メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2016年12月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

今年もお世話になりました!



 三十日の急転直下の餅つき大会にも、多くの方々に寄っていただき、最後は外で薪ストーブ囲んでの訳のわからない会にまで発展いたしました。

 年が明けても餅つきはやろうかな?と思っています!

 さて2016年・・・ですが。

 昨年の2015年という年が、移転も含めまして、あまりにも激動の年であったことから比べると、なんとも平穏な2016年だったような印象は強いんですが・・・。

 でも、よく考えると・・・。それなりの展開はありましたねえ。

 まず大展開といっていいのが、柳サイクルさんとのコラボが実現したことでしょうね。これは前々からなんとか形にしてきたいという願いが、実現したということで、お互いの仕事の幅が大いに広がったということが言えるでしょうね。

 DSC_0203_convert_20161231132544.jpg

 メーカーサイドはどんどんユーザーを置いていくように独自の開発へひた走っていくでしょう。それはそれで流れなもんで仕方ないことかと思います。そういうメーカーとは違う傾向がどんどん深く広がっていくことが成熟化ということなので、それはそれ、これはこれ、なんだと思います。

 そういう成熟化の一つの選択肢として、鉄のフレームで、自在なスケルトン、自在なオフセットで、真の乗り味を追求していくという動きは、細々でも続いていくと思われます。そうしたこと、徐々にですが実現化できてきている、これは今年の大展開といっていいことかと思います。

 DSC_0204_convert_20161231132532.jpg

 あとは、工房飲みというのも、今年の秋から始めたイベントですが、これもまた来年も継続していこうと思います。堅苦しくなくて、あたかも偶然を装ったような雰囲気の中でいつもよりもゆっくりと深めの与太話ができる、というのがなんとも面白い展開なんであります。

 多少とも、工房も片付きますしね。

 DSC_0202_convert_20161231132554.jpg

 来年以降は苦手な掃除も、お知恵とお技をお借りして、より効率のいい安全で作業のしやすい環境を作っていこうと思いますね。

 それと・・・これも今年の展開の一つですねえ・・・。

 今まで忘れていたものを取りに行く・・・という展開。

 沖縄の松田さん。たまたま頼んだギターのストッパーが届いた時、そこにDVDが入っていたんですが、これが一気に、店主の師匠となったお方であります。

 元々看板屋さんだったのが、ギターを始めたことをキッカケに、もう少し音をよくすることはできないか?というところから、特許を取得するまでに至った、街のサイエンティストなんでありますね。

 そのドキュメントで、看板の工房の奥に入っていくと・・・、なんと改造待ちのギターがドドッとつるしてあったんですねえ。

 それを見た時、十年後の当店・・・ってもしかして・・・と思ったんですね。その予感動いたのがこの九月・・・。

 DSC_0205_convert_20161231132523.jpg

 そして今十二月・・・。ここに4本・・・。

DSC_0206_convert_20161231132515.jpg

 ここに1本・・・。

 DSC_0207_convert_20161231132502.jpg

 ここに2本・・・。三ヶ月で7本・・・もう知-らない!

 そう思うと、昨年からすれば、地味ではあるが、色々展開もあったなあ、という年でありました。

 そうそう、柳沢のフリマをきっかけにまた地域とのつながりもできた年でもありました。

 来年はまた、海外とのやりとりの予感もありますね。どうなるんだろう?本当わからない、来年なんであります。

 アメリカでは、大丈夫か?というような人物が大統領になるそうだ。すでにケツなめ外交の素地は整っているところから、まあいいなりの、やられ放題のこの国になるんでありましょうな、そっちの方では光明はみえません。

 とはいえ、有縁の皆様方と、少しでもいい方向に持って行く、という努力は細々でも続けていかねば鳴りません。
 毎年、この期になりますと、月並みなのですが、有縁の方々には、大変お世話になりまして、ありがとうございました。

 またまた月並みながら、来年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

ホイールの組み直し DTなんか多用しようかな?



 カーボンリムと、ハブ持ち込みで組んでもらえないか?といってやってきたホイール。

 前が18ホール、後ろが24ホール・・・と。まあ、そんなもんか?と思われるだろうなあ・・・。

 DSC_0030_convert_20161230184406.jpg

 前18ホールで組む・・・。でもちょっと考えてみてください。

 18ホールというのは、二で割ると、片側9ホールなんですよね、当たり前ですが。

 ここでアレ?と気づいたあなたは、ホイール組みに片足以上突っ込んでおられる方と、お見受けします。

 なぜか?9ホールということは、奇数です。奇数ということは二で割りきれない。当たり前のこと言ってますが、通常スポークというのは、二本交差させて組みますよね・・・、そうなんです、9本だと二本を組み合わせて組む通常の組み方ができないんです。

 こういう場合は大抵はラジアル組と言って、交差させないで、ハブとリム穴直結の組み方にするんですね。

 でもそれだけじゃあ、つまらない・・・ではどうするか?

 DSC_0036_convert_20161230184256.jpg

 一組こうやって、交差させると両サイドをラジアルで交差させずに組む。つまり、×1×1×1という組み方をするんです。×は二本交差を意味しますんで、全部で片側9本となります。

 まあ、そんなもんね。

 DSC_0027_convert_20161230184417.jpg

 それから比べると、リアなんぞは単純で、スポーク数が少ないので、4本取り左右というごく普通の組み方。

 通常、ハブとリムと組み方のみ合わせでスポーク長というのが決まってくるんですが・・・。今回のリムはちょいと特殊形だったんですねえ。

 DSC_0031_convert_20161230184355.jpg

 このように、リムの穴からニップルが出ないタイプのホイールなんです。通常のスポーク回しも使えません。そんなこんなで、第1回目に発注したスポーク長が短かった・・・。

 再度計り直しての、再発注・・・なんですが。

 DSC_0033_convert_20161230184335.jpg

 このスポーク、よーくご覧になってください。根元と中間の太さを比べると根元が太いでしょ?

 DSC_0035_convert_20161230184306.jpg

 逆サイドを見ても、中間部と端っこの太さが違う・・・ということは?

 そうこれって、バテッドスポークなんですよ!それもあのあこがれのDTバテッド!!!!

 今まで使いたくても使えなかった理由があった・・・、というのはね。ある問屋の売り方によるんです。そこは100本一箱売りしかしなかったわけ。

 そうなると、ホイールワンペアで三種の長さが必要になるとすると、300本購入しないとできない・・・という、ある意味投資の感覚でつきあわない限り、そんなもの小さい店が使えるわけがないんであります。

 手組ホイール全盛ならいざ知らず、完組全盛のこの世の中で、100本単位で購入していたら、一定以上の数のホイールを組まない限り、大赤字なんであります。

 なので、使いたくても使いにくかった・・・ということなんです。

 ところが・・・・、拾う神がいるんですねえ・・・、神戸のマルイさん!あんたは偉い!この100本単位で売られていたスポークをわざわざ4本単位から購入できるようにしてくれたんですよ!!!!!

 10本じゃないよ、4本単位ですよ。つまりホール数の少ない決戦用ホイール16h、20h、24hなんかに余ることなく対応、もちろん主流の32h、28h、36h、にもドンピシャ対応・・・。

 積算取引額数十万以上しないと、掛け売りしないし、送料もそっち持ち、なんて時代遅れのクソ生意気な殿様業者もいる反面、マルイさんのような小さい店に在庫のリスクを負わせないという、本当にありがたい業者さんもいるというわけですよ。

 こんな業者さんなかなかいないよ!!!今時ね。長さも細かくそろえてくれていることを考えると、相当事務的にも煩雑なことを吸収してくれていることは痛いほどわかります、それだけにうれしい!

 なので、今後当店としては、ここぞのホイールにはみんなDTバテッドでやってやろう!と、決心する次第なんだ。もちろんお客の好みは第一ですが、DTバテッドおすすめします!サピムも悪くはないが、なんか当店回りではよく折れたんで、これからのケッパの一推しはDTバテッドで行くぜ!

 ということで、マルイさんという万軍の援護を受けた当店、来年以降もしつこくも、手組ホイールの効用をうたいつつ、しぶとくやっていこうと思います!

 手組ホイール、ますます、ご発展!

三つの合わせ技フォーク・・・化学変化?か何かが起こった?

000 DSC_0199_convert_20161220204903

 先日ご紹介した、柳フォーク。いつもの真鍮ロウから、銀ロウで仕上げた、ちょっと特殊なもの。というのも、人とかぶるのを嫌う元気なお兄さんだからであるんだが。

 確かに合金ゆえにちょっと黄色みはあるんだが、でもうまく銀でまとまっている。

 それに大森研魔の魔の手が伸びて、いい感じのヘアライン・・・。

 で、今度は店主のコーティングという三つの合わせ技なんだが・・・。

 このフォークのつく自転車が、チタン。ライトスピードのチタンフレームなんですね。

 皆さんチタンの地の感じって・・・どうイメージされています?少し薄汚れているような雰囲気・・・というのはありでしょう。そしてシャンパンゴールドよりも、より薄いほんのちょっとの黄色み・・・。特にライトスピードのチタンには、あるような・・・感じがしますな。

 ということで、クリアにほんの少しの黄色みと、薄汚れのスモーク感を出すために黒を配合して・・・、もちろんつや消し剤を入れまして、ふいたんであります。

 DSC_0216_convert_20161229192024.jpg

 これで完成・・・なんだが・・・。黄色みを少しくわえたせいか?せっかくの銀ロウの雰囲気が真鍮にも見えるような・・・見えないような・・・ね。

 DSC_0217_convert_20161229192015.jpg

 全体としては、チタン風にはなったかな?とは思いますが・・・。

 DSC_0218_convert_20161229192005.jpg

 イヤー、光と撮影というのは永遠のテーマなんでしょうな。印象派ではないが、ものに色自体なんてないんだよね・・・、あるのはそのときの光との関係で現れる「色」にしか過ぎない・・・。

 ヘーゲルの揶揄じゃないが、確かに白い羊も、夜になればみんな黒くなる。

 まあ、シャッターを押すが、何を撮っているのかがわからなくなる・・・といのが、写真だわね。

 DSC_0200_convert_20161229192100.jpg

 早速取り付けてみよう!つや消し感はいいが、ちょいと黄色みが強いか?・・・といっても、数年外で乗っているフレームと新品のフォークなんで、まあ、その辺は差し引いていただきまして。

 DSC_0201_convert_20161229192051.jpg

 こいつも外で乗られて、いい感じに使用感が出てくれば、違和感はないかもしれませんね。

 DSC_0202_convert_20161229192043.jpg

 ちょいと真鍮・・・ぽいところが、せっかくの銀ロウ仕上げにしてくれた柳さんには申し訳ないことに・・・。化学変化というほど大げさではないものの・・・、イエローキャンディーのフィルターによる黄色増し・・・なのでしょうか?

 こういう色の処理は、たぶん塗装部門の仕事になるんでありましょうな・・・。例え真鍮ロウであっても、そこに、メタリック系を遠くからふきかけてぼかしながら真鍮食を抜いて、そしてそこにスモークをかけていくと・・・、より自然な形でシルバーの統一感が出る・・・んじゃないか?なんてね。

 まあ、考えてみるんですよ、あとはメッキ系の塗装・・・とかね。

 すべての受注は勉強の要素があるんで、行く行くは素材で補えない色の統一感などは、コーティング係の問題として解決に持って行ければ、これこそ合わせ技の妙・・・だろうと思いますわ。

 DSC_0203_convert_20161229192033.jpg

 昨年暮れですか、当店で取り付けた黒カーボンのフォーク、ちょいとお休みで、また別自転車のフォークとして活躍する日まで、待ってなさい。

 DSC_0198_convert_20161229192113.jpg

 車体としての統一感に関しては、気に入ってもらったようで、まずはこれにて今回は終了・・・。今頃品川で、夜釣りの最中かしら?

 しかし、自分の好みをぶれずに、追求して、パーツ類を探し出して、形にして乗りこなす、本人「自転車についてはまるっきりの素人です・・・」と。でも、ある程度自転車を知らないと、こんなアッセンブルはできません、なんていっても、当店は組んだだけですから。でも、そういう方っているんですね、自分の好みに忠実に探すだけで、綱渡りができてしまう・・・。

 そういう方々の支援に回るだけでも、これは面白い仕事なんでありますな。

 また、「何これ?」みたいな何か持ち込んで・・・「これでスッゲーダサい自転車組みたいんですけど・・・」なんてクールにいってくるかもね。

 お受けしますわよ!とことんね!

※三十日は昼過ぎから、この忙しいのに大迷惑な、餅つき大会です!千円食べ放題!一升餅2500円にておわけします!悪いがこの餅はうまいよ!餅は自転車屋!これで決まり!

000 20151231_125723_577_convert_20151231133419

暮れのどさくさに・・・餅つき大会 伸し餅予約受付!



 もうあまり言いたくはありませんが、早いですね、暮れも真っ盛り、もう正月ですよ。

 そして、届きました、今年も。

 九州の戸倉さん作の、無農薬、天日干しの餅米です。この餅はうまいよ、マジで・・・。

 DSC_0015_convert_20161229105330.jpg

 米の粒も美しいねえ・・・。

 こいつに浸水させて、蒸して付く。もちろんそれ以外の何も入れません。餅米と水だけ、当たり前なんだが、世間様で売られている切り餅とかいうのって、なんか団子このにおいがしたり、仕掛けが多そうだよね・・・。

 000 20151231_125723_577_convert_20151231133419

 餅は買うもんじゃない、つくもんだ!
 これは一度やったら、体でわかる真理である!

 つき上がり!これで一升分の餅のできあがりです。

 これ食べると、世に売られている、パックの餅がプラスチック製だということがわかる・・・はず。

 そして突然ですが、暮れのお忙しい中でありますが。この三十日、昼過ぎより、餅つき大会します!

 千円で、餅食べ放題!

 大根おろし、納豆、きなこ、汁物と。

 また、正月の伸し餅、一枚一升分の餅米でできた伸し餅ですが、一枚2500円にておわけします!

 そういうことは早く言えよ!という声も聞こえてきそうですが・・・、年明けも似たようなこと、すると思いますが、まずは年内にて!

 ご来店お待ちしています!

名付けて NJSロードとでも言おうか?



 鉄フレームのロードレーサー・・・ですね。一見は・・・。

 DSC_0206_convert_20161228215307.jpg

 サムソンと言えば、NJSでも有名ですね。今はどうか知りませんが・・・。

 DSC_0207_convert_20161228215256.jpg

 外装の十段ギアがつています。しかし、そのフレームエンドはなんと120エンド・・・ということは、そう、こいつは正真正銘のピストフレーム、しかもNJS時代のフレームなんでありますよ!!!

 今更わざとらしいですが、130ミリのロードハブを改造して、120エンドにしてしまう・・・、さすがにそれで組んだホイールのおちょこ具合はすごいが、でもなんとかなる。

 DSC_0208_convert_20161228215238.jpg

 秘密はこの部分をいかに短くすることができるか?といっても10ミリだけどね・・・そこにかかっております。

 DSC_0209_convert_20161228215225.jpg

 あとはまあ、なんとか・・・なるんじゃない?これも台座を付ければディレーラーも乗るしね。

 DSC_0213_convert_20161228215147.jpg

 48*38のクランク。その上にはしっかりフロントメカが付いています。

 DSC_0210_convert_20161228215216.jpg

 問題はワイヤーの取り回しなんだが、リアはオールアウターでやってみる。フロントだけ、ダウンチューブにアウター受けをもうけて、BB下を通して、フロントメカに取り付ける。

 DSC_0211_convert_20161228215206.jpg

 シフターはバーコン。フリクションで10速を引くには、ちょっとコツがいりそうだわな。あまりに面倒なら、デュラエースのバーコンに変えるかな?

 DSC_0214_convert_20161228215136.jpg

 この辺も正真正銘のピストフレームだよね。板挟みでリアブレーキがついているところなんてね。

DSC_0215_convert_20161228215125.jpg

 フロントもフォークに台座をかまして、そこに付けている。だから効きはいいとは言えない。

 そして、ホイールだが・・・、
DSC_0212_convert_20161228215157.jpg

 DTの585のシルバー、今やなき名リムであります。

DSC_0205_convert_20161228215320.jpg

  でもまあ、こんなことまでしなくとも、ロードフレーム購入すればいいのに・・・と普通は思うんでしょうな。

 でも、あるものを有効利用して、強くなりたい。元がNJSですから、それ自体言い訳のできないフレームということで、こいつで街道練習を積んで、来年の勝負にかける、ということなんであります。

 ピストフレームでロードを組むなんていうのはもう何度もやっていますが・・・、その真の狙いは、現役の競輪選手が街道用のピスト練習に、ロード化してくれませんか?という依頼が来ないかなあ・・・ということ。

 これが来れば、天にも昇る気分なんだがねえ・・・。

 カンパの11速化もできるんで、スーレコで組んでくれ・・・なんていう選手はいない・・・よなあ・・・たぶん。重賞レースで賞金獲得したら・・・どう?三十日はグランプリだしねえ、立川か?

 あとはやたらと、ピストフレームばかり持っている人。一台くらいは多段があってもいいんじゃね?という人いないかな?シングルにはシングルの良さがあるが、多段には多段の良さがある・・・んだよ。

 問い合わせ来るんだがね。

 まあいい、今回この手の改造を名付けて「NJSロード」というカテゴリーを作ったんで、それに反応してくれる人が出てくるのを待つとしようか?

 実際面白いと思うよね、トラック用に作られたピストレーサーを多段化するっていうのって、これまた乗ることで、いろんなことがわかるだろうなあ、と思いますよ。

 まあ、そんなことで、チャレンジャー求む・・・であります!

もらい事故からの生還



 こちらに向かってくる対向車があったので、止まって大きな声で注意を呼び掛けたにもかかわらず、もろ突っ込んでこられた、という。その後、一度当たって止まったので、大丈夫かと思ったら再度アクセルを踏んできて倒されたということらしいです。

 さぞかし驚かれたことかと思います。

 相手は八十過ぎの高齢者さん。それでも会社つとめで、仕事の最中の事故だったということです。なんか今の社会の一端を象徴しているような内容かも知れませんね。

 今、物流の方ではある会社の荷物がおくれいているそうで、ある意味当店も割を食っている。この繁忙期に人を補充しなかったという会社のミスが原因なんだろうが、末端の一番大変な人たちが、罵倒食らって、もう疲労困憊の顔をしている。

 厚生省によるとこりからの高齢者の定義は70以上ということになるらしい、そのうち年金支給も七十から。店主らの時にはもう75歳支給になってるかもね。

 なれば、煙草銭並みの年金を当てにしながらも、結局はかなりの高齢者になるまで働かざるを得なくなる。一方、年金支給を遅らせる国にも、仕事を作る義務が生じてくる・・・。労働法を変えて、仕事をさせる方にもする方にも何かを課してくるだろうな。総括役・・・ってことだ。

 果たして、80になっても社員として働けることがいいことなのか?悪いことなのか?簡単に言えることでもないが、高齢による衰え、仕事の疲労蓄積なんてことが常態化すると、この手の事故も増える・・・んじゃないか?いや、その頃は自動運転?かな?

 まあいいか。

 鉄フレームなんで、全部ばらしまして、計測修正なんかをしますが、幸いフレーム自体には構造上の問題はなかった、傷だけで済んだということです。その傷も元に戻して!という場合には再塗装ということになるが・・・・ね。

 DSC_0147_convert_20161228210825.jpg

 フォークが妖しいと、測ってみると、明らかに歪みがある、修正は難しということで、フォーク交換で対応。

 DSC_0200_convert_20161228210803.jpg

 これが交換したフォークなんですが。これは送られてきた時には、なんとピンク色・・・、間違いか?と思ったが、どうもこの種類のもので同色のものはすでに売り切れらしい・・・。

 ということで、本体の赤と同じ色で塗装することに。

 DSC_0201_convert_20161228210753.jpg

 一言赤といっても、実は色々あるんです。手前のが事故で曲がったやつ、この赤は、今店が所有しているペイントの赤に、ほんの少しの黒と黄色が見えたんですね、ちょこっとだけですが、その二色が顔出した。

 そこで、一定量の原赤に、串で垂らすように黒を数滴、黄色を数滴たらしつつ、調色をしていく・・・、さながら板金屋だよね。でもあっちは車の面を塗るんだから、その色合わせは半端じゃあないんだろうなあ・・・。

 難関はこのくらい、あとは組戻すだけ。

 DSC_0202_convert_20161228210744.jpg

 しかし自転車名人だけあって、自分のスタイルというものが確立されているところが潔い。他はなんと言おうが、オレはこれ!ちょっと前までアルミの車体を乗っていたが、やっぱりクロモリがいいや・・・と、鉄帰りされました。

 DSC_0203_convert_20161228210733.jpg

 コンポ類には全くの損傷もないので、そのまま戻しで・・・。

 DSC_0198_convert_20161228210815.jpg

 これがフォーク交換だけ・・・なんて中々信じてもらえないだろうが、もう修正したんでまっすぐ普通に走る、そういう通勤自転車に戻りました。

 今回は保険屋さん直々で来られて、見積もり作成依頼をされ、それを送って五日後だったか?ではそのように施工お願いしますということで請け負ったわけ。

 ただし、どこの保険屋さんが何をいくら負担・補償するか?ということはまだ決まっていないらしい。被害に遭われた方も、相当の額の治療費を立て替えているとか・・・。なれば、なんで?とも思うが、コチラも立て替えるということで、自転車だけ乗って帰っていただくことにした。

 この後の補償交渉も難なく進んでくれるといいなあ・・・とも思いますが、この辺がまた事故にも魔物がいるっていうので、こじれる時はこじれるんであります。

 そうなると、支払いは半年後・・・なんてこともね・・・、あり得る。それが事故車を預かるということなんで、それがいやなら、断るしかない・・・でしょうな。

 まあ、楽しい仕事ではありませんが、当店はこれからもこの事故処理と事故からの生還については、やっていこうと思います。

 理由は・・・まあ、勉強になるというのが理由でしょうかね・・・、もうあまり外に出ず、家仕事ばかりしている店主からすれば、ある意味家にいながらの社会勉強のようなもんかもしれませんね、家にいながらの人間観察・・・とでもいうかな?

 いろんなものが見えてくるというのは確かなこと・・・、未だに懸案の事案だけでも、これ含めて4件ほどありますからね・・・。

 すべて年を越しそうであります、まあ何でもいいや、解決しない事案はない、終わりのない坂はないようにね・・・。

他店とのコラボ クリキンにベロなし・・・



 基本公にはやらないことになっているアヘッド加工ですが、たまーに、来るんですね。イタリアの貴婦人のごとき高級車には、何かあっても一切で帰任は問いません!という念書があっても、やらないことになっているんですが・・・。

 そこまで力を入れなくても、できるのであればやってください・・・というレベルの依頼でしたら、やらないこともない。

 そうしたら、渋谷なんておしゃれなところにあるある自転車屋さんから運ばれてきた。

 003_convert_20161227212619.jpg

 見るとクリキンのヘッドパーツが・・・。まあ当店でも扱えなくはない高級パーツですが、まあ出ないね。そんなのが圧入されています。

 オーバーサイズのヘッドパーツで、スレッドものの高級なものなんてやっぱりクリキンくらい?でもよく作っているよね、他の車種でも共通に使えることもあるのかな?

 004_convert_20161227212608.jpg

 立派なフォークも付いてきた。

 005_convert_20161227212555.jpg

 コラムを見ると、ああ、やっぱリアヘッド用の無垢状態・・・、やっぱりねじ切れってことか・・・。

006_convert_20161227212542.jpg

 ねじ山を切るのは大変体力がいるので、できるだけ短いねじ切りにしたいので、こういうところはマメに事前に切っておく。

007_convert_20161227212530.jpg

 完成!アヘッドのスターナットが見えますが、もうスレッドになるのだから関係なし。

008_convert_20161227212519.jpg

 オーバーサイズ用のコラムダイス。この1発目が大変なんだよね。ちょっとの刃が地面と平行にいかにコラムに噛みつくか?なんですよ。

009_convert_20161227212507.jpg<

 あとは体力勝負なんだが、腕で回してはいけません、体で回すんですね・・・。そうするとブレない。

010_convert_20161227212458.jpg

 無駄だと思いつつも、少し深めに切る。そしてあてがって、調整だな。

011_convert_20161227212447.jpg

 さてコラムの先端がこれだけ顔を出します。そこにヘッドパーツを取り付けていく。

012_convert_20161227212438.jpg

 5ミリほど長かったな。クリキンのヘッドパーツには、ベロ付きワッシャーがない・・・。スペーサー入れて手を抜いてもいいんだが・・・、見た目が大事な自転車ということで。

013_convert_20161227212322.jpg

 よし!これでぴったり!完了。

 まあ、たまだからいいわな。これをまた段ボールに戻して、出荷した他店に送り返すことに。

 よその店に仕事を見られるので、緊張しますが・・・、まあこれならいい方か?でも一台組み付けるのに身内でない他店とやるなんていうのは、ある意味初めてかな?

 でもどんな一台になるんだろう?最終過程が見られないというのは、なんか変な感じだよね・・・、やっぱり・・・ね。

色々ありまして 極フツーの車体に戻す・・・ことに



 実用車系のフレームなんですが、色々と工夫をして、少しでも楽に速く・・・ということを目指したんでありましょうな。

 DSC_0014_convert_20161227131014.jpg

 前後の泥よけがなかったり、チェーンカバーがなかったり、随分潔い車体だよね。

 しかもハンドルがこれだよ・・・。

 DSC_0011_convert_20161227131032.jpg

 下に開いたランドナーに適したようなドロップハンドルを付けていた。ブレーキレバーだってドロップ用ね。

DSC_0013_convert_20161227131023.jpg

 セミドロのような形で、スゲー緊張感はないながらも、かなりの前傾がとれるという意味で、走りに徹した自転車を組もうとしていたには違いない、と思います。

 DSC_0203_convert_20161227130947.jpg

 とこいつを、普通のこんなハンドルに変えてしまうなんてね・・・一体なんかあったのかね?

 なんて話をだんだん聞いてみると、どうも引っ越しに際し、この自転車を普通の方に譲るということなんですねえ。まあ、納得・・・そうでもなければ、ここまでした自転車を戻すなんて考えられないよね。

 DSC_0200_convert_20161227130957.jpg

 当初は、元々付いていたセミドロをひっくり返して、通常ハンドルもどきとして使おうかと思ったものの、ドロップ用のブレーキレバーとの相性が悪い・・・。なわけでブレーキレバーをフラット用のものに交換しようとしたが、今度はハンドルの径が違うから、入らない。

 となると、元々からして交換しなくてはならなくなる・・・。

DSC_0205_convert_20161227130936.jpg

 本当ごく普通のハンドル付けた、ごく普通の自転車に戻ってしまった。

 DSC_0199_convert_20161227131006.jpg

 まあいいんだけど、遊び心もへったくれもなくなって、ねえ、まあ約元に戻ったということで、いいことにしようか。

 と、引っ越しってどちらに?桐生にですか・・・。元々、最小限のもので生きておられる方々なので、引っ越し荷物もほとんどないとか、ほぼ身一つ、ピスト一台で桐生までいかれるそうだ。

 地方に暮らすか・・・。また一人地方に移住を決めたお客さんが現れたっけな?

 これから世の中どうなる?という時、やはり田畑持っているやつは最強だろうなあ・・・と、改めて思うよね。地方には地方の問題があることはわかるが・・・田畑持ってんだぜ・・・。

 なんかそんな話を聞くと、地方に拠点の一つでも持ちたくなってくるよね。でも、これまじめに考えた方がいいことかもしれない。本当これからの世の中、希望はあるのか?と思う。

 度しがたき、老人国家。経済力の弱体化。舵取り組の無責任と無能ぶり。国会で経を読む輩もいるときく。その批判もまともにない、情弱態勢。

 ウーン・・・、やはり田畑基本の何か?に未来はあるかも・・・とだけは考えておこうか。

練習問題 カゴ付け 



 自転車にカゴを付ける、大抵の自転車にカゴがついているところから考えると、まあ当たり前の部類に入る依頼でありましょうな。

 カゴ自体があって、取り付け金具があれば、まあほぼ取り付け可能と思うでしょう。

 でもねえ、実は自転車の範囲を快走車、スポーツ車なんてとこまで広げるとなると、そう簡単にはいかない・・・というのが、カゴ付けなんですね。

 本当かよ!と思われる方も多いだろうなあ・・・、だったら自分でやってみる?と、やる立場になってものを眺めると、これが中々難しい・・・、ある意味練習問題なんでありますね。

 このクロスバイクにカゴを付ける。通勤に使う際にやっぱり荷物は載せたい・・・ちょっとの荷物でいいんで、小さいカゴ付かない?という依頼が来たんですね。練習問題です。
 
 さて、一見してサスペンションだ・・・。サスペンションは路面の凸凹を吸収するため可動タイプのパーツなんで、カゴを取り付ける金具を可動部と不動部にまたがってかけてしまうと、せっかくの可動部を殺してしまうか・・・、可動部による長時間の金属疲労で金具が壊れてしまうか?のいずれかになります。

 なので、よーく観察する必要があります。

DSC_0003_(2)_convert_20161226221041.jpg

 サスを見ると・・・、ブレーキ台座がある・・・これを利用してフロントキャリアが付けばそこにカゴを載せることができるわけだ・・・。

 ところが、ブレーキ台座は左右一対、通常なら赤いアーチの真ん中に取り付けのための穴などが開いているのが大半なんだが、こいつにはないと来た。

 出たよ!こういうところが、練習問題中の練習問題なんですね・・・。

 DSC_0005_(2)_convert_20161226220950.jpg

 おお、フロントエンドにダボがあるなあ・・・ここから下支えをすれば、三点止め以上できるんで大丈夫かな?

 などと考えつつ、他の選択肢も模索する・・・。

 で、こんなになりました。

DSC_0002_convert_20161226221053.jpg

 取り付け成功!

DSC_0003_convert_20161226221025.jpg
 
 まあ、普通についているので、やっぱり当たり前でしょ!?とつい思われがちなんだが・・・。

 DSC_0006_convert_20161226220927.jpg

 肝はここね、下からのダボは使いませんでした、サスのアーチ部分に穴がなかったので、金具で巻いて、三点止めしているという落ちであります。

DSC_0004_convert_20161226221015.jpg

 こんな感じで巻いて止めています。

 DSC_0005_convert_20161226220937.jpg

 キャリアがしっかり付いて、そのキャリアにカゴを取り付ける、金具はまた別物から流用したもの、新聞カゴのようなデカいカゴを付けるのに、取り付け専用金具のようなものが別売りされているんですね、そいつを使います!

DSC_0001_convert_20161226221108.jpg

 やはりぱっと見ると、付いていて当たり前のカゴなんですが、実は隠れた技ありなんであります。ただ、あまり重い荷物は載せないでね・・・という感じ。

 完全な買い物仕様にするのであれば、リアキャリアにリアカゴ、またはサスフォークをリジッドフォークに変えたら、新聞カゴでも何でも付けて進ぜよう。

 意外に盲点かもしれませんが、カゴ付け姿勢が、その自転車屋の施工姿勢・・・のようなものを象徴しているのかもしれませんね。「え?それは付かない!」と簡単に言う店は、そういう施工姿勢なんでありましょうな。まあ、どうでもいいですが・・・。

12月25日 は 忘年会です!



 12月25日、狸サイクル・響き床の合同忘年会となります!

 一度日程変更などいたしまして、あまり大々的に広報していないので、どちらかと言えばこぢんまりの感はありますが、たとえ参加者一人であっても、全力お迎えする態勢はできていますので、ドーンと来い!であります。

 上のやつは、練り物のない無添加おでん・・・かな?

 お一人様一品持ちより、参加費二千円にて、お待ちしています!
 
 時間は夕方前後から、早めに来た方には会場設営などお手伝いお願いしますね!

 DSC_0201_convert_20161225000731.jpg

 夜は適当な時間まで・・・です。泊まる方は寝袋がたぶんあるとお思います。

 じっくり飲み食いして、しっかりお話などいたしましょう。

 しかし、2016年ももう終わりですか・・・、今年は・・・というと、昨年があまりにも劇的な年だったので、大した展開があったのかな?という感じですが、日記などをくくってみるとまあ、いつの年にもまして、出会いの年でもあったかな?なんて思います。

 来年は・・・、まあ、わかりませんが、また大きな変化があるかもしれませんね。新たに来る人、残る人、そして去って行く人と相も変わらずダイナミックな当店になりそうです。

 どんな状況になっても、向かう方向にぶれはなし・・・、自転車の成熟化に向けて尽力するしかない!

 ということで、これはお好みで辛みのソースを付けて、ご飯にでもかけるかな?それともクラッカーで・・・?

 もちろん無添加のチリビーンズ系の何かだな・・・。

 ということで、25日、夕方前後より、夜まで・・・お待ちしていますよ!

ロングトライアスロンだぞー!!!



 ロング系のトライアスロンは、地方への転戦が多いですねえ。交通事情や、自然環境の影響をもろに受ける競技としては、仕方がないのかもしれませんね。

 そうなると、高額な参加費用に、交通費、宿泊費などが加算されて、経済的に余裕がなければできない・・・という条件だけは揃ってしまっている・・・、不幸なことに、であります。

 金はなくとも、若くて意欲と才能のある子達が参加できる態勢を作っておかないと、将来はないような・・・気もするね。

 かつてスポーツと言えば、欧州の貴族達のものだった。乗馬なんかに王族が出てくるなんていうのが、ある意味典型でしょうな。そういうところからアマチュアリズムなんていう伝統があったんでありましょうな。

 別に生活のために働く必要のない特権階級の連中のたしなみ・・・程度のものだったんでしょうかね。

 それに対して、プーマやアディダスというのは、ビジネスという観点から、こういうところに切り込んでいく。金はなくても才能のある子達を発掘しては、それをスポンサードして、有名になったら今度は逆に広告塔として利用する・・・という展開ね。まあ、これはこれで一定の風穴が開いたんでありましょうが・・・。

 他には、社会主義国の華々しき時代には、国家の威信をかけて一体のサイボーグを作るなんていうのもありましたね。これに対抗するには、アマチュアリズムなんて言ってたら勝てるわけがない・・・、向こうは国家バックにしているんだから・・・、とプロが解禁になったのが、ロサンジェルス五輪からでしたっけ?

 まあ、いずれもパッとしないよね。貴族は先天的なもんだし、社会主義の管理下のスポーツなんて堅苦しい、なんでいちいち国のために・・・やる必要あるの?そしてビジネス・・・、大金が動くとなるとこれまた半端ではなくなりますね・・・。

 そういのではない、希望するスポーツをまずは楽しんでできるような仕組みってないかなあ・・・ねえ?

 まあ、そんなわけで、転戦するトライアスロンの選手にとって、この手のアルマジロのごときシェルを持つ自転車収納ケースというのはある意味必需な訳なんだよね。

 柔らかい輪行バックになど入れて、飛行機の荷物室に入れられないよね。現地に着いたら、カーボンのフレームどこかが陥没してました・・・ではシャレにならない・・・。

 ということで、そのてを一つ譲り受けたのだが・・・、

DSC_0208_convert_20161223192148.jpg

 裏を返すと・・・アレ?キャスター・・・?これって新種のキャスターなの?

DSC_0209_convert_20161223192136.jpg

 よく見たら新種じゃないね・・・、キャスターの回転部分が四つともすべて外れているというわけ。つまりは、収納はできても、常に持ち上げて運ばないといけないという、そのまま使うにはかなり悲劇的な状態なんでありますね。

 DSC_0210_convert_20161223192123.jpg

 ひっくり返してみると、カシメだわ・・・。さて、代わりにどんなキャスターを付けるか?

 DSC_0211_convert_20161223192114.jpg

 まずは残骸を外して、更地にしなければ・・・、四隅に穴が開いている・・・となると、この穴に頼るようなことはあまりしたくはない・・・とすると?

 ホームセンターに行くこと一時間、考え抜いて1種類を選択・・・。

 DSC_0212_convert_20161223192106.jpg

 四隅の穴を避けて中央に一つものを取り付けて、強度を増すために、金具板二枚で挟む・・・ことに。

 DSC_0213_convert_20161223192057.jpg

 裏からも金具当て・・・。これにて終了・・・です。

DSC_0215_convert_20161223191909.jpg

 さて、これに自転車入れて、引きずりながら運べるようになります!佐渡行くのもよし、五島行くのもよし、宮古島いくのもよし、ハワイ行くのもよし、なのであります!

DSC_0214_convert_20161223192046.jpg

 転戦のためには、この手のシェルのしっかりしたボックスは必需ですぞ!

 ということで、もう一つ、トライアスロン情報。

 本日、こういうまさにロング系のトライアスロン車向きの、アダプターが当店にやってきました。

 DSC_0008_convert_20161223192213.jpg

 これです、わかりにくいかな?肘置きがあってその下からDHバーが伸びているでしょ?絶妙なのが、その膝置きの位置なんであります。

 DSC_0010_convert_20161223192159.jpg

 後ろから見るとこうなっています。つまりフォークのコラムの真上に肘置きをセットできるアダプターなんですねえ・・・。

 すごいでしょ?!これ。

 後日また、詳細を載せようと思いますが、普通のロードバイクに、この手前にセッティングできるDHバーというのは、ある意味ロングトライアスロンのポジションとしては、理想的なんじゃないかな?と思う次第なんですね。

 寝っ転がって本を読めるくらいの緩いポジションじゃないと、100キロ以上走行して、その後フルマラソンなんてできるはずもない・・・と思います。

 なんてことで、今後とも買ってしまった機材でお困りのトライアスリートの皆さんのために、どうやったら、自分のポジションに少しでも近づけることができるか?ということを提案して参ります。

 誠に生意気ながら、未だにトライアスロンのバイク部門は、発展途上と思っている店主からの戯れ言かもしれませんが、どうにかならないか?と必死な方がいらっしゃれば、なんとか力になれるよう、努力いたします!

最終章が近づくもまだ伸びシロあり!足回りの交換

000 20160703192645630

 当初はこのスタイルできたんですよ。まあ、どこにでもある実用車系の自転車ですよね。

 それが・・・、

000 20160703_140220_294_convert_20160703192514

 こんな感じで、ブルホーンになり、前傾になったもんだから、走るのがより面白くなってしまい・・・このスペックで奥多摩湖は当たり前になってしまったのであります。

 みるみる体重も落ち、なんか非常に楽しそうなんですね。いいなあ・・・。

 DSC_0179_convert_20161222183532.jpg

 それがまた、この状態で持ち込まれ、次の段階に進みたい・・・という。まあ、別に正規の発展段階なんてもんはないんでありますが、乗っている内に、車体よりも足の方がレベルが上がってくると、足からもっとどうにかならないの?というせっつきが来るんですね。

 いい状況ですよ。車体の進化に驚いて、体が車体についていこうともがく・・・、その結果車体と人体が並んだ時がバランスのとれた時。そのうち・・・、人体の方がだんだんと車体の機能により多くを望むようになってくる。

 車体としても、もしこれを変えてくれたら、しっかり期待に応えますよ!と来る、そういうときが脱皮の時!よし、じゃあどこをどうするか?ということになる。

 こういう人と車体のデットヒートというものは、ある意味理想的な展開だと思います。物と人の関係はかくあるべき・・・なんてね。

 じゃあ、今回奥多摩まで行くようになった人体の方からの車体に対する要求は何か?

DSC_0180_convert_20161222183523.jpg

 ここ、これなんであります、車体の足回り、こいつをもっと回るいいやつに・・・ということなんですね。

 DSC_0005_convert_20161222183613.jpg

 じゃあ、こんなのなんかどうです?30ミリのディープ系リムを手組なんですがね。

 DSC_0003_convert_20161222183634.jpg

 700cなんで、まあレーサー仕様と言っても過言ではない。ハブだって、そこそこのものを使っていますよ!タイヤも、今後は選び放題・・・、今までは考えられなかった展開でしょ?

 DSC_0004_convert_20161222183624.jpg

 ブレーキも交換せず、調整で済みましたよ。

 DSC_0181_convert_20161222183513.jpg

 前だけじゃあ、ヤダ!リアも変える!

DSC_0006_convert_20161222183601.jpg

 はい、同じくディープ系の頑丈なリムにしましたよ。

 DSC_0007_convert_20161222183553.jpg

 スプロケも8速に交換、最大は30Tなんでね、最近はどうも山の方にも興味が行くようになったとか、いいんじゃないでしょうか?これで。

 ちなみにこのハブには、11速のギアも取り付けることは可能です。なので、また人体が車体を超えようとした際には、別に完成車を購入しなくても、フレームとコンポがあれば、この前後のホイールは移植可能となります。最新コンポでもね。

 という展開。

 DSC_0008_convert_20161222183540.jpg

 コチラもブレーキの調整で済みました。交換じゃなくてよかった・・・。

 ということで、

 DSC_0001_convert_20161222183645.jpg

 まずはホイール交換で、今回は終了。あとは前ギヤや、フロントディレーラーも余地ありですね。後そうか、ビンディングも・・・ね、そう見るとまだまだ伸びしろはありますな。

 試乗した後、車体の変化に体が喜んでいる様子がグンと伝わってきましたわ。明日は休みですので、どこか行きます・・・。人体は、同等になってきた車体にまた驚く。いや、自分の可能性をより遠くへ持って行ってくれそうなこの車体の感触を十分に味わうことでありましょうな。

 別に高い自転車を得意になって乗るだけが自転車じゃあない・・・。むしろ、こうした抜きつ抜かれつの人車の関係にあることから学ぶことも多いよね。

 自転車はとっくに自転車であることを超えて、自分に対して語りかけてある・・・。そうした同位の視線で自転車と関係が持てる人というのも、ある意味選ばれている人なのかもしれない、と思うとこありますね。

 それは単なる値段に換算できるだけの商品ではすでにない、文字通り自分の足、ある意味、意味上の身体の一部といってもいいかもしれない・・・。
 
 そういう関係の持てる人をどれだけ多くすることができるか?なんてことも仕事の内か・・・、いや、仕事そのものなのかもね。

 自転車屋も突っ込んでいけば自転車屋を超えてしまうんだよね・・・。

 ところでいつまで自転車屋やっているの?

短いクランク作戦 実戦に投入か?!



 先日、思った以上の大反響をいただきました、クランクを短くする話、これもこの高齢社会に潜んでいる、まさに潜在的な要求なのかもしれぬ?と後押しされたような、感覚であります。

 ただ単にサドル下げるだけでは、下げた分だけ膝や股関節に増えるであろう負担をどうするべきか?という推測の元、例えばサドルを下げる以上にクランクを短くしたらどうなるか?ということのモニターだったわけであります。

 乗った瞬間に、「おお、これは楽だ!」ときましたので、まずは第一関門は通過ということで、あとはギア比などとの組み合わせによって、よりよいその方に合った、自転車のセッティングができるのではないか?と思っているわけなんであります。

 そうした興味関心の目を持って、もう一度カタログなどを見ると、見えてくるものってありますね。

 DSC_0204_convert_20161221194303.jpg

 例えば、これ。早速購入して実際手に取ってみたんでありますがね。この中で一番上の長いものが127ミリなんですぜ!そしてその下からいうと、114ミリ、102ミリ、そして最短がなんと89ミリなんだと!

 へえ、そんなに種類があったのね・・・、せいぜい170ミリ、165ミリ、160ミリ、そして152ミリで、127ミリぐらいかと思っていたんだが・・・、探せばあるもんだ・・・。

 と感心したのもつかの間・・・。

 よく見ると、こいつらみんな左クランクじゃないですか・・・、これじゃあチェーンのかけようもない。

DSC_0205_convert_20161221194253.jpg

 こいつは左だからいいものの。

DSC_0206_convert_20161221194243.jpg

 こいつらは右クランクのくせにチェーンリンク部分がない・・・。これは業者さんが間違えたな・・・ということで、早速お電話・・・、したんだが・・・。

 写真をよく見るまでもなく、そこには「一輪車用」と書いてあった・・・。こちとら「一般車用」と読み間違っていたわ。

 一輪車というと、チェーンはない・・・、アレは車輪に直に付いているだけ、いわば三輪車と同じじゃない・・・なので、右クランクであってもチェーンリンクがないのが当然なんだと・・・。

 言われてみれば確かになあ・・・、でも変なところに一輪車の部品紛れ込ましてんじゃねーよ!と叫んでも、もう後の祭りときたもんだ。

 それからよくまた調べてみると、一般自転車用としてセット売りされているクランクっていうのは、せいぜい127ミリが最短で、その上が152ミリ、160、165、170と続いている・・・。ケッ元に戻っちまった・・・。

 店主が一瞬目を輝かせた114ミリや89ミリのクランクなんていうのは、勘違いから来るうたかたの夢だったわけ?

 天国から一気に地獄ですわ・・・ってほどでもないんだが・・・、ちょっとがっくり・・・。

 でも待てよ・・・。

 一本ばかり捨ててあるような実用車クランクを見つけて、印付けて、ポンチを打ってみた。

 DSC_0198_convert_20161221194410.jpg

 そこに仮穴を開けてみる・・・。意外に柔らかいんだな・・・。

 DSC_0199_convert_20161221194354.jpg

 その上から今度は13ミリの本穴を開ける・・・。これかつてタンデム自転車のペダル加工でやったことあったなあ。タンデム(二人乗り自転車)というのは、組み方によって左右のクランクを逆に付けるので、ペダルのねじ山もまた逆に切ってやらないと、色々と面倒なことが起こる・・・ということね。

 DSC_0200_convert_20161221194340.jpg

 そして、ペダルタップで逆ネジを切っていくと・・・。

 DSC_0201_convert_20161221194330.jpg

 とりあえずは穴は開けられ、かつねじ山も立てられた、ということになった。いびつな形のクランクにどこを起点にドリルを立てるか?なんてことがかなり深刻な問題ではあるんだが、まあとりあえず、あるもので、垂直は出せたようであります。

 もちろんご覧の通り、この母材にしたクランクでは、穴に対してクランク自身が細いため、ここにペダルを通して、踏むなんて無茶なことはいたしません!折れちゃうよね。

DSC_0203_convert_20161221194316.jpg

 でも、上の写真にあるような肉厚のクランクを利用すれば、ペダルの穴は好きなところに開けられるはずであります。ということは・・・、

 DSC_0207_convert_20161221194234.jpg

 例えばこんな感じ、114ミリのクランクセットができた、というわけであります!やった!!!

 つまり、落胆しているのもまたつかの間、少なくとも一輪車用の左クランクさえとっておけば、あとは長さに応じて、肉厚クランクにペダル穴を移動させるように穴開けタップ立てをすればいい、ということで、これ解決!ということがわかった次第であります。

 でもなんで?89ミリなんて激短のクランクなんて必要なのか?ってことですよね。他に102ミリなんて本当に必要なの?114ミリも?という疑問も当然おありでありましょう。

 その答えは、この店主もわかりません、全くわかりません。あとは利用者・・・というか潜在的に必要としている人がどのくらいいるのか?ということであり、また、問題はそういう必要としている方に、どのように知ってもらい、実際どのような形で利用してもらえるようになるか?なんであります。

 電動にお乗りの高齢者の方々のクランクを127ミリにしたら、どういう感想が帰ってくるか?

 股関節を手術したばかりの方に、89ミリのクランクはどのような使用感を感じられるのでしょうか?

 左右の足の長さが何らかの事情で、異なる人がいたとして、その非対称を吸収できる左右の長さの違うクランクを導入したら、その人は一体どう感じるのでありましょうや?

 膝を故障したサッカー選手の心肺機能を自転車で維持すると言う時、一体その膝の故障と養生の段階と、クランクの長さの関係っているのはあるのか?ないのか?

 この辺て全く未知の問題でしょ?少なくとも店主にとっては未知の領域なんであります。

 そこに船出しようじゃありませんか?ということなんだよ。その際には、大抵の場合にも備えられるような、長さの選択肢は確保しておきたい、と思うだけのことであります。

 もし自転車をケガや、手術後のリハビリの機器として、本格的に導入することができるとしたら。室内から外に出る、という気分転換としても大変いいリハビリ機器になりはしないか?

 ケガの回復度合いに応じたクランクの長さというのがあるのであれば、そのクランクで、リハビリかねて選手などは50キロ、100キロと自転車で走ればいいだろう?君たちは、ケガが治って普通の生活に戻ることを目指しているのではない、アスリートの体に戻ることを目指しているんだろう?なれば、負傷部位に負担をかけず、心肺機能を向上させるには?と考えるの当然だろう。

 まあ、そんなことを年が明けてから、とある理学療法の先生とやって行けたらな、と考えているのであります。別に特別のことではないかもしれません、これも一人に一台をどうセッティングするか?ということの延長線上なんでね。

 当店の隣は、市の福祉会館であります。電動や、ギアのある自転車のクランクを短くすることでサドル下げることができるようにもなるかもしれない、そうすれば、無理なく、恐怖心もなく、とっさの事故も少なくしながら、できるだけ長く自転車に乗り続けるようになるやもしれない・・・と思うんです。かかとでペダルを踏んでみることなんかもおすすめしたりしてね。

 考えてみれば、この西東京界隈、この武蔵野地域の高齢者にとって自転車というのは、地方でいう車と同じ役割をしている、と見えます。行動の範囲を広げ、ちょっとした荷物なら自転車に持たせて移動できる・・・、そういう意味で欠かせない乗り物のように見えますね。

 外から見て、ちょっと危なっかしいように見えても、自転車を捨てずに、乗り続けるというのは、そういう生活上の必然があるからに違いありません。

 なれば、長年それぞれの体に刻まれた、履歴にあった、よりシビアなセッティング、というのももっとあってよろしいかと思うんですね。

 そういう際に89ミリクランクが活躍しないなんていう保証はない!だったら、いつでもスタンバイOKにしておく!

 以上だ!

合わせ技 柳 大森研魔 狸サイクル



 フォークは大事!走りにとってフォークは決定的なほどに大事なんであります!なれば、その車体に違和感があれば、まずはフォークを疑う、というのもありかもしれませんね。

 カーボンフレームにカーボンフォークは今やセットの時代。それが当たり前として与えられて、どうもシックリこない・・・とすると、ああ今回のフレームは外れだ・・・と思う人は多いと思います。

 なぜってフォークとフレームは一対なんですから、フォーク自体を疑うなんて発想が出てこないわけです。

 いえいえ、でもね、そのフォークをクロモリのオフセットを変えたものに交換してみてください、もちろん重くはなりますよ、でも今の車体は必要以上に軽いのが多いんで、多少フォークが重くなっても、むしろ下りなんか別の意味で安定するかもしれませんよ。

 たぶん、オフセットを変えただけでも、エエ?嘘!と思うくらい影響があり得る・・・、そういうちょっとディープめな体験をより一階上のレーサーの方々にしてもらえたらなあ・・・なんて考えるんであります。

 コンポもそうですが、フレーム回りだって、すべてがメーカー主導で、選手向けのF1アイテムが増えていって、それに従うしかないなんて、成熟化の逆の路線以外の何物でもない。

 ああそうなの・・・メーカーサイドは何作ってるか知らないが、こいつが今の俺の足には最高だよね・・・というライダーが増えていかないと、すべてあちらサイドの思惑でものが動いていくという、相互性のかけらもない、しらけた世界になってしまうんじゃないかな?

 常に新製品!新製品!に目を奪われて、踊らされてね、大体今回の新デュラエース、本気に乗ってみたいという人ってどのくらいいるんだろう?別にいてもいいんですよ、それは研究し尽くされたものでしょうから、それまでのものとはたぶん別物でありましょうからね。

 ただ、それだけじゃあない!という発想を活かす文化や余地がないと、やっぱり面白くはない、と思うのね。

 そんなわけで、これからはクロモリフォーク別注の時代!に入ったんですよ、その選択肢はしっかり確保して参りますよ、柳サイクルさんとね!

 かっこいいと思うけどなあ・・・、フレームはカーボンで、フォークはブレードの少しきいたクロモリフォーク、大森研魔の妖しいメタリックな光を放って、峠を下っていったら・・・。

 ちょっとライダー止めて、その意図聞きたくなりませんか?なんであえてクロモリなんですか?なんてね。

 まあ、いいからちょっと乗ってみる・・・?なんて通っぽくてね・・・。

DSC_0204_convert_20161220204821.jpg

 柳さんの力作に、大森研魔社長の魔の手の合わせ技。

DSC_0201_convert_20161220204852.jpg

 ディスク台座は今回は付けていないようです。

 DSC_0202_convert_20161220204843.jpg

 通常なら真鍮の金色のロウが入るところ、ここはあえて、依頼者の「銀ロウで!」というご要望を入れました。これがなんともクールにて、かっこいい・・・。

 DSC_0199_convert_20161220204903.jpg

 ただし、これで終わりではありません。研魔が終わったので、これよりコーティングに入るんですが・・・。

 単なるコーティングではなくて・・・、疑似チタンをしっかりギミックでなぞるような、そういうコーティングを施していこうか?なんて画策しているんでありますがね。

 しかし、こんなことでも遊べるフォーク単体選び・・・、これは深い遊びになりそうですな。

 コチラも態勢整えつつ、合わせ技にて、そうした新たなニーズというか選択肢を提示して行ければと、マジで思っているところなんであります。小さい店でできること・・・を考える。

可変性どこを見るか?



 バリバリのタイムトライアル車。一時間前後を全速で独走するために考えられた車体なんだが、その先鋭的なイメージが、トライアスリートにも深く食い込んでいるようですね。

 でもね、片方は一時間前後、ゴール後はぶっ倒れてもいい種目なんだが、ロングのトライアスロンということになると、バイクの前に4キロ弱泳いでいるんでしょ?それから、150キロから180キロ自転車で踏む・・・、50キロじゃないんだよね。で、それだけではない、その後フルマラソンとかしてしまうんでしょ?

 全く違う競技だよね・・・、なのに、イメージだけが交流しているとすれば、いろんな勘違いが起こりえるんでありましょうな。

 中には、ロードのタイムトライアルポジションでロングトライアスロンを走るやつもいるかもしれないが・・・、まあいたとしてもごく少数なのではないか?少なくとも当店回りでは・・・いないと言っていいでしょう。

DSC_0199_convert_20161219182113.jpg

 だもんで、今こんな状態になっています。すごいスペーサーの量でしょ?

 DSC_0200_convert_20161219182103.jpg

 ステムの上だけでも八枚あるかな?下で三枚?今のところかっこは悪いが、これで、ポジションを出していきながら、削るものを削って、自分の距離とポジションを内観しつつ決めていく、こういうことができないTT車は購入しても、トライアスロンには使えないんじゃないか?って思いますね。
 
 まあ、たたでさえタイムトライアル車体というのは見せ場が多い、いろんな特殊機能を積んでいるのか、メーカーの技術力やセンスを象徴するような一台として確立されてしまう・・・ところも、逆に言うとユーザーには使いにくいところなんじゃないかな?と思います。

 メーカーの極意の特殊パーツが多いタイムトライアル車体は、どこを気をつけるべきか?

DSC_0120_convert_20161219182217.jpg

 これは先日までにあったトレックのTTバイク。ステム・・・といいたいがどこからどこがステムか一見してわからない・・・。多少上向きに付いているところが、この車体は救いになっているが、細かい数ミリの調整とかいうことになると、あまり機敏に動きそうにない。かゆいところに手の届かないという自転車は、競技者に無用なストレスを与えますな・・・。

 あとはここか?

 DSC_0122_convert_20161219182204.jpg

 そう、TT車には、ブレーキなんてとこも、メーカー独自のものが多い。どうもフレームの内部に織り込むことで、さらなる空力を狙っているということなんだが・・・。

 かつて当店でも扱ったFUJIのTTバイクも、特にリアの調整に苦労した・・・というよりも、苦労すると現在形で書いておく。なんかピタリ!と決まりにくい。といって、エーイ!いっそ一般のキャリパーに交換してしまえ!というわけにも行かない。

 このトレックのブレーキなんだが、こいつにちょいと幅の広いリムのホイールをはめようとすると、多分だが、大変難しい調整を迫られるか、不可能か?どちらかになる。

 DSC_0123_convert_20161219182149.jpg

 これを見るとわかるように、開くためには二つ上の写真のきれいにフォークに収まっているブレーキが、逆に陥没するようなセッティングにしないとシューが開かない構造になっている。

 フォークの内側のクリアランスを見ても、これ以上物理的にシューが引っ込むか?

 お察しのように、これからは競技用タイヤも25cあたりが主流になってくるとなると、リムが太くなる傾向は否めないよね、それにエアロ形状なんかが意外と太い方がいい・・・というようなことになるとすると・・・。

 決戦用のワッパとして、海外通販から、これかっこいい!とばかり写真で選んで引っ張ってくるとなると、自分の車体にはブレーキシューの関係ではまらない・・・なんてことにもなりかねない。

 だからといって、新品のシューを使いもしないうちから、ヤスリで削るというのも切ないよね。でも、そういう被害者は確実に増えるんでありましょう。

 DSC_0126_convert_20161219182135.jpg

 これがリアのブレーキです・・・何のこっちゃ・・・でしょうね。

 あとはあり得るのがクランク回りの特殊規格・・・。さすがにディレーラーまで手を出すフレームメーカーはないながら・・・、ある意味そこまで独自規格らしきものを集めているのがタイムトライアル車体・・・、そういう意味で、購入時にはだいぶ気をつけた方がいい・・・と思いますよ。

 店員さんには、自分の使用目的をしっかり言う!そのためのポジション出しがどこまでできるのか?ということをしつこく聞く。

 そして、独自規格のパーツがどのくらいあって、他との共有の可不可や、そのパーツ自体のサポート態勢もどこまでされているのか?なんてとこまでしっかり聞いておくことかな?

 たぶんショップがあっても、大変な時は大変だと思いますから、ましてや通販でなんてことになったら、たぶんご苦労も多いかと思います。まあ、それも勉強と思えるほどの度量があれば、それもよいかもしれませんね。

 かくいう店主も今ドイツの会社ととある件にて、ブロークン英作文で、いい勉強になっています!

 まあ、そういうことで、特殊規格や、独自規格なるものには、大いに気をつけてください!なにがって、応用が効きにくいということ、思い通りになりにくい可能性が極めて高いということにですよ!

半殺しコースター・・・どうするかね?



 バイクをイメージしている・・・んでしょ。ビーチクルーザーというのは、初期はバイクのフレーム使っていたんじゃない?と思えるくらい各所にそういう痕跡を残していると思いますね。

 必要のないタンク・・・なんかがその典型。この手は狙って、当店でも一ジャンルとしようともしたんだが・・・、そこにはまだ届かず・・・というところですね。

 DSC_0168_convert_20161219162019.jpg

 ハンドル回りなんかマジでバイクのものを利用しています。

 DSC_0167_convert_20161219162031.jpg

 どこで探してきたか?インゴットのような質感のあるアルミステム。

DSC_0169_convert_20161219162002.jpg

 これもまだ入れどころ定まらず・・・、決まったら全面に出していきたいもんだ。ハーレー屋さんが持っている、おにぎり三角のこの手のライトもあったが・・・、自転車転用にはまだ工夫が必要だわ。

DSC_0170_convert_20161219161949.jpg

 ラッパ型のホーン・・・、ただ音は腰が抜けるプープーホーンだな。しかしよくコンセプチャルにまとめてきたよね。

 DSC_0172_convert_20161219161936.jpg

 しかし、今回の問題はここ。コースターハブなんですね。こいつは足を反回転させると、車体が止まるというブレーキの機構も持つハブなんです。

 ということは、踏んで前に出ること、足を止めてフリーの状態であること、これは可能なんだが、足を逆回しにすると制動になってしまうので、後ろ空まわしができない・・・という癖があるんですね。

 その空まわしをできるようにならないか?というご相談。単純には後輪組み替えよ!で済むんだが・・・、そこまで手間をかけずに、ブレーキ殺してフリーにできないか?なんていう希望なんですね。

DSC_0177_convert_20161219161858.jpg

 後輪を外して、解体してみるか?

 DSC_0173_convert_20161219161926.jpg

 どんどん外していくと、ヘドロ状態のグリスとともに、いろんなものが出てきたよ。

DSC_0174_convert_20161219161917.jpg

 ハブの中で、左右に動くこの中央の駒のようなものがありまして、この外側に二枚のシェルがつくんですね。

DSC_0176_convert_20161219161909.jpg

 これが、先の駒をその上から挟むように設置されていて、こいつが逆ギアでハブ内で膨らむことで、制動がかかるという構造らしい・・・ということは?

 この二枚のシェルと外せば、まずは制動しなくなります。当たり前だよね・・・。

 ただ、それが逆から回りを保証してくれるのか?

DSC_0165_convert_20161219162042.jpg

 夜の実験・・・。フリーの機構はなんとかなるものの・・・、逆回しとなると、ぎこちない・・・。後ガタも出そうだし、小ギヤも不安定になるとチェーンの脱線も起こる・・・、ってことは、ちょっとまだ研究と工夫が必要なようである。

 まあ、別は部でホイール組み替えるのが一番簡単なんだがなあ・・・。どうしようねえ・・・。

この土曜と、日曜だ! リノバイシクルメイカーズ!

000 DSC_0099_convert_20161204190034

 さあ、この十六日、昨日から始まりましたリノバイシクルメイカーズの展示会です!

000 DSC_0101_convert_20161204190023

 読めるかな?本日17日の12時から夜の8時まで、明日18日の12時から夕方の5時まで、場所は荒川区西日暮里3-17-15、HIGURE17-15casというところです。

image1_convert_20161217144458.jpg

 この一年半、リノバイシクルの作品と、その精神を受け継いでいるような作品群の展示となっている、とのことです。

image3_convert_20161217144427.jpg

 この手前の持ち主さんなんかが、当店の隅で、捨て革による革細工講座なんかやっていたよね・・・。

image4_convert_20161217144416.jpg

 これは、当ブログでも有名どころに数えられる、自称楽器弾きさんによる、大森研魔に迫る磨きと、フロントに玄人裸足の仕事がされています、是非ご覧になってください。

image2.jpg

 当然引っかき回しているんだろうと思っていましたが、やはりやっていますな・・・。たぶん本人達も来ているんじゃないかな?と思います。おお、また足下にお土産も置いてある・・・。

 この持ち主の、団長と副団長が来ていたら、その自分物のコントラストもまた面白い。是非、実際行って、もんでやって欲しいですねえ。

 ということで、本日17日は、夜8時まで、明日は昼から夕方の5時までと、時間も限られておりますので、是非、ご用とお急ぎでない方は、お立ち寄りください!

自落事故



 自転車でコケることを落車といいますが、落車にも自落、自分一人で落ちてケガも自分でかぶること。他落というのは、自分が原因で相手のみをこかせるということ、相手が著しく下手っぴの場合あり。自他落は自分と相手が落ちる、相手が原因の場合はもらい事故、自分が原因の場合は肩身が狭い・・・。

 競技ならもちろんのこと、それに関係する練習などでも起こることがありますな。そこまで追い込むような走り方をしなくても、落ちることがある。

 今回は自落、ある意味実用車ではありがちな自落なんです、皆さんも気をつけてね。

 このフォークの曲がり、尋常ではありません。もう交換しかないながらも・・・その交換がまた大変だった。

 DSC_0119_convert_20161216212640.jpg

 これ見ればわかるとおり、ステムが抜けなかった・・・、これだけで手間がグーンと増えてしまいます。実用車系の方々の予算はだいぶタイトなんで・・・、元の自転車がある意味その手の予算を何パーセント以内と押さえてしまうためか、仕方ないとはいいながらも狭くなってしまう。

 でもって、状態の悪いもんが大概で・・・、安めに提示するとコチラがかぶることが多いんであります・・・。今回も来たなあ・・・、雨ざらしで数年おいておけば、こうなるわ。

 ようやく外して、予定変更してありもの投入。

 DSC_0116_convert_20161216212707.jpg

 色の違いもまた一興ということで。

 DSC_0113_convert_20161216212744.jpg

 あとは自落の際、ブレーキレバーが割れたそうだ。いや、結構な衝撃だったらしい。

DSC_0117_convert_20161216212655.jpg

 予算押さえるために、ありものでいいということで。でも手間は同じなんだけどね。

 DSC_0115_convert_20161216212720.jpg

 キメラながら、再生。どうもカゴに荷物があって、仕方ないんでレジ袋をハンドルにかけて走っていたら、突然車体が前転した、ということらしい。

 レジ袋内の棒状のものがホイールとフォークの間に挟まったらしい。回転している車輪にいきなりカンヌキが入ったのと同じなんだから、それはスピードによっては自転車が前転するのも理解できる・・・・。

 でもホイールに曲がりも、スポークに折れもない、すべての不運をフォークの足一本が引き受けた形・・・、これも珍しいね。勢いとタイミングと角度とかがすべて影響したんだろうね。

 通常ならスポーク折れで、終わると思うんだが、よほどホイールが頑強だったのか?

 事故はすべて結果論。起きてみなければわからない。だからといって、対策が無駄だということもない。そうした経験もまた織り込まれて、対策も成熟していくんだろうね。

 成熟しないのは当人くらいなもんだろう・・・、事故を起こす人は大体繰り返す・・・学ばない人、行動に癖のある人にどうも事故は多い気がするね。

 まあ自落は保険屋対策がないから、楽と言えば楽なんだが・・・ね。

 寒くなると、体も硬くなる、首も動かなくなるからか?事故が多くなる、タイヤも硬くなるのかパンクも多くなる、皆様十分気をつけてくださいね!

男の子の夢 もっと速く!



 自転車いじりに関する、男の子の夢はどうしたらもっとスピードを出せるようになるのか?ということでしょうな、一言で言えば。

 まあ、お前が強くなることだな・・・・なんていうのはレーサーに乗っている子にいうには、それでいいが、それ以外の「一般」のくくりで言われるところの自転車に乗っている子にいうには、ちょっと酷だし、アドバイスにすらなっていないかもしれないな。

 その男の子が求めているのは、そういう話じゃない。駆けっこで、速くなりたいんじゃない、自転車で速くなりたいんだから。

 むしろ装備そのものとして、今のこのオレで最大のスピードを出せるようにするにはどうするか?という問いなんだと思うんですね。この装備そのものというのがいかにも男の子・・・なんだよね。

 店主と同級生の子供の頃の会話「オレ、前コバインの乗っていた青い二十インチの方が今より好きだぜ!」「実はヨー、オレもそうなんだ」「アレ速かったよな今のより」「うん!あれ馬力あったんだぜ!」。

 何のこっちゃ・・・・???これ自転車の話ね、当たり前だけど・・・。

 今思えばね、自転車自身が速いとか、馬力あるとか・・・一体何の会話だよ・・・と思われるかもしれませんが、当時はそうだったの!まあ当時は時代の流れもあって、今でいう草食なんていうガキは一匹もいなかったんで、みんな子ライオンみたいなやつばかり。自転車通じて、バイクだ!車だ!という誘導が当然のように行われていたし、それに疑問の余地がなかったね。

 だから、自転車だって、ウィンカーや車のニギリを意識したような形状のシフター、中にはサイドブレーキもあったような。だから少年達にとって自転車って「子供の車」だったのかもしれないな・・・、だから会話のかなにも車用語が点在したんじゃないか?

え?それって、単にコバインと店主だけの大ボケじゃねーのか?って?・・・、まあそうかもしれん・・・・。話を進める・・・。

 この装備としての自転車に反応するというのが、いかにも男の子らしい問いなんであります。そして、この「男の子」というのは実はガキからジジイまで、と大変年齢の幅がある・・・というのがまた、面白い。

 そう、男の子は年齢じゃあないんです。存在なんです。いくつになっても抜けない子には抜けきらない、そういう存在のこと、それが「男の子」なんでありますよ。実は・・・。

 だから、皆さんの周りにも、いい年して「男の子」みたいなことやってケガする人っているでしょ?そのほとんどが「やっちゃった・・・・」と実に恥ずかしそうに舌出している。中には、性別でいう女性の中にも「男の子」がしっかりいるもんで、これまた困ったもんだ・・・。

 そういう意味で、この自転車改造も、典型的な男の子からの依頼・・・ということが言えるね、来たよ・・・。

DSC_0154_convert_20161215192853.jpg

 今回の典型定期なやつはこの辺だな・・・。もっとスピード出せるようにしたい・・・。わかったよ、じゃあ、とりあえず、ガシッと踏めればだ、ドーンと前に出られるようなやつに取り替えておくわ。あとはお前さん次第だよ!

 DSC_0167_convert_20161215192827.jpg

 これ外しもんじゃなくて、クランク単体で売っているんで驚いた。まあ、そんなに使わんだろう・・・と高くくっていたが、意外と早く出て行った。まあ、暫くこれで文句は言わせねーぜ!

DSC_0151_convert_20161215193222.jpg

 それと上体のポジションだわな、前傾に近く・・・持って行く?

DSC_0171_convert_20161215192805.jpg

 ステムをぐっと下げて、前に突き出す・・・、これだけでも結構精悍に見えるもんだ・・・。下りは怖くなるかもしれないが、知らねーよ!

DSC_0152_convert_20161215192923.jpg

 あとは機能面で、このリアのバンドブレーキをキャリパー化して欲しいというね。これで遠出するようになると、パンクはつきものだ。その際この手のブレーキはホイール外しには、足手まといだよね・・・。

 DSC_0168_convert_20161215192815.jpg

 スッキリ外してだ・・・。さて、どこに付けるか?

 DSC_0153_convert_20161215192907.jpg

 見ると、選択の余地がない。このサスの下に来る、チェーンステーに裏から付けるしか・・・ないな・・・。

 DSC_0173_convert_20161215192738.jpg

 こんな感じだな。

 なれば、フロントもまともなブレーキにしてやらないとな。

 DSC_0172_convert_20161215192751.jpg

 ヨーシ・・・まだできることはなくもないが、まずはこれにて、走ってみる・・・ことだろうな。

DSC_0166_convert_20161215192839.jpg

 多少シマッタ感はありだな・・・。あとは、サスを完全殺したり、ブルホーン・・・うんうん、いろんな意味で余地は残しておこうか。

「男の子」はこうした改造や、それにまつわることを通じてのみ成長する!んだが・・・、困ったことになぜか「大人」からは逸れていくような変な成長をするんですねえ・・・、実に困ったもんだよねえ・・・うんうん・・・。

 どうせこの後だって、「自分でここまでやったんですが、途中でわかんなくなっちゃって・・・」とか、「下りで思いっきり踏んだせいか、コケた時クランクが曲がっちゃって・・・」とか、「これ前だけでも700cとかにしたら、もっとスピード出るとか・・・ありません?」なんて言ってやってくるに違いない・・・、「まあフォーク交換すればできっかもね・・・」なんて甘やかすからいけないんだな・・・。

 そういう場合は、バケツ持って暫く立たせておくか!

TTバイクはロングトライアスロン向きではない!

000 DSC_0055_convert_20161119174527

 先日ご紹介した、TTバイク。タイムトライアルバイクですが、購入された方は、これをロングトライアスロンに使用したいということなんですね。

 ロングトライアスロンということは、自力での独走が原則なので、できるだけエアロ=空力にすぐれたものがいいに超したことはない・・・というイメージから、だったらタイムトライアルバイクでしょ!というスライド思考が出てくる・・・、わからなくもない。

 000 20150531_165856_798_convert_20150531180845

 一年半前に持ち込まれたTTバイク、これも同じくロングトライアスロンに転用していくためのものでした。

 では、そもそもこのTTバイクってなんなんでしょうか?これは、例えばステージレースの数日間、集団には頼らず、個人の力で走りきる種目に使われる競技自転車ということが言えると思います。

 独走ということで、エアロ形状のものが有利ということで、開発されているわけですが・・・。

 ただ、このステージレースの合間に行われるタイムトライアルというのは、大体距離が50キロ前後で、競技時間は一時間以内です。その短時間を全力で走り抜くために作られている自転車なんですね。

 一方、ロングトライアスロンというのは、まずバイクの前に3.8キロくらい泳いでる、それからバイクで150~180キロ近く走るんですね、それだけではない、そのあとにフルマラソンが控えている・・・という、ロードレースのそれとはその前後の条件からしても、バイクに費やす時間にしても、全く違う、状況なんでありますね。

 同じなのは、自力で走り抜くということだけ・・・。

 鍛え抜かれた選手が、小一時間全力で走るポジションで、フルトライアスロンを走れる選手がいたら、まあ、化け物に違いありません。プロにはそんな強者がいるのかもしれませんが、店主らに出入りする方には、まあいらっしゃいません。

 ということで、トライアスロンにTTバイクをスライド使用する際に、最も気をつけなければならないのは・・・、どれだけ長距離の走りやすい、かつ走りながらも消耗しない、次のフルマラソンに備えられるようなポジションに変えていくことができるか?ということだと思います。

 ところがなんであります。この手のTTバイクというのは、たぶんメーカーサイドの思惑があってか、特殊なパーツ類が随所に使われている場合が多いんです。この特殊パーツというのが、実にやっかい・・・なんです。

000 20150531_165956_168_convert_20150531180821

 例えば、こんな特殊なステムです。カーボンフォークとのジョイントも、一見してわからない構造になっています。それにこのハンドルも特殊エアロ形状のようであります。

0000.jpg

 冒頭のTTバイクも、かなり特殊なステムが使われています。この黄色い矢印の方向に伸びるオプション的なステムがあるのであれば、話は別ですが、この自転車に関しては、ない・・・ということでした。

 ない・・・のであれば、ロードレースのTTポジションしかない・・・、しかしそんなポジションでロングトライアスロンできるんですか?

 購入した後泣くのでは遅すぎます。購入前に、自分の理想とするポジションを取るためのオプションや仕組みがその自転車にあるか?ということをしっかり確認しないと駄目なんですね、イメージで購入を決めてしまうと、結局はいじってみたが、実戦投入できない、ということになってしまう。

DSC_0105_convert_20161214120048.jpg

 どうにかならないもんかなあ・・・。じーっと見つめるわけですが・・・らちがあきません。解体してみるか・・・。

DSC_0106_convert_20161214120029.jpg

 上蓋を外すと、こうなってました。ちょっとラッキーだったのが、ハンドルの径31.8ミリという汎用サイズのもの・・・。ということは、ステムを汎用ものに変えれば、なんとかなるか?

 DSC_0107_convert_20161214120015.jpg

 さらに外すとこんな感じ、やたらとフォークのコラムが短い、その分を特殊フォーク形状に預けるような構造になっている。特殊に特殊な構造と特殊ずくめだと、そのまんまではまあ無理だわな・・・、今回は諦めるか?でも待てよ・・・、もう少しコラムが残っていたら、利用できなくもなかったかも・・・。

 ということは・・・、コラムの長いフォークに交換すれば・・・、もしかして汎用パーツを使ってのポジション出しができるかも・・・しれない。

 DSC_0155_convert_20161214115925.jpg

 アルミコラムの切られていないオーバーサイズものをあてがってみる・・・、この上にキャップを付けて、

DSC_0156_convert_20161214115915.jpg

 つかみの長いステムを取り付けると・・・、なんだよ付くじゃないの・・・。ステアリングにも影響しない。

 DSC_0157_convert_20161214115853.jpg

 31.8ミリのハンドルなんで、当然そのステムに取り付けは可能になります。

DSC_0158_convert_20161214115844.jpg

 で、ブレーキは汎用のアルテグラをあてがってみると・・・、これはなんとかなりそうですね。まだコラムにこれだけ余裕があるので、スペーサーを挟めば、いくらでもハンドルを上に持って行ける・・・というわけです。

 あとは、ご本人を呼んで、ちょっと時間をかけてポジションだししていけば・・・、ロングトライアスロン車として利用できるようになるかも・・・です。

DSC_0155_(2)_convert_20161214115935.jpg

 まあ、遠景で見るとこんな感じ。タイムトライアルバイクの精悍さや戦闘モードはないながらも、一人のアスリートを高速で疲れを増幅しないよう、足をためて180キロ運んで、フルマラソンに繋げる・・・、そういう全く別のトライアスロン車体の雰囲気が出てきたように思いますがね。

 ある意味、今回の改造はラッキーだったと思います。ただ、パーツ集めは正直大変でした・・・。すべてのTTバイクがトライアスロン仕様にできるかどうかはわかりませんが、購入してしまった・・・と後悔されている方がいるようでしたら、ひとまず解体して、パーツ類の規格を確認して、どこまで一般部品で対応することができるか?ということを検討する余地はまだまだあると思います。

 TTバイクは、ある意味メーカーの技術の粋を集めているところがあるようで、ヘッド周りから、ブレーキ、クランク、BBに至るまで、特殊ずくめのものが、少なからずある、ということをお忘れなきように、ということですね。 

 見た目のかっこよさだけで、購入すると、ひどい目に遭いかねません・・・よ。


 追記
この汎用部品対応ができるようになったので、もう一つ悪のりアイデアが浮かびます。もし、調整レースとして、51.5のレース、つまり、ドラフティングの許されるオリンピックディスタンスに出るとしたら・・・、スラムの電動ダブルタップつきのドロップハンドルを用意すれば、あとはブレーキワイヤーをつなぐだけで、通常のロードレーサーとして使用することができる・・・。ワイヤレスのシフトの良さが一段と生きるわけであります・・・、使えないと思った自転車が、一気に二度おいしいなんて・・・ウシシシシ。

サドルを下げざるを得ないのなら・・・



 どこにでもある実用車なんですが、これのサドルを下げたい、というご要望なんです。

 焼き付いていなければ、お安いご用です・・・と、ネジ緩めて数センチ押し込めばいいわけですが・・・。

 ご依頼は、ご高齢の方。サドルを下げたいという気持ちは、イザという時両足をすぐに地面につけられるようにという配慮から、よくそのお気持ちはわかります。

 ただ、単に下げるだけだと短くなったペダルとの距離で、膝が直撃されてしまわないか?・・という恐れがあります。

DSC_0164_convert_20161213163036.jpg

 測ってみると、160ミリのクランク。この長さに、下げられたサドルの数センチがドーンと膝にのしかかるというわけです。

 自転車にまたがっている時には、ペダルを踏んでいる方が両足を開いて立っている時よりもずっと長いにもかかわらず、短い両足をついている時間の方を優先せざるを得ないとすれば、ある意味本末転倒なんだよね。

 ある意味、通常実用車利用者の方々というのは、悲しいかなそういう方の方が八割と言ってもいいと思いますね。これをなんとかできないか?と考えるわけです。

 今までだと、バナナシートがその解決に役立ちます。バナナシートはサドルの高さは低いまま、腰を後ろに引くことができるので(長いのでね)、膝とペダルのいい距離を保つことができます。そして止まる時には、地面と近いので、ベタ足が付く。それはそれなりに悪くはないんだが・・・。

 のけぞって乗るためには、またそれなりの体幹とか、重心の問題があって、チョッパー系の自転車を乗りこなすためには、それなりの訓練が必要なのではないか?と思います。特に、高齢者の方々は。

 ではどうするか?

 この発想からすれば・・・、クランクを短くしてやればいい・・・ということになりませんかね?これ、もしこれでうまくいくようなことがありましたら、同業者の皆さん!共有しましょうよ!仙台にも大阪にも高齢者の皆さんはわんさかおられるでしょ?

 DSC_0165_convert_20161213163022.jpg

 実用車系のカタログを調べてみると、クランクの長さはものによっては、100ミリを切るものがある。まあ、子供自転車を考えれば納得できるでしょ?

 そういう意味で、短いクランクを取り寄せてみたんであります。当初のクランクが160ミリなのであるのに対し、選んだのが127ミリのもの。

 30ミリ以上短い・・・ということ、30ミリ以内であれば、サドルを下げても、膝の直撃は避けることができるはず・・・と読んだ!

 DSC_0166_convert_20161213163011.jpg

 こんな奴ね・・・、こいつを取り付けてみる。

DSC_0167_convert_20161213163002.jpg

 こんな感じですね。これにチェーンをつないで完成。

 DSC_0163_convert_20161213163048.jpg

 で、こいつをだ・・・、

DSC_0170_convert_20161213162938.jpg

 うん、これでよし。これはクランクが短くなった分よりも短い・・・。

DSC_0169_convert_20161213162954.jpg

 これで完了!

 試乗してみる・・・。30ミリ短くなると、テコの影響を受けますね。短くなる分、ちょっとした坂がきつく感じられます。平地に関しては、股の付け根、膝周りは可動域が少なくなる分、楽になりますね。

 今回は、内装三段もありませんし、況んや電動もなし・・・。もしそれらが付いていたら、高齢者のクランクはほぼすべて短くした方がいいんじゃないか?と思いますね。ムフフフ

 当店の隣が福祉会館なので、そんな提案なんかもしていこうかしら?

 自転車がもっとリハビリ用として、活用されたら、いいよね。

 そして、ご本人に試乗していただきました。乗るやいなや、「オオこれは楽だ!」の一言。うれしい限りなんですが、いえいえ、まだまだ・・・。

 ご自分の活動領域を数日かけて試乗してから、またご感想をお伺いします!と。実は別の長さのクランクも用意してあるので、今回のもので、もう少しトルクが欲しいというようなことがあれば、また無料にて交換に応じます!とお伝えいたしました。

 選手だけじゃあない、自転車を一人一台と考え、調整することは、子供だって、高齢者だって同じなんだと思います。

 そして、そう、もっと自転車がリハビリ機器として使われれば、広がりが増えると思います。もちろん高齢者だけでなく、膝や股関節を痛めているアスリート達のためだって、大いに意味があるはずだと思いますよ。

 「ランニングができないなら、心肺機能落とさないように、膝に負担のかからない短いクランクと、軽いギヤ比で100キロサイクリングしてこい!」というようなサッカーの監督出てこないか?こっちがもっと売り込まないとダメか?

DSC_0172_convert_20161213162927.jpg

 暫く試乗ということで、様子を見てください。またのご来店をお待ちしています!

とりあえず 完成ということに!

000 20160929_221524_457_convert_20160929231625

今確認すると、九月の終わりなんですがチョコチョコいじっていたあいつですが、何とか終了ということに、いたしました。

 DSC_0163_convert_20161212175034.jpg

 まあ、やればきりがないといえば、そうなんだが、どこかで止めないと行けません。楽器の場会はやはり音、でしょうな。

 音がいい状態になったのであれば、他に塗装面などに多少問題があっても・・・、止めてもいいか・・・とも思います。

 というのも、塗装を厚くすると、音のなりが変わってしまうということもありますからね。

DSC_0164_convert_20161212175018_20161212175151a93.jpg

 元々からあった、ラッカーの割れについては、残すことにしました。ギリギリまで削って薄くして、その上から、またギリギリの薄いウレタン塗装をして、それをまたギリギリまで研ぎ出した・・・ということですね。

DSC_0167_convert_20161212175002.jpg

 パテ修正したところにも、薄いキャンディーレッドをかけて、また研ぎ出してと・・・。

DSC_0178_convert_20161212174730.jpg

 パテの色が白だったので、今度はもっと選ばないとなあ・・・と思いつつも、ローズウッド調のニスでなんとかなった・・・ですね。

DSC_0169_convert_20161212174943.jpg

 ペグも交換しました。ペグのピッチが今は大体35ミリ、こいつは32ミリ・・・。ペグを加工しようか?悩んだ結果、ヘッドの穴の開け直しなんかでやってみました、かなり大胆・・・。

 ナットの交換もしてみました。

DSC_0170_convert_20161212174928.jpg
 
 サドルもいじったなあ・・・今回。長年の弦によるテンションで、ブリッジがちょっとばかり浮いている・・・。これにそのまま調整してしまうと、弦高が上がってしまうのね。

 そこで、サドルを低く削ると同時に、サドルを挟む溝の堤防を削って、かつ溝自身も削ってなんとか、納得のいける高さにできたかな?と思います。
DSC_0171_convert_20161212174914.jpg

 で、このチップなんですが、これが沖縄の看板職人から、ギター職人になられた、松田さん、ある意味先生だね、店主にとっての・・・、その方の推奨する象牙のチップを利用しています。

 もう一ついうと、サドルの堤防が低いので、通常の弦の結び方ではサドルから弦が浮いてしまいます。

 板の内部に貼り付けられている力木というのがあって、こいつが浮いている・・・ように感じていたんですね。裏をたたくと、音がぶれる・・・。

 そこで、固い木工用ボンドを流し込んで、ギターを傾けながら、全面に行き渡るようにもしましたね。それを三本分やりました。

 その結果、ボディー全体に張りが出たような気がします。当然音にもいい影響があったに違いありません。

 ご老体なので、ライトゲージというテンションの低い弦を張ってやりました。そして、弾き手の方々に持ってもらったんですが。

 ブルース・ブラックミュージック系の持田さん。「鳴っていますね、いいですよ、ちょっと今これで歌っていいですか?」と。響き床のステージで使用してくれました。いきなりステージかよ!

 そのあと、持田さんの指名で出てきた、保谷のロビン君。彼も玉置浩二を研究するプロ途上のミュージシャンですが・・・、「これ欲しいです!」と・・・、あげないけど、やったー。

 翌日来た、あのアイレジアスのケント君に渡してみる。

 強いていえば、六弦のアタックかな?あとは大方よかったようです、ガットギター欲しいですよねえ・・・と。なるほど、こういうのは、遠回しのオーダーと思って動こうか・・・。しかし、そのあと、自分たちの練習が終わってから、ずっと弾いていたなあ。

 もう一人の渡辺君も、素っ気ないながら、いいんじゃないですか・・・と。

 その翌日来た、マルチの新潟の小田さんにもいじってもらいまして、いい評価をいただきました。

 その小田さんから、宿題をいただきました。

DSC_0173_convert_20161212174832.jpg

 これはシリア製のウードという楽器です。ヘッドが折れていますね。

DSC_0174_convert_20161212174811.jpg

 すでにニカワで直したんですが、接合部が薄いのかまた弦のテンションで折れてしまったということです。

DSC_0177_convert_20161212174744.jpg

 ギターとは違って枇杷のように凝った作りです。

DSC_0176_convert_20161212174757.jpg

 この方が作家さんらしいですね、シリアの方。ちょっとヘッド周りは作り直しにさせてもらいます。ペグはそのまま使いますが、しっかり調弦できるように、なんか仕掛けます。

 何ヶ月かかるかわかりませんが、適切な木が見つかりましたら、少しずつでもやっていきます。

 もう何屋でもいいわ、求められる好きな仕事しかしない、それで行く!

コラムカット!



 今風のがちなカーボンレーサーであります。やる気満々!

DSC_0143_convert_20161212143646.jpg

 25ミリを履いています。これが今風なんだろうなあ。

 まだレースには出ていないそうで、来年くらいから、レース参戦をということらしいです。そのときも25ミリで走るのかな?

 DSC_0138_convert_20161212143729.jpg

 何年か試して、このポジションで決まり!ということになった。・・・といっても、スペーサーないし。

 このステムの上部分をカットしてくれないか?という。いいんだが、一枚くらい残さなくてもいいんですか?と確認。本当にいいんだそうだ・・・。

 ただ、保険として、こんなの見せておきました。

 DSC_0144_convert_20161212143636.jpg

 アヘッドステムですが、これだけのカサをステム自身が持っている訳ですから、多少切りすぎたなあ・・・という時でも、ちょっとはカバーできるでしょう。

 こういうものは、ディズナさんが得意だよね・・・。いや、東京サンエスさんというのは、この手のマニアックなパーツ・・・、決してバカ売れはしないかもしれないが、ちょっと遠いかゆいとこに手の届くものを開発しては、製品化しているんですよね。この製品化というのがすごい、小さい工房でワンオフで作るんじゃないんだからね・・・。

 その他にオフセットを四種類も用意しているカーボンフォーク単体を出している・・・。この意味わかる人って、相当の変態さんだと思いますが・・・。

 ただでさえ、今はフレームフォークはセットで売られているんですね。ある意味、メーカーはフォークの選択肢を購買者に大して示さないし・・・、当の購買者自体がフォークのオフセットのなんたるかなんて全く把握していない人が多いと思いますよ。

 つまり選択的パーツとしてのフォークというのは、今はその主流から外れていると言ってもいい。でもね、走り自身に影響を与えるところのかなりの部分をフォークが負っているといっても過言ではない、と店主は思いますよ。イエイエ、中にはフォークが一番大事だ!と豪語してはばからない選手もいるくらいです。

 このフォークを使いたいから、一台組むなんてことは、ちょっと前なら全く不自然な話じゃなかったんですが・・・。

 そうしたフォーク自身の持っているポテンシャルを予感させることなく、カーボン素材自身のナノナノだとか、メーカー独自開発の汎用性のないどうでもいいようなパーツ類なんかにばかり、関心が行っているのか?なんだか知らんが・・・。

 カーボン車体を乗りつつ、なんかしっくりこない・・・と思っている方の何割かは、フォークの交換で解決付く人が必ずいるはずです!

 今柳サイクルさんと共同で、「クロモリハイブリッド」なんて計画を立ち上げようとしているんですね。これは、カーボン車体に取り付けるクロモリフォークのこと。形状もオフセットもフルオーダーで製作するもの。

 クロモリフォークでしょ?重いっすよね・・・とかいう奴など相手にしません。軽いだけの乗りにくい車体のって得意になってろ!

 そうではない、どうやったら自分の自転車としてシックリさせられるか?ということを真摯に考える方に向けての、選択肢の提示なのであります。

 なんの話だっけ?そうそう、東京サンエスさんの開発の視点・意欲と製品化の地道な姿勢に対して、本当心から経緯を表しますわ。ただでさえ、外された感のあるフォークを単体売りするだけだって大変なのに、それにプラス果敢に四種類のオフセットを用意して提供する・・・脱帽だよね。

 で、お仕事はコラムカット!

DSC_0139_convert_20161212143719.jpg

 下ウスは1.5インチ・・・、下りのフルブレーキでもカッツリ効くんでありましょうな。

 DSC_0141_convert_20161212143709.jpg

 やっちゃったよ・・・。本当それでいいんですね・・・。と乗りはしなかったが、上から押さえた感じではヘッドチューブが高いせいか、窮屈ではない・・・。

DSC_0142_convert_20161212143659.jpg

 スペーサー五枚越え・・・。来年は、レースか・・・。落車など気をつけて、参戦ください!

ハンドル交換なんだが 最近のロード事情?



 一瞬本気系ロードが来たか?と思いましたが・・・。

DSC_0132_convert_20161210181116.jpg

 カーボン車体で、別もん!らしきものを連作しているやに聞くスコットどっこい・・・でありますね。単純にいって、店主は名前が嫌いなだけで、車体はすごいのがありますね、たぶん・・・。

 こんなのが来ると、浦島太郎的狸サイクルとしては、未来の自転車のように眺めてしまう。

 DSC_0151_convert_20161210181018.jpg

 写真ぶれてますが、よーく見るとこいつ26ミリなんですね。ロードで26ミリ!!!なんて驚いているようでは、もう古い奴なんだそうだ・・・。

 最近聞いた話・・・、ロード乗りたてのロード選手って、「怖くって23cのれません!」とか言うんだって・・・。じゃあ、何乗ってんの?と聞くと、たぶんこうしたクラスのものなんでしょうな。

 大体炭!炭!なんて皆さんチヤホヤしていますが、結局は意地悪なくらいフレームが固いから、タイヤの太さで逃がしてんだろう?なんていう意地悪な見解があるとしたら、これももう古い奴なんだろうなあ・・・。

 25ミリってサイドが柔らかいんで安心して倒せるんですよね・・・、何を言うか!そんなにサイドが柔らかいのがいいなら、チューブラーにすればいいのに!!!なんて外野でいくらがなっても・・・、所詮は古い奴なんだろうなあ・・・。

 DSC_0131_convert_20161210181125.jpg

 スプロケも、ここだけ見たらもうマウンテンだよね。新デュラエースか、写真でしか見たことないが、アレだってマウンテンコンポだし・・・。世の中は変わっていくんですねえ、ああ無情。

 エンデュランスロード、競走用というよりも、長距離用というの?そういうカテゴリーが最近出てきたらしい。

 ちなみに、当店はカジュアルロード・・・と名付けようかな?

DSC_0133_convert_20161210181107.jpg

 で、今回は、このエイドブレーキの付いているハンドルごと交換という依頼です。

DSC_0129_convert_20161210181148.jpg
 
 ヘッドチューブの位置が高くて、浅曲がりなので、通常で下ハンが握れるというのも、今風らしいです。

 DSC_0149_convert_20161210181040.jpg

 こいつを別ハンドルに交換。エイドブレーキとりましてね、バーテープも新しいのに巻き直し。

 DSC_0130_convert_20161210181135.jpg

 それと、スラムのアペックス・・・、今国内では取り扱いがなくなったかな?こいつを、

DSC_0148_convert_20161210181050.jpg

 アルテに交換。

 DSC_0146_convert_20161210181058.jpg

 乗ってみる・・・。ちゃんと走る・・・、当たり前か・・・。

 ロード始めてみようという人が、一発目にこういうのに乗ったら、さぞや驚くか・・・?いや、ロードというものはこういうものなんだと、おどろきながらも最初から納得するのかな?

 まあ、店主らだって、レーサーってスゲー・・・と普通に思って、クロモリやアルミ乗っていたので、その辺は同じなのかもしれませんね。

 なるほどエンデュランスロード・・・、カテゴリーをいじってきたか・・・。たまにはワイズとかのぞきに行かないと、本当に浦島太郎になるなあ・・・、いや、単なる三年寝太郎だろ!なんていう声も聞こえます。

 でも、やりたいことを中心にやっていく・・・、あとはついでだ・・・。

日程変更 忘年会 今月二十六日から二十五日へ 二十五日です!!!

000 00020141026152547190

 当店の一階と二階を出し切っての忘年会開催を今年開催すると宣言いたしまして・・・、その日程がこの十二月二十六日だったんですが・・・。

 この日、月曜日ということで思いっきり平日でありまして、確かに暮れであることには違いないが、まだ仕事納め前・・・ということで、非常に評判がよろしくなかったんであります、「普通いけねえよ!」から「行けても夜だなあ・・・」「翌朝あるから早く帰るよ」とまあ、散々だったわけであります。

 この辺、宮使いから遠く離れての野良犬生活を送る店主としては、一般の皆様の勤務だなんだには、配慮がなかったようであります。ごめんなさい。

 そこで、すでに日程調整して参加予定の方には大変申し訳ないのでありますが、日程変更をいたします。

 本当ごめんなさいです!二十六日じゃあなくて、その一日手前の、日曜日、二十五日に、狸サイクル・響き床合同の忘年会を行うことにいたします。

 大体夕方前くらいからお集まりください。

 一人一品持ち寄りで、参加費二千円・・・ということで。

000 000DSCN1541_convert_20121230225001_2016110616082310f

 上の響き床では、踊りあり、飛び入りの歌ありのの大変賑やかな祝祭になりますでしょうし、下狸サイクルでは工房飲みのようなシッポリ組がゴッソリと、いずれにしろ賑やかな会になるのではないか?と思います。

 日程調整して、予定を組んでいただいた方には、本当に大変申し訳ありませんが、今年の忘年会は、12月25日日曜日ということにいたしますので、再度調整など、よろしくお願いいたします!!!!

ダウンヒルから通勤仕様に?



 ダブルサスのアルミマウンテンバイク。ダウンヒル的な荒めの乗り方をしていたこの車体も、十年近く倉庫の中で眠っていたんでありますが、この度目を覚まして再度街道に出ることになりました。

 もちろん、再度またダウンヒル的荒め・・・で行くか?と思いきや、イエイエ、今回からはもっとおとなしめに、通勤仕様にして、健康管理も含めて乗っていくことになりました。

 さて、どう手を入れて、通勤仕様にしていきましょうか?
DSC_0100_convert_20161208173307.jpg

 まずはドタンバタンすることはないので、フォークをリジッドにかえます。

DSC_0141_convert_20161208173148.jpg

 メッキ系の鉄フォークになりました、これでも軽量化に役立ちます。それと・・・、新しいブレーキレバーの引きシロの関係で、ブレーキはショートリーチに交換。

DSC_0140_convert_20161208173158.jpg

 リアも、ショートリーチね。

DSC_0103_convert_20161208173230.jpg

 それからフラットハンドルと、もう少し前傾のとれるようにと・・・

DSC_0143_convert_20161208173125.jpg

 なんとブルホーンに交換。

 DSC_0142_convert_20161208173135.jpg

 あと、通勤用の鞄を入れるためのカゴ・・・、完全に牙抜かれていますが、次の人生・・・ならぬ車生ですね。

DSC_0144_convert_20161208173110.jpg

 ブルホーンの先端に、バーコンシフターと、ブレーキを集めています。

DSC_0139_convert_20161208173210.jpg

 磨かれた、クランクがつきまして、トリプルですね、もちろんバーコンで操作可能です。

 DSC_0102_convert_20161208173240.jpg

 この辺のパーツも洗浄して、ワイヤー・チェーンの交換などして、なんとか楽しい通勤自転車仕様になりました!

DSC_0137_convert_20161208173219.jpg

 月日が経って、お互い変わったねえ・・・、と乗り手と自転車の再会となります。まあ、前ほど荒い乗り方はしないが、毎朝鶴見川の河川脇で通勤するんで、またよろしくな!合点で!

 通勤くらいだった、まだまだ行けるね!もちろんどこまでも行きますぜ!

 通勤のために新車を購入した方には全く味わえない、自転車との間の物語の奥行きを感じる話なんであります。こういうのいいよね、すべてとは言わないが、ものとの関係は物語を生むもの、そこが面白いところ、味のあるところなんだな・・・。

あの夢をもう一度・・・ということか?

000 DSC_0782_convert_20130226153902

 今から3年以上前に、こんなことをしていたんであります。

 つまり、使わなくなった電動自転車を捨てる前に・・・、もし電動関連のものを外せたら、普通の自転車として乗り続けることはできないか?ということね。

 できたらできたで無駄にならないでいいでしょ?電動再生号、なんてちょっと話題になってもいいくらいだ。

 000 DSC_0787_convert_20130226153833

 電池を外して、電動の本体を外してみる。鍵になるのは、クランクを載せる場を確保できるか?ということ。ホイールに電動の本体がある自転車なら、ホイールを組み替えることで、普通の自転車として再生は可能です。

 問題は、クランク周りまでも電動本体に組み込んでいる・・・ある意味大半の電動自転車なんですね。

 この中を開けて、いらないものすべて取り外す。

000 DSC_0791_convert_20130226153755

 そうして単なる弁当箱状態にして、この場合はBB機能だけを活かして、クランクを付けて元に戻してやる・・・。

000 DSC_0797_convert_20130226153719

 これで、多少不格好ながらも、通常自転車として再生が可能になったんですね。もちろん普通の自転車とほぼ同じ重さになりました。

 これをもう一度・・・ということで持ってこられた車体があったんだな。

DSC_0088_convert_20161207171338.jpg

 古めの電動ですね。電池が異様に長い。

DSC_0089_convert_20161207171329.jpg

 カバーもデカいなあ・・・。これをはぐるともしかして、BBソケットのある車体かな?なんて希望的な展望を持ちながら、さらに進んでいくと・・・。

 DSC_0091_convert_20161207171319.jpg

 アッチャー・・・。BBソケットはないようですね。しっかりと電動ユニットの中からクランクが生えています・・・。

 このユニットを止めている三本のボルトナットを外しまして・・・、

DSC_0094_convert_20161207171310.jpg

 とここまでは前回と同じ展開であります。あとはこいつをこじ開けて、いらないものをすべて外して、軽量化して元に戻してやれば、普通の自転車として再生・・・なんですがね。

 DSC_0095_convert_20161207171300.jpg

 そもそもこんなことをやりたいなんていうのは、相当の物好きでしかねい。美大の学生君です。本来なら木彫、現実には仏像の修復をしていこうというんだから、店主並みに変わったやつには違いない。

 そいつが、この古い電動自転車を安価で落としてきた。それを解体して、電動抜いて・・・、どうも胴の長い自転車を作りたがっているんだよね。

 美大生だけあって、イメージが先行することはいいことだ。そんでもって規格も調べずイメージによるパーツ類を持ち込んできた、まあ、ほぼ使えないだろうなあ・・・。でも、それもまた勉強の内、自転車というか工業製品のなんたるかなんてことも体感していけばいい。

 また、コチラも規格だけに凝り固まったパーツ選びから頭を解放するためにも、こうした「素人」のパーツ選びから、学ぶことも実は多いのだ。

 さーてどう解体するか?しかし、ダイキャストで作られた外側も、かなり重いぞ・・・。

 DSC_0097_convert_20161207183449.jpg

 なんとか、レジン漬けの基板なんかを外したはいいんだが、あまり軽くない・・・。

 DSC_0096_convert_20161207183501.jpg
 
 こんな感じで、無意味なほど重い・・・。それにこのクランクの歯を抜くには、特殊工具が必要なようだ。仮にこの状態で戻したとしても、ほぼ確実にギア比に悩むのは、目に見えている・・・。

 ある意味、今回はここまでだね・・・。前回のように、中をスッカラカンの側だけにして、最大級の軽量化を図るという試みは、失敗のようであります。

 さて・・・どうしようか?一気に鉄の粗大ゴミが増えてしまったという訳か?

 クランクのない・・・大人のためのストライダとして復活させて、自転車に乗れない大人のための練習機として再生をするしかないか?

 なんてね・・・。

 さて、もし諦めずに、こいつの再生を試みるとすると、まずはBBソケットをどこにどうやって仕込むか?という問題にぶち当たる。それさえ克服されれば、ある意味再生は可能なんだよね。なので、その部分に問題を集中させればよいわけだ。

 では、どうやって?

 考えられるのは、この電動キッドが自転車本体とくっついていた、三点のボルトナットの部分、こいつを利用しない手はない。

 例えば八ミリくらいの鉄の板二枚を合わせて、この三点にボルトナットで取り付ける。その鉄板にもしBBソケットのようなザグリができて、BB本体を収められれば、それにて問題は一気に解決になる・・・というね。

 問題はどうやって、鉄の板に35ミリ程の穴を開けるか?ということであります。

 ボール盤・・・?ならそれなりの極太ドリルを購入しなければなりません、かなりの高額です。それに、相当の剛性がないとそんなでかい穴を鉄板に開けられないでしょうね。

 ホールソーのようなもの?ウーン・・・どうかな?

 そこで、美大君に、金属工芸の先生のところに行って、そうした加工機械類があるのか?または、実際に使えるのか?ってこと聞いておいでということになった。

 その答えを待ちつつ、別の作戦でも考えるかね?

 しかし、この電動を普通自転車に戻せたとしても、このイメージ先行の美大君の理想に近づけるには、これからもだいぶ山を越え谷を越えになりそうだね。なんかリアカーの車輪でもくっつけたい・・・とか寝言言っていたしなあ、実際にらしきホイールも持ってきていた・・・。

 でもね、そういうのに適度につきあうことって、あるていど凝り固まった「仕事」をせざるを得ない、日常の仕事というものから、全く違う視点や、アイデアなんかが与えられるやもしれない、そういう可能性があるんだと思うのね。

 例え不十分であっても、若い子がしてみたい!と強く希望することに寄り添ってみることっていうのは、何か意味があるんじゃないか、と思うよ。

 若いのはつぶすのではなく、育てる・・・、それも行き着く先は老若ではなく、最後は人だ。人と人同士となる時、どっちが育てる、育てられるというものでもなくなるだろうな。

 なんてことを考えつつ、次は何が来るか?じっくり待ちながらやっていこうと思います、そういう意味で、この電動自転車再生はシリーズ化するかもね・・・。

内装化三段 細かい仕事だわ・・・



 あの思い出の電動キットの付いた車体。サンスターね。

 これは元々、電動付きでありながら、山坂の多いところで使用すると、どうもアシストがあっても登り切れない、ということで持ち込まれたんであります。

 小径車で、電動機能がありながら・・・、それでも足りない坂ってどのくらいなんだ?

 どうも、埼玉の丘陵に囲まれた地域にお住まいのようで、まああまり平地がないということでした。そこで・・・、後ろシングルを多段化するという選択肢にたどり着きましたが。

 上の写真をよく見てください、前後の車輪のでかさが違うんですね。後ろ14インチ、多少ですが前輪が大きいだるま自転車なんですね。

 そこに外装多段は・・・、しかも大人仕様では厳しいかな?ということで、やはり内装三段に決定。

DSC_0114_convert_20161206182545.jpg

 内装ギア付きのハブを取り寄せての組み直し。

DSC_0115_convert_20161206182535.jpg

 あとは、通常の形式を取り付けますが・・・。ギアの歯数を元々が12Tがついていたのを18Tに変えて、かなり軽くできました。

 DSC_0116_convert_20161206182523.jpg

 試乗してみると・・・、これまた色々なことがわかりますね。

 近所の坂、できるだけ劇坂を上ってみたんですが・・・。ロードの癖が出て、後ろ乗りにしてトルクをかけた瞬間に、自転車が股をスルッと抜けて、おっ立ってしまった。劇坂の途中なんで、驚くは。

 そこで、今度は前重心にして、なでるようにペダルを回すと、まあかなりの坂も登坂できることを確認。マウンテンの基本ですか・・・?あとは三段にしてことで、電動アシストを使わなくても、普通に走れる自転車になりましたね。

 で、使用上、もし軽すぎたら、16Tにすればよし。重すぎたら逆に20Tにすればよし・・・、それはその地で使ってから決めてもらうことに。

 それと、あとはこれ。

DSC_0118_convert_20161206182514.jpg

 この自転車の折りたたみ機構を十分に利用して、この自転車をアチコチに持って行きたいというご希望もあるようなんです。やる気満々ですね・・・。

 DSC_0119_convert_20161206182504.jpg

 そのために、折りたたみペダルだったのを撓むということで、この取り外し形式のものに取り替えた、ということ。

 DSC_0111_convert_20161206182556.jpg

 これで、ご希望通りになった・・・はずです。なれば、より使われて、愛着も深くなって、いいことずくめであります。

 よかったな・・・。また不具合があったらおいでよ・・・。サンスターの電動君・・・・

かつては盛んだった110ミリハブ



 たぶん十年は経ったかな?ピストブームというやつです。その際、それまでは一万円を割っていたような110ミリのピストフレームが、なんで?というくらいの高値で落とされていきましたね。

 本当、落としたはいいが、あとどうすんだろう?とコチラが心配になったくらいです。エンド幅が120ミリなのが一般的、それに対して110ミリというのはプロでも利用者は少なかったはずであります。

 で、問題は十ミリの幅の違いだけではないところがミソでしてね。通常なら、十ミリのシャフトを使っているんですが、この110ミリ用となるとなんと八ミリのフレームのエンドスリットに入るように加工しないと駄目なんであります・・・。

 駆け出しの頃は、意気揚々と110幅に加工したハブで、さあ、フレームにホイールを履かせようとした瞬間に、スリットが狭すぎて入らない・・・なんてことで、大ショック・・・でしたね。

 そして当時どうしたか?

 なんとやったのは、フレームをもう一度万力に固定して、両方のエンドスリットのところに鉄やすりかまして、メッキされているエンド金具を、あたかも書道の墨をするかのように、前後に根気よく動かして、左右を均等に削っていった・・・んでありますね、二ミリだぜ二ミリ・・・。よくやったわな、他の仕事しながら二日ぐらいかけたかもしれません・・・。大変だった・・・。

 そして、納車の日、引き渡す人が来る前に、完成しようと思った矢先、今度は前輪のフォークのエンドスリットに、前輪が入らない・・・。
 レレレ・・・、なんで?うろたえる店主・・・。よく見ると、エンドの方も八ミリにしないとダメのようでした・・・。通常は九ミリ・・・、従って、またフォークを外して、万力に固定して、リアと同じく、鉄やすりをエンドにかまして、今度は一ミリ分墨をすりました・・・。

 そんな苦労があったので、もう、二度と110エンドのピストフレームは扱わねーぞ!!!と固く誓ったんでありましたが。

 その数年後、ピストブームとやらで・・・これは被害者増えるぞー・・・と思いきや、その推測はドンピシャだったわけですね。

 もうその頃から、手組みするショップが少なくなっている中で、ピスト用のホイール組んでくれー・・・という、依頼が殺到・・・、あのベロなんチャラっていう、ゼリービーンズのような色彩のホイール、一体何本組んだことか。

 その中に、110ミリエンドの持ち込みが現れ始めたんでありますねえ・・・。まあ、諦めるしかないね・・・、と最初は断っていたんでありますが・・・。そのさみしそうな様子が・・・なんともかわいそうで・・・なんとかならないか?と加工を考え始め、ついに110ミリエンド用のハブを工作し、全国津々浦々の110ミリエンドをつかまされた、被害者救済に動いたという訳なんですね・・・。

 DSC_0101_convert_20161205190309.jpg

 ボールベアリングものは、簡単にシャフトを外せるが、シールドとなるとねえ・・・。当時は、ハブそのものの状態に、厚い木枠で治具作って、それで加工してたんですが、それはあくまでも、ハブの段階ね。

 このように、すでにホイールになっている状態からではできなかったんです・・・。

 DSC_0110_convert_20161205190211.jpg

 まあ、こんなことができるようになって・・・。

 DSC_0104_convert_20161205190258.jpg

 シャフトを単体で抜き出すことを覚えてから、加工の仕方は変わりましたね。

 DSC_0105_convert_20161205190246.jpg

 こうして横万力に挟んで、フライスチックな加工します。

DSC_0106_convert_20161205190231.jpg

 まあ、簡単そうに見えるでしょ?でもねえ、これ、ここまで持って行くセッティングの方にえらく時間を取られます。しかもフロントのシャフトとリアのそれとは、長さも太さ持ちナウので、同じやり方では止まりません。

 そういうところがスゲー面倒くさい・・・。

DSC_0111_convert_20161205190201.jpg

 しかもリアは裏と表をやれねばならないので、垂直出すのにまた手間が・・・。

 DSC_0109_convert_20161205190223.jpg

 こうして、全五輪ともホイールの状態から110ミリエンド化が完了・・・。

 かつては、定期的とは言わないまでも、アチコチからこの手の依頼がきたものでしたが、ブームが去ってからは、懐かしい改造となりました。

 「110エンドのピストを落札してしまった愚か者です・・・」なんてメールで、依頼が来ていた。本当全国各地にホイール状態にしたり、ハブ単体でよく送付したよなあ・・・。

 そして、ようやくブームが去ったので、冷静な選択肢として、ピスト、固定ギアものが残ったというのに、なんなんでしょ?この静けさは・・・。なんで固定ギア乗ろうと思わないんだろうね、最近のロード乗り達って。ワットだなんだで、計測しては、PC管理で練習するのもいいが、固定だと一発なんだけどなあ・・・。

 ローターとかいうまた不均一な楕円クランク流行りつつあるので、円運動のペダリングは倦厭されているのかしら?

 まあ、どうでもいいが、ロードはハードに装備のある洋弓のようなもの、ピストはハードは簡素な分、ソフトに重きを置く和弓、弓道のようなものと、卓越な比喩を荒れた方がいましたが・・・・・、この二つを使い分けて初めて、スポーツ自転車のなんたるかがわかったような気がしている店主なんだが・・・、もう古いのかね?

 固定フレーム、しかもかなり走るんだけど、ありますぜ!もちろん120エンドのものね!

今年もやります リノバイシクルメイカーズ!展示会ね



 昨年は確か、当店の引っ越しとモロかぶったやに記憶している、リノバイシクルの展示会であります。

 これフライヤーというか、葉書ですね。センスよくできあがりました。

DSC_0101_convert_20161204190023.jpg

 コチラが詳細です、読める?

 12月16日金曜日から、12月18日日曜日まで。昼の12時から20時まで、終日は17時まで。

 会場は、HIGURE17-15cas、荒川区西日暮里3-17-15でということです。

 今回はどんな自転車が展示されるんでしょうねえ・・・?

 DSC_0085_convert_20161204190058.jpg

 んんんんん????

 DSC_0087_convert_20161204190045.jpg

 んん?

 なんか見たことがある・・・。

 そう、これって・・・、あの高専の奴らの改造車・・・なんじゃない?これで大阪まで行ったよね・・・あれ?

 DSC_0082_convert_20161204190108.jpg

 オ!団長じゃねーか・・・、久しぶりだよね。高専もう五年で、今年度で卒業だ・・・。

 で、聞いたら、日立に入社したとか・・・。すげーな・・・。

 そして、確か・・・、大阪には二人でも行ったんじゃない?

 DSC_0081_convert_20161204190119.jpg

 オ!そうそう、君だったよね。団長よりもより積極的にいじりたがっていたようなところもあったなあ・・・・。いや、待てよ・・・、団長は一見海藻のように、ユラユラしていながら、知らずに行動力がある・・・、気づいたらやっていたというタイプ。

 このほっぺたに汚れの付いたこの子は、ある意味副団長的で、自転車いじりはやりたいことを全面に出してやっていく、そういうタイプなんだよね・・・。

 お互いがお互いに対して、勝てない・・・と思っている、ある意味いいコンビなんだよね。

 で、聞いて驚いた・・・。団長が日立に入ったと思ったら、こいつ・・・、副団長はなんと・・・なんと・・・、なんと・・・なな、なんと・・・。

 シマノに入社した・・・っていうんだよね。

 もちろん嘘だろ?と思って、何度も聞き返したんだが、本当にシマノに入ったらしい・・・。来春から、大阪の堺市、シマノの本社近い工場勤務ということだ・・・。

 イヤー・・・、これで当店からの刺客を天下のシマノに送り込んだようなもんだ・・・、イヒヒヒヒヒ。

 早速指示を飛ばす。まず、入社式の前に、一定の荷物を抱えて自転車で堺市まで行け!これやったら、まあ、今年の新人で、バカがいるぞ!と話題はこれで持ちきりだ。

 工場長の方から、オーイ、バカはどこだ?お前か・・・、頼んだぞー、向こうから握手して来るんじゃないか?

 まあ二十代は死なない程度に、働けよ。簡単にやめるな、絶対に。

 こいつの性格からいったら、七割から生意気・・・と思われるかもしれないな、でも三割はそれを認めてくれるだろう、そういうものを持っている。

 仕事が腑に落ちてくるのは、三十代・・・半ばで感じたら、いい線行っていることになるかもな。そうすれば四十代は面白いはず・・・だと思う。

 なんて思って、来年五月、「チワー」なんて来て、「連休かい?」「いえ、やめました・・・」なんて展開も、こいつならありそうだよなあ・・・。
 そういう意味で、お前らには全く期待してないからな!そもそも若い奴に期待するなんて間違いだ、店主がそうだった、若い奴の大半は期待を裏切るものなんだ、だから、端から期待してはいけないんだよな。

 まあ、でもだ、大したアシストはしていないながらも、逃げ集団に刺客を送り込んだようなワクワク感はなくもない、コチラは一つ責任果たしたんで、大集団中、前引かずに足ためて走らせてもらうぜ!ウカウカしていたら、ためた足でゴールスプリントでぶち抜くからな!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター