メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2012年11月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

固定ギア ピスト祭りの第三弾!悪いけど、走るよ、こいつ



 店主もなぜか、説明付きませんが、相当走ります。当店発としては・・・5台目かな?ロードを乗っていた、スポーツバイクを知っている方ですら、「自前のカーボンより、走ります」と。

 それなりの工夫はしていますから・・・、なのですが、ビルダーではないので、フレームのスケルトン等に関しては、まったく手も足も出ませんが、その周辺で、何とかやってみたら、これが走る!

 試乗するたびに、店主も欲しいなあ・・・などと夢想するくらい・・・です。

DSCN1151_convert_20121130142910.jpg

 これ一枚にかなり組み付け努力が凝縮されています。

 今回のこれはフォークがスゴイよ!

DSCN1152_convert_20121130142851.jpg

 裏のエアロウィングで、手が切れるか?と思うくらいのエアロフォーク・・・。しかも軽量で強靱。風切りますぜ!

DSCN1153_convert_20121130142833.jpg

 リムは、定番DTの・・・、本来の定番は585ですが、これは一ランクしたの520。でも、精度もそこそこ良いですし、練習機用のホイールとしては、もってこいでしょう。

 足回りがこれで決まりました。

DSCN1150_convert_20121130142930.jpg

 クランクは、これもし上げ良いですねえ、マイティーコンペ。そこそこのグレードのフレームには、是非付けてやりたい、水準です。

DSCN1154_convert_20121130142811.jpg

 ココも注目でしょ?当然鉄ピストハンドルで、NJSものですが、見ると少しアナトミック・・・。競輪系のものとしては、非常に珍しいです。

 当店に舞い込んできました・・・、いつだったか・・・?

 そしてディズナの文句なしブレーキレバーです。

 そして本気でフルブレーキングしたいなら、この水準は譲らない方が良いでしょう。
DSCN1155_convert_20121130142708.jpg
 
 やはりブレーキは105からです!

DSCN1156_convert_20121130142747.jpg
 
チョコッと塗装で遊んでいます。従来はマットブラックオンリーでしたが・・・。

DSCN1157_convert_20121130142727.jpg

 ある種の抽象模様になっていますが、これはある意味があります。不知火と雲竜です。

 お分かりの方は、どすこい!と分かるでしょう。

 チョコッと遊び心ものせて、マジな練習機、これでオフシーズン三千キロ乗ってご覧なさい!春からのペダリングに変化がないとしたら・・・この世は終わりです。

 ロード乗りこそ、固定に乗ろう!オフシーズンこそ、固定に乗ろう!

 固定・ピスト祭りはまだしつこく続きます!!!
スポンサーサイト

アーミーテイストに一変!



 字体がよくあるものと違うので、一見どこのかな?と思いますが、巨人でした。

 これを再塗装して、持ち込んだパーツで組み付ける、ということです。

DSCN1074_convert_20121130113958.jpg

 薄いブルー、空色とも言いますね。これが・・・

DSCN1126_convert_20121130113900.jpg

 一気に火薬の匂いがしてきますな。西ドイツ・・・かな?という色指定。模型メーカーのラッカー番号まで、ご指定で、気合いが入っています。

 事前にこの色でのポルシェ写真を送ってください、それなんかを参考に調色です。これで黒が一切入らないんだから、驚きでしょ?

 この領域は、多分一つの分野となっていて、それなりの層の方々がいると思います。人の好みとして、確実に支持する方がおられます、とまあ、ここまでなら、まったく問題ありませんが。

 憲法改正だとか国防軍だとか、領海・領土を守る!などと勇ましいこと言っておられる方々もおられるようですが、まずは是非、品格のある外交を試みていただきたいですね。

 そういえば、尖閣、この島を守ろうと、自衛隊の警備などと、長州のあの方は言いだしているようです。

 あの列島は石垣市に属しています、ということは沖縄県ですね。是非是非、この沖縄県という領土を改憲派の方々には、日本国という独立国の領土としてしっかり守って頂きたいと思います。

 0.6%セントの国土にいくら同盟国といえども75%の基地を集めておくなどという扱いは、沖縄を日本国の47分の1として平等に対しているとは到底思われないからです。勇ましいことをおっしゃるのであれば、そのついでにでも、そういうことを争点にしてほしいものです。

 でも、絶対にできないだろ?何せ県外移設を言っただけで首相の首が飛ぶような国ですから。

 琉球新報の社説や、那覇市長の話は、重く厳しいです。沖縄に、国として独立への道を探る動きが、確実にあるそうです、そういうことなど「中央」や内地にはまったく伝わってきていないようですが。

 オット?なんでしたっけ?

 再塗装の話でした。

 しかし、塗料の色を写真で撮るというのはむずかしいです。ちょっと内容を変えて撮ると、こんな感じ。
DSCN1127_convert_20121130113841.jpg

 ちょこっと緑が強くなっていますね。まあ、諦めます、写真では無理・・・。少なくとも店主の腕では・・・。

DSCN1130_convert_20121130113719.jpg

 当然艶消しですね。この色ですと艶消しでもほぼ問題はないでしょう。というのは、淡色ですと、汚れがめだちます。消せないことはありませんが、ディグリーザーを大量にかけないとねえ。

 DSCN1129_convert_20121130113739.jpg

 持ち込みクランク。なぜかFUJIのトラック1.0辺りからのものらしいです。

DSCN1128_convert_20121130113822.jpg

 ハンドルはブルホーン。これも持ち込みです。高さを決めるために、納車時にコラム切りなどしようかと思います。

DSCN1124_convert_20121130113939.jpg

 ガラリとアーミーテイスト。スイスの自転車部隊の軍用自転車を見たこと有りますが、まあそこまで仰々しくはない、趣味は趣味として、この辺で止まってくれましたら良いのですが・・・。

 うますぎる話、勇ましすぎる話には、くれぐれも注意いたしましょう。

 ただでさえ、ごたつくこの暮れに、選挙が二本、しかも混迷・・・、完全にどさくさをねらわれていますな、冷静に行きましょう・・・。



ジックリ人気のあるママチャリ改造



 これから、自転車はどうなっていくか?

 当店なりのネズミの額なりのマーケティングですが、先日のピストに内装三段ギア・・・、これがなんか受けているようです。

 底辺でうごめいているのが分かります・・・。

 と、もう一つ、これかな?つまりママチャリの高速化・・・、これがなんか来てそうな気がしますぞ!

DSCN1137_convert_20121129233858.jpg

 このフレームに、まともな700cのホイールを履かせます。

 リアもネ。

DSCN1134_convert_20121129233939.jpg

 当然反対側には・・・、
DSCN1135_convert_20121129233919.jpg

 固定なんかが付いているわけです。

 今回は一つおごって、クランクをちょこっとまともなものにします。

DSCN1133_convert_20121129234004.jpg

 ある意味、安価なピスト車のホイールと駆動系を移植する。

DSCN1138_convert_20121129233836.jpg

 27インチに700cを入れるので、クリアランスのあるブレーキを付けます。泥よけが入りそうですね。

 そして、好みのハンドルに。

DSCN1136_convert_20121129233814.jpg

 どちらかというと、リラックスモードですね。

 でもねえ、こうすると、もう驚くほど、走るんですよ、これ・・・。

DSCN1131_convert_20121129234027.jpg

 納車の時にサドルを持ち込まれるので、なんか昆虫的な様相ですが、ダンシングだけで試乗しても、スイスイ、走る。

 我ながら、いつも組み付けては、変なのこいつら・・・と思うくらいの変身です。

 やはりホイールは大きいねえ。

 これから、こうしたタイプの自転車が、根強く広がっていくというか、根付いていくように思いますね。

 火入れをおぼえて、シートピラーを400ミリ以上にできれば、これまた、ママチャリ革命が起きますね・・・。

 まあ、常に先に進みすぎて、受けない店主の思惑なんぞ、ほとんどの方には分かってはいただけないかと思いますが、いやいや、これから、面白い傾向が自転車を中心に徐々に起きてくるでしょう。

 また仲間が、近くに居を移すとか。

 そんなこんなで、こうした部門ができていったら・・・、しかもそのターゲットは・・・。

 企業秘密ということにしましょう。これ実現したら、ピストブームに近いようなママチャリブームが来るでしょう・・・、しずかでもコアなね・・・。

BMCってこんな奴かあ・・・



 昨年、今となってはプロレスなみの信憑性でうならせるフランス一周レースで、オーストラリアのおじさんが黄ばんだジャージを着ましたね。

 彼に着せた立役者だったのが、このBMCでした。前々から独特な形で、一度近くで見てみたいなあ、と思っていたやつが、飛び込んできました。

DSCN1119_convert_20121128222958.jpg

 栓抜きではありません、独特なトップとシートチューブからシートステー辺り。通常なら、ヘッド周り、BB周りが強度としても凝られるべきところかと思いますが、なぜココにこのフレームの特徴というのがあるようです。

 多分見た目だけではないんでしょうな、エアロ・・・強度、構造上の何か・・・、あるんでしょうね。

 DSCN1120_convert_20121128222939.jpg

 トップチューブの裏、凝っているのは当方のバラクーダだけじゃないんだ・・・。

DSCN1121_convert_20121128222920.jpg

 チェーンステーは四角・・・です。

DSCN1122_convert_20121128222859.jpg

 溶接が、まるで模様のように、キレイですね・・・。相当の技術じゃないの?

 これを完成車にということでしたが、当初は持っているクロスバイクのパーツ類を移植・・・ということでしたが、ほぼ新品の戦闘機フレームに?ねえ・・・?いいんですか・・・?

 などネチッこく迫ることによって、まあ戦闘機は、その道をまずは第一歩踏み出すご決断をいただきました。

 DSCN1141_convert_20121128222817.jpg

 予算の関係もありましたので、これです。でもまあ、今回のこれは、よくできていると思いますよ。

 DSCN1142_convert_20121128222748.jpg

 作りも良いと思います。シフトもチェンジもほぼ申し分なしです。

 DSCN1143_convert_20121128222728.jpg

 ブレーキは・・・、やはり105の方が良いでしょう、予算が許されれば、こちらの交換、いいと思います。

DSCN1145_convert_20121128222705.jpg

 旧ティアグラと大差なしです。下ハンからシフトアップも当然できますし、旧ソラとは、まったく異なります。

 というわけで、ブレーキ以外は、このソラ、いいですわ!

DSCN1140_convert_20121128222836.jpg

 スローピングなんで、サイズ的には店主にちょうど良いもの。試乗すると、もう店主には踏めないくらいアルミの硬さのしっかりある、フレームですね。

 お見事!というぐらいの硬さです。これも昨今のはやりなのか?ハンドル位置が高い、できれば下向きのステムを付けてハンドル取り付けしたいくらいですが、リラックスライドではこれくらいで良いのかしら?

 どうも最近のフレームの設計思想が分からなくなりました。

 でも、まあ、持ち込み天国の幸福というのは、まさにこれですね。自分の店では絶対に縁のないようなものが、向こうの方から来てくれる。

 この、BMC、タイム、サーベロ、スラムなど・・・。最先端はこうなっているんですね・・・フムフム。

 そんなわけですから、いろんなパーツやフレームいらっしゃい!常識の範囲で、持ち込み天国は続きます!

ほなサイナラ!スレッド化・・・



 クローバーでなく、コイツはハートマークだ・・・。

 ということは?

DSCN1006_convert_20121127214348.jpg

 ネオプリマート・・・。まあ貴婦人ですわ。これでもうほとんどの方はお分かりかと。鉄フレームでは、そのネームバリューというのか?ほぼ最高峰なんでないの?

DSCN1007_convert_20121127214325.jpg

 フォークの肩でわかりますね、ハイ、デローザでした。

 ラグで、ココまでの鉄フレームを作りながら、なんでアヘッドにしてんの?

 どうやら、先日行きました、サイクルモードで見たんですが、このデローザ・ネオプリマート、来年以降はスレッドモデルを作るようで、遅いんだよ、何ぶれていたんだよ・・・という感じですが、まあよかったです。

 ある意味お役ご免かな?という感じもします。

 このスレッド化という作業。意外と神経使うんですよ。それとダイスをやられますんで、材料費というよりも工具費もかかります。

 その使う神経というのも、万が一の失敗の可能性・・・ということでこれまた一段と。しかもそれがこのような貴婦人クラスのフレームとなると、申し訳ありませんでは済まないでしょうし・・・。

 フォーク交換しても、肩にデローザの刻印がないだろう!といわれれば、ハイそうです・・・としか言いようがない。ものでダメとなると、金銭にての補償といことも起こりうるでしょう。

 このデローザのスレッドネオプリマートの出現ということが、ある種の暗示かも知れませんな。

 もう、お役ご免の時期が来たかな?という感じです。

 そういうわけで、色々ご愛顧頂きました、また今でもお問い合わせの多い部門である、このスレッド化に関しては、大変心苦しいのですが、原則、取りやめにしていくという方向で考えております。

 個別対応ということについては、まったく考えないわけではありませんが、そんな工賃ならアヘッドで我慢します・・・ということにも成りかねません、需要がまだある中できつい判断ではありますが、ご理解頂けますよう、よろしくお願いいたします。

 基本なんでもアリアリのはずの当店ですが・・・、たまにはこうしたこともある、ということでしょうな。もっと別の面でも技術を上げて、潜在的な需要にも応えられるよう、今後とも努力はしていこうと・・・これでも思っているんですよー!

 ゆっくり期待しつつ、おまちくだされ!

内装式 使えますね、これ!



 伊豆にお住いということで、多分アチコチに坂があるんだろうなあ、と推測いたします。

 ご自分でかなりかわいがって乗っておられる印象のある実用車。手塗りでしょうか、まさに手塩にかけておられるようですね。

DSCN0923_convert_20121126170403.jpg

 フロントブレーキの自家塗装、上っかわは赤く塗って、下はタイヤに合わせて黒に・・・手が込んでいます。

 DSCN0878_convert_20121126170605.jpg

 ただ、山坂の多いところで、シングルフリーだけでは、やはり大変。そこで、なんとか内装式の多段化はできないか?というご相談。もちろんできますともさというわけで、多段化へ。

 3段、これはまあどこでもある奴ですねえ。通常の平坦中心のところであればこれで十分でしょう。

 8段、これはもう怖いものなしです。多少の重量はありますが、値段が手頃ですね。

 11段、これはちょっと値段が張ります。そしてまた重いですね。これが軽量化と、低値段化すると、最強かも知れませんが・・・。

 そんなわけで、今回は真ん中をとって、8段かへとやっていきます。

 DSCN0921_convert_20121126170452.jpg

 まあ、ほとんどホイールを組むだけですので、そんなに難しいことはありませんが・・・。

 ちょっとしたポイントはココ。

DSCN0920_convert_20121126170514.jpg

 前クランクを130PCDにしたことでしょうか。というのは、まだ前ギアセッティングが完璧ではないということを意味しています。つまり、実際にいつものコースを乗ってみて、軽すぎないか?重すぎないか?のチェックをちょっと時間をかけてやっていただく。

 その後、より重くするか?軽くするかによってギアの歯数を変えていけばいい。130ピッチであれば、星の数ほどギア板が選べるので、今後の展開を考えて、このクランクにしたというわけです。

 DSCN0922_convert_20121126170427.jpg

 セッティングが済めば、あとはこのシフターでカチカチやるだけ、ママチャリの延長で、多段化ができるというわけです。

 DSCN0919_convert_20121126170536.jpg

 パッと見、あまり変わりませんが、これでもかなり高機能化したんですよ!というわけで、内装行けます。

 前回作ったピスト系の内装三段ギア車。アレ、あまりにも気に入ったので、当店発で今一台組み付けようかと、すでに前後ホイール組み付け完了してます。

 近日中にお目見えかな?ある意味、都内で走る自転車としては、最もクールで機能的な一台になるかも知れません、しかも・・・オマケまである、近日中の発表、お楽しみに!

ママ狸んのための準備



 生まれて五ヶ月、そろそろ首は据わり始めてきても、まだ腰が据わっていなかったりします、もちろん赤ん坊ね。

 ということは、椅子にはまだ座れないということ。つまり、子乗せカゴにのせて、一緒にサイクリングするにはまだ二三ヶ月早いって事なんですね。

 でも、徒歩で二十分する保育園に毎朝連れて行くとなると、これまた結構きついわけで、やはり自転車が、恋しくなるわけですが、持っているのがクロスバイクとなると、単独走行なら快走そのものなんですが、前に子供を抱きながら走るとなると、店主も経験有りますが、上体前傾に子供がぶら下がってくるので、それを腕でハンドルとアーチで支えて走る乗っていうのは、結構つらいんですね。

 まだ、子のせを使える段階ではなく、といって、徒歩・・・というのもトホホホだとすれば、このクロスバイクを負ぶって乗ってもそれなりに快適にするように、工夫するという手を探るしかなくなるわけです。

DSCN1109_convert_20121125221544.jpg

 まずこのフラットバーという奴。快走したいならドロップにすればいいのに・・・というのが、店主のほぼ口癖。といっても、このフラットでも、位置からいって上半身の力を使えるとなると、やはり前傾を要求してくることになります。

 前傾状態で子供を抱くのは男の店主でもつらいもんです。で、あれば、上体を起こせばいい。ハンドル変えましょう。

DSCN1115_convert_20121125221336.jpg

 可変式のステムを一番高いところに持ち上げて、そこからライダーの方に伸びる、いわゆるママチャリ型のハンドルに交換します。

 これで乗ると、もう通常の実用車と変わりありません。上体を垂直に乗ることができます。

 これなら、子供を負ぶって乗るには、体幹を使えるので、ずっと楽になります。

 あとは、ママ狸ん仕様にするための、準備でもしておきましょう。

DSCN1106_convert_20121125221709.jpg

 後輪のクイックシャフトを中空のものから取り替えて、ナットどめできるようにします。

 そのことによって、より安定感のあるスタンドがつきます。
DSCN1114_convert_20121125221407.jpg

 これまでは、片足スタンドで立っていた自転車で、しかもディレーラーがあるので、通常の両足スタンドは付けられませんでしたが・・・。

DSCN1107_convert_20121125221643.jpg

 そのディレーラーを迂回できるものがでたんで、早速ありがたく使わせて頂きます。

DSCN1112_convert_20121125221437.jpg

 あと子育て自転車といえば・・・、カゴですね。

DSCN1108_convert_20121125221611.jpg

 何かと必要でしょう・・・、なら荷台取り付けて、着脱式のものを付けてしまいましょう。

DSCN1116_convert_20121125221303.jpg

 というわけで、あとは座れるようになったら、子のせを付ければ立派なまま狸ん仕様になる、というその一歩手前まで、持って行けたというわけです。

DSCN1111_convert_20121125221513.jpg

 快走車が、ちょっと働く自転車、実用車に変身したというわけなんですね。

 一々、条件が変わったら、それに合わせた自転車を購入しなければならない、なんていうのは、大変でしょ?

 できれば、持っている自転車をその仕様に合わせて乗り続けられればと思うのが、通常の人情というもの。

 お母さん自転車といえば、電動の、オオサカグリップの鼠と茶色の・・・、ばかりではない、自己管理の下でしっかりと安全に乗りこなせるものへと変えていける、ということをもっと世のお母さん方に、知ってもらいたいものですわ。

 幼稚園の前でそんなディスプレイしても後の祭り・・・となれば、産院の前で、こういう自転車ありよ!という宣伝もありなのかな?

 いっそ、たまごクラブ・ひよこクラブにでも、広告だそうかしら?

雑誌って 雑誌って・・・



 この写真、一体なにやってんの?

 店主に、カメラマンに、ガイコツ君。

 実は、某A出版の取材なんですが、その企画が乗らないこと・・・。だいだい、何やれっていうのかも、不鮮明。

 編集責任者の伝言ゲームで、その実態がよく分からない。

 その上、フリーのカメラマンですから、指示しつつも、基本指示待ち。

 通常なら、本社から、期限を守るうるさい編集員が来て、「そろそろ本気出して、やってくださいよ!締め切りが!締め切りが!」となるのだが、それすらいない。

 指示の分からない店主が、まあこんな感じ?と。

 フリーのカメラマンが、最低限の写真をパチリ、これも撮っておくか?ってな感じ。

 雇われ編集ガイコツ君も、まあ、その辺でいいんじゃないですか?

 と、まあ、どこをとってもしまりのないユルユル状態で、始まったのか終わったのか、そんなことすら、よく分からない。

 DSCN0944_convert_20121124132505_20121124143409.jpg

 あまりの緊張感のなさに、子狸から近所の子供達まで寄ってきては、おじゃま虫。

 「もう今の季節、4時過ぎたら光りがたりないんで・・・」と帰り支度のカメラマン。本当なら一日での取材のはずが、次はいつやる?と。

 これりゃ、材料費プラス、営業妨害費も請求だなあ・・・。

 ガイコツ君は、週末、音楽系の予定があるとかで、週明けだとか・・・。そうやって自分の締め切りの首を絞めてまあ・・・。

 実は、この店主も含めたトリオ、意外と今まで組んでは記事を作っていたんですねえ。かれこれ、5年以上かな?つきあいはそこそこあるので、互いの性格や職能の程度は分かっているので、最低でも、読ませるものは作れる、という根底の自信はあるんですが、まあ今回は本当閉まらなかったなあ。

 聞いていないようで、しっかり記事にしていたり、撮っていないようで、要所の写真は確保していたり・・・適度のプロって、その辺でも仕事の形は作れるんですねえ。

 本気になったら、スゴイものになるんですが、今回企画がショボクって・・・などと言い訳。

 多分、某A出版のどこかのムックに、隙間埋めかなんかで、使われるんだろうな。

DSCN1000_convert_20121124132445_20121124143409.jpg

 完成した、自転車の撮影。夕方ギリギリでのセーフ状態。しかし、ガイコツ君、実に人相は独特だよね。

 本当、このいい加減小僧のガイコツ君、実際筆の力は結構あるんだが、気持ちは雑誌作りには向いていません。
 
 コヤツが向いているのは、ここなんですよ!ここ!

 見れば、そこそこ水準の高いことやっているジャン!まだ三十で、どこへいくやらですが、コイツも10年後、楽しみなヤツには違いありません。

 しかし、雑誌って・・・雑誌って、こんな感じでも作られてしまうなんて、皆さん、眉にはつば付けて、読みましょうな。

 今回は、この程度。次回以降、真面目にやります!っていうか、良い企画もってこい!ってより、企画ごとこちらに丸投げしてこいよ!

ドロップ化 なんか久しぶり?



 かつてはドロップ化といえば、本ブログのカテゴリーにもあるように、主流の改造でしたが、今回ご依頼を受けて、オオ、ちょっと久々だなあ、と感じた次第。

 まあ、色々と状況が変わりつつあるということでしょうか?

 レーサーをママチャリ化する・・・・、とか、ピストを三段式にする・・・とか、どちらかというとユルイ方に、平均化していくのかなあ・・・、などとも予感したりして。

 といいつつも、片方は硬派で固定練習を推奨してもいますので、固定祭り、実はまだまっただ中なのであります、今後お楽しみに・・・。

 DSCN1071_convert_20121124124622.jpg

 コルナゴでも、クロスバイクつくっているんですねえ。フラットバー。

 DSCN1072_convert_20121124124601.jpg

 どこから見てもフラットバーです。

 9速ですから、現行品ですと、ソラがそのまんま使えますね。

DSCN1095_convert_20121124124455.jpg

 黒々していて、精悍なソラであります。タッチもいいし、解除が下ハンからできるというのが、ポイントです。

 もうこういうところは、変にいじらずに、そのまんまにしてもらいたいですね。カンパみたいに毎年、チョコチョコいじられるのも、正直鬱陶しいですが、ソラはこう決めたら、これで決めてもらいたいです!

 DSCN1069_convert_20121124124702.jpg

 フロントメカは、引きシロの関係で、変えた方が良いでしょう。

DSCN1093_convert_20121124124514.jpg

 しっかりできていますね、今回の新ソラは、いろんな意味で買いだと思います!正直、当店なんか105と、ソラがあれば、結構行けますね、ちょこっとアルテがあってもいいですが、そうなるとティアグラは・・・居場所なしです。

DSCN1097_convert_20121124124427.jpg

 ロングのVブレーキも大丈夫ですね。ブレーキシューのヘリで、チョコチョコ調整した方が良いですが、ほとんど問題なく使えますね。

DSCN1070_convert_20121124124642.jpg

 リアディレーラーもそのまんま。

 さして手のかからない、ドロップ化でした。目立たないところとして、BBなんかもかえましたが・・・。

DSCN1091_convert_20121124124537.jpg

 スペーサーとステムの向きなんかはまだ、変更の余地はありますが、これで試乗ポジションが変われば、同じ自転車かよ!という感じでしょうか?

 ハンドルが変わったら、同じ自転車じゃないのよ!とも言えるくらい、いろんな効果があるでしょう。レーサーのドロップをプロムナードバーにしたのと同じですね。

 緩めに行こうが、きつめに行こうが、おつきあいします。自転車をより身近なものに、取り戻す、ご協力します!

オフの固定祭り その二



 前日の記事にも載せましたが、あのフェザー以前のフジトラフレーム、最後の一台になります。

 もうこれで終わり。

 正確には、前日の一台とこの一台、計二台が最後のFUJIトラックフレームです。

DSCN1100_convert_20121122225301.jpg

 クランクはRDメッセンジャー。シルバーです。まあ定番ですか。

DSCN1101_convert_20121122225239.jpg

 かつてのFUJIトラック2.0のホイールです、硬いなあ。

DSCN1103_convert_20121122225344.jpg

 引き味最高のディズナブレーキ、これマジでいい。本気ですよ。

DSCN1104_convert_20121122225415.jpg

 ピストハンドル、鉄ハンドルで重いですが、貫禄ありです。

DSCN1102_convert_20121122225218.jpg

 前後ブレーキはこれもまた、105!

 マジで、走るための、まあトレーニングのための一台ですね。

 オフシーズンはこれです!

 固定にペダリングを習って、それを今度ロードに移し込む、これなんだなあ~!!!

シーズンオフ!今年も固定の季節の到来です!



 探してみるとあるものです、これ、かつての名器、フジトラ時代のスペアフレームの例奴です。

 一本引っ張り出しました。店の隅で隠れていましたが、こうして組み付けてやると、走る気満々、気合いすら伝わってくるようです。

DSCN1084_convert_20121121224843.jpg

 クランクもカッコいいねえ・・・。ジモンティー。165ミリです。

DSCN1085_convert_20121121224818.jpg

 黒一色のホイール、三十ミリリム。

DSCN1086_convert_20121121224756.jpg

 スレッドステム、根強い人気ですね。

DSCN1088_convert_20121121224731.jpg

 ピストハンドルに、あの引きが一番、ディズナのブレーキレバー。

 DSCN109000_convert_20121121224932.jpg

 前後ブレーキは、これも本気、105です。

 もうこれ以上いうことないでしょう。

 このオフシーズン、この固定で三千キロでも乗ってみてください。いろんな事が分かるはずです。

 装備を高級にして、軽量化して、スピードが上がるというのは錯覚。

 技術と人力を上げることによるスピードアップが、実力なんですね。自転車のエンジンは、人間なんですから。

 これで、相当ペダリングの技術は、付くと思うなあ。もうずーっとかきなぐってきた内容ですから、もうこれ以上いいでしょう。

 ロード乗りの方は固定に乗った方が良いですよ!

 バラクーダ祭り継続中に、同時並行で、ピスト祭りも始まります。

 とびっきりのカッコいい、切れた走りをするピストを何台か、出して行きますので、こうご期待です。

 黒トラ、久々の復活です。走る気満々、さて、このシーズン、果たして何名、固定の世界に入ってくることやら、楽しみです。

 そちらにいないで、こちらにおいでなさい。来たら分かる!以上・・・。

多段化も やります!シングル化の逆ね



 どこで入手してきたか?時代物のプジョーです。こういうお客さんが見えるというのも、面白いところだと思います。

 基本どう乗ってもいいんですが、これはシングルで乗っているようです。

DSCN1046_convert_20121120224802.jpg

 逆爪のロードエンドですねえ、これもまあ万能に近いエンドです。今ストドロエンドが主流で、それはそれなりに理由はあるかと思います。

 マジ踏みしても、ホイールがずれないというのは、ストドロの良いところです。が、それ以外応用がきかない・・・という感じは否めません。

 ロードエンドに、ディレーラー台座付き、またはトラックエンドに台座付きっていうのが、快適にいじれる条件だと思います。

 ただ、コイツ、ディレーラ台座がない・・・。無ければ付ければいい、というわけです。

DSCN1078_convert_20121120224639.jpg

 ホイールを組み直して、これもアナクロのボスフリー。これで組んで多段の足場をつくって・・・。

DSCN1077_convert_20121120224448.jpg

 スモールパーツの台座を付けて、クイックで挟みます。これにディレーラーを付ければ、ハイ、完了!

 まだか・・・。これだけじゃあ、シフトがデキないや・・・。

DSCN1048_convert_20121120224735.jpg

 ダウンチューブにアウター受けがありますが、Wレバーを付けられるものではありません。

 であれば、台座付きのwレバーで対応するしかない。これです!
DSCN1081_convert_20121120224516.jpg

 片方は空の状態ですが、右レバーだけにワイヤーを取り付けます。

DSCN1079_convert_20121120224610.jpg

 クランクはまんま、多少磨きました。

DSCN1080_convert_20121120224543.jpg

 前シングル、後6段の多段化、クラシカルロードに変身ですかね。

DSCN1076_convert_20121120224704.jpg

 これでグーッと距離は伸びるでしょうね。

 車体は変わらずに、こうした部分的な機構を変えるだけで、自転車が化ける、なんて持っている方はうれしいでしょうね。

 だいたいなんで店主がいい年してから、自転車屋になってきているか?というと、自分で愛車をこうしていじってきた喜びのようなものが、今でも残響しているからだと思うんです。

 イヤー、車検のない自転車は自由だわ・・・、ついでに税金もないし・・・。

 アイデアと、加工のための道具や技があれば、変幻自在・・・とまで行かなくても、理想に近いところまで持って行ける・・・、これは楽しいことですわ。

 まあ、そんなことに共感していただいて、お仕事をいただけるというのも、また、有り難いことです。

 今、持っている自転車は、多分あなたの状況に合わせてかえてやれば、ずっと馴染んでくるものです!一歩前に踏み出してみると、これがまた・・・ハマルというものです。

 まずはご相談から!

今後の改造を暗示する その内容・・・



 シングルドロップのジオス。カッチリ作られている、シングル自転車です。

 まあ、ある種の完成形なのですが、これをほぼ初心者の方が、受け継ぐとしたら、このままでよいか?

 もちろん、これでいい、という方がいてもいいのですが、女性で、基本通勤、でももしかしたらハマルかも知れないし、エヘヘ、でもよくわかんない・・・、という方でしたら、入りやすく、適応しやすく、乗りやすく、且つスポーツ自転車としての機能も知ってもらいたい。

 せっかくの車体ですから、完全に牙をぬくのもなあ・・・。大体牙抜きというのは、今後各車種のバブルが崩れたとき、起こる、マイナー現象かと思いますな。

 先日やった、コルナゴの牙抜きのように、コルナゴのなんたるかは分かっていながら、自らの身の丈、今後の使用などを十分理解した上で、あえて、牙を抜く・・・、というのが順序かとも思います。

 となると、牙のなんたるかを知らない初心者の方に、最初から入れ歯・・・というのもなあ。

 やはり小さい犬歯であったとしても、牙は牙としてちょっと残しておいて、それが分かってから、それなりの処置をしてもいいか・・・などとも思うわけです。

 そんなわけで、今回のシングルの改造は、今後ピストバブルがはじけたあとの、一つの典型になるかも知れない内容ですので・・・、ちょっと注目なんかしていただけたらなあ・・・などとも思うわけです、といっても大したことはないんですが・・・。

 DSCN1025_convert_20121119210627.jpg

 まずは磨いて、変えるとこ変えましょう。

 DSCN1052_convert_20121119210439.jpg

 このクランク自体はまだまだ使えますので、しっかりきれいにして、BBなど点検して、チェーンなども交換します。

 DSCN1053_convert_20121119210418.jpg

 前輪は組み替えました。ハブが良い状態で生きていたので、リムを新しくして、ほぼ新品の走りを実現します。

 DSCN1026_convert_20121119210605.jpg

 で、後輪。ダブルコグのシングルハブ、通常なら、ベアリングを洗浄して、調整して、前輪に合わせたリムで再組み付け、そこにギア比を初心者に合わせたものを付ける・・・ということもありでしょう。まあそれが大半なのかしら?

 でも、今回は、それはしませんでした。当たり前すぎですから。よりこうした自転車の普及を意識したとき、より汎用性のある、且つ、フレーム等の持ち味も殺さずに、より効果的に乗れるようにするには・・・。

 DSCN1055_convert_20121119210333.jpg

 内装三段のハブで後輪を組んでみたらどうでしょうか?というチャレンジです。

DSCN1054_convert_20121119210354.jpg

 ちょこっと、シフト用のキッドは出っ張りますが、変なテンショナーなどよりもシンプルでしょ?

 しかも小ギヤも三枚から選べますので、ギア比の調整も多少可能です。

 DSCN1056_convert_20121119210301.jpg

 ハンドルの、ステム脇に目立たせずシフターを設置して。

DSCN1057_convert_20121119210238.jpg

 フレームの性能などを殺さずに、試乗ポジションを前傾にするため鈍るホーンにギドネット、この辺は妥協なし!

 そんでできたのが、これです。

DSCN1050_convert_20121119210544.jpg

 横から見てどうよ!ピストのもつシンプル感は損なわれずに、内装三段で、ギア比もちょっと選べて、試乗ポジションが前傾なもんで、それなりの踏力活かせますよ!

 大体が、フレームがカッチリできているので、それだけも整備してやればそこそこ走りますが、その上に、踏み出しの軽いギアから、スピードに乗ったときの重めのギア、坂にさしかかったときのまた軽いギアなどの、路面に合わせたギア比が選べるなんて、これはいいですよ。

 実際乗りましたが、ちょっとこれ日常使いに欲しい!っていうくらいのものです。シンプルスポーツ系自転車入門としては、最高なんじゃないかしら?

 ピストフレームがあまってんだけど・・・、という中での利用法として、これは一考に値すると思います。

 バブル崩壊後の、ピストフレーム・・・、ロードフレーム、そうそう、マウンテンフレームなんかも、実は隠れていっぱいあるんじゃないかしら?

 それらを見せ方変えて、乗り方変えて、再利用しつつ街道に戻す・・・、これはアイデアと技勝負、粋な世界かと思うわけです。

 バブルのあとの、再利用、その典型の一つとして、ピスト内装三段化、ありじゃないかなあ・・・?

少年にだってポジショニング・フィッティング



 お父さんが熱心な、自転車を中心としたアスリートだと、つられて子供達にもそのイキの様なものが伝わるってことは、大いにあることだと思います。

 小学生の少年ながら、しっかりヘルメットをかぶって、適正サドル前後で、きれいにペダルを回す彼。

 こういうのを見るとすぐ、将来のツール・・・なんて思いがちですが。大人の思惑なんかヒョッコリ越えてしまう子供達のいく末は、もっと可能性に満ちていると見ていいんじゃないかと、思うんですが。

 そんなことより、今後のツールどう見ます?7連覇の記録がゴッソリ削除。なら二位以下は?繰り上げなしだって・・・。ベローキもウルリッヒも薬抜きで走っていたら、もう抗議の嵐なんじゃないかな?そういう展開ありますか?

 もう、ツールなどの記録には信憑性など持たせてはならないということなの?本当、この手のロードレースどう見ますか?

 ラボバンクが、スポンサーから降りたらしいです、信頼の置けない競技をサポートする意味がないから?

 ヨーロッパの伝統から外れた、東アジアの日本から、クリーンなロードレースへの伝統を蓄積していきますか?

 もうヨーロッパのロードレース=プロレスと見て良いのかしら?超人的なアタックが決まって、スッゲー!!!っと興奮するのは、猪木にラリアートが決まって失神!っていうの見て興奮するのと同じ。

 あのTTの高速スピード維持力は人間じゃねえーや!

 なんていうのは、筋肉増強剤を使ってモンスターのようになったレスラー見て、スッゲー人間じゃネーよ!というのと同じ・・・。

 そういう影響下のまだないような、日本からロードレースの再構築・・・なんてできないかな・・・。

 話を戻して、大人でポジョションを気にしながら、自転車に乗っていると、その目で他を見ると、なんかもうちょっとどうにかしてやりたくなること、ありますよね。

 それは別に、スポーツ自転車だけに止まらず、お母さんや子供達にまで及ぶんですが。

 お父さんは成長途上にある息子のポジションをどうにかしたい・・・。そう、良い線行っているので、もう少し、ハンドルを前に・・・、なるほど納得です。

DSCN1060_convert_20121119214436.jpg

 60ミリ程度のアヘッドステム。これを交換したら・・・。では、やってみましょう。一気に40ミリ、100ミリステムに交換です!

DSCN1064_convert_20121119214321.jpg

 寸詰まりに見えた、ハンドルがグーンと前に伸びて、窮屈さからの解放です。

DSCN1062_convert_20121119214411.jpg

 そして、マウンテン式に広かったハンドル幅も、肩幅ぐらいに両サイドをカット。

DSCN1063_convert_20121119214343.jpg

 ステムが前に行っても、ハンドル幅が縮んだので、さして前に状態を取られすぎず、リラックスしていいんじゃないのかな?というぐらいにまで、改良しましたよ。

 乗っているのを横から見ても、たたんでいた腕が、すーっと前に伸びて、楽になったような感じです。

 店主ら大人は、それ見てご満悦。

 実際乗ってどうなの?と聞いても、子供は期待以上の答えは返ってきませんが、明らかに、のびのびと乗っているように見えます。それでいいのだ・・・。

 今回少年である彼に与えた一番の影響は、より自分にフィットしたというポジショニングというよりも、一つ自転車といっても、これだけ体に合わせていじるところがあって、且つ、お父さんを始め、それにうるさい大人がいるということを知ったことかな?

 体は、これから自分の思惑を越えて成長していって、自分の体でありながら、収拾がつかなくなる事って、これからの思春期にかけて爆発的に起こってくるはずなんだが、そうしたことをも受け止めてくれるらしき大人がいる・・・というようなことの予感にでもなってくれればよい。

 少年よ!志をいだけ!大中小など関係なく!

軽量ホイール DT黒スポークにて 完組み!



 先月か、同じ軽量ホイールをご紹介しましたが、その黒スポークバージョンが組上がりました。

DSCN1040_convert_20121116165549.jpg

 ジャン!あれから黒スポークはないの?というお問い合わせが続いたため、それではかつての値段68000円では出せません、と申し上げていたんですが、多少値上げしてもかまいません!という強い声があったので、試しに組んでみたということです。

 さて、どうなるやら・・・。

DSCN1038_convert_20121116165615.jpg

 リム高は二十ミリ。軽量をいくハイトですね。まあ、例え三十八ミリとしてもかなり軽量なんですが、その上をいく、超軽量ということでしょう。

 とはいえ、幅が・・・、

DSCN1037_convert_20121116165636.jpg

 二十ミリとまた、しっかりありますので、強度的にはまず問題はないか?と思います。

 例えば、このリム単体時に、端と端をもって、エイ!を締め上げてもビクともしない・・・。軽量アルミリムで同じ事したら、下手すりゃ、グンニャリなんでしょうが(あの象にも勝る競輪選手の脚力を支えるアラヤ16Bリムであってもグンニャリです!)まったくもったわむ気配すらない。

 かつてシマノの展示会で、シューズ類のカーボンソールをひねったときと同じような強度を感じます。

 さすが、今後は飛行機の主要な素材に選ばれるだけある・・・。しかしあの量をカバーできるカーボン素材の経済性を考えると、比べれば耳かき一杯分すら満たないような自転車カーボンフレームが、いかにハイテクを駆使しているとしても、割高か、分かりますなあ・・・。

 そんな軽量ながら強度のあるリムで組み付けた、ホイールなわけです。

DSCN1041_convert_20121116165531.jpg

 前輪ですが、ラジアルで組みました。ロングニップル使っていますので、その分軽量化できる・・・、でしょう。

 ロング使っている分重いだろう・・・というつっこみもあるかと思いますが、このロングニップルはアルミです!ちなみに、通常組では真鍮ですが・・・。

 DSCN1042_convert_20121116165511.jpg

 リアは、フリー側は四本取りで、強度を出しています。

 とかつては普通に書きましたが、その意味が分からないという声も多々ありましたので、ちょっと解説。

 上の写真で見る四本取りですが、二本のスポークを選んで交差させる際、ある一本のスポークから数えて、三つ目の穴に入っているスポークを取って交差させる、これが四本取りという言葉の意味です。

 この二本のスポークの間が、広い場合と、狭い場合とどちらが強度が出ると思われますか?

 二本のスポークが交差しますと×ができます、そうしますと下と上に三角ができますが、その下三角の面積が広い方が、丈夫なんじゃないかな?ということは感覚的に分かるかと思います。

 脚立はある程度は、開いた方が安定感という強度がでてきますね、といいかえても良いかもしれません。

 そんなわけなので、何本取りにするか?ということはそのホイールの強度に影響を与える、ということが単純にはいえるということです。

 そうなると二本取り、よりも四本取り、それよりも六本取り、八本取りの方が強度が上がっていくということがザッといえるわけなんです。

 ただ、ハブのホール数によって、可能な取り本数というのも決まってしまいます。

 例えば、28ホールのハブで八本取りは原理的にできません。また奇数のリムの場合、18ホールなんて片側は9ホール(奇数)なので、二本取りすらできないことになります。

 また、ハブのフランジの大きさによって、原理的には組み付けは可能であっても、スポークへの負担などから、やめた方が良い、取り数もあります。

 と同時に今度は、取り本数が増えると、それだけ下三角の裾野が広がるので、スポークの長さを要求してきます。六本取りと八本取りでは、ものによっては、10ミリ近くの差が出ます。スポーク10ミリ分が36本あるとすれば、これはまた軽量化に大きく影響してきます。当然八本取りの方が強度は高いながら、重い、というトレードオフ状態になります。

 そんなこんなで、ハブのホール数も含めて、軽量化かつ、フリー側ということで強度も必要ということで、このホイールに関しては、四本取りが適当ではないか?ということで採用した、というわけです。

 ナゲー説明・・・。

 それでもって、軽量化とフリー側ほど強度が必要ではない、という判断の下、反フリー側にはラジアル組み(勝手に別名付ければ、一本取り=最も軽量且つ強度が低い取り本数)を採用したというわけです。

DSCN1043_convert_20121116165450.jpg

 フロントが実測で460グラム、リアが実測で630グラムです。

 ホイールと同様、軽量ライダーの皆さんへ!即売です、今んとこ、ワンペアのみ!

 ※タイヤもクイックも何も付いていません

コミカレ始まって以来の大盛況!次回はギアとポジションの話かな?



 15日は、池袋コミカレでの、自転車講座の日でした。ブログの宣伝を見て駆けつけていていただいた方もいたりして、正確な数は分かりませんが、300人くらいかな?とにかく大盛況でした!

 講義に夢中になり途中で撮れませんでしたが、この写真は、ギャラリーの皆さんが帰ってから、お!忘れた!とシャッターを押した次第なので、一見閑散としていますね。

 大勢の方を前に話したのは一体何年ぶりでしょうか?かつては大学の大講堂のようなところで五百人くらいの前で、マイクなしでしゃべっていましたが、イヤー、本当、久々だったなあ、これも店主のかつての仕事であったことを思い出しました。

 全三回の講座の、今回は初回。通勤自転車のための装備等を中心に前半、後半は素人でもできる自転車メンテ講座をやりましたね。

 ちょうど集まった自転車の中で、おあつらえ向きの自転車があったので、ディグリーサーと、スプレーオイル、グリス等の使い分けや、注油ポイントなど、実地で行いました。アチコチから写真を撮られながらの実習です。

 そこそこの自転車を購入しながら、メンテせず、汚れっぱなしで、ショップとの縁が遠くなってしまっている方って、思っている以上に多い、ということが分かりました。

 ちょっと手を入れるだけで、そうねえ、時間でいうと15分ぐらいかな?そのくらいでも信じられないくらい快適になります。

 今回も、よくまあ、この自転車で事故起こさずに乗ってましたねえ、というのがありました。

 ブレーキシューが減ってしまって、最大握っても、シューがリムにかする程度、これでは停まりませんよ。

 そんなことも含めて、床の上には、鱗が散乱していたようです。

 こうした講座形式も良いかもしれませんが、ある意味、コミカレ自身が、簡易自転車屋になるようなシリーズもありかも知れないと思いましたね。

 例えば、一回につき5名まで。自転車持ち込んで、それぞれをそのライダーに合わせてのメンテと、フィッティングをするということ。

 ネットで自転車を購入して、メンテなど何も分からずじまいで乗り続けている人も増えましたし、ショップの敷居が高くなってしまっている人もいるでしょう。そういう方むけで、一般論だけでなく、個別的なメンテも含めての講座なんていうのもありなんじゃないかな?

 ユーザーさんからの実際の声とニーズというものの大切さと奥深さを知った、久々の講座でありました。

 次回は、12月20日。ギアとポジションとなぜか輪行をやろうと思います。

 固定式ローラー台と、可動式ケイデンス車なんかを持ち込んで・・・、軽トラ一台いりそうだなあ、イヤ、リアカーで行くか?・・・まあ一月有るんで考えます!

 12月20日、池袋コミカレにて、行います!すでに四百人くらいの予約があるそうです、あと二百名くらいの余裕もまだあるそうです。ご予約お待ちしています!

単なるママ狸んではありません・・・とっかえっこの妙



 この電動自転車を例によってママ狸んセットでもって、コーディネイト・・・というはずだったんですが。

 子のせを付けて+スタンド充実させて+カゴ付ける、お馴染みになりつつあるママ狸んセット・・・。

DSCN0826_convert_20121114225558.jpg

 ところがねえ、後輪のスポークが四五本折れていたんですね。原因の一つが、据え付け輪っか状態の鍵をかけたまま、走り出す事によるスポークへのストレス・・・、これバカにならないみたいです。

 多くのお母さん自転車の後輪スポークには、部分的に「く」の字のものがあります。おぼえ有るんじゃないかな?大体重い自転車に、子供と荷物とお母さんの体重がかかった状態で踏みだし!その瞬間にスポークと鍵の輪っかが激突するわけですから、そこにかかる負荷はバカにならないでしょう。

 こうしたことが重なって、スポークは折れてしまうんですが・・・。

 三十本ぐらいあるから、一本ぐらい折れても・・・と思うんでしょうね。

 そのまま、まず大半が気づかすに乗り続けてしまう。また気づいても、直さず乗り続けてしまう。

 そうすると一本から、二本、二本から三本へと折れてくる。さすがにこれはまずいだろうと、気づいて自転車屋に持ってこられる・・・。

 最初は、この自転車もスポーク交換すればいいかと思っていたんですが、折れたまんま乗り続けたせいで、リム自体にも損傷が来ていたんです。歪んでしまい、ジョイント部分がボロボロ。これでスポーク交換しても真円は絶対に、出ません!断言できます!

 となると、二十インチのリム探して、張り替え・・・ということになりますが。

 小径にさほど強くない、当店の在庫でみると、なんと二十インチがあったんですが、奇跡だね。ところが、なんとホール数が、件のハブは28ホール、在庫のものは32ホール。これではあわない・・・。

DSCN1011_convert_20121114225106.jpg


 でも、この径のリムで28ホールのものは・・・とカタログ探しても、ほとんど見あたらない。

 多分、この手のリムはリムメーカーから、自転車メーカーへ直接送られて、一般の問屋には出てこない・・・その可能性は大ありですねえ。

 ちなみに、内装三段のハブで32ホールのものは作られていません。36ホールか、この28ホールのみなんです。お願いシマノさん・・・!

 DSCN1010_convert_20121114225343.jpg

 そこで、既設の前リムの数を数えると、リアと同じ28ホール!やった、コイツ使える!とばかり、まずは前輪解体して28ホールのリムを取り出して、リアハブで組み直す。

 そして、なくなったフロントホイールは、当店在庫のリムと32ホールの別ハブで組み付けて、セーフ!
DSCN1012_convert_20121114225316.jpg

 後輪もしっかり組み付けられて、これで自転車としての機能回復。この上に、
DSCN0822_convert_20121114225621.jpg

 スタンド交換して、荷台を付けて、イェップピンクを据え付ける!
DSCN1015_convert_20121114225041.jpg

 この色、お母さんの心にドンピシャなのかしら?結構出ています!

DSCN1014_convert_20121114225216.jpg

 サドルも交換。

DSCN1013_convert_20121114225254.jpg

 ドロップ色のペダルも交換して、ようやく普段のママ狸んへ。

DSCN1009_convert_20121114225403.jpg

 ヨシ完成!

 今日の一言。一本だけと思っても、スポーク折れには気をつけて。早めにしないとホイール全体をダメにします!ダメになったら、組み替えです!高くつくジョー!

PV取材 ひとたび終わる タイフーンカメラさん お疲れさん!



 雨や病魔などに祟られつつも、なんとかタイフーンカメラさんの撮影が終了しました。

 まず、店主の鬼の霍乱に始まりました。何年ぶりかな?一週間ほど本調子が出なかった、謎の体調不良。

 これを克服してから、何度か雨で順延。

 それでもほとんどマルマル3日をかけて、複雑な自転車の組み付け過程を中心にしっかり、カメラの中に収まっていったようです。

 実は・・・、本日、今まで撮りためたものの、仮編集のようなものを拝見しました。

 一言、これ店主か?というくらいのデキです・・・。

 それだけだけでなく、周辺の絵も半端ではありません。

 で、本日撮ったところを含めて、来月・・・完成というところでしょうか?

 色の調整、終始の編集、音や音楽がついて・・・、一体どうなるんでしょうか?

 例のコーヒー作品のように、タイフーンカメラさんの一作、と、各自三人の編集で見てみたい!というのが、欲望の渦巻く正直な声なのですが、贅沢すぎますね。

 できた作品が、あまりにもできすぎて、実像より上回りすぎているようでしたら、店主の秘密の楽しみにします。分相応の内容でしたら、公表させていただきます。

 いずれにしろ、楽しみであります、感謝であります!

 ※15日、夜七時から、池袋のコミュニティーカレッジにて、自転車に関する講義をします。当日参加あり!講義なんて久々です。準備・・・もしますが、参加される方々を見て、臨機応変で内容を組み替えていきたいと思います。

これも大事な仕事・・・なんです



 フォークのコラムの中に、ステムを残して、こんな状態で持ち込まれました。

 ステムが抜けなくなることは、よくあることです。

 そういう際は、ステム全体を残したまま、持ってきて欲しいですね。

 かなりご自分で奮闘されたようです、その成り行きで、コラム内にステムの一部を残して、切り取ってしまった・・・。こうなると、ヤッカイです。

 少しでも出ていれば・・・。

 ただ、もう切ってしまったものをどういっても仕方なし、何とかしないとねえ。

 内径を削るというやり方もありますが、当店のリーマーで、この内径に刃の届く小さいものがありませんでした。

DSCN1002_convert_20121113220533.jpg

 内径を削ることができないとなると、ノコでセレーションを入れて、叩いて剥がす・・・。

 まあ、色々、やりましたわ。それがまた取れない。

 いい大人が半日かかって格闘しても、なかなかうまく行きません。

 最後は、2人で、もう説明ができないような工程を経て、なんとか・・・。

DSCN1004_convert_20121113220456.jpg

 引きずり出しましたよ。

 もちろんその後、正規のリーマーをかけて、中をさらって、次のステムを向かい入れる準備完了。

 ほぼ一日、かかりました。

 なんかなんともいえない、スキルが、また集積したかな?という感じです。

 ただ、こういう工事は、そのものが壊れる可能性も承諾していただかないと、到底できるものではありません。

 まあ、とれたのが奇跡の部類に属するからです。

 すべてがとはいいませんが、当店がなんとか請け負う内容の仕事には、破損の可能性は、どうしてもついて回る・・・ということを、事前に、よーくご説明していかないとなあ、と思います。

 そうでないと、万が一補償の問題が起きたときのために、すべての工賃を一律値上げしないと、対応できなくなるんではないのか?と危惧するからであります。

 といっても、当店をプロショップと信頼して、ご依頼をくださるお客様がいるというのも事実で、この辺の問題はとても難しいことかと思います。

 何はともあれ、できる限りの技と知識で、できる限りご依頼主の御希望に答えられるよう努力する、という姿勢は、どこか貫いていきたいと思う次第です。

 しかし、大人が2人がかりで、ほぼ一日かかったこの難工事、経済的な損得勘定からいえば、完全にマイナスでしょう。

 このステムの撤去だけで、二万もの請求はできませんから。

 でも、やった価値は別の文脈では大ありです!絶対ありでしょう・・・!

この先の流れ その予見・・・



 これはカーボンフレームに描かれた、鯉の絵。

 しかも、純度99.9%の純金に近い箔で作られた物らしいです。

 それを特殊なフィルムに転写して、カーボンフレームに貼られている・・・。

DSCN0865_convert_20121113010101.jpg

 トップチューブにも、同じ形式の・・・これは鯉?龍にも見えますが、これも純度の高い金箔です。

 このフレームはカーボンですが、出元は、ここ。

DSCN0866_convert_20121113010223.jpg

 ピンぼけでごめんなさい。
 
 読みにくいよね、これ右から左へ読みます。「牧野」と書いてあります。

 そう、名フレームを作る、マキノさんです。

 店主も、鉄フレームのいいイメージのものはいくつかありますが、例えば、、ラバネロ、ネオコットなど・・・、その中に堂々と輝くものとして、マキノはちょこっとあこがれの、ものとしてありますね。

 ロードで、バリバリ走る鉄フレームとして、一本、フルオーダーで、つくってもらえれば、最高な一台になるでしょう。

 このサイクルモードで、ビルダーの雑居展示の一角にマキノさんも展示されていました。マキノといえばやはり鉄、その中で、カーボンフレームがあって、その展示の主が、この金箔工芸カーボン車ということだと思います。

 お膳立てはスゴイですが、でも・・・まだ、前進する余地は多々あるかと思っています、生意気ですが。

 この落款風のネームも面白いですが、元篆刻彫りでもあった店主の目から見ると、クソ生意気ですが、まだまだ改良の余地だらけです。

 大体篆書になっていませんし、これではまだデザインレベルです・・・。

 篆刻の布字といのは、このレベルにはありません。歴史や伝統的な技巧・作法を十分に踏んで、練って練り抜いて作るものです。

 名フレームを作るマキノさんの落款であったら、これで良いはずがありません。もったいない・・・。

 とはいえ、工芸系自転車の波は、まだささやかながら来ているんだなあ・・・と感じた次第です。

 作るものがあまり受けないとき、匿名で「おまえのレベルはそんなもんだ」などと、御批評される方もいるようですが、自ら自身はあまりに時代に先んじていて、受け入れがたいんだろう、安易に自己否定などせず、また別口の道を探すことにしています。

 というのも、随分経って、浸透してくる事もありますしね。

 工芸の流れは必ず来る・・・、そう背中を押された、逸品でした。

 店主は、自転車を含め、それ以外のものをもっとよく見るべき、もっと博物館に行くべき、もっといろんな仕掛けてくる展示を見るべきなんだろう・・・、そう思う次第であります。

 自転車としてより新鮮で深い領域へ!だね・・・。

興味深ーいかも知れない 謎のイベント



 これなんでしょう?

 この段階で分かる人は、ちょっとイッているお方かと思います。

DSCN0990_convert_20121111210437.jpg

 まだ分からないだろうなあ・・・。

DSCN0988_convert_20121111210522.jpg

 メタリックな何か?ということは・・・分かるかな?でも下に水が張っているようにも・・・見えるかも知れませんねえ。

 DSCN0991_convert_20121111210417.jpg

 このくらいから、ハハーンという方現れてもおかしくはないでしょう。

DSCN0992_convert_20121111210347.jpg

 これで分かる人には決定的に分かった!となるでしょう。でも分からない人には相変わらず????ですね。

DSCN0993_convert_20121111210323.jpg

 何やら波紋のようですね。

DSCN0989_convert_20121111210500.jpg

 柱時計のような形をしています。

DSCN0994_convert_20121111210250.jpg

 これが全貌です!といっても、まだ分からない方もおられるでしょうな。煙突がないから、それはわかりにくいかも知れません。わかりました?

 DSCN0996_convert_20121111210229.jpg

 これ答えです。多少とも当店に出入りしたことのある方は、ご覧になった方も少なくはないとおもいますね。

 ステンレスの薪ストーブです。

 でも、ただ単に暖まるだけではないんです。あの波紋は、実は各サイズの鍋底の規格の大きさを示しており、その規格に合わせて、輪っかを取り外して、鍋を置くと、その鍋裏に直火が当たるという、構造をしています。

 ですから、これは暖まりつつ、この上で煮炊きが本格的にできるという、非常に使える、薪ストーブなんですね。

 でも・・・、一体そんなのいつ使うのか?ということですが。

 新米の会の時?まあ、使えなくもありませんね。

 率直に言うと、非常時に、非常に使える、ものかと思っています。

 では、薪はどうするか?当店の近くに公園がありまして、剪定された木が、定期的に積まれるところがあるんです。そいつらから常に供給が可能です。

 で、大切なことは、月に一度でもいい、この薪ストーブだけで、食事を作るということもしておく、ということです。

 スイッチ押して、火がついて、スイッチで消える、というものではありませんので、使い慣れることが非常に重要なものとも言えます。日常の中に、非常時を織りこんでいく・・・、こうしたことも、大切かと思います。

 で、まだ全貌が分からないながら、今月中にあるイベントが行われるそうです。

 詳細は、それが明らかに公開されてからにしますが、簡単に言うと、ある学校の体育館に、段ボールを敷いて、震災時を想定して一泊する、という企画です。その他に校庭にテントを張って寝てみるという・・・、一見キャンプで楽しそうですが、そんな企画があるそうです。

 着の身着のままで段ボールの上で寝てみるのも、一つの良い経験かと思いますが、それはまだ、入り口に過ぎない、ほんの第一歩のその手前ぐらいのことなのではないか?甘いんですねえ・・・。

 だって、いきなり来る非常時に、下に敷く段ボールなんて、用意できますか?できれば、それはないより断然天国ですよ、段ボールの保温・断熱といったら偉大ですから、でもどこにそんな数の段ボールがあるんでしょうか?

 本番では、基本今のままでは段ボールの上にすら寝られない、というのが現実なのではないか?と思うわけです。

 震災から一年八ヶ月経ちまして、相当当時の意識が薄れてきているに違いありません。

 皆さん、水、しっかり備蓄していますか?米や味噌、備蓄していますか?これから寒くなりますが、暖はどう取ります?火はどう確保します?

 多分、イベントのその夜は、電気のない体育館で、震災に関する実際の話、体験談、ボランティア秘話などが、繰り出されて、肝の冷える夜になるかと思います。

 首都圏3000万人の真下で、直下型地震が来たらどうなるか?

 この国の有様は、想像つきますが、もうあわれなものでしょう。まあ、その時はテレビも暫く見られないので、作業服を着込んだバカ連中の映像は見なくても済むでしょうが、大丈夫、まったく君らになど期待しないから!

 自治体の防災課?なんて、まったく役に立ちません、多分。これも経験済み、例の東京の水道水が放射能汚染で2日間乳幼児飲禁止になりましたよね。たかだか二千軒の家に、東京都からの水を届けるきることができない、そういう体制です。ましてや、50万からの杉並区民のために・・・、お話しにならないかと思います。

 やっぱり気づいた物同士、連携して、自立して連携してやっていくしかない。気づかない方々は、もう、どうしようもない。その辺はもう冷徹に、有縁の方とそうでない方を分けねばならない、それはもう仕方のないことかと思います。

 その夜は、そうした気づいた物同士の今後の連携の仕様を作っていく形になるかと思います。最初は、緩くても仕方ない、その内、条件をどんどんきつくして、震災の実情に近づけていく、というようなこともやっていくようになるかもです。

 火山学者によれば、もう富士山は、いつ噴火しても不思議ではないそうですよ。

 そうした状況下での、新たなる自転車の意味なども考えていきたいとも思います。震災後、ガソリン買うのに何時間並んだか?おぼえていますよね。 

なんか今日は、不安を煽るような内容ですねえ。たまにはいいか?

 その謎のイベント、詳細が決まりましたら、公表します。何もしないより、きっとタメになるような話や体験ができるかと思います!

バラクーダ祭り その6 最終バラクーダ これも変わり塗り



 もう見飽きている方も多いかと存じますが、最後のバラクーダ祭りの一台です。

 DSCN0962_convert_20121110005535.jpg

 塗装膚は基本、青と黒の二色ですが、細かいところにちょこっと別色仕込んでいます。そういうのが立体感を演出してくれるんですね。

DSCN0963_convert_20121110005514.jpg

 一見ハンマートーンのような塗装ですが、これも変わり塗りの一種を駆使しています。

 わざと研ぎ出しはしていませんので、さわるとちょっとゴワゴワしている・・・というより、ぬくもりのある膚といっても良いかもしれません。
 
 DSCN0964_convert_20121110005456.jpg

 今回は青黒でしたが、この組み合わせも色々考えられるでしょう。

 DSCN0958_convert_20121110005647.jpg

 陽光の下にもっていくと、別の光を発する、これもキャンディー系の特徴かと思います。こんなの夜走っていたら、単なる黒フレームに見られるでしょうから。

 DSCN0961_convert_20121110005600.jpg

 コンポはデフォの105が付いています。まあ、なんの過不足もなしです。

 サイズは540!

 さーて、今年のバラクーダ祭り計6台・・・といっても、一台売れましたので、計五台で、祭りは乗り切りたいと思います。

 五台そろい踏みなんていうのもやりますか?5レンジャーどころでない、並べてみると相当の迫力です!

 バラクーダ祭り、サイクリングシーズンです!秋の涼風をバラクーダで切って走ろう!

大森研魔 また細かいとこまで魔の手が伸びる



 小径の名作といわれるブロンプトン。確かに折りたたみの傘のように収納はワンタッチ的に、即できます。

 あとハンドル部分のたわみがとれると、良いんだけどなあ・・・と勝手なことを思います。

 この野太いパイプと繊細なパイプの組み合わさったブロンプトンですが、コイツに大森研魔の社長の魔の手が伸びます。

 通常はレーサー系統のものですが、こうした異形のものにチャレンジするには多少の勇気がいります。

 さすがの社長も構えていましたねえ、はじめの当初は。徐々に作業が進むにつれて、いつものペースを取り戻していったようでした。

DSCN0684_convert_20121110003311.jpg

 この神社の柱のような真っ赤な太いパイプが・・・。

DSCN0884_convert_20121110001328.jpg

 ドーンと、メタリックに変身。
 
 DSCN0889_convert_20121110001231.jpg

 その先もドーンと・・・。鈴しいを通り越して、冷たいですね。

DSCN0686_convert_20121110001046.jpg

 今度は黒塗りの、フォークも、寒くしてしまいます。

DSCN0881_convert_20121110001350.jpg

 ヒーンヤリ・・・です。

DSCN0687_convert_20121110001025.jpg

 この折りたたみ式のハンドルというか、これステムですね、コイツも磨きますよ、キュッキュッと。

DSCN0890_convert_20121110001206.jpg

 だんだん全貌が見えてきた感じかな?
 でも最後の、難関がここ。

 先の太いパイプのコントラストで、余計細く、入り組んで、メカニカルに見える、後ろ三角です。

DSCN0685_convert_20121110000934.jpg

 こいつが・・・、

DSCN0886_convert_20121110004135.jpg

 細かいところまで、大森研魔の魔の手が伸びていく、といったところですね。

 ちなみに、研魔が終わってハイ終わりではありません。今度はここに防錆塗装などをしなければいけません。スプレーガンの魔の手も伸びている、というわけです。

DSCN0885_convert_20121110001307.jpg

 イヤー、細かい、細かい。

 そんなわけで、お待たせの全貌です!あまりの金属の冷たさに、風邪など召しませぬよう・・・。

DSCN0879_convert_20121110001410.jpg

 このシリーズが、ブロンプトンの車種として、最初からあってもいいですね。もうほぼ完成形、という感じですね。

 今回は通常より異形の自転車でしたが、こんなお仕事を気にまたまた大森研魔の社長のスキルと度胸が上がってくるわけです。

 また、一つ腕をあげたしたね。

 てなわけで、そんじょそこらの表面処理ではご不満の皆様、大森研魔の社長が、魔の手をこまねいて、お待ちしています!!!
 

バラクーダ祭り その5 ちょっくら変わり塗りときた!



 まだまだ、つづくバラクーダ祭り。一体何台、ため込んでいたんだこりゃ?とばかりの大放出ですな。

 と、今回は・・・。

 濃いめのグリーン解きましたが、ちょこっと手を入れて、というかだいぶ入れています。近づいてみます。

DSCN0900_convert_20121108232324.jpg

 濃いめのグリーンと、薄めのグリーンが相まっているような・・・。

DSCN0894_convert_20121108232350.jpg

 陽光の下にもっていくと、いきなり光り出します。

DSCN0893_convert_20121108232413.jpg

 こうした特徴はキャンディー系ならではの・・・ものかしら。

DSCN0895_convert_20121108232109.jpg

 チェーンステーですわ。

DSCN0892_convert_20121108232148.jpg

 そう、これも変わり塗りの一種です。なんて名付けて良いのやら。技法はまだ無名なれど、フレームの名前は付いています。アオミドロマークⅡといいます。なぜマークⅡなのか?実はまだ未発表のマークⅠがあるからなんです。

 コイツは例のPVが完成したときに現れる仕組みになっています。マークⅠは、陶器と釉薬をイメージしていますが、マークⅡは・・・ある種の代表的変わり塗りを実現しています。

 DSCN0903_convert_20121108232301.jpg

 コンポはほぼ105で、デフォルトの状態です。

 フレームサイズは490ですので、160台の方辺りが良いのでは?という感じですが、フィッティングも多少やっています。

DSCN0906_convert_20121108232236.jpg

 ステムも平均的に適切な長さのもの。

DSCN0907_convert_20121108232216.jpg

 ハンドル幅も、平均的幅のサイズのものに交換しています。

 これで5台目。初めての変わり塗りですが、あと一台、コイツも変わり塗りで行く予定ですので、お楽しみに。

 とりあえず、今のところ、バラクーダ五台が勢揃い、ということでお披露目です!決断の早い方から順番ということで!


バラクーダ祭り その4 まだまだ続きます!



 もう、目を見張るばかり、さすがに秋のサイクリングシーズンですがなあ、出すバラクーダが飛ぶように、走っていきます!

 今回はその第4弾、ワインレッド系ーのバラクーダです。

DSCN0834_convert_20121107082356.jpg
 
 先のサイクルモードにも出展されていましたが、今年のバラクーダの一台に、キャンディーレッドバージョンがありますが、紅ショウガ号と名付けます、勝手に。

 それから比べると、このワインレッド・・・、カシスレッド・・・、もっとすかせばガーネットレッドというんでしょうか?気品がありますよー。

 DSCN0827_convert_20121107082540.jpg

 光りの当たり具合によっては・・・こんな感じ・・・、

DSCN0829_convert_20121107082515.jpg

 こんな感じにも見えたりもする、キャンディー系塗料のやめられないところです。といっても、写真でこれを表現するのはむずかしい・・・、実車を是非ご覧になって頂きたいですわ。といっても、即飛ぶように走っていきますので、思い立ったら吉日です。

 DSCN0837_convert_20121107082333.jpg

 コンポはデフォの105。問題ありません。

DSCN0838_convert_20121107082307.jpg

 フレームサイズは490ですんで、当然それに合わせてステムや

DSCN0839_convert_20121107082246.jpg

 ハンドルも合わせていますよ、その辺抜かりありません。

 DSCN0831_convert_20121107082442.jpg

 一言、エレガントでしょ?

 サイズ490、ざっくりいうと160センチ代の方、セッティングします!

 大好評ですので、在庫が尽きるまであと数台、バラクーダ祭り、続きます!

ついにPV 佳境を超える



 先日、お知らせいたしました、映像制作集団、タイフーンカメラの皆さんの手による、当店PVの撮影が佳境に入りました。

 とにかく彼らは、通常の人とは異なる光りへの感度をもっていますね、撮影は遅々として進んでいきます。

 当工房は、南が開けていて、朝9時からの撮影時間から、まさに日時計のように影が移動していきます。その瞬間瞬間を捉えて、影と光りのバランスを瞬時に取りつつカメラを回していきます。

 カメラに関する専門用語が店主の頭上をビュンッビュンと飛び交います。何言っているか分からない、指示に従うだけです。

 といいつつも、作業の特質を示しては、音や角度の提案などはいたしますが・・・。

 なんかねえ、自転車とはまた違う何かを作っている、という実感で、とにかく楽しいんです。

DSCN0850_convert_20121106112826.jpg

 これはホイール組の辺りですが、別口に、マニュアルビデオとして撮ってもいいかも・・・なんて思う次第です。まあ、もっと名人級の人がやった方が良いでしょうが。

  で、思うのが、この光りと影の機微を瞬時に察知しては組み合わせて、映像化していく、それもまたスゴイ技術だと思いますが、といって、これが即、作品というわけではありませんな。

 ある意味シマノのパーツ、一つ一つを見て、イヤー、良くできていますなあ・・・と惚れ惚れしたとしても、それ見ているだけでは、自転車としての機能はまったく発揮していない、というのと同じです。

 ものを撮ったら、それをどう作品化していくか?つまり編集ですね。

 イヤー、恥ずかしながら、この編集というのが作品の本質だったということを思い知らされたのが、以下の三人三様の編集バージョンです。

 お湯を沸かしてコーヒーを入れるというだけの素材。それをどう組み合わせて、音と合わせるかによって、これほど印象が変わってくるということ。

 ある意味、怖いほどですね。

 タイフーンカメラさん、三人による、三様の作品です。以前も、ちょこっと紹介しましたが、再度、比較してご覧ください。

 また彼らは出身が音楽だったりもしますので、映像に合わせて曲、音作りもそれは、それは長けています。

 緊張感の走るバックのピアノ演奏ありましたでしょ?

 また、ユッタリとコーヒーを煮出していくようなテンポのものあったでしょ?

 フリー素材から、今風の若者のライフスタイルが透けて見えるような組み合わせご覧になりました?

 音楽、曲を自分たちで、できてしまうというのが、単なる映像やさんとは一味違うところかと思います。

 一芸に秀でる形式は、他芸にも通じるんですなあ。

 よく、多才に名人なし、などとも言われるようですが、「女房と畳は新しい方がよい」の横に「女房と味噌は古い方がよい」と正反対のことわざが並立するように、まあ、どっちでもいいです。要はいい作品ができれば、ということで。

 当店PVがどんな形式でできるのか想像しつつ、是非是非、コーヒー入れつつ、タイフーンカメラさんの三様映像をご覧になってください!

サイクルモード ヘルメット考



三年ぶりになります、サイクルモード参加です。

海浜幕張を降りるやいなや、ヘルメット持参にサコッシュという女子発見!それも1人2人でないんだから、時代は変わったもんです。

 東京ビッグサイトでやっていた頃なんぞは、まだ、その手の業界組が多くて、素人さんもいるにはいたが、圧倒的にその手の方々の商談の場であったわけですが、試乗を取り込んだモードになってからは、玄人同士の商談などという雰囲気は、すっ飛んでいます。

 まあ、各業者の展示会に行けば良いんでしょうね。一カ所で済まない分、面倒くさいが・・・。

 何見に行くんだろうなあ、と自分でも半信半疑の中、近くのクリテを一端切り上げて、本会場へ。

 おお!おお!と自転車お上りさんのように、派手なディスプレイのブースなどはスリよけて、そういえば、選ばれれば、店主らの作った自転車が、この会場にディスプレイされているはずだったところへいくと、当然選ばれなかった当店の自転車など有るはずもなく、フェイスブックの「いいね!」ポイントで選ばれたとされている???自転車が置かれていました。

 まあ、「いいね!」なんていうのは、知り合いの知り合いなど動員すれば、作為的に増やすこともできるということになると、自転車そのものよりも組織力、というのが効いて来るというわけで、そういう形式を取る疑似コンペなどに出展するだけバカだった、ということで、ちょこっと確認した次第。

DSCN0863_convert_20121105181239.jpg

 あったのは手のひらサイズの写真のみ。まあないだけいいか・・・。

 そんなこんなで、コンペ終了ということですので、この車体、売り出しの方へと準備いたします。革職人のMさんに見積もりだして頂いて、そろったところで、セールとします!

 と、同時にMさんの革製品なども、徐々に商品という形でお出ししていこうと思いますので、ご期待していてください。

 そう、注目といえば、三年前のモードでも店主の目を引いた、例のアレ。今年もみたが、イヤ、不思議・・・。

DSCN0860_convert_20121105181421.jpg

 これ見て、本当だ、これは不思議だ、という方はその筋の方でしょう。

 ちょっとわかりにくいですが、これはフレームの塗装シーンです。塗り師の頭に注目。この人、マスク類を付けていないんです。

 塗装のガンを吹くとすると、当然ミストというのは発生します。マスクしないとそれ吸い込むでしょ?
 
 よほど塗装ブースの吸気と排気の気流が強く、ミストが散らないような構造ができてのか?

 それとも、吸い込んでも健康上まったく問題のない塗料を使用しているのか?
 そんなことはないでしょう?

 三年前も同じ疑問を持ちました。さらに、クリアを吹いているときには、マスクをしているし・・・。

 これはデローザのブースのビデオですが、来年以降も、また行ったときにはワンクール、鑑賞しようと思います。今回も、謎のまま・・・。
 
DSCN0862_convert_20121105181353.jpg

 で、今回ちょこっとヒットしたのは、ヘルメットです。

 これは子供用のヘルメット。
DSCN0861_convert_20121105181259.jpg

 ソリッドカラーのべた塗りか、あんパンや機関車、ドブネズミ系のキャラクターものの、2種類くらいしかなかったヘルメットに、徐々にその間に位置するものが出てきたことかな?

 これはママ狸ん担当なんですが代理で、話を聞いてきました。

 ヘルメットのかぶり方って、とても大事なんですよね!なんて話をして名刺もらったら、そこに額だしまくりの子供ヘルメット着用写真が貼ってあって・・・、レレレ。

 あとはスイカ割りには笑いました。
DSCN0867_convert_20121105181325.jpg

 これはプリントでしょうが、ちょっとマットで本物のの質感丸出しです。スイカ出荷時に貼る、金のシールでも貼れば、もう完璧でしょう。

 これとあと、写真はありませんが、大人用ヘルメットで、硬いシェルの上に帽子状のものをかぶせる形式のヘルメットが安価で出ていました。

 一部、同じ発想で海外のものがあったんですが、非常に高価で手が出ない・・・。国内産で、東京都の補助金か何かが出ていたかな?特に、自転車に乗る高齢の皆さんのために開発されたということでした。

 これはアレンジ可能です。

 メーカーが斜めにリンクしたりして、親子でヘルメットというような、おそろいシリーズも出たら面白いでしょうね。

 子供への着用は定着しつつありますが、お母さん達はガンとして被らない。ここを動かして行くには・・・。

 そんなこんなのサイクルモードでした・・・。

 エエ?!それで終わりかよ!他に感想ないのかよ!って感じですか?

 いやいや、なんか変だったです、サイクルモードが・・・ではなくて、店主自身が・・・。

 というのも知り合い関連のブース、三つあったんですが、すべて探せず、会えず、しゃべれずで、同じ所をぐるぐる回って探し歩いたにもかかわらず、見つからない・・・、なんで?

 狸が狐につままれてなにやってんだ?という感じですが、本当変な感じのサイクルモード参加でした。

 そうそう、実は場外編というのがあったんですが、それがまたクールで、ロックな・・・、オット!それは極秘ということで、解禁になりましたら、即、ご報告いたします!

組み合わせとしては いいんじゃない?



 先週末、2、3、4とサイクルモードが幕張メッセで開催された、ということはご存じの方は多いかと思います。

 そこそこの人出なんではなかったか?とおもいますが。

 その脇で、クリテリウムのロードレースが行われていた・・・ということは、どのくらい広報されていたんでしょうか?

 店主も、出入りの若い子に言われて、はじめて知りました。

 そんなわけで、モードのついでに早朝見に行ってきたわけです・・・。

 まあ、若い子が朝の潮風を切って疾走する姿は、いいもんです。

 しかし、機材が高価で、見ていてハラハラしますね。実際ヘアピン的なコーナーで落車を目撃。リアディレーラーがぶらついていたような・・・。エンドだけで済めばいいんですが・・・。

 一緒に行った子が、モードより、コッチの方が高級車だったりして・・・と。

 うーん・・・。

DSCN0859_convert_20121105164605.jpg

 あくまでも外枠からみてですが、鉄フレームはもう一チームぐらいでしょうね。あと、アルミがチョコチョコ、ほとんどカーボンという仕様です。

 鉄フレームが多かったのは・・・、

DSCN0858_convert_20121105164630.jpg

 お世話になっています・・・、ラバネロですか。サットでビュンビュン、老若そろって元気に走っていましたね。

 鉄は重い、といっても8キロ代ですから、レース機材としては、マル!もし集団落車があっても・・・、何かあった場合でも、ケアができますね。鉄フレームなら。

 競馬の蹄鉄ではありませんが、勝負鉄!という考え方は、特にアマチュアロードレースには重要だと思いますが・・・。

 本イベントのモードの方では、でない方のタイプがやはり主流で、華やかです。

DSCN0857_convert_20121105164657.jpg

 朝から、結構人が集まっていました。3時過ぎに本戦をやるとか。

 もっとモードのイベントと、より近く連携できたら・・・。本戦ぐらいは、会場の周りの車を1時間ほど止めて、公道レースなんてすればいいのにね。

 モード内で置かれている車体の実戦の姿を多くの人に見てもらったら、それはまたどんなにライティングを工夫して、見せ場をつくっても、実戦中のレーサーほど美しいものはないので・・・、数年以内に、実現すればいいのにね。

 久々に、競技車をみました。いいもんですね、自分たちの扱っているものがなんなのか、たまにはしっかり確認しないと・・・。

バーテープくらいかな? 持ち込みの嵐



 ないものを探すのがたいへんなくらいの、持ち込みです。

 多少の時間をかけて、好きなパーツを選んでは、電卓で計算し、また選び直しては計算してと、まあ購入前の楽しいときでもあります。そういった中から選ばれたな?ということがちょこっと伝わってくるような、パーツのチョイスです。

 DSCN0787_convert_20121102215339.jpg

 でフレームも・・・。持ち込みで楽しみといえば、当店では絶対に取引してくれないようなフレームを身近で見られること。中から、外の仕上げまで。穴の空くほど鑑賞できます。

 このフレームも、元々取引はありますが、フレーム・完車だけは別口で、まったく相手にされないような、お高いメーカーのものかと思います、ニャー。

 DSCN0801_convert_20121102215257.jpg

  105、まあ基本でしょうな。これを使う・・・いいと思いますね。

 DSCN0803_convert_20121102215211.jpg

 最近カンパ率もちょこっと高くなってくると、STIの善し悪しもよく分かってきますね。シフティングの隙のなさは見事と思いつつも、ブレーキの引きって、なんでシマノって重いんでしょうか?

 これは店主だけの偏見かしら?

 ブレーキ引くと、自分の機嫌が、ガツンと落ちるのが分かるんです。ケッ!てな感じ。

 どうも重い。色々やっても重い。日本人は相対的に握力が強いのか?なんて事よりも、我慢力の方が断然強いと思いますな。

 シマノのエアロブレーキの引きは、抜群のものの内の一つだと思います。ただ、STIとなると、最高峰のデュラでさえ、こんなもんなの?と思うんだよなあ。

 以前シマノの展示会で、当時最新コンポのデュラを引いて、これがベストセッティングですか?と思わずシマノの技術に問い直したことがありました。

 三人ほど、集まって色々やっているうちに、ワイヤーの先端処理が甘いのかも知れません・・・という答え。

 そうなんですか?とちょこっと食い下がりましたが・・・。

 以来、STIのブレーキの引きは、あまり好きではないんですね。

 でも、これはいい!

DSCN0802_convert_20121102215230.jpg

 アルテブレーキ。こういう一点豪華主義、嫌いではありません。

DSCN0805_convert_20121102215152.jpg

 目の前で見る、猫足のフォーク。

 どういう利点があるんでしょうか?まったくわかりません???

DSCN0806_convert_20121102215129.jpg

 シートステーも猫足。ショック吸収性?ツーリング車でもないのに・・・。

 DSCN0804_convert_20121102215056.jpg

 どこかのチームの名前でしょうか?ということは、レプリカ。

 乗ってみましたが、ガチレーサー特有の冷たい硬さ。踏めるやつは前に出してやる・・・、というタイプでしょうか?決してアチラからは来てくれない、こちらが鍛えて近づかない限り・・・、これもレーサーの特徴なんでしょうか?

DSCN0800_convert_20121102215318.jpg

 キッチリまとまっていますね。

 当店発では絶対に入手、出荷のできないタイプのフレームをいじったり、試乗できることは、楽しいわけで、あくまでも常識の範囲ですが、持ち込み天国はちょっとやめられない・・・、といったところでしょうか?

 いろんな考え方のあるショップがあることは承知の上で、当店なりのゆるく厳しい基準の下、常識の範囲での持ち込み天国はまだ続けるつもりでやって参ります。

まだチケットあり!2012サイクルモードだそーだ

これまたコーヒーの続きで、

 なぜか知らぬがどっさり送られてきたチラシとチケット。サイクルモード2012のものです。

 以前、チケット差し上げますので、と告知しましたら、その翌日から希望者殺到!ってほどではありませんが、ポツンポツンといらっしゃっては持って行かれ、まだ手持ちはありますが、かなり少なくなってきました。明日3日金曜日から、3日間、試乗もできるという、ちょっと珍しい自転車の展示会ですので、ご興味のある方で、有料払ってまで行く気はないが、ちょこっとのぞいてみたいなあ、という方、是非!

 店主は、まだ悩んでいます。土日の午前中なら、行けるかしら?という感じ。

 でも幕張・・・、千葉マリン球場だ。あそこには良い思い出がない。

 幕張くんだりまでいって、勝ち試合を見たことがない・・・。

 ただ、二年行ってないと、多少の浦島太郎かも知れませんな。ヨシガイさんなどにはご挨拶かたがた、応援してます!なんて事をお伝えに行くのもいいかもなあ。

 持って行って、結構役立つのが、巻き尺、ノギス、計算機など。

 現役選手のポジションなんかをコッソリ計ってみるなんていうのも、結構面白い出すぞ!

 どーしようーかな?適度に、考えます。

 で、先日ご紹介しました、タイフーンカメラの方々作の、あの幻のコーヒーフィルムが出てきました!

こちらです、モノクロの光りの中で、タンタンと進められていくコーヒー入れ。後半の色づきと、匂いも、見た目もそろった瞬間に起きることは一体何か?

 光、音、音楽、そして香りと味までもの饗宴です!

 以上、チケットと、コーヒー、お待ちしています!!!


 と!と!まった!これまたコーヒーの続きで、スゴイ映像発見!

 タイフーンカメラさん達は、三名で動いています。そして、撮った映像を、3人が1人1人の視点とセンスによって、編集した作品が、三様あるんです。実にそれぞれがいい!必見ですぞ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター