メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2018年04月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

かつてのツーリング車 ちょっと入院



 もう何年前になりますか?当店発のオリジナル系のロードなんでありますよ。

DSC_2282_convert_20180430212922.jpg

 ベロオレンジなんかが付いてまして・・・。

DSC_2285_convert_20180430212945.jpg

 革サドル・・・。

 DSC_2284_convert_20180430212934.jpg

 ドロップハンドルながら、ギドネットを付けて、ゆったりツーリング向けにしています。

 DSC_2287_convert_20180430212953.jpg

 センタープルなんかを付けて、ちょっとレトロに決めています。ただし、すべて現行品というところに、こだわりがあります。見る自転車よりも乗る自転車優先という、当店の発想なんであります。

 もちろん現行品以外でも持ち込みでなら、いくらでも組みますよ。ただ、自らが積極的に非現行品、もっといえばビンテージ系パーツに手を出すことはいたしません。どうぞ、お持ち込みください。

 ビンテージの値段を左右するところには立ちたくはない、いわんや自転車パーツを投資・投機と考えている人と同じ所に立ちたくはない、というそれだけの理由ですがね。

 まあ、集められる現行品レトロで組んでみたんですが、どうも狂いがありそうだということで、みることに。

DSC_2291_convert_20180430213034.jpg

 ホイールを当てて、後ろから見ると、どうもセンターにホイールが行ってない。ホイールを振れ取り台において、センターだしなどをやっても、直らないということは、ホイールのせいではない・・・という事は、フレーム自身に狂いがある?ということか?

 DSC_2290_convert_20180430213024.jpg

 手持ちの計測道具で色々見ては、なんとなく見当を付けてフレーム修正しようか?と考えてみたんですが。

 やはり、ここはビルダーの柳さんのご意見も拝聴しようという事になりまして・・・。

 結果、店主よりも二つ奥まで、分析の目が行っていたようです。なるほど、さすがビルダーさん・・・。

 DSC_2292_convert_20180430213042.jpg

 クランク、BBを外して、フレーム自身を万力で固定する。

 DSC_2289_convert_20180430213011.jpg

 こうすると、フレーム修正に剛性が出て、早く決着が付くだろう・・・ね。

 DSC_2288_convert_20180430213002.jpg

 エンド幅を測っては、どちらかというと右方向に、バックの三角全体をなびかせるように持っていく。ご覧のように、柔らかい木の棒なんかを利用しつつステー部分を開いたり、戻したりしつつ調整していく。

 正確さは大事だが、きりが無いのも事実。ノギスを数値を参考にしつつ、目視を交えて、センター出し・・・完了ということで。

 DSC_2280_convert_20180430212911.jpg

 クランク、BB、チェーンを戻して、調整完了。多分これで暫くは・・・と思います。

 新緑の季節です、梅雨まで一月ちょっと、今サイクリングの最高シーズン到来ですね。是非日焼けに配慮しつつ、しっかり走ってくださいよ!

スポンサーサイト

一足お先に!



 普段から勤勉を絵に描いたような人物といえば、店主のような者。定休日なしで一体何年やってんだ?というのも、仕事と遊びとプライベートの区別がないので、休みようがない・・・というのが本音の所。

 アア、くたびれたーと思うこともありますよ、正直お客さんが来てくれていることを、めんどくせー・・・と思うこともあります、そういう意味で、自分基準でOFF的なこともなくはない。でも、人から使われていないためか?かつて勤め人のように、明日休みだー!!!というの解放感が必要ない、ほとんど・・・。

 ONに対するOFFが、あまり必要ではないのかもしれません・・・。それからプライバシーというのもほとんど無縁に近いかな?別にいいよ、死んだら常にプライベートなんだろうから・・・。

 でも、そんなことをいう割りに、ちょっとリゾートのようなことをやって来てしまった・・・。

 20180430_090038_673_convert_20180430182710.jpg

 やっぱり店主は新緑だな・・・。桜なんかより、こっちの方が性に合っています。

 秋川でした。保育園の仲間が誘ってくれるんで、ここぞとばかり、一泊で行って参りました。基本食担もやりますよ、釜で米も炊きました、夜二時まで肉焼きやっていたかな・・・。

 20180430_093445_355_convert_20180430182720.jpg

 子狸もよく遊んで飲んで、食べてと満喫していたと思います。たまにはこいつと二人で、ディープなサイクリングもいいなあと、ちょっと反省、昨年は「子狸の夏休み」は休んでしまっていたことを思い出した。

 そうそう、今回は車でキャンプという、実に普通の行程でありました、こんなときぐらい自転車で行けよ!と言われそうですが、今回に関してのみ、あくまで一般参加してみたわけであります。自転車だとなにかと特別扱いしてもらって、申し訳ないこともありますんでね・・・。

 何かまた、8月に誘ってもらえそうです・・・。

 という事で、一足お先に大型連休させてもらいました、残りの後半大型連休は・・・多分営業していると思います!

カゴと自転車は別!



 大抵実用自転車を購入すると、カゴなんかがついているもんで、自転車とカゴは一体的なイメージで使っている人は多いと思う。

 もっといえば、自転車は自転車として、完成物で、それ一台購入したら、そのまんま、タイヤくらいか?消耗品の交換はしても、あとは買ったときと同じもので、同じ状態で乗りつぶすという人が大半なんだろうなあ。

 スポーツ自転車に乗る前の店主なんていうのもそんなもんだった。サドルの位置なんて考えて事無かったもんなあ・・・。

 また確認しますぜ!自転車は構成物なんで、パーツの集まりなのね。なので、規格にさえ合えば・・・、何でも組み合わせアリアリなんだよん!

 だからもっと自由な組み合わせで、自分の一台を組むことができる!

 一定の自転車乗りにとってはごく当たり前なことも、一般の自転車使用者にとっては、思いも付かないことだったりもする。

 なので、お母さんの自転車のサドルをちょっとあげてあげるだけでも、驚くんだよね。ある意味パーツ交換どころか、ポジションあわせということすら頭にない、せいぜい成長していく子供のフィッティングくらいなもんか?それとて、ホイールのインチ数で、買い換えを迫られ、疑うこともしない・・・。

 なので、こんな自転車を購入するときなんかにちょっとパーツ選択の時が来る、そこで気づくこともあるだろうなあ。

 つまり上の自転車にはカゴがない、自分でカゴを選ばないといけない・・・、でもそもそもカゴって選べるの?

 構成物なんですから、カゴも選べます。では何を基準に?選ぶ?もちろん用途でしょう!

 こちらの方はある種明確だった。自分の仕事鞄を縦にしないで置けるカゴがほしいということだった。

 以前もやったよね、塾の先生の自転車なんだが、デカイ鞄を縦にしないで載せられるかごにしてから、なんともストレスから解放された・・・という。そこで思ったんだが、ストレスというのは積極的に、イヤだなあ・・・と自覚できるものだけではないということね。

 むしろ潜んでいながらも消極的に人を疲弊に追い込むようなタイプのストレスというのもあるとい事だな。そこで、副業、本業を開拓する方々に大ヒントを授けよう!

 これからのサービス業は、未だ自覚されないながらもずっと奥に潜んでいるやも知れない、この消極的ストレスをいかに突きだして、それを解消させていくことができるか?というところにかかってくるかもよ・・・。

 大手には絶対にできない、領域かもね・・・、これぞ隙間だ!各分野、各業界で必ずあるであろう、この消極的ストレス解消こそが、次の産業の影の覇権を取るであろう、以上だ!

 DSC_2275_convert_20180429103211.jpg

 学生鞄もそのまま置ける50センチはある、こんなカゴも当店にはあったりする。そう、カゴは用途に合わせてしつらえるもの、ポン付けできるから、これにしなさい!は絶対にしません。

 これも良かったんだが、丈があるということ。そして黒しかないというのがダメだった・・・。

 DSC_0069_convert_20180429103144.jpg

 せっかくこの台座があるので、ここに装着できるもの・・・、ってほとんどができる代物だが・・・。

 DSC_0070_convert_20180429103154.jpg

 候補に挙がったのは、このステンレス系のもの。ただし、ご覧のように台座とは角度が若干異なる、これを強引にネジどめすると、カゴがゆがむよね。

 といって、下からとめるだけでは弱すぎる・・・。なれば角度を合わせるしかない?どうやって?

 DSC_0093_convert_20180429103203.jpg

 手間はかかるが、台座一度外して、万力掛けだ。横にカゴ置いて、曲げては合わせ・・・それを何度か繰り返す。

 難しいことではないが、面倒・・・ではある。

 DSC_2277_convert_20180429103227.jpg

 さすれば、このようにピッタリとくっつく。この手のフラットバーで、丈のあるカゴは、グリップ、ブレーキレバー辺りを狭くしてしまい、あまり良くはない。

 DSC_2278_convert_20180429103236.jpg

 こんな具合にハンドル下に収まってくれる方が見た目もいいだろう、というのが一つの定番だ。

 DSC_2276_convert_20180429103219.jpg

 まあこんな感じね。細かすぎていちいち書かないが、こんな中にも実は、消極的ストレスを取る配慮がアチコチにされてもいるんです・・・。使えなくはないが、こうなればいいなあ、という潜在的な箇所に手が伸びると、えもいえぬ使い勝手の良さが訪れることがある・・・狙うはそこだろうねえ・・・。

 という事で、カゴと自転車は別物!という考えをしっかり持とう!その先は、自転車は構成物!安全であれば、何やってもいいんです!

あとは現場・・・かな?



 レーサーの中のレーサーか?ということで、組み上がる前に置いてあっても、それなりの威光を放つところがあって、さすがだねえ・・・というのがこのコルナゴなんであります。

 DSC_0076_convert_20180428220855.jpg

 このストレート系のフォークもまさにトレードマーク。店主も何がきっかけか?コルナゴではありませんが、ストレートフォーク好き。クイックな印象が好きですねえ。

 DSC_0080_convert_20180428220925.jpg

 NASAレベルときいた、マーブル系のクランク。やはりマーブルというのが頭一つ出ていたよね。その他のありがちなカーボン柄?あの規則正しく並んだ奴は繊維だよ、そういうもんだといえば、そうかも知れないが、やはりマーブル・・・というところがカンパの美意識なんじゃないか?と思ったわ。

 DSC_0081_convert_20180428220933.jpg

 持ち込みの金のチェーン。この辺でやめておくくらいがいい。やり過ぎると成金に成り下がる、金の使用はさじ加減が重要。

 DSC_0084_convert_20180428221002.jpg

 イタリアの塊に対して、負けていないのがクリスキング・・・。よく使ったなあ・・・という感じもなくはないが、ものの良さと新参であろうが、他国の伝統にがっつり食い込んでいる感じが、何か好感持てるね。

 DSC_0083_convert_20180428220954.jpg

 乗った感じ、アレ?と唯一思ったのがここ。ブレーキかな?

 DSC_0077_convert_20180428220903.jpg

 ホイールがカーボンなんで、それなりのシューに入れ替えたんだが、本体のキャリパーが問題かな?

 DSC_0082_convert_20180428220941.jpg

 こんなもんだろう・・・という事で、使い続ければそれなりなのかも知れないが、下りのコーナーでガッツリ・・・・という勝手な店主の制動イメージからすると、今のアルテぐらいに変えた方がいいかも・・・・と思ってしまうね。

 DSC_0072_convert_20180428220836.jpg

 ガチでありながら、乗った印象は?と聞かれれば、なんともキントウ雲としか応えようがない。何かフワッとした印象とでもいいましょうか?

 カーボンにありがちな隙なしのあのカチッとした印象がない、君・・・・コルナゴだよね・・・・と拍子抜けするんだが。

 でも、これが集団で40キロなんかを超え始めると、レレレ・・・なるほど・・・となるのかな?

 または、100km以上乗るとわかるのかな?逆に言えば、それ以上のらないとわからない。長距離に向くフレームかも知れない・・・とすら思えてもくる。

 ブランドイメージにもまれてか?なかなか結論の出ないフレームでありましたが、こうしてみると、やはり存在感はあるね。

 短いが実際の乗り味と、イメージとしての走りが相まって、本当実際のところがわからない・・・。これぞブランドイメージ力というのかな?

 あとは自分の足で確かめて!

色についての違和感は色々


 ほぼ新車ということだ・・・。本当にキレイね。

 DSC_0092_convert_20180428210514.jpg

 こんなシフターがあったのか?店主らがやるにはわからなくもないが、新車でこういう使い方するようになったのね・・・。メカとしてはその辺は・・・ちょっと面白い。あとは多少は凝った小径車・・・といえるかな?

 DSC_2028_convert_20180428210536.jpg

 先日も、柳さんのフレームをこのようなショッキング系ピンクで塗ったもんなんで、変な親近感がある。

 DSC_2029_convert_20180428210545.jpg

 ブタ系ピンクにはほとんどピクリともしないが、このくらいになると赤系の影響で店主も多少は許容な気持ちも出てこないでもないが、でもこの色で自分の車体を塗れと言われたら・・・ちょっとダメだなあ・・・。

 ある系統の色が好き、という強烈なラインを持っている人にとって、いわゆる類似の色は、全くもって許容範囲外!という事はよくあることだ。

 その気持ちは良ーくわかる・・・。ワインレッド、カシスレッド系が好みの店主にとって、このピンクも同系だろう?といわれたら、絶対に違う!と断固言い張るでありましょうな。

 実はこのほぼ新車の車体なんだが、再塗装して欲しいという依頼なんですね。要はこのピンク部分を黒にして欲しいという、先の同系の話とはまったくつながらない依頼なんだが、好きな色でないと例え機能が全く同じであっても乗る気にはなれない・・・という強烈な思いは何とも伝わってくるものだ。

 車体をバラすとまで言わず、ピンク部分を抜き出して、再塗装することに。意外と面の多いボディーだけに、いつもと大分勝手が違った・・・。下地がキレイだったので、完全剥離はしなかったが・・・、その分研ぎの方が・・・なぜか大変な一台だったなあ。

 DSC_0088_convert_20180428210437.jpg

 このような自由な整形の感じを見ると、カーボン車体か?と思われるかも知れないが、しっかりとしたアルミフレームであります。

 DSC_0089_convert_20180428210445.jpg

 昔のエボナイト時代の受話器を思い出しますな・・・、といってもわかる人は少ないでしょう。かつて電話をかけるよというゼスチャーは、左手をげんこつにして耳の近くに持っていき、右手の人差し指を出して、円を描くようにしたものだったが、その意味がわかる人も少なくなったんだろうなあ。

 DSC_0090_convert_20180428210458.jpg

 既設のカーボンフォークと同じような雰囲気になるように、研いだはずなんだが・・・、これが思いの外時間がかかった・・・。使ったコンパウンドの種類はなんと四種類・・・。その前のサンドペーパーは500、800、1300と三種類・・・。

 DSC_0086_convert_20180428210429.jpg

 以前ジャイアントのレーサーを警察仕様の白黒にしたことがあったが、ちょっとそれを思い出す、白黒ツートーンですな。

 しかし、色が変わるだけで、これだけ印象が変わるというわけで、新車をわざわざ塗り替える、という事の意味もわかりますな。

 そう、今剥離の状態のネオコットフレームが一本あるんだが・・・、こいつの色が決まらない・・・、決まったら即塗り替えてやろうと思うんだが・・・。自転車に乗る意欲に大変影響するものとして色はでかい。

 自転車だけじゃあないな・・・、人間にしても色は重要だ、いや、人間こそ色は決定的!とまでいえるかも知れない。

 しかし、色男までは許されるが、色魔となっては目も当てられぬ。

 しかし、同じ色に溺れながらも、示談の済んだ芸能人は涙ながらの謝罪会見に無期限蟄居、対してトップの事務次官は未だ認めず、雀の涙の程度の罰金で、退職金せしめて、ほとぼり冷めて天下りか?

 そのトップ中のトップであるヒョットコは、「記者は男だけにしろ」と言ったという。かつての石原なにがしのように、もう悪口雑言のたぐいが常態化している現役の大臣だ。なれば、すべてひっくり返して言い返そうか?「今後事務次官人事はすべて女性にしろ!」と。

 さすれば、夜中に女性記者を呼び出して、手を縛ろうが、乳房をももうが、同性同士ということでハラスメントは認められないだろう・・・という理屈がいかにナンセンスか・・・。福岡の有権者は一票をもっと大事に使おうじゃないか。

 記者が女性だからセクハラが起きたのか?違うだろう、お前の任命した次官が色魔だっただけじゃないか!すべての女性と、色魔でないすべての男性に謝罪しろ、このヒョットコ野郎!

 確実におかしくなっている、この国を立て直さないと。自転車屋は自転車屋としてできることを通じて・・・。

700C化だよ!化けるね・・・やっぱり



 27インチの名車・・・といえるでしょうね。

 DSC_2256_convert_20180427235020.jpg

 何台か今まで縁のある車体、ブリジストンのロココであります。同じく700c化したが、まあ走ったよー・・・。足回りスッキリというやつね。

 DSC_2253_convert_20180427234955.jpg

 サイズの違うホイールを入れ替える・・・だけとは違う・・・。

 DSC_2255_convert_20180427235010.jpg

 こいつは内装三段のハブだし、対岸にはローラーブレーキがついている。内装はつぶしていいと言われたが、ブレーキをつぶすわけにはいかない・・・、どうするか?だ。

 あと泥よけもいるとか言ってたなあ・・・。

 DSC_2261_convert_20180427235036.jpg

 ちょっとディープ系のシングル700cに変更。

 DSC_2262_convert_20180427235043.jpg

 ここは16tのシングルギアを付けたが・・・外したブレーキは・・・。

 DSC_2263_convert_20180427235053.jpg

 ステーに移動。板挟み。

 DSC_2264_convert_20180427235101.jpg

 トップチューブの関係でワイヤーのラインは下から引くことになる。このブレーキは入れ替えが可能、便利なんだな。

 DSC_2272_convert_20180427235118.jpg

 そんでもって、泥よけは、後付けのもにした。取り付けはできないことはないんだが、相当手間がかかりそうだということで、やめて着脱式のものにした、軽いし機能的に問題なし!

DSC_2254_convert_20180427235002.jpg

 フロントは、エンド幅とスリットを加工して、ほぼポン付け。ブレーキシューも少し下げるだけで対応可能。あとは前輪のハネは基本ダウンチューブが受けるということで、泥よけは外してやった。

 DSC_2265_convert_20180427235109.jpg

 走行方向にマストを立てるようにしてある泥よけの空気抵抗はバカにならない。そして、ハブだって、そこそこ回るんで、まあちょっとした天国だと思う。

 23cのタイヤだってカンカンに空気を入れるので、走り心地は全く異なった自転車に大変身といったところだろう。

 DSC_2260_convert_20180427235028.jpg

 見た目以上に走りは変わったと思う。多分大分驚くと思うなあ・・・。

 前後のホイールを変えるんだから、そこそこの費用はかかる、どうせかけるなら、かけた分以上に劇的に走りなりが変わらないと意味は無い。

 どうせやるなら、トコトン!とまで言わなくとも、劇的変貌を目指そうよ!というのがいつもの口説き文句なんであります。

 改造後の効果に関する、想像の域を超えさせる、まさに想定外!!!と思わせる、そんなことがこの手の改造の面白いところ・・・といえるでしょうね。

 この手の想定外は、大歓迎なのだ!原発事故のいいわけとしては、最低中の最低だがよ!!!

下には下があるという話 いつでも飛び降りられるという話



 しゃれた佇まいの建物でしょ?場所がいいと来ています。

 なんと、この裏20メートルに、西武柳沢駅のホームがあるんですから・・・。西武柳沢、商店街のメインストリート、目抜き通りの真ん真ん中ともいえる。
 
 ここに、今3店舗の募集がかけられているんだよね、その内一つは・・・決まったかも、それに予約があるらしく、まだ1店舗は開いている・・・らしいよ。

 誰かここで店やらない?

 西武柳沢とはいえ、目抜き通りの一等地だよ!!!

 何?条件がわからないと、なんとも・・・?・・・そりゃそうだろう・・・、じゃあ、家賃・・・というか条件見てみる?

 DSC_0056_convert_20180427000126.jpg

 ね、ちゃんとテナント募集とかいてあるでしょ?なに?これじゃあ読めない・・・、もう少し近寄りましょうか?

 DSC_0057_convert_20180427000136.jpg

 これでどう?

 三軒長屋で、真ん中を募集しているよ。しかも家賃が・・・なんと!たったの85000円だって!!!!

 いいかい、ここは西武柳沢だ、確かに急行は止まらないが準急は止まるぞ、隣は田無だぞ!その西武柳沢の、メインストリート!目抜き通りの一番と言っていいところ、そこがたったの月85000円なんだぜ!

 この条件を見てピーンと来る人と、そうで無い人とでは何が違うのか?

 まあ、商売系でやって来た人と、会社員など雇われ系でやって来た人とでは反応はほぼ全く違うんじゃないか?なんて思いますがね。

 ちなみに店主ですが、体二つとは言わないまでも、手があったら、是非ここでなにかやりたい、と思わなくもない・・・ですね。店主の家族、有縁の人たち動員して、総力かけたら、今とは全く違ったタイプの商売ができるでしょうね、と変な自信が湧く。

 柳沢とはいえ、目抜き通り、メインストリートの一番と言っていいほどのところが月85000だろう?ただみたいなもんだ・・・。

DSC_0058_convert_20180427000146.jpg

 中は反射して見えにくいが、確かにそんなに広くはない・・・、でもバックヤードをどこかに確保すれば、時間を区切った中で、この場をしっかり活かせる自信は、根拠なくともあるんだよね。

 働き方改革とか、大分いい加減な資料でもって、強行されそうな昨今、雇われ人の皆さんも大分大変な状況になっていくんでありましょう。

 そこで、副業のすすめじゃないが、アッチコッチにそんな動き、副業、セミプロをサポートするような動きが見えるのは何も店主の目だけではない。社会は着実にそっちの方向に向かっているよ。
 
 これは警告じゃなくて、既に20年前に宮仕えからおん出された店主のような連中には、この先どうなっていくか?どう対策していくべきか?という事がありありと見えているということだ。

 直言すれば、駅近の目抜き通りが85000円であったら、それで一体何して稼ごうか?という与太話でもいい、盛り上がるようでなければ、この先はダメだよ、という事だ。

 つまりは、何ができるか?何がやりたいか?という基本的アイデア(もちろん稼ぐためのね)と、それに具体化でき、協力を得られる仲間と、具現化できる技術ぐらい持っていないと、今後はつらいんじゃないか?という事だ。

 ちょいと若い子から、いつものような相談を受けた。

 新卒で三年働いて、今の仕事やめたい。やりたい仕事ない。ちょっと人間関係に疲れたんで、自販機の管理や、造園など黙々とできる仕事があったら・・・・なんて考える30前の男の子。

 本人曰く、ビビリな性格から、次の職が見つからないと今の職場を辞められない・・・と。

 つまり今乗っている船から、次に乗る船が見つかって、その間にロープ張って渡っていけないと今の船から出ることはできない、という。半分その気持ちはわかるんだが・・・。

 海に飛び込まないのか?なんていう意地悪な質問をしてみる。次の船も見えず、島も見えない海に飛び事なんてできない!とね。

 でもね、そうやって、海に飛び込んでみるとだな、今まで自分で気づかなかった自分の色んな事がわかってくるんだぜ。もちろんまわりの人の真贋もな。そうでもしないとわからない、スゲー重要なことがわかってくるんだぜ・・・。

 まずだ、自分の持っていた、アンテナが、一斉に立ち始めて、ビリビリと感覚が研ぎ澄まされてくる。街を歩く人の声、手に取る雑誌、ラジオからの音、貼り紙のバリエーションなんかに気づくようになるんだよなあ・・・。

 もちろん、そんなこと言われた相手は、ポカーンとした顔をしている。

 まあ、一度海に飛び込まないとわからないことだらけだよ。公務員じゃあるまいし、ひとたび産まれてきたら、海の水温や潮の流れ、その状態くらいは体験しておけ・・・。オット、公務員の中でも、海を予感して仕事しているやつらは必ずいるはずだがな。

 先日70前の方ともお話しした。

 学生運動から、バブルまで体験して、ある意味戦後の典型を生きてきた世代の方だろう。ある意味店主もそうだ・・・。

 適度な学校を出て、終身雇用で、かつては55才で定年だった・・・、店主だったら来年だ・・・。そうした、お決まりの世代だったはずの方が、今これからの新しい生き方を模索しているんだよね。もがいている。

 定年で、年金がちょっと出て、まあそのままでも食えては行けるが面白くない・・・・といって、駅前でシルバーで自転車片付けるのもねえ、気が進まないし、蕎麦を打つのもなあ・・・。

 何か、東村山で面白い動きがあって、自転車を使って都心と結んでいくなんかをやっていきたい、その自転車作りに来たはずだったが・・・、話はアチコチに飛び始める・・・。

 医療が発達したりすると元気寿命も延びる70手前の人だって、あと20年なんとか暇をつぶしていかないといけない・・・。

 そういう意味で典型だったはずがズッコケては、ひっくり返って、各世代ヒッチャカメッチャカなのかも知れない。

 年金が68才から支給だとよ・・・、なれば国としては68才まで仕事を作らねばならない・・・、フン!そんな国とやらが律儀だったら、そもそも68才支給などになるものか!

 対策取らずに、場当たり的にやって来たつけは全部こっちにまわって来る。

 自衛せねば、自営せねば。

 店主らは、比較的飛び降りた口かも知れない・・・、というより落っことされた・・・という事だろう。落ち癖がついているとはいえる。つまり博打癖といえなくもない。

 もうデカイ船には乗れないのはわかりきっているとすれば、潮を読んで、方向決めて、まずは小島でも見つけに、賭に出ないとどうにもならないからな。

 ともあれ、飛び降りていない子に、海からなんとかなるかもよ!といっても、説得力はないかも知れないが・・・。でも、この海の下にはまたその下があって、まだまだ飛び降りることもできるということなんだな。

 沈みかけた船の縁につかまっている子達など、さっさと放っておいて、店主らはより深い海に飛び降りていくことかもしれないな、飛び降りようと思えば、その下のそのまた下にも、真っ黒の墨汁のごとき大水をたたえた海がある。

 泳ぎ甲斐があるかって?そりゃ凄まじいだろうさ・・・。

落書き帳にしてくれる!

000 DSC_2199_convert_20180325222717

 先日頼まれました、ストライダの再塗装でありましたが、何かお客には受けたみたいよ・・・。

 このストライダといえば、幼児の二輪自転車への接近の仕方を劇的に変えたという功績はデカイ!と思いますね。

 とはいえ、店主からすれば、これ専用車などをわざわざ作らなくとも、通常の幼児自転車のクランクBBを外せばいいだけのこと、そちらの方がブレーキもあるし、その車体そのものにも慣れるので、足で蹴る間隔が長くなったとき、クランク類を戻してやればいいだろう・・・、その方が安上がりだ・・・という事を考えるんだがね。

 でも、産業化して、ブランディングして、多くに人間が携わって食えるようにしていくためには、そんなのんきな方法ではダメらしい。

 ちゃんとバリエーションを作って、製品として整えて、さらにソフトとして、レースなどを企画し、それに親たちを乗せて熱くしていくことも忘れない。ハード・ソフト両面から総合企画ということなんだろうね。

 なんと今月末に中国の北京で、このストライダのアジア大会が行われるんだそうだ。そこにアメリカ?の本社から、東アジア系の業者などが結集するんだとか。

 中国で火が付いたら・・・大変だろうなあ・・・。

 そんな話を横耳で聞きつつ、この国内からの依頼に応えている。

 といっても、基本同じだな・・・。

 000 DSC_2201_convert_20180325222729

 この黒一色しかない、フォークを前回と同じく、白に再塗装する。

 DSC_0063_convert_20180425220749.jpg

 何か数が増えたね・・・。それだけ小ブレイクしているって事かな?

 DSC_0064_convert_20180425220758.jpg

 陶器のごとし・・・。そして、もう一つ依頼にも取り組んでいる。

 DSC_0065_convert_20180425220806.jpg

 大森研魔の社長の背中が見える。前回はヘアライン入りだが、今回は、アルミフレームを持ってこられ、かつ、鏡面仕上げということだ。

 DSC_0061_convert_20180425220740.jpg

 気合いが違うね。これのコーティングして出すことになるんだが・・・。

 これらが評判が良ければ、ちょこっとまた依頼くるかもなあ・・・という事も考えないこともない。

 でも座して待つか?

 というほどでもないが、このストライダは、子供用というだけ、小さいよね。剥離も簡単、ある意味塗るのも簡単・・・といえるでしょうね。つまり、再塗装にとっては、落書き帳のようなもんなんだよね。

 ダウンチューブが一本で、しかも太い、見せ所もあるって事ね。

 塗り手として、この手軽な落書き帳を利用しない手はないなあ・・・なんて思うようになってきた。

 イタズラ心を刺激されるねえ・・・。

 相変わらず、玉石混淆のアイデアが湧く泉なんだが・・・。

 例えばね、ストライダ世界大会なんかのときに、上位10カ国の国旗を模した塗装をして展示する・・・とかね。

 他にもハッチャケレバ、イロイロできそうだなあ。大体子供が乗るんだろう?だったら、キャラクターを連想させればいいわけだ・・・。そのものやったら、パクられるだろうが・・・ね。

 その他電車、野球・サッカーチームのユニフォーム・・・、その他色の組み合わせが象徴しているものなんて、世の中には掃いて捨てるほどあるしねえ・・・。

 そんなようなものを塗っては、展示し、ダメなら消してまた塗る・・・、本当落書き帳だ。

 ちょこっとそんなことでも考えている、この頃・・・、また業務の下地が移動しそうな予感がしますね。面白いことやんなきゃね!飽きるまでは・・・。

ピナレロ 独自規格?



 ピナレロアルミフレームが入ってきた。アルミだけに、一昔前なんだが・・・ちょっとというか・・・大分かっこいい・・・。

DSC_2243_convert_20180424214700.jpg

 何か渋くていいよね、白黒をよく配していてな。

 DSC_2245_convert_20180424214715.jpg

 フォークも、これぞピナレロという雷系の形。こいつはカーボンだ。


 DSC_2247_convert_20180424214729.jpg

 シートステーがまたカーボンというハイブリッド時代のフレームだ。アルミから、カーボンフレームへの過渡期フレームということで、今や珍しい部類に入るかも知れないな。
 
 フレームの前後にカーボンを設置して作っていた、時代のフレーム。ただ、それだけでもなく、もっと付加価値という感じでパイプに細工もあるね。

 DSC_2246_convert_20180424214722.jpg

 油圧かなにかか知らないが、ねじったのかね?

 DSC_2257_convert_20180424214737.jpg

 しわが入ることで、パイプの強度は上がっているんだろうね。今カーボン主流の時代で、パイプの各所を設計的に肉厚、肉薄にしたりして、強度と軽量を実現できるようなフレーム作りは盛んなんだろうが・・・、アルミの時代にも既に相当進んでいたという事も言えるのかも知れない。

 こんなフレームが入ってきたんだが・・・、過渡期お決まりの規格の不統一ということがどうしてもつきまといそうなんだな。

 DSC_2259_convert_20180424214746.jpg

 ありがちなんだが、こいつの問題はここ。BB付近なんであります。これ見ても、独自規格だろう。だって、こいつをこじ開ける着脱工具のようなものは、少なくとも自転車工具としての一般工具の中では、存在しません。

 ひっくり返すと・・・。

DSC_2260_convert_20180424214754.jpg

 このような蟹目対応のシェルがついているが・・・、大分肉厚でやんの。つまり、このフレームのブラケットソケットが、それだけデカイということ・・・。BB30とかの形式のようだ・・・。

 とはいえ、特殊工具を要求してきそうなこのソケット、どうにかフレーム無垢状態、にしていかないと、今後使用の応用が効かなくなる。

 さてどうするか?

 道具類を見つつ、この特殊規格にどう対応していくか?である、壊しちゃダメだよねえ・・・当然ながら。

 DSC_2263_convert_20180424214810.jpg

 メーカーとしてこの工具は絶対にお薦めしません。ただ、以前先端部分を修理したことがあって、底だけが独自に太くなっているので、今回の蟹目対応では、たまたま、たまたま、こちらが使えるかも知れないという事で、あてがってみます。

 DSC_2262_convert_20180424214802.jpg

 蟹目を差し込み、押し込むように力をかけつつ、延長棒を差した状態で、ゆっくり回していきますと、回ります。

 ちょっとホッとしますね・・・。でも回るからといって、いっこうに抜き出てくる気配がありません・・・。ただ回っているだけ?

 じゃあなんで、蟹目の機構しているんだ?ラスペネなどを指しながら、色々やったがまわるだけ・・・。まあ、回るだけいいか、愛想があってね。全く無愛想な奴らが大半だからなあ・・・・。

 DSC_2264_convert_20180424214817.jpg

 ではひっくり返してみると、ここでなんとかならないか?チェーンのチェッカーの金具の厚みと、溝の幅がピッタリ同じだったので、あてがって、押して受けて、ゆっくり回してみると、ゆっくりだが回るねえ・・・。

 DSC_2265_convert_20180424214825.jpg

 まずは外枠が外れた・・・あとは、蟹目を回す・・・といっても、これは空回りだった・・・、ということは・・・?叩けば出るとか?

 DSC_2267_convert_20180424214833.jpg

 何だあっけなく出てきた。このジスのアダプターが外れたという事になった。そしてこの外径のデカいところが、このフレーム独自の規格という事になる。

 このデカさだったら・・・46ミリ系じゃないか?と検討付ける・・・。

 DSC_2269_convert_20180424214849.jpg

 であれば、こうした一般の市販BBで、対応できるということだ。そうなると、使用上の選択肢が増えるということなんで、喜ばしいといえば、喜ばしい。

 DSC_2268_convert_20180424214841.jpg

 ところが内径を測ってみると、なんと47ミリと1ミリデカイ。・・・錯覚か?と思って、先の市販のBBをあてがってみると、数値に嘘はない・・・。一見はまっているように見えるが、実はグズグズなんでありました。

 ちょっと、今バリエーションのあるBB規格をざっと調べても、こいつに相当するものは、簡単に手に入りそうにはない・・・。

 つまり、この最初に付いていた68ミリのJISシェルは、とても大事にしないといけない・・・といことだ。

 これが無いと、当面、完成車にすることもできない・・・。

 過渡期とはいえ、ちょっと扱いが面倒だが・・・、そういうこともある、という事を念頭に置いておいた方がいい。レーサーもこの世に登場して、もう何十年以上になるんだろう?新しい規格もある中で、過渡期の規格なんかも中にはあるのかな?流星のように現れて消えていったね・・・。

 まずはこいつ、シェルを残しての、組付けとなるんだが・・・。せっかくのピナレロなんで、イタリア伊達男・・・風に仕上げてやろうか?と画策しますか?

 しかし・・・、BBの規格とヘッドの規格には事にお気をつけ、あそばせ!フレーム単体で購入するときは特にだよ!

進めアニメ号!



 この車体、ちょっと前にご紹介したもんであります。

DSC_0067_convert_20180423214349.jpg


 車輪を20インチのHEから、WOへとサイズアップした車体であります。そのために、ブレーキシューの位置を大分上にしないといけなかったんだが、広範囲をスライドできるブレーキがあったんだな。

 そんなこんなで、一踏みでの距離が変わり、より乗り込められるようになったという事です。

 アニメ製作でお忙しい方なので、自転車に乗る時間は充実してもらいたいですね。

 で、今回は?

DSC_0026_convert_20180423214225.jpg

 このフラットハンドルを、交換したいということです。

 DSC_0027_convert_20180423214245.jpg

 職業柄かなにかは知らねど、物事にすごい勢いで沈潜して、調べまくって行く凝り性が多いのか?それを称してお宅というのかどうかもわからねど、ブルホーンバーにして欲しいという事だった。そしてそれに関するパーツ類は自分で調べて、自分で用意してきた。

 この集中力たるや・・・、さすが業界人というのか?な?

 DSC_0065_convert_20180423214329.jpg

 テクトロのエアロブレーキを持ってきた。

 DSC_0066_convert_20180423214339.jpg

 シフターはアルフィーネの内装用のを持ってきたせいで、引きシロが異なって使えなかったが、元々付いていたシフターを移動。という事は、このブルホーンバーは、フラットバーの径と同じ、という奴だったのね。

 本来は伊勢エビ方式で、ハンドルの先端の方に付けたかったようだが、ブレーキレバーの関係でできなかった。片チンバで良ければ・・・可能かも知れないが・・・ね。

 DSC_0063_convert_20180423214321.jpg

 ハンドルにもっと凝った細工をすれば、もしかしたら、ケーブル内蔵式という片手でできないこともないかもしれないが。あまりアウターをタイトに曲げると、中のインナーの抵抗が増えてしまい、快適な引きは実現しない・・・んだよね。

 DSC_0062_convert_20180423214310.jpg

 ハンドルのグリップの範囲が広がるだけで、相当自転車の上での上半身の状態は良くなる。正直、最近つくづく思うのは、フラットバーって・・・、相当の悪路でない限り、店主にとっては苦痛・・・の部類に入るハンドルだわな。特に最近そういう思いが強くなってきた。

 また無理に横づかみというのも、店主にはあっていないようだ、手首に違和感を感じるなあ・・・。

 なわけで、横から縦から、その中間から持てるブルホーンというのは、大変素晴らしい、ハンドルの一つかと思う。

 DSC_0061_convert_20180423214255.jpg

 店にて、ポンと一台買った時点からすると、随分変化した、でしょう。乗り手の変化に乗じて、自転車も変化。業界の人だから、また集中してなにかを学び取っては、こいつに添加していくんじゃないか?と思いますね。

 最近は寝ていますか?という問いに、ちょっと前までは連日連夜の徹夜に泊まり込みなんていうのが当たり前だったようだが、最近は締め切り間近にほんの数日止まる程度で良くなってきた・・・と。

 クロネコさん達も、ほんの少しながら、労働条件は良くなってきた、と言っていたが、アニメ業界にもそういういい影響が来つつあるとすれば、それは良かった。

 もう国としての対策は、真逆に進んでいくんだろうから、そうでは無いところで、働く人たちを保護していかないとね。10億以上の企業人に言わせると、この内閣が続いて欲しいというのが70%を越えるんだそうだ。こういう数値を見ると、この国には既に分断が起きていると言わざるを得ない。形だけでも総火の玉とか言いそうなんだが・・・、その実分断が起きている。

 ものを作る人、想像する人たちはもっと遊ばないといけない、そう教育者達もね、もっともっと遊ばないといけない。

 こういう一台が、少しでも心を躍らせて、いい作品の土台になってくれればね、そうもの作りには健康も大事だしね。

 CG系のウルトラマンという、ちょっとロボット風味の作品・・・なんだそうだ。

 この新生ブルホーンバーで、ジョワッチュ!だ!

 

お父さんから息子へ



 ミヤタのリッジランナーだっけね?

 この状態で、持ち込まれ、息子の好きな色を聞き、それに再塗装して、あとは持っているパーツ類を持ち込み、足りないものをコチラが足すという、緩い規定にて、承りました。

 好きな色ってーのは?

 チネリ系のブルーっていうんだな。

 DSC_2251_convert_20180423010610.jpg

 基本メタリックなブルーだよね。濃淡は多少あれど・・・だ。

DSC_2248_convert_20180423010600.jpg

 下処理をして、荒めのメタリックの主材に、藍色を混ぜて作っていく色ですね。

 DSC_2247_convert_20180423010550.jpg

 まだ、体格は大人途上・・・。なので、きつい前傾はなし・・・となると、こんなハンドルになりがち・・・、別に悪いことはないが。

 DSC_2246_convert_20180423010540.jpg

 学生君なんで、カゴはほしい・・・という事だった。なら台座をこのように取り付ける・・・しかない。

DSC_2245_convert_20180423010530.jpg

 そこそこの荷物は載るなあ。

 DSC_2247_convert_20180423010550.jpg

 子供といってもまだ中学生前なんだよね、腕の長さなんかもまだまだ、なわけで、このようなハンドルにて。

 DSC_2244_convert_20180423010521.jpg

 持ち込みパーツ内で、色々迷った中で、8速になりました。

 DSC_2243_convert_20180423010512.jpg

 前はシングルのはずだったんだが、思いの外いいクランクが入っていてた、じゃあ、このまんま付くんなら付けちゃおう。BBなんかもちょっともめましたが、なんとかなり・・・、、まあこれでいいか・・・。

 DSC_2242_convert_20180423010500.jpg

 リアホイールは持ち込みです。内側が黒だなあ・・・。

 DSC_2241_convert_20180423010451.jpg

 前輪は、組むとして、できれば黒系・・・。しっかり組めた・・・。スポークは全部自作なんだがなあ。

 DSC_2239_convert_20180423010435.jpg

 色からしても、仕様からしても、少年用にできあがった!

 まずはお父さんが感激・・・。何度も被っている帽子を外して、お礼を言っていただきました・・・。それほどのことはしていないん、ですが・・・ね。

 でも、お父さん、自分が乗っていたフレームに、息子が乗るというのは、感慨が深いようでありました。

 その気持ちわからなくもない・・・。

 まあ、車体もこんなになってできあがり、再生だな、そしてそこまで喜んでくれる・・・なら、こんなのも悪い仕事じゃない・・・なんてもんじゃない、これぞまさにお仕事!何だろうと胸を少し張ろうかな?

 やっぱり、こんな自転車に小学生がまたがって乗っていたら・・・、どうしても目が引くよね、それには多分、それなりの意味があるんだ・・・と思うんだがね・・・、そう思うなあ・・・やっぱり。

 

ウイグル 自己流 尻ぬぐい 意味あり!



 こんなレーサーが入ってきたんだが・・・。

 DSC_0034_convert_20180421221404.jpg

 どうやら自家塗装らしい・・・怪しいなあ・・・。

 どうも自己流で組んだらしてく、なんともトホホな状態なんだそうだ。それを明日の朝ツーリングに間に合うようにメンテしてほしいということだった、つまり尻ぬぐいなわけね、合点デー!

 色々あるようだが、一番はヘッド!

DSC_0030_convert_20180421221339.jpg

 シールドベアリングが入りきらず、ヘッドチューブからのぞいている。こいつこれでもインテグラル・・・。だとするとちょっと致命的なんじゃないの?とすら思える。明日の朝ツーリングはキャンセルか?

 DSC_0037_convert_20180421221412.jpg

 早速外してみたが、案の定、しっかりインテグラルしていない、据わりが悪いね。

 DSC_0040_convert_20180421221421.jpg

 マスキングしないで、塗装したせいか、塗料がついている。こいつらをすべて落としても、据わりが悪い、どうもヘッドチューブ自身がゆがんでいるらしい。困ったもんだ・・・。

 ついでにアンカーも点検。既に外す際に、ボルトが垂直に入っていない兆候が大いにあった。

 DSC_0041_convert_20180421221432.jpg

 圧入工具を入れて垂直を見るに、やはり曲がっている・・・。まずはこいつをたださない限り、フォークコラムをヘッドチューブに対して平行に引き上げるという、最低限のことができない。それができない限り、どんな立派なヘッドチューブに、高額のヘッドパーツをいれても、全く機能はしません。

 聞いてみると、ちゃんとした工具がない中で、つまりガイドなしに、圧入してしまったという・・・。ヘッドパーツは小さいパーツなんだが、着脱、修正を入れると、これほど工具の数を要求していうるパーツは他にはない。

 一回だけの使用に、専門工具は使えまい・・・で、手癖や勘でやってしまうとこうなるというわけだ。ヘッドとBBまわりは餅屋に任せた方がいい。

 この曲がったアンカーの修正はきかない。なので新しいアンカーをこの上から打ち直すことに。

DSC_0042_convert_20180421221442.jpg

 左はフォークのコラムの内側。既存のアンカーを置くに打ち込んだところ。そして右は、圧入工具に収まっている、新アンカーね。

 垂直にアンカーを入れ直して、そこを起点に、フォークを平行に引き上げてみる。

 DSC_0053_convert_20180421221542.jpg

 ご覧のように、ヘッドチューブ内部が歪なため、チューブ内に完全にシールドは落ちはいらないが、下のベアリングとの平行が確保されているため、ハンドルのまわりは通常と変わらなくなった。

 ただこれは、一時的なものだ。明日一日だけのサイクリングのための応急施工だということを忘れないように。

 この状態では、なでるように平地を走ってください、急ブレーキはダメよ。ましてや、下りの高速コーナーなどでのガッツンブレーキングもダメ。

 そうやって、ヘッドに負担をかけると、中途半端に平行に入っていたベアリングがズレてしまうことが起きかねない、それが起きた瞬間からステアリングがスムースに行かなくなる、ガタも出るだろう・・・。

 しかし・・・、ヘッドチューブに直にベアリングの台座を作るのはやっぱりダメだよ!それが軽量化に結びつこうが何だろうが、やはりセミインテグラル賛成派だな、店主は。もしなんか起きても、ヘッドーパーツ交換で済むというシステムの方がまともです、断然!

 たかがヘッドパーツの緩みでフレームがおじゃんになりかねないなんて、考えられない展開だな・・・。

 DSC_0032_convert_20180421221355.jpg

 そして例によって、変則がうまくいきません・・・。よく素人にある展開ですね。

 色々セッティングして、ワイヤー調整するが、なんともアジャスタブルボルトが効かないんだな・・・。よくよくみると・・・、

DSC_0044_convert_20180421221453.jpg

 シフトワイヤーにキャップがない・・・。これじゃあ引くたびに、アウターが後退してしまい、インナーの締めにはつながらない・・・。

 外してキャップだ。

DSC_0045_convert_20180421221501.jpg

 これね。こいつでなんとかシフトはうまくいった。しかし、尻ぬぐいも勉強になるね。まずは原因の特定ということ・・・、そして、対策のときに、今まで無意識にやっていたことが意識的に自覚される・・・、いい刺激になるわい。

 自転車整備士とかいう資格の受験内容を聞いたんだが・・・ヘエ、そんなんでいいの・・・・というものだった。むしろ、あるタイプの仕掛けられた整備不良車を渡して、それをどれくらいの精度で整備できるか?というタイプの問題が無い。

 欠陥部分の発見と、その欠陥理由を把握しての対策という重要なプロセスが試験の中になくて、なんで整備士・・・なんだ、と思ったわな、なわけで店主は受験しない・・・。

DSC_0047_convert_20180421221517.jpg

 あと不思議だったのはここ、こいつはロードレーサーのフレームということだったんだが・・・。ショートリーチのブレーキが当然付いています。そいつを効かせると。

 DSC_0049_convert_20180421221526.jpg

 こうなる、見にくいだろうが、少しだけリムからシューがはみ出てしまう。どんなにシューを下に設定しても、こうなってしまう。ギリギリタイヤにかからないところにセッティングしたが、レーサーのフレームにショートリーチのブレーキアーチが据わりが悪いなんて、あり得ない・・・。

 DSC_0052_convert_20180421221534.jpg

 色々あったが、まずは明日一日のサイクリングだけは可能ということで、今回は終了。

 実に謎に満ちたフレームであった。

 実際よーく話を聞いてみると、フレーム自身は単体で、ウイグルから引っ張ってきたという。あとはホイールは友人から、パーツ類も適当に調達して、ユーチューブを見て組み付ける・・・というパターンのようだったが・・・。

 ヘッドチューブをどこかにぶつけるとかそういうのなかった?塗装中にとか・・・。

 本人曰く、そういうことは無い・・・という事らしい。

 なんだろうねえ・・・。でもウイグルなら、日本語でも対応してくれるはず。数年前だが、日本語での電話対応ができた記憶がある。仮に彼の言い分が正しいとすれば、ヘッドチューブは当初からゆがんで、ヘッドパーツが入らなかった、という意味で欠陥といえる。

 また、レーサーのフレームなのに、ショートリーチのブレーキアーチが合わないのも、おかしい。以上二点をもってしても、返品返金、または交換の対象となると思うがね。

 万が一、ショップの所見が必要というのであれば、日本語でなら書いてあげることを確約。

 しかし、素人の尻ぬぐいは、ある意味一番勉強になる・・・とさえいえるね。欠陥部、欠損部分の発見というのは、大変重要なことだよね、メンテにとって・・・。無難でルーティンだけのメンテやっていると、刺激は無くなるし、そういう流れの中ではほぼ確実に腕はなまる・・・。

 頼んでも、この手のメンテはやらせてもらうことだ・・・。そして、正規の形に戻してやって、実は終わりではない・・・、乗る人にとって、消極的な不快感まで取り除いてこその、メカニックだと思う・・・、さてと・・・。

 一日限りのサイクリングを終えての今後の展開だ。まずはウイグルに、クレームを出すこと。交換か返金を目指す。それがダメなら・・・、まだ手はある・・・、多少高額だが、この車体のインテグラル専用のリーマーを一個用意して、修正をかけるという手だ、そうしたら、ほぼ完璧に近い形で再生するだろう。

 最後までつきあうぞ!近所の社会人二年生君よ!

新学期だねえ・・・



 やはり四月は新学期、新年度なんですねえ。新しい学校や職場に向けて、色んな準備が必要な時期、自転車にもその波は来るようで、例外ではないようです。

 これは・・・、子供用のなんちゃってマウンテンなんですね。

 DSC_2244_convert_20180420221442.jpg

 すごい事が描かれています。マジでなんちゃってなんですねえ・・・。

 今年高校一年生になった、高校の途中までこの自転車を使っていきたい。ただ・・・サッカー部に入ってしまった。スパイクやその他で、リュック一つではどうも行かなくなってきたらしい。なので、カゴが欲しくなったということだ。

 DSC_0021_convert_20180420221314.jpg

 見た目だけの、悪路に入ってはいけないサスペンション・・・、リジッドフォークにすれば、前カゴ簡単につくんだが。サスで上下するとなるとステムからフォークのエンドにまでまたがる取り付けはできないということだ。

 なれば、サスフォークの下で完結できるまずは台座を取り付けよう。

 DSC_2240_convert_20180420221402.jpg

 こういうカンチブレーキ台座に載るタイプの台座を付ける。

 ただこれだけだと、取り付け位置が中心に集まってしまい、強度という面ではちょっと心配になる。補強が必要だ。

DSC_0022_convert_20180420221322.jpg
 
 フロントホイールがナット付けなんで、ここからした支えを取り付けるという手はある。

DSC_2241_convert_20180420221414.jpg

 このようにね。取り付けポイントは広い範囲にすることに越したことはない。

DSC_2242_convert_20180420221424.jpg

 そうすると、こんな感じになります。下からしっかり支えるという考え方ですね。

 DSC_2243_convert_20180420221433.jpg

 通常は、ヘッドパーツの上部から、取り付け金具が伸びて固定するという形式を取りますが、何度も言いますように、このフォークの下半分は力のかかり方によって、上下する機構があるので、ここからの取り付け金具で固定すると、その上下の機構が使えなくなる、または上下機構がその金具を金属疲労に持っていく可能性が出てきます。

 なので、絶対につなげない、その分下からの補強をしてやるという考えです。

DSC_2239_convert_20180420221354.jpg

 かなりデカイのが付いた。ここなら、リュックやスパイまではいるだろうね。これからはリュックは暑くなる、背かなの放熱ができなくなる、汗が引かないので、リュックの背面や着るものに塩の結晶が付くようになる。冬はいいが、夏のリュックはつらい。

 DSC_2238_convert_20180420221340.jpg

 小学校の頃から乗っていた自転車に、この四月高校生になっても乗り続ける、その際に、カバンや荷物用のカゴを取り付けた。

 まさに四月の新学期ならではだ。こんなやりとりをしているときに、同じ案件の質問が来た。白髪のご婦人から、孫が高校生になって、自転車にカゴ付けたいんで、買ったとこに持っていったら、カゴが付かないと言われた・・・どうしよう?と。

 ちょうどこの自転車を見せると、そうそう、こんな感じの自転車!孫呼んでくるわ!と手応えを得たように、喜んで帰って行った。


 今年の四月は、実に新年度な四月だね・・・。ピカピカの一年生どもめ・・・、めでてーなあ・・・。

自転車遊びの達人 毎度登場・・・



 イヤー、ようやくこれが見つかったから、持ってきたんですよ・・・・!

 これというのは?

 このアルミフォークです、ディスク台座だけでなく、Vブレーキの台座の付いた、アルミフォーク・・・。ヘエ、そんなの探していたの?

 カーボンフォークじゃやだったみたい、独自の美意識を持つ、自転車遊びの達人でもある、毎度あり!

 そんでもって、塩漬けしていたフレームが起き上がる。

 DSC_0018_convert_20180419225520.jpg

 ジャイアントのカーボンフレーム?どっかで落としてきたな。しかし、ようやっとカーボンに行きましたか・・・、時間の問題かと思っていましたが、しかし入り方が、あまりにこの方特有、アルミフォークで入るとはねえ・・・。

 カーボンフレームというと、ヘッドは?

 DSC_0009_convert_20180419225420.jpg

 当然インテグラル?かと思いきや、オーバーサイズの普通のヘッドパーツ。なんとも完成途上のフレームのように見えます。

 DSC_0010_convert_20180419225429.jpg

 ダイアコンペのヘッドパーツが普通に圧入されていますが、ある意味これが、安心ですね。インテグラルは、カーボンヘッドチューブに直に台座を整形しているんで・・・、そこがもしダメになるということは、フレーム自体がダメになる事と同じなんだよね。

 おっかないね、そういうのは。

 こんな風に、ヘッドパーツはヘッドパーツとして完結しているものは、なにかあってもヘッドパーツ交換で解決が付きますんで、これこそが健在、と思いますね。

 DSC_0011_convert_20180419225437.jpg

 ワイヤー類を取り付けて、自転車に神経を張るような感じですね。

 DSC_0015_convert_20180419225455.jpg

 今回は、リアだけ多段ギア・・・。この辺もしっかり昨今のモードを試そうとする、高い意欲が感じられますね。もちろん古い自転車でも大いに遊ぶ方なんですが、あくまでも自分流のやり方で、トレンドも試そうとする・・・、とらわれてないところが自由なんであります。

 もちろんチェーンも張り直し。

DSC_0016_convert_20180419225503.jpg

 前シングルで、チェーンリンクは内側に移動しました。でないと、外れますね。

 DSC_0014_convert_20180419225447.jpg

 どこでせしめたやら?ちょっとカーボン系をシレッと利用、多分中古市場から、落としてきたのかな?

 DSC_0017_convert_20180419225512.jpg

 Vブレーキが好きなのかな?・・・・という事は、数ヶ月以内に、ディスク系一式もって、やって来そうな予感・・・。

 いや、今やディスクばやりなんで、ちょっと体験したいと、落っことしてきた奴(どっさり袋からパーツ類を取り出して・・・)を例によって持ってきたんで・・・、いや、でもこれらメカニカルだから・・・、できれば油圧にしてだきないですかねえ・・・とかきそうだなあ・・・。

 そう、融通無碍なんであります、しっかりした芯はありながら、それを軸に、大いに遊ぶ心が豊かなんだなあ・・・。

 ある種自転車仙人・・・のひとりだろうなあ。当店で見かけても、すぐわかります!長ーいあごひげを伸ばして、霞喰ってますねえ・・・。

 DSC_0005_convert_20180419225403.jpg

 もう既に、こいつで行くところ、何して遊ぶか?なんてことももしっかり、押さえているんだろうなあ・・・。仕事も本作りなんで、この手の仕事をしている人は、遊ばないといけません!歩かないといけません、自転車のらないといけないんだよ!

 当分続くよ、この自転車仙人の自転車遊びは・・・。そして次は、ディスク化に渋々なふりをしていく、一気に油圧・・・かもしれないなあ、こちらも受け手として、予想しておこう!

 

ケッタくんな!君も新入生かい?



 アレー・・・・これどこかで見たこと・・・あるでしょうな・・・、バレたか・・・。

 DSC_2100_convert_20180406220759.jpg

 数日前の、この車体・・・が基体となっています。そういえば、この車体は近所に住む、背格好は店主と変わらないながら、足の長さが尋常ではない、足長おじさんのために、試作してみたんであります。

 多分これで合格だろう・・・と思っていたんですが。確かに車体としては合格。ただ・・・、購入のタイミングがずれましたな、2週間待ってくれというのが、待てなかったようで、別の自転車もってご来店。

 そして、このピラーのみ、いたく気に入って、買っていきましたわ。まあ、こちらとしては改造車一台、それも結構相手方のことを考えて作ったんで、ドンピシャだと思っていたんだが・・・、当てが外れた・・・。でもまあ、「ここは天国だよ」と言ってたんで、よほどうれしかったんだろう・・・という事で、この話は終わり。

 さて、一台残っちまった・・・。

 そしたら、拾う神が現れた・・・。この春、新入学で、こちらの方にやって来た。愛知県の子。自転車がほしいということだったが、そっちではケッタ?言わないか?と聞いたら、いきなりニッコリして、ハイいいます!と。

 できれば、自転車で、どこまでも行くなんてどうだい?電車代かからないぞ。それに地べたを這うようにして、東京中を移動するから、土地勘がつく、自転車でしか会えない風景や縁があるよ、とすすめると。走れる奴一台お願いします!と帰って行った。

 そうか!あのケッタの青年に作り替えればいいんだよね!

 DSC_2233_convert_20180418234536.jpg

 若いし、前傾でも大丈夫だろうということで、フラットバーにした。

 DSC_2234_convert_20180418234546.jpg

 籠はほしいというので、付けたまんま。泥よけなんかもそのまんま。

 DSC_2237_convert_20180418234555.jpg

 700cのホイールにしているので、走りには自信ありだよ。23cに7気圧を入れて、試乗させてみた。

 スゲー!!!と驚くタイプではないが、静かに燃えてくる感じが伝わってくる。

 とにかくホイールの回転の良さや、剛性があって、前に進む感じを実によく楽しんでいた。イヤ、驚いていたといった方がいいかもしれないな。

 多分これからの四年間、こいつに振り回される学生生活が始まるんじゃないかな?フレンチバルブの空気入れがないというので、チョコマカ空気入れに、当店に来るんじゃないか?

 まだまだ、アチコチに伸びしろのある自転車、ゆっくり、彼のペースで人車ともに変化していけばいい。四年あるんだしね・・・。

 本当、入れ替わりの四月、出会いの四月だね。君もおめでとう!

入学おめでとう!

DSC_2329_convert_20180418092357.jpg

 何かまたへんてこりんなのが来たなあ・・・。

 何々?

DSC_2331_convert_20180418092412.jpg

 なぜにブルホーン?という問いには、見た目です・・・と、いうことだった。

 DSC_2332_convert_20180418092421.jpg

 これ当店内にしか通用しない俗語で、伊勢エビというんだが・・・。フラットバー用のシフター・ブレーキを縦にして使う、これが意外と人間工学上優れているんですね、シマノは多分それに気づいていない・・・でしょう。

DSC_2334_convert_20180418092430.jpg

 BB見ればわかりますが、これ元々なんちゃって系少年マウンテンバイクだったそうだ。それを700c化している・・・、君は何物だい?

 DSC_2330_convert_20180418092404.jpg

 このあと付けフェンダーは自作ものなんだって。

DSC_2335_convert_20180418092442.jpg

 板で挟んで、ブレーキを取り付けている・・・、やるなあ。

 何だ?もう一台あるのか?



 こちらの方はまともなんだが・・・、

 
DSC_2337_convert_20180418092459.jpg

 Vブレーキをカンチに自分で交換したらしい・・・、何?TRP!!! 

 と、当店は!TRPの関東テクニカルショップなるぞ!頭が高い!!!!金貯めて購入して、エイヤ!とばかり取り付けたんだろうなあ・・・。

 そういえば、昨日も来ていたぞ・・・。

 保谷高校・・・なんだって?

 昨日の子は「ボク将来メカニックになりたいんです!」と言っていた。将来の自転車メカニック・・・。

 店主の考えが口から飛び出てしまった。今後のレース機材の展開は、電動にシフトしていくだろう、難しい調整だったものがどんどん簡素になっていく。壊れたら直すのではなく、交換。つまりチェンジニアだ。

 あとは・・・、自転車の洗浄だな、主な仕事は・・・。つまり、下手すれば、中学生でもできる仕事にどんどんなっていきかねない。むしろ選手のケアの方に重きが変わってくるかも知れないね・・・。

 そういう仕事に未来はあるか?という事を考えないとな。

 目先の仕事だけでなく、長い目で色んな状況を考えて、何をどうやって、どうしていきたいか?こういうことをも同時に考えていかねばならない、そのためには一体何が必要か?と問うてみた。

 本当の意味での教養だ。ひけらかし、人を見下すためのものではない、本当の教養を身につけることが大切なんだよね。つまらないことをいうようだが、基礎学力、基礎体力だよ。

 で、今日来たのは?

 同じく保谷高校のこの二人。

DSC_0002_convert_20180418092339.jpg
※掲載許可あり・・・

 いい顔しているね。今年入学の一年生。自転車部を作りたいと言っていた。一人国語の先生を顧問候補にしているとか。その先生、自転車好きなの?いえ・・・、あまり・・・多分。

 部活の顧問がその道に精通しているとは限らない・・・。世に部活というものがあって、最近ではブラック部活といういい方も出てきている。

 ハッキリ言おう、たかが課外活動だろう?と。高校野球に典型的だが、アレはやり過ぎだ・・・、もう一度いう、たかが課外活動だろう?徐々になのかも知れないが、クラブ活動は、その道の専門家を要した、地域のクラブチームなどが外郭として、担当していく方向に向かっているのではないか?と感じるが、その方がずっと健全だと思うわね。

 知りもしない、完全に専門外の先生が、若いからという理由だけで陸上部の顧問、ボート部の顧問、自転車競技部の顧問とかやるべきではない、と思うな。危ねーよ第一。

 それに学校の先生には自分の専門をもっと高めていく必要もあるし、何より、子ども達と関わる、学生達と関わるんだったら、先生達にはもっと外で遊ぶ時間が必要だ、もっと先生達を遊ばせないとダメだ、学校から外に出すことだよ。

 自転車競技部を作りたい・・・。なら、レースなり何なりの実情を知るために、立川にある、名クラブチームの東京ヴェントスを尋ねるといいよ。本当に、レースを知っている、機材を知っている、クラブ運営を知っていル、池田さんという方がいるから、そこから学びな。

 まずは自分たちの小ささをよーく実感してから、そんな自分たちでもできる、ヒヨコの一歩が大切だ!

 アピールするために、夏休み長距離行くのもよし、テーマを設けてい走るのもよし、できる一歩を確実に踏んでいくことが大切だし、面白いことだと思う。

 メンテその他は、近いんで、当店担当でもいいし、さっさと覚えて自分たちでやれ!

 という事で、相変わらず、店主は若いもんには一切期待しないんで、適度に励め、出入りは自由とする、しかし、学問をおろそかにしては絶対にダメ、それが鉄則、イヤ、それのみを鉄則としよう!

 以上

 入学、心より、おめでとう!

両足をどう付けるか? 工房行ったり来たり



 トレックのクロスバイクがやって来た。

 DSC_2231_convert_20180416201138.jpg

 ディスクブレーキなんかを取り付けている。

 DSC_2234_convert_20180416201154.jpg

 ある種、新世代のクロスバイクで、アクティブなんだろうなあ・・・。Vブレーキ仕様は、ちょっと古い・・・というところに押しやられるのかね?

 DSC_2233_convert_20180416201146.jpg

 前三枚、どこにでも行ける自転車として、大変汎用性の高い自転車として、従って、多くの人たちに買ってもらえるボリュームゾーンの車体として、設計され、コスト計算されて、発売された自転車なんでありましょうな。

 DSC_2227_convert_20180416201117.jpg

 こいつにトゥピークの荷台が付いています。こいつの縦筋には、溝が付いていまして、その溝にうまく合わせるように、トゥピーク専用の子のせカゴが乗せられるんですね。

 そう、こいつを一時、子育て仕様にしてほしいということ、単純には、両足スタンドを付けて欲しいという、依頼なんでありますね。少子化なのか?一般化したのか?理由はわかりませんが、かつてのママ狸ん系の仕事は、今は随分減ってきています。

 たまには、こうしたことについてやらないと、作業勘が鈍ってしまうよね。

 ではどのようにして付けるか?なんだが、これが複雑だ。

DSC_2218_convert_20180416201106.jpg

 これが付ける前・・・、ただでさえ立体構造しているクロスバイクのエンドまわり・・・、これに比べれば、一般の自転車なんて、のっぺらぼうのようなもんだな。平面でつるっとしてる、だから両足スタンドがすんなり入って縁に引っかかりがつく、あとはナットで締めるのみ・・・、いわゆるポン付けなんでありますが。

 ご覧のように、シートステーとチェーンステーがエンド金具にがっつり溶接されています、しかも溶接のビードあともしっかり盛り上がっている・・・、ただでさえ立体的なのに・・・。

 DSC_2216_convert_20180416201040.jpg

 それに輪をかけて、外枠に飛び出るように、荷台の下支えまでが取り付けられている。首都高じゃないが、完全立体交差状態、こんな所に両足スタンドが取り付けられるのか?

 それを取り付けるのがママ狸んの技なんだが・・・。その前に、取り付ける足場を作らねばならないわけ。上見るとわかるように、クロスバイクというだけあって、クイックレバー方式になっています。

 まさか両足スタンドをクイックで止めるわけにはいかない。

 なれば、中空シャフトを交換して、やらないといけませんね。

 シマノさんのありがたいことに、各種長さの異なる鈍重なシャフトを用意してくれているんでありますね。ガッチリ鬼締めしてもビクともしないような、文鎮のごとき、重いシャフトね・・・。

DSC_2236_convert_20180416201212.jpg

 ハイこうして、クイックでなくナットでガッチリ締めるタイプにしてしまう。これではじめて両足スタンドの足場ができるというものであります。

 DSC_2237_convert_20180416201222.jpg

 あとは、エンド金具にあわせて、折るところ折って、伸ばす所を伸ばして、切り取るところを切り落とすなどの加工を繰り返します。

 現物に当てては、削り、当てては削りを繰り返す。

DSC_2238_convert_20180416201232.jpg

 大変見にくいですが、ちゃんと荷台の下支えの分の所を回避、この場合ダボにあわせてえぐっていますね。

DSC_2239_convert_20180416201243.jpg

 取り付け部分など、大分加工しているので、強度については、製品当初のものではありません。その辺なんかの説明もしっかりして、よーく理解していただける方でないと、こうしたことは施工できません。常に乗り降りのときに、確認して、加重によって、金具等に破損はないか?チェックするくらいの、慎重な方でないと、施工はお断りします。

 DSC_2235_convert_20180416201203.jpg

 これにて、子供の乗せ降ろしについては、今までの二本足スタンドなどよりも、安定感が増したという事で、やりやすくはなったかと思いますが。

 これもまた、絶対に油断してもらってはいけません。できるだけ壁と親の間に、自転車が来るようにセッティングして、そこで、子供の乗せ降ろしをすること。そしてまた、子供を乗せたまま絶対に親は自転車から離れないこと。

 どんなに安定感があるといっても、親が見えなくなったパニック状態の子供のむずかりに勝てるスタンドなどない!と考えた方がいいでしょう。

DSC_2229_convert_20180416201125.jpg

 お父さんが子供を乗せて、保育園等に連れて行くのかな?それもいい時間ですね。店主はよく子狸を乗せて、しりとりやりながら通ったことを覚えています。「リンゴ!」「ゴ・・・ゴか・・・、ゴーマンかましてよかですか?なんてどう?」「なに?だめー!」「そうか・・・ゴ・・・ゴ・・・、ゴスロリ!」「何それ?」「知らない・・・」

 こんな会話していたなあ・・・。「タニシ!」「タニシ?お前タニシなんて知ってんの?」「貝だよ」「そう、知ってんだ・・・、シか・・・、シね・・・・うーん・・・、紳士協定!」なんてわざと二つの言葉の連なりや、難しい言葉を使っていたんだが、その二日後・・・。

 「うるうどし!ハイ、今度はお前の番、シだよ・・・シだぞ」「シ・・・、シか・・・、紳士協定!」と四歳児が叫んでた。

 子供に言葉で手加減しないこと・・・。わからないならわからないなり、奴らなりの精一杯、背伸びして子ども達は言葉というものを捉えに来るものだ、その背伸びによって、ふくらはぎが鍛えられるのと同じ、あいつらの言語感覚の何かが鍛えられていくはずなんだな。文脈解釈力・・・なんかもね。

 子供を運搬するんじゃなくて、子供とサイクリングをするために誕生したママ狸ん、多少需要は減ったといえ、その精神はしっかり受け継ぎつつ、地味ながらもこうした施工を理解力のある親御さんと確保していくこと。

 もちろん最後の一台まで、続けて参ります!

ワンポイントルージュ君 その後



 先日、ご紹介したワンポイントルージュ君ですが、サドルやペダルを足したら、完成するか?と思っていたんですが、甘かった・・・。

 問題があったんです、でかくはないんだが、放っておけない状況でした。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 ここなんですね、ヘッドにガタが出ているんです。そんなものは取らないといけません、絶対に取らないとね。

 通常ならステムを緩めて、ヘッドキャップを締め上げれば、ガタは止まるんですが・・・。こいつはそのステムに当たるところが、被せ型のもので、それも長いときている。

 DSC_2323_convert_20180415193847.jpg

 スターナットは遙か下に埋め込まれていながら、この白い煙突状の被せステムがあるため、通常のネジでは、その下のスターナットを捉えきれないので、締め込みが不十分で、ガタが出てしまう・・・、そもそも元の状態はどうだったんだろう?と聞いてみても詳細わからず・・・でして、どうしましょう?

 長い6ミリのボルト、200ミリくらいのを探せば・・・といっても、すぐにはない・・・。

 DSC_2313_convert_20180415193750.jpg

 右が6ミリなんだが、短くて話にならない、左は8ミリで、こいつは十分長いので・・・、これを利用して、引き上げボルトを作るしかないか?

DSC_2314_convert_20180415193759.jpg

 8ミリのボルトの角を落として、サンダーで母材を回しながら斜めに落としていくんだが・・・、こういう作業をするたびに、卓上旋盤があればなあ・・・とつくづく思うんだが・・・。

 誰か使っていないのないかな?

 DSC_2316_convert_20180415193806.jpg

 落とした角にダイスを食い込ませて、ソロソログリグリ回していくと、こんな感じで6ミリ1.0ピッチのねじ山ができる・・・。まあこの辺までが限界だね、それ以上やるとダイスがバカになりそうだ。

 DSC_2317_convert_20180415193815.jpg

 フォークのコラムに、被せステムを置いて、その長い中に今作った超長ボルトを入れて、キャップを通して、締め上げる・・・。うまくいったかな?

 DSC_2318_convert_20180415193823.jpg

 前ブレーキをかけて、車体を揺すぶ利ながら、ボルトを締めていくと、ガタがピタリと止まるところが来る。やった・・・!

 その段階で、被せステムのボルトを締め込んで、緩まない状態にして完了。

 DSC_2326_convert_20180415193913.jpg

 あとは完成へとひた走る。グリップを付ける。

DSC_2325_convert_20180415193903.jpg

 26.8のピラーにサドルを載っけて、これで座れます。

DSC_2324_convert_20180415193855.jpg

 ワンポイントルージュにあわせて、赤メタリック的なペダルを付けます。

 DSC_2319_convert_20180415193831.jpg

 事故でフロントフォークがダメになり、ヘッドまわりのパーツ類も散逸してしまった自転車だったが、これでなんとか完成であります。乗ってみると、フレームはカッチリしているし、フォークとのバランスも取れています。ミニベロ恐るべし・・・といってもいい。もっと本気で走らせることもできますが、まずはお嬢さん、お母さんに気に入ってもらうことかな?

 ある種事故からの生還車体であるに違いない、捨てられずに、これから第二の人生ならぬ車生が待っている、実にスリリングだよね、しっかり走れよ、お前はまだまだ行けるんだから・・・。

でこぼこパーツでシングル化



 もと多段をシングル化して欲しいという依頼は、一定あります。ある意味常に一定あると言っていいかもしれませんね。

でも、その前に確認事項です。確かにシングル化は、見た目もシンプルになりますし、メカまわりのトラブルが、著しく少なくなるでしょう、という意味では優れた改造ではありますが、そもそも多段であったものを一枚にしてしまう、つまりギア比を自分で一つに絞ってしまうという事であるため、ある意味自分の自転車を手間と時間と銭かけて、「不便」にしてしまう、という改造でもあるという事をお忘れ無くとだけは言っておかないと・・・ね。

 DSC_2158_convert_20180414201805.jpg

元々ボスフリーだったんでしょうな、このホイールは。なのでボスフリー外して、シングルコグを入れてやれば、問題はほぼ解決なんだろうが、なんでうちに来たのかな?

 DSC_2157_convert_20180414201757.jpg

 元々トリプルか何かで付いていたBBシャフトに、いきなりシングルクランクをはめたものだから、チェーンリンクが外に付きすぎて、奥まったリアのボスフリーとの間で、チェーンラインが出ないと・・・いうことできたらしい。

 DSC_2156_convert_20180414201748.jpg

 見ると、そのシングルのクランクは、黒いプロ競輪用のデュラエースが付いていた・・・。なんてこったのちぐはぐパーツ・・・。なんでここに競輪用の高級パーツがつんでしょうか?

 そもそもBBシャフトが四角だからといって、はめればつくというのは、この辺に関してはなしだ。

 このスクエアテーパーのデュラエースも、おなじみスギノの75クランクも、スクエアテーパーの角度が異なる、ISOテーパータイプのBBを使わないと外れてしまう危険性があります、やめましょう!

 でもどうしようか?

 まあ、長年やっていると、変なものもたまっているんでしょう・・・、なんとISOテーパーのシャフトだけ見つかったんで交換・・・。

 DSC_2233_convert_20180414201846.jpg

 ある意味奇跡だよね、ほとんどこんなことは起こらないと、言っておきます。もしこのデュラ高級クランクを使いたいなら、同じく高額のスギノ75用の高級BBか、ハッタのそれを使うしかない・・・という事なんですが、今回に限りたまたまシャフトの見つかったという事なんであります。ラッキーとしか言いようがない・・・。

 DSC_2235_convert_20180414201859.jpg

 見えにくいがシャフト交換された、BBなのだ。

 で、それで一件落着にはまだ早い。多少はクランク奥に入ったが、でもそのチェーンラインというのは出てはいない、もう少し内にクランクを寄せるか?それともリアのギアを外に持ってくるしかない。

DSC_2231_convert_20180414201837.jpg

 クランクはもうこれ以上内には入れられない。リアコグを外に持っていくしかない・・・。
  
ではどうしてリアを外に持ってくるか?スペーサーの移動であります。右にあるスペーサーを左に移動させる。そうすると物理的にリアのコグは外に出る(右に寄る)・・・、でもそうするとその分ホイールのセンターがズレてしまうことになります。

 なので、ズラした分、ホイールのセンター出しをしてやることになります・・・、まあ当たり前なんですが、こんなことでも手間がかなりかかる・・・んですぞ!

 DSC_2228_convert_20180414201821.jpg

 そんなこんなで、まあ、チェーンラインというやつが出たかな?というね、実に地味ながら、見せ場もないながら、重要なお仕事の終了です。

 DSC_2230_convert_20180414201829.jpg

 しっかり黒のデュラーエースが装着されています。一点豪華主義とでもいいますか?ちぐはぐですが、かつてはこんなのばかりだったといってもいい。

 やたら、NJS・・・というやつを部分的にも使いたがる人がいた時代の話であります・・・。そういえば先日の北京での、田さんという中国人の自転車担当の人も、NJSは好きなようでしたな。

 飛び火している・・・、という事と、確実にその層ががあるということね。北京市内は本当に坂がないので、シングルは向いているでしょう・・・、または多段でも小数段ね。後ろ三枚・・・、以上!とか。 または、後ろ一枚、前二枚とかね・・・、そんなことの提案なんかもしてみたら面白いかも・・・。

DSC_2226_convert_20180414201814.jpg

 アアーア・・・、不便になっちゃった・・・。でもそれを越えての何かがあるから、シングル化なんでしょうな。

 確かにシンプルといえばそうだが、それ以上に潔いんだよね。覚悟ができている、もう一枚しかなギアがないんだから・・・。そういうやせ我慢の美学なんかも背負っているのも、シングル・・・という事かな?

 ハイやりますよ、今後とも、多段のシングル化も、シングルの多段化もね・・・。

合わせ技にて再生

DSC_2151_convert_20180413215335.jpg

 この小径車、正面衝突か何かは知らないが、フォークが完全に後ろにずれてしまっていた。なので、作り直し。

 柳さんの作品です。そこの赤いルージュ系の色を配しましてね、以後はお母さん、娘さんの自転車になるようであります。

 DSC_2153_convert_20180413215343.jpg

 このようにポイントを合わせると、なんともいいですね。女の子らしくなりました、その分店主らしくはありませんが。

 元々はドロップが付いていたようですが、娘さん達が乗るので、より親しみやすい、わかりやすいハンドルにということで。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 フラットハンドルにして、シフターもさして癖のあるものでない、普通のものにして欲しいと。なんか愛情たっぷりで、娘さんやお母さんに自転車を好きになってもらいたい、そういうお父さんの心遣いのようなものが感じられましたね。

 DSC_2150_convert_20180413215325.jpg

 当面のサドルもありますが、その辺なんかもちょっと考えてもいいかもしれませんね。

 ペダルの色なんかも、ちょっとポイントにしそうです、あとグリップもかな?

 そこそこでいい、大体誰かが強烈に何かにはまると、大抵その反動を食らう家人が出てくるのは当然だ。なれば、シレッとしつつ、裏で目立たずも、ちょっとした粋な配慮をしていた方が、円満に結ばれることの方が多いかも知れないね。

 どうだ!いい自転車だろう?高かったんだぞ!今のお前にはもったいないくらいだ!さあ、乗れ、せっかく買ってやったんだから、大事に乗れよ、いいか、乗るんだぞ!!!

 こんなこと言われて、ハイハイ、などと乗る子供なんていうのは、今や星飛雄馬くらいなもんだ・・・って古すぎ。

 どうせ、乗れ!乗れ!といった数だけ、子供なんぞはほぼ確実に遠ざかる。嫁さんなんかもそうかも知れないね。

 サイクリングしようぜ!なんていうよりも、天気もいいから、自転車でアイスクリームでも食いに行かないか?うまい店見つけたんだ・・・、という方がいいかもね。

 とにかく、強烈な感染力でもって、人に伝染させて、腕力でもって、広められる人もいるが・・・、それは例外に近いかも知れないし、またそれも相性の問題もまたある・・・だろうなあ。

 そうでは無い、急がば回れ式の、遠隔からの静かな伝染というのもあるんだろうなあ・・・。特に親とは反対に行きがちな子供などには、こちらの方が絶対に有効でありましょうな。

 そういう意味で、店主も自分から、子狸に自転車乗れ!とは言わない。次に貸す自転車も、向こうが言い出したら、考えるが、よほど実験的な意味でも無い限り、こちらから自転車を渡すことは、たぶんないだろう・・・。

 しかし、フォークの塗り分けというのもいいもんだわな・・・。または、折りたたみものや、デモンタブルものなんかの分割塗り、というのも、ちょっと面白いようにも思えてきたこの頃。

 あわせはこちらではなく、お客好みに任せることにして、色んな色のフレームとフォークを置いておく、好きな組み合わせで組んでみて、というのもあってもいいかもしれませんね。
 
 塗り分けね・・・、また考えることが増えたわ。

面白い自転車だなあ



 こんな自転車を、女性が持ってきた。

DSC_2200_convert_20180412211343.jpg

 ゴルディー?どうもルイガノ一種なんだそうだ。

 結構気に入って乗っていた、自転車好きのご亭主と色々いじったりもしていたらしいんだが、置き場が外にされて以来、なんかちょっと・・・という状態に。

 まあ、そこはご夫婦の問題なんで、外野は何のことやらわからない・・・。

 DSC_2199_convert_20180412211333.jpg

 結果こんなになってしまったらしい。そこで、再度手入れをし直して、しっかり乗りたいということで、持ってこられました。今度は室内保管を確約。

DSC_2206_convert_20180412211603.jpg

 こうして変えるもの変えてやると、また輝き出しますな。

 DSC_2207_convert_20180412211614.jpg

 チェーン交換の効果は絶大、走りに深みのある人は、ケミカルにも少し気を遣うと、これまた効果は倍増です!しかし、後ろのタイヤすごいね。アメリカ国旗だよ。なんとかスキンとかいったかな?昼と夜とでガラがかわって見えたり、蛇皮のプリントだったりで、登場当時は少し騒がれたかも知れない。そんなのがお目見えか。

 DSC_2201_convert_20180412211416.jpg

 ワイヤー類がメチャクチャで。これがこうだと、シフターとブレーキングがダメなわけで、走行の半分がダメだというなってしまう。

 DSC_2202_convert_20180412211426.jpg

 もう折れて、引けなくなっている。交換だな。

 DSC_2203_convert_20180412211541.jpg

 シフターなんかはしゃれているんで、これらを活かして、機能回復すると、結構面白い自転車だと思うなあ。

 DSC_2209_convert_20180412211629.jpg

 ワイヤー4本オール交換。当然ブレーキ、シフターの調整も含まれるんで、かなりまともになる。

 しかし、この自転車の何が面白いか?というとこのハンドル、ドロップなんだが、位置が高くて、さして戦闘モードには見えず、セミドロ・・・的な緩さがなんともいいね。

 DSC_2211_convert_20180412211659.jpg

 アルフォンガという、ちょっと雰囲気のあるブレーキレバーに交換したが見事的中。

 DSC_2210_convert_20180412211643.jpg

 ブレーキシューも交換して、まあ生まれ変わったな。

 DSC_2204_convert_20180412211552.jpg

 こんな感じで完成したんだが・・・、こいつも間の妙というか、大変面白い自転車として、再生している。マウンテンのフレームで、タイヤが太く、ギア比も十分。

 攻めてないセミドロ系のドロップハンドルが、緩さと同時に、ちょっとだけ走る気を見せている感じがなんとも好感持てるねえ。

 実際、ゆったりの長距離ライディングなんかには、相当向いている・・・・と思いますね。

 自転車いじりの好きなご亭主、勝手にいじらせているようで、実はその奥さん、本当は自転車乗るのが、静かに大好きなんじゃないか?ただ目立たずに好きなもんだから、ご亭主としては、どうせオレにつきあってんだろうなあと、高をくくっているのかも知れない。

 だから、外置きされたとき、相当カチンときたんじゃないか?両者痛み分けで、知らしめてやろう・・・と、これまた静かなリベンジが始まったのに違いない。

 そして、その自転車好きのご亭主が、改造依頼で、当店に来たとき・・・、そういえば・・・、静かにブツブツ、目立たなくブツブツ、不平をぶつけていたようにも聞こえてきた・・・。

 自分だけ、手をかけて、お金かけて・・・、あたしの自転車は外の置かれて、ほったらかしで、あたしもその気なくしたんだけど、でもあんただけ自転車いじって、ひどくない?

 ちょうど、その改造が終わったとき入れ替えるようにやって来た奥さんなのでありました。相変わらず、静かに、要所を指摘して、メンテ依頼、ちょっと迫力あったぞ。

 これは良くなったら相当乗るだろうな、置きながらのリベンジが、今度は乗りながらのリベンジに行きそうだ。でも完全機能回復で機嫌が良くなったら、表向きは、楽しく夫婦そろってのサイクリングだろう、多分。

 一緒の寝室に寝ても、夫婦なんぞは所詮は、同床異夢・・・。お互い様だよね・・・、そんなことも乗り越えて、いずれは偕老同穴・・・?さあ、亭主のことなんかわからない、女房の事なんてさらにさらにわからない・・・、わからないわからないで気づけば、どさくさで同じ墓穴・・・というのが真相なのかも知れないね。

 まあ、お互いお気に入りの自転車で、「仲良く」サイクリングしてくださいな。

きっかけは大切に・・・と思う



 ちょいとこの数日、大塗装大会となり、数日の間にマスクのフィルターなど一体何個取り替えた?というくらいラッシュが続いていたんでありますが・・・。

 DSC_2172_convert_20180411191723.jpg

 こういうような、一本のみをしっかり塗る、というのもありましてね。柳さんのフレームですよ。

 DSC_2174_convert_20180411191732.jpg

 一部を大森研魔の社長の魔の手が伸びていたりして、ある意味店主ら界隈の総力戦ともいえたなあ。

 DSC_2187_convert_20180411191755.jpg

 これも大森研魔の魔の手がかかっているんだが、単にクリアかけると、下手するとステンレスのタオル掛け・・・になってしまいがちなんで、ちょっとスモークをかけたりね・・・。

 DSC_2177_convert_20180411191739.jpg

 この辺は工芸系を意識して、金系のアンチ成金で渋めに攻めてみる・・・。

 DSC_2178_convert_20180411191747.jpg

 さて、ここまでやると、どんなコンポ?と悩みの種をまいたようなもんなんだが、まあ、これなら黒系で統一すると、ちょっと見せられるかも・・・という気もする。

 この辺は一本塗りの勝負!という奴らなんだが・・・。今回は量産系のお仕事も・・・といっても、最大三本まとめ塗り、というすこぶる家内工業的内容なんだがね・・・、でも今まで一気にやったのは、二本までだったのに関して、三本となると、狭い塗装場ではちゃんと整えないと、最後でカチン!とフレーム干渉の傷のもとになり得るんでね。

 DSC_2284_convert_20180411191815.jpg

 3サイズのフレームを、つや消し黒、ブリティッシュグリーン、チネリブルー、白磁ホワイト、渋赤と・・・五色に塗り分けたんだが・・・、3サイズなんで、3本一色いっぺん吹きをしたいわけだ。

 DSC_2297_convert_20180411191846.jpg

 通常なら、このように塗装部屋に1本ぶら下げて、回しながらまんべんなくかける・・・というやり方なんだが・・・。3本あるとなると、残り2本をどう収納するか?という事が問題になる。

 一々外置きをすると、塗り替えのたびに、ブースの戸を開けないといけない。開閉には結構重く処理しているんで面倒だし、埃の侵入などを考えると、できれば一度入ったら、めどつくまで開けたくはないんだよね。

 でも無造作につるすと、回しながら塗装する際に、アチコチに干渉してしまう。なれば、釣るし場を作るか?という事になった。

 中途半端対応がいかに仕事の効率を下げ、精度を落とすか?今まで散々やって来たんだが、まだその癖は抜け切れていない。ただ、こうしたいつもと違う案件が出てくると、それをきっかけに向上を狙うというのは、できれば機敏にやっておいた方が、仕事の質が上がるってもんだね・・・。

 なので、釣るし場を作ることに・・・。

 DSC_2299_convert_20180411191854.jpg

 といってもこんなもんだけどね。全ネジなんで、なんとも引っかかりがいい。それを曲げて、金具で一発鉄管打ち。構想できれば一気にできるが、それまでが時間がかかる。どうしたら、ある材料で、うまく、可変性も確保しつつできるか?考えている時間がばかにならない・・・な。

 DSC_2303_convert_20180411191902.jpg

 一度吹き終わったものを、こうして、角脇に設置することで、別のフレームを回して塗装が可能になる、もちろんどう回しても、干渉しないところに、設置するわけだ。もちろん掛けやすさ、外しやすさも考慮の上ね。

 DSC_2305_convert_20180411191910.jpg

 このように2本ぶら下げてもエンド幅135ミリでも干渉はしないように作ること。それ以上だと知らないが・・・、まあそんなフレームの再塗装依頼が来るなんて大分先だろうからいいか・・・。

 塗装ブース内に、こうした掛け場を3箇所設置した。これで、最大4本一発吹きが可能となるわけだ。仕事上の進化といえば、大進化だな。こんな形式の仕事を受けない限り、自分ではこんなことはしなかっただろう。そういう意味で、仕事はできる限り、未知のものから受けておくに超したことはない、ともいえるね。

 実際、本当に吹きやすくなった・・・。そして、こうした回し掛けは、塗装にとってもいいことを再発見。回している打ちに、材料上の塗料が適度に乾燥してくれるので、のりとしても具合がいい。

 どうしても1本吹きだと、早くブースから出て、仕上げたいために、過剰塗りとなって、たれてしまう事もあるからだ。

 塗装は、待ちが大切、そのことを再実感。今後1本吹きの際には、乾きを待つためのレクリエーションでも持ち込もうかな?さて何するか?

 ちなみに、ちょっとした治具の紹介でもしてみようか?大したもんじゃなくて、笑われそうだが・・・。

 DSC_2309_convert_20180411191935.jpg

 ある意味スタンダードなS字フック。

 DSC_2308_convert_20180411191926.jpg

 ボトムブラケット用フック。お手製整形ね。

 DSC_2307_convert_20180411191918.jpg

 ヘッドチューブ用フック。この長さも秘訣のうち、返しも外れ防止でちょいと工夫あり。

 DSC_2310_convert_20180411191944.jpg

 変則フレーム用の逆さづり治具。柳さんのフレーム塗装の際には必需だね・・・。

 DSC_2311_convert_20180411191952.jpg

 スターナット打ち込み済みフォークのぶら下げ治具。

 DSC_2312_convert_20180411192000.jpg

 フォークコラムつかみ。カーボンだったら、こんなんで十分。やたらコラムの長い、重い鉄フォークだったりすると、ちょっとつかみきれないかも知れないが・・・、そうしたら、別の方法でね。

 まあ、こんな手作り治具なんかを駆使して、再塗装なんかをやっているんだが・・・。

 そうそう、もう一つあった。塗装が自転車の見せ場の重要な一部だとすると、そのバリエーションは多い方がいい。

 今まで、やって来たことはあったが、あまり好きではなかった技法に、フレーク、ラメというものがあった。一部競輪ファンなんかが、何でそこまで?というくらい好きな層があるラメ・・・。

 なんか風俗チックで店主としては・・・、だったんだが・・・。

 もう一つ、乗れない事情があったんですわ。というのも、フレーク・ラメを使うと、どうしても詰まらせないために、ノズルの太いガンを使わなければならなくなります。そのガンに、ラメ入れて、クリア入れて吹くんだが、一度に出る量が多いので、通常の3倍以上のクリアが必要になってくる、そして飛び散ったラメで、塗装ブースがプラネタリウム状態になってしまうんだな。

 確かにできたものは、いつもと違って面白い反面、勘弁してよってくらいブース内が荒れるんだよね、といって三倍の銭は取れない・・・。

 色んなフレーク加工があるのを知っていながら、お客がラメ・・・と言いそうになると、「風俗っぽいっすよ・・・」とつい牽制したくなってしまっていたんだが・・・。

 別方法をついに開拓!

 DSC_2294_convert_20180411191825.jpg

 これね、ラメ専用、フレーク専用ガンの登場なのだ。これはクリアを入れなくていいので、フレークが無駄にならず、調整もかなりできるので、偏りもなくなる。

 ドバーッとアメリカンなフレークも、パラリン・・・という少量で粋なフレークも自在にできそうなんだ、もちろん練習は必要なんだがね・・・。

 というわけで、いつも以上の仕事が来ると、それにあわせて、テンションも動く、こんなのもその一環だな。

 ちょっとエンジンがかかったみたいだわ。今後ラメ・フレークが技法として、描かせなくなってきたりしてな・・・。

 なので、仕事では、それまでと違うこと、異なる内容のものに関しては、多少無理しても対応した方が、結局は自分のためになるんじゃないか?という事なんだな。

 普段からできることばかり繰り返していると、単なるルーティーンで緊張感がなくなる、自然と質も下がるというもんだ、事に店主に関しては、それが顕著かも知れないな・・・自戒を込めてだ・・・。

 なので、苦労は買って出もした方がいい・・・、確かにそうかも知れない、若い店主から見ると、つまらん常識的なおじさん店主になったもんだが、真理はどうもそっちの方らしいなあ・・・。

 精進せい!!!

ロックバイクスアンテナショップお訪ね



 桜が散りまして、待ちに待ちました、新緑の季節ですね。

 新緑といえば、新茶・・・ちょっと飛びすぎ?でも、当店のある西東京市から、狭山茶の産地は近い。多摩湖のまわりですからね・・・。今年は狭山茶の新茶の会なんかやりますか?

 聞くところによると、狭山茶は、ブレンドに使われて、単体ではあまりないとも言われますがね。あと、狭山茶で作った紅茶もあるとか、名物は探さないと・・・。

 色々たまった仕事も一段落付いたので、ちょっと新緑サイクリングなんかもやってみました。なんと店主らしからぬ、原宿なんであります・・・、色々ありましてね。

 今回の第一目標はここです!

20180410_124606_879_convert_20180410211120.jpg

 ジャーン!狸サイクル開業当時より、大変お世話になっているロックバイクスの原宿アンテナショップ!先月より開業となったようであります!

 場所や詳細につきましては、こちらをご参照ください!

 明治神宮を背に、左側、交番があって、そのちょっと先を左に入る、小学校の通りらしいんだが、そこを入って暫く行くと、あるのがこのロックバイクスのアンテナショップなんであります。

 20180410_115213_462_convert_20180410211032.jpg

 店内には、ロックバイクスのバイクほぼ全種類が展示されています。直販もなされているようですね。それら展示車を感じ、そして試乗することができる、というシステムらしいですね。

 そこから、直販以外にも近くのショップを紹介する・・・という事もあるようですね、その辺様々な応用のききそうなロックバイクスさんなんであります。

 20180410_115157_155_convert_20180410211023.jpg

 まあ、一回り見るだけで、彼らの自転車に対する、執念・・・のような遊び心が感じられますね。

 20180410_115223_572_convert_20180410211042.jpg

 逆光では見えませんが、色使いがすごいんだよねえ、最近のロックバイクスは。よくぞまあ、こんな色の組み合わせを選んだもんだと、感心する。

 当店のようなチッコイ店が何やろうと、驚くほどのことはない、小回りが効くんだから。当たり前といえば、当たり前なのだ。

 ところが、ロックバイクスさんはメーカーだからね・・・、これじゃんじゃん売ろうって気は無いな?スゲーニッチなところに賭けてんな?というところがわかる。だから、自転車に緊張感がある。誰でもいいわけじゃあない、君になんだよ!君に!という迫力がある。

 確かに、万人受けのものを作って、底引き網にかけるような物の売り方は既に終わっている。もちろん大手はまだそうした手法を時にはとっているんだろうが・・・。ターゲットマーケティングっていうの?場を絞って、対象を絞って、そこに向かって集中しながらものを仕掛ける、というやり方でないと、なかなかねえ。

 とはいえ、それを堂々と王道でもってどこまでできているか?というとそれもなかなか難しい・・・。自転車界でざっとみるに、そうしたターゲットシフトができてる所って、非常に少ないように思えます、ロックバイクスさんはその少ない中の白眉のように思えますね。

 だから、まだまだ未知の可能性もある、もっと知ってもらう必要がある、そういう文脈から、今回の原宿出店となったんだろうね。しかし、この原宿界隈には、各国、世界からの観光客や仕事に来ている人たちがものすごい数いる・・・、すごいアピール力があるよね。

 20180410_115152_778_convert_20180410210710.jpg

 シックスコンポーネントという、ロックバイクスオリジナルのパーツ類も展示ありです、直接手に持って、実感することもできます。もちろん買えます!

 20180410_115301_750_convert_20180410211059.jpg

 NASAの開発した糸でもってできた、ジーパン。スゲーハイテクなんだそうだ。それがまた、自転車向きの裁断ときている。こういう所がまた、このショップの窓になっている。

 店には窓はイッパイあった方がいい。そこから外がどう見えるか、ショップの者は外をうかがうといい。そして、そこから人の動きが見えるようだったら、窓を打ち壊し、そこを入り口とすればよし。同じ店でも、入り口を変えれば、入ってくる客も変わってくる。

 客がどこから来るのか?どこからが入りやすいのか?を見極める。

20180410_115308_754_convert_20180410211110.jpg

 店主は興味を持ち得ないんだが・・・、衣服というのはその形式の多様性と数の多さからいって、無限に近い質量をほこる品目であるが、これと自前の商品、この場合は自転車になるが、どう合わせるか?というのは今後非常に大きな課題となるであろう、と思っている。
 
 言い換えれば、既に衣服の分野が非常に細かい細分化されたターゲットマーケティングを行い、かつ能動的に日々新たにターゲットを切り開いているのではないか?その推進力については、他の追随を許さない勢いを持っているんじゃないか?と思えるんですねえ。

 なれば、一定のモードを目指す自転車は、そこから大いに養分を吸い込んで、横目で見つつ方向性を決め、時に寄生しつつ、ちょっと引っ張りつつ、ともに歩んでいく(憑いていく?)という手は大いにありかと思うんだがなあ・・・。

 まあ、原宿という特殊な場で、ロックバイクスさん達が、どんな養分を吸い込みつつ、どういう展開していくのか?というのは、今後とも非常に楽しみなんであります。

20180410_115230_551_convert_20180410211050.jpg

 工具もありで、チョコマカ近所の自転車の面倒も見ているそうで・・・。

 20180410_115110_799_convert_20180410210642.jpg

 しゃれた店先で、スペイン人のママチャリのパンク修理をする青木さん・・・、こういう所もやさしいロックな、ロックバイクスさんのアンテナショップなんであります。

 原宿に行く際には、是非にロックバイクスさんにお寄りください!

もうこうなったら好きに乗れば?



 すごいスペックというか、収集付かない、寄せ集め号と言ってもいいかもね。

 前後とも相当やる気のあるカーボンホイール。レース出ろよ!絶対!と言っているようなんだが、採用している本人にその気は全くなしのようだ。

 大体プロムナード系のハンドルを付けているところからしても、レースレベルで走る気一切無い、というのがわかる。

 今回は、ちょっとした、改造ということできたみたいだ。

 DSC_2135_convert_20180409215228.jpg

 何のことはない、ハンドル交換なんだが。

 ブレーキレバーが俗に言う、カマキリという奴で、オポジットともいうらしい。

DSC_2136_convert_20180409215237.jpg

 取り付けの難しさといえば、ハンドル自身に穴を開け、そこに装着時にピッタリとボルトを仕込んでやらねばならない。これがズレるとえらい凝っちゃ・・・。

 これが意外と神経を使います。

 DSC_2249_convert_20180409215343.jpg

 あとは持ち込みのフロントメカ交換してくれということだった。

DSC_2137_convert_20180409215246.jpg

 これでシュパーブそろい・・・・とかいっていたかな?

 DSC_2133_convert_20180409215202.jpg

 好きパーツ寄せ集めて、付けてるね。気ままでよし。

DSC_2134_convert_20180409215211.jpg

 ものすごい信念がある、というのでもなく、なんとなく合わせるんなら合わせよう、なんとなく見た目もいいし、その意義については深く考えない、なんとも好きな自転車だからでいいんだ、という感じで楽しんでいる。

 DSC_2132_convert_20180409215154.jpg

なんで4本バトンなんて、競技車モロのホイールはいているの?と聞いてみても、なんとなくかっこいいからで、逸らされそう。コリマは元々ヘリコプターのプロペラを作る会社だったらしい、なんとなく納得。

 DSC_2131_convert_20180409215146.jpg
 
 フロントは、深めのカーボンディープリム・・・。なるほどわからなくもないが・・・。そもそもこの車体、入手先はわからねど、どうもこれ、前輪が650cのようなのだ。入れ替えたのか?

 そのことについて尋ねてみると、どうも、単にそうしたかったらしい。確かにハンガーも下がり、ペダルと地面との関係など、丁寧に乗った方がいいが、とアドバイスしたが。通常アップサイズはあれど、ダウンサイズには、慎重にね、ということだ。

 足回りは、モロレーサーながら、ハンドル交換もゆるめのプロムナードからゆるめのハンドルにと、アンバランスなことこの上ない。

 DSC_2130_convert_20180409215136.jpg

 でも、これが好きなら、これでもいいか・・・とも思うね。

 こういうアンバランスな傾向というのは、ピストブームからの置き土産のようなものだろう。その定着ということができるんだが、このハチャメチャ感・・・・、これが好きなら、これでいいんじゃない?と思えるようになってきた。

 踏めば走るしねえ、足回りがグングン回っていく感じだわ、ヘリコプターがゴンゴン回る感じだね。

 こういうアンバランスな自転車が好きな人たちが層として、存在している、一つのブームが去ると、何らかの層が残る。ちょうど洪水が粘土層を記録するようにね。

 確かに、そう思えば、面白いジャンルではある・・・、ちょっとちょっかいかけてみたいくらいの、面白いジャンル・・・、店主も時間を経て、ちょっと関わってみたくなってきた。定着と時間、成熟と時間・・・とを考えさせられる、案件だね。

事故からの生還・・・とはいえもう少し・・・



 ぱっと見ても、クロモリレーサーのこの形は、ある種の完成形であるなあ、と見るたびに思うのは、店主だけではないでしょうな。

 と、こいつはもとは事故車で、トップチューブと、ダウンチューブにしわが入っていた。正面からぶつかった車体によく見られる典型的な症状ではあるんだが、こうなるとパイプの差し替えという事になるが、柳さんがいてくれるお陰で、こうした案件も取り扱いができるようになっている。

 DSC_2141_convert_20180408233336.jpg

 よく見ると、後ろ三角は金に近い色になっているのに対し、前三角は無垢のパイプのまま。

 DSC_2144_convert_20180408233354.jpg

 小物など外して、移植して新たに作られた前三角、通常なら、前も金に近い色で、できれば黒でピンストなど入れたら、復元できたかも知れないが・・・。逆もいいねえ、黒字に金でピンスト・・・。

 DSC_2147_convert_20180408233411.jpg

 別に大森研魔に出したものではないが、このままクリア処理だけで、むしろかっこいいということで、このままにしたという展開。

 クロモリフレームだからこそできる、再生術といえる。

 DSC_2142_convert_20180408233345.jpg

 火の入ったあとで、ペイントが焦げているのがわかる、あえてそのままということに。

 DSC_2146_convert_20180408233403.jpg

 とりあえず、これにてお返しするということなんだが・・・。

 まだ課題は残っている。ホイールの振れが取り切れない。あまりこの状態で乗り続けない方がいいかもしれない。

 DSC_2148_convert_20180408233421.jpg

 ハンドルも左右非対称、この辺は素人でも交換できるので、まずは優先順位として、そうで無いところを中心に手を入れてみた。

 完全な自損事故、被害者は自分で加害者も自分。なので補償については、自分で自分が許せる範囲から始められるのでありましょうか。これだけでなく、どうも事故が続いたらしいので、ここで何かを断ち切るような覚悟が必要でありましょう。

 もう二度と事故は起こさない、どうかそう誓ってください。

 DSC_2140_convert_20180408233326.jpg

 自転車はうれしいにつけ、悲しいにつけ、命を乗せないと走れないのであります。命とともに、命主体に動くものであります。

 なので事故は二度と起こしませんように。

 このように自転車などどうにでもなるんです、どうにもならないものをどうぞお大切に。

 なので、事故は二度と起こしませぬよう・・・。

祖父と孫コンビ



 こちらは、修理もやるんですか?

 はい、ほぼ修理・・・です、ハイ。押しの強そうなご老人、何かできそうな雰囲気大あり。
 
 孫の自転車が壊れたんで、直してくれますかね。スポーツ系・・・。

 はい、持ってきて見せていただければ、もしかしてなんとかなるかもしれません。

 じゃあ、明日持ってきますんで、よろしく!

 店主の予感、技術屋だな・・・。そう背中が言っていた。

 翌日持ってきたのが、このミヤタレーサー。孫が通勤で使うんで、できれば早めに直してもらえれば、ありがたいんだが・・・と。

 患部を見ると・・・。

 DSC_2259_convert_20180407233759.jpg

 フロントメカのディレーラー台座が折れている。

 車体がキレイだったもんで、もし購入したばかりだったら、宮田さんに戻せば保証してくれるのではないか?と提案したが、実は意外と長く乗っているので、もう保証期間は過ぎているということだった。

 これを直づけ台座で直すとなると、柳さんの仕事になる。
 
 台座を削り落として、再度別台座を溶接することになる。まわりは当然焦げるので、部分塗装も必要になる・・・、結構手間がかかるが、仕方ないんで柳さんにお渡しすると。

 アチコチ外して、イザ台座を削り落とすと・・・・、待てよこれ・・・、径を測ると、実に標準タイプのパイプであったのだ。

 これはわざわざ火を入れて台座を付けるに及ばない・・・という結論に。

 DSC_2120_convert_20180407233750.jpg

 何のことはない・・・、通常のバンド式の直づけ台座を取り付けて、事は済んでしまったのだ・・・。

 だったら最初から、バンド式にすればいいものを、無駄な一手間を宮田さんは加えてしまったもんだ。

 なんか思い出したが、このミヤタ、一時は取引に応じるとかで、必要書類に、印鑑証明、保証人まで付けて提出させておきながら、もう二年近く何の音沙汰もないね・・・。

 メリダが新城効果で売れまくって、忙しいのかね?でもまあ、理由にはならないな。

 あの今から数年前、ミヤタの一人狂い、クロモリにスーレコ乗せて70万くらいのモデルを作ったことがあったんだが、その時はさすがに向こうから営業が来たが・・・、そんなにミヤタの鉄って、待望されてんですか?と思わず聞いてしまった・・・。

 なんかやたらと高級志向にして、その独り相撲感は半端なかったんだが、その後どうなったんだ?

 しかし、物を売ってどうこうするには、難しい世の中になってきた。当店も一応は自転車売ってもいるんだが・・・実に売れないね・・・。表向き売る気が無いように思われているのかも知れないが・・・。

 物売りから、事売りへと時代はシフトしたんだろうか?物だって、ちゃんとした事がつかないと、物語が付かないと、そのもの自身の奥行きが感じられないものは、売るのが難しくなってきているんだろう。

 といって、安売り競争に出れば、疲弊するだけ・・・、さてここでどうやって行くか?

 そんでもって、二年ほど前に、宮田さんの営業と話したんだが、高級モデルは受注製作でやっているということだった・・・本当かよ・・・、年間何台出るんだろうね?

 DSC_2277_convert_20180407233906.jpg

 アヘッド形式にカーボンフォーク。前回りは固いんじゃないか?

 DSC_2274_convert_20180407233842.jpg

 57時台の105が付いているんで、確かに数年は乗っていそうだ。

 DSC_2273_convert_20180407233834.jpg

 オットそうそう、待望と言うほどではないが、また店主らにシマノ様から新生105の餌が撒かれるようですぞ!池の鯉のように、口パカパカ開けて、お受けするしかない・・・。

 しかし、ざっと写真で見たが、上からの直落ちという感じで、アッソ・・・という事ね。銀と黒の二刀流は健在だ。あとは、マウンテンコンポかよ!というくらいの上二つのマネっこだろうな。11-32とかが普通なんだぜ・・・、レーサーかよ!というのは古い人間なんだろうなあ。

 あとはディスクもあるんだと。ヘエ、そう・・・というくらいの感慨かな?まあ、今後それしかなくなるんでマウンテンコンポライクなリアディレーラーでもって11-30とかつけることになるんでしょう・・・ケ!

 DSC_2275_convert_20180407233850.jpg

 実に健全な自転車であると思う。こんなんで十分だよねえ。あまりイジンなよ・・・とすら思えてくる。

 DSC_2272_convert_20180407233825.jpg

 ハイそうそう、もう患部は普通に付いていますよ。

 DSC_2271_convert_20180407233816.jpg

 ね!受け取りは、ジイちゃんと孫が二人そろってきた。イヤー、良かったなあ、これならフレームこげなくていいよ。

 こっちの方が強いんじゃないか?なんて技術屋のようなことを口走る。

 聞いてみたら、エンジン系の技術者だった、やっぱりね。今はリタイヤ。

 何かこの孫とじいちゃんは大分馬が合うらしい。二人で仕上がった自転車見ては、コソコソニコニコしている、なんともほほえましい光景だ。

 もう走れるんなら、おまえ自転車で来い、俺の軽トラと競争だ。二人で帰って行った。

 それから数時間しては、また二人でやって来た。また軽トラに今度はピスト車を乗せて、ブレーキまわりのパーツあったらほしいということだった。

 リアのブレーキとレバー1本、ワイヤーも・・・と。変則的な買い物だ。通常ならレバー1本でもワンペアで買ってくれとなるんだろうが、当店のパーツ箱はドラえもん並みの質量を誇る。時間さえあれば、なんとか希望に添えそうなものが・・・・・・・、出てきた。

 ピスト自身はじいちゃんが誰かからもらってきたんだが、デカくて乗れない、孫に見つかったら、シングルで固定になるんで乗りたい、と言われて仕方なくやることになったんだが、後ろブレーキがダメなんで、今来たんだよ・・・と、また二人でコソコソニコニコと・・・。

 とりあえず渡すんで、わからないことあったらいつでもどうぞ!と。

 あんな和気藹々な二人なら、いつ来てもらってもいいわ。

 フトこの店主にも孫なんかができるときがあるのかな?と思ってみた。同じ歳で孫持っている奴はもういるようだが・・・。
 
 いや、その前に・・・、子狸に弟でもできないか?とまだ枯れてはいない、相変わらずの独り相撲の店主であった。カタツムリがうらやましい、この頃だ・・・。

DSC_2270_convert_20180407233808.jpg

 再塗装したら、もっとかっこいいだろうなあ・・・。
 

フィッティングの奥義 足長オヤジ登場



 当店回りにも背の高い方々はおられます。典型的なのが柳さん。191センチとかあります。あと、ロビン君に、谷澤君・・・。なのでこんな実用自転車の需要もありますね。

 そうそう近くに早稲田の体育寮がありますんで、デカイ子達も散見します。

 だからこんな自転車がある・・・と思うでしょうな。

 DSC_2102_convert_20180406220808.jpg

 物干し竿並みに長いピラー。これは柳さんの協力を経て、2本のピラーを1本につなげたという傑作もんであります。これでもって、どのくらいの方々が、今まで体をたたんで、足を折り曲げて走っていたことか、そこからの解放なんであります。

 実はあとで少し展開しますが、すごいポテンシャルがあるんだよ、これ。

 これ一体だれ向けに作ったか?という事なんだが、実は店主とほぼ背丈の同じ人のために作ったんであります。しかし・・・、

 このお方、アフロ系アメリカ人かな?背丈はほぼ一緒ながら、足の長さが半端でない・・・、というより尋常じゃない、といっていいね。通常足が長い、というのは、ことに日本人だと褒め言葉であり、羨望の的なんだが・・・、彼からすれば、全くもって困ったこと・・・のようだ、本当に悩みの種のようなんだな。

 足のサイズがでかすぎて、靴が買えない・・・なんていう人いるでしょ?本当に困ってんだよ・・・という自慢とかいうんじゃなくて、本当に困っている・・・という、それと同じくらい、彼は自分の足の長さに、もう辟易していると言っていいくらいだ。

 そんなこんなで、当店前を通りかかり、なんとかなりそうだという手応えをなぜか感じたらしい・・・。それというのも・・・。

 DSC_1995_convert_20180323224646.jpg

 たまたま置いてあって、こいつを見たらしんいんだな。こんなに長いピラー、多分日本で見たことなかったんじゃないか?これを作ったということを聞いて、ここだ!と思ったらしい。

 後日通訳を連れてやって来た。自転車は好きなようだが、日本で自分の足の長さに合うものがない、まずは日常の足になる自転車がほしいということだった。

 予算を聞いて、じゃあ、適当に見繕ってやろう・・・という事になったが、向こうはコチラが何を作るかわからない、当然でしょうな、なので不安だったらしい。

 そのミーティングのあと、またすぐにやって来た。近所の自転車屋で、理想的なやつを見つけたんだが、値段も手頃、これなんかどう思う?とスマホを見せた。

 なるほど、機能的ではある、ただ、ピラーは交換だろうな・・・と。

 なれば、そいつを購入してくれば、カスタムしてやる、という事になったんだが・・・。どうもその機能的自転車に関しても、不安があるらしい、何だろう?

 そこで、適当に置いてある自転車一台を取り出して、ピラー伸ばして乗せてみた・・・んだが・・・。目検討で相当伸ばしたはずなんだが、両足がほぼべた足が、地面についている。

 あの、この店主の目検討は、結構当たるんですぞ!・・・・?なにこれ?

 どうもこの方は、ズボンの下に蛇腹のごとき足を隠している?としか思えない。

 再度下ろして、これでもか!とピラー伸ばしたんだが・・・、決まらない・・・。

 これ見て、思わず口走った。「これは当店でないと、フィッティングできない、他で買うのもいいが、うちでやった方がいいよ!」と。

 店主にしては珍しく営業モードになったのだ。いや、これはそんじょそこらの平均的自転車店では手も足も出ないだろう・・・、別に当店が飛び抜けて優れているとは思わないが、色々やろうとしてきたことだけは他店には負けていない・・・事実、こんなこともあった・・・のだ、覚えている方もいるだろう。

000 20160614_125113_511_convert_20160614132237

 2年前2メートル越えの現役バスケットボール選手のフィッティングをやったんだな。多分彼ははじめてサドルに座ってべた足の付かない自転車に乗ったはずだ。

 こんなことが役立つだろう・・・。という事で、当店が足長オヤジの自転車を担当することとなった。

 DSC_2104_convert_20180406220818.jpg

 700cのホイールをあてがって、ハブダイナモ、機能的だ。
DSC_2105_convert_20180406220826.jpg

 日常使いなんで8速は高機能でしょう・・・。

DSC_2106_convert_20180406220840.jpg

 前は一枚でいいでしょう、日常使いですから。

DSC_2119_convert_20180406220942.jpg

 リアをキャリパー化した、これは車輪の着脱を楽にする方法ね、大変機能的だ。

DSC_2110_convert_20180406220914.jpg

 欲しがったので、泥よけは付けた。

DSC_2111_convert_20180406220923.jpg

 リアにもね、雨降りには機能的だが、車輪の着脱に関しては邪魔・・・ですね。

DSC_2108_convert_20180406220858.jpg

 体を起こして乗りたいらしいのでプロムナードにした。

 DSC_2109_convert_20180406220906.jpg

 カゴはご希望だったので、付ける、これも近所使いなら機能的だよね。

 DSC_2107_convert_20180406220848.jpg

 トップチューブがない。これは長い足の彼が、ダイヤモンドフレームから降りる際、大変苦労していたのを目撃したからだ、60手前で股関節が硬いらしい、長い足で股関節が硬いのはさぞや大変だろう。

 DSC_2100_convert_20180406220759.jpg

 はい、再度見てください。日常使いとしては、大変機能的でありましょう?股関節の硬い足長オヤジが、体を起こして乗りたいといったら、ほぼ最適なんじゃないか?と思いますね。

 そこで、地の足の長い柳さんに試乗してもらった・・・。

 DSC_2116_convert_20180406220931.jpg

 柳さんが楽々そうに、乗っているよね、多分これでいいんじゃないか?と思いますんで、早速彼を呼び出して、試乗してもらおうと思います。

 で、予告していたこんな車体のポテンシャルなんだが・・・。

 店主は何度も本ブログにて申し上げているとおり2020年行われるであろう東京オリンピックなる運動会には反対であります!東北、そして福島、熊本を抱えているこの国で、こんなことをやっている余裕はないはずだ、といまでも思うからであります。

 また別文脈から腹立つのは、この東京という都市はパラリンピックも誘致しているんだろう?だったら、率先して、タンデム自転車の公道使用をさっさと認めろよ!パラリンピックを開催する都市として、東京都はタンデム自転車の公道使用を認めます!と都知事は宣言しろよ!

 この四月から、千葉県は公道使用可能になった。逆だろう?東京が先だろう?東京が先になることによって、日本全国公道使用を解禁するという動きがないとおかしくないか?こういうことが叶わずして、ゼネコンと広告屋とグローバル企業だけが利益を得て、あとは借金だらけになるであろうオリンピック・パラリンピックなど開く意味など、市民の側にはほとんど無いはずだ・・・、たかが二週間の運動会に過ぎないものに・・・。

 で、ポテンシャルの話に戻すが、これから二年前後に、多く海外から訪れるであろう、外国人。体型も色々でありましょう。

 そこで、東京観光を自転車で・・・という提案てどうか?なんて思うんですね。それも放置自転車を乗りやすくして、貸し出す・・・、または購入してもらい、帰国時に買い取る・・・という制度なんかを背景にね。

 自転車でしか見られない東京がある、自転車でしか行けない店がある、自転車でしか会えない縁がある・・・というね。こういうことは、当店のような店一軒ではできない、観光に詳しい業者さんなんかと組んでやらないとできないでありましょうが、放置転車なんかを高機能に改造して、東京観光してもらうなんていいじゃない?

 そういう際に、自転車屋が絡むんだったら、ちゃんとした自転車を提供しないといけません、あっと驚くような高機能で、フィッティングも組めたケアもあっていいはずだ。

 オランダから2メートルの人がやって来た、エチオピアから手足の比が全く日本人とは異なる人がやって来た・・・、こうした方々へのフィッティングへの蓄積をしておかないといけません。

 東京観光を自転車で!東京観光を放置自転車を改良した自転車で!そして東京観光をタンデム自転車で!

 面白くて、機能的で、体に合った自転車への蓄積は結構してきています、自転車の準備はいいよ!

 こうしたことを少しでも押し出していくために、あらゆる方面からの協力が必要でありましょうな、ゆっくり人差し指でも立てますか?

 この指止まれ!

打ち首見参!絶賛打ち首中!



 しっかり二人の子をこの自転車でお育てになりました。大したもんです。荷物も置けないこの自転車、二人の子供を乗せるだけに作られた、まさに官製自転車でありましょう。

 二人子のせ自転車は危険だ!だからそれを打ち切ろうとして、全国のお母さん達より大反対を受けた。なら撤回すればいいものを行政のメンツっていうの?振り上げた拳のおさめ方っていうのか?なら、二人乗りは許可してやるが、こちらから条件付けるぞ・・・、二人子供を乗せても安全な車体なら、その車体に限り許可を出そう、としたんでありましょう。

 そんでもって、官指導の下、各メーカーが試作を通して、安全第一・・・てんでできたのが、このカゴなし、二人子のせ、という車体なんでしょうな。

 カゴなしってことは、荷物どうすんのよ・・・、ちょっと使う方の身になればわかることなんだろうが、事故があってはいけない!を第一命題にしてしまったもんだから、こんな勝手の悪い自転車ができてしまった。

 仕方ないので、後ろ子のせにS字フックでもって色々ぶら下げているお母さん達も散見しますね。コーナー時に荷物が降られて大変でしょう、それは危険じゃないのか?

 まあ一定の社会的セクションをになった役所のやりそうなことであります・・・って、開発側も引きずられんなよなあ・・・。でもこんな調子であってもかつての官はまだマシだったのかも知れないな。

 最近の官は・・・一体何やってんの?なんか指導しようとしても、何の根拠に基づいて指導すんの?改竄と隠蔽を率先してやっている官のいうことなんか、きけんのか?

 何か官だけが、今腐敗しているような持っていき方されているようだが、これは必ず政との関係から起きていることであることはわかる、慢心と箍の緩みが、腐敗の連鎖を呼んでいる・・・。

 しかし、災害時、粉骨砕身して復旧に邁進していた、自衛隊。それがこんな言われているところの文民無視をしているのであれば、イザ憲法に明記などされたら、どう豹変するかわからない!などと嫌疑派への理由を与えてしまったね・・・。

 別政権により、徹底した洗浄を経ない限り、この国は近代国家に戻ることは、不可能だろう・・・、もう、残念ながら・・・。

 そこで打ち首、獄門言い渡す!

 DSC_2255_convert_20180405214313.jpg

 子供を乗せるだけの機構の割に、重すぎるんだよ!イェップでもポリスポートでも持ってみなよ、こんなに重い必然性はないんだな。

 DSC_2256_convert_20180405214321.jpg

 ハンドルの中心軸に乗せている・・・というのが売りなのかも知れないが、それ自身が重すぎるのと、カゴが無いぜ・・・。

 DSC_2094_convert_20180405214214.jpg

 ハンドルをフラット物に変えます。

 DSC_2097_convert_20180405214238.jpg

 そんでもって、デカイカゴを付ける・・・。

DSC_2098_convert_20180405214247.jpg

 こんな風に普通の自転車に戻るんですね。因みにこの状態から、前子のせをこの自転車に付けることができます。つまり前に子供を乗せつつ、カゴと両立ができます、当然のこと!!!

 DSC_2257_convert_20180405214329.jpg

 こいつも使わなくなったので外す。

 DSC_2095_convert_20180405214223.jpg

 ここに後ろかごを付けてもよし・・・であります。今回ついでにサドルも変えました。

 DSC_2099_convert_20180405214255.jpg

 トリャ!打ち首完了!ただ重いだけの前子のせはこれまでよ!

DSC_2093_convert_20180405214206.jpg

 ごく普通の自転車に戻りましたとさ!

 この四月で、生活が変わった方々多くいると思います。新生活の形式にあわせて、自転車を快適に変える!これありでしょう。

 当店回りの保育園系お母さんの中では、この禍々しい「打ち首」という名の施工、通じます!

 省益第一の官製もの、どんどん打ち首してやりましょう、どんどんね!

渋めのジェリービーンズ・・・

000180403_convert_20180403225556.jpg

かつて、実用車改造で、何色かカラフルに塗った自転車数台を称して、ジェリービーンズと呼んだことがありました。

000 090806beans1

 当時副店長をしていた、ロケハンの天才真田さんが運んで撮影してくるという、担当でした。

 いい写真だよね。

 000 090808beans2

 作った車体も、イメージ通り、今から約十年近く前だったんですが、当時の方が、何のかんのと、うまかったような気がしますね。ダメだ成長どころか、後退している・・・。

 こんな華やかイメージではないが、どうも渋め好きな店主としては、三色とするなら・・・なんてざっとしたお題が出されると、どうしても渋めになってしまう。

 DSC_2264_convert_20180403225606.jpg

チネリブルーのイメージで・・・という事で、やってみたメタリックブルー。

 DSC_2268_convert_20180403225614.jpg

 さてここの色は難しい。ブリティッシュグリーンと迷彩系グリーンとの間のようなもの。反射して、ほとんど白しか見えないが、こいつにクリアが吹かれて、パーツを積んで、いい光を当てて撮影となると、相当化ける。店主はそこまではやらないが・・・。

 DSC_2269_convert_20180403225622.jpg

 梅干しレッドじゃないよ。渋赤メタリック、アセロラ風・・・とでも言おうか?

 これだけの写真じゃ、アッソ・・・としか思われないやつらも・・・、クリア掛けして、完成車として組み上げて、くどいがいい光を当てて、うまいやつが写真撮ったら、腰を抜かすはずだ。

 ただ、バントをしているつもりはないんだが、ジェリービーンズの頃と比べると、ハッチャケ度が下がっているとも感じなくもない。

 やはり、旧店舗はある意味奇跡の工房だった・・・といっていい。あそこはいい大人の秘密基地的工房だった。いい年をした男共が、寄り集まっては、こんなの作っちまったぜ!こんなことしでかしちゃったぜ!という、仕事という名のイタズラの連続のような毎日だった。それで食えていたんだな。そんな雰囲気が、自転車作りにも現れているような気もする。

 比べて、今はまじめになった・・・とは言わないが、シビアにはなったのかもしれない。もちろん遊び心は忘れてはいないはずなんだがね。

 それでも、店主は毎日遊んでいるような心地であることには、一般の方々から比べれば、違いは無い、かもしれない、いや、タダノから元気だけかも・・・。

 遊びで始めてきたことが、広がって、今度はたたみにくくなっている、簡単にやめるわけにはいかない、というのは責任感と、使命感半分、面倒なことやらかしてしまった・・・との裏腹で、あることでもある。ばんばるぞー!とイヤくたびれるなあ・・・の二面性・・・。

 どなたもそんなことを考えながら、時に着地点など探しながら飛びつつ、大抵は志半ばで墜落していくんでありましょう。
 
 結論がほぼそんなもんであることが決まっているなら、ジタバタしても仕方ねー。

 最近、小さい食堂を開く夢を見た。朝食屋、深夜食堂は絡まれそうなので、朝食屋。早朝4時オープン、午前10時閉店。いつでも夜逃げのできる、小さい店。

 寝るとき見る夢なのか?将来見る夢なのか?どっちでもいいが・・・。

たかがペダルのはずが・・・



 本文で一番筆者が言いたいことは以下のどれか?なんて国語の問題結構あったと思います。いやほとんどと言っていいほどだったとおもいますが・・・。今でもそうなのかな?

 小説には本題というのがあって、それになびくように描かれている、なんてこと平気で言っていた、無能な中学や高校の教師がいたっけね・・・。いやいや、ある種の定型を教えるという立場からすれば、それも仕方ないか?と思いますが、それが文章理解能力とか、国語の点数に反映するとなると、どうなのか?とも思わなくもない。

 そうか、文章理解と、文章鑑賞とは別だ、というのもありだろうな、店主が教員やっていたときは、もっぱら前者の方を堅物であろう公務員志向の奴らに向けて、講義打っていたっけね、まさかあいつらの中から、改竄なんて恥知らずな犯罪に手を染めているなんて奴はいないだろうなあ。

 まあ、目から鱗が落ちたのは、何のかんのと中高の影響を受けていた矢先の店主の読書論に対して、「作家の言いたい事?それは最初の一行から最後の一行までだ」と言い放った先生がいたことだ。

 ちょっとでも書くことをやってみると、そのことがいたいほどわかる。「しようね」と「しような」の文脈上、意味上の違いを巡って、一体何度書き直しをするか?書いては読み、書いては読みを繰り返し、抑揚ともリズムとも付かない、間合いのような整いをどうそろえようか?と国語の授業ではほとんど無視されるような所に、いかに作家がこだわるか?

 国語の教員もどきらにはわかるまい・・・。

 と、何がいいたいか?というと、作品にとって一番重要なところは何か?というのがナンセンスのように、自転車にとって一番重要なパーツはどれか?という問いほど、無意味なものはないという事だ。


 今回はペダルだ・・・。いいか?どんなにいいフレームであって、ホイールであってもだ、ペダルの付いていない自転車を高速で走らせることはできまい・・・、だからペダルこそが重要だ!ともいえないが・・・。

 比較的、後方に置かれがちなパーツであるペダル一つとっても、それがないと、自転車は普通に走らない・・・。いわんや、そいつが外れないときたら・・・、新しいペダルにも交換できないと来る。

 なれば、ペダルの決定的な故障は、車体一台を諦めざるを得ない・・・という判断にも行くかも知れない、ということだ。

 まあ、最悪クランクごと交換すれば、その車体本体は乗り続けられるが・・・。

 DSC_2059_convert_20180402230211.jpg

 上のクランクを抜こうと6ミリの・・・、なんとPBのL字の六角を利用したが、傷が付いてしまった・・・。持ち主の方も、相当試みたようだが、外れない・・・という事だった。

 どうしよう?

 DSC_2064_convert_20180402230232.jpg

 こういう時は、無駄な抵抗せず、まずはクランクを外す。

 このままでは六角以外では抜けないので、なんとか別加工して、やらねばならぬ。

 DSC_2065_convert_20180402230241.jpg

 毎度万力で固定します。

 DSC_2074_convert_20180402230337.jpg

 このように、ペダルを外してシャフトを削り平面を作る。

 DSC_2075_convert_20180402230401.jpg

 裏も同じく、平面出します。そうしてだな。

 DSC_2067_convert_20180402230304.jpg

 そんでもって、平面ができた部分を、再度万力で鬼締めします。そして、クランクのチェーンリンク部分にボロ切れ引っかけて、外す方向に思いっきり回してみる・・・と。なんとか回った・・・。

 DSC_2069_convert_20180402230313.jpg

 外してみると、グリスのあった部分が、粉々に。

 DSC_2079_convert_20180402230411.jpg

 もうカサカサ状態、これは普通じゃ抜けなかったはず。万力様々だなあ・・・、相変わらず。

 DSC_2070_convert_20180402230320.jpg

 このままじゃあ、と思いまして、タップもしっかりかけておきました。

 DSC_2080_convert_20180402230420.jpg

 これくらいのカスが出るんですね。

DSC_2072_convert_20180402230328.jpg

 結構キレイになります。汎用性の高いクランクなんで、そこそこのグレードにすぎませんが、でもここまでね、なんとか。

 これを左右一対分やって完了。

 DSC_2082_convert_20180402230429.jpg

 再度両者にグリスを注入して。

 DSC_2085_convert_20180402230446.jpg

 新ペダルを付ける。

 DSC_2086_convert_20180402230455.jpg

 固着したペダルを外して、新しいペダルを付けただけとは言え、結構手間がかかっています。といっても万単位で、工賃とれるものでもなく・・・、といって、仮に外れないとしたら、クランク交換は必至だったとすれば、それなりの施工であったとも言えるわけで。

 ペダルは派手なパーツではないが、これ一つ無くては自転車が走らない、という意味で、最後の一行まで重要な文学の一部でもあるんであります。

 DSC_2087_convert_20180402230504.jpg

 すごい端下がりだったサドルも戻す。高校生のものです、推測つきますなあ・・・。

DSC_2083_convert_20180402230438.jpg

 これで部活から、通学に使われる。まだまだ整備すべき所は多々あれど、まずはこれにて!

 最初の一行から、最後の一行まで、文学は大切なのと同じように、どのパーツにも優先順位は実はない、というのが自転車なのでありました!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター