メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |2024年02月 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ただただ深謝しかなし



 店主は四十前後のころだったか、新潟の草の中にいた時期があった。

 もちろん招きがなくて、そんなことは可能ではない。

 二人の師匠から招かれた、迎えられたんだと思う。それからの10年ちょっとは新潟のその地域に夢中になった、夢中にさせてもらったものだった。

 それまではそこそこ一端だと自己認識していた店主の鼻っぱしが、二人の師匠により、静かに押し戻されていくようだった。

 今まで学んで来たことよりもこれから学ぶべきことのほうが多い、そう思って肩の荷がおりたようだった。もうここにいるこの何ともいえないできの悪い自分、その自分を認めるしかない。背伸びもせず卑屈にもならなずだと。

 090922 (1)

 今の自らがあるのはこの師匠たちのお陰でもある。小言も指図も押し付けも一切なく、自らの姿をもって模範となしてくれたことの僥倖は何ものにも代えがたい。

 この店主にどこまでできるのか?しれたものかもしれないが、少しでも近づけるようにと・・・。

321228_104698642975223_1576880668_n_convert_20240229230221.jpg

 何ともいえない重い時間でありました・・・。

IMG_20131013_161138_convert_20131013231232_convert_20240229230239.jpg

 子狸までもご飯粒つけて至福であったことかと。

 心より御礼申し上げます。

 ありがとう、ございました。

 そして、一生かけて、「弔う」ということを考えつつ、動いていこうという決意であります。

 店主の残りの人生は二人の師匠様への静かな弔いと心得ます。

 合掌
スポンサーサイト



ホイールの件でやってきたが隣はMTBの展示会場か?



 結構ガチだったなあ・・・、でも競技系なんてのはもっとスゴイのかも知れないね。

430943874_7307811945964577_6592272404335670984_n_convert_20240229204511.jpg

 リアサスですね。

429567676_7307810449298060_2132382663192025726_n_convert_20240229204224.jpg

 XTRなんてものが付いていますが、面白いのがですねえ・・・

 429577084_7307809889298116_3200179413019008455_n_convert_20240229204249.jpg

 クランクは前3枚なんですがね、フロントメカがない・・・。

429575709_7307809709298134_7354672053647601020_n_convert_20240229204240.jpg

 たしかにフロント用のシフターもない。これはクランクだけどこかから移植してきたんでしょうかね?ちょっと訳有というかイキサツ有りな一台でしょう。

 430901323_7307812099297895_6819682615429316530_n_convert_20240229204448.jpg

 立派なフロントサスも付いていますね、今回やってきたのはこのフロントホイールの振れとりだったんですが、これ・・・ちょっと面倒な振れが出ていましたね。多分外側からの変形なんでしょう、そんなに遠くない内に、組み直しをおすすめしますがね。

 430948112_7307810232631415_4623385337918200898_n_convert_20240229204622.jpg

 というわけで、かなり専門性の高いマウンテンバイクと言えるんだと思いますが、これ実は当店隣のタクト建設さん社宅に住まう、フィリピンからの労働者諸君の一台なんであります。

 それが今すごいことになっているんですな。

429581651_7307810099298095_3342318162733101043_n_convert_20240229204320.jpg

 こんな感じになっていましてね、もう展示会かよ!というくらい名車?!がズラリなんだよな・・・。

431036159_7307811365964635_2311315082300833235_n_convert_20240229204632.jpg

 これはトレックだね、ほぼ名車はマウンテンバイク、ロードレーサーは皆無です。

430904832_7307811822631256_5577236447620340858_n_convert_20240229204501.jpg

 手前のは当店からお渡ししたもので、その向こうのが本格派!

429586167_7307811025964669_2986479947392386400_n_convert_20240229204416.jpg

 これはスペシャか・・・。これは前一枚の今風なやつだ。

429580904_7307811565964615_5910385552311706747_n_convert_20240229204310.jpg

 ジャイアント、しかしハンドル幅が広いねえ、これは一般自転車の定義である600ミリを超えているだろうな。

429577454_7307811199297985_1370338989299957479_n_convert_20240229204300.jpg

 これは小豆色で渋いねえ・・・。

429572431_7307810672631371_903903450190070919_n_convert_20240229204231.jpg

 コイツはロッキーマウンテンとかいうらしいよ。とまあ、どうです?

 ちょっとした展示会でしょ?一生懸命働いて、徹底して自炊して、馬鹿な遊びには金使わず、フィリピンの家族に送金しながら、貯めた銭で購入したんでしょうな。

 休みの日など複数でサイクリングに行ったりと、まだまだ寒い日本の生活を送っていますね。コロナで三年間国に帰れなかった時はさぞ辛かっただろう。

 夜など長い時間ラインか何かの動画で会話していたりする。異国で働くことがいかに大変なことか・・・。

 もう数年もしない内に、いやすでにというか、日本の若い子たちが海外で働いて、日本に送金なんていう逆転現象が起こる、起こっているかも知れない。

 そうした彼らが赴任先で嫌な思いをしないように、という願いを込めて、海外からの学生や労働者諸氏には接していきたい。

 外人が増えたら治安が悪くなる・・・などというステロタイプから、ヘイトへ動くなどは愚の骨頂だ。この国で誰が力を持っているのか?という強い自覚なくして差別はなくならない。そして差別なくして、百年前関東大震災時のデマによる外国人集団虐殺などは起きなかっただろう。

 つまりは、戦争も、ホロコーストも、ジェノサイドも、差別なくして起こるものなど一切ない。差別はそうしたものの必要条件なのだ、その自覚を持たねばならない。

 まあ、でもなあ、心配しなくてもいいかもしれない。もう資源も技術も学問芸術も廃れた、老人ばかりになるこの国に、好んで働きに来てくれる外国人などいなくなるかもしれないからなあ・・・。

あれ?直ったはずがまた来たの?

429489339_7304336786312093_2047135423492587336_n_convert_20240229000859.jpg


 昨年暮れにクランク周りの不調を訴えてやってきた一台で、BB回りを入れ替えて退院していったんだが・・・。

 429549225_7304336029645502_7928487426776271016_n_convert_20240229000929.jpg

 まだクランクに緩みのような感覚があるということで持ってこられたんだが、ひとつの原因がペダルだったということ。

 ペダルに緩みがあると、感覚的にクランクとBBの緩みか?BBそのものの緩みか?すぐにはわからないものだ。今回ペダルがダメということで、交換した。

 多少緩み感覚は減ったが、まだある・・・。

 先月BBは交換したばかりとすると・・・残るは?そう、BBとクランクの接合部分に何かあるか?という事で外してみたんだが・・・。

429526911_7304334146312357_371317644818116781_n_convert_20240229000906.jpg

 ご覧の通り、スクエアテーパーに入るため通常なら四角形でないとならないのが、なんか角が取れて円に近くなっていない?

 多分緩んだ状態で長くクランクを回していたところからこうした状態になったんじゃないの?と推測しますな。このくらい緩くなってしまうと締め込んでもすぐに緩んで、隙間を中心にユルユルになり得ますな。

 という事で、この片方クランクの交換となります。これにてめでたしめでたし!

429566272_7304336412978797_8348658059301000143_n_convert_20240229001010.jpg

 しかし、放ったらかし学生の一台か?と思いたくなる状態なんだが。

 428700460_7304337106312061_5929017032889838473_n_convert_20240229000851.jpg

 これは学生ではなくちゃんとした社会人の乗る一台なんであります。

 429537131_7304335306312241_8779786485162618030_n_convert_20240229000921.jpg

 しかも学校の先生というお仕事。自転車に全く興味がないのか?と思いきや、イエイエ、かなり多角的に自転車に切り込んでいる方のようなんですよ。

429534074_7304337712978667_2704554846169166939_n_convert_20240229000913.jpg

 グリップ代わりに廃チューブを巻いています、グリップなんて安いのになあ・・・。

429551465_7304334856312286_110481422512871423_n_convert_20240229000938.jpg

 シフターのカバーなんかも割れて壊れています、自転車にこだわりあんの?本当に?

429553515_7304337456312026_1431657096900118650_n_convert_20240229000945.jpg

 ハイ、これにはちゃんと理由があるようでありますなあ。学校にこれで通勤します、そして自転車置き場に置きますよね。学校内には学生が・・・。

 店主の思い出に、ムカつく先生の車のミラーを天地返ししたことがあった・・・。当時の車は外から手で自在に動かせたんですね・・・、すみませんでした。

 ということで、自転車や車などよほどの警戒をしない限り学生らのイタズラの対象となる確率が少なくない、ということなんじゃないかな?

 うーん・・・。高校生くらいだったら大いに有りえますね。なんか自転車置き場の近くの木に自転車が引っ掛けてあったなんてのも目撃したな、かつては。

 そういうことを考えると、

429570531_7304335679645537_6998170787819052109_n_convert_20240229001019.jpg

 この手の自転車が最適・・・なんじゃないか?と思いますね。これだけよれた自転車だと、あとはバルブ外すか、タイヤでもつついてパンクさせるくらいしか思いつかないよね。少しぐらい汚しても気づかれないし、非常にいたずらしがいのない車体と思われるでしょうな。

 という事で、戦わずして先生の勝ち!ということであります。とはいえ、外側がこんな状態であっても走りまでガタガタなのは嫌、走りはスッキリ見た目はガッカリという、そうだ、こういう車体とラットバイク(ドブネズミ自転車)と言うんだっけね。

 洒落た町や盗難の予測される街に定期的に通うようなことがあったら、この手のラットバイクっていうのは、有効かも知れませんね。

 うん、実用車を考える時次回は、ラットバイク、見た目はガッカリ走りは一級!路線でやっていくのも有りかな?なんてね。

今月の工房飲みは来月1日です!って・・・

422227776_7178472272231879_591233758180553292_n_convert_20240129000349 (1)

 こういうことでもやらないと、なかなか綺麗になりません・・・ということで再開した工房飲みですが、今月も開催いたします!

 なんと今月の工房飲みは来月です!ドテ・・・

 2月は短いということで3月1日7時半から8時前後というまた曖昧な時間よりスタートいたします。

 参加費一人二千円と一品持ち寄りという事でお願いいたします。そうするとあるだけ食べ放題飲み放題となります。

409871884_7028054870606954_7529027162932215862_n_convert_20231218191553 (1)

 過去の出し物ね、コイツは小アジの唐揚げだったかな?

423480904_7178472388898534_2180146335455884857_n_convert_20240129000357.jpg

 寒いと鍋ってやはり定番ですね、鶏ももぶつ切り鍋だったかな?

416453490_7081123055300135_1737004680929478185_n_convert_20240102155454 (1)

 こんなのも出てくる可能性がありますねえ、行く行くはリクエストにお答えするなんて展開もあるかも知れませんね。

 で、今回ですが・・・すでに春・・・と言っていいですね。なので今回は・・・

429573350_7303349056410866_5244652091764736232_n_convert_20240228231406.jpg

 当店周りにある西東京内の地野菜なんかを中心に出していく・・・なんてことも考えています。

428696795_7303347549744350_1272933600605931293_n_convert_20240228231339.jpg

 こういう野菜スタンドが随所にあるんですねえ。ありがたいことであります。

429504459_7303347953077643_8153869806727424762_n_convert_20240228231356.jpg

 そういう脇に収穫を待っているホウレン草や小松菜が有りますねえ、うまそう・・・。

428697393_7303348753077563_2113342404116675606_n_convert_20240228231347.jpg

 穫りたてのブロッコリですねえ、こんなの焼いたり、炒めたりというのも有りでしょうね。

429578123_7303348429744262_7403752296429667543_n_convert_20240228231415.jpg

 スタンドの脇には畑がひろがります。この辺のいい野菜などを仕入れて、お出しする予定ですので、3月1日狸サイクル内工房飲み行いますので、ご参加よろしくご検討ください!

久々ながらもサイクルモード チケットいりませんか?



 もう何年行っていないだろう?大阪ではやると聞きましたが、東京でもやるみたいですぞ!

 コロナもあってかな・・・とはいえ、昨年あたりやったような・・・。企画の方からこうしたお知らせと招待券を送ってきてくれるのも本当久々なかったよね。

 428690638_7299948670084238_6430889182728574348_n_convert_20240227225109.jpg

 再来月、4月の上旬にやるみたいですね、そして土日。かつては金土日の3日でやっていたかな。

428692575_7299948900084215_4487767725971516102_n_convert_20240227225126.jpg

 場所はビッグサイトになりましたね。ずっと幕張メッセだったんですが。規模縮小かな。このサイクルモードになる前には、別の名前の展示会で、それはビッグサイトでやっていましてね。確か築地辺りから迂回しながら自転車で行ったように記憶しています。

 しかし、入場料けっこうしますね。

 428690569_7299948776750894_8803915618209533529_n_convert_20240227225100.jpg

 サイクルモードの売りだった、試乗会はしっかりあるようですね。あとはイベント等色々あるみたいだなあ・・・。

 と!いうことでいつものやつであります。

429528880_7299949033417535_7561631277293768130_n_convert_20240227225136.jpg

 5枚ほどの招待券が来ていますので、早いもの勝ちで、差し上げるといういつものやつをやりますので、ご希望の方は一人一枚という事で取りにおいでください。

 当日券1800円というのは結構するよね。それにユリカモメとか使うのかしら?まあそこそこ交通費もかかるでしょうから、無料配布は結構いいんではないかな?

 という事で、ご遠慮無く!

 店主は・・・、行くかもしれません。多少新発売もんなんかも見てみるのも重要かな?もう少し考えます!

実用車も頑張っているなあ・・・



 百貨店かよ!という名前の車体なんですね。なんてことない要件でやってきたんだが、改めてコイツを見ると実に凝った形状のフレームであることがわかった。

 428700800_7299386883473750_3482930931027863027_n_convert_20240227200212.jpg

 ヘッドチューブから、ダウンチューブが一本オーバル形状のもの下に伸びている。これは実用車ではよくあるタイプのものかと思ったんだが・・・。

 これがどこと接触するか?というと。

428689258_7299386266807145_2962326100312168917_n_convert_20240227200114.jpg

 通常であれば、BBソケットに直結するはずなんだがこれは・・・、BBソケットから伸びている地面と平行にあるパイプに溶接されているんですね、こういうのは珍しい・・・と思いますよ。はじめて見るかな?

 と、それだけでなく強度と形状を考えて、ちょいと補強するような感じに、

428690145_7299387000140405_6861649182140884487_n_convert_20240227200122.jpg

 一本のパイプがこのように溶接されている。強度を増しながら乗りやすさも考えて・・・のことだろうね。ただちょっと面白い・・・と思ってしまった。

 428694456_7299386713473767_7442275732676440872_n_convert_20240227200139.jpg

 後三角については・・・極めて常識的なんだがね。

 428696775_7299386490140456_5093674040031222969_n_convert_20240227200148.jpg

 フォークも全く常識的なやつね、フレームだけがちょいと独特ということなんだな。

 うん・・・。前「RINO」というリノベーション自転車をリノさんがやっていたんだが、実用自転車に塗装したり、そのものを残したりして、別パーツなどを入れ替えて、ガラリと変身させるなんてことをハイセンスにやっていたんだな。

 最初の頃その基体となる中古自転車の仕入れに付き合ったことがあった。店主からすると見慣れすぎた実用自転車だったんだが、彼はそれらをしげしげと観察しながら、色々考えていたようだった。

 そして、「実用自転車って、思った以上にいろんな形状があって、本当驚きました!」と言った。エエ?そうかな?と慣れただけの目を持つ店主は疑問に思ったんだが、そう言われて改めてみると・・・。

 言われたとおり、新鮮な目で見直してみると、確かにそうだ・・・。一見同じように見えても、微妙にパイプの角度が違っていたり、直線だったり、曲線だったり、一本だったり複数だったり・・・と、確かに気をつけてみるとかなりバリエーションがあるということを改めて思ったことがあった。

 そんな目からして、このフレームもそうしたバリエーションの中でもちょっと頭の出た印象を持った。しかも色が青系グレーという渋さ・・・、やはり工業デザイナーがついていたのかもしれないと思わざるを得ない。

 こうした注目もされないような実用自転車にも、実は設計やデザインで静かに心血注いでる動きがあるんだなあ、と改めて思った次第なのであった。

 428689109_7299386363473802_5957504786741337650_n_convert_20240227200107.jpg

 そういう目で見てみると、こんなカゴでも、浅めの広め、下のメッシュと、枠のパイプの太さの違いなど、結構こだわって作られたカゴのように見えてくる。

 428701128_7299387136807058_6467482450097251100_n_convert_20240227200221.jpg

 これはヘッドバッチなんだが、これなんかもちょっとしたものに見えてくるね、外国産の缶ビールの柄なんかを想起してしまうな。

 428697250_7299387220140383_5732106666731583905_n_convert_20240227200155.jpg

 広めのプロムナードなんかもちょっとレトロに見えてくる・・・。実用車ながらもあるパーツを組み合わせたというよりも全体のバランスが考えられた、コンセプチャルな一台といえるのかも知れないね。

 428700793_7299386123473826_5972559456631836119_n_convert_20240227200204.jpg

 渋さとおしゃれさを両方持つちょっとレトロな一台・・・とも言えるのかね?

 こういう自転車にピンとくる人っているだろう、値段だけで自転車を買わない人がいる、そうした人向けの自転車なのかも知れないね。

 まだまだ自転車の世界は深いようだ、表面をパシャついているだけの店主は、少しは息を止めて、ちょっとでも深いところに潜水していく努力も必要なんだろうなあ、しかし今か・・・寒中水泳だわな。

ラジアル組が折れた・・・



 鉄のアンカーだ・・・ということは?

428684636_7295511190527986_7700865294452036873_n_convert_20240226225239.jpg

 ネオコットとのエントリーモデルだ・・・。あのラッパのように油圧で開いた形状のものとは違うが、これもネオコットだよね、しかももう製造されなくなったというね。

 こういうとこ、もったいないよね。なんであんな名フレームもう少し見せ方変えながら、永続させる方向で考えないのかね?もったいない・・・。

 そうなるともうアンカーといえば・・・、あのトラック系フレーム以外のイメージがなくなりましたね。確かにいいフレームは作っているとは思いますが、これぞアンカー!というものが・・・あるんだろうか?少なくとも店主にはネオコットがなくなった現在・・・ロードレーサーでのそれと言うものがない、見当たらないいんだが・・・。

 まあ店主が鈍いだけなのかもしれないが、もったいない・・・とも思えますわね。

 で、この車体との付き合いも長いねえ・・・。今回はフロントホイール!

428694266_7295511540527951_4288219173414342526_n_convert_20240226225257.jpg

 ラジアル組で当店が組んだもんだった。

 428667669_7295511467194625_266528314946442333_n_convert_20240226225159.jpg

 ティアグラのフロントハブにプレーンのスポークをラジアルに貼って組んだものだったが。

 428682235_7295511247194647_4347846834735469594_n_convert_20240226225231.jpg

 段差でもって一本折れてしまったということだった。嫌な予感・・・。断座の衝撃、つまり外側からの衝撃でスポーク一本が折れるくらいの力がかかったとするならば・・・。

 もしかしてリム自身がやられているんじゃないか?と。結局は、リムも少しはやられていた、ただ多少スポークのテンションで修正も可能だったので、今回はスポーク交換と、騙し騙しのいい子いい子修正にて!

 429571448_7295511627194609_7096168010417308409_n_convert_20240226225315.jpg

 しかし、ティアグラ三昧ですねえ・・・。シルバーで、こんなのちょっと前まで当たり前だったんだがなあ。

428695712_7295511060527999_446372702400841795_n_convert_20240226225306.jpg

 コンポでシルバーのキャリパーブレーキなんて最近見ないよねえ・・・。

 428678481_7295511697194602_9009046677972110429_n_convert_20240226225223.jpg

 全体的に傷んでもいるので、ここでスッキリ消耗品を変えるというのも手だとは思うが、イヤイヤ、生きているだけで大変だよ・・・と、同病相哀れむような状況なんで、ではまあ、ギリギリ安全に乗れる・・・というところで止めましょう・・・ということだね。

 428694202_7295511157194656_1062036516261013611_n_convert_20240226225248.jpg

 大クラシカルの典型的なステム・・・だね。

 428663083_7295510983861340_8486143319963909019_n_convert_20240226225149.jpg

 古さなどを超えてかっこよさがあると思うんだが・・・店主が年寄りになったということなのか?

 イヤイヤ、鉄レーサーの美しさというものは多分永遠だろうとね、これがロードレーサーの典型中の典型なんだろうと思いますがね。

 あとコレも、バリバリ選手以外にも優しいかも・・・というところね。そうだ、眠っている店主のネオコットも起こそうかしら、動体視力の落ちてきた店主、あと何年レーサーに乗ることができるんだろう?

 そうね、起こしましょう!ただしどんな再塗装しようか?となると、ちょっと悩みそうだな。

薪は資源!その資源作成の助っ人が現れた!



 今年は暖冬と言われていても、一度薪ストーブをつけると、あれだけ用意したはずの薪があれよあれよという感じで減っていきますな。

 減るなら補充しないといけませんが、これがまた大変なんですわ。なので、面白いからと言ってゴンゴン薪を焚くな!ということなんだが、そう言っても減るものは減る・・・なので、やはり補充しないと・・・ね。

 そう、近所に薪要らないというところがありました・・・な。

422284436_7158401264238980_1884607979244229086_n_convert_20240123210838 (1)

 自転車で五分かからないところに薪のもとである丸太が置いてある、ここの薪を持っていっていい!ということでここから補充しましょう。

422175417_7158400797572360_2083765274490357384_n_convert_20240123210749.jpg

 かなり乾燥が進んでいます、ただ針葉樹だね・・・、でもまあいただけるものならいただきましょうということで、貰いに行きます!

428672381_7294870720592033_816739418206447662_n_convert_20240226220042.jpg

 焼き芋号から焼き芋機を外して空にして、こうして積んでは置いて、また積んでは置いてを数回繰り返しますと・・・、店の前は・・・

428678429_7294870433925395_4710879528743532806_n_convert_20240226220050.jpg

 こんな感じになります、切られていてもこの丸太はまだ長いものが有りますので、これを縦割りしただけでは、薪ストーブからはみ出てしまいます・・・。なので、これをまず半分にしていきます。

 428682674_7294870497258722_443961176772055745_n_convert_20240226220100.jpg

 チェーンソーでもって丸太を半分にいたします。通常ならその作業をしてから、今度は縦割りに・・・という重労働にはいるんですが、今当店には一人助っ人小僧がいるのであります。

 コイツは店主の甥っ子に当たるやつでして、今年26歳、筋トレなんかをやっているもんで、力はあるということでこの手の作業には向いています、なので手伝うようにということでこの縦割り作業をやってもらいました。

 428687217_7294870670592038_1899421061056360843_n_convert_20240226220110.jpg

 こうして、縦割り用工具を突き立てて、内部ハンマーを振り下ろすんですが、最初はかなり戸惑っていた。これできんのかな?と本人も思っていたらしいが、数回やっている内に、コツを掴んだようだ。

 そうなると早いのがこの手の若いヤツね、まあ面白いようにスパンスパンと縦割りしていく。調子よくパンパン割っていく、力もあるし若いから疲れ知らず・・・すごいペースでやってくるねえ。さすがだわ・・・。

 そろそろ休めよ、こういう作業は休み休みやるもんだ・・・といっても、形ばかり休んで割り始める。結構ハマったんだろうなあ・・・とも思う。

 たしかに店主も若い頃はこうだった。ただ、やはり、こうした作業は休み休みやるべきなんだな。それが実は集中力を長持ちさせて、怪我を無くすことにつながる形式・・・といってもいいだろうね。

 職人さんが8時から仕事始めて、10時に休んで、12時に昼を取って、また3時に休んで5時でやめる、つまり二時間おきに休むというのは故あることだろうと思う。

 農作業や土木その他の仕事と冗談は休み休みやれ!これは鉄則だろうね。

 とそんなことをやっている内に・・・、

428658519_7295325917213180_8644000025290840701_n_convert_20240226220034.jpg

 半日でこれほどにまで積むことができるようになった・・・、あとは倍以上あるかな?

 この助っ人が来月半ばまでいるので、それまでの間にこの辺のことはしっかり片付けてやろうとおもうわけだ!

 こうしてほぼ人力でやってできる薪は資源である!

 もう一度繰り返すぞ!薪は資源である!ぞ!

割れたハンマーを直す!



 薪は資源だ!とばかり、長年放っておいた難解中の難解切り株を割っていたんだが、ついにハンマーの柄のほうが割れてしまった。

 そのまま放っておいては勿体無いということで、再度柄をつけることにした。ホームセンターにはこうした場合に備えるように、柄だけが売っている。が!あるものでやってやる!

428681950_7286970181382087_3264686235911541331_n_convert_20240224225746.jpg

 これは二年以上前から当店裏で乾燥させていた薪なんだが、重い・・・。コイツはただものではない!なあ。

 428685597_7286970128048759_7368077430624227623_n_convert_20240224225803.jpg

 二年以上経っているが乾燥していながらも割れていない・・・すごいねえ、コイツを使おう!

428673925_7286969974715441_723968596213584070_n_convert_20240224225710.jpg

 硬い木を扱うのに、非常に役に立つ助っ人を持ってきた。

428676568_7286970341382071_8691551701788308524_n_convert_20240224225719.jpg

 これは頼りになりそうだ・・・。木槌とノミもいいが、硬い木の中でも節なんかの硬さは半端ない。電気振動系の彫刻刀くらいでは全く歯が立たない。色々グレてやりたいことはいっぱいあったんだが、この木の硬さに躊躇していたんだが、コイツはスゴイ助っ人になるぞ!

428669456_7286970048048767_5203762269114623118_n_convert_20240224225643.jpg

 万力に挟んで、グラインダーを動かしながら、理想の形にしていく。流石に硬い気も、この金属の刃とグラインダーの回転力の前では、しっかり削れていく。これは使える!

428683407_7286970771382028_1921651608144635331_n_convert_20240224225754.jpg

 理想の形に削り出した柄を、万力に立てて、差し込みを作っていきます。

428673888_7286970688048703_6263687613401106466_n_convert_20240224225701.jpg

 あとは角を落として、ハンマー内に叩いて収まるくらいに調整していきます。

428672265_7286969881382117_7886634068990300675_n_convert_20240224225652.jpg

 キツめのハンマー頭を叩くなどして入れていく。

428664346_7286970264715412_2678639102667077115_n_convert_20240224225636.jpg

 ハイ、入りました。そして余分を切り落として、今度は仕上げ!

428687912_7286970608048711_6078503626461115856_n_convert_20240224225815.jpg

 この楔を打ち込んでいきましょう。

 428678989_7286970478048724_176050050485150717_n_convert_20240224225737.jpg

 こんな感じで楔を立てて、打ち込んでいきます。

428678155_7286970541382051_4870397640486875240_n_convert_20240224225728.jpg

 ハイ、打ち込み終了、しっかり固定されていますね。

428612915_7286969738048798_4641876186055600848_n_convert_20240224225627.jpg

 この手のハンマーは使っている内に握力が無くなっていくんだが、それに気づかずに振るっていると、手からスポーン!と離れてしまうこともある。これが危ないので、抜けにくいように、このように柄の先を太く作る。

 そして、叩いたハンマーの金属部分を幅のデカイ方で支えるために、わざと中心からズラして付けてみたんだが、これらは使いながら、実際使い勝手はどうか?試してみて、ダメなら正規の取り付け、中央に!というやり方に従い再度取り付け直しをしてもいいだろうな。

 という事で、取り敢えず再生、また働いてもらおう。資源である薪割りにな。

そろそろ年度末 引っ越し等移動の季節 置いていく自転車どうします?



 いずれのアパートに置いて行かれた自転車。数カ月間、持ち主さんは申し出ください!張り紙をして期限が来たからと持ってこられたものであります。

 様子はそこそこいいです、消耗品変えるとまだまだ乗れます。

428687325_7278135985598840_533890904091771824_n_convert_20240222221642.jpg

 前後ともにVブレーキでよく効く。それより驚いたのが、

428671508_7278136065598832_2904089945880297548_n_convert_20240222221634.jpg

 ホイールがいいですね、ステンレススポークを使って、そこそこに組まれています。よくやるなあ・・・。この手の自転車で抜くのがクランクとホイールで、特にホイールなんかが鉄スポークで何ともなあ、というものも少なくはないんですが、コイツはなかなかですわね。

 428669881_7278135665598872_5593892090138167587_n_convert_20240222221626.jpg

 クランクは少し抜いているようですが、まあ後々交換してもいいししやすいですね。一枚のそこそこクランクでもいいし、二枚にしてフロントメカつけてもいい、そういう意味で発展化できるところです、比較的簡単な。

 428662404_7278135875598851_997385664330791491_n_convert_20240222221611.jpg

 7速のボスフリーがついています。今このボスフリー、当店にはなんと10sのものが在庫しています。まさか冗談だろう!と思って取り寄せてみたら、本当に10sだったんであります。

 ということは、この手のホイールにもちょっとした?いやもしかしたらそこそこ手をけるような細工してやれば、10速ものに改造することも可能かもしれませんな。

428660795_7278135905598848_931906020382160117_n_convert_20240222221555.jpg

 よくある入門編のフラットバーですが、やはり試乗して十分したら手の甲が痛くなってきました。店主はフラットバーにからっきし弱い・・・ダメなんであります。

 この手だったらブルホーンか?プロムナード系に変えないと店主の場合には乗り続けられませんが・・・。まあハンドルなんて好きな形に変えればいいだけのことなので、気にすることもなし。

 428663630_7278135798932192_5404886603848912331_n_convert_20240222221619.jpg

 コイツはホイール前後が良くて、あとは簡単に変更できるという意味では、コイツはいいですぞ!伸びしろありだと思います。

 そう、もう年度末に近くなってきていますね。人の移動のはげしい時期がやってまいります。そうなるとその移動に際して、置いていくという選択肢を取る方も増えるようですね。

 アパートの大家さんが困る時期でもあります。みんな勝手に置いていくんですよねえ・・・という時期なんですね。

 ということはあれやりますかね?また・・・。あれですよあれ!

404246793_6928790280533414_6113288601930969160_n_convert_20231121222238.jpg

 例えば3月15日から二週間3月いっぱいまで、廃車無料引き取り・・・なんてね。助かる人結構いるかも知れませんね。まだ未定ですが、やる確率高いです!その際には本ブログと、張り紙で公表いたします!

スタンドを交換してより店も自転車も安定へ!!!



 これ手書きのように見えるかもしれませんが、カッティングシートなんですね。でマニ?マーニと言うんですね。

 お店の名前です、阿佐ヶ谷です。阿佐ヶ谷にある高級マフィン屋さんです!

363423534_6541390659273380_9094598124210800168_n_convert_20230808235210.jpg

 看板自転車としても活躍している自転車。青梅街道沿い、杉並警察並びにあります。

363371745_6541390232606756_5514350202658754795_n_convert_20230808235226.jpg

 「ひっそり営業中」という看板を下げています。もちろん買い物等にも使いますから、ちゃんと走りますぞ!

 で、そのお店は・・・

363435817_6541390585940054_3986348638755374060_n_convert_20230808235258.jpg

 開店するとこんな感じかな?店主が子供の頃ここは駐車所だった。オット、ここは店主の幼馴染のお店ですわ。何かと当店の木工を担当してくれるコバインのお店ね。もちろん増築、内装全て彼の手作りのお店。

 428689678_7273680899377682_2529434117718488172_n_convert_20240221201048.jpg

 マフィンも今や阿佐ヶ谷名物になりつつある。非常の丁寧に作られています。作るのは奥さんなんだが、組み合わせといい、バランスといい、もしかしたら天才の部類に入るかもしれない・・・。

 一度食べていただきたいですわね。

 ということなんだが、この店の看板自転車にするために

348867009_6205190829565932_5520758098355113852_n_convert_20230523213319.jpg

 暑い中当店前で、自家塗装して作ったこの自転車なんだが、どうも一本足スタンドだと不安定ということがわかり、センターあたりに開き系のスタンドを取り付けることに。

428666369_7273681372710968_8606178504496724269_n_convert_20240221201013.jpg

 この状態で走り、止まってコイツを立てると、

428676366_7273681179377654_5292476805054208728_n_convert_20240221201029.jpg

 こんな感じで二本が開いて、車体を立ててくれる。

428667185_7273681439377628_632105299764445641_n_convert_20240221201021.jpg

 長さをある程度調整できるタイプのやつですね。前後車輪をつけてそれに合わせて長さ調整するよりも、むしろシーソーの中心店のように前後車輪のいずれかが少し浮くぐらいの調整をしたほうがいいと思いますね。前カゴに荷物を入れると、前輪とこの開いたスタンド三点で止まるという感じですね。

 道路の起伏を考えると、この三点の方があらゆる起伏に対応できるという意味で安定するということかな。

428665050_7273681492710956_1089333470805547504_n_convert_20240221201005.jpg

 あ、わんこのワンポイントシルエットも切り出しもんだった。

428678296_7273681256044313_3287238781253484440_n_convert_20240221201039.jpg

 より自転車も安定、そして本業のマフィン屋さんもしっかり軌道に乗っかって安定とできるところまで続いて、地域貢献していってもらいたいね。健康に気遣いながらな・・・。

裏狸の表化サイクリング 行ってきたらしいぞー!



 朝8時東京駅前集合知うことで、表化サイクリングが始まったようですね。今回は小径で収納しやすいのが便利ということだったらしい。

 428602109_10160260451933089_4052027886448419100_n_convert_20240220233904.jpg

 まず集まったメンバーで、輪行してどこまで行ったんだ?

428616703_10160260455453089_3794053885353709620_n_convert_20240220233924.jpg

 成田駅らしいね。そしてそこから空港周辺のサイクリングに入ったといいます。詳細はよくわからないながら、かなり盛りだくさんだったようですねえ。

428598154_10160260458348089_688160610120193123_n_convert_20240220233854.jpg

 途中、メカトラも発生したらしい・・・が、まあ大森さんがいるので、チョチョイのチョイでしょう・・・。

428607764_10160260458593089_8785945200636159980_n_convert_20240220233914.jpg

 梅も咲き乱れ春満載だったようですね。

 428280759_10160260500013089_1249143703840766524_n_convert_20240220233807.jpg

 一部ダートもあったようですねえ、なかなか豊かなコースのようです。

428291891_10160260499753089_4479734804914278589_n_convert_20240220233827.jpg

 成田周りなんだろうが、一体どこ回っていたんでしょうな?

428291723_10160260465078089_5433773612776425229_n_convert_20240220233817.jpg


 この辺なんかは、空港施設の周辺なのかしら?

428297694_10160260516458089_1668880183088463842_n_convert_20240220233836.jpg

 夜にC滑走路に着いたとかつかないとか・・・。

 細かいことは別レポートにでているようですが、とにかく気候のいい中で成田近辺をアチコチ要所回っていたということですね。

 しかも周りきれないということで次回以降も成田リベンジの企画もでているようですね。

 ということで、色々人いろいろな企画を持ち寄って、実現する表化サイクリングの会なのであります。

 さて、次回3月は一体どこへ?ということですね、暖かくなるとサイクリングのシーズン到来ですね。この暖かさだったら、来月中旬前に桜かも知れないね・・・。

避難所設置のための運営委員会?なんだって・・・



 昨年の7月の暑い時期、防災に関する地域の会合というか説明会に出席してきました。

 そのざっとの内容は上から辿れますが、今回もそれより一歩進んだ状態で開催ということなので、行ってきました。

 この会の内容というのは、当店から近い中学校や小学校が災害発生時に避難所になる、ついては一体どうやって誰が運営していくか?というところに、市や学校、そして近所住民が三位一体になって管理運営いくための様々な講習と、ざっと考えていただけばいいだろう。

 前回よりマニュアルは分厚くなく、講師さんは

428679858_7265632890182483_1967215294431380017_n_convert_20240219184322.jpg

 前回と変わらなかったが、仕事柄能登の輪島に出入りしているところから、話の端々から事実に基づく緊張感があり、実はその辺の話をしっかり聴きたかったんだが、まあ、それらを織り交ぜての運営について講演でありましたね。

 それから実技ということで、実際に被災者が避難所に来た際、どういう順序で捌いていくか?を疑似体験。管理する側と被災者に別れ、その被災者にはそれぞれの条件、例えば怪我人、風邪などによる体調不良者、老人、ペット所持者などの役をやりながら、その対応をカード式マニュアルに照らし合わせて、体験してみる、なんてこともやりました。

 装備に関しては店主は水係かな。

428655416_7265632486849190_2602619751632338846_n_convert_20240219184303.jpg

 こうした袋に収められているものを取り出して、

428616274_7265632676849171_1723267037946413195_n_convert_20240219184244.jpg

 消火栓に設置する作業をします。つまり、消火栓から生活水を取るということをするらしいんだが、断水する可能性の高い水道管が実際に災害が起きた時使えるのか?という疑問は残りますよね。

 それについては、東京都は地震に強い水道管施設が進んでいるということでした。水道管の多分ジョイント部分に遊びを入れて、即折れたり割れたりしないような工夫が随所にあると。

 浄水は圧がかかっているので、遊びは禁物のように思うんだが、そうした状況をクリアした設備があるそうなんですよね。

 428609492_7265632573515848_970249419267604747_n_convert_20240219184235.jpg

 そして、いくつかのアダプターの中から、コイツを選択して、臨時の水道を設置すると。

428664822_7265632376849201_4465455402968807693_n_convert_20240219195214.jpg

 このような蛇口付きの台に接続する。マニュアルはあるが果たして、それ見ながらの設置になるか?というと、作業感のある人がやったらわかるような単純な構造であることはわかったんだが、それがないとちょいと難しいかも。

 また、工具をほぼ使わないんだが、その分各所ちょっと力のいるところもある、一定の高齢者や女性などには扱いにくかも知れないところもあったが・・・。

 水の確保と同時に大切なのが、下の方。

428699092_7265632946849144_8559718486108247298_n_convert_20240219184331.jpg

 簡易トイレ設置も重要な使命の一つで、この設置に関しては今能登で起きている事情が生々しかった。

428617792_7265632763515829_2347995561363665483_n_convert_20240219184252.jpg

 こうしたテントなどはすぐに設置可能で、トイレも実に簡単に出来ているが、問題は設置よりも管理の方だろうということがすぐにわかる。

 袋にして、それを燃えるゴミに出す。何時来るかは未定。保管場所にもっていくが・・・。このテントの狭さだと介助の必要な人は大変だろう。

 それにこの薄い布一枚で、不安になる方もいるだろう。袋を節約するために、人のした後にしないといけない、そういうことを気にする人には地獄かも知れないね。

 実際、講演者曰くトイレと食事のレトルトによるストレスが、もう爆発寸前・・・ということだった。

 上下水が大丈夫なら、学校のトイレを使ったほうがいいだろうという提案も、特に下水の確認が取れるまで、やはりこの簡易トイレを使わないといけないという厳しい答が返ってきた・・・。

 このトイレ管理は・・・非常に重責だろう・・・と痛感す。

 そして個人的に最も収穫だったのは、この手の運営の基本は住民主体ということだった。多分市にはそれ以外の様々な業務もあり、また市ということでの限界もあるということかと思う。また学校も学生の教育が本文であって、たまたま避難所になった学校を管理することがそれではないはずだ。

 ちなみに能登では、避難先の学校の校長先生がリーダーにならざるを得ないところもあるようだった。仕方がないといえば仕方がないのかもしれないが、学校の先生は学生たちのその後の教育をどうやって確立していくか?というところに尽力してもらいたいもんである。

 ということは、ある意味住民自治として、管理運営していくということになる、ならざるを得ない!ということを言質をもって確認できた、ということが今回の収穫・・・と言えることかもしれない、と強く思った次第である。

 されば民度をいかに高く保つか・・・ということかな。

 来月5日には、本務校内での道具点検などが行われる、それにも当然参加予定だが、課題もデカイ。

 というのは、その本務校は東京都指定の臨時病院になるという指定があるらしい。病院となれば、完全に専門的な知見によって設立・管理・運営をしないといけないだろう、というときに、素人である住民ができることはかなり限られてくるだろうな。

 その辺なんかも今後の検討課題かもしれないが、災害大国である人民としては、頭の片隅よりも少し中心側に、この手の事案を置いておく必要は大いにありだろうと思う。

絶賛グレまくり!その内パイプタバコ童貞喪失か?



 還暦を前に絶賛グレまくりの店主であります!全くムカつくことばかり!

 そこそこ真面目にやってきたんだが、60超えてもろくな年金も出さず先延ばしと減額か?早くリタイヤしてーよ!といったら、すでに半リタイヤしていましたという落ちだった。

 そんなこんなで、店主のグレ具合に磨きがかかっているのだ。

 こんな素材もわからない、激安パイプがあるんだが、これもグレついでにいじってやるか。

428663779_7265401433538962_1643971405016750615_n_convert_20240219173039.jpg

 世の中にはいろんな素材があるもんだ、コイツは亀甲竹とかいうやつらしいが、こんなのもいじっている内に、自転車転用なんてこともありうるな・・・なんて考えながら、グレる。

 428664008_7265401463538959_1652077476697189768_n_convert_20240219173049.jpg

 適度なところでちょん切るんだが・・・、取り付けるパイプの径との関連なんかに少し気をつける、この辺だったら少し加工すれば・・・合うかな?なんてな。

 そして取り付けるためのアルミパイプなんてもんを差し込んでみる。これも抜けるように、それも抜けすぎないように・・・というところだな。

 そうすると、
428665211_7265401213538984_2911007212766443551_n_convert_20240219173058.jpg

 意外とぴったり行く、難しとこもあるんだが、まあ、この辺で手を打つか。なんか杖の柄のようにもみえてくるね。

 こうやって変わり竹を継ぐだけでも雰囲気が変って見えるから面白い。店主は典型的なパイプ面ではない。むしろ東洋系の煙管のほうがあっているということもあって、モロ洋物パイプから、怪しげアジア系に変えていきたいというのもある。

 後この管が長くなると、烟が冷えて、悪くないんだな。

 その辺竹はやはりアジアもんだしな、申し分なしだ!

428606743_7265401520205620_25419170651253998_n_convert_20240219172942.jpg

 こうやって吸口戻してやると、結構形になるというか少しばかり高級感とアジア感が漂ってくるからチョロいもんだ!

 ざまあみろ!!!!

 こんな感じで調子に乗って、

428613009_7265401346872304_6796675725878691501_n_convert_20240219173012.jpg

 これなんかなり愛用もんなんだが、まあ似合わなくもないので、どうだ!ってなもんだ。

428667574_7265401376872301_8078302772394903505_n_convert_20240219173136.jpg

 これなど、相当長い竹を継いだもんで、穴あけも苦労したわ。割れたりした場合には、糸巻いて物理的に固定してから、木工系のボンドととのこなどを混ぜてコーティングして節を削るとこんな感じになる。

 と、絶賛グレグレなんだが、ちょっとばかし異変が起きてきたことも報告しないとな・・・。

 428666094_7265403650205407_4619556914748185329_n_convert_20240219173106.jpg

 店主は根っからのタバコ吸いではない。イヤ、むしろこんな煙ったいもん、なくても何も困らないんだな。ただ、グレるためだけに烟をふかしているだけなのだ・・・。

 今まで何種類かタバコを試してみたが、うまいんだが、まずいんだか、全くわからず、中学生が学校の屋上でタバコを吸うのと同じく、ただ単にグレているポーズのためだけに燻らしていただけなのだったが・・・。

 428612836_7265401090205663_8509770785098162627_n_convert_20240219173003.jpg

 この黄色種というタバコは別名バージニアというらしく、タバコ中のタバコなのだそうだ。パイプタバコには、いろんな香りを後からつける着香性のものが多く、バニラだチョコだチェリーだと、まあそれなりの香りは悪くはないんだが、本来のタバコの味を知りたいなら、こんなのから始めなさい!というものの典型らしいんだな。

 んでもって、どんなもんかとスパスパとグレるんだが・・・。だからなんだよ・・・程度にしか感じなかったなんだな・・・。

 まあいい、一生タバコの味なんてわからなくても、グレてるだけだからそれでいいのだ・・・だったんだが。

 先日突如タバコの先生が現れたんだ。

 もちろん以前から既知の方だったんだが、パイプタバコにこれほどまで通じているなんてことまでは知らなんだ。

 んでもって、これ吸ってみな・・・とばかり渡されたのがこれ。

428687713_7265401140205658_3900167401899157883_n_convert_20240219173147.jpg

 オーリックゴールデンスライスド・・・?聞いたことないね、なんか音楽室に貼ってあったヘンデルのようなオッサンが吸っておる。

 そして中見て驚いたのが、

428657085_7265401023539003_6581062567709108440_n_convert_20240219173020.jpg

 刻んでいない状態で、多分タバコに圧かけて板状にしたものをスライスして折りたたんで入っているんだね。これがいわれているところのフレークタバコといって刻みとは違うもんなのね・・・。

 そして、そいつを丸めて、火皿に収めて火をつけて・・・少し立ってから驚いた・・・。

 コイツもバージニアが多く含まれているタバコらしいが・・・、それが実にうまい・・・。うまいんだな、少し甘みがあって、その甘みは甜茶とかの仄かな嫌味のない甘みなんであります。

 くゆるごとに、そのかすかな甘みが何ともうまい!タバコがうまい!なんてそういう意味ではじめて感じたわけなんであります。タバコ童貞の喪失かも知れないな・・・。

 という事で、再度、刻みのバージニアなんてもんに戻ってみると、ハイ、なんとかその甘みのようなものが感じられる様になった、受容体が出来たのかね?

 イヤイヤ、まいったわ・・・。

 これじゃあ、グレるだけが目的じゃなくなってしまったよね・・・。

428660123_7265400850205687_4676166303078125605_n_convert_20240219173030.jpg

 実に困ったことだ・・・タバコがうまいなんて・・・、店主の人生ではありえないと思っていたんだが・・・。それでもグレることを忘れず、紳士の嗜み?なんぞクソ食らえでもって、今後もグレていきますぞ!スパスパ・・・うまい、やばい・・・。

 その内、グレグレサイクリングでもやるか、パイプ持参で、目的地でスパスパやって戻ってくるというサイクリング・・・ね。

 還グレクラブ会員募集だ!
※タバコもいいが一日一回くらいパイプ燻らすような時間持てってーの!

スタンド交換にてブレーキがダメになり ホイール交換にて確保するの巻

319750666_2031938980340439_670781312215574280_n_convert_20221217224213 (1)

 特徴のある自転車だけに覚えている方も多いかと思いますが。起伏のある地域にお住まいの方、買い物等をするための車体なんでありまして、これも随分前にきて、マウンテン系のこの自転車に、ご覧のように両足スタンドを取り付けたんでありました。

 ところが、ホイールの着脱などを考えると、より良い選択肢ということで、

412224787_7036690476410060_8651560695920503845_n_convert_20231221211302.jpg

 多分Eバイク用だと思いますが、このようなセンタースタンドを持ち込まれ、取り付けることに。

 そうなると次なるドミノは、チェーンステー裏に付いていたブレーキがあったんですが・・・。

412378124_7036690583076716_3148573713978640239_n_convert_20231221211311.jpg

 コイツをどうにかしないといけないということで、取り敢えず外し、シートステーのところに・・・

412393356_7036686903077084_1016888263358967006_n_convert_20231221001945.jpg

 こういうキャリパーブレーキを取り付けたんですが、シューをV用の長めのに交換して、それなりに効くんじゃないか?ということで納車したんだが・・・。

 起伏のある町に住むには・・・このブレーキでは怖いということで、別物に交換出来ないか?というご相談。

 この位置からだとロングアーチものになるので、より剛性のあるものがあったとして取り替えたとしても、果たして理想通り効くのかしら?と疑問。

 別形式のブレーキって・・・ないかな?

 ビルダーだったら、このシートステーに台座溶接して、Vブレーキ対応ということもできるかもしれないが、こちとらメカニックとしてはそれは無理。

 他にあるとしたら・・・、

427720097_7258666027545836_3087783243279698666_n_convert_20240218191647.jpg

 これかな?ということで、ディスクブレーキ展開を図ったというわけであります。

 そのためには、まずリアホイールをディスクブレーキのローターが載せられるタイプのものにハブを交換しないといけません、ということで、リアホイールを一本組み直すという手間をかけました。

 428018603_7258666200879152_3550762640640889740_n_convert_20240218191655.jpg

 ディスクブレーキ台座を溶接・・・したんではなく、外付け用のアダプターをチェーンステーに取り付け、もう一つの軸を

428674963_7258666084212497_8702119141925447857_n_convert_20240218191740.jpg

 リアホイールの軸に置いて、軽くナットで固定する。そんなんで大丈夫なの?と思われるかもしれないが、意外とズレたり軋んだり、撓んだりはしない。

 428615017_7258665877545851_8248944951571282009_n_convert_20240218191718.jpg

 買い物用なんで、リアの荷台は外せない。ちょうどその台座を取り付けるところに、ディスクブレーキキャリパーもの、その小物類が集中するので、荷台固定は外側にオフセットさせる。そうすることでなんとか交通整理が可能となった。

 428028885_7258665767545862_7624735561320373991_n_convert_20240218191702.jpg

 フロントがカンチブレーキなんで、リアが効かないとやはり不安でありましょうが、ディスクにしたことでフロントよりもガッツリ効く状態になりましたわ。

 428654224_7258665837545855_8046459021908259981_n_convert_20240218191730.jpg

 そして、このセンタースタンドは移動も排除もされずに、今後使われ続けることになる、ということであります。まあ、めでたしめでたし・・・だろうな。

428046677_7258666140879158_6738897871866953180_n_convert_20240218191710.jpg

 あとは後輪を外す際に少し手間がかかるという問題は残る。ステーに付いている外付けの台座のネジ二本抜いて、キャリパーに付いている、ワイヤーを解いてやると、ホイールごとキャリパーも外れて、タイヤ交換等が可能となります。

 多少複雑なように見えますが、二回ほどやれば構造が把握されるでしょう。

 という事で、当初からして、だいぶあっちこっちへ飛んだドミノ改造でありました!取り敢えず終了・・・

もう少し奥に そして黒く塗れ!

428018605_7238789292866843_1989603876010780780_n_convert_20240212202856 (1)

 合わない台座にスタンドを合わあせたのが前回まで。この細くて立っているスタンドだと、不安定ということで、よりぶっとい安定感のある一本足スタンドを取り付ける。

 自転車の台座との穴の位置が合わないところをバカ穴利用で、フレームに手を付けずに取り付けたというのが前回。

 もう少し、奥にオフセット・・・、ともう少しなんとかできるところまで・・・というのが今回。

427478787_7238790279533411_8919830690457744000_n_convert_20240212202803.jpg

 こうしたアルミのスペーサーを作って、それを台座の内側において、それを通してスタンドを取り付けたわけだ。

428047596_7238789409533498_7338301932507934551_n_convert_20240212202922.jpg

 こんな感じと取り付けたのが前回です。このスペーサーに角度を付けます、オフセットのためね。

427860902_7254795994599506_3076673751642727753_n_convert_20240217000259.jpg

 ちょいと斜めに切り込んでいきます。

 427822145_7254795727932866_8606660006011750819_n_convert_20240217000249.jpg

 こんな感じに少し角度を付けて、また表面をシャープにすることで、より台座に馴染むようにということね。あとは削ったばかりはシルバーなんだが、これもフレームや自転車等になじませるため色を付けます。

 427781236_7254795317932907_8612273514054406596_n_convert_20240217000124.jpg

 脱脂して、黒く塗る!しかももう一個似たようなスペーサーを作ることに。その二個のスペーサーを挟んで、再度スタンドを取り付けてみる・・・。

427786342_7254795484599557_9128151365239892101_n_convert_20240217000213.jpg

 こんな感じになりました、さて塗った黒のスペーサーは?どうかな?目立つかな?

427781490_7254795824599523_5215517896964362840_n_convert_20240217000132.jpg

 黒く塗られたスペーサーが二個ボルトとナットでスタンド共にとめられています。どうかなあ・・・変に目立たないかな?
 
 裏から見てみましょう・・・

427810581_7254795671266205_6788305147269070654_n_convert_20240217000231.jpg

 ウーン・・・ちょいと目立つかな?もう少しかっこいい例えば、太めのパイプのようなもの二本で挟む・・・なんてのも考えたんだが、見た目が良くても、車重がかかるところで強度が心配ということで、インゴット系にしたんだが。

 427791035_7254795894599516_2296063251284876018_n_convert_20240217000223.jpg

 まああまりこの角度からしげしげとは見ないと思えば・・悪くないのかもしれませんが・・・。

 427816317_7254795551266217_8682926671473309787_n_convert_20240217000240.jpg

 二個のスペーサ分奥に引っ込んだスタンド、ペダリングの時踵が引っかからないといいなあ、これは乗る人の実際試してみないとなんとも言えません。繰り返しますが、踵を落とさない店主であればデカイサンダル等をはいても干渉はしません。

 427781491_7254795267932912_5653494391555697777_n_convert_20240217000204.jpg

 新進気鋭の作家の作ったフレームに、乗り手の好みのパーツをふんだんに載せた一台なんだが・・・、さてこのスタンド・・・スペーサー二個つきのこれって、どう映るかな?

 これは試乗も兼ねて、乗り手に判断してもらうしかないね。やれることは・・・やった方かな?

やらないはずのスレッド化・・・なんだが・・・



 茨城だったかな、やってきたんですね、開けてみるか。

428297139_7250890131656759_2738137556772070603_n_convert_20240216003253.jpg

 クロモリのピストフレームとフォークが入っている。形式はアヘッド系なんだが、それをスレッド化フォークに出来ないか?という依頼なんですね。

 これは基本やらないことにしている加工なんですね。なぜか?というと、フォークコラムの修正ダイスはありますが、無垢コラムにネジ山を立てる工具はないからであります。

 ただ・・・工具自身が減ったり、ヘタったりすることを早めることを厭わないのであれば、やっても構わないかもしれませんが・・・。この手のダイスは高額なのだ!ダメになったら交換すればいいんだが、それが高い!だいたい刃物は高い!

 なのでやらないことになっているんだが、店主の気まぐれってなもんで、今回はやることに。

428275127_7250890488323390_4929225863550078500_n_convert_20240216003118.jpg

 まずフレームの方にスレッド系のワンを打ち込みます。

428286464_7250889844990121_5580246436445160727_n_convert_20240216003220.jpg

 オオ入りましたな、収まっています。

 428275141_7250890588323380_1917832359764436797_n_convert_20240216003126.jpg

 それではフォークを万力にかけて、ネジ山を切っていきます。

428286850_7250890684990037_5061748185466745872_n_convert_20240216003229.jpg

 曲がらないようにダイスを置いて、床と平行に静かに回していきながら、入り口を探っていきます。入り口が見つかると、ズレないように、回しながらガイドになる線を切っていく。

 数回りするとダイスは安定するんだが、その分抵抗が増える、これが大変だ。頑張って回すと熱くなってしまうので、膨張起こさないように、時間をかけて、切削オイルを垂らしながら、騙し騙し回していく。

 ダイスを外して、ちゃんとワンが回るか?確かめる。

428270490_7250890244990081_4563094506336548185_n_convert_20240216003110.jpg

 おお、ちゃんと入ります。そして手で回るくらいスルスルと。こんな調子で深めに掘っていきます。

 一定ネジ山切って、実際のスレッドヘッドパーツとの間で、余分な箇所を切り取ります。

428281589_7250890624990043_4599616311053785182_n_convert_20240216003210.jpg

 なかなかきれいに切れていますね。あと二回くらいこのダイスでやれるかな?その後はまた交換・・・数万円・・・。

 428269714_7250889981656774_2024806678138887240_n_convert_20240216003102.jpg

 そして、緩みどめとして、このベロ付きのワッシャーを入れないといけないので、先のコラムに筋をつけていかないといけません。

 428277566_7250890324990073_6256911646699477313_n_convert_20240216003153.jpg

 フライス盤にフォークを固定して、3ミリのハイスでもって削っていきます。

 428288577_7250907868321652_2793381260153791154_n_convert_20240216003245.jpg

 はい、切れました、これでねじ山立ては完成です。ではフレームに装着していきましょう。

428302690_7250889938323445_5915692616151339169_n_convert_20240216003328.jpg

 上下のベアリングにグリスをもる。そしてワンを締めていく・・・。

428297725_7250889798323459_5143583251420669167_n_convert_20240216003317.jpg

 はい、装着完了です!まるで違った雰囲気というか、クラシカルな予感満々ですな。

428287614_7250890424990063_4993157983368410696_n_convert_20240216003237.jpg

 これで、NJSに見まごうピストフレームが完成ということですね。あのかつてのピストブームの際には、とにかく競輪フレームに代表されるかつての素朴な車体が典型とされていたんですね。

 ただ、時代はアヘッドだったんで、ピスト系を当時のメーカーが作るとなると、どうしても定番の形式であるアヘッドでということが続出した。

 これはスレッド化したいが、競輪フレームには手は届かない・・・、アヘッドをスレッド化出来ないか?というのは一部で切実な望みに高まっていったんだな。

 ただ、加工は大変。ダイスが持たない・・・。そこで何度かやってから、基本やめることにしたんだが、たまにはこうしてやることもある。気まぐれね・・・。

 次いつやる気になるかは?わからない・・・。

ボクサーの一台 しかし派手にやらかしたなあ・・・



 ボクシングで新人王を狙っている、武蔵境のジム所属の若手なんですが、まあ頑張っているんで、そういうの見ると応援したくなりますな。

 そんなやつが、すみません突然こんなことになって・・・と自転車引きずって持ってきたんですね。

 ありゃりゃ・・・派手にやったなあ。

 もう何が起きたわからない・・・んで、取り敢えずもってきました、乗れますか?

 直さないとなあ、数日預かるよ・・・と。

 428190514_7246212568791182_1469672582731995507_n_convert_20240214193535.jpg

 ディレエーラーが巻上がってハンガーごとへし折れてしまっているらしい。ワイヤーもチェーンもこんがらがっている。ハンガーか・・・厄介だなあ。

428150097_7246212878791151_2824238629723348805_n_convert_20240214193512.jpg

 チェーン、ワイヤーを解いて、バラしてみると、やはりハンガーがポッキリと折れている。同じ型のものがあればいいが、ないとなると・・・面倒だわ。

 428199083_7246212688791170_14520189271133179_n_convert_20240214193750.jpg

 しかし、毎回思うのだが、輪界ってこの辺どうにかならないのかね。こんなチビ金具が千種類以上あるなんて、異常だろう?なんでせいぜい20種類とかに限定しないんだ?全く統制が取れていないんだろうな・・・。まあ、それもいい面もなくはないが。

 そうそう、この辺の問題で朗報が一つ。スラムのディレーラーがスルーアクスルと直結するような形式を取ってきたらしいぞ。となると、もうフレームごとに異なるこのハンガー金具に翻弄されなくなる、ということだろう。

 ざまあみろ!という展開なんだが、そういう形式が下々まで徹底されるまで20年はかかるだろうな・・・。

 ということで、今回はラッキーにも一枚だけ同種のものが見つかった!ということで、

428190658_7246212928791146_7903745054130462975_n_convert_20240214193543.jpg

 オオ!再生だ!あとは・・・ディレーラーはぶっ壊れたから、別のをつけてやろう。ボクシング選手が自転車使ってのトレーニングもしているというのだから、コイツが強くなったら、ボクシングと自転車の絆が深まる・・・。

 そういう下心もあるので、ちょいといいやつを・・・

428126659_7246212805457825_3579872333249027784_n_convert_20240214193501.jpg

 前はソラものが付いていたんだが、今回は名実ともに格上のティアグラをつけてやろう!7月に試合があるというので、これで頑張って欲しいもんだ。

 チェーンも部分的に膨らんでしまったんで、交換だ。

428159206_7246212492124523_3576357515645315304_n_convert_20240214193528.jpg

 巻き込まれたリアのシフトワイヤーも交換で、全く問題なく、動くようになりましたわ。たぶん驚くぞあいつは・・・。

 あと・・・

428224019_7246213142124458_8328075994119585742_n_convert_20240214193832.jpg

 リアのタイヤも交換してやろう、相当乗り込んでいるようだし・・・。チャンピオンになってたんまり稼ぐようになるまで、応援したやるわ。

 428150128_7246213075457798_7159976784242181856_n_convert_20240214193520.jpg

 シルバーアルミのトレーニングクロス!ボクサーの膝を守り心肺機能を向上させる練習機だ!これで強くなって、万が一チャンピオンにでもなったら・・・、イエ、ならなくても懸命に生きている若いやつはいいもんだ!できる内にどんどんやれることをやっておけ!

 そうやってりゃ、何かが後からついてくるから、心配するな!

今月の工房飲みですが!なんと来月の1日に!

422227776_7178472272231879_591233758180553292_n_convert_20240129000349 (1)

 まず片付けベタな店主が、定期的に工房を掃除するにはどうしたらいいか?というところからはじまった・・・んだっけ?

 自ら律して掃除できない店主としては、外圧を利用するしかない・・・と確か思ったと思う、そこで工房で有志で飲み会始めたら、イヤでも片付けるだろうということで、始まったはず・・・、確か。

 なので、このように片付きます!狙い通りだ。

 ということで、今月も工房飲みを行います!

394705679_6811019575643819_7996124675346319069_n_convert_20231021164844 (1)

 なんか工具類に囲まれると落ち着くという人種がチラホラいるらしい・・・。自分の家にあれば越したことないが、それはなかなか難しいとなれば、当店の工房のみなどをご利用してください。

411570520_7028054540606987_3454054197758879382_n_convert_20231218191601.jpg

 歴代の料理はこんなもんです、これはイナダの刺し身かな?

423672399_7178472338898539_7855031588494603866_n_convert_20240129000456 (1)

 鳥のレバーとハツの煮込み炒め・・・。

409871884_7028054870606954_7529027162932215862_n_convert_20231218191553 (1)

 小アジの唐揚げ、ポン酢マリネ。

 416453490_7081123055300135_1737004680929478185_n_convert_20240102155454 (1)

 皮付きの三枚肉のトンポウロウ・・・。

 ということで、色々作ってやっています。

 内容は、参加費一人2000円。プラス一品(酒でも何でも)持ち寄り、という縛りがありますが、当然あるだけ食べ放題飲み放題となります!

 今月の工房のみの日程ですが、なんと来月の1日、つまり3月1日に行います。ということは、3月は二度やることになるのかな?

 普段、立ち話程度だったり、自転車の濃い話、自転車以外でももう少し突っ込んだ話など、ゆっくり交流できたらなあ、という方がおられましたら、是非この機会をご利用ください!

 2月の工房飲みが3月という・・・ちょっと変な展開ですが、2月の工房のみは3月1日に行います!

 是非ご参加ください!

いろいろ考えた挙句バカ穴対応で!



 やっぱり見た目が華奢だと、スタンドとしてはあまりよく機能しないようですね。コイツだとすぐ自転車が倒れてしまうということなんですね。

 428004890_7238790342866738_8472386857407002721_n_convert_20240212202838.jpg

 このスタンドを取り付けるためにそれ専用金具台座をつけてもらったということなんですね。だったら、これと同じ2点とめタイプの頑丈なスタンドに入れ替えればいいだけの話ですね、これは簡単だ!

428023296_7238790652866707_5776827971122270524_n_convert_20240212202905.jpg

 ということで、大見た目も頑丈そうな一本足スタンドを購入して、さて取り付けよう!というときに・・・

000 428026876_7238937886185317_3762022059536086580_n_convert_20240212205040

 同じ2点どめのスタンドだったはずが、自転車側のプレートの間隔と少しズレてしまう・・・という実に厄介な状態であることが発覚。

 どうにかつけられませんかね?と。たしかにねえ、折角買ったんだから・・・。

 うーん・・・・。取り敢えずものを預かって、現物合わせしながら考えてみるしかないよね。プレートを別プレートで挟むように延長して、そこに穴を開けて、新たなスタンドを取り付ける・・・。

 自転車側のプレートの穴を一つは使い、もう一つは別に穴開けてスタンドもそれに合わせて穴あけして取り付ける・・・。

 正直、店主はビルダーでないので、あまりプレート自身をいじりたくはない、失敗しても手も足もでないからだ。いっそのことこのプレート自体を付けなおしてもらう・・・。

 でもまあ、こんなプレート一枚つけるにも、火で炙って周りの塗装がダメになり、再度部分塗装などと面倒くさい・・・だろうな。

 ではどうするか?と考えた末、バカ穴対応でいこうと・・・。そのまんまだがバカ穴大作戦と行きましょうか。

 ちなみにバカ穴というのは、正式名は知らんが店主周りで使われているというと、ボルトなどピッタリ入る穴!ではなく、それよりも状況によるがコンマ5ミリや1ミリでかかったりする、遊びのある穴のことを意味します。

 その遊びが連携すると、合わない間隔になんとか合ってくれるなんてことも起こるんですな。

 プレートの穴を開け直す・・・とか、逆に新スタンドの方の穴を開け直すなんてことはしない。できるだけ両者に負担をかけないように、間隔の合わない穴をなだめるようにして、ボルトを通していこうというそういう作戦なのであります。

 428008964_7238790589533380_373085976965962753_n_convert_20240212203412.jpg

 あと新しいスタンドを事情があって少々内側へオフセットしないといけない、ということも有りまして、アルミ材のスペーサーを探したんですね。別に鉄ものでもいいんだが、まあアルミのほうが軽いしね・・・。

 ということで、アルミのインゴットを見つけて、こうしてちょん切って、加工します。

 コイツはスペーサーなんで、このままではいけませんので、

427478787_7238790279533411_8919830690457744000_n_convert_20240212202803.jpg

 こんな感じで穴あけ加工していきます。通すネジは6ミリもの、すでにこのスペーサー自体に7.5ミリのバカ穴開けて、面取りなんてこともしておきます。

 木と違って金属なんで、揉んでどうこうして通すなんてことは出来ないんですが、アルミだとほんの少しの取っ掛かりから、軽くハンマーなどで叩き入れることも可能になることもあるんですね。

 そしてもともと6ミリのネジ穴が切られていた、新スタンドの穴を6ミリのドリルでさらいます。もしかして・・・これで入ったらラッキーもんだな。

 第一回目の合わせは不発・・・。なので、新スタンド側の穴を6.5ミリに広げてみました。なんでそんなチビチビやるのか?と思われるかも知れませんが、二つの穴をコンマ5ずつ削るなんてことしたら、合計1ミリのバカが誕生するんですね、通常所持しているドリル、特殊もの以外は3ミリものから10ミリものまでコンマ5ずつ太くなるものしかないので、最小でコンマ5広げることに。

428068855_7238789492866823_1928812756642521333_n_convert_20240212202948.jpg

 取り敢えず仮付成功!あとはオフセット量とか、実際いろんな状況で自転車が安定的に立つのか?なんてことも確かめて調整しないといけません。ただつけばいいってわけじゃあない・・・。

 428047596_7238789409533498_7338301932507934551_n_convert_20240212202922.jpg

 真ん中でシルバーに輝くのはアルミのスペーサーですね。

428033274_7238790702866702_8601013247038487209_n_convert_20240212202913.jpg

 ハンタイから見るとこうです。自転車のプレートとシルバーのスペーサーを挟んでスタンドがボルトナットで固定されていますね。

 427694647_7238790436200062_6340163915019413894_n_convert_20240212202818.jpg

 このスタンドは長さ調整ができるので、ちょうどいい長さにして、立てかけてみると・・・まあいいですね、さっきほどのものから比べるとガッツリ安定感がましましたわ。

 そして・・・

427688712_7238790502866722_7549088673286044796_n_convert_20240212202811.jpg

 解除してみると・・・、このように当然後ろにもって行かれますが、他のどことも干渉しませんので、まずは大丈夫!ということですね。

 427751377_7238789836200122_8807633449269495455_n_convert_20240212202828.jpg

 あとはペダルが一番うしろに来た際に、踵と脇に出た新スタンドが干渉しないか?ということも重要な完成のための判断材料になりますが、これは持ち主の方が実際に踏まないと、わかりませんね。

 店主の試乗によると、ほぼ干渉なしです、ペダリング時に踵を落とさないくせがまだ付いているので、問題はありませんが、これは実際に乗って確かめてもらわないと・・・ということで。

 まずは今回バカ穴大作戦、前半戦はまあ成功!ということでいいかと。

 作戦というのはこういう使い方をするんだ!ジェノサイド(大量虐殺)に使うもんじゃない!イスラエルわかってんのか?!

ホイ!と生まれた行連れ号 ちょっとレトロでギア系ご自由に



 マンドリン?メーカーの名前かということも怪しんだが、まあいい。

428041646_7235701333175639_740466157488283915_n_convert_20240212002529.jpg

 近所以上をそこそこ高速走り用の自転車ができあがったぞ!前シングル当たり前!

427661968_7235700829842356_3028874634489365656_n_convert_20240212002449.jpg

 今んとこは6速対応の多段ギアなんだが、コイツの非常に便利なところは、この辺の自由度がかなりあるということ。

427998435_7235701616508944_2842231717295982814_n_convert_20240212002505.jpg

 例えばコイツはボスフリーなので、シングルフリーギアにしたいということであれば、問題なくできる。

 もし固定ギアに興味があって、シングルフリーと共存させたいなんて贅沢なことを思ったら・・・。

427660477_7235701703175602_6815195202483489357_n_convert_20240212002432.jpg

 対岸のブレーキがバンドブレーキなんで、コイツを外して固定ギアを取り付ければ良い。ブレーキは板ブレーキにしてチェーンステー裏にでも移植すればいいだろう。

 この辺の自由度は相当あるよ、なので悪知恵はいかようにも・・・。

428056498_7235701449842294_606782677200869765_n_convert_20240212002555.jpg

 広めのプロムナードハンドルを取り付けたところ、なんか大柄な自転車に変身した。かつての実用自転車のような質感がしなくもない。大柄な方に向く自転車かも知れないね。

427690874_7235702949842144_3043614725504766343_n_convert_20240212002457.jpg

 この角度から見たほうが、ハンドル幅の広さがわかるね。相当広いよね。

 428041209_7235700776509028_6794913232935307800_n_convert_20240212002520.jpg

 親切にも鍵なんかが付いている・・・。

428051423_7235701889842250_1743250650052884218_n_convert_20240212002546.jpg

 長くなってきたとはいえ、まだまだ日の短い昨今助かるのがこのハブダイナモね。電池の心配、充電の心配などがいらないというね。

 427661085_7235701256508980_410794809008667835_n_convert_20240212002440.jpg

 もちろん泥除けなんてないね・・・。こう見るとありそうでない、かなり硬派な自転車となって再び街道を狙うことになりそうだ。
 
 着流し前を少しはだけて乗るなんてのにもいいかも知れない、スネ毛見せて、下駄で踏む、バンカラ風で妙にかっこいい一台になるかも知れないね、もちろん乗り手次第だ!

裏狸ツーリングが表になって今月18日決行!!!

399241326_10160115410653089_4942559693496476604_n_convert_20240115224526 (1)

 当店内の非公認裏狸ツーリングの会が、先月より表化しまして、その第一回のツーリングが雨でもって中止になってしまった・・・。

 そのリベンジではありませんが、この2月に再度仕切り直しでもって、表狸のツーリングの会が開かれます。

 18日日曜日です!

409641969_6853701664716717_4876573583279283554_n_convert_20240115224625 (1)

 今度はどこに行くのか?というと、以下が主催からの内容になります!!!



「今月は成田空港周辺【C滑走路予定地の失われゆく風景を見納める】ライドです!
18日8時半に東京駅舎前広場に集合して、今回現地付近までは輪行で行くので、よろしくお願いします!」

 

 ぬぬぬ!成田空港周辺だと!輪行ということですね。これは自転車を畳んだりバラしたりして、特定の袋に入れることで電車などに持ち込み、ある駅で下車して、そこで組み立ててそこから走る!という方法ですね。

 なので輪行袋と、乗っていく自転車がそれに収納できるか?ということが今回の条件となりますね。わからない方は当日前までにご相談いただければ、なんとかできるかもです!

 京葉線か何かに乗って成田とかまで行くのかしら?千葉は険しい山などはないので、ツーリング事態は難しくはないと思いますね。

 409564576_6853701141383436_5892179383768259585_n_convert_20240115224616.jpg

 ツーリングのもう一つの楽しみといえば、食!今回の団長さんが超食いしん坊なので、この辺はかなり期待できるんじゃないのかな?と思います。

 店主の偏見でいうと、成田付近は土物がうまい!という感触がありますね。イモ、人参などです。天ぷらにしただけでも和菓子かと思うほど甘みがあっておいしかった!と、当日どんな食材と出会うかわかりませんが、そのへんも大いに楽しみにしていてください!

 参加ご希望の方は、取り敢えず当店までメール等でお知らせください!

 それでは行ってらっしゃい!

M字型?折たたみ号 複雑だー!



 正面衝突した自転車が縮んだように見える。漫画だったらこのように描くんじゃないか?と思うが、これもれっきとした折りたたみ自転車なんだそうだ。

 想像つくと思うが、可動部の関節が一体いくつあるの?というくらいアチコチに点在している。図面引く時相当苦労したんじゃないのかな?と思うね、数えてみる?

 427506335_7227704233975349_4843737870328806654_n_convert_20240210002618.jpg

 シートチューブの下部、クランクのすぐ上にまず二個あるかな。

426809298_7227703853975387_5397077905320861028_n_convert_20240210002445.jpg

 一般自転車でいうヘッドチューブあたりにも2つありますね、ジョイントが。

426988004_7227703940642045_8455310526100709224_n_convert_20240210002503.jpg

 ダウンチューブとシートチューブを結ぶ強度を出すチューブかな、ここにもジョイントがありますね。

426986099_7227703680642071_2978959698569889595_n_convert_20240210002456.jpg

 ハンドルも左右に広がっており、ここを折ることでその広がりを閉じることができるようになっているようですね。

 425870570_7227703153975457_5930217896321783972_n_convert_20240210002412.jpg

 後ろにパタンと折れるようにたためるらしいですね。

 427526173_7227703630642076_6595976837795846695_n_convert_20240210002643.jpg

 14インチの小径中の小径ホイールがついてますね。車輪が小さいというのも折たたみのアドバンテージになりますね。
付いているコンポですがこれも小径車用に作られた・・・

427462455_7227703787308727_1511949871071408406_n_convert_20240210002608.jpg

 このためにわざわざ特殊なリアハブで最大9Tなんてスプロケを収めることができるようになっています。

426666613_7227703373975435_6980484150914252231_n_convert_20240210002427.jpg

 カプレオという小径専用のコンポです。これ見たときには・・・この特殊ハブで9Tを最大限利用して、筋トレ用デカギアレーサーでも作ろうかと思っていた時期もありましたな。

427572653_7227704303975342_7012391186993344194_n_convert_20240210002653.jpg

 前シングルで、165ミリのクランクに交換してみました。

 426057903_7227703447308761_5031023467201184080_n_convert_20240210002420.jpg

 アルミ板を曲げただけのフォークではVブレーキへの強度が足りないようなので、こうした馬蹄形補強が必要になるようですね。

 427626001_7227704127308693_3000339771361654122_n_convert_20240210002702.jpg

 ということで、このM字折たたみを広げてみると・・・

427451781_7227703493975423_8936292448901019302_n_convert_20240210002559.jpg

 こんな感じになりますね。もしかしたら意外と走る折たたみ小径車かも知れませんな。ちょいと走りながら弱点見つけて補強しつつ、その後と事はその後決めていきましょう・・・ね。

老後の老後引き専用自転車完成!

091119hon_convert_20240206205806.jpg

 先日ここで公表しました、自転車を降りた後の高齢者が使う引き自転車の件ですが、意外と好評というか注目を集めていたようなんです。

 これは10年以上前に子供自転車で作った特殊系ですが、今回一般自転車で作ってみるとどうなるか?なんてことをやってみました。

 426809297_7222916094454163_7315049890078659293_n_convert_20240208212049.jpg

 クランク、BB、ペダル周り全て撤去しました。この辺がないとかなり自転車に密着しながら引くことが出来ます。ペダルがないだけでも結構、横歩きはしやすいですが、まったくないとなんて歩きやすいの!!!と実感しますね。

426764543_7222916697787436_1116822235684594492_n_convert_20240208212030.jpg

 もちろんチェーンもないので、足や服を汚すこともありません。大人用のストライダーだよね、全く。

 426739363_7222916957787410_3254444604243682752_n_convert_20240208211946.jpg

 で、乗らなくなるので、必要のないサドルは外します。軽量化をするという狙いもありますが、サドルやペダル等があると、まだ自転車なんで出来心盗難という危険性もあると思いますが。

 サドルのない自転車を立ち漕ぎだけして盗もうなんていう人はまずいないでしょうね。何だこりゃ!?ということで、盗もうとする意欲も全く刺激しないでしょうな。

 ま、人によっては完全大人用ストライダーにして使いたいというのであればサドルは残しておいていいかと思います、その辺選択肢したほうがいいかもね。

 426829979_7222916547787451_4178943412562758393_n_convert_20240208212058.jpg

 雨の中一所懸命使うわけもないでしょうから、軽量化のために泥除けも外します。また一定スピードで走らない限り水しぶきは上がらないと思いますから、雨の中自転車引いても汚れないでしょうね。

426739363_7222916957787410_3254444604243682752_n_convert_20240208211946.jpg

 リアの泥除けも同じく外します。差すベエ・・・とかいう、自転車用傘を立てのようなものがあるんですが、雨の中でも買い物!という人にはそれを取り付けて傘さして、濡れずに引くというのもありでしょうな。
 
 そして重要なのが、

426808709_7222915991120840_164731812002698448_n_convert_20240208212040.jpg

 カゴ!買い物のお供に使うのでカゴは必需です。リアカゴで、プラ製の軽いものを取り付けてみました。

 426073944_7222916907787415_767271090839532628_n_convert_20240208211929.jpg

 前も軽めのプラのカゴです。これも前後が必要か否かは使う人次第で、一人暮らしなのでひとつのカゴで良いというのであれば、前後いずれかを外せばいいわけです、臨機応変に。

 426741409_7222916617787444_7528617876997015735_n_convert_20240208211954.jpg

 ハンドルは普通、そのまんま。ブレーキレバーももちろん取り付けています。これはブレーキを引けば、即杖に変身!ということを意味しています。

 もちろん体勢にもよりますが、前後輪にブレーキがかかりますと、自転車全体という相当広い範囲で体を支えることができるという意味で、安全の確保ができると思われます。

 426723980_7222916764454096_5539846648741972777_n_convert_20240208211938.jpg

 なので、前後ともにブレーキはしっかり残します。

 ということで組み上がったのが・・・

426751559_7222916491120790_3154292609784547607_n_convert_20240208212022.jpg

 パッと見一般の自転車に見えますが、サドルから下がいやに殺風景というかスッキリしている、というのが特徴で。これも持ってみるとわかりますが、驚くほど軽いです。

 一般のスーパーの自転車置き場に堂々と置けますし、自宅に自転車があると人気を感じさせるところから、ちょっとした防犯にも役に立つのではないか?と思います。

 自転車に乗れなくなっても、周りに反対されて乗るのをやめた後も、こうした形に改造すれば、今度は荷物搭載用の杖代わり自転車として再生される、というわけであります。

 一生自転車はあなたの隣りにいられる!というわけでありますよ。

店の面を整える 故あって・・・ね



 薪は資源!という宣言してから、無理な燃やしはなくなったものの、連日連夜の薪ストーブ使用によって、薪は減ってきますね。

 なので、裏の薪棚にあるものをこちらに移動しないといけませんな。裏のやつは二年ほど前から切って乾かしていたんでそのまま移動して使えるんですが、その移動が大変なんです。

 というのは裏の薪棚が狭い、正確には出し入れの作業をしようとする場が狭い。しゃがめないし、体の向きを変えるのも大変・・・、その作業のしにくい狭さが、薪移動の辛さに直結しているんです。

 なので、体の小さいガキンチョなんかに頼むと、これ結構楽なんだが、ちょいと回りにいないもんで・・・店主がやるしかない。

 と、その前に、このフロントの薪棚の周りもちゃんと掃除しないといけませんね。木の皮や破片その他が散乱していますんでね。

 426097582_7218607058218400_8590886027948516453_n_convert_20240207234023.jpg

 きれいになったところで運び込みます。

426145991_7218606828218423_7294447324253181657_n_convert_20240207234042.jpg

 休み休みで一時間半から二時間くらいかかったかな?肩が痛い・・・。

 426164492_7218606668218439_5228072139770793617_n_convert_20240207234105.jpg

 これらは大工さんが持ってきてくれる端材。植木屋さんの持ってくる広葉樹中心の薪とは違って、建材はよく燃えるが長続きしない。ただ、一気に温度をあげたりするのには建材は使えますので、これはもう使い分けですね。これも何時までも道路側に置いておくわけにいかないので、移動します。

 ちょうど裏の薪棚が空いたのでそこに持っていきます。

 426157651_7218606988218407_1216698145802777239_n_convert_20240207234056.jpg

 はい、徐々に片付いていきますね。今回は店の面を片付けるという作業です。顔は顔なんで、時に一気にやらないと、徐々に店の顔が無くなってきますので、いい機会をいただきましたな。

 店主も連れ合いも、どうもイベント型の人間のようで、毎日ルーティーンでコツコツ何かやるのが苦手な方なんですよね。なので、何かの起爆剤をもらって一気に!という傾向にどうしてもなってしまう。反省するも仕方ないとも・・・。

 425491487_7218606911551748_5869329798782409337_n_convert_20240207234015.jpg

 ここも殺風景なんで、店の顔として整えたいと思っていたんですが、ようやく重い腰をあげようか?というところであります。

 うん、まずは・・・こいつでもかけて、当店の内容でも把握していただきましょうか?

426166820_7218607121551727_139153898013171651_n_convert_20240207234115.jpg

 もうこれも書いてから大分時が経って久しいですが・・・、今でもこの路線に変更はないので、取り敢えず、ガキどものバスケでぶっ壊されるまで、まずはここでアピールしてもらおうと思います。

 もし割れて読めなくなったら、再度より頑丈な看板作ってここに掲げましょうかね。こういうアナログ看板というのは実は今でも相当効くんですね。こういうことで、とっつきにくい当店に少しでも足を向けてもらえるかな?とここに開店して9年経ってようやく・・・という展開です、トホホ。

 さて、多少店の顔も整ったので、明日以降自転車のディスプレイなんかも考えて、見栄え良くしていきたいと思いますわ。別に媒体などに何の期待もしていませんが、こういうことでもないとなかなか整えないイベント型人間としては、大いに利用させていただこうと思います。

 ある意味工房飲みと同じかな?

超高齢社会の現在 自転車のあり方を考える 杖と保安



 今から15年前のブログの記事から引っ張ってきたピンぼけ写真なんだが、これが今後延々つづくであろうこの国にとって、目からウロコの車体になるかもしれない、という話。

 この子供自転車?・・・なのにカゴが3つも付いている?というよく見ると謎だらけの自転車なんだが・・・。

091119kago_convert_20240206205814.jpg

 上から見るとこれね、やはりカゴが三つあって、ハンドルが有りますね・・・当たり前なんですが・・・あれ?

091119cr_convert_20240206205756.jpg

 ペダルがない・・・、BBごと外していますね、そして・・・

091119pira_convert_20240206205823.jpg

 サドルもない!と一体なんの目的でこんな姿になったんでしょうか?ということね。

 確か依頼は高齢者の方が、家から庭を通って古新聞を外に出す時専用の自転車を作って欲しい、ということだったんですね。

 なので、カゴがこれだけあるというわけなんだが、だったらカートのような二輪や四輪のやつでもいいはずなんだが・・・。すると、狭いところも通るので、左右ではなく前後二輪がいいということだった。

 もう乗らないというので、邪魔になるクランク部分をすべて外し、サドルも必要がないということで外した。ただしブレーキは・・・そのまま。

 というのは、ブレーキをかけると自転車は瞬時に杖代わりになるということね、途中で万が一グラっと来てもブレーキかけて、落ち着けばまた持ち直せるということ。

 そういう狙いで作ったのがこの車体だったわけなんだが・・・、やはり他よリ十数年先行っている当店らしい発想だ。

 この現在の超高齢社会の中で、自転車に乗るのを諦めた高齢者に、さらに提案できるのがこの手の車体なんじゃないか?というのが店主の発想なのね。

 つまり、高齢のため自分の判断で危ないと思って、または家族にとめられて、自転車に乗ることを諦めた方に、その自転車を処分しないように、次期活躍できるものに改造しましょう!という前向きな提案なのだ。

 つまり、乗らないなら要らないものすべて外しましょう。サドル、クランク周り全て、チェーンからディレーラースプロケ等も要らない、電動自転車だったらモーターやバッテリー類ね、そして泥除けなんかも要らない、全て外す。できるだけ軽くする。

 そして、カゴだけはつけておく、もちろんブレーキも。

 で何に使うのか?というと、引き専用の自転車として活躍してもらうということね。つまり、買い物に行く際、乗らずにハンドル持って引いて歩く。ブレーキを引くと杖にもなります。

 そしてカゴには買い物を入れる。直接手に持たないので、それだけで楽だし、安全でしょう。軽量にしますが、引いて歩くところから、それなりにトレーニングにもなるかな?とも思います。

 高齢者が一人でもてる荷物って、個人差も有りますが微々たるものでしょう。自転車に積めるとなったらその量は三倍から四倍にもなりえますね。

 そして家の脇に常に自転車がある、というのは人の気配がするという意味で防犯にも役立つかも知れません。

 ということで、自転車寿命を諦めた高齢者の皆さんにも、引いて使い続ける自転車のあり方なんかも、今後示していかないとな!と思います。

 これは最近、自転車やめようかな?と思っていたご婦人との会話の中で確信したんであります。自転車乗れなくなった後だって役に立つんだということをね!

 これにて引き自転車という新たなジャンルが確立されたとしてします。そうなると、引くための専用のポジショニングなんて問題や、引きやすいハンドル形状とは?なんてところにも広がっていくかもしれませんが、取り敢えずは、乗らなくなった自転車の再利用から進めていこうかな?と思いますね!

岡の船乗り



 相当自転車いじりたいのかな?という質問がバンバン飛んできたよ。というよりすでにいじっていた。

 425930399_7209930455752727_1808600337356655663_n_convert_20240205200254.jpg

 なんか原型をとどめいているのがこのフロントメカのターニーだけのようで・・・。その他もの、

426030517_7209931092419330_4006613904952082201_n_convert_20240205200339.jpg

 このクランクも交換したらしいね。多分BBはそのまんまなのかな?その内いじりそうな雰囲気だが。

426030855_7209931179085988_1248940492932530893_n_convert_20240205200347.jpg

 7速から9速に変えたらしいんだが、このアルタスのディレーラーも値段の割に作りがいいね。・・・しかし7から9というのは不可解だ・・・。

 426107320_7209931295752643_6303357849843701223_n_convert_20240205200513.jpg

 うん、確かに数えると9速だよね、うん実に不可解だ・・・。

426039310_7209930832419356_3073571900022366426_n_convert_20240205200432.jpg

 このブレーキも交換したらしいが、これも不可解だよね。通常レーサーであれば101じゃなくて100のショートゲージものを使うんだが、なんでロングゲージなの?

 426035215_7209931312419308_1657110421996225333_n_convert_20240205200355.jpg

 フロントもそうだよね、しかもだ、ブレーキシューを見るとしてにオフセットしている、オフセットシューを選んでいる。前のブレーキ一体何を使っていたんだ?

 とまあ、この辺なんかは車体という過去のフレーム事態の不可解さなんだが、先の不可解さとは内容が全く異なるんだよね。
 426052812_7209930909086015_1362468759774060780_n_convert_20240205200440.jpg

 7速から9速への変化。確かに9速のソラのSTIがついていますね。店主も三十年前に乗っていた7速のビアンキを8速に変えたことがありましたが、その際にはホイールを組み直すなんてことをやったんですが、この方はどうやって7速から9速に変えたんだろう?

 そもそも8速以上のハブに7速つけて売られていたのかな?なら納得なんだが・・・。

 426103572_7209930969086009_4790306054995641747_n_convert_20240205200504.jpg

 ところがだんだん話を聞いていくとだな、どうも自分でホイールを組んでいるらしいんだよね。へえ・・・独学で・・・ねえ。

 426021257_7209930619086044_384261539517082950_n_convert_20240205200328.jpg

 シマノのハブ自分で買って

425967869_7209930685752704_3382389193343199354_n_convert_20240205200311.jpg

 リムも自分で買って・・・、当然スポークもだろうね、そして自分で組んでいる。見ると4本取りでやっていたな。まあご本人相当体重の軽そうな人なんでそれでもいいかも知れないね。

 スポーク長自分で計ったんだろうね。

 トルクはどのくらい?など聞かれたが、スポークを握った感じではこれでよし、フレもない、センターは・・・わからないが、よく組めていた。

 ということは?

 将来的に自転車屋になりたいのか?または副業にしたいのかな?と脳裏に浮かんでくる・・・。それならそれでもいいかも知れないな。ただ、今どんな職業をおすすめできるか?なんてこと誰にもわからないだろう、将来のAIだのなんだのと、どんな職業も何時そいつに取られないとも限らないからね。

 自転車屋だって、どこまで安全なのか?わからないよな。それはAIの発達によってもたらされるだけではないな。むしろそれに並行して起こる人間のセンスの、発想の、意欲の退化によって起こるのではないか?と思うわね。

 話を戻すと、少しでも自転車に関わって生きていこうとする方については、できる範囲で応援しよう!とするが、現在の職業なんてものをそれとなく聞いてみる、もちろん拒否権おおありだが。

 すると、なんと・・・船乗りだったのだ。しかも海外にまで行ける航海士さん・・・ということだ。

 スゲー話を聞いたぞ、いま国内にいる日本人の海外にまで行ける航海士さんはなんと・・・たったの2600人しかいないということだった!この国のほぼすべての輸出入を担っている船に指導的に関わる方がたったの2600人・・・。

 なれば!コイツを自転車屋にするわけにはいかない!船に乗ってろ!!!まあ、百歩譲って副業までだ!

 というのは半分冗談だが、もっとショッキングなのが出てきたぞ!

 航海士以外の船で働く日本人が本当に少ない。その大半をフィリピンの労働者に負うっている・・・。

 一人の日本人航海士に複数のフィリピン人労働者が、この国の海外との物流の要になっているということらしい。

 良かった・・・店主は隣のフィリピン人労働者諸君と楽しくやっているが、彼らは大工さんだが、その同国の方々は日本を支えてくれているわけなんだよね、ありがたし!

 台湾有事は日本の有事!などとほざいて殺された奴がいて、またそれに重なるような戯言を吐いている舌下老人がいて、祖国のために戦えますか?と煽るオババがいるようだが、食料・エネルギーの自給もできず、その物流をなんと外国人に頼っている国らしいぞ!そんでもって原発だらけのこの国が勝ち戦などできるのか?

 その他、船での鍋料理は胴長鍋でやる(揺れてこぼれないように)とか、今の船底は二重になっておりその間はは人が立っていられるほどの空間が空いているとか、船には空荷のときのために海水を貯めるタンクがあるとか、それでも実は船の強度は弱くもの昇降には厳密な順序があるとか、最後は船乗りも実は船酔いする・・・など、面白い話のオンパレードだった。

 さて、このサードバイクなるアルミ自転車をまだいじりたいようだが、この国から船乗りを減らさないよう、適度に無愛想に付き合っていこうと思う・・・かな?

超軽量 カーボンホイールにチュブレータイヤ!



 まだ円が今よりも強かった頃、カーボンリムを引っ張ってきて、手組みホイールを組んでいた時期がありましたね。これもその中のワンペアですが、なんせチューブラーという時代遅れものなので、これはかなりも物好きか、断然チューブラー派という変わり者以外には動かないかな?と思っていたんだが。

 なんとか反応があったようだ。

425966184_7206083739470732_8844860770923271692_n_convert_20240204194914.jpg

 TNIの超軽量フロントハブでありますね。本当軽くてよく回る。しかもスポーク数は・・・

425573005_7206083556137417_2394830950539691437_n_convert_20240204194820.jpg

 20本という少数もの。スポーク自身はDTものを使っていますね。ラジアル組です、交差なく直でつなげる分スポークが最短になり、その分軽量化に繋がっていきます。

425990314_7206083612804078_9038888426691362408_n_convert_20240204194946.jpg

 リムがカーボンでハイトが22ミリかな。ディープにしていないところも軽量化を意識しているわけであります。

 でもって、重さ量ってみましょうかね?

425913633_7206083819470724_5175417671784040401_n_convert_20240204194838.jpg

 ホイールにタイヤを取り付けた状態で1キロ切っていますからね・・・。

 そしてリアですが・・・、

426035207_7206083339470772_7955960982549145845_n_convert_20240204194954.jpg

 リアもTNIが使われています。この数年ディスク用のスルーアクスルが登場してから、ハブ自体をクイック式とアダプターで互換性をもたせるようにしたものが出てまいりました。なので、細かいパーツがかつてのTNIのハブと互換性が無くなってしまっているところも有りますね、時代の流れなんでしょうが・・・ショップとしてはいい迷惑。

 この角度から見て解ると思いますが、リアハブの組み方で、半フリーがラジアルに組まれていますね。つまりチェーンからのトルクがかからない方の組み方ですから、交差のないラジアルで組んで、軽量化に集中するということなんですね。

 その対岸の、フリー側は4本取りです、リアのスポーク本数は24本です。通常ノーマルホイールが32本ということを考えても、こいつらは異常に少ないね、まるで完組みたい。

 425976223_7206083686137404_4677959058682450300_n_convert_20240204194923.jpg

 故あって、コンバーター系のスプロケつけています、カンパ系10速に対応させるといういみで、これならちゃんと使えます。フリーだけの交換もTNIならお手の物なんですが、ここにも物不足の影響がまだ出ていますねえ・・・。

 重さを見ていましょうかね、スプロケ付きで量っているんで、多少重く出ると思いますが・・・

425957085_7206083486137424_6735078077784163744_n_convert_20240204194855.jpg
 
 スプロケがありながら1キロちょっと・・・と、まあ手組みでできる限りやったかな?というところですね。

425957027_7206083309470775_3656166574983312631_n_convert_20240204194846.jpg

 この当時は学生目当てに、リアをロード用とピスト用にカーボンホイール組んで、フロントはロード・ピスト兼用で、ホイール三本ワンセットでかなり値段抑えて出していたんだが。

 学生は欲しい機材を目指してアルバイトして銭を貯めるので、そういうものに飛びつくようなことは当時はなかった。むしろ小遣いを制限されているお父さんたちが、どうにかして裏金、ヘソクリ、奥さん騙しをやりながら、買っていったということのほうが多かった・・・。

 当時は自由に使える金はお父さんよりも学生の方が持っていたということだった。今やどちらも持っていない、下手すると装備スポーツをするどころではない、というところにまで追い込まれているのかもしれないね。

 イエイエ、それでも自転車の可能性はまだまだ深く、危機に強いのが自転車!という点は変わらないのだ!

グレてやる!早速実践・・・



 店主の中に勝手にある基準がある。このパイプ、洋パイプには、パイプ面という生まれ持ってのパイプの似合う人物がいるということなのだ。

 アア、あいつは典型的なパイプ面だな・・・というね。当店周りにも複数いるが、例えば・・・

253638834_4567112536701212_2123106060442211346_n_convert_20211104150356 (1)

 この写真に写っている左側のおじさん。すでに神田に引っ越してしまったエコーレコードの店長さんのタケシ君なんだが、この人なんかがもう典型的なパイプ面だな、と思いますね。

 たぶん今でも紙巻タバコなんかやっていると思いますが、早々にパイプに変更したほうがいい。なぜって、生まれながらのパイプ野郎だからだ。移転祝いに一本あげてもいいかもね。口に加えたら最後、離れないと思うよ・・・。

 ということで、後数名パイプ面したものがいるんだが、それは会った時本人に伝えるとして・・・。

 ちなみにこの店主なんだが・・・。自分の見立てでは、誠に残念ながらパイプ面ではない・・・、トホホ。少なくとも洋パイプの面ではないのだ。これは色んな形を持ってしても、似合わない、ダメなのだ。

 むしろ、東洋系の怪しげな煙管・・・のほうが断然似合うのだ。うん・・・これはもうそういう星の下、面の下に生まれてしまったんだから仕方がない。

 なれば、火皿のデカイ煙管にパイプタバコを詰めて、怪しげにグレるという手もあるが・・・。

 425443933_7198478566897916_693978713133792493_n_convert_20240202213847.jpg

 なんかだろうな、こいつなんかを煙管風にして、どうにか店主の面に合わせることが出来ないか?なんてことを考える。考えると、周りのボール盤や工具類が、ヤレヤレやっちまえ!と店主を焚き付けてくる。

 うん・・・そういえば・・・。

424932019_7198477823564657_5293253349808718942_n_convert_20240202213755.jpg

 当店にはこんなものあったことを思い出した。これは・・・、当店の薪ストーブから出る大量の灰があるんだが、それを回収して畑に蒔いて収穫する、花咲おじさんという人物がいるんだが。

 この花咲おじさんがなんと竹細工の専門家でもあるんですねえ。持ち物なんかほぼ自分で作った竹ものなんですよ、それはそれは優雅でよろしい。

 そんな方から竹の根っこかなんかいりませんか?と来たもんで、躊躇なくもらっていたものを思い出したのだ。これを火で炙りながらまげて、土瓶やバッグの柄にするなんてもの見たことあるでしょ?なんか自転車部門に使えるかも知れないと、転がしておいたんだが・・・、この長い竹が煙管の一部に見えてしまったんだから仕方がない。

 太さを量って適度にちょん切った。そして

424926796_7198477923564647_366012455839892828_n_convert_20240202213738.jpg

 お前協力するって言ったよな・・・とボール盤にあてがって、穴掘りをすることに。細くて万力では固定できないので、手でもって、加減見ながら、ボール盤を落とすのではなく、母材の竹を押し上げるようにして、穴を開けていく。

 握った手にドリルの回転の感触が伝わると、ちょっとずらしてまた中心の方に持っていく、というようにしてね。

 でもって穴が開くでしょ!貫通だ!

 424933165_7198477720231334_48364317499795291_n_convert_20240202213803.jpg

 本当困ったことにこんなものが探すとでてくるのが当工房内。こいつは六ミリのアルミパイプなのだ・・・。これを芯にして、先の穴開けた竹にだ、

424955055_7198477586898014_4050165876480676068_n_convert_20240202213837.jpg

 このように差し込みます。植物は金属と違って押し込むように差すと締まるので、ざっと固定ができる。

 この反対側にまた六ミリの穴を開けて・・・、

424926796_7198478270231279_7817420914405723664_n_convert_20240202213747.jpg

 今度は吸口の方を差し込むわけだ。これでわかったと思うが、つまり竹の根っこをパイプ状にして繋いで、火皿から吸口までの距離を伸ばして、煙管風にするという作戦だったのだ。

 洋パイプでもチャーチワーデンというタイプがあるらしく、これは長い吸口のものなんだそうだが、かつてイギリス国教会で教会内で烟をはかないように、火皿だけ窓から出して吸っていたところから付いた名前らしい。

 まあその応用のようなもんなんだが、この竹を使うというところが東洋風の怪しげな煙管風情を演出するというわけなのだ。そして柄が長くなるほど、烟は冷めてくる、クールスモーキングというそうなんだが、冷めた烟は辛さが取れてうまいというんだが、味のことはよくわからん。

 ただし!冷めた烟だと舌焼けという、軽度の火傷が起こらないという利点は素晴らしいよ。なれないパイプで舌焼け起こすと、お茶飲んだ時ピリピリしたりするからね。

 424949388_7198478063564633_1740829882471494969_n_convert_20240202213821.jpg

 ほれ見ろ!らしくなったであろう・・・イヒヒヒヒ・・・。

 さてチェックを兼ねて、早速グレてみようか?

 424949323_7198477523564687_3374421613223770889_n_convert_20240202213812.jpg

 おお、特に烟も漏れることなくちゃんと吸えるわ!

 うまいかって?店主のパイプ喫煙はグレることが優先なんで、味など知ったことではない!大体こんな煙ったいものうまいはずがなかろう!ただし、火をつける前のタバコの葉の香りは、パイプタバコの場合相当いい!ということだけはわかる、それだけだ!

 さあ、どんどんグレるぞ!見てろ年金もろくに払わず、裏金に寛容な日本国!還暦以降が本気でグレたらどうなるか?目にもの見せてくれる!

 還グレクラブ会員募集!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター