メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママ狸ん新時代・・・というか 新分野へ切り込み開始! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ママ狸ん新時代・・・というか 新分野へ切り込み開始!



 こうした典型的なマウンテンバイクに、子のせは付けられないか?

 後ろのせなら、簡単に付きます、というのが答え。

 では前用の子のせだったらどうか?これは今まで多くの方々から、ご質問いただいていた内容でした。

111004 (3)

 前用の子のせは、このアヘッドフォークのコラムに噛ませる形を取ります。ということは、このコラムにアダプターを噛ませる余裕があれば、可能かと思います、というのが今まで答えでした。

 ただ、通常のセッティング状態では、子のせのアダプターを載せるほどの余裕を残しません。と、いうことは・・・、通常の状態では、このタイプのマウンテンバイクやクロスバイクには、前用の子のせを付けることは、ほぼ不可能という、結論が出てしまいます。

 ただ、どうしても・・・・、という願いがあれば、もちろん検討いたします。

 今回がそうでした。となると、切ってしまったコラムを再生することは不可能ですので、逆に長いコラムを残した別フォークに取り替える、という選択肢が浮上した参ります。

 111004 (5)

 サスペンションフォークをこの鉄フォークに交換しました。もちろん長いコラムを残してです。

 そこに子のせを噛ませます。

111004 (6)

 ホラ!しっかり噛んでます。

 というわけで、フォーク交換をしてちょっと工夫すれば、アヘッド型のマウンテンバイクやクロスバイクにも、前用子のせを取り付けることが可能というわけです。

111004 (7)

 ちゃーんと付いていますね!

 サビサビの駆動系・・・。
111004 (2)

 この辺や、チェーン・ワイヤーなどを直して、より快適化して、子のせ付きマウンテンバイクの再生です!
111004 (4)

 今まで、マウンテンバイクの後ろ用の子のせ付きは、見慣れていますが、前用子のせというのは、ちょっと新鮮ですね。

 オット!気づけばこれまたGTだ!

 というわけで、今まで各方面からいただいていた、ご質問、マウンテンバイク・クロスバイクのアヘッド構造に、前用子のせの取り付けは可能か?ということの一つの答えが出たというわけです。

 条件付きですが、コラムにアダプターを噛ませる余裕があれば、装着可能である、ということです。

 ただ、現状では、そうした余裕を残してセッティングしてる自転車はほとんどないので、通常の状態では不可能ということになります。

 その打開として、長いコラムの付いたフォークに交換する、という選択肢があります。これをすれば、マウンテンバイク・クロスバイクのアヘッド構造にも前用子のせはつく、ということを回答として、答えさせていただきます。

 まあ、新たな車種に対しての、一ページが開かれたというわけですね。いわば新施工術というわけです。

 イェップも、ポリスポートも、キュベルもフォークのコラムに余裕があれば取り付けは可能です!

 メーカーさんにはもっと感謝してもらっていいんじゃないかな?とも思ったりもしますが・・・。それとも変則的な取り付けはお断り、ということなのかな?構造をよく検討した上での取り付けですから、安全性には問題はありませんがね。

 まあいい、施工業として、安全第一の上、できる限りお客さんのご要望に応えられるよう、やっていかないとね!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1154-b3c25944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター