メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

セミインテグラルがまっとうだと思うが・・・



 ヘッドパーツの交換依頼が舞い込んできた。アヘッド系ね・・・。ヘッドチューブを見ると・・・明らかにインテグラルヘッドとなっている。

 一インチ時代のヘッドパーツは、フレームのヘッドチューブに上下にワンを打ち込んで、その中にベアリングを仕込んで、ねじで調整しながら締め込んでいく、という構造をしていたんだが、

 ここ十五年くらいか?ヘッドチューブ内に直にベアリングを仕込む形式に変わっていたんだな、それをインテグラルヘッドと言います。
  
 これが出たとき、ということはフレーム内部のベアリングの座りを決めるの工具が多数必要になる・・・、ショップとしてはやばい展開だなあ、と思ったが、その勘は半分あたり、半分はずれた。

 実際に、径の違いや、台座の角度の違いなどで、複数の修正工具が、しかも一つ一つが高額なものとして世に出てはいる。しかし、今までその手の工具の必要性を感じられたのは、ほんの複数度、二回か三回くらいか?

そして、当店ではインテグラル用のその手の修正工具は一切所有していないが、なんとか営業ができている・・・。

 ワンがいらなくなった分軽量化・・・できるかな?ただ、すでに軽量化は先端では済んでいるんで、インテグラルのメリットというのが今一わからないというのが正直なところ。

 むしろデメリットの方がでかいいんじゃないか?と思うんだな。ワンでもって回転系のベアリングを捉えるのと、ヘッド中部の内部直にベアリングを捉えるのとでは、何かあったときの対処の仕方が変わってきすぎるわけだ。

 仮にワンに傷が付いて、ステアリングがしにくくなった場合、前者はワンごと交換すれば、それで話は済む。

 ところが、後者だとヘッドチューブというフレームの一部に傷が付くとなると、最悪な展開によっては、フレーム交換しなくてはならなくなる。たかが、ヘッドパーツ交換で済むことが、インテグラルだとフレーム交換にまで行きかねない・・・というのは、ちょっと承服できない、というのが店主の思いなんであります。

 アルミフレームならまだいい。最近ではカーボンフレームのヘッド内にカーボンのヘッドチューブを直に削ってそこに金属ベアリングの台座を作っているんですね。いくらカーボンが固いからといっても、常にこすりつけられ、ブレーキのたびに力のかかる素材が金属だぜ、カーボンで大丈夫かよ・・・と思ってしまう。

 この夏に、新潟に行った際、紙の博物館なんてバブルの後始末のような展示に寄ったんだが・・・。草などの繊維を糊で固める・・・というのが紙だとすれば、カーボンを繊維状にして、それを樹脂で固めるなんて発想は、実は古来からのもんだよねと思ったんだが・・・。

 所詮カーボンの堅さなんて、樹脂に依存するんじゃネ?繰り返すが相手はちょっとはおとなしいがシールドベアリングだとしても、金属ですからね、ガタなどを気づかずに、長きにわたって乗っていると、ヘッドチューブ内は傷だらけになるんじゃないか?なんて思うのは、老婆心なのだろうか?

 DSC_0852_convert_20180827102520.jpg

 フォークを外して、中を点検・・・するとこいつ・・・、

DSC_0853_convert_20180827102530.jpg

 内側にワンを圧入されていたではないか・・・。ということは・・・、これを称して、セミインテグラルというのだそうだ。

DSC_0865_convert_20180827102640.jpg

 このように、ヘッド中部の内部に、金属のワンをまずは圧入する。

 DSC_0866_convert_20180827102653.jpg

 その中にベアリングを仕込んで、コラムをさしてアンカーで引き上げる・・・という形式を取るんですね。

 なので、金属のワンに直にボールベアリングが滑るので、仮に経年により、ワン自身に傷が付いて、ガタやステアリングにゴリゴリ感が取れなくなったとしても、ヘッドパーツ一式を交換すれば済むわけで、フレームには一切損傷を与えない、というある意味普通なんだが、優れた構造となっているんでありますね。

 店主は推しますねえ・・・、セミインテグラル。特に軽量戦争から外れたカーボンフレームには是非復活を・・・と思う次第なんだんがな。自転車を供給される選手はいいが、自腹だとこういう配慮は必要だと思うが・・・。

 DSC_0863_convert_20180827102626.jpg

 ということで、この車体はラッキーにもセミインテグラルなので、早くも絶滅種に近いセミインテグラルヘッドを入手して取り付けることになります。

DSC_0855_convert_20180827102541.jpg

 ワンの内部に圧入。フォークの玉押し外しの、新玉押しの圧入など、毎回思うが、ヘッドパーツなんてちっこいパーツにいったいいくつの工具が必要なのだ?と思うわね。

 DSC_0859_convert_20180827102601.jpg

 取り付け完了。何度もストップアンドゴーを繰り返し、ガタの有無の確認。ステアリングもなめらかになりました。

 DSC_0861_convert_20180827102614.jpg

 確かに過渡期のアルミフレームのように見えますね、なので過渡期にされてしまったヘッドパーツが付いているのか?と思いますが、イエイエ、発想はこちらの方が正しいわけで、是非この手の復活を望みますねえ・・・。

 乗り捨てじゃなくて、長く乗り続けてもらう・・・という発想も必要ですよ。そうでないと、メーカーさん自身も流行をリードするだけで、それが時を経て、レトロとなり、時代を象徴するような車体になる・・・とか、そんな視点で物作りを考えなくなるんじゃない?なんてね。

 もう効率だけで作っていたら、いかに味気ないか?そういう所にも気が行かないとね、と思う時代が来たんじゃないか?

DSC_0856_convert_20180827102551.jpg

 夏の典型のような入道雲が時間を経るごとに変形してこんなになっていった。内部では膨大な放電が繰り返されていたためか、何度も稲妻が走っていたね、一瞬ドカッと光る様子は、まるで行灯のような風情だった。

 かつては考えられないくらい、夏好きの店主であったが、そろそろ秋よ来てくれないか?と願望から、懇願に近い心情になってきたわな。

スポンサーサイト

ほぼ失敗ブレーキ・・・なんだろうなあ・・・



 見るからにでもあるが、この手の自転車は、重い。まず電動であるということ。ホイールベースが長い分、フレームの鉄の部分が多くなる。そして三人乗りということで頑丈に作られている・・・、当然パイプも肉厚だろうなあ・・・。

 もちろん重いからすべて悪いということはない。自立させている自転車の上で、多少子供がむずがっても、重いとその分倒れにくい、という利点はある。

 重い自転車に預けられるという利点・・・ねえ。しかしその他となると、まあ扱いにくいだろうね。駅のスタンドにかけるさい、ちょいと持ち上げるなんて・・・できない人もいて不思議ではない。

 子供を乗せて、自転車を引いている際に倒れたら・・・それは悲惨だろう。まずは子供のベルトを解いて、子供を救出してから、最後に自転車を起こすことになろう、そうでないとまずは無理そうだ・・・。

 この手の、そういう重い自転車の前ブレーキが、非常に高い確率で、こんなの・・・なんでありますよ。

DSC_0814_convert_20180822193154.jpg

 ああ、これこれ!という人も少なくないと思う。大方こいつに対して、いい印象を持っている人は少ないんじゃないか?メンテする側からいっても、まあ、一言やめてくれ・・・というブレーキだわな。

 このセンタープル、なんかどこかの失敗作に似ていないか?
 
 DSC_0817_convert_20180822193211.jpg

 かっこよくいうとあのデルタブレーキ・・・カンパのな、通称イカブレーキだ。あのアルミのプレートは当時宇宙人が作ったのか?と思ったほどの軽量の良質なアルミプレートだった・・・、それだけには腰抜かしたが・・・、あの複雑な、折角の力を右往左往させて、しまいには減量させてしまう、無駄な機構は・・・、ブレーキなんだから効けばいいんだが・・・、効かない・・・ほとんど効かない代物だった・・・。

 まあレースの現場では省かれるわな。その分というか、失敗印刷の切手にプレミアが付いて暴騰するように、その手のファンには未だに人気があるようだ・・・。

 そいつの機構をなんかマネしているような感じ。そして、こいつも効かない・・・。とことん効かない・・・。ブレーキだから効けばいいんだが・・・、効かない。

 ダメだろう?一体いつまでこいつを付け続けるつもりなんだろうな?既に製造されていないのかな?まあ、そうだとしたら、ある意味当たり前の判断だと思うよ。

 効かない・・・、そしてこいつはまた、

 DSC_0816_convert_20180822193203.jpg

 ワイヤーを止めるための中心のネジ山がダメになっている。一般ネジで修復できあれば、まだいいが、見るからに、特殊パーツときている・・・。まあこれだけのスモールパーツはやっていないだろう。仮にあったとしても、わざわざ効かないブレーキのために、再生させるか?ってんだ・・・。

 全くイカのくせにタコなブレーキなのだ・・・。さすれば、交換といこう・・・と思うが、まあこれが・・・、いたずらにアーチの長いものを要求してくる・・・。

 これほどのものとなると・・・、BMXのヤツしか無いんじゃないか?あいつは、見せブレーキ・・・にほぼ近い。ついているだけのアピールといってもいいんじゃないか?つまり、アレも効かない・・・。確かにあんなタラバガニのように長いアーチなら、剛性が抜けても無理はないだろう。

 そうなると、まともなブレーキアーチで、曲げか、下駄作戦しかない・・・かな?

 DSC_2577_convert_20180822193244.jpg

 アーチを下げないと、リムまで届かない場合、たまにやる下駄履き施工。元々は、塗装の富新さんが考案したものだが・・・。

 DSC_2576_convert_20180822193236.jpg

 元のブレーキ穴にボルトを通して、二枚のアルミプレートを固定し。その下に、ブレーキ用の6ミリの穴を貫通させて、固定する方法。

 土台となるアルミプレートは、ブレーキのものを含む二本のボルトで固定されているので、原理的にズレることはなく、強度も上げられれかつ、アーチを適正位置まで下げることができるという、仕組みなのであります。

 DSC_2575_convert_20180822193229.jpg

 裏から見るとこんな感じ・・・。なので、全面的な泥よけは、外すしかない・・・。

 もしどうしても・・・といおうのであれば、フォークから後ろのみ、前をちょん切って使うしかない・・・。まあ、ドロをはねるのは基本、ホイールの後部となるので、どうしても必要な場合に限り、取り付けを考慮してもいいかもね・・・。

 DSC_2574_convert_20180822193220.jpg

 という事で、ほとんど見た目は変わらず、ブレーキの効きが向上した・・・という事であります。

 突然の雨なんて事もあるので、ダイナも付きディスクブレーキハブで前輪を組むのもありですね、前だけでも、できれば油圧のディスクにしてやるというのもいいんじゃないの?とすら考える。

 少子化なのかね?当店も即売りママ狸んを作ってないが・・・、前ブレーキ油圧ディスクはいいと思うなあ・・・。できればTRPでね!


実物 さてどう出すか?



 何の変哲も無い、アルミシルバークランクです。

 でも、じゃあ、こいつとほぼ同じ奴を探しておいで・・・と言われたら。ちょっと知っている人だったら、今のシマノ、カンパ・・・、スラム・・・・現行品でないよね・・・となる。

 いやいや、でもなんかあるでしょ?確かに・・・、スギノはシルバー持っていますよね。

 でもスギノの不思議ってあるんですね。確かにラインナップはあるんです。取り扱っている業者は多い、そこのホームページなんか見ても、スギノに相当ページ割かれているんだが・・・。その大抵が、「取り寄せ」とか「予約」とかになっていて、いつ入荷するのかがハッキリしないものだらけ。

 まあ、多分受注作成なのかもしれないね。

 そして、相当いいものも作っているが、中間レベルで欲しいものがピンとしない・・・、がんばってはいるんだろうが、スギノがあるから大丈夫!!!という大船に乗っている気にはなれない。

 ところで、再度、上のようなファイブアームのシルバークランクってありませんか?ということになると・・・、考えるに、入荷がなかなか難しいことがわかる。

DSC_2571_convert_20180814212212.jpg

 このクランク本体は、鋳物ですね。あとからちょっと磨くなどの加工も可能です。BBも多分110レベルのスクエアテーパーものがあれば、問題は無いでしょう。

 DSC_2568_convert_20180814212156.jpg

 こっちはもうちょっと凝っているかも知れません。シングルクランクですね。古めのテイストの自転車に、いいかもしれません。

 DSC_2567_convert_20180814212148.jpg

 こいつも裏を見れば、鋳物であることがわかります。もうちょい整えてやると、高級感出すかな?エエなんで?だって裏でしょう?と思われるかも知れませんが・・・。

 クランクというのは意外と裏が大事なんです。自転車を側面から見ると、必ずどちらかのクランクの裏が見える、それも表のものとの対比で見えてしまうので、表ばかりを綺麗に磨いて、裏をほったらかすと、むしろみっともないくらいに目立ってしまう、でしょう。

 同じくなかなかこの手の物はない・・・。

 さて真打ち登場と行きますか?

DSC_2563_convert_20180814212122.jpg

 これなんかは、鋳物ではなくて、削り出しのもの。CNCの回転していた刃のあとがわかるくらいのエッジの立った、削り出しクランクでありますよ。

 DSC_2564_convert_20180814212131.jpg

 手で触っていても、ものに切れがあります。カチッとしている・・・。だから何?と言われれば・・・、困るがもの作りに隙が無いとでも言いますかね?

 DSC_2565_convert_20180814212140.jpg

 ちょっと工芸の域に行きつつある感じであります。古いパーツ類なんかを良くいじる当店では、かつてはこの手のパーツだらけ・・・といってもよかったと思います。

 何気なく付いているクランクを外して、洗浄して磨いたいるすると、けっこう手の込んだもの・・・、ある意味手を抜くだけの技術が当時は無かったのかも知れませんね・・・、逆説的ではあるが・・・、凝った作りのものなんかがあった。当時は直球勝負一辺倒だったのかな?とすら思いますが。

 それを今の技術で、どこまで、どの程度まで再現しつつ、かつ改良したものを現行品として作り提供することができるのか?

 この手のサンプルは教えてくれるのであります。

 さて、この手のパーツ類、適所があるのだろうか?可能的にはあると断言できるが、現実的にあるのかどうかを判断するのは難しい。

 ただ、いずれにしろどこかに顕在させておかなければ、現実的に広まることはできない・・・。

 じゃあだれがやる?どこに顕在させる?そしてどう広める?

 ウチが・・・ここで、そしてどうやってか・・・という事なのかな?とも思う。

 やっぱり大手とは違った、選択肢をどうにかして掘り起こして、維持していかないと・・・、面白くないよね。それは確実だ。小数大手の作るものにいやも応もなく従わざるを得ないのは、それが一定優れていることと、そもそもの選択肢が少なすぎること以外にはないだろう。

 なれば、選択肢を増やす動きをするしかない・・・。そのための障壁というのはいくつかあるが、日常業務との兼ね合いもあるので、できるだけ手間とリスクは低くできないものか?と考える。

 そろそろ役者がそろいつつある・・・、あとは知恵とタイミングだな・・・。

BBに関してシマノ・スラムの互換性なし



 クランク交換の依頼が来たんだが、こいつはよく見ると、シマノ互換系の例のもの。このメーカー単体でいいものも作っていながら、完成車からいわゆる抜く、という際にこいつが使われることがよくある。

 これを純正スラムに変えたいということだった。

DSC_0564_convert_20180814000403.jpg

 中古でせしめてきたらしい。スラムフォースのクランク。カーボン・・・のようですな。これを取り付けるとなると、本自転車のコンポは基本スラムフォースにて統一される、ということになります。

 では、まずフォースを入れる前に、抜かないといけませんな。

 抜くための工具は?ちょっと探してみたりしたんだが、なんとこいつを抜くのに特殊工具は必要ない、ということを思い出した。

 DSC_0730_convert_20180814000526.jpg

 ある意味8ミリで反時計回りに回していると、自然と抜けてしまう・・・。なぜ?圧入されているなら、そう簡単には抜けないはず。ということは圧入ではないの?

 いやいや、圧入されているクランクが、フィキシングボルトを反時計回りに回すだけで、外れてしまう、まあ、よく考えられた構造をしているんであります。

 確かカンパあたりがすでにやっていた形式かな?とも思いますが、記憶は曖昧だ・・・。

 DSC_0729_convert_20180814000508.jpg

 秘密は、このフィキシングボルトを囲うこのナットにあるんだな。ボルトをあげようとすると、このナットにぶつかる。さらに上げようとするとこのナットごと一緒に引きあげようとする、その動きがクランクを外すのと同じ動きと言うことなのだ。

 なので、圧入の際には8ミリのアーレンキーだけででき、抜く際も同じく8ミリのアーレンキーだけでできるという、考え方によっては、大変優れた構造しているというわけだ。

DSC_0731_convert_20180814000544.jpg

 このようにポコッと抜けるわけであります。後は右クランクをゴムハンマーでたたき出せば終了。

DSC_0732_convert_20180814000604.jpg

 外れました。残ったBBも外しましょうか。

 DSC_0733_convert_20180814000621.jpg

 こいつはシマノ互換のものであるが、これがそのままスラムフォースには使えないというのは、ちょっと驚いた。

 スプロケ、ホイールの形式などは、シマノ互換をしていたスラムだけに、どうせこの辺だって・・・と考えたんだが、違ったというわけだ。
 
 ちなみに、シマノとカンパ取り混ぜをシマニョーロというが、シマノとスラム取り混ぜをスラノというのだそうだ。前者はいろいろ小技が必要だが、後者はメーカー自身が認めているものなんで、比較的簡単・・・というか当たり前・・・なんであります。

 変速、シフターをどうしてもスラムのダブルタップを使ってみたいというならば、ダブルタップと前後ディレーラーをスラムにすれば可能であります。

 ちょっとそうしたバリエーション的使い方なんてやってもいいかとは思いますね、せっかく互換性を公認しているんですから・・・。ただ、スラムって、本当日本で展開する気あんの?ってな値段設定等をしているので、そう簡単にすることはできないんだが・・・ね。

 さらに、ちなみにもう一つの組み合わせ、スラムとカンパの取り混ぜ、スラニョーロ?実際やっているの見たことないが・・・、可能的ではある。実際カンパのデザインなんかも、ぶれているというか?なんか投げている感があるので、ポテンザあたりと組み合わせたりしたら意外と面白いかもしれないね。

 安直なのは、ダブルタップと前後ディレーラーをスラムにして、クランクブレーキ周りをカンパにするという・・・、ということはハブ周りはシマノになる・・・?

 ということは、シラニョーロ・・・ということか?

 DSC_0720_-_コピー_convert_20180814000419
  
 さて、シマノ系と互換性のない、BBというのがこいつ。ちょいと芸が細かい。

 DSC_0723_-_コピー_convert_20180814000440

 右クランクの系と、左クランクの系とでは2ミリのずれがあるということが判明。

DSC_0724_-_コピー_convert_20180814000453

 このこだわりは何なのかな?と思うね。シマノ互換にしておけば、それこそFSAや、スギノなどの優れたサードパーティーなんかも利用できるのにね・・・。ここだけ独自規格にしたというのは、それなりの設計思想か、それとも後発メーカーのプライドか?

 クランクだけを見て、この2ミリの差の構造的な、なるほどそうか!的な発見は今回はできなかったなあ・・・。

 DSC_0746_convert_20180814000658.jpg

 とりあえず、無事つきました。このクランクが固いか柔らかいか?については、流行でゲスだが、コメントは控えさせていただく。

 DSC_0750_convert_20180814000717.jpg

 とりあえず、フォース統一完成・・・・というところかな?

DSC_0752_convert_20180814000743.jpg

 このダブルタップだって、慣れの問題で、決して悪いものではないと思う。ブレーキの引きも犠牲になっていないという意味では、出たてから、優れていたともいえるかもしれない。

 また手の小さい人には向くという話も聞いた。これが適度な値段設定で、かつ、スモールパーツ等の供給もスムースであったりしたら、それなりのシェアは広がるだろうと思うんだが・・・、当のスラムが日本の市場など興味がないのかもしれないね。

 そう、台湾でも相当の敷地を誇る工場をお持ちのようだ・・・。せっかく三大コンポなんだからね・・・。もったいない・・・。

 DSC_0737_convert_20180814000639.jpg

 持ち主はまだ相当若いし、今後こいつをどう乗っていきたいのかわからないが、とにかく自転車は好きなようだ。競技より・・・とも未定なようだが、まあ、こいつで暫くは、ニタニタと走るんだろうなあ・・・。

タイヤの中の幽霊



 パンクはまあ、良くある現象です。

 ことに酷暑のこの夏は多い、次から次へと自転車を引いて持ってこられる・・・、またか・・・と思うくらい。

 大抵は釘や酷暑など外部の原因でパンクは起こりますが、中には内部の何らかの原因でパンクが多発することがある。

 多くはリムテープのズレ、バリなどが内部原因として考えられるんだが、中にはどう見ても、どの角度から見ても何が原因でパンクが多発するのかわからない・・・という事が起きることがある。

 何やってもパンクが止まらない・・・という事。こういう状態をホイールに幽霊・・・というか荒ぶる何物か、魔物?潜んでいるんじゃないか?と思えることすらある。まずはお祓い・・・でもしたくなるね。

 この自転車のホイールもそうだ・・・という事だ。

 DSC_0659_convert_20180808222803.jpg


 何度もパンクが連発する。そこで近所の自転車屋に持っていったが、収まらない・・・。

 まあ、こういう時には何というか一から始める、慎重の上にも慎重にすすめていくしかない、原因がわからないことが多いからだ。

 DSC_0661_convert_20180808222812.jpg

 外してみると、ゴムのふんどしというリムテープが使われていた。前の自転車屋がやったと聞いていたが・・・。

 DSC_0662_convert_20180808222822.jpg

 ガムテープでとめている。正規のリムテープの上から、おまじないで張ったようなもんだろう・・・。それでもパンクしたというからねえ・・・、一体どういうもんだろう?

 これはおまじないレベルじゃダメということか、ちゃんとお祓いしないとね。

 DSC_0665_convert_20180808222829.jpg

 まずは、このスポーク穴のまわりを一個一個点検する。バリはないか?ジョイントにズレや傷がないか?等見るが・・・、どうもない。

 こうなると、原因を突き止められない状態で、祈るような気持ちでパンクが起こらない施工をしていくことになります。

DSC_0666_convert_20180808222838.jpg

 まずは、縁起が悪いので、元々のものを流用することはしません。その中に原因がある可能性もありますしね。

 テープ式のものを約半分、リムに張ります。

 DSC_0667_convert_20180808222847.jpg

 そしてもう片サイドがしっかり隠れるようにもう一本テープを貼ります。通常なら一本で済ませる所なんですが、丁寧な上にも丁寧を重ねるわけですね。

 この上から、ズレを防止するために、再度幅のあるビニールテープを貼って固定します。そして、バルブ穴の所ですが、ここも厚めのビニールテープで一度封をして、あとから千枚通しなどで穴を開けて、バルブを通します。

 それだけでないよ・・・、これも半分おまじない・・・、イヤそれ以上なんだが・・・。

 DSC_0669_convert_20180808222856.jpg

 チューブの一部を切り取ります。

 DSC_0672_convert_20180808222906.jpg

 そして、バルブを使って穴を開けて、ちょうど床屋の首のまわりかける布のようにバルブ付近にまとわりつけます。

 DSC_0673_convert_20180808222915.jpg

 あとは、これで普通にタイヤを被して、リムに収めて空気を入れる。そして様子を見る・・・という経過を辿ります。

 この古チューブによるよだれかけ作戦はけっこう効きます。バルブ付近は金属とゴムという異種素材が接触するところであり、また空気を入れる際にそこに力がかかるところでもあります、もまれたりしてね。またバルブ穴は他の穴と違って、リムテープによるカバーがない・・・等三点ほどパンクになりやすい状況が重なっている場所なんであります。

 それが、ゴムのよだれかけがサポーター役、カバー役になるので、思っているより効果があるんじゃないか?と思いますね。

 練習用ホイールには、是非ともこの工夫を・・・、破れたチューブの一部を使えばいいんで、ただでできますね。

 さて、施工して・・・、六時間、まだ空気は抜けていない・・・。そろそろ荒ぶる魂が、鎮まったのでありましょうか?

 雨上がりの夜空に、バイクに向かって「きげん直してくれよ!」と叫ぶあのなんともいえないとりとめのなさ、機械と生き物の間のような思いがかすめることって多くの人になるんじゃないか?

 中には、もっと謎謎々だらけのホイールの魔物もいるので、今回はまだいい方かも知れませんね。原因はわからずとも、あることをすることで続いたパンクが止まったというのであれば、それは何らかの意味があること、という事で、それを続けてみる・・・。施工とまじないの間のようなものだな・・・。

 でも、実際にそれでパンクが止まるなら、その実を取る・・・ということはあることだろう。もし、医療ミスの多い西洋医学の病院と、そいつにかかれば大抵の病気が治るまじないがあるとしたら、皆さんどちらを受けるかな?

 施工には実際、そうした間のようななんともいえない域もある・・・と最近思うようになってきた・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター