メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ほぼまんま再生 少年ランドナー tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ほぼまんま再生 少年ランドナー



 今から四十年弱前に、少年が乗っていたランドナー。それを五十を超えて、再生させたい。それもできるだけ原形を残して、というご依頼をいただきました。

 こういうのは状態によりますね、いかに埃などを被っていても、物置などで保管されていたものと、雨ざらしの状態で放置されていたものとはまったく異なります。

 後者だとしたら、フレーム以外ほぼ全とっかえ・・・ということになるでしょう。

 今回は保管がよかったので、ほぼまんまの再生ということが可能となります。

120429 (2)

 大森研魔の大森社長のもう一技、こうした再生も仕事の内なんですね。

120429 (10)

 アルミ特有の白カビのような錆を取っていきます。

120429 (3)

 スプロケワイヤーチェーンなどは交換です。

120429 (11)

 金属は磨くと光ります。

120429 (5)

 バーテープなんかも消耗品ですから、まき直し、ステムハンドルも磨き直し。
120429 (18)

 スプーンや、銀食器のようです。

120429 (4)

 意外とブレーキシューなんかが生きていたんですね。
120429 (17)

 泥よけなんかもしっかり磨きます。

120429 (8)

 ホイールも調整。ハブの中身からしっかりグリスアップしていきます。

120429 (12)

 タイヤも新しくなって、スルスルスルとよく回転します。

120429 (6)

 ブレーキレバーのカバーがないのを、現行品を加工して取り付け。

120429 (15)

 シャッキっとしています!

120429 (19)

 チェーンステーのカバーです、ゴム製の時代物ですが、もちろん新品です。

120429 (14)

 ダイナモや電気回りも再生します。大森さんもポキさんも、一時は電機系の仕事をしていたので、この辺は得意技。

120429 (13)

 リアのライト、

120429 (16)
 
 フロントのライト。こういうのってランドナー乗りの人たちが執拗にこだわるポイントなんですね。「もうダメでしょうから、LEDにしたら?」なんていおうものなら、怒られてしまいます。

 そんなこんなで、再生したランドナーです。

120429 (9)

 高校生の時に乗ってたランドナーに五十を超えて乗る。

 永遠の少年おじさんだ!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1367-4ea38f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター