メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |言葉の力 ことばのちから コトバのチカラ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

言葉の力 ことばのちから コトバのチカラ

111201 (2)

例えば、こんなものがありました。

ユーチューブにアップされているものですが・・・。

長いものですが、聞き抜いてしまい、ついには聞きつぶすしてしまった。

これは、言葉の力なのでしょうか。

言葉に力があるというのであれば、その言葉の力というものを再生させたい。と思った。

例えば、これ・・・。

これもユーチューブですが、友川だ!

何かしらねーが、この最近、友川が響きやがる。このあり方に、言葉の再生のヒントがありそうなのだ。

使い慣れた、角の取れた言葉ではなくて、言葉の石がかち割られた、まだエッジのたっている、鋭利な言葉の中に、言葉の再生の可能性がある、そう思う。

 店主は、かつて、単文の練習をし、言葉の練習をしたことがあった。が、もう小説の創作などこりごりだ。そんな時間があったら、溶接の練習がしたい。

 小説などという娯楽に、もう可能性など見いださない。どうせ行くなら小説などではなく、大説を目指すべきだろう。

 言葉の再生・・・。

 店主は、かつて、山之口貘にはまりこんだことがあった。
 歌に載せれば、当然高田渡であった。

 詩人の貘さんの根底には、怒りの下に豊かなユーモアがあった。ユーモアとは、体液という語源を持つそうだ。

 だから、つねに潤いと艶があったのだ。だから、状況と批判に寄りかかるような安易な「反戦」などとは格が違った。それを歌った高田は、未だに沖縄の一部からは許されていないはずだ。

 たしか・・・

 地球の上はみんな、マグロなのだ
 マグロは原爆を憎み また水爆には脅かされて
 腹立ちまぎれに 腹立ちまぎれに 腹立ちまぎれに
 現代を生きているのだ

 貘さんの詩の一部だったと思う。

 これは詩だな・・・。言葉の再生には、詩が大きな位置を占めそうだ。

 そういえば、かつて、店主は無着底という、詩人にはまったことがあった。

 ほんの少しの秀作の中で印象的だったのが、これ。



なぞなぞ

生きてるときは行かなくて
死んであわてて行く者だーれ?

答え わたし


かち割った言葉の石のエッジがたっている、これをケガを覚悟に構築するのが、脱走続ける詩人の所作なり。

111201 (3)

 そこで何年ぶりかに、詩集なるものを探し出してみた。

 舌打ちしつつ、読み進んだ金子のやろうが、チェッ、出てきやがった。みずすじゃないよ。

 そしたら、何かやたらとカバーがふくれていてね、昔の試作のメモなんかが雑に挟み込んでいるのかと、振ってみたら、驚いた。

 なんと出てきたのが、エッジの効いた・・・

111201.jpg

 小ギヤでありやんの!夢中で走っていた時期の固定ギアの小ギアが、なんでこんなところに?

 しかも友川だぜ!

 ご存じでしょうか?詩人の友川カズキは、大の競輪ファンなんです。

 かの滝沢さんを歌った、夢のラップをもういっちょ!

 是非聞いてくださいな。

 逃げろ!タキザワ!※自転車での逃げは、決して逃げではなく、攻めなのだ!

 言葉の再生が、詩を思い出して、その詩が詩集を呼び出して、詩集の中から小ギヤが飛び出て、固定ギアが競輪で、競輪のない人生は大変だ、という友川と、これまた変な縁でつながっているようだ。

 お告げかね?

 世界を変えるヒトリがいる
 そいつは過小評価というものを一切しないから
 手がつけられないのである


 本当にこのままで、今の世の中は破滅です。

 といってユートピアなんかはありませんし、めざしません。

 ノイラートの船のように、岸壁での完璧な修理はできません。走りながら、動きながら、船底から漏れた水を修正しながら、走るしかない。だからユートピアではないんです。船底一枚下は地獄なんだよね。でもね、それはその修正できるというところが大切なんですよ。自分たちで修正できる、ということが。

 今の世の中、修正できるだろうか?

 さて!

 自転車をいじりつつ、言葉を再生させながら、世界を変えるヒトリになる。小声で宣言します。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


は~!今日のはおどろいた。
年取ると詩やら短歌にもどる予感がしてきて
ます・・・。
【2011/12/02 06:29】 URL | ナイナイチー #- [ 編集]

辛辣かつユーモア
言葉の力 私も近年つよく信じ始めました。
見えない力を信じるのと同じように
星の引力を感じるように

やっと、歌手になってきています。

たねたぬ教授 楽しみですね!!
(^O^☆♪わくわく
【2011/12/02 12:57】 URL | もっか #- [ 編集]


自転車屋辞めてストリ~トポエマーになる、なんてのもいい選択ですNE★

あ、あとブログに著作権侵害の違法ビデオを貼るのは止めたほうがいいですYO(^-^)
【2011/12/02 16:03】 URL | 東●生 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1213-c963ccc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター