メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |120エンドのシルクがやってきた その3 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

120エンドのシルクがやってきた その3

DSC_1087_convert_20130424092548.jpg

 九州から信用一発で、送られてきた120エンドの片倉シルクフレームでした。

 その3、最終章です。

 既に、120エンドに現行カンパ・アテナ、11Sがはいりました。くどいねえ・・・。でもまあ、ちょっとばかりうれしいわけですわ、やったぜ!という感じでね。

 そういうわけで、コンポをアテナということなんですが、これがまた、簡単にはいかないというのが、年代物のフレームということで、お約束のブレーキのクリアなどがやはり、現行レーサーのものでは短すぎ、ということが発覚しました。

 ロングアーチブレーキは色々出ています。これもありがたい、ヨシガイさんなんかを中心に、ウワ長い!というものも作っていただいています。各種いろんなフレームを扱う当店としては、助かるんですよねえ。

 リムにシューが届かない、最も延ばした状態でも届かない・・・、こういう際の対策もなくはありませんが、もちろん限界もありです。やっぱりとどかないなあ・・・。そんな時に202レベルの物干し竿クラスが出てくると、心底ホッとするものです。

 で、こんかいは、カンパでしょ?それに見合う、ロングアーチって・・・あるんだろうか?

 探してみたら、ピッタリのものがありました。

DSC_1079_convert_20130424092639.jpg

 ヨシガイさんの傑作ですね。

DSC_1078_convert_20130424092654.jpg

 センタープルの、アルミ削りだしブレーキ。この値段でここまでやってくれますか?カンパアルテの中でも見劣りしません、まったく!

 DSC_1080_convert_20130424092627.jpg

 タイヤですが、クラシカルといえば、このスキンサイドですね。これが一定程度の値段で安定供給されればなあ・・・。チューブラーでは、安価のものもありますが、WOとなるとどれもこれも高額です・・・。あっても、今度は逆に通学用のように安っぽいものばかり・・・。その間が欲しいんですよねえ。

 DSC_1083_convert_20130424092600.jpg

 で、再塗装ですが、赤系がお好き、というだけであとは完全お任せ状態。そうなると悩むわけですが、65才の方が地方で乗る・・・。

 朱と緑と金の変わり塗り・・・ということに決めました。

DSC_1081_convert_20130424092613.jpg

 改めてみると、まだまだ修行の余地だらけですね。

DSC_1090_convert_20130424092522.jpg

 赤の透明系の塗料で、ボカシも少し入れましたが・・・。

DSC_1089_convert_20130424092534.jpg

 フォークも同系に、これもメッキ系の磨きにしようか?とも思いましたが、今回は統一ということで。

 こうした変わり塗りは、手間と時間と塗料と磨き砂がドーッとかかりますし、神経も使いますんで、大変といえば大変なんですが・・・。

 では、胴抜きや二色塗りなんかは簡単かというと、まったくそんなことはない・・・、あれはあれでまた、高等テクニックが必要なようで、店主などはまだまだ修行の余地アリアリだと・・・、痛感することもありますね。

 そんなこんなでもまあ、送られてきた片倉シルク120エンドもの、コンポの装着と、変わり塗りによる再塗装も完了というわけで、無事、九州の持ち主の方のところに戻っていきました。

DSC_1072_convert_20130424092449.jpg

 余生とはいい、これからは余生こそが長い時代、乗り手と一緒にいい枯れ具合で、でもリフレッシュした「新車」として、九州を走ってくれたらなあ・・・と思う次第です。

 送られてきてから約五ヶ月・・・、ちょっとやり遂げた感のある、楽しい仕事でした、有り難うございました!

 120エンドでも、今に蘇らせたい、というかた、典型はできましたので、まずはご相談から!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1740-e78d6ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター