メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2015年04月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

あれがこうなりまして・・・ 何年ぶりかの自分組



 エエ、先日とあるところからリムを外して磨いて・・・ということを店主自身が自分のためにやって、異様に楽しかった・・・というようなこと書いてましたが、あまりにも自転車組むのが楽しかったんで、いっそのこと仕事になったらいいなあ・・・なんて考えたほどでありました。

 そんなこんなで、組み上がった、ありもの磨きの寄せ集め号、となりましたが・・・これがまたよく走る・・・。

 このホイール、先日磨いておりました、今は無きカンパの名リム、アトランタ96にステンレスハブの名作、たまたま見つけた74デュラハブ、寝食忘れて再生して組み付けたんでありますが、改めてコイツは当たり。

 カンパリムには当たり外れがあった記憶があります、今のDTとはそれはまあ、時代が違うんでしょうな。でもコイツは当たったようです。見事に生き返りましてね、もし自転車でブラインドテストなんかができたら(もちろんできませんが)、ディスクホイール?なんて勘違いしそうなくらいです・・・。

 20150430_172703_471_convert_20150430183001.jpg

 なんだ君は?ってくらいの不似合いなカーボンフォーク。香港からの荷物にコイツ一本異形として混じっていたものです。こんなもの頼んだ覚えないのに、海外からのものって、こういうヘンテコリンも覚悟しないといけませんね。返品するのも面倒くせー。

 なれば、自分向きに使っちまえ・・・と、ある種ありものです。

 20150430_172711_883_convert_20150430182948.jpg

 こいつはちょいと使ってみたかった・・・という新生105ブレーキ。諸説紛々でモロ進化した!という話から、イヤー・・・反対に剛性低くなったんじゃねえ?という話まで。

 試走の感じでは、まだリムの外周にある細かいアルミサビがとれないと何とも言えない、それはそれはガシガシと抵抗がありますねえ、今んところ。

 20150430_172747_113_convert_20150430182816.jpg

 当然リアにも付けてみました、だからどうした・・・ですけど。

 20150430_172719_766_convert_20150430182936.jpg

 ハンドルは完全ありものね。サカエなんて絶滅してしまったところのもので、ただ当時380ミリでアナトミックなんてハンドル無かったのよねえ、珍しくてね、依頼これ結構バンク内なんかでも使っていたような記憶ありです。

 レバーもテクトロ、本当なら名作ディズナでも使いたかったんですが、贅沢はできません・・・。

 まあ、これ見ておわかりのように、シフターがない・・・ということは?

 20150430_173148_350_convert_20150430182732.jpg

 ハイ!シングル、しかも固定ギアなのであります。走る始めに、これを乗る・・・というのがちょっと店主の決まり事といいますか、作法といいますか・・・。んでもって、今まともに乗れる固定がなくて・・・ね。

 通常固定ギアだとナット止めなのでありますが、見ればわかるとおりナットではありません。チェーン引きが付いていますが、これ意味ありです。

 20150430_173141_347_convert_20150430182752.jpg

 反対見るとクイック加工にしています。クイックの良いところは、ホイールの着脱に工具を必要としないこと。一々背中に
15ミリのレンチを入れて、持ち歩かなくても済むということなんです。練習に行くときは何はなくとも、身軽であることが一番。今のスマホなんて、でかくて持って行きたくもないでしょう、ダンシングの時、じゃまでね。

 ちなみに財布も邪魔なので、銭と保険証と連絡先などをビニール袋に入れて背中に収める。その辺は徹底して、持ち物を少なくするわけであります。

 ただし、クイックだけだと固定力がどうしても弱いんです。ゼロ発進の練習などをしますと一発でホイールがチェーンステーに接触して、回転が止まることが起きる。

 これを防止するために、チェーン引きを使って、物理的にホイールを固定する、という方法を取るんであります。

20150430_173136_760_convert_20150430182840.jpg

 前は元々ロード用のハブなんで、クイックなのは当たり前。でもコイツ、鉄のデュラだけにクイックも鉄。頑丈で壊れない。鉄はもっと見直されていいはず。軽量もいいが、長い距離を長い時間乗らねばならないロードの練習機には、軽量さなんかよりもいかに頑丈で壊れないか?が勝負だと思うんですよね。

 一年に数万キロ、かけることの数年乗ってもビクともしない、そういう骨太の機材・・・かつてはもっとあったような気がしますね。

 20150430_172740_574_convert_20150430182828.jpg

 リアホイールも、同じくアトランタ96。前後揃うと、スゴイ力発揮しますね。それがまた手組というのがいいねえ・・・。

 20150430_172807_132_convert_20150430182914.jpg

 クランクはまた、店主のような非力な足にしては大変失礼に当たりますが、スギノ75・・・。でもこいつもねじ山壊れて外せなかったやつで、先日特殊工具で十数年ぶりにBBシャフトから解放されたやつなのでありました。

 20150430_172846_590_convert_20150430182851.jpg

 チェーンはベルテックぶら下がっていたものです。一応コイツはNJSものかしら?

20150430_172754_596_convert_20150430182925.jpg

 かつて西武園競輪場で落車した際にできた、破れたケブラーつき、ニトロックスサドル、こんな風俗系のラメ入りサドルがあったんですねえ。セライタリアでよ・・・。

 ピラーはこれ、ニットーだよね。二点どめの角度がアナログに決まるやつ。これは良いねえ、確かこいつもNJSものじゃないかしら?

 20150430_172825_754_convert_20150430182805.jpg

 カロイのどうでも系ステム、まあとまればいいや。

 20150430_172833_495_convert_20150430182902.jpg

 トップチューブにこんな補強があるなんて、出はヤンチャ系だったんだと思います。でも走るからよし。

20150430_172637_706_convert_20150430183027.jpg

 これで完成!フォークが何とも不自然だが、前後のホイールが圧巻だなあ・・・、やっぱり。

 ピスト車なんて、クランク周りが強いていえばメカニカルなだけで、あとはまあ、何とか組み付けできる(といってもレースのための精度となると違いますが)わけで、コイツに関してはホイールの手入れが山場だったと言えますわ。

 しかし、楽しかったなあ・・・。ズーッとほったらかしにしたリアホイール。シマノ600についていたアトランタリムを摘出して組んだフロントホイール。

 手入れしてやれば、いいパーツは生き返る。組み合わせがより細かいパーツ間でできるというのは、ホイールの単なる買い換えという以上に、バカバカしくも創造的でスケベったらしくもいやらしくていい。

 そんなこんなで、コイツで店主は走ります!

 足に再度、円状の回転を刻み込んで、今度はその足でロードを回してより遠くへだね。

 もう「ロード乗りこそピストに!」という看板を下ろすことにします。言っても乗らない奴は乗らないし、乗る人には乗る人の、乗らない奴には乗らない奴なりのそれなりの人生があるだけなんでしょうから。せっかく自転車というものに出会ったのに、固定に乗らないという人生があるんでしょうから。

 自分が速くなったような、強くなったような錯覚に銭使いたいのでしたら、どうぞご自由に!

 真のスキル向上に銭を使いたい人のみ乗ればよし!

00020141218_153410_559_convert_20141218164618_20150430225129041.jpg
※わかる人、わかりたい人のみ乗ればよし!コイツいいブレーキ付いているなあ・・・。

スポンサーサイト

今後の展開と ルール作り かな?


 
 狸サイクルの上に、響き床なんていうイベントスペースがありまして、そこで催しが開催されると、いろんな方々がいらっしゃいますね。

 時間貸し、その他いろいろな料金体系なんかがあったりしますが、イベントの後などは自然発生的宴会に突入して、泊まる人もでるなど、その辺は他のレンタルスペースと違って大変緩いわけであります。

 そんなイベントと重なるように、下の狸サイクルにもまた、いろんな方々がお見えになります。

 20150426_143159_416_convert_20150430103246.jpg

 通常は作業依頼のお客さんが圧倒的に多いわけですが、中には自分で作業したがる方々もいらっしゃいます。昔から軒先自転車とかいいまして、自分でやりたがるお客さんを大切にするという、伝統というか、傾向が当店にはあります。

 20150426_143822_726_convert_20150430103132.jpg

 それまで自転車が好きだったか否かは問題はありません、ひとたび自分で自分の自転車を組んでみよう!と思いたった人は、なんで?と思うくらいに夢中になっています。本当になんで?というくらいに。

 そして、素人ながら組み付ける車体には、店主らもなるほどねえ・・・と思えるものもありますよ。なまじプロだの玄人だのと自称していても、学ぶところは多いもんだと、物事一般の深さというものを知る良い機会にもなります。

 000 08-31@15-04-48-871_convert_20140904183445

 組み付けるのには技術はいる、確かにいる。それに対して、外すのは大した技術はいらない・・・とも思いがちなんでありますが・・・。確かに大抵の外しは通常できる範囲にありましょうが、しかし!むずかしい外しの技術というのは、まあ、超度級にむずかしくもあるのであります。

 単純に言えば、すべて外せれば、組み付けできるんであります。外せないから、大変なんだとも言える、むしろそこが肝にもなっている、再生させるためには外さなければいけない、そして外せさえすればどうにかなる・・・というのが、この手の作業でもあるんですね。

 若い子達が自分たちの自転車いじりに夢中になる。そして組み付けるだけでなく、それで長距離走りきってしまう。そして言うに事欠いて、「もう別の自転車いらないです・・・、この一台でいい・・・」。

 オイオイ!それじゃあ、こっちは商売にならねーじゃんか!お世辞でもいいんで、いずれはカッコいいレーサー乗りたいっす!くら言えってーの!

20150426_143704_690_convert_20150430103150.jpg

 自分の乗っている自転車に、ありがとう!今後もよろしく!とばかり洗浄するのもいい。何人かいるよなあ、汚くなるまで自転車放っておく奴ら・・・、お前だよ!!!

 仕事で毎日乗っているなら、週一でもいい、ディグリーサーで拭くだけでも、チェーン洗浄するだけも違うと思うんだけどなあ・・・。

 まあ、そんなこんなで、休日になると、それこそ老若男女の自分でやりたがり屋さん達が集まって、ワイワイやって、当店を盛り上げてくれるんであります。

 そして、それに輪をかけるように、今後の当店の展開は、そうしたところへ開いていく可能性が高くなります。

 まだ次の移転先、物件確定していないんですが・・・。二ヶ月しかねーよ・・・。

 ただ、今よりもそうしたやりたがり屋さん達が作業しやすいような環境に、少しずつでも近づけていこうと思っておるわけであります。

 と同時に、再度そういう態勢を整えていく中に、工具類の使用のルール作りなんていうのも、確立していかないといけないなあ、などと思うこの頃でもあります。

 基本、当店は外部の方々への工具貸し出しはしておりませんが、出入りしていく内に、工具の場所と基礎的な使い方を把握してきた人に限り・・・という、暗黙の了解ができてもいる。この暗黙の部分をある意味明文化していく必要もあるかな?なんて思っておるんであります。

 多くに方々が出入りしていると、それぞれの目的に合わせて、工具が行き交うことになります、そうすると保管場所が曖昧になってくることがあります。

 これは困る・・・、あれ急ぎなんだが?どこ?・・・?

 しばらく姿を消していたものが、ひょこっと戻っていたり。しばらくであっても、工具に姿消されるのは、ショップとしては困るわけなんであります。仕事できないもんね。

 それと使用頻度が増える。正規の使用であれば問題ないながら、中には六角レンチを中までしっかり入れないうちにトルクをかける不慣れな人たちもでてくる可能性も高くなります。

 こちらの直接の指導も行き届かなくなると、工具も荒れかねませんね。
 
20150430_094805_402_convert_20150430103202.jpg

 こんな事も起きて参ります。

 20150430_094534_817_convert_20150430103213.jpg

 一般工具ならまだしも、自転車専用の特殊工具と呼ばれるものなどは、使用の仕方が不鮮明だったりすると、その不鮮明のまま使用されますと、破損の危険も出てきますねえ。

20150430_094526_408_convert_20150430103224.jpg

 使用頻度により、こうしてエグれて使いにくくなることもある・・・。本来ならその前の写真のように平面でなければならないんですが。

 ということで、今後は一般の方々が使っていい工具と、そうでない工具を分けるとか何とかしていかないと、いけませんね。まだ見ぬ、新店舗では保管場所などを工夫していかないとなあ。

 あとは、使った場所は元以上にきれいにする!など常識以上の規則なんかも作っちゃおうかな?

 ということで、あと二ヶ月ちょっと、マジで物件探して確定していかないといけませんんが、新たな展開ではやりたがり屋さん大集合で、こちらとしては、それにまた負けないような「プロ」としての仕事を大々転換していきたい!と思っております!そのために、大家さんになるかもしれぬかの方のご回復を有志の皆さん、祈り続けてください!

00020141207_162218_694_convert_20141209115110_20150430142800ad0.jpg
※入門スポーツバイクというのなら、ロックバイクス!両手以内だよ!

例のあれ その後・・・

000 20150324_114950_503_convert_20150330191101

 先月の終わりに、こちらの記事にてご紹介いたしました、実用自転車であります。

 群馬の先生が、なにやらこの実用車で県営のレースに出られるとか。でもいくら何でも、この激重状態で走れ切れるものではないことは、誰でもわかる。

 といって、いつもやるように、フレームだけ残してあとは全取っ替え・・・というのも、この自転車を引っ張ってきた意味が無い。

 まあ、山坂ある群馬の地で、レースといってもツーリングイベントに近いものなので、それほどストイックにしなくてもいい、といって、元あるこのテイストなんかもいかせるものならいかせて欲しい・・・。

 何ともむずかしいことをご所望なさる・・・。一月近く色々考えながらの、落としどころが、この辺かな?というところになりました。

 20150429_160139_242_convert_20150429191606.jpg

 しかし、まあ細かいところの細工が凝っていますね。

 20150429_160203_687_convert_20150429191637.jpg

 ベルも磨いて元に戻します。

20150429_160154_702_convert_20150429191646.jpg

 グリップも元のものを外して取り付けます。

 20150429_160317_757_convert_20150429191707.jpg

 ヘッドバッチも、バッチリ・・・。

 20150429_160219_799_convert_20150429191750.jpg

 風きり?ナショナル今やパナソニックとなりました。

 20150429_160123_272_convert_20150429191837.jpg

 サドルはカバーを外して、コイツもそのまんま。

20150429_160208_458_convert_20150429191814.jpg

 砲弾ライトも再生、ダイナモでしっかり付くようになりました。

20150429_160215_302_convert_20150429191800.jpg

 前ブレーキはテイストを壊さない、という意味でレトロ風味のあるセンタープルを使用します、そこそこ効きます。

 20150429_160230_810_convert_20150429191739.jpg

 ということは、ハイ!前輪700cで組み付けしました。何とか泥よけは装着。

 20150429_160257_653_convert_20150429191728.jpg

 ハブは強度を考えて、ラージ系のものにいたしました。

20150429_160248_325_convert_20150429191628.jpg

 タイヤは700cながら、実用車のテイストをいかすために35cなんて太いものを選択。

 20150429_160147_684_convert_20150429191548.jpg

 あのロットブレーキ(棒ブレーキ)は、色々あって変更ワイヤー引きにしましてね。ハンドル形状などは似たようなものに交換であります。

 そして多くの皆さまから、ご忠告やご提案ご心配をいただきました、多段化につきましては、内装八段は部を採用することにいたしました。

20150429_160105_654_convert_20150429200527.jpg

 見た目はあまり違和感はない・・・、ただ、ギア比の低いものが必要だったので、コグはデカめにしました、そのためチェーンカバーは取り去りました。

20150429_160303_487_convert_20150429191718.jpg

 クランクもデフォのものは外し、この際レトロ調のものへ。コッタードという旧式タイプのクランクであったため、使いながらのメンテ、というのが大変しづらいというところから・・・というのもあります。

 20150429_160115_388_convert_20150429191617.jpg

 反対側のブレーキは、バンドものが無かったので、このどでかいフィンの付いているローラーもので、見た目を稼ぎました。

 20150429_160129_546_convert_20150429191826.jpg

 あと内装は部のシャフトの関係もありまして、実用自転車の荷台ですが、迫力はありますが、シャフトに余裕がなくなり、共締めができなくなり、断念ということに。

 当然、両足スタンドもダメであります。

 20150429_160411_159_convert_20150429191657.jpg

 中央に両足に広がるスタンドを付けて、一応完成!ということに。

 20150429_160025_428_convert_20150429201620.jpg

自転車を味わう



 業務用のデュラプレミアム・グリス、500グラム。

 こんな量のものを購入するなんていうのは、ショップかそれに準ずる玄人裸足のとこしかないでしょうなあ。もちろん小分けのグリスもありますので、ご心配なく。

 まあ、注意点としては、使うときだけふたを開けて、そうでなくなったら即ふたを閉める。埃や砂なんかが入ったら、最悪ですからねえ。そんなもんか・・・。

 今店主は、ちょいと初心に戻りつつありまして、仕事の合間にちょいと自分組のようなことをしているんであります。完成したら、もちろん公表しますがね。

 何か仕事以外で自分の車体をいじっているのって、これが結構楽しいんであります。

 あれどこ行ったっけなあ・・・、仕事中のポキさんや大森社長にお見かけ情報を聞きだしては、私物箱より、まあいろんなものを発見しては、それを眺めて、そういえばコイツ・・・などと、まつわる記憶なんかを思い出してはニヤついているわけであります。

 オメーも随分年取ったなあ・・・、と、精度は崩れていない・・・、もう一回街道でるか?なんて独り言。

 古いもんでもちゃんと作られているものは、生き返る。それを自覚してか、もっと手入れしろ!と奴さん達の方から訴えかけてくるような・・・。

 20150428_195343_277_convert_20150429082528.jpg

 ほれ見ろ!きれいになってやっただろう?しかし、オメーも堅いよな、見事だわ。な、手入れし甲斐あんだろう?まあな、俺だって丁寧に使っていたんだぞ。

 なんてね、パーツ相手に会話しているんであります。

 20150428_195329_275_convert_20150429082539.jpg

 そんなこんなで、デュラグリスの登場だ。中のワンをきれいに磨いて、ディグリーサーで吹き飛ばす。銀の鏡面のラインがよみがえるんだよなあ、さすが良いものはこういうところが違う・・・。

 ステンレス玉を取り出して22個をきれいに洗う。精度の良いベアリングは一律に光をましてきて、磨くほどに笑い始めるのって知ってます?少なくとも店主にはそう見える・・・。

 それをグリスで作った床に一個ずつ置いていく。ちょいとグリス多すぎやしませんか?

 お互いご老体なんだからな、コンマ一秒云々の時代じゃなくて、これから末永くつきあって行くには、こんぐらい入れておいた方が良いんじゃねえか?

 20150428_195353_801_convert_20150429082515.jpg

 こいつらを磨いて、戻してやる。

20150428_195455_319_convert_20150429082504.jpg

 玉押しを外からゆっくりと回していく。

20150428_195531_363_convert_20150429082452.jpg

 その外からナットを入れて、ダブルナット方式で締めていくんだが・・・。

20150428_195724_502_convert_20150429082440.jpg

 ここで重要なのが玉押し調整。押しつけすぎると回転がゴリゴリとなる、その手前となると今度はガタが出る。いずれも玉には酷な状況なわけで、玉押しが玉に触れてガタが起きないところを狙ってダブルナットで固定する。これができるようになるために、何度練習したことか?

 20150428_200042_335_convert_20150429082412.jpg

 クイックを通して、完成!何か風呂上がり・・・のように見えます。回転はヌルヌルまわります。いいなあ。

 そんでもってハブはいう、今度の相棒(ワッパ)は誰なんだい?と。

 こいつだよ。

20150428_202519_455_convert_20150429082400.jpg

 新品じゃないの?そう、新品じゃない。でも精度と強度は良いよ。間違った組み方で当店に来たやつ、もう十数年前のことだった。このリムが貴重でね、それ目当てに引っ張ってきたようなもんだった。それを取り出して、コンパウンドで磨いてやるの。

 で、君は誰?

20150428_203215_434_convert_20150429082350.jpg

 カンパニョーロ・・・?カンパがリム単体を作っていた、なんて知っている方も少なくなってきたかな?これからは完組オンリー、リムは作りません、と言われたときはショックであった。それからは、本当完組主流になってしまってねえ・・・。

 20150428_203227_312_convert_20150429082336.jpg

 アトランタ96、カンパはオリンピックの開催地の名前をリムに付ける癖があったようであります。このリムは名作だったとおもいますね。確か草レースでコイツに勝たせてもらった記憶がある・・・。

 コイツで組み付けて・・・何に履かせて、どう走るか。これはお楽しみ・・・に・・・かな?

 てなもんで、いつもは紺屋の白袴なはずが、自分の袴を紺染めし始めているというところ、何か楽しいんであります。

 こんなところも自転車の味わいかな?なんて勝手に思うんでありますが。こういう感覚を共有している自転車好きの方も、随分知っているわけであります。こんな文章書きながら、幾人ものそういう方々の顔が浮かんでは、「うらやましいだろう・・・アトランタだぜ!74デュラ、鉄デュラだぜ・・・・」なんて内心盛り上がっているんであります。

 そんな旧型の味わいに対して、どうも新型の味わいというのがあるようであります。

 先日あるお客さんが登場。二十代らしい、自転車乗って三年。まあ、こういう方はざらにおられるでありましょう。

 驚いたのが、その3年間で八台乗り継いでいる・・・ということらしいです。アンカーから始まって、今はフォーカスカーボンにアルテグラ、完組ホイールを付けて、隙の無い一台にして乗っているようです。

 都内の有名ショップを回っては、情報収集、そして実際の購入に際しては、年代の型落ち激安情報を探しては、海外のサイトなどからゲット!してやったり!と楽しそうに話していました。今は9台目を物色中だとか・・・。

 確かにこうした自転車との関係は、ネット時代さながらの象徴的なあり方の一つか、と思いますね。

 店主が乗り出した頃は、ネット環境などはさっぱりの時代で、情報収集といえば専門誌くらいでした。

 目を皿のようにしては、広告の中から自分に合うショップを探して、実際に行ってみて当たりだ、外れだとやっとったわけであります。

 値段の安さだけから探すのだったら、家に居ながら画面の前で、ポチッとクリックして、あとはネコや飛脚に運ばせて・・・、ということで、今は効率よくなりましたね。

 海外まで広げて、もの探すのって、ある意味面白い。もちろん、店主はほとんど実際に手は出しませんが、オオ!こんなところに、こんなものが・・・!などと思うこともしばし。まあ、闇も深いがネットのこの手の情報も奥が深い、ある意味メディアを介しての自転車との関係というか、味わいの一つかもしれませんね。

 完組ホイールをアチコチから探して、最安で引っ張ってくる、これ○○ドルで購入したよ、エエ!マジで?!なんていう方、もうかなりおられるでしょ?

 それウィグル?イヤー、もっとマイナーなサイトでさ・・・。聞こえてきそうな会話であります。

 でもね、ホイールって、単体だと思っているでしょ?実は、リムとスポークとハブ、そして組み方の四つの要素からできていてね、ハブなんてバラして洗浄して、玉なんて入れ替えてもいいし、シールドだったら打ち替えても・・・なんていうのも、旧型ではあるが、自転車の味わいでもあるんだよ!なんてこと小声でも言いたいのよ。

 購入技や組付けの技以外にもまだまだ、自転車の味わいってもんがあるのよね。それはかつての外したパーツ類や、どこから来たかもわからないパーツ類達が、ワサワサいいながら仕様のわからん一台に向かってどよめき出すような、そういう渦の中に巻き込まれていくようなあの感覚!!!

 今読んでおられる方の中には、膝が痛くなるほど、そうそうそう!!!!と膝を叩いておられる音が聞こえます。はたまた苦笑しておられる顔もうかぶよね・・・。

 かつて愛用していたサドルが突然、オイ!と叫んできます。

 なんでー?

 いつまでぶらさげておく気だよ?

 そうか・・・お前はオレの骨盤のコピーだったよなあ・・・、そうか、またお前の居場所確保しないとなあ・・・・。

 さて、こうしてパーツ箱を開いてみると・・・、オレも!オレも!オレも!各パーツがうるさい、うるさい・・・、ダメだ!今回はお前はまだ寝てろ!・・・・でも待てよ・・・・・、クックックいや、これもまたありかもなあ・・・イッヒッヒ!!!やっちゃおうかな・・・?

 まあ、人格障害だか精神病理のどこかに分類されるのかもしれませんがねえ、ウーン、まあそんなところであります。

 自転車というやつら、いや、車やバイク、イエイエ、布や革や木材、金属などの歯切れ、半端な食材、音や言葉や映像・画像の断片その他から、語りかけられて、「いや、参ったなあ~」と困惑できる患者さんこそが味わえる、ものとの関係というのも、実に味わい深いものであーる、というお話でありましたとさ!

 さーて、アトランタ君がどんな足としてどいつの胴体にくっつくか?できたら公表します!

00007-06@13-18-16-214_convert_20140708193823_20150429103526371.jpg
※暗示のような一台、内装三段の固定ギア?!がマジで付いている、正真正銘の練習機。試乗だけでもしてみない?画期的な一台なんだけどなあ・・・。

5月の4日 サイクリングイベント 参加者募集!

000 20150413210625fa3

 やりたい!やらねば!とズーッと思っていながら、パン食い競争くらいしかしていない、狸サイクルのサイクリングイベントですが、突然ではありますが、この5月4日に敢行することにいたします!

 基本朝当店に集合していただいて、そこから出発なのでありますが、離れておられる方は、一々集合する必要も無いので、合流地点を決めればいいでしょう、ご安心ください。

 で、どこへ向かうか?

 000 20150413210651b1c

 またコイツもこのような形で参加いたしますので、大変緩いサイクリングとなりますので、ガシガシ走りたい方は、当店内ツーリングクラブHGの方で担当いたします、今回店主らが行く先は・・・。

 多摩動物園・・・・。向かって行って、そこで降りて自転車数珠つなぎをしてから、園内見学・・・なんかします。弁当でも持って行きましょうか?

 狸見て、狐見て、ラクダやリスなんかも見ます、猿もいいか?

 そんなことして適当に遊んで、帰ります!買い出し持ち寄りで、当店内でお疲れさん会もいいですね。

 子連れOK!お遊び中心の緩い企画ですので、是非多くの皆さんのご参加をお待ちしています。別にレーサーでなくてもいいですよ、車種は問わず、多摩動物園まで行ければ良い、何なら電車で現地集合でも・・・。

 20150412_105948_442_convert_20150427220442.jpg
※イメージ写真・・・。

 のんびり、ゆっくり参りますので、是非是非、ご一緒いたしませんか?ヘビ見に行きましょう!ワニも、熊牧場もあるようですし、コアラの間抜け面も見られます。キリンが銀の糸のような唾液を風に流すところ、見たくありませんか?

 ということで、参加者募集いたします!

 問い合わせメールや、携帯などからご一報ください。特に、合流の必要のある方はお願いいたします!

00020150412_135348_165_convert_20150413210358.jpg

 と子狸も申し上げています!!!

000 20141207_142100_147_convert_20150224194022
※参加したいけど、自転車がない!という方、当店オリジナルレーサーなんかいかがです?走るんだよ、これがねえ。

オリジナルレーサーに キャリアをつける



 ボチボチ出つつある、当店オリジナル鉄レーサー。フォークは鉄のストレートかベント、カーボンの3種類から選べます。

 これは、大森研魔とのコラボで、ギジチタン系でまとめましたね。持ち主の方はこれに、フェルディナンドⅡ世号という名を付けてかわいがってもらっているようです。

 これに、キャリアを付けて、ツーリング仕様として乗っていきたい、年齢やスタイルを重視するやり方として、それもありかと思います。

 20150423_164332_723_convert_20150427123853.jpg

 ここに取り付けるわけでありますが、コイツは正真正銘のレーサーなので、ダボはなし。

 どうやって、取り付けるか?

 20150423_164337_891_convert_20150427123842.jpg

 ダボがなければ、偽ダボをつけるか・・・。

 20150427_122613_309_convert_20150427123744.jpg

 このようにね。

20150427_122624_839_convert_20150427123808.jpg

 角度を変えた方が見やすいなあ。こういう留め方です。ミノウラさんにこういう金具ありますね、無ければ作れるでしょう。

 20150423_164341_585_convert_20150427123831.jpg

 クランプをどう利用するか?

20150427_122632_235_convert_20150427123734.jpg

 長いシャフトのピンに取り替えて、共締めにしましょうか。

 20150427_122606_284_convert_20150427123820.jpg

 水平にきれいに付いていますね。華奢な感じがまたレーサーに合いますな。

 20150427_122559_300_convert_20150427123755.jpg

 華奢な割に公称25キロまで積載できるようであります。

 これに好きな荷物を積んで、ツーリング・・・、季節がよすぎます!日焼けに気をつけて、走りましょう!走りましょう!走りましょう!

 06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_201504271257022f0.jpg
※コイツも大森研魔の仕事です。セミドロップというところもユッタリでいいですな! 

酷使したなあ・・・しかしスモールパーツ・・・シマノさんだけではない・・・



 歯車とも、ギアとも、スプロケともコグとも言うそうです、そういう意味で自転車と同じですね。

 ドーナツ状の穴がきれいに円状であいてますな。

 20150426_112442_542_convert_20150426203117.jpg

 ひっくり返すと、こうなっています。円状のエッジの一部が欠け落ちているでしょ?

 元々コイツの形は・・・、

20150426_112542_279_convert_20150426203047.jpg

 このように、円状ではなかったんですねえ。このように周り止めが付いていたんであります。

 20150426_112552_823_convert_20150426203036.jpg

 裏を見てもね・・・。

 で、この周り止めなんでありますが、長年の使用により、欠け落ちて、円状になってしまった。

 交換できないか?とリョービに連絡すると・・・。

20150426_112517_820_convert_20150426203106.jpg

 スモールパーツを一個単位で売っているというではありませんか!シマノさんだけじゃあないんですねえ・・・。細かい分解表をファックスしてもらって、番号を継げて数日待つと、このように届きました。偉大なり!

 で何のパーツかというと?

 20150426_112919_309_convert_20150426203017.jpg

 ベルトグラインダーのパーツだったんですねえ。コイツ十年近く使っておりまして、その使用率が非常に高い。ここ数年回転トルクが弱くなり、時に空回りなど起こしていたのをもう高齢のせいか?と思っていたんでありますが、周り止めが削れて円状になっていれば、それはトルク落ちますね。当たり前だ・・・。

 周り止めだけでなく、内径も1ミリ削れていたので、歯車の回転も暴れていたんですねえ、そのためか、タイミングベルトがよく切れていたんであります。

 20150426_112710_453_convert_20150426203027.jpg

 取り替えて、数分できれる・・・というのは尋常ではないということで、すべて外して見てみると・・・、円状になっていた・・・ということだった。

 その辺一式、リョービさんのスモールパーツのおかげで1500円で修理完了。
 
 20150426_120604_248_convert_20150426203008.jpg

 ただタイミングベルトの値段はモノタロウは半額以下!!!でしたので、そちらから引っ張ってきて。

 20150426_120839_687_convert_20150426202959.jpg

 完了。購入当時のトルクがよみがえって、使いやすくなりました。

 スモールパーツがくるまでの四日間、非常に不便でありました。ディスクグラインダーで代わりをしていましたが、細かい削りができない・・・、主役が戻ってきて、ホッとしたんであります。

 プロ用の大仰な工具ではありませんが、こうして修理して、あと数年がんばってもらうことにします。

 自転車以外・・・、こうした簡単な修理すらも、何かうれしい・・・、この感覚には何かあるね・・・、きっと!

ある意味手組屋の意地かもしれないなあ コスミック組み替え



 アルミのリム枠があって、フィンとしてカーボンがあるような、ある意味過渡期のホイールなのかもしれませんね。

 このリムが、TNIのハブと持ち込まれまして、手組で組み直して欲しいというご依頼が舞い込んで参りました。

 ハブは一般のものと変わりませんが、リムにはどうも癖ありであります。

 通常なら、外枠とディープを計ってスポーク計算をするのであります。というのは、ニップルのおさまる位置が通常であればディープの内側に近いところに来るからであります。

 ところがコイツは、カーボン部分はフィンなので、ペコンペコン。そんなところにテンションのかかるスポークが置けるわけがない。ではどこに?

 大分外側の、アルミ部分に引っかかるよう設計されているわけであります。

 となると・・・いつもの計算方法と異なる・・・そこからして面倒だわな・・・。

 と同時に、組んで欲しいスポークとして、サピムのCXレイという特殊中の特殊スポークを指定してきたんであります。

 このスポークなんと1本500円・・・。もし適当に計測して、引っ張って来スポークが合わなかったら、大変な損害になります・・・。ということは、これまずは通常のプレーンスポークで仮組みして長さ出さないとダメだな・・・、これもまた面倒くせー・・・。

 そして、見ていくとまだまだある・・・。

 20150424_155642_546_convert_20150425194342.jpg

 この特殊リムからして、ちょいとわかりにくいかもしれませんが、上の頭が六角の特殊ニップルがないと、組み付けできません。ちなみに通常のニップルは頭が丸い。マイナスの筋はありますが、スポークテンションまで締めるには、それではダメ・・・。

 といって、この六角頭のスポークの入手が、どこをどう調べても・・・取引内部にはありそうになり・・・。

 まだ手はある。通常スポークを裏にして、締めるというやり方。これはこれで今まで施工経験があるので、コイツでやろうと見ると・・・。

 20150423_173701_676_convert_20150425194524.jpg

 リムのニップルハトメが浅すぎて、上部が飛び出てしまいます。通常なら、飛び出さずに、この上の四角部分を締め付けるやり方があるんですが・・・ねえ。こんなに飛び出していたら、タイヤははめられません。

 相変わらず、六角頭ニップルは見つからず、工期は迫って参ります。さてどうしたものか?

 なれば通常のナットを使ってやろう!!!とモノタロウ画面と首っ引き。

 通常14のスポークは2ミリといわれています。ということは2ミリのナットを探せば良いんじゃん・・・。でもネジピッチはピッチゲージでもわからないほど小さいようだ・・・、ということは以下ちょんちょんということで同じだろう・・・と、たかをくくって取り寄せたんでありますよ。

 20150422_144659_689_convert_20150425194655.jpg

 万が一ということもあるので、こういう際には前後サイズのものも取っておく・・・。するとすごいことがわかった・・・。

 まず2ミリものナット。先っちょが乗るだけでスポークに入っていかない・・・。ということは、スポークの太さは2ミリじゃないの?

20150423_173806_569_convert_20150425194501.jpg

 

 んでもって、不思議なことが2.6ミリで0.45ピッチのナットが使えたんであります!!!どういうこと?まあ良い、これで仮組だとやってみると・・・。

 20150422_144719_116_convert_20150425194643.jpg

 とりあえずできたんであります。そこでスポーク長の正確なものを出して、一山越えたか?と思いきや。仮組以上のテンションをかけると、面白いようにバッスンという音とともにスポークが抜けるんであります。

 ちょっと確認してみると、やっぱり2.6ミリナットはでかいんだな、という結論に。

 となると、また目を皿のようにしてモノタロウ。あるある、2.5ミリの0.45ピッチもの、2.3ミリの0.4ピッチもの・・・。こういうときは両者を取って実見するしかない。納期の迫っている中で、ギリギリの攻防。

 そして、結論!多くの同業者の皆さんへ2ミリと言われているスポークのナットとして適合するサイズは、2.3ミリの0.45ピッチというものでした!

 どういうことかというと、このギリギリの中で取り寄せた両者ともに、帯と襷の関係で使えなかったというオチなんであります。イヤー、参った・・・。六角頭は見つからず、市販のナットものもダメ・・・。となればあれしかない・・・。

 自分でやっていても、よくもまあ、次から次へと、案が切れずに浮かんでくるものだと感心しますわ、もう手組屋の意地だよね、それしかない・・・。

 ニップル逆さ回しが、浅すぎてできないなら、余分なところを切り取って使う・・・、これでどうだ!

 20150423_173851_204_convert_20150425194616.jpg

 こういうことであります。左の正規ニップルの頭を切り取ったものが左の四角ニップル。4ミリのねじ山があるので、通常のテンションなら行けるでしょう。でもこれだけでは、引っかかりがないので、ワッシャーを使います。

20150422_144607_302_convert_20150425194711.jpg

 こんな感じのステンレスワッシャーを二枚使います。大事を取ってね。

 20150423_173952_546_convert_20150425194437.jpg

 こういう順序で通していきます。

20150423_192200_608_convert_20150425194544.jpg

 ハトメに落としてみます。さーて、頭は飛び出るでしょうか?

20150423_192214_150_convert_20150425194534.jpg

 ギリで出ません。では、1本500円のものであやとりをしていきましょうか?

 20150423_171311_610_convert_20150425194627.jpg

 細いながら、強いのだそうであります。
20150423_192151_570_convert_20150425194417.jpg

 16本なので、組み付け時間は、そうかかりませんでした、それにリム自体の精度は良いしね。

 20150423_192104_168_convert_20150425194606.jpg

 ブレずによく回ってくれます。

20150423_192124_261_convert_20150425194427.jpg

 一般の丸穴に入るエアロスポークなので細いですね。これが500円・・・というのは、よくわかりません、正直なところ。

20150423_192141_760_convert_20150425194554.jpg

 写真の角度から、多少のエアロであることはおわかりになるかしら?

 20150424_155144_224_convert_20150425194407.jpg

 余った4本のスポークに半ニップル一個とワッシャー二枚を付けて、スペアスポークとして渡しました。

 ねじ山は4ミリはありますので、ナットの2.5枚分に相当することを考えると、バリ固にしない限り強度としては問題ないと思われます。

 また1ミリ強のステンレスワッシャー二枚ですから、こちらも大丈夫かと思います。

 が、使用の仕方によってゆっくりワッシャーが変形することもあるため、チョクチョク持ってくるようにとは申し上げました。依頼主は自転車学校の学生さん、メカニックの卵として、このホイールの内容と、検診の仕方しっかり伝えて、少しでも異常が見つかったら使用を中止するようにとも、お伝えいたしました。

 組み上がってから1日以上が経って、テンションに変化はなし、これで行けるかと思います。

 ちょっとムキになり過ぎか?手組屋の意地ってやつでしょうか?引き続き、観察しながら、使用の経過を見ていこうと思います、メカニックの卵君とね。

杉並区様々 シルバー人材自転車 ママ狸んに!



 放置自転車をシルバー人材の皆さんが、整備したり直したりして、それを月に数日市を開いて区民の皆さんに安く提供するというサービスがあるようです。

 あまり長くやると、民業圧迫ということで抗議でも来たら面倒なので、本当月数日らしいです。

 で、ここで一万円以下で自転車が購入できるわけでありますが、その価値は市販の一万円の自転車の質を優に超えますな。つまり相当お得・・・といえると思います。

 一万円以下で、ちゃんと整備された自転車が購入できる・・・。

 そろそろ子供が重くなってきたので、ママ狸ん仕様にしたくとも、元になる自転車がない・・・、そういう方に本来ならば、子のせの完成車なんかが置いてあるといいんでありますが、今の店舗では場所がない・・・。

 まだ決まってはいませんが、次の店舗は今の店舗よりも広いはず・・・、そういう展開になれば、子のせの完成車の展示などもできるかと思いますが・・・、今は無理。

 基体になる自転車がないとなると、さてどうするか?どこかで購入して持ってきてもらえれば、子のせ仕様、ママ狸んに大変身させることももちろん可能でありますが・・・。

 ママ狸ん仕様にするのも、子のせ、スタンド、カゴ、ギアなど色々いじると、それはお金がかかります。

 自転車を持っていれば、それだけで済みますが、基体がないとなると、どうにかしなければならない。といって、市販の一万円の自転車はおすすめしません・・・。人からもらう・・・とか?

 こういうときに、当店は自転車屋でありながら、杉並区のシルバー人材自転車をおすすめしたりします。

 20150419_164805_432_convert_20150423194250.jpg

 今回も、国産のミヤタ自転車を見つけてこられたようであります。

 頑丈にできていますね。安心です。

 20150419_164813_429_convert_20150423194444.jpg

 シフターが付いていますね、内装三段ギアであります。

 20150419_164831_279_convert_20150423194421.jpg

 ハイハイ、よくあるパターンですね。これを基体に、ママ狸ん仕様にしていこうということになります。

 後に子のせをつけるので、何かと重くなりますな。そこで電池代のバカにならない電動車に負けないようにするためには、内装三段のまま、全体のギアを軽くすること、これをおすすめしています。

 20150422_172644_508_convert_20150423194332.jpg

 14Tのギアから20Tのギアへ変更。非常に踏み出しが軽くなります。人力をしっかり使った自転車ならではの改造で、電動自転車の三万円以上するような電池交換の必要は、いりません。

 まあ丘陵地帯で大変な場合を除いては、大体これでカバーできるんではないか?と思います。

 20150419_164836_650_convert_20150423194405.jpg

 管理のしやすさと、軽量化もかねて、カバーは取りましょう。

 20150422_172654_450_convert_20150423194317.jpg

 事前にスカートでは乗らない・・・ということを聞いておいての選択でもあります。

 20150419_164818_760_convert_20150423194432.jpg

 で、メインの子のせでありますが、これはすでに頑丈な荷台が付いていますので、ここにポリスポートを抱かせます。

 20150422_172625_417_convert_20150423194355.jpg

 これも5点止め、イェップほどの色展開はありませんが、安価でがんばっていますね。

 20150422_172636_223_convert_20150423194344.jpg

 後ろ姿はこんな感じ。派手なので、車からも目立ちますね。

 スタンドは、すでに子育て仕様なので、今回は以上にて完成!

20150422_172618_167_convert_20150423194305.jpg

 基体が一万を遙かに下回るもので、今回の施工を入れても4万しないでのこの完成。

 こういう選択肢もあり、ということですね。

 もし次の居場所が、今よりも大分広くなって、こうした最初からのママ狸ん完成車をおけるようになっても、このルートはとって置いてもいいかな?なんて思います。

 何ミクスか知らないが、これからは今まで以上に、いろんな方々が、いろんな事情を抱えて、生きていかざるを得なくなるでありましょう。

 残業代がただになるのは、どうも高額所得者だけでなく、非正規労働の方にも広まりそうな話も出ています。過労死が増えるか?仕事が荒れるか?どういう方々が多く増えていくのでしょうか?

 いわゆる「仕事」というあり方とは別の生き方を・・・とも思いますが、一気にできるわけもなく、いろんな事情の方々が、それぞれ思い思いに、生きていかざるを得ない・・・。

 とすれば、自転車への接近の仕方も、これまたいろいろな選択肢があっても良いような気がしますわ。そういう意味で、持ち込み・・・、常識的な持ち込み・・・に関しては、今後店がどのように展開していこうとも、維持していきたい・・・と、今考えるわけであります。

 いかんともしがたい時代の流れ、為政者共の意図、など色々あれど、自転車屋は自転車屋のできることをしていくのみ、ですわね。


多段化やって 新緑サイクリング!



 ミキスト系の自転車がやって参りました。

 元々は杉並のこの辺を走っていた自転車でありましたが、まあ、色々あったようで、今後は茨城の守谷市あたりをはしることになるらしいですね、カップルで・・・。

 どうも平地が多く、田畑も多い、車も幹線以外は少ないらしく、サイクリングにはもってこいの場所なんだとか。なれば、より遠くへ行かれるような仕様にしようということで・・・、今回は多段に挑戦してみようか?ということに。


 20150414_151108_333_convert_20150422193213.jpg

 典型的なシングルなのでありますが、コイツを多段化していきます。

20150414_151102_600_convert_20150422193225.jpg

 シンプルなリアエンド、これはこれで好きという方の気持ちもよくわかります。ここにディレーラーが付く・・・それを嫌うというのもその裏返し。それでももし多段を希望するのであれば、内装式のものにするしかないね。

 20150422_172307_354_convert_20150422192955.jpg

 ホイールを組み直します。多段のスプロケが取り付けられるようなフリーハブでもって、リアホイールを組みなしてから。

 20150422_172313_264_convert_20150422192941.jpg

 引っかけ方式のリアディレーラーを取り付けてやれば良い。もし、もっと上位グレードのものを希望するのであれば、こうした台座だけを取り外して特殊加工して、取り付けるという手があります。

 20150414_151123_391_convert_20150422192909.jpg

 さて、シフターをどこにつけるか?ハンドルが短い・・・、ストレートでないなど意外と面倒な条件なのであります。

 であれば、首根っこかな?

20150422_172325_136_convert_20150422192930.jpg

 手元変則ではありませんが、これでシフティングをしていきます。

 それともう一つ、荷台を取り付けるというミッションが。

20150422_172256_893_convert_20150422193016.jpg

 普通に付いているようですが、荷台の平行を保つために、ちょいと工夫が。

20150422_172300_782_convert_20150422193005.jpg

 ここにも華麗なる大森ラインがついていますね。何度も下に下がって万力使ってかなり精密に、位置決めしていきます。サッと付いているようですがねえ・・・。

 20150422_172249_110_convert_20150422193026.jpg
 
 多段化したミキストライクが完成。平地が多いならこれで、結構楽しいサイクリングができると思いますよ!

 ペアで走る自転車は、なんとコイツであります。

 05-29@16-43-35-861_2015042220150045b.jpg

 プロムナードハンドルなど付けて、一見おとなしいようですが、かなりコイツも走りますよ。もともと、ドロップハンドル出身のやつなんでね。

 でもまあ、最初はプロムナードでミキストライクと一緒に、田園風景の中をサイクリングと行きましょう!

 最高の季節でありますね!当狸サイクルもちょいと、サイクリングイベント開催しようかしら?この連休中のどの日かに、ちょいとどこかに行きましょうか?ガキンチョ連れなんで、終日走っているわけにはいきませんが・・・、詳細決まりましたら、本ブログにて、内容ご案内いたします!


06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_2015042220184074e.jpg
※兄弟車がいっちまったなあ・・・、セミドロのコイツ、スーツでも行ける、セミドロップのセミブームを呼び起こそうとしている、やつであります。当店基軸にセミドロ・・・世に出て行くよー、多分・・・。
 

お疲れ大タコさん こんちわ!チビタコさん



 通常自転車いじりが好きだ、という方でもこの手の工具はあまり使わないと思います。

 ヘッドパーツなんて小さいパーツなんでありますが、外したり、芯出ししたり、圧入したりと、すごい種類の工具が必要になりますね。

 この辺が揃いつつあって、かつBB周りや、刃物的修正工具が増えてくると知らずと開業間近・・・ということになりますか。工具が人を呼んでくる、あいつ○○持っているからなあ・・・頼んでみよう・・・、こんな調子でね。

 そんなこんなで、優先順位は遅い方に分類されるでしょうね、ワンの打ち出し工具なんていうものは。

 これも叩き出し系なんで、扱いはまあ、そういう扱いになります。

20150421_145946_433_convert_20150422110921.jpg

 叩かれて、肩が崩れ落ちてしまった先端。まだ使えますが・・・。一本目のホーザンのものでしたか、確かこの部分からダメになったような記憶があります。

 20150421_145920_787_convert_20150422110944.jpg

 長年の過酷使用により、開きの付け根部分にクラックが入ってしまいました。もうお釈迦の時期か・・・。

20150421_145931_491_convert_20150422110932.jpg

 禁じ手なんですが、先日の1.5的茶筒ヘッドパーツなんかを扱う際、ごめんね、頻繁にこんなことはしないから・・・といって外に多めに開いたりすると、クラックとしては響いてしまうのでありましょう。

 そんなこんなで、引退かな?ご苦労さん、大タコ君。

 と思って、その引退の雄志を見ていたんでありますが・・・あれれ?もしかして・・・というひらめきが。

 20150421_150241_341_convert_20150422110909.jpg

 クラックの手前は早々にダメになりますが、クラックより先はもしかして・・・と思いましてね。グラインダーで筋を入れてみたんであります。

20150421_150600_702_convert_20150422110858.jpg

 そういう延長溝を4本刻みましてね、そしてクラック手前を切り落とす・・・。

 20150421_150728_387_convert_20150422110848.jpg

 もうわかりましたね、大タコ君をダウンサイジングして小タコくんに変身させるんであります。

 20150421_151632_847_convert_20150422110838.jpg
 
 足を開かせて、小タコ君の完成!

 親方、引退じゃなかったんすか?

 イヤー、見ていたら、まだまだ働けるところに気づいてね。まあ長いヘッドチューブものにはダメかもしれないが、短いヘッドチューブなら、むしろ君の方が剛性上がっているし、まだまだ色々と活躍できるんじゃないかとおもってね。

 確かに、短くなった分剛性が上がっているので、何かと使いやすい、的確にポーンと打ち出してくれますね。

 そんなわけで、もう少し働いてもらうよ!ということで、工具棚に戻っていったんであります・・・。

 工具は作るもの、工具は直して使うもの、工具は加工して使うもの・・・、師匠クラスの金言がまたこだましているんであります・・・。

 110928_20150422120152fd0.jpg
※小柄の方用のロード入門車。こういうヘッドチューブの小さい自転車に小タコくんは大いに役立つでしょう!


今年はどこへ行く?



 ウッ!どこかで見かけた少年たち・・・。

 20150419_144614_555_convert_20150421120835.jpg

 自転車を見ると・・・、ハンドルひっくり返しのよほどの変態君らしい・・・。

 20150419_144636_183_convert_20150421120922.jpg

 チェーンのサビサビ軽量号。

 20150419_144608_524_convert_20150421120933.jpg

んんん!!!これ見れば思い出すよね・・・、高専のママチャリ同好会?の面々だな。

20150419_144330_523_convert_20150421120959.jpg

 なにやら、説明を聞いている・・・。説明しているのは・・・、オオ!

20150419_144336_818_convert_20150421120845.jpg

 この画風といえば、当店のホームページの絵なんかも担当してくれる、福田画伯ではありませんか!

 ということは、何かしらの雑誌ページを担当し、且つ、高専の子達の取材を兼ねたミーティングか何かだな?

 福田画伯といえば、ピテカントロプス。ピテカントロプスといえばサッカーミニコミ。このサッカーで応援する際に振る旗のようなもの、こいつをどういう企画か知らないが、実用自転車で運んでいく、できるだけ遠くに・・・。

 その際、本当に実用自転車でどこまで運べるか?ということが問題になり、実際に実用車で長距離を走った経験のある人たちって知りません?という質問。

 なれば、昨年の晩夏にて、十数名で改造ママチャリで箱根を越した、高専小僧共がうってつけということで、集ってもらったというわけなのであります。

 説明を受けてから、公園に行って、撮影。

 やっぱりねえ、こうしたアホらしいことをマジでやっている若い子達というのはストーリーがある!ネタが尽きないのよね。んで持って、今年も何かやらかすんだろうなあ。今彼らは四年、二年生の自転車部的なものと合同して、今年一年生も大分勧誘して、学年お友達グループから、縦の関係も構築する部として成立していかないと、卒業と同時に終わってしまうよね。

 そういう継続と継承ということも大いに頭に入れながら、今年も大いにバカ丸出しで、いろんな冒険をやって欲しいものだよね。
 
 20150419_160056_423_convert_20150421120856.jpg

 撮影のあと、インタビューにて。

 さて、どんな紙面になるんでしょうか?何かこういう若い子のバカバカしさっていうのは、特に男子にとっては、自分の若い頃を反映していたり、できなかったことのリベンジを託したりと、まあ、何ともほほえましくとも、こちらの方がはしゃいでしまうわけであります。

 そこまでやるか?!・・・ったく、バカだな・・・・。

 だもんで、彼らの話をすると、編集系の人たちなどが一番反応して、どよめいてしまうのもわかる。だから奴らの動き次第で、とんでもない企画が飛び出してしまう可能性もありなのであります。

 高専のママチャリ同好会、継続していけば、どんどんバカバカしくなって、話題提供に事欠かなくなってくるような展開ができたら、すごいよねえ。

 いろんな意味で楽しみなのであります。

 20150419_145430_335_convert_20150421120947.jpg

 取材が終わると、なにやら団長が恭しくも、このようなものを手に持って、店主に贈呈と相成った。

 何これ?

 この前の大阪行きでの、お土産です・・・。

 ほう、で、何?

 天竜川で拾った石と、弁天島の砂で作りました・・・。

 ちゃんと石が固定されていて、ケースの中で転がったりしないところなんて、さすが高専の子達だ。

 しかし、いいセンスしておる!大いに気に入った!事前に、「中国で作られたような大阪土産なんていらねーよ」などという悪態をついておいたのが、きいたのか?これ以上無いようなお土産となりました、うれしいねえ・・・。

 20150419_175233_283_convert_20150421121658.jpg

 フと見ると、先日大阪へ行って帰ってきた団長の自伝車に変化が。おばあちゃん手作りのズックのパニアバッグ。味があるよね。

 20150419_175240_442_convert_20150421121644.jpg

 ホイールに巻き込まれないように、格子でカバーしてある。なるほど、こういうのを見ると旅慣れてきているなあ、と感心する。

 少しずつでも、成長しておる。

 一通りミーティング等が終わって、外に全員揃ったとき、店主からの解体部設立の提案演説が飛び出した。

 ものを作っていく過程の反対を、手を動かしながら体験する、それが解体だ!解体するものはなんでもよし!とにかくありとあらゆるものを解体していく部を作ってみなさい!と。解体こそ、創作の母なのだ!

 解体をしながら、タイムテーブルを逆にして構築の手順を知るというのもいい、解体をしながら、もの作りの熱を感じるのもいい。よくできているものは温かく、適当な作りのものはうすら冷たかったりする。そういうものが手と目を通じて体感できるようになる。

 解体しながら、今度は解体や分別のしやすさを織り込んだもの作りへ、将来この子達が導かれていかないだろうか?なんて考える。

 解体しながら、素材の分類をするのもいい。アルミ、鉄、ステンレス、銅・・・それらは買い取りしてくるしね。買い取ってもらった金は、活動費に使え。そう、ゴミの中から宝を探すことも解体の醍醐味だよ。店主はガキの頃、捨てられている大型テレビのスピーカー裏に設置されている強力磁石を外すのが大好きだった。あれは、少年には宝物だったよ。

 外したものがどういう価値のあるものか?を徹底して調べるのもいい。一つの仕事に結びつくかもしれないじゃないか?マックなんかにバイトしに行くよりも、拾ったもの、捨てられたものから宝を探して、そこから報酬に結びつける。決まった時給でサボることを覚えるよりも、がんばれば、勉強すれば、それが実利に結びつく、ということを学ぶ方が重要だと思うぞ。

 そういう仕事というものに目覚めたら、怖いもんなしだろう?なぜって、この世から「ゴミ」は絶対になくならないからだ、そして君らにはそれが「ゴミ」ではなくて、宝に見えているんだから。

 そうやって貯めた活動費をどう使うか?タンザニアに行って来い!!!!そう、取材元の福田画伯の後輩に、タンザニアで協力隊に行っていた若者がいて、その流れでタンザニアにいった福田画伯は、木下でやっていた自転車屋の話をした。

 タンザニアでは大きな木下で、やっていた自転車屋があった。もうバラバラにしたパーツをまとめてアチコチに置いてあって、その中から使えそうなやつを選んでは、もうフランケンも裸足で逃げ出すような、怪奇に満ちた自転車を組んでいたそうだ。ものが無いところから出てくる奇怪な自転車の数々とそれを支える奇抜な発想。折れたフレームを木で補強する・・・・????

 そういうものを目で見て、体験してこいよ!スゲー体験になるぞよ!

 行儀の良い研究や研修なんてものは、それこそ大学行けば、企業に就職すればいやでも受けなくてはならないはずだ。

 その前に、ものの無いところで、人間どれだけ大胆かつ自由なのだということをタンザニアの皆さんから学んでこい!

 そして最後に、物と人との関係について・・・などと、いらぬ事まで飛び出しましてね。でも解体部設立提案に関しては、彼らの反応はすこぶるよかったように思います、こんな与太話からもコマがでないとも限らない。何せいじった自転車で箱根まで行く奴らでありますから。

 こういう若い子達を見ると、決して卑下するものは店主にはない、むしろ、こいつらがのびのびと遊んでいける場、働いていける場をどうやって下支えしてやることができるか?などということを考える。

 国家という視点から考えて、今の日本は大丈夫か?狭量で臆病なもの達が報道を呼び出し、そしてそれにまたノコノコ従う報道陣。そしてそれを当然だというもの達が出たと思えば、無選挙で選ばれる地方議員ら・・・。日本国国民は自治というもの、民主主義というものを放棄したがっているのだろうか?

 こんな国家の上に、こういう若い奴らがいる。店主らにできること、せねばならないことは、まだまだあるはずだろう・・・と思う。

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※これで働くもよし!解体するものをドッサリ後ろに積んだりね・・・。

名車なんだなあ・・・当店ピスト レストア



 三年前ほどに出た、青鬼くん。ピスト車であります。

20150416_165032_163_convert_20150419221232.jpg

 このカニのような文様が、不知火と雲龍のようにかたどられていまして、下にはグリーンマーブル塗装が隠れています。

 こいつ、組んだ店主が言うのもなんでありますが、名車中の名車・・・・だと思うんですがね。確かに大受けはしていませんが、インターハイクラスのやつの足で、今までのクロモリ最強!と言わせしめた、名車なんだよなあ・・・。

 20150416_165037_129_convert_20150419221322.jpg

 本体はクロモリで、フォークはカーボン。結構本気・・・どころかマジ本気な街道車なのでありますよ。

20150416_165024_292_convert_20150419221246.jpg

 足回りは、これまた当店最強のDT585!文句ないね、もう・・・。
 
 これが三年経って、レストアということでやってきました。

 20150416_165016_869_convert_20150419221300.jpg

 チェーンなんか交換して。

 20150416_165012_523_convert_20150419221333.jpg

 BBもうこの際交換!普段工具がないとできないところなのでね。

 クランクもスギノさんのマイティーコンペ、金かけてます!
 
 20150416_165006_233_convert_20150419221343.jpg

 ワイヤー類も交換です。ディズナの最強ブレーキレバーが付いてます。つまり、店主のおすすめお気に入りパーツが一式載っている、というやつね。

 20150416_165000_886_convert_20150419221356.jpg

 ブレーキもシュー交換してご機嫌であります。走ってよし、止まってよしのくどいですが、名車なんだよねえ。

 20150416_164947_644_convert_20150419221311.jpg

 改めて再生された、青鬼に跨がり、試乗する。

 本当にくどいんで申し訳ないけど、こいつはいい・・・。なんと例えるべきか?踵の高い靴を履くと、すでに前重心で、履いたそばから、体が前のめりに動き出す、動くしかない、自然と転がっていく・・・というような印象かな?

 そうか・・・ハイヒール履いたことないんで、ちょっと勘違い的な感覚かもしれないなあ・・・。コントかなんかで前でつんのめって、ぶっ倒れるまで、前傾した体追うように自然と足がまえにバタバタと出ていく・・・、という印象かな?

 ある種あの名フレームのマキノの持っている迫力にちょいと近いものがあるかな?

 もう物欲も枯れつつある店主が、今唯一、組んじゃおうかな・・・と思っているのが、コイツなんであります。

 今まで、ロード乗りこそ固定でしょ!の延長でもあるんであるが、コイツの場合はある意味それも越えていますね。これに乗ることで、ついでに固定も乗っていた・・・でいいんでね、あくまでもコイツに乗ることの意味があるんですねえ・・・。

 なんちゃってね、完全に内輪受け・・・以下の、店主受けなんでありますが、あとほんの数台・・・、適材は適所に渡っていけば良いんですがね。

 自転車乗りなら、一度は固定に乗っておけ!ロード乗りならなおさらよ!自転車の大事な一面をになっているのが、固定ギヤなんだよねえ。

 でも、こいつらはそれとはまた別の意味で乗る価値のある奴ら・・・と、親バカながら思うんであります、本当。

000 20141207_142100_147_convert_20150224194022
※鉄のピストとこの鉄ロードがあれば、ほとんど十分なんですよ!

規格乱立!BB周りもすごいねえ・・・勉強!勉強!



 先日は、キャノンデールの特殊規格に大変お世話になり、勉強になったわけですが、ヘッド周りと同じように、昨今のBB周りも規格乱立で、一体なんじゃこりゃ!の連続なのであります。

 どこからか、カーボンフレームを購入した。大抵今ではフレームとフォーク一体型なので、即ヘッド周りの規格でいじめられることはありません、一体型なので、当然ヘッドパーツも当然付いているからであります。

 これがより精度の高いヘッドパーツに変えたい・・・なんてことになったら、大変かもしれませんがね・・・。

 ところが、購入したフレームにどんなクランクを入れるか?ということは基本自由裁量なので、今あるフレームに合わせないといけませんね。そうなるとどんなBB規格が適合するか?ということを調べないといけないわけであります。

 ちなみに上の規格は、ハンガー幅86.5のハンガー内径41ミリというやつであります。同じ86.5でも内径46ミリというのもあるそうで・・・、紛らわしや・・・。

 やはりこうした傾向は加工の自由度の増したカーボンフレーム全盛ということでおきているか?と思います。

 フレーム内に一切金属を持ち込ませない、ということで軽量化と剛性を確保しようとする意図があるかと思いますが。

 20150419_132007_439_convert_20150419143217.jpg

 これもカーボン車なのでありますが、規格はJISで、一安心・・・。

 ヘッドパーツにしても、BBパーツにしても今が乱立期なのか?それらが今後絞られてくるのか?そのままなのか?一介の自転車屋には全く先の読めない展開なんであります。

 20150419_132119_395_convert_20150419143156.jpg

 カタログレベルだけでも、ザッとこんな感じの規格数がありますんで、各メーカーさんは大変でありましょうな。

 とあるカーボンフレームのBB付近にガタがあるので撤去して新しいBBを装着して欲しいというご要望をいただいたんでありますが、そのご要望の中に「今後絶対に緩まないようにするためにできれば接着式のものが・・・」という条件が含まれていた・・・ということなんでありますね。

 カーボンの車体に接着剤のようなもので接着するBB、調べると確かにありますね。当店の取引業者の中にも取り扱っているところはあるので、それを取り寄せて装着するもヨシ・・・なのでありますが。

 ただ、万が一その接着式のもの、圧入部分にではなく、内部にガタが出て来た場合、取り替える際にはそれを叩き出さなければなりませんが、叩き出た瞬間に、カーボンの一番上の薄い表層がパラッとでもはげ落ちたら、ちょっとイヤですよね。

 BB付近は力のかかるところ、その表面であってもフレームの構造が薄くなったというだけで、何かダメであります。

 そもそも、一点衝撃に弱いカーボンという素材に対して、その着脱に「叩く」という衝撃を伴う工法をもちいらねばならない、というのが何かイヤであります。

 カーボンフォークの下玉押しを取る際に、ノミのような薄い刃物を下玉押しの下付近めがけて打つ、なんてまあ最悪な取り扱いでありましょう。はなから消耗品扱いかよ!とおもいますな。

 ということで、接着をともなうBBの取り付けは万が一のことを考えて、やめる、ということに・・・。

 では何をつけるか?ハンガー幅68ミリ、内径42ミリということは・・・、いわゆるBB30という規格であります。

 それも元々圧入されていたシールドを外して計ってわかること。

 で、結論何かあってもアクセスの簡単な国産もの、スギノの高級セラミックベアリングを使用したものにするか!ということに。

 20150416_150459_144_convert_20150419143247.jpg

 ヨイヨイヨイと圧入していきます。ピッタリ、ガタなくしっかり食いついてくれます。

 20150416_150825_688_convert_20150419143237.jpg

 キャップを外すと、えらくスムースに回るセラミックベアリング入りシールドが付いてます。こういうところにはぬかりないですね。

 そして、シマノ105、5800クランクを装着します。

 20150416_151945_802_convert_20150419143311.jpg

 左右にBBが入っています。トルクレンチでトルク管理しながら左クランクも入れて完成。

 20150416_151959_599_convert_20150419143300.jpg

 まあ、わかっている方からすれば、なんてことの無い装着劇だとは思いますが、数多ある規格の中から、どれが適正か?ということを見分けて、それに合わせたBBを購入して、装着するというのは、実に神経を使うところだと思います。

 店主らでも、間違っちゃあ行けないと思うと、結構プレッシャーかかるところですからねえ。

 同じ86.5でも二種類ありますし、68.0では3種類はありますね。同じ68.0で大口の径にはまた42.0と46.0があって、46.0のハンガー径のには、68.0と79.0がある・・・というだけでも、アアめんどくせー!!!!となって混乱してしまいますでしょ?

 ヘッドパーツにはこれに輪に輪がかかっていますから・・・、最近のカーボンフレームやアルミフレームで、その辺のパーツ交換をしようとすると、ショップを巻き込んで確認していかないと、無駄な買い物をすることにもなるかも、であります。

 ということで、今回もまた、勉強させていただきました。特殊規格・・・多少びびりつつも、いつでも来い!!!!殊にキャノンデールでお困りの1.5インチ!再生させて街道に戻してやるぜい!

000 20141207_142100_147_convert_20150224194022
※すべてJISであります、以上!てなもんで、こうでなくては・・・なんて思いますが、当店オリジナルのクロモリレーサーであります!

ドミノは続くよ 工具まで 工具は作る・直す・加工する!



 ロードでいえば、伊達野郎のチッポリーニがサエコで抜きまくっていた時代を象徴するキャノンデールでありましたが、こいつら独自規格で、結構ブヒブヒいわせていたんじゃないか?と思います。

 勢いが良いときは、それでも物が売れたり、意欲的なメーカーだというイメージは作れたのかもしれませんが、時間が経ってしまったり、当店のようなメンテを主とする店からすると、独自規格というのは、正直やめて欲しい・・・と思うことが多いわけであります。

 ただでさえ、ヘッド周りとBB周りには規格が多すぎて辟易しているところに、過去の独自規格なんて持ってこられたら、もう混乱以外のなにものでもありません。

 でもまあ、こういう独自規格の案件を持ち込まれて、勉強する機会を得るということは、また新たな分野が生まれる・・・という可能性も秘めているので、耐えて勉強、情報収集なのであります。

 で、できた新分野、名付けて「独自規格キャノンデール救済企画」とでもしましょうか?

 言われてみれば他の自転車よりも、太かったわ・・・。買うとき説明受けた・・・かな?受けたとしても完全に忘れている・・・というような独自規格ものを乗っておられる方、そこそこいらっしゃると思います。

 普通に走れている内はいいんですが、何かあったとき、行くショップ、行くショップに断れれ続けて・・・、こんな事なら一般規格のものにしておけばよかった・・・と思っても、後の祭り。

 そういう意味でも、独自規格はご注意あれ・・・。

 なのですが、こんかい1.5インチものキャノンデールが持ち込まれ、これを通常のオーバーサイズのリジッドフォークに交換して欲しいという、ご要望が舞い込んできたんであります。

 まるで茶筒みたいでしょ?

20150411_164020_477_convert_20150417185624.jpg

 昨今の極太ブーム、ヘッド周りを特に極太にして、下りのブレーキングを安定させるなんていう流行からすれば、下のワンだけを1.5インチにする、いわゆるテーパーヘッドなる規格もあるようですが、上下ともに1.5インチなんていうのは、今キャノンデール除いてあるんでしょうかね?

 ということで、探します・・・上下が1.5インチで且つオーバーサイズのコラムが入るコンバーターを。

 20150411_164051_781_convert_20150417190229.jpg

 ありましたよ・・・。湯飲みみたいなデカさのこいつが・・・。

 ようやっと、これで特殊規格キャノンデールを一台オーバーサイズのノーマルフォークに変更して、助け出すことができた!と喜んだわけでありますが・・・、ちょいとぬか喜び。

 送られてきたコンバーターと既設のものを比べると・・・。

20150415_200405_484_convert_20150417183056.jpg
 
 左がコンバーターで、右が既設のもの、比べると差し込みシロが既設のものの約倍ほどあるのがわかりますね。つまりこの状態でヘッドチューブに圧入しても、8ミリほど下がらずに山高帽の逆状態になってしまう・・・ということが判明。

 最近のヘッドチューブの差し込みシロは深いんでしょうな、さぞかし・・・。しかし、そうなると余分な分を切らないといけません。

 どうやって切るか・・・。

 グラインダーで適当に?それはカッコわるいしなあ・・・。仕事がスマートでない・・・。

 コラムカットの時に使うような、ソーガイドがあれば、仮に手ノコであってもきれいに切れますが、直径50ミリを捉えるソーガイドは当店にはない・・・。

 フライス盤などがあれば、母材を固定して、余分な部分をじっくり削り取っていけばいい、が、今はそれは無い。

 あったのは、胆管パイプまできれるパイプカッター・・・。これ合わせてみるとどうなるか?

 20150415_200452_218_convert_20150417183253.jpg

 バカ正直に合わせてみると、切れるところはオレンジの線のところまで。見ればわかるとおり、パイプカッターの縁とヘッドパーツの段差がぶつかるので、それ以上奥まで入らない、という構造。

 短いパイプを切るときに生じる、ある意味いつものやつなんでありますわ。

 ダメだ、使えねー・・・。

 20150415_203323_628_convert_20150417183224.jpg

 本来ならここまで持ってきたい・・・。どうするか?

 工具は作るもの・・・、直して使うもの・・・、加工して使うもの・・・、師匠クラスの声がこだまします。

 なるほどこいつを加工するとすれば・・・どこか?じっくり観察。

 20150415_201254_671_convert_20150417183237.jpg

 この工具の縁の部分で、ヘッドパーツの段差と干渉する部分を削り取ってしまったら・・・、切りたい部分にまでヘッドパーツを奥に持って行けるかも・・・。

 20150415_201305_146_convert_20150417183035.jpg

 そこで余分な部分に印を付けて、その曲線部分を地道に削り落とすことに・・・。何か最近こんなことばかりやっているような気がするなあ・・・。

 20150415_203059_169_convert_20150417183046.jpg

 まあ、こんなところで再度パイプカッターを組み付け、ヘッドパーツを置いてみる。

 20150415_203111_669_convert_20150417183024.jpg

 何かピッタリじゃん。では回してみよう。

 20150415_203414_888_convert_20150417183212.jpg

 オオー!切りたい箇所にきれいに一本線が引かれた・・・。あとは少しずつ、カッターを締めつつ、回転させる、この地道な作業を何度か繰り返している内に・・・。

 20150415_205858_141_convert_20150417183152.jpg

 パッカン!ときれいに割れた!これなら仕事といって良いなあ・・・。まあ精度の良いものを切るとわかりますね、ある一点できれいに離れてくれます、これが内径がメチャクチャなパイプだと切れたところとそうでないところがありまして、パイプカッターもゴタゴタ回ることになりますが、流石ヘッドパーツ。

 しかし手こずらせやがって・・・この。

 これを上下で二回やって面取りして、圧入!

20150416_155458_747_convert_20150417183119.jpg

 茶筒に湯飲みがくっつきました。そしてリジットのオーバーサイズ鉄フォークがつきました!

20150416_155538_687_convert_20150417183013.jpg

 ステムもオーバーサイズのものに変更。

 20150416_155444_728_convert_20150417183130.jpg

 鉄フォークも決して華奢じゃないんですが、茶筒が上に来ると細く見えますね。

 20150416_155508_394_convert_20150417183107.jpg

 太いタイヤなのでありますが、何とか干渉せずに装着!

 20150416_155433_334_convert_20150417183141.jpg

 復活、特殊規格からノーマルフォークでのキャノンデール君でありました。

 あの唐傘のお化けのような、片足フォークのレフティーだって、通常の両足フォークに変えられますし、キャノンデール独自のエアフォークのようなやつありますね、あれが時間が経って傷んで空気漏れしておかしくなっても、ノーマルのオーバーサイズのフォークに交換もできる。

 結構ありましたねえ、1.5インチのお釈迦系自転車、あれらが一気にコンバーターで通常規格のフォークを付けてよみがえることに道が開けたわけであります。

 フレームは頑丈で、まだまだ乗れるのに、特殊規格部分をを背負っているために、諦めざるを得ない・・・なんてこと、やっぱりないに越したことはない。

 そういう意味で、期せずして当店はキャノンデール救済店という、新ジャンルを背負っての肥大化に成功したわけであります、エッヘン・・・。

 やはり、面倒くさいからといって、仕事を断ってしまうと進展はない・・・、これは再度自らにもっと言い聞かせねば・・・。

 そういう意味で、大変有意義なお仕事依頼でありました・・・。そして、ドミノ倒しが工具まで行くというのも、これまた通快であります・・・。ま、そんなもんだ!

 DSC_1085_convert_20130406134353_20150417193815206.jpg

※もう数少ないバラクーダ。こいつのヘッドもテーパーだったよねえ・・・。下りにも強いよ!

因縁の車体なのかもしれないな EZ



 当店には、マイナーブレイク・・・なんて変な概念がありまして、ドッカーン!というブレイクではなく、プツプツともろみの発酵が長く続くようなブレイクがあるんですねえ。

 そういうブレイクに入ってくる車体なんていうのがあって、例えばマークローザなんていうのがその典型のようなもので、また一時あったようなレイダックなんていうのもそういう分類に入るかな?という車体なんでありますが・・・。

 なんかこのパナソのEZもそうした因縁の車体・・・なのかもしれませんね。

 まあ、当店ほどいじくり回している店もないのかな?とも思いますが・・・。

 殊にこの季節、卒入園というのかな?電話の問い合わせも、このEZについてのものが増えてきて、あれ?さっきの方から、またか?と思うくらいに、問い合わせが続くこともあるんであります。

 またかよ?なんで?EZってそんなに売れているのかな?なんて思うことしきり。

 そうした中から、こうやってやってくるものあり・・・。

 前子のせの取り付けを中心とした、子育て仕様、ママ狸ん仕様というご希望。確かに、EZは普通の電動とは違い癖があることは違いない、なのでその癖に徹底して慣れないといけませんな、そんなこんなで最後に一本釘刺しておきますので、あわせてお読みください。

 20150412_162823_290_convert_20150416194433.jpg

 このEZに子のせを付けるとき、いくつかやるべきこがあります。このなぜ付いているのかわからない、プラのプレートですが、とります。

20150416_174956_211_convert_20150416194323.jpg

 あと、これは必然的にやらなければならないこと、ハンドルと連動しない、前キャリアの撤去。

 20150412_162828_140_convert_20150416194521.jpg

 これです。これはハンドルを切っても、連動してくれないので、イェップの前子のせを載せたさい、突き出た足置きに必ず干渉してしまい、ハンドルを切ることが不可能になってしまいます。つまり曲がれない・・・ということ、これは取るしかない。

 20150416_175001_113_convert_20150416194311.jpg

 この状態にして、子のせを付けていきますが・・・まだ問題が。

20150412_162819_756_convert_20150416194533.jpg

 この元々付いている、ゴッツイ系のアヘッドステムですが、これがイェップのアヘッドアタプターとの相性が非常に悪い、どころかまあ、付かないといって良いでしょう。

 ですからイェップのアダプターが好むタイプのステムに交換しないと行けません。

 20150416_174952_190_convert_20150416194333.jpg

 このように一般のスラッとしたタイプのアヘッドステムに変えないとダメなんですね、今そこにアダプターも付いています。

 ただ、これもまた問題があって、EZのハンドルの径が22.2なんてもの。通常のアヘッドステムは25.4とか26.0、31.8などを好むので、そこにもシムを作成してハンドルを固定します。イヤー、ドミノ倒しであります・・・わ。

 20150416_175014_409_convert_20150416194300.jpg

 ここまでやってようやく、イェップ前のせがつくことになります・・・。

 20150412_162834_577_convert_20150416194355.jpg

 あとは一本足スタンドを、両足に変えます。

20150416_174925_458_convert_20150416194408.jpg

 過信は禁物ですが、安定感は確保できる方が良い。

20150416_174938_313_convert_20150416194344.jpg

 爪のどこかは必ずかけて、ナットでしっかり止める。

 20150412_162839_579_convert_20150416194508.jpg

 あとは、お母さん自転車には、カゴですね。

 20150416_174919_402_convert_20150416194456.jpg

 このデフォルトの荷台には重さの制限が軽めに設定されていますので、その辺を気をつけて・・・使いましょう。

 ということは・・・・?この荷台には後子のせは付かないの?という疑問が湧くと思いますが、そうです、このデフォの荷台には25キロまで載せられる子のせを付けることはできません・・・。

 と、ということは?EZには、前のせしかできないの?子供が少し大きくなってきたら、どうするの?後ろに子供を移動できないの?

 ということですが、このままではできないと申し上げておきましょう。ただ、荷台を交換すればいいんです、25キロ前後まで持ちこたえる荷台に取り替えてやれば良いので、ご心配なく・・・。

 20150416_174906_745_convert_20150416194419.jpg

 ということで、EZ子のせ仕様はこのように、完成したわけであります!まあこんなもんよ・・・。

 ただし!!!先に予告いたしましたように、一つ釘を刺さなければならない点がありますので、共有してください。

 20150416_175029_669_convert_20150416194251.jpg

 オレンジラインが引いてありますね。これは子のせの足のせラインと、撤去してもなお残るフレームの突き出し部分の間隔を示したものであります。

 これがハンドルを切るとどうなるか?

 20150416_175037_843_convert_20150416194240.jpg

 干渉してしまいます。ということは、ハンドルが通常一般車のように自由に左右に動かない、ということを意味します。

 では曲がれないの?というと、そんなことはありません。

 通常の自転車に必要なハンドリング・ステアリングは全く問題なくできます。

 ただし、狭い道をUターンしたいなあ、というとき、一度に曲がりきれないということが起きます。その際も、車でいう切り返しを何度かやれば問題なく、Uターンは可能なんですが・・・。

 これが唯一の通常車体との違い、ということですので、改造依頼の際には、よーく検討されることをおすすめいたします。

 と、とりあえず、そういうことで因縁のEZの改造はワンラウンド、終了ということにて!

フォーク交換 サスって?

20150415_171522_114_convert_20150416185922.jpg

 元はマウンテンバイクだったものをハンドルをドロップにして、ツーリング車もどきとして乗っている。

 20150415_171546_324_convert_20150416185709.jpg

 広範囲から握れるギドネットレバーを使い、ハンドレストを据え付ける、なかなか古典的センスが光っています。右手で操るシフターはレバーマウントハンドルという形式で、まあのんびり乗るにはもってこいの形を取っています。

 これでも流しのツーリングでは、全く問題は無いのでありますが、逆にかえってサスペンションって何なの?という感じもしなくはありませんね。

 太いタイヤを履いた場合、特殊なコース以外に関してサスペンションがどのくらい必要か?うん・・・、あまり必要はありません。

 必要ないとなったら、こいつは重いです・・・。そこでリジッドフォークに交換といきます。

 20150415_171553_216_convert_20150416185653.jpg

 ただ、筋金入りのツーリング車にするおつもりらしく、コラムはうんと残して欲しい・・・というご要望・・・ハイ、では始め。

 20150416_145725_441_convert_20150416185630.jpg

 はい付きましたよ!表面加工、この磨きは大森研魔のお仕事であります。フレームと同じようなイメージでの磨き加工ということです。

 20150416_145739_872_convert_20150416185618.jpg

 スペーサー四枚入れての、コラム残しです。これで体を起こしてののんびりツーリングが可能となります。アヘッドは一度切ったら、たちが悪い・・・、長い分には切れば良い、ということでまずはこのくらい。

 20150416_145731_613_convert_20150416185557.jpg

 リジッドフォークになったので、タイヤがもうイッパイイッパイ、ここまで太いタイヤだと、本当サス代わりなわけで、改めて非常な下りをする以外サスはいらないでしょうね・・・。

 20150416_145717_501_convert_20150416185642.jpg

 前から見た感じ、前にあったマウンテンバイクの残像はなくなって、完全なツーリング車のような顔していますね。

 元々頑丈なマウンテンバイクのフレームですから、いろんな荷物を積んでのツーリング車化、というのはある意味王道の改造といえるんじゃないかしら?

 20150416_145707_719_convert_20150416185608.jpg

 大森研魔の社長じゃありませんが、フォークとフレームの佇まいに違和感ありませんね、流石・・・。

 さあ、いいおじさん、いい相棒ができて何処行くの?サイクリングシーズンまっただ中だねえ・・・五月いっぱい、とにかく乗りましょう!

 00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_2015041619182370d.jpg

※こいつも鉄のマウンテンバイク主体のドロップ化ツーリング車であります。ある意味最強、世界一周も夢じゃない!

「仕事」というものを考える・・・



 これは店主の実家であります。新築・・・には見えなくとも、ちょっと整って見えないかなあ・・・。

 ある意味年増の厚化粧なんではありますが、熟女好きの店主としては、これもまた一興なのであります。

 再塗装なんてことを当狸サイクルでもやったおりますが、色が変わるだけでも、何か新車一台購入したような気分になる・・・、いわんや乗り慣れていて愛着のある一台が生まれ変わるとしたら、新車以上の価値を感じられるという方もおられるようで再塗装というものの魔力を自分で起こしながら感じるわけであります。

 それが実家丸ごと再塗装をしていただいたんであります。三月から始まって、約一月半、時に足場も組んでの平成の大普請なのでありました。

 ご依頼したのが、当店のお客さんでもあります富新さん。最初は見積もりだけでも、ということでお願いしたんでありましたが、イヤー、まあなんと言いますが、ドンピシャ!だったようでありますね。

 自転車もそうですが、再塗装する際には、下地をどのように整えるか?とい事ができの善し悪しに相当決定的に関わってきます、もちろん家の塗装も同じかと思いますが、家の場合、特に実家は何年かほったらかし、まさに雨ざらし・・・。そして悪いことに前段の塗り屋さんの腕もセンスもあまりよくなかったらしく、瓦からトヨから、もうアチコチ荒れ放題、古いクーラーの取り外しあともまあひどいこと、本来ならそれらは各々別の職人さんがやるはずなんでありますが・・・。

 一般建築も請け負っていただける富新さんの場合、その辺含めて一切、下地処理をするかのごとくに一つ一つを丁寧に修復していく。もちろん状態の記録を取って、依頼主に報告してから、施工方法の説明を詳細にしてからですがね。

 うちは塗装屋なんで、塗るだけですわ・・・などと言われたら、年老いた両親は、また別の大工さん呼ばないと行けないの?とアタフタするでありましょう。

 塗るときに足場をかける、その際についでに直せるところを直してしまう、再塗装というのは色の塗り替えという見た目の変化よりも、むしろ新たな塗膜つくることによって、家を守る、家を長持ちさせる、ということが本質的な目的なので、こうした普請作業と同時でないと、実は単なる色塗りに終わってしまう・・・ということなんであります。

 それでは仕事の本質の半分以下の内容になってしまう。そういうところは気をつけないと行けませんね。

20150414_091459_852_convert_20150415111410.jpg

 本来付けるべきところになかったトヨまで、新設していただきまして・・・。

 20150414_091600_229_convert_20150415111400.jpg

 内側に入りすぎたトヨの普請。

 20150414_091614_425_convert_20150415111454.jpg

 銅線で止めていますね。ここも雨量の多い場合を想定して、無理矢理一本合流にせずに二本流しにする・・・、ある意味塗装屋さんを越えている・・・。

 重要なことは本業を越えること・・・なのかもしれませんな。

 もちろん一人で越えられなかったら、隣接分野と協働して越えること。

 分業に固執して、縦割りをよしとして放っておくと、必ず分業と分業の間に悪い隙間ができる。隙間に起きたことに関しては、責任のたらい回しが起きる。

 この話と少々でかくすれば、今この国はその悪しき隙間に原発産業を「粛々」と置こうとしているようでありますな。次回も重要事故が起きても、誰一人逮捕者も出さず、またのうのうと推進をのたまえる制度が確立しているようであります。

 そうではなく、総合的な観点から、横断的な見地から、見直すこと、とらえ直すことで、新たな良い意味での隙間を探すことなんじゃないか?と思うわけであります。そこには新たな産業が待っているはず・・・。

 本業と本業を越えた知見を持つこと。

 本業の方も見てみましょう。

20150414_091402_657_convert_20150415111421.jpg

 焦げ茶だった柵が深い緑に。

 20150414_091336_720_convert_20150415111541.jpg

 写真ではわかりにくいですが、対する壁全体の色が、薄いわさびのムースのような色。柵の色とバランスがとれています。

 20150414_091348_435_convert_20150415111530.jpg

 場所によっては、コテのあとがついています、塗装を越えた左官の技。

 途中何度か仕事を見せていただきましたが、柵などの込み入ったところに、軽々と刷毛をおどらせている、あれだけ踊らせても、ペンキに泡がでない塗料の調整があるんだなあ・・・。

 そして真骨頂の一つが扉。

20150414_091505_389_convert_20150415111336.jpg

 木目塗装であります。

20150414_091543_237_convert_20150415111506.jpg

 最近ご紹介した、木製自転車、あれは実は木製柄のフィルムを貼り付けたものなんでありますが、これは刷毛で作られた、木目塗装であります。腕の見せ場ですな。

 20150414_091521_205_convert_20150415111519.jpg

 そして下に当てられたステンレス板には、木目とはことなるシックなトタン目塗装というハイセンス・・・。
20150414_091628_874_convert_20150415111442.jpg
他に、こうした塗り分けなど、実に繊細であります。店主も、フォークをタイヤ目の上下で塗り分けたりもしたことはありますが、自転車などは対象が小さいので、繊細にならざるを得ませんが、家のような大柄なものに対しても、このように行き届かせるというのは、塗り師としての根本的持久力を感じますわ。

 その他、一月半の長きにわたって、年寄りだけの家に通ってこられる。信頼関係が無いとできることではありません。日によっては富新さんを残して、全員で花見に行ってしまったことも・・・。

 家の普請にまで踏み込んだ総合的塗装作業、色合いや配置などによるセンス、そして根本的な信頼関係の確立などもう言うことなしの、内容であったと、店主の両親絶賛物語でありました!

 仕事そのものの内容に関しても、本業を越える、という側面があると同時に、真に仕事を捉えて実践されている方々には、仕事そのものを越えた何かをお持ちのように感じられますな。

 000+11074873_10152961130518089_255989589411551134_n_convert_20150413210305.jpg

 奇跡のパン屋ゼルコバさんのお仕事も。登山に行かれる方々が大量に購入して入山なさるとか・・・。

 その他、当店有縁の皆さまの仕事のありように、本業開いて日本銀行券を集める・・・という「重要な」仕事の他に、仕事を通じてそれを越えた何かを目指しているような迫力を感じます。

 学ぶところだらけであります・・・。

 20150414_092011_801_convert_20150415111431.jpg

 今とは違う、移転先が決まりましたら、両手の縄をふりほどいて、店主らも見習いつつ、邁進です!そして、その前に回復を祈らねば・・・。

 ※富新さんの連絡先! tomishin720@gmail.com 080-7955-0720 ご相談、見積もりだけでも、まずは!

このオルカもの!通販ではありがちかも・・・



 かなり自分でいじれるようになってくると、自分で一台組み付けたくなってくる・・・、店主はその分類に入る人間ですので、同類の皆さんの気持ちはよくわかる・・・。

 組み付けるには、自分でパーツも選択しなくてはならない・・・ということでありますが、これがまた楽しみでもあり、間違えたら自分の責任というスリリングさもあり、今日のようにネット社会でなかった時代も、雑誌等で最安の店を見つけて、見積もりもらったり、買い付けに行ったりと、まあ色々やりましたねえ、店主も。
 
 特に問題のフレームとコンポが集まれば、まあ何とか組み付けもできるというわけでありますが・・・、やはり現場には魔物がいる・・・といっていいでしょうね。

 ねじ山に塗料が・・・なんてことも、だとすれば各種タップは必要になりますね。そこまでいかずとも、ヤスリ各種もこれまた必要になってきます。

 自転車組むのにヤスリが必要!なんてこと書いている本あるのかな?あとはゴムハンマー・・・などもね。無ければ雑誌と金槌でもいいが・・・。

 金属はバリ一つあっても通るものが通らない、コンマ1ミリのサイズ違いもダメ・・・、組付けのための基本工具や特殊工具があっても、それ以上に例えばドリル類、できればボール盤・・・のような機種もあればいうことない・・・ということになってくる。

 そうやって、やっている内にいろんな工具や機械が揃い始めてきて、知り合いが貸してだの、やってくれだのと出入りしてくる・・・、自転車屋の始まりの一つの形として大いにあり得ることであります・・・。

 そこまではまらずとも、男の子なら、一度は自分の自転車を組み付けてみたい・・・なんて思っている人は意外と多いはず。

 そこで、ヨッシャ!とばかり、通販利用して、フレーム・パーツ集めなんかをして、市販で購入するよりもずっと安くていい車体を実現してやる!とがんばろうとするわけであります。

 まあ自分の通ってきた道ってなわけで、そういう話を聞くとヨーシ、やってみろ!失敗も経験の内!などと温かいんだか冷たいんだかわからぬ視線を送ることにしている・・・。店の方針として、協力側に付くことは公言しておりますがね。

 と、イザ、組み付け!という段になって、どうもフレームのリアエンドに、リアホイールが入らない・・・という事態が発生!

 これは大事件だよね・・・、通常なら力もかけずにスルッと入るはずのものが、全く入らない・・・、前には新品のフレームと、横には揃えた一台コンポの箱達がずらりと重ねられている・・・、しかし、肝心のホイールが入らない・・・。
 すべてが無駄になるかも・・・・。

 背筋がゾーッとする、でしょうな。

 冷静に調べてみると原因は簡単でありました。

 20150414_172219_729_convert_20150414191612.jpg

 エンドの幅は130ミリということで、これは間違いなし。よかったよ・・・カーボンフレームのエンドが狭いなんてことがわかったら、完全な不良品だからね・・・。

 ちなみにフレームは、ノークレームノーリターンという条件をのんで引っ張ってきたもの、例え不良品であっても、ノークレームノーリターン・・・なのでしょうかね。でもまあ、情報開示が不十分な状態で、ノークレームノーリターンも無いと思いますが、その辺がこじれると面倒くさいオークションなのでありましょう・・・。

 「この人は嘘つきです!」「何を言いますか!最初からノークレームノーリターンて断っているでしょ!」なんていう不毛なやりとりはしたくはないでしょうね。消耗するだけです・・・。

 アーア・・・、こんな事だったら正規代理店から買えばよかったなあ・・・、と思うのもまた勉強・・・、さて。

 よーく調べてみたら、エンド金具が内側に曲がっており、10ミリ無ければならないスリットが9ミリになっていた・・・。

 たぶん、数十センチの高さから、軽く落として、アルミのエンド金具を曲げてしまったんじゃないか?ということが推測されます。

 さてアルミはむずかしい。9ミリの幅を鉄の棒で10ミリに広げる・・・という荒療治と、足りない1ミリ部分を削り落とす・・・という選択し、どちらがいいか?ということに。

 無難なのは後者、前者だとクラックでも入ったら、取り替えないといけませんしね。そんでもって、後者を施工します。

 縦だけでなく横にもエンドが曲がっていたので、これも修正ということで、なるほど装備不十分な素人様がいじるにはかなりの神経戦になる展開が予想されましたので、預けていただいて、正解かと思います。

 20150414_172258_884_convert_20150414191534.jpg

 フレームはカーボンもの。オルベアであります。当店何台目か?

 20150414_172253_817_convert_20150414191634.jpg

 しかも名車で名高い、オルカ。このオルカもの!!!

 そういえば数年前、オルカを組み付けたことがありました。奥様に隠していた値段がばれて、組み付けても持ち帰れなくなり、しばらく当店の天井にぶら下がっていた・・・事がありましたね。なつかしや。

 今回は、そんなことはなく、淡々と組み付けて参ります。

20150414_172231_891_convert_20150414191659.jpg

 アルテで一式組付けね。もう、ほぼ完成コンポなので、これで十分すぎ。国内どんなレースにも出られます。

 20150414_172213_122_convert_20150414191710.jpg

 しっかり入ってよかったねえ。これで一安心だが、できればオルカのこのエンド金具は一枚スペアを確保しておいた方が良いよ。修正したりした手応え、かなり柔らかい・・・。前にも書きましたが、カーボンフレームを守るために、炭がダメになる前に折れるように作られているのだと思います。

 20150414_172224_116_convert_20150414191557.jpg

 ブレーキも申し分ありません。

 20150414_172237_472_convert_20150414191646.jpg

 完組カンパのホイールであります。何か売り物作っている-!って感じしますね。一般のレーサーショップになったみたい・・・。

 20150414_172245_426_convert_20150414191545.jpg

 このバーテープも、考えられて選ばれているんでしょうね、黒赤ツートーン・・・。STIはもう言うことなしです・・・。

 20150414_172201_827_convert_20150414191722.jpg

 タイヤもホイールもフレームもよくチョイスされています。寝ずに・・・考えたかな?と思えるほどに、この車体にかける思いは相当のものだったに違いありません、それがホイールが合わないとわかったとき・・・さぞや大パニックだったのかもしれませんね。

 でも、もう大丈夫!これであなたもオルカものの仲間入り!であります。

 一台の自転車が組み上がる形は色々あるようです、流通も実に様々ですしね、技術もどこをどう経由してどこが提供するか?そうしたものが結節して、一台が組み上がる。もう色々あること自体が仕方の無い時代が来たかな?なんて大上段に構えなくとも、店主は自分が通ってきた道を同類の方々が手探りで辿ってきているのをみると、おせっかいにも、そちらだと遠回りになるよー・・・でも勉強にもなるけどねえ・・・などと上から、申し上げているだけなのかもしれませんな。

 とにもかくにも、利用者の理想を形にした自転車が一台、組み上がりましたとさ!

000006-02@17-52-10-587_convert_20140603083806_20150414203150092.jpg
※当店にもカーボン車体あるんだぞ!こいつも走るよ・・・。特殊塗装が、繊維見え見え、デカール貼り貼りのその辺のカーボン車とは全く違います。詳細はこちらより、ご確認ください!そんじょそこらのカーボンとは、違うぜ!

奇跡のパン屋さんゼルコバさんへ パン食い競争の会

000 11156224_10152961128523089_9184583767236809738_n_convert_20150413210329

 どこから湧いたか・・・、急遽日曜の朝、有志が集まり、立川にある奇跡のパン屋さん、ゼルコバさんへパン食い競争へ出かけようという話が成立し、集合!

 主婦あり、冒険家あり、内装屋、土木屋と色々集まりまして、さあ、出発!

 20150412_135348_165_convert_20150413210358.jpg

 とこいつ、置いていこうかと思いきや、ヤケに気合いの入った服装、いっぱしのレーサージャージなんぞ着込んでいる。出入りのお頭にいただいたものか?

 ただ、立川まで行く足は・・・ないね。

 20150412_085654_279_convert_20150413210428.jpg

 見れば店主の鉄レーサーにしっかりハマックスが付いている・・・ということは・・・コブ付きかよ・・・。

 000 11091317_834853719909896_231757917_n_convert_20150413210221

 まあ良い、こんな事ができるのも、あと数年だろう・・・。

 そういえば・・・、2年半前の夏だったか・・・。

 子狸の夏休みといって、同じコースを走ったよなあ・・・。ゼルコバさんは休みだったけどなあ。

 さてと、その同じ道を行くぞ!と出発。

DSCN2395[2]_convert_20150413210347

 道を知っているということで、店主子狸号が先頭。何せ十五キロ以上のおもりを背負っているので、まさにコブ付きラクダなんであります。

 馬のレーサー諸君にはご迷惑をおかけしました・・・。

 000+11103020_10152961129553089_4122284276354185747_n_convert_20150413210318.jpg

 なるたけ車の少ない道を選んでね、途中ほんの少しダートもありますが・・・。

 片道約三十キロくらい?大体二時間と見て良いサイクリングであります。

 20150412_105944_144_convert_20150413210412.jpg

 到着!やっぱりコブ付きだと、ちょいと大変ね。Wレバーの男ギアだと、どうしても重いギアを踏んでしまいがちで、帰り左膝に痛みが出てきました、改良の余地はありだなあ・・・。

 000+11074873_10152961130518089_255989589411551134_n_convert_20150413210305.jpg

 ワーイ!パンだ!パンだ!

 000+10577031_10152961130818089_863835040616661797_n_convert_20150413210251.jpg

 外でお茶と一緒にいただきます。2時間程度ですが、走って食べるのはうまい。それに輪にかかるくらい、ゼルコバさんのパンは別格であります!

 この中にブルバーがいますが、やはり、長い距離を走る際にはいいパンでないとダメ、パン祭りなんてやっている大手のやつは災害時にはなぜか長持ちするのでいいかもしれませんが、ちゃんとした距離をしっかり走る人の土台を支えるには軟弱・・・といえるのだそうです。

 まあねえ、パンもどきなんで仕方ないでしょう。しかしもどき食品が増えましたな・・・。

 しこたま食べて帰路に!

000+11130174_10152961131923089_2417005005749393507_n_convert_20150413210235.jpg

 背中にいっぱいパンのお土産を背負って帰るお母さんレーサー。帰ってきてからもうまい!

 今度は、もう少し早朝出て、大量購入しては昼過ぎ当店で、ゼルコバさん食べ放題1000円ランチなんてやっても面白いかもね。

 何かと好評なこのゼルコバパン食い競争ですが、月一でイベント化しませんか?なんて話がかなり進みそうであります。

 となると、郊外でまじめに飲食をやっているお店ツアー・・・なんていうのも良いかもしれませんね。

 自転車と食を結ぶツアー、ある意味以下にも当店らしい展開かもしれませんね。

 郊外にて、がんばっているお店の情報がありましたら、是非是非、お寄せください!

 ということで、サイクリングシーズン到来!という宣言でもありました!

 また行きましょう!

000 20150105_135404_118_convert_20150105200139
※ こういう自転車サポートしてくれたら、パン買い放題でありますね!働く自転車、自転車で起業したい方。ぜひどうだい?

弱虫ペダル計画 その・・・・いくつだ?



 四人姉妹といえば、若草物語。

 若草レーサー姉妹の誕生・・・かな?

 小学生の内から、自転車レースに参戦する、姉妹達。下から2番目の四歳の娘っこも、参戦!とばかり張り切るが、シングルでは・・・ということなんであります。

 20150407_161439_325_convert_20150412185154.jpg

 BMXの車体を多段化できないか?

 BMXといえば、エンド幅110ミリでしょ?

 120ミリエンドに現行のシマノ11Sもカンパの11Sも、入れてしまう当店でありますが、110エンドというのは壁がありすぎなんであります。

 たった10ミリで?と思われるかもしれませんが、120ミリというだけですでに10ミリダウンサイジングしているわけであります、そこからさらに10ミリ・・・というのは、ボクサーが減量してもう絞れない・・・というところから五キロ減らせ・・・というのと同じであります。

 小錦の五キロなんかは、一食抜けば可能でしょうが、絞りに絞りきったところからの五キロは地獄・・・なんであります。

 最初は8速で・・・などと大見得を切っていたわけでありますが、どうやってもこれは無理・・・ということで、発想転換、パーツ転換ということで、7速ボスフリー系でやってやれ・・・ということに。

 まあ、半日近く試行錯誤させていただきました。

 20150407_160912_153_convert_20150412185107.jpg

 110ミリエンドの幅に、ボスフリー7速が収まっています!感激!というよりも、手こずらせやがってこの・・・という感じ。

 さーて、ハブはできたので、これで組付けをします。

 しかし問題が・・・。

 20150407_161445_467_convert_20150412185142.jpg

 このエンド形状をご覧ください。

 このままで、外付けのディレーラー台座が付くのか?ということに。

 特にしたから出ている枠というかヒダであります、こんな折り曲げがあると、台座が下に伸びません。

 となると加工なんですが・・・、ビルダーでない当店としては、あまりフレームをいじりたくはない。できればパーツ加工で何とかできないか?

 なんて考えるわけであります。

 で、台座側をこの上下の枠内に入るように削ってみる・・・。

 何度も削っては合わせを繰り返す。何かちょっと前もそんなことやっていたなあ・・・、現物合わせってやつは、結局はそういうこと・・・でもあるんだなあ。

 20150411_174246_469_convert_20150412184910.jpg

 そんなこんなの努力の結果、フレームには削りを入れずに、ディレーラー台座が入りました!

 これもやったー!ではなく、手間かけさせやがって・・・とクールなんであります。

20150411_173405_648_convert_20150412185040.jpg

 とりあえず、チェーンを合わせてみると、やはりトップに入りにくい・・・。予想通り、簡単に終わらせてはくれないわけだ。


20150411_173427_366_convert_20150412185018.jpg

 何とか、隙間の調整をしてトップ時のチェーンがエンドに当たらないよう成功・・・。

 20150411_173438_650_convert_20150412185007.jpg

 ラインをとるために、BBはいじらずにチェーンリンクをインナーに付け直します。

 20150411_173509_768_convert_20150412184925.jpg

 試練はまだ続きます。グリップ式のシフターが、元々ついていた曲線のあるハンドルの中に入っていかない・・・。

 ということは、フラットハンドルに変えないといけませんが・・・。

 子供用のステムなので、ハンドル幅が22.2となっており、大人用の25.4が入らない・・・。

 ツー事は・・・、ステム変えないとダメ?

 と、まあ、こんな調子のドミノ倒しなんていうのは、よくもまあ、起きてくれるわけであります。

 20150411_173501_231_convert_20150412184948.jpg

 どうだ!これでよ!

 ということで、けっこうガキの癖してじゃじゃ馬じゃない・・・というか、子供だけに規格が合わない・・・当たり前か・・・。

 20150411_173335_338_convert_20150412184936.jpg

 エッヘッヘ!まあ、そんなこんなで、4歳児のための弱虫ペダル計画完了だ!

 子供自転車にはレギュレーションはないそうで、なれば固定車なんかも忍ばせても面白かろうなんても思うのだが・・・。

 とりあえず、これで参加して、面白ければはまれば良いし!ということで!

000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
※ハイ!高校生のための弱虫ペダル計画車体ね、これで勝てなきゃ、何乗っても勝てないよ!


 

ビンテージ 実は満身創痍なこともある・・・



 自家塗装などと、玄人並みの丁寧さで、大事に乗っているなあ、という印象のビンテージ系ロードであります。

 ただし、まあ、組み上げられてから、時間が経っておりますので、アチコチと色々あるようであります。それは仕方ない。実に細かいところなど、ここだ!という感じでは気づかないで、なんか変だなあ・・・、でもこんなもんかなあ・・・、まあ走るからなあ・・・、古い自転車だしなあ・・・、とだましだまし走っているうちに、何とも変な状態になってくる。

 それでも走れるんで、走ってしまう、という悪循環ですねえ。

 今回の主な症状は、リムでありました。

 20150409_125208_768_convert_20150410163356.jpg

 溝にはまったのか、リムの一部がつぶれていますね。クラックまでいってませんが、ブレーキなどに影響しますので、ここで組み替え・・・ということになりました。

 20150410_122313_147_convert_20150410163436.jpg

 持ち込みの年代物アラヤリムで、ハブを生かして再組み上げします。

20150410_122046_596_convert_20150410163507.jpg

 できればリムは新しいものがいいです。古いものでも保管がよければ良いんですが、リム自体に曲がりやゆがみがあると、ほとんど使えないといっても良いかもしれません。リムの中古は、おすすめしませんね。

 ただ・・・、アラヤのリムの一定以上の上位ものは、全体として柔らかく、精度が良いともいえるので、多少はスポーク調整がきくかもしれませんが・・・、でもまあ、中古のリムはよほどで無い限り、再利用はおすすめいたしません。

 今回のものは多少のゆがみはありましたが、上記アラヤリムの典型からして、まあ、大丈夫かもね、というところで組み上げています。

 今回のメインのメンテは、後輪組み替えだったわけですが、イヤー隠れ満身創痍というのが、アチコチから出てきて、大変といえば大変でありましたわ。

 20150411_164223_740_convert_20150411172400.jpg

 ここはダウンチューブなんですが、その下のところにちょっとしたシワがよっているんであります。多分かつて正面衝突をしたあとかと思います。

 その後遺症がこんなところに出ています。

20150409_125223_798_convert_20150410163535.jpg

 最初はホイールのセンターが出ていないのかと思いましたが、何も知らない素人が組んだならいざ知らず、このズレはないだろう・・・と、フォークを計測すると、土台からして曲がっていた・・・わけであります。

 000 20150410_122020_196_convert_20150410163519

 フォークのエンドに修正工具を噛まして、左右を合わせていきます。

 まあ、完璧一歩手前ではありますが、フォークは三角ではなく四角なので、その完璧な修正ということになれば、フォークを組み付けるビルダーさんのところへ持ち込むのが一番かと思います。

 20150410_122034_410_convert_20150410163413.jpg

 その他ブレーキも注油や調整することで、結構生き返ります。

 20150410_122223_530_convert_20150410163448.jpg

 様子のいい男クランクであります。この軸に当たる、BBも緩みがありましたので、とります。

 その他グリスを入れるところは入れて、ほぼ全部のメンテ完了。

 20150410_121947_237_convert_20150410163423.jpg

 乗った感じでは、こんなに変わるんですか?!というご感想でした。

 そう、ある意味、老骨もいたわってやると、まだまだ矍鑠たるものでありまして、年は取ってもレーサーなんでありますな。

 いい造語になりそうですねえ、矍鑠レーサー・・・、古いレーサーもしっかりメンテしてやって、新しいレーサーにはない風格を発揮してもらう・・・。まあ、店主らの大切な仕事の一つでありましょう。

 これにて、成熟車体が街道を走る、良い風景であります!

000IMG_20131221_164722_convert_20131221194828_20150411201251b15.jpg
※対して、ヤングなピキピキレーサーだこと、クリテリウムなんかだと最強だと思うなあ、アルミの電動アルテ!
 

ピナレロ 半端フォークに半端ヘッドパーツ・・・よくやるわ



 ピナレロアルミ、まあ、カワシマさんとの取引は多少ともあれど、ピナレロとなると、もうへもかけられません。オペラの方は、まだ取引できるのかしら?一時は大変売れたそうですが、はあ、そうですか・・・という感じですね。

 といろんな意味で大切にされているこのピナレロ君、これが正面衝突をしたらしい・・・。

20150401_171535_754_convert_20150409185954.jpg

 と一見なんともないように見えるのであるが、近づいてみると・・・。

 20150401_171515_163_convert_20150409190019.jpg

  フォークで、アルミとカーボンの接着部分がにひびが入っています。

20150401_171526_310_convert_20150409190006.jpg

 反対側は、もっとガッツリヒビが入っています。まあ、結論からいえば、フォーク交換でありましょう。

 幸いフォークが一本犠牲になったようで、フレームに損傷はありませんから、ある意味、フォーク一本ですんでよかった・・・であります。

 まあ、あとはヘッド周りは規格が多いので、ヘッドパーツ類を流用できたり、それができなかった場合は、内容をよーく調べて、同系統のものをひっぱってっくる・・・今回は正面衝突なんで、ヘッドもやられているだろう・・・ということで、まずは外してみる・・・ことにします。

 20150401_172815_363_convert_20150409185931.jpg

 外してみると、インテグラルヘッドのようでありますが、ヘッドパーツを見ると・・・。

 20150401_172807_242_convert_20150409185942.jpg

 こんなもんが入っていました。

 20150401_172839_271_convert_20150409185917.jpg

 よく見ると、アンギュラ角もクソもない、ただのシールドベアリングじゃあないですか・・・。

 外径42ミリ、内径30ミリ、厚さ7ミリという通常規格のシールドベアリング・・・。

 これこのままフォークにさして、使うのかい?

 20150403_114103_510_convert_20150409185905.jpg

 確かに、今様のオーバーサイズのカーボンクランクにスッポリ入ります。へえ、そんなもんか・・・と。

 今でこそ、このインテグラルヘッドパーツの規格の多さに辟易ですが、多分出たての頃は、このように市販のシールドベアリングをそのまま流用していたんだ・・・、だとすればある意味合理的。

 自転車屋としては、専門パーツではないという意味でのうまみはないまでも、利用者側からすれば、なんだ一般部品か、なればホームセンターでも入手可能?てなわけでラッキーなのであります。

 そうか、インテグラルの草創期はこんな感じだったのねえ、と勝手に感心しながら、それをあてがってみたりする。

 20150403_122104_472_convert_20150409185852.jpg

 こんな感じで、大丈夫か?と思った矢先。アンカーを打ち込んで引き上げていくと、引き上がりすぎて、フォークの肩とフレームのヘッドチューブのエッジが干渉してしまい、ハンドル周りがえらく堅くなってしまう・・・、これでは意味が無い・・・。

 ヘッドチューブの奥にシールドベアリングが行きすぎるのがダメだとすれば・・・、シールドを抱える溝いっぱいまで押し込める厚いシールドベアリングを探せばヨシ。

 と外径42、内径30、厚み10ミリのシールドを目を皿にして、探してみるが・・・結局はそんな規格品は見つからない。

 となれば、外径42ミリのスペーサー3ミリ分をあてがえば、同じようなものかな?、と探してみるが、なかなかドンピシャが見つからない・・・。

 とすると・・・、といらんことまで含めて、色々考えることになるんであります。ありとあらゆる可能性と、持っている工具でできることは何か・・・?

 で、結論・・・、カーボンフォークの肩を落として、引き上げた際、フォークとフレームの干渉を無くすようにするしかない・・・ということに・・・。

 でも・・・、旋盤がない。旋盤があれば、フォークコラムを固定して、回転させ、しかるべき刃でもって、余分な方を削り取れば、きれいに且つ効率よくできる、精度も高く加工ができる・・・が、今旋盤がない・・・。

 なれば、腕による腕旋盤の動きを代行するような、研磨工具で地道にやるしかない・・・。

 20150407_182952_337_convert_20150409185841.jpg

 こんな調子にね。きれいに母材は回せないが、その分工具の方を曲線を活かせるような仕組みを活かして、腕で回していらない角を落としていく・・・という地道な作業。

 ああ、旋盤があれば・・・とないもの嘆いても仕方ない・・・。

 削って形を整えては、シールドを打ち込んで、引き上げて・・・、それを何度も何度も繰り返します。

 回らなくなると、ちょうどフォークのその部分に軽い傷が付くので、そこを重点的にまた落としていく、これを繰り返しまして、何とかねえ、回る状態にまで仕込んでいったというわけであります。

 20150409_162113_395_convert_20150409185829.jpg

 最終的にはこんな感じ。カーボン地のフォークも、方を削ってアルミの地がむき出してしまったので、黒と白に再塗装して、それらしくいたします。

 20150409_162144_744_convert_20150409185753.jpg

 引き上げた際、ヘッドチューブの中へほんの少しですが、フォークの肩が入り込んでますでしょ?

 20150409_162128_437_convert_20150409185806.jpg

 この入り込みが、内部のシールドベアリングを安定させ、干渉による回転支障のない状態で、ガタをとるというところまで固定ができたということなのであります。

 日頃から、インテグラルヘッドでガタは禁物よ!フレームをダメにしてしまう!といっている店主ですから、自分の手をかすったインテグラル自転車にガタがあっては示しが付かない・・・ということで、ちょっとむきになりすぎたかな?という感じであります。

 20150409_162120_252_convert_20150409185818.jpg

 スペーサーなどを戻して、何とか正常に戻しましたとさ。

 20150409_162107_154_convert_20150409185742.jpg

 まあ、ストレートフォークにはなりましたが、過渡期のフレームには今の市販フォークのポン付けはできなかった、ということでしたが、白黒に塗り分けた後付け加工フォークが、何とも前からついていたような顔しているのは、仕掛けた方としては、これでいいか・・・というところであります。

 ヘッドパーツにしろ、BBの規格にしろ、いろんなものが出ては消え、出ては消えのようなことが繰り返されて、残ったものがまた新たなスタンダードになっていくんでしょうな。

 そういう意味で、ほとんどのものは過渡期のものなのかもしれませんが、今回の過渡期感は半端ではなかった、メーカーさんもいろんな角度から試作したり、色々試して努力されているんですねえ・・・。

 であれば、こんなのが来たのも許せるような気がします、何が来ても、持っている工具でできる限り対応できるようにとりあえずは努力する・・・、その姿勢は今後ともだよね、でないと面白くなくなってしまうのだと思う、なんでも少し面倒なこと、少しの困難を持ってきてくれるものが、本当は面白いんだと思うわね。

 05-29@16-43-35-861_20150409200221db0.jpg
※レーサーだけではありません、こういう通勤・通学向き自転車もあるんです!この春からどうかな?

ノリノリのリノ 自転車を作る



 本ブログでも、何度か紹介したことのある、リノさん。

 リノベーションからとったプロジェクトネームといっていいかと思いますが、本業の傍ら、クラフトビール営業などで、常に受注を抱えては、休日リノサイクルを作っては渡すということを繰り返しておりました。

 それがたまって、昨年展示会などをやり、なるほどねえ、そういう展開があるんだ、と店主も若いセンスに納得。

 一台一台を依頼主と角をつつき合わせるようにして丁寧にくみ上げていく感じは、当店とは似ているようで、これまた違うところがあるのが面白い。

 そうした姿勢と方向性が、時代の琴線に触れたのか、最近取材依頼も増えてきているようでありますな、ますますノリノリのリノさんなのであります。

 20150324_153145_173_convert_20150408114718.jpg

 この日もテレビの依頼が来ていたようですね。約一月、一台の自転車ができあがるまでの過程を追っていくという形式らしいです。

 そのリノさん、ちょいと最近一つの決断をされたようであります。

 本業を一端打ち切って、今年は自転車作りに集中してみたら・・・ということらしいですね。

 そんなこんなで、連日、当店に出入りされておりますが、今までここまで密着してお互いの自転車製作を見たことがないということも、良い意味で刺激的なんですよね。

 そもそも、数年前に、リノさんが当店にやってきて、自分の自転車を再塗装したり色々やって作っていきたいと、訪ねてきたんであります。

 なんと初対面のその日に、店主は「自転車作り副業にしない?何なら近くに引っ越しておいでよ・・・」といったそうだ、覚えてはいないんだが、見込みが透けて見えたんだと思います。
 
 それからというもの、半年くらいかけて、組んではばらし、組んではばらしを繰り返していたようであります。再塗装なんかもし始めてね・・・、基本店主のやり方はほったらかし・・・、危険でない以外は何でもありなんで、「ああ、やってみたら?」ということだった。

 当時から、自分で方針決めて、それにあわせて企画して、形にしては再考し、作り替え・・・などを繰り返していたんでありました。今の片鱗、大いにありであります。

 と、半年ほどして、様子のいい自転車に組み上がり、これが落としどころか・・・と、思った次第。いいんじゃないの?と。

 それを乗り回している内に、思っている以上の反響があった・・・というリノさん。それからかな?本業とあわせての、自転車製作も始まってきたということに。まさに、予言じゃないが、副業になってきたわけであります。

 そして、それが本業化・・・?という展開になりそうかな?

 自転車にしてもそう、ましてやビルダーなんていうものも、最初から施工経験もろくに無い内から、設備や店舗を整えて、ハイ始めましょう!開業しましたといって、一体どなたが仕事くれるんですか?

 これは多くの開業を考える方々、ましてや家族もいるような方々が、熟慮に熟慮を重ねて、夜も眠れずに考えながら、結局夢として流してしまう、という展開がほとんどなんじゃないか?なんて思います。

 こんな話がありました。

 名古屋から来ていただいた年配の方は、本当は若い頃から自転車屋になりたかった、ところが親の反対で、形だけ受けた公務員に合格、そのまま役人になってしまって、辞めるに辞められなくて・・・。
 
 定年で退職してから、移動自転車屋になれたんです!念願の夢が叶いました・・・なんて、貴重なお話をしていただいた方も居て、なるほど、皆さん色々と事情を抱えながら、どこに人生の落としどころを持って行くのか?真剣に考えておられるんだなあ、と痛感。

 まして店主なども、たまたま自転車屋が今のところ本業になっているという状況以上でも以下でもありません。

 本当食いつなぎ、副業の寄せ集めで、なんとか食いつないできた・・・。

 今思えば泣けるくらい、いろんな有力な方々から助けられて、何とか、かんとかやってこられるようになった・・・。

 「なんでも教えてやるから」「客がどこから来るのか、出所だよね」「自転車は命の乗せるものだから」「自転車は見た目は大事ですよ」思えば金言の数々であります。ありがたや。

 そんなこんなで、今度はできることをどこまでお返しできるか?という段階が来たとするなら、躊躇なし。

 一から自分で始めるのが大変ならば、その三分の一でいい、あとはそれが有縁の間柄であるなら、できることはしよう。最初から何から何までやっていくのは大変だからね。

20150406_105521_822_convert_20150408114656.jpg

 例えば、こうした自転車がリノさんの手によって作られていく。よーくフレームを見れば、その辺に走っていたであろう実用車だったんだが、こうなると、もう佇まいが全く異なってきます。

 20150406_105528_881_convert_20150408114314.jpg

 サイズの関係でちょいと曲げた荷台がまた粋で。

 20150406_105544_783_convert_20150408114304.jpg

 クランクにはちょいと金かけましたが。

20150406_105539_873_convert_20150408114208.jpg

 手組ホイールも覚えて、そこそこのハブで組んで見ると、見栄えがいい。

 20150406_105616_145_convert_20150408114232.jpg

 前輪も、スキンサイドのタイヤを選択。

 20150406_105610_464_convert_20150408114242.jpg
 
 プロムナードのハンドルにクラシカルなレバー。

 20150406_105603_326_convert_20150408114151.jpg

 ちゃんと効くブレーキをつけます。

 20150406_105533_213_convert_20150408114221.jpg

 ワイヤーを下引きにした、リアブレーキ、板挟みであります。最近、こうしたブレーキ板がすぐになくなります。

 20150406_105551_458_convert_20150408114253.jpg

 砲弾型ライト、こうした小物にも拘りますね。

 一台を作るにも、何度も外に出しては、離れてみて、観察しては、考えて・・・を繰り返しているんであります。

 リノさんの身についた職業というのは、デザイナー・・・。なるほどデザイナーさんが作ると、こうなるんですか・・・という展開で、店主にとっては新鮮でいいですね。

 店主らは、どちらかというと山勘で、やっちまえ!的乗りで作るので、こうした慎重な製作とは対局にあるようなものであります、悩むとすればデザインでではなく、取り付け、取り回し、組付けなどで、・・・ったくまいったなあ・・・、オ!ひらめいた!ではありますが・・・。

 そんなこんなで、とにかく今年いっぱいは、自転車に浸る、という生活を選択されたリノさん。三十手前、大手の出世コースを切ってのこの決断、いいんじゃないの?

 確か店主も三十前後、離婚だ、法人倒産だ、大病だ、と今思えば大変賑やかな年頃であった。大いにもまれよ!何とかなるし、何とでもなれるはずだよ、と思う。

06-04@14-42-08-318_convert_20140604193414_20150408124235c7e.jpg
※品の良い磨きのセミドロだよ!セミドロ大いにマイナーブレイク中!

ラインを出す 再度シングル化



 先日シングル化したプジョーであります。

 このブレーキレバーは、なんと77系デュラエースのSTIをブレーキレバーとしてのみ使っております。

 いずれは多段に戻す・・・とも考えられますが、まあ、気の済むまでシングルで走ってな、若いんだから・・・。

 ところがチェーンが外れるんですねえ、と後日訪ねてきた。

 ナロー系のチェーンを使っているのが、微妙なラインが出るのかもしれない・・・ということで。

 リアのスペーサーの位置を一枚分ズラして、再セッティングして試乗して、戻してみた。

 数日は、よかったようだが、また外れ始めたという・・・。次の手はナローチェーンではなく、幅広のチェーンにして、ちょっとしたラインのズレなどを吸収するようにセッティング。

 20150407_160946_272_convert_20150407174743.jpg

 その際ギア比を少し上げて欲しいということに。足が回りすぎるらしい。回っている中で外れるという。

 チェーンリンクを変えて、すこしデカ目に。

 20150407_160952_607_convert_20150407174732.jpg

 前ギアと後の小ギヤで、テンショナーを使わずに調整するので、そう簡単にギア比を変えることはむずかしい・・・。

 でもまあ、何とか・・・やりましたがね。

 20150407_161002_475_convert_20150407174812.jpg
 
 シングル用の幅広チェーンを使って、慎重にラインを出してみる。ピーンとまっすぐ張っていますな。これで大丈夫・・・でありましょう。

 この持ち主は、この春大学に入学したという。この夏休みは多段化して・・・どこかへ遠出するなんてどうかな?などと単純に自転車屋であれば考える。

 このフレームについていたエンド金具がない、どうやって作ろうか・・・?などと考えながらね。

 今日辺りは、中学や高校、大学、専門学校などの入学式がとりおこなわれている日、なんでありましょうな。

 子狸の通う、子供園にも新しいラッコ組の子供達が入ってきているようで、それを迎える先生方はさぞや大変なことでありましょう。

 色々と環境の変わる四月・・・、これからどう過ごすのでありましょうか?

 先日、ある美術大学で教える先生が「今の一年生ってすごくまじめで、入学したての今の時期から、就職に有利なことは何か?なんていう質問が来るんです」といわれていた。

 いつの時代もそうしたクソが付くほどの面白くもおかしくもないまじめな奴はいるもので、今に始まったことではないんでありましょうが・・・。

 学問と就職の両立する学部学科の方々は昔からこうだったんじゃないか?なんて思いもします。つぶしがきくから、経済学部、法学部・・・。理系はほとんど実学と点線でつながっているから・・・問題は無し。

 店主などは、その辺男子でありながら、最もつぶしのきかない文学部などというところに迷い込んだものなので、学問と就職とは全く無関係!と最初から諦めておりましたね。

 まあ、教職か、出版関係か、せいぜい広告?バブル前という事もあってか、文学部の男子に求人なんてきません・・・。

 ゼミの先生も「本ゼミに所属しても就職とは全く関係ありません」と一言。逆に就職に有利なゼミなんてあるの?と思ったくらいで、そんなこと全く期待もなにもしてませんでした。

 その分奔放にやらせていただきました、学生生活でありました。

 そんなどうでも良いような経験を持ちます店主より、新入生のみんなに一言申し上げようか?なんてね。

 まず、先日中学校の卒業式に出席した際、校長や区長などが、口を揃えたように「これからの日本大変だ!」と、まあ色々問題を提示しては、それらをみんなは克服して行けよ、君らにならできる・・・というようなことをしゃべっていましたね。

 店主の中学生の時には1999年に人類は滅亡することになっていたんで、それからすれば、なにがこれからの日本は大変だ!だ・・・。と思ってしまったな。

 大体時代は移りゆくもので、それまでの問題解決の型ではどうしてもうまくゆかなくなってくるものなのだ、だとすれば、いつの時代も「これからは大変」ということになる、以上。あんまり子供達を不安に落とし込むなよ・・・と思うんだが。

 そんでもって、新入生の諸氏へ。

 好き勝手に無責任に言わせてもらえば、自分の内からおもしろ!やってみたい!ということがあったら、後先考えず、損得考えずに、邁進せよ!かな?

 なにをやったら就職に有利か?などと小利口なことを考えてビクビクするよりもだ、ただひたすらに、読みたい書を読み、行きたいところへ行き、学びたいことを学べんで、手足を動かせ。

 効率なんて考えるなよ。特急など使わずに、鈍行で行け。途中下車しろ。歩け、自転車に乗れ、路線バス使え、寄り道し放題・・・、時に一箇所に沈潜せよ。

 即戦力などという誘い水などに騙されるなよ、そんなところへ入っていい気になっていても、数年してシステムが変われば、「即戦力」など「即戦力外」つまり使い捨てってわけだ。

 多くの無駄を取り込んで、長い目で、長いスパンでものを考えられる人間になることだろう。

 ただでさえ、日本の大学は内部崩壊始めているようだよ。あの東大ですら、留学生の七割が蹴るらしい。そういえば原発をめぐる東大の先生方のブサマだったこと・・・、忘れていないよね。

 であれば、期間を自分で管理して、とにかく自分の内発性を重んじよう。それに従って、嗅覚を鍛えてかぎ回れ。

 終身雇用はもう終わり。なれば、身の振り方は自分で決めなければならないという、面白い時代が来たもんだ。そういうとき、内発性を軸に非効率に且つアクティブに動けていた奴らは、何とかなるものだ。なぜか?自分の分を知り、何処へ行けば当たりがありそうか?ということが本能的にわかってくるようになるからだ。

 小利口に、外の案件をこなしてきたものとは違う、何かが育っているんだよ。

 だから、安心して、無駄なことをとことんやっときなさい、と思う。

 そして、これが最後。一人で良い、師を探せ。それが教授であるのか、助教授であるのか、助手であるのか、院生であるのか、上級生であるのか、同級であるのか、はたまた後輩であるのか、バイト先のオヤジであるのか?そんなことはどうでも良い。

 一人の師を見つけよ。

 以上、シングル化、再度ラインを出す、でありました!

00000002-20@14-09-45-94_convert_20140220225358_201504072059209e0.jpg
※書を持って、これで日本一周にでも行ってきな・・・。

小径の雄といえば モールトン・・・でしょう



 世の中には小径車ファンという方々が、一定以上おられるようで、そこまでやるか!!!という自転車盆栽のような取り回しに酔心されている方も多々おられるかと思います。

 ある種お見事!なんでありますが、マニア中のマニアとも言えるでしょうね、あの皆さんは・・・。

 その辺からすれば、悲しいくらいの真人間であります店主は、700cで参ります!正直ロードとピストがあれば、実はそれだけでニンマリというタイプなので、選んで小径・・・という選択肢にはどうやっても行けない性分なんだと思います。

 というある意味偏屈の極みのような真人間、店主が認める小径車というと、やはりこいつぐらいか・・・な?

 モールトンは・・・やはりすごい車体なんじゃないか?と思いますわ。だからといってあの値段がどうこういうつもりはありませんが・・・。

 と、ブロンプトンもあのハンドルのたわみがなければ・・・結構得点高いわけでありますが・・・、惜しい・・・と思います。他小径車というと、ダホンもがんばっているなあ・・・とは思います、思いっきり・・・そう思いますが、店主は乗らないでしょう。

 モールトンを思いっきり踏んだとき、こいつはちょいと別格系だなと思いましたね。

 あのクレーンのようなトラス構造が良いんだかなんだかはしりませんが、走りに遜色が感じられない、通常の小径にありがちなコロコロ感がない、グイン!グイン!という好印象があります。もちろんギア比との関係もあるんでしょうが。

 走る小径の雄といえば、やはりモールトンじゃない?といまでも思います。

 と、こんな緑のモールトン君が舞い込んできました。再塗装はもちろん、各パーツ類使えるところは使い、とにかく快適に乗れるようにする・・・というミッション。

 解体前に写真をとってやらないとね・・・。

 20150129_200111_668_convert_20150406185639.jpg

 ばらすとフレームが五体に分割できるんであります。

 ちなみに、モールトンは分類すると折りたたみではなく、デモンタブルというタイプ、こうしてバラせるということなんですが、これも特徴ですね。

 折りたたみ自転車は、どんなによくできていても、やはり折るところの剛性が犠牲にされます。ブロンプトンはその辺大変よく工夫されているようでありますが、ハンドルが・・・惜しいんです・・・、グニョグニョ・・・。

 その点デモンタブルタイプのモールトンは、剛性が損なわれません・・・。

 そんなに剛性って重要なの?っていうことですが、長い距離乗るには、力のロスが少なく済む程度の剛性は必要なんじゃないか?と思いますね。

 ただバラせるということは、通常フレームとフォークという2分割のロード塗装に慣れている身からすれば、向きの関係や、フレームのパイプの細さなど・・・結構冒険させてもらいましたよ。

 20150218_152615_156_convert_20150406185625.jpg

 塗装部屋内にも、五分割ものがぶら下がる・・・。さーて吹きまくるぞ!

20150113_152720_213_convert_20150406185757.jpg

 フレーム自身が細かく荒れていた・・・といっていいでしょう。剥離から下地作りまで、ちょいと手間がかかりますが・・・。

 20150406_175241_491_convert_20150406185510.jpg

 ネイビー・・・研ぎ出しネイビー・・・ですね。

20150113_152715_224_convert_20150406185811.jpg

 中心部分の錆が著しいですね。この辺がクレーンのトラス構造の真骨頂であります。

 20150406_175226_403_convert_20150406185541.jpg

 薄く見えるところが研ぎ出し部分、濃淡・・・で、外の光の関係では、自ら発光しているようにも見えなくはない。

 別角度から見てみると・・・。

20150406_175422_633_convert_20150406185520.jpg

 とまあ、こんな感じに見えます。

 20150113_152726_583_convert_20150406185740.jpg


 パーツ類、とくに後輪のハブは非常に特徴的なパーツでして、スターメーの内装三段・・・。もちろんシマノ系でもいいんですが、そうなると気品のモールトンが一部ママチャリ化してしまう・・・。それはどうしても阻止したい・・・となると、解体分解の徹底した洗浄と機能の復活でありましょう。

 20150406_175248_321_convert_20150406185457.jpg

 チェーンも交換して、中身も外見も生き返りましたぜ!

 20150113_152738_592_convert_20150406185723.jpg

 二分割できるフォークに、ブッシュ式のクッション。このサスが生き返るか・・・な?

 20150406_175329_295_convert_20150406185606.jpg

 何とかサスッてますよ。ヘッドパーツも新調です。

20150406_175234_516_convert_20150406185531.jpg

 ヘッドチューブも長いので、見せ場でありましょうな。これも濃淡研ぎ出し・・・吉と出るか?凶と出るか?ですが。

 20150113_152709_829_convert_20150406185653.jpg

 ハンドル回りも、ステムを中心に変えます。

 20150406_175313_359_convert_20150406185426.jpg

 磨けば光る・・・というの金属の基本・・・かな?

 20150406_175302_894_convert_20150406185447.jpg

 サドルも新しくして。

 20150406_175306_555_convert_20150406185436.jpg

 華奢で繊細なドリンクホルダーも付けまして、完成。

 20150406_175220_890_convert_20150406185415.jpg

 新車とはまた違った、味のある一号として、再生した・・・と信じたい一台であります。

 新車と中古車の間には、まだ隙間がある・・・と思える瞬間であります。それが何か?ということは作っていきながら示して行けたらと思う次第・・・。

 まだまだ、未熟・・・、技も目もまだまだであります。

 修行せねば・・・。

000 IMG_20140131_150102_convert_20140131150636
※この春から、ロードレース本格始動させたいという子は、よっといで!こいつがあるよ!
 

勝負アルミをストリートから アスリートへ引っ張る!



 今やカーボンフレーム全盛期に、勝負アルミという名にふさわしい車体は、一体何台あるんでしょうね。

 当店にあるあと二台、FUJIバラクーダもその内の一種類かと思いますが、このロックバイクスのデュース・・・、こいつも実は隠れアスリートであることには違いない。

 ロックバイクスをご所望の皆さん、見た目で騙されてはいけません、あれらは実はストリートの皮を被った、アスリート系フレーム・・・という場合が大変多いんであります。

 20150405_153131_715_convert_20150405174217.jpg

 テーパーヘッドなんて採用しています、ストリートに全く必要なし、下り80キロでフルブーレキング時などを想定していない自転車にこういう規格をあてがうなんておかしいでしょ?

 20150405_153202_648_convert_20150405174207.jpg

 そしておなじみのリア三角。なんだこの小指も入らない隙は・・・。

 予算やマーケティングもかねて、いろんな仕込みのあるロックバイクスでありますが、少なくともこのデュースは、隠れアスリートの典型車体であることは間違いなし。

 なれば、ストリートからアスリートにしてやろうじゃないの!ということであります。

 20150402_145658_804_convert_20150405174125.jpg

 ソラを戦闘コンポに変えていきます。

 20150405_152936_853_convert_20150405174325.jpg

 105の11速。フリーは単体で交換できました、ノバテ・・・系?

 20150402_145706_676_convert_20150405174410.jpg

 クランクもデフォのシックスコンポーネントから、105へ。こいつは別に使いましょうかね。

20150405_152930_386_convert_20150405174335.jpg

 もちろんフロントメカも105にね。

 20150405_152951_556_convert_20150405174303.jpg

 フロントブレーキも105。ではリアも・・・、

20150405_152959_527_convert_20150405174156.jpg

 アレ?リアにはブレーキが付いていない・・・!!!

20150405_153018_489_convert_20150405174252.jpg

 ご安心あれ、BB付近のチェーンステーブリッジ裏に、ちゃんと台座があって、そこにリアブレーキが仕掛けられています。こいつも105の台座バージョンに載せ替えました。

 この形式のバイクに乗る選手諸君、乗り終わったら、ディグリーサーで必ずブレーキシュー周りの砂や泥をよーく流すことをお忘れ無く。

 それしないと、ただでさえ地面に近くて、汚れるところなので、ブレーキシューの減りが半端なく、且つリムの外周を痛めることになります。決戦用の輪っぱが、汚れたシューによって削られて、すぐに使えなくなる・・・、ことにカーボンものなんかの時は、その辺注意してね。

 特にトライアスリートの皆さんの装備に対する鈍感さは目立ちますよ。決戦用ワッパをはかせたまま車の屋根に愛車を固定して載せているのを見たときには腰抜かしたぜ!BORAなどのカーボンディープリムをバンド系のもので局所的に固定するなんてことは、絶対にやってはならないと、思いますぜ。

 20150402_145712_264_convert_20150405174358.jpg

 STIもソラから・・・、

20150405_152944_275_convert_20150405174314.jpg

 105へ載せ替えです。

 20150405_152924_714_convert_20150405174347.jpg

 130ミリのステムでポジション出しも完成。完全な戦闘機として再生したよ。

 20150405_152917_608_convert_20150405174147.jpg

 こいつにちょっと決戦用の輪っぱなんかを履かせたら、モロアスリートだよね。

 こいつもよく走ってくれますよ。これがレース会場にボチボチでもお目見えできるように、仕込んでいかないとなあ。

 まずは明大トライアスロン部・・・、なみいるカーボン車体を蹴散らして、こいつがトップに出たら・・・なんてこと考えながらね。

 20150405_153035_671_convert_20150405174240.jpg

 そうそう、ワイヤーワークなんでありますが、多少の癖あり車体でもあります。ダウンチューブ内に、リアブレーキとフロントのシフターを通す形式になっています。

 のこ黒のキャップを外すと比較的簡単に着脱は可能ですが・・・。

 20150405_153043_531_convert_20150405174229.jpg

 むき出しのワイヤーが見えないというのは、見た目の工夫としては良いかもしれませんが、メカ的な調整をする際に、そうしたむき出しワイヤーをちょっと引っ張ったりとかいうのは、ワンポイントで大事なことでもあるので、その辺慣れが必要かな?

 あとは、ブレーキワイヤーの装着角度がもう少しユルイと、ブレーキの引きにいい影響が来るかな?という印象です。特にリアブレーキは位置からしてワイヤーが長いので、それだけでも抵抗が大きいわけで、その他の抵抗になりそうなところは極力排除すべきか?と思いますね。

 取り付けに関しては、初心を思い出すような丁寧な処置ができましたね・・・、たまにはこういう仕事もしないとなあ。

 カーボン車体が増えていくると、ワイヤーワークの取り方が、どうしても独特化してきますな。どういう経路や長さがベストか?というところは、一台一台に対して、メカニックが見極めないといけませんね。

 シフターは電動化しても、ブレーキが電動化することは多分ほぼ絶対あり得ないので、その辺は人のメカニックの独断場になり続けるんじゃないか?なんて思いました。

 この一台に対してどこまで丁寧にできるか?ここは鍵じゃないか?

 というわけで、ストリートをアスリートに!今年確実にロックバイクスデュースが、どこかのレース会場に現れるでありましょう!何か違和感?いえいえ、元々こいつはこちらもんなんですよ!

DSC_1085_convert_20130406134353_20150405183639bcf.jpg
※残り二台のバラクーダ。こいつも勝負アルミ・・・であることは間違いない!

とにかくゆったり・・・長くしなやかに



今の日本で、190センチ近くの人もボチボチ見かけるようになりましたが、でもそれにしてもまだ平均・・・というところから考えると、遠いところにおられるというのは事実でしょうな。

 そのような方のための自転車というのは、やはり市場が小さいということを反映して、なかなか無い。ただいま、バンバンフレーム製作中の柳サイクルさんなんかが、待望されるというのも、そういう潜在需要というものがある、と思からであります。

 何せ柳サイクルさんご自身が、190センチを超えるノッポさんなんでね、ノッポの苦悩はノッポがわかる・・・ということで、今後はノッポさん達にも特化した自転車製作にも乗り出していく、と思いますわ。

 で、上の自転車もそう。ピラーの異常な長さを見ても、そんじょそこらの方が跨がるんじゃない・・・ということはおわかりかと思います。

 やはり190センチクラスの方が乗る自転車なんですね。

 といっても戦闘モードとは真逆、ゆったりと長く優雅に乗る自転車として、組まれつつあります。

 20150402_153017_319_convert_20150404132722.jpg

 のんびり乗るので、実質前はシングル仕様でいいようで、三枚ありながらアウターだけを使っていた・・・ということでした。

20150402_153023_646_convert_20150404132711.jpg

 フロントディレーラーがないでしょ?指でシフトできないことはありませんが、使ってはいなかったようですね。

20150402_153054_534_convert_20150404132700.jpg

 そこで使わないなら、スッキリシングルにしてしまおうということで、クランク持ち込みで取り付けということに。

 175ミリのクランク。177.5でもいいくらいの身長ですね。さすがにこのクラスを店主は回したことはないなあ・・・。

 175ミリは、結構回していましたが・・・。結構シーズンに合わせてクランク長を変えていたときもありましたね、オフ系は165ミリでコロコロ回す・・・なんてこともやってました。

 確かにクランク長が変わると、色々と体感できることも多くて、これはこれで貴重な経験だったように思いますね。

 テーパー時代のクランクを交換すると、スクエア部分が広がってQファクターが若干狭まるなんて事もありましたが、今やホローテックⅡなので、そういう心配は無いですね・・・。そういう意味でも、クランクを変えるということなんかもおすすめしますよ。地味なんですが、色々わかる・・・、エンジン部分の出力と直結するところなんでね。

 で、結論から言うと175をクルクル回せるようになることを目指すべし・・・かな。

 20150402_173710_548_convert_20150404132650.jpg

 デオーレでも175なんかを作っていたときがあったんですねえ。こいつをインナー側に入れないようにするために、BB長を短くするなんてちょっと凝ったことなんかもやってみた。

 20150402_173718_708_convert_20150404132639.jpg

 103ミリのスギノBB。これで前後に落ちないラインを確保!

 20150402_173704_151_convert_20150404132600.jpg

 のんびり流すための、いい自転車になりました。

 と面白いパーツがありますね。

20150402_173735_532_convert_20150404132628.jpg

 馬蹄形の・・・一体何だこりゃ?

 20150402_173741_558_convert_20150404132619.jpg

 ダイナモを乗せるだけのフレームだったんですね。その割りには凝っています・・・。

 ということで、自転車といっても色々あるんですねえ、なんて自転車屋自身が思います。

 長身の方がのんびりと流すためにある・・・そういう自転車ねえ・・・。

 しかし、ノッポの方の柳サイクルさんに、小柄な方の小リスサイクル・・・こんなのが一つところで実現できたら、面白い自転車ランドができるに違いない・・・。

05-29@16-43-35-861_201504041849116f5.jpg
※この春から、通勤自転車にどうです?通学でもいいよ!
 

弱虫ペダル計画



 この四月で、成長期の中学生になった。弱虫ペダルの影響で、自転車に乗りたい!もっといえば、レーサーに乗りたいんだろうと思うんだが・・・。

 一年で十センチなんか普通に伸びてしまうこの成長期、ロードレーサーを購入すべきか?なんて疑問は愚問でしょ。

 そういう時期にレーサーなど与えるべきではない、と思うなあ。確かに子供用レーサーなどというものもあるようだが、この時期必要なのだろうか?

 時期の問題だけでもないような気もしますな。

 子供の頃からいい装備を与えられる環境というのは、非常に珍しいわけであります。銭もかかりますしね。

 与えられたとしても、そんなのはごく少数に過ぎません。少数の中では、ちょっと努力すれば、「頭角」を表します。それで勘違いしてしまいます、「自分は強いんだ・・・」。

 高校ぐらいから自転車競技は本格化するようですが、そこで強いといっても、陸上の中長距離の競技人口から比べれば裾野の狭いところでの、従って低いお山の大将にしか過ぎません。

 自転車競技は装備スポーツで、正直勝つための装備を揃えるためには銭がかかります。そうした銭を用意できない人から、自転車競技を選択しなくなるでしょう。小金持ち以上の子女・子息でないと自転車競技は始められないとしたら、そんな競技が強くなるはずはない・・・。

 でも、待てよ・・・と思うわけであります。自転車自体ということを考えると、今の日本では、少なくとも贅沢品ではありません。普通の自転車であれば、大抵の子供は持っていますし、実際乗っています。

 ここに目を付けない手はないよね、というのが店主の言い分。

 下手をすれば、サッカーボールよりも自転車の普及率の方が高いんじゃない?女子など自転車持っているがサッカーボールない子なんていくらもいそうだしね。

 この一般自転車のポテンシャルを利用しない手は絶対に無いと思うんですよ。

 日本のプロ野球は、少年達の手打ち野球を底辺として、その頂点に君臨している!はず・・・(今の子は手打ちやるかな?)。

 なれば、日本の自転車競技会は、高校辺りの自転車競技部を底辺とするのではなく、ほとんど日本の子供達に普及している実用自転車という、非常に広い裾野を底辺として、再度組み立て直す必要がある!と思うのよ。

 別府や新城が、普通に出るような環境を作るべし!そのためには競技の底辺を広くとること。一握りの小金持ち以上の「たしなみ」などというユルイところを底辺とするのではなく、すでに浸透している実用自転車の中に、そのソフトの中に、何らかの競技性を仕込んでおく・・・、ということ。

 簡単に言えば、プロ野球に対して手打ち野球があるように、自転車競技に対しての、手打ち野球に相当する何かをすでに普及している実用自転車で実現してやるという計画なのだ!
 
 まあ、5年後の東京オリンピック・パラリンピックにはとうてい間に合わないでありましょうが、中学レベルのリトルリーグを作る以前に、手打ち野球に相当する遊びを子供達の中に浸透させること・・・じゃないか?なんて思うのよ。

 そういう中から強いやつが出てくる・・・んじゃないのかな?というのが店主の山勘・・・なのだ。

 で、自転車屋のできることをやる・・・となると、こうなる。

 レーサーを売りつけるのもいいが、上の自転車、結構お父さんがんばって、自力でこういう形にしたようでありますが、続きはお任せを。

 20150329_111523_170_convert_20150403174247.jpg

 ホイールを700cにしてしまいましょう。

20150402_150302_360_convert_20150403174125.jpg

 将来を見込んで30ミリハイトのリム。

 20150402_150256_312_convert_20150403174136.jpg

 ハブはクラリスを使用。この値段でよくできています。

 20150329_111534_627_convert_20150403174315.jpg

 前ブレーキも・・・これじゃあ下りは怖いわね。

 20150402_150237_517_convert_20150403174147.jpg

 グループ外だが、しっかり引けよー。

 20150329_111518_273_convert_20150403174330.jpg

 もちろんリアも700cだね。

20150402_150320_452_convert_20150403174112.jpg

 30ミリハイトといえばディープ系だぜ!がんばって踏めよ。

20150402_150314_401_convert_20150403174034.jpg

 クラリスハブに、8速のスプロケ付けときました。

 もし万が一、フレームが手に入ったとき、この前後ハブは使えるようにね。

 20150329_111540_560_convert_20150403174223.jpg

 長距離乗るとパンクも起きるさ。その際チューブ交換をできるだけしやすくするには、この手のバンドブレーキなどは、やはり手間を取られます。

 となれば、例のやつに交換であります。

 20150329_111545_112_convert_20150403174302.jpg

 ちょうど良いところに空間がありますな。

 20150402_150231_178_convert_20150403174047.jpg

 これにて、ホイールの着脱が大変楽になりますよ!

 20150329_111528_252_convert_20150403174236.jpg

 チェーンカバーもいらないし、もう少し前ギアでかくならないか?というご相談。

 このフレームの形状だと、通常のフロントディレーラーは付きにくそう・・・ですねえ。しばらくシングルで。

20150402_150226_790_convert_20150403174159.jpg

 まあ、とりあえず、こいつで行こうぜ!

20150402_150326_782_convert_20150403174058.jpg

 8速化に伴って、こういうリーズナブルなシフターがあるのねえ。そんなに銭かけなくたって、走れる自転車にすることはできる・・・ということ。

 20150402_150205_549_convert_20150403174211.jpg

 最初の自転車も、けっこう気合い入っていたけど、こいつも走る気満々というやつで、はくが付いた。

 これで、箱根の山から、甲府や高崎まで行ってきな!これで行けなければ、レーサーでも行けないよ。

 すぐにこうした車種で競技などは企画できないまでも、こうした走れるようにした車種で、子供の頃から三桁のツーリング・サイクリングをするということを「遊び」として、ソフトとして仕掛けていくこと。

 こういう車種で、中学生達が数人で、先頭交代しながら、安全第一でちょっとスピードを意識して車の少ない道を走るなんてことが、今までのサイクリングとは違うカテゴリーを形成してきたり・・・ということが、定着してくると・・・。

 こうした奴らが、またレーサーに乗ったときの感激もまたひとしおで・・・という好循環ができてこないか?

 そもそも普及している実用自転車を走れる形式にして始めてくる。敷居は低く、裾野は広く、まずは遊びから、真剣な遊びから入れる入り口を作ること、こういうことが自転車競技を根強く普及していくために大切なような気がしますな。

 こいつでメタボオヤジのスーレコカーボンを抜いて行け!

 こいつでシャカリキになれないやつは、なにに乗ってもダメ。そして、いずれ・・・こういう車種で乗っていた修行時代が懐かしくなる日がきっと来るぜ。選手になってスランプに陥ったら、こいつから出直す・・・。

 物語がいっぱい詰まった、この一台は少年にとって、多分忘れることのできない一台になる!これが原点だってね!

 これも、自転車競技普及と強化に対して、自転車屋のできること・・・じゃないかと思うのだ!

00020141207_162218_694_convert_20141209115110_20150403192744ce7.jpg
※これは大人の入門モデルとして、文句はない。十万切ってるし・・・。

走るトウキョウバイク



 このペイントいただきー・・・という、ちょっとしたインパクトもらいました。

 マットの茶とオレンジの間でしょ?っていわれればそれまでなんだが・・・、何らかの典型がこいつにはある・・・と踏んだ!

 ものを作っていく際、ただの一例に過ぎないものと、一つの典型になり得るものを区別した方が良い・・・などと勝手に思っているもので、典型は上流にあるものなので、どう下流まで落とすか?というところまで面白みが続く・・・というわけだ。

 20150401_134946_466_convert_20150402191323.jpg

 トウキョウバイクといえば、650cでがんばっている自転車なのだが、こいつをドロップ化して、乗り続けたい、というご要望。

 その価値は大いにありだと思いますわ。このフラットをドロップへ。

 その前に・・・。20150401_134935_582_convert_20150402191504.jpg

 オット!その前に、前シングルのままでいいですか?という質問。

 20150402_150032_166_convert_20150402191416.jpg

 イエ!しっかり走れるやつに変えたいので、二枚で!ということに。

 20150402_150044_125_convert_20150402191346.jpg

 シフターもSTIという選択。もう車種を変えるくらいの勢いでございます。

 20150402_150039_104_convert_20150402191359.jpg

 丸ハンドルに革もどきバーテープ。シック系だわな。

20150401_134940_318_convert_20150402191454.jpg

 リアは元々ソラ仕様にしてありましたので、そのまんま。

20150401_134959_565_convert_20150402191430.jpg

 ブレーキの引きしろ問題は無いので・・・、これは今後の展開次第、ということでいいかな?走れるようになったら、より止れるようにならないとネ、ということなんだが、今回はこのままです。

 20150402_150026_384_convert_20150402191334.jpg

 何か最初から650cロードのような顔していますね。ヘッド周りをスレッドに・・・というと凝りすぎかな?でも、これで走ってみると懐かしい感覚が・・・。

 かつて、店主が物好き号として乗っていたのが650cロードというのがあったのよ。行方不明になりましたがなあ・・・あいつはどこにいるんだろう?

 その走りを彷彿とします。650cのホイールというのが思った以上に堅いですね、良い感じに前に出るんです。日本人の特に女性のサイズなどを考えると、もう少し選択肢として650c車体があってもいいかと思う・・・。

 例えば150センチ台で無理して700cにしなくても・・・という選択肢がもっと豊かにあればねえ・・・と思いますな。

 ドロップ化して、前二枚にして、手元変則のSTI化するなんて、もう車種としては別物に変身したといっても過言でなし!そうするに値する車体でもあると思いますぜ!トウキョウバイク!

110928_20150402194544c6a.jpg
※舌の根が乾かぬうちに、150センチ前後の方も乗れる700cですだ!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター