メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

これって現行品?!



 ハブといって、見慣れたもの・・・かな?

 と思ってよく見ると・・・。

DSC_0174_convert_20180519102523.jpg

 これ見てオオ!って思う方は必ずいるはずです。そして、そのことの意味が全くわからない方も同じくらい、イヤ百倍くらいいるんじゃないかな?

 というのは、今のハブって、野太い円柱そのものだもんね。それだってハブ単体で作ってくれればまだいいが、それすらない、完組ホイールの中に消えてしまっているものすらある・・・、ホイール全体は思い浮かぶが、ハブ単体の記憶無しなんて良くあるんじゃない?これから単体パーツとしてハブが注目を浴びることはおそらくないだろうなあ。

 という中で、こんなやつらがやって来たぞ!

DSC_0184_convert_20180519102557.jpg

 かつてのくびれアリアリのハブなんですね。だからなんだ?という人もいることは承知の上で、この辺はレトロもどきの現行品を尊ぶ当店としては、ありがたい逸品なのであります。これで、世に埋もれている、ひび割れチューブラータイヤを履いている、鉄レーサーが、クリンチャーにシレッと足回りを交換して街道に復帰しやすくなるというもんだ。

 DSC_0178_convert_20180519102531.jpg

 作りも悪くありませんね。もっといいのが、大森社長の一手間の隙があることです。こいつを鏡面にできる選択肢もオプションとしてはる、素晴らしいねえ。

DSC_0181_convert_20180519102549.jpg

 そして11速対応のフリー・・・、この辺がまた現行品という所ですね。

 しかし、世界は広い、探せばあるんですねえ。国内を覆っている壁を越えて、外に出てみると、まだ嗜好を活かした自転車を組めるような現行品があるんでしょうな。

 DSC_2344_convert_20180519104332.jpg

 これなんかはサンエクシードさんの国内向けのツーリングハブです。見た目もラージフランジも行けてます。こういう国内現行品に混ぜてだね、今後もこのくびれハブ類の輸入・・・なんてのもやってみていいかな?

 もう手組ホイールの形勢は決まっています。完組に完敗です。ちょうど土壁が壁紙に負けたように、もう勝負になりません。

 でもね、今の左官屋さんはつぶれないでしょう。逆に結構忙しいかも知れませんね。

 つまり、薄くなっても需要は絶対に消えない・・・、薄くなったからこそ、今度は貴重な職業として生き残れる。

 手組ホイールもそういう域に行くんじゃないか?と思います。もう、これが主流になることはあり得ません・・・、だから現代の左官屋になるために、今後自転車屋を開業したいとお考えの方は、このホイール組みという希少な技術は学んでおいたら?と思いますよ。

 そんなこんなで、手組ホイールというマイナーブレイクを狙うために、当店にはこの手を支える、こうしたパーツ類を集めておく・・・事も大切かもなんて思うようになってきた。

銀リムはまだありますが、ある程度数を取るくらいの展開をしておかないと、メーカーとの交渉にすらならないでしょう。されば、手組ホイール組合(仮)なんていうのを募集しておくと、その辺の最低条件が確保されるかも知れません。

これがちゃんと動けるようになると、この手のハブ類の在庫や、もっといえば、こちら側からの積極的発注なんていうのもできるかも知れませんね。

あとスポーク・・・、ホシもがんばっているんで、あのブロンズ系のものなど、珍しいものなんかをそろえておく・・・。

 ちょっとした、手組ホイール支援のための卸業者だな・・・。

 今までは、ものを単に右から左へ動かして稼ぐという傾向にはほとんど無かったが・・・、今後そんなこともありかな?なんて思うようにもなってきた。

 まあ、そこまで手組が斜陽になってきたという、逆の意味でいい傾向なのかも知れないが・・・。この辺に関しては、拾う神になるのも一興かも知れないと、ちょっと本気で思えるようになってきた。
スポンサーサイト

カゴと自転車は別!



 大抵実用自転車を購入すると、カゴなんかがついているもんで、自転車とカゴは一体的なイメージで使っている人は多いと思う。

 もっといえば、自転車は自転車として、完成物で、それ一台購入したら、そのまんま、タイヤくらいか?消耗品の交換はしても、あとは買ったときと同じもので、同じ状態で乗りつぶすという人が大半なんだろうなあ。

 スポーツ自転車に乗る前の店主なんていうのもそんなもんだった。サドルの位置なんて考えて事無かったもんなあ・・・。

 また確認しますぜ!自転車は構成物なんで、パーツの集まりなのね。なので、規格にさえ合えば・・・、何でも組み合わせアリアリなんだよん!

 だからもっと自由な組み合わせで、自分の一台を組むことができる!

 一定の自転車乗りにとってはごく当たり前なことも、一般の自転車使用者にとっては、思いも付かないことだったりもする。

 なので、お母さんの自転車のサドルをちょっとあげてあげるだけでも、驚くんだよね。ある意味パーツ交換どころか、ポジションあわせということすら頭にない、せいぜい成長していく子供のフィッティングくらいなもんか?それとて、ホイールのインチ数で、買い換えを迫られ、疑うこともしない・・・。

 なので、こんな自転車を購入するときなんかにちょっとパーツ選択の時が来る、そこで気づくこともあるだろうなあ。

 つまり上の自転車にはカゴがない、自分でカゴを選ばないといけない・・・、でもそもそもカゴって選べるの?

 構成物なんですから、カゴも選べます。では何を基準に?選ぶ?もちろん用途でしょう!

 こちらの方はある種明確だった。自分の仕事鞄を縦にしないで置けるカゴがほしいということだった。

 以前もやったよね、塾の先生の自転車なんだが、デカイ鞄を縦にしないで載せられるかごにしてから、なんともストレスから解放された・・・という。そこで思ったんだが、ストレスというのは積極的に、イヤだなあ・・・と自覚できるものだけではないということね。

 むしろ潜んでいながらも消極的に人を疲弊に追い込むようなタイプのストレスというのもあるとい事だな。そこで、副業、本業を開拓する方々に大ヒントを授けよう!

 これからのサービス業は、未だ自覚されないながらもずっと奥に潜んでいるやも知れない、この消極的ストレスをいかに突きだして、それを解消させていくことができるか?というところにかかってくるかもよ・・・。

 大手には絶対にできない、領域かもね・・・、これぞ隙間だ!各分野、各業界で必ずあるであろう、この消極的ストレス解消こそが、次の産業の影の覇権を取るであろう、以上だ!

 DSC_2275_convert_20180429103211.jpg

 学生鞄もそのまま置ける50センチはある、こんなカゴも当店にはあったりする。そう、カゴは用途に合わせてしつらえるもの、ポン付けできるから、これにしなさい!は絶対にしません。

 これも良かったんだが、丈があるということ。そして黒しかないというのがダメだった・・・。

 DSC_0069_convert_20180429103144.jpg

 せっかくこの台座があるので、ここに装着できるもの・・・、ってほとんどができる代物だが・・・。

 DSC_0070_convert_20180429103154.jpg

 候補に挙がったのは、このステンレス系のもの。ただし、ご覧のように台座とは角度が若干異なる、これを強引にネジどめすると、カゴがゆがむよね。

 といって、下からとめるだけでは弱すぎる・・・。なれば角度を合わせるしかない?どうやって?

 DSC_0093_convert_20180429103203.jpg

 手間はかかるが、台座一度外して、万力掛けだ。横にカゴ置いて、曲げては合わせ・・・それを何度か繰り返す。

 難しいことではないが、面倒・・・ではある。

 DSC_2277_convert_20180429103227.jpg

 さすれば、このようにピッタリとくっつく。この手のフラットバーで、丈のあるカゴは、グリップ、ブレーキレバー辺りを狭くしてしまい、あまり良くはない。

 DSC_2278_convert_20180429103236.jpg

 こんな具合にハンドル下に収まってくれる方が見た目もいいだろう、というのが一つの定番だ。

 DSC_2276_convert_20180429103219.jpg

 まあこんな感じね。細かすぎていちいち書かないが、こんな中にも実は、消極的ストレスを取る配慮がアチコチにされてもいるんです・・・。使えなくはないが、こうなればいいなあ、という潜在的な箇所に手が伸びると、えもいえぬ使い勝手の良さが訪れることがある・・・狙うはそこだろうねえ・・・。

 という事で、カゴと自転車は別物!という考えをしっかり持とう!その先は、自転車は構成物!安全であれば、何やってもいいんです!

たかがペダルのはずが・・・



 本文で一番筆者が言いたいことは以下のどれか?なんて国語の問題結構あったと思います。いやほとんどと言っていいほどだったとおもいますが・・・。今でもそうなのかな?

 小説には本題というのがあって、それになびくように描かれている、なんてこと平気で言っていた、無能な中学や高校の教師がいたっけね・・・。いやいや、ある種の定型を教えるという立場からすれば、それも仕方ないか?と思いますが、それが文章理解能力とか、国語の点数に反映するとなると、どうなのか?とも思わなくもない。

 そうか、文章理解と、文章鑑賞とは別だ、というのもありだろうな、店主が教員やっていたときは、もっぱら前者の方を堅物であろう公務員志向の奴らに向けて、講義打っていたっけね、まさかあいつらの中から、改竄なんて恥知らずな犯罪に手を染めているなんて奴はいないだろうなあ。

 まあ、目から鱗が落ちたのは、何のかんのと中高の影響を受けていた矢先の店主の読書論に対して、「作家の言いたい事?それは最初の一行から最後の一行までだ」と言い放った先生がいたことだ。

 ちょっとでも書くことをやってみると、そのことがいたいほどわかる。「しようね」と「しような」の文脈上、意味上の違いを巡って、一体何度書き直しをするか?書いては読み、書いては読みを繰り返し、抑揚ともリズムとも付かない、間合いのような整いをどうそろえようか?と国語の授業ではほとんど無視されるような所に、いかに作家がこだわるか?

 国語の教員もどきらにはわかるまい・・・。

 と、何がいいたいか?というと、作品にとって一番重要なところは何か?というのがナンセンスのように、自転車にとって一番重要なパーツはどれか?という問いほど、無意味なものはないという事だ。


 今回はペダルだ・・・。いいか?どんなにいいフレームであって、ホイールであってもだ、ペダルの付いていない自転車を高速で走らせることはできまい・・・、だからペダルこそが重要だ!ともいえないが・・・。

 比較的、後方に置かれがちなパーツであるペダル一つとっても、それがないと、自転車は普通に走らない・・・。いわんや、そいつが外れないときたら・・・、新しいペダルにも交換できないと来る。

 なれば、ペダルの決定的な故障は、車体一台を諦めざるを得ない・・・という判断にも行くかも知れない、ということだ。

 まあ、最悪クランクごと交換すれば、その車体本体は乗り続けられるが・・・。

 DSC_2059_convert_20180402230211.jpg

 上のクランクを抜こうと6ミリの・・・、なんとPBのL字の六角を利用したが、傷が付いてしまった・・・。持ち主の方も、相当試みたようだが、外れない・・・という事だった。

 どうしよう?

 DSC_2064_convert_20180402230232.jpg

 こういう時は、無駄な抵抗せず、まずはクランクを外す。

 このままでは六角以外では抜けないので、なんとか別加工して、やらねばならぬ。

 DSC_2065_convert_20180402230241.jpg

 毎度万力で固定します。

 DSC_2074_convert_20180402230337.jpg

 このように、ペダルを外してシャフトを削り平面を作る。

 DSC_2075_convert_20180402230401.jpg

 裏も同じく、平面出します。そうしてだな。

 DSC_2067_convert_20180402230304.jpg

 そんでもって、平面ができた部分を、再度万力で鬼締めします。そして、クランクのチェーンリンク部分にボロ切れ引っかけて、外す方向に思いっきり回してみる・・・と。なんとか回った・・・。

 DSC_2069_convert_20180402230313.jpg

 外してみると、グリスのあった部分が、粉々に。

 DSC_2079_convert_20180402230411.jpg

 もうカサカサ状態、これは普通じゃ抜けなかったはず。万力様々だなあ・・・、相変わらず。

 DSC_2070_convert_20180402230320.jpg

 このままじゃあ、と思いまして、タップもしっかりかけておきました。

 DSC_2080_convert_20180402230420.jpg

 これくらいのカスが出るんですね。

DSC_2072_convert_20180402230328.jpg

 結構キレイになります。汎用性の高いクランクなんで、そこそこのグレードにすぎませんが、でもここまでね、なんとか。

 これを左右一対分やって完了。

 DSC_2082_convert_20180402230429.jpg

 再度両者にグリスを注入して。

 DSC_2085_convert_20180402230446.jpg

 新ペダルを付ける。

 DSC_2086_convert_20180402230455.jpg

 固着したペダルを外して、新しいペダルを付けただけとは言え、結構手間がかかっています。といっても万単位で、工賃とれるものでもなく・・・、といって、仮に外れないとしたら、クランク交換は必至だったとすれば、それなりの施工であったとも言えるわけで。

 ペダルは派手なパーツではないが、これ一つ無くては自転車が走らない、という意味で、最後の一行まで重要な文学の一部でもあるんであります。

 DSC_2087_convert_20180402230504.jpg

 すごい端下がりだったサドルも戻す。高校生のものです、推測つきますなあ・・・。

DSC_2083_convert_20180402230438.jpg

 これで部活から、通学に使われる。まだまだ整備すべき所は多々あれど、まずはこれにて!

 最初の一行から、最後の一行まで、文学は大切なのと同じように、どのパーツにも優先順位は実はない、というのが自転車なのでありました!

通勤最強説! タンナスざんす!



 機能重視!見ればわかる!

 前後にカゴ、食べ盛りのお子さんが複数いるんだろうなあ。通勤の帰りに、買い物頼まれたりとか・・・。

 DSC_2042_convert_20180331190322.jpg

 そして、自転車通勤の最大の敵といえば、パンク!でありましょうな。店主も経験ありです。駒込に通っている途中・・・。池袋前でパンク、立教大学の近くだったかな?もちろんパンク修理系は持っていたんだが、なんとバルブをリムに固定する薄いナットが外せず、直せなかったといういたい経験ありで、以来その手のナットを付けたことはない。

 社会人たるもの、パンクが理由で遅刻はできません。最悪午前中半休取らなくてはいけません。仕事があるのに半休だなんて、有給休暇ならぬ、有職休暇であります、情けない。

 なので、絶対に、絶対にパンクは起きてはいけません、自転車通勤の際には・・・。

 DSC_2043_convert_20180331190330.jpg

 そう、ではパンクしてはならないとすれば、アレしかない。ノーパンクタイヤ、つまりタンナスであります。

 では、交換して進ぜよう・・・、サイズは・・・なに?28と1 3/8・・・なんじゃそりゃ?でもエトルトを見て一安心622とある、つまり700c系のものでよろしいということ、あまり規格の記述増やすなよ・・・。

 DSC_2226_convert_20180331190338.jpg

 リム幅を測りませす、フムフム、これにてチップを決める。

 DSC_2229_convert_20180331190346.jpg

 こうやって、適正チップをタンナスに埋め込んで、行きます。

 DSC_2230_convert_20180331190354.jpg

 こいつをリムに当て込んで、浮いたチップをリム内に押し込んで入れます。パチン!と音がしたらリム内に食い込んだ証拠、これでヨーシ!では隣・・・とね。

 まあ押し込むときにはそれなりのコツと力がいります。なので、タンナスは単体で売ってはいけない、という規則があります。必ず認可を得たショップで装着まですることが鉄則です。

 確かに、裏技なんかを使って入れた、というか、裏技使わないと入れられないものだってありますからね・・・。先日のステンレスリムなんかはある意味御法度だったかも知れないなあ・・・。もちろん、使用者さんとは連絡取り合って、その後どうです?なんて経過も追っています。みるみるはまって、チップが完全に見えなくなったと言ってましたな。


 その他リム幅とタンナスのリムに入れるゲタ部分が実に入りにくいものなんかもありますね、チップ云々以前に、ゲタが入らない・・・、そうなると一部でも固定すらできないとなると、リム上にはめることすらできない・・・なんてことだって起きたことがある。一体どうやってはめたのか?今でも記憶が無い・・・、なんてね。

 しょっちゅうでるタイヤでもないので、施工例はまだまだ十分とは言い難いが・・・、そんじょそこらのショップよりは修羅場の経験ありだ、コッチは!と威張っても仕方ないが、今回は比較的、比較的楽な方だった・・・。

 DSC_2238_convert_20180331190437.jpg

 入ったぜ!

DSC_2235_convert_20180331190411.jpg

 平地を普通に走っているときの不満はほぼなし。段差でゴツン・・・という感じが気になる。もう一つメカニックとしては、この固さがホイールを直撃するので、スポーク折れの報告もなくはない、なのでホイールに対しては、いつも以上のケア、といっても、段差などでは丁寧に対応してやるとかする方がいいでしょう。

DSC_2236_convert_20180331190421.jpg

 既設のタイヤから比べるとやせてしまったので、泥よけとの隙間が空いてしまった・・・。

 DSC_2237_convert_20180331190429.jpg

 ランドナー派の泥よけ大好き親父達なら発狂するかな?ざまーみろ!

 でも、今後パンクしないというのは、通勤時に関しては最大のアドバンテージとなりますよ!

DSC_2233_convert_20180331190402.jpg

 乗られる方は、超人クラスの体力をお持ちの方、小事にはこだわらない、これで走り倒すんでありましょう。たぶん五年持っても一度もパンクなし、タイヤ交換の必要も無し、あくまでも考え方だが、最初に出る銭、パンクするかも知れない不安解消、そして実際パンクなし、乗り味は人によっては問題あり・・・などアチコチ天秤かけてだな、何を優先するかによるんだろうが、しかし!通勤時でのパンクがない!はある意味何もにも代えがたい。

 もちろん700c23ミリなんかもあるんで、手持ちのロードレーサーに通勤専用ホイールとしてタンナス履かしたものワンペア持っておくというのもいいかもね。

 実はそんなことやろうものなら、練習時もパンク修理キッドを持ってかずに、これでいいや・・・となる確率も高いかもしれないね。パンクがなくなるというのは、そのくらい、気づかないネガな不快となっている可能性もあるんだよね。

 これからのサービス業は、本人の気づいていない、消極的不快をどこまで取ってやるか?なんてとこまで進んでいくだろうと思うんだが・・・、タンナスはパンクへの不安という、消極的不快を確実に取ってくれるという意味で、最新のサービス形態ともいえるかもねえ。

 通勤にタンナス!お薦めです。そして一般自転車の後輪だけでもタンナス・・・これもお薦めね!

ルックの特殊パーツ 面白いが 叩きすぎじゃねえ?

000 DSC_1793_convert_20180217200821

 ルックの特殊パーツという話。このステムなんかがまさにそれですね。凝っているといえばそうなんだが、なかなか難しい。

 一般のステムのように、調整がしやすいか?というと、お世辞にもそうとは言い切れない。

 DSC_1951_convert_20180318230331.jpg

 構造が特殊で、外してみないとわからない、外してもわからない物もあるかもね、素人目には。

 DSC_1953_convert_20180318230340.jpg

 しかもこのように外すためには、緩めてスポッと抜くんじゃない、この場合は、ボルトを当てて、横から叩くなんてことさせるんだよね。本体はカーボンですぜ・・・。

 確か衝撃に弱いんじゃない?

 しかも、金槌が外れて母材を叩かないともいえない、あまり感心しない管理法なんであります。

DSC_1937_convert_20180318230144.jpg

 同じ長さの一般ステムが使えるなら、交換してもいいよね、いや、すべきかな?とも思いますな。
 
 微調整するのに一々金槌で叩かせる方が異常なんだよね、絶対に。ある意味デザイナーの発想ではあるかもしれないが、現場預かるメカニックの発想ではないだろう、この手の特殊部品はね、大体が・・・。

 DSC_1947_convert_20180318230303.jpg

 はい、これでいいんです!

 DSC_1948_convert_20180318230316.jpg

 あとはキャップを取り付ければね。

 先の特殊ステムでは、なんともハンドルが動くなんていう、危ない現象が起きていたそうだ。そういう時は、徹底的な脱脂はもちろんのこと、こういう手もあるぞ。

 DSC_1944_convert_20180318230246.jpg

 こういうケミカルね。単純にいうと、砂入りグリスのようなもんだ。

 DSC_1945_convert_20180318230253.jpg

 手に取ると、もうその段階でジョリジョリしている。こいつを接触部分の間に挟んで、適正トルクをかけると、面白いように固定される。お試しあれ!

 DSC_1938_convert_20180318230213.jpg

 もう一箇所困ったチャンがいた。このクランクだ。先日この特殊クランクの外し方なんかもやったが。あまりに特殊すぎるので、サイズはこいつ一本で絞りたいところ、サイズを分けて作って、どうせ数年しか持たない過渡期のクランクに手間暇などかけられない、そこで考えられたであろうことは、三サイズ兼用という発想だ。

 上のように、170ミリから2.5ミリ刻みで3種類に対応できるようになっているらしい。

 ただし、このおにぎりガタの台座を抜くのに・・・また叩くというね。

 DSC_1940_convert_20180318230221.jpg

 ペダルタップを奥まで入れて、固定して、そいつを後ろから叩く。相手はカーボンクランクでしょ?カーボン・・・。この手の作業には向かない素材なんじゃないの?

 DSC_1941_convert_20180318230229.jpg

 見るとテーパーになっていて、これをペダルで締め込むことによって、このおにぎり君がクランク内に圧入されるという構造だ。よく考えられてはいるが、やはりカーボンは叩きたくないね。

 DSC_1942_convert_20180318230238.jpg

  170ミリから、172.5ミリに変身、この発想は素晴らしいと思うが・・・。

 DSC_1950_convert_20180318230324.jpg

 当店で組み付けてから、ハンドル回りのしまりの悪さなどで、実は乗れていなかったそうだ・・・。まあ今回ステムを一般部品に交換して見たところで、安心されたと思うが・・・。

 またクランク回りのアダプターなんかも用意しておくのもいいかもしれない。アイデアはいいが、やはり一般部品のクランクも装着できるように対策を取っておくことで、貴重なフレームに長く乗り続けることができるからであります。

 できれば一般パーツのもので対応できるものがいい、そうでなくても、アダプターなどで一般パーツを使用できる形式のものがよい、そうでないものは、ダメなときは諦めるくらいの覚悟をもって選択すること・・・・かな?

 カーボン車体の細部の規格などについては、十分お気を付けください!



 ※19日より、店主はほんの少しの間、大陸に行って参ります、ちょっとしてすぐにかえって参りますので、ご迷惑おかけしますが、よろしくご了承お願いいたします。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター