メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |新ジャンルの予感 その露払いとしてのパッソーニ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

新ジャンルの予感 その露払いとしてのパッソーニ



 イタリアの名車を露払いにするなんて、だいぶ大風呂敷であることは予感されてるかと思います。

 ただ、このパッソーニ行けています。

1107131 (2)

 基本中の基本をチタンフレームに置いているようです。

 1107131 (5)

 これなんかは、フレームパイプの径や載せているコンポ、履かせているホイールなどを見ると、モロ競技性の高い自転車であることは分かりますが・・・。

 1107131 (6)

 こちらなどは、細身のフレームに木製のリムなどかなりの工芸路線をとっていると思えます。

 競技路線も工芸路線も両輪を行くパッソーニか・・・と思いきや・・・。

 今の競技の主流とは、いわずと知れているのは、一も二もなくカーボンでしょう。カーボン以前のレースの主流はアルミで、そのアルミからカーボンへ移行する間に、花火のように打ち上がっては消えていった素材がありました。

 マグネシウム合金とチタンかな。前三角アルミ後ろ三角カーボンといったハイブリッド車など、カーボン前の群雄割拠の時代であったかと思います。

 その中で、チタンは早々とレース主流の素材から外れていったように思いました。軽いし酸化にも強いので、海辺のトライアスロン車としては重宝されたようですが、本家本元のロードレースの方では、その柔らかさからか、一瞬たりとも主流になったことはなかったと記憶しています。確か・・・そうだったような・・・。

 では、なぜレースの主流にはなれず、加工も楽ではないチタンが今なおなぜ、作り続けてられるのでしょうか?
 
 たぶんですが、チタンという金属のもつ魔性のなせる技、なのではないか?

 チタンはチタンであるだけで、すでに妖しいのです。

 パッソーニのカタログを見ると、「豪華さとデザインと娯楽性の理想的統合」だの、「最高級の素材と伝統的な超一流の職人芸」、「表現、感覚、強さ、これがパッソーニのスタイルです」などが唱えられています。

 ただ、どこを見ても、「現代の激しいレースシーンを支える最先端の技術・・・」というような「レース」に関する記述はなしです、ホイールぐらいかな?

 確かに最高級のレーシーな車体はパッソーニチタンにもありますよ、しかし、今フランス一周に狂奔している選手達に、積極的に提供されるような気配ってありますかね?あったらごめんなさい。でもあまり聞きませんね。

 スピードを争うレースから一線を退いた素材は、一体どこへ向かうのか?

 例えば鉄なんかを考えてみると、日常使いに近いものになるか、自転車の美の典型となって、時に工芸的な価値を保持されつつ、不滅の地位を確保する・・・、なんて感じでしょうか?

 鉄はすでにレースの一線から退いています。鉄の次に来る典型になりうるものは・・・、素材として妖しさをほこるチタンなんじゃないか?なんて勝手に思うわけです。

 ではアルミは?・・・ウーン、ある意味まだ半分現役的なところもあるし、安価な日常使いにもなってはいますが、まだ工芸の領域には行ってないような・・・、せいぜい今はなき接着時代のアランぐらいかな?そういう意味でまだまだ未開拓な素材であるかと思います。

 チタンに戻りましょう、そう、チタンが主流として残る場所がレースではないとすれば、残る工芸路線の典型をどうやって確立していくか?ということが、チタンの生き残りとして重要であると思われます。

 そういう意味で、パッソーニって先駆的にそうしたことに、非常に高レベルな状態をもって挑んでいる、という果敢なイタリアンということが言えるのかも知れませんね。

 しかもチタンだけではなく、これからの鉄、伝統を超える鉄の可能性なんかも探っているようですよ。

1107131 (3)

 ステンレスフレームなんだと。

 1107131 (4)

 こちらはライトスチールと来る・・・。こういうところに自転車製作の伝統が本当に根付いているイタリアという風土を感じさせられますな。新たな鉄の可能性、これはまたいろんな方面に開かれていくかも知れませんね。

 で、今回なんで店主がパッソーニなどに関心を寄せているか?ということですが、珍しく当店があのFUJIに続いて、パッソーニの特約店となった・・・というわけなど全くありません。

 そんなことあり得ません!一台百万の車体をどうこうできる身分ではありませんから・・・。

 ではなぜ、パッソーニか?それも表題にあるように、露払いに使う・・・?

 なんだこりゃ?でしょう?

 解題は徐々にやって参ります。しかも作品を示しながらです・・・、ということは?!

 そう新ジャンルだよ!新ジャンル!ただいま開発中!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1066-e75e53da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター