メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自分のギア比と仕様は用途と足で自ら決めよ!!!



 ちょっとゴッツメのツーリング車か?と思われるかも知れないが、これはかなり骨太の車体ということが言える。

fc2blog_20221130224251cc3.jpg


 ディスクブレーキを使用しているから骨太というのではない。

fc2blog_2022113022424968f.jpg


 今やディスクブレーキは、スポーツ自転車としては当たり前になってきてるんでね。

 317497315_5734666146612506_3511952097111130966_n_convert_20221130220223.jpg

 オ!TRPだ!!!TRPといえば、当店が一推しするパーツでもあるし、テクニカルサポートをしているメーカーなんだが・・・、だからといって、この車体が骨太というのでもない。

 317354482_5734666659945788_6433502483175890974_n_convert_20221130220254.jpg

 そのハンドルが、裾野が広がったかつてのツーリングドロップ、今風でいうとグラベルドロップだから!骨太というのでもない・・・。

 317462729_5734666363279151_5033596937658503158_n_convert_20221130220326.jpg

 そして、27.5のホイールをハイているから、骨太いうのでもない。ないないづくしだな・・・。

 では一体どこが骨太!!!というのであろうか?さあ、どこでしょう・・・?

 316685547_5734666316612489_4552579569216277680_n_convert_20221130220151.jpg

 答えはここだ・・・。

 わかるかな?

 このクロスレシオ・・・以下のスプロケたったの6枚で13Tー23Tというスプロケにロードのリアディレーラー・・・。
ここが店主が骨太と思う一番の特徴なんだな。

 ついでにいうと、

317392805_5734666069945847_9155134504476002958_n_convert_20221130220135.jpg

 ナンジャコリりゃ?というクランクね。

 これ何を意味していると思います?これは自分の自転車の用途とその使用範囲と限界と、そして自分自身の足を知り尽くしている奴だからこそできるスペック!という意味で、骨太といっているのであります!

 今通常売られているスプロケって・・・ご存知でしょ?最大で50台のバカでかいスプロケですよ。遠くから見るとそのデカさに電動アシスト車の電動部分かと思うくらい・・・。

 そして、それに合わせて、下に伸び切ったリアディレーラー・・・。

 この傾向はスラムが火をつけて、あのシマノすらも追随せざるをえない流れとなっていますね。マウンテンバイクの中でならいざ知らず、それが今のロード車体にまで影響を与えている・・・。

 かつてはよほどでない限り、ロードで23T以上の歯が付くことなんてなかったように思いますな。それが今は・・・。

 そうした傾向に対して、この骨太号というと、最小のスプロケで対応している、それをフロントのクランクの歯数でカバーしているということも考えられる。今手頃に購入できるパーツ類などには目もくれず、この自転車で行くべきコース、そして自らの脚力との相関関係を熟知して、これで良し!!!と自ら判断して組み付け、そして実際にアチコチこれでいっては無事帰ってくる・・・。

 かっこよくない?

 ある意味ロードのショートリーチのリアディレーラーは、岩場などを走るのには向いているかも知れない。長いとアチコチぶつける可能性も高くなるからね。

 そして、古い店主のような人間はあのデカイスプロケの傾向にはちょっと辟易気味・・・。むしろ絶滅危惧種であるトリプルクランク・・・、あのQファクターには目をつぶって、スプロケを美しいクロスレシオのものにして走りたい・・・、とすら思うくらいだね。

 そんな中で、時代遅れも何のその、自分の経験を信じて、わざと古いものを有効利用してる姿勢には共感できるものが非常に多くある!

 こういう骨太の自転車乗りが増えることが・・・、自転車界自体を面白くする、ある意味それ以外にないだろうな。メーカー都合でものが開発され、それを池の鯉のごとく口をパクパクして、唯々諾々と消費するしかないとしたら、こんなつまらないことはない。

 オ!ちなみに、シフターは・・・

fc2blog_2022113022424827a.jpg

 フリクション系のWレバーを利用したもの。そう、この手のレバーなら、大抵の歯数・・・9枚くらいなら対応できるでしょうね。

 316958218_5734666446612476_6455907762273792833_n_convert_20221130220310.jpg

 敵を知り己を知れば百戦危うからず・・・というらしいが、コースや環境という自然を知り、自らの経験と脚力総合力を知れば、このような自転車も組み付けることができる・・・、まさに百戦危うからずどころか、また楽しからずや・・・であろうな。
スポンサーサイト



ペダル穴がグズグズ ペダル穴ヘリサート修理



 ザスカ!という車体があるそうで、カーボンフレームのマウンテンなんだそうだ。

 これが大きなトラブルに見舞われた。

317682584_5735642709848183_6494586924437411757_n_convert_20221130210739.jpg

 装着のゆるい状態のペダルで踏んでいたら、このようにペダル穴のネジ山がグズグズになってしまった、ということだ。

 317086798_5735643013181486_1187904721519915005_n_convert_20221130210757.jpg

 ペダルはもう普通に装着はできない。そうなるともうクランク交換しかないか?ということになる、大方そうだろうな。

 ものにもよるが、クランクというパーツは自転車パーツの中でも相対的に高価なものだ、なので、こうしたトラブルでお釈迦にするというのは、殊に高級コンポということになると大変つらいだろうね・・・。シマノならまだ片方だけとかでも出してくれるだろうがね・・・。

 通常なら、クランクを諦めて、新品やら、スモールパーツやら、中古パーツを探すことになるだろうな。

 ところが、なんと当店がかつてこの大問題を修復させていたと、店主はすっかり忘れていたんだが、その持ち主の方がいう。ええ?当店がやったって?

 ホレ!と見せられたのが、本当だこれは紛れもない当店のブログであります。。本当だ・・・すっかり忘れているわ・・・。

 なるほど・・・それはあれを使ったんだ・・・。

316831571_5735643813181406_7242538241568995235_n_convert_20221130210832.jpg

 桐箱・・・ではないが、この中には相当高価で高精度工具が入っている!!!当店の秘密兵器のようなもんだ。

 317081534_5735644399848014_3712465616403478250_n_convert_20221130210853.jpg
 
 これなんだが、開いてみるのも久しぶりだ。

 317383093_5735643419848112_2531852766713029901_n_convert_20221130210815.jpg

 改めて、外してみるともうツルツルだね。で、こいつをどうするというのか?

317602000_5735644763181311_7179899768981281387_n_convert_20221130210912.jpg

 このならしネジ山タップを使います。

317084352_5735645199847934_4922218557232972308_n_convert_20221130210931.jpg

 まず、緩いペダルと体重以上の力でほじられたペダル穴の内部をならします。

 316963996_5735645566514564_5014910346301174847_n_convert_20221130210956.jpg

 なれたらそれに続く、タップがネジ山を刻んでいきます。相手がアルミなんで基本柔らかいんだが、でもまあ、手回しなんで大変といえば、大変です。

 316943893_5735645936514527_5310688956182748532_n_convert_20221130211015.jpg

 できた!新しいネジ山が切れたかな?

313441087_5735646283181159_2073792361866340891_n_convert_20221130211034.jpg

 流石にアルミだけにきれいに削れたね、ただし、このネジ穴は、元のペダル穴よりもならされた分、だいぶ大きくなってしまっている。当然、元のペダルをはめることは不可能であります。

 そこで・・・

317383908_5735646623181125_8779090508953066950_n_convert_20221130211050.jpg

 この隙間を埋めるためのリコイル、ヘリサートというネジ山が切られている金具(コイルのような)を手回しで入れていきます。

 317565915_5735646953181092_1319490968688558473_n_convert_20221130211106.jpg

 はい!これで元のペダル穴と同じ大きさのネジ穴ができたということであります。当然ここには、

316804613_5735647439847710_8574642878161258158_n_convert_20221130211122.jpg

 ハイ、装着完了・・・、出来ちゃったよ・・・。

316956349_5735647846514336_8485898335874395264_n_convert_20221130211138.jpg

 クランクごとザスカに戻してやる。これにて一件落着。

 イヤー、こんなことが当店でもできるんだ・・・と、改めて思い出した。これって意外と重要な修正じゃないかな?レース用の高級コンポを思わずしくじって、ネジ穴グズグズなんてこと、起こりうるよね。

 そして、捨てるに捨てられなくて、見てはため息・・・なんて言うパーツ日本全国に50個はあるんじゃないかな?なんてね。

 するとこうした施工例を公表すると、我も我も・・・という展開もありそうだなあ・・・。問題はヘリサートそのものではなくて、左クランクの逆ネジようのヘリサートが、潤沢に入手できるか?ということが勝負になりそうだ。

 ドイツの工具屋に問い合わせるか、国内のネジ屋等を虱潰し探すか・・・だな。

 迷えるペダル穴グズグズクランクよ!ゆっくりおいでなさい、なんとかなるかもよ!!!

もっと楽に走りたい!!!



 ジャイアントのクロス?マウンテン系の自転車だったんだが・・・。今年のはじめに来たんだな。

270050886_4799021896843607_4069962866465231237_n_convert_20220111195638.jpg

 こんなフラットバーだったんだが、これを楽に走りたいということで、プロムナード系のハンドルに交換したんだわね。

 270437616_4799022803510183_1438695241457790588_n_convert_20220111195653.jpg

 これでかなり楽になって、通勤自転車として使用していたんだが、もっと楽になりたい!というので、持ってこられたんだが。

 では、どうしましょう?ということで、色々話し合った結果、ハンドルの位置を上げてくれということになった。

 最初はステムを緩めてハンドルの角度を変えたんだが、いえいえ、もっと高く!ということなんで、これはステムごと交換しないといけないことになった。
 
 マウンテンバイクということになると、この頃のはもうすでに、オーバーサイズになっている。一般実用車の1インチのステムはシムでもかまさないと使えないんだが、その辺はどちらかというと得意な方なんで、まあ問題はないだろうな。

 315585850_5692824887463299_6492266475571494179_n_convert_20221115222600.jpg

 この手は1インチものの方が断然選択肢が多いんで、そちらから選択。相当高くなったよね。

315215293_5692824574129997_2645056578714664710_n_convert_20221115222536.jpg

 全体で150ミリは上がったんじゃない?

 ただし!

315627133_5692825287463259_140421377471891924_n_convert_20221115222616.jpg

 このように、フォークのコラム内にはシムを入れてやらないとステムが1インチなのでグズグズになってしまう。

 315419116_5692827627463025_549708981901587865_n_convert_20221115222753.jpg

 より実用車っぽくなってきたんだが、その見た目もだいぶ気に入ってもらったみたいだった。

 315449484_5692827354129719_5316222721802370279_n_convert_20221115222738.jpg

 サドルも今回少し上げてみた、なので、乗っている姿がだいぶ変わったね、浮いているような印象、ちょうど魔女が箒にまたがっているようにも見えてしまった・・・、魔女じゃあないんだがね。

 315627405_5692825644129890_6602861453392971553_n_convert_20221115222635.jpg

 サスっぽいものはついているんだが、あまり現実味がない。むしろ実用車に近い印象になった。

315113614_5692824077463380_8168000163206164276_n_convert_20221115222520.jpg

 やっぱりだいぶ変わったよね。そして、乗りやすい・・・。ただいま真っ只中の、超高齢社会のなかで、手持ちの自転車をどうやって乗り続けるか?という需要は決して少なくはないと思うんだがね。

 ハンドルを上げるというのは、その大部分かも知れないね。現に店主も相当ステムの角度が変わってきている。形やカッコとどうやってポジションとの折り合いをつけるか?というのは今後の、イヤ、現在の課題かも知れませんな。

 ということで、こんなことも、また大いに参考になる施工なんであります。

 自転車と長く付き合うためには、このようなポジション変更は重要ですぞ!!!

314063132_8262296440511595_6893724254622152787_n.jpg

 今週土曜日19日は、当店内ライブでありますぞ!西成から店主イチオシのパフォーマンス集団が、大阪の西成からやってくる!投げ銭なんで、つまらなければタダで帰ればいいわけで、それだけ自信のある渾身のライブが行われます!是非おいでください!

フリーが完全フリーになる・・・



 トレックのツーリング系の車体だね。こんな言い方あるのか知らんが、ドロップクロスバイク・・・なんて感じですね。

313411164_5666082600137528_6519846149072362734_n_convert_20221106140710.jpg

 ステムが緩んで自然に下がってしまい、それに体を合わせたのか?と思いきや、色々やってこれに決まったんだそうだ。高校生なら、まだ適応力もあるので、まずはスタンダードでやってみな、そこから・・・という指導もありかもしれないが。

313946382_5666082323470889_349498860401050015_n_convert_20221106140652.jpg

 もう高校生が乗っている自転車にもディスクが普通に入ってきているので、時代ですなあ。

 313983946_5666082923470829_5894681072463106638_n_convert_20221106140727.jpg

 今回の持ち込みは、ここスプロケが完全フリーになってしまうということ。どんなに踏んでもチェーンとスプロケは回るんだが、そのスプロケが車輪を回してくれないので、自転車は動かない。

 多分、フリー内部もラチェットの爪が立たなくなっている可能性がある、なので、内部の洗浄とグリスの入れ替え、またはフリー本体の交換のいずれかなんだな。

 ということで、どこまで解体可能か?というのが勝負となる。

314407690_5666141910131597_7910910290931577849_n_convert_20221106140912.jpg

 玉押し抜いて、シャフトを抜く。通常シマノのものなら、

314670073_5666086436803811_335821668831262591_n_convert_20221106140821.jpg

 こんな感じで10ミリのレンチを入れて回せば、フリー本体は抜けるんだが、コイツはそれができない。シマノだとこのフリーが単体として、スモールパーツとして出ているので、交換することも可能だ。そういう意味で、シマノものはよくできている。

 314578803_5666085886803866_3102421238255747925_n_convert_20221106140805.jpg

 なので、できるところまで接近してやれることやるしかない。

313305915_5666109973468124_3765067474670073780_n_convert_20221106140839.jpg

 頭にライトを付けて、中を覗き込みながら、あの辺だろうというという箇所目指して、洗浄スプレーをかける。

 314413615_5666141580131630_4400787291133523248_n_convert_20221106140856.jpg

 ついでにベアリングも磨いて、中に戻していく。

 313970156_5666142206798234_380992869937588426_n_convert_20221106140930.jpg

 これでなんとかなるかな?

314608734_5666082133470908_7571613392951894494_n_convert_20221106140631.jpg

 暫く試乗してみたが、フリーに異常は出て来なかった。これでしばし大丈夫かな?というところ。ただし、そんなに遠くない内にホイール自体を組み直したほうがいいだろうな。

 314588868_5666081913470930_7829368083018073906_n_convert_20221106140614.jpg

 細かく見ると色々あるが、まあ、今回はこの辺で勘弁しておいてやろう。

312586851_5666081603470961_6608524907398117476_n_convert_20221106140559.jpg

 通学等に使っているのだとしたら、時代は変わったもんだと思いますな。でも、どんなことしても乗り続けたいという、少年というか、高校生ながら強い意志を持っているようだ。なれば、どこまでも付き合おう、と思うよ。

電動自転車のスピードを上げる・・・クランク交換



 この電動自転車買ったはいいが、なんか今一スピードがでない、後ろからいろんな自転車に抜かれていくのが切ないのか?どうにかならないか、というご相談。

 リアは多段だが、ボスフリーなので、歯数の調整は難しい。となると、前ギア・・・いじりとなるんだが、そうなるとチェーンリンク交換できないクランクだと、クランクそのそもの交換、というお仕事になることになる。

 312096206_5644651915613930_8550666217238451697_n_convert_20221029210929.jpg

 まあ、前のギアをデカくする際に邪魔になりそうな、チェーンカバーを取り外す。チェーンリンクとクランク一体物なんで、丸々交換するが、そのデカさの比較をすると・・・、

311867704_5644652332280555_5237949931169268747_n_convert_20221029210946.jpg

 この違い・・・。

 さて、どうせ変えるならドーン!!!とデカくしたいということなので、劇的にデカくしましょう。

313408090_5644653262280462_6689263483346030879_n_convert_20221029211021.jpg

 58Tというかなりでかいものを選択。超小径車用のもっとぶっ飛んだものもなくはないが、まずはこのへんでいいんじゃないかな?

 311679755_5644652848947170_2127323827896768180_n_convert_20221029211004.jpg

 で、130ピッチのチェーンリングですので、かつての主流であったものを探せば付くんですが、見つかったのがなんと105の旧式もの・・・、ヤリ過ぎ?まあいいか・・・。

312277353_5644649912280797_566102020665762732_n_convert_20221029210823.jpg

 まあ、ここまで増やせば、様子見る価値はありだな。電動アシスト突き出し、どうなるんだろうな?

 313336181_5644650252280763_4428182666443355988_n_convert_20221029210839.jpg

 こちらは先に指摘したボスフリーなんで、あまり応用は効きませんね。探せば・・・トップ11Tとかもあるかも知れないが・・・、まあ望み薄だな。

 あとスピードアップのための、次の改造の可能性があるのは、

312307826_5644650642280724_7408184311016641599_n_convert_20221029210855.jpg

 ここでしょうね。この点に伸びたこのハンドル、コイツを縦に短く横に長くで、より前傾になれるタイプのハンドルに変えるこどえ、出力も増えるでしょうね、やる価値はありです!

312636702_5644651002280688_1109011822500131108_n_convert_20221029210912.jpg

 試乗の結果、かなり満足いただけるスピードになったんじゃないかな?と思いますね。前のものとの厳密な比較はできていないんであくまでも感覚的なスピード感なんですけどね・・・。

 まずはこれでお返しして、様子聞きましょうかね。次はハンドルをブルホーン系にして・・・と、この手のいじりは面白いもんだよね。

313097499_525919446208355_4113690065625219434_n_convert_20221029002652.jpg
※30日も昼からハロウィンということで、仮装者にはなんかくれるんだと。店主も牛肉の本格麻婆豆腐で参戦します!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター