メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2021年04月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

この連休中 休業しないでしょう 多分 



 ほぼ出来上がりつつある鉄箱で、今度はソフトの充実とばかり、商材かき集めて・・・というところなんですが、完璧な形に持っていくには、もう少し時間はかかるかと思います。ただ、それまで有りもの、集めものの質のいいやつで頑張っていきたいということです。

 DSC_7113_convert_20210430211020.jpg

 この連休は、まあ国と自治体の無策がたたり、またも閉じこもりの要請ということで、要請ばかりだよね。そして要請破りも相当あるかと思いますが。

 まあ、近所の公園に散歩に行くくらいいいだろう、ということで、その辺のサポート的販売なんかをやって、存在感を示していこうなんて考えています。

 本日はそのテスト販売のようなもの、祭日でもありませんが、やっぱり店というのは開けているだけでも意味があるねということが非常によくわかった一日でしたね。

 思いの外、お客さんが来てくれました。

 DSC_7119_convert_20210430211059.jpg

 こんなカレーを作ったり。

DSC_7129_convert_20210430211118.jpg

 中華料理屋の娘さんの作った焼きそばとザーサイ。

DSC_7130_convert_20210430211128.jpg

 これは肉味噌おにぎり、正確には肉味噌にぎらず、というのだそうです。試作もあって量も少なかったせいか、瞬殺で売り切れました。

 DSC_7114_convert_20210430211029.jpg

 そして、あのアコペ先生の焼き菓子も、あれよあれよという間に売れていきました。

DSC_7116_convert_20210430211039.jpg

 もっとあコペ先生に交渉して、上部できる分量を分けてもらえるようにしないとね。と入っても一つ一つ手作りなもんで、すぐには量産が出来ない、だからこそ価値があるんだがな。

 DSC_7117_convert_20210430211048.jpg

 そしてお達しあったんで、ソフトドリンクものだけ・・・、ノンアルビールはあり!

 そんな感じでテスト販売したんだが、夕方前にはほぼ完売・・・。これは連休獣は昼前から夕方前まで、毎日開けましょうか?ということで、担当者を決めてやることに。

 近所の珈琲屋さんや、あのタラ先生によるカレーも登場しますんで、その辺もご期待なさってください。

 DSC_7126_convert_20210430211108.jpg

 かくゆう狸サイクルも、連休中は適当にやっています。これお昼休み・・・、やっぱり天期のいい日の外で御飯は美味しいですね。

 サイクリングシーズン真っ盛り、スポーツ自転車の整備、通勤自転車の整備なども承っていますので、密を避けてのサイクリング方々、お寄りください!


スポンサーサイト



夏が来る前に・・・



 なんと4月の今ですが、今年最初の蚊と遭遇いたしました・・・来たか野郎ども・・・。これから約半年近い闘争が始まるんだ、しかし早いよなあ。通常は5月なんだが、二週間くらい早いんじゃないか?

 と、そんなこと言っている内に、風薫る5月でありますなあ、初夏・・・。もう天気のいい日差しの下にいると、すでに暑い・・・。

 4月というのは不思議な月で、意外と雨が多い、そして時に雪がふることも、そして桜の花見と雪見が同時にできるときもあれば、三十度近く気温が上がってしまう日もあったりと・・・。冬の残渣と春と初夏が混じり合う月でも有りますな。

 そう、もう夏の準備ということもしていかないと・・・。

 ということで、扇風機なんであります!

 上の写真は工房内の、業務用扇風機でこれは強力です。壁を超えて迂回風が来るほどコイツが回ってくれると、部屋全体の風が動き出すという感じでいいんだが。

 この手の扇風機が外にも欲しいねえ・・・ということになった。さすれば、モノタロウ15%引きの日にでも購入するか?と思ったとき、一人の人物の顔が浮かんだ。

 アチコチのお片付けも仕事の内、というお方。当店には「これ使わない?」なんてヒョンなものを持ってきてくれるお方がいるんですね。

 そう、大物を購入しようというときは、事前に一言声をかけておくと、意外とあったりする・・・、そこで外でも使えるようなでかい扇風機ない?と聞いてみたら。

180932383_4011642642248207_6220560885552081247_n_convert_20210430191815.jpg

 ホコリまみれで、足がなくてもいいならあるよー、という返事が来た。はい足は回りは自分でなんとかしますんで、持ってきて!ということで、もらうことに。

 さて、デカイ扇風機を床に置くとなると意外と場所を取る。できれば壁とかに取り付けタイプがいいんだが。足がないことをいいことに、取り付けタイプに改造してやるか?

 いま外箱の改造で木片がいっぱいあるんで、その廃材使って、なんとかやってやろう・・・と。

DSC_7131_convert_20210430180332.jpg

 ツーバイ材を切り欠きして、9ミリのシャフトを通して、サイドからナットで鬼ジメしてやると・・・。

DSC_7132_convert_20210430180342.jpg

 なんとか固定できたかな?扇風機の角度を変えたい時は少しナットを緩めて、再度締め直せばよし。そしてコイツを外回りなんで・・・単管パイプに抱かせるというのはどうだろう?

 DSC_7133_convert_20210430180352.jpg

 と、ツーバイ材には付いたが、これに垂木度めクランプをして単管に抱かせると、モーターの出っ張り部分が単管に接触してしまい、首回しが出来なくなってしまうことが発覚・・・。回せなければ、機能半減だよね。なれば・・・、

 この出っ張り部分をオフセットしてやらないといけないわけだ。でもまあ、木片はまだまだいっぱいあるし・・・。

DSC_7134_convert_20210430180401.jpg

 適度なツーバイ材を切って、今度はそれを縦にして、出っ張り部分よりせり出すようにしてやればいいわけだ。

 DSC_7135_convert_20210430180436.jpg

 そしてその新たに取り付けたツーバイ材に、垂木用のクランプを二個ほど付けて、完成。

 あとは、任意の外単管に、取り付けて電源挿せば終わりなのだ。

DSC_7136_convert_20210430180447.jpg

 付いたぜ!しかも業務用だけにかなり強力だ、今の季節では寒いくらいだな。

 DSC_7138_convert_20210430180501.jpg

 横から見るとこんな感じで、しっかりモーターの出っ張り部分がオフセットされていますね、なので首振りも問題なくできるようになりました。

 DSC_7140_convert_20210430180523.jpg

 単管のあるところ、縦でも横でも設置可能です!なので、この夏には多分大活躍してくれることでありましょう。

 風だけ吹かしておくだけで、蚊は寄ってこなくなりますね、風速三メートル超えると、軽い蚊共は飛行のコントロールができなくなるとかで、嫌うらしい。

 夏が来る前に、というか初夏はもう来ている中での、一足早い扇風機の設置でありました!

年に何度かの打ち首だ!



 あくまでも狭い当店回りの話なんだが、「打ち首」なんていう禍々しい言葉が、ある種の施工内容を示していおり、かつ「打ち首してください」という一般名詞化しているのは。

 電動車体なもんで、無駄に思い・・・。電動だから重くてもいいというのは、ありえませんな。アチコチで駐輪するときなんか思いと何かと不便ですね。

 子どもが憤っても倒れにくい・・・という重さのめリットは一つくらいかな?あとはひたすら重くて、なんとかならないか?と思っている人は少なくないでしょうな。

 で、打ち首って、どこ切り落とすの?まあ首に決まっているんだが、首ってどこだ?

DSC_7085_convert_20210429221012.jpg

 ハンドルの真上に前子載せがある。子載せ自身がまた重い。しかも前に子供を載せなくなっても、まだそのまま籠として使い続けている人が大半・・・、わざわざ重いのにねえ。

 だったら、外して、一般ハンドルにしてカゴをつければいいんですよ。ということで、この頭でっかちを切り取ることをもって打ち首ということなんですな。

 DSC_7099_convert_20210429221044.jpg

 で今回は、指定が少し厳しかった。付けるパーツは全て黒で!ということ、機関車みたいになりますよ、というとそれでいいです、ということだった。

 ステム黒。

DSC_7101_convert_20210429221054.jpg

 当然ハンドルも黒。スポーツ自転車では黒とシルバーがデフォルトですが、実用自転車だと大概はシルバーもんなんだが、なんとか探して取り付けた。

 そして当然カゴも黒。

DSC_7104_convert_20210429221117.jpg

 しかもカゴのそこはきめの細かいものという、ハイ!全てご希望は叶えました。

DSC_7103_convert_20210429221108.jpg

 一般のハンドルとステムに、一般のデカ目のカゴがとりつきました。通常殆どの自転車屋で、形式が違うんでこうした改造は出来ないと言われるそうなんだが、これは明らかに嘘であります!!!

DSC_7096_convert_20210429221032.jpg
 
 はい、最初からこうした自転車作ればいいのにと本当に思う。この状態でも前この背を付けることは可能なのに・・・なんでそれで売り出さないんだろう?大手の考えていることは不思議だね。

 はい、頭でっかちのでかい首は落としました!

DSC_7108_convert_20210429221128.jpg

 トリャ!!!!

作業台 木工作業とナンチャテ定盤



 作業場の真ん中に、かつて木工もできる台を作成していたんだっけ。物置にしておくにはもったいない。

DSC_7070_convert_20210429125729.jpg

 この穴は勿論意図的に開けています、何に使うか?

DSC_7071_convert_20210429125737.jpg

 このようにシャコマンを忍ばせて、母材を押さえたりするのに使います。

 そして、これは?

DSC_7073_convert_20210429125745.jpg

 作業場の側面に付いている謎の木。

 DSC_7075_convert_20210429125754.jpg

 これはネジを緩めて、全体を持ち上げることで、

DSC_7077_convert_20210429125804.jpg

 このように母材を引っ掛け仮固定をさせて、カンナを引くように作られています。

 あとは・・・

DSC_7079_convert_20210429125818.jpg

 これも木工の時に使う、木工万力ですね、木で挟むので母材に傷がつきにくい、というわけです。

 この作業場は基本自転車の作業をするので、扱うものはほぼ全て金属であります。金属加工でも鉄くず、切子などは出ますが、基本金属は重いので、出たそばから床に落ちていきます。

 ところが木工で出る木くずは軽いので、粉塵となって部屋いっぱいに広がります。それが機械の油やグリスに着くと、これはあまりいいことではない。

 なので、木工の部屋と鉄鋼の部屋は分けるべきなんだが・・・、そこまで潤沢に部屋はなし。なので、ここでの木工作業は粉塵の出ないタイプの作業をすることに限るわけだ。

 そして、木工作業をしない時は、台を荒らさないように、

DSC_7066_convert_20210429125710.jpg

 このようにコンパネのカバーを置くことにしている。そして、そこに・・・

DSC_7088_convert_20210429125833.jpg

 こんなものが届いたわけだ・・・。なんだ?

DSC_7094_convert_20210429125852.jpg

 コンパネの上に更に敷く、3ミリの鉄板であります。たった3ミリでも重いねえ・・・。

DSC_7092_convert_20210429125842.jpg

 木工台を作る時水平をしっかり出したので、鉄板置いても水平はほぼ出ている。まあ、なんちゃって定盤のようなもんかな?

 DSC_7095_convert_20210429125902.jpg

 今後この鉄板の上で、このような溶接に関する作業もできるようになってくる。仕事の幅が広がるね。
 
 一つの台を木工と溶接に両方に使う、ということで!

あの問題児その後



 先日公表した、あの問題児君でした。ミケのクランクの内部のネジ山が舐めてしまったため、再ネジ山切りの加工をしてクランク外しをした、あの問題児君でありました。

 と、問題を解決したか?というと実はそうではなかったということだったわけだ。問題はクランクからBBに移っていったが、これまたゴネられた。

 ミケのBBだったんだが、専用工具を岩井さんが持っているかと調べたが、少なくとも岩井さんは用意していないようだった。

 ということは、既存の工具を使って着脱するということか。多分持っている中で当ててみたのが、カンパのスプロケ・BB兼用工具、というのが使えそうだったんだが。

 DSC_7060_convert_20210427220527.jpg

 実際に当ててみるとセレーション自身は合っているんだが、如何せん溝が浅すぎてトルクをかけると大丈夫かよ・・・という中でやったら、ダメだった。浅すぎ・・・ということと、長年の使用でセレーション自身がもう甘くなっていたことと、BB自身の内部もまたしっかり溝が立っなかったという、三重苦があって、外せなかったわけだ。

 新たな工具が必要だ・・・。

DSC_7035_convert_20210427220341.jpg
 
 いいねえ、一定以上セレーションが長いんで、これなら十分中まで捉えて、使えるんじゃないか?と思ったんだが。

 DSC_7039_convert_20210427220359.jpg

 あててみると、BBのシャフトが邪魔して、十分に奥にセレーション同士が届かない・・・。これで力入れると、工具とBB両方ダメージを受けかねない。

 DSC_7042_convert_20210427220413.jpg

 加工が必要だ・・・と随分野太いドリルが出てきたなあ・・・、こういうのが、こういう時役に立つ。いやこういう時にしか役に立たないといったほうがいいな。

 DSC_7044_convert_20210427220424.jpg

 BBシャフトを逃すために元々付いていた穴を拡充する直径18ミリ・・・すごいパワーだよ。

 DSC_7045_convert_20210427220433.jpg

 オオ、デカイ穴が開いた・・・。

DSC_7046_convert_20210427220442.jpg

 よし、これならBBシャフト貫通だ。

DSC_7049_convert_20210427220453.jpg

 十分に奥まで入ったため、お互いのセレーションを十分に利用できるようになる。そしてひょいとひねって、静かに回して、なんとか外してやった。


 DSC_7056_convert_20210427220507.jpg

 イェー!クランクBB周り外せたぜ!
DSC_7058_convert_20210427220517.jpg

 BBソケット内も無傷!完了!

DSC_7062_convert_20210427220537.jpg

 これが終わって、改めて、当店所蔵のこの手の抜き工具らの点検してみると・・・。イヤー、みんな疲れているねえ・・・。長年に渡って、他店よりもより過激な使われ方されているせいだろうなあ、イヤ、イヤ、みなの衆ご苦労様でした。

 DSC_7063_convert_20210427220547.jpg

 欠けているのもある・・・。変形しているものもあるし、一台に合わせるために加工されているのもある・・・。

 DSC_7065_convert_20210427220557.jpg

 角が落ちている・・・。

 この手の工具も新陳代謝が必要だね・・・、壊れないと買い換えないのは、いけない、壊れる前に買い換えないとね。壊れてからでは遅いから。

 さて、リストアップしていこうか、その他の工具も点検しないとなあ・・・。
 

ハードは出来てきたが ソフトが中止だったり変更だったり



 やればやるほど片付くはずが、やればやるほど課題も出てくる、いい傾向かとももうが。工事は着々とも延々とも続いている。

 DSC_6903_convert_20210427213013.jpg

 道路の方面が開放的になって、季節柄そちらで色々活躍ができる、ということで、カウンターをつくっている。

 これは・・・

DSC_6904_convert_20210427213022.jpg

 内側のカウンター。これはこのままで窓の開閉は可能。そして、それだけではもったいないので、より外に突き出ている外側カウンターも作った。

DSC_6905_convert_20210427213030.jpg

 白木なもんで、何か寿司屋のカウンターのようだ。牛乳で磨く?油を吸って醤油こぼしても弾いてくれそうだ。

 DSC_6906_convert_20210427213039.jpg

 外カウンターは着脱式なんで、上に抜くことで外せるようになっている、ある種はめ込み式なのだが、

DSC_6907_convert_20210427213048.jpg

 各所丁寧に加工してある・・・。

 DSC_6908_convert_20210427213057.jpg

 外柵を利用して固定しているが、営業の方式によっては、この柵をずらすことも考えられる。その際も支えられるように工夫していくともさ、今後はね。

 177919187_4003193233093148_4921980890964839066_n_convert_20210427212524.jpg

 これほどに、ハードが充実していく中で、一方そこを使ってどう展開するか?というソフトの方にストップがかかってしまっている。

 緊急事態宣言の三回目・・・。

 酒の提供禁止・・・、こうした業種にとっては致命的・・・。まあ連休はジッとしていろ!ということだろうな。

178340894_4003193199759818_5661152750620114798_n_convert_20210427212540.jpg

 先日の日曜日は西アフリカのグリオ(吟遊詩人+口承記録保持者=人間図書館)が来てくれたが、直前の宣言のために、色々形式変更で大変だった・・・。その割に盛り上がった。

 179158021_4003193046426500_5728122474102613503_n.jpg

 タラさんカレーもテイクアウトも含めてよく売れて、店主提供の黒酢門も宣伝不足の割には足りなくなったほどだった。

 この連休のイベントも二本とも潰れました・・・。その代わりに、公園行く人たちのために、テイクアウト店でもやって存在アピールしていこうか?

 177977250_4003193079759830_6520593816939852310_n_convert_20210427212533.jpg

 マントウに黒酢甘辛牛肉を挟んでみた・・・。

 これは暫く続くな・・・、何よりも人為的にだ。どうやって生き抜くか・・・、動きながら、考えながら、やっていくしかないな、これもいつものことながら・・・。

あちこちガタが・・・メンテナンススタンドのメンテ



 色んな種類のメンテナンススタンドがあるようですが、当店ではミノウラ系のものを5台ほど使っています。難を言えばなくもないが、まあ平均点は高いかな?ということで、古いものはもう二十年近く使っていますかね。

 そのメンテスタンドの、この噛みつき部分は、コレ単体として売られています、さすがプロも使えるメンテスタンドなんですが、この調子が一台おかしくなった。

 DSC_6960_convert_20210426215952.jpg

 噛みつき部分を外してみる、どうなってんだ?

DSC_6961_convert_20210426220000.jpg

 なんと十ミリもあるシャフトが折れている・・・、まあかなり酷使しているからなあ、でも十ミリが折れるか。

DSC_6963_convert_20210426220011.jpg

 ネジ山が始まるところで折れてますね、まあ何年使ったか走らないが、お疲れ様でした・・・。ではこの噛みつき部分全部交換!というにはもったいなさ過ぎる。なれば、シャフト交換すればいいのか?

 ただ、シャフト単体でのスモールパーツは出ていない、であれば・・・

DSC_6964_convert_20210426220022.jpg

 こういう棒状の十ミリ1.5ピッチの全ネジを購入して交換することに、その値段110円だったかな・・・。

 DSC_6965_convert_20210426220031.jpg

 当然計って狙ったんで、噛みつき部分に貫通します。

 DSC_6968_convert_20210426220040.jpg

 まあ、こんなことして、戻してやればいいんだろう?ってこの際に、

 DSC_6972_convert_20210426220104.jpg

 接触部分にかなり多めのグリスを入れてみることに。カラカラ回る必要はない。むしろ重々しくゆっくりガタなく回ってほしいもんなんでね。

 DSC_6969_convert_20210426220055.jpg

 そして、シャフトを手回しでしめて、緩まないようにダブルナットで固定して完成・・・。これでまた十年は使えるかな?

 と、残りの四台にも・・・、

DSC_6975_convert_20210426220116.jpg

 こうしてグリスを入れて、回転野方を取って重々しく静かに回るよう調整・・・。多分暫くメンテスタンドにトラブルはないんじゃないか?

 あとは・・・、これとは事なるメーカーのものがあと三台ほどあるんで、そいつらもついでに見ておくか。

 いろんなものが次から次へとヘタっていく、まあ使っているんだから、仕方ない・・・、その都度直すなりの対応していくしかない、と一見労苦を嘆いているようだが・・・、実際にはこうしたメンテは、イヤーよく使ってきたなあ、ごめんごめん、今直してやるからなあ〜、てなもんで楽しいという面もあるんだな。

あの謎すぎるコンポが素敵にクソすぎた話!



 あの先日公表しました第五の選択?あの謎の黒コンポだったセンサーがかなり一般化してきた中で、さらにその奥にいた謎すぎる黒コンポについて、紹介したんだが・・・。

 そもそもパーツ単体で紹介しても、余り意味がない、実際に組み付けてどうか?ということが本来だからね。

 なわけで、売り物も増やさないとということで、実際の完成車につけてみた。

 フレームは総メッキ。あのズノウの復刻版、多分・・・たぶん今、日本全国広しといえども、多分・・・当店しかないんじゃない?詳細はまあいずれ、もしかして係争中かもしれないので。


 DSC_7016_convert_20210425192359.jpg

 10速コンポなんだが、実際組みやすかった。かつてはシマノ、カンパの専売のようなシフトとディレーラーの組み合わせだが、スラムが出て、センサーが出てきた今、その第五、またもしかして第六、第七となっていくと、もう大手の専売ではなくなってきているのかも、と思えるようになった。

 稚拙だが、ディレーラーなんかを作るメーカーも相当出てきているんでね・・・。

 DSC_7017_convert_20210425192408.jpg

 このクランクは良さそうだ、ローターのパクリ系なんだが・・・、もしかしてOEMで作っている工場だったりしてね。

 DSC_7019_convert_20210425192417.jpg

 センサーはフロントメカに、苦手意識があるのか?それがスラムからきている流れなのかは別として・・・、この謎過ぎるコンポはフロントメカに余り苦手意識がなさそうだ。

 DSC_7022_convert_20210425192427.jpg

 まあ黒のコンポなんで、コイツにはカンパポテンザなんてものを付けてやった。

 DSC_7023_convert_20210425192435.jpg

 まあ、こいつらは他のどんなコンポにも合うといえば合う・・・かもね。

 DSC_7026_convert_20210425192445.jpg

 で、エルゴそっくりのこのシフター、ブレーキの引きもよく、この形状なら、古めの鉄フレームの自転車を手元変速したいという希望があれば、うまく行けば使えるかもなあ・・・と言う下心があったんだが・・・。

DSC_7028_convert_20210425192453.jpg

 それが、一つシフトアップに対して、クソすぎる問題が持ち上がった・・・。もうどうしようもないような、クソ的な問題・・・、もうトホホしかないなあ。

 大体パクるなら、ちゃんとパクって怒られて、和解してなんぼじゃないのか?この程度のパクリなら、いないほうがマシ!とでも言い切っていいかな?とも思えなくもない・・・。

 なんだよ、全く・・・というものだ。

DSC_7030_convert_20210425192502.jpg

 ブラケットを上から掴んだポジションだと、シフトアップもダウンも自由自在にできる、これ当たり前か・・・。

 ところが、クソすぎるのはここからね・・・なんと、

DSC_7032_convert_20210425192515.jpg

 下ハンから握ると、シフトダウンはできるんだが、どう伸ばしても、親指がシフトのスイッチの届かない・・・つまり、下ハンからシフトアップができない!!!!!!というクソすぎる条件なんであります。

 下りで踏み込もうとする時、下ハンからシフトアップができないなんて・・・クソ以外何者でもないでしょ?そうなんです、このシフターはクソなんであります!!!

 そう、数世代前のソラと一緒ですね・・・・、何だよ、ガックリという作り。これじゃあ、まあレースでに使えないね、ツーリング車・・・ぐらいだわ。

 まあそれでいいなら、それなりに・・・かもしれないが。

 もう少し詰めてからパクれよ!もうこの位置でいいから、レバーだけもう少し後ろに伸ばして、親指の先ぐらいはかかるようにするとかできるだろう!

 とまあ、でも、これはこれなりの使い方はできそうだ、すべての自転車乗りが、下りを攻めているわけでもないんでね。

 DSC_7012_convert_20210425192349.jpg

 まあ、見た目は、鉄フレームを崩さないので、もう少しどうにかなるかもしれないね・・・。ただ、シフトの感じや、ブレーキの引きなどは、決して悪くはない。むしろセンサーよりもいいかも・・・とすら思えるくらいの出来だ・・・。

 世界的品薄の中で、どこがまた第何次かの覇権を取るか走らんが、この辺が台風の・・・というか旋風の程度かもしれないが、目になるかもしれない。

 そういう意味で、春秋戦国時代に入ったのかもしれないね。そうした状況については、当店は弱くはない・・・、やってやろうじゃないの!

舐めたミケを抜く 拡張工事



 フレームはFUJIのフェザーだそうですが、その他のパーツ類がかなり凝っていますね。まあ、それはいいんだが、これを持ち込んでこられた方は、どうも自分でクランクを抜こうとして、抜ききれず、クランク内の溝を壊し、外せなくなってしまった、ということで持ってこられました。

 来ましたな・・・。

 一年に、二三回はあるかな?という依頼。コッタレス抜きでクランク抜こうとして回していたら、クランクではなく、等のコッタレス抜きが抜けてしまったという、しかもクランク内の溝を壊してという最悪なオマケまでついて、なんてことはたまに起こります。

 当の店主も若かりし頃自分でクランクを抜こうとし、フィキシングボルトを外したのはいいが、ワッシャーがあるの気づかずそこにコッタレス抜きを入れて、回したもんだから、ネジ山壊しを起こしてしまったことも有りました。

 なので、自分でやってみようとする人には、こうした誤りは起こりえます・・・。

DSC_6979_convert_20210424203452.jpg

 やってしまったのは、なんとミケのクランク。すべてが良いものとはいいませんが、そこそこのクオリティーを誇るメーカーですからネ・・・。

 で、外せなければ壊してもらっても構いません。

 DSC_6981_convert_20210424203501.jpg

 ちょっとまって!壊すなんて最終手段だ・・・まずは観察。

DSC_6984_convert_20210424203510.jpg

 心なしか、BBしゃふとの部分が細いようにも見える、ということは・・・

DSC_6985_convert_20210424203519.jpg

 この手のでかい軸で押すよりも・・・、別のコッタレス抜き、

DSC_6986_convert_20210424203528.jpg

 この手のようなやつでやったほうがいいんじゃないか?とやってみたが、もうすでにネジ山がグズグズだったので、コッタレスだけが抜け落ちた。

 壊すには忍びないクランク・・・、なので、あの秘策を講じるしかないかな?

 DSC_6989_convert_20210424203537.jpg

 ジャン!見るからに高額な工具でしょ?はい、刃物は一番高額です。しかも頻度が年に数度あるかないか・・・。

 では、行いましょうか?

DSC_6993_convert_20210424203545.jpg

 まずはグズグズになったクランク内のネジ山を崩して、平地にしましょう。

DSC_6995_convert_20210424203553.jpg

 はい、ツルツルになりましたね。そしたら、そこへ、それまでのコッタレスよりも一回り大きなネジ山を切っていくことに。

 DSC_7001_convert_20210424203602.jpg

 このタップを使います・・・。こうしたタップやダイスという工具は、硬い金属を使うせいか、全てほぼ高額・・・参るんだが・・・、これを持っていることがプロショップという証でもあるようなところがあるから、全ては揃えられなくても、自らの守備範囲の工具は持っておかないと、仕事になりません。

 DSC_7004_convert_20210424203611.jpg

 慎重にねじ山切っていきます・・・。硬いといってもアルミなんで、鋼鉄のタップの前には、スル・・・スルッと切れていきます。

 そして、新たな溝が出来たところで、今度は今までの通常のコッタレス抜きよりも一回り大きな新コッタレス工具で、今度は外していくことに。

 DSC_7006_convert_20210424203620.jpg

 コイツですね。これからはこのクランクについての着脱は、この特殊コッタレス抜きでやらないといけませんので、この工具を付けて、自転車をお返しすることになります。

DSC_7008_convert_20210424203629.jpg

 ほぼ無傷で外せたよ・・・。

 ただし、問題はまだあったのだ・・・それもまた続きということで、後日公表してもいいかな?と思っている、もちろん成功したら・・・だが。


4月25日 静かにアフリカ音楽のイベントします 狸野音にて



 この日曜ですが、ニケ月前から計画されていたイベント・・・、何か本日、緊急事態宣言にはいる日だと発表されましたが・・・、イベント自身は行います!

 マスクに距離取って、外側からご参加されたい方はご来散ください。

 酒類の提供も禁止ということなんで、ソフトドリンクだけでやります。また近所のカレーの魔術師タラさんカレーは提供いたします。

 不肖この店主も、黒酢軟骨と豚肉丼なんかも出す予定です。

 しかし三度目の正直というのか、緊急事態だそうです。3月に解除したと思ったら1月でまた宣言。その医学的根拠は一体なんなのか?なんて真面目な問に全く応えられないであろう、無能な政府、無能な自治体の首長。

 政策に一貫性などない、ワクチンがあればと起死回生を狙っているようだが、そのワクチンの確保すらおぼつかない、もうボロボロ。

 その中で、新種のコロナがまた襲来しているとのこと。

 人が動くことで、ウィルスの変種の種類は増えるでしょう・・・だから動いちゃダメだったんだが・・・。新種に、新株がまた、国境を超えて、それまでの非常線を突破して来ているようですな。

 しかも、ワクチンなんて、ウィルスの変種に人工的な要素を加えてしまって・・・本当大丈夫かい?よりウィルスの変種はバリエーションを増やしてしまわないか?

 すでにインドでは、ワクチン二度摂取した医療関係者が新種のコロナに罹患しているという情報も来ているようですね。

 そして、ブラジルでは嬰児が亡くなる事例も出てきているとも聞きます。南半球の惨状は半年後の北半球の可能性でもありうるとすれば・・・。

 そんな話も聞こえてくる一方で、この国の対応策はオリンピック開催にこだわり続けているせいなのか?タダの無能なためなのか?そもそもやる気がないのか知らんが、場当たり的で、適当で、思いつきに過ぎない愚策のオンパレードだよね。

 やっぱり、この国は、76年前、あれほどひどい敗戦をしてきた、もうボロボロの完膚なきまでに打ちのめされ、未だにその影響下から抜け出せ得ない愚かさを発揮してきた、ということがまたこのコロナ禍に置いて、ほとんど変わることなく繰り返されている・・・ということがほぼ立証された、ということだ。

 なので、このイベントはもう直前過ぎて中止することはしないが、クラスター対策などを徹底しながら、イベント自身は決行することに。

 そしてそれ以降のイベント等については・・・、ほぼ中止と、様子見ということになりそうだ。

 まあ、あとはここが底だかどうだかは知らないが、早めにこの国の凋落ぶりを察知して(日本スゲー!とか言っている連中・・・別の意味で日本スゲーよ!)、少なくともアジアの大学の十位以内に二三校ぶち込めるように、教育、研究、開発、人材を育てる政策にシフトできるように、間違っても新原発開発などというキチガイ政策に振れないよう、ちゃんと国をコントロールしてきましょうぜ。

 少なくとも、信賞必罰で、買収選挙したバカや、虚偽、改ざん、隠蔽等をした犯罪者はしっかり捕まえてぶち込むくらいのまともな国にしていかないと、本当この国はもう持たない・・・な。

メンテだ!サイクリングだ!新緑だ!



 妹さんからもらって、ずっと放っておいた自転車なんだが・・・。なんかゴッツくでちゃんと整備すれば走りそう。

 ちょっと地方なんで車は必需。自転車は・・・というと車があるので、必需品ではない。でも・・・、この数年引っ越して来たところが、どうも自転車で走るにはもってこいのところということがわかり、なら整備して走ろうか?ということで、もってこられたわけね。

 ジャイアントなんで、平均からすればまあいい水準ではないか?と。ならしっかりメンテしてやろう、そうすれば再生はできるはず。

DSC_6930_convert_20210422230221.jpg

 基本はまあチェーンワイヤーという消耗品交換ね。今回はチェーンは勿論のこと、

DSC_6931_convert_20210422230230.jpg

 7速のボスフリーもう交換、サビサビだったからなあ。でも、入門モデルとして、今でも6速、7速のボスフリーは作られ続けているので、ある意味安心であります。

DSC_6935_convert_20210422230249.jpg

 ワイヤーブレーキ二本と、シフトワイヤー二本の計四本をすべて交換。もちろん末端部分も含めての調整もあるので、ワイヤー交換したがシフトが出来ないということはない。

 DSC_6933_convert_20210422230240.jpg

 ブレーキワイヤーだけでなく、ブレーキシューも交換しておいた。Vなんで街道走りには十分すぎるほど効く、怖いくらい効くよね。

 DSC_6937_convert_20210422230259.jpg

 もちろんフロントのブレーキシューも交換。このくらいでもう十分再生に近い機能を発揮します。

 DSC_6938_convert_20210422230308.jpg

 このサスフォークもまだ生きています。かなりの段差も平気で乗り越えますね。ダートなんかを本気で走ったら、結構面白いだろうなあ、と思った。

 近所の公園を試乗したんだが、面白かった・・・。

 これでサイクリングか・・・。

 このお方のこの数年の引越し先の画像がある。

176375476_10219659157578090_3055339194647954170_n_convert_20210422225855.jpg

 新緑がすごいねえ、きれいだ!

 こんなところが近所にあるなら、車じゃなくて、やっぱり自転車でしょ!!!

176265337_10219659158058102_5737357246142037325_n_convert_20210422225845.jpg

 千葉県の八千代の方なんだとか・・・。浄土のような風景だなあ。

176845297_10219659157778095_5601493846559758937_n_convert_20210422225904.jpg

 いやいや、新緑好きの店主からすれば、桜満開よりも、目に染みる風景だこと。これは多少手間かけても自転車再生スべきでしょ、そして新緑がきれいなら、紅葉だってきれいなはず、地方こそ自転車を!だね。

 この世には自転車じゃないと見ることの出来ない景色がある。も血ろんそれが特権的などとは言っていない。ただ、自転車でしか見えないだろう、という風景に出あうと、ただただ自転車が有難く感じられるだけだ・・・。

 この季節、梅雨までほぼ最高の季節かもしれないね、日焼けに気をつけて、出かけましょ!

DSC_6928_convert_20210422230202.jpg

 コレなら行けるでしょ!ほぼトコトン!

謎すぎる黒コンポ!



 謎の黒コンポとして、あのセンサーパーツを紹介して一年以上経つかな?未だに謎の黒コンポ・・・と言い続けていたところ、とある筋から「もう謎ではないですぜ・・・、すでにスポーツ自転車雑誌に紹介されていますもん」という指摘を受けた。

 確かに、当初は密輸入するしかなったものが、ついに日本の代理店ができたと思ったら、なんと!東京サンエスさんも扱い始めたなんてことがこの春わかった。

 と、機を同じくするように、雑誌等で紹介され始めているという急展開、もはや謎の黒コンポではなくなってしまったかもしれないね。

 ということで、更に当店としてはより深く踏み込んで、謎すぎる黒コンポ!として、ちょいとチラ見せしていこうか?と思ったりしてね。

 DSC_6943_convert_20210422221854.jpg

 ちょっとわかりにくいんだが、コイツは折り紙で折ったような、カクカクした形が特徴かもしれない。好きな人はいるかもしれないな、万人受けするか知らんが。

DSC_6946_convert_20210422221904.jpg

 このフロントメカもカクカク形状だな。

DSC_6948_convert_20210422221913.jpg

 笑っちゃうのがこのシフター。エルゴじゃねえか。このくらい堂々とパクるくらいじゃないとね。コイツは実は二年以上前の台中ショーで実際に会っていたんだな。

 レバー部分をシルバーに出来ないか?なんて質問二百個からならできるよーなんて返事をくれた。

 コイツが旧式のディレーラーに使えるなんてことがわかったら、これは旧車、ビンテージの再生に使えるなあ、なんて思っていたんだが、どうも相手がでかすぎた・・・。

 今回サンプルで取ってみたんだが、使えるとわかったら・・・、十個単位で取ってもいいかもね。

 ただ、世界規模でのパーツ不足の中で、こいつらにも声がかかってくるんじゃないか?なんてちょっと心配でもある。

 DSC_6955_convert_20210422221946.jpg

 こんなクランクも出てきた、コイツもわかる人にはアレと似ているなあ・・・と。

 最近コンポを作り始めたところ、しかも電子系のものを作りかけているメーカーがあって、店主は二社ほど把握しているんだが。

 ひとつは、FSA。たしか日本ではフタバが売り出しそうだ。そしてもう一つが、ローターというメーカー。ゴッツいコンポ類をこれも台湾でみていたんだが、このクランクが非常ににている。

DSC_6950_convert_20210422221923.jpg

 ガリガリ君ほどではないのが救いだね。そして意外とハイテク・・・。

 DSC_6953_convert_20210422221935.jpg

 この角度から見るとウッスラ解るでしょ?そう、この側面実は円状に蓋がついている。つまり蓋をしているということは蓋を取ると、そいつは中空であることを意味している、と思われる。

 つまりこのクランクの両サイドは硬質のパイプに依って支えられていると考えられるんだな。

 というように、まだこの世は突けば、魑魅魍魎共がウヨウヨしている、ということなんだろうな。

 そして、コイツで組んでみたら、意外と乗れちゃうなんていうのは昨今だ。シマノも危ないかもなあ・・・、日本の他の企業・メーカーの凋落ぶりって言ったらすごいもんだろう?

 日本の白物家電メーカーが束になってかかっても、サムスン電気にはもうかなわないだろう?日本から技術盗んだー!!!なんて騒いでいたが、今は自力で?もう背中見えないんじゃない?

 それと同じく、シマノだっていつまで覇権が取れていかれるか?なんてことだったわかりゃーしねーよ。実際、アイデアや形式についてはスラムに負けてんじゃない。

 そのうち、より巨大資本の中国企業に抜かれる日だってこないとも限らない・・・・、イヤ外資になってしまう可能性のほうが大きいかな?

 まあどうなるやらなんだが、この手の謎過ぎるコンポ類だって三年後には、スタンダードの一部として、普通の選択肢になっている可能性だって無いとはいえない。

 さて組んでみて、どういう感触か?試す日もそう遠くはないだろうな。

廃材で棚を作るか・・・

DSC_6917_convert_20210421212959.jpg

 いま店全体の模様替えなどをやっている所、より効率良く働くためには・・・なんて柄にもないことを考えながらやっているんですな。

 ただ出来てきたところから比べると、できてないところは淀んでいる。かつて柳サイクルさんが設置してくれていた棚に有ったこの辺の機器類が今生き場がない・・・ということは使えない、これはまずい。

 ということなんで、こいつらの設置場所を新たに作ってやらないといけない。さてどこか?

DSC_6916_convert_20210421212950.jpg

 色々意見を聞いてみるとここがデッドスペースになっている。単に店主の事務机の上方なんですが、そこがまるまる空いている。そこに移してやれば?と。

 確かに、空いているがここに設置するには棚かなんかを作ってやらないといけないね・・・。ではどうするか?

 もう買うのもやだし、何かあるものでできないか?

 回りを見回して、使えそうなものを物色する。




 いま外に出しては回収を待っているゴミたちなんだが・・・こうしたところに福はありそうだ・・・、そうしたらなんとおあつらえ向きの金具が出てきた。

 DSC_6913_convert_20210421212941.jpg

 これ、ちょっと小躍りしたくなる金具だよ、これと使えば、そこそこ見た目もいいようななんかになるだろうね。

 では早速・・・。

 DSC_6918_convert_20210421213009.jpg

 金属ものに穴開けたり、削ったりは日常のお仕事なので、坦々と。

 DSC_6919_convert_20210421213018.jpg

 金具に穴開けて、また別金具を垂直に差し込んで、その上に板でも敷けば、棚になるだろうね。そして、その板は?薪ストーブで燃やすためにおいていた、外だなから、様子のいいものを四本選んでもってきて、敷いてハイ完成!

DSC_6920_convert_20210421213027.jpg

 見た目も悪くはないよな・・・と自分に言いきかせる。

DSC_6922_convert_20210421213036.jpg

 外置きが長かったせいか、板が沿っていたりするが、まあ気にしない。そしてここにだ、先の放置されていたプリンター、カッティングマシンなどや、その関連物なんかを置けば、形になるだろう。

DSC_6924_convert_20210421213046.jpg

 まあ、こんな感じかな?今まで何もなかったところにゴンとこんなのが来ると多少の圧迫感はあるが、慣れればなんとかなる。

 しかし、まあ今回のもので新たに購入したものは一切ない!全て廃材にて完了・・・。

 それよりも、少し手を伸ばせば即印刷ができつなんて、今までにはなかった、当たり前の効率の良さを実感できるね。

 しかし、まだまだあるだろうなあ、手を入れるべき箇所が・・・。少しずつでも、快適にしていくか・・・。

クランクを壊す



 クランクを着脱するためにコッタレス抜き工具を使わないといけませんが、其のコッタレスを入れるネジ山が壊れてしまったらどうするか?

 再度新しいネジ山を切って外すというやり方もなくはないが、これは手間と銭がかかります。

 其のネジ山の壊れたクランクをどうしてもつかい続けたいというのであれば、それなりのやり方はある・・・。ただ、もう壊れたクランクは使わない、壊しても外してほしいというのであれば、文字通り壊して外すしかない。

 DSC_6884_convert_20210420211842.jpg

 まあ、他にも色々やり方はあったと思いますが、今回はちょっと過激になりましたな。どちらかを外してBBシャフトごと抜くなんてことも有りうるかもねえ。

 DSC_6885_convert_20210420211851.jpg

 そしてオクタリンクのBBも外して、まるまる交換に、ということに相成った。

DSC_6870_convert_20210420211833.jpg

 しっかり次使うものを持ち込んできた。

DSC_6898_convert_20210420211514.jpg

 オクタリンクから、ホローテックⅡに移るという。それにしても、寄せ集めのパーツでよくもまあ、ここまで組んできたなあ、というツーリング車?というのでしょうかね。

 DSC_6900_convert_20210420211524.jpg

 交換されたクランク、これは今風なんで、昔からのツーリング車のイメージとぶつかりますが・・・。

DSC_6892_convert_20210420211429.jpg

 Wレバーなんてものを使っています。

 DSC_6896_convert_20210420211505.jpg

レーサーコンポである105、しかも二世代ほど前のものかな?DSC_6893_convert_20210420211438.jpg

 其の割にホイールは700Cのレーサー系の完組が付いている、アンバランスなバランスがいい。

 DSC_6895_convert_20210420211456.jpg

 怪我をしているようなサドルだが、これも今風。何故か高い、どうしてだかわからないが今風の高いサドルであるね。

 と、その割に、

DSC_6894_convert_20210420211446.jpg

 丸ハンのフロントバッグが付いているなんて、古来のツーリング車そのものじゃない、しかも!

DSC_6901_convert_20210420211533.jpg

 その上面にはしっかりアナログ地図が設置されている。これも古来からのツーリング車の作法でもあります。

 そうそうこの車体自体は・・・

DSC_6890_convert_20210420211420.jpg

 ミヤタさんのフレームでありました、お見事な新旧とジャンルを縦横無尽に組み付けられた、まあ、ツーリング車・・・でありましたね。

 DSC_6889_convert_20210420211410.jpg

 これ泥除け付けたら、スポルティーフ・・・かな?まあなんでもいいか。

通勤自転車だ! ホイール交換の巻



 通常の実用自転車だったんだが、これから片道十五キロ前後の通勤を自転車でしたい・・・ということで、新車購入も悩んだようだったが、すでに乗っている自転車の改造で面白くなるような口説きをしたら、それに乗ってきた。

 黄色い色自体は好きだったんで、それで良し!となったわけだ。

 DSC_6849_convert_20210419224605.jpg

 ホイール700Cです。ただの700Cではありません・・・。

DSC_6850_convert_20210419224614.jpg

 ハブも最高、ラジアル組の20本スポークなんて、そんじょそこらじゃないよね。というのはこれ、アルミの名車・・・今となっては伝説のアルミフレームといってもいいかもしれないね。

 例のアレといえば、FUJIのバラクーダに付いていたホイールだったんですね。特にあの頃のFUJI開発グループは変な所に凝るところがあって、ハブには大分熱を入れていた記憶があった。其のチームが作ったホイールなんで、そんじょそこらじゃないんです。

 いわんや実用車に取り付けるなんて・・・。

DSC_6859_convert_20210419224705.jpg

 もちろんリアも元バラクーダのもの。だったら・・・

DSC_6860_convert_20210419224713.jpg

 タイヤもこの際レーサー仕様というか23ミリもの、7気圧入れちゃおう!となった。

DSC_6857_convert_20210419224656.jpg

 8速もののスプロケを入れて、まあそこそこのディレーラーを入れてみた。

DSC_6861_convert_20210419224721.jpg

 前シングルでいいか・・・まずはね。これで自転車に狂いはじめて、相模湖へ!!!とかなったら、この辺の多段なんて選択肢も出てくるかもしれない。

 DSC_6853_convert_20210419224631.jpg

 やはりスピード出るんで、ブレーキもそれなりのものを取り付ける。

DSC_6856_convert_20210419224647.jpg

 リアも少し手をかけた。こうやることで、タイヤの着脱も楽になる。自分でチューブ交換するようになるまでは、少し時間はかかるかもしれないが、いずれはできるようにね。

DSC_6854_convert_20210419224639.jpg

 ハンドル周りはそのままで、シフターが付いただけ。

 DSC_6862_convert_20210419224731.jpg

 もちろん主婦だけにカゴは必需なんで、これは外さずそのままに。

 DSC_6851_convert_20210419224622.jpg

 あと、このライトはちょっとおすすめですな。単三電池4つで光る、それも暗くなって、自転車に乗ろうとして触ると、ライトが付く、そして降りてしばらくすると勝手に消えてくれる。消し忘れによる電池消耗がないという、優れたライトともいえます。

 DSC_6845_convert_20210419224556.jpg

 基本フレームは同じなのに、なんで走りが違うの?という疑問と快走とが織りなす不思議な感覚に晒されるでしょうね。今まで乗っていたのは一体なんだったんだろう?なんてことで、これまでの自転車ライフとは全く異なる体験から、もうもとに戻れなくなる・・・。

 狙いはそこ!当店有縁の自転車が手にはいると、その後の自転車人生とそれまでの自転車人生とに断絶・・・というか、線が引かれてしまう、そして元に戻ることができなくなる。

 それは自転車そのものだけでなく、自転車とともにある人生まで変わってくれることを願う!

模様替えも仕事の内・・・か?



 店のたたきの奥には、このように靴を脱いでいられるところがありまして、店主の座り机などもあったりします。そこに、自分の自転車、私物やその他がゴッソリありまして、なんとかより仕事をしやすいようにしていかないとね、という展開になったのであります。

 柳さんの事務机や棚があったんだが、それがなくなったので、色んな意味でも模様替えをしないと、スペースが有効に使えないということで、一番苦手な片付けをすることになった。

 DSC_6865_convert_20210419220859.jpg

 部屋の北側に釣る下げられていた、自転車類と散乱するレコードに座れないソファーがある。コイツを移動しながら、ここでも給餌の仕事などもできるようにしないと、イベントのときなどてんてこ舞いになる、其の辺も睨んでの模様替えなのだ。

 DSC_6866_convert_20210419220908.jpg

 北側にある自転車をもう少し南側に移動するとなると、この吊しの扇風機が邪魔になる、コイツをまず外して移動させないといけません・・・。

 DSC_6879_convert_20210419220955.jpg

 自転車おろして、単管移動してこうして掛け替える。部屋の幅ギリギリに胆管を切っていると、部屋自身が真四角でないことに気がつく、調整して少し切らないと入らない・・・。

DSC_6876_convert_20210419220936.jpg

 頭の上に自転車がぶら下がっていても、この椅子に座ると頭にぶつからない、デットスペースの使い方かな?そして背後には・・・?

 DSC_6878_convert_20210419220946.jpg

 かつては、高いところから吊るされていた楽器類だが、自身で落ちると割れるね・・・ということで、低い位置に変えた。そのために単管一本必要になったが、其の辺を工夫して、なんとか一本買い足さないで済ませてやった。しかし楽器屋みたいだな・・・。

 DSC_6872_convert_20210419220918.jpg

 両者ギリギリの位置であって、スペース節約だ!

DSC_6874_convert_20210419220927.jpg

 今まで自転車が釣る下げられていた下に、レコード棚を持ってくる。コイツも、ゆくゆくは移動するので、ここは仮置き場だ。

 DSC_6880_convert_20210419221004.jpg

 其の奥に長机をおいて、其の下に飲料を置く。この長机は給餌の際に使える。

 DSC_6881_convert_20210419221013.jpg

 あの座れなかったソファーは新しく南側に移動した自転車の下に据えられた。ここなら据わる際に少し気をつければ、座ったあとは、よほどの座高がない限り、頭と自転車が接触することはない・・・。

 まだ、もう少し変化はしそうだが、徐々に徐々に、より仕事をしやすいように変化させていこうと思うのよ。

 一番苦手な片付けなんかもやっていかないと、マジでゴミ置き場になってしまうわ・・・。

ジオスの小径 総メンテに近い では乗ろう!



 ジオスのブルーといえば、トレードカラーですね。最近色への傾向が多少変わったのか?かつてはこの手のブルーはちょいと苦手な部類だったが、白との組み合わせとなると、見直してもいいなあ、と思うようになってきている。

 で、これは小径車、というよりミニベロといったほうがいいね。

 DSC_6709_convert_20210417201600.jpg

 チェーンは切れて、ズタズタの状態でやってきたんだが。元がいいから、コイツはかなりのレベルで再生できると踏んだ。

 DSC_6834_convert_20210417201626.jpg

 リアディレーラーは磨いて調整して、チェーン交換、スプロケも交換しておいた。

 DSC_6712_convert_20210417201609.jpg

 ワイヤー系が破損、まあそっくり取り替えるしかないね。

DSC_6842_convert_20210417201705.jpg

 ミニベロにドロップハンドルというと、本気で走ると、かなり行けるやつだよね。足のあるやつだったら、ギア比等セッティングして、700Cのロードレースに入ってもそこそこ踏めるんじゃない?という車種だろうな。

 DSC_6839_convert_20210417201657.jpg

 タイヤ交換はしました、サイズは20インチのWO。ちょっと珍しいサイズで、タイヤの種類も同じ20インチのHEから比べると少ないが、一回り大きいので、使えるとは思うんだがね。

DSC_6836_convert_20210417201635.jpg

 ブレーキシューも交換キャリパーも調整。

DSC_6707_convert_20210417201550.jpg

 このフロントディレーラーの位置がなんだろう?聞く所によると、この状態で売られていて、いじっていない。何でフロントディレーラーを後ろにオフセットしたんだろう?其の理由がわからない。

 これによって、かからないところがある・・・。イヤ、これが原因なのかもわからない?ただ・・・、

DSC_6844_convert_20210417201724.jpg

  このように外してみて、フロントメカをもんだりしている内に、なんの過不足なくすべてのギアにかかるようになる。ということは・・・?あってもなくてもよかったパーツ?なのでは?ということで、外してやることに。

 DSC_6838_convert_20210417201645.jpg

 モロ高速で走るとするなら、チェーンリンクの歯数を替えてもいいかもねえ、というくらい、ポテンシャルある車体だよね。

 DSC_6831_convert_20210417201618.jpg

 乗ってみても元気はいい。この硬さは・・・・ホイールの影響もかなりありそうだな。リムにもっと種類があれば、この手の車体はかなり面白くなりそうだ・・・と思うがね。

 小径で38ミリのリムとかが簡単に手に入ったら・・・、またこのサイズでディスクホイールとかあったら、相当面白いことになりそうなんだが・・・、そこまでやるショップというかメーカーはないのかな?

 なんて珍しく、店主にしては小径車、ミニベロに目のいった、一台であった・・・。次の店主にとって、未知なる車体は小径かな?さあ、どうかな?

工事だ!工事だ!窓枠だ!



 昨年の今頃ですかね、ここでマスクなんかを売り出したのは。

DSC_9797_convert_20200425224234_20210415201130017.jpg

 こんな感じで見切り発車したんであります。

 回りで、店を閉じた人、働いていた店が休業した人などがワンサカいたわけで、そうした方々の技を集めて、なんとか小銭を回していこう、ということで、走りながら変化していったわけだ。

98341906_3083358658387719_894064259468623872_o_convert_20200521151045_2021041520170411a.jpg

 外に開こうということで、着脱式のカウンターを作ったりね。そうそう製造許可や、販売許可や、営業許可なんかも真面目に取っていったねえ。ネット上のとある箇所で、推測で営業妨害してくるバカどもがいるようだが、しっかり許可取ってんだよ!

101001384_3067744936637987_7592930755404103680_n_2021041520170632b.jpg

 食べ物だけではなく、得意技であれば何でも自分で作って持ってきては売る場を作っていった。

DSC_0645_convert_20200613191241_20210415201707bf7.jpg

 そして、ついにこれまた開閉式のヒサシもできていって、今日の形になってきたわけだ。ところが、嵌め殺しの戸を外して、脇に避けて、カウンターを設置するというのが、すごい力がいる・・・。これどうにかならないの?と前から言われていたんだが・・・。

 ついに山が動く事態となった!なら開け閉めの簡単な戸をつけよう!ということの大改造をすることに。

 そこで、まずは鉄箱横の鉄柵を外した。

DSC_6795_convert_20210415195900.jpg

 そして、必要な窓を残し、あとは外して施工へと進む。

DSC_6798_convert_20210415195908.jpg

 といっても、もちろん店主一人でできるわけもなく、同級生の力を借りることに。頼りになるのだ!彼は大工系なんで木工を担当、コチラは鉄系なんで鉄部を担当。

 DSC_6799_convert_20210415195917.jpg

 仮店舗で櫓を作ったÇチャン鋼、これ大分あるんだが、コイツを土台に使うことに。しかしアレ以来、コイツに穴あけ加工、久々だなあ。

 硬くはないが厚い分、根気がいるね。

DSC_6805_convert_20210415195934.jpg

 ちょん切っては、鉄骨にかけて、下穴開けて皿ネジを打ち込んでいくという作業。

 DSC_6801_convert_20210415195925.jpg

 ヌヌヌ?店主らの作業を横に、何か塗装している人がいる・・・。基本放っておく。

 DSC_6808_convert_20210415195944.jpg

 鉄の土台ができると、其の周りで木枠を作っていく、これは同級生の出番・・・。

 DSC_6809_convert_20210415195952.jpg

 オオ!木枠ができた。コチラは外に面しているので防犯上の観点でもって、本日一日で突貫でやらなければならない、手は自然と早くなるね。

 DSC_6811_convert_20210415200001.jpg

 下にはアルミの板を貼っていく。薄いやつだが。

 DSC_6818_convert_20210415200018.jpg

 なんとか順調に作業が進んで、夕方前に、ようやく冊子のレールがはいることに。このレールはまあ、強度がない。四角という形状もあるが、軽く華奢に作られている。なので、木枠が大切なのだ。

 しかも、緩い坂の傾斜に作られている鉄箱、一体どこが平坦で、どこが垂直なのかわからない・・・。まあ基本となるところを取っては隙きを埋めていくなんてことも。

 DSC_6815_convert_20210415200009.jpg

 もちろんサッシ枠は上下左右にある、自身で支える構造部はなんとボルト8本という・・・。最近のサッシのいくつかはこうなんだ・・・と。

 DSC_6819_convert_20210415200028.jpg

 やった!窓が入った!

 DSC_6823_convert_20210415200037.jpg

 当たり前だが、もちろん開く、指一本で・・・。これが木枠が歪だと、窓が動かないなんてこともあり得たわけだ。

 DSC_6824_convert_20210415200047.jpg

 これからまたこんなバージョンで、ここが使われていくことになる。もちろんまた外向けの着脱式カウンターも時に設置したりもするよ。

 DSC_6828_convert_20210415200057.jpg

 鉄箱部、一部の改築を残し、再度鉄柵を元に戻す。この鉄柵も今後は、着脱を楽にして、時に大きなイベントのときなどには、外してもいいかな?なんても考えている。

 まだ、もう少し、変わっていくでしょう、というかはどういう変わり方していくかは、またこの店主にも見えていない。常に見切り発車、走りながら考えるのだ!


再生のためのお手伝い・・・



 この手の青は苦手な方だったんだが、何故か最近やってみようかな?とすら思うようになってきた、青だけでなく白との組み合わせならいいのかな?とも思うんだが。

 プジョーのフレームですね。

 先日とあるマウンテンバイクを見てほしいと、見るとアルミフレームの二箇所だったかな?ヒビが入っていたため、これ以上乗ることは危険ということで、引導をお渡ししたんだが。

 なれば、ということで、これまた旧車の鉄フレームを組み付けて、お子さんに乗せたいということで、またお持ちのパーツ類、調整しにくいところも含め、持ってこられた。

 基本やりたがり屋さんらしく、できるところは自分でということなんだが、やはり込み入ったところや、専門工具が必要なところはこちら任せということだ。

 一番はここ!
DSC_6776_convert_20210414120713.jpg

 フォークがぶつかって曲がってしまったため、なんと一インチのカーボンフォークを探して、これに取り替えてほしいということなのだ。

 よくもまあ、こんな古典的なフォークを探したね。キネシス・・・懐かしい名前のメーカーだ。

 見ると、コラムが長い、これはいい傾向だ。短いとヘッドチューブとの相性で使えないこともある。ながければ切ればいいんで。

 ところがネジ山が少なすぎる!足してねじ山を切らねばならない、これは難しい。ネジ山修正ダイスはあるが、ガチ出切るのは難しい、刃がすぐにダメになるからだ。

 イヤー、どうしよ。ダイスも手に入りにくい中・・・、まあでも一から切るんじゃなし、せいぜい15ミリぐらいなら大丈夫かな?

 DSC_6706_convert_20210414120705.jpg

 ウワ!当ててみるとこりゃ結構掘らないとダメじゃん・・・。騙し騙しやるしかないか?

DSC_6777_convert_20210414120721.jpg

 カーボンがあると締める際潰れないようにしないとね。

 さて修正工具で、どこまでできるやら。これが疲れる・・・体力的にも、心理的にもね。

DSC_6779_convert_20210414120730.jpg

 2日ぐらいかけましたかな。

 DSC_6781_convert_20210414120739.jpg

 溝は切れたが、ダイスは疲弊していることだろう。一個三万くらいするだろう?それも入手が難しい昨今。よくやったなあ。

 DSC_6784_convert_20210414120747.jpg

 そして足りない溝をフライスで刻んでいく。横滑りが良くないなあ・・・、そろそろ入れ替えの時期かしら?

 DSC_6785_convert_20210414120754.jpg

 装着!ヘッドパーツはミケとあった。リテナーから玉が一個なかったが、まあ回るしなんとかなりそうだ。

 DSC_6786_convert_20210414120804.jpg

 カーボンフォーク事態の歴史は浅い方だが、この形状にはちょっとした歴史を感じるね、そして鉄フレームとの相性も良さそうだ。

 DSC_6788_convert_20210414120822.jpg

 前後ホイールも持ち込まれ、グリス充填、玉押し調整、振れ取りなどを行った。

 173772527_3966182416794230_3158870247295116686_n_convert_20210414191816.jpg
 
 ということで、これでお渡しすると、またどういう組付けをされるんだろう?と楽しみなのだ。

 というのも・・・、
  
 DSC_6497_convert_20210331170813.jpg

 先日直したカンパのディレーラーが装着される予定なんだそうだ。うん、結構いいんじゃない?様子のいい自転車が再生されそうだよね。

 完成したら、見てみたいもんだよね。

 という、再生のお手伝いなんかも普通にやってしまう当店、走れる自転車を入手するためにはいろんな選択肢がある、できるだけ広い選択肢に合わせられるよう、努力する。

 そうすることで、多様な自転車が街道を走っていくだろうね、はい!

着陸のお手伝い 尻拭いともいう



 オ!あれだな・・・。

 半年くらい前か、ピラーが外せませんといって持ってこられた、あれだ。確かブルーノ・・・だったと思う。フレーム自身全体はいいものなんで、どうしても再生させたい。なるほど!ということで請け負ったが、まあ大変だったわね。

 たけのこドリルで結局は掘って掘って、ピラーが最低折れないところ、というかフレームにダメージを与えないところまで掘って、終了してお出ししたんだが。

 DSC_6722_convert_20210414094310.jpg

 その時の残渣がシートチューブから確認できますね。

 フム、そうやって掘れたフレームを一度持ち帰って、自分で塗装して、できるとこ自分で組み付けてもってきたんだが、まあ、アチコチ寄せ集めと中古パーツということもあって、欠損スモールパーツの嵐!

 詰めもアラアラで、それはもう仕方がない、プロじゃないんだから。そんでもう自分では限界!ということでもってこられたわけだ。

 アマチュアパイロットが、着陸したいんで、手ほどきを・・・と言われているようなもんか?別な言い方すれば尻拭いなんだが、こうした過程を経ない限り人は絶対に自転車組付けなんてできるわけがないんで・・・、そして店主自身もさんざん通ってきて道ということもあって、お引き受けしますよ、もうね。

 DSC_6715_convert_20210414094252.jpg
 
 ホイールのセンターが出ていない・・・、ハイハイ・・・。

DSC_6719_convert_20210414094301.jpg

 あとシフターの調整ができないので、ワイヤー持ち込みで、お願い・・・、ハイハイ。

 DSC_6726_convert_20210414094327.jpg

 あと、ちょっと特殊なサドルを使いたい。上見ると解るが、サドルのレールが二重になっている、通常は一本だがコイツは昔あった二本レール、コイツを支える櫓が特殊なんで、この櫓が使えるピラーを探さないといけない。

 ピラーといえば、コイツのとの因縁の一番深いとこなんで、どうしても最後まで面倒見てやらないとね。

 ということで、径をはかる。

DSC_6724_convert_20210414094318.jpg

 こじったんで開いているということもあるが、どうもコイツは27.2でいいね、ということは標準もんだ。さて、上のタイプの差し込み式櫓といえば25.4、つまり実用車系の得意分野なんだが27.2はあるかな?ないならシムで行くしかないが・・・。

 DSC_6728_convert_20210414094336.jpg

エヘヘヘ、ちょうど奇跡的に有りやがった・・・、長くやっていると無駄だと思うもんが、こうして生かされる瞬間がある、たまらんねえぜ。

 DSC_6740_convert_20210414094403.jpg

 ちゃんとついだぜ!これで本当の面目躍如だ、ピラー掘りから次のピラー差し込んでの再生だもんな。これができないとなったら、立ち漕ぎ自転車しかないぜ・・・。

 DSC_6750_convert_20210414094441.jpg

 あとはセンター出しやってだな。

 DSC_6746_convert_20210414094431.jpg

 シフトワイヤーを張ってやるんだが、まあ内部のコロが大部減っているのか、カチッと音がするところと微妙なところがある、半分SISそして半分が硬いフリクション状態。一定の平均を取れたんで、あとは操作で慣れてもらうしかない。

 DSC_6742_convert_20210414094413.jpg

 このディレーラーも、アチコチスモールパーツがなかったな。でもそうしたものを付け加えて、一つ一つの機能を回復していく過程を再度経験することは、店主にとっても無駄ではない。通常無意識に通過している所に立ち止まる、ということはできるようでできなからだ。そして、そこから発見というものも実に豊かなものでもある。

 DSC_6744_convert_20210414094421.jpg

 このフロントメカもちょいと苦労させてもらいましたが、なんとかなだめて機能回復してもらいました。

DSC_6752_convert_20210414094451.jpg

 ドロップハンドルを選択したようですね。いいと思いますよ。でも・・・

DSC_6753_convert_20210414094501.jpg

 ワイヤーの取り回しがちょっと余裕なさすぎですね、これでは。でもバーテープ巻かなければ、暫く走れるでしょうから、次の自主メンテの課題として、取っておきましょうか。

DSC_6736_convert_20210414094345.jpg

 全体として、大変様子のいい一台に仕上がっています。着陸はお手伝いしましたが、全体のイメージ設計は依頼者のもんなんで、もう大したもんですね。ゆったり乗るには大変いい一台でもあります!

 ねばってピラー対策した甲斐がありました!

 実はこれ、近所に住むベトナム人の方の作品なんですね。日本に来てから、あれこれ自転車のことについて調べて勉強したんですかね、大したものであります。

 そして、ベトナムといえば、唯一アジアでアメリカに勝った国、そして古より大国中国と対峙してながらも一歩も引かない、たいへん誇り高い国でもありますな。

 と同時に、いま日本はこのベトナムの人たちに対してどのような対応をしているのか?あの悪名高い技能実習制度という中で、なんと二百人近いベトナムの方々が亡くなっているという、二百人近い人が・・・。

 少なくとも国の敷いた制度に従って、海外から人を招き入れたならば、それは国が責任を持って預かるという姿勢がなければならないはず、一人労災で死者を出しても大変な事態だと思わるのに、それが二百人近い死者を出しているなんて。

 これをして国家的な恥と言わずして、なんというのだろうか?

 今すぐ欺瞞的な実習制度なるものを撤廃して、この国の現実を鑑み、制度設計の見直しの中で労働市場を公正に開放しなければならないんじゃないのか?すべての人に労働者としての正当な権利を認めた上での、公平公正な労働市場の開放、それが求められると思いますがね。

 今、当店の損害保険等でお世話になっているHさんが、実はベトナムの実習生の方々の面倒を見る仕事も兼業されている。そこから聞く話は、もう映画になってもおかしくはないものばかりだ。

 七十年代、八十年代で、当時中国人の留学生を世話していた八百屋の親父さんを題材にした映画があった、「北京的西瓜」という題目の映画だったが。それを地で行く生活をそのHさんは今なされている。

 一般人ということで上流での仕事はできないながらも、下流で一人ひとりに向き合う姿は、感服に値する。制度も、状況もひどくとも、そこで踏ん張る一人がいることで救われることは決して少なくないと考えたい。

 二代先の同胞が、貧しい日本から豊かになったベトナムに出稼ぎに行かないとは限らない。そうした際に、「私の祖父が日本で働いていた時、一人の日本人に大変親切にされていた」ということを理由に厚遇されるかもしれない、という希望を捨てたくはない。

 イラク戦争の際、取り残された日本人救済のためにトルコ航空が飛行機を出してくれたことがあった。それは1890年トルコの軍艦が和歌山沖で沈没した際に、日本人の尽力で六十名以上のトルコ人を救ったことへの恩義、そのお返しだったという。

 下らんかもしれぬ人類にも、こうした希望はまだ持てるということなんだろうな。この路線は引き継ぎたいものであるな。

パーツ不足の最中 謎の黒新コンポ こっそり登場



 突然、箱が届いたんであります。ちょいと前、このパーツのない現在、暫くこないはずのものが小ロット大阪港に着いたという情報をいただき、二セットサンプルを頼んだとこ。それかな?

DSC_6758_convert_20210413220920.jpg

 開けてみると、見たことあるような緩衝材・・・、やはりアレだ・・・アレ。

 DSC_6759_convert_20210413220929.jpg

 いいねえ、この簡素な包装。当店のように、ものとして売ることの少ないパーツ類はこれでよし。いちいち箱なんかに入れられていたら、場所取られて仕方がない。

 では、開いて、噂取りの検品をしようか。

 DSC_6760_convert_20210413220939.jpg

 リフレックス・・・?コイツはまずシフトをすべて巻き取って、そこから一つ一つ落としていく。カチッカチッカチッ・・・と数えなら押して行くと、ちょうど7つめでとまった。つまり、8速用のシフターなのだ!

 今まで来ていたのが、11速、そして先日調整したのが12速、まだ確実性が取れない10速、それは見てきたんだが、これは8速用だとよ。

 DSC_6763_convert_20210413220949.jpg

 これ読めないが、コイツも同じく、巻き取らせてから、一つ一つ戻していくと、8つ目のカチッで止まった、そう、こいつは9速用のシフターね・・・。続々出てくるねえ。

 元々はこの辺は潤沢にあったようだが、今のこの品不足に、完成車に取られて、ほとんどコチラには回ってこなくなってしまったという。今回は奇跡的にほんの小ロットだけやってきたということね。

DSC_6767_convert_20210413220957.jpg

 そしてそれぞれにシフター前後が付いている。こいつは9速用のリアディレーラー。

DSC_6768_convert_20210413221007.jpg

 ロングアーチというのが今風だわね。

 DSC_6769_convert_20210413221017.jpg

 そしてこれは8速用のリアディレーラー。プリントが違うだけだろうね、あとはほとんど同じ。意地悪に量りに置いて見たところ、ちょうど同じ重さでありました。

 DSC_6773_convert_20210413221027.jpg

 これもそれぞれのプリントのあるフロントメカだが、ほとんど同じだね。しかも、フロントメカは苦手です、というところを全く隠そうとしない。

 DSC_6774_convert_20210413221037.jpg

 全くエッジの一つにサラリとヤスリの一つでもかけて仕上げすればいいのに、と思うが、これはスラム譲り何だろうなあ。

 さて、いつこれをどう発動するかは未定だが、手頃なフレームが手に入ったら、面白いかもね。あとクランクとブレーキをこちらが用意すれば・・・一台できる。

 だが・・・、このままパーツ不足が続くとあると、これがまたいつどんなことで使えるかわかったもんじゃない、その時のために、少し寝かしておくのもいいかもしれないし、すぐに起こされるかもしれない。

 ただ、これに続いて続々と8速9速コンポが入ってくる・・・というようなことは、ほとんど起きそうになり、そんなことだけが確実という、お寒い現状なのだ。

新緑の季節に 頼もしい助っ人が!



 自転車にもいい季節になってきましたなあ。でもなあ、あと1月もすれば、蚊の季節にもなる、紫外線も強くなると、イヤイヤ、文句ばっかり言うのはやめにして。

 170142422_3951105618301910_2244105423195711574_n_convert_20210409193433.jpg

 サクラが終わると、この新緑がいいんですね。これからがまたいい。目に青葉・・・から、初鰹で締める句がありましたな。

 170043145_3951105711635234_6910324498784256679_n_convert_20210409193425.jpg

 草が青くなってきて、サクラが咲き終わると、この辺では新緑の季節がやってきます。杉ばかり植えている山では、そうした光景は全く見えませんね、勿論紅葉もない、何とも変化のない山が続きます。

 かつて奥多摩に新緑を見に行って、杉だらけに改めてガッカリした思い出があった。花粉ばかり飛ばしおって・・・もう。森林行政の失敗だろうなあ。

 とまあ、朝この季節自転車走らせるのは、至高の時かもしれませんね。

 そうそう、

170037129_3951105584968580_2315648718870974098_n_convert_20210409193415.jpg

 一足早いかに見えるこの手の藤なんかも、サクラに負けない資質をもっていると思いますが・・・、やはりサクラが絶妙なのかもしれませんな。

 こんな季節でもやっぱり夜になると、少し火があると嬉しいもんで、次期をにらみつつも、少量ながら薪の消費は続きます。そんな中で、頼りになる助っ人が登場しました。

 通常なら、鉈や斧がこの手の主流道具で、まだまだコイツは知られてもいないと思いますが、すごやつです、こいつは。

 DSC_6605_convert_20210409194229.jpg

 コイツなんであります。タダの黒い棒じゃない・・・と思われるでしょうな、ところが。

 DSC_6606_convert_20210409194238.jpg

 このように上部が伸びるんです、そして

DSC_6607_convert_20210409194247.jpg

 このように縮まる。仕込み杖のような構造で、其の先端が三角になっていて、そこを研いで、割りたい薪に突き立てる。

 DSC_6608_convert_20210409194255.jpg

 この突き立てる際も、薪を安定させ、其の上にこの黒棒を立てて、先の上部の伸びる部分を適度に伸ばして、トントントンと落とすと、このように薪に食い込んで安定してくれる。

 安定したら、今度は思いっきり、先の上部を下に何度か叩きつけると、

DSC_6610_convert_20210409194304.jpg

 こんな感じに奥に入っていきながら、薪を真っ二つに割ってくれると言うやつね。

DSC_6611_convert_20210409194313.jpg

 二分の一になった薪をさらに半分に割ると、売れるんじゃない?と思えるような見事な薪になった。

 DSC_6612_convert_20210409194323.jpg

 ふた回りでかい薪だって、少し時間をかけると、

DSC_6613_convert_20210409194332.jpg

 こんな感じで割ってくれるんです。鉈や、斧のように、振りかぶって落とすという派手な動きはなく、打ち損じるという危険も少ない、動きは至って単純で極小、失敗が少ない、仮に失敗しても身に危険だったり、道具を破損するようなところにまで至らない。

 そういう意味では、大変優れた薪割り機と言えるね。おすすめします!

DSC_6598_convert_20210409194941.jpg

 店裏に作った薪の棚に、収納していきましょうか。

DSC_6667_convert_20210409194355.jpg

 なんか本格的な薪棚のように見えますね。これで少々太めのものが来ても、安心でです。

 DSC_6666_convert_20210409194343.jpg

 この手の作業を貯めずに、コツコツとやることで、来秋からのまた本格始動までに貯めておいて、ひと冬越えを狙おうと思いますな。

 しかし半年前からの準備だなんてファッション界のようだな。

よっしゃ!本番と行くか・・・立ち漕ぎ自転車 これが本当の最終章!



 全開やっていた、クランク短化実験だが、まあ実験としては成功ということにして、本番に移ろうとするか。

 こいつが今回の本番クランクなのだ!そう、あの立ち漕ぎ自転車のクランクね。

 立ち漕ぎオンリーで走る自転車だとすれば、クランクはある程度短いほうが膝などへの負担は少ない。大きな上下運動よりも細かくかつ少し重い上下運動のほうが体重を利用しやすく長持ちするだろうという予想のもとに、大きめチェーンリンクに短いクランクの提案をしていたんだが。

 そうなると、短いクランクで市販の名作、例えばスギノものなどを取り寄せるとそれ単体で二万は軽く行く。

 そして短いクランクなんぞは、大体が110ピッチなもんで、今度はそれに合うでかいチェーンリンクを探すとなると、もう特殊自転車扱いのパーツを探さないといけない。

 小径マニアの小林兄から、其のへんの事情を聞いて110ピッチの60tなんてものは見つけてはいたんだが、まあ、高い・・・。でもそれでもあればよかったんだが・・・、昨今のパーつ欠乏市場の影響下、全く在庫が見つからない。

 どこをどう探しても見つからない・・・、全く見つからない。

 そうなると災い転じて福とするしかない・・・。元々付いていたクランクを短くする、できればそれが可能であれば、手間代だけで要求が実現できる。

 ただし、失敗したら、其のへん全てパー・・・。

 かつてピストブームの際、似たようなことをやったんだが、安いクランクで別穴開けてタップを立てると、切子どころか砂のようなアルミの粒が発生して、穴はグズグズ状態になったことなんかもあった。

 やるべきクランクは選ばないと、全てお釈迦になる、という教訓ね。それがクランク加工自体を遠ざけていたんだが。今のような絶望的なパーつ欠乏状態だと、一体何年待たされるかわかったもんじゃない。

 やり方整えて、再度やるしかない・・・という所まで追い込まれたわけだ。そして前回の実験でなんとか手応えがあったということで、今回本番・・・、少し緊張しますね。

 DSC_6671_convert_20210411114627.jpg

 本体を外してだな、

DSC_6674_convert_20210411114637.jpg

 前回作ったスケールでもって、140地点に横線を引く。

DSC_6675_convert_20210411114646.jpg

 そいつをジグに固定して、垂直をセッティング、枕をおいて、13ミリのドリルを静かにおろしていく。踊る切子・・・

DSC_6677_convert_20210411114655.jpg

 正確に140地点に直径13ミリの垂直穴が開く。

 DSC_6678_convert_20210411114704.jpg

 ここに、また垂直タップの道をつけていく。ボール盤の精度をお借りする。

 右クランク終了、そして今度は左クランク・・・

DSC_6681_convert_20210411114716.jpg

 コイツもまた踊る切子が発生。押す力や速度で切子の形状が変わっていく。アルミならではだなあ・・・。

DSC_6682_convert_20210411114725.jpg

 はい、これで左右の140地点穴ずらしと、タップたては終了。そしてペダル装着して実装実験へ。

DSC_6691_convert_20210411114756.jpg

 元々の穴は残しておく。ここに着脱ペダルのアダプターをつけておくと、ペダルの即時の移動が可能になるからね。

DSC_6694_convert_20210411114807.jpg

 この穴に曲がりがでていると、ペダルで漕いだ瞬間、あっ!!!と楕円グセに気づいてしまう。勿論慣れることでそれはなくなるんだが、今度の正常なペダルで違和感を感じるという不条理が発生する。

DSC_6690_convert_20210411114746.jpg

 一部、左のブレーキの向きを替えて、左右揃えることに。はい、これで最終章だろうなあ・・・。

DSC_6684_convert_20210411114736.jpg

 走ってみると、ペダルグセはなく、曲がっては付いていなかったようだ。そして、やはり想定通り、短いクランクはこの場合、快適!

 実は依頼者に渡す前に、其の先輩格の方に試乗をお願いすると、ずっと良くなったと!お褒めのお言葉。

 また、小径のアマプロ、小林兄弟の兄の方にも、試乗をお願いすると、暫く遊んでおられた。それが全て・・・。

 DSC_6697_convert_20210411114820.jpg

 雌狸にも試乗を頼んだ、ド素人がどう反応するか?すると、ペダルの上で踊っていた、そしてこの顔見れば、お分かりだろうね、この自転車の面白さ。

 DSC_6701_convert_20210411114834.jpg

 そうしてもう一人、前立腺肥大候補野郎、サドルに座るのきついんすわ・・・が口癖のエコーレコードの店主にも試乗してもらうと、そのまま乗って帰っちゃうんじゃないか?と言うくらい、気に入ってくれたようだ。

 さて、依頼者の漕艇お兄様の反応はどうだろうか?杉並で、この手の立ち漕ぎ自転車を発見して、追いかけて内容聞いたところから、このプロジェクトは始まりました。一体何回試乗を繰り返したきたことか。

 元々のダホンの基体車体もいいものなんで、これは大事に長持ちするだろうと思います。フクラハギが鍛えられる珍しい自転車でもある!スキーのクロカン選手の夏のトレーニングにも最適かもね・・・と。

 全く瓢箪から駒が出るとは、こういうことなのか?この手の奇妙なご所望から、仕入先や手元の技術が激変する、発展するための最大チャンスというのは、こういう所にある!!!

 ご依頼ありがとうございました!


クランクを短く 奮闘記



 全ネジに長ナット、コイツを使う必要がでてきた、勿論このままではなく、加工してだがな。

 そして、スケールにもちょいと手を加えないと、

DSC_6637_convert_20210409164424.jpg

 メモリチョッキリのところに穴を開けるんだが、その穴の大きさが・・・

DSC_6638_convert_20210409164433.jpg

 なんと0.8ミリ!縫い針のような細さ。

 DSC_6640_convert_20210409164443.jpg

 これにて完成!って一体何作ってんの?左側には10ミリの真上に8ミリの穴が空いている。そして、下る所右側にメモリ140から5ミリおきに7つ0.8ミリの穴が空いている。

 で、どう使うか?というと。

DSC_6641_convert_20210409164505.jpg

 こう使います。クランクのBBとの接点に8ミリのネジでスケールを留めます。

DSC_6642_convert_20210409164454.jpg

 そして、鉄筆を任意の穴に入れて、動かすと、

DSC_6643_convert_20210409164525.jpg

 クランクに欲しいポイントに筋ができます、この筋とクランクの縦半分を通る線の交点が、開けたい穴のポイントになるわけであります。

 DSC_6644_convert_20210409164535.jpg

 このように、実験用クランクをジグに設置します。クランクの形状は色々ありまして、そこに垂直に穴を開けることが非常に困難なんですね。なので、いろんな工夫が必要になります。

 000 DSC_6646_convert_20210409164544
 
 垂直に立てたBBにクランクを固定して、下から先の可変性の全ネジをおいて固定します。

0000 DSC_6648_convert_20210409164557

 そんで下穴を開けて、ガイドを作ります。そのガイドに合わせて、

DSC_6649_convert_20210409164610.jpg

 13ミリのドリルで掘っていきます。鍛造ですが所詮アルミです、きれいな切子を出しながら削れていきますね。

DSC_6651_convert_20210409164621.jpg

 13ミリの貫通穴ができました。ここに今度は逆ネジのタップを立てないといけません。ただ、正確に垂直に入れなければならないので、勘でやっては曲がってしまいます。かつて、タンデムの逆ネジを切る時ほんの少し曲がってしまったことがあって、トラウマ状態、確かアテネパラリンピック関連のパーツででした・・・。ごめんね丹沢くん!

 なので、今回は作戦を替えて、ボール盤の精度を借りることにします。

00 DSC_6655_convert_20210409164634

 ボール盤に装着したタップを、手でゆっくり回して切っていくという方法に。重いんですが、まあコレなら曲がり様もない・・・ということで気長に回していきます。時間はかかります。

 DSC_6659_convert_20210409164649.jpg

 切れた・・・。早速ペダルを入れていきます。

DSC_6661_convert_20210409164659.jpg

 クランクは形状は色々あって、同じのクランクでも曲線が多いパーツなので、何を頼りに垂直を出せるか?ということが大変難しいパーツでもあります。そして仮に今回垂直がでたとしても、ペダルを装着する位置に曲面があったら、少しペダルが浮いてしまうことも起こります。その辺は後加工ということなので、ご了承いただくしかない。

 または、平面を出すフライス加工でもしないとダメかしら?

 とりあえず、しっかり入ったようです。そして

DSC_6664_convert_20210409164715.jpg

 正確に140ミリの地点に穴は開けられたようですわ。よかった・・・。

 さて、これを軸に改良ポイントを検討し、よりよく精度を出して、本番だ!
 
 しかし慣れないせいもあるが、一つ穴開けて、タップを切るだけでも、たいへん疲れる、が・・・、面白い。これで救える事案も今後あるだろうから。

 単に短いクランクを作りたいもありと同時に、何らかの障害で左右の足の長さが異なってしまう人もいるだろう。そうしたことの微調整にも使っていければね・・・。

 あとは当面の、パーツ不足対応だな・・・。第一関門通過・・・ということでいいか。

流行るか?前シングル化 協力助っ人登場も!



 通勤用のジャイアント!用途としてはほぼ最高なんじゃないかしら?

DSC_6590_convert_20210408203107.jpg

 エスケイプっていうから、ほぼ世界で最大数売れた自転車の一つなんじゃないかな?車体の特徴といっても、まあ面白くもおかしくもない、クロスバイクそのものみたいで、それはそれで値段などと釣り合いが取れているんじゃないか?と思います。

 DSC_6591_convert_20210408203116.jpg

 かなり乗られているこの通勤自転車、なんか?どこか変えたい?なら・・・、最近流行りの前シングル化なんてどうかな?と考えたらしい。

 前シングル・・・確かに流行っていますね、ちょっと前まで前三枚が当たり前だったんだが・・・、それが四枚に行かずに一枚になってきている。

 多分・・・、スラムのフロントメカ下手から生じたのかな?あまりうまく作れないんだったら、やめちゃえ!その代わり後ろをでかくすれば事足りるだろう・・・と。

 で、実際驚くようなスプロケを作って、そのでかいギア比を埋められるリアディレーラーを開発すれば、それでいいだろう、ということで、やってしまい、それなりの支持を得たということなんじゃないか?と推測します。

 そして、何をやっても地味にすごかったシマノが、ヤーイ前三枚うまく作れないだろう?と高く食っていたところ、イヤ、前一枚でいいでしょう!と開き直られたら、その成功に、自分たちも引きづられている始末・・・、いかにも策士策に溺れるの典型のようなことをやってしまったんじゃないか?

 真相はわからないが、どうもそんな感じに見える。捨てると頃は思い切って捨てる!そもそも前三枚なんかいらない!てなもんだ。

 なら、再度開き直って、ギア十二枚なんていらない、せいぜい十枚あればよし!とこの辺の事情落ち着かせてくれないかね?とすら思うね。

 まあ目先を変えて、物売らなければならない大手は大変だ、ディスクやって、電動やって・・・次何すんだろうね?

 さて、前シングル化してほしいというからしてやろう。

DSC_6623_convert_20210408203204.jpg

 三枚の外側にあった、アウターをセンターに持ってきた。チェーンラインから言うとこれが一番安定するんじゃないか?という配慮から。

 DSC_6622_convert_20210408203156.jpg

 でもチェーン落ちが心配で・・・という方に強い味方が登場です!

 通常インナー落ちを防止するチェーンウォッチなんてものはあるが、ではアウター落ちにはどうすんの?ということで、DH系のようなゴッツくなく、それとなく落ち防止ってできないか?という時、これって使えそうですね。

DSC_6624_convert_20210408203215.jpg

 これ、フロントメカのようですが、全く動きません。コイツでインナーアウターを挟んで落とさないというもの。

 DSC_6625_convert_20210408203223.jpg

 どんな車種にも取付可能なように、大変フレキシブルにできています。使えると思いますよ、大部。

DSC_6629_convert_20210408203242.jpg

 これ上から見てチェーンライン、一番内側、ロー側に入っている状態。

DSC_6632_convert_20210408203252.jpg

 これはチェーンがトップ、つまり一番外に向いているところ、もちろんチェーンのスレ音はしません。

 DSC_6593_convert_20210408203126.jpg

 そして、必要になくなった左シフターは

DSC_6626_convert_20210408203233.jpg

 しっかり、外してすっきりいたします。

DSC_6616_convert_20210408203138.jpg

 ハイ!これに手前シングル化完了であります!

 ということで、この手の改造もまた今後ボチボチ来るでしょうね、もうあと一個で強力チェーンウォッチのサンプル切れてしまうんで、急いで発注しないとな!

 しかし、新緑のきれいないい季節、自転車乗らないで、何に乗るの?と言うくらいの季節が到来です!!!ぞ!!!

只今 店裏改装中!



 薪を置く場所を約倍欲しい・・・といっても場所には限界・・・は、まだあった!店の裏だ!あそこを片付ければ、なんとかなるんじゃない?

 ただ、もっと使いやすく、積みやすく、管理しやすいようにしないと、また放って置きっぱなしになってしまう、それではダメだ。ということで、ちゃんと片付けないと。

 店主にとっては一番苦手なお片付け、全くダメ、回路がない・・・。でも移動だけでもしておくか・・・。

 DSC_6584_convert_20210407211247.jpg

 ワワワ!下もすごいことに。これじゃあ室外機の風通しが悪すぎる。今年も暑ければ、これは活躍か?でもこれでは活躍できないね。その辺もちゃんとやらないと・・・。

 DSC_6585_convert_20210407211259.jpg

 イヤー、何時間かかったか知らんが、とにかく中のものとゴミを描き出したわ。このままじゃ、室外機に直接ものを置くことになってしまう。

 余っている単管をすべて使っても、足りない。しょうがない、2メートル三本買い足さないといけない・・・。その他のクランプやジョイントは多めになるから、単管三本か。

 DSC_6597_convert_20210407211320.jpg

 色々やっていたら、時間がかかってしまって、だいぶ暗くなったな。

 でも!なんのかんのと、棚が三段できた。奥も片付けたんで、開いた空間が、なんと幅が30センチの高さが50センチの棚が、12メートル以上できましたわ。使いにくいところを入れると、もっとありますね。下から二段、三段は一番使いやすいので、そこには薪を入れる!

 その前後は、当分使わないものなどを収納する!そうなると店内はより使い勝手が良くなるはず・・・はずなんで、すごく楽しみにしたい。あとは大森さん頼みなんだが・・・・。

 よし!次は今日掘り出した薪のもとと、溢れた薪を適正のデカさに切って、きれいに収納してやろう!そうそう、死ょう介したいような、新兵器も来たんで、これは面白い!好ご期待だ!

只今店内改装中!



作業部屋の木工用机でしたが、ここ二年くらい物置になっていたんですねえ、もったいない。なので、ここを使えるように片付けました。苦手中の苦手な作業ですがね。

 で見事中から救出できた木工机だったもんで、まな板を削ってみました。

DSC_6566_convert_20210406192231.jpg

 大部まな板は痩せましたが、軽くなったということで家人には評判がいい。やはり作業場は片付いているに越したことはない、もう障害レベルの片付けベタな店主も、心からそう思うんですがねえ。

DSC_6574_convert_20210406192328.jpg

 ミニ旋盤も昨年いただきましたんで、もう少し勉強しながらもしっかり使っていきたいですねえ。しかし、片付くと心が晴れます!

DSC_6571_convert_20210406192318.jpg

 そして、外の狸市の方も徐々に整っていっているようです。床最近張りましたしね、先日紹介しましたが。

 DSC_6570_convert_20210406192251.jpg

 そして、あの福田画伯に書いていただきましたこの当店の奇看板ですが、ついに外二階の先端部分に取り付けが決まりました。

 これで雨に濡れることもなく、通りに面して一番目立つ位置に設置することができました!一体ここに来るまで何年かかってんだ?と言われそうですが・・・。

 で、この外二階なんですが・・・、この看板の裏が実はまた膨大な倉庫となっているんであります。そちらの方に収めるものなんかを選定して、いま移動中というところです。

 見てみます?

 DSC_6581_convert_20210406192448.jpg

 この一番奥の暗いところにある板が、実は先の福田画伯看板の裏から見たところです。

 ここに行くためには?

DSC_6576_convert_20210406192340.jpg

 こちらが外二階を下から眺めた所、この渡し板をずらしますと・・・、

DSC_6577_convert_20210406192352.jpg

 こうなるとまさに天井裏に入っていけるようになります。

DSC_6578_convert_20210406192405.jpg

 ハイ、では上に上がっていきましょう!

DSC_6579_convert_20210406192416.jpg

 農協系のでかいカゴにパーツ類がぎっしり・・・これが床いっぱいに並びます。

 DSC_6580_convert_20210406192435.jpg

 屋根の上部には、ホイールとフレームなんかがぶら下がっています。いま店内の作業場等にある荷物をほとんどこちらの方へ収納し、出し入れをしやすくしておくと、かなり片付くでしょうね、というところまではわかっています。

 店を変えます!

 もっと働きやすいように、もっと出入りしやすくするように、です!!!!

なるほど・・・12速チェーンっていうわけか?



 これも少し前当店から出ていった、ヨーソロー号であります。持ってこられたのは無垢のカーボンフレームだったんですが、青と黒に塗り分けて、デカールまでくっつけた、ちょっとした力作なのでありました。

 先駆的だったのは・・・

DSC_6557_convert_20210404214127.jpg

 これ!といってもわからないか?


DSC_6558_convert_20210404214141.jpg

 あの謎の黒コンポの当店発第一号だったわけであります。シマノの品不足もあってか、いい煽りを受けたのがこの謎の黒コンポ、センサー。

 なんと東京サンエスさんでも扱い始めた。

 なんせシマノのものが手に入りにくくなっているわけで、背に腹は替えられない・・・というよリ、使ってみると遜色がないということがわかったんでしょうね。

 なんと、あのマイクロシフトを載せた完成車も出るんだと。こんなことが自転車会の何かを替えていくかもしれませんな。

 DSC_6564_convert_20210404214204.jpg

 このメーカーはクランクとブレーキは作っていないのでその辺は他のメーカーとの組み合わせになります。

 DSC_6565_convert_20210404214221.jpg
 
 フロントディレーラーもセンサーものですね。まあフロントはシマノの一人勝ちの感じもなくはないが、でもトリムもできるし、コツつかめば使えますよね、普通に。

 DSC_6556_convert_20210404214107.jpg

 で、ないクランクはコイツはアルテグラがついていますね。このガリガリ君波の太いクランク・・・。太すぎじゃね?

 DSC_6559_convert_20210404214152.jpg

 そしてブレーキは、ワイヤー引きのオイル引き・・・?なんじゃそりゃってなもんですが、ブレーキ本体の中は油圧、その油圧を発動させるのがワイヤーということなんです。調整もやりやすく、油圧の効きがあるという意味でも、もっと流行ってもいいんだけどね。

 で、今回なんでやってきたか?というと、これ!

DSC_6548_convert_20210404214026.jpg

 これは写真の角度というのではなく、目視でも確認できるチェーンのヨレなんだよね。このヨレがプーリー内に入ってスプロケに半のり状態の異音を出すわけであります。

 最初なんだろ?と思って観察していたら。

DSC_6550_convert_20210404214035.jpg

 ここが正常なチェーンだとすると、150ミリくらいの幅でヨレが観測されました。こんなことって今まであったかな?

 原因は?

 DSC_6552_convert_20210404214049.jpg

 ギア枚数数えてみてくださいな。なんと12枚もある、ありすぎ・・・。当然その分チェーンの幅が薄くなるでしょうね、そうなると、こうしたヨレの問題なんかが発生するのか?という段階。

 一体本当の原因はなんなのか?ということはわかりませんが、細い12速用のチェーンだから、ということも考慮に入れといていいね。

 二本のモンキーレンチで修正もできなくはないが、長距離を走ると何が起こるかわからないので、今回は交換ということになります。

 DSC_6554_convert_20210404214058.jpg

 なんとセンサーは何を血迷ったのか?13速なんていうものも作っているらしい・・・チェーンどうすんだよ・・・。

 ただ、細くなればなるほど、もしかしたらこの手のヨレなどによるチェーントラブルが起こる可能性もある・・・ということは覚えていたほうがいいかもね。

 そのうちチューブだけじゃなくて、チェーンまでも交換ものを持っていくようになったりしてね。まあ、店主はやって
 10速まで、基本9速8速で十分と思っているんで、まあ12速なんて代物には手は出さないでしょうな。

 コンポ類は進化するほど組み付けが楽になっていったもんだが、それに反比例するように、細くなってチェーンの管理は難しくなってきた、まあそうだろうとは思うが、ちょっと神経使いますよね。
 
 そんなことも高性能、最新コンポを導入する際に考慮しておいてもいいことかもしれませんな。

人生を変えるかもしれない自転車



 改造実用車、まだまだ続くコロナ禍で通勤自転車にもいいかな?と思って作っておいた自転車です。

 DSC_6534_convert_20210403222828.jpg

 ハブダイナモなので、勝手にライトが付いて明るくなったら勝手に消える。リムに抵抗しないので、重くなりません。通勤だと何かと夜に走ることになるだろうということへの配慮ですね。

DSC_6542_convert_20210403223000.jpg

 なくてもいいかと思ったが、通勤だとカバンや何かを持っていくのもありだろうということで、最小限の荷台が付いている。必要であれば、ここを軸にカゴを載せるのもあり、サイドにカバンをかけるラックを付けるのもあり、直接くくりつけるもあり、とアイデア次第でなんとでもなる。

 DSC_6539_convert_20210403222923.jpg

 あとは極力軽く、いらないものを外す。チェーンカバーがないと、裾がやられる・・・。だったら、裾を乗る前にまとめておけばいい、カバーを付ける必要なし!

DSC_6540_convert_20210403222937.jpg

 前シングルに、後ろ6速、通常ならこれで十分じゃないか?という。もし足が伸びて、もう少しギアが欲しくなったら、その時考えましょう。この自転車は、その後の自転車への中継ぎ、とでもいう意味ありなんですから。

 DSC_6541_convert_20210403222947.jpg

 久々に、ブレーキをチェーンステーの裏につけたなあ。ここに付ける利点は、ホイールの着脱を楽にすること。もし通常のバンドブレーキだと、それ自身がリアホイールに取り付いているので、外すのに一手間かかってしまう。この一手間をなくすことでホイールの着脱が楽になる。

 じゃあ、ホイールの着脱が楽になったらなんなんだ?ってか?それは、タイヤ交換やパンク修理がとてもしやすくなる、なんなら自分で交換できるようになりますよ、ということだ。

 DSC_6535_convert_20210403222842.jpg

 そして、真の値打ちはここ。ブルホーンバー。上体を前傾にして上半身を走行力に変えると、これまたよく走るようになりますよ。

 DSC_6536_convert_20210403222855.jpg

 ギドネットなんてクラシカルパーツが、現役として、機能的な役割をしている。このハンドルに沿うように曲がっているところなど、ブルホーンのどこを握ってもブレーキレバーに手が届くようになっている。どこからでもブレーキがかけられるようになっている。

 DSC_6538_convert_20210403222909.jpg

 そして、ステムの首根っこにシフターが付いている。操作も楽だよね。

 DSC_6531_convert_20210403222816.jpg
 
 と、自転車通勤を念頭に組み直された改造実用車なんだが、今度これにとある中年男性が乗ることになった。

 今その方の心中は穏やかではないようだ。身寄り頼りと縁が切れてしまい、ちょいとズタズタな状態らしい。

 そんな中で、移動用の自転車はないか?と聞かれた。この車体を見せると、カゴをつけてほしいと。

 静かにお断りをした。

 まずこの自転車で、八王子を超えて、高尾まで走りなさい。

 今、今まであなたがイメージしている普通の実用自転車を所望したようだが、この車体は違います。今までイメージしていた自転車を超えている自転車です、その超えている自転車で八王子を超えて高尾まで走ってください。

 そして高尾に到着したあと、やはり今までイメージしていた自転車じゃなかったと思うでしょう。自転車ってこんなところまで自分を運ぶことができんるんだ、と思ってたいへん驚かれると思います。

 ところでそこまで走れた主体はなんでしょうか?

 自転車ですか?自転車本体ですか?それとも・・・あなた自身でしょうか?自転車のエンジンが人体だとしたら、主体はあなたかもしれません。

 今まで持っていた自転車のイメージを超えたら先には、今までの自己イメージを越えた新たな自分がいるんじゃないか?と思うんですね。

 今、色んな意味でズタズタになって辛い心中、将来は老化しか待っていない、どんよりとした孤独で灰色な人生を背負うしかないんじゃないか?と思っていた、自己イメージが、もしかしたら高尾に行くことで、越えられるかもしれませんよ。

 店主は自転車だけを売っているのではありません。それは他にもっと得意な人がいるでしょう。自転車そのものが欲しいなら、そういうところからお買いになったほうがいいかもしれません。

 ここは自転車をお売りするよりも、売った自転車によってその人の人生がどれだけ豊かに変われるかどうか?狂わされるかどうかのほうが問題なんだと思っています。

 自転車の車体そのものなんかじゃあない、そうした自転車を知ってしまったあとにはもう後戻りができなくなるような人生そのものの方に、ずっと興味があるんです。

 自転車そのものなんて、フレームにワッパの二本付いた歩行の延長道具に過ぎない道具です。それがどう人生に食い込んでいくのか?という方がよっぽど興味深いし、深い世界なんじゃないでしょうかね?

 一月以内に、この車体が高尾で目撃されるかもしれませんな。そこにはもうしょぼくれた中年男はいないでしょう、中年風情の変な少年が目をキラキラさせながら、頭にクエスチョンマークを一杯に、必死に踏んでいる姿があるんじゃないか?と想像いたします、はい。

マウンテンのドロップ化って 今風にグラベル化ってこと?



 鉄のマウンテンバイクが入ってましたよ。

 店主はマウンテンバイクにはあまり愛情はありませんが、鉄フレームとなると、ちょっと気にもなりますね。

DSC_6457_convert_20210402210004.jpg

 マディーフォックスだって、アルミもんもあったよね。でもコイツは鉄フレーム。で、コイツをどうしたいか?というとドロップ化したいというのであります。

 うん、マウンテンバイクをドロップ化していくと、かつてはツーリング車・・・。ある時期、ランドナーが一気になくなって、大学等のサイクリング部がみんなマウンテンバイクになってしまった時、ドロップマウンテン!ということで提案していたサイクリストはいたようだが、ほとんど黙殺されていた。

 みんなご苦労様に、前後にでかい荷物をつけて、フラットバーで日本一周とかやっていた。店主だったら五十キロ持たないよ、フラットバーじゃ、手首が痛くなる、すぐに。

 ようやく疑似ランドナーとして、ドロップマウンテンが流通するか?と思いきや、どうもグラベルという車種のイメージでやってきたようであります。

 まあ入り口が変わっただけで、中はほとんど同じようなもん・・・といっちゃおしまいかもしれないが。しかし、専用のコンポもできたし、ディスクがデフォルトだし、ジャンルとして確立されつつあるのだとしたら、それはそれでいいかもしれませんね。

 ものを売るって大変だ、ものそのものだけじゃなく、ジャンルというカテゴリーという外枠を作っていかないと、人間は意味としてそいつの分類ができない、つまりそいつが何であるか把握ができないということなんだろうな。

 把握ができたものに、その意義として金を払う・・・、少しそのへんも学んでいかないとね。

 そうしたら、今度はディスク仕様のランドナーでも作って見るなんていう手もあるかもね。

 さて、ドロップにするとしたら、シフターをどうするか?という問題はある。7速なんで微妙なんだよね。そのまま7速でやるなら、今ん所手元変速は中古パーツしかない・・・いやターニーとかあるか・・・。でもまあ、余り積極的に使いたいと思う人もいなくはないが多くはないだろう。

 そうすると・・・

DSC_6459_convert_20210402210012.jpg

 こういうクラシカルなタイプのWレバーもんをステムの首根っこに付けるという手は大いにあるだろう。

 コイツはフリクションなんで、

DSC_6460_convert_20210402210021.jpg

 ギアはまわりは全くいじらなくてもいい、偉大だよねフリクションは。

DSC_6461_convert_20210402210033.jpg

 リアも全くいじらなくていい。セッティングが楽、ということはメカニックが楽なもの(=Wレバー)は、ライダーにテクニックが必要になりますね。

 逆にメカニックによるセッティングが大変なもの(=STI・手元変速)は、今度はライダーが楽になります。これを敷衍していくと、メーカーの開発が大変なもの(電動シフト)は、メカニックとライダーが楽になります。

 ただ喜んでばかりはいられません、大変なところに技術と情報が集まっているんです。なので楽になればなるほど、技術と情報から遠くなっているということがいえるんですね。技術と情報が一部に独占されているということでもある。

 怖い怖い、全てがブラックボックスになる・・・、便利だがあずかり知らんものに取り囲まれている世界。何かあっても手も足も出ない世界に生きている、という訳ということになります。

 文明の方向性というものが、もう如何ともしがたくそちらに行っているんだとしたら、自転車くらい不便ながら技術と情報を自分のところにストックしておく、というあり方もあるんじゃない?とも思います、ハイ。

DSC_6464_convert_20210402210053.jpg

 そうすれば、ドロップ化もほとんど入れ替えで可能。

 DSC_6468_convert_20210402210112.jpg

 ブレーキもカンチだとしたら、

DSC_6463_convert_20210402210043.jpg

 ギロチン系でセッティングは面倒だが、カンチだとしたらそれほど引きシロを要求されないので、

DSC_6467_convert_20210402210102.jpg

 この人間工学考えまくられているディズナのエアロブレーキが使えます。これは名作です!どこからでも引ける!ちょっとやそっとでコイツの機能性を抜けるエアロブレーキは出てきそうにないね、TRPも頑張っているが、いかんせん高いんで、値段と機能とで行けばコイツは最強だ!

DSC_6470_convert_20210402210122.jpg

 今のグラベルはやたらとハンドルが開いていて、その機能的な意味はわからないが、これはランドナー式の開きで、これはこれでおしとやかでいい。車体が鉄のラグ付きフレームなんで、コイツのほうが断然いいだろう!と思うが。

DSC_6453_convert_20210402205955.jpg

 これが乗ってみると、いいんだな。老後だけじゃあない、実際に乗ったことはないがラクダってこんな感じかな?と思うくらい、ちょいとのんびりしていて、疲れないだろうなあ、と乗りながらヒシヒシと伝わってくるね。
 
 いいなあ、じゃあこんな自転車ほしい!といってもおいそれと手に入るもんじゃない、というところも持ち主さんにとってはいいんじゃないかな?長年乗ってきたマウンテンがドロップに変わっただけなんだが、それはもう車種が変わってしまったようなもんだから、古女房が美容院にいっておめかししてきたとき、ちょっとドキッとする・・・、それ以上かもしれないなあ。

 そんでは、乗って確かめてね!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター