メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |泥よけなんかをつける・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

泥よけなんかをつける・・・



 再塗装から、ほぼ現行品のパーツでランドナーを組み上げたのが、確か昨年の6月頃だったと思います。早速コメントが来やがった・・・。

 ここまでランドナー組んだのに、なんで泥よけないの?だって。

 確かにその手の美学については理解しますが、店主は泥よけ嫌いなのである。

 とにかくメンテしにくいのがいや。面倒くさくて、見るのもや。であるからして、気持ちは分かるが、泥よけ付けずに出したというわけなんですわ。

 気合いの入ったランドナー乗りはうるさいからなあ・・・。

 で、時が数ヶ月経って、やっぱり来ました、ご依頼が、泥よけが・・・ほしいと。

 ご依頼とあれば付けますよ、乗りかけた船でもありますから。

120415 (3)

 何か光っておりますな。付いて当然て顔が憎らしい。確かにあっているのよ、ランドナーと君の相性は、でもね付くときもごねてくれたよね。

 120415 (6)

 狭いところは切るか、折り曲げるかですね。ついでにナット止めするときに穴を空けます。すべて現物あわせですわ。ちなみに湾曲しているところに線引いてポイント立てるのって、難しい!レーザーとかなんかだと楽なのかな?

120415 (5)

 取り外し可能なだるまネジ。これは今や貴重でしょう。今回堀之内のマニアの方から助けられましたが、これがなければ、自分で探せ!というくらいの、細かいパーツです。

120415 (4)

 ここもだるまでとめて、切ります。切った後面取りしますので、付けては計って外して、切っては磨いて取り付けて、何回やらせんだ!

120415 (8)

 前もここで一カ所止めのように見えますが、実は2カ所止めしているんですね。ステーの貫通棒にぶら下がりボルトのようなものを付けてそこにもナット止め。手間かけさせやがってヨー・・・。

 120415 (9)

 二点留めプラスワンで、フロント荷台の裏にもねじ山が切られていて、そこに止めます、確かに走っていてグラグラはいやですからなあ。

 120415 (7)

 フロントも取り外しを想定した蝶ネジでの留め。このネジもWレバーのものを応用、簡単に手で着脱できます。

 半泣きしながらようやくつけた泥よけである。

120415 (2)

 確かに、見た目としてはランドナーに泥よけは必須だわな・・・。認めますわ。

 ただ、店主が後にランドナーに乗るとしたら・・・、あまたの反対を押し切って、やはり泥よけはとるでしょう。付けないでしょう。

 パンクして車輪引き抜くのだって苦労するからねえ、タイヤ外してそのまま置くと、また曲がったりして、それが干渉して余計な音たてて・・・、逆爪だから正爪よりもマシなんですがね。

 そんなわけで、世の中には、粒あん派とこしあん派、固焼きそば派と柔らか焼きそば派、目玉焼きにソース派と醤油派というような、どうでもいいような水掛論争がありますが、まあこれもその内の一つでしょうな、泥よけ派とそうでない派というのも・・・。

 ただ、こう見ているとランドナーというツーリング車は良いね。どう転んでもブレイクはしないでしょうが、マイナーブレイクで必ず薄い層としても残るでしょうね。中年以上のオヤジ達、もしくはずっと若い子供達の中で生き続けてくれたらいいですね。

 ヨシガイさんらのガンバリで、結構現行品でいけるので、絶対に滅んで欲しくはないタイプの自転車ですね。

 まあ、そんなランドナーのためなら、半年に一度くらいは、泥よけ取り付けもいいかな?と思う次第です、イエイエ、お仕事ご依頼いただけるというのは何にしても有り難いことです!

 泥よけ、・・・付けますヨー。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1353-88cc903f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター