メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2010年04月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

最後のジェリービーンズ 完売!



 昨年夏頃、なぜかわからないまま、作ってしまった、ジェリービーンズ三台の最後の一台が、売れまして、完売となりました。ありがたいことです。

 ただ、残った一台は、黄色のシングルギアのものでしたが、お客様のご要望で、オレンジに再塗装。

 塗装・・・・、奥が深いです。今後当店も今まで以上の真剣に取り組んでいきたいと思っています。今回も色々苦労がありましたが、まあ完成です。

 100430 (6)

 車輪は700cで、なんとニップルがオレンジ!
 くるくる、よく回ります。

 100430 (3)
 リアディレーラーのみ装着で、8段ギア。
 シフトは、ステムで・・・、
100430 (7)
 手元変速のものは、どうもかっこわるいので、wレバー台座をステムにつけてみました。
 操作性は、納車の際に「全然怖くなく、ちゃんと変速できます!」とのお返事をいただきました。

 100430 (4)
 前はシングル、けっこういいクランク使っていますよ!
 
 100430 (5)

 車輪を着脱しやすいようにローラーブレーキを外しました。キャリパーブレーキをチェーンステーの裏に、忍ばせています。
 
 そして!
100430 (8)
 ご自慢のハンドル!こんなハンドル見たことないでしょう。あるハンドルを使っての当店オリジナルです。しかも、あの革もの作家、小山さんの革バーテープの残り物・・・ですが、福がありますなあ。これから太陽に焼かれ、手の油を吸って、これから飴色になっていきます。革サドルもいいかも・・・。

 旦那様が、レーサーを買われて、自転車通勤をされて、それに触発されたように、奥様も長距離も乗れるジェリービーンズに乗ることになりました。

 ご自宅のある向島から、荒川に出て、たぶんこの連休中に川越あたりまでサイクリング出来ちゃうんじゃないかな?と推測しています。

 その際には、帰ってきてすぐ食べられるものを用意しておいて、出かけましょう。

 ヘルメットかぶって、日焼け対策をしてお出かけ。

 夕方帰ってきて、シャワーを浴びて、ちょっとつまめるもの出して、ビールをプシュ!

 カーッ!!!うまい!楽しかった!おいしい!

 そして、ぐっすり眠れるでしょう。

 これから、お二人で、どんな景色を見ていくのでしょうか?それがご夫婦の歴史として刻まれて積もっていく。

 そういうお二人の人生にほんの少しでも寄り添えることが出来て、当店は幸福であります。

 当店は自転車屋でありますが、自転車というモノを売っているのか?時々不思議な気持ちになることがあります。
 イエ、当店は自転車というコトを売ることで、生きる場を与えられているのでしょう。たぶん。

 たぶん、この路線だよ・・・、Dさんご夫婦によって、その道が鏡のように示されたようです。
 
 そうか・・・、やはりこの路線ですよね・・・。
スポンサーサイト

愛知県より改造依頼



 わざわざ愛知県より、実用車の改造のご依頼をいただきました。荷物を開けてみると、状態の良いままチャリでした。

 前後ホイールを準レーサーように交換。
 ハンドルをブルホーンに、等です。

 100428 (3)

 奥様と共有されるというので、あまり過激には出来ませんが・・・、でも最終的には、そこそこ軽量化とスピード化に成功しましたね。

 ブレーキです。
100428 (4)
 レーサーのティアグラを選択しました。
 リアブレーキもローラーブレーキをキャリパー化にしました。こすると、後輪の着脱が簡単になりメンテナンスも楽になります。

 100428 (8)

 クランクや、チェーンに干渉しないように、かつリムをしっかりキャッチし、強度も確保する。

 100428 (7)

 シングルフリーの16Tがつきました。チェーンは金。半コマ使っています。これもブレーキとのクリアランスの関係で使っています、伊達や酔狂ではありません。
100428 (6)
 クランクもロード系のものを使用しています。不足なし、です。
100428 (5)

 改造も図に乗ってくると、ステムが長すぎるなあ、と短く切って、ねじ山立てたくなりますが、奥様と共有ということから、今回はこの辺でおさめることに致しました。

 しかし、わざわざ遠方より、このようなご依頼をいただけるなんて、なんとありがたいことか、しかも「新しいムーブメントを作ってください!」という励ましのコメントもいただけました、本当にありがたい。

 決して主流にはならなくとも、自転車文化の成熟化に向けて、できることをやっていく。この姿勢は、このようなご依頼をいただくことで強化されていきます。

 細々ながらも、がんばっていきたいと思います!

 有り難うございました!

100428 (2)

 スッキリ!パパチャリの誕生です!


ちょっとした改造でも・・・



 街道用ピスト車としては、ほとんど完璧に見えそうな本車体ですが、お客さんのお好みでハンドル組み替えのご依頼をいただきました。

 ハンドルぐらい自分で出来ないのかな?と思う方も多いと思いますが・・・。細かいところでちょっとした困難にぶつかるということはあるようです。

 ハンドルはドロップから、ライザーバーに変更です、こんな感じですか。
100427 (2)

 何のことはない、ハンドル交換になんでわざわざお店まで、と思うかもしれませねえ、でも、例えばライザーの曲がりより奧にブレーキレバーを移動して組み付けるのって、けっこう年期のいる技なのよねえ。

 こんな事でも!と思われるかもしれませんが、たとえばハンドルにコンマ数ミリ違いのステムをかますなんていうのも、さんざん知恵の輪的に繰り返したあと、傷だらけにしたハンドルを持ち込まれる方もいます。
 
 そうなんですねえ、単純に見えること、付けたり、外したり、はめ込んだりと、簡単であればあるほど特別工具なんてものもありませんから、何かを利用して、どうにかやっていくしかない・・・。そういう意味でも、けっこう経験がいるんですね。

 目の前でサッとやってしまうと、なんだ・・・これで工賃とるのかよ!と思われる方もいるかもしれませんが、そこまで行くまでに一体何をどれくらい壊したことか・・・、なーんだ、とコロンブスの卵じゃない、という方も、何ならしっかり時間をかけて自分で考えて、道具を工夫して、時に作ったり、いろいろ組み合わせて自分でやってみたら?と思いますわ。

 超音波のエコーで、一回ぬぐって、ハイ順調です!この一言の「診断」に9千円もとるのかよ!と驚く店主も同じ穴の狢かな?

 エコーを開発して、量産して、それを設備として購入して、使い方を日夜勉強されているお医者の先生方、開発の技術者の方々に対して、なんと不遜な言い分なことか・・・。反省です・・・!

 とまあ、最近ではめっきり少なくなった街道ピストのハンドル変更の改造でした。
 ギアも固定にして、マジでピスト!
100427 (3)

 街道ピストは定着しましたね、薄かろうがもう層としてあり続けるでしょう・・・。

 それはそれで・・・。

 ただ、ロード乗り達のピスト練習というのが、どこまで層となっているか?です。全然なっていないでしょう。
 何やってんだ、君たちは・・・。

 ロードフレームに金をかけ、コンポを変えてみたりして、LTトレーニングだか、ATトレーニングだか、パワーだ、心拍だ、タップだ、ワットだ、ソレアだと・・・、何イッとるの?四の五の言わずに固定で長距離乗ってみなってーの!

 頭からじゃなくて、足が、君の足が教えてくるぜ!確実に!

宇宙人の乗る自転車!ヵネッシー探しの自転車?ヵ?


 
 いかにもウソらしいウソをつくのと、いかにも本当らしい嘘をつくこと、どちらが罪深いか?というと、断然後者でしょうな。

 そこいくと東スポさんは、いいです!ネッシーが見つかったり、宇宙人を捕らえたり、最高です!どうせウソならそこまでやれ!と、その他の新聞諸紙には申し上げたい気分ですな。

 特に三大紙などというあれ、罪深いよ。

 まあ、今後日本がどうなろうと、無難に新聞さえ売れればいい、広告が取れればいい、というのが彼らの原理原則でしょうから、そういう基本はしっかり押さえてからつきあいたいですね。まさか、「権力の監視」などという社会的正義を体現しているなど、今更思っておられる方の方が少ないでしょうな、そういう意味で人民の方が健全です。

 とにかく、情報売るためには、人民を不安に陥れろ!というのが見え見え。のぞき見趣味やねたみ根性を助長する、これ基本。それもネタがなければ、テキトーなアンケートをとって、「内閣支持率低下!」と来る、もういいよ、新聞ショーは。

 かつて、店主が教育職にいたとき、ある大新聞の記者が何かネタない?と来た。
 「絶好のものがあるぜ!新聞奨学の実態っていうのはどうだい?」と。
 「・・・・」
 「新聞て、アンタのようなインテリが書いて、ヤクザが売るものだ、ということわかっているよな」
 「・・・・」
 「新聞奨学生を預かっている店では、教育者と思える社長もいるのと同時に、ヤクザもどきもいるっていう実態しってんだろう?大方、新聞奨学生の退学率が高いという実態の裏を教えてやるから、ちゃんと記事にできるか?」
 「それは・・・、自分たちの足下を崩すようなことは・・・、書けない・・・」

 ホホー、まあ、その程度の社会的正義を体現なされているということを思い知ったわけですね。

 だったら!いっそのこと、「うちの社長は宇宙人!」「社長は店の裏で恐竜の子供を飼育している!」っと、開き直るような新聞さんを方を応援しますわ。東スポ最高!

100426 (2)

 どうせ載るなら東スポさん!というわけで、一部紙面のお目汚しとなっています。

 と、手前のこの青年、実は当ブログで4月1日ご紹介した、「新人さんいらっしゃーい」で紹介した、佐藤さんです。実は佐藤さんの正体、このスーパー新聞、東スポの記者さんだったのです。3日にかけて取材と実際組み付けもほとんどやってもらいました。カメラマンさんも来てもらって、1日楽しい改造でした。

 刺身よりも新鮮な新聞です、26日現在、コンビニ、キヨスクなどで売られているようです。
 書かれている内容は94%、ホントーです!

新潟の田麦山へ 行きませんか?

sizenjuku1.jpg

 この5月の1日から2日、土日ですが、米作りなどでお世話になっている、新潟の田麦山、今月より川口町から長岡市になりましたが、そこで自然塾というイベントがあります。

 野遊びです。魚焼いて、焼きそば作って、ピザ作って、初夏の里山で宴会する、というイベントです。

 田んぼやマラソン大会やいろんなイベントが今年も田麦山で始まりますが、その皮切りといったイベントですね。

 会場設営、前夜祭、山菜採り(今年は雪が多かったので、比較的長持ちするそうで、これはハマル体験になりますぞ)などやることは色々あります、一言楽しい!です。

 こんな会に参加しませんか?

 土曜の5月1日、朝6時半、赤羽駅の高崎線の先頭に集合!

 輪行しましょう。湯沢過ぎあたりで適当に降りて、四十キロほどを田麦山までサイクリングです。

 遠景の奥山には残雪、近景の里山は新緑、初夏か晩春か?

 田麦山へご一緒しましょ!

ママのための自転車カスタム



 今は負ぶって走ってはいるものの、これから暑くなるし、子供も大きくなる、となると子供用の安全な椅子と、お買い物用の荷台とカゴが、つきませんかねえ・・・という、若いママさんからのご要望。

 このクロスバイクというのか、快走車を?
 
 できれば・・・。

 まあ、通常なら、それ専用の自転車をお買いなさいよー、が常套句なんでしょうな。というか、これをどういじって、上記ご要望に応えろ、というのか?まあ、当然のこと、門前払いになるんでしょう。自転車屋さんの気持ちもわかるし、無理だと思いつつも、そういう要望を立てざるを得なかったママさんのお気持ちもわかります。

 で、どうするか?

 できる限りをやってしまう、これが当店であります。

 要望の整理をすれば、子供用の椅子と、買い物用のカゴを付ける・・・。

 よーく自転車を観察すれば、二点ほどの重要な改造要点がありました。

 その1、アヘッドステムをスレッド化する。アヘッド対応のハンドルに子供の椅子は付かないのです!
100424 (2)

 スレッド化すると、前椅子の立派なものが付くんです。
100424 (4)

 チョッパータイプのハンドルにもしっかりシフトを付けます。
100424 (3)
そのハンドルの先にも、呼び鈴を付けます。
100424 (5)
付け所のなくなった、ライトは先端に移動!
100424 (6)

 その2、後輪のクイックリリースのシャフトをかえてナット式にする。このナット式というのが、ママチャリ特有の共締めを可能にし、イコール多装備化を可能にしてくれるということなのです。

 100424 (7)

 この共締めによって、スタンドと荷台がしっかり付くことになります。
 やはり、スタンドが一本だと、子供を乗せた瞬間に、自転車がぐらつき、横転してしまうことも考えられますね。 ただスタンドと、変速機というのが相性が悪い、そこで色々探すとありますなあ、こんなスタンドにしてみました。
100424 (11)
 確かに、留め金が長く、後ろにスタンドがつきますので、ディレーラーには干渉しません・・・。

 100424 (12)

 それに荷台も共締めしていきます。自転車と荷台は色々組み合わせがありますので、それは現場合わせでやっていくしかありません。
100424 (8)
 金具を使って、延長などして荷台取り付けが可能となりましたので、その上に、しっかりとカゴを載せていきます。
100424 (9)

 これにて、ママさんのご要望、子供の椅子と買い物カゴを付けて、というご要望にお応えすることが出来ました。もちろん変速などはそのままなので、駆動系は快走車のままです。

100424 (10)
 
 やっちまいましたよ・・・。

 ステムはスレッドレスのものであれば、もとの形に戻せますので、子育てなど一段落しましたら、戻して快走しましょうか。

 しかし、まあ、主犯格とはいえ、当の店主らも、自転車って色々かえられるのねえ・・・と、呆れたカスタマイズでした。

燃えるぜ、無理難題!

人生自身を旅にしてしまう自転車 バイシクルマガジンの続き



 この前の箱にはなんと120キロの積載が可能です。この自転車に、リアカーなどを付けたら、200キロを超える大荷物の移動が可能になります。

 もう、ヤドカリといいますか、これ一台にて移動しながら生活が可能となってしまいますね。旅する人生なのではなく、人生自身を旅にしてしまう、壮大な一台ですね。

 三輪さんプロデュースの、荷物自転車です。これで移動式にお店を開店してみませんか?というおふれ附き。出店経費などを考えると、それは店借りて、内装いじって、保証金払ってと、それはもう大変でしょうね。

 まずは、移動販売、というのであれば、これ、相当使えると思います。
100420 (2)

 正面から見ると、こうなります。
100420 (3)
 横から見ると、こうなります。

100420 (4)
車体を横から見ると・・・。前二輪の後ろ一輪の三輪車です。操縦はちょっと慣れが必要ですが、前二輪だとリアカーと違って、ハンドル切るときに後ろを縁石などにぶつけてしまう心配はありません。100420 (6)

 6速のワイドレシオのギアがついているので、少々重いものでも、行けちゃいます。ただ、亀並みのスピードになりますが。

 今は、黒のみで、多少殺風景ですが、これが各商売ごとによって、機能拡張して、イメージに合わせたカラーリングなどを施すと、一気にブレイクしそうな移動ショップとなりそうです。

 七色とんがらし屋さんだったら、たくさんの引き出しを付けたタンス状のものをせり上がり状に作るとか。
 豆腐屋さんだったら、水漏れないように加工して、下は豆腐、上は油揚げなどを入れる箱を載せる。

 アイスクリーム屋さんだったら・・・、牛乳屋さんだったら・・・、とアイデアは際限なく広がっていきます。

 ゆくゆくは、当店もそうした内装的な塗装も出来るようになれば、こうした動きの一助になるかもしれません。

 商売だけでなく、子供や、妊婦、お年寄りなどを快適に安全に運ぶ自転車としても、使えそうですね。

 当店も、本自転車の代理店になるかもです、本格開始は、もう少々先ですが、今から使い方、生き方のアイデアを練っておいていただきたいものです。

 可能性ありますよー、この一台の持っているものは・・・。 

たまには出します トップハイエンド



 一つ前に出した、アルミのトラックプロ10、即完売・・・、うれしい限りというか、潜在的需要というのか、FUJIもそれだけのもの作りをしているのだなあ・・・といたく感心、図に乗るわけではないが、ちょっとこういうのもご紹介しておこうかしら・・・。

 これが、FUJI10モデルのトップハイエンドモデルのSSTというフレームです。プロツアーのオンフットというチームが、これでジロやら、ヴェルタなどを滑走するのでしょう。

 まさに名だたるフレームメーカーが高い開発費をかけて、社運をかけて、もてるだけの技術とアイデアを結集して作り上げた、まさにトップ級のレーサーフレーム、そのフレームが競い合うメジャーレースで走ることを許された、もう「兵器」たるフレームです。

 持った瞬間に・・・、異次元!のものです・・・。当店に置いてありますので、一声おかけの上、持ち上げてみてください。それでいいです、もう・・・。

 100418 (2)

 サドルから、見ると幅は80ミリはあるかしらと思われるトップチューブです。ある意味不細工ですが、これは兵器ですから、機能だけを追及した無駄のない形ともいえるんでしょうね。

100418 (4)

 それから比べると、エンピツかよ!と思えるような華奢なシートステーです。こういうところに、設計思想のなんたるかが、隠されているんでしょうね。もう一発!
100418 (7)

 茶筒のようなでかさのヘッドチューブです。下のベアリングが一回りデカイ。このヘッドの剛性を利用して、グイグイ踏んでいく、そういう乗り方を強要してくる、フレームなんでしょうね。もう後ろ乗りの、ハム押しなんていうのは、古典的な乗り方なんでしょうね。そのせいかもなあ・・・、トレックのマドンなんて踏んでも、ピンと来ないもんなあ・・・。

 その茶筒から、ニョキッと伸びた太い足。
100418 (8)


 100418 (6)
 ダウンチューブも、チェーンステーも頑丈そう。
 もう、不格好なまでにねえ・・・、これも機能、機能なんでしょうねえ。

 100418 (5)
 真骨頂の一つがこのBB。86.5というのだそうです。なんとねじ山が切られていない。つまり、ここにアルミのチューブが入っていない・・・、まさにオールカーボン、ということなのだそうです。

 この新形式については、シマノも、カンパも、スラムさんも、すべてが対応しています。ただ品薄なのか、ちょっとまだ手に入れていません。

100418 (3)

 シートチューブはカット式。まさにワンオフ、人には譲れにくいですね。

 このトップハイエンドフレームですが、デュラエースのコンポを付けた完成車は、90万円台、さすがにトッププロのための兵器です。

 ところが!このフレーム単体となると、なんと231000円・・・。一体何考えているノー。この売り方・・・。ある種挑発的なこの値段の設定、これがまたFUJIの戦略なんでしょうね。

 乗り換え工賃は、いらないよー、でこの値段、どうだ!というフレームですが・・・。

 ただ、今まだ、このフレームの売り方が未定なんですわ・・・。在庫はほとんどはけたようなので、この品質にこの値段だとすれば、希少性はスゴイでしょうが・・・、何か色を付けたがる当店としては、このままではちょっと面白くないなあ、などと考えてしまいます・・・。

 とりあえず、当店も珍しく、少量在庫、ということだけ、お見知りおきください。

一足お先に! トラックプロ



 トラックプロ10モデルのフレーム単体です。まだ、市販されていないと思いますが、560の本品のみ、現品限り一足お先に売り出し!ということにいたします!100415 (6)
 
 象の脚力おも支えうる、メガチューブ!仕上げもきれいです。
100415 (8)
 シートチューブもえぐれ加工で凝っています。それだけ後輪が食い込むことを意味しています。
100415 (4)
 これも凝っがカーブをしていますね、チェーンステーです。

 100415 (7)

 後ろから見ると、やはりエアロ、角度によっては消えますね・・・。
100415 (5)
 フォークのみカーボンです、あとはすべてアルミ。

 となると、かなり厳しいカチカチの印象を念頭に浮かべる方もいるかと思います。アルミ特有のあのカンカンするような硬さと加速・・・。

 ところが、これがトラックコンプと違うところなんです、アルミなのにあの特有と思われるカンカンがなく、なんとも不思議な踏み味でした。グイグイ進むような・・・、中朝距離向きかな?などとも思えなくもありません。

 ただ、昨年の実業団トラック選手のトップが同じフレームで、大活躍していますので、ありとあらゆる競技に関してオールアラウンド的に踏めるものだと思います。といいますか、このレベルのフレームで踏んで早く走れないとすれば、どんなフレームを踏んでも遅い、ということでしょう。不足はなしです!

100415 (3)

シートチューブは、調整にはカットで応じます。だからポジションの出来ている方限定となります。

100415 (2)
コラムのカットもいたします。

 展示から来たものなので、少々お安くなります。ただし!当フレームはトラック仕様限定、町乗りは完全不可!です。

 身長は、180センチ前後からの方。シートチューブ・フォークコラムカットも料金に含めます。

 ちょっとこれで、マスターズでもブリブリいわせてやるか!という方、ご検討ください。

学生さんのための自転車講座



 この春休みを利用して、中学生から高校生へとなる、O君が自分のフレームを持ち込んで工作を施して、自分の一台を組み付けたいとのこと、もちろん快諾ですよ。

 メッキ調のピストフレームの錆を落として、全体に足付けをして、当初は磨きの番手を上げて、地金フレームにしようとかという予定を立てていましたが、作業が進むにつれて、サビの深さや手間のかかり方などから、メッキ調の塗装をする方向へ転換。

 一体何日かよったことやら・・・。メッキ塗装が始まって、薄くかけては、日陰で「シャカリキ」を読みながら・・・。

 仕上げ予定の日に、残りのスプレーをエイ!とばかりかけると、それが厚塗りになってしまい、いつまでたっても乾かずに、指紋の跡が付き、それを削ってまた吹いて・・・の連続。随分勉強になったのではないかな?

 春休みも終わり、作業に時間が割けなくなった、ということで打ち切り。多少忸怩たる思いはあったんではないかな?とありつつも、夏休みの課題も出来たことだし、まずはこれで乗りましょうか。

 で、できあがったのだ、コレ。

 何を!学生の分際で生意気なー、というスペック・・・。
100414 (2)

 クリアを吹いたら、メッキ調の塗料のはずが、くすんで、プラサフのようになってしまいましたが、まあよいか。

100414 (5)

 骨格はなんとラバネロ・・・。
100414 (3)
クランクは、なんでジャー!プロ仕様のデュラエースでないの!

プロのバットを使って、草野球やるのと同じだ!その辺の自覚も忘れずに・・・。
100414 (4)

 ハンドルもステムもNJS・・・、これは贅沢というよりも、たまたま運良く入手されてきた友人からの流れ物、高い物を買ったのではなく、たまたま高いものが流れてきたということ、幸運というか、そういう流れも含めて学生らしいですな。

 こういうスペックだったら、競輪場走らないと、もったいないぜ!

 このO君、自分の高校に自転車部を作ろうと、これから果敢に学校へと交渉に入ります。後押ししてやりたいけど、部外者がどこまでできるかしら?

でも、自転車部開部に当たっての上申書には、「この夏、固定ギアで北海道を一周します!」の一筆でもお書き、と指導中。といっても、固定ギアの意味を知らない先生はポカーンでしょうが、自転車を知っているものからすれば、ぶっ飛んだ企画!と自転車雑誌の同行取材も付きそうな、企画です。

 まあ、やり方は徐々に戦略を練っていくとして、若い君らは、しっかり「新車」で踏んで、足を磨いておきなさい。

 もちろん組み付けには、当店からの指導附き。学生ですから、学割ありです。お父さんのための自転車講座は、それなりにいただきましたが、学生さんは学割です。

 真剣に自転車組み付け技術を身につけたいという方、指導料はご相談で、受付いたします!

 いろんなところで、いろんな人が、自転車キッカケにつながっていく。
 その起点となるところに当店はいつもありたいです。

 そんなに遠くないうちに、当店も新装して、さらなる拠点作りへ、行くかもしれません・・・。皆さんのお力とお知恵を拝借しながらね。

お父さんのための自転車講座



 これは今から十数年前のカーボンフレームですね。モノコック、接着ではないながら、随所にアルミが使われている事でしょう。

 このフレームとコンポを持ち込まれて、お父さんライダーの自転車組み付け講座を開きました。

 Hさん、トラックレーサー所持で、競輪場へは何度も走りに行っておられますが、なんと、ロードレーサーに乗るのが初めてという、通常の発展系とはあべこべライダーさんです。

 この5月に、立川で行われる都民大会で、健脚をご披露されますので、是非応援に来てください。

 組み付け講座といいましても、元々作業感の大変よろしいHさん、あうんの呼吸で組み付けていきます。

 こういう方は楽ですねえ・・・。作業の意味をわかっていらっしゃるので、指導が楽です。

 ただ!よくあるお客さんからのお問い合わせ、「こちらも手伝いますから、工賃安くしてください・・・」、あのー、横にいられること自体が、お邪魔で、気もつかいますし、その上技術指導という付加条件が付きますから、「手伝う」ことをもっての低価格はあり得ません。むしろ、指導料ということでお高くなりますので、その辺ご了承頂きたいと思います。

 で、今回も割高な工賃をしっかりいただきました!ありがとうございます!

 タッピング、フェイシング、ワイヤーやボルトなどの足りない部品など補充しながらの、のんびり組み付け。

100412 (5)
基本コンポは、カンパベローチェ。いい選択です。昨年、店主自らが組み付けた、オヤジはベローチェ!という提案に賛同して頂いたようです。

何か105は、若さがあふれているようで、オヤジには・・・ちょっと・・・。という感じです。
100412 (7)
100412 (4)

 今やカンパはカーボンが随所に使われているようですが、やはり銀はいいです!
ブレーキのみ一点豪華主義、といっても一つグレードが上な、ケンタウロです。
100412 (6)
接写は難しいなあ、得意のピンぼけです。

ホイールは、先日ご紹介した、DTの手組みホイールです。
100412 (3)

両輪が付くと、皆さん「オオ!」という歓声をあげます。それまではただのパーツを取り付けたフレームという感じだったのが、両輪が付くと、自転車になります。

そして、チェーンを張ると、電気ショックで目の覚めたフランケンシュタインのように、自転車に血が通います。
寝ていたパーツのかたまりが、自転車として目を覚ます・・・、自転車と、それを組み付けているライダーが、一気に出会う瞬間です。ライダーのエンジンにも口火がつき、乗りたくてソワソワしている気が、伝わってきます。

 自転車と、ライダーが出会う瞬間、それがここです。「エンジンは君か?」「私がお前のエンジンだ」

 100412 (2)

 スケルトンはけっこう本気ですね。まだまだ乗れると思います。

で、組上がって早速の試乗。指一本でギア比が変わるロードに感激の、Hさん。それはそうでしょう・・・、今までコグとロックリングか、チェーンリンクを外して、チェーンの長さを調整しなければ出来なかった、ギアチェンジが、指一本で、しかも瞬時に20通りも・・・。

 偉大なるから、トゥーリオ・カンパニョーロ様・・・、ディレーラーの発明はやはり偉大です。

 この車体にて、Hさんの都民大会が始まります!

※指導附きの組み付け講座形式のやり方は、今後も開いておりますので、ご希望の方は、ご遠慮なくご相談下さい!

サイクリング車 入門ロードの決定版! サイズ三種類出ます!



 FUJIのストラトスという、名車がありますが、それをいじって入門ロード、サイクリング車を作ってみました。

 スペックとサイズによって三種類作ってみましたよ。

 まずはサイズ540。使っているコンポはシマノのティアグラ、入門ロードとしてはほぼ最適なのでは・・・というもの。
100408 (3)
100408 (5)
クランク長は170ミリで、50*34のコンパクトドライブです。
100408 (2)
もちろん、手元変速のSTI。

くわえて、ハンドルステムもティアグラのハイテックグレー色と同じのものに変えました。
100408 (4)

 さいず540で、オールティアグラコンポの入門ロード、146600円にてご用意できました。

100408 (6)
一見見た目が同じストラトスですが、サイズは520。コンポはソラと8速もののハイブリッド型。
100408 (7)
100408165.jpg
クランクはスギノのコンパクトドライブ、520というサイズから、クランク長は165ミリにしてみました。
もちろん手元変速です。
100408 (8)

この同じスペックで、サイズ490を二台ほどご用意しています。
100408 (9)
ほんの少し、スローピングしているかな?
150センチ代の方が乗るということを考えて、クランクは
100408160.jpg
160ミリのものを付けています。

かゆいところに手の届くサイズ設定として、作ってみました。クランク長にいろんなサイズを作ってくれているスギノさんには、ありがたい!の一言です。

この8速、ソラコンポ載せた入門ロード、サイクリング車は119800円にて、ご用意しています。

FUJIストラトス、狸サイクルモデル、サイズは540一台、520一台、490二台、と計四台にて、発売開始!とさせていただきます。

クレジットカードもご利用ください。

手頃な値段で、鉄の細いフレームのロードがなかなか手に入らない中、ねらい目、としていかがでしょう?
反応がよければ、今後とも主力にしていきたい自転車ですね。お勧めです!

これで、花吹雪の中を、新緑の中を走ってください!自転車でしか見られない景色を、自転車は運んできてくれます!

シーズン到来、世はサイクリングシーズンです!

まだまだ諦めずやりますぞ



 手組みホイールには向かい風の現状の中でも、諦めずに、やっていきますよー。

 上のホイールミドルハイト、25ミリのリムで、チューブラーです、でなんと!36hなんです!
100407 (2)
この幅が25ミリ。精度もそこそこいいですよ。

 100407 (4)
チューブラーリムですから、カエシがない、その分軽量化が可能です。何か最近、チューブラーリムにはまりつつあります。

 でうれしいことに、36hのリムなんですよ。100407 (3)
 
 通常、36hのチューブラーリムといったら、競輪用の16Bゴールドか、R-50、現行品ですと、ロープロファイルのリムしか頭に浮かびませんが、36hでミドルのリムがあるなんて・・・、岩井さんには感謝感謝です!

 これもまた最近ダブルクロスに凝っています。何か良いんですよね、しっかり組めているような感じが。最近のスポークは本当に折れなくなりました。従いまして、ダブルクロスもけっこういける、とふんでいます。

これで、ピスト練習用のホイールとしては、ほぼ完璧?なのではないかな?と自負します。そこそこ硬い、精度の良い36hのミドルハイトのホイール、強度も耐久性も保証できますよ。

 と、もうワンペア・・・。

100407 (6)
 これも当店一押しの、登録選手練習用ホイール、DTのホイールです。
 ただ、32hの30ミリハイトのものは、製造中止になってしまいました。・・・、誠に残念至極!

 で残るは、当店在庫の28hの30ミリハイトの二ペアのみ。

 といっても、今度は28hのハブがあまりありません。現行品ではTNIのものぐらいでしょうか?最近TNIの名作ハブが値上げということになって、これを使っての、DTホイールは四万超えをしてしまいます。

 完組み全盛期に、誰が四万超えの手組みホイールを依頼するか・・・。
 わかって頂ける方を、待つしかないです!
100407 (5)
本当名作なんだけどなあ、このリム。新たなバージョンが発売されることを、祈るばかりです。
100407 (7)

TNIの名作ハブ、今まで安すぎたのかしら?これがまた軽量で、18h20h24h28h32hとあるからうれしいです。しかもスリット入り、今や幻のエアロスポークも使えます!

100407 (8)
 TNIの名作リアハブ。これがなんとカンパのフリー用。つまり、シマノ、カンパ両方に対応できるという、仕組みです、すばらしい!手前のフリー側はダブルクロスに、向こうはノーマル組みにして、強度と耐久性を出しています。

 てな感じで、風前の灯火ですが、この口火を消さないよう、最後の最後まで、手組みホイール維持のために何とか踏ん張ろうという当店です。

 ただねえ、TNIさんが多少ですが、光を発してくれているんです。完組みに負けない手組みの軽量カーボンホイールができるかも・・・、乗鞍などヒルクライムに向くような、ハイテク手組みホイールも夢ではありません。

いずれ、試作でもしましょうか・・・。持ってみると、何これ!というヤツ。

現物がないと、なんとも言えませんからねえ・・・、ウン断行への決断の時かもしれません、手組みホイールの火を消さないためにもネ!


ラットバイク構想・・・



 他にはあまり無いながら、当ブログ上では、しばしば見かけるタイプの、相変わらずな変な一台です。

 下はマウンテンバイク、これを色々入れ替えました。

 100406 (5)
  
 まず、手組みの700Cホイールを付けました。台座を設けて、ブレーキ調整。

 ハンドルをなぜか、ブルホーンに・・・。
100406 (2)

 ここからちょっと面白いのが、ブルホーンのカーブに合わせて、ギドネットブレーキを付けました。
100406 (3)
 ヨシガイさんが、復刻してくれたお陰で、こういう選択ができるというのは、うれしい限りです。現行品にあるんですから、本当にこの功績はありがいたですよ。

 新フレームに、新品コンポを載せてみてご覧なさい。

 すべて、F1仕様のレーサーばかりになってしまいます。

 でなければ、中途半端なクロスバイクの安価パーツのみ。これで組んで喜んで乗る、成熟型ライダーはいないように思います。

 でも、現行品だけで、組もうと思ったら、そういうものしか選択肢がほとんど無い、といってもいいでしょう。

 そういう中で、こうした過去の金型を起こして、なおかつ機能アップして、現行品として出していただけるメーカーさんは、尊敬に値します。こういうパーツを機能アップして、外側を変えずに作り続けてくれる、色の種類だけではない、本当の意味での自転車の成熟化に貢献していると、思うんですが、皆様にも応援していただきたいですわ。

 ギドネットレバーで安心制御ができる分シフトは、バーコンということで決まりです。
100406 (4)

 制御もシフトもちょっと新しい選択ですので、注目してください。

 そして、ここも見てください。
100406 (6)
 キタネーサビサビフォークです。
 せっかくきれいにしたんだから、サビでも落としたらいいのに・・・。

 イエイエ、サビをそのまま残して、このまま乗る。

 題して、ラットバイク!というのだそうです。

 外見はわざと汚いながら、内部の機能は新品同様というコンセプト。

 ラット、ドブネズミの意味らしいです。

 この発想は、当店のユーズドスニーカーと同じです。キタネー!でも走ります!これです。

 これ何度も申し上げていますが、いい自転車を購入の方は、常に盗難の可能性におびえています。いわんや、一台盗まれたりなんかしたら、もう疑心暗鬼でしょう。

 止めるときは、三つ四つの施錠は当たり前、ガラス張りの駐輪状態がいつでも確認できる場所でのみの飲食。停めたら最後、数分おきに確認しないと、いても立ってもいられない、自転車煩悩の始まりです。

 これは、つらいです、イヤですよね。

 となれば、乗ったら降りない、というのが原則となってしまいます。
 ということは、練習にしか乗れないじゃん、ということです。

 すると、次に欲するのは、そうした心配事から解放されながらも、かつ機動力のある走る自転車があればいいなあ・・・。

 こういう、ニーズに応える一つが、このラットバイクなのではないか?と思った次第。

 見た目は最低、ダレも盗りたいとも思わない、ゴミのような自転車ながら、走りはメンテが行き届いているから、行けるー、というような自転車があれば、理想なのではないの?

 新車のラットバイク・・・。ウン、ちょっと開発に、横目を向けようかな?

一体どこに、発想の種がころがっているか、わかりませんなー。

デモンタブル?



 一見すると通常のピスト車です。

 デモンタブルという構造を持つピストなんです。
100405 (2)

 ダウンチューブの付け根にリング上のとめ金があります。

100405 (3)

 シートチューブには、ピラー固定ボルトが二点あります。

 100405 (4)

 そして、ワイヤーの着脱ができるジョイントがあります。

 これでお分かりの方は、モールトンなどにお詳しい方でしょう。

 ダウンチューブのとめ金を外して、ピラー止めのボルトを二本はずして、ワイヤーを外すと、フレームの前三角と後ろ三角が分解されるんですね。

 っということは折りたたみ自転車?と思いたくなりますが、イエイエ、デモンタブル自転車というのだそうです。

 折りたたみ自転車は、折りたたむジョイント部分が重くなり、かつその部分がきしんで剛性が失われてしまいます。乗る性能を重視する方には、折りたたみ自転車は我慢なりません。

 その文、このデモンタブルは分解組み立てには多少の時間はかかりますが、踏んでみると、通常のピスト自転車とほぼ大差はありません。これは良いなあ、と思いつつも・・・。

 そこまでフレームを分解しなくても、前後輪外して、輪行バックに入れれば、通常の移動には困らないんだけどなあ。

 このデモンタブルの利点というのは・・・一体なんでしょう・・・。
 これまた収納のトランクが大きいんです。

 ウーン・・・わからない。

 ただ、勉強になりました。ピラーの部分。二点のボルト止めでフレームの構造が維持できるということ。
 かつて、古いロードマンでやろうとしたことがありましたが、別の理由で不可能になりましが、発想として間違いではなかったということだったんだ・・・。

 メカニックの悲哀は、フレームという構造には極力手を入れてはいけないということ。でも中には、そうせざるを得ないものもあります。溶接にまで手を伸ばすと、広がるのはわかりますが、それ以前でできることをやる、いいヒントになります。

 しかし、BB付近という一番力が入るところに、留め具一つでよく持つなあ・・・。

 いろんなタイプの自転車がいじれる、自転車屋をやっていてよかったと思える、ご依頼です。

新年度 自転車保険の代わりとして



 昨年募集を打ち切りがおこなわれました自転車保険・・・、暮れには駆け込み加入のご希望が多数集まりました。

 それはそうでしょう、年間3680円で、相当手厚い保証がなされていたわけで、あれは加入しない手はない、という内容でした。

 加入者に優しいということは、保険会社にはつらいということを意味するのか、昨今の自転車ブームによる支払いが厳しかったのか・・・、打ち切り。

 新たな自転車保険を待望しておりましたが、三ヶ月経っても何もなし。
 何もなしなら、ないなりに・・・、といって開き直るにはちょっと危険。

 こういう状況の中で、既存の保険で何か手を打てないか?という当店側の要望に答えていただいたのが、自転車保険でお世話になっている浜地さん、自転車だけによるものでなく、一般的なケガをもカバーしてくれる傷害総合保険の内容をいじって、いくつか商品を作っていただきました。

 今回は、総合保険なので、自転車以外によるケガも、保証の対象になります。従いまして、昨年までの自転車保険よりも少々お高くなりますが、「機動力としての自転車利用」ということのけじめとして、加入する、というのも大切だと思います。

 中には、年間二千円で、他に対する自賠責のみ、なんていうのもあります。つまり、歩道でお年寄りと接触して、骨折などの大けがをさせてしまい、自分は無傷というような場合。
 相手に対して最大一億円まで保証されます。保証能力のない、未成年、学生さんなどは最低限でも入るべきでしょう。

詳細は、ここ!
hoken42.jpg

NO2やNO4等がお手頃かな?などとも思います。

オプションも色々ありそうです。詳細は、担当者浜地さんにお問い合わせください。
加入希望の方も同じく、浜地さんの方へ。

とにかく、つなぎにしろ何にしろ、何か起きたときの保証がこれで確保できます。

真剣に自転車に乗ってみよう、と思われる方、これを機に、保険についてもご一考ください!

新人さんいらっしゃーイ!



 本日より、新年度の始まりです、2010年度!ってだからってなんだ・・・。

 通常、会社などでは新入社員でも迎えて、入社式とかなのでしょうか・・・。

 実は、当店でも、新人さんの入社というか、入店が決まりました。

 昨年イッパイで、家業を継いだ真田君、以来、ポキさんと2人の体制でやってまいりましたが、人件費と人手のバランスから言って、もう1人・・・と判断いたしました。

 といっても、当店の試用期間は長いよー。真田君もポキさんも、一年半以上無給でやっていてくれたもんなあ。

 まあ、彼らだからこそできたこと、これからは同じようにはいかないでしょう。

 名前は佐藤君!自転車のことはズブのトーシロー。経験なし、技術なし、あるのはやる気だけ!

 それで十分!だって、いい顔しているでしょう?白いツナギも初々しい。

 今年最後の二十歳代、彼も何かに向けて出発なんです。その再出発の発端がなんで当店なのか?その答えは彼が徐々に出していくでしょう。

 ただ、複数の職能を操る才能あふれる佐藤君、出勤は不定期。店で会えたら、ラッキーパーソンです。

 よーーーーく、佐藤君の顔をおぼえて、おいてください!よーーーーく!

 2010年度、出発!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター