メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

22インチなさ過ぎ!



 施工前の車体を撮り忘れていたんだが、こいつの後輪は22インチのHEだったんだが、その内のスポークが四本折れていて、もうヨレヨレの状態できていたわけだ。

 リム自体が曲がっているんで、もうそれをスポークで矯正することはできない。例え振れ取り台の上で、真円ができたとしても、触ってみればわかるが、スポークのテンションがばらついているので、そこに人が乗って一踏みすれば、テンションの高いところへリムは動きそれを緩いテンションが助ける形で、一気にゆがんでしまうだろうな。

 四本折れるまで気づかない・・・なんて、よくお母さんにはある話。これだけあるから、一本くらい折れたって・・・。そもそも折れていること自体にまったく気づかない・・・。気づいててもなんとなく・・・。直さなきゃ、直さなきゃと思いつついつの間にか複数本まで発展。折れたスポークが邪魔して、カンカンカン!と他に干渉する音を聞いて慌てて・・・。

 まあよくあるパターンですが、既に遅すぎ・・・。リムにまで被害が及んでしまっています。

 そういう時は組み直しなんですが・・・。

 こいつ、前が20インチの、後ろが22インチのファニー系の子のせ号なんですね。前が24インチ、後ろが26インチなんていうのは聞きますが、大体22インチなんてね・・・。

 それから、リム探し、完組探しをしてみたんですが、それがない・・・、ないないない!

 タイヤはごく少数ですが、まだあるんですが、リム単体がない。ないものがなぜ完成車に?と思えば、完成車の工場直送って事で、コチラ小売りには回ってこない?

 イヤー・・・困った。実に困った。

 当店の在庫を見ると・・・、一本あった!これで一件落着か?と思いきや・・・。ホール数が28なもんで、こいつではダメ・・・。

 アチコチ探したが・・・やはりない。

 そこで仕方なく、20インチのHEと22インチのちょうど中間に来る、20インチのWO、エトルトで451で組むことに・・・。それ以外の解決法が思いつかない・・・。

 そんでもって取り付けたのが、こいつ。

 DSC_1801_convert_20180220215846.jpg

 スタンドも20インチのものに交換、これはまあ、それまでのスタンドの位置が高かったらしい。ドスン!と落とされる感じがいやだったそうだ、母子共々。

 これも探してみると、22インチ専用というのがまたないのだ・・・。あっても24インチ兼用というわけで、実質24インチ用という事になる。つまり高い位置からドスン!というのは正しい感覚だったというわけだ。

 持ち帰って家人に見せたらしいが、どうもこのタイヤでは細すぎると心配の声が上がったとか。

DSC_1799_convert_20180220215827.jpg

 前輪と後輪明らかにファニーしていますね、同じ20インチといっても、HEとWOとではこれくらい違うんですが、タイヤの太さのバリエーションからいったら、HEに軍配が上がります。

 確かに前輪から比べれば、後輪は華奢に見えますね、心配するのも無理はない・・・。

 確認してみると、20*13/8のタイヤの幅は、約35ミリなんですね。レーサーなどのタイヤから比べると、かなり太いんでありますが・・・。

 でも同じ径のラインナップに20*13/4というものがあります、径が同じなので互換性ありなんですが、こいつの太さはざっと45ミリと、前者に比べれば10ミリほど太いという事がわかります。早速在庫を決意!

 上のタイヤで、空気圧管理をしっかりして、すり減ってダメになったら、その一回り太いのに交換してもよし、という事になりますね。

 当然、ホイールがダウンサイズした事によるハンガー下がりの件などもしっかり説明し、店主自身こいつで近所のアチコチを蛇行したり、コーナーリングしたり、縁石近くに接近したりと、色々実験しましたが、通常の走行でペダルが地面をこするようなことは起こりませんでした。

 今回は一端これで、お返しして、空気入れや、タイヤの状態、日頃のあれこれなどを話にチョクチョク当店によっていただくことにしました。

 二人の子供を乗せて走るお母さんの自転車ですから、慎重に今後見ていこうと思います。

 しかし、メンテをするのはエンドユーザーに接する小売り店なわけで、そこには、たとえ少量であっても、リムや完組を流す形式は確保しておいてもらいたいでやんす!

 そうで無いと、さすがにあれこれやるといっても、ブツがないと、手も足も出ない・・・というのが現状なんだよな。

 まさか、製造メーカーが・・・、使い捨てを前提にしている・・・なんて訳・・・・、あるかも・・・・な。
スポンサーサイト

クランク物語 あまり突出したもの作るとねえ・・・



 ルックのカーボンフレームと、載せ替え用のコンポがやって来た。
 
 DSC_1879_convert_20180216184950.jpg

 こういうのらしい、ライトと書いてあるがごとく、実に軽い、登り用かな?まずこの手が来ると、付いているものはすべて外す、外して、処置して、内容を確認してから、再度組み付ける。

 面倒なようだが、この過程で発見できるものは今まで少なくなかったのだ。

 特に、ボリュームゾーン・・・、それ以下にある車種なんざ、まあ外して確認しておくに超したことがない、ヘッド回りなんかは、重なる重層パーツであるヘッドパーツ、こいつの向きや順序が間違っているようなことも多々あったもんだ。

 なんか動きが・・・という場合、大抵はその辺が原因だった、何か噛んでいたり、締めすぎたり・・・というのもあったなあ。

 あとは、外したあと、フレームに関して、ほぼ無処理なんてものもある。グリスぐらいケチンなよ・・・とか、タッピングしていない・・・、どうりで外しにくかったはずだ、なんてこともね。

 DSC_1881_convert_20180216185000.jpg

 このフレームには、クランクが付いていた。それも、ルック独自のクランクらしいんだな。ルック、タイムはそういうことやりがちだ、いや、アメリカのフレームメーカーも・・・その傾向ありか?ただ後者は、パーツメーカーなんかとつるんで、もう少し規模でかくして新規格なんかを作っているようにも見える。

 これをどう外すのか?特殊工具とかいるとすれば・・・、面倒なことこの上ない・・・。

 DSC_1887_convert_20180216185025.jpg

 反対を見るとこうなっている。これくらいなら六角レンチで外せるわ。

 DSC_1890_convert_20180216185033.jpg

 この外っ側の輪っかはとれたが、その次がわからない・・・。でも、待てよ、ルックだろう?なんかやったことあるなあ・・・、明治のトライアスロン部。確かあれはビーチクルーザーのような一体型だったような・・・。

DSC_1891_convert_20180216185053.jpg

 ほーら見ろ・・・、引いてもダメなら押してみよ。

 DSC_1893_convert_20180216185102.jpg

 こうして逆に出していく、特殊工具はいらないが、コツはいるなあ。

 DSC_1894_convert_20180216185111.jpg

 そう、こんな感じの一体成形型のクランクだった。ちなみに、このフレームにはアダプターがいくつかあるらしく、通常の規格もののいくつかも適応できるそうだ、それりゃそうだよね、餅は餅屋で、特殊規格のパーツは気をつけるに越したことはない、いつなくなるか、ポシャルかわからないからな。その分一般に作られているものが流用できるということは、当たり前だが、安心なんだわ。

 DSC_1940_convert_20180216185126.jpg

 逆に取り付けにはこいつを使うことになる。

 DSC_1944_convert_20180216185135.jpg
 
 取り付けは当たり前だが、外し行程の逆をやって、この特殊金具を溝に挟んで、回しては、ガタを取る。ガタがとれたら

DSC_1946_convert_20180216185144.jpg

 六角レンチで締め込んで、クランク自体を固定すればいい、という形式。

DSC_1884_convert_20180216185016.jpg

 その他でいうと、このフレームにはこのステムが必需のようであります。

 あまり特殊パーツが多いフレームには、選ぶ前であれば、気をつけるに越したことはない。ちゃんとそのショップに、スペアのパーツ類が在庫しているか?または即発注可能であるか?そしてその値段(大抵はかなり高額だが)などをチェックしておくといいかもね。ものによって、消耗傾向の強いものであったら、スペアを確保しておくべきかもな。

DSC_1779_convert_20180216184942.jpg

 このクランクにはペダルとの部分にも工夫があるようだ。

 DSC_1778_convert_20180216184933.jpg

 このエキセントリック構造によって5ミリの幅でクランク長を選ぶことができそうなのだ。それだけ特殊構造の、そんじょそこらには売っていない、スペシャルなパーツということらしい。

 まあフレームの構造部にまで影響を与えるヘタリを出さない程度で、アダプターを使っての一般規格クランクにする方が、無難かも知れないね。

 このルックの完成車への道は続く!
 

かゆいとこに手を伸ばす 工具作り・・・



 これは十五ミリのハブスパナ。車輪の軸にあたら所をハブと申します。ハブを中心にスポークが八方に広がるところなんかは、そこを中心に世界に飛行機を飛ばす、ハブ空港・・・というのと同じ意味なんですな。

 このハブは狭いところにナットを締め込む構造になっているので、ナット自体が薄くできている。その薄いナットをピンポイントで押さえて着脱するためのスパナも、当然薄くできてるわけであります。

 この十五ミリの薄いハブスパナ、ハブではなくて、実はシングルピポットのブレーキ調整に兼用していたんであります。

 ちなみにシングルピポットのブレーキ調整、片効き修正などはダブルピポットの調整とはまったく異なります。後者は簡単です、手でだって時にはできますから・・・。

 それに比べてシングルは、ナットに挟まれた特定の部分をつかんで、センター出しをしてやらないといけないので、ちょうど厚みでいうとこのハブスパナぐらいがちょうどいいんであります、そこで兼用となるんですが・・・。

 実際調整に使ってみると・・・、

 DSC_1649_convert_20180117231957.jpg

 このようになるんですね、持ち手の部分が真上に来てしまう、そうなるとこの写真の場合正面左に倒すには可能ですが、右に調整したい時、カゴの金具などに干渉して、思うところまで倒せないということが実にしばし起こるわけであります。

 せっかく肝になる箇所を押さえていても、持ち手に邪魔されて、施工できない・・・

 ある意味専用工具でないんで、仕方ないんだが・・・、急いでる時などは、かなりむかつくんであります・・・。

 DSC_1638_convert_20180117231850.jpg

 因みにこの手の専用工具って、実はあるんですね。上の二本なんて、まさにそれ。確かに、しかるべき箇所をつかんで、持ち手がサイドに出ているので、回しやすい・・・。

 なんだ、あるんじゃない・・・、だったらハブスパナなんか兼用しないで、これ使えばいいじゃない・・・となりますね。

 ところが、上のスパナのミリ数を見ても最大で14ミリしか無いんです・・・。実際にはほとんどつかえない・・・。なんでこんなもの作ったんだ?と思うが、それしかないから仕方が無い。

 だったら・・・、この十四ミリの部分を一ミリ削って、十五ミリにしてしまおうか?と何度も考えたんであります。

 でも・・・、もしある車体に十四ミリのものが来た時・・・、大は小を兼ねるからいいか?とも思ったんだが、でも、やはり十四ミリがなくなるのはなんとも心許ない・・・という事で、・・・作ることにした。

 当初はさっさとできるかと思ったんだが・・・。

 DSC_1639_convert_20180117231859.jpg

 基体にしたのが、現役の十五ミリ片側二十三ミリのハブスパナ・・・。ちょっとなんだよその二十三ミリっていうのは?聞いたことないぞ・・・、もしかしてスルーアクスルとかって、そんな幅のハブスパナ要求してくるの?

 DSC_1640_convert_20180117231907.jpg

 こいつの向きを変えればきっと使いやすくなる・・・だろうということで。

 DSC_1642_convert_20180117231915.jpg

 まずはちょん切って・・・。

 ここで溶接できれば、一発なんだが・・・、今回はそこまで設備が進んでないので、別方式だ。

 DSC_1645_convert_20180117231931.jpg

 そこで、重ねたところにに小穴を開けて、ボルトナットで止めようか?としたんだが・・・。

 なんだこれは?っていうくらい、固いのなんのって、一体どんな材質使ってんのか?というくらい固い。当店の名だたるドリルの刃が立たない・・・。これは参った・・・というくらい立たないのだ。

 多分だが、ハブスパナは何度も言うが薄いのだ、その薄いハブでトルクをかけると、材質が柔らかいと、すぐにスパナの側面が中に折れ込んだりして、まず精度が出にくくなる、また折れ込んだ分厚くなると、しかるべき狭い箇所にはいらなくもなることがある。

 そういうことも考慮して、固い素材が選ばれたとすれば・・・、シマノさんあっぱれなんだが・・・。本当にそうなのかな?

 イヤー本当固かったんだわ。こんなの午前中の仕事かとなめていたんだが、二個穴を開けるだけで、休み休み、騙し騙し、夕方までかかったぞ、この野郎!!!

 DSC_1647_convert_20180117231940.jpg

 ようやく空いた穴に今度はタップが立たない・・・、コンマ五ミリの所を通常ならタップがさくさく刻んで落ちていく所なんだが、まったく動かない、その場で空回りするだけ。

 本当疲れたぜ、まじめに・・・。

 とりあえず、十五ミリの頭が横向きになったんで、ブレーキ調整スパナとして、つかえるんじゃないか?と。

 DSC_1650_convert_20180117232007.jpg

 ヨーシ、やってみるか・・・。

DSC_1651_convert_20180117232015.jpg

 オオ!楽だ!当たり前だ!一体何時間かけてんだ!この野郎!

 力のかかるところでないんで、点付けの溶接でもできれば、ほんの10分だったんだろうなあ・・・と思いつつも、溶接機の情報集めにもこれら取りかかるぞ。

 しかし、落ち着いてからだと思うが、こいつが本当に動き出したら、本当かゆいところにしっかり手が届くという実感だろう、これぞ作業、これぞ施工というもんだ、それを先取りして、今回は許してやることにしよう・・・。

音が鳴る!どうにかしないと・・・な

000 DSC_1291_convert_20171121221749

 足かけ二年のお仕事です。昨年十一月に持ち込まれた車体なんですが。オイル交換の甲斐もなく・・・、

000 DSC_1293_convert_20171121221758

 元々エイビットだったリアブレーキを・・・

 000 DSC_1294_convert_20171121221806

 シマノものに交換した、という経緯があった車体なんですが。音鳴りが当初からしていたわけであります。

 こういうのって馴染みが出ると消えることもあるというので、ちょっと時間をおいてみてもらったんだが、どうも音が消える気配なし、という事で再度持ち込まれたんですが、ブレーキの音鳴り・・・、キャリパー系統のブレーキなら、何とかしようがある中で、ディスクでどこまでできるか?なんだよあな。

 TRPのサポートをする店となったからには、この手の案件には答える術を持たないと話になりませんのでね・・・。

 いくつかやってみたわけです。

DSC_1562_convert_20180105202450.jpg

 まずは・・・、エイビッド製のローターをシマノの純正コンビにするということです。このシマノ製のキャリパーなので、

 DSC_1563_convert_20180105202457.jpg

 シマノ製のローターに合わせてみました。さあ、どうだ?!

 音鳴りはまったく消えません。特にスピードが遅くなると、ブオーッというデカイ音がします。適度にブレーキかけて走ると、この音が連続して、まるで昔の豆腐屋がラッパを吹いて走っているようになります。

 まったくだめだこりゃ・・・。

 そこで、パッドを外して、徹底洗浄。元々パッドの面が黄金であったことを発見。もちろんローターの方も、シンナー等で脱脂。

 さてどうか?鳴る・・・・。

 ホイールのガタなども取ってみた。まだ鳴る・・・。

 色々調べてみても、説は百花繚乱。片っ端から試してみる?まあ、玉石混淆なので、すべてやる価値はない。

 その中で・・・、

 DSC_1561_convert_20180105202442.jpg

 こんなものものを発見、取り寄せて試してみようとすると、説明書きがよくわかりにくい。

 パッドの側面よりたれない程度にかけて、決してハッドには塗らないこと・・・て?どういう意味だ?側面よりかけてもパッドにはかかるだろう?仮に側面にかけて、ハッドのかからないで、どうして効果あるの?

 この手のケミカルには、神がかったような効果のあるものがあるため、その使用を間違えると、全く効かなくなるものもある。なので、何度も読んでみるが、その真意がわからない・・・。そこで、新年早々カスタマーサービスに電話してみた。

 結果、側面から噴射して、パッドにはほんの少しだけ霧状に被ればいいということだった。あとはローターに付着した分が徐々に伸びるようにパッド面に広がる、その感じが理想なんだそうだ。

 なるほど、だったら、どう読んでも記述違いだろうな。

 「パッドの表面に少量かかれば、本品は効きますので、側面からのみおかけください。パッドを外して、表面よりかけますと分量上過剰となりますので、おやめください。」くらい書けよ・・・。

 そして、やってみる。

 音量は減る、確実に減る。でもまだある。二度、三度とかけてみる、徐々に音は小さくなるが、まだ聞こえる・・・。

 リアブレーキ単体で止まろうとすると、最後の方で音は出る。どんなにやってもこの状況が変わらないようだったら、前ブレーキ7、後ろブレーキ3の割合でかけてほしい、と進言してもいいが、まだ納車には時間があるので、もう少し試してみようと思う。

 こうやって施工経験にしながら、専門性を上げていく、これしか無いな・・・。なんとか改善させて、お互いのためにまでもっていかないと・・・だな。

続々と TRPテクニカルサポート・・・店



 今年の十月に台湾に行くことになりましたが、その主な目的がテクトロの工場視察・・・、台中バイクウィーク見学というものであったんですが、まさか油圧系ブレーキを急転直下で扱うようになろうとは・・・、今年の初めには考えてもいない展開でありましたな。

 TRPというのは、テクトロ内ブランドで、本気系のもの。ディスクだけでなく、キャリパーもすごそうなのが・・・、もっといえば、TTバイクのフレーム内サイドプルのようなものまで作っている、妥協無き本気レーシングものといっていいでしょうね。

 そこのテクニカルサポートとなりましたんで・・・、日々油圧の勉強という、老化防止にはピッタリの課題でありまして、その手の先輩諸氏から、「パスカルの原理」勉強せい!と激励されながら・・・、励む学生のような感じがいいですね。

 あとは施工例を上げていきながら、体で覚える・・・。

 DSC_1736_convert_20171229225224.jpg

 テクニカルなもんで、スモールパーツ類がないと話にならない、という事で、今回はかなり無理を言って、細かいパーツ類を送ってもらいました。

 これはホースですね、無垢のホース。

 DSC_1740_convert_20171229225257.jpg

 バンジョーのジョイントの付いたホースですね。こいつらも束で送ってもらいました。

 DSC_1741_convert_20171229225304.jpg

 ホースの先端に埋め込むスモールパーツ。こいつは一回埋め込んだら、抜いて再利用はしないので、送られてきた状態で、ホースが長い場合、調整する必要がありますが、その際切った無垢のホースに、再度これを埋め込まなければならないわけであります。なので、数は必要かな?と思いましてね。

 DSC_1730_convert_20171229225150.jpg

 そして、1発目からピスト改造して、デモ車を作ろうとしています。これがブレーキレバー、もちろん油圧ね。

 DSC_1731_convert_20171229225158.jpg

 軽く引けますね・・・、これを調整でどこまで自在にできるか?というのが、サポート店の腕の見せ所・・・なんでしょうね。

 DSC_1728_convert_20171229225142.jpg

 フロントは難なく付きます、元々がディスク専用のハブなんですから・・・ね、当たり前か。

 問題は、リアなんだよね。専用ハブでない転用ものなんで、癖アリアリなんだな。

 DSC_1722_convert_20171229225126.jpg

 キャリパーの台座を取り付けて、さて乗るか?と思いきや・・・。

 DSC_1725_convert_20171229225134.jpg

 恐る恐る当ててみると・・・だな。どうもホイール側のキャリパーの厚みが予想以上という事がわかった。シリンダーにピストンの一対ものだけに、確かにキャリパーの幅は取るわな。

 当初予定していた、スペーサーをやめて、よりホイール側から離れるくらいのスペースを空けて取り付けてみた。

 DSC_1733_convert_20171229225206.jpg

 一見いいんだが・・・、裏から見るとわかる。

DSC_1735_convert_20171229225216.jpg

 かなり改善されたが、やはりスポークの一部がキャリパーに干渉しているようだ・・・。どうしよ・・・。

 対策はある・・・。手間かかるなあ・・・・。でもある。

 こういうところが隙間ということで、通らなければならない困難なんです、だから面白いんだよ!

 そんなわけで、年内完成、新年初乗り・・・なんて考えていましたが、年は越しそうだな、足かけ二年でやっていきます。

 できたら・・・すごいよ・・・きっと!

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター