メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |特種なのはハンドルだけ 構造は同じ だから・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

特種なのはハンドルだけ 構造は同じ だから・・・



 入園の季節は、卒園の季節でもあります。つまりは新年度、生活が人によっては劇的に、人によっては淡々と変わる季節なんでしょう。

 お陰様で、子のせ仕様への変更ということで、ママ狸んは大忙しです。

 少しでもセンス良く、子供とサイクリングができるように色々と尽力させていただこうというママ狸んなのですが、「子のせ仕様へ」、というご希望があるということは、その逆、「子のせ仕様から」・・・というご要望にもお応えしないといけません。

 というのは、入園して、数年したら、卒園!つまり子のせ仕様の終わりを迎えることがあるということです。

 前後に子供を乗せて送り迎えする必要がなくなったのに、いつまでも子のせを付けておく必要はありません。それだけで、相当重いですからね。

 子のせがいらないのなら、取り外して、今度は買い物様、または快走用として改造してあげたほうが、その自転車の持ち味はしっかり生かせるはず、だと思います。

 生活形態が変わるからといって、その都度新車など購入する必要はありません。

 今回もこのケース、子育て仕様から、買い物車へ、よく見かける車体だと思いますので、これも一つ重要な選択肢であるということを、よーく認識して、浸透させいってもらいたいと思う次第です。

120422 (2)

 よく見かけるこの形状。元々は軸の中心に子供を乗せて、ステアリングを楽にしようという発想だと思います。その発想自体はまちがいではありません。ここに子のせが付いて乗っていたのを子のせを外して、その代わりにカゴを付けたという、それなりにがんばった仕様となっています。

 確かにこのハンドルは特種な形をしていますから、この特種な形式に合うカゴじゃないと付かないんじゃないか?せいぜいできてその程度のこと・・・、ほとんどのお母様方はそう思ってしまうんでしょう、無理もありません。

 通常この形式をかえて欲しいと頼むと、なんて言われるんでしょう?ふっかけられて、新車購入をおすすめされるんでしょうか?

 でもね、このハンドルは確かに一般の自転車からすると、特種な形はしていますが、取り付け形式・構造というものはそのまま一般車のものと同じなんですね。まったく変わりありません。

 となるとこの仰々しい特種なハンドルを外して、通常のハンドルに取り替えてカゴを付けるなんて事は、構造上無理でもなんでもないんです。

 120422 (6)

 カゴ付ハンドルを引っこ抜いて、ステムの形状を変えます。

120422 (7)

 そこにフラットハンドルを付けて・・・。

120422 (5)

 通常のカゴを付ける・・・以上です。

 とても軽くなって、ハンドル操作も楽になります。

120422 (3)

 使わなくなって後用の子のせ・・・、こいつを取ってしまいます。

 そして前に使用していた、カゴを後に取り付けます。

120422 (8)

 ハイ!スッキリ!

 子のせ仕様から卒業して、今度は高速買い物仕様にと変身!

 なぜ高速か?体を起こす形状のハンドルから、上半身の力も動員できるタイプのフラットハンドルに交換したからです。

 ここをつかんで、上半身をしっかり固定して、踏力を逃がさないでペダルに踏み込みをかけると、今まで登れなかった坂を克服することもできるでしょう。

 平地なら、なおさらです!

120422 (4)

 鈍重だった、子のせ仕様から、スッキリ買い物仕様へと変身。卒園したら、自転車を楽にして、自分も楽にしてやるということですね。

 自転車はパーツの集まりなので、組み付け、再組み付けには相当の自由度があるんです。今残念なことに、そうした観点から自転車整備するところは少ないように思いますが、ある意味こんなハンドルを交換するという、低レベルの改造をするだけで、自転車の機能はガラリと変わるんですね。

 自転車に体を合わせるんじゃなくて、体や使用に自転車の方を合わせるという発想、これからこうした発想がより大事になっていくように思います。

 これは一つの例に過ぎませんが、こういう事です!

 自転車はいろんな意味で変えられる、発想豊かでそれを後押しする技があれば!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1360-3ac8bd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター