メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2020年05月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

娘へ・・・孫???

DSC_0452_(コピー)_convert_20200531211935

 マングースといえば、蛇が好物な小動物でありますが、マウンテン系のメーカーでもあります。

 それがこんなスタッカート型の自転車作っていたとはね。

 こいつもなんだが、長年放って置いて、そろそろ稼働させて娘に譲ろうと思ってね・・・と、お父さんは言う。

 中学生にでもなるのかな?

DSC_0454_(コピー)_convert_20200531211912

 ホホー、ついこの前まで、この後ろ子乗せに乗っていた娘さんが中学生にでもなったため、整備して渡してやろうということか、と何疑うことなく、そう思ったんだが・・・。

 DSC_0453_(コピー)_convert_20200531211925

 なんと嫁いだ先に持って行かせようということらしい。へえ、そんな大きなお子さんがいるようには見えませんね、そうなんですか・・・。

 するとこの子乗せは?

 近々孫も生まれるんで・・・ときた。

 イヤー、人は見かけによらないねえ、まさか孫が早々にできるような年には見えないもんなあ・・・。

 でも何だ、大体十五すぎれば、出産が可能となる、その子がまた銃後で出産したら、三十でっ孫持ちになる・・・、何もその方がそうだとはいっていない、そういうことも可能だといっているだけね。晩婚化の世の中だと、簡単にそういう自体は信じられないが・・・。

 でも、かつては親の末っ子より、その長女の子の方が年上、つまり叔父叔母が甥姪よりも年下なんてことがあったっていうからなあ・・・。

 まあ、それは横置いて、子乗せはそのままで、安全に乗れるようにメンテシてほしい、というご要望だ。

 DSC_0455_(コピー)_convert_20200531211904

 例によって、ワイヤー類すべて交換ね。

DSC_0456_(コピー)_convert_20200531211854

 チェーン、クランク周りのチェック。

DSC_0457_(コピー)_convert_20200531211843

 イヤー、駆動系なんてもう新車同然だよね・・・、走りは多分新車と同等イヤ、それより上かもしれませんぜ。

DSC_0458_convert_20200531211831.jpg

 ブロックタイヤだが、暫くはこれでいいとのこと。

DSC_0460_convert_20200531211810.jpg

 女性の自転車にカゴは必需・・・でありましょうな。

DSC_0459_convert_20200531211822.jpg

 暫くは、後ろに誰も乗らないので、一本脚スタンドでいいでしょうということだった。実際に産まれた孫の首が座って、子乗せに載せられるようになったら、リアホイールのシャフトを中空シャフトから、無垢棒のシャフトに交換して、両足スタンドをナットでしっかり止める、という形式にしたほうがいいでしょうね。

 それなら、ガッツリ車体を立てることもできるし、子供を子乗せに乗せたりする間の安定感を多少は一本脚スタンドよりも稼ぐことができるでありましょうから。

DSC_0450_(コピー)_convert_20200531211945

 一足・・・、いや二足早いかもしれないが、まあ、この状態で戻すべし。当初は子乗せ外して乗ればよし、そして売れて、首が座って一定体が大きくなったら、子乗せを取り付けて、使えばよし、ということだよね。

 スタッカート型のフレームだし、ハンドルも視線を高く乗れる設定だしと、安全設計ではあると思いますな。

 でも自分が乗っていた、子乗せに、自分の子を載せる・・・、ものが頑丈で、大切に使えば、そういうことも可能なんですね。世代の横滑りですね、まだまだ自転車も若い!
スポンサーサイト



営業申請受理! 多角経営に 仮免許



 とにかく、今月はじめから、強引に開いた狸市、徐々にご近所様には認知を頂いてきているようです。


 また、先日本ブログで公表した、保健所への営業許可申請ですが、まあ、最短、最安の方法で、ついに許可を取ることができました!!!!

 これにて、本格多角経営の始まりです。お陰様です。

 承認は6月1日ということなので、今は仮免状態ですが、毎度のことながら、見切り発車とさせていただきます。

 100798571_3067745013304646_125424718764310528_n.jpg

 ご近所の方で、店勤務ながらも、今まだ人を招き入れ難い中で、なんとか営業していこうと集まってきてくれている方々です。

 99111145_3067744926637988_3088828591090171904_n.jpg

 徐々に商材も集まりつつあります。そして来月から、この店主も本格参入する予定です。汁無し麺なんかを仕掛けていこうか?と思います。

101005453_3067745023304645_41954357238824960_n.jpg

 このレモネードも、定着してきたというか、固定ファンが付いてきてくれています。これからどんどん暑くなっていく中で、飲み物開発も一段と活発になっていきそうです。いま店主は自家製コーラを実験中であります。近日中に・・・。

 99127651_3067745033304644_5770354833521377280_n.jpg

 どっかから仕入れて、単に売るだけじゃあない、もっと届けたいものを売る、ってな感じでやってきていますね。写真見ても解ると思いますが。

 100648163_3067744953304652_3760069401781469184_n.jpg

 この季節、天気がいいと、本当海の家みたいね、海のない海の家になります。

 100647613_3067744839971330_4703394122931634176_n.jpg

 そして、飲食の裏では、臨時のフリマをやっていました。なんとも怪しい感じでそれがまたいい。こうしたことが定着していくと、まあ、ちょっとした小銭が回るようになる、今はそんなことしかできないが、こんな側面をもっと展開していく価値は大アリだ。

 100740258_3067745099971304_9011157775773859840_n.jpg

 と、もちろん店主は、自転車屋として営業している、多角経営だからねえ・・・。

 100748966_3067744826637998_8221669622001172480_n.jpg

 そして、ここはまた夕方以降がまた売りになりそうだ。そんなことも兼ねて、次は酒販売の免許も申請する予定であります。

 自転車は飲んでも引いて帰れる利点がありますから。

101146180_3067744836637997_2847921504635584512_n.jpg

 こんな夕方以降でも、裏では夕涼み将棋なんかも・・・。

 まあ、色んな人が集まってはつながる、交差点・・・だね。たしかに色んな人が来てくれるように、よりなってきている。ありがたい、そして、五年ここで開業しているが、ここを自転車屋と認知していない人の多いことにも気がつく。

 こうした狸市が、また自転車屋としての知名度にも繋がっていくとしたら、まあ宣伝効果とでもいえるかもね。

 5月の最後の日、日曜日も、気合を入れて、飲食等をやっていきますので、是非お立ち寄りを!

流石伊達やろう 伊達は伊達のまま 電動外してやろう



 これは後輪なんだが、ただの後輪ではないね。はい、電動自転車の後輪なんですね。

 DSC_0322_convert_20200530224456.jpg

 しかし、お見事・・・といっていいね。イタリアもんは、工業製品を工芸の域にまで持っていきそうだ。オールメッキの電動部なんだが、この中にモーターや電池まで含んでいるそうだ。なので、無骨な電池をシートチューブにおかなくてもいい。

 一見しても二見しても、自転車全体が電動自転車には見えてこない。日本の工業製品としての電動自転車に見慣れている身としてはね。

 まあ、ここまでやるか?という粋かもしれないが・・・、でもまあ、やってもいいよね。日本は工業製品は工業製品として、割り切りすぎているようだな。そこに美や粋はなかなか持ち込まない。

 工業製品としては優れているかもしれないが・・・それ以上以下ではない。

 ところがイタリアものは、そのへんの根本的なセンスというか思考が全く異なっている・・・といっていいかもね。

 かつてのシマノとカンパの違いは、そうしてものを典型的に示していたのかもしれない・・・、いや、まだシマノがかんぱに引きづられていた頃は、それほどひどくはなかったが・・・。

 今日、この両者の関係は、残念ながらカンパがシマノの後追いをすることで、カンパの中核的なファンを落胆させているんじゃないか?と思うね。

 店主はその筆頭とは言わないまでも、金積まれたって、今のコーラスなんかつけるのはゴメンだな。あいつを載せるフレームを想像することすらできない。

 せいぜいできてケンタウロ、しかもあのプラを混ぜた最低のリアディレーラーは使わないな。別のものを探す、そしてエルゴと力づくでも合わそうとするだろうな。

 まあ、そんなことはもういいとして、もともと工芸をも内に秘めているこの日本であればこそ、工業製品の中に、もっと工芸的要素を入れていってもいいんじゃないか?なんて思うがね、柳宗悦の工芸運動なんてのは、用と美が結ばれるものをして工芸としているらしいが、工業製品とて、そうした道を目指すというのも大いにありだろう。

 第二のジョブズを日本で待ち望む・・・なんていうと、敷居が高すぎるのか?土壌が違いすぎるのか?今の日本の保守的?保身的?サラリーマン的?役人的?経営陣との違いがでかすぎて、なんとも雲をつかむような話なんだが、日本古来の工芸的美的センスと、高機能をそなえた工業デザインとどう融合させながら機能美を実現させてくか?

 そうした観点から、再度工業製品と捉え直すなんてことは存外難しくなくできるのではないか?なんて思うんだが・・・、まあシマノさんにはあまり期待はできないねえ、今の所・・・。


 話は戻るが、そこまでやるか?というイタリア電動アシスト車なんだが、こいつの電動部が動かなくなった、という。

 さて、どうしようか?と考えたところ、内装ギアの自転車にできないかと、考えついたという。

 はい、無理のない選択ですね・・・。ただし、ここにインターファイブとかシマノものつけるの?あのモロ工業製品です!ってやつを?

 もちろんこんな、車体に興味を持たれる方が、そこに一直線に行くことはしません。別の選択肢を取りました。

 スターメーで組めないか?と。

 大いに正解かと思います、思いつき的には、問題はそれをどう実現するか?ということであります。

 なんとエンド幅が120ミリ、・・・来たよ。

DSC_0323_convert_20200530223907.jpg

 改めて、現物を取り寄せて、どうしたら十ミリ削れるか?を検討する・・・。まあ、そんなことをする自転車屋は、たしかにあまりいないだろうね。

 この分厚い二枚のナットを削る、極限まで削るとなると、なんとか120ちょっとまで幅を狭めることができそうだ。

 DSC_0324_convert_20200530223856.jpg

 こうしたボッテリした厚みのものを

DSC_0325_convert_20200530223846.jpg

 こうやって削っていく。何度かフライスと本体をいったり来たりさせながら、まあ120エンドに収まった。ちょっと今回は半信半疑だったが・・・、よくやったわ。

 そして、それでホイールを組んで・・・、ここまでくれば、七割できたようなもんだ。

 DSC_0426_convert_20200530223816.jpg

 スポークも短いので、一々切ってネジ山立てて作ったもの。

DSC_0425_convert_20200530223826.jpg

 スターメーの仕掛けが付いている、このカバー形式でないのもあるんだが・・・。

 DSC_0427_convert_20200530223808.jpg

 そして、内装五段のため、それを引くシフターがなんとフリクションのこのシルバー。これはこの車体を考えれば、見た目としてはほぼ最高?なんじゃない?

 ただ、フリクションだから、このくらい引いたら・・・、ほれシフトした・・・という悠長なもの。シフター側でカチン、カチンという区切りがないので、勘で引いていくしかない、まあ慣れの問題だ。

 DSC_0436_convert_20200530223706.jpg

 ハンドル周りもシンプル、そしてシルバー基調。

 DSC_0429_convert_20200530223800.jpg

 前輪のハブダイナモも、シャレている。これがシマノものだったら、性能はいいが、工業製品に過ぎなくなってしまう。

 DSC_0430_convert_20200530224437.jpg

 ライトもまた、いいですねえ、比べちゃななんだが、ただ明るいだけのシマノものとは違うね。

 DSC_0432_convert_20200530224420.jpg

 クランクも、選ばれてあるね。

 DSC_0431_convert_20200530223733.jpg

 これがフレーム、アルミのいいところをシンプルに組んである。こういうのもセンスなんでしょうな。

 DSC_0433_convert_20200530224410.jpg

 カバーがもったいないが、確かブルックス・・・だったかな?

 DSC_0424_convert_20200530223836.jpg

 イタリアの電動自転車を選んだ、そのセンスで、電動から内装式の自転車に変えてしまった。

 もちろん変えるためには大変な手間がかかったが、そういうしっかりした司令塔がいると、こちらもなんとかやりやすい、というかいい環境下でやっていくことができる。

 折りたたみだね、冒頭の電動部分は確かに重いが、でもまあ、よくこんなものをこうした風体としてデザインしたもんだね。

 これとはまた別文脈で、この国にはこの国独自のものづくりの諸形式があるわけで、それらを組み直したり、編成し直していくだけでも、またアッと驚かせるものづくりができる、条件はあると思うんだがなアア、それを阻止しようつるその他の条件を排除していくこと・・・なんかもしないといけねーな・・・。




子育て自転車ブルホーン化 からまだ飽き足らず・・・



 前後にごっつい子乗せを載せて、電動アシスト・・・は見当たらない、とにかく重いご苦労さんな、自転車ですね、頑張ってねー。

 と、これはお父さんが乗っている自転車。ちょっと前に、この手の自転車にもかかわらず、ハンドルをブルホーンに変えて、上体のポジションを変えることで、より力を出せるようにした一台なんでありますね。

 そこからまた月日が経ちまして、またまた改造熱が再来、というか日常の必要に応じて、どうも要望が出てきたようでありますね。

 内装三段をもっと増やせないか?外装にできませんか?ということに。

 もちろんできないことはないが、スゲー手間はかかります・・・。なんせホイール一本組み付けないといけませんからな。

 しかももとのリムということになると、同じホール数のハブを探して、スポーク長を計算して、ちょん切って、ネジ山切って、そしてハブの幅をまたエンドに合わせて加工して・・・と、それから組み直さないといけません。

 DSC_0416_convert_20200529225521.jpg

 ピンぼけで見えにくいが、ティアグラの36ホールのロードハブを使う。エンド幅を加工・・・。そしてこいつで組み付けて、

 DSC_0413_convert_20200529225530.jpg
 
 8速のスプロケを入れて、外付けでディレーラーを据え付け、チェーンはホイールベースが長いので、二台分使う。そうそう、ギア比を考えて、クランクも少しデカくしたっけね。

 DSC_0417_convert_20200529225513.jpg

 ディーラーをつけたことで、それを迂回する形の両足スタンドに付け替えないといけません。まだ子供を載せるので、乗せ降ろしのときのために、両足スタンドは使わないとね。

 DSC_0418_convert_20200529225504.jpg

 シフターは8速用のピアノタッチ式。グリップシフトよりこちらを選択。ここはわかりにくいが、ブルホーンバーの先端に垂直に付けたとまり木に設置した。

 DSC_0420_convert_20200529225454.jpg

 このレバーは、サドルの下に付いている。一体なんだと思います?

 先のスタンドを変えた際、それまでのスタンドから掛かるようになっていた、ハンドルロックが使えなくなってしまった。前に子供が乗ると相当重い、それがちょっとした傾きでハンドルがガクン!と傾いてしまうと、車体が倒れないとも限らない。

 そういう時に、ちょっと車のサイドブレーキのように、サドル下の頃レバーを引くことで、ハンドルロックがかかり、簡単には回らなくなる、という仕組みを残したわけね。

 DSC_0411_convert_20200529225540.jpg

 鈍重に見えるが、意外とハイテク。これで前後の子乗せなんかが取れたら、その本性がむき出しになるでしょう。その時は、また当店で最低限の装備だけを残した、ちょっとやそっとのロードに負けないスペックにしてやりたい、なんて勝手に思ったりしてね。

いよいよ多角経営へ



 当店一階に、実は使っていない台所が一つあった。まあ使っていないとなると、倉庫状態になってしまっている。

DSC_0376_convert_20200528222524.jpg
 
 とりあえず使わないものしまっておくか・・・という感じね。

 ただ、それだけで寝かしておくのももったいない、水は出るしね、電源もきている・・・、なんか利用できないか?

 ならいっそ保健所の許可でも取ってみる?営業許可ものを作る場として、作り変えでもしましょうか?という話が持ち上がって、ここ二週間。徐々に事が動いてきた。

DSC_0377_convert_20200528222514.jpg

 通常二層式の流し台がいるんだが、なんと皿洗い機があれば一層式でもいいというんだな。だったら、皿洗い機のできるように水道周りを変えればいいということになる。

 ホームセンターをうろついた結果、アダプター対応で蛇口はそのまま使い続けることができると判明。 

DSC_0380_convert_20200528222504.jpg

 こいつね。安くはないが、二層式を購入して、流し台を動かして・・・なんて手間を考えたら、安いもんだ。早速購入なんだが、水道系の規格はインチなのか?ちょっと冷や冷やだったな。なぜって、コンプレッサーの規格もインチ系で、だいぶ勘違いして、アダプターで対応しなければならなかった過去があったからだ。

 DSC_0381_convert_20200528222455.jpg

 元栓止めて、外して径を測ったり慎重にアダプターを選んだわけでありました。

 DSC_0382_convert_20200528222445.jpg

 元栓と、この間にアダプターを挟むことに。

 DSC_0385_convert_20200528222437.jpg

 なんとか・・・、なんとか・・・。

 DSC_0387_convert_20200528222426.jpg

 このような脇から皿洗い機に繋げるための仕掛けが必要だったのだ。シーリングテープよりパッキンが大事なようで、後者がしっかりしていれば、前者を要らないくらい。

 しかし低層での水の圧って馬鹿にならないね、ちょっとやそっと締めたと想っても、本栓開けると脇から吹き出す、焦ってまた本栓締めて、増し締めし直す、そんなことを繰り返しましたわ。

DSC_0400_convert_20200528222413.jpg

 おかげさまで皿洗い機が置けまして、接続完了。動作確認よーし!

DSC_0404_convert_20200528222347.jpg

 こんな感じで、付きましたね。

DSC_0401_convert_20200528222404.jpg

 調理台を置きまして。

 
DSC_0403_convert_20200528222356.jpg

 冷蔵庫も置いたので、ちょっとした・・・いや、立派な台所ということができますね。

 そして・・・、忘れちゃいけない、

 DSC_0406_convert_20200528222338.jpg

 これですね、石鹸液のタンク。これも保健所指導のものであります。

 まあ、最低限の申請状態、最短で許可をもらうための設備ですが、これでもし取れたら、晴れて正式に店主の作った自転車じゃない、飲食物がこの店から出ていくことになります。

 これぞ、多角経営の始まり、始まり!ということで、他の料理人も集めて、分厚い内容とアイデアで、ご近所さん共々元気にしながら、やっていこうと思います!

 さあ、審査はどうなるかな?ドキドキだが、必ずパスしてやろう!

行商応援 カーゴバイクで生ビール その後

000 DSC_9620_convert_20200415214653

 居酒屋や飲み屋さんは大変だろう。解除の話が出ていながら、クラスターの話も同時に出たり、もう自衛するしかないね、だいたい同じ波長のもの同士で、それなりの自衛するしかないだろう。

 国や自治体の公表が信じられないんだから、自分たちでやるしかない、自分たちのやり方で。

 すでにかもしれないが、多分そういうことになっているし、そうなっていくだろう。

 やる人から、それなりの流儀に則って、やっていくしかない。

 そういうことで、自転車屋としてできることを考えると、当店で遊んでいたカーゴバイクを西川口でクラフトビールを売る方にお貸しした。

 000 DSC_9636_convert_20200415215441

 デカイと思ったカーゴバイクも、前後を切り離せば、車に積めたんだな。

 そして一路、西川口に!

000 93109782_1353826868151841_4980149025073266688_n_convert_20200416231118

 こんな感じで、営業イメージが送られてきた。前回はここまでだったんだが、その後、このカーボバイクで動き回りながらも、どんどん新しい行商の形式が出来上がってきたようだ。

100514777_570394920581873_3943105725227597824_n_convert_20200528221502.jpg

 出来上がりつつある営業形態がこれなんだって。

 なんか可愛らしい、従業員さんとビールのタンクを積んで、行商するんだそうだ。

 すれ違いざま「生ビールはいかがですか?」なんて声かけられたら、思わず一杯やろうか?なんて思うよね。

 100549514_1183947375297007_8311231153390485504_n_convert_20200528221451.jpg

 こうやって、夕方頃かしら?銭湯の前で待ち伏せする行商なんていうのも大ありだよね・・・。ピンポイントでの売りという発想、ありですねえ。

 当店の鉄箱でも最近何度かやっていますが、天気の良し悪しが売上等に影響するということは正しいのでありますが、それがすべてではないといことですね。例えば天気が悪くても、通る人の様子から、うまいタイミングで声をかけると取引が成立する。編みをかけなくても、一本釣りで商売はできるということなのね。

 漠然と店を開いているだけでなく、狙って投入するというのが商売の極意?そういう意味で、移動できるというのは有利なことも多いね。

 100476191_703316723826217_314145216678330368_n_convert_20200528221510.jpg

 このカーゴバイクで行ける範囲で、いくつか停留所的な定番を作ってそこを回るだけでも、タンクは空になるという。

 どうです?行商をためらっている方、街を知るということもとても大切なことですよ。外に出てみるというのも、新しい発想を刺激してくれるでしょう。

 そしてなによりも、安定した解除状態が戻ってくる際に、本店を行商でアピールしておくというのも重要かとも思います、そうすればタイムラグなく、新規のお客も含めて本店での再スタートが切れるかもしれません。

 本当に、大変な状況だと思います。業種は違えど、明日は我が身と身にしみます。

 でも一つのあり方として、こうした普通起こり得ないような時期を利用して、普段ちょっと頭の片隅にあったこと、やろうやろうと思いながらも後回しにしてきたことなんかに思い切って、挑戦してみる・・・ということも打開への大きな一歩になる可能性も高い、と思います。

 持っている自転車の改造、追加や取り付けなどを利用して、行商してみませんか?きっと新しい発見があるはずです。その発見の一番の収穫は、もしかして、ご自分の新しい一面、かもしれませんよ。

 お気軽に、お声をおかけください!

親子で共用 「子供自転車」



いわゆる子供自転車がやってきたんだが、それがまた相似形。この小さい14インチだったかな?こいつとそっくりさんが、偶然やってきたんだな。

DSC_0373_convert_20200527220358.jpg

 まあ、同じ黄色というところと、ダウンチューブ一本というところが、相似形のように見えるんだが・・・。

 それぞれ全く、違う道を歩むことになる。

 ちっこい方は・・・。

DSC_0391_convert_20200527220340.jpg

 まあ、前後のタイヤ交換と各所調整ということで、三歳の男の子に引き取られていった。まあ、よくある展開ね。

 と、もう一台は・・・これが何かファンキーなんだなあ。

 何がファンキーか?っていうと、この「子供自転車」をお母さんと娘とで共用できないか?という発想を持ってきた、当のお母さんご自身が、ファンキーなんだろうと思いますね。

 といっても見た目は全くド派手ではありません、普通のお母さんですが、なんでか小学生の娘と自転車を共用したいと思ったのか?わかりませんが、そうした改造してくれるところがないか?と探していたら、当店にぶち当たった、ということだった。

 お父さんもご来店の際、同伴だったんだが、依頼の内容にはほとんど立ち入ってくることがなかった。通常なら逆だろうと思いますが、主導はお母さんでありました。こういうこともあるんですねえ。

 で、娘と共用ね・・・。ならば、

DSC_0395_convert_20200527221120.jpg

 サドルとピラーは完全大人ものにしないといけません。なので交換。

DSC_0396_convert_20200527220313.jpg

 ハンドルについては、このお母さんフラットバーを強く希望、だったのでこれがついた。あとはこのブレーキレバー、プラ式の実用車用の定番といえば定番なんだが、テコ比がいいのか引きやすい。柔らかいところからいい引き白で、グイと引けるんだよね。なので、小学生のこの握力でも、問題はありませんでした。

DSC_0397_convert_20200527220304.jpg

 膝がハンドルに干渉しやしないか?という危惧からの選択かもしれないが、試乗したときには乗りやすそうだったなあ。好きなハンドルを選んだだけのことはある。

 DSC_0398_convert_20200527221106.jpg

 あとそうそう、娘と共用なので、ピラーの上げ下げは簡単にできないといけませんので、手で回せるものに交換。

 DSC_0392_convert_20200527220331.jpg

 こんな感じになる。親子でかわりばんこに試乗する。お母さん、サドルが後ろにあっていいわと。長い距離乗ると、疲れるかもしれないが、気に入ったと。

 そして娘っ子。最初打ち合わせに来た時は、何かお母さんと乗るのヤダと言っていたが、まあ、そんなことはどこ副風で、もういい加減におりなさい!といわれるまで、試乗していた。

 しまいには、これで横浜に帰りたい!とまで・・・ね。どうも大変気に入ったようだった。

 多段にすることも、何か今後選択肢においているようだった。周りがあまりに激坂なので、これで克服しようということは全く考えていないようだった。

 結局のところなんで、こうした形にしてまで、共用したいのか?はわからなかった・・・、まあ、そういうことなんだろうなあ・・・。と、まあもしまたご依頼があれば、また一歩踏み込んで何かがわかるのかもしれない。

 DSC_0399_convert_20200527220244.jpg

 この小さい方も、もしかしたら、親子で共用になるかもしれない。そんな話をむけたら、それは面白い!と小さい自転車のお母さんからの反応が良かったからだ。ファンキーなお母さんは一人とは限らない、はい、型にはまらない方々、ドンドン出てきていいし、それに応えれるように、こちらもよりファンキーに精進しないといけないな。

トレックが鉄だってさ



 今をときめくトレックといっていいのかな?

 へえ、鉄の自転車も作っていた時代もあったんですねえ・・・としらばっくれてみる。あまり数は見たことはないが、鉄のマウンテン、クロス系は何度かある、ロードも・・・あった・・・とは思うが、あまり印象にない。

 DSC_0078_convert_20200526224910.jpg

 単に乗れるようにしてほしい、最近ある寝た自転車を起こす、というシリーズになるが。もともと自分の自転車だったのか?誰かの自転車を受け継いだのか?あまり自分の自転車の意義を知っているというようではなかった。

 まあ、とにかく乗れればいい・・・。

 でもまあ、トレックというね、今をときめくメーカーが鉄で自転車作っていた時代のもんなんで、大切にしてくださいよ・・・、とポカンとしている持ち主にいう。

 まあ、さして愛しているメーカーでもないが、鉄という自転車には点は甘い。

 DSC_0084_convert_20200526224843.jpg

 昔のカンチがついているが、調整すれば止まる。ガッツリというほどではないが。

 DSC_0080_convert_20200526225211.jpg

 このディレーラーも、今のエントリー系と変わらないね、一体何年前のものなんだが・・・、それでも動く、シマノのすごいところだね。今はなきフランス系のものなどには、一部にプラが使われてあったり、それでも壊れないならいいが、その部分だけがへし折れていたり、とだいぶ苦労させてもらったこともあったわ。

 DSC_0077_convert_20200526224919.jpg

 まあ、毎回いっているが、ワイヤーチェーン交換は要ではある。これらの交換で、よりまず所が浮かび上がるというのも事実なのだ。

 DSC_0086_convert_20200526224824.jpg

 このグリップシフトの、持ち手がだめになっていた。今様のものはあるが、探すの苦労しそうなので、グリップをうまく切って、食いつかせてみると、意外と使えたんだな。

 DSC_0087_convert_20200526224814.jpg

 これでシフトもほぼ完璧、タイヤも前後交換したし、もう過不足なしの状態になったぞ。

 DSC_0085_convert_20200526225200.jpg

 こいつも、出荷当時のものそのものなんだろうな、グリスを塗って焼付き防止。

 DSC_0072_convert_20200526224928.jpg

 ま、文句を言えば古いパーツ類もあるが、機能的には全く問題ない形で、再生ができた。

 そして、ほぼ無自覚な持ち主の方に、試乗してもらう。

 想像を超えていたようだ・・・。まさかここまで良くなるとは・・・、と思っていたらしい。

 ある意味、ボロボロにしてしまった自転車に対して、同じように思う人は多いようだ。だから、中には大変申し訳な層に持ってくる人も少なくはない。

 半分以上ダメかと思っている人に、再生号を渡すと喜ぶよりも驚かれることのほうが多いかもなあ・・・・。

 一気に愛着が湧く、それまでの対応を大反省して、これからもっと大事にする!という展開になるのは喜ばしいことだよね。

 もう機能的には申し分のないものになっています、まあ、Vブレーキに変えたりすれば、日本一周だって、できますよ・・・。

 なんていうと、相手の目がキラリと光る。

 本当ですか?

 本当、本当、日本一周、この車体だったらできるでしょう。ダボもあるし、なければつける。荷物も詰めるし、重くたって、前3枚でしょ、どこでも行けるよ・・・。

 へえ・・・、そうなんですか・・・。

 まあ、もし日本一周する前には、また持ってきて、総メンテだと思うけど、できるよ、きっと。

 はい、そのときは持ってきます!

 と、本当に日本一周するかどうかは、横置いておいて。ちょっと前まで、乗れればいいや・・・という人が、嘘でも日本一周なんてところに、自分の自転車を重ね合わせることができたとすれば、まあ、悪くはないね。

 きっと、じっくりと、自分が持っていた自転車の価値に気づく、後から気づく、そして、乗りながら、自分の体が徐々にエンジンとして優れてくることも感じるだろう・・・。

 まあ、そう考えると、改めて自転車ってすごいねえ・・・と思うわな。


ロータークランクを仕掛ける



とあるとこから依頼が来た。何でか知らんが当店に来たので、受けたのだった。

送られてきたものを見るとだ。

DSC_0335_convert_20200526000730.jpg

 開けるとアルミのピストフレームに、ローターのクランクが付いていたんだが、回すとチェーンステーに干渉します、ほんの少しね。こいつをどうにかしてほしいという依頼。

 まず対策とるには、敵を知らねばね。書いてある数値や、構造を観察する。

 DSC_0371_convert_20200526000612.jpg

 このBB73ミリのようだ。そして、クランクもそれに合わせて作られている。なるほどね。そして、フレームのBBソケットは68ミリ、五ミリ埋めないといけない。スペーサーは送られてくるが。

 では干渉する側に一枚スペーサーを入れればその分クランクは外に行くので、問題解決ではないか?わざわざ依頼しなくてもいいような案件である。

 で、入れてみる。やはり干渉する。なぜだ?入れたスペーサー分外にいったはずなのに、何で、干渉する?

 よく見ると、スペーサーを入れた分以上に実は、すでに外いでていたということだ、それでもなおクランクが干渉していたわけだ・・・、すでに外に出ていた以上により外にクランク本体を持っていかないと、この干渉は収まらない。

 意外と込み入っている案件であった。

DSC_0354_convert_20200526000721.jpg

 内部をよく観察して、その構造を見極める。クランク自体がすでに73ミリ用の加工がされているので、クランクの内部構造がすでに68ミリよりも外に出るようになっている。であれば、より外に出すためには、クランク側の逆、つまりBB左側を削って、その分右にスペーサーを入れて、全体を右にずらだないと、この干渉は亡くならない。

 DSC_0358_convert_20200526000713.jpg

 うん、やはりチェーンリンクの内側が干渉する。加工しないと。

DSC_0360_convert_20200526000704.jpg

 こいつの出番だ。

 DSC_0362_convert_20200526000656.jpg

 ここを少しずつ削る。何回かに分けて、削ってはBBを装着して、クランクを通して、干渉を確かめる。意外と手間のかかる作業だよね。

 DSC_0364_convert_20200526000647.jpg

 ようやっと四回目で、干渉を脱出。できるだけ最小の削りにしたかったのだ。

 DSC_0367_convert_20200526000639.jpg

 本来なら、2ミリ削って、7ミリのスペーサーを入れると計算取りなんだが・・・。

 あまりQファクターを広げたくなかったので、1ミリ削って2.5ミリのギリギリ許されるスペーサーを一枚入れて、施工を閉じた。

 DSC_0369_convert_20200526000630.jpg

 はい、干渉を解消いたしました。

 DSC_0370_convert_20200526000621.jpg

 しっかりした作りとのローターのクランクがつきました。厳密には73ミリではなく70ミリギリギリ弱ぐらいになったかな?イタリアン・・・みたい。

 内部の構造との関係ですが、観察の結果、少しだけでもQファクターを少なくしたかった、ということであります。別にそこまで、頼まれたわけじゃあ、ないんだが・・・。
 
 とりあえず・・・、完成ということで、お繰り返します。

使えたのは Fメカだけ・・・



 もらったんですが、乗れるようにしてほしいんです。知り合いのつてから来た話。

 あれ?スペシャじゃないの?これなら手入れをする価値はだいぶある。

 DSC_0350_convert_20200524203814.jpg

 しかも、シラス。シラスといえば、ドロップ化して、サハリンまで走りきった人がいたね。ボリュームゾーン車体にて、手抜きなしだろうな。ジャイアントにしろ、スペシャにしろ、そのへん大手は最強のものを作るんだろうな、面白いか否かは別にして。

 と、そこそこのものをもらったはいいが、まあ、あちこち大変だ。結局使えたのがフロントメカだけという、惨憺たる状態だったんだが、躯体がいいものは、なんとかなるんで、なんとかした。

 予算に厳しいものがあったらしいが、月賦でも何でもいいんで、とにかく治す。

DSC_0344_(コピー)_convert_20200524203913

 すべてのワイヤーに、グリップ交換。

DSC_0345_convert_20200524203902.jpg

 ブレーキもシューだけじゃあない、本体ごと交換。

DSC_0348_convert_20200524203832.jpg

 もう有りもの攻撃、たまたま前後揃ったが、揃わないことも多し。

DSC_0346_convert_20200524203852.jpg

 唯一、付いていたもので使えたフロントメカ。もうゴミ同然で、人にあげるともらった一台だったんでしょうな。

DSC_0347_convert_20200524203842.jpg

 ところがどっこい、部品の入れ替えで、自転車は生き返ります。もう、ほとんど何もなかったかのごとくにね。

 DSC_0349_convert_20200524203823.jpg

 これも東久留米から、三鷹までという、そこそこの距離を自転車通勤のために使われるということだ。

DSC_0340_convert_20200524203934.jpg

 多分もらった方も、乗れればいいか・・・、最低限のメンテで、と思ったと思うが、最低限で乗るんじゃもったいない一台、ある種とことんやってやった。

 そして乗るうちに、この自転車の本当の価値に気づいてくれればいい、後効きというやつだ。わかっている人を、より驚かせるメンテというのも、反応が早い文、それなりに嬉しいもんだが。

 わかってない人が、乗るうちの徐々に、その価値や機能に気づいて、じっくり愛着が湧いてくる、お前結構いい車体だったんじゃん・・・というのもいいね。

 後々、から例を言われるパターンなんだな。渡したときは、何もそこまでやらなくても・・・という顔しているんだがね。

 東日本大震災のときにも、自転車通勤は増えた。そして、今回のコロナでも多少は増えていると聞いている。その分、マナーもだいぶ落ちて、危ないこともあるとも。

 そして、時間が経って見ると、その中から数%が自転車乗りとして残るというパターンなんだろうなあ、と薄々思って入るが。

 問題は、震災の余震のレベルを超える、長時間・・・かもしれないコロナの影が暫く続くかもしれない、ということ。早く、この悪夢のようなコロナ災禍は終わってほしい、なかったことにしたい、という思いが、解除だ何だで、しっかり緩むんでありましょう。

 そして、第二波、第三波という具合に必ず来ると思っていたほうがいい。

 6月解除で、7月部分緊急事態舞い戻りなんてことだって、起こるかもしれない。ビクビクではない、緊張感を持って、暫く日常をくぐっていかないといけませんな。

 自転車通勤しかり、自転車行商然り、今後もその手の支援を続けてまいりますよ。

次はボクサーか?



 このところ、アメフトの選手やホッケーの選手がちょっと出入りしてくれて、こんな偏屈親父の自転車クロストレーニングの話なんかを聞いてくれる。

 先日は、アメフトの監督さんまでパンク修理で来てくれた際も、店主は一席ぶってしまった。

 コロナで、思うような練習ができない、時間を持て余している選手らに、三密避けての基礎的受給力を上げるトレーニングといえば、やっぱり自転車でしょ?

 なんて話をしては、競技者の底上げなんかに本当自転車が役立ったらなあ・・・なんて思うわけであります。

 現役ではないながらも、漕艇選手なんかも来ていただき、自転車と他の競技・種目との関わりがより広く、深く繋がっていけばいいな、と切に思うわけなんだが・・・。

 今度は何やら別の選手がやってきたようだ。

 000 DSC_0314_convert_20200523220823

 問題はピラーが固着していたこと。こいつが伸ばせなければ、ある意味膝問題からすると、使えないということになる。

 まずはそこを直さないとね、ということで預かってから、ラスペネ漬けに・・・。

 なんとか伸びたんで、あとは総メンテとい事に。

 と、その青年。確実に体を動かしている形跡あり・・・、ところが全く日焼けをしていない・・・。

 室内競技かい?

 ええ、そうですね。

 相当体は動くんだろう?

 ええ、まあそこそこ・・・。

 競技聞いてもいいかい?

 はい、ボクシングです。東伏見にあるジムで。

 プロ志望?
 
 ハイできれば・・・。

 ボクサーはよく走ることでも知られている。十二ラウンドを戦う持久力を養うためだろう。それにもし自転車が絡めたら・・・と、店主は睨む。

 メンテも気合が入るよね。

000 DSC_0315_convert_20200523220814

 チェーン交換、当たり前。

000 DSC_0310_convert_20200523220832

 ボスフリーの交換も、サビサビだったからなあ。チェーンにそこそこのオイルを含ませると、信じられないくらいに、滑らかに動くよ。

 DSC_0317_convert_20200523220757.jpg

 ワイヤー類もすべて交換、これで自転車の神経は蘇る。

DSC_0316_convert_20200523220805.jpg

 ワイヤー交換は、張替えだけじゃあない、レバーと末端のブレーキの調整も当然、勘定に入る。ワイヤーはその超ど真ん中をつなぐものなんだな。

DSC_0318_convert_20200523220747.jpg

 ホイールの振れも取っておいた。この手の、入手しやすい自転車には、もう振れがある意味デフォルトの場合がほとんどといってもいい。多分機械じめのやつをポン付けしているんでしょうかね?

 テンションも結構バラバラんものもあるね・・・。

DSC_0307_convert_20200523220841.jpg

 これで、まずは乗れる状態ということで、スッキリできた。あとは本人とのポジション出しだよね。膝に負担をかけないポジションを出して、さて、こいつで、どのくらいの距離を練習として取り入れるのだろうか?

 ぜひ成果を上げてほしいね。次会うときには、うっすら日焼けをしている・・・なんてことを想像しながら、クロストレーニングとしての自転車の夢は、広がっていく。

謎の黒コンポ載せ替えました!



 アルミメガチューブといえば、こいつですが、こいつも長いこといますねえ・・・。

 載せ替えコンポして、何回目か?ある意味泣かず飛ばずなんだが、ものはいい。なので、見せ方変えて・・・と、今回も載せ替えなんだが、それがまた謎コンポ、しかも悪くないと来ているから困ったもんだ。

 それが、11速に格が上がるんで、ヨッシャ!とばかり載せ替えなんだが、フリーに問題があった。11速のスプロケが載らないフリーだったんだよね。

 でも大丈夫!最近仲間入りした旋盤くん、だいたい使い方というか、癖というか、容量というか、馬力というか・・・がわかってきたんで、段々と扱いやすくなっている。

 なので、フリーを外して、旋盤に据えてだね、バイトを近づければ楽勝!!!と言うはずだったんだが・・・。

 なんとフリーが抜けない・・・。いつもの十ミリレンチの形式とは違うんだな。まあ、ホイールをいくつか扱っていれば、そう一筋縄には行かないのはわかるが・・・。

DSC_0285_convert_20200522150034.jpg

 こうなってるんだな。ということは、一番上にある、切り欠きの入っている金具を回して外せば、これは取れそうだ、ということまではわかる。

 あとは工具ね・・・。専用工具はなし、もちろんなし。なので、代替できそうな金具なんかをはめては、レンチで掴んで、そのレンチに棒を通して、回そうとするが、力が直に伝わらない、伝わったと思ったら、金具が曲がる・・・。

 これは、モヒカン形式の専用抜き工具を作らないと・・・だめなんじゃない?

 直径30ミリの無垢丸棒をちょん切って・・・、まずこのフリーにピッタリ入るよう削る。

DSC_0283_convert_20200522150044.jpg

 これは旋盤でできますね。

 そして、あとは、あの切り欠きに引っかかるように出っ張りを作らないといけない。ということは、周りを落として、モヒカンのようにすべし。

DSC_0286_convert_20200522150025.jpg

 こいつは、老骨フライス盤を使って、削っていく。細かい切子が熱い・・・。

 それが終わると、今度は工具を引っ掛ける並行がほしい、そうでないと、元が丸棒なんで工具が掴みきれないね。

DSC_0288_convert_20200522150016.jpg

 こうして削って、面を出す。

DSC_0290_convert_20200522150007.jpg

 何か見た目は本気の工具のようだ・・・。

 DSC_0291_convert_20200522145957.jpg

 はい、そして、こいつを差し込んで、工具で回す!

 見事失敗でした・・・。ということは、この載せ替えも失敗?ということになるんだが・・・。

 裏から観察していた大森社長が、別の12ミリのレンチで、簡単に外してしまった・・・。自作工具製作にに三時間お以上・・・まあ、いい勉強だ、と思おう。

 で、無事ついた謎コンポだが。

DSC_0301_convert_20200522150537.jpg

 鳥の巣クランク。これは、台湾いったら必ず寄るクランク工場が作っていることが判明、ジャノメの立派なCNCがあったから、さすがいいもの作っているが・・・。

DSC_0302_convert_20200522150528.jpg

 おなじみ・・・というほど頻発してはいないが、このスラムをひねったこのリアディレーラー。作りもいいんだな。動きもいい。

DSC_0306_convert_20200522145837.jpg

 そして、このシフターとの相性が抜群ですよ。耐久性だけは使い続けないとわからないが、動きは悪くない、というか、いい!といってもいいですね。

 特にシフトアップがいいです、みじん切りの包丁のように、トトトトトッ!とできます。レースでも通用するでしょうね、セッティングによりますが。

 DSC_0304_convert_20200522150519.jpg

 ここだけは謎ではありません、でしょ?わかりますよね、こいつ。

DSC_0303_convert_20200522145905.jpg

 上位コンポはこのスケルトンではなくなり、ひたすらスラム化してしまった、カンパですがポテンザにはまだこのスケルトンが残っている・・・、ただ、シルバー切りやがったが・・・、というかカワシマは持っていない。

 ある意味唯一、ブランドがたっているのが、このブレーキのみ、そして残りは謎コンポなんです。

DSC_0298_convert_20200522145939.jpg

 フロントフォークはカーボンです、そこそこディープなホイールはいてます。

DSC_0305_convert_20200522150509.jpg

 こうしたカットはアルミならではですね、レース機材としての血も流れています、マジで踏むと、喜んで前に進み出ますよ。

DSC_0293_convert_20200522145948.jpg

 磨きと、つや消し黒のツートーン。水墨画にも見える。陰影というシリーズがあったが、アレのアルミフレーム版といってもいいかもしれないね。

 ということで、早いもんがちだ!20万をだいぶ下回って、再発売としよう!


カウンターだきぞー コロナの小銭回し 鉄箱大展開



 これでも、大分店らしくなったんだよなあ。

 五月の連休前辺りから、かなり恒常的に、ここで店をやってきた。軽食を中心に、ちょっとした地域のホットステーション?的存在になりつつある。

 目の前には、東伏見公園がある。若い公園なので、木がまだ育っていない、暑いときには暑いねえ。そして、周りは公園開発予定地域なので、いずれ立ち退きになるところなんで、コンビニがない。

 条件は悪くないところなんでありますよ。

96847494_3072035399520045_8638888388721639424_o_convert_20200521151138.jpg

 こんな感じで、一日開いていると、色んな人が寄っていってもらえるようになりました。

 さて、ここからがステップアップね。今から三年前かな?海のない海の家構想ってんで、ここで狸市をやったんだが、まあそれが受けた。たしかに、空が高くて、日差しが強いと、何か建物裏に海があるんじゃないか?なんて錯覚起こしそうになる。

 それを利用しましょうか?ってなわけで、もう少し店としての見栄えと機能を考えて、改良をしようということになった。

 98282771_3044078869004594_6579796554947756032_o_convert_20200521151341.jpg

 着脱式のカウンターを作ったんであります。最初板はコンパネでいいか?と思ったんだが、ここは見せ所だよね、一定の厚みのある杉の寄せ木板を購入して、縦に割って、三メートル以上のカウンターにすることに。

98081370_3044078719004609_7645856348902522880_o_convert_20200521151351.jpg

 仕上げに、亜麻仁油を板にしませて、完成。

 取り付けてみるか・・・。

97998447_3044078562337958_5961384847019606016_o_convert_20200521151110.jpg

 完成したぜ!

 一枚板じゃないが、まあ、木目もきれいだよね。オイルもいい色艶を出してくれている。

99288981_3044078602337954_4642262663701725184_o_convert_20200521151028.jpg

 よ!離れてみると、こんな感じですな。

98341906_3083358658387719_894064259468623872_o_convert_20200521151045.jpg

 ちょっと店っぽくなってきたかな?

 こんなものを作って、そこから往来を見てみると、今まで気づかなかったことに気づいたりもする。

 もしかして、早朝組に貸し出して、朝食スタンドにし、昼前に交代して夕方までは弁当軽食組、そして夕方から夜にかけては・・・。

97277717_3075719955818256_8568996205525204992_o_convert_20200521151128.jpg

 ヨシズでも立てかけて、蚊取り線香たいて・・・夏の夕涼みから、ここがどう今後使っていけるか?ということを真剣に考えてもいいだろうなあ。

 各種免許の取得なんていうのも検討時期というか、すでに着手していく流れもできてきた。

 ここを中心に、周囲の飲食店との強力をしながら、とにかく小銭を地域で回していく、せいぜいできることはそんなことなんだが、まずはやれることやっていく・・・。そういうことかと思う。

 小銭が地域で回る・・・、違法だろうが、紙幣に鉛筆で名前を書いて流通させると、「あれ?またこいつ帰ってきた、本当この辺回ってんだな・・・」と。こんなこときっかけに地域通貨なんて構想も面白いかもしれないね。

 細細とほぼ毎日、週末は三密守って大展開、冬以降の環境も考えつつ、相変わらずの見切り発車なのである!

ジワリと来てます 短いクランク



 最初は、着物を着て乗りやすい自転車、ということで開発したんでした、可動域を小さくするために、クランクを短くする。

 そしてつくってみたら、高齢者にとても評判がいい。着物という縛りの多い着衣に合わせてつくったら、脚の可動域に色々と問題のある高齢者にとっても優しい自転車になっていた、という落ちだったんだが。

 どうもそこでは止まらない勢いがありそうだ、この短いクランクに関しては。

DSC_0165_convert_20200520225036.jpg

 当店の最強クラスの理解者、元漕艇選手としても全日本クラスのお方がいらっしゃいまして、自転車もボートも、装備スポーツということで、装備と選手との調整の重要性に関しては、相当の知見をお持ちであります。

 それ以前に、体の使い方、というものを日本近代の軍事教練を取り入れてきた、いわゆる体育教育からきているものに、相当深い疑念と克服をも考えておられるようで・・・。

 全日本の漕艇選手クラスとしては、小柄といえる中で、大男たちとためで戦ってきた体の使い方、日本古来の例えば古武道などから伝わる体の使い方などにも、相当造詣が深い方と、お見受けいたします。

 そのお方が、店主の短いクランクバージョンものに乗って一足踏み出した瞬間、オー!!!コレコレ!とばかり走り出した。

 そして、即自らのクランク交換をご所望したんであります、さすが、身体的理解が早い。

DSC_0162_convert_20200520225104.jpg

 こいつを取り付けることと相成った。

DSC_0163_convert_20200520225053.jpg

 サンエスクランク、ラクランク、145ミリ。店主のものより5ミリ長い。分担しての実験でもある・・・。

DSC_0172_convert_20200520225015.jpg

 BBはシマノものと互換性ありで、取り付けも簡単ですね。12ニュートンだって。

DSC_0171_convert_20200520225026.jpg

 この低トルクレンチを使って装着完了・・・だったんだが。

DSC_0175_convert_20200520225006.jpg

 インナーが小さくなった分、トップ付近でフロントメカにチェーンが干渉する。もっと下げたいんだが・・・。

DSC_0178_convert_20200520224957.jpg

 フレームの構造上、これ以上下げられないので、スリットを削る、ひたすらに・・・。

DSC_0263_convert_20200520224932.jpg

 多少癖はあるが、なんとか交換完了。

DSC_0261_convert_20200520224940.jpg

 これ、柳サイクルさんのフレーム、ちょっと珍しい小径車バージョン。

DSC_0265_convert_20200520224923.jpg

 その他に変更はなし、もしかしたら、10速以上にしてやるほうが、クランクとの相性はいいかも・・・ね。

DSC_0266_convert_20200520224913.jpg

 STIのブレーキの引きなど、もう問題はないね、この今時のソラの出来の良さは、面白くないくらいいい。ただ、フロントメカの手長もの?早々に改良されると思うが、トリムなどがシビアに動かないところなどは、ダメだな・・・。


DSC_0257_convert_20200520224949.jpg

 そして、試乗のときが来た。もうご本人は、140ミリを経験しているので、はい!コレコレ!という感じ、こいつで長距離を乗り込んで、色々と知見をためていってほしいですね。

 ともう一人、漕艇の後輩がいるんであります。実際当店の常連さんとしては、この後輩の方との縁は大変長いんですが、黙って乗せてみたんですね。

 一発感想が、脚が伸び切るほんの数センチに最大の力が出せる、ボートも同じ、短いクランクは狭い可動域からそれを毎回転ごとに実現できると、即見切ってました。さすが・・・。

 あとは、クランクの長さによる、テコの優位性と、この脚自身の持っている最大筋の使い方をどの点で一致させて、最大を引き出せるか?というところに話は絞っていけそうだ。

 クランクの長さは、身長の十分の一、という欧州から来た基準をまた見直してみるというところまで行きそうですねえ。しかも自転車専門でない分野から・・・。

 この漕艇コンビは、慶応閥なんで、それ以外の競技なら早稲田応援するが、漕艇は慶応!ということで。

早大のアメフト部・・・ホッケー部から変わる・・・かも



 クロスバイクとレーサーとの間があるとすれば、この自転車かな?と思えなくもない。一見モロクロスバイクのようなんだがね。

 DSC_0241_convert_20200519230220.jpg

 ルイガノといえば、ちょっとオシャレ系のクロスバイクの大量生産、というイメージなんだが・・・。こいつが少し変わっているとすれば、ブレーキ。通常この手のブレーキはvブレーキと相場は決まっているんだが、こいつはキャリパーブレーキなんだな。

DSC_0239_convert_20200519230230.jpg

 なので、今のところはフラットバーが付いているが、こいつはすぐにドロップハンドル化することができる。Vブレーキをショートものに交換しなくても、ハンドルとSTIを変えればすぐにレーサーもどきに化かすこともできるのだ。

 DSC_0242_convert_20200519230556.jpg

 前が二枚で、

DSC_0243_convert_20200519230545.jpg

 後ろが八枚、まあどこでも行けるね。

 そして、とても変わっているのが・・・、

DSC_0238_convert_20200519230256.jpg

 なんとあてがいぶちのホイールなのに、前輪がラジアル組。ちょっと洒落てません?

 そしてもっと驚いたのが・・・、

DSC_0244_convert_20200519230144.jpg

 リアの反フリー側がなんとラジアル組。こんなのは、当店のような手組みホイールにこだわるような店がわざわざやるような組み方なんだが・・・、これまたあてがいぶちのホイールに、こんなおしゃれ?組み方をしている。

 このルイガノの企画には、もしかして、ワンポイントアイデアをひねり出した人がいたのかな?決して一般的でないこの組み方を見ると、どんな内部事情があったんだろう?と推測してしまうね。

 とまあ、自転車のことはこのくらいなんだが・・・、それを上回る話題がある。

 さて、このどちらかというとおしゃれで華奢な自転車に乗る人物なんだが・・・。

 DSC_0246_convert_20200519230535.jpg

 これなんだな・・・、もしかして!競輪の卵?!!!日々200キロを背負いスクワットなんかやっているというんだな。

 実はこれ、競輪の卵ではありません。なんと早大のアメフト部の部員さん。

 DSC_0247_convert_20200519230524.jpg

 なのであります。この数カ月、彼らは練習という練習ができていない。自主練まではできたのが3月いっぱいか?それ以降はグランドも使用禁止ということで、事実上のお手上げ状態。試合のスケジュールも組めない、本当に辛いんだろうと思う。

 そんな中で、なんか知らないが、アメフト部の寮から数名当店に来ては、自転車の整備やら、中古車体を購入しては、ちょこちょこ走っているようなんだな。

 といっても焚き付けているのは、店主でもある。自転車をもっと練習機器として利用せよ!というのである、まあここ何年も学生捕まえては、そんなことをといていたんだが。

 このアメフト部と同じ寮のホッケー部は、どうもそうした話を真に受けてくれているようなんだな。

 実際の試合や、練習では、重い体重を支えて動き回っているため、膝や腰に負担がかかっているはず。そこに、適正なポジション出しした自転車で数時間サイクリングをすれば、体に過剰な負荷をかけずに、疲労物質を分解しながら、なおかつ毛細血管を体の隅々にまで伸ばしつつ、基礎的な持久力がつくよ、という話をしてるんだな。

 ランニングや、ジョギング、ウォーキングで一体何時間継続できる?自転車なら数時間、遊びながら、景色を楽しみながら走ることができるよ・・・と。

 そんなことを言っているうちに、早大のアメフト部の監督さんまでが、パンクを直しに来たわけだ。そこでまた店主の持論を展開、意外と話を聞いてくれたんだな。

 ということは、練習という練習ができない中で、アメフトの有志たちが、なんのかんのと奥多摩ぐらいまで自転車でいって、ああ疲れた〜なんてやっているうちに、実際の練習が再開されて、紅白戦や大学対抗戦なんかが始まった時・・・、あの自転車組の奴らなんか知らんが調子いいなあ・・・というようなことがおこったら・・・。

 同じ寮なんで、ホッケー部にも実は何名かそうした有志がいそうなんだ。そうした連中が、それなりの成果を試合で出せたりしたら・・・、二つの異なる競技部でそれなりの成果が出たとしたら・・・、その他の競技部への波及、早大スポーの底上げ・・・なんてことに繋がったいかないかな?なんて夢想してしまうんだな。

 一部学生だけでなく、指導者、監督さんにまで、その効果が波及していったら・・・、クロストレーニングとしての自転車、というジャンルができたら、自転車関係者としては嬉しい限りだね。
 
 そういうデカイ夢はさておき、今この若い学生さんたちが、なんか盛り上がって楽しそうなのね。まずはそれが一番、そしてその中から、多摩湖へ、そして多摩湖数周回から、本当奥多摩湖へなんてことが起こりえそうなのよ。

 なんたって、基礎体力がある子たちなんで、冗談半分、ガシガシ踏んだら、アア死ぬかと思った・・・とかいって、奥多摩湖往復とかやってしまいそうなんだな。

 それが可能となった体で、アメフトやホッケーをやったら、それまでとどう異なるか?なんてこと、体感できたら、会得したやつから、自然と自転車に乗るようになるだろうね・・・。

 あとは、細かいセッティングや、ポジション出し、輪行の仕方、装備の紹介など、やってやったら、それこそ、自転車部の助っ人として、トラック競技出たりしてね・・・。

 まあ、どこまでどう行くかはわからないが、近年になかった展開、こいつは育てていけたらなあ、と切に思う。

 安価でも高性能な自転車作っておかないと・・・しかも学生価格でね。


老後のマウンテン



 まだ、実際にこの依頼者には会ったことがないんだが、電話での声の張りなどから判断するに、若い!

 気が若い、意欲も高い!とても七十代などには感じられない、勢いがある。

 今回はご本人は来ないで、自転車だけがやってきた、シューウィンのマウンテンバイクだったが、若い時相当乗り込んでいたというね。

 でもこの車体から見るに、若いときと言っても、二十代とかではまったくない、多分五十代・・・だったんじゃないか?と。

 それを今回引っ張り出して、また乗りたいという、メンテを頼みますということで、一定の高齢者ということを考慮して、こんな仕様にしてみたんだが・・・。

 DSC_0230_convert_20200519124709.jpg

 ハンドルをフラットバーから、もう少し体を起こして乗れるように、プロムナードハンドルにした。

DSC_0227_convert_20200519124718.jpg

 もろブロックタイヤを少しおとなしいタイヤにした。まあ、ダートには行かないでしょうということで。

DSC_0232_convert_20200519124700.jpg

 これもどうしようかなあ、と思ったんだがサスペンションフォークはこのままにしておいた。ペダルによる効率は落ちるが、サス癖のついたままリジッドフォークにすると、ちょっと段差などで危ないかもしれないということでね。

DSC_0226_convert_20200519124726.jpg

 もちろん多段はそのまんま、かつてどのくらい使ったかはわからないまでも、坂のある道を考えると、ギアはあって邪魔にはならない、あとは本当使い方だよね。

 で、今回の一番の改造ポイントは、ハンドル形状の変更でもギア比でもないのだ。

DSC_0224_convert_20200519124752.jpg

 ジャーン!ここです。クランクです。前クランクが三枚あったものを一枚にしました。スラム化ですね。あと、下半身の可動域を狭めるために、135ミリのクランクに交換しました。

 コロコロ回りますよ!多分ここの改造効果が一番高いんじゃないか?と思います。

 イヤ、どう出るかな?納車のときが楽しみですわ。

DSC_0225_convert_20200519124736.jpg

 この短いクランクは、高齢者だけではない、発展性を秘めている・・・と睨んでいます。今後の展開に注目ですぞ!

DSC_0221_convert_20200519124805.jpg

 まだ実際にはお会いしていませんが、納車の際、楽しみですね。高齢者だから・・・ということが前提になりすぎないよう、その方ご自身をしっかり捉えていかないといけませんね、そうでないと、一人一台は実現しないでしょうからね。



先端の戦闘機



 聞いたことがないメーカーだったが、もうその筋ではそこそこ知れ渡っているらしい。

 韓国産のカーボンフレーム、もともとはアーチェリーのシェアではそこそこの会社らしいが、それがロードレーサーにまで手を伸ばしてきているらしい。

 ちょうどバトミントンのヨネックスがレーサーを作っているのと似ていますね。ゴルフ用品だったかな?グラファイトデザインとかいったかな?そこもレーサーを作っていた。

 異業種から自転車を作るというのがちょっとしたはやりなのかしら?それだけ作りやすい、というのがカーボン車体なのか?それぞれの業種?による得意分野を応用したものなのか?わかりませんがね。

 どうも重いらしいですぞ。その分というか路面からのショックの吸収には長けている、とも言ってましたな。

DSC_0212_convert_20200518004243.jpg

 エアロ形状のフレームはまだ流行っているというか続いているのでしょうか?もう、四年くらい経ってませんかね?

 DSC_0213_convert_20200518004234.jpg

 コンポにはアルテグラを載せていました。そう、最新のね。

DSC_0209_convert_20200518004311.jpg

 正直な所、ディスクはどう?と尋ねてみると、雨にはいいかも・・・しれませんが・・・、キャリパーブレーキも良くできていたんで、別段ディスクじゃないとということは思いませんし、ディスクでよかった・・・と心底思うことも実はない・・・らしい。

 DSC_0215_convert_20200518004215.jpg

 まあね、昨今のリムブレーキ、キャリパーブレーキの効きは凄まじく良かった・・・、それをやめてまでディスクブレーキにしなければならない、という必然性がまったくない。選手の立場からも、一般の方々の使用からもいえるのではないか?と思う。

 でもまあ、新しいものを開発しないと、ものは売れない・・・他に理由はあるのかな?ディスクでないといけない理由が・・・。

 DSC_0211_convert_20200518004253.jpg

 当然油圧ブレーキなんで、STI内部にリザーバータンクでも入っているんでしょう、握りがゴッツイ・・・。完全に店主の反好み・・・、ダメだここりゃ・・・タイプだ。

 もし現役続行しようかいなかを真剣に考えている時期だとしたら、このSTI車体供与で、やっぱり引退しようか?と思うんじゃないか?と思うくらい、違和感ありですねえ、古い店主には。

 なので、TRPのワイヤー引き油圧ブレーキ、ハイドロをおすすめするわけなんですわ。アレは、ブレーキレバー周りはあくまでもワイヤー引きなんで、従来のSTI等で、引くことはできますからね。

 なんとか慣れてきた・・・ということですね。

DSC_0214_convert_20200518004224.jpg

 11速のアルテ。今年新デュラの発表の年なんだが、オリンピックも消えてしまい、なんとも調子に乗れないズッコケデビューになるんでしょうか?それにしても、その気配も感じませんな。開発に苦労してんじゃないか?という噂レベルは聞きますが、その実態がどうなるのか?わからない。

 本来なら、オリンピックのロードレースでお披露目したいところなんでしょうが?

 新デュラは、一万番となって、XTRというマウンテンコンポと統合される・・・なんて予言していたんだがなあ。12速にはなっていたかもしれないね。

 とはいえ、ダウンヒルという競技用バイクの段数では7速なんていうのもあるという。激坂を下るだけの競技に、細かい歯数による段数なんていらない・・・という結論が出てもおかしくはない。

 競技や種目に向かう選手からの要望を取り入れる、これぞアスリートファーストと言うんだろうが、自転車に関してはメーカーファーストのような気がしてならないね。まあ所詮は商品開発だし、商売だから・・・というのであれば、仕方ないのかもしれないし、それなりに選手からの意見なんかも取り入れているのかもしれないが・・・。

 ただ、例えば、今のキャリパーブレーキの性能を知った上で、更にディスクブレーキの開発を!と主張した選手が一体何人いるのだろうか?いたのだろうか?

 この自転車をあてがわれた選手も、あてがわれたから使う、自転車に自分を合わせることを必死でやっていた。

 DSC_0216_convert_20200518004207.jpg

 無限に微調整のできるサドル・ピラーに走っては、ちょこまか動かしてを繰り返しているらしい。

 DSC_0217_convert_20200518004158.jpg

 このステムも、フレームと同じ会社の作らしいね。その内、フォークが今のようにフレームと一体設計、製作がされてきたように、ステムなんかも一体化してくるのかな?なんて将来が予感できたような・・・、まあ、外れるかもしれんが。

 DSC_0207_convert_20200518004336.jpg

 こいつが、今の先端の戦闘機なんだそうだ。

 乗ってみますか?と言われたが、何かその気になれず、撮影のみ。今の店主が乗っても、何もわからないだろうし・・・。

 ただ、十年以上前のFUJIのSSTと、戦闘機としての性能はさして遜色なしということだった。やっぱりね、十年ちょっと前の展示会でSSTを触った時、向こう十年以上を先取りしているように感じたんだが・・・、その勘はあたったようだ。

 出力は人間=人力、これは自転車であることの定義と言ってもいい。そしてそれは一馬力にも満たないものなのだ。

 なるほど、フレーム自身の開発に、余地がなくなれば・・・、ディスク化等でもしないと、ものは行き詰まるということなのかもしれないね。

 三百年経っても、多分箸は二本のままだろう、素材による強度や軽量化はあるかもしれないが、さして変化はないはずだ。そう、完成されたものにはもう開発の余地はないということだ。

 カーボン車体も、個別性や特殊性などの他の嗜好性を考えない限り、レースなんて、単に速ければいいだけのものなどは、行き着くところ、決着は早々に決まってくるだろう。それが十年前にすでにできていたということなんだろうな。

DSC_0218_convert_20200518004148.jpg

 今年の開幕になるレースは一体いつなんだろう?7月か?8月でしょうか?

 しかし、初っ端から真夏の炎天下?というのもきついスケジュールだ。なれば、9月半ば過ぎをもって、今年の開幕とまずはしようと、いう決まりがおりてこないと、選手たちのスケジューリングすらできない・・・。

 色々事故などありながら、ようやく今年プロツアーに復帰したものの、歯がゆいことこの上ないだろうなあ。

 とはいえ、程度の差こそあれ、この騒動では、みんな死活問題だ。

 選手である以上は、なにがあっても、常にサドルの上で考えよ。

 

相互扶助の小銭回し!外売り 気まぐれ市場



 床材をもらいました。いい状態のやつね。有り難し。

 DSC_0184_convert_20200517001756.jpg

 あとは、小物といくつかの構造になる木を買い集めて、一体何するぞ?

 鉄箱、できて以来、色々な使い方のアイデアもありながら、なかなか実現しなかった中で、当店外回りに屋根ができて、いよいよ鉄箱の本格稼働・・・というところに行き着いたが、さて実働部隊はどうすんの?など、問題は色々あった。

 そんなところにコロナの災禍。災いは絶対に転じさせ福となる契機を掴まねばならない。

 なかなかできなかったこと、やればいいとは思ってはいても、日々の小事に流されて実現できなかったことなど、こういう尻に火の付いたときにこそ、やり倒してしまう、ということも重要だろうな。

 コロナが落ち着いた時、またそっくり元に戻るか?コロナ災禍の中で気づいたこと、優先順位が変わったことに関しては、むしろ積極的にかえていく、過去にのみしがみつくよりも、これからの流れに必死のつかまろうとすることなんかも重要かもね。

 とまあ、コロナ後のことはコロナ後なんだが、今はコロナの真っ最中。しかもいつ抜け出せるとも見えない、イヤイヤ、第二波、第三波なんて想定すると、もう数年かかるかもしれない。そして、一年伸ばしにした国際運動会だが、まあ、早々に中止を決めて、コロナ災禍の中の負債としてからめながら、再生のための政策を短期、中期、長期と打っていかねばならないだろう。

 この機に及んで、未だに自己保身に汲々として、マスク二枚すら配ることもできないような無能な連中、不要で不見識な法律を通そうとしているような輩には、早々にお縄をかけつつ、よりまともな者共に期待をするしかないか?

 イヤイヤ、それだけではない、自分らでもできることを模索し、確立して行けねばならないだろう。まずは、相互扶助と小銭回しだ。日々の生活のために、生活の基盤を崩さないようにするための最低限の小銭をどうやって回していけるか?それを真剣に考えて、実行しなければならない!

 死活問題なんだよ!!!

  そりゃ公助による手も必要だ。さっさと簡略化して出せ!イヤ、返せ!と言いたいところだが、それだけ待っているわけには行かない。

 共助の輪の中で、小銭を回していく、そうしたことで被害を最小にしながら、このコロナ災禍をくぐっていかねばならない、まさに、死活問題なのだ。

 なので、この鉄箱、大いに利用していく。もう完全見切り発車だ、必要なことはやりながら確保していく、死活問題だからな。

 そんなことでこの、床板と小物で、まず壁を作ることに、しかも移動式。

DSC_0190_convert_20200517001739.jpg

 こんなやつができたぞ!

DSC_0198_convert_20200517001652.jpg

 立たせるための脚を三本作った、L字金具を使った、短時間で作りたかったんでね。

 それだけでも、自立はするが・・・。念ために突っ張り棒を。

DSC_0196_convert_20200517001704.jpg

 鉄箱の天井は傾斜が付いているので、一番たかいところでは、このように下駄を履かせ、中間は金具そのまんま、そして低層のところは金具を三箇所削って短くしたものを利用。

 下から立って、上から圧をかけるんで、多少寄っかかっても大丈夫。この圧を緩めれば、移動も可能、という仕組みね。

 DSC_0187_convert_20200517001748.jpg

 あとは、折り畳み机の上板が壊れたものを撤去して、コンパネを貼った。すでにペイントがされており、通常のコンパネよりも頑丈なので、こいつを利用。

 DSC_0193_convert_20200517001730.jpg

 鉄箱を仕切りで区切って、販売エリアと自転車メンテエリアに分けた。

 DSC_0194_convert_20200517001722.jpg

 外から見るとこんな感じ。

DSC_0195_convert_20200517001713.jpg

 ちょいと写真ではわかりにくかもしれないが、断然店っぽくなってきたよ。販売所ってなもんだ。

 あとは、着脱式のカウンターを作る予定、そうなると一層街の販売所。しかも風通しがいいので、絶対に三密にはならない、まさにコロナ災禍の気まぐれ市と化けるのであります。

 さて、十七日日曜日だが、いろんなものが売られます!

97196056_2729557317155996_7883303014566461440_n_convert_20200517001843.jpg

 小狸の同級生のお店、近所なんだが、当店鉄箱使って二箇所で売る作戦!お互い頑張ろうね!

98203759_2729557410489320_102186192618913792_n_convert_20200517001945.jpg

 そして、この鉄箱、気まぐれ市では、最初からほぼ毎日、広報も兼ねて参加してくれている、タブカフェさん。この揚げパイや、ケーキ、ドーナツが、もう当店界隈の名物になりつつある。

 97792303_2729557370489324_4762535749583110144_n_convert_20200517001956.jpg

 当初二連発で、人気となった宝塚ベーグル。久々の復帰です。

96769442_2729557267156001_9177921971373998080_n_convert_20200517001906.jpg

 あとは、レモネード、水出しコーヒーも。

96548740_2729582417153486_4442456885261500416_n_convert_20200517001922.jpg

 そして、公表いただいています、藍染等のマスクであります。もう医療系の白い使い捨てマスク、飽き飽きしている感じありますね。ここ当分、マスクの着用は続くと思います。

 そうなると、マスクは医療系のイメージよりも、帽子などと同様の、嗜好性の高い、衣料品に近いイメージになっていくんじゃないか?と思います、さてどうなることやらですが、より新しい、藍染マスクなど大量に作って、お出しする予定です。

 99081192_2729582387153489_7307532167154761728_n_convert_20200517001932.jpg

 そして、育ち盛りの親もしている、スーツワークスさん。こうして革ものを手縫いしながら、面白いものを作っています。今回出店しに来るということです。

 三密には気をつけつつも、とにかく、小銭を回していかねば、もうやっていけない!!!という、死活問題ながらも、できるだけ楽しく、楽しさを装いながらも、毅然とやってまいります。

 ぜひお寄りください!

リッジランナーが来る



 陽気も良くなってきた・・・というか、本当にいい陽気というのは短いといっていいかもね。5月の半ば、天気がいい日はもう暑い・・・。夏日である。

 少し走ると汗ばむし、日焼けも容赦ない。

 かつて、梅雨の雨の中を走るのが嫌いではなかった店主。。無風で、シトシト垂直に降る雨。蒸し暑いが雨水でいってこいとなる。出歩く人はいない、世界で一人になったようなところを一人で走る、自転車は汚れるが、嫌いではなかった。

 本当に自転車にとっていい陽気とは、いつ頃だろうか?

 まあ今のこの時期もその中に入っているんでしょうな。

 そんな自転車日和と、この収拾の見込みの見えないコロナ状態が、通勤を含め、自分の足として自転車を自覚的に再採用しようとする動きはまだまだあるようだ。

 このリッジランナーという車体も、時々当店にはやってくる。アルミの接着なんだが、頑丈そうなイメージは強い。崖から落としてもぶっ壊れないタフさがあるように見える。

 まだ、リッジランナーでのトラブルは聞いたことはないなあ。

 そんなやつが持ち込まれてきて、上限予算を言われ、メンテとなった。

 DSC_0140_convert_20200515234757.jpg

 洗浄と、消耗品交換なんだが・・・そんなことでも自転車は「簡単」に蘇る。カッコをつけたのは、理屈は簡単、やるのは大変という意味だ。

 DSC_0141_convert_20200515234747.jpg

 スプロケの交換。エンド金具とパイプが接着となっている、今日のような溶接とは異なる時代ん自転車だ。

 DSC_0145_convert_20200515234737.jpg

 ダメになったブレーキは、この時代前後のものと交換、当店にたまたまあったものだが、まあシューの調整はめんどいんだな。

 DSC_0142_convert_20200515233348.jpg

 ブルーのジョイント部分と、シートステーのパイプがこれも接着。

DSC_0144_convert_20200515233338.jpg

 このステーもモロアルミというやつで、白カビのようなサビがびっしりだったんだが、だいぶ落としたんだよね。自転車部品というより、建材に近いように見えるね。無垢だからかな?いや、そうじゃないな・・・。

DSC_0146_convert_20200515233320.jpg

 あと、前後タイヤを街道仕様のものに交換した。

DSC_0137_convert_20200515233415.jpg

 今のマウンテンバイクは、専門的すぎて、すでに自転車か?という出で立ちだが、この頃のマウンテンは、ある意味原型?に近いというか、まだ親しみやすいね。

 多分、こいつも街道しようとして、末永く使われるんじゃないか?と思いますがね。

 この調子で、あちこちから、打ち捨てられていたような自転車たちが目覚めて、街道に出てくればいいね。いろんなものが解決するだろうなあ・・・。

ロココ 真逆展開?

000 DSC_2252_convert_20180427234947

 このロココという曲線に独特な特徴のある自転車ですが、結構この手もいじってきた車種であります。

 そのいじり方というと、

000 DSC_2260_convert_20180427235028

26インチのホイールを700cにして、快走化するというのが傾向でありました。そうするとよく走るねえ。スリムになっていく感じでね。

 000 20160526_135516_819_convert_20160526143253

 時にディープリムなんかを使って、走りを重視したりもした。

000 20160526_135456_508_convert_20160526143305

 実用車の改造は、できるだけいらないものを外して、軽量化する。そしてメンテもしやすくする。走りはもちろんシャープにする、そのギャップで大いに驚かす、というやり方でやってきたんだが・・・。

 今回のロココは、それとはちょっと真逆を行く展開になりそうであります。

DSC_0156_convert_20200514230609.jpg

 同じくロココのフレームなんだが。

 DSC_0155_convert_20200514230620.jpg

 まあ、いらないものを外すというところは、従来通り。気前よく外していく。

 DSC_0154_convert_20200514230630.jpg

 泥除け取っていく、いいですねえ。重さというよりも、進行方向への空気抵抗を減らすのに、貢献しているでしょうね。あとメンテのしやすさも重要です。

DSC_0153_convert_20200514230638.jpg

 チェーンカバーも取る。こいつが付いているだけで、チェーントラブルが長引くこと多し。これがあるのとないのとでは、その差はデカイね。まあ、裾さえ縛ればいいだけのこと、断固チェーンカバーいらず、で!

 この辺までは従来通り、ところが・・・、

DSC_0151_convert_20200514230655.jpg

 ハンドルが・・・、何だこりゃ?

 この幅のバカ広いハンドル・・・一体何?

 DSC_0152_convert_20200514230646.jpg

 ブレーキと、三段のシフターが付いているところは、通常よくあるタイプ。しかしなんだ?この幅広は?

 DSC_0149_convert_20200514230703.jpg

 と、まあ、今回はこんなふうな改造に、ロココはなってしまった。

 コンセプトはビーチクルーザーライク・・・に、ということだ。確かに、今までの快走化の施工例からすれば、真逆の展開でありましょうな。

 今回はここまでだが、行く行くは26インチHEホイールに組み直して、もっと太いタイヤ、このフレームのクリアランスいっぱいのタイヤを履かせることで、完全変身完了となる。

 次がいつになるか知らないが、タイヤがある程度太くなったら、ちょっとした軽量ビーチクルーザーもどきが完成するだろうな。

 もう少し続きそうだ・・・続編ご期待ください!


打ち首のあとは お父さん自転車に



 これ、前後にデカイ子乗せカゴが付いていた?ということ想像・・・できるかな?

 もちろんできる人はいる。いかにも跨りやすそうなフレーム・・・、そうか、例の典型的な子育て号だったわけね。

 そう、特にフロントの子供乗せは頭でっかちで、子供しか乗せられない、といって荷物を載せるカゴもなく、そして分厚くごっついそれは、子供を乗せていなくても、十分に重いと言うやつだ。

 それを切り落として、通常のハンドルに、前子乗せとでかいカゴをにすげ替える施工のことを打ち首といっているが、これはもう打ち首後の自転車となっている。

 それだけじゃあない、今度はお父さんの通常の足にしてやろうということで、子育て号から、一気にパパチャリへと転身する。

DSC_0011_convert_20200513213611.jpg

 まずタイヤを変えて、泥除けを外す。

DSC_0012_convert_20200513213600.jpg

 そして、お父さんだからといって、カゴを取り付けていけないということはない。

DSC_0018_convert_20200513213514.jpg

 通常なら、下に向かって取り付ける金具なんだが、自転車のヘッドチューブと、カゴの取り付け位置っていうのも、まあ、色々あるので、金具はよく見て、観察して、時に加工しながら使うことが基本中の基本。

 DSC_0014_convert_20200513213540.jpg

 そしてリアもタイヤを交換し、泥除けを外す、スッキリしていいねえ・・・。

DSC_0015_convert_20200513213532.jpg

そしてチェーンカバーも外す。そんなものが付いていると、たしかに裾などには優しいかもしれないが、チェーンでも外れたら、カバーに邪魔されて戻すのが大変だ・・・。単純なもののほうが、メンテも何も楽だよね、ちょっと裾周りに気を使えばいいだけでね。

 DSC_0013_convert_20200513213550.jpg

 ハンドルは、この形状のものをと、たってのご希望のものを取り付けた。

 あとはワイヤー類も交換して、走ることに集中したメンテをすることに。

 DSC_0010_convert_20200513213621.jpg

 実はこの手のフレーム形状に、ブルホーンだってよく似合うんじゃないか?とも思う・・・、というのも前後車輪の大きさが異なり、これはコレなりにファニーバイクということもできるからだ。

 そんな提案なんかもしておいていいかもね、あとは両足スタンドでなく、一本足スタンドをセンターに持っていくなんていうのもいいかもね。まだ、変化の余地のある改造、子育て号から、パパチャリへ変身なのであるが・・・、段階的な変身であるかもしれない。

 とにかく頑丈なんで、形を変えても乗り続けてやる価値は大いにある車体であろう、今後も続きそうなのだ。

STIを直す



 あまり当店には来るタイプの車体ではないかもしれないが、アルミのディスクロードがやってきた。

DSC_0117_convert_20200512184852.jpg

 スコットだってさ。案件は、フロント周りが変速しないんで、様子を見てほしいという、ものでありました。

 まあ、基本に従い、チェーンをインナーにもっていき、インデックス調整し、アウターもやって、ワイヤーの伸びを見て、まあ、そんなこんなで大方大丈夫だろう?と左STIを倒してみると、全く手応えがない。カチッという通常あるラチェット感が全く無く、フラフラ、ユラユラ、倒れるだけ・・・。

 あれれ?やな予感・・・。もしかして、STI自身の不調?そうだということになると、シマノものは大変だ、なんせ内部の公開をしていないんで、ほぼブラックボックス。

 カンパのような展開図がない、カンパはエルゴの内部公開と、スモールパーツ展開はしているが。シマノは内部非公開だし、それに基づくスモールパーツ類も発売されていない。

 今までは、ちょっとした届く範囲の洗浄と注油で、なんとか機嫌を取っていた、程度。

 かつて自分のSTIを分解したことはあるが、まあ公開していない分、きれいに分解ができにくくなっている、アチコチにカシメあとだらけで、そもそも分解など想定されていない。

 さて、もしSTI内部だとすると厄介だ・・・。でも原因だけでも突き止めておかないと、仮にまるまる交換としうことになっても説明がつかない。なれば、少し開けてみるか・・・。

DSC_0088_convert_20200512185046.jpg

 ブラケットをめくる・・・、

DSC_0089_convert_20200512185036.jpg

 その下のカバーが取り外せるようになっていた、思ったとおり複雑だ・・・。でもまあ、むき出しのまま動かしてみると、段々と何故空回りなのか?ということが解ってくるようになる。

 爪が引っかかっていない・・・、爪が引っかかれば、内部のコロのようなものが動いて、フロントメカを引っ張る・・・。なるほど・・・。

 DSC_0090_convert_20200512185026.jpg

 この店主の人差し指のかかっているところが、その爪に当たるところ。こいつがほんの一ミリほど下がらないために、空回り現象が発生している。

 ということは、・・・その他のスモールパーツ類は全く問題がない、ただこの爪一つに応力がかかっていないがために、空回りしてしまうということか・・・。

 もったいなさすぎないか?これで左STIまるまる交換なんて・・・。ただ爪に対する応力・・・だけでね。

 じゃあ、なんで応力がかかっていないのか?ということを仲間のSTIを比べることにしよう。

 DSC_0099_convert_20200512185016.jpg
 
 たまたまあった、アルテのSTI。ほぼ同構造をしているので、こいつを外して中を観察。

 DSC_0100_convert_20200512185007.jpg

 ウーム・・・、なになに?たしかにこいつの爪には応力がかかっている、その源は?と見ると、細くて小さい弦巻バネが爪にしっかりかかっているではないか?

 では、九段のSTIは?と見ると、そのバネがない・・・、というか、脇に気づかなかったが、実に細いバネの破片が見える。そいつを・・・

 DSC_0103_convert_20200512184957.jpg

 これらを使って、引っ張ってみると、爪にかかるべきバネの先端がほんの数ミリ折れていたようだ。折れたことで爪を押さえつけるトルクが足りず、変則のコロの力に負けて外れて脇に縮こまってしまったようだ。

 さて、このバネ・・・。カシメてあるパーツにかかっているものなので、外せない、ということはもちろんスモールパーツとしては売ってはいない。では、こいつを大事に使って、爪に応力をかけるように・・・とやってみるが。

 バネを引っ張ったり、折る部分を広げたり、なんのかんのやっていると、バネ自体の力がどんどんなくなっていくような・・・、どうしても小さいのと細いのと狭いので、引張気味になる、そうなるとバネから単なる針金化してしまいガチ・・・、どうもセットしてみるが、一回は力がかかっても、二回目には変速のコロの力で飛ばされてしまう。

 まあ、このヨレヨレバネは諦めよう・・・。と引っ張り出して、別の手を考える。

 もう正規のやり方で、このSTIを再生させることは絶対に不可能である・・・。緊張するよな、人様のパーツ壊してしまって・・・、さて、本当、どうしよう?

 DSC_0104_convert_20200512184948.jpg

 この手のクリップで、バネを作ろうと何度か試したが、なんせカシメのコラムに巻かせることはできても、ほしい応力が得られない、これじゃあ、ただの丸めた針金じゃん・・・。

 全く別のやり方を考えねば。

 だって、バネ応力以外、どこも壊れていないSTI・・・、しかもそこだけ見ると単純な機構・・・、バネに引っぱられることなく新たな発想で、爪に応力をかける方法は?

 ちょっとひらめいた、もう思いつきだろうが何だろうが試すしかない。

 DSC_0105_convert_20200512184939.jpg

 ネジを利用して、爪に力をかける・・・。できなくはないが、デカすぎ、太すぎであります。

 その下の棒は、ステンレススポークを削ったもの、こいつを応用して・・・。

 DSC_0106_convert_20200512184930.jpg

 まあ、写真じゃわかりにくでしょうが、バネの頭が入っていた穴の大きさにスポークを削って、そこに強く差し込んで、内側に曲げると、例の爪の上にこの棒が覆いかぶさる形になって、常に応力をかけてくれることになる。

 実験すると、なんとかできそうだ・・・。

 ということで、試作から本作に。

 DSC_0107_convert_20200512184920.jpg

 スポークを旋盤にかけて、スリムにします。穴の大きさちょうどにして。

DSC_0109_convert_20200512184911.jpg

 微妙は太さは、旋盤から、ボール盤に付け替えて、今度は回転ヤスリを当てながら、ドンピシャの直径に。

 長さを整えて、さっきの穴に、強力接着剤をつけて、この加工したスポークを打ち込む・・・。三ミリくらいは入ったかな?そして、ちょっと内側に曲げて、件の爪の上に常に応力をかけるように設置する。

 あとは接着剤が乾くまで二時間ほど待てば・・・どうなるかな?

 DSC_0124_convert_20200512184829.jpg

 結論を先にいうと、再度使えるように。ただ癖が残った。

 このように、インナーからアウターにチェーンのかけ替えを行うと、

 DSC_0125_convert_20200512184820.jpg

 抛っておくと、このインナーレバーが戻らないという状態になります。ただ一手間ですが・・・、

DSC_0126_convert_20200512184811.jpg

 このように、親指で内側へレバーを戻してやれば、連続使用は可能・・・である、というところまでこぎつけました。

 DSC_0112_convert_20200512184902.jpg

 これまるまる左STIの交換となると、アチコチ外して、ワイヤー入れ替えなどやったら、15000円位かかりますね。

 だとすれば、コンポ自身の丸とっかえも考えるので、施工はしないでください。という指摘もあったんだが・・・。

 ただ、STIを105油圧ものにしたりすると、ドミノ的にアチコチ交換しないといけなくなると、結構値段はかさむよね・・・。ということなどを考えると、店主自身の勉強も兼ねて、STIをいじってみる選択肢もあったかな?とは思う。

 ただ、あとどのくらいの使用に耐えられるか?だよね・・・。

 今の接着剤の高性能さと、ステンレススポークの強度・・・しばらくもってくれることを願うね。頼んだよ!

ホイールメンテ 8速ボスフリーのための調整

000 DSC_9868_convert_20200428235211

 チューブラーホイールがやってきた・・・。すべてのタイヤは、このチューブラーの乗り心地を目指す、といっても過言ではないかもなあ。

 今主流になりつつある25cなんかも、サイドの潰れの良さ、グリップ重視なんだそうだ。チューブレスっていうのもそうなんじゃないか?なんてね。

 あれほど高圧を入れても、グリップがいい。いいチューブラーは接地面に吸い付くように安心して車体を倒せるがタイヤの全角度に偏りがない・・・。アウターチューブラー???とか言ったかな?WOなんだが、チューブラーの外側のようなタイヤがあって、あれは確かに、薄手の軽量チューブを入れ込むと、ちょっとしたチューブラーライクになるかも、なんて思ったりして。

 自転車乗っているなら、一度はチューブラーの体験はしてもらいたいと思いますね。

 000 DSC_9871_convert_20200428235139

 アンブロシオのチューブラーリム。

000 DSC_9870_convert_20200428235148

 カンパのボスフリーハブ、シルバーで、こうしたかつては普通の形状のもの、今も普通に作っているといいんだがねえ。

 DSC_9876_convert_20200511232143.jpg

 このホイールに、通常なら、5速、6速、7速のボスフリーが付いていたらしいが、珍しいねえ、なんと8速のボスフリーがあるようですね、そいつを取り付けたら、なんと一枚歯が増えた分、ハブナットよりもボスフリーのほうが外部に飛び出てしまったということらしい。

 もちろんこのまま放っておくと、クイックを占めた瞬間に、フレームとハブナットではなく、ボスフリーが干渉してしまい、ホイールは回転しなくなります。

 これは困った、ということになります。

 さてどうするか?

DSC_9877_convert_20200511232134.jpg

 ボスフリーを外すと、こうなっています。このシャフト部分が8速ボスフリーよりも背が低いので、ハブナットが外に出ない、なので、下駄はかせましょう。

 ボスフリーよりも外側に出るようにスペーサーを入れます。

DSC_9878_convert_20200511232123.jpg

 今回は、たまたま反対側にあったスペーサーを、ボスフリー側に移動した、ということです。たまたまそのスペーサー分を足すことで、ハブナットがボスフリーよりも外側に出ることができた。

 で、終わりか?というとそう甘くはない。

DSC_9879_convert_20200511232110.jpg

 当然、スペーサーを動かし多分、センター外れてしまいます。そうなると、ホイールがフレームのシートチューブの真後ろに来なくあります。ズレてしまっては、抵抗等いいことはないでしょう。

DSC_9881_convert_20200511232050.jpg

 振れ取りをしながら、センター出しをしていきます。その際、このホイールはもうすでに古いということに注意をしないといけません。

 ニップルが各所経年の劣化が出ている。

 DSC_9882_convert_20200511232040.jpg

 こういう場合は、各所によって、ニップル回しを変えてやることに。ちなみに、通常の場合は、真ん中のものを使います。

 少し、トルクが必要だったり、またはニップルに潰れか何かを少し生じているときには右のものを使います。こいつは単なる三面を捉えるものと違って、もう少し、ニップルを囲う形状になっています。なので、前者のものよりもちょっと変改したニップルには優しいということが言えます。

 更に変形の進んだニップルには左のひし形上のものを使います。これはニップルの四面を等しく扱うという意味で、多少変形の入ったニップルや、トルクの必要なニップルを壊さないで、回すことができます。

 片側を緩め、もう片側を締めるながら、気長に調整を取っていくと。

DSC_9883_convert_20200511232029.jpg

 なんとか、センターが出てきました。これで、降臨にはめても、シートチューブの真後ろにこのホイールがつくことになります。

 ちょっとメンテと調整をすることで、また二昔前以上もつホイールが街道を走ることになる。いいじゃないの、ちょっと古めのホイールが街道蹴って走っていたってさ・・・。

ダルマの足につける

DSC_0047_convert_20200509215648.jpg

 これでダルマ自転車とはわかるまい。

 別名、オーディナリー型自転車とも言われますね。

 DSC_0048_convert_20200509215638.jpg

 今日の、前後車輪が同経で、後ろ駆動になる前の自転車でなんですね。これ見て懐かしいという人は、もうこの世にはいないかもしれません。

 もともとはもっとデカかった。たしか新潟で乗ったことがありますが、すぐには跨げない、デカさです。前輪は人力車の車輪ぐらいかな?自転車持って一緒に走って、一定スピードになった時、フレームにある横棒に足をかけて一気に、サドルに駆け上がって、走り続けるという、結構技のいる自転車なんですね。

 DSC_0052_convert_20200509215627.jpg

 前輪が固定になっている、というか、一輪車や三輪車と同じなんですね。ハブにテーパーシャフトを突っ込めば、あとはそこにクランク締め込むとできちゃうね。

 こいつを回しながら走るんだが、コツはいる。駆動輪であると同時に、ステアリングも兼ねているんで、トルクをかけすぎないようにして回さないと、不安定になる。それに慣れないと、ちょっと厄介な自転車なんだが。

 コツさえつかめれば、街をキョロキョロ見て走るにはもってこいの車体ともいえる。

 これ作れないかな?という視点で見てしまうね。

 前輪は作れそうだ。

 DSC_0053_convert_20200509215619.jpg

 なるほど、この辺は昨年10台ぐらい見た一輪車とほぼ同じだね。通常ではここがエンドになっているのであの9ミリのシャフトにはクランクはつかない、こうした延長金具が必要になるね、フムフム。

000 DSC_0055_convert_20200509215609

 そうそう今回の依頼は、こいつに前後ブレーキをつけるということだったんだが、ロングアーチものなんかを探さないと通常程度のキャリパーではリムまでシューが届かない。

DSC_0058_convert_20200509215550.jpg

 ヘッドチューブにハンドルを落とし込むことは一般自転車と同じ、こんなダルマ自転車のハンドルをドロップとかにしてみたいねえ・・・。

 DSC_0056_convert_20200509215559.jpg
>

 ブレーキレバーには、二本引きのものをご希望だったんで、取り付けた。こいつは片手に障害のある人などにも使え、過去何度か役に立っている。

 DSC_0061_convert_20200509215529.jpg

 リアにはだいぶ長いアーチものを取り付けた。一本のブレーキレバーで前後を一度に引くので、少し調整が必要だ。

 このダルマ自転車がなぜ廃れたか?というその理由の一つに、このブレーキ問題があったそうだ。スピードはむしろ相当出るといっていい。この車体ではなく、ダルマ型のレーサーがあったくらいで、車輪の直径がデカイので、まじで踏むと相当スピードが出るようになっている。

 問題はブレーキで、高速で走っているこの車体で前ブレーキをかけると、ライダーはほぼ真っ逆さまに地面に叩きつけられてしまう。

 なので、この車体については、リアを先に効かせるようにして、多少減速してから前を効かせるように・・・とちょっと差をつけることに・・・といってもほんの少しだが。

 DSC_0063_convert_20200509215518.jpg

 サドルは・・・鼻なしサドルだ・・・。

 DSC_0048_convert_20200509215638.jpg

 ブレーキつけてから、店主も町内を走った。なんかいいよ、この車体は。

 店に置いてあっても、アイコンになりそうな車体だよね・・・。一台あってもいいかな?なんて思ったりもしたが・・・。

 とりあえず、二系統のブレーキが前後について、堂堂と公道を走れるようにはなりました。どう使っていこうか?これから考えましょうか。
 

九年越しの若草物語

000 201105121934105b3

 今を去るまる九年前、2011年5月でありますね、四人姉妹がやってきて、旧店舗の庭で自分で自分の自転車を自家塗装していたんですね。

 000 20110511211334d0d

 四人姉妹の、長女と次女です。三女はまだ三歳ぐらいで、四女は当店の子だぬきと同じまだ一歳いってなかった・・・。上二人が自家塗装、下二人は子供遊びをしていたかな?

 当時は、東日本大震災から二ヶ月しか経っていない、地震だけも大変なところに、福島の原発事故もあって、こうしたほのぼの写真だけでは捉えきれない、何か緊張感のようなものがあったと記憶しています。

 でも、そんな中で始まった、まだまだ幼児による二台自転車の自家塗装でありました。

 詳しい内容は、こちらのブログにありますので、ぜひそちらをご覧ください。

 あと、もう一つの内容はこちらとなります、こちらは妹編ですね。
 
000 20110512193411e2c

 周りが草原の中に一軒建っていた、当時の当店の庭で、自家塗装でありますよ。

000 2011051121133599a

 お姉ちゃんが二色塗りをやったもんだから、妹も負けじと二色塗りに挑戦、よくやったよね。

000 110512

 組付けは、当店がやりましたが、これ小学生がよくやったよね・・・といういい出来です、これはお姉ちゃん。

 000 110511

 こちらは妹、次女の作です。サドルなんかは銀で、グリップも銀と、ちゃんとそれなりに考えられている。

 DSC_0022_convert_20200508192808.jpg

 そんな自家塗装自転車が九年の時を超えて、またメンテにやってきた。もしかして、三女と四女が乗り継ぐのかしら?

 しかり、長女の二色塗りはまだ健在。

DSC_0043_convert_20200508193038.jpg

 そして、次女の二色塗りだって、健在だよね。

 DSC_0023_convert_20200508192759.jpg

 タイヤ前後とも取り替えて。

DSC_0024_convert_20200508192749.jpg

 ワイヤー類も交換。

DSC_0025_convert_20200508192740.jpg

 チェーンから、スプロケからも交換していくと、これがまた元に戻ったように走ります。

DSC_0039_convert_20200508192722.jpg

 単純な構造しているものは壊れにくいよね。流石にプラのホイールに歪みはあるが、まあ、気にしなければ、そのまま乗れます。

 DSC_0041_convert_20200508192713.jpg

 ワイヤー、グリップなんかを変えると、また顔が少し変わった感じになる。

 DSC_0021_convert_20200508192822.jpg

 もうこれを作った長女は大学生となって、地方にいるようだ、森林についての学問を修めるという。


DSC_0038_convert_20200508192731.jpg

 これを作った次女は、高校生ということか・・・。九年経てば、子供は相当育つね・・・。

 そして、三女、四女がこいつをまた受けついで、自家塗装?するかな?

 四人姉妹といえば、若草物語が有名だが、ちょっとした家族の記録が、当店ブログにちょこっとだけでも記録されている、それが九年前のものということになると、記事は寝かせるだけでも、価値は生むのかも、などと思う。

 あと店主が、書けなくなるまで一体何本になることやら、今四千半ばの量になる、この姉妹の記事はちょうど千本目の頃であった・・・。

 一万の大台にいずれ届くのかしら?そしてその後は・・・、サーバーがなくなるまで、墓石のような、大量のブログが残るというわけか・・・、ご迷惑なことかもしれない・・・ね。

 ともあれ、若草物語、絶賛進行中!

できるな・・・そう来るか?というクランク



 こんな自転車で、駆けつけられると、こちらはちょっとあれれ?と思うが、通常の人はそのまま、特に何も感じないのかもしれませんね。ア、ママチャリが入ってきた・・・くらいかな?

DSC_9794_convert_20200507231908.jpg

 子のせを外したあとのハンドルに、専用のカゴ。子のせ時代は終わったというだけで、子のせを取りたいという時、この選択肢が普通に来ます。なので、よくある通常の光景でありますな。

 ところが・・・、

DSC_9777_convert_20200508144831.jpg

 こういったサドルをわざわざつけているようだ、しかもポジション出しているし。ちょっと臭うぞ。

DSC_9785_convert_20200507231943.jpg

 しかもサドルバッグをなどを忍ばしている・・・。ちょっとただものではない!ツーリングに造詣が深いのかもしれないなあ、と思っていた時、その要望がちょっとぶっ飛んできた。

 DSC_9780_convert_20200507232019.jpg

 こんなものをもってきている。BBですが・・・。形状がスクエアテーパーとは異なります。これって・・・、ISISというちょっと特殊な形式なんですよね。

 フルスピードアヘッドという、ちょっと変わり種のメーカーが得意な形式かと思います。ということは・・・

DSC_9781_convert_20200507232010.jpg

 ほら・・・やっぱり・・・。ISISようの特殊系のクランクを持参。もちろんその他のものはつかないから当たり前なんだが、なんで、ママチャリにこんな特殊系パーツを取り付けたがるんだろう?

 というよりも、そうした応用ができるということ、惜しげもなくママチャリにスポーツ系の特殊規格クランクがつくだろうから頼む、という段階で、まあできるな・・・、その筋?(どの筋?)か?なんて想像するが・・・。

 DSC_9782_convert_20200507232000.jpg

 これはシマノの昔前の開発、オクタリンクとにているが、その実は全く異なるものなのだ。もちろん互換性はない。

 この人手形状の厚みによって、それまで付いていたチェーンガードは使えなくなる。

 DSC_9783_convert_20200507231952.jpg

 こいつは使えなくなるので、これでおしまい。では取り付けようか?

DSC_9788_convert_20200507231926.jpg

 もちろんだが、BBシャフト形状が特殊で、その特殊形状に合わせて作られているクランクも特殊なんだが・・・、BBソケットへの規格は至って普通の68ミリということなんで、こんな特殊づくめのBBやクランクだって、全く問題なくママチャリにだって取り付けることはできる。


DSC_9786_convert_20200507231934.jpg

 たまたまあった、チェーンガードが付いたが、ちょっとでかすぎる・・・が、実用車のチェーンガードって、思った以上に種類が少ないといってもいいんで、まあ、これで我慢してくれ。

 DSC_9791_convert_20200507231917.jpg

 パッと見はさして変わらないが、クランク周りだけは何か本気系になっているということか。といっても、どれほど乗り味に違いが出るか?ということは?それこそヤマオロシでもしない限り、わからないんじゃないか?なんていうのは偏見かしら?

 とはいえ、気づかれにくいところに、わざわざパパチャリ的パーツを使って、満足するという傾向は全く理解できないわけではない・・・。牙抜かれたような、ママチャリを部分的に静かな主張を載せて、自分流にしたい。

 それが専門的なところであればあるほど、静かだがしてやったり的な底満足が得られるのかもしれない・・・なんて思った。

 しかし、それがよりによって、FSAのISISだなんて・・・ねえ・・・。
 

混合載せ替え



 ジオスのちょっと年代もの・・・というほどではないが、一昔前のアルミレーサーですね、フォークはカーボン、インテグラルですよ。

 これって、狸サイクルの旧副店長のサナダダンがサビ塗装して乗っていいたやつと酷似している、そんなのがやってきた。想像つくと思うが、相当乗り込まれていて、コンポ類の総とっかえということになった。

DSC_9932_convert_20200506203701.jpg

 105のクランク、となると、まあ定番でしょう・・・、でもまだまだ本気で乗る気ですねという感じ、気合を感じます。

DSC_9937_convert_20200506203635.jpg

 ブレーキも、105・・・、もっと定着するかと思った二軸のやつ、こいつは従来の取り付け方ができるが、中には専門のフレームを要求してくるので、新時代のキャリパーブレーキか?と思ったんだが、定着を待つまでもなくディスクを出しやがった・・・。

 なので、宙ぶらりんでしょうな。フレームメーカーとしては、迷惑な話だよね。まあ台座がフレームになければ、自前のアダプターでも、こしらえて克服できるとは思うが。

 DSC_9938_convert_20200506203625.jpg

 効きは全く申し分ないので、この路線でいっても機能上は全く問題はないと思うが、新しいものを開発しないと、ものは動かないからなあ・・・。

 ディスクにすると、本体から、リム・ホイールから、油圧にすればSTIから何から何までかえないといけませんから、メーカーとしては、ひいてはショップとしても有り難い・・・ということなんでしょうね。

 で、シマノ105祭はこれで終わり。あとは・・・

DSC_9933_convert_20200506203652.jpg

 黒105と違和感のないフロントメカつけて、

DSC_9935_convert_20200506203644.jpg

 リアメカついています、結構凝っている形状でしょ?スプロケはシマノ11速もの、チェーンもね。

 そんでもって・・・、

DSC_9940_convert_20200506203558.jpg

 STIに当たるシフターは、これまたスラムそっくりさんというやつ。出来も決して安っぽくないところが、特に怪しい。

 機能というか、使い方はスラムのダブルタップそのもの。ちょっと初期の調整はいるのと、シフトワイヤーの処理が難しい、かもしれないが・・・、少なくとも数カ月の使用にはしっかり耐えている。

 これが数年となると、いつまでもつかはわからない、これが二年とか普通にもてば、結構使える選択肢なのかもしれない。

 もちろん、スモールパーツ類はない、日本の代理店もないので、付けっぱなしの、使いっぱなし、でしかありえないところは博打だが、今の所、やめたほうがいいでねー?という積極的なまでの、イチャモンはつけられない。

DSC_9931_convert_20200506203711.jpg

 かつて、この手のコンポ・・・とまで行かなくともディレーラーや変速に関わるパーツなど作るところはあったんだが、その出来を見ると、やめたほうがいいじゃない?という代物だらけだった。

 ところが、最近ではへえ?このメーカーが?と思うようなところまで、シレッとこうした変速系パーツを作っていて、その出来も決して見た目上は悪くはないんだよね。

 シマノ一強が崩れてきているの?と思うのは大げさかな?

 でもまあ、今まで三大コンポ、カンパ、シマノ、スラムとやってきたところに、そこそこ作れる適当なメーカーが参入というか、散在して来ているという状況であるには違いない。

 もちろん博打的な側面はあると思うが、面白いと思えば、使えばいいし、あくまでもトラブルフリーと、アフターケアを重視するなら、三大メーカーで行け!という、使い分けの時代なのかもしれないね。

 まあ本流から大分外れもし、時に逆張りなんかもしている当店からすれば、熱烈応援とまで行かなくとも、チョッカイかけるくらいなら、いいんでないか?と思っている・・・かな。

 この謎コンポを載せたジオスくん、ウーバーなんかも兼用で、また街道を走ることに、もう一山越えてくれ、という感じだろうね。

壊れた台座直します 行商応援の助走としてね



 もともと荷台がついていたんだが、取れてしまい、直してもらえないか?というご依頼。

 どんな荷台でした?

 DSC_9966_convert_20200505215205.jpg

 オオ、これか・・・。荷台の上に、さらに枠的な浅い荷台を取り付けている。このフレームとの接点が折れた・・・という、どこが?

DSC_9970_convert_20200505215147.jpg

 ここかあ・・・、シートピンと共締めするところが折れている、しかも二本揃ってね・・・。


 DSC_9968_convert_20200505215156.jpg

 元の荷台からすると、その三倍の広さのある大荷台は、やはりかなり負荷がかかったんだろうね。二年もったということだ。

 だとすると、より頑丈なものをこいつの代わりにしないといけないなあ。

 代わりになるものといえば・・・。

 DSC_9971_convert_20200505215138.jpg

 こうした実用車に取り付けるための荷台、こいつは頑丈だよね。となると、ここから摘出できるかな?

 DSC_9972_convert_20200505215129.jpg

 まあ、単純に周りをちょん切って、取り出せばいいんだが、切り口の角はみんな丸めないといけませんね。

 DSC_9975_convert_20200505215120.jpg

 そして、先程折れた金具を取り替えます。本体への装着はネジで閉めるだけなので問題はない、それよりも・・・、

DSC_9977_convert_20200505215112.jpg

 新しい取付金具と、もとの取付金具の幅の差が著しいね、左右で1.5センチずつあります。これを無視して共締めで締め付けると、多分根本のメッキ等が剥がれてしまうことがあります。

 元金は頑丈でも、コーティングがダメになるというのは、見た目も悪いし、強度にもその内、響いていくんじゃないか?と思いますね。

 そこで、左右の1.5センチをうめるためのスペーサーを作らないといけません。

 DSC_9978_convert_20200505215102.jpg

 アルミのチューブを切って、スペーサーといたします。

DSC_9980_convert_20200505215053.jpg

 6ミリの長さ70ミリのボルトを使ってシートピンも兼ねて共締めしていきます。

DSC_9981_convert_20200505215045.jpg

 これなら、新金具に負荷もかからず共締めが可能ですね。

 DSC_9982_convert_20200505215034.jpg

 こんな感じで、再取り付けが完了いたしました。

 只今当店では、当店内の鉄箱を使って、来客を迎えられなくなっている店舗さんに、場所替えの飲食販売所として展開をしています。

95243651_2692884000823328_6494475251496255488_n_convert_20200430223103.jpg

 普段なら、大久保や下北沢で売っていたものを店が開けないので、当店の一部で売らざるを得ない。ただ、数日続けているだけで、周りのご近所さんたちからの認知も得られてか、わざわざ寄ってくれたり、楽しみに待っていてくれる方々もボチボチ増えてまいりました。

 おかげさまで毎日、完売です。

 これからも、この形式は続けていこうと思いますが・・・。

 一方では自転車屋として、自転車で行商をしていこうとする方々を応援するという動きもしていっております。もうボチボチいくつかの行商のお手伝いなんかもしているんですが。

 今回の荷台の修理のようなものも、重い荷物を運んでいけば、いずれは破損や故障も起きてくるでしょう。状態によっては総とっかえということもありましょうが、そうでないものは、より頑丈なものとして再生していくことも必要でしょう。

 そういうときの一つの施工例として、今回の記事は掲載しておくことにします。色んなやり方で、自転車を行商の道具として、なんとか生き抜いていく、という決意で始めようとしている方、すでに始めている方、何なりとご相談ください。

 より良き行商へ剥けて、知恵を絞り、腕を磨いてまいります!

ピストメンテ 何回目? 青鬼号でした

000 DSC_1057_convert_20170910185640

 青鬼と赤鬼と称して、かつてオリジナルとして作ったピストですね、この青鬼くんはちょこまか帰ってきます。

 通勤等で乗られて、一定経つと消耗品等の交換でメンテに来る、ヨウ!久しぶり!ってなもんで、組み上げた自転車が大事に乗られているのを確認するのも嬉しいことでありますな。

 000 DSC_1059_convert_20170910185648

 こいつは確か、三年ほど前に来たときの写真ですね。なんで青鬼か?というのは青地の塗装の上に、マスキングをして黒塗りしたというところから。その模様は、雲龍と不知火という相撲の型から取ったもの、青地を青鬼、赤地のものを赤鬼と呼んだんだな。

 DSC_9946_convert_20200504165847.jpg

 持ち込みバーテープを巻き直し。ディズナのブレーキレバーは健在で、衰えなし。ワイヤー交換も。

DSC_9947_convert_20200504165836.jpg

 ホイールの点検、振れとりね。微調整でできる。DT585も健在だ。32Hはもう絶滅種なんで、貴重だね。

DSC_9949_convert_20200504165818.jpg

 シールドベアリングも交換、三年通勤等で乗るとガタは出る、カップアンドコーンタイプなら、もう少し頻繁にグリスアップをすれば、かなり使えるだろうなあ。

 しかしカップアンドコーンはほぼ絶滅種、スギノ75のはあるが、アレはISOテーパーなんで、限られたクランクしか使えない、もちろんハッタのもおなじ・・・。なので、同タイプのものを使っている人は大事に手入れしながら乗ってほしいですね。

DSC_9948_convert_20200504165826.jpg

 チェーン交換も終わり、ピストのメンテって楽だよね・・・、これが競技系ならワイヤーもないんだから本当に楽だ。

 で、試乗してみたんだが・・・、何か回すたびにパキパキする。んん?なんだ?

 チェーン周りで鳴るね。そう、チェーンは新品だ・・・とすれば、アレだ・・・。チェーンのピッチがいきなり正規ピッチになったため、小ギヤが悲鳴を上げているんだろう、合わないよ−ってなもんでね。

DSC_9950_convert_20200504165808.jpg

 新しい、デュラ厚場の小ギア16Tがあったんで、こいつを取り付けることに。

 因みにっていうことで、旧小ギアと比べてみることに。

 DSC_9953_convert_20200504165759.jpg

 手前が新品で、向こうが古いやつ、重ねて観察するが、アレだけ音がしながら、完璧目視できる、うわ!削れてる!という箇所がすぐにわからないというところが、すごいとこ。

 さすが厚歯だけあって露骨には削れていないが、そうであっても、音鳴りがするほどの違いはどこかにあるようだ。

 かつて固定が好きで乗っていた時・・・そんな音鳴りなど殆どなかったが・・・、そうか・・・、チェーン交換の頻度が高かったからだろうね・・・。競輪場に捨ててあったからなあ、ほぼ新品のようなものが、川崎競輪場の選手のゴミ捨て場に捨ててあったんで、それを大分使わせてもらった・・・。

 多分負けると、縁起悪いんでほぼ新品のチェーンを捨てていた人もいたんだろうと思う・・・。

 DSC_9942_convert_20200504165859.jpg

 パッと見は全くといっていいほど変わらないが、まあ要所がだいぶ変わっている、乗り味も、新車のようだ。この鉄フレームは頑丈で走るねえ・・・。

 まだ数本あるんで、また鬼シリーズでも作ろうか?金鬼、銀鬼とかね・・・。

 まあ、それであっても、売れていった自転車が大事に乗られているというのは、本当に嬉しいもんだよね。そういう自転車を組んでいかないといけませんな・・・、本当に。


よくあっては困るが そこそこある事故


 
 リアディレーラーが壊れたっス・・・と、ちょっと気力の抜けたような高校生がもってきた。

 体は細い・・・、というがただ痩せているだけでじゃあない。何かやっていた体だな。

 何してたの?

 サッカーしてました。

 今は?

 やめてます、友達とやめました。

 やめたくてやめたのか、やめざるを得なかったのか?までは聞かなかったが、何かちょっと目標を失った感じがあるね、なので、何していいかわからないのかもしれない・・・、そういう雰囲気があったなあ。

 もちろん店主の思い過ごしかもしれない、ちょっと感情移入したかもしれないしね。

 というのもね、店主の高校時代というのがまあ暗かったわ。ごく一部の、ごくごく一部の人間としか合わず、群れず、ほぼ単独行動。目標一切なし。あっても、心の底で達成は難しいとはどこか解っていた・・・。

 なので、甲子園とか、まあある種線路の決まっている路線を歩んでいるものをちょっと羨ましいと思いながらも、どこか軽蔑していたかもしれない、もちろん僻みが大部分だったと思うが。

 一人で逡巡と反省の日々をのらりくらりと過ごしていた。

 なので、部活もしない、趣味もない、といって学問ももそこそこで、何を聞いても「別に」としか答えられない奴らのなんたるかについては、ちょっとわかったような気になってしまう。

 今思えばやることはやっていたのかも、とも思う。随分とライブなるものを見た。当時A席三千円というのがあったんだな、なのでお年玉を貯めては見に行っていた。

 中学生で、VSOPクインテッドを大雨の田園コロシアムで見ていた・・・糞マセガキでもあった。そんなところしか自信が持てなかった・・・、イヤ、自信というのは後の事だろう、何かが自信に後で変わったというだけだろうね。

 だってねえ、もうあの五人の中で、ウェイン・ショーターとハービー・ハンコックしか生きていたんだよね、それ生で見てたんだぜ!なんていうのは、当時なんかではなくして、その後々の問題だ、しかも自信というより、財産ではあるが、決して人にひけらかす意味もないことなんだよね。

 あとは古本屋には随分といったというより、潜んでいたといったほうが良かったかもしれない。軍手はめて漁ってたもんで、何度店員に間違えられたことか。

 あれから思うと、古本屋も大分減っただろう。荻窪の笹間書房がしめたときいて、そうか・・・と少し沈む。あそこは高校時代の思い出というより、その後世話になったところだが・・・。

 そんな時代を過ごしていた身からすると、目標失っている時期なんて、本人にとっては大変な「危機」と映るかもしれないが、あとで見たら宝のような時期なんだよ、とは言ってやりたい気もするね。

 線路からハズレんだもん・・・それは電車にとっては致命的だ、脱線!以上・・・てなもんだ。でも鉄道に乗っていただけで、実は自分の足ってもんがあるんだよな。それに気づくまで時間がかかるかもしれない。

 なんだ・・・、効率は悪いが、悪路でも何でも、足二本があればまずは歩けるじゃないか・・・。今までただの鉄のワッパを自分の足と勘違いしていただけだ。そんで自分の足の程度というものを知る。

 そこから歩ける範囲で、また電車なり、車なり、自転車なり、飛行機に乗る・・・事なんじゃねーか?

 なんてな。

 手なわけで、次に乗るかもしれない自転車直してやらないと、で、どうした?

DSC_9801_convert_20200503204551.jpg

 なるほど、リアディレーラーがチェーンによって捻くれまわってしまっているわけね。まああることだわ。エントリーモデルのこの手は、ゆるくできていて、逆にそれがメンテフリーに持っていっている、ということなんだが。その許容を超えちゃうと、こういうことになる。

 逆にこうなるまではなんとか乗れるという、シマノの一般車用パーツというのは、そういう意味で優れているといえる。

 レーサーにつけるものだと、精度が良くて、ちょっとしたことでメンテが必要になる。メカニックに世話になったり、ショップに出入りする頻度は大分高い。一般車でそこまでやったら、多くの人は不便と感じるだろうね、またショップかよ、一体どーなってんだ?とね。

 こうなったら、交換しかないね。

 DSC_9916_convert_20200503204522.jpg

 交換部品を探すと、オール金属の古いが頑丈目のがでてきたんで取り付けた。

DSC_9917_convert_20200503204513.jpg

 あとはスプロケもひどかったもんで、交換。

DSC_9918_convert_20200503204505.jpg

 スプロケ交換したら、チェーンもね。

DSC_9919_convert_20200503204455.jpg

 シフターもヨレヨレに近かったが、こいつはなんとか継続可能と判断。あとはブレーキ調整等をしながら、なんとか街道を走れる状態にもっていく。

 DSC_9915_convert_20200503204531.jpg

 フレーム自体はアルミで、各所頑丈、エンド金具もかなり分厚いんで、これを土台に、育てていくことも可能と説明はしておいた。

 自転車ってもんは・・・という話も、少々煙たそうな高校生の横面を見ながら説明、世の中にはうるせーオヤジってもんがいるということだ。


 別に何も期待しないが、オ!直った!ラッキー!と思うレベルでもいい、マシになった自転車で、別に地平線まで走れ!とはいわない、どこぞの下らん知事になるのがオチだろう・・・。

 が、逡巡しながらボケっと自転車乗っているだけだって、十分に意味があるかもしれないぞ、とは思う、今は信じられなくても、年寄りのいうことは聞いておいていい時もあるだ!以上!

 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター