メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2023年11月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

明日から師走!冬の店の顔を整える!



 もう12月になろうとして、そこそこ冷えてまいりましたね。風なんぞ吹くと結構寒くなるのもこの頃です。だいたい10月の終わりごと木枯らし一号が吹くのが通例だったが、最近そうした記憶がない。

 11月もポカポカの小春日和が多かった、ようやく冬・・・なのかな?

 となると、シートだなんだと、当店周りも慌ただしくなる。先日も冬囲いがざっと終わったとこなんだが、ビニールだけでは・・・ということで、もう少し一部を凝ることになった。

 まあ、店の顔っていうのかな?

 406393241_6961035097308932_8852682596229762066_n_convert_20231130225835.jpg

 向かって一番左のビニールシートを撤去することに・・・。

406848935_6961035290642246_1122036604571182004_n_convert_20231130225851.jpg

 シートなのでバッツリ外せます!そしてここに床板の廃材で壁を作っていきます。

 こうした木工といえば、

407144647_6961035147308927_5283682898176754041_n_convert_20231130225926.jpg

 力になってくれるのは、店主の五十数年来の幼馴染のコバインなのだ・・・。今回も頼んだぜ。

 薪用にともらった床板の廃材があるんだが、これ保管がいいもんで、相当使えるわけであります。材料費ただでやっていく、銭というよりもものと義理と情報なんかのやり取りでものが決まっていくという関係。

 今回もよろしく!

 とちょうど二年前の記事にこんなのを見つけた。台所の流し周りを作っているところなんだが。

 木周りはコバインに、水回りは店主がと分担していやっている。

262979000_4650523688360096_7657382196400765310_n_convert_20211130204621.jpg

 だいたいこの時期、アチコチいじりたくなる傾向でもあるのかね?

 406356718_6961035380642237_2776589539470378021_n_convert_20231130225827.jpg

 朝からトンカンやりはじめて、夕方前には徐々に完成へ。ただ、この辺は煙突、単管パイプやロープ類やトヨなどが複雑に絡んでいるところなので、それを避けるように板類を加工して、現物合わせで作っていくんで、結構苦労かけてしまったな。

 406905606_6961035570642218_6255645693704899216_n_convert_20231130225916.jpg

 とこのように完成!

 まず真ん中には?

406326596_6961035437308898_550305523934627093_n_convert_20231130225818.jpg

 アクリルの窓がある、ここから中が覗けます。

 そしてその上部には、

406841046_6961035470642228_2394607577767332035_n_convert_20231130225843.jpg

 このように開閉式の仕組みになっている。なぜだかわかりますか?

 この中をよく見ると煙突の関節部分が見えるでしょ?ここをこじ開けて、すす取りなどのメンテをすることになります、その時ここが開かないと、ほぼメンテ出来ませんので、可動式にしてもらいました。

 そして下部には・・・

406871547_6961035607308881_475212476072544224_n_convert_20231130225859.jpg

 まっさらな板が貼られています。ここに黒板塗装をした板を取り付けて「本日のライブ!」チャージ1000円ポッキリ!とか、メニューとかを書いておくと、いかにも店の入口になりますね。

 ということで、どんどん冬の店の面が出来上がってくる。

406889909_6961035217308920_19115684179491445_n_convert_20231130225907.jpg

 裏から見るとこうなります・・・。

 さて、冬營業。自転車も飲食部門も園芸部門も、半外での冬営業が始まります、春まで!この面と微調整でやってきますぞ!!!

 よろしくっす!!!
スポンサーサイト



カラクル物語 その3 つづきそうだなあ・・・



 あの超折りたたみ号のカラクルですが、車体としては整ってまいりましたね。

406035343_6946088482136927_5056889789496402953_n_convert_20231126231426.jpg

 前後ホイールを新しくする、105のハブで頑丈に組んで履かせる・・・という計画は良かったんだが、フロントのフォークの幅が100ミリではなく、74ミリということが組み終わったあと発覚。

 せっかく組んだホイールを履かせるためには、フロントフォークを100ミリ幅のものに交換しなければならない。

 ただし!折たたみが以前と同じようにできないとダメ!という優先順位がある。このフォークの幅26ミリの差でもって以前と同じ収納が出来なかったら、元に戻さねばならない・・・。

 ただ、これを試すには、実際100ミリにしてから、件の箱に収納する実験をしないとなんともいえない。ということで、ここまで持ってきたということなんであります。

 さて!収納実験の日がやってきました。

406841552_6960080114071097_7347159117511015434_n.jpg

 このバッグの中にキッチリ入らないといけないということ、これがその件のバッグなのだ!

 まず実際に乗ってもらいましょう!

406245001_6960080370737738_7153760930370200875_n_convert_20231130204647.jpg

 フォークは一般の20インチのものだし、105の32Hで組んだホイールなので、前回りは頑丈で走った感じは合格!

 問題は収納だけに絞られる・・・。

406263870_6960080477404394_2860711434122740574_n_convert_20231130204656.jpg

 このカラクルが、果たして件のバッグにはいるのであろうか?!

406887614_6960080607404381_4251122492163464860_n_convert_20231130204859.jpg

 まずハンドルを折ります!

406848905_6960080227404419_4359817231967703616_n_convert_20231130204837.jpg

 シートステーを外して今度はリアのホイール折りたたみます。個々が他の折りたたみよりもコンパクトになるポイントのようですね、フムフム。

 406335955_6960080287404413_5923520840003997255_n_convert_20231130204714.jpg

 そして、トップチューブを2つに折ると、このようになります。一応自立もします、これ第一関門通過!

 さて、こいつがバッグに入るかな?

406392197_6960080734071035_4372693290616747281_n_convert_20231130204722.jpg

 入ってくれよ・・・、頼んだぜ!

406268548_6960080170737758_5758607405504144530_n_convert_20231130204705.jpg

 行け行け!なんとか・・・

406878638_6960080550737720_6690250425706198988_n_convert_20231130204847.jpg

 入ったよ・・・。やりました・・・。イエイ!

 ということで最大の優先順位をクリアしたわけで、これで納車!

 と行きたいところだったんだが・・・。

 406047315_6946088032136972_7888999319068193078_n_convert_20231126231549.jpg

 ここね!ちゃんと止まれるんですよ、もちろんね。ただし、ロングアーチの剛性不足から効きに問題がある。元々がVブレーキだったんで、その差は仕方ないんだが、歴然とあるわけだ。

 さて・・・どうするか?

 このフォークにする限り、キャリパー式のものにするしかない。ロングアーチのヘナヘナではない、ショートリーチ系のガッツリ効くやつを台座か何か作って装着するか?

 またはロングアーチものでガッツリ効くものを探すか?だな。

 さて、また頭フル回転の発見と改造の旅になりそうだ・・・、もう引けねえよなあ・・・。

 カラクル物語は四話へと進むことに・・・。待ってろよー。

これは看板ではない・・・タヌキより



 廃材がいっぱいある、燃やすものでもあるんだが、使えるものは使ってしまえ!

406631736_6956619077750534_4233355352483808144_n_convert_20231129193849.jpg

 木工はホコリがすごいね、普段の金属加工は重い分下に沈むんだが、木は軽いので宙に舞うわけでこうなってしまう。

 換気扇回して、すぐに掃除機使ってやっても、しばらくすると薄っすらと木くずの雪化粧となる。

406705779_6956618974417211_2758724657174227659_n_convert_20231129193859.jpg

 気づいたらこんなやつが来ていた・・・。どこから来たんだ君は?

 406171106_6956619731083802_984477154496729341_n_convert_20231129193728.jpg

 肌荒れしているので少しかけてやろうか?

 406340221_6956620781083697_379389239279537332_n_convert_20231129193833.jpg

 これ・・・結構味あるじゃない・・・そのままにしてやろうか?もう少し化粧する?

 406222862_6956620077750434_6412257239426630714_n_convert_20231129193736.jpg

 背中も忘れちゃいけねーや・・・。

 よし、このままだと雨で風邪引くかも知れないから、コーティングしてやろう・・・。

406872884_6956619674417141_2072048545019889263_n_convert_20231129193908.jpg

 ワックス系だと水も多少弾くし、皮膚に浸透していくとそこそこ保護にもなるんじゃないかな?

 よし下地も終わったんで、上に化粧して、かっこよくしてやろうな。

 さて、放し飼いだ君は。ただ、店の周りにウロチョロしておくことな。

405581453_6956615101084265_5555945008300310528_n_convert_20231129193717.jpg

 そうそう、そんな感じで遊んでろ!

406385104_6956615434417565_9080428636243829801_n_convert_20231129193841.jpg

 お前逃げんなよー・・・。

406263647_6956615244417584_1204900911973916914_n_convert_20231129193744.jpg

 なになに?

 ひっそり 營業中・・・だと?そして謎の数字の羅列は・・・電話番号か。

 あと右上の白いたんこぶは?

406321934_6956615294417579_6976208409654710020_n_convert_20231129193802.jpg

 これ押してみたんだが、そうしたら店の中から・・・

406340061_6956615471084228_5350037315638061829_n_convert_20231129193818.jpg

 ここから音がします。低い音でピンポーン・・・とね。

406340061_6956615684417540_8964131224105382667_n_convert_20231129193827.jpg

 そして、ここが君正体だね、君は看板ではない・・・な。
406317377_6956615574417551_8773293058778164950_n_convert_20231129193753.jpg

 オ!看板の足が・・・足になっている・・・。

 お前・・・看板に化けたな?!

あのサス交換の困った案件 正体はサスランドナーだった・・・



 今から二週間くらい前にリアサス交換で非常に苦労した案件がありましたな。詳細については、こちらを再度ご参照ください。

 まあ、交換する前にこいつを外さないといけないんだが、本当外せずに大変苦労したやつであります。

 402606463_6902833036462472_5520815697846902330_n_convert_20231114221638.jpg

 とまあ、苦労の末、サスを新しいものに交換して、この台座ごと自転車に取り付けようとしたんでありますが、これがまた大変だった・・・という落ちでした。

 マウンテンバイクの専門ショップなら、多分当たり前に出来たかも知れませんが、なんせ入らない・・・。この台座ごと取り付けようとしたんだが、長すぎて、入らない。

 確か五ミリほど前のものよりも長い・・・、もしかしてそれが影響?イヤイヤ、五ミリなんてところじゃない、もっと手前のところで入らないんだから、問題は長さではない・・・。

 何なる店主の経験不足なんでしょうな。

 と、何時間か奮闘の結果、取り付き完了でもって、完成となったというわけであります。アー、良かった・・・。

 それが完成してみると、サス付きランドナーというタイプの自転車?もうタイプなんてもんじゃない、独自すぎて、オンリーワンの一台でありますな。

 各パーツ見ると笑えます、完全な寄せ集めによるフランケン号でありますよ。

406064071_6953327064746402_98716026766839953_n_convert_20231128215633.jpg

 ハイ!もうこれ一発で分かるでしょ?分かる人は。

 カンパレコードの10Sエルゴが付いていますねえ・・・。ランドナーにこんなの取り付ける人なんて、京都のランドナー屋さんだったかな?それくらいしか見たことない・・・。

 ブレーキ等の機能はいいので、もっと使われてもいいとは思いますが・・・。

 406020422_6953327494746359_2824053127583912146_n_convert_20231128215625.jpg

 と、それにディレーラーがまた・・・、シマノもの。つまりシマニョーロの形式なんですね。しかも、マウンテン系の最高コンポなんてのをシレッと取り付けています・・・。

 406281629_6953326214746487_6916301056190557093_n_convert_20231128215714.jpg

 はい、そして駆動系クランクもシマノのマウンテンコンポ。色々モデルチェンジしているようでその細かい展開はわかりませんが、トライアンドエラーを繰り返して、今やスラムにその座を奪われようとしているXTRであります、頑張れよ!

 406313722_6953326334746475_8622821489462376587_n_convert_20231128215722.jpg

 でもってワイヤー引きのディスクブレーキですが、これがありがたいことにTRPのもの。通常ワイヤー引きは片効き仕様なんですが、このTRPのものは、両サイドからしっかりローターをキャッチしてくれる、すぐれものなんですね。

 これから、シクロの季節なんで、大いにTRPをお試しください!とPRしたいところなんですが、なんとも動きが緩慢なところがあるのか?今生産態勢なんかどうなっているのかな?コロナの影響は緩和されつつあるのかな?

 406165992_6953326024746506_95579664470958785_n_convert_20231128215649.jpg

 これキャノンデールのカーボンフレームものなんですね、ヘッドチューブの中にサスがあるという、モロキャノンデール的なフレームですね。

 そして!

406244954_6953332568079185_7959671989960199837_n_convert_20231128215705.jpg

 何とかやっている内に装着できました、新サスペンションであります!細かいサスの調整は、乗りながらお願いします!ということで。

406102610_6953332544745854_3276680878566404758_n_convert_20231128215641.jpg

 はい、これが26インチの元マウンテン?を大改造して、好きなパーツだけ集めて、調整しながら作り上げた、サス付きランドナーでありますね。その全貌ですよ。

 実は細かいところに実に丁寧で、経験を元に考え抜かれた工夫がされていますが、特許?等にも触れる可能性があるかも・・・、しれないので、詳細はこのへんで・・・。

 しかし、ここまで銭と手間かけて、独自の一台を組み上げて乗りこなすなんて、こんな成熟した自転車乗りがもっと増えて、メーカーの裏の裏のそのまた裏までかいて、楽しめるようになることをゆっくり目指していきたいと思いますよ。

 自転車は車検などない、自由な乗り物なんですから。

また折れたか・・・しかしエンド金具って・・・



 半年ぐらい前にやってきて、エンド金具が折れたということだったが・・・。

 詳細はこちらに出ていますが・・・。

 000 342678987_953178559154150_6739994488538899948_n_convert_20230421221110

 こういう状態でやってきたんですね。まずは同じものを探します。無ければ、似たようなものを加工するわけです。

 000 342705387_3489702541308205_2831267241510636366_n_convert_20230421221018

 前回はこのように直しました。形は同じなんですが、ネジの取り付け方法が異なるものだったので、ナット二本とクイックのアダプターのようなものを作って、元に戻したんでありましたが・・・。

 それが半年して折れてしまった。確かにナットを座らせるためにほんの一ミリ弱弱削ったわけでしたが、そこの強度が落ちたかな?

 今度は純正品を探してみるか・・・。

 これも前触れましたが、このフレームに取り付けるハンガーの金具なんですが、その形状だけでも千種類を超えるでしょうね。

 もうバカでねーの?と思うくらいの種類です、せいぜい五十種類くらいでやれよ!こんな金具に千種類以上なんて馬鹿げてねーか?それがそれぞれの自転車のデザインとか性能に関わるのかも知れないが、それにしても、もう少し規格としての統制というのか?ゆるい規約でもいいんで少し縛り設けろよ・・・と言いたいね。

 こんな破片のような金具だって、無くなってしまったら、廃車にしなくてはならないことだってある、あまりに馬鹿馬鹿しくないか?まさかそういう状態を狙ってのこの千種類以上ってこと?まさかと思いたいが。

000 406245006_6949699405109168_3359246429297715044_n_convert_20231127221117

 一昨年前の合同展示会で知り合いました、某業者さん、こちらは膨大な数のハンガーをお持ちのようで、このようなサイトの中から探す、という手段を得ることができました。

000406222500_6949699685109140_7689869865088219737_n_convert_20231127221107.jpg

 こちらの業者さんでも400種類ぐらいのエンドをお持ちなもんで、非常に助かります・・・と同時に、自転車界よもう少し相互で協力して、その数減らす方向で動けよ!と切に思うね。

 ことにフレームメーカーだな・・・なんとかなんないかね?

 406264322_6949357248476717_8981639751810275982_n_convert_20231127221138.jpg

 そんなこんなで、こういうハンガーなんかが届いたわけであります。

 406065537_6949357528476689_5598265401378729520_n_convert_20231127221058.jpg

 ピッタリものなので、取り付けは二本のネジで簡単に付きますね。あとはギア等の調整をして終わり。

 ハンガー金具が見つかりさえすればこの手の修理は出来てしまうんですねえ。なので、入手が八割!なのであります。

 だからこそ、その辺をもっと簡単にできる状況を整えること、なのでありましょうな。

 406245354_6949357125143396_6584903139204221654_n_convert_20231127221126.jpg

 700Cのクロスバイクですね。

 405983586_6949357391810036_3229931871695102927_n_convert_20231127221050.jpg

 これから減っていくでしょうね、クロスバイクの前トリプル。あと5年もしたら希少になるかも知れませんね。なので、どんな形式のものでも、三枚のクランクは大事にしておくといいですよ。

 別にプレミアム・・・を狙うわけではありませんが、高齢社会が深化していくと、もしかしたらこうしたトリプルなんかに再注目が集まることもないとはいえないでしょうね。

 あとは極大化するスプロケに辟易する人たちが出てくる・・・。なんだあの不細工なデカスプロケに馬鹿長ディレーラー・・・と、個人の嗜好性のほうが動いていくかも知れませんしね。

 405958517_6949357628476679_5271328171592612488_n_convert_20231127221042.jpg

 この車体が面白いのがハンドル。一文字系のフラットバーではないんですね。ライザーバーなんだよなあ。

405953561_6949357425143366_3694600471507719532_n_convert_20231127221033.jpg

 クロスバイクでは珍しいね。むしろ緩やかな印象、のんびり自転車の印象になるのが面白いと思いましたね。

406319442_6949357198476722_7806447234765095652_n_convert_20231127221149.jpg

 ハンガーが折れただけで乗れなかった自転車が、その交換で直りましたという話なんだが、何度もいいますが、この辺の交換をもっと楽に迅速にできるように、自転車業界?フレーム業界?あげてもう少し知恵を絞ってほしいと思いますよ。

 こんな金具一枚入手できないだけでの廃車なんて野暮なことが起きないよう、よしなにお取り計らいくださいよ!!!

カラクル物語 その2 折角組んだから入れてみるか!



 あのカラクル物語の続きになりますね。超折りたたみ自転車のカラクルですが、この前後ホイールを組むことになり、シマノの105ででもって組んだんですが、大間違いがあった。

 この折りたたみ号は前輪フォークの幅が74ミリということで、100ミリ幅の105のハブで組んだ新ホイールがどうやっても入らない、ということが組み終わった後にわかったわけであります。

 折角組んだのに・・・。ということで、もし組んだ新ホイールを取り付けるとすれば、幅100ミリのフォークに交換する必要がある、というところまでやってきた。

 そうすると広くなった幅のために、もしかしたらせっかくの超折りたたみ構造が壊れて、コンパクトではなくなってしまう危険性もあるんだが・・・。

 ただし、やってみないとわからない・・・ということで、見切り発車でもって、とにかく新ホイールを前後はめてみようということになった。

 405424090_6946088402136935_6999542865247751603_n_convert_20231126231622.jpg

 トリャ!!!とばかりフォークを交換して、105のホイールをはめてみた、当然入るわけだ。といっても、ポン付けてフォーク交換などできないがね。

 405941829_6946088528803589_6621907962985452861_n_convert_20231126231640.jpg

 ネ、付いているねえ、105のハブ・・・。さて、そのフォークなんだがまず出てくるのが、ブレーキ問題ね。

 405937419_6946088622136913_149344858721187828_n_convert_20231126231533.jpg

 これだけクリアランスがあるので、ちょっとやそっとのブレーキじゃとどかない。しかも、折りたたみの事情から裏につけなければならないというので、ブレーキ自身にも相当の改造が必要となる。

 406047315_6946088032136972_7888999319068193078_n_convert_20231126231549.jpg

 シャフトを加工してブレーキシューがリムに届くようにする。シューをVものの長いものに変えて制動力を確保する。ブレーキワイヤーがステアリングに影響しないように、下引きにする・・・などね。

 405953374_6946088262136949_2588135797254383265_n_convert_20231126231517.jpg

 実に当たり前のような顔して付いているが、結構手間がかかったわけだ。

405961238_6946088112136964_7721438504617516614_n_convert_20231126231443.jpg

 それに比べれば、当たり前だが後輪はそのままポン付けできるわけだ。

 405502723_6946088565470252_4704708647406484683_n_convert_20231126231500.jpg

 105の新ハブがしっかり付いて、ガッツリ後輪を担っている。回転もよし、強度もよし、メンテ性も良しということなんだがね。

 これで走ってみると、不足はまったくない!

406035343_6946088482136927_5056889789496402953_n_convert_20231126231426.jpg

 多少前ブレーキの効きは後ろのVブレーキには劣るが、走りには全く問題はない。

 ということで、合格!!!と行きたいところなんだが、それはまだ甘い。
 
 そう、こいつのもう一つの重要なミッションが、折りたためるか?ということ、勿論折りたためるんだが、その基準が、持ち主のカバンにピッタリ入るか?ということが一番重要なミッションということになる。

 勿論先手取って、そのための加工や改造はしてあるんだが・・・、それがうまく行くか行かないかは、実際に収納実験した時にわかるということなのだ。

 近日中に、その実験が行われる。それをクリアすれば、新ホイールでの再出発となるが、もしダメなら、前輪だけももとに戻すということになる。

 結構残酷な話なんだが、74ミリに気づかずに前後ホイール組んでしまった勇み足の責任は半分は当店にある、ということなんで・・・。

 人事を尽くして天命を待つ・・・という心境だな。

 カラクル物語は、その3にまで続きそうだ・・・。

カラクル物語 その1 幅が違った・・・なら・・・



 カラクルという超縮込める、折りたたみ号がやってきた。

 405538793_6939101729502269_1265838094609256492_n_convert_20231124221225.jpg

 スペシャライズドと関係があるらしいんだが、詳しいことはわからない。

 この車体、かなり小さくたためるというので、あちこちに持ち運んでの利用には最適な車体ということだ。なんか用意した、トランクにピッタリ入るというところが、魅力らしいよ。

 でも、もう少し走りを良くしたい、なら、足回りだろうということで、シマノの105のハブでホイール前後が組めないか?というご相談を受けた。

 さて、資材不足はどうかな?関東一円でシマノを大々的に扱っている、ミズタニさんなんかの発注ページを開いてみる。

 そこそこ戻ってきている感じもするが、当たり前だが、ないものはない。もう少し・・・というところかな?ただ、値上がりが厳しいねえ。海外ものでも、向こうで経済成長していれば人件費も上がってきただろうし、輸送費もかかるんだろうな。

 イヤーまいった・・・。

 405549425_6939101926168916_4238561401237985849_n_convert_20231124221233.jpg

 とはいいつつも、何とかシルバーものを前後手に入れて、406のリムも手に入った!ので、スポークを切ってホイール前後を組んだんだが・・・。

 イザ取り付けようと思った際に、とんでもないことに気づいてしまった。

 405160121_6939366872809088_8320386778848217306_n_convert_20231124221201.jpg

 こいつがカラクルのフォークなんだが・・・勘のいい人は、アアやっちまったなあ・・・と気づいたと思いますが、ハイ、やってしまいました。

 小径の折たたみ性能のいい車体の規格なんですが、通常の自転車のフォークが100幅なのに対して、こいつらは70ミリという狭い幅なんであります。

 404918890_6939366782809097_5979556292522907719_n_convert_20231124221146.jpg

 一般のフォークと幅を比べると、このように歴然たる違いなんですね・・・。

 しかも、これもまた折りたたみを考慮しての構造なんでしょうが、Vブレーキの台座が

404739192_6939366719475770_6392840460909529569_n_convert_20231124221128.jpg

 フォークの裏に付いているんです・・・。もう変わり者なんだからなあ、全く。

 なので、それに合わせて、既設のホイールを見ると、

404975496_6939366616142447_4622513789064508862_n_convert_20231124221153.jpg

 はい、目視でもわかりますね、幅が狭いです・・・。

 イヤー参った、参った・・・。久々のミズタニ発注で、この件が吹っ飛んでいたわけであります、しまったなあ・・・。

 せっかく組んだのに・・・。

 持ち主の方にその旨伝えますと、やはり、折たたみ性能の良さは外せない、ということなんですね。多分この70ミリと、一般の100ミリとでは、何かが決定的に違うんだろうなあ、と想像します。

 そうでない限り、わざわざ100ミリという黄金の規格を外して独自に70ミリなんてものをわざわざ作って広める意味はないでしょうからね。

 でもせっかく組んだホイールが勿体無い。解決策としては・・・、

405496518_6939388056140303_4778675171281829635_n_convert_20231124221216.jpg

 この変わり構造のヘッドを外して100ミリのフォークに交換するしかない。そうなると、今度は折たたみの際に問題が出てくることも考えられる・・・。

 最良なのは、フォークを100ミリものに交換して105の新ホイールを履かせて、なおかつ折たたみに支障がないというところを狙うしかない。

 となれば、まずフォーク交換をすることで、ヘッド処理やブレーキ問題なども解決させることですね。それが出来ない限り、それを折りたたんで実験することすら出来ませんからね。

 まずはフォーク交換しましょ、そしてドミノ的に出てくる問題を一つ一つ解決していけたら、最良の状態になるかも知れない。

 見切り発車、出発!!!

 続く

394724012_6811019768977133_7024048988494369170_n_convert_20231021165020.jpg
※25日土曜日は工房飲みだよ!参加費二千円と一人一品持ってきてください。
7時半過ぎくらいからゆるーりと始めています!

おもしろ自転車乗ってみたい方!!!リカンベント



 一見ロックバイクスカよ!と思えるデカールですね、パフォーマー???

 はい、これはへんてこ自転車の代表のような自転車なんですよ。どこがへんてこか?というと全体が!としかいいようがない。

 405502051_6935801766498932_5092923677528366847_n_convert_20231123211930.jpg

 アレ?どこがへんてこなの?と思われたかな?

404961034_6935803866498722_1972390049456723590_n_convert_20231123211850.jpg

 リアブレーキがVブレーキなんですが・・・、

 ある意味まともな箇所はここぐらいなんだな・・・、あとはへんてこのオンパレードだ。

405488427_6935801706498938_7765441132713446233_n_convert_20231123211922.jpg

 クランクはあるんだが、何か付いているところが辺でしょ?通常なら三角フレームの底にあるのに、何か浮いている感じだ。しかし、長ーいチェーンだな〜・・・。

405473328_6935801876498921_1037135506279677690_n_convert_20231123211906.jpg

 ね?底どころか、自転車の先頭に付いている、前輪よリ前にあるでしょ?

 405503105_6935801593165616_8815034660688067680_n_convert_20231123211937.jpg

 ハンドルはほぼ真ん中に屹立しています。

 根本はアヘッドの形式ですがね。

404879800_6935802933165482_3002161126469403219_n_convert_20231123211835.jpg

 そしてその後ろに見えるサドルは・・・

404985868_6935801633165612_2012608125271035117_n_convert_20231123211857.jpg

 これサドルというよりベンチ?寄りかかり椅子のような形状、一体なんなの?というところでしょうね。

 404915186_6935803599832082_3940731229761917825_n_convert_20231123211843.jpg
 
 実は元ついていたフォークを交換しているんです。元付いていたのが・・・

368226048_6571073812971731_20731304367219351_n_convert_20230818000820.jpg

 フロントフォークがサスペンションになってますね、こいつをリジッドに交換したわけです。

404877471_6935802586498850_8681024381455996171_n_convert_20231123211743.jpg

 そして、通常フィッティングをする際はサドルなどを中心にいじるんですが。こいつはトップチューブ?自身を伸縮させるというやはりへんてこな形式の自転車なんであります。

 404714746_6935802406498868_3295347567650939176_n_convert_20231123211719.jpg

 実はリアを700Cにしたり、アチコチいじっているんだよね。

 もとは・・・

368214276_6571073472971765_2306720678699389151_n_convert_20230818000730.jpg
 
 この状態にあったのを救出したんだよね。

 パーツ変えたり、注油したり、メンテしたりしてとにかく乗れるようにはしたんだよ!

 とはいえ・・・。この新生リカンベントにして、まだしっかり乗れる人がいない!かなり練習が必要だ。そこもだいぶへんてこな自転車であるには違いない。

 このへんてこ号に乗ってみたいという方、練習兼ねて試乗してもいいよ。そして乗れるようになったら、引き取ってくれ!

 さて、明日も練習だ!

394724012_6811019768977133_7024048988494369170_n_convert_20231021165020.jpg
※この土曜日25日は工房飲みの日です!参加希望者は何らかの方法でお知らせください。いない場合は中止も有りえます・・・シクシク。

夏仕様から真冬仕様へ 店前の衣替え

404726442_6932276910184751_8496429924595935063_n_convert_20231122212454.jpg

 だいたい半年で夏仕様から冬仕様へ、そしてのその逆をやりながら一年が巡っていく。

 11月の下旬になったので、夏仕様から冬仕様へと衣替えをしていく。

 404908542_6932275706851538_2342448663767009233_n_convert_20231122212520.jpg

 西日を避けるためにかけた遮光シートを外していく。

 404862299_6932277256851383_1978115061514901715_n_convert_20231122212502.jpg

 しかし、朝は東の正面から太陽光は当たってくる、そして一周回って夕方になって、今度は真裏から店の中の奥にまで西日を投げ込んでくる、夏の太陽の広範囲には閉口するわ。

 その際に大変世話になった二重の遮光シートを半年休んでもらいます。

 404985762_6932275440184898_302892505211351789_n_convert_20231122212545.jpg

 雨ざらしと風に晒される、よしず、半年保つかなあ・・・と思っていたんですが、しっかり保ってくれましたね。安いやつは、結束がバラバラになったり、竹自身がひしょげて立たなくなったりと、もう燃やすしかなくなるんだが、この様子だと、来年もしっかり遮光してくれそうだわね。

 404536640_6932277170184725_3762116999248989326_n_convert_20231122212437.jpg

 ガラ〜ンと店の前は開きますね。さて、このガラ〜ンとした広い入り口に、今度は別のシートで囲っていくことになります。

 404957405_6932277333518042_6040959267159424692_n_convert_20231122212536.jpg

 半年間隠れていた、引き戸を取り出す。動かしていないと重くなるね、油なんかを挿して動かしていく。

404568912_6932275610184881_1367313715199652976_n_convert_20231122212445.jpg

 引き戸ギリギリまでシートをぶら下げる。このシート前回までは重しで固定したんだが、今回はよりスライド的に使えるように工夫したいね。

 404452862_6932275466851562_5509665791836047871_n_convert_20231122212427.jpg

 よしずが半年立っていたところに二重のシートをかけていきます。だいぶシワがあるが、自重でなくなっていくんじゃないか?と思っているんだが。

 404902292_6932275566851552_9151633251697157797_n_convert_20231122212513.jpg

 そして、夏ではちょっと間抜けだったこのドコデモドアが冬仕様では活躍してくれます。もう少し入り口的なライティングなんかも考えていいかも、冬使用は冬仕様で考えないとね。

 404449601_6932277063518069_3980949522569192353_n_convert_20231122212419.jpg

 基本これで半年行くかな?ただでさえ入りにくい店がより閉鎖的に見えるんですけど・・・という声にお答えして。

 404953361_6932275756851533_998186424387754815_n_convert_20231122212529.jpg

 このくらい、常時あけられるようにするシートの形式にいたしますし、その他、販促のための工夫もいたしますので、ちょいとお楽しみに、していただきたいと思いますね。

 さて、いつでも冬は来なさい!

期間限定 今年最後の廃車無料引き取り 12月20日まで! 次回未定



 もうこうなったら日のめくりはどんどん早くなってくる。ちょっと前に11月になったと思いきや、もう下旬だぜ!

 すぐに師走だよ!ということは暮れだぞ暮れ!

 暮れといえば大掃除だ!

 ちょっと前まで、暑い暑いと唸っていたのに、もう新年かよ!そう、新年といえば、もう花見だろう・・・と目まぐるしいね。

 ということで、先月好評でした、期間限定の廃車無料引取事業ですが、来月、つまり12月の20日まで受付することにいたします。

 333098395_754515252937073_3556856018589314686_n_convert_20230224223213.jpg

 期間限定しないと、店周りが大変なことになりますので、暮れの大掃除を念頭に、20日まで!いいですか?!20日までですよ、延長はいたしませんぞ!

333084915_165960076212512_7037713780706851435_n_convert_20230224223114.jpg

 こうなったらかなわないので、期間限定、12月20日まで、無料にて廃車の引取を行います!

 そして、次回の開催日程は未定ですので、この一月を念頭に、整理したい車体などがありましたら、ご相談ください。

 もちろん、全車ほぼ再生するつもりで引き取ります。当店でできるもの、またはタンザニアでできるもの、その他であります。

404246793_6928790280533414_6113288601930969160_n_convert_20231121222238.jpg

 こんな下手なチラシなんかも自作して、アナログ的に店周りに貼ったりしましょう。しかし下手な絵だなあ・・・。

 ということで、くどいようですが、延長無しで12月20日締切で、無料廃車引き取り、いたします!!!ぜひご利用ください!!!

第何回だ?今年になって第二回か 工房飲みヤリます!



 暫し、中断していた工房飲みですが、数年の齢を超えて再開ということになりましたね、先月よりまたぼちぼち始めるか、ということになりました。

 目的は、適度な親睦と、何よりも工房を片付ける方便ということもあって・・・、整頓状態を継続的に守っていく、ということが実の狙いなんであります。

 394451272_6811019652310478_1610785666278749763_n_convert_20231021165037.jpg

 お陰様まで前回片付いたままを何とか維持しています。作業もしやすいですし、何かいるだけで落ち着くなんて思った以上の状況にもなってきましたね。

 そして、それまでの工房飲みと違うのが、

394724012_6811019768977133_7024048988494369170_n_convert_20231021165020.jpg

 ちょっとというかだいぶ店主側からの出し物に気合が入ってきたということでしょうか。

 オット、参加条件というと、参加費お一人二千円と一人一品(二品でもよし!酒・肴いずれもよし!)持ち寄りという条件であります。

 で、こういうのが定着してきますと、次回は地鶏を使いますか?なら五百円アップと最低五人は参加してください!なんてことで、出物のグレードがどんどん上がっていくなんて展開もありかな?なんてね。

 火鍋やる?豪華にローストビーフと赤ワインってか?ラムでも炙る?やばいなあ・・・

 次回の出席を約束していただけるのならリクエストなんかにお答えしてもいいかも知れませんな。

 ということで、今年二回目の工房飲みを行います!

 場所は当方の工房!当たり前か・・・

 日にちは11月25日の土曜日(金曜じゃ会社帰りで遅いから・・・という声が届きましたんで)

 時間は7時半以降及びその前後・・・ということで!

 参加お待ちしています、事前に意思表示のできる方は、何らかの形でやってください。事前人数の把握によって、献立の量なども決まってきますので。

 ということです!

通勤通学トレーニングに最適固定車なのだ!



 この車体には名前がついているそうだ、はたら君というらしい。主に通勤用に使われているようなんだが、店主のある意味狙い通りの利用のされ方なのだ。

 これフレームはひと目で実用自転車と分かるでしょうな。このスタッガードのフレームでスポーツ車というのはせいぜいミキストくらいなもんだろうね。

 それに全体のバランス見てもピスト車のような締りがない、つまりホイールベースが長いわけなのであります。

 フォークもオフセットがでかいので、鷹揚でツーリング車のようなステアリングなのだ。

 なんですが、

404136841_6924463264299449_5112635192786881558_n_convert_20231120165854.jpg

 ホイールはしっかり700Cを履いています。しかも、タイヤは・・・

402594315_6924462717632837_2897165429391285106_n_convert_20231120165839.jpg

 結構いい高級タイヤしかも23cなんて今となっては遺物の様は細いタイヤをつけています。軽くて、回転良くて、抵抗少なくてとヤッパリスポーツ系のホイールは何から何まで、実用車のそれとは異なりますな。

 404284403_6924463114299464_9030483680190589324_n_convert_20231120165942.jpg

 リアだけ当店で組んで、シングルハブを使用しています。そしてそこにだね、

404381353_6924463310966111_1691423111677609418_n_convert_20231120165953.jpg

 固定の歯をつけているんですねえ。実用自転車の大半はピスト車のように正爪をしているので、こういうことが簡単にできるんであります。簡単にね、簡単に・・・。

 404382126_6924462960966146_1458856678564584526_n_convert_20231120170001.jpg

 クランクなんて、実用自転車の流用だ、でもこいつは立派な固定車なのであります。ネ、簡単にできるでしょ?

 404245362_6924462810966161_4624075788885471321_n_convert_20231120165926.jpg

 この人間工学上優れた形状のディズナのブレーキレバーですが、こいつをしてもなんか引きが重い、ということなので、ワイヤー交換等をすることに。

 404209670_6924462634299512_5594905038872575843_n_convert_20231120165911.jpg

 板ブレーキにしています。こうすることでホイールの着脱が、ピストレーサー並みに簡単になりますね。これだけでもおすすめなのだ。パンク修理やタイヤ交換など、今まで自転車屋に頼んでいたことが自分でできるようになりますぜ!

 ブレーキ等にも注油などして、途中の抵抗体であるインナー・アウターワイヤーを交換すると、引きはグンと軽くなります。

 404193725_6924463017632807_4940399059381377888_n_convert_20231120165901.jpg

 このフロントバッグの取り付けのためにワイヤーが圧迫されていた、というのも今回の原因のひとつでありました。少し遠ざけるとか、ラインを変えるとかして、この辺は回避します。

 404102552_6924463217632787_7154381632455443318_n_convert_20231120165846.jpg

 あとこの後付のボトルケイジ用のナッターが、ピラーにまで貫通していたおかげで、サドルが全く動かなくなってしまうというミスを犯していた・・・のに気づきまして・・・。早速旧ナッターを穿り出して、ピラーを短く切って、再度新しいナッターを埋め込んだということですね。

 404254286_6924462860966156_7018190464734512394_n_convert_20231120165933.jpg

 あとはこのなんちゃってアヘッドを支える、ヘッドパーツを工具で固定するというね。手でやっていると何週間に一回は緩んでくるというので、工具で固定ね。

 そんなこんなで、再度このはたら君を街道に戻してやることに。

 404215696_6924463160966126_7767842294473288896_n_convert_20231120165918.jpg

 正真正銘の固定ギアなので、これを日常使いにするだけでもペダリングの向上が見込めるでしょうね。固定ギアには慣れが必要ですが、乗らないと慣れないので、ペダリングをうまくできるようにしたいと思っている方はすぐにでも、固定ギアを乗り回すといいと思います。

 何もガチモンのピスト車体を購入しなくても、この手の実用自転車改造で固定ギアは出来ますので。

 これでペダリングがうまくなって、足を止められないから運動量が増えて、体ま温まって、実用自転車の見た目なので、盗難されにくくなり、万が一出来心盗難が起きても、固定ギアのへんてこな回転に慣れていない賊は、なんじゃこりゃ!と捨てて逃げるでしょうね。

 ハイ!いいこと尽くめでしょ?!ペダリングがうまくなって、運動量が増えて、盗難されにくい!!!最高じゃないですか!

 ということで、円が安くなり、可処分所得がグングン落ちていく中でも、できること探して、遊びましょう!遊びながらうまく・強く・美しくなりましょう!

 以上はたら君のメンテ情報でした!

緑系なんだが若葉?松葉?千歳緑?苔色?



 緑に細かい方から再塗装を依頼されまして、改めて、いろんな色見本などを見て、色の成り立ちなどを考えたこの一週間でありました。

 店主は赤紫系にはうるさいかも知れません、あと藍色とか、濃いめの緑なんかも不得意ではないはずだったんですが、今回は依頼者に相当食い込んで聴取しましたね。

 黄色と黒が副要になるようでしたね。苔色なんかを見ながら、調色しましたわ。実際は黒よりも赤のほうが重要でしたね。反対色というやつ。

 404178658_6918145601597882_5525431379830327683_n_convert_20231118211935.jpg

 実用車なんですが、ちょっと変ったフレームですね。と、思いきや、実際にある実用系自転車のフレームって、実は相当種類がある、といっていいんですね。細かく見るとその際は星の数ほどあるといってもいいかも知れませんね。

 402616015_6918145251597917_2910982146420228550_n_convert_20231118211823.jpg

 この車体はフォークを交換しています。しかも700Cのフォークに交換ね。これで車体のバランスが取れたんですよ。

 ただホイールが20インチなのでブレーキの位置が問題となります、ディスクにするわけにも行かないので、

404153648_6918145394931236_3041414157232444445_n_convert_20231118211926.jpg

 板ブレーキにて、位置を下げました。板も同色に塗装していると、一体感ありますね。

402631781_6918145334931242_7668999258178953509_n_convert_20231118211907.jpg

 ハンドルもごくごく一般的な形状のものに、ちょっと狭い傾向かな?

 402937645_6918145644931211_3527070894278955817_n_convert_20231118211916.jpg

 クランクも乗りての体格に合わせて150ミリの短いものに。あまり長距離乗らないようなので、まずはこの辺から試してもらうことですね。

 402619691_6918145721597870_6016375163087187231_n_convert_20231118211832.jpg

 6速のボスフリーがついていますので、西荻当たりを走るのならこれで十分でしょうね。

 402628448_6918145891597853_4805251308717554506_n_convert_20231118211840.jpg

 親指と人差し指でできるピアノタッチ式シフターにしました、操作も簡単だし。

 402629171_6918145484931227_5994370235975521394_n_convert_20231118211850.jpg

 あとカゴはどうするか?泥除けは?サドルはこれでいい?など細かい点の変更は後ほどあるだろうが、まずはこれで慣れてもらうことですね。あまりこうしたものに対応力が敏捷ではないということらしいので、まずは慣れを!慣れてからゆっくり次の手を考えていきましょう。

 誕生日プレゼントに、奥様に自転車を送るなんて・・・、そんな方々が増えてくれると、実用車でももっとワクワクする展開になるだろうと思うんだけどなあ・・・。

ホイールの入院 歪み?



 結構自分でいじるのが好きな方ということだった。あとは・・・ホイール組さえできれば、自転車一台組めるということだったが。

 このホイールが持ち込まれた。かなり色々やろうとした痕跡はあったが、締めすぎ?調整不足?か何かわからないが回転がダメになり、かつフリーが陥没してしまった・・・ということで、持ち込まれた。

 でもこんなことで萎縮しないようにね、いじって失敗して学んでいくんだから・・・な。

 ただ、この色々といじった後というのが曲者だ。まさに癖が残っているわけで、それを解くのが大変な場合が多い。

402607546_6914326885313087_1364054543799087303_n_convert_20231117192916.jpg

 ハブは例の何です、そう云う意味では比較的いじりやすいですね。

402620357_6914326861979756_7644608559611979334_n_convert_20231117192945.jpg

 ノバテックですね。散々いじってきたTNIのハブも、多分ここ産でしょうな。シマノのフリーをカンパのそれに交換しできたり、今ではスルーアクスル用に作って、それをアダプターでフリー用に流用できるようにしているなど、コンポメーカーではない中で、かなりいじりやすく作ってくれているという印象があるメーカーだ。

 両サイドは六角レンチで外せるんだが・・・。

 401430465_6914326911979751_3268114878472369984_n_convert_20231117192835.jpg

 性格には外せるはずなんだが、こいつらは硬かった・・・。これ以上力かけたら破損するんじゃないか?というくらい力をかけて、ようやく外れるという展開。

 相当バカ力で締め込んだようだな。

402612594_6914326461979796_6695940207687477543_n_convert_20231117192935.jpg

 そして、中の大ベアリングなんだがこれがまた外れない・・・。通常なら、スポンと外れて然るべきものなんだが、これが外れない。

 もしかして、ベアリングを受けるワンに変形が生じているのかもしれない・・・な。

 402607852_6914326511979791_675485941956080350_n_convert_20231117192926.jpg

 ようやく外れたベアリング。シャフトを抜くと、ハブは全てバラバラになったということです。

402598532_6914326571979785_1243141562139145455_n_convert_20231117192842.jpg

 これ大ベアリングと小ベアリングの二種類が見えますが、小ベアリングに回転状の障害は全くありませんでした。大ベアリングも使えないことはなかったですが、ちょっとゴリがあったかな?ということで、ここで交換することに。

 402605578_6914326718646437_2978419123432306382_n_convert_20231117192909.jpg

 こうやってワンの真上に、新しいベアリングを置いて、それを圧入していくんですが・・・。それがまた入らない・・・。確かに外すのも一悶着かかったんだが、圧入のほうがその数倍大変だったわ。

 通常なら、スッと置いて、パスン!と入るのが大半なんだが、これが入らない・・・。

401294545_6914326678646441_7603434136014975268_n_convert_20231117192819.jpg


 もちろん時間をかけて圧入できたんだが、途中でハブのボディーが割れないか?と心配になったよ。

402626299_6914325951979847_6527917468798302667_n_convert_20231117192954.jpg

 必要箇所にグリスを充填して、シャフトを通して、組み付けていきます。

402601773_6914326398646469_4618073248784632657_n_convert_20231117192851.jpg

 フリーの陥没問題など、ワッシャーその他のパーツ不足等も心配だったが、どうもそれはないようだった。多分、左右の過度な締めすぎによる適正位置からのズレのようなものが原因なのではないか?と思われますな。

 取りあえず、回転戻りつつ、ベアリング交換等が出来ました・・・よ。

自転車を変えたい・・・ よりスピーディーに???!!!



 ブルーノの車体のイメージはどちらかというとシックで、洒落たツーリング車というものなんだが、その車体が持ち込まれました。

 402607684_6910838532328589_1549651990506259482_n_convert_20231116222428.jpg

 こんなギロチン系のカンチブレーキなどつけてまして、やはりシックなツーリング車というイメージにぴったりなんだが。

 で、持ってこられた方は、これに革サドル、革のバーテープなんて巻いて・・・と来るかと思いきや、口からでたのがその真逆で驚いた。

 これ・・・もっとスピーディーにできませんでしょうか?レーサーとまでは言わなくとも、より速く快走できるようになりませんか?というご要望だったんですねえ・・・。

 さて・・・どうしましょうか?

 車体をこのままにより高速スピードというと、はやりホイール交換でしょうか?でも、この車体にカーボンホイールなんて履かせますか?ムムムだよね。

 全体の軽量化・・・だとすると、やはりホイール周りの軽量は多少は効果あるかしら?

000 401225118_6910838378995271_4239637282675985729_n_convert_20231116222827

 例えば、タイヤをパナレーサーのアジリストライトにして、チューブも最軽量のものにする、というのもありかも・・・ね。

 あとは、直接スピードアップというよりも、スピード対応ということでは、Wレバーだと高速でハンドルから手を話すのはリスクありなので、手元変速にしましょうかね。

 ということで、
401822624_6910935722318870_277442503031016986_n_convert_20231116222403.jpg

 この機能はスラムとほとんど変わらない、センサー9速の手元シフターブレーキに交換しました。このシフターそのものは悪くはないが、何かそれに連動する純正であるはずのディレーラー系にちょいと問題があるような・・・。

 店主の台湾一周号で、なんともシフト調整がうまく行かず、ヤケのヤンぱちで、ディレーラーをシマノものに交換したら、すんなり良くなった・・・ということがあったんで。

402605422_6910838082328634_5360050172694905501_n_convert_20231116222420.jpg

 見ての通り、

401210305_6910838635661912_72093631472921729_n_convert_20231116222328.jpg

 シマノのクラリスのフロントメカそのものをイヤミのように残して、流用しますが、全く問題なし。

 401203868_6910838408995268_4110836060774011554_n_convert_20231116222320.jpg

 リアも元もあったクラリスのリアメカそのまんま。こいつは8速仕様なんだが、手元が9速なんでそれに強引に合わせて引けるか?
 
402612732_6910837872328655_6023096644219322863_n_convert_20231116222444.jpg

 スプロケも9速に変えたんだが、これも拍子抜けするほど全く問題なくシフトしやんの・・・。ということで、手元変速に交換したことでドミノが置きたのが、このスプロケと、

402620441_6910838132328629_3720942504623517907_n_convert_20231116222511.jpg

 チェーンだけね。あとは流用で決まった。スピードが出ればあのギロチンカンチも、いずれはショートVブレーキに交換だろうが、それはスピードが出るようになってから・・・ということね。

 つまりは、エンジンである体を鍛えたほうがいい・・・ということか?と思いきや、もう一点、交換すると大変な効果を発揮するところがあった・・・。それは

401363466_6910837935661982_6906584147830561867_n_convert_20231116222355.jpg

 ペダルね。これはスリッパ的なトークリップだがこいつをビンディングペダルに交換すること。もちろん靴もそれ専用のものにすることね。

 これすると、持っている力をダイレクトに車体に伝えられるので、この効果は絶大でありますね。これやったことない人は外れなかったらどうしよう・・・と恐怖心のほうが先に立つようだが、一旦この味が分かると、「なんでもっと速くこれを薦めてくれなかったんですか!?」と後から怒られる事暫しなんだな。

 そのくらい、衝撃的な変化を与えてくれるのよ、まだビンディング未経験の人は是非、試してみてね。

 自転車との距離がグンと縮まります!なんせ、人車一体になるんですよ、文字通りにね。

 402598227_6910838662328576_5273419676170249631_n_convert_20231116222412.jpg

 後サドル周りの軽量も、ダンシングなんかの時にダイレクトに分かる変化かも知れないが、そのへんは宿題だな。

 402619934_6910837842328658_1981166139804070775_n_convert_20231116222503.jpg

 まずは納車の時に、ビンディングペダルとシューズを持ち込んで、セッティングしてそれに慣れて乗ってもらおう。

 それだけでも衝撃的な変化に驚くだろうからね。

 あとは、タイヤチューブの軽量、サドル周りの軽量なんかもそれなりかも知れないが、それはまた追々でいいのではないかな?

 この車体と体力とのデットヒートがまたいいんだ、この車体のスペックを体力が抜いた時、楽しみにとっておく・・・それもまた良しだろうな。

あの舐めんじゃねーよ!号再生の巻



 FUJIの自転車は一時は代理店かよ!というくらい扱っていましたが、ここ10年くらいかな?パッタリと切れてしまいましたね。

 理由は・・・。まあ、いいもの作りは相変わらずやっていると思うんですがね、だいたいもう完成車がポンポン出て行く時代じゃない、と勝手に当店は解釈して、別路線を取っているというとかっこいいかな?なんてな。

 402597589_6906774172735025_5491115765897770538_n_convert_20231115223220.jpg

 FUJIトラという名前で富士から出ていたシングルが、いつの間にやらフェザーという名前になって、夜に出るようになった。
 FUJIトラはだいぶ扱ったが、フェザーになってからは数えるほどしか扱っていなかったようにも思う。流れが変ったからだろうな、世はシングルからロードに移るところで、ちょうどその過渡期にストラトスというある種中間の名車が登場し、これを当店が担当?したような流れだったと思う。

 FUJIトラックはピストブームを下支えした車体で、この車体があってこそ、当店が上昇気流に乗れたかな?と今になって思うんだがね。

 ピストブームのあと、シングル車体が選択肢として残ったのはかのブームの功績だったと思う、だから数は多少減っても、フェザーは大分売れたんじゃないか?と思う、街で見かけるからね・・・。

 ということでやってきたんだが、あれ?こいつ・・・。

399866214_6876822885730154_4295672153981935501_n_convert_20231107211856.jpg

 そう、先日舐めんじゃねーよ!ってなもんでクランク外しにちょいと苦労した車体だったんですねえ。

 399805860_6876824229063353_3481167471386955659_n_convert_20231107211755.jpg

 新たなネジ山切って、一回りでかいコッタレス抜きで外したということだったんだが。そいつのBBシャフトが長いんじゃないのか?ということで交換することになった。

402606403_6906773419401767_4004040192967903407_n_convert_20231115223243.jpg

 こちらのクランクは元々付いていたものを戻したもの、スギノですね。そして、左クランクは?

402597190_6906773572735085_6418208315739145631_n_convert_20231115223211.jpg

 ありもののシマノものを取り付ける。そして件のBBシャフトなんだが短いものを選んだよ、なんと・・・最短の103ミリものね。完全にQファクターが変わるね、多分いい意味でだろうがね。

 402605719_6906775136068262_8797216069397325005_n_convert_20231115223236.jpg

 これは通勤用なのか、シングルフリーの仕様になっているね。

401458719_6906773609401748_3205822283408400971_n_convert_20231115223203.jpg

 フェザーは700Cの23ミリくらいの車体として売り出されたと思うが、今様のだいぶ太いタイヤを履いているようだ。

 402610605_6906774539401655_6204380922649598770_n_convert_20231115223300.jpg

 そうそう、ヘッドパーツも交換したね。もともと山岳サイクリングの方なので、大分広いフラットハンドルを取り付けている。これがスタイル・・・なのかな?

 大体、変わった自転車を乗りこなすね、乗り方も乗っていく方向も実に独自な世界を持っているようですね。

402598027_6906773692735073_3501879020232270303_n_convert_20231115223227.jpg

 前後のタイヤが太くなるだけで、別の車種のようでありますね。街道ピストから・・・なんていうのかな?今風シングルバイク・・・とでもいいましょうかね?


リアサスを交換するんだが・・・ポン付けとは真逆だったという話



 このリアサスを外して、新しいものに交換してほしいというお題が出た。マウンテン系にはほぼ興味のない店主としては得意とはいい難いないようなんだが、やること自体には意味はある。

 やりながらの勉強なのだ。

 402597138_6902813976464378_7353317372434942988_n_convert_20231114221518.jpg

 交換するためにはまず元々付いているものを外さないといけないんだが、それが大変なのであった。上の方は外れたんだが、下のほうが外れない、これがどう外していいのかわからない。

 401856218_6902814343131008_8480186386236810930_n_convert_20231114221433.jpg

 フレームに横棒が貫通しているんだが・・・。それを支えていた両サイドのナットは外れた。シメタ!と思ったのもつかの間、そこからがどうも先に進まない。横棒=シャフトが抜けない、どうしても抜けない。ここが抜けないと旧サスペンションが外せないので、交換が出来ないわけだ。

 さて、どうしたもんか?

402597711_6902814056464370_3823763463326556133_n_convert_20231114221533.jpg

 すでに新しいサスペンションは来ているんだが、元が外せなければ、こいつの出番はないんだよね。

 402598006_6902814213131021_1379963523394889377_n_convert_20231114221541.jpg

 まずこの外せない土台そのものを自転車から外して、観察することから始めようかね。

 車体から外すこと自体は全く難しくないんだが、問題はここからだ。一部を固定して、もう一部を回してみようにも全く動かない。露出部分に当て金をしてプラハンでかなり強めに叩いてもびくともしない・・・。素材の違いからするとこれは絶対に外れるはずなんだが、どうしたものか?

 402598705_6902832779795831_1305314295346645055_n_convert_20231114221613.jpg

 そんなこんなしているうちに、何とか外せることに。結果的には圧入されていたということだ。ヤレヤレ。

 そうしたシャフトから旧サスペンションを外して、新しいのを装着して、元に戻せばいいんだろう!ということなんだが、そうは問屋は卸してくれなかった・・・。

 402598424_6902833173129125_2992160432079783392_n_convert_20231114221604.jpg

 みにくいが、外せたシャフトの径と新しいサスペンションの通し穴の系がピッタリ来ないときた。ここを軸に斜体がもまれるところなのに、ピッタリしていないと、シャフトとサスペンション双方に損傷が発生するだろう。なので、何らかのシムが必要になる。

 合わないところはここだけ(下部)ではなかった、上部も隙間が生じていたんだな。

402605491_6902833233129119_9015873154445431466_n_convert_20231114221630.jpg

 元に付いていたこの金具が、新しいサスには緩すぎるという・・・、二重のシム問題が発生した。なんでこんなに規格が統一されていないんだ?と思はず嘆きたいんだが・・・、なんか理由があるのかね?

 402620219_6902832936462482_3962738006816077813_n_convert_20231114221657.jpg

 実は元のサスにはこのような金属シムが付いているんだが、これがまた外せない。無理やり外すと変形してしまい使えなくなってしまうので、別のシムを仕込まないといけなくなる。

 402595833_6902832979795811_4455229891825224070_n_convert_20231114221509.jpg

 この人差し指と中指の間にあるプラをシム代わりに加工するしかないね。

 393172758_6902833316462444_8327067931709162358_n_convert_20231114221416.jpg

 外径を整えてサスに入れたら、今度は丸ヤスリで内径を整える、この地道な作業を上下二箇所で続ける。削ってはあてがって、余分をまた削る、これを何度も繰り返す。シムを削りすぎると台無しなので、少し残し目に削って、押し込むようにしながら調整していく。

 402598165_6902833073129135_4827581731961773034_n_convert_20231114221557.jpg

 これでいいかな?ということで通してみましょうかね。

 402606463_6902833373129105_2304425685685492422_n_convert_20231114221648.jpg

 こうやってシムが完成すると、新しいサスペンションがシャフトを横滑りで入っていきます。ようやっと・・・。

 402597363_6902833463129096_3585471103589700890_n_convert_20231114221526.jpg

 手で削ったプラ系のシムが完成。ここに6ミリ用の金属シムを入れていきます。

402600801_6902832846462491_7103505216825400698_n_convert_20231114221622.jpg

 キツめに作って、万力で圧入して、ほぼ完成・・・ようやっと・・・。

 402606463_6902833036462472_5520815697846902330_n_convert_20231114221638.jpg

 たかがこれだけなんだが、スゲー達成感!!!マウンテンの専門店だったら、各種シムを用意しているだろうから、こんなことはチョチョイのチョイなのかも知れないがね。

 で、こいつを自転車に戻してやればいいんだが・・・、ここからがまたひと悶着だったのだ・・・。

 まあ、その話はいずれまた・・・だな。

ご近所さんの宝 木村画伯の個展に行ってきました!



 先日お知らせいたしました、当店近所のお宝画伯の個展に行ってきました。大変興味深い展示とその内容に、あと2日しかない中で、是非可能な方には足を運んでもらいたい!と思い再度執筆するに至りました!

401503549_6898575943554848_8320537381651328453_n_convert_20231113214831.jpg

 当店から自転車で三分以内で到着しますギャラリーツカサさん、そこで個展が行われているんですが、今回はなんと幸運なことに、木村画伯の仕事の一片に立ち会うことになりました。

401581566_6898577136888062_6164629388552527482_n_convert_20231113214858.jpg

 展示している画を額から取り出して、どうも描いた画の下と上での意識のズレに違和感があるので、今から描き直したいと思いますので・・・と、入るなりいきなりそう言い始めたんですね。

 一枚の画の中に迷いというのか、統一されていないところが気に入らなかったようで、それを直したいということ。

 その直しにはどうもふた通りがあるんだが、どちらにしようか悩んでいる・・・と。

 しばし絵に向かって考えておられましたが、パチンと手を打って、降りてきましたんで、これから描きます!と筆を取ってはじまりました!

401511507_6898575603554882_7307487020754250560_n_convert_20231113214840.jpg

 五六名ほどいた画廊全体がシーンと水を打ったように静まると、画伯の走らせる筆の音だけが響きます。画家が絵を描く現場を見たのははじめてですが、何に驚いたかというと、筆の音であります。

 サササ・・・というようなもんじゃない、ザザザーッとか、ゴシゴシといった、思った以上の雑音に近い作業音とでも言ったほうがいいのかな?それが画廊に響くんです。

 画伯がカンバスに圧力をかけている、かなりの圧をかけているようにも見えました。

 それを支えるのが、

401317029_6898575646888211_3860257694312438640_n_convert_20231113214755.jpg

 この三脚。単なる足三本の華奢なものではない、その圧力を踏ん張るように支える三脚がこれでありました、流石にプロの使う道具は違います。

 401523120_6898577043554738_2978087798681721861_n_convert_20231113214849.jpg

 描いている最中、画伯は不思議な行動に何度かでます。これなんですが、何度か描いている画をひっくり返してみているんですね。上下を反対に・・・。

 完成?に近づくと今度は上下だけではなくて、左右に倒して画を点検しているんです。バランスでもみているんですか?というと、そうです、とは言われるが、それ以上の説明はされません。

 もし何かあれば、必ず言葉にしてくれる画伯でありますが、それ以上語らないということは、こちらの指摘が見当違いで直すのも大変だったからだと思います。それとは異なる、曰く伝えがたい画伯の視点が何かにこだわっているんだと思います。

 402615640_6898576610221448_4619967470967283231_n_convert_20231113214930.jpg

 途中何度か額に戻して、見直してはまた戻して、描き始めることもありましたね。

401434682_6898576083554834_7835739826418964966_n_convert_20231113214822.jpg

 40分ほどほぼ無言の仕事が続きましたが、まあ・・・この辺で手を打つか?というところに来たようですね。

 朝焼けに、残った月が朧に浮かんでいる、という絵として落ち着いたようです。

 店主も含めた観客、静かな拍手とともに講話に・・・。

401371595_6898577270221382_3586677124278986558_n_convert_20231113214813.jpg

 といっても、画の解説なんかではありません。描き終えた画をみて、ここがいいねえ・・・と自分の描いた絵に驚いておられるようでした・・・ということは?

 描き手でありながら画の力に引っ張られたでありましょう、画に呼ばれたんでありましょう。画伯が絵を描いたのではなく、画が画伯を導いたのだ・・・と、いう語り口でした。

 大分お疲れのようでした。集中していましたからね。

402605605_6898576930221416_5587955122264331435_n_convert_20231113214913.jpg

 描き終えたばかりの道具たちです。

402607415_6898576216888154_7730793565107176006_n_convert_20231113214922.jpg

 この筆があのゴシゴシという無骨な音を出していた道具であります。

402600814_6898576016888174_6892132108547108176_n_convert_20231113214905.jpg

 月の最後の輝きを出すのに、白をお使いになりましたが、そこにはチタンと書かれていたんです、金属が混入されていた白で、その白でないとダメなんだそうですよ。

401344835_6898577226888053_4428133015042053061_n_convert_20231113214805.jpg

 固まる前に洗わないと、ということで洗浄用の油の中につけて、落としながら、こんなに筆使ったんだ・・・と独り言を仰る画伯。

 本当集中していたんだなあ、と感じる次第。

 今回を通じて実感したこと。全ての作品は未完である、ということ。そして数ある作品とされているものは全て仮の終止とされているに過ぎない、ということでありました。

 作家自身が未完であり続けるので、そのつどつどの作品も暫定的な「完成」にすぎないのではないか?常に未完の可能性を含んでいるのではないか?ということです。

 火曜と、水曜あと2日ありますので、お時間のある方は、できればお時間を作って足をお運びください!是非に!

399866251_6880803621998747_367312399866630737_n_convert_20231108230146.jpg

通勤に遊びにヨシの GT かな?



 GTというと、ロードレーサーも作らているんですよね。ツールのようなデカイレースでも何度か見たことがあるが、最近はどうなんだろうな?

 で、このGTというと特徴がこれなのだ!

401446927_6898567193555723_5614839266507733106_n_convert_20231113194429.jpg

 シートステーブリッジが通常のシートチューブで止まらず、そのやや下を通過してトップチューブに結ばれるという特徴を持っている。これも多分剛性を追求してのことなのかも知れないが・・・。確かに後三角は小さくなる分、剛性は上がるだろう。

 そしてその溶接シロも、通常のシートチューブ二点から、シートチューブとトップチューブの四点になることで、またさらに剛性が上がると、計算されたのかも知れない、実際はどうか知らんがね。

 そこで、この小さい三角と、

401451892_6898566770222432_1508701060705202040_n_convert_20231113194438.jpg

 後三角と前三角(厳密には三角に近い四角形だが)の三つでもって、トリプルトライアングルと言われているようだね。ここを特徴とするのがGTなのであります。

 まあ、本車体はそこまで剛性を意識しなくてもいい、むしろそのデザイン性で引っ張っていってもらったらね、これを見てかっこいい!と思ってもらえればそれでいいんだが。

 故あって、引き取ることに・・・。できるだけシンプルにして、通勤や通学、時に遊びにも使えるようにと、再生してみたんだが。

 401382226_6898567326889043_2258601975095697875_n_convert_20231113194411.jpg

 複雑といえば、このサス付きのフロントフォークぐらいかな?まあ、街道用としては、敢えてつける意味はかんじませんが、次の乗り手がリジット系のフォークにしたいというであれば、交換してもいいかも知れませんね。

401522284_6898566836889092_2582482515046257958_n_convert_20231113194446.jpg

 前は今主流の一枚に。もう三枚なんていうのは消え行く運命でしょうな。あれだけスプロケがでかくなってきたら、もうその必要はなくなる、審美の問題は別に置いてだが。

 そういう意味で前三枚もお持ちの方はちょっと大事にしたほうがいいかも知れません。いずれ小さい波であっても、昨今のデカ過ぎるスプロケに嫌気を刺す傾向が来ないとも限りませんからな。

402607715_6898566903555752_6924762113768462049_n_convert_20231113194521.jpg

 これ8枚で十分でしょう、最大32Hがついていますから。

401195267_6898567136889062_6367965431321165994_n_convert_20231113194400.jpg

 制動はディスク、ワイヤー式ですね。これをオイル式に変えるという余地はあります。今のところこれで十分効きますが、あのオイルのヒョコヒョコ引けるレバーの感じは決して悪くないのでね。

402594316_6898567000222409_9029641383426985114_n_convert_20231113194513.jpg

 まあ、雨の通勤などは怖くはないね。

402591708_6898566853555757_4761404930009109556_n_convert_20231113194455.jpg

 まあ、最初はフラットで行きましょうね・・・。これをドロップに変えたりして、今風ランドナーというのもいいかも知れませんし、前後にキャリアつけて、日本一周もできるよね、この車体なら。

 こう見ると、結構ポテンシャルある車体だということもいえるのだ!

401437483_6898567080222401_172336398588268384_n_convert_20231113194421.jpg

 というわけで、この状態というのはまだ爪を隠しているともいえる。タイヤ・ホイール、一部コンポなんかを変えるとかなりドッタンバッタンのマウンテンにも化けるだろうしね。

 通勤・通学から、荒い遊びから静かなツーリングまで、何でもこなす可能性のある車体だ!サア!どうする!?

11月12日!砂川まつりに出店します!

401148428_6892215230857586_749900211605290912_n_convert_20231111234223.jpg

 この日曜日は、この砂川秋まつりに参加しますので、御用とお急ぎでない方は、是非おいでください!



 こんな感じで、現地で物売りしています。自転車じゃないよ。

401175648_6892130720866037_5436028626266990315_n_convert_20231111234234.jpg

 これです、当店の別名物の麻婆豆腐であります。これを現地で火入れして熱々で出しますよ!

257845940_4601289339950198_654382106866627789_n_convert_20211115121824.jpg

 あのテキ屋さんのような方々は一切いない、かなり手作り感の強いイベントです。ゆるい感じがまたいいんです。

401354208_6892214944190948_5869691351972272498_n_convert_20231111234245.jpg

 場所はこちらです。自転車で来るにはもってこいの場所だよね!

 あと・・・

401457572_6892215490857560_6562477649800385333_n_convert_20231111234256.jpg

 これフェイスブックやっている人には便利なQRコードですね。

 天気は曇りで、ちょいと肌寒いかも知れませんが、温かいものと、面白い出し物、素人くさい出店などでお迎えいたしますので、是非おいでください!

あの死んじゃうオジサンの前足を変える!



 いい若草色だね、当店の再塗装であります、懐かしい色だったので、楽しみながら調色したことを憶えています。

 これ、フレーム見ると、中央にジョイントがある・・・、総折りたたみレーサーというかツーリング車なのであります。

 この持ち主は・・・、当ブログの陰の有名人である、「自転車作っていないと死んじゃうオジサン」の所蔵車体なんであります。

 この車体の折りたたみ機構をしっかり使って旅のお供にでもするんじゃないのかな?

 401280226_6891950834217359_971751924157421476_n_convert_20231111221024.jpg

 折りたたんでハンドル抜くんじゃないのかな?その際にも工具を必要としないように、自分で工夫していたね。この機構は店主の台湾一周号にも使わせてもらった。

 また面白いのが・・・

401177072_6891950964217346_9202652675753719059_n_convert_20231111221014.jpg

 この後輪なんだが、一体何が面白いのか?というとだね、

401130530_6891950654217377_9002656762046105567_n_convert_20231111220934.jpg

 これ!このハブなのよ。こいつは勝手にギアチェンジってなもんで、走り出して、一定以上のスピードを感知すると、勝手にギアが重くなってくれるという内部機構を持つ変なハブなのであります。

 これって・・・、ゼロ発信する千メートルタイムトライアルなんかで使うと、時計は伸びるだろうね。ゼロで出るのであまり重いギアにすると、スピードに乗るまで時間がかかる。一定スピードに乗ると、もっと重いギアが欲しくなるが、固定ギアはそれが出来ないので高回転で我慢しないといけない・・・。

 これだったら、ゼロの時は軽めに出て、スピードに応じて徐々にギア比が上がってくれたら、それは足を大分アシストしてくれるだろうね。

 かつて、二段ギアというのはあったと聞くが。

 で、このホイールに合うフロントホイールを組んでくれ!というのが死んじゃうオジサンの依頼なのであった。

401113968_6891950567550719_3592605673002681087_n_convert_20231111220925.jpg

 なので、こいつで組んでみたのだ。

401092476_6891950997550676_6237680676988904030_n_convert_20231111220857.jpg

 このリムはキンリンの定番だね。リム単体が亡くなってくる中で、カラフル色はなくなっていったが、黒のこいつは残った。32Hはもちろんのこと、28H、そしてなんと36Hも残ってくれたようだった。まずは良かった・・・。

 銀リム・・・ほしいところなんだがなあ、すでに贅沢な要望ということになりそうである。かつて自転車は銀輪って別名あったんだぜ!

401088556_6891951117550664_5036870778730756749_n_convert_20231111220848.jpg

 そして、面白くもおかしくもないが、シマノのハブを使う。これはシルバーだ・・・。シマノもハブ単体をどこまで真面目に作り続けてくれるか?ということが手組屋の当店としては命綱ともいえるんだが。地味だが、ほそぼそでもいいので、作り続けてほしいもんだよ。たのんだぜ!

401100650_6891950810884028_7585825527495348352_n_convert_20231111220905.jpg

 前ギア二枚と思いきや、アウターのチェーンリンクの歯を削ってバッシュガードにしている、死んじゃうオジサンらしい。

 401133253_6891950704217372_8370605073105678935_n_convert_20231111220944.jpg

 基本、ドロップハンドルな死んじゃうオジサンなのであった。

 401088203_6891951050884004_7109347554244264523_n_convert_20231111220838.jpg

 うん、同時に組んだように見えるくらい前後のホイールが整っていますね。

 これを折りたたんで、また電車に持ち込んで、旅だの地方巡業の仕事などに行くんだろうなあ・・・。奥さんにどやされては、いろんなもの放出しては、それでも次の一台を考えてしまう・・・。そう、それしないと死んじゃうんだから、仕方ないよね、とことんお付き合いしますよ!

足回りが安定の謎ピスト!



 灰色のピストが一台あります。

 出処のわからないフレームであります、クロモリであることはわかりますが。

 401100659_6884510448294731_220238317099072383_n_convert_20231109232634.jpg

 このクロモリフレームに対して、ちょいと剛性ありそうなカーボンフォークが選択されている。この組み合わせは嫌いではありませんが。

 401088581_6884510764961366_3394008985516880398_n_convert_20231109232555.jpg

 ステムはアヘッドだが、これもかなりポジションにこだわっているように見えますね。

400796249_6884510484961394_3342834501096807847_n_convert_20231109232547.jpg

 ロード系のドロップハンドルがついていますので、街道ピストとして最初から組まれたものでしょうな。

 401153107_6884510714961371_3859465023698159889_n_convert_20231109232650.jpg

 それを証明するように、ど真ん中のロードブレーキがついています。台座もいらないので、完全ロード仕様に取り付けられている。

399866645_6884510868294689_6815653995751677916_n_convert_20231109232527.jpg

 チェーンリンクは作りから見てかなりガチもんだが、このクランク自体は出処不明だね。

 401105511_6884510208294755_4533746028651664735_n_convert_20231109232642.jpg

 このサドルもセライタもんだね。しかしこの枠のデカさは便座ものだな。

399958781_6884510631628046_7338062211243402779_n_convert_20231109232536.jpg

 トップチューブに謎の革ものがくくりつけてあった。これハンドルが直撃した時のカバーということなんだろうな、少しすかしているが・・・。

401089785_6884511028294673_7918308836418193464_n_convert_20231109232604.jpg

 と分かるところと謎とが織り交ざっている車体なんだが、何がすごいってこいつの凄さは足回りなのだ。このホイールね。こいつは・・・

401286879_6884510341628075_6449272068035384970_n_convert_20231109232658.jpg

 77系のデュラエースのハブだと思うが、もう25年以上前のものなんだが、作りがいいねえ。当然回転もいい。ハブの回転の良さというのは、単なる回転の良さではない、ある種の粘りのようなものが必要だと思われるんだが、それが実現かつ維持されている。

 401095178_6884509748294801_53030665464814199_n_convert_20231109232613.jpg

 リアホイールもなかなかのものだ。

399850640_6884510581628051_3598560544037570938_n_convert_20231109232517.jpg

 これカーボン素材というよリも、カーボン地のフィルムが貼られているようだね。あとハブはスモールフランジものなんだが、多分ノバテックものだろうと思う。そこそこ大分使えるものだ。

 それが前後ホイールとして、この車体を支えている。

401097655_6884510141628095_6506808384273950136_n_convert_20231109232624.jpg

 乗ってみると、ホイール主導で真っ直ぐに安定してスーッと滑らかに走る、その推進感は見事なものだ。

 本当風を切って、スーッと走る。回転もいいし、全てが安定している、フレームを忘れるくらいに・・・。

 車体によっては、フレーム主導ものもある。スゲー!と思えるフレームがいくつかある。乗り味というときには、こちらの影響のことかと思うが、ホイール主導車体とはホイールにばかり気がとられてしまうもの、ホイールの主張がうるさいほど強いものなんかもあるね、レース用完組ホイールなんて、モロだ。

 もちろんその走りの裏には、フレームの影響はあるはずだ、それが邪魔をしていたら、そうした快走感はないだろうがそれが感じられないくらいホイールの走りに気が取られる。

 そしてもちろん、その両者ともにダメなものも、その両者が競うようにアピールしてくるものも、その両者のバランスが取れて一体になっているようなものもあるんだが・・・、そういう車体はラッキーだろうなあ。

 この車体の乗り心地というのは、実に難しい感覚かも知れないね。乗り手の成熟度や体調なんかにも影響するだろうから、話半分に聞いていたほうがいいだろう。

 しかし、こいつはホイールが走っている、それは分かる車体である!

ブレーキ交換!その2



 あの失敗ブレーキ交換であった、ロイヤルノートンなのであった。リベンジだ!!!

 できればカンチ系で効くブレーキをセッティングしてやりたかったんだが、色々やったが手持ちものでは無理だった。

 まだ競技カンチとかの可能性もなくはないが、あのいかにも競技系な外形だと別にカンチにこだわる必要もなくなるよなあ。

 ということで、別ブレーキ・・・、Vブレーキ・・・しかも引手がSTIなのでショートVブレーキを取り付けることに決定!

399868264_6884136411665468_1181694791580422363_n_convert_20231109211703.jpg

 ちょいとキャリアがあってわかりにくいが、ちゃんとシルバーのショートVがついている。もちろんポン付けでついたわけではないが、とにかく付いた。

 399846230_6884136741665435_7748314428996314972_n_convert_20231109211638.jpg

 まあ、シルバーだし、さして目立つものでも、目新しいものではないので、ランドナーにつけてもさして違和感はないだろうということ。

399869112_6884136331665476_5007789057618308004_n_convert_20231109211712.jpg

 前回特に効かなかったリアブレーキだったんだが、このショートVで解決・・・だろうな。

399836424_6884136531665456_568985014012622605_n_convert_20231109211629.jpg

 ブレーキレバーが、5700という・・・あまり出来のいいものではないと店主は思っているものなんで、そこの可動部への注油と、アウター・インナーへの潤滑などを気をつけてセッティングしたんだが。

 こうしたアウターワイヤーをチューブ内部に通す形式に、ものによってはワイヤーに負担をかける(抵抗が増える)ものがあるということも憶えておいていいかも知れない。

 できれば、アウターは最小で、インナーがむき出しのほうが抵抗が少なくて引きは軽くなる。またメンテの際にも非常に楽なのだ・・・。

 399847463_6884136818332094_4354304214815638352_n_convert_20231109211646.jpg

 このバーテープは布ものにセラックのようなニスを染み込ませたもののようだった。固く締まっていて、店主好み。加工も珍しいので、できればワイヤー交換の際、再度使用したいと、切れないように剥がして、ほぼ元のとおりに巻き直した。

 401291416_6884136498332126_5704027997932082797_n_convert_20231109211737.jpg

 部分的にちょいとズレたところもなくはないが、四回くらいかな?巻き直ししながら、ほぼ元に戻す。この布にセラックはいいなあ・・・。オフザフロントという気に入ったバーテープを失った店主としては、バーテープ難民なのである。

 まあ、薄手の本革バーテープはいいが・・・、この布にセラック、布にニス・・・というのも試してみたいもんだ。

 400936821_6884135501665559_3513234007384128904_n_convert_20231109211720.jpg

 ということで、引きにくい5700に、ショートVという組み合わせで、かなり細かいセッティングによって、結構使える、引ける、止まる、効くブレーキになったとは思うぞよ!

 逆に今までの引き癖が出てしまうと効きすぎてジャックナイフや、ヒヤッとすることもあるんじゃないか?と逆に心配になるくらいよく効くブレーキとなってしまったよ。

 これも効かないブレーキ車体が嫌いな店主の静かな情熱なのだ!まあ、今回はこのへんで許してやろう!

地元のお宝 木村画伯!またも当店近所で個展が始まる!



 木村画伯というと、最初はご自分の実用自転車を持ち込まれて、それをメンテしたところから、おつきあいが始まっています。

 彼の個展にお邪魔するのも何回目かな?これなんかは三年前にお邪魔した時の記事でありますね。

 今年上記の期間、上記の場所、当店の大変近くにある画廊ですね、そこでまた個展をやるようです!

399862958_6880804031998706_1168097128062650977_n_convert_20231108230137.jpg

 拡大するとこうなります。

 場所も拡大しておこうかな、

399826538_6880803761998733_949989622634699133_n_convert_20231108230059.jpg

 当店からの行き方はこの地図ではわかりませんが、自転車で3分、徒歩で10分以内のところですね。

 この方の画の真骨頂は、風景画かな?と思います。

 木村画伯の画には、額縁がいらない、そういう風景画なんですね、絵の具から発光している、光の作家ともいえるかな?

 399831780_6880803675332075_2287884260048983674_n_convert_20231108230126.jpg

 今までは内陸の風景画という印象がありましたが、今回は江ノ島にまで足を伸ばして、筆を奮っているようなので、新たな展開、新たな一面が伺えるかも知れませんね。

 399630474_6880803871998722_4317813460978702044_n_convert_20231108230049.jpg

 もう筆持つ異形とも言える風体。

000 DSC_3227_convert_20201021204507

 前回はこんな格好で登場しましたが、今回はどうなるかな?とても温かい人柄と、感傷的な感情をお持ちで、何時間でも話していたくなる方ですね、そしてこの方・・・、性別のない方、性別を感じない方、あえていうと男のおばさん・・・、永六輔・・・よりもそのような方であります。

 画を見に行きますが、木村画伯に会いに行く、これもここに足を運ぶ醍醐味ともいえるでしょう。

 お時間のある方・・・、いえ、お時間を作ってでも、ぜひ、足をお運びください!

舐めんじゃねーよ!とクランク外し!



 なんか舐めた・・・ということで、こいつをこじ開けてクランクを外す。

 399860017_6876823025730140_8543694332073071290_n_convert_20231107211847.jpg

 中心にドリルを打っていきます。それをでかくしていくという作戦。

399824133_6876823072396802_1745625396458420056_n_convert_20231107211821.jpg

 この手のフィキシングボルトの径は8ミリなので、これを続けると、理論的にはボルトの頭がとれるという寸法なんだが、まあこの手のボルトの材質が硬いので時間はかかります。

 399866214_6876822885730154_4295672153981935501_n_convert_20231107211856.jpg

 これを続けるわけだ・・・。

399814950_6876823465730096_4253797473082758881_n_convert_20231107211804.jpg

 頭が折れずに何とか外れる。そしてクランク内部の舐めを見ると、

399301522_6876822992396810_4732700086686846778_n_convert_20231107211740.jpg

 これではコッタレス抜きは入りませんでした。グズグズでね。なので、ネジ山切り直しだな。

399872316_6876823912396718_9008237679899198726_n_convert_20231107211905.jpg

 まず荒れた内部をさらいます。これで次のネジ山の道を作る、ダイスの土台を作るわけであります。

399805860_6876824229063353_3481167471386955659_n_convert_20231107211755.jpg

 これ結構力がいるんですが、曲がらずに真っ直ぐに回す・・・というのか、ブレないように気をつけて回すと、

399847094_6876824435729999_1032065364490185500_n_convert_20231107211830.jpg

 こうして新しい、一回り大きなネジ山が刻めます。これでは通常のコッタレス抜きは使えませんが、これ専用のコッタレスがあるんですね。

 そいつを使って、抜きますと・・・これが実に硬かった・・・、また舐めるんじゃないか?と思うほどに硬かったが・・・、

399847490_6876822942396815_2055386551068352971_n_convert_20231107211840.jpg

 外せました・・・。ホッ・・・。

 これから、BBを外して適切なシャフトのBBを入れて、チェーンラインを整えないと・・・ということになりますが、その辺はまたの機会に!

 しかし、疲れたぞ!

ブレーキ調整・・・また一からやり直しだわ・・・



 ロイヤルノートンなんていうと、ゴリゴリのランドナー派か?なんて思うかもしれませんが、イエ、この持ち主の方は実質を取る方のようでありますね。

399503000_6872697629476013_3414164725725287876_n_convert_20231106183418.jpg

 Wレバーを廃して、手元変速のSTIにしているなんてとこ見ると、ハンドルから手を離さないで変速ができることを優先したと考えられますね。

 399340024_6872697786142664_307989289186709459_n_convert_20231106183356.jpg

 手元変速に合わせて、パーツも今風であっても構わないようですな。

399285840_6872697342809375_7118120813638093068_n_convert_20231106183327.jpg

 クランクにはこだわっているようですね、ただコンパクトドライブなんてものは古いものではないので、レトロ風のものを選択したと言えそうです。

399873539_6872697596142683_6099151615809675731_n_convert_20231106183525.jpg

 サドルなんかも使い込んだブルックスなんていうのは、昨日今日の乗り手ではないということはわかりますね。

 で、今回こいつの問題としてあげられたのは、ブレーキなんであります。

 これに付いているカンチブレーキが効かない・・・、フルブレーキしても止まらない・・・という、かつてはよくあった殺人ブレーキ問題でありますな。

 確かにある種の古いカンチは効かない、とことん効かない、腹が立つほど効かないなんてことありましたね。今でも店主はクラシカルな車体は嫌いではないが、効かないブレーキは勘弁して欲しいと、心底思います。

399287925_6872698732809236_32835805510873317_n_convert_20231106183345.jpg

 こいつに付いていたカンチブレーキを何とかしよう・・・効かせようということで預かったんだが、前途は厳しいようだぞ!

 まず今でている、ギロチン系ではないカンチブレーキを取り付けてみる。

399832221_6872698852809224_6801335989426706114_n_convert_20231106183440.jpg

 テクトロのこういうやつね。ブレーキシューの形式が調整しやすいというすごいメリットはあるんだが・・・、この車体のブレーキ台座が狭いので、このままで取り付けは出来ません。

 あらゆることを試さないとね・・・。まずシューを交換しよう、長いものへ・・・、それだけ抵抗が増えるので、効きは増すだろうという狙いね。

399833232_6872698799475896_6809397714046338347_n_convert_20231106183449.jpg

 手前のシューがロング系で、Vブレーキ用のものね、カンチの1.2倍位ありますね。こいつを工夫して、取り付けて台座に座らせ、調整する、これを何度も繰り返す。

 取り付けるだけでも結構手間がかかるんだが、その効果が覿面にはでてきにくいんだよね・・・。その原因のひとつがこれ!

398790297_6872697456142697_7853493123732357455_n_convert_20231106183303.jpg

 これね、5700の105のSTIなんだが、これについて店主はブレーキレバーとしては失敗作だと思っている!これはこいつが出たときから、これは失敗作だと・・・。

 この店主に、セッティングにうるさいところがあるとすると、やはりブレーキの引きというのが非常に重要なんだが、この5700でしてやったり!と思ったことがない。そもそもこの形状で少なくとも店主にとって、理想的な引きは出来ないとほぼ断言していいね。

 なので、こいつはブレーキレバーに関しては失敗作といえると思うのだ。

 そいつが来てしまった・・・。できるところまでやるしかない。

 399420293_6872697436142699_7959552160816507920_n_convert_20231106183407.jpg

 フロントの取り付けについては、まあ・・・、これが限界かな?というところまでは追い込んだ・・・が。もちろん止まることは止る。でもまあ、店主自身なら使いたくないね、こんなフロントブレーキ・・・。

399852064_6872697539476022_1540171348829851480_n_convert_20231106183500.jpg

 形は悪くはないんだが、これはないわ・・・と。

 そしてそれに輪がかかったのが、

399650412_6872697396142703_1079825419052954716_n_convert_20231106183430.jpg

 リアのブレーキです。一見整然と付いていますね・・・、でもこいつが効かない、致命的に効かない・・・、こんなのない方がいいとすら言える。ブレーキレバーが動かない、動いても固くて、シューがリムを滑る・・・。

 なので、今回のこのテクトロのでブレーキ対策は完全に失敗なのであります!!!

398813082_6872697716142671_8045156578734074359_n_convert_20231106183318.jpg

 うーん・・・仕切り直しだ!時間はかかったが完全に失敗だ。まずはブレーキ本体を別物に交換する!

 それを何にするかは、今呼んでいるものから選ぶことに。そして、場合によってはVブレーキの部分的使用も辞さないことにする。あまりにも効かない場合ね。

 ということで、仕切り直しだ!

 もう少し待ってろよ!このロイヤルノートン!

本当好きなんだねえ・・・NJSに近い街道ピスト車体



 すでに結構マジ踏みできるピスト車体をお持ちなんだが、またフレームパーツ一式持ってこられましたな。

 今回はパナソニックの鉄ピスト。多分NJSもんだろうと思いますね。でもこの円柱にパナソの文字って、どうしても乾電池を思い出してしまうので、店主だけだろうか。

 パーツ類と言ってもピストのパーツ点数は少ないので大した量ではないが、ご自分の好きな、かなりこだわりのものを持ち寄ってきたようだ。

 396697283_6866081310137645_4290020279819442391_n_convert_20231106164148.jpg

 ピストパーツの頂点というと、やはりクランクだろうね。もうマジ競争用のデュラエースなんか持ってきている。これもまた珍しいのがスクエアテーパーもんのデュラエースだ。今はもうほぼオクタリンクものになっているはずなんだが。

 で、持ち込まれたBBが八田もの・・・。スギノ75との互換は聞いたことがあったが、かつてのデュラエースのクランクと、テーパー角は大丈夫だったか?そうか7600はISOものだったな・・・。

 ちょっとチェーンラインに微妙なものを感じたんで・・・。

 398210021_6866081136804329_4619658007980563679_n_convert_20231106164218.jpg

 ステムハンドルもの全てNJSって、相当憧れているのかな?この角度・・・。

 398799474_6866081270137649_3016174853564801470_n_convert_20231106164254.jpg

 ホイールは流石にNJSの16Bゴールドというわけには行かないので、当店手組みのシルバーロープロファイルもので組んでみた。ハブはデュラエース・・・。

 398230600_6866080943471015_4549765545317748122_n_convert_20231106164237.jpg

 で、街道仕様なのでこうしたブレーキレバーが付いている。こいつはTRPのもので、これも引き具合がいいブレーキレバーだね。形もいいな。で、持ち込みブレーキを見ると105のロードレーサーのものを持ってきたようだった。

 ロードレーサー用のキャリパーというとこれは必ずショートリーチと決まっているが。通常競輪車両に取り付ける着脱ブレーキは、着脱用のブレーキ板や、ブレーキ台座のようなものがあるので、直でフレームに取り付けるものではない。

 そのため、多少の余裕を考慮してか、ギリギリのショートリーチものではなく、ロングアーチものが使われているのが通例なのでありますが。

 持ち込みがショートときましたか・・・。

 そこで・・・

398202458_6866080880137688_750891595090688927_n_convert_20231106164208.jpg

 黒い板二枚を選んで、そこにショートリーチを挟んで取り付けるんだが、フレームの構造上シートステーブリッジの上に設置せざる得ないのだ。となるから、ロングアーチものが必要になるんだが、ショートしかない。

 そこでちょいとブレーキシューをいじることに。

399326319_6866080770137699_70123569401627072_n_convert_20231106164347.jpg

 これなんだが・・・わかるかな?

 この船付きシューをよく見てください。こいつオフセットシューと言って、通常なら取り付けネジのすぐ横にシューがあるはずなんだが、下にズレてますでしょ。これがオフセットということで、ショートでは届きにくい微妙な距離を埋めてくれる便利なシューというか舟なのであります。

 安くないのが玉にキズなんだが、まあショートが使えるということで、良しとしましょう。

 そしてフロント、

398197250_6866080830137693_5319370937798789660_n_convert_20231106164159.jpg

 なんか普通に付いているような顔していますが、こいつもショートなので、出来る限りシューとリムサイドを合わせようと近づけるんだが。近づけるとやっぱりいろんなことが起こるんだがね。

 398816906_6866081060137670_3338558053034545366_n_convert_20231106164330.jpg

 これは修正した後で問題解消後なんだが、ブレーキ台座にブレーキを取り付けるネジが、通常のままだとフレームのヘッドパーツに干渉してしまい、ステアリングに問題が出てきた。ギシギシとハンドルの周りが悪くなったんだな。

 そこで、台座に色々細工して、ブレーキ本体とヘッドパーツが干渉しないように離したというわけだ。

 持ち込みパーツで起こるいろいろなことって、面倒には違いないが、勉強にはなって・・・結果的にはいいと言えますね。ヤッパリあらゆる組み合わせにどう対応できるか?ということって、大切だと思う。

 398586465_6866080723471037_1954830400881158867_n_convert_20231106164245.jpg

 競輪用のサドルは別名鰹節と言われるくらい硬いんだが、流石にそれは採用していないな、しかしこれもまた古いシリーズ持ってきたもんだ、こんなのまだ売っているのかね?

 396688956_6866081016804341_7395122311550913280_n_convert_20231106164137.jpg

 ハンドル周りの角度なんか見るとビビるくらい、本格仕様なんだが、こいつを街道で乗りこなしてしまおうというのは、よほど好きでないと出来ないね。

 店主はピストも大好きな車種ではあるが、最近の店主のハンドルは情けないほど上がってきてる、上向きでスミマセーンというくらい上がっているが・・・、まあ、もう仕方なしだ。

 できる内、やりたい内は、色々やってみてくれ!あとは微調整なり!

第一回の城フェス 参加してきました!



 小平中央公園の第一回城フェスに参加してきました!何人か本ブログから来ていただいた方もいて、多分大分楽しまれたんではないかな?と思います。

398650613_6862155060530270_2745766060998094239_n_convert_20231103192918.jpg

 何店舗出店したんだろう?上の城から一本に伸びる道の両サイドに、まるで城下町のように出店が並びます。基本は手作り系小物や古物系の店、和物をちょっと基準にしている感じが、このフェスの統一性を感じるところであります。

 398217128_6862155210530255_5157220741165913044_n_convert_20231103192811.jpg

 これは履物屋さんかな、鼻緒と下駄本体を別々に売っており、合わせて選べるなんてことやってましたね。本来はそういうもんだろうなあ・・・。

 そして来ているお客さんも和服系が多く、着こなしもかなり自由で、これは何かの潮流になるんじゃないか?とも思いましたね。

 呉服屋で反物選んで仕立てて・・・といういわゆる正統というものではなく、古着物を合わせて、作り直して、現代ものと組み合わせて楽に自由に着ている方が大半、そこに着付け警察などの入り込む余地はないようです。

 あなたそれダメですよ!ハイ知ってます!で終わりだな。

369595491_6862154660530310_2160322860868675450_n_convert_20231103192715.jpg

 老若男女問わず、自由な着こなし、これぞ着物がこの国に残っていくとしたら、こうした自由な新形式を確立していかないと滅んでいくんじゃないか?と思います。もちろん正統は正統でどうぞ!

 写真にはありませんが、男子など銃刀法違反(模造刀?)の方も大分いましたね。頭も月代までして・・・、役者かよ!という感じですね。

396706842_6862154793863630_8696823650491128132_n_convert_20231103192732.jpg

 飲食も充実していて、知り合いの唐揚げだるまさんも出店していました。次回は飲食の方でもいいかも知れないなあ・・・。ただ、江戸付近の料理なんかも勉強しないと・・・。

 んでもって、当店はというと・・・。売るもので勝負していない当店からすると、こういう出店は実に悩ましいのであります。

 398867059_6862154633863646_7749880769198256083_n_convert_20231103193027.jpg

 なので自転車部門は基本展示で、普段からおいている茨城の新米を売ることにしました。

398215893_6862154817196961_8015995742710133720_n_convert_20231103192802.jpg

 米を作っている本人を呼んで、助手つけて、さあ、新米いかがですか!と。

 398411488_6862155147196928_2609407347481580650_n_convert_20231103192846.jpg

 持っていったのが三台。工芸系二台と着物でも実用できる車体一台ね。

397479035_6862154420530334_7069635518726193054_n_convert_20231103192742.jpg

 こういうパネルを作ってもらったので、置いておくと、かなりの人が足を止めて関心を持っているようですね。

 そこで、

396693345_6862154710530305_399740454059918166_n_convert_20231103192724.jpg

 同じく作ってもらった、当店のフライヤー、かわら版なんかを配りながら、車体などの説明やアピールをする・・・、まあ今回は物売りではなくて、宣伝・・・でしたね。

 でも、着物と自転車の問題はこれから本格的になっていくかも知れませんね。崩して粋に着こなす人が増えれば、当然実用上から、着物にあった自転車への要望も高まるかも知れませんからな。

 あとは、売るものがない・・・一辺倒ではなくて、このフェスに合わせて、漆技法の塗装したフレームを何本か作ってもいいかも知れませんな。

 工芸系の自転車への関心も結構ありましたからね。

398388301_6862155390530237_3574629824938599538_n_convert_20231103192823.jpg

 脇のステージでは、芸ものが催されていましたね。三味線、琵琶、大河ドラマ風オペラ、知り合いの高橋くんのライブなどでありました。

 そういう意味で盛り沢山だったよ。

397988870_6862154880530288_6060365648224138977_n_convert_20231103192751.jpg

 そうそう、紙芝居なんかもあって、子どもたちを釘付けにしていたねえ。

 で、このフェスは今回第一回なんだが、これを軸にいろいろな企画や業師が集まってくれることによって、大変な展開になっていく予感があるんだよね。

 渋谷のハロウィンは潰されたが、和物コスプレで、この小平城フェスではっちゃけろ!なんて流れが出来たら、これを見にまた海外等から客が集まって、いい意味でカオスになるんじゃないか?なんて思ったね。

 ということで、多分だが主催者は、来年もこのフェスをより拡大してやっていこうと目論むと思うし、これに便乗して発展させていこう!という仲間も増えていくんじゃないか?と思います。

 第一回は大成功、これからがまた期待できるフェスなのであります!

 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!!!

レーサーのプロムナード化



 結構ガチな鉄レーサーだったんですが、今回ドロップハンドルからプロムナードハンドルに変更して、街道仕様へとなります。

 398664353_6858505904228519_4485923465464355224_n_convert_20231102225231.jpg

 ラバネロのロゴ入りの120ミリのステムに、プロムナードハンドルを取り付けます。ステムで前に出して、プロムナードで戻す、という行って来いという状態ですね。

398663786_6858506057561837_8828922352202695340_n_convert_20231102225223.jpg

 シフターがWレバーの仕様で、これはそのままということなので、問題はドロップハンドルのブレーキ形状変更だけなので、改造自体は比較的簡単にできますね。

 397885366_6858505650895211_4251208067200560494_n_convert_20231102225130.jpg

 プロムナードハンドル・・・店主も嫌いでないハンドルで、確かに上体は上がるんだが、踏み込む感じに縦ハンドルということか?違和感がない。結構スピード感が死なないハンドルなんでありますね。

 フラットハンドルは、店主の場合骨格の関係が長く持っていると、手の甲に痛みが走ってくるんですね。なので、ドロップ以外のハンドルといえば、このプロムナードはおすすめです。

 396863989_6858504160895360_4205086037198783241_n_convert_20231102225111.jpg

 ハンドルは変っても、根はレーサーなんで、走る走る!かなりご機嫌な街道仕様自転車となるでしょうね。

 397965785_6858505444228565_1635542068820132785_n_convert_20231102225142.jpg

 なんとホイール、リアなんですがよく見ると・・・。

398366279_6858506204228489_6618188315830836368_n_convert_20231102225213.jpg

 あの名作、名ホイールのリムである、当店一推しのDT585ではないですか!

 当時、店主の吹きまくるDT585の喧伝に共感していただいたんですね。なので、当初はドロップでトライアスロン目指して、頑張っていたんだが・・・。

 職業柄、自転車の危険性というところ、色々あって暫く遠ざかっていたいたんだが、また引っ張り出して、どうにか街道等で乗りたいということで、ハンドル変えて再挑戦!ということになった。

 398357808_6858505530895223_2191921350729749769_n_convert_20231102225204.jpg

 付いているコンポもかなりバンカラ・・・というかガチもの。

398716812_6858505830895193_1287380447516746584_n_convert_20231102225241.jpg

 街道仕様ではほぼ半永久的につかえるんじゃない?なんてね。

398012554_6858506344228475_4587502031156804396_n_convert_20231102225153.jpg

 街道高速号として、再生されたということであります。

397568428_6858504640895312_8447101039908536439_n_convert_20231102225120.jpg

 物流でお世話になっている、職種の方。24年、つまり来年から物流様相が激変するという情報をいただきました。

 法律が相当代わるようで、その影響を一般の人も直撃するするだろうということです。

 もう、関アジ、関サバの新鮮なものなんて届かなくなるかも知れませんよ・・・と。運輸系の官僚が何を考えているかは知らないが、廃業も増えるでしょうと。

 色んな意味で覚悟がいるような展開になるかも知れません。

 当店のような業種は、物流あっての業なので、そこが滞るような状況になると、モロ影響を受ける。

 確かに、物流を受ける客として、贅沢になりすぎてはいないだろうか?という反省は、利用者自身がしないといけないと思う。ただでさえ、人手不足。アチコチで不在が発生していながら、そこに時間指定でものが来ない!と苦情が入るなどと、もう状況はとっくに変わっているんじゃないか?

 今携わってくれている方々をどうやって保護していくか?というところに配慮しないで、何が継続可能なのか?

 置き配しないタフな業者さんはまだいるようだが、無理したら続かないよ、だから当店は置き配でいい、と言ってもできるところまで直で渡したいと・・・。頭が下がる思いだ。

 他では、下校時間のある地域には警察が物流を止めるという。その地域のその時間物流のトラックが規制されるという。気持ちは多少分かるが、もっと融通効かせるような動きは出来ないのか?規制ばかりでなくて。

 駐車禁止の緑の係の方が、物流のトラックの後を追ってきて規制しようとするという。そして、ちょっと時間がすぎるとすぐに駐禁を貼るという・・・。そういう現実があると聞く。

 物流はもはや一種のインフラだろう?その駐車、一時停止にはかなりの公共性があるはずだ。救急車に駐禁貼るのか?消防車に駐禁貼るのか?それを単なる時間だ何だで、取り締まることにどんな意味があるのか?

 トラック運送の料金に、荷物の乗せ降ろしも込ということ知っている人ってどこのくらいいるのかな?13トンの荷物を運ぶだけでなくてそれをトラックに乗せて、先で下ろす・・・。別料金だろう!!!!と思うが、込なんだそうだ。

 それありか?イヤ、もうすでにありなんだそうだ。より物流の方がのご苦労と貴重さを知る。

 あの「送料無料」という記述は失礼すぎる。「送料込み」に変えよ。人が影で動いているのにそれに対して無料とはなんだ!

 とまあ、来年になって、初めて物流のありがたさ、大切さを知るだろうという話だ。それを前年に聞けることのありがたさ。

 再度繰り返す、当店のような材料仕入れの店は、物流あっての仕事なのだ・・・、肝に銘ずる・・・。有り難し!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター