メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |画竜点睛 ほんのちょっとの最後の仕上げ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

画竜点睛 ほんのちょっとの最後の仕上げ



 これだけ見ても、当店流の実用車改造か?と思われるでしょうな。

 これは、個人の方が、一般実用車をここまでスリムにしたんですね。

 ただ、外すだけでしょう?

 なんてそんな簡単なわけにはいかないんですね。

 泥よけを壊さずに外すだけでも、結構大変なんですよ。ここまでご自分でやってみたんで、あとは当店で、ということで最後の仕上げをやりました。

120405 (2)

 この泥よけを全部取り去るのが大変!カバーだけを取るんなら簡単ですが、台座を取るのが大変なんですね。
 BB回りとの関係ですから・・・。
120405 (5)

 カバーを外しただけでなく、チェーンリンクを少しデカクしました。これで踏み込んだときの伸びは、違うと思いますぞ!

120405 (8)

 バンドブレーキを外します。その後に固定ギアがつくんですが・・・。

 ブレーキ外すと代わりに付けないといけませんね。

120405 (3)

 チェーンステーのここにキャリパーブレーキを取り付けます。

120405 (9)
 アルミの厚い板を付けて補強します。

 ハンドル回りも変えましょう。まず箱の幅を少し短くします。
120405 (4)

 ハンドルを引くに当たって、その幅は結構大事でね、操作性を重視するなら、幅広、上半身を動員してグイグイ行きたいなら、肩幅・・・かな。
 120405 (6)

 あとステムをもう少し低くするよう交換します。

120405 (10)

 サドルも伸ばして、結構、走り屋モード全開で完成です。

120405 (7)

 走りもメンテ性も向上ですよ!

 今、武蔵野地区あたりに自転車イジリについての、盛り上がりがあるようです。いい年した父ちゃん達が、少年に戻って自転車と格闘・・・。いいねえ・・・。新たな潮流とは、こうしたところから始まる・・・予感です。

 自分でここまでやりましたが、最後のオチが付けられません・・・というような方、歓迎です。

 こんなやり方しておこられるんじゃないか・・・?なんて心配は一切無用!店主もガキの時、自転車屋さんに小言言われた経験がありますから、その辺は大丈夫!

 自ら関わる自転車イジリ、応援します!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1342-3e567843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター