メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2011年05月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

DTだけではない 今後の手組みホイールの展開

110530 (2)

 イヤー、カッコいいカーボン完組みホイール・・・と思いきや、まあ当店が完組みを出すなんて、店主自身もちょっと考えられないですわ。

 これは手組みホイールです。

 今まで、当店の一押しホイールといえば、言わずと知れたDTであったわけで、多くの皆さんからご支持をいただき、こちらも何はなくとも、DTリム!と推して憚らなかったわけですが、もちろん、これはゆらぐものはありません。

 105の前後ハブで組んで、なんと34000円という値段で出していましたね。もちろんこれからも出し続けていこうとは思っていますが・・・、これだけでは・・・ということで、別展開を模索しているところなんです。

 そんな中で、組んでみたのが、上のホイールです。

 38ミリのカーボンリム、激カルです、心配になるくらい・・・。
 
 もちろん、強度の限界である推奨テンションで、テンションメーターで計測しながら組んでいますとも!

 コイツ使って、TNIのハブで組んでみたんです。

 110530 (3)

 ヨシガイさんも有り難いメーカーさんですが、TNIさんもハブやその他に関して、非常に有り難いメーカーさんなんですよ。

 この完組みご時世でありながら、16H、18H、20H、24H、28H、32Hなんてホール数のハブを今でも作り続けてくれているんですね。アルテグラでも32H、36H止まりのこのご時世にです。

 しかも、エアロスポークの通せる加工もしてあります。

 こんなハブをそこそこの値段で出してくれていながら、それで手組みしないなんて、これ、失礼に当たります!なんて思うほどですね。

 どんどん撤退していく分野でありながら、今をもそれがあり続けるありがたさ。

 これにはお答えしていかないとね!

 というわけで、今まで最上級はほぼDT止まりだった当店の手組みホイールに、カーボン系なんかも入れて、ちょっと手を広げていこうか?と思うようになりました。

 折しも先日、都民大会で我が杉並チームは、昨年より順位を落とし・・・、そんなことはいいんですが、真剣にレースに取り組んでいこうという子達に、自分が鍛えた足の真価を出してくれる兵器も重要だ・・・と思った次第。

 といって、ギブリだコメットだは、いきなりあり得ません!

 ちょうどいい落としどころとして、この手組みのカーボンホイールって、いかにも当店らしくって、いいんじゃないか?なんて思うんですね。

110530 (4)

 今回は、38ミリハイトのリムですが、50ミリ、56ミリ、60ミリなんていうのも、今後あり得ます。

110530 (6)

 18ホールで、今回ラジアルオンリーではなく、二本取りとラジアルを組み合わせた変速ホイールとなっています。分かるかなあ・・・。

 すべてチューブラーで行こうかと思っています。

 この前輪のホイールですが、クイックレバーを付ければ、ロードに使えますし、アーレンキータイプのシャフトに交換すれば、そのままトラックレースにも使えます。つまり、当分本気の前輪は、これ一本でいい!リーズナブルです。

 これは選手、競技者系の方に限り、一本四万円切り・・・で考えてなくはありません・・・。お問い合わせください。

 ホイールという足回りは、走りを決定的に替えてくれるところです。理想をいえば、前後カーボンホイールで八万切りでいければ、草レーサーから何から何まで、通常スポークで組んでいるのでメンテの楽な兵器で、いけるかも!と、本気で画策中です。

 また近い内に、新作の発表などいたしますので、ご期待ください。

 こう考えると、まだまだ、手組みホイールは面白い!

 そうそう、またまた面白いハブを入手するところです、これ一本でどんなフレームでも好きなギア比でシングル化できるというものです。これまたご期待ください!


 と、この場をお借りしての業務連絡です。
連絡先の不鮮明につき、以下の用件内容につきまして、連絡させていただきます。

110530 (5)
Wレバーが入荷いたしました!栗原様、ご来店お待ちしています。

 110530.jpg
Wレバーが直っております、横浜のお兄様、ご来店お待ちしています。

以上連絡でした!
 

スポンサーサイト

某有名リムの怪?



大変見にくいと思いますが、矢印と棒線の間にうっすら筋のようなものが見て取れます。

 これは偏に、カメラの性能というか、店主の技のなさというか、焦点が何度やっても合わなかったということなんですが、クラックが入っています。

 110529 (2)

 同じくこちらも、左右に二筋、クラックが入っています。

 これは当店で組み付けた後輪なんですが、こうしたクラックが、一つおきに入ってしまっていました。
 
 フリー方の穴、すべてにです。後輪はフリーとそうでない方で、スポークの長さは2ミリ違います。その2ミリの違いがスポークテンションの違いとなって現れるので、このクラックはフリー側のスポークのオーバーテンションによって起こったとみていいかとおもいます。

 これはこの個別であるこのリムに関しての診断としては、それで問題はないと思います、が・・・。

 リムとは、個別であると同時に、メーカーと類に所属しています。

 個別のリムにとってオーバーテンションである、ということと類であるリムにとってオーバーテンションであるということは、話は全く別です。

 このリムは、某有名メーカーの名作といわれているリムです。かつては決戦用として使われてきました。

 その際のテンションは、ウソー!と思われるほど高く、交点をソルダリングという結線してハンダ付けをするという加工が施されているのもありました。そういうことも可能であったリムのはずでした。

 店主も、ここぞ!で何度か使い、信頼を寄せていたリムであるだけに、七十キロ弱のライダーがたかだか二千キロを走破しただけで、クラックが入るなんてことは、考えられませんでした。

 ちなみに、知り合いのメカニックや出入りの詳しい方々などに、あくまでも感覚的なところで判断を仰いでみると、このクラックホイールのテンションは通常か、やや低いのではないか?ということでした。

 メーカーさんの方に問い合わせると、完組みであれば、すべてメーカーの設計であるためそれなりの分析と回答はだせるが、手組みとなると、一体どこに原因があるのかを特定するのはむずかしい、という主旨のお答えが帰って来ました。

 確かにそうでしょう、まことに答えにくい分析だと思います。

 そして、あくまでも目安ですが、持っているテンションメーターで計ってみました。
110529 (3)

 洗濯ばさみのお化けのような簡易なメーターで、店主は今まで、スポーク折れを起こしたホイールの修正などには使用していましたが、この数値を前提に組み付けたことなどはありませんでした。
 
 計ってみると・・・25という数値。

110529 (4)

 換算表で見ると、このスポークテンションは120キロということでした。

 メーカーさんの言い分ですと、70キロ~90キロということで、ホラ見ろ、オーバーテンションだ!ということで決着はしたんですが・・・。

 しかし今までの経験上、MのRはそれ以上のテンションでも十分に耐えて働いてくれていたはずです!

 と、いくら叫んでも、メーカーの指定テンションではこう出ているので、全くもって仕方がないことなんでしょう。

 メカニックとしては、この特定のこのリムだが、たまたま弱かったんじゃないのか?工業製品だから、バラツキはありますのでねえ・・・。と思いたいところですが、それこそ、この個別リムのアルミの成分表か何かを分析して作らない限り、あくまでも類推の粋を出ることはありません。

 そうなると・・・メーカー指定範囲内の低いテンションだけで、このホイールを組み続ける必然性はないので、この有名メーカーのスタンダード的なリムは今後、使いにくくなってしまいますね。

 ただでさえ、チューブラーリムがないというご時世にです。

 それに、これからはこうした目安としてのテンションメーター使用も考えていかないといけませんね。

 次回以降から、知悉したアルミだけではなく、ついにカー○ンリムを使っての展開も考えていなくはないですから・・・。

 大体釣り竿にもなっているあの素材、正直よく分かりません。

 当然スポークも少なくなりますし、その辺のテンション管理などもしていかないと・・・。

 これからちょっとその辺にも敏感になるかも知れません・・・。しかし、ちょっくら悔しいねえ・・・、類としてのリムの破損の本当の原因が分からないというのは・・・。どう見ても、あの程度のテンションで、類としてあのリムが破損を起こすなんて、考えられないからなあ・・・。

 メーカーの基準を厳守するとなると、物事はすべて小さくまとまるような気がします。そこにプロショップが入ることによって・・・、という路線で今まで来ましたが、同じ路線を行くとしても、今後はより慎重に、慎重の上にもより慎重に検討しつつ、かつ利用者の皆さんにも十分な説明とメンテの徹底もしていかないといけませんね。

 こういう事をキッカケに、よりいっそう当店は太くなっていきます、といっても決して太々しくというわけではなく、より広範な注意と対策を打っていけるよう成長したという意味ですので、念のため!

 ※今回不可解な施工「ミス」により、ご迷惑をおかけいたしましたy様には心よりお詫び申し上げます!

さらにパワーアップ! ニンジン号 改良編!



 5月の頭に発表した、ママ狸んよりのニンジン号です。ポリスポートという子乗せかごを付けて四万台という、一台ですが、ちょっとパワーアップしましたよ。

 というのも、子育て中のご一家にとって、自転車とはやはり実用第一であることはいうまでもありません。ただ、それだけではなんとも遊び心がなさ過ぎる・・・というところの提案が、ママ狸んの意義でもあるんですが。

 その辺は色や周辺パーツなどで、大いに遊んでいただこうということで、さらにはソフトとしても子供と一緒にサイクリング!というような余裕も持っていただきたい、という本質的な立場は堅持していくつもりであります。

 その遊びとともに実用を両立させるためには、カゴの存在は決して小さくはないようです。

 できるだけ荷物や重いものは自転車に持たせたい、という願望は特にママさん達に共通に見られるようです。

 リュック・・・だと後ろに乗せた子供に窮屈なのではないか?また夏は暑いよね。メッセンジャーバックも同じようなもの。

 子供の送り迎えの時には、買い物はしない!なんて決めても、いざ「お時間限定の大セールだよ!」なんて声が飛び込んで来ようもんなら、主婦として放っておくわけにはいかない。

 そういう際にちょっとでも荷物を置けるところはないか?と思うのは実用として非常に大切なことだと理解します。

 そこで、付けて見ました。ちょっと見た目への配慮して、浅めのものを選んでみましたよ。

110528 (2)

 オプションで前乗せ子供カゴを取り付けてみますとどうなるか?
110528 (5)

 コイツですが、この足を乗せる部分とカゴ位置がバッティングしてしまいます、通常の取り付けでやるならです。

 そこで、前子乗せにぶつからないように、カゴを前面へ出してやる必要があります。

 こんな感じでどうにか調整付きますね。
110528 (3)

 しかもこの車体は、トップがゆったりしているので、オプション前子乗せをつけても、膝がぶつかりにくく、がに股にならなくても、普通にペダルを回すこともできます。

110528 (6)
 
 これだけ余裕があれば、全く問題はありません。

 ちょっと大柄なママさんやお父さん達にこそ、向いているといえるかも知れません。

 110528.jpg

 二人のお子さんに、ちょっとした買い物までもできる、ある意味ハイテク自転車でもありますね。

 子狸がうろつくようになってから、こういう自転車って・・・正直便利です・・・。

 ちょっと前にダッコひもに子狸を入れて、前傾のレーサーに乗ったんですが、手のひらが痛くなりました。それにメッセンジャーバッグ何てやったら、流石の店主も自転車嫌いになりそうです。

 本当、用途にあった自転車を利用者の視点から作り直す、大変重要なことだと痛感したんであります。

 そういえば、昨日はトラックレーサーでしたね、そして、本日が二人子乗せの買い物自転車、イヤー自転車って色々あるんですねえ。この一年の、店主の正直な感想です。

 まだまだ、開発途上の自転車って多くあると思います。かゆいところに手の届かない、歯がゆい自転車もあるんでしょう。

 もちろん実用だけでなく・・・。逆に言えば、実用なんていうものは、まさに現実の仕様条件が具体的にあるわけですから、それを一つずつこなしていけばいいわけで、多少時間がかかっても実現化は見込めると思いますが・・・。

 大変なのは、単なる実用でない、歯がゆい自転車なんですねえ。

 「ウ・・・ン」
「もういいじゃないですか?これだってリッパに走れるんですから・・・」
 「ウーン、でも何かが違うんですよねえ・・・」
「もうちょっと色がどうとか、形がどうとか言ってくれれば、何とかしますが、さっきから、雰囲気が何やら、何となくしっくり来ないとか・・・、もう勘弁してくださいよ」

 こんな潜在的な会話が、自転車屋の軒先から聞こえてくる気がしますよ。

 そういう潜在的な美的様式に答えられるような、かゆいところにドンピシャと手の届くような自転車造りも、ボチボチやっていきますよ。

 今当店の中での、小ブームがミキストなんです。

 潜在的な需用者に、ドーンとあてる、ミキスト。ある種の美的水脈を目指して、井戸を掘ります!

 レーサーも実用車も、そしてまだ見ぬ潜在的な自転車にまで、当店は関わっていきますともさ!

こちらも本業なんですよ! 競技系自転車 今年より秘策あり

110527 (2)

 今年のフジトラック1.0のフレームです。フレーム単体で頼んだのですが、色々ありまして、完車からバラしました。

 白に濃紺、いいコンビネーションだと思います。

 と、撮影中にトカゲをくわえた、ブタポコ君が横切りました。最近色々外回りをやっているようで、あまり家で食べたがらない・・・、ご近所ネコに成りつつあるこの頃です。

 大体学校が終わる頃になると、近所の子供達が、「ポコいる?」と迎えに来ます。まんざらでもないような距離で遊んでもらっていますね。

 で、この本気なアルミトラックフレームですが、まあ、学生身分でやるには、これぐらいが上限?なんて勝手に仕切ってはいけませんが、装備スポーツは金かけようと思えば、天井なしですから、適度なところでやめないと、装備で時計を出す、という不本意なことになりがちです。

 自転車競技の基本は足です!一も二もなく、足なんです。装備はアシスト・・・、これで行きたいですね。

 ただ、回りの天井知らずの装備を見ると・・・、多少つきあわないと、賞に絡めない・・・ということはあると思います。

 そこで、これから、こうしたアルミフレームなど、店主の考える、学生スポーツとしての自転車競技を支える装備内容、なんていうものをちょっとずつでも整えていこうか?と思います。

 一定の予算内で、メンテしながら使い続けることが可能な装備、こうしたものを先輩から後輩へ使い渡していけるようなものを提案していきたいなあ、と思います。

 で、このアルミフレームですが、シリコンが配合されているということで、いわゆるアルミフレームとは異なった印象を与えられる、といいます。まあ、この値段でここまで手の込んだものというのは、大いに好感が持てますね。

 鉄の次は、真面目なアルミ、いい変遷かもしれませんね。

 このフレームをチームからにできないか?ということが浮かびました。

 チームカラーというのは、当店回りの若い子達が競技会などで出る場合にお世話になっているチームです。

 これがそのチームのカラーです。
110527.jpg

 濃紺にオレンジのツートーンカラーです。

 ということは、元々の車体の濃紺を活かしておいて、白の部分にオレンジをかければいい、ということじゃないですか!

 早速マスキングしてかけてみました!

110527 (3)

 若干赤みが強いですが、乗っている内に焼けて薄くなるんでしょうから、これでいいでしょう。

 これに必要パーツ類を乗せて、チョチョイでトラックレーサーは組上がります。

 6月頭の、国体予選で、コイツはデビューするでしょう。

 装備への投資と、トレーニングの比重・・・。どちらも難しい問題ですが、金がない学生はやはり足を鍛えるしかない!

 これが大原則です。この原則を厳守でいきますが、本気で勝負をかけてくる相手にたいして、鍛えた足を最大限に発揮するための装備・・・という点にも多少は配慮していこうか?と思っています。

 近々に、そうした提案を具体化したものを発表していきますので、競技志向の若い皆さん、ちょっとだけ期待して待っていてください!
 
 来月は6月、自転車競技シーズンのまっただ中です!

 子供の自転車も、ママさん自転車も、パパさん通勤自転車も、そして競技系自転車だって、なんでも力入れていやっていくよ!


バラクーダ再び ピラーのメンテ 教えます!



 当ブログで発表したから、一体何百人の方が実物を見に来られたことか・・・。

 それほど噂のバラクーダだったんですねえ・・・。

 まず持ってみて、軽い!

 踏んでみて、何これ!

 驚愕の感想が連呼されます・・・それほどかよ!?

 もちろん、すべての言葉の下の句には、「この値段で?」が付きますが・・・。

 予告したように、当店より旅立つバラクーダには、デフォルトでコイツをペアで付けちゃいます。

110523 (3)

 言わずと知れた・・・
110523 (2)

 105のガンメタブレーキです。これで統一コンポの組上がりです。下りもしっかりしますので、レースにも出られるよ。

 というわけで「この値段で」完全無欠のバラクーダのはずなんですが・・・、癖もありますので、最初にお断りしておきます。

 それはピラーなんですね。
110523 (13)

 コイツです。これを下から見ると。
110523 (14)

 フルカーボンの涙型のピラーです。これ、バラクーダのオリジナルです。

 というのも、シートチューブが・・・、
110523 (15)

 涙型なんですから・・・。

 こういうのを曲者というのです。コイツしかダメなもの、もしも落車して、へし折ったら・・・。アキボウさんに聞いてみると、アフターで何本かは確保しているそうで、一安心なんですが、もしそれが切れたら、ピラーだけの損傷で、フレームすべてを諦めなければならない、というリスクも生じる・・・といこともしっかり勘定に入れておかないとね。

 ともう一つ。試乗の際に発覚した問題というか、メンテが必要な癖のあるところが一カ所あります。

 それは、というか、それもまたピラーなんですね。

 試乗の際に、ヘルメットにペダルを持参される方も多いんですが、マジで試乗するとなると、シートの高さや傾きなど、かなり神経質にセッティングに費やされることになります。

 その際、サドルが後ろに傾くという現象が多々起こりました。
 
 六角で締め付けるんですが、後ろ乗りになると、少し下にずれていく、非常に不快です。

 そこで再度しめるんですが・・・、また下にずれる。

 三本あるので、すべて交換して試しても・・・ダメ・・・。

 これって欠陥品かよ!と諦めるのはだいぶ早いです。こういうときには中身をよく見て、構造を把握する必要があります。

 110523 (4)

 まずは分解、締めるだけでなく、解いてみましょう。

 六角で外すと・・・、
110523 (5)

 ボルトナットがこういう風に抜けます。

110523 (6)

 外側の支えをとると、内側の支えが見えます。

 どうもコイツが回らずに、シート角を思い通りのところに持って行けない、というのが真相のようです。外側の支えのところで、好きな角度にできたつもりが、内側の支えと連動していないので、体重移動で元に戻ってしまっていた、というのが原因です。

 ということは、内側の支えの方も外と合わせて動けるようにしないといけません。

110523 (8)

 レンチをつっこみテコを使ってこじ開けると、

110523 (9)

 スプリングとともに内側の支えが飛び出ました。

110523 (10)

 並べてみるとこういう構造をしているようです。ピラーの円に沿って、内側の支えも動きたいところなのですが、両サイドからボルトナットで締め付けられて、ピラーの円に強くはまってしまう、そうなると圧入されているのと同じなので、当然回りにくくなりますね。

 そこで、当該箇所にグリスをたっぷりと塗ることにしました。

110523 (11)
こちらと、
110523 (12)
こちらの両方に、しっかり塗り込んで、多少締め込まれても大丈夫なように、ヌルヌルの状態にして戻します。

 これにて一件落着!

 通常なら共通規格でできているはずのところに、メーカーが独自にオリジナルのものを使おうとすると、往々にしてこういうことも起こりうることかと思います。

 それが天下の失敗作、となると翌年から全く姿を消したり、まあ色々あるようです。

 まあチャレンジングなのはいいと思いますが、エンドユーザーさんからすれば、共通規格の方が汎用性があるので、リスクがそれだけ少ないことを意味しますので、有利かと思います。

 ですが、メーカーオリジナルというのも捨てがたいものはあります。

 今回のピラーも、そのものとしてはカッコいい!ですから、なるたけ落車しないように、壊さないように使う。メンテしながら使う。これ基本ですね。

 オリジナルなものには癖があるものも少なくないので、おかしいな?と思ったら、できるところまで分解して、中を見て、構造を把握して、それに合わせてのメンテなり何なりが必要となってきます。

 そういうこともすべて含めて、プロショップがメーカーとユーザーさんとの間に入る、ということの意味があるかと思います。

 癖のあるものを通販で購入して・・・大丈夫かな?

 とりあえず、好評のバラクーダ、残り二台です!54と49ね!
 

オークションからやってきました



 オークションから落とされて、はるばる取手よりやってきました。

 当店は常識の範囲での持ち込みは、受け付けます、ということでやってきておりますが、基本としてオークションのご利用については積極的にはおすすめしていません。

 ご利用の際には、十分リスクを勘定に入れた上で、覚悟の上でなら・・・という枕を付けさせていただきます。

 今まで持ち込まれたものの中で、オークション経由のものについて、明らかに欠陥品であるものが数点あったということを、今まで何度か書いてきましたが、その補償なども結構うやむやのものも少なくなかったからです。

 こうしたことが理由であります。

 ただ、適材を欲するところ、つまり適所に置くというシステムとして、オークションという制度自体を批判しているつもりはありません。

 むしろ逆です、健全なオークションであれば、常識の範囲でご協力することは、当店の方針からしても決して間違ってはいないと考えています。

 そのままでは、使われずに物置において置かれたものが、オークションというシステムを通すことにより、より必要とされるところへと渡っていき、有効利用される、ということは、決して悪いことではないと思われます。

 そういう意味でも、繰り返しますが、健全なオークションの利用に関しては、当店もできる範囲でサポートをしていこうと考えています。

 今回の持ち込みも、ほぼでしょう、落札したものをそのまま乗っておられたものが持ち込まれました。

 全体の整備と、前二枚ギア残しのリアのシングル化、というご依頼です。

 こうした使いこなされたものを落札した場合には、快適にその車体の持っている潜在的な能力を発揮するためには、整備や交換といったものは、絶対に必要・・・といっていいでしょう。

 やる前と、やった後では、格段に違ってきます。

 110525 (4)

 こうした硬化したブレーキシューなども交換です。

110525 (5)

 ワイヤー交換も基本中の基本です。レバーの要所に注油、これも基本ですね。
110525 (3)

 クランク回り、特にBB付近が大切です。

110525 (6)

 まず、クランクを外して、中が開けられるかどうか、こういう事がこうした中古車をいじっていく時の要になっていきます。

 大抵は開けますが、その後の念入りなタッピングとフェイシングは非常に重要です。こうした車体をこれからも丁寧に乗っていくためには、こうした中間での大掃除の有無が決定的になる!といってもいいでしょう。

 ここでどうにかしてこじ開ける、そして再度下処理をしっかりとしておくと、数年後のメンテの時に格段に楽になります!

110525 (2)

 今回、この多段ギアを後ろシングルにするというご依頼。
 
 ただ前の二枚のギアは残すので、リアディレーラーはボルトでインデックスを固定します。

 ボスフリーなので、ギアを外して、フリーのシングルを付けます。

110525 (8)

 もちろん、チェーンも交換しています。

110525 (9)

 前ギアは洗浄してそのまんま。フロントディレーラーのワイヤーは交換です。

110525 (10)

 Wレバーの左は、前ギアの交換のために生きていますが、右はワイヤー抜いて、飾りとなっています。

110525 (7)

 パッと見は変わらないように見えるかも知れませんが、かなり内部に近いところ、目立たないところなどをしっかりメンテしているんです。

 実際に、お渡しして、乗っていただくと、「ぜんぜんメンテ前と違います・・・」と、驚かれていました。

 ここで一発ホイール交換して、再塗装でもすれば、全く別物の自転車に生まれ変わりますが、そこまでしなくても、機能的に自転車を生き返らすことはできます。

 その自転車が持っている潜在的な力を引き出す、それだけでもまるっきりガラリとかわる、ご自分でそこまでの知識と技をお持ちでない方は、こちらにお任せください!

 予算の中で、できる範囲での最高を目指します!

 必要としない人、使い方の分からない人から、必要とする人、利用したいと思う人へものが移動し、有効利用が再開される、考え方によってはオークションはすばらしいシステムともいえるかも知れません。

 そういうオークションの有意義な側面に沿ってのみ、当店はオークションご利用者のサポートをこれからもいたします!

 その自転車の持っている、眠っている、潜在している能力をしっかり引き出して、再度有効利用!

 応援します!

つ、ついに!登場! 噂のバラクーダ 初お目見え!



 昨年の九月以来、初めてのお目見えです。これがFUJIのバラクーダです!

 本来なら、今年の一月には入荷しているはずだったんですが、二月を過ぎて、三月の後半となり、それが四月の半ばに変わり、五月の連休明けに延びて、そしてついに5月の下旬の入荷と相成りました!

 大変お待たせいたしました!

110524 (12)

と、申し上げたいところですが、誠に残念なことながら、生産調整がうまく行かなかったのか、入荷台数、当初は当店だけでも11台というものでしたが、なんと・・・あてがい、たったの三台・・・ということになりまして、楽しみに待っていただいた方々には、ご迷惑をおかけする羽目になってしまうかも知れません。

 最初にお断りしておきますが、この2011モデルのバラクーダは、当店では今年三台のみの取り扱いとなります。サイズは54、52、49の一台ずつの、計三台のみです。

 つくりはいいですね、このつくりとこのコンポで189000円?というので、驚きです。

 一カ所だけは、九月の展示会の時よりも、変わってしまっています。

 この特徴的な、トップチューブからシートステーに流れる加工・・・、スゲーと思って楽しみにしていたんですが、ここだけが唯一、異なっていました。

110524 (8)

 もうちょっとロウをもって、仕上げをすれば・・・良かったのに、二手間抜いたね・・・。

 でも、その他はあの九月の展示会と同じ良いできです。

110524 (11)

 シートステーのシートチューブとの接合部分。

110524 (3)

 特徴的なトップチューブの形状(輪切りにするとイチョウの葉のような形)とヘッドチューブとの溶接しろ。

 このヘッド回りの硬さというのが、最近の自転車の特徴なんでしょうね、それに漏れずしっかりできています。

 110524 (10)

 シートピラーの固定部分です。

 このまたシートピラーがエアロで特徴があります。

 なんとカーボン・・・。ただ、締め付けにはコツがいりそうです。

110524 (7)

 他のピラーとの間で互換性はあるか・・・、むずかしいでしょう?まあ、あまりピラーをへし折ったという話も聞かないんですがねえ。でも、もしそんなことにでもなったら、互換性の薄いピラーですから大変です!カーボン部分にはトルク管理、基本のようです。

 110524 (6)

フォークもしっかりしています、もちろんカーボンです。コラムまでカーボン・・・、ステムの締め付けのさいには気をつけましょう。普段の調子で鬼締めしてしまうと、そこでバキ!ということも起こりえます。ここでもトルク管理です。

 コンポ類を見ていきましょうか?
110524 (9)

105のほぼフルコンポです。驚きでしょう?よく基本コンポは105とか言っておきながら、クランク部分がFASだったりするのってよくあることですから

110524 (2)

 クランクまで純正105です、これは珍しいです。しかもBB部分は新規格のものをしようしています。

 当然手元変速も、105。
110524 (4)

 十速のもうレースに出てもいい車体です、正真正銘レーサーです。

 ただ一つ抜けているのが、ブレーキです。
110524 (5)

 一部スケルトンになっていますが、これは105純正ブレーキではありません。惜しい・・・。

 まあ、ここは当店で105以上のものに交換していこうかと思います。

 繰り返しますが、今年度に関しては、もうこの三台、以上を取り扱うことはできないそうです。

 各店舗でもう取り合いになって、47、43という小さいモデル以外は、一台も回ってこない、というのが業者さんのお話でした。
 
 だいたい2012年モデルがでるのが今年の秋頃ですから、今この三台を逃すと、ちょっと先ということになりそう可能性は濃厚です。


 乗り味ですが・・・。 まず軽いです。初期アルミのゴチゴチの硬さはありません。横剛性は強いです。 

 これにDTで組んだホイールを前後に履かせて、ブレーキを良いのに交換すれば、即戦闘機になります。

 多少の試乗は可能です。当店にて。

 売り切れ次第、次号の最速でいつ入手できるか?情報収集ですが、今回も一月入荷が、五月下旬ですから、あまりあてになりません。

 というわけで、噂のバラクーダ君が、即幻のバラクーダ君になりそうです。

 110524.jpg

 すでにお声がチラホラ・・・、先着順重視でいきます。

 ご連絡お待ちしています!

 ※すでに52サイズのものは売れました。残り49と54のみ一台ずつです。

6月4日 5日 田植えです!

11052600.jpg


 毎年恒例の、狸サイクル田んぼの田植えの日が決まりました。6月の第一週の土日、今年は4日と5日ということになります。

 4日の早朝、東京を出て田麦山入り、その昼過ぎから田植えをして、たぶん・・・、その日の夕方の内に終了かな?

 参加人数によりますが・・・。

 ただ、田植えは比較的楽な仕事です。

 田の草取りは結構重労働で、稲刈りは完全力仕事で大変です。

 それからすれば、田植えは田んぼ体験入門としてはいいでしょう。きつくもなく、泥を足で感じて、充実感ありですから。

110523 (2)

 こんなんでも、やった!という達成感ありますよ。

 もうすでに参加表明の方もいらっしゃいますが、まだ余裕ありますので、ちょっとやってみたいなあ・・・と思われる方は、当店のお問い合わせメールより、ご参加表明ください。

 田植えのあとは、草取りです。七月の草取りのあとは、ホタルの夕べなんていう企画もありです。

 田植えが済むと、中越地方の天気予報が気にかかるようになります。なんか天気悪いなあ、まさが冷害なんて・・・、など心配したりして。

 でも株価や為替や先物の値段で一喜一憂するよりずっと健全だ、なんて思います。

 ちょっとした入り口になるかと思いますので、その象徴になるような田んぼ仕事のまねごとですが、やってみませんか?

 もちろん秋の新米の楽しみなこと・・・。今年の秋は、ちょっとした米騒動になるのではないか?と予想します。その前に、少しずつ、動いておく、そういう意味でも、象徴的です。

 今月末頃締め切りにします、レンタカーなんかで行こうか?とおもっていますので、人数確定はしっかりやります。

 是非是非ご参加、ください!

ママ狸ん 四人衆 ついに最終章! 四番目の女房の作

110521 (15)

 ママさん四人衆の室内楽よろしく、自転車再塗装が始まったのは・・・、確か今年の3月前半だったかな?と記憶しています。

 そう、まだあの三月十一日が訪れる前でした。

 この頃は、まだ東京都下にも大量の放射性物質は降っておらず、普通に呼吸し、子供達は土の上べったりで遊べて、水も、野菜も魚も、ほとんど心配なく食せ、暮らせていた、今となっては懐かしい時期でもありました。

 何のかんのいっても、国や政府や自治体というものも根底の根底では信用せざるを得ませんでしたし、新聞やテレビの報道なんかも仮に斜めからであっても情報源の一つにはなっていました。国立大学の先生方のおっしゃる専門性の高い事柄などにも、多分そうなんでしょうなあ、などと思えた平和な時期でもありましたね。

 さて、今となっては!ですが、推して知るべしです。

 すべてが木っ端みじん。あてがいぶちの公的機関、報道機関、専門機関、すべておさらばです!さよならー!!!

 選びなおしです。最初からやり直しです。リセットだ!

 しかし、なおかつママ狸んはぶれていません。震災の前であっても後であっても、全くぶれていないんです。

 ママさん四人衆の中の最後のEさんが、作品をやり抜けました!

110521 (11)

 もとの車体がこれ。前後に子乗せ運搬機が付けてある、無印の車体です。

 この三月の上旬より作業開始で、その際にお腹にお子を身ごもっておられた中、果敢に作品製作に打ち込んでおられたんです。

110521 (16)

 4月の上旬、出産予定でおられたところ震災が発生、急遽生まれ故郷に帰って、そこで無事出産となりました。それから一月故郷で過ごして、再度上京。

 二ヶ月遅れで製作再開し、今回の完成となったわけです。全くブレなし。

 ちなみに、このママさん四人衆の過去の作品をご確認ください。

 アダムスファミリー号がこれ。

 スプラッシュ号がこちら。 

 そして、嫁さんによるタコさんウィンナー号がこれでした。

 なるほど、そうだった!と思いだしていただければ幸いですが、そして今回のEさんによる黒板塗装が最終号という形になります。

 110521 (14)

 何度か倒しによる傷やタレをヤスリがけして、整えた黒板塗装です。

110521 (10)

 こんな感じに仕上がっています。クリアをかけていますが、艶消しなので、チョークで落書きはできるはず。

110521 (12)

 この子乗せ運搬カゴはないだろう、ということで、ハンドル回りを一式取り替えました。

 これがまたでかい籐のカゴを付けましてね・・・。
110521 (6)

 当然大きすぎるので、取り付け金具などは、特注というか特別仕様ということになります。

110521 (7)

 通常なら一本で足りる、下支えの金具を二本使用します。しかも長さの違うものです。そうでないとカゴが前の方に傾いてしまいますからねえ・・・。

 そしてハンドル側からも太い金具でしっかり抱き留めます。

110521 (8)

 それから、リコールも出た子乗せ運搬カゴですが・・・、
110521 (13)

 コイツをオランダから来たイェップ(Yepp)に載せ替えます。

110521 (4)

 オレンジイェップです。

 このオレンジに合わせて、ペダルもオレンジドロップにしましょう。
110521 (2)

 そしてグリップがまた凝っています。木製の持ち込みのものです。
110521 (9)

  ちょっと太いので、手の小さい人には向きませんが、触感が木だなんてちょっと新鮮です。

 110521 (5)

 そして、一点豪華といえば、これもまた持ち込みの革サドルの定番、ブルックスです!これはもう二度と雨ざらしにはできませんぞ!!!

 それと機能としては、後ろの内装三段のギアを16Tのデフォルトから、20Tのものに替えました。

110521 (3)

 後ろに子供を乗せて、バスケットに荷物、背中に子供を背負った場合、その負担はお母さん一人にかかります。そういう際の踏みだしは、軽いに超したことはありません。

 この20Tであれば、フワッと前に出てくれます。そして一定のスピードに乗った際に、ギアを一枚、二枚と上げていけば良いんです。この踏みだしの軽さは、電動など必要ないくらいです。

 一度お試しアレ!っという感じかな?

 というわけで、相当前になってしまいました、
110521 (11)

 こいつがですねえ・・・、こんな感じに大変身!となったわけです。まさに最終章にふさわしい変身ぶりです!

 110521.jpg

 好みと、センスと、ちょっとした手業があれば、あとはこちらお任せで、これだけ自転車を見た目的にも、機能的にもかえることが出来るんですね。

 どこにも売っていない、一台限りの自転車の誕生です。

 ここにウソや誤魔化しや騙しなどはありません。ただちに健康に良いものだけです。

 震災の前後を通じて、全くブレのないママ狸ん、ママさん四人衆、人間こうでなければ!そして、それぞれが協力し合って、次世代の子供達を育てておくれさ、そういうところに希望は大ありだ!

 さよなら!旧利権にしがみつく皆さん!


11052201.jpg

そして,こんにちわ!自ら生き抜こうとする皆さん!

転んでもただで起きない 盗まれついでにチューンナップ!

110521 (2)

 たまたまその日一日だけ、会社に駐輪していただけなのに・・・。

 翌朝見るとこのような状態になっていた、ということでした。

 後輪がない!一輪車の状態。ワイヤーのかかっていなかった後輪だけを盗むという、まあなんとも了見の狭い、セコーイ泥棒です。

 人が思いを込めて組んで、それを思い込めて乗っていた人の車輪を盗んで、よくもまあ平気で自分の自転車の後輪として使えるよね。ものをブツとしてしか見ていないから、そういうことができるんでしょう。

 近しい人の形見分けの時も、質屋の目でしかものを見られない人、工芸品を鑑定と称して詰まるところ換金的視点でしか見られない人、悲しい方々です。

 流石に一輪車では自転車は走りませんから、後輪組み直しましょう!

110521 (4)

 復活です!

 しかし、それだけでは今回終わりませんでした。

 これ!
110521 (6)

 そう、STIです、ドロップハンドル用の手元変速機ですが・・・、盗まれたなら、より高機能化して、復活させてしまう!

 持ち主の方の意気込みです!というか、当店の焚き付け・・・かも知れませんが。

 ちなみに、このタイプのSTI。9速のティアグラですが、この夏、メジャーチェンジいたします。なんとティアグラのレベルで10速になってしまいます。

 となると、下ハンドルから、シフトアップとシフトダウンができる9速のSTIが主流からなくなってしまう、ということを意味します。当店には9速のお客さんも多いので、これは困りものです。

 ソラも9速のSTIですが、下ハンドルの位置からシフトダウンのレバーに指が届かないため、入門用としてもレーサーには使えません。下りに入ってシフトダウンのできない車体なんて、レーサーではありませんから、あくまでも高速ツーリング車止まりになってしまいます。

 そういう意味で、このティアグラは貴重なんです・・・ねえ。

 110521 (3)

 元々フラットバーだったものを

110521 (5)

 ドロップハンドルに交換だ!ウシシシ、これにてフレームは、ではもっと前に出ますよ!と張り切るはずですよ。
11052100.jpg



 赤い輪をもつ黒馬に変身です。お見事!

 災い転じて福となす。転んでもただでは起きない。

 卑劣な盗難を乗り越えて、より上からの再出発です!

 もう二度と、後輪が盗まれませんように、今度盗まれたらカーボンリムで再出発するぐらいしか、その上はありませんからね。

 引き続き、皆様方も盗難注意です!

適正自転車 もっと街道を走れ!



 ご自分でここまでやってこられたお客さん。これだけでもスッキリしています。泥よけ外して、チェーンカバーも外せるところまで外していますが、これ以上は当店へお任せということで、お持ちこみに成られました。

 風薫る5月が終わると、6月は梅雨のシーズン、雨になると泥よけは必要になりますね。重要なのは特に後ろ。跳ね上げられた水が背中からお尻を直撃します。

 そういうときには、着脱式のものをシートピラーに噛ませれば、それで用は済みます。

 泥よけファンという方は確実にいらっしゃいますので、それはそれで否定しません。泥よけ一つとっても、実は深い世界で、工芸の域まで行ったものもありますから。

 ただ、後輪の着脱には正直邪魔なので、店主としては取りたい傾向です。

 跳ね上がりは大体、泥よけ半分以下でも大丈夫なので、手間をかけるなら、半分ちょん切って、留め金の位置をズラす、というのでも良いかもしれません。今度やってみようかなあ・・・。

110520 (6)

 ステムを低く、前傾をとれるようにするというのも、高機能化の重要なポイントだと思いますね。

 これはありもののステムを切って、シャフトにダイスをかけるというやり方で短くします。

110520 (4)

 今回は、ベアリングが歪になったハブダイナモホイールを交換しましたね。これも軽量化です。ハブダイナモは機能的には優れています。発電するための抵抗は、リムに押しつけるタイプのものよりずっと低いですし。

 ただ、それ自身が重いというマイナスも確かにありますね。

110520 (2)

 チェーンカバーは外しました。乗る際に右足の裾にちょっと気をつかえば、ほぼ問題なしですね。

 仮にチェーンが外れたときでもこれならすぐに復帰できますしね。

 内装三段のハブですが、通常16tの歯のギアが付いてるようですが、これらは18tや20tに交換することもできます。子供を乗せる自転車、重いものを運ぶ自転車などには大きな歯のギアに替えると、最初の踏み出しが相当軽くなりますね。おすすめです。

 110520 (5)

 ハンドルとグリップの統一、こうした改造の際に色味を合わせるなんていうのも良いかもしれません。

 で、組上がったものですが、こうなりました。

110520 (3)

 オオ!様子がいいですね!

 こうした軽快な自転車に、適正サドル高では知る人が増えていったら、街の様相は変わります、確実に変わります。

 何よりカッコいいですし、それだけでなく確実に楽になりますから、距離も伸びます。

 大人がかっこよく乗っている姿を子供達が見ると、まねしたがります。

 子供達にまねされたがるようなポジションで乗りたいものですね。大体サドルを支えるピラー自身が、実用車のそれは短すぎますね。当然子供の自転車も短すぎます。

 より長い物に取り替えて、持っている足の機能を最大限に使えばもっと楽に速く遠くまでいかれます。

 こんなちょっとしたことから自転車の持っている可能性は広がります。

 いつも改造後の自転車を軽快に乗って帰られるお客さんの後ろ姿を送るとき、あのカッコいいポジションに感化される人ってまだまだいるはずだ、無自覚な広告塔としてしっかり安全に走ってください!と思います!

磨きと塗装のコラボ・・・なんですが・・・



 ファニーバイクですね、一見して分かります。

 前650C、後ろ700Cの自転車です。今は競技規定で使用禁止になっているので、こうしたものはよほどのことでない限り作られませんから、貴重といえば貴重なフレームですね。

 これを黒く再塗装してほしいというご依頼、よくある内容ですが、もう一つ、ご注文を受けました。

 トップチューブに銀のラインを入れてほしいということ、こういうのもまあ、よくある内容なんですが、今回は銀ペイントはしませんでした。

 ここは、大森研魔の社長と話をして、ペイントではなく、磨きでやろうということになりました。

 110519 (3)

 黒塗装です、艶ありのクリアを吹いています。

 で、トップチューブに、見えにくいですがラインありです。

110519 (4)

 クリアの艶がラインとあいまって、よく確認できにくいかと思いますが、トップチューブに約7ミリ幅の磨きラインがあります。

 むずかしいですね、銀で鏡面に近い磨きをすると、クリアの反射とあまり区別がつかなくなるので、なんか対策が必要かも知れません。

 また、磨きをそのままにしておくと、その表面は錆びてきます。ですからクリアをかけて酸化を防止するわけですが、せっかくの磨きがクリアによって一律になってしまう、という逆効果があることにも気づきました。

 磨きは磨きのままだから美しい、その上に仮に無色であっても、塗料系の樹脂が付くとなると、磨きの効果が殺されてしまうのではないか?

 これも課題ですね、磨いたあとをクリアをかけないでかつ、酸化させないようにするにはどうするか?

 今後とも、大森研魔の社長とはコラボを考えているので、こうした諸問題をどう処理していくか?今後の課題となりますね。

 刀を錆びさせない工夫ってどうやっているんだろう?こんなことがヒントになりそうですね。

 近い内に、大森研魔の社長さんの渾身の自転車が組上がりますので、こうご期待です!

 この辺が確立したら、週に何度か狸サイクル内で、大森研魔の開業をいたしますので、ドシドシご依頼ご相談等、お待ちするようになります!

 こちらも合わせて、楽しみにお待ちください。

 磨きはメッキに必ず勝つ!これを証明していきます。大森社長研鑽中・・・。

ジブリ的自転車の再生



なんか肩にクロネコでも乗せて、魔女が走っていきそうな、自転車に見えませんか?

出所も仕様もよく分かりませんがジブリのアニメに出てきそうな雰囲気アリアリの一台ですね。

これを持ち込まれて、「古いから新しいの買った方が良いよ」という自転車屋がいるとすれば、ハッキリ言って、センスなし、思いなしの仕事をされているところでしょう。
 
それが大半!とは思いたくないですが。

これもまた軽量化のご依頼いただきました。

110518 (3)

泥よけを外して、アメサイドのタイヤをはめて、前ブレーキも交換ですね。

110518 (6)

例によってローラーブレーキを外して構造を簡単にしました。

ちなみに、その後に固定ギアも付きます。固定ギアは自分さえ慣れれば、出来心的な盗難防止になるかと思います。

110518 (5)

ローラーブレーキを外した分、いつものようにこちらに移植しました。

目立ちませんが、BBの調整もしっかりしています。

110518 (7)

見た目はこれですが、座り心地はいいですね。裏から油を補給して、どうにか持たせていきたいですね。

110518 (8)

このライトを、こちらへ変更。
110518 (4)

この砲弾型ライトもレトロでいいですね。どうにか復活させていく方向で考えていきたいです。

取り替えるとことを取り替えて、外すところを外して、調整できるところを調整して・・・、持っている味を生かして、こうなりましたよ。

110518 (2)

あの見たくもない、9800円の自転車が走るより、こうしたメンテされたレトロな自転車が町を滑走する方がどれだけ豊かか?
このセンスが分かる人と、そうでない人では、今後しっかり仕分けされるような気がします。

古くてしっかり作られた自転車を再生する、自転車文化の成熟化のためには重要な仕事だと思います。イヤ・・・、自転車文化だけではないですねえ、文化自体の成熟・・・までいかないと。

地道ですが、こうしたこともやっていきます!

※大好評いただいている、手作りTシャツですが、すでにsサイズ完売です!

色々ありまして・・・ちょっとTシャツを作ってみました

110517 (7)

 絵心満載のタヌキ君の絵、だと思われませんか?

 こういうデザインでほしい・・・、というような発注が非常に難しいようなデザインだと思います。

 ねらって描いてほしい、という形ではいただけない絵なんですから。

 これは、当店の競技系で大変お世話になっている、沼野監督の勤め先である、障害者施設の利用者さんより描いていただいたものを拝借した絵だったんです。

 で、何に拝借するか?ですが、・・・ついにつくってしまいました。

 Tシャツです!

110517 (6)

 ジャーン!ってだからなんだよ、ですが・・・。

 胸のところにある、当店のマーク。
 ちょっと曲がってプリントされているのが、またいい。

110517 (8)

 これは神楽坂の有名デザイナーであらせる、アニーさまよりいただいたものであります。使用許可は・・・しっかりとったと・・・思います、たぶん・・・。

 そして背中には・・・、
110517 (9)

 店主が酔っぱらった勢いで手描きした、狸サイクルの文字・・・、キタネー・・・。

 これをご縁がありまして、限定三十枚で作ってしまった・・・というわけです。

 サイズは、S、M、Lの3サイズ。

 そしてやめればいいのに、色も何種かあります。

 最初のものは黒ではなく、濃紺です。

110517 (5)

 ベージュに藍色のライン。

110517 (4)

 ワインレッドに白のライン。

110517 (11)

 黄色にワインレッドライン。

 以上、計四色で、作ってしまいました。

 イメージはこれ!
110517.jpg

 モデルは、最近当店に出入りしている、建築学の修行中のカンジ君です。
 お店でお見かけの際には、お声をかけて上げてください。「ヨッ!建築士の卵!」。略して建タマ君です。

 そして悪のりして・・・、
110517 (3)

 ガキンチョ用のものも、数枚作っています!

 子狸のタヌキ柄Tシャツです。

 110517 (2)

 背中にしっかりご紋も入っています!

 さらに、さらに悪のりして!

110517 (10)

 タヌキ印のヨダレかけも、ほんの数枚作ってしまいました・・・。

 気になるTシャツのお値段ですが、大人用一枚2500円。だだし!三枚同時購入でなんと!6500円!四枚以上からは一枚2100円にて、承ります!ガキンチョ用は一枚1800円です。

 今回、Tシャツ製作でお世話になったのが、社会福祉法人のいたるセンターの皆さんです。

 納期などは少しゆるめに考えておけば、手仕事感のあるあたたかい作品が、かなりの安値で作っていただけます。
 
 今回は、Tシャツでしたが、今後は手ぬぐい、ウィンドブレーカー、ハッピ、ネックウォーマー、などまで発展していきそうです。
 
 今後とも季節にあわせたものや、今回の震災に関する息の長い活動のための資金集めなどにも色々とお世話になりそうですので、本ブログ読者の方で、こうしたものや活動にご興味のある方は、以下までご連絡して、詳細などを伺ってみてください。

社会福祉法人いたるセンター
阿佐谷生活園
〒167-0023
東京都杉並区上井草4-3-11
あけぼの作業所内
TEL・FAX:03-3395-1801
松葉 菜都
e-mail:matuba@itarucenter.com
URL:http://www.itarucenter.com/

ちょっと新たな展開が始まりそうです!Tシャツの方も、売り出し開始!です。

子供自転車塗装教室   だよ!

110515 (4)

 作業の途中にハイチーズ!

 とばかりに、幼い兄弟の塗装教室です。

 お姉ちゃんの乗っていた自転車を、弟に譲る。よくある話ですが、ここからが違う。

 ちゃんと再塗装して、しかも自分で塗装して弟に渡すという、いい話ですわ。

 塗装の前に、パーツを全部外して、洗剤でよく洗います。汚れや油分をしっかり落とす、基本です。

110515 (3)

 塗装自身は決して簡単な作業ではありません。うまくやろうと思えば、そこそこ練習が大切です。スプレー缶でも、小さい子の握力では、押せないこともあります。

 あと、性格や資質など子供によって色々ありますから、できるところで参加すればいいんです。こうした、事前の作業を一生懸命する、非常に大切なことです。

 お姉ちゃんを軸に、再塗装をしましたよ。

 弟君へ!

 ピンクのフレームが・・・ターコイズ・・・その反対色のオレンジがマットガード、周辺パーツもカラフルに。

 イザ、のってみましょうか?

110515 (2)

 かわいい!

 110515.jpg

 メタリックのターコイズフレーム・・・。よくこんな色探してきたよね。

 ご両親は、じっとお姉ちゃんの背後で黒子役、連れてきて、給水したり、お弁当を運んできたりと。

 お姉ちゃんから弟君へ、いいプレゼントです。家庭内プレゼント。

 単なるお下がりではない、一手間かけたお下がりなんて、しゃれています!家族力が違います!

 そのような気持ちを大切にするご家族をも、今後とも支えていきたいと思います。

 お母さんやお父さんへのプレゼントに、シークレットで子供達が塗装して贈る・・・。話だけでも泣けてきますね。

 そういえば、もうそろそろ発表してもいいかな?新婦から新郎への自転車改造プレゼントの話・・・。

 一手間かけた自転車を贈る・・・成熟社会ですね、そろそろ当店の出番かな?

西荻ギャルズってご存じですか?



 西荻ギャルズってご存じですか?

 って、知るわけないですね、店主が勝手に面白がっているだけですから、本ブログ上でも初めてですね。

 西荻のとある酒場に集うギャル達です。

 このギャルの皆さん、基本独立独歩でありながら、共通の美意識・・・というか価値観をお持ちでいらっしゃいます。

 ギャルの割には見た目は決して派手ではありません。ある意味、見た目を派手にする必要もないからです。つまらんことを人にアピールしてもしかたないっていう達観でしょう、大人です。

 実を取ってしっかり生きておられます。各自各様趣味などもたれて、それ自体には共通性はあったりなかったり。

 捌けているわけですね。飄々としたお姉様の経営される、いかにも西荻らしい気取らず自然体で酔っぱらえるような酒場に集う彼女たち、女子的イメージにありがちなネチネチ感はまったくなく、サバサバと全く構えることなく生き方を持ちよっては、合わせるところは合わし、そうでなければ別に・・・。

 そのギャルズの一人が、かつてヒョッコリ当店でママチャリの軽量化と高機能化をやって頂いたようです。それから、ギャルズの中では大ブレーク!!!

 と、いうわけではなく、ホー・・・面白いねえ、というかたちでジワジワと感染していったようです。その後、「○○さんから紹介されました××ですが、ママチャリの改造お願いしたくて・・・」と。期間をおいては、入れ違うように自転車をお持ち込みくださいまして、それぞれの用途に合わせて、淡々とお使いになっていただいているようです。

 西荻ギャルズ・・・、それぞれはそれぞれの仕事をしながら、一定の距離を取りつつ共存している、生活者集団・・・。派手さも付和雷同もなく、自らの目を信頼してぶれることなく淡々と生きていっている生活共有化集団・・・。

 まあ、成熟化しているんですよ。派手でも熱くもなく淡々とね。というわけで、店主はこの西荻ギャルズ的なものを非常に気に入っているわけで、当店もまさにこういう方々の脇にある・・・という実感があるわけです。がんばってネー・・・って一体何をヤ?

 で、軽量化と高機能化ですが、こうなりましたよ!
110516 (2)

 カゴは付けて置いてね!というギャルズのウィンクで、店主もコックリ。

 お嬢さん、ハンドルの位置って結構決定的でしょ?
110516 (5)

 110516 (6)

 サドルは変えておいてよ!シートが破れていた雨が降ると、雨後数日感濡れますからねえ。

 110516 (4)
 
 それとお嬢さん!泥よけは取りました。雨の中力入れて走らないでしょ?あっても降り始めにちょっとやられるくらいかな?それも年に何回ありますかね?んなわけで、とりました。梅雨の季節、何かありましたら、靴べらのような着脱式のものをご用意しておきます。

 110516 (3)

 いつものようにチェーンカバーもとりましたよ。あまりスカートははかれませんようですし・・・。ブレーキは裏に付けておきました。ローラーブレーキ自体も重いですからね。

 これで少し乗ってみてください。距離はまた徐々に延びていくと思います。ギャルズのなかで、現地集合の小金井公園サイクリング大会?をやったそうですが、そういうのもこれから楽になっていくと思いますよ。

 ブリジストンの実用車。同じ名前のお姉様。塗装したり、ホイール変えたりすれば、とんでもないことになりますよ!

 皆さんで、赤ワインでも飲みながら、生活と自転車のことなんかを大いに語り合ってください。

 西荻起点で、自転車が変わっていく・・・、なんとまあ中央線的なことか?!

 阿佐ヶ谷を捨てつつある店主、西荻起点で何かやりたいと思っていたら、アチラからいらしてくれた。

 ギャルズ良来たれ!我ら変わらん!

バッドボーイを悪に・・・

110514 (2)

 いかにもいかのもの、キャノンデールバッドボーイ。

 フォークも片側だけ、全体が機関車のようにマットブラック・・・とまさにツッパリですわ。

 コイツをシングル化してほしいというご依頼。

 本来なら、固定にしてほしいということなんですが・・・、今回は色々と障壁がありまして・・・。

 まずはもとのホイールを活かしてのシングル化ということに成りました。

 ディスクブレーキはハブにそもそもその規格が入っていますので、固定用のハブでは対応できないことがほとんどです。

 あるのかな?固定ハブにディスクブレーキの機構のついているもの。

 確かアダプターでフリーのコグを外して固定ギアを入れらるものもあったような・・・気がします。

 ディスクを活かしての固定、ちょっとした課題にしてもいいかもです。

110514.jpg

 まあこの辺のゴッチャリした印象が、一気にスッキリしてしまいます。

110514 (5)

 スペーサーにて調整。
110514 (3)

 決してむずかしい調整ではありませんが、時間と手間がかかります。

110514 (4)

 大型BMX?とでもいう印象、ありますかね?

 確かにこうしたタイプの自転車もジャンルの一つの層を確立した感があります。好きな人は好きなようです。

 中途半端の効用・・・ということを考えます。

 店主はあまり評価はしませんが、あのクロスバイクという奴。なぜこれほどまでに普及しているか?といえば、あのなんともいえない中途半端さなのではないか?あの中途半端さが、スポーツ自転車の敷居を下げている、ということはいえると思います。

 それだけでない、中途半端さの効用。グレーゾーンにこそ各自のスタイルがあるんじゃないか?という推測です。

 つまり、競技志向でない人に、ゴリゴリのロードが来たり、マウンテンバイクが来た場合、しかもそれをどうしても乗らざるをえない状況が来たとき、どうするか?

 その方が自らのトータルバランスということに気を遣う方でしたら、まさに自らのトータルの中に落とし込むために、とんがったロードやマウンテンをくずし始めるんじゃないか?競技自転車の牙抜きです。

 ハンドル形状を変え、サドルを変え、タイヤを替え、フォークを変えて、色物の統一を図ったり・・・。

 ようやっと自分の仕様らしくなった、と思えるまで、どのトーンのグレーにするか?を探求しようとするのではないか?

 この辺の豊かさというのも自転車文化の成熟化に大いに関係してくるところでしょう。

 どんなものを見せられるか?こちらもそうした選択肢を示せるように、日々精進しないといけませんね。

 バッドボーイの悪ガキ化もあれば、バッドボーイの更生というのもありでしょう。

 とんがりを先鋭化させる方向も、研磨する方向も色々ありますね。

 既存と既存の間にこそ可能性がありそうです!確かに当店なんて完全な隙間産業でしょうからねえ・・・。

二輪駆動の珍車に カゴとスタンドをつけるの巻



 こういう仕事をしていると、面白い自転車に出会うものであります。

 一見マウンテンなんですが、アチラ側にタスキ掛けに見えるものがありますね。

 どういう構造になっているか?追ってみてみましょう。

110513 (2)

 まずは通常の自転車と同じようにペダルを踏んでクランクを回して後輪を動かします。

 動かされた後輪によって、タスキ掛けのチェーンが回り始めます。

110513 (3)

 始まりのプーリーです。
110513 (4)

その対岸のプーリーがここです。
110513 (5)

そこから次のプーリーに力が伝わります。
110513 (6)

それから左反対のプーリーまで回していきます。

 このプーリーが、前輪の小ギヤに接続しているわけです。
110513 (7)

 つまり、後輪を回した力が、前輪に伝わるところから、二輪駆動ということが言えるというわけです。

 で、なんでそんなことが必要なの?というわけですが・・・。

 これで普通の道を走っても、重いだけで二輪駆動の恩恵は全く感じられません。

 たぶんですが、砂漠のような砂地のところや、急斜面、しかもダートだったり、雪の道だったりした場合には、なるほど!と思えるんでしょうが、今回店の回りを走ってみましたが、全くその効果を実感することはできませんでした。

 で、今回のご依頼は、ひょんなことから手に入ったこの自転車の、前輪駆動を外して、カゴとスタンドを付けてほしい・・・という内容なんですね。

 通常、改造という場合には、その多くは日常から非日常の方へ持って行くものなんですが、今回の場合はその逆でした。

 つまり、非常に非日常的な自転車を、日常化していこうという・・・そういうご依頼だったんですね。

 ただ、形状も特異なところから、通常のカゴが通常に付くわけがありません。

 イヤー・・・、非常に苦労しましたが、何とか付きましたよ!
110513 (8)

絵に関する画材などを入れてるそうなので、できるだけ大きなカゴにしました。新聞屋さんのカゴですね。

110513 (9)

 取り付け金具を色々と加工しまして、フォークの付け根に取り付けて、何とか付きましたよ!

あとは、スタンド・・・。
110513 (10)

 ディレーラーに干渉しないタイプのスタンドです。

 全体が後ろに引いてあるので、変速時に前後移動するディレーラーの動きを邪魔しません。

 二輪駆動の超お変わり自転車を通常の後輪駆動の自転車にして、カゴとスタンドを付けるという、通常化したわけです。

110513 (11)

 通常化といっても、やっぱりちょっと変わった風貌には違いありません。

 まあ、こんなことをする自転車屋も少ないんでしょうね。だから当店にご依頼になる。

 こうした無理難題系のご依頼は、それを克服すると絶対に店の技術として、加算されていくものなんです。ですからスキルアップには欠かせないんですね。

 当店の技術向上の上でも、こうしたご依頼は実に有り難いんです。そして何よりやっていて大変ですが、楽しいです。

 逆にできることばかりをルーティーンで回していること、これも大切には大切なんですが、それだけで楽しいのでしょうか?他の店のことを心配しても仕方ないですが、自転車屋自体が楽しんでいないと、利用者の方がそこまでしなくとも・・・、と思うぐらいに楽しんでいないと、活気がないんじゃないかな?なんて思います。

 メーカーから送られてきたものを、ちょっと整備して、値札を付けて並べて・・・、やるのはせいぜいパンク修理だけ・・・。自転車をビニール傘化している元凶の一つでしょう。自らが売るものをおとしめる、何考えているんでしょうか?

 まあ、他店のことはいいとして、これからもこうした無理難題系、心よりお待ちしています!!!

自分で塗装 姉妹編 その2 姉

110512 (6)

 予告通り、今日は姉妹塗装のお姉ちゃん編でいきます。

 シングルピンクの自転車でした。これに足付けしているところです。

 妹君がブルーベリークリームにするのに対し、お姉ちゃんはチョコレートに。

110512 (8)

 二三回吹き付けたら、結構ものにしていきましたね。

 最初に吹いた泡なんかを再度ヤスリがけして、吹き直す、回を重ねるごとにうまくなっていきます。

 塗り分けをラインでやっていますね。

110512 (4)

 そしてチョコレート感を出すために、艶消しクリアで仕上げました。

110512 (5)

 雨の撮影でしずくが見えますが、、これは単なる水のツブであって、実際は本当にミルクチョコレートのような感じに仕上がっています。

 小学五年生、恐るべし・・・です。

110512 (2)

 高学年ということもあって、今回は多段ギアにしました。

110512 (3)

 ハンドルはカマキリブレーキ。茶色、キャラメル色のグリップです。

 本当にトータルに自分でコーディネートした、チョコレートムース号の完成だよ!

110512.jpg

 椅子はアイボリーなので、よりクリーム感を出しています。

 どうです?一言で言って、いい自転車でしょ?小学五年生が自分で手がけたんです。

 何度かの失敗を乗り越えて、自分の考えとセンスとをふんだんに盛り込んで、持ち前の技術を精一杯つぎこんで、精魂込めて作った自転車なんです!

 そういう自転車をこれから雨ざらしにするでしょうか?駅に置きっぱなしにするでしょうか?撤去されたからこれ幸いとばかりにそのまま放置して廃棄するようなことをするでしょうか?後輪パンクしたくらいで捨てたりするでしょうか?

 今やビニール傘と地位を同じくしつつある自転車にたいして、多くの大人がやっていることを、この姉妹はするようになるでしょうか?

 今の若い者や子供がものを大切にしない!などという前に、ものを大切にする環境をいかに作れるか?そっちの方に大人はもっと頭を絞るべきでしょう。

 すでに本質的な予兆はありましたが、この三月を機に、この世の中は大いに変わっていくでしょう。今までに当たり前だと思われていたこと、暗黙に前提にして省みることすらしていなかったことが、一気に崩れてくる、崩れざるをえない状況になっていくと思います。

 もちろん抵抗勢力はいるでしょう。もうちょっとうまくやっていれば原発事故は起きなかった・・・。国民にはこの程度の情報で良いだろう・・・。新聞やワイドショウで何度も繰り返せばウソでも国民は信じるだろう・・・。

 しかし、官房長官のいうこと、テレビや新聞で言われていること、東電の説明、役所の発表、東大の学者の解説・・・その他、今まさに本当に信じている方ってどのくらいいるでしょうか?

 東京都は地上十八メートルの付近で、放射性物質の量を計測しているそうです。本当に都民にとって、意味のある数値は地上一メートルでしょう?

 今になって、放射性物質の拡散予想を出されても全く意味がありませんよ!気象庁!

 自分たちにとって、一体何が重要か?今まで当たり前だと思っていたこと、正しいと思っていたことなど、すべて一端リセットしないといけませんね。

 そして再度、自分たちの頭と目で、正しいと思われる理性を探究していかないといけません!

 その一つの象徴的な答えが、この昨日と本日の二人の姉妹によって示されていると思います。

 いささか唐突に思われるかも知れませんが、この姉妹のやったことに重要な答えがあると思っています。そして、大人としてやるべきことは?という答えも店主なりに出しています。

 手本になる師匠達からも多く学べたし、いい若者も集まってきた、子供達もすこぶるすこやかなり!

 これからは世の中は変わるし変わった方が良い・・・、オット「世の中」なんてよそよそしい言葉はいけませんな、「自分たち」にしましょうか?

 これからの自分たちは変わるし、変わった方が良い。たとえ「世の中」がかわらなくても・・・です!

自分で塗装 姉妹編 その1 妹

110511 (7)

 細々ですけれど、確実に続けている、子供自転車の自分で塗装教室です。

 こういう活動は、自転車界にとってだけでなく、人について、生き方について、社会について・・・、そして世界に対するあり方を知るためにも、非常に大事なきっかけになるかと思っています、多少大げさですが・・・。そういうわけなので、これは続けていきますよ。

 そして、共感していただける方がいらっしゃいましたら、「うちの子供達にも!」という方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくご相談ください!

 今回は、二人の姉妹が名乗りを上げました。

 今日はその妹編です。

 車体は、えび茶というかエンジのような色をした車体です。三年生のこの妹君は、その下の三歳の妹にこの自転車を譲って、二年上のお姉ちゃんの自転車をもらう気でいましたが・・・。

 その一番上のお姉ちゃんは、購入予定だった自転車やめて、次女に譲る予定だった自転車を再塗装と高機能化するので、次女の妹君には回らなくなりました。なので、次女の妹君も譲る予定だった自転車を自分で再塗装して、乗ることにした・・・といささか複雑な状況だったんですね。

 まあ、細かいことはさておいて、足付けして、作業開始です。

 すごいこの姉妹の集中力です。何よりも作業を楽しんでいましたね。

 色決めして、何とツートーンカラーにすることに。

 シールなるものは自分でマスキングテープを丸く切り取って、白地に貼ってから、濃紺のペイントをしていきます。

110511 (8)

 お見事に桜の花びらのように成っていますね。

 アップにすると・・・
110511 (3)

 丸に切ったはずのこの歪さが、また良い味を出しているわけです。

110511 (2)

 このポイントの間隔もこちらがなんやかやといったら、もっとガチャガチャになったかも知れませんが、これがこの妹君のセンスなんです。貼り方やペイントのコツには口出ししましたが、その他はほったらかしです。

 110511 (6)

 ホイールをきれいにして。

 どうせ再組み付けするなら、替えるものは替えてしまいましょう、とサドルをミラータイプに。

110511 (5)

 ピラーは大きくなったら、長い物に交換すればいいので、今回はこの辺で・・・。

 そしてハンドルは、長女のお姉ちゃんについていたものをそのまま移植・・・、しかしシルバーのお気に入りのグリップを付けてです。

110511 (4)

 体験と、好みと、センスと、自信と、誇りを乗せて、再塗装再組み付けの自転車が完成しました!

110511.jpg

 とても楽しんでもらえたようで、こちらもうれしい限りです。

 これできずが付いても自分で直せるし、体が伸びたら相談してくれれば、中学生になっても乗り続けられるよ!

 濃紺に白い玉、店主が勝手に名づけて、ブルーベリークリーム号!

 明日はお姉ちゃんの作品を公開しましょう。

 ヒントをいうと、チョコレートムース号・・・です!

 こうご期待!

復活wレバー

110510 (6)

先日街道に戻してやった、レイダックですが・・・。

110510.jpg

 元々問題のあったWレバーだったんです。リベットが外れて、右のレバーの効きが悪い。そこで、再度リベットを打ってみたんですが、どうも頭が小さかったらしく、リベット自体が折れて、レバーごと後輪に入って、ホイールを振れさせてしまった・・・ということでした。

 それを再度再生させるとすると、もうリベットは使わない方が良い・・・ということに。
110510 (3)

 この程度のポッチが2カ所でとまっている。もしかしたらかつては接着剤か何かが使われたのかも知れません。今となっては、それもなく、リベットもダメ・・・、溶接もアルミだしねえ・・・。

 110510 (4)

 まあこれに準じた、台座を作ればいいということで・・・、作りました。

 フレームに細工するのは、メカニックのやることではありませんが、こういう場合は仕方ありません。

 細工の結果・・・、

110510 (5)

 無事Wレバーがつきまして、変速可能になりました。

 ついでに、ブレーキを
110510 (2)

 前後ともに105のキャリパーブレーキを付けて、やる気満々です。

 あまりの効き過ぎに、フォークがもつかなあ・・・なんて老婆心だといいんですが。

 変速機構が戻って、制動が増す・・・。再度行けるところまで街道を走ってこい!

 また何かあったらドックで待ってるぜ!

精力的にやってます!軽量化と高機能化



 なんか最近やたらとご依頼頂きます。

 実用車の高機能軽量化です。

 基本最低限のものを残して、あとは外す。見えないところにも配慮で、次回以降の改造もしやすくするように仕込みます。

110509 (3)

 チェーンカバーなんて取ります。裾の方を気をつければ何とかなるでしょう。

 外れたとき、注油する時も非常にやりやすいです。

 110509 (4)

 泥よけも取ります。必要なときに着脱式のものを付ければいいんです。

 これでタイヤも外しやすくなります。

 110509 (6)

 ブレーキもキャリパー化すれば、タイヤの着脱は断然楽になります。

 パンク修理は自分でできます!

110509 (7)

 外したローラーブレーキのねじ山に、固定ギヤを仕込みます。これで実用車固定自転車のできあがりです。

 でもその反対に・・・
110509 (8)

 フリーもしっかり残しています。

 ホイールをひっくり返して付ければ、フリーにも固定にもなる・・・。

 実用車でも、バラエティーに富んでます。

110509 (5)

 ステムを切って短くします。

 前傾をとれるようにすると、自転車への入力がまします。効率よくなりますね。
110509 (2)

 今回は、カゴだけは実用上残して、あとは当店流に軽量化と高機能化しました。

 これで十分ですよ。

 最近持ち込みによる、この手の改造が週に二台から三台・・・、当店を起点に徐々に高機能な実用車が走っていくようになる。

 自転車の持っている本来のポテンシャルを身近なところから喚起していく、重要な仕事でしょう。

 すべての人がレーサーに乗る必要はない・・・かも知れませんが、この高機能ママチャリは体験してほしいですね。

 完成車としても常備置くように、しましょうかね?

 自転車への入り口をだ着るだけ多く面白く作っていく・・・という考えですね!

改造実用車 固定にて候

110508 (2)

 かつては別名で出ていたものですが、こうやって、マイナーチェンジをさせて再登場です。

 当時は時代がまだ当店に追いついていなかったんでしょう、面白がられながらも、実際に手を付けた方はいませんでした。

 それから時が過ぎて、色々あって、今、時代のちょっとした転換期に入っているような気がします。

 ようやっと時代の方がこちらに追いついてきた、といったところでしょうか?エヘン・・・。

 フレームは実用車ですが、その他はまあ、そこそこで組み付けられていて、無駄なものがないだけに、軽量かつ快走してくれますよ。

110508 (3)

 しかも固定ギアにしています。もちろんフリーにもできますが、まあ基本固定でどうぞ!

 通常、レーサーなんかをお持ちでありながら、都心は盗難が怖くて駐輪もできず、といって今さら電車に乗るのもなんですし・・・という方むけの、快走車です。

 固定なんていうのも・・・いいでしょ?出来心盗難も防止できるでしょう。それよりなにより、これで普段使いをしている内に、クランクよりペダリングを習うことができる・・・という最大メリットもありますよ。

 今回は、
110508.jpg

 フラットバー仕様にしていますが、ハンドルなんて、帽子を買えるように取り替えのきくものですから、いかようにもなるでしょう。

 ちょっとした距離の通勤にも十分使用できますし、下手したら、都内二十三区内はこれでも十分かも知れません。

 無駄なものがない軽量で、部分的に高機能な、この一台、税込み価格38000円で!

 自転車が新たな何かを牽引してくる時が来たようです。

 まだこれがなにを意味するのか分からない方もいるかと思いますし、店主自身もまだぼんやりしていますが・・・、徐々にですが、すごいのが来そうです、すごいのが・・・!

自転車のもつポテンシャル

110507 (7)

 しまった・・・、またも改造前の写真を撮り忘れてしまった・・・。

 このサドルは改造前のものなので、これよりいわゆる実用車の典型を想像していただければと思います。

 ちょっとその辺のママチャリより、おしゃれな雰囲気のあった自転車でした。

 今回は一部気合いが入っています。
110507 (4)

 ホイールが、そこそこレーサーのものを使っているからです。けっこうディープリムでしょ?タイヤも23ミリです。

 あとはいつものようにチョチョイのチョイ。
110507 (2)

 ギヤクランクは元々ついていたもの。でも、BBはしっかり現行品を使っています。その際に山をさらって面を出す、基本です。

 110507 (6)

 キャリパー化もいつものやつです。効きます!

 でハンドルですが、これはちょっと町乗りの雰囲気を残しました。
110507 (5)

 ヘッドパーツもステムもハンドル、ブレーキレバーも新品でピカピカ!

 こんな感じになりました!
110507.jpg

 改造前との比較ができないのは、ごめんなさい、いつものことながら・・・。

 乗っていただくと、・・・こんなに変わるんですか?と。まあ、固定ギアにしてしまったことなども大いに変わった要因のひとつなんですが、本質的にはフレームの持っているポテンシャルがほぼ全取っ替えのパーツ類と連動して、快走に一気に向かったせいなのではないか?と思えます。

 フレームにはそれぞれその潜在力のようなものがある・・・と思います。

 やっている本人も、驚くほどの変わりようなんですね。

 通常の実用車が、ママチャリが・・・こんなになるなんて・・・。

 こういう目で見ると、通常使いの実用車が叫んでいるように思えます、「本当はオレもっと走れるんだぜ!」って。

 じっとお持ちの自転車をご覧になってください、そのような叫びやつぶやきがきこえてきたら・・・、お持ちください!

 自転車の内部の声に従って、変えて参ります!

橙馬と黒馬の二頭立て 今年の入門ロード



 先日、あげました今年の入門ロードの橙馬です。

 なんかしっかりできていて、あまり手を入れるところがない・・・というぐらい、デフォルトとして完成度が高いですね。

 これは完全な被害妄想ですが、なんか、作風というかなんというか・・・、FUJIが当店を追いかけている・・・印象が全くなくはありません。

 ピッタリ番手についているのかなあ・・・。もちろん!!!あちらは絶対にこちらなんか意識してはいないでしょうが、あたかもそうであるかのような作風があるんですねえ。

 二年ほど前に売れた、オレンジ号なんていうのは、革サドルに革のバーテープ、ブロンズのリムにブラウンサイドのタイヤでした・・・。

 まとまっていましたねえ・・・。

 他に白馬もあったし・・・。まあ偶然なんでしょうね。

 なにはともあれ、今年の当店の入門ロードの二頭立ては、この橙馬と!

110506.jpg

 黒馬で行くことにします!

 この黒馬は、ちょっと前にご紹介したものとはチト異なっています。

 これがちょっと前の馬です。
110422.jpg

 まあ、周辺が異なっているだけで、本質的な意味での違いはありません。
110506 (2)

 バーテープが茶色で、もちろんですが、手元変速のSTIが付いています。

 110506 (5)

 タイヤがブラウンサイド・・・、サドルもブラウン・・・という違いですかね。

 本当に消耗品程度の違いなんですが・・・これは、この茶系の入った黒馬の元が、橙馬だった、ということに起因しているだけです・・・。そうです、黒馬に染めたんです。

 ですから、茶系の入った黒馬は、520と540の二頭だけ・・・、それが売り切れてしまえば、ものはデフォルトに近い黒馬になってしまう、ということになります。

 だからなんだ?ですが、まあ茶系黒馬限定二頭!ということで大げさ広告させていただきます。

 当面はこの2色でと思いつつも・・・、仕事に飽きてくると、別のことをやりたがる傾向が大ありの店主としては、今後の展開もなくはない、ということだけは申し上げておきます。

 またかつて評判の良かった、金リムと濃紺フレームのものなんかも作らないとは限りません。

 ゆっくりですが、裏では変わり塗り系のものもないではありません。

 このストラトスタイプの自転車は、ちょっと汎用性のあるものですので、少し遊んでもいいかと・・・、多少の空振りは覚悟の上で、やっていこうか?とも思います。

 ロードほどシャープではありませんが、ツーリング車ほどのんびりしてはいない、常用馬とでもいいましょうか?

 サラブレッドでもなく、観光地にいる駄馬でもなく・・・、そこそこ高速で、そこそこ積んでもしっかり走る、そういう意味でよく働くいい馬たちだと思います。

 通勤でもよし、ロード入門としてもよし、高速ツーリング車としてもよし、クロスバイクには飽き足らない微妙な方々をターゲットにしている本馬どもをよろしくお願いしますね!

 主に520と540で!受注発注なら、490や430もありです!

 ヒヒーン!

痛いところに手の届くパーツ ムーンサドル

110505 (2)

 何気なく自転車の脇を通り過ぎて、アレ?と思って、振り返ってみると・・・何やらイルカのしっぽがついている。

 フーンと思って数歩行くと、ハテ?何か足りないなあと思って、再度戻ってよく見ると、サドルがない・・・。

 というかこのイルカのしっぽは一体何?と暫く見ている内に気づくのが、なんだこれサドルだったのか?ということ。

 サドルというものは、多少の差こそあれ牛の頭のような形をしてるという先入観からすれば、瞬時にサドルの有無について違和感が沸いたというのは理解できます。
 
 実に店主がまさにそうでした。

 もう一度よく見ます。

110505.jpg

 やっぱりイルカのしっぽのような形をしています。これがサドル?なのかい?


 最近では必要ないと判断したのか,従来のサドルの先端部分を切ったハートのような形をしたものは見たことはありました。しかし、ここまでしたのを見たのは初めてです。

 で、実際お借りして走ってみました。

 なんか止まり木に腰掛けているようで、ちょっと不安感はありますが、ある意味ちょっと画期的な発想かも知れません。

 サドル問題といえば、深刻な方はそれはもう大変な問題らしいです。特に女性に関しては・・・。

 店主は幸い、サドルにうるさい方ではありません。カシマの鰹節級の硬いサドルでも、百キロ越えのツーリングぐらいへっちゃらです。

 イヤなのは柔らかいタイプのもの、それ以外なら・・・まあ大体なんでも大丈夫です。好きなサドルは確かにありますが、それがないとダメ、というほどではありません。

 しかし、サドルにうるさいお尻の持ち主は、確かにいらっしゃいます。違和感程度のものから、極度の痛みまで、ハテは前立腺・・・、粘膜・・・と実に超個人的な領域まで話が入り込んで参ります。

 まあ、場所が場所だけに、説明や相談もはばかれる・・・何て事もあるんでしょう。

 そういう状況すべてひっくるめて、サドル問題は決して小さな問題ではありません。

 そうした状況下で、ポッと出会ったこのムーンサドルというのだそうですが、コイツは少なくとも痛みに関しては、大幅に軽減してくれると思われます。

 痛みの多くはあのサドルの細くなる部分に関わっているようですが、それがこのサドルにはないんです!

 ですから、少なくとも従来の痛みからの解放はあるかと思いますよ。

 ただ店主もこのサドルで一キロも走っていないので、実のところ実質的なコメントはできません。実際五十キロ以上乗り続けて、どう出るか?なんていうのがサドルの試し方ですからね。

 とはいっても、この形、なんで今まで思いもつかなかったのか?というのがまるでコロンブスの卵のようで、悔しいというか、やられた!というか、人の先入観の深さというか、色々感じさせられるものがあるわけです。
110505 (3)

 このサドルが自転車にとって本質的に効率が良いかということはこの際、論じる技量はありません。

 そして、通常のサドルが座りつつなおかつ両足を交互に動かすには、適切な形である・・・と、百年以上の歴史が物語っているのかも知れません。

 でも、単純にこういう形のものがあっても良いよね・・・、というところにさえ、全く気づかなかったという、不覚ぶりというか、サドルというものはかくあるべしという固定観念の頑強さに、店主はバットで後頭部を叩かれたような衝撃を得たんですわ。

 片腕の方のための二本引きのブレーキレバーもしかり、ちょっとしたことでかゆいところに手の届くものって考えられるし、作られるはずなんです。

 このサドルにしても、痛いところに手の届いているサドルですよ。今後まだ研究の余地はあるかも知れませんが・・・。

 こうあるべきものだ、そういうことはそもそもできないことだ。という、タブーとまでは言われないまでも、今まであまり積極的にやってこられなかったことを、あえてやってしまおうというのが当店の基本姿勢であったはずです。

 既存のあり方はすべて疑え!素人だからこそ思いつくところに、プロでは思いもつかないような宝のような発想があるかも知れない、自分で思いつかないことだからこそやり遂げることがスキルアップにつながるんだ!

 というような、発想の下やってきたはずなんですが、どうもまだまだ甘かったようです。

 もっと、しっかりリセットかけて、守るべき流儀や姿勢は横に確保しつつも、新たな発想や考え方に基づくものをも取り入れていかないと、いつかは脳梗塞になっていってしまうでしょう・・・。

110505 (4)

 これじゃなきゃだめだ・・・、といものが、なきゃないなりに何とかなるわ、と気づいたとき、いろんな意味で人間は太く、強くなれるような気がします。一歩前に出たんですから。

 このサドルは、ある意味店主にとっては衝撃的な象徴になるようなものかも知れません。

 サドルの形なんて、もっと枠を外して考えたって良いんだ。

 ズシーンと、自転車の持っている可能性の、その膨大な潜在的質量に気づかされたような気がしました。

 まだまだ自転車はありそうですね。そして店主などはまだ甘い・・・。

 なんかまたスッキリしました、新たなリセットの予感です。どうリセットが起こって何が生まれるのか?

 日本国じゅう、リセットの予感です!

事故車も修正 初夏を走ろう!

110504 (6)

 逆光でよく分かりにくいかも知れませんが、この自転車の前輪を支えるフォークですが、ちょっと後ろにずれているんです。

 110504 (5)

 これもわかりやすくはありませんが、フォークの左側が外に少し開いているように見えませんか?

 前輪をぶつけてフォークが曲がったようです。当店発の黒ストラトスでした。

 FUJIにこうした場合のスペアフォークがあるか?といえば、ありません。

 フォーク単体でよく売られているものは、このようにクラウンという肩がないものがほとんどです。なくても機能上は大丈夫ですが、このストラトスには見た目はあった方が良いかもしれません。

 しかも、無垢で来るフォークには再塗装しなくてはいけません。

 形の近いものを探して、黒といっても色々ある中で、より近い黒を塗っていく、ちょっと車の板金やさんのような色あわせ的な仕事です。

 正面からぶつかったようなので、当然ホイールの点検もすることになります。

 そして、フォークがこれだけ曲がったという衝撃を考えると、フォークとフレームの接点であるヘッドパーツも損傷を受けています。この辺も点検と交換の準備をします。

110504.jpg

 新しくなったフォークです。

 エー?ぜんぜん前と変わらないじゃない・・・。

 こういう感想は、この場合ほめ言葉になります。前とほとんど同じようにするわけですから・・・。

110504 (7)

 新しいものなので、曲がりはありません・・・当然ですが。

110504 (3)

 ヘッドパーツも新品に交換です、以前は金色でしたが、銀のものへ交換です。

 110504 (2)

 ほとんど前と同じ・・・でしょう。

 110504 (4)

 フォーク・ヘッドパーツ交換後の本体です。もろストラトス・・・ですね。

 当店はビルダーではないので、フォークやエンド、リアディレーラーの修正等は出来ますが、フレーム全体の計測となると、手に余ります。

 この程度の事故であれば、なんとかなりますが、これ以上となるとビルダーさんの所へ持って行くことになります。ケガも含めると、やはり事故なきように、楽しく走ってほしいですね。

 この手の入門ロードは、当店で手を入れて、十万前後でお出ししています。このくらいのグレードであれば、消耗品の入れ替え、コンポ類の載せ替えなどしていったら、入門でありながら、相当長く乗り継いでいける・・・ということを考えてお出ししているわけです。

 今回のようなちょっとした事故でも、フレームにクラックのような致命的なものが生じない限り、修正や交換しながら乗り続けていってほしい。そうした願いがこうして、再生の実現化ができるというのは、お出しした当店としてもうれしい限りです。

 これにて完了!新緑の最高の季節です、是非是非いいペースでのサイクリングにお出かけください!

一体で二本引き ブレーキレバー

110418 (3)

 以前この一体で二本引きのブレーキレバーをご紹介しました。

 色々応用のきくレバーだと思います。例えば、重い荷物を運ぶ自転車、例えば子供二人と買い物を乗せて走るママさん自転車などが典型だと思いますが、重い自転車を止める際には、それだけブレーキが効かなければなりませんが、通常の自転車では、2系統のブレーキとなっています。

 でも、しっかり効かせるためには、3系統つけてもいいんじゃないでしょうか?

 後ろ二つに、前一つ・・・とか。

 でも手は二本しかありませんから、レバーは二つでないと・・・、こういう場合などこの二本引きブレーキは使えますね。

 そして、手に障害をお持ちの方。昨年もご来店いただきましたが、事情があって片手の握力の弱い方もいらっしゃいます。
 
 そういう方にも大いに使えますね。

 今回は交通事故で片腕生活をしていらっしゃる方からのご依頼でした。

 早速送付してみたところ、以下のようなお返事が帰ってきました。

「テスト走行時かなりきつめなテンションでセッティングしてみましたが特にバランスを崩すことなく、安定した制動を得ることができました。・・・平地での急制動に至っては、自分が前に飛び出す結果となり本当に
満足のいくものとなりました。・・・、御蔭さまで安全な通勤タイムを満喫出来ます。この度は本当に有難う御座いました。」

 ということだそうです。
110503.jpg

 このように取り付けられたようですね。

 110503 (2)

 何はともあれ、障害を越えて自転車の利用が快適になったということに関しては、本当に良かったと思います。

 または、コレ
110503 (3)

 コースターブレーキといいますが、後輪のハブでクランクを一瞬逆回しにすることで制動を得られるものですが、これを軸に後輪を組み付ければ、上の二本引きのブレーキとこのコースターブレーキで、完全に2系統のブレーキが確保できるというわけですから、片腕生活をされている方でも安全に走行が可能となり、かつ法的にも問題はなくなることも可能となります。

 かつて、アテネパラリンピックの練習用機材を提供したこともがありまして、その際障害というのは、完全にワンオフのものであることが身にしみました。

 パーツ開発などはできる度量もないので、今ある現行のパーツをいかに駆使して、ワンオフの障害や条件に合わせていけることができるか?

 まさに当店の重要なトライアルの一つかと確信します。

 他にコースターで内装数段のハブなんかもないかなあ・・・なんて、色々なパーツ類についても勉強していかないといけませんねえ。

 こういう条件や難題が店の技術向上のキッカケになるんでしょう、本日も福島からわざわざ、難題をひっさげてきていただいたお客様がいらっしゃいました・・・。

 その件につきましては、また後日・・・、非常に興味深い内容です・・・まさに再生・・・。

 この二本引きのブレーキに関しましては、ご使用の事情によりまして、値段は変えてお出ししますので、何かありましたらご相談ください。

 多くの方々を安全に自転車で街道にお出しする、これぞまた当店の店命・・・なのであります!

ポリスポートというのだそうで・・・

110502 (3)

 この子乗せカゴは、ポリスポートといいます。形式は、ハマックスと同じタイプで、シートチューブに台座を噛ませてそこに装着するタイプです。

110502 (4)

 このアヒルのようなものが台座で、ここに二本の鉄製の棒を入れてシート全体を支えます。

 なので、荷台固定式ではありませんので、直接的な振動吸収性はいいですね。

 機能的にはほとんどハマックスと同じとみていいでしょうね。ですから、ハマックスが多くなってきたので、こちらの方を選択!というのも大いにありでしょう。

 110502 (2)

 サドルとグリップをオレンジにして、車体が緑なので、ニンジンカラーですね。

 110502 (8)

 ペダルはスケルトンのブルー・・・何でか知りませんが、こういうチョイスになっています。

 当然、荷物も載せますよ!という方にはオプションで、カゴを取り付けいたします。

 110502 (7)

 110502 (6)

 スタンドですが、最初からハの字のタイプのセンタースタンドです。気をつけながら、お子さんの乗り降りをしてください。

 このニンジンカラーの自転車、もちろんポリスポートの子乗せカゴを付けて、売り出しいたします。

 全体像は、こんな感じですね。

11050201.jpg

 イヤー、またちょっとばかり気を引く子乗せカゴ付サイクリング車ができましたね。

 ポリスポートってどんなのかしら?という際の展示車にもなっています。

 是非実際にご覧になって、場合によっては試乗もしてみてください!

 生活に子供とサイクリング!是非取り入れてください!

 11050202.jpg

 モッカちゃんというモデルさんに乗ってもらいました。こういう若いお母さんとチビっちゃいお子チャマとのほのぼのサイクリング!

 なかなか軽快です!

休みの間に メンテはいかが?



 最近、古めのマウンテンバイクのメンテ依頼も、頂いています。連続して、来ることもありますね。理由は色々でしょうが、一つには、持っている自転車をしっかりメンテしておいて、自分の足としての性能を上げておく、という流れのようなものが確実にあるようです。

 特に、通勤仕様のものなんかは顕著なようです。

 地震いらい、停電など相まって、自力更生というのでしょうか?自分でできることはできるだけ自分でやっていこう、という方が増えたようにも思います。

 今回はたぶん偶然でしょうが、マウンテンバイクが続いていますが、実用車のメンテもいただいており、その根底に「もしまたガソリンがなくなったら足がなくなる・・・」というちょっとした危機感のようなものが底流にあるようにも思われます。

 文明の高度化には、分業化は必然かも知れませんが、その分業を徹底すると「なんでも人任せ社会」が成り立ってしまいます。自分の専門のことしか分からず、できずで、あとは銭でもって「やってもらう」しかない、という生活の主要部を見ず知らずの他人に握られている・・・という社会です。

 二百キロ以上離れたところから送られてくる電気を使わざるをえず、拒否もできず、選択肢も全くない構造に組み込まれている・・・。杉並区内で発電されれば、送電の効率もずっと良いはずなんですが・・・、全く人任せにせざるを得ない・・・。

 電車が止まったら、数時間車内で待つしかない・・・、何もできず手も足も出ない。確かに順調なときには効率的です。しかし、ひとたび何かあったら、自らは何もできないんです。

 下りて自分の足で歩く、自転車を借りる、親指立ててヒッチハイクする。別の鈍行やバスなどを駆使して、目的地まで行く・・・こういう過程も非常に大切なんですよね。

 これからどういう時代になるのか?なんてでかすぎる問題を抱え込むよりも、できるだけ、自分および自分たちでやれることはやっていく、というような方針で生きて行ければ・・・と震災以前から思っていたことを粛々と実現していくことなんでしょうね。

 古いマウンテンバイク・・・だけではありませんが、古い自転車のメンテの要はやはり駆動系と制動系のチェックということがいえるでしょうね。

110501 (2)

 チェーン回り、ディレーラーの洗浄やチェーン交換なんかも非常に大切ですね。
 そして、ディレーラーをうまく動かすのはワイヤーの調整ですが、このワイヤー交換というのもとても効きます。

110501 (5)

 錆びや折れたワイヤーはシフトチェンジやブレーキにも影響を与えますので、交換をおすすめします。
 
 ワイヤー交換は、単なるワイヤー大ではありません。調整が入っているちょっとハイテクな内容になっています。シフティングの善し悪しはここで決まるといっていいでしょうね。

 110501 (4)

 あと制動というとブレーキですが、シューの交換も重要ですね。
110501 (3)

 ブレーキシューが古くなって、硬化していたり、セッティングの変な癖が残っていたりしますので、こういうところの交換も大切ですねえ。

 そして、自転車の消耗品の代表といえば、タイヤですね。
110501 (7)

 通勤など街道で使用するとなると、ブロック系のタイヤを履いている必然性は全くありません。そして、大体古く放っておかれた自転車のタイヤは、大体がボロボロです。

 繊維が見えていたり、脇が破れていたり、ゴムがひび割れていたり・・・ともう散々なものが多いですね。こういうところもしっかり交換していきたいですね。

 こうした地味で目立たないメンテも乗り手には直にその快適性は伝わることでしょう。アア、診てもらって良かった・・・という感触をいただけると、こちらとしてもうれしい限りです。

110501 (6)


 通勤等を利用した、自転車の使用で変わっていくものは小さくないはずです。まずは持っている自転車、持っていた自転車をメンテして、その可能性を最大限に引き出してあげてほしいです、そうすると、自転車が今度は乗り手の可能性をひきだしてくれるはずです、絶対に!!!

 なにやら、この時期世間様では連休のようなので、こうした休みの時にこそ、自転車のメンテにお使いになられてはいかがでしょうか?

 当店は、今のところ、この連休、休む予定はありません。

 ドシドシ、お待ちしています!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター