メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |一見バイクな電動自転車 子乗せ カゴ スタンド何でも来い tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

一見バイクな電動自転車 子乗せ カゴ スタンド何でも来い



 これは一見バイクだわな。かつては、ホンダのバタバタではりませんが、エンジンとペダル両方ついたバイクってありましたよね。

 車道から、エンジンとめてペダルにして、歩道に入っていくなんていう使い方をしたんですが、これなんか堅牢な作りで、ほとんどバイクの外見です。

 ペダルが付いていても、その例のペダル付きバイクのようですね。

 確か前にも同じ自転車に子のせなど付けたことがあったと思いますが、今回それをリセットしつつ、色々付けていきます。

120420 (4)

 このシートチューブと電池の配置は、フレーム取り付け式のものは無理でしょう。となると荷台を使用するしかありません。
 
 幸いのことに付いています。

120420 (2)

 一見頑丈そうですが、重量は十キロまで、と書かれたシールがしっかり貼られています。子のせをつけるのに10キロ以下というのは、軽すぎます。少なくとも15キロ、25キロは欲しいところです。

 フレームがダメで、荷台がダメなら、もうこの自転車には子のせを付けることはできません。

 通常が、ここで終わってしまうとしたら、この自転車を気に入って購入した人にはかわいそうですね。

 ではどうにかできないか?

 なら25キロまで載せられる丈夫な荷台に取り替えてやればいい・・・、それだけです。

 ただ、ポン付けできるかといえば、そうはいかないのがこの稼業、なかなか問屋が卸してくれません。

 でも、それをつける!のが施工業者というものです。

120420 (9)

 エンドが厚い金具でできているので、そこの穴を空けてタッピングして、ネジどめです。

120420 (10)

 もちろん反対側にも同じようにして、荷台の台座を確保します。

120420 (12)

 元々付いているダボも利用して取り付けてやると、荷台は付いてしまいます。簡単に書いてますが、これが結構大変なんですが、付くことは付きます。

 120420 (11)

 そのカゴの上に子のせの専用台座を取り付けます。これもポン付けはいきません。

120420 (13)

 荷台の一部に引っかけ金具をつけるくぼみを作って貫通させて、しっかりネジ留めです。板の折り曲げ部分にかかっていますから強度は問題ありません。

 これで子のせが付きました!
120420 (8)

 あと、こうなると欲しいのがカゴです!

120420 (3)

 この車体には、デフォルトでフロントキャリアが付いています、ここに取り付ければいいのですが、見て分かるように、骨格が通常のものより太いですね。

 こうなると取り付けように付いている普通のネジなどでは届きません。だから付かない・・・というわけには、施工業としては意地でもいえません。

 ネジが届かないなら、届くネジにすればいい、長めのネジで金具留めです。

120420 (6)

 デカイカゴなので、長くて丈夫な金具で三点ならぬ、三本留めですね。

120420 (7)

 何か最初から付いているようですね、黒枠に黒のカゴ、色々入りそうですね。

 そんなこんなで、出来上がった、子育て仕様号。

120420 (5)

 黒と淡いブルーのツートーン、重厚感があっていいですね。

 見にくいですが、スタンドも子育て仕様に両足の、下折り曲げ、ガッチリタイプに付け替えています。

 これで、少しは機能的にも向上して、大変な子育てのサポートになってくれるでしょう。

 もちろん構造上できないこともいっぱいあるかと思いますが、まずはできることを前提に、困難は断る理由ではなく、克服すべき課題として捉えていきますので、施工業者としての意地を見せていきたいと思います。

ママ狸ん、パパ狸ん、その他なんでもいらっしゃれ!

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1358-a2a40ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター