メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |カーボンなるもの 塗りでどうにかならないか? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

カーボンなるもの 塗りでどうにかならないか?



 茶器・・・というか、仏具のような塗り物に見えたとしたら、つかみとしては合格ということになるのだが・・・、どうでしょうか?

 これも黒じゃあないんだよね、漆黒ではないのです。濃い小豆色なのですよ。モロ店主好み。
 渋い赤系が好みなんですわ。ちなみにピンクのレーサーなどありえません・・・。まあ、色好みはいいとして・・・。

DSC_0179_convert_20120905220020.jpg

 多少の研ぎもしましたが、木のような暖かみが出せるような・・・感じです。

 もう暫く、レース機器はカーボンの全盛時代でしょう。ケイプラという話も聞きましたが、実用ではまだまだカーボン。

 ただ、無垢のカーボン地というのは、繊維の編み込みで、なんて事有りませんな。好きな方もおられるそうですが。

 そういうわけだかなんだか知らないが、なんかほとんどのカーボンフレームっていうものは、デカールとクリア、ラミネートとクリア、という組み合わせで、少なくとも店主にとっては面白味に欠けているといえるのです。

 そんなこんなもあって、乗りたい!という気もあまり起きなかったわけですわ。

 ただ、カーボンフレームには強みがある。形状の表面積が鉄フレームなどに比べると、デカイ!また単なるパイプというだけでなく複雑で、塗りという意味では、見せ場を確保できるというメリットが大ありなんだよね。

 で、やってみたのが、仏具塗り。

 DSC_0178_convert_20120905215854.jpg

 フォークもちょっと色替えして・・・
DSC_0180_convert_20120905215836.jpg

 角やエッジがあるのも面白いねえ、こういうものを使わない手はない・・・と思っておるわけで、今回は手前ながら、ちょっとカーボンフレームへの手応えみたいなものを感じ取った次第です。

 DSC_0182_convert_20120905220001.jpg

 こういうちょっと工芸系統のものには、やっぱりなんと言ってもコイツらが合うんですねえ・・・。店主には、どうしてもそう見えてしまう・・・。

 DSC_0183_convert_20120905215930.jpg

 イタリアの伊達やろうなんですが、ちょっとこれ以外に考えが付かないんですわ、今のところ・・・。疑似クラシカルでは何とかなりそうなんだけどなあ。現行レースパーツでは、コイツらですね。といってもカーボンふんだんパーツは、ダメなんだよなあ。

 バフのカンパ!もう一踏ん張りして欲しいところです。

 DSC_0177_convert_20120905215911.jpg

 仏壇系カーボンロードが完成しました!

 多分今後暫くカーボンでしょう。仕方なくカーボンに乗る方もおられるでしょう。走りは良いんだけど、もうちょっとなんとかならないかなあ・・・という方も少なくない、と思いますよ。

 まあ、ブランドに乗りたがる人もいるので一概には言えませんが、そういうものにはこだわらないという方に向けに、ちょこっと工芸ラインでカーボンフレーム、というのもありでしょう・・・と思います。

 気が向いたら、数本作ってみますので、気長にお待ちください・・・!

 ※ちなみにカーボンフレーム塗装に関しては、持ち込みはお断り路線で行こうと思います。デカールならまだいいが、ラミネートとかになると、剥離の手間が半端でないんで、本体をやってしまいそうです・・・。その他別意味も込めて持ち込み塗装なし、になりそうです!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1501-c707849b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター