メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |高速買い物自転車の変身 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

高速買い物自転車の変身



 高速・快走のできる、買い物自転車を作ってほしいというので、ざっとではあるが、ギア比なんかも計算して、レーサーのホイールを贅沢に使って、作り上げたこの車体であったのですが・・・。

 発注したにもかかわらず、いくら連絡しても無視・・・。当店のような小さい店をいじって何が楽しいやら・・・。事情が変わったならそういえばいいものを無視。

 通常は納車のおりに代金と引き替えに、という方針をとっていますが、こういう困ったお客さんが増えると、前金のいくらかでもいただいておかないとなあ、などと世知辛いことを考えてしまいます。

 なんてウソ!そういう発注後の無視のような方は、三年に一人いるかいないかの、低い確率なので、今まで通り、納車と代金の引き替え方針は変えるつもりはありません。

 この自転車、見た目はこんなもんなんですが、驚くほど走るんです。

 なんで?というぐらいに。正真正銘高速買い物自転車なんですよ、笑っちゃうぐらい走るんですから。

 これを通勤用の高速自転車に変えます。縛りはブルホーンバーと、固定ギア!やってきました変態君です。

120410 (3)

 名作だった買い物自転車の体を崩すのは、ちょっと残念ながら、新たな旅立ちとして固定ギアを入れます。

 そうそう、もちろん前後ホイールはレーサー仕様というか、700cです。

120410 (4)

 ギア比は大体2.5前後ということで調整しました。何かちょうど良い踏み味です。

120410 (5)

 お好みのブルホーンバーにしましたよ。

120410 (6)

 かつてはブルホーンにはエイドブレーキなんかを付けていましたが、最近ではもっぱらこれです。ギドネット!ブルホーンバーのほぼ全域をカバーしてくれるレバー形状なんで、使い勝手は最高ですわ。

 120410 (7)

 今度は長身の方に引き取れれますので、ピラーの検討もしましょうかね。

120410 (2)

 前傾がより取れるようになって、またよく走るようになった感じですよ。

 止まらないね、コイツの不思議走りの秘密は。

 荷台はいらないかな?外しておいてもよし、仕事でどうしても必要なら、つけてもよしですね。

 新しい持ち主は、今年度から、理科の先生になられた若者。楽しみですねえ・・・。

 話の中で最近よほど安っぽく使われるようになった「科学的」という形容詞、アホな文系のコメンテイターほど連呼しているこの言葉なのですが、その意味をしっかりと中学生に分かるように教えてやってほしいものですね。

 「科学的」という言葉は、もう動かすことのできない事実、誰も否定できない事実を指す言葉ではなく、「今のところうまく説明できている」という状況、それ以上以下でもない、ということを。

 そして、現場の科学者ほど、文系のアホのような断定はしない、「他の可能性もありうる」という余地を必ず残しているんだ、ということを、よーく中学生の諸君達に伝えてほしいものですね。

 最後に、科学だけでなく、学問全般について言えることは、こと真理においては、謙虚であるべし!ということです。

 店主の人格や性格は別として、その書く文章にほとんど断定はないんじゃないでしょうか?もちろんそのように気をつけているわけですが、それはなぜか?店主はある意味徹底した懐疑論者なんです。常に本当にそうか?という問いを持っています。

 他の問いの余地を必ず残しておきたいと思っています。先ほどの学問にとって大切な謙虚さということは、別のいい方をすると、他を聞く姿勢を常に開いておくということかと思います。

 これは科学的事実なんだよ!と断言する人に他の説を聞き取ろうという姿勢など全くないでしょう。

 自らが正しい、絶対的正義であると信じてやまない人は、他の人の話を聞こうともしないでしょう。

 二言目には「科学的!科学的!」という輩のいうことは、あまり信用しないほうが良いでしょうな。

 この4月の新年度から、この自転車が新しい理科の先生を乗せて走る!いい光景です。

 何よりさわやか!さわやかです!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1348-f0cc151d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター