メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |マークローザ また来たよ! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

マークローザ また来たよ!



 先日はグレーのマークローザが来ましたが、そのブログ記事内容を見て、今度はブルーのマークローザがやってきました。

 車種が車種を呼ぶ、という面白い現象ですね。

 今回はブレーキ交換・・・ということでしたが、これがこれがまた、色々ありますね。

 DSCN0724_convert_20121023231718.jpg

 ポンと付いているようですが、これがたいへん。まずフォークの後の穴を埋め込みナットを入れるために八ミリに拡大しなければ成りません。

 また、リアブレーキとの関係で、前後を逆に付ける必要ができてきます。シャフトの長さの関係ですね。詳細は省きますが・・・。

 そのため、このフロントに付いているブレーキは実は、リアブレーキですので、シャフトが短いんです。

 この短いシャフトを活かすためには、長い埋め込みナットを利用する必要が出てきます。ただ、ドンピシャの長さがないので、加工が必要なんですね。

 DSCN0723_convert_20121023231739.jpg

 シートステーブリッジに穴あけます。裏にアルミの板を補強して、八ミリの穴を開けて、コチラへも埋め込みナットを仕込んで、取り付けます。

 DSCN0719_convert_20121023231928.jpg

 元々付いていた、リアブレーキを外します。これが重い・・・。

 外したあとがスッキリです。

DSCN0720_convert_20121023231832.jpg

 ここにも加工が必要です。取り去ったブレーキ分の厚みがあくので、そこにスペーサーを入れます。これがまたドンピシャのスペーサーがないので、作って取り付けます。

 DSCN0725_convert_20121023231657.jpg

 なんでライトか?元々、フロントブレーキに挟まれた、フロントキャリアの下についていたライトです。ブレーキ取り替えで、ついでにフロントキャリアも取り外すことにしました。

 ところがそこに直に付いていたライトはどうしましょうか?外すのはキャリアだけであって、ライトは残さねば成りません。

 フロントフォークの先に取り付けることになりましたが、これまたドンピシャの金具がありません。

 無ければ作る・・・。でもまあ、ライトの取り付けくぼみの形に鉄板を削って、穴あけて・・・と、まあ手間がかかります。

 ブレーキ取り替えと聞くと、すぐにできそうですが、各パーツ類の相互関連の元々強い、実用車系は、一つをいじると将棋倒しのように、次から次へと手間を要求してくることがあります、今回がその典型。

 ですから、事前に手間代いくらです、と断言するのは原理的に、やってみないとできないということをご理解して頂きたいと思います。

 出せても、あくまでも概算です・・・。

 軽くなって、制動もよく効くようになりました。前回のマークローザは一気に激変でしたが、このマークローザは、徐々に変えていきたいということで、利用者さんによって色がありますね。

 しかし、マークローザ。見方によってはイジリ甲斐ありですよ、これ!フロントフォークのみ惜しい・・・という感じ、これさえ交換すれば、立派な快走車です!

 デショ?もっとなんかどうにかならないか?と思っていたんですよ!という方、他にもいそうです。

 車種別改造メニューなんて考えても面白いかも知れませんが・・・。まあ、時間がいくらあっても足りなさそうですので、持ち込まれた一台ごとやっていきましょう・・・。

 イヤー、でもほんの一部でも、快適になって、満足げに帰って行かれるお客さんを見ると、まだまだ、この店をやっていてて、良いのだ、と確認します。

 ありがとうございます!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1551-3883e30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター