メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2015年02月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

変態自転車の陰のフィクサー・・・登場!

000 07-20@11-44-19-991_convert_20140721181109

 この自転車にもいきさつがありまして・・・。確かちょうど四年前ですね、普通の実用車がこんな姿になりました、ということでした。

 で、この遊び系軟派自転車が、昨年七月にちょいとまじめ系になったんであります。

 000 07-20@15-38-38-459_convert_20140721180804

 それがこれ。

 多段にして、奥様も乗りやすくということで、ハンドルをより高くした・・・ということなんでありますが、どうもこれに飽き足らない・・・。

 今度なんですか?

 20150228_121132_548_convert_20150228194755.jpg

 なんかフォークを交換して欲しいということなんであります。別に正面衝突から曲がってしまった・・・というわけでは無いんだが。

 変な予感がします。フォーク交換をしたら・・・。

 20150228_121113_790_convert_20150228194808.jpg

 こうなっていたんであります。・・・だから何?って感じですか?では、カメラをそのままスライドさせて、後輪へと行きましょう。

 20150228_121121_428_convert_20150228194711.jpg

 んん?

 これで気づいた方は、アレ?また?と思ったんじゃないでしょうか?

 また?

 そう、またなんであります。

 20150225_160646_662_convert_20150225185014.jpg

 数日前のこいつ・・・。前が700cで後が24インチというキメラだるま号・・・。

 当店ブログもありがたいことに多くの方々に、読んでいただいているようですが、こうした変態系が出ると、一気にざわつきますね・・・。その手のお方が、モニターの前でのたうち回っていたり、膝たたいていたり、というのが聞こえてくるんですよね。

 そう、変に評判がよかったキメラだるま号。こいつの再登場ということなんであります。再登場するには速すぎませんか?当店周りは変態だらけ?

 20150228_121052_309_convert_20150228195242.jpg

 なんか・・・締まらない変な自転車・・・。乗ってみても、その変な感じがその手の方々には、たまらないかもしれませんね。一言言って良いですか?もう意味不明!!!!ってやつですわ。

 何が楽しいの?と、冷ややかな視線を送られそう・・・、でもそれも含めて楽しいのよ・・・、やっぱり変態君たちだわね。

 20150228_121214_512_convert_20150228194741.jpg

 まじめなミッションをいうと、前ギアをデカくして、スピードアップを狙ったというもの。どうも前シンプルが好きなようで、できればシングルに・・・したいようでありましたが、シングル用の5ピンがいるとわかると、まあ銭ができたときに・・・ということで、今回はこのまま。

 20150228_121155_691_convert_20150228194638.jpg

 まあいいでしょう、坂がきつくなったら、指でチェーンを掛け替えれば良い、金とギアはあっても邪魔にならない・・・というからな。

 今回のこれは、実は前回のキメラだるまとつながっていたんであります。

 ということは・・・前回といい、今回といい、このキメラだるま号を画策した陰のフィクサーがいるということなんであります。

 まず自分の知り合いをたきつけて、先行させてから、具合が良さそうだと、番手からまくる、という典型的なひっつき虫走法なんでありますが、どうも従えている仲間連中も豊富なようで、ちょっとアレやってこい!、今度はコレやってこい!と大田区辺りで陰の黒幕として、変態自転車普及に一役も二役もかっているような、そういう人物なんであります。

 20150228_125641_470_convert_20150228194724.jpg

 こやつだ!
 
 名前をSとだけ名乗り、変態自転車・組み替え載せ替え自転車の普及を画策するこの男・・・、アイデア豊富!仲間豊富!、資金不足!という、今後変なものを作っていく、好条件が三つも揃っておる。

 イヤー、実に楽しみな男じゃ!!!!

 なんかまた持ってくると思ったら、すでに工房に置いてあった・・・、こうご期待・・・。

00005-31@17-54-08-832_convert_20140601183819_20150228201824c51.jpg
※変態には変態ぶつけておこうか?フラットクロスをチョッパーバナナに変えたこれ。乗ったら必ず虜になるこの車体。こいつは次世代のツーリング車になる。ランドナーを越えるポテンシャルあり!
スポンサーサイト

今度はダウンヒラー?まあいろんな車種が来るねえ



 マウンテンバイクというよりもダウンヒルに使う、その手のバイクかな?

20141207_130610_821_convert_20150228184124.jpg

 詳しくは知りませんが、サスペンションフォークのストロークが非常にでかいということは、前輪の方が上に持ち上がっている、ということは、坂になるほど、平地での通常自転車の条件に合ってくる、ということなんでしょう。平地ではのけぞっているのが、下り坂になるとちょうどよくなる・・・。

 セッティングにもよると思いますが、サスを柔らかくするとグニャングニャンになりまして、その辺の段差など、意識させなくなりますね。

 これを通常の足として使っていて、まあよくあるメンテ、街道仕様でいいよ、というやつですね。

 しかしまあ、いろんな車種が、集まっては散っていってくれますねえ。ちょっと前には子供自転車が来たと思っていたのに、変態系が来たり、ガチレーサーが来たりとね、本当面白い、というかありがたいであります。

 20141207_130536_257_convert_20150228184019.jpg

 高速で急坂を下るという競技から来てるせいか、まあ頑丈にできてますね。

 20141207_130511_637_convert_20150228184147.jpg

 ブレーキも油圧。ヘコヘコ・・・スゴイ軽い引きですね、お見事。これも近い内にロードの主流になるのかな?

 20141207_130458_224_convert_20150228184159.jpg

 チェーンまわりと駆動の調整して、修正したりします。

20141207_130503_851_convert_20150228184040.jpg

 シフトワイヤーなんかも交換して、シフトが機嫌よくなってくるのがわかります。

 まあ色々いじって、完成か?と思いきや。

20150228_121402_288_convert_20150228190521.jpg

 タイヤのサイドに、破裂寸前の箇所が・・・。

20150228_121424_668_convert_20150228190511.jpg

 しかも前後に一箇所ずつ。これ放って置いて、ダート遊びなんかすると数時間で、ドカン!ということもあり得るなあ・・・ということで、交換!

 20150228_133727_863_convert_20150228184102.jpg

 ブッテイタイヤだこと・・・。まず前輪なんかはクイックなんてもんじゃない、アクスルなんていうバイクの形式だよ。太いシャフトがガッチリと前輪を支えている、まあ、それだけ前輪の衝撃はでかいということかもしれないが、それを受けてもあまりあるようなシャフトを抜いて、タイヤ交換・・・。

 しかし、太いタイヤ交換はまあ、別料金ものだな。握力が吹っ飛ぶくらいもんで、力かけてと、大騒ぎではめていく・・・。

 20150228_133742_608_convert_20150228184051.jpg

 後輪はクイックで、着脱は簡単ながら、はめるのはやはり大変でありました。手の代わりにはさみの親方みたいので、タイヤを挟み込む工具もあるそうだが・・・、今度この手のバイクがいつ来るか?導入はその頻度によるなあ・・・。

 そういえば、ロードはちょっと前まで空前のブームだったそうだ・・・、なぜか人ごと。そう、その波とやらは、当店には来なかったようで・・・。

 その随分と前がこの手のダウンヒルバイクがたいそう流行った時代があった。

 確かにあちこちに、アレ?なんでオフロードバイクなのに、ペダルがついているの?と思うような自転車が走っていましたわ。

 ダウンヒルバイクが、街道の陸橋を上っている姿は、まあご苦労様な事・・・と思って背中を見ていました。

 安くない・・・というより、高価なダウンヒルバイクを坂もろくに無い街道走ってどうすんの?とも思いましたが・・・。

 20150228_133716_564_convert_20150228184113.jpg

 まあ、それからするとおとなしめかな?ダブルサスでもないしね。人助けに、お金と交換したとか、こいつで街道およびその付近を走る・・・まあ、それそれなりに面白いとは・・・思いますよ。

 たまに下ると、専用車だけあって、格別だろうなあ・・・、たまにやってみてね。この自転車が作られた理由、工夫されている構造などがわかって、惚れ直すと思うよ。
 
 しかし、本当いろんな自転車が来るなあ・・・、当店は、ありがたや、ありがたや・・・。

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※自転車で遊んでばかりいないで、これで働こう!後ろに看板付けて、新店舗の回りをビラ配りしながら、走る静かなちんどん屋なんてどうだろう?看板作って、自転車に立てて、その看板は店の看板としても利用する。看板屋さんとタイアップでどうかな?

久々の街道ピストだよ  元本職から



 やはり、シンプルということで美しいのはピスト車でありますな。

 踏んで進んで握って止まる以外のものがない、というド単純な車体といえば、ピストですね。これがバンクに行ったら、ブレーキすら無いんですから、まあ超シンプル!

 そんなピストレーサーがバンクの金網に数台かけてあるあるのを見て、ドキドキしたもんでありますな。

 そういう感慨が、こうした街道仕様であっても、よみがえってきます。

 ウーン、やっぱりピスト車はいいなあ。

 今回はフレームペロトンと、その他持ち込みの上での施工依頼。

 乗り手はというと・・・、某有名大学自転車部の五年生・・・。

 当店に来たときの佇まいから、なんかやっているな、と思いましたが、ドンピシャの自転車選手とは・・・。

 学生タンデムのストーカーだったそうです。つまり短距離系二人乗り自転車の後の方です。

 街道用ピストをわざわざ組むことの真意は、社会人の登録選手を目指して・・・と思いきや。

 どうも自転車競技の方は、懲り懲りのようなのであります。もうイイッス・・・という、あっけない答え。と同時に、ポケットからたばこを出して、一くわえ、ジッポーで火を付けて、カチンッと閉じてまたポケットに。

 この仕草がまだ板についてなく、なんか高校生のごときタドタドしさ。

 ウーン、これはこれで、この子にとっては体育会という隔絶された世界から、この浮き世に戻ってくるための、彼なりの作法なんだろうと、ほほえましくも見えるんであります。

 まあ、日がな一日自転車ばかりに没頭していた四年間、ある意味少しは解放されたいんだろう・・・、わからなくもない。

 でも、もったいない・・・とも思うがなあ・・・。

 ともあれ、なぜかピストフレームを受け継ぎ、それを街道仕様にして欲しいという。まあ、気軽な足として利用するんだろう・・・と思いますよね。

 ところがこいつ、選ぶパーツが何とも、競技から抜け切れていない・・・。

 その第一がこれ。

 20150227_150247_246_convert_20150227152546.jpg

 なんで、競技性バリバリのDT585で組んでくれという依頼をするのかな?わからない。

 ホイールの内容を聞いたとき、かなりのディープ系といってきたんだが。もしかして、当初のイメージとしては軟派系ピストを念頭に置いていたのか?とも思ったが。

 話が進んでいくと、何とも決戦系のDTがいいということに。やはり、なんでだろう?

20150227_150318_546_convert_20150227152727.jpg

 リアも当然DT585・・・ということで。

20150227_150257_462_convert_20150227152824.jpg

 街道仕様ということで、当然の前ブレーキ、ピスト用。

 20150227_150334_525_convert_20150227152519.jpg

 リアブレーキ。最近では、この板ブレーキの板、これとは似て非なる用途で使っていますが・・・。これが正統な使い方といっていいでしょう。

 20150227_150323_435_convert_20150227152716.jpg

 ここはついていたBBとクランクをそのままに。

 20150227_150328_376_convert_20150227152535.jpg

 小ギアも持ち込みもの。変なギヤ比・・・でもまあ知らないピストでもないので、走りながら自分で決めなさい。

 20150227_150311_323_convert_20150227152741.jpg

 ヘッドパーツは交換を必要としていました。下玉押しが割れていた。それはそうと、このステムもそのまま使う・・・。

 結構下向き、これって戦闘機用のですね。

 20150227_150341_550_convert_20150227152706.jpg

 これもあったものそのままなんですが・・・。

 20150227_150306_687_convert_20150227152751.jpg

 ここがまた不思議。街道仕様なのに、ピスト用のハンドルそのままに、ゴムの競輪用ロンググリップを付けて欲しいと。

 ここ握って走りたいのかい?

 そんで街道ピスト?

 20150227_150242_464_convert_20150227152654.jpg

 まあ、これがレーサーという奴の、残渣なのか?それとも未練なのか?または未来への無意識的な希望なのか?わからない。

 たばこに象徴されるように、もっと軟派なピストでチャラチャラ走れば良いものを・・・。考えて選んでしまうのは、結局は結構バリバリレーサー系のもの。

 少なくともこれで、街道のんびりは走れないよ。

 下ハン持ったら、バンクよろしく視界は、前後ほんの数メートル、試乗ポジションに合わせて、自転車の方も旦那?そう来る?などと挑発してきやがる・・・。

 そんなんで良いのかい?もう競技系なんて懲り懲りなんだろう?

 もっと軟派にすれば良いのに。

 といっても結局レーサーに仕上げてしまっている。

 今後どういう展開するんだろうか?店主としては、せっかくやってきた競技で、まだ二十代前半、燃え尽きるには速すぎる・・・・。タンデムっていうなら、それこそボランティアでもまだまだ活躍できるだろう?

 などとも思うのだが、たばこを吸いつつ浮き世に戻りたがっている子に対して、そんなこと言っても、今は少なくとも通じないだろうし、通じる必要も無い。勝手にやってなさい。

 でも、君のチョイスには、どこか後ろ髪引かれているよね、そこが面白い!と思っているんだよ、とは伝えたい。

 ゆっくり戻ってくるのもヨシ・・・、やっぱりライザーにしてくださいと、軟派に走るもヨシ、何でも対応してやろう。

 若いんだし、まだ先は長い。と同時に、あっという間に老いやすく学なりが足しなのだ。

 いつものように、若い者などに期待などまったくしないで、ここにいよう・・・と思う。

00020141218_153410_559_convert_20141218164618_20150227200439038.jpg
※これも街道ピスト。ロード持っていて、ピスト持っていないなんて恥ずかしい!なんて時代が十年後くらいには来るんだぜ!その前に・・・、まずは乗ってみようぜ!

執念のマークローザが・・・変わり果てた姿に・・・



 実用車でありながら、フレーム自体に手抜きは無いためか、いろんな改造の土台車として、当店でもおなじみのマークローザ君なのでありますが。

 まあ、確かに改造し甲斐のある車体ですが、どこまでやるべきか?ということになると、まあほどほどに・・・なんでありましょうな。何でもほどほどに・・・。

 上の車体であったものが、前後ホイールと、なんとフォーク、ハンドルまですっかり別自転車となり果てたのが、これでした。

 000DSC_1092_convert_20130414124336.jpg

 まあ、なんとホイールが当店一推しのDT585で前後組んでいるので、ある意味短距離選手のスパイクのようなものであります。

 そして、一番構造上抜いているな、と思われるマークローザのフォーク。フレーム部分にはエンド金具なども頑丈なものがしっかり溶接されていて隙が無い。

 ところがフォークだけは実用車レベルの、先っちょつぶしの、エグリという安っぽいもの、これを変えないと・・・なんて一言言ったものだから、持ち主の方はまた数ヶ月して、この自転車にかける思いを語りつつも、予算を奥さんから引き出して、このように、ほぼまあ完璧状態にしたんであります。これが二、三年前のことでしたか。

 ここまでやれば、もうマークローザもフレーム冥利に尽きるよね、と思ってたんでありますが・・・。

 ちなみに、当店の今までマークローザ改造に関するリードは、ほぼこの車体が逃げをかましていた、といっても過言ではないでしょう。

 多くの方は、この車体の施工例を見て、「まあ、あそこまではできないまでも・・・」という断りを付けながら、改造依頼をしていただいてきたわけであります。

 そういう意味でもマークローザ改造の先駆的な位置にいたんでありますが、まあ、ここで落ち着くであろうと思って、高をくくっていた・・・んでありますが・・・。

 その先があったんであります。

 ある意味、一番怖いのは素人さん・・・でありましょう。そして、一番鍛えられるのも、そうした怖い素人さんからの要望にどこまで応えることができるか?ということ、何だと思うわけであります。

 店の発想や技術を向上させるのは、どれだけ突飛且つ斬新なアイデアを持ってきてくれるお客さんが居るか?いなかによるんじゃないか?とすら思います。

 エエ?これってもう完成形ですよね・・・、これ以上何か?

 というコチラの質問に。

 NCM_0979_convert_20150226194715.jpg

 この写真を持ってこられたんであります、そして、それにまつわる持ち込みパーツ群。

 まさかこのように?

 これと同じように、再塗装して、今度はドロップ化?ですか?

 しっかり、揺るぎなくうなずかれたわけであります。宝くじでも当たったのか?それとも、再度奥様に対する陳情が大成功でもしたのか?とにかく、そこまでやるか?という展開、できなくはないが、なかなか読めない展開なのでありました。

 20150225_160338_321_convert_20150226194837.jpg

 で、やりましたよ、4色刷。

 境界はぼかし。テープによるマスキングではなくて、スプレーガンによるぼかし・・・。二丁拳銃でやると、まあ修正しながらできますが、それをするのは願わくば2色刷の時までで、四色となると、その辺段取りが大きく異なります。

 つまりは一本のガンで、失敗なくぼかす、これに賭けたんでありました。

 20150225_160332_207_convert_20150226194848.jpg
 
 まあ四色なので、一本のパイプの1/4ずつやれば良い、口ではそれでいいんですが、まあ・・・ねえ。

 特に一番下の、メタリックブラック・・・これがどんなもんだか・・・という感じ。

 まあ、この色の組み合わせ、店主であった場合には、絶対にやらない組み合わせでありましょう、誓って言えます。

 だから、面白いんですな。

20150225_160344_481_convert_20150226194740.jpg

 メタリックはシルバーの中にいます。それと黒を混ぜるとき、どうしてもグレー系と化していきます。今回のご依頼は濃いグレー、ほとんど黒に近いメタリックということでこうなりましたが、完全黒のメタリックというのは・・・、実は今一本ありまして、大変悩んで納期を延ばし続けているものがあるんですが・・・、やれるなら試す価値は大ありで、ただいま研究中、といっておきましょうか。

20150225_160350_476_convert_20150226194729.jpg
 そして、コチラ、後三角ですがここは本来はメッキ処理がなされていますが、ここは大森社長の登場です。

 もちろん、アチラからの強いご指名!是非大森研魔に!ということでした。

 そして、ご指名だけでなく、なんと!アルミの磨き部分に関しては無塗装!という宣言をされましたので、当然クリアなどはかけませんでした。

 ということは?

 そう、必然的に大森研魔クラブ会員登録をした、ということを意味します。クラブ会員ね。

 アルミであっても、鉄ほどではなくとも、放っておけばもちろん酸化してきます。まずは曇りとして出てきます。その内放っておくと白カビのようになり、それが物理的にツブツブ状態になってきたりと、アルミも朽ちていくんですね。鉄とは別に。

 それを十分に承知の上で、曇ったら、磨く・・・、曇ったら磨く・・・、曇ったら磨く・・・という無間地獄に自ら足を入れてくるという暴挙に出たんであります。

 大森社長としては、まさにそうした磨き地獄の閻魔様のような立場で、いいですよ、と手招きします。

 でも、持ち主様も作業系統のお仕事のようなので、その辺は抜かりはなさそうです。

 20150225_160423_338_convert_20150226194752.jpg

 今回内容としては、BBの調整をしました、いわゆるチェーンラインといやつです。

 20150225_160406_275_convert_20150226194814.jpg

 それとドロップ化・・・ですね。ブルホーンからの変更ですから、今度は前傾プラスに上下の高低差が付きます。より遠くへ、速く・・・。

 20150225_160356_239_convert_20150226194825.jpg

 そして、ディレーラーを新生105に。夢だったんじゃないかしら?

 20150225_160413_266_convert_20150226194803.jpg

 やっぱり宝くじでも当たったのか?それとも埋蔵金でも掘り当てたのか?カーボンピラーに、高額で有名なセラSMPであります。

 そんなこんなで、狸が狐につままれたような自転車が完成いたしました。もうマークローザ最終章・・・などというのはやめにします。

 20150225_160318_550_convert_20150226194859.jpg

 なんだ君は?

 なんだ君はってか?そうです、私がマークローザです!ダッフンダ!

 で、もって回りは頭の上に??????だらけ。

 まあ、やってくれました。こうした恐ろしい素人様方により、当狸サイクルは日々鍛えられ、発展していくんであります!

 ありがとうございます!

000006-02@17-52-10-587_convert_20140603083806_20150227140713544.jpg
※これ大人のためのカーボン車。コンポはカンパ。十年先を走りたい方は、どうぞ!

子供用ながら マジ再塗装



 新車かな?子供用自転車としては、高機能であります。6速、この小径車で6速・・・って、一体小さい体でどこまで行くことを想定してんだろう?

 それとも何か?

 こいつに大人用のピラーを差し込んで、小径車大人バージョンなんて事・・・考えるわけは無いな。

 まあ、規格品なんでありましょうが、たまに、こういう車体と装備がどういう状況を想定しているのか?わからないような自転車もありますな。

 そうか・・・、丘陵地帯の子供用?そういうのあるかもしれないなあ。

 店主もよく走っていた時代がありまして、近くでいうと稲城や向丘の丘陵地帯にいくと、杉並では考えられないような坂も随所にありまして、またそういうところが小田急だか京王だか知りませんが、よく造成されていて、似たような間取りの住宅地が結構あったりしてね。

 そういうところの子供達の自転車は、選択の余地なく、数段ギア付き。そうでなければ、あの手の坂は上れません。

 なるほど、そういうバージョンなのか?などと想像してみる。

 で、今回は、この新車と見まごうこの車体を再塗装して欲しいということ。

 こういう子供車は、当店では今までは本人またはその親御さんが軒下で自家塗装するという習わしになっていたんですね・・・。ほとんどの場合。

 でも、今回はすべてコチラに丸投げ。まあ忙しかったり、色々あるんでしょう。

 20150222_145641_850_convert_20150226173418.jpg

 ピープル?どこのメーカー?まあ良いかこの銀の部分をオレンジ色に塗って欲しいという。

 いや、オレンジではなくて、橙に近いイメージで、ということでした。

 で、コチラの提案は泥よけの緑はそのまんま。橙と緑というと、この季節のミカンの木。

 あの黄色系と葉っぱの緑の比率の見事なこと。たまにジーッと見入ってしまいますな。

 アレを意識して、橙と緑を残す・・・なんて提案してみました。

20150226_123131_888_convert_20150226173355.jpg

 こんな感じでつや消し橙、と葉っぱの緑のツートーン。

20150226_123138_521_convert_20150226173338.jpg

 もう少し緑を濃くすると、東海道線だったっけ?ちょっとその辺が思い起こされますな。

 20150222_145652_687_convert_20150226173316.jpg

 そして、通常は塗らない、チェーンカバーでありますが、ある意味ここがこの自転車では一番面積があるんじゃないか?という面なのであります。

 ここを塗らないと中途半端な三色自転車・・・となってしまいますね。

 20150226_123144_520_convert_20150226173327.jpg

 これがまた治具がないので、結構大変なんですね。スプレーガンの風で、母材が団扇のように動く。固定したいが、にわかにそうしたポイントを設けることができず、持ち替えたりひっくり返したりをして、まあ何とかできたかな?という感じ。

 20150226_123119_826_convert_20150226173406.jpg

 こんな自転車あっても良いよね、という良い例にはなると思います。こういう自転車作りをリサイクル品でできたら、これまた豊かなんだろうなあ、と思います。そのためには保管できる場所・・・、いい物件見つかりますように!

 でも東海道線ではありませんが、既存または廃線になってしまった電車のカラーを自転車に復活させる・・・なんてアイデアも面白いかもしれませんね。鉄ちゃんという巨大マーケットを自転車に引き込む・・・。

 なにやらブルートレインがなくなってしまうとか?あのブルーと白のラインで・・・とか。

 子供自転車にこれだけ手間をかけたなら、できるだけ長く乗せたい・・・というのであれば、またピラーだのハンドル・ステムだのとそうした調整もお任せください!ということで、新色子供自転車の出発だ!

06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20150226192440a7e.jpg
※こいつは色を塗った・・・んではなくて、はがして磨いた!セミドロップのエレガントな磨き号であります!

変態君がやってきた 名づけてキメラだるま



 一見して変態号と・・・わかるよね。

 20150225_160700_128_convert_20150225185002.jpg

 これが前輪・・・。

20150225_160707_805_convert_20150225184948.jpg

 んでもって、こいつが後輪・・・。明らかに大きさが違います。

 ファニーバイク?まあファニーには違いない・・・が。典型的なファニーは、前輪が小さくて、後輪がでかい、つまり前傾姿勢を車体の構造からして、誘発するもので、完全レース車体なんであります。

まあ、例外として、前に子供を載せたり、今となっては存在価値の薄い新聞紙を重ねて配る車体などにもこうしたファニー現象は見られますが、これは後発のものでしょうね。

 ただし、今回の変態君は、明らかに前がでかい・・・。サイズは700cですぜ!

 20150225_160727_862_convert_20150225184921.jpg

 こんな馬鹿企画のために、フォーク入れ替えていますもんね。で、後輪ですが、こいつは24インチ。

 20150225_160715_448_convert_20150225184855.jpg

 こんなタワケBBやクランク見るとわかるように、もともとはBMXなんですな。そのフォークを交換して、前をでかくしているんで、いわゆるだるま自転車、オーディナリー型というクラシック車の形式を取り入れてみた・・・というわけなんですが、だからなんだ?という展開。

 ある意味、24インチでもいいし、22でも、20でもいいよ、そういう自転車持っていて、前輪をこのようにキメラだるまにしたい!というのであれば、ハンガーについては低くはならないので、クランクが地面を蹴ることがない、という意味で可能でありますな。

 おすすめはしませんが。

 なんかボケーた感じの走りになりますね。下りはまだ良いかもしれませんが、登りは・・・前が高くなる分なんか変なのーという感じ。慣れれば気にならなくなるのかな?

 20150225_160722_806_convert_20150225184936.jpg

 ハンドルはなんかをぶった切ったような、小牛系ブルホーンていうの?

 20150225_160733_380_convert_20150225184911.jpg

 それにエイドブレーキがついている。Vブレーキも引けるよ、ってなわけであります。

 シングルで、キメラだるま・・・。

20150225_160646_662_convert_20150225185014.jpg

 見た目は、面白いでしょ?走りは???だけどあってもいい車体。平地をタラタラ走るにはある意味もってこいかもね。なれば、後輪はより小さい方が良いね。現代版だるま自転車として、面白い改造車の施工例にはなると思いますが、どうです?

 とはいえ、この利用者さんの通勤コースは、ちょいと過激らしい・・・。ダートありの急坂もあるとのこと・・・、このシングルキメラだるまで乗り切れるのかなあ・・・、ちょいと心配ですが、まあ、お好みと予算の関係もあり、今回はこれにて・・・ということであります。

 実は、当店にも秘蔵のコリブリっていうのがあって、前からこんな事を考えていたんであります。後16インチに、前700cなんてやったら、マジで、現代のだるま自転車でしょ?

 ハンドルは前倒しのチョッパーかなんかで、見たこともないような、だるまローライダー・・・。隙間も隙間、入り組んで訳わからないね。

 こういうキメラ号は、まだまだ変態アイデアありありなんだよなあ。

 実用車を保管できるような作業場を確保できたら、まあハッチャケさせてもらいます!ということで、いい物件にご縁あれ!

110928_20150225193548056.jpg
※体の小さい人よっといで!150センチ前後でも700cは大丈夫!という、クランクもハンドルも小柄の方用。どうです?

軟派のお花から 硬派のレーサーまで



 当店オリジナル第二弾になります、硬派なクロモリレーサー。レーサーというだけあって、こいつはレースをする車体であります。

 レースというのは、自転車のロードレースであります。もちろんアマチュアのレースであっても登録レースであっても、それは問いません。またはレースに出るための足を作る練習機としての価値も大いにあり!ということで組上げてみた一台であります。

 20141207_141228_660_convert_20150224194046.jpg

 これでお気づきかと思いますが、レース車体ですから・・・これはちょいと拘って、カーボン1インチフォークを採用しています、当然ステムもアヘッド用、軽量化と昨今のアヘッドステムの種類の多さを念頭に置いてます。

 20141207_141120_579_convert_20150224194132.jpg

 で、足回りは、今回はマジという意気込みを見せるため、当店最高峰の手組ホイールDT585を惜しげも無く、採用しています。このホイールは、登録レーサーの調整レースや本気モードの練習には最高にもってこいのスペックであります。

 仮にこれで落車に巻き込まれても、無傷かスポーク調整で切り抜けられる確率が高いです。

 逆にこいつが再起不能であれば、ライダーも・・・なんて恐ろしい展開を考えねばならないほど、頑丈で精度がよく、実際の重さよりも前へ前へとよく転がってくれるホイールであります。

 調整レースなので、機材は控えめにしたい、なんて時もってこいだよね。

 20141207_141110_616_convert_20150224194144.jpg

 もちろんリアホイールもDT585です!当然!

 ちなみに、オーダー先回りして、スポークは・・・。

20141207_141126_345_convert_20150224194120.jpg

 同族DTのクロスポークで組んであります。当店にしてはまずらしく隙が無い・・・。

20141207_141058_833_convert_20150224194209.jpg

 本気レース車体なので、コンポは5800の105をコンポで丸ごと乗せています!よく大手さんがやるように、クランクや、ブレーキで抜くようなことはいたしません!

20141207_141103_851_convert_20150224194156.jpg

 イヤー、アルテグラなどとも見劣りがしない、整備をキチッとやっている105は、ほったらかしにしている上位コンポよりもずっといいんじゃないか?なんて思うのね。

 みんなレースに出る前に、ちゃんと整備しているのかな?

 20141207_141146_389_convert_20150224194058.jpg

 本当105は、本気でレース志向の人を支えるコンポだと思いますよ、構造的にはほとんど引けを取らないといってもいい、シマノさんの自転車レース普及のための、願いと良心を象徴するようなありがたいコンポだと思いますぜ!決して嫌みじゃなくてね・・・。

 20141207_141141_398_convert_20150224194109.jpg

 シフトの精度はもちろんのこと、パコパコ効くブレーキレバーもこれはほとんどストレスフリー、といってもいいかもね。

 というわけで、第一弾の軟派路線の花畑自転車から一気に、硬派路線編へと展開しました第二弾!正真正銘の現役クロモリレーサーとして登場いたしました!

 これで勝負して、勝つ!これが本当の強さなり!

20141207_142100_147_convert_20150224194022.jpg

 時にクイックにて、伸びる走り、まさしくクロモリレーサー・・・。

 ※試乗も多少あり。できればペダルと持参で、ヘルメットは必須。初回ノコの一台に限り、ちょっと驚きの価格を考えている・・・のだ。

台湾へ グレイトジャーニー



 グレイトジャーニーといえば、これで世界一周したりする車体でしょ?

 さすがにゴッツくできていますわね。

 20150216_120648_283_convert_20150223200920.jpg

 溶接が緻密で密度が濃いし、補強も非常に広い範囲をカバーしています。

 20150216_120654_583_convert_20150223200910.jpg

 まさに隙の無い溶接でありますな。多分パイプも分厚いものが使われているんじゃないかな?とおもわれます。

 で、これはかつてハンドル回りを大改造した経緯があります。当店そばの方で、その大改造の後、沖縄一周を試みて、お土産までいただいた、ということがありました。

 20150216_120604_887_convert_20150223200942.jpg

 フライトデッキかよ、というくらい複雑に入り組んだハンドルです。

 このハンドルコンパクトに分解もできるはず、それができるようにと、エイドブレーキを付けるというようなミッションで、まあ大変でした。

 今度はこれで、台湾一周をしたい、ということで、全体のメンテということでありました。

 20150216_120614_676_convert_20150223200848.jpg

 チェーン・ワイヤー交換は基本中の基本。これで操作系のほとんどがわかってしまいます。ということは操作の快不快は大体ここに由来する・・・といって良いかもしれません。

 20150216_120609_223_convert_20150223200932.jpg

 タイヤを一回り太いものに交換・・・、さして大意はなし。ダートもあるんじゃないか?ぐらいか。

 20150216_120631_299_convert_20150223200829.jpg

 前後のブレーキシューも交換。駆動・制動両者ともにバッチリ!

 20150216_120556_383_convert_20150223200859.jpg

 で、大ボケだったのがブレーキレバーでした。元々はディスクブレーキがついていた車体。

 それを前回キャリパー化したんですね。輪行のしやすさを考慮した、あと利用者さんのご希望もかねてね。

 で、そのままのブレーキレバーを付けたままだったんですが。
 
 ディスクブレーキとVブレーキの相性はよく、キャリパーブレーキとカンチブレーキの相性も良い。

 ということはディスク用のブレーキレバーで、キャリパーを引くのは、相性悪いということなんです。

 それがそのままだったんです。幸いなことに、利用者さんはほとんどがエイドブレーキのみ利用していたそうで、不便は感じなかった・・・という事。

 今回、ここをキャリパー式のもの、あの名作ディズナブレーキレバーに交換したんであります。

 バッチリ引けるようになりました。面白いもので、引けるようになると、また使うようになる。

 そうなるとハンドルの下ハンをまた有効利用できるようになる、せっかくのドロップなんだから下ハンも利用しない手はない。

 そういう意味で、これにて車体としての完成形になったといっても良いかもしれませんね。

 20150216_120544_885_convert_20150223200951.jpg

 これにて、来月台湾旅行ということで、一周されるのかしら?

 大体九州と同じくらいの島で、最高峰は富士山よりも高いところがあって、故に、沖縄よりも南にありながら、スキー場がある・・・ということです。

 ということは・・・、標高によっては凍結とかもあるのかしら?

 まあ、無事に帰ってこられての、土産話が楽しみなんであります。

 道中、ご無事で!行ってらっしゃいませ!


青年は荒野を目指す! ロードマンでね



 この状態で、どこからか引っ張り出してきたらしい。

 今はオークションだの何だのと、国内はもちろんのこと国外からもある意味簡単に、ものを引っ張ってくることができるようになっている。情報とその管理をしっかりすれば、ある意味金はなくとも何とかなる、という時代なのかもしれませんな。

 学生君が持ってきたこのロードマン、ある意味店主らの子供時代、憧れと、ある種猫も杓子も的な代表的自転車ともいえるかもしれませんな。

 小学生のころは、工具を広げてロードマン分解する高学年や中学生見て、デカくなったら絶対に乗ってやると思っていたものの、中学生になったら、猫も杓子もこのロードマンだったもんで、さすがにイヤになって、FUJIの実用車に乗っていたという店主。

 前三前の後五枚のロードマンを荻窪で見たとき、興奮したことを覚えています。

 そんな車種をそれから四十年後、若い学生が首根っこ引っ張って持ってくるようになりました。こんな状態で、まだ自転車のことはわからない、これをツーリング車として組み付けて欲しい、それで日本一周・・・くらいはやっていきたい、まずは実家の京都にこの春帰りたい、という。

 古風といえば古風なのかな?まあ、当店にはツーリングクラブHGを主催してくれる石井君みたいな若者も多いので、珍しくはないが、一般的には自転車乗って荒野を駆け巡るなんていう学生君は、もはや絶滅種なのかしら?とすら思えてくる、この頃。

 予算を聞いて、施工開始。今回の一番の目玉は車輪交換。

 やはりタイヤの種類が豊富な700c化しようということになりました。

 20150219_162258_603_convert_20150222163818.jpg

 タイヤは今回は38c。でも太さは色々選べるし、コースによって標高の高いところを走るなら、凍結などを考えてブロックタイヤという選択もある。シクロのタイヤを流用するなんてこともできるよね、700cであれば・・・。

 20150219_162304_170_convert_20150222163805.jpg

 前ブレーキは、現行のダブルピポットものに交換、もちろんシューもいいものにね。荷物を載せると車体が重くなる、重い車体を止めるにはそれなりのシューがいる、という考え。

 20150219_162311_227_convert_20150222163628.jpg

 リアはシングルピポットながら、状態が良い。分解掃除して戻してシュー交換。かなり良いね。

 20150219_162324_517_convert_20150222163616.jpg

 ロードマン特有の台座付きWレバーは辞めて、今回はバンド式のシンプルなものに交換。これだったらもう半永久的に使えそうだよね。もちろんワイヤーも交換です。

 20150219_162329_477_convert_20150222163742.jpg

 癖のある三枚クランクに、それに合わせるように付けられたフロントディレーラー。調整はなんこうしたものの、何とかねえ。

20150219_162318_410_convert_20150222163754.jpg

 リアを8速にして、現行品として使い続けられるようにしました。学生でまだ若いし、どこまで行くかもわからない、あと何年乗り続けるかもわからない、であれば、メンテはできやすいものに最初から整えておくのは良いことだと思うのよ。
 
 しばらくは気づかなくとも、後になってよかった、と感じられるようなメンテなんかも志ます!

20150219_162336_492_convert_20150222163731.jpg

 ここ一つだけなぜか年季の入ったサドルがついていました。なんか鰹節みたいに貫禄ありであります。

 20150219_162253_554_convert_20150222163640.jpg

 イヤー、いいねえ!走るツーリング車としてよみがえったよ!嫌みなプレミアムなんてなし、盗難の危険性もあまりなし、パーツなどの困難もほぼ無し、あっても交換ですぐに対応できる現行体制。学生君が思いきって走り回るには、もってこいなんじゃない?

 今農学部で、来年度から専門課程という将来有望な学生君。でも多分、農学部といっても遺伝子なんかをチマチマいじる神経戦が続くんじゃないかな?

 そうした時、こいつで荒野にでて、農地を横目にひたすら走れ。時に降りて農夫の声を聞き、農作物を手にとって、何ならくわせてもらいなさい。

 日頃のチマチマがこういう形とどうつながっているのか?そういうことを体感するにも自転車はもってこいなんじゃないか?

 青年はどんどん荒野を走れ!そして今とは別の仕組みで、荒野を豊かな農地に変えていく動きをせんことを!!!


00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_20150222182114a9c.jpg
※鉄のマウンテンからで来たツーリング車。ある意味珍しいよね。これは学生用として組んだのだが、問い合わせは社会人からが圧倒的に多い。お断りしているが、この春休み学生君からのオファーが無ければ、社会人にも流していくぞ!

気になる車体の気になるパーツ 高級アルミパーツにも魔力あり



 これなんでしょう?

 わかりません!がなんか漂ってくるんだよねえ・・・。

 20150219_171114_379_convert_20150220162054.jpg

 例えば、こういうステンレスラグなんてどう?大森研魔の社長じゃ無いけど、このての磨き系に弱い方はいるよねえ、と思うわけです。

 なんだろうねえ。

 20150219_171327_207_convert_20150220162117.jpg

 この全体の車体については、店主などは見過ごしがちな車種なんでありますが、各々のパーツに目が取られます。

 ここだって、ブロンズ系のクリスキング。ここも得意なアルミ技術持っているんでしょ?でなければあそこまで強気に高額のもなど作れっこないものね。

 20150219_171122_436_convert_20150220162044.jpg

 このブレーキレバーも、しっかり中までつまった削り出しもので、精度がいい。ポールなんだとよ。作りをじいっと見入ってしまうものでありますな。

 20150219_171712_898_convert_20150220162105.jpg

 一々にくいよねえ、このブレーキ。シューの位置が無段階に相当のレンジの範囲で決められる。キット高いんでしょうが、一階購入したら、様々な車種に載せ替えが可能となる、という意味でイジリ屋には、結果として安くつくかもしれないな。

 20150219_171257_576_convert_20150220162130.jpg

 これもポールの前ハブ。アルミのエロさ満載だな。何だろうねえ、このポテッとした隠微な輝きのある種の高級感。

 金属の持つこうした歴史にも裏打ちされたような質感には、いかに流行のカーボンだとて、まあしばらくは追いつかんでしょうな。

 そういう観点からすると、出たてから黒大理石模様のカンパのカーボンクランクはすげーなあ・・・、やはりあいつら工芸のなんたるかわかっているわ。工業製品とは一線を画す工芸品の意味を。

 でもこれから出てくるかな?カーボンの磨きだし無塗装製品。ある意味エボナイト、昔の電話機や、黒檀の持つ重厚感あふれる自転車カーボン工芸製品の可能性・・・。まあ相当先だろうな。

 20150219_171130_776_convert_20150220162228.jpg

 ここまでやるか!というくらいのホワイトインダストリーのアルミクランク。エロエロ・・・。持ち主の方も相当好きですわ。金属アレルギー・・・。

 ホワイトインダストリーも作っているものがものだけに、高額だが、イヤー、良い物作っておるワイ。

 でもって、今回のお題は同じくホワイトインダストリー系のリアハブについて。

 20150219_171201_567_convert_20150220162031.jpg

 洗浄依頼なんですよね。なにやらダートで遊んだので、シングルフリー辺りが特に心配、しっかり洗って、グリス充填で、というご依頼。

 20150219_171222_109_convert_20150220162153.jpg

 ディグリーサー一本使用・・・は大げさかもしれませんが、洗浄に次ぐ洗浄と、グリスアップでまたしっとりと回り始めるのであります。

 20150219_171138_399_convert_20150220162217.jpg

 オット!ここにもアルミの妖艶ペダルがついていた。タイオガ・・・、君もこんなの作っているのね、確かに最近のタイオガのペダル作成にかける情熱は一体何だ?と思うくらいいろんな形状だしていますね。

 20150219_171148_398_convert_20150220162205.jpg

 そうそう、こいつは元々カーボンパイプのステンレスラグという仕様なんだそうです。

 20150219_171100_421_convert_20150220162239.jpg

 車種としては、何のことはなくとも、これだけ選りすぐりの精度の良い高級パーツを集めて自転車作ってみると、走りは普通ではないですね。滑るように連動して、まあ、こんなの乗ったら、他のは乗れないわ・・・というくらい、まとまったいい走りを展開してくれます。

 まあ、わかっていないとこんなの作れないね。脱帽だなあ、でもこうした自転車拝めるのも、こんなお仕事のせいなんでしょうね。

 しかしカーボンの工芸化がまだ先だとすると、金属工芸の栄耀栄華はまだまだつづくでありましょう、とは言いつつそれが工芸として受け入れられなければ、単なる金属安物パーツで終わってしまいますが。

 これからの工芸が生きる道を資本主義経済の原則に求めるとするなら、ありもせぬトリクルダウンにたよるか、拝金教徒による成金趣味にゆだねるかしかない・・・のかもしれませんが。

 例えば食と工芸をつなげると、新たな生きる道、成金の悪趣味につきあうことなく、工芸として何らかの美の追究しながらも、その確立と持続可能な可能性が出てくるのではないか?なんて考えるんですが・・・ねえ、どうでしょう?

 00007-06@13-18-16-214_convert_20140708193823_20150222162831559.jpg
※こいつのリアハブ、工芸ではないが、内装三段の固定ギヤだぜ!そう、完全なロード乗りのための足回しの練習機だよ。これ乗らずして・・・何だがなあ・・・。

学生の自転車が盗まれたー!



 この16、7日頃仲野で盗まれたそうです。

000 2014-07-06

 スペックを言うと、以下の通りであります。


Raleigh (ラレー) 2011年モデル BDC BroadMarsh Classic
防犯登録 杉並 F-23284
車体番号 F101013797
置き場所 中野区上鷺宮
シマノSL-M310-8S シフター
シマノSL-M310-3S シフター
シマノPD-A530片面SPDペダル
シマノ BR-BL-M355油圧ディスク ブレーキセット フロント&リア (白)
ジェントス BL-300WH ライト
100円均一 テールライト
サイクルプロ CP-HG849D3 [Wバイスバーエンドグリップ BK/GRY]
キャットアイ VERO9 サイコン
泥除けなし
右クランクに擦り傷、塗装はげあり

お見かけの方は、charlieys777@gmail.comまで。

 ということです。

 学生なんですよね。学生の一台は、きついですよね。彼の足ですから。しかも住まいの敷地から盗まれということもあって、気持ちも悪い・・・ということ。

 見つかれ!

 という思いを込めて、何かお見かけの情報がありましたら、当店か直接charlieys777@gmail.comのアドレスまで、お願いいたします!

00020140909_155634_413_convert_20140913131739s_20150219201923d90.jpg
※こちらの紙細工号もまだ出てきていない・・・、どちらも出よ!

大人のプラモデル・・・そんなことができるような場を求めて



 こういう自転車持ち込まれてきたんですねえ。

 んまあ、お陰様で大抵の自転車は見ても驚かなくなりましたんで、ああ、なんかやりたいのね・・・・という感じなんですが。

 例えばねえ、この辺。

20150217_145024_785_convert_20150218200305.jpg

 板ブレーキをご自分で付けているんです。その板も、ブレーキ用のものではなくて、他の資材から切ったみたいですね。厚くてブレーキ固定にはもってこいです。しかもフレームの金具の大きさにあわせて切って、実に丁寧に仕事しています。

 って、これいい大人がやっているんですねえ。高専の子達や中学生じゃなくてね。

 車体自体には驚かないまでも、いい大人が自転車に対してこういういじり方をするというのが、何よりもうれしいわけなんであります。

 大人の応用性プラモデルとしての、自転車。

 今は建物の関係でできませんが、次回引っ越し予定・・・たっているのは予定だけで、まだ具体的な物件は見つかっていませんが、見つける際には、こうした自転車を持ち込んで、やりたい人が自分で組み付けられるような場所、保管できる場所があるといいですねえ、本当。

 日曜自転車教室、自家塗装も含めて、店主らのほったらかし指導の下、基本自分で組み付けていくような教室なんかで来たら良いだろうなあ・・・。

 少年のようなオヤジ達が集まって、なんやかやと、ワイワイやっている。できた自転車をまあ子供のように乗り回して、交換しあって、お互いの車体を適当に批評したりして、その内、誰かがビールをプシュッ!とやり始めるのをキッカケに、自然発生的宴会が始まって、薪ストーブで干物あぶって・・・と。

 そんなこと東京でできるかよ!と言われそうですが、それを東京でやるのが意味ありなのだ!

 お客さんの中でも、知り合いのつてなどを使って、物件探しに協力していただける方も出てきて、心強い!

 絶対に理想は捨てない!実現してやる!

 なぜか?それを求める無数のオヤジ達の声なき声が、確実に聞こえてくるからであります!

 まずはオヤジ達で盛り上がる!そうなると、子供らがどよめき始める・・・。「お前ついてくるなよ!」なんていわれると、余計どこで何やってんだ?と興味津々になるだろうなあ。

 んでもって、いい年しながらも自分でここまでいじった方が、一体何を当店に依頼してきたのか?

 なんと、固定ギヤ乗ってみたい・・・ということなんであります。

20150217_145016_276_convert_20150218200352.jpg

 偉い!しっかりバンドブレーキを外してあります。外した後にしっかり固定ギアが入ります。ツー事は・・・、そう、ホイールを外して逆にすれば良いんです!

 20150218_164703_238_convert_20150218200243.jpg

 ホラね!ローラーブレーキではそれはできませんので、バンド・サーボブレーキは偉大です。

 ただ、チェーンカバーに入っている小さい前ギヤでは、ギア比が小さすぎて、多分コロコロ回りすぎ、疲れてやっぱり固定はダメだ・・・となってしまう可能性ありであります。

 なので、そこは先回りして、事前に改善しておきます。

 20150218_164710_721_convert_20150218200233.jpg

 ジャーン!前ギヤそっくり取り替え、46Tものにしてしまう。後を16Tにするとギア比は2.8、いいんじゃない?

 20150217_145030_643_convert_20150218200342.jpg

 前ブレーキのシャフトのねじ山が壊れて、固定ができない・・・なんてところをおせっかいメンテで直す。

20150218_164717_692_convert_20150218200223.jpg

 シャフトで見えないとこrなんで、写真では判明せず・・・。

 20150217_145036_264_convert_20150218200254.jpg

 ハンドルはまんまで、戦闘モードではないながら・・・。

20150218_164657_619_convert_20150218200328.jpg

 試乗してみたんだが、面白い!

 この半端物プロムナードでも、固定のおもしろさは十分に伝わりますわ。

 スルリと走るし、意外といいよ!

 こういう、イタズラ号のような自転車に、いい年した大人がコソッと乗るなんていうのは、地味ながら自転車の成熟のためには隠れた一歩になるように感じますな。

 ウーン、まだ先が決まっていない移転先、自転車オヤジや自転車少年らが、高級車には見向きもしないで、夢中で放置自転車もどきをいじって、再生させていく姿を実感してみたいね。

 趣味でも良いし、教育でもいい、職業訓練でもいい、単に自転車を組むという行為であっても、多角的・多面的にとらえることができれば、その意味は自然と社会的な意義を帯びてくるはずでありましょう。

 自転車でできることはまだまだあるし、まだまだやるべき事だってあるはずであります。何らかの必要の神がいるとするならば、当店はつづくでありましょうし、無ければ閉じるのみ。

 希望は大きく、自身としては絶対に諦めない!杉並で自転車宴会・・・じゃなくて、自転車の大展開をやるぞ!

 この思いが届き給え!

00020141218_153410_559_convert_20141218164618_20150218205046b72.jpg
※ハイ!例によって街道固定だ!ロード乗り!固定に乗ってみ!すぐにわかるって、ペダリングがどういうものか?ということが。

やんちゃ坊主のお手入れです



 お父さんが途中までやっては見たものの、次から次へと出てくる課題に手を焼いてしまい、心が折れたということです。

 子供さんの自転車ということで、ちょいとやんちゃ系でありますね。半分BMXっぽいんですが、なんかカゴがついている。

 24インチの子供用なんちゃってマウンテン、「ダートは走らないでください」シールつき、なんて車体ありますが、それのBMX版かな?

 20150201_170247_388_convert_20150217204349.jpg

 一番の強敵がここ、ヘッドパーツ。オーバーサイズのスレッドレスなんていうのは、今やある意味典型的な規格なんでありましょうが、そんなことは関係ない。

 特殊工具を持たない素人さんを一番悩ませるのが、多分ここヘッドパーツなんでありましょうな。次はBB付近というお決まりの展開。

 20150201_170322_263_convert_20150217204327.jpg

 キャップの引き上げボルトの長年にわたる緩さが原因したんだかなんだか、下玉が複数逃亡しております。これじゃあ、スルスルとは回らないね。

 となると交換ということになりますが、こんなちっこいパーツにもかかわらず、取り外して、場を修正して、圧入する、という特殊工具が3種類も必要になるということ。これらを一般工具でやろうとすると、見事に失敗するというオチがありまして、自転車いじりのかけだしのころの店主を思い出します。

 20150201_170235_394_convert_20150217204359.jpg

 お父さんの心がポキン!折れた音が、ここから聞こえてきそうですねえ。もうお手上げ、完全オケラ状態。

 問題は一つ一つ解決していけ、なんていうのはそうした解決方法を知っているものの言い分で、それを知らない方にとってはもう混沌としか、状況は見えてこないでありましょう。

 錆だらけの、数年放って置かれた自転車を見ても、どこをどうしたらどうなって、どの辺いかしてどうやって再生させていこうか?という目とアイデア、もちろん店主らは仕事上持っていますが・・・。

 例えば別分野、今足で物件探していますので、住んでいる町のウォッチングを盛んにしているんでありますが、言われるところの空き家の多さに、今更ながら驚いております。

 この敷地で、この家屋を借りられたら?なんてことを考えながら、塀から中をのぞいていたりする。怪しい人物だろうなあ、さぞかし・・・。

 そうすると、生き生きといろんなイメージが去来してきたりするんでありますが、そうしたものすら起きないような、朽ち果てた廃墟なんかも中にはあるわけなんであります。

 元々、店主の廃墟好きという性格もありまして、それはそれとして眺めていて楽しいんですが、もし店主が建築に関するリフォーム業なんかをしていたら、またそれとはまた別な観点から、それらを眺めていたと思うんですよね。

 あそこからここまでは取り壊し、残った母屋の構造の強いところを利用して、あとは補強と修正でリフォームしつつ、提出書類にはそこまで書いて置いて、審査が終わったら、延長部分を増築・・・ウシシシシ・・・なんて考えられたんじゃないか?

 残念ながら、そんなことはできませんが・・・。でもね、作業している身、なんやかやと構築している身から見ると、何らかの応用は効く、と思うんですよ。別の業種であっても、この人は正直か、嘘ついているか、ということがわかりますからね。

 たまにお客さんが困っている理由を聞いて、なんでそんなこともわからないんだろう?と思うこともありますが、ある意味その事柄に対する経験の浅深というのは意外と決定的で、わからない分野については、徹底的にわからない、ということなのかもしれませんな。

 業界変わると店主も同じレベルの困惑をしたり、あさっての質問なんかもしているんでしょうなあ。イヤー、もっと応用、応用!

 20150217_164448_561_convert_20150217204238.jpg

 まあチェーン張るなんていうのは、難しいことでは無かったんですが、先ほど予言したBB付近については、やんちゃ、やんちゃのやりたい放題でありましたよ。

 20150217_164423_390_convert_20150217204203.jpg

 もうリテナーという、ベアリングをまとめる金具がひん曲がっていて、各玉が蜘蛛の子散らすような状態、これはまあ収拾つかないわな。

 曲がったリテナーを戻すのは至難の業、なれば・・・、ハブ調整よろしくリテナー外しの玉足しで、グリスをたっぷり投入で調整完了。

 20150201_170311_713_convert_20150217204339.jpg

 カゴの下支えが折れてしまったと。特殊なカゴ・・・ということなんで。まあ確かにカゴとステーをセット売りしているという意味では「特殊」かもしれませんが、形状を見れば通常の別売りの下支えでも可能であります。

 20150217_164437_440_convert_20150217204257.jpg

 その他、ハブもまたやってくれました。

20150217_164443_424_convert_20150217204247.jpg

 もちろんワイヤーも取り替え、ブレーキ本体や、レバーも当然メンテの嵐なのでありました。

20150217_164402_632_convert_20150217204307.jpg

 まあ、ここまでやれば、当分の間は多少荒めの使用にも耐えてくれるでしょう。元々頑丈そうな車体ですからね。

 直接乗っているお子さんは会ってませんが、なんか色々と透けて見えてきそうなやんちゃな野郎でありました。

 やんちゃならでは、メンテは大切ですぞ!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※遊んでばっかりいないで、働きなさい!という方にはこいつ、通常の荷物なら3、4倍はいけるでしょう。応用次第で、君の起業に役立つよ。御用聞き代行業なんてどうよ。こいつを使った自転車広告なんていうのは?トラックを使った広告があるだろう?アレの自転車版だよ。一人でできる自転車ちんどん屋!頭柔らかく、こいつでできそうな仕事を考え出して、まずやってみる!そうやって隙間を見つけるんだよ!

ワッパ鍵とスポーク折れ



 これ置いておいて、見る人見る人、かっこいい、いいですね!これ!の連続でありました。

 確かに言われてみれば良い。ある意味普通の自転車なんだが、どこがどうだか、説明つかないがなんかいい。

 20150216_114607_616_convert_20150216174001.jpg

 メカから見るに、このチェーンカバーの小ギヤ部分がえぐれているのがいい。これなら簡単にチェーン等の管理ができるし、小ギヤをデカくしたい場合もチョチョイのチョイでできそうだ。

 この辺はメカの考えること。上に、アビキ・・・だかアビチだかの丸いステッカーがありまして、下はイタリアンとか書いてある。

 そう、どうもこいつはイタリア産の自転車らしいのであります。

 20150212_164531_250_convert_20150216173942.jpg

 再度見てみましょう、どこか違うし、なんかかっこいいよね、そのポイントとなるところは一体どこか?

 チェーンカバーは確かに独特ではあるが、これが故にかっこいいのか?

 なんだかわからない。

 ここがデザインというものの、奥深さなのかもしれない。店主には説明不可能・・・。

 とりあえずは、製品作りにはデザイナーは必要なんだろうということは、理解する。

 で、案件は?というと。

 20150212_164645_770_convert_20150216174024.jpg
 
 これ・・・。

 どれよ?

 20150212_164628_819_convert_20150216174034.jpg

 これだって・・・。

 これって・・・、これのこと?

 そう、これのこと。

 というように、気にする人以外にはあまり気づかないかもしれませんが、気にする人は気にします。

 はい!気ににならない方、再度よく見てください。スポークの先端少し手前が、「く」の字になっていませんか?

 そう、スポークが曲がっているんですね。こうした症状は、特にお母さん自転車に多いです。中にはスポーク折れを起こしている車体もかなりあり、それも気づかずにそのまんま乗られている人も居ます。リムがその内ダメになりますね。重篤になる前に張り替えないと・・・でも、今ホイール張り替える店ってどのくらいあるんでしょうね?

 20150212_164659_239_convert_20150216174012.jpg

 原因はこいつです。このワッパ式ロック。これをかけたまま、解錠せずに子供と荷物を載せて重い状態で、スタンドから降ろし、出発しようとしてしまう、一瞬にして鍵ワッパの鉄部分に、回転しようとするホイールのスポークが激突し、車体の重さを受けたスポークの局所が曲がるという現象です。

 やった方としては、ちょっとしたポケにすぎませんが、ホイールに与える損傷は、結構な物になります。これが何度か続けば、スポークをとめているニップルが飛んでしまい、下手するトリム自身のもダメにする・・・。

 とんだスポークはホイールのバランスを崩しますから、ホイール自身が振れてくる。それに気づかず、子供と本人と荷物を載せた重い自転車で走る続ける。すると2番目に弱いスポークが折れ始める。余計ホイールが振れる・・・この繰り返しで、どうしようも無くなってしまいます。

 まずは、曲がったスポークを撤去して、スポーク交換して、振れを無くすことは最低しないといけませんね。

 今回の場合は、すべてのスポークの張り替えです。

 20150212_164710_630_convert_20150216173930.jpg

 悪いことにコースターハブと来ています。何が悪いか?というと、この手のハブの回転です。

 レーサーのハブのように回転がいいと、振れ取り台の上でも、スルスル回ってくれるので、振れ取りの効率が良いんですが。コースターとなると、回転自体が鈍いし、逆回しだとブレーキがかかってしまうので、それができない。

 何かと通常のハブで組むホイールとは勝手が違ってしまい、張り替えにくいんでありますが・・・。まあ何とか。

 20150216_114615_740_convert_20150216173951.jpg

 ステンレススポークにて、張り替え完了ということでした。
 
 スゴイ地味な仕事でしょ?でも技術力は結構いります。まあ、自転車組む中での難関の一つは、ホイール組みということで、最近これができないショップがあると聞くので、まあ別のショップのことは別にいいとして、そういう時代になりつつあるんですねえ、自転車のプロショップがねえ・・・。

 20150212_164531_250_convert_20150216173942.jpg

 もう一度完成を見ましょうか?ウーン、かっこいいのはわかるな、どこが良いのかわからない。店主のデザインの勉強やり直しですな、というか、そういうのはその辺の得意な若手の皆さんに託してもいいかもね。

 ということで、作業は地味ながら、自転車の下支えをする重要なお仕事、ホイール組みができないで、自転車屋名乗るのか?・・・などと久々に生意気なことお言ってみたくなりました、失敬!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※乗せ方によっては、後に二人、いけますぜ!

乗り続けるということ 



 トーエイというらしい。国産鉄フレームの老舗ということです。

 どこでどう手に入れたかは知りませんが、こうした自転車が持ち込まれると、店内だけでなく、出入りのお客さん達もどよめくのが面白い・・・。

 ある意味、魔力というのか?自転車好きの何かを揺さぶるものを持っているんじゃないか?なんて思うのね。てなもんで、当店もオリジナルなんて事始めたわけなんでありますわ。

 鉄フレームの持っている新旧の可能性、これを横軸と取るとすると、縦軸にはポップと渋さなんて入れても良いね、斜めの軸にどんなものを取り入れつつ、できれば平面のレーダーチャートから、マンセル色立体のような展開ができたらなあ、などと思うのであります。

 鉄フレームを引き出す、近い内に先日の軟派系華レーサーに次ぐ、硬派中の硬派をお見せいたしやんす!

 で、トーエイさんですが、今回は主に再塗装と中心としたメンテということになりましたよ。

 20150210_115314_327_convert_20150215201630.jpg

 元色がこれだったのを、渋めの赤・・・という店主系の色を選択、俄然燃えるのであります。

KIMG0005_convert_20150215201609.jpg

 実は外で撮ったはずのデータが壊れたのか?気づいたのが夜でしたので、室内写真でお茶を濁すことになりました。こういうことがあるんでデジタルは注意しないとなあ。

 20150210_115306_867_convert_20150215201653.jpg

 決して悪い色とは思わねど、赤が好きなら赤でヨシ。

KIMG0004_convert_20150215201446.jpg

 メタリックに赤を垂らして、アセロラ色を作って、そこに二重の赤をかける。

 20150210_115322_141_convert_20150215201642.jpg

 赤みを帯びた赤。当たり前のようですが、赤みお帯びていない赤というのが店主の基準にあります。これはコミニュケーション不能の自らの基準であります。

KIMG0006_convert_20150215201435.jpg

 そして、黒みを帯びた赤を上からかけて、深みを出していく。仕事しながら実験できる身分をありがたく思います。もちろん失敗したらやり直しですがね。

 IMG_20150215_193417_convert_20150215201409.jpg

 パーツも無意識に凝っていた。シマノデュラが付いている。もちろん分解掃除済み。

 IMG_20150215_193433_convert_20150215201544.jpg

 サンツアーのフロントディレーラー。ライバル同士だが、使える。ただいまは、コンポとしての一体感を大事にしていますが、ある意味この頃はフランケン状態の寄せ集め。メカニックとしては各パーツの癖を読んで、どうやって落としどころを見つけるか?なんて言うのは、腕の見せ所だったんじゃないか?なんて思うわけですわ。

 IMG_20150215_193442_convert_20150215201509.jpg

 こんなところに伊達なイタリア野郎がいた。こんな事ができるのも、当時ならではかもしれませんな。

 KIMG0008_convert_20150215201420.jpg

 分解掃除したブレーキに、クラシカルな風合いの現行のシューに入れ替え。効くようになります。

 KIMG0003_convert_20150215201619.jpg

 背景のうるさい写真で申し訳ありませんが、こんな感じで再塗装およびメンテの終了!ちょっとした新車のような、新鮮な再会だったようです。走ってみても、「水の上を走っているようだ」という形容。

 確かに、これはありだなあ、と鉄フレームの存在感を感じさせてくれますね。

 やっぱり再塗装って、再生の重要な要でありますな。こういう粋な車体が、もっと普通に街道を走れるように、尽力していきたいと思います、月並みながら・・・。

 000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
 
 ※この春から、ロードをマジで始めたいと思う学生君!これにて過不足なし!

ママ狸ん事情変化あり イェップからポリスポート



 毎度おなじみの、ママ狸んでございます。子供の成長に合わせて、なんやかやと、今までやってきたわけでありますが・・・。

 ほんのちょっとばかり事情が変化してきている、と申し上げていいか、と思います。

 20150207_121554_378_convert_20150214191856.jpg

 今までこうした自転車で、前のせに子供を収めるには、子供が成長しすぎた・・・という場合には、こうした、後ろカゴを取りまして、後子のせ、メーカーはほとんどがイェップを乗せていたんでありました。

 いろんな意味でイェップは他のメーカーから頭一つ出ていたように思われたからであります。

 ところが・・・、

20150207_123403_642_convert_20150214192113.jpg

 この度は、ポリスポートというメーカーのものを取り付けた、というわけであります。それにはもちろん理由があります。

 以前にも触れましたが、イェップがこの度値上げということになったようであります。

0004219fd32465a16aa11757ad1e338c35a_w298.jpg

 前のせ用が税抜き21000円。

000 5f81537d4a946fa185c8ce5a66077115_w298

 後のせ用荷台タイプが税抜き25000円

000 b6c8d82799f7b21e9a7f11bb7b9d4543_w298

 後のせ用フレームタイプが税抜き26000円

 とまあ、こんな値段になってしまったということです。円安その他が直撃したようでありますな。どこがアベノミクスやら?イヤ、これがアベノミクスとやらのねらいなのか?

 そんなこんなで、ただでさえ、スタンドやカゴなどの細々したものがかかるママ狸んに取っては、これは痛手かな?とも思うわけなんであります。

 ということで、今まではほぼ必然的に、子のせといえばイェップを推していましたが、これからは、選択肢としてポリスポートなども積極的に推していこうか?と思っています。

 ポリスポートの場合は、前のせは税抜き13000円から15000円くらいまでありまして、後のせになると税抜き16000円から18500円までと比較的安価な値段で取り付けが可能となります、また子供をシートに固定する形式はほとんどがイェップと同じく5点止め(上の写真でも確認できるかと思いますが)という形を取っている、というところも推せる内容ですね。

 20150207_123411_813_convert_20150214192049.jpg
 
 今回の荷台式も、アダプターいらずで、こうしたダイヤルを回していくだけで簡単取り付けが可能です。

 20150207_124738_375_convert_20150214191934.jpg

 取り付けが簡単ということは、取り外しも簡単。ベルトやアダプターなどは単体でも入手できますので、使い続けるにはいいシステムが背後にあります。そういう意味でも安心ですね。

 20150207_124722_739_convert_20150214192002.jpg

 暖色系もこうした赤やピンクなどといったものがありまして、イェップほどではないながら、色もそこそこある、といっていいでしょうね。

 もちろん、子のせを豊かに、子供運搬でなく子供とサイクリングすることを目指すママ狸んとしては、今後とも大いに活動を広げていこうと思いますが、その一環として、イェップ値上げに伴い、子のせの選択肢を広げていこうということであります。
 この急激な円安に伴う、自転車関連のほぼすべてと言って良いでしょうな、値上げ状態、追い打ちをかけてくれる消費税の上がりなど、一年前からすると信じられない値上げ幅で、店主ですら唖然とするくらいであります。

 そういう中でも、選択肢を常に豊かに提示できるよう、努力して参りますので、ママ狸ん共々、色々よろしくお願いいたします!
 
  イヤー、月並みだな・・・。


000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※双子の方朗報です、こいつに二人乗せられるんですよ!

物件探しの散歩



 すでに梅が咲いているようであります。

 先日公表いたしましたように、今の店舗はこの七月いっぱいをもって引き上げる、ということが決まっています。

 公表したので、会う人会う人に、「イヤー、また引っ越しだよ、参ったなあ」なんていいますと、「次行くとこ決まったんですか?」と大体聞いてきます。

 当たり前ですよね、・・・しかし、それがまだなんであります。

 この大所帯、行く先も決まっていない中で、大家さんには出て行くと、宣言してしまった・・・。無謀といえば無謀・・・なのかもしれませんが。

 まあ、当店の背後には「未来不動産」という小金井の不動産屋さんがついてくれていますので、それを信じつつ、自分でもまずは足で探してみる・・・なんて事しつつあります。

 しかし、この未来不動産の鈴木さんという代表の方はすごいですよ。不動産業というのは、もちろん基本がコンサル業の一つと思うんですが、この方のコンサルはすでにカウンセリングの域に来ている、とみていいでしょうな。土地や家屋などの高額なものを扱う割には・・・レレレ?という方もおられるような中で、白眉!まずは、相談を聞いていただくだけで、安心できる、なんてことはなかなか無いんじゃないか?と思います。関連ありそうな案件をお持ちの方は、是非!

 ともあれ、自分でも探す、という努力をしてみないと、状況がつかめない。何よりも、実際の物件を外からでも見ることによって、次の狸サイクルの営業イメージを膨らませる、それだけでも重要だということで、毎日一物件を手がかりに、まずは近所を散策しているんであります。

 しかし、こんな事を始めると、不覚にも面白いんです。町を見ること。人の流れを見ること。まだ余裕ありますが五月頃になると、多分、白髪も増えて、焦りでやつれてくるんじゃないか・・・?

 20150213_083316_745_convert_20150213173040.jpg

 今の当店から、歩いて二分のところ。不動産のネット広告では募集中とありましたが、すでにどなたかが入られているようであります。

 20150213_084238_692_convert_20150213173028.jpg

 コチラも近くにありますね。エアコン屋さんのようです。施工もしているようで、作業の敷地はでかそうです。

20150213_084444_547_convert_20150213173016.jpg

 これも、当店近く、今は道場になっているようですが、敷地といい建物といい、不足なしでありますな。

 ようやく店主の目が、作業場を探すような目になりつつあります。そういう目で町を見る。そうすると、意外とあちこちに見つかってくるものであります。一体今まで何を見ていたのか?そして、今でも見ていない何かって、何だろう?と無駄なことを考えつつ、散歩はつづくのであります。

 20150213_085039_484_convert_20150213172953.jpg

 ここは、今は木工所。いいよねえ、こんなところも。ここは店主が子供のときから前を通っていたところで、かつてはラジオブイ、という、何だろう?海に浮かべるような発信器のようなものを作っていた会社だったんですね。この前を何千回も往復して、学校に通っていたんです。

 20150213_085523_866_convert_20150213172943.jpg

 店主の実家の裏にある作業場。さびたトタン屋根がいいですね。このくらいあれば、いろんなことができる。手前には、空き家があるようです。

 20150213_090456_319_convert_20150213172933.jpg

 ここは阿佐ヶ谷消防署の近く。ネットに載っていたんです、下の倉庫がね。ここも作業場としての広さは十分なんでありますがね。聞いてみると、すでに倉庫として、使われているとか。

 ここで注意!ネットにある物件、かなりいい加減なものありです。このようにすでに契約済みのものであっても、更新されていないものや、そこに行ってみると、取り壊されて、別の建物が建っていたりなんてざら。

 倉庫や工場なんて、そんなに動く物件ではないので、扱いは緩いのかな?

 20150213_092356_238_convert_20150213172911.jpg

 こんな資材置き場にも、目が行く。こういうところで胆管で小屋何棟か作ってやるのもいいかもなあ・・・。

 20150213_091851_820_convert_20150213172923.jpg

 ユンボが置いてある飯場だよね、ある意味懐かしい風景なんであります。店主の小さいころは、こんなところがゴロゴロあって、分厚いめがねをかけた、子だくさんのお母ちゃんがいたりしてね。

 こういうところが少なくなってきている・・・・。そう、こうやって自分の町を歩いていておもうのが、町は安っぽく薄っぺらく小ぎれいになってきている、という印象があります。

 風景自体がつまらなくなってきている。経済効率って、こんな風に町をチープにしていくんですかね。

 そうそう、そうこうしている内に、頼もしい助っ人が現れたんです。伊藤園の販売機設置人。彼とは旧店舗の設置以来のご縁なんですが、前々から話を聞いていると、町の微細な変化に非常に敏感なんであります。当たり前といえば、そうなんですが、その目の細かいところ半端でないんですね。最強のタウンウォッチャーの彼、「いや、ありそうですよ・・・」という感触、早速合点ということで、チョコマカ情報を送ってくれます。

 20150213_095320_199_convert_20150213172855.jpg

 シール工場なんだって。前の敷地は魅力的だよね、ポリカの屋根かけて全天候型でやったら最高だろうなあ。

 そうそう、それと政界にまで店主は手を伸ばし、揺さぶりをかけていこうと画策中!

 といっても、区議会議員ですが、まあ地元のことは詳しいのなんのって・・・。

 そして、当店自転車業だけでなく、より発展的に地域の子供達と食事会だの勉強会だの盛りだくさんに・・・などという話を向けると、ヨシ!ビル持ちの支持者がいる!なんてことで盛り上がる。

 もちろん酒の席なんで、どこまで届くかはわからないまでも、事業の発展性があれば、それに合わせて物件も変わってくる。今は、すぐに見つかる!という望みよりも、具体的な物件と、今後の店主らの事業展開の規模や性質に合わせて、その両者をすりあわせて、落としどころを見つけていく、という展開になりそうです。

 まずは杉並区内、成田を中心に徐々に輪を広げつつ、次の根城を見つけていこうと思います。もし有力な情報がありましたら、よろしく!

DSC_1085_convert_20130406134353_20150213202634251.jpg
※あと二台のバラクーダ!大森研魔の仕事つきだよ!

鉄レーサーは永遠・・・かな?



 やはり鉄レーサーは美しい。これで走ってくれたらなおさらでね。

 といってもちょっと前はこれで、モンバントゥやピレネー越えていたんだから、走ることは走る・・・、どころではなくて、ちゃんと走るのよ!

 アルミや炭のイメージが先行してしまって、多くは鉄の偉大さを忘れちゃいない?なんて思いたくもなる昨今。

 二言目には、炭!墨!という業界や書道部の諸君!

 マキノやラバネロ、ネオコットなんか乗ったことある?

 マキノのピストなんか、街道走っていると「バンク連れてけ!」といいます。

 先日、カンチェラーラ好きのかけだしレーサーの子が来て、ボク次は炭フレームですね!なんて息巻いていたんで、背格好が同じだったもんで、ラバネロサットに乗せてやった・・・。ザマーミロ!というくらい大混乱しておった。「鉄で、こ、こんなのあるんすか?!」て。

 ネオコットのねじ込んでいくような乗り味は、まるで競走馬だ、生き物だよね。

 もちろん店主も炭フレームのすごさは知ってます!異次元です。ただ異次元過ぎて勘違いを起こします。相応の力のイメージで快適に速く走れるのは、鉄だ!まあ、店主に関しては・・・と限定しておきますがね・・・。

 そんなもんでの鉄フレームビアンキなんでありますが、これを再塗装して欲しいということ。

 パーツがまたいい・・・。

 20150207_153056_138_convert_20150212201035.jpg

 74デュラ・・・といえば、5世代前のもの。工芸色があったころのコンポかな?

 20150207_153129_522_convert_20150212201024.jpg

 ブレーキも工夫の塊ですわ。

 20150207_153139_682_convert_20150212201013.jpg

 持ち主の方のお好みか、バイオベースのチェーンリンク。今また復活しつつありますね。足癖のある人には、アレもありかな?なんて思ったりしてね。

 20150207_153118_227_convert_20150212200942.jpg

 第1世代のSTI、手元変則はここから始まった。
 
 このブレーキの引きは軽い・・・。変則もカチッ、カチッとぶれないでいい。

 ポキさん曰く、これに比べるとデュラは一時後退していたんじゃないか?と。店主もそう思う。

 74デュラなんか、この形のまんま復刻して、マイナーチェンジ以外しない(コンパクトクランクとかは作ってね)で恒常的なコンポとして置いておいてくれれば、ジャパニーズクラシカルレーサーコンポになるんじゃない?なんて思うんだけど、どうなんだろうね。チェーンなんて凝って作ってくれていいよ、多少高くても、お父さん連中は昼食代などケチッて買ってくれると思うぜ。

 そういう恒常的コンポ、進化じゃなくて、一定水準以上のものに恒常性を持たせるという発想、そろそろやってもいいんじゃない?車にしろ何にシロコロころ変わりすぎ、落ち着かないんだよねえ、まったく。

 ということで、塗り替えして、元に戻します。

20150212_153936_791_convert_20150212200921.jpg

 ロゴの再生はしませんでした。

 20150212_154002_134_convert_20150212200850.jpg

 ビアンキのチェレステといっても年代によって、若干の違いはあるようですね。

 20150212_153942_866_convert_20150212200911.jpg

 ビアンキピスタというのがありましたが、あれは濃いめに見えるんですが、古いビアンキの色は焼けていることもあるのかしら?とも思いますな。

 20150212_153952_653_convert_20150212200901.jpg

 色を写真で再現するというのはむずかしいですね。再塗装の写真四枚とも、厳密に言えば違う色に写っています。

20150212_153920_488_convert_20150212200931.jpg

 ロゴは無くなりましたが、ある意味この無印感がまた店主は好きでありますなあ。ブランド好きの方はまた、色々あるとは思いますが。

 やっぱり鉄レーサーっていいねえ・・・。

 なんて言ってられないね、オリジナル始めたんで、近い内に先日の軟派号の対極にあるような硬派号を作ってみるか。

 鉄レーサーを静かにねじ込んでまいります・・・ネジネジと・・・。

110928_20150213124026ab1.jpg
※これ小さいか多様のレーサー入門です。クランクが152ミリ、ハンドル幅340ミリなんて、ここまで揃った小柄レーサー入門はそんなにないよ!

東京五輪に一番近い男 久々の登場

000 IMG_20131216_095241_convert_20131216233420

 一年前に、当店秘蔵の内装三段固定ギア、最強練習機の試乗に来てくれた、東京五輪に一番近い男、フルジュン君なんであります。

 ちなみに、このインターハイで遊べる男がこのフレームについて行った言葉。「今までの鉄で、こんなに伸びのあるフレームは、初めてです・・・」と。

 イヒヒヒ、店主の見立てはバッチリ!内装三段の固定なんて、思ってみないような理想的な練習機なんでありますが、そういえば当店の倉庫にまだあるなあ・・・。

 まあ、店主のPR不足が主な原因でしょうが、いわゆるロード乗りの方々の、意識もまだまだなんじゃないか?なんて生意気に思うわけであります。

 こいつで冬に四千キロ踏んでみなさいって・・・、カーボンホイール前後買うよりも、よっぽど内部から強くうまくなれるのにねえ・・・。まあ地道に言い続けるしかないね。

 何なら、試乗してもいいんだがねえ。

 とまあ、売れない固定ギアの話はこれで良しとして、このフルジュン。久々に店に顔を出した。

 20150210_115905_192_convert_20150211201323.jpg

 顔も・・・、というより体全体が成長したね。その筋の体にまた一歩近づいてきたようだ。

 自転車も・・・。

20150210_115832_881_convert_20150211201345.jpg

 変わったなあ・・・。そうか・・・。

 実は、こやつちょっとした事故を起こしていたんでありました。詳細については触れませんが、首の損傷で、もう少しで危なかったようなんであります。もちろん、今はピンピンで、ほぼ毎日200キロ踏んでいるとか。

 しかも二回・・・くらいやったんじゃないか?そんなわけで、自転車が変わっています。

 20150210_115814_617_convert_20150211201257.jpg

 新デュラだわ。それにパイオニアのワットをはかれる器具がついている。店主のころにはようやっと心拍計でやっていたのを今はワットが主流なんだとか。

 20150210_115843_691_convert_20150211201334.jpg

 あちこち距離を走った形跡ありであります。ただ、メカ的な視点はフルジュンにはないようで、そんなことも徐々に目を向けていってくれたら、メカと一緒に車体の調整ができるようになるんであります。

 で、あの今や高僧の途上にあるあの坊さんが、スゴイスーパー中学生がいる・・・と連れてきたのが中学生時代のフルジュン。

 それが抜き身で売り込んで、自転車競技の名門、昭和第一に入学、そしてこの春、これまた自転車競技の名門日大に入学が決まった・・・ということでありました。

 今や、鹿屋に奪われつつある最強の自転車部も、この補強はデカいんじゃないか?なんてね。

 でも本人曰く、事故で活躍ができなかったのもありまして・・・と、いたって謙虚なんであります。

 来月より、一足早く日大の体育寮に入るとのこと、軍隊式の厳しい生活が待っているらしい。ただ、場所が八幡山とのことなので、当店からは近い。

 本人も、来れたらチョクチョク寄ってくれそうだ。

 そんな彼も、秘密練習で強くなれるような、虎の穴式の練習場をも次の新店舗で用意していきたいものだよね。

 20150210_145944_238_convert_20150211201309.jpg

 事故で、肩の高さが偏ったところを、ポキさんの本職の整体にて、直してもらっていたようです。

 まあ、こんなこともできるので、理不尽な環境からの回避でもなんでもいい、試合直前のチェーンのメンテでも何でもいいから、チョクチョク来いよな。

 本当、こいつはどこまで行くんだろうか?静かに、楽しみだ。

 000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
※フルジュンに続け!とばかり、真剣に競技に打ち込みたい学生には最適だ、とおもう。オール金属の落車に強い、レーサーだ、しかもチネリだぞ!

狸サイクル オリジナルレーサー 記念の第一弾 マリネッコ・・・



 こんな自転車できませんか?って・・・。

 塗装で・・・は無理でしょうな。そして、店主の絵心はなし・・・。

 でも待てよ、絵と思うからダメなんで、文様と思えば・・・何とかなるかしら?

 いくつかのパターンもあるし・・・、それを体得すれば・・・、もしかして店主でもできるかも?

 と、まずは店主単独では絶対に作らない、色を調色していきます。

 20150205_113351_776_convert_20150210200651.jpg

 ザッとこんなもんか?

 ショッキングピンクなんかはもう少し研究したかったが・・・、妙に色が目に刺さりやがる・・・ということで、この辺で。ウーン、青をどう裏使いするか・・・かな?

 20150205_113416_854_convert_20150210200638.jpg

 そして、見よう見まねで、広告の紙の上で、練習を始めて見る。一回より二回、二回より三回と、だんだんとパターンをつかんでいく。

 とまあ、平面のものを平面上で再現するのは、まあ、何とかなります。この店主でもね。ときに色を重ねたり、にじませたりしたら、良い意味で毒々しくなりましたが、これはご依頼とは違うので、禁欲、禁欲・・・。

 そしてかかること、約丸一日・・・。

 20150205_210612_601_convert_20150210200627.jpg

 手前がお手本で、奥が実際。自転車はパイプなんで、平面とは訳が異なります。

 ある意味彫刻なんですわ。ちなみに、もし万が一、店主が美大なんぞに行っていたら、絶対に彫刻に行っていたでしょう。絵は平面で物足りない、誠に物足りない・・・。

 ちなみに彫刻には絵画のような表がない、あるべきではない!であるからして、絵画の画集はあっていいが、彫刻のそれはほぼナンセンス。

 もし万が一店主が彫刻で食っていたら、写真撮影は別にいいが、公表しないでね・・・となりましょう。むしろお触りOK!彫刻には表も裏もなし、それを印象づける写真の公表はダメよ!となっていたんじゃないか?

 まあ良いか、でも今でも思うのが、数少ない美術鑑賞で特に絵画では、絵の具の盛り上がりや、ヘラで削り取られた形跡にドキッとしていた、絵画の中の彫刻の部分にね。そして、名画といえば、神社の屋根のごとく前にせり出した鬼瓦のごとき額縁!

 あの岩波の種まきを山梨に見に行ったとき、絵画よりも彫刻的な額縁の迫力に圧倒されていた・・・ことをも出す。

 なんだっけ?

 そうか、パイプの造形である自転車に絵を描くというのは、絵と言うよりも彫刻に近い感じがあって、店主としてはちょっと面白かった・・・。

 20150207_153515_780_convert_20150210200509.jpg

 デフォルメなんて言ったら、申し訳ないくらい、崩れていますが、あるていどの遠目で、しかも動く対象物として、印象づけるくらいには、まあできあがっているかな?という感じ。

 20150207_153526_567_convert_20150210200604.jpg

 何いい年したおっさんが、かわいい花柄なんか描いてんだよ・・・なんて思いながら、できの悪い筆をガシガシと動かしておりました。

 20150207_153532_729_convert_20150210200458.jpg

 通常パイプが細くなると、絵もまた痩せそうですが、負けないくらいのゆがみと錯覚を利用して、まあ、合格点をいただいたというわけであります。

 ホッとする。

 20150207_153457_489_convert_20150210200615.jpg

 自転車屋に戻ると、コンポは初心者という事もあって、ティアグラの選択・・・です。ブレーキは・・・105の方が良いかな?というのが今回の反省。まあ最初はスピードでないしなあ・・・。

 20150207_153614_789_convert_20150210200530.jpg

 でもまあ、侮るなかれでありますよ。ティアグラ・・・ブレーキ以外シフターなんかのスムースさは、下手すれば、2世代前のデュラ並みなんじゃない?なんて思うほど、キチッと最小の動きでシフトしていくんであります。

 20150207_153556_194_convert_20150210200448.jpg

 このアームストロング的、おっ立てSTI、これなんかも78系デュラを思い出しませんか?

 20150207_153548_741_convert_20150210200543.jpg

 リムを前輪はレッドアルマイトに。

 20150207_153541_425_convert_20150210200554.jpg

 後輪をピンクに・・・、店主どうしちゃったの?という感じでしょ?

 20150207_153607_849_convert_20150210200437.jpg

 ご依頼は、ご婦人・・・当たり前だよね、こういう柄を本気でほしがるオヤジ・・・なんかいても良いけど、まあなかなかいないでしょうな。

 そういうわけで、サドル問題を先取りして、分厚いスリット系を選択しましたよ。この辺は乗りながら様子見しながら、やっていこうかと思いますわ。

 20150207_153441_229_convert_20150210200519.jpg

 イイェーイ!完成だ!

 と、一般のレーサーの完成のように言ってますが、実はこれ、当店オリジナルフレームなんであります。その記念すべき第一弾ということです。いきなりナンパ路線から入りましたが、もちろん調整レースにだって出られるような硬派な一台だって組み付ける予定なんで、左右上下と、斜め上下まで行くようなバリエーションで、楽しんでいただきます!

 で、自転車としての走りなんですが、クイックであり且つ、伸びがある・・・。ちょっととんでもないもの作っちまったか?という印象。この第一弾の花柄は置いておいて、車道をズン!と踏むとビーン!と伸びる感じは、いいです、マジで。

 まあ、硬派な実験レース車体などを作りましたら、試乗もありかな?

 そんなことで、オリジナルレーサー完車で15から25くらいの間で、色々お見せできたら面白いと思います。

 フレーム単体売りは、今のところ未定。その代わり、コンポ・パーツ類の載せ替えは検討中、というところでしょうか?

 サイズは560 530 500の三つ。フォークは鉄フォークストレート、鉄フォークベンド、カーボンフォークと3種類から選択できます。ヘッドは一インチですが、スレッドでもアヘッドでも対応できるようになっておりますです!

 イヤー、面白いと思いますよ!ゆっくり、じっくり狸サイクルのオリジナル鉄レーサー、今後の展開を楽しみにしていてくださいね!

 00020141218_153410_559_convert_20141218164618_201502102052048ee.jpg
※オーイ!もうすぐ春だぜ!体を温める固定ギア、冬の内に乗っておきなって!

二月十一日 ご近所のフラットハウスにてイベント参加予定 通常営業も

000 20141122_203738_547_convert_20141125180918

 当狸サイクルのご近所さんにあります、フラットハウスさん。今年より活動を本式にしていくようで、そのキッカケとなり得るフリーマーケットの開催されます。

 まず第一回、二月十一日水曜日、休日ですね、雑貨を中心としたフリーマーケットが行われるのでありますが、それに狸サイクルも出店することになりました。

 000 20141122_203720_534_convert_20141125181154

 五日市街道沿い、生協のある角にあるフラットハウスさん。セガミ薬局の並びともいえます。住所は「東京都 杉並区成田東 1-38-12」当店から徒歩四分ぐらいかな?

 そこで当店は何を出すか?雑貨ということなので、レアな自転車パーツなんかを・・・出すわけがない!

 20150210_160554_825_convert_20150210185354.jpg

 これです!自転車屋のチリビーンズ・・・。なんで自転車屋と関係あるか?は問わない。最初カレーにしようと思ったんですが、ご飯をどうやって提供するか?で決着がつかず、今回はこれでいこうと。これにクラッカーを数枚付けて、カライもの好みの方には、ハラペーニョ系ソースのトッピングでお出しする予定です。

 評判がよければ、何とかしてカレーなんかも・・・これはまあ、次回以降の展開とうことで・・・。

 仕込みはほぼ完了・・・。

 あとは十一日当日、朝十時より夕方五時までとのこと。店主は出たり入ったりで、当然狸サイクルも営業します!ということで、当店のついででもよし、フラットハウスのついででもよし、ということで、両店舗ご来店お待ちしています!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139

 ※搬入や搬出には、こいつの先輩が大活躍だと思う!働く自転車、手伝う自転車!売りだよ!

メンテするならその後も重要



 これ見て、即車体のメーカーを当てることができたら、すごいなあ。
 
 オッ!とは思うものの、レレレ?となって、ロゴ見てなんだ、こんなのも作っているんだ・・・となるような車体。

 20150209_130517_358_convert_20150209181612.jpg

 トウキョウバイクでありました。イヤー、全体の印象がもっとチープなイメージを持っていたので、ちょいと驚きました。こんなバージョンもあったのね。

 ブルーノあたりかと一瞬思ったんですがね、その割りには車輪が小さい・・・ツー事は・・・・という展開でありました。

 まあ、随所手を入れているので、そうしたメーカー横断的なイメージがつくんでしょうな。

 20150208_164428_236_convert_20150209181803.jpg


 トウキョウバイクといえば、650c!とばかり思っていたのが、26インチHEっていうのがあったのね、今回初めて知りました。いろんなもの試しているのね。

 基本メンテなので、ワイヤーの交換は定番です。

 20150208_164409_608_convert_20150209181719.jpg

 前シングルなのに、Wレバーがついています。片方があいているんですねえ、しかもそっぽを向いて取り付けられています。ワイヤーにも赤さびが・・・。

 こうしたメンテの前に、保管の状態を聞きます。まあ、聞かなくとも車体見れば一発でわかりますが・・・。

 で、メンテを承るとき、保管の仕方を変えなければ、三ヶ月後には元の木阿弥になりますよ、と申し上げます。

 よくなった!と思うのもつかの間で、すぐにまた錆とギシギシが始まってしまう。まあ、メンテなどほとんど無駄・・・なんであります。

 そんな話をしますと、利用者の方はだんだんその気になってきて、奥さんと交渉してみます!とか、シート買います!とか、天井近くにS字フックで工夫します!というようになっていただけるんですねえ。

 イヤー、晴れ晴れとした気分になります。

 そしてもう一歩、もっとスピード出せるようになりませんか?と一気にたたみかけてくる方もいる。今まで、済まないなあ、と思いつつも、気に入って乗っていて、もう少し軽量化なんかできたらなあ、と心のどこかで思っていながら、雨ざらし状態に決着がつかずにいた・・・、そんなところが一気に解決して、よっしゃ!自転車と一緒に生まれ変わろう!という気になる。

 ウーン、いい展開だ・・・いい展開過ぎる!

 20150209_130450_873_convert_20150209181549.jpg
 
 まっすぐに取り付けて、注油して、新しいワイヤーを張ってやる、生き返るでしょ?これだけでね。

 20150209_130433_197_convert_20150209181658.jpg

 チェーンも新しくする!

 20150208_164438_756_convert_20150209181753.jpg

 使わなくなった荷台を外す。

20150209_130512_575_convert_20150209181625.jpg

 スッキリね。また使うとき取り付ければ良いんです!

 20150208_164458_128_convert_20150209181741.jpg

 曲がっているブレーキレバーなんかをまっすぐにして、テープ類をまき直す。

 20150209_130501_744_convert_20150209181636.jpg

 イヤー、ピッシっとするでしょ?見てわかるでしょ?だんだんと親方のために走る気になっているんですよ、こいつも。

 20150208_164451_663_convert_20150209181709.jpg

 中身の壊れたライトを直します!

 20150209_130456_145_convert_20150209181648.jpg

 ヨーシ、課題はまだあれど、靴を洗って、靴下は着替えて、ヨシ!歩くか!という状態まで戻ってきましたよ。

 20150209_130423_194_convert_20150209181601.jpg

 体にブラシをかけてもらった競走馬・・・のように、シャキッとしてますでしょ?冒頭の一番上の写真と見比べると、車体自身が走る気満々になっている。

 こういうのを見ると、利用者さんは惚れ直します。何だ、お前まだまだだったんじゃん。そして乗ってみて、自転車に謝るんであります、今までごめん!手をかけてやれば、お前こんなに走ってくれていたんだ・・・、これからも大切にするぜ、よろしくな!と。

 今後は、例えば650cで組み替えて23ミリのタイヤを履かせる、とか前のギア板二枚にしてやる、とかまだまだ発展性はありますね。そしてその度ごとに、驚くんであります。この自転車自体にスゴイ潜在能力があったんだと・・・、そして今度はそれで自分が長距離を走れてしまうことで、自分の潜在力までが顕在化してくる快感。

 自転車は自転車をして、すでに自転車を越えている。こういう境地にたどり着いた方は、何も言わなくとも、車体を雨ざらしにしなくなります。

 以上!

 000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
※学生で本気にレース出たい子いない?いる?君のだよ!

ポジショニング 何も選手だけじゃあない むしろ高齢の皆さんこそ!



 当店のご近所のご高齢のご婦人。

 この自転車を引っ張ってこられまして、言われたのがこれ。

 「体が小さいから小径がいいと言われて買ったんですが、スピードが出なくて、後から他の自転車にどんどん抜かれるんです・・・」。

 抜かれること自体が悔しいとか言うのでは無いと思いますが、なんか鈍くさくて、重い感じが何ともイヤだ、とおっしゃるんですねえ、できれば買い換えたい・・・。イヤー、もったいない!

 ならば、もっと軽くというか、素早くできないかしら?というご相談。

 お年は七十代かも・・・しれません、不明です。体も大して大きくはありませんが、なんかガッツがあるんですねえ。

 小さいお孫さん連れてこられて、そのくらいの年の子に合う自転車って何でしょう?というようなことを実に熱心に聞いてこられる。ちょっとご普通の婦人には珍しいタイプかもしれませんね。

 あと、そこそこのスピードや自転車自体をまったく怖がっていない、というのも頼もしいんです。

 さーて、どうします?

 電動アシストつき自転車を文字通り軽くする、わけではないですね。でももっとスピードを・・・などというご希望にどのように応えていけば良いか?

 といっても、基本は同じだと思うんです、ギア比と試乗ポジション。できるだけ、全身を使って走れるようにする・・・ということなんじゃないか?

 ではギア比をデカくする・・・。

 20150208_114029_320_convert_20150208180438.jpg

 このデフォルトの小ギアをより小さいものにする。

 20150208_120124_749_convert_20150208180540.jpg

 外してみると18tもある。これを16tとか14tとかにして、チェーンを詰める。それだけでも、ギア比は相当デカくなるはず。

 元々電動アシストつきですし、電池の減りの問題を横に置ければ、多少デカくなるくらいは足の負担にはならないであろうという計算。

 できれば、変わった!と感じてもらえるようにするには極端の方が良い。14tに交換しました。

 20150208_151541_367_convert_20150208180503.jpg

 四枚分重くなるなんて、まあ固定ギア車では考えられない展開ですな。

 あとはポジション。狙うはハンドルの位置なんであります。多少の前傾ができるようにならないか?

 20150208_114048_154_convert_20150208180554.jpg

 元々ついていたのがこのハンドル。まあ、よくありがちですね。

 一番上の写真を見るとわかるように、サドルとハンドルの差が二十センチ以上ありますね。体を立てて、走るように考えられているんでしょう。

 これを下げる。

20150208_151533_137_convert_20150208180514.jpg

 ステム自身はさして下がらないので、ハンドルそのものを変えてみました。フラット系のものです。

 20150208_151526_371_convert_20150208180527.jpg

 サドルとハンドルの高さが同じになりました。

 これで少しは上半身の力が動員できるんじゃないかな?なんて思うわけで、早速試乗していただきました。

 その前に、もちろん店主自身が試乗しておりますが、イヤーゴンゴン進む、アシストを強力にして踏むとスゴイ・・・。

 最初、ご婦人はフラットハンドルに慣れないようで、ちょっとふらつくような印象でありましたが、少し乗っている内に慣れたようですね。

 三段ギアの意味も了解していただいて、スピードなんかも出してもらいました。

 ハンドルに関しては一度にどっと来た感じで、まだ何とも言えないようでありましたが、ギア比から来る車体の印象は軽く速くなった、というお言葉をいただいたわけであります。

 これで乗っていただいて、少し様子を見ます。例えば、どうしてもフラットバーが合わないというのであれば、次の手をすでに用意しています。利用者さんと手探りで、落としどころを探していきます。

 体力が落ちてくれば、ポジションというものの重要性は、逆に増してくるんじゃないだろうか?なんて思うわけであります。

 若くて力があれば、変なポジションでも乗れてしまう。力に限りが出てきたとき、残っている力をどう効率よく使っていくか?ということが重要さを増す。

 高齢者には高齢者に合ったポジション、というよりは、最終的にその方に合ったポジションをどう探していくか?基本中の基本はここにある訳なんでしょう。

 ポジションに老若男女があるわけではない。あるのは、その方のポジションのみ。そういう視点から、再度ポジションというものを捉え直すという事は大切だろうと思うわけであります。

 反射神経などがどんどん鈍くなってくる高齢者さんだから、サドルを下げて、安全第一で・・・という紋切り型ではダメなんじゃないか?

 むしろ、固定式ローラー台に乗せた自転車に乗っていただいて、理想的なサドルの高さを体験していただく。こんな事経験された方はまだ少ないかと思いますよ、大体は、ある自転車にそのまま跨がるだけでそこに適正ポジションがあるなんてこと考えもしない、それがほとんどの自転車利用者の実態なんじゃないかな?

 スポーツ系の自転車だけでしょう、ポジションにうるさいのは。

 でも、そうしたスポーツ系のポジションのノウハウが基本、高齢の方々にも応用可能なんだと思います。

 その高齢者の方の理想的なサドルの高さはある。その高さで回せば、膝に負担はかからない。ただ、そこからだと急に止まったときなど、体が反応できず、自転車ごと横転しかねない、とする。

 となると、その理想的な高さから、一体どのくらいサドルを下げたら、膝の負担をギリギリかけずに且つ、とっさの停止時に両足が反応できる高さというのが見つかってくるんじゃないかと思う、それを利用者さんと探すのが、自転車屋の仕事なんでありましょう。その方のポジションを探すこと。

 今回のご依頼主の方は、今の当店の裏にお住まいの方で、こうしたポジション合わせをするにはチョコチョコ来やすくて、理想的な距離にあると思います。我慢せず、ちょっとした違和感などがありましたら、いつでも来ていただきたい。そこからいろんな情報をいただいて、次に生かすノウハウにする。

 その方のポジションは唯一その方のもの。そこに年齢の高低、男女差などは関係ない。そこをしっかり押さえつつも、すでに高齢社会に突入しているこの社会で、高齢者の方々のポジションあわせ、という隙間に、今後ともドンと挑んでいこうかと思います!!!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※働く自転車じゃ!デフォでエクストラサイクルのフリーラジカルがついている。これで仕事を立ち上げよう!例えばどうだ?「御用聞き代行業」なんていうのは?三倍の荷物が積めるこの自転車で、地域を回って注文を取ってきて、それを配る。まさに高齢社会で「待ってました!」ってサービスだと思うがね。

ランドナー ツーリング車のメンテ



 随分走ってきて様な車体に見えます。

 持ち主も、数人かわったかな?

 しばらく乗らなかったが、一度車体を引き締めて、また乗りたい、というご希望、ある意味いつものやつであります。

 20150203_120157_898_convert_20150207182313.jpg

 ワイヤーの一本がさびています。ワイヤー交換というのは、必ず調整も含まれているので、機能は向上します。

 20150204_141019_380_convert_20150207182247.jpg

 ピーンと張りが出ていますね。

 20150204_140958_845_convert_20150207182419.jpg

 チェーンの交換、これも基本ですね。チェーンは伸びたりさびたりします、駆動の要になるパーツですから、こちらも交換すると、顕著にその効果が現れます。

 20150203_120139_729_convert_20150207182454.jpg

 かなりよれているスプロケですので、アリもの探して交換します。新しいチェーンなので、正規のピッチで回せるスプロケにします。

 20150204_140953_533_convert_20150207182431.jpg

 それと今回の最大の交換があります。

 20150203_120127_686_convert_20150207182518.jpg

 これかつて当店が見たとき、とりあえず、という形で左クランクを長さの同じ別物を取り付けたんであります。今回はここを男ギアに変えます。

 20150204_141032_329_convert_20150207182354.jpg

 サカエのクランク。何回心地良さそうですな。適材適所だなあ・・・。

 20150204_141003_227_convert_20150207182216.jpg

 ブレーキも交換、リアはシングルピポットで。

 20150204_141012_332_convert_20150207182405.jpg

 フロントはダブルピポットで、ガッツリ効かせます。ツーリングにはこれくらいでいいでしょう。

 20150203_120147_888_convert_20150207182442.jpg

 破れたサドルを交換します。

 20150204_141107_552_convert_20150207182337.jpg

 コンコール風のクラシカルなやつであります。

 20150204_140946_891_convert_20150207182302.jpg

 イヤー、まだまだいじりたいところありますが・・・、ホイールなんかもね・・・、でもまあ、この状態でしっかり乗ってもらおう!そして乗りながら、どこをどうやっていじっていくか?ということを考える。乗りながら考える・・・。

 どこ行こうかな?とすでに自転車が考え始めているような感じであります、ないエンジンがかかっている・・・そう見える。

 00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_20150207202211488.jpg
※これも学生向けのツーリング車。片手だぜ、片手!春休みだろう?走るしかない・・・じょ!




明大2連発 若者はドロップ化へと走る というか先祖返りだ

000 05-24@11-30-31-236_convert_20140524154402

 前日の明大君に続き、別の明大君から連絡があった。
 
 上の車体・・・。これは元々FUJIのルーベであったのだが、レーサー車体、中でも兄貴分に当たるバラクーダなんかが、ウヨウヨしていた時(現在では二台のみ)には、どうも肩身が狭かったのか?隅で縮んでいたんでありますが。

 それをフラット化してやると、一気に走るレーサークロスだぜ!と勢いが出てきた。

 鳥無き里のコウモリ、ということわざがあるようだが、まさにそんな感じだったわけでした。

 試乗した方も、フラットクロスのつもりで乗ると、こいつは伸びを持っているんで、驚きますよ、と。

 そして、明大君の元へ嫁いだわけでありますが・・・。数ヶ月目にして、先祖返りしたいということでありました。

 そう、つまりはドロップ化ということね。

 そもそも走りたくてウズウズしている車体をちょいと押さえる形で、フラットにしたもんだから、そのフラットの下から、ドロップにしたらもっと走るんだけどなあ・・・というような、車体からのつぶやきを敏感な若者が聞き逃すはずはない。

 ひとたび、空耳ではない、と思ったら、どうしてもまた戻してやりたくなる・・・、多分そんな気持ちだったんだと思います。

 大学の夏休みには、故郷の青森まで日本海側から、自転車で帰省したいという。

 いいんじゃないの?

 なれば、断然ドロップ化・・・でしょ。

 20150206_084835_852_convert_20150206193446.jpg

 イヤー、これが正体なのよと、言わんばかりであります。

 20150206_084829_153_convert_20150206193456.jpg

 このSTIが上につきだした角のようなポジション・・・、覚えている方もいるでしょうね。

 いわゆる、アームストロングポジョションに似ています。登りの時、その先端をもってダンシングして、ライバル達をごぼう抜き・・・、そんな映像に、ちょっと強すぎじゃない?と思いつつも、スポーツバーに行っていた時代がありました。

 今永久追放だって?あの七連覇も記録から消されたの?ということは、二位以下勝ち上がり?ウルリッヒやベローキなんかもツール総合優勝者になったのか?

 どうもそうでないらしい・・・。でしょうな・・・、そんな事したら、ドミノ倒しでツールの公式記録がなくなってしまうんじゃないの?というところなんでしょうか。

 ジロやツールは、プロレスと思って見る・・・でいいのかな?

 20150206_084853_176_convert_20150206193423.jpg

 この辺はワイヤーだけで、ほぼノータッチ。

 20150206_084841_106_convert_20150206193435.jpg

 ノータッチ!

 20150206_084821_821_convert_20150206193406.jpg

 元々、おいらは、こうなの!とでも言いたげな、様子であります。角を矯めても、レーサーはレーサーだったのね。

 これで、今週末鎌倉へ、大学の春休みは長いので、交通費のかからない自転車が活躍するときでしょう。

 凍結や北風なんかの冬特有の道を体感して、春へ、そして夏の青森行きまで、しっかり足を作っていかないとね。

 いいよねえ、「ただいまあー」と帰ってきたセガレが、自転車抱えていて、「お前・・・まさかそれで?」・・・、「うん、これで」と聞いたときの、親の驚きと、あとから来る心配と誇らしさとが入り交じった、何とも言えない感覚、「こいつ東京から自転車で帰ってきてよ」と親戚に自慢げに語る親。

 その土産話に目が細くなる店主。自転車は、自転車だけでない、自転車は自転車を越えているんだよね、それがわかれば、自転車そのものにも固執しすぎなくなる、いいねえ、肩の力を抜いて、自転車との成熟を味わう、これだよね。

 励めよ、明大生ら!

000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
※これも学生限定・・・という感じで出している、レーサー。チネリにDT、アペックスと来た!

明大2連発!若い奴らはドロップ化!



 巨人の逃亡、この車種も随分といじりましたねえ。

 何がって?エエ、ドロップ化でございます。

 中途半端が取り柄の、クロスバイク。スポーツバイク系が欲しい・・・とはいえ、いきなりドロップはね・・・という方、向きの自転車としては最適なんでありますが。
 
 これを愛車として乗り続けることをとやかく言うつもりはありませんが、その方のお持ちの方向性といいますか、多くの方がこいつにはまると次ドロップ、という流れになる八割ぐらいはそうじゃないか?と思うんですね。

 ということがみすみすわかっていながら、クロスバイクを売るようなことは、まあ、店主ならいたしませんが。

 いやはや、こうしたモデルがいわゆる商売上のボリュームゾーンというのだそうで、多くのお店も売れるから、ある種妥協的に店頭に並べては売っている・・・んじゃないか?なんて思ってしまいますがね。

 まあ、名前からしてボリュームゾーンなんてものは、日頃隙間を見つけよ!などと偉そうにのたまっている店主からすれば、ボリュームに隙間などあるか・・・とかき捨てるようなゾーンでもあるんですが・・・ね。

 でも、クロスバイク専門店!クロスバイクの持っている性能を極限まであぶり出す、クロスバイクしか置かないニッチな店・・・?なんて言うのもアリかもしれませんな・・・。一体どんなんだろうか?そこまで信念込められるような車体か?と思ってもしまいますが、イヤ!そういう展開もあるかもしれない、そういう意味で何所に隙間が潜んでいるかなどわからない・・・といってもいいでしょうな。

 ということで、すぐに手にとって乗ってみて、なるほどスポーツバイクは実用車とは違うなあ、と思う車体なんでありますが、後ろから来るロードとか言う、羊の曲がったようなハンドルの奴らに、いとも簡単に抜かれていく・・・。なにクソ!踏ん張って追いかけてみるが、なんだか違う・・・。

 そうなると、早い人なんかは半年待たずに、ドロップの自転車・・・・となるんじゃないか?

 当店にもそういう方いらっしゃいます。もちろんドロップハンドルものを購入されてもいいんですよ。

 でもその前に、今持っている自転車をドロップ化してやることもできる!これを積極的にやってきたというのが、当店のスタイルなんでありました。

 そんな手間かけずに、ロード系の新車売ってしまえば?なんていうお誘いもなくはないんだが、改造してまでその自転車に乗りたいというのであれば、お望みかなえましょう。

 ということで、ここ最近、若い学生さん達を中心にドロップ化が静かなブームになっているんでありますな。

 今回は、色々とお世話になっている、明大生!最近明大生がよく出没するんであります。

 なにやら、日大を抜いて、今や日本一のマンモス校になったという噂。明大前だけでなく、中野駅にも校舎ができたというのも影響しているのかしら?やたら明大生が多い。

 とある明大生が、明大トライアスロン部の学生からもらったコンポを一式ひっさげて、ドロップ化にやってきた。

 明大トライアスロン部といえば・・・、あの中学生の時は神童スイマー、高校でちょっと褒められたスプリンターの素質、そして今や半端な大学生という、岡田シンジ君の所属する部ではないか?同僚に、サブスリーでフルを走る猛者もいるという、何ともバランスのとれない部であるときいている。

 20150203_120332_321_convert_20150205214557.jpg

 これぞ、無駄な三枚といいたくなるようなクロスの前三枚。山もいけるという売りなのか?理解に苦しむなあ。

20150204_141549_117_convert_20150205214659.jpg

 それを一世代前ながらもソラものに交換。

 20150203_120325_152_convert_20150205214921.jpg

 スラムのリアディレーラー・・・使えねーんだよねえ、こいつは。アリビオとかだったらいけるんだけどねえ。

 20150204_141556_814_convert_20150205214649.jpg

 9速になりまして、ソラだってまだまだいけますよ。

 20150203_120311_117_convert_20150205214932.jpg

 そして、フラットバーをドロップにしていきます。

 20150204_165258_102_convert_20150205214608.jpg

 シフトアップに多少問題ありの旧タイプのソラですが、ツーリング等にはまったく問題はありません。

 20150204_165252_178_convert_20150205214544.jpg

 肩幅の広い学生さんなんで、420幅のドロップハンドルにしましたよ。

 20150204_141611_545_convert_20150205214630.jpg

 次の課題をあげると、このコラム長は徐々に短くしていきましょう、腹筋ができたらね。

 20150204_141619_894_convert_20150205214619.jpg

 あと、こんな無駄に重いだけのサスなんかもいらないね。一体ボリュームゾーンというのはなんてまあ、過保護でもあるんでしょうか?そんなに嫌われたくないのかな?まあ、通常クロスバイクの走るコースでは無用のもの・・・に思えますな。

 20150204_141514_510_convert_20150205214710.jpg

 ホイ!できた!手元変則で生まれ変わった巨人の逃亡であります。これで前傾、距離とスピードが伸びるよ。しっかり乗って、いい旅してきてくださいよ。

 んん?!背中に殺気が・・・。そうか明大2連発・・・、ということはまたしても明大生?

 んん?・・・何だ、君か?・・・・エエ、もうドロップ化?って少しはや過ぎじゃない?

 つづく

 00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_20150205222557c6b.jpg
※これは走りたい!という学生のために組み付けた、クロモリマウンテン基体のツーリング車なのだ!夏休みより長い、春休みだろう?寒いとか言ってないで、こいつでどこかへ行って来い!書を持ち、ペダルを踏め!学生限定、片手だぜ、片手!


お父さんのための子育て号 パパ狸んの巻き



 その昔ちょっとしたブーム時代の残党のような、シングルギア車であります。

 これを二人の子供達の送り迎え号にということでの改造です。

 奥様との分担もあって、その日によって、二人の内どちらをどう担当するか?を決めるようであります。年の差があるので、同じ保育園ではない、なかなか大変であります。

 20150131_161502_767_convert_20150204193407.jpg

 まずは両足スタンドでいきましょうか。

 20150201_124033_572_convert_20150204193345.jpg

 シングルなので、ホイールの引きシロギリギリにセッティング。これがなかなかむずかしい。パンクの修理も多少手間取るかもしれませんね。でも、安定感を確保するためには、仕方ないといえば、仕方ない。

 20150131_161448_481_convert_20150204193416.jpg

 まずは、前のせのための土台作り。子のせとハンドルの間隔を確保して、子供の乗せ降ろしを楽にするためにステムの突き出しの長いものに交換します。

 20150201_124100_463_convert_20150204193335.jpg

 その根元に、アダプターを取り付けて、前のせを取り付けます。

 20150201_124141_421_convert_20150204193324.jpg

 カゴがないので、足の突き出しも問題ありません。

 そして、今度は後。

 20150201_124223_423_convert_20150204193227.jpg

 スポーツ系自転車なので、シートチューブが長いので、これを利用しない手はない。そもそもイェップらのヨーロッパ勢は、スポーツ系自転車に取り付けるのが得意なんであります。荷台云々は、むしろ日本に来てからの変則ではないか?とすら思えるほどであります。

 20150201_124332_360_convert_20150204193306.jpg

 そもそもの自転車に、そもそものイェップ、これが欧州での常態のようですね。

 20150201_124341_586_convert_20150204193250.jpg

 これで後も完成。前後付けて記念撮影してみます。

 20150201_124411_652_convert_20150204193217.jpg

 多少のやんちゃ系の残る車体も、こうして子のせを付けてみると、一転して律儀なお父さん自転車に変身したようで、ほほえましいですね。仕事の時間によって、上の子、下の子を分担して送り迎えする、大変だなあなんて思っても、子供はすぐに大きくなるんでしょう。

 ちょっとの大変さも、楽しめるような余裕を持てればねえ・・・いいのにねえ。

 ママ狸ん、パパ狸ん、何なら年の離れた、アニ狸ん、アネ狸んなんかもご相談に乗りますよ!子供がたくさんいるっていうのは、わるくはない!

 00020141218_153410_559_convert_20141218164618_201502042001262e6.jpg
※ 一転してこいつもシングル固定だが、こいつは走るためにあるようなヤツ、しかもロードで伸び悩んでいる方に送る、ペダリング向上のための一台だよ!

代車が売れる・・・ということは?



 出所は巨人かな?

 フレームが見つかります。なんかホイールない?

 この辺が見つかると、あとはありものパーツのチェックをしている内に、なんかできてしまった一台。

 そうしてできた一台は、代車に使おうか?というのが今までの流れであったわけです。

 一台しかない自転車を当店にあずけて、メンテや改造をするとなると、そのお客さんの足がなくなってしまう。さてどうするか?

 そういう時に、こうした一台を確保しておくと、代車として活躍してくれるんであります。

 見た目はアリもの寄せ集め、いわゆるフランケンなのでありますが、セッティングを最高度に高めておくと、これが調子が良いんであります。

 まず試乗してもらうと、ビックリした顔して回ってきます。それで嬉々として乗っていく。

 完成した自転車の納車となると、代車を返すのを非常に惜しがる人もいるくらい、当店の代車の質は高いんであります。

 それが・・・、たまに売れていくんであります。多少そちらも狙ってはいるんですが、欲しい!といわれると、罠にかかったようで、多少うれしいんであります。

 20150131_161311_554_convert_20150203152147.jpg

 今回も、自転車欲しいんですが・・・。というので、試しに乗せてみたところ、もう降りない・・・という結果、小声でやった・・・なのであります。

 20150201_105700_727_convert_20150203152123.jpg

 ただ、カゴだけはどうしてもつけて欲しいというので、付けることに。ブレーキレバーの関係でカゴを前に出す必要がある。留め金は伸縮式のものをつかいます。

 20150201_105655_738_convert_20150203152135.jpg

 下支えを付けて完成。鞄が入るものということなので、横長のものを取り付けます。

 20150201_105707_731_convert_20150203152039.jpg

 学生鞄の横幅の広いものも、入ります。

 20150201_105718_609_convert_20150203152025.jpg

 後はシングルピポットのブレーキ。

 20150201_105727_140_convert_20150203152112.jpg

 前はダブルピポット、スルーッと走るこいつをキュン!と停めます。いいコンビネーションだよね。

 20150201_105737_808_convert_20150203152101.jpg

 8速のスプロケが入っているので、しばらく安定供給可能だね。

 20150201_105648_790_convert_20150203152050.jpg

 カゴがついて、実用車然としましたが、これがまたよく滑るように走って、無段階かのごとくにシフトが決まり、キュン!と停まる。

 非常にバランスのとれた、いい自転車なんですよ。見た目は地味で、なんてこと無い自転車なんですが、これが調子が良い。こういうのを通好みと言うんじゃないかな?

 こうした、玄人受けするような、もちろん素人さんもよく走るので受けると思いますが、いかにも手間のかかった快走車という分野も、今後広げていきたいですねえ・・・。

 そのためにも、放置自転車などから組み替え、作り替えるということも重要で、さすれば、それを保管する場所も必要になる・・・という意味で、今年七月いっぱいまでの当店の移転先が、今後の当店の方向性に決定的に影響を与えていくだろう
と思われる訳なのであります。

 さーって、何所へ移れるのかしら?縁の動きを運という・・・らしい、どう動いていくのやら?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター