メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |フォーク交換 塗装 小技ありヘッド回り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

フォーク交換 塗装 小技ありヘッド回り

120404 (6)

 これだけでもカチッと決まっている車体ですが・・・、ちょっと気になるパーツがあるとか。

120404 (7)

 ここです、フォーク。これカーボンフォークなんだそうですな。

120404 (8)

 ロードのようなモノコックではなく、ラグに接着という形を取っているようですね。

 マウンテンバイクのフォークとして、カーボンフォークの効用は何でしょうか?軽さ、これはいけるでしょう。

 あとは?街道走るんならいいかもしれませんが、これでダートを走り続けることへのちょっとした不安感のようなもの、まったく分からなくもありません。

 多分製造者は太鼓判を押すでしょうし、そうしたものしか市場に出ていないんでしょうから、ほぼ問題はないと思います。昨今は飛行機の機体にもカーボンが使用される時代ですしね。強度も問題はないんでしょう。

 ただ、どうしても心理面というのは、そうした保証や知とはギャップが生まれてしまうのも確かなもので、やはりクロモリフォークがいい、というご希望が出るのも理解できます。

120404 (4)

 フォーク交換の要は、コラム切りとコチラ、ヘッドパーツの打ち変えというところでしょうか。

 この車体ではありませんが、しっかし最近の下玉推しは一体何じゃ!非常に外しにくい!しかも一回外したら二度と使わないでくださいとか・・・。

 形が富士山のように裾野が広がって、めくり部分がないから、そこに引っかけて引き上げるということができない、形になっています。これが機能的に優れているというアドバンテージがあるんでしょうか?

 鋭利に研いだ、ガム剥がしの様なものをフォークと下玉押しの境界辺りにあてて、ぶっ叩く。こんな雑な作業を伴うパーツなど考案するな!といいたいのだ!

 百歩譲って、下玉押しは使用できなくなってもいいとして、フォークのコラム付け根あたりに傷が付く可能性もあるじゃないか!

 発想がヘッドパーツとフォークの使い捨てを前提にしているのか?なんともメカとしては、納得しがたいんですよね。ヘッドパーツはまだ消耗品的に考えるというのはあっても、フォークは自転車の構造ですからねえ。

 このフォークがすき!このフォークを使いたい!という要望は結構強いと思いますよ。店主のネオコットだって、一インチのタイムのストレートフォーク、あれがヘッドパーツが抜けなくなったぐらいの理由で、諦めなければならないことが起きたら、ヘッドパーツ製造者に文句いいます!絶対に!。

 今はフレーム買うとフォークも付いてくるので一体と思われている方が多くなったと思いますが、実際はフレームとフォークは別物です。

 フォークって単体ですごく大事なものなんですよ!!!

 時にフォークが走行に与える影響はフレーム以上に、支配的な場合だってあったと思いますね。

 今はフルカーボンで一体設計されているので、それで完成品なんだと思いますが。

 アルミが全盛の頃なんて、激硬のフレームをどうやってフォークで味付けするか?という組み合わせの妙があったと思いますね。中にはクロモリフォークをわざと付けている人もいたくらいです。下りの高速コーナーでカーボンなんて信じられるか?というタイプ。

 店主のタンデムも、最初はカーボンフォークでしたが、クロモリにかえましたよ。

 まあ、そういうわけで、カーボン全盛の世の中でも、好みのフォークへの載せ替え、なんていう余地も残していただきたいんですが、あの富士山型のめくりなしの下玉押しでは、そういうこともやりにくくなりますわ。

 愚痴が続きましたが、クロモリフォークを付け替えるんですが、もうワンポイントありました。

120404 (3)

 店主は詳しくありませんが、ディスクブレーキの形式の違いで、何種類かのマウント方法があるようです。これをアダプターで調整します。

 そしてクロモリフォークを黒塗装します。

120404 (5)

 漆黒の黒黒です。
120404 (2)

 心なしか、心理的にやっぱりクロモリの安定感・・・というものを感じますね。ヨシ!これで野山へいこうぜ!とばかりに。

120404.jpg

 まあこれも最初から、こういう形の自転車でしたというような顔しています。

 渋めに要所がまとまっているという印象を持ちますね。おお!わかってるーという印象ともいいます。

 ヘッドパーツというのは小さいながら、最も多くの種類の工具を必要とします。数年に一度の改造に、もつ必要は、ほとんどないでしょう・・・。

 この辺なんかも、ショップの仕事なんだと思いますな。

 フォーク交換、これもホイールの次に走行感の変わる構造ですので、いずれの皆さんの選択肢の中にでも、入れて置いてください、本当にフォークは偉大です!!!

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1341-bea9429c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター