタイプのジャンルを超えた仕様も、既存の自転車屋が思いつかない展開に発展する可能性もある、そこがやめられないのだ!

ブルックスの後ろに着脱式サドルバッグホルダーを付ける



 確かにいいものなんだが、高いよなあ・・・、この高値安定というのは一体何だ?と思いつつも、まあ少し頑張れば買えなくもない値段ともいえる、その辺が狙いなのか?

 メーカーが高いんだか、代理店が高いんだか知らんがね。

 そういうこともあって、店主が使う革サドルは基本ブルックスは外す。別もんでその半額近いものの中から探したいと思っているんですわ。

 もちろんブルックスが好きで使いたいということに全く文句はありません、基本いいものですしね。

 で、今回はこいつに着脱式のサドルバッグホルダーが付かないか?という依頼。

DSC_0311_convert_20170309193641.jpg

 すでにブルックスオリジナルのサドルバッグのホルダーは付いていますが、これは着脱が面倒ということでつかわない。その下に付けてくれないか?という。

 DSC_0313_convert_20170309193623.jpg

 これなんですが、果たしてこいつのつく余地がこのサドルのどこに一体あるんでしょうかね?

 DSC_0312_convert_20170309193632.jpg
 
 ひっくり返してみると・・・、少なくともホルダーの幅で取り付けのできるところは、そのままではないことはわかります。さて、どうすんべ?

 で、ご依頼の方がヒントをくれたわけです、どこかのサイトに載っていたようなヤツ。

 そう、まずバラすか・・・。

 DSC_0314_convert_20170309193615.jpg

 ブルックスの何周年記念モデルらしく、金属パーツはすべてブロンズ。やるね。

 外してみるとわかるのが、こいつを取り付けている、突き出しボルトというのが見える。このボルトを利用して、金属板でホルダーに噛ませる止まり木を作っているというやり方ね。

 DSC_0316_convert_20170309193606.jpg

 自転車カゴを取り付けるための金具を持ってきて、真ん中の穴を中心に、左右に47.5ミリずつのところに8ミリの穴を空ける。正確には7.5ミリなんだが、こういうのに関してはちょいと大きめ、いわゆるバカ穴を空けておく方が後々楽なんだな。几帳面な人は耐えられないかもしれないがね。

 こうするとサドルの突き出しボルトに金具が引っかかるので、この上からバネをナットで共締めしてやれば、いいんじゃないか?とね。

 発想はこの路線で行くんだが、まあ実際に完成までの道はちょいと遠かった。やはり小さくても金属、譲らないところは、譲らない、コンマのズレなどが恨めしい。

 DSC_0319_convert_20170309193557.jpg

 左右のいらないところを切った止まり木金具に、ホルダーを噛ませてボルトで固定する、そして、再度サドルの飛び出しボルトにくっつけるんだが、若干スペースに余裕がない。こんな薄い板1枚の?と思うが、ないものはない。

 DSC_0327_convert_20170309193705.jpg

 左右ワンペア分のスペーサーを外して、再度固定を試みる。

 DSC_0322_convert_20170309193548.jpg

 スペーサーを取り去ってもなお足りない分は、下支えの金具をちょっと曲げて、下側にオフセットさせるなど、まあ、色々工夫させていただきましたわ。

 イザナットを締める段階になっても、バネや金具や革本体に工具が邪魔されて、動かせやしない。あっちを緩めて、バネ角度を変えて、こっちを締めてまた角度を変えて、戻して・・・となんとかかんとか。

 DSC_0323_convert_20170309193537.jpg

 きれいに付きましたよ!

 そもそも、ブルックス自身にホルダーがあるのに・・・と思いますが、この取り付けた方にはバッグ自体をワンタッチで着脱できる仕掛けがあるので、貴重品などを入れた際に簡単に取り外せるというメリットがあるようですね。

 レーサーのサドルは単純構造のために通常は分解できにくいものの方が大半ですが、ブルックスくらいになると、一生もんだけあって、分解メンテが比較的やりやすいようにできている。
 
 分解できれば、なんとかなることもあるといういい例かもしれませんね。サドル分解、いい経験になりましたわ。やはり仕事は断らないに限る、日々勉強・・・といえば聞こえがいいが、本質的には日々イタズラ・・・、回復できるレベルでの・・・といった方が実感にも合っているなあ。

アア スタンド付け!



 施工にはちょっとしたトレンドというようなものがあるようで、ある珍しい系統の施工をすると、それが続くことがあるんですね。

 今回も、BMXにスタンドを付けるなんていうのが続きました。

 DSC_0195_convert_20170307143754.jpg

 是非とも黒で、ということでこれが付いています。

 DSC_0197_convert_20170307143728.jpg

 チェーン引きが特殊で、太いエンドのスリットにピタリとはまり、かつリアホイールのシャフトを固定するという抜くことのできないパーツなんですね。

 こいつが外側に出っ張っているので、スタンドを共締めするとどうしても本体が浮いてしまう。固定力も弱いしみた目もダメなんだが、外すことはできない、さあどうする?

 っていうんで、思い切ってチェーン引きを内側に付けてしまった、それに伴うドミノとして、ハブシャフトを固定するボルトを薄いものに変えて、内側に来る厚みに対応しておく、そうすることによって可能とした。

 ただ、スタンドを付けるだけでも、こういう裏の工夫が大変なんですね。

 もう一例をご紹介。

DSC_0311_convert_20170307143706.jpg

 先日出て行った、BMXのスタンドなんでありますが、エンドを取り付けているこちらに出っ張っているパイプに沿うようにスタンドをカットして、その沿いとボルト止めの二点で固定したんでありますが・・・、立たす時にはよかったものの、スタンドを蹴って走る状態にした時に固定が弱いということが発覚。

 さて、別の二点を確保しないと行けなくなりました。そこで、持ち主の方に許可をもらい、エンド金具に穴を開けて引っかけ形式にすることを考案。

 DSC_0313_convert_20170307143651.jpg

 まずスタンドを再度奥より部分曲げをします。ここで噛ませるためにね。

DSC_0314_convert_20170307143633.jpg

 そしてこの分厚いエンド金具に穴を開けます、穴というかスリットね。ドリルと鉄ヤスリで気長に開けます。

 DSC_0317_convert_20170307143623.jpg

 そして、再度取り付け、スタンドを折り曲げたところを空けたスリットに押し込んでボルト止め。

DSC_0318_convert_20170307143613.jpg

 それを左右に施して、完成。

 DSC_0319_convert_20170307143821.jpg

 裏から見ると、スリットにしっかり曲げの部分が入っていますね。これで暫くは大丈夫かと思います。

 まあ、このようにBMXにスタンドを付けるというということでも、一台一台細かい形状や素材なんかが違う、それらに合わせて、自分たち手持ちの道具類で何ができるか?を割り出して、実行していく。

 これがまあ、実にクリエイティブな仕事なんでありますよ、確かに面倒といえば面倒だが、面白いといえば最高に面白いんであります。スタンド付け、カゴ付けは実に奥深い。ママ狸んなんかをやり始めたところから、ここまで来てしまった。

 まだまだ未知の、深みのある仕事ってあるんだろうなあと思うと、自転車屋も面白いもんだ、誰がポン付けばかりなどやるものか!同じ柄パズルを何度もやることが面白いか?つまらんことはやらない、これが仕事を続ける一番単純なコツというもんだ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター