メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2017年12月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

人気の自転車も目指して・・・



 自転車引き取りますよー、という貼り紙してから、ご近所より自転車がまた集まるようになりました。店主らが、再利用したり、遠くアフリカまで船で運ばれて、そこで当店など思いも寄らない改造が施され、サバンナの地を走ることになったりね。

 まあ、その辺の使い方くらいかな?と思っていたら、実に時代だなあ、と思われるご要望が来たんであります。

 あの、近くに住んでますが、そこまで乗れるだけの自転車ってありませんか?

 こんなご要望聞いて、ハイ?な、何でしょう?もう一度言ってもらえません?と聞かない人はいないだろうな。だって、これだけで意味分かる人ってほぼ絶対にいませんもんね。

 近くのご自宅まで乗って行けさえすればいい自転車という事なんです。ハイ、それで、自転車で家についてから、どうされる?

 置いておくんです・・・。

 どこに?

 うちのガレージにね、置いておくんです、もうそれ以上乗りません・・・。家に一人で住んでいて、ガレージがガラーンとしていると、どうも物騒でね、なので、自転車でも置いておきたいと思いましてね。

 なるほど、そういうことですか、つまり人気の自転車ということですね・・・。

 人気と書きまして、この場合、「ひとけ」と呼びます。人気を醸すために置いておく自転車・・・。

 女性のご老人一人で住まれる方の、ある意味護身につながる自転車の使い他、という事なんですね。驚きました、そういう使い方があるのか?とね。

 自転車について見えていると思っていることなんて、実はほんの少しに過ぎない・・・と。なるほど、そういう使い方もありですね。なるほど・・・、やけに感心してしまいます、少しばかりの寂寞感とともにね。

 老人国家になりましたね、この国も。できれば回りに若い子達を産んで育てたいですな。

 DSC_1557_convert_20171231170307.jpg

 そんな年の瀬に、海外から何か届きました。

 開けてみると・・・、

DSC_1558_convert_20171231170315.jpg

 ボーリング玉が二個・・・。

 DSC_1561_convert_20171231170323.jpg

 手にとって臭いをかぐと、なんか蒸れた足の臭いがします・・・。これなんだ?

 チ、チーズ?・・・、オランダから?

 オランダといえば・・・・、

 !!!

000 000IMAG0021_convert_20130130184622

 あいつだ!

 元氣に修行しているようです。オランダで仏教の?そうです、仏教といえば、今やオランダです、永平寺?総持寺?生臭二世三世の巣窟だろう?もちろんまともな修行僧もいるとは思いますがね。

 この四月に、単身オランダ修行に飛び込んだ若き学僧、お歳暮送れるくらい余裕がでてきたみたいだ、おいしくいただくよ、ありがとう。

 てなわけで、色々ありました今年も終わりになりますね。

 新年早々賑やかになりますし、休んでいる暇なさそうです、楽しく適度にきっちりとやっていきたいと思います。

 二日には、ウロチョロ始めますので、来年もよろしゅう、お願いします!

 毎回月並みですが、本当お世話様でした、ありがとうございました!
スポンサーサイト

自転車ならぬ和転車登場



 もうこの段階でかなりいじっている、のはわかりますね。

 こいつを裁量でもって、乗りやすくして欲しい、という事なんです。突然現れました鬼人・・・だと思いますがね。

 DSC_1535_convert_20171231124810.jpg

 こいつを両足スタンドにする。ママ狸んで散々やって来た改造ですね。

DSC_1547_convert_20171231124909.jpg

 クイックのシャフトを交換して、ナット止めできるようにします。ディレーラーも回避できるタイプの両足スタンドに交換ね。

 DSC_1536_convert_20171231124820.jpg

 あまり必要ではない、というサスフォーク。確かに街道走るに関しては、力を逃す・・・くらいの意味しかないかな?と。

 ならリジッドフォークなんかどうよ!

 DSC_1550_convert_20171231124927.jpg

 軽くもなるし、見た目もスッキリ、走りも固くなります、いい意味で。

DSC_1540_convert_20171231124845.jpg

三枚も・・・いらないね。ということで。

DSC_1552_convert_20171231124937.jpg

 一枚にしたんだが、チェーンガードがえらくデカイ。これには一つミッションがあった、裾が引っかからないように。裾?靴下に入れるとか、裾バンドでしばれば?イエイエ・・・。

 DSC_1553_convert_20171231124946.jpg

 三枚から一枚へということで、BBの幅も変更、しかし外すのが大変でした、鍛造の工具が真っ二つ・・・。

 DSC_1538_convert_20171231124829.jpg

 荷台もこれじゃあね、ピラーの自由を戻してやりたい。

 DSC_1549_convert_20171231124917.jpg

 これ細くて、レーサーなどにもフィットするってんで、実は気に入っているんだが。

 DSC_1544_convert_20171231124853.jpg

 締めるところ締めて、消耗品交換して、押さえるとこ押さえて、やるとこやって、完成ということだ。

 さて、この自転車の裏テーマがあって、この車体では大展開はしていないんだが、その前段階というところかな?

 DSC_1555_convert_20171231124955.jpg

 これなんですね。

 あまりにモダンなんで、気づかないひともいるかな?これ、和服なんだよね。これでも和服・・・なんだよな。

 そうご依頼の鬼人さんは、実は和服師さんであります。つまり、和服で自転車ってありですか?ありにしましょう!という展開なんであります。

 かねてより、和服に関して店主は一言あったんであります。洋服に押されっぱなし、あるといえば、着付け教室という保存会というか、御家制度的な、正統を振りかざされますと、ますます衰退していくし、実際そうなっていないか?

 なくなった永六輔が、「着物は本来普段着なんで、いかに崩して自分らしく着るか、という点も大切で、その点着付けというのは堅苦しすぎる」というようなこと言ってましたが、まさにそうだと。

 それでも子供が多かった時代には、親や祖父母をだまくらかして、一生に一度きりしか袖通さない晴れ着に数百万つぎ込ませて生き残っていたようだが、それも難しくなってきたのではないか?

 そうなると、また別分野からの着物普及のあり方も大いにあっていい、とかねがね思っていたんだが。

 その典型的な展開を体現する鬼人君が、突如現れた。

 DSC_1556_convert_20171231125004.jpg

 東京城、城主の藤山憤頭さん、その人であります。その活動は多岐にわたる・・・、調べれば、ホイホイ色んなものが出てくるでしょう。

 しかも当店からも近いところに、移転されてきた。

 そこで店主は決意する彼とのやりとりは、すべてブツブツ交換。ということは?

 来年ぐらいからボチボチと、袴に羽織、染め抜き半纏、たすき掛けで作業している店主を目撃することになるやも知れませんぞ!

 あの着せられる感じの着物が嫌い、洋服との緩いつながりの中で着こなしていけるように、アドバイスを受けつつ、徐々に変身していくかも知れません。

 そして、和服で、気負わずに自転車に乗れれば、という潜在需要も大分あるとか。もうこうなったらコラボしかない。来年の一つの柱ができた。

 自転車ならぬ、和転車、彼も着物リサイクリストなんで和服転用、こちらも和を乗せて走る自転車といことで、和転車で行きます!

 今後当店にて、このお顔にピンと来たら、お声おかけください。新たな、衣服の世界が開けていくでしょう!

今年も餅つきます!



 今年も、熊本から、いい餅米が届きました。

 なんで餅つきます。もちは買うよりつくもんだ。これ原点です。

 まじめに作られた餅米にて、一升2400円にて、おわけもしますので、少量ですがお申し付けください。

 20161229105558140_20171231022649ad9.jpg

 白餅米でついた餅も、玄米でついついた餅も両方用意します。

 31日夕方まで、やっておりますので、ご希望の方は、ご来店ください。尚少量なので、ご希望に添えないこともあり得ます!

 餅は自転車屋です!

続々と TRPテクニカルサポート・・・店



 今年の十月に台湾に行くことになりましたが、その主な目的がテクトロの工場視察・・・、台中バイクウィーク見学というものであったんですが、まさか油圧系ブレーキを急転直下で扱うようになろうとは・・・、今年の初めには考えてもいない展開でありましたな。

 TRPというのは、テクトロ内ブランドで、本気系のもの。ディスクだけでなく、キャリパーもすごそうなのが・・・、もっといえば、TTバイクのフレーム内サイドプルのようなものまで作っている、妥協無き本気レーシングものといっていいでしょうね。

 そこのテクニカルサポートとなりましたんで・・・、日々油圧の勉強という、老化防止にはピッタリの課題でありまして、その手の先輩諸氏から、「パスカルの原理」勉強せい!と激励されながら・・・、励む学生のような感じがいいですね。

 あとは施工例を上げていきながら、体で覚える・・・。

 DSC_1736_convert_20171229225224.jpg

 テクニカルなもんで、スモールパーツ類がないと話にならない、という事で、今回はかなり無理を言って、細かいパーツ類を送ってもらいました。

 これはホースですね、無垢のホース。

 DSC_1740_convert_20171229225257.jpg

 バンジョーのジョイントの付いたホースですね。こいつらも束で送ってもらいました。

 DSC_1741_convert_20171229225304.jpg

 ホースの先端に埋め込むスモールパーツ。こいつは一回埋め込んだら、抜いて再利用はしないので、送られてきた状態で、ホースが長い場合、調整する必要がありますが、その際切った無垢のホースに、再度これを埋め込まなければならないわけであります。なので、数は必要かな?と思いましてね。

 DSC_1730_convert_20171229225150.jpg

 そして、1発目からピスト改造して、デモ車を作ろうとしています。これがブレーキレバー、もちろん油圧ね。

 DSC_1731_convert_20171229225158.jpg

 軽く引けますね・・・、これを調整でどこまで自在にできるか?というのが、サポート店の腕の見せ所・・・なんでしょうね。

 DSC_1728_convert_20171229225142.jpg

 フロントは難なく付きます、元々がディスク専用のハブなんですから・・・ね、当たり前か。

 問題は、リアなんだよね。専用ハブでない転用ものなんで、癖アリアリなんだな。

 DSC_1722_convert_20171229225126.jpg

 キャリパーの台座を取り付けて、さて乗るか?と思いきや・・・。

 DSC_1725_convert_20171229225134.jpg

 恐る恐る当ててみると・・・だな。どうもホイール側のキャリパーの厚みが予想以上という事がわかった。シリンダーにピストンの一対ものだけに、確かにキャリパーの幅は取るわな。

 当初予定していた、スペーサーをやめて、よりホイール側から離れるくらいのスペースを空けて取り付けてみた。

 DSC_1733_convert_20171229225206.jpg

 一見いいんだが・・・、裏から見るとわかる。

DSC_1735_convert_20171229225216.jpg

 かなり改善されたが、やはりスポークの一部がキャリパーに干渉しているようだ・・・。どうしよ・・・。

 対策はある・・・。手間かかるなあ・・・・。でもある。

 こういうところが隙間ということで、通らなければならない困難なんです、だから面白いんだよ!

 そんなわけで、年内完成、新年初乗り・・・なんて考えていましたが、年は越しそうだな、足かけ二年でやっていきます。

 できたら・・・すごいよ・・・きっと!

 

改造ピストロード より気合いが入る!



 こいつは元、NJSのガチのピストでした。そいつをロード仕様に変えたというやつね。

今回、こいつをより気合いを入れるということで、ブレーキ回りを中心に、色々メンテとなりました。

000 DSC_0214_convert_20161228215136

 いかにもピスト改造車というリアブレーキ。板挟みというやつですね。

 DSC_1529_convert_20171228213459.jpg

 それが今回こんなかっこいい板に変身です。

 DSC_1530_convert_20171228213509.jpg

 位置もちゃんとシートステーのところに来るので、ショートリーチのブレーキでも装着可能になります。これはいいねえ。

 000 DSC_0215_convert_20161228215125

 問題はこいつなんだよね。台座を外して、できればフォークに穴開けて・・・という、かつてはかなりあった需要でありますが、最近やっていないなあ。

 でもロードフォークならいざ知らず、ピストのフォークは曲者だらけでね。乗り手の(この場合選手)、そこまでやるか!?という好みてんこ盛りの場合があるんで、大変なことが多い。実は今回も曲者野郎だった・・・。

 DSC_1723_convert_20171228213546.jpg

 こうしてボール盤に水平出す、つまりドリルに対して垂直出すためね。

 DSC_1724_convert_20171228213555.jpg

 そして、ズレないように、小さいドリルからい入れていく。

 DSC_1726_convert_20171228213610.jpg

 表6ミリ・・・、

 DSC_1725_convert_20171228213602.jpg

 裏8ミリと、座繰り10ミリ、埋め込みナット入れるのでね。それで完成して、ブレーキを装着してみる。

 DSC_1727_convert_20171228213618.jpg

 キレイに入るよね、最初からのロードフォークみたいだ・・・。

 DSC_1526_convert_20171228213443.jpg

 見た目もいいよね。直に付いているから、剛性も上がる、いいことずくめなんだが・・・。

 DSC_1527_convert_20171228213451.jpg

 実は、これで車体を転がすと、なんと・・・タイヤがつかえやがった・・・。コンチネンタルの固めのタイヤだから・・・か?

 これが曲者というピストフォークなんだよね。競技規定の21ミリのタイヤさえはければいいように、そのクリアランスで作ってくれ・・・とビルダーにでも頼んだんだろうな。

 23ミリではデカ過ぎるんだと・・・。フォークとのクリアランスもほとんど髪の毛一本ほど、それよりほんの少しカミソリくらい下回ったブレーキアーチにタイヤが部分的にこするという状況・・・。

 かつては山ほど遭遇した例なんで、今更驚きはしないが、またかよ、ケッ・・・、ってなもんだ。じゃあどうする?この手のブレーキ付けの奥義を出すしかねーじゃん。

 DSC_1541_convert_20171228213529.jpg

 細工したスペーサーを重ねて、外形を干渉しない範囲で削る・・・、こんなことを繰り返しつつ、取り付けするんだな。

 DSC_1544_convert_20171228213537.jpg

 結果的にはこうやって付くんだよ・・・大変だけどね。ホイールもコロコロ回るようになったよ。

 DSC_1531_convert_20171228213518.jpg

 あとは自分でまいた種とはいえ、120ミリ化したハブの調整だね。グリスが漏れる・・・とか。この辺もシーリングなどを再度して、様子見ながら走ってもらうことに。

 DSC_1524_convert_20171228213435.jpg

 しかし、このダウンチューブとホイールのクリアランス見ろよ!通常のロードだったら、正面衝突の事故車だよ。でもこのくらいのせっかちなスケルトンが、ピスト車なんだろうな。クラウンの方の低いやつや、21ミリでも10気圧入れたらあたるんじゃない?っていうくらいの低クリアランスものなど、変態号何台も見てきたよね。

 DSC_1521_convert_20171228213427.jpg

 走って快適かどうかは別として、走る一台には違いない。そして、それにまた磨きがかかった。

 来年早々の素人足自慢ピスト大会で、こいつは炸裂する、今回はマジで、年代別一位を取る!この車体なら間違いなし!

形見の展開 また展開?

000 201102261910438a4

 旧店舗の壁、なつかしいね。今を去る七年ほど前、おじいちゃんの形見の自転車を、孫が持ってきて、このような軽量仕様にして、ガンガン乗り回すという、ほほえましい状況に立ち会わせてもらいました。

 000 20150228195043869

 それが3年後に多段に戻り・・・。

000 20150228_121052_309_convert_20150228195242

 その1年後に、こんな自転車になってしまった。後ろが24インチ、前が700cという、ダルマ自転車にね。目的は・・・たぶん遊びのためでしょう。

 草葉の陰より、ようやるわい・・・という、おじいちゃんのあきれ顔みたいなものも想像できる。そう、あなたの孫は遊びの天才かもね・・・。

 この辺で終わりかと思った、二年半後またやって来た。

 DSC_1736_convert_20171227223255.jpg

 やっぱり、前輪をダルマから24インチに戻して、堅気に使いたいという。どうもおめでたいことに、お子さんが産まれたらしい。

 DSC_1738_convert_20171227223303.jpg

 ピラー回りのシムなどを整えて。

 DSC_1735_convert_20171227223248.jpg

 前ギアを少しデカくして欲しいというね。54Tがあったのではめておいた。

 DSC_1733_convert_20171227223240.jpg

 でもハンドルはこんなのがいいって言うんだよね。家の近くに落ちていた、大分古いファニーバイクについていた、競技用のハンドルだよ。やっぱり何考えてんだろう?

 DSC_1730_convert_20171227223227.jpg

 ギアもデカイし、ハンドルは角度は変だが、競技用だし、ちっとも堅気になった気がしない・・・。まあ、またぎやすい・・・というのがせいぜいかな?とも思うが、これはフレーム形状なんで、実は今回の改造とは関係ない。

 半年後とかに、これに子のせがついたりするのかな?

 でも、じいちゃん、孫が手を変え品を変えで、あんたの乗っていた自転車に乗り継いでんだよ。その内、ひ孫も乗るだろうな・・・。いいよね、こういうの。

 自転車なんてパイプとワッパでてきた単なる跨ぎもんに過ぎないが、親子四代がまたがって走り回る・・・なんてこと考えたら、大したもんだよね。自転車大したもんなんだか?孫が大したもんなんだか知らないがね。

ロットブレーキを直す ネジネジネジの日



 実用車中の実用車ですね。新聞でも配っていいような自転車ですが、走っている最中、なんか音がして、急に後ろブレーキがきかなくなってきた、という事で持ち込まれてきたんですね。

 この手の実用車のブレーキは、昨今ではワイヤーで引くのが定番でありますが、こいつらは棒で引くという形式を取っているんですね。

 店主が小学校のと記載しに乗った自転車も、棒で引く、ロットブレーキというやつでした。

 DSC_1501_convert_20171226221330.jpg

 見るとバンドブレーキを止めている金具が外れて、ブレーキ本体が曲がって付いています。その曲がった力の影響で、

DSC_1502_convert_20171226221338.jpg

 この接合部分から、

 DSC_1503_convert_20171226221354.jpg

 棒が外れてしまい、ブレーキがきかなくなってしまった、という事らしいですね。

 見るとこの両者を止めている、金具がない。第一原因はわからねど、今回のクラッシュでどこかへ飛んで行ってしまったらしいですね。

 さて、ないよ・・・どうする?

 作るしかない・・・。

 DSC_1509_convert_20171226221412.jpg

 まずは六ミリのステンレスボルトで作ってみる。

 DSC_1514_convert_20171226221421.jpg

 キレイにできた・・・が。通す棒が3.5ミリあるので・・・強度に心配だなあ・・・。なので、一回りデカイネジで作ることに。

 DSC_1517_convert_20171226221429.jpg

 よっしゃ、8ミリだこれなら大丈夫だろう。

 DSC_1521_convert_20171226221437.jpg

 先程離ればなれになった、棒と接合部に、8ミリの穴あきボルトを通して、その穴に棒を通してみた。

 よし、大丈夫そうだよね、これであとは余分なところをカットして、上からナット止めすれば完了!

DSC_1522_convert_20171226221445.jpg

 結構洗練された形に見えたんで、久々自分の仕事に満足感を覚えたその数十秒先に・・・

 DSC_1535_convert_20171226221534.jpg

 嘘!いい調子で締め込んで、ブレーキ引くとちゃんとかかるようになり、ちょいとエッヘン状態になった時、締め付けトルクが急に軽くなった・・・。何?と見るとなんとネジが破断。これステンレスだろう?若干センターからずれていたため?

 いや、参った・・・。

 暫く休憩。頭を冷やす。接合部にボルトを通す穴が8ミリ・・・、接合部の通し穴をデカくする?・・・そうすると接合部自身の強度がえらく下がりそうだ。そこが下がってしまっては、いくらボルトが強靱でも意味は無い・・・。

 なれば8ミリでがんばるしかない?しかし、先程の自信満々のボルトナットがいとも簡単に破断したぞ、コラ!

 ここはブレーキの接合に関するところなんで、絶対に妥協は許されないよな。

 8ミリよりも一回りデカイ10ミルでやるしかない・・・そうなると接合部の強度が下がる・・・どうしよう?

 そんなとき、昨日のミルミルの仕事を手は覚えていた。

 なれば、通しを8ミリで、穴を10ミリで開ければいいでないか?

DSC_1523_convert_20171226221452.jpg

 10ミリの全ネジを用意して、先から11ミリを8ミリの1.25ピッチでねじ山を切る。

 DSC_1528_convert_20171226221500.jpg

 先端は細くなっているでしょ?そしてその上の10ミリの部分に3.5ミリの棒通し穴を開ける。

 DSC_1530_convert_20171226221508.jpg

 そして、下は8ミリのナット、上は10ミリのナットという、キメラボルトナットを作成してやる。

 DSC_1531_convert_20171226221515.jpg

 ボルト穴にブレーキの棒を通し、ナット止めするところに、外れ防止のネジタイトを塗る、ブレーキなんでね・・・、それは慎重にやらないと。

 DSC_1534_convert_20171226221525.jpg

 下から8ミリナット(これだけでもほぼ抜けない)、上から棒止めワッシャーと10ミリナットで、二重に締め付け。まあこれで外れないんじゃないか?というところまでやってみた。

 しかし、昨日の今日じゃないが、一本のシャフトで二種の径のねじ山切りなんて、まさかやるとは思わなかった・・・。

 多分だが、昨日のミルミルをやっていなかったら、別の解決法に行ったかも知れない。だから、異種格闘技はやっておくもんだよね。

 DSC_1537_convert_20171226221543.jpg

 しかし試作も含めて、半日かけて、ねじ加工して遊んでいた。ボール盤に剛性があっても、細いドリルがしなっているんじゃ、センター出すのも大変だ。コツというのもなんだが、センターポンチを打ったあと、ドリルは暫くはトルクをかけないで、のせてながら、ポンチあとをなぞるくらいにしておいた方がいいね。

 それが徐々に掘れて、道になってくれそうになったら、徐々にトルクをかける。それでも曲がるんだよね・・・。精度を上げるには、下穴ガイドを掘った方がいいと、改めて思ったわ。

 そんなことより、乗り手の話・・・。

 DSC_1500_convert_20171226221321.jpg

 この自転車に、画材を乗せて。

 DSC_1504_convert_20171226221404.jpg

 走る、画家さんだった。アトリエは外。油絵なんだそうだが、あのベットリボッタリの濃い油絵ではなくて、なんとも色鉛筆か?と思えるようなすがすがしい絵を描かれているようであります。

 この冬は荒川土手まで走って、ススキの冬枯れを描くのだそうだ。木村新さん、ネットで作品も見られますよ。

 もっと画家にとって、使い勝手のいい自転車にできないかな?なんて思います。いかにも走る画家が乗っているような自転車、夢想するだに楽しからずや。

 また一つの才能と出会った感じ、どんな展開になるかな?

別物直しは なんかの肥やし



 これはフードカッター・・・というか、商品名なんだか?ミルサー・・・というやつの底から見たところ。

 一般にミキサーというと一定以上の液体がないと、機能しないのに対して、この手のミル系は、例えばコーヒー豆のような固体だけでも粉末状にしてくれるというものであります。

 当店で、こいつらと来れば・・・、スパイスの粉砕器としての利用度は大変高い。さすがに自転車には使わない・・・ね。

 スパイス粉砕して何すんの?まあ、スパイシーな何かを作る訳なのであります。平たくいえば、カレーみたいなものね。

 そうそう、ここで宣伝一つ。当店の所在の最寄り駅といえば、東伏見か西武柳沢なんだが、この柳沢の商店会で、「街ゼミ」というイベントが行われます。二月くらいかな?

 各店舗が裏技表技をほんの数人のお客さんに対して披瀝して、親しくなって、しまいにはお客さんにしてしまおうという、取り組みなんですが、それがシャッター街などで一定の効果を生んでいるのだそうだ。で、その催しに、商店会には所属していないものの、当店も参加することになった。

 「自転車屋が教える、パンク修理のコツ」まあ、店とゼミ内容なんて、大方こんなものが多い中で、当店がパンク修理などというドル箱技術などをただで伝授するはずがない・・・。

 やるのはねえ・・・、確か「自転車屋が教えるカレーの奥義」とかいうものだった、正確には覚えていないが。まったく店とは関係のないものだ。その奥の意図は副業のススメというデカイテーマも個人的には設定しているんだが・・・、その辺は近くなったら、またこの場ででも展開しますがね。

 でこのミルなんだが、カレーなんかの際には大活躍するわけだ。こんなのが一台あれば、パウダースパイスなんてうざいもの購入する必要など無いのだ。あんなもんは、すぐに香りが抜けてしまう。買うだけ無駄とまでは言わないが、できればスパイス類はホールの状態で購入し、使う直前、挽くにこしたことはない。

 店主の中ではターメリックぐらいかな?パウダー状のものは・・・。

 カレーで比較的大量に使われる、コリアンダーなんてーのは、絶対ホールで買わないとね。直前に挽いたもの使うとまったく、まったく香りが違う、つまり味から何からまったく違ったものになる。その違いにはまあ、驚くね。

 店主もさんざん驚いた、以来コリアンダーをパウダーで購入するのは絶対にやめた。

 と、大変世話になっているミルなんだが、先日黒砂糖を粉砕している最中に様子が変だ。

 DSC_1481_convert_20171225195721.jpg

 見ると、回転軸とその上出回っているタケコプターみたいな羽(刃)が破断しているではないですか・・・。黒砂糖の塊程度で?こんなになるのか?

 コーヒー豆なら粉砕できてねえ・・。多分だが、黒砂糖に含まれる、多少の水分とその粘りのようなものが悪い方に出たようだ・・・。

 当然、直せないかなあ・・・とね。思うわね。

 DSC_1487_convert_20171225195729.jpg

 まずいことに折れたシャフトの残りが、羽の中につまっている。こいつをキレイに外すのはほぼ不可能。となれば、こうして掘るしかない。

 DSC_1488_convert_20171225195737.jpg

 3.5ミリの穴がキレイに開いた。そこにだね、

 DSC_1491_convert_20171225195746.jpg

 4ミリのタップを切って、ナット状態にしておいた。残るは、回転軸の部分だな。さてどうするべか?

 DSC_1492_convert_20171225195754.jpg

 4ミリのボルトをもとに、突先から11ミリのみを3ミリのねじ山を切っておく。

 DSC_1494_convert_20171225195803.jpg

 こいつを台座にナットで締め込んで、固定して。

 DSC_1495_convert_20171225195812.jpg

 その台座ごと、ミル本体に下から通す。

DSC_1496_convert_20171225195822.jpg

 そしてその中心に先程ナット状にした、刃を取り付けて固定して、完了・・・かな?
 
 途中この記事には省いているが、実は色々あった・・・。旋盤のように母材を回転させないで、その母体の中心に穴を開けるのがいかに難しいか?なんてことも経験させていただきました、ハイ。

 DSC_1497_convert_20171225195832.jpg

 再生実験じゃ、花山椒を容器に入れて、粉砕実験開始!

DSC_1499_convert_20171225195840.jpg

 実験成功!多少の遊びはあるが、軽いものなら、この通り難なく使うことはできそうであります。

 こうした自転車以外のものを、自転車の工房で治そうとすると、まあ、色々わかることがあるんですね。普段使っている装備の別の使い方の再発見なんかがありまして、それがまた自転車修理のいいフィードバックになったりもします。またあるけどまったく使わないサイズの工具なんかを使ったりとか、当店の工房の再発見、再評価、ポテンシャルのようなものがわかったりする。

 そういうのがまた貴重なんでありますよ。途中、金にもならないこんなこと・・・と考えなくも無いんですが、非日常作業が教えてくれることも多々あるということで、こういう専門外の修理なんかもやる意味は大ありなんであります。

 さて、街ゼミでありますが、募集は一回につき5名。集まったメンバーでどういう方向になっていくか?決まっていくでしょう。その名の通り、作ったカレーを食べるまでして終わったり。転職相談、開業相談なんかまで受けたり、そのまま宴会になったりとかね。

 次は自転車屋で哲学書を読む・・・なんて言うのもありかもなあ・・・。

 色んなことやって、潜在している力や関係や可能性を掘り起こしてみるのもいいことだと思う、これからは開発だ!開発!自己開発、個人開発、そして関係開発なのだ!

コッタードってどうなったーの?

DSC_1580_convert_20171224194825.jpg

 どこで入手したか、年代物のビアンキを乗っておられる。この夏に、通勤往復で乗り込みすぎた・・・という事で、ご老体をお持ちになりまして、クランク回りを中心にどうにかならないか?ということでね。

DSC_1599_convert_20171224194858.jpg

 現在主流のものとは規格の異なる、くさび形式のまさにコッタードクランクというもの。

 今まで何度か取り扱ったこともあり、探せば、これにまつわる金具類やシャフトのようなものが出てきますが、こいつらにも色々種類があるようでね。

 DSC_1591_convert_20171224194848.jpg

 外して、交換できる物はかえて、できればシャフトも合えば交換したかったんだが。

DSC_1588_convert_20171224194841.jpg

 ドンピシャのものが見つからず、洗浄と、グリスを多めに入れて元に戻した。ある意味対処療法・・・といえるでしょうね。抜本的な解決はできないが、その都度ほんの少しはましになるように努力する・・・。高齢者の整形外科のようなものかな?人体ということで総取っ替えできないという条件の下、それ以上悪化しないように対処はするが、完全に治るというものではない。

 パーツの入手が見つかっていない中では、ちょっと致し方ない状況かも知れません。

 できるとすれば、柳さんに持ち込んで、今の形式のBBソケットに焼き入れ直してもらうという手。これができれば、未来永劫とは言わないまでも、かなりこのフレームの寿命を延ばすことはできるでしょう、一つの検討課題だと思います。



 それともう一つ、ここにボトルケージの台座が欲しいということです。

DSC_1716_convert_20171224194917.jpg

 穴開けして、そこにかしめて作るんですが、無垢のパイプに穴を開けるのではなくて、パイプに囲まれたところでドリルを入れる、というのが実は大変難しい。垂直に歯が入らないと、ドリルが暴れてアチコチ傷だらけになる。それではプロの仕事とは言えませんはね。

 多少斜めに入った穴は楕円になりますので、それをまた修正してと、影では色々やってます。

 DSC_1720_convert_20171224194948.jpg

 タイヤも交換して、まあ、なんとかご老体も整えるところ整って、また街道走りましょう。

 DSC_1714_convert_20171224194906.jpg

 まあ、矍鑠たる車体なこと。

 今一歳の子供をお持ちの若いお父さん。これ息子の代まで乗れますかね?課題はありそうですが、当店と柳サイクルが続く限り、またその志が続く限り、まあたぶん大丈夫でしょうね。

 以前、オランダのおじいさんが、自分のおじいさんが乗っていた、戦前の自転車に乗っているのを見た時、そういう循環をこのあたりでもできないか?と思ったものでした。

 もしかして、種は既にまかれているのかも知れません。地表一枚めくったその下には、実は豊かな種が発芽を待っているのかも知れないね。各分野ごとに、それらを発芽開花させられたら・・・。自転車だけじゃない、各分野でそれができたら、何かが変わる。

 持続可能な何かが・・・、そしてその先の未来の世代のためにも、種をまくような動きをしないとね。

クランク交換 ちょっとドミノ



 ツーリング車・・・なんだが、700cで、どうも泥よけが付いているらしい。という事はスポルティーフ、ということですね。

 この手の落ち着いた自転車となると、どうしても年配の方というのが大体相場なんだが、今回は、学生・・・しかも高校生っていうんだから、驚いたよね。

 DSC_1724_convert_20171224174106.jpg

 これ丸ごと一台、なんとか購入したらしいが、どうもこのクランクが気に入らないときた。ギア比でもなく、機能でも無く、完全に見た目として、気に入らないらしい。

 そこで、金を貯めたんだと。相当貯めたらしい。そして、一気にクランクとBBを持ってきて、交換してくれ!ときた。

 するのはいいが、ドミノが起きるんで、手前で工賃は言わないよ。恐ろしく加算されることもあるんで・・・。なんてことは高校生にいっても仕方ない、最後は有り金置いていけでいいか・・・と。

DSC_1726_convert_20171224174114.jpg

 まず外さないとこうはできないが、外しはちょっと大変だったぞ。六角にフィキシングボルトがメチャクチャ固かった・・・。よく一人で開けられたと思うよ。

 たぶん、自転車屋のいくつかはこの段階で、外せない・・・と断る店も出てきておかしくはない、そんな程度の固さだったなあ。

 まずは外して、タッピング。これだけでも五千円取る店もあるらしいね。自転車屋って儲かるんだ・・・、転職しようかしら?

 DSC_1727_convert_20171224174121.jpg

 これをしたのは、このフェイシングのためと言っても過言ではない。次のBBが並行を重要視する形式なんでな。これだけでも数千円取る店もあるとか・・・、そんなことしたらクランク交換にいくらかかるんだ?

 DSC_1730_convert_20171224174129.jpg

 理想的じゃねーか・・・ムフフ。

DSC_1731_convert_20171224174137.jpg

 そしてもっと理想といえば、こうして手塩にかけたBBソケットには、このように手だけでBBを装着できること。もちろん増し締めはしますがね、工具で。

DSC_1732_convert_20171224174145.jpg

 そんでもって、右クランクを通して、そこに左クランクを噛ませて、中心のフィキシングでこちらに引き寄せ、ボルト二本で、右クランクに心棒に固定する・・・とね。

 この際トルクレンチでトルク管理を!

 特にスギノはした方が良いよ。というのは・・・今を去る八年くらい前、この手のスギノクランクを取り付けていたら、なんとボルトが途中で折れやがった・・・。

 折れた上半分は回して取れたが、下半分はしっかりクランク内部に食い込んで、しかも頭がないもんで簡単にとれる手段なしと来た。

 これには参った・・・、折れただけなら、別ボルト使えばいいが、折れたものがクランク内に残っている・・・、下手するとクランクごとの交換になってしまう・・・。

 そこで、問屋から直接スギノに連絡したところ、営業のものが出て、「それはオーバートルクでしょう」の一点張り。つまりトルク管理しないで締め込んで折れたのはそちらのせいだということだ。

 じゃあ、聞くが、一体何トルク以上でわざわざ折れるようにつくってんのか?と。通常に一般工具で、人力で締め込んで折れるボルトがあるのか?ある一定以上で折れないと、母材が割れてしまう、カーボンのようなデリケートな箇所ならいざ知らず、アルミのシャフトにアルミを噛ませるための、むしろこのトルク管理は低トルクを危険視する方向だろう?なのにボルトが折れるのか?

 焼きが入っていない安いボルトなんじゃねーの?

 かつてシマノも、同じような対応だったそうだが、釣り客は大人が多いんで、そんな対応ではやっていけないということで、丁寧になり、それが自転車にも伝播したという事だった。それに比べてスギノは・・・というある問屋の言い分だった。いいものも作っているんだけどねえ・・・。

 でここからがドミノその1。

 DSC_1735_convert_20171224174153.jpg

 リンクの歯数が小さくなったので、フロントディレーラーとの距離が開いてしまった・・・。こいつを少し下ろさないとね。

 DSC_1736_convert_20171224174201.jpg

 そして、ドミノその2、同じくリンク歯数の現象で、チェーンも多少長くなっていたようだ。

 DSC_1480_convert_20171224174000.jpg

 一コマつめて、ミッシングリンクに交換。チェーンの掃除がしやすくなるぞ。

 DSC_1737_convert_20171224174209.jpg

 これにて使えないギアはなくなったが・・・。

 11速対応のクランクに8速用の太いチェーンを使っているので、シフトアップしてチェーンがアウターに近づくと、リンク内部の引っかけ用のセレーションがアウターに引っかけようとチェーンに作用してくることがわかった・・・、これはまあ、仕方ないな。

 DSC_1479_convert_20171224173952.jpg

 グレー系のクランクが、シルバーに変わった。しかもこれ結構高額だっただろう?随分貯金して、一点豪華主義でもって、購入したそうだ、高校生が。

 どこでどうせしめたか知らんが、他に使わず、ひたすらため込んで、満を持して大枚はたく、いい使い方だと思うぞ。

 DSC_1481_convert_20171224174008.jpg

 BBも脇からせり出して、剛性を上げたし、フロントディレーラーも調整完了だ。

 DSC_1483_convert_20171224174016.jpg

 ウーン、泥よけなんかが付いている、好きならしい。今度泥よけ太郎がいる時に来れば話し合うんじゃない?

 DSC_1485_convert_20171224174033.jpg

 いずれホイールをシルバー出て組みするなんていうのもありだな。ずっと先でいいが。

 DSC_1484_convert_20171224174024.jpg

 ロングアーチなもんで、これをセンタープルにするなんていうのもいいだろうな。

 DSC_1487_convert_20171224174050.jpg

 大人になったら、絶対革サドルにするよな、こいつ絶対。

 DSC_1486_convert_20171224174042.jpg

 何使うんだかね。今度こいつで京都に行きたいと言ってたな。

 DSC_1478_convert_20171224173943.jpg

 ほんの一点ばかり、今回は横の顔、クランクを交換して、大変地味に満足げ。この冬休み、どこか行くな。ガラスに映った自分の自転車に気を取られて、事故起こすなよ。

 この子なら、こいつをそれこそ自分の成長に合わせて、変えていきながら四十年とか平気で乗りそうな予感がしてきた。店主はもうその頃はいないだろうが、こんな高校生が60近くになって、イヤー、ガキの頃から色々いじって、乗ってんだよ・・・と、店の前で若い子に自慢している・・・。

 そういう店が・・・、その頃にもあり続けてくれたらいいよな・・・と、若い子には期待しないが、ちょっとそんなことを考えた。

ほぼ最後かな?幻のホイール・・・



 背後に影が出てしまっていて、ちょっと見よくわからない。昨日がようやく冬至だったか?これから日は少しずつは長くなっていくんだが、あと三ヶ月はまだ暗い。写真撮影の時間が短くていけない。

 四時半ではもう暗いなあ・・・。といって、二時頃だと、こうして天気によっては影が出る・・・、難しい。

 DSC_1705_convert_20171223211112.jpg

 パナソニックの鉄フレームに付いているのが・・・

 DSC_1706_convert_20171223211125.jpg

 このホイール・・・。そう例のやつだった、当店一推しのね。

 DSC_1707_convert_20171223211136.jpg

 DTの585、近年最高の手組用のリムとして疑わなかったこいつですが、それが製造中止になった。既に新規で、32hものを入手することはほぼほぼ不可能になりました。

 調べてみないとわからないが、当店在庫もほとんど無い。あとは、28hがあっても少し・・・くらいかな?

 この手組最高のリムで作られたホイール。

DSC_1708_convert_20171223211148.jpg

 ねじりスポーク。これだと狂わない。剛性も上がります。

 DSC_1710_convert_20171223211156.jpg

 ハブは少しおごって、アルテグラ6800のものを使った。非の打ち所のないホイールだったんですが、こちらに嫁入りいたしました。

 DSC_1711_convert_20171223211204.jpg

 鉄フレームが最近面白い!というご年配の方。コンポもこうした古めのやつがなんか性に合っているということで。といっても、変なビンテージマニアではない。

 そのような方が、このホイールにまたがり、一周してくると、「ボクでもわかります!」というお言葉。平地はまっすぐ、転がったら止まらない、精度の良さと、適度の硬さが車体を掛け値なく前に出してくれる。そう、最高なんですよ、このホイールは。

 DSC_1712_convert_20171223211218.jpg

 この時代のSTIもよく動いていますね。動きが悪くなったら、中のグリスが硬直しているかも知れないので、スプレーで溶かしてみるか?

 DSC_1703_convert_20171223211103.jpg

 ほぼほぼ最後のDTホイールでしたが、わかっていただける方に渡って良かった。

 もう少し悪あがきもできるかな?28ホールで在庫作っておくという手もありか?また後続するものとしてはDT511というものもあるので、それもまた良ければ推していこうかしら?

 511に関しては近日中にお披露目できそうですので、お楽しみに。そいつが585のいい後継者になってくれるといいんだが。

 手組ホイール、まだまだ諦めていません・・・どころか、。これからも大展開であります!

父から娘へ



 バラしたらこんな感じでした。

 DSC_0355_convert_20171222221639.jpg

 外したパーツはこんなもの。始まりは、親子フレーム塗り塗り教室です。

 DSC_0383_convert_20171222221647.jpg

 はじめの数回は、お父さんとバレリーナとの二人の作業でしたが、バレリーナが忙しくなってきたそうだ。始めたのはまだ寒い二月頃だったかな?今年の初めの頃であります。

 そしてお父さん一人になって、春の四月頃クリアをかけ始めたんですが。その後暫く置かれていたんですね。

 そして秋から、作業再開。再度ヤスリがけ、はげ落ち、ムラなどをならして、ピンク塗装とクリアを丁寧にかけて仕上げました。お父さん一人であります。

 そして、シックなクロスバイクのイメージを置いて、お帰りなったんであります。

 DSC_1458_convert_20171222221706.jpg


 リアは6速でまとめてみる。

 DSC_1467_convert_20171222221821.jpg

 丁寧に時間をかけてお父さんがバレリーナのために仕上げたフレームです。

 こいつにシックなパーツ類か・・・。

 DSC_1462_convert_20171222221731.jpg

 フロントはシングルというので、チェーンカバーの付いたこいつを選びました。

DSC_1465_convert_20171222221757.jpg

 リアは6速でまとめてみます。

DSC_1467_convert_20171222221821.jpg

 カゴが必要と言っていたなあ。シックなイメージなんで、

DSC_1460_convert_20171222221714.jpg

 籐風のカゴにしました。

DSC_1463_convert_20171222221740.jpg

 グリップは茶の革風、シックだろう?

DSC_1464_convert_20171222221748.jpg

 椅子もちょっと固いかも知れないなあと思いつつ、も革風。茶系のシック揃いとしましょう。

DSC_1461_convert_20171222221724.jpg

 あとこれ、数値に注目。単に店主が知らなかっただけかも知りませんが、今まで26インチのタイヤ一番細いのが1.25かと思っていたんですが、なんと1.0を見つけました。これなら転がり抵抗も少ないので、スピードも出るかもなあ。

 DSC_1466_convert_20171222221813.jpg

 ならしっかり止まらないといけないので、Vブレーキを取り付けます。

 そして完了!

DSC_1457_convert_20171222221656.jpg

 シックな、クロスバイクなイメージの一台、これでどうでしょうね?

 作業から一年近く離れてしまったバレリーナは、なんて思うだろう?

 お父さんは、ひたすら娘のことを思って作業に没頭しておられたなあ・・・。そんな親子の気持ちはすれ違ったり、浸透に時間がかかったりと色々とズレもありましょうが、それもいずれは何らかの形になるかな?

 自転車は乗れる形、イメージの形にはなっても、それにまつわる色々なものまでも一気に形になるとは限らない、ただ、何かを象徴するかも知れない形になっただけだ。でも、それには乗れて移動ができて・・・、自転車って変なの・・・。

腐っても鯛 さすがキャノンデール



 恐る恐るの電話でした。

 直りますかね?

 さあ・・・。

 どのくらいかかりますかね?

 いかようにも・・・。

 車体を見ないでご連絡やご相談をいただくと、大体こんなやりとりになります。

 車体送りますので・・・、よろしく。

 暫く乗られていない、相手にされていない、車体でありました。でも、これからこいつで一緒に走ると決めた時、何をどこまでどうするか?という事になります。

 とりあえず、安全に乗れるようになるまで・・・。もちろん乗れる、ということは安全に乗れる・・・という事ですから。

 でも作業というのは、できるところを途中でとめるには、ある種の勇気がいる。気持ちが先立つ、もっとやってやりたくなる、負け博打に似てくる、ここまでつぎ込んだのを今さらやめられるか?!

 なので、自分で手綱をもちながら、やっていくしかない。

 DSC_1418_convert_20171221232728.jpg

 今回の難敵は、ここだった。つまりヘッドパーツね。キャノンデールにしては、珍しく、一般のオーバサイズものだったんだが・・・。この野郎・・・、ヘッドチューブの内部に変な細工しやがって、なんとヘッドパーツと同じ内径の板を内側に張っていやがったのだ。

 つまりどういうことか?というと、通常ヘッドチューブの内径にヘッドパーツが入るわけで、当然チューブの内径よりもパーツの内径の方が小さいためそのズレとして、段差ができるわけだ。その段差に工具を引っかけて、叩き出すんだわな。

 ところが、ヘッドチューブの内径とヘッドパーツの内径が同じということは、段差が生じないわけで、そうなると引っかかりが無いため、叩き出せない、という結論になってしまう。

 一体何を考えて、こんな迷惑な細工をしたんだろうな?単にヘッドチューブを肉厚にすることで、強度を増やそうとした、とは考えにくい・・・。

 中をよーく観察すると、ほんの数ミリだけ、引っかけ部分があるのを発見。どうする?そこに引っかかりができるように工具を加工して、叩き出すしかない・・・。

 本当、これが大変だった・・・。結局たたき出しはできたが、工具一本お釈迦にした・・・。

DSC_1478_convert_20171222214813.jpg

 そのほんの数ミリに引っかけるために、通常より開きを多くして・・・、

DSC_1477_convert_20171222214804.jpg

 それが中ですぼまらないように、下から杭を入れて、上からたたいたという事であります。この工具は曲がって、裂けて以上使い物にならなくなった・・・ということだ。

まあ、この荒療治から比べれば、後はまあ、いつものやつというところかな?

DSC_1668_convert_20171221232904.jpg

 外して磨いて、交換するとこ交換して・・・と。

DSC_1422_convert_20171221232802.jpg

 生き返っていきますね。

DSC_1667_convert_20171221232854.jpg

 不思議とこれでもBBの交換にまでは至らなかった。

DSC_1423_convert_20171221232810.jpg

 新品とまでは言わないが・・・、ちゃんと磨けばこうなる・・・。

DSC_1664_convert_20171221232845.jpg

 ワイヤー類も、内部からよくする交換ですね。
DSC_1421_convert_20171221232754.jpg

 タイヤもひどかった・・・

DSC_1662_convert_20171221232827.jpg

 消耗品はしっかり交換。

DSC_1420_convert_20171221232745.jpg

 ちょっと前まで、この手の自転車で主流だった26インチHEという規格が、今や27.5におされている、しかもあっという間に起きている。その心は?というと、26インチと29インチのいいとこ取り、という事だそうだ。

 DSC_1669_convert_20171221232914.jpg

 ブレーキも注油や、シュー交換で元に戻ります。
DSC_1663_convert_20171221232836.jpg

 前後ブレーキともに、メンテします。

DSC_1419_convert_20171221232737.jpg

 これで、まったくか不足なく元に戻った・・・といっていいかな?

DSC_1416_convert_20171221232718.jpg

 もとがキャノンデールから、というのは確実にあると思いますが、元気に再生です。もちろんそれ以外だって再生は非常に高い確率で可能なんですが・・・。

 もとがいいと、でもすんなり生き返りますね。たぶん依頼者が一番驚くのではないかな?まさかここまで戻るとは・・・思っていなかったかも知れませんね。

 それでまた、より愛着を込めて乗ってもらえればいい。もうちょっとやそっとでは捨てられなくなったはず。こういう自転車=そのように自転車を乗りこなす人が、イコールで結ばれなければ、ほとんど意味が無いし、実現もできないでありましょう。

 自転車だけでもなく、人だけでもなく、あくまでも、その両方なのだ!

定着への起爆剤あり 改造ママチャリ



 ちょっと地方からわざわざ来ていただいた方。

 少し照れ気味で、改造ママチャリに乗りたいと・・・。

 時代が当店についてきたなあ・・・、最初にやったのはいつ頃だろう?雑誌の企画にかこつけたか、その前後だったなあ。旧店舗に値札も付けておいてあったが、みんな興味は示すが、出て行かない・・・、このパターンだった。

 自分でやったみたが・・・という人も増えてきた。最後の詰めのために当店に持ってくる人、完成したものを店に来る人など、ボチボチ出始めてきた。

 基体にする車体はこいつで行こう。段階的改造の話なんかした時、目が輝いていたなあ。

 DSC_1457_convert_20171221002212.jpg

 ホイールは今回、既設のものを使った。段階的改造の一番の鍵になるのが、ここ。次のステップというのはここを700cにすること、これやると、嘘!っていうくらい変わる・・・。トレッキングシューズをマラソンシューズに履き替えた時?のような?

 地方なんで、この手のハブダイナモライトはありがたいはず。ちょっと離れると夜中は真っ暗、街頭なしが前提だからね。

 DSC_1459_convert_20171221002220.jpg

 ブレーキは先回りして、ダブルピボットにしておきます。スピードも出るようになりますからね。

 DSC_1462_convert_20171221002244.jpg

 リアブレーキも、将来の700c化を前提にしています。このブレーキアーチの向きなんかが多様化を象徴していて、時にひっくり返したりね。その際シューの方向も変えないとね。

 DSC_1463_convert_20171221002253.jpg

 クランクも既設のもの。ここも段階的な改造の対象としてでかいところですね。ここにどんなチェーンリンクを使うか?によって、この車種もまた変わってくるとね。デカイシングルでもよし、ダブル、トリプルにしてもいい。こいつで将来何をしたいか?によって変えればよし。

 DSC_1460_convert_20171221002228.jpg

 ブルホーンなんかにするのが店主好みなんだが、今回はフラットバーに。これは依頼者の方のご希望でした。

 DSC_1461_convert_20171221002236.jpg

 ポジションを確保するための、サドル回り。ある意味ここが一番重要なところかも知れないね。エンジンとしての人体と、自転車の最大入力ポイントであるペダルとの位置を決めるところ・・・と言えば大袈裟だが事実そうだ。ここを間違えると、エンジン出力を十分に自転車に伝えることはできない。

 ちなみに実用車に関してはこの辺メチャクチャというのが、現状ね。ここを変えるだけでも、自転車は変わるな。

 DSC_1464_convert_20171221002302.jpg

 店主らのいたずら・・・。固定ギアが付いている・・・。反対は元々付いているフリー。こいつは着脱ができないので、反対側のバンドブレーキを外してギア取り付け箇所を確保。これができると、フリー・固定のご希望の歯数を選べることができる。

 渡した段階で、ギア比は?といっても通じない。乗って、コースと足に相談するしかない。そして、この依頼者の方は伸びしろが大分ありそうだ。そういうことも見越して、可変性確保で組んでおく。

 DSC_1456_convert_20171221002203.jpg

 なんかいいよね・・・、いつも改造ママチャリをやる時に思うのが、これ。なんかかっこいいなあ・・・。もちろん展開によってカゴがついてもいい、変幻自在としておきましょう。

 これでいい大人が自転車に乗ることが楽しい!と思ってくれたらいい。それはたぶん、最初にヨロヨロしながらも、両足が地面から離れて、乗れた!というあの瞬間、あの感動の次に来るくらい、ウキウキしてくれたら、最高なんだよね!

働く自転車 進め!アレックス号!



 これぞ働く自転車!ってわけであります。

 この二本のボンベのようなものは、クラフトビールのもとが入るもの、あの量が入ったら、そうとう重いでしょうね。そうしたものもなんなく安全に運べる、働く自転車なんだな。

 DSC_1687_convert_20171219202008.jpg

 前後二輪なので、効率はいいですね。バランスは取らないといけませんが。

 このハンドルと、前輪の距離からすると、当然直結しているわけではありません。では何を媒介に、離れたハンドルから、前輪を操作するのか?

 DSC_1690_convert_20171219202035.jpg

 ハンドルを後ろの上から見るとこうなっていますが、ハンドルと連動するところがあります。

 DSC_1691_convert_20171219202044.jpg

 ハンドルを中心に灰皿のように黄色い円い円盤ができていますが、そこにワイヤー左右固定されていますな。ハンドルを左右動かすと、このワイヤーがそれに従って左右に引っ張られる構造をしているんです、このワイヤーが・・・

 DSC_1692_convert_20171219202053.jpg

 前輪を動かすコラムの円盤で固定されているので、このワイヤーを介して、ハンドルと前輪がシンクロするという仕組みになっているんですね。

 この円盤の大きさを前後で変えることで、ギア比じゃないが、ハンドルと前輪の動く量を変えることができる。弱冠前をデカくした方が、ハンドルをバタバタしないでいいかもしれないな。

 このワイヤーに遊びがかなりあったので、まず慣れるまでハンドルがガクガクしますが、なんとか乗れますね。

 DSC_1689_convert_20171219202026.jpg

 ギアもあるので、重い荷物対応もかなりできるでしょう。メカニカルディスクです、前後とも。

 DSC_1694_convert_20171219202101.jpg

 車体が長いので、持ち運びの際など、このように切り離せるデモンタブルの構造をしています。

 DSC_1695_convert_20171219202110.jpg

 二箇所のボルトナットを外すと、二つに分かれ、バスなどにも積めるということです。

DSC_1698_convert_20171219202118.jpg

 多少慣れは必要ですが、面白いよー。

 DSC_1687_convert_20171219202008.jpg

 この四角を完全に箱にしてもいいし、運ぶものが決まっていれば、それにあわせて作ることもできる。子供を二人以上乗せるとか、車いすごと乗せられるようにする介護バージョンとか、応用はいかようにも利きそうだ。

 リアに二輪のトレーラーなんかとりつけたら、どんだけ荷物運べるんだ?

 これを作ったのは、近所に住むフィリピン人のアレックスさん。かなりの技術者とお見受けします。後は自転車の細かいパーツのことなどは当店に、自転車特有のフレームの構造については柳さんに聞いてもらえば、面白いものができるかもしれませんね。

 これをマニラで作って、東京に持ち込んだ。どうやら、商品化をマジで考えているらしい。車体の長さなんかも日本の平均的な駐輪場サイズにしようと、わざわざマニラからフェイスブック経由で相談メールが来たっけね。

 この車体自体は、マニラで捨ててあった五台分の自転車で作ったそうだ。もう少しパイプは省ける・・・、強度を逃さず、どこを外せるか?

 また、今回のワイヤーステアリングではなくて、次回は下から鉄の棒状のもので直に前輪を動かす形式で二台目を構想している。

 なんかできることがあれば、全面的に協力していきますとも!

その内、試作利用者募集で、モニターやってもらうこともあるかもしれません。その時はよろしくね。

 その仕事にあわせて、働きやすい形式に変えることで、仕事は効率よくもなり、楽しくもなるものだ。

 日本人の奥さんと当店を通りかかったら、なんか気が合いそうだ、といってわざわざ挨拶に来てくれたのがきっかけ。ありがたいね、開いておけば、いいこともあるもんだ。

 彼は技術屋の腕も発想もありながらも、飲食でもやっていける、奥さんも明るくて、商売向き。当店の鉄箱で一緒になんか売り出すようになるかも知れないね。

 野に放たれた店主らのような鶏たちは、このように連携しながら、共通の餌を探して、分かち合って生きていくしかない。ブロイラーとは違うんだ。だからその分厳しいが、餌の味は配合飼料など比べものにならないくらいうまいし、つねに優しくあらねばならない、修行みたいなもんだな・・・。

 今はまだ、定期的な餌が来ているブロイラー君達も、その内どうなるかわからんぞ。大手企業が副業を認め始めてきていることに、いい意味で危機感を持った方がいい。

 いずれ、エエこれしか無いの?っていうくらいしか餌が配られなくなるかも知れないぜ。

 だから、夜の内に、まずケイジをこじ開けて、外に出て自分の足で餌捕まえてみるなんてどうだい?そして朝知らん顔して、ケイジに戻っていりゃいんだ。

 その内、餌取りに夢中になって、フト気づくと朝になっていて、ケイジに戻れなくなっているかも知れない、それならそれでいいというなら立派なもんだ。

 自分がイタチに喰われないように、いかにうまいミミズを見つけていくか?なかなかスリリングだよ。でも大丈夫、ケイジの中の形式的な仲間とは違った、仲間もでき、関係で餌を探せるようになったら、なんとかなるかもしれないよ。

 何なら、こんな働く自転車で餌探しなんて・・・・どうかな?

こうなったら復活嘆願だな クロモリロードどうしてくれる?



 来年のカンパのカタログが送ってこられた。

 なんかヤナ予感だ。まったくいい風吹いていないもんなあ、この会社には・・・。といって、踏ん張るほどの余裕も、もはやプライドも無いんじゃないか?なんて思っていますんで。

 でも開いてみる?・・・どうする、やめる?

 見るだけ見ておこうか?

 DSC_1678_convert_20171218203014.jpg

 出た!カンパの油圧ディスクブレーキ。メカニカル飛び越えて、ついにやっちゃった。

 あまり慣れないもんに手は出さない方がいいんじゃない?なんて老婆心。

 DSC_1679_convert_20171218203022.jpg

 もちろんエルゴの方も、立派に水鉄砲ならぬ、油鉄砲にしています。無理すんなよー、こけんなよー・・・。サンツアーだって、マウンテンコンポでこけたんだし・・・、君らだって伝説のマウンテンコンポあったじゃんか!伝説の・・・。

 この辺も二年ばかりの伝説になりはしないか?なんてな。

 DSC_1680_convert_20171218203030.jpg

 六つの穴に、スプライン。このスプラインはシマノと互換性あるのかね?かつては、リンクのPCDから、ワイヤーの太鼓、シフトの引きシロなど、フリーのセレーションまで、ほぼすべて互換性を嫌った二社でありますが、後塵を拝したカンパは、シマノ互換やるのかな?

 まあ、この辺はなんとなく、想像が付いたので、やっぱりこう来たか・・・という感じ。

 それよりもだなあ、今回がまた決定的だったんだが、各コンポの階層を縦断的な意味でのこの会社の枯渇感といか、発想の貧しさというのかが、やっつけというか、余裕のなさというか、その年の事情がたまらなくいやになるんだなあ・・・。

 ちなみに、店主の手元はすべてエルゴ!それは徹底しているくらいの、半端なカンパファンなのだ。それでも一応ファンだぞ!マニアックで、ビンテージパーツ集めに奔走するようなタイプじゃないが、シマノの良さとは別に、カンパの緩さというか、個別的ばらつきというか個性というか、あの癖をどう活かす?なんてところが、たまらなくいい!という、一応は付くが、ファンなのだ。

 その店主があえて言う!

 お前は既に死んでいる・・・と認めたのか?と。

 何を言うか?!電動シフトも開発して、今回は一気に油圧ブレーキまで開発したではないか!というお叱りを受けるかもしれないが。

 まず、できてるのはカタログでの話だ。圧倒的に実践投入での実用例が少なすぎる!よって、こいつらがカンパ特有の伝説のパーツ類にならないという可能性は否定できない。

 実際に電動カンパをシマノのそれと比べて、特にいい!さすがカンパだ!という話を聞いたことがない。逆ならあるが。

 そして、今回にディスクだって、シマノの後追いでしょ?結局。

 でももちろん後追いでもいいんだよ、例えば、STIシマノの手元変則の後追いとして出てきたであろうエルゴパワー(こちらも手元変則)なんかは、発想は後追いでも、作りはまったく違っていた。

 ブレーキの機構の先端にシフトを置いた重い引きのシマノに対して、ブレーキレバーはブレーキレバーとして、シフトをブラケット内部にしまい込んだカンパ、変則精度の良さその他は横おいても、ブレーキの引きなどにおいては、カンパの後出しじゃんけんの方がずっと勝っていたと思う。

 だから、今でも店主はエルゴを使う!

 まあ、それに対して、車バイク列車などで研究されつくされているディスク機構は、新たな発想の入り込む余地はないか?

 ロードに取り入れるなら、引きの細かな調整機構とかあるのかな?シマノは特許持っているそうだが・・・。

 後ならあとなりに、後から故の有利さでもあれば、話は別だが、そんな余裕あるようには見えないよね。

 そしてそして、これを見比べよう!

DSC_1453_convert_20171218211223.jpg

 スーパーレコード!

DSC_1454_convert_20171218211233.jpg

 で、こちらがレコードなんだと。違いは何だよ?総重量数グラムくらい?

 こんな酷似したようなもの作っていて、それをわざわざ二階層にして売る意図って何だろう?まったく意味不明・・・。スーパーレコードというかつての冠たる名前だけ?理解不能・・・。

 で、まあ、この話は前からあった。上位二種の違いがわからない、何やっての?ってね。もしシマノがロゴくらいしか違いの見つけられない、スーパーデュラエースと、デュラエースを作って堂々と発表したら、ついにネタ切れだな・・・と誰でも思うでしょうな。

 これを何年にもわたってやっているカンパ、今年もネタ切れ?なのかい?

 でも、まあ、これは今年始まったことじゃないから、もう慣れたが・・・、今年重大なことしでかしてくれた。

 この違い見てくれる?

 DSC_1683_convert_20171218203054.jpg

 これはカンパのアルミコンポとなった、新参者のポテンザというコンポ。シルバーを作っているだけでもありがたいと思えよ!ハイ、思いますよ!ならなんでリアディレーラーに安っぽい黒のプラ残してんだよ!オールアルミでオールシルバーでやれよ!と言い返したいんだが、まあ、こいつはどうでもいいわけで、フォーアームのコンコンチキなんぞ、こちとら相手にしてませんので、勝手にブラックとシルバーでやってろ!店内ではウンコポテンザなんて別名があるくらいだからな・・・。

DSC_1684_convert_20171218203102.jpg

 で・・・・、こっち、こっち。これページめくっているんですけどね、シルバーのまたコンポがここに。11速らしいんだが、名前を見てガックリした・・・。

 出戻りケンタウロ・・・というのらしい。ポテンザとどこが違うんかい?しかもフォーアーム。半端な黒プラのリアディレーラーまで同じ、違いはポテンザよりダサイ、肉抜き前で行程止めたようなブレーキアーチ。

 そして、なんと・・・・、なんとこれにて、来年のカンパのコンポは終了ということなんだ。

 つまり、ファイブアームのベローチェを引っ込めやがった・・・、つまり伝統のファイブアームのクランクが消えた・・・という事なのだ。

 カンパ君、一体君はどこに行こうとしているんだい?

 デローザのネオプリに、チネリのスーパーコルサに、フォーアームのポテンザかケンタウロでよろしく!とかイタリアで話が付いているのか?

DSC_1685_convert_20171218203110.jpg

 これ君らが、作ってきた伝統だろう?

 
DSC_1686_convert_20171218203119.jpg

完璧な形状じゃないか?これ維持しないで、規模はデカイが自転車新参国のメーカーの作っている機能優先デザインをそのまま継承してしまうのか?

 クロモリフレームに一体どんなコンポを載せよ、というのか?

 シマノ7400、シマノ600、カンパベローチェ、できればアテナの復刻運動でもしますか?

ちょっとまじめに勘弁して欲しいわ・・・、こんな自転車に、誰がした!!!!!!!!!

ニシキのアキラ君再び登場!



 大分反響ありました、ニシキのロードですが、この持ち主である謎のアキラ君に対する憶測も随分と飛び交っていたようであります。まあ、この辺のオールドタイプのクロモリロード好きというのは限られている、とも言えるので、あいつかな?イヤ、はたまたあいつかな?そういえばあいつニシキ売っていたよなあ・・・。最近あの野郎ニシキ購入していたなあ・・・。など、かなりローカルな情報まで刺激したようであります。

 DSC_1638_convert_20171212222945_20171217214229658.jpg

 もちろん彼の趣味はニシキだけではないようです、クロモリロードが好き、サンツアーなんかも大好きなようですね。

 その謎のアキラ君が、また登場して参りました!

 であるからして、今回彼自身の真の姿を彼の許可を得まして、ここに公開!することにいたします!

 じゃーん!!!!

DSC_1454_convert_20171217213254.jpg

 残念ながら、公開はここまでという事であります。というのも、このアキラ君、機密を扱うお仕事なんかもしているので、面は割れない方がいい、ということなんですねえ。謎はますます深まります。

 なので、ご本人の特定はできないまでも、この雨蛙グリーンのニシキに乗っている人を見つけたら、たぶんこの界隈では、彼くらいなもんでしょうね、ばれちゃいます。

 と、この謎のアキラ君なんですが、その謎を解く一つの鍵があります。

 DSC_1456_convert_20171217213302.jpg

 これ、靴なんですね。それもトレランの靴・・・。

 そう、彼は実はランナーでもあるんです。しかも、すごいことにサブスリーを目前にしている、ランナーさん。すごいよね。

 ここで彼に関する極秘情報一つ、来年大分あたりでフルマラソンの大会があるらしいんですが、それに出場します。目標タイムが三時間一桁台・・・。す、すごい!よね。

 安易に三時間切りますなんてこと言わないところがすごい。それだけギリギリ追い込んでいるということです。ちなみに彼曰く、体重一キロにつき五分のアドバンテージがある、という事らしいですね。

 そんな走る彼でもあるんですが、ここに課題一つ。マラソンと自転車両立させている彼だからこそできる、ランナーの皆さん達に、トレーニングとしての自転車を指導するという、重要な役目というか、彼しかできない貴重なソフトをお持ちなんですね。

 しかも、大の自転車好きと来ている。実は先日紹介した、自転車の神様におちょくられている人、いましたね、実はその方はこのアキラ君だったんです。

 再度おちょくられネタ一つ。

 DSC_1445_convert_20171217213223.jpg

 彼が入手した、たぶん神様から与えられた、ビンディングペダル。これがなんとハンドルで有名だった、サカエのものなんですね。

 DSC_1447_convert_20171217213230.jpg

 ちゃんとパテントもとられています。このビンディングなんですが、いっこうに流行らない中で、姿を消したものらしいですね。その内の一組が彼のもとに来たんですが、まあこれが役に立ちそうも無い。
 
 これを見れば一発でわかると思います。

 DSC_1450_convert_20171217213246.jpg

 クリートがこれなんですね。この写真じゃわかりにくいかな?よく見るとわかりますが、こいつ一枚の平面な板ではなくて、下に90度曲がっているんです。

 て、ことはどういうことかと申しますと、このクリートを靴の裏に取り付けて、歩くとなると、横から見るとTの字のかたち、天狗の下駄じゃないが、一歯の下駄と同じようなカッコになるわけです。まず歩きにくいし、足くじきそうになるし、一方クリートは削れるか、割れるかで、まあ大変使いにくいものになっているんですわ。

 誰も振り向かないような、パテントのペダルをつかんだのが、アキラ君というのがまたおちょくられネタなんでありますね。当店が引き継いだので、いつでも置いてありますので、どうぞ手にとってご覧ください。あまりの使い勝手の悪そうな感じに、思わず吹き出します。

 まあ、そんな自転車の神様に愛されつついびられている彼なんですが、将来的に、副業レベルで自転車屋・・・でもできればなあ、という夢を持っているようですね。

 いいと思うよね、彼には先程言ったように、大海にランナーという魚がウヨウヨ泳いでいるわけであります、彼独自の視点から、こませをまけば、もう入れグイ状態になるのはほぼ間違いなしなんですよ。そのためには自転車がいる、という事で自転車を二の次にできるという強みがあるんですね。これは実に強い、大変強いいい傾向なんだと思います。

 自転車屋は、自転車を組み付けて、治して売るだけじゃあもうダメなんですよ。そんなことしたって、強い大手がいるんだから、値段でやっても量でやっても、勝負にならない。

 同じ土俵ではない、自分で作ってきた土俵を持っているやつが最後は勝つ!隙間を見つけて、その奥に入っていくこと。

 数年後には、彼はもう先生と呼ばれているでしょう、自転車をトレーニングに取り入れて、市民レーサーがサブスリーを達成したんですから(未来ね)。

 なので、将来自転車屋を開きたいと思っている君、いや、別の商材でもいい、飲食でもいい、小売りの商売で行きたいと思っている君、もう立地のいいところで口開いていれば、物が売れる時代じゃないからね!

 どこの、誰に、何を、どう、届けたいか?その心は?この問いにすべて答えられないうちに、安易に商売などに手を出してはいけません。既に、格安の情報が満ちあふれ、それらを日本国中津々浦々どこにでも運ぶ術はできているわけですから。

 それ以外の、圧倒的に面白くて、興味深い、何らかの体験や物語が連なっていないと、最安のものから売れて、ハイ、おしまい、です。

 商売を始める前から既にそのための土台を持っているアキラ君、その内、ホイール組みからはじめて、クロモリロード組付けなど、当店内で勝手に修行しているかも知れないね。そうなんだよ、彼はあと自転車さえ安全に組み付けられればいんだから、楽だよね。

 世の中にその逆は山ほどいる、自転車は組み付けられても、それを商売ベースに持っていくための物語のかけらもない連中がね、それから比べれば、実にラッキーな展開だ。五年後が楽しみだわな。

DSC_1458_convert_20171217213313.jpg

 あばよ!またな!

通販自転車 カゴ付けα



 自転車なるものを通販で購入するようになって、既に久しいでしょうな。当店も今まで、こうした通販持ち込み車何台相手にしたことか?自転車のように安全を重視するものに対して、通販という販売方法がいいか?と言えば、利害関係なく、あまり良くはない、と申し上げておきましょうか?

 8分組ぐらいの状態で来たものを一般の人が「完成」させるわけですから、ツメの問題としても甘い・・・でしょうな。

 でも、この勢いは止むどころか、これからも増大していくでしょう。もうそういうものだ、と思った方がいい、色々な考え方があるのはわかりますが、そういう未完成ものを見つけ次第一台一台、調整していくのも当店である・・・という事にしておきます。

 今回はこれにカゴを付けて欲しいという、ご要望です。

 DSC_1427_convert_20171217171540.jpg

 前カゴをご要望だったんですが、見るとキャリパーブレーキが付いている・・・。アチャー・・・、Vブレーキの台座がないと、フロントキャリアの取り付けが難しくなる、少なくとも強度が確保しにくいんだよなあ・・・。

 DSC_1444_convert_20171217171740.jpg

 通常なら、この手を付けて、それにカゴをという段取りになるんだが、下に伸びる二本の腕を固定する台座がないので、取り付けは難しいねえ、できなくはないが・・・。

  DSC_1429_convert_20171217171549.jpg

 困ったもんだ・・・と観察すると、この写真では黒塗りでわかりにくいが、フォークのエンド近くにダボがついていた。このダボは後ろ側にあるので、泥よけ取り付けようのものだろう。

 ちなみにこのハブはクイックなんで、クイックに抱き込むこともできなくはないが・・・、かといってシャフト交換して、ナット止めまでするかなあ・・・手間が大変だ、このダボを使うかな?

 問題は、下支えの金具と、フォーク自身の膨らみとの干渉・・・なんだよなあ・・・。

 大森ラインのように、ちょうどフォークの膨らみをさけるように、金具を曲げるか?それとも・・・。

 DSC_1436_convert_20171217171642.jpg

 曲げずに、直線のまま金具を取り付けた。そのコツは・・・、

DSC_1437_convert_20171217171648.jpg

 難しいことはない、フォークに干渉しないように、スペーサーを挟んで、ちょっとオフセットさせただけのこと・・・。

 DSC_1438_convert_20171217171656.jpg

 ステーが外にオフセットしたせいでフォークとの間に隙間ができている、ただそれだけのこと。

 DSC_1430_convert_20171217171558.jpg

 あとは一インチのスペーサーをズラして、ここにカゴ付け金具を付けます。

 DSC_1439_convert_20171217171703.jpg

 これも内側のベロを削らないと、このようにスッポリ入りません。

 DSC_1440_convert_20171217171711.jpg

 意外とカゴを集めるのが趣味・・・の店主、こんなこともあるかと思って、ちょうどいい小型で、丈の低いカゴを用意していたんであります。まあピッタシだよね。

 まあ、カゴ付けはこの際どうでもいいが、先の詰めの甘さというと・・・、

 DSC_1441_convert_20171217171719.jpg

 既にハブにガタがあったんだぜ・・・。ハブスパナと、ハブの構造がわからないと、素人じゃ調整できないところだよな。

 DSC_1431_convert_20171217171606.jpg

 あとは、ここ。当店に来た段階でローギアには入りませんでした。この辺で使っていれば、一生気づかれないかもしれませんな。

 DSC_1433_convert_20171217171624.jpg

 インデックスの調整を行います。

 DSC_1432_convert_20171217171615.jpg

 ようやくローにも届くようになりました。やっぱり通販そのものを素人判断だけで乗るのは、危なっかしいことにもつながりそうですね。

 DSC_1435_convert_20171217171634.jpg

 できましたが、できればチョクチョク持ってきた方がいいよーとだけ申し上げておきました。

 アメリカだったっけかな?もう製造中止になっているものすべての設計図などをネット上にて公開しろ!という運動があるとか。さすがに、器用不器用は置いておいて、DIYの国でありますね。

 製造中止で、修理もしなくていいけど、その代わり自分たちで治すんで、内容すべて公開してね!と。こういう場合インターネットは非常に重宝しますし、こういうことのためにある!といってもいいかもしれません。

 店主もたまに、シマノの公開図などを参考に、古いパーツなどの構造をつかむこともあります。

 と同時に、ネットの発達で自転車のような安全を重視すべきものですら、通販で売られるようになってしまった・・・。まさに諸刃の剣ですな。もちろん公開されたPDFなどを参考に、素人が組むというのもありなのかも知れませんが、人間は蟹と同じく、甲羅の程度にしか穴は掘れないんであります。

 つまり、自らの知識、経験、技術という名の甲羅の程度に従ってしか、マニュアルを読むことができない、ということなんです。

 なので、この本つまらない・・・というのは、本自身がつまらないのか?読み手自身がつまらない人間なのか?判別は難しいということですわ、怖い話ですね。

 技術書なんて顕著です、自らの技術のレベルでしか、実は読めていないなんて事よくありましたからね。あとで読んだら、ため込んだ自分の経験知と思っていたことがすでにすべて描かれていたなんてことがあって、愕然としたもんな・・・。

 物流の形式が変わったり、新しい取引の形態が出てきたりする今の時代、軸は大事にかつ柔軟に対応しておこうとは思いますが、積極的に当店は通販していこうとは、今のところ、思っていません・・・ねえ。

鬼達大いに笑う 来年以降・・・



 店というか作業場からたたきの方を見るとちょうどこんな感じで見えるんですね。奥に机がありまして、手前にソファーがあって・・・。

 DSC_1397_convert_20171215224600.jpg

 日頃の激務のあとが感じられる、机の周辺・・・。単に散らかっているだけという説もある。というのも店主は片付けができない人なんであります。できる人が不思議でしょうがない。ものが捨てられない・・・というのもある。

 確かに、数年使っていないものは、その先も使わない可能性が高い、なら捨てる・・・、決断力がある人はそれができてしまうので、ものがたまらない。確かに一理あるなあ・・・。

 こんなものぐさビジネスを考えたことがある・・・、集金に至るには大変時間はかかるがね。

 自転車の後ろにビデオカメラでも何でもいい、つまり動画を収録できるものを取り付けて、ひたすら街は走り回るという、グーグルのようなことをやる。撮ったものは、そのまま残る形にしておいて、寝かせておく。

 それを何十年と続けてみると・・・、アラ大変、ある種の民俗学的な映像と化けているやも知れない、という事なんであります。
 
 もっと俗でいくには、二十年前の映像を、そこで育った子達に、成人式の日に君らの産まれた頃の街の姿だよ、一本千円で・・・。
 
 どんな下らないものでも、寝かせれば、ワイン以上の価値というか何かを自然と体現するようになる・・・という信念のようなものがあるんですねえ・・・。

 映画のスモークじゃないが、毎朝同じ時間同じところから写真を撮り続けることの意義って・・・、寝かせることによって、それは熟成していく、映画ではたまたま急逝した女房の出勤シーンが映っていたということだったけな?

 そんなわけで、どんなつまらないものでも、ちょっと目が合うと、そいつの何十年後の姿が目に浮かんで捨てられなくなる。あれよ、あれ!もう読むにも値しないもんで、紙切れとして畳の下に敷かれる、古新聞・・・、あれって何十年かして畳の表替えなんかしたた時、焼けた古新聞を読むもは面白いでしょ?

 旧店舗でブロックの一部を壊した時に出てきた四十年前の広告・・・、できたてのサミットだったが、物価安い!!!というものとものによっては値段の変わらないものがあったり・・・、まあ、そんなもんだ。

 この机の脇には・・・、

DSC_1398_convert_20171215224607.jpg

 ソファーが置いてあって、商談というか柳さんがよりかかって、仕事するところでもある。子狸の仮眠室・・・にも。

 DSC_1399_convert_20171215224616.jpg

 その正面のくぼみには、自転車系のまんがが収納してある、狸図書館があった。

DSC_1400_convert_20171215224624.jpg

 その脇なんかは、当店によくある、カオス・・・であります。

 この辺を一気に模様替えします!

DSC_1673_convert_20171215224651.jpg

 まず店主の机をくぼみに移します。少し暗くなりましたが、なんか居心地いい空間になりました。意外とスッポリ入って、使い勝手は悪くないですねえ。

 DSC_1674_convert_20171215224659.jpg

 まだ片付け半分ですが、中の図書類は、外に出まして、より収納を工夫すれば、もっと良くなるかも知れませんな。

 DSC_1672_convert_20171215224642.jpg

 そして、机のあったところにソファーを移動して、中央部をドカンと開けます!

 まあ、何でこんな模様替えをしたかというと、別に大掃除近いからではありません。それは、来年以降の様々な当店回りの展開を予想してのことであります。

 たぶんですが、来年・・・、鬼達、そろそろ爆笑の時が来たぞ・・・、ここに別系列なんですが同業他社が入ってくる・・・という展開になります。賑やかになるねえ。自転車を中心にした仕事であることは共通しているので、そもそもある当店の自転車屋としての便宜を大いに利用しての共存共栄を図るという展開であります。

 そんなことをきっかけに、いらないものを捨て、場所を空けて、向かえ入れ準備という事であります。

 DSC_1675_convert_20171215224707.jpg

 何十年後かには、大変輝くこうしたカタログや書類達なんでありましょうが、今回は目をつぶることにします。

 そして、実はもう一つ問題が・・・。

 DSC_1676_convert_20171215224716.jpg

 なんか気づいたら、集まってきたこいつらなんですがね・・・。こいつらの居場所もちゃんと確保してやらないとかわいそうだなあ・・・と、今各自の収納というかディスプレイのあり方考えています。ぶら下げる、壁にちょっと固定する・・・などね。

 まあ、一瞬先は闇なんですが、来年以降また新たな展開はありそうであります!

 決まったことは、決まった時点にて、この場をもちまして、公表させていただきます!

ビーチクルーザーの・・・クロス化?



 なんかバイクにこのようなフレームありますね、アメリカンな。

DSC_1647_convert_20171214232032.jpg

 曲線を使っている、このフレーム形状ですが、優雅でいいよね。砂浜なんかをダラダラ走るために作られた、ビーチクルーザーなんていうダルメの自転車がありますが、この車体のもとは、その手のものではなかったのかな?

 ちなみに、このフレームでもって、ゲーリー・フィッシャーさんがマウンテンバイクを試作したんじゃなかったかな?

 DSC_1652_convert_20171214232050.jpg

 自分で、BB回りをメンテしたらしいですね。この種で前三枚・・・なんてあるんだ。通常ビーチクルーザーは前後シングル、コースタブレーキというのが定番だったと思う。

 ただ、フロントディレーラーがないので、変則の際は、指でチェーンをつまんでかけ直すという原初的なあり方ですな。

 DSC_1650_convert_20171214232040.jpg

 今回最も重傷だったのが、リアハブ。なんかベアリングの気配がないくらい、ガタガタなんだよなあ。もしや開けたら、玉がない中でガラガラ回っているだけだったりして・・・。

 そうなるとハブ本体まで損傷を受けている可能性もある、なれば、ハブ交換、つまりホイール交換?というのが最悪のシナリオという事になる。

 結果は・・・、なんとも。まあ、ホイール交換まではしなくて良かったが、とにかく玉から、玉押しからその辺一式大交換の嵐、スポークも折れていたりして、ホイール自身も満身創痍といってもよかったが、修理の予算というのも限りがあるもので、どちらかというと最小限の範囲で・・・という事で、今回は交換前のリペアで止めておいた。

 DSC_1409_convert_20171214231958.jpg

 細かいこといえば、ヘッド回りだって、交換したり、しっかり乗るんだったら、フォーク交換してもいいかもな。左右のブッシュが斜めになっているなんて、サスペンションとして、どこまで機能しているんだか?という代物なんだが、この辺については、次回以降・・・という事でお考えのようだ。

 DSC_1408_convert_20171214231949.jpg

 優先順位をもうけて、ひどいところ、重要なところから治していく、というのもありですわ。全部が全部、完璧にできるほど、世の中は甘くはないみたいです。段階的予算措置・・・とでもいうのかな?

 ちょっと前には、この季節、ボーナス出たら・・・なんて枕詞もあったんですが、最近はめっきり聞かなくなった、ボーなし・・・。公務員だけが景気いいのか?な?ならすべての福祉予算削って、希望者みんな公務員にするなんてどうなんだろう?

 店主はそれこそ死んでもいやだがね。

 DSC_1410_convert_20171214232006.jpg

 しかしこの曲線・・・、なんか新たなジャンルというか車種を暗示しているように見えてならない・・・、それが何かわからないが・・・何かであるには違いない・・・。

 クルーザー、ハーレー路線というのがかつて、店主の頭にはしっかりあったんだが、それの復活の兆しかも知れない。

 こういうのを、地表の変化や臭いから、新たな兆候を感じる、つまり新たな餌のありかを虎視眈々と狙っている、野生化した鶏の予感力、直感力というようなものなのかも知れないな。大いなる空振りの可能性もありながらの・・・。

 かごに閉じ込められて、決まった時間餌が来るブロイラー達には感じ取れない感覚かも知れないな。

3段から8段へ5段飛び



 一見してブリジストンの実用車なんだが・・・。

 DSC_1655_convert_20171214004952.jpg

 コンバーター入れてアヘッドステムを入れいている。そして・・・、

DSC_1656_convert_20171214005000.jpg

 通常、ハンドルの両サイドにつけるはずのバーエンドが、中央近くに寄せてつけてある。かつて一時ロードレースに出てきて、すぐに消えた、逃げ屋の味方、スピナッチのような使い方をしているのだろうか?つまり体を折りたたんで、中央に持っていくとで、エアロ効果を狙う・・・?

DSC_1415_convert_20171214004937.jpg

 前ブレーキをダブルピポット式のものにグレードを上げている・・・。

 この辺からも異様に匂う車体だな。かなりのなりすましの乗り手・・・といっていいかもしれない。

 一見して実用車なんだが、その実、そんじょその辺のクロスバイクには負けねーよ・・・と言いたげなね。

 DSC_1657_convert_20171214005008.jpg

 ホラ、やっぱりな・・・というのが、今付いている3速の内装ギア。

 DSC_1658_convert_20171214005019.jpg

 こいつをなんと5段飛びの8速内装にして欲しい・・・という事なんだな。

 メンテも楽だし、どうせなら外装にしませんか?なんて意地悪に質問なんかをしてみたが・・・。

 やっぱりなりすまし野郎・・・だったようで、見た目の実用車風は捨てられない、その優先順位が一番高いという、やっぱりなりすまし野郎・・・。

 流して走っていて、後ろからスポーツ系自転車に抜かれると、グン!と踏み込んで、番手について、頃合いタイミングを見計らって、まくるっては喜んでいるんだろうか・・・、たぶん。

 それとも、この車種としては異常なほどの、距離を走る・・・。で、どこから来たの?なんて尋ねられようもんなら、喜んで答えて、エエ?マジで?この車体で?????という相手の狼狽える姿をニマニマ見ながらゆっくうなずく・・・なんてことやっているんだろうか?

 当店ご利用の変態さんに大いにあり得る、人種だとおもうな。

 内装8速、内装ね!これとトリガー式シフター、グリップシフトじゃ無くてね・・・という、この縛りのみでもって、この車体を置いていった。

DSC_1410_convert_20171214004919.jpg

 これが組み直しの軸となります内装8段・・・です。重い・・・。これがもし軽かったら・・・正爪フレームにこれ取り付けて、どうにかドロップ化してやるとか、テンショナーだけつけて、前二枚にしてやるとか遊べるのに・・・。

 この重さじゃあ、レーサー系の軽いフレームが色んな意味で台無し・・・なりそうさだわ。もうちょっと・・・どうにかなったらなあ・・・。

 あと、売られ方なんだが、これ単体で、ハイよ!という感じで売られているのだ。もう少し小物つけろよな!コッチはわかっていたから、先に各種小物を取っていたからいいものだが、素っ気なく売りすぎだろう!暫くやらなかった、そんなことすら忘れて、発注に二度手間、三度手間かかってしまうわ!

 DSC_1408_convert_20171214004857.jpg

 で、もう一つの縛りのトリガーシフト。これも間抜けなもんで、ネクサスの分野から探していたもんで、大変時間がかかってしまった。かつてはあったそうだ、今でもスモールパーツは売られているが、本体がないので、探すの苦労したわ。今作っていないんで、探しても無いんだが・・・。

 隣の内装コンポ、11速も作っている、もうちょっと高級志向で意欲的なコンポであるアルフィーネ、こいつから借りてくるしかないようだ、現在は。シンクロはしている。

 DSC_1406_convert_20171214004849.jpg

 この角との相性はバッチリとは言い難いが、なんとか付いたよ。まあ、この辺が隠しきれない、なりすましの限界かな?

DSC_1403_convert_20171214004840.jpg

 泥よけとカゴ、チェーンカバーをしっかり付けている・・・、気を利かせて外そうものなら、焦るだろうなあ・・・。サドルも位置はいいが、これもまたクッションフカフカ調のサドルをわざと付けているようだ。

 この正月、これで箱根行くとか言い出しそう・・・。

 この車体に取り付けられた内装8段は、持ち上げてみると、重さもそう感じなくなっていた。このフレームにして、あのハブか、まあ割れ鍋に綴じ蓋・・・じゃないが、どっちもどっちなんだろうな。

 そして、こんな自転車になりすましで乗り込んむ人も人だし、それに協力する当店も当店かも知れない、こちらもどっちもどっちかも知れないな。

ニシキのアキラ君登場



 以前もこの方、ニシキのフレームを持ってきて、再塗装のご依頼をいただいた。今回も・・・

DSC_1638_convert_20171212222945.jpg

 ニシキでやって来た。なので、仮名ニシキのアキラ君としましょう。しかしこの自転車も凝っている。

 DSC_1639_convert_20171212222952.jpg

 トリプルバテッドのクロモリフレーム・・・、一体どこから探してきたんだろう?コンポがほぼ総デュラエース・・・と来ている!アキラ君はまだ若いので、これは最初から彼の所有物ではなかったことは確実に言えると思う。

DSC_1637_convert_20171212222937.jpg

 Wレバー、真剣にスピードを追求するなら、もはやダメだが、流して走るにはまったく問題は無い、むしろトラブルがほとんど無いというのが最高にいい。特に段の付かない、フリクションタイプのものとなると、ワイヤーを張っておけば、あとは乗り手がやるので、調整すらほとんど必要ないくらい。

 DSC_1633_convert_20171212222930.jpg

 6速時代のものですね。

 DSC_1632_convert_20171212222922.jpg

 男のギアだよね・・・、インナーだって44だもんなあ・・・。こんなギア比のWレバーで、かつては山岳コースを走っていたんだから、ある意味すごい時代だったと思うな。

 DSC_1628_convert_20171212222859.jpg

 お決まりの上引きブレーキ。このワイヤーの飛び出しがなんともレトロ感なんだが、かつてはこれが本気モードだった。

 DSC_1629_convert_20171212222908.jpg

 そして、まあ、効くとは言い難いブレーキ。雨降ったら、フルブレーキしても、峠の下りで止まってくれるか心配なくらいだわな。

 先のブレーキレバーとこの手の組み合わせ、見た目はいいが、ちゃんと止まらないブレーキはあまり好きでない店主。この辺さえクリアされれば、この手の見た目の組み合わせなんかは、最高なんだがなあ・・・と思うが。

 DSC_1631_convert_20171212222915.jpg

 ペダルと特殊規格、アダプターがないと、今のペダルは使えません。

 DSC_1640_convert_20171212223000.jpg

 まず外すと、このデカイシムまで外れてきた。外された方が・・・、

DSC_1642_convert_20171212223008.jpg

 なんとも間抜けだわな。今のスルーアクスル・・・を連想しますな。これもまあ、過渡期の規格なんでありましょう。

 DSC_1644_convert_20171212223016.jpg

 シムを外すと、この通り、通常規格の別のペダルに交換しましょう、という事だった。

 DSC_1627_convert_20171212222851.jpg

 この手の年代物のレーサーをどうやって乗りこなすか?なんていうのが、自転車世界の成熟化の一つのポイントになるように思われますな。別にモロビンテージのパーツを使わなくとも、現行品でも、この手の自転車はいくらでも作れますんでね。

 しかし、この後輪の振れがすごくて、走ると、車体はまっすぐ走っているのに、後輪だけ蛇行しているんで、置いていきたくなりますな、でもその辺きっちり、アチコチグリスを入れて調整してやると、これが動く。そりゃそうだ、かつてはレース車体として、かっ飛んでいたんだろうから。

 もう少し要所を締めて、持ち主のアキラ君に返してやらないとな、いつまでも乗れるようにしておいてやらないとな、空に太陽がある限り!

泥よけ太郎がやってきた・・・



 例えば、こんな自転車なんかがあるんであります。当店オリジナルフレーム基調なんですがね。

 DSC_1406_convert_20171211211547.jpg

 リア四段、にしています、今のところ。何段でも可能です。これは何でもかんでも11sなんていう押しつけに対する、ある種の反抗、自分の自転車と自分の走るコースによって、自分で必要なギア数を確保する、以上!という事なんですね。

 DSC_1407_convert_20171211211557.jpg

 前ギアは一枚でいいので、Wレバー一本のみ使用、という事になります。

 DSC_1408_convert_20171211211607.jpg

 なぜかピストハンドルにして、試作したやつ、ピストの次にシンプルな車体とも言えるかもしれません。

 こんな一台が絶賛発売中なんだが・・・、そこにひょっこり現れた奴がいる。その名を泥よけ太郎という。

 ご存じの方もいると思うが、どちらかと言えば、この店主は泥よけを目の敵にしているタイプ。濡れるのいやなら自転車のらんでいい!それでもというのなら、着脱可能ので十分だ!なんて頑固親父みたいな・・・。メンテの敵なもんであんなものはないに越したことはない。正爪タイプのフレームには、ホイール抜きで邪魔以外の何物でも無い!

 元々は、実用車のメンテのしづらさから来る、八つ当たりに近いもんだが、あのランドナー派の方々のコンマミリ単位に泥よけ設置にかける情熱にはまったく理解を示さない!勝手におやりください!それ以下の精度で良ければ、おつけしますがね・・・程度。

 そんな中にやってきた泥よけ太郎君は、どうも泥よけの味方のようだ・・・。

 DSC_1410_convert_20171211211615.jpg

 こんなの持ってきたよ。木製か?

 DSC_1411_convert_20171211211623.jpg

さらりと軽くヤスリを当てて、濃いめのニスなんか塗ってもいいねえ・・・などと不覚にも思ってしまった。

 DSC_1402_convert_20171211211519.jpg

 あと持ってきたのがこれ、雪平仕様じゃない。ホンジョ程ではないが、細くてこれはまあ、もしかして?使えるかも・・・?キャンディーカラーなんかかけたら、オリジナルフェンダーの完成だ・・・、イヤ!そんなもん絶対にやらないが・・・。

 DSC_1404_convert_20171211211529.jpg

 これは前輪用なんだって。アア、そうかよ!なんだが・・・こいつらが一つのジャンルであることは認める、店主は深入りしたくはないがね。

 なんか実車に当てて欲しいと、泥よけ太郎がうるさい・・・、勝手にやればいいだろう?俺は知らんからな!と放っておいたら・・・。

DSC_1401_convert_20171211211510.jpg

 なんかカチャカチャやり始めた。見るとブレーキの下を通している。これサイドを少し加工すれば、アーチは普通に開閉する・・・。ヘエ、そうなんだ・・・。随分メタリックでやんのな。

DSC_1399_convert_20171211211453.jpg

 リアもなんとかできそうです・・・って、何ができるんだ?オリジナルフレームに泥よけつける予定なんか無いんだが・・・。

 DSC_1397_convert_20171211211437.jpg

 なんか別の車体のようだな・・・、ちょっと悪くはないかも・・・。

 DSC_1398_convert_20171211211446.jpg

 牙抜かれた感はある、大人しいが、エレガント・・・とも言えなくはないか?

DSC_1400_convert_20171211211503.jpg

 取り付ける予定は無いんだが、このチェーンステートの間隔などはどうするのかな?

 この泥よけ付けは、カゴ付けなどと共通しているところはある。千差万別の車体に、千差万別の泥よけを機能的につける・・・、マニアは美しくと言うんだろうが・・・。

 まあ、やり方によるわな、できないこともないだろうが。

 DSC_1396_convert_20171211211428.jpg

 当てただけなんで、ホイールとのRの問題はまったく無視なんだが、しかし、行儀が良くなるイメージがあるな。絶対にこれが好きというやつはいるはずだ。

 そういう際には、当店出入りになりそうな、泥よけ太郎君に頼むしかないかな?店主はあくまでも、泥よけ推奨しない派として、ガンとしているが、これから始まるやもしれん、泥よけサービスに関しては、この泥よけ太郎君担当という事になりそうだ・・・、店主はくどいがノータッチ!まあ、塗装くらいはしてやるがな・・・。

 変わりゆく当店、どこへいく?かって?答えは、どこへでもだ!
 

前輪スポーク折れの怪



 重いよねえ・・・電動だからっていっても、重すぎる。まず本体が重い。それに頑丈すぎる子のせが二台ついている。そこに前後に子供が乗って、お母さんが乗って、ひどい場合にはそのお母さんが乳飲み子を抱えている場合もある。一家四人が一台に乗っている。

 別な言い方しようか?四つの命が一台の自転車に乗っているとも言えよう。

 すさまじく重い、その重さを一番受けるのがスポークということで、先日もスポーク折れの記事か何かを掲載したかと思うが。

 DSC_1386_convert_20171211195734.jpg

 重いだけではない、スポーク折れの原因があった。この赤丸の「く」の字に曲がったスポーク、こいつは折れる確率が高い中にいる。その原因は、内部にあった。

DSC_1388_convert_20171211195742.jpg

 この輪っか状の鍵。こいつをかけたまま、三人乗りの状態で、出発したら、スポークと輪っかは、すごい勢いで衝突することになる。そのショックで、「く」の字に曲がり、やがて折れたり、スポークをおさえるニップルが飛ぶことになる。

 この手の自転車での大半は後輪からやられていくんだが・・・。

 ちょっとその例外もあったので、紹介しておこうか。

 DSC_1382_convert_20171211195713.jpg

 見ればわかるように、こいつは前輪だ。リムの表面にペイントハゲが多いが。近寄ってみると・・・、

DSC_1389_convert_20171211195804.jpg
 
 なんと、後輪を上回るほどの「く」の字スポークがあるではないか?もしかして前にも鍵が?と思って確認したが、

 DSC_1392_convert_20171211195813.jpg

 この不出来なブレーキしかなかった。しかし効かないし、調整しにくいし、ホイールも抜きにくい、なんとかしろよなあ、と思うブレーキである。

 後輪のような輪っか状の鍵もなく、その他スポークを痛めるようなものも見当たらない。理由を持ち主の方に聞いてみた、ところ。

 どうも駐輪場に、その秘密があったようだ。

 DSC_1394_convert_20171211195832.jpg

 一区画に何台、という事を取り決めて、着脱しやすくという事で設置されているのかどうか知らんが、確かにこの手の駐輪台のようなものは各所にありますな。このレーサーのようにタイヤの狭いやつだと、ほとんど車体が傾くので、リムのスポークにはいい影響はないだろうといつも思うが・・・。

 この前輪を挟んでいる物。

 DSC_1393_convert_20171211195822.jpg

 こいつが犯人らしいという。中にうまく開かないものがあったり、それに傾斜の急な台だったりすると、ガチャガチャ、揺さぶって、力をかけて、引っ張ったりするそうだ。ただでさえ、重い車体なのにそれに力尽くで引っ張られた場合、干渉されたスポークは、それりゃ「く」の字にもなるだろう・・・と思った。

 まあこんな声が上がったりしながら、日進月歩でこういうものは良くなっていくだろうと、期待はしたいが、それが叶うのはいつのとになるのやら。

 そんなことで、ごく普通の町中にも、自転車を傷めてしまう機構がある、という事は覚えておこう。できれば、こういうところは外して近くにとめるに超したことは無いんだろうが、そうなると不正駐輪扱いになるかな?

 なれば、駅に止めずに、直で自転車で行くべし!なーんてことみんなができたら、世話無いな。

 という事で、前輪スポーク曲がりの怪、駐輪場の呪いであることがわかっただけでも収穫かも知れないな、ウラメシヤーなり。

ちょっとうらやましいなあ・・・



 いい奴が来たんだなあ・・・。

 DSC_1317_convert_20171210230354.jpg

 レミントンという、クロモリロードなんだわ。元競輪選手が所有していたものらしい。この依頼者さんも、ある意味自転車の神様が近くにいそうな・・・というか、正確に言うと、自転車の神様にもてあそばれている人・・・といった方がいいかな?まあ、よくよいもん、変なもん含めて自転車に関するものが集まってくるお人でもある。

 DSC_1319_convert_20171210230411.jpg

 今回はホイールの依頼ということできたんだが。どうもコンポ類を一式、シュパーブなんて面倒なもので整えたい、という事だ。ちなみに、こうした際に、コチラが額に汗してシュパーブ一式中古市場から探してやるほど、店主はお人好しではない。組みたいんだったら、自分で持ってきてね、組むのはコチラがやりますから・・・と、自ら相場には手を出さない店主なのであった。

 DSC_1322_convert_20171210230419.jpg

 デオーレのハブだといやなんだそうだ、そこで持ってこられたのが、シュパーブトラックハブ・・・。中空シャフトにして、クイックつけてと、リムまで持参。

 ところがイザ組む段になると、ハブとリムのホール数が合わない・・・。自転車の神におちょくられている・・・。

 でも捨てる神あれば、拾う神もあるということで。

 DSC_1614_convert_20171210230436.jpg

 こんなションベンゴールドリムと・・・、

 DSC_1615_convert_20171210230443.jpg

 お見事!シュパーブの本ちゃんハブをどこか地方で手にいれてきたようだ、いい神様に拾ってもらえたね。

 DSC_1617_convert_20171210230500.jpg

 リムも定番中の名リムなんだが、色がねえ・・・どうも・・・、ドリン剤飲んだ時の真っ黄色のションベンみたいな感じで、やっぱり自転車の神様にもてあそばれているよなあ・・・。

 DSC_1616_convert_20171210230453.jpg

 リアハブもシュパーブ!お見事です!ただ・・・、勇んで持ち込んだ8速のシュパーブ純正スプロケなんだが、ハブが7速用だったもんで、仕方なく一枚外して、7速仕様に変更。本当この自転車の神様はちょっと意地悪だなあ・・・。

 DSC_1618_convert_20171210230507.jpg

 黄色で合わせたバーテープ、なかなかいい・・・、しかもこいつ今は無きオフザフロントだぜ・・・。この神に憑かれているお方も偶然なんだがオフザフロントのファンのようで、何本か隠し持っている・・・そうだ。ヌヌヌヌ・・・。

 このオフザフロントが無くなって以来、店主にはお決まりのバーテープが無くなってしまって、大変困っているんじゃ!先日網実戦投入しなくなったハンドルを整理していたら、オフザフロントをまいたハンドル一本発見!

 早速キレイに外して、いつでもスタンバイオーケーにしておいた・・・。本当貴重なものになったよね。

 DSC_1624_convert_20171210230553.jpg

 見事にシュパーブのオンパレードだぜ!

DSC_1622_convert_20171210230546.jpg

 こんなの使っていると、現行ブレーキがききすぎる感じになるなあ。

 DSC_1619_convert_20171210230515.jpg

 チェーンリンクに特殊加工がしてある、凝ったものだな。競輪選手の名前の刻印まである。競輪選手には珍しく自転車の好きな選手だったのかも知れないね。意外かも知れないが、大半の競輪選手は自転車嫌いなんだぜ!

 このクランクも名クランクだよね、この前一人関戸橋をやっていたら、165ミリ、175ミリ、170ミリの3種類が出てきて、泣きそうになった。何がホローテックⅡだ!!!スクエアテーパーで十分じゃ!ただ、こいつのコンパクト版があったらなあ・・・、しかたねえ、650cで使うか・・・、ブツブツ、これが一人関戸橋なのだ。

 DSC_1620_convert_20171210230524.jpg

 シュパーブの真骨頂といえば、リアディレーラーだな。これがまあ、あの時代に何で?というくらいのできだよね。この距離から見ても、アルミのポワッとした質感が伝わってくるだろう・・・。

 DSC_1621_convert_20171210230531.jpg

 上からのぞくと、今どこのディレーラーにも付いているぶっといスプリング、それがない!四角いパンタグラフだけ・・・。

 だから言っただろう?もの作りも、政治も、野球も一強というのは絶対に良くないのだ!そっちがそうなら、コッチはこうだ!というのがないと、何がないって、面白くない!!!!

 だから、シマノ一強を揺さぶるものがあれば、応援する!決してシマノが敵だとかそういうことではない!一強として、唯一の発信源になった瞬間、その分野がクソつまらなくなる!ということを言っているに過ぎないのだ。

 DSC_1625_convert_20171210230603.jpg

 しかし、何が悲しくてこんなサドルを自ら選んだのかね?これは通称鰹節と呼ばれている、ド固いサドルの典型だ。競輪選手が200メートルを最速で踏み込むだけのために作られたサドルと言っても過言ではない。

 ケツがうるさくない店主からすれば、むしろ好きなサドルなんだが、こいつを馴らすのは通常なら結構大変かも知れない・・・ぞ!それを知らないで、自らこれを購入したって、まあ、やっぱり自転車の神様から完全にからかわれている・・・お人なんだろうな。しかし、本当底意地の悪い神様だこと・・・。

 DSC_1613_convert_20171210230427.jpg

 試乗してみたんだが、メチャクチャ、いい自転車だわ・・・。カッチリしていて、前に進むためのいいしなりもあってね・・・。ツールでも数日、こうした鉄フレームとWレバーの旧車でレースする日もあっていいんじゃないか?と思うがね。現役の選手が乗っても、いい走りをするよね、絶対に!

 鉄フレームって・・・奥深いね、本当奥深い。アルミ・カーボン乗り継いだ人たちにこそ、次は鉄だぞ!と小声を大にして言いたいね。

 まあ、相当いたずら好きで、意地も悪いが、最終的には自転車愛に満ちた神様にかわいがられている・・・という事が、わかる名車であった・・・、うらやましき奴だわな・・・。

小径利用・・・道半ば・・・



 超小径車に、デカイチェーンリンクという組み合わせの得意な兄弟がいる。正確にはお兄ちゃんが挑戦的な製作に夢中で、弟さんはつきあわされている感じ・・・といった方がいいかもしれないが・・・。

 いや、でもどうせ乗るなら!不便だとどうしても乗らなくなるんじゃないか?と危惧した弟さん、せっかく兄貴が基体を作ってくれたんで、それをより発展的にできないか?と考える、ある意味兄も兄なら、弟も弟・・・といういい組み合わせのようだ。

 DSC_1343_convert_20171209170634.jpg

 相当デカイチェーンリンクが付いていながらも、ホイールが小さすぎるので、どうもスピードが出ないと言います。このままじゃ、東久留米から吉祥寺までの通勤には使い切れない・・・という。

 DSC_1344_convert_20171209170642.jpg

 お兄ちゃんと相談して、よりデカイギア探し・・・という手は?ときいてみたら、フレームとのクリアランスの問題で、それが解決策にはならない・・・ということにね。まあ、この手の縛りが小径改造施工者を燃えさせる燃料のようなもんなんだが・・・。

 フレーム問題に接触すると、これは難しい・・・、前ギアについては、一端保留として・・・、リアを見るか?

DSC_1342_convert_20171209170625.jpg

 シングルフリーが付いているが、これはたぶん16Tだろう・・・。とすればシングルフリーでの対応はこれが最小という事になる。他に手はないか?

 この特殊小径車のリムのホール数は数えてみると20h。120エンド・・・。

 んんんーん・・・。120エンドの20hのリアハブが見つかるならば、フリーのスプロケバラせば最小11Tなんかをつけることもできるかも・・・知れません。

 20hのリアハブは見つかった。とうぜん、130ミリね。そうか・・・かつて120エンドに11速入れたことがあったなあ・・・。それができれば・・・、可能かも知れないね。

 DSC_1345_convert_20171209170650.jpg

 ピラーは市販最長のものをつけたが、これももう少し長くできないか?という事、これはまあ、柳さんに相談して、鉄のピラーを継いで中を補強すれば大丈夫・・・でしょう。

 DSC_1346_convert_20171209170659.jpg

 この系統のハンドルもまあ、力は出せる・・・。周りの環境としては、スピードアップにはなびいている・・・といえる。

 なれば、やはり、リアの方面のギアをいかに小さくできるか?という事で、解決への方向性は見えてきたんだが。

 あとは、20hのリアハブの120ミリ化・・・、その辺どうできるかなあ?今までやったことがある改造で済むか?それとも・・・。

DSC_1340_convert_20171209170614.jpg

 とまあ、超小径好き兄弟とのコラボは、ちょっと続きそうだわ。そんなことでもないと、自らは絶対に入っていかない世界なんで、こういうのも面白い。

 自転車を自転車屋だけに任せておくと、ルーティーン慣れしたつまらん自転車しかできなくなる。まあ、これは自転車だけでは無かろう、各分野餅屋にばかりまかせていると、無難であるが凡庸なものであふれかえるようになる。

 隣接分野や、異分野との突き合いが、つまりは異鳴るものとの接触によってのみ、刺激は起こり、思いもしなかったような展開が起こりうるんじゃないか?

 確かに、疲れることもあろうが、この情熱がなくなった時、店主は自転車屋をやめる時、なのかも知れない。いや・・・、人間そのものをやめる時なのかも知れない・・・。

リカンベントでござる・・・ 乗るには・・・まだまだハードルあり・・・



 一瞬事故車かと思った方、いるはずです。中間のフレーム部分が吹っ飛んで、ねじくれて道ばたに捨ててある・・・と見えてもおかしくはない。

 しかし、こいつはこれで、欠損はあれど、一応完成形の自転車なんでありますよ。その名をリカンベントと言いまして、まあ、マニアの自転車と言っていいでしょうね。

 寝っ転がって足を前に出して、ペダルを回す形式をしています。

 なので、先頭にクランク部分が付いている。

 DSC_1283_convert_20171207232204.jpg

 ここね、ただ少しの間ほったらかし状態だったらしく、アチコチのパーツ類は交換しなければなりませんね。

 前輪よりも前にクランク部分があるので、後輪を動かすためにチェーンは通常の自転車の三倍近くありますな。

 DSC_1287_convert_20171207232229.jpg

 後輪のここまで一本のチェーンがつながっている。前から見ると・・・

 DSC_1369_convert_20171207232304.jpg

 ピンと張ろうにも、たるむくらい長い。そんなチェーンをすべて交換です。

 DSC_1367_convert_20171207232255.jpg

 先頭のクランクも洗浄と調整してやります。

 DSC_1373_convert_20171207232323.jpg
 
 スプロケもまあ、ボスフリーですが交換して、リアディレーラーの調整と、これも長いワイヤー類の交換もしてやる。だんだん走れる条件が良くなっていきますね。

DSC_1285_convert_20171207232212.jpg

 前輪、タイヤがありませんが、何でここだけ突然サスペンションなのか?が気になりましたが、すぐ解決。

 リカンベントは仰向けに寝っ転がって、足を前に出して回す自転車なので、ダンシングという立ちこぎができない・・・。という事は、段差が来ても、モロ体重がかかった状態で突っ込むしかない、浮かすのが難しいんですね。体重預けるペダルが下にではなく、先頭に付いているんで。

 なので、サスペンションで振動などをのがしてやらないと、かなり大変なことになるでしょうな。

 DSC_1366_convert_20171207232245.jpg

 もちろん20インチのタイヤをつけて、ブレーキ調整かけます。

DSC_1286_convert_20171207232221.jpg

 問題はここでした、サドルが付くべきところががら空き・・・、これじゃあ事故車にも見えますわな。

DSC_1371_convert_20171207232315.jpg

 このスケボーの板のようなものが、サドルになります。腰で座るというより腰から背中にかけて、ここにもたれかかって足を前に出してペダルを回すんですね。

 DSC_1375_convert_20171207232332.jpg

 このハンドルもまた曲者です。前後に倒せる。これは乗る時には、このように前にしておいて、車体にまたがったら・・・、

DSC_1376_convert_20171207232340.jpg

 このように、手前に持ってきてそこから操作するという仕組みなんですね。

 DSC_1364_convert_20171207232237.jpg

 これが完成形、サドルが付くとそれらしくは見えますが・・・、まあ乗るのが難しい。

 店主の体格から比べると小さいので、ちゃんと乗るのには諦めたな・・・。

 仰向けになって、サドルに寄りかかるので、体が海老反りになります、その状態で両足を下についても、付いているだけで、踏ん張りがきかないので、バランス崩すと、しっかり横倒れしてしまいます。

 そうなってはならんとばかりに、体を立てようとするが、ハンドルは手前にも倒れるので、これは頼りにならない、わかりながら、横倒れするのはちょっと屈辱なんだな。

 これは、初期型のようで、今ではその辺をアチコチくみ取られて、より乗りやすくなっているんだそうだ。

 ハンドルなんか別物に替えようとしたんだが、位置を高く設定しないと、ハンドルの中に足を二本を突っ込むことになるので、今度はハンドルの操作ができなくなる。

 といって、市販で長いステムというのも限界はある・・・。まだ、もっと何かできんだろうなあ、と思いつつも、今回は、乗れる状態にして終了。

 依頼者のマッドサイエンティストと話し合って、これからチョコマカいじっていくことになるでしょう。でないと安全に乗れません・・・。

 あとは車高の関係で、ドライバーからの目視がしにくいなんてことを考慮して、目立つ旗を立てるとか、もっと工夫がいるな。

 とりあえずは、元の状態に戻ったので、ここからまた始めましょう!というところで止めておきます!

少年ロードマン 中年ロードマンに変身!



 少年の頃、こいつにまたがって、栃木の田舎道をかっ飛ばしていたんだろうなあ・・・・という様子が、大人になった今でもその背後に浮かんでくるような、少年大人さんが持ってこられたんであります。

 こいつを安全に乗れるようにして欲しい・・・。予算を聞いて驚いた・・・、それほどなら、いかようにでもできる予算・・・。

 なら前後ホイール組み直して、革サドルに革のバーテープ・・・とよぎらないこともないのだが・・・、この少年に典型的な自転車をまた再度30年後に乗ろうという時、最初から、そんなに変えてしまっていいんだろうか?とも思う。

 いい年になって、同級生に再会する時、お前誰?・・・という事も無くはないが、できれば、オオそうか!はいはい、わかった、面影あるわ、あるある!という方がいいに決まっている。

 面白い現象だが、小学校中学校と同じだったやつと、中学校だけしか同じでないやつとの、面影残像率というのは、前者が断然高いといえます。中学生の方が大人の顔に近いはずなのに、より子供の頃から知っているやつの方が覚えている・・・、どうも人間は顔の表面を見ているのではない・・・その奥から見ている、変化の度合いも含めてい見ている様に思われてならない・・・。

 どうでもいいか。

 であるからして、使えるものはできるだけ使って、昔の面影については、できるだけ残しておいていく方向にすることにした。

 DSC_1503_convert_20171206233636.jpg

 こんなのも、エネシクロなんかのクランクに変えてやれば、それは一気に格が上がるかも知れないが・・・、ロードマンは少年の車体だしねえ・・・。

 DSC_1360_convert_20171206233536.jpg

 きれいに磨いて、そのまま流用することにした。ただし・・・

 DSC_1362_convert_20171206233546.jpg

 中心軸たるBBは交換した。地味だがこういうところは大事!

 DSC_1504_convert_20171206233645.jpg

 チェーン・ワイヤー類そしてスプロケなんかは・・・交換かな?

 DSC_1350_convert_20171206233457.jpg

 機能上の問題で、リアディレーラーも交換した。スプロケは、今回はこれでごめんなさい。もう少し見た目のいい奴も探せばあります!

DSC_1351_convert_20171206233504.jpg

 前のやつだとプーリーの消耗が激しかったんでね。

 DSC_1502_convert_20171206233628.jpg

 この独特なレバーは残したかったんだが・・・。

 DSC_1349_convert_20171206233449.jpg

 調整上どうしても無理だったので、バンド式のダブルレバーに交換した。これでアウター受けも付くので、将来手元変則、STIに変更することもできる・・・。

 DSC_1500_convert_20171206233620.jpg

 これもセンタープルにするなど、見た目重視での変更はできるが、まあ、そんなことはいつでもできるので、まずはできるだけ原型に近い状態で、のること・・・でしょうな。

 DSC_1358_convert_20171206233527.jpg

 注油や調整をして、ブレーキシューなどを入れ替える。ちょっと生き返るね。

DSC_1499_convert_20171206233609.jpg

 固さもあったし、見た目もこれだったので、ここは交換。

 DSC_1356_convert_20171206233519.jpg

 メッキのレビン、こいつがいてくれるから、こうした旧車の再生には非常に助かりますね、丹下精機ありがたし!

DSC_1497_convert_20171206233602.jpg

 ハンドル回りは、長年の夢を果たすことになります。

 DSC_1355_convert_20171206233511.jpg

 復刻版の補助レバー付き、これは少年時代にありましたが、ヨシガイさんの復刻です。スリーポジションから、ブレーキが引ける、流し乗りの自転車にはまあ、最適だよね。

 DSC_1348_convert_20171206233440.jpg

 はい、第一回!再開のための準備状態まで完成!これくらい面影を残しているので、30年ぶりの再開でもお互い認識できるでしょうな。

 オオ年は取ったが、まだまだ行けそうじゃない!とお互い言いあうだろうな。30年ぶり、またよろしくな!コチラこそ!

 ある意味、実用自転車のツーリング車の間のような車体。流して乗るには最高かも知れない。ギアだって十分あるんで、長距離も、登だって行けるだろうな。何のかんのと、離せない、一番便利で愛着のある自転車といえるかも知れないね。
 
 暫く乗って、もう少しいじりたくなったら、自転車に相談しながら変えていけばいい。それこそ革サドルでも、革バーテープでもいいし・・・、ホイールを交換してもいいかもしれない・・・、でも愛着が上回って、次も「できるだけこの状態を維持してメンテしてやってください!」という展開になるかも知れませんね。

 今までの空白の30年を、今後の30年で埋めればいい、七十代になったら・・・、またその時の状態と相談して、変えていけばいい、まあ、店主はその頃いないだろうが・・・、そういう自転車とつきあいができる人って、たぶん自転車に選ばれた人なんだと思いますよ。

 人が自転車に乗るんじゃない、自転車と人間の関係がそこにはあるんだろう。

TRPテクニカルサポート・・・店でござる!



 トロフィーみたいでしょ?これは何でしょ?

 DSC_1572_convert_20171205221056.jpg

 角度を変えると・・・、ハンドル半分に、ブレーキレバーが付いているのがわかる。

 DSC_1573_convert_20171205221103.jpg

 そんでもって、ケーブルが引いてあって、ディスクキャリパーににつながって、そのキャリパーがローターをつかんでいる。つまり、これサンプルなんですね。

 単なる見た目のサンプルか?というと・・・、

DSC_1577_convert_20171205222055.jpg

 ちゃんと引けるんであります。見た目もさることながら、引き具合が体験できるサンプルなんですね。ただ、ワイヤー自体が短いので、このRでは、ちょっと引きが重く感じられるかも知れないので、その辺調整してやろうか?なんて思っているんだが・・・。

 ところで、こいつは・・・

 DSC_1574_convert_20171205221111.jpg

 見たとおり、ワイヤーで引いているので、機械式・・・、メカニカルディスクなのか、と普通に思われるでありましょうな。

 ところが、ところが・・・なんでありますよ!こいつにズズズイッとよってみると・・・、

DSC_1576_convert_20171205221123.jpg

 TRPと書かれているプレートが見えますが・・・これって、もしかして、リザーバータンク・・・なんじゃない?と思われますでしょうね・・・、ハイ、そうなんです・・・。

 んん?これは先程見た限りワイヤーで引いている、メカニカルディスクですよね。という事は油圧とは関係の無い機構のはずなんだが・・・、何で油圧の象徴でもある、オイルのリザーバータンクがあるの?

 当然の疑問でありましょう。

 ちなみに、プレートに描かれているTRPですが、これはテクトロ内ブランドとでもいいましょうか、トヨタでいうとレクサスにあたるということだ。

 先々月、台湾までテクトロ工場の見学と商品説明などでお邪魔したんだが、どうやら、今月をもって、当店はこの高級ブランドテクニカルサポート店として、公表されたという事だ。緊張するが、がんばるよ!

 まずは、各商品というよりも、テクニカルサポートなもんで、スモールパーツを発注している最中なんだよね。ものはもちろんお売りはするが、他でも売っている・・・でしょう、たぶん。なので、他ではやらないことなんかを細かく丁寧にやっていけたら、地味でもいいかな?なんて思う訳なんだが。

 レース機材なんて、売り出しは派手であっても、使い続けることで劣化していくものの管理、メンテというのも非常に大事でね、そちらは地味だけど、その体制がしっかりできてないと・・・と思うんですね、特にブレーキだしな。

 なので、勉強!勉強!勉強の毎日・・・なんであります!でもねーか・・・

 で、先の話に戻ると、このサンプルに取り付けられている、ディスクなんだが、こいつはメカニカルなのか?それとも油圧なのか?という事なんだが、答えは、後者!

 途中までワイヤーで引くが、最後のキャリパー内で、直接ローターをキャッチする機構は油圧の形式を取っているという、ハイブリッド型のディスクブレーキなのであーる!!!だから効くんだよ!

 ただ、キメラでおもしろいが、何でそんな中途半端なものが用いられるの?というのは当然の疑問でありましょう。

 うん、そこがテクトロさんのおもしろいところなんであります、従って、当方としても大いに応援して、コップの中の嵐であろうと、一悶着吹かせてやろう!という気になる、もの作りなんでありますよ。

 今シマノであっても、スラムであっても、油圧のロードコンポ、ブレーキ+シフター形式のものは、非常に高額な設定をされているわけであります。

 それに対して、もしロードコンポを既にお持ちの際に、例えば105とかね・・・、そのコンポを中心に油圧ディスクで自転車組めないか?なんて思う時、このキャリパーを使えば、ワイヤー引きのSTIで引けて、ローター接触の一番重要なところが油圧=効きまくり!という夢のハイブリッド車が誕生する!という事なんですね。

 まだピンと来ない方いらっしゃるかしら?これも近日中に組みますが、例えば油圧系のロードコンポといえば、もうシマノとスラムしかない、とほとんどの方はもう諦めていると思います。

 まあ、カンパの根っからのファンで、ディスクブレーキに興味を持っている方・・・あまりいないかも知れませんがね・・・。

 でも、カンパベローチェで、ちょっとシックに組みながらも、機能的にも優秀な油圧ブレーキが使えればなあ・・・という方もきっといるんじゃないか?なんて思うんですが。

 そんな方にも朗報ですよ!まだいくつかハブの問題などハードルは無くも無いんですが、カンパベローチェでもって油圧ブレーキという組み合わせも、このTRPを使用することで、たぶん、非常に高い確率で、可能だ!と断言します。

 近いうちに柳さんのオリジナルフレームにて、その勇姿をご覧に入れます!

 なんてな・・・。半年前には想像も付かない展開だわよ。まさか当店が油圧ブレーキのサポートをするようになるなんて・・・。

 でもまあ、乗りかかった船にはトコトン乗ってやる。それもまた、当店の流儀をしっかり残してね。特に、予告しますが、当店はやはりロード・ピスト系から始まった店として、やはりドロップ推奨する店でもあります、従いましてTRP出会っても、やはりその辺のラインナップなんかを強く推していく・・・と予想されます。カタログ見ていて楽しいもんな、事実。

 マウンテン系は専門店でもあるんだろう?もちろん持ってこられたら、やりますがね。

 今回、TRPさんとの邂逅もいろんなご縁のお陰でありますが、その商品ラインナップでもって、まあ色んなアイデアが湧いて出るような、もの作りをされている、というのも大きいでしょうね。しかも、シマノを刺激する・・・なんて最高だよね。

 シマノはライオンで、テクトロさんは決してノミじゃないが、当店はノミ・ダニのようなもんなんで、ならそれなりにTRPという劇薬でもって、シマノさんからその生き血いただきつつ、こちらはコチラで向こうには無害で肥え太ろう・・・という算段であります。

 先日も予告しましたが、120エンドのディスク車なんかも登場します。135ミリは当たり前、どこでもやっていますな。油圧に転んでもただでは起きない、ちょびっとだが、当店の色は残す・・・まあ、そのくらいいいだろう。

 徐々にだが、TRP開始!

あれがああしてこうなった・・・

000 DSC_1304_convert_20171105185019

 このシールドベアリングの交換については、ほぼはじめて、コンマいくつまで指定してくる奇妙な体験をした。裏と表でシールドのデカさが違う・・・そこになんの必然性があるのか?未だにわからない・・・。

 そんなこんなで、奇妙な規格のベアリングと取り寄せて、ガタ取りなどして出て行った、スピナジー系のホイールなんだが・・・。

 こいつがこんな奴に付いた・・・。

DSC_1365_convert_20171204224751.jpg

 ピナレロも、こんなピストフレーム作っていたんだね。本気で踏んだら、結構時計出るかもね。この後輪に収まったんだが。

 DSC_1366_convert_20171204224803.jpg

 こんな感じで付いているが。チェーンがちょいとたるんでいる。まあこのくらいなら、好みと言えるかな?街道であまりキンキンに張ると疲れるんでね。

 しかし・・・

DSC_1368_convert_20171204224820.jpg

 このフレームにしては、攻めが足りないよなあ。

 DSC_1367_convert_20171204224812.jpg

 ほーら見ろ!この引きは、チェーン管理としては緩いなあ・・・。街道仕様だから・・・まあそこまでは・・・という意見もありましょうが。踏めば前出る車体なもんで、できればその性能を活かしていやる方が、こうしたフレームに乗っている甲斐というのもあるもんだ。もったいねーぞ!

 幸いにして、この持ち主の親子コンビは、非常に反応がいいので、すぐに調べるなりして、チェーン詰めの工夫に走るだろうなあ、チェーン切りと半駒などを駆使して、ベストな張りを見つけるだろう・・・たぶん、それなら、それでいいんだが。

 あと、このナット、通常なら15ミリのところ、こいつは何を間違ってか17ミリでありますな。それを知りつつ、一人で工具持って走るんなら、ほとんど問題ないながら・・・。

 仮にピスト仲間と一緒に走りつつ、17ミリのレンチを持たずに走った出先でパンクにでもあったら、不便かもよ。かつて店主も競タマ(競輪選手の卵)と走っていた時、そいつは15ミリのレンチを背中に刺して走っていた。

 そういう時には、店主もロードだったが、時に15ミリでも開けられる、携行用工具を持って走っていたんだが・・・。なぜか?携行工具は自分のためだけでない、仲間のトラブルも想定して持っているに限る、そういう発想が、起こりうるトラブル対策に役立っていくんだが。そうだったとしても、パンクが起きた時、17ミリ持ち忘れていたら、チューブ交換できないぜ!

 ツーリング仕様のやつでない限り、モンキーレンチは持ち歩かないもんな。そんなチッコイことと思うかも知れないが、逆に言えばそんなチッコイことで、出先で思わぬトラブルに陥って、立ち往生なんてこともあり得る、と思った方がいい。

 できるだけ規格はそろえておく、もし規格外のもので、走るというのなら、自分でしっかり自覚的にそれに対して、管理しないとダメ、という事ね。ほとんどが700Cで走るという中で、あえて650cで走るなら、チューブは自分で三本は持っていく!とかね。

 この持ち主君はここが17ミリであることを自覚していたかな?さて?

 DSC_1369_convert_20171204224829.jpg

 なんとかチェーンラインもセンターも出ているねえ。やはりちょっと癖ありホイールで、ナット締めの時にシャフトが動いてズレてしまい、センターが出しにくい、癖のようなものがあるが、これもまあ慣れだろうな。

 いつまで経っても慣れないようだったら、チェーン引きを使うというのも手だよね。

 DSC_1365_convert_20171204224751.jpg

 まずは、走れることをもって、今回はこのままにしてお返ししよう。対策は親子で取ること、これ宿題です!もしどうしてもわからない場合は、ヒントくらいはだしましょう!
 
 自転車は乗るだけ、またはいじるだけでない、時に親子のコミュニケーションツールともなるといういい例なんだと思うなあ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター