メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ディスク化 もろもろ 次はフォーク?



  これはある意味当店おなじみの、エクストラサイクルの車体です、今まで何度当店のドックに入ってきたことか。

 内装11段にしたり、なんせ特殊な車体で、重い荷物を載せたりするんで、アチコチ出てくるのは当たり前かも知れませんが、もう何年ほどのお付き合いになるんだろう?

 そんなわけで、内装11段内部のオイル交換なんかしたりしてね。

 DSC_3257_convert_20190727220937.jpg

 そうしたら、二本ほどスポーク折れが発覚、後ろに子供乗せたり、荷物載せたりして走る駆動輪なんで、そういうことは珍しくないわけですが、常に専用バッグがかかっていて確認しにくいんでしょう。スポーク折れは早く見つけて、早く対処するに越したことはない、リムのゆがみまでいったら、ホイール交換しないといけなくなるんでね。

 で、今回の市大改造はリアではなくフロントなんであります。なんと今まで使ってきたVブレーキを交換するということに。

 DSC_3269_convert_20190727220957.jpg

 イヤーお疲れ様でした・・・。そして次は・・・、なんとディスクブレーキにという事なんですが・・・。ブレーキの種類が変わるということで、それだけで終わり?ではないんですね、そこがディスク化のちょっと大変なところなんでありますよ。

 DSC_3256_convert_20190727220928.jpg

 油圧ブレーキのレバーです、なかなか洗練されていますね。単純にいうと、まあ水鉄砲ならぬ、油鉄砲なんですがね、閉じられた。

 閉じられた中で一定のオイルを押し出すと、押し出されたオイルがピストンを押し出す、そして押し出されたピストンが今度はブレーキパッドを押し出して、ローターを圧迫してその回転を止めようとする、それがオイルブレーキの構造となっています。

 かつて、店主はその押し出しまでは理解出来たんですが、ではなんで押し出されたピストンが自然と元に戻るのか?わからなかったんであります。押されたら押された位置で止まっているはずなのに、なんで元に戻るの?

 一つにはパッド側に、二枚のパッドを開かせる機構はあります。ただそんな小さな金具だけで戻るとは考えられません。

 またブレーキレバーの中には、レバー自身をスプリングで戻すものもあるようです・・・、それなら分かりますが、ただそうした機構の無いブレーキが戻るのが分からなかった・・・。

 答えはピストンまわりのシーリングの中にあったんですね。ピストンはシリンダーにピッタリと隙間無くくっついていないといけない。そうしないとオイルがそこから漏れてしまいますからね。その漏れを防止するために鉄のピストンのまわりにシーリングがなされているんですが、それが押し出されたピストンを一定量戻す機構になっている・・・わけであります。

 メカニカルディスク、ワイヤーで引くディスクブレーキは、パッドの減りによって、ブレーキの引きシロが増えてきてしまうんですが、油圧ブレーキにはそれが無い・・・というのが不思議だったんですが、このシーリングの性質を聞いて納得したわけであります。

 ピストンまわりのシーリング材の性質によってどんなに押されても、一定戻る量が決まっているということ。つまり、パッドが減った分ピストンは前に押し出されますが、押し出されたところから一定量戻るので、引きシロに変化がない・・・。

 なるほど・・・と思いつつも待てよ?でも減ってその分ピストンが前に出たら、出た分のオイルが足りなくなったりしなくはないか?そうなるとシーリングの戻り以上に、オイル不足による戻りが加わって、引きシロがでかくならないか?

 色々考えて、再度オイルブレーキを解体したりして、やっと分かったり・・・。

 つまり減った分のオイルは、外から補充されなくても、リザーバータンク内にある、牛乳の皮のようなダイヤフラムというシートがオイルの表面に貼り付いていて、そいつが必要な分オイルとともに空気の隙間を作らずに沈んでくれるんで、補充の必要が無い・・・。

 DSC_3255_convert_20190727220919.jpg

 今回、実は荷物用の自転車なので、それに適したTRPのものを用意して組み付けたかったんですが・・・、なんか随分待った中で、より一月以上下手すると待つことになりそうなんで、涙をのんでシマノデオーレを取り付けたんですが・・・。

 エントリーモデルにも手抜きのないシマノだけあって、実によく効きますわ・・・。悔しー・・・、TRPテクニカルサポート点としては、一点でもTRPを取り付けて、その性能を世間に知らしめねば・・・と思っているんですが・・・、シマノも恐るべしー。

 DSC_3252_convert_20190727220900.jpg

 他のブレーキのように、ブレーキ本体を交換すればいいというわけではない、というのがディスク化の問題で、このようにホイール全体をディスクローターの搭載出来るハブで組み替えないといけない・・・という大事業が伴う、というのが他のブレーキと異なることなのであります。

 で、ここで、当店ならではイタズラです。ローターのつく側のスポーク組を

 DSC_3253_convert_20190727220909.jpg

 通常の6本取りではない、ダブルクロスという組み方でやったことかな?通常のクロスは1箇所なんだが、ダブルクロスはその名の通り2点にてクロスさせる方法・・・、で一体何が違うの?だが。

 2点でクロスさせることで、スポークの絡みが1点ものより複雑になって締まったときの強度が上がる、固く組み上がるということなんですね。

 手組ホイールにローター載せるとやはりディスクブレーキの強さが分かります。緩く組むと制動にタイムラグが確実に来るんです。ブレーキ引いてからヨッコラショ!と制動になる。

 このスポークの強度を上げていくほどに、制動は当たり前だが、締まってくる。なので、ハブまわりが特に固くなるダブルクロスは、ディスクの制動にはかなり影響与えてくるでしょう、確信しますね。

 DSC_3250_convert_20190727220851.jpg

 新しく組まれたフロントホイール、単純に見えて、仕掛けあるんだぜ!

DSC_3261_convert_20190727220946.jpg

 デオーレ、ばかに出来ない制動で、ガツン!と効きますよぞー!ただし、このヘッドチューブ内のサスペンションがあって、ブレーキかけると、ズコーン!と車体は沈みます。船こいでいるみたい、車体が上下します。

 と、またこの一体型のサス自身に緩みのようなものが生じていて・・・、ちょっとガタがあるように思えますね。

  いつの間にやら、当店はキャノンデールにはなんの義理もないのに、特殊系キャノンデールの修理屋になっているような感覚ありですね。

 コイツだって、もしも修理出来ない状態になったら、キャノンデールショップに持っていって、この型の内蔵型サスフォークありませんか?と聞かざるを得なくなるでしょう?

 そして予想出来る答えというのは、型番調べて・・・ウーム古いですねえ、もうこの型のものは製造されていません・・・で終わりになると思います。そして、新しいキャノンデールを薦められるというパターン・・・もう見え見えでしょう。

 でも、当店ならまずアダプターで1.5を修正して通常のサスフォークに差し替えてもいいし、リジッドにしてもいい、色々遊べると思います、キャノンデールにはなんの義理もありませんが・・・。

 DSC_3247_convert_20190727220840.jpg

 変則機構も新しいオイルでスムースに、そして鬼効きフロントディスクブレーキで、また暫く働く自転車として、後輩達にビール1ケース運んだりするのに活躍するでしょう。

 年を取る程に、後輩達がかわいくなってくる・・・、先輩の大盤振る舞い、しっかり働けよ!
スポンサーサイト



ミドルをショートに?TRPいじり



 今セッティング中のレーサーにシルバーのブレーキを!ということで色々探したんですが、テクニカルサポートやってんなら、まずは本命をTRPにしないと・・・と思い発注してみたのがこれでした。

 様子はいいんだが、実はこれ、ショートゲージでなくミドルもの、なので、どんなにシューを高い位置に引き上げても、レーサーのホイールのブレーキ位置には届かなかった・・・という落ちだったわけです。

 ある意味最悪・・・。今テクトロも混迷しているのか、キャリパーブレーキよりもディスクへと移行しているようで、キャリパーのスペック整理に取りかかっているようですね・・・、そして一見あるのは、黒ばっかり。

 時にグレーなんかはあったんですが・・・、その前には白なんかも作っていたんだが・・・、悉くデフォルトは黒になってしまったようでシルバーに飢える当店としては、現行品のホープとしてこのブレーキに大変期待を掛けていたんだが・・・。

 リムに届かなければ、キャリパーブレーキとしての役に立たない・・・、仕方が無い・・・。

 と諦めるわけにはいかないんですねえ。そうなると、またシルバーパーツの火が消えてしまう・・・、それはなんとか阻止したい。

 DSC_3185_convert_20190725101325.jpg

 じっとパーツを観察する・・・。すると現行のシューを挟むスリットの上の部分がかなり空いていることに気づく。

 あれ?もしもっと上の方までスリットが伸びていたら、もしかしてショートゲージのブレーキとして利用できんじゃないか?と思ったんですね。

 では、どうやってスリットを伸ばすか?スリット幅が七ミリ・・・。七ミリのヤスリを回転させて徐々に削っていくなんて・・・効率が悪い。

 フライスと使って・・・、でも形が複雑なもんで、固定するのも難しかろう・・・。などと色々考える。

 よし!当店にある工具でやるとしたら、ボール盤と鉄やすりだ、こいつらでなんとかやっていくべー、ということに。

DSC_3187_convert_20190725101340.jpg

 スリットの中心線より3.5ミリ上にポンチを打ち込む。そう、分かる人は何やるかピント来ましたね・・・、ククク。

 DSC_3191_convert_20190725101354.jpg

 はい、そうです、そのポイントめがけて七ミリのドリルをボール盤にて空けていきます。そうすると、スリットの上に同幅の七ミリの穴が空くことになる。

 DSC_3192_convert_20190725101410.jpg

 こんな風にね。

 DSC_3196_convert_20190725101436.jpg

 それをこうして、万力に固定し、

 DSC_3198_convert_20190725101451.jpg

 穴状に残った、いらない部分をてで削っていく。鍛造アルミでもアルミはアルミ、鉄やすりでは比較的サクサク削れたんで助かった。

 DSC_3199_convert_20190725101506.jpg

 まあ、ざっとこんな感じかな?もう少し丁寧にてヤスリ入れて完成。そこのシューを取り付けて、再度レーサーに装着、お願い、リム部分にガッツリ接触してちょうだい!

 DSC_3200_convert_20190725101536.jpg

 ドキドキ・・・、これで付かなかったら・・・、再度七ミリ・・・は無理ですね、母材が厚くなるのでたとえスリットが入ったとしても、シューを思い通りの角度では取り付けられなくなる・・・、これが最終が最終加工だ、イザ勝負!

DSC_3201_convert_20190725101549.jpg

 オ!!!!セーフ!やったわ・・・。

 DSC_3202_convert_20190725101604.jpg

 反対側もセーフ!ということでとりあえず、そんなに難しくない加工で、ミドルもショートにすることができると確認。

 そして、周りを走ってみると、さすがブレーキの専門メーカー・・・、ちょっとの握りでドキュン!と止まる、相当の制動力と見たよ!

 まあ、後は課題としては・・・、これを当店通過の販売の場合、全部こちらで引き受けるか?CNC加工専門業者に50個とか100個単位で発注するか?なんてことかと思いますが・・・。

 まあ、テクニカルサポートセンターが率先してやることかどうかは分かりませんが、ショートになったことで、制動力は上がったはずですし、この加工によって、製品自体の強度が落ちる・・・ということも無いと思いますんで、許容範囲の加工ではないかと思います。

 そんなこんなで、シルバーパーツ欠乏症故に、どうしたら選択肢を増やせるか?奔走する日々が続きそうですわい!

レーサーへのカゴ付け ハンドル替え等



 三昔前?くらいの鉄のレーサーがやって来た。通勤で使っている自転車ということだが、こいつにどうにかカゴが付かないか?という要望でありました。

 レーサーなんてダボないし、こいつにも付いていない・・・。そういうカゴやキャリアのようなものが付けにくい自転車ということが言える。

 そもそもカゴ付けというのは、思われている以上にクリエイティブな仕事で、どうやって、その車体とカゴを合わせるか?または、用途とカゴ、仕様とカゴを合わせるか?など、突っ込んでいくとかなり深い世界に入り込む。

 ただ付けるだけなら・・・、それも工夫がいる場合が多い、ましてやレーサーとなるとねえ。

 でも引き受けてしまう。ノウハウの蓄積のために・・・。

 DSC_3002_convert_20190711214337.jpg

 今回、カゴを付けるタイミングに合わせて、ハンドルも交換しようか?という話にもなった。ドロップはちょうどカゴを取り付けるところに、その形状から幅の制限をしてくるものだ。そうなるとハンドル幅に収まるものでないと、取り付けることは出来ない。

 載せる荷物は、通勤用のリュック、中にはパソコンが入っている。条件でいうと幅450ミリ前後、縦350ミリ前後という、かなりの大きさを要求してくる。この条件がピッタリと収まるものを探すとなると・・・これは大変だ、バイクのほうにまで手を伸ばさないとダメかもしれない。

 とはいえ、まずはハンドルを交換することで、第一条件である縦と幅の問題を解消しないといけない。

 ハンドルはドロップから、プロムナードハンドルへ交換。

 DSC_3038_convert_20190711214543.jpg

 これでハンドル幅を考慮することなく、カゴを選べることとなった・・・後、そうだ、シフターをどうしようか?元々はSTIというブレーキとシフトの同体ものが付いていた。

 そして思いついたのが大胆だった・・・。

 DSC_3037_convert_20190711214528.jpg

 普段からそんなにシフトを積極的にする方ではなかったということで、なんと時代をさかのぼる、Wレバーの様式に替えてしまった。

  さて調べてみると450*350がずっぽりはいるカゴというものが少ない・・・というか、ほぼないに近い。大体カゴの形状は逆台形になっているので、上方では入るものの、底に付こうとすると大抵が狭くなってしまう。ドッシリ底に荷物が腰を下ろす感じが取れない。

 それではダメだ・・・、そこで、市販のものを使ってなんとかその大きさのものを再現できないか?と考える。

 まずフロントキャリアのでかい物を探す・・・、昨今あるねえ・・・。

DSC_3005_convert_20190711214412.jpg

 この部分に取り付けるわけだが・・・。取り寄せたフロントキャリアでかさはまずまずだったんだが、どうも製品自身に欠陥があったらしい。

DSC_3008_convert_20190711214427.jpg

このように、無加工の場合に、下支えの穴と、本体の穴がこのようにズレていることを発見。これじゃあ、ボルトナットで止めることは出来ない、どうすんの?

DSC_3009_convert_20190711214439.jpg

 このように切り欠きを入れない限り、荷台と下支えの穴の位置が合わないのだ・・・。まあ切り欠きでどうにかなりそうだがね。

 DSC_3016_convert_20190711214451.jpg
 
 こんな感じで取り付けられた・・・が。

 このキャリだけでは指定の面積までには届かない、なんとかしないと・・・ということで思いついたのが、カゴよりもキャリアに近いものを加工して、取り付ける。

 DSC_3042_convert_20190711214619.jpg

 こんな感じね。依頼主さんはどうもただ平面だけの荷台だけでは心許なかったらしい、低くてもいいのでこうした枠状のものを付けて欲しいという希望だったので、拡大型の荷台の一辺を切り取って加工して、キャリアの上に固定した、というわけだ。

 DSC_3044_convert_20190711214632.jpg

 大体このくらいの高さが最低でもあれば、安心されるんじゃないかな?そしてチューブなどのゴムを利用して、しっかり縛り固定すれば問題はないだろう。

 DSC_3041_convert_20190711214609.jpg

 ハンドルもスッキリ変わって、全く異なる車種になってしまった。

 DSC_3032_convert_20190711214516.jpg

 頑丈系のキャリア二本分のだけの、正直重い感じはある。特に止まっている時にはね。ただ、走り出すと、プロムナードという幅の広いハンドルを使っているために、その重さはほとんど感じない。

 ここに、パソコン入りのリュックが取り付けられる、何も前にしなくとも、後ろに荷台という選択肢だって有ったはずなんだが、どうしても後ろだと不安で、常に前で確認しながら乗りたいという要望も強かった。

 確かにパソコンは重要な機器だしね。

 まあ、そんなこんなで、ただのカゴをレーサーに取り付けるだけでもちょっと大変なところに、色々要望が重なってくると、それはそれは大変ながら、やりがいは大分あったわけだ。カゴつけこそクリエイティブだ、というゆえんである。

 ちなみにプロムナードにしての走り心地だが、大分いい!イヤ、最高に近いくらいいいね。やはりプロムナードハンドルにはなんか魔力があるな・・・。縦で持てるから?その分引く力が確保できるから?原因は分からないが、なんとも魅力的な通勤自転車の完成だ。

 これで不安もなく、荷物の大きさにピッタリのカゴ?荷台が付いて、通勤がさらに快適になってくれたらうれしい限り。

 これらすべて、積極的な要望と、消極的な不快を取り去ったところから来るものだったら、まさに自転車屋冥利につきるよね。

 ということで、一人一人に合った、自転車を作るという意味でも、ここは重要、譲れないところである。

ブレーキ板 ちょいと加工などしていきましょうか?



 本来は、競輪用自転車の街道仕様のため、リアブレーキを取り付けるためのアルミ板なんであります。

 かつてはこいつでシングルピボッドのリアブレーキを、蝶ねじでとめて、ワイヤー張ってハンドルにレバーを取り付けて、街道練習をしていたもんであります。フロントは?もちろんなしで・・・。まあ大分前の話でありますが。

 本来はそのための板なんですが、今その目的のためにこの板を使っている人ってどのくらいいるんでしょうね?少なくとも当店では、その本来の目的とは別の使い方をしていますね。

 といっても、ブレーキを止めるという目的は同じ、ただ着脱可能を主とした利用ではなく、フレームにブレーキ台座の付いていない箇所に取り付けるために使っているんであります。

 DSC_2873_convert_20190705231643.jpg

 例えば、こんな風にね。こいつがあれば、ハブに付いている、ローラーブレーキ、バンドブレーキを外すこともできるという意味で、改造自転車には、欠かせないパーツであるとも言えるんですね。

 なので、改造を旺盛にやっていると、あれ?先月10セット取ったのに、もうない?なんてことも起きます。問屋も、なんであそこの自転車屋ばかり、ブレーキ板単体であんなに取るんだろう?と不思議がっているかもしれない。

 ただ・・・、今まで取り付けるに精一杯で、その形にまで細かく気を配ることをしてこなかったんですね。確かに、そのまま付けると、いかにも板、後付け・・・という感じは免れ得ない。もう少し何というか、かっこよく取り付けできないか?と実は随分前から考えていたんだが、なかなか着手できなかったわけだ。

 なわけで、この度より、この辺にも漕ぎ出していこうということで、やってみたんだが・・・。

 DSC_2893_convert_20190705231701.jpg

 このいかにも板二枚・・・てやつを・・・、フレームのシートステーのサイズに合わせて、もう少しそれらしく加工してみるんだが。

 DSC_2892_convert_20190705231652.jpg

 例えば、仮にこんな風に余分な部分を切り取ってみるだけでも、まあそれなりに見えてくるだろうね。なんで今までやってこなかったのか?とちょっと歴代のピスト愛好者に申し訳なく思う次第・・・。

 DSC_2894_convert_20190705231717.jpg

 比べてみるとこんな感じで、取り付けた様子はこれ以上・・・。今後この路線でやっていくとして、治具などを作って、工作しやすくしていかないと効率は悪い。といっても、車体一つ一つで若干のサイズが異なるので、同じ型を作って、作り置き・・・というのもちょいと野暮かな?などとも考えたり・・・。

 グラインダーでは正確な直線はでないので、切断工具から考えるか?それとも、グラインダースタンドでも使う?とか。

 後は、サンダーで面取りなどもしないといけないし、ここに、オプションで大森社長の磨きを入れてもいいかもしれない。そう考えると、結構面白くなってきたりもする。
 
 ただ、どうせやるなら、もう少し食い込んで、ピストフレームに、ショートリーチのモロレーサーのブレーキを取り付けられないか?なんてことも突っ込んで作ってみるのもいいだろう。

 DSC_2895_convert_20190705231727.jpg

 例えば、先の土台に、さらに加工していく。両端に先ほど切り取った端切れを取り付けてみる。

 DSC_2896_convert_20190705231737.jpg

 こんな感じでね。そう、オフセットするための空間を作るためね。で、次は?

 DSC_2898_convert_20190705231746.jpg

 固定するためのもう一つの板との間に、五ミリのねじ穴を2個ほど作る。

 DSC_2899_convert_20190705231756.jpg

 そして、その5ミリ二本のボルトでもって、二枚の板を止めシートステーは挟んでみる。

 ブレーキ位置がちょうど、シートステーブリッジの所に来るので、ブレーキもショートリーチものを取り付けることができる、というわけだ。

 DSC_2901_convert_20190705231806.jpg

 こんな感じね、5ミリボルトの二本の余分は後で切り落とせば問題なし。ナットで止めた後でもいいかもな・・・。

 この後付け台座に、ショートリーチのブレーキアーチを取り付ければ完了。

 DSC_2903_convert_20190705231816.jpg

 こんな感じね。ここにホイールを入れて、シューの位置を調整したら、拍子抜けするくらい簡単に?ショートリーチブレーキが取り付けられた、という落ちだったんだな。

 なぜショートリーチに拘るか?というと、まあ見た目だね、後もちろん効きは短いほど効くといってもいいでしょうね。あと、種類が豊富ということもあるな、優秀なブレーキはやはりレーサーで発達してきた側面はあるだろうから、いいブレーキがショートリーチに集中しているともいえるんでね。

 かつてのカンパのスケルトンブレーキも、ピスト車体に取り付けることだってできる・・・そういうメリットがあるということですね。

 やってみると、なんで今までもっと速く思いついて、さっさとやってこなかったのか?とすら思うが、違和感を感じつつ、それを克服するアイデアを具体化して、実際に手を動かして、試作するまでには、大分時間がかかってしまった、ということだ。

 まあ、自分に甘く言えば、そのかかった時間は必要だったのだ・・・ということにしておこう。

 これからのこの手のブレーキの取り付けには、このブレーキ板加工の選択肢も載せてもいいかと、考える。

 小さい店は小回りと、手数で動いていかないと、その価値はない・・・細かくより細部に拘っていくというあり方も、今後はあるだろうなあ。
 

イソイソしてんじゃネー!



 これから色々やっていくであろう中で、昨今主流の統一コンポ一発載せ、ドーン!だけじゃなく、予定調和的な統一コンポとはまた別の寄せ集めパーツの中からバランスを取りながら統一を作っていく、流れを作っていきたい、と思っているんでありますよ。

 まあ、その根にあるのは、自転車というのは自由であらねばならない、ということ、その一言に尽きるね。

 安全でありさえすれば、自転車は自由だ、とことん自由であることを享受しないで、何が自転車だ!

 免許もねー、車検もねー、重量税もねー、強制保険もねーんだ、自転車は。

 だから、毎年メーカー側が作ってくる囲い込みコンポの枠だけにとらわれず、今まで作り出されてきた星の数ほどあるパーツ類をどうやって安全且つ、統一的なバランスの中で動かすことができるか?なんてことを試していく店が一軒あったっていいんじゃネーの?

 と、ちょっとした使命感なんかを感じたりもする。

 そこで、最近は見なくなってきてはいるが、たまにやって来ては現役で走りたがる、シュパーブプロなんてもんだって、相手にしてみて、その特徴や癖なんかを腕にしみこませる、なんてこともしておかないといけない。

 そういうのから比べれば、最新コンポを組むなんていうのは、簡単だ、特に電動なんて、中学生だって組み付けられるぞ。サー、そんなことばかりやっていたら、五年後には、自転車のメカニックなんて専門職もなくなるだろう。自転車の洗車を中心とした交換屋がいれば、レース車体のほとんどは管理できるようになるでしょう。残念ながら・・・。

 メカとして生き残りたいなら、雑多もんから統一を作り出す勘と技術を身につけることじゃないか?と思うんだがね。

 で、シュパーブだ。上のクランクね。今店主はとある特殊フレームに非統一コンポを載せようとしているんだが、それがまあ、楽しいということにしておこう。

 その中で、シュパーブプロのクランクを使うことにしたんだが・・・、多分店主の自転車人生で一番踏んでいるのはこのシュパーブのクランクかと思う。なので、とことん使い倒す!
 
 今回うまくいったら、冬には165のクランクに交換して走ってやろう・・・なんて思っているんだが・・・。

 このシュパーブのクランクはかつては同コンポのマイクロBBとかいうのを使っていれば良かったんだが、消耗品たるそのBB、もうほとんど手に入らなくなっている。

 そこが困りどころであり、当店のような店の腕の見せ所なんだが・・・・。その困りどころの本質は、このクランクはイソテーパーというちょっとマイナーすぎる規格で作られている、ということなのね。

 ちなみに四角のスクエアテーパーの主流はJISものでそいつは現役で、タンゲさんが各種類を作ってくれている、もちろんシマノさんもね。そちらは全く心配ないんだが、一方イソとなると、これがまあ、現行品だと大変限られてしまっているんであります。

 DSC_2836_convert_20190703204250.jpg

 あげると、スギノの競輪用のクランク、スギノ75用のBB。これもちょいとくせ者なんだが・・・。

DSC_2837_convert_20190703204259.jpg

 後はカンパもの。2005までスクエアテーパーを使っていたカンパは、いまでも作り続けてくれている。

 DSC_2839_convert_20190703204308.jpg

 で、これが先日紹介したスギノギネスという幻のクランクのためのBB、こいつもイソものなんだが、もちろん絶滅種なんで除外ね。

 ざっというとこんなもんだ。

 で気になるのが値段・・・というより軸長ことなのね。それによってクランクがフレームに干渉したり、チェーンラインが全く出なくなって、変則に支障が来たりする、ということが起こる。

 そういう意味で軸長の種類がないと、アッセンブルに関しては大変不利になる、ということがいえます、イソがまさにその状況なんですね。

 DSC_2846_convert_20190703204317.jpg

 当初スギノ75用の安価系BBを使えば、問題ないだろう・・・と高をくくっていたんだが・・・、というのは軸長109ミリと出ていたからね。まあ、出過ぎず、フレームには絶対に干渉しないだろうということで。

 ところが実測してみたらなんと112ミリとあるじゃない、3ミリの違いはでかすぎる、カワシマのホームページには当初109ミリと書いてあったが・・・。どう計っても3ミリ長いので、カワシマに問い合わせた。

 DSC_2863_convert_20190703204354.jpg

 後日確認すると、ホームページないで訂正がかかっていた112ミリ・・・やっぱり・・・。

 でもおかしいぞ・・・、では安価ではない、現役そのもののスギノ75BBの軸長はどの長さなんだ?

 DSC_2867_convert_20190703204425.jpg

 こいつですね、カップアンドコーン式のいかにも競輪用という形式のものなんだが・・・、記述を見ると、

DSC_2864_convert_20190703204405.jpg

 見えにくいが109ミリと出ている・・・。同じスギノ75専用クランクと銘打って、軸長が3ミリ違う、競輪用と街道用ということの差にしているのかね?今一理解が付いていかないが・・・。

 DSC_2859_convert_20190703204345.jpg

 ちなみにカンパのイソテーパーの軸長は102ミリと短過ぎだろ!というもの・・・。

 書き散らしたが、整理すれば現行品のイソBBで、少なくとも店主が入手できるものはカンパの102と、競輪用スギノ75の109ミリと、シールド形式のスギノ75の112ミリの三種類ということになる。

 ちなみに、競輪用のスギノ75互換のBBが実はまだ一つある、ハッタもの、

DSC_2866_convert_20190703204415.jpg

 NJSを取っているものなので、暫くはあるでしょうな、でこいつは競輪用の75互換なので、多分109ミリなんでありましょう。

 この三種類しかない中で、手持ちの特殊フレームに干渉せず、且つチェーンラインが取れて、変則に支障のないものはどれだったでありましょうか?

 DSC_2850_convert_20190703204336.jpg

 答えはこれ・・・っていっても見えないか?実はカンパの102ミリでありました。もちろんそのままでは短過ぎて、フレームのチェーンステーにほんの少しだが干渉してしまったんだが・・・、そいつをほんの少し手前に出して、固定して干渉を避けつつ、かつインナーローのチェーンが落ちないチェーンラインを見つけ出すという、紙一枚のせめぎ合いの中から、統一を見いだすことに成功。

 まさに紙技だ・・・。

 別にこんなことできなくたって、全く問題はないながら・・・、非統一の出たとこ勝負パーツ類を集めて、バラバラの組み付けの中から統一を見いだす・・・ということを課している店主からすれば、これってかなり大事な試練なのでありました。

 ここから始まるところだって多いわけだし、こんなマニアックな記事を最後まで読んでくれた人の中には、まさに今この問題で、悩んでいる人だって、ごく少数だろうが、いるはずだ。

 こういう文章や、マニュアルもどきの解説は、店主の没後だって、サーバーから捨てられなければ、数十年は読み続けられることだってあるだろう。墓石のような、動かないブログの中から読み継がれていく記事がいくつかあるのかもしれないね。

 まあ、イソものでここまで苦労していけば、JISものなんぞは赤子の手をひねるようなもんだ。シルバー系の非統一のコンポからまた仕様の分からない自転車を組んでいく、それを一台の自転車を作るという所から、一つの潮流として、文化として、カルチャーとして根強く、大手とは違う、楽しさと深さを持った自転車の奥行きというものを示していけたら・・・と思うんだなあ・・・。

 そんな変則的な非統一のコンポを載せたピスト車が?近いうちに組み上がるだろう、ザマ見ろってんだ!統一コンポくそ食らえ!ってな流れを作っていくぞ!今からイソイソだ・・・。



プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター