メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2017年11月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

十年越しのメンテナンス



 この写真見て、オオ!と思う方は、相当古い狸サイクルをご存じの方と思います。

 今の店舗から数えて、三つ前の阿佐ヶ谷団地時代の店舗です。狸サイクル2店舗目の店先です。この記事は10年以上前のものになりますね。

 うれしいことに、再度メンテのご依頼をいただきました。

 DSC_1479_convert_20171122235522.jpg

 前後ホイールは、持ち込みで交換しました。かつての記事にあるように、16Bゴールドで組んでいたんですね。十年サイドも陥没せず、無事任務を終えました、お疲れさん。

 マビックのヘリウムかな?ポン付けですが(振れは取りましたが)、赤同士でなんとも相性がいいですね。

 DSC_1480_convert_20171122235531.jpg

 かつての山岳用のホイールですね。こいつのタイヤを見ると。

 DSC_1486_convert_20171122235604.jpg

 ヴィットリアのラリーです。昔は激安だったのが、今はそこそこの値段しますね。しかり、ラリーということは?

 DSC_1475_convert_20171122235512.jpg

 そうです!チューブラーです!特にこだわりは無いようですが、チューブラーを使い続けるということで、スキンサイドものがいいということでした。しかもリムテープでなくて、セメントでというんで・・・別の意味でのこだわりか?

 DSC_1482_convert_20171122235539.jpg

 かつてのはサンツアーの5速でしたが、ホイールが変わって、8速のスプロケに出世しました。もちろんチェーンも交換しています。シルバーのきれいなやつね。TAYAというメーカーです。

 DSC_1483_convert_20171122235547.jpg

 前後ともに、ブレーキシューを交換。普通に効くようになりました。

 DSC_1485_convert_20171122235555.jpg

 ワイヤー類もすべて交換。この辺までやれば、かなり、いい状態に戻ります。

 DSC_1489_convert_20171122235619.jpg

 サドルの革張りは別の機会にすることにしました。

 DSC_1491_convert_20171122235628.jpg

 8速のWレバーものに変身です。昔はこうした車体で、レースしていたんですね。今のレーサーとは形は相当違いますが、乗る奴が乗れば、今も負けないくらいの迫力はある。

 ただ、自転車の形状としては、これはこれで独特な雰囲気を残している。何も当時のウールジャージを着なくても、かなりカジュアルな服装でも、こいつとは合いそうだ。

 一歩現役から退いたかつてのロードレーサーは、カジュアルなレーサーとしての形式を既に確立しているようにも感じられますな。手元変則でないという意味で多少は不便ながらも、そんなに先を急ぐでもなし、ちょっと余裕をもって、と言いつつ切れのある走りを残す・・・。

 そういうジャンルの自転車として、さらに積極的に再生できないか?なんて感じるんであります。

 思われているほど鉄レーサー自身は古くはない。ナウでヤングな現代的スティールパイプで組んだら8キロ台のレーサーだってできる。足のあるやつだったら、しっかりそのレーサーで戦えるはず、今でも!

 と同時にこうした、別のイメージでのレーサーとしても再構築できるとしたら・・・、やはり鉄フレームは最強だよね。

 30年後、今のカーボンフレームがクラシカルに感じられることってあるかな?アラン以外のアルミフレームでクラシカルな良さを体現しているものってある?

 いや、あるかもしれないが・・・、即座にある!といえる鉄はそういう意味でも最強なのである!と思いますぞ!

 これで、10年後・・・それより手前にまた、おいでください!大切に大切に、レーサー乗り続ける方を、当店は大切に大切にいたします!
スポンサーサイト

実験演習の油圧ブレーキ



 こいつを預かってから、正確にはこの二つ前くらいか・・・、油圧ブレーキに関するすったもんだが、始まった。

 旧疑問について、なるほど!と思うことと、さらなる新疑問の中で彷徨中というのが現状かな?そういうもんだと思えばそれなりに扱えるところまでは来た。だが、なぜパッドの減りを追いかけるようにピストンの幅が縮まるのか?未だにわからない。つまり、ローターとパッドの距離は変わらないという事らしいが、オイルが増えているわけでもないのに、なぜ、設定より前に押し出した状態で、止まるのか?

 未だにわからない。まあ、ローターとパッドの距離については、設定時にいいアイデアも浮かんだんで、それを実行していけば、きめの細かい対応ができるんじゃないか?とは思うが・・・。

DSC_1293_convert_20171121221758.jpg

 シマノ製とは色々異なる、エイビッドの油圧ブレーキ。まずオイルからして違う。バイクのドットオイルを購入したほどだ。細かい違いはあれど、基本は同じ・・・それがわかっただけでも収穫だわな。

 DSC_1435_convert_20171114212118_201711212223303c4.jpg

 パッド交換は、油圧もメカニカルも同じ・・・、これはまあなんとかね。

DSC_1296_convert_20171121221815.jpg

 左前ブレーキは、しばし現役でがんばってもらうことに。引きもいい感じだよ。

 DSC_1438_convert_20171114212136_20171121222332b62.jpg

 機械による圧送も試したし・・・、しかしこいつは便利だわ・・・。

 DSC_1276_convert_20171114212053_20171121222329131.jpg

 注射器で圧入するという非常にアナログな方法もやってみた。原理は一緒で、手間は別だわ。なんかメンテというより、治療しているみたいだね。

 色々やって、エアもしっかり出したりしたが。どうも内部のどこかが漏れているらしい。古い錆びたネジなんかをこじ開けたりしたし、かなり使い込んでいたんだろうと思う。

 DSC_1306_convert_20171121221831.jpg

 右後ろのエイビットコンビは、この度引退してもらうことにした。お疲れさん・・・。

 変わりは・・・、オーソドックスで。

 DSC_1294_convert_20171121221806.jpg

 シマノの油圧ブレーキに交換。オイル交換の時には注意しないとね、コチラはミネラルオイルなので・・・。

 DSC_1299_convert_20171121221823.jpg

 キャリパーも当然新しい。しかし・・・、原理は同じながらもちょっとずつやり方が違うには、多少困ったが、やはりこれもまた経験。今はPDFで古いマニュアルも読めるんで、助かりますな。

 色々細かい違いがあるのは、確立されるまでの試行錯誤のあとのようなものかと思う。ウーン・・・この形式だと、オイルの圧送時にホースが抜けて、回りがオイル浸しになり得るなあ・・・なので主流でないんだな、これは?なんて考えながら、初めての形式のものにオイルを入れていく。

 DSC_1291_convert_20171121221749.jpg

 試乗はしたぞ!何度も何度もストップアンドゴー繰り返してね。やはりブレーキだからね・・・。

 油圧ブレーキの引きは、確かに軽い・・・。子のせ自転車のブレーキにいいんじゃない?なんて思うようにもなった。

 最強の子育て自転車・・・、そんなに遠くないうちに出るよ。

 前ブレーキは油圧ディスク。ハブダイナモが付いていたら、尚いいね。でかいカゴ、前子のせ、後ろ子のせ、持ち上げハンドル付きサドル、リアのタイヤはノーパンクのタンナス入れようか?ギアは外装でもいいな・・・。後ろブレーキはVブレーキでも、ローラーブレーキでもいいか・・・。

 などと、油圧マニアになりそうだ・・・。もう一月経ちますか、あの夢の台湾出張から・・・。

 この油圧については、ちょっと貴重な続報があります!相変わらず、十数年先を行く当店から、画期的自転車のご提案があります・・・。エエ?何だって?まだ135エンドなんて無駄に広いダッセーシングル車体乗ってんの?

 なーんちゃってね!というような企画であります!柳さんと当店コラボの大企画・・・。デモ車ができたら、もちろん公開いたします。当然テクトロも噛んでますぜ!

 お楽しみに!

事故車の扱い



これが事故車という事で持ち込まれた一台ですが、一見して無傷のようにも見受けられますが、車に乗り上げたという、レベルの事故なので、計測してみる必要はあるでしょう。

 DSC_1229_convert_20171120221310.jpg

 目視で判断できるのは、今回は前後ホイール。曲がっています。

 DSC_1233_convert_20171120221318.jpg

 ブレーキシューに干渉するところから、離れるところまで著しく曲がっていることがわかります。

 外からの力で曲がったリムを、中からのスポークの力で戻すのは不可能です。仮に真円が出たとしても、それは無理をかけている、つまりスポークのテンションにバラ付きがあることなので、体重がかかるとまたすぐに曲がってしまいます。

 そういうところからこのワンペアは交換となりますね。

 DSC_1234_convert_20171120221326.jpg

 サドルに傷が付いています。しかし、厳密に言うと、これが今回の事故でついたものなのか?それ以前からあったものなのか?については、わかりません。

 ある程度乗り込まれた車体には、常にこのような問題がつきまといます。その辺なんかもしっかり公開しながら、話し合いの場を作っていくことかと思いますね。

 で、今回はそれだけか?

 いえいえ、鉄フレームに関しては、まず計測して、もし狂いが出ているなら、それを治す・・・という事を行います。

 フレーム精度検査1_convert_20171120221544

 これは柳さんに依頼します。

 フロントフォーク制度検査_convert_20171120221556

 パーツをすべてバラして、柳さんに渡しまして、報告書を作ってもらいます。

 これをもとに見積もりを作るという事になります。ですので、見積もりを作る際には既に工賃は発生していることになりますが、これは仕方ないことかと思います。少なくとも当店の見積もりは、そうやって作りますということは相手に伝えることにしています。

 パーツを外すのも、計測するのも、修正するのもすべて手間がかかることなので。そしてそれをしないで作る見積もりはあまり厳密なものとは言えないでしょう。もちろん、元の自転車の状態や、乗り手の考え方などによって、そこまでするか?しないかの判断は分かれますが。

 保険屋さんは、元の値段より高く付く修理費は基本出しません。ただ、自転車に関しては、車に関するよりも慣例に縛られる割合は比較的低いようにも思います。そういう意味で、聞く耳を持つ保険屋さんが増えてきたとも言えるかも知れませんね。

 一昔前、またはタクシー系の保険屋さんなどには、そんなこと言っていいんですか?まとまる話もまとまらなくなりますよ・・・、と言うようなことも何度かありましたからね。

 車はかなり事務的な慣例的な処理がなされているようですが、自転車に関しては、その基本に人対人、という側面がまだ強いようにも思います。

 今までいろんな保険屋さんとやりとりしてきました経験からの実感に過ぎませんが・・・。

DSC_1466_convert_20171120221342.jpg

 新しいホイールがつきました。

 DSC_1467_convert_20171120221350.jpg

 タイヤを古いホイールから移植したので、あまり新しい!感じはしませんが、真円の出た新しいホイールです。

DSC_1468_convert_20171120221358.jpg

 今回ボスフリーの形式から、スプロケの形式に変わりました。ちょっとグレードが上がった・・・とも言えますかね。

 DSC_1470_convert_20171120221408.jpg

 サドルも今回は交換。

 DSC_1455_convert_20171120221334.jpg

 フレームにも曲がりはなく、ホイールとサドル交換で済みました。

 一般の保険常識からすると、今回廃車になる予定だったものが、なんとか持ち直して、安全に走れるような形として再生いたしました。

 事故はないに越したことはありませんが、起きるときには起こってしまう。そうした時には、公正を旨に自転車とその利用者の希望にできるだけ添うような立場で対応するのが当店のやり方かも知れません。

 事故を機に買い換えたい、というのであれば、それはそれ。事故に遭ったができればこの車体を乗り継ぎたい・・・というのであればそれもまたそれ。できる限り希望にかなうようにいたします。

 車はこれまでの慣例の数が多いので、形式的にかなり確立されているようです。それに対して、自転車は複雑でしょう。

 二万前後の実用車だったら、かつてのごとく「五年経ったら償却ですから」なんて形式が通ったかも知れませんが。今や一台数十万の自転車も、普通に街道を走っています。そして、その間にあたる自転車もまた相当走っているわけであります。

 そして重要なのが値段だけじゃあない、乗っている人たちの自転車に対する思いから何からして違うわけですから、保険会社も一つのスケールで事が済むわけがない・・・。大変だと思いますがね、ともあれ、事務的な処理よりも、話し合いをしっかりできるような環境作りが大切でしょうな。

 形式的に、というより、双方の言い分を聞きつつ、慎重に判断をする、そういうところに関わっていく訳ですから、当店も依頼者に寄り添いつつも公正にそうした環境に寄与できる動きをしないといけませんな。

 事故処理は大変ですが、被害者はもっと大変・・・、ハイ、真摯に向き合い、最後までおつきあいいたします!

名車中の名車・・・かも



 こんなところに無造作に置いてあると、ただの小径車なんだが・・・、

 DSC_1452_convert_20171119213802.jpg

 ラベルにはしっかりと、アレックスモールトンと書かれてある、しかもイングランド。お城製じゃない?(お城製ではないようです)

 ある意味一財産だよね。

 DSC_1302_convert_20171119213552.jpg

 ワイヤーがダメになったのと・・・、

DSC_1304_convert_20171119213610.jpg

 ここ暫く放っておいたんで、メンテもかねて・・・という事だった。この名車は、いつもピカピカにしておかないとね。

 店主は正直小径車には興味は無い・・・が、折りたたみの雄が、ハンドル回りを除いたブロンプトンだとすれば、デモンタの小径の名車といえば、一も二もなくこれ、モールトンしかないだろう、と思う。

 DSC_1447_convert_20171119213658.jpg

 まずはキレイに面倒見てやろうじゃないか?という事でワイヤー類は交換。ブレーキから、シフトから、スゲー動くようになったよ、当たり前だが・・・。

 DSC_1449_convert_20171119213723.jpg

 チェーン交換に、スプロケその他も洗浄、名車なんだからもっときれいにしてやんな!

 DSC_1448_convert_20171119213710.jpg

 ブレーキシューとその他の汚れで真っ黒だったリム、大森社長が見過ごすわけには行かない、頼まれなくても、やってしまう。

 あとはBBも交換したよ。

 DSC_1445_convert_20171119213632.jpg

 トップチューブの中心あたりに、幅を取ったトラス構造がある、これがヨジレを完全に阻止している。そして・・・、

 DSC_1446_convert_20171119213645.jpg

 そして角度をかえて下から見るに先の幅広の横棒はなんと三角構造、強度が上がるわけだ。まるでクレーンのよう。まさにトラス構造というもんだわな。

 そういう意味で、自転車屋と建築屋、設計屋がコラボしたら、さらなる面白い自転車もできるかも知れませんな。

 DSC_1451_convert_20171119213747.jpg

 そうした剛性設計があるせいか、この辺のフロントフォークには弱いサスがある。このサスは神経に障らない・・・、微妙な良さがある。

 そして

 DSC_1450_convert_20171119213735.jpg

 サドルの裏にもエストラマー・・・とか言ったか?高分子か?の素材が噛んであり、これも超剛性をいい程度に緩和してくれているようである。

 これをドロップにして、本気モードにでもしたら、そんじょそこらのレーサーとは互角に走る・・・そうだ。

 DSC_1444_convert_20171119213618.jpg

 それにこれらが、本当か嘘か?イギリスの古城のなかで作られているという物語まで付いている。

 なるほど自転車を設計して、世に出すという一つのあり方が、ここに示されているんだろう。なるほど・・・、自転車を作るというのはこういうことか・・・とね。

 なんか変に納得しながらの、モールトンであった。これに続く、より画期的な、小径車の雄は、どうも当店回りから出ることになりそうだ・・・、数年以内に、世界をあっと驚かせる、そういう一台ができる、多分だが、その確率は大分高い。

 それこそ百年、二百年をにらんでデカイ、計画のうちのなかでの話ね、その完結にもちろん店主は立ち会うことはできないが、デカイビジョンと骨太の方針は、既に練りつつある・・・、気長にお楽しみを!

自分のにおいをつけていく



 購入した状態で乗っていたものが、使っている内に、より自分の用途に合わせて自転車を変えていきたくなることが起きてくる、至極まっとうな展開だと思います。

 大半は機能的だったりもしますが、ブランド的だったり、非常に趣味的だったりなど色々あるでしょうな。

 今回は機能的な展開が主なもの。もう少し山に行きたいがもっと楽にできませんかね?という。

 DSC_1268_convert_20171118212953.jpg

 このコンパクトクランクをトリプルにできないか?ということでありました。着眼点をギア比に置くのは間違いではありませんが、トリプルですか・・・。

 かつては立派な選択肢でありましたが、今やトリプルは風前の灯火のような状態。

 フレームの中心からペダルまでの距離をQファクターなんていいますが、これは基本狭い方がいい。真下に踏む方が効率いいんでしょうな。

 そういう意味で、ツーリング車で使っていた経験は店主にはありますが、それ以外ではあまりおすすめはしたくはない・・・ものであります。

 そのためのコンパクトクランクなんですからね。とすれば・・・、

 DSC_1269_convert_20171118213004.jpg

 コチラをいじる方が、今や現実的な選択と言えるでしょうね。

 12-25のスプロケを交換する方向。今は遠目にホイール電動車かよ!と思えるほど、スプロケの巨大化は止められない傾向にあるようです。先月の台湾でも40台のスプロケがありましたよ。お盆並だよね・・・。

 前シングルのリアスプロケの巨大化というのが流れらしいね。その流れは好きか?と言われれば、好きではないが、その路線でいいものがで始めてくると、使わざるを得なくなる・・・。

 5枚上げるか・・・。

 DSC_1448_convert_20171118213118.jpg

 12-30なんていうのに交換。かつてはせいぜい27くらいまでだっただろう?ロードコンポとしてその上もまだあるって言うんだか、スゲー時代になったもんだ。

 DSC_1449_convert_20171118213131.jpg

 この流れで、よりデカイスプロケに交換する可能性もあるので、ロングゲージのリアディレーラーに交換。

 DSC_1271_convert_20171118213023.jpg

 この調子で登りがうまく行けるようになると、峠行きが多くなる、登るということは、同時に下るということもつきまとってくる。下りで重要なのはブレーキ。

 こいつは、お客さんの要求通り、グレードを上げた。

 DSC_1446_convert_20171118213100.jpg

 現行105に交換であります。

 DSC_1270_convert_20171118213015.jpg

 このブロンズのブレーキってどこから来てんのかな?わからないが効かないわ。

DSC_1447_convert_20171118213108.jpg

 交換します。まあキャリパーでもこのくらい効くようになると、メカニカルディスクの必要はまあ当分はない。レーサーにはキャリパーで十分であります。

 DSC_1272_convert_20171118213033.jpg

 あとはご本人は、下ハンドルはあまり握らないとおっしゃってはいたが・・・。下りを安全に下るとなると、どうしても下ハンは重要なポイントになる。下ハン握っていれば、下りの段差などで手が外れることはない、ブラケットだとヒヤッとすることあるからなあ。

 下ハンから、このSTIはシフトアップができない構造になっている。ブラケットポジションしかできないツーリング仕様といってもいいんだな。これはある意味ドロップハンドルの性能を引き出すには今一だよね。だからか、この形はなくなりつつある。

 なので、今回山登り、そして下りに向けて、この辺を交換してみた。

 DSC_1445_convert_20171118213050.jpg

 このタイプのSTIなら、どこからでもシフトアップ・ダウンが可能であります。より距離が伸びて、乗る時間も延びるようになると、こういう細かいところが重要になってくる。たぶん早々にその意味がわかってくれるんじゃないか?と思いますがね。

 DSC_1443_convert_20171118213042.jpg

 より機能を上げて、再生完了!

 あとはポジション・・・かな?機材は整ったので、今度はエンジン=人体の取り付け角度としてのポジショニングだね。持っている力をどういう角度から入力したら、効率がいいか?最初は乗ることで精一杯で、そんなこと考える余裕もないかも知れないが、最後はそれがすべて・・・というくらい重要になってくる。

  一定乗れるようになってくるとしよう、もし自分の自転車以外の車体で長距離を乗らざるを得なくなったとき、車体選択の基準は、一体何が優先するだろうか?コンポか?フレームの素材か?ブランドか?ポジションか?といったら、乗れるやつはほとんどポジション優先するだろうね。

 ポジションのでないデュラエースのカーボン車体なら、ポジションの出る、ハイテン、ソラコンポだろう・・・極端なことをいうとそういうものではないか?とすら思えてしまうのであります。

 なので次は、その辺を軸に少しずつ調整して行けたらなあ、と思いますね。

 車体は整えた、次は乗り手のポジションだ、その両者がピタリとはまって、距離が伸びる。足もできてくる、自分の自転車のポテンシャルに気づいていくる。その内ポテンシャルを超える領域に人体が移行することがある。そうなると、また車体を整える必要が出てくる・・・。

 こういう車体とエンジンである人体のデットヒート状態なんていうのが、自転車の理想的な展開なんじゃないか?なんて思ったりもする。もちろんそのデッドヒートも、その人なり、自転車なりなんだがね。

音がする 音が鳴る



 もらった自転車なんだが音がするんだ。確かにする・・・。

 その異音をとって欲しいという依頼。来たよ・・・。しかもどこからか?というと。

 同級生の青山君からなのだ。彼は知る人ぞ知る、青山自動車工業という、非常にマニアックな施工依頼も断らない、非常の希有な自動車屋さんなんだよね。

 引っ越しの時も軽トラ貸してもらったりと大変世話になっている古い友人なのだ。

 二人とも杉二小出身。なんと親同士も同じ小学校の同級生同士という仲なのだ。青山君は、小さいときから絵が上手、歯と歯の間からスーヒー音出しながら、サッサッサと描く絵がもう学年を越えていたね。

 絵だけじゃない、冗談のセンスもあったなあ。お絵かき帳をもじった「とえたぴ帳」というのを作っては、連載で学校での出来事をパロって描いた漫画は大受けだったのを思い出す。

 なかでも、星ピュン(星雄一君)と音楽教師木山先生とのからみをいじった作品は最高だった・・・。

 そんな側面を持つ彼だったが、お父さんの家業を継いでエンジン・機械の方に行ったというので、最初は驚いたよ。てっきりイラストとか漫画家になるかと思っていたからね・・・。

 そんなこんなで、結構年いってからまた絡むようになって、彼は彼で、店主が自転車屋をやっていること自体が不思議でならなかったようだ。確かにねえ・・・、末はサオ師かエロ作家・・・のはずだったが。

 でも分野もレベルも、向こうは車でこっちは自転車で違うんだが、ちょっとした機械の話なんかで今結構盛り上がるし、彼から学ぶところは非常に多いんだが、まさかこんな話をできるようになるなんて、お互い驚いているとろこはあるなあ。

 先日も、例の油圧ブレーキの件では、随分時間を使わせてしまった。ペーパーロックの話なんてすべて彼からのパクリなのだ。

 彼がフェイスブックなどで上げている仕事ぶりは、既に板金では超人的だわ。車というより、カエルの遊具の修理かと主ったら、イタリアのなんとかっていうスクーターだったかの修理とか。アチコチ回って結局杉並の青山自動車に来るということらしい。

 そんな彼から音鳴りの依頼ときたら、コチラもなんとか沽券をかけてと気合いは入る。なんとかより良くして戻してやらないとな、と。

 DSC_1276_convert_20171117223557.jpg


 しかし何度も書いてきたが、音鳴りというのは難しい。まずどこから出ているか?というのを走りながら特定するのが難しいのだ。大体はわかるが、押さえるのが難しい。走りながらだしね。車体はつながっているしね。

 そういう時は、締めるところを締めて。交換できるもんは交換するに限る。チェーン交換。音鳴りは少し収まるが・・・なれば・・・。

 DSC_1277_convert_20171117223608.jpg

 ボスフリーか?この手の柔らかいボスフリーを変速しないで使い続けるとピッチの関係で歯飛びや音鳴りの原因になり得る。高くもないので、交換してみると。なんか静かになったような・・・・ね。

 今回はクランク回りのBBのグリスなんかも入れ替えてみた。そうしたら、静かになったような・・・・。。踏み方によっても、体重によっても音鳴りは変わる・・・、厳密にいえばなんだが、でも普通に乗る人にはほとんど関係ない、音鳴りはしないに超したことはない。
 DSC_1278_convert_20171117223618.jpg

 シフターもリアディレーラーも緩いといえば緩いんで、その間のワイヤー交換して、両サイドを締めてみる・・・。音鳴りはまあ多少は・・・。

 ちょっとした原因がアチコチに点在している場合には、一気に激的に解消するのではなく、徐々に徐々に静かになっていく様な場合もある。

 そうした場合困るのが、どこで落としどころとするか?ということ。通常なら、まあこんなもんか?で済むもんも、青山君のものとなると・・・。誤解を避けると、彼がクレーマーのようにうるさいやつでは全くないということ。むしろ受け入れタイプ。

 だからこそ、有無を言わさない解決を見たいところなんだが・・・。

 DSC_1273_convert_20171117223549.jpg

 仕上がって、何度も乗る。急ブレーキかけたり、荒めにシフトしたり、体重かけて踏んでみたりと色々やってみて、まあ、合格ラインかな?というところで、終了。

 彼が乗って帰って、「調子よかったよ!」というメールでホッとする。いわゆるクレーマーなどの対応なんかよりも、機械を知り尽くしているやつの無言や、OK!の方が数倍脅威であり、うれしいもんだ。

 本当良かった・・・、車でお困りの時には、杉並の青山自動車へ、自転車でちょっと困っている人は、西東京の狸サイクルへ、これを称して、杉二連携!といいましょうか?

思えばヘイズ・・・から



 ヘイズ、なんかハーレーのブレーキを作っているんだそうだ。

 油圧ブレーキネタが続きますが・・・。このヘイズの調整から始まりました、今回の油圧騒動、まあ一台で終わるかと思いきや、いきなり台湾のテクトロ工場見学までやってしまい、テクトロテクニカルサービスセンター(仮名)にまで一気に上り詰めるに至るとは・・・。

 マウンテンどうでもいい派の典型的な店主。ディスクブレーキ?な・・・なんで?ってなもんでしたよ、今でも半分・・・かもね。

 それが今は、いくつかの油圧コンポで何組もうか?と画策している、しかもそれ楽しんでいるのだから、その変わり身が自分でも面白い・・・。

 まあ、できなかったことが、できるようになるになるというのが一番刺激的か?その内、サスペンションの調整にまで手を出したりしてね・・・。

 まあ、あんまり好きじゃあねえけど、やってやるよ・・・なんてちょっとかっこいい・・・かも。

 DSC_1446_convert_20171116224251.jpg

 パッドの交換はメカニカルも同じ・・・、油圧のデメリットと言われるように、調整がきかない・・・とか、その辺にもっと食い込んでいきたいね。

 DSC_1448_convert_20171116224259.jpg

 ディスクは使っている内にキャリパー自身が高温になる、摩擦でね。そうなるとオイルが沸騰して気泡ができる、ブレーキが甘くなり、聞かなくなることもある、ペーパーロックというのだそうだ。

 車で下りの峠で、エンジンブレーキかけないで、ブレーキ踏んでいると起きる現象なのだそうだ。となれば、沸点の高いオイルが高級という事になる。

 そういうことがあるとすると、例え、止まった状態で最高の引き調整をしたとしても、下りに入るやいなや、ブレーキが甘くなってしまうのはどうしても避けたいわけだ。

 となると、空気を絶対に噛まさないというやり方が、王道となるのはわかる。だから、調整がきかない・・・というのだろうか?

 他にやり方無いのか?しつこく考察は続くのであった・・・。

 DSC_1449_convert_20171116224308.jpg

 チェーンの交換・・・。

 DSC_1450_convert_20171116224315.jpg

 スプロケの掃除など、ドライブトレインをちょっと調整。

 DSC_1451_convert_20171116224333.jpg

 シフトワイヤーの交換・・・。もし油圧ブレーキと、電動シフトになるとワイヤー類は一切いらなくなるんだね。

 まあ最先端はそうなるんだろうが、自転車が身近な乗り物である限りワイヤーが滅びることはないな。

 DSC_1455_convert_20171116224353.jpg

 今回は小技があった。最初に言っておくが、これはアンテナじゃないよ。

 これはクランクの部分なんだが、ペダルと共締めになっている。

 こいつを下ろすとどうなるか?

DSC_1453_convert_20171116224343.jpg

 はい、スタンドに早変わり!という事です。でもあくまでもこれは簡易ものですね。ちょっと力をかけたりすれば、即破損になりかねないくらいに、華奢であります。だから、粋に見えるということもありますが。

 DSC_1443_convert_20171116224233.jpg

 パープルならぬ、グレーンヘイズのクラインなのであった。ちょっと、フロントブレーキなんかの調整の実験もさせてもらいました。原理は一緒でも、細かいところが違う、それをいくつ消化したかで、今後のキャリアが変わってくる・・・、ありがとう!その分最初より大分良くなったよ!

一進一退とはこのことね・・・



 相変わらず、楽しく油圧ブレーキに忙殺される毎日です。

これはテクトロ工場から解体用に持ってきたブレーキとレバー。しつこく内容を聞くもんで、自分でバラしたいと言ったら、快諾してくれた。

 なので、内部を知るためにバラす。構造を知らないと、本当に応用というものができない。ブラックボックスは嫌いなのだ。だから電動はいじらない・・・。

 いやも応もなしに、これからはロードだって油圧式になるだろうな、キャリパーブレーキだって油圧になるかも・・・。なので、構造はどうしても押さえておきたい。

 DSC_1292_convert_20171115190954.jpg

 こいつがレバーで・・・、

 DSC_1293_convert_20171115191002.jpg

 その反対がディスクのキャリパー、こいつがディスクを挟んで制動するというしくみ。

 まずは、キャリパーをバラそう。

 DSC_1294_convert_20171115191009.jpg

 ブレーキパッドを外してみた。これに関してはメカニカルも油圧も同じだね。真ん中にあるやせた金具は、多少ともこの二枚のパッドを開く様に作用しているが、いかんせんその力は小さい。

 DSC_1299_convert_20171115191037.jpg

 高級なものにはワンピース構造のものがあるようだが、こいつはツーピース、二本のボルトを外すとこんな具合に簡単に二個に分解される。この銀のピストンが裏からオイルで押されパッドを通じてディスクを挟むという構造だ。実に単純。

 DSC_1306_convert_20171115191148.jpg

 ピストンを抜いてみる・・・といっても簡単に抜けるものではない、半端のない密着なもんでね。キャリパー本体にブルーのシーリングのようなものが見える、この間からオイルが漏れたら、ブレーキは効かないのと同じなので、その密着は厳密なのだ。

 因みにこのピストンなんだが・・・、

DSC_1304_convert_20171115191130.jpg

 直径22ミリ程度・・・。そして、

DSC_1305_convert_20171115191139.jpg

 ホースの穴が直径2ミリほど、面積の差は約120倍なのだ。正確にこのホース穴と比較すべきか否かは別に、この断面積の差と、オイルの移動距離との間に、あたかもテコの原理のような法則がある、つまり小さい力で、大きな力を生む形式ね、それを称してパスカルの原理というそうだ。

 パンセのパスカルなら多少はわかるが、あのパスカルはホモ・ウニベルシタスの典型のような人、つまり普遍人、超人的何でも屋なんで、店主のまったく預かり知らん側面があってもまったく不思議でない。ほぼ同時代のデカルトしかり、ライプニッツしかり、ニュートンしかりなのだ。

 かつて気圧の単位をミリバールと言った、今でも自転車の空気圧にはバールが使われているのもあるが、最近の天気予報なんかでは、ヘクトパスカルという言いますね、こんなところにも生きてますな。

 人間は考える葦である、という名言を残している、それを言ったら、自転車乗りは考える足を持っている・・・。

 話を戻すと100キロ近い速度で下っている自転車を指一本で止めることができるのは、このパスカルの原理を応用した、油圧ディスクのお陰という事になる。何トンというトラックを足一本でとめるのも同じ・・・。

 キャリパーは意外に単純な構造をしていることがわかる。では今度はレバー側と行こう。しかし、バラすには新しいものに限る・・・。古いものはどうも、ねじ類やブッシュらがさび付いたり劣化しているため、一度外すと、以後元に戻らない、から、そもそも外せない、などと言うことも起こる。

 ここで一つ変なことに気づく。オイルを抜いているはずなんだが、つまりブレーキ内部や、ホース、レバー内部に圧はかかっていない状態なのだが・・・。

 DSC_1297_convert_20171115191017.jpg

 このように、レバーを引いて・・・離すと

 DSC_1298_convert_20171115191028.jpg

 レバーが戻るという現象が起きている。これは最近悩まされている、AVIDとはまったく異なっている、あいつはオイル抜いたら、空気の抜けた風船のように、押したら押しっぱなし、引いたら引いたっぱなしなんだが・・・。

 よし、分解を進めよう!

DSC_1300_convert_20171115191045.jpg

 イモねじを外すと、レバーは簡単に外れた。中にレバーを押していたピストンが見える。その奥にはCリングがあって、それを外さないとその奥にはいけない。

 DSC_1301_convert_20171115191053.jpg

 なんとかCリングを外すとピストンを押す棒と皿が出てきた。

 さらに外すと・・・

DSC_1302_convert_20171115191114.jpg

 小さいピストンの本体が出てきた・・・そして・・・、

 DSC_1303_convert_20171115191121.jpg

 そしてその奥から出てきたのが、このスプリング・・・やはり、オイルの無い状態でもレバーが戻っていたのはこいつのお陰だったわけだ・・・、一つわかってスッキリ!

 ただし、このスプリングがないと、油圧ブレーキは機能しないのか?というと、どうもavidはそうじゃないんじゃないか?とも思えるんだが・・・。

 このバネ外して実験してみるか?

 水の入った風船を外から押せばそこだけへこみ、へこんだ部分はその他の容積に加算される、つまり中の量は変わらない分、へこんだ分、他へ移動しているはずだ。このように加圧されているものは、押した分、他に作用するが、押すのをやめると、元に戻るという性質はあるだろう。

 テクトロはそれプラスバネの力で戻している元の考えられるが。それがなくても戻る・・・じゃないか?とすら思えてくる。

 そしてまだ疑問は残る。油圧ブレーキはパッドが減っても、調整いらずという。確かに、挟む物の厚みに応じて(反転するに、挟む方の厚み(パッドの減り)に応じて)、一定程度後退してくれる性質があるようだ。

 実際、挟む物の厚みを変えてやってみると、薄くなったらなったに応じて、ピストンが追いかけてくる様に見える。そして最初の厚みの物を挟もうとしても、ドライバーなどで広げてやらない限り、挟むことはできない。ある意味薄くなるものに応じて、自動的に、ブレーキをオープンにした際の、パッドのとどまる距離まで狭まってくるようだ。

 しかし、中に入っているオイルの量が変わらないのに、ブレーキをオープンにした際、なんで最初にセットした位置より前で、とまる様になるのかわからない・・・。オイルが増えたのならわかる、その分ピストンも前に出ざるを得ないからね。増えてもいないのに、なんでピストンがより前に出た状態で、とどまることがができるのか?

 リザーバータンクというところに秘密があるのかな?ダイヤフラムという風船のようなものが、加圧時、ぬけたオイルの空間を埋めるという働きがあるようなんだが・・・。

 または戻りに自体に一定の距離を決める構造があるとか?とか?

 基本を知らないと、応用が利かない、ましてやブレーキなんて勘所中の勘所なんで、この独り言、八つ当たりは、当分続くかも知れないが・・・、退屈しないでね!

 それなりに辿っていくんで・・・。

 何より老化防止じゃ!

DSC_1290_convert_20171115190937.jpg

 しかしこぼしたオイル、捨てたオイルの上をサンダルで行き来するものだから、床はまあ、こんな調子。暫く続くぞ、潤って悪くない!と思おう・・・。

修行は続くよ オイル引き



 この秋、ひょんなことでお誘いを受けて、台湾のテクトロ工場見学なんて行かせてもらったもんだから、それまでディスクブレーキといえば、ワイヤー引きのメカニカルディスクが主だったんだが・・・、いきなりオイル引きのブレーキに手を染める展開となってしまった。

 まあ、どんなに拒否ろうと、時代の流れはオイル引きディスクに行くんだろうから、覚えておいても損はない、くらいに思っていたんだが、なかなか重い腰はあがらない。

 こんなご縁でもないと、ディスクへの関心は行かないだろうなあ、と店主という人間を熟知している店主は思うのであった。

 でも開いてみると面白いもんだ、自らの面白がりや的性格も手伝ってか・・・、後そうだなあ、テクトロという企業自体の面白さも存分に思い知ったこともあってね、今や、店主はオイル引きブレーキに関しては、かなりオープンになってきている・・・。

 まさかそれでも、店主自身がディスク車に乗るとは今でも半信半疑なんだが、オイル引きシングル固定なんて、いつの間にか乗っていたりしてね・・・、気づくとディスク台座付きカーボンフォークなんかを探していたりして・・・。

 あとディスク用のそこそこハブって何だ?なんていつの間に疑問に思っていたり・・・変な兆候だな。

 それはともかく、狙ったわけでないが、不思議と関連の仕事なんかが来るようになる。

 DSC_1435_convert_20171114212118.jpg

 パッドの交換と、ローターの音鳴りの件でやってきた。

 パッドの交換だが、種類あるねえ・・・。パッドがすり減ると、通常ならローターとの間が広がるはずだが、ローター自身が曲がることもあるので音が鳴る。

 ローターの曲がりを矯正するいい方法・・・、振れ取り台を使ってできそうだよね。別にセンサーを取り付ける台座を作れば簡単にできそうだ・・・。

 あとはパッド交換の時に、調整もかねてオイルの入れ替えもしてみる。

 DSC_1442_convert_20171114212154.jpg

 オイルの圧送、循環器。ただし、ブレーキオイルには二種類があるんだそうだ。一つの機械で二種類は扱わない方がいいだろうなあ。

 DSC_1438_convert_20171114212136.jpg

 この手の機械を使うと時間の短縮は相当のもんだ。
 
 DSC_1439_convert_20171114212145.jpg

 ただ、当店の今後の扱いから考えると、ドットオイルが主流にはなりそうにないので、この機械だけではない、別の方法もしっかり身につけておかないとな。

DSC_1277_convert_20171114212102.jpg

 練習もかねて、何度かやってみることに。

DSC_1276_convert_20171114212053.jpg

 今度は自分の手で圧送する。注射器ってなんか遊んでいるみたいだな。水鉄砲ならぬ、油鉄砲だ。

 DSC_1275_convert_20171114212043.jpg

 押した分コチラは引くはずなんだが、最初は注射器自身も固いのか、動いたり止まったり・・・。

 できるとこまで分解したり、原理を先輩格に習ったり・・・。

 そもそもなんでオイル引きのブレーキ、握りから手を離すと戻るんだ?という疑問があったんだが、テクトロの製品でわかった!と思ったことがエイビッドでわからなくなったり。

 高校の物理か?パスカルの原理なんてのを教わったり・・・。

 もうちょっとしっくりくるまで、チト時間はかかりそうだが、とりあえず、取り扱いのイロハはわかってきたような感じだ。

 これからが調整の妙をだしていくとこだろう、挟む板、厚みの違いを何枚用意するか?なんてことがね。それこそコンマ何ミリの調整なんだがな。

 老化しつつある頭には、こうした新たな分野は、刺激になる、そういう意味でも取り入れていくことに怠慢にならんようにしないとな・・・、次はサスペンションか?いや・・・そちらは・・・、中国語・英会話くらいで勘弁してくれ・・・。

あっぱれ!進化形!このつぎは・・・?



 つい最近の改造例で、こいつが・・・

DSC_1253_convert_20171105203916_201711132235581e1.jpg

 こんな風に変身したという、話はちょっと前ですが、やりました、覚えておられる方もいるかと思います。

 まあ、暫くはこれで行くか?次はホイール・・・あたりかな?半年後?なんて考えていたんでありますが・・・。

 DSC_1260_convert_20171105204038_201711132235593aa.jpg

 レレレてなもんで、もうすでに交換の要求がやってきました。それまでと同じギア比だったのに、この形に改造してから、距離を乗るようになった。

 西荻から、浅草まで・・・。途中であまりの軽さに、足が疲れたと・・・。

 なるほどね、回りすぎた訳か。回転技が身につくまでにちょっと時間がかかるが、それまで待てない・・・というのであれば、クランク交換かな?という事で話が進んでいたんだが。

 後日こんなものを持ってきた。

 DSC_1266_convert_20171113223336.jpg

 ジャイアントをシングルで乗っていたらしいが、こいつに付いている、クランク。

 DSC_1267_convert_20171113223346.jpg

 これを移植できないか?と相談にやってきた。いやいや、すごい進化形だよね。自転車パーツの移植という発想は、自転車を完成物ではなく、構成物としてみられるようになったということを意味します。これからの伸びしろが楽しみだよね。

 なので、その発想を体感させるため、改造実用車のクランクと、こいつを入れ替えてやった。

 つまりジャイアントに実用車のちっさいクランクが付けてだ・・・、

 DSC_1272_convert_20171113223414.jpg

  こうなったという訳なのね。材料費がほぼかからないという、掛かるのは手間代だけ・・・。いいぞ!いいぞ!その調子だよね。

 DSC_1273_convert_20171113223424.jpg

 ただ、クランク形状が変わったことで、リアブレーキと干渉を起こしたので、別物に交換です。

 DSC_1274_convert_20171113223438.jpg

 後はチェーンをちょいと長くしないとダメでした。

 DSC_1269_convert_20171113223403.jpg

 中心に金のクランクなんて、ちょっとかっこいいよね。

 これで、一踏みで前に出る距離はグーンと増えるんで、進む!という感覚は得られると思いますよ。

 西荻から浅草まで、少林寺拳法の修行にどうぞ使ってください!

 やっぱり、異分野であっても体を使っている人に、自転車を伝えるのは、非常にやりやすい。

 乗り手としても、いじり手としても、改造主としても、今後この人は伸びていくよー、すさまじい展開をしそうだわ。そう、こういう方をどんどん増やしていけば、自ずと自転車も成熟化していくだろう、店主一人がどうこうではない、人を増やすこと、人が増えていくこと・・・だな、これからは・・・。

掃除と異音とメンテ



 チタンレーサーをしっかり乗っている方なんだが、こいつは普段使い、ヘッドチューブを見るとわかるようにでかい自転車ではある、がたいがデカイからなんだが。

 これがまた異音がする・・・、暫くメンテしていないんで、という事で持ち込まれた。異音問題か・・・、これがまたやっかいなんだなあ・・・。

DSC_1406_convert_20171112215745.jpg

コーヒーの後かな?使い込んでいるんでしょうな。

DSC_1407_convert_20171112215754.jpg

 雨の日も乗っているんでしょうな。

 DSC_1410_convert_20171112215802.jpg

 確かに先月は連日連夜の雨でしたわね。ではまず掃除から始めましょう。

 DSC_1425_convert_20171112215837.jpg

 自転車に関しては・・・、正確には自転車に関しても、なのかも知れませんな、掃除はメンテの基本です。きたねー自転車から、メンテのしどころは見えてきません。

 きれいにしてはじめて見えてくる、本当汚く自転車乗るやつら、数名いるが、あいつらは直らない・・・。よって変なトラブルがたまにだが起こる。

 DSC_1427_convert_20171112215845.jpg

 店主は性格的に片付けられない人間なんだが、実はきれい好き。汚いのでも我慢はできる・・・、だって片付けられないんだから、我慢するしかないんでね。でも、キレイであるに超したことはない。

 いわんや自転車をや。自分の自転車のメンテするとき、かつてだが、結構至福の時だった。

 DSC_1411_convert_20171112215810.jpg

チェーン、スプロケもそこそこ汚れいてる。

 DSC_1428_convert_20171112215854.jpg

 灯油作戦にて、うまれかわる。これでいいオイルをつけると、すごいよ。

 DSC_1424_convert_20171112215828.jpg

 アウターは結構いい状態だったんだが、シフト調整などで、インナーのみ交換。アウターにはいいオイルを染ましておくこと。

 そして最後に残る異音なんだが・・・、店主が最初乗ったときにはそれがしない・・・。

 理由は乗る人が異なると、異音も異なる、という事は十分に起こりうる。シフトにしてもそうだ、アチコチにサスのある車体だと、乗る人の体重によって、サスのしなりがこことなる、それがシフトに影響することがかなりある。

 やせた人なら大丈夫なものが、デブが試乗すると、シフトしないなんてこともね。

 今回も店主よりも大柄な方故・・・もしや体重等の影響ではないか?なんても考えた。

 とすると・・・。

 DSC_1430_convert_20171112215902.jpg

 この辺もあやしい・・・という事になる。

かつて、あるピストの異音問題で持ち込まれたが、各所増し締めして、大抵は直る、異音問題が直らない・・・。何度も何度も確認しても、異音は止まらず・・・。

 まさかのピラー回りに、その原因があったということがあった。

 その点を指摘して、購入元の問い合わせると、確かにピラー付近に問題があり、矯正金具があるから取りに来い、という事だった。指摘される前に、広報しろよ!と言いたくなるが、そんなことよりも、考えてもいなかった箇所が異音の原因だったことの方が印象としては残っている。

 DSC_1422_convert_20171112215817.jpg

 とりあえず、ご本人に乗ってもらいつつ、再度異音調整と持っていきましょう。なので、今回はここまでであります!

 まさに腫れ物に触れるような異音問題・・・。でもこれを越えてなんぼなんだろうな、とは思う。

激緩!サイクリング・・・の下見完了!



 やっぱり秋は、色々なイベントが続くようで、皆さんお忙しいようだ。

 東伏見保育園の虹組卒業生、東伏見レインボーズという名前になったそうだが、意外と卒園後も仲が良く、忘年会や新年会、夏休みのキャンプなどと、一緒に動いている。

 このレインボーズで、秋の紅葉キャンプもいいねえという話は出るんだが、職場の行事などが目白押しのようで、なかなかスケジュールが合わないんだよね。

 なら・・・、その予定日だったこの日に、ちょっくらサイクリングにでも行きませんか?という事に急遽なった。参加できる人集まれー!

 サイクリングといっても、激緩もんだ。
 
 20171111_092934_152_convert_20171111154545.jpg

 あたしこれしか無いの!と電動アシスト付き自転車で来られたお母さんもいた。本来なら、足のあるやつ集めて、タンデムで連れて行くのもいいんだが、それも間に合わず、とりあえず、出発して行けるとこまで行こう!という事になった。

 もちろん店主はそれでも気合いを入れて!

 20171111_092941_681_convert_20171111154554.jpg

 ピラーの高い、実用車で参加することに!

 イザ出発!と店主先頭に、走り出す。

 ガキンチョ3匹は、まるでカルガモのように、後を付いてくる。

 23476640_994147870725429_962455537_n_convert_20171111154630.jpg

 都心ではないが、まだ紅葉なんか・・・と思って走ってみると・・・、色々目に付くね。

 23513228_994158420724374_1801230504_n_convert_20171111154639.jpg

 既にアチコチで始まっているようだ、あと一ヶ月がこの辺の紅葉シーズンだろうなあ。

 20171111_095533_448_convert_20171111154604.jpg

 しかし、走って二十分もしないうちに、「のど乾いたー!!!」「うんちしたい!」と・・・。

 あのねえ、なんで出発前に、チョロッとでも飲んで、クソひり出さなかったんだよ・・・。まあ、ガキンチョなんてそんなもんだ・・・、いい勉強させていただくわ。

 コンビニで水買ったり用を足したりして、また出発!

 多摩湖まで続く、サイクリングロードがあるんだが、ここは乗りたての子供を訓練するには最高の場所だね。大人は五十メートルおきにある車よけにうんざりするが、子供には安全で、対面もあったり交通ルールを守るには本当いい場所だわ。

 その終点が多摩湖、多摩湖の周回はいると、これまた車からは安全でいい。おすすめです。

 その途中にふるさと村というのがあります。

 20171111_110048_887_convert_20171111154620.jpg

 江戸時代の建物を数軒移築した公園になっていて、無料では入れます。なんと家屋の中にまで入れるというもの。なかなか無いよね。

 そこで古民家を見学・・・。その内、広場で竹とんぼ、駒、ベーゴマ、剣玉なんかをやって遊びました。

 23548171_994147850725431_121090284_n_convert_20171111154648.jpg

 竹馬なんかが結構はまった・・・。

 その民家の前に、和菓子やさんが出店をしていたもんで、そこで赤飯、山菜おこわ、団子、羊羹なんかを買って、みんなで食べたよ。

 20171111_110015_127_convert_20171111154612.jpg

 それぞれの予定なんかもあったもんで、今回はここまでで終了。

 来た道を戻って帰ってきました。全部で三時間くらいかな?でもこれで口火がついた感じです。

 まず、実用車しか乗ったことのないお母さん達が、しゃべりながら結構遠くまで、疲れずにこれたという、自転車の機動力を知ったということ。

 この調子でいけば、約倍の距離の先には、多摩湖があるよ!という事に既に大反応、次回は行く気満々。多摩湖に到着したら、コンビニで休憩して、それから、一周15キロを走るでしょう、なんてことなくね。

 それから、鳥山という、離れのある料理屋で、ちょっと贅沢な昼食とって、しっかり休んで、ボチボチ帰ってくればよし!

 主点の当店で、ビールでも冷やしておけば、お疲れさーん!カンパーイ!とね。

 そんなことが自転車と体とちょっと銭があればできてしまう・・・。そして今は一年ポックリのガキンチョ達だが、四年生ぐらいになることには、たぶん、奥多摩キャンプ地ぐらいまで、みんな自転車で行くようになるだろうな。

 そして中学生くらいになったら・・・。

 そんなことの地ならしの第一歩ということで、ユルユル、激緩サイクリング第一回目終了!

 第二回目も当然あるでしょう、ここで募集してもいいかもね・・・。いっしょにどうですか?

荷つめはつらいよ!



 この秋、ツールド能登に参加のため、当店で梱包して、現地まで送る手はずをやりました。

DSC_1007_convert_20171110233757.jpg

 エンドに損傷を与えないように、130ミリの物を挟みます。外からの力で、リア三角が折れないように。

 DSC_1009_convert_20171110233812.jpg

 エンドを守るだけでなく、ディレーラーを浮かせ、ワイヤーの「く」の字折れを防ぎます。折れてしまうとシフトに影響しますから。

 DSC_1008_convert_20171110233804.jpg

 フロントフォークもこうして補強して保護します。これは全ねじとナット四個で作れますんで、どうぞご参考に。これが無いと、外から押されたり、横になって上に荷物が来たときなど、フォークが折れかねませんから。

 こうした処理をして、段ボールに入れて、緩衝材などを挟んで、箱の中で自転車本体が動かないようにします。

 この荷物は、無事能登に運ばれて、ツールド能登については、見事完走されたようです。

 雨の続く、結構ひどいコンディションだったようですよ、でもよくやりました。

 大会が終わって、また箱詰めして、送り返したそうですが・・・、問題発生。

 DSC_1416_convert_20171110233858.jpg

 箱に入れる際、通常なら、ピラーごと外して、緩衝材に包んで、箱の底に置く、それが基本なんですが。なんと緩めて、フレーム側に力尽くで押し込んでしまったということ。

 DSC_1261_convert_20171110233842.jpg

 ピラーの先端が、シートチューブの内部に刺さって食い込み、抜けない状況になったんです。これだけ太いピラーですから、ただでさえ抵抗はすごい、抜き上げるのに大変苦労しました。また相手がカーボンというのも大変気を遣う。

 そもそも、この異形のピラー、これは一般的な径のピラーとは異なるので、このフレーム専用ということが言えます。万が一、破損した場合、いくらで入手できるのか?こうした専用品のアフターについては、ちゃんとショップに釘さして置いた方がいいと思います。

 それに、この後ろ二点止めの形式も、なんか不安だな。カーボンはねじれなどには強いが、衝撃や、強い力でジワジワ押されるような力には弱い。この二点ボルトのトルク表記がない、最悪・・・。

 これ締めすぎる、つまりオーバートルクになると、ほぼ必ずピラーのとんがりの部分にボルトが食い込んでつぶす形になるでしょう。これは数ミリの調整しながら上げたり下げたりしたら、このとんがり部分はのこぎりの歯のようになってしまう。そうすると、今度は数ミリの微妙な調整が難しくなるんじゃないか?と思うんだがね。

 仕方ないので、今回は5ニュートン位で締めておいたが、同業者曰く、「トルク管理を素人にさせる物なんて売ってはダメ!」名言だね。

 確かに形はかっこいいが、サドルなんて非常に微妙な調整をするところなんで、気持ちコンマ何ミリでもスーッと上下してくれるようなものでないと、不適切・・・と思うなあ。どうもこいつは抵抗がデカくて、引っ張ると抜けすぎていけない・・・、大変ポジション出しにくいピラーですわ。

 DSC_1258_convert_20171110233820.jpg

 雨の中は知ったためフレーム全体、そしてチェーンとスプロケの汚れが半端なかったわね。

 DSC_1259_convert_20171110233827.jpg

 あとは、ホイールの着脱をする際に、キャリパーブレーキにホイールをぶつけてを曲げてしまう。

DSC_1260_convert_20171110233835.jpg

 曲がっていようが何だろうが、リム挟めば、ホイールは止まる・・・。が、ブレーキごとに、偏った方向のホイールがふられ、ちょうどセンターでパシッとリムをつかんでいるような感覚がとれないのは、ブレーキングには最悪のセッティングといっていいね。

 パンパンパン!とブレーキはリムを挟む、その際、挟まれたリム・ホイールはさようにコンマミリも振れない、これが理想なんだよね。

 輪行したり、輸送したりするだけで、ロードのベストセッティングなどは見事に壊されてしまう。それだけ微妙なところがあるんだが、それでも走れないことはないので、走ってしまう、そしてこんなもんだろう、と勝手に思うというのが、良くないパターンね。

 結構走っている選手だって、細かいところに気をつけて、セッティングして、好みを先読みして、オイルにいいものつかって、アチコチしかけて・・・やって、驚く子がいるんだよね。車体に敏感なのは大変いいことなんだが、一体誰の整備の自転車乗っていたんだ?と聞きたくなるわね。

 DSC_1264_convert_20171110233851.jpg

 レースやイベント前に見ることは多くあるが、輪行・輸送あとに再点検というのはある意味あまりない。ある意味、一番痛んでいる可能性はあるんだが。

 そういうことで、レース・イベントの前後には、是非、一度お持ち込みください!と言っておきましょうか。できうる限り、その自転車のベストに近いセッティングで乗ってやるべきであります!

定期検診ははやり重要かも・・・



 今ある自転車の中で、最も単純な構造と思われるのが、ブレーキなしのピスト車(つまり競技ピスト)でありましょう。

 フレーム、前後車輪、BB、クランク、ペダル、チェーン、サドル・ピラー、ステム・ハンドル・・・あとはヘッドパーツくらいか?そんなもんで組めてしまう。

 シフトがないので、その調整もいらない。

 公道走るには前後ブレーキをつけて、レバーとワイヤーを張らねばならないが、でもそんなことぐらいで走れてしまう。

 なので、少しの専門工具と知識と経験を持てば誰でも、解体組付けできるようになる・・・はず。

 なんだが、組付けはできて、乗れるようになったからといって、それがベストセッティングであることとは違う。大体でも乗れてしまう・・・というのも自転車なんだなあ。

 単純なこともあって、自分でいじる人が大半のピスト車なんだが、たまには定期点検に出した方がいいんじゃない?というお話であります。

 今回いくつかあったんだが、ヘッド回りがちょっと変・・・、ある角度に来ると勝手にゴリンっと動いてしまう・・・と。

 あしますね、リテナーが曲がったり、ヘッドの締め付けが強すぎたりです。そういう時は、外して、洗浄して、新鮮グリスを入れて、調整してみる。

 やってやって、それでもダメなら、スモールパーツの交換か、それでもダメなら、本体自身の交換・・・という事になる。

 DSC_1235_convert_20171109211709.jpg

 灯油入りの風呂に入れて、汚れをしっかり取ってやる。

 DSC_1236_convert_20171109211717.jpg

 グリスの敷き布団に寝かせ、グリスの掛け布団を掛けて、ガタ取りと、なめらか調整を行う。今回はこれで解決した。

 DSC_1250_convert_20171109211822.jpg

 リアホイールから異音が出る・・・。出た、最大級難しい異音問題・・・。何が原因でどこから音が出ているのか?特定するのが大変難しい場合が大半なんだが、こいつは、異音以前に回転に大いに問題があることが判明。ちょっとほっとした・・・。

 自分でコグを何度か交換してから、音が鳴るようになった・・・と。

 コグ問題だとしたら、コグとチェーンのピッチやライン上の問題が大半だが、まずハブが回らないのでは話にならないので、開けることに。

 DSC_1238_convert_20171109211726.jpg

 デュラエースという、初期投資がでかかったが、こういうときいいものを使っておくと、いいことはある。はい、ダメだ、全交換・・・という事にはまずはならない。

DSC_1239_convert_20171109211734.jpg

 オオ大分、ベアリングが疲れている・・・ようだ。グリスの形跡が消えている。

 DSC_1244_convert_20171109211741.jpg

 まずは床を洗浄する。

 DSC_1245_convert_20171109211749.jpg

 最大の問題はここ、玉押しに虫食い傷がある。これでは回転はダメで、ことによっては音は出るだろう。しかし、設計上よくできている。

 つまり、玉押しのみに傷がつけば、玉押しのみの交換で事は済む。もしハブ本体に虫食いができたら、これはもうハブ交換をするか異音をごまかすしかない・・・。

 DSC_1246_convert_20171109211757.jpg

 こういう時、シマノさんはありがたい。右はスモールパーツで取り寄せた、新品玉押し。これ単体で購入ができる。そして、当然ボールベアリングも交換した。

 DSC_1247_convert_20171109211805.jpg

 リア三角の塗装を剥がして、磨きをかけクリアをしたが、多少さびが出たという事で、今回再度磨きをかけた、もちろん大森社長のお仕事です。

 DSC_1248_convert_20171109211814.jpg

 そこにクリアをかけて、さらにさらにガラスコーティングをしてみた・・・、どうなることやらでありますが。

 DSC_1254_convert_20171109211837.jpg

 基本、自分でいじれるほど単純なピスト車、なので、自分でいじりたい人は、自分でいじるべきかと思う。できれば、自分の車体は自分で管理できるに越したことはないからね。

 ホイールの調整・・・くらいかな?難しいといえば・・・。

 ただし、多少の自己流なんかが徐々に、徐々に集積されていったり、乗り続けることによる劣化に気づかなかったりが重なると、やはり車体は徐々にダメになっていく。乗れなくなるほどでないと、そのまま乗り続けることになる・・・、そうすると、ある日あることをきっかけに、ドッと症状が吹き出すことになる。

 音が出たり、最悪動かなくなったり・・・と。

 まあ、そんなこんなで、たまには生業にしているところに出してみるのも、いいんじゃないか?と思うんだが、ね。

 そういうわけでお待ちしています!

おデブっ子スペシャル これで30キロやせろ!



 鉄フレームを選択、まあ頑丈そうだから?

DSC_1390_convert_20171107195019.jpg

どこで聞いてきたのか、ドロップハンドルがいいなんてな。まあ、暫くは腹が邪魔で、下ハンドルはおろか、ブラケットも握れないんじゃないか?

 DSC_1391_convert_20171107195028.jpg

 そんなわけだから、エイドブレーキぐらいはつけてやる!

DSC_1392_convert_20171107195035.jpg

 その体重じゃあ、ギアは使わざるを得ないだろうから、エイドブレーキの近くに置いておくぞ。

 DSC_1398_convert_20171107195107.jpg

 ボスフリーの7速、これぐらいあれば十分だろう?

 DSC_1394_convert_20171107195050.jpg

 クランクなんだが、今流行から外れるが・・・、

 DSC_1396_convert_20171107195058.jpg

 三枚にしてやろう。インナーに落とせば、大抵のコースは上れるんじゃない?歩行者に抜かれるかも知れないがな。

 DSC_1399_convert_20171107195116.jpg

 とりあえず止まれるということで、予算もあるし、ここはこのままにしておく。

 DSC_1401_convert_20171107195125.jpg
 
 重くなる車体をとめるのはこのくらいのブレーキはいるだろうな。ということだ。

 DSC_1389_convert_20171107195011.jpg

 さて、今の体重は恐ろしくて聞けねえよ。年々肥えてきて、今や樽のような状態だもんな。固太りとかなら、まだ動けるが、どうも不健康のなれの果てのような、その体型はいただけない。

 四十手前、まだギリギリ若い。理由はどうであれ、その体型は自分に対する管理上のミスだぞ!

 という事で、こいつを渡すんで、一年で30キロ・・・、減量だな。

 こいつは、来月、コチラに越してくる予定の、義理の弟の話であります。減量の励みになるなら、ちょっとこのブログで定期的にやせ具合なんかを紹介してもいいかもしれない、写真付きで?

 本人さらされるのはちょっととかいっているが・・・、そんな悠長なことは言ってられるか?!

 というので、近いうちに当店ブログに、減量計画中なんていう小記事が入ってくるかも知れません・・・。下手すると好評になって、「私も減量したいんで、さらしてもらえませんか?」なんていう希望者も出てきたりしてね・・・。

 そういうのもありかもなあ・・・。

 デブはやせるべし・・・

ヤフオクからやってきての点検



 ヤフオクから落としてきた車体が来る。最近増えたなあ・・・。

 考え方は色々あるが、その人にとって使用価値のなくなったものが、他の人にとっては非常に有用であるようなことはよくあることで、それを制度として結びつけるオークションというのは、決して悪いものではない。悪用している奴らはいるとしても、それ自体は悪いことではない。

 もう乗らない、捨てようかと思ったものを出展してみると、なんでわからないが高値が付いたなんて話はよく聞く。射幸心をあおる話でもあるが、やはり適材が適所に行くことで、それが再度活かされるという効果は絶大なものかと思う、その点において、いや、その点においてのみ(と言っておこうか?)、オークションの価値は大いにあると言っていい。

 そういう意味で、リスクはあれど、もう一度繰り返すとリスクはあれど、オークション機縁のものについて、どこかしら回していくこと自体には影ながら協力していく気も無くは無い・・・。

 曖昧な言い方しているが、これはリスクがあるから全面的に推しているわけではない・・・くらいに考えてもらっていい。

 素人から素人へ渡るということ自体、自転車は乗り物であるところからすれば、リスクはなくはない。その間にショップが入ることで、少しでも安全性が上がれば、と思う。

 今回もあった。もとは送られてきたもののフロントディレーラーをいじっている内に、わからなくなったということだった。

 DSC_1245_convert_20171106190625.jpg

 トリプルというのは曲者がある。トリムできるやつとそうでないやつ、手のかかるやつとそうでないやつ・・・などなどね。

 でもまあ、そもそも消えゆく存在なのかしら?トリプルは?スラムの影響か?スプロケが異常にデカくなってきている昨今ではね。

 色々いじってみるが、この頃のフロントメカはご覧の通り、実に華奢。剛性が不足していると言っていいだろうね。特に今のものと比べるとガクガク、グラグラしているといってもいい。ちょっと音鳴りがする・・・、ボルト調整しても出るねえ・・・、手で押してみる、グニャと動く、そうすると音鳴りは消える。しめた!と思うが再度何度かシフティングすると、戻ってしまうのか?またちょっと音鳴りが。

 いやいや、難しい。ちょっと緩めて、バンド調整、プレート調整などして、音鳴りの出ないところに持っていく。さらにシフティングをすることで、徐々に音の出ないところに追い込んでいく・・・ウナギをつかむような話なんだな。

 とりあえず、音鳴りは・・・止まったかな?というのが調整。スキッと決まるもんじゃない、そういう時もあるがね。

 そして、落札者がいじった問題は解決したんだが、やってくれている・・・。

DSC_1242_convert_20171106190606.jpg

 シフトワイヤーのアウターにブレーキアウターが使われている。インナーの太さが違うので、中で遊びができる、というのも何かの原因になるかも知れないね。見た目が似ているから、間違ったのか?シフト用のアウターがなかったんで、仕方なしにやったのか?わかりませんが、これが素人対素人の中で起こりうる、普通のことかと思います。

 DSC_1250_convert_20171106190709.jpg

 トリプルなんで、このスプロケで十分でしょうね。荷物積んで日本一周だってできるでしょうな。

 DSC_1249_convert_20171106190701.jpg

 カンチレバーなんで、ロードレーサーでなくて、シクロ車の部類だろうね。

 DSC_1246_convert_20171106190634.jpg

 エンドキャップがない、なんていうのもいかにもヤフオク的だよね。

DSC_1247_convert_20171106190644_20171106190839114.jpg

 ボトルケージのボルトもない・・・こんなことも、当たり前ですね。

 DSC_1244_convert_20171106190615.jpg

 とりあえず、これでいけるよ!というところで止めておきます。まあ、程なくフロントメカは交換した方がいいかもねえ、というぐらいっておきますが。

 ネットの影響もあってか、自転車に接近する方法も実に様々になったもんだ、そんな中であくまでも「正攻法」を守っていくというのもあり、当店のようにほぼ何でもアリアリというのも、一つの考え方かな?と思っていやっております。色々あるんだろうけどねえ、色々と・・・。

実用車を固定化するの巻



 この自転車を持ってこられて、ブルホーン型の固定車にできないか?というご依頼。できますとも!

 そもそも、その前に、漠然と固定ギア車に乗りたいというご希望があった。

 何度か当店に来ていただき、いろんな選択肢があることを説明。まだ十分、固定車事態を把握していないこと、自転車の段階的な発展に興味があることなどを考慮して、今回はその初期段階中の初期、基本いらないパーツを取り去って、固定ギア、ブルホーンバーを装着する、というところで止めておくことにした。

 DSC_1238_convert_20171105203817.jpg

 荷台や、泥よけなどは取ります。

DSC_1265_convert_20171105204207.jpg

 どんどん外していくよ!

DSC_1239_convert_20171105203831.jpg

 カゴもいらない、、もちろん前の泥よけも。

DSC_1254_convert_20171105203929.jpg

 ただ実用性ということで、ハブダイナモが付いていることもあるので、ライトはそのままにしておいた。

DSC_1241_convert_20171105203901.jpg

 チェーンカバーも外す!

DSC_1260_convert_20171105204038.jpg

 今回は、クランクはそのまま、当然BBも。

DSC_1237_convert_20171105203800.jpg

 見せどころと行ったら、ここだろうな。あのバンドブレーキの付いているところを外して、そこに固定ギアをはめる。

 DSC_1262_convert_20171105204120.jpg

 このようにね、当然対岸にはフリーのシングルギアが残っているので、万が一、戻したいという事があっても、ホイールを外して、ひっくり返してチェーンを張れば、元のフリーに戻ります。あまりそうした例は聞きませんがね。

 DSC_1261_convert_20171105204058.jpg

 で、前に元もついていた、ブレーキを後ろに移動、バンドブレーキ外したんで、これやらないといけません。

DSC_1255_convert_20171105203950.jpg

 前傾ポジションになり、軽量化もするので、スピードは出るでしょう、なので、前ブレーキはちょいといいものに交換。

DSC_1259_convert_20171105204024.jpg

 今回の改造は自転車そのものだけでなく、ポジションの変化も織り交ぜているので、こうした足の長さに合ったピラーの選択は欠かせません。サドルはそのままだけどね。

 DSC_1257_convert_20171105204004.jpg

 そして見た目のインパクトとしては、最大級な変化、ブルホーンギドネットかですね。これで前傾を確保!

DSC_1253_convert_20171105203916.jpg

 意外とかっこいい!初期型固定車のできあがり!

 まずはこれで固定になれることです。そして気をつけなければならないのが、固定になれた頃・・・ドキッとすることが連続するんです、大抵は。

 そのあとは・・・、前後ホイールの700c化はありかもしれませんね。手組の固いホイールにかえると、まあなんだこれ?今までなんだったんだ?になるでしょうな。

 そのあとはクランク回り。ギア比・・・今言っても、実質軽いも重いも、その意味自体がわからない。だから乗るだけ乗って、ギア比の実質を理解することですね。

 その後、クランク交換などして・・・。

 もし、数年以内に、いいフレームとご縁があれば、一気に載せ替え!というのもありでしょうな。これを称して、段階的固定化計画と申しましょうか。

 乗っていない実用自転車があるなあ・・・というロード乗りの方、乗っている実用車でもいいんで、こうやっての固定化なんてやってみない?通勤なんかで固定乗って、週末ロードに乗り換えたら、驚くよ、きっとね。

 という事で、固定化自身は意外と難しくない、手間はかかるが、手持ちの自転車でできるというわけなんで、この入り口はよーく覚えておいてな!
 

マニアックなシールドベアリング・・・



 今から20年以上前でしょうか?彗星のように現れて、すぐに使用禁止されて消えていった、スピナジーのバトンホイール。

 DSC_1306_convert_20171105185029.jpg

 角度を変えるとこうなっているんですね。一体型のバトンではなく、帯状の薄い板状のものが裏と表の二枚構造になっている。当然当時のエアロ効果から、この板自身はもうカミソリか?と思うほど薄い。

 それが高速で回っているから穏やかではない、集団で走るロードレースで落車が起こると選手も自転車もゴッソリ絡み合うことになる、高速回転しているカミソリに頭ごと突っ込んだら?考えるだに恐ろしい。

 実際に事故が起きたと記憶してる、それをきっかけに使用禁止なったと思う。同じ時期にスピナッチという似たような名前の、取り付け系のハンドルがあって、短い期間だが、逃げ屋がドロップハンドルにつけて、腕を折りたたんで使っていたんだが、こいつもすぐに使用禁止になった。スピナッチにスピナジー・・・。

 すでにプロレスレベルとしてしか見ていないロードレースなんだが、最近ディスクロードも出ているのかしら?

 ちょっと前、やはり集団落車があって、ディスクのローターが落ちた選手にけがを負わせたという事があってから、確か使用に関して制限か何か付いたんじゃなかったか?その後どうなったかは知らないが、ロードとマウンテンの競技の違い、使用状況が異なるところでの応用的スライドは、よほど気をつけないとなと思うね。

 複数のスペアホイールを持ち歩いて転戦するロードレース、そのホイールにすべてローターが付いているとすれば、移動や何かで接触しては曲がって、音なりとか・・・あり得るんじゃないか?

 懐かしいスピナジーのホイールなんだが、どこかから落としてきてみたものの、ガタがあるのでベアリング交換という依頼をいただいた。
DSC_1320_convert_20171105185048.jpg

 交換するにはまず外さないといけない。ベアリングプルハンマーというので、叩き出すが、できれば一気に出したいね、ソケットに傷をつけないためにもね。

 そんでもって、左右外したシールドベアリング、外径、内径測って、探して取ってくれば、あとは装着のみだったんだが・・・。

 なんとはなしに重ねてみると、微妙なんだが、大きさが異なる、実に微妙なんだがね。試しに逆に入れてみると、片方がガタが、もう片方は入りもしない・・・。内径もなんと異なっている・・・。

 どういうことだ?測ってみると一方は外径28ミリの内径12ミリという端数なし、もう片方がなんとコンマミリの端数あり・・・。どういうこと?

 なんで同じ内径・外径にしないの?テーパヘッドのように露骨に径の違うものには、それなりの設計思想というものは理解できるが、コンマミリの違いをわざわざもうけることの合理性って一体どこになるの?

 そんなことより、そもそもだ、端数のあるベアリングなんかあるのか?

 ベアリングの種類と検索が優れている、ミスミを訪ねていった。

DSC_1266_convert_20171105184924.jpg

 当然ながら、端数のない径のものは、すぐに見つかった。が・・・、端数ありは、開けど開けど、出てこない・・・。もしや、インチ系の単位なのか?と思ったが、見当たらない。

 天下のミスミにないものが、モノタロウにあるだろうか?と見たが、ページは山ほどあるが検索機能がダメなので、これ本気にやったら一週間かかるかも???

 諦めかけていたときに、なんと海外にあることを発見・・・なんで?もクソもない、すぐ送って!と、二週間待ってやってきた。こういう場合、期待半分にしておくのに限る。大体が際物だし、万が一のことがが多いからね、海外物は・・・。

 DSC_1267_convert_20171105184933.jpg

 恐る恐る測る・・・、ちゃんと端数ある・・・。

 DSC_1268_convert_20171105184941.jpg

 このシールド専用の圧入工具はないが(当たり前だ!コンマミリまで精度を出した治具など通常は必要ない!)ので、応用工具でゆっくり圧入。曲がらずに・・・。

 DSC_1269_convert_20171105184949.jpg

 入った・・・。

 DSC_1270_convert_20171105184957.jpg

 大した施工でないが、驚かされて、考えさせられて、大分探して、諦めかけて、待たされた分、ちょっと感慨にふける。

 シールドだからといって、調整は侮るなかれ!いいよ、というまで正直に締めていったら、回りは緩くなる。グリスを入れてのそれではないので、これは締め付けすぎ以外の何物でも無い。

 店主は本来の(シマノ的?)ボールベアリング的な、ちょっと粘りのある回転が、ハブには最適かと思っているが、シールドの回転は素っ気ないほどよく回る、重厚感がまるでない、回るに越したことはないのかもしれないが、なんとも安っぽい・・・。

 故に、この回転もまた好き嫌いは別として、安っぽくスルスル回るようにしないといけませんね。なので、調整、調整!

 DSC_1272_convert_20171105185010.jpg

 この写真で気づかれる方もいると思われますが、こいつピストのホイールだったんです!ロードでは何度も見たが、ピストホイールも作っていたのね・・・。でも集団落車の怖さは、ロードの比でない、トラックレーサーでよくこれが一時的ではあれ、使われていたなあ、と思うな。

 若干だが、センターが出ているのか?120エンドよりちょいと広いなあ・・・、という事で、これを物好きにも落としてきた子の自転車見てから、修正してもいいかもしれないね。なんか全体が緩いなあ、もしかしてパチモン?まさかねえ・・・。

 しかし、コンマミリのシールドベアリング・・・、それをあえて使うということの合理的な理由・・・、スピナジーの謎だね。今更解明されなくてもいいが・・・。

自転車の再生って例えばこういうこと・・・



 当店に共感いただいている、ご近所のお方。知り合いで自転車好きがいてね、なんかフレームにヒビが入ったとか言うんだよ。

 DSC_1369_convert_20171102225912.jpg

 そんでもって、たたいて折ってしまったらしい。

 DSC_1370_convert_20171102225920.jpg

 残ったのは、さっきまで乗れていたパーツ類があるんだが、いらないか?と聞かれたんで、もらってきたんだ。という。

 フレームを変えて、パーツ類を載せ替えれば、まあ、乗れるでしょうね。こんなことは自転車屋なら普通考えることですが、近所のおじさんが既にそういう発想を持ってくれている、というのはちょっとすごい。しかも、当店を見込んで来てもらったようだ、ならやるしかない。

 いつ何をバラしたかわからないようなフレームなんてものが、当店にはアチコチにある。既に出所もわからなくなっているようなものまでね。

 どうやら、組み上げた自転車は背丈のある孫の就職祝いにあげるということだそうだ。通勤自転車になるのかな?なれば、丈夫なフレームを選んでやろうか?

 DSC_1245_convert_20171102225853.jpg

 しかり盛られたビード、これで行こう、元々はなんちゃって系のサスが付いていたが、これも当店に転がっている同色系のリジッドフォークに交換しておいた。

 DSC_1240_convert_20171102225821.jpg

 ホイールタイヤはそのままだが、振れなどはしっかり取っておいた。

 DSC_1241_convert_20171102225829.jpg

 洗浄して注油して、シュー入れ替えて取り付ける。

 DSC_1244_convert_20171102225845.jpg

 リアも同じく。こうしてやると、今まで、引いて戻らなかった奴らが、機嫌を直したように、ヒクヒクし始める。

 DSC_1243_convert_20171102225837.jpg

 チェーン交換、スプロケ・リアディレーラー洗浄でこうして取り付けてやると、なんかこれからも働く気満々に見えてくる。一個一個のパーツのやる気と、それらがつながってみせる連動とはまた、違った躍動感があるね。

 そういう意味で、自転車も生き物、といえるかも知れない。

 DSC_1239_convert_20171102225813.jpg

 ハンドルもほぼそのまま使える。アンドロイドのように、頭をすげ替えて、スイッチ入れるとカチンと目が光るような、生き生き感があるねえ。

 DSC_1238_convert_20171102225805.jpg

 クランクBBも、洗浄グリスでもって、そのまま使える。考えてみれば、フレームにヒビが入っただけで、その前までは、普通に走っていたんで、当たり前といえばそうなんだが。

 DSC_1236_convert_20171102225757.jpg

 やはり、このように走れる自転車に付いているときのパーツ類と、割れたり折れたりしている、鉄ゴミのような形でさらされているパーツ類とでは、まったくその相貌が異なってくる。

 同じものを見る目であっても、ゴミとしてみるか?再利用可能なものとしてみるか?という事でそのものの将来はもちろんのこと、見る人の持つ、技術と経験とアイデアの厚みが違ってくるんだろうなあ、と思う。

 当店の出す鉄ゴミや、回収自転車を一緒に回してくれている方に、タンザニア出身のマリックさんという方がいる。この方の名言を紹介しておこう。

 「日本にゴミはない」

 彼の持っている、また彼のバックにある文化・国の持っている、活かす技術・経験・アイデア、そしてそれを受け入れるマーケットの厚みがどれほどのものか?この一言に現れている。

 店主らは、自転車においてはまだ、この国において、踏ん張っている方か?とも思えるかも知れないが、彼の一言にはまったく及んでいないレベルであることは認めざるを得ない。上には上がいるもんだ。

 そして、彼は日本からの廃品をさらに活かして、母国を豊かにし、その基金でモスクを作っているという。店主らから見たら、ゴミでしか見えないものから、再生を作り出し、さらに精神のよりどころへと昇華されているようだ、さらに、さらに、さらに、霊格として上の方なんだろう・・・と思う。

 まだまだです、本当店主などはまだまだ・・・、まだまだ・・・。

22519378_1297497950352137_7755999938515879771_n_convert_20171030203114.jpg
※さて、十一月四日、日本屈指のベーシスト、早川岳晴さんを巡る、舞踊家達と、チェリストのライブが、狸サイクルの二階、響き床にて行われます!ちょっと無い組み合わせでもって、ちょっと無いライブですぞ!という事で、是非、おいでください!お待ちしています!

半年間の練習機 オリジナルロード



 あまり大きな宣伝はしておりませんが、当店にはオリジナルフレームというのがありまして、店の片隅に展示しているわけですが、様子を見て、試乗して購入を決めてくれるお客さんというのはチョコマカいるんであります、ありがたいことに。

 あるのはオリジナルのフレームなんで、どんなコンポを載せるか?によって値段は変わりますし、手組ホイールも様々なんでね。

 今回出たのが、鉄フレームエントリーモードだったんですが・・・。いや驚いたわな。

 DSC_1378_convert_20171101190326.jpg

 コンポはオールソラを載せています、前々から新ソラはイイ!という事を申し上げてきましたが、改めて、イイ!と言っておきましょうかね。

 ある意味、基本不足なしであります。

DSC_1374_convert_20171101190310.jpg

 しいていえば、STIのレバー倒しがちょっと重いかな?という事と。

 DSC_1380_convert_20171101190342.jpg

 ブレーキ剛性が、105以上のものとは多少異なる・・・という事ぐらいでしょうか?気になるブレーキレバーとしての性能ですが、一つ前の105などより格段にイイ、といってもいいかもね、あくまでも店主の好みということなんですが。

DSC_1384_convert_20171101190408.jpg

 フロントギアもかなりクイックに、インナー、アウター行き来できますね。

 DSC_1379_convert_20171101190334.jpg

 シフティングの性能もほぼ申し分ありません、何度も言うがレバーはちょっと重いぐらい?あと9速でも十分ですねえ。
 
 DSC_1377_convert_20171101190318.jpg

 前後は手組ホイールで、ほぼトラブルフリー・・・。スポークが折れたくらいなら、30分ぐらいで街道復帰できます。

 DSC_1383_convert_20171101190358.jpg

 逆に珍しくなっているのが、一インチのヘッド回り、ステム回りといいますか。今も現役で競輪車体は一インチですから、だからどうした・・・という感じでイイかも。

 DSC_1382_convert_20171101190350.jpg

 適性の高さにできるなら、好みのサドルは乗ってから決めてね、という感じですね。

 DSC_1372_convert_20171101190301.jpg

 実にクイックな動きをする独特の乗り味のあるオリジナル車体、せわしない感じもなくはないが、ドッシリと腰で乗れるようになったら、じゃじゃ馬ならしということで、多少訓練すれば、優雅に乗れるようになると思います。

 このフレームで、これから約半年間目指せ1万キロ!をフルタイムのサラリーマンが目標としています。

 目指すは四月以降の自転車ロードレース。三本ローラー、固定式ローラーなども試したいと意欲満々。土台の体力が半端でないので、これは結構いけるかも知れない。

 鉄フレームが並み居るカーボンをぶっちぎったらかっこいい、そういう展開になっていくかも知れません。まずは練習機として、長距離を乗りこなす、それから徐々に色々考えよう。

 彼にも言っておいた、鉄フレーム自体に疑問を持ったら・・・、



 こんなかつてのフィルムでも見てくれ。すべて鉄フレームの勝負なんだが、今のツールと遜色なし!とね。そんなわけで、隠れ当店オリジナルフレームの重要な展開、ちょっと注目です!

 22519378_1297497950352137_7755999938515879771_n_convert_20171030203114_20171101195425749.jpg

 ※十一月四日土曜日 日本屈指のベーシスト 早川岳晴さんと四人のダンサー+チェリストという演目を狸サイクル二階、響き床にて開催します、是非おいでください!
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター